青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「地名~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

在る~ ~地 地~ ~地上 地上~ 地下~ 地主~ ~地位 地位~ ~地名
地名~
地図~ ~地方 地方~ ~地獄 地獄~ ~地球 地球~ 地理~ 地蔵~ ~地震

「地名~」 1636, 16ppm, 7140位

▼ 地名~ (257, 15.7%)

28 ある 9 多い 4 あって, あるの, 残って

2 [17件] あった, あったの, あります, あるが, あると, あるのみ, いくらも, この県, たくさんに, できたの, できて, 二つも, 各地に, 多くある, 残されて, 無数に, 生じたの

1 [174件] あったこと, あったと, あったという, あったゆえ, あつた, あまりにも, あらは, ありそう, ありそれ, ありまして, ありまた, あり又, あり片仮名, あるか, あること, あるこれ, あるとだけ, ある所, ある様, ある由, あれば, いかにも多く, いくつか, いずれの, いるの, いわれて, ここにも, この地方, これも, すでにあれ, すべって, そういう僻村, そうこせこせ, そのままに, その歴史, その水, それを, たくさん出, だいたいに, どこにも, ないの, なかった, なくて, のこって, はっきりしなく, はなはだ多い, はなはだ多く, ほかに, ほんの偶然, また樹木崇, まだ残っ, やや中心, よく知られ, わずかに, チベット語である, マニロフカち, 一つの, 一つ一つ強い, 一村の, 一民族の, 一見し, 三つある, 並んで, 久しく人, 久しく保存, 九州まで, 五つも, 交, 交って, 京都の, 人の, 人間生活の, 今では, 今も, 仏教の, 他方で, 入り組んで, 全国に, 出る場合, 出来て, 出来同名, 初めて出, 利用の, 刻んで, 前代生活の, 北見の, 千年以上の, 口から, 口に, 古く周防, 同じ一つ, 同じ地方, 同じ様式, 営口と, 在って, 多いから, 多いが, 多くこれ, 多くて, 多くなっ, 多くなった, 多く存, 多く普通, 多く賀美村, 多過ぎる, 大分ある, 大和には, 始まったと, 実は意味不可解, 実は短い, 小さくまた, 少しも, 少なくいちばん, 少なくない, 山名と, 山深い, 平野に, 年代とともに, 幾種も, 往々三國志の三韓傳中, 想い出せないで, 所々に, 挙げて, 方々に, 日本全国に, 書いて, 書きこんで, 朝日を, 村や, 東日本に, 果して何処, 楯環する, 武蔵を, 残り長崎, 永く伝わった, 永く根, 永く残った, 沢山現れ, 消えた, 焼物の, 珍しかった, 現在なお, 現存し, 生じ一人旅, 生まれたの, 発生し, 発生する, 発音を, 目に, 直接に, 眼に, 石田であり, 示して, 移動した, 考案せられた, 肩に, 興味ある, 若狭三方郡気山の, 見えて, 見出されるの, 見出されるので, 設けられねば, 詠込まれて, 転移する, 通旅籠町と, 進歩した, 遠く里, 醜業婦と, 附近に, 際限も, 隣を, 非常に, 頭脳の, 香取郡東部に

▼ 地名~ (256, 15.6%)

5 多いの, 附け方 4 数は, 研究は 3 呼び方, 多いこと, 大多数, 意味を, 由来を, 研究, 研究を

2 [16件] あったこと, 上に, 下に, 中から, 中では, 中には, 中にも, 分布は, 分布を, 宛字, 所は, 数である, 方は, 盛んに, 虚偽を以て, 話を

1 [185件] あった例, あること, あるところ, あるの, ある所, ある高台, ある鹿児島, おいおいの, おこり, お蔭に, こと, ことを, ごときは, ごときも, ごとき煩雑, ごとくいひならは, ごとく区内, たくさんに, できたとき, ない所, ほめ詞, むづかしさにはま, ようだ, ように, よく戦記, わかりやすい, わずらわしい本, アイヌ語源の, ウヂが, オマンペッ, カヌカに関する, 一つな, 一例で, 下の, 不可解が, 与へる色彩, 中で, 中に, 中心の, 二通りの, 今も, 今存在, 何, 何を, 使用を, 保存と, 元の, 兩端に, 共通なる, 其地の, 内容と, 処へ, 出て, 出所でも, 分布し, 分布という, 分量が, 半分ばかり, 半分以上は, 原因に, 原形らしい, 古いの, 問題が, 問題に, 在所へ, 地を, 地元は, 地方的特徴を, 増加し, 変化の, 変更が, 変遷と, 多いにも, 多いまったく, 多い郡, 多くは, 多く出, 多く存し, 多く存在した, 始めて, 川沿の, 布施村や, 幾つかが, 必要には, 必要は, 意味が, 意味すなわち, 意味にまで, 意義から, 意義が, 所か, 拡充性を, 拡張が, 拡張を, 改稱と, 敗北である, 数量は, 文字から, 文字に, 新しくない, 方が, 方こそ, 明不明, 普及した, 普及を, 暗示によって, 最も古い, 東北に, 枕詞は, 根本的採, 榛原だの, 樣に, 歴史的価値を, 残って, 残ろうと, 水辺に, 消滅した, 消滅と, 温泉地が, 焼畑, 特性を, 生きて, 生ずべき原因, 生まれるよう, 田代という, 発生, 発生した, 発生を, 発達し, 発音の, 発音を, 的確なる, 眞間と, 研究が, 研究には, 研究に関しては, 研究上には, 社会的法則という, 穿鑿に, 符号の, 縁故で, 繁簡の, 考証には, 臚列或, 興味が, 莫大に, 解釈である, 解釈も, 評判から, 話, 語は, 説明に, 説明を, 読み方に, 読み方の, 調査から, 諸国にわたって, 諸所, 讃甘, 起った事由, 起りであり, 起りに, 起りには, 起りも, 起原だ, 起原であろう, 起原に関しては, 起原に関する, 起原の, 起原は, 起原も, 起源について, 踏襲せられ, 部落が, 鄭重な, 配置が, 量である, 関係について, 集合し, 難解という, 音を, 音声と, 響きが, 順序などに, 頻々として

▼ 地名~ (236, 14.4%)

5 説明する 4 研究する, 附けて 3 調べて, 踏襲し

2 [13件] もって, 今では, 使用する, 取って, 呼んだ, 家号に, 帯びて, 持って, 挙げて, 発見せぬ, 考えて, 見て, 見ても

1 [191件] あげて, いった, いわなくては, かたどった盛り場, かりたの, かりて, こしらえる場合, ことごとく表示, これに, さがせば, して, そのままに, そのまま名乗っ, そのまま採用, そのまま踏襲, その上, ただ一本調子, たどれば, つくりあわせ天, とつた, なして, ならべて, また二つ, むつかしく解せん, もつ土地, よく調べられた, よみこんだもの, イロハまたは, セ別当と, チロルと, 一々きめ, 上下東西に, 並べるの, 並べる物尽し, 中尾と, 中心に, 久しく注意, 久しく疑問, 二字に, 人に, 付けずに, 付与しなけれ, 伝え斬罪役中島, 作ったもの, 作った人, 作るため, 使用し, 保存する, 入れるので, 全国的に, 冠つた神社が, 出したが, 出して, 分類する, 別に, 加へる, 口で, 口に, 同じ例, 名告つて, 名字の, 含んで, 呼ぶ, 呼ぶこと, 問題に, 報告した, 外國に, 多く用い, 多く用ゐ, 存する者, 家号と, 家名に, 少なくもアイヌ語, 左に, 帯びた名, 幾つも, 広くと, 廃し, 廃めて, 後には, 得た村, 徳川と, 必要と, 忘れたが, 想起せしめる, 拾い集めて, 持つて, 持つ家, 持つ部落, 指示し, 挙げ, 挙げた, 挙げてないが, 採ったの, 採択保存する, 採用し, 掲げる, 掲げ異, 携えて, 改めたらしいその, 改正あるいは, 教えて, 教えなかった, 文字に, 文学化し, 新住地に, 新設する, 明記した, 暗号の, 書いた穴, 書きそれぞれ役人, 書き現, 書き込んだ地図, 書くもの, 本の, 本字に, 案出し, 残したかと, 残したブルグンド族, 残した村, 残らずカード, 江戸の, 決定した, 減じた痕跡, 点じて, 無頓着に, 片端から, 現在あるいは, 理由なく, 理解し, 理解する, 生じたと, 生じたので, 生じたらしくさらに, 生ずるに, 生ずるまでに, 用いなかったもの, 用い支那, 用ひた, 用ゐ, 知らないらしくいくら, 知らぬから, 知らねば, 知るかと, 確定する, 神尾が, 空閑の, 等閑視する, 考察し, 耳に, 聞き集め区堺, 聞くの, 被せて, 要求しなかった, 見ただけでも, 見ると, 見出し得ないの, 覚えて, 覚えるの, 解せんが, 解説する, 解釈し, 言って, 詠みこんで, 詠み入れて, 詠み込んで, 詠込んで, 誌さない, 説明し, 説明せん, 誰に, 調査し, 踏襲した, 載せない, 近い所, 通例は, 連呼する, 郡町村等の, 重ねたもの, 金糞と, 銀坑洞と, 附けた, 附けたの, 附けたもの, 附けたり, 附けねば, 附ける必要, 附ける風, 附けんと, 附与した, 面倒な

▼ 地名~ (215, 13.1%)

2 [12件] おもしろい, この県, みぬま, 人の, 今は, 全国の, 出来るだけ, 多くは, 忘れたが, 我々の, 方々に, 隠れる

1 [191件] あるいはもと, いかに微小, いくらか元, いくらも, いわゆるたまき, おいおいに, かえってその, かえって土着, かえって常に居住者, かかる肝要, かつて勅使参回, かなりたくさん, かなり豊富, きわめての, ことに地形, ことに多い, ことに注意, このあたり, この場合, これによって, これに対しては, すでにその, すなわちまた武蔵, すべて明々白々に, ずいぶん面白い, そう乱暴, その由来, その都度, その際, それから, ただに, だいたいに, ちょっとこれ, つまり荘園, どうしても少ない, どうして発生, どこの, どのくらい, ない, ないの, なかなか多い, なく, ひとり以上の, ほかの, ほとんと, ぼくの, まことに多い, また埋もれたる, また境, また関東, まだこの, みな詳しい, むろん戦場, もっぱら耕地, もと玄米調製, ゆかしいそしてまた, よく聞い, アイヌ語かと, アイヌ語に, ハバである, ヒダの, フクラと, マンサニヨなり, 一つも, 一方が, 一時に, 下原中原上原という, 下流の, 不用である, 中国地方には, 丹生川平と, 九州に, 二つだけ, 京都の, 今回の, 今日の, 他でも, 他に, 以前鉦打部落の, 住民との, 住民にも, 何と, 作見村字片山津小字砂走である, 例の, 俗物が, 保存され, 信州その他の, 偶然に, 優に数冊, 入用が, 全国に, 全国を通じて, 全部でも, 八重山にしか, 公けの, 其処が, 凡て私の, 出るが, 前に, 北の, 千葉県下に, 単に増加, 古い, 古い所, 古くあった, 古くあつ, 右の, 吉野川の, 同君の, 周防讃岐大和紀伊の, 国の, 多い, 多いが, 多くの, 大体において, 大多数, 太平洋岸にも, 奥州から, 始めから, 実は要らなかった, 小字に, 少なくとも数千万, 山の, 山村山地に, 川の, 川荒によって, 幸いに, 当然に, 彼には, 往時隅田川に, 後世師付山師付の, 意味が, 慥か向, 或る, 持主に, 政宗以前から, 数も, 数千年来の, 数字以外にも, 新たに, 新旧が, 既に女化原, 日本の, 日本人の, 日高國靜内郡下下方釧路國仙鳳阯及び, 昔から, 最も多く我々, 最少限度二千万は, 本来は, 本来人間の, 東国にも, 東部日本に, 栽える, 概ね今, 橋本である, 永く消滅, 永田氏の, 決してそれほど珍しく, 決して一地限り, 消えたよう, 消えて, 珍らしい, 田を, 番町にも, 疑いも, 簡単な, 米を, 紛わしい, 絶えて, 美作, 羽後その他にも, 耳で, 聞くこと, 菅沼なる, 表によって, 見えない, 覚えて, 解らぬであろう, 記憶せられ, 設けずに, 語学であっ, 諸国に, 起原が, 越後, 遠く飛ん, 遺されて, 野本大串取, 除けた, 隣国の, 韓國の, 風流には

▼ 地名~ (88, 5.4%)

13 なって 3 なったもの 2 して, すると, である, なったの, なりしもの, 同じい

1 [60件] あれば, いうが, いうよりも, いえば, したので, し移住, すること, するは, する場合, なしこれ, なったこと, なった人名, なった巨摩郡, なった百済郡, なり地名, なり沼, なるの, なる機会, ぼんやり考え, アイヌ朝鮮支那前, エゾといふ, 似て, 元一つ, 共通である, 単にあの, 原本の, 取り換えたの, 古代葬法の, 古墳と, 同じと, 同じ義, 名づけて, 名字との, 地形の, 地理, 奥山という, 孰れ, 家名との, 宿りし家, 対応させた, 思う, 我々の, 推定する, 旅店の, 標高が, 歴史, 比べて, 為って, 私の, 稱し, 符合する, 結び付いて, 考うる, 考へて, 苗字の, 覚しきものの, 解せられる, 言ったところ, 間違へ, 関聯し

▼ 地名~ (87, 5.3%)

10 なって 3 したもの 2 して, なったの, 基くもの, 就て, 残って, 漢字を

1 [62件] あやかりて, あらずして, ある, あるの, あるもの, かぎらず正直, したの, したもと, しても, するほどの, する必要, ちなんで, つけたの, つたえられた程, なったとは, ならない, なるまで, はっとした, ほぼ一定, もつ土地, もとづきます, サンキョという, シノマンペッ, ノゾキという, 一定の, 一番多く, 付けたもの, 何, 古の, 呼ぶこと, 因んだ品物, 基いて, 基づきしもの, 変形した, 多い田代, 多く用いられ, 対立し, 影, 心を, 拠ったの, 採用せられ, 採用せられ得る, 月神崇拝の, 注意を, 準じて, 特に傍訓, 特色が, 用いて, 用い国光名, 矢神という, 神稲と, 竹の, 置き替えること, 至っては, 表われ, 貞任という, 負うはず, 踏襲せられ, 逢つた, 銕糞塚という, 附会した, 限らず何

▼ 地名~ (63, 3.9%)

3 ある 2 あるが, 人名も, 家名も, 旅館の, 神の

1 [50件] あって, あり地質, あるとの, いろいろある, おそらくはまた, かなり見受けられる, このよう, このクテ, この地方, この桑, この神社, これと, ずいぶんある, そこから, それよりは, なじみない, またアイヌ語, また各地, また多い, もとは, やはり同種, 人の, 今ある, 仏教の, 公認せられ, 列挙し, 前に, 名詮自性である, 多く, 多くある, 御主人, 愛知県には, 所々に, 摂津豊能郡の, 橋が, 残ったが, 残って, 決して稀, 田地に, 皆同種の, 皆民居の, 筏流し, 行きわたって, 語源は, 諸国に, 起原は, 載って, 近江, 醍醐寺といふ, 高度も

▼ 地名から~ (27, 1.7%)

2 来て

1 [25件] きたもの, しき島の, して, ハツカシベと, 付けた雅号, 出たので, 出たもの, 出た者, 容易に, 専ら色町, 導かれて, 山名が, 帰納し, 想像し得られる, 推して, 推測すれ, 来たもの, 来た名, 歴史上の, 申しましても, 終に山名, 考えても, 設楽舞ひ, 起った俗伝, 飛んでも

▼ 地名~ (26, 1.6%)

2 いずれも

1 [24件] あらう, ことに坂東八国, これに対して, すなわち城山, それを, たとえば前田侯, なしに, もし今, クマの, 五代と, 今では, 其処から, 加古川を, 城の, 大久保, 山城にも, 山城乙訓郡大原野村上羽に, 忍壁という, 散歩者の, 此に対して, 此の, 残って, 理想郷, 高知の

▼ 地名である~ (22, 1.3%)

1 [22件] からあるいは, からその後注意, がこの, がまた, が中国全部, が摂津有馬郡藍村大字下相野, が瀬, が順序, けれどもカタビラ, ことが, ことも, ことを, これは, そして安宿, ために, ということ, とかと云, とすれ, と推定, ばかりでなく, 以上は, 理由から

▼ 地名には~ (21, 1.3%)

2 少しく低い, 意味の

1 [17件] あるいは右, いまだこれ, いまだカヌカ, ならない, ヤツは, ラキまたは, 一種の, 住民の, 努めて, 垣外開戸替, 変名多し, 多くあり, 平凡に, 注意せられぬ, 漢字渡来前さらに, 竜神に, 頓著なく

▼ 地名~ (18, 1.1%)

2 人名は, 賀茂神社など

1 [14件] 人名の, 人名または, 伝説が, 信仰の, 吾, 場所が, 家名から, 小唄, 旅行の, 現実の, 研究については, 神名を, 職業の, 附近の

▼ 地名研究~ (18, 1.1%)

1 [18件] がまだ, が他, にはそれだけ, に利用, のまた, の人類学上, の側, の困難, の新, の欄, の発達, の興味, の資料, の部門, は完成, は実は, を特色, を見る

▼ 地名~ (16, 1.0%)

2

1 [14件] から人, がいま, がその, が甲必丹, そこには, という説, とした, としても垂水, とする, と思う, と考へた, と言われる, よ, 今は

▼ 地名では~ (13, 0.8%)

1 [13件] あるが, ございません, ない, ないか, ないかも, ないので, ないよう, なかった, なくしかも, なくして, なくとも, なさそう, 妙に

▼ 地名として~ (11, 0.7%)

1 [11件] ありは, その日, また普通名詞, 今在家, 再びこれ, 殘つてゐる, 神送り場もしくは, 詠じて, 通用する, 遺り近く徳川時代, 陳家屯楊家寨柳家店などと

▼ 地名にも~ (11, 0.7%)

1 [11件] あるいはこの, これを, した, ただ単なる, なった, なつた, もちろんこれ, 多く残っ, 用いられて, 相変らず, 誤謬が

▼ 地名でも~ (7, 0.4%)

1 あり且つ, ないという, ほとんと, 時が, 耕作は, 開墾に, 隣どうし古い

▼ 地名という~ (7, 0.4%)

2 ものが 1 ことで, ことに, 一種の, 問題を, 意味に

▼ 地名~ (5, 0.3%)

1 それを, へる原, または家名, 何か, 否かは

▼ 地名であっ~ (5, 0.3%)

1 てこれら, てそう, てその, てほか, てもう

▼ 地名であり~ (5, 0.3%)

2 家の 1 また利根川, 同時にまた, 草堂と

▼ 地名~ (5, 0.3%)

1 が公刊, に三四, の第, は以前, を見

▼ 地名辞書~ (5, 0.3%)

1 から秋山谷, にはこれ, にも明瞭, による, 古絵図

▼ 地名そのもの~ (4, 0.2%)

1 からおおよそ, が私, にはいっこうに, の性質

▼ 地名との~ (4, 0.2%)

1 間に, 関係である, 関係に, 関係断絶の

▼ 地名~ (4, 0.2%)

1 のであった, のである, ので鷲尾, んです

▼ 地名なども~ (4, 0.2%)

1 この野生, その例, アイヌ語で, 文字は

▼ 地名発生~ (4, 0.2%)

1 のいたっ, の必要, の理由, の要件

▼ 地名~ (4, 0.2%)

1 に従って, はまずは, は年数, は永田方正氏

▼ 地名すなわち~ (3, 0.2%)

1 もっぱら地形, 外部の, 遠望の

▼ 地名だけ~ (3, 0.2%)

1 では, で沼, 判読出来た

▼ 地名だけを~ (3, 0.2%)

1 変えて, 第一類, 註記の

▼ 地名でない~ (3, 0.2%)

1 ことが, と思ひます, と言

▼ 地名とは~ (3, 0.2%)

1 そもそも何, 当然時代, 違って

▼ 地名などに~ (3, 0.2%)

1 ムリムタイに, 依つて氏, 用いる

▼ 地名などを~ (3, 0.2%)

1 仰々しく書い, 考証する, 見ますと

▼ 地名について~ (3, 0.2%)

1 その理由, 考え出したの, 観察し

▼ 地名によって~ (3, 0.2%)

1 これを, 名字を, 呼ばれる風習

▼ 地名まで~ (3, 0.2%)

1 ことごとく宙, よくわかっ, 秀吉が

▼ 地名人名~ (3, 0.2%)

2 をはぶく 1 はこれ

▼ 地名辞典~ (3, 0.2%)

1 でひかなけれ, の記載, の頁

▼ 地名ある~ (2, 0.1%)

1 を見れ, 田は

▼ 地名あれ~ (2, 0.1%)

1 ども所在, ば東都

▼ 地名かと~ (2, 0.1%)

1 思う仔細, 思われる

▼ 地名これ~ (2, 0.1%)

1 が数, などもどうか

▼ 地名その他~ (2, 0.1%)

1 に幽か, の名詞

▼ 地名だけに~ (2, 0.1%)

1 引っかかったもの, 遺って

▼ 地名だけは~ (2, 0.1%)

1 ここにも, 自分も

▼ 地名だの~ (2, 0.1%)

1 宗門の, 方角だの

▼ 地名であろう~ (2, 0.1%)

1 か, がその

▼ 地名としては~ (2, 0.1%)

1 地形の, 神田松枝町の

▼ 地名とも~ (2, 0.1%)

1 いい得よう, なって

▼ 地名などから~ (2, 0.1%)

1 推して, 考えても

▼ 地名などの~ (2, 0.1%)

1 ために, 中に

▼ 地名などは~ (2, 0.1%)

1 行われるもの, 親から

▼ 地名なり~ (2, 0.1%)

1 またヤツ, 俚伝なりに

▼ 地名については~ (2, 0.1%)

1 別になお, 東国流だ

▼ 地名についても~ (2, 0.1%)

1 やはりバチラーさん, 多少の

▼ 地名または~ (2, 0.1%)

1 はるかに, 貞光とか

▼ 地名をも~ (2, 0.1%)

1 意と, 集めて

▼ 地名官名人名等~ (2, 0.1%)

1 に求むる, の考證

▼ 地名調~ (2, 0.1%)

1 などはまだまだ, はやはり

▼ 地名関係~ (2, 0.1%)

2

▼ 地名~ (2, 0.1%)

1 はたとい, は三四百冊

▼1* [106件]

地名あるいはなんらか, 地名かも知れぬが, 地名からでも気を, 地名からの感じは, 地名さえとかくよそ, 地名さえも知られなかったセエヌ, 地名ずつを書いたの, 地名そして村の, 地名たとえば飛騨で, 地名だけが自由に, 地名だけでもはつきり, 地名であった上に, 地名でありまして後年, 地名でございますこと, 地名ですか何, 地名でなくまた発生, 地名としてもこおろぎ橋とか, 地名とても皆同じ, 地名とに手を, 地名とをここに, 地名と共に珍らしい, 地名ながら関係は, 地名などが故意に, 地名などについて質問を, 地名ならば考え, 地名なりしか或は渡島, 地名なりとす, 地名なれば地名, 地名になつたのは, 地名にまでなつて, 地名にもなつて居る, 地名により中尾と, 地名によるものその他色々に, 地名のみだが, 地名のみで区別し, 地名のみと言わずあるいは, 地名ばかりからでも多くの, 地名ばかりが残って, 地名後方羊蹄の, 地名ほど不可解な, 地名までを列挙するなら, 地名よりも後に, 地名らしきものも, 地名をのみ掲ぐ, 地名をば歌が, 地名を以てその名, 地名オサラギを当て, 地名デアッテ事柄ヲ忘レテイルノデハナイ, 地名ハンブルグから来た, 地名残スノミトハナレリ, 地名人名その他の事柄, 地名人名名数等多くは彙類毎, 地名人名字典まだ出版, 地名人名物名の原語, 地名人名辞典の使用法, 地名人名辞典少年博物辞典につき, 地名ではいっこう, 地名以上に難解, 地名が文献的, 地名分布の例, 地名分類はこの, 地名増加の過程, 地名辞典を, 地名あり, 地名学研究所というの, 地名学者が調べた, 地名官名道具の名等, 地名家名の通り, 地名山城の木幡, 地名年代も不明, 地名採集にもおいおい, 地名文芸等を主, 地名標後地名と名づけ, 地名水田はむろん, 地名河川名等を当地, 地名現在のプーシキン市, 地名とか何, 地名登州とよぶ, 地名にそう, 地名的理会が人々, 地名知識の整理, 地名研究家であります, 地名研究者にとっては今, 地名神名人名も音, 地名神社が色々, 地名穿鑿の際, 地名の下, 地名索引から拾, 地名を発表, 地名考究の困難, 地名苗字などの讀み, 地名表ニ由リテ石器時代人民ノ如何, 地名解説の弊, 地名計数関係などのこと, 地名記念碑などに残っ, 地名もある, 地名調数千冊は非常, 地名調査は奈良県, 地名は竜頭蛇尾, 地名譚のしでと云, 地名起原説を参照, 地名辞書吉野国樔の条下, 地名辭典の索引, 地名辭書の若き, 地名郷土史的なもの, 地名の出