青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「圍~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

国内~ 国境~ ~国家 国家~ ~国民 国民~ 国語~ 国際~ ~國 國~
圍~
園~ 圓~ 圖~ 團~ ~土 土~ 土人~ ~土地 土地~ ~土手

「圍~」 1749, 17ppm, 6773位

▼ 圍~ (314, 18.0%)

9 中に 3 者が

2 [22件] すべての, どこにも, なかに, もので, 事情は, 事情を, 人々を, 人の, 人も, 人達は, 前に, 壁に, 壓迫に, 物の, 異族, 空氣が, 緑が, 者に, 者の, 者を, 裡に, 闇に

1 [258件] あらはな場處では, あらゆる人人, ありふれた風物, いと高き, うちでした, ことについて, ことを, この舊, ざわつく中, すべてが, すべては, それに, なかへ, ひとたちは, ものに, ギリシャ陣營中で, 一切の, 一廓に, 上に, 下に, 下より, 中で, 事に, 事は, 事情からは, 事情が, 事情と, 事情に, 事物の, 事状も, 人々が, 人々で, 人々と, 人々との, 人々には, 人々にも, 人々の, 人々は, 人たちが, 人たちに, 人たちの, 人たちは, 人との, 人に, 人には, 人は, 人事をも, 人達と, 人達とは, 人達には, 人間が, 人間の, 人間社會に, 他の, 何者にも, 何處にも, 使用を, 個人は, 健康な, 光景に, 光景は, 光景を, 全部若く, 内, 内に, 内よりか, 内深く, 冷淡な, 凡てが, 列は, 到る處, 刺戟から, 刺戟に, 前で, 勢力に, 十字架に, 千筋百筋力なき, 友人から, 喧噪に, 喬木の, 單調を, 四人の, 國の, 國民の, 圓形や, 土に, 土地が, 土地の, 地が, 堀の, 境で, 境遇は, 墓, 壁には, 壓力を, 壓迫や, 外に, 大きいもの, 大平野, 大氣, 大竹藪にも, 女生徒, 如く控, 子供等は, 字形である, 學生は, 學生群を, 客の, 家族や, 容子が, 專門家の, 少しの, 山々が, 山々には, 山々の, 山々までが, 山々も, 山々遠く, 山は, 山影に, 山林から, 山林を, 岩の, 巨人たちは, 常春藤に, 平らみ, 幻は, 幽靜, 廊下を, 廣い, 廣さに, 廣狹に, 廣狹の, 建物から, 張三李四よりも, 形勢及水面の, 影響から, 情勢は, 情勢をも, 愚人, 愚夫愚婦と, 慘苦の, 慫慂に, 批評に, 敷地の, 數人の, 文物を, 日本人の, 明るさ, 景氣が, 景物も, 景色が, 景色と, 有象無象に, 木の葉を, 村落をも, 板壁は, 林の, 林は, 林を, 棚には, 樹, 樹に, 樹木の, 樹木は, 樹木を, 樹林と, 樹立に, 樹立の, 氣配を, 水を, 汚れた燒跡, 沿革なり, 泥が, 海や, 淋びしさを掲焉に, 混雜收り, 清らかな, 炎える, 爲めだ, 物が, 物皆獨樂の, 物音に, 状况等の, 状態等である, 状態等と, 状態經營者の, 状況によ, 狹い, 狹いもので, 獨善主義者を, 環境が, 生き生きと, 生活社會的政治的その他種々, 田, 男たちを, 界隈を, 疎い, 眼と, 砂が, 社會状態からも, 空を, 空氣から, 空氣と, 空氣に, 空氣を, 經驗で, 網が, 繋累を, 群衆忽ち, 翠巒に, 者にも, 者は, 者達は, 耕地は, 聖地に, 自治制を, 自然と, 自然は, 自然も, 自然を, 臺地からは, 若い者, 草の根を, 草地一ぱいふり撒かれた, 草畝を, 莚に, 菜園から, 萬物皆悉く, 藤屋の, 蜀黍が, 蜀黍の, 襖や, 見物人などは, 見物人の, 誰でもを, 誰彼から, 調和配合の, 諸王に, 責任が, 造庭で, 邊に, 關係が, 關係より, 陰鬱な, 際, 雜木林の, 雜沓も, 雰圍氣によ, 青年達を, 青緑, 青草が, 風景だけは, 風景を, 騒々しい物音, 騷, 騷が, 點線は

▼ 圍~ (262, 15.0%)

11 於て 7 對し 3 於いて, 立つて

2 [14件] ゐて, ゐる人達, 亙つて, 入らぬこと, 地球の, 屬し, 屬する, 平たく發, 於ては, 無數, 立てる柱, 起つて, 鐵條網を, 集つてゐた

1 [210件] あつた, ある, あるもの, ある各, ある品物, ある天然, ある小説的, ある空虚, ある草, いろんな隈, これを, さういふ同志, さへ, しつかり固めようとには, しようと, すばらしい同時に, せよ各自, その處斷, それから新聞, どんな騷ぎがしてゐようとも, なる, ひよつと, ほこりの, むらがる蛾, ものの, やつて, ゐた人々, ゐた大勢, ゐた栃木縣, ゐないかと, ゐる二三, ゐる無, ウヨウヨし, ジヤズが, ズシンと, バラ撒け, 一つは, 一團にな, 一畝づつに作つた蜀黍が, 七八名の, 不吉な, 事無き, 二ヶ所ほど, 二三軒の, 亙り無意識的, 些も, 人無き, 他人の, 低い山, 何事が, 作られて, 來た, 俺よりも, 入て, 入らんと, 入ると, 入る特異, 入れるもの也, 入れんと, 冴えた青い, 制限を, 包含せしめざりし, 及ぶ故, 吊されて, 同じく掲示, 同化させよう, 同情と, 向ふ, 和氣祥光の, 唾を, 喚び集めて, 四五軒農家の, 四本の, 固定せられ, 圓くうづく, 土手の, 在つて此沈湎, 在るすべて, 在るは, 在るもの, 坐せり, 坐らせリード夫人, 城壁を, 夕ぐれの, 天鵞絨で, 孔を, 寄附者の, 密接し, 寫したるもの, 就て, 居る人たち, 居列んだ, 屬さない, 屬すべき, 屬せし, 屬せず, 山吹の, 幾つか, 弱りを, 張り渡された鐵條網, 徒らに, 思索を, 恐ろしい狂暴性, 憚る, 戰慄すべき, 押寄せて, 持ちながら, 掘り上げた土, 推し及ぼす必要, 攻め返して, 散つた, 散在する, 於ける最, 日を, 最高の, 會つて家財の, 會つて死去した, 月の, 柱の, 横た, 樹木あり, 次第に多く, 氣が, 氣を, 氣兼し, 沿て, 注意し, 流れ出した, 添ふて, 清新を, 渡つてゐる, 滿ちあふれ, 牙を, 狹められ, 環點, 發散せず, 眼前の, 破壞, 碑あり, 立つ六七本, 立て居る蜀黍, 競爭者なき, 紐を, 細い丈夫, 結ばれ美しい, 纏つて來て, 群が, 聞え見える總てのもの, 脅迫せらる, 自我が, 與へる, 花畑が, 蒔かれた玉蜀黍, 薔薇の, 蠢く張三李四, 行はれた, 見えて, 見たこと, 見とれて, 見出したもの, 見出すもの, 觸れ, 話したこと, 誇つて, 誤が, 變化が, 負ける人, 走せ集つて, 走寄つて, 起つた, 起つたこ, 起つた種々, 起りました, 起伏が, 輝いたが, 近い人家, 迫つてゐる, 迫つて來る, 逆行氣流が, 進めると, 過ぎず, 銃を, 長壁を, 長年月, 閉ぢ籠める, 開けた紫, 限られた愛情, 限定する, 陪塚を, 陷つたる, 陷り, 隅の, 隱れる, 集つた當年の, 集まつたの, 集めて, 集りて, 集る人々, 集る虚無, 雜然と, 霧の, 青いもの, 響くの, 風は, 飽きるほど, 飾りつけるもの, 驚かされた, 高い扉, 鬱蒼と, 點を

▼ 圍~ (222, 12.7%)

115 見ま 4 一と, 見た, 見廻した 3 ぐるりと, 取り卷いて, 取卷いて, 有して, 脱して, 見て 2 めぐれり, 實着に, 擴げて, 擴めて, 擴張し, 擴張する, 狹くす, 眺めて, 見ると

1 [158件] ぐる, さ迷, して, しみじみと, しらべまわつたが, つくれり, とりまく者, どうしても出る, ながめると, なした人達, ひろくし, ふり返りまし, またかく, み廻した, めぐつて, めぐらむ, めぐりたれば, めぐりて, めぐりまた, めぐる幻想的太陽, めまぐるしく走つ, キヨロ, クル, 一, 一廻せざるなり, 一羽の, 中古へ, 二萬四百マイルとな, 偃うて, 出て, 出てず是, 出てず變式中, 出でず, 出でずむやみ, 出でない, 出ない, 包んで, 卷く圈, 取りかこんで, 取り卷く商店街, 取り圍ん, 取り捲いたが, 取卷いたが, 取卷いた小, 取廻いた築, 取片, 受けた城中, 受けた時, 受けて, 叢擁する, 可なり, 同じくする, 吹きま, 吾人の, 善くも, 嗅ぎま, 囘轉する, 固く守つて其範圍内, 塗り塞ぐ, 塞がれつ, 大ならしめた, 子供等が, 定めわれら, 定め其色彩, 廣め又, 廻つてからは, 廻つてゐた, 廻つて拾つても, 廻りたれども, 廻りました犬ころ, 廻る, 廻るが, 廻ること, 廻るは, 廻るもの, 廻る圖, 念入りに, 思はせるもの, 感ぜしは, 憚つてゐる, 承認する, 拔け, 持ちながら, 持つて, 探して, 探し廻つたが, 探るやう, 掻き亂, 擴大する, 擴張せ, 明るくした, 樹林にて, 欄干づたひ, 歩いて, 歩きま, 殘らず見廻しました, 深く掘り, 無遠慮に, 照すもの, 照す事, 異にし, 白く縁取つた, 直して, 眺め始めた, 知つた彼等は, 知ること, 研究し, 破つた, 破りて, 細き金線, 絞つた浴衣, 緑葉の, 縮める事許, 繞らし, 繞らした, 繞る, 脱すること, 舐つて, 舞ひ, 蛸樹や, 行つたのである, 見たが, 見た時耳, 見る, 見るに, 見るの, 見る時, 見廻したくなる, 見廻した時, 見廻すでも, 見廻すとき, 見渡すと, 視, 記して, 護るやう, 超えた問題, 超えて, 越えた變化, 越えて, 跳びはねたり, 跳り, 轉る, 迂路つかせ, 逃げ歩いたが, 逃れ走る, 進んで, 逸して, 逸脱する, 運動する, 適宜に, 閉ざすの, 離る, 電離する, 音樂で, 顧慮し, 飛廻つて, 飽くこと, 鳴き續けて

▼ 圍まれ~ (123, 7.0%)

12 てゐる 4 て居る 3 た小さな, て, てゐ, てゐた 2 た, た圖形, ている, て他, て瀟洒, ながら

1 [83件] その下層, その後方, たこの, たちよツ, たやう, たり, たるありて, たるは, たるもの, たるセソストリス時代, たる中, たる大, たる神庭, たる處也, たホテル, た一角, た不思議, た古ぼけた建物, た地球, た大, た奉行役宅, た女, た室, た寺, た小高い, た屋久島, た屋敷町, た庭, た廣, た時, た机, た樣, た深い, た狹, た穴, た英吉利, た草原, た裏口, た話, た郊外, た酒屋, た面積, た高地, てぐん, てしまひました, てそこ, てぞろぞろ, てゐました, てゐます, て一人, て七百坪, て中, て勢, て十二人, て唯, て嚴重, て塵埃, て少し, て屋敷, て心安く, て暮す, て杯, て沈思默考, て淋しく, て無念, て物置, て眼界, て立つ, て竪持, て糧道絶, て苔, て苦茗, て荷車, て野原, て鐵桶, て青じろい, て靜, て面白, て面白く, て食竭, て魘され, ながら死, ながら酒

▼ 圍~ (88, 5.0%)

32 の中 3 の鍵, をし 2 の外, の戸, の隙間, をあらかた, 者が

1 [40件] がすぐ, が作つて, が少し, が終, にすぎない, のなか, のやう, の一棟, の下, の側, の内, の向う, の建物, の支柱, の柵, の藁, の鎖, の隙, はまことに, は無い, や勝手口, を作つて, を作らせ, を作り, を拔, を指した, を組み立てる, を離れる, 一方は, 戸へ, 置し, 置て, 者か, 者だつたさうで, 者ぢや, 者などの, 者の, 者を, 者氣取りで, 頭から

▼ 圍んで~ (72, 4.1%)

4 ゐる 2 ゆつくり, 聖衆

1 [64件] いる大和, いる東, お撃ち, がやがやと, そのなか, その晩, それを, てんでに吐き出す, ひそひそ醫者, ぼんやりとして, まるで廢物, ゆく, よもやまの, わあわあと, わい, ゐるの, ゐるばかり, ゐるやう, ゐる中, ゐる大きな, ゐる曲者, ゐる篁, ゐる長い, コオスは, 一團に, 串を, 僅かな, 優しい魅惑, 入亂れつ, 八五郎の, 冷酒一杯微醺を, 向うの, 商賣, 土佐料理に, 坐する人九人, 居るの, 居る時, 居る最中, 彼を, 快談, 投槍の, 朝飯を, 東にも, 欄干に, 水も, 水攻め迄, 深い水, 盛んな, 直ちに去れり, 空しく腕, 立つたり, 立つて, 糸を, 細長い樣, 老幼取りまぜ, 脈絡も, 蓊鬱と, 話を, 話合ひ, 語つてゐる, 變化し, 雜談し, 食ふ, 騷いでいる

▼ 圍~ (68, 3.9%)

2 血だらけな

1 [66件] いくらかづつでも, いつたいどうしてこんなに, からりと, すつかり, すべて竹林に, そんなに變つて, た, つねに彼, どれ程の, ほの, まさしく第, まぶしい位, まるで私, もう昏さ, もつと, より廣大, れること, 丸くなる, 二三丈も, 今いろいろな, 依然冷, 全部ガラス窓にな, 全部岩石を, 凡てが, 周の, 如何等の, 廣, 廣い, 廣いから, 廣いしその, 廣く, 微細である, 悉く書籍, 掃き清められたやう, 明るかつ, 昏く, 暗かつ, 暗黒に, 更に廣, 有閑階級の, 杉の, 森閑として, 極めてせまく, 極めて清潔, 極めて狹いもの, 極めて限定, 次第に廣まり, 汚れなく輝いて, 泣き止んだ後, 深き溝, 狹いのです, 狹く, 珍しく陽, 甚だ狹隘, 皆讎敵の, 相對上, 眞暗, 眞闇の, 約半里くら, 解らないが, 赤し, 遠く見えなかつた, 錢形平次の, 鐡より, 限られるが, 雜草の

▼ 圍には~ (62, 3.5%)

1 [62件] あるまじと, いつて, いつも求婚者, いつも集ま, いろ, いろいろな, この仕事, この南田, この計, すでにこの, ないもの, まだ誰, むだな, よく魚, エホバの, プロ, 一人の, 一切心を, 一種異, 七五三繩が, 二三の, 二人の, 人が, 以前の, 何枚と, 動搖の, 多くの, 夜氣が, 大人や, 太古以來人間の, 寂として, 彼女と, 恐るべき誇張, 批評家の, 材料室とか, 柵が, 槲の, 此れ, 殘らず, 渡良瀬川思川と, 渡邊君野村君それに, 漂つてゐる, 漸く村落, 澤山の, 灌木草綿など, 然云, 珍らしく, 生きて, 病毒が, 皮張りの, 神火が, 私と, 花は, 花も, 若い友人, 蚊が, 蠑螺が, 見出し得なく, 誰も, 陪塚と, 飯や, 高い草原

▼ 圍~ (60, 3.4%)

1 [60件] うち, おのづか, かつは, から遁, しかども城善く, その中, たるは, たるを, て, てこれ, て前, て只, て喧譟, て奧, て彼, て晩, て横, て殺り, て聖涙酒, て襲, て謝, て貸, ながら商業上, ながら絶えず, ながら調子, になりました, の中, を破っ, を絞, アカイア及び, サア懷中の, ブルートゥスを, ヘクト, 一の, 一萬句二萬句を, 中には, 事の, 今に踊, 公園程も, 北の, 合ふ, 命がけの, 坐して, 坐せり, 室を, 少し離れ, 彼らが, 我々の, 戰ひ, 殊に, 滿たせる, 濕つた庭には, 篝を, 繞りつ, 繞れる, 茶菓子などを, 遠い方, 陣取りぬ, 面と, 食事を

▼ 圍~ (54, 3.1%)

2 森閑として, 野か

1 [50件] しんしんと, しんとして, しんと靜まり, すべて眞ツ暗に, すべて華やかな, せめて明治三十九年當時くら, それ焦びつ, そんな時代錯誤, そんな無, たやすく得べき, ひろくなつた, ガラス張りの, シーンとして, 三方へ, 不安の, 乳色に, 何であらう, 俄に, 切れて, 制限され, 十町以上の, 堤防で, 如何に, 寂しいとも, 平穩, 廣くなる, 廣すぎます, 思つたより, 急に, 惡いと, 捲れ始めて, 擴大された, 暗くな, 暗くならない, 暗くなり, 最も大きい, 極めて狹, 次第, 段々狹, 淋しくな, 漸く解りかけた, 狹い, 狹く, 白いの, 皆燒山, 眞暗, 稍, 自分の, 色褪せて, 靜か

▼ 圍~ (47, 2.7%)

6 だ時 4 だ, でゐた 2 だの, でも, で居た

1 [27件] だといふ, だとき, だところ, だり新聞, だり雜談, だ三方, だ事, だ五六人, だ井桁, だ堀立小屋, だ塀, だ妙, だ宏壯, だ村, だ沈鬱, だ爐, だ甲斐信濃, だ窓際, だ老人, だ老松, だ黒板塀, での小宴, でゐます, で坐り, で守り, で座り, で見

▼ 圍から~ (23, 1.3%)

1 [23件] 何か, 何物かの, 出まして, 反響を, 受ける自然, 呻くやう, 壓迫した, 大切に, 寄附で, 悉皆の, 柳橋まで, 立去つて, 聚る, 脱して, 言つても, 誘はれて, 説が, 諦めさせられた樣, 起つた, 足下から, 遠くは, 遠ざからうと, 遮り止めようとして

▼ 圍~ (23, 1.3%)

2 る七王, る山

1 [19件] り, り然, るその, るとき, るを, るギリシア七王, る一座, る一群, る三個, る二十四, る十二, る彩畫, る敵, る橄欖, る石, る美しき, る聖徒, る軍, る際ゼウス

▼ 圍つて~ (16, 0.9%)

1 [16件] ある, あるといふ, やらなきや, ゐる女, 居たお, 居た今, 居ますがね, 居ますね, 居りました, 居ると, 居る女, 居る妾, 忍ぶ戀路, 恐ろしい馬鹿, 白い雲, 置いたり

▼ 圍~ (14, 0.8%)

1 [14件] あつた, いへば, ならば, 一と, 最もよい, 最も好き, 歩合を, 演じられるの, 知るかぎり, 結婚に, 舌を, 蕪木は, 躁宴に, 遊び戲れ

▼ 圍では~ (13, 0.7%)

1 [13件] ないの, なかつた, なく動物學者, 前に, 容易に, 小判を, 彼女は, 戯曲に, 支那の, 昌造について, 直ぐに, 西洋の, 飯田町あたりに

▼ 圍~ (13, 0.7%)

2 中央とに, 調和しない 1 なるに, 反撥し, 戰は, 手とに, 火爐具とで, 私との, 秩序とを, 調和し, 調和せぬ

▼ 圍~ (11, 0.6%)

2 は盾 1 が宜しい, とする, に, に當, の後, はアカイア, 低い端山, 力強き默, 深い内庭

▼ 圍はれ~ (10, 0.6%)

1 たり, てあつ, てある, てゐ, てゐる, て居た, て居りました, 半年經た, 本妻が, 者だ

▼ 圍~ (10, 0.6%)

1 別して邪氣, 唾を, 散って, 集つて來て, 集つて來る, 集つて暖つた, 集つて煙草を, 集まつた, 集まつて來, 集る人々

▼ 圍~ (10, 0.6%)

1 だん, みなこう, 亦大, 亦隨, 今迄よりも, 無い處, 種類も, 穢い陰氣, 解らないが, 黒燻り

▼ 圍され~ (7, 0.4%)

1 その時, てしまひます, てゐる, て大, て娘, て居る, て暫く

▼ 圍にも~ (6, 0.3%)

1 二人や, 亦一切, 屬しない, 混亂した, 途が, 青春の

▼ 圍~ (6, 0.3%)

1 つもりだつた, のです, やうな, やうに, 孔と, 魂棚の

▼ 圍~ (5, 0.3%)

1 またひろく, バスの, 世間一般に, 經濟上の, 顏の

▼ 圍~ (4, 0.2%)

2 者し 1 て居る, て竹山

▼ 圍した~ (4, 0.2%)

2 時の 1 時も, 際起つた

▼ 圍つた~ (4, 0.2%)

1 が尚, ばかり編むで繋いだ, まままだ, 小さい破風

▼ 圍はれた~ (4, 0.2%)

2 家の 1 泉の, 美しい囚人

▼ 圍より~ (4, 0.2%)

1 外に, 多くの, 缺き, 見れば

▼ 圍された~ (3, 0.2%)

1 上伊勢屋の, 形にな, 者どもが

▼ 圍といふ~ (3, 0.2%)

1 のが, ものは, ものを

▼ 圍むやうに~ (3, 0.2%)

2 して 1 しながら

▼ 圍らし~ (3, 0.2%)

2 目隱し 1 藁屋根の

▼ 圍攻撃~ (3, 0.2%)

1 して, に遭, を喰つて

▼ 圍うた村~ (2, 0.1%)

2 にはそんな

▼ 圍うてゐる~ (2, 0.1%)

1 土塀の, 坊主や

▼ 圍からの~ (2, 0.1%)

1 干渉は, 賜物で

▼ 圍~ (2, 0.1%)

1 て其運命, 誰彼の

▼ 圍~ (2, 0.1%)

1 やから, やない

▼ 圍つて青紫蘇ゑぞ菊隱元豆~ (2, 0.1%)

2 の蔓

▼ 圍でも~ (2, 0.1%)

1 かなり多い, 大騷ぎ

▼ 圍とを~ (2, 0.1%)

1 定めるのみ, 自分自

▼ 圍なる~ (2, 0.1%)

1 一切の, 事々物々皆我を

▼ 圍にて~ (2, 0.1%)

1 實行せしめ, 研究せん

▼ 圍まる~ (2, 0.1%)

1 と見ゆれ, 木材を

▼ 圍みた~ (2, 0.1%)

2 まひき

▼ 圍む青垣山~ (2, 0.1%)

2 ではこの

▼ 圍~ (2, 0.1%)

1 は靜, 田圃の

▼ 圍~ (2, 0.1%)

2 てゐる

▼ 圍をも~ (2, 0.1%)

1 器の, 掃きつけて

▼ 圍~ (2, 0.1%)

1 て氷店, て置く

▼ 圍悉く~ (2, 0.1%)

1 水晶とこほり白壁と, 髑髏なりき

▼ 圍状態~ (2, 0.1%)

1 には不均衡, に比例

▼1* [137件]

ありて見るべからず, 圍いかばかり廣き, 圍いたる所に, 圍いちめん男の匂ひで, 圍うたら宜うご, 圍うた厠の側, 圍うた庭もあり, 圍うて大阪へ, 圍およびこれを, 圍やうに, 圍し鳴轟次第に, 圍する自然の, 圍せられたる市街に, 圍せる門下生は, 圍たらしめたりき今や, 圍だけ變に, 圍だけが妙に, 圍だけにしか存し, 圍だけを目標と, 圍てしまひます, 圍つた井戸端に持つ, 圍つた女がある, 圍つた戸板は滅茶, 圍つた柴垣に, 圍つた狹い穴藏, 圍つて三人六の目, 圍つて三日に一日, 圍つて月の半分, 圍つて松賀町で淨瑠璃, 圍であります大師が, 圍とかいふことが, 圍とては生氣, 圍とに無頓着に, 圍との調和が, 圍とはとても短い, 圍とを通じてどんな時, 圍なきところに, 圍などには昔は, 圍なども知りたかつた, 圍においてすでにそれ, 圍における他者性の, 圍について木版など, 圍にまで迫らずには, 圍によつて開封城中の, 圍のみに感ずる地震, 圍はきはめて曖昧, 圍はれた見すぼらしい板葺の, 圍ばかりを殘し, 圍ひから出られるんだ, 圍ひしてやつ, 圍ひで石圍ひの, 圍ひといふの, 圍ひと言つても座敷牢, 圍ひなんかに入れられた, 圍ひも出來ず灰, 圍ひ廻らして人目, 圍ふことさ, 圍ふたら宜うご, 圍ふといふこと, 圍への救援弱い, 圍はれ池, 圍ませて衣類衣服, 圍まれお寺の建物, 圍まれ一方は海, 圍まれ上部には天窓, 圍まれ人類の遠い, 圍まれ他のあらゆる, 圍まれ六萬の人口, 圍まれ多勢の怪我人, 圍まれ逃げも隱, 圍まれ隅に用水桶, 圍まれ頭は天井, 圍みかけて居る, 圍みたき儘に, 圍みたる白き石垣, 圍みな梅千本と稱, 圍みの中の空地, 圍み悦びてこれ, 圍むこと三ヶ月, 圍むで懷しげ, 圍むとも日々, 圍むと色々な話, 圍むにいたれりされどこの, 圍むの状である, 圍むやうなあ, 圍むピレネイ諸山を固め, 圍む四周の山, 圍む四邊の山, 圍む山々の影, 圍む山腹のそちこちの澤, 圍む岩山及び到る, 圍む幾畝かの空地, 圍む彌次馬を追, 圍む形でや, 圍む數千の群衆, 圍む數多の子息, 圍む椅子には肱つき, 圍む氣持を變, 圍む畔の木立, 圍む神寵厚き列王, 圍む線は少く, 圍む者彼に逼, 圍む遠近の山, 圍む陸奧連山の雨水, 圍む鬱蒼たる森, 圍もつとも廣い, 圍らした洞穴が, 圍らしたれば入り, 圍恩怨の, 圍づか一里ぐらゐなれど, 圍をかぢり散らし, 圍をのみ擧げたるには, 圍んでしやがん, 圍ナリト云ハルル今日日本ヲ相手方トシテ英獨協商, 圍非ズ, 圍一切の事情, 圍七里の一大湖, 圍三丈長さ十餘丈, 圍三十五里首部は新治郡, 圍二十二哩あるを, 圍二十里面積三萬三千二百十町歩放牧區域七十二區各區, 圍二十里面積三萬三千二百町歩放牧區域七十二區各區, 圍二尺斗なるもの, 圍以上に何, 圍十一哩あり, 圍十六里といへり, 圍十年に亙り, 圍即ち東國地方の, 圍及び手先より, 圍四方からも身, 圍天上は紫, 圍小局に偏する, 圍屋敷の, 圍從つて限界の問題, 圍戸屋根等に鋸挽, 圍知識の領域, 圍街道なりに楕圓形