青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「固~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~困った 困った~ ~困る 困る~ ~困難 困難~ ~図 図~ 図書館~ ~固
固~
~固く 固く~ 固定~ 固有~ ~国 国~ 国内~ 国境~ ~国家 国家~

「固~」 2595, 25ppm, 4683位

▼ 固より~ (1683, 64.9%)

13 彼れ 8 彼の, 閣下の 7 それを, である, 当然の 6 これを 5 ない, 意趣は, 此の, 目ぬきの, 私に, 自分の, 若人らも 4 これは, それは, 僕は, 同日の, 多くの, 多少の, 彼女の, 私の, 自己の

3 [16件] われらの, 一時の, 人間の, 人間は, 他の, 俺は, 僕の, 可なり, 問題と, 己の, 斯の, 日本の, 當然である, 立派な, 結構である, 自分で

2 [125件] あるべきはず, いふを, それが, だが, ないが, まだ丈夫, まだ世, コンな, 一つの, 一代に, 一定する, 一様でない, 三千代の, 三千代を, 上の空で, 久しと, 之れ, 之れなき, 事の, 事實としての, 二人の, 云ふまで, 些細の, 人には, 人物を, 今の, 以て, 伊藤侯の, 伊藤侯を, 何の, 何も, 何事も, 余を, 例の, 侯の, 信ずるに, 俺の, 僞善者である, 八段に, 其後を, 其所なり, 冷眼を以て, 凡ての, 初から, 剃る暇, 前途に, 可なりと, 君子の, 吾, 和歌の, 善き歌, 善し, 喜んで, 土佐派の, 夐に, 多し, 多數, 大いに酬いる, 女子の, 如何に, 妻を, 嫂の, 存在としての, 安井の, 容易の, 寐苦しい, 寥々たる, 尋常, 尋常で, 岸の, 已に奇, 席を, 常識ある, 平岡に, 平岡を, 広い庭, 当に, 彼等が, 後の, 必要である, 応に, 怪しむに, 我等が, 我輩は, 手紙を, 政治階級の, 救ふ, 教育は, 明かに, 明言する, 最良の, 未だ知る, 此等の, 死の, 法律に, 活版とては, 清貧を, 満足な, 灸の, 牢屋敷に, 理窟も, 産婆の, 異議の, 異質なく, 発車を, 真摯な, 眼中に, 窮す, 立憲国の, 立憲國の, 菜根譚の, 華族の, 言ふ, 許されよう, 誤りで, 誤りである, 論ずるに, 論は, 返せるか, 返答が, 開明の, 閣下を, 雑誌の, 驚く可, 麹町へ

1 [1258件 抜粋] あつた, あるいは最初, いうまでも, お常, お重, かくの, かなしと, ことばも, このやう, この中心, この史的唯物論的叙述, この変化, この新た, この献書, この自然主義的眞理, この通り, この領域, これに対して, こんな事, こんな言葉, さういふ立場, さう有るべき事, しぐさ, そうだ, そこに, その主張, その事柄, その他経史百家の, その兄妹, その影響, その所, その時代, その極端, その民族, その理, その誰, その過程, その隠, それぞれ獨自な, それだけで, それの, それまでに, それ自身の, そんなこと, ただ筋の, ぢや, である従って, です, ところの, どこまでも, ない右往左往, なかつた, なり, なれど, また逆, よろしくない, わたくしの, われわれが, カント的な, ゲーテを, ゼントルメンの, テロス的でなく, ノンセンスによつ, フォイエルバッハも, ペンインキ用箋の, 一に, 一介の, 一句の, 一定し, 一定不変とは, 一家の, 一方には, 一朝一夕の, 一般政党の, 三藏の, 上方にも, 下士族の, 不具, 不可なり, 不屆, 不断以上に, 不義淫奔を, 世に, 世間体の, 中津に, 之に従い, 之を以て, 予め知る, 予期すべきであった, 予言を, 事実では, 事實の, 事情を, 二者の, 云ふ, 些も, 人々の, 人の, 人夫を, 人心恟々良民は, 人間と, 人類的な, 今日史家に, 他にも, 代議士の, 以後益隆んに, 仮定説に, 企業会社や, 伝播説の, 低いもの, 何を, 何物に, 何等矛盾的で, 何者の, 余一人の, 作品の, 例外だ, 依頼す, 保守の, 信ずる所, 俳句すら, 個人が, 個性が, 偶ま, 備った, 傾いた藁葺, 僕に, 元来芸能刺戟, 先々の, 先生を, 免れぬこと, 全く無, 全國, 兩者の, 其によ, 其の自ら, 其の観察, 其よりも, 其人の, 其周圍は, 其弊に, 其流なる, 其目を, 其過失に, 其野鄙粗暴を, 内心に, 凡庸人でなかつた, 出來, 出来ず中津藩, 分らない, 分らなかつた, 切ないほど, 初より, 別居です, 前からも, 劃然たる, 勘次の, 勝手次第で, 医命に, 十分に, 南洋動物説話の, 単に主観的, 単簡であった, 印材も, 厭うべしと, 厭かぬ眺, 去年の, 及ばず山陽, 取りは, 受戒者も, 古人の, 台湾は, 各人に, 同じからず, 同じ道筋, 同一の, 同氣相求, 向うとは, 否定の, 吾一身に, 周志淵は, 呼び出されるまで, 和蘭から, 咫尺の, 哲学を, 啓蒙的といふ, 善魔に, 單に, 四階裏の, 困難な, 固より, 国民の, 國家を, 坐って, 塗ったもの, 士族の, 変だ, 外面的に, 多いしかし, 多趣多様千差万別, 夢では, 大きな海亀, 大した大, 大久保党と, 大人の, 大勢を, 大多数, 天下の, 天性発明なる, 夫より, 女の, 好い器量, 好かれようと, 好む事ゆゑ, 如何なる人, 妊娠は, 姑根性には, 嫌いで, 季が, 宗教を, 定有り, 宜しからず, 実扶的里亜, 客體的な, 容易ならざる, 寄港する, 富有な, 實感を, 将軍の, 尊属目上の, 小生の, 少くない, 尻尾の, 居らず門扉, 山の, 山県時代を, 左程, 己れ, 師と, 師に, 常食と, 平では, 幾代まで, 庭と, 弱い者, 当てに, 当然なれ, 彳める, 彼を, 彼空封筒の, 往き来の, 後漢書, 得べからず, 御寮人の, 御本人, 心から大, 心臓の, 応じなかった, 思い設けず候, 性格悲劇でも, 怪むに, 恩寵といふ, 悪くは, 悲しい, 情況これを, 惡戲された, 想像する, 愉快な, 意味が, 意見を, 愚かである, 愚者の, 愛の, 愛玩する, 憎むに, 我々に, 我が願ふところ, 我国に, 我心に, 或は, 或る, 手元には, 才筆の, 批評すべき, 抽象的な, 持物を, 攘夷に, 支那音で, 故意に, 敬慕し, 敵すべからず恐懼, 數多く, 文字を, 文法組織は, 新しい戯曲, 新中央政府, 新婦人協会, 施寧の, 日の, 日光と, 日本人ばかり, 日本全国更に, 明々白々の, 明らかに, 明治の, 明盲だった, 映画を, 時々疑惑, 時代の, 普遍の, 智者を, 暴君汚吏民を, 曲者である, 最近の, 服装から, 望み申す処, 望む所, 期して, 未来の, 本格の, 本當, 松陰首唱の, 格別であろう, 棟いっぱい細長く, 極つて, 樗では, 樫の, 歌と, 歌舞伎音曲などの, 正義にも, 此に, 此夢は, 此時に, 此迄自分に, 歴と, 歴史學の, 歴史的時間は, 死に支配, 比較的の, 民權の, 永くは, 沙汰の, 油蟲の, 泣いた快活, 洪水飢饉と, 浅薄見る, 淑女貴婦人の, 深き意味, 混亂を, 溝も, 濁って, 灰色である, 無智, 無法な, 無言であった, 無関係だ, 照さ, 父に, 物も, 物語を, 狡黠に, 独身では, 玩弄物に, 現在私は, 理の, 理由の, 甚だ粗雑, 生を, 生鮮な, 用ゐざりし, 画然たる区別, 留らざるべき荒尾, 異論の, 當時の, 疑いなし, 疑ふべからずと, 病人の, 發達せる, 百斤なら, 盲なる, 直接に, 相引き, 相手に, 看過する, 眞理である, 矛盾が, 知つて居た, 知らないの, 知らねども, 知ること, 知る由, 知ろうはず, 知識の, 確かな, 確知する, 社會でも, 社論と, 禁ずる所, 私は, 私達を, 種々な, 空の, 空想も, 窮すること, 第一流, 答へ, 簡単で, 精神に, 約束した, 純粹, 終始も, 経験を, 經驗の, 維新後に, 纏った話, 罪ある, 美を, 羽あり, 聞くべし, 肉親や, 胸に, 脳裡に, 自ら結った, 自分に, 自分一身に, 自家で, 自然の, 自衛なる, 舞ひ, 良心も, 花瓶さえ, 芸術は, 茶の湯の, 茶人の, 莫大な, 葉桜で, 薄弱は, 藝術が, 藥は, 行くつもり, 行はれざる, 表向の, 要無き, 見た通, 見当は, 見遁, 親いまさず, 解すべくも, 言うに, 記憶し, 記者を, 話は, 語原其自身から, 誤謬なるべし, 読書にとって, 誰れ, 論ずるまでも, 諸色の, 謬見なれ, 譬へ, 議会を, 讀書を, 象山啓発の, 貝塚より, 貧士族の, 貫之定家の, 貴人の, 資本と, 賛成し, 賢しこき方法, 賤しむ, 起らなかった, 趣味の, 路用の, 軽しく信ずべきで, 輕蔑され, 近時闡明せられた, 造形美術音楽舞踊さては, 進化すべき, 道具詮議を, 道柏卜庵の, 適中し, 酒の, 酔うもの, 重大である, 量る可らざる, 長寿也襄に, 間は, 間違ひと思ひます, 闇の, 限りの, 陳腐だった, 難波事件と, 青年に対する, 韓非に, 頬ぺたを, 頼む腕力, 類さえも, 食用と, 馴れた目

▼ 固~ (61, 2.4%)

3 抽斎の

1 [58件] おちつかない, こういった, この年四月二十七日, これが, これについて, さっそく山東向け, すぐ横, その帰途, つくづく聞い, てんてこ舞いした, 五百を, 何事も, 優善を, 先ず優善, 初め昌庵に, 十年前凍えきっ, 叉い, 口辯が, 君侯在国の, 外猛に, 好丈夫, 妓楼佐野槌へ, 妻かなが, 妻の, 妻照と, 姉威能の, 少くも, 己が, 巳の, 延金で, 必然的に, 文化九年生で, 暫く瞑目沈思, 暫く黙し, 書籍を, 月に, 案を, 歴史家として, 殆ど同じ, 毎朝日, 江戸を, 津軽家の, 漢一代の, 父彪の, 留守居に, 相場を, 第一, 答えた, 約束の, 素より読書, 緊しく, 苦笑を, 藤田の, 謹んで, 遂に照, 雄の, 養子房之助の, 首を

▼ 固~ (52, 2.0%)

3 になった

1 [49件] うかと期, うな, かういふ人間的風格, がよい, が少, が心, が感じられる, が感ぜられ, が適当, せ其外九ヶ所, でないみ, でなければ, で一人, とだけだ, とを以て或, とを持つた, と不自然, と來, と急, と渋, と職掌, にした, になっ, になります, になる, には気づい, によそほう, に腰骨, に自信, の中, の物, は宮子, は死んだ, は蹴りつづけ押しつづけ, は鉄, もない, も捏ねた, も樫, をお, をしみじみ, をもっ, をも具, を加, を加える, を持った, を笑っ, を足, んお, んよ

▼ 固パン~ (49, 1.9%)

3 のほう, はにこり 2 はいよいよ, は苦笑, は英語, は頭

1 [35件] かじって, かなかなか, がこら, がめきめき, がやはり, がれい, が他人, が妙, が移っ, という人物, に向っ, に対して敵意, に敢然と, に空瓶, に見せた, に頭, のところ, のよう, の出現, の背中, の英語, はかっぽ, はひどく, は一向, は眼鏡, は顔, もにやりと, も気軽く, やかっぽ, をかじる, を出し, を分け, を好き, を牽制, を買っ

▼ 固苦しい~ (46, 1.8%)

2 感じに, 昔流の

1 [42件] いやな, かなと自分, かもしれぬ, ことは, ことを, そして独断的, と言っ, のね, のよ, ほど熱心, みなり, ものが, もので, んだ, 事は, 前おきではじめた, 勤仕, 取引先へ, 外交辞令に, 大きな活字, 学校の, 形式を, 心情は, 思いを, 意見を, 態度に, 挨拶し, 挨拶は, 挨拶を, 文字で, 様子を, 気取り, 藝術な, 言ひ, 言葉の, 話です, 話は, 話題を, 論議によつ, 論議を, 道徳に, 野暮である

▼ 固~ (44, 1.7%)

2 典引の

1 [42件] いうには, ものに, 両人も, 人と, 勧誘の, 司馬遷傳も, 女が, 如きは, 子二代仁太夫と, 孫庄左衞門とは, 家では, 差図を以て, 弟である, 心が, 意味に, 手を, 手書が, 文以上に, 時に, 書いた雄, 月収は, 歿く, 漢書に, 父彪が, 父文蔵の, 生きて, 生前には, 生涯で, 盤纏は, 目には, 目は, 考に, 考は, 詞を, 説を以て, 貞に, 通称は, 道人でも, 隣へ, 雑識に, 養子房之助は, 馬病みし

▼ 固~ (36, 1.4%)

2 之を, 自分で

1 [32件] あれば, お先に戻ります, へへへへと, 七略に, 五百に, 信任し, 分類法を, 史家として, 多少出入, 實に, 帰って, 役所に, 念を, 擧げて, 斷代史を, 既に五十歳, 明に, 更により, 書いた記事, 書いた雄, 東京を, 漢書を, 物が, 留守居の, 目附から, 續けて, 蘭學者としては, 要職の, 親しく見た, 載せた時, 達せられ得ない処, 顔を

▼ 固~ (34, 1.3%)

1 [34件] からその, があった, がある, がつい, が一つ, が水, が秘められ, が蝶, が閊えた, そうな, そのあたり, たるほど, て鳥, といっしょ, とがある, となった, と言った, ない, にし, になっ, になり, にはひ, に腰, のよう, のジャンヌ夫人, の様, は考えた, を見詰めた, 乍ら行き過ぎようとして, 宛其処此処に, 獨立し, 私の, 舌へ, 虻蜂取らず

▼ 固~ (28, 1.1%)

1 [28件] くると, その一般的随伴物, その他考え得る, その李, その自然的随伴物, それが, なさ, なせとい, なると, 一場の, 並びにあらゆる, 云ふ, 五百とが, 人はいふらむ, 名利も, 奥さまとは, 密通し, 快適との, 東堂とは, 此小説ハつまらぬ, 独立と, 申す者, 盧の, 相俟, 秘密, 種々なる, 稱した, 結婚制度という

▼ 固~ (26, 1.0%)

13 ていた 4 ている 2 苦しいこと 1 ているでしょう, てしまう, てしまうだろう, てしまった, 苦しいん, 苦しい礼, 苦しくおっしゃられる

▼ 固って~ (26, 1.0%)

2 その上皮

1 [24件] いて, いない, いないと, いました, ただ梢, パンを, 了った, 了って, 入ったよう, 動かぬ, 妙な, 居らず海, 歩き出した, 水を, 濛々と, 狂奔する, 砂地に, 糊の, 縄飛びを, 行くの, 話し合って, 資本家へ, 逃げて, 隠れては

▼ 固くるしい~ (23, 0.9%)

2 沈黙では

1 [21件] お世辞, がさりとて, ことを, ところの, ね, ような, 事が, 作法の, 口調に, 姿勢に, 形式主義の, 戒律臭を, 挨拶を, 料理屋へ, 服を, 物が, 狹ま, 研究も, 行儀や, 言いかた, 話を

▼ 固~ (22, 0.8%)

3 して 2 するもの

1 [17件] いわゆる自由, おすごし, しようと, しろなんで, なったの, なり過ぎて, 今昔の, 会って, 僅少に, 奕旨の, 是の, 疆を, 肖て, 諮って, 貨車を, 遅れて, 飲ませた

▼ 固苦しく~ (19, 0.7%)

2 なった

1 [17件] あたま, いえば, かしこまった, されると, つて, て誰, ない重苦しく, なり窮屈, なるの, 上品に, 尊大にさえ, 押し黙ったま, 生活を, 白チョッキを, 考える必要, 言えば, 響くが

▼ 固~ (18, 0.7%)

2 よんで

1 [16件] して, 保ちながら, 保障しない, 図りあるいは, 守る礼, 尊重すべきである, 弘前へ, 得なければ, 打ち取れ, 撃たしむ魯遂, 横山町の, 疎かに, 祈ります, 約して, 訪うて, 顧みた

▼ 固った~ (16, 0.6%)

1 [16件] おのれの, ことも, のか, まま指を, ものの如く, ように, 姿を, 小さな町, 我が足, 様に, 死骸や, 生活を, 綿の, 脳中の, 訳じゃ, 鳩の

▼ 固~ (14, 0.5%)

2 ものに

1 [12件] しゃっくりで, つぼみを, のは, 位地に, 国に, 土台に, 塀を, 宗派心が, 待遇を, 情実として, 欠点が, 鎖港攘夷党であっ

▼ 固~ (12, 0.5%)

4 して 2 した皮殻 1 した天体, した岩塊, するは, せる惑病迷疾, の国, をきたす

▼ 固苦し~ (11, 0.4%)

1 [11件] さ, さから, さが, さに, さは, さやが, さを, さ国家の, さ窮窟さしめつ, さ粗雑ささ, そうに

▼ 固そう~ (8, 0.3%)

1 だった, だったからね, な白い, な色, な雪, に胡麻塩, に見え, に見える

▼ 固よりの~ (8, 0.3%)

2 事子供と 1 こと他宗の, こと国民は, こと障子の, 事お, 事立ち上った, 事部落散在と

▼ 固~ (8, 0.3%)

4 して 1 したが, する, すること, に苦しむ

▼ 固~ (7, 0.3%)

1 これが, その一人, またこの, 人夫も, 何かともてなす, 同意した, 東堂も

▼ 固~ (7, 0.3%)

1 から追, であ, にはなく, に対してもすこし, に絡まる, の心臓病, や脆弱

▼ 固~ (7, 0.3%)

2 の移動 1 した印象, となつ, となる如く, のごとく, の他

▼ 固すぎる~ (6, 0.2%)

1 し京阪, と思った, と思ふ, ほどお, ようじゃ, 位真面目な

▼ 固なる~ (6, 0.2%)

2 に似 1 は元, 意思に, 目當ありしや, 矮少なる

▼ 固むる~ (6, 0.2%)

1 に金髪, に金髮, の資料, の非礼, を要する, 深き濠

▼ 固~ (6, 0.2%)

2 の喩え 1 かとばかり次第に, というよう, といふやう, 雲額の

▼ 固~ (5, 0.2%)

3 てゐる 1 て水, て肉体

▼ 固~ (5, 0.2%)

1 いらしって, お暮し, なにより, コツンコツンと, 相州横須賀に

▼ 固ばらせ~ (5, 0.2%)

2 ている 1 つつ若林博士, ていた, ながら暫く

▼ 固~ (5, 0.2%)

1 くるしい, てい, 苦しいこた, 苦しいこと, 苦しい声

▼ 固肥り~ (5, 0.2%)

1 という方, に出来, に肥つて, の小柄, の躯つき

▼ 固として~ (4, 0.2%)

1 その不正, 其の責任, 動かない, 要求する

▼ 固まつ~ (4, 0.2%)

1 たかと, たの, た姉達, た或

▼ 固~ (4, 0.2%)

1 うそつきは, 性質の, 清潔や, 燕青と共に

▼ 固ヨリ~ (4, 0.2%)

1 之カ爲ノミ, 之ト離別スルノ理, 本企画タルヤ其, 然ルベキハ論ナシ

▼ 固~ (4, 0.2%)

1 から解放, しロシア皇帝, するとき, するところ

▼ 固かつ~ (3, 0.1%)

21 たの

▼ 固たる~ (3, 0.1%)

1 フォルムに, 不滅の, 家庭生活を

▼ 固つて~ (3, 0.1%)

1 ゐた歌, ゐながら, 居らず海

▼ 固ぶとり~ (3, 0.1%)

1 な体躯, に肥え, に肥った

▼ 固~ (3, 0.1%)

1 ず讀んで, と洋書解禁, ない世の中

▼ 固~ (3, 0.1%)

1 を呑みました, を呑む, を呑ん

▼ 固~ (3, 0.1%)

1 の振舞, の振舞い, や卵

▼ 固~ (3, 0.1%)

2 くれば 1 せしめたり

▼ 固肥りな~ (3, 0.1%)

1 うえ色浅黒い, 体つきを, 男を

▼ 固著し~ (3, 0.1%)

1 てゐる, て他方, まるで紅い

▼ 固くるしく~ (2, 0.1%)

1 まじめな, 坐って

▼ 固ってる~ (2, 0.1%)

1 かと思われた, ような

▼ 固である~ (2, 0.1%)

1 ことが, ため食糧は

▼ 固とが~ (2, 0.1%)

1 反対した, 貨物の

▼ 固とを~ (2, 0.1%)

1 得んと, 示す憂鬱

▼ 固なら~ (2, 0.1%)

2 んと

▼ 固ばっ~ (2, 0.1%)

1 てい, てしまっ

▼ 固ばる~ (2, 0.1%)

1 のみで答えなかった, ように

▼ 固また~ (2, 0.1%)

1 政務も, 諸侯ご

▼ 固むべ~ (2, 0.1%)

1 きこの, き時

▼ 固むるに外~ (2, 0.1%)

2 ならずされば

▼ 固よりは~ (2, 0.1%)

1 つきり, 二つの

▼ 固パンさん~ (2, 0.1%)

1 がこのごろ, などはその

▼ 固不学~ (2, 0.1%)

2 のすさみなれ

▼ 固及び~ (2, 0.1%)

1 人民の, 保護に関する

▼ 固妄説~ (2, 0.1%)

2 なりと安斎先生

▼ 固意地~ (2, 0.1%)

1 な方, な確かさ

▼ 固~ (2, 0.1%)

2

▼ 固社会的制作~ (2, 0.1%)

1 から発展, によって把握

▼ 固肥りで~ (2, 0.1%)

1 ずんぐりし, 躰重は

▼ 固~ (2, 0.1%)

1 しめようと, しめるふり

▼ 固過ぎ~ (2, 0.1%)

1 てならず, て困つた

▼ 固~ (2, 0.1%)

1 で一直線, の上

▼ 固麺麭~ (2, 0.1%)

1 が載っ, や長靴

▼1* [183件]

ある諸雑誌, 固大丈夫の, 固ご苦労だ, 固くるしい長たらしい説教や, 固くるしきを厭, 固ぐるしい物, 固さ一つそれを固める, 固すぎずやわらかすぎず, 固すぎましたが忠義一徹, 固すぎますが何となく, 固すれども内部, 固そうな, 固たい甃石の, 固ね, 固だから誰も, 固っては白雨三条四条の, 固つたものを, 固つたらうと言, 固つた兩眼に憤怒, 固つた四人の給仕女達, 固つた女連は流石, 固つた形をした, 固つた微笑を浮べ, 固つた所を拾, 固つておのづから, 固つて糸になる, 固仕舞て, 固であり勤労が, 固でなければわからない, 固でも安心は, 固という常に神聖, 固とても雄に, 固とても決して雄を以て, 固との前へ, 固と共に登場するなら, 固なくしては, 固ならしむる考へでは, 固ならせることを, 固にもし高めても, 固により勤労と, 固に対して再造, 固ばった俺と一等運転手, 固ばらせたまま冷然と, 固向って, 固ぼつとをかくる, 固までが車の, 固までの間に, 固て炎天, 固むることを忘れざれば, 固むるためなり一つは良心, 固むるところの岩崎山の懐, 固むるには絶好の機会, 固むるにほかならずされば, 固むるに鉄を以てし, 固むるのほかはないと知って, 固むるの用とせられた, 固むるを宜しと, 固むる公儀御自慢, 固むる必要あるべし, 固むる方これよりよき, 固むる法を問はん, 固むる習慣が出来た, 固むる風情なり, 固りか, 固よりいたはずである, 固よりついていない, 固よりに大地の, 固よりもむしろ現在, 固よりやすらひは, 固より子もなかつた, 固らしさに, 固られたり又, 固りすぎて流れ, 固りついた論理という, 固りや枝を成した, 固り合って騒い, 固り締め切ってある, 固れるに唆, 固ばり頭, 固をも有た, 固キ握手ニ達スルタメニハ如何ナル犠牲ヲモ辞スルナ, 固キ殻ヲ穿チテ, 固クスルタメノ趣旨ニテ政府タランモノハ其臣民ニ満足ヲ得, 固ク信ジテ幸福ト栄名ヲ此一挙ニ期シ, 固ク城ヲ閉ジ, 固故有リ矣, 固パンビスケットほしぶどう, 固パン氏が通訳, 固パン白状せい, 固パン茶および一杯, 固メ置キテ後固ク城, 固ヨリ企テ及ブベキ所ニ非ズ, 固ヨリ兵農ノ分, 固ヨリ別個ノ問題ナリ, 固ヨリ必然ノ結果ニ屬スト雖モ忘ルベカラザルコトナリ漱石, 固ヨリ敢テ凡テヲ事業家ノ公共的動機ニ, 固ヨリ時勢ノ要, 固ヨリ有用ナレド務メテ雅致ヲ失ハズ, 固ヨリ無産階級ノ復讐的騷亂, 固ヨリ独立スルノ理ヲ以テ独立シ, 固ヨリ白種ト異ナリト雖ドモ, 固ヨリ膽大力剛ナリシニ由ルト雖モ海戰ノ進退陣形, 固ヨリ言フ可キ限リニ非ザル也, 固ヨリ説明解釋ヲ目的トセルモ, 固ヨリ論ヲ俟タザル可シ, 固計ル現時支那官僚富家, 固復疑, 固中村勇左衛門らがおり, 固以下盧家の雇人四十幾人, 固以來紀傳體の斷代, 固以後であるから, 固勃率談笑に流暢, 固に黙った, 固地さは十, 固型寿司や水玉, 固の民, 固して, 固城を, 固して, 固孤独の念これ悲歎, 固せる者, 固小野富穀の二人, 固屍斑等々のあらゆる, 固幸福にする, 固張った演説なんか, 固張らせつつ森閑, 固張らせる拍子に, 固強かりければ, 固周行字は, 固の輪, 固態表面の温度, 固しないでは, 固成させたものと, 固成したのは, 固のところ, 固摺らせではなく, 固擅殺ノ罪, 固に冷たい, 固有名なるもの, 固の如き, 固歴史的世界の生産様式, 固歴史的制作的自己としての我々, 固はな, 固汝頴の諸州, 固液気三態の原子構造, 固瀬河辺に梟, 固の固く, 固煉白粉でギラギラ, 固の老舗, 固のやう, 固癖典型的な性格表現, 固の矛盾的自己同一論理, 固社会的共同作用に伴う, 固稽古通詞たること二十年, 固して, 固結体を製, 固の白粉, 固練白粉を掌, 固肥したのでございます, 固腸丸の広告, 固腸丸スパスモヒンをやたら, 固有記記中亦, 固自身の手, 固苦しかったりケレン, 固苦しくってお話, 固苦しくわずらわしいだけだ, 固苦しゅうていかん, 固菓子と魚, 固著させる事である, 固の議, 固行為的直観的に起る, 固護謨製の品, 固過ぎたら牛乳を, 固過ぎましたが忠義一徹, 固過ぎる面立ちに, 固人間所得窺, 固飯田良政らが来会, 固のこと, 固坐について, 固體球を模型, 固鬢つけでカンカン, 固鬢付けでカン, 固黒く縮こまって