青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「困っ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

四郎~ 回~ 回復~ 因~ 因果~ ~因縁 因縁~ 団~ 団体~ ~困っ
困っ~
~困った 困った~ ~困る 困る~ ~困難 困難~ ~図 図~ 図書館~ ~固

「困っ~」 1897, 18ppm, 6270位

▼ 困っ~ (1829, 96.4%)

110 いるの 65 いると 64 いる, しまった 51 いるん 50 いた 47 しまいました 40 しまう 33 います 27 いるよう, おります 25 しまって 23 いるところ 22 いるという 18 いること 17 いたところ 16 いるもの 14 いました, いるから 13 しまいます 12 いたの, 居ります 11 いる様子, しまったの 10 いる者 9 いたが 8 いるが, いるのに, いる人 7 いても, いる時 6 いるだろう, いるだろうと, いるらしい, おりました, しまうん

5 [12件] いた時, いて, いますから, いますと, いるので, いるのよ, いる人たち, いる所, もじもじし, 了います, 居るの, 居るん

4 [14件] いたよう, いない, いますよ, いるとき, いるらしかった, いるわけ, いる処, おりますから, おるところ, しまうの, しまったん, 了う, 居ると, 立って

3 [24件] いたこと, いたとき, いたん, いやしない, いるか, いるくらい, いるそう, いるほど, いる家族, いる際, おりますからと, おる, きたので, しまいましたが, しまいましたよ, しまいましたわ, しまいますの, しまいますよ, しまうこと, しまうと, しまうわ, 居る処, 来た, 終う

2 [70件] いそう, いたから, いたのに, いたもの, いた人, いた所, いながら, いますが, いますの, いますのよ, いやしないだろう, いるお, いるかという, いるからと, いるし, いるだけ, いるとこ, いるとの, いるとは, いるに, いるよ, いるらしいの, いるらしいん, いるんで, いる事, いる事情, いる人達, いる人間, いる問題, いる最中, いる点, いる矢先, いる自分, いる間, おいでに, おいでの, おしまいに, おられるの, おりますの, おりまする, おると, きた, くると, しかたが, しまいましたほんとに, しまいまして, しまうじゃ, しまうでは, しまったよ, ゐる, んだ, 了った, 困って, 居た, 居りました, 居りますと, 居るが, 居るところ, 居る様子, 店の, 朝太郎に, 村の, 来たと, 私は, 答えました, 考えて, 行った, 返事を, 頭ばかり, 黙って

1 [628件 抜粋] ありったけの, あわれなもの, いたけどさ, いたけれども, いたし, いたそう, いたと, いたとこ, いたにも, いたやさき, いたらしい, いたらしいが, いたらしいん, いたらしい清子, いたら私, いたり, いたわけ, いたんだか, いた事も, いた事情, いた二人, いた勘右衛門, いた捨吉爺, いた掛川宿, いた様子, いた機, いた遊民, いた重吉, いた際, いちど奥へ, いないこと, いないし, いないの, いない事, いなさるよう, いましたが, いましたので, いましたのに, いました頃, いますか, いますでしょう, いますという, いますわ, いますわい, いますんで, いようとて, いらしたか, いらした所, いらしっちゃあ, いらっしゃいます時, いらっしゃる, いらっしゃるそう, いらっしゃるのよ, いられた, いられるそんな, いられるの, いられるらしいです, いらッ, いるあらい, いるあらゆる, いるうち, いるかも, いるがね, いるくせ, いるけれども, いるじゃ, いるすぐ, いるせい, いるその, いるそれ, いるだけは, いるだろうから, いるだろうな, いるでしょうねえ, いるでは, いるとか, いるとき江戸, いるどこ, いるなどとは, いるなら, いるならお伽噺, いるならこの, いるならちょい, いるなら何ん, いるには, いるのね, いるふう, いるもしや, いるらしいが, いるらしいそれ, いるらしいので, いるらしい事, いるらしい様子, いるらしい耕吉, いるらしかったが, いるらしくその, いるらしく男一人, いる一介, いる中, いる五万石, いる位, いる体, いる俺, いる傷病軍人, いる半, いる同僚, いる君, いる吾輩, いる士族さん, いる天人, いる女史, いる妹, いる娘, いる婦人作家, いる実例, いる実情, いる小作, いる当時, いる彼, いる心持ち, いる新しい, いる旅人, いる春代さん, いる時分, いる有様, いる東京, いる柳生藩, いる此家, いる気の毒, いる沢山, いる状態, いる生計, いる男, いる病人, いる石炭屋, いる者たち, いる芸人, いる若い, いる苦情, いる馬, いる高校生, いれば, いろいろと, いろいろ相談, いろいろ苦労, いろいろ言っ, うちしおれた, うろついて, おいで, おくれでないかい, おった, おどおどし, おられたが, おられたらしい, おられた兄者, おらん, おりは, おりましたところ, おりましたどうか, おりますうち, おりますが, おりますただ, おりますだから, おりますという, おりますので, おりますほんとに, おります御, おります貴, おるだろうなあ, おるという, おるの, おるのでな, おるよう, おる者, お歌を, お絹, お菊, お蔦の, かねてから, かれは, ききわけ, きたの, きっと来るだろう, きます, きやしたので, くる, くれば, こうして夕刊, ここへ, ことばも, この池, この稲葉山, これだけは, これを, こんな事, こんな出鱈目, さじを, しかめ面, しばらくもじもじし, しばらく頭, しまい, しまいには, しまいましたほど, しまいましたもの, しまいましてね, しまいますから, しまいますこと, しまいますどうぞ, しまいますね, しまいますもし, しまいますわ, しまいますんで, しまいます私, しまうけれど, しまうし, しまうすぐ, しまうだろう, しまうので, しまうのよ, しまうばかり, しまったが, しまったという, しまったねえ, しまったので, しまった惟光, しまってね, しまひました, しまひましたよ, しまふ, しまわれるだろうほども, じれ給うの, そのこと, その伯父, その暁, その松, その筋, その肘, その貰い手, それから妙, それらの, ただ, ただニヤニヤ, だんだん高い, てよ, とうとうその, とうとう泣き出した, ともかくも, どうかならない, どうする, どろぼう, なげくよう, なんとかし, なんと申, のだって, のでが, はおっても, ふと廊下, ふりかぶった拳, べそを, ほとんど五体, またお, また家来たち, また火鉢, みすみす人, みなけりゃわからないと, むずかしい顔, もう一度, もう四五日, もじもじした, もだえたが, もったいらしく知恵, もてあますかと, やっだん, やっとそれ, やはり逢っ, やむなく昌平, らしたので, らっしゃるん, われは, ゐた, ゐるとの, ゐるらしいが, アマンドさんの, デッチあげた, マゴマゴし, モジモジしはじめる, モーターを, ンだろう, 一人で, 一定の, 一度に, 一時学業を, 下手な, 不快そうに, 世帯じまいを, 了うん, 了って, 二三の, 二人の, 交番の, 交通妨害など, 京へ, 人に, 今にも圧し潰される, 今度はじめて, 今度足どめに, 今日まで, 仕舞うなあ, 仕舞うよ, 仕舞う事, 仕舞ったな, 伸子は, 何とも答えなかった, 何んとも, 使い込んで, 俎板面を, 信者には, 俥夫に, 僕に, 先輩の, 兎も, 六兵衛は, 六平に, 其処に, 典した, 内藤伊織は, 几帳を, 出入りの, 切々稼ぐだろう, 前後を, 副監督, 十夜や, 十掛けばかり, 半泣き, 友人から, 叔父さんを, 口の, 古着屋を, 向うの, 咳払いした, 唯うっとりと, 唯おどおどし, 唸るかも, 国王の, 坐って, 売りに, 売る時, 変な, 夜店を, 女の, 女中部屋から, 女房を, 娘を, 子に, 宿の, 寺院を, 小さな白い, 小さな私, 少し猫背, 少額の, 居たが, 居たところ, 居た彼, 居た所, 居ったから, 居ったです, 居ながらも, 居ます, 居らなければ, 居られた, 居られたと, 居りましたが, 居りましたの, 居りますが, 居ります故, 居る, 居るお婆さん, 居るかは, 居るから, 居るじゃ, 居るだろう, 居るだろうからと, 居るもの, 居るよう, 居るらし, 居るサリトテ別項記事, 居る事, 居る人, 居る人間, 居る同僚, 居る女, 居る故, 居る時分, 山中に, 山道に, 己を, 帰って, 平野屋の, 庭石の, 彼は, 往生した, 御相談, 御覚醒, 思わず父, 急に, 情ない顔, 或る, 手を, 手持ぶさたで, 挙句に, 捨てたん, 捨てる人, 明石が, 暫く家, 最も安全, 最後に, 木製や, 村に, 来たの, 来たよう, 来る, 来ると, 来る人, 来れば, 棟梁の, 椅子へ, 横へ, 檀家を, 此度は, 此方は, 死にたかった, 死ぬとき, 毎日の, 民吉を, 気の毒な, 永田から, 泣きそう, 浄瑠璃の, 浅草で, 浅草へ, 清水から, 湧金門まで, 潰れそう, 無心を, 片手で, 物乞いを, 男芝居の, 町の, 百姓鍛冶に, 皮剥ぎを業と, 盗みに, 相談を, 睾丸火鉢の, 碁を, 私へ, 種々な, 窮迫し, 立ち上った, 笑って, 終った, 結局三百両という, 考え込んだ, 肩を, 膝に, 自分の, 自殺した, 自殺を, 苦しんで, 苦しんでるの, 苦労した, 苦笑する, 行く一方, 襟を, 見ると, 親に, 親子心中を, 言った, 質草も, 赫く, 躊躇し, 身もだえの, 退学を, 逃げて, 逐電し餓え, 酌婦でも, 長い行列, 阿母さん, 隼人の, 靴磨きを, 預かりの, 頭を, 頼むよう, 額を, 顔や, 顔を, 馭者台から, 鮎川と, 鳴いて, 黙っとった, 黙り込んで

▼ 困っても~ (32, 1.7%)

3 仕方が 2 これを

1 [27件] いいよ, いたから, いない自分, いなかったし, いる, いるの, おりません, ぢも, わしの, シヅの, 何でも, 借金を, 助けて, 友達から, 友達が, 困りよう, 女房に, 娘を, 家の, 彼女から, 持彦が, 昔時の, 構わぬという, 白と, 真面目な, 自分で, 自分を

▼ 困ったり~ (9, 0.5%)

2 した 1 がっかりし, したもの, して, しましたんでね, するの, 伴奏が, 苦しんだり

▼ 困ったって~ (8, 0.4%)

1 いいよ, そんな馬鹿, わたしは, 平気だ, 村の, 私は, 私田舎こそ, 負けるもの

▼ 困っちゃ~ (5, 0.3%)

1 いますよ, 今日まで, 仕方が, 何でも, 可哀

▼ 困っては~ (5, 0.3%)

1 いないの, いないよ, いるけれどね, 困る為め, 売る当

▼ 困っての~ (3, 0.2%)

1 巡礼だった, 盗みなら, 詞だけの

▼1*

困っさな女中衆, 困っために会う, 困ってから出て, 困ってさう云, 困ってな金の, 困ってね割合楽