青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「唐~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

品物~ 員~ 哥~ 哲~ ~哲学 哲学~ ~唄 唄~ ~唇 唇~
唐~
唖~ ~唯 唯~ ~唯一 唯一~ 唯物~ 唱~ 唾~ 商~ ~商人

「唐~」 3051, 29ppm, 3985位

▼ 唐~ (785, 25.7%)

15 太宗の 13 時代に 12 玄宗の 10 太宗, 時の, 開元, 高宗 8 時には 7 長安の 6 初めに, 天子の, 時に, 時代には 5 代に, 制度の, 小説なども, 彩色の, 玄宗皇帝の, 韓愈 4 天下を, 徳宗の, 文化の, 時代の, 朝廷に, 玄宗時代の, 詩集か

3 [17件] 中頃から, 代宗, 天子に, 太宗皇帝, 張, 文化に, 文化は, 新しい文学, 段成式の, 玄宗時代に, 玄宗皇帝が, 詩の, 詩文を, 郭子, 都の, 間に, 頃から

2 [49件] やや末期, 世の, 中世に, 中世の, 中世以後は, 人形も, 代には, 代の, 保護を, 初めの, 初めまでの, 制に, 国へ, 天神と, 安禄山, 宮廷に, 宰相の, 引船の, 才子傳と, 文化が, 文明が, 新しい文學, 方に, 時でも, 時にも, 時は, 時代から, 時代まで, 朝廷へ, 末から, 李白の, 様式の, 武宗は, 物で, 玄宗皇帝と, 玄宗皇帝は, 芋, 芋を, 詩人の, 詩集と, 貞元年中に, 道宣の, 都々逸て, 都々逸を, 都洛陽の, 長安に, 陳蔵器という, 韓, 頃まで

1 [459件] ある学者, いもあまり, お女中, かがみを, ことでしょ, すがた, それと, たれそれ, だらけた駄作, なんとかいう, は更, シナ人は, 三名だった, 三書として, 上都に, 不空, 不空訳, 世と, 世には, 世代から, 中世から, 中世まで, 中世までを, 中世以後の, 中世以後一寸史乘に, 中世以後南洋を, 中世以後揚州は, 中世頃即ち, 中頃に, 中頃より, 中頃西暦の, 事情を, 二世皇帝の, 二人が, 五台山で, 人であります, 人である, 人も, 人らしく思われます, 仙人呂洞賓など, 代が, 代では, 代と, 代など, 代まで, 代宗帝, 任務を, 任翻と, 任翻天台巾子峯に, 伯父御, 作品と, 使です, 使節が, 使節は, 使節も, 來陽といふ, 側に, 傅奕でも, 僖宗の, 僧といふ, 僧の, 僧は, 元, 元和の, 元和十年私は, 元和年中の, 元和年中許州の, 先祖が, 初である, 初めには, 初めまでは, 初期である, 初期までは, 初頃から, 判官を, 制度が, 制度に, 制度は, 制度文物に, 制度文物の, 則天武后の, 則天武后を, 則天武后時代の, 前の, 劉知幾が, 勢力の, 南の, 古詩を, 可止, 司空図が, 司馬貞の, 名僧で, 名将である, 名将郭子, 后の, 向こうの, 呉融の, 善導和尚の, 図様の, 国から, 国が, 国である, 国でも, 国と, 国にも, 国の, 國威と, 國子監は, 國運こそ, 國都の, 地から, 坊さんは, 堯帝政を, 壊滅を, 大いなる国民的統一, 大中年, 大和三年ろ州の, 大學, 大宗と, 大宗の, 大将あやまらせ, 大尉李徳裕の, 大歴間, 大臣に, 天下である, 天台山を, 天子から, 天子が, 天子は, 天子も, 天子東方亞細亞の, 天子高宗皇帝也, 天宝の, 天宝中河南, 天宝十三年春三月かれ, 天宝年中河南, 天寶元年の, 天文臺には, 太和の, 太和二年, 太宗と, 太宗高麗, 始から, 姫達が, 孔穎達が, 孔頴達の, 字書には, 学者に, 孫思, 孫武陸子の, 學制も, 學問や, 學風と, 宗室の, 官人を, 官制は, 官制を, 宝応年中李の, 宝暦年中循州河源に, 宮廷より, 宮廷又は, 宮殿の, 宰相と, 宰相に, 家集を, 實録が, 寧王が, 将三十六人を, 将武が, 山に, 岑参の, 島々をも, 崔, 年月は, 幻術師が, 建物に, 弘法寺の, 張九齢が, 張又新盧, 張守節の, 張巡, 張巡が, 張継の, 張読であります, 彦, 彫像と, 彫像においては, 彫像の, 影響は, 影響を, 律を, 律令に, 律宗の, 律文にも, 後半期に, 徐敬業は, 徳宗憲宗時代の, 徳宗時代に, 情勢であった, 憲宗の, 手に, 手を, 推薦に, 援兵を, 摸倣で, 政治的統一や, 故事を, 敬宗は, 文化である, 文化と, 文化とともに, 文化を, 文宗の, 文宗は, 文明は, 文物が, 文物諸, 文運を, 斐旻一日に, 新しい制度, 新制度, 新文化, 方が, 方へ, 方書百余家を, 昔に, 昔より, 昭宗であろう, 時から, 時までは, 時並に, 時代である, 時代にな, 時代にまで, 時代を, 時代頃までは, 時分から, 時分に, 時日は, 時民丁五百余口あっ, 時醴泉寺で, 景龍の, 智昇の, 曲も, 書は, 朋黨は, 服装は, 朝廷で, 末期から, 末期に, 末頃に, 末頃の, 末頃までに, 本体また, 本家たる, 朱全, 李, 李勣と, 李太白, 李太白が, 李後主, 李後主と, 李後主は, 李白杜子美及び, 李眞の, 李肇が, 李肇の, 李華の, 李賢は, 李長吉を, 杜佑の, 杜甫の, 柳宗元, 柳渾の, 桐の, 楊, 楊太真も, 楊貴妃の, 楊貴妃も, 様式であった, 様式は, 樊, 模倣でない, 欧陽詢が, 武后の, 武宗も, 武宗仏法を, 歴史は, 歴史を, 段成式であります, 段成式著わす, 気分は, 河嶽英靈集の, 法令から, 法式が, 法律を, 法琳の, 法進が, 洛陽, 洛陽の, 海だ, 海に, 海螺弄すなわち, 海軍と, 温李體, 為に, 無名氏の, 爲に, 玄奘の, 玄奘三藏が, 玄奘法師に, 玄宗が, 玄宗は, 玄宗や, 玄宗南の, 玄宗帝の, 玄宗皇帝だつた, 玄宗等の, 玄宗開元は, 王, 王建の, 王昌齢の, 王翰の, 當時には, 當時即ち, 當時青龍寺惠果和尚や, 白居易, 白居易の, 白楽天を, 白樂天の, 皇室と, 皇帝に, 盗跖や, 盧言の, 眞蹟を, 真卿, 知らせで, 石仏や, 石経や, 石経よりも, 禅僧了庵であった, 福州長溪縣赤岸鎭の, 秦韜玉が, 突厥, 立てた社稷, 竜尾石希代の, 竹松の, 第二番目, 粟を, 紙漉職工が, 統一からは, 統一時代の, 絵画にでも, 美人の, 美術の, 美術を, 義浄法師の, 肖像畫が, 肖像畫とは, 肩を, 至徳二載, 興福寺は, 船師と, 色である, 色刷りを, 芋が, 芋そら, 芋です, 芋でも, 芋と, 芋とを, 芋の, 芋も, 芸術の, 草根木皮の, 莊宗の, 薛幽棲李少微, 薛調だ, 薯を, 蘇恭が, 融合文化の, 衰亂といふ, 装ひぞし, 言い謬りか, 詩で, 詩などを, 詩人は, 詩人白楽天が, 詩人盧同の, 詩人鄭嵎が, 詩壇の, 詩集とを, 語を, 誰宋の, 請求に, 諸高僧并, 豊干, 貞元から, 貞元中に, 貞元中大理評事韓生の, 貞元年中博陵の, 貞元年中大, 貞元年中漁師十余人が, 貞元年間の, 貞観の, 貞觀の, 貢物の, 貿易商によって, 賈島は, 賈耽の, 賊黄巣が, 赤岸鎭に, 超真和尚, 越州, 軍を, 軍将戦艦一百七十艘を, 道化戯である, 遺品中に, 遺物が, 遺物に, 遺物に対して, 郭元, 都でも, 都な, 都城制が, 金剛菩提三蔵訳, 金鶏鳥四国土佐の, 釣り師を, 釣友と, 銅像を, 銅硯などという, 錦の, 鏡の, 鏡五尺の, 長安から, 長安にも, 長安は, 長慶二年の, 開山洞玄国師この, 開成石経と, 間の, 陳先生て, 陳蔵器説に, 陸愼餘の, 際に, 鞦韆の, 音樂は, 頃にも, 頭に, 顏師古が, 顏師古は, 顔真, 顕慶中, 顕慶年間李善が, 高力士, 高宗治世, 高無際, 鶏, 黄巣が

▼ 唐~ (177, 5.8%)

6 に於, のもの, の支那 3 に於ける, の初期, の文明

2 [11件] に至り, の人々, の作, の大秦寺, の天子, の支那人, の書籍, の美少年, の詩人, の長安, の類書

1 [128件] および奈良時代, からし, からの二王, から五代, から傳はつ, から元, から多く, から早く, このかた, ではこの, ではこれ, ではつ, では一ヶ年, では有名, で有名, で流行, と云つて, に, にあった, にあり, にありし, において古書, にかけて嶺南地方, にかけて行われた, にかけて道佛二教, になっ, になつ, には中央, には南部, には書, には梁代, には毎年, には規模廣大, には鞦韆, に及ぶ, に多, に大秦寺, に密教, に尚武的色彩, に已に, に張果老, に所謂大食國, に支那, に於ける如く, に書かれた, に渡來, に留學, に至っ, に至りまし, に西域諸州, に起った, の, のみならず, のアラブ貿易, のネストル教, の京城, の仏教哲学, の代, の伎楽, の余韻, の俗間方, の儒, の兵制, の劉知幾, の勇士, の原, の外國貿易港, の太, の学者, の學風, の官職, の宦官, の密教, の小説, の建立, の建築, の怪談総まくり, の文化, の文學上, の文章, の新, の書, の書物, の服装, の物, の畫, の當時, の眞蹟, の真, の石國, の石摺, の科擧, の租, の綺, の繪畫, の肖像, の肖像畫, の舊抄卷子本, の薛震, の蘇魯支, の衣冠, の西域研究, の詩, の諸, の貴公子, の道教, の遺風, の鞦韆, の頃, の風流貴公子, の黄土, は中世, は實物經濟, は舞樂, は詩文とも, は駢文, ばかりでない, へかけ, までは壁畫, までは彫刻, まで掛け, より久しく, より宋, より遙, を通じては新派, 若くは, 若くば, 迄傳

▼ 唐時代~ (106, 3.5%)

5 の支那人 4 に於ける 3 に支那, のもの 2 の文学

1 [89件] からし, からアラブ人, から佛典, から同, から外國, から彼等, から樂府, から武廟, から清朝, から現時, か若く, であること, での有名, でも南洋方面, でも支那, と同, と同じ, などになる, にかけて當時, になっ, には, には一藝, には和蕃公主, には尤も, には揚一, には文官, には日本, には普通, には楸, には絞, にも已む, にも幾度, に世界, に兩面, に出, に南支那, に姦通者, に廣州, に建設, に或は, に新, に於, に最も, に有名, に此書, に流行, に浙西, に漢譯, に盛大, に至る, に賜進士及第, に長安, に長安出入, に關, に限つた譯, の, の一里, の世相, の事蹟, の作, の刊本, の古, の名僧, の國都, の學者多く, の實際, の支那, の支那紙, の政治家, の方, の服制, の朝鮮, の杭州, の歴史, の海南島, の眞物, の稗史類, の立法者, の絵, の航海, の菩薩蠻, の都, の長安, は申す, は道佛二教, までなお, よりやや, を引く, を通じて東ローマ人

▼ 唐~ (69, 2.3%)

3 でも明律, と云, の, の戸婚 2 であります, では徒刑一年, の中, の價値, の規定, は支那

1 [45件] からであります, から清律, から獨立, でありますが, では妻, でも何等, で四十九以下, とは異, とやや, と云つて, と隨分形式, には, には存在, には書い, には殊に, には若, には親殺し, にも明律, に依つ, に模倣, に次いで, に比し, に比較, の内容, の型, の大, の我邦, の戸婚律中, の本文, の法文, の注, の立法者, の職制, の行, は喧嘩, は明, は此, ばかりで, ばかりでなく, ばかりに就い, を始め, を始めその他支那, を為り, を見, 名例律

▼ 唐~ (68, 2.2%)

3 のやう 2 が好い, のよう, の粉, の葉, を少し

1 [55件] いろづく, かえ, が交っ, が仕込ん, が出来る, が赤い, が赤く, でえ, で竹の子, といい, とのせい, とを播く, とを積み込ん, と赤茄子, なぞを懸け, に色, のせい, のたぐい, のみは最初, の佃煮, の傍, の實, の癇癪, の砂糖, の端, の膏薬みたい, の荷, の袋, はいつもあんなにぷんぷん, はむっと, は平気, は怒っ, は皮肉家, ばかりを空腹時, または芭蕉, よ, よ辛く, をあつめ, をいぶした, をつけ, を佃煮, を入れ, を入れる, を吊し, を含ん, を嗜食, を持つ, を採, を播い, を用, を盛った, を貰, を食し, 極く, 赤うなる

▼ 唐~ (64, 2.1%)

1 [64件] あって, いたっては, いたとき, いた西域人尉, なっては, ならって, なると, マニ教を, 交通した, 仕えて, 仕へ, 仕へた外國人, 仕官する, 使いした栗田真人, 傳へたは, 入って, 入る, 入ると, 到るか, 劣らない大役, 劣らない程度, 向つて住, 對し, 居られた時, 影響し, 影響した, 往来する, 成り後周, 或時, 採用され, 搜訪圖書目あり, 於ける彫刻技法, 時代の, 李, 欧陽詢という, 歸り, 派遣された, 流れついて, 渡りここ, 渡る航海中, 獻じた, 生れしめなば, 留つた, 留学し, 留学した, 留學され, 登庸され, 結びつけるの, 至つて俄かに, 至つて工妙の, 至つて流行を, 至るまで, 至るまでに, 至るまでの, 至るや, 至る間, 蘇武と, 行って, 視ぶれば, 赴きて, 赴くを, 陸善經と, 非ず, 類似を

▼ 唐~ (59, 1.9%)

8 の藝文志 3 の中 2 と云, には日本, に伝, の目録

1 [40件] いうところ, からは野史, から取る, が倭, が出, が手本, でも新, と同じく, と舊唐書, なり舊唐書, に, になる, にはこの, には粗略, には藝文志, に傳, に拠る, に拠れ, に至っ, に至つてそれ, の一説, の主, の六韜, の列伝, の列傳, の宰相世系表, の後, の或, の方, の體裁, はまだそれ程, は史體, は最初, も同じ, や通鑑, を書いた, を積上げ, を編, を讀み, を辯護

▼ 唐天竺~ (58, 1.9%)

4 の果 3 の都々逸 2 にも聞いた, のおみき, まで名

1 [45件] かいや, からやって来, から南蠻, である, であろうと, でございますか, でも, でもどこ, でも決して, といっ, といはれた, とやらへでもお出で, にだってあり, にだって行きます, にまでも示し, にもござりませぬ, にもない, にゃあ, に持つ, に身, のこと, のよう, の交通, の女, の果て, の神様, の言葉, の馬の骨, へでも, へでも参ります, へでも響き, へ出よう, へ転生, ほどで, までお, までもおっ, までも参りましょう, までも參, までも鶏, まで捜した, まで探し出し, まで渡っ, まで荒しまわっ, を夢見, 近うて

▼ 唐~ (50, 1.6%)

33 の謎

1 [17件] からね, から窃取, が建った, が建てられ, だが, のオルガンチノ僧正, の何処, の内, の日なか, の鐘, の門, の附近, へ引取り介抱, へ絶えず, へ行った, やお, を巡拝

▼ 唐~ (49, 1.6%)

4 かもみ, の中 2 の茂み, や白檜

1 [37件] が何だか, が多く, が生え, すなわちアスナロ, ですか, などが最も, などの侵入, などの立派, などの針葉樹, にバンクス松, に囲まれ, に恐ろしく, に病人, のみの茂っ, のみの茂つて, の下, の伐り, の列, の向う, の日蔭, の木立, の根, の深林, の若木, の茂った, の葉, の蔭, は葉, も動きます, やと, やサイプレス, や栂, や落葉松, や黒檜, をこ, をアテ, を主として

▼ 唐もろこし~ (47, 1.5%)

3 の青い 2 の畑, の皮, もある

1 [38件] が作っ, が繁つて, など, なんぞを買っ, に囲まれた, に振りかけ, に躓い, のかけら, のたぐい, の實, の御馳走, の房, の枯葉, の殻, の籔, の苗, の茶色, の葉, の蔭, はまだ, または大根, も藷畑, を, をあぶった, をかかえ込ん, をまた, を二本, を栽, を焼い, を焼く, を燒, を盗ん, を縁, を腹いっぱい, を買っ, を食, 既に熟す, 焼栗

▼ 唐~ (38, 1.2%)

4 の時代 2 と明清, の法帖, の間

1 [28件] から清朝, から起つた, とか元明清, などの文化, などの言語, における仏教哲学, に及ぶ, に学生, に栄え, の代り目, の古, の古史, の古文, の壺一個, の学芸, の學者, の怪談, の文化, の産物, の禅僧, の窯, の詩人, の詩文, の豊麗, の醇美, は宋, や高麗, より近時

▼ 唐から~ (30, 1.0%)

3 渡つた書物などで 2 受けて, 宋へ

1 [23件] 五代にも, 五代を, 傳へ, 六回も, 出て, 印度に, 印度へ, 叡山の, 宋宋から, 帰った吉士長丹, 帰った新人たち, 帰って, 帰朝した, 持ち還られた古い, 本尊の, 来た鑑真, 歸朝した, 渡った唐, 渡った書物, 渡つた珍品などは, 渡りもの, 着荷が, 蕃部へ

▼ 唐~ (30, 1.0%)

2 手に

1 [28件] ちょっとまごつい, なお息まき, もとより徽宗以来, わずかに, カラと, 一つの, 一応客間, 三百年あります, 不治の, 中国だった, 中国ねェ, 今の, 北朝の, 呉先生や, 唐宋は, 唐虞の, 始めて, 庚娘に, 庚娘の, 晁蓋から, 滿二年といふ, 素手で, 范陽笠を, 藝術最盛の, 野太刀を, 雄略天皇以後百五十年餘經て, 韓の, 飛びついて

▼ 唐~ (28, 0.9%)

6 ぞろ 3 の着物 2 の半纏, の素袷, の衣物, の袷

1 [11件] ぞつき, の上下, の仕立ておろし, の布子, の洗, の胸, の袖口, の袴黒羅紗, の風呂敷, を狹, を端折つ

▼ 唐以前~ (24, 0.8%)

2 の旧, の書, の本草

1 [18件] からかかる, からもあつ, にもその, に殆ど, に淫楽, に醫療, のもの, の体裁, の六朝, の分, の制度, の古詩, の如き, の歴史編纂, の若く, の詩, はしばらく, は古代

▼ 唐~ (23, 0.8%)

2 では現在五段, の型, の広西五段

1 [17件] が流行, にも似, に凝っ, のお, の島, の稽古, の突き, の立廻り, の細い, の結構, の縞柄, の達人神田兵太郎, の選手, は明人陳, をやり出し, を知っ, を稽古

▼ 唐蜀黍~ (23, 0.8%)

3 の畑 2 のあいだ, の花, もよく, や夏大根

1 [12件] が栽, でもない, と一緒, などが栽, などの畑, のかげ, の付け焼き, の毛, の葉, や青, を取り, を焼い

▼ 唐~ (22, 0.7%)

2 宋との

1 [20件] いふ, なっても, なると, 云つたので, 交通した, 交通開始の, 取れば, 古來外國, 史進は, 名のる, 四つに, 国交を, 宋とは, 明との, 明清との, 洒落たの, 清とが, 無理に, 申しましても, 謂ふ

▼ 唐~ (20, 0.7%)

3 のお

1 [17件] が立て, だつたら書生, ではなかっ, とすべて嫖客, などが張られた, にでもなっ, に似, に雪, に高, のよう, の一本足, の骨, や菅笠, をさしかけよう, をさして, を取り, を肩

▼ 唐~ (20, 0.7%)

1 [20件] あたりから, から明末, その中, には歴史, に出た, に存在, に歴史, に考へられた, に至り, に顏師古, の人, の文獻, の明, の有名, の王君操, の現存書目, までで終り, までの陸氏, までは昔, まで生存

▼ 唐繻子~ (20, 0.7%)

6 の帯 2 の丸帯

1 [12件] だつた, と媚茶博多, と更紗縮緬, と縞, と繻珍, と腹合せ, と薄, の丸帯うるささうに締め畢, の丸帶, の引か, の細い, の襟

▼ 唐書藝文志~ (19, 0.6%)

2 に至つて

1 [17件] からあまりに, からである, ではこれ, では含ませ, では起居注類, との間, と云, と同じ, には天文類, には譜牒類, によつて, の粗略, は北宋, は心, は注, も崇文總目, 並びに崇文總目

▼ 唐~ (19, 0.6%)

7 の大 2 の櫃, の鼎 1 で鋳, の上, の恐しく, の恐ろしく重, の手水鉢, の獅噛, の獅噛火鉢, の蓋

▼ 唐~ (18, 0.6%)

2 の全盛時代

1 [16件] でひどい, にし, のもの, の中頃, の例, の制, の厄介, の大, の宮中席次, の御, の文化, の方, の時代精神, の李氏, の法令, の男女

▼ 唐~ (17, 0.6%)

3 という女

1 [14件] が口, でチラリ, とは何物, と右近丸, にだけにそういう, には解る, の一党, の前方数間, の徒, はまたもや, はスッ, は云い続けた, は立ち上った, も信長

▼ 唐~ (17, 0.6%)

1 [17件] からこんな, から山寨, という, に着く, の城外, の悪, の戦場, の房瑞鸞, の空, の野, へお, へ地方下り, へ帰り, へ行っ, へ飛び, まで出向い, 及び東昌

▼ 唐~ (16, 0.5%)

5 の上 4 の前 1 だの特別, で説明, によりか, のごとし, の傍, は百円以上, を控え

▼ 唐花屋~ (16, 0.5%)

2 がどう, の入口, の暖簾, の裏口, へ行かない, へ買物, まで買物 1 という小間物屋, といふ小間物屋

▼ 唐~ (15, 0.5%)

1 [15件] あるだけ, 一番甚しい, 世界文化の, 亡びてから, 亡ぶと, 先発し, 宋に, 当時の, 持ちこんだところ, 支那を, 既に衰世, 横から, 滅亡の, 行って, 逃げる酒

▼ 唐~ (13, 0.4%)

2 天竺あちらの, 天竺の 1 呂宋や, 天竺西洋あたりに, 天竺西洋の, 宋あたりの, 宋の, 宋以後の, 新羅, 明を, 漢代の

▼ 唐以後~ (13, 0.4%)

1 [13件] に於ける, に限つて, に限る, のこと, のもの, の中国人, の事蹟, の分, の北支那, の宦官, の鏡, は南支那, は天子

▼ 唐宋時代~ (13, 0.4%)

1 [13件] から否, といふこと, には我が, に多い, の名, の市舶, の文人墨客, の歴史, の目録, の茶の湯, や元明時代, を經, を通じての特色

▼ 唐~ (12, 0.4%)

1 [12件] カラと, 交じえ, 付けて, 伴れ, 侵略した, 助けて, 歌うた哀王孫, 眞似た, 素通りし, 経て, 絶頂と, 貶して

▼ 唐天子~ (12, 0.4%)

2 の歸依 1 が我使者, すら歸依, の例, の前, の宗教, の宮廷, の帝師, の最も, の灌頂, の贅澤

▼ 唐~ (12, 0.4%)

4 旧蔵 2 の定, の旧, は喜ん, 凝菴

▼ 唐~ (12, 0.4%)

1 [12件] からぐるり, があり, がいかにも, などの御, のまわり, の上, の剥落, の外, は勅使門, をくぐっ, を入ったつき, を潜っ

▼ 唐~ (11, 0.4%)

2 かけての 1 いつたの, かけて, 出しても, 派遣される, 渡ること, 渡るという, 渡る道, 赴いた, 赴いたもの

▼ 唐より~ (11, 0.4%)

1 [11件] お連れ歸, 五代までの, 以下に, 伝来の, 來朝した, 御將來, 歸朝の, 流入した, 良馬渡りし, 薬物多く, 輸入せらるる

▼ 唐~ (11, 0.4%)

1 [11件] が, が女房子供, が粗野, にはそれ, のよう, の妻女ソメ子, の旗色, の長女, はその, は暗然, は距

▼ 唐大使~ (11, 0.4%)

2 の一行 1 が從來何等縁故, が所定, が殿上, に任, のとき, の佐伯, の船, の藤原葛野麻呂, をやつ

▼ 唐~ (11, 0.4%)

2 常に拝謁, 常凝 1 と稱, の住民, アイヌの, 宗一流の, 宗勅撰の, 宗親筆の, 宗親筆入りという

▼ 唐~ (11, 0.4%)

2 から五代, より五代 1 からは又, に廣府滯在, に於, のアラビア人, の光啓年中, の賊首黄巣, または五代

▼ 唐では~ (10, 0.3%)

1 こんな時, ないか, 八卦見の, 國子監で, 從來の, 悪食魚と, 時代錯誤と, 詩風の, 諸葛孔明, 鮎という

▼ 唐までは~ (10, 0.3%)

4 望まれぬこと 1 どちらかと, 人工的に, 工藝といふ, 庭園を, 歴史の, 行けずとも

▼ 唐~ (9, 0.3%)

1 いふ大食國, すらも予, 出て, 完成された, 擲げた三鈷の, 正義を, 逝去した, 長々の, 韓退

▼ 唐~ (9, 0.3%)

1 が清和源氏, さ, に搏, の時, の紅, は, はやはり, や何, を貰いました

▼ 唐~ (9, 0.3%)

5 の兜 1 の甲, よ, よとていまだ, 白い道服

▼ 唐~ (9, 0.3%)

4 の定 2 に遊んだ 1 に貸し, のある, の在る

▼ 唐~ (9, 0.3%)

4 を着 2 に梅花一枝 1 が好き, に水色, を着け

▼ 唐一座~ (8, 0.3%)

3 の小屋, の眞珠太夫 1 が田舍廻り, の名

▼ 唐~ (8, 0.3%)

1 が佛法, が東征, である, とやらがほんとう, と留学生, の作, の像, や歸化僧

▼ 唐宋以後~ (8, 0.3%)

2 の正史野乘 1 になります, になれ, にはあまり, に及び, に手, の天子

▼ 唐~ (8, 0.3%)

1 だという, ですね, の根, の種子, の芽ぶいた, は不断草, を味わいつづけ, を採っ

▼ 唐でも~ (7, 0.2%)

1 ありますめ, よいわいな, 同じ事, 天竺でも, 當時の, 真綿の, 裁断を

▼ 唐までの~ (7, 0.2%)

1 主もな, 學問といふ, 學問の, 歴史編纂法により, 貴族政治の, 間に, 養生法は

▼ 唐めいた~ (7, 0.2%)

2 冥官たちの 1 ものである, 手摺に, 盛花が, 装束や, 趣味を

▼ 唐~ (7, 0.2%)

1 同席し, 國威四方に, 思わずぼう, 思わず太刀, 椅子に, 画院に, 異口同音に

▼ 唐~ (7, 0.2%)

1 だから, など, の先陣, の軍監, の道案内, 即ち明国出兵, 即ち明征伐

▼ 唐文化~ (7, 0.2%)

1 が当時, が潮, に対する憧憬, の圏内, の模倣, の流人, の流入

▼ 唐變木~ (7, 0.2%)

2 だよ 1 で, であり變人, でも勤まるだらう, の婆さん, の木強漢

▼ 唐~ (7, 0.2%)

1 が退いたらしい, と戰つて, に復仇, の来寇, は散々, は遼東, を押し流そう

▼ 唐一代~ (6, 0.2%)

1 の占術, の名家, の歴史, の間, は南北合併, を見渡す

▼ 唐以上~ (6, 0.2%)

2 の詩 1 と言, と言える, に時人, の事

▼ 唐~ (6, 0.2%)

2 に摸し 1 に拠つたの, に模, の模倣, を移されたれ

▼ 唐太常~ (6, 0.2%)

2 の家, は吃驚 1 をおとずれた, をおとづれた

▼ 唐~ (6, 0.2%)

3 を使用 1 に一, の関係, を以て測っ

▼ 唐棣花色~ (6, 0.2%)

2 の赤裳, よき若立 1 の変, の移ろひ

▼ 唐~ (6, 0.2%)

2 の四角, の端 1 で書く, の達筆

▼ 唐渡り~ (6, 0.2%)

1 のもの, の薄い, の釈迦仏, 祥碌流という, 秘伝皿まわしという, 黒繻子の

▼ 唐美人~ (6, 0.2%)

2 の絵 1 が高楼, など描く, の妖術, の数人

▼ 唐~ (6, 0.2%)

1 という里芋, とを加役, の親, も落花生, や八つ頭, を掻き廻し

▼ 唐ぶり~ (5, 0.2%)

3 たる冠衣 1 とも見えぬ, の謙譲

▼ 唐~ (5, 0.2%)

1 とても全く據, と同, に考へ, に著録, の作者

▼ 唐文字~ (5, 0.2%)

2 を以て寫す 1 によるなるべし, の第, を刺繍

▼ 唐更紗~ (5, 0.2%)

1 につつん, の夜, の暖簾, の机掛け, 御布団地一つ

▼ 唐~ (5, 0.2%)

2 に, のころ 1 即ち庭梅

▼ 唐~ (5, 0.2%)

1 であった, に立っ, に行っ, の手前, を渡っ

▼ 唐~ (5, 0.2%)

1 の兄貴, の兄貴一統, の兄貴達, の首輪, は山野

▼ 唐~ (5, 0.2%)

2 を膝 1 と小鼓, も膝, を自分

▼ 唐~ (5, 0.2%)

1 に載, に關, の唐, の時代, より以上山戎等

▼ 唐~ (5, 0.2%)

1 だそう, で同じ, の中, の奥, は蜻蛉

▼ 唐あたり~ (4, 0.1%)

1 からある, の古い, の時代, までは樣式

▼ 唐との~ (4, 0.1%)

1 交通に際しても, 交通も, 外交あるいは, 間に

▼ 唐において~ (4, 0.1%)

1 存した, 容れられず日本, 新シナ, 日本と

▼ 唐以來~ (4, 0.1%)

1 の, の注, の相, も同一

▼ 唐大使藤原葛野麻呂~ (4, 0.1%)

3 の一行 1 の復命

▼ 唐太宗~ (4, 0.1%)

1 が天子, が西域諸国, である, の時

▼ 唐姫様~ (4, 0.1%)

1 が仰せられた, にはお気, のお, またお

▼ 唐~ (4, 0.1%)

1 と菊花ぢ, などが出, を匂わす, を開い

▼ 唐明律~ (4, 0.1%)

1 の各, の比較, ばかりで, を比較

▼ 唐末五代~ (4, 0.1%)

1 にかけて支那, のころ, の亂, の時人

▼ 唐~ (4, 0.1%)

1 のよう, の化物, や玉蜀黍, や糸屑

▼ 唐~ (4, 0.1%)

3 の上 1 を敷きつめた

▼ 唐~ (4, 0.1%)

1 であって, で飾っ, と云はん, の羅浮仙

▼ 唐~ (4, 0.1%)

1 と直後, はれい, も斯く, を見上げ

▼ 唐~ (4, 0.1%)

2 をつけた 1 の寂びた, や十六菊

▼ 唐菖蒲~ (4, 0.1%)

1 の事, はどう, は深い, を床

▼ 唐虞三代~ (4, 0.1%)

1 の古典, の愚民, の道, を黄金時代

▼ 唐通詞~ (4, 0.1%)

1 で八官町, の家, の陳東海, を依頼

▼ 唐長安~ (4, 0.1%)

4 の大道

▼ 唐うた~ (3, 0.1%)

3 をやまと言葉

▼ 唐~ (3, 0.1%)

1 びだ, びの, びのからでたく湯や

▼ 唐とは~ (3, 0.1%)

1 ぴたと王倫の, 例の, 晁蓋の

▼ 唐まで~ (3, 0.1%)

1 四六文が, 渡れ, 聞えた秀吉公

▼ 唐三彩~ (3, 0.1%)

1 がさうである, それから宋, の日本

▼ 唐~ (3, 0.1%)

2 助屋敷角 1 吉人之

▼ 唐代以前~ (3, 0.1%)

2 の小説 1 の俗語

▼ 唐代肖像畫~ (3, 0.1%)

1 の標本, の遺風, より全く

▼ 唐偏木~ (3, 0.1%)

1 だから, で女, のピューリタン

▼ 唐傘張り~ (3, 0.1%)

1 もいたしましょう, や竹刀, や門

▼ 唐六如~ (3, 0.1%)

2 が図 1 の墨絵

▼ 唐太島~ (3, 0.1%)

1 に大, の事, の南縁

▼ 唐律戸婚律~ (3, 0.1%)

1 に, には, の中

▼ 唐文粹~ (3, 0.1%)

1 の眞, は宋, をまね

▼ 唐~ (3, 0.1%)

2 の僧寺 1 既に鼠

▼ 唐~ (3, 0.1%)

1 という遊女, といひたる, の一節

▼ 唐~ (3, 0.1%)

2 の家 1 の山巒

▼ 唐犬権兵衛~ (3, 0.1%)

1 の家, や放, 放駒四郎兵衛

▼ 唐盛唐~ (3, 0.1%)

1 の様式, は一つ, 中唐

▼ 唐~ (3, 0.1%)

1 かけたるこれぞ, の小屋, の渓

▼ 唐~ (3, 0.1%)

1 と匂い, をもっ, を入れくれ

▼ 唐~ (3, 0.1%)

1 の一名, の袋, はトウボシ

▼ 唐~ (3, 0.1%)

2 に金鳳銀凰 1 開きて

▼ 唐西域求法高僧傳~ (3, 0.1%)

1 に於, に見え, の中

▼ 唐西域記~ (3, 0.1%)

1 がこの, に依れ, 第三

▼ 唐~ (3, 0.1%)

1 の外, は古, を置き

▼ 唐饅頭~ (3, 0.1%)

2 を頬張り 1 という飴

▼ 唐~ (2, 0.1%)

1 よ上海, 宋だ

▼ 唐などは~ (2, 0.1%)

1 先ず良し, 片目を

▼ 唐にかけて~ (2, 0.1%)

1 學問は, 氏族の

▼ 唐にな~ (2, 0.1%)

2 つてから

▼ 唐には~ (2, 0.1%)

1 決して産, 玄宗の

▼ 唐にも~ (2, 0.1%)

1 あろうか, まさり董源

▼ 唐に対して~ (2, 0.1%)

1 独立国家たる, 賀平使を

▼ 唐~ (2, 0.1%)

2 さみ

▼ 唐やう~ (2, 0.1%)

1 と來, の画

▼ 唐~ (2, 0.1%)

1 太宗, 頃盗アリ先主

▼ 唐七どの~ (2, 0.1%)

1 がオナラ, が言った

▼ 唐七糸帯~ (2, 0.1%)

2 はお

▼ 唐代所著~ (2, 0.1%)

2 のもの

▼ 唐~ (2, 0.1%)

1 から学ばれた, を變改

▼ 唐偏朴~ (2, 0.1%)

1 のあの, の彼

▼ 唐~ (2, 0.1%)

1 が遊, です

▼ 唐内坂~ (2, 0.1%)

1 にある, の御殿

▼ 唐副使~ (2, 0.1%)

1 の大伴, の小野篁

▼ 唐及び~ (2, 0.1%)

1 盛唐様式の, 高麗の

▼ 唐君兪~ (2, 0.1%)

2 は遂に

▼ 唐外交次長~ (2, 0.1%)

2 と会見

▼ 唐天神~ (2, 0.1%)

1 の像, を論ずる

▼ 唐天竺和蘭あたり~ (2, 0.1%)

2 の品

▼ 唐姫殿~ (2, 0.1%)

1 が欲しい, はご

▼ 唐宋八家文~ (2, 0.1%)

1 じみた文章, などと書いた

▼ 唐宋明~ (2, 0.1%)

1 の気分, を経

▼ 唐~ (2, 0.1%)

1 の保護, の御物

▼ 唐家花園~ (2, 0.1%)

1 に落ち着いた, のバルコン

▼ 唐~ (2, 0.1%)

1 の立礼, の線

▼ 唐手使い~ (2, 0.1%)

1 ではない, と称する

▼ 唐文化圏内~ (2, 0.1%)

1 にあっ, における民族的地方的特徴

▼ 唐日本~ (2, 0.1%)

1 の暦用, の神

▼ 唐昭宗~ (2, 0.1%)

2 の時代

▼ 唐晩唐~ (2, 0.1%)

1 と四つ, と無理

▼ 唐朝大陸~ (2, 0.1%)

1 との交渉, の風

▼ 唐朝新定詩體~ (2, 0.1%)

2 と云

▼ 唐朝風~ (2, 0.1%)

1 な歩廊, のある

▼ 唐朝鮮~ (2, 0.1%)

1 の珍稀, を股

▼ 唐~ (2, 0.1%)

1 とおぼしき, の香箱

▼ 唐梅紋~ (2, 0.1%)

1 の旗, の海賊旗

▼ 唐棣色~ (2, 0.1%)

1 に染め出し, の赤裳

▼ 唐楪葉~ (2, 0.1%)

1 のいと, は高く

▼ 唐檜白檜~ (2, 0.1%)

1 であるが, のまばら

▼ 唐次長~ (2, 0.1%)

2 が軍部

▼ 唐~ (2, 0.1%)

1 より川尻, より引津泊

▼ 唐~ (2, 0.1%)

1 に右前, をななめ

▼ 唐澤山~ (2, 0.1%)

1 と云, は秀郷

▼ 唐澤男爵~ (2, 0.1%)

1 のお嬢さん, も共に

▼ 唐~ (2, 0.1%)

1 の丼, の陶物床几

▼ 唐犬組~ (2, 0.1%)

2 や夢組

▼ 唐犬額~ (2, 0.1%)

1 という風装, の伊達

▼ 唐玄宗帝~ (2, 0.1%)

2

▼ 唐玉蜀~ (2, 0.1%)

1 が云, を噛ぢ

▼ 唐琴太夫~ (2, 0.1%)

1 も, も墨菊太夫

▼ 唐琴屋~ (2, 0.1%)

1 の丹次郎さ, よ惣

▼ 唐~ (2, 0.1%)

1 が草, を置いた

▼ 唐生智~ (2, 0.1%)

1 は南京, は反

▼ 唐船入津~ (2, 0.1%)

1 の時, の時節

▼ 唐~ (2, 0.1%)

1 という紋, の絵天井

▼ 唐~ (2, 0.1%)

1 の花, の花ますら

▼ 唐解元李西涯等~ (2, 0.1%)

2 と朋友

▼ 唐~ (2, 0.1%)

2 あり其説孟浪

▼ 唐~ (2, 0.1%)

1 には大黄, の律蔵

▼ 唐諸家~ (2, 0.1%)

1 の什, の文学

▼ 唐~ (2, 0.1%)

1 とした, の奥

▼ 唐~ (2, 0.1%)

1 と切禿, のよう

▼ 唐通詞陳東海~ (2, 0.1%)

1 と申す, の宅

▼ 唐雅堂~ (2, 0.1%)

1 で刷った, のおやじ

▼ 唐~ (2, 0.1%)

1 の詩, は二百六部

▼ 唐~ (2, 0.1%)

1 に一大變化, より後

▼ 唐風俗~ (2, 0.1%)

1 の移入, の舞踊者

▼1* [389件]

あらゆる神仏, 唐清の, 唐からの輸入品で, 唐からは有る本, 唐くれなゐ, 唐ごろも君, 唐さらさ間東しま, 唐さんもわし, 唐したあげく佛教の, 唐じゆすと茶博多, 唐せしめ給ふ, 唐だって腕には, 唐だの飴売り, 唐ちりめんの赤い, 唐って中国の, 唐つきり彼ん, 唐であっても筆者, 唐でございまさ, 唐でございますが, 唐という姓です, 唐といふのは, 唐とかいうと, 唐とがフロック張りの, 唐とを結びつけて, 唐におけるそれと, 唐にかけての八百年余にわたる, 唐にしかいない恐ろしい, 唐のみかどの悟り, 唐びととまであだ名されて, 唐ほど文化の, 唐または唐以前の, 唐かで羽衣着, 唐めかしたペンキ塗りの, 唐もろこし林檎なども, 唐もろこし湯煮一本分, 唐もろこし白菜など作つて, 唐もろこし等よくもぎっ, 唐もろこし麦稗大豆の類, 唐ようの古語, 唐よりの影響を, 唐わたりの化粧法, 唐をも頭から, 唐ジュロと区別, 唐ツバキというもの, 唐ヶ原と言った, 唐だから, 唐七家の老母, 唐三彩風の鉢類, 唐三界で骨身, 唐三百年の基, 唐三藏聖教の序, 唐替, 唐世民だろうあれ, 唐唐晩唐と, 唐中唐晩唐と無理, 唐二代の間, 唐五代の故, 唐五代宋金元明, 唐五行志に乾符六年越州山陰家, 唐人山と為す, 唐仏師の影響下, 唐代あたりに目安, 唐代ぐらゐ迄のもの, 唐代一般文明の精華, 唐代三百年の各, 唐代五代宋代にわたる名刹, 唐代以後の實物, 唐代以後萎靡して, 唐代宦官の禍, 唐代時代の外來文化, 唐代普通の大食, 唐代美人の粉飾, 唐代長安に在, 唐以來千五百年に亙つ, 唐以來大師の爲, 唐以來正統を受け, 唐以來此弊を破る, 唐以來盛に支那, 唐以來相傳の手法, 唐以前並に唐, 唐以前六朝頃迄の古書, 唐以後僧尼は歩一歩, 唐以後非常に不完全, 唐以来を取り, 唐以来清朝に至る, 唐伝来の技術, 唐伝疏或用宋明註解, 唐使とともに二千人, 唐便ち左右, 唐偏朴いつか大師へ一同, 唐偏朴何時か大師, 唐停ちその向, 唐傘屋があっ, 唐傘式に木材, 唐傘松が自然, 唐傘谷といつ, 唐僧師弟の助力, 唐僧道慈が建てた, 唐僧道慈律師が奈良, 唐兩志の間, 唐公孫勝らの四名, 唐公孫勝呉用の三名, 唐六位に阮小二, 唐冠うしろに花, 唐冠兜の後立て, 唐冠纓金の兜, 唐冠金纓なり, 唐初五經正義が出, 唐判官高階眞人遠成, 唐制採択という意識, 唐制模倣によって一方, 唐刺繍の類, 唐の法帖, 唐副使大伴胡麿宿禰を餞, 唐匕首を突刺され, 唐化流行頂上の時勢, 唐化熱の為, 唐南蛮の通商, 唐即ち玄宗皇帝の, 唐叔偕の女, 唐に出, 唐樣に, 唐同村の呉用先生, 唐吹壺の下略, 唐呂方郭盛など本営, 唐和蘭人同樣, 唐の石ふみ, 唐をお, 唐商売なんぞに手, 唐でそう, 唐大使丹遅真人, 唐大使以下我が大師, 唐大使多治比眞人廣成の一行, 唐大使粟田真人に少, 唐大使藤原の清河, 唐大使藤原清河らの一行, 唐大宗のよう, 唐天宝皇帝渤海の奇毒, 唐天竺三界かけての, 唐天竺和蘭陀におきましても滅多, 唐天竺日本にあら, 唐天鵞絨の半襟, 唐太宗以前にもあったであろう, 唐太山丹オロッコの事, 唐太日記に記, 唐太西南にし, 唐が出る, 唐好きにて中, 唐姑果等を指摘, 唐は, 唐守藐姑射の刀自, 唐宋二代の高僧伝, 唐宋二朝の文化, 唐宋以下の内容, 唐宋以來その書, 唐宋以後天子の諡, 唐宋以後手を入れ, 唐宋元明の間, 唐宋元明清の医家, 唐宋諸家の中, 唐宋間に於ける, 唐宋頃の壁画, 唐宍八家文などにはそういう, 唐寅字は伯虎, 唐實録といふ以上, 唐小楷の栗鼠毛, 唐小説六十種で当時, 唐尺使用の時代, 唐から一万両, 唐山水の絵, 唐へ出, 唐州城の処理, 唐で髪, 唐と青龍幡, 唐幾多の作家, 唐はその, 唐律成立以後ざつと千三百年間に亙る, 唐律明律の行, 唐律明律清律などを参酌, 唐律疏議表にこの, 唐晉に, 唐徐寧燕順らこれも水陸七千人, 唐徽宗皇帝さえ苦心, 唐微の, 唐所創近猶, 唐手まがいの子供ダマシ, 唐手使ひ, 唐手秘伝と称し, 唐手術も佐助, 唐扱箸の発明, 唐扱箸以上であったろうと, 唐招菩提寺の雷, 唐持節使粟田真人唐に入る, 唐揚げというの, 唐撫子大和撫子もことに, 唐撫子手に取る, 唐改暦の噂, 唐敷疊へ胡坐, 唐文明の流入, 唐文物のすさまじい, 唐文粹文苑英華等の中, 唐断絶候は, 唐楽, 唐の兩律, 唐明兩律を比較, 唐時代以前の美術彫刻, 唐後漢, 唐晋漢周と国朝, 唐曰く宋或は重厚典雅, 唐書並びに新, 唐書以來の學風, 唐書東夷列傳には此時, 唐書王珪の伝, 唐書舊唐書と申します, 唐書藝文志舊唐書經籍志に依る, 唐服屋でお, 唐朝人雀と作者, 唐朝以前の古, 唐朝俗図断片中の美人, 唐朝唐朝でひどい, 唐朝大赦ある時, 唐朝官家に達す, 唐朝文明の輸入, 唐朝没落の前奏曲時代, 唐朝盛時に流行つた花, 唐朝盛期のいい, 唐朝輸入品で蜂蜜, 唐末五代以後も支那人, 唐末四方に獨立割據, 唐末宋初の頃, 唐末紛擾の際, 唐本草とも云, 唐机水晶の文鎮青銅, 唐杜選宋万の雄, 唐来もののよう, 唐松尾という名, 唐松尾和名倉山まで断続, 唐松尾連嶺に充てられ, 唐松沢と分れ, 唐を麦, 唐格子の嵌った, 唐の花, 唐棕櫚の葉, 唐棣花久方の雨うち, 唐棧ずくめの小, 唐棧揃ひの, 唐棧格子の荒い, 唐棧眉の薄い, 唐椶櫚の意, 唐檜姫子松栂樅白檜の類, 唐檜椈白樺なども少し, 唐檜白樺などは山, 唐檜白檜一位など落葉樹, 唐櫓黒檜落葉松などで稀, 唐櫛屋を二十三屋, 唐櫺子の朱, 唐氏証類本草に溯つ, 唐水仙匂の高い, 唐求法高僧傳などに見え, 唐沢入北穂の尾根午前十時, 唐沢山と餓鬼岳, 唐沢谷偵察に行く, 唐洋傘を開い, 唐清オランダいろいろの, 唐の香箱, 唐澤女峰志津などがある, 唐澤貞次郎氏藏下の左, 唐犬そつくりだぜ, 唐犬びたいが声をかけた, 唐犬びたいとほうろく頭巾のほか, 唐犬びたいのひと群れが最初, 唐犬びたいをうららかな日の光, 唐犬権兵衛夢の市郎兵衛, 唐犬権兵衛等の待伏せ, 唐独楽が, 唐の鎧, 唐が献上, 唐玄奘三藏表啓の中, 唐玄宗の時代, 唐玉黍の穗, 唐琴屋丹次郎が許嫁, 唐琴屋二代の嫡孫色男, 唐瓜頭が青々, 唐という地名, 唐當時の長安, 唐を煩った, 唐百家詩選のこと, 唐盛唐中唐晩唐と無理, 唐真鍮の金色, 唐は昔, 唐という神, 唐神都青龍寺故三朝國師灌頂阿闍梨惠果和尚之碑, 唐種漢防已とコウモリヅタ, 唐穂生がある, 唐穆弘は本丸ざかいの三, 唐になっ, 唐突きはまる, 唐突抱上げて, 唐竿の柄, 唐筆一本有難く拝受, 唐をのべ, 唐算盤を前, 唐箱根の桜花, 唐米子の帯, 唐米袋と言われ, 唐紀二十二神功元年の條, 唐紀十五貞觀二十三年の條, 唐紀四十六興元元年, 唐の浅黄文雲, 唐紗羅紗の掻卷一ツ, 唐経籍志に就い, 唐結びになった, 唐絵目利に任官, 唐絶行仕儀案中に候, 唐の塚原, 唐織りらしい綺羅前, 唐織り物も末, 唐の浮模樣, 唐繻子和繻子南京繻子織姫繻子あり毛繻子, 唐繻子和繻子織姫南京黒八丈天鵞絨など種々, 唐美人図や違い棚, 唐者商人などは准后さま, 唐者漢之末流, 唐舞師笛師などとある, 唐艸模様の外套, 唐艸模樣のやう, 唐の畳帯, 唐茶屋の台詞みたい, 唐の旗, 唐などは四度, 唐蕭照あたりまでの期間, 唐はさっき質屋, 唐の葉, 唐藷がらも長閑, 唐藷畑にそよぐ, 唐虞夏商周而外楚爲重黎祝融之後贏爲伯益之後而伯益實庭堅之子禹薦益於天孰謂大理官, 唐虞時代の文字, 唐虞曰載とあり, 唐虞禹讓稷契及皐陶堯舜之道, 唐虞道明白如朝霽捨之不知用甘為西洋隷, 唐蜀黍五六本であった, 唐装束に鳥, 唐裳菩薩装束などの言葉, 唐の器具尠, 唐西域印度ペルシャ東ローマあたりの品物, 唐訳律中のほど面白から, 唐變木ぢや無い, 唐變木奴詫が言, 唐も花, 唐豆ヤタラに咲かせ, 唐貨幣貴於珠, 唐貴さん寺島貞志さんその他の方々, 唐ひたりその, 唐賽児なり, 唐軍法力作の仏頭, 唐辛しでも乳房, 唐辛まつかな, 唐辛一つと昆布, 唐辛一包づつ用意して, 唐辛事件のあった, 唐辛千成りの, 唐辛奴でんがく焼姉様, 唐辛所帯の足, 唐辛等をとりいれる, 唐辛紫蘇なぞが障子, 唐辛苗を植ゑ, 唐辛蘭万年草などおし, 唐辛豆類に薄荷, 唐で, 唐聞えたる御, 唐迄の歴史の, 唐都長安から潮州, 唐の少し, 唐鏡一面を定綱, 唐門前の石欄, 唐門護摩堂神楽殿神輿舎廻廊輪蔵水屋厩御共所, 唐門道の真っ白, 唐元禮, 唐閻立本帝王圖, 唐附木という, 唐をやろう, 唐鞍箱に納, 唐を, 唐風景を描いた, 唐館蘇州庵の竹倚, 唐饅頭二つ三つ一息に平らげ, 唐の若い, 唐の, 唐の雨