青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「哥~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~咽喉 咽喉~ ~哀れ 哀れ~ ~品 品~ 品川~ ~品物 品物~ 員~
哥~
哲~ ~哲学 哲学~ ~唄 唄~ ~唇 唇~ 唐~ 唖~ ~唯

「哥~」 1039, 10ppm, 10694位

▼ 哥~ (173, 16.7%)

13 前だ 5 手柄に, 見込みを 4 ところへ, 手を, 縄張だ 3 顔を

2 [26件] お蔭で, すること, ところを, やりさうな, やりそう, 一ツに, 仕込みで, 勇五郎だ, 友相場氏は, 子分衆に, 手で, 手柄を, 智恵を, 智慧を, 碑ありし, 祝言までに, 繩張りだ, 肩を, 腕を, 見込みは, 親切を, 言うの, 言ふ, 調べ振りでも, 身内の, 顏を

1 [83件] いう通り, ことだ, ことは, こゑやすらんと耳を, すがた, ために, だよ, ところの, ところへも, やうな, ような, よみぶりを, 下に, 中にも, 仕事を, 住んで, 作為と, 前です, 句を, 右の, 商人などが, 国ガイマスの, 声さへ, 好奇心は, 子分衆が, 家へ, 家へか, 家を, 居所は, 幼顔を, 形がな, 影は, 心は, 惚れつぽい, 意何共別り, 手伝いでも, 手傳ひでも, 手柄話を, 手落ちは, 手首に, 手首を, 損料で, 方へ, 時代が, 智恵も, 智惠でも, 未知の, 某港, 気が, 氣が, 留守を, 番の, 皿三枚エハガキなど, 眼が, 眼鏡違いと, 石ふみ程, 素姓が, 縄張じゃ, 縄張内だ, 考へも, 耳に, 行方は, 襟が, 見当違いだ, 見當違ひだ, 見込を, 言うこと, 許へ, 調べつ振り, 調べは, 身の, 銀貨に, 鑑識違ひと言つ, 面を, 面目を, 顏が, 顏も, 顔が, 顔も, 風采を, 首都附近に, 魂が, 鳶頭とでも

▼ 哥~ (143, 13.8%)

3 どうした

2 [16件] うまいところ, さう, すまねえが, そこへ, どうして嗅ぎ付けた, 女が, 居なさるかい, 正直だ, 目が, 石原の, 竹町から, 若旦那や, 菅家御, 親分の, 防禦の, 顔を

1 [108件] あのとおり身体, あの後, いい心持, おどおどし, かの釵, かりを, がてんが, きかずその, くやしまぎれ, ここで, ここを, この家, この寮, これは, こんな声, しっかり起直っ, しばらく見, すっかりよろこん, ずーっと皆んな, そう決め, そう言わない, そこら中に, そのまま地べた, その日, その道人, とんだ縮尻, どうして辻褄, どうしました, どうなすった, どんな事, なぜ丑松, ふと痩せた, ほんとうに, ほんとうの, もう泣い, わたし達に, 一人で, 三輪の, 不思議で, 与母吉, 両国から, 中気で, 事情を, 今が, 仲人だ, 体を, 何うし, 何人だろう, 俯向いた, 入って, 兩國から, 卓の, 古くは, 喜三郎を, 在家か, 夜つ, 大事な, 妙な, 居らぬ, 当惑し, 往来に, 恐ろしいもの, 慶娘の, 懐から, 手から, 手を, 故郷とは, 春風楼を, 時々來, 時々来るだろう, 時折慶娘に, 暫く見, 最初から, 棒使いの, 此家の, 此處で, 此處を, 殺さなかった, 殺さなかつた, 毎日果物籠を, 氣が, 淋しそう, 照れた風, 父の, 猿の, 相変らず, 眼を, 空に, 納得しない, 美くし, 翌日下男から, 考えすぎたの, 考へ過ぎたの, 聞いて, 與母吉を, 船頭こんな, 良い男, 若い者, 茂七を, 言うが, 言ふ, 銅六ばかり, 錢形の, 霜の, 顏を, 飛んだ仕合者, 飛んだ縮尻, 驚いて

▼ 哥~ (102, 9.8%)

2 [14件] こんなに腹, ついて, 三村屋の, 住んで, 失策った, 念入りに, 手を, 手柄に, 持て餘, 来て, 男とも, 睨んだ板倉屋, 見て, 飛込んで

1 [74件] あり兄哥, あれを, いいよう, いい心配, いわしっけ, いわっしゃるで, お半, お島, お政, このしみったれ, この間嫌な, さうし, そうして働くだ, ちょっと拝ん, びっくりする, びつくりする, やって, やつて, やにわに長割下水, 一人のっそり, 一寸拜ん, 三人縛った, 三人縛つたのも, 下手人の, 乗り出して, 乗出しゃすぐ, 二七講の, 何ゆえに, 何んとか, 來た, 來て, 入って, 公園の, 出來, 力んで, 原価で, 困って, 困つて, 奴汝漕げ, 宜い, 忘れずに, 怒鳴るだけ, 戻って, 持て余したの, 持て余したん, 挙げて, 擧げて, 昨夜の, 智恵を, 智慧を, 本当に髷, 本當, 来たという, 橋の, 此間嫌な, 殺されたってね, 殺されたつて, 泥ンこに, 渾名に, 眼鏡違いを, 神田か, 税九十哥が, 縛ったの, 縛って, 言ふ, 訊ねた, 語り次ぐ, 走る, 釵を, 隠居所へ, 隱居所へ, 顏を, 顔を, 風流も

▼ 哥~ (77, 7.4%)

5 任せて

2 [14件] いふ落題, しろと, すまないから, よりて, ケチなんぞ, 來て, 恥を, 来て, 済まねえ, 濟ま, 磔柱を, 遠慮し, 頼まれて, 頼んで

1 [44件] お願, かたぶく, こした者, さう言つてやつ, させそれ, さる事, すがりついた, そう言っ, なるまでの, や, エスペランチストの, 叱咤され, 向って, 嗅ぎ出されて, 強いて, 強ひ, 径し, 志賀屋の, 悪いこと, 悪かろう, 惡いこ, 惡から, 成つて猫板に, 捕へられるいや, 捕まえられるいや, 捕まって, 楽しませて, 樂しませ, 済まない, 留守を, 立ち合つて貰, 立会って, 繩を, 見張らせること, 言い付けられて, 言った, 言はせる, 言わせると, 誘わせましたが, 逢いたがって, 逢って, 逢つて訊きたい, 逢ひ, 連れて

▼ 哥~ (47, 4.5%)

4 うたひ, うたふ 2 うたうてか, もつても, よみ俳句, 借りて, 入れられ玉, 助けに, 呼んで, 善し且好古, 知らない者, 稼ぐこと

1 [19件] そこへ, つれて, ゴーリキイに, 上へ, 俟つまでも, 働かせちゃ, 働かせちや濟まね, 出さなけりゃならない時, 助けるつもり, 安心させるだらう, 安心させるだろう, 怨んで, 怪我さした, 攻めその, 残して, 科人扱ひ, 稼いで, 襲ったの, 頼みましょうお迎え

▼ 哥~ (46, 4.4%)

2 [11件] ありて, これで, さぞ安心, さぞ心配, つまらねえ事, なく紀行, ヤキが, 失策った, 弘法行脚の, 縛られた金五郎, 良いところ

1 [24件] ここに, する青い, そういう, それだ, そんな事, やはり此意味, 一緒に, 不思議で, 今は, 付き合って, 何處かへ, 八も, 慶娘と, 持て余して, 持て餘, 敵わ, 満更掛り合い, 滿更掛り合ひ, 知って, 聴いたはず, 聽いた, 言って, 言つて居た, 身に

▼ 哥~ (25, 2.4%)

2 二人で, 子分の

1 [21件] あつしが, 一緒に, 九叔とを, 云つ, 交通せしめ, 來ちや江戸の, 合せて, 呼ばれる清吉ひとり, 呼んで, 四ツ目屋の, 對立させ, 常識と, 張り合うの, 張り合ひ, 張り合ふ, 張合いに, 慶娘の, 慶娘を, 旋頭歌を, 相談し, 言つた

▼ 哥~ (18, 1.7%)

2 そいつは

1 [16件] どうした, まア入つて, わざわざ有難う, ケンタッキーの, 下谷は, 保留された, 八哥で, 冗談じゃ, 吉五郎は, 大層鼻, 少し遅れた, 少し遲, 清吉にでも, 變な, 銭形の, 錢形の

▼ 哥にも~ (18, 1.7%)

2 あまたよみ, よめる氷室守是, 何か, 判らないこと, 多くは, 清吉にも 1 あまたよめり, あまた見え, この風流, そう言っ, 來て, 来て

▼ 哥さん~ (14, 1.3%)

2 との縁

1 [12件] かよく, か暫く, がまるまっ, が無造作, が皺だらけ, と夫婦, どうせ乗っ, なん, にお金, は怒り, をいっしょ, を夫婦

▼ 哥この~ (10, 1.0%)

2 通りだ, 道人を 1 ご恩, とおりだ, 三軒長屋は, 仕掛けは, 仕掛は, 辺に

▼ 哥~ (10, 1.0%)

2 暮して 1 お来さん, 今二十人居る, 問ひ, 屑屋が, 答へる, 買った, 食べられる, 鼻唄を

▼ 哥~ (9, 0.9%)

2 組の 1 互にお上, 寿は, 指図を, 指圖を, 政の, 静さんの, 靜さんの

▼ 哥~ (8, 0.8%)

2 はこれ, は一つ 1 が岩, は俺, は大, は大変

▼ 哥には~ (7, 0.7%)

2 泉屋の 1 叶は, 済まないが, 濟まねえ, 負け続けだ, 負け續け

▼ 哥もう~ (7, 0.7%)

2 お役人, 下手人の, 大丈夫だ 1 遅いよ

▼ 哥じゃ~ (6, 0.6%)

2 ないか 1 ねえか, ねえかしら, 手に, 旦那様に

▼ 哥その~ (6, 0.6%)

2 番頭さんは, 番頭は 1 手配なら, 男を

▼ 哥です~ (6, 0.6%)

3 か, よ

▼ 哥とは~ (6, 0.6%)

1 これで, 夢にも, 思えないから, 縁が, 違うから, 違ふから俺の

▼ 哥~ (6, 0.6%)

2 行って 1 そう言っ, 向かったの, 智恵を, 智慧を

▼ 哥大層~ (6, 0.6%)

1 ゆつくりだ, 大きな口, 好い鼻, 好い鼻ぢ, 沈んでるじゃ, 沈んでるぢ

▼ 哥あの~ (5, 0.5%)

2 お神さん, 通りだ 1 ままに

▼ 哥~ (5, 0.5%)

2 やありません, やない 1 やねえか

▼ 哥でも~ (4, 0.4%)

1 なきァ, なきア, わかるめ, 多い方

▼ 哥とか~ (4, 0.4%)

1 言ったね, 言って, 言つ, 言つた

▼ 哥から~ (3, 0.3%)

1 使いです, 聞きなすったろう, 聞きなすつたらう

▼ 哥これ~ (3, 0.3%)

1 じゃ昨夜戌刻, ほどまでに頼ん, やホン

▼ 哥ずつ~ (3, 0.3%)

1 出し自分達買いもの, 呉れる, 消えて

▼ 哥そいつ~ (3, 0.3%)

2 はまだ 1 はほんと

▼ 哥ちょい~ (3, 0.3%)

1 と来, と覗い, と隣

▼ 哥らしく~ (3, 0.3%)

2 もない 1 鷹揚に

▼ 哥勘弁~ (3, 0.3%)

3 して

▼ 哥気の毒~ (3, 0.3%)

3 だが

▼ 哥~ (3, 0.3%)

3 の毒

▼ 哥あまた~ (2, 0.2%)

2 あれども

▼ 哥ある~ (2, 0.2%)

2 旧蹟

▼ 哥あれ~ (2, 0.2%)

2 ども他国

▼ 哥~ (2, 0.2%)

1 およし, はいます

▼ 哥いつも~ (2, 0.2%)

1 元気で, 元氣

▼ 哥お前~ (2, 0.2%)

2 の望み

▼ 哥お前さん~ (2, 0.2%)

2 の父さん

▼ 哥こいつ~ (2, 0.2%)

1 はどう, はどういう

▼ 哥こう~ (2, 0.2%)

1 なっちゃ, なりゃどんな

▼ 哥こんな~ (2, 0.2%)

1 うれしいこと, 薄野呂に

▼ 哥たち~ (2, 0.2%)

1 が自慢, も眼

▼ 哥~ (2, 0.2%)

1 そいつを, なんて言

▼ 哥づつ~ (2, 0.2%)

1 で引き取る, の通行税

▼ 哥では~ (2, 0.2%)

1 この調べ, 此調が

▼ 哥という~ (2, 0.2%)

1 十三四の, 者でございます

▼ 哥どんな~ (2, 0.2%)

1 時も, 証拠が

▼ 哥なし~ (2, 0.2%)

2 此韻僧たちも

▼ 哥などが~ (2, 0.2%)

2 早速やられる

▼ 哥などに~ (2, 0.2%)

1 正体を, 縛られるよ

▼ 哥なら~ (2, 0.2%)

1 強引に, 見当が

▼ 哥にても~ (2, 0.2%)

2 しらる

▼ 哥ひどく~ (2, 0.2%)

1 器量が, 威勢が

▼ 哥への~ (2, 0.2%)

1 気兼ねなんか, 氣兼ね

▼ 哥へは~ (2, 0.2%)

2 お品さん

▼ 哥~ (2, 0.2%)

1 旋頭歌や, 相聞の

▼ 哥よみ~ (2, 0.2%)

1 ある人ハ書林, 酒のみ

▼ 哥より~ (2, 0.2%)

2 二つ三つ若い

▼ 哥丈吉~ (2, 0.2%)

2 の野郎

▼ 哥久し振り~ (2, 0.2%)

1 だったな, だつたな

▼ 哥今度~ (2, 0.2%)

2 はお

▼ 哥今日陽~ (2, 0.2%)

2 の暮れる

▼ 哥俺達~ (2, 0.2%)

1 は大, は大変

▼ 哥八五郎~ (2, 0.2%)

2 の奴

▼ 哥加減~ (2, 0.2%)

1 が悪い, が惡

▼ 哥問答~ (2, 0.2%)

1 から二つ, に一方

▼ 哥外廻り~ (2, 0.2%)

2 を見る

▼ 哥左孝~ (2, 0.2%)

2 は口

▼ 哥~ (2, 0.2%)

1 苦勞だ, 苦勞だつた

▼ 哥御苦労~ (2, 0.2%)

1 だったね, だね

▼ 哥~ (2, 0.2%)

1 のため, の爲

▼ 哥怨み~ (2, 0.2%)

2 のある

▼ 哥手代~ (2, 0.2%)

1 の与, の與母吉

▼ 哥~ (2, 0.2%)

1 うなりや, う見えたつ

▼ 哥有難~ (2, 0.2%)

1 えこっち, てえ

▼ 哥板倉屋~ (2, 0.2%)

1 はただ, は唯

▼ 哥枚挙~ (2, 0.2%)

2 べからず

▼ 哥用事~ (2, 0.2%)

2 てえの

▼ 哥町内~ (2, 0.2%)

2 の若い

▼ 哥~ (2, 0.2%)

2 は上向き

▼ 哥聞い~ (2, 0.2%)

2 ての通り

▼ 哥舞妓狂言~ (2, 0.2%)

2 にも作り

▼ 哥落し~ (2, 0.2%)

2 てやる

▼ 哥銅貨~ (2, 0.2%)

1 や蹄鉄, や馬

▼ 哥面目次第~ (2, 0.2%)

2 もない

▼1* [136件]

あにいって立てられる, 哥ありがたく拝し, 哥ありましただあ, 哥いになにか用, 哥いも誘いましょうや, 哥いも目が出ねえらしい, 哥うたひながら, 哥おっと南無, 哥おばあさんの御, 哥ぐらいで赤坊, 哥これぢや昨夜戌刻, 哥へよかつ, 哥さえよかったら, 哥さしあげ申候, 哥さんたちが四人, 哥さん六代目の仮, 哥てよほど, 哥すっかり逆上っ, 哥そりゃあお前采女の馬場, 哥それでこれを, 哥そんな事なら, 哥うとう民五郎, 哥たいした手柄だ, 哥ただ一人だ, 哥たっての頼みで, 哥だけ盗むこと, 哥だってそういわあ, 哥ちょっと見せて, 哥ちよつと見せ, 哥ちよいと來, 哥って呼んだけれど, 哥つづみの与吉とともに彼, 哥でしたか, 哥でないぞよ, 哥でなくて誰, 哥とうとう民五郎を, 哥として居る, 哥とんだ出しゃ張るよう, 哥どうだい, 哥なぞはそろいの, 哥など甚おもしろく, 哥などはその口書, 哥などを一団と, 哥なにもかも申し上げます, 哥なら見當が, 哥なんだってこの, 哥なんていって, 哥のろくとて福一, 哥はては目の, 哥ぶって肌, 哥へも行きましたし, 哥までこの平次, 哥まろの女, 哥むこうから来た, 哥みついに, 哥よみてもよく, 哥わかつたよ, 哥をもよむもの, 哥を以て日本歌謠の, 哥アルゼンチン将た, 哥オイきたとばかり, 哥ていう小僧, 哥ちと目あてがち, 哥一つそへてくれ, 哥一人で逃げ, 哥一代の失策, 哥一方は短歌, 哥一留二留三留とたちまち, 哥一首よみ候かきて, 哥丁度宜い鹽梅, 哥三枚目のゆすり, 哥上り十留からは, 哥二十哥を稼ぐ, 哥五十哥一留二留三留とたちまち, 哥に下手人, 哥うだい, 哥何んだつて, 哥何處から嗅ぎつけた, 哥余計なこと, 哥入れッて, 哥の野郎, 哥公使館の通弁, 哥冗談じゃない, 哥冗談ぢやない, 哥剃刀じゃない, 哥剃刀ぢやない, 哥勘辨して, 哥十哥を稼い, 哥十哥五十哥一留二留三留とたちまち, 哥及び旋頭歌である, 哥国境へも手配, 哥垢離場の高, 哥變な, 哥大した手柄だ, 哥大事にする, 哥大変なこと, 哥大方見當, 哥大方見当が付いた, 哥嫁御はどう, 哥安心しねえ, 哥少くてもまだ, 哥帰ったら平次へ, 哥待ってくれ, 哥待つてくれ, 哥後学のため, 哥御用聞はこういう, 哥怒るな, 哥悪いのは, 哥拝むから助け, 哥振りなん, 哥権兄さんのお, 哥此邊にブラブラ, 哥つたら平次, 哥母屋へ行つて, 哥深川の親方, 哥済まねえが馬糧, 哥濟まねえが, 哥を見せ, 哥災難だったそう, 哥しくれよとの, 哥畳屋を廃, 哥真直に突立, 哥考えることは, 哥考へることは, 哥若い女の, 哥のこと, 哥行ってみる, 哥親分に会おう, 哥は聞いたろう, 哥れて, 哥銅貨型をし, 哥銭形の親分, 哥錢形の親分, 哥随分人に, 哥頼むぜ, 哥餘計なこと