青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「和歌~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~命 命~ ~命じ 命じ~ ~命じた ~命令 命令~ 咄嗟~ 和~ 和尚~
和歌~
咲~ ~咲い 咲い~ ~咲く 咲く~ 咳~ ~咽喉 咽喉~ ~哀れ 哀れ~

「和歌~」 1354, 13ppm, 8463位

▼ 和歌~ (359, 26.5%)

9 浦の 7 浦, 浦に 6 浦まで, 腐敗の 5 浦へ 4 御会, 道を 3 ように, 中に, 伝統が, 弊なり, 浦にて, 浦を, 精神こそ, 道に, 長所なら

2 [26件] ことを, ために, みちを, やうな, 一つも, 一体なり, 事, 到底俳句, 区域を, 及ぶ所, 多くは, 指導の, 方は, 最も衰微, 浦から, 浦は, 浦も, 添削などを, 添削の, 真似を, 簡単を, 臭味を, 草稿を, 道だけは, 道にも, 選評を

1 [232件] あたえる陶酔, あるもを, いかに簡単, うちで, うら松, おすき, お仲間, お出来, お出来なさる, お叱りだ, お名人たち, お師, お書物, お相手, お稽古, お話など, お話は, かたちを, ごときも, そういう性質, たしなみが, ため気を, つもりだった, ながれむかし, ならわしと, はじめの, はなしから, ひとつも, ほうに, ほうには, ものじゃ, やさしみ, やさしみ言い古し聞き, やりとりと, やりとりを, ような, より渋味, 一ト綴を, 一体に, 一科を, 一首, 一首で, 三夕これを, 上に, 上にも, 上の句と, 上の句五文字である, 上手なりし, 下の句を, 世界へ, 中でも, 中にても, 中へも, 主軸が, 二つ三つを, 仕事第, 会とは, 会に, 会へ, 会催そう, 伝統から, 伝統は, 伝統も, 余興で, 作は, 作者である, 例会の, 修行を, 側の, 催し事有之, 儀興行の, 優美幽玄も, 先生の, 先生は, 冗漫なる, 出来を, 前と, 勝負を, 區域を, 半切書も, 卑俗滑稽なる, 及ぶところ, 友垣が, 友金勝千秋論語の, 受容の, 古筆を, 合点などを, 合点を, 名人であった, 名手である, 吟味も, 和の, 問答を, 嗜みに, 嗜もあった, 嗜もあつ, 四天王と, 変化すべき, 奔放に, 奥儀を, 如く無気力, 如何に, 妙訣も, 姿ぞ, 字餘り, 学びをも, 学問を, 完成者と, 尊さ, 小さい形式, 屋と, 師と, 師松浦辰男先生の, 弊風を, 弟子という, 弟子とは, 形体と, 形式が, 形式だけ, 形式の, 形式は, 御弟子, 御感に, 御文書, 御研鑽, 徳と, 徳とて, 志が, 性質上逐字訳は, 恋愛歌に, 意味を, 或る, 手紙も, 才だけは, 才能すら, 措辞法を, 故に部下, 数々に, 整理せられ, 數首に, 文字には, 文学性が, 文書を, 文書等を, 文献も, 方で, 方であります, 方面に, 方面にも, 旧派化を, 書が, 書としては, 書添えて, 月並会での, 朗詠だ, 本分に, 本領なり, 根本的特質は, 権は, 機微は, 歌詞が, 歩んで, 法則から, 流れが, 浦が, 浦さして急ぎ, 浦で, 浦です, 浦と, 浦とか, 浦とかいう, 浦には, 浦へは, 浦住吉難波高砂尾上の, 浦千鳥むなしき, 浦吹上の, 浦曲の, 浦行に, 浦見物が, 添削でも, 添削やらに, 添削を, 特性を, 特色が, 特色は, 用途を, 畑から, 相手やら, 研究ばかりに, 研究を, 稽古でも, 競詠大会では, 細もの, 表現する, 解釈まで, 言葉を, 註釈は, 詠者とは, 詠者も, 詠草一帖とを, 詩形を, 詩情は, 話が, 話を, 話糸竹の, 語の, 説明を, 調子である, 諸會, 貴族的なる, 趨勢にも, 足どりの, 軸に, 載って, 通りである, 連作曲とも, 道とか, 道にと, 道は, 道も, 道書道の, 関係が, 雅会に関する, 集や, 雑誌の, 静かな, 革新を, 題にまで, 類とかも, 類集という, 風を, 高い香氣

▼ 和歌~ (197, 14.5%)

5 もって 4 書いて 3 一番善い, 五十嵐力氏著, 作るの, 添えて, 詠むぐらいが, 詠んで, 誹る人 2 よくし, 一首つくっ, 善くし, 学びに, 学んで, 父母として, 発見した, 詠ずるの, 賦し

1 [149件] ああも, あそばされつ, あんなにも, おこのみ, おたしなみだそうです, お下渡しに, お作りに, お詠み, このまれ本, ご存知でしょう, さしそうして, したため, したためた色紙, したためて, しるして, そっと示した, たしなむこと, つくって, つくりたいと, つくりました, つくること, ともなうもの, なさると, まなぶと, みますると, ものする, やって, やりそう, やりますか, やりラグーザお玉さん, やるか, よみこれ, よみます, よみ共に, よみ古今, よめば, よんだり, よんで, 一首いた, 一首残し, 一首添えた, 万葉仮名で, 丹念に, 主軸に, 二つ三つお作りなさつ, 五軒あまりの, 仕えの, 代表した, 伝統の, 作っただけ, 作った後, 作って, 作ってるか, 作つたこと, 作つてる, 作らせお茶, 作らないため, 作られたこと, 作られた人, 作られた人物, 作られて, 作りはじめる, 作りますので, 作り詩, 作り随筆, 作る, 作ること, 作るには, 作るもの, 作るよう, 作る事, 作る時分, 作る者, 僕は, 初め日本の, 口吟む, 善くした, 嗜むという, 堂の, 外国語に, 太郎冠者に, 奉りて, 奉る小, 好ませられ後々三十六歌仙, 学びしは, 学びすべて, 學んだ, 完成し, 尊いもの, 左に, 廃業しなく, 忘れたよう, 恐しいもの, 愛した, 愛した人々, 我流に, 打吟じ, 承けつぐまで, 抑えて, 投稿しはじめた, 持って, 挙周に, 捧げて, 撰進する, 教えた, 教えたり, 教え学問, 新しく生かす, 書いては, 書き遺して, 書く人, 書こうと, 本尊に, 楽しみ詩, 楽書きする, 添えた, 添削する, 熱愛させる, 発表しつづけ, 知って, 考えること, 肴に, 能くしまた, 苦心し, 荏柄の, 見て, 記したもの, 詠じたこと, 詠じたと, 詠じた後, 詠じて, 詠じ給, 詠じ蹴鞠, 詠ぜしめこれ, 詠みあって, 詠み面憎い, 詠もうなどとは, 詠んだり, 詠んでは, 認めた, 誦して, 読み泌, 講じて, 載せて, 送られた, 遺して, 顧みて, 風流の, 鼻紙の

▼ 和歌~ (88, 6.5%)

4 俳句に 2 無い素質, 腐敗し尽したる

1 [80件] ある点, いかな, いかよう, いわゆる堂上家, お上手, この俺, この新しい, これまで, ございませぬかな, さて措い, しばしば使われ, すでに四百年, すでに自由, すみやかに, その伝統, その調べ, それ程でなく, たしかに立派, とにかくとして, どうやらこうやら, なかなか重大, まれだ, みなこういう, もと貴族, ようお, わが国の, 一向に振い, 一向に振ひ, 一面において, 万葉以来新, 事実上文字に, 五・七・五・七・七という, 亡び行く公卿階級, 今更に, 以上に, 優にやさしき, 初めて知りました, 勿論堪能, 千種有功に, 即ち第, 叙情に, 古歌, 右の, 堂上の, 堂上人の, 如何様に, 如何樣, 子供で, 学問と, 宮廷の, 寧ろ例外, 局部局部を, 常に, 当時を, 形式を, 影を, 心の, 恋愛等を, 我輩の, 散文でなく, 日本人によって, 日本固有の, 昔から, 東京, 流行らなかった, 漢詩と, 濃厚な, 生まれ落ちてから, 申すまでも, 皆これであった, 石川貞白の, 素戔嗚尊に, 腐敗し, 自分の, 親しむべきもの, 誰かに, 達人連歌の, 長く上等社会, 閉口絵合せは, 韻文であり

▼ 和歌~ (75, 5.5%)

2 あっては, して, つきても, 代りて, 於ける池袋清風, 於ては, 比して

1 [61件] ある, あるが, あるよう, くらべても, ございます, さへ, しても, しました, すぐれて, その風韻, つかせられた, つづりて, なるの, はんの, みること, よく詠む, 似て, 個人の, 入り込んだの, 凝り出したと, 列記し, 前田夏蔭が, 同じよう, 埋火, 堪能である, 専心し, 就いて, 就きても, 巧妙な, 差支へる, 師匠なき, 師匠なし, 心を, 托して, 新しい心, 於ける良寛, 暮れ月の, 最後の, 比べて, 漢語を, 猴を, 用いられる地学上, 相違ない, 禅に, 秀でた武人, 行くべきである, 親しみ古, 親しんで, 触れよう, 託して, 詠まれたもの, 詠みこまれて, 詠めども, 較べて, 近いもの, 送られ平野国臣様, 限られて, 随伴した, 隠れて, 面白味の, 馴らされた人

▼ 和歌~ (59, 4.4%)

6 俳句の 4 俳句との 3 なりて, 俳句とを 2 いへば, 俳句, 俳句と, 俳句とは, 俳句に, 同じく文学, 発句と

1 [29件] いうよりは, いえども, いえば, いひ連歌, いへども, いわずに, ほとんど相違, 云うもの, 俳句についてのみ, 俳句は, 倭詩とが, 同じい, 同じいのち, 同じく文學, 同じく純一, 同門の, 大いに特色, 対比し, 小説と, 小説とは, 年月日と, 抒情詩とは, 書道と, 法主の, 疑問の, 端唄との, 署名は, 習字との, 詩の

▼ 和歌~ (58, 4.3%)

4 ある 3 なだらかなる, 人を 2 堂上にのみ, 記されて

1 [44件] あって, あります, あんなに発達, うたわれて, かいて, このよう, ございます, したためられて, はじまるという, まずかった, わからぬとおつし, 一般に, 上手だ, 上手な, 出来た日, 劣ってるの, 古来より, 古来日本人の, 古歌, 堂上に, 大の, 女子の, 好きで, 常套に, 平民的嗜好の, 抒情詩に, 採り入れはじめたの, 書き入れて, 最も自然的, 淀屋の, 無電によって, 狂句に, 短歌の, 短歌一本立に, 確か遺筆として, 神聖な, 私の, 行きつまって, 記録に, 起り落合先生, 載って, 遺って, 間もなく世人, 非常に

▼ 和歌~ (40, 3.0%)

9 俳句の 5 俳句を 3 国学の 2 俳諧を, 漢詩の

1 [19件] 作者名を, 俳句が, 俳句で, 俳句である, 俳句であろう, 俳句に, 俳句にも, 俳句は, 俳句や, 俳諧の, 偉くも, 文事の, 淡墨, 発句を, 能楽に, 詩などを, 詩や, 詩を, 連歌では

▼ 和歌~ (24, 1.8%)

2 が設置, の寄人, の寄人たち, の設立

1 [16件] が出来た, が設けられ, が設立, と定められ, において九十賀, に列, の事務関係, の人々, の台本, の御, の歌風, の開闔, の開闔家長, の領, は後, へ不審条々

▼ 和歌俳句~ (23, 1.7%)

2 の如き

1 [21件] との素養, などと同じ, によって満足, による島国的鎖国, に及ばない, に至り, のごとき, のリズム, の上, の伝統的詩形, の俗間, の堂上, の形式, の添削依頼, の短詩, の道, の音律的完美, の領野, は句調, は長く, 更に義理人情

▼ 和歌には~ (20, 1.5%)

3 極めて珍しき, 調が

1 [14件] こういう長所, すでに見離され, その人, ちよい, どれにも, ぽかんとし, 一向こういう, 一面形式美に, 仮令拙い, 効果が, 向かぬが, 四季の, 殆ど無関係, 盛に

▼ 和歌~ (17, 1.3%)

1 [17件] ございます, ひとかど, またようやく, また平生折, よむし, 上手な, 作つて貰ひ, 俳句も, 公子が, 出来ず絵合せ, 同様な, 学んだ方, 琴笛その他の, 皆やる, 相応に, 詠まんと, 詩歌も

▼ 和歌という~ (16, 1.2%)

2 ものを, 名称が

1 [12件] ものに, ものは, ように, 名で, 名称の, 名詞は, 名辞, 字は, 意識が, 特殊な, 観念の, 観念は

▼ 和歌さん~ (15, 1.1%)

3 かい

1 [12件] かい庭, が好, が息, という器量, と源作叔父, と言つた様, には伯父, の舞踊会, は, は何時, もどう, を知っ

▼ 和歌にも~ (14, 1.0%)

3 俳句漢詩等より

1 [11件] なほあり得べき, わかりも, 俳句にも, 写生文にも, 咏われず, 宿そうと, 相当重要, 種々の, 詠へる, 読みこまれるよう, 造形美術にも

▼ 和歌~ (11, 0.8%)

1 [11件] 一つの, 加賀百万石の, 名高い小夜, 忘られない, 書いた, 有名で, 有名な, 有名に, 滿足できない, 理想と, 表現される

▼ 和歌より~ (11, 0.8%)

2 善き者 1 出で, 出でたる連歌, 取り来たり, 取り来りし者, 善きもの, 少し長く, 来れりと, 長い, 長い詩

▼ 和歌宮先生~ (10, 0.7%)

1 から買取り, が私, なるもの, に会っ, に歎願, の如き, の手術, の特技, の許, の門

▼ 和歌では~ (9, 0.7%)

1 どなたを, ないの, ない発句, なく生活, まづ出來, 五首も, 始まらないこれ, 服部躬治氏の, 高崎正風佐佐木弘綱今の

▼ 和歌といふ~ (8, 0.6%)

3 ものは 2 字は 1 ものが, ものに, ものを

▼ 和歌から~ (7, 0.5%)

1 うたと, ふと眼, みて, 少年の, 引いた事, 想像した, 暗示を

▼ 和歌でも~ (7, 0.5%)

2 つくって 1 なし漢文, 兎に, 想像される, 本気で, 詩でも

▼ 和歌とか~ (7, 0.5%)

1 俳句とかを, 倭歌とか, 国学者の, 消息文とか, 発句とか, 發句とか, 絵画とか

▼ 和歌などを~ (7, 0.5%)

2 詠んで 1 よむと, 作ると, 入れたくなったり, 口ずさんで, 弄んでを

▼ 和歌文学~ (7, 0.5%)

1 が, の伝統, の概観, の第, はこの, はこれ, はまさに

▼ 和歌管絃~ (7, 0.5%)

2 の御 1 などの御, にのみお, に御, のみち, の興

▼ 和歌~ (6, 0.4%)

2 のでご 1 のさ, のだ, のであった, のです

▼ 和歌など~ (6, 0.4%)

1 おしるし, しきりに詠み習っ, よくで, 物し, 自書し, 詠み新年勅題

▼ 和歌宮師~ (6, 0.4%)

2 の手術 1 に会った, のところ, の助手, は魔術師

▼ 和歌一首~ (5, 0.4%)

1 あり, しるしつけて, たてまつつたところ, を大きく, を得

▼ 和歌とが~ (4, 0.3%)

1 ある, ともに相, 私の, 遠い島々

▼ 和歌なども~ (4, 0.3%)

2 巧みな 1 お作りに, 衒気が

▼ 和歌ばかり~ (4, 0.3%)

1 でなく当代最高, でなく管絃, では, 作つてゐ

▼ 和歌よりも~ (4, 0.3%)

2 複雑なる 1 一歩深い, 俳句の

▼ 和歌を以て~ (4, 0.3%)

1 日本文学の, 日本文學の, 有名なれ, 面目を

▼ 和歌~ (4, 0.3%)

2 の上 1 でなければ, についても一言

▼ 和歌~ (4, 0.3%)

2 のもの 1 が含まれ, の伝統詩形

▼ 和歌~ (3, 0.2%)

1 しらん, 俳句に, 俳句を

▼ 和歌~ (3, 0.2%)

1 か琴, のと, よ

▼ 和歌との~ (3, 0.2%)

1 対立が, 文字づかい, 関係です

▼ 和歌とは~ (3, 0.2%)

1 いわなくなって, どういふ, 違ふ

▼ 和歌などは~ (3, 0.2%)

1 とても作れる, 巧ならず, 平民の

▼ 和歌ばかりが~ (3, 0.2%)

3 一番善き

▼ 和歌もしくは~ (3, 0.2%)

2 檀林支麦の 1 俳句は

▼ 和歌らしい~ (3, 0.2%)

2 ものが 1 のが

▼ 和歌をも~ (3, 0.2%)

1 善くし, 能くした, 解して

▼ 和歌俳諧~ (3, 0.2%)

2 をよく 1 の先生

▼ 和歌宮鈍千木氏~ (3, 0.2%)

1 の技倆, は, も実在

▼ 和歌~ (3, 0.2%)

2 会有り 1 会が

▼ 和歌連歌~ (3, 0.2%)

1 から別に, に男女想思, の世界

▼ 和歌そのもの~ (2, 0.1%)

1 に対する愛, を創意的

▼ 和歌であった~ (2, 0.1%)

1 と見なけれ, のである

▼ 和歌なる~ (2, 0.1%)

1 ものが, 者は

▼ 和歌にとって~ (2, 0.1%)

1 一つの, 非常に

▼ 和歌ほど~ (2, 0.1%)

1 善きもの, 善き者

▼ 和歌~ (2, 0.1%)

1 かであらう, だけのもの

▼ 和歌以外~ (2, 0.1%)

2 の文学

▼ 和歌俳句等~ (2, 0.1%)

1 の短篇詩, 各好む

▼ 和歌俳句詩~ (2, 0.1%)

1 などが人, に自信

▼ 和歌宮鈍千木師~ (2, 0.1%)

1 なる者, の名前

▼ 和歌山縣~ (2, 0.1%)

1 の一地方, の小

▼ 和歌~ (2, 0.1%)

1 の佳話, の光彩

▼ 和歌百首~ (2, 0.1%)

1 や他, を詠じ

▼ 和歌~ (2, 0.1%)

1 なもの, な雰囲気

▼ 和歌社会~ (2, 0.1%)

2 には無

▼ 和歌腐敗~ (2, 0.1%)

2 の一大原因

▼ 和歌臭味~ (2, 0.1%)

1 を加, を加え

▼ 和歌~ (2, 0.1%)

1 に入っ, に収められ

▼1* [132件]

和歌ありけるが其中, 和歌あるいは倭歌という, 和歌かと思ひの, 和歌へお, 和歌さえおつくり, 和歌すらあると, 和歌だの国文学の, 和歌でありますが, 和歌であるが故に, 和歌でなく倭詩と, 和歌でなければならない, 和歌として伝えられて, 和歌とでその実際, 和歌ともなり発句, 和歌と共に腐敗し, 和歌なぞがれい, 和歌なぞもある位, 和歌なぞを大きくしかも, 和歌などと違って, 和歌などとは自ずからちがった, 和歌などに見出すこと, 和歌などにも見えること, 和歌などの善きが, 和歌なら字づら, 和歌なり俳句なりを, 和歌なんてむずかしいと, 和歌において不朽の, 和歌にかけては昨今大いに, 和歌について一つの, 和歌についての中心が, 和歌については小沢蘆庵の, 和歌にとっての非常な, 和歌にのみ熱中し, 和歌にまで無理な, 和歌によつて古池の, 和歌によって古池の, 和歌に対する神聖視は, 和歌に関する事は, 和歌のみならず主観, 和歌へのみれんが, 和歌ほどに重きを, 和歌ほども季題に, 和歌まで暗記した, 和歌までも堪能で, 和歌までを取りかえて, 和歌みたような, 和歌やを逆に, 和歌よりは俳句を, 和歌一つうたわせまだ, 和歌一首録し置きたる扇面, 和歌三十三字の和歌十八字, 和歌三神に當, 和歌二三首が短冊, 和歌二十八字の詩, 和歌二千ほどつくった, 和歌以下の御, 和歌以来已に陳腐, 和歌仲間へも這入った, 和歌や絵合せ, 和歌伝統の淵源, 和歌を置い, 和歌俳句以外の蛇足, 和歌俳句写生文を学び, 和歌俳句戯文につき, 和歌俳句雑俳音曲から美術, 和歌俳諧浮世絵を生んだ, 和歌俳諧茶の湯音曲そんなもの, 和歌俳諧音曲天文数理医術といつた, 和歌八代の集, 和歌六首を咏まれ, 和歌其外の御, 和歌写生文の三つ, 和歌凡そ五百首撮影した写真, 和歌凡庸なり, 和歌十七字の俳句, 和歌十八字の俳句十九字, 和歌及び歌学は, 和歌国学は家, 和歌国文は士太夫, 和歌を散々, 和歌宮某がどんな, 和歌宮館主にはもう, 和歌山縣南方の海岸一帶, 和歌山縣東牟婁郡新宮町にて祿亭事ドクトル大石誠之助, 和歌山縣海草郡椒村で露見, 和歌山縣紀の川の河口, 和歌并以賜余余捧持而退置于几上翌日隣舎郎来云賢侯之賜, 和歌当時の万葉鑑賞, 和歌情調を多分, 和歌慣用の言語材料, 和歌成立の地盤, 和歌所開闔源家長が清書, 和歌所領世襲の条件, 和歌批判の範疇, 和歌数首と俳句, 和歌文字は近衛三藐院様, 和歌文學に物語小説, 和歌文書等を将軍家, 和歌新体詩短文の賞, 和歌に文章如何, 和歌歌人の尖端, 和歌注町人嚢長崎夜話草水土解弁ええとそれから, 和歌や村, 和歌漢詩新体韻文の聚宝盆, 和歌点茶有職故実の類いも, 和歌が生れ, 和歌であったから, 和歌狂歌の祝詠摺物, 和歌狂歌発句端唄漢詩狂詩漢文国文俳文戯文新躰詩, 和歌独特の不, 和歌的観照の中世, 和歌短冊のこと, 和歌社會には無, 和歌にはかなひまへん, 和歌善き者, 和歌童蒙抄の説, 和歌等等とその, 和歌管絃往生要集ごときの, 和歌紀行文随筆等生涯の執筆, 和歌者流曰く三十一字にし, 和歌聖堂の朱子学, 和歌自体を芸術, 和歌茶の湯曲舞小鼓何んでも, 和歌草稿を見せよ, 和歌蒔絵などの工芸, 和歌詩文にも長け, 和歌謡曲を用, 和歌謡曲義太夫発句俳諧も美術, 和歌随筆などを物, 和歌革新の事業, 和歌音曲の嗜, 和歌に彩どられた