青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「呼ん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

呼~ ~呼ばれ 呼ばれ~ ~呼ばれる 呼ばれる~ ~呼び 呼び~ ~呼ぶ 呼ぶ~ ~呼ん
呼ん~
~呼んだ 呼んだ~ ~呼吸 呼吸~ ~命 命~ ~命じ 命じ~ ~命じた ~命令

「呼ん~」 7501, 72ppm, 1572位

▼ 呼ん~ (6997, 93.3%)

446 いる 371 いた 177 来て 149 いるの 81 くれ 80 みた 67 ゐる, 来い 64 ゐた 62 いるが 54 いたの 48 いたが, みたが 46 來て 45 見た 40 いました 37 いるもの 36 きて, くれと 28 いるよう 27 見たが 25 下さい, 来た 24 居る 23 ゐるの 22 こい 21 います 20 いると 19 いたこと, いる声, おります, 來る 18 くれないか 16 いること, くれた 15 おいて 14 みても, みました, みましたが, ゐたの, 何か, 來い, 言った 13 おりました, ゐるが, 来ましょうか 12 おいで, ください, ゐます, 來ませう, 居ります 11 いるん, 云った, 来る 10 いたもの, いるから, これを, みる, 勘定を, 手を, 貰は, 酒を 9 いるのに, いる人, いる地方, おこう, みたけれども, 一緒に, 来いと, 訊いて, 話を, 貰って

8 [12件] い, きた, くれい, くれるよう, しまった, それを, みて, もらった, 來た, 来ましょう, 来ますから, 聞いて

7 [14件] いて, いますが, いるところ, おくれ, みると, ゐるので, 居た, 来な, 来るから, 来るの, 自分の, 見て, 見ても, 訊くと

6 [26件] いいだろう, いたそう, いますよ, いるそう, いるという, いるので, いるらしい, いる土地, きな, くれたまえ, くれ給え, それに, みたの, みようか, みるが, もらって, ゐたが, ゐました, ゐるやう, 来ました, 来ると, 相談し, 着物を, 膳を, 見たり, 診て

5 [32件] いいか, いった, いましたが, いるに, いる例, いる者, おいでよ, おきながら, きました, くれませんか, くれるの, こいと, まいれ, みよう, みろ, やる, やるから, やろう, 下さいな, 下さいませんか, 下すった, 之に, 呉れ, 居るの, 彼の, 来たの, 来るが, 見たけれど, 見ました, 見るが, 見ると, 頂戴

4 [43件] いいの, いたと, いらっしゃる, いらっしゃるから, いるこの, いるでは, いる処, おく, おくん, きいて, くださいませんか, そつと, ちょうだい, ます, みい, みせろ, みようと, みること, やって, よいであろう, ゐると, 下さいよ, 何事か, 來ました, 兄の, 參りませう, 居たの, 居りました, 手当てを, 手当を, 来いという, 来たが, 来るわ, 泣きました, 置いて, 背を, 自分が, 自分は, 見せると, 言いました, 言って, 貰おうか, 頭を

3 [116件] あげて, いい, いたか, いたから, いたその, いたという, いたので, いたよう, いたらしい, いたん, いっしょに, いらっしゃいます, いるあの, いるうち, いるか, いるじゃ, いるのよ, いるわけ, いる事, いる名, いる子供, いる所, いる村, いる男, おりましたが, お前は, お母さんいい, お経, お茶を, きましょうか, くるから, くれたの, くれって, くれて, くれまいか, くれました, くれる, こう言いました, この男, これが, ささやいた, しまって, すぐに, ちょいと, どうなさる, ひそかに, まいりましょうか, まいります, みたけれど, みましょうか, みる気, もらいましょうか, もらえまいか, もらつて, よい, よいでしょう, よかろう, らつ, らッし, ゐたもの, ゐて, ゐますが, ゐること, 下さるか, 下されば, 之を, 事情を, 二人で, 今度は, 何やら耳打ち, 午餐を, 半七, 参りましょうか, 君の, 呉れ給え, 命じた, 好いであろう, 富士を, 尊敬し, 少しも, 居るが, 差支へ, 御覧なさい, 御馳走を, 恐れて, 来いっ, 来う, 来たもの, 来たり, 来ても, 来ねえ, 来ます, 来ること, 来るよう, 次の, 水を, 注意した, 相談した, 私を, 立って, 茶を, 見せた, 見せて, 見せる, 見ましたが, 見ます, 見ようか, 見る気, 言つた, 話して, 財布を, 貰った, 貰つた, 附添ひ, 雨戸を, 飯を

2 [301件] あげましょう, あげましょうか, あげること, あの人, あの子, ありますから, あるから, あれは, いいかも, いいもの, いいよう, いうには, いたかと, いたじゃ, いただきたい, いただきましょう, いただけますまいか, いたろうか, いた人, いた名残, いた証拠, いつもの, いても, いらっしゃい, いらつし, いられたが, いるかの, いるけれども, いるここ, いるその, いるほど, いるよ, いるらしかった, いる地域, いる彼女, いろいろと, い蒸気河岸, おあげなさい, おいた, おいででございます, おくこと, おくれぬか, おけ, おこうと, おやりよ, おられる, おりまして, おる, おれが, おれの, お出, お出で, お出でとても, お前も, お呉れ, お夏, お手当, かう云, かの相談, きいた, きたと, きたまえ, きたり, きてよ, くずれ落ちた土, くださいよ, くりゃいい, くる, くるとか, くるよう, くれたお, くれぬか, くれるか, くれるな, くれ少し, くんねえ, この出世, この国, この女, この皿, こようか, こんなこと, ごらんなさい, しまう, そこを, そして何, そのこと, その事, その人, その少女たち, その手, その披露, その旨, その死体, その男, それから, それとなく松原中尉, たずねると, たっけ, ともかくも, とんがり長屋, どうする, まいりましょう, まいりますから, ますから, ますわ, まゐります, みせましょう, みたい, みたところ, みようかと, みるから, みるだから, みるので, みるわ, みる勇気, もらいたい, もらいたいの, もらいて, もらいましょう, もらひました, やった, やったのに, やること, やるよ, やろうか, やろうよ, よいか, よいの, よいもの, ゐたくら, ゐたこと, ゐたので, ゐた真, ゐるこの, ゐるさ, ゐるだけ, ゐるのに, ゐるもの, ゐるらしかつ, ゐる富岡, ゐる聲, テーブル, ビルを, ビールを, ポケットから, 一時の, 一棟の, 一生懸命の, 三千代が, 下さいと, 下さいね, 下さった, 下されと, 世界の, 丸屋に, 乗せて, 事を, 二人が, 二人の, 二人を, 二階を, 人と, 介抱し, 代って, 会って, 何やら沁, 何を, 來な, 來ようか, 僕に, 八五郎と, 医者を, 博士の, 参ります, 参りますから, 参れ, 參りました, 叔母の, 取調べると, 合點が, 同僚と, 呉れと, 呉れなかったか, 呉れました, 呉れるよう, 品川に, 唾棄する, 土地の, 外出の, 外出を, 大いなる蚊, 大に, 夫人は, 女を, 好いよう, 存分に, 宗助の, 家中を, 寐て, 小声で, 少からず, 居られた, 川と, 床を, 弟の, 当時の, 彼は, 彼を, 後から, 必要な, 応急手当を, 愛妻に対する, 戸を, 所持品を, 手當てを, 括り枕を, 持って, 旦那の, 早よ, 明日は, 書籍の, 最後の, 朝飯は, 来いといった, 来いよ, 来たまえ, 来たん, 来た時, 来ては, 来なよ, 来ませう, 来ようか, 来ようと, 杯を, 松岡氏が, 様子を, 横網に, 此の, 歩いて, 歩くと, 毎日の, 洋服を, 渡した, 源氏は, 片端から, 相談する, 相談を, 碁を, 私の, 笑って, 紹介した, 置きました, 置きましょう, 置く, 置くが, 耳を, 聞くと, 聞けば, 自分を, 荷物を, 落し紙を, 薄寒い後, 袴を, 裏口に, 見たこと, 見たの, 見てくれ, 見るの, 見るも, 訊ねて, 訳を, 話しかけた, 調べましたが, 調べようか, 調べると, 讃美し, 貝が, 貰いたいが, 貰いましょうか, 貰おう, 貰おうじゃ, 貰ひました, 資本を, 身体の, 轟いて, 通った, 通りは, 逢ひたいと, 金で, 金を, 陽氣に, 静かに, 頂き度, 顔を, 食用に, 飲み食いを, 餌を, 駿介を, 驀地に, 鳴いて

1 [2655件 抜粋] あいつを, あげなさらぬ, あげるよ, あった, あのこけ, あらかじめその, あるいた, ある目的, いいでしょう, いきなり伊織, いさっし, いたかが, いただいても, いただきますわ, いたところ, いたらしいが, いた中華ソバ屋, いた俤, いた古語, いた夕方, いた時代, いた烈々, いた美しい若い, いち早く彼, いつて, いなかったし, いまし脇差坤竜, いらっしゃいな, いられる, いるおれ, いるけれど, いるそんな, いるとの, いるにも, いるらしいの, いるカイドウ, いるチョビ安, いるモスリン, いる乙, いる侍女達, いる呼出符号, いる場所, いる大事, いる奇怪, いる尊とい式典, いる庁, いる最中, いる母親, いる特別, いる甲, いる私たち, いる苦力, いる西隣塾, いる通り, いる顔, いろいろな, いわゆるお, おあげ, おいででございました, おきましょう, おくりゃれ, おくれ用, おちづ, おひる, おもしろいお話, おられまする, おりこの, おりますのに, おるもの, お云いや, お前さん達に, お役, お松が, お紹介, お連れ様, かかる美, きたその, きたん, きては, きましょうと, くださいまして, くださらなかったか, くだされば, くるが, くるほか, くる声, くれしかし, くれたけれど, くれたらすぐ, くれた相手, くれとも, くれば, くれるパッパッ, くれる者, くれ今日, くれ氣, くわしく調べた, こ, こい施十娘, こう云った, ここに, こだわりなく, この三つ, この怪しい, この申渡, この間よも, これこれの, こんなに盛りつぶし, ごらん名前は, さしあたり誰, さっちゃんと, さも誇らしげ, しまったから, じぶん, すっと消え, そういう密約, そこい, そっと囁きました, そのころ, そのよう, その中, その原, その子, その御, その本名, その箱, その苦心, その鍵, それから湯, それとなく女房, そろり鞘, たずねました, たツ, だまして, つい三島, てよ, どうぞこの, どくろ島, なかった, ねずみの, ひきあわせた, ひどく叱った, ふたたび馬車, ほしいと, まいれと, ますよ, まづ, みせたり, みたかったの, みたまでの, みた時, みなければ, みますけれど, みようじゃ, みるそう, みんなの, もう一幕臨時, もう寐, もってマドレーヌ氏, もらいたいな, もらい小林少年, もらうの, もらおうかね, やがて莞爾, やってと, やらう, やらないよ, やりましょう, やるといった, やれ医者, やろう今夜, ゆきますが, よいくらいな, よい程, よく尋ね, よく話し, りつぱな籠を, わざわざその, ゐたあの, ゐたぢ, ゐた一本, ゐた自分, ゐるあの, ゐるところ, ゐるらしい騒ぎ, ゐる丘, ゐる呼んで, ゐる娘, ゐる様, ゐる菓子, ゐる風情, アシハラと, ガンたちを, サお前からも, スーッと, チェッキで, ドンチャンと, ハンカチの, ビール代を, ボーイが, マダムが, モガモガと, 一つさわやかに, 一同で, 一所に, 一本つけさし, 一枚の, 一門親族の, 三上の, 三日に, 上げなかったん, 上げるからと, 下さいという, 下さい少し, 下さらなかつたんで, 下されたの, 下すつた御用, 不充分ながら, 世界と, 中門の, 久を, 事情は, 二二六事件と, 二十六日の, 云うと, 京極を, 人眼の, 今から, 今夜の, 今後の, 仔細を, 他へ, 代りに, 伊奈節を, 何う, 何ごとか, 何やら打合せ, 何故診察, 來ようかな, 信長の, 僕は, 元両国, 先頃の, 八百円の, 内容無き, 冬の, 処分に, 出歩かれました, 初めて現われ得, 利助の, 加持などを, 勝手に, 十一日の, 千五百フランを, 卑しん, 厳しく言いつけた, 参りますからと, 取さえて, 口に, 叫ぶ声々, 台所の, 叱りつけると, 合点が, 向へ, 呉れた老女, 呉れますかい, 呉れるので, 呉んろ, 呼ばれた先, 命ぜられた, 唐人即ち, 問ひ糾す, 嘆息した, 四人立会いのうえ蓋を, 垢すり旗下, 境界ぎりぎりに, 変人だ, 多分お, 夢殿と, 大へん立派, 大威張り, 大茶人, 太田の, 女形といふ, 奴に, 好く母, 妻を, 姫君との, 子供を, 宗家同格と, 宜く, 家の, 密室で, 寧ろ文化的, 将棋が, 小さい頬ぺた, 小判五万両の, 小聲, 居たが, 居た神田, 居ましたが, 居りましたその, 居ると, 居る中, 居る男, 山の手の, 左右に, 差しつかえぬ, 差支ない, 帰る事, 常に秦人, 年齢相応の, 店の, 建替, 引っ込み易く, 弦を, 当時には, 待つて, 御坊, 御自分, 御馳走したい, 心配そうな, 忽ち第, 性の, 想いだして, 慈善切手の, 懸針金作, 戦争とは, 戸締りを, 手伝いを, 手廻りの, 手紙の, 払はせ, 抱きしめる程, 持帰った, 振り返ったその, 捜す事, 揉ませつ, 搾って, 攻めても, 文学の, 斯, 新舞踊, 日本流に, 明智に, 昨日申し込んだ, 時刻を, 晶子先生と, 暴風雨と, 曰く汝大なる, 書類や, 有難がって, 本所まで, 村方の, 来いってん, 来い早く, 来させ落ちついて, 来たものの, 来てたも, 来なければ, 来まして, 来ませう寝て, 来ようどこ, 来るわね, 来る奴, 来ウよう, 板塀や, 栓を, 検べ, 櫓を, 正月の, 歩きました, 歩くの, 歩行とも, 残物を, 母や, 毫も怪しまなかった, 求める, 決して字, 泣いた, 泣き狂い走り狂う, 派出所へ, 涎れ, 渡すと, 湿布の, 灯明を, 煙草を, 燈火を, 片づけられる場合, 物を, 犬が, 猪之, 玉御殿という, 珍重した, 瑤泉院は, 生活へ, 田うごき, 男が, 異人と, 病院の, 百五十人を, 盛大に, 直義の, 相生町の, 相談致しました, 眼の, 短歌に, 硯筆の, 神風歓迎の, 程よく膝, 空知川の, 立ちあがつたの, 章三を, 笛小鼓, 箱が, 米は, 紙に, 絵はがきを, 縫殿介と, 置きながら, 置く勿論, 美濃の, 老婦人, 聞きただした, 聽い, 腕の, 自分たちと, 自分用の, 舌打した, 花月劇場へ, 若い女性, 菩薩といったと, 藏の, 蛮夷と, 行く, 衞の, 被告の, 要らない用事, 見せるの, 見たいやう, 見たところ, 見た松江, 見なければ, 見ようかしら, 見ること, 見る若草, 見給え, 親んで, 言いけるは, 言い附けた, 託づけ, 診察を, 詰問した, 話しかけると, 話し始めた, 話そうと, 読んで, 誰れ, 論語を, 謝恩会といふ, 貰いたいと, 貰いますまい, 貰ったが, 貰つて母屋の, 貰ふ, 買いに, 走らした, 足下の, 身体へ, 転がって, 近代社会の, 追従術を, 通りすぎかけた, 通弁し, 遊びたいと, 遊べと, 過分な, 遺言された, 部内の, 酒が, 酒宴を, 酔はず明け, 野干, 鉄ごうしを, 鎖を, 長羅の, 関所を, 陽気に, 雁屋の, 露西亜語で, 頂きましょう, 頂戴な, 食べた, 飲んだ, 饗応だ, 馬鹿話を, 騒いだこと, 驅け, 鬘を, 點字新聞を

▼ 呼んでも~ (310, 4.1%)

14 返事が 10 返事を 9 よい 8 出て 7 呼んでも 6 いいと 5 いい, 叫んでも, 誰も 3 いいが, 來る, 返辞を

2 [19件] い, いいだろう, いいです, なかなか出, よいくらい, よいでありましょう, よく寝入っ, 何の, 叩いても, 声が, 好いよう, 差支ない, 知らんふり, 答が, 起きて, 返事は, 返事も, 返辞が, 返辭

1 [194件] あたりは, いいかい, いいかしらと, いいかと, いいかね, いいかも, いいから, いいでしょう, いいなぜなら, いいなら, いいの, いいほど, いいもの, いい筈, いい訳, いかな, いくら号鈴を, いけないつてこと, いつかう差, いませんよ, いるわけ, うんともす, おかしゅうござりますまい, お兄様, お前が, お宮は, お杉, お母さんの, かまわない, こないの, こなかった, こなかったの, この人, この子供, さしつかえない, すぐには, そのひと, そばへも, それが, それきり顔を, それは, だめである, とき経ねば, ないと, なかなか帰っ, なかなか帰つて, なかなか日本人, なかなか来なかつた, ひな子は, ふしぎでない, ふたたびその, ふたたび答え, ほんの一寸, まだ聞こえない, みなかつた, みましたけれど, むだだった, もうお, もう来なかった, もっともらしくきこえる, よいかと, よいかも, よいし, よいでしょう, よいよう, よかろう, よく贅沢, ウンウンて, フランシスが, 一向かまいません, 一向に眼, 丸木船が, 人は, 伝声管の, 何も, 來ません, 依然として向う, 依然偉き, 内では, 分らぬ事, 分りませんし, 初やも, 動かず灯光, 動かなかった惑星, 卯, 厠の, 及ばないぞ, 取次ぎが, 口から, 口を, 叩いて, 召使は, 同じ言葉, 君には, 坂本の, 声は, 大きい声, 女中さえ, 女房の, 好いが, 好いだろう, 姿を, 子供は, 宜い, 実は幾分, 容易に, 小鐘, 少しも, 左膳の, 差支えは, 差支へ, 帰ろうと, 庄司の, 役に立つ筈, 彼らは, 心の, 必ずしも不都合, 応えぬはず, 応じて, 恥しくない, 悪くあるまい, 手当し, 招いても, 振り向きも, 捗々しく返答, 揺っても, 揺つても, 木精より, 来ず鳴かず静か, 来て, 来ない, 来ないところ, 来ないの, 来ない時, 来ません, 来られないと, 来るの, 来るはやく, 構はずに, 殘つた仕事を, 気がつかないの, 決して, 猶返事, 現われて, 理解出来ない, 直と, 眉を, 眼を, 知らぬ顔全然, 知らん顔し, 知らん顔を, 秀吉が, 私より, 答えない, 答えない筈, 答えぬところ, 答えは, 答えられずに, 答えるもの, 籠へは, 結局同一である, 聞えは, 聞えん風, 聞かないで, 聞こえないばかり, 聞こえないふり, 聴え, 與八郎さんの, 船から, 良いだろう, 見たが, 詩人は, 詮ない, 貴族部落と, 賺しても, 起きるけしき, 起き上がって, 返事しない, 返答が, 返答も, 返答を, 返辞せず, 追付くこと, 過言では, 重三郎は, 間にあいませんから, 電話口へ, 音も, 頑強に, 駄目, 駄目だ, 駄目だった, 駄目である, 黙って

▼ 呼んだり~ (88, 1.2%)

15 した 7 して 4 したが, 呼ばれたり 3 するの, するので, 叫んだり 2 したので, するから, なにかと

1 [43件] ある時, お絹さん, からだを, ける, しその, しては, しました, しようと, する, するが, するこの, するころ, するところ, する氣持, すれば, その金髪, だ, また泣きいっ, わるさ, 五観の, 僕の, 周郎周郎と, 姐さんと, 将軍御所と, 応へたり, 思い出したり, 或は口笛, 手を, 手当を, 手招きし, 挨拶を, 時にはキミ, 時にはマアレイ, 時親さまと, 矢を, 答えたり, 聞いたり, 自分が, 自分の, 芝居見物に, 部屋から, 金山寺を, 頼母さんと

▼ 呼んでは~ (58, 0.8%)

3 いるが 2 いけない, いけないだろう一日, いない, いなかった

1 [47件] あとが, いけないだろうか, いけないと, いけないという, いけないの, いけない光, いけません, いろいろな, おりません, くれない, くれないか, なにか少し的, ならない, ならないか, ならないという, ならぬ, ならぬであろう, ならんぞ, また駆け出し, みたものの, みたれど, ゐるが, ポールの, 不可ない, 別れの, 勿体ない, 寝ました, 尋ねファヴロール, 居たが, 悪いよ, 悪かった, 意味の, 支那人に, 料理を, 死体に, 母らしい, 漁船の, 耳を, 蒲団の, 見たものの, 見ないの, 訓誡の, 走り呼んでは, 階段を, 首を, 駈けて, 駈け呼んでは

▼ 呼んでを~ (11, 0.1%)

6 ります 3 りますが 1 りました, るの

▼ 呼んでから~ (7, 0.1%)

1 ごくり, そのあと, やっと, 反対に, 気持よ, 泣くこと, 真面目に

▼ 呼んじゃ~ (6, 0.1%)

1 あまずい, いけないって, ア厭だ, ア悪かろ, 困るよ, 相談ばかり

▼ 呼んでの~ (5, 0.1%)

1 みつ, 大酒宴, 慰みごとに, 飲明し, 饗宴は

▼ 呼んでね~ (3, 0.0%)

1 あたしの, いろいろな, そうかと

▼ 呼んでや~ (3, 0.0%)

1 がら不良共が, がる, がる返事

▼ 呼んでばかり~ (2, 0.0%)

1 いた, いる

▼ 呼ん~ (2, 0.0%)

1 いでよみんな一緒, くれんか

▼1*

呼んでからの誤りだろう, 呼んでさ利息の, 呼んでさえいるの, 呼んででもゐるかの, 呼んでと來やが, 呼んでなそれを, 呼んでなんぞいるもの, 呼んでもととさまの, 呼んでわアと