青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「周囲~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~告げ 告げ~ ~告げた ~告白 告白~ ~呑ん 呑ん~ ~呟いた 周~ ~周囲
周囲~
呪~ ~味 味~ 味噌~ ~味方 味方~ 呼~ ~呼ばれ 呼ばれ~ ~呼ばれる

「周囲~」 7037, 68ppm, 1677位

▼ 周囲~ (2172, 30.9%)

39 人々の 21 者が 20 ものが, 人々は, 人々を 19 事情が 17 者に, 者も 16 者の, 者は 14 ものは, 人の 13 すべての 12 人々に, 人が, 人は 11 者を 10 中に, 事情に, 人を, 光景が, 空気の 9 事情から, 事情は, 事情を, 人たちが, 多くの, 空気が, 空気を, 者から 8 ものの, 人々が, 人たちに 7 人々も, 人たちの, 人たちも, 人に 6 人達の, 様子を, 眼を 5 ことを, ものに, ものを, 事情も, 人たちは, 影響を, 様子が, 空気と, 観客は

4 [11件] 世界が, 人々との, 人と, 人も, 人達が, 人間を, 力に, 状態を, 生活を, 空気に, 顔を

3 [36件] うちに, なかで, ものから, ものと, 事情と, 事情によって, 人々から, 人々にも, 人から, 人物の, 人達に, 人達に対する, 人達も, 光景を, 単調を, 地上に, 壁と, 壁は, 壁を, 山々に, 山の, 山は, 村, 様子から, 無理解, 物を, 状況を, 現実を, 環境への, 生活の, 町の, 畑に, 自然と, 自然を, 雪が, 静けさを

2 [138件] あゆみで, ありさま, ことに, ことは, さわがしさ, すべても, すべてを, その軌道, だれかれ, だれよりも, どこかに, なんとなき, ものとの, 世界と, 世界は, 世界も, 丘から, 丘は, 事を, 事物が, 人々に対する, 人々をも, 人からの, 人たちと, 人たちにとって, 人物を, 人達から, 人間すら, 人間の, 他の, 偽映, 光景には, 出来事を, 同情を, 圧迫に対する, 地に, 境遇が, 壁が, 壁に, 壁には, 壁も, 壁や, 壁面を, 家々も, 寂しさ, 小さな部分, 山々は, 山や, 岩に, 岸が, 平凡な, 平和が, 形勢は, 思惑ばかり, 悲惨な, 情実が, 情景が, 情景に, 情景の, 意見に, 戯恋者には, 整理が, 日本の, 旧勢力, 明るさ, 景色が, 景色に, 景色の, 景色を, 暖かさ, 木々に, 木が, 森とが, 森に, 様子も, 歩廊が, 水の, 氷を, 注意を, 浅草の, 物が, 物に, 状態が, 状態は, 状況から, 状況で, 状況に, 状況の, 状況及び, 狭さ, 環境を, 生活に, 眼が, 神, 神経が, 空を, 空気, 空気から, 空気で, 空気は, 筋肉が, 総ての, 群衆を, 者からも, 者すべてを, 者たちが, 者にも, 者へ, 者達は, 自然が, 自然の, 色が, 色と, 草原は, 見物達に, 誰にも, 誰も, 誰彼が, 誰彼に, 諸事情, 諸国における, 識別を, 負傷者は, 赤さ, 路を, 野趣を, 闇を, 雪は, 雪を, 雰囲気の, 雰囲気を, 電燈の, 静かさが, 静かな, 風景も, 風物に, 高い建物, 髪を

1 [1214件 抜粋] あたりに, あらゆる事々, あらゆる人間, あらゆる反対, あらゆる微細, いかなる非難, いろいろな, いろんな係累, うちの, うつりやう, うるさい生命, おくれて, お世話やき, きずなは, きれ地, こういう変化, ことについても, ことも, この血, ごまかし小, ざわめきに, すべてに, その空虚, ために, つまって, どこかの, どちらを, なかに, ひとは, ほうは, もてなしと, ものからは, ものとともに, ものどもは, ものに対する, ものも, ものらは, もの景色や, もの達に, アメリカ人は, ガスに, タービンの, ベンチ鉄柵の, ラウベンコロニーの, 一切の, 一同が, 一廓に, 一般の, 万物は, 三人に, 三百近い黒い, 不愉快を, 不潔さには, 不良少女に, 不遇な, 世界の, 世話を, 丘に, 中から, 中では, 主だったらしい, 事がらの, 事情かの, 事情それらの, 事情でも, 事情との, 事情にも, 事情其他あらゆる, 事情屋島平家の, 事態を, 事柄のみを, 事物と, 事物の, 事物人間が, 五六軒の, 人々ただ, 人々に対して, 人々より, 人がきからは, 人たちにも, 人たちや, 人だかりを, 人びとから, 人びとにも, 人人とを, 人人を, 人声や, 人家の, 人気が, 人波を, 人物も, 人込を, 人達にも, 人間が, 人間に, 人間も, 人間社会に, 仕官の, 仲間連中は, 住宅の, 何物も, 余白へ, 侮声, 信用を, 偏見と, 優しい斜面, 先生たちの, 光度との, 光景といふ, 光景に, 光景や, 光景風景の, 全てが, 全部が, 兵は, 円満を, 冷然と, 凡てに対し, 処々に, 出入りの, 出来ごとは, 初歩的な, 刺戟に, 刺激に対して, 動きとは, 動向を, 医者を, 十数人から, 卓子を, 印象に, 原野を, 友だちと, 友人たちも, 友達を, 反対と, 反感を, 口が, 叫び声や, 同平面, 同情が, 同胞に, 問題に, 喧騒に, 嘲罵も, 噴水の, 因習習慣虚偽と, 囲いが, 土が, 土の, 土を, 土地については, 土塀も, 土石も, 圧迫による, 圧迫的な, 地勢が, 地形の, 地理的関係を, 地面や, 地面家作を, 垣が, 垣根の, 堅実な, 境遇は, 壁ぎわに, 壁体を, 壁面には, 壮麗さを, 変化などの, 変転を, 外殻を, 夜闇を, 大事な, 大人なみとも, 大気が, 大竹藪にも, 大部分, 女たちが, 女の, 女性達を, 奴は, 如何なる事情, 威圧に, 嫉妬も, 子供たちをも, 子供等は, 子弟を, 学生連と, 実存を, 実生活と, 客たちに, 室も, 家々から, 寂しいこと, 寂寞さ, 寂寥に, 将にも, 小さな生物, 小門は, 展望は, 山々には, 山々へ, 山々を, 山の上から, 山山を, 山巓も, 山林を, 岩さんたちや, 岩壁に, 岩石に, 崖には, 工女に, 常緑樹の, 幕将たちが, 平和を, 平均温度を, 幽暗に, 広い庭, 床から, 床の, 座も, 建物も, 廿四を, 弱き者こそ, 形勢が, 形勢を, 彼等は, 御領分, 必然と, 思わくに, 思惑を, 悪評の, 情勢が, 情勢にも, 情勢に対して, 情況が, 情況は, 情熱だけ, 意味深い, 感化で, 態度は, 懇望により, 手によ, 批評めいた, 持って, 推量だ, 援助を, 支配的な, 政治的傾向, 敷物一体が, 文化的な, 文学であった, 斜面には, 新奇さを, 方々が, 方は, 旗本にも, 日常生活の, 日本人が, 昂奮に, 明地を, 景物には, 景色だけが, 景観は, 暗い記憶, 暗さ, 暗黒界に, 有様から, 有様や, 有為転変には, 朝寝を, 木々へ, 木の葉を, 村などでは, 村民たちから, 村里を, 条件に, 枕木の, 林の, 枯野や, 柵を, 桎梏は, 棚だ, 森から, 森の, 森林を, 椎の, 様子は, 様子まで, 樹の, 樹木は, 樹皮が, 欝蒼たる, 武士を, 武者たちを, 殆どすべての, 殺気は, 毛が, 民衆と, 気分が, 気分の, 気配が, 汚れた焼跡, 沈んだ色調, 沼と, 法則, 泥を, 流行で, 海水を, 混乱に, 清潔自然及び, 湿地には, 火焔を, 灰燼と, 無表情な, 煩雑な, 熱的条件などによって, 物から, 物だった, 物の, 物懶, 物象が, 物音は, 物音や, 犬の, 状勢が, 状態も, 状況が, 状況なんて, 状況をも, 状況社会輿論の, 狭い廂間, 献策で, 環から, 環境と, 環境に, 生徒は, 生活と, 生活に対して, 生活様式には, 生活的雰囲気と, 田も, 男の, 男子の, 町並みあるいは, 異民族, 疲労し, 白い布切, 白眼と, 皆, 皮膚を, 目は, 県では, 眼に, 知己から, 石ころの, 石垣の, 碑の, 礼拝室に, 社会でも, 社会の, 社会を, 社会的事情そのものの, 社会組織と, 種蒔, 空地が, 空席に, 空気からは, 空気だけが, 空気や, 空間に対して, 窓には, 窓ガラスは, 競争革命に対する, 竹藪が, 範囲を, 素晴らしい景色, 細民の, 絆は, 結婚に対する, 絵具を, 総てを, 緑の, 繁った木立, 繋累を, 美しさ, 群衆と, 群衆へ, 群集の, 群集を, 習俗恋愛結婚家庭の, 習慣は, 老松と, 考へも, 者たちにも, 者たちも, 者どもの, 者にだけは, 者には, 者をも, 者家人時に, 者達に, 聴衆の, 肉親をも, 腫れ上る, 臓器との, 自然そのものから, 自然は, 自然物を, 自然界の, 舗石が, 色とりどりの, 色彩を, 芝生に, 花壁の, 若い女, 若い要人達, 草が, 草を, 草場の, 荒涼に, 菜園から, 葦が, 薄黒い, 虚偽卑劣を, 蜀黍に, 血は, 表紙の, 装飾, 装飾を, 襖を, 見るもの, 見慣れた風景, 見物人の, 言も, 記憶が, 評判で, 詰め物が, 話の, 誤解を, 誰かの, 調和や, 調子が, 諸国に, 諸県, 議論を, 貴族の, 赤松林は, 踊場が, 軽蔑の, 農家は, 近郊まで, 連中が, 連中も, 過渡層の, 部分も, 重り自身, 野望それの, 野蛮人の, 金茶色の, 鉱毒運動者は, 長屋の, 関係者に, 闇が, 闇黒は, 障碍を, 雑木林と, 雑踏に, 雑音と, 離島に, 雰囲気と, 雰囲気にも, 雲行きに, 霊的な, 青年達, 青葉には, 非難を, 面白げな, 音楽家達は, 顔も, 風光を, 風景には, 風景樹木等の, 風物が, 風物と, 風物は, 養液を, 馬も, 騒ぎの, 騒擾の, 骨には, 高い壁, 高原は, 高土間を, 高度の, 鬱蒼たる, 麓の, 黒い人たち, 黒ずくめの, 黒線が

▼ 周囲~ (1494, 21.2%)

27 集まって 16 集った 15 集って 14 あるもの 10 気を 7 立って 5 人が, 集まる 4 あった, あって, 立つて, 蒐まる, 見て, 起こって, 起って, 集まつて

3 [17件] ある空気, ひろがって, 並んで, 人の, 動いて, 大勢の, 感じて, 或る, 渦を, 渦巻いて, 眼を, 自分の, 蒔き散らした, 起こってること, 集つた, 集まった, 集めて

2 [85件] あったもの, あつまって, ありて, ある, ある人達, ある墓, いくつも, いて, いるすべて, いる人間, いる者, かたまって, ぐるりと, ざらに, たかって, たくさんの, とけこんで, もつて, ゐる人間, ヤナギの, 不調和な, 人々が, 人を, 佇んだ若者たち, 何の, 何事が, 円を, 同様な, 多くの, 多く栽, 多少の, 多数の, 寄って, 惹き付けて, 惹き付けられて, 感じた, 手を, 拡がって, 拡がつて, 持たなくては, 数人相集まり, 数多の, 旺盛な, 木の, 樹木も, 注意した, 浮動し, 溝を, 漂う気分, 漂って, 物は, 現われて, 目を, 石垣を, 積み重なって, 立ち並んで, 累積する, 繁って, 繁茂せる, 繞らされ, 繩を, 置いて, 群がって, 耳を, 脂肪が, 蒐まっ, 蒐まつ, 蝋燭を, 蟻の, 行われて, 見せて, 輪を, 迫って, 鉄の, 鉄柵を, 集まりつつ, 集まりました, 集る人々, 雑草が, 顔を, 飾って, 馳け, 高い山, 鳴き園丁, 黙って

1 [1142件 抜粋] あったいろいろ, あったの, あった良家, あつた, あつまった若い, あふれて, あらゆる虫, あらわれた光景, ありすぎるという, あるいろいろ, あるこれらすべて, あるだけ, あるひろい, ある一筆, ある事物, ある人たち, ある円筒, ある場合, ある娘たち, ある小さな, ある幕将, ある庭園, ある後進者たち, ある文学作品, ある星雲状, ある木, ある桐, ある物, ある玉菜畠, ある社会生活, ある者, ある草木, ある親しい, ある農村, ある雪, いくつかの, いた人びと, いた僧侶たち, いた者, いた諸, いっぱいつめた, いつの間にか多く, いなかった, いること, いるよう, いる仲間, いる女房, いる朝鮮人, いる雀, いろんな隈, い並んだ将校たち, うんと穴, おった人, おのずから私, お見受け, かこまれて, かたまり合って, かまわない成人, きらびやかな, くすぐったそう, くつ, ぐるぐる, これほど, さう, さげた何, さへさう云, しみ出したり, しゃがんで, すすりなく門弟たち, ずらりと並んでる, そういう習慣, その周囲, その文字どおり, その眼, それぞれ陣取つ, それも, たいしとくに, たえず反発, たえられなくなるの, たくさんな, ただ芝居, たやすく見出せた, だらしなく植え付けられ, ついた血, つくろうと, つめかけさせその, ときどき右往左往, どっと人声, どやどやと, どんな騒ぎ, ながめて, なにか変事, なんと言います, はっきりと, ひきとどめて, ひしめき並んだ色街, ひそひそ囁く, ひとつの, ひどい癒着, ひろがりかけて, ぶら下って, まきおこった声々, まき散らすので, まざまざと, まだ三四匹這つて, まつはりつかれる, まぶれついた, みなぎって, みる, むかって, めぐらした土塀, もって, やや広い, よくある, よりけりである, わき上がった異常, ゐた多く, ゐるかの, アルマイトの, ギラギラと, スポーツ味の, ズラリと, バラバラと, ベンチが, ポンポンポンと, モルタルを, ユラを, リリアン・ギッシュメリー・ピクフォードなどという, ヴェエルを, 一万何れも, 一人も, 一寸角から, 一面に, 三つの, 三四人の, 不和と, 不愉快な, 与えてるよう, 世間が, 並ぶ四脚, 並んでる群集, 乱雑に, 二つ三つ散らば, 五十本の, 交渉の, 人垣が, 人家の, 人影見えず, 人無き, 今は, 付着し, 休息の, 似合ふだらう, 住む普通, 何かしら自分に, 何が, 何も, 何物も, 余色らしい, 作り上げて, 修正を, 働いて, 僕が, 元気よく, 充満し, 光明を, 全然無, 六人ほどずつ, 凍てついて, 出入りしはじめた, 出没し, 到るまでの, 前のよりは, 動かす事, 勝景を, 半円形, 危険が, 厳かな, 及ぼす影響, 反抗し, 反撥し, 取りつくと, 取付い, 古帳簿, 同じく奇麗, 同化す, 同情する, 向けた, 向こうて, 吸われて, 呻吟する, 咲いて, 唯一人, 喧々囂々として, 四五人小僧や, 四本の, 土を, 在った, 在る人, 在る生垣, 坐して, 坐って, 垂らした大きな, 垂れ下って, 執事や, 堆肥の, 増えて, 夕方行っ, 多く自然, 多勢の, 大きな丸い, 大小の, 大異, 大豆大の, 女の子の, 嬉々と, 子供たちや, 存在し, 宝石や, 宮崎宮だの, 家の, 寄り合い鯨漁, 寄れば, 密生し, 封建時代の, 小さい花壇, 小片の, 少年士官の, 居るよう, 居流れた雪の下, 展開されてる, 山羊の, 岩石の, 帰し自分, 干からびた花弁, 幾つも, 幾千人の, 幾多の, 広い空地, 広がって, 店員が, 座するもの, 廷章の, 廻転し, 引かれてる太い, 引っかけた, 張った模様画, 張りこませて, 張りめぐらされた気, 当り散らすの, 当る飾り突起, 彫って, 彼の, 往来の, 待つて, 従つて私自身の, 微妙な, 微笑んで, 心を, 忽然湧き出し, 急に, 怪奇な, 悪い人, 情愛が, 意匠を, 感じられた, 感染し, 慄然と, 我儘な, 戦って, 手近に, 打克っ, 払ったの, 投げた波紋, 投下された, 押し寄せて, 押合つてゐる, 持った代官町, 指揮権発動の, 控えた普賢, 撒いて, 擦れ擦れの, 支配した, 放射された, 散らばって, 散らばつて, 散兵線, 数かぎりなき, 敵を, 文学の, 方形の, 於ける余, 於て, 施したの, 早くも, 暈がか, 書物を, 有たぬ, 木の葉の, 未だ現存, 机を, 村を, 松の, 枝垂桜が, 柵が, 桜の, 森の, 植え込まれて, 椰子の, 榻が, 構成される, 欄干が, 次第に増加, 止って, 正しい眼, 死の, 残って, 残忍に, 比較すべき, 気兼ねばかり, 気兼ねを, 氷柱の, 求めて, 沢山満ち, 波うつ苦痛, 泣くは, 注連縄が, 泳ぎ寄って, 流したよう, 流れるもの, 浮きながら, 淡い日, 深い影響, 清い社会, 温かい文化, 満ちあふれて, 漂い始めます, 漏らし伝えた, 漸く動きだした, 潜んで, 激しく渦巻く, 火が, 火傷が, 灯を, 烈しく後光, 無数の, 照り渡り, 牛肉野菜等の, 物質が, 犇めいて, 独逸の, 王冠と, 現はれはじめた, 現われた理由, 生える毒草, 生き生きした, 生じて, 生活の, 田圃や, 男女の, 町が, 畳み込む, 発見し, 白いフラネル, 白い毛, 白布で, 白虹が, 皆な集っ, 監獄然, 目撃し, 目立つ充血, 知れて, 砂糖が, 確認させよう, 私など, 積み上げた乾いた薪, 空地を, 空虚を, 突っ立っ, 立ちこめて, 立ちながら, 立ち並んだ, 立ち廻わり, 立つ六, 立つ十二本, 立つ高い, 立並んでる人垣, 端坐し, 簇が, 簇生した, 紅い小菊, 純粋な, 細い淡紅色, 結うよう, 絢爛なる, 緑樹が, 縄や, 置かれて, 群がる人たち, 群がる有象無象, 群れ集ると, 群衆が, 聞いて, 聳えて, 育って, 胡粉を, 腰掛けるやら, 膿泡疹が, 自分と, 舞いつおどりつして, 花輪の, 苦しそう, 茂って, 菜園を, 蒼蠅の, 蔓延って, 薄い翅翼, 薄霧, 藍と, 虎の, 蝟集し, 血の, 行なわれてること, 行儀よく, 覆いかぶさって, 見えないけれども, 見えなくなったので, 見たくは, 見るの, 見る女, 見出したもの, 見出し得ないの, 見聞きする, 親しんで, 訴えて, 誤解された, 調和し, 谷川の, 買い取らせたこと, 走らせて, 起こった事件, 起こること, 起こる町娘ら, 起つた, 起るので, 起る事柄, 踏みかけた, 身内の, 農家が, 迫つて来る, 退却し, 造られたが, 遠い円光, 酔って, 重力の, 金襴の, 銅線を, 鋭い眼, 間の, 降って, 陰圧が, 隠れる形体, 集った人々, 集った警官たち, 集つた過去の, 集つて来る, 集つて行つて何等かの, 集まった若者たち, 集まり何だかもう, 集まる弟姉ら, 集まる親戚, 集めたかった, 集められ各々, 集め得なかったこと, 集りだした, 集り咽, 集り来った, 集るの, 集る男, 集ろうとして, 雑然と鍋, 雪を, 雲霞の, 霧の, 青年たちは, 青褪めた, 響きかえって, 順応しつ, 頭を, 風を, 飛び廻つて, 馬場の, 駈けあつまった, 駈け集りました, 高々と, 高く築かれた, 高さ五呎, 鬼木或は, 鳴神の, BUFFETの

▼ 周囲~ (1234, 17.5%)

41 見廻した 26 見回した 21 見廻して 17 取り巻いて, 廻って 15 見まわした 9 見て 8 ぐるりと, 取巻いて, 見ると 7 とりまいて, 歩いて, 見まわして, 見廻したが 6 巡って 5 とりかこんで, グルリと, 取り囲んで, 廻転する, 見ま, 見回して, 見廻す, 見廻すと, 見渡して 4 ぐる, まはつ, グルグル廻っ, 取りかこんで, 取りまいて, 取り巻いた, 眺め廻した, 見まわす, 見れば, 見廻しながら

3 [19件] ぐるぐると, グルグルと, 一回りし, 取り囲んだ, 取り捲いて, 取巻いた, 取繞, 回って, 囲んで, 固めて, 巡つて, 廻り出した, 廻る, 眺めて, 眺めまわした, 繞る, 見廻わ, 見渡すと, 運行する

2 [61件] うろついて, かこんで, ぐるぐる回っ, ぞろぞろと, とりまいた, とり巻いて, まはる, まわって, まわりながら, グル, 不安ない, 人間の, 包んで, 取り巻かれて, 取り巻きました, 取囲んで, 回った, 囲んだ, 囲繞し, 守って, 巻いて, 幾度と, 幾度も, 廻りながら, 廻りに, 廻るの, 彷徨った, 御廻り, 念入りに, 散歩し, 木枯よりも, 歩き廻った, 流れて, 流れるやう, 照らして, 眺め廻して, 神秘な, 突ツつい, 精密に, 細い色紙, 行儀よく, 見た, 見たが, 見ても, 見まわしても, 見まわしながら, 見るの, 見わたすと, 見回しながら, 見廻したり, 見廻した時, 見廻すよう, 見廻って, 見廻は, 見廻わし, 調べて, 連続宙が, 醇化する, 顧みた, 顧慮せず, 駈け廻って

1 [766件 抜粋] あいまいに, あっちに, あらためて, いれかわり立ちかわり, いわゆるエピチケル形軌道, うろ, うろうろし, うろつき大きな, うろつき軒下, うろつくの, えがきたるもの, お廻り, かえりみて, かくまでに, かけめぐるよう, かけ廻る棒, かこまれたよう, かなり夥しい, きゃっきゃっと声, きょときょと見廻し, きれいに, きわめて自由, くるくる見廻し, ぐるぐるまわっ, ぐるぐる幾度, ぐるぐる廻っ, ぐるぐる廻る, ぐるぐる歩い, ぐるっととりまい, ぐるっと取巻い, これが, こわす方法, さすって, さまよい歩いて, さまよったり, さも面白, さりげなく廻っ, しみじみと, しらべて, すぐ真っ黒, すっかりかこん, そう遠く, そっと見まわしました, たしかめてから, つっ突くの, とりかこまれて, とりかこみそこ, とりかこむ社会, とりまき棒切, とりまくもの, とりまく高み, とり囲んで, どうどう廻りし, どう変える, ながめて, のびのび見廻した, はなれるの, はばかって, ひとま, ひとわたり眺め, ひッ, ふり返つて, まごまごし, まるで忘れ, まわりはじめたとき, まわり出した, まわり火, まわる東京, みた, みまわし, みまわして, めぐってたくみによけた, めぐつた, めぐりながら, めぐりに, めぐりめぐって, めぐり中, めぐる山巒, めぐる果樹園, めまぐるしく渦巻く, ゆっくり点検, よくみ, よく見る, よく調べ, ウロ附いた, オスの, グルグルお, グルグルまわっ, グルグルグルグル廻り出した, グルグル回り, グルッと, グルリグルリグルリグルリと, チョビ髭が, ドヤドヤと, ネルの, パノラマの, ヒッソリと, モティヴと, 一, 一めぐりしてこようといって先に, 一めぐりする, 一列の, 一同の, 一周する, 一巡した, 一心不乱に, 一目見, 一通り廻っ, 一順し, 七遍も, 三度ずつ, 三百六十度に, 不安そうに, 不幸に, 丹念に, 乱舞しだした, 二三尺はらはらくるくる, 二三度まわりました, 二時間の, 二米として, 五十ヤードと, 仕上げて, 低徊した, 何か, 作り出すの, 依然支配, 偵察し, 僕に, 光らせながら, 内証で, 円くウネウネ, 円陣を, 冷かにのみは, 出没し, 切明の, 利用する, 剃り落し, 包む, 包むやう, 包む羽二重, 包んだ変化, 十重二十重に, 半ぶん, 半圏状に, 去らなかった, 反省し, 取りまく男たち, 取りまわして, 取り包んだ, 取り包んだ数千, 取り囲むので, 取り囲む一つ, 取り巻いたは, 取り巻いた壮年期, 取り巻いた牛方, 取り巻いてる教会, 取り巻き梅吉, 取り巻くの, 取り巻くもの, 取り巻く人間, 取り巻く常連, 取り繞, 取巻, 取巻きながら, 取巻くと, 取巻く人, 取巻く小, 取巻く岳樺, 取巻く特殊, 取廻いて, 取捲いたり, 取調べた時, 叢擁する, 同じ方向, 吹き巡る, 呪うよう, 唖然と, 嗅ぎまわる心理状態, 回らしたの, 回りながら, 回ること, 回るごとく人, 回るとか, 回るばかり, 回る遊星, 回転し, 囲って, 囲ませ十二神貝十郎, 囲みながら, 囲繞する, 圧して, 地均しした, 地均し致しまし, 堀を, 堂々廻り, 墨で, 変えたけれども, 夏の, 外から, 夢中に, 大きく一廻り, 大輪に, 太陽の, 好い加減に, 始め会う人ごと, 子供の, 守らせ妻, 守らせ威厳, 実に微細, 実際の, 小蒸汽, 少しく振り返っ, 尽く温める, 屏風の, 川や, 巡っても, 巡り熊, 巡視し, 帯状に, 幾たびと, 幾たびも, 幾重にも取り捲い, 広々と, 庵として, 廻ぐり遠い, 廻ったり, 廻った記憶以外, 廻っても, 廻つてゐる, 廻つて春夏秋冬を, 廻つて鍬打つ, 廻りだした, 廻りつつ, 廻り始めようという, 廻ること, 廻ると, 廻れば, 廻わり出した, 廻転し, 弓なりに, 張つた小屋だの, 形作って, 彷徨うていた, 彷徨き歩いて, 往っ, 徐々にとり, 忍びやかに, 忘却する, 怒り波と, 怖れ, 怪しい人物たち, 恵まれてから, 悉く軽蔑, 悪くする, 悪罵する, 想像し, 意識しだした, 愛してという, 憚らず, 批判し, 批評する, 押取巻く, 拭いたまま, 拭きさえ, 持たせたの, 持つて, 振りむいた, 振袖の, 捜せ, 捨てて, 掃除し出した, 掘りはじめたの, 掘り廻る, 掘り桿, 探した, 探したが, 探し出した, 探し求めたとて, 探れば, 探偵し, 揃わない歩調, 描いて, 撫でま, 撫で廻す, 支配し, 支配してる, 散歩した, 数限りなき美しい, 整頓する, 旋廻した, 旋廻する光り, 明るくした, 明るく見せた, 暴れ廻ると, 書いたもの, 木立に, 朱で, 林に, 柳絮が, 検めて, 検査する, 横行し, 欺いて, 歩いた想い出, 歩きに, 歩きはじめた, 歩き廻った一人, 歩き廻つて, 歩み, 歩みゐたり, 歩行いたんだ, 死人色の, 段々引き, 毀ち破ってまで, 水の, 注意し, 注意深く観察, 浄めて, 浮游し, 浸した, 淋しさ, 渦巻きめぐって, 測って, 漫罵した, 火で, 火龍の, 烟の, 焼け焦げが, 煙草の, 照しは, 片付け始めた, 物色した, 独楽の, 狭くし, 田の, 申しますと, 疵だらけに, 疾風の, 白波が, 盗み見ながら, 目探り, 盾の, 真黒な, 眺めた, 眺めたとき, 眺めま, 眺めまわしひきつるよう, 眺めまわすよう, 眺めやって, 眺めるよう, 眺める時, 眺めれば, 眺め大人, 眺め自分たち, 眼で, 睨みそして, 睨めまわさない, 瞬く間, 矢の, 稲の, 空虚に, 立ち廻ったの, 立働いた名残, 競馬の, 終夜飛びあるく, 絆創膏で, 緑葉に, 縮める事許, 繞つた, 纏綿する, 美しい金属, 群れ飛ぶほか, 考えながら, 考えるヒント, 胡乱つき廻っ, 自分の, 自動車の, 舞い上ったり, 舞い歩いた, 舞つてゐる, 舞ふ, 花崗石の, 花托で, 苦に, 落葉喬木に, 蓙の, 蔭に, 蜜蜂が, 蟇の, 街伝いに, 襲いかかるまた, 襲つて陰気な, 見たまえ, 見たり, 見てばかり, 見ないよう, 見なおす結果, 見ますと, 見まわしたあたり, 見まわしたが, 見まわしたり, 見まわしてから, 見まわし外人, 見まわし思い出したよう, 見まわすでしょう, 見まわすと, 見まわせば, 見るに, 見るよう, 見る眼, 見わたして, 見回したころ, 見回したであろう, 見回した時, 見回し公衆, 見回すごと, 見回らせ隊列, 見廻しそれから, 見廻したん, 見廻しふと, 見廻しました, 見廻し全部, 見廻し堂, 見廻し癖, 見廻すが, 見廻すこと, 見廻すの, 見廻ったり, 見渡した, 見渡したが, 見渡しても, 見渡しました, 見直すと, 見直すべし, 見過らないで, 視察し, 観察される, 観察し, 試みに, 説き付ければ, 説明する, 調べようと, 調べ始めた, 警戒させ, 警戒し, 警衛する, 責めるより, 赤く染めた, 走りまわった, 走り廻っ, 走るよう, 跳ね踊る, 跳まわっ, 踊りまわり彼, 踊り廻り, 躍り廻って, 輝や, 輪に, 逍遥し, 透して, 遊び戯れた, 遊弋し, 遠くから, 遠巻きに, 遶る, 重役以下男女社員が, 金蠅が, 閉ぢてを, 陰電子が, 隙間なく, 離る, 雪で, 霞の, 青インキで, 青白い輝き, 鞘翅虫が, 頻りにぐるぐると, 顧る, 顧れ, 顧慮し, 飛びま, 飛び廻って, 飛び廻り飛び狂い, 飛び廻わり, 飛び廻わる, 飛ぶ蜜蜂, 飛んで, 飛巡り, 駆けてるんで, 駆けめぐり, 駈けめぐったが, 駈けめぐってる, 駈け廻った, 駈け狂, 騒がせた, 驚かし本人, 鴎の, 黄色い蝶, 黒の, 黒山の

▼ 周囲には~ (504, 7.2%)

4 多くの 3 一人の

2 [19件] いろいろな, ずいぶんたくさん, たくさんの, 丸い御, 人が, 何か, 偏光ガラスの, 厳重な, 四門の, 存在しない, 家付の, 少しばかりの, 微笑の, 新しい土, 田舎の, 男の, 私に, 誰も, 風が

1 [459件] あたかも船, あまりいない, あらゆる参考書, ある, いかに思想, いかめしく竹矢来, いくつかの, いちばん多数の, いっそうの, いつと, いつのまにやら, いつの間にか二三十, いつの間にか薔薇, いつもの, いつものどか, いつも享楽的, いつも女, いつも老者, いつも荒神さま, いつも警護, いない, いよ, いよいよ滅亡, いろいろの, おかしなまた, お俊夫婦, お長屋, かえってお, かならず三本足, ぐちを, ぐるりと, この光景, この脇侍, これといふ, さいわいに, さらに怪しい, すっかり小さな, ずっと丸い, ずっと疎ら, そういう時, そうした大木, そう云う, その噂, その直径, その絵葉書, その讚美者, その頃, その風格, それきり何の, それらの, そんなこと, そんな会話, そんな声, ちやんと, どこを, どんな人, どんな現象, ないが, ない雑誌, ひとりも, ほとんど一フィート, ほとんど人家, ほのかな, ほんとにしっくり, また至る, また隙, まるで赤ぼうふらみたい, もう何物, もう味方, やはり人々, やはり瓦礫, やや脈絡, やわらかそう, ようやく旗本, よくもよくもつまらない, よく魚, ゐなかつた, イギリス軍は, コバンモチという, コルクの, サイプラスと, シャンデリヤの, スイカツラが, ソヴェト農場, タンタレスの, トランクから, ナポリの, パリーの, ユダヤ婦人が, リンカンの, 一こう, 一つならずある, 一族の, 一木家の, 一本の, 一種の, 一語も, 一辺を, 丈夫な, 三人の, 三吉夫婦を, 上海在住の, 不幸な, 世界の, 中軍の, 主人の, 予防注射をすら, 二三人の, 二組ばかりの, 五人十人の, 亡霊の, 京都の, 人の, 人家も, 人足以外の, 人間の, 今おけ, 今か, 今は, 今後も, 仏様や, 他の, 会津戦争の, 佃煮に, 何が, 何も, 何やら濁っ, 何フクロと, 何一つ私, 何事か, 何処かに, 何方を, 何時でも, 偉材が, 傚ねべき, 先客が, 全く女気, 八番線程の, 兵隊が, 冬の, 出たばかりの, 到る処, 剥脱した, 力の, 北鎮岳凌雲岳黒岳赤岳白雲岳熊ヶ岳など, 医者や, 十個の, 単調な, 厚い土塀, 厳戒が, 友人を, 口々に, 古い椎の木, 古き世界, 古木うっ, 古木が, 可成多く, 同型の, 名を, 名族だけに, 品野赤津などの, 嘉永年代から, 四人の, 四個所の, 四季の, 四方から, 土塀さえ, 土手が, 土浦石岡潮来江戸崎などという, 土筆を, 地梨も, 城の, 堀あり, 堆積された, 堆高き書籍, 塔暗黒影が, 変りものばかり, 多数の, 夜が, 夜廻りが, 大ぜ, 大勢の, 大学時代からの, 大晦日も, 大暴れ, 大薮が, 大風の, 天然の, 太い頑固, 太古以来人間の, 奇異なる, 女たちの, 女の, 女達が, 妖怪が, 妙に, 妾達鷺組の, 子供が, 家を, 寂として, 寧ろ月並, 専属の, 尊敬に, 小さい豆電灯, 小さな巻貝, 小さな庭園, 小さな白い, 小さな雪峰, 小児の, 小娘の, 小鳥一羽も, 少年犯罪の, 山吹色の, 巡査と, 己の, 己を, 希臘式の, 常に労働者階級, 幕を, 平凡な, 平田延胤師岡正胤権田直, 年齢の, 幾つもの, 広々と, 座蒲団を, 廊下を, 建物が, 当然それ, 彫刻が, 彼と, 彼女たちの, 彼女の, 待ち草臥れ, 従来の, 御殿女中と, 微赤い, 心臓や, 必ず側近, 志士論客が, 怖い人, 思いよるところ, 思想の, 悲壮な, 愛人らしい, 愛用者が, 憐れむべき人々, 戦争ある, 戸棚が, 手製の, 手頃の, 払へども, 掛けきれないで, 数かぎりない, 数人の, 数十人数百人の, 数十本の, 数知れずあった, 敵弾が, 文学を, 新しい家, 新緑の, 既に七百, 既に刈, 日に日に敵, 日夜探偵の, 早くも, 早や, 旺に, 明るい光, 昔ながらの, 春楡や, 時代的に, 時計の, 暗黒と, 更紗の, 書棚が, 書物やら, 書籍だの, 書類や, 最前の, 材料室とか, 村の, 東洋で, 柵が, 桜の, 梅を, 森から, 森が, 椅子が, 様々な, 樹, 樹木が, 次第に多く, 次第に残雪, 正木一家の, 武家屋敷も, 歩いたり, 歴史以前に, 歴然たる索溝, 死んだジャン, 殆ど人家が, 殊の, 気味の, 水が, 水の, 水を, 水狐族の, 水田と, 汚れた椅子, 決してない, 決して無い, 沢山の, 河骨撫子などが, 沸き上がって, 泣き顔を, 泥酔や, 注目すべき, 注連を, 浪人ものが, 浪人者の, 涯しない, 深い注意, 深く雪, 滅茶苦茶に, 激しい怒, 激しい眼つき, 灌木が, 無数の, 無限の, 熊笹の, 物珍らし, 特別な, 狼や, 獣の, 玉螺鈿を, 王氏を, 生きた傑作, 生命という, 生木の, 男や, 畑が, 異様な, 白い布, 白い毛並, 百に, 皮張りの, 皮肉げな, 真青に, 真黒い厚ぼったいカーテン, 矢張り淡, 知らぬ旅人, 知ると, 短い線条, 短い草, 石の, 確かに, 社会の, 祈り本聖書辞書雑誌原稿紙夏みかんの, 祝福せられ, 神が, 私を, 程よく樹木, 種々の, 空地が, 空気と, 空虚しか, 立錐の, 竹や, 笹や, 等身大の, 筋や, 簡単に, 粗末な, 紅い蔦, 納屋みたいな, 純白で, 紙屑や, 紫色の, 累々たる, 紺碧の, 継母はじめ宗太夫妻から, 綺麗な, 緑の, 緑色の, 縁台が, 繍線菊が, 美しい花, 美しく刈り込まれた, 群つてゐた, 老若男女が, 耳食の, 聖書の, 背の, 能高合歓次高北トウガン等の, 腰から, 自分の, 自然近辺の, 至るところ, 舗石から, 色々な, 芒や, 花が, 花木を, 苔が, 若い作家, 草の, 荊州の, 荒くれた, 荒寥と, 菜種の, 萌黄に, 萱やら, 蓆を, 蕎麦や, 薄緑色, 藁や, 蜑民が, 西洋の, 西瓜丸裸って, 要所要所, 親類だの, 誤解され, 豆も, 賑かな, 赤きキレ, 路易王朝好みの, 躑躅が, 輪郭を, 通常十分な, 野菊が, 金襴の, 釣竿一本売る, 鉄柵が, 銀製の, 長い沈黙, 間断なく, 降りつもる深い, 隈さえ, 雑草が, 雪と, 雪に, 雪除け, 霜に, 霰が, 靄に, 青み出した芝生, 青年が, 青黒い輪, 頓著なく, 飯や, 騎兵二万射手五百人を以て, 騒がしい下, 驚くばかり, 高い塀, 魔法の, 黒い人影, 黒く染めた, 黒山の, 鼎造の

▼ 周囲~ (343, 4.9%)

3 浅草公園に

2 [14件] ことごとく敵, ゆでイカ, 一面の, 人が, 人里離れた, 全く水, 強い電燈, 無数の, 真暗だ, 石の, 青々と, 静寂である, 非常に, 鬱蒼たる

1 [312件] ああした連中, あくまで二元論者, あまりにも, あらぬ方, あんまり草ぶかい, いつか見物の, いつの間にやら, いつも航空母艦, おどろおどろと, かかる悦び, ここばかりは, ことごとく英仏領諸島, ことに気持, このさい, こりかたまった様, ごくありふれた, しだいにその, すぐその, すっかり大火, すっかり闇夜, すべてが, すべてこれ風に, すべて低い, すべて大きな, すべて敵と, すべて東北の, すべて監獄である, すべて秋で, ずっと畑続き, そこへ, その生, その花, それも, それを, ただ混沌, たやすく登りうる, だいぶ違う, とび色, どうあらう, どうしても紀伊, どうなる, どこでも, どこを, どす黒かった, ないと, なおハラハラ, ひっそりと, ひろい空地, ひろくなった, ひろびろと, ほの暗く憤怒, ほぼ十五, まことにひっそりと, ますます暗く, ますます見知らない, ますます静か, まだまだ多く, まだも, まだ洪水, まだ混沌漠々, まだ真暗, まだ穏, まだ荷揚げ, まったく氷, まるで暗やみ, まるで違っ, みな一糸も, みな小石が, みんな他人じゃ, むろん山, もう僕, もう騒い, もとより内外, もの音を, もはや空, やはり同じ, ようやく暗く, わずかに, われ, クロポトキンの, チャンポコそれが, ヒッソリとして, ローマの, 一人でも, 一哩の, 一抱えも, 一方を, 一時に, 一時暗澹たる, 一面に, 七マイルあります, 七十里に, 三十年の, 三十隻の, 上部において, 不善の, 不思議な, 中等以下の, 主人の, 乾した鰻, 二丈に, 二三丈も, 二人三人ずつ, 二十五ヤードを, 二尺位身長は, 五六尺高, 亭々たる, 人ッ気の, 人垣で, 人波だ, 今総て凍て附い, 他人ばかり, 仲, 何か, 何だか荒涼, 何もかもはつきり, 何時でも, 余りにも, 侮りがたき, 先輩が, 全くの, 全く静か, 全部まっ, 内城と, 再び賑やか, 勿論の, 十七里十町余反別としては, 十五日を, 十重二十重であろう, 半ば凍りつめた, 半ば農家の, 却つて寂然と, 厚い壁, 厚い装甲, 厳重な, 厳重に, 只一色, 商隊の, 喬木と, 四町四方石垣の, 土人の, 土壁で, 垣根で, 塀の, 墓石ばかりという, 墜落者を, 壊え, 大兄の, 大洋が, 大谷石で, 天国にも, 奇麗に, 如何にも平和, 小庭, 山で, 山でした, 山ばかり, 岩畳みであった, 岬の, 帝に, 平原に, 平穏で, 幾つかの, 幾反かの, 広い余地, 広漠たる, 庭園である, 当地第, 彼に対して, 忽ちコレラ, 恐らく半, 息を, 恰も動物園, 恰も塀, 戦争の, 戦場の, 拡がった, 明るくなる, 明るく楽しかった, 明治以来の, 明治十六七年の, 時に寂寞, 暗いながらも, 暗い蔭, 暗かった, 暮れか, 書き散らしの, 書物で, 曼珠沙華の, 朝から, 杉の, 杉中は, 松林だ, 松林や, 桃の, 桑畑美しい, 桜堤と, 棍棒で, 棒杭を, 森と, 森閑と, 森閑として, 樹立, 欄干の, 歌の, 武臣の, 武装した, 毎年遠賀川の, 毛端立っ, 氷の, 決してそうばかり, 油さしや, 海あたりに, 海老蔵の, 深いこと, 濡椽に, 瀑水の, 無風で, 焦げて, 焼け野原であり, 煤を, 照明不足だった, 犢の, 猫の, 甚だ朦朧, 田畑で, 田畠で, 男の, 画図と, 畑一頃の, 癩ばかり, 白帽白服の, 百メートルも, 皆ことごとく, 皆牧場と, 目にて, 目を, 目抜きの, 相も, 真つ, 真ツ赤中, 真暗で, 真暗な, 眼を, 破れた板, 確かな, 私にとって, 秋にな, 空地町の, 空席に, 突然暗く, 竹藪に, 笑い話で, 筵である, 精神的に, 約八里, 約翰, 紅葉流しの, 繁った深林, 肩摩轂撃の, 膿の, 自分にとって, 至る所静寂, 船を, 花やかな, 苔と, 英蘭土, 茅の, 草原である, 荒れ果てて, 荒削りの, 荒涼として, 薄や, 薪が, 蟻の, 血だらけな, 見えなくなって, 見渡すかぎり, 誰も, 踊り連の, 身うごき, 遂にどうなる, 違う, 遽然賑かに, 鉄汁を, 鉄色に, 鉛の, 閑静な, 闇にな, 陰気な, 陽気で, 隣村の, 雪が, 雲煙を以て, 霧が, 静かな, 静かに, 静まって, 静まつ, 駕籠が, 騒々しかった, 騒ぎその, 驚嘆の, 高くて, 高さ一メートル, 高さ二間, 鰯が, 黄色い旗, 黒い女, 黒い漆, 黒闇, 鼾や

▼ 周囲~ (252, 3.6%)

6 急に 3 周囲だけに, 暗くなる, 真暗な 2 それを, 世間が, 彼を, 悉く回転, 暗くな, 静かに

1 [225件] あまりに相違, あまり綺麗, あれ程, いかにも華やか, いくら賑やか, いそがしくて, いやに, うごいて, うす暗く見える, うるさいよう, うるさくない, うるさくなった, おのずから学校, お賑, お高, かういふ風, からりと, がらんと, きちんと片づかない, きわめて複雑, くさいと, この新しい, これらの, こんな風, さうでない場合, ざわめき出したよう, ざわめき出しても, しづかで, しぶきで, じつにおもしろい, すこぶる整然, すっかり明るく, すっかり焼け, すべて明るく, すべて見物の, そうさせた, そうぞうしい為, そうぞうしくって, そうだ, その女, それに, それは, それほどにも, ただならぬよう, だんだん薄暗く, つくつて, つねに賑やか, とやかく云いだし, どの方角, どんなに悪かろ, のんきすぎ明る, ぱっと明るく, ひかえて, ひつそりした, ひつそりと, ひどく緊張, ほの, ぼうッと, ぽッ, まあそれ, まぼしく, みな海です, みんななまけ, もうそれ, ゆるして, ようやく暗く, わずかに, わるいん, スッかり腐っ, ズキズキ疼く, ボンヤリと, ポツ, ムズ痒い, 一尺も, 一斉に, 一時に, 一町四方全く, 三丈も, 久しぶりに, 五七人の, 人だかり押す, 何となく何時, 何等かの, 余りせまかっ, 余りに穢れ, 余り単純, 余り峻酷, 余り拓け, 余り露わ, 作った雰囲気, 偽で, 全部何も, 八丁ある, 八十里ばかり, 六七町も, 冷い, 冷やかに, 判つて来た, 十二三尺くらい, 原野ばかり, 吾人に, 周囲だ, 周囲だったら, 周囲です, 喧まし, 四千万メートルある, 団栗の, 大抵信者, 大抵恋, 天恵で, 太いところ, 女の, 妙に, 安達ヶ原で, 宏壮な, 寂しくなります, 寄つてくる, 小汚いので, 少しざわつい, 尽く氷河, 山にな, 工部局巡捕, 己を, 幸福でなく, 幾日も, 幾里も, 広いから, 広い明き地, 広く破れ, 庭で, 廻るの, 強国に, 彼にと, 怖いよう, 悉く水浸し, 悪いといふ, 悪いの, 承知しません, 掘り下げられて, 擦れて, 整理され, 日本でない, 旧江戸, 明るくなっ, 明るくなる, 暗い中, 暗くなっ, 暗黒に, 最善の, 朱い, 極めて閑寂, 次第にうす明く, 次第に闇, 歩けないという, 死を, 気に入った, 池らしくなっ, 海の, 海軍の, 消え失せたよう, 淋しいので, 激しく顫, 無学文盲揃いであった, 煩い, 煩いから, 狭くて, 狭く全容, 狭すぎ, 生じるの, 畑ばかり, 白々しくなっ, 白いの, 白つ, 白紙に, 百二十六呎樹齢は, 皆未, 直で, 相当な, 相当広い, 知らず識ら, 穏か, 穏かなので, 穢なけれ, 競馬場であった, 総てから, 脹れぼったくて, 自分と, 自分に, 自分を, 自然に, 花盛りの, 莫迦に, 萎縮した, 薄緑色, 薄黒い, 見える, 見ようと, 見遁, 触れ合つて, 警戒され, 貧しい裏町, 賑かに, 農民や, 都会であり, 鉛の, 開けて, 闃寂として, 闇く, 陥ち窪みその, 陽気に, 随分遠く, 青黒う変っ, 静かである, 音響を, 風に, 騒々しいところ, 騒々しくなった, 騒がしい, 騒がしくなった, 騒然と, 驚倒した, 高い石壁, 高くなっ, 鳴り出したの, 黙つて

▼ 周囲から~ (168, 2.4%)

2 一時に, 冷たい敵意, 口々に, 消えて, 裏切られて

1 [158件] いろ, いろいろの, いろいろ言われる, うかがわれて, うとんぜられる存在, きた, こづき回されさえ, さえぎって, ささえて, さっと散っ, せられること, それが, それを, つかみか, では, とやかく自分, ながめながら, ねんごろ, ひしひしと, まとめあわせて, まるで離れた, やみ雲に, やんやと, ようやく圧迫, 与えられる尊敬, 与えられる幸福以上, 世の中が, 人が, 何の, 余儀なくせられた, 作られた人工, 円陣に, 冷い, 出る落ちついた気安い, 切り離されたもの, 切り離されたよう, 刺戟せず, 去って, 参木は, 受けた批評, 受ける待遇, 受ける誤解, 受取るよりも, 口ぐちに, 召使を, 可なり, 品行方正な, 喜悦の, 喰み出した, 嗚咽の, 囃される辛, 固執を以て, 圧迫され, 圧迫される, 声が, 外へ, 多くの, 多大の, 天成の, 奪はれ, 奪われて, 女への, 子等の, 孤立させ, 孤立させる, 守ること, 尊敬され, 岩壁から, 市中の, 引奪る, 強く認められる, 強られる, 待遇され, 思わせられて, 思われるの, 急に, 急激な, 憎悪の, 手を, 支えて, 攻め立てて, 日夜あたえられる, 昏く, 暗く鼠色, 暫らく物珍しい, 書き出して, 杉林の, 気味の, 永久に, 求められて, 注ぎこまれおそわったとおり, 洩れた, 消えうせて, 消えた, 消え去ったから, 消え失せて, 消滅し, 煽られると, 熱が, 物色する, 甘やかされわがまま, 生じて, 白い尖, 目立つよう, 眺めて, 睨めつけられて, 確め得た, 神経質な, 空気が, 立ち上って, 立去った, 絞り狭めて, 絶対に, 締められて, 羅馬数字を, 群れて, 羨やまれた, 聞いて, 聞こえて, 自分を, 自然に, 自身に, 蒸れ立つ生臭い, 虫が, 見つけ出して, 見まもられて, 見られて, 覗かれて, 観察すべきである, 認められず迫害, 誘われて, 諦めさせられたよう, 責められ通し, 身を, 迫害され, 逃が, 逃げたり, 逃れること, 遊離し, 過重な, 道徳的破産を, 道筋の, 遠くの, 遠ざかった蘆洲, 遠巻きし, 長崎ノ, 閉じ込めて, 閑居とか, 降るよう, 陽に, 際立たせて, 際立って, 集る羨望嫉視, 離れて, 飛退いた, 騒ぎ立った, 黄色い光り, 黒石の

▼ 周囲~ (88, 1.3%)

2 あつた, 猿を, 美しい日本語

1 [82件] あちらにも, あぶく立つ石鹸, ことに激烈, この草, こんなこと, さへ, さまざまな, その不安, ぴかぴか光っ, ほんとうに, また暢気そう, また親戚たち, ゆっくり単調, ウロウロする, エジプトは, 人々が, 今は, 会った女, 八匹の, 別な, 利用し, 動き始めた後, 哀れな, 啼いた, 喚声を, 声張上て, 女同士の, 始まった, 宮の, 展開され, 廻しはじめまた, 彼の, 忙しげ, 感じられること, 戦友らが, 手足の, 揺れうごく, 東京に, 死んで, 泡を, 渦巻きを, 炬燵話という, 煩わしいこと, 父が, 物質の, 犇めいて, 真直に, 眠って, 空虚に, 競い立ちついに, 笑いごえ, 笑い声が, 笑って, 綱打ち, 美禰子に, 考へるほどの, 膃肭獣を, 自分では, 自分と, 血が, 行はれ, 行われて, 見た各種, 見て, 見物し, 討ちつ討たれつ斬りつ組みつ殺しつ殺されつして, 話される外国語, 話して, 起った, 起ったこと, 起ったので, 起って, 近代の, 迷惑だ, 遣て, 錯綜する, 閃いた, 隅から, 離れて, 頼み少なく思っ, 騒いで, 騒がれては

▼ 周囲~ (76, 1.1%)

9 集まって 3 向って, 集って 2 一時に, 流れて, 置いて, 集った, 集つた, 集まった

1 [49件] お集め, かたまって, それが, にじみ込むの, むらがって, ムビウムを, レモンを, 一人立ち, 七八人人立ちの, 二つの, 二まわり半ほど, 人参や, 余したまま, 入れたの, 向けた, 囁かれた将軍, 四百本の, 塊って, 子供たちが, 寄って, 寄つて来た, 尽く集っ, 山の, 懶ぐさい目, 押し寄せた, 押し寄せて, 指で, 振り蒔い, 水を, 氷の, 波打ち寄せた, 流れ出る塩水, 添えて, 煙草の, 眼を, 細かく刻んだ, 綺麗に, 置きますが, 群立っ, 虹の, 襲って, 見張りに, 近づいて, 郭を, 集まったこの, 集まったり, 集まつて, 顕われ, 飛ばせ謡曲

▼ 周囲~ (60, 0.9%)

2 もさほど, 反映し, 彼の, 比較し

1 [52件] いえば, かけはなれた動物区, かけ離れた物, それから, どんな間隔, なじむよう, なる, ぶつかって, まったく交渉, 一致し, 中央を, 全くかけ離れた, 全く別, 全く遮断, 切りは, 同じであらう, 同じ程, 同じ距離, 同化しない, 土地とは, 均衡の, 天井とに, 好く調和, 如何にも不調和, 将来を, 幌の, 戦いつつ, 戦って, 戦わなかったもの, 抵抗し, 摩擦し, 新鮮な, 比較すれ, 混融し, 現在とは, 社会条件は, 絶縁する, 能く, 自分との, 自然に, 自身との, 見当が, 言っても, 調和した, 調和を, 調子外れに, 身内とに, 都合三重に, 針の, 釣り合は, 釣り合わない, 闘争し

▼ 周囲にも~ (56, 0.8%)

1 [56件] あった, あまりに多数, あまり変兆, かえりみて, この比丘尼, すぐれた人々, そのよう, その名称, それと, それを, ほかの, まるでレビュー, やはりいじめっ子, わけても家族ら, トウガラシドリの, 一般の, 事変当初から, 内部にも, 出没去来し, 多かった, 大きな石, 大勢ゐ, 夫, 完全に, 客テーブルが, 小野は, 年々二階家が, 往って, 心が, 感じて, 憚られた, 新しい芝居, 日本全国の, 昔の, 書物と, 松栗檜それから, 気を, 求めるところ, 浅からぬ, 深い, 現われて, 目立つの, 眺められた, 秋の, 空地が, 絶えず監視, 自分の, 自分自身にも, 菊池半, 薄白い, 蜜蜂が, 諌静の, 身辺にも, 迷惑を, 飢えた小売り商人, 髪を

▼ 周囲~ (43, 0.6%)

2 またそれ, また彼

1 [39件] うしろだ, お雪, じっと動かない, すこし愛想, だいたいそうだ, だいぶん回っ, ちがう, つねに敵地, ひっそりと, まことに駄々, また男女, みなそう, ゴタゴタし, 一向気, 一里あまり也, 世間一般も, 其時に, 分って, 変わったなあ, 少し手荒く, 庶民も, 彼へ, 彼等を, 心の, 急速度, 恋しかった, 掃き浄め, 森林で, 気が, 気分も, 燃えて, 眼を, 終日終夜机に, 自分も, 自己も, 赤い毛氈, 闇黒だった, 静かで, 騒がしかった

▼ 周囲との~ (35, 0.5%)

7 関係を 2 調和を

1 [26件] いきさつを, うまく行かない, ことを, 不調和を, 不調和内から, 人間生活を, 円滑な, 因縁を, 境界面が, 実生活に, 対比や, 摩擦の, 昵懇な, 比を, 比例が, 消息の, 生活や, 見くらべが, 触れ合いで, 調和といふ, 関係, 関係が, 関係で, 関係に, 関係において, 闘争と

▼ 周囲では~ (30, 0.4%)

1 [30件] いわない言葉, いわゆる異国情調, こうした会話, すべてが, すべての, そう云った, それほど珍, それを, どしどしこと, なくかえって, まだすべて, まだ囁い, もう誰, クリストフを, フロレンスの, 一番長命な, 人々が, 人生が, 何か, 先輩の, 六つも, 城方の, 塩野と, 外人たちが, 奈良の, 昨今批評に, 海が, 群衆は, 虫の, 輝いた顔

▼ 周囲~ (16, 0.2%)

2 文法を

1 [14件] 一般が, 一般社会への, 世上の, 出入りの, 口の, 天体の, 庭に, 我身の上に, 木立の, 生活を, 目のあたりに, 空の, 近国でも, 違い棚の

▼ 周囲に対して~ (14, 0.2%)

2 無意味

1 [12件] いいこと, そう自由, ちゃんと定まった, つねに怒, もって, 何か, 多少不調和, 平和を, 所詮は, 激しく挑ん, 特異な, 驚くべき好奇心

▼ 周囲とを~ (12, 0.2%)

1 [12件] しあわせに, じっと正視, とりわけ明るく, 一番幸福に, 出来る丈こ, 向上せしめる, 心の, 忘却する, 眼界に, 禍する, 私に, 考えるとき

▼ 周囲への~ (11, 0.2%)

2 無関心さ 1 およぼし方, 悪罵に, 憎悪と, 理解の, 生活的関心が, 結果も, 装飾として, 躊躇らいが, 阿諛

▼ 周囲からは~ (10, 0.1%)

1 おいおい浅く, それを, また諸, 人権問題と, 加害者の, 無意味なひやかし, 生れず何, 眉を, 考えられて, 鼓膜でも

▼ 周囲に対する~ (10, 0.1%)

1 そういう配慮, ときは, テレ隠しや, 思いつきを, 気持は, 猜疑心に, 目と, 関心と, 電位が, 顧慮を

▼ 周囲~ (9, 0.1%)

1 というの, というやつ, との併発症, と肝臓ジストマ, なる尊敬, の方, もともになるべく, を手術, ノ手術

▼ 周囲からの~ (8, 0.1%)

1 世俗的で, 刺戟によって, 圧迫が, 攻撃は, 旧いもの, 誤解と, 軽蔑を, 迫害でした

▼ 周囲でも~ (8, 0.1%)

1 いったい何人, すべてが, なかった, もうダメ, 七夕の, 多くの, 見て, 頭を

▼ 周囲だけに~ (7, 0.1%)

1 しようと, ちよびちよびと毛が, モダンな, 二人が, 縮まって, 陰気である, 際だって

▼ 周囲をめぐって~ (7, 0.1%)

1 いた, いて, いるの, いる分水嶺, いる水音, 歩き初めた, 見ると

▼ 周囲三里~ (7, 0.1%)

1 あるという, ときく, と称, に余る, の城壁, の細長い, はあるであろう

▼ 周囲とに~ (6, 0.1%)

1 そのなごり, 一種の, 無限の, 発生した, 純情だに, 膿み爛れた腫物

▼ 周囲をも~ (6, 0.1%)

2 変えた 1 伸して, 奇麗に, 見て, 進めて

▼ 周囲一帯~ (6, 0.1%)

2 の地面 1 に楕円形, の地域, はアメリカ式, を貰う

▼ 周囲一里~ (6, 0.1%)

1 にも余る, の池, はあろう, ほどの深く, ほどの湖, もある

▼ 周囲からも~ (5, 0.1%)

1 あまり悪い, そのよう, 多少は, 奨励される, 期待され

▼ 周囲ばかりを~ (5, 0.1%)

1 ここ二年ぼくは, 底に, 書いて, 見つめて, 見廻して

▼ 周囲一面~ (5, 0.1%)

1 から出る, にたちこめた, にはまだ, に葡萄, を真赤

▼ 周囲五里~ (5, 0.1%)

1 というん, の森, ばかりで, ばかりのごく, までは無

▼ 周囲~ (5, 0.1%)

1 里と, 里の, 里は, 里も, 里以上も

▼ 周囲~ (5, 0.1%)

1 一マイル延長三十八マイルの, 一丈の, 二里の, 六十間へ, 四分の一マイルくらいの

▼ 周囲~ (4, 0.1%)

1 から一生懸命, とか襟頸, と思う, のに窓

▼ 周囲とが~ (4, 0.1%)

1 あり佳良, うまく調子, もたらす生命, 文化が

▼ 周囲なども~ (4, 0.1%)

1 恐らくはまた, 眼に, 綺麗で, 見届けた上

▼ 周囲一尺~ (4, 0.1%)

1 くらいにのび, すぽ, ほどの土, もあろう

▼ 周囲だけ~ (3, 0.0%)

1 では, もうすっかり薄暗く, 変に

▼ 周囲だけが~ (3, 0.0%)

2 妙に 1 疣状に

▼ 周囲だけは~ (3, 0.0%)

1 いつでも, 大変騒々しい, 赤い天地

▼ 周囲です~ (3, 0.0%)

1 からそれ, ね, よ

▼ 周囲とは~ (3, 0.0%)

1 全く違った, 恰で, 結婚が

▼ 周囲において~ (3, 0.0%)

1 いかに人, 最も必要, 限りなき

▼ 周囲における~ (3, 0.0%)

1 アメリカの, シナの, 二層の

▼ 周囲について~ (3, 0.0%)

1 ゐますから, 煽てたり, 離れないの

▼ 周囲へは~ (3, 0.0%)

1 すでに幾度, 一瞥も, 山本家の

▼ 周囲まで~ (3, 0.0%)

1 まくれて, 洗い浄め, 竹箆で

▼ 周囲一丈~ (3, 0.0%)

1 ばかりの樫, ばかりもある, もありましょう

▼ 周囲十町~ (3, 0.0%)

1 はたっぷり, は充分, ばかりある

▼ 周囲四里~ (3, 0.0%)

1 とは現代, の小, はあり

▼ 周囲いたる~ (2, 0.0%)

1 ところに, 所に

▼ 周囲いっぱい~ (2, 0.0%)

1 すでに発足準備, に森々

▼ 周囲およそ~ (2, 0.0%)

1 二尺は, 五百間も

▼ 周囲こと~ (2, 0.0%)

1 に土佐, に武蔵

▼ 周囲その他~ (2, 0.0%)

1 のある, の山村

▼ 周囲だけを~ (2, 0.0%)

1 いくらか明るく, 残して

▼ 周囲とも~ (2, 0.0%)

1 相談し, 自然に

▼ 周囲などには~ (2, 0.0%)

1 海岸に, 驚きませんが

▼ 周囲においても~ (2, 0.0%)

1 この山, 思想の

▼ 周囲にだけ~ (2, 0.0%)

1 出没する, 転が

▼ 周囲にのみ~ (2, 0.0%)

1 あるの, 己れ

▼ 周囲にばかり~ (2, 0.0%)

1 いて, うろついて

▼ 周囲に対し~ (2, 0.0%)

1 初めた, 恒に

▼ 周囲~ (2, 0.0%)

1 注意シテ見, 淡イブルーデ影ノヨウニ

▼ 周囲七十余里~ (2, 0.0%)

1 といわれ, の湖水

▼ 周囲三四マイル~ (2, 0.0%)

1 に過ぎざる, 極めて広闊

▼ 周囲三尺~ (2, 0.0%)

1 くらいの焚火, ほどの層

▼ 周囲二里~ (2, 0.0%)

1 から四里位, の絶望

▼ 周囲五町~ (2, 0.0%)

1 ばかりの大池, もある

▼ 周囲全体~ (2, 0.0%)

1 でこれ, はホワイト

▼ 周囲六里~ (2, 0.0%)

1 のこの, の摩耶島

▼ 周囲到る~ (2, 0.0%)

2 ところに

▼ 周囲十五里~ (2, 0.0%)

1 のあいだ, の湖

▼ 周囲十里~ (2, 0.0%)

1 の大, の湖水

▼ 周囲十間~ (2, 0.0%)

1 ぐらいの大岩, の道了塚

▼ 周囲~ (2, 0.0%)

2 とも思われる

▼1* [202件]

周囲ある古老杉三本あり, 周囲そうでなけれ, 周囲かまわず男泣きに, 周囲さえ決して頼もしい, 周囲さだめしたいへんだろう, 周囲さまざまの所, 周囲さんさんたる陽ざし, 周囲ざっと六七町も, 周囲すべての面, 周囲すべて湖なので, 周囲すら浮き足たっ, 周囲せいぜい二三里の, 周囲それはなんとなく, 周囲たとえば方六尺の, 周囲だけで舌の, 周囲だけでも眼に, 周囲だけにしか過ぎない, 周囲だったら彼は, 周囲って癌ばかりじゃ, 周囲であることを, 周囲でなくては一人, 周囲でももすこしやすい, 周囲というものの, 周囲といふ私に, 周囲としてほとんど堪えられぬ, 周囲としては略想像する, 周囲とだけはかぎるまい, 周囲とに対していつの間にか新しい, 周囲とのみうまく調子, 周囲とへ当時の, 周囲なぞは楽しくした, 周囲など明るく立派, 周囲などではこの日, 周囲などに光石君の, 周囲などを不幸な, 周囲なりを指示する, 周囲なる杉の, 周囲にさえやや似た, 周囲にさえも自然は, 周囲にしか流れて, 周囲にだけはまだ戦争気分, 周囲についての不平も, 周囲についてのみあまりにこだわり過ぎ, 周囲については正確に, 周囲についてもい, 周囲にて手を, 周囲にでも落ちて, 周囲にとってのごとく尊敬, 周囲にとってはいよいよ滑稽, 周囲によつて生き, 周囲によって皆の, 周囲にわたっての土台が, 周囲に対してしか君臨する, 周囲に対しての本当に親切, 周囲のさびしさつたらありませんのよ不精でちつ, 周囲のぶきみな情勢, 周囲ばかりにゃいない, 周囲へも来た, 周囲まさに九寸を, 周囲までも不愉快に, 周囲みな海にし, 周囲むずかしい御多端, 周囲汝等は, 周囲より遠けられ, 周囲よりもきわ立って, 周囲はすっかり, 周囲わずかに三〇キロメートル, 周囲をからまわりし, 周囲をのみ眺めて, 周囲をははかるよう, 周囲をばぐるりぐるりぐるりと, 周囲を通して背後の, 周囲一マイル四分の三の澄んだ, 周囲一丈三尺以上のもの八本, 周囲一切のもの, 周囲一同の代弁, 周囲一定の距離, 周囲一尺余の朱泥まがい, 周囲一尺四方ぐらいの大き, 周囲一時に干潟, 周囲一杯に書かれた, 周囲一町もな, 周囲一里位の池, 周囲一里半小沼は僅, 周囲一里半山の影, 周囲七八間の限界, 周囲七十五里と言っ, 周囲七町に余る, 周囲丈ほか見えない灯, 周囲三万里巨蛇これを繞, 周囲三十キロの円周海上, 周囲三十八尺六寸根もとの周囲六十四尺, 周囲三十支那里磚瓦をもっ, 周囲三十里余の島, 周囲三哩以内の地, 周囲三寸掌に載る, 周囲三町ぐらいの池, 周囲三町四面の石塀, 周囲三百メートル余りの雑木山, 周囲三百米から喫茶店, 周囲三間そんなにも, 周囲並日本のため, 周囲九万里にし, 周囲九十六町不規則な長方形, 周囲九十尺水上の高, 周囲九寸根元から一尺五寸許, 周囲二〇〇〇キロメートルであった, 周囲二キロ高さ四〇五メートル, 周囲二メートル平方の広, 周囲二丈の大杉, 周囲二丈二三尺に達するあり, 周囲二丈五尺の杉, 周囲二三尺ほどの所, 周囲二十八尺ばかり形, 周囲二十四町高さ二丈, 周囲二尺ほどな, 周囲二町もあろう, 周囲二百八程縦横三万余里鶏鳴狗吠白日も聞え, 周囲二邦里弱伊通河の左岸, 周囲五キロに満たぬ, 周囲五六十里もある, 周囲五十里におよん, 周囲五千米突壁上の広, 周囲五寸六分のもの, 周囲五抱えもある, 周囲五里余の山腹, 周囲の行きき, 周囲以外に眼, 周囲の池, 周囲何ロッドにわたって鳴り, 周囲何十町もある, 周囲の一家, 周囲全部に渉, 周囲全面にわたって前, 周囲八マイルもあるだろう, 周囲八丁というの, 周囲八百余里芦荻にかくれ, 周囲八里小沼を合せ, 周囲六インチに達し, 周囲六七マイル程度のこの, 周囲六丈四尺根廻りは二丈八尺, 周囲六十四尺にあまる, 周囲六尺ばかりは大いに, 周囲凡て石造で暗黒, 周囲前後にまだ, 周囲前後左右から出る, 周囲十センチメートルは危険区域, 周囲十丁くらいの小さい, 周囲十二乃至十四里, 周囲十露里ほどの小さな, 周囲千余里海内小山あり毎, 周囲半マイルの塚, 周囲半町もあるだろう, 周囲即ち自然にも, 周囲及び社会を, 周囲味方の諸, 周囲四〇リイグもない, 周囲四ヶ所に光体, 周囲四丈三尺すなわち直径一丈三尺余, 周囲四丈八尺ある門前, 周囲四十里にわたって, 周囲四十里お山どめ, 周囲四半里ばかりの間, 周囲四方へ飛ばす, 周囲四里半の氷上, 周囲城壁のよう, 周囲であって, 周囲外方に一つ, 周囲大切な子供, 周囲大地の上, 周囲大森玉川赤羽市川などには女郎蜘蛛, 周囲嫌疑者である紳士, 周囲小清潔として左, 周囲就中雇人そしてそれ以上, 周囲の斜面, 周囲幾何の距離, 周囲幾百尺かの間, 周囲は川, 周囲の帷幕, 周囲憚らずに, 周囲手拭にて動, 周囲数十哩に達する, 周囲方二尺ぐらいの所, 周囲旅装した中年, 周囲暗黒なるが, 周囲殊に向って, 周囲民族とのつながり, 周囲水バショウの白花, 周囲燈火の少い, 周囲百四十四キロほどの湖, 周囲に移る, 周囲社会との関係, 周囲に何, 周囲至るところに, 周囲舷側全体に亘っ, 周囲船頭の棹, 周囲街道なりに楕円形, 周囲西北三里以内にかかる, 周囲身近かな現象, 周囲近郊の人々, 周囲附近には弥次馬兼援兵, 周囲電磁場のエネルギー