青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「右側~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~可能 可能~ ~可能性 ~台 台~ ~台所 台所~ 史~ ~右 右~
右側~
~右手 右手~ 号~ 司令~ ~吃驚 吃驚~ 各々~ 各地~ 各種~ 各自~

「右側~」 1005, 9ppm, 11346位

▼ 右側~ (396, 39.4%)

6 壁に 4 家の, 方に, 男は 3 壁には, 室の, 山の, 席に, 方へ, 男が

2 [30件] トある, 上り端に, 下には, 会長さんが, 四本の, 坦々たる, 壁の, 壁を, 大磐石, 尾根を, 屑屋の, 山が, 岩壁へ, 崖壁の, 急斜, 或室, 方の, 板, 林の, 歩道を, 渓から, 潜り戸を, 窓の, 窓硝子の, 藪を, 谷の, 部屋から, 部屋に, 障子を, 龕の

1 [300件] あの高い, おなかの, かどにある, がここ, がらんとして, ここに, これを, すこしく隔たりたる, そろばん屋, ちょっと離れた, ちよつと, つっかけ, ですか, とある冠木門, とっつきの, は, はずれから, は処女受胎, は大勢, は武裝, ひろい段々, ほうの, ほうへ, まばらな, まんなか所の, もう一つ, を上っ, を吹きおろす, を最後, クリークに, グラスを, グループから, グループと, シャンゼリゼの, テーブルに, テーブルへ, デスクの, ビルディングの, ビルデイングの, 一人, 一人には, 一区切りを, 一室に, 三人じゃ, 三番土蔵の, 三番目, 三軒目だ, 三軒目で, 上端に, 上部より, 丘陵に, 両国広小路, 中ごろの, 中に, 中ほどに, 中敷に, 中頃に, 事務室で, 二つ目の, 二三軒目の, 二人は, 二人も, 二軒は, 二軒目で, 二階建が, 五軒長屋の, 人たちと, 人の, 人へ, 人家は, 人物は, 人道を, 仏前に, 住宅の, 体が, 何でございます, 停留場には, 傍馬を, 兵士へと, 出口が, 切立った岩, 列の, 列を, 列順には, 別室へ, 前から, 半分から, 半分で, 危峰を, 合計との, 合計は, 噴流器から, 四軒目で, 回廊の, 土蔵の, 地点である, 坂道を, 坊主畳の, 垣の, 塀の, 壁だけには, 壁板に, 外陣の, 多分観世音菩薩の, 大きなドア, 大きな木, 大半砕い, 大襖, 天水桶の, 奇峰を, 奥の, 女が, 女と, 女の, 女の子の, 女も, 妓の, 妖僧の, 客僧の, 室から, 室に, 室へ, 家々の, 家で, 家です, 家を, 家並に, 寺である, 小みち, 小料理屋に, 小谷を, 小門が, 小高い場所, 小高い所, 尾根が, 尾根に, 居酒屋の, 山には, 山を, 峰から, 島影初めて, 崖が, 巨巖屏風を, 帳場は, 帷幕の, 幕を, 平門, 店屋の, 店舗から, 座席に, 庭を, 廂が, 建物へ, 廻廊について, 御門に, 急斜面を, 戸が, 扉, 扉には, 扶桑教祈祷所と, 押入の, 敷石の, 斜面で, 斜面に, 新しい墓, 方から, 方は, 方を, 明るい窓, 書斎へと, 書棚の, 有名な, 机に, 机の, 東京著名講談師たちに, 松の, 板じきの, 板壁に, 枯草が, 柱に, 柱の, 柳生家の, 桔梗色した, 桜の, 棚には, 森の, 椅子を, 横町から, 樹立の, 欄干際に, 欅の, 歩道に, 段に, 段を, 民家の, 沼地の, 流れに, 海上に, 湯川へ, 湾の, 漁師の, 無双窓の, 焼け残った標札屋, 焼け残った路, 特等席十三号へと, 狭い小路, 狹い, 生垣の, 生徒に, 生徒の, 田は, 田を, 田圃が, 男から, 男に, 畑の, 畑へ, 畑地の, 眺望である, 眼を, 石勝と, 石台の, 石垣の, 礁に, 礁の, 社務所の, 社家の, 秀ちゃんの, 積石の, 空地に, 空席に, 突当の, 窓から, 窓には, 窓は, 窓下の, 窓際の, 立木の, 竜騎兵の, 竹藪の, 第二何とか館, 箱から, 箱根細工を, 簷の, 粉奈屋という, 紙屑籠の, 縁よりは, 縁を, 羽目に, 背部の, 脳の, 腎臓部を, 舗道, 花壇に, 花屋は, 茶店の, 荒神十左の, 蒲団に, 薄暗い室, 角が, 角で, 角に, 谷底には, 足を, 路に, 路ぶち, 路傍に, 路地の, 路次へ, 軒下づたいに本郷の, 轟玄八とっさに, 遠い麓, 遠くに, 部屋には, 銭湯である, 鎧扉から, 長尾遠江守は, 長屋の, 門燈に, 間に, 陣幕の, 陸地が, 隅田川に, 階段に, 階段を, 階段状の, 障子の, 隣りだった, 隣室からは, 隣室では, 雑木の, 雑木林の, 雑貨を, 露路の, 頁いっぱいに, 頌歌席に, 高架線路の, 黒い幕, 黒板塀は, 鼻柱を

▼ 右側~ (318, 31.6%)

6 並んで, 立って 5 坐って 4 あった 3 石の

2 [25件] あって, あつた, あり, ある, あるの, ある室, ある小料理屋, いた男, いるの, いる小柄, なつた, 二階の, 二階建の, 交番が, 十本左側にも, 坐つて, 席を, 帳場が, 急造の, 沿うて, 衝突する, 見えた, 見える昨夜, 逸れ時として, 黒子の

1 [244件] あったの, あった高野, あり同じ, あるか, あるミルク屋, ある二十七号室, ある今, ある大きい, ある家, ある小さい, ある小さな, ある戸, ある戸棚, ある案内所, ある檜, ある煉瓦, ある田川, ある秋山宇一, ある自分, ある邑, いたので, いた一人, いた三十, いた六十がらみ, いた刑事, いて, いる吉田, いる顋髯, おって, おのずと深く, お神楽殿, かかって, かくしメス, かけた人, かなり高く, かぶり信州方面, くると, こぢんまりした, すすまれた, すわって, その粘土作り, たはらや, ついて, つづくトゥルークベルク, つらつらと, どっしりした, なったテーブル, なった馬喰町三丁目, なって, ならんで, なり北, のびた方, ひかえて, ぼんやりと, やせこけた色, やらせて, よこぎって, わざわざ, カアテンが, スイッチの, ノルサン, ハシウト左側に, ビール会社の, ピアノが, フヂカヅラ左側に, 一つと, 一人の, 一個所あっ, 一升壜を, 一室ある, 一度そっと置い, 一番の, 一羽の, 一軒だけ, 一軒の, 一軒洗湯が, 一軒門構えの, 一軒魚屋の, 一面に, 三処ばかり, 三軒ばかり, 上から, 下駄屋が, 並べた水菓子, 並んだ, 並んだよう, 並んだ小さな, 並んだ榎, 乗せるとか, 乗ると, 二つ戸が, 二階に, 二階建ての, 二顆都合七顆が, 人が, 佃の, 位するもの, 何かを, 共同の, 内地では, 冥王星も, 出て, 前場の, 千代松の, 千住の, 古い寺, 古びたる小さ, 古本屋の, 古風な, 名代の, 和智君が, 四方硝子の, 四畳半位の, 坐ります, 塀, 墓地を, 夜叉神堂が, 大きいキャフェ・ラ・ロトンド, 大きな戸, 大きな泥, 大きな西洋館, 大きな部屋, 天平の, 太郎と, 奥の, 嫩葉を, 小さいカフェ, 小さい一棟, 小さい二階家, 小さい借, 小高くまるい塚, 居るの, 居るもの, 居る何となく, 居酒屋が, 屋台と, 展けて, 山の, 幸田露伴翁の, 広い邸跡, 広く空地, 座って, 御下宿, 心臓を, 応接室が, 恭一左側に, 戸が, 打ち衝, 控えて, 掲げて, 擦りよって, 数十丈も, 斎木住江といふ, 方三尺ばかりの, 於て, 時々白川, 曳かせうしろ, 木立が, 松本順という, 板縁つきの, 栂の, 植ゑて鈴菜と, 楠の, 櫂左に, 止まった時偶然, 氷河の, 油屋旅館という, 洋服の, 洋燈の, 浅い谷, 消えかかった二つ, 火焔を, 灯で, 煉瓦の, 白井差へ, 真赤な, 着席した, 石柱鐵扉の, 石置場が, 社長の, 神社の, 移しただけで, 空色地に, 窓を, 立ったまま, 立つて, 立つ天平, 立つ芭蕉, 絵ハガキや, 絶壁を, 繋がれた連銭葦毛, 置かうと, 置かれました, 置くと, 聳えたつなんとか, 胡坐し, 腰掛けて, 船渠会社の, 茅葺屋根の, 茨の, 茶店風の, 莚を, 蒔絵の, 薬研状の, 袴を, 西洋小間物を, 西願寺の, 見えた汚い, 見えて, 見える人家, 見える近江屋伝兵衛, 見上げるよう, 見事な, 見渡すところ二三千坪, 親鸞が, 記入する, 谷を, 赤いポスト, 趨って, 近くいる, 迫って, 逆か, 通る電車, 道あれ, 部屋が, 金物や, 鉄柵の, 長く壁, 長屋の, 関係し, 隣の, 露国儀仗兵左側に, 露次が, 青いペンキ塗り, 非常に, 飼鳥を, 高い昔風, 高く同じ, 高く石垣, 高さ三丈, 黒, 黒塗りの, 黒大豆を, 龍頭瀑を

▼ 右側には~ (53, 5.3%)

2 やはり高い, 木製の

1 [49件] かぎの, なるべく眼, はてしない, ほとんどすべて, やはりモデル, ラビラントの, 一族の, 一警視の, 三十過ぎた, 例の, 全然ない, 其所の, 動的表現界の, 古い文句, 同じく寝台, 名士が, 壁に, 大きな邸宅跡, 大覚和尚, 天幕を, 家の, 小さなハツカネズミ, 席の, 帳場格子の, 彫金師の, 文化十三年丙子九月六日と, 新らしい, 新光院という, 楽譜が, 油を, 白いアセチリン瓦斯, 白痘痕の, 百日紅の, 真土山の, 祭壇風の, 葛西家の, 藁葺の, 街道と, 身体の, 軒並に, 酒樽桝棚左の, 鐘楼が, 門を, 門弟衆の, 階段扇形に, 雑貨店を, 雪に, 駒ヶ岳の, 黝ずんだ

▼ 右側~ (49, 4.9%)

6 歩いて 5 見ると

1 [38件] えらんだ, からんで, ちらと, のぞくと, 七八軒目ぐらゐを通から, 三艇身ばかりの, 下に, 伝って, 占めて, 小さくなっ, 巻いて, 廻りちょっとした, 廻り次に, 往って, 拾って, 指して, 掠めるごとく過ぎ去ったの, 擦り抜けたが, 支配し, 歩き鬼頭さん, 歩くと, 歩まず左側, 流れて, 滑り出して, 漕いで, 眺めますと, 絡め今度, 自分の, 行けるなり, 見れば, 覘って, 走って, 迂廻し, 通ること, 進む, 進んでる列, 雁行し, 黒っぽい着物

▼ 右側~ (46, 4.6%)

2 崖に

1 [44件] ある邸, かなり広く, そそり立つ急坂, そのまま壁, ひろく刈田, みな仕舞屋ばかり, 一だ, 上れないので, 丘から, 並んだ人家, 乾, 二三軒の, 何處までも, 別荘の, 台所に, 台所にな, 四枚の, 大きい書物机, 大きな陰欝, 大家との, 奴の, 寵臣柳沢美濃守を, 岡つつじの, 掘じくり返し, 普門院常照寺で, 梅林でした, 武家屋敷で, 浜町公園の, 深い深い渓川, 深く掘れた, 湖水である, 火口の, 煙突の, 甘蔗畑が, 疎な, 目の, 秋森家の, 西尾長屋の, 部屋の, 釣竿屋と, 隣りの, 高い木橋, 魚屋に, 黒板塀に

▼ 右側~ (24, 2.4%)

1 [24件] こげて, やけ, 主人の, 久保町で, 二階へ, 女の, 女性の, 岩崎の, 崖で, 左側より, 幸七と, 広場にな, 引かれて, 応接間である, 最も高く, 未亡人の, 東明寺で, 板場左が, 溜池の, 漱石山房であった, 田圃で, 社長室に, 空地に, 草山に

▼ 右側~ (24, 2.4%)

2 廻って, 眼を

1 [20件] かけて, きちんと坐った, まわるが, 傾いたが, 垂れた手, 寄りそっ, 寄り恐らく, 寝て, 少し窪みこん, 座ります, 往った, 往って, 手を, 方向転換し, 書き入れに, 移ったり, 腰を, 落ち左, 薙ぎ捨てて, 転じて

▼ 右側から~ (19, 1.9%)

1 [19件] いきなり一発, それに, はいって, ジメジメした, チョコチョコと, 下段で, 先に, 前へ, 吹いて, 始まって, 始まつて, 廻って, 廻りはじめた, 或は左側, 撃ちひるむところ, 次第に白檜, 聖堂の, 襲ったもの, 迫った間瀬

▼ 右側~ (8, 0.8%)

1 そこに, やったの, 三間ばかりの, 前方から, 御胎内拜觀, 御蔵の, 日が, 畑の

▼ 右側~ (5, 0.5%)

1 左側と, 左側を, 来ては, 衝き当り, 鼻の

▼ 右側にも~ (5, 0.5%)

5 左側にも

▼ 右側~ (3, 0.3%)

1 それは, よしよしわかる, 左側か

▼ 右側では~ (3, 0.3%)

1 父親が, 自分自身カッコウが, 鉄冷鉱泉を

▼ 右側通行~ (3, 0.3%)

1 その厳格, というの, を守

▼ 右側~ (3, 0.3%)

1 には, の崖, を襲わしめた

▼ 右側すなわち~ (2, 0.2%)

1 夫人の, 庭の

▼ 右側ばかり~ (2, 0.2%)

1 で左側, 巻かねば

▼ 右側~ (2, 0.2%)

1 品川の, 左側も

▼ 右側左側~ (2, 0.2%)

2 に佇ん

▼ 右側近く腰~ (2, 0.2%)

2 を降した

▼1* [36件]

右側いつでも夏, 右側だけです, 右側だったかでそういう, 右側つまり私の, 右側であるさうな, 右側ですよ, 右側とか左側に, 右側とが一つに, 右側とに職場を, 右側なる部屋の, 右側になつてゐた, 右側へはすべて白旗を, 右側まで駕を, 右側までがシカゴ左側からは, 右側よりもすぐれて, 右側クリヒは左側, 右側クレムリンの外壁沿い, 右側ニ接シテイタ老夫婦専用, 右側ページには英文テキスト, 右側一列に騎馬隊, 右側三番目の杭, 右側上下肢に軽い, 右側下政友会中島派というあたり, 右側下落合一ノ四三七, 右側二列に並び, 右側二番目白樺の木立ちに囲まれた, 右側半身を淡く, 右側向うの黒住団七, 右側壁手前に入口, 右側大腿の内側, 右側大通りが堺町, 右側山の手に家, 右側から五六十歩, 右側格子戸造の平家, 右側西の方, 右側須雲川の大