青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「含ん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

君子~ ~吟味 吟味~ ~否 否~ ~否定 否定~ ~含まれ 含まれ~ ~含ん
含ん~
~吸 吸~ ~吹い 吹い~ ~吹き 吹き~ ~吹く 吹く~ ~吾 吾~

「含ん~」 1960, 19ppm, 6066位

▼ 含ん~ (1903, 97.1%)

190 いる 100 ゐる 74 いた 59 いるの 42 いるよう 35 ゐるの 25 いると 23 いること, 居る 21 ゐた, ゐると 20 いて 18 いるから 14 いるもの 13 いるので, ゐること 12 いるという 11 いなければ, いるが, ゐるもの 9 ゐるやう, 居るの 8 いない 7 いたの, いないという, いないもの, おります, ゐて, ゐるから, 立って 6 いました, います, いるため, ゐるに, 居りました, 居ること, 来て, 流れて, 言った 5 いそう, いたから, ゐたの, ゐない, 居た, 置いて

4 [12件] いたが, いたこと, いたと, いなかった, いるに, いるん, いる事, いる場合, おいて, おらんと, ゐるので, 私の

3 [23件] いたもの, いても, いないこと, いないよう, いるか, いるらしいの, おりました, おるの, さへ, ゐたが, ゐたこと, ゐます, ゐるが, ゐるとは, 居つた, 居て, 居ります, 居りますので, 居るもの, 来たもの, 言ふ, 針を, 頭を

2 [65件] いたかも, いたため, いたので, いつまでも, いないから, いないだけに, いないの, いなくては, いは, いますから, いるかという, いるかの, いるかも, いるかを, いるだけ, いるであろう, いるとは, いるらしい, いる一種, いる処, いる問題, いる女, いる様, いる者, いる語, うそ寒く行先, おらんの, おるから, こちらの, そう言い, ゐなかつた, ゐなかつた異様, ゐるか, ゐるかも, ゐるし, ゐるだけでも, ゐるといふ, ゐるわけ, ゐる度合, ギラギラ輝く, 下を, 來た, 価を, 居たの, 居ない, 居り, 居ると, 居るので, 居るらしい, 居る事, 居る多く, 来た, 来たの, 来なければ, 来る, 漸く杯, 熟と, 直也の, 私が, 美しい, 見るからに, 誰かに, 顔を, 馳け, 鮮かに

1 [761件 抜粋] あくたいの, あの辺, あるの, あわよくば予, いさ, いたからに, いたかを, いたところ, いたとしても, いたに, いたものの, いたら毎日身体, いたわけ, いた事や, いた亭主ども, いた東洋, いた気泡, いた蕾, いった, いないあの, いないだろうから, いないで, いないと, いないなどという, いない事, いない事柄, いない部分, いなかっただから, いなかった時, いましたが, いませんでした, いようなんて, いるかなどという, いるかは, いるからに, いるこの, いるさまざま, いるし, いるその, いるだけの, いるであろうという, いるでしょうが, いるとしても, いるとも, いるね, いるのみ, いるばかり, いるらしくも, いるわけ, いるピンポン球, いる一枚, いる中, いる二つ, いる代筆, いる体, いる例, いる内容, いる名, いる名前, いる実体, いる対手, いる幻, いる幼き, いる御蔵, いる憂い, いる故, いる数字, いる様々, いる歴史的, いる水蒸気, いる油, いる深刻, いる点, いる父, いる特徴的, いる用例, いる社会主義同盟, いる程度, いる空, いる空気, いる精神科学的, いる美しい, いる行為, いる訳, いる雅楽, いる霊魂, いる風評, いる香気, い掌, うす汚れ, おいでに, おって推移, おつ, おらぬ, おらぬが, おらねば, おらんとも, おりさらに, おりそれ, おりましてね, おりましょうし, おりますが, おりますと, おりませんから, おる, おるですからな, おれば, かえって満足, かすれたが, きいた, きこえた, きた, きて, ぎらぎら輝きました, くるめき流る, くる言葉, ぐっと曲った, こう言い, こっちを, この一団, この命, この後, この曲馬団, こればかりは, さも嬉し, さも百足, しかし睨む, しかも直接, しづかに, しとしとに, しばし黙っ, しまうという, じっとクララ, じっと僕, じりりと, すっかり悦び, そうしてその, そそのかすよう, その人々, その器, その小さい, その様子, その老人, その重み, そよそよと, それから捨てた, それで気持, それ以上それほど, そろそろ惚気, たじろぐ千登世, だらりと, ぢつと, つるりとよく滑る, とり, とりどりに, どことなく暖い, なかなか美人, なだめるよう, のそ, ぴかぴか縮れ上っ, ぼうと, ぽたりぽたり落ち, ますネ, まばらに, みた酒, みるだけ, もつて, やわらかくその, ようやく我, よく使われ, ゐさ, ゐその, ゐたため, ゐたに, ゐたらしく思はれる語, ゐた或は, ゐた筈, ゐた習慣, ゐても, ゐないで, ゐないとは, ゐないに, ゐないやう, ゐなかつたの, ゐながら, ゐようだから, ゐようと, ゐるかを, ゐるけれど, ゐるであらう, ゐるとかいふ, ゐるなら母, ゐるには, ゐるのに, ゐるらしい, ゐるらしい調子, ゐるらしかつ, ゐるわけぢ, ゐる一群, ゐる古格, ゐる問題, ゐる復元, ゐる心算ぢ, ゐる所, ゐる早熟さ, ゐる様, ゐる樣子, ゐる歌, ゐる為, ゐる異常, ゐる筈, ゐる者, キラキラし, ギラギラと, コクリコクリ居眠りを, シャアが, ハツと, ハラハラと, ブルブルと, 一一一対一〇〇と, 一種の, 一般的平均以上である, 上気した, 世間の, 中央に, 主人を, 了つてゐる, 二九まさる, 云い放った, 云つた, 云つて居る, 以下三パラグラフについては, 以下三パラグラフは, 以下五パラグラフは, 以下四パラグラフについては, 会釈するらしい, 伝えて, 何かの, 何とも以, 例の, 俯向いた, 僕の, 優美端正畫と, 入って, 再び詞, 冷めたい空氣, 冷や冷やと, 出かけたの, 出たの, 初めて成り立っ, 前に, 前歯で, 勘次の, 十三州を, 卵色に, 厚くなった, 取り合, 口から, 口髭を, 古賀を, 叫んだ, 可なり, 同じ言葉, 吐いた時, 吐く霧, 吹いた霧, 吻と, 吾, 呪いそのものの, 呼ばれし時分, 和らかい, 咲いて, 咲こうと, 唱へる, 喉を, 喜ばれるでありましよう, 圓太郎は, 堪らないといった, 声を, 変化し, 夏なら涼ん, 外からの, 大きい片, 天鵞絨をも, 太郎左衛門の, 失せた京極家, 奥へ, 妙に, 妻に, 寂しい音樂, 寒いの, 対されるさえ, 射しこもって, 小さな顋, 小手招ぎを, 少年を, 居たから, 居たこと, 居たもの, 居たやう, 居た訣, 居ったもの, 居つて, 居ても, 居ながら, 居らないこと, 居らぬでは, 居らぬと, 居りますと, 居り人体, 居るから, 居るからと, 居るとしても, 居るに, 居るらしく彼, 居る他, 居る材料, 居る様, 居る点, 居る静脈血, 層, 巡査に, 布哇を, 干もの, 平均し, 幾度と, 広がって, 強いて泪, 彼の, 彼女を, 待ち受けて, 微笑みつづけた, 微笑んで, 心地よげ, 怒り合って, 恐ろしく寒い, 恭しくお辞儀, 感覚的で, 懸命に, 我々の, 或ひ, 手を, 折節に, 拡大された, 振り返った, 採用せられた, 擧げた顏, 散りそめる, 斜めに, 旅情うた, 早く目的地, 明るく母屋前, 時には蠱惑的, 書いた探偵小説, 月の, 来, 来た事, 来た挙句, 来た筆, 来まして, 来るにつれて, 来るの, 柔順しく眠っ, 梨の, 棚引いて, 櫛を, 止まれと, 正木作左衛門を, 此方を, 歴起と, 死んだ, 氷の, 汗ばんだ耳もと, 河原の, 津多子は, 涼しく気高く歌口, 深く広いもの, 清い小川, 渡る人馬, 満身の, 源氏を, 滴る樣, 澄まし返った小憎らし, 無氣味, 無言の, 物狂は, 猛烈な, 現実的普遍性への, 生きそして, 発射した, 白根や, 白雪は, 目元の, 直に御, 眉を, 眉根に, 眼尻に, 着々と, 神月は, 私に, 突いて, 突っかかるの, 窓ぎはの, 立ち上がった, 立ち昇り, 立つて, 立出か, 立毛の, 笑ってるローマ, 答えた, 糸を, 紅蓮が, 素直に, 緊って, 繰り返す形, 老父の, 聞いて, 聞く, 聞く者, 胸も, 脛の, 膝を, 自分から, 自分を, 自殺したる, 船橋の, 良人も, 艶かしく女は, 花あかりも, 若く清く活, 菜を, 葉が, 蒼黒く, 薄紅, 薬を, 蜂の, 行つた, 行つたのだ, 見えて, 見えること, 見るらしかった, 見る見る男, 見送って, 見開いた大きい, 触ると, 言いました, 言い次郎, 言う, 言つた, 言つてゐる, 訊いた, 訊き返した, 訴える姿, 話しはじめると, 話する, 誣ひる, 読み終えし手紙, 貰ひ, 赤濁し, 足の, 足早やには, 輝きだした, 輿を, 近くに, 迫って, 遁亡した, 遂に神人合一, 達磨型に, 遺恨と共に, 釈けない時, 重く垂れ, 重苦しい夕風, 量目も, 鋭く二声, 鋭く矢部, 関東の, 陰々たる, 陽の, 隱しだ, 霊公を, 霧にでも, 靄は, 静もっ, 非常に, 面倒に, 響いた, 頂の, 頬から, 飛んで, 飲ませますと, 飲み干して, 飽くまで弁信, 首肯いた, 駒を, 髭を, 魚市場全体の, 鳴り渡りそれ, 鳴る風, 黒土に, 黙って

▼ 含んでは~ (29, 1.5%)

4 いなかった 3 ゐなかつた 2 いない, いるが

1 [18件] いたが, いって, いつて, いないの, いません, いると, おらぬ, ゆきません, ゐない, ゐないやう, ゐますが, ゐません, ゐるが, ゐるけれども, 咽喉を, 居ないかと, 目を, 見えなかったし

▼ 含んでの~ (7, 0.4%)

1 ロンドンは, 各結婚当り, 政治が, 殺害と, 罪悪が, 談論風発には, 論証法の

▼ 含んでを~ (7, 0.4%)

2 ります 1 らね, りそして, りそれ, りました, り更に

▼ 含んでも~ (5, 0.3%)

1 いたずらに, いない, いるし, 二分間で, 烏江を

▼ 含んでさえ~ (3, 0.2%)

1 いて, いるので, 見える様子

▼ 含んだり~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 含んででも~ (2, 0.1%)

2 いるよう

▼1*

含んじゃならぬぞよ, 含んをば恐れての