青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「吟味~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~向けた ~向こう 向こう~ ~向っ 向っ~ ~君 君~ 君たち~ 君子~ ~吟味
吟味~
~否 否~ ~否定 否定~ ~含まれ 含まれ~ ~含ん 含ん~ ~吸 吸~

「吟味~」 1615, 16ppm, 7224位

▼ 吟味~ (247, 15.3%)

25 てみる 16 ている 8 てみ, て見る 5 ていた, て見よう 4 てみた, て見なけれ 3 てある, てか, てみよう, てゆく, てゐた, て行け

2 [11件] て, てあった, ておく, てかかっ, てかからね, てかかる, てその, てゐる, て見, て見ませう, に来る

1 [132件] あるいは近来, ある程度まで, かっきりと, この叢書中, こんな不如意, その代表, その封建的要素, その真摯さ, その縫際, それらが, たりかがみこん, たりここいら, たりした, つつ読まね, てあり, てあるらしく, ていきます, ていない, ているらしかった, ておかう, ておかない, ておかなけれ, ております, てかからない, てかからなく, てかかりたい, てから答案, てこれ, てごらん, てご飯粒, てそれら, てだんだん, てみせる, てみたなら, てみなけれ, てみなさい, てみました, てみましょう, てみます, てみ給え, てもいい, てもし, てもっ, てもまた, ても一言, ても判らず, ても前夜, ても吾, ても戸外運動, てやっと, てよい, て一字一点, て上げます, て下, て之, て二度ともう, て何度, て値切り値切, て兄, て其の, て再挙, て冷静, て加入, て取って置き, て古い, て唯, て営養, て圧制, て大, て女房振り, て居ります, て居る, て当然, て後, て息子, て戰, て戴きたい, て打っ, て教, て整調, て最初, て最高的, て材料, て来た, て来る, て楽しむ, て清浄潔白, て眺め, て絶えず, て考え, て色々, て菓子, て行かれた, て行く, て見た, て見まし, て見ました, て見ましょう, て見ますなら, て見よ似, て説, て買わね, て選び置きし, て間違い, て雅びた物言, て集めた, て頂きたいです, て頼み, て食, なかツた, ながらつけ, ながら口, ながら愛用, ながら歩い, に出かける, ものものしい襷がけ, 一方, 交換した, 人生の, 信心を, 全委員, 分茶盒, 叔父竹原八郎入道へ, 形付ける, 日本人としての, 更に松岡緑芽, 木理も, 果して自分達, 生命の, 纒める, 自分で, 詩経の

▼ 吟味~ (188, 11.6%)

9 して 4 うけたが, 願はずには 3 うけること, 受けた

2 [15件] うけた, うけて, かけて, されたなら両方共拘引, した上, する, すること, するの, またお, 加えて, 受る, 必要と, 重ねて, 願ひ, 願ふ

1 [135件] いたして, いたすであろう, うけた様子, うけた紹巴, うけましたが, うける, うけるいわれ, うける者, おねがい申す, お遂げなされた, さして, させた, させるの, しある, しいろいろ, した, したる書也, してでも, してと, しては, しなければ, し上納, するさがれ, するには, するにも, する必要, せねば, せんとて, つづけた, とげて, とどこおりなく, ねがいあげその, ねがいとう, ねがい出た, のぞきこんで, はじめた, はじめたところ, はじめました, ひらいた, また少し, 与えること, 中止された, 今やと, 今更表, 仰せつかった時, 仰せ付, 会場で, 再吟味, 加えた後, 加えねば, 厳にし, 取扱った人, 受けさらに, 受けたが, 受けたこと, 受けたの, 受けた後, 受けましたが, 受けること, 受けるそう, 受けるの, 受べき, 命ぜられた役がら, 問えば, 始めようと, 延引さし, 必要とは, 忘れたの, 忘れ勝ち, 急ぐよう, 悖き再, 注意深くする, 洗い直さなくッ, 済す事, 爲にも, 申立る, 疑う方, 盡さなけれ, 相許し, 相願, 終って, 経て, 聞いて, 聞せん, 自身番での, 致さねば, 致して, 蒙り候上, 行うたり, 行うと, 行なうか, 行ふかは, 要するでは, 要するところ, 試みた結果, 試みようとも, 試みるべき時代, 詰らる, 請べし, 請る, 請んと, 貫いた栗山, 辞退する, 通過し, 遂ぐべきことに候, 遂ぐべく御, 遂げ同罪, 遂し, 遂て, 遂べし, 遂られ, 遂られよ, 遂る, 遂んと, 遂相違無に, 遂行し, 遂解死人を, 遠くすれ, 重ねた一本, 重ねた挙句, 重ねても, 重ね双方共, 重ね新しく, 重役方へ, 願い出て, 願い出で赤穂引渡し以後, 願い出られその, 願い立てる以上, 願は, 願ひませう, 願ひ奉, 願ふと, 願ふなら, 願ふべし, 願わずには

▼ 吟味する~ (158, 9.8%)

12 ように 5 ことが, 必要が 3 ことを, に第, のは, やうに, ような

2 [11件] かのよう, ことで, ことなし, ことによって, と果たして, に二通, に筆法, のであります, までもなく, 必要は, 為に

1 [99件] から安く, がよろしい, が分り, ことから, ことだけ, ことである, ことに, ことにも, し喰, ために, ための, ため聖像を, というだいじな, というふう, といふ, といふ如き報いられぬ, といふ風, としよう, とすれ, とどの, となる, となれ, となんと, とまだなかなか, と何, と何処, と偶, と前後, と善吉, と国境, と崔英, と意味, と案, と洞察, と種々, と自分, と言う, どころかそれ, に, にし, には一寸一通り, には勢, には契月, に二枚, に先づ以, に初め, に字形, に当, に当たり, に当たり端, に急, に文字, に文書, に是, に時日, に果して, に至る, に都合, に際しまず, ので, のである, のに, のにその, のも, の前に, は人, は愚, は洋学者, は都, までもない, ものは, やら小半時, ゆとりが, ゆとりも, より他, より外, を要する, 上に, 事に, 余裕が, 余裕も, 前に, 唯一の, 場合に, 方法が, 時は, 時覚えなき, 標準が, 機会が, 機会を, 用意が, 眼である, 積りだろう, 立場を, 筈の, 者と, 能力が, 術が, 順序に

▼ 吟味~ (134, 8.3%)

2 ために, ときに, 儀を, 場合, 必要が, 種に, 致し方も

1 [120件] あったあと, あったこと, あの明知, ありしは, いたしよう, お白州, お白洲, かどがある, かどで, かわりに, しだいお知らせねがいます, しだいを, ときより, はしは, はじまる四ツ時, ひと幕を, まえに, むづかしき筋など, ものには, ゆき屆く, 上が, 上で, 上でなく, 上なら, 上に, 上にも, 上傳吉を, 上兵助を, 上口書并びに, 上嘉川の, 上小傳馬町三丁目竹屋權八方へ, 上御所刑に, 上紫衣を, 上終に, 上願ひ, 上駿府へ, 事ゆえ仔細の, 仕方では, 儀今日より, 儀仰せ付られし, 儀度々, 儀御, 儀御許し下され, 儀直, 儀越前が, 儀越前其方が, 儀願ひ奉, 前月までに, 台命を, 問題といふも, 場合でも, 場合に, 実証を, 寛容なる, 対象は, 峻烈さは, 席に, 床に, 床へ, 強い家風, 役を, 役人に対して, 役目として, 御前試合などとは, 御願ひ, 手では, 手を, 手段と, 手落ちが, 指図役に, 日が, 時には, 時は, 時も, 末に, 末下谷車坂町六兵衞店藤助の, 末杉戸屋富右衞門は, 末牢中で, 末相当の, 東, 根気を, 模様にては, 法を, 済むまで, 準備の, 濟次第, 特権を, 當日まで, 直願, 眼を, 筆記が, 筋あっ, 筋あり, 筋有之に, 節何時も, 節刄物は, 節彼是申す, 節思ひ, 節死骸の, 節申口諛らひなく, 節苗字は, 経過を, 結果その, 結果で無けれ, 結果は, 結果慄っと, 練磨に, 罪は, 致され方, 莚に, 行屆ざると, 調べ物を, 跡たり, 都合上俺の, 酒肴を, 際に, 顔は, 願いを, 願書を, 體に

▼ 吟味~ (110, 6.8%)

5 及ぶと 4 吟味を 3 及ぶとて 2 かかると, かけて, とりかかった, 吟味し, 山を, 心を

1 [86件] あやまりが, あるという, かかった, かかる, かかるの, かかる前, かかる段, かけた上, かけながら, かけられたとき, かけられるでしょうだから, かける事, かける盗賊, さしも強, さへ, ちっとも手数, とりかからうと, とりかかる, なった, なってからも, なりしが, まかせて, やってくる, 之なき, 付双方顏を, 出た場合, 出ない工夫, 出るの, 努めねば, 勞れしに, 及けれど, 及ばれけるが, 及ばれける處, 及ばれし處, 及ばれし處後家, 及ばれん, 及ばんと, 及びけれ共, 及びし事氣, 及びし所猿島河原切れ人, 及びし處, 及びし處文右衞門, 及び候恐れ乍ら右曲者, 及び候所, 及び候條, 及び罪, 及ぶであろうとの, 及ぶなり, 及ぶも, 及ぶコリヤ文右衞門, 及ぶ下れと, 及ぶ中外一人, 及ぶ今日, 及ぶ兩人共吟味中揚屋, 及ぶ所豫, 及ぶ汝ぢ鈴ヶ森, 及ぶ處彦三郎, 取りかかって, 取り掛らんとの, 取掛り, 向うよりも, 大いに役立った, 始めて, 導いて, 当って, 念を, 意識的でなく, 成る間然樣相心得一先下宿, 折れました, 掛けすぎたと, 掛けねえの, 根気を, 甲科で, 異存あら, 疲れた態, 相なり, 相成し處佞奸邪智, 相成事故此方, 続いて, 足ざる所あり, 逢うて, 逢うと, 逢わされとうとう, 鑑識が, 間違の, 預ること

▼ 吟味した~ (44, 2.7%)

2 うえで, のと, 上で

1 [38件] うえでない, お新香を, か, かといふこと芸術上, がかれ, がしかし, が何れ, が単に, が小判, が心, が王, が綱手, つもりでした, ところを, のちに, のです, のより, まえ, もう事, もの, ものです, もののみ, 上でない, 上でなくっ, 人選でなく, 味噌醤油等を, 後そこに, 後その, 後少し, 後買っ, 後買つて歸る, 日本剃刀で, 末一番値の, 深海牡蠣では, 結果は, 限りに, 際に, 際此所に

▼ 吟味~ (40, 2.5%)

1 [40件] あった, あまりに手痛い, あるかも, いこう厳しい, おくれたほど, すぐに, すんで, つかぬはず, とりあげられて, まだ終っ, まだ行き届い, やかましくて, 不充分であり, 充分でなかった, 充分に, 内々行われる, 出來, 初まっ, 加えられて, 十分よく, 厳しいので, 延びて, 強い, 強さ, 施されて, 施され焚きたて, 殘つ, 済まないのに, 済んだけれど, 第一義な, 行なわれた, 要ります, 違って, 重なって, 長びくばかり, 開かれた, 開かれて, 開かれようと, 間違いだ, 飛んで

▼ 吟味~ (40, 2.5%)

3 天下の, 違って

1 [34件] いずれでも, かくの, ここに, これを, させられぬと, して, しばらく擱, すべて江の島の, せまじき事, ちっと暴, どうなる, ない, なかった, もちろん私, もとよりろくろく庖丁, もはやこれ, やめよう, 不必要, 人間の, 今は, 定めて, 容易に, 明日いたす, 是なき, 本陣の, 案外に, 案外無, 相済んだ, 致さずや, 致したで有うと, 論外として, 越前守へ, 追, 追て

▼ 吟味~ (30, 1.9%)

4 の中 2 の床, の方

1 [22件] からそして, があり, であり人馬, でかれ, でめったに, となった, と呼ん, の内方, の冷気, の壁, の大, の様子, の裏木戸, へつめかけた, へ忍び込み, へ忍び込ん, へ拉し, へ輿, までおおかた, まで乗り付け, を白けさせた, 各詰所

▼ 吟味与力~ (26, 1.6%)

1 [26件] から貸し, が三日, が顔, でも留め, で南, で相当, などの着座, に任し, に頼まれ, のお家, の一人, の出張, の利け者, の役目, の石本, の笹野, の笹野新三郎, の筆頭, の藤沼, の陽明学者, の高梨, は権勢, は罪人, も骨, や岡, を引っ張り出す

▼ 吟味~ (25, 1.5%)

2 せずに

1 [23件] うけるべきはず, されずに, されず刑, した上, して, しなければ, しますが, すみました, そこまで, できねえし, なく直に, なく追, なく送り状, なるまい, にわかに柔ら, またほんの, 下さらんと, 亦た, 受けたと, 従って, 済んだ, 相当に, 行われて

▼ 吟味~ (22, 1.4%)

1 [22件] いうより, いへば, いやきまって, なったの, なって, なりました, なりましたやら, なり夫, なり明日江戸表, なり願人淺草田原町小間物商, 云ふ, 呼ばれる, 呼んで, 咀嚼と, 字配りの, 彼の, 成んにより, 批判とを, 批判に, 有れば, 言えば, 駁論

▼ 吟味~ (18, 1.1%)

6 に牢死

1 [12件] でご, ならば, なり主税, にかれ, には越前守, に候処, に勇蔵, に押込み所, の増田屋惣兵衛, は目, もいろいろ, 頻りと

▼ 吟味すれ~ (17, 1.1%)

2 ば何, ば諸君

1 [13件] ども物質, ばいい, ばその, ばまつたく, ば先, ば全く, ば各人, ば大抵, ば天下随一, ば相, ば至時, ば親愛, ば豈

▼ 吟味~ (14, 0.9%)

3 の市川義平太

1 [11件] から続い, が二人, が検査, たり, ではない, として取り, と云う, になっ, は主上, を兼ねる, 御徒士目付

▼ 吟味~ (14, 0.9%)

1 [14件] がつとまった, がつとまる, が相当, になろう, の与力, の処, の名誉, の娘, の市川義平太, の役人たち, はもちろん, は与力笹野新三郎, は秋山嘉平次, は與力笹野新三郎

▼ 吟味された~ (12, 0.7%)

1 [12件] がおち, がかれ, が小島良二郎, が幸之助, し読者, ものばかり, 上菅笠で, 劇が, 味には, 意味に, 料理が, 高級子供出版物とは

▼ 吟味しなけれ~ (12, 0.7%)

8 ばならない 3 ばならぬ 1 ばなりません

▼ 吟味~ (10, 0.6%)

3 ひ奉つる 1 の儀, の義, ひ上, ひ候處傳吉隱, ひ出るは, ひ奉つり候, ふは

▼ 吟味という~ (8, 0.5%)

3 ことに 2 ことが, のは 1 わけです

▼ 吟味方法~ (8, 0.5%)

1 があった, だから, でしたが, でとばかりふい, と称し, によってまず, の憲法, を取り出した

▼ 吟味致し~ (8, 0.5%)

1 たりと申せ, 今日中に, 候処右慶蔵申立て候処に, 候處別段の, 呉よと, 度と, 舊惡有ば, 若し市中

▼ 吟味與力~ (8, 0.5%)

2 の笹野新三郎 1 でも留め, で相, に頼まれ, のお家, の笹野, を引張り出す

▼ 吟味され~ (7, 0.4%)

1 つつある, ていなけれ, ている, ております, てからのこと, 取捨され, 論議され

▼ 吟味せし~ (7, 0.4%)

2 事あり 1 こととぞ, に両人, に全く, に殘金十一兩餘, 所ろ同

▼ 吟味中入牢申付~ (7, 0.4%)

4 ると 1 られける又, るとの, るなりと

▼ 吟味しよう~ (6, 0.4%)

1 じゃない, といふ, とし, とする, と思う, と試みた

▼ 吟味せん~ (6, 0.4%)

1 とて諸方, と所々探索, と敦圉, ものと, 何をか, 爲娘を

▼ 吟味~ (6, 0.4%)

1 ね尋常, もうなに, メイエルホリドは, 泥を, 罪人を, 講談社が

▼ 吟味~ (5, 0.3%)

1 ば文右衞門殿, ば洞, ば舊惡, ば蓄妾淫奔, むは

▼ 吟味せね~ (5, 0.3%)

5 ばならぬ

▼ 吟味~ (5, 0.3%)

1 大岡亀次郎阿, 所謂独逸流演劇学者の, 民事の, 無理の, 聞き取りは

▼ 吟味与力笹野新三郎~ (5, 0.3%)

1 の役宅, の首, は我が, もこれ, を忌避

▼ 吟味中入牢~ (5, 0.3%)

2 申し付ける 1 とある, を申しつくる, 仰付

▼ 吟味~ (5, 0.3%)

3 つりし 1 つり候處其罪明白に, つり候通り是迄の

▼ 吟味與力笹野新三郎~ (5, 0.3%)

1 の役宅, は我が, は自分, もこれ, を忌避

▼ 吟味~ (5, 0.3%)

1 にも相成ずし, に相成りし, の上一, の樣子, を願

▼ 吟味したら~ (4, 0.2%)

1 その通り, どうじゃ, 三人の, 日本中に

▼ 吟味しない~ (4, 0.2%)

1 で受取る, で我々, で表面, と甚だ

▼ 吟味せず~ (4, 0.2%)

1 ただ書名, ともよい, にこれ, にはおかない

▼ 吟味には~ (4, 0.2%)

1 いたって, さだめし確たる, 先に, 群を

▼ 吟味にも~ (4, 0.2%)

1 及ばん, 四書五経いずれも, 堪えないもの, 当って

▼ 吟味に対して~ (4, 0.2%)

1 あの桂斎, いっさいの, 到頭そう云う, 自分は

▼ 吟味与力高梨~ (4, 0.2%)

2 小藤次, 小藤次様

▼ 吟味~ (4, 0.2%)

1 でした, です, で聞きつけ, の片すみ

▼ 吟味~ (4, 0.2%)

1 けるに, けれども事柄確, べしと, 之により有難く

▼ 吟味致さん~ (4, 0.2%)

1 が先今日, と云, により村中, 追て

▼ 吟味あり~ (3, 0.2%)

2 しかど 1 てお

▼ 吟味いたし~ (3, 0.2%)

1 て取り上げよ, 候処越後より, 候趣きの

▼ 吟味から~ (3, 0.2%)

1 先に, 出発すべきである, 表現される

▼ 吟味されなけれ~ (3, 0.2%)

2 ばならない 1 ばなるまい

▼ 吟味されね~ (3, 0.2%)

1 ばならず, ばならない, ばならないだろう

▼ 吟味しろ~ (3, 0.2%)

1 という意味, ッって, ッて

▼ 吟味~ (3, 0.2%)

2 ゅう 1 ゅう入牢を

▼ 吟味でも~ (3, 0.2%)

1 あるとき, するよう, 受けて

▼ 吟味~ (3, 0.2%)

1 上, 上人数三拾四人に, 上重科にも

▼ 吟味~ (3, 0.2%)

1 の答弁, ばかりの罪, を呼ん

▼ 吟味掛り~ (3, 0.2%)

1 の与力一同, の者, の者一同留守居付添縁側

▼ 吟味~ (3, 0.2%)

1 を改めて, を調べ, を速記

▼ 吟味有し~ (3, 0.2%)

1 に四郎右衞門呪咀致, に皆, 所領主家來の

▼ 吟味~ (3, 0.2%)

1 が有る, も早く, 之有

▼ 吟味致す~ (3, 0.2%)

1 に筋違, 樣申付る, 處其方悴惣内夫婦を

▼ 吟味ある~ (2, 0.1%)

1 に此別人, ように

▼ 吟味いたした~ (2, 0.1%)

1 つもりで, つもりでございます

▼ 吟味いたしまし~ (2, 0.1%)

1 て盆栽, て織り

▼ 吟味される~ (2, 0.1%)

1 ことに, 筈うかと

▼ 吟味しなく~ (2, 0.1%)

1 てはならぬ, ともおのずから

▼ 吟味します~ (2, 0.1%)

1 とそれ, のや

▼ 吟味し得る~ (2, 0.1%)

1 ために, 文学の

▼ 吟味し直し~ (2, 0.1%)

1 てみなけれ, てゆく

▼ 吟味すべき~ (2, 0.1%)

1 大宗教, 言葉である

▼ 吟味するなら~ (2, 0.1%)

2 ばこれら

▼ 吟味せずし~ (2, 0.1%)

1 て唯, て異なった

▼ 吟味せよ~ (2, 0.1%)

1 という仰せ, といふ

▼ 吟味では~ (2, 0.1%)

1 ない, 口も

▼ 吟味なす~ (2, 0.1%)

1 に其の, に爰

▼ 吟味なる~ (2, 0.1%)

1 ぞと言, 若者めが

▼ 吟味ぶり~ (2, 0.1%)

1 かと思い, も蔵六

▼ 吟味までも~ (2, 0.1%)

1 なく明白, 始めたが

▼ 吟味より~ (2, 0.1%)

2 外に

▼ 吟味らしい~ (2, 0.1%)

1 ことは, 吟味も

▼ 吟味下され~ (2, 0.1%)

1 候へば, 度願上奉

▼ 吟味与力筆頭笹野新三郎~ (2, 0.1%)

1 が微笑, は自分

▼ 吟味中牢死~ (2, 0.1%)

1 仕つりし也長庵儀, 仕つり死骸

▼ 吟味中越前~ (2, 0.1%)

1 が申す, が申詞

▼ 吟味仕り~ (2, 0.1%)

1 候處に, 候處贋者に

▼ 吟味仕りし~ (2, 0.1%)

1 に九助留守中同人妻里事惣内, 上御請申し

▼ 吟味役人~ (2, 0.1%)

1 から牢番, じゃあない

▼ 吟味方筆頭~ (2, 0.1%)

1 がどう, もおかげ

▼ 吟味方針~ (2, 0.1%)

1 じゃによってそのうえにまた, はここ

▼ 吟味検討~ (2, 0.1%)

1 して, すること

▼ 吟味~ (2, 0.1%)

2 に相成たる

▼ 吟味聞役~ (2, 0.1%)

1 の遠江守, は佐田遠江守

▼ 吟味致させ~ (2, 0.1%)

1 候に, 申候處果し

▼ 吟味詮議~ (2, 0.1%)

1 もまた, も水物

▼ 吟味部屋~ (2, 0.1%)

1 で二人, へ入っ

▼1* [190件]

吟味ありし處儀左衞門心中に, 吟味あるべき者です, 吟味あるべしと定まり尤も此度, 吟味いかんによる, 吟味いたしとうござるがご, 吟味いたすまでは館, 吟味いたせどあらぬ, 吟味か, 吟味からのことだった, 吟味これあり安五郎, 吟味させたが確か, 吟味させましたところが, 吟味させられ取るべきは取り, 吟味さつしやれ, 吟味さるべきだと私, 吟味されたらしい話であった, 吟味されつづけてその, 吟味されまいもので, 吟味されるべきだと私, 吟味しうるためには, 吟味しかして, 吟味したくてたまらなく, 吟味したるはかならず, 吟味してるだけに家, 吟味しなほす必要, 吟味しなかったというの, 吟味しなくなったのも, 吟味しねえじゃあいられねえ, 吟味しはじめたので女房, 吟味しまして迷信家, 吟味し去りて相互, 吟味し直さうと言, 吟味可き, 吟味すべきだと思ふ, 吟味すべきではない, 吟味すべく二十三種の, 吟味すべしといふ, 吟味するせゐか一段と, 吟味するらしかったがそのまま, 吟味する成れば早速, 吟味ずみでその, 吟味ずれというん, 吟味せなければならない, 吟味せよ急ぐぞとの仰せ, 吟味せられてもいない, 吟味せられるべき興味ある, 吟味そのものはすでに, 吟味からへや, 吟味だけでも次の, 吟味つかまつるべくそろ尤も右, 吟味であり散文精神が, 吟味というも生活の, 吟味とかあるいは奉行所, 吟味とこそは極りけれ, 吟味とぞなりに, 吟味とはいえ日頃, 吟味なさったあげ句少し, 吟味なさるのじゃ, 吟味なさんと工夫有, 吟味なす所なり如何, 吟味なせしに委細白状, 吟味などすべてが, 吟味などというと, 吟味などという藩士の, 吟味などは要らざる斟酌, 吟味ならば道庵, 吟味にかけてしかるべき見込み捜査, 吟味にこそ実は社会的量, 吟味にこそは及ばれたり, 吟味についてこちらで, 吟味にて傳吉は, 吟味にでも掛ければ, 吟味にとりかかつてゐます, 吟味によって始末が, 吟味により安間平, 吟味に関することだけは, 吟味に際し重要の, 吟味のうへ憑司事重々不, 吟味ばかりが責め手, 吟味かけました, 吟味までは届かなかったが, 吟味遂ゲラルベキ旨仰, 吟味一つをする, 吟味には何, 吟味下さる樣願ひ, 吟味下さるべしと申, 吟味下されよと申, 吟味不充分のかどある, 吟味与力後藤達馬から特に, 吟味与力石本勘十郎と申す, 吟味与力筆頭若くて, 吟味中ことばを改める, 吟味中主人五兵衞へ預けられ, 吟味中入牢トヾの迫, 吟味中入牢申付ける權六, 吟味中八右衞門へ預る, 吟味中嘉川平助親類山内三右衞門へ御, 吟味中囚えて置く, 吟味中家主へ屹度, 吟味中屹度愼ませ置, 吟味中憑司は入牢申付, 吟味中揚屋入申付, 吟味中揚屋入りを申, 吟味中流行の麻疹, 吟味中深見新左衞門, 吟味中町内預けになっ, 吟味中藤五郎藤三郎の兩人, 吟味仰せ付られ傳吉儀御用有之, 吟味係らんにより其時, 吟味に願, 吟味出来上がったお菓子の, 吟味仕候, 吟味はぬ, 吟味問答をお, 吟味問答対決と仰せられました, 吟味大岡殿の明察通り, 吟味始末を調査, 吟味とはなっ, 吟味対決をねがいあげた, 吟味屋敷改めされるを, 吟味差し止めのいかめし, 吟味強くなりて, 吟味役小野寺源兵衞川崎金右衞門其外役所へ揃, 吟味役小野寺源兵衞川崎金右衞門留守居清水十郎左衞門と一々, 吟味役藤波と顎十郎, 吟味役衆祐筆衆勘定衆兩支配勘定に至る, 吟味御免を蒙り, 吟味御請成るべしと, 吟味懸り三人の, 吟味成し下し置れ, 吟味成し下され候樣願ひ奉, 吟味或いは対決などが, 吟味或は社会的公正文化的妥当の, 吟味戦法を小出し, 吟味所あたりをそんな, 吟味所守備の武士ども, 吟味所書記溜り与力, 吟味批評に取りかかっ, 吟味折檻させて, 吟味捕物の御前試合, 吟味採択しその, 吟味其言葉肺肝を, 吟味整理して, 吟味方一統の失態, 吟味方川崎金右衞門小野寺源兵衞等江戸へ同道可有, 吟味方役人并に九郎兵衞ふか惣内里等, 吟味方筆頭そこまでわかれ, 吟味方筆頭市中取締方兼帯という役, 吟味日程第二日, 吟味明かなる而已ならず, 吟味れが, 吟味書上げの厖大, 吟味最中ということ, 吟味有べきとの事, 吟味有りけるに長, 吟味有るならば必定夫, 吟味次第を申し, 吟味比較して, 吟味をもっ, 吟味無用故なく, 吟味るべしと, 吟味然るべきやと, 吟味まじき者, 吟味當日迄閉門, 吟味な視線, 吟味済まずと, 吟味相済八月十九日引廻し之上, 吟味相遂候所聊かも, 吟味研究して, 吟味税取立岡崎浜松の勘定方, 吟味穿鑿がやかましい, 吟味致したつもりと, 吟味致しましてございます, 吟味致しまするは流石, 吟味致すでなし, 吟味致すべき旨に, 吟味致すべきなれども亂心, 吟味致すべしと有, 吟味致せし所彌, 吟味與力筆頭若くて, 吟味與力筆頭笹野新三郎が微笑, 吟味行屆て其金, 吟味下置子供二人の, 吟味記録とある, 吟味詮索は差置き, 吟味詮議下手人の引き渡し, 吟味誠に有難仕合せ, 吟味遊ばさってよき, 吟味遊ばされ伯母の, 吟味願度由此段伺ひ奉ると