青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「合図~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

合~ 合い~ 合う~ ~合せ 合せ~ 合っ~ 合った~ ~合わせ 合わせ~ ~合図
合図~
合戦~ 合点~ 合理~ ~吉 吉~ 吉原~ 吉田~ 吉野~ 同じ~ ~同じく

「合図~」 1815, 17ppm, 6525位

▼ 合図~ (715, 39.4%)

138 した 125 して 50 すると 28 する 17 待って 16 しました 9 したの 7 したが, すれば 6 するの 5 しても, しながら, するまで, するん, 待つて 4 したので, しろ, するから, すること, 交して 3 いたしました, したもの, したり, してでも, しますと, しようと, するため, 与えた, 待て, 送って

2 [12件] おくった, したと, しなければ, しましたが, します, するまでは, する者, 待つの, 控えて, 致しましたが, 見て, 送った

1 [213件] あげた, あげるばかりに, いくたびいくつ, いたすこと, いたすまで, いたせ早速, うけとった原地人, おくって, おくつたの, おとり召されては, お君, お待ちし, かけると, かけるの, かわしたが, かわしたり, かわしつつ, かわして, かわし艀, くだして, くりかえした, ここに, された, されたい, されたの, されたよう, されること, しあつ, しそして, しそれから, したうえ, したかったが, したかと, したから, したであろうが, したという, したとき, したに, したのに, したらきつ, したらしくふと, したら急いで, したん, した二人, した挙句, した組子, しつづけて, してけ, してね, しては, してるかの, してるの, してる手付, してる母親, しなかったならば, しなかったの, しましょう, しますから, しもう, しや, しようという, しシュラッギング, し例, し先, し号令, し深い, し綱, し肩, し足早, し黙って, じりじりと, するが, するたより, するだろう僕ら, するで, するでは, すると共に, するならすこし, するなんて, するに, するので, するやう, するよう, するより, するカタカタ, する便り, する四台, する度, する生憎, する相手, する老女, する諜, する遑, せずには, せんの, たずねた, つまらなそう, つめて, とれとは, なさい, なさいましたので, なさば, なさると, なさるん, なし内外呼応, なすったの, なすつた時, なすにも, なす第, なせば, はじめた, ふく番人, まちがえて, まった, もうそう, もって, よびかけました, マリアは, 下したかの, 下す, 不器用な, 与えこれ, 与えるの, 与え爾, 与へた, 交したすると, 交した狩屋三郎, 交し合った昔, 交し東, 交わして, 伝えて, 伝えること, 信長は, 叔父が, 取かわしたよう, 受けたこと, 受けたよう, 受けて, 受けると, 受取った昔, 叫ぶ, 吹いた, 吹かせて, 呑込んだ, 定めて, 定め山林中, 定め相手, 山野に, 工夫し, 工夫する, 左右の, 待たずに, 待ち構えた, 待ってたよう, 待ってるんだい, 待つ, 待つこと, 待つたら好い, 待つ事, 待つ時, 待つ時分, 後に, 心待ちに, 忘れては, 忘れるので, 悟つて, 我が地球, 打たせようと, 投げ交わしながら, 掲揚させた, 教えて, 果しながら, 止めて, 残して, 泰然として, 無視する, 甥に, 目で, 知って, 示しても, 空に, 約束し, 聞いた屯田兵, 聞いた時, 聞いて, 聞き漏らして, 見さだめ抜かりのう, 見たらすぐ, 見てから, 見ないで, 見るの, 見破って, 言い捨てるが, 読むと, 調べて, 諒解し, 諜し合っ, 足利勢の, 送ったんで, 送らないまえ, 送り, 送りました, 送ること, 送るつもり, 送ると, 送るには, 送るので, 遂げ蜀兵, 配った, 間違って, 頼むぜ, 願いたいと, 鳴り響かせた

▼ 合図~ (287, 15.8%)

12 して 5 応じて

2 [14件] おせき, したがって, 右手を, 夫婦は, 庭口から, 待って, 手を, 散りか, 相違ない, 綱を, 雲は, 首討っ, 黒衣の, 鼻の

1 [242件] あちらでも, あとから, あの辻堂, あはせ, あやつられて, いちいち応える, いっせいに山, おれは, お仮屋, お菊, きっと団扇, きっと来る, ここの, ここへ, こたえて, こたえるよう, こたえ緑旗紅旗, この十人, この門, こんどは, さしも熱しきっ, した, したかの, そっと脱, その優艶, その拷問, その桶, それが, それらの, それ等の, たちあがって, たちまち九紋龍, たちまち火箭, どこへか, なった, なって, なるかと, なるかも, なるの, はりつけ柱, ぺらぺらと, ほかの, また口実, まるで授業, むらがる敵中, オルゴールを, ガタンガタンと, スタスタと, スックと, チョンと, チヨンと, テイラア課長ダヴィッドスン捜査係長フォニックス地方検事アンドリウス氏などが, デッキに, トントンと, ベルモントを, マンドリンを, 一せい攻めかかれ, 一せい旗を, 一同が, 一同袋を, 一挙に, 一斉に, 一方から, 一旦退いた, 三人の, 三人は, 三方から, 三鞭酒を, 下から, 下女が, 両手を, 両軍それぞれ, 中脊, 主膳の, 乾児たちは, 事あれ, 二つの, 二階から, 五人で, 五艘の, 会長さんは, 何です, 何事かと, 使いました, 使ったの, 依つて, 僕は, 兄の, 先鋒は, 光子が, 全城全土, 全市の, 全町, 全軍, 全軍一斉, 全軍囲, 八方から, 内匠様に, 内外から, 内外の, 再び雲龍寺, 包囲の, 北方より, 十二段の, 十匹が, 双方一度に, 吹き鳴らされる法螺貝, 吹くよ, 呂蒙, 和助は, 唐突と, 四山金鼓の, 四方の, 四面の, 堀端で, 塾部屋の, 外から, 外の, 大川と, 大戸を, 天井の, 天地に, 天楽を, 姿を, 威勢よく, 子供たちは, 家を, 寝床に, 寝床には, 山を, 岩木の, 市内に, 帰って, 帰り支度に, 幕が, 店を, 座禅の, 引きあげて, 役人が, 従った, 微笑み, 必ず出, 忍び込めば, 応じてと, 応へて, 我々が, 或る, 戸口に, 手拭を, 手違いを, 手配の, 拍子木を, 挙げられる上, 振った, 提灯を, 撞く鐘, 攻め返し挟み撃とう, 教えるという, 散会, 数十人の, 旗を, 日本橋の, 星は, 暗黒世界は, 曹操を, 木戸を, 来て, 松蔭大藏は, 次の間に, 次第に都, 武士たちは, 気がついて, 気球は, 水寨の, 法螺を, 海女たちは, 火夫の, 烏帽子直垂の, 燈明と, 物の, 狼の, 猿屋町に, 玄関の, 現われたもの, 白い雲ひとつ, 相馬内裏古, 眼くばせ交わした, 石や, 礼拝する, 私し, 私は, 窓の, 竹筒を, 笛を, 第一番, 米沢町一丁目の, 粉々として, 約束の, 終航に, 総立ちに, 耳も, 聟方の, 腰障子を, 膳を, 舟は, 芝居の, 芦の, 藤棚の, 行なわれた御, 裏口から, 見とれて, 見事五千両を, 見当を, 見附の, 記念撮影は, 誘われて, 誰かが, 諸所, 貝を, 貴殿の, 躍りかかって, 身内の, 車室が, 辻, 近くし, 退社る, 逢瀬を, 過ぎないで, 過ぎません, 違いは, 都督みずから大軍を, 金鼓の, 銀蔵が, 関門を, 集合し, 雨の, 静かに, 頼長は, 飛び起きる, 駕籠は, 高いところ, 鳩は

▼ 合図~ (273, 15.0%)

47 ように 7 ような 6 手を 5 ベルが, 鐘を 4 旗を, 笛を 3 やうに, 下に, 口笛を, 声を, 大砲が, 鐘が, 音が

2 [21件] ようであった, ピストルの, 呼子, 呼子を, 太鼓が, 太鼓と, 太鼓を, 手笛を, 方法は, 栞俺の, 様に, 狼火, 狼煙を, 眼を, 竹法螺が, 笛, 紐を, 綱を, 腕を, 花火が, 言葉を

1 [132件] あったもの, あり次第, あり次第に, あるの, かわりに, ことも, しやう, ために, つもりで, のろしと, のろしを, むちを馬に, もとに, やうな, ようです, よびこです, オルゴールが, オルゴールだ, スイッチでも, ドラが, ハッパの, ベルでも, メダル, ラッパの, ラッパを, 一つで, 下心では, 仕方に, 信号に, 信号は, 凧さえ, 効力を, 印でも, 口笛が, 叫びとして, 叫びを, 右手を, 号笛が, 呼び起した深い, 呼子が, 呼子笛の, 咳払いを, 声, 声で, 声も, 太鼓がと, 小旗, 小笛, 後だ, 意味など, 意味は, 懐中電灯を, 手が, 手こ, 手振りを, 拍子木を, 挟みよう, 掛声と, 数だけ, 方法などが, 方法の, 日の丸と, 木を, 板木を, 柝の, 棒, 槌の, 汽笛, 火だ, 火の手を, 火を, 火影を, 為に, 烏笛, 烽火が, 烽火を, 煙だけが, 煙管を, 狼煙, 狼煙は, 甲走った声, 白旗が, 眼まぜ, 矢は, 石を, 砲の, 種類が, 空砲の, 竹法螺を, 笙が, 笛が, 笛だ, 笛は, 笛も, 笛らしい, 筈だ, 篝を, 縄を, 腹鼓を, 草笛を, 落書が, 表情も, 角笛が, 言葉で, 詞だ, 語に, 諸声あげ, 警笛を, 警鐘の, 貝が, 貝の, 貝ぶれ, 貝を, 赤い旗, 起こった場所, 身ぶりも, 鈴が, 鉦の, 鉦鼓が, 銃声に, 銅鑼ばかりが, 鐘は, 閃きを, 電話が, 電鈴の, 青い烽火, 音であった, 音を, 音響が, 鼓とともに, 鼓や, 鼓を

▼ 合図~ (66, 3.6%)

5 あって 3 あった時, なければ 2 あった, あるまでは, ないもの

1 [49件] あったと, あったに, あったの, あったもの, あったらすぐ, あったら一度, あったら乱撃, あったら飛出して, あった以上, あっても, あつた, あつて, ありますか, あるか, あるかと, あると, あるに, あるの, あるまで, あれば, きこえたら誰, きこえるから, ぎつしり詰つてゐる, ついに乱戦, とどいたと, ない, ないからか, ない代り, なされた, ねえじゃ, ふいに, 入ると, 向うに, 徹底しませんでした, 息も, 整うて, 来る, 渡らないたはず, 物々しいの, 突貫の, 耳に, 聞えたもの, 舌を, 見えたらお知らせ, 起ったらすぐ, 起ると, 通じたもの, 響き渡ると, 鳴っても

▼ 合図~ (60, 3.3%)

5 ている 3 ていた 2 ながら

1 [50件] あつて, たりし, たりする, て, てあった, ておいた, てくれ, てくれる, てごたついた, てね, てました, てまず, てやらね, てゐる, てシューバル, てストップウォッチ, てダイナモ, て一座, て乗せる, て兵士, て別れた, て呉れれ, て夢中, て押, て来い, て森々, て河堤, て男, て番頭, て眼, て立, て立ち去らせた, て翼, て誰, て逃げだした, て運転手, て食べた, て駈け去る, て駒, ながら一方, ながら町, ながら眼, ながら言った, ながら退出, 乍らザラ紙の, 二人は, 合つてゐた, 彼女が, 穏かに, 隊員を

▼ 合図~ (59, 3.3%)

5 でも 2 あつた

1 [52件] うしろに, おざる, おすすめしましょう, お千勢, お咲, お決りの, せうか, その方, それが, それを, そろそろと, とったか, みんなホームへ, もしは, イソイソと, ガラッ八, フツと, 一挙に, 上の, 二つ目の, 二人は, 人々は, 侍従も, 円陣は, 勝負に, 同じ失敗, 同時に二人, 呼出したり, 呼出したん, 子供たちを, 幕, 彼は, 忽ち手応え, 明け方までに, 水夫たちは, 永田組の, 物蔭に, 知らせて, 稚児の, 立ちあがったが, 自分の, 裾模様の, 見てるま, 親しみを, 諸方の, 路地の, 踊が, 辰吉に, 近くに, 道具を, 鐘楼堂に, 馬車は

▼ 合図する~ (41, 2.3%)

3 のであつ 2 と二人, と彼, のを

1 [32件] いとま, かのやう, かの如く手, ことに, ためどこからでも, ためゆっくり, とそれツ, とまもなく, と一緒, と今度, と八重, と大工たち, と怪人たち, と直ぐ, と自分, と閑太郎, と飼主, のか, のだ, のだろう, のでみんな, のに骨, ほど親しく, まではいささか, トラムペツトを, 俥屋の, 無線電信万国ABCの, 番牛が, 百合子の, 規則に, 銅羅が, 間も

▼ 合図~ (37, 2.0%)

4 なって 3 見えて 2 なる, みえて, 一緒に

1 [24件] いっしょに, しましょう, し彼, する, するブルターニュ, それを, なったの, ほとんど同時にレーニ, 一しょに, 一緒かの, 同時に信長公, 同時に城門, 同時に笑い, 小文治, 後ろの, 早合点し, 知り給え, 示し合せて, 見え今まで, 見え武士を, 見え火星人の, 見たよう, 見て, 言いますか

▼ 合図でも~ (21, 1.2%)

4 して 3 なんでも 2 する様

1 [12件] あったかの, ありました, あります, あるかの, あろう手, されてはと, したの, するかの, するよう, なしそう, わかる通り, 外へ

▼ 合図~ (18, 1.0%)

1 [18件] この馬車, さかんに, してやるが, そっち除け, つづけられて, どうした, まるで滅茶滅茶, 人差指で, 口笛だ, 吹いても, 太鼓で, 実にうれし, 次々に, 止切れた, 永久に, 矢取, 自分を, 致しましたけれども

▼ 合図~ (17, 0.9%)

2 ありません, ない, なしに

1 [11件] できるだろうという, とどくまい, ないから, なかった, なく三曲, なく欄間, なく汽車, 全然鳴らされた, 心得て, 見ぬうち, 間に合うはず

▼ 合図だった~ (16, 0.9%)

2 とみえ, のだろう, のです, ように 1 からでございます, がバード大佐, と見える, と見え兼清博士, のか, のさ, のである, ものか

▼ 合図した~ (15, 0.8%)

1 [15件] が内心, が自分, きり返事を, だけだ, といふ, とか何とか, のだ, ので私, のにちがい, のを, ものだった, 上手筈の, 人間とか, 彼の, 時お前に

▼ 合図~ (15, 0.8%)

3 のだ, のである 2 んだ 1 のであった, のでご, のでした, のでそのまま, ので大, ように, んで

▼ 合図として~ (13, 0.7%)

1 [13件] あの祭壇, お綾, このサッポロ, その折, 七百の, 孔明の, 将軍みずからも, 拍子木が, 村, 清浄無垢の, 筋違橋まで, 運び出づる杯盤の, 魏延の

▼ 合図~ (9, 0.5%)

1 しかも敵, ぜ, ぞ, つたのである, と思っ, な, な梟, よ, ッたんで

▼ 合図~ (7, 0.4%)

1 え, だるい戯れ, どうか, わかりません, グルグルグルと, 多くの, 挑戦状か

▼ 合図めいた~ (7, 0.4%)

2 調子を 1 ことを, 大きな声, 手紙を, 眼配せ, 音は

▼ 合図であった~ (6, 0.3%)

1 か, かのよう, とみゆる, と見え, のか, ものと

▼ 合図とともに~ (6, 0.3%)

1 どっと押しよせ, 五頭の, 打ちそろって, 押しつつんで, 遠巻きの, 閉じられ以後

▼ 合図と共に~ (6, 0.3%)

1 ぐるぐると, もろにこいつ, 忽ちそこら, 火を, 社殿を, 藤の

▼ 合図である~ (5, 0.3%)

2 かのよう 1 ということ, とは言えないでしょう, と殆ど

▼ 合図によって~ (5, 0.3%)

1 テレビ会見は, ナイフで, 一時に, 兵馬は, 平岡を

▼ 合図一つ~ (5, 0.3%)

1 でいつ, でお, で呼, で群がりたっ, で飛出し

▼ 合図には~ (4, 0.2%)

2 口笛を 1 いっこう気, 拍子木を

▼ 合図らしい~ (4, 0.2%)

1 ものが, 叩き様で, 太鼓の, 眼付を

▼ 合図に従って~ (3, 0.2%)

1 ふたたび密, 動くの, 運送屋が

▼ 合図され~ (2, 0.1%)

1 て手, て燭台

▼ 合図し合っ~ (2, 0.1%)

1 たりどうやら, ているらしい

▼ 合図だけ~ (2, 0.1%)

1 して, すると

▼ 合図だっただ~ (2, 0.1%)

2

▼ 合図ででも~ (2, 0.1%)

1 あったよう, あった様

▼ 合図では~ (2, 0.1%)

1 ありませんか, なく戦端

▼ 合図とも~ (2, 0.1%)

1 なって, 見られるこの

▼ 合図どおり~ (2, 0.1%)

1 に帆, に扉

▼ 合図をと~ (2, 0.1%)

2 思う矢先

▼ 合図次第~ (2, 0.1%)

1 よきよう, 押し入って

▼1* [75件]

合図あらばすぐ, 合図いたしましたがあれ, 合図いたしますからご, 合図いまやと待ち, 合図おこたりないさま, 合図かと思つてゐる, 合図かも知れないが, 合図くらいのことは, 合図ッと, 合図さえあれば, 合図された男は, 合図されるや丹生川平, 合図され出していた, 合図しあうと八方, 合図しいしい黙って浜七, 合図しか待って, 合図したならわたしが, 合図したら一斉に, 合図したらしいのを, 合図しだいでかけ出す, 合図しといて落下傘, 合図しますにより駆けつけ, 合図し合うための, 合図ゃあんめえが, 合図じゃありませんか, 合図その一刹那数十人の, 合図それが確, 合図ぞと表方へ, 合図だけのことよ, 合図だけは知って, 合図だ頼んだよ, 合図であって火花, 合図であり帰ってくれ, 合図でございますよ, 合図でしょうネ虎, 合図でなければ何ん, 合図とかの必要は, 合図としては邸内を, 合図ととも一手は, 合図とにかくその通り, 合図とはいったい何, 合図などのために, 合図なども用いたの, 合図などをするの, 合図なら私だって, 合図なんかして, 合図につれ滑車を, 合図につれて数百人の, 合図によつて食事やら, 合図によりて起臥進退する, 合図のろし或いは随時, 合図ばかりを待って, 合図ひとつで一気に, 合図みたいな真似, 合図もないまに, 合図身振り啜, 合図やも知れません, 合図らしくさっき見えた, 合図を以て双方より, 合図シタミタイニ手ノ痛, 合図だ, 合図待ちうけながら, 合図或いは通信文を, 合図の仲仕, 合図に夫, 合図知らせをした, 合図笑い納めて, 合図系体というもの, 合図に聞, 合図致せよ, 合図足音をころし, 合図軽く先生に, 合図通りあとの人, 合図の合図, 合図鳴子は何