青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「口~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

取出し~ 受~ ~受け 受け~ ~受けた 受けた~ ~受ける 受ける~ 叢~ ~口
口~
口々~ ~口実 口実~ 口惜し~ 口笛~ ~口調 口調~ 古~ ~古い 古い~

「口~」 54249, 521ppm, 184位

▼ 口~ (18349, 33.8%)

446 開いて 321 開いた 297 出した, 噤んで 262 つぐんだ 253 つぐんで 243 きいて 242 開けて 238 あけて 206 あいて 199 切った 180 噤んだ 173 利いて 130 きいた 125 揃えて 123 出して 121 寄せて 119 入れた 112 きかなかった 111 ついて 110 そろえて, つけて 108 利くの 105 利いた 95 結んで 94 きくの 92 きくこと 90 出しました, 利かなかった 78 切つた 72 ひらいて 71 はさんだ 68 緘んで 63 挟んだ 62 利くこと 60 よせて 59 緘みました 57 きった 54 衝いて 53 動かして 50 きかない, 閉じて 49 尖らして 47 ひらいた 43 きかないで, 開けば 42 出て 41 出す, 持って 40 きいたこと, 開きました 39 切りました 38 切って 37 きかずに, 尖らせて, 緘して 36 ゆがめて 35 容れました, 探して 34 きくと, とがらせて 33 きく者, して 32 あてて, 揃へて 31 塞いで, 酸くし 30 きくよう, むすんで, 開くと 29 き, もぐもぐさせ, 出したの, 利いたこと 28 とがらして 27 もって, 曲げて 26 出します, 出ると, 利かない, 利かなかつた 25 あけた, きいたの, きこうと, 利くよう, 添えて 24 利かずに, 利くもの, 寄せた, 押えて, 拭いて 23 歪めて, 開きながら, 開く 22 はさみました, 割って, 挾んだ, 添えた, 開いたの, 開くの 21 開かない 20 きく, つけた, 利かないで, 利く, 突いて, 閉じた, 開き, 開こうと 19 きくもの, きくん, ふさいで, 入れて, 尖らせた 18 あいた, きいては, ききながら, 利いたの, 合せて, 開かなかった, 開けたまま 17 おさえて, ききました, はさんで, ポカンと, 抑えて, 結んだ

16 [12件] かけて, きくな, つぐみました, つぐむと, とじて, 入れました, 利くと, 取って, 大きくあけ, 挾みました, 藉り, 開きて

15 [13件] きいても, きかなかつた, すべらして, そろへて, つけるよう, 切る, 切るの, 利き出した, 動かした, 当てて, 拭って, 見つけて, 開けた

14 [13件] きいたり, きかないの, ひらけば, もぐ, 一文字に, 切ると, 利いたり, 利いては, 利いても, 尖らした, 手で, 添へ, 滑らして

13 [11件] いれた, すぼめて, とがらした, ひらきました, まげて, 出すこと, 利きながら, 噤んだが, 辷らして, 開いたまま, 開くこと

12 あけたまま, ききませんでした, きりました, モグモグさせ, 利きませんでした, 利く者, 利こうと, 挟みました, 糊し, 開こうとは

11 [19件] あいたまま, きいた事, 借りて, 入れる, 出さずに, 出し, 切ったの, 利きました, 利く事, 利けば, 噤んだまま, 大きく開け, 挿んだ, 突らせ, 窄めて, 覗いて, 閉ぢて, 開いた時, 開きぬ

10 [23件] かりて, きく人, つぐむ, つぐんだまま, ガッと, 出したり, 出すと, 出た, 出ようと, 利いた事, 利くな, 噤みました, 噤むと, 噤んでしまつた, 塞いだ, 大きく開い, 寄せ, 封じて, 挟んで, 明けて, 濁して, 酸っぱくし, 開いたり

9 [22件] きいたが, きく事, きく時, きっと結ん, きつた, たたいて, だした, だして, ひらくと, 世話し, 出すな, 利こうとは, 少し開い, 押えた, 挟む, 添へる, 結んだまま, 近づけて, 閉ぢた, 開いたが, 開かせて, 開くもの

8 [32件] あわせて, お利き, ききません, きくまいと, きくもん, きけば, きって, きると, すっぱくし, すべらした, つぐんだが, つぐんでしまつた, とおして, とがらせた, とって, もごもごさせ, ゆがめた, 切ろうと, 利かうと, 利かないの, 利くやう, 利くん, 利く時, 叩いて, 合わせて, 大きくあい, 抑えた, 極めてその, 緘んだ, 解いて, 開かなかつた, 開きません

7 [30件] おさえた, きかなければ, ききます, きく力, そえた, つけると, とんがらして, ぬぐって, はさむ, ひらき, もぐもぐさせた, アングリと, 入れます, 出すの, 利いたもの, 利かなくなった, 動かしながら, 向けて, 噤む, 圧え, 大きくひらい, 寄せました, 押えながら, 押へ, 明いて, 極めて賞め, 耳まで, 見せて, 開かせること, 開けさせて

6 [47件] あけると, きいた男, きかないこと, きかなかったが, きくとき, きく気, さがして, すべらしたの, すべらせたの, だしました, つぐみます, とじた, ぱくりと開け, ぽかんとあけ, ゆがめながら, よせながら, カッと, パクパクさせ, モガモガさせ, 付けて, 出さない, 出す権利, 利かぬ, 利き合, 利く力, 割りましたよ, 割りません, 動かすの, 取り出して, 吐いて, 噤むより, 固く結ん, 堅く閉じ, 塞ぎました, 塞ぐと, 小さくあけ, 押へて, 持つて, 挾んで, 探しに, 濁した, 糊するに, 聞いて, 酢くし, 鉗んで, 開かぬ, 開けたり

5 [70件] あける, うごかして, きいたか, きかして, きかせようと, きかないよう, きかぬの, ききだした, きくが, きくわけ, きく元気, きけ, すべらせた, つけ, つけながら, とんがらかして, ぬらして, のぞいて, はさんだの, ぱくぱくやっ, ふいて, アングリあけ, キューッと, モグ, 入れたの, 出さないで, 出したこと, 出す者, 切つたのは, 切つて, 利き出したの, 利くまいと, 利くも, 利く元気, 利ける, 利こうとも, 塞がれて, 塞ぐため, 容れたの, 容れます, 寄せながら, 寄せると, 封じられて, 尖がらかして, 尖らしながら, 抑えるよう, 拭いた, 指さした, 捜して, 極めて賞讃, 横に, 此二上山に, 求めて, 洗ひ, 洩れた, 添えました, 當て, 私の, 結んだが, 緘めた, 締めて, 覆って, 見て, 開いたよう, 開かねえ, 開きその, 開きます, 開けたばかりの, 開けると, 頼んで

4 [115件] あいたが, あかなかった, あくと, あけたり, あけては, あけながら, あて, あんぐりと, いって, おきき, おさえました, おさへて, きいたから, きいちゃ, きかないが, きかないので, きかなかったの, きかれて, ききはじめた, きき合, きくから, きくという, きくので, きく必要, きく気力, きこうとも, きったの, きっと結び, しめして, すくし, だすな, だらりと, つかんで, つぐみそれから, つぐむの, つけんばかりに, とがらしながら, にごした, はいって, ふさいだ, ふさがれて, ふさごうと, ぽかんと開け, もぐもぐさした, やって, よせた, よせると, 一ぱいに, 一杯に, 両手で, 使って, 入って, 入れると, 出す場所, 出せば, 出そうと, 切ったが, 切らなかった, 利いたが, 利かないので, 利かないほど, 利かなかったが, 利かれて, 利くから, 利くでも, 利く気, 割つて, 割ろうと, 叩くの, 噤みそれから, 噤みます, 噤めば, 塞ぐこと, 塞ぐ氣, 容れるの, 少しあけ, 引きしめて, 抜いて, 押さえて, 拭きながら, 指さして, 挾むの, 挿む, 掛けて, 探すの, 掩い, 掩うた, 掩ひ, 曲げた, 極めて, 求めに, 添える, 滑って, 滑らした, 滑らしたの, 滑らせた, 破って, 糊した, 糊すること, 緘しました, 耳に, 自分の, 蔽うて, 袖で, 見ると, 通って, 閉して, 閉めて, 開かなければ, 開きかけたが, 開くよう, 開く前, 開けながら, 開ける, 離れて

3 [250件] あいたり, あきそれから, あくの, あけ, あけたの, あけば, あけました, あけようと, あてた, あてました, あんぐりあけ, いれて, いれました, うごかしながら, うち開い, おかずに, おききなさい, おさ, おさへた, かえて, かけても, かっと開い, きいたので, きいたわけ, きいてるの, きかずただ, きかせて, きかないくせ, きかないという, きかないばかりか, きかないん, きかなくなった, きかぬ, きかぬこと, きかれると, きき, ききあって, ききさえ, ききそう, ききながらも, きくし, きくたび, きくでも, きくどころ, きくなんて, きくのさ, きくべき時, きくやう, きくやつ, きく勇気, きく度, きく男, きり出した, きるの, きろうと, くわつと, さしはさんだ, さしはさんだの, した, したの, しっかりと, しばって, しめて, しや, すつぱくして, すべらせて, するの, そ, そえて, たたくな, だすこと, ついた, つぐみ, つぐみぬ, つぐみましたが, つぐみ眼, つぐみ自分, つぐむより, つぐんだの, つぐんだ後, つぐんだ時, つぐんでから, つけただけ, つけました, つけるやう, とざした, とじたが, とじたまま, にごして, はさみ, はさむこと, はなした, ぱくぱくさせ, ぱくぱくと, ひらいたの, ひらくこと, ひらこうと, ひろげて, びくびくし, ふさぎて, ふさぐため, ふさぐよう, ぽかんとあけた, もぐもぐさし, もぐもぐさせる, もぐもぐし, もぐもぐと, もつて, よせ, ダラリと, ヘの, ポカリと, モゴモゴさせ, 上に, 両手に, 仮りて, 出さなければ, 出したが, 出しちゃ, 出しても, 出すもの, 出すわけ, 出たとき, 出たの, 切ります, 利いた例, 利かないかも, 利かないこと, 利かないやう, 利かなかったので, 利かなくなつ, 利かなければ, 利かれても, 利きたくない時, 利きません, 利くか, 利くなよ, 利くには, 利くにも, 利く奴, 利く機会, 割らせて, 割るよう, 動かしたが, 動かしました, 動かすだけ, 動かすと, 叩いた, 叩きながら, 啓いた, 啓き, 嗽いで, 噤みて, 噤みましたが, 噤んだきり, 噤んだの, 四角に, 圧えた, 塞いだまま, 塞ぎさうに, 塞ぎます, 塞ぐよう, 大きくし, 守って, 容れて, 寄せるよう, 尖らし, 尖らす, 尖らせます, 引き締めて, 張って, 張りて, 当て, 得て, 忘れた余, 忘れて, 手拭で, 抑へ, 押えようと, 押さえた, 押しつけて, 拭く, 指して, 振って, 挾み, 探すこと, 探せとならば, 揃へ, 搜し, 極めて之, 極めて信如, 極めて推賞, 極めて罵った, 極めて罵倒, 極めて讃, 歪めた, 永久に, 洩れて, 洩れる, 湿して, 滑らせて, 滑らせました, 濡らして, 着けて, 私は, 空けて, 突出し, 経て, 結ぶと, 經て, 緘みます, 聞きに, 聞くの, 蔽いながら, 裂いて, 裂かれても, 見た, 覗いた, 解くと, 言は, 言ひ返す, 辷らすと, 辷らせた, 辷らせて, 通った, 避けて, 酸くした, 閉じると, 閉て, 開いたので, 開いては, 開かして, 開かずに, 開かせようと, 開かせるの, 開かないの, 開かぬうち, 開きつ, 開く事, 開く女, 開く間, 開け, 開けたかと, 開けたの, 開けたま, 開けては, 開けました, 露ばかりも, 静かに, 鳴らして

2 [676件 抜粋] あいたん, あかない, あきかすか, あきその, あきはあはあ, あき眼, あく, あくあく, あけたて, あけたでは, あけたやう, あけたよと, あけたら, あけるよう, あてが, あてんばかりに, あんぐり開い, あんぐり開けた, いっぱいに, いれたの, いれる, うごかす, うるおしてから, おおって, おきみ, おほどきなさい, お開きなさい, お雪ちゃんの, かけたもの, かこって, かたく結ん, がっと, きいただけ, きいたという, きいたとき, きいたばかり, きいたもん, きいたやう, きいたよう, きいた時, きいた者, きいてるよう, きかうとは, きかないし, きかないのでな, きかない先, きかなかったと, きかぬと, きかれた時, きかれるの, ききあつ, ききあわなかった, ききなさい, ききも, ききゃあがって, ききやがる, きき合うの, きき合って, きくかと, きくこれ, きくじゃねえか, きくとか, きくなと, きくのう, きくんぢ, きく仲, きく余裕, きく権利, きく氣力, きく訳, きく金之丞, きけた義理, きけなかった, きけるの, きこうとして, きこうとは, きつく結ん, きつて, きゅっと引きしめ, きわめて, きわめてその, くぐって, こじあけて, この人, さし挾んだ, さし挿, しがり親子ふたり, しめす, しめた紐, すこし開かし, すすいで, すすぎ顔, すてきに, すべらせると, すぼめるよう, すッ, そのま, たたいた, たたくの, つくるの, つぐませた, つぐまなければ, つぐみあたり, つぐみその, つぐみ岸, つぐみ年嵩, つぐみ目, つぐんだと, つけずに, つけたが, つけない, つけない中, つけましたが, つける, つぼめて, つむんで, つんと尖らし, でた, とがらしたが, とがらすの, とがらせ, とじました, とったの, とりだす組, にごしながら, にごらしながら, にやにやまげ, ぬけて, のぞくと, はなして, ぱくぱくし, ぱくりと, ひきしめて, ひらかない, ひらかなかった, ひらくの, ひらくよう, ひんまげて, びくびく横, ぴたりと, ぴったりと, ふくらせて, ふくらまして, へし曲げた, ぽかんと開い, まげたり, まげてあけ, みつけに, むぐ, むすんだ, むにゃむにゃやりました, もう一度見, もぐもぐする, もぐもぐやる, もごもごし, ゆがめ眼, ゆるめて, よせる, カツと, シッカリと, ニヤリと, パッと, ヒョイと, ピッタリと, 三角形に, 上らない以上, 上手に, 交えなかった, 休めずに, 作って, 借りなければ, 借り数年, 入れたり, 入れた河童, 入れること, 出さない方, 出さなかった, 出したと, 出しながら, 出すこ, 出すところ, 出すべき筋, 出すまいから, 出すよう, 出す事, 出す場所ぢ, 出す機会, 出たが, 出た事, 出で, 出るなり, 切た, 切らふと, 切られた, 切られて, 切りながら, 切ること, 切るまえに, 切ろうとも, 利いたとき, 利いたならば, 利いたらお前, 利いた方, 利いてる, 利かずとも, 利かず奇想天外, 利かず音, 利かせて, 利かせないこと, 利かないから, 利かないし, 利かないという, 利かない先, 利かなかったという, 利かなかったの, 利かなくなりました, 利かぬことさ, 利かぬよう, 利かれると, 利かれるの, 利き, 利きたくなく一人, 利きながらも, 利きますか, 利きませんが, 利きや, 利き出したので, 利き出してからは, 利き出しました, 利き合つて, 利き始めた, 利き始めました, 利くからには, 利くさえ, 利くため, 利くだろう, 利くつもり, 利くという, 利くより, 利くわけ, 利く人, 利く必要, 利く方, 利く男, 利く親類, 利く間, 制したが, 割かれた秋山, 割った, 割らして, 割らせること, 割らせるの, 割らなかったが, 割られて, 割りさ, 割りそう, 割りました, 割るとは, 割るめ, 勒し, 動かさないで, 動かさなかつた, 動かしたり, 動かせて, 動かそうと, 半ば開き, 半開きに, 取ったもの, 取らせて, 取ろうと, 受け取って, 叩く, 叩く事, 合せさ, 合せたらどんな, 合わして, 合わせようと, 向けた, 向けた時, 向けながら, 吸うと, 吸ったの, 周旋し, 嗅いで, 嗽ぎ顔を, 噤みぬ, 噤むよう, 噤むを, 噤もうと, 噤んでから, 圧えて, 堅く結ん, 堅く閉ぢ, 塞いだと, 塞いだの, 塞いだ筈, 塞がうと, 塞ぎ側, 塞ぎ自分, 塞ぐの, 塞ぐ気, 塞ぐ程度, 塞ぐ積り, 大きくひらき, 大きく開き, 大きく開ける, 失った, 失って, 夾んだ, 容れた, 容れた者, 容れようと, 寄せ何, 封じたの, 封じました, 封じようと, 封じる隙, 少しあけた, 少しも, 少し開け, 尖らしたが, 尖らし口笛, 尖らし眼, 尽して, 川の, 布で, 引き裂かれて, 引出します, 当てるよう, 忘れるな, 急に, 抑えながら, 抑へた, 抑へる, 押えたまま, 押えつけて, 押え膝, 押し当てて, 拡げて, 括ったよう, 拭う, 拵えて, 指先で, 挟むこと, 挟むと, 挾まずに, 挾むと, 挾もうと, 挿み, 掌で, 探す, 控えて, 掩う, 掩った, 插んだ, 改修し, 教へ, 曲めながら, 曳いて, 机の, 極めてこれ, 極めてほめたたえた, 極めて反対, 極めて彼, 極めて怒り, 極めて悪く, 極めて罵つた, 極めて罵り, 極めて褒める, 極めて賞讚, 極めて頼んだ, 歪めながら, 洗って, 洗ふ, 洩れた言葉, 添えると, 添えるの, 渋った, 溢れる水銀, 滑らした言葉, 滑らす前, 漱いだり, 漱ぎ手, 濡し, 濡す, 片手で, 環の, 町の, 癒合する, 発すれば, 監視に, 眞似れ, 真一文字に, 眺めて, 空いて, 穿めて, 突破し, 糊するため, 糊するだけの, 糊するを, 糸で, 結びて, 結び眉, 結び眼, 結んだきり, 結んだ額, 結んだ顔, 緊めて, 緘じた, 緘むに, 緘む番頭の, 聞いたこと, 聞いたの, 聞かずに, 聞くが, 聞く様, 聞く者, 自分で, 蔽い, 蔽うた, 蔽って, 蠢かして, 西へ, 覆いたいよう, 覆つた澁紙, 見つけたよう, 見つけようと, 見つけるまでは, 見るうち, 見れば, 見ろ, 見出すこと, 見張って, 見詰めて, 触れて, 言って, 訪れたとき, 買って, 辷べら, 辷らしたので, 辷らしたもの, 近づけた, 近よせ, 這入つて, 通じ或は, 過して, 酸ッぱくし, 重くするで, 閉ざして, 閉じながら, 閉じ何, 閉ぢたま, 閉ぢる, 開いたま, 開いた中, 開いた儘, 開かうとも, 開かずこの, 開かせたり, 開かせるのに, 開かせるよりは, 開かせる外, 開かなかったが, 開かなかったの, 開かねえあんな, 開かれると, 開かんと, 開かんとして, 開きそう, 開きそれ, 開きましたが, 開き明日, 開き眼, 開き舌, 開くべく余儀なく, 開くや, 開く樣子, 開く者, 開く間もなく, 開けさせること, 開けさせるわけ, 開けたやう, 開けり, 開けるの, 開けるは, 開こうとして, 開こうとも, 開こうもの, 隔てて, 隠しながら, 離れた, 離れると, 革紐で, 飛び出して, 食いしばって, 養って, 餬し, 餬する, 鳴らしながら, 黒くあけ

1 [5049件 抜粋] あいたという, あいた形, あいてよ, あかせるの, あかんぞ, あくこと, あけある, あけずに, あけた二町四方, あけた途端, あけむんむん, あける見込み, あけ嶺, あけ茶店, あつぷ, あぶあぶ云わせるだけ, あんぐりやつ, いうから, いじって, いやすため, うごかさないで, うっかり利い, おあきなさい, おき, おさえ, おさえられたからかも, おしあて, おりて, お利きなさい, お固めくだされ, お附, かけたらきつ, かすかに, かついで, きいたあげく, きいたとしか, きいたらどう, きいた娘, きいた連中, きいてる間, きかずそれから, きかず互い, きかず怒って, きかず臨終, きかせその, きかせるひま, きかないこれ, きかないのよ, きかない様, きかなかったし, きかなかつたから, きかなくなりました, きかぬ時, きかれなかったは, きかんの, ききあわなければ, ききかねた, ききたがらない性分, ききたくなりまた, ききにくく, ききました以上, ききやあ, きき出しました, きき合う仲, きき希望, きき秀吉, きくくら, きくだろうそう, きくなり, きくほう, きく代り, きく小僧弟子, きく気分, きく計り, きけないの, きける子, きつく結んだ, きり, きわめてほめたたえた, きわめて直義, きわめて雷師匠, くぐり更に, ぐいとひと, こしらえるやら, こっちに, さがしに, さしはさまず默つて, さし入れた自分, さすと, しくもあれ我が, した黒犬, しのぐこと, しますだろうと, しめてゐる, しめ眉, すぎたところ, すごすくらいは, すひたりけるに, すべらしたので, すべらし暮, すべらせたん, すぼめてのみ, するも, そそいだり, そのまままるで途方, そろえてかの, たしなめながら, たたきやがると, たたく悪戯, だしては, だらしなく開け, ついたに, つくと, つぐまなかった, つぐみこんで, つぐみたれからとも, つぐみ冷たく, つぐみ弥生, つぐみ聴者, つぐみ頭, つぐむ理由, つぐんだ多分感, つけずおどおど, つけたバット, つけまして, つけ割れるよう, つねっても, つまへてもの, とがっら, とがらし目, とざし頑として, とつぜん大きく, とる村, どんなにとがらせた, なんなく開かせ, ぬきながら, ぬらすこと, のぞくたび, はさませなかったから, はさんでは, ぱく, ぱくりとあい, ひきしめたり, ひくひくさせた, ひょっとこに, ひらかせるため, ひらきましたよ, ひらき白い, ひらく前, ひん曲げ眼玉, ふさいだだけ, ふさがれたの, ふさぎ目, ふさぐ手, ふわふわと, ほとばしった, ぽかんと開けた, まちがって, まわして, みにくくゆがめ, むすびその, むづ, もぐもぐさして飲んだ, もごもごやった, もて, もれる小言, ゆがませて, ゆがめるほどに, ゆるめ奉書, よせボソボソ, わすれたか, アンと, ガラガラ嗽いだ, グッと, ハンカチで, パクパクやりました, フウ, ムグムグやり, モガモガやり, ワングリと, 一人でも, 一段降つた, 三日月形に, 下へ, 並べて, 乳首に, 二度三度あけそれから, 云って, 交わしやがて, 仰向けて, 何かで, 併せて, 信じられない程度, 傾けた, 光枝に対して, 入るるは, 入れた大, 入れる人, 入ろうと, 凝っと, 出さないこと, 出さなかつた新しい, 出されると, 出したくは, 出しました少し, 出し給うな, 出すです, 出す人々, 出す様子, 出せませんよ, 出た筈, 出るに, 出入りした, 切った日本左衛門, 切つて人々を, 切らうとして, 切り出そうと, 切るまでには, 切る言葉, 利いたくらいの, 利いたところ, 利いたら命, 利いた婆, 利いた者, 利いてるらしい, 利かずいつも, 利かず内心, 利かず教室, 利かず非常, 利かせは, 利かないか, 利かないはず, 利かない割合, 利かなかったぐらいで, 利かなかつたが, 利かなくなる方, 利かぬ業, 利かれません, 利きあって, 利きたくないの, 利きなさるの, 利きますと, 利きやがる, 利き出すなぞ, 利き合うほどに, 利き始めるという, 利くかな, 利くためし, 利くなどとは, 利くべきもの, 利く二才, 利く対手, 利く機会さ, 利く興味, 利け, 利て, 制するため, 割ったと, 割らず平次, 割らないばかりか, 割らなきや, 割りませなん, 割ること, 力一杯に, 動かしざま, 動かしなされた, 動かし頭, 動し, 半分開けた, 取ったとか, 取りたり, 取り出し十銭玉, 取れ, 叩いたり, 叩く人間, 合せさえ, 合わするに, 名古屋の, 含嗽し, 吸ひたりける, 啓かざる, 喋んだ, 嗽が, 嘗めて, 噤ました, 噤まんや, 噤み台所, 噤み間もなく, 噤むの外, 噤んだそれから, 噤んだ千, 囁きたそう, 固めて, 圧するが, 堅く結び, 塞いだ上, 塞がなければ, 塞ぎさ, 塞ぎましたならば, 塞ぐごと, 塞ぐ方法, 外して, 大きくまげ, 天に, 奥へ, 守れば, 寄せまして, 寄せ囁きはじめた, 封じただ, 封ずるよう, 少しくあけ, 少し開いた, 尖らかすよう, 尖らし唇, 尖らせふうふう, 尖らせ目, 嵌んで箸, 己達に, 幾度か, 弄りながら, 引き曲げるよう, 引っぺがしてぬすみ, 弟が, 弾いて, 彼に, 得るの, 心配し, 怒らせて, 悩ますべく風, 慎むもの, 懷から, 手繰り続けて, 抑えたので, 抑える, 抓らずに, 抜き取ろうと, 押え, 押えられた彼, 押さへて, 押合いヘ, 括った三個, 拭い一瞬苦悶, 拭つ, 拾った人, 持った妖精, 指差しながら, 挟む程度, 挾む場合, 捜したの, 捻って, 掛けたん, 探したらうか, 探すが, 接て, 掩ふめり, 描いた, 撃破した, 攻め口と, 敲くと, 明かさずたんまり, 明ける事, 曲げるところ, 曳ッぱって驀し, 枕許の, 検査しました, 極めてほめた, 極めて于吉仙人, 極めて周瑜, 極めて将監, 極めて惜し, 極めて激昂, 極めて皇子さま, 極めて絶叫, 極めて褒めそやした, 極めて賛同, 横切ること, 止めなかつた, 歪めた何とも, 歪め妙, 殘し, 求めた迄, 洗いゴロリ, 洩れた意外, 海に, 添えないので, 減らさせましたい心, 滌いでゐる, 滑らしました, 滑り出ると, 漱ぎて, 漸くに, 濁し気味, 烈しくどもらせ, 特に結び, 率直に, 男よりは, 百回以上噛まない, 目付け出した, 真正面から, 着けたよう, 知ること, 確かり, 突いたけれど, 突っ走って, 箕の, 糊し二萬圓, 糊するわれわれ, 細め頬, 結び六かし, 結ぶよう, 結んだ慎吾, 綻ばせて, 緘し吹聴本能, 緘み, 締めい, 縛つた上お, 縫せ, 耳許に, 聞かぬと, 聞き得なかつた, 聴くこと, 自由に, 落すの, 蔽い鼻, 行列させ, 被ふこ, 覆うて, 覆ひ夜天, 見つけ, 見つめて, 見付けるまで, 見出すきっかけ, 見附けて, 覘った, 触れない, 言うの, 言われ敬遠, 調べたもの, 貰つた, 走らしたんでね, 転げ込んで, 辷らしたとおり, 辷らし過ぎたなと, 辷らせてでも, 返すこと, 逃れたる心地, 通りかかるたびごと, 運動させ, 選んだ方, 醜く開く, 鎖して, 閉ざした, 閉じたまま, 閉じようと, 閉じ暫らく自分, 閉ぢぬ, 閉めろそして, 開いたまま喰, 開いたポケット, 開いた小西警部, 開いた白い, 開いていう, 開いてわ, 開かすこと, 開かせそれから, 開かせなかったと, 開かせるまでも, 開かないから, 開かない主義, 開かなつたが, 開かれ, 開きいふ, 開きさる, 開きませぬ, 開き出すと, 開き得なかった, 開き洞, 開き裁判長, 開くたび, 開くまいと, 開く墳墓, 開く男, 開けさえ, 開けたお, 開けた声, 開けた自分, 開けてさ, 開けひどく, 開けるだらう, 開け喉, 開け紅, 開らいた, 附けたの, 隱し, 離せば, 預かる下足番, 額に, 食いつないで, 養つて行く, 鳴らし驚かさないよう

▼ 口~ (7421, 13.7%)

356 出して 209 して 91 くわえて 88 すること 87 出しては 83 するの 81 した 65 入れて 50 しなかった, 手を 49 あてて, いえば 48 立って 41 入れた 38 出て 37 したこと, 出さなかった 36 する 34 出した 32 出すこと 31 すると 28 したの 27 するもの, 含んで 25 持って 24 しながら 22 くわえた, ふくんで, 啣え 20 当てて, 指を 19 しない, 出すの, 出た 17 しては, するよう, 言えば 16 する時, 云うと, 云えば, 泡を, 腰を 15 出したこと, 出たの, 銜えて 14 しないで, する者, 腥, 言って 13 するも, する人

12 [13件] いうと, したり, する事, する言葉, なって, 云えない, 云へば, 出すと, 出せなかった, 出なかった, 合うよう, 啣えた, 蓋を

11 するところ, もって, 入れる, 立つて, 銜えた

10 あて, されない, しなかつた, 上った, 入れると, 出しても

9 [15件] かかると, した事, しなくなった, 入れては, 出していう, 出してこそ, 出せば, 合ふ, 咥えた, 戸は, 持つて, 水を, 運びながら, 銜へ, 銜へて

8 [12件] あてがって, したと, した時, しないの, するさえ, するやう, 任せて, 入れること, 出さなかつた, 出したの, 啣へて, 運んだ

7 [25件] あてた, したが, したところ, したもの, した言葉, しなかったが, しようと, すべきでは, するな, する勇気, すれば, だしては, もつて, 上って, 上つた, 云って, 入って, 出してまで, 咥え, 咬え, 申せば, 言っても, 言へば, 運んで, 飲んで

6 [23件] いへば, くわえたまま, したとき, しても, しないよう, しなかったの, しました, すべきこと, だして, 上るの, 乗せられて, 云っても, 似て, 佇んで, 入れながら, 入れようと, 出さずに, 出す勇気, 出そう, 啣へ, 来て, 残って, 言ふ

5 [34件] いって, いっても, くわえると, しないもの, すべから, するか, するが, するという, するとき, する人々, する所, する気, する資格, せず, つけて, キスを, 伝わって, 何か, 入る, 入れた事, 出か, 出さない, 出さなかったが, 出せないの, 叫びながら, 含むと, 含んだ, 啣えて, 当てた, 待って, 當てて, 袂を, 言うが, 言うと

4 [50件] あり, ある, いうが, くわえながら, さう, さへ, しがたく, しつつ, しないし, しなくなって, しまた, す, すべき事, するたび, するに, するので, する場合, する宗助, せずただ, のぼって, のぼらぬ世, ふくみながら, ふたを, 上ったの, 上らうとは, 云へ, 入る位, 入れたが, 入れました, 入れるよう, 出さないで, 出しながら, 出すもの, 出す言葉, 出ました, 出る, 出るもの, 口を, 名号を, 向って, 唱へ, 目を, 立った, 耳を, 袖を, 言つても, 言へ, 銜んで, 顔を, 飲んだ

3 [106件] あった, あてがった, あてると, うるさき蚊, おしつけて, くは, くわえさせて, くわへて, される, しただけ, したよう, しないが, しないという, しなくな, しなくなつ, しやすい, するだけ, するだけの, するだに, するのさ, するは, するほど, するわけ, するを, する前, する必要, する程, せずに, せなん, せねば, とりついた気, なつて, ふくんだり, ほうりこんだ, 一語を, 上ること, 上るころ, 上ると, 上るよう, 両手を, 云つても, 云ふ, 云ふと, 人の, 入らないの, 入るもの, 入れたこと, 入れたまま, 入れたよう, 入れてから, 出かかったが, 出さず, 出さずとも, 出さないよう, 出さなかつたが, 出さんとても, 出しかねた, 出したが, 出しは, 出す, 出すには, 出す事, 出す者, 出せなかつた, 出ないの, 出ますと, 出るの, 合いそう, 合いますか, 含む, 呼び出して, 唾を, 唾液が, 啣える, 喞え, 噛みながら, 当てながら, 待たせて, 念仏を, 押し込んで, 接吻した, 煙管を, 申しますと, 眼を, 突っ立っ, 立たせて, 立ちふさがって, 立ったまま, 立つと, 聖母の, 聞えぬ心一ぱい, 腰かけて, 自分の, 言つ, 言は, 言はれ, 言はれたら, 言ひ消した, 誦して, 説明し, 近いところ, 近づくと, 達して, 銜えると, 錠を, 頬張る

2 [343件] あたって, あって, あてたまま, あてつ, あてました, あふれて, ありつこうと, あんぐりやっ, いうこと, いっぱいに, いつて, いつても, いふと, いれたこと, いれたそして, いれて, いれるの, おしあてた, かかっちゃ, かかっては, かざした, かなって, かゆきか, くわえそれ, くわえる, これを, されたこと, されました, しあるいは, しかねまじき親爺, しがたい, しがち, しがみついて, しそれ, したか, したから, したがる, したくは, したころ, したし, したその, したといふ, したのに, したまま, したやう, した凡て, した又, した故意, した看病夫, した者, した覚え, した験し, しだしてからの, しちゃ, しないところ, しないので, しないほう, しないほど, しないん, しない方, しない約束, しなかったし, しなかった酒, しなかった鎮江, しなかつたから, しなかつたの, しなければ, しますと, しません, しませんでした, しやしませんか, しよう, しようとは, しようもの, し文, し筆, し耳, し難い, すべからざること, すべきところ, すべきもの, するから, するごと, するさ, するだも, するとともに, するとは, するや, するよりも, するん, する一つ, する価値, する奴, する志士達, する所以, する泰西, する語, する食物, せざりき, せざりしか, せざるに, せざるを, せぬから, せぬもの, せんよう, その返事, たまらず第, つながれて, つぶやきながら, とりついた氣, なり頸, なる隧道, のぼすこと, のぼせて, のぼせられたの, のぼった, のぼるやう, のぼる前, のみこんで, のんで, はいった, はこんで, ふくみそれ, ふくむと, ふくむよう, ふくんだ, ぼんやりし, やりながら, カヤと, タバコを, ハンケチを, パイプを, パッと, 一ぱい物を, 一軒鳥屋が, 上した, 上せた, 上ったもの, 上った事, 上つてゐた, 上らなかった, 上るやう, 上る度, 乗って, 云い現せない心持, 云うの, 云ひ, 云ひ現す, 人道と, 休んで, 伝えて, 似合は, 傳は, 入った, 入ると, 入るの, 入るので, 入れただけ, 入れたもの, 入れたり, 入れた途端, 入れば, 入れるが, 入れるもの, 入れる事, 入れれば, 入ろうと, 出さずには, 出させたの, 出さないが, 出さないだけ, 出さないでも, 出さないの, 出さないまでも, 出さない以上, 出さなかったの, 出さなくとも, 出さぬが, 出さねど, 出されたの, 出しかけたが, 出したくなって, 出しただけ, 出したとき, 出したので, 出したり, 出した者, 出しちゃ, 出しませんでした, 出し得なかった, 出すさえ, 出すだけの, 出すまいと, 出すまでに, 出すよう, 出す前, 出せない, 出せること, 出せるよう, 出たと, 出たので, 出た時, 出てしも, 出ましたが, 出るほど, 出るまでに, 叫んで, 合いますもの, 合うとは, 合うの, 合うもの, 合って, 合は, 合ひました, 合ひますまい, 合ひまへ, 合ふも, 合わないと, 合わないの, 向いて, 含ませて, 含みて, 含みました, 含んだが, 含んだの, 含んだま, 含んだり, 吸ひ, 吸ひこました, 吹込む, 味う, 呼びだして, 呼吸器を, 咒文を, 咥えて, 咥へ, 喞へ, 噛ませて, 四つに, 女は, 宿りたがるもの, 尖らして, 崖を, 当てが, 当てがって, 当てたが, 当る処, 忠信孝悌の, 怪我を, 手拭を, 抜けて, 押しあてて, 押しつけた, 押し寄せる, 押し込んだり, 指あて眺め, 挟みて, 接吻し, 智慧と, 木戸を, 来る, 桜の, 楊枝を, 橋の, 毒が, 毒の, 気息を, 氷の, 法を, 注ぎ入れた, 流れるの, 浮んだ, 浸む粉雪, 溢れ洗面器, 火の, 現れる, 現われて, 甘きもの, 申しますれば, 男に, 當てた, 発するに, 白い泡, 皺を, 砂を, 社が, 突立つ, 立ちはだかって, 立ったり, 立札が, 笑を, 糊する糧, 紺暖簾を, 締まりが, 繰返して, 置いて, 美味で, 耳に, 肩を, 膝を, 至る, 舌を, 苦し, 苦しと, 荷花蘭蜜と, 葡萄つぶら玉入れ, 藉り, 觸る, 言うけれど, 言ひ, 言ふと, 言われて, 言葉の, 説明する, 誰か, 謝罪られ, 輝きます, 近づいた時, 近づいて, 近づけて, 運ぶだけ, 運ぶの, 適して, 適せざる, 釘付けに, 針を, 銜えたまま, 銜えながら, 銜み, 雑種と, 靴を, 頑張って, 頬ばつた, 頬ばる, 風を, 飛び付きます, 飛付きました, 食った, 食われて, 飮み, 飲みほした, 飴を, 魚肉の

1 [3088件 抜粋] あいまして, あうは, あげられも, あていっぽう, あてようと, あて高城, あらはる, あらわれました, ありふれたもの, ある乾き切った石段, ある桜, ある見知らぬ, いいさえ, いい耳, いうべき力, いえ, いえん深い, いたれるころ, いったもの, いつの間にか乗り移っ, いふそれ, いる彼, いれられないん, いわれては, うずたかくなっ, うのみに, おくり, おしつけぐったり, おりかけて, お日様の, かう匕首, かかりました, かしこまった女中, かなうもの, かみ手もちぶさた, ぎっしりつまっ, くり返されたと, くわえし巻煙草取り, くわえた巻煙草, くわえては, くわえまるで, くわえるやいなや, くわえパッ, くわえ叺, くわえ真っ逆さま, くわえ身, けち九と, こう匕首, こびり附いたインキ, さうも, さしこむのに, さそわれて, されたその, されてからと, されると, される朝夕, さわって, しがみつき両足, したおり, したくないこと, したその後, したなるほど, したら容易, したる証左, した二, した切り, した天華, した所, した最後, した瞬間, した覚悟, した音, してるし, しないから, しないと, しないやう, しない事, しない樽野, しなかったため, しなかったもの, しなかった者, しながらも, しなけりゃならんの, しはじめてから, しますこと, しもういよいよ, し出した, し始めたの, し新聞紙, し蜜, し阿波, すがた, すべからざるところ, すべきでない, すべき言葉, すまいという, するきり, するそれ, するとしても, するなどは, するほどの, するウオツカ, する人道, する力, する唱歌, する女性, する平和, する恋, する時代, する殺人犯, する無遠慮, する発端, する程度, する舅, する通り, す可, せざる者, せずお互い, せずには, せず別, せず忍耐, せつせと, せぬ人, せぬ謹厳, せられたかという, せる言葉, そう言っ, そのおさない, それを, たにし, たまるとか, だしたこと, だすこと, ちっぽけな, ついた糸, つぎこみ汝, つけたりなんぞ, つけると, つづけて, つめかけて, できないこと, でたの, とびこんで, どなりながら, なさること, なった処, なまめかしい女物, なり一生涯警察, なるやら, ねじ込んで, のせるよう, のぼせそれ, のぼせると, のぼったようす, のぼらぬわけ, のぼるよう, のまれて, はいらないから, はいります, はじめて吸った, ひかえて, ふくみそれでも, ふくむだけ, ふくんだビール, ふれた, へたへたと, ほおばりましたが, まかせ候, むかひて, もじもじし, ゃあいうけれど考え, やや近い, よせました, わずかばかり, ガタガタ顫え, クシャミ薬を, シッカリは, スラヴ的と, バットを, メガフォンを, 一俵くわえる, 一度屹, 一杯満, 一番遠い, 上さぬ, 上せなかつた, 上ったあの, 上った黒部平, 上つては, 上らない所, 上りも, 上るはず, 上る言葉, 上ろうとは, 不味い時, 不足しない, 中で, 主婦は, 乗つて, 乗ろうもの, 乞食芸人と, 二円あまりの, 云い切れないかも, 云い表わされない悲しみ, 云う事, 云える, 云ひあらはす, 云われない不快, 云われる生活, 人形の, 仇名が, 付て, 伝えられて, 伸掛っ, 何ごとか, 何アメリカの, 供えて, 傳へられ, 先程から, 入らないし, 入らむとする, 入りそう, 入るだけの, 入るを, 入れかねる大きな, 入れたきり, 入れたまま空, 入れた人, 入れてさえ, 入れなかつた, 入れようか, 入れるから, 入れるの, 入れる気, 入れ得たら夜中, 入れ残り, 共産を, 凉を, 出かかるほど, 出さずそのうえもはや, 出さず逢いたくなっては, 出さないと, 出さない限り, 出さなかつたと, 出さぬまでも, 出された事, 出されぬからとて, 出し, 出しさえ, 出したことば, 出したもの, 出したら最後, 出した時, 出してさ, 出しますまでには, 出し合わないでも, 出し新しい, 出すずッ, 出すはず, 出す一語一語, 出す機会, 出ずあれ, 出せないたち, 出せない幾度, 出せぬ浪路, 出せんでも, 出たとたん, 出たん, 出た言わば, 出でぬ, 出ないよう, 出よい, 出る詞, 出来なかった戦後, 出頭すれ, 別事を, 力を, 勧めようと, 原因を, 取り附き, 叶いましたならば, 合いますまいから, 合うが, 合ったそれら, 合ふか心配で, 合わないかも, 吊したの, 向かったが, 向ふと, 含ませられたと, 含みそれで, 含み我国, 含めば, 含んでしまつた, 吸った煙草, 呑む, 味わい鼻, 呼びだした, 呼んで, 唱えしめ以, 唱えるとき, 唾が, 啣へながら, 喋るその, 喰ませた, 噛みその, 団菊左と, 土を, 地唄などと, 坐つて, 塞がって, 変って, 大きな理想, 大股に, 奢る虹鱒, 妖気を, 婦人の, 宛行い, 寄り集って, 小さな中華ソバ屋, 小名木川の, 尽せぬほど, 居然と, 山椒の, 差しかかると, 帰るに, 平和を, 建てて, 弱々しい微笑, 当つて, 当てたハンカチーフ, 当てる, 当て無理, 影が, 彼女の, 待ちかまえて, 御番頭, 心当りが, 怒を, 愛情と, 慣れざる者, 懸れる大, 戻り戻りつ行きつはて, 打ちつける波, 投げるよう, 投じて, 押しこまれた時, 押しつけました, 押し合ったらカヤ, 押し込み眼が, 拠せて, 挟まったの, 据えるなぞ, 掛かると, 掻きこむ呑みこむまた, 放り込む, 教育を, 文書に, 於て, 旭が, 時々上った, 書いたが, 木偶の坊と, 架した, 栗と, 棒立ちに, 標示杭を, 欲しくなる, 正義の, 残つ, 殘れ, 比べると, 気絶し, 決してしつこから, 法華経普門品を, 注ぎなど, 注ぐと, 洩らしたという, 流した, 流行の, 浮ばなかつた, 浮世の, 涎を, 渡された昼, 漲り頬, 灌が, 炭焼小屋が, 煙が, 爽かな, 牡丹餅より, 猿ぐつわを, 現れて, 現われた女中, 生れた語り物, 申したら真正, 申すが, 當て, 発して, 白いうみ, 皆思わず, 目に, 眼鏡を, 石でも, 祖国の, 秋の, 移ると, 空き地と, 突っこみやや, 突立って, 立ちすくんで, 立ったキヨ, 立ってた二人, 立つた彼, 立停った, 立集ひ, 笛がへ, 簇が, 精神第, 納れた, 組違へて, 絶たねば, 総後架, 纏めて, 置こうと, 聞いたの, 股を, 脱ぎすてた男女, 臨ませて, 自重を, 舐めて, 苦い皺, 苦力と, 莞然, 葛岡を, 薪漬もの, 蛙鳴, 血を, 行く事, 表しません, 表わすの, 襷がけの, 見ると, 触れた, 言いながら, 言うけれども, 言うより, 言った, 言はず止むなく, 言わずおおよう, 言わんと, 訪ねて, 話させるそして, 誦み, 誰かの, 謡が, 貧乏と, 賞められたい, 走けて, 足音が, 軽くあて, 迎へて, 近い河岸, 近い腰掛, 近く引寄せまし, 近づいたとき, 近よって, 迷信とか, 這入っても, 通り魔という, 運び一気に, 運河の, 達したぼくら, 適す, 適って, 適物を, 醜いと, 鉄の, 銜えたゲラニヤ, 銜えます, 銜て, 長方形の, 関所破りと, 陣を, 隠そうとさえ, 雌が, 非難し, 響いた, 頬ばっ, 頬張って, 頬張り込んで, 飛び込もうと, 食すべきもの, 飯森杉という, 飲みほして, 飲むと, 飾が, 駆られる講演, 高昌人といつても, 鮮血を, 麹香を

▼ 口~ (6172, 11.4%)

1002 中で 191 うちで, 中に 179 中へ 140 なかで 103 利き方 98 端に 71 方へ 69 きき方 62 内で 53 まわりを 52 下から 49 中が 46 中の 44 裡で 38 ところへ 36 あたりを, 中から 34 前に, 端を 33 ところに 31 ように 30 あたりに, なかに, 中には 29 先で, 利きよう 27 中を 26 中は 25 うちに, 上に 24 はたに 20 なかへ, ような, 方から 18 ほうへ, まわりに, 方を 17 達者な 16 内に 15 ききかたを, ところで, 惡い 14 端にも 13 周囲に, 方は, 辺に 12 なかから, はたを, 先では, 先まで, 津に 11 まはり, まわりの, 中にて, 辺を 10 ところまで, 悪い, 悪いの, 所に, 端から, 裏で 9 あたりへ, そばへ, んで, 中では, 先に, 利きやう, 周囲を 8 ききようも, やうに, 上の, 上を, 中, 前で, 戸を, 方に, 端へ

7 [11件] うちにて, 下で, 下に, 中にも, 利けない, 外へ, 悪いこと, 所へ, 端の, 蓋を, 隅から

6 [20件] あたりには, あたりの, ことを, ところだけが, なかの, やうな, 上で, 内へ, 処に, 利きかた, 利き様, 利ける, 動くの, 右側に, 外に, 所で, 横に, 端には, 縁へ, 酸くなる

5 [19件] あたりで, ききかたも, さきで, そばに, まわりが, 上へ, 中まで, 先だけで, 処へ, 周囲には, 大きいの, 方が, 方で, 端まで, 裡に, 襖を, 詞から, 隅に, 障子の

4 [31件] あたりが, あたりは, ききかたは, ききようを, なかが, へんに, へんを, まわりには, まわりや, 世話を, 両側に, 中でも, 中も, 代りに, 傍に, 先きで, 先だけ, 内にて, 周りを, 底で, 悪い奴, 横わきを, 津で, 美しさ, 聞き方, 角に, 評定所へ, 辺で, 重い人, 隅を, 電燈が

3 [68件] あるの, うちだった, うちであっ, うちでは, お悪い, ききかたなども, すっぱくなる, ところだけ, なかを, ひとわれに, ふちに, ふちへ, ほうで, ほうを, よくない, わきに, ドアを, 一方の, 上手な, 両端が, 中だけで, 中でとなへ, 中と, 傍で, 傍へ, 先へ, 先や, 処で, 処まで, 出しようが, 利きぶり, 利き振り, 前まで, 剣を, 周囲の, 固いの, 外で, 奥が, 奥に, 床几に, 底を, 悪い男, 所を, 扉を, 敷居の, 方には, 方の, 方へと, 木戸へ, 栓を, 汗などを, 泊瀬の, 津から, 津の, 津へ, 目安箱に, 短刀を, 端が, 紐を, 縁に, 血が, 裡, 話は, 軽いの, 軽いもの, 辺へ, 辺りを, 重い質

2 [231件] あたりから, あたりと, あたりまで, いろ, うち, うまいやつ, おごった土百姓, かかって, かがやくは, かけた土瓶, ききぶりは, ききぶりや, ききようが, ききようだ, きき方の, きけないの, きけない動物, きけない者, きけるお, きけるの, くせに, ことです, さうび花, さが, さきの, さまを, すみから, そばで, そばの, ついた天窓, ところでは, ところを, ない人間, なかには, なかは, にほひ, はたが, はたの, はたも, ひろい長さ一メートル半, へらないこと, ほうが, ほうに, ほとりに, まわりから, まわりにも, わるい連中, ハタに, 一つも, 一つや, 上から, 上まで, 上流, 下の, 下唇, 両すみ, 両脇, 中いっぱいに, 中だけに, 中であっ, 中でし, 中での, 中へと, 中へは, 中へも, 中や, 中より, 中一ぱい, 乾かぬうち, 二つある, 二畳は, 人に, 人の, 側へ, 傍らに, 先が, 先は, 先ばかり, 先筆の, 入口から, 兩端に, 内, 内と, 内外に, 内外は, 利かれねえ筈, 利る, 利方を, 前から, 前を, 割れぬうち, 動かし方, 動きで, 千の, 口を, 右の, 右手に, 周りだ, 周りだの, 周りに, 周圍に, 唾を, 四カ所を, 四谷方面に, 土間に, 堅い一番, 堅い男, 壁に, 声は, 外から, 大い, 大きいいかにも, 大きさ, 大きな侍, 大きな岩, 奥から, 奥で, 奥の, 始末が, 孔並びに, 官能も, 家の, 小言も, 左側に, 左右に, 巧い, 弁を, 形です, 形の, 形を, 復習を, 心当りが, 恰好に, 悪いもの, 悪い世間, 悪い人, 悪い女, 悪い批評, 惡いこ, 戦, 所だけ, 所まで, 扉は, 扉も, 手前に, 拙ない, 捻り肩, 掛合も, 方にも, 暖簾を, 有料道路の, 木戸から, 木戸を, 板の間に, 板敷から, 柱に, 柱へ, 様に, 欠けた土瓶, 欠けた醤油, 歌を, 歪んだ女, 歪んで, 泊瀬小国に, 津が, 津とを, 渇きに, 渇きを, 減らない返事, 減らねえ野郎, 片隅に, 犠牲である, 登路に, 石段が, 石段を, 砂は, 穴から, 穴の, 窓を, 端と, 結びは, 結び目を, 聞きやう, 膏薬を, 臭い婆さん, 花の, 表情が, 表情で, 表現は, 裡にて, 見当は, 角から, 角を, 評定所へでも, 軽い方, 軽そう, 辺が, 辺にかけて, 辺には, 辺は, 辺まで, 辺りに, 過ぎたのに, 邊で, 邊に, 部屋です, 部屋の, 配置が, 重いいつも, 重い男, 重い癇, 重い金太, 長く細く突出, 開いてること, 開き方, 間から, 間が, 間で, 間に, 間へ, 隅血泡を, 階段の, 階段を, 障子が, 障子に, 障子を, 順序正しく, 領事館へ, 鳥居の, 黒くとも, 鼻先が

1 [1679件 抜粋] あいた袂, あかんこと, あたり僅かに, あったところ, あのガラス玉, ある小さい, ある舷側, ある體格, あんまりしわ, いやに, うごくまま, うちであった, うちでかう, うちを, うち武士は, うまい豚野郎, うるさい世間, おごつ, お使, かかるところ, かけた壺, かたい警官, かまちに, ききかたが, ききかたです, ききかたには, ききかたや, ききやすい, ききようその他, ききようの, きき憎い, きき様ったら, きき納めだ, きけないもの, きけない話すたび, きけるもん, きける千年, きららかな, ことばも, ごとく, さきから, さきでは, しまらないと, すぐそば, すっかり密着くま, すべりが, すみには, そういう顔, そとへ, そばまで, たたかいでは, ただまたニヤニヤ, ついたしびん, ついた提げ瓶, つきかけた談話, つめたいこと, てきぱきした, ところから, ところにも, ところへは, とびだした滑稽, とんがりが, ないこの, ない今, ない此頃, なかだけで, なかでも, なかまで, においが, はしにも, はたと指先, はっきり利け, ひと, ひとよ, ふかいしわ, ふさがらないの, ふたが, へらない生意気, へんから, へんには, ほかは, ほとりを, まえへ, まだ乾かぬ, まとまつた金, まるでない, まわりは, まわりも, むくれた三疋, もの音を, やや大きい, ゆがんだ四十, ようであった, よろこびが, わるい, わるい友人たち, わるい生徒, わるい野郎, アナウンスを, カギを, ギザギザに, ズッシリと, トラックに, ニッケル・カヴァーを, バンドを, 一つなる, 一二を, 一圓六十錢は, 一方に, 一枚唐紙を, 一端から, 一部分のれん瓦を, 七ツの, 三ノ, 三加番が, 三尺の, 三角洲の, 上には, 上ばかりで, 上方には, 上辺まで, 下ぐいぐい, 下痢に, 下顎, 不二家, 不浄を, 不自由に, 両はじ, 両端に, 両端を, 中がから, 中である, 中です, 中とは, 中にゃ, 中までも, 中叔母は, 中女中は, 中真白い, 乳児談る, 事だ, 二人来訪, 互いに競争, 井伊榊原も, 交番の, 人たちに, 仕事でも, 住いに, 侘しい町, 側に, 傍を, 働く下宿, 先である, 先許, 光ったニッケル, 児敢て, 全部それだけが, 兩端が, 兩角は, 六畳の, 兵へも, 内なども, 内伯母は, 内外へ, 円く盛り, 冷かな, 処には, 出しようも, 出せるもの, 刀であります, 切れ目とかを, 初瀬の, 利きようもも, 利く者, 利けない池辺君, 利けぬの, 利方だ, 削り方, 前へ, 割けたの, 劉皇叔である, 動きから, 動くさ, 勧工場という, 北側が, 南の, 危難, 収まりの, 古さ, 右方に, 合うたが, 合戦に, 吠えが, 周りから, 周り頬の, 周囲とに, 周圍と, 唇の, 唾さえ, 問題だ, 嗜好などの, 四五間先の, 四畳の, 囲いを, 固い理由, 固さ, 土間は, 坂道を, 埃つ, 城楼に, 堅いあらゆる, 堅さうな, 塩川城には, 墓窟の, 壁際に, 夕べの, 外には, 多い与, 大きいあまり, 大きい五尺何寸, 大きい決して, 大きい笑, 大きい顔, 大きく鱗, 大きなどこ, 大きな不恰好, 大きな徳利, 大きな眼, 大きな銀杏, 大きな魚, 大塵芥箱, 大橋の, 大通りの, 太い孟宗竹, 奥には, 奥歯へ, 如くその, 妙な, 娯楽それらよりも, 守りに, 守備を, 宗春の, 宿で, 対陣に, 小さい, 小さい魚, 小さな小屋, 小児, 小壜, 小楊枝を, 少し大, 尖がった色, 尖った手足, 尖つて, 居住の, 屋根は, 岩かどを, 左側から, 巧い板倉などには, 幅も, 年賀を, 広い磁器, 底から, 店舗で, 廊下の, 廻りには, 引っ裂けた, 形がい, 形だけで, 後を, 御加番植村土佐守殿京橋口, 御評定, 心配を, 恰好見れ, 悪いつまらん, 悪いのに, 悪いラ・ロシュフコオあたり, 悪い亜米利加, 悪い信長公, 悪い処, 悪い原田雲井, 悪い女房, 悪い批評家, 悪い東京ッ子, 悪い生れつき, 悪い私, 悪い落首, 悪い評家, 悪い通り名, 悪い遊廓, 悪き男, 悪なき, 悪臭をは, 惡さは, 感触を, 戦いから, 戦闘には, 戸は, 所へまで, 扉に, 手すりを, 手応への, 押さえ棒へ, 挨拶も, 控えまで, 改札係の, 数によって, 敷居へ, 敷石に, 方じゃ, 方のかは, 方へは, 方面からも, 日本刀を, 早いの, 明けたの, 明智探偵は, 暗いところ, 曲げかた, 曲つたのや, 曲線が, 朝ぼらけ汀の, 木柵を, 松並木で, 板の間へ, 板戸が, 林さん, 柔軟や, 柳の, 柵門には, 根元を, 格子戸を, 梯子で, 森林として, 概況, 構えなぞ, 様子だ, 権衡が, 横には, 横木を, 欄干橋に, 欠けた水差し, 欠た, 次の間には, 歪めなりや, 残りを, 水の, 水谷から, 水銀の, 江尻の, 法螺で, 洞穴に, 津と, 津まで, 津川城には, 浅間本社と, 渇きにも, 減らしよう, 減らない爺め, 減らぬ素町人, 渡しを, 湿疹などを, 瀬戸でしょう, 火を, 炎でも, 煙管を, 煙草屋で, 爺さんに, 片側町の, 牧場を, 犬くぐり, 玄関の, 用途を, 畑にも, 番人の, 番所の, 痛さ, 登山新道三合目へ, 白木の, 直ぐの, 真ん中へ, 短いキュラソウ, 石屋に, 破れ目より, 神職は, 稀代の, 税關に, 穴に, 空気なれ, 突出た, 立て札には, 端, 端という, 端にか, 端へと, 端縫わっ, 粗暴な, 糸切歯が, 紙の, 結び方, 綻びから, 緋ぢり, 線と, 締つたきつい, 締りの, 縫い目は, 義なり, 脇の, 腰障子を, 臭いを, 船場まで, 船底山の, 芭蕉の, 芸当は, 草鞋草履などの, 莨を, 葉に, 蓆を, 薔薇の, 行事などが, 行燈に, 表面に, 裂けた女, 裂けるよう, 裡から, 裡呼吸を, 襖が, 見える縁, 見付かるまでで, 角にも, 触れない乳, 言葉と, 試験を, 説明では, 諸坑口, 賑やかな, 贅沢屋では, 赤志から, 跡の, 軽い, 軽い八代様, 軽い女, 軽い若, 軽さ, 轟という, 辺, 辺りより, 近くに, 近くまで, 通路をか, 進攻に, 過ぎた天堂, 邊からは, 邊より, 部屋だった, 酒が, 酸くなりし, 醤油を, 重いこ, 重いの, 重い人達, 重い容子, 重い志保田, 重い文珠屋佐吉, 重い私, 重い調子, 重そう, 野良猫が, 金具又は, 金網に, 釜に, 鑑定は, 長い耳, 長火鉢の, 閉場時の, 開いたり, 開いた想像, 開きを, 開けて, 開閉が, 間と, 関も, 防毒マスク管長し, 附近に, 陣見場に, 隅で, 階子を, 隙間めがけ, 雲纔に, 電灯が, 霰釜とともに, 革は, 頑固な, 類を, 食べものは, 飯が, 香が, 駅員に, 骨格の, 鴨居へ

▼ 口から~ (4658, 8.6%)

101 出て 52 出た 38 口へ 37 出まかせに, 泡を 29 出たの 27 洩れた 23 聞いて 22 口へと 21 出任せに 20 出まかせの, 外へ 17 出るの, 血を 16 こんなこと 14 出たこと, 出たもの, 出任せの, 耳へ 13 聞くと 12 出まかせを, 口に, 洩れて 11 聞いたの 10 それを, もれて, 何か, 出る, 火を, 血が 9 それが, 聞いたこと, 言うの 8 入って, 出た言葉, 直接に, 私の, 聞くこと, 自分の 7 では, 出る言葉, 斯う, 水を, 聞いた, 落ちて, 離して

6 [17件] おどろきの, きいて, これを, はいって, ほとばしった, 事件の, 出そう, 出なかった, 出ました, 出ようと, 出るもの, 彼の, 放たれました, 流れて, 煙を, 聞かされた, 顔を

5 [16件] お蝶, して, のぞいて, 出ると, 出放題に, 出放題の, 彼が, 洩れたの, 申すの, 聞いたばかりの, 聽いた, 自然に, 薄れて, 迸り出た, 飛び出した, 首を

4 [40件] いうの, かう云, さして, その話, だらりと, でまかせに, 一度に, 世間へ, 何かの, 何も, 出して, 出たので, 出たよう, 出た最後, 出なかつた, 出る一語一語, 取って, 吐き出して, 声を, 妻の, 彼女の, 手を, 正直に, 洩れたと, 漏れて, 父の, 現われて, 申上げる, 白い煙, 私が, 秘密が, 耳に, 聞いたよう, 聴いて, 聽い, 血の, 言って, 訊いて, 離さずに, 鼻から

3 [61件] あぶくを, いろいろの, きいたの, こういう言葉, ここの, このこと, そのこと, その秘密, その言葉, そんな言葉, であった, である, ほとばしり出た, ものを, もれた, ニューッと, 一人の, 下駄を, 中を, 伝えられて, 伝わって, 先に, 出たその, 出たと, 出た声, 出まかせで, 出るよう, 叫ばれた, 大声で, 委細を, 少しずつ, 彼女が, 往来の, 放して, 明らかに, 次の, 水が, 洩れたこと, 洩れるの, 炎を, 申しては, 申しますの, 発せられたもの, 白い息, 確かに, 聞いた事, 聞かされて, 聞かして, 聞きました, 聞けば, 聴いたの, 腕を, 覗いて, 覗くと, 走った, 迸った, 這入って, 離したこと, 頬へ, 頭を, 飛び出して

2 [262件] あの人, あわを, いって, いろ, いわれると, おびただしい血, お仲, お前を, お聞き, お雪, かすかな, かすかに, こういうこと, ここに, こちらの, このよう, この事, この事件, この物語, この近隣, こんな言葉, こんな話, こんな陰気, さうし, さらに, しぜん, じかに聞いただ, すべらせて, その名前, その後の, その眼, それと, たづねださうとする, だ, だと, だん, でも, とって, とびだして, とび出して, なかを, にょろにょろと, はっきりと, はつきりと, はなして, むくりと, もう一度人, もぎ取って, もれさうに, もれる, よくきいた, よく聞い, わかったの, わたくしに, ステツキを, スラスラと, ハッハッと, パッと, パツと, 一つの, 一度は, 一斉に, 一生懸命訊き出した, 一種の, 一言の, 一言洩れる, 下がる臓腑, 下は, 下へ, 下を, 世間に, 中へ, 事実を, 事情を, 二人まで, 二本の, 云うの, 云える, 云ふ, 五十銭銀貨を, 亡霊の, 伝えられた, 何事かを, 例の, 兇賊の, 入つて, 入らうと, 入れて, 其情婦共の, 出したこと, 出したり, 出ずに, 出せた言葉, 出たお, 出たか, 出たこの, 出たという, 出たに, 出たん, 出た事, 出た命令, 出た最初, 出ても, 出まかせな, 出ようとして, 出るか, 出るが, 出ること, 出ることば, 出るとは, 出るに, 出るギザー, 出る声, 出る煙, 出來, 口を, 叫び声が, 同じやう, 吐いた, 吐いたもの, 吐きだすよう, 吐き出される息, 吐き出した, 吐く息, 吐出されると, 呼びすてに, 嘗めかけの, 噂を, 噴き出て, 土間へ, 城内へ, 奥へ, 始めて, 姿を, 家の, 小さく封じた, 小声で, 少しばかり, 平次は, 広場へ, 店の, 当夜の, 思いも, 意外な, 手が, 手掛りを, 捲れて, 描写される, 放すと, 明日の, 時々に, 曲者は, 最初に, 根こそぎ遠慮の, 此の, 母の, 気を, 江戸の, 沫を, 泄れた, 泡が, 泡の, 注ぎ込むと, 洩らした, 洩る, 洩れたか, 洩れたが, 洩れたもの, 流れる血, 流れ出して, 消えて, 涎を, 涙が, 満足な, 漏れた, 漏れたと, 漏れるとも, 潺, 火の, 火焔を, 無礼な, 然も, 煙管を, 煙草を, 父親の, 生ぬるい水, 申して, 申し上げますの, 申すも, 申兼ねる, 男の, 町奉行を, 発して, 発せられて, 発せられました, 白いもの, 白い泡, 白い湯気, 白い牙, 白状し, 直かに, 直接聴いたらしい, 相手が, 真先に, 真相を, 矢の, 神田方面の, 私は, 耳へと, 聞いたところ, 聞いたよ, 聞いた時, 聞いた通り, 聞かされた事, 聞かされた私, 聞かせて, 聞かれた, 聞かれるの, 聞きたいの, 聞きたくは, 聞き出すこと, 聞き出すの, 聞くの, 聞く言葉, 聞こうとは, 聴いたこと, 聴いた事, 聴話器を, 聽きたい, 臭い息, 葉巻を, 要領を, 見ると, 言い出された, 言つては, 言ひ, 言ふべき, 言ふべきでない, 言わせようと, 言葉が, 話された, 話した, 贋だ, 赤い舌, 起こった, 迸しつた, 迸しり, 迸ったが, 途切れ途切れに, 部屋を, 酒が, 順一の, 顎の, 風の, 飛び出したの, 飛び込んで, 飛出し庭木戸, 飲んだ, 首の, 驚愕の, 鮮血が, 鼻の

1 [2832件 抜粋] あいつの, あのひと, あの言葉, あるいは当時, あッ, いうまでも, いったの, いつその, いま打ち明けられ, いわしめると, うかうかみんな喋舌, おかしな噂, おとして, おれが, お前には, お幸, お杉, お申, お聴き, お話する, かいつまんで, かっと真っ赤, がっと, きいたばかりの, きかされたら話, きく為め, きれぎれ, こうあからさま, こういう昔語り, こうした問い, こう申し, このお話, この強い, この残酷, こぼしたり, これで, これらの, こんなにも夢見る, こんな情, さかしら, さす明, さつきの, さらに一里, しばしばそんな, しわがれた男, じかに君, すぐ漏れ, すべらかして, するりと抜ける, ぜひと, そういう言葉, そうっと母屋, そう言われる, そっとこちら, その一台, その口, その当のおたずね者, その時分, その男らしい, その身の上話, それ以上彼にとって, そんな古い, ぞろぞろ出, たちまち調子ッぱずれのおどろきの叫び, たのむと, たれる涎, ちょくせつ聞いた, ちらちら洩れる, つぎこむよう, つぶやかれたこの, でたの, でなく自分, とってるじゃ, とび出し, とりながら, どう洩れる, どんなこと, なにが, なんといっ, にわかにこう言われる, のぞき出て, はいた, はかれた唯一, はじめて, はっきり知った, はなさず眼鏡, はみ出しそう, ばれること, ひと声漏れる, ふっと洩れ, ぶくぶくと, ほうり出す, ほとばしりいで一時, ほとばしる悲鳴, まかり出で, また一人, また足, まだまだいろいろの, みな文字春の, みんな聞きたい, もうもう出る, もう一度詳しい, もさういふこと, もらしました, もれた二, もれよう, もれる風声, やがて評判, ゆるゆると, よくあの, よく洩れた, わしの, アノ時の, ウンという, キスを, クルウ大尉が, サッサと, スタスタ出, タオルを, ツヤ子が, ドロシイが, ハンカチを, パーヴェル・パーヴロヴィチが, ピラピラピラピラピラピラピラ糸の, プラットフォウムへ, ボトボトと, ヨダレを, ワーッと, 一つに, 一人宛屋根裏へ, 一夫多妻一妻多, 一挺車を, 一歩進んだ, 一羽の, 一言沈痛な, 丁度郷会頭, 万太郎に, 三十円抜取つた, 三吉は, 三田とは, 上を, 下りて, 不忍, 不随意, 世間話や, 中の間の, 予想外な, 二層目へ, 云い出したこと, 云う必要, 云ふと, 五十銭札を, 亭主に, 仁義が, 今やおり, 今諸君, 他へ, 以後の, 休みなく, 伝えられる, 伝奏屋敷へ, 伺う方, 佐久間町の, 何う, 何ほどの, 何んにも, 何時か, 保證する, 健気な, 僕に, 先生の, 入ったか, 入るもの, 全く此, 其の顛末, 内々聞いた, 冷たい汗, 出おったに, 出されて, 出しにくい, 出す気, 出たこういう, 出たとは, 出たり, 出た予, 出た叫び声, 出た自嘲, 出た話, 出ないで, 出まかせさんざ, 出まかせなの, 出ますけれども, 出るいろいろ, 出るなんら, 出るやう, 出る事, 出る命令, 出る次, 出る筈, 出る驚くべき物語, 出任せな, 出任せ我が家には, 出委せの, 出版屋の, 刀身が, 切り出された, 初めて聞いた, 到頭救, 助かったの, 勘兵衛の, 匐い下り, 十圓盜み, 半蔵は, 南蛮寺に対する, 又八, 取っても, 取出さうと, 口と, 古藤は, 可愛い人, 右隣の, 同じ絶望的, 同時に出た, 吐いて, 吐かれた高代, 吐きだされた水蒸気, 吐きだす嵐, 吐き出され今ここ, 吐き出すから, 吐き流れる無数, 吐こうとも, 向ったの, 吹き上がった, 吹く濃き, 吹飛ばされる稲埃, 呻きが, 呼ばれた通りがんりき, 咄, 唱えられその, 喉は, 喧ましくき, 四五人の, 国王陛下太子殿下が, 地獄の, 垂れた細い, 報徳社の, 墨東花街の, 外に, 夥しい唾液, 大きな感, 大事が, 大工が, 大空に, 天王寺口にかけて, 夫人の, 奥へとは, 女同士は, 妹が, 始めて聞いた, 子どもらしい, 安逸を, 家人へ, 富士に, 尋ねた, 小次郎の, 少し下, 岸本は, 左右に, 己の, 師匠の, 常は, 幽かに, 幾度繰返し, 広場に, 庭の, 廣場に, 引っ張った, 引出したもの, 引合いに, 弥生が, 弾丸発射, 彼によって, 往來の, 御嶽山に, 忌味らしい, 怒鳴り込むガラツ八, 思わずあっ, 急に, 恋歌の, 恐怖の, 悪血が, 意外の, 感じられたの, 或いはその, 戻った, 手の, 承るもの, 折々出た, 披露された, 押合ひ, 持つて, 探偵社の, 改めて正二郎, 攻め入って, 放しぼんやり, 放れようと, 敬太郎に, 料金を, 斯んな, 新選組の, 日本語を, 早く結婚, 明ら樣に, 昨夜の, 時々太っ腹, 曝露された, 更に意外, 最初かう, 木曽の, 本当の, 村落の, 東海道を, 柵を, 梯子を, 森田との, 樋橋の, 次へ, 止め度も, 此様な, 歪曲され, 殆ど無条件に, 母妙光との, 水の, 永遠の, 決して平凡, 泄れ, 泣かずに, 注文の, 洩らされたので, 洩れかかる懺悔, 洩れた伯父, 洩れますと, 洩れる一言半句, 洩れる言葉, 洩聞されるので, 流れる山水, 流れ出るもの, 流れ落ちて, 海で, 渓谷を, 湯気が, 溜息の, 滑り出た一言, 滝に, 滾れ出る水, 漏れたとしか, 漏れる烈しい, 潮の, 火炎を, 烟状の, 煙の, 燐光を, 片拳, 特にその, 猛火を, 現はれ, 現代青年の, 生意気な, 甲州を, 申しあげるまでも, 申しました, 申上げ惡いでせう, 當然出ね, 発したと, 発せらるる, 発表された, 登るもの, 白い歯並, 白っぽく見えた, 百千の, 盗人の, 直ぐ裏, 直接聴い, 眞逆に, 真紅な, 矢代初瀬の, 知った僅か, 知れた, 石を, 確かめると, 礼の, 私どもの, 秘密の, 穢物を, 突き刺すという, 立ち上る, 笄を, 篤とお, 精一杯の, 紅蓮を, 細かに, 絶えず乳, 絶望の, 綿々として, 繰りだされるはず, 繰返されるごと, 老先生, 耳新しく聞い, 聞いたので, 聞いた二度目, 聞いた言葉, 聞えました, 聞かされること, 聞かされ愕然, 聞かねえ話, 聞きたい, 聞きましたの, 聞き慣れてるの, 聞くには, 聞く事, 聞く術, 聞知った, 聴かされて, 聴こうとは, 肺へ, 腕では, 腹を, 自分と, 自慢かの, 舟を, 芝居の, 苦しげ, 荊州陥落の, 葉子の, 薄々旦那, 蛍の, 血は, 行っても, 裏口へ, 見た処, 見舞に, 親しく聞いた, 角海の, 言いません, 言い得ない事, 言うと, 言えん, 言つて置きませう, 言ふたでは, 言われたと, 言訳の, 討って, 詫びて, 話されました, 話しちや, 詳しく説明, 語らせて, 語られた机竜, 語り出される壮快, 説明し, 誰かの, 豆が, 賞め言葉を, 赤い炎, 走って, 足の, 転げ出て, 辷り出て, 近江屋へ, 述べることば, 迸り忽然と, 逃げ去る, 逆に, 連に, 遠い国々, 都会地の, 重々しく放たれました, 金原の, 銀の, 長い舌, 閾を, 離さないの, 離した手巾, 離れたので, 雨上りの, 霧の, 非難の, 頂上を, 頤の, 顔へ, 颯つと, 飛び出したこと, 飛び込み默つて, 飛んでも, 飲みあう, 駅で, 駕籠っ, 鬼の, 黄色い唾, 黒い煙

▼ 口~ (2542, 4.7%)

44 きけなかった 43 利けない 36 利けなかった 26 塞がりません 23 あって, きけるよう 21 あいて, ある 20 開いて 19 利ける 18 塞がらなかった 16 あった 14 利けなくなって 13 悪い, 耳まで 12 あつて, あると, きけないの 11 うるさいから 10 惡い 9 あるの, きけない, ついて, 利けなかつた, 腐っても 8 ひらいて, 利けないで, 利けなく, 達者で 7 あつた, あるが, あれば, きけません, ないので, ふさがらなかった, ほぐれて, 塞がりませんでした, 自由に 6 かかって, きけなくなりました, ふさがらない, ふさがりませんでした, 乾いて, 利けません, 利けませんでした, 裂けて, 見える, 過ぎる

5 [14件] あるから, きけなくなった, きけなくなって, きけませんでした, きけるの, ほぐれると, 悪いな, 見えた, 見えて, 辷って, 過ぎるぞ, 達者な, 重くなる, 開いた

4 [31件] ありました, あります, あること, あるので, うるさい, かすかに, きけず耳, きけないね, きけなかったの, きけなくて, きけなくな, ないから, ないの, ふさがらないの, ふさがりません, へただ, 一つで, 付いて, 出来て, 利けなくなった, 堅いから, 塞がらぬ, 大きくて, 悪いの, 惡く, 明いて, 裂けても, 辷った, 達者に, 閉がらなかった, 開かない

3 [46件] あいた, ありません, あるか, あるそう, きけずただ, きけて, くさっても, とがって, ないと, なかった, ひらきました, ふさがらないよう, ゆがみ眼尻, ゆっくりと, わるい, ガッと, キューッと, ポカリと, 出て, 利かれぬとて, 利けた物, 利けなかつた男, 利けなくなったの, 動いて, 塞がらず, 塞がらない, 塞がらないの, 多い, 奢って, 定る, 小さい, 尖って, 急に, 悪いから, 悪いね, 悪いのね, 悪いん, 悪くなった, 渇いて, 耳の, 荒れて, 達者だ, 重くって, 重くて, 閉がりません, 開いたの

2 [140件] あいたと, あったに, あつたら, ありそう, ありまして, ありますから, ありませんか, あるだろう, あるのに, あるはず, あるまで, あるよう, あるん, いまにも, うまいので, うまいよ, うるさいので, うるさかった, うるさくて, うるせえから, うるそう, お上手, お乾き, かわいて, ききたくて, きけたもの, きけないよう, きけないらしかった, きけねえから, きけませぬこ, きけるもの, きけるやう, さけても, しこいこと, すぎるぞ, すっぱくなる, すべって, そこに, たてに, ない, ないため, ないという, ないん, なくなったという, ばらばらに, ひらいた, ひりひりする, ふさがりませんよ, ふたりの, へたで, まがって, ものを, わるいの, わるいん, コルクで, パクッと, パクパクと, パッと, フイに, ポカンと, 一文字に, 上に, 上手だ, 下手だ, 乾上る, 何かを, 出来た, 利いて, 利けず, 利けず足腰, 利けないので, 利けなくなったよう, 利けぬ, 利けね, 利けるだろう, 利けれ, 動いた, 動くだけで, 合います, 合って, 听け, 听ける, 固い, 堅い上, 堅くて, 場所柄も, 塞がらずに, 塞がらないほどの, 塞がらなくなった, 大きいとか, 大きくなっ, 大きくひらい, 大きく開い, 大きく頤, 容易に, 少しずつ, 少しへの, 干上って, 悪いです, 悪いと, 悪いわ, 悪くって, 悪くて, 憎いや, 拳固が, 掛って, 揃うから, 揃って, 揃ひます, 欠けて, 滑って, 滑りました, 火の, 無い, 無いの, 物を, 現れた, 粘って, 締って, 自から, 臭くって, 見つからない, 見つからなかった, 言えなかった, 過ぎて, 過ぎよう, 遠くて, 邪魔を, 酸素の, 重い, 重い方, 重かった, 重くなっ, 重くなり, 閉がらず, 開かれて, 開きます, 開くだけで, 顔一杯に, 馬鹿に

1 [1323件 抜粋] あいたの, あいたらしく炭, あいたり, あかないだろう, あき糸, あく, あくん, あっさりと, あったが, あったのに, あったら転任, あつたらみつけ, あらわれた, ありそれ, ありましょうか, ありまた, あり口, あり錦, あるがと, あるさ, あるってね, あるとも, あるなら結構, あるまい, あるらしいん, ある爲め, あんご, いきなり開いた, いっぺんに動く, いつもお, いつも身辺, いまにも火, いよいよ痛む, うごいて, うまい, うまいからねえ, うまいの, うまく廻らない, うるさいからなあ, うるさいぞ, うるさいの, うるさいわねえ, うるさかつ, うるさくなった, うるせえからのう, おきけ, おごつて癖に, おちたという, おもく一日じゅうごろごろ, お悪く, お腹の, かかりました, かかりゃア, かかり箱, かかるまいと, かるいからなあ, がくがくと, きかずに, きかれねえなら己, ききたかったの, きけず, きけずなに, きけずもの, きけず黙って, きけた, きけたら, きけないから, きけないし, きけないでも, きけないに, きけないのに, きけないらしくやたら, きけない代り, きけなかったが, きけなかったばかりか, きけなかった位, きけなくなったこと, きけなくなつ, きけなくなりますだ, きけぬ, きけぬわ, きけねえらしい, きけませぬ十兵衞, きけやす, きけるか, きけるなんて, きけるまでに, きけるわけ, きけるんだい, きたなくなった, きまるの, きわめて質素, くさかった, ぐいつとひん曲つて絶えず, ぐっとひろがり, こうしたこと, この通り, こわばったよう, こわれて, さきにを, されて, しばらくぴくぴくし, しまって, すぎる, すくなるほど, すこし開い, すべったが, すべったよう, すべつ, すべりました, すやすやと, そう大した, その中, その長, ただちにぐいぐいと, だらしなく開い, だんだんに, ちょうど健, ついたの, つきそれ, つき始めた時分, つぼみそして, できあがって, できたとかいう, とがりました, とれさ, どうかし, どうと, どうも五月蠅ッ, どこに, どもるよう, ないか, ないからよ, ないだろう, ないとも, ないもん, なかつたの, なくて, なくなると, なく要するに, にぎやかに, ぬれて, のどが, はつきりし, ぱくぱくと, ひあがって, ひとりでにそこ, ひどく渇く, ひらいたの, ひらきふくらんだいつも, ひらけかかってさえ, ひろがって, ぴくっとまがったのを見た, ふえたので, ふさがらずに, ふさがらないくらい, ふさがらないまま, ふさがらない先, ふさがらなかったが, ふさがらぬ, ふさがらぬという, ふさがれ, ふちの, ふるえたが, ぶと飲みかけた, へんに, ほかに, ほころびたため, ぽっかりあい, まず第, まま聞かれた, まわらず鳥, みつかるだろうか, むずむず云う, もう十センチ, もっと小さく, やられたか, ゆがみ小鼻, ゆるんで, よく動き, りっぱで, わかる, わるいよ, カチカチと, カラカラに, ガヤガヤし出した, ギャッと, グーッと, チビの, パクパクうごい, パックリ, ピクッと, ポカッ, モグモグ動いた, 一つあっ, 一つか, 一つ残っ, 一つ見える, 一ぱい灰に, 一向に無, 一尺動く, 一旦嚥, 一番巧妙な, 一軒ある, 丁度節穴, 三日月がたに, 三角眉を, 下之橋で, 下手で, 下手らしいです, 不自由だ, 世間から, 之を, 乾いたり, 乾くから, 二つ三つあった, 云えた, 人知れず設けられ, 今にも耳, 今更らしく聞えた, 仰向いた予, 何か, 余り微妙, 俄かに, 僕の, 先細がりに, 全篇, 内訌する, 出しかねました, 出せなくなる, 出なくなって, 出られませんと, 出来たので, 出過ぎました, 分らないで困って, 切つてある, 切れたので, 利かれないいきなり, 利かれる程度, 利きたかつた, 利きたくないの, 利き易, 利けず両手, 利けず白痴, 利けた, 利けたもの, 利けたら手足, 利けたり, 利けないのに, 利けなかったので, 利けなかつたの, 利けなくなったん, 利けなくなり彼女, 利けなくなる道理, 利けぬくらいに, 利けまい, 利けます, 利けません五体, 利けるかい, 利けんほど, 到底塞げない, 割れそう, 動かなかった, 動きその, 動くと, 北海道に, 半分ばかり, 半分手が, 即座に, 参った形, 取り上げるちから, 可憐しい, 吃って, 合うところ, 合ひ, 同じだ, 同時に機械的, 唇の, 問題であった, 喋る如く民主主義, 喫飯と, 四五人の, 四角な, 固いから, 固いと, 固く結ばれた, 堅いです, 堅くなけりゃ, 塞がらないでしょう, 塞がらなかったという, 塞がらなかった事, 塞がらなくなったの, 塞がらぬとは, 塞がらぬ氣, 塞がりゃしない, 塞げなかつた十萬圓, 塞げるか, 填って, 声も, 外に, 多くなっ, 夜叉の, 大きいから, 大きい額, 大きくても, 大きくひきしまり, 大きく動いた, 大きく海, 大きく開いた, 大分まわり, 大変物である, 奈落の, 妙に, 姦いと, 定まったの, 定らない, 実に非道, 小さいといふ, 小さく両, 小さく蹙, 少しゆがん, 少し大きい, 少し訥, 尖り薄手, 屆きません, 巧く, 干あがっちゃ, 干あがるん, 干上ると, 干上ツ, 幾度か, 廣がりすぎ, 廻らない気, 引き釣って, 弾けて, 役に立たなくなったので, 待って, 得られなかった, 怒りの, 悪いぞ, 悪いので, 悪いもん, 悪い人, 悪く見た, 悪るくっ, 惡いの, 惨たらしく赤黒い口, 感謝聖句を, 憎いよ, 打裂け, 披露めて, 揃います, 揃えば, 揃つたの, 揃ふ, 揃ふから嘘ぢや, 新聞へ, 旨いから, 旨くて, 早いばかりじゃ, 明いたと, 明く, 昔は, 暗いぞ, 暗夜の, 曲がるぞ, 曲っても, 曲ります御免, 更に拡がっ, 有ったらあの, 有るん, 松の, 染つてなかなか, 楽に, 横へ, 欲しい, 歪む工合, 残忍執拗で, 殖えるかも, 気に, 永久に, 汚くて, 決定する, 注ぎ上げるよう, 浮きだしました, 消毒され, 淋しくな, 渇く, 渇くほど, 渋そう, 減らねえ, 滑っただけの, 滑つた, 滑りやしたひらに, 焔を, 無くなったの, 無理に, 煙草を, 煩う御座いますよ, 熱かった, 燃えるよう, 犬小屋の, 猛烈と, 現れぬから, 生きた男, 発見される, 発見出来ない, 白くフヤケ, 目立った, 直弼の, 真紅だった, 着き一方, 破れしならば, 破裂し, 硬ばります, 稍弓なりに, 突如二つ, 突然開い, 立ちゃ沢山, 笑って, 符合しない, 粘つて氣持, 紛失した, 結ばって, 結ばる暇, 綻びかけて, 緊張する, 美しいか, 耳元まで, 聞ければ, 腐らぬもの, 腐る思ひが, 膿んだり, 自由な, 臭いこと, 臭くたつ, 臭くなる, 苛いから, 苦くなる, 落ちた途端, 蟇口の, 血で, 表口から, 裂けたの, 裂けようと, 裏書きされた, 見えだした, 見つかったので, 見つかって, 見つからなかつたら町裏, 見つかりませんでした, 見つかる, 見付からない, 見当らなかった, 解けたと, 諸方に, 赭土を, 足らなかった, 軽いと, 軽うご, 軽く気, 辷ったの, 辷った秀子, 辷りやした, 近づいて, 逆さにな, 過ぎたと, 過ぎは, 過ぎましょう, 過ぎるだろう, 達者です, 達者ね, 違ふ, 遠く稲葉山城, 酢っぱくなった, 酸っぱくなる, 酸ッぱくなった, 重い上, 重くなりました, 重く話しかけ, 金城鐵壁の, 閉がらぬで, 閉まって, 開いたその, 開いたまま, 開かないのよ, 開かれた, 開かれ賑, 開きか, 開き象, 開けないし, 開けなく成つて, 開けるだろう左様, 闇し, 隠されて, 露呈する, 頬の, 風邪を, 餘り開き過ぎ, 鰐口で

▼ 口~ (1632, 3.0%)

67 持って 65 出して 64 出て 48 入れて 35 手を 23 出しては 16 持つて 14 もって 13 来て, 運んで 12 入れた, 出た, 当てて 10 入れると 9 かけて 8 出すの, 運んだ, 顔を 7 あてて, はいって, 出さなかった, 出たの, 行って 6 入って, 廻って, 往った, 指を, 耳を 5 つけて, 出ると 4 出す勇気, 含んで, 呼び出して, 姿を, 當て, 自分の, 身を, 近づいて

3 [28件] あてがって, いれて, つけた, 伝わって, 入た, 入れ, 入れては, 入れようと, 入れる事, 出さなかつた, 出したこと, 出してこそ, 出すこと, 出たか, 出なかった, 向けて, 向って, 歩いて, 水を, 火を, 眼を, 置いて, 薬を, 行くと, 行った, 行つた, 訴へ, 運びながら

2 [80件] いった, お出し, かかる, こみ上げて, さしかからうとして, つたえて, とびこんだ, のらりと, はいるの, ふくんで, むかって, もつて, やった, ゴム管を, ポンと, 一杯にな, 二返呼ばれた, 何か, 入ると, 入るもの, 入れたり, 入れふるえながら, 入れるの, 出さずに, 出さなかったが, 出したが, 出したので, 出したり, 出しちゃ, 出していう, 出しても, 出しも, 出すと, 出すと共に, 出すので, 出そう, 出そうと, 出ない, 出ないで, 出ぬ, 出ませぬは, 口から, 向ふ, 呼び出された, 呼んで, 唇を, 啣えた, 埃を, 寄って, 干したカキ餅, 廻る, 息を, 戻って, 戻ると, 手拭を, 投げ込んだ, 投り込んだ, 押しこんで, 掌を, 掛けて, 来た時, 案内し, 楊枝が, 涙が, 火が, 盃は, 着けた, 私が, 突込み肺いっぱいに, 立って, 紅を, 紙と, 血の, 行つて, 覿面に, 走って, 足を, 近づいた時, 飛び込んで, 馳け

1 [844件 抜粋] あけては, あてが, あてがいながら, あてがったウドン, あてたの, あてたまま, あふれ出して, いい出す価値, いざって, いや顏, いらっしゃいます, いわゆる燎原, うけて, おしこみ白い, おずおずと, おそらくは肺, および下さいな, おッぺし, お出, お渡りあっ, お蝶, かかった, かかったところ, かかった二十四名, かかった巽, かかった形, かかるだろう, かかる時チラ, かけての, かけよって, がつがつ運ん, きせるを, くずれだしたいと, くわえて, くわえながら, ぐたりとはまって水しぶきの, これを, ご新姐, さしかかったの, さしかかろうと, さし込むとき, さし込んで, しのびよった, せまる作戦, せめて乾した, そこに, そっと入れた, そのこと, その人, それを, たき物を, だして, ついた, ついとはいっ, つぎ込むこと, つけたらどう, つけた時, つけた酒, つっ込んだ, つながって, つれて, とび込んだ目付方, どかり腰, どさり, どんと退っ, ながれ入って, なげ込んだところ, なんだかグニャグニャ, のび上り懸命, のぼされぬよう当方, のみ込んで, はいり込んで, はいると, はいるという, はいろうと, ひっこんで, ひっぱって, ふくませ自家, ふたを, べったり坐っ, ほうりこんだ, まっすぐに, まわして, まわったかと, まわって, みずからはいり込ん, むごい布, もらさなくて, やってきました, やって来た, やる, ゆくと, ゆけ, よく浸, よび出して, カチンと, コップの, ショベルで, スックとばかり, スラリと, タラタラと, ト達く, バアと, ブラ下げ, 一々ステッキ, 一さんに, 一ぱい入れこん, 一刻を, 一匙二匙の, 一手を, 一杯, 一杯の, 一番に, 三少年を, 三時の, 上せた三浦, 上陸し, 下りようと, 下る, 両手を, 乏しい乳, 乗り移るの, 乗出したら一ぺん, 乘出したら, 云いひろめること, 五六人も, 人間の, 今や満開, 伝わった, 伝わりあらゆる, 伝わりにわかに, 伴れ, 何者か, 來りけれ, 例の, 先まわりを, 入ったと, 入ったなあ, 入つた, 入つて, 入て, 入らない, 入らなくなって, 入られるよりも, 入ります, 入るから, 入るとき, 入るよう, 入る鼻, 入れきのう, 入れすばやく, 入れたと, 入れたとか, 入れたとき, 入れたの, 入れた物, 入れた男, 入れても, 入れないよう, 入れない前, 入れました, 入れられねえと, 入れる, 入れるでは, 入れるまでの, 入れるより, 入れる口, 入れる筈, 入れる食物, 入れハンケチ, 入れ弥, 入ろうと, 入ろうとしても, 兵糧を, 円髷の, 冷たい水, 出かかって, 出かけたよう, 出さうとして, 出さないで, 出さない女, 出さなかったまで, 出さなかつた迄, 出さなくなって, 出された義理, 出しえないの, 出しそう, 出したあと, 出したうち, 出したわけ, 出した心, 出した柳屋の, 出していうほどの, 出しませんでした, 出し悪い, 出すほど, 出すんぢ, 出ずやう, 出せずに, 出せなかったの, 出せるもの, 出せるよう, 出ただけ, 出たもの, 出たらしかった, 出た女, 出た見習警官, 出ては, 出ないのに, 出なかったが, 出なかったその, 出ぬ声, 出ました, 出ましたやろ, 出る, 出るばかりに, 出るやいなや, 出る外, 出る道, 出ろ, 出ろって, 別に自分, 十枚ばかりの, 南京玉を, 厚い糸, 又は新聞紙上, 取って, 受けて, 口を, 向い両手, 向かうという, 向けいずこ, 向つて, 含ませた, 含んだこと, 吸って, 吸はる, 吸込まれて, 吹込顏に, 呑まれるよう, 呼びだすとき, 呼び出された老, 呼び出されて, 呼び出されるの, 呼出された, 咬ませて, 哺める, 啣え, 啣えて, 啣へ, 啣んで, 回り外さなければ, 土を, 垂し込め, 垂らすと, 塗って, 夜網を, 奢ったり, 宛がった, 宛行った, 寄せたが, 寝かして, 小伜, 少し過した, 差しだしたところが, 差しのべた, 布を, 帰った, 帰つて来る, 帰ろうと, 平つく, 平均に, 幾掴みも, 広めさせましたところ, 廻つて中音に, 廻つて東町奉行所に, 廻り土蔵, 引っ返して, 引揚げた, 引返すと, 強請的に, 弾きこむ, 当て, 当てた, 当てちょっと, 当てはっ, 当てハー, 当て出る湯気, 当ると, 彼の, 往つた蒲生が, 往つて同心支配広瀬治左衛門馬場佐十郎に, 急いだ, 急ながらも, 恐る恐る爪先立ち, 或者, 戻った, 戻つて, 手も, 打っ伏, 投げこませたエジプト, 投げ込んで, 投りこんだ, 抛りこむと, 抛り込まれ眼, 抛り込んだと, 押しこみ同人, 押しこんだ, 押しつけたら, 押しよせました, 押し当てる, 押し込む時, 押し込んだかも, 押し込んだので, 押し込んで, 押冠さった鼻の, 押着け, 拳固を, 持ち込んで, 指先を, 捨てて, 据させ, 捺つた, 捻じ込んで, 掛けたらどうやら, 接吻した, 掬い込むなり, 攻めのぼって, 放り込み眼, 放り込めとは, 放り込んで, 早馬を, 木の, 本当の, 杉箸を, 村から, 来たの, 来ました, 来ると, 杯の, 栓を, 案内した, 棒を, 機械を, 歩きかけると, 歩み出したので, 殺到し, 毒を, 氷の, 沢山吸収し, 波紋を, 泥を, 注がうと, 注ぎかけました, 注ぎ込んだ, 注ぎ込んで, 注意し, 流し込んだ, 流れこんだ, 流れて, 流れ行くに, 浄吉氏を, 消えて, 消えますと, 消える, 渡るべき橋, 源氏は, 溜めて, 滴りおちて, 無二無三に, 熱海全市を, 物が, 猿轡を, 現はれ, 現われた, 町内から, 発散するらしく, 登つて行く, 白い両手, 百地三太夫神彩奕, 相手が, 着いた時, 着く, 着くやいな, 着けて, 破れた扇, 移し合う桜ん坊, 移すまでにて, 突き出そうか, 突込ん, 突込んで, 突進した, 立ち戻って, 立ち顕れた, 立ったの, 立った伯父, 立った宋江, 立つて, 立つ事, 竹の, 笹を通して, 箸の, 納いこんだ, 細い路, 結びつけた秣桶, 続く軒下, 義貞は, 腕を, 膿を, 自分で, 船が, 茶碗の, 荷物を, 落ちかたまりその, 落ちたもん, 落ちるに, 落ち耳, 蓋で, 行きかかったらバタバタ, 行きかけた主税, 行き少し, 行くといふ, 行く状, 行こうと, 行った平次, 行った後, 行つてその, 行つて正宗を, 行つて見た, 行つて訊き出す, 見えた者ども, 見せて, 覗きに, 記憶を, 訴え出ると, 訴状として, 詰め込まれた, 護謨の, 貞之助を, 走った, 走り出した, 走り込んで, 起って, 跼ずいた, 踏みこんだ様子, 身体を, 轉がり出ます, 迎えて, 迎へて, 近づいた, 近づくと, 近づけた, 送られようと, 逃げようと, 逃げると, 逃れるほか, 逆に, 這い出して, 這入って, 這入らうと, 這入り込んだ結果, 這入るだけで, 這入るもの, 通じる廊下, 進んだ処, 遊びに, 運ばなかったからと, 運ばれて, 運びその, 運び飽かずに, 運ぶだけの, 運ぶという, 運ぶ毎, 運ぶ盃, 運べるよう, 運んだり, 運んでは, 針が, 銜ま, 鏃を, 附けようと, 陣を, 集まつて, 雨の, 青天の, 頬張つてもぐもぐ, 頬張り故, 頭を, 飛びこんだが, 飛びこんで, 飛び込む米粒, 食物を, 食餌を, 飴を, 首を, 馳付ける, 駆け寄って, 駈けよると, 駈け降りて, 駕籠を

▼ 口~ (1390, 2.6%)

46 利けない 38 きかずに 29 利かずに 22 きけなかった 17 きかなかった 15 きけないほど, きけません, 利けなかった 13 利けません 12 利かなかった 11 き, 鼻も 9 きかないで 8 きけずに, きけない, きけないよう 7 きけませんでした, 利かないで 6 きかない, 八丁手も, 利けずに 5 きけないで, きけないの, 利けなくなって, 物を, 碌

4 [13件] あれば, きいたこと, きいて, きかないの, きかないよう, ききません, きけない様子, 利けなかつた, 半分開け, 塞がりません, 碌に, 頬も, 顎も

3 [16件] あいて, あるの, きかないし, きけないという, きけないほどの, きけない病人, ない, なくて, 利いて, 利かなければ, 利かれぬほど, 利きません, 利けないで, 口を, 目も, 身体も

2 [99件] あった, あつた, ありません, ある, あるそれで, うるさい, うるさいから, うるさいし, きいたが, きかず, きかずお, きかず仮面, きかず眼, きかず食事, きかないと, きかないので, きかないのに, きかないほど, きかなかったが, きかなかつた, きかなかつたが, きかなくなって, きかなければ, ききあわなかった, ききませんでした, きけないありさま, きけないといった, きけない有様, きけない樣子, きけなかったが, きけなかつた, きけませんが, きけるよう, きこうとは, すば, すべての, つけずに, つぶれて, ないが, ないの, ないのっ, ないので, なく, なくのっ, なくは, ぴたりと, まがり風, また達者, まはらない, ろくにきけない, ろくに利けません, 一緒に, 不自由な, 今は, 何も, 出すこと, 利かうと, 利かず, 利かずただ, 利かない, 利かないよう, 利かない世間, 利かない様, 利かぬ, 利かぬ目, 利くが, 利けずただ, 利けなかったが, 利けなく, 利けぬくらい, 利けぬくらいに, 利けぬの, 利けねえ, 堅くしめ, 塞がらなかったの, 多いが, 大きいし, 大きい上, 大きく眉, 大きく開いた, 完全に, 少しは, 山では, 水に, 満足に, 滅多に, 眉毛も, 眼も, 筆も, 耳も, 聞かない聞かない, 見いだせないらしく二月, 見える, 足も, 達者だった, 閉じて, 開かなかった, 開かなかつた, 開けられないよう

1 [758件 抜粋] あかないこの, あかねえ雪ン中, あかねへ, あけず咽喉, あけた, あけない暴風, あけられない程, あけられぬ大雪, あけられぬ異様, あったの, あつみが, あまりきかない, あまりきかなかった, あまり利かぬ, ありましたよ, ありゃせんの, ありんで, あるから, あるし, あんまり利かなかつた, いい加減, いきが, いくらかきき, いつしよに, うまいじゃ, うまいん, うまくきけない, うるさいでしょう, うるさかろう, おきき, おききなさらないこと, お上手, お利き, お手, かなわないこれ, かろくそろそろ, きかずある, きかずうなずくこと, きかずにか, きかずにぶい, きかずぼんやり, きかずま, きかずよそよそしく, きかずわき目, きかず一言, きかず人込み, きかず僅か, きかず却ッ, きかず呼吸, きかず図々しく, きかず子, きかず寧ろ, きかず心, きかず朝, きかず直ぐに, きかず眠ったよう, きかず箸, きかず義理一ぺん, きかず胡散臭げ, きかず若い, きかず表情, きかず誠に, きかず遊び, きかず隼人, きかず顔, きかないありさ, きかないから, きかないそういう, きかないでさ, きかないといふ, きかないやう, きかない人, きかない仲, きかない小, きかない小心, きかない日, きかない深夜, きかなかったの, きかなかったので, きかなかつた隅, きかぬ人, きかねえそう, きかねえでキッ, きかれず, きかれずこの, きかれなかった, きかれぬぼんやり, きかれません様子, きかん, ききたくないほど, ききたくなかった, ききなさらず奥様, ききましたが, きき会わずに, きき度, きくしサ動き, きくよう, きく此処, きけずそっと, きけず乾いた唇, きけず寝たきり, きけず幼年学校, きけず手, きけず膏汗, きけず身動き, きけず逃げ, きけないただ, きけないやう, きけないん, きけない乞食, きけない女, きけない私, きけない顔つき, きけなかったの, きけなかった大槻, きけなかつた筈, きけなくな, きけなくなった, きけなくなって, きけぬくらい, きけぬ脾, きけねえの, きけば, きけまい, きけません様子, きけるきっと, きければ, きこえたが, きまらない白齒, きる, くるしさ, こちらへ, ございまする, ござる, ささやかれて, しないという, すこしも, すこし裂け, すつぽ, すべて道具立ての, そそぐ, その五円, その夥, そらおそろしい, それに, そんなよう, た, たいへんに, ただ生々, ださず手, だめだ, ちゃんとかい, ちゃんと二重錠, つかめないの, つけず繰り返して, つけない葡萄酒, できるだけ, ところきらわず踏みつづけた, どうにか利, どこに, ないのに, ないまっ白, ない一席, ない白いもの, ない真白, ない者, なかった, なかなかうまい, なかなか見つからないだろう, なきゃ当分, なき無用人間, なくお, なくまつたく, なく憂ひ, なく貯, なし, ぬれその, ひそめて, ひんまがるぞ, ぴったりと, ふさがらずヒョッコリ庭先, ふさがらず突っ, ふさがらなかった, ふさがらなん, ふさげ仕事, ほぐれて, まずめったにひけ, まちまちであった, まるで生き, みなりっぱな, みな明らかに, みな閉まった, みな額際へ, もう全く問題, もぐもぐさせず, ものいわなん, ものを, やや馴, ゆがんで, ゆすぐし, よいところ, りっぱで, ろくにきけなかった, ろくに利かない, ろくに利かなく, ろくに利け, ろくに回らぬ, ろくろく利け, ろくろく利けず, キチンと, キリリと, ペッシャリと, ペロリと, 一しょに, 一つ二つは, 一ツに, 一所に, 一時は, 一瞬蒼白い, 三田の, 両端が, 主の, 乾き足袋, 二階の, 交って, 亦ない, 人の, 人間が, 今ほど, 今道鏡だ, 何となく饑, 何にも, 使って, 侍従に, 優秀だ, 入れて, 八丁であり, 八丁とは, 共に一木, 共に水中, 冷たくこちこち, 出さず邪魔, 出すの, 出ないで, 出来ましょうと, 分らずただ, 分らぬ真, 切さに, 利いたこと, 利かさず見迎えの, 利かずまして, 利かずルックサック, 利かず女中, 利かず峰, 利かず振り, 利かず蒲団, 利かず陰気, 利かず默つて砂丘, 利かず鼻, 利かないくらい, 利かないだらうと, 利かないの, 利かないほど, 利かないよ, 利かないわけ, 利かないワ, 利かない宿, 利かない有様, 利かなかったが, 利かなかった咄嗟, 利かなかつた, 利かなくな, 利かなくなった, 利かなん, 利かぬうち, 利かぬの, 利かぬよう, 利かねば, 利かれないくらいに, 利かれなかったの, 利かれぬらしい, 利かれませんお, 利かれるもん, 利きは, 利きませんでしたので, 利きやしません, 利き得ずして, 利き得ずすごすご, 利き得なかつた女, 利く, 利くと, 利くまいとさえ, 利く者, 利けざりければ, 利けずいずれ, 利けずじっと, 利けず一驚, 利けず三人, 利けず次郎, 利けず目, 利けた, 利けな, 利けなかったの, 利けなかったので, 利けなかった近所, 利けなかつたの, 利けなくなったの, 利けなくなった二人, 利けなん, 利けぬ, 利けぬな, 利けぬよう, 利けぬ極めて, 利けまいじゃ, 利けませんでした, 利けや, 利けやしません, 利けんよう, 利なかつた, 削りかけの, 割けよとばかり, 動かさないで, 動かさなかった, 動かないはず, 動かなかったとは, 半びらきにな, 厚ぼったい鶴子, 反って, 口が, 叩けば, 同じ色, 唯それ, 喋るね, 図抜けて, 固くなった, 固められて, 塞がって, 塞がらなかった, 塞がらなかつた, 塞がらぬの, 塞がれて, 変って, 多いから, 多くあった, 大きいいかにも, 大きい額, 大きかつ, 大きく頑固, 大抵かわい, 失うて, 好きだった, 如何にも貧弱, 安南王, 定まって, 定りかけ, 小さい, 小さくそれに, 小さくとりわけ, 少なくなかった, 少時は, 尖つた歯, 山の, 平凡に, 平気で, 引き釣った葉子, 引緊った, 心も, 怖いと, 思わしいもの, 思わぬ処, 悪くなる, 惡かつ, 手も, 手足も, 把手も, 抱きすくめられて, 持って, 揃って, 揉込む, 播州へ, 敬太郎を, 文句を, 日々秋霜の, 明ず, 明らさまに, 暖簾も, 有らば, 来る, 楽しみきる, 此調に, 歪んで, 比較的に, 気も, 永井君の, 泥まみれに, 浜田屋の, 渇き舌, 満足利けません, 溶け去った癩, 漱がず髯, 濡れないどころか, 無いやう, 無いよう, 無くなりました, 無し, 煩いから, 煩いという, 爛れ腸, 癒えて, 白, 直ぐ出来ます, 眉も, 着けず下, 知らぬけれども, 硝子窓に, 確と, 稍平癒し, 穢れるよう, 笑い頬, 箸も, 紫いろに, 細川定禅赤松円心らの, 罪が, 群牛の, 聞かず凍え死ぬばかり, 聞かぬ, 聞きも, 聞き捨てに, 聞けない散歩, 聟の, 肉体の, 能く, 自分に, 自分の, 自由に, 苦そう, 萎びた剽輕, 裏垣根の, 見あたらずただ, 見あたらない, 見えず最う, 見えぬよう, 見えると, 見付からない時, 見当らない, 覺束なかつた, 解くべきだと, 解れ初めた, 言うこと, 話しかけなかった, 誰にも, 軽い, 軽くなった, 輕く, 返されない, 返事を, 達者, 達者で, 達者に, 遠慮なくできる, 遠藤が, 重かった, 重くなった, 重げに, 鉛の, 閉じられて, 閉ぢて, 開かず只, 開かず家捜し, 開かせず要点, 開かせぬの, 開かせぬ而, 開かないどろどろ, 開かないなン, 開かないほど, 開かない可, 開かぬくらい, 開かぬ程, 開かれません, 開きかねました, 開きやしねえ, 開き得ずに, 開けない有り様, 開けない気, 開けられなくなったので, 開けられなくなって, 開け放しで, 開け眼, 降車口も, 障子の, 頤も, 頭も, 顔も, 顫わせて, 飛鳥式と, 飢ゑてゐるのだらうか, 飲んで, 餘りきかなかつた, 馬鹿に, 驚きの

▼ 口~ (1224, 2.3%)

8 云ふ, 待って 7 言って 6 云えない, 言うの 5 いうと, 人を, 啣え, 説明する

4 [12件] あつた, いうほど, いう通り, いえば, くわえて, そんなこと, 云って, 吹いて, 物を, 言は, 言ふ, 言へ

3 [19件] いうの, いったこと, いふほど, きらつて, けなして, それを, ニヤリと, 一人の, 人の, 何か, 嘘を, 噛んで, 声を, 息を, 拍子を, 言うばかり, 話して, 話を, 返事を

2 [89件] あっちこっちを, いいから, いうばかり, いうよう, いって, いっても, いつても, おこって, お涌, お辞儀を, こんな事, さばいて, すっかりはずみ切っ, そう言い, にやにやわらっ, はいったものの, はちよつと, ばつかり, ひゆう, ぽつりぽつりと, もぐ, もって, もつて, やる, らっぱの, ケラケラと, ニヤニヤと, ニヤニヤ笑っ, 云いながら, 云うと, 云うの, 云うほど, 云う事, 云えば, 云える, 云った通り, 云っても, 云つた, 云つても, 云ふこ, 云へば, 人に, 先へ, 勝って, 受けた, 叱って, 吹いた, 吹きながら, 呼吸を, 嘗めて, 子供を, 彼は, 手前の, 氣が, 求めず手, 燃やして, 生いき, 皮膚を, 私の, 私は, 笑いました, 笑って, 笑ひ出した, 考えて, 聞いても, 脱け, 自分に, 自分の, 草刈ってる, 蔭膳を, 言うこと, 言うだけ, 言うと, 言うべきこと, 言うほど, 言うよう, 言っても, 言つた, 言つても, 言ひ, 討死を, 訪れて, 話が, 説明した, 足を, 近所の, 述べるもの, 間抜けた, 鳴らして

1 [886件 抜粋] ああ見え, あちこちに, あつたり, あとは, あらう, あんなこと, いい耳, いう, いうこと, いうだけ, いうとおり実行, いうとか, いうべきところ, いう事, いう念仏, いえないこと, いえないほど, いかにもほつ, いきまくくらいの, いったほど, いった通り, いってさえ, いつでも, いつもきまった, いふ念仏, いふ通り, いろいろ小言, うけ唇, うっかりいっ, うつらうつらし, うまく, うろうろし, おせじを, おだやかに, おりたらちょうど, お久さん, お前塩の, お医者さん, お呑みなさる, お島さん, お礼を, お詫びを, お話しすれ, お酒, かう云つた時, かすかに, かなわないの, かの守田勘弥, かみ摧, がさ, きいたあの, くいしめた革鞄, くさして, くわえる, くわえる芸当, くわえ首, ぐず, こういった, こそこそ相談, こちらの, ことわった, この危険, これまた, ごまかすだけ, さ, ささやいた, さまざまの, しごいて, しばしば言い, しばらく東, しめしてから, しゃべって, じろじろこっち, すいながら, すぐ役人暮らし, すれ違いに, せう, そういい, そういう事, そういわれ, そう云い, そない, その人, その斬った, その時分, その道の, それが, そんなあいさつ, そんな強い, そんな音, ぞろりぞろり, たしかめようかと, だまして, だますコンタン, ちゃんという, ちょっと隣, つぶやいた, とくとくと, とめようと, とらえて, とる芸当その他, どれほど自分, なしに, なにか云っ, なにを, なら何と, な何, のべ得る以上, はいえない, はいりわずらって, はない, は言い尽す, ぱくりと受けとめました, ひとつ嘲笑っ, ひる太郎, ふっふっと, ぶうと, ぶら下りながら, ぷうとふけばふき矢は, ぺろりと, ほんとに何, まち子の, むぐむぐと唱え, めしとりましてな, もじもじし, やさしく笑っ, やって, やる咳払, よう教へと, よく肥つた, よく話します, よむばかり, よんで, わきへ, わけの, わたしを, インバネスを, オーイ何とか, カラアと, ガサゴソ云う, クスリと, シービビと, ゾッとする, タクシを, ツイツイと, ドン, ニヤリニヤリと, ネチネチと, パックリ, フト暗い, ポツリポツリと, 一人で, 一升買っ, 一寸喰い, 一旦降り, 一緒くたに, 万吉の, 三太に, 三斎一党に, 下りて, 与え得るかぎり, 世話方が, 主人が, 主張され, 乗客を, 乗越賃を, 事はれない, 二人で, 二度させ, 二百歩目で, 云い自分, 云うが, 云うばかり, 云うよう, 云うより, 云う礼, 云う通り, 云った, 云ったこと, 云つたが, 云つて居る, 云ふも, 云わなくっても, 云われないほど, 五郎蔵の, 今まで, 今度は, 付けたか, 仰っしゃって, 仰有っても, 休みなく, 伝えて, 伝えるの, 伯爵邸へ, 佐野家取, 何かを, 何だい, 何と申し上げ, 何んと, 何百人の, 使って, 便所の, 俺達を, 傍から, 傳へ, 傷口を, 優雅な, 先刻猿殿は, 入れて, 公然と, 其の風呂敷, 兼子を, 冷して, 分らなければ, 切符を, 初等級への, 別れるのに, 制しながら, 前に, 勘当むすこが, 十五歳の, 十畳の, 千万円って, 友達を, 取らなければ, 受けて, 受けとめたり, 受け取った, 叩きます, 叱り飛ばしたが, 叱る代り, 右を, 吃りながら, 名前を, 吐きすてるよう, 向き遜り, 吸い取って, 吸ふ, 吹いては, 吹き落としながら, 吹き覚束, 吹くハルモニカ, 告げなかったか, 味わうに, 呼んでも, 咄嗟に, 品行論を, 唱えながら, 唱え易い, 啜り取り度, 喋つ, 喋るの, 喧嘩を, 喰いちぎった餡ころ餅, 嘗めとるの, 噂を, 噛み殺しましたと, 噛み砕かれて, 囃して, 国旗に, 地下足袋を, 地駄ン駄踏ん, 壁ぬり, 大きなハンドバッグ, 大声を, 大池の, 太平洋同盟を, 太鼓を, 失敬する, 奥さんを, 女のうはべを, 威勢よく, 宮崎の, 寺男が, 小さなあくび, 小さな海老錠, 少し胸, 左手の, 帽子を, 干して, 年上の, 座蒲団を, 廻す仕事, 引っぱって, 引つ張ると, 弾いたが, 彦右衛門に, 彼を, 彼女に, 彼是喧しく, 待ち呆け, 待ってるそう, 従妹の, 御話しすれ, 念仏でも, 思わず千代子, 急な, 恭しく名乗, 悪たれを, 悪態を, 想像できた, 意地の, 懇意に, 手間取った為, 押しあった, 括ッ, 指した椅子, 振返って, 捉まえた, 掛け引き, 接吻した, 推せんの, 掻き, 教えたこと, 教えること, 敬礼する, 断るの, 日本一の, 日頃は, 明らかに, 昼の, 暫時立つ, 書いても, 曹操如き, 有仰る, 木の葉の, 本庁へ, 村の, 果てしも, 染, 案内する, 桑名川村の, 楕円を, 歌うこと, 歌と, 此処も, 武家支配を, 歩兵の, 歯は, 母も, 母チャン母チャンと, 気の毒そうな, 水を, 泣き声出し, 洒落たこと, 洗濯を, 活溌に, 浮つくの, 消して, 温泉の, 漁夫と, 濡し, 火を, 焚く蚊遣香, 無数に, 煙草を, 父と, 猟が, 理事長から, 生き血を, 甲高い叫び, 申しますから, 申上げる, 発すること, 目出たい, 直立の, 眞似た, 知ったが, 石段の, 社長が, 祝って, 禮を, 私達の, 空気を, 突立っ, 窓は, 立ち止まった碩寿翁, 立停り, 立花屋の, 笑う, 笑ったかと, 答えたの, 答える, 精算を, 約束し, 細巻の, 絶えず何, 綴る虚子, 美しく云, 美しく云う, 聞いたが, 聞いたパリ, 聞くこの, 脱いて, 自動車を, 色調の, 芸人の, 若い妓, 草履の, 莞爾した, 落葉から, 蛙の, 行くつもり, 行って, 衝突し, 西田の, 見つからなかったも, 見物人の, 覚えて, 言いっこなし, 言いにくけれ, 言い争そう事, 言い易い, 言い表わしにくい, 言うかわり, 言うだけじゃァ, 言うても, 言うよりも, 言う分, 言う程簡単, 言えないこと, 言えないほど, 言えない不潔, 言えない領分, 言えぬの, 言えるよう, 言っただけ, 言ったり, 言ったん, 言つ, 言つてる, 言つてゐる, 言ひ得る, 言ふこ, 言ふべき, 言わなくたって, 言わはっても, 言われたよう, 言われるよう, 訊いた, 討たれた部下, 証明する, 詫びたり, 話しかけました, 話すこ, 話すところ, 話すの, 話すん, 話せるもの, 語ったこと, 語られる童話, 説かれるとおり, 説くこと, 説明できない, 読み上げるだけの, 誰れ, 請取たら, 講釈できる, 貰つた, 貰つた細君だ, 賞めない, 赤帽君に, 軍隊式の, 迎え見ること, 返事できる, 述べ尽せるもの, 追った計り, 通報し, 速水氏と, 遁げる, 遊んで, 釘を, 銅像の, 銜わ, 開かれた汎太平洋労働会議, 間に合うならうんと, 降りた, 雑貨商を, 電車を, 青木家に, 靴を, 鞘を, 頓狂な, 頼むほど, 食うん, 食えるよう, 食つてる, 食べるの, 食らいこの, 飲むの, 飲める酒, 饒舌った, 饒舌れ, 騒いで, 骨と, 鳴くの, 鳴ったり, 麦の, 黒瀬と, 鼻を

▼ 口~ (1192, 2.2%)

13 耳まで 11 きかなかった 7 利けない 6 ばったいこと 5 うるさいほど, ないかと, 尚夢, 禍の 4 あるまいか, うるさいもの, ないの, ばったいが, ばつたい, 利けなかった, 私が, 開いて 3 あるの, きいて, 利かないが, 利かなかった, 思ひの, 禍いの, 結んで, 自然に, 調法な

2 [79件] ありませんか, あること, あるまいかと, あんぐりとあけられたまま息, うるさいし, き, きかない, きかないし, きかぬ, ききたくない, きけど, ここから, ございません, その奥, ちょうほうな, どうかと, ないかい, ないだろうか, ないもの, ばって, ほぼ四角形, まことにうるさい, まさか, もう二度と開き, よく動きます, わざわいの, 一つしか, 一つで, 一人で, 一言も, 三日月形に, 丸い板, 五分ほど, 兎の, 利かない, 利かなかったが, 利かぬ一生溝, 利くもんぢ, 利ける, 取返しが, 塞がれない, 大きくて, 大きく開い, 女帝は, 妙に, 完全に, 少しく左, 少し大きい, 悪いが, 損ば, 極めて大きく, 極めて自然, 歌ふ, 殆ん, 水の, 決してきかない, 浄玻璃だ, 消防組長の, 渇いて, 減らないが, 滅多に, 無いか, 煩いからな, 獣の, 相変らず, 禍ひ, 突然に, 紅が, 耳の, 肯定とも, 自由に, 荒縄を, 蟇の, 達者で, 達者でも, 重く噤まれ, 開かなかった, 開きません, 開くまい

1 [918件 抜粋] あいてるし, あくが, あけて, あげな, あたかも血池, あっと, あとに, あの通り, あぶくを, あまり利かず, あらあ, ありましたか, ありましょうで, ありません, ありませんが, あるかい, あると, あるもの, あんまり利きませんでした, あんまり鋭く, いうこと, いくらでもある, いくらも, いっぱいに, いつの間にかしまっ, いつも箪笥, いつも開い, いはなより, いまだに, いよいよ固く, うち開い, うつろな, うるさい, うるさかった, おおかた怪しげ, おまけに, お愛相, お酒, かかり候えども, かしこに, かたくひきむすばれ, かなり混雑, からきし下手, がけの, きかず少量, きかせたいもの, きかないで, きかないよう, きかなかったであろうし, きかなかつたの, きかぬ寧子, ききかねたの, ききながら, ききません, ききませんでした, きき候, きくな, きくまいと, きくまいとまで, きく嫌がらせ, きけそう, きけないかわり, きけないん, きけなかった, きけなかったし, きけなかったに, きけなくても, きけませんよ, きたなく逢う, きまったの, きょうは, きわめて小さく, ぐっとむすばれ, こうな, ことごとく合います, この国, この遺書, この駅, これで, これも, こわいほど, こんなに大きい, ございませんからね, ごまかせても, さながら熟れた, しおからかった, しつかりと, しょっちゅう漬物, すぐ厳重, すこしあい, すこし上方, すでに一, すぼまり頬ペタ, せまく行く, そう急, そこに, そのらし, その口, その時, その裏手, それから, それほど大きい, た, たいへん大きく, たけしくんの, たしかにきけます, ただパクパク, ただ一つ, ただ入り口, たとえば洪水, ついたの, ついに長蔵さん, つけるが, つりあがりくちびる, とざされて, とても過, ともかくも, どうした, どうせ御, どうなんだい, どこだ, どこを, ないか, ないぜ, ないと, ないので, ない筈, なかなかある, なかなか力, なかなか見つからず, なかなか重く, なきか, なくそれ, なんだ, なんとで, ねえの, はっきりしない, ばったい事, ばったい云い分, ばったい言い方, ばったくて, ばったく言えた時代, ひきつった, ひくくさがっ, ひとりの, ひょっとしたら大砲, ふさいでも, ふさげねえや, へらなくっても, ほぐれて, ほせから, ほとんど利かなかった, ぽかんと開い, まず片, また探そう, まだだろう, まだ出来ない, まだ動い, まだ癒えざれ, まっくろな, まつたく合, まるで利かなかった, まるで滝, まるで飯, みるみる中, むしろ小さ, めったに見付かり, もうどこ, もう古く, もう決して物, もう虚, もっと小さい, もとより動き, ものかは, ものを, やすやすと, やつぱり此点に, やはり口, ややこれら, ゆがんで, よどみながら, ろう仮面です, わずか開い, わたしどもの, われ等が, グレシアの, ケイレンし, シンとして, ダラリと, ドカ, ハンカチの, ベランメーである, ポッカリ開い, マスクで, 一つだ, 一と, 一切きけない, 一度に, 一文字を, 一方をのみ, 一直線に, 一齊に, 三角に, 不作法であった, 不調法でも, 両方の, 丹波の, 乾きぬ血潮とどまりぬ, 乾き熱病, 云うの, 五月蠅じゃ, 五臓六腑が, 人並だ, 人出入りが, 今は, 仰いで, 伸子の, 何か, 何と, 何時でも, 何程も, 來る, 依然として固かっ, 信じられないと, 僅かに, 光りを, 兎角武断, 全くなかっ, 其の村, 内廊下, 内部から, 凋む, 出さないこと, 出さなかつた, 出すけれども, 出すめ, 出せんが, 出て, 切ったし, 別として, 利いたよう, 利いた事, 利かずに, 利かず固い, 利かないながら, 利かない方, 利かねえ, 利かん, 利きますが, 利きません, 利きませんでした, 利くまい, 利けず右半身, 利けなく, 利けぬ, 利けませんでした, 到底無難, 前には, 割るまいぞ, 助辞, 動かさなくなった, 動かしませんや, 動かぬ, 十五両一分で, 十歳の, 半ばほころび, 半ば開い, 半ば開き, 半坪ばかりの, 単に雄, 古いこわれた, 叩けないと, 合わさった, 吉岡清十郎門下の, 呉にとって, 和らかに, 品川の, 品川湾から, 唇が, 唖同様でも, 喋って, 喰べても, 営口から, 噛み合った, 噛むかも, 四十面相が, 回転窓も, 固くつぐん, 固く食いしばっ, 堅くとざされた, 堅く結ん, 塞がなければ, 塵芥箱の, 変に, 夜叉の, 大きいの, 大きいほう, 大きくどこ, 大きくひらいた, 大きく一文字, 大きく時に, 大きく歯, 大きく歯並, 大きく腮, 大きく鼻, 大きな掌, 大丈夫だ, 大勢だ, 大変な, 大抵堅く, 大概一癖ある, 女の, 好人物の, 姉の, 子供の, 学生時代から, 宮殿の, 容易に, 封じられた様, 小さいほう, 小さく円くあ, 小さく描い, 小壺, 少しあけた, 少しも, 少し親しみ, 少し開く, 少し震え, 屹度かかっ, 川と, 左様然ら, 常には, 干上ッ, 平次の, 広い板の間, 底部の, 弛みて, 彫刻家の, 彼らの, 彼女に, 後から, 必要で, 忍諦の, 思いの外滑らかに, 思ひ當, 思わずと, 怪奇に, 悪いと, 慾が, 戸閉され, 手荒く閉ざされ, 打紐で, 拭き込みたる板敷, 捻ったよう, 教育の, 斜に, 新任先生の, 新村議, 早い民衆, 昔風の, 曾て, 有らな, 本当の, 東丘村が, 東活の, 板橋の, 柔かな, 案外な, 植木物が, 楽屋うちで, 横まで, 此処にも, 歪み唇, 殊に楽, 毎月の, 水夫長が, 決して答えなかった, 津和野藩は, 淫らな, 渇いた, 滑らせられません, 漸くほぐれ, 漸くほぐれました, 火を, 炎の, 煩いもの, 熱心に, 牛七匹と, 物を, 特に大きい, 狸オヤジと, 猛烈を, 環で, 甘ったるくなる, 生れつきだ, 用を, 異常に, 疫病の, 癒されて, 白い歯, 白山東海道口は, 直ちに城内, 眼と, 知て, 石で, 石逕に, 硝子張り反対の, 確かに, 私の, 穹を, 窪んで, 立派だ, 竹で, 第一番, 粉を, 糸で, 累々たる, 絶えず言語, 綺麗に, 緊と, 縦に, 群衆六百の, 老て, 耳までも, 耳許まで, 聞かなかった, 聞く要, 聞けるかも, 脳天から, 膿を, 自分で, 自身の, 臭くつ, 至って堅い, 色情に, 苦しげ, 蒼い紗布, 薄手で, 虎の, 蛇体や, 血で, 表玄関から, 裂けて, 裂けてるからなあ, 西に, 西洋竈風に, 見えなかった, 見えるが, 見て, 見る見る耳, 見苦しく大きくなっ, 角が, 言わぬもの, 詛と, 誰が, 諸方から, 赤いん, 足りないぐらいじゃ, 軍鶏に, 軽く半ば, 辷る凪, 近寄らないで, 這い込む人, 遊船会社附近の, 達者らしい, 都合が, 酒よりも, 重いし, 重たくて, 金鉄に, 鋼鉄宮殿の, 長年仕えた, 閉ざされて, 閉じられ額, 閉ぢられ, 開いても, 開かない, 開かねば, 開きたるま, 開き脣, 開けっぱなしに, 降るほど, 随分使っ, 離れなかった, 霧に, 青黒い水, 非常に, 革手袋を, 音を, 頗る多かっ, 顋が, 顔に, 餘り利けなかつた, 首には, 驚きの, 高さ五尺, 鬨の声を, 鮟鱇に, 黄金で, 黙々とし

▼ 口には~ (652, 1.2%)

17 出さなかった 15 出さなかったが 14 出さないが 7 云えない, 出さねど 6 ださないが, 出さないで 5 出さずに, 出さない 4 出さなかつたが, 出して, 出せなかった, 明るい紫, 猿轡を

3 [12件] あらで, いえど, いるの, 云えど, 云わないが, 出さぬが, 出しませんが, 出せない, 出て, 少しも, 言っても, 言わないが

2 [37件] いえませんが, いって, いへど, さるぐつわを, マスクを, 一と, 一寸ばかり, 一梃の, 上らずとお, 云し, 云は, 云ひ, 云へ, 入らざりしに, 入れない, 出さず, 出さないまでも, 出さなかったけれども, 出さなかったし, 出さなかつた, 出しません, 出ない, 出ぬ, 厳重な, 合わなかった, 尽されません, 桃色の, 燃ゆる, 牙を, 甘露とも, 立派に, 笹の, 街の, 言って, 言ね, 話しながら, 誰も

1 [440件] あいますまいが, あっても, あなたが, あまりお, あまり出し, あゆ中の, あらず, ありつけたが, あれど, いいながら, いいやすい, いうて, いうものの, いえない, いえないおもしろ, いえないで, いえないなあ, いえない言葉, いえぬが, いえませんよ, いくつも, いくつもの, いたされぬが, いっても, いつの間にかマドロス, いはなくて, いるか, いると, いるとき, いるまでに, いるもの, いるよう, いる寿司, いる時, いる筈, いわないが, いわなかったものの, いわねど, お藤姐, かすかな, この地, さすがに, されないで, しがたい, した, したが, しないが, しないで, しないの, しないもの, しなかった, しなかったこと, しなかつた, しなかつたが, しなくなった小山田家, しまいと, すこしも, ずっとよく合っ, その原因, その歴然, その至味, その言語, それと, たいそう毒, ださなかったが, だせない, だせないとか, だせないよう, つきり, できない筈, とうもろこしで, とても入らない, どことなくもたもたした, ない事, なかなか乗らない, なじまなかったし, なにも, なんとも形容, にがく心, のせられぬが, のぼらなくなりました, のぼりません, のりませぬ, ぴか, ふくみ綿, ふりこむの, ふりこんだらボンボン, ほの, ぼろきれ, まだおふくろ, まだぶすぶす言う, まだ火, まだ鶴さん, まだ黒い, むき出しの, もうすっかり風格, もう幾ら, もう眼, ゆうちゃんと, よく合います, よく合う, アンコロを以て, ガラッ八, ガラツ八が, キスし, ダンヒルの, チョビ髯手に, ハンカチの, ハンカチーフを, バルナバスは, 一個大隊の, 一対の, 一層激しい, 一抹ミユンヘンの, 一輪の, 七夕の, 三十二銭這入っ, 三十銭くらいしか, 上せなかったが, 上と下と, 上らなかった, 上らなかつた, 上下に, 上下貴, 乗らんぞ, 亂雜に, 二人ずつの, 二人の, 二度と這入るまい, 云いが, 云い出せない, 云い出せなかった, 云えませんね, 云えや, 云ったが, 云ったよう, 云っても, 云て, 云ぬ, 云ね, 云ひ出せない, 云わず心配, 云わなかった, 云わなかったが, 云われないくらい, 亭主らしい, 他日を, 仮橋, 休み場も, 似ますけれど, 佐谷五郎太夫松本能登三瀬越には, 何か, 何とも, 何も, 何事も, 何様し, 余り言わない, 例の, 信長信忠の, 僅かに, 優しいなさけ, 優しきことば, 入って, 入らなかった, 入れられないほど, 出さ, 出さずときどきそっと, 出さずとも, 出さずひとり, 出さず一歩一歩, 出さず拳, 出さず自分自身, 出さないけれど, 出さないでも, 出さないと, 出さないの, 出さないよう, 出さない無限, 出さない考え, 出さなかったけれど, 出さなかったそう, 出さなかったそれだけ, 出さなかったの, 出さなかったもの, 出さなかつたけれど, 出さなかつたの, 出さなくして, 出さなくってもね, 出さなくつて, 出さなくても, 出さぬけれど, 出されませぬが, 出されませんでしたが, 出しかねて, 出しかねるよう, 出したこと, 出しませんでした, 出しませんでしたが, 出し得ないで, 出し難い, 出すまいが, 出すまいと, 出ずあれ, 出ずに, 出ず頭, 出せずまるで, 出せず目, 出せないの, 出せないほど, 出せないもの, 出せないよう, 出せない慾求, 出せない文句, 出せない筈, 出せなかったが, 出せなかつた, 出せぬ, 出せぬ罪人, 出せません, 出ないよう, 出なかったの, 出られると, 出入する, 出来ないヒドイ仇名, 出来ぬ鼻, 出来るだけ, 別段に, 到底問題, 加藤図書助順盛が, 労働者が, 十円紙幣一枚と, 十手, 千八百円と, 南無阿弥陀仏と, 卵の, 古びた大きな, 古手拭, 可笑しな, 合いますか, 合いますまいが, 合いますまいけれども, 合いますまいよ, 合うまい, 合ぬ, 合は, 合ふまい, 合わないの, 合わぬでしょうが, 合わん, 合わん何, 同権論者だ, 君子も, 味醂酒と, 哀れなる, 唐銅の, 唯一銭五厘しか, 唱へる, 唾が, 問題では, 問題に, 城戸が, 外れるし, 外輪車の, 大いにその, 大きな男, 女の, 如何も, 妓楼や, 子供の, 実に味, 宣らね厳か, 宣らね嚴, 家康自身が, 小さい妹, 小供, 小屋で, 小林少年が, 小言を, 少しどうかと, 尽せません, 届かず一日四百瓦, 山水花鳥人物など, 帰ると, 幕が, 平気を, 形容出来ない, 彼女の, 得て, 得出で, 得言は, 微笑が, 微笑を, 必らず, 必神符を, 恐ろしい不味さ, 恨みが, 息が, 懐剣を, 成程, 戸は, 扉が, 打出し難き, 批評は, 抑えて, 掩ひける, 敏感な, 敵いまへん, 断言した, 旗本鐵砲頭以下數十人が, 日頃信ずる, 明治以後の, 明白地に, 月の, 朗らかな, 朝の, 木の, 林檎を, 栃木在の, 榊原小平太康政丹羽氏次などの, 正当な, 正枝, 此の, 武裝した, 歯が, 歯も, 毒蛇の, 毛利左近月瀬右馬允衣笠因幡大音六左衞門菅勘兵衞吉田右馬太夫長濱九郎右衞門比惠の, 民主主義など, 水が, 水ッぽい, 池田輝政堀秀政等の, 涎湛へ, 瀬戸物の, 火の, 火焔を, 煙も, 燦然たる, 牙や, 牛乳が, 物が, 猿轡が, 王義を, 珍き, 生なましい血, 田楽は, 申されませんが, 申せませんがな, 男下駄が, 異常な, 疑い乍らも, 発せぬ口, 白い布, 皆異様な, 直義の, 真黒い警官, 知らん顏, 石を以て, 石勇を, 砂が, 神の, 秘かに, 窓が, 立憲とか, 笑えど, 笑みを, 紙の, 結局ロッシーニと, 聞くに, 脂粉の, 自然に, 葉巻きを, 葉巻き煙草という, 藤井という, 虻が, 血が, 行列が, 見るからに, 言い出せなかった, 言い現, 言えても, 言えど, 言えない, 言えないから, 言えないけれど, 言えないよう, 言えぬが, 言えぬ苦しみ, 言えませんでした, 言ねど, 言は, 言はね, 言ひ, 言ひませぬ, 言ひ出さない, 言へど, 言わないけれど, 言わない最後, 言わねど, 証文の, 語りきれぬ仔細, 説き誰, 説明の, 誰にでも, 謂えぬ, 贅沢を, 赤い切, 赤い火, 赤い紙, 赤い舌, 赤い豆電球, 赤襟に, 足利義昭その他在京の, 進歩を, 遠慮も, 適しなくなつ, 郡正太夫齋藤忠兵衞吉田久太夫毛利吉右衞門生, 酒が, 酒は, 酒池肉林が, 金具が, 金歯が, 金色の, 銜えず可憐, 門の, 際の, 雑物は, 雜物は, 雨に, 雪の, 雲が, 非ず, 頑固らしい, 頼んだ女, 顔と, 飴を, 駅夫の, 鮮かに, 黄ばんだ血清, 黒い布, 黒木の

▼ 口では~ (408, 0.8%)

8 云えない 7 なにも, 云いながら 6 強いこと 3 お艶, そう言った, それと, 云つた, 何でも, 何の, 強そう, 笑って

2 [24件] あるが, いって, いっても, さう, そういいました, つきり自決, ない, ないと, 云えません, 云ったものの, 云って, 云へ, 仰しゃるけれども, 信じられないと, 勝彦を, 愕い, 打ち消した, 承諾の, 斯んな, 朝飯を, 言いつつ, 言いながら, 説明が, 説明しきれない

1 [308件] あっさりと, あやまるが, ありませんが, あるかも, あんな偉, あゝ仰, いいつくせないほど, いいませぬ言葉, いいよう, いい出せず弓矢, いうが, いえど, いえないが, いえないし, いえないそれ, いえないの, いえないものたりな, いえないよう, いえない位, いえない後で, いえません, いえるが, いかがです, いかやう, いけない, いささかと, いってるくせ, いひながら, いへ, いよいよ強硬, いらないと, いろいろと, いろいろに, いろんな事, いわないくせ, いわなくても, うまい事, おばば, おまえに, お前さんの, お礼が, お米, かえって反対, かなや, かなわないこと, かるがるしく片づけられる, かれこれ言っ, かんたん, きれいな, くそけなし, こういった, こう言います, このたび, この界隈, これ又, こんなこと, こんな荒っぽい, こんな負け惜しみ, さうは, さうも, さかしく応対, しおらしく, せばめられた水嵩, そういっ, そういった, そういわなかった, そうも, そう云い, そう云っ, そう云った, そう云わなかった, そう言い, そう言っ, そこの, そちに, そない, そないいい, それは, それも, そんなこと, ちゃかしながら, ちょいと, ちよいと, とても満足, とても語り切れぬ, とにかくまだたっぷりと, どうだ, どうもその, どう云い, どう云おう, どんな清らか, どんな約束, ないかと, ないが, ないけれども, ないの, ないわ, なかった, なかなか威勢, なかなか意志表示, なくまた, なく頭, なく鼻, なつかしそう, なにげなく明智, なんにも云わなかった, なんにも言わなかった, なア, はっきり結婚, はつきりそう, はや宮, ひどくノン, ふだんから, ほとんど何, ほめて, ぽんぽんいう, ぽんぽん言い, まるで一ひねり, まるで彼女, むぞうさに, むづかしい事を, やっと閑散, やはり今晩, よく云いあらわせない, よく五十米, わかつたやう, アパート一番の, イデオロギーを, サボタージュみた, テナルディエの, 一人残らず, 一向に知らない, 丁寧に, 三郎と, 下手な, 不承不承に, 亀に, 二言めには, 云いさ, 云い条, 云うが, 云うても, 云えな, 云えぬ繊細, 云ったよう, 云っても, 云つてゐ, 云は, 云ひつくす, 云わずに, 云われないよう, 人間を, 仰し, 仰しやらないが, 仲裁する, 何うし, 何かと大きな, 何とも, 何とも思っ, 何と云, 何と怒鳴, 何も, 何んな, 何事も, 余り失礼, 倹約を, 偉らそう, 元なかつた, 元気な, 党を, 其事は, 内鮮同仁, 冗談らしく, 別所を, 勧めながらも, 千軍万馬の, 双方とも, 叫びながら, 叫んだが, 叱りながらも, 叱るよう, 吉弥に, 同一視した, 呪いながら, 呪言を, 唯少しも, 喧ましく言う, 嘉治さん忙し, 噛めないらしい, 大丈夫とは, 大声で, 大層な, 大層恩, 大法螺, 大阪を, 天下国家を, 夫れ, 好きに, 威勢の, 婦人の, 嫌ひだと, 宣伝し, 容易く云, 容易に, 小さく云, 小侍たち, 少し不思議, 幅ったい, 幅な, 強い言葉, 強い返事, 強がりばかり, 強がりを, 強くいう, 彼女は, 御免なさい, 御礼の, 心配そうに, 忙が, 思うよう, 悪く云っ, 意地悪く, 意志の, 押しつけなくても, 拒むよう, 敵わ, 日本を, 旧式な, 早く蔵, 最上さんに, 死ぬ, 水泳に, 浮いてるよう, 浮気, 澄まして, 激しく喘ぎ, 無雑作, 然り, 玄人を, 申されぬ気味, 申されまい, 申されませぬ, 申されません, 申しあげられませんわ, 申し上げられないこと, 申し上げられません気持, 申し兼ねるが, 皆憂わしげに, 眞面目な, 真冬の, 矢張り今晩の, 知らぬと, 碑林の, 穏便に, 笑いながら, 答えたが, 答えなかった, 簡単に, 終えなくて, 綺麗な, 繰り返して, 罵り顔, 自らの, 自分一人を, 苦笑いを, 親切そうに, 解けないでしょうよ, 言いながらも, 言い尽せぬし, 言い得ないところ, 言い現, 言い表わせぬ魔味, 言うこと, 言えないいろいろ, 言えないの, 言えないほどの, 言えない位, 言えない好もし, 言えない種類, 言って, 言ってるが, 言つた, 言つてゐる, 言ど, 言はれません, 言ひ, 言ひ現せぬ魔味, 言ふ, 言ふも, 言へ, 言わなかったが, 話が, 話しにくい, 話を, 語り難い, 説いて, 誰でも, 諦めると, 負けないだらうが, 負け惜しみを, 遠大な, 鄭重に, 青い火, 非常なよろこび, 革新を, 飲みたい心, 魚を, 龜に

▼ 口~ (348, 0.6%)

5 鼻を 4 心と, 鼻から, 鼻とを, 鼻の 3 なると, 一緒に, 眼とを, 顎の, 鼻とに, 鼻に

2 [31件] いえば, それらの, なったの, みえて, 一所に, 三つの, 云うもの, 口と, 口とを, 口へ, 口髭と, 同じよう, 同様に, 心とは, 思うの, 思って, 手を, 焼きあげて, 目を, 直角に, 眼に, 眼を, 耳が, 耳との, 耳の, 腹とは, 酒ばかり, 黄色い腹, 鼻と, 鼻とから, 鼻との

1 [247件] あらんかぎり, いい, いい佐兵衛, いい日本海岸, いい近, いうと, いうのに, いうより, いうよりは, いって, いっぱいの, いつたら何一つ, いはずばらばら, いはず耳, いひ世間, いふので, いわずさかん, いわずばらばら, いわず髭, おなじく住民, きたなき物, きつい眼, しある, すこしばかりの, すっきりした, するかという, する山々, する東北地方, すれば, そういう道具, そして鼻, そなた, その次, それに, ぢて, なく耳, なく金子, なく雪だらけ, なって, なりおる, なる, なる崖道, のどとを, まえ足, まったく相違, みえる, むき出しの, もはや彼, やさしい頤, ステツキを, タンクとが, 一つ一つていねいに, 一杯に, 一致せざる, 丈け, 三ツ門が, 上とに, 下っ腹, 両の, 両方から, 云い断, 云い鼻, 云う口, 云う舌, 云はれ, 云ふも, 云わざるを, 云わずジャリジャリ, 云わず出鱈目, 人力車口と, 位の, 倫敦から, 光ってる細か, 入口を, 其心と, 分けて, 切りあけたという, 区別し, 十二人の, 又女房, 反対の, 口とが, 口との, 合わさった, 合歓の, 同じに, 同じ手つき, 同じ高, 同高に, 向いあって, 向い合った一条, 向き合って, 向き合つた南側の, 吸えず返事, 吸殻が, 呑んで, 呼ばれた団員, 呼んで, 咽喉を, 唇で, 唇との, 四ツ脚の, 四方から, 外聞かなかった, 大きな二つ, 大した相違, 大手との, 奥の, 奥へ, 奧へ, 字は, 定め劇場, 寸分間違いの, 小さく尖った, 小さな眼, 小柳雅子の, 少しも, 少も, 尻と, 尻とから, 帶揚だけが, 広く深く視る, 後頭部が, 心とを, 心は, 心を, 応揚に, 思う処, 思はるる角製, 思はれる障子, 思われる障子, 想わるる北魚沼郡, 意に, 手が, 手だけは, 手とを通じて, 手巾とが, 手眞似, 手真似とで, 手足が, 捌け口とを, 数えて, 日本の, 明かに, 星の, 書いて, 次第に形, 武昌へ, 歩行者口とが, 歯とは, 歯医者の, 残忍な, 母の, 母屋の, 無駄口を, 煙草入を, 片っぽ, 片手で, 牙とを, 犬とを, 白塗りの, 皿の, 盃の, 盆の, 目から, 目が, 目される, 目の, 目は, 看過し, 眼と, 眼とに, 眼の, 瞳は, 矢狭間から, 称えて, 称へて, 符合し, 符合なし, 筆との, 筆とを, 箱根口との, 節子と, 精神的な, 素敵な, 續けて, 耳とが, 耳に, 耳を, 肛門と, 肛門女は, 肩ずれに, 胃とが, 胃腸の, 胸とは, 腕と, 腕とに, 腕とには, 腰と, 腹が, 腹と, 腹とについて, 腹とを, 臓腑の, 舌とは, 藤川口とが, 行いは, 行とは, 裏と, 見えて, 見える, 見えるほど, 見え徳利, 見られる地点, 見られ仮, 見張った眼, 言つた, 言はず長い, 訳して, 赤ン坊の, 足だけは, 足とさえ, 足は, 軟かく誘う, 連絡に, 郊外の, 釣合った娘さん, 釣鐘を, 険を, 須走口の, 頤, 頬辺とで, 頭の, 頻りにつぶやいた, 顔とを, 顔の, 食べられたもの, 食を, 飲む者, 飲んで, 高利貸で, 鼻とへ, 鼻は, 鼻へ, 鼻孔とだけを, 鼻斯く, 鼻腔だけが

▼ 口より~ (247, 0.5%)

6 出で 3 するもの, 出づ, 我が家の, 火を

2 [11件] これ, して, 公然たる, 出し過失, 出でん, 口に, 尾の, 火焔を, 聞く所, 色々と, 身体までを

1 [207件] いかなる問題, いづるに, いづるまま, いづれば, いで, いは, いひ出せば, いろいろの, お前らの, お城, お話しを, かかる説, かくの, これこれで, これを, し流る, し流れ出づ, すこし上, すこし下, するに, そ, そっと婆さん, その事情拙者, なるべし, はいりその, はいりまして, はげしく烟, ほかに, ほしいま, ほとばしりなか, ましだ, まず一, まだ消え, もれて, ヒョイと, ユーテルスの, 一の, 一二寸の, 一場の, 一層困難, 三度までも, 上の, 上へ, 上意, 下流で, 世になき, 主翁, 二人の, 二婦人を, 云々と, 云て, 今朝聞きし, 伝へられたやう, 何故に, 先に, 入りしに, 入り来り公子, 入り見るに, 入るもの, 入んと, 其の報道, 其略伝を, 出たる議論, 出づべき, 出づべし, 出づるまゝに, 出づる凡て, 出て, 出でしが, 出でしなり貧, 出でし儘, 出でたと, 出でたるもの, 出でたる無量, 出でた言葉, 出でぬ, 出まかせに, 出るすべて, 出ると, 出る結構, 出任, 出任せの, 出場, 出来たり, 出来らんとは, 出来りけると, 勝手の, 又七, 口へ, 召し使い, 同音に, 吐き男, 吐けるもの, 吐ける水, 吹込まれ, 呼べば, 噴上る, 噴出づる湯気は, 城中の, 場内に, 大哀哭, 天の, 奥向き三階の, 奥平家来, 宣伝せられぬ, 宣告されぬ, 家主六郎兵衞と, 密計の, 小さい獣一疋, 小走りに, 小間物屋彦三郎廿歳ぐらゐの若者旅す, 左官屋勘太郎三十二三歳身綺麗に, 平常は, 廻り縁に, 引き摺りだして, 引き返した, 従八位の, 憂き心, 我に, 我子を, 戻れ, 承わりまして, 押出したり, 拔ける, 攻めかかり背, 教へ, 斯か, 日本橋で, 早く動い, 明快に, 智恵負けいたした, 梅が, 檻車江戸に, 此の, 此樣な, 此物語を, 毒を, 沫出でたる, 泄んも, 波打込みし, 洩る, 洩れた, 洩れて, 海へ, 漏んも, 漢水上流へ, 火と, 無造作に, 煙を, 現はれ, 申すは, 申立之, 発したの, 発し文一たび筆, 発すること, 発するもの, 発せしもの, 発せられざるもの, 発せられたるかを, 白状させ, 白状に, 眼球を, 石子伴作は, 確と, 種々の, 立出たり, 簒国奪, 紙の, 老夫人, 耳に, 聞えた, 聞きし時話, 聞き今, 聞くかと, 聞くこと, 聞くや, 聞けば, 脚の, 臭物を, 船に, 茶碗に, 血なお, 血を, 血夥しく, 言い洩して, 言ひ, 言ひ出, 言出しかね, 訪るる, 許すとの, 誂へる, 語り出されぬ, 謀反の, 追, 退場, 退場す, 逐へ, 這い出ずれば, 進んだ一隊, 道理を, 長さ一尺強, 離れ切るや, 露顕致せ, 音を, 顏さし出し, 黒門へ, 鼻孔より

▼ 口まで~ (245, 0.5%)

12 出て, 持って, 送って 5 来て, 行って 4 出かかったの 3 來る, 出かかったが, 出そう, 出た 2 ピタリと, 出か, 出かかって, 出かかるの, 呼び出して, 帰った, 持つて, 来た, 運んで

1 [165件] あけて, あのガード下, いうて, うち出したたん, うまくたどりつけるだろう, おとなしく足, お出, お断りを, お送りさせる, お送りしましょう, お願いします, かかると, かくれるほど, きく, きた, きたが, くるよ, このお, さし込んで, すっぽりかぶせ, その福田夕咲君, たずねて, ついて, つきあげて, つくだろう, とどくため, のっそり起き出, のぼって, はなまで, はねられ総領, ふたりを, もって, やって来た, やって来ると, わざわざ見送っ, イ, ヴェールを, 一ヶ所二の, 一息に, 一杯に, 一言も, 世話に, 二三町あった, 今度は, 伴いて, 伸子を, 來た, 先陣を, 出かかった, 出かかった小切手帳, 出かかった言葉, 出かかった謝罪, 出かかっても, 出かかる呼びかけを, 出かけて, 出かけ半, 出しかけても, 出した, 出して, 出たが, 出たきり, 出たけれども, 出たことば, 出た詞, 出ても, 出ましたの, 出るけども, 出れば, 出張った伊東入道, 出掛ったが, 出掛った時, 切って, 切り裂かれ腸, 利くの, 利けなくなったよう, 参りまして, 参ッた, 及ばないの, 呼び出された, 墨で, 大石殿を, 大至急, 官位に, 寒し旅, 帰って, 延んで, 引抓れ, 彼は, 往復する, 後退りに, 思いがけないムダ, 思い定めて, 急がせました, 押し出されて, 押出させ, 拂は, 支配し, 斬付, 来かかった, 来たが, 来たとき, 来たところ, 来たの, 来た時, 来は, 来ました, 来ると, 横しぶきです, 歩いて, 殺出した, 水が, 泥の, 泥沼に, 浸いたぞ, 漱石氏を, 続いた, 腹這っ, 舁ぎ込んだ, 舐める, 虜に, 行きかけると, 行きそこ, 行きついた時, 行きは, 行くと, 行こうと, 行った, 行った助五郎, 行つた, 行つた時, 行つて引き返された, 行つて見る, 見送って, 見送つて行つて, 言葉が, 豆腐屋を, 走り寄っ, 足を, 足早に, 足音が, 跟い, 車力を, 転げて, 迸って, 追掛けたが, 追詰めて, 退いて, 送つて, 送られて, 這って, 這つて行つた, 這上って, 運び出した, 運び去られたが, 達したが, 開いて, 開通し, 降りて, 顏を, 飛びますぜ, 馬車を, 馳け, 駆出したが, 驟雨の, 高氏どのには

▼ 口からは~ (220, 0.4%)

5 申上げ兼ねます, 言ひ 4 泡を 3 なにも, 出て

2 [15件] あわを, タラタラと, 云えない, 云へ, 到底満足, 大そう, 平次が, 涎が, 申されませんが, 申し上げられませんが, 申上げ, 血の, 言いにくい, 青い焔, 黄色い歯

1 [170件] いまさらの, おこにも, お今, お話が, かすかな, ききにくいし, きくこと, さすがに, そう言った, それ以上は, それ以上何んにも, たちまち悲鳴, だら, だれにも, つい言え, づしながらそこを, とうてい申し上げる, とてもいや, どうも云い, なお何, ひとことも, ほとんど何, ほめ難い, ほんとの, また長い, まだ語られ, まま聞かされる, まるで癲癇, もうあれ以上, もういえぬ, もう盗みだし, ゆるやかな, りんと, クイクイの, タラクラと, ツイこんな, ハアハアと, ブツブツと, 一度も, 一線の, 一里半, 三原山の, 不明瞭な, 不躾ながら, 二三十間も, 云いにくう, 云えそう, 云へん, 些と, 今にも言葉, 仙臺辯を, 仲間喜平とやらは, 伊右衛門喜兵衛お, 低い溜め息, 何か, 何と, 何と無く, 何や, 何事も, 倫敦リジェント街と, 出しにくい, 出ない, 出ぬ筈, 出来ないの, 到底十分, 刻々と, 前に, 剥いだ果実, 劇怒, 北条氏政の, 友次郎と, 叫ぶとも, 同時に奇声, 咆吼の, 哭くが, 四つの, 塵ほども, 声が, 夥しい真黒, 太い吐息, 存外文學談, 小判は, 尻といふ, 巴里の, 常に言葉, 御念仏, 思はず仏, 怨めしそう, 息一つすら, 意外な, 憤るが, 時々軽い, 最後に, 最後の, 校番室の, 歡樂の, 毒々しい語, 氷の, 決して宗皇帝, 決して漏らされなかつた, 泡が, 火が, 火の, 火を, 火花が, 牙がに, 申されません, 申されませんたつた一つ, 申しませぬけれど, 申しませんが, 申し上げられません, 申し上げ難い, 申し分の, 申し憎い, 申し難い, 申せないよう, 申上げ兼ねまする, 白い湯気, 白い牙, 白雪を, 確かに, 確と, 糸の, 約三時間, 素より遂には, 絶えて, 絶え間なく, 聞き出せなかった, 聞くこと, 聽いた, 肉と, 脱脂綿が, 自ずと皮肉交, 自然とか, 自然に, 舌を, 艇長死体の, 艶かしい, 芬々たる, 血が, 言いますまい, 言いませんが, 言い兼ねるし, 言い出し得なかった, 言い憎い, 言えないよう, 言えんなあ, 言はれない, 言われないけれど, 言出されない, 訳の, 話しにくい, 語るに, 赤い火の粉, 軽い仏蘭西語, 酒と, 酒の, 野獣の, 銀白色の, 鋭い声, 長い舌, 障子で, 静な, 頭を, 風が, 騒ぎ出せない, 騷ぎ出せない, 驚きの, 驚駭の, 高安月郊君の

▼ 口~ (195, 0.4%)

11 くて 97 くって 5 く候 4 き事, き次第, まぎれに 3 いの, いのと, い口惜, がった, がって

2 [13件] いといっ, いよう, いような, い時, かったから, かりけん, かろ, がっても, くッ, く存候, けれ, ければ, や

1 [110件] いえ, いか, いかな宝蔵, いか悲, いことは, いことよ, いでしょう先生, いですだ, いというんじゃ, いとみな, いとよ, いと云う, いと口, いと台所, いと彼女, いと思うた, いと思っ, いと思った, いと思わない, いと男, いと言つて, いと謂, いな, いにゃ口惜, いに心, いねえ, いねえ清葉さん, いわ, いわい, いわね, いッ, い事, い伊之助はん, い其, い切な, い口惜い, い残念, い目, い腹, い諢名, うございます, うございます中央, う御, かった, かったけれども, からずや, かろう, がった時, がっておい, がってヤイヤイ, がつた, がりました, がりよう, がり唯, がり拳, がるもの曰く, きこと, きこと限り, きは, きを, き事哉此上, き事限り, き如何, き御, き次第に, くっても, くても, くな, くないね, くなっ, くなった, くばドン, く云, く倩, く又, く嘸, く夫, く思, く思い, く思った, く思ったろう, く思ひ, く我, く此, く見れば, けりゃ一本足, けれとは, けれど, けれども外, けれ今更, さ, さうな顔, さよ, て, とはおもい, とは云わるれ, とも思へり, と云, と我手, と父樣, と腸, と言ひつ, ながら手出し, まぎれの, まれる, もあれ, やと遁れん, やわれら, や口惜, や汝ぢ其金

▼ 口にも~ (171, 0.3%)

6 筆にも 3 なりさうな, 上って, 入る, 出して 2 それを, やり手らしい, ゆるとき, 上らなかったの, 出さなかったが, 出さなかったのに, 色にも, 言えないよう, 説き尽すべからざる理想

1 [135件] ありうること, ありましたし, あるが, いうの, いえないこと, いえなかった, いえぬ気苦労, うまかった, おゆき, これは, したこと, しないの, しなかった, しなかったこと, しなかつたと, し得ない感懐, すてきに, すべきでないこと, するが, するけれ共, せず飲みつ, せぬもの, たれて, つかわれて, つくさねば, つくされ申さず候, つくせぬ痛み, できぬこと, なお四杯, ながれいるを, なされませぬ, なって, なりそう, のぼって, のぼらなかった, のぼるだろう, ひとしい浜松城, ぴたりと, ふくんで, また安倍屋敷, まだちょっとした, まだ白, よくその, アカシアの, 上らなかったほど, 上るでは, 上るに, 上る親しき, 事欠くよう, 云いつくされねえばかり, 云い心, 云えず思い出してさえ, 云えな, 云えねえ, 云ひ, 他に, 借りの, 入るとは, 公言し, 六口にも, 出さず, 出さずそんな, 出さず情夫, 出さず素振り, 出さない, 出さないで, 出さないといふ, 出さなかった, 出さなかつたの, 出した, 出したので, 出しては, 出しません, 出すまじきことば, 出せずただ, 出せない苦し, 出せなかった, 出せぬ恐し, 出せませぬ, 出たもの, 出でず成りぬ, 合ふ, 吐血した, 味わって, 唾の, 小さい店, 尽せません, 心にも, 懐中鏡にも, 或いは心, 扉が, 拭へども, 挙動にも, 擧動にも, 文字にも, 斷乎たる, 村の, 柄にも, 楽屋の, 波が, 源一の, 漂って, 灰が, 焦熱地獄の, 熟して, 甘からん, 登らなかった, 白いマスク, 耳にも, 自然に, 言い心, 言うこと, 言えず筆, 言われず筆, 説明する, 謹しみの, 讃め言葉にも, 辞にも, 辻にも, 近く水陸, 述べられぬほど, 造幣局の, 遠慮が, 金その, 陰扉の, 隙は, 鞭の, 音に, 韻の, 頑固な, 頬の, 類型風の, 鮮かに, 鼻にも, 鼻孔にも

▼ 口~ (141, 0.3%)

7 鼻から, 鼻を 4 牡丹を

2 [13件] 世上の, 二た, 動作には, 態度では, 眼の, 筆では, 答へ, 耳や, 肛門やには, 胸を, 鼻に, 鼻の, 鼻や

1 [97件] あごにも, い, ぐたりとした躯が, ことばでは, すべてその, そのほか, つて呉れない, つて髭を, ね, ほおの, よれよれな, コン棒を, 争論ばかりで, 二口じゃ, 二口で, 二口見つけ, 井之口坂の, 伊那を, 作者の, 偶然や, 傷口や, 兵児帯を, 前二階, 史の, 唐橋が, 大きな目, 宇治方面から, 室などで, 岩の, 峠の, 廊下にも, 心臓や, 心臓を, 悪口を, 態度は, 懸声, 手で, 手を, 手指を, 手足の, 手足を, 排出口によって, 撥などを, 書院窓や, 根も, 江戸柳営の, 火叩きや, 物言は, 狐の, 白眼視の, 白馬口方面には, 皮肉を, 皮膚の, 目ばかり, 目や, 眉は, 眼からは, 眼が, 眼にも, 笠神博士夫人の, 筆で, 筆での, 筆などからは, 紙入を, 耳などという, 耳などの, 耳の, 耳へ, 耳を, 肱や, 舌を, 舌舌舌, 蝦蟆の, 行動に, 表面は, 袖口の, 誹謗くらい, 身ぶりの, 身ぶりは, 身体つきまで, 身振りから, 逢坂越には, 頬などの, 頬に, 頬や, 顔だち, 馬具が, 鳥羽北野あたりで, 黄色い大きな, 黒釉の, 鼻からばかり, 鼻からも, 鼻には, 鼻まで, 鼻孔が, 鼻腔から, 齒は

▼ 口~ (124, 0.2%)

10 をつかん, を取っ 9 をとっ 8 を把 5 をつかみ 3 をつかんだ, をはめ, をはめろ, を取った, を取らせ, を取り, を把ら 2 を, をとらせ, を持っ, を曳い, を買う

1 [51件] から振り飛ばそう, から迷, がはめてない, でも外した, と並ん, なと, などとは氏, など把, にぶら下がっ, に吹い, に泡, に添っ, の前, の手, はいつも, はどう, は兵庫, は迎え, びくとも, へしがみついた, へ走り, や金具, をうけとっ, をかけ, をがきっと, をし, をしかと, をつかませ, をつかみ止め, をのぞき下ろした, をはめられ, をはめん, をもっ, を供, を取りましょう, を取りますれ, を噛ませ, を嵌め, を引つ, を引ッぱって, を持たせ, を持ちかえ, を持ち合った, を持つ, を持て, を挟ん, を止めさせた, を渡し, を片手, を甚介, を食い切る

▼ 口でも~ (109, 0.2%)

3 あつた 2 あけて, あると, 探そうかと, 知らせ墨縄, 美しい, 開いて

1 [94件] あいて, あったら相当, あって, あり一家, あるかの, あるだろうと, あるの, あるよう, あるん, いいから, いいなおして, いいん, いえないこと, いおうと, うすもの, お嗽ぎなさい, お食べ, き, きいたらどんな, きいて, ききあうよう, ことづけた, ございましたら, さがすよう, しやしまいし, しゆツ, すこしぐずぐずした, すむこと, そんな如何わしい, つけて, つけるか, とがらして, ないかしら, なかった, なかろうと, なめたらころり, にちゃにちゃ噛み, ひねつて, みつけるまで, よくはいっ, 三合目の, 云い心, 云うだけが, 云えば, 人に, 先方の, 入った日, 利いたん, 利いて, 利かされたの, 利きゃ直ぐに, 利けば, 割って, 動かして, 吉良上野の, 同じよう, 吸ふ, 坂田礼之進聞棄て, 塞ぎたいやう, 塞ぎたい様子, 塞ぎ度, 塞ぎ度い, 変化の, 多く飲ん, 好い, 定れ, 寄せて, 寄せようと, 尋常に, 引つこ拔, 御殿場は, 探すよう, 放ちたいよう, 有ましたなら御, 求めに, 渇いて, 物を, 耳でも, 聽込んで, 芝居の, 英語を, 落したの, 落したよう, 裏は, 見かけましたが, 見つかるまで, 見つければ, 見付て, 言えないよう, 言へ, 言葉を, 訴えた, 酒場でも, 食べないこと

▼ 口小言~ (101, 0.2%)

12 をいい 10 を云い, を言い 8 をいひ, を言 6 をいっ 4 をいう, を言っ 2 でも言, のみ喧しい, をいひはじめた, を言う, を言った

1 [29件] いひつつ, が絶えない, が絶えなかった, たら, だでね, である, でも言う, と見れ, などを言っ, などを言つて, に追われ, のうるさい, のよう, は然し, は言う, ばかりいっ, ほどは困らないらしく, やら格子, や罵り, をいいだす, をつぶやき, を云, を云つて, を嘲笑, を言い言い, を言ってる, 多い故, 第一, 謂いつつ

▼ 口~ (95, 0.2%)

6 にし 5 を設け 4 の下 2 があ, とする, のもと, もない, を拵, を與

1 [68件] が無い, が見つ, だつた, だわね, でい, でお, でから, でそれ, でも, で娘, で實, で庄司右京, とか, とした, として侯, として立川景子, として色々, として裏面, として鎭壓策, となる, ともなりませう, とを有する, なの, なり, に, にこの, にそれ, になつ, になる, になるでせう, にはいい, にはならなかつた, に主人, に何, に依り, に君, に宿, に宿屋, に拜, に東京, に毎日, に過ぎなかつた, のため, はありません, はいくらでも, はなかつた, は完全, は谷中村, ほどに取散らし, もなけれ, も出, も次第に, をつく, をつけ, をなすべき, を以てし, を作つて, を作つてめつた, を作つて階下, を作る, を作る如き, を得た, を探し出し, を探し求めず, を構, を求め, を見つけられる, を見出せない

▼ 口からも~ (91, 0.2%)

4 聞いたこと 3 血が 2 または横光利一さん, 一言も, 同じよう, 度々聞かされ, 聞いて, 血を

1 [72件] かほどまでに, ききましたが, くれぐれお, これと, さまざまに, しばしば語られた, その事, その談話, それは, それを, たびたび聞かされた, だらだら血, ちょいと, ちょろちょろと, ちよつと, つづいて, やにわに勇ましい, よく話し, タラタラと, 一人の, 一帆一人, 一度も, 世間に, 世間の, 事實だ, 云えなかっ, 何かの, 何という, 作者の, 具体化され, 出たと, 出たよう, 出た平田門人, 出なかった, 出なかつた, 出る位, 初めて殿下, 判明するであろう, 叔父の, 叫ばれたと, 吐かれたの, 囁き一つもれなかった, 夥しく鮮, 山下が, 幾度と, 折に, 斯うし, 気の, 洩らされて, 洩れずには, 洩れた, 源太左衛門へ, 犯人の, 申上げ, 異様な呻き, 目からも, 直接家康へ, 確かめられた, 米友という, 聞いた事, 聞き得ないだろう, 聞く事, 聴いたから, 聴かなければ, 能登守の, 自然主義の, 解消を, 部屋へ, 隣りの, 離れました處, 高氏は, 鼻からも

▼ 口~ (81, 0.1%)

43 ぞ, ね 2 が, こと, ぜ, なア, のを, よ

1 [59件] いい口, え, かまだ, からとかく, からねよろこぶだろう, からやめ, からよく, からオチョボ, から大きな, から少し, から虎あにいこっち, から騷ぎ, かわからず, か一晩, か何だか, か皆目, がやはり, がチビ, が一本燗, が同じ, が小, が芥溜, けれど烏, ししたく, ししない, し借, し電燈, ぜおい, っけ憎らしい, つたのだ, つたのと, て, てによつ, ての筆記文, とあたし, というん, とお, とおっしゃる, とかをあと, ときい, とさ, とは云, とは何人, と云っ, と信じ, と思う, と私, と縱, と罵倒, と考え出した, と見た, と見過ごされ, と邪推, なあ休み, なお前, なからかっ, ものを, よ憎らしい, ウソを

▼ 口~ (78, 0.1%)

28 みながら 4 みました 3 すらく, んでいた, んで見る 2 して, まれる, みつつ, んでいる, んでゐる, んで居る

1 [25件] したる自得, しました, み, みけん, みた, みたくな, みて, みなど, みはじめました, みます, み乍ら, み凱旋, み出した, み始めた, み居, み門, もとより集, んでからモン・サンミシェル, んでから彼, んでもう一度, んでゾツ, んで曰く, んで曲, んで涼しい, んで胸

▼ 口飲ん~ (77, 0.1%)

64 でまた, でみた 2 でから云った, でから茶碗, でしまっ, では猪口, で両手, で盃, で続けた, で長火鉢

1 [47件] でいい, でいそがし, でいた, でいる, でからおれ, でからパパ, でさて, ではぐっと, では書き, では書きした, では煙草, では置き, では首, でびつくり, でふう, でほっと, でみる, でもう, でやっと, でギヤマン, で世間ばなし, で乾いた, で云った, で人形, で余水, で友人, で吐出し, で女, で始めて, で広樹, で弟, で強く, で徳利, で忽ち, で是, で最も, で来る, で気楽, で火鉢, で猪口, で縊, で蒲団, で見せる, で見る, で語り続けた, で隣, で首

▼ 口へは~ (70, 0.1%)

9 出さなかった 3 出さなかったが, 出さなかつた, 出せなかった, 出なかった 2 出さないが, 出しません, 出て, 嫂が, 手拭を, 持って

1 [37件] それこそ, とうとう一度, とうとう出さず, ひらない, ひる時, ふりこんだ, ほとんどはいらないらしい, まだ出さぬ, もう一歩, 人數若干を, 何も, 何一つ入つ, 入らなかったもの, 入れない, 入れぬに, 出さず矢代, 出さないけれど, 出さないけれども, 出さないで, 出さなかつたが, 出されなかった, 出して, 出ずソツト, 出ず手, 出せない身, 出せぬが, 出ないで, 出なかつた, 多数の, 大石や, 年に, 思いがけなく嫂, 文代さんが, 是又, 渋谷川から, 秋が, 遣らずやっぱり

▼ 口にこそ~ (68, 0.1%)

17 出さないが 5 出さなかったが 4 出さなかつたが 3 出さねもち前, 出して 2 出しは, 出しませんが

1 [32件] それを, つぱい, 云い得ね, 云は, 云わねメイメイ, 出さ, 出さなかったけれども, 出さなくとも, 出さぬが, 出さねど, 出さねわが, 出さね半兵衛様, 出さね少く, 出さね心, 出さね気, 出しませぬが, 出すの, 出せないが, 半蔵は, 悲みの声を, 政を, 明かに, 最後の, 発しなかったが, 萬葉善し, 言いは, 言うけれど, 言は, 言ひ得ぬ, 言わないけれど, 言わぬが, 雄い

▼ 口~ (65, 0.1%)

7 たに 6 たを 4 しって, しで 3 しるの 2 しが, しった, しは, しりながら, しりました, しを, たの

1 [27件] しだけは, しったあの, しったこと, しったそうです, しったと, しったの, しつたら激怒, しつて, しの, しる, し入れるの, し覗いて, たが, やく繰り返して, やに, やにいった, やにこう, やに云った, やに処女, やに問うた, やに甲高, やに答え, やに言, やに言っ, やに読んだ, ッかりではらわた, 附けて

▼ 口~ (62, 0.1%)

3 のある, の下 2 がよく, の下向, の先, をはやした, を引つ, を捻り, を撫で, を生やし, を生やした

1 [38件] があっさり, がありました, がチョビリ, が判然, が口唇, が売, が好い加減, が白く, が笑い, が黒く, ぐらい生やしてる, だけ厳め, と眼鏡, に初恋, のやや, のピン, の上, の厳しい, の濃い, の白, の黒い, はまだ, は嘗て, は羊三, も板, も茶色, も頭髪, や細い, をさげ, をたくわえた, をちよ, をねじり上げ, を左右, を引いた, を指, を捻り上げ, を捻る, を生した

▼ 口ぐち~ (59, 0.1%)

42 にいいました, にわめき, に叫んだ, に喚いた

1 [47件] にあざけりました, にいいたてました, にいいだした, にいっ, にいった, にいろんな, にきいた, にきく, にさけびた, にさけびました, にさけぶ, にささやきあう, にささやき合う, にさわぎたてました, にしら, にそういう, にそんな, にどなりあっ, にわめく, にガヤガヤ, にチビスケ, にノロ公, に云う, に云っ, に云った, に何, に叫びあい, に叫ぶ, に叫ん, に同じ, に呼ぶ, に囁きあった, に囃したてた, に大声, に女, に怒りだした, に歓呼, に泣声, に狐狐, に祝い, に答え, に芋女芋女, に言った, に訊く, に話しかけよう, に話し合っ, に騒ぎだした

▼ 口だけ~ (56, 0.1%)

4 では, 動かして 2 でもの, 出して, 開けてるかも

1 [42件] あって, あで, いっぱしじゃあ, おいらより, おとなしいの, すする, その辺, その邊, だ, だから, だろう, である, でお礼, ですよ, でそう, でとやかく, でどんな, でない覚悟, でタクシー, で一向に, で別に, で茶碗, で騒, もって, ゆるめて, パクパク動い, 丈夫な, 信じては, 利ける, 動かし皆, 動かす読み方, 動く無言, 嗽げば, 噛らせ, 後の, 旋頭歌について, 残して, 洗ふ, 生きのこって, 達者で, 達者に, 飲もう

▼ 口だけは~ (56, 0.1%)

4 達者に 3 達者で, 達者である 2 元の, 達者な

1 [42件] あいかわらずたっしゃだ, いたは, いよいよ健在, さかんに, なか, なかなか達者, へらない, やかましく小石先生, やはり残っ, 一人前の, 三日月がたに, 世話し, 乱暴に, 仕方なし, 例によって, 元気よく, 利いた風, 利ける, 動いて, 動かすが, 叮嚀に, 各, 固いな, 奇特な, 女結びだ, 巧者である, 御自筆, 怖ろ, 悠々と, 慎んで, 業物と, 横向きで, 此處へ, 気分的に, 男らしく言っ, 相当に, 立派な, 聞き覚えた東洞, 許さない, 身を, 長兵衛さんに, 長兵衞さん

▼ 口ばかり~ (54, 0.1%)

42 動かして, 渇いて, 達者だ, 達者で

1 [42件] あけて, ありて, いたずらに, うまいこと, きいて, きくので, くたびれさせて, だね, ぢや, で, であった, ですよ, でなく心から, でなく血, では, で云って, で実行力, で質, なる香炉, 利いて, 剛情な, 叩きおって, 可愛がるな, 吸い取ると, 多くってね, 巧者で, 巧者な, 強そう, 掻込んだ, 歯に, 残って, 水を, 海面に, 渇く最前, 発達し, 芋を, 貸したん, 達者でも, 達者な, 達者に, 達者の, 飲んで

▼ 口~ (53, 0.1%)

4 へかけ, を歪め 2 に唾, のしまつた円顔, を曲げ

1 [39件] からだらだら, から涎, がつり上, がぴくぴく, が輝く, とその, にある, にかみしめた, には薄笑い, にびく, によだれ, に小さい, に泡, に浮ぶ, に浮べ, に深い, に薄笑い, のしまった, の下った, の凛々しい, の切れ, の右側, の愛嬌, の曲がり, へ右, へ含ん, や眼, をうけ, をゆがめた, をヒクヒク, を動かし, を捉, を捻り上げ, を曲げず, を曲げた, を曲げる, を歪めた, を歪める, を細かく

▼ 口籠り~ (52, 0.1%)

6 ながら 3 ながら云った 2 ながらこれ, ながらそう, ながら何, ながら呟く

1 [35件] たりし, つつつぶやいた, つつ掻き口説い, て世に, て吐く, て赤面, ながらさ, ながらしかし, ながらしどろもどろ, ながらそれ, ながらつづけた, ながらまた, ながら云, ながら余り, ながら切り出す, ながら半, ながら問, ながら喋りまくつた, ながら奥, ながら少年, ながら弁解, ながら彼女, ながら手拭, ながら相, ながら秀八, ながら答えた, ながら範之丞, ながら語る, まぶしそう, 何事も, 加減に, 方で, 終に, 終りは, 顏を

▼ 口~ (50, 0.1%)

8 ずの, ずも 5 ずが 3 ずを 2 一挺か, 三口で

1 [22件] さうでなけり, ずは, ず少く, ず少なく, せいぜい二口, それとも俺, ふた口, 三口の, 三口啜った, 二口か, 出して, 喫つたばかしの, 四口に, 四口も, 整理し, 縁の, 舌かを, 芸妓の, 踊の, 錢塘江口を, 飲んで, 鶫を

▼ 口なし~ (50, 0.1%)

3 姫は, 染の 2 である, の花, 人を, 人を以て

1 [36件] さ, それっきりに, それつ, だ, だった, だと, だ口, でお, でこいつ, でそこ, でその, でそのまま, でなんと, でよく, でわし, でグヰン, で二人, で勿論, で容易, で毒, で燃え心地, で相手, で確か, で罪, とて悉皆, にかたづけられ, の国, の女の子, 乃ち代つて私が, 人形, 思うよう, 所詮爰, 此長庵が, 死人こそ, 殺してさえ, 鼻を以て

▼ 口さき~ (48, 0.1%)

4 だけで 2 ばかりで

1 [42件] がうまく, だけのうまい, だけのお, だけのおどし, だけの腰抜け, でのきれいごと, ではだめ, ではよう, で俺, で劇, で反対, で嚇した, で彼, で紛らわそう, で罵り, で訊いた, にぶっつかる, にまさに, に指, のあまい, のこと, のみでたらせし, のもの, の弁明, の日支親善, の軽い, の通がり, ばかりだ, ばかりで構え, ばかりと思われたくない, ばかり上手, ばっかり, へおしつける, へ押しやる, まで出かかった, や文学, よりは実意, をすぐ, をとがらせ, を合せる, を尖らせ, を離

▼ 口一つ~ (48, 0.1%)

2 で許される, にかかっ, 利いたでは, 利かずに, 利かないで, 利かなかった, 利かなかつた, 利かれない青年

1 [32件] かね, から金兵衛, きかずに, きかず本, きかせないで, きかないの, きかない葉子自身, きけない, きけない恭一, さ, だ, だから, だったん, だなあ, であと, でどう, でどんな, で一手, で囲み, で多年, で後, で捕まらない, で支倉さん, とは思っ, と二階, にある, に一本柱, ふさいだ所, 利いて, 利かない, 利けなかった, 利こうと

▼ 口とを~ (47, 0.1%)

2 ふさいだ大きな, 打開いた, 髣髴した

1 [41件] うごかすばかり, うち開いた, えがきました, かこんだ四角, かりて, くつつける, さして, その中, つかって, できるだけ, ポケットに, 一寸位いの, 傾けた, 働かせなければ, 出して, 利かなくしようと, 包んだ頬, 同時に器用, 塞いで, 懐に, 手拭いで, 打開い, 押さえて, 押へ, 拭いながら, 持って, 指さし, 撫でた, 水に, 渋めた, 満す, 用いて, 節孔の, 襲った, 覆ったの, 見せながら, 貸して, 閉いでゐる, 閉ぢて, 開けるだけ, 頻に

▼ 口~ (47, 0.1%)

7 んだ, んです 3 おしに 2 のだ, のでほんのり

1 [26件] おして得, がさん, がその, くせ失くし, の, のだろう, のであらう, のでかなり, のでございまし, のです, のでそれ, ので伊代, ので府境, ので時々, ので私, ので酒, ので青山南町二丁目, ので青面獣, ので顏, ので顔, のを, ほして, んざ一つも, 唇に, 愛くるしい唇さ, 然し聞とり

▼ 口をへの~ (47, 0.1%)

36 字に 7 字なりに 2 字型に, 字形に

▼ 口~ (46, 0.1%)

3 の上さん, 宿の 2 であった, 宿に

1 [36件] いたした上, が与, したもの, した西田, した責任, する請宿, であったればこそ, であります, で出来た, で星, で近衛家, と庄司右京, なら最後, にて直, にて相方相談調, に足らざる, に頼み奉公口, の一寸, の婆, の方, の榎本屋三藏, よろず我儘, をうける, をし, をしよう, を頼みける, レシテ取, 人を, 人神田久右衛門町代地富士屋治三郎同, 仕つり外, 婆, 宿だ, 宿では, 宿には, 宿へ, 宿富士屋治三郎が

▼ 口びる~ (42, 0.1%)

2 に触れた, を白く

1 [38件] からいやに, からこんな, からは吐く, から岡, が昨夜, が白い, に励まし, に感じた, に浮かべ, に見せ, に触れ, のあたり, の上, の中, の汀, は恐ろしい, は指, は暖かい, までが苺, まで白く, を与え, を口びる, を叫び出た, を吸わし, を咬ん, を噛みしめ, を噛み締め, を噛ん, を左右, を撫でた, を曲げた, を開い, を震わし, を震わせ, を鳴らし, 寒し冬, 寒し秋, 黒い焔

▼ 口~ (41, 0.1%)

5 の多い 3 の少い 2 が少なく, の少ない, は少い

1 [27件] が多, が少ない, すくなく, すくなく受け流す, でございます, に過ぎますまい, のあまり, のすくない, の少い物靜, はすく, は九十萬, は四百五十萬, は少, もすく, も多く, も少, も少く, も少ない, も少なく, をきかなかつた, を利かなかつた, を利かぬ, を多く, 多い批評, 少き人, 少くな, 少く控

▼ 口吟ん~ (40, 0.1%)

134 で見 3 でゐた 2 だが

1 [18件] だこと, だと, だの, だもの, だりし, だりした, だりまた, だりもした, だりチェエホフ, だり聖降誕祭, だ口笛, だ時, でい, でかむりづけ, でみた, で居た, で行く, で通った

▼ 口籠っ~ (39, 0.1%)

65 ていた 3 ている 2 たりした, てしまった, て躊躇

1 [19件] たりし, たりとんだ, ていった, てうつむい, ておいで, ておずおず, てしまっ, てそれ, てそれから, てよく, てハアッ, て切れ, て外, て床, て考えた, て苦笑い, て言った, て言わん, て赤らめた

▼ 口留め~ (37, 0.1%)

8 をし 4 をした 2 されたん, されて, をされた, をしなけれ

1 [17件] されると, されるの, にし, にも拘らず, の代り, の工夫, の金, はされ, やらむかし, をされ, をされました, をしました, をします, をする, をせられた, をなしおきたれ, を守る

▼ 口~ (37, 0.1%)

2 に漂わせた

1 [35件] からしずく, からは涎, できいた, という奴, と柔らか, などに乗せられ, にか, にかかる, にかけられなけれ, にのぼっ, にのぼった, にのぼりだす, にのぼる, には人間, にまでのぼる, にも笑われ, によう名, に上っ, に広まらぬ, に掛からせる, に掛かる, に漂, に誤られぬ, はうる, ばかりで, へ浮かべた, へ笑, や顔付, をふさぐ, を尖らせ, を手, を拭き, を舐め, を舐めずった, を舐め廻した

▼ 口うつし~ (36, 0.1%)

2 にし, に呉れる

1 [32件] がいい, が思わず, であ, でお母さん, でこの, でたべさせ, にそこ, にハグロ, にビール, に口上, に喰, に幸内, に成る, に教え, に教えました, に水, に無意識, に發音, に薬, に言うらしい, に近い, に過ぎない, に食べ, に飲まし, に飲ました, の, のお松, の様, の話, の麦飯, をうろ覚え, を受けた

▼ 口へと~ (35, 0.1%)

5 伝わって 2 伝わった, 野火の

1 [26件] いそぎました, かの女, つたわり, または新聞, 伝えられるうち, 伝って, 伝わったもの, 伝わります, 伝わる, 傳は, 傳はります, 傳はる, 出た, 向って, 唱へ, 囁かれて, 往った, 急いだ, 捧げる, 次々に, 流言は, 潜むよう, 語られた, 近寄つて行, 逃がしたの, 静まった身屋

▼ 口入屋~ (34, 0.1%)

2 があった, とはひどく, の上さん, の手, の爺さん, ばかりでなく

1 [22件] から女, から行く, があっ, があつ, が千葉, にたずねた, には当っ, に手数料, のおやじ, のばあさん, の娘, の嬶, の暖簾, の番頭, の紹介, の高い, へ出かけ, へ遣っ, も近江屋, を抜け出し, を覗きまわっ, を通じてまず

▼ 口という~ (33, 0.1%)

5 のは 3 ものは 2 駅は

1 [23件] ところから, ところで, ところへ, のが, はずは, ものが, ものを, やつおおかた, やつは, 例の, 便利な, 古来からの, 四寸四方ばかりの, 息切の, 所が, 所で, 扉口には, 最後の, 本音は, 男は, 石標を, 芸名では, 駅が

▼ 口ほども~ (33, 0.1%)

4 ない 2 ないぞ

1 [27件] ないか, ないな, ないの, ないやつ, ない不, ない哀れ, ない大, ない大敗, ない奴, ない木っ端ども, ない無能ぶり, ない私, ない蝗輩め, ない雑兵級, なかった, なく, なくその, なくまた, なくみじめ, なく一目, なく何処, なく奉行与力以下, ねえがよ, ねえぞ, ねえ奴等, ねえ悪党, ねえ空

▼ 口~ (33, 0.1%)

16 似を 2 似して, 似すれば, 似の

1 [11件] 似, 似した, 似だけ, 似だけの, 似とも, 似などは, 似などを, 似なるを, 似に, 似は, 似も

▼ 口さえ~ (32, 0.1%)

2 利かなかった, 碌に

1 [28件] ありますから, あれば, うるさくなかったら, きかで, きくもの, きけないありさま, そうである, ないそれでも, なかなか見当らず, ろくろく見分け, 一言も, 出さなければ, 出来れば, 利いたこと, 利かせないよう, 利かない, 利けなかった, 利けば, 失って, 御承諾, 慄いが, 放った, 磨かん気, 縫いこんで, 裂けるの, 見出せば, 開いて, 開け寝入って

▼ 口あけ~ (31, 0.1%)

3 て, なん 2 てゐる

1 [23件] からけち, がある, しぽ, じゃない, すうぱくり, だ, てくわん, てはらわた見せる, てぽ, てゐたる, て欠伸, て笑った, て腹, て虎, て見よる, にイヤ, に最初, のお客, の初日, の店, の義, ばちやちや, ば大

▼ 口~ (31, 0.1%)

7 めして 4 めされて 3 めを 2 めされたの

1 [15件] めされた, めされたと, めされた事, めされてるの, めした, めしました, めせよ, めという, めなどと, めに, めの, めゆえ秘し, め料として, め料とも, め料を

▼ 口との~ (30, 0.1%)

4 表現で, 途方も 2 間が

1 [20件] あいだに, あたりに, その表情, つづいたあと, ほかは, まわりに, 上に, 下流一帯を, 両端に, 両面包囲の, 中間に, 呼吸を, 奥に, 存する, 目立って, 距離と, 距離は, 連中が, 違うしっかり, 関係は

▼ 口にく~ (30, 0.1%)

12 はへ 5 はへた 4 はへる 1 はえて, はひたり, はへし, はへたぎり, はへたま, はへたパイプ, はへた巻煙草, はへ戦帽, はへ手

▼ 口~ (30, 0.1%)

3 があつ 2 へした, へをし

1 [23件] があった, があり, がきいた, じゃある, でようやく, で一つ, で奉公先, で恭, で雇った, に望み, は粕漬, へし, へでお詫び, へでタヌキ屋, へで先刻, へで金次, へといふ, へを以て公方様, もあった, もございまする, や御, を待ち, を願い上げまする

▼ 口~ (30, 0.1%)

6 つた, もった 3 つたが, もって

1 [12件] つて, ならば, に似たる, もり, もりたり, もりましたが, もり云った, もり口籠, もるよう, をかけよう, をはずし, を篏め

▼ 口~ (29, 0.1%)

8 を引い 3 を引く 2 からあらまし以上

1 [16件] からいろ, からいろいろ, からこの, から何ん, して, ではどうもそう, で全然, ないです, に代作, に酬い, は, も合わせ, をひい, を一図, を引き, を調べ

▼ 口惜しげ~ (29, 0.1%)

2 に唇

1 [27件] で石川, な体, な涙, な父, な眼, な表情, な調子, にいった, にはらはら, にもだえた, にわれと, にベソ, に一つ, に叫ぶ, に告げました, に引き, に拳, に橋板, に涙ぐみぬ, に申し, に相手, に立ち竦んだ, に菓子, に言いました, に詫び入った, に頭, に黙っ

▼ 口~ (28, 0.1%)

3 を生やし

1 [25件] がたらり, でもひねり, でも見る, とブツブツ, と顎髯, なぞ刈込んだ, に似た, に比した, のある, の巡査, の薄い, ひくひくさせ, もあり, も伸し, も髪, をたらり, をつけ, をひっぱる, をひねっ, をひねり, を噛みしめ, を片手, を生やしたやき, を貯え, 恥しそう

▼ 口を通して~ (27, 0.0%)

2 平次の

1 [25件] おそろしい役目, およそその, ご示験, まぶしい日光, カリフという, 丑松の, 向うの, 奥には, 宿直の, 幼児の, 彼が, 或は老, 放浪生活の, 来たので, 注意を, 白茶気た, 眺めて, 知らうとは, 知ろうとは, 聞く事, 聞こゆる, 聴いた外国, 聴くより, 表現する, 言を

▼ 口~ (26, 0.0%)

2 も夜光命

1 [24件] いふ, が自家所有, が酒飮, とても支拂, とは川, と也, と共に梅, の手, は, は兩親, は吾妻川, は手, は裸男, は誘ふ, は躊躇, ふと右, も之, も來, も口, も此頃, も皆, も第, を顧み, 新七不思議

▼ 口~ (26, 0.0%)

3 をかし, 力ちやんと

1 [20件] から察する, がどうやら, が細君, が變, で, であつ, でいった, でこう, で示す, にあらわれ, に出た, の底, の彼, は, はやや, は平生, も伊東伴作, をし, を見せました, 怜悧に

▼ 口あたり~ (25, 0.0%)

3 のいい, のよい

1 [19件] から人声, がいい, がよい, がよく, が好い, が好かっ, が殊に, でさき, でしたと, でする, で誰, にはアブサン, に自生, に茶, のつよ, の水面, はいい, もよい, よき雅言

▼ 口とは~ (25, 0.0%)

5 別に心 2 丸切り反対に

1 [18件] いえ素噺, そこに, その大き, ほとんど一つ, アベコベ五助は, 上品だった, 凡人どころで, 別の, 反対に, 反対悄れた, 大分の, 対向い大, 正反対に, 清洲の, 生き生きと, 竪川一の橋の, 違うよ, 金属で

▼ 口いっぱい~ (24, 0.0%)

2 ほおばって

1 [22件] くわえて, に, になっ, になる, にひろがる, にほおばっ, に両手, に吸いこもう, に夕日, に大きく, に広がった, に桑, に血, に頬ばり, に頬張っ, に頬張った, に頬張る, に飲み込ん, の飯, ほおばりながら, 頬張って, 頬張りながら

▼ 口でこそ~ (24, 0.0%)

2 青年の

1 [22件] いろいろな, そうおいいだ, それとは, なにも, もろこしと, りっぱに, 二千俵です, 二年三年と, 何だか訳, 元気の, 元氣, 四千万だ, 大きなこと, 山, 強そう, 是非を, 男も, 百円と, 社会科学が, 自信あり, 言え口, 言わぬが

▼ 口とが~ (24, 0.0%)

2 あった

1 [22件] ある, あるばかり, うつり齒, すこしらくにみられた, それぞれ勝手な, ばかげて, ぽっかりと, ぽつりぽつりと, キワだって, 一番あの, 不思議な, 全く一点, 其下に, 区分された, 合わさった, 大きいので, 実際は, 忙がわ, 正しく一直線上, 茫漠と, 違つてゐた, 馬鹿に

▼ 口など~ (24, 0.0%)

1 [24件] あけて, あるかと, おさしず仰ぎとう存じますが, かかって, きいて, きかなかった, きき合, こっちから, されると, ずいぶんと, つねり候, でまた, どうでも, よほど気, 交わしなさるなよ, 出すと, 利いた, 利いたこと, 利かない, 囃して, 悲惨に, 白く赤くし, 闊達の, 随分心配

▼ 口一杯~ (24, 0.0%)

2 に御飯, に頬張り

1 [20件] でもの, になっ, になッ, にひろがった, にふくん, にほおばり, に含み, に啣ん, に引き受け, に熱い, に紅絹, に膨れあがる, に見え, に頬ばり, に頬張つ, の猿ぐつわ, の血, 嘗める, 頬張って, 頬張りながら

▼ 口からとも~ (23, 0.0%)

4 なく一時 2 なく, なく世上

1 [15件] なくうわさ, なくこの, なくひろがり出した, なく今度, なく巷間, なく忽ち, なく戦慄, なく武蔵, なく皆一時, なく直ぐ, なく衝い, なく起っ, なく風, 出て, 鼻からとも

▼ 口~ (23, 0.0%)

3 へ濡らさせ

1 [20件] あげて, がもなき, へあけれ, へあれ, へき, へなかつた, へもきかず, へ一言, へ利かぬ, へ利けなかつた, へ探し, へ無けれ, へ開かぬ, 入えたつ, 入えり, 入える, 入れたって, 入れて, 貸して, 飲み残り

▼ 口ほど~ (23, 0.0%)

4 でも 2 でない腹, では

1 [15件] あわてて, こわいもの, ならば, 人の, 吸われた, 啜った喜兵衛, 困って, 楽でも, 残って, 水を, 詳しい事情, 頬張りました, 飮むと彼は, 飲んで, 驚いて

▼ 口~ (23, 0.0%)

6 の臣 2 はその

1 [15件] が申しあげた, この歌, でございます, という者, の妹, はあっち, は奴里能美, は子供, は怖, は急い, は赤い, より急報, をお迎え, を迎, を遣し

▼ 口その~ (22, 0.0%)

5 口から 2 口が

1 [15件] 中に, 主将など, 六つの, 前に, 口の, 唇は, 四肢を, 心を, 恐ろしい顔, 液体を, 物で, 豊かな, 額の, 顔が, 首が

▼ 口なら~ (22, 0.0%)

2 御免だ

1 [20件] いいけれど, いくらも, いつでも, し手品, それくらいは, どうにかこうにか, ばどんな, ば七石山, ば咎める, ば旨, ば見世, まあ悪く, われも, サラリとし, 一口で, 岩見重太郎の, 真似も, 部屋の, 金の, 黙殺する

▼ 口にて~ (22, 0.0%)

3 おやお皈りか 2 此あたりには

1 [17件] いふを, おどしか, お父, かみ, このあたり, これを, 吹くまね三度, 委細相譯り, 後藤又兵衛出張の, 旧丹後舞鶴, 燈を, 相尋ねし, 繩簾を, 船暫らくと, 衣紋を, 言は, 遊び居

▼ 口~ (22, 0.0%)

13 えを 3 えで 2 えが 1 え, えです, えに, えの

▼ 口よりも~ (22, 0.0%)

5 皮膚を

1 [17件] かえって胃, ずっと小さい, ひとりの, もっと大きな, 不安心かね, 客來たる, 手が, 手の, 物を, 真中で, 眼鼻耳よりも, 第二, 腹から, 血走った, 遥に, 長かった, 顎で

▼ 口三口~ (22, 0.0%)

1 [22件] あるぞ, いやいや飲み込む, うがいして, からかいかけた, しか食べ, たべて, で終っ, と續, と飲ん, は熱心, べらべらやっ, ほおばったが, 取交して, 吸って, 啜って, 啜りながら, 啜り乍ら, 重ねると, 食うたばかり, 食うや, 食べたと, 飲み下して

▼ 口~ (22, 0.0%)

7 つたいこと 4 つたいやう 2 っとう 1 たいヘボ医者め, ってえ, つたいいひ草, つたい仕業, つたい感じ, つたい言, つたく批評, ではない, ひろく感じられる

▼ 口~ (22, 0.0%)

1 [22件] かなに, か何, が入, でも見せる, で縹緻, とかにする, などが付い, などを見, にしたら, にそれ, にはロダン, に就い, に黒縮緬, のやう, の入, の肖像, の艷冶, はこぞ, やグラビア編集者, を御, を拜借, を見た

▼ 口だけを~ (21, 0.0%)

3 動かして 2 パクパクと, 持ってる民家, 残して

1 [12件] あけて, とりあと, パクパク動かし, 信用する, 動かした, 山本氏が, 持って, 持ってる茅屋, 描いて, 見た, 輪切りに, 達者に

▼ 口~ (21, 0.0%)

3 挟ンダ 2 借リテ

1 [16件] カゼニサラハレ全身ユキデヌレル, 並ベテ海, 介シテソノ諒解ヲ, 出シテ, 出ス場所サエアリマセヌ, 利イテモクレナカッタ, 利イテルカ見, 寄セテヘンニ落チツイタ冷笑ヲ, 打タレテ血ダラケニナッテマウスピースガ三ツニ割レテ飛ンダリスルワ, 望ミ東ノカタ武昌ヲ, 結ブト上唇ト下唇ガペチャンコニ喰ッ着キソノ上ニ鼻ガ垂レ下ッテ来テ頤, 縫ッタガ医者ガフルエテイルカラオレガ刀ヲ, 距ル一里, 開クガ如シ故, 開ケサセテ予, 鳴ラス癖ガアッテ

▼ 口~ (20, 0.0%)

1 [20件] からまず, がおもだつた, がかすか, が饒舌, せる主, だこと, でそれ, と顔, にて, に愛嬌, の煙草, は内地種, は朝日, むっちりと, や笑い, よりも味, をし, をした, をする, を他愛

▼ 口籠る~ (20, 0.0%)

5 ように 3 のを

1 [12件] その様子, ところへ, と今度, と法然, のであつ, ので若党, ばかりだ, やうに, を河島其方, 愛らしさ, 男を, 究り

▼ 口だけで~ (19, 0.0%)

1 [19件] あつた, あやまるの, きめて, さうい, たくさんだ, よむの, 云っても, 停めながら, 充分だろう, 勝手に, 微笑した, 真面目に, 答えた, 答えて, 絶つて, 表わして, 見むき, 身体を, 騒いで

▼ 口ほどにも~ (19, 0.0%)

2 ないやつ, ない奴

1 [15件] ない, ないピグミー, ない上役, ない弱虫, ない意気地, ない殿, ない脆さかげん, なくあの, なくあんまり, なく働き, なく女傑, なく平次, なく案外, なく火, ねえ奴ら

▼ 口~ (19, 0.0%)

2 には

1 [17件] にはこの, にはむかし者, には不二屋, には亭主, には共存共栄, には勘当, には卑怯呼ばわり, には御用, には死にたい, には直に, には罰, には誰, には貧乏, には黙, にゃ速, にディール船長, はやや

▼ 口ずつ~ (18, 0.0%)

1 [18件] たいへん手間, たべた, でも, やりたまえ, 口にくく, 味わいくらべつつ, 噛みしめて, 団子を, 文句を, 書いて, 皆な, 舐めるかね, 舐めるよう, 飲まして, 飲みに, 飲みはじめた, 飲みまわしまして, 飲んで

▼ 口ひとつ~ (18, 0.0%)

2 であなた, でお前

1 [14件] いわせなかった, きかず無言, きかず青い, きかないで, きかなかった, きかなかったこと, きくこと, きけないよう, きけるもの, だったから, でどう, で日光, にかかっ, を心配

▼ 口書き~ (18, 0.0%)

3 を取っ 2 も無事, を取つ

1 [11件] となっ, の用意, まで取, まで取らせ, もつぶさに, をこっち, をする, を取った, を取らう, を取る, を取ろう

▼ 口返答~ (18, 0.0%)

4 をする 3 をし

1 [11件] したと, して, しました, する下郎, なんかした, はしねえ, はする, ばかりし, をした, をしない, をしなく

▼ 口~ (18, 0.0%)

2 へ飛込んだ

1 [16件] だけがつんと, つけたよう, と没し, など大路小路, など頭, にあて, に入る, のあたり, の下, の間, より小, を彩色, を挙げ, を描いた, を蔽い, を覆むせ返り咳き入っ

▼ 口じゃ~ (17, 0.0%)

1 [17件] いいかげんな, うまく仲人, そう言い, ちょいとでも, とても敵いっこ, ないかな, ないの, ないやね, ねえの, ア云え, 中りっこない, 何とも, 僕には, 教えられないもの, 親類付合だ, 言えませんからね, 駄目だ

▼ 口だけが~ (17, 0.0%)

2 動いて, 妖怪じみ

1 [13件] まっ赤, 万力で, 並外れて, 人並以上で, 動いたという, 孔と, 悪いん, 汚れた硝子, 真面目に, 笑って, 自由を, 逆転し, 際立って

▼ 口づか~ (17, 0.0%)

3 ら承知し 2 らさ, らの 1 らも, ら之を, ら仰せ出された, ら受け, ら呼ばれさせ, ら戀し, ら汝の, ら漏された, ら聞く, ら聴かし

▼ 口にまで~ (17, 0.0%)

5 出して 2 肉迫し 1 すぐいらっしってくださいとか, つくせぬ複雑, 上せられる私, 上って, 上るかと, 上るとともに, 出した, 出るの, 来たとき, 達したという

▼ 口をも~ (17, 0.0%)

2

1 [15件] き, きかずに, きかない位, ぐつかせたのはたった二度, ぐつかせてそのそばに腰を, ぐもぐさせていたがそれきりでだまってしまった, ぐもぐさせながらあわてて縫物を, ぐもぐしているよりほかはないみたいなのである, ぐりもぐりうごかしながら, つぐませ盗まれた子供, 付けずに, 兼ね預かつて, 山下と, 強張らせ, 閉じ認識

▼ 口~ (17, 0.0%)

15 言を 1 つただけの, 言で

▼ 口籠った~ (17, 0.0%)

53 のは 1 がしかし, がそこ, が眼, そしてじっと, のを, やはり口元, 事情に, 後, 時お

▼ 口うら~ (16, 0.0%)

1 [16件] からは政局, から察, から察し, から察する, から母, から考え, がチャン, などから細か, にある, にはもっと, に中村屋, に現われた, に驚いた, のうち, の軽々しい, 一ぱいに

▼ 口です~ (16, 0.0%)

4 から 32 がね 1 からどう, から柳家小さん, が気, しまったく, 先刻の, 八五郎は, 恐ろしい因果

▼ 口なんか~ (16, 0.0%)

4 きいて 2 出して, 過ぎるもの 1 あるわけ, きく者, てんでない, とちゅうでなくすといけないから, 云ったこと, 利かしや仕ないん, 少しも, 聞くもん

▼ 口飲む~ (16, 0.0%)

2 ことに

1 [14件] から待ってる, か飲まん, とさらに, としばらく, とそそくさ, とその, とひどく, と彼, と急, と悠々, と眼, と苦しく, 燈の, 真似を

▼ 口~ (15, 0.0%)

3

1 [12件] ていた, ておった, てしまった, てとても, て勉め, て小, て小藪, て小鼻, て歌, て見る, て誰, やがったら

▼ 口付き~ (15, 0.0%)

3 で檜 2 が覚束, をし 1 から直ぐ, たり, ではお茶, と呼吸, のむツつり, は笑殺的, をした, を思い出し

▼ 口~ (15, 0.0%)

2 にはほのか, に漂

1 [11件] など一寸, にはこの, にはせせら笑う, には冷笑, には刻薄, には微苦笑, には深刻, に浮べ, に漂わし, の最も, の疵

▼ 口である~ (14, 0.0%)

1 [14件] からこの, から堅く, から彼, がその, がつまるところ, が今夜, ことだけは, その造作, という以外, ところから, ので寒, のを, ように, 麓の

▼ 口惜涙~ (14, 0.0%)

1 [14件] がいつか未練, で帰る, としか思えなかった, に咽, に哽びながら, に暮れ, に泣き沈む, の声, を, をついほろほろ, をふるつ, を抑えよう, を抑える, を流し

▼ 口留めし~ (14, 0.0%)

2 て一人碁, て世間 1 てあります, てある, ている, ておいた, ておくび, てそつ, て二人, て内, て居た, て秘さ

▼ 口評定所~ (14, 0.0%)

2 に同じ, へ改めて, へ秤座御朱印紛失, までお 1 に対策, に驅, へ眞, へ訴, へ訴え出る, へ驅

▼ 口飲み~ (14, 0.0%)

1 [14件] すぐに, て葉巻, て語りつづけぬ, ながら上る, ながら青年, なよ, なんぞし, に飲もう, また静か, もう一度ふだん, をし, をする, 煙草に, 茶碗の

▼ 口とも~ (13, 0.0%)

2 思われる流れ

1 [11件] ありませんでしたな, いうべきシャモニイ・モンブラン, いふ, いふ可, なかった, 云うべきところ, 思しき処, 思われぬほどの, 見えた, 見られる友人, 覚しい所

▼ 口へも~ (13, 0.0%)

1 [13件] したたかに, ばらばら飛び込みます, やつと, 二つや, 入らぬという, 入れずに, 入れなければ, 出さないで, 出さなかった, 出ず, 出せなかったその, 肉入団子が, 這入った

▼ 口惜い~ (13, 0.0%)

1 [13件] からあと, からこの, からッ, から了簡, から叔父さん, から撲っ, から紅葉先生, から身, くらいで, じゃあない, のよ, は私, ほど無分別

▼ 口惜さ~ (13, 0.0%)

2 を堪へ

1 [11件] と綾子, に世話, に二階, に力, に泣きたくなる, に泣けた, に貴方, に身, は口惜し, を織, 悲しさ

▼ 口~ (12, 0.0%)

8 らを 3 らが 1 がいしてあと

▼ 口きく~ (12, 0.0%)

2 ほどの未練 1 かたいやです, ことも, とぶんなぐる, と碌, なよ, のさえ, のやめ, ほどの者, ものが, もんぢや

▼ 口さん~ (12, 0.0%)

1 [12件] から, がこの, がそう, こう言った, だけです, のお, の怨み, の近所, は一口, は私, 来なかったかしら, 死んだん

▼ 口~ (12, 0.0%)

2 やない 1 かい砂丘一帯, やあ, やありません, やあんな, やうまく, やさう有, や何, や打ち, や頬張りきれ, ゆうへ

▼ 口~ (12, 0.0%)

2 の者 1 から出, に用だたせ, のお, のなん, の家内, の店, の怖い, の暗い, へ参ろう, へ立ちよる

▼ 口繩坂~ (12, 0.0%)

1 [12件] である, といふ名称, の中腹, の石段, はまことに, は何, は寒々, へ向いた, を登つた, を登つて行, を緑, を降り

▼ 口~ (12, 0.0%)

2 の, のところ 1 に, にあふれ, にふれた, に言葉, はほどけ, をしっかり, を解しませんでした, を霑

▼ 口すぎ~ (11, 0.0%)

2 をし 1 が出来, さえ出来れ, するまでの, には事欠くまい, に困った, の為, をしなけれ, をする, をなし

▼ 口でばかり~ (11, 0.0%)

1 [11件] うたつてゐない, お上手を, キレイな, ギリシヤが, 下らない事, 云つてゐ, 山吹町は, 強さうなこと, 御馳走を, 法律臭い, 虚勢を

▼ 口への~ (11, 0.0%)

2 ぼつて 1 宣伝によって, 山道は, 接触を, 暗い廊下, 生活である, 生活を, 行列に, 赴任を, 進発とも

▼ 口べり~ (11, 0.0%)

1 [11件] には別れた, にもやがて, に仕方, に刻み, に引っ掛かっ, に浮かべ, に深い, に結びついた, に苦笑, の苦笑, の薄い

▼ 口みたい~ (11, 0.0%)

2 なもの, に靴 1 なところ, な階段, にいきなり, に押, に見える, に開け, のもの

▼ 口~ (11, 0.0%)

1 [11件] あるべし唯, があつ, で傳, にする, になり, には既に, により未だ, の如き, の家康, を平次, を説く

▼ 口~ (11, 0.0%)

1 [11件] うも, くて, ましいお, ましいので, ましい人, ましい依頼人, ましい夫, ましい派出婦人会, ましく云われるの, ましく叱, ましく囀りかわすから

▼ 口~ (11, 0.0%)

1 [11件] が乙, が後者, でしきりに, に近い, のよう, もみな深紅, をさしはさむ, を働かせ, を入れる, を振っ, を揃え

▼ 口振で~ (11, 0.0%)

3 言つた 1 はあまり家, はお, はなかつた, は兄, 三吉には, 教へる, 歯磨を, 言つて鳥羽繪に

▼ 口~ (11, 0.0%)

5 をし 1 がきい, が併, の神事, をされた, をした, をする

▼ 口~ (11, 0.0%)

2 して, をし 1 されたん, した, をいたし, をされ, をされた, をした, を為

▼ 口開き~ (11, 0.0%)

4 陳じ 1 こは, までにコンナ愚文, 之に, 共に從軍勸, 宣し, 羽ある, 藍光の

▼ 口にでも~ (10, 0.0%)

1 ありついたの, して, しようもの, 三口にでも, 乗せられたら大変, 出して, 割りこめさえ, 差して, 恋しいと, 見るやう

▼ 口ほどに~ (10, 0.0%)

3 ものを 1 いや口以上に, ないたあい, なくフウフウ, なくフウフウ言つて, よき死に, 無く弱いらしく, 物を

▼ 口やっ~ (10, 0.0%)

1 て, ていた, ておる, てからにしない, てからボート, てほのぼの, てみた, て下さい, て二人, て隅

▼ 口~ (10, 0.0%)

2 中で, 中へ 1 ところへ, なかここん, なかで, なかまで, 中じゅう紫色に, 曲がりの

▼ 口~ (10, 0.0%)

1 が有ります, ける政治家, であり外交, であり金, で今, で婿, にて喧嘩, もみんな呆気, らしいの, れたは

▼ 口無し~ (10, 0.0%)

1 だ, でお, ですから, でもと, でよく, で判りませんでした, で単に, で確か, で誰, の強い

▼ 口穢く~ (10, 0.0%)

2 罵った 1 云われ, 云われるの, 罵つた, 罵りました, 罵る者, 言い過ぎるよう, 詈って, 追い退けた

▼ 口~ (10, 0.0%)

1 が欲し, が附い, なら惡, になる, は取り損ねました, をやつ, を出せ, を取, を取らう, を取る

▼ 口あり~ (9, 0.0%)

1 てただちに, て堅き, て麻布我善坊谷火附盜賊改め組與力笠原粂之進, とあっ, と思われた, や我等, 人を, 毎年正月十五六七の, 賊を

▼ 口する~ (9, 0.0%)

3 に結城 1 の, のを, は澁團扇, ものじゃ, ように, わけで

▼ 口~ (9, 0.0%)

4 えで 2 えを 1 えが, えし, かし思ふも

▼ 口といふ~ (9, 0.0%)

2 村あり 1 のが, ものの, わけで, 奴を, 字が, 宿がらで無けれ, 申込が

▼ 口とで~ (9, 0.0%)

1 いきを, つんと澄し, ほほえむの, やって, わはははははと, 巧みに, 微笑んだ, 接吻する, 素早く袖

▼ 口などは~ (9, 0.0%)

2 ない, 妙に 1 たしかに怪しい, どうか御, ないの, 振りきって, 振り向いて

▼ 口なんぞ~ (9, 0.0%)

1 あけて, ありませんよ, あるもんぢ, お聞きでない, 利いては, 利くこと, 利けた義理, 突出しや, 聞いて

▼ 口にさえ~ (9, 0.0%)

1 さぞおいしい, しなかったという, しなかった位, それは, ふくんで, 出さぬという, 出していう, 出し得ない男, 出せば

▼ 口によって~ (9, 0.0%)

1 伝えられた, 安宅先生の, 本気の, 発せられるその, 繰り返されて, 菊女の, 解決されるであろう, 起こされる変動, 述べられる時

▼ 口までは~ (9, 0.0%)

2 僅に 1 ひ出しました, われわれ, 大安丸である, 家の, 見送ったが, 食ったって, 高く遠く容易

▼ 口よりは~ (9, 0.0%)

1 だくだくと, まず身, 如何で, 微かに, 徳川家康の, 水高く, 申上難く, 血流れ, 言上し

▼ 口らしい~ (9, 0.0%)

1 と知った, 入口から, 口を, 天幕の, 放言は, 浅間な, 物が, 蜩が, 趣きが

▼ 口吸っ~ (9, 0.0%)

1 て, ていた, てから夫, てはまた, ては身体中, てまた, てマン, て一人, て男

▼ 口善悪~ (9, 0.0%)

2 ない人々, ない近所 1 ないの, ない供, なき京童, なき京童等, なき飛んだ

▼ 口~ (9, 0.0%)

3 に囁いた 2 にあと 1 きすえ, きすゑ, に詠み出す, に語る

▼ 口~ (9, 0.0%)

2 の窓 1 から耳, の学, の脇, をおおう, を作り, を変え, 之學也

▼ 口重く~ (9, 0.0%)

3 姉さんの 2 舌重き 1 では, まじりと, むしろ噛ん, 舌重い

▼ 口飲んだ~ (9, 0.0%)

1 がまずい, くらいの甘, だけで, まま寝る, ものだ, 上で, 時の, 時全く, 水さえが

▼ 口ある~ (8, 0.0%)

2 人の 1 か二挺, ぞ, といわれた, んです, 故に, 点まで

▼ 口からでも~ (8, 0.0%)

1 い, するやう, ふと話題, 五十余町も, 兄の, 洩れたと, 聞いたん, 露れた

▼ 口からの~ (8, 0.0%)

1 出血量が, 取次を, 命令は, 差し水の, 拍子に, 早馬に, 若い男, 長さ

▼ 口きい~ (8, 0.0%)

1 たり又, ちゃなりません, ちゃ疲れる, て, ていつ, ていんだ, てゐた, て私

▼ 口しか~ (8, 0.0%)

1 しゃべれなかった, ないの, 味わうこと, 持つて, 残って, 開いて, 食べやう, 食べられなかった

▼ 口だった~ (8, 0.0%)

3 のです 1 からあッ, から岡埜, が遠慮なく, のだ, のでその

▼ 口だって~ (8, 0.0%)

2 容易に 1 いうじゃ, きけるん, さがせば, そうざら, 油断は, 食べますよ

▼ 口とか~ (8, 0.0%)

2 あるうち, 日射も 1 つては, 云ったよう, 古い館, 非難が

▼ 口とに~ (8, 0.0%)

1 すべての, 合する, 圧しあて, 平五, 待ちかまえて, 慣らされて, 手を, 海水が

▼ 口などを~ (8, 0.0%)

2 調べて 1 さがして, さがしま, 利いて, 利いては, 産婆に, 見ると

▼ 口なる~ (8, 0.0%)

1 に其夜, 五条の, 佐々木氏にては, 垂菰を, 手拭退け, 揚州府の, 由いひこされ, 花室の

▼ 口をと~ (8, 0.0%)

1 いいだしたけれども, しきりに奔走, ンが, ンがらかし, ンがらせ, 云って, 人の, 思いある

▼ 口を通じて~ (8, 0.0%)

1 この事件, なにか無惨, 伝えられたの, 伝えられるの, 吉田には, 皇帝の, 聞いた智識, 言つてゐる

▼ 口~ (8, 0.0%)

2 は元気, は機嫌, は立派 1 けで, は馬鹿笑い

▼ 口~ (8, 0.0%)

1 で祝儀, の類, は皇后, もふた, も言, を云っ, を聞い, を陳べる

▼ 口~ (8, 0.0%)

2 の侍たち, の部屋 1 が, でもなく, の前, の許可なく

▼ 口こごと~ (7, 0.0%)

2 を言い 1 で空, をいい, をいっ, をし, を思っ

▼ 口こそ~ (7, 0.0%)

1 きかないが, きくこと, なかった, 利けね, 富士の, 裂けて, 達者だ

▼ 口だの~ (7, 0.0%)

1 ぴこぴこ動い, 山の根なんぞを, 裏門までの, 邪推だ, 青涕の, 頬だの, 鼻だ

▼ 口つけ~ (7, 0.0%)

2 て置き 1 かはし, しは, する間もなく, てかつかつ, に来ぬ

▼ 口について~ (7, 0.0%)

2 今年の 1 いうよう, 云つて居た, 愚かな, 自分に, 離れなかつた

▼ 口のみ~ (7, 0.0%)

1 あかくただれたる, した, であるから, 初めて胸, 守れば, 毒見を, 賢げに

▼ 口をば~ (7, 0.0%)

2 これは, 開けて 1 えひらき侍らず, こないに, 閉じるため

▼ 口をもが~ (7, 0.0%)

2 もがさせて, もがさせながら 1 もがさして, もがさせた, もがさせる

▼ 口~ (7, 0.0%)

4 ひを 1 ひが, ひして, を聞きおりし

▼ 口~ (7, 0.0%)

1 がわずか, しかも師団長, にか, になんで, の口吻, の質問, はまだ

▼ 口~ (7, 0.0%)

1 と船山城, には最, の一閣, の城楼, は陥落った, へある, を襲った

▼ 口少な~ (7, 0.0%)

2 な常に 1 では, にしとやか, になった, に親し, の愛子

▼ 口~ (7, 0.0%)

2 評定所に, 評定所へ 1 信心に, 玄関より, 相談相手に

▼ 口~ (7, 0.0%)

2 をはめる 1 を, をはめ, をはめよう, を取っ, を拡げ

▼ 口留料~ (7, 0.0%)

2 をせしめ 1 が利い, くらいの金, を付け, を出した, を貰つて來

▼ 口~ (7, 0.0%)

1 のため, の大, の欣び, は得られない, を拘束, を満たさるべきで, を満たされる

▼ 口~ (7, 0.0%)

2 へば一口言 1 つたま, ふこと, ふだけ, ふ丈, れ勝

▼ 口賢く~ (7, 0.0%)

1 いい抜けるな, そのくせ信念, もこの, も申, 云ひぬかす, 申しても, 誹謗する

▼ 口返し~ (7, 0.0%)

2 をする 1 する癇高, はしなかった, をし, をした, をしたら

▼ 口~ (6, 0.0%)

1 きくの, さか, は出さん, ッぱい頬ばった, 呼び出して, 敲きや

▼ 口かも~ (6, 0.0%)

2 わかりません 1 あるらし, しれんな, 知れない, 知れないもの

▼ 口ぐっと~ (6, 0.0%)

3 飲んで 1 のんで, 呑み干す, 飲み込んだが

▼ 口これ~ (6, 0.0%)

1 が関白, が顔, に達せず, もまっ黒, もブルブル, を言

▼ 口じり~ (6, 0.0%)

1 がぴくぴく, にくろ, にむごたらしい, に笑, に見せ, をかすか

▼ 口~ (6, 0.0%)

41 ぎのつもりでこんなところへはいつたのですけれどもこういう, ぎもようでけんものに人の

▼ 口すすっ~ (6, 0.0%)

31 てから云った, てキリスト, て田沢

▼ 口そして~ (6, 0.0%)

1 こことの, その口, それらの, それ全体を, 双の, 敷蒲団の

▼ 口だし~ (6, 0.0%)

1 はしねえ, は慎しん, をし, をしました, をしません, をする

▼ 口づけ~ (6, 0.0%)

2 てゐる, て飲ん 1 てトレ・ジャンテイ, て飲む

▼ 口であった~ (6, 0.0%)

1 から, ことを, な, に相違, のだ, のだろう

▼ 口でなく~ (6, 0.0%)

2 とも外 1 こう面, てなん, てもいい, 胴や

▼ 口での~ (6, 0.0%)

1 一列制度は, 合戦では, 声は, 挨拶が, 話に, 返事は

▼ 口として~ (6, 0.0%)

1 守備厳重だった, 寿詞を, 用ゐられしならん, 移民が, 観察し, 酒井家は

▼ 口などが~ (6, 0.0%)

2 洒落て 1 それである, 幾つも, 明いて, 異様に

▼ 口にな~ (6, 0.0%)

2 入れそ 1 だれて, つて他の, つて暗澹たる, つて金井が

▼ 口ばかりは~ (6, 0.0%)

1 いやに, けっして抜からぬ, 二人前も, 大人らしく, 強さうに, 懐石の

▼ 口までも~ (6, 0.0%)

1 たいへんな, どつて, 寄進を, 来たもの, 覆った黒布, 躍りわが

▼ 口~ (6, 0.0%)

1 出ました, 出テ行ケバ, 手を, 放リ込ム, 来テ, 飛んで

▼ 口利い~ (6, 0.0%)

1 ていた, てはなりませぬ, ては旦那様, てもいかん, てもらお, てゐる

▼ 口召上~ (6, 0.0%)

2 って見 1 って, ってごろうじろ, ってゆる, って御

▼ 口~ (6, 0.0%)

1 がはやっとる, に曰, に曰く, むかと, んでいた, 誠に御

▼ 口吟むの~ (6, 0.0%)

1 が常, が癖, が習, だが, であった, で聊か

▼ 口吸った~ (6, 0.0%)

1 だけだった, まま灰皿の, 時から, 河の, 煙草を, 金五郎は

▼ 口大きく~ (6, 0.0%)

1 まことにいや, 眉は, 肩幅は, 腮は, 開けたり, 頬骨の

▼ 口~ (6, 0.0%)

1 からすぐ, がある, で千曲川, の怪しげ, はじまって, はもと

▼ 口~ (6, 0.0%)

1 が無量, で人群, の五官, の神経, の餌, は貴人

▼ 口~ (6, 0.0%)

2 をとっ 1 はもう, をとつ, をはづして, を取

▼ 口~ (6, 0.0%)

2 の速記 1 になり, の実例, をした, をしたつ

▼ 口軽く~ (6, 0.0%)

1 むやみに, 云ふ, 扇の, 未練が, 母親も, 胸冷やけき

▼ 口~ (6, 0.0%)

1 よ, をし, をしました, をする, を招き, 来る事

▼ 口~ (6, 0.0%)

1 だつた, で, で名代, で言, で訊き, で話し出した

▼ 口あて~ (5, 0.0%)

1 て, てオペラ役者, のよう, を口, 御薬

▼ 口あれ~ (5, 0.0%)

1 ど壺, ど目鼻, ばさる, ば食, も大方近頃手当

▼ 口~ (5, 0.0%)

1 あがりなされたが, あがんなさいよ, ほひもしあ, 湿し下さいまし, 酒を

▼ 口かね~ (5, 0.0%)

5 お身

▼ 口かを~ (5, 0.0%)

1 すなお, 出資し, 探してを, 無理に, 見つけ出すか

▼ 口きかない~ (5, 0.0%)

1 でよ, ともっ, のかね, ように, ようにと

▼ 口~ (5, 0.0%)

3 たへを 1 しには, たいするでねい

▼ 口そこ~ (5, 0.0%)

1 からニューッ, には伊勢, へ通っ, へ飛び込んだ, を開ける

▼ 口それ~ (5, 0.0%)

1 から焙った, が老婆, に化粧料, に唇, を喰べた

▼ 口だけの~ (5, 0.0%)

1 いわゆる策士謀士, 争いでは, 案内者に, 脅しでは, 赤い真黒

▼ 口であり~ (5, 0.0%)

1 この口, そこに, それに, ながら酔う, 第三

▼ 口なく~ (5, 0.0%)

1 して, 官に, 死に, 死に去つた青年, 無心の

▼ 口なぞ~ (5, 0.0%)

1 いう動的役者以上, いう動的表現役者, そりゃとても, どうで, 利かうと

▼ 口などの~ (5, 0.0%)

1 あんばいは, ふせぎにかけて, 思い切って, 手配を, 相貌が

▼ 口なんて~ (5, 0.0%)

1 一度も, 出させないの, 利きゃしませんよ, 利き度くも, 書いて

▼ 口にゃ~ (5, 0.0%)

1 あ入らねえ, ア戸が, 入えら, 出しませんでしたが, 言えやしない

▼ 口ほどの~ (5, 0.0%)

2 ことは 1 もので, 乱暴者でなかった, 事も

▼ 口まがり~ (5, 0.0%)

1 が死ん, にはどうして, にやる, の卵ぢ, ツて

▼ 口~ (5, 0.0%)

1 には, にはおまえ, には云われる, には口ぐせ, にゃ洋学

▼ 口やめる~ (5, 0.0%)

5 事なく

▼ 口やる~ (5, 0.0%)

1 うちに, ぜジム, とはどういう, のも, もかえって

▼ 口を以て~ (5, 0.0%)

1 数へ, 書を, 深山を, 締めて, 風に

▼ 口ん中~ (5, 0.0%)

1 が乾い, が黄色く, すう, にまるで, に汗

▼ 口サガ~ (5, 0.0%)

1 ないか, ないから, ないワラベども, ない人々, ない俗人ども

▼ 口以上~ (5, 0.0%)

1 にその, にもっと, にもの, に口惜しかっ, の住民

▼ 口~ (5, 0.0%)

1 でボツリボツリ, で親御さん, にはなりませんでした, に使った, の商

▼ 口呑ん~ (5, 0.0%)

1 でおや, でから静か, でじっと, でみ, で變

▼ 口~ (5, 0.0%)

1 が一しきり, して, し始められた時代, するからには, する呪詞

▼ 口啜っ~ (5, 0.0%)

1 てあと, て圓朝, て掌, て猪口, て眉

▼ 口~ (5, 0.0%)

1 する吾, する馬, の巫女, よ, 囁きつ

▼ 口広い~ (5, 0.0%)

2 ことは 1 お話です, 事は, 事を

▼ 口惜そう~ (5, 0.0%)

1 であった, に, に云う, に云った, に頭

▼ 口~ (5, 0.0%)

1 き博士等, な客, るの, る嚊, る嬶

▼ 口方面~ (5, 0.0%)

1 でも, には仲, に従軍, の兵力, はほとんど

▼ 口~ (5, 0.0%)

1 をお, をすすった, をのむ, を飲んだ, 狭くし

▼ 口立て~ (5, 0.0%)

1 の, の寸劇, の歴史, の系図, の詞章

▼ 口~ (5, 0.0%)

1 から始める, に取られ, の引か, を二三喉一度, 小ブナ

▼ 口賢い~ (5, 0.0%)

1 ことばに, やうで, やつまた, ようで, 敵の

▼ 口運転手~ (5, 0.0%)

1 が思い切り, のメチャメチャ, はそれ以来スッカリ自棄気味, は私, を頼っ

▼ 口食べ~ (5, 0.0%)

1 てからまた, てはお茶, ては酒, て行きませう, ブドウ酒を

▼ 口黒須兵衛~ (5, 0.0%)

1 であった, とあと, と同格, は引手茶屋, もそう

▼ 口~ (4, 0.0%)

1 ききませんから, つて水が, ふつて, 口から

▼ 口あき~ (4, 0.0%)

1 て, て人, でございます, を縫い合わし

▼ 口あの~ (4, 0.0%)

1 卑し気, 口から, 口は, 恐ろしい夜光人間

▼ 口あらそい~ (4, 0.0%)

1 には応じませんでした, は勿論, をした, を始めた

▼ 口あんぐり~ (4, 0.0%)

1 だ, とその, と握飯, の体

▼ 口いった~ (4, 0.0%)

1 きりで, ことの, ことを, だけだった

▼ 口かせ~ (4, 0.0%)

2 をはめられ 1 のはず, 手かせから

▼ 口からけ~ (4, 0.0%)

2 だもの, ものの

▼ 口からと~ (4, 0.0%)

1 いうぞよ, 三方面から, 申すでは, 白い煙

▼ 口くさっ~ (4, 0.0%)

2 ても言えよう, ても言われぬ

▼ 口ぐらいの~ (4, 0.0%)

1 ところだ, 小さい吹込機, 立派な, 高さ

▼ 口した~ (4, 0.0%)

1 のか, ので間もなく, のも, 者が

▼ 口じゃあ~ (4, 0.0%)

1 ないの, 云えないでしょう, 分るよう, 言わねえが

▼ 口ぜわ~ (4, 0.0%)

2 しく 1 しくさけびあって, しく云った

▼ 口そそぎ~ (4, 0.0%)

1 御符, 手あらいす, 枕に, 高き杉

▼ 口だけでも~ (4, 0.0%)

1 免れようと, 免れようという, 聞くと, 達者な

▼ 口だけに~ (4, 0.0%)

2 なって 1 必要な, 気が

▼ 口って~ (4, 0.0%)

1 ありゃア, ものは, やつも, 近頃じゃ

▼ 口ながら~ (4, 0.0%)

1 ゆっくりした, 二つ三つ老人の, 付け加えて, 何とやら

▼ 口にては~ (4, 0.0%)

3 勝が 1 惣内を

▼ 口によ~ (4, 0.0%)

1 つて少し, つて極めて, つて発せられる, つて諸方に

▼ 口ばかりが~ (4, 0.0%)

1 その口, 其口を, 片方に, 達者だった

▼ 口ふくん~ (4, 0.0%)

31 で石

▼ 口へまで~ (4, 0.0%)

1 出して, 出て, 持って, 来て

▼ 口までの~ (4, 0.0%)

1 三里余は, 坂道を, 守りに, 広い間

▼ 口もて~ (4, 0.0%)

1 その脈, 吹かず腰ゆすり, 言ひ得る, 訴ふる

▼ 口~ (4, 0.0%)

1 そのなつかし, それは, ウたたく, 喃

▼ 口よごし~ (4, 0.0%)

1 じゃろう, といった位, には何, のお流れ

▼ 口一ぱい~ (4, 0.0%)

1 に夕日, に溜, に血, に食べ物

▼ 口~ (4, 0.0%)

1 性である, 重宝で, 重宝な, 重宝の

▼ 口乗せ~ (4, 0.0%)

1 てく, てやろう, て下さい, て呉れう

▼ 口乗っ~ (4, 0.0%)

1 ていい, ている, ておけ, てくださいます

▼ 口云っ~ (4, 0.0%)

1 ておく, てそのまま, てました, て後

▼ 口~ (4, 0.0%)

1 からブクブク, に入れ, や舌, をつけ

▼ 口吟む~ (4, 0.0%)

1 で居る, ほどの人気, ほど甘美, 若々しさ

▼ 口呑んだ~ (4, 0.0%)

1 ままなお, まま宗助は, 儘宗助は, 時に

▼ 口~ (4, 0.0%)

1 という者, と奴里能美, はお, は涙

▼ 口少なく~ (4, 0.0%)

1 そこを, 云った, 秀吉の, 表情の

▼ 口~ (4, 0.0%)

1 と申しまする, の橋, の魏軍, を去っ

▼ 口幅ッ~ (4, 0.0%)

2 たいこと 1 たい言い方, てえこと

▼ 口応え~ (4, 0.0%)

1 した事, どころかその, はせぬ, をする

▼ 口~ (4, 0.0%)

1 ない噂, ない江戸, ない連中, なき京童

▼ 口惜紛れ~ (4, 0.0%)

1 に, に市之丞, に笄, に蹈

▼ 口~ (4, 0.0%)

2 温泉は 1 之丞, 東宝試写室着は

▼ 口書き拇印~ (4, 0.0%)

2 を取られ 1 がなく, も済ん

▼ 口~ (4, 0.0%)

1 から発射, の抜けない, はすでに, を抜く

▼ 口止料~ (4, 0.0%)

1 だ, だと, というよう, というわけ

▼ 口~ (4, 0.0%)

1 賣, 賣また, 賣大, 賣歌

▼ 口~ (4, 0.0%)

1 であつ, で謂ツ, を洩します, を漏らし

▼ 口留め料~ (4, 0.0%)

1 ですよ, をやっ, をゆすっ, を警官

▼ 口~ (4, 0.0%)

2 忙が 1 でも, 飮んで

▼ 口程も~ (4, 0.0%)

1 ない奴, ない弱虫, ない方々, なく藤次

▼ 口縄坂~ (4, 0.0%)

1 から始まる, とはくちな, の坂上, は緑

▼ 口~ (4, 0.0%)

1 く聞く, な女房, な母, に申されけれ

▼ 口~ (4, 0.0%)

1 出掛つた時, 墨で, 進軍尤大, 飛んで

▼ 口近く~ (4, 0.0%)

1 で冴えた, に腰, まで歩い, まで釣り溜り候

▼ 口遊ん~ (4, 0.0%)

2 でいる 1 で, でいた

▼ 口食っ~ (4, 0.0%)

2 ては米友 1 てみたら, てみよう

▼ 口あら~ (3, 0.0%)

1 ばとお, ば東京, ば答え

▼ 口いただい~ (3, 0.0%)

1 てごらん, てみたら, て神

▼ 口いふ~ (3, 0.0%)

3 朋輩も

▼ 口おし~ (3, 0.0%)

1 さだったでしょう, さと, やかく

▼ 口からさえ~ (3, 0.0%)

1 ため息に, 故事来歴を, 洩れるよう

▼ 口がぶり~ (3, 0.0%)

2 と遣っ 1 と飲んだ

▼ 口ぐらいは~ (3, 0.0%)

1 利くだろうがね, 挨拶が, 濡らせって

▼ 口ごと~ (3, 0.0%)

1 にのど, に太閤どの, 持って

▼ 口さえも~ (3, 0.0%)

1 よう利かれず, 八つ裂きに, 開いては

▼ 口され~ (3, 0.0%)

1 ておりまし, ながら常に, 嘲笑を

▼ 口すすった~ (3, 0.0%)

1 がそれ, だけそれ, とき青扇は

▼ 口すなわち~ (3, 0.0%)

1 一つの, 本邸から, 甲板への

▼ 口その他~ (3, 0.0%)

1 に非常, の動的表現係, の諸

▼ 口それから~ (3, 0.0%)

1 剃り落とした青い, 発音歩行物の, 頭の

▼ 口たたい~ (3, 0.0%)

1 ていられましょう, ている, て秘図

▼ 口だけしか~ (3, 0.0%)

1 ないよう, 見えないよう, 見られない

▼ 口つけた~ (3, 0.0%)

1 だけで, 盃を, 私にとっても

▼ 口でし~ (3, 0.0%)

1 きりと, ゃべりしゃべりて野火の, ゃべりたまえ

▼ 口でない~ (3, 0.0%)

1 から水, といっ, とする

▼ 口とり~ (3, 0.0%)

1 の童, みたいな, もつけ

▼ 口などから~ (3, 0.0%)

1 洩聞いたが, 生れたもの, 聞こうと

▼ 口などに~ (3, 0.0%)

1 お耳, このよう, 分れて

▼ 口などへ~ (3, 0.0%)

1 さはる, 号令を, 防柵を

▼ 口なめずり~ (3, 0.0%)

1 て飮, をし始めた, をする

▼ 口にあたる~ (3, 0.0%)

1 方角, 栗田口や, 石段の

▼ 口にくく~ (3, 0.0%)

1 み舌, んでつば, んで畔

▼ 口にの~ (3, 0.0%)

2 ぼつた 1 ぼつて

▼ 口により~ (3, 0.0%)

1 世界各地の, 事分明なり, 大塔宮様一行が

▼ 口のよ~ (3, 0.0%)

2 こに 1 こからは

▼ 口はと~ (3, 0.0%)

1 いうに, いえば, ンがらせ

▼ 口ばかし~ (3, 0.0%)

1 でから, 動かしてつ, 堅めたっ

▼ 口ばかりの~ (3, 0.0%)

1 人, 人だ, 女であった

▼ 口ほどには~ (3, 0.0%)

1 信用の, 氣に, 驚く色

▼ 口まげ~ (3, 0.0%)

1 てせせら, てせせら笑った, て微笑ん

▼ 口また~ (3, 0.0%)

1 其耳を, 尻から, 尻より

▼ 口めいた~ (3, 0.0%)

1 ことを, 巨材を, 比斯馬克髭その

▼ 口よくも~ (3, 0.0%)

3 お祭り

▼ 口~ (3, 0.0%)

1 声ヲヒソメテ, 立チ止マッタ, 長イ間シャベッテイル

▼ 口一つ針仕事~ (3, 0.0%)

3 で通せない

▼ 口一パイ~ (3, 0.0%)

1 になっ, に引っかかっ, の白い

▼ 口~ (3, 0.0%)

3 た口

▼ 口二口~ (3, 0.0%)

1 云い合いを, 洩して, 飲むと

▼ 口云った~ (3, 0.0%)

1 けれども阿部, のは, のを

▼ 口出す~ (3, 0.0%)

1 な, もんじ, んや

▼ 口~ (3, 0.0%)

1 にし, をし, を致し

▼ 口利く~ (3, 0.0%)

1 だに慚, のに, 言葉を

▼ 口利彦氏~ (3, 0.0%)

1 の話, の除幕, を始め武谷軍医官

▼ 口吃し~ (3, 0.0%)

1 つつも流暢沈着, つつ目瞬, て卒

▼ 口~ (3, 0.0%)

1 はせて, ひ付けて, ひ独楽

▼ 口呑み~ (3, 0.0%)

1 ながら秀吉, に呑ん, 手拭で

▼ 口啜った~ (3, 0.0%)

1 が咽, だけで, だけで助かった

▼ 口啜り~ (3, 0.0%)

1 ながら上眼, ながら藤吉, 乍ら上眼づかひ

▼ 口~ (3, 0.0%)

1 へ流し込んだ, を沾, を濡らし

▼ 口喧まし~ (3, 0.0%)

1 く争つて, く収賄, く絵具

▼ 口~ (3, 0.0%)

1 なりや, にし, 資本家型の

▼ 口~ (3, 0.0%)

2 くした 1 くしてな

▼ 口奇麗~ (3, 0.0%)

3 な事

▼ 口定番~ (3, 0.0%)

3 の詰所

▼ 口~ (3, 0.0%)

1 で寝る, にあの, の片側

▼ 口~ (3, 0.0%)

1 で深切, にのみ応答, にのみ應答

▼ 口封じ~ (3, 0.0%)

1 てしまえ, にはひと, に月々千円

▼ 口小さく~ (3, 0.0%)

2 歯並あら 1 歯なみあらあらとして

▼ 口~ (3, 0.0%)

2 い事 1 けれども我

▼ 口惜くも~ (3, 0.0%)

1 なるし, 御恥く, 思うが

▼ 口持っ~ (3, 0.0%)

1 ています, て出た, て行かっし

▼ 口~ (3, 0.0%)

1 が宿, て, をなさいまし

▼ 口明け~ (3, 0.0%)

1 だからと, だけはいつも, をし

▼ 口~ (3, 0.0%)

1 でも修め, のあさましき, を修め

▼ 口淋しい~ (3, 0.0%)

2 思が 1 退屈さを

▼ 口渇き~ (3, 0.0%)

1 し者, て堪えがたし, 又耳

▼ 口湿し~ (3, 0.0%)

2 てみ 1

▼ 口漱ぎ~ (3, 0.0%)

2 さて身 1 顏を

▼ 口~ (3, 0.0%)

1 の喩, 却つて面倒なり, 調法な

▼ 口~ (3, 0.0%)

1 に掲げたる, も挿画, を披

▼ 口留め金~ (3, 0.0%)

1 をくれなけれ, をまき上げよう, をゆする

▼ 口~ (3, 0.0%)

2 の患 1 のため飲食困難

▼ 口~ (3, 0.0%)

1 されてなりとは, っとる, めされてなりとは

▼ 口程にも~ (3, 0.0%)

1 ない悪玉三人, なく両親, ねえ奴等

▼ 口~ (3, 0.0%)

1 なく吐出, なく罵る, なく詈

▼ 口籠つて~ (3, 0.0%)

1 しまつ, ゐた, ゐたが

▼ 口綿~ (3, 0.0%)

1 の這入っ, らしい双子, を着

▼ 口~ (3, 0.0%)

1 が緊め, の朽ち, をつける

▼ 口茄子~ (3, 0.0%)

1 の油, の芥子漬, を皮

▼ 口~ (3, 0.0%)

2 で見る 1 の虚実

▼ 口言った~ (3, 0.0%)

1 が一時, きりすこしもつべこべ, だけである

▼ 口~ (3, 0.0%)

2 すると 1 を作る

▼ 口~ (3, 0.0%)

1 こい才気, ないもの, なく雑談

▼ 口走り~ (3, 0.0%)

1 の多く, をつづけ, を放ち合い

▼ 口~ (3, 0.0%)

1 が不得手, の通譯, を有する

▼ 口~ (3, 0.0%)

1 ぐる所の, だけなら, は相成

▼ 口~ (3, 0.0%)

1 から取った, すなわちいわゆる, の神経

▼ 口重い~ (3, 0.0%)

1 気が, 気質に, 笑顔で

▼ 口錢取り~ (3, 0.0%)

1 のやり繰り手, の樣, をし

▼ 口開き宣んし~ (3, 0.0%)

3 曰ふ

▼ 口陥落~ (3, 0.0%)

1 ときい, の報, の提燈行列

▼ 口食べる~ (3, 0.0%)

1 とお, ともう, と舌

▼ 口~ (3, 0.0%)

1 みとぎれがち, み下した, んで徐ろ

▼ 口飲まし~ (3, 0.0%)

1 てね, てまあ, てやろう

▼ 口飲ませ~ (3, 0.0%)

1 てくれまい, てやりたい, てやります

▼ 口馴れ~ (3, 0.0%)

1 てお喋り, てゐるせゐ, て言い

▼ 口~ (3, 0.0%)

2 を撃ち 1 をうち

▼ 口あい~ (2, 0.0%)

1 てわらう, て八

▼ 口あっ~ (2, 0.0%)

1 て皆無頼, て言う

▼ 口あん~ (2, 0.0%)

1 くり小言, ごり

▼ 口いう~ (2, 0.0%)

1 ている, 二口目にゃ

▼ 口いえ~ (2, 0.0%)

1 ばこの, ば火

▼ 口いさかい~ (2, 0.0%)

1 からあやまっ, を聴い

▼ 口いっ~ (2, 0.0%)

1 てあった, てから写真

▼ 口いつ~ (2, 0.0%)

1 ぱいで空気中の, ぱいの

▼ 口い出~ (2, 0.0%)

1 てもろ, てやんなさったら

▼ 口い走っ~ (2, 0.0%)

1 て行きまし, て行った

▼ 口うらで~ (2, 0.0%)

1 はどうも, もうおいで

▼ 口おもた~ (2, 0.0%)

2 げに

▼ 口お茶~ (2, 0.0%)

1 をのむ, をのん

▼ 口かと~ (2, 0.0%)

1 思ふと, 思われた

▼ 口からに~ (2, 0.0%)

1 ゅッと, ゅーっと

▼ 口がる~ (2, 0.0%)

1 にこんな, に物

▼ 口がわり~ (2, 0.0%)

1 に大きく, はひとつ

▼ 口きいた~ (2, 0.0%)

1 けどわりに, のん

▼ 口きかず泣き~ (2, 0.0%)

1 ながら寐, ながら寝ました

▼ 口きり~ (2, 0.0%)

1 に水, に述べた

▼ 口くせ~ (2, 0.0%)

1 できょうまでやっていらっしったんじゃないの, でね

▼ 口くち~ (2, 0.0%)

1 をつける, を出す

▼ 口くどう~ (2, 0.0%)

1 お責め, せっつきましたところ

▼ 口くら~ (2, 0.0%)

1 ゐきいたこと, ゐは

▼ 口ぐらい~ (2, 0.0%)

1 い, 喫んだ

▼ 口ぐらいずつ~ (2, 0.0%)

1 吹聴し, 飲みまして

▼ 口ことわっ~ (2, 0.0%)

1 ておいた, とかにゃ悪い

▼ 口さきで~ (2, 0.0%)

1 二万の, 人を

▼ 口さし出申候~ (2, 0.0%)

1 から, から恥

▼ 口ざわりの~ (2, 0.0%)

1 悪いの, 美しさ

▼ 口しめし~ (2, 0.0%)

1 て肴, なよ

▼ 口じゅう~ (2, 0.0%)

1 じじむさい泡だらけ, に唾

▼ 口すこし~ (2, 0.0%)

1 あけし寝顔, 開きて

▼ 口すっ~ (2, 0.0%)

1 てさて, ては御飯粒

▼ 口ずつの~ (2, 0.0%)

1 短刀を, 返事を

▼ 口そう~ (2, 0.0%)

1 どすか, 言って

▼ 口そういう~ (2, 0.0%)

1 形相を, 醜く賤

▼ 口そそぐ~ (2, 0.0%)

1 夢の, 水に

▼ 口たべ~ (2, 0.0%)

1 ては美味い, て谷

▼ 口たり~ (2, 0.0%)

1 とも容喙, 林藏確と

▼ 口だが~ (2, 0.0%)

1 何より特色的, 笑う眉

▼ 口だけかと~ (2, 0.0%)

2 誰かが

▼ 口だろう~ (2, 0.0%)

1 と想像, と言った

▼ 口~ (2, 0.0%)

1 寺, 寺の

▼ 口~ (2, 0.0%)

1 振りじゃあ, 端へ

▼ 口つき合っ~ (2, 0.0%)

1 てくれる, てまいられぬ

▼ 口つくり~ (2, 0.0%)

1 にも特色, 肩肩から

▼ 口つつき合せ~ (2, 0.0%)

2 て啄

▼ 口づくり~ (2, 0.0%)

1 だとか, のぐあいをながめているひとがある

▼ 口~ (2, 0.0%)

1 いでん, ッた

▼ 口でこそは~ (2, 0.0%)

1 いわないが, 淫らが

▼ 口でした~ (2, 0.0%)

1 けれども単純, ね

▼ 口でしょう~ (2, 0.0%)

1 か, が何時

▼ 口でだけ~ (2, 0.0%)

1 あんなに仰言っ, リュブリュー

▼ 口でと~ (2, 0.0%)

1 いうと, ッつかまる

▼ 口でなかった~ (2, 0.0%)

1 しよそ, としたら

▼ 口でもと~ (2, 0.0%)

1 思って, 思つたのだ

▼ 口とかが~ (2, 0.0%)

2 厭に

▼ 口とから~ (2, 0.0%)

1 だの, 葉巻の

▼ 口とがらせ~ (2, 0.0%)

1 て食べ, 耳を

▼ 口としては~ (2, 0.0%)

1 わりに世間, 不十分であり

▼ 口とら~ (2, 0.0%)

2 へて老

▼ 口なき~ (2, 0.0%)

1 ために, 馴染みの

▼ 口なす~ (2, 0.0%)

1 びに, びを

▼ 口なぞを~ (2, 0.0%)

1 叩かれて, 癒す時

▼ 口なめ~ (2, 0.0%)

1 て下, て見たけれ

▼ 口ならある~ (2, 0.0%)

1 かもしれない, といわれ

▼ 口なり~ (2, 0.0%)

1 とすすらせ, 鼻なり

▼ 口にあたって~ (2, 0.0%)

1 区切るマシケあたり, 戸まどい流れ

▼ 口において~ (2, 0.0%)

1 山門の, 高さ一尺二寸横一尺六寸

▼ 口にだけ~ (2, 0.0%)

1 入れるためお金, 論理を

▼ 口にと~ (2, 0.0%)

1 心を, 落ち備後安芸

▼ 口になど~ (2, 0.0%)

1 出せないこと, 出て

▼ 口にや~ (2, 0.0%)

2 戸が

▼ 口による~ (2, 0.0%)

2 ものであり

▼ 口~ (2, 0.0%)

1 いやな, みんなシッカリしまっ

▼ 口のっ~ (2, 0.0%)

1 て, てやっ

▼ 口のて~ (2, 0.0%)

1 まえまで, まえ八丁余り

▼ 口ばかりで~ (2, 0.0%)

1 たいていは, 呼吸の

▼ 口ばかりに~ (2, 0.0%)

1 して, なつたり

▼ 口ふさぎ~ (2, 0.0%)

1 に大事, のため

▼ 口ふれあひ~ (2, 0.0%)

2 て熟睡せり

▼ 口ふれさせ~ (2, 0.0%)

2 たまへ

▼ 口ふん~ (2, 0.0%)

1 を漏らし, を漲らせた

▼ 口へこそ~ (2, 0.0%)

2 出さね腹

▼ 口へでも~ (2, 0.0%)

1 すでに入っ, 喰い付く

▼ 口へね~ (2, 0.0%)

1 ぢ込んだ, 喇叭と

▼ 口へばかり~ (2, 0.0%)

1 入れずに, 入れても

▼ 口または~ (2, 0.0%)

1 大きなお, 筆に

▼ 口まっ白~ (2, 0.0%)

1 な円い, な牙

▼ 口もち~ (2, 0.0%)

2 よいと

▼ 口やらを~ (2, 0.0%)

1 寄せた, 買つて貰ひ

▼ 口やり~ (2, 0.0%)

1 ながら考え, ながら話す

▼ 口よりの~ (2, 0.0%)

1 お手紙, 日本語放送を

▼ 口わる烏~ (2, 0.0%)

2

▼ 口われ~ (2, 0.0%)

1 のみぞ, を悪し

▼ 口をもがもが~ (2, 0.0%)

1 したけれど, 動かしかけました

▼ 口をもがもがと~ (2, 0.0%)

1 やるだけ, 動かして

▼ 口~ (2, 0.0%)

1 利けなかった, 持って

▼ 口イきく~ (2, 0.0%)

2 が最後

▼ 口カラ~ (2, 0.0%)

2 洩レタ

▼ 口サイド~ (2, 0.0%)

1 ではあんまり, の海寧路

▼ 口ヒゲ~ (2, 0.0%)

1 をむしりとり, を生やし

▼ 口ヨリ火~ (2, 0.0%)

2 ヲフキ

▼ 口一ツ~ (2, 0.0%)

1 で見事, 利くわけ

▼ 口一口~ (2, 0.0%)

1 と食, 噛みしめるやう

▼ 口一文字~ (2, 0.0%)

1 かたく結ん, に結ん

▼ 口一斉~ (2, 0.0%)

2 に歎賞

▼ 口三口目~ (2, 0.0%)

1 から彼, は少し

▼ 口三口箸~ (2, 0.0%)

1 で突, で突っつい

▼ 口三口話~ (2, 0.0%)

1 をした, をしたつ

▼ 口三右衞門~ (2, 0.0%)

1 に面會, は早速

▼ 口上げ~ (2, 0.0%)

2 てくれ

▼ 口上げたい~ (2, 0.0%)

1 が知らない, と思っ

▼ 口不動滝~ (2, 0.0%)

2 などいふ

▼ 口与る~ (2, 0.0%)

1 とは何いふ訳, も却つて

▼ 口九合目~ (2, 0.0%)

1 から劔ガ峯, から王滝口頂上

▼ 口~ (2, 0.0%)

1 ふ度, へばそれに

▼ 口云え~ (2, 0.0%)

1 ばいい, ば忽ち

▼ 口五尺あまり~ (2, 0.0%)

2 長さ十丈あまり

▼ 口付煙草~ (2, 0.0%)

1 の煙, も岩谷

▼ 口~ (2, 0.0%)

1 が生んだ, を敷き

▼ 口~ (2, 0.0%)

1 て言う, て言うべからず

▼ 口入れた~ (2, 0.0%)

1 とたん死んだ, 御飯が

▼ 口入師~ (2, 0.0%)

1 に早, の岡本

▼ 口全体~ (2, 0.0%)

1 が熱く, をひどく

▼ 口~ (2, 0.0%)

2 大監察

▼ 口~ (2, 0.0%)

2 をかき

▼ 口~ (2, 0.0%)

2 ですよ

▼ 口包囲軍~ (2, 0.0%)

1 に加わっ, の中

▼ 口及び~ (2, 0.0%)

1 その目録, 手を

▼ 口取出し~ (2, 0.0%)

2 柄を

▼ 口~ (2, 0.0%)

1 上って, 上れよ

▼ 口召し~ (2, 0.0%)

1 上ッて, 上ッてから

▼ 口含む~ (2, 0.0%)

1 と顔, やののしり

▼ 口吸う~ (2, 0.0%)

1 と釣瓶, や否や

▼ 口~ (2, 0.0%)

1 ふと食慾, ふやう

▼ 口呼吸~ (2, 0.0%)

2 しただけ

▼ 口~ (2, 0.0%)

1 などの言葉, に触れ

▼ 口~ (2, 0.0%)

1 つただけで, つてかう

▼ 口啜つ~ (2, 0.0%)

1 たくらゐ, て軽く

▼ 口善惡~ (2, 0.0%)

2 なき女房共

▼ 口嘗め~ (2, 0.0%)

1 ずりを, ては首

▼ 口囃子~ (2, 0.0%)

1 と一緒, を入れる

▼ 口堅め~ (2, 0.0%)

1 の信仰, を厳重

▼ 口~ (2, 0.0%)

1 の賄賂さ, をした

▼ 口大宮口~ (2, 0.0%)

1 あり, と三つ

▼ 口太鼓~ (2, 0.0%)

1 で拍子, を囃し

▼ 口~ (2, 0.0%)

1 に薄曇, に薄曇つて

▼ 口子臣~ (2, 0.0%)

1 でございますと, の妹

▼ 口~ (2, 0.0%)

1 の奥, をとおし

▼ 口定番遠藤~ (2, 0.0%)

1 に加勢, は近江三上

▼ 口寄巫女~ (2, 0.0%)

1 が栖む洞穴, に毛

▼ 口屋嘉右衛門~ (2, 0.0%)

2 の店

▼ 口~ (2, 0.0%)

1 で支那人, の一事

▼ 口~ (2, 0.0%)

1 たくて, つたいこと

▼ 口広く~ (2, 0.0%)

1 して, 耳に

▼ 口~ (2, 0.0%)

1 も葉子, をもっ

▼ 口御構~ (2, 0.0%)

2 の上追放

▼ 口忙しく~ (2, 0.0%)

1 いうこと, 畳みかける問

▼ 口怒り鼻渦巻~ (2, 0.0%)

2 縮れの

▼ 口~ (2, 0.0%)

2 のみち

▼ 口~ (2, 0.0%)

1 には困, る嚊

▼ 口惜いやら~ (2, 0.0%)

2 情けないやら

▼ 口惜げ~ (2, 0.0%)

2

▼ 口惜さ限り~ (2, 0.0%)

1 なく何事, なく如何

▼ 口~ (2, 0.0%)

1 の上, の諸

▼ 口手足~ (2, 0.0%)

1 いたるところ無数, をそなえ

▼ 口~ (2, 0.0%)

2 けたり

▼ 口拭き~ (2, 0.0%)

1 の紙, を折り畳ん

▼ 口振だ~ (2, 0.0%)

1 と思う, ね

▼ 口措かず~ (2, 0.0%)

1 にぶツ, に喋言

▼ 口措く~ (2, 0.0%)

1 ってなりやしない, も大

▼ 口~ (2, 0.0%)

1 日々の, 早速領主

▼ 口星雲~ (2, 0.0%)

1 とも云, とも云います

▼ 口~ (2, 0.0%)

2 浅き日南

▼ 口~ (2, 0.0%)

1 て主, 之まで気

▼ 口~ (2, 0.0%)

1 のなか, をはめる

▼ 口~ (2, 0.0%)

2 の鮫

▼ 口止し~ (2, 0.0%)

1 て濟, て自分

▼ 口殿~ (2, 0.0%)

1 もお, をお

▼ 口~ (2, 0.0%)

1 にひとり, に粥

▼ 口~ (2, 0.0%)

1 に会い, は半

▼ 口~ (2, 0.0%)

1 の事等, を受けた

▼ 口沈ん~ (2, 0.0%)

1 でいる, でゐる

▼ 口津村~ (2, 0.0%)

1 の松倉藩, の甚右衛門

▼ 口淋しく~ (2, 0.0%)

1 なると, なる人

▼ 口渡し~ (2, 0.0%)

1 で僕等, に移し

▼ 口温泉~ (2, 0.0%)

1 というの, の小野屋

▼ 口濃い~ (2, 0.0%)

1 眉そして, 縮み髪

▼ 口濡らす~ (2, 0.0%)

1 やうな, ような

▼ 口無調法~ (2, 0.0%)

1 で人, で人付合い

▼ 口焼き~ (2, 0.0%)

1 という式, という行事

▼ 口~ (2, 0.0%)

1 のねばり, を冷却

▼ 口~ (2, 0.0%)

1 をいう, 干臺

▼ 口申込ん~ (2, 0.0%)

1 で小, で小気味よく

▼ 口発破~ (2, 0.0%)

2 などさ

▼ 口目耳~ (2, 0.0%)

2 へ抜ける

▼ 口~ (2, 0.0%)

1 と描き入れかけた, に一脈

▼ 口移り~ (2, 0.0%)

1 から呼び出されるらしい, は付け句

▼ 口答えた~ (2, 0.0%)

1 が野々宮君, だけであった

▼ 口~ (2, 0.0%)

1 で突, で突っつい

▼ 口~ (2, 0.0%)

1 だが, をする

▼ 口~ (2, 0.0%)

1 み心惱, り柔和

▼ 口肌守り~ (2, 0.0%)

2 と煙草入

▼ 口臙脂~ (2, 0.0%)

1 からその, の厚い

▼ 口~ (2, 0.0%)

1 にのぼる, の丁度

▼ 口覆い~ (2, 0.0%)

1 も何, をかけ

▼ 口見つけ~ (2, 0.0%)

1 てあげます, て來

▼ 口話し~ (2, 0.0%)

2 合つてゐる

▼ 口語り~ (2, 0.0%)

1 にし, の盛衰記

▼ 口語る~ (2, 0.0%)

1 と手布, 言葉の

▼ 口諍い~ (2, 0.0%)

1 は毎日, は番たび

▼ 口~ (2, 0.0%)

1 でもない, な女

▼ 口買っ~ (2, 0.0%)

1 てごらん, て出よう

▼ 口賢う~ (2, 0.0%)

1 いふでは, 言うても

▼ 口賢しい~ (2, 0.0%)

1 こと申しおる, 大久保の

▼ 口賢しく~ (2, 0.0%)

1 小女郎, 軽々と議論

▼ 口赤く~ (2, 0.0%)

1 あけぬ蜥蜴出, 開けて

▼ 口軽い~ (2, 0.0%)

1 女の, 調子を

▼ 口~ (2, 0.0%)

2 に秀歌

▼ 口返事~ (2, 0.0%)

1 などある, ばかりし

▼ 口述べ~ (2, 0.0%)

1 てやめませう, て再び

▼ 口~ (2, 0.0%)

1 と云, み

▼ 口~ (2, 0.0%)

1 りみると, んで吐き出す

▼ 口長い~ (2, 0.0%)

1 手足その, 白ひ

▼ 口~ (2, 0.0%)

1 に京伝, の神事

▼ 口開い~ (2, 0.0%)

1 ている, てカラ

▼ 口開け~ (2, 0.0%)

1 て, てそ

▼ 口附き~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 口附近~ (2, 0.0%)

1 からも火, の焼けビル

▼ 口降車口~ (2, 0.0%)

1 だけで, 共に

▼ 口頬張つた~ (2, 0.0%)

1 と思ふ, ばかりにあの

▼ 口食う~ (2, 0.0%)

1 や卒然, んです

▼ 口食べた~ (2, 0.0%)

1 そう, と思う

▼ 口飲み込む~ (2, 0.0%)

1 ともう, と酒

▼ 口馴れた~ (2, 0.0%)

1 その名, 地獄の

▼ 口馴染み~ (2, 0.0%)

1 の祇園, を真似

▼ 口鼻目~ (2, 0.0%)

2 と沈ん

▼1* [1343件]

あおったとたんに, 口あけた米一俵しか, 口あける青き寐顔, 口あけ仕事の邪魔, 口あけ尾をふらん, 口あたりそれにも優し, 口あたり末苦うし, 口あらくののしりちらした, 口あらしめばまさに, 口あらそひをし, 口あります渡良瀬沿岸三郡の, 口あるいは獅子の, 口あんぐりそれより今, 口あんぐり眞赤になつて眼, 口いかにもおんな好きの, 口いきかねえから, 口いきくように, 口いただきますよ, 口いっぱいオゾンを呑吐, 口いっぱい服んでは, 口いっぱい飯を頬, 口いひちらせど眞, 口いびきで先生, 口いやいや飲み込むの, 口いやしいやつだ, 口いやしき連中なりとぞ, 口いわずに途, 口いわれている, 口い出さんとそ知らん顔, 口い出していわん, 口い出る時から, 口い利いて間違え, 口い利かれない只今上げます, 口い持つて行つて, 口い明いたっきりお, 口い開くと咽喉, 口うごかしてその, 口うすい眉毛さえが, 口うちで呟いた, 口うまいものを, 口うらだから勘弁, 口うら返してさんざん, 口おお彼らは, 口おしいことながら, 口おしみするわけ, 口おもしろ気に, 口お召上りなさいませ, 口かい頼母しい, 口かけときなさり, 口かじつた, 口かじったのでかれ, 口かじつてやめた, 口かなんぞのやうに, 口かにロールヘンの, 口かの大ぜ, 口からか鼻からか, 口からだけでももう三度, 口からどぶいたを, 口からなどいえないはず, 口からには似合わない尊大, 口からまでいわれる, 口かろくその憂い, 口がかかつて来た, 口がちやんと, 口がと畳叩い, 口がもとらんさかい, 口がわざわひして此の, 口きいたら今日にでも, 口きかねんだ, 口きかれていた, 口きかんなんてずゐ, 口きくのさへいや, 口きけぬほどの恐怖, 口きたなく罵りながら, 口きらずに喋べり, 口きり一ぱいに羊, 口ぎたないはずかしめまでもおっしゃって帰りましたゆえ, 口ぎれいなことをとおわらいでしょう, 口くもりガラスのよう, 口くらい出来たの, 口くらいにしか考えられないの, 口くらいはお利き, 口くれないか, 口ぐつとのんだが急に藤枝, 口ぐらゐは利いたに, 口ぐらゐは送金して, 口ぐるまに, 口ぐれえ義理にも, 口こう云っただけ, 口こういうことは, 口こそは曩の, 口ことごとく堅く閉め切り, 口ことばの生態, 口この世の中の, 口これら全部を賦役令, 口ごおはいなわんぱく坊主, 口ごと女史の前, 口ごと長蔵さんに渡した, 口ごはいと言, 口さがしにこれ, 口さがすべえ, 口さきでいうだけで, 口さき巧者だが, 口さしあげたいからという, 口さしあげないでどうして, 口さしあげようという段取り, 口さし寄せ何事やらん稍霎時私語, 口させ飲もうの構, 口さて隣室へ, 口さと森本は, 口さびしさを, 口さみしい時に, 口されたと思ったらしい, 口されることは, 口ざはりが變なの, 口ざみしいためばかりではなく寝台に寝, 口ざみしかったので熊吉からねだった, 口ざみしくなったと見えて, 口ざみしさのあまりに読むとも, 口ざむしい気がし, 口ざわりがそれとは違う, 口ざわりがよくても味が落ちる, 口ざわりが変なの, 口ざわりは脆くて, 口ざわりよくかつ軽い, 口しぶっていた, 口しぶりながら主膳, 口しゃくっては首, 口しゃべりゃだんなばくちのいい, 口ゃまどろっこしい眼の, 口じっと見すえた眼, 口じゃといって, 口じゃろうよ, 口じょうずなの, 口すうと人, 口すえの, 口すがら主水等, 口すぎ位はこっち, 口すぎ位いはこっち, 口すくなく, 口すぐにまた, 口すごしに売り, 口すさみ我にも, 口すさみしとて人, 口すさんで見る, 口すさんだが勝代, 口すすつた, 口すすいで霊前, 口すすりながらも若い, 口すするといきなり, 口すすろうではない, 口すべて一時に護る, 口すべて人と提灯, 口すべらせていい, 口すらよう得きかぬ, 口すゝぎなどするうち空ほの, 口すゝつただけそれ, 口けに飲む, 口ずつでもいいから, 口ずつと云いながら, 口ずつも入らない, 口せずに置か, 口せわしくまた, 口せ寄せて彼女, 口つ怨嗟, 口ぜいたくを極めた, 口そいつが五メートル, 口そうしたすべてを, 口そそごうとした, 口そっとなめた, 口そめしをさ, 口そんなものについて, 口ぞへをして, 口るい小細工歌が, 口たたくな, 口たのむとすぐ, 口たべただけ水, 口たべなければ男, 口たべんかい, 口だけがへの字に, 口だけじゃ何うも, 口だけでもかッつ, 口だけはとおもう由, 口だそうな, 口だつたよ, 口だらうな, 口だらけにした, 口だろう覚えて居る, 口ちかく下り立つと, 口ちよつと風雅, 口っぷりをし, 口ぺたに, 口ついばむと思ふ, 口つぐみさっさとふりむき, 口つけ加えて, 口つづいて小, 口つまみ鼻鮠の, 口つんと通った鼻筋, 口づけた芍薬の, 口づけたい誘惑を, 口づける水の, 口づさまれる歌が面白かっ, 口づさみながら船の横腹, 口づたえにして誦して, 口づたえの呪文のよう, 口づつ飲みはじめた, 口づつ呑合し者は今さら, 口づつ御馳走をする, 口づつ相讓りその, 口づつ食べ物をわけ, 口づゝ吸呑からのませました, 口てえのは, 口であれ腕であれ, 口でうなりを立て, 口でかくいえばとて, 口できききとブレーキ, 口でくはへ, 口でございますよ, 口でさえこんな騒ぎ, 口でしかなかった, 口でしやべる, 口でしやぶつてその, 口ででもわかって, 口でなきや, 口でなく降り立つた場所で, 口でなんか食えやしませんよ, 口でなんて云ったって, 口でばっかりきょうだいの, 口とある広場に, 口といった問題についても, 口といふも一間きりの, 口とがり牙の, 口ときたらまるで水鐵砲, 口としか評価されない, 口としての気管の, 口とだけが著しく目立った, 口とて別間に, 口とてはなけれど, 口とても格別鼻の, 口とでも形容したい, 口とには聊かな, 口とばかりだった, 口とへ引別れ, 口ともにすすぎ清めると, 口と共に歪める癖, 口どう父さん, 口どうしてなかなかの美男, 口どき上手人後に, 口どこにも厭世的, 口どころか知嘉姫に, 口ながくんばん, 口ながらも彼は, 口なぞが如何に, 口なぞと考え合せて, 口なぞのように, 口なぞは一つも, 口なづきしながらも小娘, 口なづきするくらいにも飢えきっ, 口などでは左から, 口などと云うの, 口などとの美しい釣り合い, 口などへははいりそう, 口なども隠れるよう, 口なめさせたいときょう, 口なめるように, 口なら申込もうと思っ, 口なりとして守備の, 口なりともと存じまして, 口なり手なりに残っ, 口なれば是, 口なんかじゃあ云えませんねえ, 口なんかで間に合うかい, 口なんぞと同じよう, 口なんぞを打欠いち, 口なんともいえない恐ろしい, 口なんにもございませんけれど, 口にあたり山内は, 口においてはこれが, 口にかけ金が, 口にかけて十五万に, 口にすらも出さない, 口にたいしてはいっそう養分, 口にだに洩らさぬだけに, 口につきものの, 口にでかかるの, 口になぞ入れられる種類, 口になんぞ出しは, 口にのみ目を, 口にはよだれという, 口にばかりついて, 口にものぼつて, 口によっての誇張された, 口にわたりゃあお手伝でも, 口に対する弁明即ち, 口に従って出で, 口のせてやろう, 口のべに絵木箱, 口のほどの細長に, 口のまん前まで, 口のむとまた, 口のめば船, 口はかぶとの, 口はさがない, 口はしたない老女です, 口はたと閉ぢけり, 口はばッたいことは, 口はばたきいいなり, 口はばたく申すのは, 口はへの字型さながら, 口はよだれを, 口はわざわいのもととばかりかたく, 口ばかしが先に, 口ばかしで案外気, 口ばかりか胃腸から, 口ばかりさ直ぐに, 口ばかりじゃありません, 口ばかりと思うてか, 口ばかりへ眼を, 口ばかりを利いて, 口ばっかりでなく速く, 口ばっかりの女が, 口ばつかしな, 口ぱっくりと空, 口ひかえたことも, 口ひきしめて首肯き, 口ひとくちを思ひ切, 口ひねりや談話, 口ひびく山葵磨りおろし, 口ひらけども血, 口ひらひらと洩れ, 口びるからもれ出るあの, 口びるからもれて来た, 口びるからもれる歯並みまでが光, 口びるがかさかさになって半分目をあけた, 口びるさえ震えて, 口びるだけに軽い笑い, 口びるだけは明らかに尋常, 口びるでかみしめて労って, 口びるとは皮膚を切り, 口びるにあてて仰向きかげん, 口びるの著しいゆがめ, 口びるのあたりに宿して, 口びるのへんから思わずも, 口びるの所に浮かべ, 口びるの角から押し出された, 口びるの間からはうめく, 口びるはさびしく震えて, 口びるはなおくやしそうに震えて, 口びるはわれにもなくわなわなと震えて, 口びるは上下ともからから, 口びるばかりがかすかに開いて, 口びるをかみしめたが足音だけはしとやか, 口びるをかむように聞いて, 口びるをその額に受けさし, 口びるをぶるぶる震わせながら, 口びるをぶるぶると震わしながら, 口びるをゆるくあけたままでばかな顔, 口ふくむと急い, 口ふくらめる面刀を, 口ふけよ, 口ふさがれて, 口ふさぎですよ, 口ふさげに十五両, 口ふたつ見當, 口ふた口のみこむ, 口ふっくらした小さな, 口ふるれば耻ら, 口へずつと生きて, 口へという状態から, 口へとては出し給は, 口へははいるまいかなぞと, 口べにとクリイムを, 口べにに彩られた唇, 口べにの濃い唇, 口べらしに, 口べらべらやって, 口の赤し, 口ほおばってはいつ, 口ほおばったが女, 口ほそうして, 口ほっそりした身体, 口ほとんど消えて, 口ほどで食って, 口ほどでもねえやつ, 口ほどな小さな性器, 口ほんとに知らないこと, 口ほんの名刺代り, 口ぽかんとした空洞, 口まえに小さく, 口まかせに喋りたてる, 口まげる癖を, 口ますます尖って, 口まっかな舌, 口までが儼然と, 口までてまえも, 口までと取り次いだなり黙って, 口みずから汝の罪, 口みたような, 口みだりに世事を, 口みつかつた, 口みればなお, 口めいた事を云う, 口めがけて殺到, 口めざして走りゆく, 口めしあがった後曾婆加里に, 口めしあがりますか, 口めしあがるなぞは, 口もずつと少なくな, 口もって語るべからず, 口もつて行かう, 口もてぞむく, 口ものをいっ, 口もは荷に, 口もほどにいたせ, 口もらふと言, 口やさしくは云わず, 口やったんだ, 口やなどで日本一太郎を, 口やや大きく唇, 口やら壁訴訟やらの, 口やりましょう少しばかり, 口やり始めたところだ, 口ゆがめてあれ, 口ゆずってあげましょう, 口よからず, 口よくつげて, 口よければ仕, 口よごしでございますが召し上がっ, 口よばれちまったもんだ, 口よりすら毎々嗤笑, 口よりをかしいが, 口らしく固い歯並び, 口をしか利かないで, 口をぞろ, 口をにゆつと, 口をのみぞ吸ふ, 口をはさまして, 口をややめなければなー, 口をわつてです, 口アケよ, 口アングリ開いて, 口ウラにさえころり, 口ギタなく罵る, 口グイと飲み干した, 口ゴクゴクと飲む, 口ゴクリと飲んだ, 口ズイと二人, 口ダテの如く, 口チ斗い, 口デハソウ云イナガラソノ実腰, 口ト口ト合ワセナイデ互ニ一センチホド離レテアーント口ヲ開ケサセテ, 口ト合ワセナイデ互ニ一センチホド離レテアーント口ヲ開ケサセテ, 口近イ特別通路, 口ニスベシ楽シムベシか, 口ニテハ他人ト談話ヲナシツヽ指ニテ之ヲ彈ズルニ, 口ニハ出サナイガ原因ハ分リ過ギルホド分ッテイル, 口ニョキと覗いた, 口ニ出サナイノガ常デアルガ, 口ニ拇指ヲ置キテ指, 口解説ヲスル時ニキメ手, 口バシリデ今日ハ六ノ大目, 口パルメジアニノ式の純潔, 口ベタで意志, 口ベニ軍国精神どころの段, 口ホッペタのあたり, 口マスターオタノオしますヘエ, 口ラファエロが聖母マリア, 口ワシのよう, 口ヲアングリ開ケテ涎ヲ垂ラシテ, 口ところ, 口ン中へ飛びこん, 口っぱいぬりつけてしまう, 口一つきく者はない, 口一つさへ食, 口一つ満足にはきけません, 口一つ穴を三つ, 口一ぱい篏つた蜜柑はどうしても, 口一むら薄立枯れて荒野, 口一個あるのみ, 口一個現金四十五円参銭それから女持金指輪二個, 口一倍大きく少い髪, 口一口銀の匙, 口一合目に在る, 口一声みな富の進歩, 口一家固是客, 口一本でも多く, 口一杯ニ頬張ッタ時恐ラクアノ時ニ血壓ガ最高ニ達シタニ違イナイ, 口一杯煙草の脂, 口一番のりという, 口一番のりをさせた, 口一致して, 口一語を出す, 口一調に日支, 口一齊に歎賞, 口七つもあり, 口七十銭ずつの割当, 口七合目にある, 口丈けが裂ける程, 口くち食べたかと, 口三ヶ所左の眼尻, 口三両とする, 口三口ゴクゴクと飲む, 口三口口争いを続け, 口三口召上って見, 口三口味ふと食慾, 口三口喉を沾, 口三口嚥み下した, 口三口歃りつつ, 口三口無言で飯, 口三口立て続けに頬張っ, 口三口襖越しの話, 口三口言葉を交, 口三口飮むと冷えた躯, 口三口飲ると, 口三合半日ノ出滝の宿, 口三味をせい, 口三瀬越唐津口生松原, 口三郡は鎌倉役, 口上ってお, 口上壇ふちつきの床, 口上戸らしく喉, 口上書一通写し進じ候, 口上陸を保護, 口顎の, 口下山なかなか急峻, 口下山上松から駒ヶ岳, 口下山福島へ九時間, 口不精な役人, 口不足をあわて, 口つて二人で, 口久秀の鐘, 口乗らねえにも限らねえ, 口乗るわけに, 口乗るこたあこ, 口ること, 口在文政丁亥, 口事件のあった, 口二つ三つの周旋方, 口二丁目の仕事場, 口二三二〇米そこまで十五分, 口二三寸抜き上げたまま, 口二人をつつむ疑, 口二口味ふやう, 口二口唇に触れ, 口二口男に向, 口二口言葉を換わす, 口云い合いをした, 口云うように, 口云わないでは居れない, 口五円の会費, 口五処を開い, 口五眼を逆, 口五裂しそして, 口井之口坂の大手, 口井阪さんが丁字髷, 口人間にに, 口に始まった, 口付品があっ, 口付煙草入れと土間, 口以外に解答, 口以東の海岸, 口休屋に掛, 口たまふこ, 口会津となっ, 口伺えばそれで, 口の造作, 口かおいしい, 口何んの仔細, 口何万あるか, 口何者をか噬, 口余り高くない, 口作りを角, 口作り肩の張り, 口てゐた, 口にまた, 口信濃口駿河口の八, 口ねし, 口偖又諸國, 口健やかな真白, 口でなく河向う, 口傳書の中, 口傳相承の事, 口傳集上にもいけ, 口に, 口のやう, 口を述べ, 口光澤の無い, 口児孫策わが前, 口入れて貰おう, 口入人の方, 口入所へ行く, 口入所なぞ看板をかけた, 口入業のある, 口入相成まじきやと, 口全く埋もれしまま, 口の頬邊, 口兩方へふん裂, 口八代洲河岸にかけて諸, 口八分目に入れ, 口八釜しい虚榮坊, 口八釜しゅう娘の婚礼仕度, 口六口と呑ん, 口六地蔵の辺り, 口其他時間割と月給, 口冥府口と分け, 口冷めたい天泉を, 口凄いほど歪んだ, 口凡そ人が身, 口凹んだ眼を, 口出たもんだ, 口出シヲシテ人ニ迷惑ヲカケルコトハ当今ノ流行デアツテ何モ私, 口切ぢやそれ, 口切って語りだした, 口切ったが道学者, 口切っ先が血, 口切り出すと真, 口切先が血, 口切煙草が沢山, 口利かずそんな習慣, 口利かねえそんだら口兩方へ, 口利ゆゑ是へ行, 口利口で人, 口利彦氏常任理事佐藤文次郎氏来賓総代武谷軍医監の玉串奉奠, 口などむかし, 口で一度, 口割りこませて, 口劇場の名, 口加減に見る, 口加番の詰所, 口か木挽, 口労相手の居酒屋, 口勝手元すべて外との往来, 口に谷口, 口北京という工合, 口区域で河, 口十円足らずの金銭, 口十本ぐらい叩き落した, 口千崎を団十郎, 口か四口, 口半分はあう, 口卑しく平げる, 口即ち第二, 口厚い唇偉大な, 口友人からの電報, 口取交している, 口受けただけで二人, 口口争いを続け, 口口口や舌, 口口笛を吹く, 口叩き足惱むとひこずる君を, 口叫んで反り返った, 口叫んだがそれ, 口召しあがっていらっしゃいませ, 口召し上がって頂きました, 口召し上がつて下さいません, 口召し上ってはどう, 口召し上りながらお待ち, 口吃って, 口吃り目眇み足曲り手斷, 口合せて獅子, 口合わせて三石七斗, 口合戦の日, 口眼に, 口同意といったよう, 口向うに飴色, 口向こうの遠藤様, 口の許し, 口君手筈どおり全国アナウンスをし, 口吟みたいこの家, 口吟むと調子づいて, 口吟むとか清元をやる, 口吟むとき髯の疎ら, 口吟むと皆眠た気, 口吟むばかりか要介, 口吟むようにからだに調子, 口吟むように氏は悠々, 口吟む声が聞える, 口吟む心持一段のうち, 口吟む歌が聞える, 口吟む若山の声, 口吟む薄情な口笛, 口吟む談笑する音楽, 口吟めた年頃, 口吟朗讀法なり例, 口含んでは目, 口呑みしてこれ, 口呑みましたがその, 口呑めそう, 口呑納余さざる, 口周り一尺五寸末口直径七寸といふ, 口周り三尺九寸本口直径一尺四寸, 口味わった時には, 口の音, 口し耳聾, 口んでいた, 口唇耳腹股踵などについ, 口は腹, 口啖つては堪, 口啜らせてもらっ, 口啜ると立ち上っ, 口啣橄欖新葉, 口喋る間に, 口喋舌る中, 口は鈎, 口べ給え, 口喫んだ処, 口べてからバタ, 口をする, 口嗽ぎただち拝み珠数, 口嗽ぎただち拜み珠數, 口嗽ぎ手を浄め, 口って見た, 口噛みしめるやうに, 口噛むと案外, 口噤みながら女, 口み下した, 口四口続けて, 口四方山の話, 口回覧のふれ, 口土器の形, 口の方, 口坂あたりに無数, 口坂本の宿, 口坂辺りにあつ, 口均分を本則, 口坊むツとす, 口坊來たる, 口坊偶然來り會, 口坊先日風呂屋にて卒倒, 口坊南海苦熱の濱, 口坊句あり, 口坊打揃ひて, 口坊提燈持となり, 口坊會計の任, 口坊氣張る, 口坊膝を進め, 口坊裸男の外, 口坊首打傾く, 口坊駄句りて, 口からさらに, 口坑道で十七年五月, 口の丸い, 口城内西北に内藤金右衛門, 口城市の河港, 口堀氏手亮碩熊石村根陣岡田総督手文礼出張被仰, 口堀通り角の伝奏屋敷, 口へ材木, 口塞げ料な, 口からたちどころに, 口変じて蝦蟇, 口多き時に, 口大きなる今, 口大きな本陣鼻生前よりも, 口大手之口, 口天運のなんたる, 口夫婦の間, 口でありまた, 口奴婢何口と区別, 口威海衛なしである, 口子臣其からその, 口定番所へ遣つた, 口定番米倉は武蔵金沢, 口定番米津丹後守昌寿が去年十一月, 口定番遠藤但馬守胤統に加勢, 口の会話, 口宛ガヴリと呑ん, 口宜しきを得, 口を賜わる, 口宣一度に七八十枚, 口宮崎延岡可愛嶽, 口の三女二十一歳, 口をみる, 口宿場立場へ頼ん, 口寄せて見, 口寄一つやつて, 口寄合衆と称え, 口實さへあれ, 口實許りでなく眞, 口小言一ついいきらぬ器量, 口小言一つ云はずはき, 口小高い狭い額ふくれ上った, 口少く答え馬, 口少ない男な, 口の辺, 口尖つて居る, 口尖らせ台所の, 口尖りて正しく, 口ない, 口尻尾脚等の形態, 口尻明り耀れり眼, 口尻明耀眼八咫の鏡, 口尼ヶ崎の空, 口屋根を伝わっ, 口山科と行く, 口岳州沙市の辺, 口といふ, 口の茶屋, 口川左右は予山, 口左手の方, 口い武蔵, 口差上げにっこり笑っ, 口差上げたいと仰し, 口差上げましょうから, 口差出して謝礼, 口を検め, 口巾ツたきこと, 口幅たい申し方, 口幅広いことの, 口干すと, 口幾度か開かれ, 口広うはござりまするが, 口広がるやうに, 口広し此外こしかけ, 口にも出, 口廊門表門にかけて一しきり, 口延び延びと引かれた, 口引受けている, 口引窓そんなところ, 口張らせて下さい, 口張りあけて, 口と言, 口強いて云えば, 口強馬で私, 口強馬舌戦は文三, 口当てわが王, 口の怪奇, 口をからかっ, 口彼等は異, 口徑一寸許り, 口徑二吋に足らぬ, 口徑六七寸位の甕, 口從軍行について門出, 口御免の出入り, 口御器所の森, 口御門がある, 口心経寺中岡滝川禄岱寺尾白井河原点々と部落, 口へする, 口応え一つ出来ないたち, 口応答をしよう, 口忽ち足を, 口急いで飲み, 口怪物はついに, 口恰好のよい長い, 口悔しそうな, 口悔しくてかう, 口悧巧で人, 口悪しき物を, 口惜いが不可いそう, 口惜いが俺のはこんな, 口惜いが愚痴に聞える, 口惜いが目が光った, 口惜いが石碑は台, 口惜いが袖や袂, 口惜いね明い処, 口惜いもただ謹, 口惜い様にも思われる, 口惜くつて堪らない, 口惜くも可恨くも又或, 口惜くも思つたらうが, 口惜くも正なきこと, 口惜くも私は半信半疑, 口惜さゑゝ不運ほど情, 口惜さ叫と計り, 口惜さ是も世, 口惜しまれるのは, 口惜しみの念, 口惜しむように, 口惜ゅう覚えて, 口惜シイケレドモ夫トイウモノハ見馴レタ妻, 口惜乍ら詮方なく凄然々, 口惡善なき下女, 口惣右衞門浪宅を探索, 口意志の強, 口愛子といったっけが, 口愛想はよい, 口慈眼大師の石垣, 口慣れてしまえ, 口慣れた滑らかさで, 口慣れませんからお, 口慰みものはよほど, 口や不可思議, 口憚ッたいこと, 口懷ろに入れ, 口或は鶴來往來より, 口戴きたいもので, 口を洗い, 口手巾地図辞書万年筆と平生持, 口手法は素直, 口打ちおおいし袂, 口打ったるを一腰, 口投げつけてをい, 口抜かりのうたのみます, 口抜け落ちた歯ほの暗い, 口押しあててこう, 口押し破つて引出せ, 口は文事, 口拡病者為纏居残被, 口拡青森行に而前後, 口拵えるにし, 口持ちて本郷, 口持つて來, 口按排が惡, 口挙句には, 口挨拶をした, 口振でしたから, 口振で云って微笑, 口振で分ると彼女, 口振で話しておき, 口振で話したものだ, 口掛けて置かねえ, 口掛つたもんだから, 口けて, 口しさ総身, 口ねを覚え, 口攻略戦のクライマックス, 口攻略目睫と叫ん, 口が爲, 口數少なき人, 口文壇一般のアラさ, 口に鬚髯, 口早く即興にもの, 口明かせばよかっ, 口昨夜の夢見, 口時代の大, 口時次郎教授及び東京商, 口時頼命とともに受繼, 口普通郵便を受取る, 口書留速達便を受取る, 口最奥の山村, 口最早月切に, 口有り一ヶ年給金三兩にて, 口有れば食わざる, 口有名なモジャモジャ, 口望んで喊声, 口朝臣音橿小山下壱伎連博徳と大, 口木曾口飛騨口などの手配, 口未だ閉ぢざる間に, 口末森城の側面, 口村路もよく, 口果ては暴動にも, 口柘榴の舌, 口栄耀をした, 口案配が悪う, 口桟橋の出口, 口森田町の方, 口検定を受け, 口極楽寺へんにたどりついた, 口が三本, 口とか呼ばれた, 口機智に富んだ, 口の茶壺, 口次第ではやって来ましょう, 口りつつ, 口止されていた, 口止されてることが, 口止料みたいな金, 口武骨な横柄さ, 口残らず三条の, 口殿ここ開け給, 口毒々しい赤い唇と, 口毒味をし, 口比売のうたうた歌, 口比売皇后のお供, 口比惠の原, 口毛糸の腹巻, 口氏等の人びと, 口氣覺え大息, 口水狹くして深く, 口水筒の水, 口水飲という部落, 口の讚美, 口沙汰するな, 口を飛, 口のほとり, 口法難のをり, 口ひ顔, 口洗手水をした, 口洩して置き, 口洩るとせ, 口浄瑠璃を唸りたい, 口浅く貯えて, 口の要所, 口消え去りながら彼, 口淋さを紛, 口淋しそうに, 口添ひとなつて, 口添下されませ, 口清うこそ云, 口を訴える, 口渋っていた, 口減らずといつたら, 口渡せ一挺貸せ, 口渡辺あたりへ寄せおい, 口でも呑む, 口湯瀧の上, 口滑らした息子は, 口滑り好くそれ, 口漆喰細工の稚い, 口漱げ飯で, 口濁したら斬り捨てるぞ, 口らして, 口灑水を置い, 口炭酸の吐き出し, 口無き土瓶蓋無き, 口無し人を以, 口無言で飯, 口樣なる, 口焼き蛭や蝮, 口焼蚊の口焼, 口焼鳥追ムグラ打なるか, 口煮ものはからい, 口ひを, 口爭いをし, 口特に眼が, 口犀川口を固め, 口状役を勤めろ, 口狭し行程三日の, 口りで呟, 口甞めてから云いました, 口松原船手と, 口の煉瓦, 口由吉はコップ, 口由良の湊, 口申し上ぐれ, 口申したこと覚えが, 口申したいと思う, 口に向, 口留したるに, 口留めしました自分の, 口番所ニ至リテ直右衛門ニ書テ与ヘバ, 口りの, 口疾さと人, 口登舟遇日本井上甫水兄亦自, 口白い二本の, 口白河城には関右兵衛尉, 口白磁の香爐, 口曲り口, 口皮肉殊に自分, 口目の玉はなく, 口シ, 口直径一尺四寸末口周り一尺五寸末口直径七寸といふ, 口直径七寸といふ, 口分らず長, 口相傳授而實解悟無, 口相応といっ, 口相違致したる, 口眉毛を心, 口を去る, 口眠っている, 口眼天に向かっ, 口知らさなかつたのか, 口短いけれどもはね, 口石和の関所, 口石欄の前, 口を述べた, 口はその, 口お眼科, 口だけのこと, 口称念仏にしく, 口に辛くも, 口移シニスルト彼女ハ半バ夢見ツツアルカノゴトキ様子, 口程なく静かな, 口程にもねえ意久地のね, 口稱心念して, 口するに, 口稼ぎがやっとこ, 口穢いことを, 口を掛けた, 口突き刺せば鋭利, 口立て続けに頬張っ, 口立会をなされ, 口端ぢゆうを, 口端惡評を, 口笑ってやる, 口等確かに描きしごとくそなわっ, 口答えるだけでした, 口籠つたが, 口籠らで, 口籠らなくてもいい, 口籠りしがイヱ此脇差, 口籠りて後は, 口籠る如く丁寧な, 口籠ればこっち, 口籠ツてゐ, 口を解い, 口の方, 口細き方眉黒き, 口細ダボハゼ手長エビお玉じゃくし水スマシまで飼っ, 口細味ではある, 口細堅い手足, 口細工で将軍さま, 口組外套組というの, 口結んでい, 口絹千匹を贈っ, 口続けて飲んだ, 口ももろもち, 口綺麗なこと, 口緊めこらふる, 口総督四条隆謌に上り, 口から二口三口襖越し, 口緘む膝を抱きし, 口締まり鼻筋通っ, 口の所, 口をした, 口をいわいつけた, 口繪寫眞を探す, 口美しい歯愛想の, 口美しく飲んだ, 口美味さうに飲ん, 口の, 口耳ヨリ濫造セラレタル思想ナル者ノ自由ヲヤ, 口耳皆立派で眉, 口耳鼻皮膚の気孔, 口えざる言語, 口きとして, 口脇屋義助は遠い, 口を以て水, 口腐っても言わなかったであろう, 口の長, 口腫上り深さ相知, 口腹蔵ない自由, 口自分で気がつい, 口自身がひとりでに, 口舌齒であると, 口ずりを, 口舐めてから訊いた, 口舐めた盃を, 口舐めるほどずつで, 口艙口から毛布, 口良価を求む, 口は白皙, 口まで流れ, 口若くは筆, 口若しおせい, 口をすすっ, 口荒々しい半白の, 口荒い頬髯を, 口莫連女の正体, 口落ちている, 口蒼白の顔色, 口にしたる, 口蕪村がいわゆる, 口薄暗くシーンと, 口薬物の反応, 口を逃れし, 口蝦夷の外部文化, 口を吐い, 口血だらけの顔, 口血錆のま, 口し色, 口術いま吐いて, 口御医師見習, 口と厚い, 口装五十斤の滑腔砲, 口装式の旧式銃, 口裏門の方, 口補充の義勇兵, 口襖越しの話, 口襟袖はさら也, 口西にあり, 口西丸大奥の床下, 口見だといつ, 口見ゆるゆゑ夜の, 口見付けてある, 口覚えに練習, 口わりの, 口触れて, 口触れるがそういう, 口れて, 口言えば二口, 口言って私, 口言はんと欲, 口計りで詛言, 口にし, 口訳して同氏, 口訳すべし書を以て, 口訳アございません薩摩, 口訳文を書き直し, 口ふは, 口を経, 口試みてから, 口試みけるが舌打, 口試みただけで, 口試みられよ爽な, 口詫まればそれで, 口詰まつてゐる, 口話し合っている, 口話法が発明, 口き落された, 口を述べる, 口調べ上と相成, 口ひ以外, 口論争を私, 口諛らひなく正直, 口しそれ, 口豪農道家清十郎の宅, 口豪農道家清十郎宅まで参らるべし, 口財物若有疾病, 口貪食的な頤, 口ふ事, 口はわずか, 口賢しゅうなって, 口贈った事が, 口赤き閻羅が, 口赤旗をささげてる年取った, 口走れる言葉にて, 口越後口よりする, 口越後口会津となっ, 口足らずのパイン, 口路傍に建てられ, 口路福州路広東路, 口むこと, 口身長は高く, 口車夫の力松, 口軍艦のよう, 口載せねえか, 口輪よろいの草, 口を振い始めた, 口辷らせた客が, 口迄と取り次いだなり黙つて梅子, 口近いはだ, 口えし, 口述べる位は, 口退口と, 口透明怪人の横顔, 口造りといい, 口進攻作戦とチェッコ, 口道化た俤, 口遣っている, 口遣ろうではない, 口部屋にかたまっ, 口鄭家屯は何れ, 口でもくれ, 口醜く罵り合つて帰つて, 口重々しい意地悪げな, 口重々しく嘲りながらも, 口重き証人にも, 口重き者あらば, 口重ねると圧, 口金持ちの証拠, 口の匙, 口は來國行是, 口錦州を通っ, 口ち上げ, 口をあてた, 口鏡一面倭文二端白眼鴾毛馬一匹白鵠二翼造顔師一人御贄五十舁, 口鏡鑑珠玉その他種々の貴重, 口沙洛陽北京大同天津等を, 口長く延びた眉毛, 口を入る, 口閉塞と広瀬中佐, 口開かして薬, 口開かんかそういう, 口開きパトロクロスは陳, 口開き問ひて, 口開き諸王を云々, 口開き飛揚の羽, 口の電車通, 口附けると下, 口附しまつら, 口附せられて消えぬ, 口附徳利だとか, 口附片口擂鉢水差何でも揃える, 口限りで小姓, 口陥落景気で此, 口陥落記録のため, 口をゆがめ, 口隆正福羽美静などもあった, 口に引き, 口隠し屯所へ, 口雪肌天仙の如き, 口雲纔向渓中吐, 口雲詩にいふ, 口に吹い, 口露骨な誹り蔑しみなど, 口青木氏手厚安, 口青皇令を司どれ, 口靴墨で真黒, 口の皮膚, 口頬張ってはこの世, 口頬張った所な, 口頬張らうとした, 口頬張ろうとした, 口頬顎眉額耳など一通り道具, 口は石, 口頸筋の上, 口に垂らした, 口顧みつ家内を, 口飛騨口などの手配, 口ひしめ眼, 口食いたそうに, 口食うたばかりで, 口食ったかと思う, 口食つて見てから, 口食べかけたのを, 口食べられようか, 口飮むと冷えた躯, 口飮むのを待つ, 口飮んだが, 口るか, 口飲まずには通れない, 口飲みかけても吐き, 口飲みかけた盃を, 口飲みたいんだろう, 口飲みたるがあまり苦, 口飲み下してコップ, 口飲み下しただけであった, 口飲み干したと思う, 口飲み見る間に, 口飲めばい, 口飲めぬ身の, 口飲もうとやっと, 口飲んだら身の毛が, 口飲んでしまつてコツプ, 口養生さえすれ, 口饅頭を買っ, 口首肯くのやら, 口馴れない割合にはという, 口馴れぬウィスキイを, 口駄らないよと, 口駅前の自宅, 口駐屯時代に徐州, 口駿河口の八, 口めきの, 口髯眉などの色合い, 口髯顔全体が何処, 口鬚棒と呼ばれる, 口かな, 口鳴らさねえぢや, 口鳴門の方面, 口鴨居をくぐりで, 口本マス, 口黒部川の水, 口鼻みな備わりて, 口鼻二つの耳, 口鼻四肢腹心臓という具合, 口鼻消化排泄生殖器官なんどの色々, 口鼻眉如何で見分, 口鼻眼から, 口鼻耳をおおい隠すすき通った, 口鼻肛門等いっさい体液の漏, 口鼻腔など, 口齧ると衣裳部屋