青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「前後~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~刺戟 刺戟~ ~刻 刻~ 剃刀~ 則~ ~前 前~ 前夜~ ~前後
前後~
前方~ 前日~ 前者~ 前途~ 前進~ 剛~ ~剣 剣~ 割~ ~割合

「前後~」 6250, 60ppm, 1915位

▼ 前後~ (1822, 29.2%)

62 事情を 41 事情から 36 考えも 21 男が 18 ことを 15 ことは, 見境も 14 分別も, 立派な 11 女が, 関係から 10 ことが, 事情が, 思慮も, 男の 9 わきまえも 8 事情は 7 事を, 模様を, 考へも, 関係を 6 ことで, ことであった, ものが, 様子から, 様子を

5 [11件] ことである, 事情より, 大店, 小柄な, 弁へも, 模様から, 男で, 経過を, 考も, 背の, 色の

4 [23件] ことだ, もよう, 事であった, 事情である, 事情と, 事情に, 大年増, 弁えも, 恰幅の, 支那人は, 文章に, 日本の, 状況は, 男に, 脂の, 若い女, 見さかいも, 話を, 関係が, 関係で, 関係に, 青年で, 顔の

3 [26件] あんぽ, いきさつが, いきさつを, かんがえも, こと, ことも, これは, それは, ものを, ように, 事実を, 典型的な, 女, 女の, 屈強な, 樣子を, 歌よみを, 武士, 確り者, 足を, 連絡を, 達者な, 関係と, 關係に, 關係を, 高さ

2 [123件] いきさつは, ことだった, ことなど, つながりが, はお, ゆくたて, 一寸好い, 一見し, 上天氣に, 下品な, 両時期, 中年者で, 乾物の, 事が, 事だ, 事や, 事情などを, 事情について, 事情によって, 事情の, 事情も, 事情や, 二人の, 人の, 人を, 元園町, 内儀お, 凄い年増, 処置を, 出戻りらしい, 分別を, 品の, 商人らしい, 四挺の, 国事に, 外国人が, 天候不穏風まじり, 女です, 女を, 女園丁三人手拭, 女房が, 女男の, 好い男, 娘が, 婦人が, 婦人とを, 婦人に, 実歴談を, 小柄で, 小氣, 小粋, 巖乘な, 差ある, 平凡そのものと, 平凡な, 年頃で, 思慮なく, 恐ろしく若, 息子だけ, 情況から, 愚かしい女, 敵に, 敵へ, 敵を, 日本では, 日記を, 時代に, 時代の, 時日を, 時期に, 柔和な, 様子が, 気波を, 浪人者です, 消息を, 状況から, 状況が, 状況を, 狐の, 狡る, 用人らしい, 男であった, 男である, 男と, 男を, 男子が, 町人風で, 町人風の, 痩形の, 眼つきの, 経緯を, 練達な, 老人が, 老夫婦, 考えなし, 考えを, 考なく, 脈絡を, 良い男, 花祭りは, 若者が, 薄髯, 見境が, 見境なく, 見境ひもなく, 記事を, 記憶を, 話に, 話の, 語法に, 諸将, 連岳, 間に, 関係も, 關係から, 關係は, 青年であった, 青年の, 頃が, 頃の, 頃は, 顛末を, 鬼が

1 [978件 抜粋] あたりは, あの時刻, あゆを, いきさつからだけの, いきさつには, いきさつも, いろんな史話, いわゆる戦争未亡人, おかみさん澁茶, おれと, お方で, お茶坊主, お言葉, か, が七つ, くだりである, くだり江島屋の, ことから, ことつまり, ことであります, ことでした, ことと, ことについて, ことにつきましては, こと京橋築地に, こと詳しく, この期間, ころある, ころだつた, ころの, ころより, ご守護, さんざ遊んだらしい, すぐれた人品, ちゃんとした, ちょっと好い, つじつまが, つながりでは, つながりも, つながりを, ところに, ない一念, なかなか抜け目, ひとは, ふんべつも, ぶらぶら遊ん, ほんの子供, まだ壮年, まだ未婚, まる三日, むづかしい顏を, ものであります, ものであろう, ものに, やかましそう, ゆきがかりから, ようすから, ようすは, よく肥った, わきま, わたましの, オットリした, コースを, セビロを, ソヴェト大衆から, ハキハキした, パリが, ヒョロヒョロと, メリヤスの, ヨーロッパ小市民の, ロマンティックな, 一つの, 一人の, 一切を, 一瞬の, 一週間ぐらいは, 三四年の, 上天気に, 不景氣, 世間の, 丘陵と, 中国の, 中穴一レースだけ, 主人が, 乞食の, 事, 事であったろう, 事でございます, 事で御座いました, 事は, 事も, 事何くれと, 事情うらぎり, 事情だ, 事情だの, 事情です, 事情についても, 事情により, 事情をも, 事情二三の, 事情等を, 事態との, 二つを, 二三の, 二人を, 二大, 二期が, 二章で, 二軒に, 京都の, 人々に, 人たちである, 人には, 人名に, 人員あり, 人物である, 人間に, 仇っぽい, 仏蘭西女の, 他の, 会社員である, 伝記を, 住持の, 体格の, 作品である, 作家は, 侍は, 俊髦を, 健康体の, 働き者らしい, 充分分別, 光景である, 光景を, 公達の, 兵船は, 内助的活動と, 内閣の, 処分法については, 処置誤りなく, 出来ごとだった, 出来事は, 分別盛り, 判斷も, 利助の, 劇しい, 動作さ, 勘の, 勘辨も, 勢いが, 勢を, 北陸辺に関して, 區別が, 半身像あり, 原稿に, 取りとめさ, 叙述こそは, 口ぶりでは, 口数少い, 可愛らしいの, 史には, 史料を, 同じ年, 吾身の, 周期が, 味方を, 品格の, 問題から, 喰へ, 四角な, 型に, 堀口剛太といふ, 堅気な, 壮年の, 壮漢普通の, 多少の, 大きさ, 大事変, 大入道で, 大将たちは, 大物が, 大男に, 大軍を, 大連滞在に, 大難航, 天皇の, 夫妻が, 女は, 女三人と, 女中らしい, 女学生風の, 女性たちが, 女房黄い, 女詩人, 好男子な, 好短篇, 娘さんに, 娘と, 婦人であった, 子を, 子供たち, 子供たちばかり, 子供を, 子供達との, 実体を, 家具と, 寂たる, 対手へ, 専門学校程度の, 将も, 小さな淡水魚, 小意気な, 小柄な痩せた, 小石川富坂辺の, 小説界について, 少しの, 少し日向臭い, 少し調子, 少女で, 少年の, 居士は, 屋台の, 山であれ, 岩の, 巌乗な, 差別も, 幕将を, 年ごろに, 年代であり, 年増女, 年輩の, 年頃である, 年齢線の, 幼年期に, 店員らしい, 弁えなく心, 式日を, 当時を, 彼の, 彼れ, 往復振動を, 律義なる, 御様子, 微髭, 心持を, 思想を, 思慮の, 怪事あたかも, 恐ろしくけばけばしい, 息子娘, 悲しい悩み, 情勢を, 情況は, 意味から, 愛嬌の, 慮なく, 懸引, 戰場生活の, 房州者で, 手つづき, 手記で, 押すところ, 挙動で, 捕り方, 掛茶屋に, 揃いも, 描写も, 政策と, 敵の, 文とは, 文句は, 文意から, 文章の, 文章を, 文脈に, 方向の, 旅ご, 旗本たちに, 旗本に, 日数も, 日本人なお, 時である, 時には, 時一つの, 時代で, 時代は, 時代より, 時代を以て, 時代的な, 時刻において, 時期の, 時間関係に, 暴風雨は, 書牘三通が, 月代の, 月高く, 有樣, 未亡人らしい, 村から, 東京生活が, 植木屋夫婦別に, 榛名山又は, 様子で, 様子は, 標高を, 模様などを, 模様や, 模様殊に, 樣子は, 機関車から, 歌, 歌句には, 正体も, 此の, 武士である, 武士は, 武家で, 武家奉公でも, 歳で, 殉難者の, 比例が, 気持は, 気配を, 水深が, 汽車は, 流行小説家たちの, 浅黄裏かな, 混雑の, 温良な, 準備や, 激しい争闘, 灯の, 炭車と, 無学な, 煙草切の, 熱が, 父, 牛だ, 物語も, 物音と, 状態である, 状況で, 状況にも, 独り者で, 獨り, 用人摺れ, 男ざかりで, 男だった, 男でした, 男なり, 男女たちには, 男弾力も, 町人が, 番頭の, 番頭らしい, 疲勞から, 痩せぎすな, 白あばたの, 白粉を, 目覚めに, 相場が, 相当の, 眼の, 着実な, 矛盾さえ, 短い楽しい時間, 社会化の, 社会的事情を, 私達の, 穩かな, 空気その他微妙な, 窓の, 章は, 筋を, 筋骨逞ましい, 範囲の, 粋な, 細君には, 紳士, 紳士で, 組合員の, 結果を, 經濟事情に, 続き具合, 総髪身扮は, 織物だ, 美しい青年, 老人だった, 老人で, 老人なる, 老人天草の, 老体病身で, 老女であった, 老武士, 考えなんか, 考えの, 者にとって, 聯絡にも, 聯関が, 聯関には, 肉の, 肥大漢が, 能登守たとえ, 脈絡が, 脈絡も, 脚は, 腕白共が, 腰元の, 自分の, 自由民権論者が, 色こそ, 芸者が, 若い僧, 若い娘, 若い武士, 若い男, 若さ, 若主人, 若者で, 若者でした, 苦味走つた, 苦痛には, 苦痛を, 蒼黒い, 藁屋屋根は, 血気盛りなる, 行がかりと, 行きがかりは, 行きがかり上答え, 行動には, 行掛り上私は, 裸体画双幅大いに, 西国の, 見も, 見事な, 見境いはなかった, 見識らない, 観念は, 言動が, 計, 記事などに, 記事物語を, 記憶は, 詩句の, 話から, 話だ, 話などを, 詳略の, 諸君の, 諸大将旗本, 買い手に, 足音を, 車夫が, 辨へ, 辻褄の, 通計では, 速力を以て, 連絡が, 連絡も, 連関から, 達者さうな, 部分は, 部隊に, 醜い女, 重さ, 金が, 釣り師が, 銀杏返, 長い時代, 長身にて, 門人たちの, 間における, 関係など, 関係の, 関係全, 闊達な, 隆起である, 雲行きが, 霞んだ処, 青年だった, 青年において, 青年文学者の, 青年男子だ, 面長な, 頃から, 頃に, 頃丹波の, 頃迄は, 順序を, 頑丈造り牧師が, 頭を, 頽廢的な, 顔は, 顔色の, 類品である, 風俗画の, 食糧難の, 騎影に, 騒ぎの, 魯文珍報団々珍聞花月新誌自, 鱸を

▼ 前後~ (836, 13.4%)

12 なって 7 なると 6 於て 5 して 4 ない, 眼を 3 たった一度, 一人ずつ, 人も, 列を, 動いて, 動かした, 敵を, 於いて, 気を

2 [45件] つづいて, なりました, ゆすって, ゆすぶって, ゆすぶつて, ゆすりながら, 一度も, 上下に, 二三度しか, 二人の, 人の, 人通りの, 何の, 到着する, 動かして, 動かしながら, 動かす, 動かすが, 動し, 受けて, 唯一度女中を, 坡あり, 宅へ, 左右に, 店を, 振って, 揺いで, 揺りながら, 揺れて, 故人に, 於ける憲政, 日本の, 来て, 此の, 歩き廻って, 比類の, 立って, 肩に, 落ちて, 見て, 覚醒し, 貫通する, 走り出でたり, 音楽を, 顫へながら

1 [681件 抜粋] あった救助網, あなたは, あの一番近く, あふれ座敷, ありがち, あるもの, あるものの, ある幕僚たち, いくつかの, いた人, いるの, いる居士, いろいろな, おこなわれたの, おじぎを, おなじ時, お風呂, かかえこんで, かの潜水艦, かぶせても, からりと, きっとあの, きらめく諸, くりかえしたり, この強敵, この時, この説, この近, この駅, これまでは, これを, ございますまいよ, さし挾まれ, さわりも, したがった, したサンドウィッチ・マン, すく, すくすくとある, ずらりと六人, ずり動かされねば, そちらへの, その門徒, それまでの, たおれて, ただこの, ただ一度だけ, たった三日, たつた一度, だいぶ傾いた, だつた, ちょっと, ついた, ついて行った, つきしたがって, つきそう, つきそって, つくよう, つづく兵, つづく駒足, つながりの, どちら附かず, どっさりの, どよめきつつ, ないもの, ない位, なった, なったん, なった手勢, なつて, なにか変った, ならべて, なりますが, なり藪, なる, なるだらう, なるという, はげしい山, はさんで, はじめて小説, はたらかせそして, はなつたで, ひとりずつ, ひらめきその, ひろげて, ひろげ掌, ふった, ふら, ふりながら, ぶらさげたるゆえ, まげたり, まだいくら, まだ府中, まつと, みえた, もう縡, やって来る, ゆすつて, ゆすぶつた, ゆすぶられる度, ゆすぶり重心, ゆすり人なつこい, ゆらいで, ゆられ時々, ゆりうごかして, ゆれた, ゆれたかと, ゆれはじめたの, ゆれ出し音, ゆれ出すよう, よくあばれ, よろめきながら, よろめく, ゐた優人たち, ゐるの, ゐる居士, クリスマスの, コイやら, ゴロゴロさせる, ト斉しく振返る, ドイツの, パッと, フラ, フンダンに, マルセイユに, リングに, 一二年続け, 一匹あの, 一回ぎりだからヨソの, 一度き, 三人ずつ, 三人属い, 三時間に, 上下四方に, 上州の, 不思議な, 不養生を, 与えられた, 世を, 並んで, 乗って, 二人ずつ, 二度となかっ, 二度の, 二手に, 五六艘も, 五大湖を, 亘つた, 亘つてその, 亙る三回, 人と, 人は, 人影も, 人脚は, 人足が, 付いて, 付き御, 仙台領では, 何か, 何も, 何処だった, 何千条です, 余して, 俯仰し, 倒したり, 候ひける, 備え立ていざ, 催さるる入船出船, 僅, 優秀諸, 光が, 入唐した, 全く見, 公園の, 共同印刷所へ, 内務省で, 出た傑, 出来たもの, 出没し, 刀槍が, 切り防ぎそうして, 初めて始まる, 剋ちえた, 剛敵を, 剣の, 動かされて, 動かされるの, 動かしこの, 動かしたり, 動かしては, 動かしますと, 動かすこと, 動かすと, 動き妙, 動くの, 包み十本, 区別ある, 十と, 十三日間興行し, 十分ばかり, 千山の, 半刻, 博士を, 及ぶ, 反射し, 取りつく四人, 取りつける桟俵, 受け持ちとして, 叩きつけて, 只一人の, 各車庫, 同じ病, 同一よう, 味噌を, 味方も, 呼び合う声, 四五名徒士が, 四五本の, 回転させ, 圧迫の, 在り, 地盤の, 垂れ下りたふさぎの, 変化は, 大いに動き, 大きくゆすぶり, 大きくゆれ, 大きく振った, 大きく揺れる, 大敵を, 大臣公卿が, 大階段, 失って, 女は, 始まりそれ, 姓名年齢原籍罪名等について, 子供が, 守り七福神組, 宣命風の, 寄る, 寝るの, 小き, 小林秀雄が, 少し合わぬ, 就て, 尾きまとっ, 属するもの, 山田美妙斎による, 巣鴨大塚池袋にかけて, 市場に, 帆を, 席を, 幾多の, 床から, 延びて, 引っぱって, 引張りさえ, 当るから, 当るの, 彼が, 後閑サンは, 従いて, 従う武者たち, 従者を, 從つての, 微かな, 心ざはりなくて胸安から, 心を, 応じて, 思われた, 怠りなく, 或る, 手に, 手を, 抱えた分け, 押し動かす, 拘らず用語例, 拡がって, 拡つて行つた, 振つて, 振りうごき次々, 振りましたが, 振り動かした, 振り動かして, 振り立てて, 振り雪, 振る, 接しその, 揃って, 揃へて, 揺すぶって, 揺するの, 揺す振りながら, 揺り動かされて, 揺り動かしながら, 揺れた, 揺れる, 揺れるだけ, 揺れるの, 揺れる時, 搖り, 放り出すよう, 散在した, 斉眉き寄る, 於ける, 於けるを, 於けるユダヤ, 於ける此, 於ける田中翁, 於ける自然, 於ける辺海警備, 於ては, 日本は, 旧幕府, 明らさまに, 暗くそよぐ, 暫くの, 暴行を, 書かれたもの, 書かれた作品, 書きかけた小説, 最も芸術的, 最盛期に, 本校へ, 村に, 村の, 果たして中村屋内部, 架せられたあ, 校了と, 機を, 次第に高く, 此時のみ, 死せざりしは, 死なれたの, 死んだ由, 死んで, 死罪に, 殺されたもの, 比びなかりしか, 比を, 水西荘に, 永く行, 江戸において, 決って, 油断なく, 洋品店へ, 活躍し, 流るるよう, 浪人を, 添えられた, 渓流の, 渦巻かせた, 湖沼を, 満潮と, 激しくピッチング, 激しく揺れ, 無暗, 焼却された, 煙草と, 物故した, 特別に, 犇と, 狭い道, 猛烈なる, 猿らしい, 珍らしかった, 現れるから, 現われたと, 生れ合わせて, 生来キョトキョト, 用語上の, 田山白雲を, 當つて私は, 発病し, 発表された, 発表した, 登山する, 盛んに, 盛岡中学に, 目を, 目立って, 相並び, 相成ります, 相成ります事, 眼と, 着いたと, 知り合い宝塚, 社を, 社会の, 神尾に, 福岡日日新聞で, 秀八が, 種々の, 積んで, 突きだして, 立ち塞がった, 立てて, 立ふさがる, 箱番所を, 粛慎人及び, 約二分の一, 経験された, 続いて, 網を, 緒方の, 置いて, 群がり集って, 群出した, 群集する, 聴いたあの, 肩を, 胃痙攣を, 腰かけて, 膝を, 至って, 至っても, 至りて, 至る約, 船を, 色々御, 若者娘たちの, 荷いだ, 菖蒲河岸から, 蓄電の, 藩費の, 蘭軒は, 蝙蝠が, 行きかう何百, 行われたもの, 行違い右左に, 衰へて, 見えたばかり, 見えなかった, 見えるけれど, 見える父親, 見た翁, 見る眺望, 解けますの, 言文一致体の, 誰が, 誰れ, 調餌室の, 警衛と, 譲らぬ必要, 賽銭砂礫の, 走りっこ, 起こる活動, 起ったあらゆる, 起って, 起る心状, 距たる, 跨がった著しい, 跨る一時期, 踏み開き大, 踏んで, 躍りながら, 身体を, 車を, 輩出し, 輪に, 輪を, 迫る猛犬, 通じない嘘, 通ずる孔, 造られ桂離宮, 連れひとり, 違ひなかつた, 邦訳で, 郷里の, 重き習物, 重なり合つて, 鑑みてヨと, 長安に, 長篇小説への, 開かずに, 関係し, 関係なく, 関係の, 附き添, 附き添うと, 附添うた, 隈は, 階段が, 際会し, 隨つて追撃し, 雁魚の, 集中される, 集合し, 集結し, 電燈が, 電車に, 非常に, 頼まれて, 頼氏に, 飛びまわった, 飛んで, 飛騨山脈の, 駅前の, 駕籠の, 騎兵が, 黒

▼ 前後~ (530, 8.5%)

129 てこの 5 て同じ 4 ていた, てその, て一人, て出, て日本, て東京 3 ている, て死ん, て歿, て目, て私, て行く

2 [32件] てそこ, てやがて, て三千代, て世, て主人, て來, て全く, て出た, て北, て太田, て姿, て安井, て帰っ, て帰宅, て座敷, て康子, て彼, て戸塚特務曹長, て改札口, て来た, て歩い, て死んだ, て江戸, て浅井, て現われ, て町役人, て着いた, て自分, て走る, て進ん, て駿介, て鷓鴣

1 [398件] あるいはそれ, お互いに, たりし, たりする, たりつじつま, たりめちや, たり場合, たり平行, たり混雑, たり私, たり脇, たり閊え, たるに, つつひしめき合い崩れ合う, つつ茶汲女, てあいすみませぬ, てある, ていつの間にか, ていつも, ていました, てうす暗い, てお, ておち, てお客, てかなりゆるゆる, てからに南部, てきた, てここ, てこちら, てこれ, てこんな, てさき, てし, てしまった, てじき, てそれぞれ発表, てぞろ, てぞろぞろ, てたち, てたった, てたまたま, てだ, てつい, てつきました, てで, てどこ, てなくなった, ての時, ての結婚, てはいっ, てはひつ, てほんの, てもう, てやっ, てやはり, てゆるゆる, てわが, てわたし, てわれ, てゐた, てゐる, てアタフタ, てインド政府, てウィルソン大統領, てエツキス線, てオーストリア, てキス, てコロコロ, てシラギ僧, てスタイン, てソ聯, てチブス, てドイツ, てハイデルベルク, てハッキリ, てプロレタリア詩人ベズィメンスキー, てポーチ, てラウド・スピイカア, てロンドン, て一散, て一種, て三人, て三原, て三騎, て上京, て上洛, て上演, て下っ, て下降, て不帰, て久しく, て久松潜一氏, て乗用車, て乙, て乱れ, て二人, て二度, て二組, て二階, て五人, て五月, て亡くなつた, て亡くなられた, て京都, て今, て仏国, て他, て以上, て伊勢, て伏見街道, て休場, て会った, て伝令, て住, て何處, て余, て余り時, て作家活動, て俄跛, て保, て元老, て先頭, て兜町, て入城, て入場, て入寮, て入洛, て入相, て八幡村, て六万, て共に, て共産党員, て兵, て冉, て出かけ, て出入り, て出版, て出立, て前田方, て割合, て北上川, て北原白秋, て去った, て台頭, て各社, て吉良, て同人雑誌, て名古屋, て向, て吸われる, て吹き込ん, て啼く, て回向院, て土耳其, て在京委員たち, て坂, て城下, て執権加判, て報じ, て夜, て大, て大和路, て大学, て大庭長平, て天下, て天国, て天理, て太政官, て奇怪, て妻, て威勢, て婆, て学校, て実家, て宿, て寂滅, て寒雨泥濘, て尊氏, て小山内氏, て小諸, て居なくなった, て居る, て居士, て山サ, て山城田辺, て崖, て川, て左岸, て巴里, て席, て帰, て帰りました, て帰り道, て年寄, て店, て庫裏, て当時厠, て往く, て徙戎論, て御, て御行, て忙し, て思い思い, て恋人, て惹, て慌, て慶應大學, て我, て戦場, て戸外, て戻っ, て投錨, て抱え, て担ぐ, て故, て故郷, て敵, て新, て新築, て新築開場せり, て新聞紙上, て旅僧, て既に, て日, て明治, て明瞭, て暗い, て更に, て書い, て朦朧, て木小屋, て本山荻舟君, て本船, て本郷, て来る, て東洋製作会社, て東進, て林, て柏屋, て某氏, て森永パール・ミンツ, て権太楼君, て横切った, て樹, て欧洲, て歐洲, て正月, て武蔵太郎, て歩き, て歸つて來, て死に, て死んでしまつた, て死去, て気持, て没し, て波, て洋行, て洛中, て津田, て消え, て消息, て渡った, て渡つた事, て渡来, て満蒙侵略中国, て潮田, て濡れた, て焼払われた, て煙り, て父, て片耳, て猿楽, て玄奘三藏, て現れる, て現出, て生まれた, て生れ, て生んだ, て産, て産婆, て由子, て甲冑, て甲州, て甲府, て異様, て発生, て発表, て登城, て登場, て白石, て盛岡, て盲法師, て相, て看護婦長, て真言山伏, て眼, て着いたらしく, て矢, て知覺, て石段, て社会主義リアリズム, て社会主義的リアリズム, て神田昌平橋, て稲葉一鉄, て突然, て窪川いね子, て紆餘曲折, て紫, て細君, て經過, て続々, て総曲輪, て線路, て締結, て縁日, て縉, て老, て考古学研究, て職場, て腹, て自分たち, て自覚時代, て花, て芸術, て苫, て茶の間, て菰田家, て葬式, て薩摩, て藤沢方面, て行, て行き過ぎる, て行つた数多く, て表座敷, て見事, て親しかっ, て言論, て討死, て訪れ, て読ん, て誰一人, て諸国, て谷, て走り, て起きる, て起こる, て起つた, て足, て路, て車台, て軍医, て軽, て輩出, て近江, て追う, て退場, て通, て遠, て遠い, て選歌, て遼東, て郷里, て都, て酔いつぶれ, て重吉, て鉄淵禅師, て長い, て長崎, て門前, て間違っ, て降っ, て降る, て陸路, て階子段, て階段, て隣, て隣家, て韻律, て響い, て顔, て飄然, て飛ん, て館, て馬喰町, て駈け出した, て駒形, て高粱, て鬼婆横町, て鳴る, て鵠沼, て鶏, て鼎造, て鼻, ながらのぼっ, ながら竿立ち, ながら駆けもどっ, 旗を, 部隊は

▼ 前後~ (434, 6.9%)

41 忘れて 13 見廻して 9 忘却し 5 見まわして 4 見廻した, 見廻しながら, 護られながら 3 取り囲んで, 囲んで, 忘れるほど, 忘却する, 見まわした, 見廻しました

2 [35件] つうじて, まもられて, 一応隈, 一期として, 一貫し, 乱して, 取り囲む黒い, 固めて, 塞ぎて, 忘じ, 忘れるの, 思案する, 截断し, 知らず, 知らず深い, 知らぬ間, 私服に, 窺って, 考える暇, 見て, 見ながら, 見まわしながら, 見廻してから, 見廻しても, 見廻し青い, 見廻すと, 読人其層見, 警固し, 警戒し, 護られて, 転機として, 顧みて, 顧みるいとまもなく, 顧みる遑, 顧慮しない

1 [266件] いかに忘失, うかがってから, おっとり囲ん, おまもり, おもいあわせて, おもんぱかる暇, かえりみず腰, かこまれて, かこみその, かためて, きめるの, きらわず飛びかかった, くり返した, しらずといふ, すっかり取囲ませました, すつかり取, その哀しむべき, たたき立てられながら, ただ多忙, つつまれて, つつみ左右, つつむ剣, つづり合わせて, つづり合わせると, とりかこんで, とり囲んだまま, どっと囲んだ, のぞみ見て, はさんで, ふさがれグルグル, ふりむいても, ふり顧, まもらせて, まもらせ前, まもるよろい武者, まるで車, みすかすが, よく弁え, わきまえずそこ, わすれて, グルリと, ソッと, ヒシヒシと, 一くぎり, 一区切りとして, 一渡り見まわし, 一貫した, 上下し, 中心として, 丸出しに, 争いて, 争って, 争ふ, 交錯し, 会釈も, 倒置する, 入れて, 切り捨てた上, 切断せよ, 包んでしまつた, 包囲し, 十重二十重に, 厚くお, 取りかこみ, 取り囲んだ, 取り巻いて, 取り巻かせ伏見, 取巻いて, 取巻きすがりついて, 取巻きすがり付いて, 取巻く三つ, 同一の, 含む限り, 問はずに, 問わずに, 囲ませ南, 囲まれながら, 囲んでも, 囲繞した, 固めし家來, 固める合点長屋, 固め領地中津川, 大急ぎで, 失ったに, 失った三斎, 失ない, 失ひけり, 失ふ, 守らせ, 守らせながら, 守らせ歩いて, 守らせ自身, 守られて, 守られ悠々, 守衛せしめ, 察せず, 対照し, 屹と, 年の, 延して, 忘じた, 忘るる, 忘れさせたお前, 忘れさせて, 忘れた, 忘れたかの, 忘れたこと, 忘れたの, 忘れたパーヴェル・パーヴロヴィチ, 忘れた摩利信乃法師, 忘れては, 忘れられるの, 忘れる, 忘れること, 忘れるほどに, 忘れるほどの, 忘れるまでに, 忘れるよう, 忘れわれ, 忘れズカズカ, 忘れ人間, 忘れ我, 忘れ自我, 忘却した, 思い出したよう, 思い出す事, 思ひ出したやう, 思ふてかしら, 担いまいらせる, 持たぬ即今, 指しての, 挟まれた重太郎, 挟まれて, 挟撃する, 振りか, 描いて, 描くにあたって, 擁した二体, 擁せられ彼, 擦れ違う幾人, 断ち切られては, 期して, 比較し, 比較する, 決すべき何等, 注意深く見た, 注意深く見廻し, 滑るよう, 濫り, 照し, 照らす明り, 熟考する, 發見する, 省みる暇, 省略し, 看る, 眺めまわした, 眺望し, 眼の, 睥睨し, 睨め廻わ, 瞰した, 矛や, 知って, 知らずと, 知らず仰向け, 知る, 知るため, 硝子板で, 示したので, 祭の, 祭日と, 窺ってから, 竊視する, 約二十騎, 細かく穿鑿, 経験しなかった, 綜合し, 綜合わして, 縫いあたり, 縫うて, 繋ぎ合せて, 考うる, 考えたうえ, 考えて, 考えられること, 考える余裕, 考えれば, 考へたる事, 考へて, 色濃く悲劇, 芝居気の, 被いくるんで, 要するそう, 見, 見かわしたが, 見た, 見たと, 見た無法もの, 見とおしちょい, 見はって, 見まわしたが, 見まわし始めた, 見まわす, 見まわすと, 見まわす必要, 見る, 見回した後, 見廻したが, 見廻したけれど, 見廻し屹, 見廻し暗い, 見廻し足早, 見廻わし, 見比べて, 見渡して, 見渡しました, 見渡します, 見返り, 見返りしに, 視ましたっけ, 視め, 覚えざらん, 覚えざるよう, 覚えぬまで, 証明する, 語るもの, 誤ったもの, 警備し, 警戒せよ, 警衛する, 護って, 護らせつつ, 護られた大坂, 護られ供奉, 護る, 護る御, 費し, 身廻した, 辿り辿りしないと, 透して, 通じると, 通じ二十五年, 通った, 通って, 通つた, 通りぬけ, 通算し, 通観する, 釣り得たるのみと, 錯乱し, 錯雑し, 関係づける, 闇を, 阻みいよいよ, 顛倒し, 顛倒した, 顧ずして, 顧ふ, 顧みぬ重太郎, 顧みるに, 顧慮し, 顧慮する, 駈け廻るの, 騎兵に, 黒

▼ 前後左右~ (330, 5.3%)

6 を見まわした 5 を見廻し 4 を見まわし 3 に気, に眼, を取り巻い, を見, を見廻した

2 [19件] から倉賀屋, にある, にた, にはげしく, にユラリユラリ, に御, に揺れ, に深い, に火, に置き並べ, に群つて, に高く深く, のもの, の隣, を咲, を見廻す, を警戒, を頻りに, を顧

1 [262件] あるいは大, おびただしい武者, および上方, からあたかも, からお, からお前, からくみつい, からそそぎかけられた, からその, からつくづく, からつづけ, からな, からのしかかっ, からまつわりつい, からフラッシュ, からミシミシミシ, からヤンヤヤンヤ, から一人三人, から一種, から不規則, から丹波, から仕事, から冷めたい, から出る, から包囲, から四人, から左膳, から引き, から彼, から打, から押され, から採光, から斬りかかった, から木綿袴, から次ぎ次ぎに, から水, から注文通り, から煽ぎ立てました, から私, から突き衝, から突進, から膾, から若い, から落ち, から襲いかかった, から蹴とばされる, から迫っ, から追, から追っ取りまい, から透し, から遠, から鉄箭石弾, から降っ, から面白, から頭, から頸, から駕籠, から鬨の声, がことごとく, がパーッ, が唯, が無性, が見えぬ, が見喪われた, きびしく警戒, ぎっしり職場, た, でからん, で吼え沸き立つ, ともがらん, とも各人, と上, と上下, と頭, にかたむけゆりあげ, にかわし, にがたがた, にしずか, になやし, にはねとばし, には二十余人, には春慶塗胡桃脚膳二十人前, には派手, には破牢, には神秘, にゆすぶっ, にゆすぶり, にゆすぶる, にゆらい, にゆらゆら, によろめい, によろめき, にわかれ, にフラフラ, に一団, に一種, に並立, に作る, に係累者, に傾い, に六つ, に出没, に切, に切払ひつ, に前後, に動い, に動き廻ってる, に勢, に匍匐, に取りつい, に吐き出された, に吹きめぐる, に周旋, に回転, に大きく, に尾, に往きつ戻りつする, に待っ, に思い思い, に投げ飛ばした, に挨拶, に振っ, に振られ, に振り, に振り廻し, に振り立て, に振る, に排置, に揉, に揉み合った, に揺ったら, に揺れた, に揺れる, に揺れ動い, に撥ねる, に放ち, に敏感, に数倍, に敵, に斬りまくった, に木馬, に様々, に気狂, に漂っ, に炸裂, に無秩序, に煙草, に狂う, に生きる, に生やした, に破, に竹矢來, に羅列, に自由, に蠢い, に走り従う, に起っ, に起伏, に遠慮, に閃, に開けられた, に雜談, に雪, に飛びかう, に飛び違える, に飛び離れ, のスクリン, のホンモノ, の乱刀, の事情, の五つ, の何れ, の分別, の天地, の情勢, の暗黒, の樹間, の気配, の海, の絶壁, の繋り, の群集, の脈絡, の脚, の見通し, の逆転, の釣り合, はそれ, はちょうど, はどの, は削つた, は勿論, は部下, へうごく, へよろめき, へガッタンガッタン, へグラグラ, へ乱れ飛ん, へ振廻し, へ流れ続けた, へ眼, へ蠢かし, へ駈け巡る, また上下, も知らず駈け, も青い, より攻撃, をうろうろ, をお, をとり, をながめました, をば, をまもられ, をよく, を劃, を取り卷き, を取卷い, を取巻いた, を吠え, を囲ん, を忘れる, を急い, を押し包ん, を持ち支え, を振り返つ, を振返へる, を擁, を暗黒, を決して, を滅多, を照す, を男女, を真菰, を眺め, を眺めた, を瞥見, を落花飛葉, を蔽つた機械, を見まわす, を見廻しました, を見渡し, を見渡した, を見渡します, を見返し, を護らし, を護衞, を軽巡洋戦隊, を追, を追っ取り囲ん, を通りすがる, を除く, を隙, を顧み, を顧みず, を顧みた, を顧みる, を飛ぶ, を騎兵, ヒラヒラクルクル自由自在, 出來, 至る処, 見廻した

▼ 前後から~ (236, 3.8%)

2 [15件] おッ, お美乃, である, 人が, 増さんの, 守護を, 日本の, 烈しい高熱, 照させ, 目を, 破れかけて, 組みついて, 見廻して, 説き起されて, 飛び付いた喜八

1 [206件] あつたらしく錫杖, いつとは, おせんは, おそいかかった, お松は, お葉, こうひしめい, この十二月八日, この岐阜表, して, すでにいかにこの, すでに十目十指, すでに薩長土三藩, その眼病, それらの, だと, だん, だんだんと, だ花火, ちっとも作品, つつみ打てば, つめよせ, であった, どういふ, のぞき込んで, はさんで, はじまって, ひとくるめ, ひとしお暑気, ぼつ, また目立っ, また蓋, まだ一度, みて, めきめきと, やきたてられると, よく食い始める, カトリツク教会の, カトリツク教會の, ドカドカッと, ドストイェフスキーの, ノラが, バラバラと, ヒタヒタと, ビニールの, プロレタリア文学に, モスクワに, モスクワへ, 一応の, 三時間内外午後は, 不思議と, 中絶し, 丸太が, 乙女は, 九時の, 二人突い, 二十五六歳ぐらいまでの, 五六人の, 今まで, 今日まで, 仕官する, 他の, 以上深い, 以来の, 伊緒に, 何か, 作家同盟内には, 作家活動が, 來だした, 俄に, 信長を, 信雄と, 兆して, 刀の, 切り込んで, 切り離して, 別々の, 加十を, 動揺し, 十二三人の, 十五六歳までの, 取り付きまして, 取巻かれて, 取捲くよう, 右足の, 吉野時代室町時代安土桃山時代にかけては, 同じ力, 同時に緊め, 名は, 吠え立てられた小胆, 喚きかかった, 喚きかかって, 喚きかかる秒間, 四十年頃までを, 地方の, 堂摺連も, 外れる直木, 夜伽を, 夜晝休みなし, 大分形勢が, 大谷を, 天保あたりへ, 女の, 始まつて, 始まり出し日露戰役, 嫌悪を, 孟獲, 孫の, 官渡の, 家を, 已に若干, 延暦に, 引き続いた長い, 引っ包まれ, 彼の, 徳川家と, 忌日に, 打って, 打つちらかしてあつ, 担いで, 持ち上げられるの, 挟み打ち, 挟んで, 挾み打ち, 挾むという, 挾撃された, 揉めて, 支えようと, 攻めかかった, 敬い奉って, 文壇の, 施術が, 旅を, 明治の, 明治初期へ, 春へ, 景教碑は, 月詣りはじめ, 朝鮮に, 本地垂迹の, 村, 来て, 来る人, 東京市中に, 栖鳳先生の, 根が, 次第にこの, 歌合せの, 正当に, 此時期に, 殴り出されると, 気分に, 沿線の, 浪人へ, 清国留学生の, 漁師の, 漢の, 無二の, 父の, 父は, 現実にも, 生産機構に, 白刃を, 盛に, 眺めて, 眼玉グリグリ, 知り合ったの, 私は, 立ち寄って, 立合って, 立直れさ, 紙質が, 聞え玄四郎, 胸を, 自分でも, 自分は, 蜂谷良作は, 蝗の, 街頭に, 襲いかかった, 襲うて, 見張られて, 読んでは, 走せつけた一隊, 起って, 起て來, 辞意を, 迫ったので, 迫るの, 迫る刃, 迫る刄, 遠のいて, 野戦病院を, 釣り道楽を, 鉱毒被害地であった, 銀山で, 鎧櫃を, 間もなく死ぬ, 関勝ひとりを, 雀達が, 雑誌や, 頭脳がに, 風ようやく, 飛びかゝつた, 飛込んだ平次, 鴈治郎の

▼ 前後不覚~ (141, 2.3%)

11 になっ 6 に眠っ 4 になる 3 になつ, に寝, に寝入っ, に泥酔, に酔っ

2 [13件] になった, にね, に口説き, に横たわっ, に熟睡, に狼狽, に眠, に酔っ払っ, のうち, の夢, の態, の状態, の睡眠

1 [79件] からまぬかれ, たうとう, だった, だったじゃ, だつた, だつたが, であった馬糧小屋, であつ, でぐつすりと, でしたただ, でそうして, でそれきり, でアルコール, でマルセーユ, で寝, で彼, といったよう, となり, とみ, と成つた, どころかまるで, なて, なん, な深い, に, にそこら, にその, になつちやつた, になつて, になり, になりました, にねむ, にもまどろん, にわなわな, に下男部屋, に亢奮, に寝かされ, に寝こけ, に寝そべった, に寝倒れ, に寝入った, に寝込ん, に意識, に昏, に泣いた, に泣きだした, に渇する, に眠ってる, に眠る, に睡っ, に砂利, に謡っ, に逃げ出す, に逆上, に酔い, に酔いしれ, に酔いたおれ, に酔いつぶれた, に酔い倒れ, に酔っぱらい, に酔っぱらっ, に酔わし, に長く, に陥った, に陥らなかった, のお客, のてい, の仁, の体, の味, の客, の床, の昂奮状態, の最中, の様, の美代子, の酔, の酔い心地, よい雨

▼ 前後~ (121, 1.9%)

15 忘れて 7 知らずに 3 左右も, 知らず眠って 2 分らぬ苦戦, 知らず眠, 知らぬ熟睡, 知らぬ高鼾

1 [85件] あれば, かまはず, このたび, しらずぐっすり, しらず寝こんで, しらず深い, する物, ない一, ない言葉, なくお, なくおよって, なくしたためます, なく互に, なく混乱, なく申, なく駈け出し, ふらずお前, みないで, よく分らない, わからないほどに, わからない修羅場, わきまえず女中, わすれて, 一年の, 不覚な, 不覚に, 不覚の, 乱れた話振り, 出来るだけ, 分りませんよう, 場所がらも, 存ぜず翼, 弁えずしばらく, 弁えず裾, 弁えなかった, 弁えぬほどの, 弁えませねば, 忘れる深い, 忘却し, 明らかに, 森は, 殆ん, 無く早口, 知らずお, 知らずねこんで, 知らずねむりこんで, 知らずよく, 知らず一週間, 知らず休みしが, 知らず家, 知らず寝て, 知らず寝入って, 知らず寝込んだまま, 知らず寝込んで, 知らず寢入, 知らず寢入しば, 知らず居眠り, 知らず早, 知らず熟睡, 知らず眠つて, 知らず眠り始めた, 知らず睡り続けて, 知らず連れ節, 知らず酔, 知らず醉臥, 知らず隣室, 知らず高鼾, 知らず高鼾折, 知らで, 知らぬ有様, 知らぬ泥酔状態, 空間的の, 考えず僕, 考えて, 考えないで, 考えなかった, 考えること, 考へず有無, 考へないで, 藩主や, 見ずに, 覚えず暴れ, 轉倒さぞ, 辨へ, 連絡も

▼ 前後には~ (104, 1.7%)

2 どこの, 大根河岸の, 完全に, 彰義隊に, 浦粕の

1 [94件] あいて, あんな風, いつのまにかそういう, お銀様, この主義, この尊く, この態度, すっかりぶよぶよ, その境, その数三十二, それ相当の, ちがいありません, なかなか御, なって, ひろ子が, もう動き, もちろん伊太夫, わざわざ自身, わたくしどもは, イギリスに, ホテル専属の, 一世を, 一度も, 一旦明るく, 一時ぐれ, 不用意にも, 二人の, 人が, 人間は, 今思ひ浮べ, 何も, 何十疋の, 余興が, 侍や, 依らぬの, 俊豪逸才が, 先ず悦子, 六十余町歩の, 内務省の, 再びあの, 初雪を, 十四五町も, 国中の, 夏に, 多感なる, 大祭が, 季節の, 安井息軒に, 実現の, 家に, 寺町と, 小さな天蓋, 屹度村瀬の, 嵐山まで, 幸村と, 広東の, 彫刻の, 彼の, 救助に, 数百人に, 早くも, 枯茅の, 柿の, 案外に, 殺伐の, 民権党自由党など, 水面下一尺ほどの, 決定的な, 深い昏迷, 演劇改良に, 潔斎を, 番兵も, 白い砂けむり, 白い砂烟, 皆あんな, 社会時評婦人時評その他の, 竜頭の, 紅旗幡銀を, 絶対採る, 苔深き, 荒い波, 荘が, 蕭條として, 血も, 観覧人が, 言は, 赤い腹, 近藤さんを, 近郷の, 邦語で, 銃を, 騎馬の, 騒ぎが, 黒小袖に

▼ 前後~ (81, 1.3%)

7 あつた 3 せうか, 死んで, 色の

1 [65件] あさ黒い頬, あつたらう, あらうと, いかにも朴訥, かなり美人, ご両親こと, しきりに聞, せう, せう何ん, その時, できるの, ほぼクリヴォフ, まず普通, まだ人出, よろしいでしょう, ゐて, ガラッ八, ガラツ八とは, タシュケントや, ハグの, ハッキリ自分, ベットリと, ベツトリと, ベルリンに, ボールを, マリアは, 一きりに, 一ぺん変らなけれ, 一葉女史の, 丁度三四回も, 不調和に, 五円を, 亡くなるまで, 人相は, 会場は, 体格も, 例の, 停められ遠く, 六年くらいの, 医師の, 十分に, 半歳ばかり, 名前は, 四五日の, 四十五万円ぐらいを, 妓との, 家の, 少しく発, 左の, 敷布団毛布枕が, 死因は, 母親が, 猛烈な, 生平の, 画を, 米國に, 細そりした, 買った, 踊って, 酒屋の, 雲行不穏, 雲行何となく, 電車は, 頗るのんき, 顔色の

▼ 前後~ (79, 1.3%)

2 いつでも, また無闇

1 [75件] いい風景, ことごとく暗黒, ことの, ごく気楽, しかと覚え, すこしわるい, せっかく尾上町, その規定, たちまち山脚, ちょっとの, ない, なかった, ほとんどぼく, やはり夢中, わからなかつたが, トンネルまたは, 三個の, 世の中が, 何とでも, 何を, 何度かしら, 余程変つて, 停泊し, 全くわたくし, 勝則にとっての, 勿論その, 厳重な, 名分から, 問わない, 單に, 土着開発に, 壁に, 大人の, 定めにくい, 市川荒五郎, 度々賞讚, 必ずしも重大, 忘れたが, 忘れて, 思慮の, 感情の, 手腕の, 敵に, 新劇団の, 日本にとっても, 日本文学全般が, 杉の, 東京で, 東大寺の, 次の, 汗も, 江戸市中の, 決定し, 活動し, 無かつ, 煙草は, 生憎魯國, 生涯の, 皆目覚え, 知識の, 神の, 私が, 私の, 私は, 稲穂の, 素顔君の, 能楽師が, 茫漠として, 荒い格子, 観者, 訣らぬ, 謂わば, 警固の, 貧乏で, 転換の

▼ 前後~ (66, 1.1%)

2 いっても, おぼえて, すると, 何の, 十五日前後とに, 形の

1 [54件] いえば, いつた年配, おぼしい幼児, おぼしきお嬢さんたち, きまって, すこしの, する四・五年間, ちっとも変らない, どうしても辻褄, なりますネ, なり私, なれば, 上下を通じて, 中間とに, 云うもの, 云うよう, 云えば, 云っても, 云ふ, 切り放して, 土地の, 左右と, 左右を, 広い周囲, 思いますが, 思う, 思つてゐた, 思われます, 思われるころ, 思われるほどの, 思われる頃, 思わんばかりに, 推定され, 推定し, 枯れ尽したる左右, 産婆に, 聴きましたが, 聽きました, 見える大男, 見える成熟, 見それ, 見て, 見ゆるすぐれて, 見ゆる一人, 見るべきでありまして, 覚しき一見なんとも, 覚しき背広, 言うと, 言って, 言つても, 言ふと, 関係の, 関繋ない, 離れ離れに

▼ 前後~ (57, 0.9%)

1 [57件] あった話, あり最初, いちばん温泉の, きちんと合っ, さかしまに, すこぶるぼんやり, すっかり食い違い, そうであった, ちょうどこの, ついて, とり違ったり, ないと, はっきりいたしません, はっきりし, ほとんどわかっ, みな野原か, よく分らん, わからなくなるの, シュンだ, ハッキリし, 一つの, 一番百姓仕事に, 一貫してない, 三等室で, 上記と, 人海の, 余りに釣合, 例の, 全く消え, 分らず厭, 分らない, 分らなくなった, 切れて, 判らなくなって, 動顛し, 区別出来ない, 少々ややこしく, 山型を, 岡に, 強い風, 彼としては, 或は翁, 戦陣だの, 新しい稲作, 明らかに, 明瞭に, 最も多い, 最も小生, 最も甚, 水際立って, 物質にも, 生じ色々, 繁昌の, 解りませんので, 証明される, 逆に, 騒がしくなり始め

▼ 前後~ (32, 0.5%)

2 気を

1 [30件] こづき廻した, ちょっと何, のめる, ひっぱられて, むかって, むッくり山脈の, ゆれた, キョトキョト不審を, 伝令を, 別れたが, 剥がした, 向けて, 大股に, 廻して, 揺き始めた, 揺り動かします, 揺れ出した, 構えずに, 歩いたり, 目を, 真っ黒に, 眼を, 立ち別れ, 立ち至るまで, 言って, 転じますが, 退いたもの, 間延びし, 飛び退いた, 黒門から

▼ 前後を通じて~ (24, 0.4%)

1 [24件] この時, この時代, これで, さう, たつた二三回, なにくれ, ぼくは, 一つの, 一人も, 三回あった, 二百二十七回の, 五十万という, 何の, 俳諧道に, 僅か三囘しか, 僕は, 全国の, 八百年以上我が, 夏の, 女義界の, 掠奪により, 栖方が, 考えて, 開かれて

▼ 前後矛盾~ (20, 0.3%)

3 して 2 した所

1 [15件] した奇怪, した虫, するよう, する意見, する所, せるを, せる文章, というもの, に陥つた, のない, の点, の筆, の答弁, も不少, も少なく

▼ 前後する~ (18, 0.3%)

2 が, に必ずしも

1 [14件] かもしれない, がここ, がこの, が参戦ときまるや否, が大体, が帰朝後, が日章旗, が磯貝浪江, が私, ころで, と美し, ようだ, 暇も, 頃又は

▼ 前後より~ (18, 0.3%)

1 [18件] ありし魔窟, して, その物, たちどころに非常線, 丸の内警視庁内何となく, 傳吉を, 圧迫せられたる, 廃藩置県の, 延應の, 引挾み, 急に, 押し平めたるが, 推すに, 攻め立てた, 攻撃すれ, 滅多打ちに, 終りまで, 追迫る

▼ 前後した~ (17, 0.3%)

1 [17件] がこの, がその, がそれ, がついで, がわし, が成島柳北, が涙, けれども古見, ままさらに, ものかくらいに, 上に, 年齢の, 日の, 時分から, 点も, 頃から, 頃であった

▼ 前後~ (17, 0.3%)

11 覺に 1 揃である, 揃な, 揃に, 揃の, 揃ひでありました, 覺にな

▼ 前後二回~ (16, 0.3%)

1 [16件] いわれたので, であった, ともブレシントン, にわたる改修, に分たる, に受取った, に行, の値上げ, の戦闘, の発作, の発見, ほど信長, も殺人, 伺っただけ, 合わせて, 申し上げた

▼ 前後三回~ (15, 0.2%)

1 [15件] なり, にし, にわたってうちあげられ, にわたり七十両, に亘る, に亙っ, に及ぶ, に通計十ヵ月, の審問, の戦争, の放火, の足跡, も火事, やって来滝本, 起った

▼ 前後~ (14, 0.2%)

2 が, がこいつ 1 から, が芝居関係, が隠然たる, し君, とする, と云, と思います, と思われる, ね, 肝心な

▼ 前後にも~ (12, 0.2%)

1 [12件] お茶また, そこから, たくさんの, よくいろいろ親切, 今日の, 左右にも, 広がって, 早熟者の, 欠けて, 独り別物に, 猫と, 見られる明い

▼ 前後まで~ (12, 0.2%)

1 [12件] あるという, 何となく交わっ, 十人あまりの, 増減なし, 市中諸所に, 朝夕来, 業を, 楽に, 赤行灯の, 酒が, 関西の, 電車通りの

▼ 前後という~ (9, 0.1%)

2 ことに 1 こと, ところだろう, ところでしょう, ふうに, 一同の, 年とが, 所だ

▼ 前後における~ (9, 0.1%)

1 フランスの, 人及虫を, 先人の, 当人の, 彼が, 政争者の, 時代は, 私達島村先生の, 西洋文明の

▼ 前後だった~ (7, 0.1%)

1 かもう, がヨハネ, が肌, とする, と思う, のだ, のです

▼ 前後です~ (7, 0.1%)

3 がこれ 1 がさすが, がどこ, が比較的, ね

▼ 前後では~ (7, 0.1%)

2 なかった 1 とても苦労, ないかと, 三ヵ月も, 思索法から, 足かけ十四年の

▼ 前後とも~ (7, 0.1%)

1 すぐと, ない方, なること, 火影が, 覚えられ職人膚, 閉じられて, 陳秀梅の

▼ 前後までは~ (7, 0.1%)

1 ウマが, 切支丹伴天連の, 幾多勇敢, 彼への, 日に, 永代付近から, 真面目一方であった

▼ 前後らしい~ (7, 0.1%)

3 天候 1 という, と言, 天候である, 空模様である

▼ 前後であった~ (6, 0.1%)

1 がとうとう, がよく, が血色, と思う, プレハーノフは, 婦人政治家たちが

▼ 前後であろう~ (6, 0.1%)

1 か, からこの, か奥さん, がどうしても, と想像, 菅笠で

▼ 前後二つ~ (6, 0.1%)

2 に切り離した 1 の切り穴, の大きい, の室, の島

▼ 前後二囘~ (6, 0.1%)

2 に締結, 其の内閣 1 しか無い, せしが

▼ 前後忘却~ (6, 0.1%)

1 したれば, して, といふの, の体, 致しどうも, 致し酔って

▼ 前後重複~ (6, 0.1%)

3 するところ 1 になる, のところ, の個處

▼ 前後関係~ (6, 0.1%)

1 から云っ, が表現, で意味, とは切り離され, なくし, を指摘

▼ 前後からの~ (5, 0.1%)

1 ことで, ことであった, ことである, 事です, 近代人の

▼ 前後からは~ (5, 0.1%)

1 あまり身の丈, その待遇法, 僅かに, 其待遇法も, 毛皮船ばかり

▼ 前後これ~ (5, 0.1%)

2 は持病, は苦み 1 も鉢卷

▼ 前後します~ (5, 0.1%)

2 が今日, が誰 1 が戦争

▼ 前後である~ (5, 0.1%)

1 からさして, が極めて, という事, という説, と節句

▼ 前後なく~ (5, 0.1%)

1 その頃の, ほとんど同時に胸, 並び行はれむこ, 喋り出した, 描き込んである

▼ 前後三人~ (5, 0.1%)

1 の妻, の幼児, の紹介者, の苦力, まで死んだ

▼ 前後~ (5, 0.1%)

1 半截を, 営の, 回あり, 妻あり, 難に

▼ 前後即ち~ (5, 0.1%)

2 花を 1 明治三十四五年頃までが, 私の, 綾瀬太夫在世の

▼ 前後四ヵ月~ (5, 0.1%)

2 の給料つき休暇 1 の月給付き, の有給休暇, の間

▼ 前後四回~ (5, 0.1%)

1 に及べり, に纒め, まで使った, 全く同文, 同じ病気

▼ 前後数年~ (5, 0.1%)

1 にわたる割, のこと, の久しき, の間, を空しゅう

▼ 前後この~ (4, 0.1%)

1 あたりは, 作家は, 方法によって, 辺の

▼ 前後でしょう~ (4, 0.1%)

1 か, かヘエ, がその, が生き生き

▼ 前後といふ~ (4, 0.1%)

1 ところである, ものは, 思はぬ高価, 頃に

▼ 前後とに~ (4, 0.1%)

2 きまつて 1 気を, 用いら

▼ 前後~ (4, 0.1%)

1 のです, のについに, のよ, んだ

▼ 前後にかけて~ (4, 0.1%)

1 五日間即ち, 定まるもの, 揚巻が, 約十年間南支那

▼ 前後をも~ (4, 0.1%)

1 忘れたかの, 知らざるなりけり, 辨へ, 顧みずに

▼ 前後を通じての~ (4, 0.1%)

1 あの位しずか, 事で, 筋の, 繼續從つて同一性について

▼ 前後七年~ (4, 0.1%)

1 かかった, で伊沢氏, の長, ばかりの間

▼ 前後二度~ (4, 0.1%)

1 の大戦, ばかり学年試験, ほんとに勤め口, もペテルブルグ

▼ 前後五回~ (4, 0.1%)

1 にわたって船外, の公判廷, ほど阪井, も云った

▼ 前後五年~ (4, 0.1%)

2 の久しき 1 かかりました, に亙つ

▼ 前後十年~ (4, 0.1%)

1 くらいのもの, とはか, の歳月, の苦心

▼ 前後~ (4, 0.1%)

2 二囘なりしも 1 一時間半ぐらいでは, 一面には

▼ 前後四時間~ (4, 0.1%)

1 かうし, ばかりその, ほどは有難い, を此無花果樹下

▼ 前後~ (4, 0.1%)

3 はぬ 1 ぬ儀

▼ 前後数回~ (4, 0.1%)

1 にわたってこの, にわたって献上, に分け, の大

▼ 前後相承~ (4, 0.1%)

2 の概念 1 と呼ぶ, は現象

▼ 前後~ (4, 0.1%)

1 が内閣, はその, は二階, は年

▼ 前後繼起~ (4, 0.1%)

1 し刻まれ根本的, する, に於, ばかりでなく

▼ 前後~ (3, 0.0%)

1 さう, それから後, 衣服大小も

▼ 前後かと~ (3, 0.0%)

1 思われる背, 推定される, 見える

▼ 前後させ~ (3, 0.0%)

1 ながらもと, ながら急ぎ, ながら次第に

▼ 前後しました~ (3, 0.0%)

1 がこの, がわたくし, が十七年十二月二十八日

▼ 前後だろう~ (3, 0.0%)

1 か鳥打帽, がその, 鬼髯が

▼ 前後であっ~ (3, 0.0%)

1 て其他, て彼, て蒼白い

▼ 前後とか~ (3, 0.0%)

1 上下とかに, 時の, 等時性

▼ 前後ともに~ (3, 0.0%)

1 いつでも, どこまでも, 暗い時刻

▼ 前後なし~ (3, 0.0%)

1 ち, にこう, の棒口上

▼ 前後など~ (3, 0.0%)

1 何が, 助七, 多い時

▼ 前後なら~ (3, 0.0%)

1 ぜひ買いたい, ば初夏, むその

▼ 前後なる~ (3, 0.0%)

1 に今日, に山頂, を覚ゆ

▼ 前後にな~ (3, 0.0%)

1 つて一度に, つて安来町の, つて死ん

▼ 前後によって~ (3, 0.0%)

1 句は, 政治的に, 日本人の

▼ 前後もか~ (3, 0.0%)

3 へり見ず

▼ 前後一週間~ (3, 0.0%)

1 のうち, の間, 眠ったの

▼ 前後三日~ (3, 0.0%)

1 どうかする, のうち, の間

▼ 前後上下~ (3, 0.0%)

1 から見る, に働きはじめた, に揺れ

▼ 前後不都合~ (3, 0.0%)

1 なり且此, なる妄説, の次第

▼ 前後二ツ~ (3, 0.0%)

1 の共通点, の性格, はめて

▼ 前後二段~ (3, 0.0%)

1 に分たれる, に攻め立てる, の時期

▼ 前後五日~ (3, 0.0%)

2 に亘つて 1 にわたって敦賀郡松原村

▼ 前後~ (3, 0.0%)

1 でいい, でしたろう, と思へ

▼ 前後全く~ (3, 0.0%)

2 別人に 1 東京を

▼ 前後共に~ (3, 0.0%)

2 此二大 1 非常の

▼ 前後十八回~ (3, 0.0%)

2 も行幸 1 の拷問

▼ 前後半日~ (3, 0.0%)

3 と中一日

▼ 前後合せ~ (3, 0.0%)

1 てかく, て十三日間, て四百圓

▼ 前後四五回~ (3, 0.0%)

1 にわたって徐々に, もつづいた, 会った

▼ 前後四人~ (3, 0.0%)

1 で担ぐ, の, は已に

▼ 前後夢中~ (3, 0.0%)

2 で川 1 であったに

▼ 前後左右上下~ (3, 0.0%)

2 のあらゆる 1 の諸方

▼ 前後~ (3, 0.0%)

1 が恃, はひどく忙し, は二時間

▼ 前後或は~ (3, 0.0%)

2 六十近い 1 中に

▼ 前後数年間~ (3, 0.0%)

1 があの, が師父, に私

▼ 前後日本~ (3, 0.0%)

1 にはじめて, の藩情如何, を観たる

▼ 前後~ (3, 0.0%)

1 體なき, 體なく, 體無りける

▼ 前後照応~ (3, 0.0%)

1 あり, して, するもの

▼ 前後~ (3, 0.0%)

2 だから 1 のほど

▼ 前後町人~ (3, 0.0%)

2 と棟梁 1 ながら一

▼ 前後知らず~ (3, 0.0%)

1 に寝, に眠っ, に酔い臥し

▼ 前後~ (3, 0.0%)

1 を凝議, を講じた, を講じなけれ

▼ 前後~ (3, 0.0%)

1 一時間と, 十二年北海道で, 十分間停電し

▼ 前後緩急~ (3, 0.0%)

1 あるべしと, の別, を誤る

▼ 前後~ (3, 0.0%)

2 を照 1 の接続器

▼ 前後~ (3, 0.0%)

2 本島に 1 用ひられ

▼ 前後あたり~ (2, 0.0%)

1 からすでに, のところ

▼ 前後あり~ (2, 0.0%)

1 て人民八十四万七千, とおも

▼ 前後あわせ~ (2, 0.0%)

1 て二十分, て五ひき

▼ 前後くらいの~ (2, 0.0%)

1 女の, 温度で

▼ 前後~ (2, 0.0%)

1 という, 段々解る

▼ 前後すれ~ (2, 0.0%)

1 ばたちまち, ば何事

▼ 前後せばまらず~ (2, 0.0%)

2 左右ひろかるべし

▼ 前後それ~ (2, 0.0%)

1 に引き続い, より早く

▼ 前後たった~ (2, 0.0%)

1 一度の, 四日の

▼ 前後でも~ (2, 0.0%)

1 あろう, あろう髪

▼ 前後といった~ (2, 0.0%)

1 方が, 時分です

▼ 前後として~ (2, 0.0%)

1 支流片品川の, 翁の

▼ 前後どこ~ (2, 0.0%)

1 かの国者, の馬の骨

▼ 前後などは~ (2, 0.0%)

1 彼の, 無しとの

▼ 前後にかけての~ (2, 0.0%)

1 期間は, 氏の

▼ 前後にしか~ (2, 0.0%)

1 採光で, 見えないけれども

▼ 前後にだけ~ (2, 0.0%)

1 動かされて, 小さな窓

▼ 前後について~ (2, 0.0%)

1 来る武士, 足を

▼ 前後にまで~ (2, 0.0%)

1 干渉する, 目角を

▼ 前後による~ (2, 0.0%)

2 姓名の

▼ 前後にわたる~ (2, 0.0%)

1 季節に, 約二十年間

▼ 前後に従い~ (2, 0.0%)

1 案内を, 順次に

▼ 前後まだ~ (2, 0.0%)

1 脂切った, 脂切つた

▼ 前後までに~ (2, 0.0%)

1 追いつけ追いこせで, 養成された

▼ 前後までの~ (2, 0.0%)

1 若いゴーリキイ, 間に

▼ 前後もう~ (2, 0.0%)

1 命は, 水も

▼ 前後~ (2, 0.0%)

1 広い周囲, 晩年の

▼ 前後を以て~ (2, 0.0%)

1 貞操を, 開廷せらる

▼ 前後~ (2, 0.0%)

1 囲ム, 示ス好例ハ

▼ 前後一切~ (2, 0.0%)

1 の様子, の行事

▼ 前後一致~ (2, 0.0%)

1 せぬこと, せぬといふ

▼ 前後一貫~ (2, 0.0%)

1 して, の関係

▼ 前後三たび~ (2, 0.0%)

1 までかかる, 深く山状

▼ 前後三つ~ (2, 0.0%)

1 の室屋, までは私

▼ 前後三ヵ月~ (2, 0.0%)

1 から四ヵ月, 同じ条件

▼ 前後三十年~ (2, 0.0%)

2 も奉公

▼ 前後三四日~ (2, 0.0%)

1 ずつ四十度以上, の間

▼ 前後三年~ (2, 0.0%)

1 にまたがる, の後

▼ 前後三級~ (2, 0.0%)

2 に渡つて

▼ 前後三里~ (2, 0.0%)

1 がほどはずっと, がほどはずつと深

▼ 前後不調和~ (2, 0.0%)

2 なるがため

▼ 前後両端~ (2, 0.0%)

1 がある, がそこ

▼ 前後両面~ (2, 0.0%)

1 に板, 全く同じ

▼ 前後二三~ (2, 0.0%)

1 の停車場, の連載小説

▼ 前後二十七年間~ (2, 0.0%)

1 かかって, つづいた

▼ 前後二十年~ (2, 0.0%)

1 に渉, に渉つて

▼ 前後二年~ (2, 0.0%)

1 を通じてなかなか, を通じて中

▼ 前後二様~ (2, 0.0%)

1 の流血, の自分

▼ 前後五六年~ (2, 0.0%)

1 の軍隊生活, の間

▼ 前後京都~ (2, 0.0%)

1 にも屡々, の二条城

▼ 前後~ (2, 0.0%)

1 の意, べん

▼ 前後何回~ (2, 0.0%)

1 かの移民, も来

▼ 前後何年~ (2, 0.0%)

1 かに亙る, かの江戸生活

▼ 前後充分~ (2, 0.0%)

1 に肉感的, に脂切つて

▼ 前後六十回~ (2, 0.0%)

1 も話, も通っ

▼ 前後六年~ (2, 0.0%)

1 の間, もゐ

▼ 前後出戻り~ (2, 0.0%)

2 の叔母

▼ 前後分別盛り~ (2, 0.0%)

1 という年輩, といふ年輩

▼ 前後十二年~ (2, 0.0%)

1 の苦闘, を費し

▼ 前後十何年~ (2, 0.0%)

1 の丹精, の間

▼ 前後十日~ (2, 0.0%)

1 ぐらいの予定, すなわち八十八夜

▼ 前後十時間~ (2, 0.0%)

1 ぐらいは睡る, 死ぬよう

▼ 前後同じ~ (2, 0.0%)

1 からざる, であったとは

▼ 前後四五遍~ (2, 0.0%)

2 もございましたらう

▼ 前後外務大臣候補者~ (2, 0.0%)

2 として失敗

▼ 前後大凡源之助~ (2, 0.0%)

2 の影響

▼ 前後~ (2, 0.0%)

1 あり, は確か

▼ 前後少し~ (2, 0.0%)

2 好人物らしい

▼ 前後山出し~ (2, 0.0%)

2 らしい男

▼ 前後左右いずれ~ (2, 0.0%)

1 の方向, へか引っ

▼ 前後左右どちら~ (2, 0.0%)

2 を見

▼ 前後左右縦横~ (2, 0.0%)

2 に入乱れ

▼ 前後思慮~ (2, 0.0%)

2 も分別

▼ 前後撞着~ (2, 0.0%)

1 したトンチンカン, の弊

▼ 前後数回試験~ (2, 0.0%)

2 を施したる

▼ 前後數年~ (2, 0.0%)

2 にわたる割

▼ 前後曹操~ (2, 0.0%)

1 の起居, の遠征

▼ 前後最も~ (2, 0.0%)

1 多し, 猛烈を

▼ 前後本末~ (2, 0.0%)

1 の区別, を明言

▼ 前後正体~ (2, 0.0%)

1 なきありうち, もなくなっ

▼ 前後無差別~ (2, 0.0%)

1 になっ, に免がれ出し

▼ 前後無茶苦茶~ (2, 0.0%)

2 の形勢

▼ 前後百年~ (2, 0.0%)

1 にも亙れる, を通じて又

▼ 前後~ (2, 0.0%)

1 待って, 照らして

▼ 前後相呼応~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 前後~ (2, 0.0%)

2 を改めずし

▼ 前後~ (2, 0.0%)

1 を抜萃, 見る

▼ 前後美し~ (2, 0.0%)

2 さの

▼ 前後~ (2, 0.0%)

1 の浅黒い, の淺

▼ 前後見る~ (2, 0.0%)

1 から山国育ち, まに

▼ 前後貸金~ (2, 0.0%)

1 の取立, の取立て

▼ 前後~ (2, 0.0%)

1 を接し, を接した

▼ 前後軽重~ (2, 0.0%)

1 の分別, をいふ

▼ 前後遅速~ (2, 0.0%)

1 は未だ, を見れ

▼ 前後錯雑序次倫~ (2, 0.0%)

1 なく大言疾呼, なく大言疾呼我

▼ 前後青嵐居士~ (2, 0.0%)

1 がまたし, と不破

▼ 前後~ (2, 0.0%)

1 からし, に其職人

▼ 前後顛倒~ (2, 0.0%)

1 したもの, して

▼ 前後黄塵~ (2, 0.0%)

1 に煙った, を沾

▼1* [620件]

前後あるいは三百二三十字前後という, 前後いかんとしても寂し, 前後いくつもの世紀, 前後いちめんの雪, 前後いっぱいに開い, 前後いわゆる明治の, 前後うろ覚えですが, 前後休みが, 前後おなじく旗本, 前後およそ四百人その, 前後および近時の, 前後お前は一体, 前後お構いなしに, 前後かくのごとし, 前後かつては日本橋あたり, 前後かまわず大きい紙, 前後からになへるやう, 前後きっとよんで, 前後くらいであったろうか, 前後ぐらいで成る程貴族, 前後こそ議員の, 前後ごたごたして, 前後アここは, 前後させる丈で, 前後しかし商人では, 前後しきりに国事に, 前後したることは, 前後した観がある, 前後しばらくの間, 前後すなわち明治三十四五年頃までが, 前後すべてにわたって一度, 前後すべて群巒列島の間, 前後せいたかの左右, 前後せざるごとくなるをいへり, 前後せりと, 前後そのとき一遍だけ, 前後それから約二時間, 前後それらの人々, 前後それ一回だったし, 前後ただ二回である, 前後ただ一度の奇瑞, 前後だけでいよいよ残る, 前後だけはこれは, 前後だけを描いたもの, 前後だらうが前額, 前後ちがった側面から, 前後ってんだ, 前後つづきてトロイア, 前後つまり優秀だった, 前後であったろうかと思われる, 前後であり義詮の, 前後でありまして日本, 前後でありましょうか色, 前後でありますから其前面, 前後であるらしいことに, 前後であるらしく髪の毛を, 前後でっぷり肥った立派, 前後でなければならない, 前後といつても大家, 前後とても一続きの, 前後とで半月以上にわたって, 前後とでもいうよう, 前後との関係で, 前後とは各違つて, 前後とを知る人, 前後どうも十八ぐらいの, 前後どちらも夫婦, 前後どんなようすだった, 前後などがそれである, 前後などを考ふる, 前後なりしかと存じ候, 前後なるべきか, 前後にあたってもう一度人心, 前後においても遭遇せず, 前後にたいする本文, 前後についての陳述に, 前後についても余ほど, 前後につれて現れる, 前後にて花の, 前後にては見ること, 前後にながらみ取り, 前後にのみ囃しを, 前後にわたってかなり長い, 前後に従う諸士, 前後に関するお話を, 前後のめしたき女と, 前後のわづかな閃きに, 前後ひとしく顧みむ, 前後ひとりはずっと, 前後ふた月に, 前後ぶっ通しに, 前後べつべつに附い, 前後ぼくはこうした, 前後まことに見る影, 前後まさしくこっちへ, 前後また大坂夏冬の, 前後までが彼女の, 前後までには頂上に, 前後まる一日の, 前後みな彼の敵, 前後めちゃくちゃに話した, 前後めツきりふえた訪客, 前後もさうして, 前後ものものしい騎馬鉄槍で, 前後ようやく官民の, 前後よく街道筋に, 前後よりの我が国家, 前後わしも心身, 前後わずかに一時間薄暮, 前後をかへり見ずどう, 前後をぞろ, 前後をめぐって無二無三に, 前後をもってかりに上下, 前後アンチクロペディストルソー等の影響, 前後インド諸国の産, 前後キリリとした, 前後シテ生レタラシイガ前者ハ毛筆ト和紙ニ対シ適合性ヲ持ツテイタタメ今日マデ愛用サレタニ, 前後デップリ肥った中背, 前後振ル, 前後ニオイテ一層ソノ声ガハナハダシカッタ, 前後ニ五子ガ部屋ヲ訪レテ, 前後パリの屋根裏部屋, 前後ホテルの黒猫, 前後モウ既にその, 前後ロシアの人民, 前後一九二〇年代の後半, 前後一二日相継発, 前後一台の自動車, 前後一帶の山脈, 前後一年ほど由良, 前後一度だって横顔, 前後一日二回ずつ発熱, 前後一時は絶望, 前後一時性の満足, 前後一時間ばかり真暗, 前後一様に総理大臣, 前後一般の普及, 前後一萬磅の大金, 前後一見侠勇の, 前後一貫些の矛盾, 前後七万二千人ある時獅出, 前後七八回から十回, 前後七十五本を算, 前後七回其の間, 前後七回遠路を召喚, 前後七年目一尺七寸余六百三十匁十年目で一尺九寸余八百五十匁, 前後七年私は党, 前後七年間にわたつ, 前後七日と五日, 前後七篇から成る, 前後七里ばかり歩い, 前後三丁景気よく乗りつけた, 前後三十三兩で扇屋, 前後三十二回にも上る, 前後三十囘も捕虜, 前後三十囘餘に渡るべき, 前後三十年間ほど関八州一円, 前後三十日許は日夜非常, 前後三千年を通じ, 前後三囘きりである, 前後三四十分という時間, 前後三四回しかなかっ, 前後三回小川女史から御, 前後三回支那西域タクラマカンの荒野, 前後三回歴遊を重ねし, 前後三回罹災した火事, 前後三回自殺をこころみ, 前後三回身体に穴, 前後三年近く政治に関係, 前後三年間もなん, 前後三度きました, 前後三度西の丸へ呼ばれ, 前後三日間に跨つた, 前後三百尺ほど下る, 前後三百年間最も多く, 前後三頭一列に並ん, 前後上下左右の六方面, 前後不一致を如何, 前後不揃いの言葉, 前後不覚ぐつすり睡れた, 前後不覚カルモチンよりアルコール, 前後不覚一切合切が空, 前後不覚下界の花, 前後不覚只今貴方様のお, 前後不覚奥沢の車庫, 前後不覚宿酔気味だ, 前後不覚翌朝までぶっ, 前後不覚過現未を越え, 前後においてしばらく, 前後世界各国が金, 前後両人ありしこと論, 前後両度の祭, 前後両日を指定, 前後両様の比較, 前後両翼の櫂, 前後並びに側面から, 前後丹三郎の住ん, 前後乃至其後の, 前後二たび往きしのみ, 前後二ヶ月に亘る, 前後二三分の間にまく, 前後二三年の間, 前後二三度影を見かけた, 前後二三日のうち, 前後二三町の松林, 前後二人の作者, 前後二列になっ, 前後二十とせばかり御国, 前後二十一年嘉永元年から慶応四年八月死, 前後二十七ページに延長, 前後二十七度も政府, 前後二十三年全く詩, 前後二十余回に亙っ, 前後二十余年間江戸劇界の人気, 前後二十回に亙つ, 前後二十日ほどのあいだ, 前後二十日余りはほとんど, 前後二十条ばかりの目録, 前後二台の牽引車, 前後二回ともに景気, 前後二回全国を周遊, 前後二回八十神に欺かれ, 前後二回時を費す, 前後二回汽船にて汽車, 前後二回祝鐘を鳴らす, 前後二対の羽, 前後二島中島前には盛ん, 前後二巻一頁として完膚, 前後二年あまり教を受けた, 前後二年滯在して, 前後二度大城においてお, 前後二度来朝したらしいが, 前後二度目は六時十五分, 前後二房に分離, 前後二手に分れ, 前後二時間にあまる, 前後二月に過ぎなかった, 前後二月半ほども床, 前後二枚續になつて, 前後二種の様式, 前後二篇合巻二冊に分け, 前後二通の覺書, 前後二週間四十人収容できるもの, 前後二週間近くのこの, 前後二門づつ載せて, 前後五六尺ばかり提灯, 前後五分間というもの, 前後五囘に亘つて, 前後五年目で一尺三寸余三百匁前後, 前後五年間日本に住ん, 前後五度泣いて, 前後五日間そこに仮泊, 前後五日間自分が太夫, 前後五百年のこと, 前後五隻碇泊せるを, 前後交番で中軍, 前後交錯し場面, 前後人心のできし時, 前後人相服装は左, 前後の蔵書, 前後以上の代物, 前後以外にはどんなに, 前後伊達正男が病床, 前後住む込みで, 前後何れも妻, 前後何人となく, 前後何年間かにわたつ, 前後侍姿は身, 前後俄按摩らしくなるほど, 前後僅か三四回にすぎぬ, 前後働いてい, 前後が学校ざかり, 前後僕等流の數, 前後先ず高まった一般, 前後つて居た, 前後入り違って, 前後入り乱れたり間, 前後病院が, 前後兩度の役, 前後兩節に分け得る, 前後兩聯から成立, 前後八ヵ年二十五年の間, 前後八ヶ月の日子, 前後八人の子分, 前後八個月ばかりも中断, 前後八十名斗ニて蔵ハ八九度, 前後八回でやはり, 前後八年間に江戸, 前後八時間ちかく自動車, 前後八箇年の努力, 前後八通の手紙, 前後公用刊行の物輻湊, 前後六カ年にわたり改修, 前後六七十年の間, 前後六万斤ばかり鉛銅, 前後六十をだいぶ, 前後六十年にし, 前後六十日計ナリ, 前後六回この植物, 前後六回ミサを行った, 前後六年目で一尺五寸余四百匁前後, 前後六年間続いた, 前後六版の変化, 前後六百枚のはがき, 前後内容はリアル, 前後再度の流行, 前後凄まじい青髯, 前後凡そ四十年になります, 前後処理について日本政府, 前後前期ロマンティシズムの最後, 前後勲功少からず, 前後十一人の乳母, 前後十一回に亙っ, 前後十一年間続いて, 前後十一月三十日のこと, 前後十七年を費し, 前後十三四ノ頃ダッタト思ウ, 前後十三回に及ん, 前後十二回床に投げられた, 前後十五六人というもの, 前後十五六羽に及べり, 前後十五年近く勤めた老婢, 前後十八回分で原稿, 前後十六回も足, 前後十六種に及んだ, 前後十号にわたって掲載, 前後十年間沈黙し前著, 前後十手捕繩, 前後十数回も行幸, 前後十数回筑後守新井白石のきびしい, 前後十敷個に區劃, 前後十數年を費し, 前後十日間まことに奇怪, 前後十日間朝鮮にい, 前後十町に行人, 前後十郎の, 前後半年ばかりと云う, 前後半年がかりで構図, 前後半白の頭髪, 前後博奕大に行, 前後厚薄を異に, 前後大坂夏冬の, 前後又は夕方働い, 前後及び終極の, 前後反対の順序, 前後取りちがへ, 前後取れるのだ, 前後口髭を刈り, 前後只一回だけ石膏, 前後召見の間, 前後合して二, 前後同時に攻めなければ, 前後同社に籍, 前後周囲を見回らせ, 前後味方は五千, 前後和歌山に奧縞, 前後この時きり, 前後賣人上がり, 前後嘗ては日本橋あたり, 前後四たび程小次郎, 前後四五人の女中, 前後四代の朝, 前後四件のそれぞれ, 前後四十余年間に作つた, 前後四十年にも近い, 前後四十日ばかりかかっ, 前後四巻作者の筆, 前後四年を費やし, 前後四年間にわたる最も, 前後四度放れたが, 前後四手あり, 前後四方は真, 前後四方八方ことごとくあの, 前後四時半にわたる長い長い, 前後四時間近く連続的に低温室内, 前後四段に分ち, 前後四泊した間, 前後四百六十回にわたって連載, 前後国内の体制, 前後國内事情と對外關係, 前後土曜日で寺, 前後地子月別五十疋くらい塔森, 前後城介がパビアト, 前後堀江の妓女, 前後場所は横山町三丁目, 前後夥しい軍列は, 前後律並びに, 前後大家の主人, 前後大小二様の事件, 前後大店の若, 前後大津の宿, 前後大通りで, 前後夫妻の初めて, 前後奥さんはお, 前後奥州の方, 前後一對の, 前後如何は論究, 前後姿を變, 前後孔明は政堂, 前後実に三十年に, 前後室町末期のごとき, 前後容貌十人並住所姓名は口, 前後寝際には必ず, 前後対照の便, 前後小学校の始め, 前後小生が左団次君, 前後小説の註文, 前後も亂, 前後居士は広島, 前後の頬, 前後左右いろいろな角度, 前後左右すべてヒッソリと三人, 前後左右すべて生命にかこまれ, 前後左右それに頭, 前後左右たちふさがれた切な, 前後左右ともに長く, 前後左右べた一面にいろいろ, 前後左右みな絶壁樹木鬱蒼たり, 前後左右みんなこの少年, 前後左右上下どこに一点, 前後左右丸ノ内的な人たち, 前後左右交錯したり, 前後左右全部である, 前後左右十常侍一味, 前後左右原藪木立を見透し, 前後左右四五丁の間, 前後左右四季も昼夜, 前後左右四方上下から真黒, 前後左右墓地を通り, 前後左右支那人の家, 前後左右時間と空間, 前後左右正眼にとって, 前後左右雪白の麗花, 前後左右額縁のやう, 前後師父圓馬と難波駅近く, 前後平林たい子氏壺井栄氏伊東深水氏伊藤熹朔氏など入院, 前後建武正平の頃, 前後は十五, 前後当時の新興宗教, 前後彼らはすべて脱藩, 前後待って本, 前後待つこと三時間ようやく, 前後徳川征討の密勅, 前後必ず人を, 前後志士の苦心, 前後忘却貴君の前, 前後恋人とも呼べる, 前後恒性は山城, 前後戦国時代などのいにしえ, 前後截断余生をつ, 前後戯曲作家ブルガーコフが, 前後控制仕り候, 前後措置の手助け, 前後揃わぬ処が, 前後撞着左右齟齬彼此混同という工合, 前後撞着意気沮喪逍遙頭の中, 前後撞着的に変化, 前後撞着相反感情をバラバラ, 前後撞着矛盾を生じる, 前後撞著に気がつかず, 前後改善されて, 前後教育するため, 前後うれば, 前後数十回の討議, 前後数十年間にわたっ, 前後数名に過ぎず, 前後数戦毎に良将, 前後数町の間, 前後敵方から大久保藩, 前後數十間の間, 前後數日は筆, 前後を成さず, 前後文学的混迷の時期, 前後場町と, 前後には出た, 前後日本唯一の西洋型船大工, 前後早くなるの, 前後昭和初頭前後から日本, 前後暗くなりしかば, 前後の半輪, 前後の開展, 前後東京にハンラン, 前後松井の庭, 前後植木畠葉ぼたんがうつくしい, 前後検事局の態度, 前後く質素なみ, 前後次ぎ次ぎに産まれる妹たち, 前後次第して, 前後次第不同でその, 前後正成の手, 前後殊に虎御前に, 前後はロンドン, 前後混乱甚しく連載小説, 前後混同して, 前後滋幹は四十四五歳, 前後演奏が終り, 前後演説会のため, 前後漢書晋書五代史元明史略と云う, 前後無しの棒口上, 前後無差別踵を囘, 前後無比と稱, 前後無論年によって, 前後も人一倍, 前後瑠美子は師匠, 前後生活の岐, 前後甲乙さっぱりと, 前後後れまして, 前後町内に数万, 前後略三十年に亙る, 前後趣に, 前後異なるにあらず, 前後疾走相望みて, 前後百九十年余も継続, 前後百五十日の間, 前後百六十年に亘った, 前後百花に先だち, 前後皆符合せず其島, 前後相交錯して, 前後相依存して, 前後相対する席, 前後相應したもの, 前後相模線の入谷駅, 前後相竢つて始めて, 前後相継いで提出, 前後相迎送し, 前後相違がない, 前後磯村は二三度, 前後神明さまの森, 前後禁裡御料のこと, 前後禿頭に小さな, 前後秀吉はどこ, 前後れなん, 前後かではある, 前後立寄一泊, 前後竹本座の手代庄吉, 前後を負, 前後一次欧州大戦によって, 前後篇二部の形, 前後篇大会の本, 前後精力的な感じ, 前後紐育にいた, 前後細かに切った, 前後細面で色, 前後緑樹紅花石頭に懸かり, 前後があっ, 前後老公の厳父頼房, 前後聯絡のある, 前後と菓子, 前後を病ん, 前後胃癌らしいを, 前後に秘めた, 前後脈絡もない, 前後腹背に敵, 前後致したり言いたい, 前後致しますが私共, 前後の粧, 前後茫々たる川中島, 前後荊州から馬良, 前後落葉松が多く, 前後著しく私を, 前後藻蝦よりも少し, 前後のあちこち, 前後街衢の改造, 前後衝突し論理的, 前後表裏から考え, 前後被害地の村長二十余名, 前後複雑になる, 前後さかいなし, 前後見ない感情から, 前後見境なく再び, 前後親類頭で支配人格, 前後訳鍵二冊唐詩選掌故二冊, 前後詳しく言えば, 前後詳略アリ前半ハ追記ニシテ後半ハ逐次續録セシニ, 前後ひとり見, 前後談数語別ニ書有和蘭人も赤面, 前後士涅歯の, 前後赴任されて, 前後起床月光あまねく万象きよら, 前後とも四趾, 前後身体の非常, 前後身長約五フィート七インチ, 前後身長五呎八乃至九吋, 前後車夫体の男, 前後に護られ, 前後辯口の達者, 前後辻褄の合わぬ, 前後迄もま, 前後近所の家, 前後道樂者によく, 前後醤油で煮, 前後里程三日路の旅人, 前後重なり合った時期で, 前後金龍館で興行, 前後錯綜重複あるを, 前後錯誤と年月, 前後錯雜序次倫無く大言疾呼我, 前後さ一尺二三寸深, 前後長男の若, 前後関連して, 前後關係に從つて敍述, 前後を合し, 前後際断た, 前後際断即今に徹すべし, 前後障子に凭, 前後隣りの下宿, 前後雑糅県庁も処分, 前後難破船から投げ出された, 前後も風, 前後非常に不安定, 前後は死, 前後は止んだ, 前後が芸, 前後騎従数十人別に二人, 前後は縮らし, 前後魏都洛陽は蜀軍, 前後鰺科に属し, 前後鴻山と一八郎, 前後鶴澤吉治四十歳前後竹本座の手代庄吉, 前後黄門山の四頭領