青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「前~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

制度~ 制限~ 刹那~ ~刺戟 刺戟~ ~刻 刻~ 剃刀~ 則~ ~前
前~
前夜~ ~前後 前後~ 前方~ 前日~ 前者~ 前途~ 前進~ 剛~ ~剣

「前~」 101934, 979ppm, 87位

▼ 前~ (40967, 40.2%)

909 立って 778 して 357 坐って 274 出て 262 置いて 220 立つて 197 来て 184 立った 126 私は 124 坐つて 117 手を 99 腰を 97 頭を 93 置いた 89 自分の 83 立つと 80 出た 78 見て 76 彼は 75 出ると 74 死んで 71 述べたよう 70 坐った 68 すわって 67 あった 66 私が 61 立つた 59 出して, 浮んで, 述べた 56 言ったよう 55 一人の 54 来ると, 膝を 53 姿を, 述べた通り 52 控えて, 来た 51 進んで 49 行って 48 何か, 坐ると, 足を 45 出した, 現れて 44 あつた, ある, いったよう, 私の 43 なって, 彼の, 見えて, 身を 42 跪いて 41 ひざまずいて, 帰って 40 それを, 持って 39 云ったよう, 佇んで 38 なると, 両手を, 立ちました 37 並べて, 言ったとおり 36 しながら, 並んで, 座って, 近づいて, 連れて 35 あるの, しては, 於て 34 現われて 33 突っ立っ 32 しゃがんで, 出ました 31 書いた, 立ちて, 自分を 30 現われた 29 来た時, 立った時, 落ちて, 述べたとおり 28 立ちはだかって 27 きて, 一つの, 倒れて, 立つ, 述べたやう, 述べて 26 据えて, 自分が, 集まって 25 いって, いるの, 他の, 來て, 迫って 24 立ったの, 腰かけて 23 ちらついて, 僕は, 差出した, 現われたの 22 あぐらを, いう通り, 例の, 彼が, 戻って, 来たとき, 言う通り, 述べたが, 顔を 21 來た, 坐つた, 現れた 20 説明した

19 [12件] あって, おいた, これを, たって, わたしは, 出で, 書いたもの, 横たわって, 浮かんで, 見た時, 言った, 首を

18 [13件] あらわれた, あるもの, ひざまずいた, 云った通り, 住んで, 差し出した, 引用した, 投げ出して, 申した通り, 突き出して, 立てて, 言つた, 進んだ

17 [17件] いた, かしこまって, すると, たたずんで, なる, なるが, ひかえて, 垂れて, 彼女は, 比べると, 突き出した, 立ちどまって, 立ちふさがって, 端坐し, 置かれて, 言った通り, 進み出て

16 [14件] ちよつと, ひろげて, 二人の, 坐らせて, 坐り込んで, 展開し, 書いて, 歩いて, 水を, 現はれた, 私に, 置かれた, 胡坐を, 自分は

15 [13件] あったの, さし出した, とまった, ひれ伏して, 二人は, 坐りながら, 家を, 展開された, 待って, 私を, 置く, 行った, 開けて

14 [19件] しての, すわった, キチンと, 三人の, 俺は, 僕の, 平次は, 現はれ, 現れたの, 突っ立った, 立ちふさがった, 立ち塞がった, 立ったまま, 置くと, 見えるよう, 見た, 見ながら, 見るよう, 車を

13 [18件] あらわれて, いて, 世を, 云つた, 人が, 人の, 出る, 君の, 展開する, 平伏して, 座を, 彼女の, 控へて, 書いたよう, 突立っ, 立ち, 立ちはだかった, 立ったとき

12 [18件] あったこと, さしだした, しや, その姿, でて, ひざま, もどって, 人間の, 今の, 持つて, 死んだ, 浮ぶ, 玉子の, 申す通り, 置き, 置きました, 聞いて, 行くと

11 [33件] あり, いると, うずくまって, ここを, この村, とまって, ぴたりと, 何の, 僕が, 坐りました, 坐る, 寝て, 小腰を, 展けて, 急に, 戻るが, 挙げた, 書いた通り, 横わっ, 浮んだ, 目を, 突立った, 立ちながら, 立ち塞がって, 立ち止った, 立つこと, 端座し, 置きながら, 聳えて, 見える, 述べたこと, 集って, 頭が

10 [39件] あなたが, あなたは, あらわれたの, いった, いったとおり, いる, おかれて, せまって, それは, つき出した, つっ立って, つれて, ならべて, なり後, ひらけて, もって, ピタリと, 一と, 亡くなって, 出るの, 在り, 家の, 懲りて, 或る, 拡がって, 指を, 日本の, 書かれたもの, 東京へ, 次の, 父の, 立つた時, 立てり, 行つた, 見たの, 記した通り, 進み出た, 開いて, 開かれて

9 [54件] ありありと, あること, いった通り, いつまでも, かがんで, くらべると, くると, ここの, ここへ, すすんで, それが, ちらついた, ついて, とまりました, のめって, ひとりの, 一枚の, 並べた, 二つの, 亡くなりました, 人間が, 供えて, 八五郎は, 出ても, 出来たもの, 同じ, 君に, 在った, 家へ, 少しばかり, 展開され, 席を, 息を, 控えながら, 暇を, 書いたが, 残して, 男の, 私達は, 突立って, 立ち止まって, 立ったり, 立っても, 立つの, 自分で, 見えた, 見えるの, 見ると, 言って, 誰か, 近づいた, 述べたと, 金を, 馬を

8 [67件] あなたに, あなたを, ありて, いたの, いること, おいて, かざして, こ, ここに, これらの, その人, つきだした, つきつけた, つき出して, なりして, なります, のべた, もう一つ, やって来て, 一度この, 並んだ, 佇んだ, 供へ, 倒れた, 停って, 兜を, 出た時, 出ること, 出現した, 向って, 大手を, 始めて, 子供を, 屈めて, 廻って, 引出されて, 彼を, 彼女が, 我々は, 戻つて, 持ち出した, 早くも, 明らかに, 来ました, 横た, 横は, 此の, 残って, 生きて, 申上げた, 眼を, 知って, 示して, 突きつけて, 突出し, 立たされて, 立たせて, 立ちつくして, 立ち止まると, 立つたの, 立止った, 腰掛けて, 落ちた, 記したよう, 通って, 道を, 飛んで

7 [85件] あっては, あつて, あなたの, あれほど, いつたやう, いる人, お茶を, お話しした, お話した, かがめて, きた, ここで, この家, さしか, さしかかった時, さしだしました, しても, しやが, すえて, そのこと, その男, た, つきだして, つきました, ぬかずいて, まずその, もちよ, わしが, チャンと, 一台の, 主人の, 云った, 云ったこと, 井戸が, 亡くなつた, 人だかりが, 会ったとき, 佇んだまま, 何を, 兄の, 先生の, 入って, 出ては, 別の, 別れて, 坐して, 坐りこんで, 大胡坐, 妙な, 妻を, 屈んで, 展開した, 幾度か, 幾度も, 当って, 往って, 戻る, 手紙を, 拡げて, 描いて, 来たの, 東京で, 止って, 死んだの, 浮べた, 火を, 現はれる, 生れて, 申しましたよう, 私たちが, 突出した, 立ちどまると, 立っては, 立止っ, 聞いたこと, 見せて, 見たこと, 見たよう, 見ること, 話して, 近づきました, 述べたところ, 遊んで, 静かに, 飛び出して

6 [115件] あの人, あるから, あると, あるので, あるよう, うかんで, おきながら, おれは, お亡くなり, かしこまった, この土地, これだけの, さしかかると, したまま, つかつかと, つきつけて, とんで, どこかで, ならんで, ひざまずく, ひろがって, ぼくは, まづ, まわって, もつと, やって, わたしの, 一個の, 一度お, 一緒に, 不意に, 主人が, 乗り出して, 二人が, 人を, 伏して, 來る, 倍し, 停った, 出す, 出すと, 出たとき, 出れば, 動いて, 咲いて, 坐ったの, 坐ったまま, 坐った時, 坐り直した, 大学を, 女房に, 家二軒, 展開される, 帽子を, 引き出された, 彼女を, 彼等は, 心を, 恥を, 押しやった, 拡げた, 挙げたよう, 捧げて, 掛けて, 掲げた, 整列し, 是非とも, 書いたこと, 東京の, 椅子を, 横に, 止まった, 止まって, 死んだ人間, 母を, 江戸へ, 浮べて, 父は, 申しました通り, 申上げました, 発見した, 着いて, 礼拝し, 私たちは, 突つ立つ, 突つ立つた, 立ちはだかりました, 立ちふさがりました, 立ち止まった, 立ったと, 立つ時, 立てかけて, 立てば, 経験した, 結婚した, 置いたまま, 考えて, 考へて, 自動車が, 自己の, 落して, 行方不明に, 見た夢, 触れた, 記した, 評釈した, 誰かが, 起きて, 迫った, 述べたあの, 述べた様, 進み出で, 酒を, 開かれた, 頭の

5 [183件] あたる, あらは, あらわれました, あるのに, あるやう, あるん, ある大きな, いうよう, いたが, いったが, いつた, いつもの, いながら, いるよう, いろいろな, うなだれて, お前が, きつと, ここから, この部屋, これも, こんなこと, さしかかって, しずかに, した, すべての, すわつて, すわりました, そこに, そこの, それから, ちょっと述べた, ちらつく, ぢつと, とび出して, どこかの, どこかへ, どっかと, なった, なつて, ならべた, のべたよう, のめりそう, はっきりと, ひきすえられて, ひそかに, ひらいて, ひらけた, ひれ伏した, まざまざと, まずこの, まず自分, もうしろ, もう東, わたくしは, わたしが, ズラリと, 一切を, 一本の, 下げて, 下手人を, 並べられた, 之を, 京都の, 人に, 仆れ, 佇みながら, 何かの, 働いて, 先生が, 先生は, 入れて, 出し, 出でて, 出る時, 出来て, 出版した, 到着した, 到着する, 卒業した, 向けて, 呼ばれて, 呼び出された, 坐ったり, 坐らされて, 多くの, 夢の, 夫を, 女の, 家出を, 居たけ, 展けた, 展げて, 山の, 岸本は, 差し出して, 差し出しながら, 差出して, 帰った, 座つた, 引き出して, 後に, 懺悔する, 戻して, 手に, 押しやつ, 押しやりました, 押しやるの, 押し寄せて, 押し進めた, 指摘し, 据えられた, 据わって, 擧げた, 支那の, 敷いて, 於ては, 最後に, 有名な, 村の, 此処に, 此處へ, 死んだが, 死んだ人, 死体を, 殺されて, 母の, 母親が, 比して, 比べて, 泣いて, 注意し, 浪人した, 消えて, 済んで, 無数の, 片膝, 現われる, 申したよう, 町の, 発表した, 眼が, 着いた, 知らせて, 突いて, 立ちどまった, 立ちはだかると, 立ち塞, 立つたり, 立つては, 立塞がった, 結婚し, 背の, 腕を, 腕組みを, 膳を, 自殺した, 花を, 茫然と, 行った時, 表の, 見た事, 見るやう, 言ったが, 読んで, 誰が, 調べて, 赤, 走って, 起って, 跪ずいて, 踏んだ道, 転がって, 進み, 進む, 進むと, 運ばれた, 重ねて, 長々と, 頑張って, 額ずいて, 香を, 駕籠を

4 [304件] あらはれて, ありましたよ, あります, ある一本, ある椅子, ある物, ある皿, ある雑誌, いたと, いた奴, いても, いるとき, うづく, おのづか, お産の, お目, かかって, かたまって, からだを, がんばって, きちんと坐っ, きました, こごめて, こっちから, この世を, この地方, これは, さし出して, した時, した舞台, しゃがむと, しゃがんだ, しょんぼりと, じっとし, すがた, すすみました, すわりこんで, すゑて, その事, そびえて, それと, それに, そんなこと, たたずみながら, ちょっと言った, できて, どこからか, なくなりました, なったり, なりました, なるかも, なんべ, のっそりと, のめった, のめつた, はかの, ひろげた, ひろげられて, ぶちまけて, ぶら下って, ぼんやりと, みて, みんなが, もどる, やって来た, やつて, わたくしたちと, ゐるの, チラついて, チラリと, チラ付い, ツカツカと, ドカリ, 一つずつ, 一人で, 一度は, 一度会っ, 一度来た, 三つの, 上京した, 下って, 与えられて, 世に, 並べたの, 並んだの, 主人を, 云って, 云つた如くである, 亡くなつて, 亡くなりましたが, 京都から, 今は, 佇むと, 何度も, 何處かへ, 來ぬ, 來り, 俺の, 停まる, 僕に, 兄が, 先の, 入られたの, 出かけて, 出したの, 出しました, 出す時, 出たの, 出たよう, 出づ, 出ますと, 出発した, 刀を, 北の, 友人の, 取り出して, 口を, 同じよう, 君が, 吾, 告げた, 呼び出されて, 土地の, 在る, 坐ったが, 坐ったとき, 坐っても, 坐らせた, 坐るの, 垂らして, 大勢の, 女たちが, 如何に, 妻と, 存在し, 完全に, 寄って, 小用に, 少しでも, 居て, 居る, 展け, 展げた, 山と, 差しだしました, 差出しながら, 差出しました, 差置いて, 己を, 帰つて来た, 平伏する, 平等である, 広げて, 床几を, 店を, 座ると, 引き出されて, 引き据えられて, 引据え, 彼女に, 彼自身の, 御話, 恋を, 懺悔を, 我々の, 房州へ, 手拭を, 手紙で, 披げて, 持ち出したの, 持ち出して, 挨拶に, 控へ, 描き出された, 提出し, 提出する, 故人に, 斯うし, 於いて, 既に屋敷廻り, 日本へ, 日本を, 早や, 朝の, 期待し, 木の, 来か, 来かかると, 来る, 東京から, 東京に, 梅の, 梶棒を, 棒の, 横づけ, 横浜の, 止まると, 止りました, 歩を, 死の, 死んだと, 死んだん, 歿く, 歿し, 母が, 比するに, 泣き伏して, 流れて, 流行した, 浮ぶの, 渠は, 煙草を, 燈明が, 父が, 父と, 父親が, 父親の, 現れたとき, 現わす, 現われた時, 現われるの, 生命を, 用意し, 申したとおり, 畏まって, 皺を, 真直に, 着きました, 研究し, 私も, 積んで, 突きつけられて, 突き出しました, 突き出て, 立ちつくした, 立ちどまりました, 立ちは, 立ちふさがる, 立ちふさがると, 立ちまして, 立ち塞がり, 立ち止って, 立ち現れては, 立ち留まって, 立ったが, 立つても, 立つ人, 立派な, 立膝を, 笑って, 第一, 置いたの, 耳に, 背を, 胸を, 脱却した, 腰かけた, 腰かけると, 自らを, 自分に, 自動車の, 自動車を, 自己を, 至るまで, 花が, 若い女, 荷を, 落ちました, 蝋燭を, 行く, 行けば, 西洋の, 見たとき, 観察された, 言ひし, 討死する, 誰も, 越して, 跪拝し, 跼んで, 蹲って, 輝き増し, 轉が, 近づくと, 近付いて, 近所の, 迫つてゐる, 述べた叡山側, 述べた如く, 逢った時, 進みました, 進み寄って, 進むこと, 運ばれて, 運んで, 降った雪, 陣取って, 集まりました, 電車が, 面を, 項を, 頬杖を, 首垂れ, 鼻の

3 [585件 抜粋] あげた第, あったが, あったので, あらはれぬ, あらわれる, ありながら, あるか, あるが, あるこの, ある時, ある灰皿, ある猪口, ある白ソース, ある茶店, あんな事, いうところ, いけて, いずれも, いた人, いた男, いるのに, いる男, うかびたる形, うかべて, うせたる先妻, おきました, おれに, お別れ, お前さんの, お前に, お吉, お君, お延, お蝶, お話し申した, お辞儀を, かえる, かかると, かけつけて, かの女, きたとき, くらべて, こういうこと, こしを, こっちが, この事件, この仕事, この屋敷, この山, ころがって, さ, さげて, さし出したの, さらけ出して, しつつ, しゃがみこんで, しょんぼりひとり, しるしたよう, じっと坐っ, すすみ, すわりながら, ずらりと並ん, そこを, そつと, その, その日一日, その白い, その話, それも, そろえて, そんな噂, たたずんだまま, たった一人, たった一度, だして, ちやんと, ちょっとお, ちょっと御, ちょっと書いた, ちょっと申しました, ちよツと, ちらつくの, ついた, つき出しながら, つっ立った, とびだした, どこへ, なくな, なくなって, なってから, なつた, ならんだ, なるか, なんとかし, のべたとおり, のめつて, のめる, のりだして, ひざまずき, ひろげたの, ひろげました, ほの, まず, みんなを, もう一人, もらって, やってきました, やつた, よく考え, わが, わしの, われわれが, われわれは, われを, ゐる一人, ガラッ八, コップを, ドイツの, ヌッと, バサリと, バラバラと, ファラデーは, ヘタヘタと, ボーッと, モスク, ラッパを, 一つだけ, 一切の, 一匹の, 一家の, 一寸述べ, 一度, 一度も, 一度見た, 一応は, 一応私, 一種の, 丁寧に, 七人の, 三拝九拝し, 上海で, 不思議な, 両親に, 両足を, 並べると, 乗り出した, 二三の, 二三人の, 二人で, 二十歳に, 二本の, 云ったが, 云つた如く, 云へる如く, 亡くなられたの, 亡くなられて, 人は, 人形の, 人影が, 人類の, 今まで, 今までの, 付いて, 仮定した, 仰向きに, 伊豆の, 会った時, 会って, 伸びて, 伺候した, 佇んでは, 佇立し, 体が, 何処からか, 作って, 例によって, 供えた, 信州の, 俯伏し, 俺が, 倒れたの, 候, 倫敦へ, 停つた, 偶然に, 傲然と, 兄を, 先ずその, 先に, 兎に, 兩手を, 八五郎を, 再現し, 出かける, 出されると, 出したが, 出した時, 出すこと, 出たので, 出たばかり, 出まして, 出るよう, 出來, 動いた, 半蔵は, 友の, 台所の, 合は, 同棲し, 向き合って, 告白した, 呼んで, 問題の, 喜三郎は, 四人の, 土の, 在るの, 坐った女, 坐つたが, 坐らして, 坐らせられた, 坐り, 坐りその, 堂々と, 夜の, 夜を, 大急ぎで, 夫が, 夫人は, 女中が, 女房を, 妾が, 妾の, 娘の, 嫁に, 子供が, 存した, 学校の, 実行し, 宿へ, 宿屋を, 寺の, 小さな庭, 居るの, 居る時, 展かれた, 展げられた, 差し出す, 差出せば, 己は, 帰る, 帰宅し, 平伏しました, 平次が, 平次の, 平素と, 幻の, 広々と, 床を, 座して, 座った, 庭の, 廻して, 廻った, 引き据えられたらどんなに, 引合に, 引返して, 当る, 彼に, 彼らは, 御輿を, 心の, 息づいて, 懺悔し, 投げた, 投げて, 投げ出された, 投げ出した, 投出して, 折入っ, 拝し, 拝伏し, 拝伏した, 持ち出された, 持ち出すの, 据えた, 据わる, 据ゑました, 掌を, 採用した, 描いた, 提供する, 支那に, 数人の, 明かに, 昔の, 暴露し, 暴露する, 曝されて, 曝しもの, 曝すこと, 書いたの, 書いた様, 書かれたこの, 書かれて, 書きました, 書くの, 曼珠沙華の, 本当の, 来かかった時, 来たので, 来た所, 来って, 来ましたが, 来ますと, 椅子に, 横へ, 横り, 止った, 止めて, 武蔵は, 死にました, 死にまして, 死んだ父, 死骸の, 母と, 比ぶれ, 気の, 気を, 氣の, 永い間, 池が, 泣き伏したるお, 流る, 浮かんだ, 浮び上って, 浮び出して, 浮び出て, 浮ぶやう, 海の, 滔々と, 火な, 火の, 灯が, 灰色の, 燃えて, 片手を, 王は, 現れたり, 現れる, 現れるという, 現わし, 現われました, 生きたシルク, 田舎で, 申した, 申しましたやう, 申述べた, 画家の, 畏って, 番犬の, 異常な, 病気で, 発表する, 発見された, 白状する, 目が, 直立し, 相当の, 真面目な, 着いたの, 着くの, 石の, 硯箱を, 示した, 示しました, 示すの, 祈って, 神に, 私と, 私達が, 積み上げて, 突きつけた, 突き付けた, 突き出すと, 立たせた, 立ちどまつた, 立ちどまつて, 立ちふさがり, 立ち得る敵, 立ち現れた, 立ち現われて, 立ち留まつて, 立ったお, 立っただけ, 立ったよう, 立った者, 立つたとき, 立つとき, 立つ事, 立つ者, 立塞がりました, 立塞がる, 立止る, 立留った, 約束した, 紛失し, 終る, 続いて, 線香を, 罪を, 置いての, 置くや, 翳した, 老人が, 背中を, 膝まずい, 自分から, 自転車を, 船で, 芥川は, 若い男, 英国の, 茶を, 荷物の, 落ちたの, 葡萄酒の, 行儀よく, 行列を, 街の, 裸に, 裸体の, 覆いかぶさって, 見える様, 見たから, 見た通り, 見るこの, 見るの, 見る心地, 言うた通り, 言ったこと, 言ひたる, 言出した, 討死を, 記した様, 話したこと, 話を, 説明し, 誰かの, 貴方に, 跪いた, 跪きその, 跪きて, 躍って, 身体を, 載せて, 輪を, 迎えて, 近づいた時, 返して, 述ぶる, 述べた処, 述べました, 述べましたよう, 述べました通り, 逃げて, 進みでて, 進みでました, 進めて, 進めば, 進もうと, 進んだり, 過去の, 遡って, 郷里の, 配偶に, 金の, 長い間, 長崎へ, 開いた, 隣りの, 隱さう, 集まった, 電話が, 非常に, 鞭を, 額ずき, 額づいて, 額を, 風を, 風呂の, 飄然と, 飾って, 首が, 駈けて, 駐まり, 高々と, 魚類が, 黒い影, 鼻を

2 [2123件 抜粋] あがった, あげた他, あったから, あった椅子, あった葡萄酒, あつまる, あの女, あの騒ぎ, あらわれたすべて, ありては, あるかと, あるところ, ある古, ある小, ある枇杷, ある百合, ある薄暗い, ある高い, いいましたよう, いくらか小降り, いただいて, いた家, いった様, いつまで, いひし斗棒, いへるが, いるこの, いるん, いる人物, いる彼, いろいろの, うどん屋を, おあいした, おく, おつ, お二人, お内儀さん, お国, お時宜, お由, お艶, お角, お逢いし, かう云, かけよって, かなり大きな, きれて, ここらで, こちらの, このこと, この俺, この木, この男, これだけは, ころが, さがった, さしおいた, さし出しました, さらけ出すの, したかと, した一室, した大きな, しながらも, しょんぼり立っ, すつかり空, すでに日本, すらりと, すわらせられた, すわると, ずかずかと, そこから, その作品, その奥さん, その心, その時, その釘, それらの, たたずむ, たちどまりました, たれて, ちょっと断っ, ちらと, つきつけられて, つっ立ちました, できたという, でた, とまる, どかりと, どれほど, ながめながら, なった所, ならべ水, なりますと, なるでしょう, なんじら, ぬかずくと, のって, のりだした, ひきすえた, ひざまずくこと, ひょいと立ちました, ひろびろと, ふき子が, ふるえて, ぼくが, ぽつねんと坐っ, まず人間, またその, むずと膝, もう一ツ, もう一歩, もう常態, もし夜中, もっと早く, やっと, ゆきて, よく締めた, よび出された, わざ, わたしを, ゐて, ゐる客, アルゼンチンの, ガラリと, ゴーリキイが, ダーウィンが, チラつきます, ナタリイは, パリで, ブラ下がっ, ポプラで, ロシアの, 一たまり, 一反だけ, 一寸述べた, 一度触れた, 一応代, 一筋の, 一道の, 七ツ八ツの, 三四人の, 下げた, 下女が, 不恰好な, 両掌, 並べられたので, 中風で, 乗って, 事が, 二頭の, 云ふ, 五番町の, 亡くなられたお, 亭主が, 人手に, 今井は, 仕上げて, 仰いで, 休んで, 伸ばして, 佇立んだ, 何処かの, 何等の, 作品の, 來たり, 供える, 信長から, 俺たちは, 假初の, 傾けつつ, 優雅である, 先づ, 先代の, 光つてゐた, 入り込んで, 全身を, 八百屋の, 冷で, 出かけましたよ, 出したもの, 出す為, 出たきり, 出たん, 出ないよう, 出ようとして, 出る毎, 出現する, 列んで, 別れた, 別れた男, 動かして, 化石した, 医者に, 千代子の, 卑屈に, 印度素馨が, 参って, 取って, 古くから, 叩頭する, 右の, 吊した, 向った, 吹く微風, 呼びだした, 呼出されたの, 問題に, 図したる, 在る時間湯, 坐ったなり, 坐りましたが, 坐ること, 垂れた, 報いを, 壽阿, 外へ, 多少氏, 大きな池, 大事な, 大坂飛脚に, 大毎の, 大隈の, 夫人を, 女という, 奴隷の, 妾に, 娘を, 子供の, 安坐を, 宜道, 家中の, 密り, 寢て, 寺田先生から, 小さな膳, 小山の, 少しずつ, 尼ヶ崎へ, 居たの, 居流れて, 屈伏し, 屏風だち, 山を, 崩折れた, 左の, 差し出しました, 布団を, 帰りました, 幕内遠く, 平素姿を, 広い庭, 座るの, 庭が, 廻ること, 引き寄せて, 引取られました, 引窓の, 張られた七五三飾, 当家を, 彼らの, 待たせて, 得々と, 御馳走を, 念を, 急病で, 悉皆終つた, 想像した, 懺悔の, 戦死した, 戸口調査が, 戻そうと, 扉が, 手離し, 打ち明けなければ, 投げ出されて, 抛り出します, 押しや, 押し出すよう, 拝跪し, 持ち運ばれた, 挙げたやう, 挙げた三つ, 振りました, 掏って, 掲げた孟浩然, 描かれて, 提出したら, 撰ばれた, 支配人の, 故人の, 散って, 敵が, 料理仕出し屋の, 新築社屋の, 既に, 日本から, 日本語の, 昇って, 春の, 是非屏風を, 晒して, 暫く佇ん, 曝し物, 曳かれん, 書いた自伝, 書きかけて, 最も美しい, 朝鮮から, 朱塗りの, 来かかる, 来た時私, 来るの, 東京を, 染井の, 根來, 梢だけ, 構へ, 横はれり, 橋の, 次第に謎, 正しく横たへ, 此筆を, 歩み出て, 歩兵第, 死なれた奥さん, 死を, 死んだ大, 死んだ林屋正蔵, 死亡し, 殺された人間, 母に, 比叡山で, 気味の, 求められた命題, 江戸中を, 泣かせて, 洗って, 浮かぶの, 浮べながら, 海賊の, 清次郎は, 渦を, 湯に, 溯つて, 漸く寺, 炭団を, 煙草盆を, 片付けるつもり, 犇と, 独逸の, 玄関の, 珍らしく, 現はれ出した, 現れた時, 現われたという, 現今の, 現前する, 生きたので, 用意を, 申した様, 申し上げたとおり, 男が, 番を, 病死したる, 発見され, 白い手, 白木の, 白痴の, 盗みました, 直したり, 相手の, 真黒な, 眺めながら, 着く, 着ながし, 知を, 硝子の, 礼拝を, 神妙に, 私から, 移って, 積まれて, 穴を, 突きつける, 突き出したの, 突っ立ちます, 突ツ立ツた, 突然平岡, 突立つ, 立たせると, 立ちと, 立ちぬ, 立ちふさがるやう, 立ち並んで, 立ち塞つて, 立ち止ると, 立ち高い, 立った人, 立った白い, 立ってる者, 立つところ, 立てる人, 立塞がっ, 立止つた, 竝べて, 笑み月, 箸の, 粧飾の, 紙を, 終らなければ, 給仕に, 締めます, 置いたが, 置かれたもの, 置くの, 羽織袴で, 老病で, 聞いた所, 聳ゆる, 肌襦袢一枚で, 脆いて, 腰かけたり, 膝まずき, 自分たちの, 自害した, 自身を, 舞台へ, 色々と, 若樣, 英語を, 莞爾として, 落ちた男, 葦簾が, 蜘蛛が, 行きましたよ, 行くも, 行つて自分の, 行方知れず, 裏口から, 見えるところ, 見たと, 見た札幌, 見る人, 見出でて, 親しくし, 解剖学を, 言つた如く, 言ひ遺した, 訊きたいこと, 設けた法則, 詩を, 話しましたが, 説いたよう, 誰でも, 警視庁の, 貰ったの, 買つた, 赤恥を, 起きる習慣, 越えて, 跪く, 踞み, 躍り出でよと, 身心の, 較べると, 辿りついた, 近づくの, 近よる, 述べたいわゆる, 述べた大, 述べた理由, 逃出した, 通りかかった, 逡巡する, 進みそれ, 進んだとき, 遡らなければ, 酒なんか, 金富町の, 銃列を, 長々しく, 門野が, 阿賀妻を, 陳列し, 隣家の, 集まる人, 雨戸を, 青いポスト, 靡くの, 順々に, 額け, 顔は, 飛び込んで, 飯喰ふ, 香花を, 駆けつけました, 駕籠が, 髣髴した, 鳥越へ, 黒いもの

1 [19867件 抜粋] В, あげて, あったろう, あった砂原, あのお爺さん, あの木, あらかじめ注意, あらわれてから, あり生, あるカフェー式, ある何, ある宿屋, ある木櫃, ある筆, ある詰め将棋, あんたの, いう仁原山, いきました, いたんだから, いた河鹿, いったん甘く, いった札差, いつか見た, いとも尊く, いるお前, いる夫人, いる老女梅八, うけ取って, うやうやしく捧げ, おかれた道, おじいさんの, おびえる経験, お亡くし, お嬢さま, お母様は, お置かれする, お預けに, かがまなければ, かげは, かような, きちんと並べられ, くどくどと, こう言う, このピアノ, この寺, この温和, この邊, こんな強硬, さきに, さしのべた, さらけ出さうと, しおれるに, した二藝術家, した相当, しばしば言う, しゃがみ込みその, し老酒, すがりつ, すすんだとき, すでに思切, するの, すゝめば, ぜひ象牙, そっくり引出し, その丘, その城門, その方陣, その紹介, その風呂帰り, そんな用, たたずみ格子, たったこれ, ためらって, ちゃんと着物, ちょっとまだ話, ちょっと知らせ, ちらつくよう, つきつけますと, つぐなん, つんのめって, とつぜんとび出し, とりつけた舵棒, どこから, なお林檎菓子, なぜ早く, ならべかけた, なること, ぬかずいたこと, のっぺらぼうな, のめりのめりつ, はこばれ光辰, はね大学, ひきつけられて, ひとかたまりに, ひらかれる扉, ひれ伏し祈念, ぴったり座っ, ふり廻して, ぺたぺたと, ぼんやり現われた, まずはじめ, まず汝, またある, まだみんな, まづ馬印, みた時, もうこの, もう一度京姫, もう少し当っ, もし沢井どの, やおら馬車, やはりだれ, ゆきあたった, よく眠, りくつで, わたしたち今日の, ゐた面長, アイネは, イタリヤンストロウの, オーレ・ルゲイエは, キネマ館が, コゼットは, シツカリ學問を, スパルタの, ダリエン湾で, テル子嬢の, ナイフで, ハークマは, ヒヨツコリと, フランス製の, ヘレンは, ボートルレ君あの, ミスラ君へ, ヨーロツパへ, ロロと, 一つ橇が, 一人前の, 一寸しか, 一年以上も, 一度会いたい, 一度知らし, 一応君, 一晩中がんばっ, 一眼だけ, 一蹴され, 七十許り, 三名の, 上から, 下し戸, 不幸な, 両の, 並べられつつ, 中流の, 久坂葉子は, 乳母に, 事業が, 二人とも, 二重の, 云った始原史, 云った通り三日目, 五助ちゃんは, 亡くなった佐渡屋, 亡くなり嫁入先, 人口を, 今まざまざ, 仏蘭西の, 仮山, 伏目がちに, 伸ちゃんと, 佇み見て, 体系を, 何やら掻き抱い, 何時までも, 使った膳, 供したかったから, 信濃川流域の, 倍する発展, 停めさせた車, 傷つけられたという, 元利とも, 先ず探偵的興味, 先づ才子論, 光を, 全く姿, 公に, 其の文書, 円い笠, 冴子ひとり田舎娘の, 出さえ, 出しなさい, 出たほんとう, 出た老人, 出られる風姿, 出来た仏様, 刃の, 列座し, 別れたお, 到着出来るだろう, 力なく, 動きます, 北伝八郎が, 十人分の, 千秋楽で, 南天の, 厳に横たわっ, 友吉を, 取払われて, 古琉球, 右手を, 同じ大和ホテル, 名物食堂の, 君たち地球の, 呑気な, 命ぜられた以上, 問うこと, 嘘を, 回転椅子を, 土俵だけが, 在る錢, 坐ったサーちゃん, 坐つて最後, 坐りなおした, 坐るそうして, 城ヶ島と, 塩で, 変った景色, 多勢の, 大きい蒲団, 大きな木蓮, 大分治癒いたしました, 大正年間の, 大鷲が, 太宰さんから, 奥さまと, 妹の, 娘さんは, 存分城外で, 安彦様へ, 実行しなけれ, 家格が, 寛いだ, 寿詞の, 小さい膝, 小供, 小梅の, 少し前講, 尾翼が, 居るん, 屈めまた, 展べ, 山鹿が, 崩れ坐った, 巨弾が, 差し置き嘸や, 已に述べた, 帰ってからも, 常に地形, 平然たる彼, 幾首か, 店へ, 座り箸, 延べた, 廻つてゐた, 引かれた幕, 引き据ゑられて大目玉, 引立てた, 強飯と, 彳むと人間の, 往きて, 後架から, 御養子, 必ずちゃんとやっ, 志村氏が, 思い浮べてるの, 怪我を, 恥ずる心, 悪魔を, 愛想を, 慾を, 成規なく, 戯る, 戻り日本民藝館, 手続きとしての, 投げ出されてるその, 抛りだして, 押し並べた, 拜伏し, 持ちあげました, 按摩が, 挙げた如き諸種, 振りすてた故国, 捨てた女子, 据え鬼火, 掃く筈, 控えた連中, 掲げた比較解剖図, 描かれたよう, 援用した, 擧げた左岸, 放火事件の, 散らばってた暴徒ら, 敷き傍, 断って, 新田先生が, 旅姿の, 既に帰っ, 日日の, 明らかである, 昨夜秋川邸へ, 普請中の, 曝露した, 書いた寒い, 書き込んだ, 有る物, 木づくりの, 本当に自分, 村で, 来たボール, 来り石甃, 松山城の, 枯蘆を, 格之進が, 森が, 検討し, 横たえながら, 樹氷には, 歌舞伎劇は, 正木署長から, 歩いた自分, 死にましたという, 死んだ伯父さん, 死んでしまつた, 残らず解放, 母親は, 気の毒じゃが, 氷屋を, 決定された, 油入りの, 泣き叫ぶ我子, 津田へ, 浦安に, 浮ぶありとある, 消え失せる時期, 淺井氏を, 渺茫たる, 溯つた, 漠然と感ぜられた, 火薬庫が, 無くなって, 焼棄, 燕から, 片目の, 特に新設, 独逸から, 玩弄する, 現れた訳, 現われたもの, 現われるのに, 瑞西人の, 生御魂, 田沼神官の, 申した神座, 申し上げたる如く仮令, 男体山が, 番士たちが, 病人らしい, 発表するでなく, 白い蘭子, 百年の, 盛んな, 相当長い, 真相が, 着せるとき, 知人の, 破壊の, 礼拝するだろう, 神庫の, 秀蓮尼と, 移り住んで, 空恐ろしくなる, 突き出しながら, 突然辞職, 立たざるべからざるもの, 立ちあがらせると, 立ちぬ坊や, 立ちふさがる者, 立ち停ったまま, 立ち寄つた時, 立ち止まり手, 立ち背伸び, 立ったカニ怪人, 立った講演者みたい, 立つた後, 立つ老婆, 立て煙草, 立派に, 竹箒の, 篝を, 紅茶と, 終らねば, 結納を, 総理大臣が, 繰りひろげて, 置いた色文, 置かれた選擇, 置き各自, 置炬燵に, 群集の, 老眼鏡を, 聞いた潜在意識, 肘を, 脱ぎ揃えられて, 腹切って, 自分へ, 至つて徳川氏の, 般若心経を, 花ぞかを, 若い子供子供, 茫然として, 荷車が, 落ちたれば, 蒔かれたもの, 藤棚の, 蝋燭や, 行き抽斗, 行った上海, 行われたの, 表医者介, 襞, 見えなくなったの, 見せつけられたやう, 見たベーア, 見とれて, 見る酒, 見聞したる, 解散させられるだろう, 言うて, 言った人道主義的, 言った通り南向き, 言つた通り墨子は, 討死の, 記しました, 証示せん, 話した如く副島伯, 認めて, 説くところ, 誰にも, 謝った, 豊世を, 貴人の, 貼って, 赤馬も, 起こるきわめて, 足達者な, 跪く敬虔, 踊り栄えたで, 蹲んで下, 車座にな, 辞竟へ, 近づきそのまま, 返りますが, 述べたごく, 述べたる正義以外, 述べた人々, 述べた如く先驗的囘想, 述べた来る, 述べた謀略, 追出されたと, 逗留保養した, 速水輪太郎は, 進まなくなった, 進むの, 遊戯恋愛や, 道案内を, 遺された僅, 配って, 野営に, 金魚養いし, 銭形平次は, 長い梯子, 門を, 開けた深い広い, 闡明せられた, 限りなく, 隆盛の, 集つたのである, 雇って, 零れるからと, 露呈した, 靠れ蒲団, 頑張ります, 額の, 飛びあがつたのではなからうか, 食卓が, 首だけ, 駈けつけぴったり, 高く晴れた, 魏の, 鷺とも, 黒塗りの

▼ 前~ (16909, 16.6%)

194 ように 164 晩に 163 方へ 145 ことだ 126 ことである 123 方に 119 日に 115 ことで 101 ような 98 ことです 85 年の 83 晩の 79 方を 73 日の 63 ことであった 59 通りに 58 方の 51 ことを 49 椅子に 48 ことだった 44 事である 41 やうに 40 ことでした, 事だ, 席に 38 晩から, 話である 35 年に 34 手紙で 31 広場に, 方で, 日から 30 ことに 29 事で 28 世の 27 ほうへ, 手紙に 26 事です, 人の, 夜の, 話だ 25 ところに, 或る 24 こと, 方が 23 夏の, 晩は, 道を 22 ことな, 事を, 家の 21 人が, 歌の 20 と同じ, 日と 19 ほうに, 時と, 時の 18 広場で, 庭の, 晩も, 自分の 17 ものが, 前の, 方は, 通りを 16 ことは, 二つの, 広場へ, 庭に, 彼の

15 [12件] ことが, ことでございます, ところへ, 事であった, 夜に, 娘の, 廊下を, 春の, 晩には, 月の, 私の, 車に

14 方から, 洞穴の

13 ものと, やうな, 二人の, 場合には, 時は, 空間を, 通りな

12 テーブルに, 地面に, 女の, 広場を, 男の, 男は, 通りの

11 [15件] ほうの, テーブルの, 世からの, 人は, 人間の, 山の, 往来を, 日には, 時に, 晩と, 男が, 話です, 話を, 車の, 闇の

10 [11件] お手紙, ことの, 場合の, 場合は, 夫の, 廊下に, 時も, 晩, 机に, 約束を, 腰掛に

9 [20件] もので, ものの, 二人は, 冬の, 坂道を, 場合に, 女は, 如し, 家に, 年から, 広場には, 形は, 所に, 日は, 日も, 日本の, 時代の, 机の, 秋の, 通りで

8 [30件] ことだつた, ことと, ときの, ところで, ベンチに, 世に, 事に, 事の, 列に, 場合と, 家を, 席の, 広場の, 新聞に, 方には, 日まで, 晩だ, 様な, 様に, 池の, 生活を, 空地に, 章で, 縁側に, 者が, 自分と, 話で, 話の, 道路を, 雨の

7 [36件] ことか, ことであろう, ことなり, ときは, と同じく, ほうを, ものを, 事は, 出来事で, 句の, 場の, 壁に, 壁を, 夢の, 女房の, 家で, 川へ, 年は, 広庭, 庭には, 廊下には, 日曜に, 日曜の, 時代に, 晩私は, 最後の, 状態に, 畑に, 空地の, 者は, 街道を, 言葉を, 記憶が, 話に, 調子で, 霧の

6 [53件] あの時, ある日, ある晩, ことさ, ことでありました, ことであります, ことでしょう, ところの, ところを, ほうから, ほうが, ままの, ものだ, ものである, ものは, ようには, ホテルへ, 事, 事だつた, 事でした, 事な, 光景が, 出来事の, 出来事を, 句は, 土曜日に, 壁の, 夜から, 山みち, 川で, 席から, 廊下で, 戦争の, 所で, 所へ, 方だけ, 日でした, 時代を, 晩おそく, 晩にも, 晩まで, 朝の, 東京の, 柿の, 歌に, 灯が, 父の, 石段を, 空地へ, 自分を, 記憶を, 話, 車を

5 [64件] こと私が, ごとし, さ, すばやい人事自然, だらだら坂, ものも, よりは少し, 三つの, 三つは, 世で, 世は, 事が, 人々の, 人である, 人と, 例に, 僕の, 写真を, 冬に, 処へ, 台の, 場合よりも, 夢と, 大きな花, 大通りを, 妻の, 娘に, 家から, 宿屋に, 小説を, 岩の, 年, 広場は, 庭は, 庭を, 廊下の, 形を, 彼女の, 往来で, 往来には, 手紙を, 日曜日に, 星の, 時には, 晩でした, 木の, 桜の, 榎の, 此の, 水の, 江戸の, 溝に, 畳の, 石燈籠の, 秋に, 空を, 窓の, 舗道を, 若さ, 言葉に, 道路に, 階段を, 障子に, 雪の

4 [136件] あかりが, あの夜, あの河原, いすに, くるみだ, ことぢや, ことなどは, ことなるべし, ことも, ことや, つめく, とおりに, ときから, は, ほうで, ものとは, ものに, ものよりも, ようです, わずかな, ホテルに, レンズの, 一寸した, 一章を, 不思議な, 主人の, 事と, 二人とは, 亭主に, 人を, 人見廣介は, 人間が, 位置に, 例で, 先祖の, 光景を, 八月十七日の, 六本の, 処に, 出来事だ, 出来事である, 出来事と, 列の, 卓子の, 問題に, 地面を, 場と, 壁には, 多くの, 夜も, 天の川の, 奥さんの, 女が, 女に, 女を, 女教師, 妻を, 姿を, 娘を, 安宿に, 家へ, 小卓, 小机, 小路の, 山に, 山は, 川の, 己の, 幕が, 年だ, 年でした, 年と, 年には, 広場から, 床の, 床几に, 庭へ, 廊下へ, 彼女は, 往来の, 往来は, 往来へ, 御先祖, 扉が, 手紙には, 手紙にも, 敵を, 新聞の, 方, 日, 日あの, 日本を, 昔に, 昔の, 晩です, 木立の, 本所は, 村の, 柱に, 栗の, 棚の, 歌と, 歌は, 歩道に, 歩道を, 水増しの, 水晶細工の, 浜に, 海に, 火事に, 狹い, 生活の, 畳へ, 白い渚, 短篇を, 石段に, 祖先が, 祖先の, 私は, 自分が, 茶店に, 話と, 話な, 諸版, 身と, 車が, 通りです, 部分において, 鏡に, 長屋で, 長椅子に, 障子を, 雨で, 電柱の, 露西亜の, 青年の

3 [275件] あき地, あたりに, あの日, あの晩, いきさつを, お方に, ことある, ことから, ことじゃ, ことであっ, ことでございました, こととて, こと私は, ころであった, ごとく, その時, とおりだ, ときと, ときよりも, と同様, はなしだ, はなしで, ほうは, ものであります, ものほど, ものより, ようで, わたしは, アメリカは, イスに, コンクリートの, テーブルには, ドブ板の, フランスの, 一と, 一人が, 一人の, 三之助に, 三人の, 上さんの, 不気味な, 世から, 世界に, 主人が, 乞食は, 事なり, 事なりし, 事も, 二つに, 二つは, 二人を, 井戸の, 人, 人に, 人間だ, 人間には, 人間は, 人間を, 仕事で, 会話の, 何やらに, 作者の, 例と, 例の, 例は, 侍が, 保元の, 停車場が, 先祖から, 先祖が, 光景の, 冬休みに, 出来事だった, 出来事であった, 出来事な, 初夏の, 別の, 前を, 医者の, 千里の, 卓に, 卓の, 卓子に, 句と, 号で, 司祭の, 吊皮, 呉青秀の, 図の, 圃に, 場合で, 場合では, 場合においては, 場所へ, 墨膜上に, 壁が, 夏休みに, 大きな平たい, 大事な, 大地震, 大廊下, 大晦日の, 大浚え, 大通りの, 大阪劇場の, 夫を, 奥さんに, 女も, 奴は, 如くに, 妙な, 妻と, 姿と, 姿は, 娘が, 子の, 子供の, 室に, 家内が, 宿で, 小川に, 小川を, 小径を, 小橋を, 小溝, 小竹の, 小部屋, 少女の, 少年に, 屋根の, 山で, 山も, 川を, 席へ, 幕の, 年までは, 座に, 座布団の, 庭も, 廣場を, 建築学校の, 廻転椅子に, 形が, 彼と, 往来に, 御主人, 御亭主, 御寮さんが, 思ひ出, 恋人を, 恨の, 息づまるよう, 息子の, 意地わるに, 戦争が, 手紙の, 手紙は, 掲示板に, 揺椅子に, 文章の, 方十間ばかりの, 旅館に, 日あたりに, 日が, 日向に, 日変な, 日当りの, 日曜日の, 日本で, 日本に, 日本は, 日清戦争の, 日記に, 日變な, 昔には, 時から, 時とは, 時代から, 時代において, 時代には, 時刻に, 時間を, 晩お, 晩か, 晩そんな, 晩でございました, 晩とは, 晩を, 晩主人の, 晩彼は, 暗いうち, 本の, 本は, 机へ, 東京には, 松の, 柱の, 柿の木に, 桑畑の, 椅子へ, 椅子を, 楽天地へ, 歌も, 汽車と, 河原に, 河原は, 流れに, 火鉢の, 炉の, 煙管を, 煙草屋の, 狭い通り, 生活が, 田は, 男と, 男に, 男を, 畑には, 畑を, 病気の, 石垣の, 石畳の, 砂が, 空地には, 空気を, 空間に, 章, 竹れんじ, 細君が, 細君の, 続きで, 続きを, 縁側の, 群衆は, 考えが, 者に, 者の, 者を, 肉を, 自動車の, 自動車を, 舞台の, 芝生に, 芝生の, 花のみは, 花屋が, 若い盛り, 苦を, 草原で, 草原に, 街灯の, 街道に, 裏通りを, 覆面の, 記憶に, 話が, 話とは, 諸章, 部分は, 部屋に, 鉄の, 闇に, 雪を, 電車に, 電車道を, 青年で, 静かな, 音の, 頁を, 頃に, 顔を, 馬車の, 馬車は, 駕籠の, 5行にわたる

2 [943件 抜粋] あたりは, あのきつい寒, あの大, ある夜, うちに, うちの, うちへ, おでん屋と, お前さんに, お正月に, お袖, お話を, かたまった熔岩, がのめる, ことだったろう, ことであり, こととは, ことなる, ことなんか, ことよりも, こと或, こと筋の, こと越後の, ころは, ささやかな, その頃, たたきに, ために, つづきの, でございますが, とおりの, ときには, ときより, ところから, と異, に比べる, は吾が, ひと夏, ま, ものかも, ものから, ようじゃ, よりかお, よりもよほど, イギリスの, カスターの, コップを, ゴーリキイでは, スクリーンに, ドサクサに, ネズミの, フランスにおける, ポストへ, ルクレチウスの, ロシアの, 一つの, 一働きに, 一回の, 一弗の, 一軒の, 三つと, 三千代と, 三月三日という, 下宿から, 下宿へ, 不思議に, 世代の, 世間の, 並木の, 主人に, 主人を, 乾秣場で, 事だった, 事なりき, 事件の, 事件も, 事業熱の, 二つが, 二つへの, 二人で, 二人に, 二十年間の, 二月に, 二本の, 二枚の, 二階家に, 井戸から, 井戸端で, 交番の, 京都の, 亭主の, 人で, 人よりも, 人力車に, 人目に, 人間と, 人類が, 今日の, 代にも, 会の, 低いところ, 例が, 例題を, 俥を, 停留場へ, 停留所から, 働者母は, 僕も, 元の, 先月の, 先祖は, 光景に, 兎の, 入歯を, 八月二十日の, 兵士の, 冷い, 処が, 凶作の, 出来事, 出来事だつた, 出来事に, 刑場で, 初心と, 前に, 劇場は, 十三日に, 十年は, 午後に, 半分は, 卓上には, 取きめ, 古い時代, 古椅子, 句に, 台に, 右に, 名古屋市である, 吹き立て, 命題とも, 和尚の, 問答に, 問題は, 囃し言葉, 四時ごろ空には, 四月の, 回転椅子に, 土曜の, 土間に, 地べたへ, 坂を, 垣根の, 場合だ, 場面から, 場面に, 夏大阪は, 夕刻菊坂の, 夕方に, 夜あなたに, 夜であった, 夜にも, 夜訪ね, 夢を, 大きな家, 大コロリ, 大切な, 大川が, 大捕物, 大杉が, 大水の, 大統領は, 大阪松竹座の, 大雪に, 太古の, 夫婦に, 失策を, 奈良の, 奥さんと, 奥様は, 女とは, 女中の, 女房を, 奴の, 姉さんに, 姿勢に, 娘へ, 婦人の, 子供に, 子音と共に, 学者の, 安田家の, 定理から, 客, 客を, 宵に, 家には, 家内との, 宿屋で, 宿屋の, 寺から, 小さな家, 小卓子, 小娘を, 小島も, 小川の, 山茶花躑躅沈丁月桂樹小さな, 岬の, 峰を, 嵐の, 川に, 川原に, 席が, 帳面まで, 幕から, 幕を, 平生の, 年この, 年である, 年まで, 広い草原, 広い道, 広場まで, 床に, 店で, 店に, 座席に, 座席を, 座敷へ, 庭で, 廊下は, 廣場の, 弥生座の, 形で, 形の, 彼は, 彼女であれ, 彼女を, 往来から, 御寮さんの, 心に, 怒りは, 怨みを, 恋の, 恨みを, 情景が, 意味に, 感じの, 懺悔や, 我々の, 或年, 或日, 戦争などは, 所が, 扁理の, 手紙であった, 手紙や, 拍子木の, 持主が, 持主を, 指紋の, 控場の, 放火事件と, 数年間は, 敷石に, 文化三年に, 斜陽が, 新聞社の, 新聞記事に, 方にばかり, 方ばかり, 方法で, 旅行記に, 日お, 日ぐらい, 日で, 日にも, 日五兵衛から, 日五兵衞から, 日八所借, 日曜にも, 日本にも, 日本人は, 日記を, 旦那の, 旭川を, 春, 昭和, 時であった, 時を, 時代と, 時分には, 時間には, 晩あの, 晩これを, 晩だつた, 晩であった, 晩一夜の, 晩二回も, 晩彼が, 晩旦那の, 晩殺す, 晩私が, 晩風呂から, 普通の, 暗さ, 暗黒の, 書を, 書物, 月から, 月明りの, 朝, 朝なりし, 朝日新聞には, 木に, 未熟な, 本所の, 机を, 杯に, 東京は, 東京生活を, 松本といふ, 板で, 林の, 林檎の, 枝も, 柵に, 桐の, 桜青葉の, 條に, 梨の木に, 棧敷に, 椅子で, 植田, 樫の, 橇を, 橋を, 檜に, 此月である, 武士が, 武蔵の, 歴史の, 死の, 段々に, 母さんを, 水が, 水を, 水茶屋に, 水茶屋当り矢の, 汽車で, 河の, 河岸に, 河村さんの, 河縁で, 洋食屋へは, 海で, 淡い記憶, 清子を, 湯では, 湾の, 火が, 灰色の, 焚火の, 煙草盆を, 牛の, 牛肉を, 物と, 物より, 犬と, 犯行の, 猿の, 王冠が, 生の, 田の, 田舎の, 町へ, 畑や, 畫面は, 畳に, 瘤取り, 發行に, 白壁の, 百合の, 百姓で, 真夜中の, 短い時間, 石の, 砂地を, 祈祷を, 私を, 秋この, 穴の, 穴は, 空地で, 空屋に, 空気は, 窓ガラスに, 章に, 竹山について, 第一回, 箱の, 節に, 簡閲点呼に, 紅梅と, 素人下宿に, 経机には, 統計に, 続きに, 総選挙, 線路の, 縁の, 縁台に, 老夫婦, 考への, 者, 肘かけ, 能役者と, 腰掛けに, 腰掛へ, 膳を, 臣, 自己と, 臺の, 舞踏, 色も, 花の, 若い女, 若い者, 苦難を, 茶店, 茶店では, 茶店まで, 草花の, 菅莚の, 菓子屋の, 葉桜の, 蕎麦の, 藪の, 蝋燭が, 街並は, 親類で, 角の, 言ばと, 言葉の, 計理士の, 記録である, 話から, 説に, 諸篇, 谷を, 象の, 賀状を, 路を, 路地で, 身体だ, 車は, 軍人の, 辺に, 通へ, 通りであった, 通りである, 通路を, 逞しいの, 週に, 過去の, 道の, 道人が, 遺跡が, 避難民の, 部屋の, 郵便局へ, 都新聞の, 野原の, 銀杏の, 銚子を, 鏡へ, 関白様, 阿古屋の, 院長は, 陽の, 隋の, 障子は, 雑木林を, 雑草の, 雲の, 電球の, 霧粒が, 青年であった, 青年らしい, 静けさである, 静寂が, 面影が, 頁には, 頃は, 飼主の, 香炉の, 馬の, 馬車が, 騒ぎの, 鷲の, 齢を

1 [8410件 抜粋] 〇・五パーセントしか, あのいくら, あの方, あまり上手, ある月, いじらしい彼, うち湿った, おねえさん, お姫, お松殺しと, お経文, お貞さん, からだを, が誇張, ここらは, ことだす, ことにて, こと京都に, こと故, こと考え, この家, この頃閉館中, ごとく柱, しくじりに, すぐそば, せまい通り, そは, たった一つ, ちょうど今日, とおりであろう, ときにも, ところまで, とは違っ, と区別, どの他, に劣らない, はだけたまま, は一句, は川村氏, は背, ひとに, へ自分, ほんの一つかみ, まんざらでなき, もそうでした, ものには, やうです, ようしいんと, よりづっと, よりももっときらきら, わたしの, アと, アメリカ東洋協會の, ウマに, カップケーキよりも, カルナヴァル祭最終日に, キジの, クラスで, コロボツクル人種の, サワグルミに, スクリーンを, ソガ, ツタンカーメンの, トラヴェルシエール街や, ハナヤという, バルコンへ, ビルの, フーベルマン, ベンチへ, ボースンが, ミイラの, ヨーロッパの, ロシヤ皇室の, 一九一二年ドゥイノにて, 一八九二年メーテルリンクの, 一大事実である, 一日は, 一本の, 一現象であっ, 一走, 丁度お, 万治元年には, 三分の一から, 三宝に, 三朝三代に, 上より, 下向の, 不動堂の, 不愉快な, 世代に, 世話は, 中ほどに, 中間の, 主張を, 九月十三日の, 事ありし, 事とさえ, 事実だ, 二つにも, 二人とも, 二十一年度から, 二寸一分半径の, 二科展覧会に, 二階の, 五名は, 井戸に, 交通整理は, 人けの, 人とが, 人混みの, 人達とは, 今日であった, 仕事, 代議士選挙に, 件は, 休養, 位置から, 体爰に, 余裕あり, 作品に, 例も, 俥の, 借罪消滅, 側用人兼用人清兵衛の, 元日の, 先生の, 光線で, 八幡宮の, 公園や, 六波羅の, 其家へ, 円顔の, 冬子だつた, 処すなわち, 出来事じゃァねえか, 分と類しない書き方, 初島を, 制度を, 劇場広場の, 動きが, 北宋の, 十九の, 十坪ばかりの, 十月一日暦の, 千鶴子で, 半年ほどを, 卓子には, 危険に, 原稿を, 取調べには, 古い形, 古傷です, 句から, 台所の, 合計と, 同人雑誌の, 名古屋美人の, 呪を, 和睦の, 商売より, 善男善女に, 嘉永六年六月三日である, 四五歩ばかり, 四月中の, 困難は, 圃で, 土曜に, 地べたの, 地球は, 坊主頭で, 堀端の, 場から, 場面にも, 墓場の, 声のみの, 夏などには, 夏浜寺の, 夕方の, 夜こちらの, 夜中村の, 夜国境安別の, 夜由斎の, 大きい丸椅子, 大きな柿, 大勢は, 大学生活の, 大患以後病気つづきで, 大格闘, 大水に, 大老水野越前あれほどの, 大道に, 大體, 天智帝の, 太古に, 夫婦が, 契約を, 女から, 女君の, 女流文士は, 如くすーっ, 妊娠を, 姉さまには, 娘といふ, 婦人界を, 子供を, 季節には, 宇多帝から, 安樂椅子, 宝永ごろに, 室と, 宴会に, 家ほど, 容体を, 寒い晩, 対象と, 小さい洋食屋, 小さな盃, 小京都, 小山田筑前の, 小波の, 小路を, 少年であった, 屈辱を, 履仲天皇は, 山下公園の, 山茶である, 岸の, 崖に, 川端さんの, 左大臣清平といふ, 巻だけを, 帝展で, 常習慣, 平らな, 年で, 年大学の, 年頃の, 幽霊を, 広地や, 広漠たるひろがり, 店は, 座蒲団を, 廊など, 建築という, 弱点を, 形よりは, 彼らの, 往還が, 御手紙, 微風である, 心持に, 快川和尚, 怪しげな, 恐慌から, 悲しいも, 惡い, 意趣ばらしだ, 慶長六年霜月二日江戸丸焼けという, 成行きだ, 戦争は, 所から, 手すりへ, 手紙など, 折とは, 持ち主の, 捕繩, 推理に, 支那にも, 政綱が, 散歩らしく, 整地に, 文化が, 文政十二年, 料理屋で, 新橋や, 方だ, 方一本は, 旅行で, 日かえり, 日よけの, 日俺と, 日山科から, 日曜日には, 日本橋を, 日私は, 日雨戸を, 旧態を, 昂奮をは, 明治二十三年の, 昔この, 映像は, 春盜まれて, 時事新報社で, 時日が, 時計屋の, 晩した云い, 晩にな, 晩ピカデリーを, 晩云った, 晩加茂の, 晩太宰さんは, 晩戸締りを, 晩毎には, 晩眠らなかっ, 晩袢纏を, 晩鶯を, 暖簾の, 暗黒的な, 書き方は, 曹操を, 月すなわち, 有樣, 朝散, 木が, 木蔭へ, 本朝画纂を, 机書物手拭座蒲団から, 村路が, 東京を, 松林に, 板敷から, 枯れ葉よりも, 柵を, 桑田四百坪を, 梧桐や, 森の, 椎名町の, 榻に, 樣に, 樹の, 欅の, 歌とは, 正寧, 此村を, 歴山公園の, 殺人事件の, 母様, 民は, 水呑百姓で, 氷河時代には, 池には, 河で, 泉水堀の, 泣顔を, 津田と, 流水と, 浜には, 海中に, 淮南子賈誼新書とか, 混凝土の, 渓流の, 満鉄事件, 溪には, 潜りから, 火だけは, 灰皿の, 焼け出された当時, 煤払いとも, 燕飛ん, 爺に, 牛込若松町の, 物体を, 特色を, 狂いには, 狼狽えた自分自身, 玉太郎には, 現実を, 理髪舗から, 生垣の, 用例を, 田圃で, 申込の, 画家だ, 番頭の, 病室の, 発病以来寝, 白石という, 皮肉な, 盜人でも, 看板のみにて, 真赤な, 矢部駿河守の, 石垣と, 石碑が, 研究會の, 磁気の, 祖先に, 神官に, 秀吉軍を, 秋どんなに, 秘密について, 空いた椅子, 空廊に, 窓に, 立看板などが, 竹垣と, 第三号, 答を, 簀子に, 精神病院では, 紅梅が, 素書を, 経机の, 絢爛と, 經緯が, 緑は, 縁庭樹を, 置板の, 美妓の, 羽根の, 老恋人達, 考は, 肉と, 脇息に, 腰窓が, 自分から, 自安寺, 興奮が, 舟人の, 色代, 芥の, 花盗人が, 若い労働者作家, 若紳士, 茅葺きの, 茶店にも, 草原には, 菊之助の, 落し話同様思わぬ, 著述で, 蓆へ, 薄汚い小屋, 藤棚の, 蜂に, 血祭に, 街道の, 袖垣に, 襖を, 見と, 親父そつくりな, 解説を, 討伐に, 記述と, 評判ほどには, 詩集を, 誓盟は, 調子でした, 謀略戦じゃ, 議論の, 豊島岡御, 貴族政策に, 質問を, 超越的林檎樹は, 路の, 蹴込み, 車も, 軍隊生活の, 辺が, 送影機, 通りへ, 通り奉公を, 通路は, 遊部と, 道まで, 道路には, 遺稿の, 郷土を, 酔っぱらいの, 野武士の, 金持の, 釦が, 銅線, 鎧通を, 長屋の, 閏土と, 關宿の, 除幕式には, 隊員は, 雁来紅が, 雛罌粟を, 雪と, 電灯に, 霜針を, 青年だ, 青野や, 静寂の, 鞍馬山丸も, 頃彼の, 顏つきで, 風力を, 食卓に, 飾窓の, 香之, 駄文の, 駕籠を, 高地に, 魅力ある, 鳥を, 麓に, 黒い山影

▼ 前~ (6754, 6.6%)

311 出て 177 来て 168 出た 111 行って 106 出ると 76 前へと 64 来ると 60 出して 58 立って 57 進んで 54 持って 44 来た 41 置いた 39 出した 36 立った 34 いって, 往って, 置いて 32 廻って 31 連れて 30 往った 29 行った 25 手を, 行くと 24 きて, 坐って 23 坐った, 進んだ 21 寄って, 戻って 20 出る, 歩いて 19 出ました 18 来た時 17 出ようと, 腰を 16 出ても, 出ろ 15 のめって, 出ては 14 くると, すすんで, のめった, まわって, 來る, 差し出した, 突き出して, 膝を, 進み出た 13 つれて, 乗り出して, 出るの 12 さし出した, 坐ると, 持つて, 突き出した, 立つて, 飛び出して 11 出た時, 浮んで, 足を, 進み出て, 進め, 顔を, 飛んで 10 それを, 両手を, 押しやった 9 並べて, 出ること, 姿を, 帰って, 身を 8 倒れた, 出たが, 来たとき, 現われた, 現われて, 立った時, 近づいて, 頭を 7 でて, もどって, 來て, 出い, 出たの, 戻った, 進む, 運んで

6 [23件] すわって, とびだして, のばして, やって来て, 出すと, 出たよう, 出たり, 出ます, 出ますと, 出れば, 前へ, 動いて, 差出した, 押しやるの, 来たの, 歩み寄ると, 立ち塞がった, 立つと, 行つた, 走って, 踏み出して, 近づいた, 運ばれて

5 [29件] いった, さしだした, つかつかと, つきだして, とんで, ツカツカと, 丁寧に, 倒れて, 出し, 出しました, 坐つて, 平次は, 座を, 投げだして, 投げて, 投げ出して, 押して, 押しやりました, 椅子を, 歩み寄って, 歩み寄りました, 突出した, 立ちふさがった, 行ったり, 跪いて, 迫って, 進み出で, 進め子どもたち, 馳けて

4 [66件] きた, さしかかると, すすみ, せり出して, ついて, つきつけて, つき出した, とび出して, のめつた, のめつて, のめると, やってきて, やって来た, やつて, ポンと, 一人の, 乗出して, 仆れた, 伴れ, 出す, 出たとき, 出で, 出ながら, 出なければ, 出るが, 向って, 呼び出された, 坐る, 対しても, 差しか, 差し出して, 差出し, 廻ると, 引くと, 彼を, 往くと, 戻つて, 投げ出した, 押し出した, 挨拶に, 据えて, 曳いて, 来い, 来ました, 歩み寄った, 泳いで, 片膝, 現れた, 現れて, 突きだして, 突きつけた, 突き出しました, 立ったまま, 置いたもの, 置きました, 自分の, 落ちた, 落ちて, 行く, 行くの, 行つ, 通りかかった, 進み出たが, 進むこと, 進もうと, 馬を

3 [112件] うしろへ, おいで, かがめて, きた時, くる, さし出して, しゃがんで, すすみ出て, すすめ, すすんだ, だした, つきだした, つきつけた, でると, とびだした, のめりそう, のめりました, のめる, のめッ, のり出した, ひいて, ひざまずいた, ひれ伏して, ひろげて, また来ました, やって, やってきた, やってきました, ヌッと, 一人で, 下りて, 乗り出した, 伸ばして, 伸びた, 來た, 八五郎の, 出いッ, 出かけて, 出しながら, 出すの, 出たので, 出たまえ, 出られるの, 出るよう, 動いた, 向けて, 呼ばれて, 呼び出されて, 呼んで, 坐り直した, 坐り込んで, 垂れて, 小腰を, 屈めて, 屈んで, 展開し, 差し出したの, 差し出しながら, 差し出しました, 席を, 座った, 座って, 引き出された, 引き寄せた, 引き寄せて, 彼が, 忍んで, 急いで, 戻ると, 抛り出した, 押しやって, 押しやるよう, 押し出して, 押寄せて, 押遣る, 曲げて, 来たので, 来てから, 案内する, 歩み寄つた, 流れて, 現われたの, 突きだした, 突きつけて, 突き出したが, 突き出しながら, 突き出て, 突ん, 突立った, 立ちました, 立ったの, 立止りました, 置くと, 胡坐を, 落して, 車を, 転がって, 近寄って, 這って, 進み, 進みながら, 進みました, 進み出まして, 進み出ると, 進むと, 進めた, 進めば, 集って, 順々に, 馳け, 駆け抜けて, 駈けて

2 [339件] あらわれた, あらわれました, あるいて, いつた, いつも誘引, おい, おいて, おいでに, おしすえた, お銀様, お願いいたします, かえって来ました, かかって, かかると, かがんで, かけて, かまえて, きました, こごんで, これも, さしかかりました, しずかに, しっかりと, すすみでた, すすみでて, すすみ出た, すすめた, すり寄った, すわった, すわり込んで, すわると, せまって, その紙, その者, ぞろぞろと, たって, だし, ついた, つきだしました, つき出して, でた, とび出した, とまった, とんとんと, ならえ, ならえを, ならべた, のめったが, のめらして, のめらせた, のめりかけた, のめるかと, のめるよう, のめる途端, のめろうと, のりだしながら, のりだす, のり出して, のり出しながら, ひかれて, ひきすえた, ひざまずいて, ぴたりと, ぺったりと, まわった, まわろうと, もって, ゆくかと, よって, よろけ茶店, よろめいて, よろめきながら, よろめく, カアテンを, ゴロリと, スルスルと, ズラリと, トントンと, ドッカと, パッと, ヒョイと, ピタリと, ヘタヘタと, 一つの, 一色道庵の, 三味線を, 乗り出したが, 乗り出す様, 乘り出しました, 九分ばかり, 二人の, 人が, 人を, 伸した儘, 伸ばした, 伸びて, 伸びぬからとかと, 伸上る, 佇んで, 体が, 何か, 供へて, 俯める, 俯伏し, 倒れ伏して, 傾きました, 傾けて, 入って, 入れて, 八五郎は, 出ければ, 出された, 出すこと, 出すとか, 出せ, 出せば, 出たこと, 出たって, 出たと, 出たもの, 出ちゃあ, 出な, 出なかった, 出なくなった, 出ます此処, 出ませい, 出ようとして, 出るもの, 出るやう, 出る手段, 出る方, 出る時, 出る道, 出ろッ, 出ろ前へ, 出口の, 出向いて, 刀を, 列に, 十年目に, 参りますと, 參詣したる, 右の, 合せて, 向いて, 向き直ると, 向き返り駆け出し, 呼ばれた, 呼び出して, 呼び寄せ不束, 回って, 土下座を, 坐ったが, 坐つた, 坐つたが, 坐らせて, 坐りました, 坐るや, 垂れ, 垂れた, 大手を, 女は, 寄せて, 寄った, 小僧と, 屈みこんで, 屈み込んで, 屈んだ, 展開した, 崩折れました, 左手を, 差し出すと, 差出すと, 延ばした, 廻して, 廻しふくらんだ胸, 廻ったの, 廻り, 引いて, 引きずって, 引き付けて, 引き据えた, 引っ張って, 引っ立てて, 引倒す, 引返します, 引返すと, 彼の, 後へと, 復命に, 心持俯向いた, 急いだ, 悠々と, 戻る, 投げた, 投げだした, 投げられて, 投げ出されて, 投げ出したの, 抛げ, 押した, 押しだした, 押しつけて, 押しやりながら, 押しやると, 押し出す, 押し出すよう, 押し出そうと, 押出された, 拡げて, 持ち出し, 持出して, 指で, 指を, 捧げて, 捨て丁寧, 控えた彼, 提供する, 提出しました, 敷いた, 斜めに, 晒しました, 朝に, 朧げなりとも, 来かかった, 来かかると, 来ては, 来ても, 来ないうち, 来るまで, 案内しました, 梟の, 棒を, 槍を, 止った時, 歩みよった, 歩み寄りその, 歩を, 浮かび出した, 無料休憩所の, 煙草盆と, 物に, 珈琲を, 現れたとき, 現れたの, 現われたから, 畏まつて, 白い布, 白布を, 盃を, 目を, 眼を, 着くと, 私は, 空から, 突きつけたの, 突き付けて, 突き出したまま, 突き出すよう, 突き出た下, 突き抜けて, 突っ立った, 突出し, 突出すよう, 立ちはだかった, 立ちはだかって, 立ちはだかり, 立ちふさがったと, 立ちふさがって, 立ち塞がるよう, 立ったでしょう, 立つなり, 竜之, 端坐し, 筵を, 続いて, 置き, 置くこと, 膳椀の, 自分も, 自分を, 茶碗を, 蓋に, 行き, 行きました, 行く二人, 行こう, 行ったの, 行つてさし向, 行つてその, 行つて上に, 行つて半紙を, 行つて叩頭を, 行つて立つた, 起きて, 跳んで, 踏み出し左足, 踏み出そうと, 身体を, 転んだ, 辿りつくと, 辿り着いた, 近づきこの, 近づくと, 迫った, 送って, 通して, 通りか, 通りかかると, 連れ出された, 連れ出されると, 連れ出した, 進て, 進まうと, 進まなかった, 進むという, 進む事, 進む勇気, 進めて, 進んだが, 進んだと, 遣って, 金の, 集まって, 静かに, 面を, 鞘も, 飛びだして, 飛び出した, 飛び敵, 飛出して, 飛出せるわけ, 駈けつけて, 駈け寄って, 駈け拔, 駒を, 髪を, 黙って, 鼻を

1 [2699件 抜粋] あいさつに, あつまって, あらわれて, いきおいこんで, いきなり顔, いざったが, いっしょに, いやに, うずくまった, うやうやしく文箱, おいての, おくと, おしだして, おし出した, おそいかかった, おびき出そうと, お乗りなさい, お前の, お客の, お燈籠, お金の, かかりやっと, かがめるよう, かけつけました, かしこまった, かためて, かんかん燈明, きたから, きまりが, ぐんぐん押し出し, こくり, ことわって, ころころと, さがると, さしかかったところ, さしだしたら馬, さしつけたもの, さし出しながら, さらけ出し誠に, しないそう, しゃがんだまま, じぶん, すさり出まして, すすみだした女, すすみ出ながら, すすめない, すっくと立った, すらりと, すわつて, すゝみでた, ずっとよっ, せりだした, そっと置いた, その不思議, その剃刀, その茶碗, その黒子, たたずむと, たった今役人, たらして, ちゃんと止っ, ちらちらと, つかみ出したの, つきだせよ, つきながら, つき出すよう, つっ伏したの, つるし上げながら, つんのめったが, つんのめると, でられるの, とび出すと, どかりと, どんと倒れる, ならぶよう, にじりよって, にじり寄ると, のこのこ帰っ, のばされた線, のばすや, のめったので, のめつたはずみ, のめりか, のめりたがる, のめり落ちそう, のめるやう, のめる様子, のり出しもう, はこばれる, はみ出して, ひきよせられた, ひざまずきともかく, ひっぱり出された, ひらかれた職業, ひッ, ぶらさげてね, ぺたりと坐った, ほんのり浮い, まいりました, またもや立ち, まわった一人, みちびかれた, もう相模屋喜兵衛, もつとも安, もどったらどう, やってきたので, やって来られて, ゆきて, ゆくうしろ姿, ゆく酒菰, よばれて, よろめいたまま, わざと澄ました, アンペラを, キチンと, シヨンボリ坐る, スープを, ソーダ水を, ツ, ト腰を, ニジり, ノッソリと, ブチまけた, ボッと, ワザと, 一冊の, 一寸坐る, 一斉に, 一杯に, 一歩後へ, 一葉の, 七八個並べ, 三方に, 三町そこにも, 下から, 下っ沢, 下駄を, 並べたてながら, 並べました, 並べろでもって, 久しい時, 乗りだして, 乗り出し話し手, 乗出した, 乘出し, 二つ並ん, 二度と現れない, 二郎次を, 五人の, 人間の, 仆れる, 他の, 伴った, 伸びそれから, 伺候した, 何んか, 使って, 供えて, 信長の, 倒された, 停って, 備へ, 傾く人, 先づ飾つた, 公園の, 出いて, 出された与力, 出されもすまいじゃ, 出したところ, 出した手頸, 出しまして, 出し暗い, 出ずには, 出たがって, 出たであろうところ, 出たらそう, 出た一人, 出た小鳥, 出た男, 出てたら道, 出ない副将, 出なさい, 出まする処, 出ようとは, 出られた, 出られやしません, 出るあいだ, 出るところ, 出るべく行った, 出るんで, 出る力, 出る者, 出ろい, 出ろ大変な, 出掛けて, 出頭する, 列べ, 前夜日本橋から, 動かせそして, 動けば, 十円でも, 参りましたが, 参詣人を, 取次ぐには, 召されて, 同じよう, 向つて, 呆ん, 呼び, 呼び出されかういふ宣告, 呼んだこと, 喚んで, 土地の, 坐った丸髷, 坐っても, 坐らされた, 坐らないこと, 坐り会心, 坐り込んだ, 垂らし両手, 報告した, 夜霧の, 大きな奉加帳, 大股に, 女の, 子どもが, 安置した, 寄せさせた, 寄れ, 対し此方, 小さな紫檀, 小次郎が, 少女が, 屈む度, 屈んだり, 展かれた, 崩れて, 差しかかりました, 差し出しさとすよう, 差し出した様子, 差出したが, 差出すと共に, 帯も, 平伏した, 幼い甥, 座った御, 座ると, 延ばしては, 廻し込んで, 廻ってから, 廻つて梶棒を, 廻わ, 引きずられて, 引きよせた椅子, 引き出された台, 引き出すよう, 引き据, 引き緊め, 引っ張ったの, 引出されたとき, 引摺っ, 弾丸の, 往かなかった, 往こうか, 後へ, 御免を, 御許し, 心もち足早に, 急に, 恥も, 恭しく銚子, 慇懃に, 戸を, 戻つた八五郎, 手が, 打つかり, 投げつけかれの, 投げやりたま, 投げ出し手, 投る, 折り曲げそして, 抛りつけた, 抜けて, 押さなきゃならない, 押しかけて, 押しだすよう, 押しやつ, 押し出された, 押し出す謙抑, 押し迫る, 押し遣るやう, 押向け, 拡げた, 持ち出して, 持ち運んで, 持来らしめた, 挿しましたっけ, 捧げた小, 据えた輪転椅子, 据えると, 推しやつ, 提げて, 搏ち煙っ, 放りだすん, 数人若い, 敷く心, 新橋邊の, 春吉は, 曲り込, 會釋も, 朱に, 来かかる, 来たが, 来た一群, 来って, 来られるの, 来る迄に, 林立し, 棄てて, 植木師の, 横づけ, 次の, 止ると, 歩かせること, 歩みだして, 歩み出して, 歩み寄った白牛, 歸つて來る, 氷の, 泳ぎ主, 流れるところ, 浮かむがよう, 深々と, 源氏を, 演芸放送の, 灯明を, 無造作に, 煙管を, 物が, 猪突し, 現はれました, 現れると, 現われたとき, 現われると, 生き証人, 男が, 番付を, 白い腕, 盆が, 直そうと, 直立する, 真っ黒な, 着いた一挺, 着座を, 神酒の, 移して, 積まれて, 突きつけたもの, 突きつける, 突き付けては, 突き出しあたかも, 突き出し唇, 突き出し鴫丸, 突き出す労力, 突き延す, 突き貫け, 突っこんで, 突つ立ちました, 突付けたり, 突拔ける, 窮屈に, 立たせ魚, 立ちは, 立ちふさがり, 立ち停つて, 立ち塞がって, 立ち塞つて, 立ち戻りて, 立ち止って, 立ち止るもの, 立ったから, 立った信吉, 立った途端, 立つた, 立つん, 立てた, 立佇った, 立戻っ, 端座した, 第三, 紅燈一閃衝と, 紺絣の, 線香と, 繰込んで, 置いた碁盤, 置かれました, 置きなおして, 置き両, 置く, 美しい若い婦人, 肉弾に, 胡坐で, 腰かけた, 腹合せに, 膝行り出まし, 自家用車の, 色々の, 茣蓙を, 荷物を, 落ちこんだ, 落として, 薦めて, 蜃気楼の, 行きじっと, 行きますと, 行き合掌, 行き机, 行き相, 行くまでには, 行く案山子ども, 行けこの, 行ったが, 行ったら犬狩り, 行つたあの, 行つてお, 行つてゐた, 行つて逃げよう, 衝と, 被さった筈, 覆い被さって, 言われて, 詰め寄ったが, 誘つて行つてお, 貫けた樣子, 走らせた, 走り出たか, 跪いた, 跪坐し, 踏みだし, 踏み出し銃, 踞んで, 蹲るよう, 躍りかかり私, 躍り出ると, 車座と, 転った, 載せそれから, 辿りつき敵, 近づくべからず又, 迫ったの, 追いつめた宿禰, 逃げるかと, 這い戻って, 通されました, 通りかかりましたの, 通勤に, 進まずうろたえて, 進まなくなつ, 進みお前, 進みたくなった, 進みなされ, 進みよると, 進み出るなり, 進み手, 進むたび, 進むところ, 進むよう, 進めつ, 進めなくなって, 進めを, 進んだであろうか, 進んでからは, 運び廊下, 遠国の, 酒くさい, 野獣の, 釣の, 長さ三寸, 開けられた格子戸, 陣どったの, 集まった時, 集まると, 集めました, 電話を, 面が, 音も, 顔が, 颯と紅, 飛びだした, 飛び出したムク犬, 飛び出すなり, 飛んだ, 飾りつけて, 馬車を, 駆け付けるよう, 駆け戻って, 駈けこむと, 駈け出して, 驅け, 麓から

▼ 前~ (5524, 5.4%)

45 あつた 28 私は 26 自分の 25 手を 19 それを, 足を 18 車を 15 口に 14 待って 11 二人は, 死んで, 涙を 10 止まった, 見て 9 こんなこと, 彼は, 煙草を, 私に, 私の, 結んで 8 とまった, 彼女は, 恥を, 自分を, 自動車を 7 何か, 平気で, 火を, 車が

6 [11件] お辞儀を, 停った, 僕の, 左右に, 彼の, 待つて, 急に, 歌を, 踊って, 顔を, 馬を

5 [23件] お角, して, ぴたりと, やって, ハタと, 別れた, 大勢の, 息を, 止った, 眼を, 着物を, 私が, 立ち停った, 自分が, 自分は, 言うの, 起き明, 身を, 金を, 降りて, 電車を, 頭を, 馬車を

4 [41件] あつたらう, これを, こんな事, さかんに, すべって, そんなこと, そんな事, とまると, はっきりと, ものを, ピタリと, 一人の, 一緒に, 丁寧に, 何の, 何事も, 停つた, 口を, 大きな声, 張番を, 彼を, 振って, 本を, 止りました, 止ると, 正直に, 母の, 牛車を, 立ち止まった, 立ち止まる, 笑って, 膝を, 自転車を, 話した, 話して, 起った, 酒を, 顏を, 首を, 髪を, 黒い影

3 [89件] あつて, あなたに, あれを, いって, いろいろの, お化粧, お話しする, この女, これは, こんなもの, そう言っ, そのよう, その子, その怪談, その時, それは, そんな風, でも, とまりました, ひら, クリストフの, 三人の, 世界が, 両手を, 今まで, 仕事を, 何度も, 使って, 例の, 僕は, 公然と, 別れる時, 勉強を, 口笛を, 堂々と, 多くの, 大手を, 女に, 女の, 彼が, 彼女の, 御隣, 戦って, 拝もうと, 料理し, 斯んな, 横に, 次の, 止って, 此の, 殺されて, 母から, 母は, 汗を, 泣いて, 洋服を, 焚火を, 父は, 父を, 直立不動の, 祈祷し, 私を, 私自身の, 立ちどまつた, 立往生を, 立止った, 簾を, 考えに, 胸を, 腕を, 腰を, 自動車から, 芝居を, 袂から, 裸に, 見せて, 言って, 話を, 身仕度を, 近所の, 逢引を, 遊んで, 開いて, 開けて, 養子の, 馬の, 駕籠を, 鬢を, 黙って

2 [355件] あたしと, あつたなら, あなたが, あの人, あの娘, あの男, あんなこと, いうの, いきなりニヤリと, いっしょに, いつかの, いつて, いろ, うっかり顎, うつむいて, うろうろし, おさめどん, おめかしを, お粂, お線香, お艶, お菊, お蝶, お里と, お隣が, かどわかされようと, きみの, げすが, こう云っ, この男, これだけの, これらの, こんな言葉, さういふこと, さうし, さつきの, さめざめと, さわぎが, しくしく泣い, するの, ずたずたに, せう, そういうこと, そこに, そこには, その戸, それまでは, そんな話, たった一度, ちょっと車, ぢつと, とまる, とり行, とるの, どんなこと, ならどんなに, ばか踊り, ひしめいて, ひとりの, ひどく雷鳴, ぴたっと立ちどまったらしい, ぺこぺこし, ぺらぺらと, ほかの, まごついたり, まごまごし, またビール, まっ白な, みょうな, もう一度それ, もう歩けなくなった, もって, やったの, やつた, やるの, わたしが, ウロウロし, オナラを, タクシーを, ツバを, ハッキリと, パッと, ピストルを, ホンの, ヨ, 一つその, 一つの, 一と, 一度も, 一時間ほども, 一時間も, 一言も, 下りると, 不意に, 両肌, 乾秣を, 二つに, 二人で, 二人の, 二枚ばかり, 云えれ, 云った, 云っちゃあ, 云って, 云つた, 云つたのが, 云つていい, 云はれた, 云へる, 人々は, 人間が, 仇討の, 今までの, 他の, 他人の, 以前の, 佐竹の, 何ち, 何も, 何を, 俄かに, 保証した, 俥を, 俺は, 停ったの, 停ったので, 停って, 停めると, 停りました, 傘だけは, 傘を, 働いて, 僕に, 先生と, 其, 円タクを, 冷酒を, 出て, 出刃庖丁を, 切りに, 別れて, 勝手に, 包みを, 化粧を, 十分に, 十分ばかりも, 十字を, 又機嫌, 受け或いは, 口が, 君が, 君ちやんを, 君の, 告白する, 呑んで, 呼出しの, 唾を, 喉笛を, 嘘は, 嘘を, 地球儀の, 坂井に, 埋葬を, 堂守を, 声を, 夏帯の, 夕食を, 大きな円, 大っぴらに, 夫の, 女が, 女房を, 妾の, 姿を, 威張れないから, 娘は, 子どもが, 子供を, 学士は, 実行し, 宣言した, 家庭を, 寝て, 小さくなっ, 尻を, 尽きて, 巡査に, 平次は, 平生よりも, 幸ひ, 広言した, 店の, 廻すん, 張, 彼に, 彼女を, 待つ, 得意に, 微笑んで, 心からの, 恥しめる, 意地の, 感心し, 懺悔し, 懺悔する, 戸を, 扉を, 手柄を, 披露する, 拍手を, 指を, 挙手の, 掌を, 揉みながら, 数を, 料理する, 斬られました, 斯う, 施けたの, 時計を, 朗読し, 木の葉を, 梶棒を, 椿岳は, 横を, 機を, 欠伸を, 止めて, 正太は, 此男が, 死を, 殊に盛岡人, 殺された太助, 毒を, 水の, 法水は, 泣いては, 泣くの, 浮かぬ顔, 浴衣の, 消えて, 滅多に, 演じられる背景, 演奏する, 無理に, 無理やりに, 焼いて, 熱烈な, 父に, 父の, 物を, 犬と, 狂乱する, 狐拳を, 玄関の, 申上げる, 申開きを, 留まった, 痣の, 発表した, 白状した, 白紙に, 百の, 目に, 真紀子は, 眠って, 矢代は, 砂を, 破つて, 示して, 礼拝の, 祈って, 祈つて, 祈祷を, 空へ, 窓硝子へ, 立ちどまりました, 立ち止って, 立ち止まって, 立ち淀みました, 立ち話を, 立停った, 立停り, 笑い話に, 紙を, 終って, 線香などを, 締め殺して, 罵って, 考えて, 胡坐を, 能を, 腹を, 臆面も, 自分から, 自分に, 自動車に, 自動車の, 自由に, 船の, 花嫁を, 荒い事, 萎け, 落したと, 葬式の, 薄を, 行って, 行は, 行われたの, 行われて, 行われるの, 行列し, 複雑な, 見たこと, 見っとも, 見ながら, 親分に, 言った, 言っちゃ, 言ひ, 許して, 誓って, 説明され, 説明する, 誰か, 誰かが, 謝罪し, 議論なんか, 豹一が, 負け組から, 貴女には, 赧く, 踏み止まつて, 躍った, 身支度を, 躯を, 輕く, 銭を, 長煙管, 降ろされると, 雁字がらめに, 雪は, 電話を, 電車から, 非常に, 面の, 顔に, 香を, 馬に, 駕を, 駕籠が, 黄色蛇の, 黒と, 黒助が, 黒白を

1 [3818件 抜粋] ああああ, あっさりと, あのよう, あの真珠, あまり人通り, あらうと, ある時, あんなにツケ, いい出して, いえるもの, いくつも, いそがしく調整, いつでも, いつも君, いまこう, いろいろ夜ふけ, うごかして, うちあけた, うつかり, うんうんうなり, おこなわれた, おっぴら, おばさんは, おれに, お出迎い, お手, お為, お神さん, お蝶さん, お辞儀し, かき合わせるよう, かつて感じた, かれは, きゆぅっと呑口, くりひろげられようと, けつまずいて, こうし, こう宙乗り, こう鞘, ことさら手ひどく, このわたし, この少年たち, この策略, こぼして, これほどまでに, こんなに物, ござりました, さえ線, さもいまいまし, されて, しかも此寒空, しきりに首, しばらく旅, しめたまま, しゅっと, じっと考え込ん, すこし間, すら, するよう, すれ違った時, そういう話, そない, その一方, その坐りやう, その封, その御, その曲, その被, その餅, それ云わん, そんな御, そんな窓, た, ただわくわく, たつた今, だんだんに, ちょうど何, ちょっと杖, ちょっと駕籠, ついやしたこと, つまらねえこと, でんぐり返って, とてもチャチ, とまり竹内, とんだ好い, どうにかこうにか, どんな正体, なされ, なにどうか, なんら, ねじり取られるそのまま, のんきそうな, はずかしいの, はつきりいつ, ばったり武林唯七, ぱっとだ, ひっきりなしに鳴かせました, ひねくりまわし, ひょッ, ぴりぴりと, ふっと見た, ふるえながら, ほうせき, ほろほろと, ぼんやりし, まごついた, また, まだいぶっ, まだ花, まるで年少者扱い, みなと, むざむざ破っ, もう一つ西の沢, もう神父, やあい, やつて, やられて, やれ, ゆらりと駒, よく前後, わかれたが, わざと大きな, わたしは, アラスカ探険記を, ウズメノミコトが, オルガンチノと, ガソリンの, キリスト教及び, グーッと, コンコンと, ザクザクと, ションボリし, スカウトの, スパスパと, タクシイを, チョット立ち止る, テノヒラを, ドーンと, ネクタイを, バタバタと, バリー・ペーンの, ヒラヒラさせ, ピッタリと, フランスの, ブリキを, ベニは, ホーマーとか, マグネシュウムを, マンショ父子の, ヤス子に, ロオプゴット・ピイプザアムは, 一つずつ, 一万九千匹の, 一千円の, 一寸立ち止まる, 一度下す, 一廻転する, 一応手帖, 一時間ほど, 一決した, 一種の, 丁度時効, 三十分ばかり, 上の, 下りの, 不思議とも, 中へ, 主人が, 久慈の, 九華が, 事件の, 二人が, 二十八日迄に, 云い出して, 云ったには, 云われるの, 亡き父, 人一人殺し, 人民と, 仄かに, 今も, 今日の, 仕事に, 仲好い, 会ったが, 伸子は, 体裁の, 何です, 何もかも男らしく, 何事を, 作品を, 侍に, 俥は, 倒れたの, 停まつた, 偽映, 働くかと, 元気一杯で, 先主は, 先頃から, 全軍, 公然明言, 六右衛門さん長謙さん珠子さん陸さん山チイの, 其詞を, 冗談に, 冷かした, 出す筈, 出逢った, 切り出したん, 列べて, 判決を, 別れたん, 前の, 剣を, 加十と, 動かして, 勝手な, 化粧し, 十人の, 卑怯な, 印度人たちは, 又五郎が, 友達と, 受話器を, 口争いを, 古い池, 叫び足らず與吉は, 可愛い娘, 各々下馬, 同じよう, 同僚と, 吐いて, 君に, 吹聴し, 呟いて, 命じた, 啀み合って, 喜平に, 嘲ったの, 囃子方諸, 四本の, 土下座頓首せ, 地球に, 坊主が, 塵を, 壻に, 夕飯を, 多少の, 夜泣蕎麥を, 大きく笑う, 大人たちの, 大声で, 大格闘, 大阪に, 天晴れ英雄だった, 夫は, 女は, 好んで, 妻の, 始めて医者, 娘, 嫌いです, 孤軒と, 宝鏡先生を, 客を, 宿禰が, 寝そべって, 尋ねましたので, 小便でも, 小樽は, 小鼻を, 尻尾を, 屹度見, 左右の, 市が, 常に人間, 平気に, 幸い何, 床に, 廻って, 弟が, 弾切る, 彼についての, 彼奴等味方では, 従弟たちと, 御容体, 御説明, 微風が, 心配相に, 怖れ, 思はず大声, 怪事件が, 恥しめようとして, 患者の, 悲鳴を, 惡口を, 愛して, 慄え, 成心あっ, 戦死した, 手の, 手押車を, 打ち振られるよう, 打明けて, 抑圧の, 披露され, 拇指を, 持扱かつ, 振りながら, 授けられた, 接吻を, 揺り動かした, 操を, 放言した, 散々呑んだ, 数え年四歳に, 數珠を, 料金表と, 断たなければ, 新しい云い, 旅行中の, 日本一の, 昇が, 昔ながらの, 晝は, 暴れ騒いだ, 書生と, 會つてやらう, 朝から, 本人の, 村田が, 枕を, 根の, 梶が, 椅子の, 様々に, 歌はせる, 止まると, 此處を, 歯入れやの, 死ぬとか, 死体を, 殺されたその, 殺したの, 母様と, 気がねし, 気障, 汚れた褌一つ, 決着を, 泣いたり, 泣くばかり, 洗い直さないでも, 浪花節を, 涙の, 減って, 溜飲を, 滑ること, 演ってる, 演説する, 濃茶, 烟の, 無造作に, 焼け死んで, 燃え輝いたの, 爺さん婆さんが, 物が, 犯人の, 猿を, 現代劇の, 生きてる女房, 生徒達は, 申したげでござる, 申し出でたもの, 男が, 町内の, 留つた時は, 畳に, 白い泡, 白髪の, 盃を, 目を, 看守は, 眠い眼, 着付けする, 知らせる必要, 砂田屋の, 磔刑に, 祈るよう, 神は, 禁厭使いは, 秀子が, 種々と, 突然ポーン, 立ちん棒, 立ち止まりました, 立ち留まって, 立てて, 立止っ, 立留まった, 竹の, 笑わなくなるだろうと, 算盤を, 精力を, 純潔な, 素破ぬい, 細長い糸, 経験した, 結ぶ様子, 絶叫し, 編物を, 繰り返されて, 美人と, 翳った冷たい, 耐乏生活を, 聞かせたり, 育ったん, 腰が, 膳ご, 自分以外の, 自己紹介を, 與へられた, 舞踏する, 芋子村の, 芸当を, 苦しみ悶え, 茂樹は, 荷造りを, 落ちる, 著しく感ずる, 薫に, 蛇の, 行い済した, 行なわれなくては, 行われたつて巧, 行儀悪く, 裂いて, 裸体に, 襤褸とじ, 見た, 見た釣鐘, 見る見るし, 見得, 親爺と, 言うと, 言はれ, 言葉と, 設けられて, 試して, 話さう, 話してる人, 話そうと, 語つて聞かせ, 説明を, 読む, 調べられた時, 謝罪させます, 豆を, 貴婦人を, 資本主義化されね, 赤恥を, 起請を, 跪いたり, 踊らせて, 踏み止まって, 身ぶるいする, 車から, 軽く身, 辺りを, 述べて, 追善會を, 逢ったとき, 逢つてしばらく, 遊ぶが, 道は, 遺言を, 酔払ったの, 野々宮君に, 釘勘が, 鉄瓶の, 銚子を, 長久手の, 開封し, 降りたの, 降ろされ地, 隠すには, 雛市に, 雲を, 青い空, 静座黙祷を, 音も, 頻りにピョコピョコ頭, 額づいた, 風呂敷の, 食堂の, 飾り窓の, 馬車が, 體裁の, 高等学校の, 鳴った, 黒い羽根

▼ 前から~ (5431, 5.3%)

63 知って 26 私は 23 聞いて 20 彼の 19 ここに, そこに, 彼は 17 来て, 自分の 16 私の 15 それを, 考えて, 見ると 14 して, 分って 11 あつた, である, わかって, 姿を, 急に, 知つてゐた, 電車に 10 あなたの, 何か, 感じて, 風邪を 9 住んで, 僕は, 後から, 気が, 消えて, 用意し, 続いて 8 ここへ, よく知っ, 知られて, 顔を 7 でございます, ですよ, 出て, 行方知れず, 計画し

6 [11件] ひそかに, やって, 家に, 彼女は, 思って, 承知し, 決って, 泊って, 私を, 自分を, 見て

5 [24件] あったの, ある, あるの, きめて, こっちへ, もうしろから, 一度も, 予期し, 二人の, 他の, 寝て, 少しずつ, 少しは, 彼女の, 心がけて, 手を, 持って, 深くお, 考へて, 識って, 起きて, 離れて, 非常に, 首を

4 [59件] あったん, あの方, うしろから, うちの, こ, こちらの, この家, この男, こんなもの, そう思っ, そのこと, それが, それに, ちゃんと知っ, でした, です, では, なん, はじまって, もって, わかつて, わたしは, 一人で, 一人の, 二人は, 云って, 何度も, 使って, 來て, 借りて, 僕に, 其処に, 出るの, 右の, 声を, 変な, 奉公し, 始めて, 密かに, 待って, 心の, 懇意に, 村の, 気づいて, 消え失せて, 父の, 目を, 眼を, 矢代は, 知つてゐる, 私が, 私には, 立って, 耳に, 行って, 言って, 計畫, 話が, 頼んで

3 [93件] あった, あったが, あって, あるもの, いくらか, お父様, かかって, ここは, この村, これを, そこの, それと, だが, だと, つづいて, であった, できて, でしょう, みると, 一処を, 三番目の, 人々は, 今日の, 今日まで, 何を, 入って, 出して, 判り切って, 動いて, 右に, 右へ, 君の, 奥の, 始まって, 娘の, 存じて, 客を, 家を, 寝込んで, 少しばかり, 少しも, 山の手の, 帰って, 床に, 店を, 彼を, 後ろへ, 御存じな, 忘れて, 感づいて, 懇意な, 打合せて, 放牧場の, 日本に, 日本の, 書きかけて, 望んで, 来た, 東京に, 橋の, 歩いて, 毎日の, 気がついて, 江戸へ, 江戸中を, 消して, 準備が, 準備し, 漁師の, 物を, 用意された, 町の, 知つて居る, 知り合いの, 知れて, 私に, 自分が, 自分は, 苦しんで, 落ちて, 行われて, 行方不明に, 見れば, 覚悟し, 覚悟を, 親しくし, 調べて, 輕い, 退くと, 降って, 雨が, 雪が, 非常な

2 [329件] あったので, あったもの, あなたに, あなたを, あの人, ありましたが, あるには, あるわけ, いって, いやもっと, いろいろの, いろいろ悪口, お倉, お分り, お前さんの, お夏さん, お富坊, お知り, お約束, お銀さん, からだの, きいて, きたと, ここで, こちらに, こっちを, この世に, この事, この土地, この室, この店, この父, この種, この通り, こんな風, さう, さかんに, すっかり知っ, すでにこの, そうな, そのよう, その人, その傾向, その名, その地, その必要, その方面, その計画, その青年, そんな事, そんな癖, たのまれて, だ, ちゃんと承知, ちゃんと知り抜い, ちやんと, ちょいちょい私, つきとばされたよう, つく, であつ, ですが, どうも危ない, どうも変, どこに, どこへ, なされて, なつて, ひどい腹痛, ほしかった, ほんの少し, また枕, もう一方, やつて, やつと, わたくしは, アメリカ娘を, クリストフは, タクシーに, チャンと, ツイ今しがたまで, マリユスは, 一般に, 一處を, 三ノ輪に, 三千代さんを, 三味線太鼓で, 三尺も, 三度も, 世帯を, 中風で, 丸山湯の, 丸山町の, 主に, 久慈は, 之を, 二た, 二箇所, 二階へは, 井筒屋に, 人目を, 今の, 伊之助の, 休んで, 伝わって, 住宅地の, 佐倉の, 何かの, 何となく健康, 何も, 何年と, 何遍も, 作り始めた英文, 例の, 信じ出した, 僕が, 僕の, 元町へ, 兄の, 入り込んで, 入口へ, 公然と, 其處に, 凡ての, 出かけて, 出すとか, 出入りし, 出初めた, 分つて, 切ると, 切支丹は, 判って, 別居し, 勘当され, 勤めを, 医者の, 十二三本杉丸太の, 十手を, 又血色, 取つて, 口を, 同じよう, 向うの, 君に, 問題と, 喉笛を, 国境に, 国際的に, 在郷軍人の, 執念深くお, 壊れて, 多くの, 大勢の, 大問題, 大病で, 大通りを, 大阪の, 女の, 女は, 好きだった, 好きであった, 好意を, 妙に, 妻は, 妻子を, 始まつて, 始められて, 子供が, 存在した, 安治川岸の, 家で, 家内と, 宿の, 察して, 寡婦に, 小田原の, 小舟に, 少しでも, 少し寝られる, 尼ヶ崎の, 居たの, 幼な, 幾度も, 康子は, 引返して, 彼が, 彼等が, 後ろから, 御相談, 心に, 心得て, 心掛けて, 心配し, 念仏の, 思い立って, 思つて居た, 怪しいと, 悪かったらしい, 意識の, 愛して, 感冒に, 成瀬屋の, 或る, 手紙も, 持つて, 探して, 提唱し, 斬るため, 昨晩腕車で, 曲者は, 期待され, 期待し, 机の, 村役場の, 東の, 東へ, 梅子の, 棟梁の, 槍の, 横から, 機会を, 欲しが, 止むを, 此の, 此家に, 此處に, 死んで, 母屋へ, 比べると, 気に, 気を, 求めて, 江戸に, 池の, 決まって, 泊りこんで, 消えた, 深い知り合い, 清水家に, 滞留し, 激論し, 為事を, 然う, 玉屋の, 用意が, 用意した, 田の, 申込んで, 男が, 町人の, 番頭の, 病気で, 病気を, 癰を, 發心し, 眼に, 眼病を, 着て, 知つ, 知つて居た, 知り合, 研究した, 神津家に, 空に, 空地へ, 突いた傷, 立ち上った, 立ち去った, 笹村も, 約束し, 紛失いたしました, 続けて, 老人は, 聞えて, 胸倉を, 脇差で, 腸を, 自動車に, 若主人, 苦に, 荒川堤で, 葛飾の, 虱潰しに, 見えて, 見たいと, 見ても, 規定され, 親しみを, 親分に, 覺悟し, 言ひ交した, 評判の, 詩を, 話しつづけて, 話して, 話の, 読みかけて, 読んで, 起って, 足柄へ, 跟けて, 踊りの, 身を, 迫ります, 退がって, 退くまい, 逃げるよう, 逗留し, 通じて, 道は, 金具が, 釘が, 長吉にも, 長崎へ, 降り続いて, 離れられずに, 電車へ, 青山の, 頸筋を, 頼まれて, 風の, 飛んで, 食慾が, 飼って, 養子の, 駿府へ, 鳩尾の, 麹町の, 黙って, 鼠が

1 [3513件 抜粋] ああなったの, あたしに, あったという, あった事, あった胃病, あなたにとって, あの地方, あの部屋, ありながら, あり秦權, ある信託会社, ある婦人, ある話, あんたは, いうて, いくつかの, いた一ぴき, いだいて, いつも云っ, いふやう, いらだち悩ん, いる者, いわれて, うつらうつらと, おじょうさんと, おっしゃって, おめ, お互様, お前といふ, お姫さまを, お待ちに, お次さんに, お秀, お躯, お高, かなり大きな, きっと立派, きらいで, ぐらぐら煮え返っ, こうし, こう言っ, こっそり江戸, このお仙, このガンジイ, この不知火御殿, この借家, この地下道, この対岸, この旧友, この温泉, この紅, この近辺, この館, こんなになっ, ごん七さん, さうだつ, ざんぶとばかり水煙り, しばしばこちら, すぐ其所, すっかり消毒, すでにゆきづまっ, すでに楽しかっ, すでに金剛石, ずっと, ずっと中村, そういう庭, そうだ, そう思う, そっちへ, そのわき, その作品, その小, その瀬戸物町, その肥った, その部屋, それの, そんな名, たいそう楽しみ, たつた一人きり, たぶん前夜, だったか, ちっとも見えません, ちょくちょくし, ついて, てっちゃ, できないで, ですそして, とうに戦い, とんと腹, どうも気, なくなって, なんか, ぬけ道, はぐくまれて, はるばるこの, ひきつづいて, ひろ子に, ふつつりはがき一つも, ぶら, ほんものの, ぽつぽつ因果, またこっち, また時々, みょうに元気, もうもう柴田殿, もう完本, もう自分, もはや私, やもめに, よく住み, よく養母, わかってると, わたしが, ゐるの, アメリカへでも, エミリイには, ガラス天井の, ゴルフを, ジイド迄かも, スッと, ズーツと, タキシーを, チンキの, トグロを, ナジミな, ハンゼン家の, フラフラ出, プログラムの, ボス撃滅を, マイクロホンの, モオリスの, ルブラン氏は, ローラは, 一つ願を, 一匹の, 一寸調べ, 一日二ヶの, 一歩一歩退く, 一種の, 一通りこの, 三丁目が, 三宮神社の, 三輪の, 上野も, 下男どもと, 不安に, 世の中の, 世間普通の, 中學の, 主は, 乗ったお客様, 九十九里の, 予報を, 予言めいた, 二三家中の, 二人を, 二十面相が, 二間幅, 云はう, 五時迄, 交際でも, 人々の, 今か, 今日占領の, 仕度を, 件の, 休暇で, 伜の, 似たよう, 佐々が, 何やかや話, 何時か, 佩剣の, 俄の, 信長は, 傍若無人に, 僕のだけ, 兄たちに, 先刻の, 光子さんに, 入口を, 八ツ橋を, 六条少尉に, 其だけの, 内々苦心を, 再び以前, 凝りだしたん, 出仕した, 出版され, 分つてる病氣, 切っちゃ, 刊行され, 判事や, 到頭寢込, 剣舞道場に, 動かずに, 勘當され, 北条美作は, 十分わかっ, 千々子さまは, 半町も, 博士が, 厳として, 去ること, 友達にな, 取り払われた, 口実を, 各方面, 同じ不安, 同棲し, 君勇を, 告白し, 和尚の, 問題に, 噂が, 四十年前の, 國策と, 在ったの, 地球人類が, 城の, 堅気な, 売るべき田地, 夕方に, 夜の, 大いにその, 大して苦労, 大分心配し, 大将から, 大磐梯, 大阪市中へは, 太宰君に, 夫婦連れで, 契約し, 女を, 女道樂を, 好奇心に, 妻君は, 始まったもの, 始まる, 始めるの, 嫌いじゃ, 子息主税を, 学校で, 完全な, 宝は, 客が, 家内に, 家業は, 寂れては, 富山に, 寝部屋, 寮で, 尊像頒布が, 小児でさえ, 小石川の, 少々風邪, 少し損所, 尾張東照宮の, 居るやう, 山でも, 山本氏との, 島原の, 工風し, 巧みに, 市十郎が, 師を, 幕府へ, 年金を, 幾分間か, 度々下山, 座蒲団を, 廊下の, 引き続いての, 引取って, 強い風, 形見に, 彼らは, 彼女達自身実行し, 待たれるの, 後に, 従兄が, 御存じだった, 御滞在, 御自分, 心がけよく, 心臓病で, 忙わ, 思うよう, 性急に, 恐い顔つき, 悪くなっ, 想像し, 愛知川口に, 憎み合って, 成田樣へ, 戦争中も, 戻って, 所長だけの, 手前どもに, 手紙などを, 打合せの, 折入っ, 抱き寄せるやう, 拔く, 持ち越して, 挙動が, 捕えて, 採集を, 換気され, 支度を, 救援運動を, 數町の, 文通を, 新しい糸口, 新庄家に, 方々物色し, 旅行中も, 既に今年現, 既に老成, 日本へ, 日本髪に, 明けて, 春之助と, 時々坐つ, 時候あたりで, 暑さ, 書きたい材料, 月の, 有名な, 木曽川の, 本艇の, 村田が, 来た自転車, 東京には, 東野に, 枳殻寺の, 格子戸の, 棒で, 極めて置い, 横恋慕を, 機上よりの, 欲しくて, 此処に, 武芸が, 死ぬ気, 殆ど我が家へは, 母の, 毎日で, 毎月二三度ずつ, 気がかりに, 気味わるい, 氣が, 永い間中国, 江戸で, 決められて, 沁, 河岸に, 法工医の, 泳ぎに, 流行ったこと, 海の, 消え去るばかり, 消滅し, 深く俯向, 清水一角という, 満鉄調査局勤務, 漠然と希望, 火の気が, 無くなって, 焼栗屋の, 熱学方面で, 父と, 牛や, 特に君主, 独逸では, 現れること, 用人と, 用意の, 甲州の, 町人百姓から, 疲れて, 病気であった, 痩せ細った十一, 発狂し, 百メートルほどの, 目にこそ, 直線に, 相談が, 眺めて, 睨み合って, 知ってたの, 知ってる人, 知つて秘かに, 知り合いであった, 知事の, 知合にな, 硬骨漢が, 神田橋まで, 秀麿の, 私も, 科学とか, 稲荷の, 空家です, 突然ゐなく, 立ちさって, 立とうと, 立退きを, 箱根の, 精神が, 約束しとい, 紫いろに, 結婚する, 絶版に, 総務所の, 繋いで, 羞恥の, 老母の, 考へましたこと, 聞えなくなつ, 聴いたこと, 肛門の, 胃病だつた, 脳膜炎に, 自分で, 自動車の, 自由主義の, 船の, 芝居にも, 若いウサギさん, 英国行を, 菱苅は, 蓮英殺しと, 薬研堀の, 蚊屋を, 行方の, 行方知れずで, 表玄関の, 西の, 要望され, 見たよう, 見るもの, 覚って, 解って, 言い含められて, 言葉の, 許し合ふ, 試験場の, 話には, 読みたいと, 請求し, 識ってる, 讀み續, 貧乏だ, 貸家に, 起ちあがり電燈, 跡方も, 身体のちからは, 車内の, 軽い中風, 農林省に, 迫って, 退きたくなった結果, 逃げだしその, 逃げ出しながら, 逃出した, 通學する, 遁走し, 過去の, 道樂を, 遠ざけるよう, 避けて, 酒を, 野菜や, 鈴本の, 長いあいだ空き家, 長官の, 開けて, 関ヶ原の, 関西地方に, 阿波守には, 陰毛で, 随分沢山書いた, 雑誌に, 離屋の, 電燈の, 霍亂に, 静かな, 音楽が, 領土に, 顏や, 風守は, 飛び出したさうである, 飲みはじめて, 養子に, 馬車を, 駈け下りて, 騒いだ人肌地蔵, 高等学校まで, 鳩が, 黒田さまの

▼ 前~ (4587, 4.5%)

210 通って 110 通ると 68 見よ 64 歩いて 63 通る時 44 通った 42 通りかかると 38 過ぎて 37 通り過ぎて 36 通るの 33 通り過ぎた 30 流れて 28 走って 27 通るとき 22 通りか 21 離れて 20 通りかかった, 通りすぎて, 通る 19 素通りし, 見て, 見ると, 通らなければ 18 通り越して 17 通つた, 過ぎた 16 往っ, 通りかかって, 通りすぎた 15 通った時, 通り抜けて, 通り過ぎようと 14 通ったの, 通りながら 12 お通り, 右へ, 掠めて, 行ったり, 見た, 通りました, 通るたび 11 通ったとき, 通りますと, 通り過ぎる, 通る人 10 うろついて, 抜けて, 横切って 9 はなれて, 通りかかりました, 通ること, 離れた 8 とおって, 見つめて, 通ったが, 通っても, 通りぬけた, 通ります, 通る度 7 はだけて, まくって, 去って, 向いたまま, 真直に, 見れば, 通つて見た, 通りぬけ

6 [18件] すれすれに, 何度も, 掃いて, 歩きながら, 立って, 走つて, 辞して, 退いた, 通つて行つた, 通らねば, 通りかかった時, 通り過ぎたが, 通り過ぎると, 通り過ぎる時, 通れば, 通過する, 過ぎると, 離れると

5 [21件] あちこちと, あるいて, ふさいで, 一人の, 右に, 合せて, 合せながら, 向いて, 塞いで, 往つ, 横に, 行く, 見たまま, 足早に, 退がった, 通つたら, 通つて行く, 通りしなに, 通りすぎようと, 過ぐ, 避けて

4 [42件] いったり, うろうろし, かすめて, つくろって, とおると, ぬけて, ぶらぶらし, むいて, よぎって, キチンと, 人が, 動かなかった, 合せる, 大手を, 左へ, 往き来した, 往復した, 掃除し, 私が, 立ち去った, 素通りした, 行く人, 見ても, 見詰めて, 読んだ, 退いて, 退くと, 通ったり, 通つ, 通りこし, 通り三角標, 通り過ぎた時, 通り過ぎながら, 通り過ぎました, 通るよう, 通る事, 通る人たち, 通る毎, 通過ぎた, 静かに, 飛んで, 駆け抜けて

3 [68件] ぐんぐん通り過ぎ, さがった, さがると, すぎて, ぞろぞろ人, ぶらぶら歩い, スーと, 一匹の, 中心に, 何か, 動いて, 去った, 右の, 合わせて, 左に, 平気で, 彼は, 往来し, 往来した, 憚って, 歩いた, 立ち去って, 立ち去ること, 立った, 立去った, 素通りする, 素通りに, 行くの, 行く二人, 行つ, 西へ, 見つめながら, 見ますと, 退って, 逃げるよう, 通すぎるとき, 通ったこと, 通ったという, 通つて揚屋町の, 通らないこと, 通らないよう, 通られる時, 通りかかったとき, 通りかかったの, 通りかかりましたが, 通りかかりますと, 通りかかる時, 通りかけて, 通りすがりに, 通りすぎました, 通り掛ると, 通り過ぎること, 通るが, 通るごと, 通るはず, 通るもの, 通るん, 通る者, 通ろうと, 通行する, 通過し, 過ぎぬ, 過ぎるに, 過ぐる, 過ぐる時, 避けるよう, 離れなかった, 離れながら

2 [217件] あけたまま羽織つて, あはせ, いって, いつまでも, うろつき出した, おそろしい勢い, かき合せて, かすめました, くつろげながら, これまで, さがって, さがり列, さして, しらせて, すうと, すぎると, すぐに, すべるよう, すりぬけて, ちょろちょろと, とおりすぎて, とおりすぎました, とおりながら, とんで, ながめて, ながれた, のぞくと, のぼって, ひらくと, ぶらついて, みつめて, ゆく車, よろよろとと, スレスレに, スーッと, 一台の, 一坪ばかり, 上野の, 下った, 下駄を, 主人の, 二三度行っ, 二頭馬車で, 何遍も, 例の, 八五郎が, 六十としても, 再現する, 出て, 動かずに, 動かなかつた, 勤めて, 南に, 去らなかった, 及川が, 右左に, 合は, 合わせながら, 向うへ, 向けば, 否定し, 回顧し, 塞ぐよう, 外して, 大股に, 奥の, 始終通り, 少し西, 幾度も, 廻って, 引いて, 影あやし, 彼方へ, 往き来し, 往復し, 往復する, 往来する, 思い出して, 急カアブ, 悠々と, 憚つて, 押えたまま, 押へて, 指さした, 指さして, 指して, 掃くの, 掻き合せて, 掻き合せながら, 掻合せ, 敏捷な, 斜に, 斜めに, 昔の, 時々若い, 曲って, 曲り京伝, 東に, 横ぎりたり, 横ぎりて女の, 横切った, 横切つて, 横切り大塚早稲田方面, 歩き回った, 歩んで, 泉屋の, 流る, 流るる渓流, 流れた, 流れる下水, 滑って, 滑りました, 滑ると, 漕いで, 無事に, 疾走し, 目を, 直しながら, 眺めた, 神明の, 立ちさりましたが, 立ち去るの, 立去於坐, 竹橋へ, 素通りしかねた, 繕うの, 美しい女, 自分の, 茫然と, 蔽ふ, 行きつもどりつして, 行き過ぎた, 行き過ぎて, 行き過ぎる, 覆うて, 見た時, 見つめた, 見据えて, 見詰めたまま, 警護し, 貫く刀, 貰って, 走り過ぎた, 走る自動車, 越えて, 踊って, 迂路ついてる, 退がって, 退きました, 退こうと, 退った, 退却すべく, 通ったついで, 通ったと, 通ったので, 通つた事も, 通つた時, 通つた自分は, 通らずには, 通らないでは, 通らなかった, 通りかかったので, 通りかかりまして, 通りがけに, 通りその, 通りそれから, 通りて, 通りぬけながら, 通りぬけました, 通りぬけると, 通りますので, 通り抜けた, 通り抜けようと, 通り抜けると, 通り抜けるとき, 通り拔けて, 通り拔ける, 通り母親, 通り過ぎようとして, 通り過ぎるの, 通るところ, 通る前後, 通る様, 通る男, 通ろうとして, 過ぎかけた, 過ぎても, 過ぎました, 過ぎようと, 過ぎる, 過ぎるのに, 過ぎる風, 過ぎ去って, 過ぎ小路, 過ぎ赤き, 過ぎ青草, 遮った, 遮って, 避けようと, 野が, 開き戸に, 闊歩する, 離れあちこち, 離れたこと, 離れぬの, 離れました, 離れようと, 離れベッド, 離れベツド, 電車が, 電車の, 駆けて, 駆ふ声, 駈けて, 駈け抜けて, 驅ふ, 黒い人影

1 [2080件 抜粋] ああし, あけっぴろげた, あたかも幸福そのもの, あちこち見, あの大きな電人, あわせそして, いきかけて, いくらか, いそいで, いつも素通り, うけんため, うつり変わった数百人, うろうろした, うろ付い, おさえ紐, おりおり啼いて, お通りがかり, お離れ, かき合, かき合せると, かく繕いし, かけ抜けると, かならず驛, きちり, きらりと, くれた, ぐるぐる廻っ, ぐるりぐるりと, こつそり通り拔, この間おかみさんは, こわごわあっち, さえぎっても, さがり廟門, さけて, さし示した, さら, しゃくって, すうつと, すぎるギンブラ連中, すこし行き過ぎた, すっと通り抜け, すりぬけかねて, すり抜けようと, ずっと奥, せんならん, その勇壮, そろ, たたいて, たち去りながら, ちゃんと知っ, ちょっとカール, ちらりと通りすぎた, つかみ合わせたまま, つくろいながら, つくろひさて, つづけさま, てらしました, とおりかかったとき, とおりこし, とおりすぎ橋, とおりますと, とおるとき僕, とび退く, とりつくろって, どうしても通り, どんどん追い越し, なぞへに, なほ醒めぬ, のがれたいだけ, のみ見んこと, はこびだされながら, はすかい, はだけたまま家, はだけた様子, はだけ酒樽, はなれふもと, はなれませんでした, はなれ今度, はばからずまさしく, はらつた, ばらりッ, ひきさがって, ひとりで, ひらいて, ぴょんととん, ふり向かうとも, ぶらついたり, ぶらぶらうろうろした, へんな, まかりて, まくる, まっすぐに, みじめな, むいたまま, めぐりながら, やすやすと, ゆうべ近所の, ゆく三人, ゆく帯刀, ゆく者, ゆく馬橇, ゆっくり通り, ゆるやかに, よぎる, よこぎる, よろよろと, わざと生真面目, ウロつい, カッポ, ギャンギャンと, ススと, スルスルと, ソッと, チューチュー啼き, トーマス, バタバタと, フラフラと, 一〇〇と, 一列び, 一度通り越し, 一直線に, 一體どんな, 三人五人と, 上流の, 下がり門前, 下つ, 与えるであろうが, 主上から, 九郎御曹子が, 二つの, 二三度往き来した, 二三軒通っ, 二度通る, 五分月代に, 人波の, 伝った気, 何と心得, 何気ない風, 俗に, 偲ぶよ, 先駈けし, 六騎の, 出して, 出ようとして, 切って, 剃こぼって, 割つて, 動いたこと, 動物園の, 医者の, 半分さえぎっ, 厳格に, 去ってから, 去らないので, 去りたかった, 去る勇気, 参照, 取りなして, 取繕って, 受けるやう, 可懐し, 右折し, 合せた, 合せ鬢, 合わせると, 名づけて, 向こうに, 品川の, 四十ぐらいの, 囲いながら, 国境の, 報じる, 塞ぎ秘, 塞ごうと, 多くは, 大きな箱, 大勢通つていつた, 奔りぬけた, 女が, 妨ぐるのみ, 子供たちが, 寄与しなけれ, 小さな虫, 小戻り, 少しおどおどし, 屋根から, 川が, 左へは, 市谷見附まで, 平馬が, 幾度か, 廻つて私の, 引きさ, 引き退がったが, 引っ張りながら, 引退つた, 張って, 彼が, 彼等が, 往きつ戻りつした後, 往くので, 往手にあたって, 徃つ, 徐ろに, 御主人, 心斎橋を, 忘れようか, 怒りながら, 思ひ出した, 急ぐか, 恐ろしい殺人自動車, 想いおこす, 愧じ, 憚かって, 憚り表向は, 手を, 打ちました, 承けた態度, 抑へながら, 抜けずとも, 押えながら, 拔けて, 指さしました, 指します, 挙げて, 捲ったり, 掃こうと, 掠めたの, 掠め露天, 掻きあわせながら, 掻き合せたが, 掻合わせ, 摺抜け, 支払うこと, 散歩す, 整えながら, 旗や, 是見よ, 更に横取り, 望み身穢れ髮亂, 来たり, 東南に, 某が, 様子振り, 横ぎって池の, 横ぎり秋草茂れる, 横ぎる時千代子は, 横つ飛び, 横切つた一人, 横切りながら, 横切ると共に, 横切る度毎, 櫓拍子いさましく, 欺かんとは, 歩きはじめて, 歩き歩き面白, 歩くよう, 歩み行けり, 歩行い, 毎朝めし, 気遣う必要, 水夫らが, 汽車が, 流るる小さき, 流れる, 流れる常時静か, 流れ行く一艘, 消毒室へ, 清兵衛と, 渡渉する, 漂うた, 濃い新緑, 無視し, 煙みたい, 熟と, 猛烈な, 田丸は, 畏れてか, 白いもの, 白魚船が, 目の下まで, 眞直に, 真っ赤な, 真紅に, 眺めて, 瞻る, 知らぬ顔し, 示さぬ様, 礼拝し, 福島の, 私は, 突ッ切る, 突切る, 立ちあがった, 立ちふさぐに, 立ち去ったの, 立ち去り兼ねしお, 立ったお初, 立去って, 竹箒で, 築地の, 精一杯うまく, 素どおりし, 素直に, 経て, 綱で, 繕いながら, 繕ふ, 老人と, 聞かない私, 胡麻化す, 脊中いっぱいに, 自分を, 自転車で, 色々な, 芸妓の, 葉子に, 薬屋の, 行きすぎて, 行きつ戻りつした, 行き交う人々, 行き過ぎやう, 行くお婆さん, 行くやせ型, 行く一郎, 行く人足, 行く彼女, 行く米友, 行けば, 行過ぎた, 衝と, 西城川という, 見, 見せなければ, 見つめたまま, 見ながら, 見るに, 見んとて, 見据えた, 見詰, 覗いても, 観るの, 言いこしらえるの, 訪ふなりし, 語つた子供上りの, 調べて, 豆潜水艇を, 貰うこと, 赤蜻蛉が, 走りぬけさらに, 走り乍ら, 走り過ぎは, 走るよう, 走る電話線, 足に, 跳びのいて, 踏むよう, 軋み出るの, 辞し安土, 辷り出すの, 近々と見せびらかし, 追ひ, 退がると, 退り自分, 退散した, 逃れること, 這って, 通ったお, 通ったって, 通ったよう, 通ったらぷーんと, 通ったら兵士ら, 通ったら御, 通ったら重りあって, 通った姿, 通った者, 通ってさえ, 通つたのさ, 通つた位にしか, 通つてこの, 通つてそして, 通つてまた, 通つて三尺の, 通つて他の, 通つて内を, 通つて家の, 通つて廣い, 通つて案内を, 通つて自, 通つて裏手の, 通つて驚ろいた事が, 通らなかったの, 通られたと, 通りあの, 通りかかったからと, 通りかかったもの, 通りかかった靴磨き, 通りかかりましたら扉, 通りかかる博士, 通りかけたが, 通りがかった三人, 通りしが, 通りすぎいよいよ, 通りすぎたの, 通りすぎやがて, 通りすぎる俥上, 通りすぎ無, 通りだんだん, 通りぬける時, 通りましたが, 通りました時, 通りますから, 通りやがて, 通りワキ柱, 通り井戸, 通り去る, 通り家, 通り座敷牢, 通り抜けようとして, 通り掛ったから, 通り掛れば, 通り歩きつつ, 通り行くを, 通り赤い, 通り越す, 通り過ぎざま, 通り過ぎたところ, 通り過ぎた二人, 通り過ぎた汽車, 通り過ぎた頃, 通り過ぎます, 通り過ぎる客車, 通り過ぎ亡者, 通り過ぎ暫く, 通り部屋, 通るうち, 通るたびごと, 通るという, 通るにつけ, 通るまいと, 通る一瞬間前, 通る人足, 通る列車, 通る度毎, 通る時二人, 通る知らぬ人たち, 通る若い, 通る青眼先生, 通れなかったよう, 通抜ける, 通返し, 通過させた, 逞しい男, 連れ回る時, 運送車が, 過ぎたであろう, 過ぎた二つ, 過ぎましたら隣, 過ぎるの, 過ぎる間, 過ぎ去った弾丸黒子, 過ぎ去る光, 過ぎ庫裏, 過ぎ芭蕉, 過ぎ鹹澤, 過ぐる毎, 過る, 道に, 遮つた, 遮る雑木藪, 避難者が, 鉄道が, 長身の, 開きタキシード, 阻まれた女, 阿賀妻は, 階から, 隣の, 雑巾が, 離れずに, 離れた時, 離れるや, 離れ海岸, 雪解の, 青すすきに, 音は, 順次に, 顧み果, 飛び上, 飛び過ぎて, 飛ぶ小, 飾りました, 馳け, 駆う声, 駆け抜けるころ, 駈けめぐるの, 駈脱, 高砂樓の, 黒いカブトムシ, 黒く動く

▼ 前には~ (3213, 3.2%)

18 一人の 12 何の, 私の 8 例の, 私は, 誰も 7 女の 6 人の, 俄かに, 確かに 5 人間は, 何か, 何でも, 何も, 大勢の, 姿を, 彼の, 彼は, 頭を 4 あなたの, いつでも, いろいろの, すべての, なかった, 一つの, 一切の, 三人の, 氏上たる

3 [44件] あらゆるもの, いつもの, きれいな, これも, さっきの, それが, それは, なお愚か, なんの, ひとたまり, ひとりの, 一つも, 一台の, 一度も, 井戸が, 人間の, 今でも, 今まで, 何ものも, 何物も, 何等の, 僕の, 多くの, 妾の, 少しばかり, 少しも, 彼が, 彼女の, 朝の, 枕の, 殆ん, 母の, 水の, 無かった, 畑に, 異様な, 盛んに, 罪を, 自分が, 自分の, 自分も, 車が, 鉄の, 頭が

2 [193件] あった, あなたは, あるに, いっさいの, いないの, いなかった, うらぶれた大学生, お染, お粂, かなり草臥れました, この辺, これが, これらの, これを, さすがの, さまざまな, さるヨーロッパ, しばしば恥, その上, その膝, それから, だれも, つきり, どうしても一度, どうする, どんなこと, なお暗い, ほんの少し, もう鬼, もつと, よほどよく考え, わたしは, アーチを, テーブルが, 一列を, 一匹の, 一寸頭, 一本の, 一条の, 一面に, 三宅坂が, 不具な, 世界の, 中川一政氏によって, 久し振りの, 九州の, 二つの, 二人の, 二度出た, 二本の, 五六人の, 人々は, 人が, 今の, 今日でも, 仕事を, 他愛も, 何らの, 何目か, 俥と, 偽りなき, 元大きな, 先づ金を, 全く新しい, 兵隊が, 冬の, 凡てが, 凡ての, 出ないの, 動く道路, 半円形, 厳めしい, 可なり, 可なりの, 台が, 回向院の, 土塊にも, 堅固な, 大威徳明王, 大束の, 大河が, 奉納の, 女が, 女と, 如何に, 妻が, 妻玉江娘百合あやめ, 婆さんが, 子供が, 学校の, 宗教の, 家中の, 小さき者, 小姓か, 屈するの, 川が, 巡査が, 巨大な, 己の, 帰る筈, 常に謙遜, 平気で, 平等である, 広い空地, 庭の, 弱いもの, 彼等は, 後ろ手に, 御飯に, 必ずその, 必ず下, 必ず数本, 必らず, 急に, 愚かである, 愚かなる, 提出も, 文学は, 斯ん, 斯んな, 日の, 日本の, 旦那が, 普通の, 暗い淋しい世界, 最後の, 月の, 服を, 机を, 横浜に, 此の, 毒魚も, 気持の, 水滸伝が, 池が, 淘汰を, 無かつ, 無邪気な, 燃え尽きた線香, 父母兄弟妻子までも, 牡丹の, 申し落しましたが, 男の, 男女の, 目も, 短刀の, 石の, 砂が, 破って, 社会の, 神聖な, 私か, 私が, 私に, 私も, 空の, 童子が, 編笠が, 老婆の, 背の, 腰を, 臍が, 自分で, 自動車が, 自由を, 色とりどりな, 花の, 花や, 蜥蜴の, 行き倒れとか, 見えて, 見おぼえの, 誰が, 誰でも, 赤い幟, 軍制の, 醜きもの, 金が, 金ピカの, 鋭鋒を, 閣下と共に, 随分その, 集団疎開に, 雨に, 雪が, 青磁の, 青竹を, 非常な, 頭も, 頭髪の, 風が, 高い山, 黄の

1 [2523件 抜粋] ああいっ, あった昇降機, あのまあ, あの村, あの貧乏, あらゆるベルギー, ありません, あれから, あんなに怖じ恐れ, いかなる光景, いずれも, いつもと, いつも八つ, いつも香, いまや口先, いろいろ大騒ぎ, うろたえて, おじさんは, およそその, お互立派, お前どこの, お友達, お料理, お父さんの, お風呂, かならずその, かなり涙ぐましい, がらんと, きっと唖娘, きっと起し, ぐらぐらしない, こういう願書, ここに, この中国服, この女, この得体, この異常, この谷, この電車, ころりころり, こんな小さい, こんな觀方, さう, さだめて, さまざまの, すぐうしろ, すっかり済まし, すでに新, すやすや眠っ, せまい廊下, そういった言い伝え, そう好き, そこを, その夢, その幼い, その理屈, それぞれ住民たちが, それほどでも, そんなこと, そんな風, たくましい番犬, たじたじと, ただ冷たい, ただ甘い, たちまち太秦あたり, たべたがるもの, ちえ子さんそっくり, ちゃんと車, ちらほらと, つけるのね, とかげが, どうしても病気, どなたが, どんな奴, ない, なくて, なほ餘裕の, のべませんでしたけれども, はても, ひとかたならず世話, ひょろひょろの, ほとんど全部, ほんとうの, まさしく大, またその後, また冬, また振動, まだこの, まだまだ長い, まだ冬, まだ祖母, まるでとれなくなった, みな帰っ, もうどうする, もう二三日, もう八五郎, もう父, もう葉ざくら, もっと別, やがて料理, やはりこの, ゆるい大川, よくやっ, よく斯様, よくTM, わが家の, われから, アーチの, エメラルドを, カフェーや, キット迷と, グウとも, コルネリウス・アグリッパを, サツカレイの, ソビエットが, タマーラに, チャブ台は, トム公も, ネッケルに, ハムレットの, パーラー公子と, ビールが, ブリッキの, ミス, リュシアン・レヴィー・クールを, ローソクの, 一たまり, 一パイに, 一再ならず負けた, 一基の, 一座滑かな, 一片の, 一輌の, 七の, 万人の, 三勝半七の, 三好野か, 三箇の, 上下の, 下寺と, 不思議に, 世話人が, 中の, 久しい月日, 乾くもの, 二丁目の, 二人は, 二本ばかりの, 二組に, 五六十本の, 五百石お, 人は, 人夫頭の, 人気の, 仁王門の, 今一大事が, 伊東祐親入道の, 低き木柵, 何かの, 何にも, 何事を, 何年にも, 何者が, 依然としてこの, 信玄謙信氏康信長の, 偉大な, 僅かに, 僕強きも, 兄さんが, 先ずこれ, 先生は, 兒あ, 全快するであろう, 兩眉の, 六十歳ばかりの, 其派の, 円弾だった, 冷たさ, 出しようが, 出ない, 出来なかった砂, 初春を, 到るところ, 前面に, 動物性の, 北の, 十何台の, 十斤で, 半時間しか, 南殿と, 危機は, 厚着した, 又もう, 友達の, 口惜くっ, 古い廟, 古賀の, 台湾より, 合衆国が, 同じこと, 向日葵が, 和一郎が, 問題でない, 嘆息に, 四五ヶ月ばかり, 四十人許り, 四角いヒバチ, 回転椅子が, 土手の, 地球磁力線に, 地面の, 城ヶ島の, 壕を, 夏外套を, 夜中短剣が, 夢みず一二時間後, 大きい河, 大きな女郎屋, 大きな桜, 大きな障害物, 大人しくし, 大外交家小村侯爵, 大沢の, 大癡老人, 大草額平を, 天下の, 天真正伝神刀流飯篠長威斎先生の, 夫婦し, 奥様が, 好む所, 如何に無力, 始祖御, 子供の, 学生が, 宇津木の, 完全に, 実際の, 家に, 寒竹の, 専門化という, 尊氏が, 小さい川, 小さなランプ, 小さな智慧, 小さな船板, 小料理屋が, 小説家が, 少なくとも私, 尿下りろ, 展開せられなかった, 山荘へ, 岡島さんとの, 島田虎之助が, 川に, 市ヶ谷へ, 師匠が, 帳場も, 常樂院赤川大膳藤井左京諏訪右門, 平伏しなけれ, 幼穉さを, 幾度も, 広い野, 底の, 庭が, 廢工場の, 弘法大師だけに, 当時かなり, 影さえ, 彼と, 彼を, 彼等が, 往来に, 御本宅, 徴用で, 心配そうな, 必ず両手, 必ず小, 必ず母, 必ず質屋, 必然に, 思う人, 恋の, 恐ろしい敵, 恥かしい, 悉くこの, 想像さえ, 愚かに, 感応により, 戀愛の, 戦争の, 戻って, 手に, 才女と, 拜殿も, 提灯を, 擂鉢型の, 政治談を, 敬吉は, 数珠が, 文人自身すら, 文学士春の屋朧の, 断じて不可, 新しい卒堵婆, 新しい草鞋, 新らしい, 新聞社内に, 旅人は, 日ごとに, 日常茶飯事である, 日本軍の, 旦那の, 明かに, 星の, 是を, 昼飯どき, 時鳥を, 暮れ方の, 書き上げるつもり, 有りましたもの, 服薬を, 未だ小, 本を, 杉桜楓など, 来るはず, 東京行それ自身さえ, 東照宮の, 松田憲秀の, 果てしも, 柵も, 桐の, 梓川の, 極めて微力, 榊や, 権力も, 横須賀軍港が, 橋の, 歌碑二つあり, 此方こそ, 武石弘三郎君という, 歴史は, 死んで, 段々と, 母屋へ, 毎晩の, 毛皮を, 気味の, 水晶花の, 永遠が, 決してなかっ, 決して立たないであろう, 汽車の, 沢山の, 泉池が, 注射し, 流れの, 海が, 消えかかつた樺火, 涙を, 深い海溝, 渡辺長男君という, 滅びて, 漆の, 瀬戸物の, 炉が, 焚火し, 無力たるべきであった, 無数の, 焼岳の, 熨斗三方向い鶴の, 燈明がと, 牛の, 物を, 独立し, 猫の, 珍しく清水, 現在汝等を, 瓦色を, 生は, 生身の, 田三十四町一反余の, 画家達の, 白い大きな, 白峰本岳から, 白粉の, 白雲を, 百年変らざる, 盃が, 直ちに本来, 相思の, 真っ青な, 真黒な, 知らなかった外国人, 知性か, 石のかべが, 石屋が, 硝子の, 祈祷台が, 神主の, 神經質を, 私何んにも, 私頭が, 穢らわしい日本, 窓に, 立居振舞いが, 竹内教授の, 第八番教室, 簡単に, 米粒ほどの, 粟粒発疹熱が, 紅茶と, 紙を, 経机が, 絵筆を, 緑盤の, 縁臺を, 置き物の, 美しい友禅模様, 美しい燈, 美酒佳肴の, 羽鳥の, 聟養子といふ, 肩幅の, 背広を, 脈々たる, 膝を, 自らまったく, 自分なども, 自発的に, 舞台全体が, 艱難が, 花を, 若い娘, 茶店が, 荒れ果てた桑, 華な, 葉子が, 蒼い長手, 薄紫の, 藪畳が, 蜂須賀家ぐらいの, 行きたいと, 装飾費用が, 西川君, 見たこと, 見られなかった柔かい明る, 見事な, 見馴れぬ貨物自動車, 言われたのに, 誠心誠意を, 誰ひとり, 譲歩しなけれ, 貞操を, 賢い智慧, 赤い種まき機械, 赤牛岳の, 足も, 踏絵の, 身命を, 軍人が, 農林省に, 近所の, 透き徹る, 通行人が, 遅く帰った, 道は, 遠き連山, 邪魔に, 酒が, 重大な, 金切り声を, 金銀や, 鉄格子が, 鉢植えの, 銃剣の, 鍋に, 長い廊下, 長の, 閉ざされた櫓口, 間もなく新しい, 阿母さん, 陶器製の, 随分気, 隣りの, 難波の, 雲に, 青い青い海, 静な, 顔も, 食事し, 飽くまでも謙譲, 首都が, 駄菓子店甘酒の, 駱駝の, 高い綺麗, 鬢の, 魔の, 麦藁帽の, 黒い人, 黒イクラと, 黒砂の

▼ 前にも~ (2110, 2.1%)

71 いう通り 45 いったよう 40 後にも 39 述べた通り 36 言ったよう 35 述べたよう 33 増して 29 いった通り 27 申す通り 25 云ったよう, 申した通り 22 云う通り 21 書いたよう 20 云った通り 19 述べたやう 17 言った通り 15 述べたが 14 書いた通り 13 申上げた, 言つた, 述べたとおり 12 いったが, 云つた, 申しましたよう 11 申しました通り 8 お話した, 書いたが, 言う通り, 言ったとおり, 述べた 7 申上げました, 述べたと 6 幾度か

5 [11件] お話しした, のべたよう, 云うよう, 云つた如く, 他の, 後ろにも, 書いた, 書いたこと, 書いたやう, 言つた如く, 記した通り

4 [15件] いったとおり, いつたやう, こんなこと, しば, ちょっと述べた, のべたとおり, のべた通り, 云ふ, 彼は, 申したよう, 申し上げましたよう, 触れたよう, 言うた通り, 言ったが, 記したよう

3 [24件] あった, あつた, いうた通り, いへり, お話し申した, これを, 一度あった, 一度この, 云ったが, 云ったとおり, 云つたと, 何度か, 幾度と, 書いたとおり, 申したと, 申しましたとおり, 申し上げました通り, 私は, 触れた, 言った, 言つたと, 記したが, 説明した, 述べた如く

2 [93件] あったが, あとにも, いいましたよう, いった様, いった私, いつたが, いつた通り, いへるが, いへる如く雪譜, いッ, お文, お話しました, お辞儀を, これに, その又, その後にも, そんなこと, たった一度, ちょいと, ちょっと書いた, ちょっと申しました, ちょっと言った, ちょっと話した, ちょっと説明, どこかで, なる, なるが, なろうか, のべたが, ふれたが, ヒュームなどの, 一ぺんどこかで, 一度聞いた, 二三人の, 云うた様, 云う様, 云う通り私, 云つたごとく, 云へる如く, 五十五歳で, 人の, 何かの, 何を, 僕に, 出て, 名を, 四五冊の, 増した大きな, 多くの, 居るし, 廻されて, 引用した, 彼女は, 或小さい, 持出せなかつた, 断って, 暢気でいられた, 書いたかも, 書きました, 来たこと, 来て, 植木屋の, 比類の, 申します通り, 申し上げた通り, 申し上げましたが, 申上ました, 留置場へ, 私が, 私の, 艶歌師が, 落成しない, 見えて, 見えないこと, 言いましたよう, 言うた様, 言うよう, 言ったこと, 言って, 言ひました, 言ふ如く, 記した, 話したとおり, 話しました通り, 述べたこと, 述べたるが, 述べた大国, 述べた如くこの, 述べた所, 述べた様, 述べて, 述べましたが, 頭を

1 [1058件 抜粋] あたる, あったという, あって, あり今, あるの, ある足, あれっきり, あんなに厳粛, いいましたが, いうごとく京都, いうたよう, いうとおり白髪, いう如く名古屋, いう如く彼, いう通りきょう, いう通り二人, いう通り船賃, いう金, いえる如く今日, いえる如く政治, いくぶんのみ, いったこと, いったとおり五町六町, いったとおり龍田山, いった君公, いった如く, いった如くゲルマン諸族, いった如く人々, いった如く廿二年, いった如く新聞, いった如く最初, いった如く病床, いった如く藩, いった弟, いった従弟, いった昨年, いった由井, いった通り一寸類, いった通り戦火, いった通り犯罪者, いった通り美術, いった長女長男, いって, いつた如く行, いつもの, いふた南岳文鳳二人, いふ樣, いふ通り歌は, いへるごと, いへる如く, いやであった, いろいろの, いわれたこと, おじぎを, おのずから僕, おれは, お庄, お話し, お話し申す, お話を, お里の, お鳥, かがみが, かわいそうな, きいたのに, くどいくらゐ申し上げました, こういう実例, こうしてルル, こう言う, このお, この山, この扇屋熊谷, この画かき, これで, こんな事件, さんざんぼく, しばしば云った, しばしば述べたごとく, しるした通り, すでにこれ, すでに十兵衛光秀, そういう特徴, そう云う, そう言っ, そして空, その前, その清冽, その藤井, その話, それが, それしか, そんなよう, そんな笑, たじろがないほど, たずねて, たびたびあった, たびたびお, ために, だれかしら人, ちょっといった, ちょっとそれ, ちょっとのべた, ちょっと書い, ちょっと申, ちょっと申し上げた, ちょっと語った, ついて行ったこと, とられたこと, どつて, ない例, なければ, なりますよ, なれば, のべたやう, ひきだされないし, ひとそろい食器を, ふさがれて, ほのめかして, まさる兵力, まさる山岳, まさる悪口雑言, ました勢い, ました淋し, ました銃声, ました高笑い, ましてひ, まして一層大きな, まして今, まして厳格, まして弓勢, まして怒りだし, まして曇った, まして猛然とふたたびお, まして肩, まして荒れ廻つた, まして陰気, また彼, また損じました, また鉱山, みやこ鳥が, や, やがてさ, やってきて, やはりここ, やはり三尺幅, ゆうべまで, よつ, わたくしは, キスが, ジュリアス・シーザーの, トルストイと, フォーシュルヴァン氏に, プロトポポフに, メリヤス類, 一つ先の, 一万二千年も, 一二度三人で, 一二度来た, 一人そういう, 一向人家, 一寸立ち, 一寸触れた, 一寸言つた, 一寸述べた, 一度お, 一度こういう, 一度さう, 一度その, 一度ふれた, 一度二十両しぼり出し, 一度偶然落ち合った, 一度兵馬は, 一度同じこの, 一度大, 一度小栗判官伝説の, 一度新派, 一度来た, 一度申した, 一度私に, 一度触れた, 一度読んだ, 一度述べた, 一度頭, 一番冷靜に, 一羽殖えた, 一言し, 七之助さえ, 三度程, 世間の, 中位の, 之に, 二つ岩附近に, 二三度来た, 二三度読んだ, 二人昨日も, 二日こっちも, 云う如くお, 云う如く市郎, 云う通りついで, 云う通り何, 云う通り戦争, 云える, 云った, 云ったとおり円朝, 云った如く人間, 云った通りその頃, 云った通り吾輩, 云った馬道, 云つたが, 云つた通りに, 云つた通り久保田君は, 云つた通り彼の, 云つた通り自治とは, 云ひし, 亦烈しく, 京都へ, 今時分縫い取りを, 伊豆の, 伴毛が, 似た職分, 何う, 何度かこ, 例が, 供えら, 俺は, 倍増し, 僕は, 先生は, 全くなく, 其と, 内裏に, 再々聽い, 出ました, 列挙した, 割麦は, 劣らず蒼白めたる, 劣らぬ騒ぎ方, 勝る手勢, 医学は, 十字架像は, 千次郎が, 卑下し, 厳格の, 取り出す, 古い物, 同じ処, 同じ病気, 同様であった, 吐き出す乱曲, 吹聴した, 咎められたこと, 囘避する, 地方から, 墓場の, 増した勢い, 増した愛着, 増した肉弾戦, 増せる花, 外科変貌の, 夜天神を, 女房の, 好んで, 娘を, 安東付近にまで, 家を, 小さな庭, 小川が, 小谷城の, 展げられた, 岩野泡鳴が, 左右にも, 己の, 常に懐疑主義者, 幽霊が, 幾層と, 庄兵衛たちの, 度々公会, 度々河童, 度々申しました, 度々行った, 度々言つた自己, 庭の, 建てられて, 引いた彼ら仲間, 引き合ひ, 引合いに, 当りますけど, 彼の, 彼女の, 後方にも, 御話しました, 志士と, 急に, 恥ずべき点, 悪いこと, 懲りずふたたび, 我が有, 或女, 扉を, 手切れ金の, 拘らず手, 持ち出された, 挨拶に, 掲げた, 政客の, 数回歴史家の, 敵か, 断ったよう, 断わったとおり, 断わって, 新鋭の, 旗を, 既に大分, 既に書いた, 既に言う, 既に説明, 日本画稽古し, 明君を, 昨年の, 昼の, 暫く蹲ん, 曝し物, 書いた千田是也, 書いた演劇改良会, 書いた雪崩, 書きし通り, 本宮の, 村の, 東京随一の, 柳橋で, 槍, 横手にも, 此の, 此方の, 江見水蔭先生の, 泊った所, 泣き出しそう, 漁師の, 激しい夫婦喧嘩, 火事の, 無限の, 犬が, 猪之, 現われて, 田畑を, 申しあげたよう, 申した林学士, 申した通り学生生活, 申した通り月次会, 申した通り私, 申しましたお, 申しましたが, 申しましたやう, 申しました様, 申しました通りバクチ, 申しました通り私, 申しますよう, 申し上げたごとくこの, 申し上げましたやう, 申し上げました通り若殿様, 申すその, 申す如く, 申す如く無, 申す通り私, 申上げ, 申上候通り募集句を, 男の子が, 直接に, 矜らしく思った, 矢張それが, 知ってから, 研究致しました, 確か二人で, 示談契約で, 神の, 秀子から, 種々の, 種々読み試み, 突きつけるよう, 立たず後, 立ち止ろうと, 立つだらう, 立てられて, 立場などで, 米騒動や, 結婚の, 絶えて, 繰り返し言つた通り, 罠が, 置かす, 美々しい膳部, 聞えて, 聽いた, 自らの, 自分の, 自分を, 舟を, 花が, 芸術上の, 薄闇く, 蜘蛛の, 行ったの, 裏を, 見えられた八坂, 見た通り, 見ない事, 見本を, 触れたが, 触れた曾祖父, 言うごとく, 言うたもち, 言うた語, 言うた野, 言えり, 言えるごとく西洋, 言ったかも, 言ったごとくたった, 言ったとおり主人夫婦, 言ったとおり家内, 言ったとおり私, 言った二つ, 言った如く現に, 言った新, 言った通り如何, 言った通り浮島, 言った通り芥川, 言つたさ, 言つたように, 言つた様に, 言つた通り作家の, 言つた通り私の, 言ひし, 言ひたり, 言へ, 言へる, 記したやう, 記した通り検事, 記しましたよう, 記すよう, 記せし通り私, 訳本は, 話したよう, 話した私, 話した通り, 話しました通り高橋鳳雲, 語れる如く人間, 説いたが, 説きし如くエリパズら, 説明せる, 誰か, 誰かに, 談した, 警視庁の, 起つた, 車両が, 輝きはじめて, 近所の, 述ふる, 述へ, 述べしごとく他人, 述べし如く二疊敷, 述べたごとくざぶざぶと汁, 述べたごとく人生, 述べたごとく当時, 述べたごとく現代社会, 述べたごとく至難, 述べたごとく野蛮, 述べたとおり縦溝, 述べたところ, 述べたピカピカ, 述べた國務大臣任免, 述べた如くアクロポリス, 述べた如く一方, 述べた如く博士, 述べた如く幕府, 述べた如く能, 述べた如く雑誌, 述べた戯曲, 述べた通りいずれ, 述べた通り初代, 述べた通り斯, 述べた通り現在, 述べましたやう, 述べました如く絵, 述べ置きし通り慥, 送られて, 逢ったかも, 進めぬ心地, 野菜が, 鉄ごうしが, 銚子が, 関係が, 陽気盛んなれ, 隨分宗教的信念は, 隼人の, 面目が, 飲んだ事, 髪の, 鳥渡書きました, 黒山の

▼ 前まで~ (1464, 1.4%)

183 来ると 91 来て 46 来た 36 来た時 32 くると, 行くと 29 行って 24 歩いて 19 来たとき 16 來る 11 出て 10 来ますと, 行った 9 来ました, 送って 8 いって, 進んで 7 来る 6 ゆくと, 帰って, 戻って, 連れて 5 やって来た, 一緒に, 來た, 来たが, 来たの, 走って 4 やって来て, やって来ました, やって来ると, 持って, 来ましたが, 自分の, 行った時

3 [14件] きて, やって来たが, やって来た時, 彼の, 往った, 戻つて, 来たかと, 生きて, 私の, 私は, 行われて, 辿り着いた, 阿弥陀経の, 駈けて

2 [62件] あるいて, あんなに誇らしく, いかにも危な, いくと, いったとき, お前は, お園, お屋敷奉公, かけて, きた, きました, ここに, さるお, そのお寺, それは, それを, たどりつきました, つづいて, やつて, 三浦屋で, 並んで, 今日の, 仲吉さんと, 位の, 來し, 來たりける, 來て, 例の, 参りますと, 同じ家中, 図書館に, 塵捨場で, 寄って, 引きずって, 彼女は, 往きしが, 御一緒, 新宿の, 日本橋の, 本所の, 来かかった時, 来たり, 来ること, 歩きそこで, 歩み寄って, 無事に, 私と, 続いて, 考えて, 膨らんで, 行くて, 行ったとき, 見て, 辿りついた, 迎えに, 近づいた, 近づいて, 近所の, 阿彌陀經の, 降りて, 飛んだこと, 馬に

1 [636件 抜粋] あった, あった小さな, あった菊屋, あなたがたに, あなたの, あの通り元気, ある方, あれほど, あ東京, いかないで, いたはず, いった, いったが, いて, いや今日, いらっしって, いわゆる同人雑誌全盛時代, おいで, おし詰めここの, おじいさんが, お伝えに, お健者, お取り次ぎ, お君さん, お案内くだ, お越し下さいまし, お連れ, かえって来る, かごの, きたが, きたとき, きたので, きますと, くっきりと, こ, このあたり, このテーモ・リンボチェ, この一行, この人, この富士山, この店, この方面, この紅玉群島, この遊び, こんなに一生懸命, さかのぼって, さしかかった時, さしかかって, さしかかると, さり気ない, ざつと一刻の, ざつと半, すいよせられつぎつぎ, すっかり忘れ, ずっと女, ずっと日本橋区, ずっと昔, そこに, そこへ, そのずっと, そのよう, その桝, その絵看板, その部屋, そんな老人, たった一人, たどって, たどりついて, たどりつき大きい, たどり着いた, たどり着いたの, だいたい昔, ついて, つけて, つまり中学, つまり戦争, つれて, です, で御座います, で総領, どこに, なお正門, ながく本郷三丁目, ならば, ねて, のがれた, はこんで, はせつけた時, はって, ひいて, ひきずりだせ, ひどくお金, ひらひらと, ふたりの, ほとんど生きた, ぼくは, まだ野, みな列み, もどって, やった, やってきました, やってくると, やって来たの, ゆきますと, ゆっくりと, われわれを, ゐたん, ゐた郊外, カラカラに, ゴルフを, ジュラに, ステツキを, ツイ裏の, ネバネバと, ミルクに, ムク犬に, ロシアの, ロシア勤労大衆の, 一刻も, 一方では, 一緒の, 一葉の, 一面に, 一飛びに, 三十銭で, 三里塚の, 上って, 上方の, 上野の, 上野山下に, 不幸な, 与兵衛という, 世界の, 両親と, 中村に, 乗らないで, 乗り入れて, 乘せ, 二三メートル積った, 二人が, 二人は, 五分おきぐらゐに繰り, 人に, 人の, 人形町あたりに, 人間が, 仕事を, 仰陽亭, 仲よく話し, 但馬因幡地方で, 位一緒に, 住んで, 何處に, 使に, 使ひ, 來てと, 倭文子を, 僅かの, 僕は, 元気でおりまし, 元氣, 先生が, 先祖代々の, 入らないもん, 全く見ず, 八十歳で, 八官町に, 六年間つづいた, 其家に, 冷静だった, 出かけて, 切実に, 列は, 到着しました, 割りこんで, 北京の, 北極地帯には, 千代子の, 半年ばかり, 博士の, 参った時, 参りまして, 取って, 合点長屋の, 吉田や, 同じ宿, 同盟国昵懇を, 君に, 呼びよせて, 品物を, 因, 国よく, 土に, 土地っ子で, 地下に, 地団太踏ん, 地蔵遊びという, 坊つ, 垂れし帽, 墨の, 夕張炭坑に, 夢中に, 大学で, 大小多くの, 大熊山の, 失はなかつた, 奈々子の, 女郎屋だった, 姥が, 存命し, 家に, 家も, 導いて, 小次郎は, 小田原の, 少くとも, 尾行て, 居た, 居て, 履を, 山上が, 差当りと, 市営バスの, 帰つて来る, 帰り着いて, 帰省する, 幅の, 幾人もの, 幾組もの, 広い通路, 庚申の, 引いて, 引き上げて, 引き摺って, 引っ張って, 引っ張り込まれて, 引っ立てて, 引返して, 彼について, 往くだけでも, 往くと, 待つの, 後退って, 忍び足で, 忍び込んだ, 息せききって, 息を, 我々は, 戦争を, 戸外, 手が, 手前どもでは, 抱へて, 押して, 押し詰められた様, 押寄せたけれども, 担いで, 掃いて, 接近し, 敵が, 數年間自分が, 文化を, 新交響楽団, 日本の, 日記が, 日記を, 日髪日風呂だった, 春秋には, 是から, 昼寝を, 普通な, 更にそこ, 書きつづけた感想録, 木挽機械に, 朱に, 杖を, 来い, 来かかった, 来かかった時分, 来かかると, 来し時, 来たところ, 来たらもう, 来た九十郎, 来た其横手, 来た私, 来た頃, 来は, 来ましたらアリ, 来りながら, 来るうち, 来るには, 来るや, 東京の, 東国の, 東海道線平塚駅付近及び, 枝から, 枝垂れて, 某商船会社, 森野は, 様子を, 欠かさず掃除, 歌川多門の, 正月の, 歩み寄り丁度, 歩み近づくや, 残って, 母娘は, 毎日の, 毎日一升の, 毎日家の, 気ぶりも, 水戸邸の, 氷の, 氷滑りを, 泰衡追討を, 泳ぎ抜けて, 洛中の, 流れて, 浅虫家に, 浮いて, 海岸に, 炬火の, 烈しい徹夜, 無かった, 燐寸の, 独立せる, 現にわれわれ, 現場に, 生糸業者は, 用達に, 田村さんが, 甲州へ, 甲斐東方の, 留吉を, 留守居の, 病院に, 登つて行つて驚いた, 百夜も, 百姓を, 盛んで, 目黒, 看ぬくという, 看護婦を, 真直に, 着くと, 着て, 知らなかったそう, 知らなかつたこと, 短くし, 石器の, 社長の, 私が, 私を, 私娼の, 窓枠に, 立って, 笑って, 箱崎町で, 米国の, 紙鳶堂先生の, 続いた, 続いた日, 繁昌した, 聞えるよう, 腕車で, 自分が, 自分は, 自動車で, 自動車でき, 自転車でき, 舎弟方に, 舟を, 航空母艦, 船長を, 萬兩分限の, 藩財窮乏の, 行かんと, 行きかけたけれど, 行きそこ, 行きそこで, 行きふと, 行きましたが, 行きまた, 行きカチカチ, 行き手, 行き狐, 行き着いた時, 行き着かぬうち, 行き霊安室, 行くうち, 行くには, 行くや, 行くよう, 行けない, 行けば, 行ったかと, 行ったが, 行ったの, 行った事, 行った何, 行った彼女, 行っては, 行つた, 行つたら, 行つた事は, 行つた時に, 行つてこの, 行つてひと知れず, 行つて坐りこん, 行つて暖簾を, 行つて来た, 行つて狐格子の, 行つて見た, 行つて變な, 行つて蹲つた, 行幸を, 行進した, 裂いた, 西国の, 西國の, 見事な, 見送った, 見送って, 親しかつ, 誰か, 誰も, 議論を, 谷口樣と, 買物に, 貸した人, 質屋を, 走つて來, 走りました, 走り寄った, 走ると, 足で, 足跡あり, 踊りつづけ髪毛, 身動きも, 車に, 軍部で, 転がして, 輝いて, 辿りついた時, 辿りつき硝子戸, 辿り付いて, 辿り着いて, 辿り着かない前, 迂濶, 近づいたら声, 近づくや, 近寄ると, 近藤日出造君の, 迫いつめながら, 迫って, 追いかけおった馬, 追いかけて, 追い迫って, 追っ駆けて, 退って, 送るよ, 通つて居た, 通りで, 通るの, 連った, 進み夥しい, 進み寄って, 進み自分, 運んだ, 運んで, 達也さんに, 遠い縁, 遡る, 遡ること, 遡れそう, 避けて, 部屋に, 郵便を, 都は, 野ら仕事を, 鋪石と, 関釜連絡船としての, 随い, 雪崩れ, 電気鳩を, 露国の, 露店が, 顔半面あんな, 風邪を, 餅を, 駈けつけた時, 駈け付く, 駈け寄った, 駈け寄って, 鬼検事という, 鳴き騒いだ豚, 鶴雄は, 黄色い煙, 鼻唄なんか

▼ 前~ (1032, 1.0%)

7 どこに 6 黒山の 3 それは, 一面に, 人の, 広々と, 急に, 眼を

2 [52件] お妾さん, こうで, こんなこと, ご立腹, それに, どうであった, まだまだ立派, まっくら, まるで小さく, 一人で, 一面の, 今から, 何か, 何が, 何な, 先代の, 右足だった, 君が, 夜の, 妹の, 学校の, 廊下廊下を, 手欄で, 押すな, 日あたりが, 最も見物人, 木曾の, 本郷神田界隈に, 減少するであろう, 甲州御坂峠の, 甲府の, 町内の, 矢張己れ, 石屋が, 確かに, 神戸の, 秀吉の, 絶海の, 自分の, 荻窪の, 表町の, 裏の, 見物の, 豆州長岡に, 通つた, 通らないからと, 道を, 銀座の, 露しとどなり, 非常に, 鶏冠の, 麺麭の

1 [897件 抜粋] あいつを, あすこに, あっても, あつたの, あの人, あの手代, あまり茂, あれも, あんな手数, いいよう, いうに, いかにし, いくら何, いけない, いちおう整えられ, いっぱいの, いつもそうです, いつもとは, いつも原稿, いま真つ, うずまく深淵, おっしゃって, おつきあい, おろか五十年ばかりも, お忙, お父さんと, お袖, お身体, お面, かえって人, かならずこうした, かなりひろい, からだを, きょうの, けっしてうらやむべきでない, こうして天狗小僧, ことに気, ことば, この会堂, この嘘つき, この忌わしい, この月輪兼実, この辺, こわいもの, さだめてそぼろ, しっとりし, しぼりバケツ, しぼるの, すぐに, すぐ広い, すぐ深山, すぐ領事館, すこしあぶない, すっかりはだかっ, すなわち博望坡, すべて真暗で, すんで, そうとも, そのままお, その大敵, その男, その絶頂, それほどで, そんなこと, たいへん親切, ただ暗い, たちまち人だかり, たちまち栄養不良患者, ちと困ります, ちょっとした丘, ちょっとした草原, ちょっと広い, ちらと, ついに自分, ときどき頭, どうしてか, どうだ, どうだらう, どうで, どうでしょう, どうにかごまかす, どこか, どっどと, なかった, なんの, にぎやかであった, はいとも, はらからと, ひどい紅殻塗り, ふしぎに, ほっといて, まことに織る, まだいわば若者, まだ宵, まぶしいこと, まるでこの世, みな家から, みるみる黒山, もういつ, もうだめ, もう二, もう平橋, もっと富士, やっぱりお, やつぱり己れ, やはり夜分, やはり薬研堀, よく分らい, よく踏み固められ, よほど変わっ, より多く, わけて走る, わずかに, アグラムの, インテリ型の, カタギに, キレイに, バスで, ヒドか, フィルビブリオンと, ブランディに, ホンコンマニラ木曜島とともに, モスク, ライオンと, リボンと, 一つで, 一ぱいの, 一めんに, 一体どこ, 一円から, 一大雑踏で, 一応の, 一日に, 一望さえぎる, 一望の, 一本道路に, 一片の, 一蓮寺の, 七号で, 三四軒の, 三高の, 下宿屋でも, 世の中は, 中庭で, 中間でも, 主人に対しても, 予約出版の, 二人共小用にも, 二汁五菜を以て, 二軒長屋の, 二間ばかりの, 二階の, 五万石を, 五六時間睡眠平均または, 五百年前と, 享保十二年に, 人だかりが, 人口の, 人垣を, 人通りが, 今の, 今もうからっと, 今着いた, 他の, 以前自分の, 伊豆の, 低い丘陵, 住むには, 佐竹領で, 何だえ, 何とかホテル, 何を, 何故あんなによく怒った, 何故に, 何気なさ, 何遍も, 余り最善, 例によって, 俄かに, 保証人に, 僅に, 僕が, 元綿屋, 兄さんだって, 全くの, 全身が, 八月二十八日に, 八百里の, 公安委員会作戦部に, 兼吉がらんぼうに, 刃先が, 分明に, 初めての, 前から, 力なく, 労働農民党であり, 勿論結婚, 北支那の, 十名ばかりの, 十日間も, 千年で, 千葉縣船橋の, 単に幾らかより, 危ふい, 反って, 収賄の, 可り, 可成, 各大名, 合邦个辻の, 吉川夫人であった, 名に, 君の, 周防の, 問題の, 四辻で, 国主は, 国境の, 地方から, 地球の, 坂である, 坂部庄司蔵人行綱と, 塞がつて, 壬生に, 多くの, 夢みず一二時間後, 大きな穴, 大分酒も, 大垣の, 大変に, 大層な, 大工で, 大根河岸の, 大神楽, 大陽気, 大騒ぎです, 天下茶屋の, 天文だ, 天明七年丁未である, 太陽の, 女瓶男瓶ご, 女軽業の, 如何様の, 始終そわそわし, 始終通ります, 嫌と, 嬋娟たる, 子供が, 孫の, 安永六年丁酉で, 安蘇地方だけで, 完全なる, 宮川さんが, 家人に, 寒いからな, 寛政九年で, 寸法を, 小さな広場, 尖ったおかしな, 居住区の, 山中の, 山手から, 島原から, 川じゃ, 川の, 川尾の, 巨岩と, 市井の, 帰った体, 幅五十センチ位の, 平らな, 平坦な, 平野である, 広い三叉路, 広い平野, 広い廊下, 広い菜圃, 広くて, 広っぱに, 広瀬川が, 庇護う, 床の, 底も, 度々私, 廊下にな, 廣庭で, 引き出された商品, 彌次馬で, 当時の, 彼の, 彼奴も, 往来を, 御ひるっ, 御存じない, 御存じの, 微動する, 必ずその, 快く通る, 性の, 恐れ多いよ, 愛国悲詩とでも, 我飲まず, 手さぐりでも, 手紙なんか, 承安, 押し合うばかり, 拷問の, 探偵小説家だった, 支那文化の, 政府に, 新嘗屋, 旗本瀬川壱岐松倉町の, 日曜日なんかは, 日本の, 日本橋の, 早くも, 明るい平地, 明朝と, 明治四十二年の, 暇を, 暗と, 暗闇と, 曇った日, 書き物を, 朝鮮軍司令官だった, 未だぴいぴい, 本庄さんという, 本谷の, 杏の, 東人が, 東海道岩淵へ, 板張りの, 果して人, 果しなき, 柏原の, 根岸または, 桑畑な, 桜樹の, 植込みで, 権臣だ, 橋を, 正に戯曲, 正面に, 歴史的の, 殆ん, 殊更に, 母が, 毎日毎日見物の, 気を, 気難しい沈, 水の, 水田背後は, 氷の, 江戸が, 沙河に, 沸騰る, 沼にな, 泊りの, 泥濘の, 洋装であった, 浅草なぞは, 海で, 海である, 海との, 海の, 混雑した, 渭水に, 満々と, 炎の, 然るべき先生, 爆撃で, 牛を, 牛丸君が, 牢屋の, 物資が, 獅子後は, 生きて, 生地の, 田舎の, 男子に対する, 畝から, 畫は, 疎らに, 病院に, 白楊や, 百五十日めで, 目付役である, 直ぐ北見街道, 直行が, 相手は, 眉毛も, 眞夜中といふ, 真っ白たまりかね, 真暗だ, 真面目な, 眼から, 瞬く内, 矢張り前道理に, 知らん顔に, 知りません, 石切河岸と, 石造または, 神及び, 禁庭御, 私も, 租税の, 程なく輝かしい, 稗と, 竹縁にて, 笑ったが, 笠屋町いう, 筮法を, 簀巻に, 粟田口に, 素通りは, 経験が, 絶対に, 緑り, 義長こと法師にて, 耳で, 肥料を, 自らも, 自動車を, 船に, 良かったらしい, 色々な, 色も, 芸者を, 若い女性, 茶庭の, 茶番だの, 荷に, 菊五郎の, 蕎麦食いたちは, 蜀は, 血走って, 西向の, 見る見るまっ暗, 観客の, 誰だ, 誰でも, 謂は, 谷中に, 負けたが, 貧民窟で, 貯蔵精米が, 貴殿の, 赤くなっ, 軍医あとは, 農民労働党である, 近く弥陀ヶ原の, 近所の, 追われるよう, 通らなかった, 通りかね遠巻き, 通り越して, 通れないぜ, 造酒屋だ, 運動場の, 過激な, 道が, 道路その, 道路へ, 遠くから, 避難者で, 郡名であり, 酒屋その, 釆女ヶ原でした, 野良着に, 金語楼が, 錐を, 長屋門に, 開けたり, 関ヶ原後ろは, 関根名人と, 阿佐ヶ谷に, 陸軍の, 雑貨商を, 離れられん, 雪が, 雪を, 電車一停留場の, 青々と, 青い毛氈, 青物屋である, 青酸加里と, 音羽山東山左へ, 飛鳥の, 食堂の, 餌が, 首席に, 馬に, 駄目だ, 駄菓子などを, 高原山を, 魏の, 魚屋隣は, 麻布某所に, 黒くなり, 黙って

▼ 前~ (937, 0.9%)

110 同じよう 22 同じやう 19 少しも 15 同様に 13 ちがって, 同じこと 12 違って 9 後と, 後に 8 同じで, 同じ事, 後ろに 7 後とでは, 後とに 6 いうと, 同じです, 同じに, 後とで, 後を 5 いえば, 同じ調子, 同様の, 変って 4 おなじよう, 反対に, 同じ場所, 同様な, 変りが, 後の, 後ろの, 比べると

3 [19件] いっても, おなじに, なって, 一向変り, 云えば, 今と, 今日と, 同じ, 同じだ, 同じであった, 同じである, 同じ形, 同じ道, 同様である, 変らなかった, 後へ, 打って, 比べて, 言ふ

2 [49件] いうのに, いくらも, いって, いふ, いふと, いへば, すこしも, する, すれば, ちょっとも, なると, ぼとぼと歩いた, 云って, 云ふ, 云ふと, 今とでは, 今との, 今日とでは, 刈りそめに, 同じくらい, 同じだった, 同じ動作, 同じ場面, 同じ声, 同じ姿勢, 同じ手段, 同じ過程, 同様で, 変らない, 変りは, 大同小異の, 後では, 後との, 後とを, 後にな, 後ろと, 後ろとに, 後ろへ, 横とが, 横に, 殆ん, 比較し, 生れてからとで, 申すお方, 異った, 異なり磧, 言っても, 読んだ後, 際限も

1 [440件] あとでは, あととに, あととにおける, あまり変らぬ, あまり変わり, あること, あるの, いいましたが, いい今度, いい令百由旬内無諸哀艱, いうよりは, いえども, いえ眼, いふから, いわず横, おなじあけっぴろげ, おなじだ, おなじで, おなじところ, おなじ様, おもって, おんなじ事, おんなじ低い, おんなじ匂い, お息子, かわらなかった, かわらぬ困難, きいて, くらべたらまるで, くらべると, これも, しなければ, し直ちに, すこしの, すこしも変り, すこしも変わり, すこしも変わりません, すつかりあべこべ, すつかり変つて, すべきだという, する範囲内, する論理, すんだ後, すんぶん, そっくりそのままの, そっくりそのまま同じ, そっくりであった, そのあと, その既に, その時, それから今, それぞれその, そんなに変らない, だいぶ変っ, ちがうところ, ちがったところ, ちがった不安, ちっともお変り, ちっとも変っ, ちっとも変らない, ちっとも変らぬ, ちっとも変り, ちよつ, つづきの, つながって, である限り, できた今, どういう風, どこにも, なく皆此黄紫, なった, なつて, なにか違っ, なりぬ, なる, なんの, はなつたが, はようす, ひとしい言葉, ほとんど同じ, ほとんど変っ, ほとんど変り, ほとんど変わり, ほぼ似た, ほぼ同じ, ほぼ同様, まさに同様, まるで眼さき, みえて, むこうの, 一つに, 一寸も, 一瞬の, 一緒に, 不知哉は, 世の, 両が, 両側に, 両側には, 丸切り違った, 云うの, 云うよりも, 云う上童, 云う二人, 云う作品, 云もの, 云類商賣, 些も, 今では, 今とは, 今とを, 今日とは, 今日とを, 会った後, 何の, 何一つ変った, 余りに打つ, 來ちやあ, 傍とへ, 全く同じ, 全体の, 兩側には, 写った, 出て, 十日ばかり, 午後学校から, 反対であります, 反対の, 反對, 同じあの不愉快, 同じい, 同じうるおい, 同じお, 同じからざる, 同じき, 同じくお, 同じくきっぱりした, 同じくこの, 同じくさっぱり聞えない, 同じくその, 同じくはかなく寂しい, 同じくらいの, 同じくイングラム孃, 同じくサラサラと, 同じくロチスター氏, 同じく七度二三分, 同じく今, 同じく何らの, 同じく依然あらゆる, 同じく充分, 同じく十三円, 同じく十三圓, 同じく口, 同じく変化, 同じく夢, 同じく少しも, 同じく平和, 同じく明, 同じく空しい, 同じく窓, 同じく綺麗, 同じく耳, 同じく赤い, 同じく鎔, 同じく鮮, 同じぐらい, 同じつくり, 同じつもり, 同じテーブル, 同じ一生, 同じ丁重, 同じ三号室, 同じ人, 同じ会場, 同じ会社, 同じ伝, 同じ低いやさしい, 同じ作り声, 同じ作者, 同じ光景, 同じ力, 同じ半夜, 同じ単調, 同じ原稿紙, 同じ地位, 同じ坂, 同じ奥庭, 同じ姿, 同じ子供, 同じ居酒屋, 同じ屏風, 同じ工事, 同じ役目, 同じ役者, 同じ情景, 同じ情況, 同じ意味, 同じ所, 同じ手, 同じ手付, 同じ手順, 同じ挨拶, 同じ数, 同じ方法, 同じ方角, 同じ方針, 同じ明るい, 同じ時, 同じ時刻, 同じ時榛名湖畔, 同じ暗黒, 同じ松林, 同じ様, 同じ様子, 同じ樣, 同じ歩調, 同じ火の玉, 同じ状態, 同じ理由, 同じ相談, 同じ真似, 同じ眼, 同じ眼つき, 同じ神経, 同じ筆法, 同じ美しい, 同じ若々し, 同じ荒編笠, 同じ行, 同じ言葉, 同じ語調, 同じ誤謬, 同じ足どり, 同じ路, 同じ遅い, 同じ道筋, 同じ重々しい, 同じ銀座, 同じ長椅子, 同じ順序, 同じ頼み, 同じ高, 同一の, 同様でした, 同様なる疑ひ, 同様ドシンとも, 同様依然, 同様南国風景の, 同様斜に, 同様昼食を, 同様気持よく, 同様茫漠と, 同様質問の, 同樣, 同郷某らという, 名のりました, 名を, 周囲に, 唱えながら, 変ったの, 変った事, 変った芸当, 変らずに, 変らず元気, 変らず平, 変らず持って, 変らないと, 変らないといつて, 変らないの, 変らなかったものの, 変らなかつたものの, 変らなくなったそう, 変らぬお前, 変らぬの, 変らぬリボン, 変らぬ姿, 変らぬ期待, 変らぬ顔, 変りなかつた, 変りの, 変りません, 変りませんでした, 変れしませんねん, 変わった所, 変わって, 変わってるの, 変わらず親し, 変わらない冷淡, 夜明けごろに, 大した変り, 大して変っ, 大差ない, 大悟徹底とは, 奥とを, 嫁ぐ後, 存じまして, 容子が, 富山移住後とに, 対照する, 将来という, 少しもか, 少し違っ, 左右との, 左右は, 帰って, 帰ってからと, 帽子の, 廻れば, 後とが, 後とは, 後とへ, 後ろから, 後ろが, 後ろで, 後ろとを, 後ろ前後同時に, 御仏, 思い合せれば, 思う頃, 思えないほど, 思ふが, 思わなければ, 思われるもの, 思われる頃, 意味が, 懇意であっ, 手口が, 持つた後, 日没後の, 書いた字面, 書いて, 書振, 横とに, 横には, 正反対な, 正反対の, 比べたら今日, 比べては, 比べても, 比べましては, 比較に, 毫も違っ, 気を, 決して同じ, 決して変り, 決めて, 泣く前, 津田に, 渡つたあとの, 照らし合わせて, 爲し, 牧師の, 猿沢の, 現代とが, 現在では, 産卵後の, 申しあげ以後, 申しましてね, 申すところ, 略似た, 略同じ, 異って, 異なった眼, 異なりて, 異らなかつた, 目の, 盲の, 相場が, 相違は, 真理の, 眠った後, 知った後, 称する像, 窓の, 笛座の, 等しく緑色, 細いよごれた, 結合し, 結婚後の, 続いて, 維新後とに, 考へては, 考へられる, 聊かの, 聊か変り, 背と, 背ろに, 背後から, 背後とからは, 背後へ, 色の, 蜜の, 血が, 行ってからとで, 表情に, 裏口に, 見え鼓, 見て, 見る者, 見慣れぬ結構, 覚悟し, 言うたの, 言う水, 言って, 言つたな, 言つても, 言は, 言へば, 記憶いたし, 記憶し, 認めたるを, 誰も, 調子を, 變つてゐません, 變らなかつた, 貫一の, 較べて, 較べれは, 較べれば, 違い, 違い何, 違い士族屋敷, 違ったところ, 違った場所, 違った奇怪, 違った新しい, 違った時, 違つた冷淡な, 違つて歌に, 違ふ, 違わなかった, 重複する, 鐘ヶ淵の, 関係の, 限定した, 難波を, 震災後とは, 革命後の, 飲んだあと, 體裁を

▼ 前では~ (643, 0.6%)

6 ないか, 何の 5 手も 4 ない 3 あったが, あるが, 一言も, 促音と, 彼は, 私の, 自分の, 言へ, 頭を

2 [37件] おきぬという, おのづか, すつかり, それが, それを, ちつとも, ないかと, よく自分, ノンビリ, リヽー恋ひし, 一度も, 云えなかっ, 些憚つて然るべき, 何か, 全く意味, 八五郎に, 出来るだけ, 努めて, 十五に, 呑み込んで, 器用に, 大ぜ, 大勢の, 大口を, 女の, 彼女は, 日が, 気を, 決してそれ, 決して主人, 泊り客を, 私は, 筒袖を, 自分は, 零に, 非常な, 顔を

1 [521件 抜粋] あくまで慇懃, あつた, あなたの, あのとおり広言, あの他, あばれもの, あまり飲まない, あらわにも, ありませんか, あるし, あるに, あるまいか, いかにも姪, いくら釣れた, いっさい女に関する, いつもきまって足, いつもその, いつも四角四面, いつも固く, いは, いやにおれ, うつかり, おすが, おそろしく神妙, おっかさんから, おのずから媚態, おまわりさんが, お父様, お茶も, お話も, お酒召, かすかな, がらにも, けちくさい, この世の, この吉公, これで, こんなしらじらしい, こんな切な, こんな駄洒落みたい, ござんす, さきに, さすがに, さぞ気位, さり気なく, しっかりし, しにくい, しばらく立ち止まっ, じっとし, すこし固く, すっかりその, すべての, ずいぶん乱暴, せめてもうちょっと浮き浮き, そうした不自然, そのくらいに, そのこと, その価値, その可憐, その名, その楽器, その精巧, その説明, それこそ, それでも久しく, それに関する, そんなこと, そんなにのんびり仕事, そんな顔, ただ一粒, ただ自分, ただ運命, たつた二人, たとへば現今, たれ一人, ちとしかねる, ちゃんと人間, ちょっとわがまま, ちり, ついどうかなる, つい彼, つい涙, つきり, つきりと, つとめて, つねに低, つまらないこと, とうとう泣かず, ともかくも, どうしてもつけ, どうしても固く, どうしても書けなかった, どうしなけれ, どうにも, どうにも詳しい, どうもなん, どうも品位, どこまでも, どんなにで, どんなに乱酔, どんなに気, どんなに自分, どんな偉い, どんな無茶, どんな鬼, どんな鬼看守, ないに, なおさらである, なお何, なかった, なかつたの, なからう, なくて, なにも, なんとなく気, はずかしいけど, はたせるかな, ひとつわしの, ひどくあんた, ひどく恐縮, ひどく自由, ふたたび横隊, ほかの, ほとほと申上げ, ぼくは, まさかにあかんべ, まずお茶一ぱいくらいのところにしてもらいたい, まだどうしても自分, まだ発表, まったく別人, まつたく人間界, もうだいぶ前, もう一人, もちろんほか, もとより刀鍛冶, ものが, ものを, やはり今夜, やはり同様, やはり虫, やれないので, れふしども, わがままいっぱいに, わがままが, わが指揮, わざとはしたない, わしは, わたしと, オヤジだの, カラビン銃を, シュバリエも, シンデレラに, スッカリ猫を, ピアノも, ロレツが, 一人の, 一同から, 一向通じない, 一寸話されない, 一応その, 一応納得, 一滴も, 一片の, 一種の, 一般の, 一言の, 三度目の, 両親の, 丸くなっ, 主婦が, 乱暴な, 二人とも, 二十面相と, 云い度, 云ひ, 云へ, 云わないの, 互いに猫撫で声, 亭主が, 人が, 人は, 人並以上に, 今の, 今朝も, 体裁を, 何だか女, 何だか申し, 何とか必ず処理, 何にも, 何も, 何らの, 何事に, 何事も, 何時からとも, 何等の, 何者も, 余儀なくしかり, 余計に, 使えないよう, 例の, 俺の, 僕自身が, 優しい姉, 先代の, 光彩を, 全く異, 全く赤裸々, 全然感じない, 公然に, 凧の, 出さぬよう, 出来ませんでした, 出来難かっ, 初めて来た, 別だ, 加世子の, 勇ましい雄鶏, 動けないよう, 勝手に, 勝負に, 勿論誰, 化粧台の, 単に敗北, 印度産の, 厳密に, 又お前, 反対に, 口を, 口一つきけない, 古参として, 同じ儀礼, 君の, 吹けば, 和歌の, 問題として, 問題にも, 啼かない籠, 喧嘩が, 地上に, 地鶏は, 変な, 外出の, 多くの, 多少とも, 多計代, 夢にもない, 大きな口, 大きな顔, 大な, 天使の, 奔放に, 奥村も, 女という, 女学生が, 奴れいだ, 如何ともし, 妙に, 妻とも, 妻の, 子供の, 存分に, 学位も, 学問の, 孫の, 孰方も, 宇宙怪人の, 容易に, 實際以上の, 寸毫も, 小さくなっ, 小僧が, 小児である, 小娘の, 小皿を, 少くとも, 少しも, 少し明るく, 少し都合, 少女の, 尚ほ, 尚更, 尚更その, 屈服も, 屹度, 岡は, 崩して, 巡査が, 左も, 左ん, 巨人の, 市民どもが, 帝大の, 常に土下座, 常に自ら詩人, 平生引っ越し車などに, 幻術は, 広い河原, 度胸が, 強いこと, 当然敗北, 彼と, 彼に, 彼らは, 御交際, 御座いますが, 心を, 心底から, 必ず父, 必ず蒲団, 忍び得べからざる, 忍術使いも, 忘れても, 快活に, 怒って, 思いの, 思いも, 思わず口, 思わず知らず, 急に, 恥かしい, 恥かしくて, 恥しい, 悉く無駄, 意味を, 意気地が, 愚痴も, 愛を, 感ずる羞恥心, 愧かしくない, 憚ば, 懐しい国言葉, 成るべく痘面, 我が指揮, 我慢し, 打ち解けて, 打つて, 抗い難く, 拗ねる気, 拝まなかった, 拝跪する, 持出されなかった, 掛けぬといふ, 損を, 断じて行, 新たに, 日ごろの, 日増に, 早くも, 明らかに, 明らさまに, 明るく呑気, 映画の, 暴れ馬の, 最初の, 柔和さが, 格の, 極りの, 極度に, 様子が, 欲望の, 正直そうに, 殆ど言葉, 母に, 母親に, 毎日の, 気が, 気の, 氣が, 水の泡に, 水道を, 永い歳月, 決して云わない, 決して座布団, 決して武男さん, 洗濯を, 洟も, 津の, 浮べた験, 海の, 消えて, 温厚しい, 港の, 澄ましかえったが, 無い, 無論娼婦型, 煉瓦の, 照子といふ, 照子の, 物が, 物は, 特に私, 特に立ち留まっ, 甘えていう, 申したくありません, 申し上げなかったでしょうところが, 申し上げられませぬ, 申し難い, 申すの, 町家の, 畏れるの余り吃り気味, 白い服, 皆が, 皆偽物だった, 皆偽物だつた, 目にも, 相当の, 相当喋り, 相手にどころか, 石炭カスが, 碌々口も, 碌々物も, 確かに, 確か一回分しか, 禁物だった, 私も, 秘かに, 空漠たる, 紅玉である, 縦横に, 罪深いもの, 羞恥を, 群集が, 義雄は, 耳だけが, 股を, 背を, 自分が, 自分などには, 自分に, 自動車の, 船客の, 芝居を, 荷馬車一台荷車一台と, 荷馬車一臺荷車一臺と, 萌して, 葉子は, 蔑んで, 薙刀を, 蜆貝と, 衛兵と, 見せて, 見る見る座, 見慣れない光景, 言いっこなし, 言いにくい, 言い出しにくい, 言い難い, 言えないという, 言おうと, 言ひ, 言わなくなった, 言われぬか, 訊き憎い, 許されるだろうなどと, 試写の, 話しにくい, 話し難い, 話せないらしいの, 話せない事, 話の, 誓へる, 語ること, 読まなかったが, 警察の, 賑か, 跪坐きません, 軽率に, 逃げだすわけ, 逃げること, 鄭重な, 配給ものの, 金兵衛にも, 針ほど, 釣れても, 銃器が, 鏑木さんとは, 長槍, 閉口しました, 開かなかつたが, 間の, 阿呆らしい, 阿父さん, 陰氣な, 隠すこと, 雁金検事が, 雄々しいこと, 雲水姿の, 震えながら, 非常に, 顎という, 顏を, 顔にも, 顔色にまで, 食べないだろうという, 飾って, 馬によって, 高潔な, 黒い着物, 黙って, 黙つて

▼ 前よりも~ (581, 0.6%)

8 もつと 3 いつそう, はるかに, 一層はげしく, 一層ひどく, 一層烈しく

2 [39件] いっそう悲しく, さらに凄く, さらに強い, なほ体を, はげしくな, もっと烈しい, もっと近く, よくなっ, よくなった, ズッと, 一そう肥えられた, 一層の, 一層力, 一層可笑し, 一層喰, 一層多く, 一層大きな, 一層明瞭, 一層激しく, 三倍も, 二倍の, 元気に, 力が, 力を, 募って, 多少面窶れ, 少し大きく, 数倍の, 激しくなり, 熱心に, 父の, 猶白く, 痩せ静脈, 稍切迫し, 稍暗く, 緊く, 腰を, 静かに, 高い声

1 [480件] あおくみち, あきらかに, あの後, いくぶん多, いくらか低, いくらか機嫌, いっそうこの, いっそうさびれ, いっそうの, いっそうはしゃい, いっそうはっきりした, いっそう人づきあい, いっそう傾い, いっそう凄い, いっそう力, いっそう危, いっそう喧しく, いっそう大きかっ, いっそう心, いっそう悲しい, いっそう機嫌, いっそう深き, いっそう狂い募る, いっそう疲れ, いっそう矮小, いっそう腹, いっそう親しい, いっそう避け, いっそう顔, うすくきよら, おお声, おっぴら, おほ, かえって好い, かえって結束, かえって長い, かすかに, かたく結び, きたなくなる, けちな, こころもち長い, この前, この器官, さらにあがる, さらに寂しい, さらに幽, さらに深い, さらに若い, さらに黄色く, さらに黒く, さわやかに, したたかに, すくない, すこしは, すこし熱加減, すこし落付き, すみやかに, ずうっと, ずっとずっときれい, ずっとずっと強き, ずっとよく知っ, ずっとベンチ, ずっと丈夫そう, ずっと元気, ずっと大きく, ずっと家, ずっと早く, ずっと明るく, ずっと正面衝突, ずっと源一, ずっと興奮, ずっと落着, ずっと魅惑的, そつと, その以後, その悲哀, つときつく, つとめて, つと美し, つと落着けなく, つもってからの, どんなに大きかっ, なおいっそう, なおぐっすり, なお多少, なお妙子, なお床離れ, なお汚く, なお稀, なお笑う, はげしい悲しみ, はげしい雷鳴, はげしかった, はげしくわめき立てました, はげしくクルミさん, はじに, はずんで, はっきり, はっきりと, はっきり聞える, はつきりと, はやく快走, ひっそりと, ひどい愚か, ひどくあばれました, ひどくなっ, ひどくなった, ひどくなりました, ひどく降り出した, ひろいそして, ひんぱんに, ふえる, ほのぼのと, ほめ感じて, まして遅筆, またひどく, また前述, また少し, まづく, みどりに, もっとうなだれた, もっとお, もっとお姫さま, もっとぞっとし, もっとはげしい, もっとはげしく, もっとはやく, もっとみじめ, もっとむっつりした, もっともっと熱心, もっと乱暴, もっと似る, もっと充実, もっと具体的, もっと出来る, もっと動揺, もっと嗄れ, もっと大きい, もっと始末, もっと巧, もっと恐ろしく, もっと悪い, もっと暗い, もっと機嫌, もっと濃い, もっと烈しかっ, もっと熱心, もっと片, もっと痛切, もっと綿密, もっと美しく, もっと迫っ, やや深い, やや詳しく, よくのぞく, よくわかっ, よく耳, よく見える, よく見る, よけいに, より大, ウンと, キットひどく, ズット強く, ズット近い, 一そうすん, 一そう口か, 一そう嚴しい, 一そう実験室の, 一そう心憂く, 一そう金持に, 一倍の, 一倍口を, 一入言わぬ, 一層い, 一層かお, 一層かすか, 一層かたむけ, 一層さびれ, 一層せ, 一層つくろった, 一層なつかしく, 一層なつかしみ, 一層のぼせ, 一層はっきりと, 一層はつきり, 一層ひどい, 一層ひやっこい, 一層まざまざと, 一層よく考, 一層デカダン式, 一層丁寧, 一層互いに身体, 一層低い, 一層低く, 一層何, 一層元気, 一層光り輝い, 一層六ヶ敷なつ, 一層凄い, 一層勉強, 一層勢い, 一層反動化, 一層困った, 一層固く, 一層堅く, 一層大きく, 一層己, 一層幽, 一層広々と, 一層廊下, 一層引きしまった, 一層強く, 一層強くく, 一層心苦しゅう, 一層快活, 一層怪し気, 一層悲しい, 一層憂鬱, 一層憐, 一層手ごわく, 一層打, 一層攪, 一層早足, 一層有利, 一層機嫌, 一層殺し, 一層気, 一層注意, 一層注意深く, 一層深い, 一層混雑, 一層潤沢, 一層激しい, 一層濃く, 一層烈しい, 一層甚, 一層甲斐甲斐しく, 一層盛ん, 一層真心, 一層私, 一層繁, 一層美しく, 一層興味, 一層落着き, 一層賑やか, 一層足, 一層速足, 一層重, 一層重々しく, 一層重苦しい, 一層附け, 一層非道, 一層音量, 一層項垂れ, 一層飢える, 一層驚いた, 一年ばかり, 一段と数多く, 一段と独りぼっち, 一際苦りきった, 丁寧に, 丈夫に, 上機嫌に, 下手に, 不幸に, 不機嫌で, 乏しいの, 二倍位い, 二寸くらい, 亦一層広々と, 人なかへ, 人なつこい調子, 人通りは, 仄なり, 低く頭, 体が, 何だか胸, 何層倍か, 余ほど, 余程熱情的, 余計に, 俛首れ, 倍の, 倍以上の, 倍静かに, 其紙上に, 凉しく, 利口に, 劣って, 勉強し, 十九だけ, 十倍激しい, 却つて事態を, 却つて好い, 和やかな, 嗄れて, 圧迫を, 堅い決心, 増したの, 増して, 声荒く, 声高く, 外出する, 多い借金, 多くこの, 多くの, 多少其の, 大きい飯, 大きくなった, 大きく聞え, 大きな声, 大分蒼ざめてゐますね, 大聲, 姉さん太, 娘らしい, 安いので, 安易な, 官能的な, 寂しくなった, 寄りつけない, 富むの, 富裕に, 小さい値, 小さい巴形, 小さい竹, 小さい落葉, 小仕掛け, 少くなった, 少しうまく, 少し低く, 少し用心深かっ, 少し目, 少し足, 少し長く, 少量の, 尖って, 尚々現実, 尚つややか, 屡, 屡々玄関, 帰ってからの, 平静な, 年を, 幾らか優し, 幾倍も, 広い, 広い往来, 広い空間, 広くならず, 度多く, 弱々しく見えた, 強くうなずいた, 強く全, 強く扉, 強く空気, 強し, 強まって, 忙が, 急がせ始めた, 性急な, 悪くなっ, 愛と, 愛想よく, 手荒に, 打ち解けた様, 数倍大胆に, 数多くなりより, 早くいらいら, 早く錠, 早足ですた, 早足に, 暗くなっ, 更にわからなく, 更に以前, 更に大きな, 更に強く, 更に断然と叫ん, 更に沈ん, 更に激しく, 更に目まぐるしく, 更に血の気, 更に開き直った, 朗らかに, 楽であった, 楽に, 気勢するどく, 気味悪く訴える, 気持が, 気楽に, 汁の, 注意深く記録, 活溌な, 浅く埋め, 海豹は, 深くなつた, 深し, 澤山聞こえた, 激しい急, 激しい愕きの色, 激しく閃きはじめた, 濃厚に, 烈しく歔欷, 無言でした, 熱烈に, 猶安, 甚く, 瘠せて, 百倍増した, 盛な, 真人間らしい, 真面目な, 知識が, 短く踏まれた, 私に, 私の, 私は, 稼ぎ出したの, 穏かに, 穏やかに, 範囲の, 粉雪の, 細かく調子, 結婚後の, 綺麗に, 繁くかし, 繁く千世子, 美しい娘, 美しくなった, 美しさ, 肥って, 自信の, 自然と, 色彩を, 若い男, 若く見えた, 荒れたかと, 蒼白いそして, 蒼白に, 薄暗いよう, 血色が, 行って, 親しみやすく, 詳しく具体的, 誠太郎が, 調子高く, 豊富に, 賢くなりました, 足を, 身体の, 身体を, 軽く穴, 輝かないの, 近々となつかしい, 近く黄忠, 速めに, 遙かに, 遠くへ, 遠慮なしに, 酷く言, 重く思へる, 重んずるよう, 重大な, 鋭くなり, 長い間そこ, 長い露次, 長時間つづく, 雄弁に, 静かで, 非道い, 顔の, 飽和した, 高々と, 高い音, 高くなっ, 高くなった, 高くふるえ, 高く聞え, 鬼気を, 鼻筋が

▼ 前~ (523, 0.5%)

32167 つたと 6 がこの, けれど, という 5 があっし, があつし, があれ, がこれ, がその, が女, ぜ 4 があの, がお, がそれ, がそんな, が江戸, ね 3 が大した, つたで, といふ, と分った, と思っ, な

2 [44件] から, からとて軽薄, からね, から供養, か後ろ, があんな, がおや, がこいつ, がどうも, がもう, がやっぱり, が今, が今年, が借金, が口惜しい, が大, が御用聞, が正直, が永代, が泥棒, が深川, が綺麗, が若い, が蓋, が褒美, が誰, が馬, が驚いた, けど, けれどこの, けれども, し近く, そうです, ぞ, つた, ということ, といっ, と云, と何遍, と思う, のに, もの, よ良い, わ

1 [285件] あ, あこれ, あな, あの頃, おれの, おコンコン, お互に, お前と, お前の, お隣の, かあの, かに童貞処女, からあぶない, からいう, からく, からこれ, からその, からそんなに, からだ, からでございました, からでしょう, からといっ, からとこうして, からな, からなあ, からなん, からの, からツ, からペラ, からペラペラ, から二人, から今度, から休ん, から何疋来, から僞はり, から優しい, から初め, から卯, から原因, から又, から小言, から小遣銭, から怪, から様子, から権書記, から物資, から特に, から皇太子さま, から私, から立前, から細君, から言う, から言ふんぢ, から遠慮なく, から部屋, から銀行, から雪駄, から餘程, かわたし, か知れません, か解りません, がありゃ, がおそらく, がおらアむね, がおれ, がこう, がこっち, がこれくら, がこれ犬, がたま, がどうせ, がどこ, がどっち, がな, がねおい, がねつい, がね惡女, がね隣, がの女, がはずみ, がもっと, がもつ, がよ, がズブ, がハア, がマニ教探訪記, がルダンさん, が一両七貫, が一代分限, が不可思議千万, が五両, が五兩, が今さら十手捕縄, が今日, が今時江戸, が付合い, が企らん, が企んだ, が何時, が何處, が俺, が僕, が儂, が全く, が刀, が前, が女日照, が娘, が実に, が寺内, が岡, が巣鴨, が師匠, が常陸, が年寄り, が彼, が忍術, が情事, が惡, が憚りながら, が憚り乍ら命, が手引, が手引き, が放っ, が日, が昨夜主人, が東北, が此頃, が水っぽい, が汝, が沈魚落雁閉月羞花, が物, が猿橋, が瓶, が町駕籠, が白石凡氏, が相, が石沢閑斎, が神武以來, が私, が私しゃ, が糞, が綱田屋五郎次郎, が網, が考え, が自分, が自害, が至って, が花火, が茶屋酒, が草臥れた, が落とし, が落花狼藉, が親分, が親方, が證據, が近頃, が酒, が鈴, が銭形, が鎌倉, が鑑定違い, が隣り, が飛足, けどこれから, けどもお, けどチョット, けれどあの, けれどねあたい, けれどほんとに, けれどもあの, けれどもう, けれどもこういう, けれどもね君, けれども一体, けれども一寸, けれども女, けれどウ, けれど危な, けれど忘れ, けれど水商売, この間の, ご無礼, しこれから, しその, しそれから, し横浜, そうだ, そんな洒落た, っけね, つたかも, つたこ, つただけは, つたに, つたのか, つたのだ, つたので, つたのです, つた相で, つた都の, つてどうせ, つてなんの, つて三年前だつ, つて聞えやしない, てる, で, といったよう, といつ, といつもこうすぐ, といふふう, といふ考, とお, ときつと, とこう, とこれ, とする, とすれ, とて見ました, とな, とねえ, とまだ, とまで思ってる, ともう少し, とも子供, とも思はれる, とわけ, と云う, と云われる, と伊藤博文, と俺, と大層, と平気, と彼女, と思はれた, と思われた, と氣, と花嫁, と見誤った, と覚え, と言う, と言ふし, と逆, どっちか, なと気, なんぞと云っ, な途方, ね余儀なく, のという, のにそれ, のに何, のに青く, は三, まア此方, ものです, やっぱりこの, よといっ, よまあ, わねあの, わねえ, わ三, アね, ッし, ッた, ボヘミアの, 世の, 俺が, 入用が, 十歳や, 夜中過, 女郎屋の, 或いは早く, 手紙を, 旦那許さっせ, 早瀬じゃ, 氣を, 畜生, 私が, 臍の, 若え, 若党の, 酒が, 酒壺洞君は, 門前で, 青い眼鏡, 馬鹿野郎

▼ 前~ (425, 0.4%)

18 真暗に 10 真っ暗に 8 パッと, 急に, 暗くなる 7 暗くなった 5 はだけて 4 ぱっと明るく, 暗くなっ 3 さあっと, まっくら, 展けて, 承知を, 明るくなった, 開いて

2 [24件] ある, あるから, くらくなった, くらくらし, すうっと, だんだん暗く, ぱつと明るく, ぱッと, まっ暗に, みを, よい, カッと, スーッと, 丁度交番, 俄かに, 割れて, 四年だ, 暗くな, 火の, 眞つ, 真っ白に, 真つ, 真赤に, 眼に

1 [287件] あいて, あけて, あっての, ある所, あれば, いかにもきちんとした, いちめんの, いやな, いろいろに, うす紫色, うるさいから, うれしくて, おこったという, おっしゃいました, かすみ始めた, かすんで, きしたの, きたの, きてから, ぎらぎらし, ぎらぎらと, くらくなりました, こうだった, こう云った, この古城, ごあいさつ, ご覧に, さあつと, さいはての, さうだ, すぐ大堰川, すぐ往来, すぐ海, すぐ零, すぐ青田, すこしずつ, すこしも見えなくなっ, すんだところ, せいぜい二千年, その生存, それである, だらしなくはだかり, だんだん明るく, ちょうど観, つい近ごろ, つかえて, つかえるので, つまって, ないから, はかなくなっ, はだかり貧弱, はだけてるの, はだけるの, はだけ泥, はっきりし, はっきりしなかった, ひらけたやう, ひらけたよう, ひらけて, ひらけゆるい, ぴかっと閃いた, ぴつたり胸に, ふさがったよう, ふたたび真暗, ほんとに真暗, ほんな, ぼ, ぼうっと霞み, ぼうと, ぼっとなる, ぼやぼやと, ぼー, ぼーッ, ぼーツ, ぽうっと霞んだ, ぽー, またにわかに, また大変, まっかです, まったく見えなくなっ, まっ暗闇, まっ赤, まるでまっ黒, まるで夢, まッ, みざし, みの, みは, やかましいもん, やっと見える, よかろう, よく片付い, われて, クラクラッと, グングン暗く, ゴム毬を, ズウ, ズーと, ソルレクスで, チラチラ踊る, パーッと, ボーっと, ミルク色に, モヤモヤと, 一〇〇磅である, 一杯に, 一様に, 一瞬真っ白に, 一面乱塔場で, 丁度私, 三味線堀です, 不意に, 不発に, 不首尾に, 世にあろう, 中庭で, 主人の, 乱れ赤い, 予定食事時間三十分の休憩, 云ったの, 五色の, 交じって, 人だかりだ, 人の, 人ダカリだってネ, 人間ち, 伯父とかいう, 低まって, 何だ, 何もかも混乱, 例の, 停留場です, 光って, 入つて上機嫌, 入海で, 全然見えなかった, 切り付けた, 剃って, 加賀様の, 北条十郎氏房の, 千仞の, 千代田橋横が, 印刷屋に, 厚い硝子張, 原っぱに, 去ったあと, 合は, 合わねえ, 名誉の, 善人に, 喜三郎の, 四角で, 土間にな, 地主に, 塞がったので, 塞っ, 多いから, 夢か, 大庭親分次が, 大變賑, 大通, 天狗で, 奇名一世に, 好きだった, 宜からう, 実は次, 宮様で, 少しばかり, 市を, 広くなる, 広く成っ, 庭で, 庭に, 建て列ねた藏, 心配に, 悪いから, 悪いとか, 惡なれ, 手を, 掘割の, 摂氏二十度です, 改造の, 早くも, 明るくなっ, 映画の, 昼の, 時々立つ, 時に起つ, 暗くなり, 暗くなりかけた, 曇つて來た, 最も甚だしかっ, 木曜日だった, 本街道, 村道, 森である, 橋の, 檜扇を, 欠けて, 此所に, 沢山止まっ, 海だ, 海賊を, 涼しくそして, 灰色に, 無い, 燃えて, 狂って, 現われるそれ, 現在と, 生き永らえて, 生垣つづき, 畑で, 畑地に, 白く霞ん, 白眼し, 百字, 目に, 真っ暗だ, 真っ闇, 真暗な, 眩, 睨んだ眼, 石燈籠と, 硝子障子に, 私の, 空いてるばかり, 空堀通な, 竹ヤブの, 細川能登守松平越前様の, 終って, 絵解きで, 綺麗に, 美味い, 背戸の, 芝居の, 草蓬, 蕎麦畑右手に, 薄暗くなり, 血の, 血色に, 行き止まりであった, 行て, 行止まりで, 街道, 街道その, 見えず真暗, 見えないのに, 見る見る死蔭, 角で, 身まかったという, 身近かに, 転覆した, 近来の, 逃げ出したくなった, 通りたくなさ, 通り憎く, 通り路であり, 通れるけ, 部下を, 都から, 都会風の, 酒屋で, 酔漢の, 里親の, 門に, 開けて, 開て, 阿波屋と, 陥没し, 雑踏する, 霞んで, 霧にでも, 青くなった, 青白く真, 飛去った, 食事も, 騒然として, 高いよ, 高いッ, 高いツ, 高くなっ, 魚屋だ, 鳴る, 鶴の, 黒ずんで, 鼠の

▼ 前までは~ (424, 0.4%)

4 生きて 3 この家, これでも, すべての, 確かに, 自分の, 葉子の

2 [26件] あれほど, うら枯, この土地, さる大藩, それが, アラスカの, 不見, 京都の, 人が, 全く人, 十九にもな, 国王の, 奉公人の, 巫女従軍の, 彼女が, 慈善などという, 曲者は, 江戸にも, 決してそんな, 無かった, 皆で, 私の, 私は, 郊外に, 郵便配達夫を, 青年の

1 [350件] あったと, あの人達, あの時代, あの緑鬼, あの通り, ある盛り場, あんなに円, いまだ一雲片, いやな, おとなしく屋根裏, お暇, お正月は, かなげな, かなりの, きつと, こういった, こうして学校, ここで, ここに, このソムマ, この中学, この二人, この人たち, この国, この地方, この屋根, この島, この川, この日, この温泉, この男石, この萩原, この辺, この遊び, これが, こんな癖, さすが清河県, ずっと変わらぬ, そうだった, そうで, そっちの, そのつもり, その丸屋根, その地方, その數, その森, その百姓, その香ばしい, それは, それも, そんなでも, そんな境遇, たいていの, たしかについ, たしかに登子, ただ, ただの, ただ何となく, ただ親切, だれにも, ちっともおかしな, ところどころに, とても單純, どんな事件, なおそこ, ひょッ, ほとんど毎年, ほとんど誰, ほんとにいい, ぼんやり雨, まだ皆, まだ私たち, まったく秘密, まる三カ年間, もう少し厚かっ, もう茶の湯謡曲, もし地球上, もの, やはりとんがり, よくこの, よくわかっ, よくわからなかつた, よく恰好, よく鹿, よもや自分, わたしも, われら若, われわれの, クリストフの, チベット国とは, チベット国へ, ニコニコ絣, バスティーユの, パーシウスは, プティー・ピクプュスと, ミュンヘンで, メリケン波止場で, 一と, 一とか, 一パイの, 一反いくらという, 一度脳溢血, 一念ただ戦いの, 一緒だった, 一緒に, 一面の, 三四人休ん, 三峰にも, 上の, 上州屋も, 下水道は, 両国の, 九十錢から, 乞食と, 二三遍参った, 二人は, 二本の, 二梃三味線で, 二百戸以上を, 二等の, 人家も, 人間とても, 低く見え, 例えば選挙, 信吉と, 元気で, 兄弟同様に, 全く知らなかつた, 兩國の, 其処に, 冬に, 凡そ一週間に, 出稼の, 刺っ子を, 前橋と, 前田加賀守治脩公毎朝缺す, 北町奉行所の, 十七八軒の, 十五六軒も, 十勝岳の, 半分壊れかかった, 博士は, 原始林であった, 叔母さんの, 古びた一宿駅, 可なり, 同島で, 名前すら, 名前も, 君の, 唯の, 唯一実在だの, 四谷の, 四間半の, 国粋的ショーヴィニストは, 国防予算乃至, 土地相応に, 堂々たるもの, 場内を, 夏の, 夏休みに, 夏服でも, 多かつ, 夢に, 大が, 大きな火鉢, 大体昔の, 大阪の, 夫も, 女の子の, 女は, 女を, 女子大の, 女流ピアニストとして, 好いの, 妹の, 宗吉と, 宗甫分から, 官等に, 実に素晴らしい, 実に若い, 実に荒蕪, 家庭にばかり, 寂光へ, 将軍が, 小倉城下の, 小學校, 小樽や, 小砂利, 少しく昔, 少しも, 居ました, 山の, 山下で, 岩鼻村地先で, 川へ, 市ヶ谷の, 市中には, 市外に, 布田の, 師匠に, 平家の, 座敷は, 弘前在に, 強制的に, 当局でも, 従業員で, 御影石が, 御湯, 憲兵が, 手拭いが, 政府同士の, 数十頭雑居し, 數百の, 文三は, 新本でも, 日曜日, 日本の, 日本は, 日本人に対し, 日本的なる, 時刻がらごった返し, 時折見えた, 時計の, 普通と, 暑中休暇で, 更に月旦, 曾席の, 服部, 未だ大阪, 本因坊が, 本郷の, 朱塗金箔の, 杉村君の, 村一番の, 村主の, 来ず向う, 東京の, 東京附近の, 松平家の, 椿岳の, 榛名湖に, 槍組の, 檀那だった, 正月元旦か, 正気で, 此処が, 武大も, 武蔵は, 死んだ赤児, 残って, 毎年初夏に, 毎年顔見世に, 毎日の, 民子が, 水谷町辺で, 江戸には, 江戸の, 波多野精一博士である, 活気の, 浅草橋場の, 深川へんで, 混乱である, 清盛の, 溌剌と, 瀬戸の, 熊浦氏の, 熊眠り狼住みし, 熱が, 片原町全, 牛込で, 犬なんか, 現在の, 環境の, 生きてたん, 町や, 畑も, 瘠せて, 登別の, 白菊を, 百パーセント負けた, 盆に, 盛に, 目黒の, 相当に, 相当の, 眇目の子の, 眼には, 石に, 確に, 社会局の, 神の, 神官と, 私と, 私にとっては, 私も, 秋川駿三は, 笹や, 精密厳正である, 素晴らしい色刷り, 細い道, 続けられた, 続け織られた, 繁盛した, 美しかりけ, 群臣中から, 老母が, 自分が, 自由に, 至極小さな, 舊道の, 舟で, 芸術である, 若い者, 若様の, 英雄といふ, 茶屋旅籠が, 草の, 草深い田舎, 蒼白に, 虫も, 血気に, 血眼で, 行きしが, 街燈の, 西洋医学の, 視野の, 誰でも, 誰も, 豫想も, 責任という, 赤の, 農村工業が, 迷子を, 遠い越後, 醤油が, 野生の, 金紋さき箱の, 鎖国の, 長く庄屋, 随分各地, 難攻不落と, 電車に, 霊岸島に, 非常に, 頻に, 馬喰町四丁目の, 騷, 高原の, 黒崎から

▼ 前より~ (384, 0.4%)

4 はるかに 3 いくらか, かけて, 頻繁に 2 すでに日本, 一層大きな, 一層激しく, 吹つくる, 周囲が, 増して, 御用で, 正月十五日に

1 [355件] あった肺病, ありし者, いいくらい, いっそうの, いっそうやさしく, いっそう世, いっそう優しかっ, いっそう冷たく, いっそう声, いっそう大きな, いっそう快活, いっそう恐がっ, いっそう愚か, いっそう猛悪, いっそう病気, いっそう直接, いっそう自由, いやすく, うまく行く, うんと多く, かいくぶん, かえって健康, かえって理解, かたく蓋, かなり私, かもっと, ぐつと増し, この近村, これだけ, これに, さっぱりした, さらに手練, さらに美しく, しっくりと, しばしば手紙, すこし大きい, すこし痩せ, すごいの, ずっとぼけ, ずっと地味, ずっと大きい, ずっと楽, ずっと詳しく, ずっと高く, その事実, その相談, たいして気持, だんだんこの, ちくちくと, つかれた, つやつやしい, づっと高く, なお少し, なお露骨, なほ気楽げな, ならむ, なんだかおかしく, はからずお, はしゃいだ, はっきりし, はりが, ひどい打撃, ひどかった, ひどく唸りだした, ひどく思われました, ひどく瘠せ, ひどく硝子, またまた地内, また衰弱, また高く, まゆの, もっと, もっとくぼんだ, もっとぞんざい, もっとふるえる, もっとわたし, もっと働け, もっと具体的, もっと勢い, もっと太っ, もっと奇麗, もっと小さく, もっと燃焼, もっと癪, もっと美しかっ, もっと苦し, もっと運, やさしくなった, やや自然, よくなっ, よくなった, よほど明るく, よほど私, わるくなった, グッと, モスク, 一そうの, 一そうひどく, 一そう繁昌した, 一大ストライキを, 一層あざやか, 一層いけなくなっ, 一層こけた, 一層なまめかしく, 一層ひどい, 一層ひどく, 一層びつくり, 一層上等, 一層人, 一層働い, 一層切ない, 一層厭嫌, 一層困った, 一層寂しく, 一層強く, 一層彼, 一層恭しく, 一層挑戦的, 一層敵視, 一層早く, 一層気楽, 一層深まっ, 一層無遠慮, 一層穏やか, 一層自由気儘, 一層追い詰める, 一層酷く, 一層飲ませたがる, 一層驚きました, 一層高く, 一段とも, 一段と声, 一段と荒々しく, 一段と賑やか, 一段強く, 丁重な, 上るに, 不安に, 中止せられ, 中風とやらに, 乏しく, 乗って, 二の足を, 二升位づゝ用候よし, 五名減っ, 今の, 今日まで, 他に, 他には, 他の, 以上に, 企てて, 低い声, 何か, 何處より, 余が, 余程お, 余程手間取る, 余程深く, 余計しょんぼりと, 余計の, 來たる, 來たるべし, 來らずして, 便利に, 俛首れ, 保護を, 俳優の, 充分に, 其同志中の, 勝豊様とは, 勢い込んで, 十も, 十倍も, 十層倍も, 単純な, 却つて健康が, 却つて肥つた位です, 友として, 取り調, 右の, 右へ, 吃る癖, 商店を, 善く氣, 喘息が, 囃しては, 城内に, 堅く男, 増すの, 外国の, 多くなりました, 多くの, 多く準備, 多く集まっ, 多少の, 大きい声, 大きくひろがっ, 大きく叫んだ, 大きな奴, 大きな水音, 大きな障害, 天気快晴なる, 天窓が, 夫, 奪へり, 好いとは, 好に, 如何に, 妖怪の, 妖怪研究会を, 委しく話した, 姿を, 安心させ, 安易と, 実家へ, 容体が, 容態が, 小さくなった, 少くなる, 少しいい, 少しうつむい, 少ししか, 少しは, 少しも, 少し急ぎ足, 少し許, 少し調子, 少し高い, 少量の, 川崎屋船に, 左すれ, 左に, 左折し, 市中螺など, 幾らか大人, 幾分減った, 広い家, 広くなつた, 強くなつ, 強く胸, 強さ, 強壮に, 後ろより, 御嶽山上に, 心して放ち射るべく, 心に, 忙しくなっ, 念入りに, 急ぎ足にな, 急な, 恐ろしく感傷的, 悪かった, 悪くなる, 情の, 憂鬱な, 或は古い, 手がか, 手前に, 招き後より, 数多く殺された, 新に, 既に十分, 既に論争, 日本の, 旨い物, 早くなった, 早く塗駕, 早く流布, 明日より, 春安と, 是丈親しみの, 暗い, 暗くなった, 曇って, 更に速く, 東京なる, 根強くなり, 楽に, 横山に, 此の, 殖えて, 殖えるとも, 毎日二三時間を, 水呑村迄は, 水責に, 消えて, 深い感情, 深くこれ, 深く持つ, 滞在せる, 無口でなくなっ, 熱心に, 甚だしくそれに, 生々して, 申上かね, 申上候通り口書書爪印まで, 病に, 痩せて, 發表せる, 知って, 秋波を, 稀代の, 立優った, 立派に, 競馬場の, 約一千人, 約十年, 緩慢に, 縣下各, 美しく勇ましい英雄青年レミンカイネン, 職として, 肺を, 肺炎を, 肺病に, 脹れを, 花柳の, 苦しげ, 落ちついて, 落着い, 藤五郎が, 行ひ居れる, 見れば, 親しげ, 試驗前の, 該曲馬団に関し, 読書の, 豪傑であった, 賢明にも, 質において, 走らしめ我, 身を, 軽かった, 近いよう, 退いて, 逃げつ, 途中ご, 運命の, 遙かに, 遠くに, 都合ようなった, 重いと, 門に, 閉鎖の, 隠れ去った, 雨が, 静かに, 頻々として, 顔色が, 飜然と, 飼いおる熊猫, 養生を, 餘程不可いわ, 高く当人得意, 鰐淵が

▼ 前~ (311, 0.3%)

18 後も 8 今日も 7 忘れて 6 憚らず 5 後ろも

2 [12件] あとも, あなたに, ある, なくこんな, わすれて, 今と, 同じでした, 左も, 左右も, 広い新開, 憚から, 通りすぎて

1 [243件] あったが, あつた, あなた人のを, あまり見すぼらしい, あらわに, ありさ, ありそう, ありまして, ありますが, あるから, あるしね, あると, あれば, あればこそ, あんた話しんさ, いかがへ, いった通り, おっしゃいました, おなじこと, おもしろくなく, お前と, お座敷が, お揃い, お祭り気分, お見世, お集まり, かういふ日, かまわず, かまわずに, かまわず二人, かまわず二重廻, かまわず彼, かまわず憤って, かまわず泣いたこと, かまわず番頭, がんじ, きかれたし, きれいな, くらむやう, けすさ, ここでは, ここに, この町, これから後, こんなこと, こんなだった, こんな事, さうだつ, すごした, すべて浪浪, そうしたであろう, そうだった, そうであった, そう思った, そう言え, そのま, その前, その同じ部屋, そんな世態, たしか泊りこみ, つい昨日, つづいて, つてた, つては, つて別火潔斎し, つて厚く, つて坂の, つて町役場なり, ときどきその, ところせきまで, ない, なき只, なく掻, なければ, なんか名古屋, はだからせて, はばからずきっと, はばからずめそめそ, はばからず乳, はばからず人, はばからず同じ, はばからず親類, ぴたぴたと人間の, ふしぎと, ぶらりと這入っ, または百年前, また卯木, まるで忘れ, むかしなら, めし屋の, やっぱり降った, やつぱりヲダハラまで, やると, ろくに合っ, ろくに合つて, わきまえずあまり, わしの, わたしは, オットー教授に, カナダ経由で, サッと先, サンザンいった, スターベア大, タアちゃんの, 一向親友, 一段上なら, 一色の, 丁度西洋人, 七つに, 三馬の, 上も, 之を, 九州大学の, 二人は, 二十七八年前から, 云つた, 五十銭くれた, 亡くなる前, 今も, 今より, 伺いました, 似たよう, 何が, 何だかスタンプ, 何べ, 何も, 何年か, 作らずありしを, 信号の, 俺が, 僕は, 出た後, 勝手元も, 北の, 千年前も, 半日近くお, 叩きつけられた霜どけ, 合わない着物, 同じつくり, 同じよう, 同じ平凡, 同じ考量, 君は, 善ちゃんという, 外国で, 天われに, 姉小路少将の, 学校の, 実に外聞, 寂寞と, 寄る筈, 寄合で, 山門の, 岩うしろも, 市場の, 平気で, 幾つと, 幾度通ツた, 度々通っ, 引きはだけたまま, 彼と, 彼は, 彼れ, 御断り, 心細く薄暗くなっ, 心細く薄暗くなつ, 忘れたか, 怖れず, 思い出された, 急に, 恐ろしいという, 憚らず言う, 成人の, 戦争中も, 戦争後も, 手を, 手紙で, 敵甚だしい, 敵軍, 文字通り立錐の, 既にこの, 更に異なる, 書いたよう, 有りますから, 有るから, 朝に, 本郷の, 机の, 東京から, 柿後も, 構わずわきの下, 構わず女, 構わず子供, 横も, 毎日の, 気ちがい, 永い間, 渠は, 漸次に, 無事に, 無関心, 父の, 牛馬猫の, 特別な, 申上げた, 白い花, 百姓達は, 百年前も, 知人から, 空襲が, 第一, 素どおりし, 結婚後も, 維也納で, 群衆で, 聯合組に, 苦しさ加減, 見えなくなって, 見ず後, 見たいが, 話したやう, 講中の, 買って, 通された廻り縁, 通った, 通って, 通つてゐない, 通つて呉れ, 通りすぎなかった, 通りました, 通り過ぎて, 通るに, 通れやしない, 通れやしないだろ, 過ぎた, 過ぎて, 遠慮し, 門司の, 関はず云ひたい放題な, 電車の, 風の, 黒山の, 黒田策太郎と

▼ 前からの~ (302, 0.3%)

11 ことで 6 ことであった 5 ことである 4 ことだ 3 ことを, 家柄で, 知合らしい

2 [20件] お約束, ことであっ, ことでが, ものが, もので, ものであろう, 事である, 事です, 友達で, 準備が, 知り合, 知り合いか, 約束か, 約束で, 約束でも, 約束を, 考へを, 自己であり, 話の, 関係で

1 [227件] あの度び, いろんなもの, おつきあい, お知り, お知り合い, お知合, お知己, お馴染, かなり大, くりこしであるの, ことが, ことだった, ことだつた, ことでありました, ことな, ことの, ことも, しきたりであった, しりあいでした, その問題, つづきの, つづきらしい礼, ところな, ものだつた, ものであった, ものである, ものでない, ものを, ようで, ようである, 不快さから, 中氣で, 中風で, 乗客が, 予定開墾地なる, 予約でなく, 争いの, 事だ, 事だろう, 事ぢや, 事な, 事に, 事情を, 交わりだった, 交渉を, 交際であった, 仔細を, 仕事で, 仕事を, 仕来りで, 仲で, 仲でした, 伝統に, 住民たちも, 住民との, 作者である, 係の, 信仰が, 僕の, 写真を, 出来心も, 動きであった, 友の, 友人に, 古いやり方, 古い店, 古い選手, 名である, 呼名にな, 因襲であり, 土着で, 地名を, 地縁の, 埃が, 城兵と, 壮大なる, 大人の, 大騒動, 大騷動, 天文だ, 太守と, 奨励だった, 女との, 女中一人を, 妻は, 妻を, 実験に, 客が, 宿願であった, 寝冷, 屈託の, 御信仰, 御用命, 御申込, 御知己, 御箱, 御縁, 御近付き, 恋仲であった, 恋物語りを, 悪天, 感動の, 慣例が, 慣例です, 慣行が, 慣行を, 憂鬱が, 憧れの, 懇意で, 戸籍が, 打合せで, 持ち傳, 持病が, 掛り合ひだらう, 旧約を, 時計今は, 曇りが, 曇り模様, 望みだった, 松本学氏の, 業縁であります, 様子で, 標準語である, 歩き癖では, 歴史ある, 決意に, 流行語であり, 浮気っぽい, 浮浪民の, 深い馴染み, 深間だった, 父親の, 牧瀬の, 物忌みの, 物狂ほしい, 生粋の, 用意の, 用意を, 申込を, 男が, 番頭で, 疑問である, 疲れが, 病気だった, 病気だろう, 痛手が, 白帆と, 真紀子との, 知り合いだ, 知り合ひだ, 知人で, 知人に, 知合いです, 知合いと, 知合です, 知己だ, 知己でありまし, 研究に, 神経異常が, 私の, 稽古で, 笑いを, 約束が, 約束じゃ, 約束だ, 約束だった, 約束ぢや, 約束であった, 約束でした, 約束どおり理化学研究所で, 約束も, 経歴を, 結核で, 絵図面は, 継続な, 続きで, 続きである, 続きを, 綽名で, 縁, 縁者が, 織物に, 續き, 續きらし, 義理あいで, 習慣だった, 習慣である, 胸部の, 自分の, 荘園も, 行がかりさえ, 行きが, 行きがかりで, 行きがかりでも, 行乞で, 覚悟が, 覚悟ぞ, 覺悟な, 言い伝えの, 計画の, 話な, 誓約を, 説と, 説明を, 読者には, 調査で, 諜し, 貸し分が, 身持ち多分の, 遊びどころででも, 選手は, 長い民族生活, 関係を, 闇の, 附木も, 雑誌, 雨つ, 静けさを, 頼まれもの, 顔見知りだった, 願望だった, 風邪で, 風邪の, 馴染で, 馴染でも, 馴染の, 馴染みである

▼ 前でも~ (206, 0.2%)

4 何でも, 平気で 3 手を 2 して, コツンと, 後でも, 構わずに, 申し上げねば

1 [185件] あった, あったから, あったが, あなたの, あなたは, あのあたり, ありその, あり入, あり幸, あり幸い, あるし, い, いいかねないから, いずれ厳しい, いれば, ええはず, おかまいなし, おきえさん, お初へは, お神さん, かなり格の, かまわない両, こういう民族的記憶, こちらさんの, この始末, この点, この花, ございましょうか, ずけずけそれ, ずばずばいっ, そうだ, そうやっ, そう言っ, そこから, そのため, それは, それより, それを, そんな空々しい, たかく持, ただもうペコペコ, たれる大会, ちらと, つひ笑ひだ, どこでも, なお誓っ, なされて, なんでも, はつきりいへる, はばからずなん, はばかるよう, ひけを, びっくりする, また如何, やまないの, やり合い声, わざと秋子, アハハハと, アメリカには, タンカを, デヒワラ博物館の, ハッキリと, ビユウを, ペテンを, ホテルを, 一つの, 下馬し, 与平は, 乳の, 二人は, 云い争い, 云うでは, 云って, 云つた, 今よりは, 何とも思はない, 何の, 何も, 何んで, 僕が, 公びらに, 公明正大に, 公然と, 凡て罪状を, 出るよって, 前述の, 動かなくなり, 十日前でも, 千年後でも, 口を, 只は, 同じくそこ, 同じこと, 同じやう, 同じ事, 喧嘩した, 嘘を, 固く誓った, 地面に, 声を, 変な, 変改が, 奥女中たちの, 安心し, 寝転んで, 山峡ひ, 幇間じみる, 平氣, 平蜘蛛の, 彼は, 彼女は, 後ろでも, 御開帳, 心おきなく, 怖れ, 思はず口, 怯めず臆, 恋しそう, 恐れずに, 愛の, 愛人といふ, 憚りとしては, 戯れるよう, 所信を, 昂然として, 普通の, 曝すこと, 最も目だたない, 有ッ, 東京の, 横の, 歌えなかった, 歯から, 気兼が, 滅多に, 犯人の, 猶更余, 珍らしい, 男を, 盛んに, 看護婦の, 真率に, 真面目な, 砂埃に, 秀子を, 私が, 私は, 立派に, 第一回, 答えそ, 素直な, 結構三十五貫と, 繁昌し, 罵った, 群集が, 肌を, 胡坐しか, 腐爛目の, 膝を, 自分の, 至って窮屈, 裏面には, 言い継母, 言って, 言つた, 言はれる, 話しました, 話し兄, 貫こうと, 通りかかれば, 通ると, 通る時, 道頓堀でも, 遠慮が, 遠慮は, 遠慮を, 金は, 関わず素, 関わん叔母, 随分遠慮なし, 靴を, 顔を, 馴れ馴れしく彼, 髪結の, 鼓が

▼ 前なる~ (181, 0.2%)

3 を願, 人は 2 がいと, は弁信法師, ものに, 古い木槿垣, 大川の, 居士は, 山の, 我が少年時代

1 [159件] お竹蔵, お美津, お茶の水の, がいかに, がまず, が寒山子, が當時松崎氏, が近づい, が隠るれ, ことは, ぞと仰せ, に心, は一生, は七兵衛, は何者, は健斎国手, は古湯, は宇治山田, は当, は必死, は手, は押され, は振向い, は梶棒, は這, は錦, ひとりに, まこと, まちは, ものの, も後, も憚ら, や豊浦, を引戻し, ズツンと, ヅツンと, テーブルの, 一の, 一帶の, 一本の, 一枚の, 一槍を, 一燈の, 一閑張の, 三十歳近くの, 三方には, 乗物の, 二騎とは, 人から, 人の, 人聞き, 加藤主税が, 勿れ, 卓に, 卓を, 嗅神経葉と, 四輪の, 地獄と, 塞の, 天智天皇九年の, 姿見, 婦人を, 客は, 小屋がけの, 小池は, 山へ, 山凡そ三四百間遠き, 山川に, 川へ, 常盤橋その他数箇所に, 平地が, 影が, 御供石の, 心地し, 意識に, 手炉に, 敵を, 旅館に, 早瀬の, 杯に, 杯を, 杯飲みほし, 林中を, 柳生対馬守の, 桐火桶の, 桜の, 梢には, 椅子に, 椅榻には, 橋の, 欄干に, 水盤の, 池を, 流は, 流れは, 流を, 湖を, 湯津楓に, 火鉢在る, 無言の, 燭を, 父が, 犬の, 狗子草も, 生前に, 用紙を, 田一面に, 男の, 畳に, 皿は, 目に, 石も, 石階の, 砂山の, 碁石の, 秦淮に, 稚児を, 筐を, 籐の, 紅入, 細路へ, 縁台に, 群衆を, 老人其の, 老女を, 老眼いとも, 者は, 者を, 者馬を, 背の, 茶碗を, 草山の, 落し差しに, 薄紅梅涙に, 蝋燭は, 証書を, 谷の口を, 谷川に, 車の, 車力が, 透かし幌の, 通の, 逞しいの, 遊佐良橘の, 鏡に, 鏡台の, 闇に, 障子を, 青竹の, 頭巾が, 馬の, 馬場先門の, 馬子の, 騎兵, 高い土蔵, 高原の, 高脚, 黒漆の, 黒頭巾が

▼ 前とは~ (172, 0.2%)

10 違って 7 変って 6 別人の 5 反対に, 打って, 逆に 3 すつかり, ちがって 2 全く異, 別な, 比較に, 異って

1 [120件] あまりに早泊り, いいながら, いえ用件, いひ乍ら, うって, おかしいと, がらりと, すこしも, すっかり服装, すっかり違いました, すっぱり違った, すべて違った, ずっとよくなった, たしかに全体, だいぶちがった, だん, ちがいそう, ちがう大衆そのもの, ちがった光, ちがった化学物質, ちがった第, ちがった部分, どういうつもりだい, なんとなく違つて, またまるで, まるで別人, まるで反対, まるで変っ, まるで手応え, まるで打っ, まるで違った, よほど人数, よほど違, ガラリと, 一大変化を, 丸で, 主客事かわっ, 人違いする, 人間が, 似ても, 似も, 何か, 全く心, 全く見, 全く調子, 全く違う, 全く違っ, 全く違った, 全く違つた意味, 全く違つた態度, 全然別, 全然方角, 全然異, 全然違つた意味, 別の, 反対の, 変った上機嫌, 変った傾き, 変っちまったん, 大した変化, 大に, 大分もてなしぶりが, 大分此の, 大分違っ, 大変変りました, 少しく方向, 少しずつ, 少しばかり, 少しも, 少し変った, 尾張衆の, 心持の, 思えぬくらい, 感慨も, 戦場往来軍馬の, 打つて, 持主が, 有と, 正反對, 水と, 申しながら, 申ながら, 異つた意味, 異つて, 異つて穩, 異なって, 異なつて港, 異なりて, 瘠せて, 直角だけ, 空気が, 組織も, 自然異, 芝居に対する, 見違えるよう, 話が, 逆で, 違いますよ, 違い仰いでは, 違うん, 違う型, 違った得意, 違った意味, 違った気もち, 違った深い, 違った緊張, 違った胴顫, 違つた温かい, 違つて厭に, 違つて多少, 違つて泣き声に, 違つて考へ, 違つて顋が, 違ひ, 違ふ, 違ふからね, 随分変った, 雲泥の差さ, 順序を, 驚くほどの

▼ 前よりは~ (167, 0.2%)

3 もつと, 更に狭く 2 すこし悲し, 一層打解けた, 更に狹, 比較的楽, 毛の, 気分が, 稍真面目に

1 [147件] あたたかい日, いい気持, いくぶんゆっくりし, いくぶん落ちついた, いくらか強く, いくらか歩調, いくらか落ち着い, いくらか軽く, いちじるしく熱, いっそう冷たく, いっそう大きく, いっそう灰色, いっそう馬力, しばしばここ, すらりと, ずっとよく, ずっと低く, ずっと出来, ずっと多い, ずっと愛し, ずっと穏健, そわそわし, だいぶ近い, ちょっと手強く, ひかえ目, ひときわ低く, ましに, まっすぐにも, もう少し広く, もっとほっそり, もっと烈しい, もっと用心深く, もっと真面目, もっと親切, やや注意深く, よくて, よくな, よくなる, よほどおとなしく, よほどくつろいだ, よほど増し, ズツと, ハッキリと, モツト強く, 一層おとなしく, 一層つよく, 一層丁寧, 一層低い, 一層力, 一層奇抜, 一層彼, 一層手前勝手, 一層明瞭, 一層晴々, 一層濃く, 一層複雑, 一層言葉少な, 一層遠慮がち, 一層重苦しく, 一層鋭い, 一層間近く, 一層間隔, 一層顕著, 一歩深く, 一段とその, 丁度倍, 丈夫さうに見えた, 上等であった, 九年ばかりの, 二倍に, 今の, 他の, 低い声, 余程弱っ, 余程精神的, 健かに, 健康という, 優しく一層, 共にと, 凄じき, 判然と, 別居も, 制服制帽の, 劇しく, 十倍も, 反って, 呑んでから, 固くなり, 多くの, 多少清潔, 大きく二尺余り, 大して広く, 大変よく, 好くわかるだろう, 好く分かるだろう, 妙に, 委しく知れる, 寧ろ壮健, 小さくなっ, 少しく耳, 少しずつ, 少し小さな, 少し穏, 少し近く, 幅の, 干乾びて, 幾らかよくなっ, 幾らか平ら, 幾分か, 心が, 忙しく水, 念入りに, 恐怖も, 悪くな, 悪くなっ, 改った, 数倍近い, 晴れやかに, 暗くなっ, 更に厳か, 更に治し, 格段な, 気軽に, 深かった, 烈しくを, 熱して, 発展を, 登るべからず, 益丸まっ, 盛んに, 盛大であった, 真面目に, 立派に, 肉づき, 肥つてゐました, 良くなった, 荒っぽくなった, 落ちついて, 見ばえが, 言葉が, 豊富であった, 速く進み出, 遥かに, 重苦しい口調, 鋭く, 頭が, 高いコツコツ

▼ 前です~ (159, 0.2%)

26654 か, から, がお, がこの 3 からね, があの, が私, けれど私 2 がその, が僕, が士分, が若い, わ

1 [84件] かこの, かしら別に, からいや, からお, からお披露目, からこの, からそれ, からゆ, から仁王, から失礼, から理髪店, から産卵箱, から申し上げます, から知りませんでした, から話します, があなた, があんな, がいったい, がこうして, がここ, がじつによく, がちょっと, がとにかく, がね, がね晴子, がふだん, がわたし, がわたしたち, がクリュシフィクシオン長老, がジルベール, が二代目, が今度, が伊那, が兄さん, が内儀さん, が勘当, が十兩, が君, が国, が増田屋, が大, が女, が宅, が実は, が山, が後, が惚れた, が横浜, が橋場, が武家, が河豚, が海賊, が青表紙, が面倒くさい, けどこの, けどね, けどもうもう, けど加十さん, けれど, けれどもいや, けれどもその, けれどもそれでも, けれども三十, けれども四国, けれど姐さん, けれど異人, けれど電池製造, ぜ親分, ぞ, とあの, ねえ自分, のに, のよ, ぱりす, もの, ものなんの, ものね, よ切符, よ殺し手, ワ何時, 先生, 学校の, 私は, 自分でさえ

▼ 前~ (138, 0.1%)

4 がまだ, は或 3 が東京, は 2 が, が三十一, が十八, が引, が驚いた, の見た, はある, は小

1 [108件] があらゆる, がいいました, がいくら, がこの小さな, がジュネーヴ, がソヴェト, がツーロン, がバルザック, がプティー・ジェルヴェー, が三味線, が二人, が五つ, が出かけ, が初めて, が北, が夙川, が大学病院, が大学院, が大阪, が太沽, が女, が女学校, が寝台, が彼, が從兄, が文学, が旅立, が日出雄少年, が早, が最初, が東京高等商船学校, が森, が江戸川氏, が潜ん, が熱海, が現在, が病床, が盗み, が途中, が速達, が長崎, が黄河, し在所柏原, とマアク・トヱン君, と一緒, と久保, と御, と結婚, にいいつけられた, に疑われ, の兄, の十三, の天, の宅, の居た, の希望, の師匠, の意見, の方, の書いた, の来た, の母, の父, の聽, の蟻, の観察, の誕生日, の辞典, の郷里, はあなた, はあの, はあんまり, はいつも, はさんざん, はその, はどこ, はまだ, はカリフォルニア, はマンチェスター大学, はラジオ, は上海, は主人公, は二, は二十一日, は五所川原, は人間, は内幸町, は初めて, は半ば狂氣, は同級, は夜中, は大きい, は大変興奮, は大森, は少し, は弁天町, は斎藤茂吉さん, は昼, は木曽, は此処, は気づいた, は氣, は無茶, は町外れ, は知力, は箕作氏, は聞いた, もまだ

▼ 前において~ (119, 0.1%)

3 ある 2 それに, である, 彼は

1 [110件] あけすけに, あのし, あらゆる人, あらゆる讃嘆, あります, ある古い, ある和服, ある大きな, ある封筒, ある種々, ある赤土素焼, ある高, いいたいほう, いい気持, いずれの, いつもに, いよいよ最後, お父様, こういった, この文章, これほどの, こんなこと, さてそこ, しきりにたくさん, すでに出羽, すでに競争者, する講演, そうな, その一夜, その秘密, その肉体, その顏, それからおもむろに, それとなくお父さん, ちゃんとおじぎ, とあるカフェー, なお烈々大語, はつきりかう, ひとつ達者な, ひな鳥の, ひやかしに, ふしぎな, ほしくば, ものを, もらした腹, よほどの, わが邦, アメリカ, イーグル鉛筆を, オナラを, マルクスの, 三日間の, 三百尺平方の, 不用意なる, 互いに顔, 五歳の, 人語が, 仙人の, 僕が, 先ず小, 全偏差, 出鱈目な褒め, 初めて製作成功, 同時に一方, 同窓の, 壁にも, 女全体の, 学友に, 封を, 岩公は, 左股を, 幕府は, 平等である, 広大なる, 当時京大教授側を, 彼女は, 快くこれ, 恐竜型潜水艦の, 或る, 手際の, 旅人が, 明治大正式の, 昼と, 時々遠慮, 朋友と, 此奴ら束にな, 熱り立って, 申しては, 白, 立憲議会員の, 簡單に, 維持するあたわざりし, 腰かけるよろしい, 自ら懺悔する, 自ら身を, 自分の, 自分は, 舌なめずりし, 蒸気船を, 行って, 行われたため, 西洋の, 見て, 言うわけ, 詳しい容態, 講釈いう, 酒を, 関羽は, 面罵する, 頬杖を

▼ 前へと~ (106, 0.1%)

9 進んで 4 往った, 歩いて 3 押して 2 出ようと, 歩いた, 突き進んだ, 行つた, 走って, 身を, 進みながら

1 [72件] いっしょうけんめい, いった, おびきよせられあ, ぐんぐん突き進ん, けしかけるという, けしかけるよう, しつこくつけ, すすみ出た, とんで, のめり歩いて, のり出した, ひと足でも, ヒタ走った, 一列縦隊に, 乗り出した, 乗り出して, 伸すの, 停まつた, 出て, 出ますから, 出る, 切ッ尖, 努めて, 動くのに, 地面を, 孔子の, 彼を, 打倒れました, 押されて, 押して行く, 押し進めた, 押す人なだれ, 推進力を, 敬虔に, 歩き出したの, 歩みます, 注がれあらゆる, 泳ぎ出す, 流し進めて, 流れて, 流れゆく群衆, 石段を, 立ちはだかって, 立つと, 米友は, 續き, 置いた, 置いて, 署長等の, 行かなくては, 行くの, 行つてゐる, 言えば, 詰め寄せ, 読み返して, 足を, 辿つて行つた, 迫り出して, 追い抜いて, 送る, 進みました, 進みやがて, 進むから, 進むの, 進めて, 進んだ行けば, 運び出されつつ, 雄叫びする, 飛んで, 馳け, 駆けぬけた, 駆り立てる

▼ 前にて~ (105, 0.1%)

3 散々と

1 [102件] あさまだき, あるまじき狂語, いわな, うかがうに, お出, お待ち下された, けたたましき響, これと, わがいかに, わがいひ, アイヌの, コルソオを, 一礼す, 下りて, 主人が, 二人は, 今一應明白の, 今日奉行所の, 会わん, 何者とも, 余等二人を, 元服せし, 兵を, 其日の, 再び秀子, 凡て同一の, 切れて, 切殺し, 叱責せらるる, 同人に, 名を, 告白せる, 地その, 大原を, 妻子も, 寺にて, 屋根なき, 屹度義絶申し渡した, 帯の, 常念道, 彼の, 往來の, 御公表, 御文, 忠兵衞參詣の, 急に, 惡少年に, 我身の上の, 才なき, 拙者が, 操り搏飛行, 散々ひけらかし, 新約全書一冊求む, 昇天す, 是程の, 晴間を, 暗殺すべし, 棹し, 歌ふ, 歌を, 正義の, 母上識る, 流しに, 浜の, 涙も, 煙管を, 父の, 猶今, 甲必丹に, 町醫師村井長庵こと雨中傘も, 礑と, 結びこれ, 結びたる遊び人, 結び大, 結び町家, 網を, 縁の, 繰り搏つて飛行, 美しく猛き, 舟を, 血烟を, 行ふ, 行わぬよう, 見受, 説くところ, 讀聞せ, 貴殿に, 踏絵を, 躓きたれども, 車と, 辯解致されよ, 逢れし, 遊びき, 金勘定を, 鑓先を, 長き圈, 難儀なる, 馬車は, 驚異の, 高村東雲の, 麦からを, 麦藁を

▼ 前この~ (83, 0.1%)

2 女の, 屋敷の, 村から, 村越家の, 部屋へ

1 [73件] あたりの, お道場, ことを, ような, アイスランドが, ロイド・ジヨウジ氏が, 一切を, 上新田で, 世界の, 事務所へ, 二将に, 人々が, 仲間に, 作品が, 像は, 公園で, 冬死んだ, 化物屋敷の, 北備の, 厳粛な, 問題について, 国において, 土地で, 土地に, 土地の, 地が, 地へ, 地方に, 場所に, 夢と, 女房を, 女橋を, 委員会に, 子が, 子の, 家の, 家内を, 小島に, 山の, 島へ, 席において, 店で, 建物は, 感覚を, 戸棚の, 手紙を, 文芸欄で, 新宿に, 旅に, 本を, 材木店の, 村より, 桑畑に, 機能化の, 気勢に, 沖へ, 流行を, 湖に, 湖へ, 父を, 町に, 町通り両側の, 矢追村の, 短かい, 私と, 箱根関所役人として, 節は, 芝田要が, 辺の, 辺一帯ひどい, 鏡の, 附近の, 雑誌に

▼ 前~ (82, 0.1%)

4 が広島, はその 3 がまだ 2 がこの, の父, は, はこの, は三毛猫, は彼, は御, は掏摸

1 [55件] からもらった, から聞い, が, がそれ, がはじめて, がレーニン, がヴィクトリア・アルバアト美術館, が上総, が上總, が二十, が兄, が口, が子供達, が技手, が横須賀, が此波止場, が母, が渓流, が焼酎, が社会主義青年, が翠雲山中, と二人, と彼, に土地, に新しい, のこと, の一番末, の下宿, の妻, の留守中, の目, の背後, はある, はいきなり, はいそがしく, はいつも, はお, はそんな, はハガキ, は一番, は今度, は伸子, は依田氏, は偶然, は大きな, は子, は小田原, は工場, は東京, は此同僚, は母, は沢山, は看病, を捨て, を訪ね

▼ 前~ (75, 0.1%)

9 んだ 8 んです 5 のです 4 のだ 3 のである 2 ので急い, のにその大きな, のよ

1 [40件] ことで, の, のか, のかしら, のじゃ, ので, のでお, のでこんど, のでせう, のでわざとそう, ので久助君, ので二人, ので喜ん, ので変, ので大きな, ので寝る, ので手塚, ので此処, ので百歩, ので露骨, ので鮫屋, のに, のにそう, のにまだ, のにもう, のによう, のに乘つた餘勢, のに僕, のに冬, のに大分老い, のに日, のに日吉, のはい, のも, のを, ものか, やうな, んですっかり, 約束から, 顏を

▼ 前~ (74, 0.1%)

5 後ろを 4 後に 3 後を 2 たかが五百噸, 後にも, 後の, 後ろへ

1 [54件] うしろから, おいしそう, くだなんかと, せまい歩道, その他の, そばやの, つて來る, ないか, よいか, ステンド・グラスの, 世間体を, 何かで, 勤務先などで, 呉服屋の, 四日前に, 土間に, 妊娠中の, 娘の, 実験室では, 小さい花, 山の, 山吹の, 岩の, 市電の, 庭なぞで, 後が, 後で, 後へ, 戦争中は, 本屋の, 村の, 桑畠の, 横から, 横で, 横に, 横を, 淵の, 清水谷公園や, 濠端の, 田植の, 盲の, 神棚の, 神田橋で, 竹岡前の, 籠手を, 舞台の, 舶來の, 蝋細工の, 衣紋を, 裏手の, 路地の, 風鈴屋の, 髪までが, 鶴の

▼ 前へも~ (63, 0.1%)

10 後へも 2 出られず後, 後ろへも, 行った, 行って, 足が, 進まず後

1 [41件] あまりすわらせぬ, お恥, すすめた, そりと, まわって, 一人の, 二つ梨を, 二三度行っ, 二日間の, 何らさえぎる, 出たくなかった, 出なかった, 出得ない夫人, 受けに, 右へも, 右膳も, 同じよう, 姿を, 寄ったが, 岸本を, 往けません, 後へもよ, 御辞儀, 持って, 盃を, 立たず, 立たず横, 練込ん, 置きそれ, 自分の, 行くの, 行けなくなるぞ, 行つて立つ, 行つて見なかつた, 言譯なし, 陰と, 面はゆい思い, 面目が, 面目ない, 飾りましょうかね, 髪を

▼ 前だった~ (62, 0.1%)

3 と思います, と思う, のです 2 かしら, からだ, な, ね, んだ

1 [43件] あそこの, お前の, かしらもっと, かな, かに大津, かねお, かもしれません, かも知れぬ, から, から今頃, から何だか, から大急ぎ, から思え, から果して, か一度, か後, か緊急信, か革命後, がその, がやっぱり, が三時ごろ, が何ん, が冬, が女角力, が彼ら, が東京, が芳本, が蒲団, ことだけは, そうで, そうである, と思っ, のでございます, のでしょう, のでニューラ, ので値段, ので兎, ので多少, ので直ぐ, もの故, よ, 塚原靖島田三郎合訳と, 妻の

▼ 前である~ (60, 0.1%)

2 からそれ, ことに, といふこと

1 [54件] かにはか, かは言わなかった, かも知れぬ, からおもちゃ屋, からか辞使い, からこの, からその, から丁度, から何, から彼方此方, から心, から忠君愛国, から時間的, から酔い, がこの, がこれ, がしかし, がその, がその間, がそれ, が丁度, が九条兼, が今年蓼科山, が先, が宗易, が折角手入, が漱石, が裏返し, が長い, けれども迂, ことが, ことだけは, ことを, こと彼女からは, し古調, そのとき, だけに一層, できるだけ栄養分, という意味, とによって行為, との理由, とも後である, と一層, ので三人, のにそれ以後, のに応接間, 事が, 午前三時に, 大船の, 生活の, 相州逗子の, 真っ先に, 茶の湯に, IRCの

▼ 前~ (56, 0.1%)

6 後か 3 後に 2 明鴉かをかをと

1 [45件] あとかに, あるいは一, あるいは来, あるいは海, あるいは降っ, いずれ一人, この島, しれぬボロボロ, すし後で, それともその, ど博徒, なにかへ, なんかでなければ, ぶりに, よくは, わからないが, スリエという, 一度この, 三代前の, 中途か, 二日前に, 何かで, 何方かを, 八時半か, 十五分前に, 十五年前の, 又は発作, 台所から, 同時ぐらいに, 四日前だ, 土の, 夫の, 少し後で何, 後かに, 後ろか, 後ろかの, 忘れたが, 或はもつ, 木菟の, 梱包される, 横か, 維新の, 訣らない, 過か, 韮山と

▼ 前~ (55, 0.1%)

2 互の, 吉が, 嘉代が, 民は, 皆は, 組さんと, 邸から

1 [41件] かの所, さやは, すみが, べつか, 七が, 京と, 休みなさいを, 会いしたころ, 別れした, 友達に, 吉といふ, 君には, 国元の, 小夜の, 小間使として, 延は, 懐しいお便り, 手紙頂いた, 旅立ちなさいました, 書きなった, 浜は, 父上が, 父様が, 由が, 目あての, 目にか, 禮は, 粂さんだ, 能見物の, 芳が, 茂与, 茂與は, 菰の, 藤が, 蛭子さんの, 行きがけの, 見かけした, 訪ねしたつて, 訪ねした日, 銀様が, 隣りに

▼ 前でした~ (54, 0.1%)

82 か, かいちど, か知らん, 由松は

1 [38件] かある, かしら, かそれとも, かな, かな松本君, から, からおやじ, からハッ, から一同みなカミョンスキイ, から向こう, から文次, から無論, か僕, か殿方, か知ら, か突然, が, があの, がいさぎよく, がその, が先生, が当時, が彼等, が易介, が雨, それとは, と思う, と答, ねたしか, の, ので大屋敷, やうな, ように, よ深い, 事務所へ, 仕事を, 小雪の, 様な

▼ 前その~ (47, 0.0%)

2 犬も, 翌る, 蔦屋に

1 [41件] ことばかりを, ことを, 一部分を, 二つの, 二階がりの, 井川氏から, 人ある, 俳優が, 儘の, 先祖が, 初舞台を, 前は, 前兆として, 労力と, 場所で, 境内に, 夜の, 女は, 妹さんが, 婦人用の, 家に, 寺の, 年の, 庭師の, 所を, 最初の, 最後の, 木が, 梗概などから, 検査用紙を, 母親が, 父親に, 男の, 筋から, 肉を, 茶わん屋の, 貨物船が, 逓信省在官時代に, 途中厳島へ, 靴屋は, 飯田川の

▼ 前であった~ (47, 0.0%)

2 がその, ということ, と思う, ので指

1 [39件] かあるいは, かこの, かと思う, かどうか, かはた, かは実は, かも知れぬ, からそれ, から一つ所, から上り, から宵, から戦場, から私, から風呂, か偶然御手洗邸, か寒中二, か後, か揺れ, か親, がこの, がしかし, がやがて, が北川氏, が唇, が工場, が帰城, が御, が忙しい, が所, けれど彼女, とのこと, のだ, のでしょう, ので初め銀座, ので坂口, はずだ, よ, 十時より, 非風君

▼ 前なら~ (47, 0.0%)

2 で, 効が

1 [43件] いつでも, お一人, お前は, このテエマ, ちっとも坂, とうに通, とにかく逢うた, なんでも, ばあながち, ばともかく, ばと文字, ばやがて, ばアメリカ, ば格別, ば玉子, ば眼, ば苦, もっと遠慮, よかったろう, イキナリ反撥した, トメます, 一万年前の, 一緒に, 五千円の, 何も, 八十五円に, 其お談義役に立つ, 其方は, 内へ, 加十は, 大丈夫だ, 女でも, 平氣, 廿六にも, 御飯を, 我々は, 支度料幾らと, 朋輩たちは, 決して母, 秋の, 竹光を, 遭難の, 青年と

▼ 前へは~ (46, 0.0%)

3 出て

1 [43件] あまり出さない, うっかり出る, うっかり立てねえ, けっして来ない, どうせ行く, のさばり出たるか, ふり出した, 乾葡萄と, 何とぞ宜し, 兄上より, 出さねえ方, 出されないん, 出ずに, 出せないこと, 出たが, 出ない, 出られないだろうけれど, 出られないの, 出られない人, 出られなかった, 出られまい, 出られませんね, 少しずつしか, 少しづつ, 差出せなかったの, 差出せなかつたの, 恐ろしい幻, 摺らないで, 来ずに, 横手からも, 気咎めが, 満員の, 溯って, 真白に, 立たれは, 背を, 踏み出せない, 進まずに, 進まないで, 進めなかった, 進めなかったの, 進めません, 鉄砲玉の

▼ 前までの~ (45, 0.0%)

3 彼の

1 [42件] あいだの, お師匠様, ことじゃ, ことで, そのおも, ところが第, やうな灼け爛れた, ような灼け爛れた, ように, セエラとは, マルクス主義思想の, ラザルスは, 一帯の, 下宿人は, 主人を, 乗らないという, 僕達だ, 利根川の, 城太郎自身であった, 女は, 学界情勢では, 小林秀雄は, 平地を, 教育及社会対不良少年少女の, 数字でありまし, 日本は, 日本語は, 村上氏という, 東京よ, 武将は, 沈んだ態度, 無性に, 片側の, 私たちの, 約十日間, 経験の, 自分だったら, 苦しかった, 計画では, 話であろう, 論拠を, 間蜂の

▼ 前からも~ (44, 0.0%)

4 後からも 3 横からも 2 後ろからも

1 [35件] あった, あったか, あったので, あったろうが, あつた, うしろからも, お頭, お鳥, ぎりぎりに, この傾向, この辺, ずっと雪, ぜひお, そういう御, ぽつぽつ釣れ, や, 一人, 一片の, 変な, 始終一人, 官兵衛が, 度々同, 心がけて, 抱いて, 拳骨雨の, 景時とは, 有明の, 沢山なされ, 用ゐられ, 知られて, 自分の, 見て, 認めて, 送って, 途端に

▼ 前をも~ (44, 0.0%)

8 憚らず 4 忘れて 2 忘れ一刻

1 [30件] いやがらずに, かまはず間諜としての, すたすた通り過ぎた, はばからずエバ, はばからず突然, 兵馬は, 厭はず土足の, 呼は, 呼わっ, 平気で, 彼は, 徒に過ぎぬ, 憚から, 憚らずして, 憚らない, 憚らぬ, 構わず泣き叫びただ, 歩いて, 空しく通り越し, 立ちふさいで, 臆せず, 行つ, 見る, 通ったが, 通ったじゃ, 通つた, 通らなかった, 通りすぎた, 通り過ぎて, 過ぎ気

▼ 前~ (44, 0.0%)

1 [44件] があります, がとても, がやり, がよかっ, であり後篇, で御, というもある, として中篇後篇, につづい, にて一応, になかっ, にも述べた, に於, に書簡文範, に述べた, の中頃あたり, の作者, の執筆, の紫式部, の脚本, の謎, の資料, の通り, はいい, はかなり, はドイツ, は主として, は天才的, は尽きる, は比較的, は第, は純然, よりづっと, を出された, を書い, を書いた, を構成, を立つ, を終った, を終る, を読み直し, を讀んだ, 及び後篇, 終りと

▼ 前~ (44, 0.0%)

2 であつ, のこと, を頂上

1 [38件] からカチカチ拍子木, から丸刀, から今, から今村さん, から傭われ出した, から公刊, から地方, から妙, から彼, から淡, から父, から絵ハガキ, から言, が一番, だし, だったでしょう, だったでしょうか, だったろう会社, であった, でしょう, ではない, になる, には今度, に三人, に交換時間, に何処, に出, に私, の心持, は展望, へンリー, までに発行, までのあすこ, までは先輩, までは微々, まで寢, まで所謂土手, 又高柳

▼ 前ほど~ (43, 0.0%)

4 では

1 [39件] うまいと, うまくない, おどろかなかった, おもしろくなくなった, この方面, こわがらないで, さむさ, ちょいちょい来, つっけんどんでは, であった, な充実, な鞭, はっきりせず, はっきり見えなくなった, はにかまなくなったよう, やかましくなくなっ, 不幸で, 人を, 前に, 女流の, 好かなくなったこと, 孤独な, 平気な, 彼の, 悪く云, 愛さなくなったの, 感じないやう, 本気で, 氣に, 淋しくは, 激しくは, 私も, 窮屈で, 良くありません, 讀みよりやせん, 途方も, 銭儲けが, 鋭くなく, 高くは

▼ 前もつ~ (41, 0.0%)

3 て聞い 2 て自分

1 [36件] て, ていろんな, てお, ておこ, てお知らせ, てその, てちやん, てべつとり, て一度, て医者, て原文, て坪内博士, て手紙, て打合せなかつた, て提論, て有頂天, て林檎, て歩く, て注意, て測つ, て犯行, て申, て白状, て知る, て約束, て考へた, て腹, て臨海亭, て藤子, て要求, て話し, て連絡, て集めた, て電報, て魔よけ, と広く

▼ 前~ (39, 0.0%)

2 がはじめて

1 [37件] が, がお前, がすっかり, がその, がひどく, が住ん, が修繕, が倭文子さん達, が先生, が医師, が宇宙旅行, が宮本武藏, が川手氏, が此處, が滋賀商業, が玄関, が貴島, と小池君, に話した, のため, の全く, の従姉, はお話, はミシェル神父様, はリヨン, は一ころ, は九州大学, は台湾旅行, は妻, は或, は支那料理店, は東京新聞, は田舎, は申した, は里昂, を枕元, を見まい

▼ 前~ (39, 0.0%)

4 來る 2 来ると, 活動し, 行くと

1 [29件] くつ, たしか高等学校, つれて, ねて, わが国を, コロールの, 五郎子か, 僕ぁハッキリ, 公園に, 其所へ, 出て, 列も, 吾, 固くな, 押し詰められた様, 朗か, 来た, 来る, 来年に, 案内し, 毎晩の, 泌み, 自分たちに, 芸談を, 行けた, 行つてやらう, 費用の, 近よった, 馳け

▼ 前じゃ~ (38, 0.0%)

5 ないか 3 ありませんか 2 アない

1 [28件] うっかりした, おどおどし, かなしい顔, けれどお, ちっとは, ちといかが, ついその, ないけれど, ねえか, ほとんど処女, ろくに唱歌, わざと冷淡, アカラだらしが, ア云い, ア口が, 呑んだ酒, 承知しねえ, 浪花節のなの, 理窟なんか, 申しかねるが, 砂が, 窮屈で, 肌まで, 観て, 言えなかったわけ, 話しにくい, 遠慮が, 静かに

▼ 前という~ (37, 0.0%)

2 ことも, のは, ものは

1 [31件] お方が, ことが, ことに, ところで, ところに, ところまで, ものな, やつだ, ような, 一町内には, 人が, 人物は, 停留場で, 凄いよう, 夫婦が, 女性を, 役目の, 意味では, 時であった, 時刻に, 時期は, 晩であった, 状態である, 男だ, 美女を, 者でございます, 者の, 草津の, 言葉が, 言葉は, 話に

▼ 前申した~ (37, 0.0%)

4 ような 2 一本の, 通りである

1 [29件] その背戸口, わけで, 仕事を, 子供や, 川裳明神縁起と, 己の, 意味の, 故郷の, 會田という, 海底戰鬪艇の, 秋の, 通り, 通りの, 通り人文発達の, 通り体だけ, 通り作家, 通り出雲の, 通り創作家が, 通り好でなけれ, 通り彼らが, 通り忠臣が, 通り我邦固有の, 通り文学と, 通り時間の, 通り甚伍左氏の, 通り私には, 通り秋の, 通り箱根を, 通り自分が

▼ 前申す~ (36, 0.0%)

3 と云う 2 ような, 通りこの, 通りの

1 [27件] とおりだ, とおり矢張り, とおり私が, 三原では, 剣術の, 巡礼と, 通り, 通りに, 通り主人は, 通り亡父は, 通り今の, 通り全く, 通り境遇上まだ, 通り多く弟子を, 通り大勢が, 通り子供らが, 通り必ず, 通り手のひらで, 通り新, 通り榎本釜次郎と, 通り皆, 通り腹這に, 通り自分の, 通り自分は, 通り蝦夷や, 通り身體を, 通り雑戸は

▼ 前ある~ (34, 0.0%)

3 冬の 2 夜曲者が

1 [29件] いかがわしい場処, だけで, フランス人が, 一人の, 事件で, 事情で, 人の, 医療機械店に, 友人と, 友達から, 友達と, 外国の, 夜兄の, 専門学校の, 小さなサーカス団長, 席で, 怪談会が, 料亭で, 料理店で, 本を, 欧洲人へ, 決闘で, 男の, 筈です, 都市の, 雑誌に, 雑誌社の, 青年が, 青年と

▼ 前からは~ (34, 0.0%)

2 お吉, それが, なれたの, なれて, 急に, 我慢が

1 [22件] いつて, その坊っちゃん, その頃, ただ黒い, どうした, どうしても姿, なるたけ離れ, ひつぱられうしろからは押され, ほとんど一時間おき, やはり将軍家執事, 一歩も, 事も, 仕事も, 出来るだけ, 子らの, 寄って, 寢たつ, 打つて, 武士が, 毛の, 血が, 髷を

▼ 前すでに~ (32, 0.0%)

2 述べたるが

1 [30件] いえる如く我が, かくの, これを, そこを, それと, 両者の, 僕は, 南洋一帯は, 古瀬戸古萩古, 同様の, 地下深く, 地方の, 天上に, 学生の, 実行し, 市川玲子に, 幕府に, 我々は, 掲記した, 本邦に, 死んで, 母親にだけは, 発行され, 自ら醸した, 舊藩主たる, 説きたり, 識者の, 述べたるとおり, 長いこと朝, 鳥居博士御

▼ 前~ (32, 0.0%)

2 に細川護立侯, の

1 [28件] から引つづき, でお, での平, でも書いた, でも言うた, で終わっ, において征夷大将軍, には畏敬, にも言, にも述べたる如く, に余, に先生, に引続き, に掲げ, に荒木郁子さん, に記された, に詳悉, に説明, に載せた, に長野, のこの, の余白録, の倶利伽羅谷, の文, の栞, の終り, の題目, までに一

▼ 前~ (31, 0.0%)

1 [31件] がつけ, がない, が楠公, が附い, だとか, だの厳めし, であった, で地, にもその, にカチ, に旗印, に日月, に黒革, のある, のきらきら, のない, のよう, の剣, の文字, の星, の装飾, の鹿角, は何ん, は剣, をうつ, をかつかつ, をつけた, を中程, を見, 打ったる兜, 打ったる冑

▼ 前自分~ (31, 0.0%)

2 が所有, が旅, の紙入, の観

1 [23件] が不覚, が先生, が此邸, が胆吹山, が身, と一, の向う, の子, の居所, の屋敷, の屡, の希望, の店, の手もと, の書いた, の買っ, の體内, はかなり, は対外文化連絡協会, は木曜会, は田舎, もその, も田舎

▼ 前にでも~ (29, 0.0%)

4 出たよう 2 立って

1 [23件] いって, いつて, いるよう, お出ましで, すわり込まれると, ひざまずくだろうから, ぼんやり立っ, ゐるやう, 一応は, 出して, 出たやう, 出た様, 出た樣, 出ると, 出るやう, 坐って, 女は, 居るやう, 流行したらしい, 現れたら今度, 着くこと, 立つて, 跼んで

▼ 前既に~ (29, 0.0%)

2 代助, 自分に

1 [25件] あったと, かかる構思, かくの, その大意, その結果, ついて, わからぬ文章, バビロンに, 一種の, 上ジリンスキー村の, 上方, 京都で, 他の, 傍聴席は, 充分頂い, 或老, 支那の, 數學は, 樺太木材が, 水戸の, 自ら釀した, 英語に, 論したる, 鍍金の, 長い

▼ 前おき~ (27, 0.0%)

8 をし 2 なしに, にし

1 [15件] がない, が余りに, が長く, である, できめつける, でも言っ, に過ぎない, のことば, のやう, はこの, はそれ, はやめ, もなく, もなし, をされ

▼ 前~ (27, 0.0%)

2 で拭い, にくるん, の下, の持主, の紐

1 [17件] でこすり, でも絹の, で拭いた, で拭き, で拭き拭きあがっ, で腰, にしまし, にしゃくい込ん, に入れ, に包ん, は大方十年, は誰の, まはた, も持たず, を背中, を見せ, を頭

▼ 前ここ~ (26, 0.0%)

3 を通った

1 [23件] から近い, でお, でちょっと, で保, で僕, で別れた阿, で大, で彼, で紹介, にその, に来, のお, の公園, の具足師長屋, の岸, の林, の玄関, へこし, へ二人, へ來, へ嫁い, へ立ち寄った, を通つた時

▼ 前まだ~ (26, 0.0%)

2 宵明りの

1 [24件] この不幸, それの, ネオンサインなどの, 上越線が, 中学生の, 二三カット残っ, 十四だった, 四つか, 夕明りの, 女の, 少くって, 戻らず, 日の, 暗いうち, 本人が, 東京に, 父親が, 私の, 私も, 終点まで, 芝へも, 谷に, 貴方様に, 鐵道に

▼ 前あの~ (25, 0.0%)

1 [25件] ような, ブランシュさまが, 並木道で, 事が, 人が, 人には, 人一人きりで, 別院が, 千早籠城の, 女の, 女を, 妙に, 妹を, 婆さんに, 子の, 懐しい紙風船, 方は, 明神の, 栄さんと, 浅草あの, 珈琲店で, 聖アグネス病院の, 訴訟事件の, 辺を, 邸へ

▼ 前だれ~ (25, 0.0%)

3 がけお, の半襟, をかけ 2 の下

1 [14件] がけに, がけの, だけがまっ白, で顔, などかけ, にくるまり, の中, の娘, の縁, まで掛けた, をあて, をちらちら, を出し, を頭

▼ 前即ち~ (25, 0.0%)

1 [25件] この二月, 一九三七年の, 一八七四年に, 一八九五年の, 一月十一日家持の, 七月十四日は, 五月十七日には, 元治元年に, 再び京水, 十一月十四日の, 十二世紀初めの, 千八百六十三年, 千八百六十二年私は, 四人の, 大正四五年に, 安政年間に, 延暦二十二年入寂せられた, 慶安三年はじめて, 成帝の, 改築前の, 昭和二年五月大阪にて, 王莽が, 第二世紀以前, 西暦一八三二年に, 金曜日の

▼ 前来た~ (25, 0.0%)

3 ときと 2 ときは, 時は

1 [18件] ときこんな, ときには, ときよりも, とき保さん珍しくおそかっ, とき新聞の, ところよ, のは, ばかりさ, スミルノーヴァは, 時お前に, 時からの, 時と, 時には, 時の, 時通った, 片原の, 花魁の, 頃の

▼ 前だけ~ (24, 0.0%)

4 んど 2 では

1 [18件] あちこちの, がらがらと, それを, でいい, でこれ, でなく左右, でやらされる特別, ならちっと, ならまだしも, やりました, よく見, 声を, 守って, 少しずつ, 掩うたからか, 整然として, 隠すため, 雨が

▼ 前~ (24, 0.0%)

1 [24件] かと見, であったと, に対する所謂ダリ的主観, に眩惑, に返っ, のヴィーナス, の代表作者バアーンジョン, の作品, の傾向, の峰, の形而上学的理論家, の敍情詩, の日本, の旧式探偵みたい, の明白, の精神, の絵画的束縛, の者, の蘭の, の詩人たち, の詩人ロゼッテイ, の詩人ロゼツチ, の逸品, を忠実

▼ 前跼み~ (23, 0.0%)

7 になっ 3 にし 2 になり

1 [11件] でいつも黙々, にご, にした, にすたすた, になった, になる, に俯伏, に大股, に小さく, に机, に歩い

▼ 前~ (21, 0.0%)

2 に湯滝

1 [19件] がある, が爛れん, だった, と同じ, と同様, と後方, にあてた, に引き込ん, に当る, の扉, の湯滝, の物故, の窓, の鍵, は数十人, へ逃げだそう, より先, をとおっ, を通っ

▼ 前江戸~ (21, 0.0%)

2 で鳴らした, に呼寄せ, の相模屋, へ行く

1 [13件] おかまい, からソラ, で流行った, で流行つた, の上屋敷, の人, は美食, へ來, へ出, へ帰った, へ来た, を出, を出発

▼ 前~ (21, 0.0%)

2 のあった, のよう

1 [17件] があった, がありました, が大層, が異様, が皆, だけが大きく, などせず, のやう, のスキ焼, の拍子木, はない, は早く, もなく, も何, も無く, を虚言, レデハアルマイカト思ワレル現象ガ精神ト肉体トノ両

▼ 前それ~ (20, 0.0%)

2 から一日

1 [18件] が生れる, で管理人, と好く, に折紙, に気づいた, はそういう, は原稿, は娘, は本年, は東京, は風浪, も夜, も落第, を受け持ってた, を変, を最初, を注文, を講義

▼ 前だって~ (20, 0.0%)

2 いいじゃ

1 [18件] うちの, お前, ことさ, これと, シュルーズベリー時代だって, 一度だって, 一度も, 一旦家, 三好さんなけなしの, 三年前だって, 何だって, 何にも, 同じよう, 火災に, 芝の, 行われたもの, 言える, 貴方もねえ

▼ 前東京~ (20, 0.0%)

1 [20件] からおいで, から帰っ, から若い, から遊び, ではこの, で見た, で起り, で逢う, と打ち合わせた, には各種, に帰った, の, の料理屋, の郊外, へき, へ出張, へ奉公, へ帰ろう, を立っ, 及び湘南地方

▼ 前~ (20, 0.0%)

2 は私

1 [18件] から聞きました, がおぼれた, が亡くなった, が六十五, が卒倒, が夕涼み, が英国, に逢った, に関する思ひ, の前, の山左衛門, の山左衞門, の死, の泰造, の飛行具製作, はわざ, は八十五, は母

▼ 前迄は~ (20, 0.0%)

1 [20件] この屋敷, こんな姿, そう考え, ぼんやり雨, 京城と, 全く知らなかつたらしい, 医者さえも, 古今集崇拜の, 古今集崇拝の, 恐ろしく威勢, 本島の, 検閲の, 楽しい思出, 此道全く, 活動写真に, 温厚篤実な, 私の, 立派な, 間違いなく, 髯籠を

▼ 前すなわち~ (19, 0.0%)

1 [19件] サラット・チャンドラ・ダース師が, ポー以前には, 一九〇九年の, 一九〇六年かの, 一五四〇年に, 一八三二年六月五日六日の, 一八六一年に, 一月十一日の, 今から, 今日に, 元正天皇の, 大正六年八月に, 成女期に, 文政七年の, 明治六年に, 昭和二十一年から, 昭和五年の, 清の, 自分が

▼ 前~ (19, 0.0%)

1 [19件] ところで, る事, る事件, る友人, る対校野球試合, る役所, る懇意, る所, る文学雑誌, る晩, る書画商, る有名, る未亡人, る海岸, る秋偶然, 人に, 寺を, 山中の, 雜誌に

▼ 前見た~ (19, 0.0%)

3 時に 2 時と, 時とは

1 [12件] がまるで, とおりだった, ときそんな, ときの, ときよりも, とき今度は, ものと, 時には, 時は, 時よりも, 水夫ヤンの, 燕麦の

▼ 前だったら~ (18, 0.0%)

3 彼は 2 私は

1 [13件] あなたがたの, きっとみられた, この指環, それこそ, なつかしい従姉, 一夜の, 何処かで, 僕の, 大変だったろう, 少なくとも三か月前, 日傭にも, 素の, 設計も

▼ 前ごろ~ (17, 0.0%)

2 から浦子

1 [15件] おりて, かえり玄関, からはすでに, から夢, から孝子夫人, から時々, から発展, から非常, でしたがね, でしょう, には, に家族, の作品, までどの, までは村

▼ 前~ (17, 0.0%)

2 の仲間姿, の女房達

1 [13件] の如く, の歌, の河内山遺愛, の示命, の私, の第, の論文, の通り, の高井, パキーノペロロの, 一五, 天智天皇の, 洋の

▼ 前~ (17, 0.0%)

2 お聞かせ申す, のお, のこと

1 [11件] が, がたった, がニッコリ, だ, で, と同じ, にはいつ, に身売り, の祭礼, の身の上, へ会わせる

▼ 前にね~ (16, 0.0%)

2 山の

1 [14件] あの障子, ここで, ここを, その不良少年, はかまを, 何だか気, 何心なく, 大崎の, 妻子を, 屋根に, 旦那がさ, 月村が, 百面相役者の, 鼻寺という

▼ 前一人~ (16, 0.0%)

2 じゃない, でも黒雲位, の男 1 がどう, が頼り, ずつの皿, ついて, で椽側, に任せ, の女中, は昨日, ハッキリと, 行って

▼ 前~ (16, 0.0%)

2 の小刀, の小太刀, の柄 1 くくり袴, で切っ, にし, に帯び, の刀, の小柄, の短い, の短刀, をギッ, を抜い

▼ 前~ (15, 0.0%)

2 のお, の主人

1 [11件] こそ科学小説時代, では越前屋, にし, のカイゼル, の世, の妻, の日比谷, の菊五郎, は別れた, 程良い, 迄船中

▼ 前さん~ (14, 0.0%)

1 [14件] から助けられた, が買つて, だね, ちょっとこれこれ, にも疑, のお, のお母さん, の心, の手, の方, の財布, はえい人, を可愛い, を笑わせる

▼ 前でございます~ (14, 0.0%)

42 が何うし 1 があれ, がねこう, が当時私, が板前, が江戸表, が私, が私達, よ

▼ 前での~ (14, 0.0%)

1 [14件] こと, 万人の, 人の, 作歌には, 出来事, 勝負には, 嘲りを, 懶げ, 昨日の, 果し合いは, 演説が, 演説は, 私に対する, 秘密な

▼ 前などを~ (14, 0.0%)

2 ぬけて, 通る時 1 右へ, 将として, 御通り, 慮つて, 担がれて, 通って, 通つて, 通つて群集の, 通りつい, 通るもの

▼ 前にと~ (14, 0.0%)

2 その間を

1 [12件] つて置いた, びかかってきたではありませんか, ほうも, まつた, まつたがら明き, まつて, ろの, 一時は, 万事を, 云う先方, 押し出す音, 雪崩を

▼ 前会った~ (14, 0.0%)

2 ときから, ときと, 時は 1 ときからの, ときの, ときは, とき彼は, のは, 丁稚姿そして, 時には, 時より

▼ 前彼女~ (14, 0.0%)

2 は土蔵

1 [12件] が私, とあそこ, と二人, と巴里, の守護霊, の非業, はちら, はぶらりと, はまだ, はラエーフスキイ, は畳, を妻

▼ 前日本~ (14, 0.0%)

1 [14件] からの便り, が初めて, が行い, でブルジョア女性解放運動, で民主的, には批評文学, には既に, にも来た, に帰っ, の共産党, の土, の社会経済, の精進, を出発

▼ 前ちょっと~ (13, 0.0%)

1 [13件] いら, その外套, といっ, 何を, 先番の, 卑見を, 国府津に, 来たこと, 来たとき, 綺麗に, 裏の, 買ものに, 閑が

▼ 前とか~ (13, 0.0%)

1 [13件] あったの, うしろへ, こちらの, 乃至は, 二十年前とかと, 伊勢音頭とか, 何とか大きな, 墓の, 大徳寺真珠庵の, 島田を, 後かには, 浅草の, 絵の

▼ 前においては~ (13, 0.0%)

2 平等である

1 [11件] あらゆる者, われわれは, 互に名, 偉大なる, 僧侶と, 古き諸王位, 日本の, 無作法な, 社会的差別は, 精神の, 草の

▼ 前までも~ (13, 0.0%)

1 [13件] かかつて, このお家, この奴隷制度, この芝辻, なおその, 一般に, 木造の, 本分の, 殘つてゐた, 自分は, 迷信的な, 頭脳は, 養女と

▼ 前京都~ (13, 0.0%)

1 [13件] から来た, で買った, で起こった, に一ヶ月滞在, に二年, の三高, の加茂川, の医家永井朋吉氏方, の嵐山, の戦禍, の新京極, の烏丸光広, へ行った

▼ 前~ (13, 0.0%)

1 [13件] からの事, から始めなさった, だつたらう, にマックス, に和蘭人, に流行った, に言ったら, に農民たち, のこと, の肖像, までそこ, までは大体, まで宅

▼ 前初めて~ (13, 0.0%)

1 [13件] ここの, この地, タンテイ小説を, 三語楼という, 入蔵, 屏風岩の, 彫刻の, 彼女を, 火星と, 葡萄牙及び, 辻氏を, 高座へ, 高氏と

▼ 前~ (13, 0.0%)

2 の所

1 [11件] が来た, が薬屋, と同道, にお話, に会っ, に手紙, に貸した, はおれ, はくたびれ, へ手紙, を訪ねた

▼ 前~ (13, 0.0%)

1 [13件] でも述べた, において述べし如く, にて, になか, に看板, のなん, の主題, の若い, をやらせる, を受持つ, を演じさせ, を無料, を補う

▼ 前あなた~ (12, 0.0%)

2 がした 1 からいろいろ, からのお, がいった, が男前, が訪ね, にあんな, にお, に無理矢理, の不自由, の同類

▼ 前ぐらい~ (12, 0.0%)

3 です 2 聞いたって 1 そんなじゃ, だったかな, だったと, だという, でしたろう, でゆっくり, で御座いましたか

▼ 前として~ (12, 0.0%)

1 [12件] あの智力優秀, ある, おこう, わざと起っ, 二升ばかり, 再興すべきで, 嫁に, 少しも, 文学に対する, 無抵当金融, 看過し, 立てるだけの

▼ 前にゃ~ (12, 0.0%)

1 [12件] あ気, あ高座, よく切れやした, アまだ, クールスクで, 一つ形を, 乞食を, 人が, 俺らも, 夜が, 縁の, 通ると

▼ 前までに~ (12, 0.0%)

2 ゅうと突き出され, 席に 1 こなた様, みんな売切れ, 入場しない, 帰れないので, 平河町まで, 発表された, 見物席について, 返金が

▼ 前をと~ (12, 0.0%)

5 ほつて 1 ほすこと, ほつた, ほりぬけて, ほり始めた, ほり過, ッと, 思ひて

▼ 前同じ~ (12, 0.0%)

1 [12件] やうな, 一冊の, 九月二十八日の, 地点を, 場所を, 宿で, 年の, 座で, 椅子に, 版元から, 祭日に, 造船所で

▼ 前~ (12, 0.0%)

1 [12件] じゃどう, で坐, で扇, に, にはさん, に突っこみ, に結ん, に褄, の御寮人, の間, へ突っこん, を叩いた

▼ 前論士~ (12, 0.0%)

1 [12件] がもし, に酬, の云われた如き, の如き, の如く, の所説, の結論, は仏教徒, は吾等, は要するに, は釈尊, も又

▼ 前いった~ (11, 0.0%)

4 ように 3 ような 1 くらいの強い, ユンカースの, 図を, 苦痛ばかり

▼ 前いっぱい~ (11, 0.0%)

2 にひろがり 1 つづいた, にその, にたちふさがり, になった, にパッ, に仁王立ち, に立ちふさがっ, に近づい, の大

▼ 前お父さん~ (11, 0.0%)

4 のお父さん 3 が持っ 1 が持つ, が病気, にあげた, の法事

▼ 前そこ~ (11, 0.0%)

1 [11件] いら, から一台, が寄席, にいた, にはブラジル, にまいりまし, に居候, に硫黄取り, の汽船会社, へ参りまし, まで来

▼ 前ちょうど~ (11, 0.0%)

1 [11件] 二十五の, 二階の, 今夜の, 十六の, 小林が, 平田が, 日清戦後列強の, 松の, 死骸から, 私の, 逢う時

▼ 前における~ (11, 0.0%)

1 [11件] ごとく神経過敏, トルストイの, 一時間その, 屈従的習慣など, 平等信仰の, 挙止動作とかが, 最高点の, 未来の, 猛志を, 生物発生論, 異様な

▼ 前にな~ (11, 0.0%)

2 つて 1 ずいた, つたのである, つても, つてゐた, つてセリフを, つてブラウン夫婦は, つて居ります, つて急に, ほり裁判長

▼ 前二人~ (11, 0.0%)

1 [11件] が官医, が疎開, が話し合った, で出かけ, で話しあっ, とも急, の大, の娘, はその, は小湊, ヲ置イテ出テ来タノカ

▼ 前~ (11, 0.0%)

2 は即ち 1 にて当時, のお玉, のウスノロ氏, は柳園, もない, をお, を九蔵, を熊, を知らぬ

▼ 前かの~ (10, 0.0%)

1 ことです, ように, 住職の, 先祖の, 大ナポレオン, 女が, 実業之, 忠臣蔵の, 支那旅行の, 神楽で

▼ 前からと~ (10, 0.0%)

1 いう, いつて, なく水中, まつて, 三日後までとを, 云ったでは, 後方からと, 襲走する, 見て, 言は

▼ 前などに~ (10, 0.0%)

1 お席, 何本と, 出は, 土で, 坐って, 坐つて, 張って, 於て, 来るともの, 立っても

▼ 前もう~ (10, 0.0%)

2 一遍母に 1 それは, なにも, 一遍彼に, 十五分が, 帰って, 御免なさん, 行列で, 覚悟し

▼ 前~ (10, 0.0%)

1 おれの, そんなにベロベロ, だから, だもの, 対手が, 床の間に, 心配す, 油斷を, 珍らしく, 私の

▼ 前らしい~ (10, 0.0%)

1 しとしと雨, じゃない, ね, のが, や中風, 千鶴子が, 店だった, 時を, 雑閙に, 面持ちで

▼ 前二者~ (10, 0.0%)

2 の如く 1 であって, に劣る, に比し, の上, の異母兄, の読む, は一尺五寸以上, よりも強かっ

▼ 前~ (10, 0.0%)

2 の宮内大臣田中伯 1 と寸分, と毫も, にあり, に連続, の思想, の精神, の記憶, の連想

▼ 前~ (10, 0.0%)

2 をし 1 で正月号, にある, にはこう, に興味, のつもり, はこの, を置いた, を言

▼ 前いう~ (9, 0.0%)

3 ような 1 ところの, 通り元気が, 通り大抵の, 通り寝, 通り明るい, 通り時刻としては

▼ 前~ (9, 0.0%)

1 ういふ時, には禅的, へ拵, へ既に, へ通, 出て, 出ると, 同じ仲間, 通ると

▼ 前であり~ (9, 0.0%)

2 その頃 1 そうして枕許, その準備時期, ながら全く, の儘, 娘子関が, 安土の, 爾来説きつづけ

▼ 前でなく~ (9, 0.0%)

3 てはならない, てはならぬ 1 この成就社, ても妻, 後ろだった

▼ 前とかに~ (9, 0.0%)

1 ほんの二十分, または朝, 亡くなり今, 多計代, 建てた破れ小舎, 徴兵検査に, 徴兵檢査に, 立ち止っては, 馬丁の

▼ 前どおり~ (9, 0.0%)

1 な無表情, にしつづけた, に二つ, に貞世, に障子, のはしゃいだ, の場所, の景色, の黙っ

▼ 前など~ (9, 0.0%)

1 なんとかっ, 人通りの, 和田様高木様などの, 掻き合, 数里の, 毎日ひどく, 軍治は, 通る折, 通れない程

▼ 前などで~ (9, 0.0%)

1 だしぬけに, よく, 写真を, 殊に髭, 父を, 發音すべき, 矢鱈に, 繰拡げられると, 行われる時

▼ 前などは~ (9, 0.0%)

1 ろくに寄せ付けなんださうだ, 学校裏の, 後方から, 怒って, 掃除など, 旅客が, 殆ど毎, 自動車で, 送別の

▼ 前について~ (9, 0.0%)

2 いました 1 いつも狡い, いて, いふと, ゐたの, 廻つた, 静養し, 頭を

▼ 前~ (9, 0.0%)

3 ます, るの 1 て, る, る中

▼ 前一度~ (9, 0.0%)

2 縁付いて 1 お目にかかりたく思ひますが, この離屋, 一緒に, 大きく目, 泊った事, 知って, 途中であった

▼ 前以上~ (9, 0.0%)

2 に乱れた 1 にある, にきらい, に今度, に口, に桂子, のもの, の窮境

▼ 前~ (9, 0.0%)

1 ピアニストに, ヴァイオリニストウィニアウスキーが, 唐の, 地震の, 地震を, 學頭林述齋が, 洪水の, 海嘯を, 集団で

▼ 前~ (9, 0.0%)

1 のこと, の三毛猫, の灯, の者, へ大勢, へ来た, を出, を探す, を飛出し

▼ 前突然~ (9, 0.0%)

1 あたくし, おじいさんは, おぬい, アメリカへ, 井谷が, 依田学海翁を, 喀血しました, 碇泊中の, 警察に

▼ 前英国~ (9, 0.0%)

1 からグロスタア公, で一隻, にて下院, に帰化, に生まれた, のアリソン博士, のノルマン・エンゼル, の思想家, は中国

▼ 前~ (9, 0.0%)

1 にその, になんら, に当たって響き渡った, に戻し, のまんなか, の向かう, の模様, を得, を控えた

▼ 前これ~ (8, 0.0%)

1 が廃つて, じゃ分っ, は北野, は竹中与左衛門, は解る, も英国, を止めた, を発表

▼ 前だろう~ (8, 0.0%)

1 が川, と余, と叔母, と思われます, に, よ, 何も, 私が

▼ 前でございました~ (8, 0.0%)

2 か, よ 1 かあの, が大谷上人, が松若, 沢井様の

▼ 前なり~ (8, 0.0%)

2 手腕は 1 その村, やがて仏, 只あやふき, 斯くの, 聞かせて, 軒下に

▼ 前ほどの~ (8, 0.0%)

1 うす明かるさ, ことは, 勢いは, 地図に, 混雑は, 程度では, 賑わいだ, 雄弁を

▼ 前丁度~ (8, 0.0%)

1 今日の, 僕が, 奥様が, 日本では, 最初の, 椿の, 死骸から, 筑後からかへ

▼ 前伸子~ (8, 0.0%)

4 と素子 1 の必要, の部屋, は入港時間, は父

▼ 前~ (8, 0.0%)

1 入院の, 当家へ, 当所を, 本丸で, 目に, 處刑に, 近所で, 金藏番の

▼ 前母親~ (8, 0.0%)

2 が死ん, の臨終 1 が病気, が病氣, の死骸, を失っ

▼ 前~ (8, 0.0%)

1 だの麹町, の寿司屋, の方, の裏手, の風呂屋, へ乳, へ行った, をみる

▼ 前~ (8, 0.0%)

4 三紀の 1 一回の, 一次ヨーロッパ大戦が, 二次大戦の, 十八世紀の

▼ 前~ (8, 0.0%)

2 だか 1 かあの, かフィルム, か女, か来なかった, やらが, よりも一番よけい

▼ 前かに~ (7, 0.0%)

1 お兄さま, 主家の, 実扶的里亜, 文六さんの, 結婚生活を, 興娘の, 通ったこと

▼ 前だけを~ (7, 0.0%)

1 かくすふつう, はずして, 一寸のばし, 一寸のばした, 延ばした職工, 標本に, 長くした

▼ 前だつた~ (7, 0.0%)

1 かな, かねお, か卵, がプラットフォーム, が彼, ね, んです

▼ 前~ (7, 0.0%)

1 世の, 戸, 戸に, 戸よ, 方に, 殿戸, 殿戸に

▼ 前つまり~ (7, 0.0%)

1 その人たち, 一昨々日です, 十八日の, 御主人, 明後日は, 私が, 米軍が

▼ 前といふ~ (7, 0.0%)

1 なり, のが, のは, 大事な, 所が, 説も, 過去を

▼ 前とも~ (7, 0.0%)

1 いうべき所, すこしも, つかず後ろ, なれば, 三十分前とも, 心づかずに, 構成後とも

▼ 前などでは~ (7, 0.0%)

1 スラブ人的忍耐を, 何も, 口に, 大きな話, 容易に, 尚更, 彼は

▼ 前にだけ~ (7, 0.0%)

3 負けまいと 2 示すの 1 これも, 坐りこんで

▼ 前にのみ~ (7, 0.0%)

1 一日ありき, 傷つけられざるお, 威力を, 次から, 洋服が, 立った, 膝を

▼ 前へでも~ (7, 0.0%)

1 のせといて, 何でも, 出たといふ, 出たよう, 塞がったよう, 持って, 来とる様

▼ 前への~ (7, 0.0%)

1 お執り, しだして, めくりそう, めっただけで, 通りを, 連中は, 進言にも

▼ 前へまで~ (7, 0.0%)

2 来た 1 まいりましたが, 来たから, 来たが, 行き, 行った

▼ 前ほどに~ (7, 0.0%)

1 はかれの, 二人を, 均らされ, 屈託し, 幸福でない, 昂奮し, 苦しまぬので

▼ 前また~ (7, 0.0%)

1 あいつが, その経過中, 一人小さい, 勝入, 執拗く, 衆臣環視の, 足の

▼ 前よりの~ (7, 0.0%)

3 心安んぞ 2 事なれ 1 事に, 自分の

▼ 前わたし~ (7, 0.0%)

1 が二十二, とし, の唖, の長男, はここ, はこの, は家族

▼ 前三十年前~ (7, 0.0%)

2 と際限, にありし 1 に富裕, に比べ, の社会状態

▼ 前久しぶり~ (7, 0.0%)

1 でロンドン, で先生, で十二円, で池, で逢つた, にかれと, に彼

▼ 前云った~ (7, 0.0%)

3 ように 1 兄弟の, 様に, 通りです, 通り変り易かっ

▼ 前~ (7, 0.0%)

1 がぐっと, と見立て, によってよび起こされた, の十七字, は多分, よりもいっそう, を味わった

▼ 前大阪~ (7, 0.0%)

1 で演説, に居た, に着い, のお, の天王寺行き, へ行く, へ行った

▼ 前~ (7, 0.0%)

2 に雪 1 に右大臣家, に暇, に暑く, に決心, に高座

▼ 前~ (7, 0.0%)

2 から十里 1 の, の大火, へ住居, を出る, 入当時私

▼ 前申し上げた~ (7, 0.0%)

1 お蘭, 人の, 時と, 説明で, 通り名君の, 通り私の, 黒縮緬の

▼ 前~ (7, 0.0%)

1 で皿, に必死, の後, の脛, をかけ, を上げ, を怪我

▼ 前銀座~ (7, 0.0%)

1 の, の某, の表通, の裏町, の資生堂, へ出, 第一

▼ 前長崎~ (7, 0.0%)

2 に居る 1 で, で療治, で西洋人, の徳, の町

▼ 前からか~ (6, 0.0%)

2 後ろからか 1 かつてゐるらしい, この家, 知りませんが, 確と

▼ 前~ (6, 0.0%)

2 に松隈内閣 1 てくれた, にしば, にも上野公園, に明

▼ 前ぐらいに~ (6, 0.0%)

1 いつも下枝さん, ここに, 予告で, 出勤し, 由之と共に, 製造したらしい

▼ 前さま~ (6, 0.0%)

1 お目ざめ, がいじらしく, がこの, にもお, の人でなし, は

▼ 前~ (6, 0.0%)

1 てが中入り, てで, てとは別人, てと後, ての静, て荊棘滿眼

▼ 前それから~ (6, 0.0%)

1 二度冬を, 口惜い, 基衡秀衡泰衡と, 大騒動, 大騷動, 奉公人とも

▼ 前たしか~ (6, 0.0%)

1 信長様が, 去年の, 四五度手紙の, 四月ごろから, 昭和十三年の, 西暦千八百七十七八年の

▼ 前って~ (6, 0.0%)

1 あの時分君, いつごろの, ことは, そんなに忙, 云うと, 何年頃な

▼ 前でしょう~ (6, 0.0%)

21 か私, これは, ね, 一人じゃ

▼ 前ででも~ (6, 0.0%)

1 あったなら立派, お話は, しゃんと互, 平気で, 思ふま, 私の

▼ 前でない~ (6, 0.0%)

1 か, ことも, のが, のと, 事は, 方が

▼ 前でなけれ~ (6, 0.0%)

1 ばならない, ば名前, ば斬り捨てる, ば棲息, ば止らない, ば畑

▼ 前どこ~ (6, 0.0%)

1 かの場所, かの雑誌, かへすっ飛ん, か市内, に何, へ行く

▼ 前ながら~ (6, 0.0%)

1 その慌ただし, 世の中は, 八郎太殿の, 最早や, 申上げます, 相当貰い泣き

▼ 前なれ~ (6, 0.0%)

1 ど唯, ばなおのこと, ば前, ば心, ば責, ば軽輩

▼ 前にか~ (6, 0.0%)

1 かつた, ぎりなくつゞく線路の, ぶとを, へりて, 失せ給, 駆け落ちの

▼ 前にまで~ (6, 0.0%)

1 担がせた, 歩いて, 現われるに, 起こって, 近づいて, 進め折

▼ 前までには~ (6, 0.0%)

1 あんなに瞭然, さう, ともかくも, 必ず子ども, 立帰っ, 風の

▼ 前みたい~ (6, 0.0%)

1 なあんな, なこと, な優しい, な面してや, にふるえだした, に顔

▼ 前やはり~ (6, 0.0%)

2 鎌倉で 1 スパイ容疑で, 支那沿岸の, 書きもの, 秋の

▼ 前アメリカ~ (6, 0.0%)

1 から輸入, で亡くなられました, とヨーロッパ, にはドリユウ, の, へ行っ

▼ 前~ (6, 0.0%)

1 君ニ命令スルトコロヲ見, 心ニモナクレスリーニ優シイ言葉ヲカケテヤリ囲イノ外カラ菓子ヲ, 泣イタ涙トハ性質, 草履ヲ, 見セビラカスノガ目的ダッタノデアロウカ, 颯子ハ頻

▼ 前~ (6, 0.0%)

1 と, に響かせます, の人氣者, を滅入らせ, 何となく桜, 支は

▼ 前~ (6, 0.0%)

1 かで読んだ, かの小言序, かの雑誌, とし, の氣, も覚えありません

▼ 前~ (6, 0.0%)

1 に死ん, の十歳前後, はたまらなく, は印度洋, は独歩嵐山, 在都下

▼ 前別れ~ (6, 0.0%)

1 ていた, てゐた, に往, のことば, を告げ, 参らせし父上

▼ 前名古屋~ (6, 0.0%)

2 から添状 1 でのんだ, に入り込み, の, へ行った

▼ 前少し~ (6, 0.0%)

2 ばかりの隙 1 の処, ばかりの油断, 休み早大生等, 強い地震

▼ 前~ (6, 0.0%)

2 を並べ 1 に入, に入った, の株, へ轉げ

▼ 前手紙~ (6, 0.0%)

1 があった, があつ, がきた, で云っ, で母親, をさしあげ

▼ 前~ (6, 0.0%)

1 が生き, が病, が麻布, に会いた, は万兵衛, は萬兵衞

▼ 前申しました~ (6, 0.0%)

2 ように 1 とおり舟で, 天子が, 態度主義であります, 沢井様へ

▼ 前~ (6, 0.0%)

1 から取りかかりまし, では, 寒か, 彼女の, 氣, 絶対的な

▼ 前結婚~ (6, 0.0%)

2 の御 1 こそしたら, したの, した年, をした

▼ 前言う~ (6, 0.0%)

1 通り, 通りこの, 通り世には, 通り人間に, 通り希臘の, 通り詩的精神の

▼ 前通り~ (6, 0.0%)

1 のもの, の優しい, の岸, の工事中, は八厘, を往

▼ 前~ (6, 0.0%)

3 の中 1 がふりましたでしょう, の降った, を冒し

▼ 前あたり~ (5, 0.0%)

1 から小田原, から床, から急, がちょうど, のところ

▼ 前いつも~ (5, 0.0%)

1 お客さんが, そこで, どおり帳面と, のよう, の通り父

▼ 前お目にかかった~ (5, 0.0%)

1 ときから, のいつ, のが, 時から, 時と

▼ 前こごみ~ (5, 0.0%)

2 にし 1 にする, になっ, に手綱

▼ 前こんな~ (5, 0.0%)

1 ことが, ことを, 事件が, 事實が, 教師風情の

▼ 前~ (5, 0.0%)

1 ちやご, をキチン, 前, 来客で, 機嫌さて

▼ 前さがり~ (5, 0.0%)

1 になっ, に着, に着崩れ, に頂いた, の庭

▼ 前~ (5, 0.0%)

1 てが却, ての戦語り, ての語, ては単に, やぼく

▼ 前そんな~ (5, 0.0%)

2 話も 1 ことには, ような, 旅先き

▼ 前だけでも~ (5, 0.0%)

1 かなり移り, 同盟を, 君の, 早く雪, 海か

▼ 前だけに~ (5, 0.0%)

2 手放しで 1 とどまって, 一層恥しかっ, 溢れて

▼ 前だけは~ (5, 0.0%)

1 どうしても, 余計だ, 塵埃も, 帰順朝貢と, 素通りし

▼ 前だらう~ (5, 0.0%)

1 か日比谷映画劇場, と思つて, もう, よ, 一度でも

▼ 前つぼ~ (5, 0.0%)

1 にお, の固い, へ身, を呉れ, を真中

▼ 前であっ~ (5, 0.0%)

2 てそれ 1 てこれ, ても民会, て赤絵物

▼ 前であろう~ (5, 0.0%)

1 が痛い, が知らぬ, と友達, と少し, と苦り切っ

▼ 前といった~ (5, 0.0%)

1 いやに, ような, デップリした, 後した, 所で

▼ 前とに~ (5, 0.0%)

2 遠縁の 1 ズーッと, 差しつけられる銃剣, 鳴く

▼ 前との~ (5, 0.0%)

1 あいだに, ちがいを, つながりが, 差別は, 身ぶりを

▼ 前にあたる~ (5, 0.0%)

1 今の, 武藏の, 灌木の, 米屋五兵衛ことじつは, 高欄に

▼ 前にかけて~ (5, 0.0%)

1 ゐた人, 上から, 歩行する, 見た, 銀製の

▼ 前はじめて~ (5, 0.0%)

1 お前が, この村, 島田に, 案内した, 追分へ

▼ 前ばかり~ (5, 0.0%)

1 でなく節子, 睨んで, 見て, 見まもりながら, 見詰めて

▼ 前ひろ子~ (5, 0.0%)

1 がこの, が懐しく, とはじめて, はプロレタリア文学運動, は土産もの

▼ 前ふと~ (5, 0.0%)

1 下痢し始める, 夜店で, 思い出した戸棚, 汽車の, 諸外國

▼ 前ほんの~ (5, 0.0%)

2 一寸の 1 一二米ぐらいしか, 二三間先に, 五六尺飛びかゝれば飛びかゝれる距離です

▼ 前まえ~ (5, 0.0%)

1 からせがん, からそう, から姉, から言う, の八月

▼ 前まず~ (5, 0.0%)

1 これが, 人語らず, 助勢として, 波濤漠, 隙だに

▼ 前までや~ (5, 0.0%)

1 つて來た, つて来, つて来た, つて来たら, 毎晩ここで

▼ 前よく~ (5, 0.0%)

2 晴れた夕方 1 ここへ, な, 端書で

▼ 前よりか~ (5, 0.0%)

1 ずっと長い, 一層賢く, 少しけばけばしい, 少し耳, 顔にも

▼ 前をば~ (5, 0.0%)

1 幾度と, 憚りた, 村端れ, 無事に, 選びつれ

▼ 前一寸~ (5, 0.0%)

1 お前に, かいたかしら, やり切れなかった, 其席を, 書きました

▼ 前主人~ (5, 0.0%)

1 が居, が怪我, に別れ, の甚五兵衞, を養子

▼ 前九州~ (5, 0.0%)

2 から江戸 1 に在る, の或, の片田舍

▼ 前九年~ (5, 0.0%)

2 の役, 後三年 1 の役ごろ

▼ 前二階~ (5, 0.0%)

1 から飛降り, でも奥二階, の二室きり, の大広間, の部屋

▼ 前~ (5, 0.0%)

2 助と, 助は 1 助を

▼ 前先代~ (5, 0.0%)

2 から身上 1 の小, の旦那, 総兵衛様

▼ 前及び~ (5, 0.0%)

1 その間に, その間の, 旅中の, 睡眠前は, 革命以来の

▼ 前~ (5, 0.0%)

2 の方 1 なんぞと, の苦, 知吾在

▼ 前女房~ (5, 0.0%)

2 に死なれ, に死なれた 1 と娘

▼ 前~ (5, 0.0%)

1 が七つ, と二人, に向っ, は一寸, は彼

▼ 前平次~ (5, 0.0%)

2 が仲間, の手 1 は豫め本草學者

▼ 前~ (5, 0.0%)

1 のカフェー, の月, へといとも, 堀川天皇の, 漢の

▼ 前新聞~ (5, 0.0%)

2 で見た 1 でオリムピック選手達, に出た, に掲載

▼ 前時代~ (5, 0.0%)

1 からさらに, にもかつて, の吉右衛門型, の散漫, の秦

▼ 前最初~ (5, 0.0%)

2 に白馬 1 に泊った, の船, は八人藝

▼ 前~ (5, 0.0%)

1 て見た, どうか此世, の諸, 説いて, 述べて

▼ 前此処~ (5, 0.0%)

1 に来, へ最初, へ来た, へ泊った, へ置い

▼ 前~ (5, 0.0%)

1 の流れ, の飲ませ, を乾し, を潜っ, を潜つて

▼ 前漸く~ (5, 0.0%)

2 歌らしい, 酬いられて 1 京都へ

▼ 前父親~ (5, 0.0%)

2 のお 1 が亡くなった, の受けた, の鉄馬

▼ 前特に~ (5, 0.0%)

1 外国人を, 彼の, 御訓戒, 良沢の, 青年らしい

▼ 前町内~ (5, 0.0%)

2 の女 1 に寄合, の丁子湯, の差配人さん

▼ 前~ (5, 0.0%)

1 な個人, な文化イデー, な文化要素, な民衆, な認識論的省察

▼ 前~ (5, 0.0%)

1 とは罪悪, に出, の態度, の改訂, を参照

▼ 前言った~ (5, 0.0%)

1 ような, ように, わずかに, 字数が, 通り

▼ 前這入り~ (5, 0.0%)

5 の戸

▼ 前逢った~ (5, 0.0%)

2 時から, 時既に 1 時よりは

▼ 前あすこ~ (4, 0.0%)

1 で, へ寄ったら, へ行った, を平らげ

▼ 前あれ~ (4, 0.0%)

1 だけ集め, は大震災の, ほど土, を一目

▼ 前いや~ (4, 0.0%)

1 ひょっとしたらまだ昨日あたり, 十日位に, 数週間も, 知りあう前

▼ 前おきし~ (4, 0.0%)

1 てまず, てわけ, てツルゲーネフ, て笑い

▼ 前お前~ (4, 0.0%)

1 にぜひ, の学校友達, はロケット, をあんな

▼ 前かと~ (4, 0.0%)

1 存候が, 思う, 思うが, 窓を

▼ 前さえ~ (4, 0.0%)

1 通ったこと, 通らなかった, 遁隠れする, 黙れば

▼ 前しばらく~ (4, 0.0%)

1 いて, を猶予, 世話に, 滞在し

▼ 前じゃあ~ (4, 0.0%)

1 うっかりした, ちっと云い, 云いにくい, 威勢の

▼ 前だけの~ (4, 0.0%)

1 勘定だ, 暇だ, 話だ, 鬘を

▼ 前だつたら~ (4, 0.0%)

1 ばよかつ, 素の, 藤井も, 都会の

▼ 前であったら~ (4, 0.0%)

1 お女中さん, ばそれ, コゼットは, 鳶なぞが

▼ 前でこそ~ (4, 0.0%)

1 蛤貝と, 裸で, 語るべきもの, 顫え

▼ 前でござる~ (4, 0.0%)

1 かの, があの, ぞ, よ篠崎どの

▼ 前でだけ~ (4, 0.0%)

1 だ, で貞之助, 大人しくし, 女に

▼ 前でだけは~ (4, 0.0%)

1 いつも素直, メッポー勇み肌の, 世界で, 幾らか誇らしげ

▼ 前でです~ (4, 0.0%)

1 か三沢, な自分, よ, 僕の

▼ 前でと~ (4, 0.0%)

1 おっしゃっても, なかい, まつた, まつて

▼ 前なんか~ (4, 0.0%)

1 それや, で, 中央気象台の, 岩を

▼ 前にかの~ (4, 0.0%)

1 古寺その, 女が, 百両の, 興奮から

▼ 前にから~ (4, 0.0%)

1 あの物, いろいろ縁談, ですもの, 空いたら貸

▼ 前にこそ~ (4, 0.0%)

2 沢山の 1 光は, 死よりも

▼ 前につれて~ (4, 0.0%)

3 来た 1 来た二年兵

▼ 前~ (4, 0.0%)

1 ふすきいさん, 僕こ, 僕ここから, 日詰の

▼ 前はだけに~ (4, 0.0%)

1 して, なって, 帯を, 片膝

▼ 前ほどは~ (4, 0.0%)

1 口を, 嫌いでなく, 来なくなった, 笑えなかった

▼ 前ぼく~ (4, 0.0%)

1 にくれた, の家, はどんなに, はやっと

▼ 前もうし~ (4, 0.0%)

4 ろも

▼ 前もしくは~ (4, 0.0%)

1 その数秒前, エトワアルの, 二地に, 十年前に

▼ 前わざわざ~ (4, 0.0%)

1 手紙で, 権田原先生の, 自分の, 花の

▼ 前ドイツ~ (4, 0.0%)

2 がライン進駐 1 にウィルヘルム・マンハルト, の化学者

▼ 前一日~ (4, 0.0%)

1 その馬, に起つた, は終日欝ぎ, 与木村駿卿

▼ 前一足さき~ (4, 0.0%)

3 に本国 1 に本

▼ 前二回~ (4, 0.0%)

1 とも乗った, と全く, と同, の馬市

▼ 前~ (4, 0.0%)

1 からヘン, の噂, もなき, を斬っ

▼ 前何と~ (4, 0.0%)

1 なし眠り, 冷えたでしょう, 感じたか, 身も

▼ 前~ (4, 0.0%)

3 た時 1 た坊さん

▼ 前倫敦~ (4, 0.0%)

1 では美しい, で過した, に向, の王立地学協会

▼ 前兆した~ (4, 0.0%)

2 のであろう 1 のであった, のは

▼ 前~ (4, 0.0%)

1 た再び, 山野の, 遠國, 食ひたくなっ

▼ 前~ (4, 0.0%)

1 か何, とか本唄, の方, をうたう

▼ 前~ (4, 0.0%)

1 があつ, がある, として儀礼, となる

▼ 前大学~ (4, 0.0%)

1 の寄宿舎, の招聘, を出, を卒業

▼ 前大川~ (4, 0.0%)

2 へ身 1 に逢った, に逢つた時

▼ 前~ (4, 0.0%)

1 である私, に生れ, のこと, の激しい

▼ 前~ (4, 0.0%)

1 に手紙, の入院, の加寿子, は県病院

▼ 前~ (4, 0.0%)

2 貞王の 1 及其目未, 真王

▼ 前~ (4, 0.0%)

1 が出征, のところ, の勉強, の竜吉

▼ 前彼等~ (4, 0.0%)

1 が斗満, に会つた時, の目, の視線

▼ 前必ず~ (4, 0.0%)

1 仏壇に, 前の, 椀を, 禮拜の

▼ 前忘れ~ (4, 0.0%)

3 てか何 1 もしねえ

▼ 前或は~ (4, 0.0%)

1 其後も, 又三時代前, 少し過ぎ, 計算し

▼ 前持っ~ (4, 0.0%)

1 てそれ, て分, て参っ, て来た

▼ 前支那~ (4, 0.0%)

1 に遊び, の西域羅布, より唐手, より歸朝

▼ 前故郷~ (4, 0.0%)

1 の山村, を出る, を追われ, を離れた

▼ 前早く~ (4, 0.0%)

2 滅亡し 1 もかかる, も死ん

▼ 前~ (4, 0.0%)

1 という, には何, の方, は健坊

▼ 前書いた~ (4, 0.0%)

1 のは, ものを, 感想の, 手紙の

▼ 前最後~ (4, 0.0%)

1 にこれ, に会った, の作, の貞節

▼ 前~ (4, 0.0%)

1 と本業, の養鶏奨励, はあなた, は養鶏

▼ 前横浜~ (4, 0.0%)

1 に小さな, に行った, の外字新聞, の或

▼ 前武蔵~ (4, 0.0%)

1 が日名倉, が見た, を書い, を訪ね

▼ 前~ (4, 0.0%)

1 ということ, の前, の後, 別れた妻

▼ 前~ (4, 0.0%)

4 には庶民

▼ 前~ (4, 0.0%)

1 がいつも, が某, が自分, はよく

▼ 前~ (4, 0.0%)

1 と我, に親, の怒, わがため光榮

▼ 前田舎~ (4, 0.0%)

1 から出, に行ってた, の小屋, の高等小学校

▼ 前病院~ (4, 0.0%)

2 へ入れ 1 へはいる, へ行っ

▼ 前程を~ (4, 0.0%)

1 急ぎしこと, 急ぎ鄭州, 急ぐので, 祝した誰

▼ 前菱屋~ (4, 0.0%)

1 が欠所, が沒落, が没落, が缺所

▼ 前~ (4, 0.0%)

1 ていた, に来た, の明, 覺え

▼ 前~ (4, 0.0%)

1 に照, の一例, の不慮, をもっ

▼ 前~ (4, 0.0%)

2 の両側 1 のきわ, の前

▼ 前非常~ (4, 0.0%)

1 にひろく, に雨, に面白い, の進歩

▼ 前~ (4, 0.0%)

1 すぢ, をころり, を吊っ, を釣つて

▼ 前~ (4, 0.0%)

3 だとも 1 が下界

▼ 前いずれ~ (3, 0.0%)

2 が後 1 か後

▼ 前うち~ (3, 0.0%)

1 で, の金, へ帰っ

▼ 前~ (3, 0.0%)

1 に並ん, に停止, に腰

▼ 前および~ (3, 0.0%)

1 側方を, 彼ら二人の, 最中に

▼ 前おれ~ (3, 0.0%)

1 が盆茣蓙, に向っ, の乗ってた

▼ 前かた~ (3, 0.0%)

1 からこんな, から奥さん, から謡曲

▼ 前かも~ (3, 0.0%)

1 知れぬが, 知れません, 知れんが

▼ 前くらいの~ (3, 0.0%)

1 二人連れだ, 美しい人, 若いお客さん

▼ 前ぐらいから~ (3, 0.0%)

1 です, でそんな, 電光が

▼ 前さる~ (3, 0.0%)

1 家を, 展覧会に, 所へ

▼ 前~ (3, 0.0%)

2 なは 1 だれを

▼ 前すこし~ (3, 0.0%)

1 の間, 早めに, 気が

▼ 前それでは~ (3, 0.0%)

1 ここは, 一時間も, 私なども

▼ 前~ (3, 0.0%)

1 あこの, うとうその, ッた

▼ 前たる~ (3, 0.0%)

1 ことを, ところに, にすぎない

▼ 前だち~ (3, 0.0%)

2 て決して 1 て八九月

▼ 前だの~ (3, 0.0%)

1 あとだ, 小僧が, 谷戸口だの

▼ 前~ (3, 0.0%)

1 からきまった, から思っ, から知っ

▼ 前であったなら~ (3, 0.0%)

1 さほどまでに, 地に, 或はそれ

▼ 前であれ~ (3, 0.0%)

1 これし, またその後, 神の

▼ 前でさえ~ (3, 0.0%)

1 ときどき賞讃, ようやくの, 愛すべきおごそか

▼ 前でしたろう~ (3, 0.0%)

1 か, 私は, 青木君は

▼ 前としては~ (3, 0.0%)

1 外出後の, 当然の, 驚くべき分量

▼ 前とで~ (3, 0.0%)

1 あわよくば入り, 同じもの, 邂逅した

▼ 前とを~ (3, 0.0%)

1 くらべて, もって, 帯紐で

▼ 前ない~ (3, 0.0%)

1 し一年前, し一月前, し三十万年前

▼ 前なんかで~ (3, 0.0%)

2 言つ 1 不覚の

▼ 前にあたって~ (3, 0.0%)

1 一応伺います, 床を, 悪戯の

▼ 前にかけ~ (3, 0.0%)

1 リンを, 代えの, 寄って

▼ 前にしか~ (3, 0.0%)

1 座が頂戴できない, 明いて, 決して開かれなかった

▼ 前にぞ~ (3, 0.0%)

1 ろ, 我等はを, 蹲りて

▼ 前にだって~ (3, 0.0%)

1 あの人, 幾度も, 縊ろうと

▼ 前にとり~ (3, 0.0%)

1 出されて, 払われて, 捧げ言

▼ 前にに~ (3, 0.0%)

1 ほはせて, ゆつと, ょっきりたっているのだ

▼ 前にばかり~ (3, 0.0%)

1 すわり候, 座つてゐらしつた, 押しかけて

▼ 前によ~ (3, 0.0%)

1 つて瀬戸で, つて窓窓の, 勿論御

▼ 前ので~ (3, 0.0%)

1 たくさんです, 抑えて, 訂正された

▼ 前のほど~ (3, 0.0%)

1 愉快な, 横柄でない, 用人の

▼ 前ばかりに~ (3, 0.0%)

1 いた葉子, 気を, 眼を

▼ 前~ (3, 0.0%)

1 づその罪を, づ縁側に, へと堰き溢れ来る

▼ 前みんな~ (3, 0.0%)

1 で雑煮, 帰っとるばい, 集る

▼ 前わが国~ (3, 0.0%)

2 にて豚 1 の法学界

▼ 前わし~ (3, 0.0%)

1 がお前, が城外, は阿波

▼ 前プロレタリア文学~ (3, 0.0%)

1 のもつ, の蒙った, の退潮

▼ 前三人~ (3, 0.0%)

1 で出かけました, で別れた, で水遊び

▼ 前三日~ (3, 0.0%)

1 というもの不思議, といふ, はトオサン

▼ 前三河~ (3, 0.0%)

2 から一緒 1 の山奥

▼ 前両親~ (3, 0.0%)

1 が相続い, に逝, の前

▼ 前~ (3, 0.0%)

1 から呉服屋, の九条, へお

▼ 前今日~ (3, 0.0%)

1 からみれ, のやう, のよう

▼ 前何處~ (3, 0.0%)

1 からともなく, か一週間, ともなく

▼ 前使~ (3, 0.0%)

1 が宮廷尊族, と書く, も生き

▼ 前~ (3, 0.0%)

1 のクラブ, の事件, の墓参

▼ 前~ (3, 0.0%)

2 はここ 1 にそう

▼ 前倒された~ (3, 0.0%)

3 ような

▼ 前偶然~ (3, 0.0%)

1 あるキャフェ, な機会, に行

▼ 前~ (3, 0.0%)

1 から書斎, が下宿, の死

▼ 前~ (3, 0.0%)

1 に平和, の主人, の時

▼ 前其方~ (3, 0.0%)

1 が屋敷, が描いた, に不

▼ 前十三~ (3, 0.0%)

2 の時 1 の年

▼ 前十五分~ (3, 0.0%)

1 であった, に鳴, を

▼ 前~ (3, 0.0%)

1 歳の, 死の, 沢山から

▼ 前~ (3, 0.0%)

1 の教練, の日, の終り頃

▼ 前太い~ (3, 0.0%)

2 と思 1 長押が

▼ 前~ (3, 0.0%)

1 がこれ, が力ずく, が脇

▼ 前夫婦~ (3, 0.0%)

1 でスケイト遊び, は亜鉛張, は亞鉛張

▼ 前~ (3, 0.0%)

2 な泥棒 1 なわる

▼ 前~ (3, 0.0%)

2 のお 1 の一周忌

▼ 前学校~ (3, 0.0%)

1 にいた, の窓, を出

▼ 前安政二年~ (3, 0.0%)

2 の頃 1 に丁抹

▼ 前寄り~ (3, 0.0%)

1 に掛け, に肩, の炉

▼ 前寄席~ (3, 0.0%)

2 のまえ 1 へ行っ

▼ 前已に~ (3, 0.0%)

1 この席, 有罪を, 淨書し

▼ 前帰っ~ (3, 0.0%)

2 て来た 1 てきた

▼ 前~ (3, 0.0%)

1 の馬場, 久へ, 右衛門町の

▼ 前~ (3, 0.0%)

2 はせて 1 せて

▼ 前~ (3, 0.0%)

1 いかい, とは異, のごとく質さし

▼ 前~ (3, 0.0%)

1 と同様, の申し, の申繼

▼ 前戦地~ (3, 0.0%)

1 から葉書, にあれ, へやられる

▼ 前措き~ (3, 0.0%)

1 が長く, も諄々, をし

▼ 前~ (3, 0.0%)

2 の飛行機 1 の密偵

▼ 前~ (3, 0.0%)

2 鳥越から 1 世界界隈の

▼ 前新築~ (3, 0.0%)

1 する時, せられ立派, のさい

▼ 前~ (3, 0.0%)

2 は寺 1 の夢

▼ 前~ (3, 0.0%)

2 之助 1 がらし

▼ 前~ (3, 0.0%)

3 つから

▼ 前~ (3, 0.0%)

2 の木 1 が咲きかける

▼ 前~ (3, 0.0%)

1 に一ツづつかなり, に藥禮, 春京都で

▼ 前清盛~ (3, 0.0%)

1 が二十歳, の福原創業, の雪

▼ 前火星~ (3, 0.0%)

2 へいった 1 からこっち

▼ 前申し述べました~ (3, 0.0%)

1 ことは, とおり今ここに, 通り武張った

▼ 前~ (3, 0.0%)

1 に着かなかった, をさましました, 懸けて

▼ 前~ (3, 0.0%)

1 が覚めた, をつけた, を覺

▼ 前~ (3, 0.0%)

1 として五月二日, のとき, の始まる

▼ 前私共~ (3, 0.0%)

1 が千歳村, の留める, の若い

▼ 前立星~ (3, 0.0%)

1 が此, に照射, の激しい

▼ 前立物~ (3, 0.0%)

1 ある二谷, に火, を日

▼ 前米国~ (3, 0.0%)

1 で日本, に留学, に遊ん

▼ 前紀州~ (3, 0.0%)

1 の大名, の漁師, の田辺

▼ 前細君~ (3, 0.0%)

1 と二人, の母親, はもう一度こう

▼ 前~ (3, 0.0%)

1 によってしばしば, によって否定, によって批判

▼ 前蒸し暑い~ (3, 0.0%)

2 日で 1 日の

▼ 前行った~ (3, 0.0%)

1 ときは, とき馴染に, 時にも

▼ 前親父~ (3, 0.0%)

1 が死んだ, の仕事, の琢堂

▼ 前話した~ (3, 0.0%)

1 ことは, 漢法の, 火消し人形の

▼ 前貴方~ (3, 0.0%)

1 がこの, に書いた, は階段

▼ 前赤坂~ (3, 0.0%)

1 で半, のある, のローヤル館

▼ 前~ (3, 0.0%)

1 と為せ, に降, 既に休みあき

▼ 前近所~ (3, 0.0%)

1 の人たち, の寺方, へ嫁

▼ 前述べた~ (3, 0.0%)

1 とおり直接間接に, ように, 魔の

▼ 前~ (3, 0.0%)

1 で逢っ, のマンナカ, は尾根

▼ 前~ (3, 0.0%)

1 が難波, へ向っ, へ着い

▼ 前~ (3, 0.0%)

1 えは, どぶ, 槍と

▼ 前~ (3, 0.0%)

1 すでに, に立っ, をうけたまわり

▼ 前隣り~ (3, 0.0%)

1 に坐っ, の山, の花園

▼ 前隣村~ (3, 0.0%)

1 の嘉平老, の破産, の老

▼ 前~ (3, 0.0%)

1 がもっと, が降りました, の降頻る

▼ 前電話~ (3, 0.0%)

1 したらまだ, で知らせよう, をかけ

▼ 前~ (3, 0.0%)

1 の馬, 我を, 笠持

▼ 前~ (2, 0.0%)

1 忘れた, 挺でも

▼ 前あるいは~ (2, 0.0%)

1 それより, 崇高な

▼ 前いう如く~ (2, 0.0%)

1 天稟的だ, 正則変則の

▼ 前いきなり~ (2, 0.0%)

1 掲示場に, 越前屋の

▼ 前いつぞや~ (2, 0.0%)

1 東京の, 横浜に

▼ 前いつた~ (2, 0.0%)

1 やうに, 向屋敷には

▼ 前うんと~ (2, 0.0%)

1 忙しく途中, 書きためて

▼ 前おばあさん~ (2, 0.0%)

1 がまだ, の使ひも

▼ 前およそ~ (2, 0.0%)

1 一時間ばかりの, 四百数十年ごろ門人の

▼ 前お前さん~ (2, 0.0%)

1 のお祖父さん, は花屋

▼ 前お嬢さん~ (2, 0.0%)

2 がお

▼ 前お母さん~ (2, 0.0%)

1 が, は河村

▼ 前お爺さん~ (2, 0.0%)

2 が五十

▼ 前お茶~ (2, 0.0%)

1 の手前, をのん

▼ 前お茶の水~ (2, 0.0%)

1 で襲われた, の女学校

▼ 前かなり~ (2, 0.0%)

1 の貸し, 長し

▼ 前からって~ (2, 0.0%)

1 いつごろから, いつ頃

▼ 前からでも~ (2, 0.0%)

2 後からでも

▼ 前からという~ (2, 0.0%)

1 ことで, ものは

▼ 前からに~ (2, 0.0%)

1 なって, ッち

▼ 前きた~ (2, 0.0%)

1 とき飲んだ, 時の

▼ 前きみ~ (2, 0.0%)

1 が浅草公園, は姉さん

▼ 前くらいに~ (2, 0.0%)

1 なります, 支配人の

▼ 前ぐらいと~ (2, 0.0%)

1 言い一度, 言ったの

▼ 前ぐらいの~ (2, 0.0%)

1 ものであった, 山々の

▼ 前ぐらいまでは~ (2, 0.0%)

1 そうだった, なんとか酔えた

▼ 前こういう~ (2, 0.0%)

1 ことが, 訓示を

▼ 前こそ~ (2, 0.0%)

1 今はしも, 案山子に

▼ 前この同じ~ (2, 0.0%)

1 ところで, 長崎の

▼ 前さらに~ (2, 0.0%)

1 何百年も, 船上山からの

▼ 前しか~ (2, 0.0%)

1 ないん, 残らずそして

▼ 前しかも~ (2, 0.0%)

1 ひどい吹雪, 今日の

▼ 前しない~ (2, 0.0%)

1 前といった, 前といつた後

▼ 前じゃが~ (2, 0.0%)

1 このわし, チャンと

▼ 前すぎる~ (2, 0.0%)

1 ことにも, ようなこっ

▼ 前すぐ~ (2, 0.0%)

1 のところ, 下の

▼ 前せめて~ (2, 0.0%)

1 は朋友, 一片の

▼ 前そう~ (2, 0.0%)

1 だな, ですちょうど

▼ 前そこで~ (2, 0.0%)

1 法師は, 端なく

▼ 前そして~ (2, 0.0%)

1 今日, 高舞台

▼ 前そっと~ (2, 0.0%)

1 まぎれ出て, 寝室には

▼ 前そのまま~ (2, 0.0%)

1 だ, であった

▼ 前たいへん~ (2, 0.0%)

1 な迷惑, 世話に

▼ 前ただ~ (2, 0.0%)

1 の俗人, 真暗な

▼ 前たまたま~ (2, 0.0%)

1 世界巡業の, 村へ

▼ 前だけが~ (2, 0.0%)

1 いつも一枚細目, 時であっ

▼ 前だけには~ (2, 0.0%)

1 参って, 正木の

▼ 前だったろう~ (2, 0.0%)

1 か, と思う

▼ 前ちよ~ (2, 0.0%)

1 つと上さ行つて, つと御見舞

▼ 前づら~ (2, 0.0%)

2 だけを残し

▼ 前でござん~ (2, 0.0%)

2 すが

▼ 前でしか~ (2, 0.0%)

1 ないが, ないやう

▼ 前でのみ~ (2, 0.0%)

1 浮べる少女, 真面目そうに

▼ 前でへどを~ (2, 0.0%)

2 吐くほど

▼ 前とうとう~ (2, 0.0%)

1 ジェハンじいさんは, 兄の

▼ 前とかが~ (2, 0.0%)

2 どうした

▼ 前としても~ (2, 0.0%)

1 よい, 女の

▼ 前とても~ (2, 0.0%)

1 お医者さん, 中央と

▼ 前とはずつと~ (2, 0.0%)

1 異つた調子, 變つてゐた

▼ 前どの~ (2, 0.0%)

1 にお, 地にも

▼ 前なぞ~ (2, 0.0%)

1 あさましいこと, 泣顔を

▼ 前などでも~ (2, 0.0%)

1 いつも召され, さだ子の

▼ 前などには~ (2, 0.0%)

1 別して砂糖, 我事の

▼ 前などへ~ (2, 0.0%)

1 椅子を, 物々しい聲

▼ 前なども~ (2, 0.0%)

1 うつらうつらと, つい其処

▼ 前なら知らぬ~ (2, 0.0%)

2 こと

▼ 前なりけむ~ (2, 0.0%)

1 その頃母上, 姉上の

▼ 前なんかに~ (2, 0.0%)

1 いられるもん, 選りに

▼ 前なんかには~ (2, 0.0%)

1 すっかり耄碌, 壁に

▼ 前なんぞは~ (2, 0.0%)

1 何が, 押されたり

▼ 前においても~ (2, 0.0%)

1 東京市内の, 甲骨は

▼ 前にさえ~ (2, 0.0%)

1 楽屋へ, 行けば

▼ 前につき~ (2, 0.0%)

1 出し顔を, 出そうと

▼ 前につける~ (2, 0.0%)

2 燈明油まで

▼ 前にては~ (2, 0.0%)

1 今も, 申し上

▼ 前にても~ (2, 0.0%)

1 このつるし, 結構でござれ

▼ 前にといふ~ (2, 0.0%)

1 ことに, のと

▼ 前にとって~ (2, 0.0%)

1 置いた僕, 見せた

▼ 前にど~ (2, 0.0%)

2 つかと

▼ 前にぬ~ (2, 0.0%)

1 つと顔, ーつと

▼ 前にはも~ (2, 0.0%)

1 ッとも, 一つ長い

▼ 前にや~ (2, 0.0%)

1 いくらでも頭, 帰りやしないん

▼ 前に対して~ (2, 0.0%)

1 彼の, 汚れた身

▼ 前に対する~ (2, 0.0%)

1 悪魔調伏の, 深い恥

▼ 前のに対して~ (2, 0.0%)

1 一目は, 消極的と

▼ 前はだけの~ (2, 0.0%)

1 平胡坐, 胡坐の

▼ 前はと~ (2, 0.0%)

1 いうと, 問われると

▼ 前はや~ (2, 0.0%)

1 密かに, 西國順禮の

▼ 前~ (2, 0.0%)

1 さみ, らいに

▼ 前ばかりは~ (2, 0.0%)

2 坂に

▼ 前ばかりを~ (2, 0.0%)

1 見つめて, 見ながら

▼ 前ひそか~ (2, 0.0%)

1 に家財, に所司代

▼ 前ひどい~ (2, 0.0%)

2 音が

▼ 前ひろがり~ (2, 0.0%)

1 におさえ, に明るみ

▼ 前ひろげ~ (2, 0.0%)

1 に着た, に羽織り

▼ 前へが~ (2, 0.0%)

1 くりと, ツくり平伏致す

▼ 前へで~ (2, 0.0%)

1 おった見るも, 今は

▼ 前へに~ (2, 0.0%)

1 ゆつと, ょっきりと吹矢が

▼ 前ほどには~ (2, 0.0%)

1 なりおらではと, 見られない

▼ 前ほんとう~ (2, 0.0%)

1 にちょい, に思い切っ

▼ 前またもや~ (2, 0.0%)

1 日本に, 聖典を

▼ 前までと~ (2, 0.0%)

1 いうより, いやしない

▼ 前もね~ (2, 0.0%)

1 奥様, 毎日だ

▼ 前もの~ (2, 0.0%)

2 の二三間隔

▼ 前やった~ (2, 0.0%)

1 とおっしゃる, ように

▼ 前やったら~ (2, 0.0%)

1 こんなぐらいの, どない

▼ 前よしなに~ (2, 0.0%)

1 お取り繕いねがいたい, お口添え

▼ 前よりよ~ (2, 0.0%)

1 つぽ, ッぽ

▼ 前らしく~ (2, 0.0%)

1 奇麗に, 少し曇つて

▼ 前~ (2, 0.0%)

1 づかに, づか二三年位

▼ 前わたくし~ (2, 0.0%)

1 が十四, も見た

▼ 前ゐた~ (2, 0.0%)

1 ことの, 人が

▼ 前んで~ (2, 0.0%)

1 無駄死にを, 王と

▼ 前オレ~ (2, 0.0%)

1 がこの, にボクシング

▼ 前コゼット~ (2, 0.0%)

1 がモンフェルメイュ, と会っ

▼ 前シナ~ (2, 0.0%)

1 のある, の詩人

▼ 前スコットランド~ (2, 0.0%)

1 から日本, のネス湖

▼ 前タクシー~ (2, 0.0%)

2 出る

▼ 前~ (2, 0.0%)

1 は二年前, 戻ッテ

▼ 前パリ~ (2, 0.0%)

1 から来た, へ来た

▼ 前フランス語~ (2, 0.0%)

2 で一六三七年

▼ 前フランス軍~ (2, 0.0%)

1 の一兵士, の負傷者等

▼ 前~ (2, 0.0%)

1 出テ礼, 進メツ

▼ 前マリア・グレゴーリエヴナ~ (2, 0.0%)

1 は将校, や素子

▼ 前マリユス~ (2, 0.0%)

1 が見た, に会っ

▼ 前モスクワ~ (2, 0.0%)

1 で初めて, へ著い

▼ 前レーニングラード~ (2, 0.0%)

1 で大, の日本語教授コンラード夫妻

▼ 前ロシヤ使節~ (2, 0.0%)

1 に對, の軍艦

▼ 前ロンドン~ (2, 0.0%)

1 の活版所, の観場

▼ 前~ (2, 0.0%)

1 僕ノ, 左ニ折レテ十余町スレバ浜辺へ

▼ 前一九〇二年~ (2, 0.0%)

1 の八月, の初め

▼ 前一人娘~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ 前一家~ (2, 0.0%)

1 の暮し, を挙げ

▼ 前一年半~ (2, 0.0%)

1 の実刑, の悪夢

▼ 前一応~ (2, 0.0%)

1 の注意, 自作の

▼ 前一間~ (2, 0.0%)

1 ばかりの所, ばかり向う

▼ 前丁子屋~ (2, 0.0%)

2 にそんな

▼ 前七月~ (2, 0.0%)

1 に学士会, の同誌

▼ 前三十分~ (2, 0.0%)

1 くらい子供, に今日

▼ 前三千代~ (2, 0.0%)

2 と平岡

▼ 前三時~ (2, 0.0%)

1 ほど前, 起て見ると

▼ 前三越~ (2, 0.0%)

1 かどこ, へ行った

▼ 前~ (2, 0.0%)

1 の野原, 些かほこる

▼ 前上った~ (2, 0.0%)

1 時は, 時分から

▼ 前上京~ (2, 0.0%)

1 いたしました何, し一兩日

▼ 前上州~ (2, 0.0%)

2 の機屋

▼ 前上総~ (2, 0.0%)

1 の夷隅, の或

▼ 前上野~ (2, 0.0%)

1 の喫茶店, 不忍池

▼ 前~ (2, 0.0%)

1 の四畳半, の関

▼ 前不都合~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ 前世間~ (2, 0.0%)

1 のひどく, の前

▼ 前両国~ (2, 0.0%)

1 に世帯, の小屋

▼ 前~ (2, 0.0%)

1 殿頭様煩悩の, 水町天王崎門前幅下新道南飴屋町綿屋町等にも

▼ 前乃ちあれ~ (2, 0.0%)

1 の出來上つた日, の出来上つた日

▼ 前乃至~ (2, 0.0%)

1 千年二千年前に, 千年後の

▼ 前久し振り~ (2, 0.0%)

2 で江戸

▼ 前~ (2, 0.0%)

1 が大分, を行ないたる

▼ 前九年後三年~ (2, 0.0%)

1 の先蹤, の役だつ

▼ 前~ (2, 0.0%)

1 が今, が訪いし

▼ 前二作~ (2, 0.0%)

1 の, 殊にその

▼ 前二十六~ (2, 0.0%)

2 の歳

▼ 前二十年前三十年前~ (2, 0.0%)

2 と際限

▼ 前二十歳~ (2, 0.0%)

1 から三十代, で死んだ

▼ 前二句~ (2, 0.0%)

1 などよりもさらにいっそう, の重合部

▼ 前二年~ (2, 0.0%)

1 ってもの, に高麗

▼ 前二度目~ (2, 0.0%)

1 に倫敦, の便り

▼ 前二葉亭~ (2, 0.0%)

1 の先人, は暇乞い

▼ 前五年~ (2, 0.0%)

1 におこった, ばかりも前

▼ 前五郎~ (2, 0.0%)

1 にはしばしば, は信州

▼ 前亜米利加~ (2, 0.0%)

1 に行, のペルリ

▼ 前亡くなっ~ (2, 0.0%)

1 てしもうた, て再び

▼ 前亡くなつた~ (2, 0.0%)

1 愛人抱月氏の, 時は

▼ 前京子~ (2, 0.0%)

1 からその, と二人

▼ 前今年~ (2, 0.0%)

1 の二月, よりは千六百十余年前

▼ 前今朝~ (2, 0.0%)

2 は進ん

▼ 前仏蘭西~ (2, 0.0%)

1 へ往つた時, へ行った

▼ 前仕事~ (2, 0.0%)

1 の終った, を始め

▼ 前伊勢屋~ (2, 0.0%)

1 へ入, へ熊五郎

▼ 前伊藤公暗殺~ (2, 0.0%)

1 の号外, の號外

▼ 前会っ~ (2, 0.0%)

1 てからここ, てから足かけ三年

▼ 前伺った~ (2, 0.0%)

1 ときとは, 二三日前から

▼ 前~ (2, 0.0%)

1 と那須, と降りた

▼ 前住居~ (2, 0.0%)

1 に起つた, を教え

▼ 前佐吉~ (2, 0.0%)

2 が河内屋

▼ 前何とか~ (2, 0.0%)

1 シャイアの, 今の

▼ 前何者~ (2, 0.0%)

2 かから逃れる

▼ 前信濃~ (2, 0.0%)

1 の山, の猟師

▼ 前信長~ (2, 0.0%)

1 か秀吉時代, がまだ

▼ 前信長青年頃~ (2, 0.0%)

2 の世相

▼ 前倒れ~ (2, 0.0%)

1 て床, にぶっ

▼ 前停車場~ (2, 0.0%)

1 からタクシー, へ戻った

▼ 前僕等~ (2, 0.0%)

2 がもつ

▼ 前先づ藩閥元老~ (2, 0.0%)

2 の承認

▼ 前六月六日~ (2, 0.0%)

2 の夜

▼ 前六波羅~ (2, 0.0%)

1 にいた, へお

▼ 前六軒長屋~ (2, 0.0%)

2 の路地

▼ 前出羽~ (2, 0.0%)

1 の庄内鶴岡, の秋田

▼ 前分れた~ (2, 0.0%)

1 時そっくり, 時そつくりである

▼ 前刊行~ (2, 0.0%)

1 した私, 半成

▼ 前~ (2, 0.0%)

1 からの帰途, へ登った

▼ 前北方~ (2, 0.0%)

2 の冷たい

▼ 前北海道~ (2, 0.0%)

1 のある, の炭坑

▼ 前医師~ (2, 0.0%)

1 から忠告, の奴

▼ 前十七~ (2, 0.0%)

2 の時

▼ 前十八歳~ (2, 0.0%)

1 で行方, で行方不知

▼ 前十日~ (2, 0.0%)

1 には鹿児島, ばかり大抵

▼ 前千葉~ (2, 0.0%)

1 の女学校, の湖畔

▼ 前千鶴子~ (2, 0.0%)

1 が入る, を迎え

▼ 前半生~ (2, 0.0%)

1 の歴史, を背景

▼ 前~ (2, 0.0%)

2 の奉行所

▼ 前南宋~ (2, 0.0%)

1 の初め, の費袞

▼ 前博多~ (2, 0.0%)

1 で殉教, の町

▼ 前印度~ (2, 0.0%)

1 に主人, の父

▼ 前去年~ (2, 0.0%)

1 ですが, の冬

▼ 前~ (2, 0.0%)

1 はその, を訪ねた

▼ 前友人~ (2, 0.0%)

1 に誘はれ, に貸し

▼ 前友達~ (2, 0.0%)

1 が或, と二人

▼ 前召使~ (2, 0.0%)

1 という名義, といふ名義

▼ 前~ (2, 0.0%)

1 恐しい, 成り親しかっ

▼ 前台所~ (2, 0.0%)

1 で宙返り, で彼女

▼ 前向け~ (2, 0.0%)

2 に立て

▼ 前君たち~ (2, 0.0%)

1 が, のつく

▼ 前和蘭~ (2, 0.0%)

1 から買入れ, でつくられた

▼ 前品川~ (2, 0.0%)

2 の問屋場

▼ 前~ (2, 0.0%)

1 の李肇, の玄宗皇帝

▼ 前問題~ (2, 0.0%)

1 があった, の梯子段

▼ 前四日~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ 前四者~ (2, 0.0%)

1 と同じ, の概括的演繹

▼ 前~ (2, 0.0%)

1 の家, の親

▼ 前~ (2, 0.0%)

1 モスクワの, 武陵

▼ 前~ (2, 0.0%)

1 かため, に落し

▼ 前地球~ (2, 0.0%)

1 から十万光年, に住ん

▼ 前城中~ (2, 0.0%)

2 御道具調べ

▼ 前報ッ~ (2, 0.0%)

2 たの

▼ 前~ (2, 0.0%)

1 だつた, な眼付

▼ 前多く~ (2, 0.0%)

1 の外国人, は土

▼ 前~ (2, 0.0%)

1 おそく国道, の天使同様

▼ 前夜中合羽~ (2, 0.0%)

2 を着

▼ 前夜店~ (2, 0.0%)

2 の古道具屋

▼ 前夜釣~ (2, 0.0%)

1 に行った帰り, に行つた歸

▼ 前~ (2, 0.0%)

1 に渠, を見た

▼ 前夥しい~ (2, 0.0%)

1 藩金を, 金を

▼ 前大きな~ (2, 0.0%)

1 仏像の, 賽銭箱の

▼ 前大久保~ (2, 0.0%)

1 の旧宅改築, へ越した

▼ 前大道~ (2, 0.0%)

1 にて子供, の皿廻し

▼ 前大阪駅~ (2, 0.0%)

2 に戻りました

▼ 前天明~ (2, 0.0%)

2 の初年大阪

▼ 前奏し~ (2, 0.0%)

1 つつあった, ている

▼ 前女出入り~ (2, 0.0%)

2 で手ひどく

▼ 前~ (2, 0.0%)

1 が中元, をつれ

▼ 前始めて~ (2, 0.0%)

1 京都へ, 啓ちゃんを

▼ 前姿見~ (2, 0.0%)

1 に向った, を見詰め

▼ 前~ (2, 0.0%)

2 が嫁

▼ 前~ (2, 0.0%)

1 のため, の範囲

▼ 前学者社会~ (2, 0.0%)

2 には既に

▼ 前宇津谷峠~ (2, 0.0%)

1 で三人, で斬られた

▼ 前安倍丹~ (2, 0.0%)

2 之丞

▼ 前宮本~ (2, 0.0%)

1 がスパイ, が検事局

▼ 前專三郎~ (2, 0.0%)

1 が危ふく石見銀山, の味噌汁

▼ 前小さい~ (2, 0.0%)

1 声で, 馬車を

▼ 前小屋~ (2, 0.0%)

1 の内外, をかけた

▼ 前小次郎め~ (2, 0.0%)

2

▼ 前小田原~ (2, 0.0%)

1 に住ん, を追われ

▼ 前屈し~ (2, 0.0%)

1 たり後, て来る

▼ 前山羊~ (2, 0.0%)

1 が村, をつかまえた

▼ 前~ (2, 0.0%)

1 からはだいぶ, は模糊

▼ 前島田~ (2, 0.0%)

1 とは絶交, へ来た

▼ 前巣鴨拘置所内~ (2, 0.0%)

2 に死刑囚

▼ 前左手桜~ (2, 0.0%)

2 の下あたり

▼ 前~ (2, 0.0%)

1 であったか, を勤めた

▼ 前平生~ (2, 0.0%)

2 の自分

▼ 前年来~ (2, 0.0%)

1 屡次登攀を, 本所相生町の

▼ 前廊下~ (2, 0.0%)

1 で石黒, のはずれ

▼ 前彦島~ (2, 0.0%)

1 で別れた, で遊び人たち

▼ 前役所~ (2, 0.0%)

1 からはお, を引いた

▼ 前後ろ~ (2, 0.0%)

1 へと言え, を見

▼ 前御府内~ (2, 0.0%)

1 荒しの, 荒らしの

▼ 前念入り~ (2, 0.0%)

1 に両方, に兩方

▼ 前怒り~ (2, 0.0%)

2 に任せ

▼ 前我々~ (2, 0.0%)

1 がその, の言葉

▼ 前我が~ (2, 0.0%)

1 国名を, 開国と

▼ 前~ (2, 0.0%)

1 の小手調べ, へ立たなけれ

▼ 前~ (2, 0.0%)

1 とパルテノン, と以上四つ

▼ 前房州~ (2, 0.0%)

1 の田舎町, へ往つた折

▼ 前所用~ (2, 0.0%)

1 あって, あつて外出

▼ 前抱き~ (2, 0.0%)

1 にし, にぬっと

▼ 前拙者~ (2, 0.0%)

1 がまだ, の寓居

▼ 前~ (2, 0.0%)

2 へて

▼ 前故人~ (2, 0.0%)

1 となっ, になった

▼ 前数年~ (2, 0.0%)

1 に亘る, のところ

▼ 前数日~ (2, 0.0%)

1 かの女, の間

▼ 前文安~ (2, 0.0%)

2 のころ

▼ 前新しく~ (2, 0.0%)

1 日本へ, 開けた一廓

▼ 前新た~ (2, 0.0%)

1 に梓, に石山駅

▼ 前新橋~ (2, 0.0%)

2 で分れた

▼ 前~ (2, 0.0%)

2 に出る

▼ 前旅行~ (2, 0.0%)

1 から帰洛, をした

▼ 前日比谷公園~ (2, 0.0%)

1 で殺された, の近く

▼ 前早い~ (2, 0.0%)

1 のは, 桜は

▼ 前早起き~ (2, 0.0%)

2 の店

▼ 前~ (2, 0.0%)

1 かに大谷千尋, がまだ

▼ 前明神下~ (2, 0.0%)

2 の俺

▼ 前昭和~ (2, 0.0%)

1 のごく, の初めごろ

▼ 前昭和二年~ (2, 0.0%)

1 の二月, の正月以降數ヶ月

▼ 前時々~ (2, 0.0%)

1 会って, 腹の

▼ 前~ (2, 0.0%)

2 をとり

▼ 前曙井戸~ (2, 0.0%)

2 の茶碗

▼ 前月夜~ (2, 0.0%)

2 の晩私たち

▼ 前有名~ (2, 0.0%)

1 な, な生理学者

▼ 前朝草刈~ (2, 0.0%)

1 の帰り, の歸

▼ 前朝鮮~ (2, 0.0%)

1 で視学, において数多く

▼ 前本所~ (2, 0.0%)

1 から引っ越し, に

▼ 前本郷~ (2, 0.0%)

1 の古本屋, の洋服屋

▼ 前材木~ (2, 0.0%)

2 や地所

▼ 前村長~ (2, 0.0%)

1 が何, だったの

▼ 前東洋汽船~ (2, 0.0%)

1 という会社, といふ会社

▼ 前東海道~ (2, 0.0%)

1 を荒し, を荒らし抜い

▼ 前松五郎~ (2, 0.0%)

2 を番所

▼ 前松永町~ (2, 0.0%)

2 の小熊屋

▼ 前~ (2, 0.0%)

1 のうち, まではゆき

▼ 前枕元~ (2, 0.0%)

1 に坐っ, へ呼ん

▼ 前栄さん~ (2, 0.0%)

1 と信州, に眼医者

▼ 前格別~ (2, 0.0%)

2 の御

▼ 前桔梗河原~ (2, 0.0%)

1 で福知山方, の大

▼ 前~ (2, 0.0%)

2 はる大熊星

▼ 前~ (2, 0.0%)

1 にさら, を掠め去つた

▼ 前欧羅巴~ (2, 0.0%)

1 の大乱治平, へ発つ

▼ 前此家~ (2, 0.0%)

2 の主人

▼ 前歩む~ (2, 0.0%)

2 子らが

▼ 前死にかけ~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼ 前死んだ~ (2, 0.0%)

1 が乞食, 時の

▼ 前死亡~ (2, 0.0%)

1 しそれ, し百合枝夫人

▼ 前死去~ (2, 0.0%)

1 するまで, せられ只今

▼ 前歿~ (2, 0.0%)

1 したが, せられたが

▼ 前殿~ (2, 0.0%)

2 と申す

▼ 前母さん~ (2, 0.0%)

2 が死んだ

▼ 前水戸~ (2, 0.0%)

1 に浪人, も知っ

▼ 前永仁六年戌の~ (2, 0.0%)

2 とし

▼ 前永代橋~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 前池上~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ 前河内屋さん~ (2, 0.0%)

1 へ入, へ入った

▼ 前沼田~ (2, 0.0%)

2 の下新田

▼ 前泉屋~ (2, 0.0%)

1 の隠居, の隱居

▼ 前泊った~ (2, 0.0%)

1 ことの, 川岸の

▼ 前浅草~ (2, 0.0%)

1 で, の松喜

▼ 前浅間山~ (2, 0.0%)

1 の北麓六里ヶ原, の噴火口

▼ 前~ (2, 0.0%)

1 の標的, ッタ時ト比ベテ異状ハアリマセン

▼ 前源吉~ (2, 0.0%)

1 の父親, は鐵

▼ 前灰色~ (2, 0.0%)

1 の着付, の着物

▼ 前熊野~ (2, 0.0%)

1 に旅, の勝浦

▼ 前熱川~ (2, 0.0%)

1 で書いた, にいた

▼ 前版以後~ (2, 0.0%)

1 におりおり, に現れた

▼ 前物故~ (2, 0.0%)

1 した婆さん, した細川風谷

▼ 前物置~ (2, 0.0%)

1 からこの, の中

▼ 前~ (2, 0.0%)

1 の檻, 又を

▼ 前玄関~ (2, 0.0%)

1 から続き, で会った

▼ 前~ (2, 0.0%)

1 らしく国府津, らしく鶴井

▼ 前生涯~ (2, 0.0%)

1 を忘れ, を通っ

▼ 前田圃~ (2, 0.0%)

1 にたくさん, の中

▼ 前甲板~ (2, 0.0%)

1 の上, の船艙

▼ 前申しまする~ (2, 0.0%)

1 通り五年十年を以て, 通り釘だの

▼ 前申す如き~ (2, 0.0%)

1 有様である, 順序であります

▼ 前申す如く~ (2, 0.0%)

1 大体器用な, 最初の

▼ 前町長~ (2, 0.0%)

2 に挙げられ

▼ 前~ (2, 0.0%)

1 の二艘, 見せられたの

▼ 前発行~ (2, 0.0%)

2

▼ 前白旗~ (2, 0.0%)

2 に騙され

▼ 前的文化イデー~ (2, 0.0%)

1 が文化条件, と今日之

▼ 前目黒~ (2, 0.0%)

1 の別邸, の本邸

▼ 前砲兵工廠~ (2, 0.0%)

1 につとめ, へはいる

▼ 前磯屋~ (2, 0.0%)

1 の主人貫兵衛, の主人貫兵衞

▼ 前神経質~ (2, 0.0%)

2 な父

▼ 前神隠し~ (2, 0.0%)

1 に逢っ, に遭った

▼ 前~ (2, 0.0%)

1 の公魚釣, の初め

▼ 前程に~ (2, 0.0%)

1 於て, 淺間立科の

▼ 前程の~ (2, 0.0%)

1 あくまで遼遠, ことは

▼ 前~ (2, 0.0%)

1 にあたる風の音, のある

▼ 前立ち~ (2, 0.0%)

1 それを, て彼ら

▼ 前立てる~ (2, 0.0%)

1 ま, を訪

▼ 前~ (2, 0.0%)

1 の屋主人, を焼い

▼ 前~ (2, 0.0%)

1 になった, の中

▼ 前箱根~ (2, 0.0%)

2 へ旦那

▼ 前篇後篇~ (2, 0.0%)

1 に分れ, を通じ

▼ 前築地小劇場~ (2, 0.0%)

2 の旗揚興行

▼ 前~ (2, 0.0%)

1 三十分に, 半月程は

▼ 前紐育~ (2, 0.0%)

1 から程遠から, の大通

▼ 前~ (2, 0.0%)

1 アメリカ式の, 日本風に

▼ 前組合~ (2, 0.0%)

1 の人々, の演説會

▼ 前~ (2, 0.0%)

1 女将初め昔馴染で, 齡の

▼ 前聞きました~ (2, 0.0%)

2 それから私

▼ 前~ (2, 0.0%)

2 の支度部屋

▼ 前舞台~ (2, 0.0%)

1 の下, の方

▼ 前船頭~ (2, 0.0%)

1 になる, の許

▼ 前花前~ (2, 0.0%)

2 といっ

▼ 前~ (2, 0.0%)

1 かつた, 樣の

▼ 前若い~ (2, 0.0%)

1 人たちと, 男だ

▼ 前若しくは~ (2, 0.0%)

1 十數年前の, 平岩から

▼ 前若殿時~ (2, 0.0%)

2 之助

▼ 前茶屋~ (2, 0.0%)

2 のまえ

▼ 前蝸牛~ (2, 0.0%)

2 が城

▼ 前親しく~ (2, 0.0%)

1 図書の, 知って

▼ 前親方~ (2, 0.0%)

1 の南左衛門, の南左衞門

▼ 前触れる~ (2, 0.0%)

2 浄めの

▼ 前~ (2, 0.0%)

1 ふべからざる疲労, ふべからざる疲勞

▼ 前~ (2, 0.0%)

1 だけで, などと同様

▼ 前詳しく~ (2, 0.0%)

1 申上げた, 言えば

▼ 前警察~ (2, 0.0%)

1 から出, の自動車

▼ 前貴様~ (2, 0.0%)

1 が酔っぱらった, も知っ

▼ 前越中国~ (2, 0.0%)

1 から帰った, から帰つた当座

▼ 前越後~ (2, 0.0%)

1 に帰つて, の市振

▼ 前~ (2, 0.0%)

1 を襲った, を襲つた丹

▼ 前路地~ (2, 0.0%)

2 の外

▼ 前~ (2, 0.0%)

2 みの姿勢で

▼ 前踏石~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 前軍艦淡路~ (2, 0.0%)

1 できいた, にあらわれた

▼ 前迄の~ (2, 0.0%)

1 ことです, 亂暴な

▼ 前近う~ (2, 0.0%)

2 進みて

▼ 前近く~ (2, 0.0%)

1 の材木, はツイ一二ヶ月前

▼ 前通った~ (2, 0.0%)

1 ハルビンの, 時より

▼ 前遅く~ (2, 0.0%)

1 なって, も一時間前

▼ 前過ぎる~ (2, 0.0%)

1 ことを, 感じで

▼ 前~ (2, 0.0%)

1 て, の先達

▼ 前~ (2, 0.0%)

1 の上, はお断り

▼ 前重三郎~ (2, 0.0%)

2 の死骸

▼ 前野原~ (2, 0.0%)

1 の叔母さん, やこっち

▼ 前金座~ (2, 0.0%)

2 の後藤

▼ 前金次郎~ (2, 0.0%)

2 を養子

▼ 前~ (2, 0.0%)

2 を物置

▼ 前銀座裏~ (2, 0.0%)

1 で食事, のふた

▼ 前~ (2, 0.0%)

2 を書いた

▼ 前~ (2, 0.0%)

2 は私

▼ 前長い~ (2, 0.0%)

1 お見舞, 旅から

▼ 前長女~ (2, 0.0%)

1 の操さん, を片づける

▼ 前震災~ (2, 0.0%)

1 でぺろり, の前

▼ 前青白き~ (2, 0.0%)

2 大佐より

▼ 前飛脚馬~ (2, 0.0%)

2 も伊勢

▼ 前養子~ (2, 0.0%)

1 に迎えた, に迎へた兵三郎

▼ 前~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ 前~ (2, 0.0%)

1 に着いた, まで出かけ

▼ 前黒船~ (2, 0.0%)

1 がきた, の参りました

▼1* [2754件]

ああならなかつたからだ, 前あいつが十七歳, 前あこがれの希臘, 前あたかもお杉, 前あたしにあれ, 前あちらの方, 前あつた自分, 前あてでよろしからず, 前あとのふたり, 前あなた方が経験, 前あまり人に逢いたがらなかった, 前あらかじめ貴下の, 前あり聞しに増, 前ある日表の窓, 前あんな意地の, 前いいお天気だった, 前いいえ二十六七とも, 前いいつけて置きました, 前いうたように, 前いかがなさいました, 前いくつ位だろう十一二, 前いすわり直しながら, 前いたる所花ある, 前いっぺんここを通った, 前いつだか, 前いつかオーゲが召使たち, 前いつたごとく優しい婦女子, 前いつ使ったのかな, 前いと子及ぶまじと, 前いなかの町, 前いふやうに, 前いふ通り情實なく謙遜, 前いまの下六番町, 前いよいよ息を, 前いらしたときには, 前いろいろなところ, 前いわゆる御鯨方, 前は言, 前うけた時に, 前うけとった多計代, 前うす暗いうちから, 前おきした演説も, 前おしげはあやまち, 前おそうじしたの, 前おそくて二日前, 前おっしゃった西の, 前おまえのうわさ, 前おまえ保証人はある, 前おもむろに一膳が, 前おん年三十一で万乗, 前お世話になった, 前お互いに震災後, 前お仙改めて提灯, 前お山の方, 前お松が発見, 前お正月の門松, 前お盆だと, 前お目にかかって以来, 前お雪ちゃんがこの, 前かいだの, 前かいたときには, 前かえって来て, 前かがまりに, 前かきかけていた, 前かけかけると笑われた, 前かけしめカゴ下げ, 前かげろうを三日間大事, 前かさかさと袈裟, 前かすんだか, 前かたより一松斎門にて, 前かたわらにあった, 前かた上州の利根, 前かた懇意にし, 前かた試験に落第, 前かってそうお金, 前かとも考えられる, 前かならず強く歎, 前かにもこ, 前かねて約束の, 前からいッて, 前からかう言つて其岸に, 前からかな夜に, 前からかもしれない, 前からが片側町三角餅の, 前からさえ逃げだしたくなった, 前からじゃありません, 前からすつかりこれに, 前からだってそれだけは, 前からちゃァん, 前からちゃあんと, 前からでせう, 前からといふもの村中の, 前からね毎日日の, 前からのみ来る光線, 前からばかりいろんな事件, 前からもの伝習と, 前からよ今迄, 前からをります, 前かれが所司代, 前がずつと進んで, 前がはだかつて, 前がもやの, 前きめた通りに, 前きゃつと一局争い, 前ぎくっと頭, 前くらいだったでしょうか, 前くらいからピッタリ強請らなくなった, 前くらいまでは村へ, 前くれたものです, 前ぐらい迄は事務を, 前ぐらゐにも二三度来て, 前けんかをした, 前ちとら, 前こうして三人で, 前こちらへ来, 前こっちの村, 前ことにお秀, 前こまどりとあった, 前こらえ切れなくなっていちどに, 前これこれの女, 前ころはお, 前こんど津軽地方を一周, 前ごろ保が筒袖, 前ごろ家を出, 前ごろ待合にかけます, 前ごろ私が行く, 前さきの遣外鎖港使節一行, 前さん一人で来た, 前さん女でございますねえ, 前さん権現さんの前, 前さ俺は親, 前さ化物に取巻かれ, 前さ帆で屋根, 前さ目え立つ, 前ざしでなくわざと横, 前しいて鎌倉の, 前しん粉でこし, 前じゃけれどもが風采, 前じゃったか下駄, 前じゃねえ抜身の, 前じらせのよう, 前すこぶるその処置, 前すっと摺れちがった屋根船, 前すでにいかに大いなる驚愕, 前すなはち, 前する其罪実に, 前ずいぶんその会, 前ずっと浅草に, 前せんと訊いた, 前ぜひ一筆かきたい, 前そういう時だけ, 前そうして熱を, 前その他色々の, 前その他霊地タッシヨといふべき, 前その同じ日の, 前そもそも戦争の, 前それでも人の, 前それとも柳橋の, 前それらの山々, 前それ程遠くない, 前かし, 前ぞろりとした浅黄縮緬, 前たして喜び, 前たしかに見たの, 前たったいちどお, 前たつてと言, 前たづねて, 前たよりがあつ, 前だいけねえいけねえ, 前だけかも知れないが, 前だけでなら孔子, 前だけにしか動かないよ, 前だけも歩行い, 前ださうだうつかりする, 前だったでしょうか, 前だってのにこのベッド, 前だつてい, 前だつたらうなか, 前ふとこ, 前ちうとこは, 前ちかくしきりに歯, 前ちと三島で, 前ちゃんと見たの, 前ちらと傍聴席, 前っこごみのいや, 前ついこの近所, 前つくった水差しを, 前つとめさきつとめからかえって, 前つまらないことで, 前つまり十三日でした, 前まえが, 前てくてく歩きながら, 前ての園咲の, 前てばかしホイホイいつ, 前であったであろう事を, 前であったろうか, 前であったろうずりゃお地蔵様, 前でありしゆえ塾の, 前でありまして私ども, 前でありましたならばこんな, 前でありますから近代, 前でかう仰し, 前でございましょうか十一月, 前でござんすもの, 前でござんせんか, 前でさえも袖は, 前でしたでしょうかそれとも, 前でしたら時に, 前でしたらう青木君は, 前でじつと耳, 前でたねちやん, 前でだって弾けるん, 前でどてっぱら, 前でなかったならば自分, 前でなきや書けない, 前でなくちょうどそこはどろの道の, 前でにぎりこぶしをふりまわしながらし, 前でばかりはポンポン言う, 前でへエ, 前でべいを, 前でまで赤裸に, 前でやにはに女の, 前でわづか二カット, 前でをぢさんの, 前で無ければ坐るべき, 前といったので長命寺は, 前とうしろに金色, 前とかと比較を, 前とかのものである, 前とかを小さくした, 前ときては場末, 前とくに私宛で, 前ところ天の荷, 前とちがつて幾, 前とって来た, 前とった写真にも, 前とて所謂書出し, 前とでは緊張の, 前とでもいうよう, 前とはよはど違って, 前とばかり思って, 前ともかく知性の, 前ともに古かった, 前とも子は腹, 前とやらの住職が, 前どうあろうかと, 前どうかしたらもう少し, 前どおりすすり泣きを続け, 前どおり平気な顔, 前どころの段, 前どころか世界が, 前どちらでも同じ, 前どんな事で, 前なお一言し, 前なかったので, 前なくなられて七百年, 前なぜ先生が, 前などがお口, 前などにおいて持参に, 前などの事蹟や, 前などへは余り無, 前などをも具合よく, 前なにとぞよろしきよう, 前ならびに子供の, 前なりし酒は, 前なりしやといふ事, 前なりと思い返し財産, 前なるほどこれでは, 前なんかを通りかかると, 前なんぞでは, 前なんぞには馴れた棲家, 前なんて今日初めて, 前なんとなく穏やかならぬ, 前にあたり巨大な, 前におきまして驚流の, 前におけるも同樣, 前におわせられるのは, 前にかけてのことである, 前にかへつて飜讀する, 前にからの弁当箱を, 前にさえも今夜の, 前にしも身を, 前にせる貴婦人の, 前にだけは負けまいと, 前にだにそむか, 前については各国の, 前につけ黒絹靴下で, 前につつ立つて, 前にてのエゴイスチッシュならぬ, 前にでもよッく, 前にというのと, 前にとってはならなかったの, 前にとってもカラリと, 前にのびてきたではありませんか, 前にはと押して訊く, 前にばたんと坐っ, 前にばっかり目を, 前にへいつく這って, 前にもかの国では, 前にもなア国学院とかいふ, 前にももうめつきり花, 前にやすらへり, 前により製造貨物において, 前による憲法が, 前にわづかに, 前にをどり出て, 前にをののくので, 前に対しても私は, 前に関する分量のみ, 前ぬいだんです, 前のうがひを, 前のから見ると, 前のこったとわっ, 前のこつちやから, 前のさざら波施餓鬼すみたる, 前のてすりに, 前のと共に盛んに, 前のに尾鰭を, 前のについてはいろいろの, 前のみ輝いて, 前のみを圧へて, 前のめっている, 前はしか思うて, 前はだけで土地, 前はだけな取り乱した姿, 前はねちょくちょくってほど, 前ばかりから湯田中に, 前ばかりへ勇み肌で, 前ばっかり見て, 前ひさしく木場の, 前ひそひそ話して, 前ひとたまりも, 前ひとりでここ, 前ひょっこり私の, 前ひよつと思ひつい, 前ひよつこり幾島を, 前ひらりひらりと泳い, 前びきをし, 前びさしがついていてそのひさし, 前ふたりへ念, 前ふとしたことから, 前ふろに入っ, 前ぶこ胃痙攣みたいだった, 前ぶらりと沢屋米穀商が, 前へかがみこんだかと, 前へさえ来て, 前へぞろ, 前へちゃあんと, 前へてのひらにのせた, 前へではなくて, 前へなんてけしかけて, 前へぬッく, 前へのたりつくと, 前へばたんと車扉, 前へばかり進んで, 前べりだのプロペラ, 前ほとばしる春の, 前ほとんど毎日の, 前ほどじゃないが, 前ほどより二百年前は, 前ほぼ三年間近く, 前ほろ醉機嫌で鯨, 前ぼくらは堤, 前ぽっくり死んだの, 前まえ頼まれておる, 前まくの船の, 前ませて, 前または百年前に, 前まっくろな土, 前まっすぐ帰宅, 前までしか助手は, 前までで好いからと, 前までというのは, 前までどころか恐らく二, 前までもぞろ, 前その胸, 前みたときと, 前みほ子は店, 前み来てこの, 前むと向うでも二尺前む, 前めづらしく二册手に, 前もう一度お墓, 前もさう變り, 前もしいいと, 前もしかしたら一人臨時, 前もすつかり田舎めく, 前もちろんおみの, 前もの申すこゑの, 前もみじ旅館の玄関, 前やがて月世界へ, 前やってくれやじゃ, 前やっと懸案の, 前やつぱりかうしてみぞれまじりの, 前やつぱり秋今頃かなうそ, 前やに分け野田さん, 前やられたのでね半分, 前やる間際及び, 前やろが日本, 前ゆえよう心してた, 前ゆえ忌憚なく申し上げる, 前ゆきて, 前ゆく蝶の, 前ゆくゆく越前屋の, 前ようやく京都へ, 前よかもっともっと醜, 前よけいな事, 前よこせという, 前よみかけていた, 前よりにして, 前よりもずつと確固たる基礎, 前よろしく御披露, 前よーしこいつで, 前らしき金鈕の, 前わしたちはこり, 前わたしたちがここ, 前われも既に, 前われわれと一緒, 前われ等の血液, 前をよけて畑へ, 前とこで, 前アイヌが全, 前アカイアの, 前アプリオリの感別力, 前アメリカ人のコックス, 前アラスカへ行き, 前アラビヤの曠野, 前アリスの家系, 前アルキメデスは入浴, 前アルジェー反乱勃発の頃, 前アルバート広場の裏, 前アンドリュ・ラングの書いた, 前イタリイに行った, 前イロハ長屋のすべて, 前インガとドミトリー, 前インギリスのワット, 前インテリゲンチャの問題, 前インフレーションがはじまっ, 前ウィーンで自殺, 前ウイルソン号が往航, 前ウースターの郵便局, 前ウーズ王の臣騎馬, 前エグザノ橋の辺, 前エゴール・サヴィチは水, 前エピキュロスに於ける, 前エリス町に姿, 前エルフルトでカタル性, 前エールス人ダヴッド・ロイドがヒャーフォード, 前オペラでグノー, 前オポルトウの北方数哩, 前オランダから買入れ, 前オルロフという山羊髯, 前オーグストス・シーザーがローマ帝王, 前オーケストラで君ヶ代, 前カストリを飲んだ, 前カスミ網よりずっと, 前カフェイ・ライオンの向う側, 前カフェ・アフロディテで君, 前カフェー汁粉屋その他の飲食店, 前カンシャクを起し, 前ガゴが府内, 前ガタガタ本を整理, 前キヨまでそれ, 前キリシタン宗に混じ, 前キリスト教の宣教師連, 前キンギン国の女, 前ギリシャという国, 前クイーン雑誌のコンテスト, 前クリーヴランド公共図書館が始め, 前クルウ大尉が印度, 前クロクロ島は巡航中, 前グレタ・ガルボがクリスチナ女王, 前ゲラヤへのベルジーカ号, 前コイツの宣伝レコード, 前コノ子ノ母, 前コプレンツにおいて白旗, 前コレラにて没せし, 前コロンブスの脳中, 前コンスタンチノープルで出版, 前ゴムローラーで白米, 前ゴーチェが或, 前ゴート人やヴァンダル人, 前ゴーリキイはこの, 前サラット・チャンドラという西蔵語学者, 前サンフランシスコの震火, 前サン・ダミヤノで聽, 前シナリオや小説みたい, 前シネマで見た, 前シャガールの插画, 前ショオを読破, 前ショックでも受けた, 前シンガポールに寓, 前シーツは近く, 前シーモノフに逢っ, 前ジェノアの少年, 前スクーナーで島々, 前スコツトランドから日本, 前スティヴンスンをディレッタンティズム, 前ストランド誌の英訳, 前スナワチ八月三十一日休暇ヲ利用シ, 前スパセニアから受け取った, 前スヱーデンの皇太子殿下, 前セコチャンが溺死, 前セネガルへ黒人奴隷, 前ソヴェト同盟が新しい, 前ソヴェト経済年度のかわりめ, 前タクシー富士映画へ, 前チェッコの軍隊, 前チグリスユーフラテスの河畔, 前チラと婦人, 前チラチラふった雪, 前チーフ・ジャスティスは混血児, 前ツナシマへ寄っ, 前ツワイクがフーシェ, 前ツーロンの徒刑場, 前デパートの女, 前トオカルは首, 前トランクの中, 前トラ十が改心, 前トレール博士は次, 前トロイア軍勢に願はく力添, 前ドイツ辺に馬角, 前ドクタア・ビゲロウに沢山, 前ドストイエフスキーの, 前ドミトリイ・フョードロヴィッチがある, 前ナウカであちらの, 前ナヂェージダを恋, 前ニアリ折角ノ名誉ト富, 前ニハ人もしらぬ, 前ニュウジーランドのコプラ船, 前ニューヨークのマジソン広場, 前ニースのホテル, 前ニ戒名ヲ附ケテ貰ッタ, 前勝手ダ, 前は三年前, 前ハゲ天で食った, 前ハヽヽ自分の家, 前バグラシオン大公夫人のお, 前バスの中, 前バビロニア國のバビロニア人, 前バルチック艦隊出発近きに, 前パッと夕陽, 前パナイ島のナンチケ, 前パパに日本, 前パリーのコンシエルジュリー監獄, 前パリ籠城の輩, 前パーマーや芳夫, 前ヒマをだした, 前ピアノの会, 前ピシリとそこ, 前ピタリと坐る, 前ファシズムに対して世界, 前ファゼーロと別れた, 前フイジー島で王宮改築, 前フウテンハイムの一行, 前フェツカがピョートル, 前フォンテンブロオの森, 前フツと行方, 前フト足に障る, 前フランスのルビュウ・エブドマデエル, 前フランス陸軍省の主催, 前フランテンの欧洲航路, 前フロイスが初めて, 前フーフー仕事し, 前ブルが洗濯屋, 前プラットフォームに出, 前プルウストを夢中, 前プルニエへ行った, 前プロレタリアの芝居, 前プロレタリアートの擡頭, 前プロレタリア文学運動に蹉跌, 前ヘルマーの後, 前ベッカリアが与えた, 前ベニスに現れた, 前ペエル・ラセエズの墓, 前ペテルブルグ大学で開かれた, 前ペリー艦隊中の汽走艦ミシシッピー, 前ペレズは万死, 前ペーダイオスに住める, 前は一年前, 前ホテルのドア番, 前ホテル事件の後いくら, 前ホメロスの詩, 前ボストンで英吉利, 前ボリビアペルー両国と交戦, 前ボートで対岸, 前ポケット小僧が月世界, 前ポラーノの広場, 前ポリニャークが日本, 前ポロンソー街でなした, 前マデハオ爺チャンモマダ足腰ガイクラカ達者グッタカラ, 前マデハソノ爽快味ヲ満喫シテイタノニト思ウト, 前マデ婆サンガ処理シテイタガイツカラカ颯子ガ当ッテイル, 前マリーナが厠, 前マルクス主義が自由, 前マントー反応をしらべた, 前ミズーリ艦上では降伏文書, 前メエテルリンク夫人の豹, 前モスコーにこれ, 前モリエールの発した, 前ヤスナヤポリヤナに居た, 前ヨコハマでは雪, 前ヨリ又血壓ガ昇リ気味, 前ライオン開店の当時, 前ラエーフスキイに逢え, 前ラツールがよじ登っ, 前ラファエレが面白い, 前ランゲによって芸術, 前ランドリュはその, 前リット少将の副官, 前ルリ君と貴島, 前レントゲン療養所へまで行っ, 前ロオルの母, 前ロシアの民衆, 前ロベルトにたのむ, 前ローマ出版ソンドツァ師の, 前ローマ帝国を鉄蹄, 前で始まる, 前ヴァンニの處刊, 前一しょに芝居, 前一たん東京へ帰り, 前一つの考案, 前一つ建物の中, 前一カ月は物忌み, 前一トツカミノ石炭ヲ投ゲ込ンデオケバソレデ大体ヌクマルノダガ, 前一七〇五年もとオランダ, 前一七〇六年に入, 前一七九八年に匿名, 前一世紀の末, 前一世紀反抗奴隷の首領, 前一世紀間のこと, 前一九〇〇年には総トン数二千六百二十万五千トン, 前一九一一年に英人ドウソン氏, 前一九一三年十二月号の, 前一九三〇年十一月一日の朝, 前一九三六年一月二十七日まで手帳, 前一九二九年の王立学会, 前一九二四五年代に聖林, 前一九四九年の夏前, 前一九年に死せり, 前一二年ここの水茶屋, 前一二年頃からのこと, 前一二日の出勤, 前一二時また鳴く, 前一人がたのみだ, 前一人怪我人を出した, 前一八〇五年一月二十九日に生れた, 前一八七三年の三月三十日, 前一八三二年六月六日あの暴動, 前一八九一年にオランダ, 前一八二七年囚人大護送, 前一八二三年のクリスマス, 前一八五〇年の数字, 前一冬多雪, 前一分か二朱, 前一切を捨てる, 前一向宗の, 前一夕雷雨めづらしく, 前一夜のご, 前一寸人が絶えた, 前一寸申上げた通り, 前一尺くらいのところ, 前一尺通りの処, 前一尼僧この地, 前一山の中唯三人, 前一年京にゐ, 前一年位は一週間, 前一度シルヴァーが来た, 前一度判然とそれ, 前一度居士の宅, 前一度泊つた事のある, 前一度穴釣りをした, 前一應の注意, 前一文をつくり, 前一日小生咯血の事, 前一日監房内で縊れ, 前一日雨草堂小集時棠園西脇翁過訪, 前一日黄昏の暗, 前一昨年の晩春, 前一時間とは経たん, 前一時間位の間, 前一晩東海道国府津の駅前, 前一晩東海道國府津の驛前, 前一月の寒い, 前一杯ひっかけずには, 前一歳の時, 前一生の晴, 前一生懸命追ひま, 前一番人目に付こう, 前一番終りに重吉, 前一緒になる, 前一羽の紅雀, 前一般の神経過敏, 前一見した時, 前一輪車の怪, 前一週間ほど市役所前, 前一遊客鐵欄により, 前一里ほど里, 前一銭の金, 前一面がうち, 前一高在學中, 前丁巳に至る, 前丁度二十五の歳, 前丁度十一時だった相, 前丁度十五位の娘, 前七世紀の希臘女詩人サツフオオ, 前七八人寄つて送別の積り, 前七八年の間, 前七円五十銭であった本, 前七十一で故人, 前七十余年も遡っ, 前七年間の近, 前七瀬の水車小屋, 前七番おさこの, 前七百年前には荒寺, 前万元といふ偉い, 前丈夫自慢のお, 前三〇分アダリン二錠ソルベン四分の一錠投与の指示, 前三びせんなどいろいろの名がある, 前三七郎殿に生れた, 前三人目の子が細君, 前三分間だと, 前三十八年連れ添つた妻の瑚, 前三十六時間即ち一昼夜半, 前三十分前に一つ, 前三十分後は三十分後, 前三十秒程になつ, 前三千両の御, 前三句の爽快, 前三吉は任地, 前三四週間ほど私, 前三回の発病, 前三好太郎氏話に夏, 前三寸のところ, 前三尺とも距, 前三島神社で遊んだ, 前三年の間居住, 前三戸前の白い, 前三日四日のほどを安く, 前三日天候のみを某, 前三時ごろまで休み, 前三時半ばかりやった, 前三時間拭きすました紫檀, 前三月にガス, 前三月九日に母, 前三月十五日わたしの幼少時代, 前三本とは全く, 前三河国渥美郡田原町の青年, 前三河者の徳次, 前三浦三崎から來, 前三田の露路裏, 前三百両だけ分け, 前三百兩だけ分け, 前三笠からツワイク, 前三者の如く解釋, 前三週間彼は短期, 前三郎さん親子のもの, 前三階建の洋館, 前三鷹の家, 前上印をつけ, 前上役の耳, 前上方から連れ, 前上杉先生などよりなお, 前上洛の帰途, 前上津浦に布教, 前上海で出逢った, 前上級生に打たれた, 前上落合の時分, 前上野山下の呉服屋伊勢屋幸右衞門, 前下がりあみだ, 前下之間にいる, 前下僕が一緒, 前下宿に帰っ, 前下谷西町で明治十六年, 前下院の廊下, 前図した, 前不得要領な訪問, 前不意に訪ね, 前不浄場にいる, 前不義の外出, 前不連続殺人事件という天下未曾有, 前与えられた寿命が, 前与三松の手, 前与力の笹野新三郎, 前丑年の六月, 前世界の孤島, 前世界一周いたしましたる時, 前世界政策に乗り出し, 前世紀から焼け出され, 前世良田摩喜太郎が洋行, 前世話する人, 前丗枚ばかり書いた, 前劇団とも, 前両国橋や百貨店, 前両氏はひそか, 前並木道だよ, 前中之条着折よく電車, 前中之條着折よく電車, 前中出身者の顔触れ, 前中央アラビアの砂漠, 前中央ステイションのプラット, 前中央線の大月, 前中央集権を行った, 前中学を卒業, 前中学校でよんだ, 前中学生の頃, 前中山道から江戸, 前中島健蔵氏から同氏訳, 前中後の三回, 前中日事変中に兄, 前中村君から事件, 前中村座にてなしし, 前中通りの山路, 前中隊長だった人, 前中風の灸, 前丸山氏の家, 前丸髷の女, 前主客は一家, 前からこう改めて, 前久し振に, 前久保田君の第, 前久美子が私服, 前久野女史が始め, 前ち物かげ, 前九・後三の両, 前九州島原の原, 前九年役の終り, 前九日にかいた, 前九時過なり, 前九時半より新, 前九月の月末, 前九月三十日午後八時から九時, 前九月二十三日の夕方, 前九月四日午後二時に咯血, 前九条兼実は清輔, 前に遭っ, 前乱軍のちまた, 前乳母を連れ, 前乾隆年間にネパール, 前予備の九つ, 前予帰朝の直前, 前予米国にあった, 前予米国ミシガン州アンナボアに佐藤寅次郎氏, 前予英国より帰著, 前予那智の一の滝下, 前もあろう, 前事務長の口, 前二つきちんと並んだ, 前二ヵ月と出産後二ヵ月, 前二ヵ月出産後二ヵ月の給料全額つき休暇, 前二三人の同, 前二三十分に兇行, 前二三年引續いて, 前二三度おかあさんと行った, 前二三度例の如く, 前二三度脳貧血で倒れた, 前二三日のこと, 前二三時間余りの間, 前二人一しょに見, 前二人帰京す, 前二冊のほか, 前二册の殆, 前二十の年, 前二十三年秋の洪水, 前二十兩不足ゆゑ問屋の拂, 前二十八日のあけ, 前二十六歳の年, 前二十分時と云, 前二十四日に寿江子, 前二十年前のなつかしい, 前二千両という大金, 前二千兩といふ大金, 前二千名の全国貸座敷業者, 前二囘の使節, 前二家の有, 前二巻と同年, 前二年前そして今日, 前二年足らず私共の為, 前二度の五月一日, 前二戦争の体験, 前二日位に準備, 前二日分の粉薬, 前二時代前或は又, 前二時間夜は日, 前二晩に亙つ, 前二月を宝塚ショウ, 前二本マストの外輪蒸汽船, 前二百三十年に韓, 前二百二十一年に最後, 前二百名の兵士, 前二篇と後七篇, 前二議会における審議, 前二里半西条駅, 前二間ばかりの処, 前二隻の船, 前二項とほぼ, 前二食主義といっ, 前二高の北, 前云い出されたことで, 前云う通り祟り, 前五代の目録, 前五六分前にやっと, 前五六尺のまわり, 前五六年の間, 前五六歩の細径, 前五分間と云, 前五十五歳のとき, 前五十年に於ける, 前五十年前はどう, 前五四〇年頃の雅典人, 前五月一日に行なわれた, 前五月二十五日の夜, 前五条の御, 前五百年前は五百年前, 前五百年老子の思想, 前五色の野獣派, 前五郎次郎に欺かれ, 前五間許の処, 前井上先生の所, 前井上唖々子を失い, 前井上馨侯耳聾して, 前井伏君と詩, 前井出君につれられ, 前井師が島, 前井戸へ落っこちた, 前井桁の上, 前しく緒, 前亞尼といへる御幣擔ぎ, 前亡き二人の, 前亡くなったような, 前亡くなられた時に, 前亡くなりましたが其日本通, 前亡んだ尚徳王の, 前亡父と縁故, 前不能多, 前享和二年四月の江戸浅草本願寺輪番東坊, 前享和元年に友だち, 前京宝の小田, 前京橋際のビルディング, 前京都大学の地球物理学者たち, 前人力車の集る, 前人口も六千人, 前人夫が隣, 前人手にか, 前人生のフェア・プレイ, 前仁科六郎はひどく, 前今一度振向いて, 前今一度今夜の月, 前今度のよう, 前仏国の美術館, 前他界世帯はそのまま, 前他界世帶はその, 前仙台の第, 前仙波は法医学教室, 前仙臺へ御, 前代議士スタニスラス・ボラングレーを脅迫, 前もなく, 前以上負担すべきでは, 前以外の格子, 前以往には溯れないだらう, 前仲居をし, 前仲間の一人, 前伊太利のカプリ島, 前伊沢の細君, 前伊籍は荊州, 前伊豆の湯ヶ島温泉滞在中, 前伊豆下田港の沖合, 前伊豆熱海客中試みしこと, 前伊達家と秋川家, 前伊達秋川両家の事件, 前伊香保に来, 前伏しにその, 前伏見屋伝七が死んだ, 前休暇前にあなた, 前会うた時分より, 前会つた時さう云, 前会つた細君を離縁, 前会社で木, 前にすゝめ, 前伜吉三郎のやられた, 前伝奏屋敷の南側, 前伯母が来た, 前伯父殺しの無, 前伸子たちはつづけ, 前似たものが, 前但馬にある, 前但馬国主小出吉英に宛てた, 前低く後高き, 前住まひし家, 前佐佐木茂索夫妻とはなし, 前佐助と二人中前栽, 前佐川の世話, 前佐渡奉行さまが江戸, 前佐藤にせがん, 前佐賀市のある, 前佐賀縣のある, 前がひどく, 前体量をはかつ, 前何となく不安の, 前何んとなく, 前何ダースか纒め, 前何処からともなく, 前何処何処で見た, 前何分身にも世にも, 前何千人何万人の前, 前何小二は仲間, 前何故に鑛業, 前何時もの通り散歩, 前余りに苛酷に, 前余紀州日高郡上山路村で聞いた, 前佛國の大, 前佛國里昂の勞働者, 前作事の方, 前作業中交渉決裂全員引上げを決行, 前作楽井氏が常に, 前使った学校の, 前供えておいた, 前各人所需而分之, 前依然として不落, 前俊成は弟俊海, 前に手紙, 前信仰生活の自由, 前信州の小島村, 前信州富士見で私, 前修繕の際, 前俳優がマダ小屋者, 前俳句をつくりはじめた, 前倉三が当日限り, 前倉吉から見えた, 前倒す為の, 前倒そうになった, 前倒壊して, 前借りてゐた, 前客車, 前健全な結合, 前偽書説が出, 前備えといったよう, 前備前之人を頼置候, 前備前屋の店頭, 前債務整理のため, 前働いてゐた, 前僕たち二人がここ, 前僕らが初めて, 前元田中橋をぬい, 前元禄年間に大, 前先づ足下が公人, 前先づ足下自ら其良心に対する足下, 前先代様が亡くなられ, 前先代樣が亡くなられ, 前先妻のお, 前先月の五日, 前先生がい, 前先生一代の情人, 前先週の月曜日, 前のあふれた, 前光丸と逢い, 前入っておい, 前入りのもの, 前入江子爵に売渡せし, 前入港した第, 前入谷の釣り好き, 前入込んだ炭焼を, 前ソヴィエート作家が, 前全く冷汗を, 前全戸殆ど火の禍, 前八丁堀まで写生, 前八五郎は世にも, 前八十年である, 前八幡から藤本君, 前八年である, 前八時頃に警察, 前八月の半ば過ぎ, 前八月十五日の暁方, 前八月十日には鹿児島, 前八郎太に連れ出され, 前六ヵ月ほど滞留, 前六円五十銭で買った, 前六十丁目のみじめ, 前六尺ばかりにてがばと, 前六年前の世の中, 前六日の晩, 前六日間職業に勉めし, 前六時です, 前六本木の庄司, 前六番おちゃ, 前六角家事件にて貧困, 前其の人を, 前其処にも彼, 前其大學に於, 前其所へ参りまし, 前其方堺御奉行與力, 前其當座は極, 前其處を引上げ, 前兼家がそこ, 前円座にむずと, 前冗談にやっ, 前写生旅行の途中, 前見た時, 前冬亭の問題, 前冬期に当たり, 前冬至といふ日, 前冷笑と侮蔑, 前凍えきって店, 前凍った河を, 前凡ソ半年ホドヲ鵠沼ニ辛棒シテオリマシタガ, 前処刑になる, 前処女が山, 前処女作が文芸推薦, 前出した多くの, 前出た切りで, 前出入りの一番混雑, 前出師表で所謂鬼神, 前出来た寒川辰清の, 前出来ましょうか, 前出水があっ, 前出水後瀬脇の釣り場, 前出獄したばかり, 前出発橋を二つ, 前分闊大に後, 前分髷が埃, 前切り倒されてある, 前切支丹のこと, 前刈るは誰, 前ねて, 前列車がその, 前初冬の風, 前初夏の一日, 前別して御尊父, 前別れたところへ, 前別所と李, 前の座頭, 前前イロハ長屋のすべて, 前前前イロハ長屋のすべて, 前前夫通武の病没, 前剣竜や雷竜, 前が着, 前動坂から帰った, 前勧められた時には, 前の浜辺, 前北国の方, 前北山王の末裔, 前北川冬彦氏から五六行, 前北支那へ行つて, 前北条右門の紹介, 前北条遠江守武田江馬渋谷狩野などの諸, 前北海の風波, 前北海道弁の二人, 前北海道札幌発行の, 前北濱村の小作人, 前北見老博士, 前北軽井沢から小田原, 前医師会理事故権藤寿三郎氏, 前医者坊主の山本志丈, 前十ヤールに縫合, 前十七世の神, 前十三日に東京, 前十両ばかりの大金, 前十九名からなる, 前十二三間のところ, 前十二代までは十八歳, 前十二月になっ, 前十二月八日にはまたまた, 前十二神は身, 前十二銭貼った手紙, 前十五年前の演劇雑誌, 前十五日立春の年, 前十兩ばかりの大金, 前十八歳五番お辰, 前十六でお, 前十六歳の少年, 前十分に懲りました, 前十四世紀より新しき, 前十年間の研究, 前十日此は六日, 前十月に東京, 前十月十五日に天草, 前十銭買つた鋏ほどの切味, 前十騎に足らぬ, 前千ヶ瀧にゐる, 前千二がひどい, 前千代子とおれ, 前千住で小屋, 前千八百八十九年チューリン市で初めて, 前千歳が七八つ, 前千葉県船橋の映画館, 前卅二三のすこし, 前升田に会, 前午前中ちょっと変, 前午後すこし降, 前午後五時頃一人の肥胖漢, 前午過ぎの九つ半, 前半生明治初年に沒, 前半蔵のしたく, 前南伊豆の家, 前南山の裏山, 前南支那海で海賊船, 前南洋の各地, 前南禅寺の一庵, 前南禅寺あたりの豆腐, 前南部フランスに老, 前単身奥利根の方, 前博文館の森下雨村氏, 前博物のとき, 前危難の節実父, 前原稿を御, 前又は特別な, 前友人中村善吉氏が英国, 前友人等と葛城山, 前友田の使い, 前友衛の父一色清五郎, 前友衞の父一色清五郎, 前双葉十三郎に聞いた, 前双葉屋へガット, 前反対派の大騒ぎ, 前叔母のお, 前取りした金は, 前取外しては枕許, 前取引所の筋向う, 前受け一方の, 前受取った脅迫状に, 前受話機をかけ, 前久先生の, 前古い反古を, 前古びた調度に, 前古藤が来た, 前古賀は代筆, 前召使いの案内, 前召集を受けたら, 前可愛がつて, 前史蹟保存の意味, 前のよう, 前右左と三方, 前号所載の, 前号所載香畝生君の, 前号挿入の, 前号末尾における発表, 前号発兌以来一つも注目, 前号誌上で話した, 前号論文の末, 前号資料欄に納め, 前司ら二十余家の, 前処の, 前吉野の五条, 前吉野作造が帝, 前同じく新城の, 前同乗中の飛行機, 前同僚の原野, 前同室に熟睡中, 前同様まことに迫真, 前同種元素の原子, 前名人位を失つた時, 前名刺を取り次いだ, 前名後を徹底的, 前名新藤市之丞當時屑屋長八, 前名曲鑑賞会からアマール・ヒンデミット四重奏団, 前吐く息も, 前にした, 前君らの仲間, 前吹雪の夕べ, 前を大盗, 前吾人の先輩, 前吾妻橋の上, 前呉線まわりで東京, 前した嵐, 前周作に稽古, 前周防様と二人, 前後殿行列の, 前が惜しけれ, 前命令を復唱, 前和一郎がおこった, 前和本箱を見, 前和歌山なる舎弟方, 前咫尺の間, 前咯血をし, 前咲枝に下, 前咸享二年三十七歳でインド, 前品川石泉へ著, 前唾気を吐く, 前善光寺辺で末娘, 前善馬鹿という白痴, 前喜八郎があちら, 前嘗て奥州江刺県の, 前をし, 前器用からはじめた, 前に陳べた, 前四つのキリスト教国, 前四つ目の訳註, 前四カ月程い, 前四ツ谷前など数里, 前四万円という金, 前四丈を照らす, 前四五十分程の間軌道, 前四五千年間は禽獣, 前四五百年のころ, 前四人して, 前四十を過ぎ, 前四十三年十二月七日なり, 前四十代前に遡, 前四十分ほどだ, 前四十尾に及び, 前四千年前の壁画, 前四回にわたって僭越, 前四国の徳島, 前四夜と同じ, 前四巻は, 前四平街を出発, 前四時の頃, 前四時目をこすり, 前四月七日に将軍家, 前四月三日にも熱海駅前, 前四月二十日の, 前四本の桁, 前四歳の頃, 前四町は悲田院, 前四谷に行っ, 前囲碁に招かれ, 前図書館で読んだ, 前国府津で四月六日, 前国柱会の信行員, 前国男さんの買っ, 前に居る, 前國府津で避暑, 前國木田君が生き, 前土地の旅館, 前地下室で見た, 前地下運動に加, 前地下鉄の従業員達, 前地下鉄工事が僕, 前地主小作間の揉め事, 前地方の水産試験所, 前地表にある, 前地震で潰れ, 前地震学の石本巳四雄君, 前坊主にすすめられ, 前坐し膝抱き, 前坪二円であったもの, 前坪田譲治などの子供, 前垣根などをぶらつき, 前埋められて今, 前埋葬した屍体, 前城介たちが初年兵, 前堂島の前, 前堤方村の葭簀張り, 前報ツたの, 前報恩寺に住持, 前報知新聞社から北海道, 前の小林, 前堺枯川と, 前を掃出す, 前の書生, 前はふと, 前境内には芭蕉翁, 前墓守が家, 前増田屋の亡くなつた, 前を出そう, 前売り手の双, 前夏ごろの出来事, 前夏七月に分け入った, 前夏期の野営, 前夕食をたべよう, 前夕飯を持っ, 前へで, 前外国へ御, 前外国兵を人間, 前外套を脱ぎ, 前外部より容易, 前夙くも彼, 前多分陰暦の, 前夜中にはたしかにはっきり, 前夜光命は裸男, 前夜来のまだ, 前夜来電信電話が頻々, 前夢声を見舞, 前大きく拡大した, 前大丈夫にございます, 前大事な寶物, 前大井広介氏が送つ, 前大作を志し, 前大利根すじへ寒鮒, 前大勝館へ行き, 前大勢の風紀兵ら, 前大地の鳴動, 前大坂表で赤格子九郎右衛門一味, 前大変にございます, 前大変熱心に勉強, 前大変被害を被, 前大奥の者, 前大学予備門の教師, 前大戦後のヨーロッパ, 前大枚四百四十ポンドを投げ出し, 前大正三年の六月, 前大正二三年の頃, 前大正十年の春鶴原未亡人, 前大池忠平の前, 前大滝までくる, 前大磯に正宗君, 前大胆不敵な強盗殺人, 前大膳大夫に告ぐ, 前大蔵大臣は今頃, 前大赦でカプリ, 前大野徳太郎氏の歿後, 前天保十三年には父五郎右衛門, 前天城を越す, 前天明年間に日向国, 前天正十七年五月二十七日に一子鶴松, 前天龍寺前ヲ経テ吉兆ニ到着, 前太孫の儲位, 前太宰が来た, 前太宰施門氏とエルヴイユウ, 前太陽の光線, 前失ってしまった, 前失礼なお, 前失脚したまま, 前奄美大島北部の農村, 前奠酒の禮, 前で主人, 前奥州仙台に武芸, 前奥蔵の二階, 前奧藏の二階, 前女中部屋のわき, 前女学校を出た, 前女房見物でホテ・グリ, 前妓八重次わが書斎, 前妖怪研究の結果, 前妙乗の床, 前妻室を迎える, 前妻木右太之進, 前て博文館, 前始めて私, 前姫草に指環, 前姫路を退転, 前やに燗, 前婿の新太郎, 前媒妁人なしで, 前嫁入道具の一つ, 前の婆さん, 前は十七, 前子供を産む, 前子規と共に俳句, 前子路は孔子, 前孝吉が明石町, 前孟買の赤丸平家, 前季節は櫻, 前学位を取った, 前学生時代だ, 前学習院長に任, 前學校の業, 前學習院長に任, 前宇治山田の米友, 前宇野さんに会つたの, 前守田勘弥と林千歳, 前安い時に, 前安藤昌益なる人, 前宏太郎と彼女, 前宏子がうろ覚え, 前宗と云う男, 前宗吉の父親, 前宗祖弘法大師が支那海, 前官兵衛がその, 前官符がある, 前も同時に, 前宝生の舞台, 前実に八月八日の, 前実父の病気見舞, 前が帰らない, 前室のよりもやや, 前室蘭や虻田辺, 前へ手紙, 前宮崎神宮へ, 前宮嶋氏の玄関, 前宮廷へ這入, 前宮本キクに被告, 前宵後暁前暁後と四ツ, 前家ごと一隅に蛇, 前家中の侍, 前家出したマン, 前家督を爭つた相手, 前家老の船田入道義昌, 前宿命の業, 前寄せて頂いた, 前寄つた時には充分, 前密かに帰邸, 前富士男が失望湾, 前富士登山の時, 前富田の正徳寺, 前富貴亭はわづか, 前寛政四年の暮春, 前寛永十五年の春平定, 前寝室のドア, 前寝所へはいっ, 前見した記憶, 前しく読む暇, 前へ半, 前寸言周都督に逆らえり, 前寿江子と共同, 前封建の残余, 前専吉が検挙, 前将来は文学, 前将校が軍刀, 前将軍の足利義昭, 前将軍家斉は死せり, 前将軍義昭としめしあわせ, 前生家宅近在の, 前小さき者を, 前小さな窓も, 前小使の不確か, 前小倉市の一読者, 前小学六年の時, 前小杉未醒氏と話し, 前小林夫人の病氣, 前小林秀雄が見舞い, 前小生は智利アリカ北方, 前小畑と優, 前小笠原殿の陣, 前小舟一艘借切品海, 前小諸に行った, 前少く感じるだけで, 前少しく窪む北種, 前少壮の時, 前少女のころ, 前就職口を頼ん, 前が盲人, 前尾道に行く, 前で散歩, 前居たところや, 前屡々こういう冬, 前から歸つた天南, 前山の上を散歩, 前山上に降雪, 前山下の伊勢屋, 前山中で会つた事物, 前山口は日本橋裏, 前山吹教授に, 前山崎農相自身の口, 前山曲の暗闇, 前山田の先輩, 前山陰で一夜同宿会談, 前山電気を組合関係, 前岡本医院へ寄り, 前で滑り背骨, 前岩吉店やまがら使い, 前岩崎家が千葉, 前岩村田から源次郎さん, 前岩瀬庄兵衛氏は文字通り敵, 前岸本は一度, 前へ流され, 前島々から徳本峠, 前島原の廓, 前島村氏が神経衰弱, 前の中腹, 前崖下で組打, 前川崎へ行った, 前巡査が入っ, 前の中, 前巣鴨に移っ, 前巣鴨庚申塚の赤塚三右衞門樣, 前工夫を凝らした, 前左右に絶え間, 前左手と右手, 前差し上げましたレター御覧に, 前差ひとこしを, 前差一本を帯びた, 前差上げた手紙で, 前己ニハソンナコトヲ云ウケレド面ト向ッテ颯子ニソンナ命令, 前巴里ヴィユウ・コロンビエ座の学校, 前市九郎の勧進, 前市区改正になっ, 前市参事会員だけで, 前市川菊之助は僕, 前市村で吉右衛門の, 前市村座の一月狂言, 前市河三喜君夫妻が来た, 前帆村が旗田邸, 前帚葉翁と西銀座万茶亭, 前帝劇の前, 前帝政ロシアの資本家, 前帝都の中央, 前師匠が顔, 前席すみだ川舟遊中, 前帰った時無理に, 前帰つて来た, 前帰る時に, 前帰ろうとする, 前帰宅いたしました, 前帰朝の節, 前帰朝者の語る, 前帰省した頃, 前帰還になりまし, 前帳場格子の中, 前常に口に, 前平安朝に於, 前平岡の訪問, 前の暮, 前年ごとに江戸, 前年始に行きましたら, 前年数は百年余以前, 前年来わずかに随筆, 前年齢は二十三, 前幸吉と殿村, 前幸子が重い, 前幸雄が力ずく, 前幼くして, 前幽霊に関する滑稽談, 前幾年に誰, 前土間の, 前広島に赴ける, 前広徳寺前から跟, 前庄内川のほとり, 前床下に猿, 前府君女不幸早亡, 前度殊の外入口六ヶ敷候, 前に面した, 前庭下駄のま, 前庶務の給仕, 前康治二年に出家, 前の斜, 前廣徳寺前から跟, 前建てた書院からは, 前建てられたのだ, 前廻船問屋で栄え, 前弁天山の空地, 前と合せ, 前式部卿の宮, 前弘化三年三月父正武氏の退隠, 前弘化元年に, 前弘和元年十月勅撰集に擬せられる, 前弥之助は植民地, 前弱ったものだ, 前江戸上屋敷に, 前当の重兵衛, 前当地に呼び寄せ, 前当家へ奉公, 前当時の皇帝, 前当時ジョホールで大, 前当時廿歳であった末, 前彗星のよう, 前彦根藩士に寺沢友雄, 前役人から受けた, 前役矢部駿河守定謙, 前彼らの恋愛, 前彼地で豪商クレエテルヤアン, 前彼等夫妻が十一月, 前彼自身その墓穴, 前待ちに待った, 前後妻になおった, 前後鳥羽院は十二歳, 前徒刑囚を認定, 前徒渉しようと, 前従来なるべく避けた, 前得意になっ, 前御一新頃の華族様, 前御台所の上, 前御器所のお, 前御国においてホルトガル人, 前御廟へその, 前御新造さんと約束, 前御見舞に来, 前復興後まだ日, 前徳川三百年の封建社会, 前徳川喜久子姫の御入, 前の一つ, 前徹夜である, 前心持ちをわるく, 前志村のぶ子が持っ, 前忘年会の二次会, 前忙しい処に, 前忽然姿が見えなくなり, 前怒り乍らもわが, 前思い出のアルバート, 前思い切って仲人, 前思はぬことで, 前思想的な嵐, 前思案にあまる, 前急ぎの用事, 前急病患者で暗い, 前怪塔ロケットが海面, 前恋人と会うてた, 前恐い地震だ, 前恐しい洪水が, 前恭介と一緒, 前息子のピェール, 前女塚の, 前悲壮な決意, 前情なく振り捨てた先妻, 前情死を企て, 前をなせし, 前絶残尽なる, 前意気地がなく, 前意氣地がなく, 前愚堂和尚の膝下, 前愛一郎は久慈, 前愛子という女, 前慌てて調子高, 前慶長十八年八月十五日に亡くなった, 前憶えたヴェルレエヌの, 前を取っ, 前懸けをだらし, 前戊午の年大久保, 前成し何が, 前成った班固, 前成滝近江が永, 前成田町でとった, 前はま, 前我國政治上の葛藤, 前戦争がきびしく, 前戦争中来た時, 前戴いたのと, 前房一には初めて, 前の鍵, 前に手, 前手あたりばったりの, 前手前が話し, 前手段を用, 前手織木綿のよう, 前手術の甲斐, 前に監物, 前のおお, 前技術を社会, 前折蘆遺稿で読ん, 前折詰にし, 前きたる槍, 前拝見しました, 前持たすせにその, 前持明院派では京極為兼, 前挙げたときは, 前挟みとなしどこ, 前を以て勿体らしく, 前振れの下, 前振袖立矢の字, 前捕物作家クラブが浅草, 前捨てたか捨てられた, 前捨児に付い, 前捨兒に付い, 前授けられている, 前掘った旧坑, 前掘り出した明刀錢の, 前掛みたいなもの, 前収した, 前探った時は, 前掻きするのを, 前掻き掻きはやり堪へゐる赤駒の, 前掻く馬は, 前提唱された能動精神, 前州西の宮の, 前摂津の某所, 前支那グリル一番でシュウマイ, 前支那上海の方面, 前支那史學史を大, 前改造社から一冊, 前政府からある, 前政治記者として明治大正, 前和田雲邨翁が, 前故意に出席簿, 前敏捷に立ち廻っ, 前へをうけし, 前教えられたところを, 前教師等を集め, 前教文館の傍, 前敬之進の言葉, 前数人と略, 前数千金を奪っ, 前数日文壇の知人, 前数日間というもの, 前数間のところ, 前敵船あとに歸ら, 前數人の學生, 前文久三四年の頃, 前文久二三年から維新後, 前文久元年に江戸, 前文化五年の辰年, 前文圭の死, 前文学における古典, 前文学上の先輩, 前文政七年に六十八歳, 前文藝上の新しい, 前文藝春秋へ書いた, 前文部省の留學生, 前へ逃れる, 前料理はあ, 前新任されたばかりの, 前新堀横手萩原を経, 前新妻の愚鈍, 前新宿御苑で観菊, 前新潮社が大, 前新田がたの大, 前新田先生から教えられた, 前新聞広告欄で売家, 前新聞社で最初, 前新設の第, 前斷末魔の緊張, 前方角から云え, 前施療部の一肺患者, 前旅先で自慢, 前旅券の裏書, 前旅館の下女, 前日劇小劇場にヘソ・レビュウ, 前日名子氏に案内, 前日向の筵, 前日暮里の南泉寺, 前日本ポリドールの名曲鑑賞会, 前日本国を荒れ, 前日本女がモスクワ, 前日本探検隊が発見, 前日本橋区内に開店, 前日本肖像畫の全盛期, 前日本菓子の製造, 前日沒後に於, 前日清戦争の勝利, 前日清製粉工場が館林, 前日記と句帖, 前日野俊基の消息, 前日頃禮拜して, 前旦那どのは大体, 前旧悪が露見, 前旧遊地再来重見亦因縁, 前早稲田の学校, 前早稲田在学中侯の庭園, 前早稲田大学で軍事研究会, 前明けて行く, 前明和七年の開版, 前明方近き夜, 前明治から大正, 前明治三十二年の秋風, 前明治九年の真夏, 前明治二十七年五月の二十日過ぎ, 前明治二十五年頃のこと, 前明治二十年の軍艦見物, 前明治元年越後柏崎の戦い, 前明治十三年の夏, 前明治卅五六年のこと, 前明治四十一年の七月, 前明治四十三年に三十六歳, 前明治四十二年十一月を起点, 前明治四十年の冬, 前明神の舞台, 前星野社長はわざわざ, 前から夏, 前春木君に渡した, 前春陽堂に送りたる, 前昨夜速達頂きました, 前昨年十二月二十七日の午後一時頃, 前昭和九年の秋, 前昭和十一年の昔, 前の家, 前是公といっしょ, 前昼休みの丁度, 前昼間アパートの台所, 前昼食のちょっと, 前昼餐の卓, 前時ニ認メ得タル者ナルコトヲ知ル上ニ在リ, 前時計の針, 前にさきだつ, 前晝過ぎの陽, 前晝食後等に讀ませる, 前晩中腹の一塁, 前晩春の頃, 前晩私はやはり, 前晩花園伯爵令嬢の死骸, 前晩食に呼ばれた, 前普賢に上った, 前景気の悪い, 前の鴉, 前暁後と四ツ, 前暇乞に来られた, 前暑い盛りに, 前いじめ, 前暫くぶりで, 前暫らく世話になつ, 前曲者はもう一度, 前書いてからたった, 前書かれている, 前書画の幅, 前曹操が北征, 前て吉井明子嬢, 前曾我物語は瞽女, 前最初食用され中頃排斥, 前最愛の一人娘, 前會つた時に私, 前の良い, 前月初めに歸京, 前月船君が訪れ, 前有力なる某, 前有島さんたちといらっし, 前望月大尉と打合わせ, 前早く来い, 前朝倉の大軍, 前朝夕病窓の六代目, 前朝日新聞へ続載不可能, 前朝日新聞紙上によんだ, 前木曾から諏訪, 前木曾川口の木戸, 前木津から半, 前木見の家, 前阿弥様が, 前本文の終り, 前本書が世, 前本誌で紹介, 前本邦へ渡った, 前本郷三丁目の角, 前本郷三丁目藤村屋新兵衞という刀屋, 前札幌植物園の巖, 前の抽斗, 前朽ち残っていた, 前杉本氏一人で先, 前杉野君の指図, 前李陵が都, 前村長代理の郡書記, 前来これを一つ, 前来学問の独立, 前来数回経験して, 前来栖勘兵衛有賀又兵衛という浪人, 前来説明して, 前来通りと別に, 前杪冬の七律, 前東亜同文会の発会式, 前東京市に初めて, 前東京市中の学生仲間, 前東京本所に怪火, 前東北のある, 前東北大学で鉄, 前東国の田舎武士, 前東大病院に入院, 前東洋銀行から預金全部, 前東牟婁郡勝浦港に在った, 前松やにゆき銀行, 前松井幹雄氏から, 前松前屋三郎兵衛の急死, 前松前屋三郎兵衞の急死, 前松木弘庵杉亨二と云う, 前枕流王の元年, 前果たしてそこより, 前柏原の森田屋, 前雜誌に, 前柳井と書いたでしょう, 前柳原の土手, 前柳橋から濱町河岸, 前柳沢と一緒, 前柳生兵庫や家臣, 前栃木あたりの峠, 前栃木県に狸, 前を分け, 前株式の大, 前根津権現裏のあの, 前桂内閣の閣僚, 前桃葉は, 前桑畑の間, 前桟橋で別れた, 前梅子に礼, 前森山さんの妹, 前をさ, 前植木屋の手, 前植民政策についての学年末, 前植物園で妹, 前検事殿には満更, 前楠多門正勝が聖典探索, 前楠木正成の筆, 前業殊勝に渡らせた, 前楽屋へ初めて, 前榛軒は料理人上原全八郎, 前様あなたと酷似, 前様どちらへ, 前様明日来い米, 前権大納言さまは仙洞御所, 前権大納言坊門信清さまの御, 前横うしろから藩士, 前横手山へ出かけ, 前横浜伊勢崎町の劇場, 前横浜埠頭でハマ, 前横爆弾でした, 前樹明居へは遠慮, 前であるから, 前次様を贔屓, 前欧洲大戦の幕, 前欧洲大戦前後の好況時代, 前歌舞伎座で舞踊大会, 前元元年, 前正に五年の, 前正保三年九月十三日の出来事, 前正太から話, 前正岡忠三郎君が来た, 前正月休みにあちこち, 前正確に申, 前の鏡, 前此一点の醜悪, 前此一點の醜, 前此原野を開墾, 前此間から始ま, 前此頃は女, 前武井氏等と共に山登り, 前武士がすべて両刀, 前武家の屋敷, 前武州多摩川の上流, 前武男が贈りし, 前歩いたのだ, 前歩道と車道, 前りました, 前歸朝僧の船, 前歸郷する前後, 前死せば宜, 前死ぬ四日前に, 前死んでいた, 前死んだらあとは, 前死別したの, 前殆ど日を同じく, 前段階として歴史, 前殺されて今度, 前殺した友へ, 前殺人現場の附近, 前母ぐまと子ぐまの遊ん, 前毎夜帝国ホテルに舞踏, 前比叡山でをれ, 前比多松津末羅天草葛津の國造, 前氏独り菊五郎に反対, 前の前, 前に食わない, 前気まぐれに拵えた, 前気分のよい, 前気力も体力, 前気息奄々として前途, 前水戸樣御用の煙草問屋, 前水戸浪士通行の際, 前水濠の岸, 前水車の道, 前と海霧, 前永禄元年十月に武蔵守輝国, 前汝命盡きむ, 前江戸中侠客狩りのあった, 前江戸時代その前, 前に最も, 前池田良斎は俳諧師, 前池谷医師がお, 前決ってしまった, 前汽船の上, 前汽車から降り, 前沖縄島の中部, 前沙港の第, 前河原町四条の洋品店, 前河岸っ縁, 前法主がどんな, 前泣いたのだ, 前泰子をだっこ, 前泰造は丸ビル, 前洋式調練が各, 前洋銀まがいのつまらない, 前洛邑に棲ん, 前津田から受けた, 前流浪中の事, 前流涕切にヘクト, 前流行ったひどく柄, 前浅川君になぐられ, 前浅虫温泉の近く, 前浜松の城下, 前浩一郎さんと私, 前浪人木村六彌が, 前浪人木村六弥が主家帰参, 前が暴れた, 前海上から眺める, 前海岸通横町街路上で, 前海戦の最中, 前海水浴旅館波に俯, 前海賊が突然, 前海軍でここ, 前海軍大学その他高等海員向きの女, 前消えずに目, 前と共に別れた, 前深川へ來, 前淺草の仲見世, 前清友亭を伴, 前清子は姑, 前清水が会, 前清洲の城下, 前渠等が市外, 前渡された二枚の, 前渡天した法顕, 前渡米し今, 前渡辺天蔵という者, 前温泉を始める, 前のほとり, 前の向, 前湖水会の事務所, 前湖畔の造船場, 前湯屋の坂上, 前湯川へ釣, 前湯正平至自江戸, 前洲の, 前準ちゃんの御, 前滅亡した浅草, 前滋幹が七つ, 前漂流して, 前の国, 前漱石氏は一番町, 前激しく雨水の, 前激語を交し合った, 前濡れものを乾す, 前瀬良という支那浪人, 前瀬越の時, 前火星人丸木は銀座, 前火縄の火, 前火葬場へ行, 前炎々たる火焔, 前烈しく行われた戦争, 前烏帽子へ登る, 前焚いた火の, 前無かった黒い, 前無言でひらいた, 前焼け落ち自火だ, 前煌々の, 前照吉さんが誰, 前熊本市の市電争議, 前熊沢の国防論, 前熱海に居た, 前爆弾で家, 前爆発した時, 前父さんが調べ, 前父君重松代議士が郷里豊前国柳ヶ浦, 前父母に連れられ, 前牛丸君とぼく, 前牧舎の裏, 前牧野さんはピンポン台, 前物理学者はこの, 前犀川に臨む, 前に噛み殺され, 前狂人のよう, 前狂死なしたる, 前狂馬楽の前, 前独身時代でご, 前独逸潜航艇のため, 前有寄兄詞, 前の方, 前玄關から續, 前ね常に, 前玉枝が自身, 前王子を救っ, 前珊瑚珠などを売る, 前現在の家, 前琉球島を訪ね, 前瓦斯の背後の, 前甚だ畏れ多いが, 前鰊を, 前生まれて間もなく, 前産土神の奉納仕合, 前田万里が亡んだ, 前田中さんから頼まれた, 前田丸は連れ, 前甲州の鴨屋方, 前甲府の山田岫雲氏, 前申し鈴蘭の, 前申したごとく活力の, 前申したごとくでこれを, 前申した如きあらゆる御世, 前申した如く古文書, 前申しましたごときマジナイ食い合わせ, 前申しましたる如く御家の, 前申し上げなかったことを, 前申し上げました瀧川左京の, 前申し上げる通り殿様の, 前申すごとくここへ, 前申出のあった, 前画学生の逸作, 前画家の, 前の重, 前當江戸上屋敷に不測, 前疱瘡に罹り, 前病いにある, 前痛感したこと一つ, 前だと, 前癸丑の歳, 前発せられている, 前発動機の装置, 前発熱して, 前登った崖も, 前登別小学校教師某君が何, 前發表された古, 前白い日の, 前白人の女, 前白人文明はすでに, 前白晝このへん, 前白根の突兀, 前白根村に墜落, 前白秋氏の, 前白髪長髯の一老翁来, 前百方手をつくし, 前百済の使, 前的文化の要素, 前皆さん田舎のほう, 前盛んに四聲, 前盛大極まる歓迎宴, 前監視機の方, 前目白へ引越した, 前目黒駅前ですか, 前直方でもあの, 前相州鎌倉の御, 前相貌堂々として何等, 前看護婦の姿, 前眞珠太夫のお玉, 前眞言宗の碩學, 前真に神の, 前真綿に包ん, 前眼鏡屋の主人, 前のニュウカア, 前の靈, 前睡眠剤を大分, 前矢君来訪しつかりやりたま, 前矢張り十三の年, 前知れ難き惡人共我手, 前知人の細君, 前短編集を出す, 前石井ランシング条約がこの, 前石井翁を訪う, 前石川が来た, 前石本君とも話した, 前石欄のところ, 前石田氏がアメリカ, 前砂村で子供, 前砲兵にとられた, 前碇泊中の独艦, 前確か久米正雄氏と, 前確めて訊い, 前磯崎はサンジェルマン, 前の重役室, 前祖母が死ぬ, 前神仏の前, 前神棚の下, 前神楽坂署に呼び出されまし, 前神武の御, 前神武天皇大和国御討伐, 前神田の小川亭, 前神田小川町等はその, 前神田川のハゼ釣り乗合舟, 前神近市子は, 前神隱しに, 前のうしろ, 前祭壇は美しく, 前福世氏が一晩, 前福岡藩の米, 前福本の山, 前福沢の小, 前福沢諭吉が気魄, 前秀子は何所, 前秀陳がさっき, 前秀頼よりの招状, 前私たちはドイツ, 前私ども使節団が中国, 前私二十四歳の夏, 前私大変佃さんにいろいろ, 前私演会に駆り出され, 前私独りで矢張り, 前私達はそこ, 前秋山に示した, 前秋月旅館の玄関先, 前秋田佐竹侯の通行, 前秋蘭と逢った, 前秋雨の寂しい, 前の始皇帝, 前秦啓源への伝言, 前秦時代の古城, 前程のみである, 前程へ行つて居る, 前税務所のお, 前税金はかさむ, 前種々の療法, 前稲妻組と言った, 前稲扱小屋でうまく, 前稻妻組と言つた三人組, 前からのぞいた, 前から横浜, 前空気をひと, 前突如とし, 前立ち寄った臥龍梅における, 前立って父親, 前立った身を, 前立と同様な, 前立となるのである, 前立去ったばかりの岡田道彦, 前立山から還った, 前立細鍬形の兜, 前立色布で結いた, 前竜宮劇場の赤星ジュリア, 前竜巻村で狼, 前竝んで腰かけ, 前竹村書房の大江勲, 前竹杖会の研究会, 前竹田って男, 前竹田人形の細工師鶴次郎, 前を負う, 前笛吹川画伯のとき検屍, 前に卸売見世, 前等ノコノム土地ヲ呉レ, 前筑紫の配所, 前答案を採点, 前篇丈を世に, 前篇四冊後篇三冊に編んだ, 前篇後半から見る, 前篇昔の茶色, 前篠島へ嫁い, 前篠崎竹雲斎先生お直伝, 前を背負っ, 前米国シカゴのストックヤード, 前米屋が桝, 前米沢の城下, 前粉河で見た, 前を舐める, 前糸七が小玉小路, 前紀州熊野の山奥, 前約束より五分, 前紅海に入り, 前の赤い, 前素人の間, 前素子が来る, 前素晴らしい大物を, 前結び肩の, 前給士を呼ん, 前継母が疲れ, 前続け様にこの, 前維新の革命, 前綿貫ルリの裸體寫眞一件, 前の袴, 前司令部から, 前総崩れになろう, 前総監の信頼, 前総領の藤十郎, 前をどう, 前の彼方, 前縄付きの姿, 前に先だつ, 前繰返して申します, 前置から詞を, 前罰金十円重禁錮一箇年, 前再三取, 前羅馬の貴族ピオ, 前美容世に勝れ, 前美術学校の助教授, 前美術研究のため仏国巴里, 前義理の弟, 前羽鳥の良, 前が僕, 前翰墨の間, 前老人が十二, 前考古學雜誌に於, 前に入っ, 前聊以て博戯, 前聞いた童謡に, 前聞え上ぐべく雪積る, 前によつて, 前が先生ッ, 前職業につけた, 前肖像彫刻の事, 前肝心の恋女房, 前股野と結婚, 前股間と顔, 前肥り肉の, 前肥前長崎から逐, 前を悪, 前肺炎をやっ, 前肺病で歿, 前背任罪で入獄中縊死, 前背後傍などにて妨, 前背戸の外, 前脂肪に滿てる群羊, 前脳貧血で卒倒, 前腎臟を病み, 前こしら, 前膠濟鐵道の食堂車, 前膵臓の膿腫, 前臨月の苦悶時, 前臨終の床, 前自ら憲政党に入党, 前自ら憲政黨に入, 前自分たちの新婚, 前自宅の標札, 前自己利益是認の教義, 前自然主義文学の絶頂, 前自由劇場の運動, 前與三松の手, 前舊惡が露見, 前舟橋聖一氏に座談会, 前が港, 前船つき場で荷物, 前船橋に住ん, 前船長は秘密符号, 前艇長のお話, 前芝居町なぞで能, 前芝田村町の路上, 前芝神明のセムシ喜左衛門, 前は見, 前花岳院てとこの, 前花束を持っ, 前芳子が始め, 前芳子さんと二人, 前芸妓上がりのお, 前の時, 前若くは二年前, 前若旦那が戀患, 前若松屋へ奉公, 前若様の鶴松様, 前もなく, 前苦しがって, 前英人技師クロード・ディグスビイを派遣, 前英国サセックス州のビルトダウン, 前英国バーミンガム市においてその, 前英国系のユダヤ財閥, 前英國倫敦でちら, 前英姫の懐, 前英文の原稿, 前英語の高等教員檢定試驗, 前英雄君も暁星, 前茂太郎は番兵さん, 前荒物屋の角あたり, 前荒神柱の側, 前荷物を観測所, 前荻生さんから借りた, 前菅原は京都, 前の展観, 前菊池寛からもらった, 前菜の花の咲き乱れた, 前華々しい論説という, 前菱山と机, 前菱山修三が外国, 前菱形であった麦田, 前菱苅が拳, 前落語家の父, 前著出版の関係, 前著者自ら市場より引上げ, 前や土筆たん, 前赤い陽, 前薩摩の甑島, 前薩軍が拠っ, 前薬局で薬, 前藝妓上りのお, 前藤原は鐘紡, 前藤川宿の町外れ, 前藩侯の通輦, 前藩侯執政たりし, 前蘇武に従って胡地, 前蛭川家がまだ, 前蜂谷良作と哲学, 前蜂須賀三代の国主, 前蝦夷の室蘭, 前蟹田の町会議員, 前血気盛りの海軍少尉, 前つた時, 前行くときは, 前行われた小枝の, 前行燈の下, 前行衛不明になっ, 前街上ゆくりなくも, 前街路で逢う, 前街道を歩い, 前だけを造作, 前表町に角店, 前へ食いついた, 前裏切ったんだ, 前裏飛騨の吉城郡坂上村巣, 前裕八郎が四万温泉, 前褓母を迎え, 前をわし掴み, 前西伯利亜の監獄, 前西国の海辺, 前西岡が到底, 前西村のため, 前西洋に親鸞上人, 前西洞院で私, 前西班牙の公使, 前西班牙人の探検隊, 前西野とサシ, 前見ずや佇立む二勇士, 前見せてくれた, 前見たくば後で, 前見る地獄の, 前見廻り同心が, 前見渡す雪は, 前覚一また会おう, 前く見し, 前親分はあっし, 前親友の加藤郁治, 前親方夫婦は二人, 前親爺は門, 前親鸞聖人の娘, 前観月の船上, 前観桜会とかで足, 前観樹老人がこつ, 前観音の沖, 前観音様へ朝, 前觀音樣へ朝, 前に腰掛茶屋, 前触するような, 前言う如く今日でも, 前言ったごとく天然物と, 前言ったしごきをくれた, 前言明したこと, 前言葉をかけた見しらぬ, 前訊ねてみた, 前記者があらゆる, 前訪ねてきた, 前訪ねようとしてつい, 前訪れたときすでに, 前設立されたベルン経済学会, 前許婚という空しい, 前該線の分岐点, 前の発達, 前読んで聞かせた, 前読んだラ・フォンテーンに, 前読売新聞だけがこの, 前調べましたね, 前請け出されて人, 前新聞に, 前諸国の国状, 前諸所に乱れ立つ, 前講一席が済ん, 前警視庁に或, 前護良親王を迎, 前讃岐の金毘羅樣, 前谷好文君が風呂敷包み, 前谷崎とその, 前豊公攻め入りの節, 前だ象, 前貞之進は知己, 前貞享四年に出版, 前貞観十一年に新, 前負傷して, 前貴子が銀座, 前買い損った, 前買えなくてただ, 前貸する人に, 前賀茂真淵直系の国学者, 前が入った, 前賛成のよう, 前賞めた古ぼけた達磨, 前贅沢生計をなす, 前一花瓶, 前赤いプラカートの, 前赤児ではございます, 前赤塚の娘, 前赤染右衛門も二十幾歳, 前赤池着駅前で理髪, 前起ったように, 前起床子供と老人, 前起床朝月のある, 前起床炊事をし, 前越年期のマオカ, 前越後守伴龍男の従者吉弥侯広野, 前趣味で童話, 前踊りの会, 前踞みに辻町, 前身体検査にその, 前車夫が待っ, 前軽井沢で九鬼, 前つてゐた, 前載っていた, 前輕井澤で九鬼, 前辛亥に矢島玄碩, 前辰子が上衣, 前辻村君が見えた, 前迄に籍を, 前迄も別段考え, 前邊よりの, 前近江のほう, 前近衛中隊長殿は猛烈, 前近郊の地, 前返す刀に, 前迫り立ち停り, 前述べた如く自分の, 前述べました如く此の, 前迷亭先生とご, 前追ひ廻してゐる, 前退くことを, 前送ってきた, 前逃げ出した東京を, 前逗子に療養, 前には皿, 前通された部屋は, 前通りかかりましたさかい, 前逢つた時より一層, 前逢つてからまだ, 前連れて行っ, 前遊びに来, 前遊園地のわき, 前遊女達の美しい, 前道後で一度, 前道理に於, 前道路は崖, 前遠き異国でも, 前遠野へ行く, 前遷居の際, 前詔し, 前遺産分配についてご, 前邪視は今, 前郊外の或, 前部屋の窓, 前部落青年の労力奉仕, 前郵便局に寄っ, 前郵便貯金の通帳, 前郷里の知人, 前都落ちした私共, 前配偶に死なれ, 前酒場にいた, 前酒盛と申す, 前酔興に手相, 前醍醐天皇の延喜十一年六月十五日, 前醸造場へ来た, 前にやつ, 前重井葉石古井の三氏, 前重豪公から斉興公, 前野上豊一郎氏によって発表, 前野外の一軒家, 前野崎軍属が殉職, 前野田の家, 前金五郎は, 前金博士にお, 前金持にたくさん, 前金曜の夜, 前の横, 前の緒, 前鈴ヶ森の処刑, 前鈴ヶ森中お處刑, 前鈴木の友人, 前鈴木伝明一行が使用, 前鉄橋付近を済ませる, 前鉛筆の詩, 前鉱山で解剖, 前銀座通りの白宝堂, 前銀杏が緑, 前銭湯の洗場, 前鍛冶の老母, 前鎌倉の市中, 前鎌倉時代の実, 前長き旅路の, 前長吏のこの, 前長吏還住懇願のため, 前長安に残し, 前長岡の都造営中, 前長島を訪ね, 前長浜の夜, 前長篠の役後, 前長襦袢を染めた, 前長谷福富下井田等, 前長野市外の善光寺温泉, 前門司の浜尾組時代, 前門番の勘藏, 前開かれた第二十三回, 前開拓時代になっ, 前開業したばかり, 前間違えて水莽草, 前関白の妹君, 前關宿藩から追, 前阪井と話し, 前阮東が失踪, 前阿曽はさる, 前除籍された, 前陳べた所の, 前陳登馬を飛ばし, 前陸中上閉伊郡附馬牛村の山中, 前陽光さんさんと降り, 前として堂々たる, 前隊付牧師のハンプ君, 前階段の一ばん上, 前階的であり從つて理論的, 前階的意義しか有, 前随筆のお礼, 前障子の際, 前入れたロシヤ人, 前雑誌や新聞, 前雑貨商の妻, 前離れず喋々しく, 前離婚した佃, 前離家を借, 前難船して, 前雨戸をあけ, 前雪子との間, 前雪枝は城趾, 前のない, 前雲仙に上った, 前零下二十六度の寒中, 前零落れ果てた大男が, 前電信配達夫が門前, 前電車も自動車, 前震天動地の大, 前霞ヶ浦の枯蘆, 前のしらじら, 前露艦がこの, 前の中, 前青い顔し, 前青年の人生, 前青春の希望, 前青柳へ行, 前青葱の汁, 前靡くや否, 前面会所の切り窓, 前を修繕, 前は巴里, 前の後, 前音次郎に誘拐, 前音沙汰なしを, 前頃一時この問題, 前頃北海道有珠のアイヌ部落, 前頃胃拡張になっ, 前頃西紀一四五年頃と考証, 前頃関節炎かなにか, 前頸部であったが, 前頻りに國家老大星由良之助の, 前をかくす, 前風守が生れる, 前飄然と病み, 前飛んできた, 前飛行場員に託し, 前食べ頃を失, 前飯島の澗, 前から一尺, 前饗庭篁村氏がさかん, 前之助, 前香取旅館第一朝, 前馬場であった気まずい, 前馬道で捨て, 前駆けの体, 前駒井甚三郎と田山白雲, 前駒沢の家, 前駿州江尻在大平村, 前駿河なる清水港, 前騎從車の數, 前騷ぎの後, 前が後, 前高圧放電の火花, 前高山右近の家来, 前高島城の御, 前高木君の手, 前高橋兄貴より招待, 前高熱のため意識, 前高等学校の時, 前高野斑山氏に会うた, 前は眉毛, 前鬼夜刃羅刹といえ, 前鬼子母神様境内の茶店, 前鬼子母神樣境内の茶店, 前鬼雄となっ, 前鮎子がとつぜん, 前鮮らかな一閃, 前鳥右さんが托鉢, 前鳴海さんと三人, 前鳶田梅田等に非人小屋, 前鴈治郎弄花事件と言, 前鴎外の令妹小金井きみ子女史, 前鴻山が宝暦, 前鶴富組の主人, 前鷹狩に出掛けた, 前鹿児島は英国人, 前鹿児島戦争直後から緊密, 前麻布で人, 前麻布谷町に間借り, 前黙っている, 前黙阿弥劇に見る, 前鼠木綿の着物, 前の先, 前鼻緒が弛ん, 前に血, 前SSS団という団体