青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「出雲~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~出来事 出来事~ ~出版 出版~ ~出現 出現~ 出生~ ~出発 出発~ 出立~
出雲~
~刀 刀~ ~刃 刃~ ~分 分~ ~分け 分け~ ~分っ 分っ~

「出雲~」 1000, 9ppm, 11396位

▼ 出雲~ (232, 23.2%)

16 國の 8 お国 5 お筆, 国の 4 國に, 大社の 3 国造家では, 大神の, 大神を, 嬢子が, 御大の, 方は

2 [15件] あはき, 人狐の, 余戸を, 児等は, 古文献, 国から, 国へ, 国を, 國と, 孃子が, 子ら, 守護の, 杵築の, 簸の, 能美郡でも

1 [142件] あなた日本海の, おみ天穂日命, お百姓, こぶしを, はミトコロ, は此, もの, カラサデサンなどは, タケルが, ボテ茶などと, 三保では, 三沢を, 下役に, 人から, 人に, 人煙である, 人狐は, 人狐因幡の, 人狐持ちと, 伊賦夜坂, 作品と, 児ら, 兵を, 冬の, 加賀浦の, 北海岸の, 北海岸地方に, 千家肥後の, 原作の, 叔母さんから, 古伝に, 名物は, 品で, 国と, 国に, 国へと, 国安来の, 国神門郡須佐神社では, 国造は, 国造家の, 國, 國あたりから, 國で, 國境に, 地名を, 地方では, 地方に, 地理を, 塩冶は, 塩冶判官高貞, 塩冶高貞が, 墓は, 外に, 外にも, 大原郡には, 大原郡の, 大国主神が, 大社あたりでは, 大社近く, 大社鹿島神宮霧島神宮等が, 大神, 子等が, 学校へ, 学者朝山皓氏は, 宇佐兵衛, 守護塩冶判官は, 守護塩冶判官高貞なども, 守護塩冶判官高貞も, 守護塩冶高貞の, 守護塩冶高貞へは, 守護職塩冶判官高貞を, 守護高貞の, 安来を, 宍道湖畔の, 山の, 山奥で, 岸や, 巫女が, 巻, 影響にて, 往来という, 振根, 方から, 方に, 方角から, 方角へ, 於国が, 日ノ, 条に, 杵築に, 松平にも, 松平家に, 松平家姫路の, 松江へ, 松江市を, 松江附近では, 柿葉兄の, 江角と, 法名は, 海で, 焼物, 焼物で, 焼物の, 焼物は, 父近江は, 玉造へ, 産物で, 町, 神さまを, 神様はあ, 神道には, 竜蛇その他蛇の, 簸, 簸之, 簸川城へ, 簸川郡日御崎の, 粟島九州に, 美保ヶ関まで, 美保姫社辺で, 者な, 職人たちには, 臣の, 英雄で, 豊年の, 豪族で, 途中に, 郎女, 郎女二柱, 郷土よりも, 金本顕蔵十津川の, 鉄と, 鉄鉱の, 阿国, 阿国が, 阿国よりも, 阿菩, 阿菩大神, 集会には, 面前で, 須佐神社の, 須賀へ, 飯石神社の

▼ 出雲~ (98, 9.8%)

32 はそう

1 [93件] からの便り, が, がお, が三家, が供, が出動, が城中, が山, が引締, が振りあてられた, が真赤, が自分, が落, が足早, が頷い, が鮮明, そうで, であった, であり守護職, ですが, で御座る, という綽名, とが中村式部, とにが笑い, とはいい, と任官, と同じ, と大井, と対談, と来たら, と知る, どの以下, に, にあずけ, に御, に招かれ, に礼, に言った, のあるじすじ, のこと, の使者, の係り, の公用人, の北組, の城下, の報告, の家来, の屋敷, の征伐, の御前試合, の抜刀, の掌, の白洲, の窓, の胸, の邸, の邸前, の配下, の面前, の領国, はそれ, はなおも, は仕方, は其場, は初めて, は右脚, は奥州下手渡三万石, は女, は家士, は小, は小脇差, は峻辣, は彼自身柳生流, は死ん, は泥田, は立, は笠, は脇差, は脚, は腕, は腕組, は若, は行政警視, は追われ, は顔, へ好意, もまた, も何, をはじめ, を罷めさせられた, を追い詰め, 参る, 然ら

▼ 出雲~ (56, 5.6%)

6 の主人 4 の若

2 [14件] から金, が何軒, に出入り, の岩太郎, の店中, の手代佐吉, の料理, の新造, の表, の身上, は, へはいった, へ行こう, を引

1 [18件] からお, が江戸何大通, とかで, には先代, に奉公, に婿, に掛り, に掛り合い, に長く, のあった, の中, の孫店, の寮, の小梅, の食客, の食客ぢ, へ行った, へ行つたガラツ八

▼ 出雲~ (28, 2.8%)

2 到りまして, 斧九太夫という, 来経たわ

1 [22件] いた時本職大工, おり生田氏, お着き, きくと, つたは, 下る海, 伝わり出雲朝廷, 出て, 半国, 大国主, 布教した, 帰りましたの, 建てて, 御赦免, 斎かれた社, 於ける鉄工業, 植民し, 活動した, 行わるるところ, 行わるる譚, 關係深い, 限るが

▼ 出雲~ (23, 2.3%)

1 [23件] その中, 七十郎の, 不昧公, 二男か, 古い風土記, 定めて, 岩坂で, 彼自身柳生流の, 恐らく本国出雲, 恵賀に, 新墾, 旅する, 時々後方, 机の, 添役じゃぞ, 空を, 給主の, 見物には, 趣向だけを, 隠岐の, 面白くて, 頷いた, 黒潮の

▼ 出雲~ (21, 2.1%)

1 [21件] が伝承, が大勢, が建築, で河内, との間, と其分派, に及ぼした, の上, の中, の伝へた, の作つた, の倭, の建築法, の気質, の移動, の系図, の系譜, は怜悧, や但馬人, よりの報道, を代表

▼ 出雲大社~ (21, 2.1%)

1 [21件] からもらった, などではこの, なる天日隅宮, にあ, に來, に参拝, に参詣, に日本全国, に詣でる, のこと, の傍, の別名, の千家, の千家尊宣氏, の奇稲田姫, の巫女阿国, の東北, の祭神, の竜灯, の鎭坐縁起, を始め

▼ 出雲~ (17, 1.7%)

2 帰って

1 [15件] おくだし, おつかわし, おまいり, 上陸する, 入つた, 向ふ, 小早川隆景は, 帰国した, 往復なされる, 知れた罰, 落ちて, 落ちのびた, 落つるの, 薬の, 行っては

▼ 出雲屋さん~ (17, 1.7%)

2 でした, と六部, は一足先, は二枚目型, を斬, を斬った 1 が敵名乗, が敵名乘, が眞物, が真物, のよう

▼ 出雲~ (16, 1.6%)

1 [16件] から一人, から持っ, だけで言, では飯石神社, に出かけ, に天降り, のこと, の人, の伊那佐, の同名, の多芸志, の肥, への国境, へ流罪, まで付い, を出発

▼ 出雲国造~ (14, 1.4%)

2 の奏寿

1 [12件] にも同様, の一族, の例, の分, の如き, の娘ひな, の湯, の祖, の神賀詞, は親任, ばかりが神賀詞, ばかりは神主

▼ 出雲地方~ (14, 1.4%)

3 の人狐

1 [11件] が死, でもハ行音, で後, とはい, と離し, にまでおよん, のこと, の如く, までゆかない, を去る, を旅

▼ 出雲守頼門~ (14, 1.4%)

1 [14件] たった一人, だったの, の一行, の前, の答, の考, はこうして, はそれ, はぼんやり, は歎息, は此処, は腐った, は蒼青, を目

▼ 出雲~ (13, 1.3%)

1 [13件] いた, うんと技巧, よいとも, 全然因果物語, 去ったあと, 受理した, 叫び奥, 唯一人捕まりませぬ, 喚いた, 戯作の, 日本で, 角太夫節を, 震い同年十二月

▼ 出雲国造神賀詞~ (12, 1.2%)

2 に見えた, の 1 と中, なども其氏, に, にあめ, に大物主, は幾分, を奏上, を見る

▼ 出雲から~ (11, 1.1%)

2 出て 1 きた富士名二郎義綱, 但馬路を, 何が, 出る碧玉, 大和の, 岩国に, 来て, 海上まる, 還りたまう日

▼ 出雲~ (11, 1.1%)

1 [11件] 中心として, 中心に, 去る前, 召し返し, 呼んだ, 攻撃しよう, 見た, 見送るため, 迫って, 避けて, 頭に

▼ 出雲風土記~ (11, 1.1%)

3 のあ 2 の記述 1 である, にある, にはやまと, には神様, には語部, に見えた

▼ 出雲~ (10, 1.0%)

2 の首 1 がうけ, が仆, だけは何, と彦四郎, と黒沼彦四郎, のふたり, は彼方, は肯定

▼ 出雲~ (10, 1.0%)

2 の關係 1 となっ, のこと, の傳來, の占め, の家系, の方, の祖先神, は蘇我氏

▼ 出雲~ (10, 1.0%)

2 の神, の英雄 1 であるスサノヲ, と天孫民族, のある, の女, の神様, の英雄大國主

▼ 出雲~ (9, 0.9%)

1 でもみか, と稱, にかけて御, に近く, の住心房, の旅, の道祖, へ下る, を其日

▼ 出雲~ (8, 0.8%)

1 に來, に出, に見逃せない, の海岸, ほどの變化, もおだやか, を一, を進ん

▼ 出雲守様~ (7, 0.7%)

1 が, が一応, ときたひ, の御, はいよいよ, は父親, へ申し上げます

▼ 出雲守殿~ (7, 0.7%)

1 が金森家, の御, の掛り, へ右, へ檢使, も長, 然ば

▼ 出雲民族~ (7, 0.7%)

1 というもの, によって韓国, に取つ, の上, の特性, は古代文化, や海部

▼ 出雲~ (6, 0.6%)

2 唖王子とを 1 合議の, 同様である, 鷺坂靱負が, 鷺坂靱負の

▼ 出雲屋岩太郎~ (6, 0.6%)

1 がとうとう, が日頃昵近, に引, はいい, は四十五, もその

▼ 出雲~ (6, 0.6%)

1 が, が解き置ける, という悪者, を打ち殺した, を誅せられる, を騙し

▼ 出雲~ (6, 0.6%)

1 から尾張町, に住ん, に引っかけ, のナシヨナル, の交番, の角

▼ 出雲系統~ (6, 0.6%)

1 では反, との神話, の傳來, の創造神, の神楽, の神話

▼ 出雲~ (5, 0.5%)

1 出雲に, 現在この, 芸道化した, 若気の, 見るべき窯

▼ 出雲では~ (5, 0.5%)

2 みぬま 1 あるまい, イノチベンケイと, 初人

▼ 出雲大神~ (5, 0.5%)

2 の祟り 1 の霊験, を拝み, を繞

▼ 出雲にも~ (4, 0.4%)

2 わなさおきな 1 大きな地震, 山陽道では

▼ 出雲まで~ (4, 0.4%)

1 お供, でも, 中国山脈の, 来たが

▼ 出雲國造~ (4, 0.4%)

2 の先祖 1 が大和, の系圖

▼ 出雲宿禰~ (4, 0.4%)

2 の分れ 1 から分れた, の分派

▼ 出雲神話~ (4, 0.4%)

2 の大蛇誅戮説話 1 の場合, の大蛇殺戮

▼ 出雲さま~ (3, 0.3%)

1 のお, のこと, の実家

▼ 出雲という~ (3, 0.3%)

1 のは, 語も, 類の

▼ 出雲には~ (3, 0.3%)

1 おほ, よき材料, 松平不昧公という

▼ 出雲への~ (3, 0.3%)

1 旅立ちを, 旅行を, 道は

▼ 出雲より~ (3, 0.3%)

1 倭の, 倭国に, 出でし人物

▼ 出雲国造家~ (3, 0.3%)

1 から出た, の伝承, の禊ぎ

▼ 出雲~ (3, 0.3%)

1 根が, 根といふ, 根までの

▼ 出雲~ (3, 0.3%)

1 だろう, は去年, へ御機嫌伺い

▼ 出雲~ (3, 0.3%)

1 のてまえ, を渡っ, を渡る

▼ 出雲殿~ (3, 0.3%)

1 の代理, の饗応, へよろしく

▼ 出雲石見~ (3, 0.3%)

1 に流布, の七ヵ国, の兵

▼ 出雲あたり~ (2, 0.2%)

1 に住ん, の死んだ

▼ 出雲でも~ (2, 0.2%)

1 余り知られ, 見るに

▼ 出雲どの~ (2, 0.2%)

1 がどう, は

▼ 出雲にて~ (2, 0.2%)

1 今より, 結び違

▼ 出雲~ (2, 0.2%)

1 亦明光, 書きながら

▼ 出雲仁多郡~ (2, 0.2%)

1 には三所, には例

▼ 出雲伯耆~ (2, 0.2%)

1 で何郡, の堺比婆

▼ 出雲名物~ (2, 0.2%)

1 の, の人狐

▼ 出雲~ (2, 0.2%)

1 といふやう, に關係

▼ 出雲大原郡~ (2, 0.2%)

2 ではドワニナル

▼ 出雲娘子~ (2, 0.2%)

1 が吉野川, を吉野

▼ 出雲守忠朝~ (2, 0.2%)

1 の備え, の子

▼ 出雲屋宗次郎~ (2, 0.2%)

2 を殺した

▼ 出雲文献~ (2, 0.2%)

2 に出

▼ 出雲~ (2, 0.2%)

1 に相違, の襲來

▼ 出雲松平家~ (2, 0.2%)

1 における同家, の茶道

▼ 出雲~ (2, 0.2%)

1 だらう, は去年

▼ 出雲~ (2, 0.2%)

1 あり下って, のツングース系民族

▼ 出雲浦海岸~ (2, 0.2%)

1 とはもつ, のい

▼ 出雲源氏~ (2, 0.2%)

1 のほこり, の誇り

▼ 出雲~ (2, 0.2%)

1 の燗徳利, の皿

▼ 出雲~ (2, 0.2%)

1 といっ, のもの一箇

▼ 出雲美保関~ (2, 0.2%)

1 では産婦, の美保神社

▼ 出雲~ (2, 0.2%)

1 のお, の乙姫様

▼ 出雲行き~ (2, 0.2%)

1 という解釈, を一般

▼ 出雲風土記考証~ (2, 0.2%)

2 の著者後藤さん

▼ 出雲高野神社~ (2, 0.2%)

1 であるといふ, といふもの

▼1* [151件]

出雲国が, 出雲鷺坂靱負か, 出雲からの便りは, 出雲ことお筆, 出雲こんな沿岸つづき, 出雲からあの, 出雲だったのか, 出雲だって千二百両使っ, 出雲であって松平不昧侯, 出雲での初期の, 出雲といふ一の, 出雲とか稲荷とか, 出雲とて少しも, 出雲とに初めて赤い, 出雲との二国から, 出雲とはちが, 出雲などはヤイクサシと, 出雲なども皆かくして, 出雲などを旅し, 出雲なまりといふやつ, 出雲なる神や, 出雲なる簸の川上, 出雲なんぞきっとここ, 出雲において尼子経久が, 出雲においても村中の, 出雲にかの神を, 出雲にては梅の, 出雲びとも大倭びと, 出雲びとおほくにぬしの生活である, 出雲へと越え出るぞ, 出雲ほとんどが峠, 出雲ほどにはなはだしき社会制裁, 出雲ほどの業蹟を, 出雲近松浄瑠璃集に, 出雲らしい空の, 出雲ビルの小松, 出雲二國の名族, 出雲仁多郡布勢村大字上三所字日向に小字兵垣内, 出雲以下の進ん, 出雲以外には無い, 出雲佐田社へ十月, 出雲備後にまで分布, 出雲八重垣の歌, 出雲八重垣つまごみに八重垣, 出雲八重垣妻籠に, 出雲冨士と申します, 出雲出自のもの, 出雲に奥山大学, 出雲国松江の大橋, 出雲国美保ヶ崎というところ, 出雲国造新任の後, 出雲国造神寿詞の, 出雲国造等の言, 出雲国風土記にも明徴, 出雲国飯石郡では今, 出雲國宍道湖中の海, 出雲國造神壽詞から下, 出雲國風土記に諸, 出雲土人の埴輪創製, 出雲土産を買, 出雲地方等日本海岸に最も, 出雲墓屋の条, 出雲大和これらの地方, 出雲大社参詣に比べ, 出雲大社教の管長千家尊愛氏, 出雲大社東京分祠長千家尊宜等, 出雲大社門近江神社の火災, 出雲大神宮の神寶, 出雲太平洋側では紀州, 出雲守さますら一目, 出雲守さま三浦左衛門尉さま結城左衛門尉さま内藤右馬允さま等のれい, 出雲守三浦左衛門尉結城左衛門尉内藤右馬允等供奉せしむ皆歌道, 出雲守主従を襲っ, 出雲守些っとも来ない, 出雲守作事奉行の大井, 出雲守倉持但馬守の二人, 出雲守吉井七之丞, 出雲守大伴古慈悲, 出雲守広明に至った, 出雲守末の子, 出雲守様出雲守様ときたひ, 出雲守樣の御, 出雲守樣御奉行所へ夫道十郎儀病中御召捕, 出雲守殿大岡越前守殿公事方勘定奉行駒木根肥後守殿筧播磨守殿御目付杉浦貞右衞門殿浦井權九郎殿出座あり大岡殿正面端近く, 出雲守殿御家中から云々, 出雲守殿調にて無, 出雲守頼門後に頼元, 出雲守頼門殿と聞い, 出雲守頼門風情に媚, 出雲宿禰姓が記録, 出雲寺万治郎が販売書林, 出雲寺万治郎以下この道, 出雲寺板の, 出雲巡遊中に聞いた, 出雲巫子の阿国, 出雲の海岸, 出雲市出雲大社の東北, 出雲市附近の海岸, 出雲広貞らの上った, 出雲建河より上り, 出雲建築が古代文化, 出雲建詐刀をえ, 出雲恵我を言うた, 出雲の節, 出雲播磨伊豆伊予等各地風土記に現れた, 出雲新たに申次, 出雲方言混入小生三十年ばかり郷里, 出雲朝廷から天孫, 出雲の方, 出雲松平などの十八, 出雲松江の中, 出雲松江侯の傍流, 出雲松洛千柳等はこの, 出雲桜時じゃに雪, 出雲梟師が云々, 出雲権守でもあった, 出雲権守時方朝臣の所, 出雲氏等の祖先, 出雲に待機, 出雲沿岸の塩冶, 出雲派ツングース民族などの移住地, 出雲浦等の海岸, 出雲石吉田石富士石宇佐石などももともと, 出雲石帯等があれ, 出雲石見播磨備前備中備後安芸周防長門摂津河内若狭越前近江美濃伊勢尾張伊豆一帯が震う, 出雲神道の分派, 出雲等流石に本場, 出雲がきれ, 出雲節芸のない, 出雲簸川城の塩冶殿, 出雲系随つて水神系の多い, 出雲美保ヶ関へゆき, 出雲能義郡飯梨村大字植田字西谷の小字, 出雲自身だつて言, 出雲街道は車尾村, 出雲西南の社, 出雲言葉丸出しで私, 出雲訛りをもつ, 出雲説話がこの, 出雲路山陰道を通過, 出雲路橋を渡っ, 出雲郡字賀郷に洞窟, 出雲郡宇賀郷の条, 出雲開拓と日本武尊, 出雲隠岐の二ヵ国二十四万石, 出雲風土記のも或, 出雲風土記出雲郡宇賀郷の条, 出雲風土記所伝の鴨神, 出雲鰐淵寺の長老, 出雲鳥取など各地, 出雲黒沼彦四郎そうふたり