青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「判る~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

初め~ ~初めて 初めて~ 初夏~ 初期~ 判~ 判っ~ ~判らない 判らない~ ~判る
判る~
判事~ ~判断 判断~ 判然~ ~別 別~ 別々~ ~別に 別に~ ~別れ

「判る~」 1014, 10ppm, 10923位

▼ 判る~ (167, 16.5%)

10 思う 6 思うが 3 私は, 自分が

2 [15件] お前は, お品, お絹, どんな眼, 何の, 八五郎は, 大助かりだ, 寺本山平の, 彼は, 思うの, 思うん, 急に, 父さんは, 背を, 親心の

1 [115件] あの枯芝, ある, あれは, いうので, いうを, いきなり胸倉, いって, いわれて, かすかな, がばと突き, きゅうに, この邊, さあ大変, すべてが, そこで彼, そこに, そのまま四つ這, その思い, その次, それが, だいぶ見当, どの方角, なんだいといふ, なんだかアベコベ, にわかに不愉快, はや気取り, ふッ, ぺろりと, ほりすこぶる, ほり彼, もう夏子, もう掲示板, やっぱり来た, やはりなつかし, ゆき子は, わたし達も, エヘンと, ツイかつと, 一応は, 一番よい, 丈太郎の, 乘客達は, 二三人の, 云いました, 云うの, 云うわけ, 五十吉が, 何んで, 何んの, 余吾之, 信ずる, 信吉は, 僕が, 其の前生, 兼松らも, 冬期の, 凄じい激怒, 凄まじい激怒, 出す次第, 前立星の, 勇吉は, 包孝粛も, 千枝子は, 参考に, 又その, 右眼の, 同じである, 同時に, 同時にお, 同時に憤り, 命が, 堪えがたく焦燥, 姿は, 安子は, 実験心理学で, 小沢は, 引っ返して, 引つ返して, 彼らは, 思いながら, 思います, 思いますが, 思えたもの, 思った, 思ったの, 思って, 思つた, 思はれると, 思ひます, 思ふ, 息苦しい胸, 提案した, 普通の, 暗黙の, 最後の, 月丸の, 朱は, 格子扉から, 浅野様御, 深く契り交した, 潔よく, 照井は, 疑題, 稲福という, 立ちどころに磔柱, 素知らぬ顏, 素知らぬ顔, 考えて, 草を, 豹吉は, 軽い失望, 返って, 逆に, 青年は, 面白いが

▼ 判る~ (115, 11.3%)

27 である 10 だ, だが 8 であります 6 でした, です 4 だった 3 か, ですが 2 かい, だから, だがね, であるが, では

1 [28件] かと思う, かなあ, か判らない, か判らん, が常, だい, だという, だ人間, であった, でありますが, であり又, であるし, であるなぜ, でしょう, ですか, ですけど, ですな, はお, はテダ, は一つ, は佐賀県藤津郡, は美しい, は肺, は通具, もその, も今後, よ, を出せ

▼ 判るよう~ (99, 9.8%)

22 な気 5 になった 3 でも, にこの 2 になりました, になります

1 [62件] だ, だが, だった, で, でございます, ですけれども, で判らん, で平次, なそうした, なへま, なもの, な優し, な小綺麗, な次第, な目標, な答え, な言葉, な証拠, な部屋, な都下, な顔, に, にこういう, にし, にする, にそれ, にと仏, になっ, になったら, にシェストーフ的エーテル, にジャーナリズム, にリード, に一定, に之, に五百人以上, に人, に全く, に出来, に哲学法, に天地, に常に, に思います, に思う, に思われる, に感ぜられた, に或, に技術, に教えられ, に数学的操作, に文献学主義, に料理, に日本, に日本主義, に本来, に法則, に甚だ, に由蔵, に範疇組織, に苦労, に遺書代り, に都下, に露骨

▼ 判ること~ (89, 8.8%)

1610 だが 8 である 4 です 3 では, と思う 2 だから, であった, なの, はこの

1 [37件] がある, じゃあねえかつまらぬ, じゃそんな, じゃない, だったの, だつたの, だと, だよ, だろうが, だろうと, であります, でありますが, でありん, であるが, でしたら, でしょう, でも, で一方, で今, で多分, で山木, で己, として今, と判っ, と思います, なら何とか, になつ, によって初めて, に頭, はお, はその, はめったに, は主人, は何, は貧乏, もありませう, もある

▼ 判るもの~ (60, 5.9%)

199 では 3 ですか 2 か番所, か馬鹿野郎, だ, でありますが, でない

1 [19件] かい, かってね, かつてね, かとむつ, かね, か何一つ, か判らない, か阿呆, が何, じゃない, だが, だ雨戸, ですよ, でないこと, ならお父さん, にしか判らず, はよい, もある, もいた

▼ 判る~ (52, 5.1%)

2 あの壁, いまは, どうしてあの, 先生は, 其の他

1 [42件] ここらの, こんな派手, さんざ食っ, それが, それで以, それならそれ, それに, そんなふうにおっしゃられる, もとは, わしの, ショウガ科の, ジャーナリズムか, 一々夜中, 九条家と, 仮に天文学, 何故かかる, 併し, 労働力の, 地球以外の, 如何う, 姓名その他の, 学問上の, 少しく時代, 尖端に, 年下の, 既に仕事, 日本人は, 最初は, 本当の, 東支鉄道が, 此所では, 歴史の, 潜在意識の, 無論この, 由来そんな, 知らずに, 結局は, 襟も, 重力の, 青山には, 香具師が, 鰐に

▼ 判る~ (34, 3.4%)

134 だね 3 です, です親分 2 だが, ですよ 1 じゃ, だから, だし, だと, だな, でございますのよ, ですわ

▼ 判る~ (26, 2.6%)

73 はない 2 であった

1 [14件] がねえ, が無かっ, だった, だよ, である国展, でございます, です, ですが, なので, なのに, の直観的, はありません, もございませぬ, もなく

▼ 判るやう~ (25, 2.5%)

5 な気 4 な氣 2

1 [14件] だつたが, だつたら既, で, で平次, なトランク, にこの, にし, にほんの, に印刷, に幼時, に彼, に微笑, に思はれる, に書かなく

▼ 判るわけ~ (23, 2.3%)

4 だが, はねえ 3 はない 2 がない, である, です, はねエ 1 がありましょう, だし, だな, はなかっ

▼ 判るもん~ (22, 2.2%)

96 ですか 1 かと思はれた, かな, かね明日己一人, か雁, じゃありません, だね, ですかね

▼ 判るほど~ (14, 1.4%)

2 だから, 瑠璃子は, 美奈子は 1 おろおろした, びっこを引い, やつれて, 明瞭に, 水の, 神経が, 鈍くなる, 頤と

▼ 判る~ (13, 1.3%)

2 お富, 八 1 え, どうか, どうかは, どうかも, わしの, マア此方で, 俺の, 深海の, 綱手

▼ 判る~ (13, 1.3%)

1 [13件] せめてそれ, それが, のちに, わしにも, 人格を, 人間の, 判らなければ, 又最近粟屋次官, 常に後世, 時代に, 災難ながら, 第一, 自分達も

▼ 判るはず~ (11, 1.1%)

2 はない 1 がありませぬ, だ, だつたん, であります, でございます, なのに, はなかっ, もありません, もない

▼ 判るじゃ~ (10, 1.0%)

6 ないか 2 ありませんか 1 ないかと, ねえか

▼ 判るという~ (10, 1.0%)

1 ことでございました, こと従って, そばに, のである, のは, わけだ, 人は, 浅墓, 点が, 眼つきが

▼ 判る~ (9, 0.9%)

1 だから, だからね, だが, だけれど, だつたら何, だろうが, と思う, なん, になった

▼ 判る~ (9, 0.9%)

2 が怖い, の姿 1 であった, ですとも, ないわ, の前, はきわめて

▼ 判るかも~ (8, 0.8%)

4 知れない 3 知れないと 1 しれないから

▼ 判るから~ (8, 0.8%)

1 おれも, そこへさえ, その消息, だ, である, でございます, 待って, 犯人捜索の

▼ 判るので~ (8, 0.8%)

1 いくらか体裁, おはぐ, この人, せう, せうダアダア, ただ判りました, 師範大学では, 日本に

▼ 判るまで~ (8, 0.8%)

1 そっとし, そつとして, その人達, たっぷりこの, 八五郎は, 手当受けません, 教えて, 置いて

▼ 判る通り~ (8, 0.8%)

1 このロジェル・エ・ギャレ, この女性, この靴跡, だが, で当時唯一, で腓骨, に紐育一流, 別に名

▼ 判る道理~ (7, 0.7%)

2 がない, はねえ 1 があん, じゃありません, はない

▼ 判るとおり~ (5, 0.5%)

1 でそれ, に, にこの, にロウモン街, に商品それ自体

▼ 判るけれど~ (4, 0.4%)

1 しかしそれ, まさか旦那さま, 他にも, 反対だ

▼ 判る~ (4, 0.4%)

2 きまって 1 しても, ちがいない

▼ 判る~ (4, 0.4%)

1 だったらしく子ども, だと, ですか, なの

▼ 判る程度~ (4, 0.4%)

2 のもの 1 には聞い, の商取引

▼ 判る~ (3, 0.3%)

2 それが 1 大きな声

▼ 判る~ (3, 0.3%)

1 あたいの, おじいちゃんは, だけどそれ

▼ 判る人間~ (3, 0.3%)

2 かと思 1 なので

▼ 判る~ (3, 0.3%)

1 であるが, の害悪, は何

▼ 判る~ (3, 0.3%)

1 があろう, が來, までに

▼ 判るかと~ (2, 0.2%)

1 いうと, いえば

▼ 判るけれども~ (2, 0.2%)

1 それ以外に, 全然当局

▼ 判るさあお~ (2, 0.2%)

2 入りなさい

▼ 判るその~ (2, 0.2%)

1 時まで, 男は

▼ 判るだけ~ (2, 0.2%)

1 で難しい, 調べて

▼ 判るとか~ (2, 0.2%)

1 判らないとか, 判らない境

▼ 判るところ~ (2, 0.2%)

1 であろう, まで迫っ

▼ 判るとまで~ (2, 0.2%)

1 行くまい, 謂はれ

▼ 判るのに~ (2, 0.2%)

1 内地が, 違ひない

▼ 判るまでに~ (2, 0.2%)

1 とんだ苦労, 飛んだ苦勞

▼ 判る~ (2, 0.2%)

1 え, えが

▼ 判るんで~ (2, 0.2%)

2 親分

▼ 判る~ (2, 0.2%)

1 だが, ですから

▼ 判る~ (2, 0.2%)

1 だ, で殆ど二人

▼ 判る其の~ (2, 0.2%)

1 他其の, 教旨は

▼ 判る潜戸~ (2, 0.2%)

1 をちょい, をちよい

▼ 判る~ (2, 0.2%)

1 が無い, であります

▼ 判る通り二人~ (2, 0.2%)

2 はまだ

▼1* [94件]

判る俊の, 判るおお宇宙艇, 判るかつて言つてゐた, 判るがとユリの, 判るがをよそその, 判るぐらいなら心霊術, 判るえ, 判るこッた, 判る俺は, 判るすべもない, 判るそうでは, 判るそれで絵を, 判るぞとその男, 判るただものが, 判るためにわたし, 判るやない, 判るというかも知れないが, 判るといふやうな, 判るとおり彼女は生え抜き, 判るときがある, 判るとき材料のこと, 判るとのことであった, 判ると共に彼は, 判るには判ったの, 判るまでにはなって, 判るまではすこし遠ざかっ, 判る判らないも, 判るもののごとく思って, 判るよう嘉六も粗筋, 判るよう文章にいちいち, 判るよう誰とも話し合える, 判るよと言った, 判るろうから判った, 判る大きさ, 判る一般性へ落着, 判る一體歴山王が印度, 判るという数, 判る世の中ならそれ, 判る事上述のごとく, 判る事実である, 判る京吉だった, 判る今日の哲学, 判る便利なもの, 判る優しみのある, 判るとあっ, 判る印度では古, 判る七女房おろく, 判る外光派印象派の色彩, 判る多少の異国主義, 判る大きな角封筒だった, 判る失望の色, 判る姿であったが, 判る工夫はない, 判るがある, 判るに触らし, 判るがやって来た, 判る時期が来る, 判る時節があろう, 判る材料でお話, 判る死相を卓上燈, 判るがします, 判る気風の相違, 判るにあります, 判る無理なつくり笑い, 判る理前が無い, 判る理由があった, 判る目印があります, 判るを見合せた, 判る浅い家, 判る程あらはに殘酷, 判るの跡, 判る緑色のソフト, 判るに降り, 判るを聞い, 判る言葉ではない, 判るです, 判る論文となる, 判るが無い, 判る農夫が待つ, 判るを求めなかった, 判る通り例の祭政一致声明, 判る通り女子売買の内, 判る通り封建的な本質, 判る通り日本の資本主義, 判る通り白米には蛋白質, 判る通り私は常に, 判る通り絵図面の外, 判る通り言語の音, 判る通り足袋は拇指, 判る通り関西方面なので, 判る通り階級性の萌芽, 判る部分だけは判っ, 判る非常に人間的, 判る飯籠があった