青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「分った~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

刀~ ~刃 刃~ ~分 分~ ~分け 分け~ ~分っ 分っ~ ~分った
分った~
分の~ ~分らない 分らない~ ~分らなかった ~分らぬ 分らぬ~ 分り~ ~分りません ~分る 分る~

「分った~」 1277, 12ppm, 8902位

▼ 分った~ (250, 19.6%)

48 です 30 だ, である 9 であるが 7 かい 6 だが, であった, ですが 4 か分らない, ですか 3 か, でしょう, では 2 さ, だった, だよ, だネ, であります, であろう, ですよ, はよほど, は私

1 [73件] かその, かな, かね, かね僕, かよく, か再び, か分った, か笑った, か考え, か貴様, か身体, が昨年夏以後, じゃ, だか, だから, だそう, だったが, だと, だね, だろう, だろう元, だろう彼女, であったが, でありました, であろうあわてて, であろうか, であろう向う, でございます, でございますが, でござる, でしょうか, でしょうそれ, ですから, ならその, には面白い, はいい, はけさ, はずっと, はその, はそれ, はそれから, はそれだけ, はただ, はとても, はむしろ, はもう余程, はわたし, はアンティーアス, は上出来, は事変, は何より, は何一品, は何時ごろ, は例, は先月, は可, は姉, は実に, は密告, は小学校, は小林貞, は徹頭徹尾, は戸, は手, は政子, は有力, は梁律, は維新早々, は翌, らしい, んで, 叔父に, 随分ね

▼ 分った~ (102, 8.0%)

3 それは 2 それが, 彼は, 遠ざかって

1 [93件] ああ学校, あっちは, いかなる内容, いつしか火手, いまや秀吉, おッ母さん, お浦, ここには, この小僧, この運転手, これは, こんなにワケ, さっきから, さて合点, さて私, さて誰, しかしそこ, しかしそんな, しかし事件, しかし肝心, すでにその, そりゃやはり, それから先, それから後, それじゃ, それでは沢山, それでもまだ, それと, それとなく音信, それを, それ以上戸籍簿からは, そんなこと, そン時あ, たった一人余, ちょっと淋しかっ, どうしてあんな, どうせ碌, どこに, はてな, ほどこす手段, もう一つ, もし信長, わざとそんな, 丁半の, 七分八分は, 三千二百石と, 之は, 仕方なし, 何の, 何気なく封, 依然として口, 兇行の, 其の上, 内臓を, 同時に自分, 同業会社では, 唯そこ, 啓之助の, 喧嘩には, 地べたを, 坊主とは, 外から, 始めの, 家によっては, 寛保元年に, 少年時代には, 彼二人は, 手には, 探して, 最も重大, 気の, 演説を, 獅子の, 目的地は, 矢張実行が, 秀子は, 私が, 美人であろう, 能く, 自分が, 芸妓の, 蠅男は, 要するに彼, 見ると, 誘うにも, 警察では, 近頃じゃ, 遅かった, 酒造家などが, 鐘巻自, 長い髪の毛, 靴音たかく, 髭が

▼ 分ったよう~ (94, 7.4%)

28 な気 6 な分らないよう, な顔 5 な心持 3 な分らぬよう, な顔つき 2 だった, です, でも, で分らない, で分らぬもの, に, に思った

1 [29件] である, であるが, でやっぱり, で僕, で分りません, で訳ら, なこと, なすべて承知, なそして, なつもり, なもの, な事, な大いなる, な心, な心得, な気持ち, な訳, な返事, にそんな, になる, に出来る, に呑, に報告, に弁じ立て, に思いました, に思う, に思われた, に暢, に見えた

▼ 分ったこと~ (92, 7.2%)

22 だが 19 であるが 5 ですが 3 では 2 だった, である, になる

1 [37件] があります, がある, さえもいっ, だけれど, だという, であった, でしたが, でその, でオーカミイナリ, で三伝, で俺, などを概括, によってその, のその, の範囲, はあの, はその, はそれ, はない, は今, は伯爵, は何, は例, は前, は寺田先生, は岐阜, は殺人, は気温, は相手, は美奈子, は霜, まで余計, も意外, をこの, をつけ加え, を有, を纏め

▼ 分ったので~ (73, 5.7%)

2 僕は, 手袋を, 私は

1 [67件] あまり動かなくなり, いよいよ出帆, おいおい同志, おきて, おむこ, おもちゃの, きっと家内, この謎, この難問, すぐさま山北家, すごすごと, すっかり白状, そうなれ, そこでルパン, そのまま黙っ, その後の, その時, それから, それまでは, はっきり確め, はなはだありがたかっ, ひとつの, また美和子, みんなは, もうどうにも我慢, もう泥濘, ゆっくりと, わたしは, エピミーシウスは, マイダスは, ミチャイ小父と, 三谷は, 事果てました, 何かの, 先んずれば, 其外の, 出て, 反対を, 吃驚し, 地底の, 大安心, 奉行は, 女将は, 嬉しくて, 学問を, 安心は, 容易に, 山中隠遁を, 川崎氏も, 帆村は, 役人は, 彼は, 我々は, 我先ず, 手紙の, 暫く駅, 木彫りを, 極りが, 殿様に, 相談の, 私の, 私も, 私達は, 行くと, 遠慮なし, 陳宮は, 鹿を

▼ 分ったもの~ (56, 4.4%)

18 では 17 じゃない 6 だから 2 ですから

1 [13件] か目と目, か自動車, じゃありません, じゃあるまい, じゃございません, じゃねえ, だ, だと, である, でない, でない然し, ばかりだ, らしい

▼ 分った~ (53, 4.2%)

4 見えて 2 おっしゃるの, 思います, 思う, 思うと, 思うん, 手を, 見えましてね

1 [35件] あらば, あり, いいながら, いうか, したら生命, すれば, なると, みえわれ知らず顔, 上機嫌に, 下へも, 云いだした, 云います, 云う, 云うの, 云うばかり, 云うも, 云って, 云っても, 仰せられ御, 仰云って, 同じよう, 左右太さまは, 思う事, 思えば, 思った, 思って, 梶は, 腰を, 致しましょう, 見えた, 見え二人, 見え芝居茶屋, 言う, 言うの, 言って

▼ 分ったから~ (50, 3.9%)

11 である 2 だ, です

1 [35件] かえったらお送り, ついおかしく, であるかも, とにかく私, どうぞ私, にわかに人生, もう大丈夫, もう我々, グッドバイ, 一人の, 之からは, 今夜は, 今日此方から, 僕達も, 冷し半分, 出来るとは, 動かぬの, 動き一人, 命が, 年来の, 彼は, 本科に, 清々しさ, 白山下の, 目を, 私が, 私と, 私は, 自分は, 菊太郎君は, 虎二郎は, 訊いて, 読んで, 除外した, 馬の

▼ 分った~ (45, 3.5%)

126 です 5 でしょう 3 だが, だろう, ですか 2 だな

1 [11件] だから, だけれど, だと, だね, だよ, だろ, だ毒, ですから, ですからね, ですって, ですよ

▼ 分った~ (26, 2.0%)

32 分ったか

1 [21件] ああ先生, えどうも, え冥土, え分ったら話し, おい小圓太, おれの, お婆, このネリマヤ, しっかりし, して, それは, なんだ, わしが, オイ分っ, フランソアに, 何分った, 分らないか, 娘さん, 宜しい, 潮音, 知らぬけれど

▼ 分った~ (20, 1.6%)

1 [20件] うれしいとか, から私, ちょっと自分, でもそれ, で分らなけれ, どない, にはさすが, には一同喚声, には即座, に困る, に日本, のこと, の心持, の通人, はもう, は何, は手, ほど人間, 喜んで, 御米

▼ 分った~ (19, 1.5%)

3 だと

1 [16件] だ, だった, だったら大阪市, であったか, である, でございますから, ですよ, でなければ, で娘さん, で持ち出し栄え, なの, に岸本, に聴い, はどうも, は俗人, もあろう

▼ 分ったという~ (16, 1.3%)

2 のです, ものだ, ような 1 ことです, ことは, のかね, のであります, のは, ものである, もんで, 人も, 訳, 顔付に

▼ 分ったところ~ (14, 1.1%)

2 による

1 [12件] があり, があります, が金, だけ綜合, だけ頷き, で中, で今更どうして, で仕方, で何藩, もある, をもっ, を綜合

▼ 分ったもん~ (14, 1.1%)

8 じゃない 1 じゃあない, じゃありません, じゃァねえ, だから, です, でねえな

▼ 分ったとき~ (12, 0.9%)

1 [12件] にこの, になぜ, にはさすが, にはさらに, には安堵, には彼, には思わず, には私, のみっともない, の私, は俺, 抑えられた沈黙

▼ 分った~ (11, 0.9%)

2 分ったよ 1 お光, それじゃ, 一等賞だ, 今に, 八雲君, 昨日は, 武夫君, 沢山だ, 美人だった

▼ 分った~ (10, 0.8%)

5 な気 1 でも, でやはりハッキリ, な始末, な顔, に思う

▼ 分ったそう~ (8, 0.6%)

3 である 2 でした 1 すれば, だよ, ですよ

▼ 分った~ (8, 0.6%)

1 がある, である, であるが, と思う, のよう, は有りません, をここ, を分り

▼ 分った~ (8, 0.6%)

2 だが, による 1 だ, であるが, ならあなた, ばかりする

▼ 分った~ (7, 0.5%)

1 あの声, お亡, またこの, また必死, 前後の, 家を, 松浦や

▼ 分ったけれども~ (6, 0.5%)

1 すでに人, それから先, 少しも, 津世子は, 誰だ, 誰も

▼ 分っただけ~ (6, 0.5%)

1 だ, であった, である, でその, でその後妻, で中平

▼ 分ったとしても~ (6, 0.5%)

1 このお話, しょせんが, 余りに巧妙, 映画の, 私は, 誰でも

▼ 分った~ (6, 0.5%)

1 だけ綜合, でだれ, でファウスト, で大人, で直ちに, による

▼ 分った~ (6, 0.5%)

1 だ, だから, でありますから, でねえ病気, で立派, はそれ

▼ 分ったかも~ (5, 0.4%)

1 しらん, しれないの, 知れない, 知れません, 知れん

▼ 分ったばかり~ (5, 0.4%)

1 だ, でその後, でなく脛, で二人, で何

▼ 分ったかい~ (4, 0.3%)

1 ねえ萬朝, 分って, 喜代ちゃん, 牛肉の

▼ 分ったかと~ (4, 0.3%)

1 いうと, きいて, やはり見下し, 怪しみましたが

▼ 分ったからには~ (4, 0.3%)

1 ぜひ会い, どうしてじっとし, 一刻半日も, 何と

▼ 分ったとは~ (4, 0.3%)

1 いえぬでしょう, どういう状況, 云え或, 城太郎という

▼ 分ったなどと~ (4, 0.3%)

1 書いて, 自惚れるつもり, 言って, 高言する

▼ 分った~ (4, 0.3%)

1 でもう一度, にカタ, は事成就, は公孫勝

▼ 分った人間~ (4, 0.3%)

2 を探す 1 が居った, を雇う

▼ 分った~ (4, 0.3%)

1 には余, に改めて, の都, は空空漠漠

▼ 分った~ (4, 0.3%)

1 が, でそれ, の後, は手

▼ 分った~ (3, 0.2%)

2 浦は 1 人かと

▼ 分ったかね~ (3, 0.2%)

1 分ったらそれ, 君を, 己が

▼ 分ったけれど~ (3, 0.2%)

1 このこと, この二人, さてその大きな

▼ 分ったこの~ (3, 0.2%)

1 上は, 棺は, 調子で

▼ 分った~ (3, 0.2%)

2 分ったぞ 1 アノ絵姿の

▼ 分ったつもり~ (3, 0.2%)

1 だった見知らぬ, でいる, になっ

▼ 分ったとか~ (3, 0.2%)

1 で夫婦, 大分大仰な, 日本での

▼ 分ったとして~ (3, 0.2%)

1 それを, つぎに, 他の

▼ 分ったとも~ (3, 0.2%)

3 分らないとも

▼ 分った~ (3, 0.2%)

1 付いて, 就いては, 違いない

▼ 分ったはず~ (3, 0.2%)

1 だ, である, であるが

▼ 分ったもう~ (3, 0.2%)

1 分ったよう, 分った分ったもう, 可い

▼ 分ったわけ~ (3, 0.2%)

1 だ, である, はいちめん

▼ 分った時彼~ (3, 0.2%)

1 の激怒, はどれ, は何とも

▼ 分った~ (3, 0.2%)

1 がし, がした, がする

▼ 分ったこれ~ (2, 0.2%)

1 はあの, は見合

▼ 分ったまで~ (2, 0.2%)

1 だ, でその

▼ 分った~ (2, 0.2%)

1 が此, は殆ど目

▼ 分った~ (2, 0.2%)

1 であった日, のひとたち

▼ 分った嬉し~ (2, 0.2%)

2 さで

▼ 分った~ (2, 0.2%)

1 の人, の婆

▼ 分った~ (2, 0.2%)

1 だ, ですよ

▼ 分った~ (2, 0.2%)

1 だ, であると

▼ 分った~ (2, 0.2%)

2 では

▼ 分った~ (2, 0.2%)

1 して, をし

▼1* [148件]

分ったあとの空々しい, 分ったあなたはわたし, 分ったあるときは, 分ったおれのことば, 分ったお前は世の中, 分ったお方だ, 分ったお話しのこと, 分ったかという問いに, 分ったかねと念を, 分ったかのお息子どの, 分ったからといって, 分ったからとて出来るもの, 分ったからにゃ話は, 分ったきっと二階だ, 分ったくらいな程度, 分ったえ, 分ったけど足もとから, 分ったこりゃアな, 分ったさかい何で悲しい, 分ったしかしながらじゃな, 分ったしるしに力, 分ったじゃないか, 分ったそういう必要が, 分ったそこですその, 分ったそしてその返事, 分ったそのために, 分ったそれならば, 分ったそれで嬉しがっ, 分ったそれならもう心配, 分っただけでもオレは, 分ったえそんな, 分ったあす, 分ったときいままでの評判, 分ったとき僕は君, 分ったとき夢の中, 分ったとき牛丸はひとりごと, 分ったとき私は思わず, 分ったとき貨幣だと, 分ったとこでは初めごろ綿貫, 分ったと共に人殺しなど, 分ったどうも私は, 分ったア, 分ったなどもさんざんな, 分ったなんていくらあなた, 分ったフェチニヤ, 分ったのよあたしに, 分ったほどですのよ, 分ったまちがいなく法月弦, 分ったみたいな口, 分ったむゝう成程侍, 分ったもののその外, 分ったろの, 分ったやっと分ったよ, 分ったやら分らないよう, 分ったゆえ午後二時までには拘引, 分ったよってに, 分ったよという風に, 分ったらちょっくら教えて, 分ったわな何んとも, 分ったんで驚いて, 分ったインド人が一人, 分ったツイデにちょッ, 分ったけで, 分った下級の費用, 分った姉ちゃん分った, 分った事件でもその, 分った二枚拝領したん, 分ったのつづら, 分った今僕はこれ, 分った今日滑稽がかって, 分った今朝おれが木, 分った今貴方のお, 分った仔細があっ, 分った以上はもう, 分った以上何もあわてる, 分った伯父さんに重々, 分った親しかった, 分った何人かの人, 分った余り金を使う, 分った信玄との一戦, 分ったが悪かっ, 分ったの身, 分った其の様な, 分った出血も発熱, 分った刹那私は思わず, 分った原因が, 分ったも随分, 分った地下戦車か, 分った堅木という会計係, 分った場合にはもはや, 分った多分は可, 分った大福暖かいか, 分った大阪の人達, 分った天然の縮毛, 分っただから, 分ったでけっして後で, 分った如くにすべて, 分った姉さんたちだお, 分った始末であった, 分った婦人で有ります, 分った宜しいそう有るべき, 分った容子でもあった, 分った山崎のお母さんたち, 分ったから好く, 分った店口を入る, 分ったの死に際, 分った彼女は兼ね, 分った彼等は此, 分った御前を怕い, 分った怪物は何, 分った意想外な驚愕, 分ったからM子さん, 分った故室の境, 分った数字を入れ, 分ったの泥, 分った日イに, 分った旧友の顔, 分った早く云って, 分った時三造はまず, 分った時私はフト, 分った時面識の有る, 分った殿様でございますね, 分った汚いに相違, 分った漿塩豆腐干香肉等, 分った灌漑用水である, 分ったはどうしても, 分った漸く其の, 分った王冠の外, 分ったである, 分った眼差しで秋三, 分った瞬間に澄子, 分ったが独言, 分った穏かな人で死ぬ, 分った立札を見る, 分ったには誰, 分った絵姿の所, 分った総勢二万七千老若婦女を合せる, 分った能役者だ, 分った葉巻煙草を咬, 分っただ鳥肉, 分った虎井夫人の手, 分った衛生的な特色, 分ったは我, 分った運転手で先ず, 分った鉢前の大, 分った銀山平の養蚕, 分ったは一個, 分った黒旋風李逵ですよ