青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「出来事~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

出来ない~ ~出来なかった 出来なかった~ ~出来ぬ 出来ぬ~ ~出来ます ~出来ません ~出来る 出来る~ ~出来事
出来事~
~出版 出版~ ~出現 出現~ 出生~ ~出発 出発~ 出立~ ~刀 刀~

「出来事~」 3155, 30ppm, 3853位

▼ 出来事~ (635, 20.1%)

9 知って, 話して 7 思い出した 6 見て 5 思い出して, 話した 4 報告した, 少しも, 忘れて, 簡単に, 見ると, 語った, 語って 3 それからそれ, 耳に, 聞いて, 記すこと, 話しました

2 [37件] かいつまんで, これに, こわがって, すっかり忘れ, つとめて有り, 一々列挙, 一生の, 僕は, 判断する, 叙した, 告げた, 回想し, 報告し, 報告しなけれ, 報告する, 彼の, 待ち受けるかの, 待って, 思いだした, 思ひ出して, 恭一に, 書いたの, 注意し, 発明し, 省略する, 考えて, 考えると, 自分から, 見たり, 見ようと, 記して, 記載する, 話し出した, 調べて, 論じて, 近い過去, 頭の

1 [477件] あからさまに, あからさまには, あの夜兵庫, あまりにおそく, ありありと, ありのままに, ある一定, あれこれと, あんじゆ, いっさい忘れ, いっさい打ちあけた, いつでも, いつも新しい, うかがった, うずめながら, うちあけて, ええ工合, おこさせるおどけ者, おそらく研究者, お母様に, お目, お話ししなけれ, お話ししましょう, かい摘んで, きいて, きかされて, くり返して, くわしく話し, くわしく話した, くわしく説明, ここに, この眼, この青年, こまかく話し出した, ごっちゃに, さえも, さそった, さつそく山小屋, さも大, しずかに, しらせに, しるします, すっかりお話し, すっかりここ, すっかり書き記し, すっかり話し, すべて記述しなけれ, ずっと話した, そのときどき, そのまま信じ, そのまま君, その師蒿渓, その時, それと, たくさんに, ただ観照的, たよりに, ちょうどよい, つい忘れた, つくづく考え, できるだけ迅速, どうして切り抜け, どう判断, どう考え, どのよう, どんなつまらぬ, どんなに大げさ, どんな細かい, なんでも, のべたの, はっきりと, はなしますと, ふとしたこと, ぺらぺらと, ほとんど一顧, ほんの一瞬間, ぽつぽつ話しだした, まざまざと, まだ御存じ, まだ聞い, まだ覚え, まったく考える, まるで一つ, まるで無視, まわらぬ筆, みつけると, みて, みなよく, みんな夢では, もちだし兵部宗勝, よく知り, わたしから, エセックスが, エルンストが, グルーシェンカに, サヴィニが, バラバラに, 一々思い起し, 一々繰り返し, 一々調べ上げた, 一つの, 一つも, 一つ一つに, 一つ一つ記憶し, 一つ一つ集め, 一切知らない, 一瞬一秒の, 一箇月後の, 一通り掻い撮ん, 一通り述べ, 丁寧に, 不親切に, 丑松に, 世の中へ, 久慈に, 了解し始めた, 予想し, 予想してらした, 予言し, 予言する, 二人に, 五条にも, 五段抜きで, 些細の, 今一度ハッキリ, 今見, 仔細に, 他の, 以下具体的に, 何でも, 何んの, 何一つ不思議, 何故今頃, 信ずるより, 借りて, 偶然の, 傍観し, 先づ書くべき, 先年八月十八日の, 全で, 全部話しました, 其後の, 再演さした, 再現した, 冒頭に, 冷やかに, 凝視て, 処理する, 出来るだけ, 列挙した, 前知, 勘づいて, 包まず打ち明け合った, 化け物の, 十分はっきり, 十日ないし, 千二は, 卜する, 原稿紙に, 厭ふてゐる, 反射交感する, 反芻し, 取り上げて, 取り扱った小説, 取り次ぎによって, 口早に, 同じく察し, 含めた言葉, 吾輩が, 告白する, 嗅ぎつけたらしい近く, 噂話の, 回想する, 土台と, 基礎として, 境に, 声高に, 変えるので, 夕刊に, 夢の, 大切に, 好機として, 始めから, 始めて黒い, 委しく聞く, 完全な, 宿の, 察したらしかった, 察知し, 尋ねられる言葉づかい, 尋ね始めた, 導くに, 小説に, 己は, 常識に, 年代順に, 年表に, 幻の, 建物の, 引き揚げたかったの, 引き起こすという, 引起した, 彷彿させる, 彷狒させる, 彼に, 彼は, 待ち受けさせるかの, 待ち受けるよう, 待ち憧れた, 後々まで, 後まわしし, 御報知, 御存じは, 御自分, 御話し致そう, 復習し, 徳大寺様に, 心から憤る, 心の, 必要と, 忍んで, 忘れたよう, 忘れぬうち, 忙しい活動的, 忽ち忘れ, 思いおこし何, 思いかえして, 思いださせたの, 思いだして, 思いだし互い, 思いまた, 思いめぐらした, 思い出さずに, 思い出さずには, 思い出させる, 思い出したり, 思い出した平馬, 思い出しても, 思い出すや, 思い出すよう, 思い浮かべては, 思い浮べて, 思い起こして, 思い起して, 思い返した, 思ひだしながら, 思ひの, 思ひ出すにも, 思ひ返す度, 思出した, 思浮べた, 息を, 恰も自分, 悪夢の, 悪霊の, 悲しむ気もち, 想いおこさずには, 想いだす時, 想い出しさえ, 想い起さずには, 想い起させるよう, 想い起して, 想ひ出し, 想像し出し, 惹き起して, 意味し, 意識した, 感じて, 手っ取り早く言え, 手帖に, 手帳に, 手短かに, 扱いますから, 折田に, 拾い出して, 指して, 指摘するであろう, 排さなければ, 推し計ると, 掲げて, 掲載し, 掻いつまんで, 描いたもの, 撮影紹介する, 支持した, 支配する, 映写器械の, 昨夜の, 時間的に, 書いたもの, 書いて, 書き洩らして, 書き留めつつ, 書き留めて, 書き記, 書き識, 書き送り結婚, 書くと, 書くに, 書くよう, 書く為め, 書こうと, 最初からね, 月の, 有頂天の, 望んだり, 朝廷に, 朦朧たる, 村井の, 松園氏の, 桂屋へ, 機縁として, 殆ど日記, 残らず話した, 残らず語って, 母や, 母親から, 比較的明るい, 決して否定, 泰然として, 洗いざらいしゃべった, 洩れなく書いて, 溯って, 漫り, 点綴した, 無理に, 父にも, 物語った, 物語った後, 物語りながら, 独り反芻し, 現在の, 現実界の, 理解する, 申し上げたので, 略叙せざるべからず, 病床に, 発見した, 白河戸郷の, 目前に, 目撃する, 直感させる, 直感し, 真実な, 眺めても, 眼に, 眼の, 知った, 知らず知らず自分, 知らせて, 知らせました, 知らせるの, 知らなかった, 知らなかったけれ共, 知らなかったもの, 知り得るの, 知ると, 知る方法, 短い時間, 確かめたいと, 確実な, 私は, 種に, 窺うの, 筆で, 紀州へ, 素直に, 紹介しよう, 経験し, 絶対に, 綜合し, 繰り返して, 繰返し喋つて, 繰返し繰返し, 考えた, 考えながら, 考えようと, 考えること, 考へた, 聞いた英国司令官, 聞きただすと, 聞き次いで, 聞き知ったならば, 聞取つて, 聴く心配, 肯定しよう, 肴に, 胸に, 自分が, 自分だけで, 自分は, 興半ばなる, 興味ある, 色を, 茲に, 見いだして, 見たもの, 見た人民たち, 見た場合, 見た者, 見終つたの, 見聞した, 見逃す筈, 見過しただけで, 覚えて, 観察し, 言つて聞かせた, 記し終る, 記憶し, 記憶する, 記憶に, 記述し, 訪問の, 訴えると, 証拠に, 詩の, 詩文に, 話さなかった, 話され又, 話し, 話しかかったが, 話したらば, 話しましたので, 話し出すいい, 話し嘗て, 話し将来, 話すこと, 話すと, 話そうが, 話そうと, 話題としても, 詳しく話し, 詳しく話したかつた, 詳しく話します, 語らねば, 語り合, 語り合うの, 語り合った, 語り聞かせた, 語り証拠, 語る, 語ること, 語るに, 語る辛苦, 語る辛苦物語, 誤りて, 説明しよう, 読んで, 誰にも, 誰も, 談し, 談す, 諸君の, 警戒する, 譬えれば, 路傍の, 軽く見た, 軽視し, 輪郭だけ, 近所の, 追想し, 逐一に, 逐一妻, 逐一申し上げた, 通読した, 連絡も, 重大に, 長な, 防ぎますため, 陳述する, 青天の霹靂として, 静かに, 面白がっ, 順々に, 順序も, 順序を, 順次に

▼ 出来事~ (492, 15.6%)

17 あった 15 あつた 14 起った 12 あってから 11 起ったの 10 あって 8 起こった, 起って 6 あつて 5 あったの, ある 4 彼の, 起つた 3 突発した

2 [21件] あったかも, あったと, あったよう, あるという, しばしばあった, つぎつぎと, ないと, まだある, わたしの, 信一郎の, 彼を, 心の, 無かった, 発生した, 目前に, 私にとって, 私の, 起こって, 起つたの, 起るか, 起るの

1 [328件] あざやか過ぎ, あたまに, あったあと, あったか, あったかと, あったこと, あったその, あったとか, あったとして, あったので, あったばかり, あったもの, あったらこの見知らぬ, あったらしいので, あったらしく思われる, あったり, あった意味, あってからの, あっても, あとから, あとを, あなたにと, あの世界, あまりに早く, あまり毎度, ありそれ, ありながら, ありは, ありましたの, あり一方, あり船岡, あるだろうか, あるに, あるの, いかにも他愛, いつかまた, いつと, いつまでも, いつ己, いま起こった, いよいよ自覚的, おきた博士, おこった, おこらないの, おこらなかったらわたし, おこりました, おもちゃ箱を, お延, かつて起った, かなりに, きのうよりは, ここでは, このかぎ, この日, この物語, この通り, これと, こんなにハッキリ指摘, ござりました, しばしば繰返された, しばらくする, しまいにどうなる, すぐにも, すこしの, すっかり聴, すべて恐ろしい, そのまま教室, その夜, それからそれ, それに, たいてい好意的, たくさんあった, たくさん起る, とうとう実現, どういう意味, どのよう, ないやう, なかった, なかったなら, なつかしい回想, なにか夢, なにを, ひどく気, ひどく滑稽, ひょっとしたら夢, ふしぎに, ふと私, ほんとうとは, ほんとうに, ほんの何, まもなく起こった, まるで一世紀, まるで落雷, まるで赤, みんな新聞記事に, みんな最初思った, もう一度はっきり見える, もう日本, もう記憶, もちあがつた, もちあがりました, わかったとき, わかると, わき上がった, わたしらに, アリアリと, チョイチョイある, トオサンはじめ一同に, ハッと, ハッキリと, マザマザと, 一つありました, 一つの, 一体何事, 一度に, 一時に, 一生を, 一瞬間眼前に, 三つあつ, 不意打ちで, 主題である, 二つあつ, 二つ起った, 二十秒とは, 京橋の, 人々の, 人を, 人心の, 人生では, 今日再び, 以前にも, 伴って, 何うし, 何か, 何である, 何一つとして, 何故に, 余りに悲惨, 余り嬉し, 俄然とばかり, 信じられないよう, 信乃には, 俺の, 健三に対する, 僕に, 僕を, 全く伝統的, 全然あり, 全部コンドルの, 全部夢な, 公表された, 再び静か, 出て, 出来事である, 分らないの, 分明に, 判ってから, 到る処, 前の, 動機を, 十二月十七日, 原因を, 同時に, 嘔吐を, 噂され, 城内の, 多いこと, 多いと, 夢かの, 夢でも, 大きかった, 大きく出, 大きければ, 天下の, 天守の, 奇怪でした, 妙に, 妾を, 姫の, 実の, 家の, 将来実現する, 小さい家常茶飯, 少なかった, 少なくない, 山の, 幕を, 引き続いて, 引き続き起こった, 彼には, 彼女たちにも, 彼女を, 待ち設けて, 待って, 後に彼, 徳島県勝浦郡にも, 忽然とし, 思い出されて, 急行列車の, 悪夢の, 悲しいと, 想い起こされて, 惹起されたで, 憎くて, 我等の, 持ち上がって, 数えきれぬほど, 数年前の, 数日の, 文明国の, 新聞に, 明かに, 昔風の, 映画の, 昨今の, 昨夜あった, 昨日の, 書きつけて, 曾ても, 最も高潮, 最近突然, 未曾有の, 本当にあった, 果して正木先生, 果して私, 極めて短時間, 横わり, 次々に, 次から, 欲しいな, 止まなかった, 死刑の, 浮かぶ, 深く子供, 深く頭, 為吉の, 物語られて, 王の, 現れて, 生々しくお, 界隈の, 発生いたし, 発見された, 発見せられる, 白河戸郷や, 盛には, 目に, 直接の, 相継いで, 眼に, 私に, 秋子の, 突発し, 終つたやうに, 絶えず頭, 続いて, 続け様で, 網の, 縁と, 自分ながら, 自分に, 自然の, 落ち合った, 複雑多岐を, 観客の, 観客席に, 解決し, 誤り認められて, 誰も, 誰人にも, 負債に, 貴方の, 走馬灯の, 走馬燈の, 起きた, 起きたという, 起きたとき, 起きなかつたならば, 起き出した, 起こったため, 起こったとき彼, 起こったの, 起こったので, 起こったわけ, 起こりどこ, 起こりは, 起こりました, 起こりますます, 起こるから, 起こるという, 起こる場合, 起ったこと, 起ったという, 起ったには, 起ったので, 起ったん, 起った場合, 起りかけて, 起りそう, 起りました, 起りました当日, 起るかも, 起るですよ, 起るとは, 起るまで, 起るまでは, 起る前, 起れば, 起ろうとも, 起ろうな, 身に, 近くて, 連発し, 連絡なく, 進展する, 過ぎ去つて, 遠い昔, 避けがたい, 関聯し, 降って, 隣り部屋, 非常に, 面白くて, 頭が, 頭に, 頭の, 頽廃の, 驀地に

▼ 出来事~ (384, 12.2%)

48 ために 32 ように 9 ような 6 為に 5 やうな 4 やうに, ようだ, ようで 3 あとで, うちで, ようにしか, 中で, 数々を, 記憶が

2 [25件] あったこと, あつた, うちに, ようだった, 一切合財が, 何ものも, 先例と, 原因を, 可能性を, 噂は, 報告に, 報告を, 意味を, 新鮮さに, 時刻は, 最初の, 物語を, 真相は, 真相を, 背景に, 裏に, 記憶を, 話を, 説明を, 顛末を

1 [204件] あいだに, あったため熊さん, あったとき, あったの, あった今朝, あった場所, あった夜, あった年, あった時, あった頃, あとでも, あとには, あとわかい, あとを, あらましだ, あらゆる痕跡, ある間, いくつかが, うちでも, うちには, うちもっとも, おかげで, おかげである, かけらでも, ことである, こととて, ことを, さいには, すぐあと, すべてが, すべてに対して, すべては, その陣屋まがい, ためそれから, ため部署が, どれ一つをも, なかった, なかに, なくなること, のち彼は, ひとつと, ほうが, ほかには, もっとも戦慄, やうで, やうでした, やうにしか, ようでした, ようです, ようでたまらぬ, ようには, わけを, コンビネエションや, コースを, ドン底から, ワザトラシサを, 一つ, 一つだった, 一つであった, 一つである, 一つとして, 一つに, 一つは, 一ツ一ツが, 一二お, 一切を, 一切合財を, 一方に, 上記の, 不変な, 中から, 中に, 事だ, 二三たとえば, 二週間後ロザリーは, 些細な, 他に, 先廻り, 全体が, 全部が, 全部は, 公判の, 内容が, 初まるよう, 前ぶれでなけれ, 前兆みたいに, 前夜彼の, 前提とでも, 助けを, 印象を, 原因が, 原因に, 原因は, 原因結果を, 叙述に, 各々を, 合致が, 命に, 噂, 噂さえも, 回想が, 報告が, 報知を, 報道と, 場処に, 場合に, 場所全体が, 外は, 多いが, 夜彼と, 大半は, 大部分, 如くはっきり, 如く感ぜず冷静, 如く感ぜられた, 実感を, 少し前, 峰々が, 張本人たり, 後に, 後までも, 後七十年余で, 御話, 必然的な, 性質は, 悲惨に, 意味は, 感じです, 成行きは, 成行を, 指し示す心憎き, 数々が, 方が, 日附でしたら, 日附と, 日附を, 昂奮から, 時刻から, 時間値を, 時間的な, 暗示も, 最中に, 期待を, 根本に, 森や, 様で, 模様を, 歴史談が, 深い点, 為めに, 独立変数である, 現実的な, 異常さを, 発動機は, 発生するでなけれ, 直後湯上がりの, 真只中に, 真相が, 破裂を, 空間時間坐, 空間的関係は, 端緒と, 簡単な, 結局の, 絵なぞを, 総ても, 美しきを, 聯鎖の, 舞台は, 色々を, 衝動以上に, 表面が, 裏面に, 要領のみを, 解釈が, 記事も, 記憶これらの, 記憶と, 記憶の, 記憶は, 記憶や, 評判は, 詩趣は, 詳しい穿鑿, 詳細を, 論理である, 謎が, 謎を, 起こったの, 起って, 起つた為, 起らない先, 起るの, 逐一を, 通信を, 連続であった, 連続と, 連続の, 間に, 間場内は, 間細君が, 音響効果の, 顛末である, 顛末です

▼ 出来事~ (266, 8.4%)

3 彼女の, 忘れて

2 [12件] さすがに, しかしまだずいぶん, それに, みな神の, 五年まえ, 今から, 何も, 少しも, 彼に, 必ず昔, 私の, 階級

1 [236件] あった, あったが, あとにも, あまりにも, あるまいと, ある四次元間, いっこう米友, いま耳に, おせんの, おれの, かれにとって, ここの, ここを, こちの知った, この三人, この世の中, この二年間, この時代, この様, これには, さながら掌上, さまざまである, しかしこの, しばしば前後, しばらくの, すくなくとも今日, すぐ噂, すっかりモスタア, すべてこちらだけとして, すべて人間の, すべて別世界の, すべて実験としての, すべて忘れた, すべて本当の, ずんずんクララ, そのままひしひしと, その中, その内部, その年, その歴史以前, その究竟的原因, その結果, その途中, その進行, その隠れた, それが, それだけ, それっきりの, それにも, それも, それを, たいがい型の, たえずその, ただこれ, ちょうど私, どういうもの, どうする, どんなに私達, ない, ないの, なかった, なるべく写生, はたして意識, はや詳細, まず評定役, まるで貴公たち, みなごっちゃに, みな私の, みんなお前の, みんなこの, みんなそうな, みんな芝居だ, みんな長い, もうどうにも何とも云い, もっけの, もとより七年来, もみ消された, やっぱり真実, よく, わからない, わたしの, スエーデンから, モルグ街の, ヴァージニア州の, 一つも, 一つ残らず, 一として, 一七七五年の, 一先づ目を, 一切暗黒より, 一座の, 一種の, 一行たり, 一言も, 万治の, 三四郎よりも, 不意の, 不気味であった, 世に存在, 世の, 世の中に, 世界の, 予期も, 二人が, 二人にとって, 五月に, 些とも, 些細な, 人物が, 今や却, 他に, 伯爵の, 何でも, 何もかも一続きの, 何れも, 何を, 何一つ残らず, 余りに安い, 健康の, 傍若無人な, 儀右衛門に, 兎角志, 全く意外, 全体から, 凄すぎました, 前の, 合点が, 名状し, 基経には, 多くは, 夢だった, 夢の, 大が, 大きくなっ, 大抵三人が, 大方マメイド, 奈何なる, 如何様な, 妹の, 学校内の, 孰の, 実はその, 山間の, 島原城之, 左の, 已にしつかりした, 幕府に, 当り前の, 彼女が, 後に, 後後まで, 御承知, 必ずかの, 忘れられて, 忘れられない, 思ひも, 悉く思ひ返し, 悪行らしゅう, 感じ易い, 成るよう, 既に前, 日常の, 日常茶飯事に, 日記に, 時代も, 時間も, 最初から, 朝の, 村中の, 栄蔵の, 検察庁法の, 極めて単純, 模倣でなく, 模範です, 歴史家達によって, 歴史的な, 毎日毎日きまりきっ, 江戸の, 決してはた, 決して夢, 沖縄への, 洞察した, 源を, 烈しく胸, 無かった, 無かつ, 無論みんな, 無論世間, 煙草屋の, 特に興味, 独立の, 玄一郎に, 男の, 皆この, 皆彼の, 皆性欲の, 皆本当に, 矢張り本当の, 知らずに, 祝儀不祝儀に, 神に, 私が, 私に, 私にも, 私を, 私達が, 私達に, 程なく世間, 素志を, 細大隠す, 総て大きい, 纏って, 翌日の, 聞いて, 肥料の, 脇道に, 脳髄を, 自分の, 薄弱な, 藩の, 見方によっては, 記憶が, 話さなかった, 誰にも, 誰も, 諸方に, 貴方に, 起らなかった, 重大きわまる, 隠すこと, 非常な, 非常に, 頭から, 驚くほどの, 鮮かに, 黙って

▼ 出来事~ (265, 8.4%)

6 過ぎない 4 依って 3 おどろかされて, して, しても, ぶつかって, 似て, 依存する, 眼を, 茫然と, 遭遇した

2 [17件] おどろかされながら, これも, ちがいない, ついて, なって, 体を, 度を, 心の, 心を, 相違ない, 興味を, 見えた, 過ぎなかった, 頭を, 顛倒し, 驚いて, 驚きの

1 [194件] あって, あらず, あわて気味, いたるまで, おせんは, おどろいたと, おどろき呆れて, おどろくと共に, おびえて, おびやかされて, かかわっただけでも, この影, したかつた, しましても, すぎないと, すっかり引きつけられ, すっかり忘れ, すっかり解釈, それぞれの, ただもう, たびたび遭遇, ついぼんやり, つきこれ, つけても, つながりまた, であいもともと, どきどきし, なったの, なつた, なつて, なりました, なり兼ねない心もち, なるか, ひどく搏, ひどく驚かされ, ぶっつかった, ぶっつかったの, ぶっ突かっ, ぶつかったか, ぶつかったの, ぶつかったもの, ぶつかっても, ぶつからざるを, ぶつかりそう, ぶつかりました, ぶつかるまで, もう意地, ゆき当った, キッパリと, セリファンは, 一切の, 一寸触れね, 一度や, 交って, 人々は, 今にも発狂, 今夜も, 会いました, 会うと, 会ったと, 何時までも, 依つて, 備えて, 僕は, 再び加わっ, 出くわしたの, 出会うよう, 出会した, 出会った拍子, 出会つてその, 出合いまして, 出合うまで, 出合ったの, 出逢, 出逢いそう, 出逢ったの, 出遇うであろうこと, 出遇ったという, 出遇つて, 出遭うたび, 出遭つて何うに, 分解する, 又先行, 反応し, 取材し, 向かないくらい, 呆れて, 呆然と, 呆然として, 在る間, 堪えられなくなったもの, 変に, 変へて, 外ならなかった, 多少責任, 夢かとばかり, 大助, 夫は, 女房は, 好奇心を, 宿に, 導いた運命, 小首を, 就いて, 就いても, 就て, 就ては, 市郎も, 帰して, 当って, 心が, 必ず道徳的価値, 思わず動揺, 思われ一年前, 愕然と, 慣らされて, 懲りたせい, 懲りて, 戻ろう, 打衝, 昂奮し, 時を, 暫くは, 止まる, 気が付かない, 気づいて, 気づかなかったという, 気の, 気も, 気を, 気働きの, 注意する, 注意を, 無数の, 由来する, 異常なる, 相当の, 移った, 移って, 移るの, 移ろう, 突きあたると, 突き当れば, 立ち合ったこと, 精通してる, 結びつくどんな, 続いて, 続く今日, 繋れり, 群衆は, 耐えられたの, 肝を, 胸を, 興味と, 興味以上の, 芥川と, 茫然として, 袴野は, 見えたの, 転嫁される, 逢った, 逢ったよう, 逢つた, 逢つて潰され, 逢わねば, 遇うもの, 過ぎず, 過ぎないであろう, 過ぎないでは, 過ぎないの, 過ぎなかったかも, 過ぎなかつた, 過ぎぬとしても, 過ぎません, 違いありません, 違いない, 違いなかった, 違ひなく, 遭って, 遭遇しなかったなら, 遭遇する, 関したる夢, 関聯した, 関連し, 限られて, 限りたい考え, 際会し, 風呂場の, 飽気に, 首を, 駆使され, 驚きあきれて, 驚嘆の, 齲まれて

▼ 出来事~ (138, 4.4%)

20 あつた 2 それに, それは, 今から, 男を, 相手の, 私は

1 [106件] あつたの, あつて, あらう, あらうか, あらうといふ, あらゆる醜, いいかげん乱れ, いくら仇討, いずれ調査, おとなしい質, かれが, きっと非常, けた, けたたましい音, けっして夢, げすから, この日, こんな事, しばらくわたしたち, そういう出来事, そしてその, その一回戦, その怪談, その船, それから, そんなに広く, ちょッと, でも, ときどき方角, どんな事情, ぼくには, もう一つ記憶, もっとも瘋癲病院, ズバリと, ハッキリした, バード, ラスプーチンは, レニンなどが, 一切が, 一変せられた, 一度に, 一瞬どんな, 一種の, 予定よりも, 今夜の, 他愛も, 余が, 先生には, 先生を, 内外の, 半七, 古川緑波も, 国境の, 多分安政三年, 大きくなっ, 姦淫の, 実際私, 当の被害者クリヴォフ夫人, 彼らが, 彼女が, 後部の, 御存じの, 微塵の, 心が, 忽ち仰天, 愛一郎には, 成善が, 持ちきりだった, 斃れた, 日本橋伝馬町の, 昏睡中の, 最初から, 札の辻の, 此奴は, 殺人事件を, 永く心, 治療室勤務の, 溜飲は, 玉藻が, 疲れ泣いた心, 秀吉としては, 私が, 私に, 私も, 考えるさえ, 自分は, 致し方ない, 興奮し, 良一には, 苦痛と, 西瓜が, 見送りに, 記憶の, 誰も, 警察でも, 谷崎とも, 赤熱した, 身に, 軍刀の, 逢ったの, 遠ざけられた近習達, 銭形平次も, 驚かされは, 驚きました, 鳥居近くに, 龍之

▼ 出来事~ (70, 2.2%)

3 なって, 一緒に 2 いえば, 云うの, 云ふ, 憶えて

1 [56件] いい凡て犯人, いい又, いうか, いうほどの, いうまで, いうよりは, いわねば, うまくまぜあわされ, しまして, そうし, そうして自分, それの, なった昨年, なんの, ぴつたりと範囲の, みること, よく似, ジーグフリードの, 世界の, 並行し, 乙の, 云えば, 云って, 云つてよい, 云わなくては, 云わなければ, 今聴く, 作品とを, 勇一君の, 取らずに, 同じよう, 場面を, 実際上同時, 帰途山口県の, 幸田が, 彼が, 後の, 御承知, 思わず私, 情景から, 手を, 旅中に, 暗合, 本から, 気分そこにしか, 済まして, 無関係である, 申しますの, 申す事, 細君の, 考えるよう, 見えなかった, 言っても, 言わなくては, 謂うべきである, 達引とは

▼ 出来事~ (65, 2.1%)

12 のだ 10 のである 8 んだ 7 のです 6 んです 3 のであった 2 ので奇妙, ので女房, んで

1 [13件] だけに重大, のか, のかも, のであろう, のでございます, のでどの, ので中央, ので大分新聞, ので庄太郎, ので栄蔵, ので気, ので若槻, んでしょう

▼ 出来事~ (59, 1.9%)

4 なかった 2 あつた, ありません, その一つ, つげました, ない

1 [45件] あった, あったが, あったので, ありました, あるが, ございませぬ, しばしばある, ただの, ただ水の, ないやう, なくて, なくひけ, なく夕方広河原, なく帰宅, なく瓜生, なく過, なしに, ひとつ調べ, ふとまた, みな戦争へ, オーレンカの, 一興として, 人だかりが, 人間の, 何として, 偶然の, 動作も, 大抵は, 学理を, 実際有りうる, 彼の, 想ひも起らなかつた, 昨夜の, 海道の, 無かったらしかった, 現れるうち, 百年に, 直ちに地球上, 知って, 移り行く, 自然の, 詳しく知りたい, 起らなかったが, 起らなかつた, 過ぎ去った後

▼ 出来事~ (56, 1.8%)

2 つたから, ということ, と云う, と思っ, よ

1 [46件] おれは, からいい, からそれ, からである, から人別, から代官, から実際, から差支えない, から誰, が, があり得ない, がその, が主, が小僧, が山城, が生存者, が私, が隼人, けれど事件, けれど黒吉, し若し, そうである, そうです, つたのだらう, で, という事, といった, といわなけれ, とさ, とします, とする, とのこと, と云っ, と思いました, と思いません, と思う, と思った, と思われる, と深く, と田島さん, と白雲, と考える, と言わるる, と須永, のについて, 左う

▼ 出来事である~ (51, 1.6%)

2 からその, ということ, 事は

1 [45件] か, かのごとく, かのよう, からとうとう, から僕, から寺社奉行, から検視, から決して, から表向き, から高源寺, が, がある, がこの, がそういう, がその, がただ, がため, がなぜ, が先刻席, が安治川, が戦国時代, が昨日, が正吉, ことにも, だけに彼, ところの, とすれ, とはどうしても, と云っ, と思った, と思へる, と断言, にかかわらず逃げる, にもせよ, に相違, のでそこ, のでなけれ, ので亭主, ので半分, のに, のにそれに, のを, 五十年ぶりの, 今日図らず, 為に

▼ 出来事では~ (50, 1.6%)

8 なかった 6 ない 5 あるが 2 あったが, ありませんか, ないか, ないかも, ないが, ないよう

1 [19件] あったけれど, あつた, あり嘘, あり時, あり殊に, ないかと, ないから, ないと, ないの, ない僕, なくた, なくなって, なくやがて, なく昼間, なさ, なさそう, 決してない, 無くて, 物の

▼ 出来事から~ (44, 1.4%)

2 であった

1 [42件] あなたは, おのずから新, かなり強い, こっちいつも, こんな悪い, その年, だったん, のちの, はじまります, ぶり返したせっかく, わたくしは, わたしは, 七年目の, 予て御, 事例として, 何分間ぐらい, 入檻, 再び私, 受ける感じ, 始まります, 年数を, 意外の, 抱いて, 救うこと, 敵討の, 新しい恋, 時計に, 書きつづる事, 歓待され, 正午頃までの, 死までを, 気休めの, 秀之進と, 私は, 自分の, 解放されよう, 貴方の, 起きたもの, 起ったの, 起つたの, 雷という, 露見された

▼ 出来事として~ (35, 1.1%)

2 いつも看過, 素直に

1 [31件] その一つ一つ, その不運, それを, 世間の, 今の, 少なくとも大島, 引き上げんと, 感ぜられた, 映るの, 東京から, 水野葉舟君から, 汝と, 深く記憶, 物語に, 看過する, 私の, 私も, 経験する, 考えて, 考えるとき, 脚色した, 自覚される, 葬り去ろうという, 記憶する, 語られて, 語られるの, 語り伝えて, 諸人を, 選ばれて, 関係者の, 頭を

▼ 出来事だった~ (30, 1.0%)

2 に相違, のだ, ので彼, ような, んです

1 [20件] からひょっと, から或は, から深山木, かを調べる, がこの, がアイヌ研究, が父, しるしに, ということ, というもの, に違い, のだろう, のである, のであろう, のです, ので居合せた, ので山中, ので重臣, んだ, んでどうも

▼ 出来事について~ (30, 1.0%)

2 彼は, 籠屋の

1 [26件] あわただしい会話, お話しなけれ, きいたかね, つぎに, どう考え, パンドーラを, 一切口外を, 君の, 次郎に, 正当の, 毎度話す, 沈黙を, 消息する, 父と, 而も, 聞かされます, 色々の, 話しかけて, 話したり, 話すの, 詳しくききただし, 詳しく話した, 語った, 語らねば, 語り合って, 語ること

▼ 出来事~ (27, 0.9%)

2 そこで, それに対する

1 [23件] いろいろ訊ねました, そのうち, それからまた自分, それに, 人々について, 人々の, 人物とは, 古今の, 子供の, 心の, 思いがけない災難, 感動と, 感動に対する, 様々の, 横断の, 物語を, 珍らしい, 私達の, 群衆によって, 考えまわした, 自分で, 逢つた人々を, 過失とは

▼ 出来事には~ (24, 0.8%)

2 ゆかりの, 左の

1 [20件] あんまり邪気, いくら横道, さすがに, さっぱり見当, なるべく触れさせたくありません, なんの, 不案内で, 人一倍ひきつけられた, 人道問題常識問題等が, 何か, 何とも知れず, 平気である, 彼地で, 慣れて, 気を, 犯罪性という, 薬量が, 触れず礼, 関係なく, 電光の

▼ 出来事であった~ (21, 0.7%)

1 [21件] か, かも知れない, からまだ, か無論, がいま, がかれ, がその, がそれ, だけに世間, という, という点, としてもそこ, ともいえる, と云われ, と伝えられ, には相違, のかも, のだ, のにその, ばかりでなく, ような

▼ 出来事でも~ (20, 0.6%)

1 [20件] ありかつ, ありました, あり多人数, あるかの, あるの, あるやう, あるよう, ある天文, からんで, きっと手, その事がら, それを, なかったら, 一つは, 世に佃煮, 到来する, 必ずその, 時所勢という, 自分の, 誰かが

▼ 出来事です~ (16, 0.5%)

2 からね, よ

1 [12件] か, から, からそれ, からなおさら, からレミンカイネン, から喜んだ, から現場, が, がこれ, がしかし, が合田, って

▼ 出来事によって~ (16, 0.5%)

1 [16件] かえって生活, であるかも, のがれたの, トルレスたちは, 中断された, 今年の, 助かったこと, 半分に, 去年の, 君たちは, 惹起される, 生じた食物, 直接その, 真と, 聴衆は, 誘発せられ

▼ 出来事という~ (14, 0.4%)

7 のは 2 のが 1 のも, ものであっ, ものも, 出来事は, 意味を

▼ 出来事とは~ (14, 0.4%)

1 [14件] いえあろうこと, いえ使者, どんなこと, 何です, 全く離れた, 全然別, 思えない位, 思はれぬ花々し, 思われない, 無関係な, 異なるの, 知らずまた, 称すべからざるなり, 違いまして

▼ 出来事に対して~ (14, 0.4%)

1 [14件] どこまでも, どの部分, 云う通り, 何か, 充足な, 夫人よ, 少しも, 明確に, 決して何等, 総て目を, 自分の, 説明の, 読者の, 関東一円は

▼ 出来事であり~ (13, 0.4%)

1 [13件] あまりに遥か, かよう, そしてまた此, その間にとり, それが, それは, ひとつの, また十字架, また運動, 嘉吉の, 当時の, 心の, 有手無手の

▼ 出来事にも~ (11, 0.3%)

1 [11件] その奥, なかなか興味, ふれて, まだ身体, 人間の, 何か, 出逢わず又, 深い運命, 適しない, 関係する, 驚いて

▼ 出来事などは~ (9, 0.3%)

2 君には 1 すっかり忘れ果て, ただ一片, よく判らなかった, 人の, 将門は, 無論書い, 記憶の

▼ 出来事なら~ (8, 0.3%)

1 このわれら, その日, たとえ僕, ばともかく, ば心, 仕方が, 何んな, 同時に他

▼ 出来事については~ (8, 0.3%)

1 ただ茫然, なにも, 何から, 何にも, 何一つ書き残し, 母も, 永田家では, 誰にも

▼ 出来事に対する~ (8, 0.3%)

1 予感を, 大きな予期, 好奇心生活の, 極度の, 目前の, 私の, 記憶作用は, 驚きの

▼ 出来事であろう~ (6, 0.2%)

31 と三次, と思う, 舌の

▼ 出来事ながら~ (6, 0.2%)

1 それは, つまりは, 余りに無, 奇怪な, 畢竟は, 自分は

▼ 出来事~ (5, 0.2%)

2 それも 1 もしくは或, 何かの, 或いはその

▼ 出来事であっ~ (5, 0.2%)

1 てこの小さな, て幹, て数年前, て昭和十年, て絶えざる

▼ 出来事とも~ (5, 0.2%)

1 人間に対する, 思われなかった, 無関係で, 知らず江辺, 見える

▼ 出来事なれ~ (5, 0.2%)

1 どもあり得べき, ども一月, ども勝海舟先生, ども経験, ば余

▼ 出来事についての~ (5, 0.2%)

1 ものであり, 公表は, 再吟味, 十行記事を, 話である

▼ 出来事ばかり~ (5, 0.2%)

1 です, で持ち切つて, 重なり合いまして, 重なり合うもの, 馬鹿に

▼ 出来事をも~ (5, 0.2%)

1 この怖, 推知しうる, 知りたかった, 覚悟し, 語るに

▼ 出来事としては~ (4, 0.1%)

1 いろいろある, この蟻, 余りにも, 怪我の

▼ 出来事に対しても~ (4, 0.1%)

1 なお神秘, 別に感傷的, 常に貴方, 直造達

▼ 出来事に関する~ (4, 0.1%)

1 感想を, 新聞記事が, 詳細な, 調査だ

▼ 出来事よりも~ (4, 0.1%)

1 この時, 国際問題が, 寧ろその, 私の

▼ 出来事当時~ (4, 0.1%)

1 にだって奇妙, に貴女, の模様, はどこ

▼ 出来事じゃ~ (3, 0.1%)

1 ない, ないん, アない

▼ 出来事~ (3, 0.1%)

2 やない 1 やありません

▼ 出来事でさえ~ (3, 0.1%)

2 浦粕では 1 摘発される

▼ 出来事とか~ (3, 0.1%)

1 友達に, 果敢ない思ひ, 種々の

▼ 出来事とが~ (3, 0.1%)

1 何と, 彼にとっては, 混り合っ

▼ 出来事とを~ (3, 0.1%)

1 みんなごっちゃに, 成る丈, 書きとめさて

▼ 出来事など~ (3, 0.1%)

1 この太陽, つぶさに書きとめ, 想像出来る

▼ 出来事などが~ (3, 0.1%)

1 あつた, 仕組まれて, 幻の

▼ 出来事などを~ (3, 0.1%)

1 少し書こう, 語った, 語るの

▼ 出来事なる~ (3, 0.1%)

1 ことは, ものは, 旨陳述せる

▼ 出来事まで~ (3, 0.1%)

1 拾い上げれば, 書き記すこと, 殆ん

▼ 出来事以来~ (3, 0.1%)

2 活気づいて 1 なんとなく思いあがっ

▼ 出来事及び~ (3, 0.1%)

1 その連続関係, 人の, 本に

▼ 出来事からも~ (2, 0.1%)

1 いろいろと, 母としての

▼ 出来事さえ~ (2, 0.1%)

1 真実が, 覚えて

▼ 出来事それ~ (2, 0.1%)

1 から野田, はなく

▼ 出来事だけに~ (2, 0.1%)

1 かぎって, まことに嬉しい

▼ 出来事だけを~ (2, 0.1%)

1 聞いたの, 重大視し

▼ 出来事だったら~ (2, 0.1%)

1 その時何, どうして大変

▼ 出来事でした~ (2, 0.1%)

1 がこの, の

▼ 出来事といった~ (2, 0.1%)

1 ような, 方が

▼ 出来事としか~ (2, 0.1%)

1 受け取れないくらい, 思へないので

▼ 出来事とて~ (2, 0.1%)

1 それに, もとより知れよう

▼ 出来事とに~ (2, 0.1%)

1 脈絡が, 集まって

▼ 出来事なぞ~ (2, 0.1%)

1 あろうとは, どうで

▼ 出来事なんて~ (2, 0.1%)

1 ほんとは, 云ふも

▼ 出来事にて~ (2, 0.1%)

1 一時新聞に, 諸新聞

▼ 出来事にでも~ (2, 0.1%)

1 出あったよう, 打つかって

▼ 出来事によ~ (2, 0.1%)

1 つて中絶しなけれ, つて他の

▼ 出来事により~ (2, 0.1%)

1 土人の, 失われた貨物

▼ 出来事より~ (2, 0.1%)

1 住職は, 起こりて

▼ 出来事らしい~ (2, 0.1%)

1 ことは, のです

▼ 出来事らしく~ (2, 0.1%)

1 もある, 叙述する

▼ 出来事一つ~ (2, 0.1%)

1 が葉子, の問題

▼ 出来事自身~ (2, 0.1%)

1 の処理, の時

▼1* [112件]

出来事ある乎, 出来事あれもヤミ, 出来事かと思ふと, 出来事かも知れないが, 出来事からかもしくは戦争術, 出来事からでも共通した, 出来事からの強烈な, 出来事がも一つある, 出来事これから考えると, 出来事さまざまな悲喜哀楽, 出来事しかも責任は, 出来事やない, 出来事そうして, 出来事そのものは赦せない, 出来事それ自身の臼, 出来事たるのみならず, 出来事だけがはっきり印象, 出来事だけの話で, 出来事だけはなんとも思惟, 出来事だって風来山人の, 出来事だつたが母, 出来事ちよつとした, 出来事であったらしくまだその, 出来事でありますからこの, 出来事であるならばすぐ, 出来事であればある, 出来事でございましたね, 出来事でございますから一カ月間, 出来事でしょうか, 出来事でないやうに, 出来事でなく他人の, 出来事でなければ書けなくなった, 出来事で御座いましょうか, 出来事で御座いますけに, 出来事としての歴史の, 出来事としても受けとられさ, 出来事とによって一つに, 出来事ないし目的地到着後の, 出来事なくともわれ, 出来事なし豈に, 出来事なぞが全部ぬきに, 出来事なぞにすこしでも, 出来事なども彼は, 出来事なら仰言る, 出来事なら知らない事は, 出来事なり感興なりを, 出来事なりしかば内の, 出来事なりとす, 出来事なんかまだ何, 出来事なんぞと云うもの, 出来事なんぞはどうだって, 出来事においても経験される, 出来事にしか過ぎない, 出来事にたいする心構えを, 出来事についてだけあんたは, 出来事についても彼は, 出来事にまで至ったの, 出来事に対してはむしろ人の, 出来事に関しては相当に, 出来事のみである, 出来事ばかりが繰り返されるので, 出来事ばかりしかないよう, 出来事ばかりで持ち切って, 出来事ばかりと言うべきでしたが, 出来事への判断と, 出来事ほどめぐりあわせがわるくて人を, 出来事までも思ひだしては, 出来事みんな話したげたら大方, 出来事もうどっちでも, 出来事もって物語りの, 出来事やらの連絡を, 出来事らしく思われるにも拘らず, 出来事をさえ恐れて, 出来事をしか語って, 出来事をでも思い出すよう, 出来事をももすこし冷静, 出来事ガマルデ新シイ事実ノヨウニ感ゼラレ, 出来事記載ガ詳細ヲ, 出来事ハイ戦争このかた人間, 出来事急イデ日記ニ書キ留メタ, 出来事並びにすべての, 出来事に天井, 出来事中原因の発覚, 出来事主として犯罪の, 出来事二三を記す, 出来事些細な言葉, 出来事人物の活躍, 出来事以外一人の検束者, 出来事以後に生きた, 出来事以来一年もたたない, 出来事以来無名の沼, 出来事以来自分の身世, 出来事瞞的な, 出来事即ち小川正一死体紛失事件が, 出来事との会話, 出来事同僚の噂, 出来事奇怪な事件, 出来事宗三郎にとっては一切合切夢, 出来事城下の, 出来事忘れがたい人々, 出来事情景などすべて私, 出来事意外の火事, 出来事日常見聞する事, 出来事日本国内の重要, 出来事様式流派等に就い, 出来事浜路隣室へ引き込まれ, 出来事皇国一致して, 出来事米友の武勇, 出来事自体はその, 出来事観音様の茶屋女, 出来事計り考えていた, 出来事方方には