青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「出す~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~出かける 出かける~ 出され~ 出された~ ~出し 出し~ ~出した 出した~ ~出しました ~出す
出す~
出せ~ ~出た 出た~ 出で~ ~出ない 出ない~ ~出なかった ~出ました ~出よう 出よう~

「出す~」 12189, 117ppm, 903位

▼ 出す~ (2091, 17.2%)

25 彼は 21 それを 13 云ふ 10 すぐに, 今度は, 女は 9 急に, 言ふ 8 それが, 彼の, 私は 6 いって, それは, なると 5 いう, すれば, 云って, 今まで, 彼女は, 手に, 直ぐに, 老人は, 言つた 4 いうが, これは, それと, 一緒に, 云ふこ, 今でも, 妙に, 彼も, 自分の, 言って

3 [29件] あなたは, いうので, うるさいから, きりが, こんどは, すると, その中, それに, もう何, 一同は, 云うこと, 云うの, 云う事, 他の, 先生は, 外は, 大地が, 女も, 我ながら, 父は, 男は, 皆んな飛ん, 相手は, 眼の, 私の, 胸の, 自分で, 言った, 非常に

2 [119件] いい, いっしょに, いふ, いふので, おしほみ, お冬, お婆さんは, お杉, かしさうに, かれは, こっちの, この平次, したらそれ, すぐ, すぐその, する, そこに, そこへ, その前, その洞ろ, その男, その翌日, とき, どんな事, はか, みえて, みんなも, もう家, もう矢, もう自分, ものの, カーテンを, キリキリと, ゲートルを, 一と, 三輪の, 下谷竹町から, 主人よりも, 乞食坊主の, 二人の, 云うので, 云つた, 人が, 今迄, 何か, 何処迄も, 例の, 俯いたお, 俺一人の, 僕の, 兄哥が, 共同井戸の, 冷汗が, 分らなくなる, 危い, 叔母も, 同じ事, 君ちゃんは, 君の, 味が, 土手の, 外聞も, 大声で, 大抵の, 大業な見, 奥から, 子供達の, 室の, 家じゅうは, 家の, 平次は, 後から, 後へは, 徒歩で, 御米, 思ってるだか, 手を, 控場の, 新吉は, 時日の, 暗くなる, 横疵の, 此木田は, 永いの, 涙が, 火を, 熊谷は, 犬は, 番地が, 白刃を, 目に, 眩暈が, 私には, 程なくその, 笹野の, 紙の, 素直に, 置いて, 自分は, 若旦那の, 蛇は, 行手に, 見えて, 言ふべからざる, 近くの, 途端に, 連れの, 遊び始めた, 門の, 隣の, 順一は, 頭の, 顔を, 飛んだ恥, 馬の, 鳥が, 黙って, 鼻の, 鼻唄を

1 [1532件 抜粋] ああ酒, あたしも, あには, あぶないから, あわてて, あゝなる, いいます, いうと, いきなり帯, いけないから, いささか意外そう, いったかと, いっても, いつしよ, いつもこれ, いつも後, いふから, いふ事, いま笑つたのが, いよ, うす暗い岩屏風, うめき聲, おちついて, おとく, おもよと, およしなさい, お今さん, お兼さん, お安, お武家, お祖母さんは, お角, かいて, かちりと, かねて深い, からだに, きざに, きつと, きりも, けさ戸山ヶ原の, ここの, この城主, この真剣, この逆転, こりゃ餒, これまた, これ又, さう感じるの, さっと顔, さも誇らしげ, したら何れ, します, じつによく食べた, すぐ俊三, すぐ帆, すぐ極好い, すぐ眼, すつかり, すらすらと, せっかくの, そこの, そのいまや, そのまま上方, そのレターペーパー, その上, その仕事, その周囲, その女車掌, その度毎, その後で, その手, その水源, その破れ, その親方, その越後屋重吉, その面, それからは, それでさしも, それまた, そわそわと, た, たちまちひしげ, たつた一人, たまらなく悲しくなりました, だしぬけに, ちょいと, ちょっと安心, つい釣り込まれる, つねに余裕, てれくささうに額, とたんにそこ, とても私, ともかく部屋, どうしてあんなに温順, どうしても止まる, どうもすぐに, どこかへ, どっこいこの, どんなに美味う, なおよく, なかなか歸, なく評定, ぬかすじゃあ, はじめ出会った, はだしで, ひそまって, ひとりでに手, ひどく朗詠風, びったり額を, ぶらりと下っ, ほらまた, ぽた, まず口, またワッショウワッショウ, また図, また縮まります, また酒, まだ十足, まるでほうりださない, まるで狂人, まんまと人目, みると, みんなが, むくむくと, むこうの, もう, もうして, もうそんな, もうマドゥムアゼル, もう一度君, もう慣れきった, もう法律上, もう落着, もう食い止める, やかんを, やがて一人それ, やっと落ち着いた, ゆき子も, よく検死医, れいの, わけても酒, アダは, ウンと, グシヨ濡れの, コロコロ落ちます, セエラは, ツンツンテンレンツンツンテンレン, トビアスが, ハイハイと, バランスが, フェリクスは, ポンと, ユゴオの, ロダンさんは, 一つ一つの, 一ぴき一ぴきに, 一人ずつに, 一人は, 一刻も, 一挺の, 一服点け, 一歩不安の, 一種の, 一言の, 丁と己, 七三郎拳骨の, 万太郎は, 三十幾年の, 三番勝負を, 上草履の, 下には, 不思議に, 両側の, 並居る者, 中尉は, 主人が, 久佐賀は, 九郎右衛門も, 事態は, 二人は, 二階から, 云うて, 云う会社, 云う諺, 云ったの, 云ってるじゃ, 云つてゐる, 云へる, 五尺七寸位, 井師が, 人に, 人家の, 今この, 今夜の, 仏頂寺が, 他愛な, 仲, 伸上っ, 何うです, 何しろ真暗, 何だか悲しく, 何と, 何やら一, 何んの, 何故だ, 何時に, 何本かの, 便所に, 信じます, 修道女が, 偃松の, 僧正どのは, 先方では, 光子も, 全速力の, 八五郎親分は, 六年まえ, 共に異なる, 其儘上方へ, 兼輔は, 再びさういふ目, 凝って, 出逢いが, 列車が, 初めて一日, 利益の, 劉は, 助かつて, 勉強する, 勝に, 匆々と, 十も, 千二少年を, 半徹夜, 卓子の, 危ない, 却って内儀, 却て, 参木は, 又も, 又元, 取り澄ました俄作り, 古ギリシア, 可笑しくなる, 右手を, 同じよう, 同心たちの, 同時にあの, 同時にぱったり遠のい, 同時に両, 同時に僕, 同時に天, 同時に手, 同時に格子戸, 同時に自分, 同時に軽い, 向いの, 向直って, 周囲の, 命は, 商人らしく成ります, 嘴で, 団十郎は, 困難です, 土間を, 城将丹羽氏重は, 堪らなかつた, 塀の, 壁ぎわへ, 壊れます, 売れるもの, 夏子も, 外遊びの, 多鶴子は, 夜具蒲團さへ, 夢の, 大きい方, 大てい, 大声に, 大抵は, 大笑いを, 天狗岩の, 太郎左衛門は, 奇怪な, 女中が, 女房と, 好いの, 妙な, 妾宅の, 姐さんは, 子供よりも, 官兵衛は, 実験室の, 室内は, 容易に, 寅吉も, 小倉の, 小次郎は, 少しでも, 尾を, 屑鉄屋は, 崖下にも, 工場の, 市村と, 帆村は, 帰れなかった, 平安朝最初の, 幾に, 庄太は, 店の, 庭番は, 弁信が, 弾みが, 彼が, 彼女の, 彼等は, 待ちかねて, 後園の, 御簾の, 微笑を, 心は, 必と, 忠作は, 忽ちに銃声, 怒るので, 思うの, 思えば, 思った, 思われる, 怪訝な, 恥づかしく, 息詰るよう, 悚として, 愉しそう, 感心に, 懇意な, 或る, 手代が, 手足が, 打殺して, 承知しねえ, 折返して, 抛げ, 指環を, 放棄つては, 散歩道を, 斬って, 新しい原稿, 方々で, 日和の, 早川先生と, 早速生活, 明けても, 易は, 是は, 時々たまらない, 暇が, 暗くなり掛けた, 曲者は, 最早や, 朝倉先生も, 木を, 杏斎は, 束に, 松江は, 果たして箱, 柳田が, 案の定大, 棚の, 極りや, 榮一は, 横田さん二人に, 橋の, 次郎と, 止められなくなって, 歩くし, 残って, 母や, 毎日産みましょう, 気の毒に, 気違い以上に, 氣分迄も, 水草の, 汗に, 沢山な, 法然は, 泥足の, 派出婦は, 浜辺の, 消えそう, 深谷が, 漸く強く, 瀬戸物で, 為吉は, 無性に土, 無精に, 煙草について, 熱情を, 父の, 犬も, 狭い庭, 猿の, 玲子も, 生憎手先, 田山白雲は, 男の, 留吉も, 畳の, 病気に, 百万遍でも, 皆まで, 監禁室に, 直ぐこっち, 直ぐ死んでしまつた, 直に真似, 真っ暗い, 眠くなる, 矢も, 矢張り鳴留まぬ, 磯五は, 私が, 秋三は, 空の, 空気の, 立ち上った, 笑ひ出したい, 筋向に, 約しとる元, 細君が, 続いて, 美和子は, 群集は, 老人から, 老婆は, 耐らなく悲しい, 肉体の, 胃弱の, 腕自慢の, 自分ながら, 自己混乱をも, 船長を, 花を, 若い母, 苦しい矛盾, 茶を, 荷を, 葉子は, 藤屋の, 蜂は, 蟹の, 街道は, 襖の, 要求ばかりに, 見える残虐, 角面の, 言うの, 言っても, 言つた一時の, 言つてる, 言ひ渡し, 許可証を, 話に, 誰よりも, 諸人は, 讀者の, 赤ん坊は, 足は, 跣足の, 身体に, 辰男は, 逃げる, 途中で, 進み出て, 道也の, 部屋の, 重い霧, 金兵衛は, 銀之助は, 鍵孔に, 長屋一同も, 間もなく大沢, 間もなく踏切, 阿母さん, 限りなく, 際限なく, 隣室へ, 電灯の, 青年も, 面倒だ, 音声そのものの, 頬を, 風までが, 香気は, 駄々に, 驚いて, 魔に, 鯛には, 鹿子は, 麻ほど, 默つて立つ

▼ 出す~ (1737, 14.3%)

129 である 119 です 8654 であった 47 だった 36 でした 33 では 22 だから 19 だが 13 だつた, であるが, を待っ 12 か, を感じた 11 を見る 9 ですが 8 だと, は, を見 7 がこの, が常, だろう, でも, は容易 6 じゃない 5 が面倒, だよ, であります, はいや, は人情, は厭, もある, もどう, も変

4 [18件] かね, がある, が何, が厭, が私, じゃ, だそう, だらう, であったが, であるから, はこの, は私, もこの, も忘れ, よ, を, を平次, を待つ

3 [27件] がつらかっ, が当り前, だか, でしょう, ですか, ですから, ですって, はその, はどうか, はなかなか, はよし, は勿論, は変, は気, は自分, は面倒, も何だか, も厭, も無理, をお, を今, を合図, を忘れた, を感じ, を聞いた, を見た, 引くの

2 [87件] かと美奈子, があった, がいい, がいや, がお, がサクラ, が何となく, が例, が困難, が好き, が嫌, が彼, が恐ろしかっ, が恰度, が惜しく, が癖, が習慣, が苦しい, が苦痛, が重, が関の山, さ, だね, だらうか, であって, であろうが, とお, と一緒, と同じ, に適し, ね, はいつも, はお, はつまり, はなんとなく, は三郎, は不可能, は今, は仕方, は何となく, は初めて, は力, は夜, は大抵, は失礼, は如何, は定, は実は, は当然, は御免, は惜しく, は昨夜, は此人, は殺生, は気の毒, は無理, は辛かっ, は骨, もあり, もその, もまた, も何と, も出す, も可哀想, も恐ろしい, も控えられ, も知らず, も面倒, をこらえ, をまぶし, をやめた, をハラ, を取っ, を吉例, を待ちかまえ, を待った, を忘れ, を恐れる, を感じる, を憚, を手, を漁師, を眺め, を知っ, を覚える, を認めた, を躊躇

1 [672件 抜粋] かい, かいっ, かこう, かここ, かしら, かとかの, かとさ, かとじっと, かと嗤笑, かと弥吉, かと思いました, かと思っ, かと思つて, かと思ふ, かと片, かと秀一, かと重苦しい, かと非常, かな, かもしれない, かもしれぬ, かもわからない, かも知れません, かよく, かわたくし, か僕たち, か出さね, か分らなかった, か右手, か知らない, か知れた, か答え, か見当, があつ, がおかしかっ, がおしい, がおそろしい, がこわい, がご新, がさぞかし, がそれ, がそんなに, がちと, がつら, がどんなに, がへん, がやつ, がよい, がイヤ, が一番, が一等, が主人, が仰がれた, が何ん, が傷, が億刧, が億劫, が刈田嶺神, が君, が地上, が女性, が嬉しい, が宜しい, が家庭料理, が容易, が居, が常例, が常識, が当, が当然, が当面, が役目, が得意, が得意ぢ, が得策, が心配, が恐しいよう, が恐ろしく, が悪い, が惜, が我輩, が手, が手軽, が探偵, が料理人, が早く, が晩, が普通, が會社, が本式, が毎度, が気恥, が波子, が淋し, が珍しく羨ましく, が真実, が知れ切っ, が禁物, が精いっぱい, が習性, が聞え, が聞こえた, が臆劫, が自分自身, が莫迦, が見えた, が見えたでしょう, が通常, が間違っ, が面白く, が頭, が香蔵, が馬鹿馬鹿しく, さえある, さえ憚, じゃありません, じゃから, じゃなくっ, じゃア, すらいたいたしい, だい, だからね, だがなあ, だけれども, だぞ, だったが, だったね, だな, だむせ返る濁った空気, だもの, だろうどう, だろうよく, だろし, だ臭気, ぢや, でありました, であり特に, であると, である今日, である金釦, であれば, であろうと, でしたさ, でしょ, でしょう胸苦しい, ですそうして, です古, でないこと, という短篇, とおなじ, とほとんど同時に, とを娘, と一般, と左膳, どうしても嫌い, なぞという見え透いた脅し, ならまだしも, なら何, なら偉い, なんのと, におとらず, にきまっ, にさえ大体一ヵ月三, にさえ大分時間, になんで, にはそれで, にはなかなか, には丁度, には決して, には筋, には變, にめんどう, にも, に一寸成功, に一生懸命, に不便, に何, に使う, に借用, に困った, に大, に大切, に必ず, に戸棚, に東京市外上落合, に白紙, に絵, に苦労, に連れられ, に過ぎない, に適った, に驚き, はあした, はあと, はいさぎよく, はいつ, はいろいろ, はおま, はおれ, はおろか, はきまって, はくせ, はさすが, はしゃく, はそこ, はたいへん, はただ, はちっと, はちょっと, はちょッ, はなぜ, はばか, はへん, はほか, はみや古, はもう, はやはり, はやめましょう, はやめる, はやめ給え, はよしたい, はよほど, はわけ, はオランダ代理公使ブロック, はチャアリイ・チャップリン, はバター一杯, はプロ, はベース・キャンプ, は一人, は三人, は不安心, は世態, は並大抵, は主として, は五人扶持, は亡くなつた, は亡妻, は人, は仏国公使ロセス, は他, は会場, は何, は何だか, は余り, は俳味横溢, は俺, は僕一人, は僕以上, は兄, は八五郎親分, は公魚, は六万体地蔵, は写生, は判つて, は前菜, は勝重, は医者, は十一屋, は単なる, は博士, は卯女子, は却って, は反対, は口実, は器械, は困る, は堪え, は堪忍, は多少, は大人氣, は大切, は大膳坊, は大谷君, は夫, は奇怪, は奴ら, は好きぢ, は好く, は嫌い, は子ども, は子供, は尋常, は少し, は岡村君, は幸福, は庶民族, は廻り, は当事者, は当時一般, は彼女, は心苦しい, は必, は必ず, は恐ろしい, は恥じられた, は悪い, は感心, は或, は改めて, は文学, は日本, は明日, は時代錯誤, は月曜, は東京, は梅花粧, は極めて, は様子, は模範学校, は次郎, は死ん, は殘念, は氏, は氣, は江戸廣, は池, は渠, は漱石先生, は火事場, は爆発, は牡犬, は狂人, は珍, は珍しい, は當, は着古し, は矢張り両側, は礼, は穩, は竜土軒, は義雄兄, は聊か, は至難, は苗字, は若旦那, は茗荷谷, は蛇足, は蛙, は見, は解し, は誰, は負担, は道理, は醜態, は采女一人, は銭形, は錢形, は雑作, は露伴氏, は面白く, は食用, は馬鹿, は鶏群中, ほかは, もあれ, もいました, もいや, もうよします, もおこがましい, もかまわず, もこれから, もさ, もそう, もつまり, ももう, も一興, も万次風情, も不, も人, も仰々しから, も余り, も勝重, も却って, も口惜し, も可笑しい, も地味, も堪らない, も妹, も存外, も小, も当家, も待たず, も忌々しい, も思ひとまり, も恥, も悪く, も旅行, も既に, も本, も極り, も構わず, も毒消し, も気がかり, も気の毒, も滅多に, も無意義ぢやあ, も知った, も考へ, も臆劫, も自分, も萬次風情, も見, も規則違反, も面倒くさく, やら解らない, や茶番, をあの, をあまりにしばしば, をいい, をきい, をきっかけ, をきらう, をさえ極力, をさしひかえた, をた, をどう, をどうか, をどうしても, をはじめて, をやめ, をガラツ八, をボンチ, を一々, を上, を不思議, を与八, を主眼, を久しぶり, を人類, を何, を何とも, を何度, を兵助親分, を勘定, を受け取っ, を堪える, を大変厭, を嫌う, を寝る, を岸本, を差し控える, を広い, を彼, を彼女, を待たなけれ, を待ち, を待ちかね, を待つた, を怠った, を怠つた, を急いだ, を恥ずかし, を惜しく, を承知, を抑えきれない, を押, を押え, を控え, を新吉, を望ん, を梟, を楽しみ, を止めろ, を正式, を水, を決しかねてるらしかった, を満足, を相, を眼顏, を私, を老女, を聞い, を聞きつけた, を聞捨, を聴く, を葛岡, を見ない, を見合せた, を見守り, を見送り, を見送る, を覚えた, を貰つて來, を車夫, を追, を避け, を面白, んか, んです, ッけに, 余裕を, 出るの, 密夫などは, 揺籃か, 故なり, 止して, 法を, 状態他の, 義なら, 都合とは

▼ 出すこと~ (1256, 10.3%)

46 にした 44 が出来る 32 がある 27 になった 21 にし, になっ 19 が出来た 18 ができる, が出 17 が出来ない 15 ができない 14 にしよう, になる 13 になつ 12 ができなかった 10 にする, も出来ない 9 が出来なかった, はできない, は出, は出来ない, もあった 8 があります, ができた, になり, に成功, も出来る 7 にしました 6 があった, では, の出来ない, もある, もできない 5 ができ, が出来なかつた, だ, である, になつたの, のできない, はなかっ, も出

4 [17件] ができず, ができません, が出来ず, が出来ぬ, が必要, だろう, にきめた, になりました, に苦心, のできる, はない, は私, もあつ, もなく, も出来なかった, も出来ぬ, をしなかった

3 [20件] が, があっ, ができませんでした, が出来なく, が出来ました, が出来ます, が出来ませんでした, が出来るだろう, はできなかった, は出来なかった, は出来ません, は此, は難, もあれ, もできなかった, よ, を忘れ, を恐れ, を恐れた, を躊躇

2 [60件] あり, ができなかつた, ができました, ができるだらう, がなかっ, がよく, が出来, が多, が多い, が暗黙, さえできない, さえ出来なかった, しか考え, じゃあない, だね, であろう, です, にある, にきめました, にきめる, にしたら, にします, になつて, になるだろう, によって故人, に努力, に於, に話, のできた, のない, の出来なかった, の出来る, は, はしなかった, はできぬ, はできません, はならぬ, は不可能, は何, は出来ず, は危険, もあり, もしばしば, もできる, もなかつた, もよく, も必ず, も忘れ, も珍しく, をこばみ, を好まなかった, を好む, を承知, を知っ, を考えた, を計画, を許し, を遠慮, を避けた, 多し

1 [495件] あらば, あり今, あるを以て, ある者, あれば, あ出来ない, いまだ御法度, か, かく夥し, かと一同, かと思う, からはじめて, から一寸, があたし, があったら, があつ, があぶない, がありました, がありましょう, があり得ない, があるだらう, があるなら, があれ, がこれ, がご, がご馳走, がしばしば, がそこ, がたいへん, がたまらなかつた, ができたであろう, ができないだろう, ができないで, ができないなら, ができなかつたら, ができなく, ができなくなっ, ができなくなった, ができぬ, ができねえ, ができまし, ができましょう, ができます, ができますまい, ができませぬ, ができませんで, ができよう, ができるであらう, ができれ, がなかつた, がなく, がなくなっ, がまた, がむずかしい, がもう, がわたし, が今や, が伯父, が伸子, が何, が先, が出来たなら, が出来たらしい, が出来なかったら, が出来なくなっ, が出来なくなったらしい, が出来なくなる, が出来ねえ, が出来ません, が出来よう, が出来るであらう, が可, が可能, が大切, が局, が彼女, が心配, が忙しく, が恥ずかしかっ, が折々, が有りました, が有る, が流行る, が珍しく, が能, が自分, が至難, が行, が行われ出した, が街, が非常, ぐらいに事, さえしない, さえもできぬ, さえ不可能, さえ出来ない, さえ厭, さえ始めなけれ, さえ拒ん, じゃ, じゃない, じゃねえ, すらいけない, すらをかれ, すら不馴れ, その毒, その理解, その費用, だけが自分, だけだ, だけで, だけである, だけでも心ゆく, だけはピッタリ, だけは向, だけは拒絶, だけは遠慮, だった, だと, だな, だねえ, だろうと, であった, であつ, であらう, であります, であり父, であろうか, でおのれ, ですね, でそれ, でないので, でも明らか, で一層, で大将, で女, で巧み, で現に, で経営者側, といえ, とか野良犬, とした, となつ, となり, となりぬ, と致します, と言ったら, なかったであろう, なくし, なさん緩怠至極, なしに, などあり, などはいつ, などはできない, なの, ならぬ, なりという, なりませぬ, なるか, なんかだれ, なんか判らん, にあった, にいたし, にいたしました, にいたします, にかけ, にきまりました, にきめ, にしたい, にしたなら, にしなけれ, にしましょう, にしませう, にすれ, についてこの, についての独得, については先生, については彼, になってる, になつたん, になりましょう, になります, になるだらう, になれ, には, には反対, には堪えられない, には大して, にもなっ, にもなった, によってやがて, によって世間, によって勝利感, によって科学的概念, によって種族, によって自分, によって警察, によつて古賀, による経済上, に仕, に傾向, に努める, に勉め, に反対, に同意, に因っ, に夫婦, に定めた, に御, に急, に氣, に決め, に決定, に決議, に注意, に熱意, に精進, に致しましょう, に非ずし, に骨, のうち, のできなかった, のできねえ, のむずかし, のむつかし, の出, の出来た, の出来ないであろう, の前提, の困難, の許されない, はあっ, はあまり, はあるいは, はあるまい, はいい, はいか, はかなり, はこの, はしない, はたいへん, はできなかつた, はできますまい, はできるだけ, はとにかく, はないさうな, はなおさら, はなかろう, はなく, はなくなっ, はなりまし, はなんねえ, はねえや, ははなはだ, はほとんど, はまず, はまだ, はまったく, はむしろ, はむずかしい, はめったに, はもう, はもうこ, はもう一度, はもちろん, はもっと, はやめ, はよく, はわけ, はネルロ, は一切お断り, は一同, は一日, は上様, は今, は何かと, は例へば, は先づ不可能, は全, は全く, は出来ないだらう, は出来ないだろう, は出来なかつた, は出来なくなった, は出来ぬ, は出来ました, は出来ませんでした, は出来やせん, は出来る気づかい, は到底, は助け, は千九百二十年, は厳禁, は厳重, は口, は吾人, は堪え難い, は外国, は大きな, は失禮, は好まない, は容易, は容貌, は寧ろ極めて, は尚, は差, は彼, は彼女, は往々, は徒ら, は徹, は忘れない, は思い, は怠らなかつた, は恐ろしかっ, は憚, は敵, は文字通り俳優, は日本, は最も, は止め, は此人, は武士, は決して, は決してそれほど, は沢山, は沽券, は火, は無用, は猫, は知っ, は知れ, は稀, は算術, は見合せ, は見苦しい, は覚束, は許され, は許されない, は許されなかった, は避けね, は随分, は餘程困難, ばかり多い, ばかり多く, ばかり考へ, までその, までは極, までは考, までは考え付きました, もあたりまえ, もあります, もあろう, もいい, もささやか, もさほど, もした, もたび, もたやすい, もできず, もできなかったろう, もできぬ, もできよう, もとし子, もどう, ももちろん, も不可能, も何, も出来, も出来ず, も出来なかつたらしい, も可能, も好まない, も少ない, も屡, も引込める, も得しない, も怖く, も控, も死顔, も滅多, も無, も無し, も知らない, も確かめた, も私, も罷りなりませぬ, も許されない, も辞しまい, や笑う, よりは敵, よりもこれ, よりもむしろ, をおい, をおそれる, をお許し, をかたく, をかん, をこの, をさせなかった, をしなかつた, をすすめ, をたのんだ, をだんだん, をちゃんと, をどうしても, をはばかっ, をやめない, をよく, をウジャシュン, を主, を云, を互に, を余り, を余儀なく, を停止, を僕, を免れた, を前, を努め, を務め, を厭, を厳禁, を喜ばず, を喜ばなかった, を固執, を変, を好まざる, を好まない, を好まぬ, を始めた, を嫌つて, を宿, を密告, を強迫, を彼女, を得, を得ん, を忘れない, を忘れなかつた, を怖, を思いつく, を思ひ, を意味, を慎む, を懼, を手伝った, を手柄, を打消し, を批難, を拒み, を拒む, を拒絶, を控え, を提案, を教えた, を断念, を斷, を望んだ, を眼目, を知つて, を知らない, を確信, を禁じた, を禁ぜられた, を禁止, を私, を第, を約した, を約束, を絶えず, を考え, を考えついた, を考へた, を肯ん, を自然派作家, を見合わせられた, を計, を許され, を許されない, を許されなかったら, を許されぬ, を許されます, を許せ, を許容, を話した, を話す, を軍, を避け, を避け合った, を長谷川, を零本, を頼んだ, をOK, 打合せ八月

▼ 出すよう~ (496, 4.1%)

39 なこと 38 にし 32 になった 11 になる 10 な気, に 8 な声, にした 7 なもの 6 な事, になっ, になり 5 な音 4 だが, にという注文, になりました 3 では, な, なヘマ, な人間, な恐ろしい, にと云った, に云った

2 [21件] であった, であるが, な人, な力, な大声, な心持, な方法, な様子, な気持, な表情, な風, にお, にしない, にしました, にな, になったら, に出, に命令, に心, に見えた, に言っ

1 [235件] じゃありません, じゃお, じゃお話, じゃまるで, じゃ銭形, だ, だけれど, であ, です, ですが, ですね, でまるっきり, でも, で出さぬが, なありさま, なうるおいが, なおかしい, なことば, なそういう, なその, なたあい, なところ, なの, なはず, なば, なふう, なへま, なめ, なやり方, なら先ず, なれい, なムキ出し, な不心得千万, な不快, な不所存者, な仙公, な仲, な企画, な刻々, な危険, な反, な口ぶり, な唸声, な囁き声, な変化, な大, な大胆, な大酔, な太い, な好奇, な子供, な宿, な寒竹, な市町村, な形, な心地, な心持ち, な忙しい, な恰好, な意気組み, な感じ, な感覚, な手つき, な手付, な支那流, な料理, な早口, な時, な時節, な晩, な毒, な水, な涙, な照明灯, な牛屋, な物, な物好き, な特殊, な現代, な現代的, な男, な眼付き, な短い, な研究, な箇所, な素直さ, な結果, な練れない人間, な習慣, な自分, な莫迦息子, な蒼, な薄暗い, な詞, な話, な調査, な赤い, な重, な間抜け, な随分, な雁, な音楽, な顔, な馬鹿げさ加減, にあの, にいう, にいたしましょう, にいった, にいつ, にいや, におちつい, におっしゃっ, におばあさん, にがちゃんと, にきこえた, にきまる, にこう, にこっそり, にこの, にしたら, にしましょう, にしよう, にする, にずっと, にその, にそれ, にたのみ, にたのんだ, にたる, にって, にという催促, にといわれました, にとお, にとがめ, にとのこと, にと云っ, にと云われた, にと家来, にと繰り返し, にと言う, にと話, にと骨, にと高飛車, になつ, にならない, にならなけ, になります, になるだろう, になるなら, にのり出し, には感じ, には雑作, にふざけた, にふっと, にほ, にまた, にもなっ, にもなった, にもなりました, にもなりましょう, にも聞えた, にホテル, に一度, に二, に云いつけました, に仕掛, に仕掛け, に仕立てられる, に兵隊, に出来, に力, に努め, に努めね, に勝, に勝平, に呟いた, に命じ, に大きな, に大師, に実際, に容易, に山門, に巧み, に巻煙草入, に市川氏, に床, に引, に引っこ抜いた, に彼女, に思える, に思われた, に思われる, に想いだした, に感じた, に成った, に手筈, に抜きあげ, に斬りこん, に新しき, に新子, に明るい, に来た, に池上, に涙, に熱し, に申しましょう, に申します, に申し付けました, に畳針, に目, に空ろ, に立上がりました, に笑っ, に笑った, に答えた, に簡単, に素子, に置い, に置き, に習慣, に自分, に茶釜, に蜂, に蜜蝋, に親分さん, に角, に言え, に話した, に透った, に雪, に青く, に面, に頭上, に頼む, に頼ん

▼ 出すもの~ (267, 2.2%)

13 がある 11 か, では 8 である 7 だから, もある 6 があり, だと 5 がない, はない, もない 4 がありません, だ, です, はなかっ 3 だが, もあれ

2 [18件] あり石器土器, があっ, があった, が出, じゃありません, じゃない, じや, ですか, ですから, と信じ, と心得, と見え, なの, は出し, は出す, もあつ, もありました, もなく

1 [125件] あり, あり其事實, かさ, かな, かよ, か判らねえ, か見当, があ, があつ, がありま, があります, があれ, がなかっ, がなく, が多く, が少なく, が本来自己, が絶無, が見つからない, が親御様, さえありました, さえ多かっ, じゃ, じゃから銭, じゃねえ, じゃア, ずきも, そういうもの, だという, だにあらじ, だろうか, で, であ, であったが, でありました, であります, でありません, であり不幸, であること, であろうか, であろうという, でしょうか, ですかって, ですね, でその, でないと, で互に, で依代, で出すの, で所謂, で江戸, で私たち, で鼓, とした, としてから舞台, となり, とのみしか考えられ, と思われる, と智惠, と知っ, と見える, と観察, と驚い, なくいづれ, なく人々, なこと, なし, などもあった, なんぞは一人, にし, にてなし, に可, に比し, のない, のよう, の一つ, の像, の義務, の耳, は, はすでに, はその, はゐない, はゐなかつた, は一つ, は一人, は世間, は何, は兩眼, は出さなけれ, は卑怯, は唯, は宿無し, は少なく, は文学者, は本物, は無い, は白湯一杯, は皆, は私, は舌, は黄金, またこれ, もあっ, もあった, もあろう, もなかつた, もなし, もゐなかつた, も口, も多く, やその他生徒, や屋根, よ, より面白い, よわれ, らしかったが, らしく屋敷, をそこ, を出す, を出せ, を探した, を造り得る, を食わなけりゃ成らない, 果して幾個

▼ 出す~ (202, 1.7%)

12 がある 4 が出, が出来ない, が出来なかった, にした, になった 3 が出来た, が出来る, になつて, はならぬ, は出, は出来ない

2 [17件] あり, ができる, さえある, では, でも, など, にし, にする, になっ, になつたの, になる, は有りません, もあった, もある, もなかつた, も出来る, を厭

1 [118件] があります, ができない, ができませう, がものうい, がよく, が何ん, が出来, が出来たら, が出来なかつた, が出来ぬ, が出来ましょう, が出来ます, が出来ませんで, が出来よう, が出来相, が少, が急務, が有ります, が為政者, が苦しかっ, すらできなかった, だけはあまりに, である, としよう, となっ, となり, ともう, とカンタン, と考える, なんかもあたしゃだいすきさ, にきめた, にきめる, にしたら, にしよう, になつた, になりました, に勉め, に取り定めた, に在るらしい, に極, に極めた, に決めた, に渋々, に相成りました, に致そう, のできない, のできる, の出, の出来ない, の出費, の様, はあった, はいけない, はさすが, はしなかつたらう, はすまない, はできなかった, はひらに, はまず, はめったに, は不安, は人, は何もかも, は僕, は先づ不可能, は出来なかった, は出来る, は初代, は困難, は大佐, は大学, は大雪, は好まない, は少し, は少しく案外, は決して, は無駄, まで出来ました, もあつ, もあります, もあるでせう, もあるまい, もせられない, もその, もできた, もやあらん, もやめ, もよい, も出来た, も出来ない, も出来なかった, も出来ませんでした, も子守達, も成まじ, やら嫁, や絞る, をお, をせよ, をまとめよう, を伐る, を何とも, を依頼, を問題, を外, を好まなかった, を得ざるなり, を得る, を忘れなかった, を忘れなかつた, を惜しんだ, を根本方針, を決心, を知っ, を知った, を私, を許さず, を躊躇, 少なきを

▼ 出す~ (201, 1.6%)

5826 です 7 だね 6 じゃない, だよ 5 だからね, だと, ですよ 4 ださうだ, だもの, だろう, ですから, ですもの 3 だから 2 だとさ, だな, ですか, ですがね, ですって, でせう

1 [48件] じゃあねえ, じゃな, じゃないだろう, じゃなえ, じゃねえ, じゃねえや, だか, だからと, だからな, だが, だがなあ, だけはわたし, だこいつ, ださうで, だそう, だそおッ, だそれ, だったら内, だって, だってよっぽど, だって嫌がる, だつて, だなあ, だなと, だふつ, だらう, だろうおかしな, だろうな, だろう木, だッ, だヨ, だ有るったけ, だ朝, でございます, でしょうが, ですが, ですここ, ですつて, ですな, でなかった, でなければ, では, ならまだ, なら五十円, なら何, なら子供, やで, やな

▼ 出す~ (195, 1.6%)

6 わからない, わかりません, 解らない 4 それを, 出さないか 3 はりに, 分らない, 判らない, 知れたもの

2 [16件] して, しなければ, それが, わからない恐ろしい, わからない畜生, わからなかったの, わからん, わかりやしません, 何か, 出さないうち, 分らないから, 分らないと, 判りません, 命がけで, 知れない, 知れやあ

1 [125件] あらかじめ断わり, あるいはあの, いずれも, うっかり側へも, このけんか, さもなければいきなり, さもなければ蝙蝠傘, しずに, しれたもの, しれないと, しれないのよ, じたばた水, するよ, する所, その事, その二つ, その木山, その間の, それとも途中, それによって, それによっては, だつたが, つこうが, でなかったら日済し, でなかつたら日濟, でなければ私, どうかを, どちらか, どの道, または無, また自分, ものを, わかったもの, わかったもん, わかつたものぢ, わからず妙月庵, わからないが, わからないし, わからないぞ, わからないと, わからないという, わからないので, わからないよう, わからない始末, わからない樣子, わからなかつたの, わからねえから, わからんの, わかりませんが, わかりませんよ, わかりやしませんね, わかりやしませんよ, われ出づるか危機は, 一束出したら, 事に, 二つに, 俺だ, 僕の, 出さないかだけ, 出さないかで, 出さないかという, 出さないかに, 出さぬかで, 出さぬに, 出さねえか, 分からないから, 分らないお父さん, 分らなくなって, 分らねえべ, 分れへん, 判つた, 判らないと, 判らないという, 判らないのに, 判らない連中, 判りゃしません, 判りやしません, 動かざる二人, 危なくて, 危険で, 厭か, 又は公儀, 取るか, 噴き出すか, 困ったもの, 埋めるか, 大概見当が, 宜しい控え, 小田原へ, 少くとも, 尾張から, 庄屋を, 待って, 暫く聞い, 本を, 殿様の, 物を, 皆と, 知らぬ, 知らぬが, 知れたもん, 知れないの, 知れないもの, 知れない不安, 知れない昼夜番, 知れますまい, 知れませんからね, 知れませんよ, 知れんが, 私が, 立ち腹を, 競争だ, 聞いて, 自分が, 自殺する, 見物です, 解らないが, 解らないそれにしても, 言出す, 話を, 返答を, 逗子か, 顔を, 館林から, 高利の

▼ 出す~ (194, 1.6%)

9 違ひない 8 相違ない 7 違いない 6 きまって 5 至ったの 4 しても, ちがいない, 至った 3 きまつて, つけて, 人の, 人は, 恐れ入ますお召物

2 [13件] それとて, ちが, 付いて, 及んで, 定って, 忍びなくなった, 決つて居ります, 至っては, 至つたと, 過ぎない, 違ひありません, 限ると, 馬鹿馬鹿其樣な

1 [106件] あどう, あらず, あらずや, いけまいが, いたっては, いたれりここ, いま述ぶる, かぎる宗太, きまってるもの, きまってるわ, したつて, しては, しろね, その力, つきて, とどめて, よき機会, わかって, ヤレ逃す, 丁ど可, 先だつて, 先づお待なされ, 先手長の, 出されず引くに, 到ったの, 到つて, 到らなかつた私, 努力しない, 危険とまで, 及ばす今, 及ばず, 及ばずして, 及ばんわい, 及び申さぬこの, 名あり, 困難である, 困難でなく, 奧樣苦笑ひし, 宮は, 就いて, 就て, 就ては, 差支は, 平兵衞, 幾人いよう, 当って, 当り回顧的, 従つて風趣が, 必要である, 必要な, 忍びない, 忍びなかっ, 惡く, 方つて子規居士と, 桃の, 極っ, 極って, 止って, 止つた, 決って, 決つてる, 決まって, 牛のい, 用いる鈕, 用ゐ, 當つてこれを, 當つて仔細に, 當つて自分は, 相違ありません, 相違無い, 穀は, 終った, 耐へ, 臨みて, 至ったが, 至ったそれ, 至った理由, 至つた, 至つていよいよ, 至つては, 至つて杉本は, 至つて画壇における, 至らしめぬ, 至りしなり, 至りて, 至りました, 至ります, 至り其の, 至るかも, 至るべき無益, 至れりその, 越した事, 足らず, 輕快に, 過ぎずと, 過ぎなかった, 過ぎなかったの, 過ぎなかつた, 過ぎなくて, 適して, 適當な, 長兵衞, 難ん, 頃は, 馬鹿馬鹿その, 默つてお

▼ 出すという~ (184, 1.5%)

16 ことは 12 のは 11 ことを 8 ことが 7 ような 4 ことに, のである 3 のだ, ので, のです, 事は

2 [15件] ぐあいであった, ことも, のが, のも, ふうであった, ように, わけで, わけであった, んです, 件り, 噂が, 始末, 話で, 風であった, 風な

1 [80件] いわば, ことだ, ことである, こととは, ことな, ことについては, ことには, ことにも, その港, つもりな, ところに, のじゃ, のであろう, のでなかったら, のなら, ふうだ, ふうでありました, もの狂わしい, やり方であった, わけである, わけには, わけにも, わけは, 事も, 事や, 仕掛けである, 制度である, 前に, 動物磁気による, 古風な, 噂さえ, 噂さが, 噂さを, 大騒ぎ, 夫人の, 奴じゃあ, 始末さ, 実に奇態, 小説を, 幕だ, 弱まり崩れた心根, 強い信念, 心組でした, 手は, 承諾を, 敏活な, 方法である, 方針を, 有様であった, 段に, 段取でした, 気に, 池が, 目的の, 相談であった, 相談も, 神秘学の, 約束で, 紙一枚で, 結果に, 習慣が, 者も, 訳に, 評判です, 話でした, 話は, 話を, 調子です, 身の上にゃ, 辺から, 通知も, 音響器の, 頃には, 顔付で, 風, 風で, 風に, 騒ぎだ, 騒ぎである, 騒ぎです

▼ 出すから~ (155, 1.3%)

5 である 3 だ, 何か, 困り切るいや

2 [11件] いって, そう思え, その人魚, だよ, であった, 取り替ては, 店中の, 待って, 米を, 見て, 馬を

1 [119件] あんたたちも, いい, いけないの, いけないん, うしろへ, うまくやっ, お前が, お前さん其の, お前たちは, お前車, かなわねえね, こんな目, さう, そしたら改めて, そのつもり, その命令, その淡い, それだけ引い, それで, それに何, それを, だしが, ちょっと横, つて離れ, である土, であろうか, です, どうかこれ, どんなもの, ひとつその, ひとつ骨折つてみ, まあゆっくり静養, まア一先, みて, もうお, もうおさえ切れず, もつと, ゆずって, よろしく頼む, アヽ痛い, イヤに, オランダまで, グラノフォンの, ケンズイの, マア待ちなせ, 一つ捜し出し, 三八出さして, 下して, 不思議です, 世界人道の, 世話ない, 世話は, 中村へ, 云われるまま, 以下私は, 伴藏は, 何う, 何時まで, 作つて, 元の, 充分に, 其の後, 出ろえ, 前のと, 厄介です, 可愛がっ, 各, 嘘を, 四五日うちに, 国家の, 外資を, 奉公に, 女を, 奴隸の, 好いと, 妙だ, 嫌さ, 安心し, 家中の, 寝泊りし, 審議し, 小学校長を, 少しも喙, 己ア出, 思い切って, 急いで, 我々に対して, 我々は, 手を, 手当を, 掘らして, 文句を, 是非一つ願いたい, 是非入用, 是非犯人を, 本当に出, 来て, 枕も, 模範的な, 此処へ, 火を, 煙草盆を, 眼鼻が, 私どもにとっては, 私にも, 給仕人は, 自分で, 見方や, 読まないの, 誰か, 誰でも, 貴公は, 連れて, 雪の下と, 須美は, 頭が, 頼むよ, 飯を, 黙って

▼ 出すやう~ (150, 1.2%)

16 になつ 13 にし 10 なこと 6 な事 5 にな, になる 4 になりました 3 な人間 2 である, な聲, に, に申しませう, に遊び

1 [78件] だが, であるが, でしたが, でまる, なそんな, ななつかしい, ならば, な人, な人物, な人相の, な作り話, な厚ぽ, な大, な子供, な工合, な弊害, な心持ち, な心構, な愛, な感じ, な戰法, な手抜かり, な晩, な樣子, な気, な気持, な氣分, な目つき, な眼, な筈, な苦しさうな, な話, な調子, な間拔, な音, にこの, にしかけ, にした, にといふ手紙, にとお, にとがめ, にとすゝめ, にと太夫元, にと心掛ける, にと言つて, にと頼ん, になり, になりぬ, にぽつりぽつり, にメレアグリナ, に入口, に力, に勝平, に天井, に平次, に引据ゑられたお珊, に引越した, に心掛けたい, に心細く, に思はれる, に思へない, に感じた, に感ぜられ, に慣らされ, に成つた, に暴, に眼, に瞳, に穴, に立上がりました, に答, に致します, に親分さん, に言, に辭去, に頼んだ, に飛ん, に骨

▼ 出すので~ (140, 1.1%)

35 あつた 2 それを, 名を, 私も

1 [99件] あらう, いいこころもち, お徳, くたびれる, これを, こんな時, さえよほど, そこで前, そこで後, そのたんび, そのまま帰し, その顔, それからおまっ, それが, それより, だんだんに, ついに附添人, どうかと, どの小作, またノド, まるで巨人, もっとも目貫, もらったの, やっとわかる, よくわかった, よく知ってる, わけの, わざとアハ, わたしは, トウトウ旭川の, マンは, 一同は, 一週間と, 三吉も, 中二, 今では, 何か, 何だ, 僕は, 全国的に, 六七月と, 写真に, 出る, 初日の, 困ります, 困るの, 夢中です, 大切な, 大助も, 子供だち, 子供は, 子供を, 家から, 寒い夜道, 少しすねた, 少なからず, 屡自他, 島の, 幸子も, 心持わるく, 息子の, 慌てて, 手間がか, 救はれたい, 文学書肆の, 文芸部投票させる, 暑さ, 有つた, 杯で, 楽だ, 歌の, 殻臼だ, 海苔なんか, 清水山という, 滅多に捕へられる, 猶更, 用心に, 皆が, 眼に, 石川は, 石田が, 童顔の, 紅葉さんの, 美術の, 而も, 膝の, 自分は, 芸妓や, 落胆し, 親御さん達は, 谷には, 賑やかな, 起き出して, 車体は, 逃出す, 通りすがりに, 頭髪を, 馬も, 驚いて

▼ 出す~ (121, 1.0%)

8 いい, よい, 早いか 4 よかろう 3 宜い 2 いいそして, それは, 好い

1 [84件] あの片腕, あの男, いいし, いいどうせ, いいん, いい二人, いい真正面, いやじゃが人間一匹, ええ, この純真そのもの, これは, ごときは, ごとき意, ごとく帰りしな, ごとし, さもない, しかし眼, その前, その意見, その方法, その相談, その頭, それに, それも, それ以外の, とにかく現在, どうだ, ふと鏡, もう一人, ものは, やがてあきらめ, わに, ペテロなんかの, ポオレット・パックスといふ, マダ子役であっ, 一体わしの, 一向ピンと, 上潮始で, 他絞, 何だ, 何分宜敷く頼む, 冷泉家自身としては, 切手は, 前掲数項の, 味が, 売って, 夫人からは, 好いや, 如き仕成, 如く殆ど, 妙薬である, 妻は, 宜かろう, 小便なんか, 少分, 帝劇の, 当然だ, 情熱が, 承知か, 日本のは, 日本内地の, 早く物, 最後得, 最後電光石火に, 田舎から, 盆は, 監督協会の, 目的は, 確に, 私は, 立停っ, 結構な, 肝腎の, 若しそれ, 負けぬ魂, 貴公が, 近く寄つて物の, 逃出そうにも, 金で, 間もなく次第に生き生きと, 雜誌原稿の, 離室へ, 食い道楽で, 鶏なんか

▼ 出す~ (109, 0.9%)

2 にはいつも, にはその, には大, に添える, に私, も同じ

1 [97件] いつも私, から出来る, が一寸, が彼, が来た, が来る, が見付かりません, きっとそんな, この役, その女, その序文, その焔, その肩, その辺, だと, でで, ではない, なんかおかみさん, なんか金, にいつも, にぜひとも, になっ, にはいくら, にはかならず, にはこの, にはすでに, にはそれ, にはもう, にはもうゴチャゴチャ, には例, には大人, には女, には孔明, には御, には歯, には湯沸し, には父, には片手, には訂正, には隠, には骨付, にふと, にも十人, にも大概, に何, に便利, に君, に商売道具, に普通, に本郷, に決して, に牛乳五勺, に生じた, に粉砂糖, に起る, に限っ, に随分, の, のあの, のいかにも, のこの, のよう, の事, の心持, の有, の気持, の足, はいつも, はそこ, は五千本, は何, は多く能, は大抵, は富右衞門, は己, は平次, は来ぬ, は無理, は牝一疋, は特にあらためて, は皆, は背, は誰, は足, は門, ふと幅, または, までは自分, も, もあった, もあの, もそう, をいい, を待っ, 些かふてくされたる, 即ち実在, 薄く切っ

▼ 出す~ (97, 0.8%)

5 がある, はなかっ 4 があった, がなかっ, もありません, もない 3 がない, もある, もなかっ, もなかつた, も居なかつた 2 があります, はない, もあれ, もなく

1 [48件] あれど, があっ, がいた, がなかつた, がなくなり, が付い, が勝手, が又, が多く, が後, が村, が生れる, が続々, が起りました, では, なきや, なし, なし此時末座, なぞがある, などあった, にち, にちがい, に限っ, に餞別, のほとんど, の影, の様子, はありません, はあるまい, はいったい, はいない, はその, はほとんど, は完全, は実に, は弁信法師, は徒一年半, は斬り伏せい, は杖一百, は無, は無い, もあっ, もあった, もあり, もなくなっ, も居なかった, を止め, を見る

▼ 出すため~ (91, 0.7%)

2 である

1 [89件] さ, じゃない, その弟家族, だろうか, であり無, であり無為, でなければ, ではない, とか申しまし, とてする, に, にあんな, にか, にその, にただ, にはかかる, にはこの, にはただ, にはよく, には一通り, には下腹部, には使用, には小さな, には必ず多少, には熟語, には理論的, にまた, によまれる, によりましょう, にわざわざ, にハンドル, に一区切り, に之, に人, に他, に何, に其の, に十九世紀, に外, に大金, に小, に少し, に帶封, に彼, に心臓, に思い切っ, に或は, に撮る, に数値, に是非必要, に書いた, に机, に武器講, に水アメ, に活動, に火打, に火熱, に生まれ, に畳まれ, に白, に窓, に立ち止まった, に行われた, に買った, に費される, に賄, に過ぎなかった, に達磨, に遺稿, に都市, に附けた, に陰, に黒い, のえさ, のたかい, のところ, のまくら, のケーブル, の争闘過程, の呪文, の手段, の打算, の水運, の矢, の薬, の道具, の難産, ばかりで, よりもかえつ

▼ 出すかも~ (83, 0.7%)

17 知れない 7 知れないが 5 知れません 4 しれない 3 知れないと, 知れぬ, 知れねえが 2 わからないから, 分らない, 知れないね, 知れないわ, 知れませんよ

1 [31件] しれないこと, しれないそんな, しれないと, しれないとさえ, しれないの, しれなかった, しれぬ, わからない, わからないでは, わからないもの, わからなかつたの, 分からなかった, 分らないと, 知れずまあ, 知れず富士, 知れず筑波, 知れないから, 知れないし, 知れないそう, 知れないよ, 知れないん, 知れない事, 知れない今, 知れない生れ, 知れない第, 知れない自分自身, 知れねえ大方そう, 知れませんもの, 知れん, 知れんよ, 解らない

▼ 出すところ~ (80, 0.7%)

8 だった, でした 3 だ, だつた 2 であった, でない, を見た

1 [52件] からその, から火, から霹靂火, があっ, があり, がなく, だが, だったのよ, だつたぞ, だと, だよ, である, でしたが, で惜しくも, で終り, などでも何, などは現代風俗画, なり, にある, に妙味, に日本, の, のもの, の一大技師, の戦争的準備, の物語, はない, は奇観, は此山, は相当, へ梁福, へ茣蓙, まではまだまだ, まで行っ, もできた, をうつむいた, をつえ, をまた, をみつかっ, をパン, を丸本, を二両, を写真, を吉凶, を夫人, を彼等, を後, を私, を聞い, を見る, を飛付いた, を黒猫

▼ 出すかと~ (66, 0.5%)

10 思うと 5 思って 4 思えば 3 思ふと, 胸の, 苦めて 2 思いの, 思つた, 思われるよう

1 [32件] お徳, じりじりし, そんなこと, たずねて, だまって, みて, 三吉は, 云いますので, 云ふ, 今更の, 待ったが, 待って, 待つて, 待構える, 思いましたが, 思う, 思うて, 思う時分, 思う間, 思った, 思ったらまご, 思った子, 思つ, 思はる, 思はれるほど, 思ひながら, 思ひ乍ら, 思われるばかりに, 思われるまでに, 疑われん, 非常に, 黙つて其話

▼ 出すわけ~ (66, 0.5%)

4 にも行かず 3 では, でも, にはいきません, にはゆかない, にも行かない, にも行きません 2 である, にはいかず, にはいかない, にはゆかぬ, には行かない, にもゆかず, にも行くまい

1 [30件] じゃありません, だ, だった, であります, でしょう, ですよ, でそういう, でなし, なの, にいかない, にいかぬ, にはいかぬ, にはゆきません, には参りません, には行か, には行かなかつた, には行かねえ, には行きません, にもいかず, にもいかない, にもいきますまい, にもいきません, にもならず, にもゆきません, にもゆくまい, にも參, にゃ行かぬ, に行かなかった, はない, もある

▼ 出すといふ~ (65, 0.5%)

8 ことは 4 ことが 3 やうな, 話を 2 場合には

1 [45件] ことに, ことも, こと次に, のか, のが, のである, のです, のは, やうに, やり方も, わけで, 上では, 事だ, 人物を, 件り, 偶然性を, 先年沢田正二郎が, 努力と, 危険は, 名代の, 場合にも, 始末だつた, 心組でした, 念入りな, 意義は, 感傷は, 所に, 時にな, 時に吾, 有様で, 有樣, 様に, 樣に, 法は, 滑稽さで, 癖を, 術も, 話で, 運びと, 風である, 風です, 風習が, 風説が, 騒ぎである, 騷ぎに

▼ 出すつもり~ (61, 0.5%)

2 だ, だった, だったの, であ, であった, である, でいる, なん, 生きて

1 [43件] か, かい, か知らない, か知らん, がぐらぐら, が日劇, じゃない, だったろうこの, だったん, だつたやう, だよ, だらうと, であったが, であると, であろうけれども, でいた, でこれ, でしたの, でしょう, です, でせう, でそれ, で四五百円, で外, で小さい, で居ります, で幽霊, で新聞紙上, で日暮里, で行った, で関東軍, で障子, とも見られる, なし, にし, に違い, のやう, の声, はなかつた, はなく, は毛頭なかっ, もなく, らしい

▼ 出す~ (58, 0.5%)

5 がある 2 があっ, であった, なんで, はない, は常に

1 [43件] あるにより, かえ, かな秀吉飛鳥, があります, がいたら, ができたらしい, が今後, が壇上, が有, が自分, さえあれ, だ, だった, だろうかと, であ, でご, でござんす, でないと, でもない, とが同じ, なら同様, に, にそれほど, のやう, の多い, の寂しい, の心理状態, はねえだ, は一人, は少く, は相, は誠に, もあっ, もあつ, もある, もいない, もない, もないだろう, も折節, や私, よりはとかく, よりよっぽど, 預け入れる人々

▼ 出すには~ (57, 0.5%)

3 出したが 2 どうする, 遠くまで

1 [50件] あたり前に, いくら慣れた, おあつらえ, お前の, お寺の, この上, その夜, それで, それより, たしかに一種, ともどもに, どうした, どうしたら, どの位費用, まだすこし早かっ, ギバ太陽灯を, 一旦松本, 一番鳥が, 二十人前に, 今は, 仔細は, 余りに恐しい, 余程の, 元気が, 先ずこんな, 出した, 出したけれども, 出したわ, 出しましたが, 出すだけの, 及ばぬこと, 可なり骨, 名人を, 大変な, 妙法であろう, 寛ぎが, 広告チラシも, 張上げる声, 心が, 必ず家, 方程式の, 気恥ずかしい, 矢張り其れ, 至らぬであらう, 調べ考え, 適当な, 閑靜なる, 隨分無理な, 顔を, 餘程の

▼ 出す~ (53, 0.4%)

10 に玉子 2 に, にこの, に例

1 [37件] だったこと, ちょっと綺麗, ですから, にあきれ果て, にお, においてすでに, におじいさん, におれ, にする, にそっと, にその, には万事, にまず, にまだ, によく, に一冊一冊, に一度, に事, に今, に伜, に何度, に君, に平次, に思つた, に急, に持っ, に於, に母, に沁み出し, に湯, に神戸方, に臨機, に自分, に身, のこと, の人間, 迄ね

▼ 出す~ (52, 0.4%)

4 になった

2 [11件] がある, がしない, になれない, になれなかった, にはならなかった, にはなれなかった, のない, はありません, はない, もなく, 遣は

1 [26件] かわかりません, がせず, がない, がなくなった, がなくなる, だ, でいる, ですが, なの, なら何, になつ, になつたの, にならないだろう, にならん, になれまい, にはなるまい, にはなれず, にはなれなかつた, にもなりましょう, にもなれなかった, にもなれねえ, の別所信濃守, は全然, は少し, もつかず, も起らなかった

▼ 出す必要~ (47, 0.4%)

8 はない 6 がない 5 がある 2 があっ, もなく

1 [24件] があった, があつ, があらう, がありましょう, があろう, がどこ, がなくなった, が往々, が来, ないわ, に迫られる, のない, はありません, はあるまい, はその, はないでしょう, はなかつた, はなかろう, は少し, もあった, もない, も認めない, をその, を認めなかった

▼ 出すのに~ (46, 0.4%)

1 [46件] あのくらい, あの位時間, この上, これだけは, こんな時節がら, それだけ余計, それでは色気, それを, たいへん骨, どうも一人ぢ, どれに, なにか, ほかの, むす子, 三晩も, 世話を, 五十兩といふ, 人間の, 何が, 俺一人それが, 兄や, 内務大臣の, 出来ること, 十二人の, 協力した, 困難である, 大した叡智, 大なる, 嫁が, 就て, 心臓が, 成功した, 投出した, 樺太の, 櫺子から, 毎日日和ばかりを, 池上は, 目を, 眠るとも, 私の, 自分だけ, 蝶は, 覚えず耳, 違ひない, 遠慮を, 骨を

▼ 出す手紙~ (45, 0.4%)

4 の中 3 を書い 2 です, の代筆

1 [34件] かも分らなく, だったので, って出鱈目, でなるべく, なの, にはきっと, には定, には自分, にも一々, のいくつ, の上がき, の文句, の文案, の材料, の端, はおそらく, はなかっ, はみな遮断, は保存, もやはり, も健康, をあなた, をしたため, をしたためました, をポスト, を一々, を喜ん, を忙しい, を書き, を書き続けた, を裏庭, を記す, を認める, を郵便局

▼ 出すとか~ (43, 0.4%)

3 出るとか 2 何とかいう, 出さないとかいう

1 [36件] あかんべい, あるいは種々, あるいは陶器, いうから, いって, ここへ, しそう, それとも絵, どっちでも, なんとか方法, また手, よしやそれほどの, 人に, 何か, 何とか言つて, 内職的に, 出さぬとか, 出さぬとかいう, 出るとかいう, 友達の, 唇を, 家から, 展覧会とか, 征討大将軍を, 恩給を, 或は種々, 手古舞に, 放免された, 朝草の, 検査を, 現在生存し, 縁側を, 肉体は, 野良犬の, 頭の, 鮎で

▼ 出すとき~ (39, 0.3%)

1 [39件] いつもここ, かない, かねえよ, か入れる, がある, がそれ, が必ず, この閑寂, そういう事態, だけに必要, でもなかっ, にい, にかならずちょっと, にはこっち, にはや, には実家, には專門學校, には左, には彼, には日本語, には部下, には風呂敷, にもそれ, にやっと, に誤っ, に馬車, のこと, はえら, はもう, は佐賀県東松浦郡玉島村, は何だかいかにも, は脚, ひきつったきりぎりすみたい, まった, まであぶら, や入れる, 入れるよう, 軽々しい足取り, 驚くばかり

▼ 出す~ (37, 0.3%)

3 な事 2 なもの, な気, になつ, になる, に門

1 [24件] な世, な地中海, な大, な悪夢, な折, な日, な汗, な汽笛, な訳, な調子, な風, にし, にする, にと気, にもなつ, に坂, に張っ, に悲しい, に燃え, に相称形, に真赤, に繰り出され, に見えた, 漸くこれ

▼ 出すなんて~ (36, 0.3%)

3 ことは

1 [33件] あたしゃこれで, あたしゃそんな, あの爺さん, あんた先さまが, あんまり人, いうの, いつの, いふ了見, えの, おかしいよ, お前さんは, ことが, ことよりは, こと出来る, こと當てに, そりや, それで大家, のは, のも, 不謹慎じゃ, 事は, 何か, 奇蹟だ, 意地わるね, 正気の, 浮いた気持ち, 浮いた氣持ち, 火鉢に, 私共には, 考えても, 酷い仕打, 面倒だ, 鵞鳥隊の

▼ 出す~ (34, 0.3%)

2 がある, がない, はなかっ, は持っ

1 [26件] がなかっ, がなく, が全く, が出きれない, が湧き, ぐらいに相当, さえない, さえなかっ, さえなくなっ, で空中, ならあるの, には自ずと, のある, のせゐだから, の恐ろし, の養成, はほとんど, もなくなり, も持たなかった, も社会的習慣, も騒ぐ, も騷ぐ力, をかりに, を全く, を失っ, を持つ

▼ 出すほど~ (31, 0.3%)

2 大きく眼, 嬉しくうす氣味わる

1 [27件] あつて, いろいろな, うまく思いつく, その深, でも, な情, みじめに, 危険な, 叱り付けて, 嬉しくうす気味わる, 室内は, 家族同様な, 彼も, 忌に, 我々には, 本気で, 気が, 由良は, 痛かった, 私は, 納豆は, 良いもの, 若くも, 見ひらかれ口, 見開いて, 踊って, 隈なく

▼ 出すまでも~ (31, 0.3%)

2 ない, なく一見

1 [27件] ありません, ありませんが, ありませんでした, あるまい, あるまいよ, ないが, ないこと, ないという, ないな, ない何処, なくかれ, なくこの, なくこの世, なくまた, なくわれわれ, なくガラッ, なく世界, なく今, なく伊那, なく何時も, なく古く, なく樽野, なく現に, なく芥川, なく開港以前, 一気に召捕っ, 無からう

▼ 出す~ (31, 0.3%)

5 はない 32 がない, のもの

1 [19件] がねえそいつ, が無い, だから, だった, であ, であったの, であったのに, であろうと, と考へ, なの, のある, の僕, の者, の金, は御座いません, は無い, もない, もないでし, もなし

▼ 出す~ (31, 0.3%)

6 になる 2 である, になっ

1 [21件] いつのまにかそっと先, からは赤蛙, からもう, から恭一, から間もなく, が丁度, すぐ上, その子, であった, で昭和十七年おぼろ夜, となりました, になつて, には再び, には風呂所, に祖母, の父無し, の美し, はいくら, までひたぶる, 初めて私, 如何なる天道様

▼ 出す~ (30, 0.2%)

2 久八は, 見て, 見る折

1 [24件] かしな, みる汝笑, コレ, 仁左衞門は, 例と, 半四郎は, 受取って, 受取り中, 受取り見て, 合点の, 多助は, 女房も, 嫌いだ, 小花側より, 山三郎は, 左右と, 後に續, 得ば, 羊と, 聞けば, 肯は, 見, 貫一は, 送り出し広小路

▼ 出す~ (29, 0.2%)

2 まあ遠慮, 天公事を

1 [25件] この笹, これ鉄蔵という, ベロアル・ド・ヴェルヴィルの, 予の, 伝説として, 何の, 其大岡殿勤役中屈指の, 出すは, 勝利の, 十一二の, 古白と, 国家に対する, 彼藥種屋, 斯, 曹操に, 牡丹奇縁の, 甚だいかん, 磨動きや, 禮法に, 能, 若輩に, 見違, 誤りである, 身姿も, 造作もねえ

▼ 出すにも~ (28, 0.2%)

2 及ぶまい, 忍びない

1 [24件] かかわらず今夜, そういう胸, びくびくと, ほんのちょっぴり, 一人, 一貫目につき, 並大抵の, 以前ほど, 伐り出せないところ, 似合わずなんだか, 出されないよう, 出せなかったし, 及ばない夫人, 及ぶまいかと, 及ぶまい位, 当たるまいからな, 当るまいと, 彼は, 慄然と, 日の, 訊き出しよう, 足を, 造作も, 金融通帳なる

▼ 出す~ (27, 0.2%)

1 [27件] あなたは, うつかり, するので, どっちに, また誰, むろんお, もしそれ, わたしは, エミ子さんは, 一太も, 丸一年には, 事件の, 化学作用も, 古田さんは, 土地が, 岸には, 弱い電流, 後から, 成功したら, 洛陽の, 爺さまも, 神風さんは, 空地を, 自由主義者は, 表へ, 鵞鳥なら, 黙って

▼ 出すとも~ (27, 0.2%)

2 なく, なくそれ, なく思ひ出し, なしに

1 [19件] いうだけ, するが, どうとも, なくこんな, なくさ, なく三人, なく丑松, なく二人, なく出し, なく周囲, なく小野, なく正門近く, なく浮ん, なく無意識, なく鶏, 一人も, 一時間に, 出さないとも, 言わなければ

▼ 出すその~ (26, 0.2%)

1 [26件] いでたち, うちにも, 上に, 使者は, 光景を, 効なく, 口ぶりから, 口振り何と, 味を, 奥の, 妙処を, 家の, 時に, 時遅く, 次には, 無邪気さは, 状猫の, 玄妙なる, 窖の, 箱を, 糸の, 膓には, 英雄は, 荘館という, 途端に, 顔が

▼ 出す~ (26, 0.2%)

6 がある 2 が屹度, だが

1 [16件] か, がいる, が出たら, が有る, だ, だろう, と死に, なんかありゃ, は, はいつも, もある, もいる, もねえ, もゐる, も出す, 怒鳴る奴

▼ 出すもん~ (25, 0.2%)

64 だから 2 じゃない, ですか

1 [11件] かい, かね, じゃあねえ, じゃねえっていったじゃねえか, だ, だからね, だが, で, です, ですからね, ですよ

▼ 出すより~ (25, 0.2%)

5 外に 2 外ない, 外は

1 [16件] ずっとうれしい, ずっと以前, ほかに, ほかは, 仕方が, 先に, 其の方, 大変です, 容易いこと, 廃れて, 書留の, 田地の, 膝栗毛を, 自分たちの, 自分の, 静かに

▼ 出す~ (24, 0.2%)

4 になりました 3 になつ 2 だつた

1 [15件] かわかりません, がある, だつたか, だつたん, だつた相, だらう, づかひも, づけえはねえが, でゐる, なん, になつたのさ, になつたん, にもなりません, にもなれず, も無い

▼ 出すと共に~ (23, 0.2%)

2 今までの

1 [21件] あちらの, あるいはその, お杉, この返辞, その白い, またそこ, 一方庄司署長, 一種の, 何処から, 何處から, 例の, 八郎太が, 後ろ捨身に, 手を, 抛り出して, 敵愾心を, 昔し, 此の, 畜生の, 空に, 足踏み荒く

▼ 出すやら~ (23, 0.2%)

1 [23件] あっけに, いかにまい, で, ヤッサモッサ捏返し, ロオプに, 仕事を, 全く忠実, 刎釣瓶の, 坊主と, 大さわぎ, 大騒ぎを, 奇術師は, 女中の, 屋根では, 座蒲団を, 清麿が, 火事頭巾で, 無銭飲食を, 病院まで, 知れたもの, 筋向かいの, 訳が, 阿母さん

▼ 出す工夫~ (23, 0.2%)

5 はない 3 はありません 2 もありません

1 [13件] がつかなかつたら, がなかつた, が必要, であった, と努力, は, は見付かりません, もあるだらう, もなく, をし, をしなけれ, をしました, を廻らさね

▼ 出すだけの~ (22, 0.2%)

2 事である

1 [20件] ことでしょう, ことを, まったくひま, ものを, もんだ, 仕事だ, 余地が, 余裕と, 力は, 勇気が, 勇気は, 子供っぽ, 学問の, 手際が, 材料が, 熱心が, 目ざまし時計より, 組織者先頭に, 身軽さが, 金は

▼ 出すとは~ (22, 0.2%)

1 [22件] あまりお, いって, おかしいじゃ, おどろいた, ちょっと気が付かなかった, なかなか味, 不思議千万である, 不都合なり, 云つたもの, 思うけれど, 思わなかった南, 情けないこと, 無礼至極な, 縁起が, 芸術の, 見下げ果てたやつ, 言は, 言や, 言わなかったぜ, 運命の, 限らない, 飛んで

▼ 出すほどの~ (22, 0.2%)

1 [22件] ことで, ことを, ものさえ, 事件では, 余力が, 儲けも, 勇気が, 勢が, 可笑しさ, 名声を, 問題では, 子供で, 年配である, 心に, 惚ろさ斯く, 愛嬌も, 時候でも, 決心も, 涙が, 著述では, 過剰な, 馬鹿でも

▼ 出す~ (22, 0.2%)

2 なめ尽す

1 [20件] あまねくひろまった, この渓谷, だによ婆ア様, である成人, にし, のふざけ, の事柄, の力, の恐怖, の烈しい, ふえる, まとまつたもの, もそり返る, 何ともいえぬ, 其の苦痛, 恐ろしいの, 暖かだった, 綺麗に, 美しい晩, 長評定

▼ 出す~ (21, 0.2%)

2 では, もソレ五万両

1 [17件] がい, がいい, がこの, がはるか, がよい, がプロバビリティ, が出し, が出来, が容易, が早い, が面白い, で皆, の口, は却って, は案外, や, をいやがる

▼ 出すだけ~ (20, 0.2%)

2 だ, である, では

1 [14件] その痛々しい, だった, だったが, だな, であったが, でいくらなんと, でただ, でなくそれ, でなく文化部, で学問的, で眠りつづけて, で祖父, で誤認, なら人目

▼ 出す~ (20, 0.2%)

2 しるべからず, 出さぬも, 畢竟日本国

1 [14件] ありあるいは, あるです, いさ, もの憂や, よろしい, 出さねえも, 出さんも, 出しにくき, 小児を, 己れ, 殆ど客稀れ, 無惨な, 畢竟日本國, 退くも

▼ 出す勇気~ (20, 0.2%)

3 がなかっ 2 がなかつた, もなかっ

1 [13件] がありません, がない, がなく, さえなかっ, すらなかっ, だって, なら男, はなかつた, は起っ, もない, も真実, も起りません, を欠い

▼ 出す~ (20, 0.2%)

3 な氣

1 [17件] な一つ, な事, な味, な大, な妙, な感覺, な汽笛, な眞, な聲, な魅力, にとその, になつて, になり, に仕, に成つた, に燃え, に見えた

▼ 出す~ (20, 0.2%)

2 が忍び笑

1 [18件] あり, がきこえ, がし, がした, がしました, が忍び笑い, だ, だけでも周囲, でも聞える, と一緒, と全く, などがし, などはことに, に因った, はこころよし, は変りません, は昆虫, を聞い

▼ 出す~ (19, 0.2%)

6 あらう 4 せう 1 あらうから, あらうと, い気, お前も, せうジエィン, せう口惜しい, そのほう, 一応画家, 勝手口の

▼ 出す~ (19, 0.2%)

12 否や 1 これ稀有の, ちん鏘然, 匍匐ひ入る, 否やすぐ, 否やつまずいた, 恰も滝, 賢明な

▼ 出すはず~ (18, 0.1%)

4 はない 2 がない, もない 1 がある, だったが, でありました更, である, なり, の, のこと, の書類, はございません, もなく

▼ 出すまで~ (18, 0.1%)

3 待って

1 [15件] そこに, たしかに突っ, 二十日ほども, 呼びも, 国へ, 坐るひま, 彼女は, 待たなければ, 待つこと, 暫らくの, 殆ど口, 火を, 皆忘れ, 英語の, 誰も

▼ 出すまでは~ (18, 0.1%)

4 殆祈る 3 忍んで 2 私は 1 そういうこと, どんなにあなた, ケチな, デンマルクノルウェイも, 亀安の, 包めるだけ, 執拗に, 少しも, 殆ど祈る

▼ 出す~ (18, 0.1%)

1 [18件] あり, ありて, かも知れない, があるだろう, だった, であらう, である, でした, でナア, には人々, のあの, の左, の案書, は両神神社, へ盗難, を九助, を横切る, を聞

▼ 出す~ (17, 0.1%)

2

1 [15件] その辺, つて言う, まだレフレクション, ッて, ッてえ, 万の, 不祥な, 云うこと, 今度は, 八, 其邊には, 動いて, 手前は, 氣味の, 黙ってろ

▼ 出す~ (17, 0.1%)

2 に彼女

1 [15件] に, にいつも, にそれ, にちょうど, になぜ, に人通り, に何, に僕, に先, に十字, に手紙, に持前, に水, に立腹, に自責

▼ 出す機会~ (17, 0.1%)

1 [17件] がない, がなく, が自然, さえなかっ, はなかつた, は与えられない, は無い, もなかっ, も起らなかった, をとらえる, をも失っ, を与, を失わせ, を得ず, を持っ, を狙っ, を覗い

▼ 出す~ (17, 0.1%)

5 がある 2 のある 1 がありました, がこの, がつい, がついた, だつた, であった, で打解け, に, になっ, を有っ

▼ 出す~ (16, 0.1%)

2 を聴く

1 [14件] お辻稍, が後ろ, が聞えた, が聞えました, だ, であるところ, でないと, で伸子, の中, は如何, は岩間, も聞える, や啜り上げる, を聞く

▼ 出す~ (16, 0.1%)

2 に特に

1 [14件] であったが, にしか動い, にどれ, にはあの, には断たね, にインカ帝国, に何気なく, に無, に無用, に翼, に苦心, のもの, の神秘, の立派

▼ 出す~ (16, 0.1%)

1 [16件] から男, がある, が出, だから, だと, である, でしょう, でなかった, でなかつた, で事件, などがある, なんか相手, の別れ方, の群, はない, まで出

▼ 出すからと~ (15, 0.1%)

2 云うので, 云って

1 [11件] いうこと, いうて, いうので, いって, いふだけ, 云つた, 云つて置きました, 仰っても, 用意を, 聞けば, 言つた

▼ 出すそう~ (15, 0.1%)

3 だが 2 だ, である, 彼は 1 して, だよ, で, ですから, ですが, で多分

▼ 出すなと~ (15, 0.1%)

2 いうん

1 [13件] いったよう, いわれたマン, この父, さっき君は, それで, 云うん, 云われて, 嘲けって, 帆平がどなり返し, 熟, 言って, 言わねえこと, 遺言した

▼ 出すばかり~ (15, 0.1%)

3 であった

1 [12件] だ, だからね, だった, で, である, でした, でなくそれ, でなく中, でなく互に, で最終, で熱, 家を

▼ 出す~ (15, 0.1%)

1 [15件] だが, です, でそれ, でどこ, なこと, なもの, なら出さないで, な事, にしかその, にまでなつ, に詰め, の人, の所, は人竝みな事, ゐ

▼ 出すくらい~ (14, 0.1%)

2 だから

1 [12件] であった, で万事, なこと, ならあの, ならなぜ, なら厚和あたり, なら憚, なら最初, なら銀行, なら黙って, 何でも, 驚き惑っ

▼ 出すごと~ (14, 0.1%)

2 に妹, に私 1 にこう, にこの, にぞつと, にひどく, に一代, に僕, に平次, に断片的, に書き留め, に結果

▼ 出すまでに~ (14, 0.1%)

2 間が

1 [12件] お島, こちらも, だつて判, つ, どの位, なった, ならなければ, なりました, 何度試みを, 充分な, 到ったから, 我が意

▼ 出すまでには~ (14, 0.1%)

1 [14件] いたって, かなりの, かなり長い, この女, だいぶ時間, どの位, また新しい, もう幾年, 到つて, 半日か, 幾夜と, 立派に, 至らなかった, 離縁の

▼ 出す~ (14, 0.1%)

1 [14件] とは同じ, なの, になる, になれ, に夫, の朝雲みたい, はその, はない, はまだ, はよく, まで犯した, も近づいた, を予告, を待っ

▼ 出すたび~ (13, 0.1%)

3 にぎゃあ, に自然 1 に三四度, に侮蔑, に徐々に, に空恐ろしい, に腹, に苦しまぎれ, に達人

▼ 出す場合~ (13, 0.1%)

2 がある

1 [11件] があつ, が多, が見当らなかった, にかかる, に於, はむしろ, もある, も少く, も彼, も稀, をそのまま

▼ 出す~ (13, 0.1%)

2 はない

1 [11件] が戦え, が棘, に見向き, はまた, は絶対, や足, をお, を取つ, を握っ, を軽く, 炙りの

▼ 出す~ (13, 0.1%)

2 にも行かない, に行く 1 には参りません, には往かず, には行かない, には行かぬ, にもゆくまい, にも行かず, にも行か無, に行くまい, もなけれ

▼ 出すなり~ (12, 0.1%)

1 [12件] この始末, さう, して, その蓋, と丸官はん, 大きな声, 娘たちの, 彼は, 旗竿を, 狂人の, 直ぐに, 若者たちは

▼ 出す~ (12, 0.1%)

3 まだ今時分 1 すがにも, すがの, た者, つて貰う, 五十両, 君, 店へ, 歩きながら, 私だ

▼ 出す方法~ (12, 0.1%)

1 [12件] がある, で別に, の無い, は, はありません, はこの, はない, は割り出す, も附か無い, を立てる, を考えなけれ, を長らく

▼ 出す権利~ (12, 0.1%)

4 はない 2 がある 1 があります, がない, さえ無かっ, は君, は断じて, を自分自身

▼ 出す~ (11, 0.1%)

1 [11件] うして, うであるが, うです, うですね, おの先に, へにぞつと, へ堪へられぬ, へ彼, へ錆びた, 此処へ, 雲田屋我鬼兵衞

▼ 出す様子~ (11, 0.1%)

1 [11件] であった, でした, で道場, などを眺め, はまことに, は見えなかった, も知らん, を思い描いた, を見せなかった, を見守る, 因って

▼ 出す積り~ (11, 0.1%)

2 はなかつたらしい 1 だつたが, だよ, だらう, であったなっ毒婦, ですよ, で小さい, で席, で来た, で蝋燭

▼ 出す~ (10, 0.1%)

21 それが, ぢさんの, にくという, 今の, 光が, 島を, 手紙を, 竹の

▼ 出すじゃ~ (10, 0.1%)

8 ないか 1 ありませんか, ございませんか

▼ 出す始末~ (10, 0.1%)

3 でね, なん 1 だ, であつ, で他人, なの

▼ 出す時分~ (10, 0.1%)

2 になっ 1 から私, だと, には受け取る, には大抵, には御, には必ず, には鮫, に僅

▼ 出す~ (10, 0.1%)

3 がない 1 なんかありやしません, なんか無え, もありゃしません, もありやしません, もない, もなかつた, もなく

▼ 出す言葉~ (10, 0.1%)

1 がどう, だつた, で様子, の調子, はこれ, は何, は知識, をほぼ, を一寸, を知らざりき

▼ 出すくら~ (9, 0.1%)

3 ゐに 2 ゐであるが 1 ゐが, ゐなもの, ゐの, ゐは

▼ 出す器械~ (9, 0.1%)

2 だ, に相違 1 かなんぞのよう, だった, のよう, を操縦, を混ぜ

▼ 出す~ (9, 0.1%)

3 はない 2 に術 1 になかっ, には能, に道, は無い

▼ 出す子供~ (9, 0.1%)

2 のよう 1 が, だった, なぞがある, の世界, の声, の時, をちよいちよい

▼ 出す~ (9, 0.1%)

1 に信一郎自身, に可笑し, に嗔恚, に斯く, に男, に真先, に私, に翻訳, に薄皮

▼ 出す~ (9, 0.1%)

2 がある 1 がどうせい, ですか, をする, を書いた, を渠, を静か, を面白

▼ 出す~ (9, 0.1%)

1 がまるで, でなく眞心, と川札, はわし, は猶, もない, や筋, をこの, を集め

▼ 出すかを~ (8, 0.1%)

2 一心に耳 1 不安に, 予測する, 定めるため, 待って, 待つて, 試すこと

▼ 出すさえ~ (8, 0.1%)

1 きまりが, 忌わしいのに, 恐ろしそう, 恥じを, 無念至極の, 煩わしげ, 生々しい, 錆びた小刀

▼ 出すといった~ (8, 0.1%)

2 ような, 風の 1 のが, 一時の, 性分でも, 気持では

▼ 出す元気~ (8, 0.1%)

1 が出なかった, さえありません, など勿論, は出なかつた, もないだろう, もなくなっ, も無い, を失った

▼ 出す~ (8, 0.1%)

1 があった, があります, がたまに, であるから, で実に, には親類, の物入, もあり

▼ 出す自分~ (8, 0.1%)

2 の悪魔的 1 の写真, の心, の體, の高慢, も落, を豹一

▼ 出す計画~ (8, 0.1%)

1 があった, が追加, であつ, である, なの, のうち, もあった, 又もち

▼ 出す~ (8, 0.1%)

2 がない 1 が見つからなかった, さえない, の有, もありやしません, もなく, も無

▼ 出すこれ~ (7, 0.1%)

1 が巡, は嵯峨塩道, は済みません, も終り, より勉強, を聞い, を見る

▼ 出すころ~ (7, 0.1%)

1 から大屋, から漸く, ちょうど青髪山, になる, にはあたし仲町, に彼, に棺

▼ 出す~ (7, 0.1%)

3 やありません 2 やない 1 や, やございません

▼ 出すって~ (7, 0.1%)

1 いうなら誰, 云うそう, 云って, 云ってるの, 本当にいい, 約束し, 言いますぜ

▼ 出すなよ~ (7, 0.1%)

2 八, 馬鹿だ 1 みっともない, 虫が, 蟲が

▼ 出すについて~ (7, 0.1%)

1 これは, その稽古, ようすを, 何程でも, 前の, 序文を, 私は

▼ 出すまま~ (7, 0.1%)

1 にいろいろ, にくり, にこの, にとり出し, にわたくしたち, に一つづつ可申述候, に書け

▼ 出す人間~ (7, 0.1%)

1 がいる, が世間, だが, ではある, は少く, ばかりだ, を吾

▼ 出す以上~ (7, 0.1%)

1 にはこの, は僞, は学校, は自分, は駄目, まさかその, 多少の

▼ 出す場所~ (7, 0.1%)

2 を探し 1 じゃない, じゃねえ, じゃねえ引っ込ん, ではない, を十五カ所

▼ 出す~ (7, 0.1%)

1 であった, ではなかっ, のひと, の声, の姿, の話, もゐた

▼ 出す~ (7, 0.1%)

2 になる 1 になっ, になったら, になつ, になれ, 取に

▼ 出す相談~ (7, 0.1%)

2 してな 1 がある, がきまっ, で地獄, のある, をし

▼ 出すとて~ (6, 0.0%)

1 せっせと茶, やがてお, 三ツ歯の, 予に, 余にも, 自ら買出しの

▼ 出すどころか~ (6, 0.0%)

1 した, 大いに怖, 心は, 絶対に, 身動きも, 顏を

▼ 出すなど~ (6, 0.0%)

1 とんでもない, ふざける, 危険千万, 大いに意気, 色々趣向, 言った

▼ 出すのみ~ (6, 0.0%)

1 その感激, で実に, で生ぬるい, で革命, ならず御, 厚き木綿

▼ 出すひと~ (6, 0.0%)

2 だわ, も出す 1 がある, もあらわれ

▼ 出すよりは~ (6, 0.0%)

2 家に 1 ときどきさう, 一人で, 増しぢやあありません, 屋敷へ

▼ 出すよりも~ (6, 0.0%)

1 わっし, 他国に, 半日位間を, 寧ろ同居, 拾ひあげる, 更に尊い

▼ 出す~ (6, 0.0%)

1 だに何だい, などをうまく, のもの, の岩壁, の精神上, もある

▼ 出す機會~ (6, 0.0%)

2 を有 1 は少ない, を作る, を捉, を與

▼ 出す気持~ (6, 0.0%)

1 が起らん, で稀, になれない, の感傷的, はなくなった, は何とも

▼ 出す用意~ (6, 0.0%)

1 がない, は出来, までし, をし, をした, をする

▼ 出す習慣~ (6, 0.0%)

1 あり, が始まった, であるが, でどうか, になっ, の行

▼ 出す~ (6, 0.0%)

2 を飲ん 1 の浮かす, を一杯, を喫し, を飲み

▼ 出す迄も~ (6, 0.0%)

1 ありません, ない, ないよ, なくあまりに, なく空屋, なく血

▼ 出す途端~ (6, 0.0%)

1 から米友さん, に, にす, に卓子, に茫然, に面

▼ 出すあの~ (5, 0.0%)

1 仕草である, 尺八が, 時の, 浮浪者魂の, 聲みたいに

▼ 出すけれども~ (5, 0.0%)

1 そういう外見生動, それは, 娘の, 彼女の, 膝から

▼ 出すこと能~ (5, 0.0%)

4 はずして 1 はざりき

▼ 出すこの~ (5, 0.0%)

1 二書に, 文と, 湯殿の, 町の, 違つた画風の

▼ 出すだけでも~ (5, 0.0%)

1 予想外に, 助かる気, 北海道の, 命が, 閉口した

▼ 出すとして~ (5, 0.0%)

1 タダ物だ, 今夜は, 今日の, 十五人乗る, 口頭で

▼ 出すとの~ (5, 0.0%)

1 こと, ことだ, ことであった, 評判が, 評判であったらしい

▼ 出すなどと~ (5, 0.0%)

2 申すの 1 云うこと, 云ふ, 噂は

▼ 出すにつれて~ (5, 0.0%)

2 お前の 1 歩一歩と, 深く掘りさげた, 胡瓜なす牡丹竹に

▼ 出すはずみ~ (5, 0.0%)

1 にあの, に今, に大, に暗がり, に紙

▼ 出すばかりに~ (5, 0.0%)

2 なって 1 夢中で, 用意された, 障子も

▼ 出すほか~ (5, 0.0%)

2 ないと 1 ないの, なかつた, には細

▼ 出すまでの~ (5, 0.0%)

1 ことは, 事さ, 数秒間を, 焔の, 経験と

▼ 出すやつ~ (5, 0.0%)

1 がある, がいたら, がゐ, さえある, って一たいだれ

▼ 出すんぢ~ (5, 0.0%)

3 やない 1 やなかつた, や魂消た

▼ 出す~ (5, 0.0%)

1 でも妾, でも憤ろしい, で別段, の金, の餘裕

▼ 出す代り~ (5, 0.0%)

2 にこの 1 にその, にむしろ, に微笑

▼ 出す~ (5, 0.0%)

1 えと受け, か不思議, か哀しいおとなし, を, を楽しみ

▼ 出す為め~ (5, 0.0%)

1 には可愛い, に一面, に早, の代り, の兵器庫

▼ 出す真似~ (5, 0.0%)

3 をし 1 をした, をすれ

▼ 出す考え~ (5, 0.0%)

2 でいる 1 がなかっ, である, でいた

▼ 出す~ (5, 0.0%)

4 畫を 1 畫で

▼ 出す~ (5, 0.0%)

1 が, と支, に力, のさき, を止め

▼ 出す騒ぎ~ (5, 0.0%)

1 である, でしたよ, で什器, になった, をした

▼ 出すかの~ (4, 0.0%)

1 いずれかを, やうに, ようでした, 如く首

▼ 出すぐらいの~ (4, 0.0%)

2 ことは 1 ところだ, 考えで

▼ 出すことさ~ (4, 0.0%)

1 へもできなかつた, へも出, へ億劫, へ出来ず

▼ 出すそれ~ (4, 0.0%)

1 が抱いた, が道十郎めっかち, と共に生徒, はルンペン

▼ 出すたんび~ (4, 0.0%)

1 に, に心配, に痛, に腹

▼ 出すとともに~ (4, 0.0%)

1 その鍔, 夫の, 袋を, 里見

▼ 出すとね~ (4, 0.0%)

1 それから僕, ちゃらんと, 上手へでも, 別室で

▼ 出すにぞ~ (4, 0.0%)

1 友次郎は, 小兵衞は, 彌兵衞, 親類縁者其外日來懇意の

▼ 出すほう~ (4, 0.0%)

1 では, に岡, のボタン, もいかにも

▼ 出すんで~ (4, 0.0%)

1 さぞ心配, やむを得ずだらだらちびちびに, 折を, 能を

▼ 出す一方~ (4, 0.0%)

2 です 1 に時折, の作家

▼ 出す~ (4, 0.0%)

1 で俺, で幸子, にふくれる, を一散

▼ 出す余裕~ (4, 0.0%)

1 がなかつた, は殆, もない, もなかつた

▼ 出す~ (4, 0.0%)

1 だのに, であるから, のお札, の怪力線

▼ 出す~ (4, 0.0%)

1 に許せ, に駄目, の, もない

▼ 出す~ (4, 0.0%)

2 にはわけ 1 には四半刻, をば辛うじて

▼ 出す土地~ (4, 0.0%)

21 の色, はまた

▼ 出す場所ぢ~ (4, 0.0%)

2 やねえ 1 やありません, やない

▼ 出す季節~ (4, 0.0%)

1 であつ, と結ん, なの, になった

▼ 出す小さな~ (4, 0.0%)

3 虫も 1 蟲も

▼ 出す役目~ (4, 0.0%)

1 が出来, になった, をひきうけ, を引受け

▼ 出す~ (4, 0.0%)

2 は嘗て 1 ではなかっ, の声

▼ 出す~ (4, 0.0%)

1 が見つからなかった, もなかつた, を得た, 何ぞ途中

▼ 出す料理~ (4, 0.0%)

1 には椀, の勘定書, の支度, も出れ

▼ 出す~ (4, 0.0%)

2 も今, を無

▼ 出す樣子~ (4, 0.0%)

1 で, でした, ですが, をし

▼ 出す気力~ (4, 0.0%)

1 さえなくなっ, はなかっ, もない, も失

▼ 出す~ (4, 0.0%)

1 のいきおい, の精, をがぶがぶ, を一息

▼ 出す決心~ (4, 0.0%)

1 が付かない, です, をした, をしたろう

▼ 出す~ (4, 0.0%)

1 があるだ, など他人, の一つ一つ, も後

▼ 出す番茶~ (4, 0.0%)

2 を一口 1 に喉, を受け取り

▼ 出す~ (4, 0.0%)

2 とは訳, や督促

▼ 出す身内~ (4, 0.0%)

3 や痛から 1 も友人

▼ 出す鋼玉~ (4, 0.0%)

4 やらでした

▼ 出す~ (4, 0.0%)

1 にも自分, に昨日, に継子, を梅村屋

▼ 出す~ (4, 0.0%)

2 は八方睨み 1 がねえ, が浮ん

▼ 出すいと~ (3, 0.0%)

1 ぐちは, まも, まもなかつたのに

▼ 出すかい~ (3, 0.0%)

2 太い野郎 1

▼ 出すからとて~ (3, 0.0%)

3 例の

▼ 出すきっかけ~ (3, 0.0%)

1 ができた, もすでに, を待っ

▼ 出すくらいに~ (3, 0.0%)

1 して, 橙や, 考えて

▼ 出すくらいの~ (3, 0.0%)

1 ことは, 望みを, 雅量は

▼ 出すくらいは~ (3, 0.0%)

2 ごくあたりまえ 1 なんでも

▼ 出すぐらい~ (3, 0.0%)

1 お茶の子サイサイだ, であるから, ならなに

▼ 出すすると~ (3, 0.0%)

2 不意に 1 不思議や

▼ 出すそして~ (3, 0.0%)

1 初めて白峰, 最後に, 貴女にも

▼ 出すだけで~ (3, 0.0%)

1 あつた, すぐ出, 要領を

▼ 出すだけに~ (3, 0.0%)

1 ゆとりも, 器用に, 心配性な

▼ 出すつて~ (3, 0.0%)

2 ゐだつけ 1 聞かなかつたが

▼ 出す~ (3, 0.0%)

1 えと屹度左, え奴, だては

▼ 出すとしても~ (3, 0.0%)

1 おれの, それらは, 握り飯だけで

▼ 出すなぞ~ (3, 0.0%)

1 いう者, はかなり, は未だ

▼ 出すなどという~ (3, 0.0%)

1 ことは, ためしは, 醜態を

▼ 出すなんか~ (3, 0.0%)

1 いけないと, 一口に, 古い化学作用

▼ 出すなんと~ (3, 0.0%)

1 いふこと, そんな柳子さん, 云うの

▼ 出す~ (3, 0.0%)

1 えッ, もう暗い, やっぱり

▼ 出すのみか~ (3, 0.0%)

1 橋を, 身体を, 逢える日

▼ 出す一つ~ (3, 0.0%)

1 の芸, の要素, は句稿

▼ 出す不面目~ (3, 0.0%)

1 だけはやっと, を考えない, を考へない

▼ 出す人々~ (3, 0.0%)

1 にまじった, の指, は能

▼ 出す~ (3, 0.0%)

1 がありません, がない, にか

▼ 出す~ (3, 0.0%)

2 である 1 のスペクトル

▼ 出す勇氣~ (3, 0.0%)

2 を鼓舞 1 は無

▼ 出す動機~ (3, 0.0%)

1 はそんな, も亦, も知っ

▼ 出す~ (3, 0.0%)

1 そこに, 一町曲りませう, 少々のん

▼ 出す~ (3, 0.0%)

1 ではない, にさだめあり, を中

▼ 出す~ (3, 0.0%)

1 の河岸, は光琳風, もあった

▼ 出す~ (3, 0.0%)

1 はありません, もありました, もいる

▼ 出す~ (3, 0.0%)

1 のこと, の荷, はありませんでした

▼ 出す~ (3, 0.0%)

1 掻巻に, 溝には, 魚どもの

▼ 出す布施~ (3, 0.0%)

1 の用意, の衣服類, や浄衣

▼ 出す~ (3, 0.0%)

1 で一人, で行, よりも女

▼ 出す~ (3, 0.0%)

2 れを 1 れが

▼ 出す性質~ (3, 0.0%)

1 があったろう, ではなかっ, の人間

▼ 出す手がかり~ (3, 0.0%)

1 すら見失はれ, は与へられない, をもっ

▼ 出す手先~ (3, 0.0%)

1 をお, をじっと, をずっと

▼ 出す手振り~ (3, 0.0%)

3 の無器用さ

▼ 出す手段~ (3, 0.0%)

1 としてなら, のない, をとったらしい

▼ 出す景色~ (3, 0.0%)

2 は恐らく 1 は嘗て

▼ 出す~ (3, 0.0%)

1 がなく, がなくっ, を覗

▼ 出す清水~ (3, 0.0%)

1 かな, だから, ということ

▼ 出す準備~ (3, 0.0%)

2 を整えた 1 をする

▼ 出す理由~ (3, 0.0%)

1 がある, がますます, ではなかっ

▼ 出す瞬間~ (3, 0.0%)

1 である, まで何秒, を狙つて

▼ 出す~ (3, 0.0%)

1 であらう, と浄土, の愛

▼ 出す~ (3, 0.0%)

1 が受取る, も歌, を見た

▼ 出す程度~ (3, 0.0%)

1 であまり, のこと, のところ

▼ 出す~ (3, 0.0%)

1 だらう, であつ, で外

▼ 出す~ (3, 0.0%)

1 がある, でぶら下る, のごとく

▼ 出す約束~ (3, 0.0%)

1 で金, なので, をし

▼ 出す結果~ (3, 0.0%)

1 として十八ペンス, になった, のよしあし

▼ 出す~ (3, 0.0%)

1 のモデル代, を忘れぬ, を整理

▼ 出す美登利~ (3, 0.0%)

3 は衆人

▼ 出す~ (3, 0.0%)

2 で一ぱい 1 があるでしょう

▼ 出す葉書~ (3, 0.0%)

2 を書い 1 の中

▼ 出す~ (3, 0.0%)

1 が海藻, でお前, を拭い

▼ 出す親切さ人~ (3, 0.0%)

3 には疫病神

▼ 出す調子~ (3, 0.0%)

1 のあまりに突然, も怪し, を妻木君

▼ 出す赤児~ (3, 0.0%)

3 の声

▼ 出す足音~ (3, 0.0%)

1 が響い, と共に, 聞きて

▼ 出す~ (3, 0.0%)

1 が到着, のなか, の掛聲

▼ 出す迄は~ (3, 0.0%)

2 懐の 1 右に

▼ 出す間もなく~ (3, 0.0%)

1 こんどは, その美し, 夫人の

▼ 出す限り~ (3, 0.0%)

1 ではない, では英米, でもない

▼ 出す隙間~ (3, 0.0%)

1 がどこ, もない, もねえ

▼ 出す~ (3, 0.0%)

1 でもない, な奴, にのび拡がり

▼ 出す~ (3, 0.0%)

1 がおります, が居たら, のよう

▼ 出すあぐり~ (2, 0.0%)

2 踊るか

▼ 出すあなた~ (2, 0.0%)

1 なんて想像, の方

▼ 出すあれ~ (2, 0.0%)

1 が生き, を食つて

▼ 出すいい~ (2, 0.0%)

1 ところが, 雌牛を

▼ 出すいちめん~ (2, 0.0%)

2 のかわら

▼ 出すいちめんの~ (2, 0.0%)

2 かはら

▼ 出すいわゆる~ (2, 0.0%)

1 私小説でない, 魂昇るなり

▼ 出すうち~ (2, 0.0%)

1 には日本, の母

▼ 出すおつもり~ (2, 0.0%)

1 でがしょう, なの

▼ 出すお茶~ (2, 0.0%)

1 を入れる, を飲む

▼ 出すお菓子~ (2, 0.0%)

1 でカステラ, を拵え

▼ 出すかが~ (2, 0.0%)

1 問題だった, 問題に

▼ 出すかといふ~ (2, 0.0%)

1 事に対しては, 興味は

▼ 出すからという~ (2, 0.0%)

1 妥協に, 希望者が

▼ 出すかわ~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ 出すきつ~ (2, 0.0%)

1 かけが, かけも

▼ 出すきり~ (2, 0.0%)

1 だった, である

▼ 出すけど~ (2, 0.0%)

1 今日は, 外へは

▼ 出す~ (2, 0.0%)

1 たァ, たア

▼ 出すこと二度三度~ (2, 0.0%)

2 もあり

▼ 出す~ (2, 0.0%)

1 僕, 食べたいもの

▼ 出すぞと~ (2, 0.0%)

1 いわんばかりに, 考へて

▼ 出すたより~ (2, 0.0%)

1 がなかっ, は無い

▼ 出すだけが~ (2, 0.0%)

1 唯一の, 死兒の

▼ 出すだけは~ (2, 0.0%)

1 出して, 黙って

▼ 出すだに~ (2, 0.0%)

1 ものうくゆき子, 彼は

▼ 出すついで~ (2, 0.0%)

1 にあなた, に彼女

▼ 出すつてこと~ (2, 0.0%)

1 からさうな, も出来なから

▼ 出すとこ~ (2, 0.0%)

1 じゃない, だったよ

▼ 出すなどといふ~ (2, 0.0%)

1 ことは, もので

▼ 出すなどの~ (2, 0.0%)

1 事生れ, 用法とともに

▼ 出すなどは~ (2, 0.0%)

1 大変徒らな, 従来多く

▼ 出すなんざ~ (2, 0.0%)

1 いやしくも男子, 悟ったもん

▼ 出すなんぞと~ (2, 0.0%)

1 云ふこ, 余り馬鹿気

▼ 出すにあたって~ (2, 0.0%)

1 全く旧版, 書肆から

▼ 出すにつき~ (2, 0.0%)

1 エロな, 久松役者なき

▼ 出すにや~ (2, 0.0%)

2 あらん

▼ 出すのさ~ (2, 0.0%)

1 へ厭, へ苦々しい

▼ 出すの必要~ (2, 0.0%)

2 はない

▼ 出すひま~ (2, 0.0%)

1 がない, のない

▼ 出すふう~ (2, 0.0%)

1 にし, に見えぬ

▼ 出すほどに~ (2, 0.0%)

1 いっぱい生け, 繁昌し

▼ 出す~ (2, 0.0%)

2

▼ 出すもを~ (2, 0.0%)

1 かしや, かし種々

▼ 出すもんぢ~ (2, 0.0%)

1 やありません, やねえよ

▼ 出すやも~ (2, 0.0%)

1 斗られず, 知れないし

▼ 出すキツカケ~ (2, 0.0%)

2 がない

▼ 出す~ (2, 0.0%)

1 てチイ, て云っ

▼ 出す~ (2, 0.0%)

1 だよ, でせう

▼ 出す一人~ (2, 0.0%)

1 の女, も居なかつた

▼ 出す一種~ (2, 0.0%)

1 の呼鈴, の神經的

▼ 出す三味線~ (2, 0.0%)

1 からつ, からつづい

▼ 出す~ (2, 0.0%)

1 に役, の役員

▼ 出す下駄~ (2, 0.0%)

2 の音

▼ 出す不心得~ (2, 0.0%)

2 な日本人

▼ 出す不潔物~ (2, 0.0%)

2 を入れた

▼ 出す世話~ (2, 0.0%)

1 をし, をする

▼ 出す乞食~ (2, 0.0%)

1 がこ, の下

▼ 出す予定~ (2, 0.0%)

2 になっ

▼ 出す事さ~ (2, 0.0%)

1 へある, へも敢

▼ 出す事不相応~ (2, 0.0%)

2 なりと

▼ 出す人足~ (2, 0.0%)

1 は五分, まで出

▼ 出す仕掛~ (2, 0.0%)

1 がある, の電線

▼ 出す~ (2, 0.0%)

1 の男ども, はない

▼ 出す以前~ (2, 0.0%)

1 と以後, にも既に

▼ 出す何ゑと~ (2, 0.0%)

2 受けて

▼ 出す余地~ (2, 0.0%)

1 がない, はどこ

▼ 出す作家~ (2, 0.0%)

1 であるが, や批評家

▼ 出す作者~ (2, 0.0%)

1 の人格, の言葉

▼ 出す価値~ (2, 0.0%)

1 がある, のない

▼ 出す~ (2, 0.0%)

1 に四, の一例

▼ 出す~ (2, 0.0%)

1 どおりに, 氣を

▼ 出す先生~ (2, 0.0%)

1 がぴたり, は實

▼ 出す光景~ (2, 0.0%)

1 は熾, やそして

▼ 出す公式~ (2, 0.0%)

1 をひとり, を知っ

▼ 出す兵隊~ (2, 0.0%)

1 があつ, がある

▼ 出す其處~ (2, 0.0%)

1 には手, を捕まへる

▼ 出す具合一つ~ (2, 0.0%)

1 で向, で向う

▼ 出す写真~ (2, 0.0%)

1 はとられ, は寸法

▼ 出す冷酒~ (2, 0.0%)

2 を蘿月

▼ 出す出合頭正太~ (2, 0.0%)

2 は夕飯

▼ 出す刹那~ (2, 0.0%)

1 は, を

▼ 出す刻限~ (2, 0.0%)

1 でもあった, は過ぎ

▼ 出す~ (2, 0.0%)

1 に当り, に當

▼ 出す努力~ (2, 0.0%)

1 のできる, も忘れない

▼ 出す動作~ (2, 0.0%)

1 そんなこと, である

▼ 出す原稿~ (2, 0.0%)

1 を書い, を頼み

▼ 出す~ (2, 0.0%)

1 は笑つて, を一生懸命

▼ 出す~ (2, 0.0%)

1 と固定, は古今東西歴史

▼ 出す坊主~ (2, 0.0%)

2 は我

▼ 出す場面~ (2, 0.0%)

1 がある, であって

▼ 出す夜寒~ (2, 0.0%)

2 かな

▼ 出す~ (2, 0.0%)

1 さわぎ, 蛸と

▼ 出す大方開店~ (2, 0.0%)

1 でもした気取, でも爲

▼ 出す大雅堂~ (2, 0.0%)

2 や竹田

▼ 出す~ (2, 0.0%)

2 の手紙

▼ 出す姿~ (2, 0.0%)

1 が眼, にもあった

▼ 出す宿~ (2, 0.0%)

2 の主婦

▼ 出す~ (2, 0.0%)

1 でございます, の水

▼ 出す~ (2, 0.0%)

2 を隔て

▼ 出す~ (2, 0.0%)

2 じゃない

▼ 出す度び~ (2, 0.0%)

1 に気, に涙ぐんだ

▼ 出す度毎~ (2, 0.0%)

1 にもう, に着物

▼ 出す~ (2, 0.0%)

1 から諏訪法性, に私

▼ 出す~ (2, 0.0%)

1 当人その, 趣意は

▼ 出す御飯~ (2, 0.0%)

1 がない, の支度

▼ 出す~ (2, 0.0%)

1 には躾, は乞食

▼ 出す心算~ (2, 0.0%)

1 であつ, もある

▼ 出す心配~ (2, 0.0%)

1 なら無用, は絶対

▼ 出す~ (2, 0.0%)

1 な用向き, に恐ろしく

▼ 出す怪しい~ (2, 0.0%)

2 奴が

▼ 出す情慾~ (2, 0.0%)

1 の手記, の群

▼ 出す感心~ (2, 0.0%)

1 だと, な人

▼ 出す態度~ (2, 0.0%)

1 すなわち我以外, であります

▼ 出す我が~ (2, 0.0%)

1 團扇取ん, 故郷では

▼ 出す~ (2, 0.0%)

1 る一定, る種

▼ 出す所以~ (2, 0.0%)

1 は著者, を見よう

▼ 出す手もと~ (2, 0.0%)

2 に見ゆる

▼ 出す手法~ (2, 0.0%)

1 を採つた, を用います

▼ 出す手順~ (2, 0.0%)

1 として中, になった

▼ 出す放電管~ (2, 0.0%)

2 がとりつけ

▼ 出す~ (2, 0.0%)

1 も極, 知れない色

▼ 出す方向~ (2, 0.0%)

1 が今, に歩み出す

▼ 出す~ (2, 0.0%)

1 を背中, を脊中

▼ 出す時そこ~ (2, 0.0%)

1 に見出される, へ

▼ 出す時世話~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 出す時刻~ (2, 0.0%)

2 にもなる

▼ 出す時私~ (2, 0.0%)

1 は, は挿絵

▼ 出す時黒文字ツ~ (2, 0.0%)

2 て云

▼ 出す~ (2, 0.0%)

1 の光り, の色

▼ 出す有様~ (2, 0.0%)

1 だった, でさすが

▼ 出す~ (2, 0.0%)

1 にしまし, も枝毎

▼ 出す本屋~ (2, 0.0%)

1 の主人ら, は春陽堂

▼ 出す材木~ (2, 0.0%)

1 へ二人, を筏

▼ 出す果敢~ (2, 0.0%)

1 い楽し, い空想

▼ 出す~ (2, 0.0%)

1 じゃない, じゃ御座ん

▼ 出す~ (2, 0.0%)

1 あり因って, の葉

▼ 出す機関銃~ (2, 0.0%)

1 ですっかり, の掃射音

▼ 出す權利~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ 出す次第~ (2, 0.0%)

1 です, にも行くまい

▼ 出す~ (2, 0.0%)

1 でも皆, の調べ

▼ 出す歌麿~ (2, 0.0%)

1 が, がかったもの

▼ 出す正一~ (2, 0.0%)

1 を抱き出し, を眺め

▼ 出す~ (2, 0.0%)

1 です, の心

▼ 出す母胎~ (2, 0.0%)

1 が般若, となり

▼ 出す母親~ (2, 0.0%)

2 の意見

▼ 出す気分~ (2, 0.0%)

1 がうつった, である

▼ 出す氣持~ (2, 0.0%)

1 にさ, は分らなく

▼ 出す~ (2, 0.0%)

1 が流れれ, を抑えた

▼ 出す~ (2, 0.0%)

1 がある, は無い

▼ 出す~ (2, 0.0%)

1 が妨げ, を両

▼ 出す渋茶~ (2, 0.0%)

1 にも眼, を取る

▼ 出す~ (2, 0.0%)

1 の量, を水車仕掛

▼ 出す湯呑~ (2, 0.0%)

1 へ手酌, を一口

▼ 出す滑稽~ (2, 0.0%)

1 な趣, を笑い

▼ 出す~ (2, 0.0%)

1 がない, のよう

▼ 出す~ (2, 0.0%)

1 教養漢も, 數の

▼ 出す無数~ (2, 0.0%)

1 の手, の火花

▼ 出す熱い~ (2, 0.0%)

1 ものの, 涙で

▼ 出す特別~ (2, 0.0%)

1 の振動音, の腺

▼ 出す用事~ (2, 0.0%)

1 であった, をすまし

▼ 出す~ (2, 0.0%)

1 はない, も無し

▼ 出す~ (2, 0.0%)

1 や皿, を取り次ぎ

▼ 出す相手~ (2, 0.0%)

1 と場合, もなかっ

▼ 出す~ (2, 0.0%)

1 の夕ぐれ, の草花

▼ 出す~ (2, 0.0%)

1 が多い, にこれ

▼ 出す~ (2, 0.0%)

1 から逆, をあけた

▼ 出す~ (2, 0.0%)

1 一幕劈頭の, 六交響曲の

▼ 出す~ (2, 0.0%)

1 のところどころ, は泣く

▼ 出す~ (2, 0.0%)

1 の数, は

▼ 出す素子~ (2, 0.0%)

1 にそう, に本

▼ 出す美しい~ (2, 0.0%)

1 女である, 女性の

▼ 出す老女~ (2, 0.0%)

1 がかまわず, の声

▼ 出す~ (2, 0.0%)

1 がふるえる, に兩手

▼ 出す~ (2, 0.0%)

2 はざる

▼ 出す能力~ (2, 0.0%)

1 にかかっ, を与えるであろう

▼ 出す~ (2, 0.0%)

2 の頭

▼ 出す茶一~ (2, 0.0%)

2 と口

▼ 出す茶碗~ (2, 0.0%)

1 を受け, を憚り

▼ 出す菓子~ (2, 0.0%)

1 ですから, の類

▼ 出す蟋蟀~ (2, 0.0%)

1 の一声, の聲

▼ 出す~ (2, 0.0%)

1 を知らなかった, を知らなかつた

▼ 出す装置~ (2, 0.0%)

1 のよう, をもっ

▼ 出す覚悟~ (2, 0.0%)

1 で平野町, なんで

▼ 出す~ (2, 0.0%)

1 の端, をまつ

▼ 出す費用~ (2, 0.0%)

1 にゃかわりがねえんだ, に匹敵

▼ 出す資格~ (2, 0.0%)

1 があるでしょう, はない

▼ 出す足どり~ (2, 0.0%)

2 で踏ん

▼ 出す足袋はだし~ (2, 0.0%)

2 の勇ましく可笑し

▼ 出す迄に~ (2, 0.0%)

1 スバーの, 四辺の

▼ 出す迄の~ (2, 0.0%)

1 あさましい, 時間が

▼ 出す返事~ (2, 0.0%)

1 などはどんなに, を考へる

▼ 出す連中~ (2, 0.0%)

1 といえ, に相違

▼ 出す道理~ (2, 0.0%)

1 はありません, は無い

▼ 出す都合~ (2, 0.0%)

1 もある, をしたです

▼ 出す~ (2, 0.0%)

1 のさめ, を見向き

▼ 出す酒肴~ (2, 0.0%)

1 の世話, もみすぼらしい

▼ 出す重三~ (2, 0.0%)

2 を振りもぎる

▼ 出す~ (2, 0.0%)

1 だいこもムザン, のうねり

▼ 出す野郎~ (2, 0.0%)

1 さ, よりいっそ

▼ 出す~ (2, 0.0%)

1 は鐚一文, を握り

▼ 出す~ (2, 0.0%)

2 の音

▼ 出す~ (2, 0.0%)

1 には船, に建てられた

▼ 出す~ (2, 0.0%)

1 を幸いそのまま, 降れど

▼ 出す青年~ (2, 0.0%)

1 の姿, はどういう

▼ 出す順序~ (2, 0.0%)

1 が難しい, としては柳田国男先生

▼ 出す食物~ (2, 0.0%)

1 の用意, は大抵

▼ 出す~ (2, 0.0%)

1 だ, となる

▼ 出す馬鹿者~ (2, 0.0%)

1 の心, も御

▼ 出す馭者~ (2, 0.0%)

2 は絆

▼ 出す駒どん~ (2, 0.0%)

2 ですからね

▼ 出す鮮血~ (2, 0.0%)

1 が青白い, の流れ

▼ 出す鳥屋~ (2, 0.0%)

1 の主, の隠居

▼ 出す黒い~ (2, 0.0%)

1 団り, 血の

▼ 出す黒煙~ (2, 0.0%)

1 のなか, の帯

▼1* [1087件]

出すあてもなかっ, 出すあとにつけ, 出すあやは彼女, 出すある本の, 出すいくつかの作, 出すいやはや大, 出すいんちき人物も其処此処, 出すうどに北海道, 出すうんうんいう夜の目, 出すおかしみに, 出すおかみさんが電話, 出すおそいのですし, 出すおでん屋へ出掛けた, 出すおのずと息が, 出すおりもなかっ, 出すおれが案内, 出すお伽話にある, 出すお方もあつ, 出すお袋の事, 出すお金なんぞ鐚一文, 出すかきとめ, 出すかぎなどぴかぴか, 出すかして骨休め, 出すかしらんと, 出すかたわら廓の子供たち, 出すかちかちという音, 出すかな交りの, 出すかに迷ふし一つの, 出すかねあゝいふ, 出すからっていうだけで本当, 出すからっても先ず持っ, 出すからといったところで, 出すからにはいよいよ火星人, 出すからにゃアお前さんだ, 出すからにやア一生懸命だ, 出すがと言うと, 出すぎたまねしやがるとこの伝六様, 出すくせがついた, 出すくみをし, 出すぐらいな俗気は, 出すぐらゐでは我慢が出, 出すけどもないもの, 出すけはひの, 出すけれどねおれは, 出すここの繰り返し, 出すことこれが第, 出すことそれがどの, 出すことにおもしろし, 出すこと一つ出来ねえ人, 出すこと亀千代ぎみ相続の願い, 出すこと他に比類, 出すこと以外にはなく, 出すこと佃が市, 出すこと位だった, 出すこと体内には糞, 出すこと前後十三回に及ん, 出すこと日本の民主主義文学, 出すこと水密桃には手, 出すこと浩の対照, 出すこと点数や処罰, 出すこと確信して, 出すこと稀れなる竹, 出すこと能はず仍つて還御彼船は徒に, 出すこと能はず只だ手, 出すこと自由に小屋, 出すこと蛇の如し, 出すこと譜を読む, 出すこまかいセグメントを, 出すこれ等の符牒, 出すころマダム・レムブルグが瀝青, 出すころ一時に効目, 出すころ恰度天から与えられた, 出すころ煮豆屋から急, 出すころ自動車は彼女, 出す褒美, 出すごく低くそれ, 出すごろつきに等しい, 出すさまも何となく, 出すさ物によっ, 出すしかあるまい, 出すしかし以下の, 出すしさ村長さんや, 出すしようがないから, 出すすきまは, 出すすぐ御機嫌, 出すすべもなかっ, 出すすべてのもの, 出すそうして勝手に, 出すそうなると青年団も, 出すそこを捕まえる, 出すその間に宿, 出すそれからあのセビセビ, 出すそろそろ外に, 出すッ, 出すたしかにコツを, 出すたって追ン, 出すたび叔母のお, 出すたび心にうけた, 出すため事業家のひらいた, 出すため仲間を起し, 出すため台所でばたばた, 出すため宗道へ行く, 出すため左陣は生, 出すため自分の体, 出すため解体して, 出すため鼻は空気, 出すちいよる, 出すちょっと前だった, 出すぢアねヱ, 出すっていうような, 出すつまらないような, 出すつもりぢやから, 出すてんでガッカリ, 出すといへり, 出すといつた風であ, 出すといふほど鍛への, 出すとお妙は, 出すとかいう金をでも, 出すとかいふのも, 出すときはさほどで, 出すときみたいな緊張感, 出すとき人の肩ごし, 出すとき作家の人, 出すとき感慨新たなるもの, 出すとき松年先生が, 出すとき父親の伊八, 出すとき理想と稱, 出すとき罰金はとられた, 出すとき自分の有頂天, 出すとき舟は小山, 出すところが俺は, 出すとたんにオパール色, 出すとたん壁が崩れ落ち, 出すとても寐られた, 出すとでもかんちがいし, 出すとにはかに, 出すとへいどうぞ, 出すとべッと, 出すどうなるか, 出すなあ敬四郎の, 出すなくして, 出すなって私は, 出すなどが大いに流行った, 出すなにお客に來, 出すなに大丈夫だ其, 出すなよといわれても, 出すなんていうの, 出すなんかと言つて自分だけは, 出すなんざあちょいと, 出すなんぞはいっそう可愛らしい, 出すなんど思ひも, 出すにおいだの油, 出すにおいては褒美として, 出すにおいてをやである, 出すにこそ侍らめ, 出すにすら骨が, 出すについてと云って, 出すについての資金も, 出すについては僕なんかも, 出すにつけ何とかし, 出すにつれ益々その, 出すにゃ出すが, 出すによってお馨さん, 出すにより今一兩日待て下され, 出すに対して天平彫刻は, 出すに従って踏みつぶされた百足, 出すねと口ぐせに, 出すのあたりまえです, 出すのででもありましょう, 出すの妙がある, 出すの手が掛る, 出すの芸者にする, 出すはたきの音, 出すいて, 出すばかはいない, 出すばかりかなあと長嘆息を, 出すばかりになつてゐ, 出すばかりの支度を, 出すひつようさえあった, 出すふらちなやつ, 出すふりをし, 出すえか, 出すべつちのに, 出すほか何の効果, 出すほどか眉を, 出すほどにしかして, 出すほどになつてゐた, 出すへの笑, 出すまた江戸に, 出すまでにも其の人達, 出すまねをし, 出すまま先人の絶句, 出すまま桐花家の京葉, 出すみたいな感じ, 出すみちはどこ, 出すみんな喜び居る, 出すもうこれで, 出すもちろん槍肩の, 出すものそれが教学, 出すものぢやねえ, 出すもの外に何, 出すもの蒼ざめて立ちすくんだもの, 出すやうぢや錢形, 出すやがてむっくり起上がっ, 出すやさし入る日, 出すやなんてあんまり悪辣, 出すやらと尻目に, 出すやり口が, 出すゆえその命令, 出すゆえんである, 出すゆえ百姓を励まし, 出すゆき子の心理, 出すゆゑ大体に通じ, 出すゆゑ越前守殿は言葉靜, 出すようすはほんとう, 出すよう一つ御工夫, 出すよう命令したと, 出すよう資金を運用, 出すよう骨を折っ, 出すよりか私が, 出すよりずつと以前に, 出すらんと皆, 出すろうと京極さん, 出す二疋ずつの, 出すわいあのわし, 出すわが舟の, 出すわたくしの身, 出すわりによろしい, 出すを以て満足すべし, 出すアフォリズム風の文字, 出すアンデルゼンの猫, 出すイザ是へと, 出すインターナショナルの一節, 出すエクウス・シワレンシスがアラビヤ馬, 出すエクウス・ステノニスが北欧, 出すエンジンで十分, 出すエーゴルはジェルテルスキー, 出すオオケストラしかも彼女, 出すガスの尾, 出すグリムお伽噺の娘, 出すコップを一息, 出すコルトーのが唯一, 出すスペクトルの究明, 出すセントルイスの展覧会, 出すダイナミックと正反対, 出すチャ属とは自然, 出すツバキ属そして時々, 出すツモリでい, 出すデビス先生を彼, 出すトタンに深良屋敷, 出すトロッコの後押し, 出すハンケチはもう, 出すバカだから, 出すパンや掘り返す, 出すビオカルクと一緒, 出すピアノなんて聞いた, 出すフリをし, 出すプログラムだった, 出すプロバビリティーがある, 出すマスをぼく, 出すマスクですね, 出すマッチねあれ, 出すマドロスの咽喉, 出すムクれ出した日, 出すメカニズムともなっ, 出すモメントに満ち, 出すライターの火, 出すラキサトールのん, 出すルブランはよつ, 出すワ余は決して, 出す一二日うちに早く, 出す一円ずつの金, 出す一分時の争, 出す一切の郵便物, 出す一向勝たず, 出す一寸前頃は一寸, 出す一度泣出したら, 出す一方久さんは対山館, 出す一方原田帯刀を二人, 出す一方法でもあった, 出す一昨年の春, 出す一時の火, 出す一本にライター, 出す一枚の着物, 出す一歩手前に相違, 出す一番強い熱, 出す一番大事な手がかり, 出す一瞬のすき, 出す一語一語は空虚, 出す一隊があった, 出す一面だけに限られ, 出す七つ鐘むかしもさぞ, 出す七斤は途中, 出す七日も逢わなかろう, 出す七百の鉱山主, 出す万燈の中, 出す三十分なり四十分, 出す三十幾つかあ, 出す三時近く迄か, 出す三津浜には差, 出す三流四流の川, 出す三百代言式な横槍, 出す三益の善後策, 出す三間柄の大身, 出す下座も手伝つて, 出す不平なるは, 出す不運な習慣, 出す不面目丈は漸, 出す世の中だから, 出す世界の魅力, 出す世辞を撒く, 出す中世の遊女, 出す中止廣告の廣告代, 出す主人政職をもその, 出す主婦さあという, 出す主意なの, 出す久兵衞を追, 出す乗合の人, 出す乳呑児を揺り, 出す事なきを確, 出す事ひまがあったら送っ, 出す事ゆゑ忠八此金算段せられよと, 出す事一ならずおなじ国, 出す事七度なり, 出す事主筆が当分, 出す事人の気息, 出す事実上の後家, 出す事業経営者は二流担保, 出す事次の如し, 出す事能はざる, 出す事能はず茫然と覆面, 出す事迚は此本願寺, 出す事難儀なりと, 出す二三日前にやって来, 出す二時か三時, 出す二本の指, 出す井戸がその, 出す交叉点らしいところ, 出す人ぁ困らなぃ人, 出す人たちも多かっ, 出す人夫が石, 出す人形をおどけた, 出す人影あり, 出す人柄とは思はれぬ, 出す人達に対しては効果, 出す人間伊三郎が又, 出す人魚近代人の感触, 出す仕事である, 出す仕度をし, 出す仕掛けもあった, 出すなど自分, 出す企図の下, 出す伝六には取り合おう, 出す伸子の心, 出す位ひではこれ, 出す体中に冷汗, 出す何んな言葉, 出す何倍の骨, 出す何杯お代りしても, 出す作文を書く, 出す作業というもの, 出す便利の爲め, 出すじゃねえ, 出す個人作品の権威, 出すから, 出す僅計の事, 出すを玄関, 出す元素のある, 出すは女, 出す先代からの合名会社, 出す先輩たちであった, 出す光球雲よりも低温, 出す光線なん, 出す全体の輻射, 出す兩者の統一, 出す八五郎です, 出す八岐大蛇が本, 出す公卿や爲政者, 出すはどしどし, 出す兵列を見, 出す兵士もゐた, 出す其の心持が, 出す其下へ重っ, 出す其後姿を勘ちゃん, 出す其身に立てる, 出す其顔が自分, 出す具體事實の一つ, 出す冷たさが, 出す冷汗を感じ, 出すじさ, 出す凄惨な音, 出す凝り屋も居る, 出す出さんは伴一家, 出す出入の大工, 出す分量でもいろいろ, 出す別離の茶, 出す制作がもうすこし, 出す刺戟を感じた, 出す前川の後, 出す前川氏でも, 出す剽軽なもの, 出すも高級芸術, 出す劇構成のテクニク, 出す功労の大, 出す加特力教の歌, 出す助けとなる, 出す勇気さへあれ, 出すの夥, 出す勧誘状を手, 出すに附け, 出す南濠州の泥湖様, 出す博士であった, 出す危険がある, 出す危険性を有っ, 出すは幼鶏, 出す厚い所は, 出すであらう, 出す又八の根性, 出す友仙のふと, 出す収入の高, 出す叔父さんの顔, 出す取引先の高崎, 出す叙事詩は必, 出すで近所, 出す口ぶりはラヂオ, 出す口実に用, 出す口實が見つ, 出す口気を吹か, 出す古代の小さな, 出す句稿を受取つて例, 出すきや, 出す可らず, 出す右門とは右門, 出す各種の蝙蝠, 出す名簿の中, 出すふより, 出すの姿, 出すが消え, 出す味それは盛上げた, 出す和田左衛門尉義盛代官久野谷弥次郎各卜居, 出す咒詞の威力, 出す品夫の気もち, 出す出すと, 出す唯一つの起り, 出すひの, 出す問はず語りの文句, 出す問題を予知, 出す善平またその, 出す喜びのため, 出す喜劇はよろしく, 出す四段古川緑波はシガアレツト・ライタア, 出す四海楼で支那物, 出す回数が少く, 出す国内の生産, 出すは青銅, 出すの色, 出す土人の子, 出す土産の事, 出す土産ものの寄木細工, 出す地下水を水甕, 出す地盤がなく, 出すを少し, 出すごしの紅梅, 出す執事令をぬかり, 出す報告を整理, 出す報時信号のリズム, 出す場合ぢやねえ, 出す場合印象の強く, 出す場合宅みたいな所, 出すの振動, 出す夕波の絵かきそ, 出す外国語はその, 出す多吉の心, 出す多種なれば, 出す夜店のアセチレン灯, 出す大人の講談本, 出す大佐の言, 出す大利根博士は殺人光線灯, 出す大地の皮膚病, 出す大小の計, 出す大蛇退き帰るところ, 出す太い茎を, 出す太古の鑚火法, 出す太陽がいや, 出す奇怪な実体, 出す女優がまだ, 出す女房あり, 出す奴口論する奴, 出す好い考えが, 出す如くに皮膚, 出す如何ともすべ, 出す妄想につれられ, 出す姿形を見, 出すはなく, 出す婚姻届が絶大, 出す子どもがある, 出すが開いてる, 出す学生が来る, 出す守符は妙, 出す安いと食, 出す官吏には身分保障令, 出す賭場だ, 出す実話は多く, 出す実験のよう, 出す客膳の献立, 出す宮子のこと, 出す家来はなく, 出す家畜を飼う, 出す寅旦那じゃない, 出す寅旦那ぢやない, 出す富豪があつ, 出す實社會への發足, 出す寸法なんで, 出す射的の店, 出す小さなる貝類の, 出す小さい子を, 出す小僧たちの物音, 出す小型のもの, 出す小型マッチ箱ぐらいの大き, 出す小指に桃子, 出す小田原町の伊兵衛, 出す小舎がある, 出す小西老人その背後, 出す小雨かな, 出す小鳥のコップ, 出す少し調子の, 出す少女が居る, 出す少女小説の文, 出す少年は四谷見附内, 出す尨大な金貨, 出す尾州藩時代の作業, 出す居候格の待遇, 出す展覧会の広告, 出すとしてコムソモール, 出す山女魚の姿, 出す山嵐を雇っ, 出す山車の柱, 出す山車山鉾が四十六, 出す岩石を落す, 出す崖腹に, 出す川中島の合戦記, 出すの手, 出す左近将監である, 出す巨万のお金, 出す幕ぢやない, 出す幾多のもの, 出す広告は気狂い, 出す庄吉も逃出, 出すだもの, 出す度一緒に附い, 出す座蒲団に腰, 出す弁士のよう, 出す弁天山の時, 出す點は, 出す弱体がこの, 出す強い光線ぶらぶら, 出す強力な火勢, 出す強烈な膿, 出す強盗のこと, 出す弾丸は始め, 出す当人に取っ, 出す形勢と見, 出す形式について龍造寺主計, 出すが暑くるしく, 出す役人共拂ひ退て, 出す役者のせりふ, 出す彼のは大抵, 出す彼女だった, 出す彼船の探, 出す征矢に先, 出す後藤半四郎と云者, 出す御礼は玄米一升, 出す御苦労招びから礼廻り, 出す御馳走などもきっと, 出すの膏, 出す心地するなり, 出す心持は一種特別, 出す必要上から陸軍省, 出す怜悧な質問, 出す思いをし, 出す思召はない, 出す怪美には若かない, 出すさと, 出す恐れがある, 出す恥知らずをさすが, 出す息吹きにみちた, 出す息子らのかお, 出す恰好が早熟, 出す恰度其の時, 出す悦びを持つた, 出す悲しき生涯生, 出す情熱的な舞いごころ, 出す愈々婚礼でも, 出す意味だろうと, 出す意気込みがあった, 出す感動的な一篇, 出す憂鬱な音, 出す懐中電灯の下, 出す懲役人の使った, 出す懺悔噺を聴く, 出す我党の士, 出す戯作のかずかず, 出す所々では派手, 出す所二三ヶ村あれど, 出す所為はなかろう, 出すから春, 出す手助けをした, 出す手合だろう, 出す手懸りがない, 出す手拭は十枚分, 出す手首の骨, 出すが僕, 出す技術の話, 出す強い物売り, 出す拍子に, 出す拾圓ですな, 出す指図までし, 出すに出れ, 出すの上, 出す掛け声をきい, 出す擬音係もいる, 出す支度でもし, 出す放射線よりももっと, 出す故に仏教また, 出す故郷はまるきり, 出す教会の鐘, 出すの矢, 出す文句其他種々なこと, 出す文字をあれこれ, 出す文展には一年, 出す文書ではない, 出す料理屋がフリート町, 出す料簡にもなる, 出す韵の, 出す新たな作品ごと, 出す新聞や雑誌, 出す新聞売子の面々, 出す新芽と茂み, 出す方角もあるまい, 出す日本の料理屋, 出す日本人も今, 出す日誌には決して, 出す日課の短文, 出す早朝から風呂, 出す明るさと, 出す明日は明日, 出すの頃, 出すと夜, 出す時それがつい, 出す時ストライキは絶対, 出す時ネジをねじっ, 出す時ファウスト第一部, 出す時乳母は悲し, 出す時代が来ない, 出す時僕は稍, 出す時夫或いは父親, 出す時左手を振り, 出す時帆綱を結びつけ, 出す時彼等は温情, 出す時後記というもの, 出す時御者は驚い, 出す時我乍ら余り汚く書いた, 出す時我乍ら餘り汚く, 出す時昨夜も今朝, 出す時期を見, 出す時種類という下, 出す時紙袋に取り分け, 出す時置土産に残し, 出す時肌の寒, 出す時自ら幾多の不十分さ, 出す時角谷は其校正, 出す時計と云う, 出す時諸君は昔, 出す時鍋の上, 出す暑い音霍乱を, 出す暦附の板絵, 出す暫くして, 出す書付に判, 出す書信を御不, 出す書状を受取る, 出す書類でお, 出す最も美事な, 出す月極めということ, 出す月謝の期限, 出す有樣でございますから, 出す望みを失つて, 出す朝日を口, 出す朝茶に咽喉, 出す期待をもっ, 出す期限に遅れ, 出す木曾の檜, 出す木材である, 出す木炭の入った, 出す未だ溶けそう, 出す本当に空に, 出す本能であ, 出すにいちいち, 出す杉檜松柏を八方, 出す材料の多く, 出す杓子のこと, 出す松茸飯や客, 出す柄杓を柄短, 出す柱時計やぴかぴか, 出すなどを食べ, 出す根本の動力, 出すかな, 出す森林はタダ, 出すの中, 出す植物は他, 出すくやすい, 出す極めて古い為, 出す楽しみ以外の楽しみ, 出す楽器が何人, 出す榕樹に連想, 出すが嚏, 出す模様であります, 出す機智のある, 出す機械に代, 出す機縁は始め, 出す機銃ではなかっ, 出す檜類のうち白木六千駄, 出す權利さへなかつた, 出す欲望のつよ, 出す正しいプロレタリアート, 出すに基, 出す此人若し東京, 出す此宿より美濃, 出す武器は無論, 出す残虐な仕打ち, 出す母達の姿, 出す気付を口, 出す気色はなかっ, 出す気遣いはない, 出す気配がいたします, 出す氣遣ひは, 出す水銀燈とを併用, 出す氷光の静寂, 出す汁椀の蓋, 出す求室広告をかいた, 出す河水が強く, 出す油田というの, 出すを授けられた, 出す法令には誰, 出す法服のこと, 出す泥坊がある, 出す注文には感心, 出す洞窟でもあらう, 出す津島神社の四方, 出す活きものといふの, 出す浅井君のキャビネ版, 出す浅草へ帰る, 出す海藻でこする, 出すと何ん, 出す深夜の犬, 出す混雑の際, 出す清川負けずに, 出す清蔵の家庭, 出す渓水を汲ん, 出す温厚で卑屈, 出すがあった, 出す湯のだ, 出す源頭になつ, 出す漿液のよう, 出す濃情な苦渋の, 出すの神格化, 出す火桶も亦, 出す火鉢にあたって昔風, 出す炬火やらマグネシウム, 出す為インドにいる, 出す烏帽子岩のよう, 出すの色, 出す無作法千万な奴, 出す無産者代表さえ少く, 出す煎茶をうま, 出す煙草を出す, 出す熔岩流の光景, 出す熱心を持たない, 出す熱量だけ取り去っ, 出す爲左陣は生, 出す父親ではない, 出す爺さんで直言, 出すを買う, 出す牛肉屋の御用, 出す物どもを読む, 出す物語ならその, 出す物音である, 出す特志家は今日, 出す特製のほう, 出すと同一, 出す状蛇と同じ, 出す狂言は極, 出す独特の簡明さ, 出すを彫っ, 出す獲物としていくら, 出すのやう, 出す琵琶の曲, 出す瑞象だ, 出す甚之助お落し, 出す田舎の伊達男, 出す男女の仇姿, 出す描き気質, 出すになっ, 出すが繪具, 出す異常な記憶, 出す疳癪に当り散らさるる, 出す白湯の茶碗, 出す白秋の, 出す白粉を水, 出す白骨のよう, 出す走出す中, 出す皮肉な惡漢, 出すがつり上がる, 出す盲蛇におじぬ, 出す直接の證據, 出す看板なの, 出すで挑む, 出す瞬間伸子たちのいる, 出す矢鱈に無上, 出す石南木なぞを見る, 出す石可成り大, 出す石炭の煙, 出す石釣瓶など騒然たる, 出すの層, 出す硫黄泉を持っ, 出す磁石を出す, 出すを試す, 出す祖母さんはそれ, 出すなどがある, 出す祭りの飾りもの, 出す私たちであった, 出す私一人猫一匹しづかなこと, 出すがある, 出す科学的方法でもない, 出す程客が乗っ, 出す程度のが起こっ, 出す種々な薄, 出す種子を持つた, 出す穀倉の杵, 出すの穴, 出す立場でもありません, 出すかな, 出す端書が買えない, 出す端緒が得られる, 出す竹筒へその, 出す竿がこれ, 出す笑いときたら不愉快, 出すの音, 出すがしかけ, 出す筋合はありません, 出すがなく, 出す箇人勝手では, 出すを見つめました, 出す節刀将軍を出す, 出す範囲が段々, 出すをすすった, 出す精神上の生活, 出す精霊は一綴り, 出すと矢立, 出す紙入懐紙莨入などをきちっと, 出す紙幣にまで魚, 出す素人に好意, 出す素振りで僕達, 出す素質がなけれ, 出す細かい微妙な, 出す組合費で月給, 出す絢爛は消え, 出す絵端書を持った, 出すはそこ, 出す練習をしつけ, 出すなら羊, 出す羊毛及びヤク, 出す群れをとめ, 出す群衆の圧力, 出す義務を負担, 出すの右手, 出す習性がある, 出す鶴の, 出す老人がある, 出すであつ, 出す者一瞬はただ, 出す者手を折る, 出すは隨分無茶, 出す聾婆さんの店, 出すでいる, 出す肥料は黄金, 出す胡弓はたえだ, 出す胴震いと一所, 出す能はず因つてここに一言, 出すもあり, 出す腫物そのものを直し, 出すじゃない, 出すと粘り着く, 出す膿栓同様螺旋状で進行, 出す自他不二の愛, 出す自由を持つ, 出す舌先の旨味, 出すの猛, 出す航空便の封, 出すにた, 出す色々の鳥類, 出す色彩が海, 出すのせいろ, 出す芝居と遊廓, 出す花札を手, 出す花火をもやし, 出す芸事は師匠, 出す餅でも, 出す若い人たちも, 出す若君にまた, 出す若者等は刀, 出す苦い顔の, 出す苦しさう, 出す苦しい聲に, 出す苦しみは経験, 出す苦労をはぶい, 出す苦痛とで何とも, 出す茶椀酒をく, 出す茶漬けの菜, 出す荒涼たる黒土原, 出すごしら, 出すの花, 出す葉子の様子, 出す葉茶屋には釣銭, 出す葛岡の顔, 出す葡萄酒の赤い, 出す蒲団を一枚, 出すかな, 出す薬さへ妙, 出す薬液などがとれる, 出す藩士はあり, 出すだつた, 出すれが, 出すを載す, 出す蛇蟲けらを掻, 出すの声, 出すが訪れ, 出す血のりを両手, 出す血汐を面白, 出す血潮で塗りつぶされ, 出す血路を下鴨, 出す行事であるし, 出す行手から五六人, 出す街頭風景の中, 出すが三十一字, 出す表情それが語られる, 出すを夫人, 出すをとっ, 出すか蝋燭, 出す裸体も想像, 出す西洋流に比べ, 出す西行風の人, 出す要求にある, 出す見込みはない, 出す親分では無い, 出す親切は不用, 出す親様はさぞ, 出す覺悟で平野町, 出す計りにし, 出す訓練をし, 出す記憶がなく, 出すりだと, 出す許可証を作った, 出す訴状のよう, 出す試験中の飛行機, 出す試験勉強の気持, 出す試験射撃みたよう, 出す語り物の三味線, 出す語句の遣ひ, 出すにでも親切, 出す諫鼓苔深くし, 出すのやう, 出す象頭山は十六歳, 出す財物を掠める, 出す賃金は稍, 出す質問書の文案, 出す賭物も多く, 出す赤い盆に, 出す赤ん坊のよう, 出す越前守は覆面, 出す足おとがした, 出す足許をやっと, 出す足駄をはき, 出す距離に近づいた, 出すをそう, 出す身ぶりによって見れ, 出す身元がいる, 出すは嘴, 出す車一散さりながら, 出す車夫の態度, 出す軍隊というところ, 出す転居届の書き方, 出す軽快な早業, 出すである, 出す輸出物だし, 出す輻射とその, 出すという剣舞, 出す考ふべし, 出す近いて見れ, 出す近所隣りが, 出す出すに, 出す途中ではぐれ, 出す通知を兼ねた, 出す速射砲弾のまさしく, 出す速度が急, 出す運びになりました, 出す運動体だという, 出す運動費に寄附, 出す運命の先, 出す過料金銀は公儀, 出すさえありません, 出す道庵を見る, 出す道楽な文士, 出す部分がまだ, 出す郵便物は玄関, 出す都合可愛想だが, 出す都度簡単に花子, 出す兵衛さんの, 出す野盗山賊のつかみ合い, 出す野菜類もみんなここ, 出す金さへ出し, 出す金主がついた, 出す金兵衛さんのよう, 出す金吾と金太郎, 出す金貨を, 出すの尖, 出すだと, 出すの棒, 出すの才覚, 出す銀河の影, 出す長崎屋の心, 出す閃光のテープ, 出す開展の過程, 出すがない, 出す間ぎわになってそれを見せ, 出す間じきとも云, 出す間際になつて, 出す限り発表する義務, 出す陣痛なの, 出す陽気だ, 出す階級に属し, 出す雄弁家などの楽隊, 出す雑書の中, 出す雑誌ならば, 出す雑踏の慈愛, 出す雪村いづみに涙, 出すには閉口, 出す電報とお, 出す電気砲の設計, 出す霊妙な力, 出すがか, 出す青面黒衣の吸血鬼, 出す非常に大きな, 出す面白い左へも, 出すのよう, 出す音楽としてこれ, 出す音階は絃, 出す響きにつれ, 出す頃余は医師, 出す頃外人たちがクリスマス, 出す頃金白礁の薄, 出す領域の二つ, 出す領民も見えた, 出すは六十梃, 出すの太い, 出すをもやっと, 出すを見, 出す飛車を遁げ, 出す食べ物の支度, 出す食料を運び上げる, 出す飼犬の声, 出す餘地もなく, 出すをさばかず, 出す馬車屋をも彼, 出す駕籠屋なぞはもはや, 出す驢牛等の譚, 出す高野君と高頭君, 出す髪結のお, 出すだ, 出すがセ, 出す鹿が逃げ, 出す鹿島槍から右手かすか, 出す黄昏時であった, 出す黒人が半分池, 出す黒蛇の目をうけとる, 出すが欲しい, 出す除けの, 出す鼠声落ちにけり