青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「出された~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

凧~ ~出 出~ ~出かけ 出かけ~ ~出かけた 出かけた~ ~出かける 出かける~ 出され~
出された~
~出し 出し~ ~出した 出した~ ~出しました ~出す 出す~ 出せ~ ~出た 出た~

「出された~」 1065, 10ppm, 10465位

▼ 出された~ (163, 15.3%)

13 である 107 であった, です 6 では 5 はあさましく 4 か, もこの 3 も実は 2 だなど, ぢや, であります, であろう, でございます, でしょう, ですが, は死んだ, もあの, を見る

1 [84件] か知らない, が, がどの, が不服, が塩引鮭, が彼, が我ら, が最後, が聞えた, だか, だからな, だが, だった, だったろう, だつた, だとか, だなどと, だよ, でありました, であろうが, であろうと, であろう材木, でございました, でございますねえ, でございますよ, でした, でしたが, ですから, でも, とその, と反対, ならば, には閉口, は, はあなた, はあの, はさっき, はその, はそれ, はそれから, はそんな, はなんと, はなんとも, はもう, は三人, は下谷数寄屋町大和屋, は二十一二, は人民, は使, は使い古した, は全く, は去る, は四足胴体枯木, は国家, は大きな, は大正十五年, は小さい白い, は廊下, は悉く, は明治四十年, は本文初版, は男, は石川房之丞, は血, は見覚え, は賀茂真淵, は長吉, は青江備前守樣, もこういう, ももともと, も十年近く以前, も面白い, をありがたく, をいい, をうけとり, をつまん, をふと, をみ, をわし, を伺いました, を災難, を聞く, を自分, を見

▼ 出されたもの~ (58, 5.4%)

5 である 3 だから, だった 2 ですから, らしい

1 [43件] かな, かを疑ふ, か理論的, か知れない, が, があった, が即ち, が直観空間, こそこの, だ, だが, だと, であらう, であるが, であると, でございますから, でしたが, では, で娘, とはいい, と思う, と思ふ, と推察, と早合点, と解し, には, にはそうした, に他, に外, のよう, はその, はキット内容, は余さず, は梢一本, は歓び, は葡萄酒, もない, も沢山, も無理, を借用, を大, を見る, を見れ

▼ 出されたこと~ (45, 4.2%)

6 がある 3 があった 2 であって, もある

1 [32件] かは分らない, から客, があつ, がない, がなかっ, が有りました, だけで, だった, であらう, ですか, では, で云い出された心持, など, にある, に於, はたしかに, はなかっ, はよく, は二十三歳, は伸子, は勿論, は少し, は既に, は日本, は至極当然, もこの, をさも, を喜ん, を知り, を第, を聞い, を自分

▼ 出されたよう~ (29, 2.7%)

3 な気 2 なわけ, な工合, な形

1 [20件] でございますが, ですね, なこと, なその, なもの, な一人, な光, な奇妙, にすがすがしい, にはっきり, にやはり, に丸髷, に声, に弟, に思った, に腰, に血, に見える, に記憶, に顔

▼ 出された~ (28, 2.6%)

2 これは, 私は

1 [24件] おかげで, この女中, しかしバー, しかし修一, そのとたん, その時, それと, それによ, それを, どうしても勝てない, またすぐ, まだその, 一時やかまし, 三藏の, 今更と, 出されるまで, 最後余裕と, 最後江戸慣れない, 生涯その, 町, 茫然と, 階下に, 飲ませるだけの, 騒々しい人なか

▼ 出されたので~ (21, 2.0%)

3 あつた

1 [18件] あつて, あらうか, ござりましょう, しようよ, せう今にも, そこに, それまで, ついその, セエラは, 七兵衛は, 京を, 仲国は, 列を, 厭気が, 物憂かった, 生きる手段, 眼を, 面喰っ

▼ 出された~ (21, 2.0%)

1 [21件] いずれ伝蔵, から一緒, にはすなわち, にはどう, には尼院, には思わずぞっと, には甚だ, には社長, には私, には空恐ろしい, に七兵衞, に中央銅像局, に栄, に番兵さん, の意義, の紫頭巾, の記念, は一寸, は漕ぎ出された, も私, や何

▼ 出された~ (18, 1.7%)

2 云う事, 云ふ

1 [14件] いう, いうでは, いうので, いうよりも, いえば, いふ, したらホテル, して, ひたすら敬服, 思われるその, 聞いたが, 聞いた時, 自分で, 頷けるほど

▼ 出された~ (17, 1.6%)

5 です 32 だから 1 じゃあたまらない, じゃない, だよ, だろうよ, だろう何処, ですって, では

▼ 出されたやう~ (16, 1.5%)

2 なもの

1 [14件] な丸味, な恰好ぢ, な感, な美人型, な顏, にうん, にちかごろ, にな, に倒れ, に前庭, に思はれ, に感じ, に遙, に雨戸

▼ 出されたそう~ (10, 0.9%)

3 です 21 じゃない, だから, だが, で田沼, な

▼ 出されたという~ (9, 0.8%)

2 のが 1 のであった, のである, ような, ような思い切った, 事は, 訳でした, 話を

▼ 出されたとき~ (9, 0.8%)

1 には之, には活溌, の表情, は, はもう, も周囲, も政府, 何より自分, 生まれた国

▼ 出された~ (7, 0.7%)

2 文が 1 元が, 役人に, 皿は, 艶を, 饅頭が

▼ 出されたから~ (7, 0.7%)

1 お玉は, である, でした, まごついて, 女の, 東京の, 間誤付い

▼ 出された二人~ (6, 0.6%)

1 の仲間, の女, の影, の影法師, の気まず, はこれから

▼ 出された~ (6, 0.6%)

2 を啜り 1 で口, を啜っ, を飲み飲み, 呑みを

▼ 出されたその~ (5, 0.5%)

1 帰国の, 白い顏, 眼鼻立ち, 部屋の, 黒い塊

▼ 出されたところ~ (5, 0.5%)

1 による, のもの, の特殊, は意外, は狸

▼ 出されたまま~ (5, 0.5%)

1 になった, に何時の間にか, の便箋, の茶, 黒くもえ切っ

▼ 出された~ (5, 0.5%)

1 が見える, である, によって一同, はなかつた, を載せた

▼ 出された~ (5, 0.5%)

1 がお, が好い, だ, では, は従って

▼ 出された~ (5, 0.5%)

1 から全, には節季, にゃ亭主, の翌々日, もまた

▼ 出された~ (4, 0.4%)

1 あたし栄さんなら, ねえん, 平次の, 生れて

▼ 出されたこの~ (4, 0.4%)

2 場の 1 一場の, 宿の

▼ 出されたって~ (4, 0.4%)

1 かまわんじゃ, それが, もう家, わたしに

▼ 出されたといふ~ (4, 0.4%)

1 ことにか, 噂が, 噂も, 美々津港にな

▼ 出されたんで~ (4, 0.4%)

1 つい卑しん坊, 困って, 山猿めすっかり, 怖くって

▼ 出された手紙~ (4, 0.4%)

1 に目, はすべて適法, は厚い, を最後

▼ 出された~ (4, 0.4%)

2 の戸口 1 の屑, は濡れる

▼ 出された自分~ (4, 0.4%)

1 なの, の声, の血盟書, を別に

▼ 出された若い~ (4, 0.4%)

3 男の 1 ひとに

▼ 出されたとの~ (3, 0.3%)

1 ことだった, ことに, 評判に

▼ 出された~ (3, 0.3%)

1 ちがいない, ほかならぬであろう, 違いありません

▼ 出されたのに~ (3, 0.3%)

1 もうひとり, 何と孔丘, 相違ない

▼ 出された~ (3, 0.3%)

2 に三人 1 に一番

▼ 出された~ (3, 0.3%)

1 の袖口, の顔, は答える

▼ 出された~ (3, 0.3%)

1 に進ん, のよう, をつかまえ

▼ 出された時代~ (3, 0.3%)

1 である, にこの, の錆

▼ 出された模様~ (3, 0.3%)

2 の変化 1 とそれ

▼ 出された~ (3, 0.3%)

1 の心理状態, の手, の足

▼ 出された~ (3, 0.3%)

1 である, であると, は食べ

▼ 出された~ (3, 0.3%)

1 があります, としてふれた, を續

▼ 出された~ (3, 0.3%)

1 はよく, をのぞく, を大きい

▼ 出された高瀬舟~ (3, 0.3%)

3 は黒ずんだ

▼ 出されたくらい~ (2, 0.2%)

2

▼ 出されたしかし~ (2, 0.2%)

1 彼の, 遂には

▼ 出されたとて~ (2, 0.2%)

1 こちらは, 邪魔には

▼ 出されたパン~ (2, 0.2%)

1 が恐るべき, に手

▼ 出された三人~ (2, 0.2%)

1 の男, は稽古着

▼ 出された~ (2, 0.2%)

2 は金輪際

▼ 出された~ (2, 0.2%)

1 眼放散した, 眼臓腑を

▼ 出された事実~ (2, 0.2%)

1 というの, や想像

▼ 出された二挺~ (2, 0.2%)

1 の早, の駕籠

▼ 出された~ (2, 0.2%)

1 しかいない, のやう

▼ 出された人達~ (2, 0.2%)

1 が群集, と地方

▼ 出された人間~ (2, 0.2%)

1 としては月心院内, は愚痴ります

▼ 出された何処~ (2, 0.2%)

1 かの公園, か呉服屋

▼ 出された兄処女~ (2, 0.2%)

1 がこの, が此

▼ 出された千之助~ (2, 0.2%)

1 漸く起上, 漸く起上がらう

▼ 出された厚い~ (2, 0.2%)

1 糊の, 鐵板の

▼ 出された場合~ (2, 0.2%)

1 その人間, 先ず今日

▼ 出された大広間~ (2, 0.2%)

2 の中央

▼ 出された~ (2, 0.2%)

1 き女中, 独楽が

▼ 出された~ (2, 0.2%)

1 にその, の門

▼ 出された御馳走~ (2, 0.2%)

1 をまるで, をみんな

▼ 出された心持~ (2, 0.2%)

1 には現実, を自分自身

▼ 出された怪物~ (2, 0.2%)

1 の正体, は何

▼ 出された料理~ (2, 0.2%)

1 がお客さん, には一同

▼ 出された明るい~ (2, 0.2%)

2 方を

▼ 出された木目~ (2, 0.2%)

2 の美しい

▼ 出された~ (2, 0.2%)

1 な姿, に浮ん

▼ 出された~ (2, 0.2%)

1 に人々, に浮ん

▼ 出された~ (2, 0.2%)

1 のうしろ姿, は外套

▼ 出された瞬間~ (2, 0.2%)

1 から, からの光景

▼ 出された義歯~ (2, 0.2%)

1 がカラカラ, と共に気味悪く

▼ 出された義理~ (2, 0.2%)

2 じゃない

▼ 出された~ (2, 0.2%)

1 などあまりに, の上

▼ 出された茶碗~ (2, 0.2%)

2 を手

▼ 出された菓子~ (2, 0.2%)

1 や果物, をある

▼ 出された言葉~ (2, 0.2%)

1 だつたの, であつ

▼ 出された詔勅~ (2, 0.2%)

1 でこれ, と信じました

▼ 出された~ (2, 0.2%)

2 からは大石小石

▼ 出された部屋~ (2, 0.2%)

1 の中, の四方

▼ 出された酒肴~ (2, 0.2%)

1 へ手, を前

▼ 出された~ (2, 0.2%)

1 であ, には町子

▼ 出された~ (2, 0.2%)

1 がその, の腹

▼1* [406件]

出されたあと仲之町をよし, 出されたあの長椅子だ, 出されたいつか東京の三越, 出されたうえ阿部侯より, 出されたおり楽屋のもの, 出されたお菜は多分, 出されたかたちだつた, 出されたかのごとく愁然, 出されたかも知れません, 出されたきりでもの, 出されたくせにまだ, 出されたくるしさに, 出されたけちな職人, 出されたけれども真似ばかりで, 出されたこといまその全, 出されたころに明治二十年代, 出されたすみ子も戸塚, 出されたそういうものが, 出されたそれが茶わん, 出されたために自分, 出されたためしがなかつた, 出されただけなん, 出されただけで終った, 出されただけの旅では, 出されたとかでな, 出されたときあとに残った, 出されたときみたいな心持, 出されたとき彼は思わず, 出されたとき栄二はまた, 出されたところが脹れっ面を, 出されたにつき当会の, 出されたには違いない, 出されたにも由るが, 出された黒塗りの, 出されたはずであった, 出されたあや, 出されたばかりの牡蠣の, 出されたほこりっぽい公判廷, 出されたほどであった, 出されたごころの, 出されたまでは覚えて, 出されたまひ三が肩, 出されたまんまそこにあった, 出された同樣, 出されたもう一冊の, 出されたものの身體には, 出されたよしで, 出されたわけであろう, 出されたわたしの考え, 出されたアイスクリームコーヒーの素晴らしかっ, 出されたアパルトマンの客室, 出されたイタリア諸都市, 出されたカステイラを毟, 出されたカステラをしげしげと, 出されたカタログを見た, 出されたガランとした, 出されたキャフェの卓, 出されたグラスを拒む, 出されたケレンスキー内閣の号外, 出されたコーヒー茶碗はも一杯, 出されたゴム鞠のよう, 出されたサイダアのコップ, 出されたシャーベットをつい, 出されたジプシイたちの顔, 出されたタタキの上, 出されたドイツポーランドチェコスロヴァキアオーストリアに向け, 出されたビールの洋盃, 出されたベッドの上, 出されたボスがある, 出されたミッチェル女史の, 出されたメカニズムに他, 出されたメモのよう, 出されたヤドカリと云, 出されたと粒一, 出された一つの顔, 出された一ぱいのお, 出された一人ないし數人, 出された一件を女房, 出された一個の銃弾, 出された七人の上気, 出された上自分の持つ, 出されただけに杜若, 出された不思議な事件, 出された不服が込み上げ, 出された与力はそれ, 出された世界なん, 出された中古の二, 出された丹前に着替え, 出された主人の影法師, 出された二階の雑然, 出された五十銭ってもの, 出された井戸の底, 出された人々が荷物, 出された人たちはその, 出された人型の上, 出された人波の凸出, 出された人為的なもの, 出された仏壇を前, 出された以上一晩だってこの, 出された以上座談を進ん, 出された伸子の身もち, 出された何等かの形式, 出された作品としてのみみる, 出された作曲集を彼女, 出された個々の人たち, 出された側壁は一種, 出されたをこの, 出された兄嫁は土堤, 出された光景がはつきり, 出されたは年はるか, 出された六尺棒に脛, 出されたのよう, 出された兵卒に反映, 出された其顔には有り有り, 出された内弟子の娘, 出された処方箋や薬品, 出されただが, 出された切手を見, 出された判断は必らずし, 出された判斷は必らずし, 出された利休や遠, 出されたではただ, 出された前方を見つめ, 出された労働学校の残務整理, 出された効果黄金真珠等の蒔絵, 出された勇ましいその評論, 出された十一軒の家, 出された十三年の苦労, 出された十二三の少年, 出された十挺の拳銃, 出された十畳の間, 出された半月のかげ, 出された博愛の精神, 出された反射交感術の専門技手, 出された古文書中高野山や東寺, 出された同姓の名刺, 出された名刺を見る, 出された吸い物の椎茸, 出された周三であつ, 出された呼び名であるから, 出された品々を一応あらためて, 出された唖男はきょとん, 出された問題に応じる, 出された四五題を書く, 出されたは英国征服史, 出された国司や府生たち, 出されたの道, 出された坪井九馬三博士の論文, 出された堤防の上, 出された声音を続け様, 出された売春婦たちは円く, 出された変転のまざまざ, 出されたの花, 出された外国の小説, 出された多くの石, 出された夜目にもしるき, 出されたの遠, 出された大きな官庁の, 出された奈良原到翁, 出された女どもがおおよそ, 出された奴隷のよう, 出されたの席, 出されたお小夜, 出された始めての経験, 出されたは帰っ, 出されたやが帰っ, 出された婦人公民権案はついに, 出された宇治山田の米友, 出された宣伝ビラだ, 出された室内の調度, 出された家庭というもの, 出された宿帳へ名, 出された宿直の一人, 出された密封の書付, 出された対手の手, 出された対話や説明, 出された小さな土間だ, 出された小島吉雄博士の, 出された小次郎の姿, 出された小鳥のやう, 出された少女の方, 出されたの肩, 出されたの角, 出された岩壁の一部分, 出された巨鐘の音波, 出された巴旦杏の花, 出された常友は実直, 出された帽子のなか, 出された平野と高い, 出された幾節かの歌, 出された座布団をちょい, 出された廣野に屯, 出された彌太郎は何ん, 出された当時の心持, 出された当時男の社員たち, 出されたである, 出された形竹の濡縁, 出された形象によって構成, 出された形跡はありませんでした, 出されたはひとつ, 出された役所の指令, 出されたの右手, 出された彼女の顔, 出された彼等の獰悪, 出された徂徠の論, 出された後日本の人口, 出された得点表の前, 出された誓文の, 出された御用の提灯, 出された心地だった, 出された性的混乱の典型, 出された怪屋は何, 出された恥しさの, 出された虐人形芝居の, 出された感想で, 出されたる匂, 出された戸籍簿の私, 出された所以もそこ, 出された所員ローソクで何, 出された手前でございますから, 出された手札を見る, 出された指紋を虫眼鏡, 出された掲示の紙, 出された支那の人形, 出された故国の珍味, 出された散文は大変私, 出されたをふところ, 出された文化の華, 出された文書などが影響, 出された文書類を隠す, 出された文芸復興の声, 出された新しい興味によって, 出された新人の種類, 出された新聞を都合, 出された方法については想像, 出された日本の家屋, 出された日本音楽からのという条件つき, 出された日輪のにじみ, 出された昆布勝栗美濃の干柿, 出されたの作業服, 出された明王は牧, 出された時世間をあっ, 出された時主人は, 出された時卯平は, 出された時右の矮鶏, 出された時夢中でその, 出された時己は骨, 出された時水茶屋の女達, 出された時自分は岩手訛, 出された時誰かがいろいろ, 出された時趾には陸稻, 出された景教碑を英國博物館, 出されたの音調, 出された曲者は六十前後, 出されたの根っこ, 出された木村たけしくんときみ子ちゃん, 出された本町市の人いきれ, 出されたを集める, 出されたを渋々, 出された東作爺はもう, 出されたとが将軍家, 出された栄二をさ, 出された栖鳳先生の六曲一双, 出された栗ぜんざいを一, 出された桂子はその, 出されたのよう, 出されたの中, 出された椿岳蒐集の記念, 出された楊州の街, 出された楼上の太鼓打ち, 出された標山の姿, 出された横顔は恐しく, 出された歩哨が剣付銃, 出された死骸の顏, 出されたがする, 出されたが上向き括弧, 出された汚点のよう, 出された治子の表情, 出された洋菓子の上, 出された海面へ叩きつける, 出された渋茶をすすり, 出されたからみ, 出された牢獄の有様, 出された狂人の解放治療場, 出された狂言をまるで, 出された独立の山塊, 出された狭い置舞台の, 出された猪口の中, 出された献金の件, 出された珈琲に手, 出されたも何だか, 出された理由が林助, 出された生々しい腹部を, 出された生活の上, 出された生贄の女澄江, 出されたのすべっこい, 出された男らしい若い人の, 出された画帖や色紙, 出された番茶が半分, 出された異様な品々, 出されたは東京中, 出された白い窓掛と, 出された白刃のよう, 出された白蝋のよう, 出された白酒を飲ん, 出された百円紙幣を何, 出されたの菓子皿, 出された直ぐあとどうしてあんなに, 出された真赤な毛糸, 出された着物がさっぱり, 出された知性は鮮度, 出された禁錮囚のよう, 出されたは係官, 出された私たちではなかつた, 出された私自身の影, 出された種子はその, 出された空虚な巣, 出された窓ガラスの向う, 出されたの緒, 出されただが, 出された精神異状の代表的チャムピオン, 出されたを見, 出された紙片に墨汁, 出された素人の役者, 出された経験があった, 出された給仕盆にうつる, 出されたを取り上げ, 出された縄付を見, 出された纏頭であった, 出されたをみた, 出された置物台の木理, 出された美人の舞態, 出された美味な御馳走, 出された美麻奈姫はどんなに, 出された翌朝それらの辻, 出された老婆はその, 出された考えかたである, 出されたに向かっ, 出された脚本を読んだ, 出されたで茶漬, 出された膳部にもおもしろい, 出された自分自身だった, 出された與力はそれ, 出された興味は今, 出された舞台に異様, 出された芝居の神様, 出された花壇の片隅, 出された芸術の裡, 出された茄子汁に何となく, 出された荒武者がこの, 出された落ちつきのない, 出された葉子を今更, 出された葡萄酒が不味い, 出された蜀葵の紅い, 出された表現がぴつたりと内界, 出された裏長屋の男世帯, 出されたの脚, 出された製造場の烟, 出された襤褸のよう, 出された見覚えのある, 出された親戚の中, 出された記事は現代, 出された試験問題それもなかなか, 出された問題である, 出されたの姿, 出された質問の性質, 出された赤い船です, 出された赤色メーデーを敢行, 出されたの素姓, 出された身の上であつ, 出された身分で見れ, 出された軽石のやう, 出された農林大臣の声明書, 出された迄は覚えて, 出された逸物には義経, 出されたの方, 出された選択の自由, 出されたも少し, 出された野口氏で喜兵衛, 出された野村君もたぶん, 出された金公が苦い, 出された金包みを戻し, 出された銀座通りの柳, 出された鐘撞堂に住ん, 出されたの丈夫, 出された阿波屋の娘, 出された階段だが, 出された電子の上, 出されたであった, 出された頭上の青い, 出された頼母は寝床, 出されたが笑つて, 出された風露草の植木鉢, 出された食べものにも手, 出された食事は日本料理, 出された食卓の上, 出された餅菓子に食いついた, 出された香代は既に, 出された馬上の二人, 出された馬橇の足, 出されたには手, 出されたの料理, 出されたの骨, 出されたなども, 出されたを切っ, 出された黒血のよう