青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「冷やか~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~冠 冠~ ~冬 冬~ 冴え~ ~冷 冷~ ~冷たい 冷たい~ 冷たく~
冷やか~
冷淡~ 冷静~ 凄~ 凄い~ 凝~ 凝視~ 凡そ~ ~凡て 凡て~ ~処

「冷やか~」 1025, 10ppm, 10824位

▼ 冷やか~ (453, 44.2%)

22 云った 17 答えた 11 笑った, 笑って, 見て 10 言った 6 して, 訊いた 5 なって, 笑つた 4 いった, なつて, 眺めて, 答へ 3 この準備, なつた, 僕を, 挨拶を, 流れて, 私を, 見下して

2 [20件] これを, それを, なつていらしつた, ほほ笑んで, 一目見た, 傍観する, 又高く, 妻の, 彼の, 楽しんで, 澄んで, 白露は, 私の, 私も, 肯いた, 胡坐を, 見まもって, 言って, 輝いて, 風うすく

1 [272件] あしらわれて, あり難し, あれ, いいわけし, いひ放つと, うなづいて, おちついて, お菊, かう云, かう言, かつ無残, きき返した, きびしく人足たち, きりっととりすまし, くずれたの, くり返した, こう云い放った, こう云う, こう云っ, こう言い渡した, こう言う, こたえると, このありふれた, この恐怖, さう答, しかもそっぽ, じっと盤面, じっと見守る, そうしたゴンクール氏, そう云った, そう言っ, そして次第に, その眼, それでも快く, たずねた, たちこめた, たなびく靄, ちょうど蛋白石, つけ加えた, ていねいに, なされるの, なったか, なったよう, なりたしなめるよう, なり大いに, なり照るとは, のぞき込んで, ひきやめ少し, ほほゑみぬ, まわされた, もういちど, よろこばしく, わたしを, わらった, われわれの, エンジンの, カーライルの, ハルクを, 万籟死し, 三人を, 下した, 不遠慮, 且つ静か, 亂れた, 争って, 二人に, 云いながら, 云いました, 云い放し口, 云い返した, 云う, 云ったが, 云ったもの, 云って, 云つ, 云つた, 云ひ放つた, 云ふ, 人間と, 令嬢の, 伏せて, 低くて, 傍観し, 働きだした時, 働らい, 僕の, 僕は, 兄へ, 光った鉄, 公の, 凍れたるごとし, 利用する, 刺々しい不調和, 動いたこと, 厳粛な, 反問した, 取り扱われた, 叫ぶが, 各, 向き直, 告げた, 呟くと, 喉を, 嘯いた, 嘲笑うの, 嘲笑った, 噛みしめて, 固く清くなっ, 地底の, 壮士の, 守って, 官能の, 定列, 客観の, 将右衛門, 尚ほ生き, 尼の, 平氣, 弾き返して, 彼を, 彼女へ, 待って, 微笑した, 微笑する, 微笑み彼, 微笑んで, 思う, 思はれたらう, 思われたと, 感じられた, 憎々しげ, 成行を, 打笑む, 扱いニイチェ, 批評的な, 拍手し, 拒絶する, 拭く少女, 指先を, 振り仰いだ, 撫でて, 放擲し, 敷いて, 日落ち, 明けて, 春を, 暁を, 書くが, 本堂の, 柔らかき甲, 構えて, 死後の, 残って, 残酷に, 水が, 流るる新鮮, 流れ入る, 流れ始めたの, 流れ渡る夜風, 浴びせると, 海風か, 淀んだ気配, 漆の, 潔い, 澄んだ夕暮, 澄んだ藍色, 照って, 照つてゐる, 燗徳利を, 物凄く感ぜられた, 生死を, 白い歯, 目礼せり, 相手を, 看過し, 眺めあって, 眺めること, 眺めるだけ, 眼を, 睨んだ, 瞬いて, 瞰下ろし, 礼を, 秀次は, 空を, 突き放しました, 突つ, 突つ放した, 竜之, 笑いながら, 笑いました, 笑いフイ, 笑い笑い, 笑う, 笑うみどり児, 笑ったが, 笑ひ, 笑ひぬ, 笑ふ, 笙子嬢を, 答えて, 答えましたが, 答える, 答え返した, 納り込ん, 続けた, 考へた, 考へ直して, 聞きながし, 聞き流して, 聞こえた, 聞こえたばかり, 胸の, 艶なる, 苦笑し, 落ち着いて, 薄き, 衣の, 裁判官が, 見おろして, 見かへ, 見すごしたこと, 見せて, 見た, 見た平次, 見つめて, 見つめながら, 見つめること, 見ては, 見下ろして, 見捨てながら, 見来ったところ, 見物し, 見返しながら, 見返るもの, 見送る妖婦的, 見遣りて, 視た態度, 視つめて, 視られて, 覚悟を, 観察する, 言い切った, 言い放った, 言ったが, 言つた, 言つたといふ, 言われた, 言葉を, 訊く, 託された, 訪れて, 返答した, 道志脈の, 遠のいた, 遮った, 部屋へ, 鋭く, 鎮まる, 闇を, 階下の, 雲低き, 零れた土, 静観し, 領に, 頭の, 頷いた, 額の, 風が, 鬼気人を, 黒き沼, 黙ったまま

▼ 冷やか~ (406, 39.6%)

11 眼で 10 調子で 8 態度で, 態度を 7 眼を 6 微笑を 5 声で, 風が 4 ものが 3 ものと, 光が, 光を, 様子を, 無関心, 眼に, 笑みを, 表情は, 顔を

2 [25件] お眼, ものに, ものも, ものを, 一瞥を, 世間の, 人間では, 弁証家である, 挨拶を, 朝の, 水と, 目で, 目を, 秋の, 空気が, 竜之, 笑ひ, 笑を, 自己で, 表情を, 視線の, 言葉が, 返事です, 非情物では, 鬼の

1 [265件] あしらいにも, あしらいを, あまり小さな, うち解けない, お下げに, お生れ性, くらゐ, しかし強い, しかし注意深い, しづかな, そして棘, そっけない, ぞんざいな, のです, のは, ばかりで, ぴくりとも, ふうや, ほど筋目, ほほ笑み浮べてる, まま帝を, まるで見知らぬ, まるで道楽息子, もの, ものだ, ものだったろう, ものであります, ものでした, ものな, ものなんびとも, ものは, ものや, もみじの, もんじゃあ, やうに, わざと選り抜いた, んじゃ, ベルの, ポーズが, 一瞬が, 一面を, 丁寧さで, 三十棒は, 不味さ, 不愉快な, 両眼, 丹念さで, 位に, 余生の, 侮蔑と, 偏狭な, 傍観者であった, 光で, 光の, 冷笑する, 凝然として, 刃が, 刃と, 切ッ尖, 判断で, 別れの, 勉励さで, 勢いで, 単調な, 印象の, 厳しい口調, 厳粛な, 反問とが, 反抗的な, 反省が, 口調で, 台取締の, 右衛門の, 同じ心酔, 同情の, 名分だ, 君に, 哀れな, 唇で, 嘲弄する, 嘲笑と, 圧制的な, 地下室めいた, 地底にも, 地面に, 声でした, 夕べで, 夕風に, 外気を, 夜が, 夜明けに, 夜気が, 夜風が, 大気は, 太陽, 夫であっ, 夫婦関係を, 奇怪とも, 姿で, 姿勢に, 威厳の, 威厳を, 客観性を, 家庭の, 家庭を, 寺院の, 射撃では, 少し悪意, 山上の, 山懐の, 山気に, 弁舌で, 引導を, 彼女は, 待遇に, 微笑の, 徹視, 心にな, 心持だ, 心理を, 応対である, 思考と, 息吹きが, 悪魔の, 愛情で, 感じの, 感じを, 感情に, 感情の, 態度の, 態度は, 態度や, 態度冷淡な, 憂欝であります, 或る, 扇の, 手に, 打算が, 折は, 挨拶ばかり, 晶質の, 智慧も, 朝東風を, 朴訥さを, 東風が, 極めて吝嗇, 構図が, 横柄な, 機械作用に, 死体が, 水の, 決意を, 沈黙が, 沈黙に, 沈黙を, 法律家には, 波を, 注意で, 注意を, 潮の, 灰色の, 無味な, 無限の, 然し皮相, 熱の, 物淋しい声, 狂暴に, 玄関でも, 現実の, 理屈である, 理智から, 生活には, 男です, 画策とに, 白玉を, 白眼に, 皮肉な, 皮肉や, 目つきで, 目つきに, 相手で, 眼ざし, 眼つきを, 眼とが, 着流しに, 石に, 社会から, 科学的予測を, 科学的批判とは, 空が, 空気に, 空気の, 空気澄みきった, 笑いさえ, 笑いを, 笑い方を, 笑の, 細かな, 美しい目鼻立ち, 羨望を, 聖母が, 脈を, 自然よ, 花影が, 落ちつきが, 落着いた, 蒼ざめた彼女の, 蒼白い色, 薄笑いを, 蝋の, 表情で, 表情に, 視線に, 視線は, 視線を, 観察者が, 観照は, 触感を, 言い分でありました, 言い分の, 言葉の, 言葉を, 記述が, 試みであった, 試みに, 語尾と, 調子だった, 調子と, 謹直さニコラ・プーサンの, 贅沢な, 足取りで, 身を, 軟肉あり, 軽蔑と, 輝きが, 重くるしい片, 金物に, 鈍い色, 銀行街から, 銀襖に, 間を, 闇と, 限度の, 離反し, 霜気を, 霧が, 青に, 面が, 面の, 面影と, 面白さ, 響きでした, 頃わたる, 頑丈な, 頑固な, 頭で, 顏付を, 顔が, 顔つきを, 顔で, 顔に, 風は, 風付きに, 魂を, 黒い瞳

▼ 冷やかなる~ (43, 4.2%)

3 物なり 2 ものあり, 笑に

1 [36件] かな, が中, こと水の, にこの, に蚊帳, までに大胆, ものみな氷なり, を覚ゆ, 一片の, 人の, 其の残った, 内府の, 地球の, 壁の, 奥津城に, 忠と, 愛情の, 暗き深き森林, 月の, 気色も, 流れの, 灰と, 狭小人の, 理屈以外に, 生物に, 眼中に, 石膏の, 笑いが, 羽を, 調子なりし, 鉄の, 鉄筆に, 雲, 雲に, 雲より, 頃數しれぬ

▼ 冷やか~ (35, 3.4%)

2 によつて人

1 [33件] から来る, があった, がこの, がただよっ, がようやく, が万物, が伴う, が好き, が潜ん, が細々, だった, でじっと, で哀れ, で見やり, とをとりもどし, と固, と対照, に気が付く, に用心, に血, に驟雨, は新秋, ほどで, ようしゃなさを, を, をおぼえ, をせめた, をもった, を呼吸, を忘れしめよ, を感じ, を持っ, を覚えさせる

▼ 冷やか~ (29, 2.8%)

4 あつた 2 はない, 言葉は

1 [21件] たいへんすまし, はあった, はある, もし時どきに, よく通る, バーン, 上手に, 依怙地な, 厳かで, 君の, 弱気で, 彼の, 慇懃な, 放心し, 時としては, 柔らかく吸いつく, 炎暑を, 独善で, 老栓, 觀念的である, 陽気な

▼ 冷やかすぎる~ (4, 0.4%)

1 くらいの誰, と思っ, と申さね, 位であった

▼ 冷やかである~ (3, 0.3%)

2 事を 1 のに

▼ 冷やかなり~ (3, 0.3%)

1 吾直に, 峭楼の, 羅馬の

▼ 冷やか~ (3, 0.3%)

3 お縫

▼ 冷やかだった~ (2, 0.2%)

1 眼色に, 老女が

▼ 冷やかであった~ (2, 0.2%)

1 が睡り, という

▼ 冷やかにも~ (2, 0.2%)

1 倨傲な, 捉へ

▼ 冷やか~ (2, 0.2%)

1 が落ちつかう, を感じさせる

▼1* [38件]

冷やかさ何日も続い, 冷やかさ彼の自分, 冷やかさ案の条, 冷やかさ距離知的な好奇心, 冷やかさ鋭さ反省のみで完成, 冷やかしなさりましたらいっそもう, 冷やかそうに顔, 冷やかからはた, 冷やかであったり二里半, 冷やかであり潤いの, 冷やかでいながら時として, 冷やかでいる勝助の, 冷やかですが稟性, 冷やかでないばかりでなく, 冷やかいうほどの, 冷やかとも思える声, 冷やかなぶしつけな話し方を, 冷やかなよどんだような, 冷やかならしむる氣呼氣は, 冷やかなるべく月は, 冷やかなるべし時は, 冷やかな光りがあらわれ, 冷やかな取り澄ました言葉で, 冷やかな尖つた物が, 冷やかな恐しいある物が, 冷やかな憎みは私, 冷やかな憤りにとらわれた, 冷やかな曇り日の, 冷やかな突っ放すような, 冷やかな見くだすような, 冷やかな閃きを与え, 冷やかにかの女の, 冷やかにさえ感じられるのに, 冷やかについて来た, 冷やかにという自分の, 冷やかにはなりきれない, 冷やかを感じ, 冷やか過ぎるから私