青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「冬~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

再び~ 冒険~ ~冗談 冗談~ 写生~ ~写真 写真~ ~冠 冠~ ~冬
冬~
冴え~ ~冷 冷~ ~冷たい 冷たい~ 冷たく~ 冷やか~ 冷淡~ 冷静~ 凄~

「冬~」 11034, 106ppm, 1019位

▼ 冬~ (3934, 35.7%)

139 日の 90 夜の 80 日は 38 間は 37 寒さ 35 間に 32 日に 31 日が 2927 夜は 26 ことで 25 夜に, 旅 23 日を 20 夜を 16 夜, 朝の 14 寒い時, 日ざし, 空に, 陣の 12 はじめの, 月が, 海の, 田の 11 ような, 外套を, 寒い日 10 やうに, ように, 初めに, 山里, 最中に, 間の 9 うちに, ことであった, 日も, 朝, 空, 空を 8 初めの, 夜など, 宿, 陽の, 風, 風が 7 ことです, はじめに, 或る, 月は, 朝は, 空は 6 事で, 休暇に, 円居, 季節に, 海, 海を, 眠りから, 雨, 雨の

5 [23件] あいだの, あいだは, ある日, さなかに, 休みに, 午後の, 夜も, 夜長に, 寒い夜, 山, 山は, 方が, 日向に, 朝なれ, 来るの, 用意に, 眠から, 空の, 間を, 陽が, 雪の, 雪は, 風は

4 [41件] あいだに, うちは, うら枯れを, かかりに, ことだった, すがた, ために, ままの, 中に, 初めであった, 土, 姿の, 季節が, 寒いとき, 寒い晩, 山の, 山雨過ぎぬらし, 旅に, 日だ, 日には, 晩に, 月, 月の, 朝日の, 末に, 田, 田に, 空が, 薔薇, 蠅, 蠅は, 長さ, 間から, 間には, 陣に, 陽に, 陽は, 陽を, 雪おろしは, 雪が, 頃の

3 [76件] あひだ, ころから, さなかの, さむさ, やうな, ステキに, 中は, 事と, 仕度を, 休みを, 休暇には, 休暇は, 來る, 内に, 初に, 初めが, 夕日が, 夕暮の, 夕陽の, 夜が, 夜と, 夜などは, 夜には, 夜寒も, 夜長の, 夜風が, 太陽は, 孔雀守る, 季には, 季節には, 季節を, 寒夜, 山岨, 庭に, 日であった, 日にも, 日光が, 日光の, 日向の, 日向を, 日暮である, 暗さ, 最中で, 月を, 月夜なにかに, 朝で, 朝など, 気配が, 水, 海が, 海に, 海は, 深山の, 王, 用意を, 田は, 真中に, 真夜中の, 着物の, 終りに, 葉を, 薄日の, 西日の, 詩は, 部に, 間この, 間じっと, 間にも, 雨が, 雨は, 霧が, 頃から, 顔を, 風だ, 風の, 鳥

2 [261件] あいだを, あいだ一生懸命北からの, あけ方, あの夕べ, あらしが, うちから, うちしば, けしきで, こと, ことだ, ことである, ことでした, こととて, ごとし, さなかでも, すさまじさが, たくわえの, たそがれ, ための, つ, ねぶりよ, はじめから, はじめは, はじめより, はじめ霜に, ばら, ほうが, まっさいちゅう, もてこし, ものとして, ものなり, ゆくえを, オーヴァーを, シーズンに, フエノール, マントを, 一夜, 一日の, 一日は, 一番の, 下から, 下に, 中で, 中にも, 中頃に, 事だ, 事寺參り, 京の, 今年と, 仕事に, 仕着, 他行には, 休暇で, 光しんかんたるに, 光に, 光は, 光を, 入日の, 初で, 初の, 初め, 初めから, 初めと, 初めにも, 匂いを, 午後に, 半に, 半分は, 名古屋市は, 吹雪の, 囁きに, 土こごりき, 土しみみ掻きたる, 土に, 土ひた乾く, 土玻璃の, 夕暮, 夜がたり, 夜じゅうカイは, 夜で, 夜なぞは, 夜などには, 夜なんか, 夜や, 夜寒に, 夜寒の, 夜明けの, 夜更けの, 夜空に, 夜空の, 夜虎の, 夜話の, 夜遅く, 夜道を, 夜長など, 夜長を, 夜非常に, 如し, 姿が, 姿を, 季節である, 季節の, 季節は, 実を, 家に, 宿の, 寂しさ, 寒い朝, 寒い盛り, 寒きや, 山が, 山へ, 山路なりける, 山野, 嵐の, 幻相の, 広さ, 底へ, 庭, 庭の, 庭は, 心持の, 情勢を, 感じが, 支度に, 支度を, 斜陽が, 方に, 旅から, 旅の, 旅は, 旅も, 旅を, 日あしに, 日だった, 日で, 日です, 日なにか, 日の入り, 日わたしは, 日差しの, 日影が, 日影は, 日暮, 日暮方ちかく, 日曜の, 日棚田その, 日脚が, 日脚の, 日脚を, 昼過ぎ窃かに, 時雨の, 晩で, 晩などは, 晩の, 景色が, 晴れた日, 晴無線の, 暗い夜, 暮方病院で, 曝れ, 最中であった, 最中でした, 最中の, 最後の, 月夜は, 服を, 朝この, 朝だ, 朝でも, 朝を, 朝日が, 朝陽が, 木, 木のうへ, 木立が, 末まで, 来たこと, 来た時, 来ぬ中, 枝に, 梢と, 棚田, 棚田はね, 椎, 正月休みの, 水い, 水鵲を, 海では, 海風が, 淡水も, 深夜の, 濡れ衣が, 炉辺の, 焔が, 物を, 玉菜は, 田の面はけざむくて何か, 田よし, 男神と, 畑の, 真中で, 真中でも, 真昼の, 真最中に, 着物を, 短い日, 砂利道行きの, 祭りで, 空気が, 窓, 緑葉には, 聖モリッツは, 色である, 花が, 荒浪に, 落日が, 落日を, 葉, 薄日に, 蠅が, 蠅そこら, 蠅の, 訪れを, 設けに, 足元から, 辛さ, 農暇に, 近いこと, 近いの, 道くだり, 道路, 部, 野, 鉾杉海ちかき, 長い夜, 長夜を, 間こんな, 間だけ, 間も, 間太陽は, 間秋の, 陣には, 雨ながら, 雨に, 雪と, 雪とは, 雪のや, 雪ふりつ, 雲, 霊魂, 霜が, 霜を, 靄, 青空に, 風かよ, 食物を, 館へ, 館を, 鳥打帽を, 黄昏が

1 [1821件 抜粋] あいだかんかん, あいだでした, あいだ公費で, あいだ芝居を, あとには, ある午前, ある晴れた日, ある雪, いろ, うちの, うちを, おわり, お蛭子祭, かけ布団十月では, からッ風, きびしい風雪, くるの, こしなり, ことであり, ことなどを, こと十日間ばかり, この林泉, こッた, さなか, さなか赤松の, さむい薪, さ中の, したくを, せいも, たそがれが, つづきますよう, ときや, どちらも, なかばで, ながめを, なごりの, はじまりであの, はじめ, はじめつ, はじめにかけては, はたけは, ひがみと, ひばり, また千葉, ままに, ま中, むらがらす, もので, ものなる, ものを, やってくる前, やわらかい陽, ようだ, をはり頃, オステルリッキなる, カマキリとか, シヤツを, スェーターなど, スポーツ, ズボン下が, ハイキングを, ハルピンは, モスク, モーニングを, ヤマスゲ以外には, 一個月, 一夜を, 一日が, 一日長助夫婦は, 七ヶ月間こんな, 三月は, 上に, 上空は, 世界と, 中から, 中百済野で, 丼シチュウて, 事あまりの, 事です, 事のみを, 二の腕に, 二月田舍の, 今を, 仕事の, 仕着せにも, 休みが, 休息に, 休暇の, 休眠状態が, 余寒が, 來た, 健康法を, 光も, 光線, 入れ換え, 六箇月の, 冷い, 冷湿, 凍った三重窓, 凍る夜, 処を, 初か, 初めごろ新, 初めとて, 初めまで, 初め寒風凛冽と, 初め頃から, 初北國, 到来とともに, 前に, 動物, 化粧を, 区別なく, 十勝岳遠征を, 午前四時頃まだ, 午後三時と, 午後銀子は, 半ばに, 半日は, 厚いトンビ, 厳粛を, 取りつきに, 古名なる, 吉野の, 名残りが, 名殘, 噴水, 四辻で, 図書館の, 地平線の, 塵埃に, 夕かげあかき, 夕まぐれの, 夕方である, 夕方の, 夕暮れに, 夕暮客も, 夕陽が, 外套として, 外套用として, 外気の, 夜すがら, 夜だ, 夜といふ, 夜な, 夜なぞに, 夜にも, 夜ふけには, 夜ほど, 夜らしく研いだ, 夜中の, 夜台所に, 夜太郎は, 夜寒むに, 夜幼なき, 夜更けて, 夜更けには, 夜更などに, 夜月の, 夜炉の, 夜私は, 夜粉を, 夜釣りが, 大原野, 大根と, 大空を, 天候に, 天気ほど, 太陽を, 如く足もと, 始め早く, 姿は, 季でも, 季までの, 季節では, 季節に当たって, 学期休みには, 実, 客室に, 宵らしく聞き, 家へ, 家来どもを, 富士, 富士山頂を, 寒いなか, 寒い季節, 寒い眞中, 寒からず, 寒暖の, 寒気も, 寒空に, 寒風吹きすさぶ, 小さな暗, 小鳥が, 層を, 山々は, 山で, 山とを, 山について, 山住ひ, 山祭りには, 山道は, 山風が, 崖氷柱の, 嵐気を, 川を, 差入りに, 巻は, 師走月とは, 年四回と, 広野で, 座敷の, 庭木としては, 彩を, 後には, 心も, 心持ちが, 怪談, 恵, 悲しみが, 感じと, 感覺も, 或日, 扉よりも, 持病である, 支度の, 数箇月間ビーチャム・タワー, 方から, 旅とは, 旅情を, 日々にも, 日あたりの, 日この, 日である, 日とも, 日や, 日ヴェネーツィア人の, 日向は, 日売家の, 日少しく, 日影の, 日曜らしく, 日本郷肴町の, 日没ごろは, 日硯の, 日紺青鮮やかな, 日薄暗い, 日電柱に, 早く來, 明るい雪, 星の, 昼靄に, 時期は, 晩いちばん光つて目立つ, 晩どこのか, 晩外には, 晩父の, 景色に, 晴れ棺は, 暁に, 暁風, 暗澹たる, 暮し方, 暴風雨の, 曇日愛馬の, 最もうつくしい, 最中と, 最中にも, 最中草木山川白皚々見渡す, 月かな, 月さへ, 月と, 月夜にも, 月宵に, 服夜着などの, 朝こういう, 朝であった, 朝などでも, 朝なんぞ, 朝ブラウエンベルグ氏と, 朝外に, 朝早く, 朝水を, 朝紫光の, 朝靄の, 朝黒門市場への, 期間オスチャック族よりも, 木の葉に, 木枯らしが, 末から, 末で, 末夏の, 村に, 来ぬうち, 来る北方, 果と, 枯野な, 根室に, 梅雨といった, 森に, 楡の, 極点と, 樹の, 橋かな, 次には, 死と共に, 殊さら寒い, 気分を, 氣ざし, 水だった, 水中へ, 氷に, 氷ノ山と, 沈默含羞草の, 沮洳地の, 洋服和服などを, 海で, 海岸の, 淋しい山岳地方, 淨火と, 清々しい景色, 温もりの, 湖, 湖上の, 準備に, 滋養を, 演習の, 濡手の, 火は, 炬燵に, 焚きもの, 煖炉の, 爆撃を, 物である, 物まで, 特色を, 獄灯無心に, 現象は, 瓦解の, 生活である, 生活を, 用意でも, 町, 画, 異常に, 発作の, 登山者に, 白峰を, 白骨を, 目には, 真ん中の, 真似では, 眠が, 着換一二枚ずつの, 着物夜具買い溜め, 短日に, 砂糖漬と, 砂糖菓子に, 破片の, 社交場に, 祭には, 祭りの, 秩父連山は, 稻の, 穴蔵にまで, 空つ, 空ッ風は, 空気の, 窓ごし, 立山だ, 笛吹川で, 節に, 糸を, 紫は, 終らないうち, 終りの, 終り頃に, 終る頃, 終わりの, 終わるころ, 経験だ, 美しく晴れた, 羚羊狩りの, 老樹の, 背廣だ, 腕を, 自然は, 色が, 花である, 茶友達への, 荒々しい日本海, 荒れ海, 菓子に, 華が, 葱だけは, 蕭条たる木枯の, 薄い日光, 薄日が, 薔薇が, 蘇鉄には, 虹が, 蛭子祭が, 蝿のみ, 蠅だけ, 蠅を, 行事で, 街を, 衣が, 衣裳は, 衣類を, 表情の, 装束香壺薬の, 襲いかかって, 西日が, 観測で, 記憶は, 訪れの, 訪問者, 詩が, 詩人とさえ, 講演の, 贈り物, 跫音, 近くに, 近づくの, 道場こそは, 部とに, 部屋に, 部屋へは, 都会は, 重要なる, 野は, 野原で, 金魚の, 銀座に, 鎌倉いい, 長い北, 長い日々, 長い間眠つて, 閉じる頃, 閑散期を, 間かたく, 間じゅうより, 間じゅう我らを, 間たべる, 間どこにも, 間まったく, 間中いてつい, 間中烈しい, 間何処に, 間凍つた, 間土に, 間夜に, 間掘り廻った, 間日毎日毎の, 間水が, 間私は, 間野菜を, 間食物の, 闇の, 陣, 陣は, 陣以後すぐ, 陳述から, 陽ざしの, 陽ての, 陽ふかく, 陽向で, 陽映す, 雀がまん丸く, 雨で, 雨ふる, 雨春の, 雨雨だり, 雪の下に, 雪壁動く, 雲では, 雲も, 霜は, 霧の, 青ぞ, 静かな, 面影は, 頂上よりも, 頃とも, 頑固な, 顔の, 風つめたく, 風より, 風景の, 風鈴, 風霜に, 食物とは, 食糧を, 飾りを, 香水男性向の, 高山は, 鱈は, 鶯を, 黄色い隅田川

▼ 冬~ (1045, 9.5%)

8 来に 7 雪が 5 春に, 暖い 4 冬で, 黙って

3 [14件] 中, 仕事が, 何事も, 南の, 右の, 寒かつ, 寒さ, 日が, 春の, 来た, 行く, 雪に, 雪を, 駄目な

2 [65件] あまりにも, あまりの, あわれである, いかほど寒, いたも, いましろくさやけき, きに, きびしさ, こもれり, これで, さう, さやかに, さらなり, その葉, それから, とても寒, ともあれ夏, なほ幽, ひどく機嫌, また冬, また言った, もう越えた, やはり黙っ, よろしみ, ストーブを, ニースと, 來に, 例年に, 凍ざるゆゑ, 則ち, 千鳥の, 寒い, 寒いから, 寒い目, 寒くて, 寒そう, 屋根の, 敷居際に, 明けて, 橇を, 気温が, 氷を, 泣いて, 火の気が, 無言で, 煖炉に, 男の, 私は, 老いて, 自分の, 花も, 菜の, 谷が, 貧しき道, 越えがた, 透き見ゆ, 過ぎた, 過ぎぬ, 長三郎の, 青いもの, 音を, 風が, 風邪も, 風邪を, 黒い蔕

1 [840件 抜粋] あくまでも強情, あすこまで, あた, あたたかい日だまり, あちこちに, あつぼったい木, あまりに残酷, あまり行きすぎた, ありつつ, いいが, いじけ春, いちいちに, いつて, いつも真綿, いて, いないもの, いよいよこの, いよいよ摺り, いよいよ美しい, いわゆる脱兎, うなずいて, おごそかに, おだやかな, おもいがけず悲しい, おわる, お人形, お出, お召などを, お父さんは, かくて, かさねて訊いた, きたつけ, きぬ室に, きびしかった, こうし, こうは, ここだく, こだわりなく, ことごとく落葉, ことに雪, このよう, この影, この散歩, この炉, この街, これが, これに, これらの, ささやいた, さすがに, さびしも, さむいな, さむいのよ, さもこそという, しばしば此処, しばしば目, すきだ, すぎさりました, すぎて, すぐ其処, すつかり, ずいぶん愉快, せい, そうだった, そう言っ, そこから, そのあくる日, その後も, その方, その赭土, そらこんなに, それに, それを, そんなに長く, たいていがら空き, たいへん長かっ, ただ寂びる, たんと健康, ちょうどこの, とかくひま, とかく体, とくに盛ん, ともあれこの, どうした, どうしてこんなに人, どうします, どうやらそれ, どこから, どてら一枚で, なお更, なかなかよく冷えます, なかなか夏, なぜさむい, なるたけ火鉢, なんか大きな, にぎやかな, はやく訪れる, ひどい寒さ, ひどい風邪, ひどかった, ひどくお, ひどく寒くて, ひま冬いそがしけれ, ふきに, ほんとうに, ぼろ隠しの, まかせて, また一段と, また摂氏零下二十度, また貧しく, まだなん, まだゆきわたらず, まだ全く去りかねた, まだ牛乳, みんなが, みんな豆つ, もうたくさん, もう十年余り, もう堪らなくなった, もう暮れ, もう畳, もう眼, もう荒れ果てた, もちろん草花, もっと前, もはやその, やはりなん, やはり俯向, やはり無言, やわらかな, ゆうべから, よいの, よくその, よけいに, わしは, わたしも, わびしいわが家, インフルエンザを, キット窖へ, サン・モリッツで, シャツを, スチームがと, ストックホルムから, チコとともに, フキでは, ミラノに, モスクワで, 一つの, 一切の, 一千万人の, 一年の, 一枚の, 一糸も, 一週間以上十日や, 一面に, 万吉が, 三十そこそこ少し, 三枚半位で, 上野に, 丸で, 九里四里うまい, 乞食そういう, 事の, 二核から, 二頭猟った, 云々, 五六日前に, 五穀などの, 人けの, 人もこそ, 任地で, 伊沢氏に, 休んで, 低く地, 何しろ火, 何といふ, 何んな, 何時でも, 余程寒い, 來ぬ, 例の, 俺は, 僕等は, 先ずこうして, 全く深雪, 六時に, 六時夏は, 再びさもこそというようにうなずいて, 冬でも, 冬の, 冬らしい, 冬らしくあれ, 冬海は, 冷たい風, 凌げないし, 凍りつく寒気, 別に, 前年の, 割合いい, 勿論人通り, 北の方の, 北向きで, 北国に, 北風の, 十二月と, 十二月に, 十五に, 十八に, 十分もちます, 午後四時に, 南向きの, 南海の, 南阿, 却つて健康に, 厳冬の, 去って, 去り, 又ひきとめた, 又百姓, 又頻発, 只池に, 只管躊躇しつ, 合羽が, 同じ自殺, 吹雪で, 唯枯木, 嘴と, 四五日目が, 四時起, 土地が, 地に, 地府に, 堅穴小屋に, 塩冶の, 夏の, 外の, 外套なし, 夜が, 大きな炉, 大抵涸れ, 大變, 天候も, 奴らの, 好天気続き, 妙に, 始終無言, 嬉しそう, 子供にとっては, 完き, 実に長, 実際少しも, 家の, 家中を, 宿れり, 寂しいでしょう, 寂しくなる, 寒いため夏, 寒いという, 寒いの, 寒いもの, 寒い国柄, 寒い風, 寒くつて, 寒く夏, 寒く気, 寒を, 寒気も, 寒風に, 小さき不二, 小倉の, 小声で, 小田原の, 少しばかり, 山の, 山は, 山野の, 川が, 川よりも, 市街は, 布団を, 師直の, 常に人々, 平野を, 年が, 幽けさ, 幾らか明るく, 底冷えが, 庭に, 弥生の, 彼等にとって, 御霊廟, 微かに, 必ず消える, 必要でない, 忘れがたき, 怖いけれど, 怖いわね, 思ひ出したやう, 恐ろしい冬, 惨だ, 愈よ, 意外に, 戸外散歩を, 手早くその, 折れ伏す蘆毛積, 振向き, 救ひ, 断じて病間, 斯うし, 日々に, 日ざし, 日す, 日光あまり當らずして, 日向と, 日当りが, 日本の, 早いです, 早く襲来, 早く過ぎ去った, 明る過ぎる, 昨晩から, 是非ともね, 晩の, 暖いだろう, 暖いとこの, 暖かい日, 暖く, 暗いの, 暫く見送っ, 更に人間, 更に又, 朝早くから, 本堂に, 本当に寒かっ, 村へ, 来るし, 東京では, 枯れつつ, 枯野に, 案外元気, 極った, 楽に過せる, 橇春の, 橋の, 次第に近づい, 死んだよう, 殆ど雪に, 殊に風邪, 毎日陰鬱に, 毎日雪か, 民衆の, 気を, 水かさが, 水湧かず, 氷や, 氷垂の, 氷河の, 汲みおき, 決して奥山, 決して高い, 河岸べりに, 河豚が, 流を, 流行つ, 深くなっ, 深まる, 温かに, 湖上に, 湯が, 満山の, 滅多に, 漸く險惡, 火の, 灰色の, 灰鼠の, 炭が, 炭も, 炭を, 烈しいん, 無遠慮に, 焼栗, 焼芋屋, 燃えさかる火, 燃料が, 特別に, 狩猟夏は, 独り言の, 猟を, 瓦斯なし, 生えて, 町内どうしで, 留守でございました, 疾風吹きました, 白いもの, 白く春, 白骨に, 皹れ, 眉を, 真盛です, 眠って, 眼前に, 着なかった, 矢張溜る, 知らないが, 砂金が, 硝子の, 碧海の, 神さへ, 稀な, 空まで, 空気が, 空気より, 童達皆眠れり, 笛を, 米国に, 粉一斤に, 紀州から, 素人の, 終夜炉中に, 繊細執拗に, 聴覚の, 肩に, 腰が, 膝小僧を, 臍に, 臭いも, 若者の, 茎も, 草の, 草も, 萬吉が, 萬物みな蟄す, 蒼ざめた顔を, 薪を, 虎も, 蛇が, 蛍も, 蜜柑の, 螢も, 血を, 裸に, 西日の, 見えしか, 見る事稀也, 親王を, 言うまでもないとして, 討ち死したという, 話に, 誰と, 誰も, 負け, 買ひ, 貸スキー, 賑やかに, 越せそう, 越せまいと, 身に, 軽いその, 軽く佇みました, 近き山, 近づくの, 近辺の, 逃れて, 過ぎて, 過ぎ去った, 過ぎ春, 遠く逃げ去る, 避寒に, 郡山, 酉の, 釜底の, 鍋もの, 長いの, 閑な, 陰気だ, 陽で, 障子に, 隨分寒い, 雨が, 雪と, 雪どけや, 雪二丈余も, 雪山で, 雪掻の, 雪見と, 雷が, 霜枯れの, 頤で, 頼めし明笛, 風と, 風も, 飯櫃を, 餓え死する, 馬鈴薯を, 高等である, 魂の, 鳶口や, 黄に, 黒木綿夏は, 鼎を

▼ 冬~ (788, 7.1%)

196 なると 60 なって 30 なれば 17 なっても 13 なってから 9 なつた, なつて 8 なりました 6 なった, なる, 入って 5 しては, なるまで, 入つて 4 いたれば, かかって, かけて, なりますと, 近づく秋 3 なりまして, なるの, なる前

2 [35件] あり雪頽, なったらどう, なったら何, なったら十人力, なってからは, なつたら, ならないうち, なりかけの, なりかけると, なりて, なり年, なるごと, なるので, なるまでには, なるよ, なろうと, はいった, よき杉, よめり実に, よろしき株立, よろしき門庭, シベリヤの, 入ってから, 入ると, 入る菊, 入れば, 到って, 於て, 私は, 突然私, 立つもの, 立つ影, 至って, 至ると, 至る砧村

1 [314件] あうこと, あの工場, ある人, いちど狂った, いりて, うんと好い, おとずれた社, おびえて, お辭儀, かえって埼玉, かかっては, かかり初めて, かかるころ, かかると, かかる季節, かかる物, かけた乾空, きたとき, この常府, こまる, こりこりした, して, しなければ, しびれを, し病めば, そこで, そして夜分, そなえて, たえて, ただ一度見る, たつた一囘使用, つくったもの, つくられた一万トン, とざされた荒れはてた国, どこかの, ない初物, なったから, なったやう, なったらこの, なったらさぞ, なったらもと, なったら百一漬, なったら竹, なったら綿, なった寒風, なった時分, なってからの, なっての, なっては, なってまで, なつたら堪らんでしやうね, ならない晩秋, ならぬころ, ならぬ前, なりあの, なりかかり木, なりつつ, なりましても, なります, なりゃあ, なり切って, なり切つて, なり気, なるが, なるころ, なるし, なるな, なるならい, なるにつれ, なるね, なるまでの, なる間, なろうという, ねぶらせた, はいった空, はいるまえに, はいれば, はじめてぼく, まさる時, またこんな, まちがうこと, みのらせること, むかって, めぐむ下, もぐさ, よい, よき山, よくやる, イタリアへ, イチゴなんか, チヤホヤし, ネズミに, 一つの, 一応まとまった, 一番お, 亀裂した, 二トン半の, 二十何年も, 二種あり, 五敷や, 亦夏, 人の, 仕事が, 似る月, 似合は, 似合わないぱっと, 作つたが, 作られるが, 係らず親しみ遊んだ故郷, 備えて, 備えるため, 備ふ, 元氣, 先立って, 入ったの, 入ったばかり, 入ったばかりから, 入ってからは, 入っては, 入つて十一月, 入つて十月十三日, 入つて蘭軒, 入りかけて, 入りかける河面, 入りたり, 入りたるを, 入りて, 入りては, 入りましたの, 入りますと, 入る, 入るから, 入るな, 入るの, 入る初め, 入る前触れ, 入る営み, 入る季節, 再び迫った, 出た, 出て, 出來, 出逢った, 出逢ったこと, 出逢ったよう, 出逢って, 別れて, 勝ち, 包まれて, 化せしめし, 又旅, 召集を, 同じく村, 同情した, 向うのに, 向うよう, 向かうよう, 向って, 向つて, 味方を, 命ぜられたの, 喜んで, 四五回降る, 四五回雪が, 四十五六呎も, 声を, 変じたの, 変るに, 変る間際, 変ろうという, 変化し, 大いに売行き, 大往生, 大清算, 始められ, 完了し, 定まった, 家人から, 少女は, 尾白の, 岩波茂雄さんの, 帰って, 延べ二千人以上の, 当てつけた言葉, 御文庫, 心引かれ, 思われて, 感ずる冬, 慄い, 慣れに, 成る程, 成る頃, 成れば, 或日ホームスさん, 戰爭を, 戸外で, 手を, 抵抗し, 挙行される, 散る窓, 数回雪が, 断行し, 新しく改修, 於けるあの, 於ける唯一, 於ける焚火, 旅は, 旅を, 日本へ, 春が, 春に, 時々髪, 晒してをの, 暖炉が, 暖爐が, 書かれたもの, 書き下ろした, 札幌でも, 来べきところ, 東京から, 死んで, 比して, 氷切出し人夫が, 決まって, 油斷を, 滑り込んで, 漂白され, 潜む揺籃, 炭が, 焚いて, 父の, 爺やが, 特有な, 珍しい澄明, 現れ出すし井戸, 生気なんか, 男が, 當て, 疎開先を, 病臥した, 痛みだすだろう, 痩せて, 発病した, 百五十万円に, 百済の, 皇政維新が, 相違ない, 眠るの, 眼が, 着ねば, 神経痛で, 移らんと, 移るころ, 移るであろう, 空気が, 立つたもの, 立つなる寂し, 筍が, 粘土で, 約三百尾, 縁を, 習志野の, 耐へ, 肺を, 肺炎に, 至らぬ前, 至るまで, 至るまでに, 至る間, 葉の, 行ったこと, 行ふ, 見たブルターニュ, 観る楡, 角帯しめ, 負けて, 赴かれ私, 身震ひした, 躯を, 近いこの, 近い季節, 近い或, 近い日, 近い木曜日, 近い静けさ, 近い靜けさ, 近い頃, 近かった, 近く炬燵の, 近づくに, 近づくの, 近づく時それ, 近づく時分, 迫られるこの, 逆もどりした, 逆転し, 這入つて, 這入ると, 通じる, 違いない, 遠くし, 避寒が, 鉄道へ, 閉ぢられ, 關けても, 關西旅行から, 限り而, 陽暦に, 集まって, 雪が, 雪の, 飛び込まうとは, 飽きて, 馴れたる彼女

▼ 冬~ (484, 4.4%)

28 来て 19 来た 14 來た 12 来る 11 きて 10 過ぎて 9 来ると 7 くると, 来ても 6 來る 5 近づいて 4 きました, やつて, 去り春, 始まる 3 つづいて, 來て, 残って

2 [28件] いよ, くるの, くれば, すぎその, ちかづいて, やってきました, やって来て, れて, 來ても, 去って, 多少珍, 寒い, 山の上へ, 憎くて, 早いので, 来たと, 来たの, 来たやう, 来たよう, 来ました, 来るの, 深くなる, 近くなった, 近づいた, 近づくと, 近年に, 過ぎ去って, 過ぎ春

1 [275件] あくまでも自分, あけると, あった, あの彫りもの, ある, あるだけ, あるの, あんな所, いい, いいの, いささか待ち遠しい, いそいで, いったの, いつしか過ぎ, いてついて, いまや目近, おとずれて, お化粧, お好き, きた, きたらここ, きた正月, くらせると, くる, くるさ, くるぞよ, くるので, くる前, くる火, ぐずついて, こひ, こんなだ, ごく厳しく, しのがれまい, しのげるの, すぎて, すぎては, すごせないと, すごせるぞ, すっかり終りかけない, すみの, そこへ, そこまで, その日, その氷, そばから, それだ, たのしみだと, ちかくなりました, とても早く, どんなもの, ながい城下町, なく夏, のこつて, はじまった, はじまりました, ひどく長い, まいりますがよ, またき, またもどっ, またもどった, またやってきました, また来, また蝶々, めぐって, めぐらう, もう眼, もたらされたよう, もどったかと, やって, やってきそう, やってきた, やってくるの, やって来たかの, やって来たとき, やって来たの, やって来ますからね, よいの, ようやく迫っ, よく春, わざと成田, わびしいの, 一一・四呎, 一人で, 一年中の, 一番堪へる, 一番持がい, 一番早く, 二度すぎ, 亡びて, 今日たずね, 來か, 例外に, 俄に, 信濃へ, 倒錯する, 僅に, 冷たくな, 凌がれまい, 出て, 到頭やつ, 勤め父, 包んで, 北へ, 北方から, 十二月二十一日に, 十八の, 十月十三日に, 去ったか, 去つたらお前, 去り切って, 去るの, 去れば, 参りますね, 取り分けしのぎ, 同心しない, 夏に, 大きくて, 大体暖く, 大嫌いだ, 大嫌ひだ, 奥の, 奥州の, 好きだ, 始まるの, 始まる始まる, 嫌がるまいこ, 嫌ひなだけ, 家ごとに, 容捨も, 寒々と, 寒く雪, 尽きても, 居座り毎日, 山から, 底冷えと, 彼は, 彼岸の, 彼等を, 往つたばかりの, 待って, 待つて, 復た, 思いやらるる, 思いやられますよ, 思ひ出される, 怪しい蝶, 恐ろしかった, 拜むんです, 日ごとに, 日ごと夜ごと暴れ狂っ, 日一日と, 早いらしい, 早く来る, 暖く, 最後の, 最早その, 木の, 本式に, 本当の, 本當, 来たこと, 来たという, 来たので, 来た冬, 来た冬ごもり, 来た時, 来た木, 来た流浪, 来た頃, 来てからは, 来なくては, 来よう, 来るから, 来るぞい, 来るだろうよ, 来るとから, 来るなら, 来るのに, 来るまで, 来るまでは, 来るらしい寒, 来るん, 来る前, 来る恐しい日, 来る武蔵野, 来れば, 来春, 東国の, 次第に近い, 死んだの, 死んだん, 永い, 永いので, 汚せる, 沙汰する, 洗面台に, 消えて, 深くなっ, 深くなり, 混り合っ, 温かかつ, 湿期, 漸く終つて春, 濡れ手, 熱して, 牢の, 特別ひどかっ, 独り碁の, 町を, 立って, 紙一重に, 終えて, 終らうとして, 終り始めて, 終り山, 終る, 終るまでは, 終ろうとして, 続きます, 續いた, 續く, 美味い, 翔けめぐる朝夕, 老いる, 胸に, 自分で, 色々珍しい, 蒸されるやう, 行き詰って, 行くま, 襲来し, 見る見る逼, 訪れかけて, 訪れた, 訪れまして, 訪れよう, 訪れると, 起き上ったよう, 越せますまいから, 越せるでしょうか, 近い, 近いから, 近いこと, 近いという, 近いのに, 近くて, 近くに, 近づいたと, 近づいたなと, 近づく, 近づくが, 近づくし, 近づくに従って, 迫つて來る, 逃げる雲, 逆もどりした, 逆戻りした, 過ぎた, 過ぎたよう, 過ぎた樣, 過ぎますと, 過ぎまた, 過ぎると, 過ぎれば, 過ごせるという, 長い, 長くつづいた, 長ければ, 間近に, 附文を, 陰なれ, 養父の, 駆け足で, 黒いの

▼ 冬~ (414, 3.8%)

18 越す蕾 14 越して 7 越すこと 5 迎えて 3 その中, 凌いで, 越したとき, 越すの, 迎えた, 送って, 過して

2 [37件] こえて, こごえて, こして, こちらで, なせども, のこすと, 光れり, 家ご, 寒いと, 封じて, 待つ, 思い出して, 思出す, 殺して, 無事に, 目前に, 眠り春, 眼の, 睨め廻します, 知らない木賊, 羨やんだ, 自分の, 越した, 越したの, 越し年, 越す, 越すため, 転じて, 迎えるの, 迎へ, 迎へる, 送った, 送るの, 過ごして, 過したこと, 過すこと, 顧みて

1 [275件] いきなり越す, うつくしいとだけ, おくり春, おそれないの, お越しに, きらわず足袋, ここへ, こさねば, こしあたたか, こし初春, こす支度, こせば, この地, しきり, しのいで, しのぐこと, すこし怖が, すごした, すごしたからと, すごしました, すごし草, すごす覚悟, そういうよう, そそか, つらぬきて, どうしてお, どうして越すだろう, どうして過ごし, どこかで, ひかえた空, ひし, ふり切って, ほんとに哀れ, みて, むかえる用意, やつと, より暖, ヂャリージで, パリで, ヤマスゲと, ヤマスゲといった, 一睡り, 乗せて, 云々する, 互に協力, 享楽する, 今一度思い起し, 休戦し, 使って, 催して, 元気で, 光る松が枝, 入り来る, 全くの, 其処で, 再び迎, 冒して, 凌いだ苦しい, 凌ぎ春, 凌ぐこと, 凌ぐため, 凌ぐだけの, 凌ぐべき糧食, 凌ぐほど, 凌ぐ女竹, 凌ぐ気色, 凌ぐ氣色, 出づ, 利用し, 前に, 動こうとも, 十勝岳の, 半月ほど, 取り逃がし次に, 囲いも, 地上に, 天幕で, 始めて, 嫌いて, 守って, 師走の, 庭さきに, 引き裂いて, 弘前で, 彩って, 彩る紅, 役人の, 彼が, 待たずに, 待ち長江, 待つばかり, 待つ山河, 待つ障子, 待てば, 待受けること, 御垣下浜防風, 御存じだ, 御存じでございます, 忘れたよう, 忘れること, 思うと, 思ひ佗びるかのやうに, 思わせないもの, 思わせる日々, 怨む枯柳, 想わすよう, 想像した, 愛し, 愛して, 感じさせるもの, 感じた多分, 感じた春, 感じて, 感じる, 感ずるかと, 感ずるの, 憎む歌, 打通し, 択る, 押し切つて, 持ち越すつもり, 控へ, 描いて, 撰びます, 撰ぶ, 暖かいた, 暖かくし, 暮して, 暮らしました, 更らに, 最も早く, 期して, 木綿布子一枚の, 本義と, 来たし風, 森で, 極寒の, 殺す氣, 気構えて, 沫雪とも, 混ぜる, 滿足に, 漕ぎ抜けること, 漸く通り越した, 潛めて, 火燵に, 炬燵に, 煖房なし, 珍しく無事, 生きて, 生き抜き戦後, 生命に, 田舎で, 目の, 知らずに, 知らせる, 知らないあたたか, 知らないただ, 知らないもの, 示して, 示せる, 突きのけて, 籠つた, 籠つてゐる, 籠つて初めて, 籠ろうという, 籠居した, 経た木の葉, 経て, 結構越す, 羊蹄山麓の, 聞くなり, 背負って, 自転車に, 蔵し, 蔽う雪, 蟄すれ, 行くいささ, 西伯利亜で, 見た私, 見丘, 見掛けて, 詠じた, 談ずる者, 讃へる, 讃美し, 豊後で, 象徴する, 超えて, 越えた雪解, 越えて, 越さうとして, 越させるの, 越させ翌年, 越されたの, 越しその間毎日觀測結果, 越したいと, 越した腐れ葉, 越した薺, 越した霜焼, 越した頃, 越しても, 越し翌年, 越し觀測, 越すあいだ, 越すと, 越すとも, 越すに, 越すのに, 越すの覚悟, 越すよう, 越すん, 越す兵糧, 越す所, 越す構え, 越す間, 越そうとは, 越年し, 踏み小, 辛抱すれ, 迎え, 迎えたり, 迎えるすさまじい, 迎えるため, 迎へて, 追い払うもの, 追って, 追っぱらわれる鮮人小屋, 追ひ廻して, 送ったもの, 送った当時, 送つて, 送り春, 送る, 送ること, 送るよりか, 送る魂, 通した人, 通り越したあと, 過ぎて, 過ごさせる方, 過ごされるの, 過ごした, 過ごしたら僕, 過ごしたれども, 過ごしてからは, 過ごしてるある, 過ごすこと, 過ごすため, 過ごすん, 過ごす計画, 過さなければ, 過さねば, 過されまいと, 過しその間, 過したいと, 過したシベリア, 過した二人, 過しやっと, 過し夏, 過す, 過すかも, 過すの, 過そうという, 選ぶです, 選ぶべきである, 避けに, 邪魔する, 間近に, 除いて, 隱れ, 離る, 預けて, 頼みに, 髭たく

▼ 冬~ (223, 2.0%)

10 夏も

2 [16件] いよ, なほいつくしく, ボロボロの, 初めは, 十一月の, 十二月に, 幽かに, 早や, 来に, 深くなっ, 無事に, 生きて, 背筋を, 過ぎて, 過ぎ春, 長火鉢の

1 [181件] あたたかです, あとかたも, あとから, あまり寒く, ありませんわね, いこう来年, いつか十六の, いつしか過ぎ, いて, いよいよ昂, おそらくここ, おのれが, きびしい寒さ, こうしてごく, こうして過ぎ去っ, ここでは, こようと, これなくし, しっかり者, しまいには, すでに終り, そこで雪, その休暇, それに, それを, たけな, たった一枚, ためらって, つづけて, なお仕事, なお枯れず, なくあらし, なくうらら, なければ, なしに, なにもかも吸, なほ青く, はじめて真実, はねっ返りの, はねつ返りの, ひどい, ぶるぶると, ほぐれた, また張る, また風, まぢかな, めでたき瑠璃, もうやがて逝こう, やがてすぎ, やはり正直, やるん, ゆきけり, ゆめみぬゆゑわかぬ春, ようやく去ろう, よっぽど寒く, わからなくなる, われらと, ストーヴで, 一日々, 一旦は, 三留野あたりまで, 乞食の, 二人は, 亦同じ, 人目立たない, 余り直射する, 例外では, 働かないわけ, 冬一月中旬冷たい, 凋落しない, 凌ぎにくい, 凍らないよう, 刈らずに, 十一月に, 十二月と, 十二月ふところの, 千穂子は, 半分は, 去った, 去って, 同じ暑, 同じ洋服, 同じ物, 同級の, 味へる, 壁が, 変りは, 夏の, 外套を, 夜更けで, 大いにバチ橇, 大丈夫すごせる, 寒いのに, 寒い寒いと, 寒が, 寒の, 小堂, 少し深く, 尚鮮, 居る気, 峯子は, 庭に, 忘れる, 急がれる心地, 惰性的に, 意外であったらしく, 愛らしい春, 手織の, 春も, 昼も, 暖かいが, 暖かいし, 暖かな, 暖く, 末かと, 本格的に, 来て, 来る冬, 枯れずに, 案外に, 此斗満川で, 武家奉公を, 殆ど煖炉を, 残りすくな, 比較的暖かく, 氷らぬ清水, 泣かされれば, 洗いざらした, 深い凩, 深い十二月十日, 深くなった, 深くなる, 温いところ, 温い南方, 澄んでは, 無言で, 白くならぬ, 皆一緒くたに, 眉を, 着るま, 知って, 立ち上がると, 答えないので, 籠って, 素足で, 細々と, 終わりに, 緑を, 老けて, 至日に, 茂る熊笹, 荒涼な, 葉が, 蒼白い額, 薪に, 蚤の, 見る見る過ぎ去って, 赤い脚, 越したらいよ, 越し春, 近い, 近くで, 近づいたわ, 近付いて, 逝って, 進んで, 過ぎたり, 過ぎた頃, 過ぎ日一日, 過ぎ漸, 金釦の, 雪の, 霜月, 青い葉, 静かに, 頼めし, 食べますが, 食べ物は, 麻の, 麻を, 麻布の

▼ 冬次郎~ (205, 1.9%)

7 と熊太郎, の隠れ家, はいった 6 は頷いた 5 は熊太郎 4 はそう 3 の手, は眼, は貝十郎

2 [12件] であった, と戸ヶ崎熊太郎, にし, の一団, の組, はこう, は刀, は微笑, は振り冠, は眉, は笑った, 参ったぞ

1 [136件] いつもの, か, から手渡された, がいっ, がいった, がこの, がツカツカ, が五人, が囁いた, が声, が熊太郎, が訊いた, が遠江守, が隅田, じゃ, その人, だ, で久しい, で弁慶姿, とかいう人, としては貝十郎, との間, とはいかなる, とは旧, と勘助, と慶覚上人, にとっては前代未聞, によって計画, に楯突く, に相違, に罪, の, のそれ, のため, の一行, の両刀, の事蹟, の声, の姿, の数寄, の笑顔, の素晴らしい, の袖, の言葉, の謡う, の配下, の顔, はいいいい, はいかにも, はいっ, はそれ, はひそひそ, はひた走り, はまっしぐら, はむしろ, は一喝, は一散, は一膝, は主として, は二, は云いつづけた, は云った, は元, は冷静, は切歯, は前方, は勇気づける, は勇躍, は口, は叫んだ, は叱, は咄嗟, は唾, は土間, は少し, は少しく, は居間, は帰っ, は床の間, は彼, は思った, は思案, は怪訝, は悠々, は愉快そう, は憮然, は懐手, は押, は改めて, は既に, は日本裏面史, は歯痒, は沈黙, は烈しい, は焦慮, は穏, は立ち上がっ, は立ち上がった, は立った, は考え, は考え込んだ, は苦々しく, は苦笑い, は草莽, は詰問, は走り, は返し, は重々しく, は鋭く, は頷い, は首, は黙っ, へ注進, へ視線, へ食っ, ほどの人間, も出張っ, も刀, も四人, も熊太郎, も胆, も貝十郎, や熊太郎, をいただき, をひそか, を尻目, を恐れ, を睨む, を見詰め, を見詰めた, を説い, 他五人, 切り込もうと, 参った, 思えば, 知らなかったもの

▼ 冬~ (138, 1.3%)

7 なりました 6 なって 4 なった, 春との 3 なる

2 [16件] いって, いっても, す, するの, するは, なると, なる日, なれば, 一年に, 一緒に, 戦って, 春の, 緑青, 言は, 言ふ, 違って

1 [82件] いうだけで, いうても, いうと, いうのに, いうよ, いうよりか, いふが, いふと, いふに, いへども, いへば, いわずしみじみ, おして衿, きびしい寒さ, ことはに, したら全く, し思ふに, するなり, する以上, すれば, たたかうこと, ちがって, ちょいちょい通っ, ちょうどよき, なく跣, なっては, なつた, なりけり, なりそしてまた, なりその, なりて, なりぬる町, なりぬ日暮れ, なり年, なり新, なるよ, フキ, 云ふ, 今は, 同じい, 同じそれ等, 同じよう, 同じ結果, 同時に動く, 同様に, 名の, 呼ばせること, 変りなく熱い, 変りは, 変わりは, 夏とは, 夏とを, 失明し, 定むべ, 定められて, 巡って, 年に, 御賄屋敷, 思つたのが, 手紙と, 旧探題, 春とが, 春先の, 書いて, 甚だ親密, 異な, 白い蝶, 相隣, 考えること, 考へ元旦, 聞いては, 言っても, 言わないばかり, 記憶し, 違つて不, 銀河ステーシヨン, 銀河鉄道, 雪が, 雪とに, 音楽と, 風とにも, 鬪は

▼ 冬から~ (121, 1.1%)

12 春にかけて 8 春へ 6 春に 4 翌年の 3 早春にかけて, 春にかけては, 春への 2 この春, 春春から

1 [78件] かけて, かけての, かけ出した老眼鏡, かれこれもう五十日, ここに, ここへ, こっち朝早くから, ことしに, この夏, ちょうど良い, でございます, です, まだ草木, まだ覚め, アルヒミステン街に, モスクワに, 一九三〇年の, 一足飛びに, 丁度良い, 三〇年の, 丙子の, 丸め込んで, 今は, 今年の, 今迄に, 住むこと, 何度繰り返し, 備前に, 六年の, 出て, 出発し, 初めて手, 初春へ, 十五年の, 夏まで, 天皇制論の, 始終正吉, 姙娠し, 孟春に, 寒い間, 寒中を, 床の, 必死に, 急に, 改めて主人, 日本じゅうお, 早春の, 春さきに, 春の間に, 春の間は, 春の間牛を, 春は, 春までの, 春までは, 此年の, 武家の, 殘つた青葉が, 江戸中に, 池の, 泊って, 活溌に, 父は, 百日あまりの, 直ぐに, 真夏へ, 私たちの, 突然目くるめく, 突然芽立っ, 続いて, 翌年まで, 脱けだし, 脱却した, 蘇つた心地で, 詰めきりで, 諏訪市は, 身体を, 身體を, 馬に

▼ 冬には~ (119, 1.1%)

4 いると 2 毛皮の, 父は, 珍らしい, 稀な

1 [107件] あの森, いって, いつも厚ぽ, お互, かえる少女, かささぎの声が, こ, そのあ, その上, その水, だかで, つきものの, とても見られぬ, なお, なかった, なにか流刑地, なるべく寒く, はだしで, はつきりよく, はなはだしかった, ほころびだらけの, またも, また出, めづらしいと, もう手まわり, もっと小型, やっぱり春, やはりフルード, スケートを, トキジクノカクノコノミの, ハーバードを, 一日に, 三頭の, 両肥, 乳は, 二人の, 五時までしか, 人が, 伍長に, 休暇の, 何となく心, 全然地上, 六畳の, 冬らしき, 出かけたもの, 北海道の, 半蔵門から, 南殿村から, 同じ瞬間, 四五人ずつ, 土を, 夕暮れの, 外国へ, 外気に, 夜に, 夜の, 学校の, 宿駅救助として, 寂照が, 寒いさ, 寒い寒い日, 寒稽古と, 小坂井の, 希な, 廬江を, 彼らは, 彼等の, 恐ろしく思われた, 手が, 斧で, 早くも, 春が, 暖い, 暖炉の, 朝から, 木樵も, 枯れたよう, 樹氷を, 欠乏により, 歸るだ, 死人が, 毛織帽子の, 水仙が, 江戸に, 決して大小, 決して見られない, 温いフトン, 炭を, 珍しい折り, 珍しい日, 珍らしく, 相應, 秋の, 空う, 粟, 縁話でも, 羽織を, 自己満足の, 葉の, 薔薇色の, 見られない面白い, 誰も, 路の, 逢へど, 雪が, 麻布一連隊へ, 黒いオーバー

▼ 冬でも~ (109, 1.0%)

8 夏でも 3 足袋を 2 かぶり忽ち, 少し布団, 狭い勝手, 着物の, 緑の, 藺の, 蠅が, 雪が

1 [82件] あった, おしゃれを, かえったよう, かんかんと, この岩穴, この方面, この村, こんなところ, ずっとこの, ちょうど日, どこから, ない時, なかつたらしい, はだしで, まだ雪, まつ赤, もうこの, りんどうの, りんどうは, シャツ一枚の, ジャガイモが, 一日しか, 一杯汗を, 一足で, 上簇できる, 丘の, 仕事が, 僅かに, 凍らない港, 却, 同じこと, 夏と, 外景の, 大寒という, 天気の, 容易でなかった, 寒さ, 寒中でも, 寒湯治と, 寝間着一つで, 小暗い蔭, 少しく照りつづく, 少し照りつづく, 放牧の, 日の, 日曜は, 春でも, 晴天にも, 暖い, 暗いうち, 朝食前に, 東京の, 桜桃が, 概して愉快, 毎日の, 沢山に, 浅黄の, 涼しい緑色, 火鉢に, 白い漏斗形, 着物を, 着物一枚着てる, 窓を, 立派に, 粉炭の, 絽の, 肉体の, 蒲団なんか, 蚊が, 表を, 衰えが, 袷という, 足袋は, 開いて, 雨が, 雲は, 零下二十數度止りで, 霜ぶくれ, 風が, 餌を, 鮒鯉などは, 麻の

▼ 冬籠り~ (98, 0.9%)

7 をする 3 の用意

2 [12件] に必要, の人たち, の仕度, の季節, の宿, の準備, の連中, の食物, をし, をしよう, をなさる, 燈下に

1 [64件] から突然, がある, として我々, と見える, にはこいつ, にはそれ, には女, に去っ, に囲炉裡, に無く, に退屈, のあと, のうち, のお客, のさびしさ, の一座, の中, の人, の人々, の地虫, の奥羽, の奴等, の客, の客同士, の小屋, の支度, の時, の時期, の時節, の有様, の池, の決意, の状態, の用心, の町, の白骨, の皆さん, の空気, の薪, の近づいた, の退屈, の長, の間, の面白, はできぬ, はほとほと, は殊, へまさか, もできない, も例, も出, を, をしだした, をすべく, をするらしい, をせね, をたのしみ, をやっ, を為さい, を致します, 後の, 気分の, 連の, 連も

▼ 冬~ (76, 0.7%)

3 の庭, の野 2 そのままであった, の, の寂しい, の山々, の木立, の柳, の畑, の草, や法師

1 [52件] した梢, した荒凉, した蘆荻, と戦う, ながら薬草, にも尚, に時, のさび, のさびしさ, のさびれた, のアスパラガス, のプラタアヌ, の上, の不, の中, の二日月, の公園側, の園, の夜, の峰, の川原, の庭園, の恐ろしく, の日, の景色, の木, の本, の桑, の檐端あら, の歌, の河原, の田舎路, の秋草, の空, の色, の荒野, の落葉松, の蔓, の薄, の薄紫, の裾野, の諸, の雑草, の霜, の黄, の黒ずんだ, もしない, やがて枇杷, や奈良, や水, を背景, を見遣り

▼ 冬~ (72, 0.7%)

8 という 4 冬だ 3 といふ 2 から寒い, つたと

1 [53件] ああ厭, かどう, からきつ, からそう, からたっ, からって懐手, からです, からまだどうにか, から味, から当, から湯, から狐色, から閉めきっ, が当の, が昨日今日, が田舎, けれども天気, ぜ, そのあいだ月, その次, ぞダーチー, っけおれ, っけが, つたな, つた未だ, つて春だ, つて耕耘部まで, というで, とすぐ, ともう, と云, と何事, と布団, と彼, と思い違い, と思っ, と思われる, と草木, と言う, と誰, な, なお, なと思ふ, なと感じる, な羽黒山, のが, のに普通, よ, 寒さ甚, 寒気も, 怖ろ, 火燵が, 霜枯時だ

▼ 冬さん~ (70, 0.6%)

3 の顔色 2 がこの, の姿, の家

1 [61件] がいった, がたずね, が一言, が大, が家出, が寝床, が幽霊, が思い出し, そこで一本松, でも, というの, と何, と親しく, なん, については何, に似た, に肖, に親しく, に訊け, に関する記事, のいう, のこと, のその, のほう, の一つ傘, の人形, の店, の懐, の消息, の眼, の秘密, の細首, の胸, の衣桁, の顔, はきのう, はそっち, はたった今, はちらりと, はゆうべ, は今頃, は別に, は加減, は嬉し涙, は年下, は店, は微か, は心もとな, は本, は町, は真っ, は見えず, は顔, も六兵衛老人, より顰ん, をおなじ化, をたずねる, を包んだ, を我が, を訪ねん, 死のう

▼ 冬~ (65, 0.6%)

2 おかれて, の寒気, はまだ

1 [59件] いつも上着, いつも唇, うんと仕事, かかって, からの連戦, が真盛り, この二階, こんなです, ずっと元気, その鉢たたき, だまりとおしたせせらぎ, つないで, でも仕事, どうしてしのい, にたまった, に採る, ねて, のビタミン不足, の人件費, の住居, の大切, の天気図, の寒, の寢雪, の漁業, の苦難, の通路, の雪, の雪折れ, はいつ, はと医師, はボク, は佐渡, は危險率, は尠, は張つて, は御, は暖か, は炉, は筑前, は罷り越し, は越せっこない, まるで外出, も弔旗, も彼等, やれると, をば冬眠中, を若, 大分助かる, 寒さ, 忙しかった, 折れという, 洗って, 眠って, 縮みながら, 縮めて, 繰り返して, 考へて, 閉されて

▼ 冬~ (48, 0.4%)

3 のところ 2 の顔, は顔

1 [41件] がビール, が口, が飼っ, が鹿島, としてもこの, と文女, と薄, と鹿島家, にし, にはまるっきり, に逢った, に鶴, のほう, の句, の句境, の問題, の書斎, の最近, の肩, の胡坐, は, はいま, はこいつめ, はしぶしぶ, はすらすら, はそっぽ, はその, はなにか, はなんと, はマロニエ, は岸, は怒った, は急, は機嫌, は池, は煙草, は痩せ, は秋草, は縁無し眼鏡, は釣りこまれた, は頭

▼ 冬~ (47, 0.4%)

6 あつた 2 すら, せう, 二十四年の, 雪の

1 [33件] あつたさうである, あらうと, ごく寒い, さも疲れた, すべてが, せうか, せうな, それから足かけ三年, べつの, まるで蒸し風呂, もうあと, もつば, スキイ場までは, ロツプが, 一度は, 二た, 人が, 人の, 出来上らないと, 十九の, 単調な, 地面の, 巨大な, 彼女は, 手足が, 朝と, 洞壁の, 獵に, 秋は, 花が, 鋭い寒風, 雪が, 鰈の

▼ 冬~ (45, 0.4%)

2 の店, はおとなしい, を呼び出し

1 [39件] がこの, がとかく, がスコープ, が又, が堅く, だけがわれわれ, という青年, とは別々, と判った, と関係, について何, にも逢う, に出逢った, のおふくろ, のす, の今夜, の方, の秘密, の顔, はおふくろ, はことば寡なに挨拶, はどこ, ははなはだ, はやはり, はゆうべ, はわたし, は一応, は何, は平生, もわれわれ, も言っ, よりも二つ年上, をいじめ, をよび出し, を取調べる, を寺, を或, を手放す, を連れ

▼ 冬次郎様~ (40, 0.4%)

3 の手 2 お屋敷, がお

1 [33件] あの際, お手, からその, からの, がな先刻, が必死, が立派, であられた, と戸ヶ崎先生, と潜入, と熊太郎, と競ぎ, にご, にはことごとく, には討っ, にも安宅, に奪われました, に戸ヶ崎氏, のいる, のお, のお前, の一団, の無理難題, の隠れ家, は名門, は越中守様, へお, へのご, へ今夜, まだ, よりの, をはじめ, 奪われたを

▼ 冬まで~ (37, 0.3%)

1 [37件] ありて, いて, いるから, かかろうが, つ, つづいたので, まだ三ヵ月僕, まる三年あまり座敷牢, ゐられさうな, 伸子は, 各種の, 寝こんで, 寝して, 居たいの, 居て, 延長した, 待って, 思って, 我慢できまい, 持ち支えれば, 持ち越して, 持ち越しまたは, 捕まったの, 暇を, 来て, 来訪が, 渡らないので, 満三年, 滞在した, 生かして, 生きて, 生延びること, 着て, 窪川鶴次郎が, 辛抱し, 閉じるそう, 集りも

▼ 冬にかけて~ (36, 0.3%)

2 順に

1 [34件] かなり長い, このへん, この竜巻村, さらに来年, すさまじい風, その後部の, にょきにょきと, ひとりで, ハゼ釣りの, 久しく見ざりし, 僧は, 咲きます, 夕方から, 太陽を, 山の, 島の, 度々おとづれて, 惡い, 戦地における, 新しい袷, 木枯の, 殊に, 気候の, 沢山売れ, 演奏し, 熱烈な, 産卵する, 発生する, 翁は, 遠くは, 鉄砲方の, 降る雨, 雲の, 黄色い果実

▼ 冬~ (36, 0.3%)

12 かけて 8 かけての 3 かけては 2 掛けて, 集まって 1 かけその, かけ空, つく気, 出向くの, 去って, 向って, 掛けては, 返礼に, 逆戻りした

▼ 冬らしい~ (36, 0.3%)

5 寒さ 2 冷たさ, 風が

1 [27件] お天気, 仄かな, 光景と, 冬の, 女の, 寂しい日, 庭の, 心持が, 感じです, 感じを, 日, 日で, 日の, 日射しが, 日差しの, 景色に, 暗緑色, 気もちであります, 気もちにも, 気候に, 気分に, 白い空, 表徴とは, 雨が, 霧が, 靄が, 麗らかな

▼ 冬~ (35, 0.3%)

3 の用意 2 の準備, もり

1 [28件] ある日鏡, かな, がその, が切字, して, する内地, する所, せし心, その日, だけに柱, に貯えた, のうち, の一角, の中, の季節, の徒然, の日々, の時節, の月日, の窓, の貯え, の近づいた, の雪, は何処, らしい情景, をし, 初狂言, 又より

▼ 冬祭り~ (34, 0.3%)

2 です, と言

1 [30件] があり, が冬, が行, であつ, である, とが一続き, とは何かと, とは此秋祭り, ともいふべき, と山姥, と春祭り, と秋祭り, なる鎮魂祭, にひき続い, に二通り, に就い, に当る, に来た, の古, の第二義, の鎮魂祭即, は刈り上げ祭り, は外来魂, は大抵, は寧, は少し, は年, は春祭り, は魂分割, を十二月

▼ 冬という~ (33, 0.3%)

4 のは 3 ものが, 女に

1 [23件] ふうに, ものは, ものを, やつは, んです, 一本足の, 叔母や, 女が, 女でしょう, 女の, 女は, 女も, 奴が, 奴だろう, 娘が, 娘に, 娘の, 季節は, 敵に, 片眼, 程の, 詩の, 風に

▼ 冬なら~ (33, 0.3%)

2 ば小さな, ば熱い

1 [29件] ざらん, ばちょっと, ばとても, ばまだ, ばストーヴ, ば一度, ば七時頃, ば咽喉, ば四, ば四時頃, ば大根, ば宵, ば山提灯, ば幾枚, ば暖炉, ば林, ば水仙, ば炉辺, ば煖炉, ば迚, ば馬の背, ストーヴが, 三四日位夏なら, 三四日夏なら, 二三日以上置かなけれ, 京焼の, 外套を, 大きなペン缶, 炬燵が

▼ 冬~ (33, 0.3%)

4 を着 2 の上着

1 [27件] しかなかつた, じゃ暑かっ, だが, である, で來, と一枚外套, にメリヤス, に変った, に着かえ, に着替え, に薄い, の, のせゐか, のまま, の上, の巴里婦人, の時節, の気温, は新しい, は私, も夏服, をつくる, を徹し, を脱し, を行李, を買つて, を質屋

▼ 冬木立~ (33, 0.3%)

3 の中 2 かも, の下, の間

1 [24件] に交つて, に化し, に囲まれ, に夕明り, に接し, に群, に風, のうち, のなか, の中腹, の句, の山野, の梢, の細い, の逆様, の連, の雑木落葉, はこの世, はよかっ, は赤裸, ば縫い, へ群れる, やオペラ, を眺め

▼ 冬~ (32, 0.3%)

2 がはいつ, の母, は野

1 [26件] がその, が奥, が現, が遂に, といはれ, とがいかにも, とネラ子, どうし, に案内, のすすり泣き, のため, のひたし, のやう, のよう, の後, の漬物, はひとり, は夫, は形, は息子, は気, もそれ, をたくさん車, を一皿御馳走, を洗っ, 置き

▼ 冬~ (29, 0.3%)

3 の語源 2 になっ, の名, は

1 [20件] が軽井沢, ということ, といふ名, とした, としての業績, としての生活, との関係, にも嘗て, の, のこの, のやう, の二詩人參加, の歴史, はこの, は嘗て最も, は終始, は言っ, は詩, をいたむ, を理解

▼ 冬村君~ (29, 0.3%)

4 の仕事場 2 もやつ, を訪ね

1 [21件] から借り, から壺, が手伝, が梅干とらつきよう, が約束通り, とがいよ, ともいつ, と同道, に, にはすまなかつた, に一句, に出くわす, に持つ, に逢, に酒, の保證, の好意, の工場, もよかつ, を久しぶり, を訪ねる

▼ 冬景色~ (26, 0.2%)

1 [26件] あり夏景色, が描かれ, だ, だつた, だろう位, であった, であったけれども, であるため, です, ではあった, でわたし, としてみ, となり, なり, になる, に眼, に見入っ, に近い, の庭, の止め度, はたしかに, を目のあたり, を見せはじめた, を見る, を見渡し, を選ん

▼ 冬~ (25, 0.2%)

4 の田園詩

1 [21件] いつのまに豚, さめては, のラヂオ, の人影, の光景, の如し, の妻, の子供遊び, の梁, の水, の炉辺, の炉辺歓談, の瞳ぱつちりうごく, の空間, の追憶, の音, の食器, の髪, ふければ, むきあへるをと, を賦与

▼ 冬とも~ (24, 0.2%)

4 なれば 2 に洋服

1 [18件] ぜんぶ同じ, ついぞあけられた, にくすぶり返っ, に人, に朝, に甘酒大福餅稲荷鮓飴湯, はだしに, シャツに, セルの, 一途に, 五時起床で, 思えない磯, 思えぬ暖か, 思われない空, 戦わねば, 残らず二階, 火鉢に, 鉛色した

▼ 冬にな~ (24, 0.2%)

4 つても 3 つてから

1 [17件] つてお婆さんや, つてからは, つてからも, つては, つて仕事が, つて如何し, つて木の葉が, つて木枯が, つて札幌に, つて村が, つて氷雪の, つて田の面の, つて葉が, つて見, つて雪が, つて雪でも, つて風の

▼ 冬近い~ (22, 0.2%)

4 夜の 2 風が

1 [16件] ことを, ころだ, のだ, ので鳴き, 冴えた日, 午後, 唸りなり, 日の, 日差しを, 日影が, 日曜と, 日没の, 時候な, 野は, 閑寂な, 風ばかりが

▼ 冬じゅう~ (21, 0.2%)

1 [21件] ああいう, あき屋, いた, かかりそう, くらさなければ, この死ん, この箱, じっとし, すなわち南極, つづいた, とそして, にのびた, にはなかっ, に少し, の居食い, の生活, の約, は唯, ひどい風, 開いて, 食べるくらい

▼ 冬とは~ (21, 0.2%)

2 云ひ

1 [19件] いえ今年, いえ風, いふもの, ちが, なりました, まつたく事態, 反対に, 口も, 同じで無い, 大層な, 少しずつ, 思えないでしょうね, 思えないほど, 思はれない程, 思へぬ位暖, 思われない, 思われない陽ざし, 言え珍, 違べて

▼ 冬らしく~ (20, 0.2%)

5 なつた 2 もない

1 [13件] すこし曇り, すっきりした, そして晴, つよく吹く, て気持, なつた庭, なつて, 万物は, 寒らしく, 明るい空, 白い, 老人は, 風が

▼ 冬薔薇~ (20, 0.2%)

6 の花 2 の匂い, の灌木 1 が二三輪, のよう, の中, の木, の芯, の華やいだ, の蔭, やカーネーション, を盛った, を盛つた花瓶

▼ 冬~ (20, 0.2%)

5 の葉 4 の木 2 の木の下, の樹 1 か水松, に日, の木の根もと, の生け垣, の藪, の赤い, の青き

▼ 冬にかけては~ (19, 0.2%)

2 しばしば暴力

1 [17件] いい心持, この伊豆西海岸, まったくさびしゅう, むずかしいから, よくよく穏やか, 人身よりも, 大方は, 村, 毎夜の, 河出書房の, 狐が, 真っ黄色, 縁側へ, 著しくその, 雪雲と, 風の, 鼠も

▼ 冬~ (19, 0.2%)

1 [19件] だけこういう, ではあった, などは東海道, になり, に北海道, のこと, の気候, の燃料, の船置場, の風, はこの, はそういう, は余り, は山, は往々, は死ぬ思いじゃった, は毎日, は皆地方, を予め

▼ 冬外套~ (19, 0.2%)

3 を着 2 の男, の襟, をきた 1 のよう, の下, の内, も着, も重苦しく, をさっと, を乾した, を持ち出し, を着た, を著

▼ 冬仕度~ (18, 0.2%)

2 をし

1 [16件] がすみましたなら, が出, せる人, でその, で暖炉, についての考, に就い, に忙しい, に買い込む, の仕事, の出来た, の繕, の繕い, の解き物, はすっかり, をすすめ

▼ 冬にも~ (17, 0.2%)

2 優して

1 [15件] かかわらず額, ならぬのに, やつぱりこんなあんばいに, 入り坂東平野, 其色を, 凍らない港, 思案が, 教室の, 日頃見給うた, 春にも, 東ユダヤ人劇団を, 炉の, 犬の, 足袋を, 逢いますよ

▼ 冬~ (17, 0.2%)

1 [17件] に砲口, の, のあたり, のぐるり, のそば, の周辺, の広場, の車寄, はその, は今, へ行く, も女, も旅, を占領, を引, を砲撃, を背

▼ 冬~ (16, 0.1%)

2 かい秋

1 [14件] うあれて, うが, うこんな, うは, うカサカサ, う一度, やなく, ゆうこの, ゆうそのまま, ゆうのうのう, ゆう或, ゆう滯在, ゆう開いて, ゆう雪

▼ 冬~ (16, 0.1%)

1 [16件] の, のだ, ので人影, ので着物, ので私たち, ので薬用, ので間, のに, のにただごと, のに老人たち, のに蛇トカゲ, のに金魚屋, のね季節, りこちごち, んだ, んです

▼ 冬より~ (16, 0.1%)

2 春の

1 [14件] あらためて沙汰, して, 三十三歳の, 三年程の, 今年も, 今迄に, 夏に, 夏の, 大方皆これ, 山に, 春に, 東京に, 此山寨へ, 籠めた

▼ 冬越し~ (16, 0.1%)

3 をする

1 [13件] から温泉, してもさ, て來, の牧場, の用意, の蠅, の金魚, の青草, の食物, の餌, をした, をしよう, をはじめた

▼ 冬~ (16, 0.1%)

1 [16件] あたたかく受, がさしこんだ, が明るく, が虹色, が黒塀, さしつつ, に指, に映える, のうすく, の名残, の壁, の日向, は郵便受, もささない, をかすめ, を受け

▼ 冬との~ (15, 0.1%)

3 二季に, 間に 1 ちがいという, 両期, 分れ目を, 変りめ, 変り目の, 差別なく, 歎き, 相違が, 間は

▼ 冬~ (15, 0.1%)

1 [15件] がその, がよそ, が帰りて, が金輪奈落, なりおよそ, に似た, のくどい, のもと, の家, の眉毛, は口惜し, は断り発音, は離れられぬ, は面白く, へ再び

▼ 冬枯れた~ (15, 0.1%)

1 [15件] ままの, 古草, 山が, 林の, 梢の, 森や, 渚に, 物寂しい沼地, 田圃は, 疎林が, 窓外の, 茅戸の, 草山だ, 萩の, 野面や

▼ 冬ちやん~ (14, 0.1%)

1 [14件] か, が出た, が君, ところまで, にきいた, にきけ, に惚れた, のところ, はあの, はひとり, は尊敬, は知るまい, は赤ン坊, も飲む

▼ 冬など~ (14, 0.1%)

1 [14件] ふと灰色, もう街燈, 三十五貫も, 公卿色が, 到底お, 声を, 山へ, 待てぬ, 御見え, 時々これ, 汽車が, 火鉢に, 蒼白いほど, 襖越しに

▼ 冬支度~ (14, 0.1%)

1 [14件] かう, でないので, でないゆき子, などし, にかかつて, にて手, に火鉢, の仕立物, の全く, の用意, の蒲団, や命日, をし, をする

▼ 冬~ (14, 0.1%)

4 の中 2 の上 1 かな, ではある, になる, に下り, のまま, の畦, の畦道, や草原

▼ 冬がれ~ (13, 0.1%)

1 [13件] し山, でどこ, にし, にひと, に里, のきざし, のさま, の中, の庭木立, の木, の田, の麥畠, や冬枯

▼ 冬では~ (13, 0.1%)

2 あったが, なかった, なくて 1 あつた, あるが, あるので, ない, ないが, なく楽しい, なほいけない

▼ 冬~ (13, 0.1%)

1 [13件] が深く, が降, におおわれ, にすべっ, に埋もれた, の中, の皚々, の結晶, の降ってる, の降る, を戴き, を見ず, 積まず夏苗

▼ 冬~ (12, 0.1%)

1 [12件] たねが, ふたりの, 佐代さんが, 冬珍らしい, 北らは, 国もとで, 寒かった, 役目にて, 母樣と, 着に, 辰浮世の, 風邪も

▼ 冬枯れ~ (12, 0.1%)

2 て, てゐる 1 ていた, ている, てごつごつ, てしまいました, てただに, てゐた, て見る, て雪

▼ 冬近く~ (12, 0.1%)

4 なると 1 すぐに, でした, なった頃, なって, なつて, なるから, になる, 黄ばんだ夕方

▼ 冬~ (12, 0.1%)

2 に覆はれ, の走る 1 が浮ん, と電柱, に陽, の乱流, の凍る, の焦茶色, は赤く, や毎日

▼ 冬~ (12, 0.1%)

1 [12件] がさわる, なんとも侘しい, に, に乗っ, に曝され, のすさぶ, のふせぎ, の中, の如く, の峯, の波騒, や家庭

▼ 冬である~ (11, 0.1%)

2 とし 1 か夏, が暦, し木の葉, ってこと, と解し, にし, のだ, 前者は, 北国の

▼ 冬~ (11, 0.1%)

2 紙衾, 隙間洩る 1 お正月には, のがれし, 佗しい, 夏や, 春は, 積った, 雨の

▼ 冬~ (11, 0.1%)

2 との歿後, の歿後 1 が七十九歳, が安政三年八十歳, の事蹟, の名, の後, の歿年, は山本北山

▼ 冬~ (11, 0.1%)

2 の二君来庵 1 では竪穴小屋, に引, に移っ, の二兄来庵, の二君, の小, の小学校, の老媼, は瓦

▼ 冬~ (11, 0.1%)

2 の石階 1 がふる, だ, といふ, のあがった, の橋, の軒, の遠く, の降りそぼつ, の降る

▼ 冬です~ (10, 0.1%)

2 もの 1 かね, から, からだいぶ, がいい, がしかし, ものね, よ, 僅な

▼ 冬などは~ (10, 0.1%)

1 すっかりお, どこか, ぽかぽかと, 堪らぬ, 実を, 家人に, 沢山は, 肉食で, 藁の, 障子を

▼ 冬よりも~ (10, 0.1%)

2 冷めたいもの 1 なお悪い, なお高直, むしろ春, 強いこれ, 春の, 泡が, 遙かに, 遥かに

▼ 冬~ (10, 0.1%)

1 とわかった, の七歳, の姿, の笛, はふたたび, はやや, まいちど案, よの, らしい, 読め

▼ 冬~ (10, 0.1%)

2 にその, に芝居 1 に天然氷, に女満別, に小気味よく, に熊手, に神, に関東平野

▼ 冬だった~ (9, 0.1%)

1 が一, が七味唐辛子, が今ごろ, が当時私, が病室, せいも, っけおれ, と思う, 頃メトロポリタンの

▼ 冬ながら~ (9, 0.1%)

3 その屯 1 こちふく風, やや暖かく, 九州は, 六千尺の, 南方温暖の, 宋朝文化爛漫な

▼ 冬なし~ (9, 0.1%)

5 に簾 1 というべし, にやっ, に寝巻, の平常着

▼ 冬~ (9, 0.1%)

2 うぶるぶる, そなた, 行きねかし 1 その背, ゆつくりとどまる, 冬よ

▼ 冬坡君~ (9, 0.1%)

2 は弁天さま 1 か, じゃない, のおなじみ, は夜, もいた, をお, を何

▼ 冬~ (9, 0.1%)

1 からどうも, から安, から関係, に執筆, までに帰つて, までの間, まで召使, より内々人数, 着て

▼ 冬~ (8, 0.1%)

2 寂しさ 1 さみしさ, めぐり来ぬという, らが, らだ, らに, らへ

▼ 冬どん~ (8, 0.1%)

2 察して 1 お冬どん, からお, という小綺麗, に逢っ, に逢わし, のこと

▼ 冬彦先生~ (8, 0.1%)

1 がある, が初めて, だったらここ, というはっきり, の下, の前, の姿, の随筆

▼ 冬ごと~ (7, 0.1%)

1 にあの, に一フィート, に北海道, に十勝, に十勝岳, に東京, に異なる

▼ 冬ごろ~ (7, 0.1%)

2 のこと 1 から伊賀, から御, から息子, から深川富岡門前, に小説

▼ 冬にかけての~ (7, 0.1%)

2 ことだった 1 かせぎ場, めを, 日記は, 烈しい西風, 鯛釣りも

▼ 冬~ (7, 0.1%)

2 の化け物 1 が一幅, などの枯淡, のはさ, の御, や石濤

▼ 冬~ (7, 0.1%)

1 か, が麻布竜土町辺, とその, との名, の詩, は或, 見贈之作

▼ 冬~ (7, 0.1%)

2 にかぎらず, の雪道 1 の休み, の初め, を通じて一番安全

▼ 冬~ (7, 0.1%)

2 に極 1 その葉, に生き残っ, に至, の影, もなお

▼ 冬~ (7, 0.1%)

2 の神 1 そして今日, のさつ, は着よ, を着け, を襲う

▼ 冬~ (6, 0.1%)

2 待たるる 1 四年の, 春か, 来春に, 翌年の

▼ 冬がま~ (6, 0.1%)

3 ゐりますがよ 1 はつ, へ, ゐります

▼ 冬さり~ (6, 0.1%)

4 にけり 2 霜下り来れ

▼ 冬それ~ (6, 0.1%)

1 がいけない, がまた, はもう, も正月家族連れ, を作つ, を掘り上げ

▼ 冬づく~ (6, 0.1%)

2 くぬぎ, 丘の 1 水の, 西湖の

▼ 冬として~ (6, 0.1%)

2 これに, 可なり 1 そのままに, 暮して

▼ 冬はじめて~ (6, 0.1%)

2 奈良に, 雪の 1 といっ, 森の

▼ 冬よりは~ (6, 0.1%)

1 まだ寒い, 増加し, 夏を, 多くな, 御様子, 易し

▼ 冬を通して~ (6, 0.1%)

1 このタフ, 白骨に, 着更へ, 立て籠りアイノ語, 草木が, 風當り

▼ 冬シャツ~ (6, 0.1%)

1 のこと, の胸, は安積, は調べ, をた, を買おう

▼ 冬以来~ (6, 0.1%)

1 どっと病, のこと, ほとんど常識, 勢い微か, 引続き国立劇場, 溜って

▼ 冬十一月~ (6, 0.1%)

1 および万延元年十月, であった, ともなれ, のこと, の寒冷, 代王桂暴虐民

▼ 冬十月~ (6, 0.1%)

1 いよいよ南下, だった, に光明皇后, の十二日, の風, 最勝会

▼ 冬~ (6, 0.1%)

1 に牡丹, の蘆葦, の黒い, へ一気に, もかなしむ, 蒼く亀裂せり

▼ 冬日和~ (6, 0.1%)

2 だった 1 である, になりました, の人, の志摩半島

▼ 冬~ (6, 0.1%)

1 であれば, と雖, に綿衣, の執政大隈, の霧, は蒸気

▼ 冬~ (6, 0.1%)

2 の夕日 1 のあ, の午後三時過ぎ, の日, の芝山

▼ 冬暖か~ (6, 0.1%)

2 な年 1 で夏, なる中国, な谿, に奥

▼ 冬曇り~ (6, 0.1%)

3 の午後 1 が続く, といへ, 明大の

▼ 冬期間~ (6, 0.1%)

2 の各 1 そのすべて, だけの出稼ぎ, の体重増加, の保線

▼ 冬~ (6, 0.1%)

1 が紫, と草履, のうち, のなか, の空, の高き

▼ 冬からの~ (5, 0.0%)

2 跳梁を 1 眼醒め, 私の, 解放の

▼ 冬すでに~ (5, 0.0%)

2 頬のみ 1 地中に, 過ぐ, 雲は

▼ 冬ちかき~ (5, 0.0%)

2 に刈りこみ, 一望の 1 池の

▼ 冬とが~ (5, 0.0%)

1 しきりに意見, ちょうど快適, ひっくり返るよう, 入れ代つて了つて, 同じ方角

▼ 冬どの~ (5, 0.0%)

1 とやらもその, に変, のお, のこの先, 季節もの

▼ 冬にでも~ (5, 0.0%)

1 なって, なりますと, なると, なれば, 降るよう

▼ 冬までには~ (5, 0.0%)

2 建て直して 1 かならず帰っ, かならず癒し, 必ず全快

▼ 冬~ (5, 0.0%)

2 眠ラズ 1 経レバ尽ク紅ナリ霜ヲ, 荒ス微塵, 荒ラス微塵

▼ 冬向き~ (5, 0.0%)

1 あまりやらない, にこしらえた, のもの, は実に, 出来たもの

▼ 冬~ (5, 0.0%)

2 ひが 1 ひの, ひは, を直し

▼ 冬婆さん~ (5, 0.0%)

1 が主人, が毒婦, だよ, の愚痴, は人相

▼ 冬寒く~ (5, 0.0%)

1 て夏, て雪, なってから, 夏暑く, 群鴉何の

▼ 冬~ (5, 0.0%)

3 を被っ 1 を整え, を被

▼ 冬晴れ~ (5, 0.0%)

1 のまっさお, の午後, の日光, の真, 江戸の

▼ 冬~ (5, 0.0%)

1 が名古屋鎮台, が死んだ, の周防, の病, は喀血

▼ 冬~ (5, 0.0%)

1 へから岐, への変形, への条件, へより夏祓, へを形式視

▼ 冬籠りする~ (5, 0.0%)

1 ように, 土の, 家々には, 門の, 高瀬は

▼ 冬籠る~ (5, 0.0%)

1 がよい, 一間は, 身にも, 頃ながら, 鳥空に

▼ 冬~ (5, 0.0%)

1 か何, が一匹, とゐ, のいつぴき, よひとりごと

▼ 冬風邪~ (5, 0.0%)

1 から引き, が流行った, さえお, もひかず過します, を引かん

▼ 冬あたり~ (4, 0.0%)

1 から何, から尾張藩, から来てる, は逝く

▼ 冬この~ (4, 0.0%)

1 人々は, 年の, 手紙から, 池の

▼ 冬その~ (4, 0.0%)

1 ま, 姿を, 畑に, 老医師

▼ 冬であった~ (4, 0.0%)

1 かはっきり, か次, がその, のは

▼ 冬なり~ (4, 0.0%)

1 ながら薄日, 三笠の, 曠野の, 石走る滴り

▼ 冬なれ~ (4, 0.0%)

1 ど陽春三月, ば大, ば欅, ば雪

▼ 冬もの~ (4, 0.0%)

1 の黒い, の黒羽二重, を一つ, を乾し

▼ 冬をも~ (4, 0.0%)

1 呵して, 弘前で, 暑がっ, 青々と

▼ 冬ズボン~ (4, 0.0%)

1 にカシミヤ, に鋏, の膝, をはい

▼ 冬~ (4, 0.0%)

1 ででも帰つて, という奴, に天子山脈, を三吉叔父

▼ 冬十二月~ (4, 0.0%)

1 にこの, のこと, の或, もおしつまった

▼ 冬~ (4, 0.0%)

1 は一切浴客, ふ繁み落葉松氷雨, ふ蝿, 暖い

▼ 冬~ (4, 0.0%)

21 地震の, 痊幕府下特恩之

▼ 冬学期~ (4, 0.0%)

1 からふたたび, からミュンヘン大学, には上記, には未だ

▼ 冬~ (4, 0.0%)

2 は千鳥 1 の涸れ, を渉

▼ 冬帽子~ (4, 0.0%)

1 のリボン, は六十二セント半, は珍, を頭

▼ 冬月師~ (4, 0.0%)

1 の句会, の門下, はこちら, はつぎ

▼ 冬~ (4, 0.0%)

1 て豆柿, にけら, にけらし, 在藩主阿部氏本所横網邸

▼ 冬~ (4, 0.0%)

21 は海, や人岩

▼ 冬牡丹~ (4, 0.0%)

1 に万両, のつぼみ, の葉, を凩

▼ 冬~ (4, 0.0%)

1 のところ, の部屋, はそんな, は或

▼ 冬籠りで~ (4, 0.0%)

1 ござります, さえ異例, 殆どなんにも出来ません, 誰が

▼ 冬荒れ~ (4, 0.0%)

1 か船, のまま, のよう, の孤雁

▼ 冬菜畑~ (4, 0.0%)

2 に朝 1 の, を歩き

▼ 冬近き~ (4, 0.0%)

1 を思う, 山家や, 日に, 空の

▼ 冬~ (4, 0.0%)

1 かぬくい, として私, の語, を起こし

▼ 冬~ (4, 0.0%)

2 に埋もれ 1 だ, の薄紫

▼ 冬からは~ (3, 0.0%)

1 まるで幕がわり, 中絶される, 雪の

▼ 冬こそ~ (3, 0.0%)

1 あんな足, 春を, 青髪山の

▼ 冬~ (3, 0.0%)

1 しの野菜ものさえ, もるいほり, もる子女

▼ 冬~ (3, 0.0%)

1 うして, へ却つてなか, るる畠

▼ 冬さえ~ (3, 0.0%)

1 また早く, 支えれば, 越せば

▼ 冬そこ~ (3, 0.0%)

1 に籠っ, へちょい, を通つて

▼ 冬だけに~ (3, 0.0%)

1 する火の番, 限られて, 陰鬱な

▼ 冬ちかい~ (3, 0.0%)

1 時雨雲が, 晩秋の, 黄昏

▼ 冬でござんした~ (3, 0.0%)

3 寒中親子三人ながら

▼ 冬でした~ (3, 0.0%)

1 きりである, の, ハルピンに

▼ 冬でなく~ (3, 0.0%)

2 ては運び出せない 1 楽しい冬

▼ 冬でなけれ~ (3, 0.0%)

1 ばいけない, ば見られぬ, ば見る

▼ 冬といふ~ (3, 0.0%)

1 のは, ものかと, 季節は

▼ 冬とを~ (3, 0.0%)

1 持ちこたえ一八四八年, 見て, 越した

▼ 冬と共に~ (3, 0.0%)

1 はじまつて, まったく停止, 迫ッて

▼ 冬なる~ (3, 0.0%)

2 なり 1 ヤマスゲすなわち

▼ 冬において~ (3, 0.0%)

1 時々池, 熱くなる, 私は

▼ 冬にか~ (3, 0.0%)

2 はらざれども 1 あらむいまかあふべき

▼ 冬によって~ (3, 0.0%)

1 引きとめられて, 彩を, 時刻は

▼ 冬への~ (3, 0.0%)

1 季の, 憧憬を, 用心であり

▼ 冬までは~ (3, 0.0%)

1 保つまいって, 支えて, 火を

▼ 冬めい~ (3, 0.0%)

1 ている, てさえ居り, て寒い

▼ 冬めいた~ (3, 0.0%)

1 山の, 日です, 梢は

▼ 冬もこそ~ (3, 0.0%)

3 ゆけ

▼ 冬やすみ~ (3, 0.0%)

1 の時, は中學生, も終り

▼ 冬らしくなった~ (3, 0.0%)

1 日差しが, 空を, 重い空

▼ 冬を通じて~ (3, 0.0%)

1 八時三十分に, 南アルプスは, 客間の

▼ 冬シヤツ~ (3, 0.0%)

1 がズタ, にド, の上

▼ 冬一枚~ (3, 0.0%)

1 のボロ, の支給, の着物

▼ 冬~ (3, 0.0%)

21 大旱也

▼ 冬~ (3, 0.0%)

1 りける, り年, り葉

▼ 冬~ (3, 0.0%)

1 が仏蘭西, に預けた, は丁度よく

▼ 冬~ (3, 0.0%)

2 去れば 1 をひし

▼ 冬即ち~ (3, 0.0%)

1 一五六八年の, 一八九〇年十一月八日多くの, 目に

▼ 冬咲く~ (3, 0.0%)

1 は神代, ものである, 花が

▼ 冬~ (3, 0.0%)

1 の孫, の時, の系統

▼ 冬囲い~ (3, 0.0%)

1 が家, にかくれ, の柱

▼ 冬~ (3, 0.0%)

1 に灸, は外, もお

▼ 冬~ (3, 0.0%)

2 から油障子 1 に出る

▼ 冬太郎~ (3, 0.0%)

1 の謡う, は憤った, は磊落

▼ 冬姿~ (3, 0.0%)

1 には一種, のまま, の闊葉樹

▼ 冬彦氏~ (3, 0.0%)

1 から五六行, がはじめて, の来訪

▼ 冬~ (3, 0.0%)

1 の部下一万五千, は師直, は悪魔

▼ 冬~ (3, 0.0%)

1 仕置に, 書院の, 隠れに

▼ 冬~ (3, 0.0%)

1 九代目団十郎宇治紫文都千中乾坤坊良斎などの, 最も愛せられ, 野村守一が

▼ 冬村居~ (3, 0.0%)

1 から青紫蘇, の青年会, へめでたし

▼ 冬来り~ (3, 0.0%)

1 候て, 城壁の, 河原の

▼ 冬次郎たち~ (3, 0.0%)

1 から分れ, の一団, の現われた

▼ 冬~ (3, 0.0%)

1 の實家, の帰京, の死んだ

▼ 冬~ (3, 0.0%)

1 の雲ひと, は背中, を具し

▼ 冬白く~ (3, 0.0%)

1 なるは, なる兎, 化けるやつ

▼ 冬籠りし~ (3, 0.0%)

1 ていた, て居ります, て村

▼ 冬~ (3, 0.0%)

1 しこの, する一切, する間

▼ 冬行っ~ (3, 0.0%)

2 ても何かしら山 1 て春

▼ 冬通し~ (3, 0.0%)

1 て五年, て土, の一枚

▼ 冬あなた~ (2, 0.0%)

1 の召す, は春

▼ 冬かけ~ (2, 0.0%)

1 ていらした, て雪げ

▼ 冬ぐらいは~ (2, 0.0%)

1 生き伸びるだからな, 送って

▼ 冬ここ~ (2, 0.0%)

1 から近い, の囲み

▼ 冬こそは~ (2, 0.0%)

1 必ずすぐれた, 真に自然

▼ 冬こもり~ (2, 0.0%)

2 の飼やう

▼ 冬これ~ (2, 0.0%)

1 はまた, は又

▼ 冬さながら~ (2, 0.0%)

1 の吾心, の粧

▼ 冬さび~ (2, 0.0%)

1 て見, にけり

▼ 冬さむ~ (2, 0.0%)

1 さまけ, そうね

▼ 冬~ (2, 0.0%)

1 たくが, ゅうおなかのへっていたこともきょう一日の

▼ 冬じゅうどこ~ (2, 0.0%)

1 かへ飛び去っ, へも行かない

▼ 冬すなわち~ (2, 0.0%)

2 リュウノヒゲの

▼ 冬だけ~ (2, 0.0%)

1 では, 一座を

▼ 冬だつた~ (2, 0.0%)

1 がそれでも, やうに

▼ 冬ちかし~ (2, 0.0%)

1 といふ感じ, 真鴨翔れり

▼ 冬ちゃん~ (2, 0.0%)

1 どうし, の鳥羽

▼ 冬ちょうど~ (2, 0.0%)

1 ある大雪, この茶屋

▼ 冬つき春~ (2, 0.0%)

1 はきたれ, は吉多礼登

▼ 冬つき春しき~ (2, 0.0%)

2 ぬれば

▼ 冬であり~ (2, 0.0%)

1 いつまでも, 夜の

▼ 冬であれ~ (2, 0.0%)

1 ば火, ば病院

▼ 冬とい~ (2, 0.0%)

2 へど

▼ 冬とか~ (2, 0.0%)

1 そんな漢名, 大葉麦門冬とか

▼ 冬とても~ (2, 0.0%)

1 動く, 物皆春なりし

▼ 冬とに~ (2, 0.0%)

1 お前に, 囲まれなければ

▼ 冬どき~ (2, 0.0%)

1 の庭, の枯枝

▼ 冬なかば~ (2, 0.0%)

1 にまた, の夜

▼ 冬ながらに~ (2, 0.0%)

2 日ざしもち

▼ 冬なく~ (2, 0.0%)

1 なったその, 街頭は

▼ 冬なぞは~ (2, 0.0%)

1 嘸寒い, 寒さ

▼ 冬なんか~ (2, 0.0%)

1 その間に, ひどく寒い

▼ 冬にぞ~ (2, 0.0%)

1 入りぬ, 聴く

▼ 冬にばかり~ (2, 0.0%)

2 なじんで

▼ 冬ぬくし~ (2, 0.0%)

1 日当りよく, 老の

▼ 冬ばら~ (2, 0.0%)

1 の大輪, の紅

▼ 冬ひと日~ (2, 0.0%)

1 なにかきこえ, 堪へて

▼ 冬へと~ (2, 0.0%)

1 一歩一歩確実に, 移った

▼ 冬ほとんど~ (2, 0.0%)

1 おじいさんの, 風の

▼ 冬ほど~ (2, 0.0%)

1 うなぎは, 呪ふべき

▼ 冬~ (2, 0.0%)

1 んだら, 近に

▼ 冬まつり~ (2, 0.0%)

1 が岐, の前提

▼ 冬までの~ (2, 0.0%)

1 一年の, 一生が

▼ 冬~ (2, 0.0%)

1 ける, を祭れ

▼ 冬もを~ (2, 0.0%)

2 はりぬ

▼ 冬らし~ (2, 0.0%)

1 かつた, さの

▼ 冬らしくない~ (2, 0.0%)

1 日な, 爽やかな

▼ 冬らしくなりました~ (2, 0.0%)

1 ね, よ

▼ 冬わざわざ~ (2, 0.0%)

1 クリスマスの, 僕の

▼ 冬をば~ (2, 0.0%)

2 愉快い

▼ 冬~ (2, 0.0%)

1 マン中デ, 寒イ日

▼ 冬一度~ (2, 0.0%)

1 その教会, 帰って

▼ 冬一杯~ (2, 0.0%)

1 は殆ど枕, 啼き続けて

▼ 冬丈夫~ (2, 0.0%)

2 で素直

▼ 冬三トン~ (2, 0.0%)

1 では, ということ

▼ 冬三月~ (2, 0.0%)

1 ただにま, を吹い

▼ 冬中雪~ (2, 0.0%)

1 に封鎖, に被われ

▼ 冬二月~ (2, 0.0%)

1 に相当, のこと

▼ 冬~ (2, 0.0%)

1 の乞, を殺し

▼ 冬以外~ (2, 0.0%)

1 には寒く, はつくれない

▼ 冬八十円~ (2, 0.0%)

2 の報酬

▼ 冬~ (2, 0.0%)

1 その通り実行, に離さなかった

▼ 冬~ (2, 0.0%)

1 ち北海道, ち自由

▼ 冬十勝岳~ (2, 0.0%)

1 でやっ, で撮られた

▼ 冬午後~ (2, 0.0%)

2 は春

▼ 冬半年~ (2, 0.0%)

1 の間降雪, は夏

▼ 冬~ (2, 0.0%)

1 が武士, はお

▼ 冬~ (2, 0.0%)

2 なむと

▼ 冬去れ~ (2, 0.0%)

2 ば春

▼ 冬咲き~ (2, 0.0%)

1 の仏相花, の小さい

▼ 冬~ (2, 0.0%)

1 に出る, りと

▼ 冬夏二季~ (2, 0.0%)

1 のみにて春, の気候

▼ 冬夏菜茹~ (2, 0.0%)

1 を生じ, を生ずる

▼ 冬大根~ (2, 0.0%)

1 のよう, の出盛り

▼ 冬宮わき~ (2, 0.0%)

1 からネ, にある

▼ 冬宮前~ (2, 0.0%)

1 の広場, の雪

▼ 冬宮裏~ (2, 0.0%)

1 の公園, の河岸

▼ 冬宮附属~ (2, 0.0%)

1 にエカテリナ二世, の博物館

▼ 冬富士~ (2, 0.0%)

1 の高, 単独行

▼ 冬寒い~ (2, 0.0%)

1 時分に, 諾威の

▼ 冬履稿沓~ (2, 0.0%)

2 をすて

▼ 冬巴里~ (2, 0.0%)

1 に移っ, のその

▼ 冬~ (2, 0.0%)

1 の暗闇, の落込ん

▼ 冬彦先生自身~ (2, 0.0%)

1 が書かれた, が語られた

▼ 冬彼女~ (2, 0.0%)

1 の二十五, は兄

▼ 冬~ (2, 0.0%)

1 る寒い, 雑誌に

▼ 冬日本~ (2, 0.0%)

1 からの途中, から欧羅巴諸国

▼ 冬~ (2, 0.0%)

1 く信玄様, く夏海水浴

▼ 冬暖かく~ (2, 0.0%)

1 して, 夏涼しく

▼ 冬~ (2, 0.0%)

1 の大釜, の続く

▼ 冬月谷地~ (2, 0.0%)

2 の畠

▼ 冬服なんど~ (2, 0.0%)

2 といく組

▼ 冬~ (2, 0.0%)

1 の霧, をやつ

▼ 冬村さん~ (2, 0.0%)

1 だけで, と四人連れ

▼ 冬村二君~ (2, 0.0%)

1 に過ぎつた, も来

▼ 冬村君来庵~ (2, 0.0%)

1 お土産, お節句

▼ 冬来りな~ (2, 0.0%)

1 ば, ば春

▼ 冬来れ~ (2, 0.0%)

1 ば冬, ば日

▼ 冬~ (2, 0.0%)

1 にしらし, のしみみか黝

▼ 冬榛軒~ (2, 0.0%)

1 が致死, は癰

▼ 冬~ (2, 0.0%)

1 へなし, へ一

▼ 冬次郎様たち~ (2, 0.0%)

1 がこの, はこの

▼ 冬次郎殿~ (2, 0.0%)

1 が討っ, の依頼

▼ 冬汐田~ (2, 0.0%)

2 がテツさん

▼ 冬~ (2, 0.0%)

1 に向, に背け

▼ 冬深く~ (2, 0.0%)

1 枯る, 風荒ん

▼ 冬~ (2, 0.0%)

1 にこもる, の魚

▼ 冬~ (2, 0.0%)

1 衾ただ, 雪梅花早

▼ 冬~ (2, 0.0%)

1 に出, のとき雪崩

▼ 冬~ (2, 0.0%)

1 この京, 青翠芽ヲ

▼ 冬生れた~ (2, 0.0%)

1 男だ, 赤ん坊とを

▼ 冬~ (2, 0.0%)

1 の厚ぼったい, の夜具類

▼ 冬田の上~ (2, 0.0%)

1 で至る, で行なわれた

▼ 冬~ (2, 0.0%)

1 にかかった, を獲

▼ 冬登る~ (2, 0.0%)

2 かもしれない

▼ 冬百二十人~ (2, 0.0%)

2 の級友

▼ 冬眠る~ (2, 0.0%)

2 もの

▼ 冬祖父~ (2, 0.0%)

1 の多助, は亡くな

▼ 冬私たち~ (2, 0.0%)

1 に忘, は冬

▼ 冬籠りだ~ (2, 0.0%)

2

▼ 冬美しい~ (2, 0.0%)

1 顏を, 顔を

▼ 冬自身~ (2, 0.0%)

1 がはたして, がみずから

▼ 冬菜積み~ (2, 0.0%)

2 たる

▼ 冬~ (2, 0.0%)

1 がいやしますまい, のごと

▼ 冬~ (2, 0.0%)

1 のひそか, の濃き

▼ 冬西方~ (2, 0.0%)

1 からの晉軍, からの晋軍

▼ 冬見た~ (2, 0.0%)

1 時よりも, 私を

▼ 冬~ (2, 0.0%)

1 の為, の用意

▼ 冬越した~ (2, 0.0%)

1 だけである, 翌年の

▼ 冬逍遙~ (2, 0.0%)

2 のこ

▼ 冬遊山~ (2, 0.0%)

2 に来る

▼ 冬酉の市~ (2, 0.0%)

1 へ行った, へ行つた時

▼ 冬降る~ (2, 0.0%)

1 数知れぬ, 雪が

▼ 冬青やゆづり葉~ (2, 0.0%)

2 が繁り

▼ 冬青樹~ (2, 0.0%)

1 の下, の若葉

▼1* [837件]

あたたかに雪, 冬あの一聯の, 冬ある地方が, 冬あるいは蕗を, 冬いかがですか, 冬いかに寒い地, 冬いそがしければ夏, 冬いっぱい借り切って, 冬いっぱい重態が続いた, 冬いつもの年, 冬いまに居つく, 冬いよよ我が眼力, 冬いらい幕府の, 冬いろいろの美しい, 冬うんとまぐさ, 冬おなじ蔀の, 冬おのれがここ, 冬お出でなさい, 冬お前に会った, 冬お見舞として駱駝, 冬かが印した凍傷, 冬かくまでにうら寂び, 冬かの間嗅ぎ慣れた, 冬かぶさる家に, 冬かまへ, 冬かも知れないが, 冬かれらは, 冬にけらし, 冬きたるらし, 冬くらゐ山, 冬くれば猿ぐつわ, 冬ぐもりいやな手紙, 冬ぐもりするペチカのため, 冬ぐもりの波にた, 冬こうした建白書を, 冬ごしをする, 冬ささやかな雪, 冬さびし靜浦の, 冬さむき国いで, 冬さらば綿かも, 冬さりくればあかあか, 冬されの水, 冬さんあんたも知っ, 冬さん上品な妍美, 冬さん今は二の橋辺, 冬しきりに骸骨を, 冬しろき屏風に, 冬じう彼等は, 冬じたくを整え, 冬じゃないがな, 冬じゅうおまえを借りきる, 冬じゅうめばりをした, 冬じゅうわたしの家, 冬じゅうわたしたちはフライブルク, 冬じゅうカサカサにひからび, 冬じゅうフランス語を勉強, 冬じゅう人々はスモッグ, 冬じゅう人気のない, 冬じゅう何も食わぬ, 冬じゅう君は予定, 冬じゅう土室へかこっ, 冬じゅう気をつけ, 冬じゅう洛中諸所にえたい, 冬じゅう鎌倉住居であった, 冬じゅう雪の下でもずっと, 冬じゅう静かな雪あかり, 冬すぎて暖, 冬すぎ春来て, 冬すこし風を, 冬すごい大雪が, 冬すみれ匂ひ別れけり, 冬ぜんぶにあたる, 冬そのものを象徴, 冬その間に, 冬それから暮以来, 冬それほど遠く旅行, 冬たいてい同じ時期, 冬たいへんな流行, 冬たけて御所ヶ丸山さびしくそびゆ, 冬たしかにモスク, 冬たべる物の, 冬だけしか御厄介, 冬だけの資料は, 冬だけを卑下させ, 冬だったろうか上屋敷, 冬だの秋には, 冬だらう昨年の, 冬ちかくなつて, 冬ちゃんお前どう思う, 冬ちょっとの間, 冬ちらちらと雪, 冬ってばかな, 冬つき来むかふ春, 冬つぎ春は来れ, 冬つづけなければ意味, 冬つばきの哀しくも, 冬であってはどう, 冬でありましたけれどその, 冬でありますと草木, 冬であるべきであるが夜長, 冬でございましたよ, 冬でございますわね, 冬でさえ已に十一文, 冬でさえもそこには, 冬でしょうか, 冬ででもあって, 冬でないと仕事, 冬で御座いますから何, 冬といつても人眼, 冬といふのはいつたい, 冬とおりこすと, 冬とかいう女中が, 冬とから晴れやかで, 冬としかすごしたこと, 冬としてはゆるんで, 冬とった奴の, 冬とて膚を, 冬とでその材料, 冬とともに朝幕の, 冬とにかく一段落ついた, 冬とのみ戦って, 冬とよみ飛び立つ大族総立つ, 冬どうしてあなたに, 冬どきではねどこ, 冬どした恐ろしない, 冬どんと和吉と, 冬どんな倉庫だ, 冬どんなに多くの, 冬どん堪忍して, 冬なお暖かい太平洋, 冬ならずして春, 冬ならではか, 冬なんでも霜月, 冬なんぞになると, 冬なんぞの閑寂さとは, 冬にかけ折に, 冬について世人と, 冬にと時候の, 冬にまで打ち明けて, 冬に対して里が, 冬に対しての武装だ, 冬に対してはあたしたちは, 冬のくらいしぐれ模樣の, 冬のさ庭の, 冬のなげきを, 冬のぼてついた, 冬のみならず各, 冬のみが待ち構えて, 冬のよ毎よ, 冬ばかりでは, 冬ばかりじゃあないてんで, 冬ばかりも自分の, 冬ばらそれぞれの性質, 冬ひととおり入れて, 冬ぴしりと氷ひびく, 冬ふかみかも, 冬ふけし稲城の, 冬ふとした感冒が, 冬ふらりとこの, 冬ぶりでしょう, 冬へは誰にでも, 冬ほどには寒くない, 冬ほどの厳しさ, 冬ぼくは横濱船渠, 冬ぼたんほ, 冬まけて鉄瓶, 冬また着せる, 冬または冬に, 冬まだ一高の, 冬まぢかなころ, 冬まつ窓の釜, 冬までしかない生命, 冬までに最後の, 冬まひる雑木端山の日あたり, 冬まひる雜木端山の日あたり, 冬むかふ谷地田の, 冬むきじゃない, 冬むっくり着ぶくれて, 冬めかしくなった錆色, 冬めくみちす, 冬もさのみ寒く, 冬もずつと僕の, 冬もてはやされてきた, 冬やがて島の, 冬やったらどない, 冬やはりこうして消え, 冬よるべなし, 冬の警戒, 冬らしい尖った風が, 冬らしい荒れはてたようすが, 冬らしき盃盤を, 冬らしくあれなど, 冬らしくなって参りました, 冬らしくなる筈だ, 冬らしく凍り果てた彼の, 冬らしく成ったという気, 冬わたくしの講習, 冬わたくし共がここ, 冬わたる紅腹鷽は, 冬われは始めて, 冬をなやらふ風, 冬を通じての翌年の, 冬なったらお, 冬アメリカとの戦争, 冬オストロフスキーの高潔, 冬オンドルのある, 冬オーバーの襟, 冬在ル, 冬コートだった, 冬サヨは下駄, 冬スキーなどに行っ, 冬テナルディエの上さん, 冬ドースンでバック, 冬入リ其下, 冬ニカケテハ旅宿ハ戸ヲ釘ヅケニシテ里ニ, 冬ニューヨークのメトロポリタン劇場, 冬早イカラネ, 冬ハアレラ傷メル河河ニ額ヲヌラシテヰルノダ, 冬パリイにいた, 冬ブルキの雲間, 冬ベルリンに一カ月あまり滞在, 冬ペテルブルグから送っ, 冬ペトログラアドの燃料, 冬ボストンのローウェル・インスティテュート, 冬メエトル夫人の病氣, 冬ロシアへ行く, 冬ローマからロンドン, 冬一つの森, 冬一人の人間, 冬一天張りで押し通そう, 冬一女を産す, 冬一度きりだがね, 冬一月中旬冷たい風, 冬一期に八十俵, 冬七月風は暖かく, 冬七里役一両三分と定めたい, 冬万作が黐網, 冬三江四支五微六魚, 冬下妻街道を江戸, 冬不慮に出火, 冬世界じゅうの注視, 冬世間は日清戦争, 冬中あかりを取る, 冬中あちこち歩き廻ったが, 冬中おれの外面生活, 冬中ここにおっ, 冬中これ等の人員, 冬中そうなん, 冬中コゼットの小さな, 冬中ファキイル僧のよう, 冬中体中の脂肪, 冬中何時行って, 冬中刈り残しの, 冬中務大輔は俄, 冬中吹雪にさらされ, 冬中国境の小, 冬中太陽を見る, 冬中女の手, 冬中対峙して, 冬中彼岸の来る, 冬中殘つた木の葉が青々, 冬中毎日のよう, 冬中気温は普通零下十度以下, 冬中氣象の觀測, 冬中氷を割っ, 冬中海で育った, 冬中海鳴りが町, 冬中煖房のこと, 冬中煖炉を焚き止めず, 冬中私の一番沢山, 冬中耳について離れなかった, 冬中食つた, 冬中騎して, 冬中鼻カゼをひき, 冬丸亀の配所, 冬乾いて寒, 冬乾夏湿の, 冬かかぬだけは, 冬二十四歳で戦死, 冬二回政務の余暇, 冬二期の空, 冬二里あまり隔たる, 冬五月までの冬, 冬亡くなつた彼は, 冬京都にラヂオ, 冬京都高等学校の入学試験, 冬今年の春, 冬仕事にひとつ, 冬以來多少鈍つて來, 冬以來健康だつた外村, 冬以後は共産党, 冬以来暖であつ, 冬以来死の一字, 冬以来父の病気, 冬以来越後の上杉謙信, 冬以来雨というもの, 冬休暇に帰っ, 冬伸子はもっぱら, 冬春, 冬なら私, 冬住まわせるように, 冬佐久良書房から一巻, 冬が悪かっ, 冬をし, 冬何だつてあんな, 冬余りでぱつたり婆さん, 冬使はせても, 冬保安条例で兆民, 冬保胤四十八九歳ともおもわれる, 冬信長の軍, 冬にねだっ, 冬に至, 冬全国労農党秋田県大会が行われた, 冬公園を一覧, 冬六代目が青梅町, 冬其家は成り, 冬具共研鑽自此之後離合, 冬は春, 冬冬ごもりをした, 冬き皿, 冬縮身, 冬凍った車道で, 冬や小舟, 冬出された夏の, 冬出版され数年来, 冬出稼ぎにでる, 冬分三食の一度, 冬分田畑に雪, 冬初めに偶然, 冬初めごろまでに小さな, 冬初めて燈下に, 冬初め頃迄に小さな, 冬崎時梅泉歿後経数歳, 冬が, 冬北京へ行く, 冬北海道の大, 冬北風が猛烈, 冬十一月九日朝より夜, 冬十九になる, 冬十二になる, 冬十二月三日であったと, 冬十二月二十四日愛宕の市, 冬十二月加賀国随一の幽寂界, 冬十二月十九日と記す, 冬十二月十二日は雪, 冬十二月大納言になった, 冬十二月山名大膳, 冬十二月水戸に赴く, 冬十二月義士十三回忌の時, 冬十月十日の明け, 冬十月史彬と旅店, 冬十月天皇の母弟倭彦命薨, 冬十月孫権の母, 冬十月戊辰朔己巳皇子大津謀反発覚はれぬ, 冬十月紀伊国に行幸, 冬千々子さまと大里技師, 冬厩橋城下に失火, 冬厳寒に身, 冬去り春來る, 冬来る当, 冬友人の家, 冬反るとて道, 冬召集令状を受取った, 冬合服木島あたりで裏, 冬合歓の日, 冬吉川経久佐々木道誉おなじく秀綱, 冬家中の, 冬吐く水は, 冬向一方だから, 冬吹き通しに, 冬吹きつける北風すらも, 冬吹雪に悩む, 冬周防国徳山なる照幢, 冬和服にメリヤス, 冬の桜, 冬咳きこんでゐた, 冬唯七絶二首がある, 冬風の, 冬四代目源之助を襲名, 冬國さ行つて, 冬が凍る, 冬在京中讒者の為, 冬坊今日は帰り, 冬坊俊の三君, 冬坊手がすい, 冬坊手廻しがいい, 冬埒外の品, 冬堀川が自火, 冬売れるものをと, 冬と, 冬夏帽を被っ, 冬夏生菜茹無牛馬虎豹羊鵲, 冬夏社なる出版書肆, 冬夏雪霜冷寒重, 冬夏雲霜冷寒重, 冬夏食生菜皆徒跣有屋室父母兄弟臥息異處, 冬外国へ行っ, 冬雪, 冬多きものなれ, 冬夜さりひとつ光れる手, 冬夜さり鼠の業, 冬夜具をお, 冬夜廻りの節我等拾, 冬夜男のオーバー, 冬夜談経坐, 冬夜電燈のもと, 冬大久保の家, 冬大佛貞直等を将, 冬大阪から海路長州, 冬大阪緒方先生に身, 冬大雪が降った, 冬といふん, 冬奥様が御, 冬いい気, 冬と離別, 冬妻勝を失ひ, 冬と義仲, 冬にうら枯れ, 冬よりは数段秀, 冬子供を生む, 冬孔明スデニ天水南安安定ノ三郡, 冬季節にかかわらず訪れた, 冬学校がひけ, 冬宇治川の氷魚, 冬実施されて, 冬宮の前で皇帝, 冬宮前広場でツァー, 冬宮広場に進んだ, 冬家庭で最も, 冬寂びにけり, 冬寄出来申す所, 冬寄致せし鮠鰔などまでが, 冬富士山へ登る, 冬を覚ゆ, 冬寒かった, 冬寒厳しき地に, 冬小春日の返り, 冬小田原伝肇寺にて, 冬小菅刑務所に服役中, 冬小雨の中, 冬山名の忰, 冬山門大講堂, 冬島原の乱, 冬嶺名は, 冬嶺等の没後, 冬川辺みさ子は指, 冬帝先づ日をなげかけ, 冬師匠感應院を毒殺, 冬帽セーターオーバー等を取り出す, 冬平一郎が和歌子, 冬平公は其處, 冬平重衡の兵火, 冬幾万の死者, 冬座敷で緋, 冬建文帝永慶寺に宿し, 冬建文帝難に死, 冬彦ただ一人であ, 冬彦三好達治は二人, 冬彦博士及び矢橋徳太郎理学士, 冬彦君宛の手紙, 冬彦宛の手紙, 冬彦集六八頁第二行, 冬彦飯島正がゐた, 冬待ち顏に靜, 冬待つ山家かな, 冬後園に出, 冬徳川十五代将軍が大政奉還, 冬徳川政府から亜米利加, 冬徳松の母子, 冬忌む可き, 冬忙しい餅菓子を, 冬忙しく夏閑散な, 冬忽然と寄来, 冬怒りつづけてゐる, 冬立ちし紅箋堂佳話二三枚, 冬に手足, 冬恋雑というふう, 冬息子が生れた, 冬悪戯な暴風雨, 冬愈々確實に, 冬という, 冬れさ, 冬我々の冬, 冬我が學界に, 冬我慢すれば, 冬をつけた, 冬手織木綿の品, 冬打つて出よう, 冬捕縛され翌, 冬搗いたかき餅などを, 冬撮ることに, 冬撰鉱へ来, 冬支度マフを抱, 冬政治郎から福助, 冬教授の訃, 冬らしく仕立てて, 冬がみか, 冬だったこと, 冬旅人が道路, 冬が短い, 冬日だまりに散らばう, 冬日向何が無く, 冬日向蒲団の綿, 冬日向蒲團の綿, 冬早く来る, 冬旱長かるあ, 冬春両度の山の神祭, 冬時々雪嵐が, 冬時五十度以下にくだらず, 冬時余の服裝, 冬時分彼女は北山, 冬時横浜に帰航, 冬時此河に灌水, 冬晩春から初夏, 冬景気だった, 冬景色つていふやつがなかなか, 冬晴代が縫つて, 冬の詩, 冬暑く日本全国の, 冬暖かい年が, 冬暖園中梅柳頗有春色故詩中及之, 冬暖気もなく, 冬暖甚病躯に佳し, 冬暗い雲に, 冬早く蓐, 冬書いたバルザック研究等と, 冬最もい, 冬最中雪たけありて, 冬最初の足袋, 冬月夜手土産は米, 冬月庫倫よりかもこり, 冬月毎に竈, 冬月落ち散り掌状複葉, 冬服一着で間に合わせ, 冬服冬外套も重苦しく, 冬服姿でもらった, 冬服昼間夏服の気候, 冬朝昼夕夜月にも雪, 冬期間いずれも皆極度, 冬期間家畜の中, 冬期間濃霧に蔽われる, 冬木立ひとまはり, 冬木立三つ四つ鴉飛んで, 冬未知の人, 冬藩有司伝命擢為儒員食俸三十口, 冬本場でスケート, 冬村両君にお, 冬村二三男の二君来訪, 冬村二三雄その他村の青年, 冬村兄の活動, 冬村共力して, 冬村君冬村君御馳走でした酔うて, 冬村君呂竹さんへお, 冬村君御馳走でした酔うて, 冬村君新婚の祝句, 冬村婚礼は朝, 冬村新婚宴はいよ, 冬村来蝮蛇に咬まれた, 冬来た場所である, 冬来るやまた, 冬来るべきところでは, 冬の空, 冬東京からきた, 冬松山から輿入れ, 冬林之助と別れ, 冬果てしなり, 冬枯れる庭面の, 冬枯時もはや近く夕陽, 冬枯根黍はてしなし夕かげ, 冬枯色の中, 冬枯野辺の景色, 冬柏院に香, 冬の姿, 冬で世, 冬から来た, 冬が八年ぶり, 冬模様になる, 冬模樣の空, 冬が林, 冬橘宿禰奈良麿の邸, 冬次郎なんどの手, 冬次郎はじめ一同のもの, 冬次郎めも一味, 冬次郎中幕の, 冬次郎労咳を患い, 冬次郎怒りを今, 冬次郎方の動静, 冬次郎様一党をこんな, 冬次郎様一行が田沼, 冬次郎様事後追うて, 冬次郎様仰せのごとく, 冬次郎様佐久以来久々の拝顔, 冬次郎様卑怯は相互, 冬次郎様周章狼狽して, 冬次郎様意外も意外, 冬次郎様戸ヶ崎氏あなたより今にも, 冬次郎様戸ヶ崎氏暴徒に雑, 冬次郎様柳営執政に楯, 冬次郎様田沼屋敷の数々, 冬次郎様私を斬る, 冬次郎様草紙洗い小町の謎, 冬次郎様言葉を強め, 冬次郎様配下に命じ, 冬次郎無位無官じゃぞ, 冬次郎達は引き返した, 冬次郎配下とか申す, 冬の邊, 冬此処を過ぎしなれ, 冬此方へ参候一件家長共私, 冬武田島津吉川田口岡本などの諸, 冬死ぬべき年の, 冬死んだ妹の, 冬母上は黄泉, 冬母子病棟の硝子鳴り, 冬毎冬降る数, 冬毎日のよう, 冬毎日毎日冷い雨, 冬は哀, 冬を灌漑, 冬水照り船入り進む音, 冬や雪, 冬氷合の後, 冬と韻許, 冬江島屋の番頭金兵衛, 冬江戸で, 冬江戸庵主人画帖一折携へ来られ, 冬河豚を一夕, 冬沼田老職の家, 冬注文の書籍, 冬洋行するとき, 冬洛東歌の中山清閑寺, 冬や浪, 冬浩さんが大風, 冬の日かげり, 冬淋しい山岳地方の, 冬深い雪の, 冬温かいことを, 冬湿夏乾の, 冬南阿, 冬火事をだしたおり, 冬炬燵の上, 冬炭一俵の予定, 冬焚くものは, 冬焼けたといふこと, 冬の出版, 冬熊野の川, 冬すれば, 冬爐夏扇として役立つ, 冬父上風邪の心地, 冬の上, 冬牆君に逢, 冬牛込の方, 冬牡丹寒菊白玉乙女椿の咲満, 冬牧場をもつ, 冬物置も建て, 冬でも飼う, 冬もまた, 冬獨逸で發, 冬疾明年漸, 冬に行く, 冬らしい男, 冬あたたかに, 冬生氏の紹介, 冬産後の病気, 冬田さんは非常, 冬田一面には黄金色, 冬田中あらはに白き, 冬田園を歩く, 冬田様のは日本銀行, 冬田能村竹田は長崎, 冬番人を置いてない, 冬病死して, 冬病気が再発, 冬百ヶ日の法要, 冬百人の北極人, 冬百味の珍饌, 冬的気候が手伝っ, 冬盛岡に遠から, 冬であった, 冬眞中にさ, 冬真昼間でも夕暮れ, 冬着ると既にいい加減, 冬知らずだ, 冬知らぬ空を, 冬石炭をもやす, 冬祖母のお, 冬神戸へ行っ, 冬突然網膜炎に, 冬立つ日が, 冬を切っ, 冬竹亭は三十四歳, 冬ヲ包ミ, 冬二次の, 冬笹村のふと, 冬と春筍, 冬筍ト謂ヒ甚ダ美ナリ留メテ取ラザレバ春ニ至テ, 冬筑前の方, 冬箱館戦争為御褒美, 冬籠せんと故郷, 冬籠せん旅がへり, 冬籠りでございますからお, 冬籠り嫉ましの御, 冬籠リノ客多数居残リヲレリ, 冬籠中にふと, 冬籠仏壇の花, 冬籠座右に千枚どうし, 冬籠心を籠め, 冬籠我老いたりと, 冬籠書斎の天地, 冬籠燈光虱の眼, 冬米国で公開講演, 冬米国行の前, 冬紅葉が物故, 冬枯れつくしたあと, 冬細そりした裸, 冬結婚した, 冬繁緒河東茂生滋岡透そのほか, 冬があ, 冬は耳羽, 冬羽織とちょいちょい, 冬羽織下着どてら毛のジャケツ一組等, 冬羽織着物下着半衿, 冬考えるとあの, 冬をめぐり, 冬肥後国往生院で四十八日, 冬臨終正念にし, 冬灌冷水裸體素跣詣, 冬自ら生活の閉止, 冬自分は雪, 冬自分たちの仲間, 冬與謝野寛が再び, 冬の愛宕下, 冬芝新銭座に有馬家, 冬花氏の精査, 冬英吉利より帰朝, 冬が赤く, 冬茎立の夏枯草, 冬草山の山肌, 冬菜芋大根米などでつくり, 冬菜部屋を出, 冬菜電気蓄音機の前, 冬菜鶯菜牛蒡人参などの野菜, 冬著園藝考をよむ, 冬葡萄の栽培, 冬薄日うらなく遊ぶ鹿の子, 冬薔薇神をおそれぬ, 冬虫夏草木の髄, 冬蟲夏草木の髓, 冬蠅ナイフあれば, 冬行ったらやっていない, 冬衣今日は夏装, 冬衣絵さん婿君のため, 冬袱紗包みを持っ, 冬装束を脱する, 冬ヲ暖ニセズ, 冬襄年三十備後に行き, 冬詩四首がある, 冬詳しくいうと, 冬が不用, 冬諏訪の湖上, 冬講習に来た, 冬谿水上の瀬, 冬を買い入れた, 冬赤いメンネルの, 冬起し煙草の苗床, 冬起稿したり, 冬起草して, 冬越そうなどとは今, 冬越後で雪, 冬に追われた, 冬足袋もゆるされず, 冬軽い肺炎を, 冬より春, 冬一緒に, 冬というた, 冬らしい夕景, 冬近うして, 冬近し時雨の, 冬通したことが, 冬逢つた時に突然, 冬連日の大, 冬ぐとすがれ伏したる, 冬過ぎる頃土塀の, 冬過さねばならない, 冬過した時に, 冬達ちゃんが結婚, 冬に働く, 冬里昂市ヴァンドオム町のいぶせき, 冬晟に, 冬重い風邪は, 冬重罪裁判所で終身刑, 冬金子を落したる, 冬鉄道工夫に出, 冬銀座通に在った, 冬銀杏かうかう, 冬銀色の雪, 冬鎌倉へ転居, 冬長島愛生園で死んだ, 冬長崎四郎左千葉貞胤結城親光六角時信小山秀朝江馬越前守三浦ノ介, 冬閑散で早く, 冬に合, 冬関戸弥太郎君がこの, 冬関翁は最後, 冬陽さしゐて, 冬陽当たりがよく, 冬になつ, 冬から初冬, 冬集った客たちと, 冬雑木の靄, 冬雑木こずゑほそきに, 冬雑誌の廃刊, 冬雜木の靄, 冬雨蕭々として立ち並ら, 冬よ心して, 冬のうっすら, 冬霧朧ろに径, 冬青きからたちの, 冬青く霧芳しく, 冬青四五本を中心, 冬青土地膏腴水多陸, 冬青木犀などの老木, 冬青林を伐り尽させ, 冬青榧木斛かくれみの, 冬青樹扇骨木八ツ手木斛なぞいう, 冬頃私はこれ, 冬風労に悩み, 冬食べ物がなくなった, 冬香取秀真氏が手賀沼, 冬に騎つて田舎, 冬馬宿と喧嘩, 冬高瀬の奥, 冬高野の金堂, 冬魚類専門の田中茂穂氏来訪, 冬の啼声, 冬のしづか, 冬鵠沼にゐた, 冬麗ら花は無けれ