青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「内々~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

其處~ 具~ 具体~ ~具体的 ~具合 具合~ 兼~ 兼ね~ ~内 内~
内々~
内側~ 内儀~ 内地~ 内外~ ~内容 内容~ 内心~ ~内部 内部~ 内閣~

「内々~」 1022, 10ppm, 10853位

▼ 内々~ (129, 12.6%)

3 注意し 2 はあった, 少し話したい, 手引を, 番頭に, 置けと, 訊きたい, 話して, 頼んで

1 [110件] いたけれども, いて, いろいろの, お庄, お目, お知らせした, お耳, お話を, お達しが, かなり貰っ, きっかけを, こちらの, こッそり, すすめて, ぜひともお話, その手配り, それを, とうの, と思った, どうか, はなかなか, やりますかね, チョイチョイ来る, 一抱き, 一知夫婦の, 一言言いたい, 下向せよ, 下見を, 事実を, 亭主の, 伊太夫が, 何の, 借りて, 僕に, 僕の, 入れたん, 八分に, 割戻しの, 勘當を, 博士に, 原書と, 取揃えさして, 吹き込まれた, 吹聴する, 因縁いわれを, 堕落し, 売り物に, 大納言の, 好きな, 妻の, 始めるよう, 少しお, 少し訊きたい, 引続い, 彼は, 後悔し, 御教化, 御貸下げ, 御貸下げ下, 慕って, 手分けを, 捜した様子, 捜索を, 探って, 探つて貰, 探索する, 探索を, 搜した, 教えて, 斯様な, 旦那取りを, 書面を, 朝から, 此の, 気を, 沙汰を, 注意しました, 浮島を, 済ますですね, 準備を, 申し上げて, 申し上げるの, 申し上げ度, 申上げる, 知らして, 知らせて, 知らせるならあなた, 私に, 種々と, 種々の, 約束でも, 耳打を, 苦しんで, 薄化粧なす, 薩摩の, 行ったもの, 見えまして, 視察し, 詮議を, 話し度, 説明し, 調べて, 身の, 運動費を, 遣って, 金を, 金十円也を, 静かに, 食つたところが, 駈落

▼ 内々~ (120, 11.7%)

3 話が, 話だ 2 お頼み, 借金も, 相談は, 質入だ, 赤面逆上は

1 [104件] あいさつは, うたがいを, おうごき, おくすり, おはなし, おぼしめしを, おむね, お申し入れこれ, お知らせで, お稽古, お言葉, お話でございます, お諮り, お願, お願いです, ことじゃ, ことなどに, ことなんかは, ご承諾, ご評議, ささやかな, したくは, ところは, もの, ものだった, もので, 下約束, 下見な, 事, 事で, 事でが, 事どもを, 事を, 事内々の, 人生であった, 仰せでは, 会見を, 儀も, 内輪喧嘩ばかりに, 処は, 勅諚に, 取り沙汰なぞが, 取沙汰には, 好意も, 婚姻を, 小人数, 当込み, 御勅諚, 御厳命, 御希望通り, 御縁談, 御褒美金, 御調べゆゑ藥屋共, 心構えを, 心理は, 心配が, 情として, 所存にて, 所望によって, 手配りで, 打合せは, 扶助を, 折入っ, 指図で, 指示が, 捜査を, 支度も, 改訂でも, 楽しみな, 正義派であり, 犬は, 申し入れそれを, 白状が, 相談が, 筋を, 紐が, 綸旨も, 綸旨を, 者が, 者で, 者に, 者へ, 者を, 者猿楽は, 耕作を, 聯絡も, 胸の, 苦しみを, 行事と, 補助で, 評議で, 話しも, 話でし, 話なんか, 話も, 警告が, 警察には, 議が, 赤面逆上自, 通夜を, 進めも, 運動という, 達しまで, 金貸で

▼ 内々~ (69, 6.8%)

4 高利の 3 彼方がたに 2 富籤までも, 浮気の, 若い二人

1 [56件] あなたを, うれしく思い, おふくみ, お妙大明神, お花, お里の, きまって, ごっ, ずいぶん悪辣, そう思っ, その気持, それを, どうでも, みんな自分の, よろしいとして, ウヌボレが, フテクサレの, 一両の, 伊賀の, 何だか急, 何んと, 其諺通りに, 出て, 前途に, 同じ年, 問題に, 噂に, 大いに英領インド, 大乘氣, 学問に, 実は大浦種則氏, 小栗上野介と, 少し道楽半分, 広い京都中, 待ちかねるところ, 御用聞の, 怖がって, 思いあたること, 恨んで, 惚れて, 拔け, 日光御, 有ること, 満太郎, 睨んだが, 知ってるでしょうけれど, 神山守の, 聖処女我利我利ズムの, 聞くところ, 若竹の, 英国に, 逢っても, 逢つても, 道理だ, 闇取引を, 顔を

▼ 内々~ (48, 4.7%)

8 して 3 此方の 2 願います

1 [35件] お支度, お話したい, お願, お願い申上げたい, きいて, この後, するが, するがい, せざるを, その地, その方法, はこんで, 取きめけるを, 取計らい仕りました今日, 好きからに, 始末を, 巧んで, 御身方, 怪我人は, 患者又は, 懇, 旧暦を, 早いところ, 父母に, 申し上げ候儀, 申し含めて, 秘命を, 言いつけられて, 訴えて, 話を, 運動した, 非を, 面会を, 願いたいもの, 願ふ

▼ 内々その~ (17, 1.7%)

2 事を

1 [15件] あたりに, お人品, ゆくえを, フンイキを, 不安で, 予言者だ, 方の, 方面の, 日の, 気だった, 筋へ, 美人に, 覚悟が, 詮議を, 運びにという

▼ 内々心配~ (15, 1.5%)

13 して 1 されて, はし

▼ 内々にて~ (10, 1.0%)

1 伴建部の, 吟味仕り, 小遣錢迄も, 御尋申度事有つて參上, 御相談願, 御願ひと申す, 愛国生命保険会社と, 探索有りし, 申し候, 養育の

▼ 内々~ (8, 0.8%)

1 承知の, 指図を, 様子を, 決定の, 聞申度人の, 計の, 詮議の, 話いたした

▼ 内々~ (8, 0.8%)

2 をくだい 1 で覚悟, にあった, にとがめ, に安, に賞讃, の中

▼ 内々相談~ (8, 0.8%)

2 して, をし 1 したこと, に及びける, の上, 致しければ

▼ 内々~ (7, 0.7%)

1 主婦さんから, 夏に, 妙さんに, 島の, 望みの, 聞きして, 許を

▼ 内々それ~ (7, 0.7%)

2 を気 1 に目星, を心配, を望ん, を調べ, を願つて

▼ 内々では~ (7, 0.7%)

1 同人同志でも, 坪内君の, 悪く言われ, 易や, 杖とも, 津本反対の, 稽古所へも

▼ 内々には~ (7, 0.7%)

1 ご黙契, なかなかこの, 大塔, 政治の, 特殊部落だの, 相変らず, 相模入道

▼ 内々この~ (6, 0.6%)

1 テーモ・リンボチェならびに, 医術を, 合体は, 君へ, 島の, 行事を

▼ 内々そんな~ (6, 0.6%)

3 事を 1 心づもりを, 目算を, 腹で

▼ 内々様子~ (6, 0.6%)

2 を探っ 1 を探, を探る, を聞いたらしく, を見

▼ 内々~ (6, 0.6%)

2 に敵意 1 の素行, はちっと, も少しほっと, を高く

▼ 内々考え~ (6, 0.6%)

2 ている 1 ていた, ていない, ていました, てきた

▼ 内々自分~ (6, 0.6%)

1 が孔子, が無理, の不運, の妾, の容貌, をスコツト

▼ 内々思っ~ (5, 0.5%)

2 ている 1 ていた, てそういう, てました

▼ 内々~ (5, 0.5%)

1 にし, をわるく, を付け, を引い, を揉ん

▼ 内々注意~ (5, 0.5%)

3 して 1 がある, したの

▼ 内々覚悟~ (5, 0.5%)

3 して 1 せしに, はし

▼ 内々~ (5, 0.5%)

2 を進め 1 があった, しければ, は出来た

▼ 内々警戒~ (5, 0.5%)

5 して

▼ 内々仕度~ (4, 0.4%)

2 までし, をし

▼ 内々恐れ~ (4, 0.4%)

2 ている 1 ていた, て黙っ

▼ 内々探り~ (4, 0.4%)

2 を入れ 1 に行った, をかけ

▼ 内々消息~ (4, 0.4%)

4 を遣し

▼ 内々閉口~ (4, 0.4%)

4 して

▼ 内々これ~ (3, 0.3%)

1 に反対, を快, を縁

▼ 内々~ (3, 0.3%)

1 ひいきだ, 同意をも, 相談いたしたく

▼ 内々ひどく~ (3, 0.3%)

1 心痛した, 心配らしい, 羨んだもの

▼ 内々~ (3, 0.3%)

1 を望み申す, を研究, 儀男女混乱の

▼ 内々予期~ (3, 0.3%)

2 して 1 しては

▼ 内々安心~ (3, 0.3%)

3 して

▼ 内々得意~ (3, 0.3%)

1 であったが, でいたっけが, になっ

▼ 内々探索~ (3, 0.3%)

2 して 1 のため昌次郎梅二人

▼ 内々用心~ (3, 0.3%)

3 して

▼ 内々疑っ~ (3, 0.3%)

1 ていた, て居った, て居ました

▼ 内々調べ~ (3, 0.3%)

2 てみる 1 てみた

▼ 内々かんがえ~ (2, 0.2%)

2 ていた

▼ 内々そういう~ (2, 0.2%)

1 ことは, ことを

▼ 内々です~ (2, 0.2%)

1 がね川, が思い切っ

▼ 内々ほつ~ (2, 0.2%)

2 とする

▼ 内々よろこん~ (2, 0.2%)

1 でおります, でゐた

▼ 内々わたし~ (2, 0.2%)

1 にも話, までその

▼ 内々ハリ~ (2, 0.2%)

2 キッて

▼ 内々三杉家~ (2, 0.2%)

2 では承知

▼ 内々不安~ (2, 0.2%)

1 でもあった, とし

▼ 内々不平~ (2, 0.2%)

1 であつ, の念

▼ 内々不思議~ (2, 0.2%)

2 に思っ

▼ 内々~ (2, 0.2%)

1 のうわさ, 知らぬ楽み

▼ 内々~ (2, 0.2%)

1 か企らん, を思っ

▼ 内々~ (2, 0.2%)

2 だけその

▼ 内々困っ~ (2, 0.2%)

1 ている, ておいで

▼ 内々~ (2, 0.2%)

1 不平だ, 喜びよく

▼ 内々少から~ (2, 0.2%)

1 ず憂鬱, ぬ期待

▼ 内々師匠~ (2, 0.2%)

2

▼ 内々~ (2, 0.2%)

1 から聞いた, を笑っ

▼ 内々心当り~ (2, 0.2%)

1 がある, を捜し

▼ 内々恐縮~ (2, 0.2%)

1 の頸, をし

▼ 内々愚痴~ (2, 0.2%)

2 をこぼしつ

▼ 内々感服~ (2, 0.2%)

1 して, するの

▼ 内々承知~ (2, 0.2%)

1 して, 致され日野家

▼ 内々捜し~ (2, 0.2%)

2 ている

▼ 内々揉手~ (2, 0.2%)

2 をし

▼ 内々~ (2, 0.2%)

1 之陣中, 計議

▼ 内々期待~ (2, 0.2%)

1 した狐狸どころ, して

▼ 内々楽しみ~ (2, 0.2%)

1 にいたしおり, にし

▼ 内々武家方~ (2, 0.2%)

2 や町人

▼ 内々~ (2, 0.2%)

1 づき始めて, に掛つて

▼ 内々江戸~ (2, 0.2%)

1 へ帰っ, へ歸つて

▼ 内々準備~ (2, 0.2%)

2 して

▼ 内々申し聞かせ~ (2, 0.2%)

2 出入りの

▼ 内々知っ~ (2, 0.2%)

1 ていた, て居る

▼ 内々笹野新三郎~ (2, 0.2%)

2 からお

▼ 内々約束~ (2, 0.2%)

1 があったらしい, があつ

▼ 内々聞い~ (2, 0.2%)

1 てお, てみたら

▼ 内々腰の物~ (2, 0.2%)

2 までも曲げる

▼ 内々苦笑~ (2, 0.2%)

2 した

▼ 内々詮議~ (2, 0.2%)

1 に及び, をし

▼ 内々~ (2, 0.2%)

1 たしとは, ひに

▼ 内々鎌倉~ (2, 0.2%)

1 の息, へ通じ

▼ 内々鐘五郎~ (2, 0.2%)

2 を怨ん

▼1* [355件]

内々あこがれていた, 内々あたしへ当っ, 内々あの男に, 内々あの大鼻を, 内々あやぶんでゐた, 内々ある危惧を, 内々いいふくめられて来た, 内々いたずらをし, 内々いろんな噂が, 内々おどろいている, 内々お前に逢わせ, 内々お話の様子, 内々お話合もつく, 内々きまったようです, 内々きまって居りますので, 内々ッちから名探偵に, 内々こうも考え, 内々こころを煩わし, 内々こんなことを, 内々さらに傷つき赤面逆上, 内々しめたとほくそえん, 内々じつに細やかだった, 内々じゃ持扱っ, 内々すてることが, 内々すまし魚, 内々そねまれている, 内々かを括っ, 内々たれもが自己, 内々から黙っ, 内々だけの婚礼で, 内々だったが官舎, 内々つよく密奏する, 内々できてい, 内々ですました年も, 内々でもいいから, 内々とくに頼みと, 内々どころか大ッピラ, 内々どんなに心配し, 内々諭告の, 内々ならば仕様, 内々なり必ず沙汰, 内々なりで話を, 内々にしか使って, 内々にということで, 内々はがき便見たよう, 内々ばけものの監査, 内々びっくりして, 内々ほくそえんでいる, 内々ほくそえんだがさすが, 内々ほくほくして, 内々ほっとしたもん, 内々まんざらでは, 内々やり切れない氣持で, 内々わしが見, 内々イライラして, 内々オレがここ, 内々カストリを売り, 内々スケッチした, 内々セセラ笑ったが, 内々ナオミがどんな, 内々ホクソ笑んで, 内々ホッと一息, 内々一同が警戒, 内々一家の見識, 内々一聲ほと, 内々一萬俵つ, 内々三次が嗅ぎ廻っ, 内々下僕に尋ねたです, 内々下話もございました, 内々不服だったけれど, 内々不満を感じ, 内々主人を殺そう, 内々主人丹右衞門殿に會, 内々乍ら通人の生活, 内々予告されたの, 内々予防線を張ってる, 内々を濟さん, 内々二人の間, 内々二本の指, 内々て来た, 内々人数を狩り催す, 内々仮定されて, 内々会心の微笑, 内々会社の金, 内々佐伯たちを援助, 内々何より頭痛の, 内々余計に執拗, 内々信じてくだす, 内々働きそして落, 内々入れてある, 内々八五郎兄哥の留守, 内々共感同情して, 内々を心待, 内々其沙汰有りて, 内々内奏の運動, 内々処置を考え, 内々にも心, 内々切望しながら, 内々前途をはかなん, 内々努めている, 内々努力した, 内々勧めるものが, 内々医者からも耳打ち, 内々十住心論に就, 内々升屋の身上, 内々南都や叡山, 内々危んだ胸, 内々参ってだ, 内々反対の意見, 内々反抗気分を蓄え, 内々取ってたか何だか, 内々取調べてみます, 内々叛謀人取調べの掛り, 内々叫びをあげなけれ, 内々同じような, 内々向うの意向, 内々吟味致させ候, 内々付けました, 内々含めてさせ, 内々呉侯の御, 内々呟いてゐまい, 内々周旋屋に相談, 内々命令して, 内々喜んでゐる, 内々喧嘩の心積り, 内々ってる手あい, 内々囁やきけるとなり, 内々囲われていた, 内々報せて来, 内々塾僕に聞, 内々売物に出, 内々多寡をく, 内々大いに不キゲン, 内々大そう嬉しかった, 内々大原君を追廻す, 内々大崎氏を図らしめ, 内々大福餅がお, 内々大藏に身, 内々夫婦約束くらゐして, 内々奇妙なところ, 内々奥さんの財産, 内々奥畑と云う, 内々奨励して, 内々好い人が, 内々好きあって, 内々姫さまのところ, 内々嫌われている, 内々嬉しかった, 内々嬉しくてたまらぬ, 内々守って進, 内々宣伝をたのむ, 内々まで捜し, 内々家産を地下, 内々と洩らし, 内々密議を諮りたい, 内々審議会入りをしたがっ, 内々尊氏から切に, 内々尋ねて, 内々小あたりにあ, 内々小さくない動揺, 内々小さな賭事の, 内々小児をだし, 内々小兼とくッついて, 内々小梅に囲っ, 内々小言を申し, 内々少し太り掛けて, 内々尼御台所の御方, 内々の朋輩, 内々山人の問題, 内々嶋津から聞きました, 内々が手, 内々幕府の処決, 内々廻すように, 内々張子連などと申しまし, 内々将軍家を, 内々待ち受けてい, 内々待ていたが平常, 内々伏見花園の, 内々御代がわりの議, 内々御沙汰を下されました, 内々御馳走を期待, 内々心あてにし, 内々心がけていた, 内々怒っている, 内々思いこんでいた, 内々思ひをほのめかす, 内々思召しを, 内々思食し立つと, 内々急がれていた, 内々で逢う, 内々恐悦で少し, 内々恥しい話だ, 内々悦んで居た, 内々悩んでいた, 内々をおかけ, 内々想像して, 内々愉快に堪えず, 内々意見を云わせます, 内々の透, 内々をま, 内々手前も心配, 内々手引きして, 内々打明けて相談, 内々打明けた処が, 内々投書して, 内々抜け荷でも, 内々披露までし, 内々け荷, 内々捜査もし, 内々探っていた, 内々探査を進め, 内々推量して, 内々握ったかも知れない, 内々数度の交渉, 内々文学者らの利用, 内々春ちゃんに気, 内々最も苦心され, 内々期するところが, 内々村方へ借金, 内々松葉屋より葬りける, 内々案じていた, 内々検屍だけを済ませ, 内々極めてリアルな憑かれ, 内々樣子を探る, 内々檢屍だけを濟, 内々武藤にも見, 内々殿様にお, 内々母親が主人, 内々毛利側の媾和条件, 内々毛利方より申し入れ, 内々気がついたかも知れない, 内々気の毒に思い, 内々気取りもし, 内々気味わるく思っ, 内々気楽に思つて, 内々気遣ってた通りだ, 内々決まって居りました, 内々決定して, 内々治部少かた, 内々活用の利かぬ, 内々消費する金銭, 内々清岡さんに言われ, 内々清心庵にいらっしゃる, 内々渡されるという多年, 内々測っている, 内々溜飮を下げ, 内々溜飲を下げ, 内々瀬越の飲みっ, 内々無心をした, 内々煙たがるように, 内々照子の友達, 内々燃やしている, 内々猿蓑を読んだ, 内々理由を調べ, 内々しく同感, 内々用いたまいし, 内々合って, 内々申し上げて置きます, 内々申し上げたいと思っ, 内々申し合わせおった筋書と, 内々申出でを願う, 内々百兩贈りて, 内々監視までされる, 内々をかけ, 内々直したる初心さ小春俊雄は, 内々相当の娘, 内々真相をスパイ, 内々をかけられ, 内々着物の一枚, 内々睨んでいる, 内々知せ申すなりと, 内々知つてゐるが, 内々知らせて呉れる, 内々知らせ越しけれども七右衞門, 内々知らないではなかっ, 内々知人の間, 内々研究をした, 内々祈つて居る, 内々神原五郎治四郎治の二人, 内々秀吉に心, 内々秘蔵の, 内々空腹を感じ出し, 内々は立て, 内々の買い占め, 内々老人は得意, 内々考へて言つたの, 内々に入れ, 内々聞いた事は, 内々にと思つて, 内々いたこと, 内々の中, 内々脂下つて居るところ, 内々自ら省みて, 内々自慢にし, 内々を捲いた, 内々苦しんでいた, 内々苦心をし, 内々萱野夫人にその, 内々へまわっ, 内々薄気味が悪く, 内々藁火の用意, 内々藩主から懇切, 内々藩主貞山公にも勧め, 内々融通して, 内々行われることを, 内々愼は, 内々要路要路の役人たち, 内々見世で斯, 内々見舞に来, 内々評定して, 内々評議されて, 内々話して戻りました, 内々話したい事が, 内々認めてやる気, 内々しも考へ, 内々調べさせてはゐます, 内々調べたところでも, 内々調査したり, 内々談合してのう, 内々諷する心持も, 内々謀逆を企て, 内々警察へ依頼, 内々警護の武士, 内々貞之助は案じ, 内々財産を処分, 内々ひ母, 内々買いつぶしの, 内々買つて貰ひたくないの, 内々贔屓でいる, 内々赤面逆上に及ぶ, 内々足利方からもずいぶん, 内々転任の話, 内々進んでいた, 内々運動中であった, 内々運動費を輸送, 内々遠慮がちに話した, 内々適任者を物色, 内々遺恨をむすんだ, 内々金品を与え, 内々鋭鋒はくじけ, 内々開化思想の普及, 内々降って彼ら, 内々隣りの地, 内々隣家の次男源次郎, 内々面倒は見, 内々靴のか, 内々音信でもあった, 内々頼まれた捜索さえ, 内々頼む事が, 内々願っていた, 内々を宛て, 内々驚いていました, 内々驚き乍ら口を出した, 内々高く買って, 内々などを買っ