青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「其方~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

兵隊~ 兵馬~ ~其 其~ 其の~ 其中~ 其他~ ~其処 其処~ 其後~
其方~
其時~ 其處~ 具~ 具体~ ~具体的 ~具合 具合~ 兼~ 兼ね~ ~内

「其方~」 2011, 19ppm, 5902位

▼ 其方~ (293, 14.6%)

6 爲に 4 名は 3 勝手に, 家まで, 方に

2 [19件] お方は, お書き, ぢや, やうに, 仕業に, 判を, 口から, 名前は, 手柄に, 方が, 方へと, 方を, 智慧を, 本を, 父は, 申すこと, 知ったこと, 言葉は, 隅に

1 [236件] いおうと, お口, お喉, お妹御, お眼, お色つや, お邸, ことであれ, ことゆえ, ことを, せいじゃ, せいじゃという, ためには, つもりであった, ところと, になさいよ, ものだ, ような, ような行届きません, 一人の, 一存で, 一隊は, 不覚と, 不覺, 主人の, 主人内匠頭と, 了簡にて, 事かと, 事なり, 事情が, 二畳の, 云う通り慈昭院殿, 云懸り, 人ま, 人相は, 仇じゃ, 仕事を, 仕送で氣樂, 伜文三と, 伜金之助を, 伯父ぢや, 伯父は, 住居は, 何だい, 何だえ, 作を, 働きで, 働で, 僞り, 儀は, 先祖は, 共謀者藻西倉子が, 処を, 前まで, 剣道霊験ある, 功により, 勝手だ, 勸めしに, 卓の, 印刷物を, 口上にて, 名とは, 名を, 名をば, 名乘, 吟味にて, 命を, 喜ぶ樣, 噂ばかり, 噂を, 声が, 外には, 奉公した, 奉公請に, 女房の, 女房ばかりは, 女房も, 如く理, 妹か, 妻の, 妻は, 妻を, 妻女近き, 妻子に, 姉の, 姿が, 姿を, 娘なれ, 娘を, 嫌疑は, 子分の, 子息ともも, 存じて, 孝心天へ, 宅は, 実の, 家に, 家來その, 家屋敷の, 宿は, 寳の, 工夫を, 師漆検校の, 年は, 床の間に, 床は, 店は, 店へ, 弟の, 弟十兵衞出立の, 強身, 彫物の, 後ろ楯に, 得意の, 御勝手, 心が, 心中を, 心算で, 心配と, 必要から, 恋人山岸主税が, 恋女腰元八重縛められ, 悴に, 悴甚之助は, 惡事も, 意に, 戸外の, 所持し, 所置を, 手で, 手に, 手柄には, 手業に, 手綱捌きが, 手裏剣が, 打ったの, 技芸者に, 拵へ, 持って, 掌に, 文字同一の, 方い飛ばしり行く, 方には, 方のは, 昔に, 智慧の, 曲りひねくれた根性, 村を, 来るの, 棄子に, 様子ではのう, 求めた事, 江戸攻撃は, 潔白を, 濡れた着物, 無理ぢや, 煙草入が, 爲には, 爲よかれ, 父なる, 父富右衞門も, 生命だ, 用を, 用向な, 用語が, 申すとおり, 申す通り, 申口相違致し, 申所道理の, 申立相違も, 申處至つて忠臣の, 申通り一時の, 異名を, 着る物, 研究にばかり, 研究の, 空ぞと, 空一点の, 立合ふべき, 端から, 紐とを, 素姓を, 縄目を, 美しさ, 羽目へ, 老母病死なり, 考えでは, 考え一つによって, 考へ方, 耳が, 耳に, 舞や, 良人の, 芸が, 行動に, 行衣其外とも, 街へ, 袂に, 見立て書きが, 親平兵衞儀日頃何, 親父右平は, 観念だけの, 覺悟一つ, 言う通り, 言ふ, 言分承知したれ, 言動曰くある, 言葉に従い, 記録即万葉集の, 評判が, 談判は, 議論は, 足で, 跡式は, 身の上に, 身を, 身元は, 身分で, 身分に, 身分委く, 連れて, 運動費に, 邪魔には, 部屋へ, 部屋も, 都合に, 長屋に, 陣する, 隠して, 非曲, 面前で, 頭を, 願ひ, 願ひと云ふ, 願も, 駒を

▼ 其方~ (252, 12.5%)

4 何者だ 3 この姫様 2 この姫樣, どう思う, 何と, 齋藤の

1 [237件] いけないその, いずれの, いふか, うろた, おれの, けたたましう, すぐ方, そちらで, それで, そんな主人, ただ今我, どうでも, どうも氣, どうやら知らぬらしい, どこへ, なかなか浅野家, なにを, なんで三分二朱, ひとり心安に, ほんの僅か, まだ人, まだ子供, まだ年端, まだ知らん, まるで腑, もう往年, もっと早く, やっぱり野, わしについて, わしの, わたくしより, わたしの, コワいよう, 一体何者, 一度も, 一旦城, 一種の, 一途に, 一通りならぬ, 不埓成こと, 不得手なり, 世評の, 主人の, 久兵衞より, 予, 予が, 二兩貰つたと, 五兵衞の, 井筒屋茂兵衞が, 人らしい, 人を, 今より, 今年二十二歳姫とは, 仕合せ者能客が, 仕合者なり, 他人の, 何うも, 何か, 何とて其樣, 何と見つる, 何も, 何を, 何んぞ, 何國の, 何故に, 何故京都, 何故尋ね, 何故暗き, 何故金子調達, 何方なりとも, 何時改名せし, 何時迄, 何用有り, 何者じゃ, 何者ぞ, 何者なる, 何處の, 健気で, 元來下賤, 先ず第, 先刻より, 先名主惣左衞門が, 先月廿七日の, 先達て前後揃は, 公儀を, 其の日, 其の邊, 其前より, 其專と, 其方の, 冥加に, 刃物など, 利口者なれ, 加減が, 勘當請し, 卑怯未練と, 南部山城守へ, 去年十七屋の, 去年極月中旬浪人文右衞門事五兵衞の, 只今より, 只今九郎兵衞が, 只今御, 吉三郎を, 咄し, 善き悴, 四郎左衞門抱への, 塙江漢と, 大そう舞, 大分酒が, 大家の, 天一坊召捕, 女軽業の, 如何でございます, 如何成る, 如何致す, 嫁秀を, 孝行者なり, 実の, 家主町内組合へ, 家來なる, 家内にて, 富右衞門が, 尾州表で, 屋敷へ, 左右物忘れ致す, 平兵衞の, 年も, 幸手宿富右衞門が, 幼年なれ, 幾年だ, 強情だ, 強情を, 強情者なり, 彫物だ, 役柄をも, 彼の, 彼女と, 後に, 得たり, 御裏門, 御近辺, 忘れて, 忠八にて, 急ぐこと, 情なき爲方, 惡人に, 意見したい, 感心な, 承知し, 支倉喜平の, 文を, 斎藤の, 斯く斯くの, 新九郎で, 日本左衛門, 早々加賀屋長兵衞, 早くから予, 早追, 智恩院に, 暴れ者だ, 最早用事, 朝夕事を, 森宗意軒か, 正直者と, 此の, 此九助と, 此事の, 此後能, 此期に, 此若旦那樣よりの, 武士じゃのう, 死なうと, 母の, 母樣の, 水司又市を, 永く養, 江戸に, 江戸表へ, 河内介, 油屋五兵衞方へ, 漸く胸, 然樣, 煙草を, 父の, 犬にも, 犬の, 狂氣せしか, 狂氣にても, 男子の, 町人の, 町内の, 町役人の, 番頭久兵衞の, 當時の, 當月二日の, 病氣と, 発足し, 矢張り, 知らぬか, 知らぬ顔にて, 神妙者と, 禍いを, 私の, 科も, 種々の, 空せみと, 細川の, 胡亂なる, 能う新聞, 自分の, 藁屋続きに, 血迷うて, 行き止りであった, 見ずに, 見向きません, 覚えて, 覚悟を, 言語道斷の, 誠に可愛き, 誠に男, 誰です, 豫て, 賞めて, 質屋渡世と, 退がれ, 逃げろ, 逃げ出したの, 遠慮を, 重役共の, 金屋にて, 長門守家にては, 頑固すぎる, 飽まで, 餘り, 駈込訴訟, 高慢の, 高田へ

▼ 其方~ (197, 9.8%)

2 可い, 好い, 好いと, 妻の, 娘の, 樣子を, 申處にては

1 [183件] あのよう, あの時私, いつも革命, いはずば, お互に, お伺い, お前さん是から, お救助, お館, このよう, じゃ何で, だまし大坂, どのよう, よからう, わずらいでも, 一人で, 一向知らぬ, 一昨夜梅五郎老人を, 世話を以て, 主人の, 久兵衞に, 云うならお, 五十兩の, 仇は, 今の, 仕成方, 仕業なるべし, 何かと, 保雄の, 借し金, 側について, 儕輩の, 入牢中に, 公事決斷は, 内に, 出世をも, 出立と, 初めぞ, 利根川へ, 勝かと, 勝だ, 勝であった, 勝手な, 勝手に, 十兵衞の, 却つて迷惑に, 却て, 名は, 名をも, 名代に, 君の, 咄せし, 唯貰ったで, 啜すつた雜炊, 土竈に, 増です, 夜具無しで, 大それた, 夫喜八は, 女房の, 好いのよ, 好うが, 好うがん, 妹と, 妻には, 妻は, 妻亂心なし, 妻富を, 妻富儀長庵と, 娘は, 安全です, 宗次郎を, 宜い, 宜からう, 家へ, 實に, 實の, 寧ろ強く, 居さえ, 居なくて, 居るうち, 屋敷へ, 山へ, 幸福な, 弟に, 強情を, 徒らに, 徳だ, 心に, 心には, 心一つにて, 心付し, 心付にて, 忠節頼母しく存ずる, 思い止まったとは, 悴昌次郎は, 惡事は, 惡心ある, 手引し, 打叩かれ, 拵へて, 掃部茂助藤兵衞等三人の, 描いた私, 有益な, 業に, 標準語に, 横笛に, 正式で, 此の, 死んだもの, 段々願, 殺したと, 殺した話し此長庵, 母臨終の, 氣を, 氣掛にな, 泣いた, 無ければ, 父彦兵衞事去, 生國, 申した通り, 申し立てねば, 申す志ざしは, 申す所一ツ, 申事は, 申儀は, 申如く, 申立し, 申立に, 申立の, 申處も, 申處不分明なり, 申處聞處あり, 申通り伊豆守より, 病氣と, 白状せぬ, 白血, 眼にも, 知った以上, 短剣の, 私共の, 私達の, 穿鑿能も, 箸を, 篠田様で, 結搆で, 罪は, 美感を, 耳を, 聞いてさえ, 育てて, 胸中察し入る, 若い男, 行ってもと, 衣類の, 見定め置きし女子, 親の, 親父富右衞門は, 言うもの, 言はずとも, 言出しお, 討った藤枝蔵人, 負けたら, 路用の, 身の代金は, 近道じゃ, 逃がしたの, 逆らつた, 通つてゐる, 都へ, 都合が, 野尻宿の, 鍛ち, 関係する, 隱し, 頼れる程, 顏容日頃鬼とも, 願ひし, 願ひと申は, 養父の, 首に, 馬と, 騙りをば

▼ 其方~ (182, 9.1%)

6 足を 3 眼を, 走って

2 [16件] 下さる, 入るに, 向けて, 持って, 歸つて仕舞ふ, 目を, 行かうと, 行く, 行く気, 行っちゃ, 行って, 行つても, 身を, 近づいて, 預けて, 顏を

1 [138件] いら, いらっしゃいますと, いらつし, え, おかけ下さい, お出でよ, お出でッたら, お出なす, お寄んなさい, お寝み, お寢, お預かり下さい, お預り, くるりと, こしら, こしらえよ湯豆腐, つき出しこれ, つれて, やつときな, 一寸人気を, 下りて, 二人逃げた, 傾いて, 傾けて, 出かけて, 出ちゃ, 出て, 參つて居りました, 參らんにより, 取立方申付る, 向いた, 向いて, 向き直った, 向くから, 向けた, 向けねえでも, 向けまいよ, 向けるん, 向って, 向つた, 向つて, 向つて彼, 吸収され, 咄内, 回した, 回つてゐた, 変な, 大股に, 宛たる, 寄って, 寄りや, 尋ね申付, 對した, 小走っ, 少々尋ね, 屈託し, 屹度預くる, 屹度預け, 差し延べて, 帰つ, 帰つて行く, 帰るの, 廻す事, 廻ると, 廻ッて, 引渡し遣し候間世話, 往きなさい金造, 往っ, 往って, 惹かしめて, 手伝いに, 手紙を, 持つて, 掛合て, 探って, 握らせて, 曲つて行つた, 歩いて, 歩み寄った, 泊りがけに, 泊るといふ, 注意が, 渡しますゆえ, 片付けろ, 片附, 現れる勇気, 現われ出ました, 申込だる, 石狩国石狩郡ノウチトウベツノ地一帯, 移つたと, 突進しました, 縋る訳, 翔んだ, 落ちそう, 虎松を, 行かなければ, 行かねば, 行きかけると, 行きやしません, 行くから, 行け, 行けば, 行ったら好い, 行っては, 行つたら, 行つた方が, 行つて見る, 被せるつもり, 視線を, 賛成しました, 走り出はじめた, 走り寄った, 足が, 踏込まんよう, 退きなさい頭, 逃げずに, 逃げたに, 連れて, 進むこと, 遊びに, 運ぶ, 遣したる手紙, 遣ったん, 遣っちまっちゃ, 遣は, 釣込まれた, 開ける, 隠れて, 集つた, 集つてゐる, 面を, 預け置べし, 頼むべき所謂, 顔も, 飛び込んで, 飛込んで, 駆けて, 駈けて

▼ 其方~ (140, 7.0%)

3 思ひ寄も, 手を 2 おいで, ゆく, 合はせる, 向いたが, 向って, 聚る, 預けた手文庫

1 [120件] あろうと, いらっしゃるお, いるお方, お仲間, きょうまでの, くれて, ぐらつと傾く, せよ我, やるから, 下さる, 下って, 下りようと, 不忍池畔, 不注意だ, 与えますから, 予言し, 代つて, 仰せつけられるから, 任せるぞ, 伴れ, 何を, 充分な, 先き, 加勢し, 劣らぬ仕合者, 厳な, 取って, 取っては, 召仕ふ, 合せる顏, 向いて, 向かうの, 向けた, 向けたの, 向けて, 向けも, 向つて, 命じよう, 執心だった, 多与里, 大に, 奉公致せし, 嫁わせない, 尋ぬべし, 尋ねたき仔細, 對面する, 少し尋ね, 少し頼み, 引き寄せられる, 引付けられた, 御子産み給う, 御納め, 心を, 心有樣子なれ, 怪我が, 悪い廉, 懸想した, 手懸りは, 抜け此方, 拔け, 拙者とて, 救うて, 於いて, 明かせて, 明白の, 時間を, 暇を, 有らば, 有りましたので, 来て, 横目を, 歩んだ, 死なれては, 没頭した, 猶新しき, 申しつけて, 申しても, 申し付けるぞ, 申付べき, 男子出産せ, 異存なけれ, 疑ひの, 百合子さんを, 目を, 相談したい, 相違ない, 眼を, 確と, 移つて行く, 罪は, 聞事あり, 行きたり, 行逢ひし, 見せて, 見せ隱居, 訳を, 話は, 赴く, 足を, 転じたる酔客, 転じつ, 転せ, 迷惑は, 逢い度, 逢し, 逢しなり, 逢つたのは, 逢わねば, 進み寄つた, 道を, 遣は, 邪慳な, 開けて, 限りて, 集つた, 集めたる注意, 雪の, 預けたでは, 頼み置く事, 頼む

▼ 其方~ (123, 6.1%)

8 見ると 6 見た 3 向いて, 眺めて, 眺めながら 2 振向くと, 見て, 見向ける頭巾

1 [94件] お使ひな, きょと, さし向けて, たよりにばかり, のべさせ可, もって, わずらわしたその, 上客に, 借たしとの, 加えて, 卑怯者の, 取り戻すなどと, 向いた時, 向かなかつた, 呼に, 呼びに, 執心し, 売って, 大分怖がりし, 奨励する, 帰した後, 引取って, 待ち兼ねて, 思い出した, 思ふ事, 急度入牢申付る, 恋して, 恨むぞよ, 愛で給, 憎むべきに, 憐れとは, 打ち首, 打目戍れり, 打見やつ, 招し, 招んだ, 拝むと, 指示し, 振り向いた, 振り向いて, 振向いて, 振向く, 捕縛する, 捕縛に, 掃いて, 松代の, 枕に, 殺し明朝八重, 殺すどころ, 深く隱, 留めて, 眺めた, 眺めなかなか, 睨むやう, 睨むよう, 睨めたが, 舞台に, 苦しめたの, 行つて貴, 襲った飛田林覚兵衛, 見ずに, 見たが, 見ただけ, 見たばかり, 見たる楓, 見たる窓, 見た兼吉, 見た和郎, 見ないよう, 見ながら, 見ました, 見ましたところ, 見ましたら容色, 見やつ, 見やりつ, 見るの, 見るは, 見るト, 見れば, 見候, 見向かんと, 見向き, 見向きも, 見向ける時, 見張つて居ちや何, 見詰めるやう, 見返るの, 見送って, 覗き込ませる, 責めに, 迎えて, 追いかけて, 追いかける役人, 那程に

▼ 其方~ (45, 2.2%)

2 武士なら, 診て

1 [41件] いけ年, きっと謹む, わしの, 一応取りただす, 今は, 今申す, 何やら見た, 俺も, 兄の, 其一人なら, 初めての, 前非を, 又慕, 存じおるはず, 安心し, 定めて, 居やるかと, 屋敷に, 感じて, 我等も, 旦那は, 早くに, 最早十八歳, 来る, 榊原の, 此處へ, 気を, 用心を, 白状したで, 相違なく, 知って, 知て, 私を, 立ち合え, 聞及び給うかと, 聞通り己が, 自害を, 行くの, 見つらん, 見聞通り祇園祭の, 醫師の

▼ 其方~ (38, 1.9%)

3 を述 2 たるや, も別に

1 [31件] が少し, が矢張, としては及ぶ, によりて名, に出る, に於, に添, に至り, に陰, の主要, の応用如何, は人々自ら工夫, は人爲的潤色, は哲學史, は多く, は思想其物, は甲, は甲點, は誤らない, も亦, も本人, を案ずる, を考え, を試みよ, を誤り, を論ずる, を講, を講じ居た, を質問, 亦一, 甚だ不便

▼ 其方~ (36, 1.8%)

2 に縛られる

1 [34件] がことなり, が不, が吟味, とて無益, に屹度, に彼是云込, に申しつける, の大罪, の存じ, の決斷甚, の爲, の申立, の疑, の立ち, の言い分, の迎, は主人, は何処, は村方, は聞き分けぬ, は自分, へ咎め申付, へ戻す, へ預, までこの, も受納, も心して, も改めたで有ん, も落度, わが妻, ノ仕業ニ相聞エ, ノ訴ヨリ, 御案内, 必ず九郎兵衞

▼ 其方ども~ (30, 1.5%)

1 [30件] か奸計, がやったら, が出立, が十人, が如き, が思うなら, が拒むなら, のうち, のそうした, の主人, の喜ぶ, の如き, の忠勤, の目, の知った, の肉, の訴状, の賊, はすぐ, はその, は何と, は口, は徐州, は父子二人暮らし, までそんな, も各, も良い, よりは信玄, をかもう, を罪

▼ 其方たち~ (28, 1.4%)

1 [28件] が剣, が進ん, にこの, にはよい, にも香, に内応, に名乗るべき, に頼ん, のよう, の手, の来る, の申す, の言, はなんで, は取合わず, は唯, は故意, は破牢者, は虚無僧, は見かけなかった, もここ, もこの世, もそこら, も常に, も死ね, を呼んだ, を手先, 行って

▼ 其方~ (22, 1.1%)

2 夫婦に

1 [20件] いえども, 三次と, 主税とが, 云い, 今宵語り明し, 兄弟に, 勝負は, 千太郎が, 浮き世に, 玄心斎と, 盃を, 直談もて, 相談いたし, 胎内より, 諸事緊密に, 較べれば, 近日對決申付けん, 采女と, 面を, 靱負兩人にて

▼ 其方には~ (17, 0.8%)

1 [17件] たのみがたい, まだ分らぬ, 不思議であろう, 厚く世話, 問ぬ, 大切で, 少しも, 居り合, 怖いといふ, 怨む者, 早要はない, 氣の, 泳げぬか, 聞えぬか, 行かなかつたの, 路が, 骨節の

▼ 其方にも~ (15, 0.7%)

1 [15件] いろいろ手数, お役付き, また四五人, 似あわぬこと, 似合わぬ矯激, 其おぼえ, 再々厄介に, 困ったもの, 恩賞を, 此方にも, 火鉢を, 罪が, 親は, 解ったであろうな, 計らぬうち

▼ 其方より~ (12, 0.6%)

1 [12件] この舅, 一應申立べし, 上意を, 六兵衞方へ, 内糺し致すべし, 外に, 惣助へ, 暇を, 暇乞ふ, 申来候, 聞え来るなり, 萬端助力致遣は

▼ 其方~ (12, 0.6%)

2 重き役儀 1 はわれら, は八ヶ年以前右, は長門守郡方役人, は願書, 去十二月二十七日, 平常身持, 彌七, 御勝手, 重五郎切害人, 重四郎

▼ 其方~ (9, 0.4%)

1 お差支え, お聞分け, 勝手に, 名を, 引く気, 思はば, 木戸を, 転てこ舞, 退くなら退きも

▼ 其方から~ (8, 0.4%)

1 いらつし, 後で伝え, 新七, 申し伝えるには, 突つか, 聞いた話, 這入っちゃ, 飲んで

▼ 其方~ (8, 0.4%)

1 の身分, の隨意, は上洛, は此処, は駈, も休む, も豫, を浮川竹

▼ 其方へと~ (6, 0.3%)

1 一歩進寄つた時更に一層, 座を, 移して, 行つた, 走り寄る, 足を

▼ 其方なる~ (5, 0.2%)

1 かと云, かと尋, か并, か拙者, か然

▼ 其方~ (4, 0.2%)

1 がその, よ, 潔よく, 金なんざ欲しく

▼ 其方では~ (4, 0.2%)

2 ないか 1 唯あはあ, 無いか

▼ 其方なら~ (4, 0.2%)

1 ば, ば遠から, 安心だ, 誰にも

▼ 其方へは~ (4, 0.2%)

1 往かなくなった, 番頭の, 行かず先刻, 行かず先刻渡つた吊橋

▼ 其方~ (4, 0.2%)

1 は加納將監方, も久八, 去る十月二十八日夜兩替町島屋治兵衞方, 追

▼ 其方儀天一坊身分聢~ (4, 0.2%)

3 と相 1 と存ぜず

▼ 其方如き~ (4, 0.2%)

1 に, の知つた事, 者の, 赤鬼に

▼ 其方法たる~ (4, 0.2%)

1 や人, や前述, や即刻一時, や甲

▼ 其方生國~ (4, 0.2%)

2 は何國 1 は相州, は越後高田

▼ 其方除け~ (4, 0.2%)

3 にし 1 で他

▼ 其方ごとき~ (3, 0.1%)

1 よけいな, 者で, 者を

▼ 其方とは~ (3, 0.1%)

1 いったいどういう, 七つ八つの, 何かに

▼ 其方とも~ (3, 0.1%)

1 にも嚴敷, 思わなん, 死骸檢視の

▼ 其方にても~ (3, 0.1%)

1 屡々不如意, 有可ざるに, 段々不如意

▼ 其方のけ~ (3, 0.1%)

2 にし 1 にね

▼ 其方への~ (3, 0.1%)

3 義理ばかり

▼ 其方へも~ (3, 0.1%)

1 指一本さす, 来て, 進んで

▼ 其方~ (3, 0.1%)

1 われに, 松女が, 狛家へ

▼ 其方一人~ (3, 0.1%)

1 の考え, 遮つて主殺し, 随分堅固

▼ 其方兩人~ (3, 0.1%)

1 は斯樣, は是, は豫

▼ 其方共願~ (3, 0.1%)

1 ひに, ひの, ひ出たる通り菊事姑女

▼ 其方如何~ (3, 0.1%)

1 して, に爭, 致す所存

▼ 其方~ (3, 0.1%)

1 である, や目的, を次第に

▼ 其方~ (3, 0.1%)

1 あらう明白, え有る, え無き

▼ 其方~ (3, 0.1%)

1 に發見, も頗る, を観る

▼ 其方退け~ (3, 0.1%)

1 で是非色狂い, にし, に増長

▼ 其方からは~ (2, 0.1%)

1 来ぬ, 行けませんよ

▼ 其方こそ~ (2, 0.1%)

1 放せ, 疑ひ無

▼ 其方こっち~ (2, 0.1%)

1 廻って, 歩いて

▼ 其方じゃ~ (2, 0.1%)

1 ない後棒, アいけません

▼ 其方という~ (2, 0.1%)

1 のは, 者を

▼ 其方としては~ (2, 0.1%)

1 信じて, 兄弟子たり

▼ 其方とても~ (2, 0.1%)

1 心安かろう, 金子も

▼ 其方なり~ (2, 0.1%)

1 夫を, 如何程千太郎

▼ 其方にとっては~ (2, 0.1%)

1 小寺政職は, 父母の

▼ 其方にばかり~ (2, 0.1%)

1 沒頭し, 集って

▼ 其方ばかりを~ (2, 0.1%)

1 余念なく, 眼ば

▼ 其方までが~ (2, 0.1%)

1 この年齢, そんな短慮

▼ 其方~ (2, 0.1%)

2 なら私

▼ 其方主人~ (2, 0.1%)

1 の閨, へ暇

▼ 其方以前~ (2, 0.1%)

1 の約束, は九條家

▼ 其方伯母~ (2, 0.1%)

1 は何歳, より借たる

▼ 其方~ (2, 0.1%)

1 にか由縁, の縁

▼ 其方便~ (2, 0.1%)

1 がない, に従うた

▼ 其方~ (2, 0.1%)

1 です, の扉

▼ 其方儀不正~ (2, 0.1%)

1 の儀, の儀無

▼ 其方儀久兵衞~ (2, 0.1%)

1 より預り置, を盜賊

▼ 其方儀夫~ (2, 0.1%)

1 が一大事, にて承

▼ 其方儀是~ (2, 0.1%)

1 迄段々, 迄被

▼ 其方儀養子又七~ (2, 0.1%)

1 に疵付候節, に疵付剩さ

▼ 其方共一~ (2, 0.1%)

1 同取調べ候處, 同是

▼ 其方共儀~ (2, 0.1%)

1 不埓, 遠州水呑村名主九助

▼ 其方共訴~ (2, 0.1%)

1 への趣き, へ出し

▼ 其方出家~ (2, 0.1%)

1 の身, 致すからは

▼ 其方~ (2, 0.1%)

1 押へる, 持呉ん

▼ 其方向け~ (2, 0.1%)

2 ば犬

▼ 其方~ (2, 0.1%)

1 は右, 常娘熊番頭忠八斯

▼ 其方家主~ (2, 0.1%)

1 の身, をも勤

▼ 其方~ (2, 0.1%)

2 は何歳

▼ 其方~ (2, 0.1%)

1 に道具屋治助, へは大勢

▼ 其方~ (2, 0.1%)

1 の頼, の願山儀

▼ 其方所持~ (2, 0.1%)

1 の傘其場所, の煙草入

▼ 其方~ (2, 0.1%)

1 には何, に差し上げ

▼ 其方~ (2, 0.1%)

1 は何歳, は何歳成

▼ 其方殿~ (2, 0.1%)

1 多年間, 多年間予

▼ 其方殿事明治二十四年父庄造死去~ (2, 0.1%)

2 の節

▼ 其方自身~ (2, 0.1%)

1 の口, も手伝う

▼ 其方~ (2, 0.1%)

2 り見たもの

▼ 其方願書~ (2, 0.1%)

1 の趣き, の趣き相違

▼1* [359件]

其方あちらへ, 其方あの香具師を, 其方背中向け, 其方い寄んねえ己, 其方からも前まえ頼まれ, 其方こっち放浪して, 其方こっち旅をし, 其方こっち植木の根, 其方こと速かに自訴, 其方この隠語を, 其方ほどまでに苦しき, 其方さして歩む人, 其方さまのにや返上, 其方さんも情け, 其方しゅびしだい届け候えと, 其方そこで何, 其方その品を, 其方たしかに聞いた, 其方だけが聞いたと, 其方だけで死ね, 其方だけと思うて, 其方だったわえ, 其方だってもし戦, 其方やない, 其方ぢやからの, 其方でもあるまいが, 其方とがこの農家, 其方とて必ずそういう, 其方ども上野中堂の縁, 其方ども九助入牢中何, 其方ども予が事, 其方ども五人の賊党, 其方ども五人当月二十七日磔刑を命じる, 其方ども他日に心, 其方ども其時の事, 其方ども慮外にも殿, 其方ども持參せよと, 其方などにはこれ程の, 其方などの手に, 其方ならでは出, 其方なれば同罪, 其方にかけて此人以上の, 其方にてはなかりしに, 其方にのみ気を, 其方にばかし気を, 其方のさしずか, 其方のねものがたりを, 其方はなどと看守の, 其方ばかりでは, 其方ばつかりに掛つて, 其方へばかり行つた, 其方へをどり込まうと, 其方ほどな弓勢, 其方まだ起きて, 其方までわしの, 其方もとに御, 其方もネ可しい, 其方よきにはからえ, 其方よく修理し, 其方よほど修養を, 其方よりの訴訟を, 其方よりは此方が, 其方よりも当時創業時代に, 其方も早, 其方をば見染, 其方一世一代の腕, 其方一人是を拒み, 其方一個の得分, 其方一手の為, 其方上乘して, 其方埓儀有之, 其方名には, 其方主人方の番頭久兵衞, 其方主人藤五郎召使の者亂心, 其方久八が助命, 其方久兵衞より貰, 其方之等を知, 其方亂心と相, 其方事七年前藤川宿の町外れ, 其方事主人の申し, 其方事今日は長, 其方事前日長庵方へ藥取, 其方事加納將監方に奉公中澤, 其方事女には稀, 其方事昨日も尋問, 其方事此度畑より古金, 其方二百二十兩出す事難儀, 其方京都に有りし, 其方人殺しに相違, 其方實父富右衞門の, 其方今夜の中, 其方今宵は奥, 其方介錯致せ其方自害, 其方仕つるべしと云, 其方他行先が怪しい, 其方伯母儀切害の上金百兩盜まれ, 其方伯父九郎兵衞へ金子, 其方何と思ふと, 其方何卒辛抱して, 其方何故僞り, 其方何日かは去ろう, 其方何樣に歎, 其方何者だッ, 其方を致せ, 其方儀三州藤川在岩井村, 其方儀不埒の筋, 其方儀中国表へ先陣, 其方儀主人の金子, 其方儀主人妻何程申付候共又七も主人, 其方儀主人庄三郎養子又七妻熊, 其方儀主税之助, 其方儀乱心したとは, 其方儀今日三五郎妻文と對決申付, 其方儀傳吉先妻梅と奸通, 其方儀兄藤助眼病中孝養, 其方儀先代嘉川平助に恩, 其方儀先名主惣内妻さとは先妻, 其方儀先平助養子に相成, 其方儀先年の恩義, 其方儀先年京都日野家に勤, 其方儀先年召抱へ候文こと, 其方儀先達て同宿なる穀屋平兵衞, 其方儀先頃無量庵へ闇夜, 其方儀出家の身, 其方儀吟味致し候處別段, 其方儀吟味相遂候所聊かも, 其方儀嘉川家嫡子の身分, 其方儀嘉川平助養子の身, 其方儀外夷の情態等相, 其方儀天一坊へ一味, 其方儀夫兄栄太と密通, 其方儀奉行の申付, 其方儀妻を同道, 其方儀家の支配, 其方儀實父道十郎事牢死いたし候後母光, 其方儀專が親, 其方儀帶刀をも致す, 其方儀常々身持不行跡而已成ず今度主税, 其方儀平生身持宜からず, 其方儀平生養母に孝行, 其方儀弟妻阿銀, 其方儀悴惣内不屆, 其方儀感應院の師恩, 其方儀所々に於, 其方儀手代忠八と密通, 其方儀明治四年四月某日以来江刺県大属木村新八郎暗殺, 其方儀昨夜下伊呂村に於, 其方儀村役中不正の儀, 其方儀村長役をも勤, 其方儀松五郎尋ねの, 其方儀格別の思召, 其方儀權現堂小篠堤に於, 其方儀當時山崎町家主吉兵衞店に罷, 其方儀白子屋庄三郎妻常始め, 其方儀盜賊とは知ざる, 其方儀石川安五郎小松屋遊女白妙同道, 其方儀若年より不身持, 其方儀藩の御法, 其方儀親孝行の段奇特, 其方儀豫て怪敷廉, 其方儀貞實信義の烈女民間, 其方儀願ひ出候目安, 其方儀養父九郎兵衞申付とは云, 其方兄分の好, 其方先月密會の折忠兵衞, 其方先達て申すには, 其方先達て差出せし金子日野家, 其方八箇年以前寶永七年八月廿八日の明曉長庵, 其方共主人へ右, 其方共之頭京都皮田村え罷登り, 其方共予がなき, 其方共二枚着る着物, 其方共儀一途ニ御為, 其方共儀主人申付とは云, 其方共儀八ヶ年以前平川天神裏門前にて町醫師村井長庵こと雨中傘, 其方共儀忠節の計, 其方共儀新藤市之丞外萬事世話, 其方共儀聟夫等の災難, 其方共儀長八娘身受相談の儀, 其方共先達て御仕置, 其方共千太郎の死骸引取候節, 其方共名主へ掛り, 其方共夜中廣小路醫師道達方へ押込刄物, 其方共家の爲め, 其方共心付けよとありしか, 其方共支配とは申, 其方共日來密通いたし居聟, 其方共是迄傳吉, 其方共此度予に隨身せん, 其方共此金子八十兩は如何, 其方共江戸へ出でざる, 其方共瀬川親子の者, 其方共萬澤の關所破り, 其方共身分は何, 其方共顏を上, 其方如く慄, 其方其夜は病中, 其方其樣に嘆き, 其方切腹せねば, 其方になり, 其方参ってお迎え, 其方只今より越前宅, 其方只今公邊の祿, 其方只今藤八が申通, 其方召抱へ中, 其方は何ん, 其方名代に罷り出る, 其方名前を僞, 其方向實は東北, 其方和歌山加納樣方に奉公, 其方唯今申たるには千太郎, 其方器量学問見所あり何某大使, 其方四郎右衞門より借用, 其方御奉行與力, 其方与里と, 其方大儀でも分部, 其方大切なればこそ, 其方有ると, 其方夫三五郎は何所, 其方夫三五郎儀平生身持宜からず重, 其方夫婦とも顏色殊, 其方夫文右衞門が無, 其方如何成所存にて五兵衞, 其方妻名は其以, 其方の加担者, 其方委細の事, 其方姪小夜衣が申立, 其方を五兵衞方, 其方娘島は當年何歳, 其方娘菊と密通, 其方存じ居るやと, 其方存じ寄次第に致せ, 其方存ぜぬ事とは, 其方安五郎とは如何, 其方安心致し此上心付候, 其方家内を檢査處賣歩行荷物一ツ, 其方密かに彼, 其方へ葬りし, 其方尋問る次第巨細, 其方對面致し委細, 其方小人で不可, 其方島田宿泊の節盜賊, 其方工事仰せつけられたきむね願, 其方程に再, 其方左樣申す上, 其方差支有之候, 其方常に立入て, 其方平生の申付方行屆, 其方に靱負, 其方并びに次右衞門三五郎は當御役宅, 其方店先に金子, 其方店子山口惣右衞門と云, 其方店子煙草屋喜八事御用の筋有, 其方弟十兵衞横死の節北, 其方彰義隊の落武者, 其方役人に賄賂, 其方役儀に疎き, 其方より參, 其方心得て附たる, 其方忠兵衞に遺恨, 其方怨みはあろう, 其方悴嫁等の趣き申立, 其方惡事を働き, 其方惡意を發, 其方懷妊の由我等血筋, 其方懷姙のよし, 其方成らずや何とて, 其方手元に之, 其方まはる如く, 其方の遊女空せみ, 其方の面體豫, 其方敵討致さん爲, 其方斯様な目, 其方日外一寸申上しが猶, 其方日頃懇意に致し, 其方早々栗橋へ案内, 其方昌次郎梅兩人不義致せしと, 其方明日杉戸へ案内, 其方昨夜大井河原下伊呂村の辨天堂の前, 其方より芝八山, 其方是等の儀, 其方智恩院に居つ, 其方最初九助江戸奉公中, 其方最前も申す, 其方と密通, 其方業體に似合, 其方櫛簪を證據, 其方此上富婁那の辯, 其方此事を知らざるや, 其方此傘に覺, 其方此処に警戒, 其方此書付に裏印形, 其方武具兵粮人夫馬車此方の申す, 其方死人の體, 其方段々吟味を遂, 其方江戸内に住居, 其方深山幽谷に住居, 其方の井, 其方を貢, 其方此上の, 其方とある, 其方申立の儀, 其方病中にて見送り, 其方病症をば慥, 其方百兩の金子, 其方盜賊の面體恰好, 其方盲人にて角觝, 其方知らざる事とは, 其方知らぬ事は, 其方程の剛の者には, 其方に通じ, 其方米屋の女, 其方紀州家の浪人, 其方給仕して, 其方に伏したるや, 其方義夫傳吉の留守中昌次郎, 其方聟又七に毒殺, 其方自害せば, 其方舊主人養子千太郎を締, 其方船持と彦兵衞, 其方若年にし, 其方若年ゆゑに心得, 其方行末の出世, 其方行逢見るに, 其方娘の, 其方親子は庄兵衞, 其方親類に武家, 其方に似合, 其方誠に物真似の, 其方が媒妁, 其方請出すべし其上にて, 其方請取ば長八, 其方負けなば, 其方き若, 其方質屋の火附盜賊, 其方越前を宅, 其方身寄十兵衞二女富こと小夜衣儀は新, 其方が少し, 其方へず, 其方退けとばかり盛, 其方造庭境の入口, 其方達守つて呉といふ袖袂, 其方遠慮は要らぬ, 其方醫道は確, 其方重役の身, 其方長庵方に忘れ, 其方陳ずるとも不, 其方随意に選ぶ, 其方隠語の紙片, 其方す共, 其方露顯はせし, 其方ならば, 其方養女に致せ, 其方養子又七に疵付候樣下女菊, 其方馬術は鍛練, 其方馴染も薄き, 其方鰻登りに金, 其方を烏, 其方鼻紙入紛失