青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「光子~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

先輩~ 先頭~ ~光 光~ ~光っ 光っ~ ~光り 光り~ ~光る 光る~
光子~
光明~ ~光景 光景~ 光秀~ ~光線 光線~ ~兎 兎~ ~児 児~

「光子~」 1446, 14ppm, 7999位

▼ 光子さん~ (653, 45.2%)

17 の方 11 の家, は 6 はその 5 と銀一君, のお, のこと 4 と私, の部屋, の顔 3 とお, と結婚, のあと, の声, の心

2 [52件] かてそ, かて私, が, が学校, が来, が私, が絵, ちゅう人, です, とこい, との仲, との関係, と健さん, と綿貫, にその, に相違, のお母さん, のこ, のため, のほう, の前, の奥様, の御, の手, の手紙, の様子, の病気, の絵, の頭, の顔さい, はあの, はいいました, はいう, はこじき, はこの, はしばらく, はそ, はそう, はそれ, はびっくり, はほんま, はまた, はもう, はわざと, はタマ, は一所懸命, は云, は勇ちゃん, は私, は胸, や綿貫, 送って

1 [462件] いいますの, いうたらこんな, いうたらそういう, いうたらそんな, いうたら自分, いうたら花やか, いうたら顔, いう人, いう太陽, い上げたの, お祖母さま, お膳, かって勿論, かて, かてあんな, かてもともと, かて一昨日あん, かて厭, かて心, かて死ぬ, かもしれません, からできるだけ, からわたし, から恨み, から手紙, から来ました, から申, から申さんなら, から聞いた, から聞いてた, から電話, があの, がいい出しなさっ, がいう, がいき巻いた, がいた, がいつ, がいらっしゃいました, がいわれました, がうなされる, がお, がおどろいた, がお金, がき, がこられた, がその, がたずねます, がたま, がどんな, がふしぎそう, がまだ, がまるで, が一人, が三ヵ月, が下手くそ, が会う, が何, が例, が先, が光子さん, が出, が別人みたい, が勇ちゃん, が動坂, が可愛く, が夢, が寝惚けた, が帰っ, が急用, が恋し, が杖, が来なさっ, が来る, が死体, が油, が洋画, が立っ, が網, が船場, が見かね, が赤ちゃん, が通りなさる, が降りられます, が頼みなさった, この私, さいそ, そっくりです, その時, その次, そんな事, だけはやっぱり, だけは何, だけは是非とも, だけやったら, だっけ, だって, だという, で, でしてん, でしょうな, ですねん, という名, という絵かきさん, といっ, とおなじ, としたら, とそっくり, とそれから, とそんな, とのいきさつ, との事, との間柄, との間柄納得, とはまだ, ともそう, とパン, と一緒, と二人きり, と会う, と会うてる, と動物園, と友達, と呉乙女さん, と園子, と寿江, と小母さん, と屹度, と打ち合わせした, と物, と親しい, と言う, と話し, どういうつもり, どない, どないし, なぞが黒い, なんか或, に, にあった, にある, にいう, にいわしたら, にお, にかかっ, にかんづかれる, にしましたら, にそう, にそんな, になりすまし, になりすました, にはそういう, にはとても, には何, には友, には済まん思い, には用, にばけた, にわたし, にわたす, にケチ, にモデル, に上げ, に会っ, に似, に出遇います, に利用, に取られる, に同情, に声, に対して同性愛, に対して盲目的, に尋ン, に恋し, に抱きつい, に敵対, に比べたら, に気イ, に注意, に結婚, に見, に見せた, に見られ, に訊ねました, に話してた, に貸しました, に附い, の, のいい, のいう, のいなさる, のうろたえた, のえり首, のおしり, のお母さん達, のお父さん, のお腹, のことば, のそう, のその頃, のため思, のとき, のところ, のなさけぶかい, のにせもの, のは一寸, のは丁度, のふる, のアラ, のポイント敬子さん, の七, の仕掛けた, の体, の傍, の先, の分, の友達, の名前, の品行, の唄, の唄われた, の器量, の外, の好きそう, の嫌疑, の子供, の小さな, の工場, の思う, の恋人, の悪口, の態度, の手前, の手提げ, の描いた, の日傘, の服, の様子前, の横顔, の機嫌取り, の次, の焼餅, の父, の甲高い, の番, の白い, の目, の眼, の着物, の睫毛, の筆触, の細部的, の綿貫, の考え, の耳いも, の自動車, の行方, の計, の話, の足袋拾, の踊, の身の上, の頬, の顔好き, の顔視, はあわれ, はいいなさいます, はいいなさる, はいっ, はいつ, はいわれます, はうれしかっ, はお, はおばあさん, はお母さん, はかえって, はききました, はきまり, はきゅう, はきよ, はくつくつ, はこちら, はころび, はこんな, はさ, はさけぶ, はしかた, はしんぱい, はすぐ, はすこしも, はすっかり, はそうした, はそこ, はそんなふうに, はたいへん, はただ, はためいき, はだんだん, はちょいちょい, はつぶやきました, はど, はどう, はなみだぐみました, はなんだか, はにげません, はにっこり, はひざ, はひどく, はふしぎ, はやっと, はやはり, はわたし, はわびました, はわるかっ, はテニス, はピアノ, はワーッ, は一寸, は一杯涙, は両親, は今日, は今更, は全く, は出掛ける, は初め, は勇, は勧進帳, は十一時ごろ, は即座, は堪らなく, は大, は奥, は女王, は始め, は師匠, は師匠殺害, は帰っ, は平気, は庭, は後悔, は心, は思はず, は思ひ出しました, は慌て, は手紙, は昔, は時間気イ, は書き出しました, は書生, は机, は梅, は正直者, は歳, は死ん, は毎日, は毎日梅, は泣き, は泣きだしたくなりました, は泣き声, は洗面器, は涙, は深い, は無念, は玉村宝石店, は生き, は異性, は目, は真面目, は眼, は眼エ, は立ちどまっ, は競争, は答えました, は箪笥, は籐椅子, は紙, は羞, は考えました, は自分, は船場あたり, は色, は観音さん, は言葉, は計略, は調子, は警察, は道, は銀座, は鏡, は長襦袢, は頷いとい, は顔色, は飲んだ, は黙, ばっかりやあれ, ほど姿, まだいやはん, まだアメリカ, まだ梅, もうお, もけったい, もすっかり, もそう, もたまに, もだんだん, もちょっと, もにせもの, もまた, もやっぱり, もわたし, も二人, も何, も健さん, も可哀そう, も小出氏, も広子さん, も明日, も気イ, も私, も銀一君, も顔色, やって, やのん, やろ, や小母さん, や美代子, や銀一君, より外, より夫, らしゅう御座います, をいれかえた, をおいこし, をこの, をどんな, をながめ, を呼ぶ, を呼ん, を外, を思う, を恋し, を暫く, を無事, を睨みつけた, を自分, を見, を見つめ, を誘ひました, を遊ばせる, 今電話, 冷かしたり, 呼びますけど, 呼んどいて, 帰って, 待ち合わして, 悪いの, 来る, 来る幽霊, 欲しがっ, 死にや, 目がけて, 知らんと, 送ったげて, 連れて

▼ 光子~ (213, 14.7%)

4 云った, 頭を 3 彼の, 急に, 眼を, 自分の

2 [11件] いう, この頃, だらだらと, のろのろと, ふいに, 云う, 康子を, 石畳の, 私の, 良伯の, 顔を

1 [171件] あと二三日を, いそいそ, いつのまにか眼, うっとりした, がっしりと, きょとんと, このテンマツ, この隠れ家, しんから, すべてが, それから杉江, それより, それを, ちゃんとみとおし, どうなる, はじめて帰郷, ふいと, ふと言葉, ふと話しかけたい, ぷつりと言葉を, ほっと安心, ほんとうの, ぼんやり其処, ぽつりぽつり話し, ますさんの, まだ帰っ, まだ熱演, まるで芝居, めったに英信, もう抵抗, やがてビックリ, やや腹, よくやっ, わざと意地, ゴマカシが, ジダンダふんだ, スツと, チラと, ニヤリと, フンと, ボダイ寺の, マンが, 一寸呆け, 一寸足, 一寸黙っ, 一度考えた, 一枝の, 上野公園の, 二口ぐっと, 云うん, 云つた, 云ふ, 五月を, 今夜の, 仙吉の, 体の, 何かに, 何処かへ, 僕の, 六年前の, 共々湯, 内科の, 初めてますさん, 別に壮助, 勢ひ, 十九種田は, 十八に, 半身を, 卒倒しかける, 危く声を, 却つて不平さうだつた, 又私, 口を, 口癖の, 同じ父, 喫驚した, 図に, 坐り直した, 執事遠藤の, 堪りかねたよう, 増長し, 壮助の, 外套を, 大丈夫です, 大変気分が, 大衆食堂の, 妻の, 妾の, 姉と, 始終二階, 始終底気味, 実際何, 小さくなっ, 小學校, 少しきり箸, 少しも, 尼に, 島田に, 幼時からの, 床の, 弟を, 彫像の, 彼にとって, 彼を, 怖ろ, 思わずカッと, 思わず身ぶるい, 思わず顔色, 性急な, 悪夢を, 慌てて, 慴えた, 戯れ合つて, 手を, 拝むよう, 新九郎様を, 昨日から, 次第に痩せ細っ, 此方などには, 涙ぐんで, 涙浮びたる, 済してか, 溌刺として, 滅多にそんな, 無学を, 無造作に, 父母から, 父親が, 物柔かに, 珍しく祖父, 甘ったるい鼻声, 甲斐, 眠って, 眼ば, 知名の, 福田くんを, 私を, 科める, 称び慣れ, 空井戸の, 笑いながら, 答えた, 結婚当時は, 脅やかす, 自分が, 苛, 苦悶し, 苦笑した, 葉子が, 蒲団の, 虫の, 蝋燭の, 行って, 袂の, 言って, 誇るやう, 語った, 誰にも, 負けるが, 足先を, 軽く微笑んだ, 軽く首肯いた, 軽快な, 近々と寄り添い, 金閣寺の, 降りて, 隠すこと, 雛段の, 面白くて, 顔色を, 駒守に

▼ 光子~ (175, 12.1%)

4 御方が 3 ことを, やつが, 御方だった, 御方は

2 [18件] ところへ, やつは, ような, 呼ぶ姿, 場合は, 容態は, 御方, 御方を, 手を, 方が, 病気の, 病気は, 眼が, 眼を, 肩に, 顔が, 顔は, 顔を

1 [123件] うちに, おふくろ来り, ことが, ことに関して, ことは, それと, ために, みっちゃ, ものに, やつと, やつはに, やつはね, やつも, やろうぼく, やろう出て, 上に, 事は, 仕打ちこの, 伴れ, 体を, 使うでたらめ, 借りて, 側には, 傍らから, 前へ, 口から, 口の, 名を, 名刺が, 名前で, 命令に, 唇に, 壜を, 声を, 妹の, 存在を, 家の, 家へも, 容態と, 影は, 影らしい, 後に, 後姿を, 御方その, 御方だけは, 御方の, 御方ももの, 微笑が, 微笑と, 心は, 心を, 手から, 手許に, 手頸を, 掌は, 方に, 方へ, 方を, 枕頭で, 様子と, 様子に, 様子の, 横顔を, 死の, 母を, 父, 父である, 狐が, 狐の, 理解できない, 生が, 生命という, 疑念が, 疑念は, 病床に, 盛んな, 目が, 目に, 直感は, 眉間に, 眼付から, 眼附が, 突きとめた, 突拍子も, 童心を, 絵葉書なんか, 美しい眼, 肖像畫である, 胸ぐらを, 胸に, 胸を, 芝居好を, 袖の, 視線は, 言葉から, 言葉が, 言葉に対して, 許に, 話が, 話の, 話は, 誂へ, 誘惑の, 踊りに, 踊りや, 踊りを, 身なりを, 身も, 身体は, 身辺に, 返事は, 連子に, 鋭い眼, 雛段にも, 露わな瞳が, 面立が, 頬には, 頭に, 頭を, 頸筋の, 顔から, 顔へ, 顔色が

▼ 光子~ (85, 5.9%)

2 与えて, 云つた

1 [81件] あった, あまり貪りすぎる, いきなりきいた, いつの間にか其処, おとうさんの, これ位ひ, したの, じぶん, そうであった, その時, それとなし, ちんぷんかんぷんであるだろう, とりなした, とんとんと, どうあろう, どうしよう, はたきを, ぼんやり坐っ, もし助かる, やって来たこと, アパートを, カクサクし, 一緒に, 上京し, 二階で, 井戸に, 他へ, 会社へ, 兄を, 共用し, 出て, 力づけた, 勢こん, 各種の, 同時に訊ねた, 呼ば張つた, 夜中に, 大鹿を, 女だった, 好きでなかった, 嬉しそう, 客の, 家の, 屡々悪夢, 引ッこぬきの, 後で叱られ, 急に, 描き出したよう, 早く海, 時々井戸, 朝遅く, 杉江を, 来た, 来るの, 歩きながら, 気の毒だつた, 河野さんの, 泊った室, 無事に, 独りで, 現れたので, 眼を, 祖母の, 私の, 綺麗に, 考えこんで, 聴いてだけは, 見えないと, 見た兄, 話して, 追って出た, 連行され, 邪気なく, 邸内を, 金魚が, 鍵を, 門前で, 関西の, 関西方面で, 階下に, 顔を

▼ 光子~ (47, 3.3%)

2 井, 彼は, 清く保護

1 [41件] あなたの, だしぬくこと, なだめすかして, のせて, よんだ, ムリヤリひっぱる, 五月休ませ, 仰様, 伴れ, 凡そ気儘放題, 娶す約束, 平気で, 後手に, 応接室に, 思ひ出したの, 思ひ出したらそんな, 思わせた, 慰めて, 抱きしめた, 押据え, 挟みて, 放すもの, 放免した, 救うと, 永い間, 求めた, 渡さない処置, 相手に, 眺めて, 眺めるので, 瞰下しい, 笑はせ, 縊め殺し, 肩車に, 虐待せし, 見その, 見るの, 迎えた, 連れ出すわけ, 遠回しに, 魅し

▼ 光子~ (41, 2.8%)

2 一緒に, 云う娘, 別れてから

1 [35件] あない, ありて, いえば, いっしょに, いって, そっくりの, その友達, その家庭教師, レンラクが, 一枝と, 並んで, 二人で, 井, 交した言葉, 僕が, 北海道で, 同い年で, 同じ十八, 女中へ, 川口, 弟の, 文彦だ, 文通を, 知りあった, 私が, 竹下が, 竹下の, 結婚したい, 綾子は, 自分と, 自分との, 親子だ, 郎党の, 銀一の, 関係が

▼ 光子~ (32, 2.2%)

2 向って

1 [30件] いくら聞い, きいた, そう云う, そう云われる, ちがいない, でれつき始める, ぶつかった, ぶつかっても, プロポーズした, 会った, 会って, 似て, 侍い, 依って, 出逢, 別室へ, 彼は, 心を, 手頸を, 明かに, 極く, 気がかりな, 目も, 語って, 負けたくありませんな, 負けると, 逢った日, 逢って, 鉛筆や, 長々と

▼ 光子~ (24, 1.7%)

2 その頃, 文彦も

1 [20件] とみ子も, にせものと, 伴いて, 何と, 出入は, 同じよう, 同様であった, 大きいとは, 小耳に, 性分が, 来る筈, 父母も, 留守ひどい, 碌, 私の, 私も, 立派であった, 竹下も, 自ら進ん, 隅の

▼ 光子~ (15, 1.0%)

1 [15件] お逢, でございます, に自由, はあれっきり, は分ってる, は小出氏, は私, も, を, をお, をなぜ, を余り, を手籠, を棺, 御遺骸

▼ 光子との~ (10, 0.7%)

2 関係が 1 ことを, これまでの, イキサツなども, 二人姉妹で, 会見が, 恋愛だけを, 間が, 間柄を

▼ 光子という~ (8, 0.6%)

1 のは, プロ野球の, 二人の, 友達と, 同級の, 女の, 少女が, 美しい日本婦人

▼ 光子には~ (6, 0.4%)

1 そんな懸念, なかった, 思い当ること, 映つたかも, 眼も, 聞えなかつたの

▼ 光子さん自身~ (5, 0.3%)

1 がそ, のこと, の口, の心, は気イ

▼ 光子から~ (4, 0.3%)

1 ああいう, あの変, きいて, 聞いた所

▼ 光子さん妊娠~ (4, 0.3%)

3 して 1 しや

▼ 光子いう~ (3, 0.2%)

1 児と, 児とは, 児も

▼ 光子さん夫婦~ (3, 0.2%)

1 にしろ, に送る, への送別品

▼ 光子とは~ (3, 0.2%)

1 可なり, 外で, 結婚の

▼ 光子~ (3, 0.2%)

1 文彦の, 河野さんなどと, 河野さんの

▼ 光子夫人~ (3, 0.2%)

1 が新, ねあの, は卻けた

▼ 光子さま~ (2, 0.1%)

1 にこう, に風守さま

▼ 光子さんモデル~ (2, 0.1%)

2 にし

▼ 光子さん気イ~ (2, 0.1%)

1 弛みなさったの, 悪うし

▼ 光子さん達~ (2, 0.1%)

1 にも話さなけれ, はい

▼ 光子~ (2, 0.1%)

1 が相続, といっ

▼ 光子とか~ (2, 0.1%)

1 松本とかいう, 道子とかいう

▼ 光子までが~ (2, 0.1%)

1 二階に, 臀を

▼ 光子母子~ (2, 0.1%)

1 の籍, の金

▼ 光子~ (2, 0.1%)

1 が噴き出した, への遠慮

▼1* [91件]

光子あいつに顔, 光子からと俊子からと, 光子からの手紙です, 光子ぐらいの年頃に, 光子さんあっちへいっ, 光子さんあんなりに放っ, 光子さんお腹に物, 光子さんきみが光子さん, 光子さんこれが宮崎君, 光子さんじゅず玉がほしい, 光子さんたちはやっと, 光子さんだめなら又, 光子さんとこから別に何とも, 光子さんとこ暇出されてからも, 光子さんとそないなる, 光子さんみたいな人一倍, 光子さんビックリさして, 光子さん一人が太陽みたい, 光子さん一歩も外, 光子さん中に挟ん, 光子さん何うだね, 光子さん何処で自動車, 光子さん何処ぞい行きやはっ, 光子さん先刻からお, 光子さん可哀そうやいや, 光子さん外に男, 光子さん大好きやわ, 光子さん夫婦三月四日立って, 光子さん小声で内証, 光子さん崇拝するいうたか, 光子さん手エたたいて, 光子さん死にやはる, 光子さん洋食たべながら, 光子さん真ん中に入れ, 光子さん眼エ覚ましなさって, 光子さん等のがあります, 光子さん結婚しや, 光子さん綿貫呼びやはったんやエエ口惜しい口惜しい今, 光子さん腹ぽてに, 光子さん苦しみ出しやはっ, 光子さん行にやはった, 光子さん遊びにいこう, 光子その他の婦人作家たち, 光子ただお前に, 光子だったかもしれない, 光子だろうか, 光子ちゃんらしいの, 光子ちゃんこちらへおいで, 光子つたらとても笑つて, 光子不図私, 光子ですこの城趾, 光子では到底駄目, 光子というとしは, 光子のよ, 光子にとっては風守の, 光子にも意向を, 光子に対して羨しいよう, 光子に対しては嫌いである, 光子に対しても応用し, 光子に対する好奇心や, 光子に関する一切の, 光子ねえさんはここ, 光子のはじめ, 光子はなーにはじめさんと, 光子ばかりを相手に, 光子逢わなければ, 光子君達は, 光子より園子へ, 光子イザという時, 光子トノ既ニ確立セラレタル関係ニ対シ何ラ異議ヲ申シ立ツルコトナシ, 光子ト結婚後ニオイテハ常ニ光子, 光子ト逃亡シ所在ヲ晦マシ, 光子ニ対シテ有スル緊密ナル利害関係, 光子妊娠セシメザルヨウニ注意スモシ聊カニテモ妊娠ノ, 光子一服の三証人, 光子今日から出る, 光子光子ただお前, 光子ていけ, 光子夫妻アメリカへ立った, 光子女史が現れ, 光子嬢事わが美しき, 光子小女私が逢った, 光子斎藤豊吉の諸君, 光子来り何と, 光子来ノボミルスキーさんからもらった, 光子洲より, 光子と共に神楽坂, 光子自身の手, 光子五名の, 光子連れ出して逃げる, 光子銀一のきょうだい