青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「兄~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

優しい~ 優しく~ 優れた~ ~元 元~ 元年~ 元来~ ~元気 元気~ ~兄
兄~
~兄さん 兄さん~ ~兄弟 兄弟~ 兄貴~ ~充分 充分~ ~先 先~ ~先ず

「兄~」 17539, 168ppm, 618位

▼ 兄~ (4680, 26.7%)

77 顔を 35 ところへ 34 家に, 方は 31 ために 29 方が 26 家の, 家へ 23 方の 22 前に 20 ような, 方へ 18 口から, 手を 17 ことを, 心を 16 手に 15 方を 14 姿を, 山之, 言葉を, 顔は 13 姿が, 方で, 方に, 言葉に, 顔が 12 ほうは, ように, 所へ, 言葉は 11 家から, 長能 10 事を, 顏を 9 仇を, 声が 8 前で, 名を, 声は, 子を, 家を, 敵を, 身に, 部屋へ

7 [13件] ことで, ほうが, 主殿, 名は, 姿は, 子は, 宮田は, 家族と, 後を, 方から, 様子を, 死を, 部屋の

6 [12件] 世話を, 前へ, 心に, 文吉は, 書斎に, 死は, 眼を, 許に, 話を, 身の上を, 身体を, 顔に

5 [22件] かたきを, そばへ, ほうを, やうに, 事が, 事や, 友達の, 後姿を, 心の, 意に, 手は, 書斎の, 机の, 殿の, 胸を, 袂を, 言うこと, 言葉が, 言葉も, 許へ, 話に, 身を

4 [49件] あとを, いいつけ, いう通り, うしろに, お蔭で, ことが, ことだ, ことは, そばに, ところへも, ほうへ, やうな, キリレンコが, ジョンとともに, 中川は, 代に, 代りに, 会社に, 信吾の, 勝彦が, 厄介に, 声を, 妻と, 子で, 子の, 室へ, 室を, 家で, 家は, 家へは, 家娘にも, 帰りを, 後姿が, 心が, 心も, 志を, 武大が, 注意を, 腕を, 臨終に, 蘿月に, 行方を, 誠吾が, 遺骨を, 部屋に, 部屋には, 金を, 頭に, 顔には

3 [80件] いうこと, いる前, うしろ姿を, かたきは, かたき討ち, ためには, ところで, ほうから, ほうの, ほうも, ドミトリイは, 上に, 世話に, 云うこと, 今若, 佐太郎の, 健康は, 六郎兵衛は, 千久馬は, 半七, 友だちの, 命かくしつれ, 太郎は, 好きな, 如きは, 妻が, 娘を, 子供の, 子供は, 室の, 家が, 容一郎が, 屋敷へ, 影を, 後に, 心は, 性質を, 意見に, 手には, 手許に, 方には, 方へは, 書斎へ, 杉之, 様に, 様子が, 機嫌を, 殿松と, 殿松は, 気持を, 清三郎が, 為に, 瑾は, 由吉と, 眼に, 眼の, 神は, 竜介は, 紀一郎は, 肩に, 肩を, 背中を, 胸に, 腕に, 英吉でございます, 血と, 血は, 言葉の, 話の, 話は, 足音が, 身体が, 面も, 鞆之助は, 頬に, 頭は, 顔とを, 顔も, 顔色は, 高一

2 [374件] ある事, いる室, おもかげ, お古の, からだを, ことです, ことに, ことばは, ことまでは, ことも, ことや, この言葉, すがた, その時, ためだ, ためと, ためなら, とこへ, ところから, ところに, はじめた, ほかに, もって, もとへ, ものに, やって, やつも, ようにも, イワンが, イワンは, サホ彦の, テーブルに, ドミトリイの, ラクシャン第, 一家族や, 一徹も, 丈吉の, 三郎の, 三郎は, 三郎盛高は, 下宿に, 不徳を, 世話が, 世話で, 中に, 中将が, 事, 事だ, 事などが, 事について, 事は, 二番目の, 云う事, 五郎右衛門は, 仇, 仇机竜之, 仕事を, 仕業と, 仕立屋へ, 代理に, 伊之助が, 休之, 会社ばかり, 位牌を, 体に, 体を, 作品を, 使いで, 供を, 信吾が, 信吾その, 偶然な, 傍らに, 僚一が, 元太郎は, 兄宇迦斯は, 処に, 刀も, 前では, 前でも, 前にも, 力に, 勘三郎に, 勘三郎は, 十兵衛は, 半兵衛に, 半次郎と, 参議良継と, 友人が, 友達が, 友達で, 友達に, 口に, 口まねを, 口を, 口真似を, 同僚の, 吹くハーモニカ, 周志淵が, 命を, 命令で, 命令に, 商売も, 嗜好は, 壮太郎は, 声の, 夏夫さんも, 外に, 多之, 多兵衞, 大尉が, 天皇の, 天鬼に, 天鬼は, 太郎が, 失脚の, 妹として, 妻, 妻の, 姿だった, 姿も, 嫁に, 嫁の, 子が, 子だ, 子だけ, 子である, 子に, 子丈, 子供が, 子供で, 子供も, 宗太郎が, 定綱が, 室は, 家では, 家には, 家出と, 家出を, 家族に, 家族を, 容態を, 寝床を, 寢床を, 少年が, 少年は, 居どころを, 居ないの, 屍骸を, 岩太郎と, 岩松が, 峰太郎が, 島三郎とは, 左手に, 左母次郎は, 左母次郎を, 帰朝の, 平左衞門, 幽所, 弟の, 弱気を, 彦太郎と, 彦太郎は, 征雄が, 後ろ姿を, 徳さんと, 徳さんも, 心事を, 心持ちが, 心持も, 忙しげ, 忠通は, 性格として, 性格の, 性質が, 恥を, 悪友と, 悪口を, 悲しい状態, 惨死の, 意味が, 意志に, 愚かな, 態度が, 戀魚は, 所で, 所に, 所庄造には, 手から, 手へ, 手前を, 手紙を, 手記中の, 承諾を, 持って, 指図を, 指図通りに, 指紋だ, 放埒が, 敵でも, 敵と, 文吉に, 文吉の, 方と, 方丈を, 日々の, 日曜が, 旨を, 最初の, 最後の, 月清入道が, 未亡人と, 未亡人の, 本を, 松吉が, 松太郎の, 松村を, 枕元に, 枕頭を, 森彦が, 機嫌の, 機嫌は, 次郎は, 正太を, 正行が, 武大は, 死に, 死については, 死によって, 死の, 死んだ後, 死んで, 死体の, 死後格段な, 残して, 気強さ, 気持が, 気持ちを, 泰馬が, 泰馬は, 消息は, 清次郎が, 清次郎は, 源吉とは, 無念を, 物なりし, 玄道が, 王に, 甚三が, 生活の, 生活は, 生活を, 留守宅を, 疑ひと, 病を, 病床へ, 病氣は, 癖です, 盃に, 直助, 真雄も, 眸を, 眼から, 眼が, 眼には, 眼は, 知人である, 知人の, 神に, 私から, 私を, 答は, 系統が, 紋也の, 結婚を, 絵具を, 罪は, 罪を, 置いて, 義雄に, 考えを, 耳に, 聲が, 肉身は, 背を, 胸の, 胸へ, 腕が, 腕にも, 腹の中を, 膝に, 膝の, 自分に, 自動車での, 自由には, 荘六の, 莫大な, 菊次郎が, 菊次郎さんよりは, 菊次郎と, 蒲壽, 血を, 行動に, 衣裾を, 表情が, 袖を, 見え次第逃げる, 見幕が, 見舞いに, 視線は, 視線を, 言ふ, 言葉から, 許しを, 詞を, 詩を, 詮議は, 話すこと, 話で, 話では, 語る所, 語る言葉, 誠吾に, 説に, 説明を, 諸葛瑾, 警句を, 財産が, 資本で, 身が, 身にとっては, 身の上である, 身は, 身体に, 身体の, 身体は, 車を, 近づくの, 近来の, 近況を, 透が, 運動を, 遺言で, 遺言を, 部屋から, 重太郎とは, 重太郎は, 重蔵が, 重蔵と, 野郎ずるい, 金とも, 銀五郎が, 長女かと, 長庵, 長庵殿, 関係し, 雅重は, 霊に, 霊を, 非行を, 面を, 頭が, 頭の, 頼みじゃ, 額は, 顏に, 顔と, 顔の, 顔良を, 首は, 香三郎が, 香三郎で, 高重も, 鶴彌

1 [2452件 抜粋] あたたかい気持, あること, いかにも自信, いつもお話, いへる如, いる三階, いる隣室, うちとけた調子, おかげである, おヨメ, お墓, お精霊, お骨, かげ僧服, かなり廃物めいた, くれる金, ことと, ことについて, ことばの, この問, これらの, さし出す, すぐ頭, そうした冷酷, そばについて, たましい, ためにおいて, ため食物を, つつがない姿, ところでない, と似寄った, なつかしさ, は少し, ふたり娘つまり, ほうこそ, ほんとうの, もちまえです, ものでございます, ようすを, ゐる側, を借り, アントニイと, イワン・フョードロヴィッチが, オスタップを, キリレンコにでも, ゴットフリートなど, ジョージ, スクロドフスキーに, タラスと, ドミトリイが, ニコライ・セザレヴィッチが, ヘクトール妻と, ボストンの, ミーチャから, ルドウィヒは, ロマンチィスト・イ, 一万も, 一家の, 一成である, 一生が, 一郎さんの, 一部分とも, 七郎兵衛の, 丈八郎の, 三原保太郎という, 三郎以上に, 上京を, 下宿へ, 不幸斯う, 不行跡が, 世話にな, 中川, 丸顔と, 久男だけは, 予言が, 事情に, 二郎とは, 云うと, 云ふ, 五十雄君は, 五郎右衛門とが, 人情でしょう, 仇じゃ, 仇討なり, 介錯を, 仕草を, 代行者ぐらい, 伊助が, 伊部恭助に, 伝四郎の, 住む土地, 佐, 佐治文太郎の, 何進が, 作は, 使いで五度ほど, 便を, 保羅って, 信孝の, 信広を, 修一が, 借金が, 健吉くんが, 側から, 傍で, 傍を, 僕を, 兄にあたる, 光央の, 児だ, 入れて, 八郎兵衛さんには, 公子に, 内へ, 冥福を, 凡情とのみ, 出立と, 切ッ尖, 別宅で, 前には, 前をも, 力では, 勇ちゃんに, 勉強の, 勘当を, 勝頼の, 北原稲雄と, 十兵衛が, 十四郎の, 千吉は, 半兵衛へ, 卑怯で, 印を, 去った後, 友だちは, 友人であった, 友人によって, 友達どもも, 取り出して, 口ぶりを, 口眞似, 叱咤だ, 司祭は, 同僚と, 名が, 名前も, 吐くうめきの, 告別式が, 味方を, 命の, 命令通り仏前の, 唇に, 唐突な, 商売の, 問ひ, 啓司も, 善右衛門には, 喜助は, 嗣二に, 嘉吉に, 四ツ木鶴吉は, 在学中には, 場合, 境遇を, 墳墓の, 声で, 夏侯徳が, 夜な, 大伴宗久が, 大御所を, 大病にて, 天智に, 天鬼が, 太市は, 太郎や, 太都夫は, 失恋が, 女が, 女房を, 如く妹, 妻な, 姿, 姿兄の, 威光も, 娘に, 嫁にあたる, 嬉しそう, 子という, 子供に, 子蛮, 孝一は, 孫権と, 宅まで, 守蔵が, 宋江は, 宗次郎という, 定綱は, 実子でなく, 宮田に, 家だつた, 家なる, 家内に, 家愈, 家族一同で, 家老たちと共に, 容体を, 宿って, 寝床は, 対馬守, 将軍が, 尊氏に, 小さな姿, 小次郎も, 少年だった, 就職すすめを, 居る間夜, 居間に, 屋敷附近を, 屍骸は, 山県紋也が, 岡本政七が, 岩田元彦は, 左中弁へ, 市之助が, 市之助の, 師冬の, 帰朝, 常藏, 平生から, 年雄さんと, 幽霊が, 庄六と, 店が, 庭の, 弁当が, 弟子が, 張粛が, 強い語調, 役所の, 後について, 徐鉉を, 御子をな, 徳蔵の, 心中を, 心持に対しては, 心遣, 志の, 忠平は, 怒りは, 思いちがいなら, 性来の, 性質としては, 怪我を, 恐ろしい呪, 恭一と, 息の, 悪行の, 情で, 情誼に対しても, 意を, 意志が, 意見などは, 愛情が, 愛馬の, 態度だった, 慰藉料や, 應待振, 戦死の, 房太郎は, 所の, 所領を, 手の, 手元に, 手危うく, 手紙, 手紙は, 手蹟, 技, 持つて, 指導下に, 捨吉似, 援助を, 改宗の, 政二くんは, 敬之丞に, 敵として, 敵妹の, 文句と, 新五郎だ, 方からの, 方一人丈だ, 日常を, 昌輝は, 時平とは, 曰く来る, 書斎を, 曹仁から, 月清も, 服部範之丞との, 未来とを, 本名, 本陣を, 机は, 来訪と, 松太郎と, 松木の, 枕許に, 柳行李を, 森伝兵衛にも, 楊松を, 槙三から, 権利として, 横っ面を, 横顔に, 權威を, 欽一郎と, 歌は, 正之進も, 正太と, 正成を, 正面ばかり, 武大とは, 歸り, 死んだこと, 死後, 死後多数の, 死者に対して, 死骸を, 殿への, 殿松の, 民助に, 気の, 気分の, 気持という, 気色を, 気遣いなど, 沙本, 泣いたの, 洋次郎だ, 洋行中私が, 浩が, 淡窓は, 清一郎が, 清成と, 満太郎, 源吾が, 滞在は, 瀧三郎を, 無事な, 焦った心, 熱が, 爲め自分等の, 物真似で, 犯罪を, 玄太郎という, 王いづく, 現影, 瑾ひとりを, 生まじめ, 生活が, 生涯の, 田安家の, 由吉を, 申す通り, 留守を, 病, 病床の, 病気や, 痩せはてた肉身, 皇子, 目にと, 目顏の, 相談を, 眞似, 真実の, 眼からは, 眼色の, 睨むの, 知りたいところ, 知恵な, 硬ばった顔, 祖母で, 神経が, 禅師も, 私行について, 稽古が, 窮屈げな, 立場から, 竜介や, 筆から, 筆蹟なら, 等志, 答へも, 米吉も, 精神状態を, 紀念とかいう, 紋十郎とは, 細君の, 組は, 結婚式に, 継信の, 縄を, 縫ふ, 繪端書を, 罪科の, 義務で, 義通には, 義雄の, 耕一とは, 聲は, 肩先を, 胸にも, 脛を, 腰を, 膝からは, 臨終には, 自滅を, 良一に, 芸域と, 苦痛と, 茫然たる, 荘太郎だ, 葬列が, 蒼白な, 蔵書が, 藤井諸, 藤次郎は, 蟄伏期も, 行動と, 衛門督が, 袁紹と, 裾を, 要求した, 見た棒使, 親しい笑い声, 親友賀古鶴所氏と, 解釈に, 言つた通りに, 言草では, 言葉には, 訃報を, 訪問を, 許可を, 評判大いに, 詩吟が, 話とは, 語気に, 読みに, 謀反の, 豊太郎が, 財産を, 賛成を, 赴任に, 跡に, 身にも, 身体から, 軍を, 農家を, 述懐が, 透と, 通って, 運動の, 道伴に, 遺命どおり兄の, 遺言状によって, 遺骸は, 酒巻ドクトルが, 重蔵これに, 重蔵同様汝の, 釣針を, 鉄山も, 銀の, 鍛刀と, 鑑識違いだった, 門十郎が, 間に, 関白である, 阿闍梨は, 隆太郎が, 隠居が, 雅重が, 靈智は, 静山に対する, 非難する, 面影が, 靴から, 頬から, 頭目という, 頼朝の, 顏が, 顔だけが, 風守は, 養家先などを, 首っ玉に, 馬良が, 駿河太郎と, 高慢な, 鬼面毒笑風の, 鳶色の, 黒眼鏡を

▼ 兄~ (2349, 13.4%)

18 私の 14 それを 13 弟の 12 いいました 11 例の 10 弟を, 黙って 9 何か, 答えました, 自分の 8 私に 7 それから 6 こう云っ, 急に, 私を, 自分を 5 いつでも, 妹の, 彼に, 父の, 私が 4 いった, 云つた, 人の, 何も, 哀しくなる, 妹に, 眼を, 言った, 非常に

3 [35件] あなたに, いうの, いって, そう言っ, その時, その頃, それには, た, わたしに, わたしの, 一人の, 一言も, 何と, 兄で, 多くの, 女の, 岸本の, 帰って, 弟が, 弟に, 彼が, 微笑し, 思つた, 母に, 溜息を, 無事に, 目を, 私と, 私より, 立って, 立派な, 笑いながら, 笑って, 考えて, 静かに

2 [157件] あの通り, あの通りクセ, お酒, がっかりし, こう云った, ここじゃ, このよう, この不幸, この通り, これで, これを, こんな事, さう, さすがに, すぐに, すぐ立っ, その仔細, その日, その濡れた, それが, そんな意志, ぢき, とても快活, どこに, どこへ, ひそかに, ひとりある, ひとりごとの, ほんとうに, もういなかった, もし亜米利加, わざとらしい真面目, わたしを, わな, ハッと, ピツケルを, 一人で, 一層高く, 下へ, 不思議な, 事務室の, 二十七で, 二日も, 五時に, 京都で, 今でも, 今青森, 仕方なし, 代助, 会社で, 何を, 兄おれは, 兄だけ, 凝と, 出て, 刀を, 前後の, 厳しい人目, 又扇, 口癖の, 叱るかと, 同行の, 唇を, 困って, 声を, 大きな声, 大抵不在勝, 妹を, 妻の, 嬉しそう, 子供の, 学者であった, 家の, 家へ, 容易に, 寐転んだ, 封筒の, 少しも, 帰朝後新調の, 弟をば, 彼の, 彼を, 彼女に, 心持よく, 怎うし, 恐ろしい盗人, 悲しげ, 意外な, 意外らしい, 或る, 手真似で, 打衝, 放埒に, 日暮と, 昔から, 昔風の, 東京に, 東京の, 此處だ, 死ぬ時, 死んで, 死際に, 母の, 気が, 泣くより, 泥棒かも, 洋卓の, 浮かぬ顔, 温厚な, 滅多に, 火が, 無理に, 独立し, 甚, 用が, 畳みかけて, 病気の, 白痴の, 皮膚が, 皮膚に, 直ぐに, 相変らず, 真赤に, 真面目に, 眼が, 矢っ, 知って, 竹の, 竹屋から, 笑いました, 笑った, 答へ, 終日此處に, 絞り兄, 背中を, 自分で, 苦々しい顔, 荒々しく叱する, 落ち付い, 藩中第, 角帯に, 言いました, 言って, 誠太郎と, 議論が, 起きて, 趣味に関する, 郵便局の, 郷里の, 長い間, 雪子の, 静に, 頭を, 顔を, 食卓で, 飲んで, 首を

1 [1715件 抜粋] ああ云, あきらめたよう, あたりを, あっても, あなた様の, あのよう, あの時あなた, あまり神経過敏, ある日僕, あわて, あんな親孝行, いくらか気, いっそう無口, いつまでも, いつもとは, いつもより, いまお, いま縣會に, いろいろと, うめき声さえ, おそらく道江, おづ, おまえを, おわびする, お光, お母さんから, お祖母さんの, かう云つて, かげで, かすかに, かねがねひどく, かわいそうです, きっとこの, きっと死ぬる, くわしく宮, ぐつたりと疲労し, けっして父, こういうん, こうした寒い, こう言う, ここに, ことわった, このくつ, このごろ少しどうか, この井戸, この地方, この春, この眼鏡, この部屋, この頃テレパシー, これから何, これに対して, こんな悪口, さきの, さぞ悦ぶだろう, さまざまな, さらにあと, しじゆうおど, しばらく住, しばらく逡巡, じっとぼく, じっと遠く, すぐ宗吉, すっかりおとな, すでに群臣, せつせつと片隅, そうも, そこから, そこを, そのお客, そのため婦を, その下, その人影, その前, その孤, その後も, その所作, その方面, その時嚢, その暗号, その父, その菓子パン, その鍵, それっきりこの世から, それに, そんなご飯, そんなに痩せ, そんな人間, そんな私, たいへん顔, ただ今より, たちまちインフェリオリティー・コンプレックス, たぶん偉い, たまらないよう, だいぶ辛棒, ちっともそんな, ちょっと立ち留っ, ついに群集, つねに弟, とう, とうとう肺病, とがめるよう, とてもいい, ともかく提灯, どうした, どうして朝夕, どうやら其処, どこからか, どこまでも, どんなにか, どんな手紙, ないしょに, なかなか帰らない, なぜかう, なにごとが, なるの, なんという, なんぼ學, ねること, はじめてそれ, はら, ひとりで, ひどく喜ん, ふいに, ほとんど一歩毎, ぼくが, ぽつんと言ひだ, またくりかえしました, またその, また孝行者, また数次弟, また申しました, また言葉, また釣道楽, まだ仏教徒, まだ帰らない, まだ独身, まだ起き, まもなく分家, みんなに, めったに家, もうだいぶ前, もう二ヶ月位, もう健康, もう家じゅう手ぞろい, もう承知, もう死期, もちろん不承知, もっと美しい, やがて云う, やがて自分, やっぱり普通, やはりこの, やらん, よく四君子, よろしくと, アパート住居で, イワンに, ガヴローシュが, コンコンと, スツカリ, チョッキの, ヒョイと, ピクリとも, ユウトランドで, 一つ二つと, 一人ぼっちで, 一刻も, 一寸調子外れ, 一時悪い, 一番う, 一見し, 七十郎に, 三津子の, 三階の, 上田の, 不快げに, 不時に, 両腕, 中國, 中止する, 久しぶりに, 乞食部落に, 事毎に, 二十九日の, 二度目の, 云って, 云わば, 亡くなり四年目, 京都に, 今たいそう, 今まで, 今耕二, 仏像と, 他から, 他日を, 仲店から, 会社関係から, 低く呟い, 何ちら, 何といふ, 何と云, 何やらその, 何処までも, 何時も, 何萬といふ, 併し, 依然として絨氈, 信じきって, 俵あみ, 健康は, 元から, 元気に, 兄だけに, 兄として, 兄らしい, 兄比べ, 先き, 先刻平磯無線まで, 先方へ, 全力を, 八歳弟は, 六郎澄元を, 其下ぶくれ, 其所まで, 其時弓の, 内扉, 再び弟, 冗談が, 冷靜な, 分ったかと, 切腹する, 利根川に, 到底相談, 力の, 努めて, 勘定奉行を, 包を, 医者に, 十二だった, 十八に, 千代の, 卑劣な, 又ガクッ, 反対に, 口こごとを, 口早に, 可なり, 叱りつけるよう, 吉岡さんと, 名古屋の, 君代に, 呟くの, 唐突な, 商用で, 喫驚し, 四五年前に, 四千点以上も, 困りきって, 園江の, 地獄へ, 堤の, 多少の, 夜半に, 大きい歎息, 大の, 大体が, 大変美人が, 大学の, 大病にて, 大阪の, 天子の, 夫っきり一言も, 失つた子の, 女性みたいに, 如何なる場合, 妹が, 妻を, 始めて, 始終藪医者, 嫂に, 字を, 孝行者な, 安心し, 定めて, 宰相である, 寛大な, 将門に, 小さい古, 小学校の, 小田原で, 少しいらだっ, 少し興奮, 尾張町の, 屈託げな, 山県公を, 左に, 己れ, 帰つてゐなかつた, 帰朝した, 常に変らない, 平民です, 年歯僅に, 幽かに, 床の, 座を, 引っ張り出して, 弟と, 弱々しくそう, 彫刻を, 彼をも, 従兄弟中の, 御存じの, 御金蔵, 微笑んだ, 心配らしく問うた, 忙しい職, 快く泊め, 怒ったよう, 怒つてでも, 急ぎ足で, 怪訝そうな, 息が, 悪いこと, 感心し, 懐手を, 戰爭を, 所謂世界漫遊を, 手拭を, 承知し, 押絵の, 按摩を, 振返え, 放縱無頼, 敗戦以来魂の, 散歩といふ, 文学は, 方今天下第, 既にその, 日本に, 早く眠った, 映画女優の, 昨日の, 是非なく, 時折その, 暗号の, 更めて, 書物において, 最初の, 月三度は, 本家です, 本当に腹, 村では, 東京だって, 東京駒込追分の, 柄にも, 柱に, 根の, 桜の, 植民地の, 構わずに, 横から, 檢事で, 此の, 武門に, 死に嫂, 死んだよ, 残りの, 母さへ, 毎晩, 気味悪そう, 水汲み, 決してその, 決して何, 沢山は, 泣くの, 洋行から, 流しで, 淋しい五里, 深く憐ん, 湯に, 無事で帰れたなら, 無理にも, 無論連れ, 焦急, 煙草を, 爆発為掛の, 父と, 父方の, 牛乳か, 特異な, 玄関先に, 理学士です, 琴子を, 生きては, 田舎者まる, 男に, 留守がちだ, 留守でも, 疊みかけ, 病弱だ, 病気で, 癇性で, 白髪の, 盲目だ, 直助, 省作の, 眞青の, 睨めつけて, 知らぬふり, 石に, 社交家だ, 禁じたの, 私たちの, 私な, 私にも, 私以上に, 穆弘と, 突然大きな, 突然自分, 立ち上って, 笈を, 笑つた, 箸を, 糸織の, 素っ気ない, 終日此処に, 結婚の, 維新後の, 緩慢な, 美術学校には, 翻が, 耐えられなくなって, 聖徳ある, 背後から, 腕組みを, 膝を, 自ら小僧たちを, 自分と, 自己一流の, 自然を, 興味が, 艫の, 色ばかり, 若かった, 苦い顔, 苦笑いを, 苦笑を, 茶店の, 菱なりの, 落ち葉を, 蔵前で, 虫歯を, 表の, 裏の, 見えず出て, 見て, 親同前, 言うだけの, 詰るやう, 語調を, 読みかけては, 誰よりも, 警察を, 豊雄と, 貧乏弟は, 赤橋殿の, 身が, 身分ちがいの, 軽く弟, 辭びて弟に, 近くの, 追い立てるもの, 進行中の, 運転手だつた, 道路から, 郡役所などへ, 酒を, 重い荷物, 重雄法学博士で, 釣り堀の, 銀座裏の, 長いあ, 長子であり, 開化人とでも, 間もなく汽車, 陸軍で, 集まりから, 電報で, 震へて, 非難しよう, 頑固な, 頼重太郎と, 顔色を, 食意地が, 首に, 馬鹿正直な, 驚ろいたろう, 高等中学で, 麥酒の

▼ 兄~ (1454, 8.3%)

11 聞いた 9 出て 8 私に 7 あった, いった, 帰って, 弟に, 自分の 6 ある, 云った, 急に 5 あつた, それを, 弟を, 死ねば, 死んで, 生きて, 私の 4 あって, 何か, 家の, 弟の, 殺されて, 綱曳で, 言った, 黙って

3 [21件] あること, いる, そこに, まだ生き, やって, 低い声, 口を, 呼んだ, 妹を, 宅へ, 家督を, 居ました, 持って, 来たので, 注意した, 父に, 突然, 答えた, 腹を, 見て, 見る目

2 [118件] あつたり, あのとおり, あるの, あゝ誰, いけないあの, いた, いつも口癖, いはく, うしろから, おれを, ここへ, すぐに, そこへ, そのため, その以前父, そんな話, だよ, どうかした, どうした, どんなに嬉し, どんな態度, はいって, ふとこちら, また聞いた, よろしく申しました, わたくしの, トランペットを, 一人あった, 一人で, 一人と, 一人妹が, 一人姉が, 一緒です, 上京し, 予てから私淑, 二人と, 云つた, 人殺しの, 今朝の, 佐川さんの, 何を, 借りて, 側で, 先に, 先刻カムドゥックル魚を, 其所を, 出掛, 勤めて, 去って, 又自殺, 声を, 外から, 大きな声, 大事です, 大人しく出, 大金満家で, 天井に, 夫人に, 夫人に対して, 夫人の, 奉公し, 妹の, 家出した, 寄進し, 帰り私, 帰ると, 年頃の, 幾度か, 建てた富士見, 廿日市で, 弄ばれて, 御成敗, 恐ろしく美しい蜘蛛, 或る, 手に, 承知し, 挨拶した, 斯う, 日本に, 朝鮮で, 来たら嫂, 来て, 来てから, 東京から, 東京で, 死んだ今, 死んだ後, 死んでも, 洋行から, 湯から, 父と, 爾を, 物なり, 生れて, 申しますには, 申すには, 病気に, 真面目な, 私を, 突然家出, 立って, 答へ, 終日宅に, 経営し, 結婚し, 考えて, 覗けば, 言ふ, 言葉を, 責任者である, 近来目に, 送って, 達者で, 金を, 離縁の, 順序に, 飛んで, 首を

1 [1007件 抜粋] ああした, あが, あた, あったが, あったの, あつたら, あの人, あり頭髪, あるからかも, あるという, ある博奕うち, あんなこと, あんなふうに逃げまわっ, あんな性格, いいました, いきなり衿, いけないの, いたらとても, いちども, いっしょの, いったいどの, いつでも, いつも御, いないと, いなくなる, いまそっと, いまにも, いま苦しめられ, いること, いるとき, いるん, いれば, いろいろ話す, おじいさんに, おる, お吸物, お送りします, かうなると, かさに, かような, きょうの, くまに, こいで, こういう私, こうした記事, こうなっ, こう答えた, こちらへ, この像, この家, この屏風, この時, この無益, この目, この遠眼鏡, この関係, これほどに, こんなこと, こんな妙, こんな所, ござります, さう言ふか言, しかじか, しきりに不思議, すぐまいりました, すぐ近在, する代り, ぜひ源氏, そういう考え, そうしない, そう云いました, そう言った, そのままに, その中, その夏, その後元気さうな, その日, その相伴, その足, その頃おとら, そんなに言っ, ただソリ, だんだん冷静, つれて, ところへ, どういう心持, どうしてあ, どんなに変つて, どんな事, どんな囈語, なかなか腰, なくなったの, なぐさめても, なにかした, なまじっかな, なんとかし, はずれものという, はたらきながら, ひと寝入りし, ひどくぴかぴか, ふりあげた右手, ほめられるの, まいりましたと, ませた口調, またすぐに, また云, また伝染病, まだまるで気がつい, まめ, まるでよく, もうあの, もう帰, もしあれ, もち自身, やったと, やって来て, やつぱりそんな事を, やはり星, ややも, ゆうべひょっこり, ようすを, よくその, よそに, わしと, ゐた嫂, ゐなくなれば, カルピスを, ダニューブ河の, ニコ, ボールを, ラヂオを, リーダの, ロッテナム美人術を, 一人あり, 一人ある, 一人ございました, 一人御座います, 一人有ります, 一升さげ, 一手で, 一生の, 七歳に, 万事を, 三人おり, 三吉の, 上って, 下宿し, 下谷に, 不安で, 不服な, 久しぶりに, 乏しい弗入, 二三日借用致す, 二人あつ, 二人も, 二人前野長岡両家に, 二十七で, 二度も, 云いました, 云うよう, 云ったので, 云って, 云へ, 五人の, 亜米利加へ, 亡くなったもの, 亡くなられて, 亡なった, 仆るる, 今しがた叫んだ, 今どこに, 今口, 今度は, 仕置に, 代って, 伊藤の, 会わねば, 位牌を, 住んで, 何うし, 何となくちょっと可哀そう, 何故あんなに敵党, 何者かに, 來た, 便所から, 信州へ, 信頼し, 倒れんと, 傍を, 優しく清らか, 先ず貢物, 先刻の, 克く, 入つて, 入口まで, 入営が, 入学した, 八年もの間乾き萎れ病み伏しました, 公用証を, 其の日, 其時壁に, 内閣に, 冬村二三雄その他村の, 出かけたすぐ, 出る, 出勤せられる, 刀の, 切って, 刑事探偵を, 前に, 力に, 助かつ, 動も, 包を, 十一の, 十五にな, 十六弟が, 千円出さん, 博多で, 去ると, 又なき, 又云った, 反対し, 反対に, 取り戻したから, 叩き放しに, 叫んだ, 可哀そうなら, 同じく働き, 名古屋の, 君主で, 吹聴し, 呟いたフシギ, 呶鳴っ, 唐突に, 四千両, 図らず拾, 國から, 地方へ, 坐つたので, 声高に, 外国へ, 多少の, 夜業で, 大きなコップ, 大喝一声コリャ待て, 大学の, 大株主, 奥から, 女を, 妻を, 妻籠の, 娘の, 嫂に, 子を, 学生時代に, 宜しく申しました, 家に, 家中から, 家督相続者として, 家長で, 寄宿し, 富豪である, 寛ぎの, 尋ねて, 小便が, 小団次の, 尚恐かっ, 居ませぬで何, 居ります, 山口からの, 山高帽などを, 左の, 巻き込まれたため, 師匠番である, 帰ったら教えて, 帰っても, 帰つて来た, 帰らぬ, 帰る時, 平家の, 座った, 廊下伝いには, 建てられた新しい, 引受けるから, 弟は, 当時しきりに, 彼から, 彼女の, 待って, 後に伊藤八兵衛, 御嫁, 御座います, 御遺族, 心臓脚気で, 怖いか, 急病で, 息子の, 悪い人間, 悲しみまする, 情に, 意固地に, 憎くなった, 懐手を, 戀する, 成長の, 戦死された, 戸を, 戻りました時, 手で, 手製の, 手配を, 承知する, 折ったの, 抱きたがれば, 持つて, 据わつて, 揃って, 改まって, 放蕩で, 教えて, 斉明天皇の, 新しい仕事, 新詩社, 既に整, 昔の, 昨夜一と, 時々おそろしく能弁, 晴々しい, 最初だった, 朝家を, 末期に, 本家の, 本鎚, 来, 来たと, 来ると, 東京の, 東京勤めに, 梁などに, 横から, 横目附に, 檀那様に, 止めるの, 此の, 此間私に, 歳子の, 歸つて來る, 死に親族, 死ぬと共に, 死んじまったので, 死んだから, 死んだという, 死んだ部屋, 死んでる, 殘したる, 殺された時, 殿様から, 母の, 母親に, 毎晩こうして, 気ちがいに, 気の毒に, 永住の, 泊った先, 泣き悲しんで, 洋行中は, 洩らした会話, 渡りきって, 潜入し, 火鉢の, 無くな, 無事な, 無事帰つたといふ, 無慈悲で, 無斷, 無神論者だ, 物堅い気性, 犯人として, 独逸から, 生き返るか, 生れると, 生命を, 用立てた金, 申して, 申しますの, 申しまする, 申すので, 画人だ, 留守し, 留守にな, 疎開させ, 疳高い声, 病死する, 病気を, 癇癪を, 癒る, 発狂し, 皮肉を, 相場に, 眉を, 県庁に, 眠って, 矢張黒と, 知らぬからとて, 石油配布に, 祕藏の, 突然云った, 突然聞いた, 立ちに, 立つて, 笑いながら, 答えました, 箱根の, 籐椅子から, 約束の, 級長を, 結婚する, 綾子の, 繰返した, 老職肝入, 聞き咎めたの, 職場から, 胴を, 膝を, 自ら告白する, 自分で, 自分に対して, 自動車の, 自殺する, 若くし, 苦しんだかを, 英語を, 藤吉を, 行きますと, 行った時, 行田町に, 要らないと, 見せた一種, 見張って, 見舞に, 見逃す樣, 言いようも, 言って, 言つてゐた, 言出す, 訪ねて, 試みて, 話したこと, 話すの, 説明し, 誰か, 論文を, 諸葛亮, 豊橋へ, 買って, 贈つて, 跛足なる, 蹲まっ, 身体の, 身體を, 軍を, 農業を, 近所に, 這うよう, 逝いてからの, 連れて, 遊蕩を, 道誉の, 遠くに, 遺恨の, 還って, 郷里の, 釣竿を, 銭湯へ, 長い間眼, 開けたの, 間もなく貰った, 附けました, 陥つた深淵, 隠して, 隱した, 雪子に, 霞亭で, 青い顔, 青駒ほこらく, 頃合を, 頑として聞入れなかった, 頭な, 頼む, 顔を, 風邪気味だ, 馬に, 駈けこんで, 高圧的に, 高田を, 魚とりに, 鯰を, 麻の, 鼻じろむほどの

▼ 兄~ (837, 4.8%)

16 向って 13 代って 10 似て 7 向かって, 連れられて 6 對し 5 當る, 頼んで 4 云った, 借金を, 当る人, 比べると, 聞いて, 話した, 身を, 顔を

3 [19件] あたる者, して, しては, つれられて, 万一の, 会いに, 会って, 何か, 同情し, 向けた, 向った, 向つて, 宛てた手紙, 宛てて, 對する, 生まれては, 訊いた, 話して, 金を

2 [58件] かしずいて, くれたの, すまないと, なすり付けた覚, よろしく, 云ったの, 代りて, 会いたいと, 会うこと, 会うの, 伝染し, 借金の, 別れた, 反対した, 反抗する, 大工が, 大工の, 安之助が, 寄する, 尋ねて, 小声で, 就て, 強意見を, 当るから, 恐縮し, 悲惨な, 手伝って, 手紙を, 手頼つて破談に, 持たして, 挨拶した, 教へ, 敬意を, 未練を, 極められると, 歸れ, 相談し, 相談する, 祝言を, 答えた, 紹介し, 罪が, 聞いた, 臨んで, 自分の, 見せた, 言って, 言つた其人の, 言われて, 話すと, 話を, 負けじと, 返した, 逢つたなら, 隠して, 頭を, 頼めば, 頼んだ

1 [563件 抜粋] あいたい一心, あたって, あたるの, あづけた, あるの, ある懼, あわせて, いい出世, いくら喧, いじめられて, いちどぜひ, いった, いっては, いわれたもの, い己, うながされチヨ, えらく侮辱, え忍, おくりその, おくれては, おりおり手紙, お芳, お願いし, かえって呉れる, かけて, かぶりついた, かわって, きいた, きいて, きかれて, きつと, くれぐれも頼ん, こたえた, このこと, この恋愛, さう云, さし出しながら, さし示した, さらと, しいずれ, したところ, しちゃあ, しても, しらせねば, すがりついたの, すぐ知れる, すすめられて, すまないごとく少し, すまないせめて, すまない恐ろし, すれば, せまって, そういう地位, そう云いかけた, そっくりだ, そのこと, その方, その話, その魔神, そばから, たずねました, たのんで, だまされて, だまって, つたわりました, とつて, とびついて, どなられたので, ないしょで, なぞ大事を, なった, なって, なつた, なほも, ならって, なりおおせること, なれる, なろう, なんと云, ねだって, ののしられても, はぐれて, はちよつと, はなはだしい不愉快, ひどく叱られ, ひや, ぶちまけて, ぶっつかって, ぶらさがって, まけては, まけない強情, まねかれ美濃今泉, もらった万年筆, やらせるか, やられるの, よく似, よく意見, よしよし私, よっぽど借金申込み, よばれて, わかったの, わからないの, わかれた三左衛門輝政, わが物気取り, わざわざ寄っ, レモナーデを, 一任した, 一札書い, 三位弟には, 不幸が, 与うる書中, 与うる賀正, 与えた苦悶, 与えて, 与せずその後, 与へて, 事実を, 云いました, 云うから, 云えますか, 云つた, 云つてしまつた, 云つて居る, 云ひ置い, 云われた瞬間, 云われて, 云われるとおり手当り, 今の, 今までの, 仕えて, 仕える妹, 代つて, 代つて弁解, 代つて悲痛, 代らしめなかつた, 代り次男友川三次郎矩行, 仰有った言葉, 会いたがって, 会いたくて, 会うよう, 会えば, 会す, 会ったら明らさま, 会ひたく, 会わなかったので, 会社を, 会見し, 伴われて, 似ず端麗, 似つかぬ臆病者, 似寄りの, 何かの, 何でも, 侍し, 侍し姉, 依頼し, 促されても, 候間兄弟と, 倣って, 僕の, 先だち夫, 先ち, 先日私は, 出合つた, 刃向いする, 分らぬ筈, 分るもの, 別れて, 別れを, 別れ軽い, 別を, 劣らねども, 助けられながら, 劫か, 勧めて, 勧めながら, 十分感謝しなけれ, 厄介を, 反して, 口惜し泣き, 口答え一つした, 叩きつけられた不覚, 叱られた樣, 叱られるかも, 叱られ私, 叱責され, 同情が, 向い, 向おうと, 向かいて, 向っては, 向つた, 向つて言, 向ひ, 向わなければ, 告げました, 味方する, 呼ばれて, 呼び付けられるが, 呼び付けられるの, 命ぜられて, 咄しなば, 唆か, 問い質すだけの, 問うて, 問われた時, 善継という, 囁く, 報じた, 報じたついで, 報ずること, 報告した, 報告を, 大事を, 天誅を, 奢って, 女を, 好意を, 妻を, 委せかけて, 嫉妬してる, 宛てた一通, 家を, 家督を, 容れられようか, 対した心持, 対してと, 尊攘派の, 就いて, 就ての, 属して, 巡り会いました, 巡り逢ったこと, 師事せられた, 弓引く者, 引き渡された, 引っ張られて, 引較べ, 引連れられて, 弟の, 弟も, 強制的に, 強要された, 当たりますの, 当って, 当られる禅師, 当り年, 当り高市, 当る, 当るもの, 当るわし, 当る一彰さん, 当る二十七, 当る二郎次, 当る先代五左衛門, 当る吾八, 当る当主駿河守, 当る文学好き, 当る織田信広, 当る者, 当る訳, 当る長井隼人正, 影響した, 後には, 従うもの, 從つて女を, 心からの, 心配ばかり, 必死の, 思いを, 思ひ切つて, 恋して, 悟られまいと, 惚れいと, 意見を, 愛想づかし, 感付かれた, 感謝した, 憎まれて, 成り代って, 手むかいする, 手を, 手渡す, 打ち勝った得意, 打ち明けると, 打明けて, 托して, 抑えられたとか, 抱かれて, 抱かれながら, 抱きつきながら, 抱きつく美保子, 抱き上げられた美保子, 招かれて, 持たが, 持った末子, 捉まった, 捧げられたの, 描いて, 握られて, 擬し之, 教えられたが, 教は, 教わって, 新内を, 新婚旅行が, 昼食として, 暇乞いを, 暫らく会った, 暫らく会つた, 曳かれて, 會釋し, 有様を, 朝礼する, 横取りされ, 次の, 欺され, 欺されまし, 此技を, 殉じた事, 残して, 殺されて, 母を, 毒殺の, 気どられぬ様, 気取られぬよう, 汲んで, 注意した, 洩らすと, 清兵衞と, 渡して, 渡しといて, 渡し自分, 無心を, 無断で, 無禮, 物を, 特有なひす, 理解し, 生活の, 用が, 異心, 當り, 疑いが, 疑が, 発見され, 皇帝の, 盗みを, 監督せられ, 直々会っ, 相談が, 相談しよう, 相談すれ, 相談を, 知らされるという, 知らせた, 知らせて, 知らせるより, 知られて, 知られなかった, 知れたら大変, 知れないやう, 示す尊敬, 礼を, 私たちの, 私の, 秋山という, 秘密を, 突忽と, 窮屈千万, 約して, 約束した, 細々と, 紹介しない, 給ふ, 絵解を, 続いて, 縄は, 縋り, 縋るよう, 縫は, 罪あり, 罪を, 置いて, 美代という, 聞いたところ, 聞いた問, 聞えるよう, 聞き訊, 聞き返した, 聞くと, 聞こえた, 肩を, 背を, 與へて, 英語や, 萬に, 蒲壽, 螺釘を, 見えるよう, 見せようと, 見せると共に, 見つけられて, 見て, 見ぬかれて, 見られては, 見付けられては, 言はれた, 言われたとおり, 訊いて, 訊かれて, 訊きました, 訊ねた, 託さん入獄, 託して, 許されて, 許す如く又, 訴へる, 詫びて, 詫びては, 詫びられたそう, 話さねば, 話しかけました, 話しかけようと, 話しが, 話し紅子, 話も, 語った, 語らした, 説いた, 説つけられ, 説伏され, 説明し, 読ませたが, 調戯う, 譲る, 讀ませ聞くの, 負うところ, 負けないで, 負けない喚きを, 負けるなよ, 貢らしめ, 買つて貰つた, 賛成し, 質問する, 質問を, 贈つた一紙, 贈るべきマスク, 赤恥か, 近づいて, 近づこうと, 返そうと, 返つて, 返事を, 返済する, 迫った, 迫って, 迫つて其財産を, 追ひすがりました, 追ひ付い, 送った長い, 送るや, 逆らった不, 通ずるよう, 逢いたいと, 逢うて, 逢うと, 逢うのみ, 逢えず反って, 逢た, 逢った, 逢ったばかりじゃ, 逢ひたる, 逢ふと, 逢わないよう, 連れられ兄, 進路を, 遇う, 過ぎる位, 違ひなかった, 遜るよう, 金木の, 金銀の, 閉店の, 阿古迺と, 附添っ, 附絡われ, 随い, 随行する, 隨い, 電話を, 面会に, 面別する, 頗る評判, 頼まれたと, 頼まれちゃ, 頼まれちや, 頼りきったところ, 類似した, 養父が

▼ 兄~ (760, 4.3%)

46 一緒に 11 妹の, 嫂の 10 妹とが 9 いっしょに, 同じよう 8 妹は 7 妹が, 弟が, 弟は, 私は, 自分との, 自分は 6 嫂が 5 別れて, 同意見, 自分の, 顔を 4 なり姉, 二人で, 代助, 同じやう, 弟とが, 私とは

3 [19件] なって, 一しょに, 一所に, 云ふ, 喧嘩を, 妹との, 嫂と, 弟とを, 弟の, 弟を, 彼女とが, 思って, 父との, 碁を, 私が, 称する男, 肩を, 言ふて, 連立って

2 [56件] いえば, いっても, お前は, して, ちがって, 一しよ, 一つに, 一人の, 三人で, 両親と, 並んで, 二人の, 二人住む, 云うの, 他の, 余と, 僕は, 兄の, 共謀し, 利光さんは, 千浪の, 同じ位, 同じ惨禍, 大喧嘩, 妹, 妹である, 妹と, 妹に, 姉が, 姉の, 姉は, 嫂とは, 嫂は, 差向いに, 床を, 弟, 弟と, 弟という, 思えばこそ, 次兄と, 母に, 清子の, 父が, 瑠璃子とは, 申して, 目を, 相談し, 相談したい, 私の, 競り飲み, 自分と, 袂を, 言うの, 遊んで, 違って, 鉤を

1 [395件] あたしと, あの人, いい肉親, いうほどに, いうよりか, いえども, いっしょの, いって, いふを, おなじ血, おばさんに, おれは, お互, お兼さん, お前の, お柳, お浜, お絹, お角, かかれて, このカタリナ, この二人, この人, この妹, こんな下らぬ, さしたる, したこと, した約束, しつつ, し月, すこし折り, する, する五郎作, そして養子, そっくりな, その友だち, その従者, その情人, その押絵, それから, それから誰, たのむ, たのめる人, たのんだほどの, だと, つき合わせた, つれだち信二, ともどもまいりました, どこか, なったこと, なった私, なつて, なり弟, なるかも, なるべき筈, はしらなかつた, ふざけて, ふたりで, ほかに, ほかにも, また激論, みえる少し, めまぐるしく変わり行く, もう一人, もし嬉々, よう似た, よく似, よびて, わが身の上, わたしとが, わたしとは, アノ人との, イワンとを, オットーとの, クラリネットの, ダンチョン様とが, 一さんじゃ, 一さんと, 一つでは, 一つコップの, 一つ蚊帳に, 一に, 一人に, 一番親密な, 一緒であった, 一緒でありません, 一緒でなかった, 一緒の, 一致し, 七八歳に, 三人が, 三吉の, 三四杯宛傾ける, 三越に, 不愉快な, 並びクリーム色, 久しぶりで, 久し振り水入らずで, 乳母との, 争い乍ら金を, 争うつもり, 争うはずみ, 争おうとは, 争ったこと, 二人うすぐらい, 二人きりに, 二人ぎりに, 二人し, 二人だけ, 二人だけで, 二人は, 二人分の, 二人去年の, 云い妹, 云い弟, 云う者, 云えば, 云ば, 云ひ, 云ふも, 五人も, 交代する, 交渉が, 今年の, 他に, 以前は, 仲が, 伊四郎という, 休之, 会見を, 低い庸三, 何か, 何とか連絡, 余とは, 俊太郎に, 健三は, 僕とが, 兄嫁との, 入れ替っちゃ, 入れ替つちや, 八郎太とに対して, 六つ違ひで生れ, 六十に, 六歳に, 共々めでたく, 共々深夜, 共同し, 兵馬に, 其の友人, 冬村君と, 出合った, 分れること, 分れ分れに, 分家すべき, 別れた, 別れた一人旅, 利光さんの, 前後し, 力を, 北川さんとの, 医者と, 十二三に, 十二三も, 千浪が, 千浪に, 卓を, 友人に, 反対に, 口あらそい, 口げんかする, 口を, 口論めいた, 司馬の, 司馬先生の, 同じくヴェルノン, 同じく怜悧, 同じく過去, 同じこと, 同じじゃ, 同じとき, 同じに, 同じ下宿, 同じ境遇, 同じ心, 同じ態度, 同じ筋道, 同じ運命, 同化し得ない, 同居し, 同年で, 同年の, 同時に監禁, 同様である, 同様に, 同様私も, 同程度, 同道し, 同道備前町有馬宗智宅へ, 名の, 名のった, 君だけくらい, 君との, 呼ばる, 呼び人見廣介, 呼ぶ人, 四人手揃いで, 夫との, 妙な, 妹でなく, 妹では, 妹とは, 妹な, 妹なら, 妹を, 妹姉と, 妹恋愛大いに, 姉と, 姉とが, 姉とを, 婆やと, 婚約が, 婚約の, 嫁との, 嫂だけが, 嫂だけに, 嫂とが, 嫂との, 嫂に, 宗近が, 宗近も, 定め父, 客が, 客とは, 家庭の, 対い合っ, 対座し, 小花さんは, 少しも, 居相撲か, 差し向いで, 差し向ひで話を, 差向, 差向いで, 己と, 己は, 巴里の, 帆村とは, 師直との, 弟であった, 弟とに, 弟とは, 弟について, 弟伯叔父母と, 弟叔父甥なども, 弟姉と, 張り合ふ, 彼とを, 彼女が, 往来し, 往来を, 御同い年, 思い慕った, 思うて, 思うなっ, 思うべきでは, 思えば, 思ったでしょう, 思はない, 恋人とが, 恨んで, 意見が, 慕って, 戦うには, 戦うの, 戸田と, 手を, 打ち合せある, 折合が, 握手を, 故の, 敬おう, 斯樣な, 村尾さんからも, 来て, 杯を, 権六へ, 権現社頭の, 此二人に, 母との, 母とは, 母も, 気が, 爭つた, 父あてに, 父と, 父とに, 父とは, 父は, 甘んじて, 異つて何ん, 疎遠に, 白絣の, 目顔で, 直義が, 相談の, 相通ずる, 眉さえ, 知って, 知らずどうして, 知らないから, 知る, 知れて, 知名の, 祖母さんの, 私, 私だけが, 私だけは, 私で, 私と, 私とが, 私とでは, 私との, 私とを, 称する人物, 立てて, 競争しよう, 笛吹川画伯との, 笛吹川画伯対談の, 精養軒で, 結婚した, 結婚しまし, 縁を, 美穂子さんの, 羽根突, 肌が, 自分とに, 自分とは, 自分のみに, 自分を, 良人と, 落合うこと, 虫あさりを, 行つた時には, 衝突し, 衝突する, 見えた一人, 覚れましたか, 親しくする, 親しく顔を, 親しみ相談柱, 親んで, 言うた, 言えば, 言った大, 言った方, 言って, 言つた一山だ, 言つた方が, 言つてる, 言つて時々, 言ふ, 言る, 言われた大, 話が, 話しながら, 話し暮した, 話でも, 話を, 認めるの, 談判を, 談合の, 護国山麓の, 買物を, 越後蒲原郡水原の, 逆に, 連れ立って, 連れ立つて, 道誉の, 違いは, 違った方面, 違ひ, 酒盛りを, 関係が, 闘うこと, 闘うより, 闘ふ, 阿蘇の, 隣り合せ, 離れ離れに, 非常に, 面識の, 順吉とは, 顏を, 顔が, 飲んで

▼ 兄~ (728, 4.2%)

16 見た 6 愛して 5 殺したの, 見て 4 なだめて, 助けて 3 さしおいて, たずねて, 信じて, 兄とも, 殺して, 眺めて, 見つめた, 見ると, 訪ねて

2 [57件] おいて, して, たよって, つれて, なだめ出す, やさしく愛し, 不人情と, 不慮に, 凝と, 動かすの, 呼び寄せて, 呼んだ, 呼んだが, 庇ふ, 弄んだ上, 弄んで, 彼は, 待って, 待合し, 恥しめない, 愛しとお, 手に, 持って, 捜して, 捨てて, 探したが, 撃てないこと, 残して, 殺した, 殺したこと, 殺したとは, 殺すほどの, 殺そうと, 深淵へ, 溺らせしかと, 甘く見, 睨み付けて, 知って, 私は, 見る時, 見れば, 見上げた, 見上げて, 見守りながら, 見送つて, 訪れたり, 誘って, 諫め兼ね, 軽蔑し, 追った, 送って, 連れて, 頼って, 頼むこと, 顧みて, 顧る, 食わせて

1 [547件 抜粋] あざむき五十金, あやめた下手人, いだくと, いちどにとられた, いちどに奪った, いつも物足りなく, うながして, うらやむには, えらくし, おこさないよう, おとし入れた報い, およそ神経, かき口説いたもの, かたむけようと, かっぱらって, かばう兄弟, きらいに, こう見, こう見ろ, この上, この儘, こわがって, こんな言葉, さし越して, したって, しっかと肩, しのいで, すっかり大人扱い, せめた, そう呼ん, そこへ, そして姉, そっともと, そっと別室, その地, それだけ軽蔑, そんなところ, そんなに弱らせる, たしなめると, たしなめるよう, たすけて, ただ一打ち, たのむより, たまらなく可哀想, つかまえて, つかみ殺しひきさいて, つけ廻すの, どうかし, どうして伴, どうして罪, どう御覧, どんなに悲しん, どんなに羨し, ながめた, ながめて, ながめました, なだめるよう, にらみました, にらんだと, はじめ商売の, ば情なく, ひきもどす役, ひどく叱った, ふり捨てて, ぶたうと, ぶん撲る, ほめるの, まいらせたの, ますます驚かせる, まね郎党たち, もういちど健康, もったの, もって, やっけるため, やりこめ兄, ようやく寝かせ, よくする, よく知っ, よび呼び交い呼び交いしぜん, よんで, バカ扱い, 一元寺で, 一寸見, 一本まいらせよう, 一郎次と, 下から, 不信し, 不愍がっ, 両方とも, 中へ, 丸裸に, 乗せたまま, 乗せた馬, 二人失った, 二階の, 云々する, 五十嵐大膳長國と, 交えない一家, 人間扱いには, 仆し, 伊勢太郎と, 会社で, 何時も物足りなく, 余り好かない, 作藏舍弟を, 信じた, 信じようと, 信用し愛し, 信頼しきっ, 信頼したかった, 優しいと, 優しくいたわっ, 光明的に, 其所まで, 其所迄, 其魔力の, 冷淡過ぎる, 冷笑ける, 凌ごうと, 凌辱する, 出せ, 出征させ, 切った相手, 初め嫂節子それから, 利, 制するやう, 制するよう, 刺したナイフ, 剃髪染衣の, 前に, 助けずに, 助けた, 助けたかつたら, 助けようと, 助けるという, 助けるには, 励ました, 励ます兄弟, 労わるよう, 勧めて, 半ば恐れ, 半作と, 南方の, 叛逆者の, 叱った, 叱りました, 吉, 吉之助と, 吉之助弟を, 同化させよう, 否み難く, 呪って, 呼ばうと, 呼ばぬよう, 呼びかけた, 呼びに, 呼び弾む児, 呼べ, 呼べとか, 呼ぼうと, 呼んで, 呼んでも, 咎めること, 咎めるよう, 喪った傷心, 地獄に, 大事に, 太郎と, 夭せしめ, 失った弟, 失った私, 失った青木, 失って, 失つた青木と, 奪われ一番惨め, 奪われ夫, 好まなかった, 妬みつづけて, 妹を, 姉は, 嫌疑者として, 学者として, 守るため, 客として, 宥めたかつた優しい, 寝せ座敷, 寢せ, 尊敬さす, 尊敬し, 尊敬する, 尊敬日, 尋ぬる, 尋ね来て, 居付かせようと, 左門松太郎と, 差置いてと, 差置きて, 帰して, 庇うため, 庇うの, 庇う積り, 座敷牢に, 引き離した, 引っ張って, 引張って, 彼の, 往訪し, 待ちながら, 待つて, 待受けた, 後々まで, 御存じでした, 御存じない, 御存知でございます, 徳と, 徳として, 徳川方に, 心配させまい, 忘れて, 怒らせ兄, 怕れ, 思い家, 思う, 思うての, 思うとき, 思うは, 思うばかり, 思う余り, 思う昨日今日, 思った, 思ふ心, 怨ひ, 怨んだが, 恋い慕うので, 恐れて, 恨んで, 息子を, 悦ばした, 悪人呼ばわりする, 惡人呼ば, 想ひ出す, 愍れ, 愛するとき, 愛せず吏, 慕って, 慰む, 慰めたくて, 慰めて, 慰めようとして, 慰めること, 慰める爲, 憎らしいもの, 憎んだこと, 憐れんだ, 憤る一方, 憫れ, 成功させ, 成敗した, 戒めるよう, 戦線に, 手ひどく遣り込める, 打たれて, 打った, 抱いて, 抱えいわば, 抱え片手, 抱きすくめて, 抱き容れて, 抱き止めて, 押し傾けようと, 押し退けて, 押止める, 招じ, 持ちこの, 持ったの, 持ったもの, 持ったカソリック, 持つこと, 指さして, 指して, 振りかえった, 振向くと, 捕まえたかったもの, 捜した上, 捜し出して, 捨て旅行, 探させること, 探して, 探し出して, 探ねると, 掴まえて, 擲りました, 攻撃する, 敬し, 敬愛する, 敵として, 文弱と, 是認し, 晃一弟を, 暗殺する, 東京の, 案じる不安, 欺いたにも, 欺いて, 欺き嫂, 止めて, 止めること, 死地に, 殴った, 殺さしたも, 殺さしめた, 殺させる方, 殺さば, 殺したと, 殺したるカイン, 殺した下手人, 殺した仇敵, 殺した憎い, 殺した異国, 殺した相手, 殺しましたる大作, 殺し又, 殺し得たの, 殺すこと, 殺すなどという, 殺すよう, 殺す気, 殺めるやう, 殺めるよう, 殺りまつれること, 殺害した, 毆打負傷せしめた, 毛頭星, 気づかったり, 気の毒がり, 気の毒がる, 気遣って, 求めて, 求めると, 決してきらい, 渦中に, 滅ぼし繁盛, 激励する, 無慈悲と, 無視し, 焦らす事, 父を, 父親の, 片輪, 犬死させる, 狂わせ夫, 玄策徴と, 生き返らせること, 生み出したの, 生んだの, 申生と, 疑い二人, 疑ひ二人, 病室の, 発見した, 目立って, 盲目の, 真中に, 真正の, 眺めた, 睨む気軽さ, 睨んで, 知らない訳, 福祉する, 私の, 秋山之, 称して, 稍とも, 突落した, 筋違いに, 納屋へ, 紹介する, 罵ったり, 罵る兄弟, 羨ましが, 羨ましがっ, 羨ましがらせました, 肘で, 肱で, 脅すこと, 脅迫し, 腑甲斐なく, 膝の, 自分の, 自由に, 芸術鑑賞の, 苦しい立ち場, 苦しめた, 苦しめて, 苦しめ切って, 術ながら, 裁判にも, 裏から, 補ける, 襲つた運命が, 見あげた, 見ずに, 見たが, 見た事, 見つめて, 見つめながら, 見ても, 見ながら, 見に, 見ました, 見ようと, 見る, 見るが, 見るここち, 見るの, 見るばかり, 見上げながら, 見上げなければ, 見上ながら, 見付けたら何, 見做, 見守って, 見忘れて, 見捨てよおれ, 見損なったとかげ, 見殺しに, 見殺しにも, 見眞, 見舞ふこ, 見詰める, 見返して, 見送ってからの, 見送ろうとして, 覗くなんて, 解珍弟を, 言い破るわけ, 討たせること, 討たれた, 討たれながら, 討ったので, 討ったゆえ, 討った者, 討つに, 訪いました, 訪うとき, 訪ねた, 訪ひました, 訪ふとき, 訪問する, 許して, 診察した, 詈り, 評した彼, 誘い出して, 誘い出す際, 誘惑し, 諫むるに, 諫めた, 諫め榛軒が, 諷して, 謂ふ, 講和の, 責めでも, 責め坂田, 責め罵った, 起こして, 起した, 起しに, 越えて, 越して, 路頭に, 蹴落として, 軽蔑する, 軽薄だ, 迎えるため, 迎え共に, 迎へ, 追い出して, 追うかと, 送り出した, 送り出してから, 送れるの, 逃して, 遊学させる, 釣り寄せたの, 門前払ひ, 附けるの, 隔て出けるに, 頼った, 頼つた, 頼みに, 頼み兄, 頼んで, 顧った, 顧みると, 養い兄, 養う, 養って, 馬鹿だ, 魚則と

▼ 兄~ (651, 3.7%)

13 の前 108 だ, のところ 7 の手柄, の見込み 6 の手, は 5 に任せ, の縄張 4 のやり, の顏, の顔, もさぞ 3 がお, ちょいと, の子分衆, の家, の智恵, の言う, はどう, はどうして, もか

2 [110件] あのお, あの通り, お組, かそいつ, か少し, がいい, がこんなに, がつい, が三村屋, が住ん, が來, が失策, が念入り, が手, が手柄, が持て, が持て余した, が来, が殺された, が男, が睨んだ, が見, が飛込ん, この通り, この道人, じゃない, じゃねえ, その番頭, その番頭さん, ですか, ですよ, でも, でもなき, で暮し, と二人, と子分, と張り合, などが早速, なら, に, にしろ, にすまない, には泉屋, にも何, にも判らない, にも清吉, にケチ, に來, に恥, に惡, に来, に済まねえ, に濟, に磔柱, に遠慮, に頼まれ, に頼ん, のお蔭, のこと, のする, の仕込み, の勇五郎, の智慧, の祝言, の繩張り, の肩, の腕, の親切, の言, の調べ振り, の身内, はうまい, はここ, はこの, はさ, はすまねえ, はそう, は居なさる, は時々, は正直, は此處, は目, は石原, は竹町, は若旦那, は親分, は飛んだ, へはお, へ行っ, もうお, もう下手人, もう大丈夫, もこれ, もつまらねえ, もヤキ, も失策, も縛られた, も良い, より二つ三つ, らしくも, を借り, を働かせ, を助け, を呼ん, を安心, 大層好い, 大層沈んでる, 御苦勞, 聞いての, 落して

1 [313件] あのまま, いつも元, いつも元気, おっと, お互に, お寿, お指図, お指圖, お政, お静さん, お靜さん, かどう, かまア入, から使い, から聞きなすったろう, から聞きなすつたらう, か下谷, か冗談, か吉五郎, か大層, か清吉, か變, か銭形, か錢形, があり, があれ, がいわし, がいわっし, がこの, がこの間嫌, がさ, がそうして, がちょっと, がびっくり, がびつくり, がやっ, がやつ, がやにわに, がよ, が一人, が一寸, が三人, が三人縛つたの, が下手人, が乗り出し, が乗出しゃ, が二七講, が何ん, が入っ, が力ん, が困っ, が困つ, が奴, が宜, が忘れず, が怒鳴る, が挙げ, が擧げ, が昨夜, が智恵, が智慧, が本, が本当に, が来た, が橋, が此間嫌, が渾名, が眼鏡違い, が神田, が縛っ, が縛った, が言, が語り次ぐ, が隠居所, が隱居所, が顏, が顔, が風流, こうなっ, こうなりゃ, このご, このとおり, この三軒長屋, この仕掛, この仕掛け, この辺, こんなうれしい, こんな薄野呂, さえよかっ, じゃ手, すっかり逆, その手配, その男, そんな事, たいした手柄, たうとう, ただ一人, たっての頼み, だけさ, だそいつ, だってそうい, だなんて, ちょっと見せ, って呼んだ, である, でお, でした, でしたか, でないぞよ, でなくて, でもわかる, で鼻唄, と, とあつし, とうとう民五郎, とか言, とか言っ, とは夢, とは思えない, とは縁, とは違う, とは違ふから, とんだ出しゃ張る, と云, と來ちや, と四ツ目屋, と張り合う, と張合い, と言, どうだい, どんな証拠, なぞはそろい, などに正体, などに縛られる, なら強引, なら見当, なら見當, なんていっ, にお, にこした, にさう, にそう, には叶, には済まない, には濟まね, には負け続けだ, には負け續, にもこの, にもそう, にも來, にも来, に向っ, に嗅ぎ出され, に強, に強い, に志賀屋, に悪い, に悪かろ, に成つて, に捕へられる, に捕まえられる, に捕まっ, に楽しませ, に樂, に済まない, に立ち, に立会っ, に繩, に見張らせる, に言, に言わせる, に誘わせました, に逢, に逢いたがっ, に逢っ, に逢つて, のいう, のため, のやう, のよう, の下, の仕事, の住ん, の右, の居所, の形, の惚れつ, の手伝い, の手傳ひで, の手柄話, の手落ち, の智惠, の気, の氣, の留守, の番, の眼鏡違い, の素姓, の縄張内, の考, の行方, の見, の見当違い, の見込, の調べ, の調べつ, の身, の鑑識違ひと言, の魂, の鳶頭, はあの, はいい, はしっかり, はしばらく, はずーっと, はその, はては目, はとんだ, はどんな, はなぜ, はふと, は三輪, は与, は両国, は中気, は今, は仲人, は何, は兩國, は喜三郎, は在家, は夜, は大事, は妙, は居らぬ, は暫く, は此家, は殺さなかった, は殺さなかつた, は氣, は照れた, は相, は納得, は考えすぎた, は考へ過ぎた, は聞い, は與母吉, は船頭, は茂七, は言, は言う, は銅六, は錢形, は霜, は顏, へそう, への気兼ね, への氣兼, へ智恵, へ智慧, までこの, むこうから, もう遅い, もここ, もそう, もそれ, もそんな, も一緒, も付き合っ, も何處, も八, も持て, も持て余し, も満更, も滿更掛り合, も知っ, も聴いた, も聽, も言っ, も言つて, も身, らしく鷹揚, わかつたよ, をつれ, を俟つま, を助ける, を怨ん, を怪我, を残し, を科人扱, を襲った, を頼みましょう, 丁度宜い, 入れッ, 大した手柄, 大層ゆ, 大層大きな, 大方見, 大變, 帰ったら平次, 待って, 待つて, 怒るな, 悪いの, 有難え, 有難て, 済まねえが, 考えること, 考へること, 若い女, 行って, 随分人, 頼むぜ

▼ 兄~ (543, 3.1%)

27 のお 22 お兄様 109 と私 7 がお, のこと 65 の御, はお, をお 4 が御, っ, の方, はあの, もお 3 そんな事, でも, にお, はそれ, や妾

2 [28件] がいらっしゃる, が弩, が私, でした, と, とあたし, とご, とも相談, にし, にそんな, に何, に相談, のあと, のお話, の一慶和尚, の事, の仇, の日記, の為, の許嫁, はその, は何と, は御, は陸軍, も, やお母様, や姉様, を殺し

1 [349件] あっ, あの先程, いまだにお, お一人, お人形, お兄さま, お兄様妾もろ, お別れ, お帰り, お身, か, からあなた, からお, からお許し, からの手紙, から下, から園子様, から教, か存じません, がいつも, がいらっしゃいました, がいわれます, がうち, がお出まし, がお嬢さん, がお家, がお気, がきのう, がこの, がせっかく, がその, がたと, がどうか, がな, がまだ, がよもや, がホントウ, が一番, が上々, が何, が傍, が優しく, が兄, が帰る, が庇った, が床脇, が御覧, が折角, が文字, が日光, が洋行, が浅草, が熱海, が王宮, が見えません, が謀反人, が跡, が近寄られる, が返事, が逐, が阿古屋, が陸軍, が頭, が鶴嘴, ご気分, さう, さえ好く, しっかりね, じゃ, じゃない, ずいぶん日, ずゐぶんお喋り, そもじ小田村, それでは, そんなこと, ただ一言謀反, だ, だけでも御, だつて文学上, だとかいう, ったら, ったらきかないん, って, ってば, つたら病気, で, でいい, でおいで, ですけれど, で一度, で御, で私, で衛門督, という, という事, といふ呼掛け, とおっしゃっ, とか妹, とそう, とで別荘, との関係, とは, とはお話, とは呼びませんでした, ともよくよく, とダンチョン氏, と一しょ, と一緒, と二人, と云う, と京都, と今ここ, と僕, と呼ばれ, と呼ぶ, と呼ん, と声, と妾, と寝, と小さき, と御, と思っ, と日々御機嫌, と日比谷, と申します, と目, と相談, と眼, と知り, と親しまん, どう, どうお, どうなる, どうも重々, どうやらこうやら, などの非常, なの, なん, なんかここ, にきこう, にとても, にはくわしい, にはまだ, には不孝, には窮屈, にまかせ, にもいつも, にもお, にもその, にも妾, にも通知, にようく, によろしゅう, に一緒, に代っ, に会い, に会えます, に会はず, に会はん, に加勢, に反抗, に問う, に大, に宜, に対して無, に巡り逢い, に左様, に当る, に御, に捧げる, に是非, に渡した, に申しあげたら, に示し, に見せ, に訊い, に読み, に関することども, に隣家, に面会, に頼ん, に飛びつい, のいる, のお供, のお気に入り, のくせ, のそば, のただ一人, のため, のなされる, のは一, のドミトリイ・フョードロヴィッチ, のポケット, のポケツト・マネエ, のムリオ様, の争, の争い, の何, の俯, の傍, の前, の古い, の太い, の学費, の帰つてら, の御嶽丸様, の御用, の御返事, の憎らしい, の手, の手助け, の手紙, の文, の月給, の本当, の枕, の様子, の機嫌, の死体, の生死, の疑, の真似, の研究, の秘書, の紅矢, の美留矢, の脚, の菅笠, の血, の見た, の言葉, の誕生日, の遺物, の青地清左衛門様, はあれ, はいつ, はこの, はそこ, はその後大変, はただ, はと見返る, はどこ, はどちら, はほんとう, はまだ, はもしや, はもっと, はやっと, はらんぼう, はわけ, はホントウ, はモツァルト, は一週間, は下駄履き, は人々, は何者, は使い慣れた, は兄弟, は助かります, は十分控目, は去年, は呑気, は大切, は奈何思つて, は妾, は家, は弁護士, は彼, は後, は心臓, は忘れ, は我慢, は接見, は新五郎様, は早く, は昨夜, は杖, は正直, は潤三郎, は物, は玄関, は現在青森県知事, は生き, は立, は笑っ, は笑つて, は絵, は織田様, は腰, は落伍者, は行方, は詩, は間もなく, は離れた, へ向かっ, へ書かう, へ此, またいぶかしい, もいかが, もう起きまつしねえ, もおんなじ, もお呼び, もお茶, もしお, もその, もっと新しく, もどこ, もなるべく, も一両日中, も亦, も今頃, も図書頭, も妾, も晩年, も次兄, も此処, も母親様, も石黒氏, も精神病患者, も誰, やお, や妹, よと軽蔑, よりほか, より此方, らしくて, らしく精, をです, を刺す, を妹, を庭, を捜し, を称し, を設ける, を謀反人, を鉄, を養う, 大きな岐道, 帰らした, 御帰省, 怒っては, 怖い, 悪い道, 放さぬ放しませぬ, 済まないが, 知らずに, 行きましょう, 行って, 遅かつ

▼ 兄~ (476, 2.7%)

17 のお 9 の御, は 4 か, の意富祁王 3 と呼ばれた, と捧げ, にお, には, の敵, の身, や姉上, をお

2 [30件] がいる, がお, が仰し, が大事, だ, におかれまし, にもお, に代っ, に危害, のお出で合せ, のこと, の主, の八雲琴, の幻想, の心, の方, の飯, はいか, はどう, は病弱, も, もあんまり, もお, も昼間, や妹さん, よ, よ兄上, を, を救いだす, を見る

1 [349件] あの焔, ありと, いやいや仮面, おお兄上, おひとり, おめずらしゅう, およびです, お一人, お人違い, お察し, お帰り, お懐しゅう, お歩きなさい, お逃げなさらなけれ, から, からその, からも延期, から一札, から内情, から聞い, から聞いた, から雨乞い奉行, があの, がいかに, がおいいだしなされた, がお待ち, がこんど足軽小, がどう, がどうしても, がひと目, がもいちど枕元, がわれ, がゐ, がロッテナム美人館, が三, が三人, が云った, が今, が何ん, が俄, が勅, が十三年, が卒倒, が危険, が叩き斬った, が同時に, が大層, が妹, が心配, が忍び上洛, が手慣れた, が押えつけ, が拙き, が来なけれ, が死病, が殺された, が水戸, が狂者, が苦闘, が蜀, が行っ, が見えた, が見物, が購, が陰謀, が青年期, が頭, こそここ, こそ以前ここ, こそ私たち, こそ身分がら夜歩き, この女, この弟, こんな時, ご心配, ご自身, さえ世, しばらくご, じゃ, そのよう, ただいま, だけには, だけには一ぺん, だけの御, だし, だっ, であられる, であるとも, である織部さん, でいらっしゃる大山守命, でござったな, でしたか, です, ですか, でなく正季, では, といい, といえ, とうとう, とお, とが普通, とご, とてもいつ, との話, とはもう, とは会い, とは許婚, ともども討ち取っ, とも縁, とを見つめ, とハマ子さん, と一ト論議, と千浪殿, と同じ, と呼ん, と妹, と姉上, と嫂, と爭, と申しました, と番えた, と竜, と見奉りぬ, どうか彼, どうなさいました, どうにもおかしゅう, なかなか手利き, ななんでそんなに, なりまた, なればとて, にあたる, にうかがいます, にし, にそう, にたのん, につづく, にとっては返らぬ, にはいう, にはいったい, にはすでに, にはどう, にはなお, にはま, にはまいられました, にはもう, には使者, には兄上, には別れ, には御苦労, には必ず, には恐れ多い, には昨日, には殿中, には知った, には行っ, には遠慮, には長い, には陣十郎, にもいちど加賀田, にもご, にもそう, にもわたくし, にも上人, にも久しぶり, にも思い出し, にも落着, にベソ, に中田, に会いた, に会いたい, に会った, に似, に何, に劣るべき, に叱咤, に向かい, に向かっ, に土産, に失政, に対して, に対し何たる, に江戸黄檗禅刹記, に物語り, に献ず, に蹴られ, に連れられ, に頼ん, の, のお越し, のかたき, のご, のし, のところ, のもと, の一人, の一大事, の下手人, の仇討, の今夜, の伊邪本別皇子, の伝兵衛様, の便利, の元気, の初生児, の助け, の命, の場合, の大, の妻子, の娘, の孫将軍, の小太郎殿, の尾州殿, の峻嚴, の幻想上, の志, の思惑, の手勢, の政策, の新, の旗, の板挟み, の病床, の発作, の研究, の筈, の精神鑑定, の耳, の胸底, の臨終, の菩提寺品川寺, の言, の言葉, の許, の許し, の谷口辞三郎氏, の貞盛どの, の重蔵様, の釣り給, の長可どの, の電話, の青地清左衛門様, の頭, の頼母様ともども, の顔, の黒日子王, はあの, はお, はきのう辺り, はここ, はこの, はそういう, はその, はそれ, はそんなに, はどうか, はどこ, はまた, はまだ, はもいちど周防長門, はもはや, はやっぱり, はや明日, はわたくし, は一人, は三位一体, は中風, は今年其時, は仰しゃいました, は優柔不断, は兄上, は凍っ, は前, は呉, は四十, は大石殿, は天下, は家, は尊氏, は小弟, は屹度, は帆綱, は御, は御存知, は心, は時, は桑門, は死にました, は狂者, は田安家, は県会, は私, は算術, は細川家, は読書算術科, は魔神, へお, へご, への申し訳, へむかっ, へも媚態, へも達し, へ伺候, へ差上げい, まずお, また妹, までがばさら, もたしか, も同じ, も大声, も寤め, も御, も沢倉さま, も褒め, やお, や千浪, や妾, よそ, よもや遠く, よりよしなに, をなみ, をなやまし, をはじめ, をはじめ私たち, をも湖水, を否や, を因循, を宿所, を庭, を当主, を慕っ, を早く, を焼き討ち, を狂人, を狙っ, を精神病院, を討ち果たした, を誘う, を説き, を起し, を部屋住, 去られいたとえ, 幼き弟, 御歸朝, 我が為, 捕まえて, 最も多く, 羨みたま, 考えて

▼ 兄~ (394, 2.2%)

9 妹も 8 私も 5 姉も 4 さすがに, 嫂も, 弟も 3 兄だ, 帰って, 自分も

2 [23件] あの女, あらゆる点, それに, それを, どんなにか, なかなか元気, また彼女, また揺がぬ, 不同意, 代助, 同様の, 居た, 気を, 永の, 父と, 異議は, 真面目な, 社会も, 私の, 芝居に, 行者を, 鮒は, 黙って

1 [305件] ああだし, あなたの, あらわに, ありしか, ありしかば, ある, あるだろうと, あれば, いずれも, いっしょでした, いっしょに, いった, いろいろかんがえた, うなずいた, うなずいて, おる, おれも, お光, お店, かつての, きっと家, ぐんぐん腕, こう叱る, ここちょっと, ことごとく忘れた, このたび, この間うちから, こんな問題, さう附ききり, しまいには, しまひ, ずいぶん持て余し, そう思いこん, その以上, その橋, その派, その血みどろ, その話し, その遠眼鏡, その隣, その頃, それから僕, それぎり書類について, それだ, それに対して, そんなやさ男, たいへん小説, つづいて, つとめて, とうてい丞相, どうやら理解, どんなに地下, なくなるでせう, なに大丈夫だ, にやにや笑っ, ねえもん, ひじょうな乗り気だった, ひそかに, ひどく疲れ, びっくりし, びっくりした, びっくり仰天し, ほかの, ほめた若い, まさかこの, まさか殴りやしないだろう, またここ, またそれ, またひどく, また一種, また色, まだ大学, まだ帰らなかった, まだ帰らなかつた, まだ洋服, まだ部屋, まぶしい空, みな幼年であった, みな幼死し, みな綺麗な, もうあかん, もう死ん, やはりまだ無垢, やはりクリストフ, よく秋田さま, よろこぶだろうと, わざわざ出, わしを, イワンも, キュウクツ張った, モウ帰る, モウ歸る, 一剋者である, 一層かれ, 一緒に, 丁度来られた, 丈夫でない, 上総の, 不愉快がっ, 世話に, 両親も, 中の, 久し振で, 二十歳前後に, 亡くなられ向島, 亦これ, 亦亡, 亦壮ん, 亦行こう, 今夜が, 今夜は, 仕合せ者手前も, 仕方なし, 仲, 休さんも, 何となく老け, 何時もの, 余儀なく父, 信じて, 僕に, 僕を, 兄嫁も, 全く同じ, 共に予期, 共に致す, 其橋の, 出て, 刀にかけて, 列んで, 加わって, 勿論漢学一方, 半九郎, 口には, 口を, 可笑しそう, 叱りながら, 同じこと, 同じよう, 同じ意見, 同時に隅, 呆れて, 呑氣で, 呼んで, 哀しくなりに, 唯今出崎時計御, 問題に, 喜び敬太郎, 土地では, 在宅かも, 墓地に, 多少は, 大声を, 大方こ, 姉もからか, 嫌いだ, 嬉しさうだつ, 存知て, 学校は, 宴席へ, 容易に, 察するであろうごとく, 尊敬し, 少し酔っ, 居ない時, 居りますし, 岡田に, 岸本が, 左う, 己も, 帰った上, 帰つて来なかつた, 年よれ, 幾たびか, 庭の, 強制は, 当選などは, 彼が, 彼女に, 律義者で, 御存じの, 心の, 心配いたしまし, 心配し, 心配そうに, 志を, 怒気憤, 急を, 恐ろしき罪人, 愉快さうだ, 意地悪さうにわたしの, 感心し, 憤然として, 戦死した, 戻りまする先それ, 手頼に, 手頼りに, 承知の, 承知らしい, 投げ捨てるやう, 投げ捨てるよう, 持て余した, 故郷猿ヶ京の, 数年前まで, 文人で, 斬死に, 日ごとの, 時々苦笑, 暇の, 暇乞いに, 暗殺されたらしい, 本職だ, 村へ, 来て, 来りたらふく, 来るとの, 来庵, 東京で, 根負けを, 機嫌の, 正しくそうだ, 死にましたでしょう, 死んだ, 死んだ母, 殆ど持余し, 殆ん, 段々あきらめ, 母だけには, 毎日十五銭づつ蛭を, 江戸表へ, 決心した, 泣いて, 泣きたくなりに, 洋服は, 淋しそう, 無念だったろう, 無言の, 無論賛成, 父に, 父の, 犠牲と, 申して, 申しますんで, 病院の, 発狂し, 皆雪江先生に, 盲目だった, 相伴を, 相果て, 着くだろう, 矢張り先輩に, 知って, 知らないよう, 秋から, 笑顔で, 等しく馬蹄, 答えた, 納戸奉行を, 素性の, 綾子を, 老いた予, 老父の, 老臣共も, 聞いたならさぞ, 腰巻から, 自分に, 自分の, 自分を, 致方なく, 舌を, 若かった, 若く美しい新妻, 苦労し, 補充兵であろう, 親しゅうし, 言い出しは, 言ふ, 許す筈, 許婚にあたる, 認めて, 貴方に, 赦したん, 足を, 跛足で, 辻風典馬と, 近來, 近年すつかり, 返事を, 逆らう気, 逢わなかった, 運の, 郷里の, 酒が, 鍬を, 長い間苦勞, 間違っては, 間違つては, 青酸で, 非番で, 面目ないでしょう, 養父母に, 饅頭売り, 驚いて, 魚とりに, 鳥と, 黙然として

▼ 兄さま~ (205, 1.2%)

17 お兄さま 9 のお 4 はお 3 がお, にお願い, は 2 からお, のお便り, のこと, のため, の居られない, へ

1 [154件] いついらしつたの, いつもおそく, おききなさい, おひとり, お兄さん, お具合, お義姉さま, からお話し, が, があの, がおこる, がお発ち, がご存じ, がそこ, がどんなに, がみんな, が不可, が不自由, が云, が呼ん, が堅, が帰っ, が来, が自家, くやしゅうございます, くれぐれもお, こそそれ, ご無理, さえ御, すぐ行きましょう, ずるい, そうは, そら真, だけがはつきり, だけは黙っ, だってはじめて, だって強い, だつたから, だつて, だなんて, ってばお, ってばお礼, でございますね, でした, でしたし, でもちつ, ということ, とお, ときめ, と二人分, と交際, と千登世さま, と同じ, と呼ぶ, と思つて, と思ひ, と私, どうなすった, どうにかならない, なぞに親心, なんかになっ, にうまく, にお, におご, にお伝え, にておわし, になっ, になつ, になる, になんか, には, にはあまり, にはそんな, には想像, にみつ, にもお, にも嫁, に最近, に申し上げ, に絶対, に見送つ, のご, のしか知らない, のルルさま, の一時, の仰し, の出征後, の奥さま, の気持, の王子, の画, の癖, の百円, の結婚式, の絵, の脚本, の苦しみ, の話, の身, はあれ, はいつ, はうんと, はかの, はきっと, はきつ, はこの, はご, はもう, はもうとう, は人, は今, は今何處, は何, は応召将校, は日華事変中, は殺され, は殺されます, は銀行, まで何, も, もあなた, もお, もそう, もどうぞ, もほんとう, ももう, もよく, も勇夫兄さま, も少し, も御, も明るく, も時には, も晶子姉さま, や姉さま, や母さま, や潤太郎さん, よりももっともっと, より御, らしい六つ, らしくないと, を, をお, をおとずれます, をひきたてる, を冷笑, を差しおい, を恨まず, を是非, を罵られました, を苦しめる, を見習う, を迎え, 何でそんなに情ない, 違います

▼ 兄~ (179, 1.0%)

7 姉の 5 姉に, 姉や 4 妹を, 姉が, 嫂と, 嫂の 3 姉たちも, 姉は, 弟が, 弟や, 父の, 親の 2 兄の, 妹に, 妹にも, 姉に対して, 嫂が, 嫂に, 嫂や, 母に, 父親の, 自分の

1 [108件] あると, かつての, こちらの, こなた馬, さあおいで, その友達, ちょいちょい愚痴, どうしてこんな, またはその, また母親, もったいなくも, わたしは, んが, んに, んの, ウロンスキーの, カテリーナ・イワーノヴナなどと, 一族たちへの, 一族たちを, 一族の, 一族を, 両親の, 主人を, 仁太や, 他の, 何かとの, 信二郎と, 兄やと, 兄嫁の, 前田の, 千浪を, 千浪殿が, 友人らに, 友達の, 叔父が, 叔父に, 叔父の, 叔父までも, 叔父達と, 同族にも, 四郎兄は, 塩野の, 多くの, 大弥太, 夫が, 妹たちと, 妹の, 妹や, 姉たちに, 姉たちの, 姉たちは, 姉である, 姉と, 姉ときどき, 姉など, 姉などの, 姉には, 姉にも, 姉やの, 姉を, 姉一人が, 姉達も, 婚約中の, 嫂からの, 嫂と共に, 嫂なぞの, 嫂などと, 嫂には, 嫂にも, 嫂は, 安達やの, 家に, 帆村が, 常子さんなど, 弟たちが, 弟たちと, 弟だ, 弟と, 弟は, 弟妹たちは, 弟妹達と, 彼が, 従兄弟たちも, 情人やを, 手下の, 書生と, 服部良一も, 母の, 母親たちと, 父に, 父は, 父も, 父を, 甥やらも, 由紀などにも, 看護婦達に, 祖母や, 祖父などは, 私について, 私の, 自分でさえ, 若い書生, 行って, 親類の, 賀古氏が, 輝子の, 郎党たちの, 郎党たちも

▼ 兄から~ (167, 1.0%)

3 手紙が

2 [14件] そんな馬鹿, だったの, 今更同情, 仰いで, 差上げますと, 来た手紙, 注意された, 渡されると, 父を, 聞いたが, 聞いて, 自分の, 貰って, 金を

1 [136件] あの事件, いいつかって, いって, いつか面白い, いろいろ手紙, いろいろ聞い, いわれました, うんブン, お聞き, かの女, きいて, こう云われた, こう歇私的里的, こんど創作第, しきりに手紙, じかに, すっかり聞きました, そのこと, その尾羽, たぶん知らせた, だった, つい此間, なつかしいたより, ぱっと杯, また二声, みると, めずらしくはがき, もうちゃんと伝え, もらって, もらつた, よく笑われた, わが思い, わたくしの, デモクラシイという, デモクラシイといふ, 一切の, 三百両ばかりの, 不日上京, 与えられて, 五十銭銀貨三枚を, 今どう, 付けて, 代って, 伝は, 伝わって, 何かに, 例の, 借りて, 像の, 先を, 其後の, 兼ねて, 別室に, 十三四歳の, 午後一時庵に, 又二聲程續, 受け取って, 受け家庭, 叱られたが, 叱られたこと, 叱られましたが, 同情と, 固く止められ, 土産に, 大きな声, 姉へ, 学資を, 家へ, 師輔さまへ, 序文を, 弟へ, 彼が, 彼女が, 急飛脚, 恩賞の, 意見を, 手を, 手紙を, 打ちあけられる場面, 拳骨を, 捕まって, 推薦され, 揶揄され, 支那の, 放たれたこの, 書斎へ, 来たもの, 来信が, 東京の, 果物を, 母へ, 母親の, 注意を, 泰文の, 父が, 牡丹餅の, 玉突の, 珍味到来やがて, 盜んで, 直接に, 祖先の, 種々な, 米を, 約束の, 絶交された, 義絶せられた, 聞いた, 聞かされた, 聞きましたわ, 脂を, 自分が, 茶受話に, 裝幀を, 見せられた書付, 見事な, 言われた言葉, 請求し, 諢って, 貰ったべろべろ, 貰った垂氷, 貰った手紙, 貴様と, 身上を, 返して, 遠ざかる, 適評だ, 金でも, 金一枚だけ, 雪子と, 電報が, 電話で, 頒けて, 頼まれて, 顔を, 馬鹿な, 高価の

▼ 兄夫婦~ (150, 0.9%)

6 の前, の間 2 が出, が百姓, と同居, の自分, の話, は私, は青森, も母, やそれから

1 [120件] からおくり, から煙たがられない, がいかにも, がいつも, がお, がそれ, がまだ, が下, が伊勢, が四五人, が外, が大阪, が如何にも, が寝, が居なく, が愛し, が横向, が気が付かない, が汽車, だって後, だつて, であるならば, という, とお, とを迎える, と一軒, と二人, と僕, と共に伊切, と男, と約束, などのこと, にこういう, には初, にも気の毒, にも都合, に任せ, に妹, に対して好い, に対して肩身, に引き渡されました, に心配, に斯, に育てられ, に詫びなけれ, のいる, のこせついた, のごとく, のもてなし, のよう, の事, の仲, の写真顔, の勞苦, の如く, の室, の家, の家族, の寝, の思惑, の手前, の手厚い, の朝鮮, の来る, の気, の滞在日数, の生活, の疑ひ, の眼, の耳, の間柄, の関係, の顔, の養育, はあと, はいかにも, はこの上ない, はぼく達, はもう, は全く, は前, は口小言, は好人物, は湯, は真面目, は知らず, は稲, は総て, は自分達, は驚い, へ宛て, へ面, もそこ, もそれほど, ももう, も一緒, も予, も今朝, も加, も加え, も彼, も迷惑, も非常, やその, や僕, や兄, や大阪, や奉公人, や妹, や弟, や満, や祖母さん, をよん, を引張っ, を引張つ, を欺く, を眺めなけれ, を見る, を見舞う, を見舞ふため

▼ 兄~ (113, 0.6%)

6 のお 3 の御 2 である, でまた, の兵部卿

1 [98件] お二人, からはまだ, か弟君, が, がお, がおわさね, がかえっ, がしかりましょう, が亡くなった, が入っ, が戦争, が此処, が知らないでし, が罪, さえ見, たるあなた, だそう, である事, でございましょう, でございますか, で三人, とご, とは次, とも会っ, と又しきりに, と殿さま, なんか少尉, にあたるラグナグ国王, にお, に云, に席, に引かれ, に手, に手紙, に申上二人とも, に當つて, に面目, のこと, のイツセ, のオケ, のカムヤヰミミ, の修理亮泰時さま, の兵部卿親王, の勇ましい, の匠作泰時さま, の子, の孫策, の実, の将軍家, の弟子, の律師, の御意, の御成行, の心やみ, の心弱い, の持つ, の病, の病床, の眼, の門出, の顔, の駿馬, は, はお, はこんな, はしばらく, はその, はとうに, はもう, は何, は傍, は光君, は又, は戦ひ, は目, は美くしいしかし, は興, は達手, は頼家公, ばかりを相手, への申譯, へ申しわけ, みえる, もやはり, も二人, も常盤, らしい憐みと, をしのい, をとりかこん, をもちた, を亡, を前, を害し, を害せし, を怨み, を超, を迎えられ, 即ち殿

▼ 兄~ (111, 0.6%)

3 連の 2 お前は, の前, は何, 気を

1 [100件] うめえ, え兄, おめ, およろこびなせ, お前その, からよろしく, があります, がたしなめる, がまじっ, がまた, がやられた, が儲からねえ, が彼処, こりゃどう, それでもまだ, それは, そんなこわい, たちが, たちは, たちまあ, たちも, たちや, だから己, だが, だな, ちょいと, てで鳴らした, でありました, という若い, といったよう, とかにあおいだ, どうだ, なかなか寒い, なんぞに聞かせよう, にきわまっ, に睨まれ, に落雁, に頼まれ, のほう, の中, の事, の出, の博奕, の奴, の御用, の関係, はお, はこう, はちょっと, は北牧, は向こう, は思いつき, は白雲, は酔っちまってる, ほどにはない, ほんとに六百, まあ我慢, もういいかげん, よくそんな, よく見, をひとつ, を助ける, を識, 不寝番かい, 与吉ひとり物思いに, 些と, 仕方が, 何ぞ御用, 何も, 何を, 何処へ, 先刻の, 分の, 友兄いはいねえ, 四ツ目屋の, 変な, 外の, 失錯遣っ, 好い機嫌, 寺は, 小永井様の, 彼を, 彼処の, 後生だ, 恩に, 有難え, 株が, 株らしい, 次郎兄いと, 此処え, 此奴に, 此方へ, 水を, 洛北の, 無心処じゃ, 私が, 籠さんが, 苦しい己, 表向に, 連が

▼ 兄~ (110, 0.6%)

3 は兄 2 に樂, の弟, の方, は妙

1 [99件] あすぐ, あまるでこれから, あよっぽど, お前どう, か, かどっち, か弟, こういう手だて, こそ達者, さんざんな, そいつだけは, たちが, とあんた, とか叔父, ときたひ, とはちがう, と丁度, と争, と仲違, と信州, と入り代る, と申せ, と言う, どうあっ, なんぞの前, なんぞも廻り合せ, なんどが, なんどこの, にその, にそんな, には指一本, には相違, には途中, にもの, にらく, に対する疑い, に掴ませ, に知らせ, に聞い, に行, に附い, のよう, の云つた一言, の前, の娘, の立場, の行方, の資格, の足一つ, の運命, は, はこれ, はその, はどう, はまた, はもっと, はデツク, はパチンコ, は一日, は今, は俺, は先刻, は叩き, は四人, は堅気, は大鳥圭介, は恐ろし, は次, は死, は線香, は船, は頭, ぶつた, まで引っかける, みたいな, もお, もおら, ももう, も一緒, も弟, も役者, も覚悟, も言った, よ, らが, をつけ, を助け, を斬った, を殺す, を罠, を追, 一人やる, 一人を, 共百姓ば, 分が, 分と, 分に, 分の, 滝坊の

▼ 兄には~ (81, 0.5%)

2 あるん, なんの, 何の, 善からぬ, 妻が, 挨拶も, 決してご, 相違ありません, 馬鹿に

1 [63件] あれども, この間の, すまないけれど, そういう女, そうした大志, そうした気概, その後一遍も, その詩, その辺, それが, そんなこと, たいして興味, ちょッと, どう云つて, なおさらの, まけぬ気, またすこぶる, まだ夫人, みぢん, もうとても駄目, やはりちょっと兄, わかって, わるい仲間, 似ないで, 何事も, 兄独得の, 其辺の, 勘当され, 勝てないの, 勝てやしないこと, 十八に, 十銭やった, 友愛それが, 善く仕え, 土を, 多少の, 婦人関係など, 彼が, 従順である, 恥ぢだから, 恨みが, 感づかれてないと, 明かに, 気が付かれず私, 済まないと, 濟ま, 無断の, 無論可愛がられ, 私の, 考へられない一種, 自分が, 自分たちには, 自分の, 見せ度, 親しめなかったし, 話されない, 説明する, 負けて, 追ひ付けず, 違いない, 遠慮し, 釣り堀へ, 随分迷惑

▼ 兄~ (78, 0.4%)

6 あつた 2 あらう, 先生で, 昂然と, 源太郎の, 鬼武蔵と

1 [62件] あつて, お照, かれは, かわいそうな, ここへ, こりてるから, これが, ござります, しのと, すらついに, そうし, ちょくちょく杵屋, ね実は, ショコラアって, 一代の, 三村家の, 仲見世の, 偉かろと, 傍ら家計を, 元徳川, 兼ねて, 円朝と, 十三の, 十人衆を, 十八の, 双児の, 吉之助と, 同時に不倶戴天, 名は, 妹が, 嫡流であった, 安倍天鬼という, 寂蓮の, 左中弁の, 己れ, 巳之助という, 幸蔵という, 当時尚, 彼は, 後癲癇, 心配が, 我儘者では, 文吉と, 早くから江戸, 明治四年に, 昔は, 有るか, 有名な, 朋友である, 本願寺附近の, 松山久次郎と, 此年十八歳で, 生れて, 石山と, 私も, 純忠も, 赤耀館の, 酒巻四郎という, 里恵の, 金沢に, 鈴木と, 顔を

▼ 兄者人~ (76, 0.4%)

3 っ, のお 2 のよう, の御, はお

1 [64件] あぶないッ, いかにお, お帰り下さい, お手すき, からし, からである, がお, がさっそく, がちょうど, がゆるされるなら, が丁度, が北条殿, が右顧左眄, が発狂, が訊ねたら, じゃ, すぐ駈け向っ, そんなお, たる柳生対馬守, っあの, としてのナジミ, などと甘え, にはきっと, にもご, にも相, に好意, に書い, のほう, の中, の命, の定綱, の容子, の弟, の恋人, はあの, はその, はどんなに, はまた, は桔梗どの, は線, は自分, は館, へお, へお詫び, への名宛て, へは便り, へも悪名, へ伝えられよ, へ嫁がせたい, へ近づい, もうこんな, もお, もこんな, もさぞ, も御, や思う, らしくも, をどこ, を失恋, を怒らせ, を想う, を私たち, 休んで, 行こうか

▼ 兄~ (65, 0.4%)

3 よ正雄 2 が少し, つた, という, ということ, と云, と思っ, よ

1 [48件] からとて素知らん顔, からとて許し, からと云, から弟, かわからなかった, がいちど, がそれ, がまったく, が両親, が彼, けれど人, し酔え, それが, ぞ, ぞしよう, ぞっ, つたのだ, とい, というその, という事, という心, という思う, ときい, とは思っ, とみられ, と云った, と信じ, と名乗る, と思った, と思ったでございましょう, と思ふ, と相, と知っ, と確認, と聞かされ, と言っ, と間違, と間違え, なんてま, なんて突然, の, のに, のに二升, もの岡田さん, もんです, ハヽヽお, 娘だ, 孔明に

▼ 兄とは~ (65, 0.4%)

3 どちらが 2 いづれか, 全く別, 反対に, 水火の, 町へ

1 [52件] いえ吉岡, すこぶる違っ, その役所, それは, だれの, ちがうつもり, ちがう姉, ちがって, どうしても思へません, どちらとも, ふくろ, ほとんど正反対, また渡舟, まだ渡舟, まるでちがっ, もう一度そこ, 三つ違いでございまし, 両極端, 二人とも, 会いませぬ, 別々の, 別に關係, 十歳あまりも, 口を, 唯々として, 喧嘩を, 大学で, 大学生時代から, 学生時代三角同盟と, 定日には, 常にこの, 後から, 思えなかった, 日ごろ思わなかった, 昨日の, 極く親しい, 無論仲, 父の, 知って, 知らず殺す氣, 知らないから, 祖母の, 私の, 終生真実, 義理の, 言っても, 記されて, 近年ほんの, 違った意見, 違った種族, 遠い以前, 酔い伏した行長

▼ 兄~ (64, 0.4%)

3 っ, の御 2 が泣く, のお, の夢, の軍

1 [50件] おさきに, おひとり, お在室, こそ上手, ですか, でも聞き捨てならん, で十七年前私共, とき, とてご, とはいわなかった, と兄者, なの, にただ, にとって決して, にはいつかあれ, にはここ数日, にはそんなに, に代っ, の一勢, の命, の強味, の念入り, の持ち前, の眼, はあまり, はそもそも, はとかく, はどう, はどうか, はもう, は上, は何, は吉良, は妻子, は正, は殿上, は真底, は近頃, へか, もすこしどうか, も腹の中, らしくも, を売り, を待つ, を拙者, を陥す, 何ぞお, 思わぬ者, 戦はまだこれから, 聞こう

▼ 兄との~ (59, 0.3%)

3 約束を, 間に 2 あいだに, 交渉は, 別れ路に, 恋を, 沈黙は, 社交的勢力の, 話の

1 [39件] ことであったら, ことなどは, ことを, ふかい愛情, もつれ方, 一生の, 中に, 中間に, 仲に, 仲は, 仲も, 会見を, 会話は, 共有物もしくは, 内面的交渉の, 協議の, 口争いが, 唯一の, 喧嘩の, 対話の, 対面は, 応待を, 戀を, 接触に, 真中に, 約束に, 約束の, 衝突は, 親しみを, 話は, 談話は, 遠慮は, 間には, 間の, 関係から, 関係が, 関係は, 関係を, 音楽的教養は

▼ 兄にも~ (56, 0.3%)

3 妹にも 2 はなしませんでした, 床へ, 成程と, 黙って

1 [45件] かわりて, ぜひ, そのこと, その一件, つきあう者, まさる働き, やっぱりこの, よく仕え, よしなにお, 不祥事が, 人にも, 今日の, 他の, 会ひたくなかつた, 似て, 優れり, 先立不幸の, 劣らぬ誠忠, 勝るやう, 勝るよう, 勸めた, 叔母にも, 在るの, 変った東京, 大抵推量された, 姉にも, 御就職, 恐しかつ, 憎まれて, 断わって, 母にも, 決心を, 沙金にも, 素直だった, 聞きましたが, 肖ぬなまけ者, 良人にも, 言ったそう, 詫び嫂, 詫る, 話しましたら兄, 贈った, 迷惑は, 遠ざかつたかと云, 頼んで

▼ 兄である~ (51, 0.3%)

2 がかんにん, がその, ところの, のを, 私には

1 [41件] かない, かもしれぬ, からと言う, から心, から日本平定後即位, から猶, が親, という, という親近感, といふ男, といよいよ, とか弟, ともいう, と同時に, と聞い, わたしの, 事を, 二人の, 以上なまじい, 前和泉守, 剣豪柳生対馬守の, 子と, 小説家伴三の, 左中弁から, 所の, 有馬の, 横田を, 武島裕吉が, 源三郎光央は, 祇園精舎の, 私の, 私は, 秋声先生が, 継子を, 自分が, 自分に対しても, 藤大納言の, 青木の, 頭中将が, 養父より, 魯迅と

▼ 兄なる~ (50, 0.3%)

3 人が 2 ものは, 人と, 人に, 人は, 光一にも, 子を

1 [35件] が故に, が此節大病, は身, ひとも, ものも, やいなやを疑う, 九郎次は, 人および, 人から, 人の, 人も, 人を, 人我等の, 人物は, 国主, 尊良の, 少年とを, 少年は, 武士に, 武士は, 江戸馬喰町二丁目武藏屋長兵衞方へ, 玄蕃などが, 由にて, 男の, 義朝に, 者とともに, 者の, 者は, 酋長が, 醫師は, 鈴木三郎は, 長庵, 陳施寧なり, 陳施寧商業の, 須釜嘉平太氏の

▼ 兄~ (50, 0.3%)

2 弓を, 手紙を

1 [46件] あとから, お咎め, かうも, かえすこと, かえすべきの, さう囁きつつ, それは, つきすすめて, ぶつか, やった手紙, 云いつけたと, 出した, 出します, 向かって, 向って, 告げそれから, 報じて, 声を, 官爵を, 宛てた書きにくい, 対して, 尽すこの, 引く弓, 弟は, 当てて, 御懇話, 忠告した, 手引致す, 手渡した最後, 捧ぐ, 深くわびた, 渡すに, 申せ, 申入れた, 知らせる手紙, 私は, 談判し, 諫めなかっ, 迫った, 追いすがろうと, 透そうとでも, 通じるであろうと, 遠慮しなく, 電報を, 頼んだらよかろ, 食ッて

▼ 兄~ (42, 0.2%)

5 のお 32 がお, が兄, が頭, で御, も此處, も誰

1 [22件] が低い, が貧しく, が高い, さう, とお前樣, とぬかし, と一所, と京都, にあげる, にお, に宜しく, に對, に當, に訊い, の歸つて, はお, は奈何思つて, は早三十, は昨夜, へ一生, もお, 少し老けた

▼ 兄とも~ (36, 0.2%)

2 弟とも, 思つて居る, 縁を, 親とも, 頼んで

1 [26件] あろうお, いうべき親しい, いつか云いあった, なく大切, また自分, 仲違ひし, 又は一種, 喧嘩を, 多年の, 師とも, 思うたあの, 思ったでしょう, 思って, 思つてゐる, 思ふらし, 思わないで, 思わぬ不敵, 思われる十二神貝十郎, 恋人とも, 慕って, 父とも, 申し暮して, 相談の, 血を, 言えるクリストフ, 頼みまいらす

▼ 兄に対して~ (33, 0.2%)

2 何か

1 [31件] ありふれた慰め, あんな返事, この場合何, この弁解, これほど, したこと, それ程の, つい空惚けた, どう働く, どんな感情, なら厭, ひどくコンプレックス, もつと, 不快の, 何とも申し訳, 兇暴な, 処女の, 大あるごとく, 大ある如く, 大胆に, 始終ああ, 弟らしい, 手向かいなどを, 捧げられた頌徳, 敵意を, 来た自分, 気の毒と, 特別な, 罪の, 薄情なりし, 軽い嫉妬

▼ 兄よりも~ (33, 0.2%)

3 先に 2 一二寸高い, 凄いと, 嫂の, 近付き易い

1 [22件] いっそう鍛錬, かえって心, がむしゃらな, すぐれて, ひと足おくれ, むしろ父, 他家へ, 仲が, 何も, 優れて, 執念の, 大づかみに, 将た, 少し背, 幾に, 徹底的に, 松浦よりもよ, 能く, 自分の, 遥に, 長命で, 高いの

▼ 兄いさん~ (30, 0.2%)

3 が御, のお

1 [24件] が, が今度戦地, が来た, が私, が逃げ, て誰, で徳藏様, というの, というもの, とか伯父さん, と一しょ, にお, におなり, に一升買, に黙っ, のと, はいつ, はもう, は下宿, は学士, も困っ, よ, わたし今少し, をつかまへ

▼ 兄という~ (30, 0.2%)

10 のは 3 のが 2 人が

1 [15件] ひとが, ものが, ものは, 事を, 人から, 人は, 人物から, 人達が, 厳めしい, 字が, 字です, 字を, 宛名です, 感じだった, 直助

▼ 兄~ (30, 0.2%)

1 [30件] がいが, だから, であった, である, ですが, でなければ, でもある, で今, といった程, として交際, として医者, として私, と立てなけれ, に, にした, になる, に当たる地丸左陣, に当る, の勘弁勘次, の好, の己, の男, の者, の若い衆, の鉢鬢奴, もいる, らしいませた口調, らしくもねえ, らしく先輩, 振って

▼ 兄~ (30, 0.2%)

2 の中

1 [28件] から親祖父母, がその, が弟妹, でも市中, などへ交互, にうとまれ, にさ, にまかし, に仕える, に対する感情, のこと, のなか, のやう, のよう, の仇討, の如く, の誰, はお, はその, はまだ, は昨日, も中, も前後, も皆, やお里, や教師, をこそ問わず, を識

▼ 兄として~ (29, 0.2%)

1 [29件] こういっ, このよう, たえず心ぐる, たしなめるよう, ただ解りません, またなくなられた, みっともない事, よき子, わしは, 一言, 傍で, 力に, 友の, 安閑と, 家中の, 弟が, 弟に, 志賀氏は, 感じはじめたという, 楊雄もつれ, 権威並びない, 気持の, 申し訳な, 真相を, 私たちに, 見るばかり, 言ひ, 謝意を, 頼朝は

▼ 兄に対する~ (29, 0.2%)

4 遠慮から 2 やうな, 善後策も, 遠慮を

1 [19件] したしみ, よりもっと歓び, 不平が, 反感から, 反撥心の, 唯一の, 執拗な, 嫂の, 嫌厭で, 恨みを, 情が, 憎しみの, 憤懣から, 憤懣と, 敬愛の, 特殊な, 私の, 自分の, 軽侮の

▼ 兄でも~ (25, 0.1%)

2 ある

1 [23件] あった, あると, いて, からもう面目次第, そこへ, なかった, なくまた, なく全く, なければ, なるべく近寄らない, ゐて, 僕が, 助けの, 妹でも, 妹と, 姉でも, 弟でも, 成るべく近寄らない事, 敬うよう, 東京に, 父の, 親だ, 連れ添う良人

▼ 兄~ (24, 0.1%)

4 弟か 2 のを, 姉かが, 嫂の, 弟かと, 弟が 1 まさか夫婦, 主人か, 伯父見たいで, 何か, 何かの, 何者かに, 吾許来むと言ふ, 姉かとしても, 姉と, 母を

▼ 兄と共に~ (24, 0.1%)

2 自分の

1 [22件] するで, 一年前に, 上京し, 兄弟達は, 写し来れる, 出掛けるといふ, 南の, 叩き落し, 可成賑, 吉田を, 外國渡航を, 或いは少し, 抜合せも, 枕を, 磯部へ, 私も, 稲城の, 茶話を, 警め合って, 踏んで, 身支度を, 遊ぼうと

▼ 兄上様~ (24, 0.1%)

3 の御 2 へ知れる, 御姉上様

1 [17件] からお, がかよう, とおもしろく, と宛名, と封筒, と志賀内匠様, に知れず, に読ん, のこの, の前, は云う, は其処, は郷里月巣庵, まいると, よりは強い, 御先途, 許して

▼ 兄にあたる~ (23, 0.1%)

1 [23件] この家, やくざ者と, 人が, 人で, 人な, 伏徳という, 信長である, 備中連島三宅定太郎なる, 加来雅重にも, 古人大兄王が, 宗蔵の, 実子の, 少年を, 当主義通, 政広と, 昆虫館主が, 松平左近, 武士で, 狭穂彦, 田安家の, 自身の, 良人に, 青地清左衛門の

▼ 兄では~ (22, 0.1%)

3 ないか 2 あるが, ない, ないに

1 [13件] ありますが, ありません, ありませんから, ありませんが, ありません親類, あるまい, ございませんわ, だめだ, なかった, なくて, なく清水, なささうである, もの足らない

▼ 兄への~ (22, 0.1%)

1 [22件] あいそづかし, こらへに, たった一つ, なつかしさ, はげしいかと, 二重の, 供養だ, 助太刀の, 反対者の, 反感, 同情であった, 奇妙な, 心ばかりの, 感情, 感謝の, 慰めと, 手向けに, 手紙で, 手紙は, 暇乞も, 服従と, 謝罪として

▼ 兄~ (21, 0.1%)

2 か用事, すまないが, は家, よく見

1 [13件] が駈けだす, さう甘く, だ, と呼ばれた, どうせ八百長, の見本, へさう, も一昨日大連, や姉ちゃん連, 引き剥ぐやう, 引き剥ぐよう, 濡れた単, 濡れた單衣

▼ 兄~ (20, 0.1%)

2 わりゃ来て, わりゃ死んだナ, 妹と

1 [14件] それにも, また同じ, わりゃ教場, 二人は, 再び人妻, 前に, 如何にか, 子供への, 安心し, 弟よ, 弟よと, 旅の, 爾の, 部屋を

▼ 兄らしい~ (20, 0.1%)

2 のが

1 [18件] ことを, もので, 人が, 先の, 先輩らしい, 兵隊は, 同情を, 味が, 心配を, 思慮を, 情を, 意識で, 愛撫と, 所が, 方の, 調子で, 重みが, 青年が

▼ 兄からは~ (19, 0.1%)

2 何の

1 [17件] すぐ行く, すぐ返事, なるべく早く, なれたらその, なんの, まだそんな, ハガキ一つ来なかった, ハガキ一つ来なかつた, 何にも, 停車場までは, 別段学資, 別段學資, 叱言, 名誉を, 米醤油魚そして, 間近かに, 間近に

▼ 兄たる~ (18, 0.1%)

1 [18件] おまえが, お方を, だけの事, の上座, の資格, わしは, 丈八郎が, 公樹の, 安日の, 弐師将軍に, 御方から, 私が, 私の, 筋を, 義務だ, 能はずや, 自分が, 諸葛瑾

▼ 兄より~ (17, 0.1%)

1 [17件] お伝え, これは, すこし後れ, 二歳の, 他に, 何か, 先に, 利發者兄の, 外に, 好いでしょう, 威張って, 御咄置候, 御噂, 祝物それを, 私が, 見かけが, 言付かって

▼ 兄~ (17, 0.1%)

3 の室

1 [14件] がずんずん, が此度, と何, などは持っ, に叱られた, に聞きました, のよう, の子供, の意見通り保文社, の書架, の木村荘太, の病気, はいやがるだろう, はその

▼ 兄たり~ (16, 0.1%)

3 難く弟, 難し弟 2 難しと 1 がたき腕白顔, がたき間柄, がたし弟, と思う, 友たり, 司教たる, 難い代物, 難しでしょう

▼ 兄です~ (16, 0.1%)

32

1 [11件] から何, か兄, がいつかお尋ね, が実は, が洗礼名, が私, が色, って, ね, の, のどうぞ宜

▼ 兄~ (16, 0.1%)

3 んです 2 んだ

1 [11件] ぐさむる, のだ, のでございます, の木ペン, もので御座います, も居る, んで, 兄な, 木ペン取, 馬あ, 馬逃げる

▼ 兄ドミトリイ~ (16, 0.1%)

2 を愛し

1 [14件] がアリョーシャ, がイワン, だけであった, だけである, に向かっ, に自分, の姿, の家, の騒ぎ, はかなり, はもはや, は不気味, ほどの腕力, を救おう

▼ 兄上さま~ (16, 0.1%)

1 [16件] お人違い, お疲れ, が, がお, が何, が山県先生, でも, と御, と立花様, にお礼, にはやはり, に万一, のこと, はあの, はまた, を師

▼ 兄公殿~ (16, 0.1%)

5 が少し, を太宰府 4 があ 1 がああ, は氏上

▼ 兄頼朝~ (16, 0.1%)

1 [16件] からは疎んぜられ, が産湯, とは平治, と云った, にとってもこの, の命, の書状, の母君, の母御, の配所, はご存知, は弟義經, へ九郎, へ其方ども, へ心, も迷惑

▼ 兄からの~ (15, 0.1%)

2 資本は, 電報が

1 [11件] つぎの, 依頼を, 便りには, 報知が, 手紙が, 手紙には, 手紙によって, 紹介で, 脅迫状を, 返事が, 電話は

▼ 兄といふ~ (15, 0.1%)

4 のは 2 のが 1 ことが, のも, のを, イヤな, 人から, 人は, 名に, 林次が, 直助

▼ 兄としての~ (15, 0.1%)

4 私の

1 [11件] 体面に関すると, 初舞台, 別趣, 心持以上に, 情義真, 愚痴を, 愛と, 私に, 義務について, 責任感にも, 資格から

▼ 兄~ (15, 0.1%)

5 を帥 2 自身お 1 とは露知らず昨夜, にことづけた, のため, の方々, もお, 出難, 母上まで, 近状にても

▼ 兄からも~ (14, 0.1%)

2 それを, 便は, 妹からも 1 そう云われ, とっくに手紙, 伺いました, 手紙が, 手紙を, 私からも, 聞きました, 補助を

▼ 兄であり~ (14, 0.1%)

2 その柄

1 [12件] ながらあんまり, ながらそれ, ながらまったく, 伯父である, 孝之助とは, 容太郎の, 彼女の, 恋人であり, 目の, 自分の, 親友であった, 青春の

▼ 兄栄次郎~ (13, 0.1%)

1 [13件] がいた, が五歳, が吉原, が贔屓, が鮓久, と同年, と妹壻長尾宗右衛門, にこの, の身の上, の遊蕩, は棠, も姉安, を諌め励まし

▼ 兄様がた~ (13, 0.1%)

2

1 [11件] が来る, にからかわれた, にし, にはかなわない, のまね, の方, もお, もずいぶん, もよろしく, も内藤, をびっくり

▼ 兄高氏~ (13, 0.1%)

1 [13件] がまいる, とちがっ, と佐々木道誉, と共にひそか, にも蔽いえない, の大望, の姿, の幽, の身, は六波羅, への挑戦状, へ意外, もいずれ

▼ 兄いさま~ (12, 0.1%)

1 [12件] お兄いさま, お呼びなさいました, があった, がそ, がどこ, と呼ん, のお, のかたき, はお, はどこ, は上野, 方が

▼ 兄とか~ (11, 0.1%)

2 嫂とか 1 うして, 先輩長老と, 又は浪人召抱, 姉とかには, 弟といふ, 弟とかが, 弟とかの, 良人とかを, 要するに最も近い

▼ 兄思い~ (11, 0.1%)

1 [11件] だのう, だよ, だわ, でしてね, なその, なん, な彼, な情, のお, の人間, 弟思いの

▼ 兄きが~ (10, 0.1%)

2 出て 1 おこったが, こんなこと, その一言, なめるよう, のぞいて, ひょっこり帰っ, 助かりますので, 責めたが

▼ 兄だった~ (10, 0.1%)

2 が今日 1 から学校, じゃありません, という事実, とみえる, と街, ね, のです, ので姉

▼ 兄ちゃ~ (10, 0.1%)

1 さも恵, ば皆, アん, 何処さ, 帰らないな, 来年, 犬ど, 犬の, 狐, 由この

▼ 兄ちやん~ (10, 0.1%)

21 がいまや, が帰つて, と姉, のも, はお, も帰つて, も蓉子姉ちやん, や闇屋風

▼ 兄などは~ (10, 0.1%)

2 夫人の, 眼中に 1 その幼い, その米, もう駄目, 先ず旅舎, 疎々しく取りあつかはれ, 私を

▼ 兄~ (10, 0.1%)

1 が退いた, と宗良, によく, に負けず, のいる, のお, の後ろ姿, の痛い, は六尺ゆたか, へお告げ

▼ 兄林助~ (10, 0.1%)

2 の手紙 1 からも聞かされ, がどんな, には大言壮語, の一番上, の女房チヱ, の家, は六年, を頼っ

▼ 兄様たち~ (10, 0.1%)

2 は矢 1 がお, にだまっ, によろしく, の学習院, は, も大笑い, や, や姉様たち

▼ 兄~ (10, 0.1%)

1 と賭, に, に責められ, のよう, の怒, はその, はまた, はやはり, は弟神, を屈服

▼ 兄自身~ (10, 0.1%)

2 のため 1 がすべて, がよく, に対して厚意, のもの, は反, は東京, も自分, 飲まなかったもの

▼ 兄とが~ (9, 0.1%)

1 この夏いっしょ, すれ違, その中, それぞれの, 嘗てない激しい, 意識無意識に, 数年前に, 東京帝國大, 相談し

▼ 兄よりは~ (9, 0.1%)

1 いくらか, いくらか氣丈, かえって実際的, この弟, ずんと腕, 一嵩も, 大柄で, 妹の, 熱の

▼ 兄一人~ (9, 0.1%)

1 あるのみ, がこれ程, だけしか知らない, であった, でさえ, のため, の姉, の蟄居, を殘

▼ 兄殺し~ (9, 0.1%)

2 にされ, の下手人, の伯次 1 の大罪, は重罪, をした

▼ 兄ぎみ~ (8, 0.0%)

1 がおられる, にたよっ, に御, のこ, のところ, の光厳上皇, へのうらみ, よりも一段と

▼ 兄だけ~ (8, 0.0%)

2 力強く弟 1 あって, だ, だったと, であった, 泳いで, 知って

▼ 兄なら~ (8, 0.0%)

2 こうするだろう 1 あなたさまにも, でハ, もう疾, んか, 屍体を, 軍関係で

▼ 兄に対しては~ (8, 0.0%)

2 誠太郎同様に 1 ことごとに, その性質, もうある, 一段低い, 口ごたえも, 特別な

▼ 兄~ (8, 0.0%)

1 がそろっ, とが接吻, の中, の生活, の間, は広縁, は私, も何だか

▼ 兄以上~ (8, 0.0%)

1 な生活, に信頼, に可愛がられ, に嬉しかっ, に神経, のお, の使い手, の情熱

▼ 兄哥俺~ (8, 0.0%)

2 はこれ, は一つ 1 が岩, は俺, は大, は大変

▼ 兄~ (8, 0.0%)

1 で出した, に大いに, に形勢, に手紙, に書き送つた, に書く, に知らせ, の手紙

▼ 兄正成~ (8, 0.0%)

1 がどうして, が一族すべて, である, とすぐ, の千早城, の屋形, の軍, よりも二日

▼ 兄重蔵~ (8, 0.0%)

1 とは打っ, と薄倖, の一死, の怨み, の霊, へ宛てた, をご存じ, を不具

▼ 兄~ (7, 0.0%)

1 あん, あんっ, つそ, へこれ, へ行衛, まっ, までおいで

▼ 兄だって~ (7, 0.0%)

1 あんたを, まさか私, やっぱり本心, 云ったあの, 云ったの, 少しは, 道楽者の

▼ 兄に対しても~ (7, 0.0%)

2 ない 1 やはり信仰, わざわざ堺, 同様の, 嫉妬を, 申し訳が

▼ 兄宇迦斯~ (7, 0.0%)

1 のはかり, はあなたさま, はいきなり, は命, は追いまくられ, を召びて, を呼びよせ

▼ 兄対馬守~ (7, 0.0%)

1 が出府, とはまた, に仕立て, の真情, は造営奉行, をこの, をしのぐ

▼ 兄息子~ (7, 0.0%)

2 のジャック 1 が勉強, が印度, に対する卑称, の散, の顔

▼ 兄榛軒~ (7, 0.0%)

1 と同じく, と江戸, の丸山, の余沢, の極力, は己, を諫め

▼ 兄~ (7, 0.0%)

2 賣, 賣に, 賣弟比 1 古由牟須美

▼ 兄音羽屋~ (7, 0.0%)

1 が臨時, なり老, の声, の役処, は来ない, を入れる, を連れ

▼ 兄いと~ (6, 0.0%)

1 あれば, いって, いふ若い, 二人で, 立てられる男一匹, 顔が

▼ 兄~ (6, 0.0%)

2 祭りさ 1 ほうすを, 内儀さんには, 文この, 馨さんに

▼ 兄きで~ (6, 0.0%)

1 ごぜます, はない, も妹, 今に法律, 無くつて, 蝎が

▼ 兄~ (6, 0.0%)

1 お前さんは, で見舞, は充分, 夫婦の, 服部範之丞殿共々, 自身の

▼ 兄その~ (6, 0.0%)

1 ほか同人諸兄姉の, 二人の, 人に, 人も, 弟に, 良人その

▼ 兄とい~ (6, 0.0%)

6 へるは

▼ 兄ながら~ (6, 0.0%)

2 立派に 1 人殺しの, 只では, 弁太という, 惨忍

▼ 兄について~ (6, 0.0%)

1 大聲, 巡見に, 彼は, 考えるとき, 近所に, 部屋部屋を

▼ 兄にでも~ (6, 0.0%)

2 恋人にでも 1 意見する, 打明けて, 知れたら悪い, 縋りつくよう

▼ 兄ばかり~ (6, 0.0%)

2 では 1 でなく時どき, ならかえって, 女の, 贔屓に

▼ 兄をも~ (6, 0.0%)

3 女子どもをも 1 それと, それを, 凌ぐ上手

▼ 兄~ (6, 0.0%)

1 が云う, が王様, じゃと云う, とは何, はそれ, は氏上

▼ 兄~ (6, 0.0%)

2 碓は 1 彦の, 毘古の, 碓が, 碓命が

▼ 兄夫妻~ (6, 0.0%)

1 に見送られ, の前, の卓, の当らない, へ礼状, 皆在宅

▼ 兄~ (6, 0.0%)

2 なる允恭 1 とその, にさしあげた, に幾人, をし

▼ 兄尊氏~ (6, 0.0%)

1 の下向, の全, の大望, の新邸, の陣, もいずれ

▼ 兄~ (6, 0.0%)

1 がそういう, と相談, の並々, の御, の貰った, を煩

▼ 兄いもう~ (5, 0.0%)

41 とという活動写真

▼ 兄い様~ (5, 0.0%)

1 かえ, がどうも, は矢張士族様, は風邪気, 先立ちては

▼ 兄さまたち~ (5, 0.0%)

1 としてあたし, のこと, の仰し, はお, を薄情

▼ 兄~ (5, 0.0%)

2 や人 1 えんこ, ま弟, やに見

▼ 兄じゃ~ (5, 0.0%)

2 ございません 1 ありません, よう見い, 弟じゃ

▼ 兄たりが~ (5, 0.0%)

5 たく弟

▼ 兄だけは~ (5, 0.0%)

1 おかしいの, むずかしい顔, 始めから, 居るやら, 狐の

▼ 兄ちや~ (5, 0.0%)

2 ァん 1 んどう, ん兄ちや, ん本

▼ 兄とともに~ (5, 0.0%)

1 あの停車場, 忙しい気持ち, 米国へ, 飯田町に, 駈けつけた川根

▼ 兄とに~ (5, 0.0%)

1 むりに, 交る, 桜の, 相談し, 責められて

▼ 兄とを~ (5, 0.0%)

1 たぶらかして, 二つに, 枕辺に, 比較し, 見て

▼ 兄などの~ (5, 0.0%)

1 外に, 手前で, 言うが, 話に, 面影や

▼ 兄にて~ (5, 0.0%)

1 いつかう人がら, マラテスティーノといふ, 信州の, 幼名を, 莊公の

▼ 兄にとって~ (5, 0.0%)

1 何よりも, 我儘な, 最大な, 貴とい, 非常に

▼ 兄~ (5, 0.0%)

1 判ヲ, 咄ヲシタカラ揚代滞, 姿ヲ, 心, 皇子の

▼ 兄上っ~ (5, 0.0%)

1 と呼ん, 兄上, 兄上っ, 弟の, 裏山へ

▼ 兄二人~ (5, 0.0%)

2 が最後 1 が学校, と一緒, 揃って

▼ 兄五郎治~ (5, 0.0%)

2 の代 1 から言付けられ, に於, は此の程

▼ 兄姉達~ (5, 0.0%)

1 と戯れ, は喰, は皆彼, は皆鹿児島風, は面白

▼ 兄新五郎~ (5, 0.0%)

3 の顔 1 はつとに, 同じく因果同士

▼ 兄~ (5, 0.0%)

21 でも, にはお伽噺, の見境

▼ 兄いが~ (4, 0.0%)

1 あゝ言い出し, ちょっと江戸前, どうした間違え, どうしてこんなに不安

▼ 兄がと~ (4, 0.0%)

1 亢奮し, 常なら, 思うであろうが, 直義には

▼ 兄きの事~ (4, 0.0%)

1 は別, ばっかり考え, を, をいってん

▼ 兄さえ~ (4, 0.0%)

1 いれば, まだ尾山, 付いて, 達者なれ

▼ 兄だの~ (4, 0.0%)

1 大病人だ, 妹だ, 従兄だの, 甥だ

▼ 兄であった~ (4, 0.0%)

1 か実に, が順平, ことを, シュテファン・フォン・ブロイニングと

▼ 兄としては~ (4, 0.0%)

1 帰って, 当然の, 心底からの, 高松の

▼ 兄のみ~ (4, 0.0%)

1 ことなどと, ならず前年, ならず自分, 余命を

▼ 兄はと~ (4, 0.0%)

2 見ると 1 しを, つくに

▼ 兄ひとり~ (4, 0.0%)

1 が寂し, だとも, である, と云

▼ 兄へも~ (4, 0.0%)

1 わびまた, 嫂へも, 弟へも, 見せた

▼ 兄まで~ (4, 0.0%)

1 さも感心, 弟と, 汚されるよう, 送り申候間

▼ 兄~ (4, 0.0%)

1 がおりおり, と思う, にも添いとげられる, をもたしなめましょう

▼ 兄イワン~ (4, 0.0%)

1 が半, とミウーソフ, の人となり, も初め

▼ 兄~ (4, 0.0%)

1 世話ヲカケテ気, 云ッタラ手前ガ手段デ, 只ハ済マヌカラ, 返シテヨク

▼ 兄~ (4, 0.0%)

2 のこと 1 は何時, は何時行つて

▼ 兄三藏~ (4, 0.0%)

1 と相談, の膝, は中, は驚きまし

▼ 兄上これ~ (4, 0.0%)

1 が天下, なる御仁, はご, は総勢一千二百余人

▼ 兄主水~ (4, 0.0%)

3 之介 1 に追い付こう

▼ 兄伊之助~ (4, 0.0%)

2 が心, の後

▼ 兄半作~ (4, 0.0%)

1 が世話, の身代, は勿論, へ遣

▼ 兄博士~ (4, 0.0%)

1 からの縁談, の横槍, の申入れ, の顔

▼ 兄君陛下~ (4, 0.0%)

2 の御 1 も妹インゲボルグ, も御

▼ 兄哥ぢ~ (4, 0.0%)

2 やない 1 やありません, やねえか

▼ 兄哥連~ (4, 0.0%)

1 が何だか, に背負われ, は晩酌, を狩

▼ 兄~ (4, 0.0%)

1 兵衞と, 兵衞の, 兵衞を, 須久の

▼ 兄姉たち~ (4, 0.0%)

1 はそれぞれ, は笑っ, や親類, を自由

▼ 兄~ (4, 0.0%)

1 と結婚, にとめられ, の長す, は弟姫

▼ 兄~ (4, 0.0%)

1 に厚く, の菩提, は厚, 阿甥

▼ 兄日子~ (4, 0.0%)

4 の王

▼ 兄樣兄樣~ (4, 0.0%)

2 と聲 1 と小, と小さき

▼ 兄玄蕃~ (4, 0.0%)

2 が手討 1 を殿様, を殿樣御手

▼ 兄藤次郎~ (4, 0.0%)

1 にはすまぬ, には勘当, のこと, の名

▼ 兄袁紹~ (4, 0.0%)

1 の旗下, へ例, へ持て余した, へ譲与

▼ 兄長庵~ (4, 0.0%)

1 が巧み, に禮, の爲, へ御

▼ 兄~ (4, 0.0%)

2 のごと 1 の鷹, を尋ねん

▼ 兄いなる~ (3, 0.0%)

2 ものは 1 者は

▼ 兄い済まねえ~ (3, 0.0%)

1 がお茶, がちょい, が一肌脱い

▼ 兄きの~ (3, 0.0%)

1 思わくでわたし, 思わくは, 次右衛門

▼ 兄さー~ (3, 0.0%)

3

▼ 兄すらも~ (3, 0.0%)

2 退けた 1 最初こそ

▼ 兄だけに~ (3, 0.0%)

1 どうなる, また男, 社会から

▼ 兄つあん~ (3, 0.0%)

1 さ百合ぶ, と行ぐは, どこがらでも

▼ 兄であっ~ (3, 0.0%)

1 ていい, ても背, て藩中

▼ 兄でございます~ (3, 0.0%)

1 か, からまた, が二人

▼ 兄なぞは~ (3, 0.0%)

1 どうで, 弓の, 故郷を

▼ 兄などに~ (3, 0.0%)

1 いわせると, 会う, 知られるの

▼ 兄なんか~ (3, 0.0%)

1 一生文句の, 心配し, 迚も

▼ 兄なんぞは~ (3, 0.0%)

1 しよつちゆうさ, そりゃ呑気, 毎日の

▼ 兄にとっては~ (3, 0.0%)

1 ただ冗談, 実験に, 崇拝の

▼ 兄はね~ (3, 0.0%)

1 お風呂場, てい, て眺め

▼ 兄また~ (3, 0.0%)

1 傍の, 力と, 書くよ

▼ 兄やん~ (3, 0.0%)

1 が戻っ, だけあっ, と二十二

▼ 兄アレクサンドル~ (3, 0.0%)

21 に共同研究

▼ 兄イ様~ (3, 0.0%)

1 お兄イ様, とな, の敵

▼ 兄チャン~ (3, 0.0%)

1 が警察, で人間, は野草

▼ 兄上たち~ (3, 0.0%)

1 が御, は昼, は目前

▼ 兄上兄上~ (3, 0.0%)

1 と呼ん, どうにもおかしゅう, にはどう

▼ 兄作藏~ (3, 0.0%)

1 は勘當, は性質善ら, は當時江戸麹町三丁目

▼ 兄~ (3, 0.0%)

1 益と, 益に, 益を

▼ 兄半兵衛~ (3, 0.0%)

1 と共に参っ, に伴われ, の休息

▼ 兄哥これ~ (3, 0.0%)

1 じゃ昨夜戌刻, ほどまでに頼ん, やホン

▼ 兄哥さん~ (3, 0.0%)

1 がまるまっ, が皺だらけ, なん

▼ 兄哥そいつ~ (3, 0.0%)

2 はまだ 1 はほんと

▼ 兄哥勘弁~ (3, 0.0%)

3 して

▼ 兄哥気の毒~ (3, 0.0%)

3 だが

▼ 兄哥氣~ (3, 0.0%)

3 の毒

▼ 兄大臣~ (3, 0.0%)

2 を退ける 1 は有間皇子

▼ 兄~ (3, 0.0%)

1 獲の, 獲は, 獲も

▼ 兄孫権~ (3, 0.0%)

1 が母, だの, の手紙

▼ 兄安日~ (3, 0.0%)

1 というもの, なりと言つて, は奥州外ヶ浜

▼ 兄岡西玄亭~ (3, 0.0%)

1 が当時喜, が抽斎, の次男養玄

▼ 兄~ (3, 0.0%)

1 という存在, の婚, は弟

▼ 兄文治~ (3, 0.0%)

1 が九つ, が死んだ, と背

▼ 兄曹操~ (3, 0.0%)

1 こそ真に, と共に剣, の一命

▼ 兄~ (3, 0.0%)

1 にくらべ, の冷たい, の方

▼ 兄様何~ (3, 0.0%)

1 うした, か有つてらツ, なの

▼ 兄様兄様~ (3, 0.0%)

1 と声, と小さき, もう起きまつしねえ

▼ 兄清兵衞~ (3, 0.0%)

1 が大病, が這, よりの手紙

▼ 兄玄正~ (3, 0.0%)

1 が, が闇雲, の手許

▼ 兄玄道~ (3, 0.0%)

1 に引立てられ, の側, の徒弟

▼ 兄~ (3, 0.0%)

1 に示し, の河, を刺戟

▼ 兄瑞仙~ (3, 0.0%)

1 が大, に別れた, は男子

▼ 兄甚三~ (3, 0.0%)

1 そっくりであった, に送られ, を殺害

▼ 兄真雄~ (3, 0.0%)

1 の作, の境遇, へのさまざま

▼ 兄~ (3, 0.0%)

1 という順序, の伯父, の安否

▼ 兄若い衆~ (3, 0.0%)

1 と云, に当る, の怨

▼ 兄茂左衛門~ (3, 0.0%)

1 と共に三百騎, はそこ, も弟

▼ 兄蘇峰氏~ (3, 0.0%)

1 と実に, に投げつけた, の人格

▼ 兄~ (3, 0.0%)

2 葛瑾は 1 葛瑾を

▼ 兄通泰~ (3, 0.0%)

1 がもっ, より八つ下, を井上家

▼ 兄静山~ (3, 0.0%)

1 に対する切々, に非, の一語一句

▼ 兄あて~ (2, 0.0%)

1 で手紙, の電報

▼ 兄あの~ (2, 0.0%)

1 なあ道廳, 弓の

▼ 兄おれ~ (2, 0.0%)

2 はおれ

▼ 兄きがさ~ (2, 0.0%)

1 うした, も何気ない

▼ 兄きのこ~ (2, 0.0%)

1 とはなぜ, とをたずね

▼ 兄この~ (2, 0.0%)

1 犬き, 犬どう

▼ 兄さまつ~ (2, 0.0%)

1 たらあたし, たら変

▼ 兄さんだつ~ (2, 0.0%)

1 てさ, てもう少し

▼ 兄そういう~ (2, 0.0%)

1 僕な, 関係は

▼ 兄そっくり~ (2, 0.0%)

1 じゃない, なので

▼ 兄たる者~ (2, 0.0%)

1 に対して甚無礼, の情

▼ 兄だつた~ (2, 0.0%)

2 が今日

▼ 兄だろう~ (2, 0.0%)

1 か, と軽蔑

▼ 兄~ (2, 0.0%)

1 ぁんの, あんが

▼ 兄であります~ (2, 0.0%)

1 が, なんて吹聴

▼ 兄であれ~ (2, 0.0%)

1 ば能, 誰であれ

▼ 兄とかいう~ (2, 0.0%)

1 方々と, 谷口林助門司から

▼ 兄とから~ (2, 0.0%)

1 新しい時代, 連名の

▼ 兄としても~ (2, 0.0%)

1 お前に, 第一

▼ 兄とて~ (2, 0.0%)

1 父とて, 男の

▼ 兄ともども~ (2, 0.0%)

1 にお, 私まで

▼ 兄どん~ (2, 0.0%)

1 の云う, の側

▼ 兄なぞも~ (2, 0.0%)

1 その一人, マカウレーの

▼ 兄などを~ (2, 0.0%)

2 殺して

▼ 兄なり~ (2, 0.0%)

1 大窪詩仏は, 親なりが

▼ 兄なる子~ (2, 0.0%)

1 と弟なる子, は既に

▼ 兄にこそ~ (2, 0.0%)

1 洩らし栄, 洩らし榮

▼ 兄にたいして~ (2, 0.0%)

1 不平であった, 反逆を

▼ 兄に従って~ (2, 0.0%)

1 どこへでも, 井戸端から

▼ 兄に関する~ (2, 0.0%)

1 直接の, 近況の

▼ 兄はから~ (2, 0.0%)

1 だが, だの

▼ 兄はに~ (2, 0.0%)

1 つと笑つて, はかに

▼ 兄へは~ (2, 0.0%)

1 打消して, 権威を

▼ 兄ほど~ (2, 0.0%)

1 優しい親, 露骨に

▼ 兄みこ~ (2, 0.0%)

1 と妹みこ, の後

▼ 兄やが~ (2, 0.0%)

1 一人いなくなった, 無造作に

▼ 兄よめ~ (2, 0.0%)

1 に当る, の手前

▼ 兄らし~ (2, 0.0%)

1 かつた, さで

▼ 兄らしく~ (2, 0.0%)

1 中肉中背で, 振舞つた

▼ 兄らしくいましめ~ (2, 0.0%)

2 てくれた

▼ 兄をさえ~ (2, 0.0%)

1 凌ぐ増上慢, 凌駕し

▼ 兄をば~ (2, 0.0%)

1 お訪ね, 見す見す殺した

▼ 兄~ (2, 0.0%)

1 さもとられっ, ちゃま

▼ 兄イワン・フョードロヴィッチ~ (2, 0.0%)

1 は今ごろ, も今

▼ 兄イ分~ (2, 0.0%)

1 だらうが, だろうが

▼ 兄イ様アーッ十二神~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ 兄イ連~ (2, 0.0%)

1 が舷側, しかも酒

▼ 兄~ (2, 0.0%)

1 困ッテイルト聞キナガラ, 御代官ニナッテカラ

▼ 兄クラレンス公~ (2, 0.0%)

1 と婚約, は一つ年上

▼ 兄クリストフ~ (2, 0.0%)

1 の書斎, の許

▼ 兄チャアルス・バアナム~ (2, 0.0%)

1 で他, はアストン・クリントン

▼ 兄ワスカル~ (2, 0.0%)

1 が出, との関係

▼ 兄一造~ (2, 0.0%)

2 のこもっ

▼ 兄三人~ (2, 0.0%)

1 のうち二人戦死, の女

▼ 兄上あなた~ (2, 0.0%)

2 は卑怯者

▼ 兄上それ~ (2, 0.0%)

2 はあんまり

▼ 兄上ふたり~ (2, 0.0%)

2 のかたき

▼ 兄上何~ (2, 0.0%)

1 か御用, しに

▼ 兄上先~ (2, 0.0%)

1 にお, に御

▼ 兄上同様~ (2, 0.0%)

1 に三, に疑るべからざる

▼ 兄上私~ (2, 0.0%)

1 が討ち果たしましょう, はただ

▼ 兄上重蔵殿~ (2, 0.0%)

1 の一生, の汚名

▼ 兄九郎右衞門~ (2, 0.0%)

1 が悴, は相良

▼ 兄信吾~ (2, 0.0%)

2 の心

▼ 兄信忠~ (2, 0.0%)

1 の位牌, の霊

▼ 兄信長~ (2, 0.0%)

1 の手, の政略

▼ 兄側用人桑原伊織~ (2, 0.0%)

1 が預かります, が預ります

▼ 兄優善~ (2, 0.0%)

1 が共に, はほど遠から

▼ 兄八十神~ (2, 0.0%)

1 に殺され, を表した

▼ 兄公女公~ (2, 0.0%)

1 に敬礼, は夫

▼ 兄公爵~ (2, 0.0%)

1 の金, をうまく

▼ 兄処女~ (2, 0.0%)

1 がこの, が此

▼ 兄北海道~ (2, 0.0%)

1 の兄, の母

▼ 兄千久馬~ (2, 0.0%)

1 の態度, の部屋

▼ 兄卯太郎~ (2, 0.0%)

1 それから仲介, は先方

▼ 兄及び~ (2, 0.0%)

1 弟の, 諸皇子

▼ 兄哥お前~ (2, 0.0%)

2 の望み

▼ 兄哥お前さん~ (2, 0.0%)

2 の父さん

▼ 兄哥こいつ~ (2, 0.0%)

1 はどう, はどういう

▼ 兄哥丈吉~ (2, 0.0%)

2 の野郎

▼ 兄哥久し振り~ (2, 0.0%)

1 だったな, だつたな

▼ 兄哥今度~ (2, 0.0%)

2 はお

▼ 兄哥今日陽~ (2, 0.0%)

2 の暮れる

▼ 兄哥俺達~ (2, 0.0%)

1 は大, は大変

▼ 兄哥八五郎~ (2, 0.0%)

2 の奴

▼ 兄哥加減~ (2, 0.0%)

1 が悪い, が惡

▼ 兄哥勘辨~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 兄哥外廻り~ (2, 0.0%)

2 を見る

▼ 兄哥左孝~ (2, 0.0%)

2 は口

▼ 兄哥御苦労~ (2, 0.0%)

1 だったね, だね

▼ 兄哥念~ (2, 0.0%)

1 のため, の爲

▼ 兄哥怨み~ (2, 0.0%)

2 のある

▼ 兄哥手代~ (2, 0.0%)

1 の与, の與母吉

▼ 兄哥斯~ (2, 0.0%)

1 うなりや, う見えたつ

▼ 兄哥板倉屋~ (2, 0.0%)

1 はただ, は唯

▼ 兄哥株~ (2, 0.0%)

1 だったが, の笹本

▼ 兄哥用事~ (2, 0.0%)

2 てえの

▼ 兄哥町内~ (2, 0.0%)

2 の若い

▼ 兄哥矢~ (2, 0.0%)

2 は上向き

▼ 兄哥面~ (2, 0.0%)

1 は腹, をした

▼ 兄喜三郎~ (2, 0.0%)

1 に頼まれ, の刃

▼ 兄喜右衛門~ (2, 0.0%)

1 と共にマニラ, の手

▼ 兄~ (2, 0.0%)

1 之助, 之助様

▼ 兄大久保藤次郎~ (2, 0.0%)

1 である, は若い

▼ 兄天皇~ (2, 0.0%)

2 に憎まれ

▼ 兄媛弟媛~ (2, 0.0%)

1 だと, という姉妹

▼ 兄孫策~ (2, 0.0%)

1 が死, の枕頭

▼ 兄守時~ (2, 0.0%)

1 が執権, が山ノ内合戦

▼ 兄宮大塔~ (2, 0.0%)

1 のよそおい, の下

▼ 兄家族~ (2, 0.0%)

1 の者, は辺鄙

▼ 兄寿平次~ (2, 0.0%)

1 の家族, を見

▼ 兄~ (2, 0.0%)

1 弘は, 還郷

▼ 兄小太郎~ (2, 0.0%)

1 の身体, を裏切り

▼ 兄小生~ (2, 0.0%)

1 はこの, は今日

▼ 兄小路キンスケ~ (2, 0.0%)

1 と仰有る, を明晩

▼ 兄峰太郎~ (2, 0.0%)

2 の孫

▼ 兄左近~ (2, 0.0%)

1 のみか御, や一味

▼ 兄広瀬栄次郎~ (2, 0.0%)

1 がこの, が已に

▼ 兄庚弟~ (2, 0.0%)

1 と呼びあい, と呼びあっ

▼ 兄彦太郎~ (2, 0.0%)

2 は二十八

▼ 兄~ (2, 0.0%)

2 深草の

▼ 兄~ (2, 0.0%)

1 が歿, の死する

▼ 兄忠一~ (2, 0.0%)

1 が帰郷, と連立っ

▼ 兄忠通~ (2, 0.0%)

1 に奉仕, の非常識

▼ 兄思ひ~ (2, 0.0%)

1 で隨分父親, の兄弟なか

▼ 兄恒善~ (2, 0.0%)

1 が見附け, よりは少き

▼ 兄我童~ (2, 0.0%)

1 と相当, の仁左衛門襲名

▼ 兄政広~ (2, 0.0%)

1 は小田原, もこの

▼ 兄新左衛門~ (2, 0.0%)

1 のいきさつ, のこと

▼ 兄於吾~ (2, 0.0%)

1 亦兄, 亦兄云々

▼ 兄時刻~ (2, 0.0%)

2 も同じ

▼ 兄景義~ (2, 0.0%)

1 とかは頼朝, に伴われ

▼ 兄曰く~ (2, 0.0%)

1 果して, 然ら

▼ 兄東福寺~ (2, 0.0%)

2 の雲章一慶

▼ 兄桑原伊織~ (2, 0.0%)

2 が再三

▼ 兄様あなた~ (2, 0.0%)

1 お精進, には花籠

▼ 兄様たち姉様たち~ (2, 0.0%)

1 は, は帰っ

▼ 兄様の~ (2, 0.0%)

1 でございまして, を借り

▼ 兄様今日~ (2, 0.0%)

1 はまあ, は屹度お客様

▼ 兄様大変~ (2, 0.0%)

1 な事, な人

▼ 兄様私~ (2, 0.0%)

1 が引受けます, はお

▼ 兄様銅板~ (2, 0.0%)

1 の絵図面, は盗まれ

▼ 兄毅齋~ (2, 0.0%)

1 であります, との間

▼ 兄~ (2, 0.0%)

2 本毘古

▼ 兄法主~ (2, 0.0%)

1 でもない, には大きく

▼ 兄洞斎~ (2, 0.0%)

1 です, の可

▼ 兄淡路守~ (2, 0.0%)

1 の旨, を逐

▼ 兄淡路守政秀~ (2, 0.0%)

1 が家督, は此

▼ 兄源之助~ (2, 0.0%)

1 である, は清元延寿太夫

▼ 兄火照~ (2, 0.0%)

2 の命

▼ 兄~ (2, 0.0%)

1 と狼とど, の方

▼ 兄~ (2, 0.0%)

1 との対照, を兄

▼ 兄玄亭~ (2, 0.0%)

1 が歿, が相貌

▼ 兄玄竜~ (2, 0.0%)

1 が, の怒る

▼ 兄田代屋~ (2, 0.0%)

1 の総領, の總領

▼ 兄矢島優善~ (2, 0.0%)

1 にも愛せられた, にも聞いた

▼ 兄社用~ (2, 0.0%)

2 で上京

▼ 兄範之丞~ (2, 0.0%)

1 は諏訪高島, も歯噛み

▼ 兄紋十郎~ (2, 0.0%)

1 という男, へ自害

▼ 兄~ (2, 0.0%)

2 も一年上

▼ 兄者あなた~ (2, 0.0%)

1 こそ目前, の計

▼ 兄者兄者~ (2, 0.0%)

1 っ, と兄者

▼ 兄自分~ (2, 0.0%)

1 を勵, を苦しめ

▼ 兄良人~ (2, 0.0%)

1 の仇申訳相, また息子

▼ 兄若園清太郎~ (2, 0.0%)

1 と共に帰っ, と共に帰つて

▼ 兄菊五郎~ (2, 0.0%)

1 の深い, は同じ

▼ 兄~ (2, 0.0%)

1 が造士館高等学校, の知人日疋重亮

▼ 兄鈴木~ (2, 0.0%)

1 で師岡, の方

▼ 兄~ (2, 0.0%)

2 之介

▼ 兄頼家~ (2, 0.0%)

1 が二代将軍, が辞め

▼ 兄鴎外~ (2, 0.0%)

1 とは年, と一緒

▼ 兄~ (2, 0.0%)

1 彌に, 彌を

▼1* [904件]

あたりでは自慢, 兄いいおっ母さん, 兄いか何うし, 兄いかが今は劇職, 兄いがおれに早変わり, 兄いがイヤに物欲しそう, 兄いがシルクハットの紳士, 兄いが三味線弾きを, 兄いが右手を取られた, 兄いが味方のうち, 兄いが片肌を脱い, 兄いが牢死したと, 兄いさまたちやられたな, 兄いさまですものくやしゅう, 兄いさまもそなたのよう, 兄いさんだ頼むぜと取巻いた, 兄いさん黙つて聞い, 兄いじゃねえか, 兄いずれが弟, 兄いそいぢや, 兄いつづみの, 兄いでげすと金助, 兄いともあるべきもの, 兄いにまかせるよ, 兄いに肖過ぎるほど肖, 兄いはいねえか, 兄いまがこないだ一巣発見, 兄いもこちらでご, 兄いやお前は, 兄いや親方が大分, 兄い助けて呉れ, 兄い困るよ藪, 兄い止しなよ, 兄い睡気ざまし, 兄うえがあゝ, 兄かえり叔母上季夫圧死し, 兄かが其所の, 兄かつは先帝, 兄かと思つた, 兄かのように, 兄かも知れない, 兄からか母からか, 兄からでも聞いたん, 兄からと云ふ, 兄がいに半分, 兄がなんて申しますか, 兄がべんけい蟹という, 兄がや足腰の, 兄がら貰つて, 兄がるす中それに, 兄きかぶでいた, 兄きがそんお志, 兄きがところへ遊び, 兄きがわたくしの耳, 兄きが兄きがそんお志, 兄きが内へ帰られる, 兄きが取持ちをした, 兄きが帯で隠した, 兄きが顔に石狩川, 兄きじゃとてわが身が可愛く, 兄きだぞ判った, 兄きだハハハお吉, 兄きちょっくら引っ返し, 兄きでたれかを疑っ, 兄きならなんでも, 兄きの仙ヱムどんが見つかった, 兄きの家を相続, 兄きの岩蔵と一緒, 兄きの所へその, 兄きの注意を惹き起さう, 兄きの耳に口, 兄きの通りにしなけれ, 兄きの顏を立てさせ, 兄ぎみさまの御, 兄ぎみ方までお, 兄ぎみ様もうお出まし, 兄ぐらいずつの背たけに, 兄ぐらいの年齢の, 兄こぎかへる, 兄ことさらに兄, 兄これを恕す, 兄これからも氣, 兄さまあたしもよ, 兄さまお母さまがお, 兄さまこのごろになっ, 兄さまそう心配じゃない, 兄さまやつぱり楽観できないらしいん, 兄さまッて時々, 兄さま一人と天下, 兄さま以外のだれ, 兄さま何処にいらし, 兄さま吉原では桜, 兄さま堪忍して, 兄さま好きなの, 兄さま感謝して, 兄さま昨夜は久しぶり, 兄さま歸つては下さいませ, 兄さま猿が, 兄さアん, 兄しかいない日本, 兄じゃがそこの, 兄じゃというのが, 兄すなわち保一くんの, 兄ずるいど兄, 兄それはほとんど, 兄それにぼく長兄は, 兄あ仲, 兄たくさんな妃, 兄たらずといえ, 兄だけがこの世で, 兄だけの才覚を, 兄だっ兄だ, 兄ちゃんとうるさいくらい, 兄ったら自分の, 兄って人も, 兄つながる縁で, 兄でありたいという切ない, 兄であるらしいという, 兄であろうとする, 兄でございまして私, 兄でござる權六と, 兄でさえある, 兄でして, 兄でしたからね, 兄でしである岸という, 兄で御座るよ, 兄というくらいに思って, 兄といふだけなの, 兄とかがあって, 兄とかは一番後に, 兄とさえ変わって, 兄とてももう施す策, 兄とで皆十五六歳の, 兄とでも相談し, 兄とやらもその儘姿, 兄どころか親父に, 兄どっちが弟, 兄どもに突き落された, 兄どんと相談して, 兄ないるが, 兄なぞとその, 兄なぞと話の, 兄なつかしあざみては, 兄などあると, 兄などがこちらに, 兄などと相談し, 兄などには必ず推測, 兄などにも相談し, 兄なども母の, 兄などよりもずっと年歯上, 兄なりに篤と相談, 兄なれども上, 兄なんかじゃありません, 兄なんかもそう申します, 兄な来たぞ, 兄におけるほど密接で, 兄にさえも理解し, 兄についての薄気味わるい, 兄についても嫂についても, 兄にとつて病多い, 兄にともつかず, 兄になつて上げます, 兄にに西宮さんが, 兄にまで損を, 兄にまでは到らぬから, 兄にゃが北海道, 兄にゃが帰って, 兄にゃさえ居りゃあ, 兄によって禁じられる, 兄に対し忠実な, 兄のうへを越す無条件, 兄のせゐにし, 兄のぶなが, 兄はじめ家の人たち, 兄はちよつと千種, 兄はつやけのない, 兄はないかにもお前, 兄はのりきに, 兄はも一度片方, 兄はんやがな, 兄ばかりにそう家, 兄ばかりの中に, 兄ふたりとつづい, 兄ぶんの駈けつくる, 兄づ, 兄まかせにて我が, 兄まず渡るその, 兄までが猿引きと, 兄までを悪党仲間へ, 兄みたいな人, 兄むすこが三桝稲丸, 兄めいた義務感を, 兄め兄めと思う, 兄め気でも違う, 兄もさように申し, 兄もしやと, 兄もつひに, 兄ものりきで, 兄もろともに舟, 兄やあによめ, 兄やこそおかしいや, 兄やつなの, 兄やと太い調子, 兄やに云へ, 兄やはそれほどで, 兄やめればえ, 兄やら弟やら, 兄よか長生きを, 兄よりなんて自分の, 兄よりの餞別なり, 兄よりはずつと前に, 兄らしくないのが, 兄らしくなかつた自分を, 兄らしく話しかけることも, 兄らしゅう暇を, 兄わいのー, 兄わたくしの四人, 兄を通して私は, 兄んさんは汗, 兄んちゃんのこと, 兄アルフォンソの死後アラゴン, 兄アルポイノとともにヴェロナ, 兄アントニイからエセックス, 兄アントニイ・ベエコンはこの世, 兄アントニイ・ベエコン氏に捧ぐ, 兄読んで, 兄イあそこでは一時, 兄イさまの方, 兄イさんは, 兄イたちも歩い, 兄イ今夜のうち, 兄イ勘弁して, 兄イ勘辨して, 兄イ様アーッお兄イ様アーッ, 兄イ様アーッ妾にかまわず, 兄ウォルタアはいま, 兄ウリヤーノフが一八八七年, 兄エセックスを招待, 兄エドモン・ド・ゴンクウルは弟ジュウル, 兄カリギュラ王の発狂, 兄ガイウニハ是ハ偽筆ニ違イナイカラワシガアヤマッタト云ウカラサヨウナラ大兄ヘ手紙, 兄ガオコッテヤカマシクイウカラアニヨメヘオレガ行ッテイロイロハグラカシテソノコトハ済ンダオレモ三四年ハ大キニ心ガユルンダカラ, 兄ガ云ウニハ全ク貴様, 兄ガ云ウニハオノシハナゼ正之助ヘ知恵ヲツケテ, 兄ガ云ウニハナント是デモカレコレイウカト云ウカラオレガ云ウニハソコガ三郎右衛門ハ分ラヌトイウモノダナント私ガ書イタモノナラ読ムウチニケン語ガスミハシマスマイ大勢ヲ取扱ウ者ガ此位ノコトニ心ガ附カズバ, 兄ガ借金ガ蔵宿ノモ切レシトイウカラオレガ竹内ノ隠居ヲダマシテ, 兄ガ吝嗇故ニ大層ニオコッタカラ, 兄ガ呼ビニヨコシタカラ行ッタライロイロ馳走ヲシタ, 兄ガ女房ヨリ文ヲヨコシテオレノ妻, 兄ガ始メテ越後ヘ行ク, 兄ガ家事不取締, 兄ガ帰ッタカラ留守ノウチノコトヲ書附デ出, 兄ガ拾ッテ持ッテ帰ッテ大兄ヘ見, 兄ガ謀ヲ白状シタカラ, 兄キ達は仲間, 兄サンヲ殺害シロト命令シタノハ動坂三郎ニ違イアリマセン, 兄サンガ何故殺害サレタカ分リマセンガ, 兄シャマシュ・シュム・ウキンの謀叛, 兄ジャンチオットの父, 兄ダミアーノの厚意, 兄テンコツさんの近く, 兄デモ御言葉ガ, 兄トハ黒ノカアテンヲカムリテ睡ムル, 兄ト原田好子漸ク手当, 兄ト恭子ハ焼跡ヲ廻リ, 兄ドミトリイ・フョードロヴィッチの頼み, 兄も三四日中ニニハ, 兄ニコライの死, 兄ニ云イ立テテ外宅ヲシテ割下水天野右京トイッタ人ノ地面, 兄ハソノ晩逃ゲテ帰ッタガソレカラ十年バカリ絶交シテ居タガ何トカ思ッタト見エテ, 兄ハ十五弟ハ十三マダ若輩ナガラ一番ニ乗入, 兄ハ此頃御同行ニ, 兄ヒコユムスミの王, 兄ヒメ弟ヒメという姉妹, 兄フランツの即座, 兄フランツ伯の友人, 兄マンには伯父, 兄ミケーネー王アガメムノーンが列王諸侯, 兄モオレガ事ヲ気, 兄モナンニモ云ワヌ故少シ安心シテウチヘ行ッタ, 兄モーナルーダオに連れられ, 兄ルドウィヒは一八三一年, 兄レーヤーチーズとハムレット, 兄持ッタガ私ガ不肖デゴザリ升ト挨拶シタラバソノ座, 兄一人妹一人の二人っきり, 兄一人妹一人他に親, 兄一姉死して, 兄一家の狭苦しい, 兄七時幾分かの汽車, 兄丈太郎から貰った, 兄三人姉四人弟一人それに叔母, 兄三次郎と云う, 兄三毛入野命となっ, 兄三津五郎と二人, 兄三郎の眼, 兄上いつでも, 兄上お気をしっかり, 兄上ここを開けましたる, 兄上さまたちにお, 兄上さま熊太郎が帰っ, 兄上どちらへ参られます, 兄上のちからである, 兄上はじめお七人, 兄上ゆえと小屋芸人, 兄上わたくしも, 兄上ニも御, 兄上ハ御年六十ニ, 兄上三十尾を獲, 兄上五十尾を獲, 兄上人を集める, 兄上倉の内, 兄上兄上っ, 兄上十兵衛どのは, 兄上参ろうではございません, 兄上右から, 兄上啓示とは, 兄上国より御, 兄上城中の兵, 兄上大伴宗久氏は須和康人, 兄上大変でございましたなあ, 兄上大石殿始め一党のこと, 兄上孔明と叔父, 兄上対馬守様とのかたい, 兄上岡部様が御, 兄上御免し下されと, 兄上悦ちゃんこいさんによろしく, 兄上昇之助, 兄上杉殿に別れ, 兄上来訪清を見, 兄上様イイエあの淵瀬, 兄上様始め他のご, 兄上様昔のお, 兄上様美佐はとうとう, 兄上樣と志賀内匠樣, 兄上樣御先途を見, 兄上正季こそ死に遅れた, 兄上正成どのもやがて, 兄上母上様に教え, 兄上母上樣に教, 兄上渋沢栄一殿が訪ね, 兄上潜入いたして, 兄上照子どのは千蔭流, 兄上父上妾はここ, 兄上玄蕃様御手討, 兄上玄蕃樣御手討になつ, 兄上甲斐のくに, 兄上私たちが失った, 兄上範之丞の生死, 兄上範之丞殿と共々, 兄上貴公の妹, 兄上近側の若手, 兄上道が違い, 兄上郎党たちは, 兄上重蔵様から来た, 兄上面目次第もござりませぬ, 兄上魏王の令旨, 兄下田を作ら, 兄下総の邸, 兄与一郎忠隆の下, 兄中村寿三郎次は吉右衛門, 兄殿の, 兄主殿の愛, 兄久しくまゐ, 兄乍ら人殺しの兇状持, 兄乍ら自分は春三郎, 兄九郎兵衛一友は景一, 兄九郎右衞門勘當を受け, 兄九郎右衞門殿の位牌, 兄九郎右衞門聞込流石憫然に思ひ, 兄二人はつし王, 兄二人親戚など二人, 兄互に言ひ募り, 兄五瀬の命, 兄五瀬命は敵, 兄五郎三郎にて突然, 兄五郎右衛門の素質, 兄五郎治兄弟の者, 兄亡き後の今, 兄自欧洲東帰者倚篷筆談, 兄は屠蘇, 兄今井兼平の戦死, 兄今宮丁の事, 兄今日かえると, 兄今更仕方が, 兄で釈迦如来像, 兄仙右衛門も百姓, 兄代わりになっ, 兄以上世間知らずの素朴さ, 兄以上感情にさし迫っ, 兄以前主殿といった人, 兄以外の誰, 兄伊助とだけは千変万化, 兄伊勢守正福が所領, 兄伊藤八兵衛の世話, 兄伴三のみならず, 兄してる, 兄何ぞ必ずしも涙潸々たらん, 兄何方が弟, 兄何進から先, 兄作品社から, 兄して, 兄俊兄星城子兄入雲洞兄, 兄俗客汚自, 兄保太郎はマル三, 兄保憲は十歳許, 兄信一の五人, 兄信孝が弟, 兄信州の妻, 兄信幸にもまさる, 兄信広のこと, 兄信康この愛弟, 兄信武より斎藤平蔵, 兄信玄のいる, 兄倉岡元仲, 兄個人のですから, 兄健一の寝台, 兄の勝訴, 兄の姉, 兄がどんなに, 兄僧某また同志, 兄元太郎の此, 兄元寛兄白船兄樹明兄そのほか同人諸兄姉, 兄兄宇迦斯天つ神, 兄生ったらそれ, 兄先づ渡る其時, 兄先夜写して, 兄先妻の子, 兄先王も皆, 兄光一はその, 兄雲洞兄樹明兄敬治兄等の, 兄八兵衛は私, 兄八島士奴美の神, 兄八年の間, 兄公一に対して安彦, 兄公女公親類の附合, 兄之丞, 兄六時頃から出かけ, 兄六郎の沈思, 兄は揃, 兄共に解死人として, 兄共殊に愛し, 兄内藤万右衛門どのの家, 兄円済へもよそながら, 兄再度来庵, 兄冬村兄の活動, 兄出牢せば, 兄分格となっ, 兄分津崎左近が助太刀, 兄分顔に気取り, 兄分風を吹かし, 兄切首の多, 兄利久の子, 兄十三十歳前後これも, 兄北条守時は七月七日退職, 兄はもと, 兄十兵衛の木剣, 兄十郎の閑居, 兄半作ともに是, 兄南江正忠と次々, 兄即ち古道具屋の, 兄傍の, 兄友春に汚行, 兄叔母季夫の始末, 兄口子の臣, 兄口子臣でございますと, 兄右衛門尉の身, 兄司馬師弟司馬昭のふたり, 兄吉兵衞の方, 兄至羽根沢, 兄同様に身, 兄同道来庵酒魚鮨すべて持参だから, 兄をウゴリーノ, 兄名成玉字叔琢号寿仙弟名世簡字季父号春泰松本侯臣兄弟共泉豊洲門人なり, 兄君ホデリの命, 兄君伊周公である, 兄君信長の許, 兄君喜内樣にも澤井, 兄君孫策様のご, 兄君当時十八歳の頼家公, 兄君御嶽冠者殿の偉大さ, 兄君捨蔵様の御, 兄君様から弟, 兄君辰猪が気魂, 兄哥あにいって立てられる, 兄哥これぢや昨夜戌刻, 兄哥さへよかつ, 兄哥さんたちが四人, 兄哥さん六代目の仮, 兄哥そりゃあお前采女の馬場, 兄哥たちが自慢, 兄哥ちよつと見せ, 兄哥ちよいと來, 兄哥つづみの与吉とともに彼, 兄哥なんだってこの, 兄哥のだよ, 兄哥オイきたとばかり, 兄哥一人で逃げ, 兄哥一代の失策, 兄哥三枚目のゆすり, 兄哥他に下手人, 兄哥何うだい, 兄哥何んだつて, 兄哥何處から嗅ぎつけた, 兄哥余計なこと, 兄哥八の野郎, 兄哥冗談じゃない, 兄哥冗談ぢやない, 兄哥分の藤吉, 兄哥剃刀じゃない, 兄哥剃刀ぢやない, 兄哥垢離場の高, 兄哥大事にする, 兄哥大変なこと, 兄哥大方見当が付いた, 兄哥嫁御はどう, 兄哥安心しねえ, 兄哥後で文句, 兄哥後学のため, 兄哥御用聞はこういう, 兄哥振りなん, 兄哥曲者は主人勘十郎, 兄哥此邊にブラブラ, 兄哥歸つたら平次, 兄哥母屋へ行つて, 兄哥深川の親方, 兄哥濟まねえが, 兄哥灯を見せ, 兄哥災難だったそう, 兄哥畳屋を廃, 兄哥真直に突立, 兄哥血のこと, 兄哥行つて見るかい, 兄哥親分に会おう, 兄哥話は聞いたろう, 兄哥達大變, 兄哥遲れて, 兄哥銭形の親分, 兄哥錢形の親分, 兄哥餘計なこと, 兄唐草銀五郎がこの, 兄善郷専ら痘科, 兄喜内は善惡邪正, 兄四十年生れて, 兄四畳半で餅, 兄土岐左近や多く, 兄彼諳山蹊, 兄夜九時すぎにつく, 兄大佐に散々, 兄大俣の王, 兄大友宗麟につか, 兄大学信盛は愛知郡山崎, 兄大庭景義景親の兄弟, 兄大西与五郎に平八郎, 兄大阪の愛子, 兄天押帶日子の命, 兄天智の権力, 兄天鬼だぜ, 兄天魔太郎は自分, 兄太郎もまた, 兄が死んだ, 兄夫妻殺しの犯人, 兄夫婦らの前, 兄夫婦共に偕楽園, 兄夫婦正樹の姉, 兄夫婦親子の世界, 兄奥平貞能はそう, 兄奥田義雄は六畳間, 兄妻籠本陣の寿平次, 兄姉中で一番仕様, 兄姉私とすぐ, 兄姉等にもよく, 兄姫弟姫の二人, 兄媛たちのきょうだい四人, 兄媛弟媛呉織服, 兄媛者吉備臣祖御友別, 兄孫堅の閣, 兄孫提轄の妻, 兄宇迦斯おのれの作った, 兄宇迦斯天つ神, 兄宇迦斯弟宇迦斯というきょうだい, 兄宇迦斯鳴鏑もちて, 兄守時どののお気, 兄守時殿をも敵, 兄宗次郎は非, 兄家光将軍からむざんの死, 兄家持が天平勝宝二年, 兄富卿を前, 兄対馬守殿は武骨一方, 兄専六は山田源吾, 兄将軍の足跡, 兄尊氏どのの仰せつけ, 兄少年僧の断末魔, 兄山田元益, 兄山田脩が本所割下水, 兄岩松経家があれ, 兄左近どのに引入れられた, 兄左門であつ, 兄は己, 兄師冬彼は師直, 兄師木弟師木というきょうだい, 兄師直の失脚, 兄帰られ母上も, 兄常久は元禄五年, 兄干支の弟, 兄平左衛門は責任者, 兄平戸一成の声, 兄幸いにこれ, 兄幸作の二人, 兄幸太郎が十七歳, 兄幾久雄のヴァイオリン, 兄庄左衛門です, 兄庄平と大, 兄康太郎も二上山, 兄廉介の無責任, 兄建波邇安王が悪, 兄引かるれば弟, 兄弟思いな兄, 兄弟息子など身近, 兄草吾夫, 兄に乞, 兄彌太郎とやらは座敷牢, 兄が家, 兄彦三郎は押, 兄彦思ほえ, 兄であった, 兄の姉, 兄御前二人は此程, 兄御許にアメリカ沙汰申上候, 兄忠兵衛が来, 兄忠宗の長女, 兄忠次郎に旧知半石, 兄息子夫婦に名, 兄息子様でおいでまつ, 兄へ泣き, 兄惣五郎がお蔦, 兄御達者, 兄意祁の命, 兄慶篤の後, 兄憲房が孤軍奮闘, 兄之の家, 兄成家がある, 兄成武をさし越し, 兄成豊は水津氏, 兄或は姉などと, 兄戦死の公報, 兄扈成が支配, 兄手研耳命が謀反, 兄抜かるな, 兄振つたことを, 兄政光も弟, 兄政広三十年ぶりで来訪, 兄政広父と争い, 兄政広相場師某の娘, 兄政秀にし, 兄敬治兄等の並々, 兄之丞, 兄助の, 兄於書無敢不読既通泰西文字, 兄施寧より心, 兄日本橋の雁屋信助, 兄早良太子の轍, 兄明日かえると, 兄星城子兄入雲洞兄, 兄春水の学名, 兄是ハ去年頃よりも御, 兄晴景継いだが, 兄寂たる, 兄曰く君が裁判, 兄月村信祐の養子, 兄月清入道と末, 兄月蟾が十数年前, 兄有信をし, 兄朝夕の大御, 兄木下孫兵衛家定でござる, 兄札木合の手を握る, 兄之助, 兄杉子には伯父, 兄来庵ちよんびり, 兄来庵種子を貰, 兄来庵章魚を持つ, 兄来庵話題は例, 兄来庵野菜をたくさん, 兄来訪友達と二人, 兄東組与力大西与五郎が病気引, 兄松尾刑部季綱の奉行, 兄松尾季綱らにさしずし, 兄某家小倉藩ニ仕ヘ, 兄柳生対馬守と妻恋坂, 兄栄太と密通, 兄梶原八郎太夫の家, 兄楊國忠が貴, 兄様あたしの声, 兄様あれは, 兄様この世に生き, 兄様これは順番, 兄様ご覧なさりませこの, 兄様たちロンドンでいまごろ, 兄様ぢや御座いません, 兄様アノ面白い事, 兄様モツァルトのレコード, 兄様一人行って, 兄様一週間ばかりお, 兄様三井さんとお話し, 兄様京へまでお, 兄様以外のお方, 兄様個人の秘書, 兄様僕はいい, 兄様十一月でさえ一月, 兄様只今まで重々, 兄様大丈夫でご, 兄様大事ことを忘れ, 兄様大切と思い詰め, 兄様妾も是非, 兄様妾もろとも陣十郎, 兄様姉様お揃いで, 兄様帰つて, 兄様幾度死のうかと, 兄様方と一緒, 兄様昼見た時, 兄様殺しを白状, 兄様父様に輸血, 兄様私ア斬られました, 兄様背が立たない, 兄様自動車は正面衝突, 兄様花田先生この御, 兄様迚も御膳立て, 兄様達の乗った, 兄様長州風呂の中, 兄様面目ない, 兄様顔は知りません, 兄様風呂へ参ります, 兄樣アノ面白い事, 兄樣今日は屹度お客樣, 兄樣何か持つてらつ, 兄樣此字は何と, 兄樣然までに御, 兄樣遲かつたわねえ, 兄樣降ばとて一日二日, 兄権佐清長は美濃大垣, 兄樹明兄そのほか同人諸兄姉, 兄樹明兄敬治兄等の並々, 兄次に弟と, 兄次第だろう, 兄忠夫妻の, 兄正成どののお, 兄正成殿から火急, 兄正教正方の父, 兄正行の純忠, 兄正雪義挙の際, 兄が弟, 兄武大の家, 兄死罪に罷, 兄比べてみる, 兄氏政が三十三, 兄氏教に子, 兄氏輝が家督, 兄江戸馬喰町二丁目に武藏屋長兵衞, 兄池内信嘉氏も帰県, 兄泰綱のむす, 兄阿兄, 兄浅草の藤沢, 兄清作の依頼状, 兄清兵衞大病にて九死一生, 兄清川玄道徴は三十七歳, 兄清左衛門のうわさ, 兄清水狂太郎はぐっすり, 兄清長は流浪, 兄源太左衛門も青江貞次三尺三寸, 兄澤田右衞門が物堅い, 兄為道の子, 兄爪謁気吾瀬子之射, 兄父弟達に対する婦人たち, 兄狂太郎のからだ, 兄狐犬よんか, 兄独得の工夫, 兄穂彦とともに, 兄見たこと, 兄献吉であったよう, 兄猿牽与次郎が盲目, 兄獅子が引返し, 兄玄蕃允の命, 兄王兵士を隱, 兄瑞仙善郷が寛政九年三月五日, 兄田中悌庵が墓, 兄甲斐のある, 兄発狂して, 兄白日子の王, 兄白船兄樹明兄そのほか同人諸兄姉, 兄百年の後, 兄盛政から再三, 兄盛高は五大院宗繁みたい, 兄迹前に, 兄磯城忿りて, 兄社会ファシストがそういう, 兄社外よりは安部兄, 兄祖母が出, 兄神八井耳の命, 兄神八井耳命は阿蘇君, 兄福井市にゆき, 兄秋山氏も御多分, 兄秋田清吉というもの, 兄稲飯命と三毛入野命, 兄突然顔を, 兄竹山を喪つて, 兄等二人の及ぶ, 兄と弟, 兄紀一郎は世, 兄紀一郎殿を一撃, 兄紀久子が父, 兄紅梅は姉, 兄経之の昂った, 兄経家も阿波, 兄緑平兄酒壺洞兄元寛兄白船兄樹明兄そのほか同人諸兄姉, 兄縣主波延が女, 兄義朝一人でございますが, 兄義理ある甥, 兄義経と安否, 兄義貞は病中, 兄義輝の後, 兄義高があり, 兄羽仁兄等と相談, 兄者おわびはいずれ, 兄者ご苦労にぞんじまする, 兄者なにごとで, 兄者ひとりがこう, 兄者びとカミョンスキイ伯爵同様の男ぶり, 兄者ッ自分の卑劣, 兄者人これにおられました, 兄者人そこをふかく, 兄者人どこへ, 兄者人恋に負け, 兄者敵はまだ, 兄者連判の用意, 兄からも, 兄自身筆を執っ, 兄自転車にのっ, 兄舞二郎袴広太郎, 兄良兼の所, 兄良持の遺した, 兄の方, 兄芳さん歸つて, 兄芳ちやんから手紙, 兄芸庵の第, 兄英時があえなく, 兄蔡瑁や腹心, 兄助眼病中孝養, 兄藤助にも着物, 兄藤房へわたす, 兄蘇峰との和睦等, 兄行平に至っ, 兄西一郎にめぐりあい, 兄西園寺公衡などがやッ, 兄の目, 兄の弟, 兄諏訪盛高が落ち, 兄譲りの古, 兄貞能へ宛て, 兄貧しくなりなむ, 兄貧弟の形, 兄貫一の子, 兄責びっくりしなや, 兄貴公は弟, 兄に譲るべく約せし, 兄足さかじるど, 兄感泣之, 兄近頃女学生の, 兄逃亡した兄, 兄道昌とは当時, 兄酒壺洞兄元寛兄白船兄樹明兄そのほか同人諸兄姉, 兄醒ますべく趨り行き, 兄重光の二男輔之, 兄重治へもお, 兄重盛が死ん, 兄が來, 兄量一郎は横浜貿易商, 兄けれ錢, 兄鎌倉殿への不平, 兄長崎にひさし, 兄長年がよろい, 兄閑院春仁と主人, 兄閑院春仁氏がすすん, 兄弟我相知, 兄陛下のお, 兄雅楽助大いに怒っ, 兄雅重元海軍中将, 兄霞亭と同居, 兄の立て, 兄頼朝討伐の院宣, 兄頼業は近衛天皇, 兄頼清へ御教書, 兄濁鄒, 兄顔良に代る, 兄顔讎由の家, 兄顧也さんは現に, 兄飛騨守景親を説くであろう, 兄飯田安石へ相, 兄馳還って, 兄駿河太郎は千代田城, 兄高時とひとしく, 兄高氏事このところ, 兄高田を作ら, 兄黒日子のもと, 兄龍等も御, 兄龜一郎が泣き附く