青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「俳諧~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

信頼~ 俥~ ~修業 修業~ 修行~ 俯~ ~俳優 俳優~ ~俳句 俳句~
俳諧~
俵~ ~俺 俺~ 倉~ 個~ 個々~ ~個人 個人~ ~個性 個性~

「俳諧~」 1058, 10ppm, 10826位

▼ 俳諧~ (276, 26.1%)

10 道に 4 中に 3 運座が

2 [22件] 一つも, 上に, 古き季寄, 名誉を, 大宗匠, 季には, 季寄といふ, 季寄に, 季寄年浪草に, 季題に, 宗匠で, 宗匠と, 宗匠としては, 巻を, 恋の, 方で, 第一句, 連歌に, 連歌の, 連歌は, 選に, 郷なり

1 [215件] いは, いわゆる初, お友だち, お招き, お蔭に, ことは, ごときは, さびしおり, さびも, ない国, においが, ひとしずく, ほかは, まだ十七字, ものです, やうな, ような, ように, わかるフランス人, ケエ茶の湯の, タブロオは, 一つぐらいは, 一つ位は, 一特色たる, 一番初めの, 一番始めの, 一筋を, 世界, 世界が, 世界に, 世界の, 中から, 主題としては, 乏しくもしくは, 事なぞは, 事物は, 交際で, 仏千句の, 付け合い, 代わりに, 仮名法語として, 余技が, 作者で, 使命である, 修行者は, 催しが, 先生を, 全部では, 出来る町人, 分水嶺に, 切れ字として, 判を, 力から, 功業の, 千句は, 号を, 名人として, 味わいは, 味わい方, 嗜みも, 噂もすまい, 場合と, 境地から, 境地を, 変化は, 外雑話すべから, 大きな働き, 大乗を, 天地に, 天地は, 奥に, 好きな, 如きもの, 妙味は, 季よせにも, 季題なる, 完成期における, 宗匠たちが, 宗匠たる, 宗匠だった, 宗匠として, 宗匠の, 宗匠をも, 宗匠一水舎半, 宗匠芝居の, 定義は, 寄合へ, 尤も, 差別を, 巻, 巻の, 巻までも, 師二世桂の, 席で, 席などへも, 席へ, 弱点すなわち, 徒輩たり, 微妙な, 心得などの, 心得の, 忌日は, 感化を, 慣用手段なれ, 才が, 持ち合わせの, 指導を, 揮毫を, 斬新は, 新発知, 方には, 方法の, 旅に, 暖簾を, 書巻を, 最も歴史的, 月並みに, 本など, 本は, 本場である, 本質を, 本質的概論, 本道を, 根本問題, 構造を, 欠くべからざる要素, 欠乏した, 歌仙, 正統の, 歴史としては, 歴史は, 歴史を, 歴史上に, 活用であった, 流るるごとき自由, 流れを, 流行そのものが, 滅びるまでは, 滅ぶる, 灯や, 点を, 点者として, 点者も, 無い句, 無味蕪雑にも, 無心所着的な, 父なる, 特色の, 独吟千句は, 理解ある, 理解が, 生まれる所以, 生命と, 生命は, 発句, 発句が, 発句と, 発句とは, 発句なる, 発句に, 発句を, 益は, 盛んな, 目を通して, 真の, 研究者殊に, 碑が, 立脚地も, 精神が, 精神と, 精神を, 素養如何に, 美しさ, 群を, 聖芭蕉で, 芸術的精神を, 華実も, 行々子は, 要素の, 要訣でなけれ, 要訣を, 要諦は, 規則に, 親玉と, 記録だけが, 話は, 趣を, 趣味です, 軽妙に, 近頃活字, 連句が, 連句においては, 連歌において, 運座を, 道で, 道には, 道にも, 道によってしか, 道は, 長者顔, 附合の, 集などから, 集まりの, 雑誌なり, 雑誌を, 非人情的態度の, 面白味は, 頓かに, 題材として, 風流な, 風雅に, 風雅を, 驚くべき感化, 骨髄を, 魂と

▼ 俳諧~ (104, 9.8%)

3 興せしも 2 やったり, よくし, 善くした, 善して, 学びし者月, 学ぶ, 愛する人, 能し

1 [85件] いわゆる滑稽俳諧, おやりなさる, かたれば, したこと, したり, して, せずに, せぬという, その本然, つくる者, なさる方, まじえた連歌, もして, もって, やった人, やって, やる男, よくした, よむこと, よむの, 一巻き巻いた, 一瞥すれ, 下品に, 主要の, 作らない人, 作り易い, 再興する, 分岐せしめる, 創めた, 創設した, 創設しました, 友として, 唱来れり, 嗜んだ, 嗜んで, 好まれ家中, 好み闌, 好んで, 娯しみと, 学んだという, 学んでから, 守り守武忌, 引用しなけれ, 心がけて, 悲壯なる, 愛するのみ, 感じる, 感ぜられて, 振り返って, 捨てて, 捨て詩, 捻つたり, 捻つて, 最も深く, 楽しむの, 歴々と, 滑稽の, 滑稽駄洒落の, 為したるのみ, 為すべきかに惑, 為すべしと, 無意識の, 無用の, 理解し, 理解し得ない, 理解する, 用ゐたる, 発揮し, 知らないが, 突破し, 継承し, 興しし者, 見ても, 見直さなければ, 解し易い, 解する者, 言葉や, 試みて, 読んで, 談ず, 論じて, 論ぜしより, 軽ん, 遊戯に, 銷遣の

▼ 俳諧~ (88, 8.3%)

2 だか, の野水, はそれ

1 [82件] かなんぞの風流人, かまたは, か何, が, が居た, が脱, が蝶, が遥々, だと, だの, である, でございましてね, でございますから, でござるな, ですから, ですよ, でなかつたに, でもある, で三十八, で武芸, で詩, で野水, という人たち, という見立て, といっ, といったよう, とか作者, とか茶人, として推重, とならう, となろう, とは古人, ともつかぬ, と山, と親しみ, と金, にならう, になる, には其角堂永機, には既に, に野幇間繪, のやう, の三節, の俳諧寺一茶, の先生, の出現, の名前, の品性甚堕落し, の学問, の庵, の方, の書い, の柳水, の柳水宗匠, の梅月君, の番附, の病みほうけた, の群, の背筋, の言葉, の貞佐, の鳴雪翁, は, はてんで, はどんな, はなお, は優しいうまい, は必ず, は眼, は着物, は石, は行李, は話し, は驟雨, また絵師, や画家, や繪, らしい十徳姿, らしい姿, らしい風采, を生, 又は幇間

▼ 俳諧~ (79, 7.5%)

2 その物, 其角を, 古くから, 連歌ほどは

1 [71件] からっ下手だ, こっちの, この一句, これを, しばし措い, せぬと, そのせめて, その動詞, その芸術的価値以外, つまりその, どうなるであろう, どこにも, ない, なおその, なんでも, ふたたびすでに甚だ単調, また一方, もともと市井俗人, もとより後期, わが国の, 一つも, 一変化する, 万葉集の, 世の, 人生の, 伊達風流に, 俳諧と, 元来歌よりも, 元禄時代芭蕉出る, 全くその, 其俳諧には, 再び四方, 出来ない, 単一な, 参考に, 固より, 外道である, 大ぶん熱心, 大流行, 大阪に, 好きでした, 寛永年間に, 度たびこの, 延宝に, 当代の, 彼らの, 心の, 截断の, 日本に, 日本の, 日本文学の, 是までは, 時々鬼趣, 最も低級, 有り得ない, 正風体, 決して正風以後, 流転に, 滅亡するであろう, 滅多に, 滑稽諧謔の, 無趣味なる, 狭隘な, 盛んに, 眞劍だ, 社中の, 芭蕉自身の, 読者を, 謡いもの, 連歌以外に, 陳腐なる

▼ 俳諧~ (56, 5.3%)

2 凝って, 更け自分

1 [52件] ある野分以上, ある鬼趣, いわゆる, くらべて, たましひ, なり得ないの, なると, なるの, よみ込まれて, アムプレシヨニスムの, 何, 元禄時代の, 凝つて, 凝りかたまっ, 含まれて, 執する心, 墨守され, 変化させ, 始まりたるに, 定まった式目, 就て, 感じられたもの, 感謝しなけれ, 於いて, 於ける芭蕉, 於てのみ, 日を, 残って, 比するに, 求めたの, 現われた恋, 現われて, 現われる自然, 用ひた, 終始した, 縁が, 耽り出した, 至るまで, 見のがされぬ特色, 親しんで, 試みた倒装法, 通じ芸道, 遊びたるは, 遊び周月庵牧水, 遊び泥画を, 遊ぶという, 遊べり, 遊んだ, 遊んだあと, 遊んだ人々, 過ぎぬ残り, 長じ

▼ 俳諧~ (37, 3.5%)

7 ある

1 [30件] あった, あり, あるかも, あるが, あるよう, いつまでか, この国, そうであり, なか, ほしいよう, わからないの, わからなくても, カッティングの, 一段と不可解, 了解されよう, 単なる写実, 好きであった, 好きでし, 始まったり, 宗教の, 感ぜられなくは, 栄えるか, 生まれるの, 生れ発達した, 発句ばかりを, 目的と, 研究され, 突兀意外を, 芭蕉の, 見て

▼ 俳諧~ (23, 2.2%)

2 いささかその, 何の, 季との

1 [17件] いっても, いふ, すでに先蹤, する古く, なったの, なるの, 両者全く, 同じく差, 呼んだこと, 比べて, 版画とによって, 狂歌あっ, 狂歌と, 狂歌とについて, 称える詩, 蕎麦は, 風流に

▼ 俳諧連句~ (21, 2.0%)

2 である

1 [19件] が生じた, が過去, であろうと, ではいろいろ, という独自, と称する, においては実に, にし, については私, に対する先天的, のほう, の句, の存在, の揚げ句, の構成, の研究, の素養, もまた, を視覚化

▼ 俳諧~ (19, 1.8%)

2 さすがに

1 [17件] ありそう, おもち, ざれ哥, ない, またこれ, また大きな, わかりすべて, 亦閑事業, 作り茶事音曲, 同じこと, 当時の, 滑稽の, 知らない癖, 美術なり, 謡も, 遂に本来, 都々逸も

▼ 俳諧~ (14, 1.3%)

1 [14件] そういうもの, 俳句入りの, 學問に, 将棋の, 年の, 歌の, 浄瑠璃これらも, 浄瑠璃の, 短歌の, 絵に, 絵画の, 茶の湯し, 連句に関する, 骨董の

▼ 俳諧~ (14, 1.3%)

131 心の

▼ 俳諧には~ (13, 1.2%)

2 蕪村または

1 [11件] いつも敬服, ことなりと, どの程度, ふれて, 冬の, 及ぼさなかったの, 往々雁, 時代の, 普通である, 謎々語呂合せの, 限らずあらゆる

▼ 俳諧という~ (11, 1.0%)

3 ものが, ものの 1 ものは, ものを, 字義は, 言葉の, 語の

▼ 俳諧~ (10, 0.9%)

2 を説かん 1 である, のお話, のどこ, の最も, の概念, の無味乾燥, よりいう, を知る

▼ 俳諧でも~ (9, 0.9%)

1 おやりか, たった二百年, ひねって, やりそう, やるの, やるよう, 墨絵でも, 無季の, 談林派の

▼ 俳諧連歌~ (9, 0.9%)

1 か何, にさらに, になります, の催し, の最中, の歴史, の発句, は, を創設

▼ 俳諧にも~ (8, 0.8%)

1 あったっけ, だいぶ凝った, よくある, 亦堪能, 深い造詣, 科学にも, 縁の, 詠んで

▼ 俳諧から~ (6, 0.6%)

1 これを, 出来たもの, 分岐した, 気がついて, 発句という, 発句に

▼ 俳諧では~ (6, 0.6%)

1 すでに旦那芸, 其日庵と, 勉強し, 湯婆と, 花火を, 高井凡圭儒学は

▼ 俳諧~ (5, 0.5%)

2 世を 1 日を, 曼珠沙華などと, 風俗描写し

▼ 俳諧寺一茶~ (5, 0.5%)

1 ですよ, に対する執着, の, の句, は暫く

▼ 俳諧~ (4, 0.4%)

1 からである, から風流, か何だか, のを

▼ 俳諧者流~ (4, 0.4%)

1 の専売, の愛用, の手, の添水説

▼ 俳諧趣味~ (4, 0.4%)

1 からの出来心, から出発, とはち, の現象

▼ 俳諧とを~ (3, 0.3%)

1 比べて, 求めるよう, 論じて

▼ 俳諧なども~ (3, 0.3%)

1 やったもの, 堪能だ, 生涯の

▼ 俳諧にまで~ (3, 0.3%)

2 たしなみが 1 手を

▼ 俳諧以外~ (3, 0.3%)

2 の文学 1 に形

▼ 俳諧修行~ (3, 0.3%)

1 なら出来る現に, もまた, をすすめたい

▼ 俳諧師等~ (3, 0.3%)

1 が一般, の慣用語, の永年

▼ 俳諧歳時記~ (3, 0.3%)

1 がある, など書き改めね, を繰っ

▼ 俳諧狂歌~ (3, 0.3%)

1 の新体, の類, は生れ来りし

▼ 俳諧~ (3, 0.3%)

1 なる, な感じ, に可憐

▼ 俳諧~ (3, 0.3%)

1 に見, の中興開山, の先達

▼ 俳諧~ (2, 0.2%)

2

▼ 俳諧である~ (2, 0.2%)

1 かを一口, が故に

▼ 俳諧でない~ (2, 0.2%)

1 かを例示, ということ

▼ 俳諧といふ~ (2, 0.2%)

1 ものは, 奴が

▼ 俳諧とかいう~ (2, 0.2%)

1 ものが, 趣味は

▼ 俳諧との~ (2, 0.2%)

1 無味なる, 相違も

▼ 俳諧とは~ (2, 0.2%)

1 何じゃ, 思われないの

▼ 俳諧なんて~ (2, 0.2%)

1 作る法, 造作も

▼ 俳諧に対する~ (2, 0.2%)

1 興味と, 誤解を

▼ 俳諧または~ (2, 0.2%)

1 柳風の, 誹諧という

▼ 俳諧よりも~ (2, 0.2%)

1 そのほう, 多く去

▼ 俳諧を以て~ (2, 0.2%)

1 するよりも, 鑑武の

▼ 俳諧一流~ (2, 0.2%)

1 の省略的表現, の転化

▼ 俳諧三昧~ (2, 0.2%)

1 とその, をやった

▼ 俳諧乃至~ (2, 0.2%)

1 書画, 書画声曲の

▼ 俳諧友だち~ (2, 0.2%)

1 だ, のいずれ

▼ 俳諧叢書~ (2, 0.2%)

1 のうち, の一冊

▼ 俳諧史上~ (2, 0.2%)

1 における蕪村, 特に書すべき

▼ 俳諧史上特筆~ (2, 0.2%)

1 すべきもの, すべき者

▼ 俳諧~ (2, 0.2%)

1 の取りとめなき, を多量

▼ 俳諧壇上~ (2, 0.2%)

2 に立てり

▼ 俳諧~ (2, 0.2%)

1 の在る, の縁

▼ 俳諧師其月堂鶯谷~ (2, 0.2%)

1 だったの, だつたの

▼ 俳諧師松風庵蘿月~ (2, 0.2%)

2 は今戸

▼ 俳諧得意~ (2, 0.2%)

2 のところ

▼ 俳諧撰集~ (2, 0.2%)

2 の心

▼ 俳諧時代~ (2, 0.2%)

1 と四, に入り

▼ 俳諧~ (2, 0.2%)

1 だとは, となり

▼ 俳諧漸く~ (2, 0.2%)

1 正路に, 神に

▼ 俳諧~ (2, 0.2%)

1 は曙光纔, もまた

▼ 俳諧略史~ (2, 0.2%)

1 もまず, を御存じ

▼1* [141件]

俳諧おでん屋を開い, 俳諧ここに全く, 俳諧こそ其角よりは, 俳諧この二つは, 俳諧そういうものを, 俳諧そのものの本質, 俳諧だけでなく一般, 俳諧だけが残りなく, 俳諧だけは冷淡視し, 俳諧だったのである, 俳諧だの言葉の, 俳諧ってなあなんだい, 俳諧であったように, 俳諧ですとさ, 俳諧でなければ企て得ぬ, 俳諧といったような, 俳諧とか紀行文を, 俳諧とかに夢中で, 俳諧として鑑賞せられ, 俳諧なぞに遊ぶと, 俳諧なぞも芭蕉以後の, 俳諧などおしるし, 俳諧などにまで手を, 俳諧などはあれだけ, 俳諧ならば談林風, 俳諧なるものの, 俳諧において見いださるるの, 俳諧においては馬場氏の, 俳諧における彼の, 俳諧について語りはじめた, 俳諧にでも月は, 俳諧にばかり凝つて, 俳諧によって点取り生活を, 俳諧に対して抱いて, 俳諧に関しては小宮豊隆君との, 俳諧に関する書物を, 俳諧のみならず連歌, 俳諧はからつ下手, 俳諧やりの, 俳諧への流路には, 俳諧もしくはそれを, 俳諧やはり今の, 俳諧ようやく神に, 俳諧より悟入したる, 俳諧らしい興味でも, 俳諧らしいおかしみであるがこの, 俳諧を通じての映画論である, 俳諧一串抄に, 俳諧一卷の首位, 俳諧一派は漸く, 俳諧七部集を一冊, 俳諧三昧それをもし, 俳諧に三合, 俳諧の景物, 俳諧乞食旅行に踏み出さう, 俳諧乞食業は最初, 俳諧乞食用としての, 俳諧五篇は俳諧, 俳諧亭句楽の死, 俳諧作者として漸く, 俳諧俗謡があつ, 俳諧修業は, 俳諧十七字と定まりたる, 俳諧即ち滑稽を, 俳諧史的知識を持, 俳諧其の向, 俳諧哲学の参考, 俳諧の民, 俳諧報国に一念, 俳諧は憐れむべき, 俳諧大矢数の興行, 俳諧季題の一員, 俳諧宗匠として世間, 俳諧師これを称し, 俳諧師たる者何ぞ猛省, 俳諧師といはんには彼, 俳諧師一人をノコノコ, 俳諧師二鐘亭半山なるもの, 俳諧師其角一茶の如く, 俳諧師月杖は昔, 俳諧師東栄の胸倉, 俳諧師柳水は仔細, 俳諧師永機の事, 俳諧師沙門荷駄隊にいたる, 俳諧師牧乙芽力士勢藤吾等であった, 俳諧師狂歌師狂言作者書家彫工画工と交っ, 俳諧師狂言作者などの上り, 俳諧師生花師等の無用, 俳諧師荷亭の宅, 俳諧師逆さにふるっ, 俳諧師雪中庵の門人, 俳諧師鬼貫のわび住居, 俳諧弁舌男前わけても金, 俳諧戯作者仲間のつきあひ, 俳諧数篇を挙げ, 俳諧文學にその他明治以來, 俳諧文法論が盛ん, 俳諧書画骨董生け花茶道にいたる, 俳諧書道その他種々樣, 俳諧月令筌に題す, 俳諧本来の面目, 俳諧歌滑稽歌として特別扱, 俳諧の倭學, 俳諧浮世絵を生んだ, 俳諧特有の妙処, 俳諧狂歌両者の本領, 俳諧発句の流行, 俳諧的モンタージュの逆, 俳諧的哀調である, 俳諧的心境ではない, 俳諧的文學に出入, 俳諧的生涯は此後, 俳諧的素質は大いに, 俳諧的編集の場合, 俳諧的要素を認める, 俳諧的詩趣を覚えさせる, 俳諧的雰囲気に相応わし, 俳諧研究のシリーズ, 俳諧研究書の中, 俳諧の書, 俳諧花やかなりし頃, 俳諧に全く, 俳諧茶の湯音曲そんなもの, 俳諧蓬莱屋の奥座敷, 俳諧謠曲の會, 俳諧謠曲淨瑠璃に至る, 俳諧辞書編輯を了, 俳諧辯舌男前わけても金, 俳諧連句そのものである, 俳諧連句的映画の創作, 俳諧錦繍段に, 俳諧門左衛門のよう, 俳諧附合の両, 俳諧随筆などに現われる, 俳諧随筆類と祝詞, 俳諧雑誌が発刊, 俳諧青年はやはり, 俳諧革新の意氣, 俳諧音曲天文数理医術といつた, 俳諧風雅の道, 俳諧の活動