青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「倒れ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

俺~ 倉~ 個~ 個々~ ~個人 個人~ ~個性 個性~ 倍~ ~倒れ
倒れ~
~倒れた 倒れた~ ~候 候~ ~借り 借り~ 借金~ 値~ 倫理~ 倭文子~

「倒れ~」 3482, 33ppm, 3505位

▼ 倒れ~ (2458, 70.6%)

198 いた 179 しまった 107 いる 106 いるの 65 しまいました 53 いたの 31 いました 30 しまつ 26 しまったの 25 ゐた 23 死んで 18 しまう 16 いて, ゐるの 13 いたが 12 いる人間 11 いる男 10 います, いる女, いる姿, 来た 9 おいで, しまって, 了った, 気を, 行った 8 いる人, しまうの, しまひました, ゐる, 了つた 7 いるその 6 いるという, いるところ, いるもの, いるん, しまったん, ゐました, 居た, 居たの, 居るの, 気絶し 5 いること, いる者, しまったので, ゐて, 行く, 行つた

4 [17件] いたと, いた位置, いるお, いると, いるよう, いる場所, いる自分, おります, しまいそう, しまふの, ゐると, ゐる者, 口から, 居りました, 居る, 死んだよう, 眠って

3 [21件] いたから, いたこと, いたという, いたり, いた場所, いましたが, いるし, いるので, いる様子, いる死骸, いる浪人, いる相手, ゐるん, 声を, 居るところ, 来て, 死ぬの, 気絶した, 目を, 苦しそう, 行くの

2 [103件] いたけれど, いたところ, いたに, いたので, いたん, いた人, いた処, いた地点, いた女, いた婦人, いた男, いった, いながら, いましたから, いるあいだ, いるじゃ, いるでは, いるのに, いるばかり, いるふたり, いるほか, いるやら, いる三人, いる人影, いる千浪, いる女学生, いる彼, いる戸倉老人, いる所, いる木, いる死体, いる父, いる石塔, いる老人, いる若い, いる草, いる虎, いる訶和郎, うめき声を, おしまいに, おりました, おるという, しまいは, しまいましたが, しまうと, しまえば, しまったが, しまったこと, しまつた, しまつたのでございます, しまひさうな, しまふ, しまへば, しまわなければ, その首, それが, ゐたの, ゐたり, ゐるお, ゐるだらう, ゐるところ, ノビて, 了いました, 了ふ, 休みたかった, 何か, 先よりも, 凄まじい響き, 動かなくなった, 半死半生の, 唸って, 塵に, 大鼾, 天井を, 寝て, 寝込んで, 寢た, 居たといふ, 居ました, 居られた, 居ります, 居るぢ, 平次が, 息が, 息は, 新しい制度, 朽ちた樹, 来たり, 来る様, 横に, 死んだ, 泣いて, 潰れたといふ, 玉を, 眼が, 自分で, 苦しがっ, 草の, 行ったの, 足を, 部屋の, 閣下の, 顔を

1 [970件 抜粋] あくる朝, あるを, あツ, いく, いたあの, いたお, いたそう, いただけ, いたって, いたとか, いたのに, いたへや, いたら彼, いたんで, いた丹頂, いた令嬢エミーラ, いた例, いた助け出して, いた台所, いた女事務員, いた小, いた彼, いた新九郎, いた東室, いた椅子, いた機械人間, いた男岩見書記, いた砂原, いた箇所, いた線路, いた老婆, いた耕地, いた自分, いた草叢, いた足, いた遊び人ふう, いた間中, いた靴, いったという, いてな, いないの, いなさるじゃ, いなすったん, いましたらなんとも, いますわ, いやがるし, いら, いらっしゃいました, いられたこちら, いるあと, いるおせん, いるお姫さま, いるかの, いるかれを, いるそば, いるつもり, いるとは, いるならば, いるのみ, いるは, いるびん, いるやつ, いるらしいん, いるらしく薄暗い, いるんで, いるセルカーク, いるパイ軍曹, いるモヨ子, いるリープスキー, いるワラ人形, いる七蔵, いる下士官, いる中尉, いる丹波, いる二人, いる五人, いる亜太郎, いる人数, いる仲間, いる侍, いる傍, いる六斤, いる処, いる加代子さん, いる十一人, いる卑弥呼, いる古橋専介, いる周囲, いる四, いる四流, いる大木, いる夫, いる夫人, いる奥村一郎, いる女房, いる奴隷, いる婦人, いる子供, いる小僧, いる屋根, いる屍骸, いる山路, いる市五郎, いる帆村, いる年増女, いる弘一君, いる役人, いる忠三郎, いる患者, いる戦友, いる所夫, いる木樵, いる林太郎, いる柳子, いる機械人間, いる民家, いる泰文, いる火, いる父親, いる牧仲太郎, いる甲谷, いる痣蟹仙斎, いる石川, いる私, いる第, いる箒木, いる節子, いる素, いる美女, いる船員, いる若, いる蔦代, いる裸松, いる身辺, いる醜い, いる鉄作, いる陰, いる雪, いる風変り, いる鼻, うっとりと, うんうん呻き出した, おいおいと, おいでに, おったそう, おられた, おりましたどうか, おりました間, おりませんでした, おり一枚, おるの, お膳, かたんと, きた, きたの, くるよう, くれ, ぐうぐうと眠っ, けっして二度と起ち上れない, けむりと, こときれたの, こわれて, こんな家, さめざめと, しばらく地上, しまいいま, しまいますと, しまうかかと, しまうこと, しまうし, しまうだろう, しまうところ, しまうほどの, しまう事, しまう恐れ, しまう様, しまう限り相手, しまおうが, しまったそう, しまったでは, しまったに, しまったもの, しまったらしいの, しまった形, しまった長い, しまつたのである, しまはなければ, しまひさ, しまひましたが, しまひもう, しまふお, しまふこと, しまふだらうと, しまふわ, しまふ中, しまわなかったこと, しまわれるなんて, すさまじい鼾, そこから, そのままぐったり動かなくなった, そのままに, そのまま動かなくなっ, そのまま赤字, その上, その下敷, その場, その弟子, それから後, それっきり動かなくなった, それと, そんな夢, ちょっともみあった, っからも, つぶれたという, とうとう凍え死ん, とび出しそう, ねて, のたうった, のちやまん, のびて, ふた, ほかの, また少し, また燃えあがり, また起きる, まだ云っ, まだ枕, みたら深い, みると, めらめらと, もう一度短い, もう起きあがる, もがきつづけた方角, もだえました, やがては, やわらかい茎, ゆく, ゆく侍, ゆるい縛り, ら, われわれに, ゐたさ, ゐたといふ, ゐたもの, ゐた丸太, ゐた彼, ゐた青年, ゐても, ゐましたが, ゐます, ゐよう, ゐるだけ, ゐるので, ゐる五郎, ゐる兵隊, ゐる外, ゐる夫, ゐる女, ゐる彦七, ゐる時, ゐる柱形, ゐる武一, ゐる私, ゐる筈, ゐる藤棚, ゐる鍬, んまった, インキが, ウンウン言っ, ウームと, オペラ, キヤッと, クリストフの, チョット寝, ノタウチ廻る, ノタ打つ, パッと, フイゴの, ボーフラの, ムムムと, 一言の, 万事了った, 上には, 下肢骨折を, 両手を, 丸く膝, 乱れて, 了う, 了ひました, 了ふしそれは, 了ふんで, 五六本打ち込ん, 亡くなったの, 人に, 人を, 今では, 今度は, 仕舞った今, 仕舞つたので, 以来勘定奉行の, 仰向けに, 伏せる敵, 住む人, 來たり, 優者が, 全然うごかなかった, 其は, 内側に, 前後も, 前後不覚の, 力抜けが, 動かずなりぬ, 動かなくなる, 十年も, 反吐を, 口も, 可哀そうに, 号泣しはじめた, 合圖を, 呻いたり, 呼吸絶えた, 唯泣, 喉から, 四五十人の, 四肢は, 土に, 土を, 地べたに, 地上に, 塀の, 塵中に, 外側に, 夢中で, 天井に, 失せたり, 失神した, 姉さん姉さん, 家の, 寝たきりだった, 寝ようと, 寢て, 対こう, 居たお, 居ただろう秀子, 居たところ, 居たりと, 居なさるぢ, 居ましたし, 居りますが, 居ります処, 居りまた, 居り血潮, 居るでは, 居るので, 居るボーシュレー, 居る傍, 居る敬之進, 居る炮砥, 居る筈, 居る雪, 屍と, 帰られぬため, 床にも, 彼と, 彼は, 後ち, 後やむ, 御了, 応戦する, 急に, 息絶えた, 悲し気, 戸の, 手に, 手足を, 打ちのめされた蟲, 担がれて, 掃除掛の, 放肆な, 敷石で, 新しいもの, 新に, 明治維新と, 昏睡状体の, 暫くは, 暫しの, 暫らくし, 木像のみは, 朽ちたる縄, 朽ち朽ちた其木, 来たといふ, 来たら, 来たらその, 来た向こう側, 来ても, 来ること, 来るところ, 松方内閣将に, 松蔵は, 枝葉全, 柄が, 根と共に, 案に, 横わった, 歔欷する, 正弘の, 死に, 死にました, 死ぬこと, 死ぬところ, 死んだって, 死んだの, 死んだ者, 死んでも, 気が付かんよう, 気絶しちゃった, 沈黙し, 泣いた, 泣いたん, 泣き入って, 泣き続けて, 海上に, 消えましたもの, 漂流する, 潸々と, 炉の, 烏や, 無残それから, 焼け死ぬか, 熟醉, 燈火が, 物すごい叫び声, 独りで, 王免れ, 王政古に, 畳に, 痛みを, 白くひかっ, 盾と, 眠つてし, 眠りてえん, 眼を, 着替へも, 硝子が, 神酒が, 積み上げて, 空虚なる, 笑った, 素肌の, 絶入りけり, 絶息したる, 考へて, 肩から, 背中には, 脾腹を, 腹を, 膝頭で, 自分の, 自分を, 自然に, 苦ん, 荘厳な, 薄暗らい灰色, 虫の息と, 行きそう, 行きましたっけ, 行くつもり, 行くよ, 行く自己, 行ったという, 行った人たち, 行った態度, 行つて残る, 衣を, 裂かれないこと, 見せた, 見たところ, 見通す稲田, 谷底に, 走って, 起きない, 起上ろう, 足は, 身うごき, 身動きの, 身悶えした, 転びテーブル, 輾転と, 這い廻る藤作, 遂に縁, 道を, 門歯二枚を, 間もなく妻, 間もなく深い, 雪に, 電車が, 頭から, 頭を, 飢え死んだ庶民, 駿河台の

▼ 倒れそう~ (200, 5.7%)

47 になった 30 になる 21 になっ 9 になりました 6 な気 5 になり 4 であった 3 な気持

2 [11件] だ, だった, でした, です, なん, な形, な身, にし, にない, によろめき, に傾い

1 [53件] だったん, であったのに, であるが, でいかにも, でございます, でただ, でない, でなりません, でね, で痛み, なのに, なやつ, なゴム引き, な体, な千鶴子, な危うい, な小さな, な小屋, な帆柱, な彼女, な板戸, な気だる, な状態, な疲れた頼り, な痩男, な石垣, な自分, な自身, な見上げる様, な足どり, な鋭角, な長屋, にうつむいた, におもいました, にぐらつい, にした, になります, にみえる, にも思われた, に傾きかける, に出かけ, に危うく, に吹きつけられ, に思われる, に空腹, に腰, に見え, に見えました, に見えます, に足, よ, んなった, 故逃げ帰った

▼ 倒れながら~ (65, 1.9%)

3 それを 2 相手の, 自分の, 誰かに

1 [56件] うらめしそう, この二つ, そう叫び, そう叫んだ, その槍, なおも鏝, ぶるぶる震え, また這い起き, まだ抵抗, ドタリと, ムク犬の, 上に, 下より, 両脚で, 争った, 云つた, 亜太郎が, 伴藏の, 刃を, 刄を, 初めて大きな, 叫んだ, 叫んで, 呻いたから, 子路は, 宿禰を, 小次郎は, 屹と, 左の, 幾度びか労働者は, 彼の, 彼女に, 怒鳴りました, 思ったの, 思つたのであります, 懸命に, 抜打ちに, 拾った印籠, 書き終, 最後の, 横目で, 歩いて, 激しい矢声, 男の, 登りの, 目深く, 脇差を, 自分に, 苦しさうに, 苦しそう, 見ると, 足を, 逐ひ掛け, 進んだ, 部下に, 部屋中を

▼ 倒れ~ (59, 1.7%)

9 なって 8 なった 2 なる

1 [40件] おわる傾向, き春野若ぐ, し, なったり, なったん, なつた, なつて, ならねば, なりがち, なりながら, なりました, なりやすい, なり体躯全体, なるから, なるという, なるとたん, なる処, ぶっ倒れた, デンと, ドッと, 俯ッ伏し, 倒れた, 倒れた周囲, 倒れて, 倒れると, 地ひびきを, 大地へ, 寐て, 小町の, 斃れる, 日を, 潰れて, 石へ, 砂利場の, 積み重なった大きな, 西瓜屋の, 転がった, 転びやっと, 転びやつ, 陥って

▼ 倒れたり~ (58, 1.7%)

4 して 2 した, しや, するの, 吾助は, 埋れたり, 折れたり, 毀れたり

1 [40件] あるいは眼, いたします, うずくまる者, したの, する, する動作, せずに, せぬよう, その他いろ, だが, のめったり, また一部, また凶作流行病, ガサガサに, 一升壜が, 人を, 傾いたり, 兵助立寄, 千切れたり, 喀血し, 地震が, 姉の, 封を, 居去ったり, 崖が, 所々地割の, 散々の, 新らしいやり, 是を, 火事が, 瓦の, 疲れけらしも, 破れたり, 續て, 英雄が, 落ちたり, 裏切られたり, 誰が, 起きたり, 起き上

▼ 倒れさうに~ (42, 1.2%)

8 なつて 4 なる 3 なった 2 なつたの, なりました, なるわたし

1 [21件] なって, なつた, なつた時, なつた時支, なつてゆ, なりながら, なり彼, なるかと, なること, なると, なるの, なるん, なる氣持, なる程二三度, なる身體, も無し, 傾いて, 動くので, 思はれた, 思はれる, 成る

▼ 倒れても~ (38, 1.1%)

2 倒れても, 身動ぎも

1 [34件] そうした方, つかむ馬糞, なおやまない, ふたたび猛然と奮いたつ, またこと, また一生懸命, やはり発狂, やる然し, よい山, よう起さない, ツァーリズムの, ナポレオンの, 一寸そこ, 僕は, 其の泥, 其時は, 収めるもの, 家が, 尚胸, 岡田は, 当然と, 後から, 打ちすえた, 旗本の, 構わない, 決してよごれない, 物に, 犬と, 睡ると, 結構な, 詩の, 長州とか, 雪の, 音を

▼ 倒れては~ (32, 0.9%)

2 温気で

1 [30件] いたが, いないか, いないし, いないの, いなかったの, ならぬ, また起きあがっ, また起きた, よろめき走り, ゐないの, ゐなかつた, 又力, 又楢夫, 又起き上っ, 又起き上った, 夜を, 大変だ, 大変と, 曳きずられたし, 死なざりしぞ, 滑りなおした, 笑いキャッキャッ, 起きそして, 起き上り, 起き上り倒れては, 起き上り起きては, 起き上り起き上っては, 起き倒れては, 起き起きては, 遁げ転び

▼ 倒れ~ (23, 0.7%)

6 した 3

1 [14件] したが, したまま, したり, した御陵衛士隊長, した文代さん, し兵車, し呼吸, し居たる, し屍, し懐しい, し或は, ぬ天忠, 居る事, 既に人

▼ 倒れ~ (18, 0.5%)

9 うな 3 うで 1 うだ, うだぞ, うだったの, うであ, うである, うなんだ

▼ 倒れ~ (15, 0.4%)

1 [15件] 京の, 体で, 半分埋まっ, 半分埋まつ, 噺に, 噺を, 川である, 御仁じゃ, 意味で, 感が, 時期は, 朽木で, 看板だ, 荒っぽい医者, 雄だろう

▼ 倒れその~ (14, 0.4%)

2 上に

1 [12件] からだは, そばを, ために, 傍には, 剣尖, 声は, 手から, 時起き上る, 母, 肉体的な, 重みで, 長子三位中将信忠も

▼ 倒れ~ (14, 0.4%)

5 せずに 1 しなかつたし, しましたが, せず今に, せず又, せず平穏無事, やせん, 倒れたり, 撓りも, 早いという

▼ 倒れ~ (10, 0.3%)

2 に腰かけ 1 がある, と火, により, のお話, の上, の払い下げ, は落合堺, を握り

▼ 倒れそのまま~ (9, 0.3%)

2 身動きも 1 そこへ, になっ, 凍死し, 息が, 息を, 気絶を, 深い睡り

▼ 倒れてから~ (9, 0.3%)

1 まもなくまわり, 一年目また, 三日間手当の, 五時間誰も, 以後一方, 八時間ほど, 嘔吐を, 誰か, 間もなく色男

▼ 倒れながらに~ (9, 0.3%)

2 半ば黄ばんだ, 敵の 1 その顔, 刃物を, 泣く, 目を, 見れば

▼ 倒れ~ (8, 0.2%)

3 になった 2 になる 1 な断末魔, にし, に成つた

▼ 倒れさうな~ (7, 0.2%)

2 のを, 気が 1 ので思はず, ふうで, んです

▼ 倒れ~ (7, 0.2%)

2 しなかった 1 しないという, しない今おれ, しまいかという, まだいた, 仕方が

▼ 倒れ~ (6, 0.2%)

2 として倒れず, のみ而 1 としてまた, として漸く

▼ 倒れしばらく~ (5, 0.1%)

1 あらぬ方, は黙った, も休まぬ, 七転八倒し, 物狂わしく

▼ 倒れそれ~ (5, 0.1%)

1 からまもなく, は虚無, をひょろひょろ, をひよ, を機会

▼ 倒れ~ (5, 0.1%)

1 丈夫でない, 実力の, 探求の, 新味も, 鉄張りの

▼ 倒れでも~ (5, 0.1%)

2 したらしい, しては 1 したやう

▼ 倒れ~ (5, 0.1%)

3 なって 1 なる, 私が

▼ 倒れながらも~ (5, 0.1%)

1 その男, 彼は, 抜き撃ちの, 横に, 藤吉袖口を

▼ 倒れ~ (4, 0.1%)

2 して 1 五人も, 多くて

▼ 倒れつつ~ (4, 0.1%)

1 ある, はげしき苦痛, 人間の, 逃げたの

▼ 倒れてを~ (4, 0.1%)

1 りその, りそれ, りました, りました間

▼ 倒れ~ (4, 0.1%)

1 やるかも, 感じるの, 見る如し, 露出に

▼ 倒れ~ (4, 0.1%)

1 ありし辺り, が多い, が続い, に打たれ

▼ 倒れまた~ (3, 0.1%)

1 起きあがる, 起き上りて, 這いまた

▼ 倒れ両手~ (3, 0.1%)

2 を頭 1 をうしろ

▼ 倒れ~ (3, 0.1%)

1 がまた, だ, もジャンプ

▼ 倒れ暫く~ (3, 0.1%)

1 はまったく, は起きられなかつた, 人事不省であった

▼ 倒れ自分~ (3, 0.1%)

1 がここ, の肱まくら, は怪我

▼ 倒れ~ (3, 0.1%)

1 が箱, のところ, をぐらぐら

▼ 倒れあるいは~ (2, 0.1%)

1 折れ摧, 自由を

▼ 倒れかた~ (2, 0.1%)

1 で床板, は珍しい

▼ 倒れさうになつ~ (2, 0.1%)

2

▼ 倒れざま~ (2, 0.1%)

1 にも三つ星座, に又

▼ 倒れすんで~ (2, 0.1%)

1 のこと, のこと谷底

▼ 倒れそこ~ (2, 0.1%)

1 に頁, より硫黄

▼ 倒れそして~ (2, 0.1%)

1 斜面の, 転がるの

▼ 倒れそれから~ (2, 0.1%)

1 ぐにゃりと俯向に, 級長の

▼ 倒れ~ (2, 0.1%)

2 それ助けよ

▼ 倒れたりと~ (2, 0.1%)

2 せば

▼ 倒れてからは~ (2, 0.1%)

2 多勢の

▼ 倒れにな~ (2, 0.1%)

1 つてめちやめちやに, つてより

▼ 倒れよう~ (2, 0.1%)

1 が起きよう, も知れん

▼ 倒れショベル~ (2, 0.1%)

2 は彼

▼ 倒れ~ (2, 0.1%)

2 腕を

▼ 倒れ二人~ (2, 0.1%)

1 はその, は身

▼ 倒れ~ (2, 0.1%)

1 も倒れ, も獸

▼ 倒れ~ (2, 0.1%)

1 の姓, はいま操縱す

▼ 倒れ~ (2, 0.1%)

1 の成武, も妹

▼ 倒れ再び~ (2, 0.1%)

1 演壇に, 起き得やう

▼ 倒れ助七~ (2, 0.1%)

2 が次の間

▼ 倒れ唐紙障子~ (2, 0.1%)

2 が倒れ

▼ 倒れ地上~ (2, 0.1%)

1 にうつぶし, を美しい

▼ 倒れ微力~ (2, 0.1%)

2 な作家

▼ 倒れ或いは~ (2, 0.1%)

1 のけ反り或いは, 逮捕され

▼ 倒れ~ (2, 0.1%)

1 を延し, 少し傷

▼ 倒れ歓喜~ (2, 0.1%)

2 と絶望

▼ 倒れ~ (2, 0.1%)

1 けり, の暗影

▼ 倒れ漬物~ (2, 0.1%)

2 の皿

▼ 倒れ~ (2, 0.1%)

1 をつぶつた, を失い

▼ 倒れ突風~ (2, 0.1%)

2 は土間

▼ 倒れ~ (2, 0.1%)

1 は割る, は割るる

▼ 倒れ~ (2, 0.1%)

2 に両足

▼ 倒れ~ (2, 0.1%)

1 の上, の中

▼ 倒れ西湖水乾~ (2, 0.1%)

2 れ江潮

▼ 倒れ~ (2, 0.1%)

1 で壁, を天井

▼ 倒れ~ (2, 0.1%)

1 は傾き, を飾った

▼ 倒れ~ (2, 0.1%)

1 なつた, なつた死木

▼ 倒れ~ (2, 0.1%)

2 に手

▼ 倒れ~ (2, 0.1%)

2 の石地蔵

▼1* [233件]

倒れあたりにはなま, 倒れあるものは, 倒れはゆる, 倒れうちの人はああ, 倒れおまけに僕, 倒れかつてゐる, 倒れかしこに倒れ, 倒れからのがれるため, 倒れがちだった, 倒れぎわに急, 倒れぐあいで人生航路を決め, 倒れこの映画の, 倒れこれにいなかった, 倒れさうなひどい空腹を, 倒れさうな低い繁つた山だ, 倒れさらに北方十二メートルの, 倒れさんざんに殴られ, 倒れざまそれこそ誰憚ら, 倒れすっかり顔を, 倒れそうして一般の, 倒れそくなひ川口松太郎心配, 倒れそれっきり動かなくなった, 倒れたりなんかして, 倒れたる木に腰打ち掛け, 倒れちやアあぶないです, 倒れちや駄目だつて, 倒れついで杉戸が, 倒れてからのことを, 倒れてからも不貞腐れたよう, 倒れてさ板子に, 倒れてしもうた, 倒れてと思うと, 倒れてなでも建物, 倒れてへどをついた, 倒れでは何にも, 倒れということも, 倒れとは此事で, 倒れながらの早業である, 倒れなすたつて, 倒れなんかしや, 倒れにて贅事に, 倒れにはなるまい, 倒れはじめて平気に, 倒れひとりの, 倒れふとんを, 倒れまでしても, 倒れまる二た, 倒れみなのもの, 倒れむとする絶望の足, 倒れもちろん絶息した, 倒れ一の, 倒れやうとした, 倒れやがて身を, 倒れアカイア勢を痛めしむ, 倒れコマのよう, 倒れッきりになりましょう, 倒れテーブルは俯向, 倒れベルトランと夫人, 倒れボーイたちによって船室, 倒れマーシーディスは泣き, 倒れモロに向, 倒れ一時は生死, 倒れ一脚は壁, 倒れ一荷は無事, 倒れ七轉八倒なす故隣, 倒れ三四名の部下, 倒れ三度目にどうやら, 倒れ中田大尉が下敷, 倒れ乳母が, 倒れ二三度左右へノタウッ, 倒れ二言と云, 倒れ二階に寝, 倒れ互いに相手を, 倒れ京都の東山, 倒れ仕事をする, 倒れ伏さった屏風に片足, 倒れ伏せしかば今, 倒れ伏歎息の外, 倒れ伏死骸に取付狂氣, 倒れ伏物狂わしく泣き入った, 倒れか譫言, 倒れ余病が出, 倒れす, 倒れに矢, 倒れ傷所よりいでたる, 倒れの狐, 倒れ先代梅幸と六代目菊五郎, 倒れに角, 倒れ六さんは胸壁, 倒れ六月に至っ, 倒れ其側に甲田君, 倒れが落ちる, 倒れ凍死んだの, 倒れ剛弓は彼, 倒れ十何年離室に置い, 倒れ切れた網目, 倒れ半ば水に浸った, 倒れ危篤の有様, 倒れ又は別項の, 倒れ呼吸がたえ, 倒れ嗚呼實父へ, 倒れ四年目の春, 倒れ団扇は小野川, 倒れ国老の任, 倒れを這う, 倒れ土饅頭の土, 倒れ堅い岩も, 倒れの侍, 倒れ大亀は散らば, 倒れ大庭六郎に, 倒れ子供のごとく睡入っ, 倒れ実はそれほどで, 倒れ家土塀の崩れ等, 倒れや神社, 倒れ小屋跡一つ御座候得共小屋木等朽居候故年限難, 倒れ小栗は茶室, 倒れと安全, 倒れ屋根の瓦, 倒れ岩石は飛び, 倒れるるの, 倒れにころび, 倒れ左手を傷, 倒れ平穏な顔, 倒れは朽ち, 倒れの精神, 倒れは膠, 倒れ強いもので, 倒れ後ろをふり向き, 倒れ御座候尤も道筋, 倒れ微動もしない, 倒れ悦ちゃんが顔, 倒れ悶絶の様, 倒れ慚愧の涙, 倒れ我々が今, 倒れひは, 倒れ戰國時代が去つ, 倒れ手足は蜘蛛, 倒れ押し合い先を争い, 倒れ揚屋町の外, 倒れかる, 倒れ教師達を驚かす, 倒れ斜面の反動, 倒れ新聞記者と三文文士, 倒れならずして, 倒れ易くさうし, 倒れ暗黒彼の目, 倒れ曹長は一二間さき, 倒れを噴い, 倒れが火, 倒れ栄二はりゅう, 倒れのすき間, 倒れは手, 倒れ樹皮は剥離, 倒れはぴたり, 倒れは流れ, 倒れつたよ, 倒れ残りの奴ら, 倒れれるもの, 倒れ殘つた荒屋が即ち, 倒れ母親も白粉工場, 倒れある息, 倒れを失っ, 倒れの溢, 倒れ水道のセメント, 倒れ泥灰石に塗れつ, 倒れ注射して, 倒れ浦島千歌子が代役, 倒れ浪人はそこ, 倒れ激しく押えこまれたとき, 倒れ然し心は, 倒れの中, 倒れ燭臺は曲り, 倒れは空襲, 倒れ片手で鼻, 倒れが驚い, 倒れ甲比丹の三次, 倒れはその, 倒れは河原, 倒れを蹴立て, 倒れつくもの, 倒れ痙攣しながら, 倒れ白い泡が, 倒れ白金の塊, 倒れだった俊次さん, 倒れを破られ, 倒れ皿小鉢は落ち, 倒れは暗黒, 倒れ真黒或は半, 倒れ石燈籠も倒れ, 倒れと秀子, 倒れ穀物の収穫, 倒れ空中に四足, 倒れ空虚な目, 倒れ紅血流さずに, 倒れ紙屑煙草の吸殻, 倒れ群集に踏みつけられた, 倒れ肝腎の戦場, 倒れの者, 倒れ腿脛も露わな, 倒れつきて, 倒れ膝頭をすりむき, 倒れ舎人は助け, 倒れはいつ, 倒れ落ち頭と肩, 倒れ落血を吐, 倒れ傷の, 倒れはさっと, 倒れ諸侯は各々, 倒れな聲, 倒れ豎子台鼎の重, 倒れ赤手をふるって, 倒れ赤黒い血を, 倒れ踊りが人数, 倒れをのし, 倒れ身悶えした, 倒れ軒ばの瓦, 倒れ廻って, 倒れ轉込死したる, 倒れ遂に捕虜と, 倒れ遺言状の個状書, 倒れが蔓, 倒れ切れた敗将, 倒れと風, 倒れ雨露に朽ち, 倒れ雪しぶきをあげ, 倒れや棍棒, 倒れと顔, 倒れはぶる, 倒れ馬はぶるるっと, 倒れ馬匹は足, 倒れの将, 倒れ龍太郎のす, 倒れが倒れた