青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「俳句~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

信長~ ~信頼 信頼~ 俥~ 修業~ 修行~ 俯~ ~俳優 俳優~ ~俳句
俳句~
俳諧~ 俵~ ~俺 俺~ 倉~ 個~ 個々~ ~個人 個人~ ~個性

「俳句~」 2821, 27ppm, 4291位

▼ 俳句~ (567, 20.1%)

8 ような, 上に 6 中に 4 中には, 話を, 選を

3 [12件] ように, 上では, 中にも, 場合に, 方で, 材料に, 歴史を, 精神と, 話が, 賛を, 長所あり, 長所なる

2 [53件] おもな, ことを, なかに, 上で, 作りよう, 価値に対して, 俗に, 修業は, 初歩, 句法は, 吟興も, 外この, 大部分, 天地が, 天地に, 好きな, 如きは, 如き短き, 季題と, 季題には, 季題を, 対象は, 延長で, 性質に, 性質において, 性質の, 文法と, 文法を, 方でも, 方の, 方は, 普通に, 本尊として, 本質は, 本質を, 横行する, 母体である, 特色として, 特色は, 生命なり, 相違は, 精神に, 精神を, 素養が, 美あるいは, 美を, 表現は, 観を, 詩形が, 話土地の, 趣味が, 類の, 類集と

1 [391件] あらゆる表現, いわゆる風流, おかげだ, おもむきは, ことだ, ことで, ことと, この家, この形式, ごとき短き, しまり工合, すべてである, それと, ために, つくり方, つもり, つもりで, できない性質, なんとその, ほうが, ほうに, ほろびない限り日本, もっとも大事, もつ持ち味, もつ枯淡, やうな, やうに, よさ, より本質的, わからない理由, エスプリする, グループさえも, ポエジイは, ポエヂイだけで, モチーヴは, モチーヴを, リズムは, リズム山頭火の, リズム論はずゐ, レアリズムを, レトリックする, 一つの, 一分野である, 一大事であっ, 一大条件であります, 一小, 一般的な, 一般的特色として, 一証が, 上には, 上にも, 上は, 上も, 上品なる, 上手な, 下には, 下品なる, 世界で, 世界という, 世界とが, 世界にも, 世間から, 中の, 中へ, 主張に, 事に, 事には, 事は, 事を, 事業は, 事渋茶を, 交換だ, 享楽は, 今日ある, 仕事その, 仕事は, 会が, 会すべてを, 会を, 会合も, 伝統的詩形による, 位置を, 何もの, 作り得られる人, 作を, 作例を, 作法を, 作者でも, 作者は, 使命である, 価値に, 価値は, 俗間にて, 修業によって, 修辞的重心と, 俳人であった, 側の, 先生が, 先生に, 全然わからなかったらしい, 全貌だ, 共通する, 其, 内容としての, 内容に関する, 内容の, 写実と, 出て, 分量が, 分類を, 切りひらい, 切字として, 切字も, 初めより, 初より, 制作は, 創作熱を, 力で, 力は, 力強さ, 勉強を, 十七字という, 十七字詩形を, 友謡の, 反古が, 反逆児, 叙法に, 叙法の, 古雑誌, 叫び, 名人として, 吟詠を, 味ばかり, 品格を, 唱和の, 問答を, 嗜みが, 団体であっ, 園を, 型を, 型式が, 基礎を, 堂上に, 場合で, 塁を, 境地を, 外に, 外は, 夥しい駄作, 大会が, 大家は, 大家顔も, 大道を, 天地には, 天地は, 天地を, 天狗たちには, 奥儀短歌の, 好きなある, 如きに, 如きもの, 如き小, 如き文学, 如き短い, 如くレアリスチック, 如く現実主義, 如く短詩形, 如く観照的で, 如く趣味, 妙味など, 妙味は, 妙境は, 存在する, 季が, 季節に, 季題が, 季題では, 季題に, 季題の, 宗匠では, 定義の, 実例について, 客観性から, 対立である, 対象として, 将来についての, 尽きる前, 巧妙を, 師匠として, 弟子と, 形式による, 形式の, 影響は, 復興を, 心は, 性格と, 性質から, 性質が, 性質を, 恥を, 息吹をも, 愛好家が, 感じその, 懸行燈, 成る事情, 成立と, 手ほどきを, 手腕を, 批評に, 技倆から, 技巧を, 投稿などが, 拙かった, 指導を, 指導者である, 指導者は, 振仮名は, 揮毫を, 教えを, 数に, 文法が, 文法という, 文法などを, 文法は, 新しい事, 新型式, 新境地, 新運動, 方も, 方を, 方面に, 時代において, 普及する, 曠野ある, 最隆盛, 最高眼目たる, 會の, 會へでも, 月日は, 本が, 本を, 本山登りの, 本質, 本質が, 本質と, 本質については, 材料たるを, 材料として, 材料にも, 根本要素であるなら, 格調を, 極意書や, 概念を, 標準, 標準から, 標準なども, 標準は, 樣な, 歳事記を, 歳時記などにも, 歴史も, 母胎だ, 洒脱豪放な, 流れが, 流行につれて, 流行句法であった, 添削依頼が, 滅亡である, 滑稽も, 然らざる, 特別の, 特色する, 特色で, 特色である, 特長であろう, 理想は, 生命が, 生命であり, 生命と, 発達せる, 百分の一をも, 目的は, 目的大きく, 相談に, 相談役など, 真の, 真価を, 短冊などは, 短所でも, 短詩を, 研究に, 研究を, 研究新, 研究者に, 程度は, 種の, 種を, 種類, 稿本は, 立脚する, 第一義と, 第一要素, 範囲内で, 範囲内での, 範疇し, 精神, 精神という, 精神といった, 精神も, 約束として, 約束を, 約束をも, 翻訳には, 翻訳を, 翻訳不可能を, 英訳を, 行きあし, 行われる理由, 表現が, 規則に, 観察は, 観照は, 觀を, 詩形の, 話で, 話なんか, 話に, 話ばかりに, 話絵の, 語句から, 調にも, 調べまた, 調子に, 講釈を, 議論が, 象徴性, 貧困, 趣が, 趣に, 趣向に, 趣味と, 趣味の, 趣味も, 趣味を, 趨勢が, 趨向に, 載って, 速成を, 進歩に, 進歩の, 進歩も, 運命である, 運座は, 道から, 道では, 道に, 道には, 道を, 選抜など, 選者などを, 選者を, 選者位で, 選者料ぐらいは, 選者生活に, 金字塔を, 長きもの, 長き物, 長き者, 長所が, 長所である, 長所を, 門に, 門外漢の, 関係が, 関係に, 限界という, 雅号を, 雑誌, 面目である, 音律的完美に対して, 領域に, 領野に, 題の, 題材と, 額へ, 額を, 類は, 風流な, 風貌は, 高遠なる, 魅惑は

▼ 俳句~ (450, 16.0%)

17 作って 8 書いて 5 作ること 4 やって, 作ったり, 作るもの, 作る人, 知らぬ人 3 やめて, 作るの, 作る上, 研究し, 見るに, 解する人

2 [43件] かきなぐりながら, して, それからそれ, つくりしは, ひねったり, やったり, やる人, 一句詠んだ, 作った, 作ったこと, 作つたこと, 作り出した, 作り出したといふ, 作り始めて, 作るという, 作るといふ, 作るには, 作るは, 作るより, 作る場合, 作れり, 作ろう, 作ろうという, 修業する, 利するに, 始めて, 学ぶや, 学ぶ者消極的美, 学んで, 寄稿し, 教えて, 残したる俳人, 病牀で, 私は, 練る上, 習って, 考えて, 見て, 見ると, 解釈する, 言うもの, 註釈し, 遣って

1 [296件] ある雑誌, おやり, おろそかに, お作りに, かいたり, かいて, かえって晦渋, かりて, ことごとく文法, そこまで, つくったり, つくつて, つくられる, つくりはじめた頃, つくるおとなしい, つくるが, つくること, つくるアンゴ氏, つくる真似, つくろうとも, はじめるまでは, ひねくって, ひねって, ほんとうに, むかし少し, むだがきに, もし正当, もつて, やつて, やめるし, やめ私, やられるので, やりますかと, やるので, やる学生, よくし, よくした, よくす, よくする, よせたり, よむよう, よもうよ, よろこび川柳, よんだという, よんで, わたしと共に, 一つの, 一誦し, 下卑たもの, 並べた, 並べただけ, 主と, 云々する, 人生で, 他の, 作ったか, 作ったと, 作ったの, 作ったらしい, 作った人, 作った時, 作ってたん, 作っては, 作つた, 作つたり, 作つてゆかう, 作つて居つた, 作つて居る, 作つて見, 作らうと, 作らざる可らざる, 作らしめたりとも, 作らせるほど熱心, 作らないで, 作らなかつた, 作らぬ人, 作られるさ, 作られるため, 作りたりとの, 作りはじめた明治二十四, 作りはじめた時分, 作り俳談, 作り出すか, 作り始めた古い, 作り始めた明治二十四, 作り始めた頃, 作り居る, 作り新, 作り水彩画, 作り申した, 作り逢った事, 作り飽いて, 作る, 作るが, 作るその, 作るため, 作るだろう, 作るでも, 作ると, 作るとか, 作るに, 作るので, 作るやう, 作るよりも, 作る人大体, 作る以上, 作る俳人, 作る困乱, 作る心持, 作る才, 作る方, 作る時, 作る男, 作る第一歩, 作る者, 作る趣味, 作れ, 作れと, 作ろうかな, 作ろうと, 作ろうなどと, 例に, 侮る俳人, 充分に, 入れて, 全的に, 兼ねて, 出す事, 初めるまでの, 劇賞し, 勉強した, 募集, 募集したる, 十分に, 十年やった, 取り去り虚心虚懐以, 取り扱って, 取扱つてゐない, 口に, 吟じては, 吟じ小説, 呟きました, 味う, 味わう事, 味わう者, 命と, 咏ぜ, 唯一の, 善くし, 喜び幾多, 図案にという, 地方新聞にも, 奨励する, 好むやう, 始めたが, 始めたと, 始めたので, 始めた事, 始めた頃, 始めてからの, 始めぬその, 学び始めた時分, 学ぶという, 学べば, 学ぼうと, 学んだ, 客観的という, 宣伝し, 宣伝する, 寄せられたし, 尊敬し, 少しし, 少し許, 尽く文法, 年代順に, 弄ぶこと, 引摺って, 形態上の, 御馳走し, 忘れて, 扱うの, 批評する, 披露し, 拡めたら, 持ち出した真紀子, 持ち出して, 指揮し, 挙げたるは, 挙げて, 挟むの, 捻ったり, 捻ると, 掲げざるなく, 提出する, 揚げようという, 救ふ, 教わったとか, 教わったの, 教わりに, 書いた, 書かうと, 書かせようと, 書きつけた紙, 書きませんか, 書き添えるという, 書くひと, 書くよう, 本質的に, 案ずるの, 楽む人其他種々な, 樂しんで, 標本と, 止めて, 止めるとか, 毎日作っ, 毛嫌いし, 毛嫌いした, 永遠に, 泊雲君に, 添削し, 無季非, 独立の, 理解し, 理解し得ず, 理解する, 生命として, 省みて, 真似する, 知らず俗間伝, 知らぬ者, 知らんと, 知る上, 研究した, 研究する, 研究せよ, 研究紹介した, 示さうと, 示されたの, 習熟する, 考えたり, 考えてばかり, 考え出したと, 考へて, 職業として, 自署した, 製造しよう, 見せた, 見せた関係, 見せて, 見せると, 見たつて, 見よう, 見るごと, 見る場合, 見出したので, 解すること, 解する日本人, 解せざりしがため, 解せざる者, 記したもの, 記した扇子, 評する時, 評論する, 詠み絵, 詠んで, 認めず全く, 誤解し, 説明する, 読み合わせて, 読め必ずや, 読んだこと, 読んだり, 読んで, 談ず, 請いなど, 論じた時, 論ずるもの, 論ずる者, 賊するもの, 賛し, 踏み込みだと, 近代詩の, 造るもの, 連日掲載する, 遊戯に, 遣る門下生, 選ぶの, 選むのである, 選むのであろう, 選む私とが, 閲す, 除いた日本, 集めて, 面白く感じ, 駆って, 鼓吹した

▼ 俳句~ (300, 10.6%)

4 花鳥諷詠の 3 今に, 他の, 季題を, 歌の

2 [21件] この時候, その創業, どこまでも, レトリックの, 五七五の, 享保に, 俳句として, 判らない, 叙景に, 古来の, 変化多き, 天明に, 文字を以て, 日本の, 無味に, 短くし, 私の, 簡単ならざるべからず, 自然の, 芭蕉に, 花鳥諷詠詩である

1 [242件] ありえないその, あり得ないそれ, いくらたっ, いくら諸君, いつにな, お上手で, かえって和歌, かなり熱心, かなり索然, これに, すぐ分る, すべての, ぜひこれら, そこから, そのやう, そのよう, その俳諧, その先天的性質, その地上, その形, その心, その流れ, その言葉, その記念, その造庭術, それぞれの, それだけ, それなりに, それらの, それを, そんなもの, たとい豊富, だんだん下手, ちつとも, ちょっと捻れる, とかく下等社会, どういうふう, どういうもの, どうかと, どうでも, どれも, はなはだ短篇, ぱつたりと跡を, ひつきよう, ほんた, ぼくよけ, むしろ, むしろ晩唐, もう少し融通, もちろん各種, もちろん抒情詩, やさしくて, やはり多分, やはり存続, やはり連歌時代, やりませんさよう, わからん, わが思い, カラ駄目だ, 一つの, 一生の, 一詩心の, 下卑た賤, 下級に, 不便な, 主として自然, 五・七・五という, 五・七・五ばかり, 今日の, 伝統の, 伝統的な, 体験から, 何も, 何字あれ, 何時の, 何時までも, 作らないが, 作らんでも, 作るほど, 作る気, 俳句である, 俳句に, 俳句写生文は, 僕は, 優しい人情, 元禄に, 全く擲つ, 全く沈黙, 全俳句, 全然無意味以上, 内容から, 写生でなく, 写生に, 出て, 出来ないそういう, 出来ないという, 前者に, 勿論の, 十七字で, 十七字である, 十七字という, 十七字の, 十七字を, 十七字季題という, 十七文字に, 十七文字の, 卑俗な, 博物学に, 古い匂い, 古くから, 古くても, 古來, 古壺新酒, 句調あしく, 可能である, 和歌のより, 和歌よりも, 和歌を, 哲学の, 地獄の, 堕落する, 夏爐冬扇だ, 外に, 外国で, 多く皆, 多弁饒舌なる, 大正七年以降全国的に, 大衆文学と, 大阪の, 天然を, 女らしい情緒, 好いの, 好きだ, 好きばかり, 如何です, 如何に, 子規の, 子規氏の, 字数が, 季節の, 季題, 季題が, 季題に, 季題の, 季題諷詠即ち, 実に行く, 客観に, 客観写生に, 客観描写を, 客観的の, 宿命として, 寡言の, 専門家ならず, 常に文字通り, 年寄り臭いしろ, 幾らかずつ, 幾万幾十万という, 従来存在し来った, 徳川時代の, 必ずしも事実, 思想を, 性格的に, 性質上又, 悲鳴では, 成立しない, 或伝統, 抒情詩の, 抽象された, 描写本位の, 改めてまた, 放逸であっ, 敢て, 文字の, 日記旅行記等に, 書かないん, 最も短, 最も簡単, 本名の, 極楽の, 楽焼や, 概括的に, 歌よりも, 殆ど近代文芸の, 気合の, 決してこんな, 決して叙事詩, 決して思想, 激越な, 特別な, 特異な, 狂歌と, 現実の, 理窟の, 生れない, 生活を, 町人の, 畢竟階級的, 皆そういう, 目に, 相変わらず見る, 相当上っ, 知性の, 私等の, 簡単なる, 純粋な, 総合的で, 縦令文学, 美事に, 老人の, 老年者文学である, 老成者の, 職業とか, 自分が, 自慢の, 自然, 自然を, 芭蕉始め他の, 花鳥, 花鳥ある, 花鳥に, 花鳥を, 花鳥諷詠詩, 花鳥風月という, 著るしく, 虚子の, 言わば詩, 言葉が, 詩情が, 読者を, 調べを, 諷詠を, 走り書きに, 軽く細く重かったら, 連想の, 遠心的であり, 長き時間, 長く文学者, 閑人や, 静かに, 類題の, 駄目, 黙する叙情詩

▼ 俳句~ (197, 7.0%)

6 あっては 4 なって, 新生命, 於ては, 比して 3 入らんと, 勝れりとある, 於て

2 [12件] なりますと, 人事的美を, 凝ったり, 古語古事を, 就ては, 得たると, 接したもの, 熱心であった, 至つては, 興味を, 譬喩を, 適する性格

1 [142件] あっても, ある如き雨漏り, いたっては, いるといった, おけるが, ことよせて, しくもの, した点, して, しても, しようか, するほどの, その代表的, たずさわるより, たよらなくって, ついで季題, なくては, なったの, なったら面白かろ, ならない, ならぬ, ならぬと, ならんもの, なるか, なるぞと, なるであらう, なると, はじまったの, 一貫し, 上達したけれ, 似て, 使われる場合, 入りて, 入ると, 入るや, 入る第一歩, 入れると, 入門する, 内省的自己批評的あるいは, 凝って, 凝つたり, 劣るまじ, 勝るを以て, 十分の, 及ばないこと, 及びて, 反対し, 取つて, 吟ぜられた名所難所, 四季が, 多き者, 多く見る, 夢中に, 大切な, 季が, 季を, 季題が, 富士山を, 就いての, 就ての, 尽されアマチュア, 当て嵌めようと, 心ざす, 慣れて, 憑かれてから, 打こみ, 投じないかと, 拠るの, 指を, 文章に, 於ける, 於けるリリツク, 於ける切字, 於ける努力, 於ける象徴, 最も通した, 松の, 止まつて, 比すれば, 比せんか, 比べて, 比べると, 気根を, 求めんと, 没頭し, 熱心でなかった, 熱心忠実なる, 熱情を, 熱狂し, 現は, 用いても, 用いられたこと, 用いられた梅, 用いられる, 用いられるか, 用いるには, 畑打といふ, 疎くなり, 盛ろうとして, 相違ない, 移し植えようと, 第一歩を, 精進しつ, 素人の, 繍口錦心の, 美あり, 肉が, 自分は, 至っては, 至りては, 色気が, 花鳥諷詠客観描写という, 若い思い, 蕪村の, 視るが, 言尽されて, 詠まれたの, 詠み込まれる立夏, 読みこまれて, 読んで, 読古された, 諷はれ, 軽浮, 近い, 近いで, 近いと, 近いといふ, 近いよう, 近づいたらよかろ, 進歩は, 達し相当, 遠ざかって, 適した範囲内, 適するか, 適当なる, 遷ししこと, 遷しし事, 関係の, 限ったこと, 難きを, 飽いて, 馴らされて

▼ 俳句~ (124, 4.4%)

2 ある, うまいので, 上手に, 好きで, 老人文学でない

1 [114件] あったと, あつて, あらわれた, あります, あるかさえ, あるが, あるのみ, いかに季題, いわゆる, うまかった, うまかろう, ことごとくあやしく, さびを, その写実的, その地歩, その簡単, それに, だんだん俗, つくりたくなる, できないこと, できようか, どうにかし, どんな所, のせられて, また近世, もてはやされて, やって, わからない, 一つ出來た, 一句書い, 七五七でなく, 上手で, 上手な, 世界に, 他の, 伝統から, 伝統と, 伝統的に, 何時の, 作れたかと, 作れるもの, 使い古したもの, 個々の, 入選され, 全くの, 再び, 再批判, 出たり, 出て, 出来たり, 出来て, 出来ますね, 出来るかも, 十七字で, 単なる一時, 叙事詩に, 同地方, 同時に出来た, 多いの, 多いよう, 好きという, 好きな, 嫌いであった, 存在し, 季節の, 季題という, 客観的である, 幾多古人, 強い人情, 我が詩心界, 所謂モンタージュの, 技巧と, 抒情詩である, 抒情詩の, 文学の, 文韻の, 新体詩の, 日本の, 普通には, 書いて, 書きそえて, 最短の, 本質の, 横須賀新聞と, 歓迎された, 此二三ヶ月必ず, 決してむずかしい, 沢山に, 流行し始めた, 流行の, 添えて, 特にこうきめた, 理解されない, 生れようとは, 生れ変つたやう, 皆これに, 短歌と, 紫鉛筆や, 老年者の, 老成者の, 育てられて, 自分の, 解らぬからと, 解り得る道理, 記されて, 記憶に, 訳出されてる, 認めて, 豪いでも, 踏み込みだなんて, 進み得たもの, 非常の, 頻りに浮ん, 題して

▼ 俳句~ (75, 2.7%)

10 短歌も 3 同じと, 漢詩も 2 かくすべきもの, 享保以後無学無, 叙情詩である, 多からず

1 [51件] かずかずあるが, さういふ声, そうである, その末梢神経的, つくつて, なにも, まじる心地, また, またある, またその, またそんな, また世界無比, また写生, また叙情詩, また同じ, また大衆, また時流, また諷詠, もつと, もとより抒情詩, やった, よいと, 上品上生の, 上手いが, 上手いの, 上手絵も, 下品ならざるなり, 亦人体, 亦簡便, 他の, 作って, 作り候, 別に, 同じ事, 同題, 含まれて, 変り新しく, 川柳も, 左のみ, 悉く皆情象, 描くところ, 新体詩も, 時々掲載致度趣, 書いて, 生れ得ないで, 白然, 詠むと, 詩も, 詰らぬと, 金を, 骨董品として

▼ 俳句~ (74, 2.6%)

4 他の 2 なると, 漢詩の, 言うもの, 言へば

1 [62件] いう如きもの, いえども, いえば, いったので, いふを, いふ者を, いへども, するか, その俳句, その成る, なりませうかと, なりを, なり了, みなされないという, ノートル・ダムの, 一致し, 云つた時代です, 云ふが如き, 云ふも, 云ものを, 似て, 同じく幼時, 同じく形体, 同じく造花的, 同樣, 名を, 呼びたいと, 唱えたが, 四季, 如何に, 季題との, 宗吾が, 客観写生を, 實傳とを, 小説との, 川柳と, 心得て, 数聯の, 時代との, 書くの, 歐風詩と, 母の, 比較し, 比較する, 江戸の, 漢詩とを, 漢詩を, 為す故に, 理窟とについて, 異った, 皆これ同じく, 短歌とで, 称えたがって, 称する文学, 称する社中, 立場を, 自由詩と, 言えば, 較べると, 連句との, 違って, 随筆とを

▼ 俳句という~ (72, 2.6%)

12 ものは 11 ものの, ものを 8 ものが 6 ものに 2 のは, 名前で

1 [20件] きわめて特異, ことについての, のも, ものと, ような, 一派の, 世界に, 伝統詩によって, 十七字詩は, 単に十七字, 名前だけに, 名前を, 名称を, 形を, 母屋を, 特異な, 独自の, 自然詩が, 言葉は, 詩形の

▼ 俳句~ (47, 1.7%)

4 歌を 2 和歌が, 和歌で, 和歌に, 和歌の, 和歌や, 和歌を, 文章は, 文章を, 歌が

1 [25件] なア, 俳史に, 写生文を, 川柳の, 抒情文などを, 敍情詩, 文章にも, 新短歌, 書画の, 歌に, 漢籍の, 漢詩に, 漢詩の, 狂句の, 短歌が, 短歌の, 短歌は, 短歌も, 茶の湯の, 茶道の, 詩が, 詩を, 鉄幹の, 長詩, 隨筆が

▼ 俳句~ (45, 1.6%)

2 における関係, に一生面, に入らざりし, の中心, を代表, を横絶, を開きし

1 [31件] から手, が橢円, であります, との交際, においてこの, において斯人, におる, には通用, に似たる, に入りし, に対して無用, に臨ん, に遠ざかった, に遠ざかる, のお, のこと, の一勢力, の中, の仲間, の消息, の牛耳, の盛時, の趨勢, の進歩, はなぜ, はジャーナリズム, は一個, は不規則, ほど論争, を概括, を知る

▼ 俳句には~ (41, 1.5%)

3 俳句の, 調が

1 [35件] おもしろい連翹, きわめて卑怯, こういう長所, そういう事, それが, どんなこと, なるかも, なるよ, まいったの, やはり実に巧み, アマチユアとしての, 切字という, 和歌に, 咏嘆的リリカルな, 多くの, 季という, 季感季語が, 季題ほど, 必ず切字, 必ず季, 成りにくい, 既に盛る, 時々こんな, 本質的の, 朱筆を, 極めて卑怯, 用いられざりき, 用うれ, 用ゐられざりき, 相当に, 色気が, 芭蕉や, 言葉に, 遠ざからねば, 限らぬが

▼ 俳句~ (40, 1.4%)

3 に出席, に臨む 2 の幹事

1 [32件] がありまし, が開かれた, でこれ, でちょいちょい, という, としては柳原極堂氏, と同様, と書かれ, ならば, には無, に臨み, に赴き, のよう, の会稿, の催される, の席上, の放送, の時, の為, の連中, の開かれる, はあった, はいつも, は久しく, は勿論, へ, へも行く, へ初めて, をやった, を催し, を組織, を開く

▼ 俳句では~ (36, 1.3%)

3 ありません, ない 2 これを, なかなか重要

1 [26件] きまって, その春, それを, たとえ形式, ないか, ないただ, ないと, ないという, なくて, なくなって, なくなるの, なく人間, ひどく心外, 一句で, 不適当, 作る人, 到底出来ない, 夏の, 必ずしも現在, 普通の, 李堂の, 秋の, 藤の, 随分景色等, 題を, 食えないの

▼ 俳句とは~ (36, 1.3%)

11 どんなもの 2 直接に

1 [23件] いえないもの, いったいどんな, こんなもの, その外観, たしかにその, ただ詩形, とうてい止められない, どういう性質, どう違ふか, どんなこと, 三味一体らしい, 云い難い, 何か, 何ぞや, 全く縁, 大方こんな, 如何なるもの, 日本の, 朝顔に, 直ちに見, 考えません, 詩形に, 違って

▼ 俳句にも~ (25, 0.9%)

3 漢詩にも 2 ある, 多くの

1 [18件] からたちの, また人情, 写真にも, 冬の, 同じよう, 名詞その他によって, 字余りが, 季題は, 応用した, 接木とか, 没頭し切れず, 物語にも, 生活派の, 自然この, 興味を, 見えたれど, 詠ぜられて, 髣髴出来ない

▼ 俳句~ (19, 0.7%)

2 いう季

1 [17件] いえば, それを, やったある, やるやう, 主として天然物, 争い語学, 割り切らうとして, 占領され, 叱られた, 山桜と, 当選第, 必要な, 苦労した, 詠ずるの, 鍛え上げた先生, 食ふ, 飯は

▼ 俳句において~ (16, 0.6%)

2 全く誤認, 美を

1 [12件] この利器, しかり, なおしかり, 代表され, 比較的自然, 求道という, 然り, 物侘しく, 現し得るか, 盛んに, 表現されてる, 非常に

▼ 俳句でも~ (14, 0.5%)

1 [14件] つくって, つくつて, ない, なく絵, やれば, 一つ作つて見る, 不思議と, 作って, 作つたらどう, 作らうかい, 作りましょうや, 唸って, 御紹介, 或点

▼ 俳句として~ (14, 0.5%)

2 表現する

1 [12件] もっとも荘重, もっとも進歩, 今日まで, 取扱うという, 大事な, 如何に, 打出する, 文字の, 独立し, 短歌として, 芽生え発達存在, 表現した

▼ 俳句~ (14, 0.5%)

4 か盛唐 2 を読む 1 が出版, となさん, と盛唐, なの, に題す, を十分, を毎日新聞社, を編む

▼ 俳句~ (13, 0.5%)

1 [13件] にのるべき, に載せ, に載せられた, に関しても怠り勝ち, の一片, の選者, はそのまま, は一時松根東洋城氏, は私, は角田竹冷氏, を受持つ, を担任, を担当

▼ 俳句から~ (12, 0.4%)

1 [12件] いったら少し, して, では, 來た, 入つて, 受け取る印象, 夫婦きりで, 季題を, 感ずるもの, 推して, 脱化し, 遠ざかった後

▼ 俳句との~ (12, 0.4%)

2 相異, 間には 1 作者の, 大きな相違, 対立を, 比較研究を, 相違は, 精神と, 素養が, 自己に対する

▼ 俳句における~ (12, 0.4%)

2 意匠の, 蕪村の 1 この人間性, ごとき自然, 作者の, 季題の, 成功と, 成功は, 特殊な, 造詣と

▼ 俳句漢詩等~ (12, 0.4%)

3 にも和歌, に優り, に骨折る 2 より悪き 1 より惡

▼ 俳句である~ (9, 0.3%)

1 かきりぎりす, かぎり, がその, というの, という点, ほど俳味, ほど徹底, ような, 為かも

▼ 俳句らしい~ (9, 0.3%)

2 俳句を 1 ものが, ものと, ものに, ものを, 世界が, 俳句そう, 俳句では

▼ 俳句~ (9, 0.3%)

2 に一種, の最 1 で, に, に挿入, の一名句, の最も

▼ 俳句について~ (8, 0.3%)

1 いうも, 個々の, 客観と, 屡々語られた, 考へた床, 見ると, 話す珍, 述べて

▼ 俳句に対する~ (8, 0.3%)

1 不遜な, 味覚を, 川柳の, 所信に, 氏の, 短い所感, 翻訳是非の, 興味が

▼ 俳句~ (8, 0.3%)

4 の京 1 では, における京風, の同人, の経歴

▼ 俳句趣味~ (8, 0.3%)

1 からくる, で特色, とがある, のもの, の劇, の普及, は此閑文字, を和歌

▼ 俳句雑誌~ (8, 0.3%)

1 およそ二, であったため, などと天下, のあらまし, のため, を刊行, を寝床, を持ちこん

▼ 俳句そのもの~ (7, 0.2%)

1 であるよう, でなくなるの, の圏内, の性質, の方, の本来, の本質

▼ 俳句といふ~ (7, 0.2%)

1 いかに理窟, もの, ものが, ものに, ものは, 上は, 詩歌の

▼ 俳句作品~ (7, 0.2%)

1 だけが何故, としてこれら, に就い, に従, に従事, の検討, を見た

▼ 俳句本来~ (7, 0.2%)

5 の性質 2 の面目

▼ 俳句~ (7, 0.2%)

1 からこれくら, が歩ける, だけで許される, に明確, のため, の根本, の経験

▼ 俳句~ (6, 0.2%)

1 ここで, つがもねえ, なんかやる, 何かを, 抒情詩か, 書き散らしたの

▼ 俳句すら~ (6, 0.2%)

3 少しも 1 のんきな, 作らない, 作る勇氣

▼ 俳句などを~ (6, 0.2%)

2 考えて 1 やる人, ヒネくるもの, 加えた双六, 認めるところ

▼ 俳句においては~ (6, 0.2%)

1 この点, すべてが, また瓜類, 冬の, 成功せぬ, 言葉が

▼ 俳句以外~ (6, 0.2%)

2 に蕪村 1 の文学, の蛇足, の詩, の重大

▼ 俳句~ (6, 0.2%)

1 が開かれる, などに列席, には缺, の席, の紫吟社, も成立せり

▼ 俳句~ (6, 0.2%)

1 のもの, のポエヂイ, の傳統, の日本詩, の短篇詩, 各好む

▼ 俳句精神~ (6, 0.2%)

1 が老年者, というの, といふもの, と格闘, の似た, の神聖さ

▼ 俳句だけ~ (5, 0.2%)

2 です, では 1 である

▼ 俳句に関する~ (5, 0.2%)

1 ことを, 事は, 反古が, 意見も, 研究や

▼ 俳句への~ (5, 0.2%)

41 径が

▼ 俳句よりも~ (5, 0.2%)

1 一層生命, 上品なるべけれ, 度合的に, 詩は, 金儲けの

▼ 俳句大会~ (5, 0.2%)

1 に入選表彰, に出席, に列席, に寄す, の翌日

▼ 俳句~ (5, 0.2%)

1 そして山頭火的, であると, といはん, なもの, な写実

▼ 俳句~ (5, 0.2%)

1 である, のはしがき, はかう, を天下, を窺う

▼ 俳句その他~ (4, 0.1%)

2 で茶立虫 1 の事業, の文芸

▼ 俳句としての~ (4, 0.1%)

1 句法上で, 型式だけの, 子規は, 新しさ

▼ 俳句とも~ (4, 0.1%)

2 なり娘さん 1 いへる送句, 共通した

▼ 俳句などは~ (4, 0.1%)

1 文字通り猫も, 決してひと, 生まれ出づる余地は, 自分の

▼ 俳句によって~ (4, 0.1%)

1 満足し得ない, 記録し, 諷い得れ, 諷おうとする

▼ 俳句のみ~ (4, 0.1%)

1 ならず一切, ならず一般文芸, ならず和歌, ならず文章

▼ 俳句ほど~ (4, 0.1%)

1 作者を, 天然物を, 精神に, 若々しい文学

▼ 俳句生活~ (4, 0.1%)

1 から此, と一つ, は二つ, は此

▼ 俳句講座~ (4, 0.1%)

1 と大蔵経講座, と浄土三部経, を漫読, 第七巻

▼ 俳句であり~ (3, 0.1%)

1 万葉集あたりの, 和歌の, 芸術家の

▼ 俳句でない~ (3, 0.1%)

1 と心得, ものの新し, 他の

▼ 俳句とかいう~ (3, 0.1%)

2 ものを 1 ものも

▼ 俳句としては~ (3, 0.1%)

1 成り立たない, 普通の, 珍しいこと

▼ 俳句とを~ (3, 0.1%)

1 比較し, 比較した, 較べますと

▼ 俳句など~ (3, 0.1%)

1 はたとへ, 作る夫, 案じわ

▼ 俳句などで~ (3, 0.1%)

2 決してこれ 1 一寸一句に

▼ 俳句などの~ (3, 0.1%)

1 方が, 道楽が, 額と

▼ 俳句なども~ (3, 0.1%)

1 あった, やったらしい, やり角田竹冷先生

▼ 俳句などをも~ (3, 0.1%)

1 加えて, 善くした, 盛んに

▼ 俳句に対して~ (3, 0.1%)

2 有縁の 1 いつも慊ら

▼ 俳句仲間~ (3, 0.1%)

1 であるが, に引入れ, よりも私

▼ 俳句~ (3, 0.1%)

2 について 1 とは

▼ 俳句界全体~ (3, 0.1%)

1 から眺め, の進歩, は進歩

▼ 俳句~ (3, 0.1%)

1 といふ三つ, などが人, に自信

▼ 俳句~ (3, 0.1%)

2 をする 1 としては成り立たない

▼ 俳句お作り~ (2, 0.1%)

2 になる

▼ 俳句こそ~ (2, 0.1%)

1 子規氏に, 詩よりも

▼ 俳句さえ~ (2, 0.1%)

1 書き添えて, 認められて

▼ 俳句する~ (2, 0.1%)

1 それは, まだ小学二年

▼ 俳句~ (2, 0.1%)

1 というなら, と強いて

▼ 俳句だけは~ (2, 0.1%)

1 この時代, 思うに

▼ 俳句だけを~ (2, 0.1%)

1 つくる俳人, 愛読した

▼ 俳句であっ~ (2, 0.1%)

1 てもそれ, て子規

▼ 俳句であるなら~ (2, 0.1%)

1 ばそれ, ば止めまい

▼ 俳句でなく~ (2, 0.1%)

1 ちゃうつらない, てただ

▼ 俳句とか~ (2, 0.1%)

1 歌とかいう, 短歌とかいう

▼ 俳句とかを~ (2, 0.1%)

1 書いて, 誌し

▼ 俳句~ (2, 0.1%)

1 の, のである

▼ 俳句なぞは~ (2, 0.1%)

2 薄生意気

▼ 俳句などには~ (2, 0.1%)

1 何の, 最も適した

▼ 俳句なりを~ (2, 0.1%)

1 味ひ知る, 棄てたといふ

▼ 俳句なんか~ (2, 0.1%)

1 やめて, 遣って

▼ 俳句にな~ (2, 0.1%)

1 つてし, ほして

▼ 俳句による~ (2, 0.1%)

1 島国的鎖国の, 殺人法などの

▼ 俳句のみを~ (2, 0.1%)

1 知って, 見て

▼ 俳句ばかり~ (2, 0.1%)

1 いつまでも, では

▼ 俳句やら~ (2, 0.1%)

2 漢詩やら

▼ 俳句を以て~ (2, 0.1%)

1 単に象徴主義, 最も尊い

▼ 俳句を通して~ (2, 0.1%)

1 心と, 芭蕉や

▼ 俳句修業~ (2, 0.1%)

1 の最高, の第一歩

▼ 俳句写生文~ (2, 0.1%)

1 は写生文, を学び

▼ 俳句十七字~ (2, 0.1%)

2 の小天地

▼ 俳句友達~ (2, 0.1%)

1 である, ですから

▼ 俳句季題~ (2, 0.1%)

1 の中, の分類

▼ 俳句~ (2, 0.1%)

1 である, のよう

▼ 俳句平易高雅奇~ (2, 0.1%)

2 を衒

▼ 俳句幾分~ (2, 0.1%)

2 の和歌臭味

▼ 俳句~ (2, 0.1%)

2 ひの

▼ 俳句更に~ (2, 0.1%)

1 日本的な, 義理人情の

▼ 俳句漢詩~ (2, 0.1%)

1 のそれ, をやった

▼ 俳句~ (2, 0.1%)

1 が青年, も生涯

▼ 俳句界中~ (2, 0.1%)

2 第一流

▼ 俳句界二百年間元禄~ (2, 0.1%)

2 と天明

▼ 俳句界独歩~ (2, 0.1%)

2 の人

▼ 俳句的要素~ (2, 0.1%)

1 とかいう名前, とでも名づけられる

▼ 俳句研究~ (2, 0.1%)

1 の資料, 第二十四回

▼ 俳句~ (2, 0.1%)

1 の文章, の欣求

▼ 俳句行脚~ (2, 0.1%)

1 した, をやった

▼ 俳句~ (2, 0.1%)

1 といふもの, に就い

▼ 俳句集中~ (2, 0.1%)

2 に加

▼ 俳句革新~ (2, 0.1%)

1 に熱中, の警鐘

▼1* [193件]

俳句あり都々逸あり, 俳句あるいは発句の, 俳句いまだ発達せざる, 俳句うつしの配合, 俳句かしらそれ, 俳句かの如きもの, 俳句かをしっかり集める, 俳句がちやんと, 俳句がのこのこと, 俳句ことごとく巧みなる, 俳句しかない, 俳句しなければならない, 俳句じゃない抒情詩, 俳句そういうものの, 俳句その物の, 俳句それから映画マルクス終ひ, 俳句それ自身の謂, 俳句だけかと思ふと, 俳句だけが僕にとって, 俳句だけしか作らぬ俳人, 俳句だけでも熱心に, 俳句だけにとどまりえようか, 俳句だけの問題でなく, 俳句だらうが離縁状, 俳句どんなもの, 俳句であったのだ, 俳句であれば結構, 俳句ですといつた, 俳句でなくっては現せない, 俳句でなければならない, 俳句とが上品下品の, 俳句としてもがっちりし, 俳句とで食へ, 俳句とでも申しましょうか, 俳句とはと聞きか, 俳句とやらを作るさ, 俳句と共に封じて, 俳句などと同じ範疇, 俳句などというものは, 俳句などとは違つたまた, 俳句などにて宜しかるべく, 俳句などにもかなり明るく, 俳句なりと思ひ誤り, 俳句なんかは老人に, 俳句なんぞを考えて, 俳句なんてどんなの, 俳句についての拘束を, 俳句についてのみこの問題, 俳句については矢張り門外の, 俳句についても談話を, 俳句にていはば, 俳句にとっては普通の, 俳句によつて蘇生し, 俳句に対し総括的な, 俳句に関しては近頃さかん, 俳句のみという断定を, 俳句のみについていうの, 俳句はかへつて和歌, 俳句ばかりが泡ツブみたいに, 俳句ばなしをする, 俳句まず客観的叙述において, 俳句または最も善く, 俳句みたような, 俳句みたいなもの, 俳句やで友を, 俳句やの短詩とが, 俳句こんなの, 俳句ようのもの, 俳句より遥かに, 俳句らしきものを, 俳句らしくないものとを, 俳句をも教わったため, 俳句知ラヌ内ヨリ大, 俳句一種の新調, 俳句一筆となる, 俳句一般に上達, 俳句三昧に送った, 俳句中毒酒と煙草, 俳句中興の主動者たる, 俳句二つを認めた, 俳句二十首ばかり作り, 俳句二章を拾ふた, 俳句云々といふを以て俳句, 俳句人連盟新日本建築家集団, 俳句以上の長い, 俳句以外在来の詩歌, 俳句以外怪談に興味, 俳句会兼題をおくる, 俳句会場に変る, 俳句会席上でこんな, 俳句会盛なる時, 俳句会短歌会新体詩会等会の連発, 俳句会衰ふる時, 俳句作るのか, 俳句作家の覚書, 俳句元禄の俳人, 俳句入りの紀行文, 俳句全く滑稽を, 俳句全部を了解, 俳句もの, 俳句内容の吟味, 俳句分類に一時間, 俳句切抜帳に対して択ばん, 俳句勃興の時代, 俳句十九字の俳句, 俳句十首を作つて, 俳句単に俳句のみ, 俳句山頭火とは, 俳句即ち天明調なる, 俳句及び歌の, 俳句の情, 俳句和歌写生文の三つ, 俳句和歌時に文章如何, 俳句団体の古い, 俳句固有の句法, 俳句とがある, 俳句変遷の第, 俳句多くして, 俳句大観に題す, 俳句天狗や歌天狗, 俳句嫌いの僕, 俳句子規派の俳句, 俳句存在の理由, 俳句宗となったの, 俳句尽く巧なる, 俳句だつた, 俳句川柳が一時間, 俳句川柳端唄小噺, 俳句帖抄上巻を出版, 俳句帖抄評の中, 俳句の修辞, 俳句彼等の歳時記, 俳句心境を全く, 俳句性研究として, 俳句戯文につき, 俳句数百年間僅かに似たる, 俳句数首を作る, 俳句文学については私, 俳句文章には誦すべき, 俳句方面にもこういう, 俳句日記かなんかの古物, 俳句は格別文学的, 俳句未生以前本来の面目, 俳句格調の本義, 俳句横行の時代, 俳句よりも一体, 俳句正月の題, 俳句などは見えない, 俳句源流説を略記, 俳句漢詩狂歌の戯, 俳句特別の文法, 俳句特有の意味, 俳句独得の表現, 俳句独特の想像, 俳句生活その他にも重大, 俳句的リアリズムと短歌的, 俳句的内容を持つ, 俳句的卑俗趣味の流行, 俳句的姿勢だ, 俳句的形式を活かす, 俳句的精神といったよう, 俳句的表現があり, 俳句的観照本位のもの, 俳句的論文という評, 俳句的風流生活と一致, 俳句册を, 俳句短冊二枚を入れた, 俳句研究九月号を貸し, 俳句程に行って, 俳句自体が庭的, 俳句自身が生きもの, 俳句自身さへ苦しい, 俳句臭味のもの, 俳句芭蕉たると蕪村たる, 俳句英訳に関する最も, 俳句製造者だ警戒, 俳句評釈の文中摘記, 俳句詩和歌等等とその, 俳句詩境にあまりに, 俳句に半日, 俳句講座所載井師の放哉紹介, 俳句講義は今度それら, 俳句連虚子でも, 俳句運動に傾倒, 俳句選者を担当, 俳句関係の居士, 俳句隆盛時代の経過, 俳句集日本文学の歴史的, 俳句雑俳音曲から美術, 俳句題叢に載っ, 俳句の極めて, 俳句な含蓄, 俳句鴨居に鴻麓堂