青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「修業~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

信濃~ 信玄~ ~信用 信用~ 信者~ ~信長 信長~ ~信頼 信頼~ 俥~
修業~
修行~ 俯~ ~俳優 俳優~ ~俳句 俳句~ 俳諧~ 俵~ ~俺 俺~

「修業~」 1660, 16ppm, 7063位

▼ 修業~ (321, 19.3%)

28 して 15 積んで 5 積んだもの 4 させて, した, するの, 積むこと 3 させると, しなければ, しようと, するには, すれば, つづけて, つんで

2 [20件] さして, させるの, したいと, したもの, した人間, した後, しろ, すると, するよう, 名として, 廃し, 必要と, 積まなければ, 積みました, 積めば, 積んだ, 積んだ上, 積んだ後, 終えて, 重ねて

1 [196件] いささか誇らか, いたしずんと, いたしたいもの, いたしたわけ, いたします, いたしますそして, いまのこらず, おさせなすったそう, おも, させたら, させた方, させなければ, させまたは, させようと, させられました, させられるもの, させる, させること, させるため, させるほどの, された, され中年, したいという, したいの, したか, したかね, したが, したそう, したと, したといふ, したところ, したに, したの, したもん, したらどう, したらよかろ, したら落雲館, したわけ, したドヴォルシャーク, した仏法, した俗界, した経験, した舞台, してから, してでも, しなくては, しなけれあ, しなほすこと, しました, しようか, しられて, し常に, し読経中, すでに十分, するが, するなんて, するふり, するもの, するやう, する価値, する境遇, する気, する決して, する義務, する者, する間, せねば, せよとの, せられつつ, せんと, そのまま子供たち, ついお, つけさせられて, つづけのち三年, つまされて, つまぬと, つまねば, つみおなじ, つみ術, つむこと, つんだら親, つんだ人, つんでる, とげわれ, なさいましたか, なすべきであり作家, はじめた, はじめ二十年を, はみだして, まずし, やりそこねた書生, やり直しはじめて, やると, やるの, やる気は, 一心になさい, 中止し, 二三年致します, 人事の, 切りあげて, 励むなり, 励むべきでは, 勧めて, 勧誘し, 十の, 危ぶむの, 受けること, 命ぜられて, 失わないところ, 妨げぬため, 始めたい念願, 始めたの, 始めた者, 始めました頃, 始め二十年, 嫌って, 実際してる, 差向けた方, 度外し, 心がけアヴアン・ギヤルド, 心掛けねば, 心掛けるばかり, 志し別荘内, 思い立って, 思ひ立つなどは, 怠らない人々, 怠るもの, 怠る事, 悟後の, 想わせるが, 承諾させた, 断念し, 本格的に, 水の泡に, 求めても, 爲しをり不, 目指して, 目的と, 祖母達に, 積ませ給はん, 積まないかぎり, 積まぬ限りさよう, 積まれしぞ, 積まれたの, 積まれた上, 積みどれ, 積みながら, 積みまして, 積みトオキイ, 積み年, 積むおりがおりおりはあったであろうが嫂の, 積むそう, 積むという, 積むに, 積むの類, 積む勇気, 積もうとも, 積んだお蔭, 積んだから, 積んだこと, 積んだとは, 積んだら引っ張って, 積んだ一喝, 積んだ人, 積んだ人間, 積んだ奴, 立派に, 終わる日, 経て, 経ても, 継続させたい, 継続し, 継続した, 続けたいの, 習得し, 致したもの, 致しました, 致します, 致すとは, 行ないつづけたと, 要したの, 要します, 要しますのに, 要する, 要すると, 要する先づ舌, 誤らなければ, 資け, 賭けた上, 賭ける問題, 邪魔だ, 重ねたいから, 重ねたうへに, 重ねたの, 重ねないと, 重ねること

▼ 修業~ (295, 17.8%)

13 ために 4 ように, 道は 3 あとを, ためだ, 妨に, 為と, 為に, 第一, 道を

2 [13件] つもりで, 上から, 庭に, 後やつと, 方法を, 旅にも, 深浅を, 生活は, 生活を, 辛さ, 道に, 道程に, 邪魔に

1 [227件] あさい者にも, いること, おかげだ, おかげで, お噺, かいも, ことが, ことに, これが, せいも, ためか, ためである, ためと, ためには, ためにも, ための, ためはるばる, ためやって来た, ためパリに, ため他面に, たらぬ騎士, つじ切り, はげしさ, ひとつじゃ, ひとは, ほうが, ほかに, ほか余事なく, わけを, タネ, テープを, プラスを, 一つかしら, 一つじゃよ, 一つだ, 一つと, 一つに, 一方に, 一端に, 七日參籠に, 上に, 上の, 下地は, 不完全なりし, 不足は, 不足を, 世界ばかり, 中では, 中心と, 事, 事で, 事は, 今までとは, 仕事である, 仕方が, 仕方をも, 仕方一つで, 例として, 侍などの, 傍に, 傍ら陶工に, 僧で, 兵法者である, 内容は, 出来た時代, 出来て, 出来るよう, 出発点と, 出立ちを, 出立を, 力で, 力でも, 力によって, 力による, 功を, 功徳も, 助けには, 努力を, 効が, 効果による, 半期半期を, 名を, 命を, 嚴し, 地なり, 地なる, 場と, 場所である, 多かつ, 大目的, 女弟子, 妨げと, 妨げに, 妨と, 始った, 始まり始めて, 実際にとっては, 床と, 当時極寒氷の, 徃來は, 後です, 後に, 御遺跡, 心が, 心として, 心得から, 必要を, 念を, 慾望を, 成功を, 成就は, 手だては, 掟は, 數は, 方から, 方法の, 方針を, 旅, 旅に, 旅を, 旅出に, 時私は, 時試驗の, 時間が, 晩だ, 書生などが, 最中であり, 最後で, 最後の, 最高の, 有様も, 期間を, 本道を, 果てに, 機会だ, 機会を, 止りに, 正統的な, 歴史に, 段階が, 法は, 浪士が, 激しさ, 為めに, 為今の, 熱心な, 爲に, 爲めに, 爲め又, 爲山林へ, 用具人の, 甲斐が, 甲斐の, 目指すところ, 目的で, 目的は, 祭を, 程度に, 積まない中, 積まぬ身, 積み方, 積むこと, 積んだ庵主, 端か, 第一歩で, 第一歩として, 第一歩に, 第一歩を, 第一歩非常な, 第一課, 第一頁, 終りいつ, 結果である, 結果です, 結果どんな, 結果による, 者なら, 背後から, 苦しさ, 苦しみ製作の, 苦心談など, 行者で, 要諦では, 覚悟が, 話が, 課程中にも, 豪傑が, 豪傑とは, 貴さ, 費用を, 賜物でない, 足しにとには, 足の, 足りないせい, 足りない低能児, 足りない雲水, 足りぬ坊主, 足りねえの, 跡を, 身の上で, 身の上ゆえ敢て, 身を以て, 辛苦なりし, 途に, 途は, 途上では, 途中に, 過程と, 過程においては, 道だ, 道で, 道において, 道の, 道具です, 道士は, 道程が, 道程には, 道程も, 邪魔さえ, 階梯を, 際しばしば, 難しさ, 順序は, 願書その, 願書で, 風が, 首途にの

▼ 修業~ (169, 10.2%)

7 出て 6 来て 3 なって, なりました, 来た, 行って

2 [11件] なるぞ, やった, 兄哥の, 冴えた美し, 出した子供, 出ること, 心が, 於て, 行きたいと, 行くこと, 行ったの

1 [122件] あるいて, あれば, いそしむこと, おやり, お出, お出でなされた, かからねば, して, つかうこと, つとめた, とりか, とりかかった, とりかかりたいと, どんだけ, なった, ならなかったとは, なり見物, なる, なるか, なると, なるとかいう, なるの, なるよ, はいります, やって来たの, やられて, やること, ゆく者, わざわざ京都, ドイツに, パリへ, 丁度宜しい, 上つ, 上京の, 京都に, 仏蘭西へ, 伴れ, 來た, 來て, 依って, 俟た, 修業が, 修業を, 入つて貰, 入るを, 兵車ゐ, 出かけようと, 出さなけりゃ不可, 出される, 出して, 出しました時, 出すほどの, 出たいと, 出たという, 出たとか, 出たの, 出たばかりの, 出たり, 出た動機, 出た時分, 出た苦労人, 出ては, 出で, 出ます坊さん, 出られる便宜, 出るの, 出るん, 出ろ, 出掛けるの, 加うる, 努力する, 励みましょう, 励む武芸者, 励んだもの, 参りたいと, 取りかかるため, 唐手が, 堪えず私, 堪えるなら堪えて, 奉公し, 専念する, 就いたら中途, 就いて, 弛みが, 張詰めた心, 役立つ重要, 御出, 心を, 心願の, 心魂を, 志したの, 来た徒弟, 来た時, 欠くべからざる友情的結束, 没頭し, 没頭する, 焦って, 現を, 相成りますと, 私も, 立った, 精出して, 罷越したい云々, 肩に, 行き初め五世野沢吉兵衛, 行くところ, 行くの, 行くん, 行ったおり, 行った頃, 行つて居る, 行て, 託して, 費したらしいけれども, 賭物致す, 身を, 送るの, 遊歴する, 遠く旅立ち, 遣ると, 飛出した方, 骨が

▼ 修業~ (88, 5.3%)

6 積んで 5 出来て 2 あるの, プッと, 必要である, 積まれて

1 [69件] あって, あろうか, いかにも氏, いちばんたいせつだ, いること, いると, いるの, いるもの, したいならその, そうである, それ自体としては, だいぶ出来た, つまないので, つみ立派な, つんだという, つんで, できて, できましたよ, どれだけ, どんなにほ, どんなもの, ないわけ, なくては, まだたりない, ややできかけた, 三四年か, 不足で, 今は, 今何処で, 儀礼的であった, 入る, 出来ない事, 出来ましたら布教師, 出来ましょうこの, 出来ますか, 出来るか, 出来るかも, 出来自然一泊旅行, 大分に, 大変よ, 奪われた, 如何に, 実際何, 展開し, 御肝要, 必要でありまし, 必要の, 打って, 決して花, 目的である, 積み生命, 積むにつれて, 積んだであろう, 積んだな, 素地に, 終った, 自ら悟る, 自分の, 要る, 要るの, 要るん, 足りない, 足りないだけ, 足りないの, 足りないよう, 足りない点, 足りねえん, 足りんで, 重なるところ

▼ 修業~ (81, 4.9%)

8 ている 5 て来た 4 ていた 3 て六十 2 てきた, てその, て修業, て居る, て来い

1 [51件] いつのまにか悟り, その道では, たまへ, て, ていたらしい, ています, ていられる, ておられた, ており, ておりました, てかかれ, てから来い, てこの, てせめて, てまいりました, ても修業, ても親分, てゆく, てゐる, てテキセツ, て二十九歳, て京, て來, て十二日, て婦人, て完全, て居ります, て来, て来なかった, て来ました, て来る, て歩い, て歩き, て物, て生活, て異様, て百五歳, て相当, て磨かなくっ, て聞つた, て自分, て良く, て送つた, ながら兎角, また乞食, 写生旅行に, 官に, 居住する, 浅草の, 重習能, 頭髮は

▼ 修業~ (70, 4.2%)

3 して 2 なかなかむずかしい

1 [65件] あれにとって, いっぱしに, お妨げ, きらひだ, これからである, これからです, こんや, さずけられて, さること乍ら, したい人, したらうが, した積り, しましたが, せずに, その形式, その發生期, その過程, それから, できても, なかなか容易, べつな, また一面, また心機, まだやつ, むしろ社会的活動, むずかしいかも, もう私, やがて自ら筆, やめて, ワグナーの, 人を, 何らかの形, 充分させ, 充分に, 出来て, 出来なかろうと, 別として, 唯道徳, 問題と, 図書館では, 大阪勉強という, 大雅, 実際苦しい, 容易でない, 實際苦しい, 常に心がけ, 年少の, 必ずしも戯曲, 我々明治年間に, 末法濁, 極めて地味, 正像の, 決して特定, 片目と, 相応に, 積んで, 第一, 筆紙に, 終つたようだ, 絶対に, 続けて, 自然うとかっ, 要るもん, 限りない, 難しい

▼ 修業~ (40, 2.4%)

2 いふと, いへば, かなり高い, しよう, 称して

1 [30件] あるから, さとりとは, する法華経思想, なりました, なるもの, 一年ばかり, 一致せず, 云うこと, 云うもの, 人生の, 会としての, 信仰の, 効果とを, 勉強を, 同じこと, 呼ばれる者, 呼んで, 定め初めて, 心得る修道派, 拭き掃除も, 書いたならば, 武者修業的な, 用意の, 申して, 相対する, 稱んだ, 考えて, 読経の, 超人の, 鬱屈とを

▼ 修業する~ (38, 2.3%)

2 ことは, ということ

1 [34件] がいい, がよい, ことだ, ことなどは, ことも, その学費, ためいったん, だけの学資金, つもりだ, といふ, には一年, には如何, のが, のさ, のなら, のも, ほどの学費, もので, ものとして, んだ, 事に, 事十五年二十九歳の, 人も, 僧と, 場合科學的な, 希臘では, 時は, 決心に, 為に, 者であっ, 行者達は, 覚悟で, 身には, 身の

▼ 修業~ (34, 2.0%)

2 だ, なん

1 [30件] だけはお, だ打っても, であるから, であるが, でございますが, なら修業中, なるを以て, に, にもそれ, にもママ, に手伝い, のお, のからだ, のこと, のやう, の妻帯, の孫, の小次郎法師, の者共, の芸, の行脚, の身, の身躰, は一文, は勿論, は随分, は髪, もワイ, も相, 同塾生

▼ 修業~ (34, 2.0%)

2 だが, で細面

1 [30件] が修道, が方々, が道陸神, だがどこ, だったが, だという, であると, でも御, としてはもつ, として偶然ルクレチウス, として自分, と見た, などにかまっ, に取つ, に習つた言, のうち, のやう, のよう, の告白, の宿泊, の心, の策励, の行手, の通り, の道, はとても, は形式, は殊に, もありました, も皆吉

▼ 修業~ (33, 2.0%)

1 [33件] ありませうし, こちと, この国, しずに, して, してるン, しないただ, しショウマン的苦労, その土地, だいぶでき上がっ, つまりは, できて, できないばかりか, 並大抵の, 修業だ, 出来ないの, 勿体ないわ, 又上泉伊勢守, 大分出來上が, 大変だ, 常師, 広汎な, 後戻りする, 水の泡に, 特定の, 理は, 相当の, 積んで, 糸瓜も, 色々な, 變りました, 辛かった, 追

▼ 修業した~ (31, 1.9%)

2 のだ, のである

1 [27件] ある種類, いまに, かと云, が義淵, という, といういま江戸, というお話, といえ, と云う, のちやっと, ので, のです, まえ, ものが, もので, ものの生れ, もんだ, わけじゃ, んだ, んです, 事も, 人で, 巫女が, 故で, 方が, 書生である, 男な

▼ 修業~ (22, 1.3%)

2 と思っ, よ

1 [18件] からね, から例, から出, が嫁, そうで, とある, とおっしゃる, とか勉強, とここ, とは思えません, と云, と仰, と信じ, と私, と自惚れる, 修業だ, 大阪三界, 強い相手

▼ 修業という~ (17, 1.0%)

1 [17件] ことについて, ことを, のは, ものか, ものが, ものだ, ものだけは, もので, ものな, ものの, ものも, ものを, ように, 上からも, 事は, 彼女の, 矢先へ

▼ 修業時代~ (16, 1.0%)

1 [16件] からマイステル, があった, が表現, で五十代, と思う, に, には一見, には毎朝舞台, の友人, の思い出, は本所, もまた, よりマイスター, を始めた, を送っ, を通り過ぎる

▼ 修業~ (15, 0.9%)

2 あつた, どうにでも, 心得て 1 あつて, お忙しい, せうが, どうせ一生ピースコ, メソディスト幕営集合以外これに, 得る点, 手に, 看護婦の, 節くれだった門

▼ 修業では~ (10, 0.6%)

1 あるが, あるまい, ない, ないか, ない和尚, なかつたで, 出来ぬ, 到り得ない必殺, 刻々に, 未だ無理

▼ 修業でも~ (9, 0.5%)

1 あり画家, あること, いたします, した挙句, した粋人, なさろうという, またどの, むづかしい, 我慢し

▼ 修業には~ (9, 0.5%)

1 ならないもの, やはり武者修業精神, 大切な, 恐るべき浪費, 来んでも, 殆ん, 至つて容易な, 迚も, 随分辛い

▼ 修業~ (8, 0.5%)

1 がたてつづけ, が済ん, に本校, のとき, のまえ, の五日, の朝, の賞品授与式

▼ 修業として~ (7, 0.4%)

1 これは, したばかり, 京都へ, 出て, 技術的に, 時としては, 第一

▼ 修業によって~ (7, 0.4%)

1 さとろうと, その人, 会得し, 到り得た道鏡, 得度の, 次第に熟達, 自分の

▼ 修業~ (7, 0.4%)

1 が無理, でありますから, でかくして, とされ, によって自分, によって転向浄化, を親しく相

▼ 修業させ~ (6, 0.4%)

1 てくれる, てやる, て役に立つ, て見せる, て親, 将来は

▼ 修業~ (6, 0.4%)

1 ゅうですから, ゅうの, ゅうのからだゆえ今日までは, ゅうの作だ, ゅうは, ゅう女の

▼ 修業といふ~ (6, 0.4%)

1 ことを, ものでした, 文字は, 本質の, 点から, 稱呼が

▼ 修業~ (6, 0.4%)

1 であって, でした, ですから, でもあった, といふ事, と思はれます

▼ 修業しなけれ~ (5, 0.3%)

1 ばだめ, ばならない, ばならぬ, ばなるまい, ば一人前

▼ 修業じゃ~ (5, 0.3%)

3 ないか 1 さア, 半端だ

▼ 修業~ (5, 0.3%)

3 のだ 1 さるが, んだ

▼ 修業~ (5, 0.3%)

1 キリストの, 世俗の, 経歴によ, 苦闘が, 諸山を

▼ 修業三昧~ (5, 0.3%)

1 じゃ, に日, に耽る, は悲慘, を許せ

▼ 修業させる~ (4, 0.2%)

1 ことを, のが, ように, 試験の

▼ 修業としては~ (4, 0.2%)

1 しかもなほ, どうしてもまた, なかなかため, まだはなはだ心細い

▼ 修業とは~ (4, 0.2%)

2 四方の 1 なんの, 両立し

▼ 修業にも~ (4, 0.2%)

1 いくらかこんな, なること, はじめに, 関心を

▼ 修業によ~ (4, 0.2%)

1 つておのづか, つてその道に, つて得た, つて超然たる

▼ 修業よりも~ (4, 0.2%)

1 その方, 人間としての, 性格の, 雪斎から

▼ 修業未熟~ (4, 0.2%)

1 があらはれ, ということ, のもの, の為

▼ 修業盛り~ (4, 0.2%)

1 で死ん, の学生, の弟子たち, の頃

▼ 修業から~ (3, 0.2%)

1 出て, 出直しする, 帰つて来

▼ 修業さえ~ (3, 0.2%)

1 したらきっときっと, して, すれば

▼ 修業ざかり~ (3, 0.2%)

1 と思われる, のもの, の娘

▼ 修業したい~ (3, 0.2%)

1 と思う, と思っ, と考えます

▼ 修業です~ (3, 0.2%)

1 からね, わたくしに, 旅行は

▼ 修業なれ~ (3, 0.2%)

3 ば一ト廉

▼ 修業なんか~ (3, 0.2%)

2 して 1 念願し

▼ 修業卒業~ (3, 0.2%)

3 して

▼ 修業年限~ (3, 0.2%)

1 が多い, を三カ年, を三年

▼ 修業方法~ (3, 0.2%)

2 であるな 1 がある

▼ 修業最中~ (3, 0.2%)

1 である, のいまだ, の今

▼ 修業~ (3, 0.2%)

1 な人間, な形態, に得益

▼ 修業~ (3, 0.2%)

1 ならず駁雑学, ならず駁雜, ならず駁雜學

▼ 修業~ (2, 0.1%)

1 うまいこと云, 何かに

▼ 修業したら~ (2, 0.1%)

1 何うだ, 君の

▼ 修業したる~ (2, 0.1%)

1 上は, 年数を

▼ 修業しよう~ (2, 0.1%)

1 という弟子側, との為

▼ 修業せね~ (2, 0.1%)

2 ばならぬ

▼ 修業~ (2, 0.1%)

2 やない

▼ 修業であり~ (2, 0.1%)

1 おれは, 修行中の

▼ 修業である~ (2, 0.1%)

1 と説かない, のだ

▼ 修業で御座いました~ (2, 0.1%)

2 が僧

▼ 修業とも~ (2, 0.1%)

1 いふべき一つ, 百尺竿頭一歩を

▼ 修業とを~ (2, 0.1%)

1 始めると, 身に

▼ 修業にとって~ (2, 0.1%)

1 否むべからざる, 求めても

▼ 修業らしい~ (2, 0.1%)

1 修業も, 修業を

▼ 修業一つ~ (2, 0.1%)

1 だろう, で

▼ 修業修業~ (2, 0.1%)

1 か, ってどう

▼ 修業~ (2, 0.1%)

1 から引返し, にし

▼ 修業振り~ (2, 0.1%)

1 によってもまた, や私生活

▼ 修業期間~ (2, 0.1%)

1 とせね, に二百年位

▼ 修業次第~ (2, 0.1%)

1 であっぱれ, で啻に

▼ 修業的旅行~ (2, 0.1%)

1 という事, とは云えません

▼ 修業精神~ (2, 0.1%)

1 がある, がなけれ

▼ 修業~ (2, 0.1%)

1 になるべき, の補充

▼1* [135件]

修業いたしておりましたれ, 修業およそ十四年ついに, 修業ぐらいする方, 修業こそ女の, 修業これは母, 修業さきから御, 修業さしてくれました, 修業させたい一同の, 修業させようとした, 修業され充分識見, 修業されたものだ, 修業しいたり, 修業したき心底篤と, 修業してたら私尊敬する, 修業してる大寺院, 修業しとるかも知れん, 修業しなはれ, 修業しないのは, 修業しなきや, 修業しなきゃならねえからかわいい, 修業しなくちやならない, 修業しぬくつもりだ, 修業しろよ, 修業し切れないそこに, 修業し抜こうと考えた, 修業すなわち人格の, 修業せし處也, 修業せんければならん, 修業そのものが無限, 修業それよりそれ, 修業たちにとつて, 修業だけとは限らない, 修業だけのことは, 修業だけはうんとしよう, 修業ってどうする, 修業つきあいを仰せつかった, 修業つみしも知らで, 修業てえものが, 修業でありませうがあの, 修業できるくらいありがたい, 修業でございましたが僧, 修業でございましょう貴方は, 修業でございますから一生懸命, 修業でなかったことが, 修業でなければ済まぬ, 修業といつても常識, 修業とか磨きとかいう, 修業とくふうとから来た, 修業としての心得を, 修業とともに高尚な, 修業とによって智慧を, 修業との生活關係にも, 修業なくして, 修業なさらなければなりません, 修業なさるのです, 修業なされたな, 修業なされましたかな, 修業なすつて偉い, 修業なすって何年, 修業などに暇を, 修業などは二の次として, 修業などよりは遙かに, 修業などをやつて, 修業なり自治生活なりの, 修業なりに必要な, 修業におけるかなり重大, 修業にかかつた, 修業について頼んだもの, 修業にのみ魂を, 修業にのみこれ走る, 修業によるのか, 修業に対して熱心な, 修業ばかりの六七年は, 修業ぶりなどは典型的, 修業はげんだ, 修業へと志したの, 修業までして, 修業めいたいでたちの, 修業もうお前には, 修業一般の根本的, 修業の心境, 修業中それがとった, 修業中今の市川団十郎, 修業中小僧のうち, 修業中気の毒なこと, 修業中経を宮中, 修業乃至経験は, 修業じゃ, 修業で女房, 修業免状も卒業証書, 修業が駈け, 修業出来たというもの, 修業勉強中の事ゆえ, 修業十五歳以下の少女, 修業半ばに追い返した, 修業であると, 修業同士が何, 修業場所とし, 修業奴剣法では汝, 修業妙理を悟る, 修業専念に心, 修業年月で引き受けさせられる, 修業の山, 修業は確か, 修業方針を考へ, 修業時代暮しの苦し, 修業が中断, 修業武芸者矢倉伝内と名乗った, 修業沙汰ですよ, 修業物語を読ん, 修業的易行門は信仰的, 修業の弟達, 修業程度しかない, 修業一課さ, 修業者児ども女童部は大仏殿, 修業者愚直に見える, 修業者鉄心道人はささやか, 修業者鐵心道人はさ, 修業至ってむつかしく, 修業致しその後浪人の, 修業艱難辛苦を経験, 修業を經驗, 修業落語家修業をさせ, 修業街道の, 修業願青木氏薄手負に, 修業見たようです, 修業証書を見, 修業証書授与式の時, 修業試験で自分, 修業課程として小学校, 修業を語ろう, 修業證書授與式の時, 修業遍路二人巡礼母子二人何だかごみごみごてごて, 修業過程に於, 修業風流の一つ