青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「係~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~侮辱 侮辱~ 侯~ 侵入~ 便~ 便り~ ~便利 便利~ 便宜~ 便所~
係~
~俄 俄~ 俊~ 俗~ 保~ ~保つ 保つ~ ~保存 保存~ ~保証

「係~」 1440, 14ppm, 8028位

▼ 係~ (412, 28.6%)

11 者が 10 ものは 8 役人が 7 人が, 手に 6 男は 5 男が 4 人に, 小悪魔, 役人の, 者に, 警官が 3 ものを, 人は, 刑事に, 女中が, 方に, 方へ, 方も, 者を

2 [25件] ような, 一人で, 人々は, 人から, 先生, 刑事だった, 大きな石, 小娘の, 巡査が, 役人を, 所に, 机の, 清水が, 男に, 男の, 男を, 看護婦が, 者の, 者まで, 若い男, 言葉を, 警察官は, 銀次だけ, 銀次は, 駅員が

1 [264件] あるもの, おじさんが, おじさんだ, かれは, ことだった, ごとき摘み食い, たまの, だみ声が, つもりで, つもりの, とこへ, ところでは, ところへ, ひかえて, ひとが, ひとの, ほうは, ほかに, まえで, もとに, ものと, ものらしい, やうな, わしが, イルコックが, インチキを, グロースが, サフローンだ, ゼリー中尉以下が, タクマ君でございます, タクマ少年に, トートの, ボーイは, ラファエレと, リンドレイ氏から, ルイと, 一人だった, 一人と, 一人勘定組頭中村爲彌から, 一人松平美作守などは, 一同は, 一員だった, 一小吏の, 一行が, 下士も, 不慣れに, 与力と, 中から, 中島辰男氏に, 主任です, 事務員で, 二人が, 二人は, 二軒は, 井上看護婦が, 京町ミチ子嬢, 京須五段が, 人々も, 人たちに, 人たちの, 人たちを, 人も, 人を, 人云ってた, 人達でした, 人達と, 人間で, 仕事である, 仕事を, 侍者の, 先生が, 先生庄平を, 全体では, 六角進少年は, 兵員は, 内にも, 刑事で, 刑事は, 判事に, 前に, 助役さんの, 助手の, 助手を, 勝手女中より, 北川に, 千代は, 厄介に, 受持でない, 古島老, 古島老人に, 各大臣, 名刑事, 名前と, 君の, 命を, 四十男だった, 地上員が, 執務に関する, 報告が, 報告に, 報告を, 塩野は, 声は, 外交官なるべし, 外異, 大問題, 大失態, 大橋さんが, 大西夫人は, 奉公に, 奉公人に, 奉公人には, 奉公人を, 女が, 女の子そんな, 女も, 女中と, 女工だった, 奴は, 姐さんに, 婦人の, 婦人募集と, 存在と, 学生が, 宇利氏が, 家に, 家を, 宿直用務員が, 将校が, 少女達が, 属官が, 山本七段に, 岩井と, 川北老, 巡査は, 巡査も, 巡査を, 巡査部長が, 工場, 平井という, 平田と, 店員が, 弟に, 役人に, 役人も, 役人や, 役人達は, 役人達も, 彼は, 後明という, 御吟味与力, 徴収員と, 怠慢から, 怪訝っ, 所などへ, 手で, 手を, 手他方のに, 手伝でも, 技師が, 技手の, 指先が, 掃除婦が, 政が, 政だった, 新井さんが, 新倉善太が, 新聞は, 方々ばかり, 方から, 方で, 方の, 方は, 方を, 昌造が, 書生が, 曹長が, 有森利七は, 板の, 林大, 某氏は, 柳川中尉は, 栗原です, 案内で, 検事が, 検事として, 検事の, 検事は, 検事を, 楯夫人は, 次郎が, 武士へ, 毎日ありのまま, 水兵に, 河合は, 活動は, 海底超人が, 深淺, 清君一郎君ブウちゃん良ちゃん鉄ちゃんの, 演出が, 熊岡という, 片山っていう, 特別職工が, 生徒たちの, 生徒等が, 男頓驚なる, 目算する, 相協ふ, 看守が, 看護婦に, 秋元, 秘書たち他方に, 秘書にだけ, 秘書の, 窓口に, 筒井肥前守や, 紅いきれ, 署名が, 老人が, 老人を, 者から, 者からの, 者なれ, 者数名が, 自由画を, 若い巡査, 若い研究者, 若者で, 苦労も, 菅井という, 衣水子眼玉を, 裴宣印鑑信書の, 西村さんだ, 西村だけ, 親爺, 言葉は, 記章である, 記者に, 試験官に, 説明に, 説明を, 諸君も, 諸官吏, 警官から, 警官は, 警察官も, 警部が, 警部として, 警部は, 警部モロに, 責任者から, 責任者である, 軍曹も, 連中である, 連中に, 遠藤が, 部屋の, 野田の, 野田幸吉と, 雑用物頭を, 頭は, 頭部を, 顔, 駅員に

▼ 係~ (113, 7.8%)

3 来て 2 まるでちがった, 主筆を, 戻つて

1 [104件] あつた, あつて, あるから, あるの, いくら騒い, いたため, いるん, おりません, かきつけたローマ綴, きくと, きっとそれ, きて, しきりにそれ, そこへ, その汽車, それとともに, それを, そろばん, できそして, でき材料, どうしてどうして一筋繩, ないやう, なしに, にわか仕立ての, ひろげた指, ほっとした, またやって来た, やつて, タイムを, ロローの, 一万に, 一人の, 一人記入方が, 三百円の, 不安な, 事務的に, 二人に, 二人腹減らし, 云った, 人員名簿作製に, 仕事用の, 他船, 伝えた話, 使うの, 來て, 全く天橋, 其奴を, 出て, 出来たと, 別です, 厚い帳面, 右と, 各自の, 周章てて, 地下の, 大声を, 宅扱いの, 小さかった, 小屋掛の, 廻って, 当然きまっ, 指手と, 指紋検出の, 明治の, 来た時シャツ, 来られた御苦労さん, 来る, 東から, 欲しいと, 毛利という, 気を, 汗みづく, 活動を, 浅川で, 現れた, 現れ千谷さん, 留置場へ, 皆あ, 目を, 窃, 立って, 竹刀で, 筆を, 署長と, 署長に, 自分の, 草鞋ば, 街で, 解り易い, 言うには, 言ったが, 責任を, 賄うこと, 赤い蝋, 走って, 返事に, 通ると, 適当に, 選定せられる, 部屋中の, 配電盤の, 隨分久しく, 馬場の, 駆け付けたこと

▼ 係~ (112, 7.8%)

13 して 9 やって 7 勤めて 5 つとめて 3 命ぜられて 2 つとめその, ひきうけて, やつて, 絶ち若く, 置いて, 買って

1 [63件] あつめ献立, おいて, きめて, つとめさして, つとめたもの, つとめてその, つとめるから, つとめるつもり, つとめるといった, つとめるん, やったの, やった人, やり十九, やること, 世間並に, 乱されること, 仰せつかって, 任命され, 任命し, 信じて, 兼務させ, 務めて, 勤めさえ, 勤めさせて, 勤めたから, 勤めたもの, 勤めた平, 勤めます, 勤める, 勤めるよう, 味方に, 呼びます, 呼んで, 呼出した, 命ずる, 命ずるから, 命ぜら, 張は, 志願した, 拝命し, 持つた, 指名した, 捜して, 探し出して, 援けて, 攻撃破, 有しその, 有すと, 案内し, 求めて, 督戦した, 絶えず革命, 置く必要, 見た, 見学した, 解かれ老職, 言ひつかる, 詳叙せり, 退職し, 連れて, 選び自分, 長崎に, 頼まれて

▼ 係~ (93, 6.5%)

4 なって 3 なった 2 こう云った, 勤めて, 向つて, 命じて, 私は

1 [76件] ありそこ, お願, お願いし, かからぬよう, され私, して, しらべさせたところ, しらべて, すぎなかったの, すりむけて, とりたてられたので, なったか, なったが, なった張少年, なってから, なっても, なつて, まかせて, まわされた, よく言っ, ゐること, オ茶と, 一人二人の, 一人実直な, 二階の, 任せ切り, 任命された, 使われ揉手, 俳優に, 口授せられ, 向かって, 向っても, 向ひ, 外ならない, 委せるが, 對し, 幾らか掴ませ, 引きあげの, 引き戻して, 引っかかった, 当った店員, 当るもの, 忙しかつ, 念を, 懐中の, 手數を, 手足を, 採用した, 於て, 東の, 栄転した, 決められて, 沢や, 渡して, 申上げ, 登用される, 立ご, 立てて, 美事に, 聞いた, 聞いて, 行って, 言つて木村名人立つ, 訓話めいた, 調べて, 譲歩し, 転じて, 逢つてあの, 鑑て, 限られ中, 雇われたいの, 雇われたが, 雇われましたが, 雇われ僅か, 電話で, 電話を

▼ 係~ (86, 6.0%)

4 言った 2 その日, 冗談を

1 [78件] あたしの, いった, うろたえながら, おどろいて, ここに, しかし案外, そう白状, その埃, その年, その翌日, それを, そんな科白, ただちに電波, ついにこう音, どえらい, どこに, まったく泣かされ, まったく系統外れ, もう殆, りっぱな, るわい, われわれが, コワリョーフの, シル, メモを, 丁寧かつ, 七月二十一日から, 主人達の, 人間である, 余り二人の, 余程の, 依然大声, 免職に, 六七着の, 其処に, 内から, 出て, 剪で, 勿論瀬川, 名前を, 周章てて, 善金と, 喜ばしそう, 妻の, 姿勢を, 帳面づら, 弱り果てて, 御玄関式台上, 急いで, 手に, 斎田氏で, 月末に, 気が, 没義道に, 波多野伝三郎という, 熱くて, 留置場へ, 皆の, 私に, 私の, 第一, 第一印象, 自分の, 自記航海図と, 航空路管制局に, 草履を, 葬儀の, 言下に, 詳しく説明, 誰だ, 諸所に, 讀みあげる, 身体を, 鍋島伊達の, 長大息と共に, 間違って, 關東大, 頭を

▼ 係~ (62, 4.3%)

5 をかけ 2 にかかっ, の傍

1 [53件] から脱, から解放, がかくし, が仕掛け, が張られてる, が時々, だ, だと, でありモヂリ詩文, であると, で捕れた, と見る, なる, にか, にかかった, にかかつ, にかからない, にかかる, にかけ, にかけて豚とり, にしも, につけた, にでも掛ける, にはかからない, にはきっと, に引か, に我, に捉, に掛, に掛かった, に掛っ, に掛る, に終われ, に締めつけられ, に自分, に陥ちた, のよう, の中, の仕掛け, の針金, は完全, へ自分, へ落ちよう, をかけた, をこし, をも秘め, をも許す, を仕掛け, を察知, を持っ, を掛けた, を窃, を置き

▼ 係はらず~ (48, 3.3%)

2 彼は

1 [46件] この劣等, この種, さう, その上, その頬, それは, それらの, そんな答, そんな風, と聞く, ふつと, また互に, みんなは, やはり心, カフエーを, 一同は, 一言置き, 三人は, 不幸の, 事実は, 事更に, 二人とも, 何の, 何時か, 単に音読, 叔父は, 垣も, 大抵の, 大方の, 如何なれ, 宅へ, 彼の, 彼女等は, 恁うし, 我五位の, 昌次郎方へ, 未だに一寸, 未だ毎晩, 東西若く, 案外生温い, 毎日葉書で, 海は, 現実に, 百合子を, 私たちを, 街角を

▼ 係~ (39, 2.7%)

5 なって 2 いうと, いうを, いえば

1 [28件] いうに, いうので, いって, し年俸百ギニー, なった, なつた, なりあらゆる, なりました, なりウエップ, なり黄風島, なるか, なるという, なるまで, ぶつぶつ押問答, やかましくいう, ケラケラ笑い続ける, 云ふ, 写真係が, 前借の, 同様の, 小楯と, 居合わせた警官, 応援団を, 思ったら大, 新しく社會部, 昔から, 町方の, 苦笑した

▼ 係~ (20, 1.4%)

2 戦に

1 [18件] あつた, あの小坊主, そろと, グラス, 二人の, 働いて, 其処で, 加盟する, 大車輪に, 審理を, 新助, 昌造は, 状態は, 管理者な, 約二年足らず, 記録板を, 調べて, 野口達市と

▼ 係合い~ (20, 1.4%)

2 になっ, になる, のない, はない, もない 1 がある, があるらしい, ではない, なしに, にされ, に気, のあった, の客, を恐れ, を懼

▼ 係として~ (19, 1.3%)

2 働き一晩十一カペイキ

1 [17件] そのため, ついて, とうとう根, ときおりあなた, ほとんど世話, 一枚一枚に, 働いて, 働らい, 全身の, 劇団へ, 勤めて, 収容者の, 大いに努め, 密接な, 幕閣中の, 知らぬもの, 置いて

▼ 係~ (17, 1.2%)

4 行って 2 日参し

1 [11件] よく話, わたされた, 出頭し, 出頭した, 廻して, 押し寄せる, 申しつけおきました, 行つて見る, 行つて訊く, 願います, 食事を

▼ 係~ (16, 1.1%)

2 心得て

1 [14件] あるから, いるん, こう頷き合った, それに, ただ外相, みな女じゃ, 喜んで, 怪しからん, 書房の, 檢閲係も, 立ち上つて, 立ち去り塚田, 腕達者を, 調べに

▼ 係~ (16, 1.1%)

2 になる, に成った

1 [12件] があり, がある, だと, つちや, でもある, で歩, なん, になりやす, にも何, の知事様, を付け, を恐れ

▼ 係~ (16, 1.1%)

1 [16件] が今, が溢れる, が萌し, じみたものの, といったよう, とでもいふ, とも云うべき, とを吹き込む, に刺戟, に我, の力, の情, の盃, をおぼえた, を持っ, を覚えます

▼ 係という~ (15, 1.0%)

2 のが

1 [13件] ところだ, のであった, のを, ものが, ものは, 一定の, 三人組が, 兼務を, 募集が, 奉公人が, 役を, 役目を, 肩書の

▼ 係はる~ (15, 1.0%)

1 [15件] ことさへ, ぢや, といふ念慮, といふ毒, とか甥, ととり, と唇, のだ, ので可, ほどの罪ぢ, をえざりき, 上に, 事だ, 大事折入, 感情が

▼ 係つて~ (12, 0.8%)

2 ゐるの, 走るが 1 ゐては, ゐる, ゐるか, ゐるかと, ゐるもの, をり, 居る, 居るから

▼ 係から~ (9, 0.6%)

1 云へば, 叱られた, 少し離れ, 更に外国公使, 注意でも, 洩れた, 町方へも, 直接に, 督促状が

▼ 係~ (8, 0.6%)

1 から溜まらない, つたと, というん, といってる, なあ, などとお, のを, もの

▼ 係には~ (7, 0.5%)

1 いたずらずきの, 年を, 東京電燈とか, 涙ものです, 物理教室の, 穆春と, 随分気の毒

▼ 係れる~ (7, 0.5%)

2 と其の 1 だけ拡が, もの也, 事をも, 大伽藍, 獲物の

▼ 係では~ (6, 0.4%)

2 なかった 1 ないため, ない事柄, 同じ建物, 無事に

▼ 係としての~ (6, 0.4%)

3 役目を 1 ある種, 兄上の, 役目は

▼ 係~ (6, 0.4%)

1 のか, のである, のでしょう, のです, んじゃが, んです

▼ 係はり~ (6, 0.4%)

1 なきやう, なくて, のない, の無い, 無いとでも, 無きもの

▼ 係たち~ (5, 0.3%)

1 のセピア色, の名前, の苦心, は己, も老中宛

▼ 係なる~ (5, 0.3%)

2 伯父が 1 ものが, 役に, 役所は

▼ 係~ (5, 0.3%)

1 官庁へ, 村總代も, 現場監督が, 荷物持ちの, 踏切番と

▼ 係~ (4, 0.3%)

2 何かを 1 ほかの, 何か

▼ 係かる~ (4, 0.3%)

2 ものは 1 ものと, 平等なる

▼ 係だった~ (4, 0.3%)

1 ので, のよ, んです, 河野という

▼ 係とか~ (4, 0.3%)

2 云ふ 1 ださうであの, 何んとか

▼ 係みたい~ (4, 0.3%)

1 な事, になった, にツバ, に私

▼ 係主任~ (4, 0.3%)

1 としてぶらりと, のレイ, は共同菜園, を兼任

▼ 係である~ (3, 0.2%)

1 こと以上三点を, ところの, 復一は

▼ 係でない~ (3, 0.2%)

1 秘書たちと, 秘書の, 秘書は

▼ 係といった~ (3, 0.2%)

1 ので, ような, 風に

▼ 係まで~ (3, 0.2%)

1 ウンザリし, 散歩に, 退屈し

▼ 係タータ~ (3, 0.2%)

1 が矢立て, というもの, の神

▼ 係役人~ (3, 0.2%)

1 の箕作阮甫, は気がつかなかった, を案内

▼ 係心得~ (3, 0.2%)

1 だ次に, を命ぜられた, を拝命

▼ 係けて~ (2, 0.1%)

1 人身状態を, 論じて

▼ 係~ (2, 0.1%)

1 ていっそう, ている

▼ 係つた言~ (2, 0.1%)

1 では無い, で直接

▼ 係でも~ (2, 0.1%)

1 なかつた, 言いそう

▼ 係との~ (2, 0.1%)

1 交渉が, 商談の

▼ 係とは~ (2, 0.1%)

1 いえ佐古, 体の

▼ 係とも~ (2, 0.1%)

1 ちがうのに, 掛け合ったが

▼ 係とを~ (2, 0.1%)

1 だれに, 呼んで

▼ 係など~ (2, 0.1%)

1 多數, 私が

▼ 係なら~ (2, 0.1%)

2 校正だけで

▼ 係にでも~ (2, 0.1%)

1 なれという, 使つてほしい

▼ 係にな~ (2, 0.1%)

1 つてもらひたい, つてゐた

▼ 係ラズ~ (2, 0.1%)

1 只其, 第二

▼ 係中村~ (2, 0.1%)

1 と家, はもう

▼ 係以外~ (2, 0.1%)

1 に我々, のところ

▼ 係~ (2, 0.1%)

1 として翁, の予言

▼ 係合っ~ (2, 0.1%)

1 てい, ていた

▼ 係~ (2, 0.1%)

1 分会執行委員は, 分会執行委員長は

▼ 係大西~ (2, 0.1%)

1 は, を寝せつけた

▼ 係~ (2, 0.1%)

1 とが, を掛ける

▼ 係時代~ (2, 0.1%)

1 に三つ, に活版技師インデル・モウル

▼ 係検事~ (2, 0.1%)

1 が黒田刑事, は先ず

▼ 係長長~ (2, 0.1%)

1 田島太郎氏は, 谷川守三が

▼1* [148件]

あらんや, 係納戸役付きの, 係かも知れない, 係がちゃがちゃんごとン, 係くるの僭越なる, 係を得べき, 係ぐこと難けれど多く, 係ぐらいを勤めて, 係ぐらゐは勤まるだらう, 係ぐれえの事, 係日本の, 係こそ作品の, 係さんのこと, 係した男の, 係しようとする, 係じゃないか, 係その水兵服の, 係だかんねえ, 係だって君は, 係だつたんです, 係てゆく, 係つたのは大いに, 係つた小説を見た, 係つた巻第十五, 係であったから自分, 係ですが弾圧命令, 係でなくそれゆえもっと, 係といふものを, 係とが拘引されちまっ, 係としては勘右衛門が, 係とでもいおうか, 係となッた, 係とに市長家として, 係なかりきそはその, 係なければまことに, 係なぞいう連中, 係などがいろいろと, 係などの責任者を, 係なり上役なりに, 係なればこそあの, 係なんかのいたずらかも, 係なんていやしない, 係にこそ必然的な, 係について聞いて, 係についての規定の, 係にまでお願, 係にも申上げました, 係によつて票が, 係に対して思う存分要求, 係のと言つても, 係はず平気の平, 係はらば雙方, 係はらずかうした気分は, 係はらぬ事柄なる, 係はりたくないんです, 係はるかと云, 係はるのは危険, 係はる者或ひ, 係より受けたる恩義, 係グロース君に無限, 係コレイコからその, 係ダヴィッドスン警部が駈け付けた, 係テオヒラスの誘惑, 係閣下ノ, 係ナダンは暫く, 係ハル妃ノ命, 係マレットは宿舎, 係ラズ彼ガ旅順包圍軍ヨリ寛過サレシ理由, 係ラズ政治學ニ參政權ヲ神權視スルコトハ歐米, 係ル等ハ决シテ臆断ス可, 係一人は記帳係, 係下一番猪三八同上一番清蔵楫取弥之助, 係与力の耳, 係世並信常と書い, 係主任フイリップ・パアジェスを夢中, 係主任地主の萱野十吉, 係二人の案内人, 係二十人一斉に自転車, 係人心に於, 係人間關係の上, 係任命がよしんば, 係八谷某軍需会社, 係兼國際論文記者が口, 係兼実験場の管理人, 係兼親睦会長でハンブルグ, 係到頭弱音を, 係助詞にて止め, 係助詞コソを受け, 係勘定奉行川路左衞門尉の懷刀, 係募集の広告, 係医師書籍係に対して思う存分, 係台所ボーイ番兵おやといスイス兵, 係合いだのう, 係合いであったのか, 係合いですけえ, 係合つてゐた日, 係合ひでもしたら, 係同心が夜中乍ら出張つて來, 係同心漆戸忠内は三輪, 係吟味となっ, 係地方人の入植団, 係の品物, 係太田君という敏腕家, 係夫人といふこと, 係の奥, 係封筒かき孤児院, 係専門にし, 係会社の, 係小道具係電気係等の運動, 係尾山は市場, 係せしむべきこと, 係山口明大生の頭, 係川路の惱, 係帰って来る, 係後藤四方太氏はこの, 係役人の, 係念定生の願, 係によって書き, 係明清両朝重修, 係をすかし見, 係は唐, 係月俸百三十七円の, 係は殿下, 係取又は, 係検事たちの出廷, 係メテ夾雜組織セル者ニ至テハ認識スルコト能ハザルナリ, 係なしに, 係の解決, 係甚だ少きも, 係看護婦としてロア・グルノウ記念療養院, 係社會と呼ばれる, 係神聖で押し切った, 係の運動, 係等多勢ひきつれて, 係等皆元氣, 係筒井肥前守川路左衞門尉などの長崎到着, 係の完成, 係に鼠, 係自身もはじめ, 係製図工および監察員, 係診察や手術, 係逮捕の号外, 係長男は支那事変, 係陸軍大学の語学教師, 係電気係等の運動, 係青いネクタイの, 係青龍老師之創建, 係高林定太郎氏等を傷害罪