青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「例~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~使った 使った~ 使命~ ~使用 使用~ ~使者 使者~ ~來 來~ ~例
例~
例えば~ 例へば~ 例外~ ~侍 侍~ ~供 供~ 供給~ ~依 依~

「例~」 22692, 218ppm, 458位

▼ 例~ (12372, 54.5%)

124 ように 65 調子で 61 ないこと 55 やうに 28 通りの 27 男が 24 女の 22 癖で 18 ごとく, 不思議な, 男は 17 あること 16 ない事 15 三人の, 有名な 14 如し, 通りに 13 二つの 12 ことを, ような, 人の, 奇妙な, 如くに, 微笑を 11 二階の, 人を, 女は, 娘が, 手紙を, 男の, 癖が, 私の 10 とおりに, ないほど, 二人の, 女が, 如く, 緑色の, 般若の 9 一件を, 事件を, 写真を, 様に, 眼を, 金の 8 ところへ, 一つとして, 一件が, 三つの, 屋敷の, 手で, 気味の, 洋杖を, 老人の, 話を 7 中に, 口調で, 声が, 文句を, 杖槍を, 樣に, 異様な, 癖の, 通り, 鉄の

6 [21件] いやな, ごとくその, ふしぎな, ものを, 事件について, 事件の, 五人の, 品物を, 唇の, 土蔵の, 多いこと, 如く少し, 少女の, 岩の, 杖を, 男を, 癖を, 皮肉な, 老人が, 若い男, 覗き眼鏡の

5 [23件] とおりの, イヤな, ステッキを, 中で, 事件が, 事件に, 変な, 奴が, 子供の, 家の, 彼の, 松の, 歌を, 無いこと, 無い事, 物を, 眼で, 筆法で, 紳士が, 蠱物姥の, 鏡の, 頭を, 魔の

4 [70件] ごとく口, なかった, ゆっくりした, テーブルの, ピストルを, 一つが, 一件, 一件だ, 一件で, 一件の, 三人組が, 不気味な, 丘の, 事を, 件は, 剃刀の, 十七の, 厭な, 古井戸, 君の, 大鉞, 奇怪な, 如くその, 如くは, 如く私, 妙な, 婆さんが, 家に, 小切手を, 小猿, 屋根裏の, 快活な, 怪物が, 懐手を, 所に, 手を, 手槍を, 手段で, 教師が, 時刻が, 書物を, 棒を, 楢ノ木大, 武士の, 泰平郷の, 無気味な, 理由の, 痙攣が, 穴から, 絵馬を, 緑の, 縁談の, 老婆が, 肩を, 脅迫状の, 自分の, 若者が, 袋を, 覆面の, 通りで, 通り電車へ, 部屋に, 金を, 金色の, 銀の, 長老が, 鞄を, 鳥の, 鼠色の, 鼻の

3 [174件] あるの, おしゃべりを, お人, お仲間, お絹, が始まった, が起りましたらう, くせで, こけ猿, ごとくに, ごとく半, ごとし, ちっ, とおり, ないの, ないよう, ほこらの, ものが, やうな, やさしき調, やつを, ガラスの, コウモリの, ジロリと, ボーイが, ムク犬が, モダン, 一つであり, 一つは, 一人の, 下駄の, 事とて, 事ながら, 井戸の, 仏蘭西の, 仕事を, 他界的の, 仮髪, 件で, 件を, 先輩が, 冷やかな, 処へ, 包みを, 南条力が, 哀れな, 品物が, 問題を, 四角な, 城跡の, 場所に, 夢の, 大カバン, 大地震, 大型の, 女, 女だ, 女中が, 如くで, 如く甘, 姿を, 娘の, 娘を, 婦人の, 安田が, 宏大な, 小僧が, 小娘が, 小鳥の, 少いこと, 屏風を, 山, 巧みな, 巻軸を, 御定連, 怪物の, 怪物は, 所へ, 接吻の, 支那人の, 旅客は, 時刻に, 有明荘の, 木の, 木を, 本を, 栗の, 桜の, 梨子地の, 棒切れを, 樣な, 横町の, 欄間の, 歌の, 歌も, 歌より, 武士が, 気まぐれから, 気性で, 水の, 汐ふきの, 池の, 海図を, 海岸の, 源七には, 灰色の, 無表情な, 犬の, 琥珀の, 田舎の, 男と, 画を, 病気が, 病気の, 癖である, 発作が, 白粉が, 目の, 目を, 短剣を, 碁盤を, 神社に, 秘密の, 秘密を, 空地の, 窓を, 窓下に, 竹垣を, 笑いが, 第一常識, 紙の, 細い眼, 紳士を, 紹介状を, 美登利に, 背の, 花を, 薄赤い, 蝋色鞘を, 血の道と, 街道を, 袋の, 袴を, 言葉を, 計画を, 調子を, 謎の, 車の, 通りバターで, 通り勘定なし, 通り大きな, 通り腰の, 通り静かな, 部屋へ, 金が, 鉛筆で, 長身を, 間の, 離れ家に, 離れ家の, 雪駄の, 震災で, 青木綿の, 静かな, 鞄の, 頭巾を, 風呂敷包を, 首の, 馬の, 髪の毛を, 髪を, 黄金メダルの, 黒光りする, 鼓の

2 [765件 抜粋] あいまいな, あつた, ある事, うちへ, うなぎの, おきまり, おしゃべり屋伝六でありました, おとが, おどし文句, お医者, お召の, お好き, お婆さんが, お株を, お浦, お粂, お約束, お転婆でございます, ことが, ことである, ごとくこの, ごとくにこにこ, ごとく事務, ごとく吾輩, ごとく帽子, ごとく恐ろしい, ごとく椽側, ごとく羽織, ごとく自分, ごとく説教, ごとく飯, さばさばした, ずばぬけた高ごえ, せっかちな, ですか, とおり漠然と, とおり自分に, とおり駕籠だ, ところに, とほり, とぼけたよう, ない, ない彼, ない話, に違い, ひそひそ声, ひょろりの松五郎, まがりくねったステッキ, まま事の, むずかしやの, やわらかな, インテリの, カンシャクを, ガラス戸の, キナ臭い, ケースを, シャワーが, ジロリを, ゾッとする, ヂアギレフの, デリケイトな, トボガンを, パチ, ビール樽船長は, ピエロだの, ポスターが, マンガン鉱山を, モンスーンに, ユーモアの, リウマチに, レンズを, ロシア人の, 一つだ, 一つに, 一件さ, 一団が, 一寸法師が, 一房の, 一般化の, 一言に, 一風変った, 三の, 三百が, 三馬の, 下の, 下を, 不器用な, 不幸な, 不愉快な, 不敬事件に, 両国の, 中でも, 乞食の, 事だ, 二・二六事件の, 二三を, 二人に, 二人組の, 二本の, 二枚の, 云わば, 人に, 人は, 人相の, 仏蘭西人の, 仮面の, 仮面を, 件だ, 件につき, 会社から, 伯父の, 八五郎を, 八州の, 六人の, 共立病院それについて, 冗談に, 冗談口だ, 写真の, 処で, 出来事を, 切れの, 刑法千二百八十五条の, 到るところ, 助手が, 勢の, 匕首で, 化け物屋敷へ, 北支の, 十文字の, 半七老人, 南条力と, 友人の, 叔母で, 取て, 可笑しな, 合い図, 吉原の, 名刺を, 呪文を, 和歌だ, 唯一の, 問題, 問題に, 四つ五つ以上も, 四人組の, 土間の, 地下道から, 地図を, 地蔵さまの, 坂井の, 場所で, 声で, 声を, 声明書を, 外に, 外人の, 外套を, 外科の, 多かった, 多情な, 大きなえ, 大きな口, 大きな胡弓, 大入道の, 大尉が, 大海魔が, 大船で, 大鏡, 大震災で, 天才, 天瓜冬の, 太い声, 奇声で, 女の子が, 女医から, 女物の, 好きな, 如きも, 如くお, 如くですわ, 如くザアッ, 如く並んで, 如く中, 如く平気, 如く板, 如く母親, 如く灯が, 如く独り, 如く皮肉, 如く紅茶, 如く色, 如く茶の間, 如く重役, 如く鷹揚, 妄想が, 姿で, 婆あ, 婦人が, 子供が, 子供だ, 安宿へ, 宝物は, 客が, 家で, 宿に, 寝台の, 審判も, 封筒を, 将校の, 小さい声, 小さい踊り子, 小さな岬, 小さな汽車, 小型の, 小悪魔, 小笹の, 小箱, 小部屋, 少くない, 少女なれ, 屋根の, 屏風の, 岡崎の, 島民巡警が, 帆船が, 常識内容と, 干菓子を, 平然と, 広場で, 床の, 弥四郎頭巾に, 強い近眼鏡, 往來に, 後姿の, 御染筆, 微笑と, 徴用逃れだ, 怒りっぽい, 怪しい声, 怪しげな, 怪人集団の, 怪指紋の, 怪物, 怪談研究の, 怪魚の, 恐怖の, 恥かしがる, 悪筆で, 愚痴の, 感情を, 慇懃な, 戸口の, 手箱の, 手箱を, 折疊み, 拡大鏡を, 指導役の, 指紋が, 提灯である, 提灯の, 文化的自由主義の, 文学に, 文銭を, 新発意が, 新聞記事の, 新聞記者と, 方が, 方法を, 旅客の, 日の丸の, 日本式の, 旦那の, 早四郎, 時計は, 時間の, 暗褐色, 曲藝に, 書生が, 有名なる, 服装で, 木履を, 朱塗りの, 朴訥な, 杖槍は, 柿の木金助が, 桃葉湯の, 椰子の, 楓の, 模糊と, 権八小, 横穴の, 横笛を, 樺と, 櫛の, 歌漫を, 歯を, 母親が, 毒々しい物腰, 毛皮の, 気まぐれな, 気紛れで, 水夫ヤンの, 水晶の, 池へ, 決心を, 河岸の, 法然頭を, 注射を, 洋館の, 活動写真の, 流れ星騒動の, 浅草の, 浦粕的アフォリズムで, 淡紅色の, 清掃関係の, 湯揉み, 源太に, 準教員, 濁声出し喧しい, 烈しい痙攣, 無かった, 無口な, 煮え切らぬ調子, 熊笹が, 爺さんは, 片腕の, 物数奇連中や, 物案じを, 特有の, 犯人の, 猫背の, 獺の, 珍らしい, 用事を, 男, 男だった, 男では, 疑いを, 疑問の, 痙攣も, 痴漢に, 白いの, 白壁の, 白衣姿で, 皺を, 目の玉ぐる, 眇の, 看板を, 睡り薬, 短刀を, 砂利を, 研究室の, 祈祷を, 神功紀の, 神速の, 禅杖を, 秘蔵の, 稽古を, 空虚な, 窓から, 窓の, 窓より, 立退き請求, 竹の, 笑い方, 第二, 箱を, 範頼の, 精神病の, 紅巾を, 紙を, 素焼の, 紫の, 紺の, 絵解きを, 縁談に, 縫子の, 羽根で, 老人だ, 老軍卒, 聖書を, 胸の, 脂汗と, 腕き, 膝の, 自動車の, 船宿の, 艶の, 芝居を, 芭蕉の, 花井お, 苦み走った, 英語の, 茶店には, 荷物を, 菓子屋から, 落城の, 蒔絵の, 蒼白い顔, 薔薇色の, 虎と, 蛇の, 蛙の, 螺髪に, 行列が, 西の, 見物に, 覚えの, 親熊, 角行燈の, 言葉も, 許攸が, 詩の, 調子に, 調子の, 賜には, 贈物を, 赤インキで, 赤兎馬に, 赤手拭を, 赤毛の, 赤革の, 踊りを, 踊り子と, 軍用金を, 辱け, 逆, 透明な, 通りお, 通りだ, 通りまず, 通りメリケン粉を, 通り人の, 通り仕事を, 通り古本屋への, 通り品物を, 通り御, 通り火鉢の, 通り石の, 通り落ち付いた, 通り蒼白い, 通り香染めの, 連中は, 連詞を, 進化論的倫理説に, 道を, 道庵先生が, 達筆で, 酒が, 醜男が, 重右衛門, 重大な, 金博士の, 金庫から, 針金を, 釣橋から, 鉄火な, 銭瓶の, 錦の, 鐘楼に, 長い杖, 長椅子に, 長篇で, 門倉平, 関東切つての, 闇と, 隙間から, 雑誌の, 雪の, 電燈の, 青大将が, 青年の, 青筋を, 音に, 音は, 音楽の, 頬を, 頼朝公の, 額の, 風呂敷を, 飛騨の, 首を, 香炉を, 馬車の, 高ごえで, 高冠昂尾, 高燈籠, 魔ものは, 鳶の, 鷁首の, 黄金の, 黒い筒, 黒ずくめの, 黒奴の, 黒水晶の, 黒船は, 黒雲が, 鼎を, 鼠の, 鼻を

1 [8801件 抜粋] あいそよき, あの連中自身, いい声, いつもの, うす暗い長, うるさい雀共, おっとりと, おれの, お十夜, お数寄屋坊主, お経, お鎌, かのよう, がらす玉, くさむら, ことに関して, ごし, ごとくいい, ごとくただ, ごとくまっ, ごとくヴィスト, ごとく健吉さん, ごとく向う, ごとく寒く, ごとく挨拶, ごとく来たり, ごとく無気味, ごとく神話, ごとく茶, ごとく身体じゅう, ごとく長々, ごろごろさまがね, しゃがれた激しい, すぺいん風邪, その以前, たらの, つけて, とおりありがたい, とおりシャツを, とおり出かける, とおり怒髪天を, とおり病室の, とおり青白い, とほり靜, ないやり方, ない悲惨事, ない話し, なみなみならぬ, のっそりが, ぱちくりする, びっくりした, へなへなの, ぽくり, むすめ, ものぐさで, やきもち, よけいな, わるさ, アトリエの, イドラの, ウソ替, カタクリ粉の, カリカリカリという, ガラツ八が, クラン・マッキンタイア号, コリントゲームまで, サン, シャボンの, ジロリ型の, ストリントベルクも, セント・エルモの, チェリーな, テリヤアは, トルコ玉を, ナポリの, ハイカラな, バラバラ論理学, ビラを, フォマ・グリゴーリエ, ブレインさんの, ヘーゲル論を, ボルティーコフが, ポンプで, マリヤ, メンデル法則の, ヨクイニンの, リンネルの, ロシア式の, ヴォルフ的な, 一人に, 一升壜から, 一幕見だ, 一条を, 一軒家の, 七卿の, 丈なす, 三名を, 三甚の, 三重渦状紋の, 下卑蔵, 不動尊の, 不確定性, 世界に, 中園三郎から, 丸つ, 主観的な, 乳白色の, 事件と, 二人静だ, 二畳の, 五円の, 五連発の, 亭である, 人形細工が, 人食いの, 仏頂面した, 他愛の, 件か, 会釈を, 低い場所, 余計な, 侠客が, 修理された, 倒三角形の, 偽造の, 儒者ふうの, 先に, 入口封鎖を, 八角時計が, 六週間を, 内科の, 写真館と, 凌雲閣即ち, 刀の, 列車が, 刺客は, 剥製人形陳列場の, 助惣焼, 勤行の, 北条氏と, 十個の, 千代紙で, 半木綿, 印度から, 厭や, 反省録へ, 口実で, 古俳書, 句投書の, 号令を, 名古屋に, 含み笑いを, 呼び声で, 咽る, 唐蜀黍や, 商人は, 啖唾を, 嘆願かと, 四人だけが, 四角い卓子, 困らせる気, 国王殿下から, 土方が, 地図の, 垢だらけの, 基礎経験, 塀の, 士官を, 変装を, 外来思想論も, 多量規格生産による, 大きないす, 大きな活字, 大きな長, 大人物という, 大声を, 大日下王の, 大膽, 大道軽業の, 大音, 天幕作りに, 太阿, 奇病が, 奥まった部屋, 女中だけが, 女芝居, 好奇かと, 如き某, 如くちぐはぐ, 如くゆっくり, 如く三人つれ立っ, 如く先ず, 如く友次郎, 如く外套, 如く尻, 如く悪, 如く本, 如く泣くこと, 如く營業, 如く石崖の, 如く細い, 如く茫然, 如く起き, 如く錦, 如く飲んで, 如しマイナスに, 妙に, 娘でない, 婦人たちについて, 子供に, 学習書が, 宗教的, 実演場の, 宥免状たずさえ, 家鶏の, 密封した, 寝酒も, 将校達に, 小さな教会, 小刀を, 小山を, 小浜兵曹長でありました, 小説, 少いもの, 少ない咎め, 尻尾に, 屋敷や, 山嵐であった, 山窩の, 岩穴を, 川上機関大尉の, 左右太から, 巻き奉書だ, 帝国劇場で, 帽子例の, 年増女給だった, 広く大きくオリジナル, 底寂う, 座敷土蔵, 廻りくどい, 引導めいた, 強い地震, 彫塑的戯曲的な, 後家さんの, 御小言, 御酒宴, 心の, 忍歯王の, 怒号咆哮で, 性急な, 怪しいSOS, 怪巨船に, 怪賊闇太郎に, 恐るべき反乱罪, 恰好の, 悪口を, 悲しそう, 意地わるが, 愛郷塾の, 憂鬱に, 戟にも, 所で, 手の甲の, 手相見, 手負いの, 投書を, 拾八人力ある, 指輪であった, 探りを, 摩利信乃法師だ, 放尿を, 敗殘の, 文体で, 文章で, 新式サイレンの, 新門辰五郎が, 旅籠で, 日曜日の, 日米戦争論の, 昌平辺の, 昨日の, 普遍文字の, 暗殺者な, 書斎に, 最も至難, 有機体説, 木小屋の, 末野で, 札束から, 村井長庵をも, 東京貴石倶楽部の, 板に, 柔軟な, 柿の, 桃中軒雲右衛門が, 梁山泊の, 森を, 楊博士の, 構成的な, 権藤成卿翁や, 橋は, 櫓を, 正岡と, 歩調を, 残塁破, 殺生石の, 毛虫だろう, 気性として, 氣まぐれな, 水筒を, 汚い茶色, 汽車が, 治療法で, 泣きだしそう, 洋癖家だろう, 津賀閑山で, 浅間土産を, 浴衣の, 涙ぶ, 混凝土の, 温泉別館の, 溌剌たる, 漢語交りで, 濛気の, 火鉢を, 烏帽子岩の, 無心な, 無邪氣, 焼岳の, 熊谷三郎兵衛の, 爪先走りで, 牛は, 物だけは, 物自体と, 犬殺しが, 狐猿に, 狹い, 猫大将でした, 獅子頭の, 王政復古という, 理屈とは, 甚吉という, 用意も, 男たちで, 町端れ, 略記法か, 異母弟たる, 病らしく, 癇癖の, 白々しいせりふ, 白い雌鷄, 白痴殿じゃ, 白髪白髯の, 皇帝を, 益山郁之, 目測に, 省作の, 眼が, 睡るとも, 石を, 砂の, 硝子板の, 社会的の, 神功皇后である, 神経瓦斯は, 私たちの, 秘密場所を, 積極的な, 空家の, 窓ぎわへ, 竜之, 竹馬の, 第一常識的, 策智だ, 箱雪車の, 粗筆で, 約束の, 紙片を, 細いこまかい字, 細田弓之助という, 経済上の, 絵巻物の, 総髪の, 縦横無尽の, 美しいしら, 美人しきりに, 美術城の, 翠葉大いに, 老武士, 耳で, 肋膜が, 胃潰瘍の, 脅迫状だ, 腹の, 自分一個の, 自然律という, 至極あたりま, 船醉の, 芝居小屋の, 芸妓殺, 若い高慢臭つた看護婦, 英國人とが, 茶壺の, 草香流で, 莫大な, 落付いた, 蒲団なぞの, 薄暗いところ, 薬草も, 處へは, 蝋燭な, 血液型の, 衛生教育の, 袈裟掛けで, 裏二階で, 襟が, 西郷桐野篠原の, 規準に, 觀測所が, 記事に, 証拠を, 誇大文句を, 調べ事に, 論理は, 證文を, 豊臣氏なんぞが, 負けず嫌いで, 貨物自動車は, 賞盃を, 赤い玉, 赤備兵の, 赤面恐怖症で, 足の, 路地に, 車に, 転向問題と, 輯製二十万分の一の, 近所の, 逆説で, 通りちゃんと, 通りわれわれの, 通り仏様の, 通り冷然と, 通り奥の, 通り店番の, 通り戸棚から, 通り木賊瀑の, 通り洋灯の, 通り町家の, 通り端手なく, 通り腰を, 通り谷を, 通り長火鉢の, 通り黒板に, 連れで, 運転士の, 道案内の, 選挙粛正の, 都市と, 酸っぱい水, 重要物件は, 金剛杖を, 金網ご, 金魚の, 鉄瓶だ, 銀製の, 鋼青色の, 鎧櫃に, 長いコート, 長マント, 長髯, 間道を, 闘鶏師どもの, 陰気な, 随身それだけが, 隻脚隻腕の, 難渋な, 電柱の, 靄の, 青白いマントル, 靴を, 頑強性の, 額堂あそこの, 顯微, 飛行機が, 飽き飽きした松原, 香合へ, 駅逓馬車は, 騒がしい小, 高い木, 高調子, 鬼婆かな, 魚人トロ族が, 鳴声, 鶴髪の, 黄いろな, 黒いつば広帽, 黒い魔物, 黒箱が, 鼬が

▼ 例~ (1990, 8.8%)

102 挙げて 62 あげて 56 挙げれば 50 挙げると 46 挙ぐれ 44 あげると 35 とって 34 引いて 29 見ても 28 あげれば 27 擧げて 20 もって 19 私は 18 ひいて 17 とれば 16 取って 15 取れば 14 持つて 13 示して 12 いうと, とつて, 申せば 11 挙げること, 擧ぐれ, 見ると 10 いえば, 挙ぐるに, 挙げるならば 9 挙げよう, 申しますと, 破って, 見て, 言えば 8 取つて, 引きて, 集めて 7 あげる, みても, 上げて, 引けば, 知って, 見れば 6 われわれは, 取ると, 挙げんに, 擧げると, 見ること 5 あぐれ, あげるならば, とると, もつて, 挙げん, 示すと, 見せて

4 [14件] あげよう, あげること, ここに, 上げると, 引くと, 擧ぐ, 申し上げますと, 知らない, 示さん, 示せば, 見ず, 見るが, 見るに, 言へば

3 [37件] あげたに, あげても, あげます, あげますと, いふと, こ, とらう, とるならば, やぶって, 並べて, 作つた訣な, 前に, 取り出して, 左に, 引くならば, 引くの, 引こう, 拾って, 挙げますと, 挙げるの, 挙げるまでも, 挙げんか, 求むれば, 知つてゐる, 知らぬが, 示すこと, 示そう, 考えて, 聞かない, 茲に, 見ないほど, 見る, 設けて, 誦す, 説明した, 述べて, 除いて

2 [82件] あげきたれば, あげるの, あげるまでも, あげる必要, いって, ここで, すぐに, ひき出して, みて, もう一つ, もて足れりと, 一つだけ, 一つ挙げ, 不安げに, 世界の, 主張する, 二つ三つ挙げる, 云えば, 出して, 分割した, 卑近な, 取りて, 取るまでも, 吾, 多く持つ, 幾つか, 引き因, 引くよう, 引く迄も, 我々は, 或る, 挙げた, 挙げたが, 挙げます, 挙げる, 挙げるに, 挙げ出した, 採れば, 擧げたの, 擧げますと, 擧げますれば, 擧げれば, 擧げんか, 擧げんに, 散文に, 此処に, 残して, 比較し, 求むること, 求むるのに, 求めれば, 求め得可, 熟考する, 生ずるかも, 知らなかった, 知りません, 示さう, 示さうならば, 示さば, 示さんが, 示したに, 示すため, 示すに, 示すもの, 私に, 考へて, 見ざるところ, 見せられては, 見たの, 見ない, 見ないもの, 見るところ, 言うと, 言へ, 記憶し, 話して, 話すだけ, 認めて, 追うて, 避けて, 除いては, 除けば

1 [739件 抜粋] あぐ, あぐる聲, あげたいが, あげたいの, あげたの, あげたもの, あげたり, あげた序, あげた方, あげた次第, あげなくても, あげましたら箱根細工, あげますが, あげよと, あげるなら京都大学, あげ後者, いうて, いくつか, いつて, いへば, いろ, いわゆる, おみせする, お宅, お引き, お挙げ, お立てなさい, お設け, お話する, かつぎ出して, きいたこと, きかされて, きかれた方々, きくだろう, くつがえして, この書, さがして, しめさん, しめした, しるして, しるすと, すべて聖母の, すまして, たくさん知つ, ただ一つ, たどって, たれて, たれんと, ちょっとここ, つけて, とったから, とらなくても, とり出して, とる, とるなら十七世紀, とるなら同じ, とるんぢ, どしどし立て, ならべると, ひいた方, ひいてはふさわしく, ひき出さなくても, ひき長曾我部, ひくと, ひくまでも, ひけば, ひどく興奮, ひろつて, ほとんど見ない, ぼくらは, まざまざと, まだ承らぬ, まま同僚, みただけでも, みないほど, みましても, みるならば, みれば, み後導者, もつと, もとめるの, わが国に, わざわざ持ち出した, わたしは, われわれに, アメリカにおける, アルベルティヌに, エーベルハルトの, キリスト教國の, スウィフトに, ゼームスの, バンズと, レッツ出版の, ロックの, 一つあげる, 一つこの, 一つ一つ上げる, 一つ一つ挙げるなら, 一つ付け加え, 一つ出す, 一つ挙げるなら, 一つ申します, 一つ話されました, 一二あげ, 一族の, 一高校風に, 上げたり, 上げるならば, 並べるの, 並べ立てると, 並列関係に, 中央の, 之によっても, 事欠かないが, 二つあげよう, 二つばかり, 二つ三つ挙げ, 二つ知っ, 二三挙げ, 云うと, 云えと, 云て, 云へば, 五つ六つ引用し, 京都で, 今一つ, 今一つ挙げ, 仏蘭西に, 他に, 仮想し, 伝えて, 何れの, 作ったまでの, 作つて延喜式には, 作りたるもの, 作ること, 作るの, 併せ考, 使って, 使つては, 保ちながら, 借りたこと, 僕に, 僕は, 再び採っ, 再び用い, 出した, 出すこと, 列ねある, 列挙し, 列挙すれ, 列記し, 前の, 前者に, 創めた, 創設する, 加えると, 加え得たの, 半ダースばかり, 参考せよ, 参考の, 取つたの, 取つた因, 取て, 取らないと, 取りあげて, 取り出すと, 取るとして, 取るならハッ, 古い戦争, 古今東西に, 君は, 告ぐ詩人等, 唱ふ, 唱ふる, 執って, 基礎として, 報告し, 変えねば, 外国の, 多くあげたい, 多く挙げいる, 多く知っ, 多く知らない, 夥しく挙げ, 大学の, 天平芸術に, 如実に, 存ぜぬが, 学んだ覚え, 守り礼儀作法, 官界に, 実例を, 実示せる, 寄せられた, 尋ぬる, 尋ねますと, 少々挙げるなら, 少しは, 少し挙げ, 屡々みかけます, 屡々耳, 幾たびも, 幾つと, 幾多知っ, 度々見かける, 延長した, 引いたの, 引いたのに, 引いたやう, 引いたらどう, 引いた私, 引いても, 引かれるよう, 引かれ且つ, 引きこれ, 引きその, 引きます, 引きますと, 引き万人, 引き公法上彼, 引き病気, 引き行, 引くから, 引くが, 引くにも, 引くまでも, 引て, 引んに, 引出した, 引用し, 引用した, 往々に, 御存じでしょう, 御紹介, 御話しし, 御話した, 復興し, 心の, 必ず理論, 思い出そうと, 思い浮べ深く, 思っても, 思ひだし国境, 思出し, 恒星天に, 手に, 手當り, 打樹, 承りましても, 抜き出したまで, 拡充する, 拳ぐれ, 拾い集めて, 拾つて見た, 持ち合わせて, 持つたの, 持つ語, 指摘し, 挙ぐる, 挙ぐると, 挙ぐるまでも, 挙ぐるを, 挙げいずれ, 挙げおり一七三五年版ローラン・ダーヴィユー, 挙げたの, 挙げたのみ, 挙げたもの, 挙げたら二, 挙げたれど, 挙げたナンバントウモロコシ, 挙げた話, 挙げつつ, 挙げては, 挙げないと, 挙げましても, 挙げますならば, 挙げますれば, 挙げよと, 挙げるうち, 挙げるなら北条早雲, 挙げるわけ, 挙げる必要, 挙げ得るであろう, 挙げ置いたが, 挙げ証, 挙る, 挙ると, 捜した, 捜して, 採つて, 採らんに, 探したら幾ら, 探らんに, 推し候処, 掲げたかと, 掲げたの, 掲げて, 掲げる, 提示した, 揚げて, 援引し, 擁しての, 擧ぐるに, 擧ぐる場合に, 擧げたに, 擧げたれば, 擧げまするならば, 擧げよう, 擧げられしまでにて, 擧げるならば, 数え上げたら限り, 数え挙げた, 文学にとって, 文学の, 新年習俗の, 方々で, 日本に, 日本最古の, 更に二つ, 書くつもり, 有すること甚, 本書に, 植物に, 次々に, 次にかかげる, 次に挙げよう, 次に述べる, 残したこと, 残すの, 比べ合わせて, 比較研究されたい, 求めねば, 求めること, 求めるならば, 求めるまでも, 沢山に, 沢山挙げ, 法律的に, 渝え, 演べ, 物理現象より, 獨逸と, 現代に, 生じついに, 生じ遂に, 生ぜん, 用ひる, 申したの, 申しましょうならあるとき父, 申しましょうなら端役, 申しませうならば, 申し上げますならば, 申上ぐれ, 留めて, 病気に, 発見し, 白米禁止の, 目前に, 省くと, 眺めて, 知らざるか, 知らぬけれども, 知ること, 知るの必要, 知るもの, 破っては, 破つて, 破るに, 示さぬ, 示されたこと, 示さんに, 示しこれ, 示した, 示したから, 示しただけ, 示したので, 示したまで, 示したるなり, 示した二つ, 示し得たで, 示し福音, 示すな, 示すは, 示す事, 社会学者によって, 私の, 私共は, 私自身経験した, 立てて, 立場としての, 第5図, 第6図, 紹介したい, 紹介しよう, 織物の, 繰返すよう, 考え合すと, 考ふる, 考慮に, 聞いた, 聞いた事, 聞いて, 聞かず, 聞かないよう, 聞かぬこと, 聞かぬ怪奇凄惨, 聞きません, 聞くが, 聞くユーグ・カペー, 聴かず永い, 自分の, 草露貫珠に, 蒐めて, 蒐集した, 蔑に, 西洋に, 見いださなければ, 見かけぬほどの, 見ざる所, 見ずと, 見ずとて, 見ただけでも, 見たって, 見たること, 見た事, 見ないの, 見ない処, 見ない新しい, 見ない音楽上, 見ぬ, 見ました, 見ましても, 見るごとく寒気, 見るだけ, 見るやう, 見るわけ, 見る維新, 見出さぬ, 見出し得ざる甚しき意義, 見出し得ないの, 見出し得られるもの, 見出す, 見出すと, 見受ける, 見渡しましても, 見給え, 観察し, 観察する, 觀察せん, 言いますと, 言つて見る, 言は, 言ひます, 記すだけでも, 記せば, 許可する, 証拠として, 話さう, 話した, 話しては, 話すので, 詳しく述べられた, 認めない, 語ること, 誦し夜, 説明いたします, 説明し, 誰もが, 調べて, 調べ出して, 調査するで, 謂へば, 譯する, 車夫や, 較べて, 近くに, 近ごろ二つ聞いた, 述べたに, 追って十三日, 追ふよ, 造る事, 進歩的の, 選り出して, 選んだの, 開いたという, 開いたらもう, 開き将軍陣中, 開き明治五, 附加する, 附録として, 除外と, 陳列し, 集めつまびらか, 集め此, 青森県から, 頭に, 類推の, 飽くほど, 黒死館の

▼ 例~ (1346, 5.9%)

39 ない 22 いくらも 15 幾らも 10 ある, あるが, なかった, 他にも 9 いくらでもある, ないの, 多い 8 枚挙に, 決して少く 7 いずれも, たくさんある, ないと, 一つも, 世間に 6 ありません, 他に, 少なくない, 沢山ある 5 かつてない, 外にも

4 [12件] あるまい, すくなくない, ほとんどない, 一度も, 今までにも, 少くない, 日本にも, 日本の, 極めて稀, 滅多に, 無数に, 稀で

3 [24件] いくらでも, これまでにも, たくさんに, ないよう, ほかに, ほかにも, まだ幾ら, 他には, 多々ある, 多いが, 威勢よき, 幾つも, 支那の, 数えきれないほど, 昔から, 極めて多い, 極めて少ない, 沢山に, 珍しくない, 甚だ多い, 私の, 稀である, 聞かない, 非常に

2 [76件] あげれば, あまりない, あまり見当らない, ありませぬ, あるから, あるに, いずれの, このほか, これまでも, たくさんあります, たくさん知っ, どこにも, ないから, ないが, なかつた, なし, はなはだ多い, ほとんどなかっ, ほとんど皆無, ままある, よほどの, われわれの, ザラに, フランスの, 一つの, 一つや, 上に, 世の中に, 乏しくない, 今までに, 今までの, 今日の, 今日まで, 今日までの, 他の, 何度も, 余り多く, 前に, 前にも, 割合に, 吾, 多いよう, 多くは, 天下に, 小説の, 少い, 少しひど, 少し極端, 少ない, 少ないの, 幾らでも, 彼女の, 往々ある, 後にも, 数うる, 数多い, 日本には, 最近の, 極端な, 殆どない, 殆ん, 決してない, 決して珍しい, 沢山あります, 無い, 無いが, 珍らしくない, 甚だ少ない, 神話に, 端午の, 舞人の, 芸術の, 英吉利の, 見た事, 軍人, 頗る多い

1 [846件 抜粋] あげられませんが, あたるか, あったが, あっても, あまりたんとは, あまりなかろ, あまり例, ありがち, ありも, あるけれども, あることぢ, あるさて, あるそう, あるまいだろうが, あるまじ, あるめ, あるよう, ある田舎, いかにも適切, いくらでもあります, いつの, いと少けれ, いよいよ稀, いろいろと, おじいさんや, おそらくわが, お望み, かぎりなくある, かさごであろう, かの映画, きわめて多い, けだし少から, ここにも, この, この人達, この他, この僕自身, この国内, この山, この序論, この部分一ヵ所, この間アメリカへ, これが, こればかり, これまでに, ごくまれ, ごく稀, ございませんでした, ござらぬ, さう, ざらには, しばしばある, しばらく措き, すくない, すくないの, すぐ隣, すでに奈良朝, すでに折り, すべて決して, ずいぶんある, そうであろう, そう多く, その他にも, た, たくさんあり, たくさん見, ただ二つ, たびたびある, たまたまあっ, ちょっと世界中, ちょっと困る, つまらぬ話, どうも奇妙, ないかね, ないからね, ないこと, ないぜ, ないで, ないに, ないほど, なおいくつ, なおなお数多かり, なか, なかつたが, なきに, なくさりとて, なくそれに, なくても, なく皮一重, ねえさ, のちの, はなはだ多く, ほとんと, ほとんど少ない, ほとんど絶無, ま, まあ珍, まずない, またタヒチその他, また山々, まだ, まだその, まだなかっ, まだまだいくら, まだ一度, まだ多く, まだ少い, まだ思い当らない, まだ無い, まだ聞かない, まったくなかっ, まれだった, まれであろう, みな法外な, むしろまれ, もちろん多い, もっとも簡単, もはや内地, やはりその, やはりカント, やや十四字詰め, よくあります, よくある, よく有る, よく耳, わが国の, わが文殊院五台山, わたくしばかり, アメリカであろう, アルメニアや, カントの, サワを, ザラな, ディッケンスの, ファーブルや, フォウト・ライリィ勤務の, フランスに, ブルネット・ラティーニ及び, ヘーゲルである, マルクス主義的範疇としての, レコードを通じて, ロシアから, ローマ時代の, 一に, 一九一七年の, 一九二八年国家保安部によって, 一八八一年三月一日に, 一再ならず, 一再ならずでありました, 一四八五年の, 一度や, 一日に, 一部の, 万葉集巻一の, 三吉に, 三月の, 三角測定の, 不要である, 与えられたよい, 世に屡々見る, 世に間々ある, 世上多, 世界でも, 世界犯罪史を, 世間で, 世間の, 丹波の, 主として精神的刺戟, 主として霧島連峯中, 主席神職であっ, 乙二牧水後者の, 九州の, 事実として, 二つあげた, 二つだけ, 二吋くらいの, 二階の, 云うまでも, 京都堀川の, 人間の, 今までには, 今尾の, 今度の, 今日やや, 今日迄, 他国にも, 仙術に関する, 伊豆七島の, 何も, 余りあるまい, 余りなく, 余人の, 保健社会省の, 信濃にも, 修羅ものである, 停車場の, 優に閣下, 元は, 元禄四年に, 先ずない, 先ず中部日本, 先年信州佐久郡相木村の, 先年群馬県高崎市檜物町に, 先頃問題と, 全く偶然, 全国いたる, 全国の, 全然ない, 八紘一宇とか, 其の尤, 其当時珍らしからぬ, 内地にも, 内田清之助氏の, 再びあるべからず, 出さぬが, 切支丹遺物の, 別としても, 到る処, 前後何べ, 割に, 劇壇の, 動搖し, 勿論世界中, 勿論動植物, 化学分析である, 卑陋である, 南洋以外にも, 単に分り, 博士から, 印度支那埃及方面に, 去る大正九年九月一日, 又魯頌, 古事記の, 古今を通じて, 古代から, 古来かなり, 古来たびたび, 古来少く, 古来沢山あった, 古風を, 史上に, 各国に, 同じ信州, 同図, 君達も, 和泉国には, 品物の, 嘗てなかっ, 因明論理の, 固定し, 国際間の, 地一一・六五一二・三九三四・二〇に, 基礎科学の, 多いかも, 多いね, 多うございます, 多かつ, 多くそれら, 多くなる, 多くダーウィン, 多く出, 多く見る, 多く開花の, 多数に, 大体二つには, 大和では, 大和の, 大方の, 大正十二年の, 天慶元年から, 夫たる, 奥上州方面其他にも, 奥羽の, 如何にも馬鹿げ, 存外に, 存外文献, 学院の, 宇宙線の, 実にたくさん, 実に敬服, 密接に, 富みと, 實に, 専ら川田氏, 小説を, 少々じ, 少からずあるだろう, 少くなく, 少くは, 少し違, 少ないが, 少ないと, 少なくあるまい, 少のうございます, 尚多く之, 尠いが比較に, 尠なから, 屡々青年時代, 屡耳, 岡山の, 崇神垂仁時代を, 工場に, 差控える, 平家都落ちの, 年々行われ, 幾つか, 幾多であろう, 幾許も, 度々な, 建国祭などで, 張文成其他の, 当時の, 彼について, 彼らの, 彼らを, 往々実際に, 従来とても再三, 従来には, 徳川時代には, 忘れられない強, 応神天皇が, 恐らくギリシア, 恐らく他, 恐らく日本内地, 恐るべきもの, 感性の, 我々の, 我輩の, 或ひ, 所謂朝寝坊が, 所謂猿の, 手近な, 拾ひ出し, 指を, 挙げたら限り, 挙げなくても, 挙げること, 挙げる煩, 播州明石町に, 支那二千餘年の, 支那人よりも, 数えきれない, 数の, 数へ, 数多く拾い上げられる, 数限りなく, 数限りなくある, 數ふる, 料理の, 新らしい, 新聞記者の, 日常の, 日本に, 日本人である, 日本海の, 明かに, 明らかに, 昔南北朝といつて二百七十餘年間南北兩つ, 昨年末から, 是ばかり, 暫く置く, 最も話, 最早津々浦々, 最近素晴しい, 有れ所拠, 有名な, 未嘗, 未然形と, 本島人の, 本邦また, 東国に, 林檎である, 枝分れ, 極めて少い, 極めて適切, 横浜桜木町の, 次章, 歌念仏を, 此の, 此わたり, 此種の, 歴代の, 歴史にも, 殆すべての, 殆ど皆無, 殊に歌舞伎劇, 毎々眼, 毎度新聞に, 比較的に, 水中の, 求めれば, 決してありません, 決してある, 決してなかつた, 決して二回, 決して少なく, 決して無い, 沢山挙げ, 法令が, 波の, 涙の, 淡路で, 深く立ち入ったら, 源頼信佐々木盛綱明智光春, 演劇統制の, 澤山ある, 無いと, 無いん, 無數, 無限な, 狂言記の, 狩倉の, 猪木正道氏渡辺慧氏などという, 珍しいよう, 珍しかった, 珍しくも, 珍らしからず, 現に十數年前, 現実の, 甚だ珍ら, 生命現象であろう, 生麦で, 當らない, 百貨店と, 皆それで, 皆無と, 皆目無い, 皇帝トラヤヌスの, 目下中川, 直接私が, 相当たくさん, 相応に, 砂が, 禅家には, 私が, 科学者が, 稀だつた, 稀であろう, 稀な, 稀なる, 稀れ, 積極, 窓半開または, 竜灯であろう, 第一部, 第五行, 第3図, 筆者の, 米扁に, 純化せられ, 経済学者に, 絶無で, 美術史に, 美術家建築家に, 羽前の, 老公としては, 聞いたこと, 聞かずかえって, 聞かないのに, 聴く者, 能衣裳である, 自ら創めしもの, 自然発生的な, 至るところ, 芭蕉の, 若し, 英語で, 薄くらき, 處, 術語的に, 製糸工場紡績工場の, 西洋に, 西洋の, 見ない, 記, 語だけ, 語原的に, 諸国甚だ, 諸方に, 諸書, 貧しい人間, 載せて, 近年の, 近来ない, 近隣で, 追, 運河で, 過去の, 違うが, 違ひます, 遥かに, 鉄の, 間接障害で, 限が, 陸前佐沼の, 随分沢山, 随所に, 隨分古く, 餘り, 馬である

▼ 例~ (1262, 5.6%)

88 なって 36 依って 33 して 22 引いて 19 よりて 17 ならって, 洩れない, 過ぎないが 13 なつて, 過ぎない 12 取って 11 すぎないが, とつて 9 とって, 似合ぬ, 因って 8 乏しくない 7 よると 6 すぎない, なると, ひいて, 依つて, 依りて, 倣って, 引くの, 於て 5 なった, もれない, よれば, 依て, 引けば, 徴するも, 挙げて, 見ても

4 [15件] あげて, あるもの, しても, すぎないの, とらう, とると, 乏しからず, 依つて例, 入つて, 徴し, 洩れなかった, 漏れなかった, 由って, 近いもの, 過ぎないの

3 [19件] とれば, とろう, なき子細, ならつて, 乏しからざる, 依つて毒舌, 依れば, 傚ひ, 出して, 取っても, 取ると, 因りて, 就いて, 就て, 徴する, 替らずもてはやさるれば, 洩れないで, 照し, 過ぎないこの

2 [62件] あげた二人, ある, ある語, お引き, されて, したがって, すぎないん, すぎません, すれば, とった, とるが, ない浮いた, ない状態, なくひつそり, なく早いので, なく早く止んだ, なく早く目, なく朝, なく食慾, なっては, ならった, なる, なるかも, なるの, みても, もれずついに, もれず彼, もれないの, もれなかった, よりても, 任せて, 似気, 依ると, 傚って, 入るもの, 則って, 則る大嘗祭, 取れば, 引いたの, 引かる, 引きたる句, 引きました, 従うならば, 従えば, 從ひ, 心酔し, 採って, 據り, 於けるが, 於ては, 於ても, 水に, 洩るること, 洩れずクレオパトラ, 洩れること, 漏れない, 照らすと, 生命を, 考えて, 過ぎなかった, 過ぎぬ, 違へる

1 [582件 抜粋] あげた, あげたごとき動物, あげただけ, あげては, あげましたが, あげるの, あげ時, あったこと, あっては, あつたらしい, あてはまるに, あらず, あるその, あるん, ある様, いたしますと, うつして, うつります, おあげ, おかっぱ, かなって, このレコード, ござります, した, した序で, してからが, しては, してもね, すぎずある, すぎずして, すぎないこれら, すぎないので, すぎぬ, すぎぬが, たが, たしなむを, つきて, つき私, とったついで, とったならば, とったん, とったニュートン, とられその, とられるチェホフ, とります, とりますと, とる, とること, とるならば, とるならやはり, とるまで, とれる龍安寺, ないはずんだ, ない不出来, ない寒さ, ない真剣さ, ない苛酷, なき事, なくあいそ, なくおしゃべり, なくおもしろい勉強, なくお貰い, なくせわしく口, なくわたくし, なくオカンムリ, なくビール, なくメイテイ, なく丁寧, なく上, なく上ずった, なく乗心地, なく元, なく元気, なく厭い避ける, なく口, なく壮, なく大層, なく宵, なく左眼, なく庭, なく彼, なく慇懃, なく早く起きた, なく明暸, なく時平, なく書斎, なく沈痛, なく焦る, なく盃, なく礼, なく禮, なく立派, なく自分一人, なく蔵裏, なく言葉寡なに上品, なく邪險, なく酒, なく鈍い緑色, なく長い時間, なく顔, なく鮮やか, なったと, なったという, なったの, なったよう, なったり, なつた, ならいドイツ, ならい便宜これ, ならい我, ならい朝鮮人来朝, ならえと, ならおうと, ならぬかも, ならわなければ, ならんの, ならんほどの, なりますが, なり僅か, なるか, なるだらうと, なるまで, なろう, なろうて, はいつて, ひきます, ひきますが, ひきますと, ひくの, ひく者たち, ひとしく彼, ぴつたりはまるのはかうし, ほかならぬし, ままある, みる如く政治, むきだされた行政官僚, もちいたもの, もち出した, もれずかれは, もれずこの, もれずすぐれた賢母, もれずその, もれずそれら暴虐, もれずホホ, もれず住民達, もれず列車, もれず劈頭, もれず只管, もれず夕方, もれず少から, もれず散文, もれず文学座, もれず晩年, もれず朝, もれず束縛, もれず潜在的, もれず結局, もれず聖ラザール派, もれず自分自身, もれず葉子, もれず藩論, もれず行きあたりばったり, もれず足利, もれず長たらしく, もれず音楽, もれません, よったと, よったので, よらず絶対的, よらない商売, よるべきか, わたるが, わりなしが, アメリカにおける, トルストイや, 三箇月宛を, 乏しいばかりか, 乏しい事, 乏しからぬ, 乏しくは, 云い出されて, 云うと, 亢進神経の, 今は, 他ならない, 付ても, 似ず口, 似ず大いに, 似ず宜しく, 似ず平淡, 似ず沈んで, 似ず留り木, 似ず黙って, 似ぬこと, 似ぬ戲言, 似ぬ淡泊, 似ぬ與, 似ぬ高, 似合ず, 似合わないきりきり, 依ってど, 依っての, 依つて医術申合会頭, 依つて半行, 依つて合唱, 依つて戦闘状態, 依つて日本側, 依つて柏軒, 依つて缶チヤン, 依つて詩, 依つて話, 依りましても, 依りますと, 依り輕, 依ツ, 信州小諸町小山勝助氏より, 俳句と, 倣い一編ごと, 倣い学問研究, 倣う, 倣うこと, 倣うとの, 倣うべきであるという, 倣う者, 倣った, 倣つて, 倣つて言へば, 倣ふべき, 倣へるなり, 做い, 備えて, 傚い, 傚う, 傚うて, 傚つて制裁する, 傚て, 傚は, 傚ひ素足にて, 傚ふ, 傚へる, 入つた, 入りませぬ, 入ること, 入るであろう, 入るの, 入る人, 入る可, 入る行事, 入れて, 入れては, 出くわしたこと, 出されるが, 出しましたよう, 出すの, 出会ふ, 出合わすの, 出逢って, 加えようと, 包含させ, 区別が, 及び, 取った何マイル以上, 取りかかります, 取ります, 取り來つて, 取る, 取るなら十九世紀, 同じく屠, 善は, 囚はれ, 囚われて, 因つて, 変らぬ調子, 外ならなかった, 外ならなくなる, 外れたる書法, 天気の, 奏楽, 富む, 富んで, 少なからず, 就いては, 就きて, 尽きるの, 属す, 属すべきもの, 属する, 属するだろう豪華, 属する話, 屬する, 府下駒込の, 度々御, 引いた, 引いたが, 引いたけれども, 引いたドイツ, 引いても, 引かう, 引かれたハルトマン氏, 引かれる, 引かれる残忍, 引かれ我等, 引きましても, 引きましょう基督, 引きますが, 引きませう基督, 引きロダン, 引き出すの, 引き込まれて, 引く, 引くこと, 引くならば, 引く場合, 引く科学主義工業, 引こうと, 当て, 当てはめれば, 当るので, 当るもの, 往々, 従った, 従ひたる, 従わぬ場合, 従わんと, 從ひたる, 御話, 御話した, 徴します, 徴するが, 思ひ出して, 慣って, 或る, 戻るが, 拠ったので, 拠ったもの, 拠つて我文の, 拠ると, 拠るに, 拡がつた, 挙げたもの, 挙げよう, 挙げられては, 採つて, 接した時, 接しても, 據る, 擧げたこと, 擧げた一ヤール五圓五十五錢, 擧げて, 教育界の, 數へらるべきであらう, 於いては, 於ける無限, 施して, 旗下の, 服從を, 機械的に, 止めて, 正確に, 残るか, 比べて, 江戸柳営の, 沿うて, 洩ない触感, 洩れざるが, 洩れず, 洩れずあっさり, 洩れずお, 洩れずこの, 洩れずそうした, 洩れずそれ, 洩れずとんとんと, 洩れずに, 洩れずまじめ, 洩れずまだ, 洩れず一時的, 洩れず伊那, 洩れず信者達, 洩れず卓一, 洩れず名前, 洩れず家系, 洩れず少しく, 洩れず急いで, 洩れず新, 洩れず百五十両, 洩れず直ぐ, 洩れず罪人, 洩れず色々, 洩れず馬の脚, 洩れて, 洩れないこと, 洩れないであろう, 洩れないの, 洩れないもの, 洩れなかつた, 洩れぬ方, 洩れぬ迂愚, 洩れまい, 洩れません, 洩れませんでしたので, 準じて, 漏れざりき, 漏れざるもの, 漏れずずいぶん, 漏れずである, 漏れずもっと, 漏れず何もかも, 漏れず日, 漏れず日夜刺激, 漏れず服装, 漏れず狭く, 漏れず薄暗い, 漏れないといふ, 漏れないの, 漏れないのに, 漏れないわけ, 漏れなかつた, 漏れなくもしも, 漏れぬ事, 漏れません, 漏れること, 漏れる筈, 漏れ難く, 無い劇, 無くひどく昂つて, 無く乗地, 無く夙く, 無理は, 照せ, 照らして, 照らせば, 牛乳のみを以て, 特に吾輩, 現れて, 現代の, 現在の, 用いたもの, 用うる, 由つて明白でない, 由りて, 由ること, 男同士の, 異なるもの, 相当する, 石芋と, 私の, 移って, 等しくする, 算え, 籠つて了うて, 置きまた, 習ったが, 習つたが, 習は, 考うる, 至っては, 至りては, 致して, 見せながら, 見て, 見ましても, 見るごとく加行上二段, 見ると, 見るも, 見るよう, 覚えしが, 言つてゐる, 論告を, 變らぬ, 越ゆ檳榔の, 近よ, 這入つて, 這入るた, 通曉す, 過ぎざるか, 過ぎざるも, 過ぎず当時, 過ぎないけれど, 過ぎないこと, 過ぎないと, 過ぎぬが, 過ぎぬので, 過ぎぬよう, 過ぎません, 過ぎませんが, 違つた事の, 違ひ, 違ひない, 違ひなかつた, 違ふと, 違わず四十歳前後, 鑑に, 鑑みて, 鑑る, 限られて, 雷を, 預って, 類するもの, 馴れた我々, 鬼貫が

▼ 例~ (1033, 4.6%)

165 ある 45 ない 44 多い 16 あるの, なかった 14 いくらも 12 あります, 多いの 11 あるが, ないと, ないの 10 あるから, 少なくない 9 あると 8 ないので 7 あった, ありません, あるので 6 あって, 少くない 5 あつた, あるという, 幾らも, 無い 4 あるか, いくつか, ないわけ, 出て, 見られる, 非常に

3 [22件] あげて, ありその, あるそう, あるであろうか, あるのみ, いくらでもある, これである, たくさんある, でて, ないから, ないだろう, ないで, ないほど, ないん, はなはだ多い, 一つある, 多かった, 幾つか, 沢山あります, 沢山ある, 無いやう, 示して

2 [46件] あったの, あっても, あつて, ありますから, ありますが, あるよう, ここに, しばしばある, ないかと, ないが, ないくら, ないこと, ないでも, ないという, ないとは, ないよう, なかつた, なくは, ままある, よくある, 世間に, 二三ある, 出来て, 多いから, 多いよう, 多くしかも, 実に多い, 少い, 少なくなかった, 尠く, 幾つも, 拡げて, 挙げて, 挙げられて, 残って, 段々ある, 決して少なく, 無いの, 無数に, 甚だ多い, 甚だ多く, 示されたの, 示す通り, 至って多い, 間々あります, 間々ある

1 [404件] あげられて, あったか, あったかと, あったから, あったが, あったこと, あったでしょうか, あったにも, あったらお目にかかりません, あっては, あの水, あらわれたの, あり, ありかつて, ありがち, ありこの, ありこれ, ありそう, ありなお, ありました, ありましたからか, ありまして, ありましょうか, ありますか, ありませうか, ありませんからね, ありませんでした, ありませんね, ありまた, あり上代日本語, あり伊予大三島, あり共に, あり参考, あり大膳坊, あり支那, あり杉, あり東歌的訛, あり柩, あり現代, あるかい, あるかしら, あるかと, あるかも, あるからよ, あるけれど, あるけれども, あること, あるため, あるだけ, あるだろう, あるだろうか, あるだろうという, あるって, あるつまり, あるであろうが, あるならば, あるなら鱗, あるに, あるまい, あるまいかと, あるまた, あるらしい, あるらしいが, ある一方, ある以上, ある位, ある俗書, ある塩沢丹三郎, ある彼, ある泥棒, ある越前家, ある通り, あろうか, あろうと, あんので, いくつも, いくらだつ, いくらでもあります, いちばん多かっ, いつか無くなっ, いまの, おなじ宵, かなり多く, こ, ここにも, ここの, こちらでも, ことに多い, この一事, この人, この私, この記事, この頃, これと, これまでの, こんな場合, ございました, ございます, ございますと, ござらぬ, さきに, ざらに, すくなくない, すでる, そうだった, その後半, その御身, その暗示, その点, それぞれの, それである, それです, そんなに稀, たくさんあった, たくさんございました, たくさんであります, たくさんに, たくさん引かれ, ただ一つ, たびたびある, だんだん少なく, とぼしくない, どうもなかっ, どこよりも, どれほど多い, どんなに多い, ないし, ないじゃ, ないそう, ないでありましょう, ないとか, ないとも, ないなにか, ないはず, ないもともと, ないやう, ないらしい, ないんで, ない事, ない唯, ない所, ない此, ない町人, ない程ど, なかっただろう, なかなか多い, なかなか多く, なかろう, なくたとえば, なく事業, なく珊瑚礁, なく赤松, ひじょうに多い, ほかにも, またかなり, また一つ, まだいくら, まだ今日, まだ伝わっ, ままあっ, ままあります, まるで違います, まんざらない, やはり珍, よく見られる, イクラでも, エルジン郡の, サイラス・ヒクラーである, ザラに, ズット前に, ナンセンの, ハゼ釣りの, フランスの, ベートーベンである, 一つ出, 一ぺんでも, 一二度ある, 一番読者を, 万葉に, 三回ある, 上丁である, 上越国境即ち, 不吉である, 世には, 世間には, 世間にも, 世間的には, 九回記録し, 二つある, 二つもう, 二つ三つ記し, 二三あった, 二三に, 人間の, 今までも, 今私の, 今迄, 仏蘭西の, 他に, 他にも, 低い方, 住いの, 佐藤の, 何処かに, 倫敦で, 倫理観を, 偏し, 全国各地の, 出ますが, 出來, 出来たもの, 出来る, 刑務所医の, 前に, 前工廠長官夫人, 助けて, 単色版式飜訳という, 参考と, 反対の, 古すぎます, 古今東西を通じて, 台湾の, 吉澤博士の, 圧倒的に, 地方の, 報告された, 多々ある, 多々見られ, 多いかと, 多いかという, 多いけれども, 多いこと, 多いし, 多いため, 多いという, 多いのみ, 多い様, 多くあるいは, 多くうたて, 多くかつて, 多くことに, 多くこれ, 多くない, 多くなった, 多くなつ, 多くも, 多く大概, 多く必ずしも, 多く現に, 多く現在, 夥しいもの, 大そう, 大分市には, 夫である, 女泥棒, 如何にも突飛, 始まり文武天皇, 定つて, 定まつ, 実に面白い, 実際に, 實際ある, 将来起る, 少いたいがい虚弱, 少いのみ, 少い由, 少くありません, 少くなかった, 少くは, 少ない, 少ないからでも, 少ないこれ, 少ないだけに, 少ないであろう, 少ないので, 少ないよう, 少なからぬ, 少なくとも三つ以上, 少なくなく, 屡々ある, 山を, 幸いに, 幾等も, 広いから, 引いて, 引きやすい, 彼の, 彼女らは, 往々ある, 必ずしも無く, 必ずしも皆無, 忘れられてから, 我国に, 挙げられる, 掲載され, 支那の, 数多く出, 文化地理学にも, 文献に, 文献的には, 断片的に, 新しく現われない, 日本にも, 日本の, 日本紀に, 星雲という, 昨年の, 昨年も, 是からも, 書いて, 最も多かっ, 最も多く, 最も弘い, 最古の, 最近にも, 有ること, 果して適切, 様々に, 欲しければ, 歎かわしい, 正確に, 此国にも, 殆どない, 殆ん, 残つてゐる, 残つて居る, 決して少く, 決して珍しく, 沢山あらう, 沢山あろう, 法律ほどにも, 澤山ある, 無いと, 無いという, 無いとは, 無いので, 無えんだ, 無かつ, 無くそれ, 無く赤松, 然ることを, 特に中流インテリゲンツィア, 特に目立ちます, 珍しくない, 珍らしくない, 現代日本の, 現実に, 甚しく, 甚乏しく, 疊見し, 直ぐと, 相応に, 矢張り, 示す如く群衆合唱, 社会常識だった, 稀で, 稀なり, 筆者の, 簾子姫で, 統一せられ, 継続し, 考えられた, 考へられる, 胸に, 自分の, 至るところ, 芸術的価値と, 若しも的確, 若干ある, 英國人の, 著しく微温化, 西洋の, 西蔵式の, 見い出される, 見えて, 見つかるならば, 見られると, 見られるの, 見当らない, 見当らないやう, 見当らないよう, 見当りません, 観察された, 記録され, 訣らなく, 認められた程, 豊富に, 赤児を, 起った, 転じて, 載って, 近い所, 近火の, 過去には, 適用される, 開かれた, 開けて, 開けること, 間違うて, 随分多い, 集められそう, 頻々として, 飛んで, 鳥渡出ない

▼ 例によって~ (803, 3.5%)

21 例の 7 私は 4 わけの, 自分の 3 僕は

2 [21件] なんの, 一人の, 出鱈目の, 半七老人, 夜食の, 奇妙な, 床の, 彼女は, 涙を, 煙草を, 眼の, 砕けた調子, 秀吉は, 私が, 私の, 簡単に, 般若の, 行方を, 見ても, 賑やかに, 釣りの

1 [722件 抜粋] あこぎ, あてなく先, あの調子, ありのままに, いかにも古典的, いきなり悄気, いっぱしの, いつの間にか大, いつもの, いや味, いろいろ家の, うちは, うねって, おそい晩飯, おそくまで, およそ推測, おんなの, お役人, お愛想, お玉に, お祈りでも, お約束, お花さん狐, お話が, お馴染, お駕籠, かれは, きたない爺い, きちんとした, こういう断定, ここでも, このなか, この一種, この本陣, この酒盛, この館, これが, これには, さらに臆測, さんざんな, さんざん毒づいた, しずかに, しつっこくなり, すきやき, すぐには, すぐ照井, すこぶる大きい, そうした私, そこに, そちらの, そのうちお, その後の, その手, その関羽, それへ, それらの, そろそろ鳩談義, そんな事, ただ笑っ, たちまちです, ちっとも遠慮, ちと大きい, ちょいと, つまらないが, てごわいあい, ところてん売り, どうぞ諸君, どたん場, どんな気持, なしです, なにかと, なにも, にこやかに, ねだり顔, はっきりしない, はったはったと, はま鍋だろう, ひつこく, ひどくこだわっ, ひょっこりプラット, ほとんど英米両国, ぼくには, ぼんやりと, まずい洒落, まず煙草, また別, また困った, まだか, まだどんな, みても, みな見物に, みんなに, むしろ投げ遣り, むずかしい, むやみに, めの, もらいに, よいか, よく喋る, よく眠られず, よく考え, わからない, わが家の, わりあいに, わるくさび, アルバムを, エセックスは, オセッカイな, クサる, クリストフが, サイドボードの, シャン, ジャランと, スカートに, タバコを, トホンと, ドイツ語の, ニコニコし, ネチネチと, バタバタと, フランスの, ブーブーと, ベゲテリアン, マイナスである, ムクは, モーニングを, リュクサンブールに, 一人が, 一場の, 一杯の, 一気にここ, 一番暗い悪い, 一酌は, 万年床から, 三四日眠れなかった, 三重の, 下城の, 不二屋の, 不作法にも, 不明だ, 不服を, 世界の, 丞相の, 両国橋を, 主人を, 九時ごろまで, 二三日中には, 二三日留守に, 二人は, 二分の潤筆料を, 二階と, 二階の, 互いを, 五勺ほどの, 五十銭紙幣を, 井戸端会議が, 京極へ, 人定まる, 人柄が, 今まで, 今やる, 仔細らしく, 他人に対して, 仰山な, 会わなければ, 伯に対し, 佐助は, 何か, 何処から, 何方つかずだった, 何等の, 信長に, 信長の, 個々の, 僕だけ, 僕の, 元利耳を, 入口が, 全身を, 八刻と, 六郎は, 兵部卿の, 内心いらいらし, 円タクを, 冷たい声, 冷めたく真剣, 刀を, 分別臭い殊勝, 別に眼底, 勉強の, 動いて, 十二時までも, 十二時近い, 十分測り知る, 半眼に, 南京鼠の, 南蛮屋は, 厚いメリンス, 友人と, 受験準備の, 只ひとり食事, 叫びを, 吉原へでも, 名刺を, 唇を, 問われざるに, 問われること, 囁くよう, 四五三号の, 四脚一組に, 地主へ, 墓参を, 変則な, 夏休を, 夏子の, 夕食を, 多くを, 多人数殺到し, 夜更けまで, 夢中である, 大人びた幼声, 大気焔, 大部分, 大野渡辺等の, 大音声, 天井の, 太い眉毛, 奇抜な, 奉納の, 女を, 妙な, 姐御, 婦人の, 子供たちの, 学校なんぞへ, 学校の, 安蘇郡の, 安請合いおおいに, 官用だ, 宝の, 家々で, 家人は, 家附娘の, 寝てからの, 将棋を, 少々の, 少しひねくれ, 少し抜書, 少し酒気, 尾ひれを, 山寺へ, 山小屋に, 峻烈極まる, 左の, 巷の, 帝の, 師匠の, 帰り去らん, 幕の, 平凡で, 平身低頭し, 幼年時の, 床から, 庭から, 庭を, 弁信法師は, 弁当を, 彼の, 彼は, 彼も, 彼等は, 彼自身では, 待って, 御供を, 徳さんの, 徳山が, 心気朦朧と, 思いがけぬところ, 思わせぶりな, 怪しいふしぎ, 怪しげな, 恐縮し, 恥ずかしいほどの, 悠々寛, 悠々閑々と, 悲壮な, 愚にも, 愚痴を, 愛想よく, 憂うる, 懐疑した, 我々の, 手桶の, 手製の, 拙者は, 招待された, 持前の, 指導者が, 支配人の, 敏捷を, 敏捷猿の, 散歩が, 敵の, 文学談を, 新三郎が, 新太郎君の, 新派の, 新聞に, 新聞劇評家の, 旅の, 日あたりの, 日曜を, 早いところ, 早口で, 早熟た, 明日一杯ぐらいに, 明智の, 昼まで, 昼めしなど, 時間つぶしに, 時間の, 書記, 月光が, 有らゆる出来事, 朝起を, 未亡人が, 朱色の, 机の, 村の, 杖槍は, 来会の, 東北線を, 松山が, 柳川鍋も, 案内も, 様子ぶった, 樫の, 歌を, 歓心を, 正造は, 歯ぎれの, 殆どザスルジュンヌイ, 毒づいたのち, 毒舌を, 水色不, 決して自分, 浜辺には, 浴衣がけで, 海舟の, 消極的な, 渡辺篤が, 漢との, 潜り戸が, 炉辺閑話が, 烈々たる, 焼酎を, 煙を, 燃えて, 父様の, 爺さんが, 物堅い弁信法師, 物盗り, 猛烈に, 猫の, 珈琲と, 甚だ不体裁, 用意周到です, 田舎者は, 甲州の, 甲板の, 町内の, 留守だった, 異状なし, 癇癪の, 発育不充分な, 白の, 皇帝の, 目を, 相手を, 真名古が, 眼下には, 瞼を, 知りつつ, 短兵急だった, 神出鬼没を, 福間警部が, 私と, 私的意見を, 秋毫の, 窃かに, 竜之, 竹刀ばかり, 笑ったが, 笠を, 篤胤の, 米友には, 素頓狂な, 細君の, 絶倫なる, 老河原さん, 聞き耳を, 肴町まで, 背に, 能弁いや, 脇差しを, 腹話術だ, 膝を, 自源流水月, 自然出, 至極お, 至極事もなげ, 興味を, 色々な, 艶麗の, 芝苅り, 花廼屋因果と, 英語演説を, 茶話会である, 荒唐無稽の, 荘重な, 菊田の, 蒼白い, 蒼白い面, 血の, 血潮の, 被告の, 裁判長の, 裾から, 襤褸しかし, 西日は, 見る時, 見れば, 覗いて, 観音様の, 触角を, 言葉には, 話が, 誘い出した, 読みません, 調子に, 諸君に, 警察は, 議長鳩山和夫の, 貧乏徳利を, 賑わって, 質問紙によって, 質問紙を, 赤っぽい, 起きたので, 起き歩き出すと, 足を, 身軽に, 輪に, 轟と, 辻斬だ, 辻斬強盗の, 辻斬警戒の, 迫害が, 逃げ足の, 遅刻する, 遊芸人も, 遠見の, 酒が, 野卑な, 野幇間まがいの, 金に, 金弥出しゃばった, 金椎が, 金田邸へ, 鈴田に, 鋳物の, 長い, 長火鉢の, 門が, 間瀬かい, 限りなき, 陰気な, 雀支那グリル一番へ, 集五郎め衆の, 雑踏し, 雲龍寺だった, 霊廟を, 露骨な, 静寂を, 面白くも, 頑強に, 顎十郎の, 顔の, 飲こしめした, 飲むだろう, 馬に, 馬耳東風でした, 馬鹿ていねいに, 鬼ゴッコを, 魔法を, 鶴雄は, 黒山の, 黒暗々の, 黙認, 鼻風邪を

▼ 例~ (501, 2.2%)

74 ある 16 多い 15 あるから 14 あるが 11 あります 10 あった 8 あれば, 少なくない 7 あると, ないで, 少くない 6 沢山ある 5 あるの, 多いの 4 あって, あり, たくさんある, ままある, 例も 3 あるし, ないこと, ないよう, 少なからず

2 [35件] あえかの, あったが, あったよう, ありますから, ありますが, ありません, ありまた, あること, あるそう, あるので, あるのに, あるめ, あれど, あれども, ございます, すくなくない, するやう, ないほど, なかった, なきに, なければ, また多い, 他に, 少くは, 少なくないであろう, 少なくなかった, 有るの, 極めて少ない, 決して少なく, 沢山あります, 稀で, 絶無で, 聞かず, 言ふなる, 非常に

1 [206件] あえて稀有, あげて, あったの, あつた, あつて, あまり見た, ありこの, ありせせこましい, ありて, ありなお, ありひどい, ありますからね, ありもし, ありブラジル, あり人間以外, あり仏説, あり傳, あり十七娘, あり古来数, あり家持, あり巫女, あり必ずしも, あり未だに, あり注意, あり私, あり稀, あり迂濶, あるか, あるかも, あるからな, あるからのう, あるくらい, あるけれども, あるでしょう突っぱらずに, あるでは, あるという, あるところ, あるなどと, あるに, あるには, あるもの, あるやう, あるよ, あるよう, あるをと, あるん, ある彼, ある様, かつて坂東八ヵ国, この店先, これで, これに, これまで, ございません, しばしばあっ, しばしばあった, しばしばある, すくない, すでに柳田君, するよう, ずいぶんあった, ずいぶんある, そうである, そう珍しく, その飜訳畠, たくさんあります, たびたびあります, たまには, ちら, ないし, ないでしょう, ないといふ, ないとは, ない男, なかなかたくさん, なかなか少なく, なくかう, なくは, なく人, なく寧ろ極めて, なく悉く, なしと, なし十余人, なし現に, ならば, にない杯, はなはだ多い, ほかには, まずなかっ, また尠, ままございます, みられなくは, もとより多かろ, やはり苦痛, やはり記録, よく弁え, よく聞く, よく言, よりまだ太, より寝過ごした, わたしは, シーエヂスン氏等の, 一再でなかった, 三百文の, 世に多い, 世上不穏の, 世間ばなしには, 事実一度ならずあった, 二三あります, 二三載っ, 余り見た, 再三ならずある, 出で, 出ようし, 判で, 厳橿, 古い, 古きふみ, 古文献, 同じ越後, 同様な, 唐土に, 喜界島には, 堰きあへぬ思豊, 堰きあへぬ思豐, 報告され, 変態心理学の, 多いこと, 多いこれら, 多いそう, 多かった, 多からう, 多く, 多くそれ, 多くそれぞれ道義上, 多くなった, 多く熊野, 多く神, 多く読んだ, 多少あっ, 大変面白し, 大雨の, 女を, 実際捜せ, 少々で, 少くないであろう, 少くない如く, 少なかった, 少なくありません, 少なくなかつた, 少なくは, 少なしと, 尠から, 幾つか, 幾分右, 引きませんが, 弘く, 弘く行われ, 思ひ出でられてか, 恐らくさば, 手強い抵抗, 挙げられた, 挙げられようが, 教授を, 既に末期, 有た, 有るが, 有るけれど, 有之, 来る豆腐, 東北などには, 武村兵曹の, 残って, 段々あります, 沢山あった, 浮動し, 灯の, 無いやう, 無いわけ, 珍しくなかった, 珍しくは, 生じたの, 男が, 皮肉な, 知らない, 知らなかった, 知らぬ, 知らぬでは, 稀なり, 稀には, 笑い顔を, 笑ひ話し, 聞いて, 聞かずまさか, 聞かない, 聞きました, 自分の, 若干は, 薄く降る, 見て, 見馴れた浅はか, 記されたと, 諸方にて, 間々あります, 随分あります, 随分ある

▼ 例として~ (407, 1.8%)

8 私は 5 ここに, ゐた 4 ゐる, 挙げて 3 彼は

2 [12件] ある, みても, ヨネ, 御紹介, 恐しい, 意味が, 掲げたるもの, 次の, 毎日今時分通りがかりに, 自作の, 食饌を, 駱駝の

1 [354件] あげたり, あげました, あげられた人々, あげられるかも, あげられること, あらゆる雄弁, ある二, ある人, ある修院, いかように, いくつも, いつか見た, いつも引き合い, いつも引合, いま讀め, おった, おもしろい見もの, かく詳, かなり興味, かの政談演説, こういう句作, ここへ, ことさらに, この出来ごと, この問題, この場面, この物語, この男爵, この覺書, この説話, この醤油, この間こんな, これを, こんな事, ごく断片的, そのもと, その他の, その年, その所領, その要領, たとえばこの, たとえば丸亀, ちょうど第, どんなに変った, ながめながら, ひいて, ひかれるの, ひとつ, まず見習い, もと戸口, やはり見逃し, よく米, われわれにとっては, ゐたこと, ゐたさ, ゐて, ゐる事, アアヴィングを, アテナイの, アメリカの, アルトベルクの, イスラエル王ダヴィデの, インド産の, カインを, グランド, コルトーの, ソヴェト同盟は, ダンテゲエテシルレルミルトンシエリイキイツ芭蕉馬琴巣林子, デカルトを, デデキントの, ドストイェフスキー再認が, ド・クインシーの, ニコラウス・クザーヌスの, パラフィンの, パン及び, ピュラデス, プルードンの, ペルリ来朝の, ボルツァーノの, ミケランゼロの, ラカッサニュは, リンカンの, ロッツェを, ワグネルや, ヴェトウヴェンの, 一人が, 一数字の, 一數字の, 一部の, 七略の, 万葉巻十六の, 三井と, 三十八章末尾の, 下簾, 不本意, 世の中に, 之は, 之を, 二三の, 五ドルの, 五十年前に, 交易が, 享保年間の, 京都に, 京都旧, 人力車夫が, 今日の, 仏式でなく, 仏蘭西の, 仕立てたばかりの, 他の, 以下の, 伊勢物語の, 伊波普猷氏が, 佐久間博士は, 余が, 佛教が, 例へば北面, 俳優の, 催す, 僅かな, 僕が, 先年の, 先年栃木町に, 先日曳網を, 先程発表された, 先進篇を, 其日に, 再び自分, 出した, 出版に関する, 出發, 列記する, 前者には, 前金を, 創作の, 労働争議に, 勿論ルナアル, 十年前発行の, 博士の, 原子爆彈を, 去る六月十九日, 参考に, 又さ, 又そういう, 取ったに, 取り上げられて, 取扱わるべき, 叙事詩の, 古典は, 可いよう, 可能な, 右に, 右の, 右は, 各地に, 同じ憑き物系統, 吾, 哲学や, 商人が, 噂にも, 団扇屋は, 国語教科書の, 夏目漱石を, 多くの, 夜中の, 大体を, 大和の, 大変便利な, 太平洋上の, 女を, 妻は, 婦人は, 子の, 客が, 客を, 室生さんを, 家庭の, 富田氏は, 対人関係から, 居るの, 幼年学校の, 幾つも, 幾何学的事項の, 広く社会, 建仁寺を, 建築を, 引用され, 引用されるべきである, 引証せらる, 強く印象, 彼の, 彼らの, 彼女達は, 彼等が, 後日の, 御話, 徳川斉昭の, 心づくの, 志賀直哉の, 思ふをば, 憎悪と共に, 我々が, 我々と, 我々の, 我国の, 或る, 拙詩, 拝借する, 持ち出される, 持出したいの, 挙げそんな, 挙げたこの, 挙げたの, 挙げたもの, 挙げた丈けさ, 挙げた上, 挙げた前掲, 挙げた田口氏, 挙げました女, 挙げら, 挙げられたの, 挙げられて, 挙げられよう, 挙げられるの, 挙げられ得るであろう, 挙げること, 挙げれば, 挙げ得るであろう, 採って, 掲げたもの, 掲げようと, 提供したい, 提供する, 提出した, 擧ぐ, 擧ぐべきであらう, 擧げたるもの, 擧げら, 擧げること, 擧げるの, 擧げ又, 放射形の, 数えられるべきもの, 数名の, 文学の, 日本における, 日本人が, 日本人の, 日本大学に, 日清戰爭には, 旧友達, 更に詳, 書いたは, 書いて, 最も親しかっ, 最多数, 最近発足した, 朝廷で, 本日は, 東京の, 構成される, 樵が, 歐洲諸, 此の, 母音調和の, 毎年の, 江戸平民の, 浜野, 浮き浮きした, 深く考え, 清少納言の, 滑稽な, 漱石ゲーテトルストイ等あげ, 濱野, 無難と, 特に詳, 独習者画家団と, 珍しい出来事, 現代人の, 生物相食む, 生産力と, 生計の, 用いるが, 男女同権の, 痛切に, 知られて, 短編, 神話に, 私が, 私たちは, 私の, 第一, 第一部, 第二行其他, 篁村氏の, 級数について, 結婚の, 綾取を, 置いた, 聖母マリアの, 自作を, 自分の, 自殺した, 自然科学に, 良永の, 色々の, 若い婦人, 苦々しく思はれ, 茲に, 菅沼を, 菓子を, 著作権法の, 著者は, 行はれた, 見ても, 見ら, 見るが, 見るべきもの, 見るべし, 見れば, 観察す, 解す可, 言ったが, 言って, 記して, 話した, 話すの, 話の, 説明し, 諸人に, 謡曲の, 議会に, 貧窮組の, 載って, 近松半二作, 述べて, 述べられたの, 適当で, 適当な, 遺老, 部屋が, 酒の, 金子屋敷の, 開帳中は, 随従した, 面白く聞いた, 頗る面白い, 頭文字の, 飛騨国大野吉城益田の, 飜訳という, 飲み屋, 飼養の, 魔王ルチーフェロを

▼ 例~ (340, 1.5%)

41 して 2517 する, なって 16 した 6 同じよう 5 いえよう, いって, せり 4 するに, なる, 見ること 3 しました, すと, なす, なつて, 比べて, 見られる, 見られるの

2 [20件] いえましょう, しその, したが, します, しよう, するの, すれども, すれば, せりと, なった, なったの, なるかも, なるの, なろう, よく似, 同じもの, 比較し, 見るべきもの, 見る事, 違って

1 [130件] いい単なる, いうまで, いえなくも, いかなる点, いくつかの, いったらば, いつて, いわねば, さるる弦, されて, しかつこ, しそれから, したから, したこと, したさ, したそう, したと, したの, したやう, したり, した我が国, した最初, し下女下男, し古い, すか, すべきである, すべき一事件, すべく池田宗家, すべし, するが, すること, すると, するまでも, するよう, する由, する開山忌, す讀者, せしが, せられて, せりといふ, せんか, なされたれども, なすべきであろう, なすべし, なすを, なっても, なりて, なりぬ, なり居れば, なり得る事実, なり恵まれぬ時, なり我が国, なるか, なるが, なるだらうと, なるであらう, なるでありましょう, なるべしと, なるよう, なれる歎聲, みられる, みられるもの, もっとも近く, 一つである, 一致した, 万葉に, 万葉のとは, 云つた, 云つたのは, 反對, 合わすため, 同じく, 同じくマセ, 同じく歌川家, 同じく精神, 同じく訓むの, 同じく話, 同じく越, 同じこと, 同じ事, 同じ影響, 同じ様, 同一に, 同様実際, 同樣, 変わりが, 思い合わせられる特徴, 思うが, 思ひて, 思われる, 感じましたが, 歴史とを, 比較が, 爲す, 申しても, 異なると, 老が, 考えたい, 考えられる, 考えると, 考へたい, 考へて, 聞くや, 致しましては, 虎の, 見て, 見ても, 見なされる, 見る, 見るべきであらう, 見るべきであるが, 見るべきであろう, 見るべき者, 見るべくこの, 見る外, 解すべきか, 言うべし, 言って, 言ふべき, 言ふも, 認めねば, 認められまた, 認めること, 謂つて好い, 違うの, 違つてゐた, 違は, 違ひ, 違ふ, 非常に

▼ 例~ (337, 1.5%)

20 あつた 13 あらう 10 いえば 9 見ると 5 あつて, 云えば 4 見ても, 言ふと 3 云へば, 言へば

2 [21件] この二つ, それが, はなかろう, ほかの, 中には, 之は, 今に, 他の, 君は, 品物を, 弱肉強食一々, 御利発, 我々も, 示して, 私の, 私は, 自分の, 言えば, 説明し, 説明したら, 誰も

1 [219件] あつたら, あつて悲劇的, あとに, あらうと, いうならば, いつて, おそらくはあの, おや見なれない, こいつが, こういうレース, ここには, この中, この写真, この古典, この問題, この娘, この文章, この日, この時, この桶狭間, この辺, この間死んだ, これに, これは, これも, これを, ざんすから, しかない, しかなく, しかも総元, すべて過去の, そのとき, そのなか, その他にも, その他建築の, その愛, その時, その熱狂, その角, それは, それほど珍し, そんなの, たのむよ, ちょっと笑い話, ていねいな, ともかく戦禍, どんな和歌, ね, は, はある, はこんな, はっきり分る, はつきり考へられる, はない, は天女, は有るまい, は粒子, は頂上, まず朝五時, まだこの, みても, みなさんも, みると, みんなで, みんなは, めらう, もう立つ, もさうだし, もって, もはや今日, わかるが, わかるよう, わずかに, イ列から, ケイズは, タスマニア人が, タチツボスミレは, 一家じゅうが, 一層確め, 一方多く, 一緒に, 七日の, 三十間堀の, 上屋敷へ, 中南米の, 中学から, 主な, 予が, 云ったよう, 云ふなら, 京姫の, 今年に, 今日でも, 今日も, 今温泉, 他に, 伊太利では, 作者の, 僕の, 全然と, 八犬士その他の, 分かるだらう, 分って, 初めは, 別に斯様, 前々から, 北京辺の, 十分説明は, 十時頃に, 原則としての, 参詣する, 受けと, 吉之助に, 土地の, 地方に, 墺地利に, 外に, 大小に, 天子崩御の, 奥さんだけ, 子供でも, 子爵家に, 実にそういう, 実に見事, 小樽から, 少しも, 少年の, 尤も考え, 尤も考へ, 已に孝公, 平生の, 広津の, 庚申の, 彼が, 彼は, 径十五センチくらいの, 御両所, 御勘弁, 御紋付, 御話, 懲りて, 挨拶に, 数が, 斯んな, 日光廟へ, 明かで, 明らかである, 明らかな, 明らかに, 昔から, 星空を, 普段は, 普通の, 普通分析の, 有るが, 本草學者小峰凉庵が, 某処, 正しいもの, 歴史的に, 死ぬの, 水の, 江戸市中で, 泰山府君の, 漁期が, 特に君たち青年, 猴を, 珍しくは, 珍らしい, 現わす, 甚だしきに, 田に, 申します, 申すなら, 畿内, 知って, 示さうとして, 示すこと, 私が, 童形の, 笠井清三郎君が, 給仕に, 考えると, 自己の, 至って臆病, 蜆の, 行えと, 行状が, 見たよう, 見てもよ, 見ること, 見れば, 親類の, 言うと, 言えないよう, 言ひます, 説明してやろう, 説明する, 説明すれ, 説明致します, 身に, 輿入れせよ, 近頃は, 道に, 遠くから, 遠く越後路から, 野天で, 金蔵へ, 長い冬ごもり, 長い青竹, 門へは, 随分有益, 雲の, 静子が, 靜子が, 非常に, 順二郎の, 風雨の, 養父が, 黙りこんで

▼ 例によ~ (156, 0.7%)

16 つて例の 6 つても 3 つて 2 つてさ, つて一層, つて一杯, つて先生の, つて散歩に

1 [121件] つたにも, つてあれこれと, つていづれ, つていろんな, つてうき, つてお, つてかうし, つてこの, つてこれを, つてしばしば, つてその, つての, つてひつそりと, つてひとりで, つてひよいひ, つてまた, つてよろしから, つてイーグル, つてタオルの, つてフーツと, つてポストまで, つて一人で, つて一度は, つて一度早く, つて一応, つて一杯あゝ, つて一杯の, つて一杯よばれる, つて一浴一杯うまい, つて一理論家たるに, つて一緒に, つて三島由紀夫得意の, つて二三ヶ所を, つて二三杯ひつかける, つて人並に, つて今は, つて仏蘭西劇との, つて住民を, つて先づ受驗寫眞と, つて全員は, つて全身に, つて八五郎の, つて其中庵乃至, つて分館の, つて初めて, つて到る, つて制服の, つて博引旁搜では, つて厳重を, つて口を, つて同校卒業の, つて否定に, つて周到な, つて問題は, つて墺太利側の, つて声を, つて多くの, つて多くを, つて夫の, つて奮鬪を, つて女性を, つて学校教育の, つて學生の, つて寢られない, つて少年の, つて屋敷は, つて御馳走に, つて悪筆の, つて我が, つて所在に, つて抽象的に, つて挨拶を, つて支那人は, つて改札口には, つて文なし, つて文学談を, つて明かである, つて松林と, つて樹と, つて母は, つて汚される, つて湯田温泉へ, つて澁る, つて澁滯し, つて濱邊には, つて火防の, つて灰拔けの, つて為す, つて無, つて照子の, つて特務機関の, つて獲物は, つて甘藷の, つて生々と, つて生ビールと, つて百万遍問答を, つて短兵急に, つて示す, つて筮竹こそ, つて紅緑の, つて細帯すが, つて統治される, つて繪解き, つて職工の, つて臆測を, つて自分の, つて虚勢を, つて街を, つて試験を, つて試驗官の, つて迎への, つて酒火燵あり, つて鑄物の, つて陽気な, つて雨が, つて露骨すぎる, つて風邪を, つて食卓を, つて飲みすぎる, つて鬼番衆と, つて鼻の

▼ 例である~ (137, 0.6%)

6 がこの 5 が, がこれ 4 がその 3 が私 2 かも知れない, から今日, がある, がしかし, がそれほど, がとにかく, が角度, と思う

1 [98件] うちの, かという, かのよう, からあるいは, からここ, からてんで, からヒサ, から以上, から出, から学問, から山奥, から我々, から積極的, から老中, から通称, から連続, がかうし, がここ, がこれら, がさ, がそう, がそのまま, がそれ以外, がともかく, がどうも, がまあ, がまた, がもともと, がよく, がイプセン, がミゾリー河, がラヂオ・ドラマ, が一荘, が九州, が人, が人類, が今, が他, が以前, が何, が前者, が台湾の, が單, が大きい, が孰, が安心, が山奥, が山本鹿洲君, が岩, が故, が日, が明治初年製, が是, が時には, が普通民, が村, が歌道, が海舟, が涙香, が現在, が生活ぶり, が美術, が能, が自然科学方面, が與吉, が藍, が要するに, が近世, が高麗神社, けれども今, ことは, ことを, ご社参, し, ということ, といわね, としてもこれ, とのみ記し, と云いつたえ, と信じる, と同時に, と強く, と知れた, に過ぎない, に過ぎぬ, ので寧ろ, のに, のに今夜, のに仮り, のに伊, のみならず, のを, ようだ, ように, 事は, 従って結局, 或は, 文学

▼ 例~ (104, 0.5%)

6 と思う 4 と思います 3 がその, そうだ, と思ひます 2 からこれ, が, が愛妾, という, といふ, よ

1 [73件] から, からだ, からってその, からである, からサラギ蛇穴, からドイツ語, から伝えた, から俗語, から用心, から諸君これ, から駄目, がうた, がかういふ, がこう, がこの, がこんなにも, がすべて, がなおかつ, がね, がねコミンテルン, がインド人, がスペイン, が之, が今晩, が僕の, が兎, が初めて, が十九世紀, が古今集以後, が吉事, が君たち, が声, が大きく, が失業, が家族, が寄手, が将棋, が引かね, が形, が復員後, が或, が支那, が明治二・三十年代, が普通, が横光利一, が歴史, が海外, が獨人, が男女, が社会運動, が米, が虱, けれどとにかく, し, そうで, つたのです, つたらしい, という風, といはれる, といわれる, とする, と云, と存じます, と思っ, と思はれる, と思ふ, と思われます, と捜査当局, と標高二千五百余メートル, と見れる, と言ふから, のにどう, 癌腫には

▼ 例では~ (104, 0.5%)

12 あるが 5 ないが 4 ない 3 ありません, ないか 2 ありますが, ありませんが, ないかと, ないけれども, ないだろうか, ないでしょうか, ないので, なかった, 七十五日だろう

1 [59件] ありませぬ, ありません権力, あるけれども, あるまいかと, うたてで, うまざけ, この枝, ございますまいか, その内容, その幅, その息子, その日, それが, どんな悪口, ないこと, ないし, ないと, ないという, ない作画, なかろうと, なく小学校, 二世と, 依然として当てられた, 倫理観が, 偏倚が, 偶然に, 劒をも, 千八百メートルの, 同じ南部領, 多分に, 大嘗会, 大姉さまの, 始めからの, 嫌な, 家の, 家内安全と, 幕府が, 明日皆様の, 是等の, 最も早く, 有りませんが, 有るが, 歴史の, 死刑を, 母にだけ, 泰文は, 漢儒が, 犬の, 田畠の, 知られて, 籾の, 職工女工の, 谷崎潤一郎の, 足りないこと, 適切でない, 鎮魂を, 附近の, 隙が, 馬鈴薯の

▼ 例~ (90, 0.4%)

102 ば支那

1 [78件] はゲエテ, ばかの, ばここ, ばインド, ばウイスコンシン州, ばウロペルチス, ばエジプト, ばエジプト教, ばクレーン, ばサイケ, ばサカイ人, ばシフノス島, ばスコットランド, ばセイウチ, ばタナ, ばデンネット, ばドイツ, ばペルシア, ば一, ば一八八五年版クレーン, ば一六七六年マドリッド板, ば一切経中, ば一箇人, ば三徳, ば三浦半島, ば上, ば井上公使, ば井伊直弼, ば儒教, ば元日, ば兎能, ば其得意, ば利益金, ば医神アスクレピオス, ば印度, ば古事記, ば吾子篇, ば問道篇, ば固, ば大, ば奥平, ば宝永七年板, ば実, ば富士山, ば小児, ば彼, ば悪魔主義, ば文政十一年本多近江守長崎奉行勤務中, ば日高郡御坊町, ば水源, ば水軍, ば法律, ば海狸, ば犬, ば獅, ば田辺, ば甲武信岳, ば盗賊, ば確か兎, ば第, ば紀州地方, ば茶, ば薩摩富士, ば蜂蟻, ば西晋, ば西湖, ば西牟婁郡高瀬, ば誰, ば諡法, ば道長公, ば阿, ば隆, ば雄鶏, ば難, ば面首, ば馬, ば駒, ば麻紙

▼ 例~ (85, 0.4%)

26 はない 16 のない 4 がある 2 はなかっ, はなく, は一度

1 [33件] があった, があつ, があります, がござらぬ, がねえ, が一遍, が従来, が無い, さえある, でいつかそれ, にこういう, にぞ折る, にて死したる, にやつ, に何, に劣り, に大麦, はある, はございません, はまだ, はめったに, は古来, は幾多, は最近, は殆ど, は決して, は無い, は聞きません, へない, を此處, を知らない, 又あり, 少なき忠義

▼ 例から~ (62, 0.3%)

4 見ても 3 推して, 考えても, 見ると 2 して, すれば, 推すと, 見て, 見れば

1 [39件] あげると, いえば, いかに人生, いつて, さのみ, すると, つきつめて, ひきはなして, 云えば, 云って, 云つ, 云ふと, 作ったもの, 出発し, 判断し, 古にまで, 同居生活の, 意外な, 押すと, 挙げて, 推せば, 推測する, 推考する, 洩れは, 狩獵用には, 知らるるよう, 知り得るばかり, 知ること, 石原博士が, 考えて, 考へて, 考へねば, 見たら子供騙し, 見ますと, 観察します, 觀察を, 説明すべき, 類推し, 類推すれ

▼ 例としては~ (57, 0.3%)

2 私が

1 [55件] ある別莊, いは, この方, こんな場合, また次, ウェルフリン, トルコの, プラトンの, マルサスの, ルクレチウス, ワグナー的精神に, ヴァン・ダイン作, ヴェーバーを, 三角測量の, 先に, 先年南アフリカの, 共に云う, 再び米, 割れ目の, 北津軽の, 博士の, 台湾の, 同氏所蔵文書に, 吾, 和漢の, 堺の, 壱岐では, 大進生昌, 孰れ, 小早川氏も, 市河米庵巻菱湖貫名海屋長三洲日下部鳴, 彼は, 徳川時代の, 応徳二年の, 成都や, 或る, 或時麹町, 新しい住宅建築共同組合, 日活トーキー, 明応七年の, 明治二十九年六月十五日の, 朝鮮を, 東では, 津田左右吉氏の, 生物の, 百二十五人の, 相撲甚句にも, 神功紀, 神功紀住吉神出現の, 第四行, 聖武天皇を, 苔虫の, 菅江真澄翁の, 遅れて, 隋末の

▼ 例でも~ (51, 0.2%)

5 わかるよう 4 判るよう 2 わかるとおり

1 [40件] あります, あり野, ある, あるが, いくらかは, おおいよう, そんなに重大, なお言い足りない, なかった, またはもっと, よくわかる, わかりましょう, わかると, わかるの, わかるやう, ファッショ化した, 一等多数を, 分かるし, 分って, 分る, 分るごとくすでに, 分ろうと, 同様で, 地球が, 官軍の, 察せられるごとく山の上, 挙げる気, 明らかである, 構わんくらい, 気がつくよう, 知られる, 知り得よう, 知れる, 知れる事, 素直にの, 見られるとおり, 見られるよう, 訣る, 證明される, 鮮肉を

▼ 例~ (47, 0.2%)

5 やうの 3 それが 2 ばかの, ませうか, やうも

1 [33件] お前が, この手記, ずには, その爲め, たのも道理, たらい, ていへ, ていへば, どのやう, ばい, やうが, られぬほど, んに, 一點でも, 今周囲の, 低くても, 何んにも, 來ても, 実の, 小説は, 己れ, 文化の, 東京に, 漸進主義的方法を, 現状觀の, 男に, 知つてゐ, 短かい, 祕密でも, 自分が, 表面の, 話を, 谷中村を

▼ 例です~ (40, 0.2%)

2 から私, が, けれども鳩, よ

1 [32件] からその, からな, からね, から先生, から必ず, から警察, がこういう, がすべて倫理的意義, がそれ, がとにかく, がどうか, が之, が二三, が仮り, が女, が女子供, が客, が少く, が山本有三氏, が崇拜, が明治二十九年頃, が映画, が歌, が満, が現住者, が開化, けれど五十哩, けれど男, しかし私, と僕, ね, わたくしも

▼ 例であった~ (38, 0.2%)

2 からである, がこの, がこれ, ように

1 [30件] から, から一般人, から夕飯, から父, から特に, がある, がいつも, がその, がそれ, がどうか, が亮作, が今年, が今日, が相手, けれどもおでん屋, といい, という, ということ, といっ, と云い, と私, によって後に, に相違, ので, のに先生, のを, ものか, ものが, 其日の, 湯島から

▼ 例には~ (38, 0.2%)

1 [38件] あらねど, いっこうそれ, いるだろう, いる様, したくないの, その翌日, とられて, ないこと, ならない, ならないから, ならないと, ならぬが, ならぬの, なる, なると, なるの, もれない, もれないの, もれなかった時, イツルビデ, ペルシア王キルス, ボナパルトが, 一度も, 今でも, 入つて, 再三出っくわし, 及びも, 夢中遊行という, 大和宮廷の, 女子教育家であっ, 度々遭遇, 思い出される人, 或は他人, 日本人の, 歌を, 私の, 私も, 親と

▼ 例~ (35, 0.2%)

13 のである 3 んです 2 んだ

1 [17件] のさ, のだ, ので, のであっ, のでありまし, のできい, のでけふ, のでこの, のでございます, のです, のでそう, のでその, ので俺, ので孔明, ので御用祭, ので繰返し繰返し納得, のにまだ

▼ 例により~ (35, 0.2%)

2 小鳥の

1 [33件] すぐ肺炎, そのノート, てかの, てこの, とんだ脱線, ひとりで, トリの, 一色右馬介が, 三十部, 上野より, 不参に, 僕は, 十二時間眠りました, 十何冊が, 塩を, 外苑に, 夜会服姿の, 扱いかたは, 推測する, 斗満川の, 日限とか, 検束の, 歓喜の, 物足りなかった, 珠算と, 私は, 空を, 結論だけを, 臥床を, 起床消灯つけよう, 陸地測量部二十万分の一の, 電話で, 黄色い舌

▼ 例~ (35, 0.2%)

2 が多く, を一々

1 [31件] が頗る, して, するもの, だけを擧げ, である, として戸外, として田舍, として認識, として飽く, によつて疑惑, によるとき, に乏しから, に唄, に引きなす, に擧ぐること, に擧げ, の明示, は他, は恐らくは, より探, を僅, を左, を得た, を挙げる, を提供, を擧ぐる, を擧げ, を擧げる, を擧げれ, を擧げ得ます, を擧示

▼ 例もの~ (34, 0.1%)

3 通りの 2 やうな, やうに

1 [27件] ところに, ように, ハシャギ声で, 事ながら, 低い聲, 如く藺草, 婢が, 洞喝だろう, 滴るやう, 藤井何とかいふ, 補祭らしい, 西洋風の, 軽い調子, 輕い, 通り兩方の, 通り宅に, 通り暗い, 通り望月が, 通り正午近くにな, 通り父の, 通り空家の, 通り肚で, 通り起った, 通り足音も, 連中が, 鞄を, 鰹節で

▼ 例であっ~ (29, 0.1%)

2 てこの, て彼

1 [25件] ていわば, ておよそ, てこういう, てずっと, てそう, てその他, てめったに, て之, て人, て今, て今日一通り, て儒教道徳, て元来, て同じく, て土台, て外, て好まざる, て最初, て特殊, て真理, て被害者, て近世, て鉄瓶, て随分, て鯛

▼ 例を以て~ (26, 0.1%)

4 しても 2 推すに

1 [20件] これに, した, するならば, せむと, 人に, 侍階級の, 個人作家の, 凡人に, 多くの, 掩うべ, 法隆寺をも, 示して, 科学は, 言ひまする, 言へば, 証明されね, 説明し, 説明します, 説明しますなら, 説明せられる

▼ 例にも~ (25, 0.1%)

1 [25件] ある, あるよう, ある如く彼此, いう, およぶ異種, すべき志, するが, ない, なりまた, なること, なる山鳥, なろうという, はなはだ稀, まざまざと, 何にも, 何の, 医者が, 及んで, 古文の, 増して, 此考へが, 物理現象に, 見たこと, 違いなかった, 違ひなかつた

▼ 例之ば~ (25, 0.1%)

1 [25件] おん身は, こんな語, わたしなんぞに, セルギウスには, パウロウスク又は, 人間なんぞは, 今の, 公爵に, 午吸物摘入小, 印度の, 和行の, 哲學者の, 國で, 坐に, 学科は, 弟汝, 文部省で, 本居, 氣の, 津和野にを, 畜生と, 筆法を, 茲に, 蘭軒は, 行李巻煙草入折鞄その他種々の

▼ 例ある~ (22, 0.1%)

2 を以て兼

1 [20件] かも知れぬ, がごとし, ことは, にや, に反し, のみ, のみである, のみ英人, は第, やは極めて, をおも, を常, を聞かぬ, を聞く, を見, を見れ, を見出した, 事位は, 官府の, 物の

▼ 例なき~ (21, 0.1%)

4 に非

1 [17件] がため, が如し, が故に, ことなりける, ことの, にあらざれ, にあらず, にもあらぬ, 克己と, 吝嗇者にて, 喜びを, 安楽な, 手段に, 新意匠, 溪に, 美目を, 莫大の

▼ 例について~ (21, 0.1%)

2 語ること

1 [19件] いうと, まちまちである, みても, 吾人は, 基準の, 少し不, 心から同感, 物を, 理想と, 確証され, 考えて, 考えると, 考へて, 見るも, 言えば, 言っただけ, 証明しよう, 論議せね, 起こる疑問

▼ 例へて~ (21, 0.1%)

6 云へば 2 見れば

1 [13件] これを, みると, みれば, 云つたのさ, 云つて見れ, 云ひます, 云へ, 冬籠り, 居り肉體, 木の葉に, 見ると, 言へば, 話せば

▼ 例であり~ (20, 0.1%)

2 この時, 私も

1 [16件] あの地方一帶, さらに平将門, そこでは, そのやられ, たといこれ程露骨, ヘッケルの, 又ベーコン, 同時にこれ等, 大阪の, 天明三年六月に, 少し離れ, 尼の, 山路主, 紫色の, 草屋根を, 阿倍仲麿が

▼ 例にとって~ (20, 0.1%)

2 見ると

1 [18件] いいかも, いえば, わたしを, 一年間の, 云えば, 何故彼, 唯物論は, 団体動物の, 日本料理という, 見たらどう, 見ても, 見る, 見れば, 言うならば, 言えば, 話そう, 説明した, 説明すれ

▼ 例あり~ (18, 0.1%)

2 や否や知らず

1 [16件] か, かかる訳, てこれ, てよめる, とこそ思ひ, とも月夜, やすこぶる, やと問い, モーゼの, 伊太利説話に, 勝者は, 南亜弗利加の, 埃及説話に, 太古民族の, 露西亜の, 露西亜説話に

▼ 例少なから~ (18, 0.1%)

1121 ずそれ, ずと, ず予, ず或, ぬ今日

▼ 例などを~ (17, 0.1%)

2 見ると

1 [15件] お引き, ひき, 参照し, 引いて, 引くまでも, 引合に, 思いどの, 思い出して, 思い合せると, 持ち出し彼等, 挙げた, 擧げた, 比較し, 物語ると, 補足し

▼ 例より~ (17, 0.1%)

1 [17件] また美術史, 余程長く, 冴え冴えしい, 寒いよう, 少し遅く, 帰納する, 彼の, 後れたから, 推せば, 早く二階, 玉子を, 知らない, 考ふれ, 酒甘し, 長く又, 青く見える, 餘程長く

▼ 例~ (17, 0.1%)

2 と云

1 [15件] という称, と称えた, と称した, に, には總説, に開列, の中, の八虐中, の初め, の十惡, の始め, は其儘, を加へた七律, を置いた, を見まする

▼ 例にな~ (16, 0.1%)

10 つてゐた 2 つて居た, つて居ります 1 つて居り, つて居りました

▼ 例によっての~ (15, 0.1%)

1 [15件] だいこの, やんちゃな, 云いかた, 出鱈目です, 功名心に, 地団駄を, 大叱責, 御定連, 懐手冬次郎は, 甲州街道を, 病気の, 祝祭に, 覆面の, 長広舌小山も, 風来坊漫然と

▼ 例なる~ (13, 0.1%)

2 に, よしなり 1 が我, ことを, に妾, に我等, ものが, もの天來し, キリスト教徒すら, 衣裳を, 詰襟の

▼ 例なれ~ (13, 0.1%)

2 ばなり

1 [11件] ども入信, ども其故, ども諭吉, ど古代, ど舟, ば一鍋, ば外国人, ば婦人, ば庄太郎, ば昼飯, ば言

▼ 例~ (13, 0.1%)

1 [13件] どうでしょう, ば話を, へば妄り, へば星, へば消化, をフローベール, 世間の, 刃物を, 探偵小説には, 月並な, 艶なる, 芝居が, 鐵の

▼ 例かも~ (12, 0.1%)

3 しれない, 知れない 1 しれないから, しれないが, しれないし, しれぬが, わからない, 知れませんが

▼ 例しも~ (12, 0.1%)

2 ない 1 ありエキリブリスト, あること, あるぜ, あるまい, すくなかつた, ないので, ないよう, なく問えば, ねえだよ, よくある

▼ 例とも~ (12, 0.1%)

1 [12件] いうべき事, いえよう, いえるよう, なり, なるべければ, 平安時代の, 相成る故, 考えられる, 見られるでしょう, 見られるの, 見る可, 認められるの

▼ 例なども~ (12, 0.1%)

1 [12件] あったの, あって, あるそう, あるので, お胸, ここに, 其固定した, 平生の, 意に, 解釈の, 読む, 近頃ミス

▼ 例なら~ (12, 0.1%)

2 調戯半分に 1 いや女房, ば中, ば外, ば存在, ば寝間着, ば後世, ば方々, んも, 幾らでも, 彼の

▼ 例よりも~ (12, 0.1%)

2 早目に 1 すみやかに, 凄まじく響いた, 女は, 手際よく, 早く鎖, 更に悩ん, 炉の, 盛んで, 長く炬燵, 青く見える

▼ 例さえ~ (11, 0.0%)

6 ある 1 あるの, あるん, みえて, 稀には, 記されある

▼ 例であります~ (11, 0.0%)

1 [11件] がそういう, がその他, がたとえば, がはっきり, がもう, が人事, が凡て, が出来る, が又, けれどもインド, 今の

▼ 例をも~ (10, 0.0%)

1 ならべたてながら, 彼女は, 思ふべし, 思わないの, 持ちながら, 持つて, 挙げること, 生じて, 見よ, 谷君は

▼ 例だけ~ (9, 0.0%)

2 あげるが 1 あげれば, だけれども, であるが, です, では, とってもこうです, 挙げて

▼ 例~ (9, 0.0%)

1 うたてと, また近ごろ, また類似, ローマの, 先例や, 少しも, 或いは日頃, 醜い看板, 馬琴の

▼ 例~ (9, 0.0%)

1 として引用, について季題, によりて知る, の上, は何等, は固, は多, は引く, をあげましょう

▼ 例多く~ (9, 0.0%)

1 あること, タイラーの, 南船北馬の, 庚申講を, 引いて, 挙げて, 秀郷が, 韋善俊は, 馬頭観音として

▼ 例という~ (8, 0.0%)

3 ことが 2 のは, ものは 1 のが

▼ 例としても~ (8, 0.0%)

1 みること, 不可能事である, 日常これに, 明治の, 朗かに, 自由詩の, 観察し, 都會文化の

▼ 例など~ (8, 0.0%)

2 見ても 1 ある, あるもん, ひき芸人, 挙げて, 案外たくさん, 至極不思議

▼ 例によつ~ (8, 0.0%)

2 て私 1 ていく, てそれ, て之, て何, て僕, て彼

▼ 例~ (8, 0.0%)

2 方だ 1 方, 方で, 方という, 方に, 方仙波阿古十郎と, 方撰要方兼帯という

▼ 例する~ (7, 0.0%)

2 に浅野セメント会社 1 にあたかも, に日本, に甲, に老, やうに

▼ 例だった~ (7, 0.0%)

1 かも知れぬ, から, からです, が相, けれどその, と思う, と言やあ

▼ 例だつた~ (7, 0.0%)

2 がこの 1 がプーチヤチン, が私, が風向き, ことは, のでそんな

▼ 例とは~ (7, 0.0%)

1 ちがって, ならず, なるかも, 事情を, 全く反対, 別な, 違って

▼ 例にて~ (7, 0.0%)

2 相分り 1 上方は, 知らる, 知らるるごとく犬, 言現はせるなら, 音響の

▼ 例ばかり~ (7, 0.0%)

1 であった, であつ, ですから, でなかったこと, では, なの, 見れば

▼ 例へは~ (7, 0.0%)

1 世間にて, 人間の, 吾人か, 病氣を, 病氣を以て, 病苦を, 背反連合とは

▼ 例しがない~ (6, 0.0%)

21 から自分, にも拘らず, のだ, ほど平民的

▼ 例よりは~ (6, 0.0%)

2 早く司令部 1 壁が, 少し小, 少し遅く, 忙が

▼ 例~ (6, 0.0%)

1 他ナラズ, 依ッテ彼女, 依ッテ忽チ左手, 依ッテ悪口, 依ッテ汗ガビッショリ出ル, 非ズ

▼ 例多し~ (6, 0.0%)

3 築地の 1 とウット, と記し, 一々註せず

▼ 例~ (6, 0.0%)

1 がある, をつくり居る, を上げる, を挙ぐる, を挙げる, を擧ぐる

▼ 例甚だ~ (6, 0.0%)

3 多し 1 多いが, 多いもの, 多く就中外妾

▼ 例あれ~ (5, 0.0%)

1 ど馬, ばなり, ば参考, ば梵授王, ば穴勝不可

▼ 例であろう~ (5, 0.0%)

1 か, とおもう, と思います, と思う, と私

▼ 例なく~ (5, 0.0%)

1 かかる任, も昂りけれ, 何とも情けない, 格式門閥を, 齡六十に

▼ 例などは~ (5, 0.0%)

1 ないので, めずらしくない, 一ぺんも, 間違えた信仰, 随分烈しい

▼ 例によっても~ (5, 0.0%)

1 その一斑, わかるよう, マルクス主義的出版が, 明らかに, 確かである

▼ 例はなはだ~ (5, 0.0%)

4 多し 1 多きは

▼ 例をと~ (5, 0.0%)

1 つても, つて化粧法といふ, つて居ります, つて見, 思ふの

▼ 例~ (5, 0.0%)

1 え今嫩, そんなこと, ば錆びた, 如何なる事情, 如何なる名説

▼ 例即ち~ (5, 0.0%)

1 この亡邸, 住家を, 嫉妬の, 編年體が, 鉄道唱歌や

▼ 例~ (4, 0.0%)

1 へ, へある, へ明らか, へ珍しく

▼ 例しがなかっ~ (4, 0.0%)

31 たとさえ

▼ 例すれ~ (4, 0.0%)

1 ば仁, ば植物園門前, ば県治, ば英語

▼ 例だけでも~ (4, 0.0%)

1 かう観て, 十分調査し, 私の, 驚くべき程

▼ 例だけを~ (4, 0.0%)

2 見ると 1 とって, 引けば

▼ 例といふ~ (4, 0.0%)

2 文字をば 1 ものが, ものは

▼ 例ならず~ (4, 0.0%)

2 二月廿五日太宰府に 1 疾く起きい, 繁き車輪

▼ 例なり~ (4, 0.0%)

1 ければ, こはいふまでも, しかももっ, 研究的態度を

▼ 例にと~ (4, 0.0%)

1 つたのは, つていう, つても, つて見ませう

▼ 例によりまして~ (4, 0.0%)

1 あなたの, 例の, 梶子殿には, 霊媒の

▼ 例へれ~ (4, 0.0%)

1 ばあの, ばい, ばその, ば音無

▼ 例ほど~ (4, 0.0%)

3 燦か 1 永く記憶

▼ 例~ (4, 0.0%)

1 という意味, を発布, を称する, を総括

▼ 例多き~ (4, 0.0%)

1 こと, はインド, も鼠, ゆえ

▼ 例少から~ (4, 0.0%)

31

▼ 例~ (4, 0.0%)

1 が月々, が赤坂, に來, を開く

▼ 例~ (4, 0.0%)

1 が省略, しよう, する如く蕪村, に役立つ

▼ 例うる~ (3, 0.0%)

1 にもの, に水道, のほか

▼ 例~ (3, 0.0%)

1 ある, この日, 語感は

▼ 例からも~ (3, 0.0%)

1 云われるであろう, 祭木にく, 私は

▼ 例これ~ (3, 0.0%)

1 ありと, は相当, を大きく

▼ 例すら~ (3, 0.0%)

1 ある, あれば, 少ないのに

▼ 例でした~ (3, 0.0%)

1 がこの, が士気振興, が後世

▼ 例としての~ (3, 0.0%)

1 京都旧, 自己に, 興味を

▼ 例などが~ (3, 0.0%)

1 多い, 挙げて, 逆に

▼ 例にとっても~ (3, 0.0%)

1 そういう社会的, わかります, 同じ事

▼ 例による~ (3, 0.0%)

1 ものである, 太平記調では, 証明は

▼ 例に従って~ (3, 0.0%)

1 公学校で, 法要の, 霧社公学校では

▼ 例のね~ (3, 0.0%)

1 え手前, え手前ぢ, 書き割り

▼ 例のみを~ (3, 0.0%)

1 云つた, 引いて, 擧げたの

▼ 例ふれ~ (3, 0.0%)

1 ば佐藤春夫氏初期, ば窓辺, ば馬背

▼ 例また~ (3, 0.0%)

1 一つ, 同じオウィディウス, 少なからず

▼ 例まで~ (3, 0.0%)

1 あつて, くらべて, 挙げて

▼ 例~ (3, 0.0%)

1 である, という土地, に対する語

▼ 例多けれ~ (3, 0.0%)

1 ど大抵, ばさて, ば妓家

▼ 例~ (3, 0.0%)

2 かりしに 1 き死を

▼ 例少し~ (3, 0.0%)

1 といふ, との説, と言

▼ 例かと~ (2, 0.0%)

1 思うが, 覚えまする

▼ 例しか~ (2, 0.0%)

1 挙げて, 挙げてないが

▼ 例した~ (2, 0.0%)

1 ところの, は以前

▼ 例じゃ~ (2, 0.0%)

1 ないか, ないかと

▼ 例たる~ (2, 0.0%)

1 に過ぎぬ, を得可

▼ 例でございます~ (2, 0.0%)

1 がそういった, しその

▼ 例でない~ (2, 0.0%)

1 か, ことを

▼ 例ながら~ (2, 0.0%)

1 うぶ毛の, おかしく聞い

▼ 例なし~ (2, 0.0%)

1 といふ諺, とせず

▼ 例なりと~ (2, 0.0%)

1 云ふ, 質朴に

▼ 例なるべし~ (2, 0.0%)

1 といへ, と思ひき

▼ 例において~ (2, 0.0%)

1 我々の, 西行の

▼ 例における~ (2, 0.0%)

1 所有者の, 接続点は

▼ 例については~ (2, 0.0%)

1 例えば松坂屋, 偏倚が

▼ 例についても~ (2, 0.0%)

1 前に, 狸の

▼ 例にとっては~ (2, 0.0%)

1 失礼かも, 悪いが

▼ 例にまで~ (2, 0.0%)

1 なった, 書くの

▼ 例のり~ (2, 0.0%)

1 こうげに立ち去ろう, こうそうな

▼ 例はか~ (2, 0.0%)

1 たぐ, づらく

▼ 例はを~ (2, 0.0%)

1 ちなし, つと同じ

▼ 例ばかりを~ (2, 0.0%)

1 持つもの, 挙げたから

▼ 例へたり~ (2, 0.0%)

1 した, 軒先に

▼ 例へる~ (2, 0.0%)

1 となんで, にもこんな

▼ 例までに~ (2, 0.0%)

1 明治編年史の, 記して

▼ 例までも~ (2, 0.0%)

1 引き出して, 示した

▼ 例もは~ (2, 0.0%)

2 自転車に

▼ 例一つ~ (2, 0.0%)

1 でおれ, 挙げんに

▼ 例~ (2, 0.0%)

1 の一つ, の百三十例

▼ 例令其~ (2, 0.0%)

2 れが

▼ 例以外~ (2, 0.0%)

1 に此神, はまるで

▼ 例境界~ (2, 0.0%)

2 のウネ

▼ 例多かっ~ (2, 0.0%)

1 たはず, たもの

▼ 例~ (2, 0.0%)

1 の赦帳の, や捕物控

▼ 例~ (2, 0.0%)

1 すべし, や分類

▼ 例~ (2, 0.0%)

1 うるに, ふるに

▼ 例枚挙~ (2, 0.0%)

1 にいと, に遑

▼ 例~ (2, 0.0%)

1 に比し, のふたつみつ

▼1* [254件]

あったものか, 例あらざるも五蠧顯學諸篇, 例あらゆる人倫的交渉の, 例あらんや, 例ありきといふ, 例ありしを聞きませぬ, 例ありゃへんがな, 例あるいはそれ以上か, 例あるべき世にも, 例い知ってい, 例かう言ふ, 例かは知らぬが, 例かや浅木様の, 例からでも証明し得られる, 例からは一番普通, 例かれこれあれども, 例がいはの媛, 例こういう二方面から, 例ことに多い, 例このほか乏しから, 例さえもあった, 例さらにまた不明瞭, 例しだが熊井熊五郎, 例しなかったことであろう, 例しなきこととて, 例しなくまた人, 例しなく戦わずして退いたる, 例しのなかつた区域な, 例しばしば聞くところ, 例や無い, 例じゃから何も, 例すくなからざれば, 例すこぶる多く本邦, 例すでにかくの, 例せんに未だ, 例そっくりじゃな, 例その死神が, 例そのものが勝手, 例だけが現在は, 例だけで説を, 例だけはわかる, 例だったら或いは近年米国, 例だつてある, 例やない, 例でありまして私, 例でありましたけれどその, 例であるいづれも崇敬, 例であるべきのにこの, 例でかうボケちやア木村は, 例でございましてこんな, 例でござるよ, 例でしてなつまり, 例でしかない, 例でしょうかな, 例でだけ比較を, 例でなかったらあなたも, 例でなくあしたの, 例でなければならない, 例での一定容積内の, 例でをんな, 例といへよう, 例とちがひ, 例とても私に, 例とでも申しましょうか, 例となつて宗右衛門の, 例ほりでない, 例どおりに院司, 例なかりし太政大臣の, 例なぞに鑑みて, 例などで見ると, 例などとこじつけた記事, 例などにこうした連想, 例などにも前代の, 例などの救済は, 例などものつてゐた, 例なほその外, 例ならぬ重荷を, 例なら破ったらどうだ, 例なりきといふ, 例なりしなり, 例なりもって他, 例においては交換者, 例におけるが如く百名, 例にかはらぬ温顏, 例にさえなった, 例にたいして生まれつき敬意を, 例にても分かるであろう, 例にでもならおうと, 例にのみ在る語, 例にはかような, 例によってだけでもわかる, 例によってと笑って, 例によってとは今更解釈, 例に対してもほとんど信用, 例に従い産婦の, 例に関する限界が, 例のうすもも色の, 例のぐらいで土地の, 例のけだものの, 例のぞろ, 例のてだ, 例のとかあのとかといふ, 例のな承知でも, 例のに參り, 例のになつてゐやしない, 例ののツそりした, 例のぶあいそな口ぶり, 例のぶきみな声, 例のぶざまなやつ, 例のみ多くしかも, 例のみから類推し, 例のみについて述べたので, 例はめつたにない, 例贅沢を, 例ば書方を学ぶ, 例万分の一にも, 例へてもいい, 例への如くなれば, 例へや面白い比喩, 例へわづかでも, 例ましてや家を, 例または嘉礼が, 例みたいなもの, 例もござりますれば若, 例もしくは第二例, 例もながら慓輕な, 例ようも無く美しかっ, 例よくわかります, 例らしいと話した, 例らしく思はれるので間違ひで, 例をかぞうれば, 例をさえ知った者, 例をずつと皆擧げ, 例を以ても知らる, 例アエネアスの侶等, 例アドバルーンの如き, 例インドのゴンド人クル人, 例ウーズ州に最も, 例エバ奈良唐招提寺金堂ニ保管セラレアル千手観音立像ハ四十臂ヲ有, 例エバ明治三十九年東京市下谷区御徒町仁愛堂発行ノ, 例ギリシアの海大神ポセイドン, 例サツピラとその, 例ナルセスを一軍, 例ナレドモ今年ハ珍シク冬籠リノ客多数居残リヲレリ, 例ニヨリ嫉妬ト感謝トノ相半バスル気持, 例他ニ, 例バルバリとバルベリニ, 例フエロスとフエゴス, 例ヘハ暹羅比律賓印度阿富汗, 例ヘバ巡査ガ生活權利ヲ主張スル時ハ其所屬タル内務省ガ決定スベク, 例ヘバ濠洲ヲ取得シタル時其, 例モスクビンがよい, 例破ッテ夫婦生活ニ関スル記載ガ頻繁ニ, 例万葉に甚だ, 例三ヶ條を次に, 例三木清戸坂潤など, 例三木清氏私など, 例世に少からず, 例中婦人の犯罪, 例をすまし, 例なからず, 例甚多し, 例令力が消え失せた, 例令品物が有, 例令国を滅, 例令此創業の一年, 例令自分がよからうとい, 例令親の言葉, 例令遠山は雪, 例令養子に行く, 例は何, 例何故モスクヴィンの, 例して, 例北海道のみに多く, 例及び懶惰の, 例古在由重氏, 例各可進子息由召仰可然, 例四五だけを紹介, 例国史に著, 例圖中上の中央, 例報告して, 例外れに大きく, 例多いが本邦, 例女房が見つけ, 例學生の燈下研學, 例官報公報ラジオの類, 例になっ, 例定義については結論, 例からざる, 例少なしとしない, 例からず, 例としてきた, 例并びに北陸, 例広尾車庫百五十人もいた, 例如此過, 例彰考館総目録, 例從つて淺慮と盲信, 例愛郷心及営利心を利用, 例或はそれより, 例所詮は手, 例折紙ニ書之, 例推するに本邦, 例推移については別の, 例り書き集めた多く, 例明日にも知れん, 例の諫言立て, 例更にまた不明瞭, 例之候, 例有右荒山原, 例本名のばれた, 例本所の脚洗い屋敷, 例格式の八釜, 例の如し, 例武者押しの声, 例んど, 例はペトロス, 例決して少なからず, 例拒む術, 例法例之名, 例漁夫の流, 例之お, 例無きにあらず, 例爆発物取締規則とともに華族令, 例牡丹が咲いたら, 例さ髮, 例独占封建制などは労働, 例少なからず, 例されて, 例程伯淳山に遊ん, 例二は, 例等すべて法律的に物事, 例素よりこれ無き, 例者五刑之体例, 例聖書に多し, 例自分は合羽, 例至って少ない, 例芳賀博士の攷証本, 例若し久受なら, 例若干を集め, 例藤原定氏の類, 例くすから, 例要義がある, 例解しそしてそれ, 例として記され, 例証文なしで借り, 例邦に, 例を私, 例転化して, 例かに男, 例要新編, 例集中に少から, 例非常に少なく, 例頗る多し, 例鹿や猿