青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「伯父~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~伝わっ 伝わっ~ ~伝統 伝統~ ~伝説 伝説~ 伯~ 伯母~ 伯爵~ ~伯父
伯父~
~伴 伴~ ~伸ばし 伸ばし~ ~伸び 伸び~ ~伸子 伸子~ ~似 似~

「伯父~」 3499, 32ppm, 3606位

▼ 伯父さん~ (899, 25.7%)

10 の家 9 の先生 7 が, のお話 6 と一緒, のところ, の方 5 だという, のよう, の御, はそう, はそれ 4 でも, というの, の厄介, の顔, は

3 [15件] がおいで, が何, が口入れ, が自分, だった, につれられ, に頼る, の声, の所, の話, はあれ, はそこ, はその, も伯母さん, を仲人

2 [60件] がそう, が呼んだ, が有る, が死ん, が殺され, が煙ったい, が訊いた, さ, さえ得心, だ, だと, だの伯母さん, です, ですか, と一處, なん, にお, に叱られた, に言, のいう, のおっしゃる, のお家, のお寺, のこと, のさしいれ, のなどと皆, のやう, の事, の側, の処, の前, の姿, の店, の形見, の悪口, の水力電気, の病気, の病氣, はいつも, はでも, はどうしても, はひどく, はもう, はよく, はニコニコ, は吝, は帰った, は年, は時々, は椅子, は死んだ, は父さん達, もそう, や伯母さん, や友三郎さん, や吉さん, をゆるし, を便っ, を殺す, を鉄砲

1 [638件 抜粋] あの多右衞門さん, あんじよう, おあぶのうございます, おね, お達者, お頼み, かえ, かと思ったら, かね, からお, からかっ, からのお話, からの手紙, から五百円, から別荘, から厭厭乍ら世話, から呼ばれる, から学費, から届いた, から手紙, から正当, から聞いた, から買う, かパパ, か牧田, がありまし, がある, があれ, がい, がいい, がいけない, がいつも, がいなけれ, がいまあそこ, がいま甲州, がお, がおっしゃった, がお前, がかう, がその, がそんな, がで, がどっか, がどなった, がまた, がやつ, がよく, がわざわざ, がホヽヽヽヽヽ姉さん, が下総, が云った, が亡くなつた, が亡くなれ, が先, が先ず, が出, が前, が卓子, が南さん, が去る, が地球, が大きな, が奥, が官軍, が尾崎さん, が帰られたら, が御, が悪い, が我々, が早く, が明治, が東京, が橋, が此方, が此頃家, が殺された, が父さん, が父さん達, が璽光尊, が着きました, が種あかし, が腎臓, が裏, が襖, が西川さん, が西荻窪, が親許, が言った, が話した, が負担, が足, が連れ, が達者, が重役, きいて, この世の中, この聖降誕祭, じゃあねえ, じゃない, じゃ不, そうな, そうぷりぷりしなさん, そのトックリバチ, その神尾様, そんなこと, だから, だけは頭, だし, だぞ, だって, だってやかましい, だって顔, だなあ, だなんて, だもの, だよって, ちだの, てえな, であるマデイラ, でございますか, でしたから, ですね, でで, では, でめんどうくさ, というもの, というよう, といっしょ, といったら, とお, とお祖父さん, とかいう人, とかいふ方, とか従兄弟, としていつも, としての姿, とっても品行, とでお世話, とでも呼びかけたい, とで悉皆, との兄妹仲, との関係, とはこれから, とは決して, とんだ事, とチビ公, と一処, と云う, と会, と伯母さん, と兄さん, と兵隊さん, と同い年ぐらゐで, と同じ, と呼ん, と喧嘩, と大, と尊敬, と技師連中, と母, と相談, と答える, と談話, と謂われたる, と長い, と飲, どうしてこんな, どうぞお, どうです, どうなすっ, なぞはすぐ, なぞは直ぐ, などもお茶屋遊び, なら頼みたいこと, なんかありゃあ, なんかがお母さん, なんかが承諾, なんかここ, なんて言わない, にあげよう, にあん, にお前, にさそわれ, にしろ, にそう, にそれだけ, にだかれ, について行け, にでも世話, にでも云っ, にとってひどく, にはうまく, には大変, には持つ, には相すまん, には相応遠慮, には自然, にまで見放された, にもよう, にも伯母さん, にも宜, にも狂人, に会っ, に促され, に具合, に助け, に口伝, に叱られる, に寄越し, に対してもぼく, に対して済まない, に当る, に往, に御, に心配, に怒られちゃった, に托, に押しつける, に持ち出した, に持合, に映画会社, に監視, に睨まれる, に種々, に聞いた, に聲, に背く, に話, に話し, に話したらしい, に贈り, に逆, に逢う, に連, に重々, に金, に附, に附い, に頼まれた, に頼ん, に馴染, のあんた, のいった, のうち, のお, のお許し, のできる, のねスクル, のは十分の一, のまんじゅう笠, のスクルージ, のナイフ, の一味, の上京, の中村寿三郎, の云, の今, の代, の仲, の住ん, の先生名刺, の先生狼狽, の入歯, の判, の力, の半, の半兵衛, の名前, の喇叭, の回り場所, の大きな, の娘, の娘さん, の宿, の尋ねる, の幽, の床屋, の役, の御覧, の心持, の応用, の惡巧み大事, の手, の手紙, の拵えた, の料簡, の昔, の時間, の本当, の油, の法事, の爪, の病院, の監督, の知合い, の総, の聲, の胸, の言う, の許, の註文, の話し, の謎, の身寄り, の車窓近く, の遺産, の遺産相続, の部屋, の金米糖, の金鎖, の頭, の餞別, の髮, はあっけ, はいいました, はいくらでも, はいったい, はいつ, はおま, はきっと, はきつ, はここ, はそこでまた, はそそっかしい, はその後二回上京, はたしかに, はだまっ, はどう, はなか, はなかなか, はなにか, はなる, はな病気おし, はにこにこ, はのそのそ, はぶりぶり, はまた, はもう一度, はやすん, はやっとこさ, はやっぱり, はニコ, は一人, は一度, は一生懸命, は三藏, は上機嫌, は乃公, は今, は今日, は体, は何故, は僕, は元来他人, は内, は助手席, は友三郎さん, は吝嗇, は吝嗇漢, は呉れ, は喫驚, は土手, は変, は外出, は夜の目, は大変乃公, は大変吝嗇, は子供ら, は尚, は尻尾, は尾崎さん, は帰りがけ, は店, は度胸, は彼方, は待っ, は心配, は恐ろし, は恐ろしくっ, は息子, は成功, は打ちどころ, は技師連中, は日増, は未だ, は止せ, は水練, は無, は無罪, は父さん, は牛込名代, は町, は病みつい, は相変わらず, は研究室, は秀子, は私, は立っ, は章坊, は笑った, は絵書き, は胴忘れ, は能, は自分, は若い, は藤代, は蜂, は被害地, は角町, は言った, は詩人肌, は警察, は躯, は近所, は返事, は酒, は酔ってる, は金, は金持, は頷いた, は餓え死ん, は驚いた, へ, への義理, へ持っ, へ掛合った, へ行く, まあどうすりゃ, まで引っ張っ, もいい, もいられる, もいる, もう大丈夫, もう迚, もう酔, もお前, もこの, もすこし, もつい, もなかなか, もみんな, もオヤ伯母さん, も一緒, も一行, も伯母, も僕, も友伯父さん, も吉さん, も呼ばれ, も大事, も好き, も家庭, も居る, も悦ん, も折れるだろう, も此処, も父さん, も町, も義理, やあの, やお婆さん, やずっと, や叔母さん, や爺, よ, よりは大事, わかりました, を, をありがたい, をさがしだし, をもってはいます, を乗せ, を助け, を怒らせ, を思いだした, を怨ん, を悪く, を捉, を殺し, を殺そう, を瞞着, を見返っ, を訪れる, を誇大妄想狂, を頼っ, を頼つて, を魚屋, 一方ならない, 又は牧田, 好いお, 寄て, 早く心配, 最う少し, 総兵衛, 老夫妻, 聞いたがねえ, 見たいな, 見なくっても, 言うの, 賢いよ

▼ 伯父~ (662, 18.9%)

22 家に 9 ところへ 8 家の, 家へ, 家を 6 顔を 5 ことを, ように, 処へ, 家は 4 所へ, 手紙を

3 [13件] 仕合せ私の, 処に, 勝義が, 声が, 姿は, 手を, 方は, 留守の, 肩に, 言葉を, 許へ, 跡, 顔は

2 [50件] あとを, うちに, おめかけ, ことは, ところで, ところに, 一人が, 世話に, 世話は, 事其葬式の, 代理で, 会社に, 前へ, 名が, 妾であった, 姿が, 姿を, 娘なれ, 家から, 家で, 家にも, 小左衞門, 常吉その, 平馬殿が, 張鎰が, 忠告を, 怒を, 性質の, 手紙が, 手紙に, 敵だ, 書いたもの, 本妻だ, 死に, 死骸は, 生活の, 留二郎は, 留守を, 監督を, 経営する, 総兵衛, 耳に, 言葉が, 話では, 足を, 跡を, 遺言も, 頭髪を, 顔いろ, 養ひ

1 [434件] あとにく, あの乱行, いるの, うらぶれた晩年, お伴を, お相手, お蔭です, かつての, かなり近くへ, くせに, こうした時代離れ, ことが, ことだ, ことであった, ことです, ことな, ことゆゑ兩親とも, この宮, すぐ下, そうした孤独, その生涯, ためにも, ためや, ところから, なくしもの, のらする, はっきりした, ひっぱりで軍需会社, ほうから, ほうで, ほうは, ほうへ, ほうも, ものだった, もので, やうな, やつこんな, やり口も, わたくしが, ゐること, ギブスン氏に, クニャージが, テオドルは, パトリック・マンディが, フランツ・ゼムレルと, モウリ博士が, モウリ博士であった, モーリ博士が, ヤーコプで, 一つの, 一人は, 一喝よりも, 一家では, 一家と, 丈夫さうな, 三十余年に, 上杉憲房には, 上杉憲房らしく思われた, 上杉憲房を, 上院議員が, 不機嫌, 不義を, 世話なりし, 両隣に, 中學時代, 九郎兵衞も, 九郎兵衞樣かと, 事を, 五十年来の, 亡き跡, 介錯を, 仕へたの, 仕草の, 代理に, 会社には, 伯父たる, 低声, 住んで, 佐兵衛には, 佐兵衛にも, 佐兵衞には, 佐兵衞にも, 作った胡瓜, 作るもの, 使ひとし, 信任を, 信頼に, 健康について, 健康は, 側について, 側には, 側へ, 傀儡に, 優しい言葉, 元気の, 公爵の, 兼吉であった, 内弟子に, 出して, 出て, 判を, 別荘に, 前で, 前に, 力を, 加害者でない, 助言者という, 動作を, 勧めを, 半兵衛に, 半兵衛も, 半兵衛や, 半蔵から, 半蔵が, 博士樫村氏の, 厄介に, 厚情に, 友人で, 友達だ, 口車に, 叱り様, 右大将式部大輔左中弁などだけを, 名前を, 呼方の, 商売や, 商館には, 嘲弄の, 国香が, 墓参りを, 変装である, 夢, 大きい道義性, 大きな恕声, 大将は, 大旦那, 大納言に, 大納言の, 大納言を, 大臣も, 大阪興行に, 大阪行の, 奇矯な, 妹, 妻で, 妻に, 妻は, 妾だ, 妾で, 姿であった, 姿の, 姿や, 娘也と, 娘恩ある, 嫌疑を, 存在などを, 安否を, 室に, 室を, 家だった, 家でした, 家という, 家には, 家も, 家や, 寝やすい, 寝顔には, 寝顔を, 寿平次だった, 小田切三也が, 小鍛冶宗, 局長から, 局長に, 局長は, 居る田舎, 居候の, 居間は, 屋敷へ, 山上清が, 岩太郎な, 巣窟が, 工場が, 差金だ, 帆村は, 帆村荘六は, 幕僚の, 平生の, 幸太郎である, 庭先まで, 廉介が, 弁政も, 弁護だけは, 張鎰を, 形相は, 形見で, 影なき, 後について, 従弟に, 得意げな, 徳右衞門に, 心にも, 心を, 心持を, 心替りと, 心理状態を, 志で, 忘れっぽさ, 忠言を, 急激な, 性格を, 息子で, 息子の, 恰幅が, 悪口を, 意見が, 意見を, 態度を, 憲房は, 憲房も, 我儘を, 所から, 所帯が, 手で, 手へ, 手前さう, 手前も, 手紙には, 手紙は, 手紙も, 手紙をも, 手許で, 拳銃を, 持前の, 指示に, 援助を, 文吉でございます, 斎藤恒太郎の, 斎藤恒太郎は, 方が, 方で, 方には, 方を, 旅行を, 日頃の, 旧い友達, 晩年に, 晩酌の, 書斎に, 書斎の, 書斎へ, 書斎まで, 書残して, 最後の, 末娘の, 本妻の, 本心であった, 東宮に, 松岡家を, 松島外記が, 林蔵じゃ, 某が, 様に, 権を, 権幕に, 機嫌を, 死について, 死の, 死も, 死る, 死を, 死体が, 死体を, 死後一年程後の, 死後七年に, 死後半年も, 死期が, 殘した, 気に入りで商業, 気力の, 気息のか, 気質としては, 気質を, 没落と共に, 没落について, 没落以来自力で, 法要を, 注意を, 消息を, 源太郎に, 災難を, 無礼を, 無聊を, 牧山男爵だ, 特別の, 狂躁性を, 現職は, 甚五兵衞が, 生きて, 生活が, 生活に, 生涯だの, 産業の, 甥たるに, 田地のみにて, 申事故實情と, 疳癪, 病室の, 病床に, 病態に, 病気が, 病気など, 病気の, 癖で, 癪に, 監督の, 看病を, 眼が, 眼の, 知人だろう, 知恵を, 知邊である, 秋作などの, 積りで, 立ち行かなくなったの, 笑った顔, 笑顔は, 笠太郎ぢや, 筆である, 策略から, 精神と, 精神状態が, 精神的特徴の, 素姓を, 経典が, 経典に, 経営に, 経帷子を, 綿中京太は, 總兵衞にも, 總兵衞は, 肉体の, 背後に, 背越しに, 腕に, 膝から, 膝に, 自己謙遜と, 良兼, 芸, 芸を, 苦しそう, 苦情に, 草庵に, 落著の, 葉書が, 葉書には, 著書, 著書を, 虎の子の, 血を, 行衛を, 見間違い, 視線に, 覚平がいった, 覚平は, 覚明が, 言ったこと, 言を, 言葉は, 言葉半ばに, 記事が, 許に, 許まで, 詞を, 詩で, 詩の, 詩文集であった, 詩文集を, 話に, 話の, 話は, 話を, 謂うお祖母さん, 護衛役として, 讒訴は, 財産の, 財産は, 赤沢常造の, 趣味であろう, 趣味も, 跋に, 身にとっては, 身の上を, 身を, 身代が, 身体は, 身内の, 軽率を, 過去に, 過去の, 遺して, 遺作を, 遺稿集の, 遺言が, 遺骨の, 邸に, 邸の, 邸へ, 邸を, 部屋へ, 酔の, 金え, 長庵, 間の, 雨龍太郎の, 非道な, 面目予の, 頭髪は, 顔が, 顔つきを, 顔にも, 顔の, 顔弟や, 風貌に, 風采は, 養女分だ, 首だけが, 骨は, 鬼三郎が, 鬼三郎とは, 鬼三郎は, 鳥羽蔵が, 鳥羽蔵という, 鳥羽蔵の, 鳥銃を

▼ 伯父~ (407, 11.6%)

6 それを 4 少しも, 自分の, 非常に 3 いって, 言つた

2 [17件] お雪伯母, かなり金を, さう, 上気し, 二階の, 何とも言はず, 何を, 幾分か, 彼に, 彼の, 手を, 承諾した, 振り向きも, 月光に, 母の, 母親の, 私を

1 [349件] あった, ありとあらゆるお金, あんなお金, いきなりいった, いくらか調子, いった, いつに, いつまでも, いつもの, いつも顔, いまだ思案, いらだたしそう, おれたちに, お前が, お峰, お広間番, お役所, お雪さんと, お雪さんといふ, かう云, かつて, かならず可笑しく, きまって癇癪持, けげんな, けっしてそれ, こういっ, このお, このヘンリイ・ウイリアムズ, こまかな, これは, こんなこと, こんな人, こんな思, すぐれた大食家, すっかり綺麗, すでに事, するので, ずんずんいっ, そういっ, そうした異国趣味, そうして鯱, そこで, そこでステッキ, そこで車, そそくさと, そちらと, そのむっと, そのよう, その一二年前, その不身持, その中, その二, その傍, その家, その後ずつと, その日, その時, その晩, その無線電信会社, その男, その町, その薬, その音, それから, それが, そんなこと, そんなには, たしかに心からああ, ただ僕, ちらりとひと目, ともかく悦ん, とりわけ坂口, どうして中, どうして貴女, どうだ, どうなりました, どんな大, どんな贈与契約, なお身, なくわずか, なにかこういう, はじめて, ひとりで, ひどく吃驚, ひどく彼, ひどく腹, ふかり, ふと一言次, また常に, また黙, まだ帰宅, まだ私, まんざら常談, むずかしい顔, もうすっかり忘れ, もう七十, もう下宿, もう二年, もう大分前, もう大山, もとより資本家, やがて年内, やっと気, わが家へ, エリスが, エリスを, クルクルと, コックス家より, シュムケよりも, チビ公を, ポンスよりも, ムシャムシャ喰べた, 一々合点, 一人でも, 一向に平, 一喝の, 一寸いや, 一廉の, 一昨年, 七十である, 七十の, 七十二で, 三根夫の, 三造の, 三造を, 与里の, 世間の, 丹精し, 事もなげに, 事件の, 云い返した, 云う, 人には, 人間の, 今の, 今迄よりも, 仲, 伊都子に, 伯爵家なんか, 何うし, 何かの, 何でも, 何とも答, 何もかも見抜い, 何んで, 何んと, 何事に, 何処で, 何処へ, 何年振りかで, 余程の, 併し黙つ, 侮蔑された, 倉から, 側に, 元来堅気, 兄弟, 兄貴の, 先づ彼の, 入り代わり, 全く上機嫌, 全然受けつけ, 八尾の, 六十に, 其の年, 其間私が, 円タクを, 再び四条, 分骨の, 初めはっ, 別段商売, 前から, 割増一人ごとに, 勤人で, 勿論成功, 北に, 即座に, 厳格に, 口癖の, 古賀の, 同じ旅館, 命を, 商売の, 四十四か, 四条の, 坂の, 声を, 変な, 夏に, 夜の, 夜中に, 夜明けに, 大きな枕, 大きな農園, 大喝した, 大変喜ん, 大阪へなど, 奥に, 女王の, 如何にも実業界, 如何にも満足, 妹の, 妻を, 子供の, 実にいい, 実に従容, 実の, 寂しさうに一人, 密源と, 寝床の, 寝衣, 寝顔を, 寡口で, 専門学校を, 小径の, 尚激怒, 山師に, 常々馬鹿だ, 常に居, 平袖, 幸徳さんへ, 幼時から, 幾らか言葉, 座敷の, 当時の, 彼是一月ばかりも, 待ち兼ねた様, 得意そうに, 心ある, 心の, 心持よ, 必ず, 思いがけなく驚いた, 思ひ出し, 急に, 悠然と構, 悦に, 意地突の, 愛撫する, 感慨深さ, 或日, 手に, 打ち消したが, 扶けられ, 拡げて, 捜索に, 捜索を, 探るよう, 数ある, 文学士を, 新しい期待, 旗本だった, 明智に, 明智を, 春庵とて, 暫く考え, 最初から, 最初より, 最後に, 有福で, 未だ戻っ, 極めて淡白, 死んだの, 母に, 母方か, 毎日の, 毎日悩まし, 毎晩の, 毎晩早くから, 気分でも, 気力一つで, 気抜けが, 汗顔の, 浅草寺の, 浪人崩れの, 深い吐息, 清水の, 清水寺の, 無学で, 無学無筆で, 牢獄に, 玄関に, 珍しく旅行案内, 由布守を, 画かきに, 病気が, 痩せられるだけ, 皆の, 皆親王で, 監獄へ, 目下奇術師で, 直ぐに, 眉を, 真白な, 眼鏡を, 知って, 祖母の, 私なんか, 突然自分, 窓硝子の, 笑いながら, 紙幣を, 素肌に, 経済的には, 絶えず何, 続けて, 縁喜を, 翌朝大山へ, 老いの, 老人らしい, 老年の, 老酒が, 考えたの, 肩を, 脳溢血で, 自分が, 色々解らない, 若い頃, 苦しくも, 落ついた声, 葬儀屋なんて, 薬で, 裏の, 親なり, 親切だ, 親切で, 言いわけ, 言った, 語りつづけた, 語りつづけちょっと, 誰にも, 買いに, 賊が, 跣足で, 軽い麻裏, 返事を, 道理で, 遠からず連れ, 金光教信者で, 金持です, 露骨に, 頻に, 顔を, 養老院行きの, 馬鹿に, 高村の, 黙って, 黙つて, 黙つて笑つて

▼ 伯父~ (251, 7.2%)

4 死んで 3 喜び伯母, 寝て, 来て, 煩ひ

2 [15件] いった, いて, 一人ある, 上にもか, 上京し, 京都で, 何の, 出して, 出て, 出勤の, 放蕩三昧の, 死ぬと, 死んだの, 死骸の, 生きて

1 [205件] あって, ありゃ今頃, あること, あると, ある筈, いた, いつに, いや応, いるから, いること, うしろ, おこなった狩り, おりますから, おれの, お信さん, お前の, お役所, くぼんだ眼, ぐずぐず言い出し, こういった, ここで, この上, この事件, これから一人ぼっち, ごぜえまし, さりげなく洩した, そうであった, そう書いた, その上, その工場, その親達, その財産管理人, その遺産, そばに, それ渡し, つけて, つけ加えました, どうしていない, ないもの, はいって, ぼくに, もつと, やかましく申しまし, やって来た, やっとぼく, やられたん, わしの, スープに, ズット以前から, メモに, 一かけらをも, 一人あつ, 一人で, 一人乗込ん, 三保に, 上にも, 上京する, 世にもみすぼらしい, 丹精し, 乱闘乱戦に, 二人を, 二十年も, 云いますけど, 云ってるの, 亡くなって, 亡くなつて, 今度は, 今日まで, 伯父が, 住いました, 住職し, 何だいあんな, 何故に, 使者だ, 僕を, 僕達の, 入って, 入獄中に, 六条の, 前法相, 勘當する出, 勤めて, 危険を, 参り, 反故と, 口を, 吉雄流の, 同じ宮崎, 同情し, 向うの, 呼ばれたんで, 哀願する, 大分物の, 大病でございまし, 大隅, 失敗し, 姿を, 家を, 家族や, 射殺した, 小さなセメント山, 小刀で, 居り弟, 居るの, 居るよう, 工面し, 巧みに, 帰って, 帰つた後に, 帰つて行つた後にも, 帰るまでに, 幽霊に, 弱気に, 強引に, 当然その, 彼を, 得心なれ, 愛用した, 感心し, 憎か, 憐んで, 手紙を, 拳銃を, 持ち下, 持つて, 握手を, 携えて, 救いて, 文名嘖々たる, 旅行先を, 早くこの, 昔座敷の, 昔石炭か, 星を, 是を, 普請中に, 有ながら, 有ると, 来た時, 来てるん, 東京博覧会の, 横から, 正当である, 死んだ, 死んだと, 死んでも, 死亡した, 殺された當夜, 殺人罪まで, 毎年出, 決して汽車, 深い考, 火を, 理解し, 生き返つたので, 甥親が, 田舎に, 申のに, 男は, 病に, 白状し, 目を, 相手を, 看護婦を, 私たちに, 私の, 私を, 窘めた, 答えます, 線を, 羽生村に, 肥つた體を, 自分で, 自分の, 若い頃, 苦り切った, 苦学の, 苦痛を, 見に, 見兼ねて, 見舞に, 観破出来なかったの, 言つた, 言下に, 言出した, 許さなかつたにも, 許して, 話し始めます, 話せし程ゆゑ私, 説明を, 調達しくれた, 豆を, 財産の, 貯金を, 貴女の, 運転手に, 遠い国, 遺言の, 酔余の, 采配を, 銭湯へ, 隣り部落, 頭部の, 馬鹿に, 駈けつけて

▼ 伯父~ (148, 4.2%)

6 当る人 3 出資を, 当る中島, 心配を, 頼んで 2 あたる者, つれられお, 抱きあげられて, 相談し, 相談を, 話を, 連れられて, 連れられ一度, 預けて

1 [112件] いった, いったんだ, いは, がみがみ言, して, すすめたの, その事, その話, つれられて, とつて, ならんで, なる剣術, なる川田茂右衛門, ねだった, もらわれ姪, よばれて, 一任する, 万一の, 与へた, 乞いも, 京橋目抜き通りの, 任して, 会う事, 会は, 会わねば, 伴はれ, 似て, 借りた海水着一つ, 内証に, 出京, 出遇うと, 勘当され, 勧めたが, 勧められて, 匹敵する, 厄介を, 取つて, 叱られたこと, 同情し, 向って, 向つて何, 向ひ, 告げ口を, 呼ばれた, 呼ばれたの, 呼びかけた, 型を, 夜学へ, 好かれて, 宜く, 引き取られたが, 引取られ, 当りこれ, 当りまして, 当りますん, 当るこの, 当るその, 当るという, 当る勘吉, 当る少年, 当る義直卿, 当る薬屋源太郎, 当る越後侍従忠輝卿, 当る高齢, 彼の, 従いて, 御家人の, 怒られると, 愛せられて, 手の, 手渡しました, 打ち明けた, 抱かれて, 接するに, 掴みか, 教わって, 斯くまで, 暇を, 泣きついて, 注意した, 渡したが, 甘やかされて, 目礼し, 相談に, 知らせたから, 知れた日, 知れると, 秘密に, 紹介させよう, 義理を, 背いて, 至急知らせ, 言つた, 言はれ, 言われた繁, 言われて, 話しかけて, 話した, 話してからに, 認められじとは, 譲らざる東京通, 貰ったと, 返すの, 送る慰問文, 逢った, 逢はず客待の, 違いない, 隠れて, 預けられた人, 頭を, 頼みに, 養はれ

▼ 伯父~ (103, 2.9%)

3 殺したと, 殺して 2 して, 信仰に, 怨んで, 殺したの, 訪ねて

1 [87件] おいてきぼりに, たずねて, つけとくよ, つついて, つれて, にらみつけながら, みつめたまま, みつめて, 並べて, 中に, 中心に, 予想し, 信じ由兵衛, 全然無罪, 写すこと, 前に, 口説きとにかく暫く, 同伴する, 呼んで, 呼戻し養, 唆か, 喚んで, 喜ばせようという, 好まなかったので, 始め側, 始め姉の, 始め騒ぎ出す, 嫌がらせて, 尋ねて, 尋ねに, 少しも, 忌み嫌い伯父, 急き立てる, 恐れた, 想ひだした, 愛して, 憎んだ, 憎んで, 憎んでばかり, 憎んでるん, 憶ひ, 持つたやう, 暗い車燈, 残して, 殺させし者, 殺したわけ, 殺した上, 殺した後, 殺した短銃, 殺した脇差, 殺し有金衣類, 殺し自分, 殺すに, 殺すの, 殺すほどの, 殺す気, 殺す氣, 殺せし者, 殺せと, 殺せりとも, 殺そうと, 父と, 父に, 真中に, 睨みつけ乍ら, 知って, 知ること, 突きました, 組し, 見たという, 見た時, 見て, 見捨てるわけ, 訪ねたくも, 訪ねたの, 訪ふ, 訪れたとき, 訪問した, 迎へ, 送りとどけると, 遮りながら, 非難した, 頼って, 頼つて一人で, 頼つて京都へ, 頼つて能登の, 頼つて行つたなら

▼ 伯父~ (86, 2.5%)

6 一緒に 4 兄は 3 云ふ 2 さちよは, 別れて, 橋の, 相談し, 相談を

1 [63件] いっても, おもって, お雪伯母と, お雪伯母とが, お雪伯母との, お雪伯母とは, この二人, その女中さん, それからその, それらの, ゆっくりと, エリスが, 一つ車で, 一度会見, 一所に, 一緒で, 一緒にね, 並びながら, 二人で, 云うが, 云うの, 云う人, 京都まで, 伯母が, 何やら話し, 兄の, 兄を, 別居し, 反対の, 叔父の, 同じ道, 同様新しい, 同道で, 呼び従兄, 家に, 対座し, 小さいながら, 弓箭を, 弟なる, 彼の, 彼自身との, 從兄とは, 新八郎, 新太郎君の, 本人に, 母の, 母親とから, 比べて, 洗足の, 渋谷の, 玉兎女史に, 生さない伯母, 甥や, 相談の, 看護婦きりだった, 知る由, 私とが, 称して, 節ちゃんの, 自分との, 船長との, 良人が, 面接し

▼ 伯父~ (61, 1.7%)

7 と伯母様 2 がお客様

1 [52件] お早うございます, から妾, が札幌, が用い, こんにちは, でしたが, という名, として名, と一緒, と妾, どうも夜中, どんな御用, にはわたくし達, にまで濡れ衣, に一度, に何ぞ, に対するお, に当られる, に当る, に御, に注意, に王, に疵, のいかめし, のこと, のご, の世話, の介抱活計, の奉じ, の恩, の感情, の態度, の犠牲, の積り, の説, はあの, はいつも, はおい, はどこ, は非常, もお, やお, や伯母様方, や植田様, や芳子ちや, を大事, を御, を決して, 即ちあなた, 宜く来, 御全快, 御心配

▼ 伯父~ (60, 1.7%)

3 の家 2 のとこ, の御

1 [53件] からいかなる, からも伺うた, がかならず, が口ぐせ, が由井正雪一党, が自分, が雪嶺氏, その使者, です, としては御, との約束, に, におかれまし, にお目にかかった, にはこの, には今日, にもいう, にもお, にもすぐ, にも見当, に今回, に対しこの, に御, のお, のおも, のお許し, のご, のところ, の屋敷, の御許, の方寸, の老婆心, の耳, の茶室, の落胤, の覚明殿, は, はご, はたしか, は力, は勿論, は奥, へこの, へ貴方様, またひとつ銀子, もうお, もくどい, らしき咳払, わざわざ真綿入り, を須磨, 助けて, 少々銀子, 決して高滝

▼ 伯父さま~ (51, 1.5%)

3 喜んで 2 のところ, はお

1 [44件] からは何, からも母, からセークスピア, から丁度, が, があなた, がいらし, がだいたい, がインゴルシュタット, がパリ, が亡くなられ, が亡くなられる, が何と, が熟考, が誰, でございましたか, でも, と出発, と母, なんで, にお, にはお目にかかる, にはすこやか, のやり, の一人, の奧さん, の姉さま, の弟, の方, の言った, の言葉, はあなた, はこれ, はそんな, はまるで, は一通り, は元, は天國, は戦災, は遠い, もやたら, も介, も御存じ, も旦那さま

▼ 伯父から~ (40, 1.1%)

2 手紙が, 紹介状を, 貰って, 送って, 離れて

1 [30件] いえば, お聞き及びだ, これを, しかられるだろうと, ひいた筋, 二人の, 五百円貰った, 享けたものかも, 享けたものと, 享けたものとしては, 何を, 叱られて, 報はれた, 多少の, 大金を, 奪い取って, 小切手を, 届け出て, 手ほどきの, 月二十円宛の, 洋造は, 相談を, 聴いて, 脅迫される, 葉書が, 話を, 貰った二千円, 金が, 電報を, 頻繁に

▼ 伯父~ (39, 1.1%)

1 [39件] あり叔母, お山の, お雪伯母, さう言つて賛成, その男, ない母, また如何にも, また育て, まだ二度目, ニヤ, 他家の子, 伯母も, 何も, 別府に, 変り者である, 大変者だった, 尽力し, 年が, 彼と, 彼様な, 心配し, 手の, 既に死, 本心から, 次兄も, 欲に, 気が, 決して悪い, 浅草寺とは, 済まん訳, 申しますから, 知らなかったでしょうが, 私の, 終いには, 義理ばかりで, 衰運の, 見損じました只, 養子の, 首を

▼ 伯父~ (28, 0.8%)

4 お雪伯母 3 伯母は, 福子までが 2 叔母や

1 [16件] お琴伯母, お雪さんや, お雪さんを, その他の, 世間の, 伯母と, 伯母には, 伯母の, 伯母や, 兄と, 兄の, 叔父を, 従兄弟など, 許嫁が, 許嫁と, 身内の

▼ 伯父~ (19, 0.5%)

2 の間, の間柄

1 [15件] か親類, が何, だよ, ではない, で陸, として対, と二代, にし, になろう, の中, の如き, の様, の誓約, の関係, らしい親しみ

▼ 伯父夫婦~ (18, 0.5%)

2 を見舞

1 [16件] が之, が仏壇, が起き, と割下水, と新婚後間, にこき使われた, の店, の手, の派手, はその, は再び, は相, へ額, もあの, も忘れ去った, も私生活

▼ 伯父伯母~ (16, 0.5%)

3 といふ間がら也

1 [13件] が帰らぬ, との間, と云った, などに聞い, にあたる浅野家, の世話, の前, の姪, の家, の間, はその, は下女, を呼ん

▼ 伯父~ (16, 0.5%)

2 叔母御

1 [14件] が申さる, さまの, とゆっくり, と来, にこう, には何とも, に当ります, に迷惑, の宗左衛門, の方, の智慧, の邸, は先殿様, 隈井九郎右衛門殿から

▼ 伯父~ (15, 0.4%)

2 基実が

1 [13件] スペインで, 今なお, 今も, 僕を, 六歳天皇が, 在方で, 巌丈な, 川村さんとも, 東国に, 百姓文吉と, 私が, 老職肝入を, 請人に

▼ 伯父~ (14, 0.4%)

2 にまで濡れ衣, に何ぞ, に疵, の介抱活計 1 ですけれども, と申, と知, にも是, の分, の妾

▼ 伯父~ (14, 0.4%)

1 [14件] が帰らない, にか, には絶対, に揶揄, の側, の前, の在, の居室, の部屋, の間, は奥, は既に, を訪れ, を驚かした

▼ 伯父ちや~ (13, 0.4%)

9 まは 1 まの, ん何, ん何だ, ん僕

▼ 伯父なる~ (13, 0.4%)

2 人は, 人伯母なる, 蘿月宗匠は 1 が斯, パトリック・マンディが, 人とは, 人の, 学習院教授斎藤恒太郎氏を, 故一度, 梅五郎老人とも

▼ 伯父九郎兵衞~ (12, 0.3%)

1 [12件] が娘, が惡巧み, が賄賂, にも逢度, の前, の娘, の親子, の訴, へ千辛萬苦, へ能, へ金子, も介抱人

▼ 伯父自身~ (11, 0.3%)

2 の口 1 がいう如く, が得意, が身体, にとっては極めて, に知らせた, の中, の置手紙, の自筆, の身の上

▼ 伯父にあたる~ (10, 0.3%)

1 ひとである, 人です, 人も, 北山あたりの, 同姓信行の, 四谷大木戸前の, 宮中の, 幻住老人といふ, 有名な, 隣家の

▼ 伯父~ (10, 0.3%)

2 の家 1 がおどしかけた, がゐなかつたら, とでも思つて, なんだ, にわたりがついた, に剣, のもと, へも割下水

▼ 伯父との~ (9, 0.3%)

3 間に 1 つながりを, 仲が, 仲も, 再会に際して, 芸統は, 間には

▼ 伯父~ (9, 0.3%)

1 なる人, にあたりこの, にあたるお方, にあたる横川, に召し, の上着, の兄, の手, まかせ

▼ 伯父~ (9, 0.3%)

1 でなきゃ宜, でも何ん, という, とかの中, のいきさつ, のよう, の中, の義理, の間

▼ 伯父夫妻~ (8, 0.2%)

1 が凱旋将軍, としては自分, と三人, にきまった, に育てられ, は明智, は相, を始め

▼ 伯父である~ (7, 0.2%)

1 から或は, が, が話, プトレマイスの, 主人に, 寒いので, 川田の

▼ 伯父には~ (7, 0.2%)

1 あたりが, 四人の, 子供が, 富美子の, 最も自然, 色々と, 長官にあたる

▼ 伯父に対する~ (7, 0.2%)

2 不満を 1 彼の, 恨も心, 最後の, 自分の, 見方は

▼ 伯父~ (6, 0.2%)

1 あんお茶, その伯父, その嬢さま, そんねえなこと, のツンボ, よ

▼ 伯父~ (6, 0.2%)

1 が, という男, とかが私, のが, のに, よ

▼ 伯父といふ~ (6, 0.2%)

2 人は 1 ものは, 年寄に, 程にも, 近親の

▼ 伯父とは~ (6, 0.2%)

1 云へ, 云乍ら兩親の, 全然血, 犬と, 誰ぞ, 警視庁を

▼ 伯父~ (6, 0.2%)

1 お辞儀を, 口先で, 幾何かの, 書いたの, 薦めたい一心, 電報を

▼ 伯父殺し~ (6, 0.2%)

1 に違, の下手人, の無, は大罪, を心掛け, を白状

▼ 伯父からの~ (5, 0.1%)

1 仕送りの, 報知だつた, 手紙の, 手紙も, 贈物だ

▼ 伯父さん伯母さん~ (5, 0.1%)

1 では, と言う, の外, の結婚記念日, の顏

▼ 伯父さん僕~ (5, 0.1%)

2 です 1 にはとても, わかりません, 買いたいもの

▼ 伯父さん達~ (5, 0.1%)

1 があんまり, と一緒, の足跡, はとっくに, は何

▼ 伯父たち~ (5, 0.1%)

2 の財産争い 1 が先棒, はみなそっち, は夢中

▼ 伯父です~ (5, 0.1%)

2 が亡くなる 1 か, つて, の

▼ 伯父~ (5, 0.1%)

1 のだ, のである, のでございます, ので思い出したら, んざ有る

▼ 伯父にも~ (5, 0.1%)

1 せよ男, その消息, 叔父にも, 口を, 裁判所から

▼ 伯父に対して~ (5, 0.1%)

1 どんな些細, ほとんど愛情, よくもこんな, 必要以上の, 済まないとは

▼ 伯父への~ (5, 0.1%)

2 約束こ 1 御恩返し, 約束こころもと無く, 返事も

▼ 伯父さん何~ (4, 0.1%)

1 か上げたく, か食べさせ, がお気, にも上げる

▼ 伯父さん私~ (4, 0.1%)

1 に頂戴, の頼み, は己, は師匠

▼ 伯父だの~ (4, 0.1%)

3 叔母だ 1 伯母だの

▼ 伯父では~ (4, 0.1%)

1 ありませんか, あるが, ないか, ない勘藏

▼ 伯父という~ (4, 0.1%)

1 のだけが, のである, のは, 架空の

▼ 伯父として~ (4, 0.1%)

2 当時から 1 あやつ, 忍びない

▼ 伯父とも~ (4, 0.1%)

1 思うという, 知らずに, 親とも, 連絡し

▼ 伯父憲房~ (4, 0.1%)

1 から聞い, がのみこん, の報告, の忠言

▼ 伯父菊五郎~ (4, 0.1%)

1 とは芸域, は海老屋, も此頃連年, 摸しにて

▼ 伯父錦橋~ (4, 0.1%)

1 が碑, に養, の幕府, の歿

▼ 伯父さま暇~ (3, 0.1%)

3 を取つ

▼ 伯父さんとこ~ (3, 0.1%)

1 へお尋ね, へ寄っ, へ来い

▼ 伯父さん満さん~ (3, 0.1%)

1 の手紙, はいつ, はまだ

▼ 伯父だけは~ (3, 0.1%)

2 さちよを 1 例外だ

▼ 伯父~ (3, 0.1%)

2 やから 1 や昔時

▼ 伯父~ (3, 0.1%)

3 佐太郎主が

▼ 伯父パトリック・マンディ~ (3, 0.1%)

1 には依然として, に任せ, の要求

▼ 伯父長庵~ (3, 0.1%)

1 が惡事, が惡巧み, が惡計

▼ 伯父あるいは~ (2, 0.1%)

1 伸に, 伸の

▼ 伯父および~ (2, 0.1%)

1 伸と, 伸には

▼ 伯父~ (2, 0.1%)

1 より御, 様の

▼ 伯父さんそれ~ (2, 0.1%)

1 じゃ今日, どんな仕掛

▼ 伯父さん伯父さん~ (2, 0.1%)

1 とは言っ, と言つて玄関

▼ 伯父さ呉~ (2, 0.1%)

2 でやる

▼ 伯父たる~ (2, 0.1%)

1 ところさ, 勇敢な

▼ 伯父だけ~ (2, 0.1%)

1 だった, であった

▼ 伯父であった~ (2, 0.1%)

1 ので三造, 大臣の

▼ 伯父であったら~ (2, 0.1%)

1 私は, 親であったら

▼ 伯父であれ~ (2, 0.1%)

1 ばあんたさん, ばお前

▼ 伯父でしょう~ (2, 0.1%)

1 か, か親分

▼ 伯父でも~ (2, 0.1%)

1 何でも, 無かつ

▼ 伯父とが~ (2, 0.1%)

1 喧嘩した, 碁を

▼ 伯父としては~ (2, 0.1%)

1 こんな心配, 大して彼

▼ 伯父などは~ (2, 0.1%)

1 殆ど往来しなかつた, 私が

▼ 伯父にと~ (2, 0.1%)

1 つては, つて唯一の

▼ 伯父みたい~ (2, 0.1%)

1 じゃ困る, に肩

▼ 伯父より~ (2, 0.1%)

1 添書ありし, 譲られたる銀側

▼ 伯父よりの~ (2, 0.1%)

1 手紙に, 添書を

▼ 伯父らしい~ (2, 0.1%)

1 な, 用意が

▼ 伯父二人~ (2, 0.1%)

2 とその

▼ 伯父伯母一つ~ (2, 0.1%)

2 になつて

▼ 伯父~ (2, 0.1%)

1 右衞門が, 右衞門と

▼ 伯父~ (2, 0.1%)

1 にもお, に借り

▼ 伯父樣同腹~ (2, 0.1%)

2 で無きだけを

▼ 伯父樣御全快~ (2, 0.1%)

2 になら

▼ 伯父~ (2, 0.1%)

1 が同居, とやがて

▼ 伯父瑞仙~ (2, 0.1%)

1 の養子, は姪瑞英

▼ 伯父秋月~ (2, 0.1%)

1 は容易, へ話し込む

▼ 伯父~ (2, 0.1%)

1 の指揮, を連れ

▼ 伯父良兼~ (2, 0.1%)

1 の子, を助け

▼ 伯父行文~ (2, 0.1%)

1 につれられ, はなかなか

▼ 伯父覚平~ (2, 0.1%)

1 で叫んでる, の老

▼1* [209件]

伯父うつしを以て標準, 伯父そうでない, 伯父かが一寸知つて, 伯父からか呼ばれるに, 伯父からと二つの, 伯父からはあべこべに, 伯父からも注意が, 伯父とヒュルスマイエル, 伯父ふ相, 伯父ごとは莫逆, 伯父さえ得心なれ, 伯父さえも答礼した, 伯父さたらいつもあれ, 伯父さま私は何, 伯父さま貴方さまをお尋ね, 伯父さんあなたまあ往来, 伯父さんお前嘘だらう, 伯父さんお家へお, 伯父さんぐらゐに思つて居たのに, 伯父さんこれが苦, 伯父さんそりやアほん, 伯父さんたちと違ってる, 伯父さんたちどれもこれ, 伯父さんたち一門でやってる, 伯父さんどこへいっ, 伯父さんのだ, 伯父さんひとりではとても, 伯父さんぼくが商売, 伯父さんみたいな顔, 伯父さんわたしも一頃, 伯父さん一寸寄って, 伯父さん一朝に二, 伯父さん伯母さん達は他, 伯父さん何方でもありません, 伯父さん分に当る, 伯父さん口が利けん, 伯父さん嫁に遣ってよう, 伯父さん宗太も福島, 伯父さん将軍家もありがたい, 伯父さん師匠は全く, 伯父さん年が年, 伯父さん年来の口癖, 伯父さん御機嫌はいかが, 伯父さん心の修業, 伯父さん所ですね, 伯父さん提灯を一つ, 伯父さん揶揄ってるん, 伯父さん政略的に私, 伯父さん早合点で, 伯父さん是は何, 伯父さん橋板じゃよ, 伯父さん病院入れて, 伯父さん百合餅ですが, 伯父さん盗賊をしない, 伯父さん眼を覚します, 伯父さん私たちは何時, 伯父さん立会の上, 伯父さん絵を描い, 伯父さん腹がすいたでしょう, 伯父さん自分でかいた, 伯父さん苦沙弥君はそんな, 伯父さん貴方は結婚, 伯父さん達字を描い, 伯父さん鎌を六丁, 伯父さん長屋の人, 伯父さん風を吹かせ過ぎた, 伯父さん駕籠の中, 伯父だったからです, 伯父ちやんは耳, 伯父であり若い女, 伯父であろうと何ん, 伯父でございましたの, 伯父でございます一人は, 伯父ででもあったらどんなに, 伯父でなくってだれ, 伯父とかいう者に, 伯父とてあの様, 伯父とのみが熊野権現に, 伯父と共に晩餐に, 伯父などと私の, 伯父などというものは, 伯父などを殺しましょう所天, 伯父ならあいつは, 伯父なり同人并に, 伯父なりとて後藤半四郎と, 伯父なれば此, 伯父にたいする実際の, 伯父について思出す, 伯父についての報知は, 伯父にとって意地の, 伯父に対しては実際以上, 伯父はねまさかの時, 伯父はやかまの, 伯父ばかりでなく伯母, 伯父ほどクリストフに, 伯父また叔父続い, 伯父やはりそう, 伯父やら姪やら, 伯父ゆゑ如何成前世の業因, 伯父をも遣は, 伯父アドルフのもと, 伯父グスタアフ・レンゲルホオヘル氏は小生, 伯父サア・ウイリアム・ノリスが枢密院, 伯父サンオ見受ケシタトコロ大層オ元気, 伯父サン毎度ドウモ有難ウ存ジマス, 伯父ジョルジ弥平治その下, 伯父バアリイすなわち父セシル, 伯父ルイトポルド公の名, 伯父取廻イタ, 伯父一族とにはその, 伯父三也は藩中, 伯父上あなたは実に, 伯父上やもめ暮しの淋し, 伯父上一行が来られる, 伯父上人間ひとりを生かす, 伯父上今度の原因, 伯父上伯母上お代どのまで御, 伯父上何ゆえ天狗などに身, 伯父上土井美濃守と結托, 伯父上杉憲房の心から, 伯父上杉殿の蔭, 伯父上様御思召, 伯父上総介良兼は妻, 伯父上軍を興し, 伯父両人が証人, 伯父久衞門が相, 伯父九郎兵衞儀も幸, 伯父九郎兵衞女房お里も待, 伯父九郎兵衞惣内の母諸共九助, 伯父五代目菊五郎がとり, 伯父伊勢守が心入れ, 伯父伯母兄と云, 伯父伯爵が麾く, 伯父になる, 伯父あひ, 伯父の人々, 伯父入道眠蔵, 伯父入道蟄居せり寿永三年八島, 伯父六右衞門に尋問, 伯父六右衞門一同等御呼出し, 伯父六右衞門久八元主人神田三河町伊勢屋五兵衞代金七富澤町甲州屋吉兵衞等なり越前守殿久八, 伯父六右衞門申上たる通り二十箇年以前五兵衞方, 伯父勘藏が九死一生, 伯父半兵衛の浅ましい, 伯父叔母諸親類, 伯父君たちが皆りっぱ, 伯父国香の子, 伯父なれば, 伯父女房とも無, 伯父女房等に大切, 伯父始めへの土産物, 伯父なれども, 伯父に届いた, 伯父小橋屋小左衞門, 伯父小橋屋小左衞門の因業, 伯父小牧半兵衞を殺し, 伯父岩太郎を殺そう, 伯父帆村荘六がいま, 伯父平馬様というの, 伯父平馬樣といふの, 伯父知らしては, 伯父文吉が得心, 伯父文豹を訪うた, 伯父昌左衞門の養子, 伯父村井長庵と無宿三次, 伯父板倉留二郎の手, 伯父梅五郎老人の殺された, 伯父様わたしはもうこ, 伯父様わたしゆえに重ね重ね, 伯父様伯母様初枝ちゃん等皆々様にたく, 伯父様何をなさいます, 伯父様同腹で無きだけを, 伯父様昨晩大曲りで御, 伯父様私をどう, 伯父様貴方確かりしねえでは, 伯父樣何ぞ三河町, 伯父樣此坊主が勾引, 伯父樣此間は御, 伯父して, 伯父母伸足下等が集っ, 伯父母従兄弟姉妹此等の人々, 伯父水野信元が浅井道忠, 伯父池田瑞仙に養, 伯父河内大蓮寺の僧正方, 伯父津軽為則の養子, 伯父甥それらの相談, 伯父甥三人永の暇, 伯父留二郎は幸太郎, 伯父白身が私, 伯父自ら罪を承認, 伯父茶山の言, 伯父菊五郎一座で, 伯父見たように, 伯父見たいで何と, 伯父見たいなもの, 伯父覚平が父猛太, 伯父へばひとり, 伯父を興し, 伯父郷里の兄, 伯父金次郎である, 伯父錦橋初代瑞仙が死んだ, 伯父錦橋錦橋の妻沢, 伯父長兵衞は名代, 伯父隈井九郎右衛門のこと, 伯父面して今, 伯父須婆田車六のそうした, 伯父鬼三郎の娘, 伯父麹町三丁目町醫師村井長庵に小夜衣, 伯父黒河内子爵のところ