青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「佐藤~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~住ん 住ん~ 住宅~ ~住居 住居~ 住民~ 佐~ 佐々~ 佐々木~ 佐渡~
佐藤~
~体 体~ 体系~ 体験~ ~何 何~ 何かしら~ 何かと~ 何しろ~ 何ぞ~

「佐藤~」 1110, 11ppm, 10086位

▼ 佐藤~ (101, 9.1%)

6 いった 5 僕に 2 私に, 長崎に

1 [86件] あれは, うつむいて, おかみさんが, おでんの, こ, こういうの, すこしわざとらしく, すこし大きな, その詩情, その頃筒袖, その頃頭, それを, ちらりと私, なにかを, ひよい, ふざけたよう, またあまり, まだある, まだ起き出さなかった, まもなく辞職, わざと嘯いた, グラスを, 丁度下宿, 三年ばかり, 三月九日夜半の, 世間と共に, 二十五六の, 低くいった, 何んとも, 何所か, 俺より, 僕が, 兎に, 全くの, 千代子の, 叱るよう, 呆れたよう, 呟いた, 売れ残りの, 女房子供を, 如何にも寂し, 安心した, 小身であり, 市川で, 幅ひろい, 張りきって, 彼に, 後から, 意を, 懐中から, 成立学舎の, 或日, 戦死した, 机を, 横目で, 機嫌を, 水際まで, 江戸へ, 深刻な, 煙草を, 熊の, 物数奇に, 番犬の, 皮肉な, 短冊を, 第一番, 腰を, 自滅した, 行くよう, 言分けらしくつぶやいた, 詩人には, 詩人にも, 豆の, 赤ぐろい怒った, 跡も, 身近くそれ等の, 通夜に, 進に, 遊び相手が, 道学者の, 部屋の, 長崎出役を, 頗る得意, 食卓の, 黒い額, 黙って

▼ 佐藤~ (96, 8.6%)

11 屋敷に 4 屋敷へ 3 妻は 2 妻と, 妻の, 小屋に, 屋敷の, 言葉を, 誤解と

1 [66件] あとを, あわただしげ, つれて, 一身詩仏と, 事だ, 事を, 二人を, 云ふ, 代師範, 作品を, 作品中道徳を, 僕に対して, 卓の, 厚意に, 友人が, 君いかに, 声は, 夫婦は, 好まないやう, 妻も, 嫁さんである, 嫁さんには, 嫁さんの, 家には, 家へ, 宿が, 小屋まで, 小屋や, 屋敷から, 屋敷との, 屋敷も, 屋敷を, 屋敷内では, 年嵩の, 店の, 店はごた, 戸口に, 手に, 手を, 才能を, 指摘は, 方で, 方へ, 方を, 死体の, 畑は, 眼を, 答えは, 老先生, 膝の, 芸術は, 處に, 血統は, 見知つた顔, 親類だ, 言葉が, 言葉は, 詩情は, 誤解, 誤解である, 跡から, 逃げ迷つて来た, 長女が, 頭の, 飛び込んだ時間, 馬車に

▼ 佐藤さん~ (75, 6.8%)

4 のところ 2 のこと, は俳句

1 [67件] からきい, からきき, からの電話, から電話, がこんど卒業, がトラック四千円, が入る, が変った, が工合わる, が帰られ, が引越しました, が来, が来るなら, が自分, しっかりやれ, だっておこっ, という旗本, といろいろ, とおなじみ, と共に私, と加藤さん, にきいたら, につれ, にカマボコ, にマリ, に別れ, に向, に対しては地震加藤, に恋愛, に来, に診, にBCG, のお, のおばあさん, のは稲ちゃん, のやう, の二人, の人形, の分, の奥様, の子供, の家, の弟子, の方, の行坊, の譯詩, は, はその, はにこ, はまだ, は僕, は初めて, は夜汽車, は撫順, は時時手, は更に, は白鳥博士, は立つ, は試験, は鈴蘭, もこの, もひどい, もまことに, もまだ, も堤さん, より電話, を其

▼ 佐藤春夫~ (67, 6.0%)

42 ってなん, と考へ, に, の車塵集, の頭, や井伏鱒二

1 [51件] か, からは本当, が, が云った, が執筆, が小説家, が文章, だった, である, と, といふ男, などの大家連, なども太い, なども小型, にでも紹介, にのみ神神, によって暴露, に会いたい, に会える, に何, のこと, のこの, のもの, のやう, の両氏, の作品, の印象, の如く, の慶応, の支那歴朝名媛詩鈔, の畫, の祖父, の見失われた, の詩, の詩人小説家, の諸家, の賦, の顔, はこれ, はさ, はどう, は不幸, は作家, は典雅纎細, は悪人, は芸術, は詩人, ほどのこと, も亦, も迷惑, 及び彼

▼ 佐藤~ (67, 6.0%)

3 の招待 2 である, は

1 [60件] から提供, がし, がアメリカ, が優れた, が拵え置いた, が来られた, が特に, さよと云つたの, であつ, で之, で今日, としよう, と大差, と岩倉氏, と註し, に, にうんと, に会う, に私, に約束, に話し, の, のそういう, のため, のところ, の人間的態度, の前, の周囲, の土間, の場合, の女, の山相祕録, の弁明, の探偵小説, の案内, の罪, の膝, の自動車, の言, の話された, の邸, の鑑定, はあきれたらしく, はこの, はその, はやつ, は何, は帝国芸術院, は手記, は挨拶, は武蔵国葛飾郡小松川村, は氣輕, は演説, は親切心, は農家, は面目, も, も来られ, をたづ, をよく

▼ 佐藤春夫氏~ (47, 4.2%)

42 の作品, の序詩, の証明書, の説

1 [35件] があなた, が園子さん, が日記, が脱退, が身柄, という現代, とさる, と共に, と共に晩秋, と題する, に話す, のすすめ, のよう, の今日的文学, の化物屋敷, の提唱, の時, の書きし, の発表, の短篇, の短篇探偵小説, の言葉, の議論, の部屋, の都会, は, は冒頭, は彼, は極力, は氏, も, もまた, も同, をし, を除け

▼ 佐藤~ (31, 2.8%)

2 ですか, と淀野, の書いた

1 [25件] からそれ, がある, がピレネー山中, その人, だつて, であるか, としては好んで, どうだつたい, にすまない, に対する嫌疑, に託し, の刑期, の描いた, の散文, の死, はその, はカサルス, は不敬罪, は公務執行妨害, は冤罪, は出, は相撲取り, は私, も這入っ, 程強調

▼ 佐藤先生~ (22, 2.0%)

1 [22件] お困り, からは特に, が一仕事, でも橋本先生, と其御事業, と橋本先生, と豊島与志雄先生, にわざわざ, に別れ, のあの, のいっ, のお力, のところ, の処, の熱烈, の病院, の話, はどうせ, はアノヨ, は笑, へ, よりハナシガアル

▼ 佐藤~ (21, 1.9%)

1 [21件] あしたは, その尤, そんなに酔っ, まだ何, 台本を, 喉を, 女に, 帰つて来, 常の, 憎らしくお節介, 来り菊田, 来る筈, 真先に, 知れ切った事, 突然時に君, 窓を, 立ちあがると, 笑いかけた, 色々容態, 食堂で, 首を

▼ 佐藤~ (16, 1.4%)

2 の女中

1 [14件] が少なく, であって, である, で産まれた, で開演, の前進, の嗣子, の子供, の寶物, の惣領, の縁故, は下野, へ差しあげる, を介し

▼ 佐藤~ (15, 1.4%)

1 [15件] お君, なる, 一緒に, 云う当年四十二歳, 云う警部補, 五十嵐という, 出會, 千代子の, 吉田の, 向かいあって, 呼ばれた彼, 私とは, 芥川とは, 話して, 逢曳き

▼ 佐藤~ (13, 1.2%)

1 [13件] せがんで, よろしくと, ガアゼを, 何か, 分けて, 寄添ひ, 応答し, 私は, 裝幀を, 見せて, 逢って, 進は, 頼んだもの

▼ 佐藤一斎~ (13, 1.2%)

2

1 [11件] だねえ, であらう, に出でし, に師事, に従遊, のいわゆる, の家, の筆蹟, の講義, の門人, は蕎麦

▼ 佐藤という~ (10, 0.9%)

2 男も 1 人が, 係長です, 土地の, 旗本は, 旗本屋敷に, 旧家が, 男の, 色の

▼ 佐藤兄弟~ (10, 0.9%)

1 が, が住まっ, が無念, のみはかねて, のやう, の母尼公, の碑, はそこ, は兄, は迷った

▼ 佐藤信淵~ (9, 0.8%)

1 から渡辺崋山, が勧農, の, のごとき, のよう, の人物及抱負, の経国策, の著書, や河村瑞軒あたり

▼ 佐藤春夫さん~ (9, 0.8%)

1 があれ, が岩波, が改造, でも, などの散文詩, に逢つた時, の, の前, はもう

▼ 佐藤邦夫~ (7, 0.6%)

2 来り 1 から, と来り, の肝いり, も来た, 来る有望

▼ 佐藤~ (6, 0.5%)

2 茂七に 1 十という, 茂七であった, 茂七の, 茂七其奴を

▼ 佐藤孫四郎~ (6, 0.5%)

1 がなぜ, という旗本屋敷, とお, とも馴染, の命, は町奉行所

▼ 佐藤春夫君~ (6, 0.5%)

2 には 1 がプロレタリア文学, が寄せ, が編輯, を介し

▼ 佐藤氏春~ (6, 0.5%)

1 である, の出, の柏軒, の齢, を畜つて, を納

▼ 佐藤紅緑氏~ (6, 0.5%)

1 がモロ, が例, が大いに, の, の脚本, を訪うた

▼ 佐藤辯護士~ (6, 0.5%)

1 から手紙, が前, にあて, に逢つて, は何, をお

▼ 佐藤~ (5, 0.5%)

1 はじめ彼れ, 呼び傍, 執権に, 忘恩の, 褒め僕

▼ 佐藤一斎先生~ (5, 0.5%)

2 がお 1 が太公望, の書, の語

▼ 佐藤文次郎氏~ (5, 0.5%)

1 が毎年忌日忌日, のため, の姻戚, の謝恩, は

▼ 佐藤次郎~ (5, 0.5%)

2 の飛び込んだ 1 と語った, のよう, の話

▼ 佐藤社長~ (5, 0.5%)

1 からお, と岩倉氏, に敬意, の招待, を訪れ

▼ 佐藤義範~ (5, 0.5%)

1 ということ, の様子, は大, は村, は警察

▼ 佐藤から~ (4, 0.4%)

1 ギャラを, 教はって, 港内を, 砲台案内を

▼ 佐藤~ (4, 0.4%)

1 仰向けに, 余も, 組長の, 途方に

▼ 佐藤俊子氏~ (4, 0.4%)

21 が十七年留守, の作

▼ 佐藤惣之助~ (4, 0.4%)

1 と土藏相模, と老, に嫁, の夫人

▼ 佐藤惣之助さん~ (4, 0.4%)

1 が一日先, は加藤さん, も駅, を駅

▼ 佐藤春夫先生~ (4, 0.4%)

1 と芥川龍之介先生, の小説, の御, の推奨

▼ 佐藤~ (4, 0.4%)

1 がいる, という家, と云うた, の子

▼ 佐藤~ (4, 0.4%)

1 が杉浦敦, が間, や東, 来りハチロー

▼ 佐藤紅緑~ (4, 0.4%)

2 が日本 1 の, を見舞

▼ 佐藤継信~ (4, 0.4%)

2 と忠信 1 と忠信兄弟, の戦死

▼ 佐藤~ (4, 0.4%)

1 にとっても生き, には佐藤老, の生活, よ貴下

▼ 佐藤功一氏~ (3, 0.3%)

1 が喀血, の違い, も一緒

▼ 佐藤博士~ (3, 0.3%)

2 の御 1 が書かれた

▼ 佐藤~ (3, 0.3%)

1 文と, 文は, 文及霞亭と

▼ 佐藤市郎兵衛~ (3, 0.3%)

1 が辞任, というの, は幹太郎

▼ 佐藤~ (3, 0.3%)

2 馬という 1 馬外村惣衞と

▼ 佐藤~ (3, 0.3%)

2 之介さん 1 之介等

▼ 佐藤惣之助君~ (3, 0.3%)

1 である, のみならん, の無学

▼ 佐藤正助~ (3, 0.3%)

1 とある, という人, 頑張れ

▼ 佐藤氏自身~ (3, 0.3%)

2 は不用意 1

▼ 佐藤継信忠信~ (3, 0.3%)

2 の兄弟 1 のふたり

▼ 佐藤さんたち~ (2, 0.2%)

1 が入る, が近い

▼ 佐藤さん夫妻~ (2, 0.2%)

1 と戸塚, を赤坊ごと

▼ 佐藤丑次郎博士~ (2, 0.2%)

1 が公, は自分

▼ 佐藤係長~ (2, 0.2%)

1 がみょう, は感じ

▼ 佐藤六左衛門~ (2, 0.2%)

1 がやって来る, という強い

▼ 佐藤剛蔵~ (2, 0.2%)

1 があり, はすぐさま

▼ 佐藤~ (2, 0.2%)

2 の諸君

▼ 佐藤加藤~ (2, 0.2%)

1 の二氏, の若い

▼ 佐藤加藤二氏~ (2, 0.2%)

1 と共に一先づホテル, と満

▼ 佐藤千夜子~ (2, 0.2%)

1 と平井英子, の二人

▼ 佐藤司法主任~ (2, 0.2%)

1 が取調べられた, や根岸刑事

▼ 佐藤垢石君~ (2, 0.2%)

1 が書い, は釣

▼ 佐藤大佐~ (2, 0.2%)

1 からこの, の部屋

▼ 佐藤大使~ (2, 0.2%)

2 のお

▼ 佐藤夫妻~ (2, 0.2%)

1 が見舞, と栄さん

▼ 佐藤弥六さん~ (2, 0.2%)

1 という老人, は当時

▼ 佐藤応渠~ (2, 0.2%)

1 という人, の半切

▼ 佐藤忠信~ (2, 0.2%)

1 と四, は非常

▼ 佐藤成裕~ (2, 0.2%)

2

▼ 佐藤春夫河盛~ (2, 0.2%)

2 好蔵

▼ 佐藤春夫等~ (2, 0.2%)

1 の作家, の諸氏

▼ 佐藤朔君~ (2, 0.2%)

1 から借りた, にでも今度會

▼ 佐藤栄作~ (2, 0.2%)

1 は記者会見, を起訴

▼ 佐藤栄作氏~ (2, 0.2%)

1 の周囲, はその

▼ 佐藤正彰~ (2, 0.2%)

1 に行, の三君

▼ 佐藤正彰君~ (2, 0.2%)

1 から贈られた, が東京

▼ 佐藤氏さよ~ (2, 0.2%)

1 が一女子, が残つた

▼ 佐藤氏所蔵寛~ (2, 0.2%)

1 元二年三月, 元二年三月付

▼ 佐藤泰然~ (2, 0.2%)

1 の如き, の門

▼ 佐藤源太夫禅僧霊宗~ (2, 0.2%)

1 に下されました, を語らっ

▼ 佐藤澄子さん~ (2, 0.2%)

2 其の他

▼ 佐藤理学士~ (2, 0.2%)

1 の奥州産業総説, の言説

▼ 佐藤~ (2, 0.2%)

2 がとなり

▼ 佐藤義清~ (2, 0.2%)

1 の西行法師, もう一人

▼ 佐藤~ (2, 0.2%)

1 が新年, の手紙

▼ 佐藤藤野~ (2, 0.2%)

2 といふ村

▼ 佐藤観次郎氏~ (2, 0.2%)

1 にあった, にあつ

▼ 佐藤進先生~ (2, 0.2%)

1 が迚, は切る

▼ 佐藤選手~ (2, 0.2%)

1 が目的地, を犠牲

▼ 佐藤~ (2, 0.2%)

1 へうつる, を訪ねる

▼ 佐藤重吉~ (2, 0.2%)

1 という代り, に花

▼ 佐藤鉄太郎中将~ (2, 0.2%)

1 と会った, の

▼1* [257件]

佐藤須野かなと, 佐藤さまのお, 佐藤さんのだと, 佐藤さんフロシキを頭, 佐藤さん三好君には萩原さん, 佐藤さん佐藤さん警戒警報発令ですから, 佐藤さん夕飯に来る, 佐藤さん警戒警報発令ですから, 佐藤さん達が驚いた, 佐藤しかいず保井, 佐藤と思つて, 佐藤ってので, 佐藤多幸平の, 佐藤であったので大いに, 佐藤であるが信夫, 佐藤ですおはじめて, 佐藤とが親戚の, 佐藤とに壹萬圓づつだしていづれ, 佐藤との会見においては, 佐藤とは母方の, 佐藤と共に天寿を, 佐藤どのの告げ口, 佐藤など唱うるも, 佐藤などの猛者が, 佐藤などを活き活き書けたら, 佐藤なんぞは彼れ, 佐藤にも罪は, 佐藤はもぢゃもぢゃに頬鬚を, 佐藤ばかりじゃない, 佐藤ケイとぎごち, 佐藤ジイサン言葉ハ怒リ, 佐藤チャカ来りルパン, 佐藤ハチロー先生も, 佐藤一斎筆札に生方鼎斎, 佐藤一斎等の先輩, 佐藤一清法道寺善小松鈍斎などいう, 佐藤一郎が駈けつけた, 佐藤一齋の杉田觀梅記, 佐藤三吉博士の診察, 佐藤三宅両氏の議論, 佐藤三益と云う, 佐藤丑次郎教授を講師, 佐藤両氏にも引, 佐藤並太郎氏の皮肉, 佐藤主任と根岸刑事, 佐藤主計少尉古屋軍医補などの将校, 佐藤久雄色々集まった, 佐藤乙二氏の好意, 佐藤仁右衛門と娘, 佐藤伝四郎は, 佐藤伝蔵両氏の編, 佐藤佐和子姉や近く, 佐藤佐太郎中山武雄榎本順行諸氏の厚き, 佐藤俊子の劇評, 佐藤俊子宇野千代子矢田津世子の諸, 佐藤俊子等の如き, 佐藤俊次というの, 佐藤信淵あたりの影響, 佐藤信行氏と逢, 佐藤信衛早川庚弌の諸氏, 佐藤健さんに会, 佐藤萇師の, 佐藤光一並びに原書房, 佐藤兩氏の地圖參照, 佐藤八三さんという二人, 佐藤八郎の, 佐藤六石氏が乞い, 佐藤兵衛尉義清であるが, 佐藤刑事は県下矢筈町, 佐藤初太郎氏の所藏, 佐藤利文氏の談話, 佐藤則清にし, 佐藤功一さんの死去, 佐藤功一氏来訪父母が御, 佐藤加奈江を仇, 佐藤北江氏は同郷, 佐藤千夜子外二三嬢の作曲, 佐藤千夜子等来り打合せる, 佐藤参謀からの命令, 佐藤参謀大佐だった, 佐藤友熊と云う, 佐藤司法主任庄司署長八田警視総監等に会う, 佐藤司法主任石子刑事の二人, 佐藤吉直大佐です, 佐藤君何処へ行く, 佐藤君君も大, 佐藤君辺りの影響, 佐藤吾一氏の豆腐, 佐藤問題担当の検事, 佐藤四郎さん達であつ, 佐藤四郎氏と浦崎さん, 佐藤に寄せ, 佐藤垢石だったかが, 佐藤垢石様と書いた, 佐藤垢石老も魚, 佐藤で洋方医, 佐藤大作とも謀っ, 佐藤女史から望月美恵子, 佐藤孫四郎どのか, 佐藤孫四郎殿の屋敷, 佐藤安之助少将などがあっ, 佐藤定吉博士の開かれた, 佐藤定子とよぶ, 佐藤室生などといふ作者, 佐藤寅次郎氏と野原, 佐藤少しひどいぞ, 佐藤尚武先生が自信, 佐藤尼公であるといふ, 佐藤峰人遠藤勝畠山元三郎結城健三三田澪人志村沿之助我謝秀昌の諸氏, 佐藤巧一博士に面白い, 佐藤市川以下が正義党, 佐藤市郎兵衛どのが復任, 佐藤平太郎氏は神戸署, 佐藤庄司の宅, 佐藤庄司父子の武士, 佐藤庄司祖孫三代の忠節, 佐藤といふ理学士, 佐藤志津馬という門弟, 佐藤忠信堀弥太郎伊勢三郎など二百余騎, 佐藤忠信鎌倉では静御前, 佐藤情報局長官に当っ, 佐藤惣之助大木篤夫両君と妻, 佐藤惣之助氏を訪ねた, 佐藤惣之助氏門下の或, 佐藤惣之助等の諸君, 佐藤惣之助達の, 佐藤慵斎君の文集, 佐藤慶太郎氏だよ, 佐藤捷平刑事山田金次氏たちのほか巡査二人, 佐藤政秀の二将, 佐藤敏一君本職よりもこの, 佐藤教授は京大事件以来, 佐藤敬君の装置, 佐藤敬画伯から, 佐藤文次郎君などもその, 佐藤文次郎氏一人だけ居残る, 佐藤文次郎氏来賓総代武谷軍医監の玉串奉奠, 佐藤社長の, 佐藤方定は日本, 佐藤春夫さん岸田国士さんの選者ぶり, 佐藤春夫その他を作家, 佐藤春夫その他市井談議一般に倦怠, 佐藤春夫三上於菟吉吉川英治その他が組織, 佐藤春夫中村武羅夫というよう, 佐藤春夫久米正雄松本泰等の諸氏, 佐藤春夫五島茂美代子氏など同席, 佐藤春夫井伏鱒二中谷孝雄いまさら出家遁世, 佐藤春夫像として田舎, 佐藤春夫加藤武雄僕この十五人, 佐藤春夫北原白秋室生犀星等いづれも, 佐藤春夫吉川英治諸氏と提携, 佐藤春夫室生犀星位でありそして, 佐藤春夫室生犀星北原白秋千家元麿高村光太郎日夏耿之介佐藤惣之助等の諸君, 佐藤春夫室生犀星等同じです, 佐藤春夫小島政二郎氏ら十数名と共に南京, 佐藤春夫悪人なりと憤慨, 佐藤春夫曰く悪趣味, 佐藤春夫正宗白鳥室生犀星谷崎潤一郎長与善郎横光利一舟橋聖一池谷信三郎等であり新進戯曲家, 佐藤春夫氏その他多くの作家, 佐藤春夫氏のをよみ, 佐藤春夫氏初期の作品, 佐藤春夫氏宇野浩二氏菊池寛氏等を数, 佐藤春夫氏室生犀星氏などは多く, 佐藤春夫氏石上是介氏等が直接, 佐藤春夫氏谷崎潤一郎氏は深い, 佐藤春夫等々を見る, 佐藤春夫芥川龍之介などいづれ, 佐藤春夫詩人室生犀星詩人久米正雄等の諸氏, 佐藤春夫金子光晴の両氏, 佐藤春夫金子光晴両氏の序詩, 佐藤春益の子, 佐藤と阿, 佐藤朔鈴木力衛両君編輯の, 佐藤朝山氏も梅, 佐藤朝比奈などという人, 佐藤条右衛門と堀部九十郎, 佐藤来り放送たのまれる, 佐藤林学博士のお話, 佐藤校長図書館長の兼子氏, 佐藤梅坡といふもの此, 佐藤検事総長は法務省詰, 佐藤様等の策謀, 佐藤信忠信兄弟の, 佐藤次郎氏がマラッカ海峡, 佐藤正勝という, 佐藤正彰先生の宅, 佐藤正興の算法根源記, 佐藤正都知と云った, 佐藤武輔の告別式, 佐藤歳三と三人, 佐藤歳三ら新派俳優が上演, 佐藤歳三児島文衛中村信近などの一座, 佐藤氏ナルミさんにことづけ, 佐藤氏墓在本郷栄福寺, 佐藤氏夫人に会い, 佐藤氏所有の家, 佐藤氏所蔵三月付の文書, 佐藤氏程度のまず, 佐藤氏筆者等が傍, 佐藤氏自身さへこの, 佐藤泰然先生の辞書, 佐藤活版課長その他多数の工員諸君, 佐藤清吉君であった, 佐藤源三は, 佐藤源太夫禅僧霊宗らの忠義者, 佐藤牧山と信夫恕軒, 佐藤理三郎君も初め, 佐藤理事の工事報告, 佐藤秀子と申します, 佐藤秀子さんですね, 佐藤節その他大ぜい, 佐藤範次郎の三人, 佐藤紅緑石井露月の二氏, 佐藤継信忠信兄弟の妻, 佐藤継信負傷のまま, 佐藤総長の些細, 佐藤緑葉君の家, 佐藤繼信忠信の兄弟, 佐藤美子というソプラノ, 佐藤義亮氏の, 佐藤義員と掏摸, 佐藤義清憲清とも則清とも書き, 佐藤義郎の両氏, 佐藤耕次郎君が報告, 佐藤肋骨京城の吉野左衛門, 佐藤肋骨氏を俳句仲間, 佐藤腸結核は実に, 佐藤良雄君がチェロ, 佐藤英雄寺田政明牧嗣人水島治男などが始終, 佐藤荘司が旧跡, 佐藤葛西両氏に於い, 佐藤蔀氏藏せしは, 佐藤蔀氏藏其下は岡田毅三郎氏藏, 佐藤藤佐氏を差しおい, 佐藤藤田中村の諸氏, 佐藤虎次郎氏や粕谷義三氏, 佐藤行信は蝦夷拾遺, 佐藤観次郎という人の, 佐藤觀次郎君がつけた, 佐藤である, 佐藤誠實等諸君, 佐藤誠實君の考選, 佐藤警部補の取調べ, 佐藤貞幹氏にてありけれ, 佐藤進氏が居, 佐藤邦夫案の, 佐藤醇造を誘ひ, 佐藤長右衛門方に今, 佐藤長右衛門氏を訪ねた, 佐藤長右衞門氏の女婿, 佐藤阪急社長の車, 佐藤雨山君から聞いた, 佐藤静夫氏が三鷹事件, 佐藤食料研究所へ訪れた, 佐藤駿河守殿を征め, 佐藤駿河守水野亀助石尾与兵衛尉竹中貞右衛門尉の六人, 佐藤黄鶴が廻つて