青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「伴~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

伝わっ~ ~伝統 伝統~ ~伝説 伝説~ 伯~ 伯母~ 伯爵~ 伯父~ ~伴
伴~
~伸ばし 伸ばし~ ~伸び 伸び~ ~伸子 伸子~ ~似 似~ ~似た 似た~

「伴~」 5142, 49ppm, 2342位

▼ 伴~ (1837, 35.7%)

103 て来た 82 て来 43 ていっ 41 て行く 40 て往 39 て行っ 34 て來 31 てつて 28 てっ 26 ていった 22 てゆく 21 て行 20 て来る 18 て行つて 15 て行った 14 て行かれた 13 て, の男 11 ている, て往く, て行かれ, の者 10 てき, て行かれる 9 てゆかれた, て来い, て来られた 8 て出, て家, て帰っ, て来ました, て私 7 ていた, てきた, て入っ, て出た, て往け, て来よう, て歸, て行き 6 てその, てツ, て山 5 ていこう, てお, てくる, てつ, て参りました, て外

4 [21件] あいを, がある, てい, てこの, てやって来た, てゆき, てゆこう, て參, て帰つて, て彼, て往かれ, て往かれた, て或, て戻った, て江戸, て行つたの, て行つて貰, て見物, になる, に来た, の二人

3 [25件] があった, てまた, てもう, てやつ, てゆかせた, てゐる, て何, て出る, て口, て帰られる, て帰る, て彼女, て往こう, て心, て戻っ, て旅, て来ない, て東京, て歩く, て行きました, て行こう, て郊外, になっ, の婦人, の若者

2 [118件] がいた, だって帰っ, てある, てあるく, ていかなかった, ていっしょ, ていました, ていらつ, てお出で, てかなけやならない, てかれ, てく, てぐ言, てそれ, てつて呉, てつて貰, てのそり, てまいりました, てゆけ, てダンス, て一緒, て一足先, て世話, て中流社会, て何処, て來たん, て停車場, て入, て出懸けた, て出発, て別室, て勇まし, て動いた, て北海道, て南, て国, て奥, て好摩, て安倍家, て実家, て宿, て居る, て岩手公園, て己, て帰った, て帰り, て帰りたい, て帰ります, て弟, て後, て御, て徳行, て散歩, て春, て時, て普請場, て本郷丸山, て来せ, て来たら, て来ます, て来るだろう, て来れ, て次第に, て欧洲, て歩い, て歩きました, て歸つて, て氏, て汽車, て浅草, て湯屋, て王主人, て番所, て白馬廟, て益々, て眠り, て破れた, て神田, て立っ, て箱根, て紙, て自分, て蒸気河岸, て行かう, て行かれたい, て行きたい, て行け, て行つた, て行つて二人, て行つて逢, て行つて酒, て警察, て買い物, て踊見物, て逃げ, て逃げた, て這入った, て鎌倉町, て附近, て陸, て障子, て雲洞庵, て震, て麻布, で来た, などの人達, にしなけれ, にする, になつて, にならう, のお客, の三人, の人達, の女, の娘, の客, もなく, を約した

1 [604件 抜粋] あいの, あいも, あとの, があ, があっ, がいかにも, ができる, がない, が出, が切り, が多き, が手まねき, が拾い, が見つかった, が警察, きらびやかに, こう云う, たり仰々しい, たるが, だって, だってきた, だって仁王門, だって堀, だって廂, だって来た, だって東, だって訪ね, てあちこち, てあっち, てあの, てあらわれた, てあるい, ていき, ていきたかった, ていく, ていけれ, ていず, ていなかった, ていらしつ, ていらっしゃい, ていらっしゃる, ていろいろ, てうたつて, ておい, ておら, ております, てお菓子, てきました, てこい, てここ, てこさせました, てしばしば, てしょんぼり, てすぐ, てそうした, てそっち, てそんなに, てだんだん, てつたの, てつて鳥, てつ呉れる, てどうか, てな, てね, ての發展, てはいっ, てはその, てはまいれませんです, ては喧嘩, ては外出, ては老父, ては越せない, てふたたび, てま, てまいりましょう, てまいれ, てまわる, てもう一度, てもつ, てものものしく, てゆかれ, てゆかれる, てよく, てらっしゃらない, てり, てゐた, てゐたい, てイタリア, てゲーツ, てドツ, てドリアン, てバタバタ, てパチパチ, てヒクヒク, てロンドン, てワイワイ, てワシントン, て一寸, て一寸店, て七月以來漸次低落, て三, て三度目, て上野行, て下りた, て中, て乗つ, て九十九折, て二階, て五体, て京師, て京都, て人, て人知れず, て他国, て以前, て伊勢参宮, て伏見城, て伝通院, て住み込む, て何所, て作物, て使, て來い, て先, て入り, て入る, て兩國橋, て公園, て兼家, て再, て再び, て冒頭, て凡そ三メートル, て出ぬ, て出よ, て出奔, て出張っ, て出懸くべし, て別, て前, て劇場, て十五里, て博覽會見物, て卵, て去っ, て去ろう, て参, て参りましょう, て参る, て参詣, て參ら, て反, て可愛い, て同じ, て吾等, て和上, て善作さん, て四谷, て国司, て国学, て国老, て土佐, て坂, て坐っ, て塔, て壮, て多数, て大, て大いに, て大学前, て天狗, て姨さん, て娘, て宅, て宙, て宝徳寺路, て宮城外, て容子, て寄宿舎, て寶徳寺路, て小さな, て小野, て小鼻, て少年たち, て居た, て屋敷, て山寺, て山路, て屹度川, て岩屋, て工場, て布努村, て帰つて行, て帰らう, て帰れ, て床, て庭, て引き, て引きあげ, て引き上げ, て当時磯, て彼方, て往か, て往かれました, て往き, て往きます, て徐徐, て応援, て忠敬, て思案外史, て成, て我々, て戸外, て戻つ, て手, て手振り足振り, て掛合, て揺れ, て改めて, て教育, て新三郎, て旅立つ, て早々, て明暸, て晝, て智恵子, て智惠子, て暫く, て曠野, て朗らか, て朗読, て木場, て本国, て札幌, て村全体, て来させました, て来させる, て来たし, て来てる, て来なかった, て来なかったら, て来なくなった, て来なけれ, て来ぬ, て来られ, て林子平, て果し, て枝, て柳橋, て桃, て桐生, て横浜, て橋場, て此処, て歩, て歩いた, て歩かれる, て歩き, て死ぬ, て母屋, て水戸, て汝, て泊りがけ, て活き, て浅草観音, て浜松, て海綿, て湖水, て漁, て無事, て熊山, て熱っ, て熱海, て片野, て牧場, て玄関, て王, て現れる, て現われました, て現場, て田甫道, て画家, て登れた, て登城, て直に, て眺望, て神楽坂, て移住, て稼ぐらしい, て穴, て突然, て立つ, て粟, て紀州, て紀州田辺, て細君, て肌, て肩, て自動車, て自身番, て航海中, て良人, て芝居, て花々しく, て若い, て草, て蒸気, て薫物, て藤吉, て虹, て行かせた, て行かなかつたなら, て行かれました, て行かれれ, て行きます, て行ってた, て行つた小使君, て行つた温厚, て行つた馬, て行つて了, て行つて何うしやう, て行つて十五円, て行つて十五圓, て行つて婆さん, て行つて日本, て行つて砂糖栽培, て行つて節会, て行つて貰つたの, て行つて迷児, て街坊, て西廊, て見えた, て見えられた, て親子心中, て親戚, て訪れた, て診察, て読書, て諸国巡礼, て貿易, て賑, て赴任, て起ち, て起る, て踊り回つて, て車, て車坂, て軽, て近所, て逃げろ, て逃げ廻っ, て這う, て這入っ, て這入つ, て遊廊, て過去世, て道場, て道灌山, て遠乗り, て還ろ, て郷里, て酔, て里, て金陵, て釘抜藤吉, て銭湯, て陽あたり, て随, て雑司ヶ谷, て霜枯, て霜枯れ, て音楽会, て領分はずれ, て飛び込ん, て飯, て首府, て馬, て馬来, て馳せ, て馳せ向い, て駒形町時代, て骨, て高く, て鳴く, て麗, て黒犬, て鼻高々, て龜井戸, というの, という題, といっしょ, として私, とどう, となった, とならなけれ, となり, となる, と下宿, と共に, と奥, と思う, と見物, ながら弁当, にいっ, にし, にした, にだ, になつ, になつた, になつて山, になり, になりませう, にはぐれた, に云, に友達, に向, に往, に往く, に戻る, に永遠, に相違, のある, のすすめ, のひとり, のほう, の七人, の下僚, の二十一二, の二十四五, の人々, の人柄, の勇士, の即席料理, の四人, の壮, の外国人, の奇態, の姿, の方, の武士, の水兵, の甚太郎, の生活, の甲斐, の男達, の紳士, の老婦, の職人, の腕, の自分, の退役官吏, の遠足, の都合, の騒ぎ, の鷄二, はあと, はと小女, はどう, はチョッキ, は伊達家, は同じ, は奮発, は彼女, は時, は松崎氏, は海軍少佐, は田所碧洋, は祖母さん, までし, も云った, も珍, をあつめ, を促し, を呼ん, を振り返つた, を探し, を殺す, を瞶め, を見出した, 万三郎は, 三人は, 世は, 來らせ, 出しに, 合ひである, 合ひと機嫌好く, 大きな風呂敷, 子を, 帰つて貰ふ, 帰りに, 悪いこと, 暗鬱な, 檻にでも, 毎月必ず, 添ふ, 結構な, 自己が, 訴人の, 騎り, 黒い驢

▼ 伴~ (255, 5.0%)

8 のである 7 のは 6 ことを 5 ことが, やうに 4 ことに 3 事は, 場合

2 [11件] を, 事が, 副演, 地震の, 場合が, 必然の, 情感の, 様に, 火災は, 言葉の, 間は

1 [192件] あた, あらゆる危険, あらゆる複雜, ある種, が今一度, が如し, が故に, ことだ, この喜び, だけに相当, だけの壮厳, どち, に, のかしら, のが, ので, のでぶちこわし, ので知らず, のも, はメラニポス, は其沢, やうな, や秋, アントロポロギーの, エゴイズムの, クドキの, セエヌ川紫色の, モルヒネ中毒の, 一歩に, 一種の, 不從順, 中傷も, 主上の, 事も, 事を, 事多く, 事實が, 事情の, 事情も, 人の, 仔馬亦, 仕事に対して, 以上男子には, 側に, 催欲的な, 僧官教授地方貴族官僚などにと, 兩將は, 内政の, 冒險である, 処から, 初雷, 利己の, 利益は, 劇的舞踊を, 動作, 動作表情を, 勿れ, 協同への, 南西風の, 危険と, 危険や, 呼称例も, 嚴かな, 国中到る, 地震との, 場合に, 場合も, 場合殊に, 夏神楽から, 大切な, 好奇の, 姿としての, 安詳, 実効を, 宮廷風の, 対話である, 対話の, 少女の, 山上の, 左党の, 弊害を, 心持に, 忘却が, 思索と, 恐が, 悪影響も, 悲哀でも, 情景とが, 感情を, 感謝の, 憎悪怨念の, 懐疑不安の, 成仏得道の, 成句, 或はその, 戰ひである, 所有衝動の, 支那中心の, 文化的役割を, 新しい趣旨, 新旧文化の, 新流行, 日々この, 日本語教育の, 日清間の, 星また, 春風秋風では, 時には, 時夫人は, 時期で, 晦顕とが, 普遍妥当性として, 暇は, 柳橋の, 樣に, 横着, 歌が, 歌謡の, 死せる, 母の, 民間の, 氷の, 浮薄と, 消極的感情を, 涙ぐましい程, 演劇の, 火傷と, 燒物の, 物語又は, 特殊の, 犧牲が, 率が, 理由の, 理論や, 産業が, 異常な, 睡眠を, 瞬間の, 神自身の, 秋の, 科学万能の, 程の, 種々な, 種々なる, 種々の, 筈だ, 精神的な, 紙幣濫発の, 罪惡, 群行神の, 習慣が, 習慣の, 胃腸障害を, 能はじ, 腐敗を, 腥覚時, 自らの, 自分の, 自律的な, 自然の, 舞踊で, 芸術的誇張に対しては, 苦しみだつた, 苦痛やら, 表情の, 表現法は, 言語の, 言語は, 評論陣に, 語で, 諸神礼遇, 謡ひ, 貴族や, 賢明な, 踊りが, 輕く細く美しい, 辛苦と共に, 近世的な, 通弊として, 適當な, 鎭魂や, 鎮舞から, 間違ひ, 限り吾等は, 陰口を, 陷沒が, 非凡の, 音樂は, 顔面の, 風習は, 食慾不振が, 體苦心苦の

▼ 伴~ (221, 4.3%)

5 うている 4 人も, 男に 3 うた, 客の, 方を, 緒, 顔を

2 [13件] うていたの, ところへ, 別嬪が, 名を, 女の, 女中を, 女達に, 忠兵衞を, 様な, 樣な, 男の, 男を, 緒の

1 [167件] あたりかまわない, あるよう, うしろより, うたのか, うたものであった, うた強烈なる, うた感情だけ, うていたこと, うていたと, うていたよう, うていない, うていなければ, うている美しい, うておおよそ, うてことに, うてこれ, うてぜひとも, うてその, うてなお, うての, うてサエン畠, うてミカワリ, うて不吉, うて人, うて何, うて先ず, うて再び, うて利己心, うて力, うて変移, うて天, うて往, うて改まりその, うて故郷, うて普及, うて次第に, うて民居, うて永続, うて自然, うて行われた杓子渡し, うて言葉, うて設けられた官知, うて話, うて追, うて進歩, うて遠国, うて還るという, うて食, うて鳥, うて鳩卵大, うて麓, おかみさん, お内儀さん, ため忿然として, つかない一, ところから, ものは, ものを, やうに, を, ゴツゴツした, 一人フョードル・パーヴロヴィッチを, 万田龍之, 下人に, 二人も, 二人三人は, 二日物語にも, 五重塔や, 人が, 人という, 人は, 人ぼうぼう, 人影が, 人柄の, 人銀の, 何という, 作として, 作に, 作品を, 作才の, 侮を, 兩人の, 兩氏イヨ感心と, 処女作は, 初めて世間, 労働者の, 厚い大きな, 四五歩前で, 図々しい間抜, 地の, 壮い, 大人は, 女に, 女は, 女房は, 女房も, 奴を, 妹に, 実色, 客が, 家では, 家に, 家には, 家へ, 家臣たちも, 寺島村新田時代である, 少女と, 弟子と, 弟子に, 後影を, 御奴, 御客さん, 忠兵衞は, 忠兵衞外より, 想かういふ, 感服された, 懐中に, 文体鴎外の, 文学が, 文章が, 文章漸く, 文脈を, 方に, 方にもねえ, 旅人が, 時代であった, 時代評論家としては, 書斎に, 最多か, 最好物, 望むとき, 村の, 死だけを, 死は, 死滅を, 父は, 生涯を通じて, 男が, 目の, 硯友社文学の, 童二人と共に, 童達と共に, 緒は, 老人とを, 者と, 者に, 者も, 者もつれず, 聯吟が, 肖像も, 艶本, 若先生, 若旦那で, 葬式の, 道也は, 道具箱を, 長所に, 門下たるに, 閑居を, 雅俗折衷落合直文や, 青年には, 面白さ, 面目が, 顔に, 風流仏などに, 馬に, 鵜飼が

▼ 伴~ (192, 3.7%)

53 出でぬ 2 てかの火, て寺, て訪, 一夜を, 低調な, 來し, 歸り, 用意の, 給へ

1 [166件] あらゆる物, かつて幸, がちの, しかして是, そこから, その巻, たまは, てかの扉, てここ, てこし, てこの, てさき, てその, ては大いに, ては給, てゆきし, てジエノワ, てヰルラ, て下寺町広田町方面, て下野小山, て並木, て久しく, て人, て來, て信州, て入り, て入り来る, て入る, て其僑居, て出, て呉家, て唐, て唱, て困らす, て多く平民, て太刀洗, て宮川亭, て家, て島, て引幕, て御寺, て旅館, て春風, て来る, て来れる, て東京, て東北, て欧洲, て歸, て汗, て汝等, て海, て涙, て滝野川, て狹山, て登山, て發生, て眠る, て繼續, て羅馬, て舞, て行かん, て見た, て赴き見る, て起れり, て逃亡, て郷国, て音, ながら苫小牧, マラッカで, リズムの, ローマに, 一つの, 不快が, 事の, 交通至便な, 京都から, 人の, 件の, 何くれと, 來た, 來つた時に, 來べ, 來よ, 來り, 來る, 來れる, 來給はん其人をも, 信濃小県郡の, 俳優も, 入来る, 全く外, 出で, 出また, 却つて相応しい, 吉之助は, 喫驚し, 墨堤を, 多くは, 多少の, 夜に, 夜八時信州北佐久郡御代田驛に, 奧へ, 山の, 山中さして, 市村座に, 布団を, 帰つた女神だけに, 帰つた家は, 帰つて饗応し, 帰へりし, 平和は, 底倉堂島等遊行す, 度いと, 弓矢を, 往き給ひし, 徳川慶喜について, 愛の, 我が家を, 或ひ, 政事を, 旅亭に, 易い, 易いこと, 易いもの, 易いやう, 易い制度, 易い辻堂, 易く従つて, 暗中模索の, 木枕を, 来む, 柚太は, 桃葉を, 橋本町へぞ, 次第に本文, 歌は, 此海に, 歸り留ける, 渡仏の, 溜池の, 父の, 物買ひ, 玉蜀黍の, 相手を, 真暗な, 立出たり, 立歸り, 紀州へこそは, 給はれ, 給はん, 給ひし, 給ひぬ, 續か, 自己陶酔に, 落下す, 行先久々にての, 資本家の, 運命の, 酒肴など, 醫師に, 銀座通年の, 隆白吉蔵を, 須川隆白二十歳田中屋忠兵衛僕吉蔵を, 騾馬と, 麻布普請場に

▼ 伴~ (137, 2.7%)

6 ない 5 ないもの 4 なければ 3 なかつた 2 ざる感情, せた小説的世界, ないこと, ないの, ない報酬, なかつたの

1 [107件] あとで, ざらむ乎若しくは, ざらんには, ざるが, ざるため, ざるの, ざるは, ざるを, ざる他に, ざる憾, ざる見物の, ざる革命, しむ, せ, せつつ, そう度々着た, それと, ないが, ないそれ, ないと, ないといふ, ないなら, ないやう, ない不意, ない享楽, ない何物, ない冷淡, ない労力, ない勞力, ない悲しみ, ない文字, ない時, ない機械的, ない汚れた, ない男, ない薄い心, ない軍備, ない部分, ない雨, ない青空, なかつたならば, なかつた憾み, なくて, なくな, なくなる, なくなること, ぬ, ぬこと, ぬもの, ぬ不幸, ぬ事, ぬ信仰, ぬ善, ぬ國, ぬ幸福, ぬ彼, ぬ志, ぬ旅, ぬ時, ぬ理想, ぬ空虚, ぬ羅列, ぬ訣, ぬ賣上, ぬ長篇式, ぬ限り調和, ねば, ねばあやしまる, むとおもひて来し, もう起ちあがっ, やがて別荘風, れること, れる筈, れる花嫁, れんと, 一人で, 一切無, 五六囘で, 何か, 何んで, 何時迄も, 出来ませんから, 大声で, 女性に対して, 如何に, 宇治山田の, 小さな漁師町, 岡崎入江に, 手紙を, 文政三年に, 文榮堂書肆の, 日焼けした, 時どき笑い声, 歴史が, 浅間山麓小諸市外の, 無用と, 皆の, 皮を, 真ッ平, 着物を, 自分でも, 自分の, 舟竝めて, 若い俊子, 野鳥の, 露伴の, 驚いたよう

▼ 伴つて~ (125, 2.4%)

15 ゐる 8 ゐた 3 はひつ, ゐるの, ゐるやう, 居る 2 ゐて, 居る所, 来る, 起つて

1 [82件] いて, おらねば, きかれた, くる, こそ知識, この寺, しげしげと出入り, そして餅, そのあたり一帯, その消長, とう, と言ふそん, のみた, の長い, はゐない, はゐなかつた, は居る, やつて, やつて來, ゐたこと, ゐたそれ, ゐただけに, ゐた事, ゐないため, ゐないの, ゐないもの, ゐない事, ゐない地震帶, ゐない説明, ゐなかつた場合, ゐは, ゐました, ゐます, ゐるから, ゐること, ゐると, ゐるもの, ゐるわけ, ゐる一種, ゐる事, ゐる第, ゐれども, 不忍池, 何時もの, 其の中心, 再び伊太利, 再び楼, 冷える後頭部, 出かけて, 又いろ, 居たこと, 居て, 居ても, 居るの, 居る決して, 居る菓子, 強く感じられ, 暫く獨逸, 来た, 来たが, 来たの, 来たやう, 来た家族, 来なければ, 来るだけ, 来るだらうと, 来るの, 来るので, 歩いて, 現はれ, 聞かれるの, 行かねば, 行かれるたび, 行くと, 行くの, 行く事, 行けば, 起つた最初, 起る, 起る事, 連れて, 遂に意思

▼ 伴~ (115, 2.2%)

3 は考へた 2 が蕗子, であった, に女, の方, の言葉, はその

1 [100件] があつ, がお, がやや, が付い, が何気なく, が忍びやか, が本気, が深夜, が無念そう, が金鯱調べ, だったか, であり来かかって, です, という中老人, とが, とを供, とを従え, とを連れ, と云う, と源吾, と蕗子, などと同じ, には一つ一つ, には判らなかつた, にもよく, に命, に申しつけました, に言, に隠し, に頼んだ, のもと, のもはや, の予期, の仇心, の内, の姿, の後, の心, の悒鬱, の気, の気持, の知らない, の耳, の脳裡, の記憶, の許し, の誤解, の面上, の頭, はあッ, はさう, はつか, はま, はダンスホール, は一揖, は一時本気, は三十五歳, は事件, は今, は伊那丸, は先, は全く, は力尽きた, は助かった, は吃驚, は大きく, は嫉妬, は心, は怒, は怖, は思, は思はず, は悒鬱, は捕方, は次にこう, は田楽刺し, は益々, は突っ, は笹穂, は簡単, は紅庵, は腹, は蕗子, は親代々, は訊ねた, は調所, は起ち上りました, は面喰, は驚く, は鸚鵡返し, も幾分, をそこ, をつかまへ, を招きました, を蕗子, を見送っ, を遁, を面喰, 行け, 逃がす際

▼ 伴れられ~ (101, 2.0%)

3 て上野, て行

2 [14件] ていった, てその, て一窓庵, て下, て二間おきぐらゐに配置, て和尚, て家, て形, て彼, て朝八時頃, て来, て行った, て行つて, て西久保高力家上屋敷

1 [67件] その日, たりし, たり仲間, て, ておれ, てこちら, てそろり, てたん, てとうとう, てわざわざ, てアルバート, て三本マスト, て事務所, て仙台, て何気なく, て出, て半町, て去っ, て坐っ, て埴谷邸, て墓参り, て外出, て多摩川, て始め, て室, て屋形船, て山小屋, て帝劇, て師匠, て帰, て帰った, て帰つて, て帰国, て平生, て幾たび, て幾組, て度度, て往, て怪し気, て時雄, て東京, て横川, て橋, て歩いた, て歸つて來, て母屋, て湯治, て漸く, て牛車, て牢屋, て私, て笹村, て老婆, て耕介, て自分, て莫斯科庁, て行きすぎる, て行つたの, て行つて横, て西加茂, て遊び, て遊里, て遥々, て金杉三丁目, て釣舟, て電車, て頭

▼ 伴~ (95, 1.8%)

3 でごぜ 2 と申す, の方, は志丈

1 [86件] おみね, がお, がおかしい, がお仕置, がズルリ, が土手, が女, が殺した, が覗い, が起上り, が頻りに, ではございません, というもの, と一緒, と呼び, と志丈, と物語, と申します, にて栗橋, に与し, に別れ帰り行く, に喋, に渡し, の女房, の家, の帰り, の思う, の悪事, の持物, の生れ故郷, の腹の中, の裾, の顔, は, はお札, はぞっと, はよもや, はガタ, はキャッ, はグッ, は一人, は乗, は今年三十八歳, は以前, は口, は呟き, は四十, は変, は大きに, は女房, は如何にも, は寝, は寺参り, は小気味, は差したる, は彼, は後, は心, は怖い, は悪事, は慇懃, は懶惰もの, は戸棚, は手早く, は抜足, は来た, は畑, は眼, は私, は空涙, は羊羹箱, は腰, は茶碗酒, は萩原, は蚊帳, は金, も安心, も慌てふためき, も薄気味悪く, や一寸此処, や己, を先, を受取り, を見, 早く帰ろう, 最早隠し遂せる

▼ 伴なう~ (93, 1.8%)

3 もので 2 いろいろの, のが, のである, ものである, 一種の, 倦怠とを, 多くの, 涙は

1 [74件] か, からである, からと言っ, ことが, ことに, ことによって, ことを, その挨拶, ていは, て和名, ところの, とすれ, と仮定, に至っ, のだった, のであろう, ので差し当っ, ほどの, ものだ, ものであっ, ものであった, ものであり, ものは, ものばかり, ゆえにその, ようである, ように, ユーモアである, 一式が, 不連続的あるいは, 予定であった, 事実に対して, 伝承とを, 伝説である, 伝説を, 兵隊の, 分家は, 勇猛と, 古来の, 唄にも, 固有の, 土地陥没の, 大破局, 大規模, 婚姻制の, 季節儀礼が, 実感が, 実際問題, 密儀劇の, 小児動物的生存状態に, 幾つかの, 彼の, 心境の, 快感とは, 怪我の, 恥ずべききらうべきエゴイスチッシュ, 情操は, 感情を, 所の, 旋律的な, 有形無形の, 村, 果断も, 歌が, 沈下や, 物忌の, 現象だ, 社会的変動が, 編貫であります, 色々の, 苦労である, 苦労では, 行事慣例の, 諸種の

▼ 伴~ (91, 1.8%)

30 して 5 すること, つれて, 連れて 3 する 2 した, するの

1 [39件] させる, したいとも, したいもん, したこと, しました磯九郎, し皆いっしょ, し遊び仲間, すると, するとき, するな, する犬, せい, そろえて, たのまれた, つれずに, ともなう靱負, はじめいろいろ, はじめとして, われ附せり, 一人連れた, 仕りわれら, 仰せつかり彼, 呼びつつ, 尊敬し, 待って, 得た訳, 恨む罪, 文学の, 書くの, 第一人者である, 經て, 致したいもの, 見た, 見付けて, 訪問した, 誘い酒, 論じその, 連れた老人, 選ぶべく諸

▼ 伴~ (76, 1.5%)

10 つれて 5 立つて 4 して, なって 2 なりて, 連れて

1 [49件] あらずんば, ありと, ありという, したであろう, したり, しろ明治二十八九年, ついた, つかは, つれたニグロ, ていねいに, どうしても脱ぎ, なったお爺さん, ならぬかと, なるには, なんともいえぬ苛立たし, はぐれし赤蟻, はぐれたため, はぐれて, ゆき, 乗って, 云はれ, 代って, 会ってから, 列し得るゆえん, 列せん, 加へる, 又忘れ得ぬ, 召され, 如此の, 師事し, 御つれ, 怪しまれないよう, 推参し, 於て, 毎日の, 神官が, 立って, 肩身が, 胸の, 行きたい気持ち, 見せたら眉山, 言つた, 負けぬ氣, 近づき露伴, 連れないで, 道也ある, 雨の, 食い同棲, 鬼が

▼ 伴はれ~ (75, 1.5%)

2 て來, て初めて, て満, て陰欝

1 [67件] かしこにては, てお, てこの, てその, てゆきし, てゐるであらう, てアルバート, てエルサレム, てケエラ, てネミ, てネミ湖畔, てピアノ臺, てリミニ, て三重縣, て上京, て上田柳村氏, て代表的, て以前, て入り, て其の, て出勤, て午前, て園内, て大川端, て大連市内, て孤踏夫人, て小竹君, て山, て往来, て故郷, て斯, て日本, て最上川, て来し, て東京, て柳橋, て此, て洛東, て深夜, て瀧井孝作, て火, て特に, て獅子使, て甲州, て舟, て茶事, て草, て蝶々, て行く, て行け, て鉄道馬車, て陳列場, て階上, て齒, なん, また帰途, 入谷の, 公園内を, 坂本の, 子規舊蘆を, 感傷に, 我が家へ, 我が家へこそは, 福地家を, 血液検査を, 醫師の, 陽氣に

▼ 伴なっ~ (62, 1.2%)

10 ている 7 ていた 3 て来る 2 てい, てくる, てその, て来た, て起る, て雪

1 [30件] ていたらしい, ており, てそれ, てはいる, てますます, てパリー, てマイク, て不相, て乾坤, て人々, て偸む, て出立つした, て前線, て各人, て女人, て字, て来, て残っ, て海, て減少, て激増, て狩, て結びつい, て老, て花卉, て蓮, て行かぬ, て行った, て起こった, て運動

▼ 伴~ (61, 1.2%)

3 はそれ 2 とお, とその, の女房

1 [52件] が一人, が三畳, が両手, が傍ら, が志丈, が怪しい, が来, が枕頭, が源次郎, が秀調, が蒼い, が覗い, が顫, ちょっと此処, である, という男, といっしょ, と云う, と結ばれた, に暴かれ, に疑い, に讒訴, に連れられ, のさしだした, の一条, の前, の性格, の悪事, の所, の方, の旧悪, の顔, はだんだん, は伸びあがる, は大風雨, は女, は彼, は悪事, は日, は欲, は毎夜, は海音如来, は目, は眼さき, は顫, ばかりでない, もまた, らしくは, をし, を伴, を呪う, を見よう

▼ 伴大次郎~ (53, 1.0%)

3 なの 2 である

1 [48件] あの三国ヶ嶽, がもの, が二人, が今, が女, が忘れ, が群集, が静か, じつあ, です, では, とおんな, とは男女, と今, と何, と文珠屋佐吉, と江上佐助, と祖父江出羽守, なので, にかたき, にそっくり, にだけは会った, のいる, のれっきとした, の女, の姉, の姉上, の心, の手, はああ, はその, はまず, はゆっくり, は二十七, は二十歳, は伴大次郎, は名誉, は奇しくも, は禁制, もそこ, も出羽守, も彼, も畢竟, を凝視め, を法外流, を涙, 改め二代法外, 無論あの

▼ 伴~ (49, 1.0%)

4 追ひつ 2 云った

1 [43件] あったの, あったろう, あって, あつて, ありましたか, ある, おあり, こんなま, てら上京, てれた, できたため, できたと, ひとり欲しく, むこうの, ウハハハハハと, ガラガラな, ガラガラ声で, ズバズバ云った, 一言ずつ, 写実作者の, 写実家なる, 取って, 呼んだ, 好きです, 小作官の, 岩の, 帰って, 引受て, 後から, 悟り過, 文化勲章を, 有りますから, 来たら喫, 来るからね, 横手の, 橋の, 欲しくない, 登壇以来見せし, 自分の, 見付かつて, 追いついて, 集まって, 非常に

▼ 伴三郎~ (44, 0.9%)

4 の袖

2 [17件] がお, とは仲, と似た, と平次, と殺された, と直, と突き合せる, にも倦怠, に白状, の女出入り, の寵者, の用心棒, はこんな, はそれ, はツイ, は席, も左孝

1 だったの, だつたの, の思い者, の思ひ, の指図, の指圖

▼ 伴左衞門~ (41, 0.8%)

3 は奧 2 はだまつて, は刀, は呼びとめる

1 [32件] うなづく, が先, とお, と平九郎, と顏, に繩, の前, の妹, の道場, の顏, はお, はおどろい, はおどろく, はその, はやはり, は上, は俄, は先, は反り返, は坐る, は微笑み, は悠々, は無, は無言, は焦らす, は相手, は笑, は舞臺, は軍書, は返事, は默つて, も床の間

▼ 伴ふも~ (36, 0.7%)

7 のである 4 のと 2 の, のだ, のであつ, のは

1 [17件] のあら, のかと, のが, のこれ, のであらう, のであります, のでない, のでなけれ, のでまして, ので結構, のとして, のとしても, のな, のなり, のにて, のを, の必ずしも

▼ 伴れた~ (36, 0.7%)

3 男が 2 まま, 夫婦者の

1 [29件] おかく, お神さん, たしかに樽野, だけで出, だけで飯, のは, ままず, ようである, 一人の, 二人の, 喬生と, 大家の, 女が, 女の, 娘が, 彼は, 旅行で, 村人の, 村長の, 梅原, 牛車が, 犬ラキムは, 私子供を, 興行師が, 若い女, 親猿, 親達も, 詩人達も, 釘抜藤吉は

▼ 伴~ (32, 0.6%)

3 謂つてゐる 2 なるや, 称して, 稱し

1 [23件] いうて, いえば, さもらひに, した仙人, し置くと, するものの, する人, すればとて, なったの, なって, なつた, なりて, なり其家, なり和吉, なるもの書, なれる三客, イルミネーションを, 呼ばれて, 呼ぶは, 書き神, 神仙道, 謂って, 阿部の

▼ 伴さん~ (27, 0.5%)

2 と僕

1 [25件] から聴診器, から胃癌, がこんな, が云う, が云ってた, が見え, さ誰, と太宰さん, ど話し, にかかる, には組合, に限る, のあの, のところ, の静粛, は, はかういふ, はきのふ以来帰宅, はその, は本当に, は来意, は語られた, も驚いたらしい, や阿部さん, 来てたど

▼ 伴~ (26, 0.5%)

2 であつ, の祖先

1 [22件] から勇気, がひょっくり, ではない, との二人, と云, と書かれた, などが居た, にも逢つて, に当る, のするし, のともがら, の下, の家, の所管, の私民, の称, の追, は十年越, は昨夜, は種々, や地方的豪族, をクニノミヤツコ

▼ 伴なつ~ (22, 0.4%)

3 てゐた 2 てゐる

1 [17件] たもの, ていたらしい, て伊香保, て何物, て來, て夢, て幾多, て支那, て新しい, て歸, て脚部, て萌し來, て行き, て行つて, て赴任, て近江, て香り高

▼ 伴ない~ (20, 0.4%)

1 [20件] あるいは腹一ぱい, じつに驚く, その時, それも, それ独特の, つつもなお, て, てこの, て在す, て存し, て帰りたれ, ます, また独占, また白石翁, 加藤家より, 婢の, 得ざるため, 来たって, 歓楽の, 自分の

▼ 伴れ出し~ (20, 0.4%)

2 て, てゐた

1 [16件] おまえの, こちらの, てきた, てしまった, ては附近, て可愛, て呉れない, て射殺, て故郷, て来, て来た, て歸ら, て競馬場, て静か, 其處で, 更にまた

▼ 伴直人~ (20, 0.4%)

1 [20件] がはひつ, が床の間, が生き, の人物, の個人教授, の前, の政治観, の文章, の方, の日誌, の社会人, の祝賀会, の遺稿, はいくぶん, は微笑んだ, は慌て, は桜, は眼鏡, を取巻き, 生憎お礼

▼ 伴ふて~ (18, 0.4%)

2 來た, 議場の

1 [14件] あたりの, セント・ペテルスブルグに, ユダヤよりの, 伊太利の, 善光寺に, 娘の, 嵐山に, 強健ならず, 昇格し, 是に, 横浜市は, 築城の, 諸方に, 高さ十丈

▼ 伴れ立っ~ (18, 0.4%)

2 て家, て臥仏寺

1 [14件] ていた, てその, ての上洛, てまわりました, てやって来ました, て一緒, て其の, て去り行く, て此方, て歩い, て船橋, て謝罪, て道場, て飛ん

▼ 伴信友~ (18, 0.4%)

2 の研究, の説

1 [14件] が, といふやう, の, の桓武天皇, の瀬見小河, の考證, の自筆, の蕃神考, の門, の高橋氏文考注, はどう, は典型的, は志貴連, も持て

▼ 伴つて來~ (16, 0.3%)

62 た, ること 1 たので, ながら, るの, るので, る場合, る惡

▼ 伴先生~ (15, 0.3%)

2 のお

1 [13件] こそ今日われわれ, とは思想的, と言え, に対し記念品贈呈, の, のお気, の影響, の文, はご, はその, は実に, は毎日, をだし

▼ 伴建部~ (15, 0.3%)

11 の兩人 1 と申し合せ, の夫婦ども上下六人, の御, の計りし

▼ 伴へる~ (14, 0.3%)

2 君寵を, 威望の 1 が如くなりき, ものなる, を見る, 名は, 在来の, 婦人達のみ, 客ある, 支那の, 郷村断層, 雌雄の

▼ 伴れ出した~ (14, 0.3%)

2 んで, 上後ろから 1 からあと, ことを, のだ, のださうだ, のであつ, のは, のも, ガラッ八, ガラツ八日本橋を, 敬太郎を

▼ 伴れ立つ~ (14, 0.3%)

1 [14件] て, てその, て下着, て下谷, て余程, て外, て来る, て百合子, て立去つた, て街, て西河岸, て談判, て遣つ, て銀座

▼ 伴~ (12, 0.2%)

32 はぬ 1 いし者, のかな, はざれ, はね, へ上士, わない, わるる

▼ 伴れ行き~ (12, 0.2%)

1 [12件] そこで彼, て毛虫, サアあそこの, 一食させ, 其處で, 夕に, 夜の, 水に, 猫の, 畜うたが, 輪姦せし, 酒で

▼ 伴~ (11, 0.2%)

1 [11件] ある様子, いたもの, その事, それと, ないから, なく青みしな, やっぱり年寄り, 亦た, 同じ意見, 演説が, 連れずに

▼ 伴藏さん~ (11, 0.2%)

1 [11件] おみねさん, が幽霊, こんな苦しい, ちょいと, とはお前さま, にちと, に上げ, に突かれた, まだ御札, 先ず一別以来相, 打明けて

▼ 伴なった~ (10, 0.2%)

1 いろいろの, においである, ものだ, もので, 幻酔感は, 当時の, 思い出な, 暗黒な, 泡鳴氏が, 華やかな

▼ 伴れだし~ (10, 0.2%)

2 て東京 1 ていった, てたぶん, て一札, て二人, て逃げました, て食事, 本通りから, 谷中の

▼ 伴れで~ (10, 0.2%)

2 もいる 1 あつた家刀自, は, はなかっ, もある, チャルメラの, 散歩から, 秘かに, 試合に

▼ 伴~ (10, 0.2%)

1 か, にひと泡, のやう, の後裔, の稽古, は松助, みたよう, をやる, を捏, 阿魔

▼ 伴なひ~ (9, 0.2%)

1 がちな, てお, ておもしろき, て客殿, て龜屋徳右衞門方, 其上にての, 判人利兵衞の, 歸つたといふ, 歸つて漸く

▼ 伴なわれ~ (9, 0.2%)

1 つつそぞろ, ていった, てたった, てわれわれ自身, てパリ, て姉, て急調, て来, もちろんわたし

▼ 伴ふと~ (9, 0.2%)

2 すれば 1 いつでも, いふこと, いふ逆説, いふ風に, は限らぬ, 云ふ, 見て

▼ 伴~ (9, 0.2%)

5 頭を 4

▼ 伴れ出す~ (9, 0.2%)

1 とこう, とそつ, と案外, と途方, と阿, のも, 役目が, 理由では, 素振りで

▼ 伴はず~ (8, 0.2%)

1 しばし引きずられ, とか詞, にこれ, にはゐない, にはゐられない, にはゐられなかつた, には達せられない, に云

▼ 伴~ (8, 0.2%)

2 妹背い 1 たそ, 何かの, 思軒は, 文壇人の, 阿部の, 阿部付の

▼ 伴れ込ん~ (8, 0.2%)

2 で泊めた, で自分 1 でいろ, でいろいろ, で手籠, で来る

▼ 伴~ (8, 0.2%)

1 が私, が立樹, と告ぐ, の伝授, の友人, の実子, はむしろ, は上等士官

▼ 伴~ (8, 0.2%)

6 之丞 2 之丞様

▼ 伴~ (8, 0.2%)

1 が二つ, が現れ, でもまだ, として加はつ, のかく, の信仰, は青年, を連れ

▼ 伴~ (8, 0.2%)

1 いや數, とはかなり, に使う, のやって来る, の準備, を出す, を後, 挙りさ

▼ 伴~ (8, 0.2%)

4 の道 2 せざるを以て, せざる可

▼ 伴なわない~ (7, 0.1%)

1 で済む, と全国的, 事は, 今日の, 勝利だ, 程度の, 興奮は

▼ 伴ふところ~ (7, 0.1%)

1 が面白い, であるらしい, の, の一つ, の新, の甚だ, の非

▼ 伴佐十郎~ (7, 0.1%)

2 の兩人 1 と言者越前守殿役所, の人々, の兩人舊來, は前後左右, は急ぎ

▼ 伴佐十郎建部郷右衞門~ (7, 0.1%)

4 の兩人 1 などと申家付, の三人, の兩人藤五郎兄弟

▼ 伴なはれ~ (6, 0.1%)

3 て行く 2 て出 1 てゆく

▼ 伴ひし~ (6, 0.1%)

1 がやがて, が果して, こそ姫, ことなく, 人なり, 當年の

▼ 伴ふこ~ (6, 0.1%)

1 とさ, となく, とはわれわれ, とは考へられない, ともなく, と勿

▼ 伴れこ~ (6, 0.1%)

2 み入口, んでわる 1 んであり, んで女郎屋

▼ 伴れ帰っ~ (6, 0.1%)

1 ては悪い, てルカス, て介抱, て仔細, て女房, て山の手

▼ 伴~ (6, 0.1%)

1 が小平, という五十五歳, は提灯, は耳, も認め, を見

▼ 伴~ (5, 0.1%)

1 から陪従, とか一流, と言っ, のに二人, よ出羽

▼ 伴~ (5, 0.1%)

2 雪を 1 奉行所を, 来たこと, 色々移り

▼ 伴なふ~ (5, 0.1%)

1 ごとに, 心境の, 思想の, 悲劇中の, 損失は

▼ 伴ひたる~ (5, 0.1%)

1 は巨勢君, 一種の, 也, 美人佇立めば, 際の

▼ 伴れだ~ (5, 0.1%)

1 つた私が, つてあの, つて私は, つて私を, つて遊びに

▼ 伴れ戻される~ (5, 0.1%)

1 ことだろう, と心配, と思った, 危険も, 途中ずっと

▼ 伴一家~ (5, 0.1%)

2 にとつ 1 のものども, の家名, の自由

▼ 伴五郎~ (5, 0.1%)

1 が房吉, が立合っ, という御家人, の思う, も江戸

▼ 伴人ら~ (5, 0.1%)

5 に柔和

▼ 伴~ (5, 0.1%)

1 ではない, の女, の妻, は酒井忠邦, 正旗

▼ 伴忠兵衞~ (5, 0.1%)

1 が不在, が斷, は此婚姻, は此度, は歸

▼ 伴~ (5, 0.1%)

1 する, するもの, する傾向, する先見, の結果

▼ 伴~ (5, 0.1%)

4 からです 1 という人

▼ 伴立っ~ (5, 0.1%)

1 ている, てやって来た, て前, て幸雄, て贅沢

▼ 伴~ (5, 0.1%)

1 と称し, と称した, なるもの, ひろき, を連れ

▼ 伴蒿蹊~ (5, 0.1%)

1 で十九年前, というの, といふの, に師事, の

▼ 伴~ (5, 0.1%)

1 であるが, の人, の宰, は諸, 又は部曲

▼ 伴~ (5, 0.1%)

3 して 1 し来る, する動作

▼ 伴から~ (4, 0.1%)

1 のぞく細面, 帰ると, 漱石鴎外一葉樗牛独歩花袋秋声白鳥荷風潤一郎三重吉など, 頼まれて

▼ 伴~ (4, 0.1%)

1 て, て参りました, て彼, て逗子

▼ 伴れこん~ (4, 0.1%)

1 だ, だ侍女, でゐた, で来た

▼ 伴れらしい~ (4, 0.1%)

1 がその, のが, 男が, 者は

▼ 伴れ去られた~ (4, 0.1%)

2 のであった 1 ことだけは, やうな

▼ 伴れ戻され~ (4, 0.1%)

1 てし, てゐる, て座敷牢, て行つた百合子

▼ 伴れ行く~ (4, 0.1%)

1 いわれありません, うち一人放屁せし, を忘れた, 風が

▼ 伴れ込む~ (4, 0.1%)

2 のが 1 か見届けたら, と嫁さん

▼ 伴田氏~ (4, 0.1%)

1 のお蔭, の家, の寂しい, の鶏舎

▼ 伴立つ~ (4, 0.1%)

1 て帰, て帰る, て時に, て歩いた

▼ 伴する~ (3, 0.1%)

1 といふ, ものが, んです

▼ 伴~ (3, 0.1%)

2 てくる 1 ていなけれ

▼ 伴つた~ (3, 0.1%)

1 おどけたものの, もので事, 重苦しい鈍痛

▼ 伴つてそれ~ (3, 0.1%)

1 がため, の諸, を切れ切れ

▼ 伴~ (3, 0.1%)

1 あつて, 来たり, 護謨靴と

▼ 伴という~ (3, 0.1%)

1 のは, ものは, 弁護士を

▼ 伴として~ (3, 0.1%)

2 遺言も 1 荒波の

▼ 伴どの~ (3, 0.1%)

1 も急がるれ, 忠兵衞どのそも, 明日にも

▼ 伴には~ (3, 0.1%)

1 かえって勿体なし, けっこう役, 弟子の

▼ 伴ひ来り~ (3, 0.1%)

2 て光る 1 有無を

▼ 伴もつれず~ (3, 0.1%)

1 に一人, に早速, 雨着も

▼ 伴れず~ (3, 0.1%)

1 ただ一人, に月並み, 一人だった

▼ 伴れ出され~ (3, 0.1%)

1 ていざ, てから今, てから周子

▼ 伴れ去った~ (3, 0.1%)

1 が姐さん, とあるを, のでアラカン王

▼ 伴れ戻された~ (3, 0.1%)

1 ことも, ということ, のであつ

▼ 伴れ歩い~ (3, 0.1%)

2 てから船橋 1 ている

▼ 伴れ添う~ (3, 0.1%)

2 あさ子も 1 女性を

▼ 伴れ込んだ~ (3, 0.1%)

2 のを 1 んだ

▼ 伴~ (3, 0.1%)

1 が本郷, のみならず, の作家的日暮し

▼ 伴~ (3, 0.1%)

1 でも悪, の方, は大野伴睦

▼ 伴~ (3, 0.1%)

1 をどこ, を着, を着た

▼ 伴家主~ (3, 0.1%)

1 おやを, といふ父母, の像

▼ 伴法外~ (3, 0.1%)

1 が血相, は片方, を千浪

▼ 伴~ (3, 0.1%)

1 の, の人物論, の手突水矢

▼ 伴~ (3, 0.1%)

1 という牢人, とかいった, と申し

▼ 伴藏夫婦~ (3, 0.1%)

1 には孫店, はしめた, は持ちつけない

▼ 伴鐵太郎~ (3, 0.1%)

2 なる者 1 の二男

▼ 伴~ (3, 0.1%)

1 が四隣, のもの, の中

▼ 伴たら~ (2, 0.0%)

2 ざるを

▼ 伴つたもの~ (2, 0.0%)

1 であつ, らしいこと

▼ 伴つて喧嘩~ (2, 0.0%)

2 でもある

▼ 伴つて家~ (2, 0.0%)

1 へ帰つて, を出た

▼ 伴つて散歩~ (2, 0.0%)

1 に出, に出かける

▼ 伴つて私~ (2, 0.0%)

1 が訪問, の部室

▼ 伴つて経験~ (2, 0.0%)

1 せられたので, せられ始めたの

▼ 伴つて行~ (2, 0.0%)

1 つたこと, つたもの

▼ 伴であり~ (2, 0.0%)

2 ながらその

▼ 伴なえ~ (2, 0.0%)

2 我は

▼ 伴なえる~ (2, 0.0%)

1 倍音の, 者に

▼ 伴なき~ (2, 0.0%)

1 に於, 世に

▼ 伴なる~ (2, 0.0%)

1 書生の, 雙魚を

▼ 伴なわざる~ (2, 0.0%)

1 がゆえに, を得なかった

▼ 伴なわず~ (2, 0.0%)

1 にはすまなかったろう, に表現

▼ 伴につれ~ (2, 0.0%)

1 十時半すぎ倉知の, 持たせたるささやか

▼ 伴にな~ (2, 0.0%)

1 つた人が, つて来た

▼ 伴にも~ (2, 0.0%)

1 會つた, 立たず動

▼ 伴はしめむとせば一定~ (2, 0.0%)

2 の資格

▼ 伴はれし~ (2, 0.0%)

1 われは, 幼兒の

▼ 伴はれる~ (2, 0.0%)

1 多くの, 様な

▼ 伴はれ急ぎ~ (2, 0.0%)

2 て室

▼ 伴はん~ (2, 0.0%)

1 とす, には白鼠頭魚釣り

▼ 伴ひける~ (2, 0.0%)

1 に傳吉, に平

▼ 伴ひゆき~ (2, 0.0%)

1 て畫とき, われは

▼ 伴ふから~ (2, 0.0%)

1 であらう, 最も内容的

▼ 伴ふべき~ (2, 0.0%)

1 を示したるなり, 名声を

▼ 伴られ~ (2, 0.0%)

1 て来る, 行に

▼ 伴れだった~ (2, 0.0%)

1 のだ, ふたりの

▼ 伴れなく~ (2, 0.0%)

1 てはならぬ, ては何處

▼ 伴れもどされた~ (2, 0.0%)

1 ことが, ということ

▼ 伴れる~ (2, 0.0%)

1 だけの者, もんで

▼ 伴れ出さう~ (2, 0.0%)

1 かとも思, にも源造

▼ 伴れ出そう~ (2, 0.0%)

1 とし, とした

▼ 伴れ去っ~ (2, 0.0%)

1 て木, て父

▼ 伴れ参りました~ (2, 0.0%)

1 が不束者, わけ

▼ 伴れ帰った~ (2, 0.0%)

1 者だ, 顛末を

▼ 伴れ帰り~ (2, 0.0%)

1 さへ, 内祝言を

▼ 伴れ帰りしょう~ (2, 0.0%)

2 ばい物の

▼ 伴れ戻し~ (2, 0.0%)

1 てくれた, て来た

▼ 伴れ込まれ~ (2, 0.0%)

1 て真に, て行く

▼ 伴れ込み~ (2, 0.0%)

2 刀まで

▼ 伴れ込もう~ (2, 0.0%)

1 とした, と思いだした

▼ 伴一郎氏~ (2, 0.0%)

2 は後進

▼ 伴三郎風情~ (2, 0.0%)

2 に殺される

▼ 伴~ (2, 0.0%)

1 に詔, をつれた

▼ 伴伴大次郎~ (2, 0.0%)

1 の姉, の姉上

▼ 伴佐十郎兩人~ (2, 0.0%)

1 の口書, の家來

▼ 伴作様~ (2, 0.0%)

1 と云う, は喜田川志津子さん

▼ 伴作足助~ (2, 0.0%)

2 主水正

▼ 伴~ (2, 0.0%)

1 を率, 又逃亡

▼ 伴右衞門~ (2, 0.0%)

1 と彼馬丁等, は討首川崎金右衞門小野寺源兵衞

▼ 伴外一名~ (2, 0.0%)

1 が代表, の代表

▼ 伴大次郎江上佐助有森利七~ (2, 0.0%)

1 の三人, の田万里

▼ 伴~ (2, 0.0%)

1 の歌集, を訪れた

▼ 伴廻り~ (2, 0.0%)

1 これは, を三人

▼ 伴来り~ (2, 0.0%)

1 てこの, 家具を

▼ 伴林どの~ (2, 0.0%)

1 との連絡, も動く

▼ 伴柳浪美妙~ (2, 0.0%)

2 そんな人

▼ 伴~ (2, 0.0%)

1 が殿, のお嬢様

▼ 伴淳三郎~ (2, 0.0%)

1 の店VAN, 出る

▼ 伴~ (2, 0.0%)

2 と名づけ

▼ 伴~ (2, 0.0%)

1 はしきりに, は頻りに

▼ 伴稼ぎ~ (2, 0.0%)

1 なん, を始めた

▼ 伴~ (2, 0.0%)

1 のくる, はくる

▼ 伴蔵志丈~ (2, 0.0%)

1 はやがて, もまた

▼ 伴藏これ~ (2, 0.0%)

1 は何, は誰

▼ 伴藏貴様~ (2, 0.0%)

1 はあの, も萩原様

▼ 伴造国造~ (2, 0.0%)

1 に分, の徒

▼ 伴金太夫~ (2, 0.0%)

1 その武士, という者

▼ 伴類二百人~ (2, 0.0%)

1 ことごとく召しとられ, に及ぶ

▼1* [423件]

いしは八歳, 伴うたに過ぎない, 伴二人の, 伴からは想像も, 伴さして動物園, 伴させますと引き受け, 伴させることが, 伴さんみたいに喧嘩, 伴さん一番先きに, 伴さん中村憲吉君僕の三人, 伴さん晩に管理さん, 伴さん酒席でもある, 伴しようと言う, 伴たり一の, 伴つたことも間違, 伴つたそれではない, 伴つたのでありますが, 伴つた一つの特殊, 伴つた主張ではありませぬ, 伴つた事情をこれ, 伴つた人界の中, 伴つた君の勇ましい, 伴つた悟空は城, 伴つた数々のステッキ, 伴つた旅であつ, 伴つた現実感を風, 伴つた用言である, 伴つた自律的無軌道とも言, 伴つた自然の持つた, 伴つた興味であつ, 伴つた苦痛のなか, 伴つた血の涙, 伴つた雑音が刻々, 伴つた革命的文書はその, 伴つておのづから暗誦, 伴つてきのふの云, 伴つてどこからともなく, 伴つてなほも幾, 伴つてほんとうに気持, 伴つてやうやく, 伴つてわたしの生活, 伴つてダンス場などへ通, 伴つて一つの行き, 伴つて京の歳寒堂, 伴つて京都に上り, 伴つて京野家を訪れた, 伴つて亭主野郎の頭上, 伴つて今までなかつた, 伴つて侍臣を遠ざけたう, 伴つて信濃に赴かしめる, 伴つて充分發達して, 伴つて其形状に於, 伴つて反抗したくなるであらう, 伴つて國後島へ歸還, 伴つて垂水の別荘, 伴つて奢侈逸楽等の弊害欠点, 伴つて女子教育家や社会批評家, 伴つて如何に虚栄, 伴つて宴席に連, 伴つて小い胸, 伴つて帰京した翌日, 伴つて平岡へは手紙, 伴つて当時少壮の官吏, 伴つて彼の天稟, 伴つて彼女は実際, 伴つて彼女自身も信濃, 伴つて往つた, 伴つて心が円味, 伴つて意思が茲, 伴つて文化の形態, 伴つて早春の頃, 伴つて書物といふもの, 伴つて来朝日本の海辺測量, 伴つて氏族の巫女, 伴つて海が荒れ, 伴つて渡來したラテン語, 伴つて漁舟を借り, 伴つて燒物の收め, 伴つて現在の水源, 伴つて画面に現, 伴つて発達したるところ, 伴つて發生した新, 伴つて發音的に作, 伴つて相交感して, 伴つて石川に往, 伴つて篠山から上洛, 伴つて色々の新しい, 伴つて芝白金から赤坂, 伴つて行つて見て, 伴つて行つて其支払を何, 伴つて見舞に来, 伴つて進歩し擴大, 伴つて邊鄙の奧州, 伴つて顔の輪廓, 伴つて黒煙のあがる, 伴つて龍の口評定所, 伴であって呉れ, 伴であるといっ, 伴ですが家, 伴でもあったの, 伴といふ人は, 伴としてはちょうど初春, 伴とて同行者を, 伴とともにやって来た, 伴とまで用ゐ, 伴なうべきことも, 伴なう生々しい苦痛も, 伴なう重さが, 伴なおうやと感じられた, 伴などと一緒に, 伴などという人は, 伴なはれた辰夫は, 伴なひ奉つりたれ, 伴なへぬ如く歯を, 伴なりしかの代議士の, 伴なわなければだめ, 伴なわぬじゃない, 伴なわねばならぬ, 伴なわれた辰夫は, 伴について語るべき事, 伴にて忠兵衞と, 伴にと考へたらしく団十郎, 伴のみやつこ, 伴はうとも君, 伴はず技術のみ尊重, 伴はず病は突然, 伴はず眼高手低宿命的, 伴はず職業だと, 伴はず論旨としても敢, 伴はせて眼, 伴はせるやうな, 伴はともしきろかも, 伴はるべきものだけは, 伴はれたまひて, 伴はれるではない, 伴はんことは君, 伴ばかりして, 伴ひきれない怨みを, 伴ひさへしなけれ, 伴ひさうには思へなかつた, 伴ひたまひ是非に, 伴ひたれば昔, 伴ひまして窮屈, 伴ひますので雨, 伴ひもしたらば, 伴ひゆかんと, 伴ひゆくことありき, 伴ひ入りかぐはしき新茶, 伴ひ入りしはいと, 伴ひ入るれば桂, 伴ひ入れひそかに, 伴ひ出し保養を, 伴ひ去らんとして, 伴ひ去り時間と, 伴ひ奉つれり依て御, 伴ひ帰り更に送, 伴ひ帰れるならんをと, 伴ひ往かしめたために, 伴ひ往かんことを, 伴ひ往きておろか, 伴ひ忍ばせて座中, 伴ひ思ひを言現, 伴ひ来つた僕弥助に, 伴ひ行かでは我責務, 伴ひ行かんと云はる, 伴ひ行き妙齡を, 伴ひ行く幼き者, 伴ひ起るのを, 伴ひ還つて大使の, 伴ひ還らんとす, 伴ひ還りし女を, 伴びと挙り仰げや, 伴びと擧り仰げや, 伴ふあり万斛の, 伴ふかは問題, 伴ふけれども同時に, 伴ふごとく彼女の, 伴ふさまわが, 伴ふしらけた遊戯分子が, 伴ふじゆばん帯小物喪服と黒い, 伴ふた伴天連ソテロは, 伴ふたのか少し, 伴ふて居るのみならず必ず目的, 伴ふところ樂必ず來, 伴ふと直ぐその日, 伴ふならば必ず, 伴ふべく最善を, 伴ふ如く善に, 伴ふ懸け合ひ, 伴ふ見馴れたる手付姿勢態度を, 伴へば学校は, 伴へり夫人は, 伴ほど殺風景な, 伴までかえって, 伴みたいに空, 伴もは眞白毛や, 伴より旨いの, 伴よりも旨いと, 伴に紹介, 伴らしい洟を, 伴らつてゐる内, 伴りよとしてはたしかに, 伴れさせて見物, 伴れざる七十八歳の, 伴れし乞丐の, 伴れたる身にて, 伴れださせそして廓, 伴れださせた者が, 伴れだされていった, 伴れだされ呼び戻しに来られ, 伴れだすよりしようが, 伴れだせばよかっ, 伴れだちて城山, 伴れだつやうに, 伴れてたうたうと弁じ, 伴れですね, 伴れなはってな, 伴れないといけません, 伴れなければ決して, 伴れねばならぬ, 伴れまいって悪い, 伴れもどされ寝台に, 伴れもどしたが彼, 伴れられた一人の, 伴れられ居るを見ず, 伴れ出そうとして, 伴れ出された素人の, 伴れ出したくなつて, 伴れ出したら相当の, 伴れ出しなすつたことで, 伴れ出せる方は, 伴れ去らんとする, 伴れ去りて酒, 伴れ参るがよい, 伴れ帰す目的で, 伴れ帰らそうと, 伴れ帰られた時は, 伴れ帰られることを, 伴れ帰りたい気が, 伴れ往きて奮闘, 伴れ戻つた嫡妻す, 伴れ戻した理由は, 伴れ戻し得る便宜とは, 伴れ戻そうとした, 伴れ戻らなければならなかった, 伴れ戻りますから貴方, 伴れ捜せど見当らず, 伴れ来た児は, 伴れ来った馬が, 伴れ来るべしとて狼, 伴れ添わない形式は, 伴れ渡ったらしいという噂, 伴れ立たねばならぬ, 伴れ立ちふたたびほそい, 伴れ立つた背の, 伴れ行かば敵, 伴れ行ったという類話, 伴れ見たいなもので, 伴れ込まれようとも既に, 伴れ還りやがて席, 伴んでいた, 伴ウ頗ルムズカシイ技巧ヲ要, 伴て出, 伴ッタガ今デハソレガ幾分楽シクサエアル, 伴ヒテ参内仔細ヲ申上ゲ, 伴フノ趨勢ヲ現, 伴フモノハ唯糞桶唾壺ノ二物ノミ, 伴フ利益ヲ計上スルヲ得ズ, 伴フ權利トシテ賠償ヲ得, 伴リュウコスを, 伴ワレスグ来, 伴為シ貴, 伴七大田宇川等に内談, 伴七鵜川庄三と共に江戸, 伴三郎岳である, 伴両氏の作, 伴二氏支配の時代, 伴五郎いつ見ても, 伴五郎らはこんな, 伴人歌扇懶妝梳, 伴へまつりき, 伴の前, 伴佐々爺武田が吉本管理人, 伴佐十郎建部郷右衞門山口惣右衞門の三人, 伴何とかさんの姉さん, 伴作さんのお話, 伴作とり逃がしたか, 伴作二人の同心, 伴作天野刑部その他十七八名の味方, 伴作殿の従兄, 伴作金谷藤太郎という両人, 伴りて, 伴信友全書を御, 伴働きのお, 伴光行飛騨守藤原辰忠上野介藤原厚載武蔵守高向利春, 伴児孫去, 伴兩三輩を延, 伴兩博士の批評, 伴出して帰らう, 伴助宅悦の三人, 伴千種の夢, 伴右衛門高豊が編み出した, 伴右衞門公事方吟味役小野寺源兵衞川崎金右衞門其外役所へ揃, 伴右衞門吟味方川崎金右衞門小野寺源兵衞等江戸へ同道可有, 伴の女房, 伴する, 伴四綱の歌等, 伴団六は青木, 伴之丞, 伴大夫は帰国, 伴大夫目附兼松三郎である, 伴大島梅屋らの小学教員団体, 伴大次郎いま抜きかけて, 伴大次郎さんにお目にかかりてえ, 伴大次郎女性のよう, 伴大次郎姉小信を知っ, 伴大次郎毎日寝たり, 伴大次郎白衣の懐手, 伴大次郎黒七子の裾, 伴大納言善男がまだ, 伴大納言殿は見飽きる, 伴大納言絵詞鳥獣戯画地獄草紙餓鬼草紙病草紙など鎌倉期, 伴大納言繪詞とか鳥羽僧正, 伴天達もさすが, 伴太華の代理, 伴太郎左衛門兄弟村田吉五などはそこ, 伴の連中, 伴の知識, 伴小便などもいわば, 伴少なき商侶が, 伴山役人はあれ, 伴左衛門が編笠, 伴左衞門三十五六歳髮は合僧, 伴左衞門出でふたり, 伴左衞門名古屋山三の鞘當, 伴という運動家, 伴市太郎という人, 伴建部兩人の妻女お松お花, 伴建部兩人のは, 伴建部夫婦の者, 伴建部等も居らざれ, 伴や玄関, 伴待ちだった部屋, 伴もあと六日, 伴忠兵衞丁稚和吉を供, 伴忠兵衞昨今水揚の荷物, 伴忠行は盗, 伴において必然, 伴我がために, 伴撃防禦などのいろいろ, 伴林光平などの日記, 伴という往年, 伴梅花の兩子, 伴楽映画のかなり律動的, 伴次郎が小首, 伴次郎家中宇津木兵馬と申す, 伴が長い, 伴がまず, 伴物紅葉物高田早苗氏の, 伴特輯号に執筆, 伴狸伴大島梅屋らの小学教員団体, 伴生したのである, 伴田さんかなうむ, 伴田さん世の中の事, 伴田五郎の葬式, 伴田工兵伍長として上海, 伴田春夫の名, 伴田氏同様の運命, 伴申すわけで, 伴直人先生の高徳, 伴直人先生慰労基金募集委員宛の書留, 伴直人次女ああそれぢ, 伴睦氏も鼻, 伴神即眷属の意義, 伴殺風景な, 伴の小説, 伴粲堂に会, 伴という人, 伴の活動, 伴船いや数殖えぬ, 伴船擧りさもら, 伴蒿渓が著した, 伴蒿蹊橘恵風大原雲卿同泛舟椋湖, 伴蒿蹊門から宣長門, 伴蔵これはもったいない, 伴蔵さん貝殻骨から乳, 伴蔵俺の首, 伴蔵夫婦などは最も, 伴蔵女房おみね, 伴蔵日頃厄介になっ, 伴蔵飯島の下女, 伴藏お前先へ入ん, 伴藏さん今度呻れば, 伴藏さん毎晩お前の所, 伴藏さん貝殻骨から乳, 伴藏ズッと中, 伴藏一人酒を飲ん, 伴藏一寸手前の人相, 伴藏嘘ではない, 伴藏手前を疑る, 伴藏本当か, 伴藏首に掛け, 伴衆中に烏天狗様, 伴起せしめんと, 伴返りそれより, 伴造国造百八十部並に公民等, 伴造國造村主の保てる, 伴造遠縁の清五郎, 伴道雲が来あわせ, 伴部等皆直ちに友造, 伴鉄太郎松岡磐吉蒸気は肥田浜五郎, 伴鎌吉さんが赤彦君, 伴阿部外十三名は組合旗, 伴随者と共にいた, 伴なる物, 伴霽月不迷, 伴面白きことも, 伴となっ, 伴類たちは将門, 伴類六十餘人籠于越後國加地庄願文山之間信實追討之訖, 伴馬梨園には団十郎, 伴もなく止まっ, 伴龍男の従者吉弥侯広野