青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「伊賀~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

任~ ~任せ 任せ~ 任務~ 伊~ 伊勢~ 伊東~ 伊織~ 伊藤~ 伊豆~
伊賀~
伊達~ 伊那~ ~伏せ 伏せ~ 休~ ~休み 休み~ ~休ん 休ん~ 休息~

「伊賀~」 1015, 10ppm, 10916位

▼ 伊賀~ (298, 29.4%)

52 暴れん坊 6 あばれン坊 5 国の, 暴れン坊と, 暴れン坊の 3 柳生の, 連中の, 連中は, 須知の

2 [22件] あばれん坊, 上野から, 上野で, 上野に, 上野の, 上野藤堂新, 古城が, 名張に, 国は, 壺に, 暴れン坊が, 暴れン坊に, 暴れン坊も, 暴れン坊を, 柳生は, 源三に, 源三郎に, 源三郎の, 若侍, 若様の, 連中が, 連中を

1 [169件] あばれん坊ッ, こけ猿, ほうへ, やうに, やつらは, ような, アベ, ヘラだの, 一ノ宮その他の, 一ノ宮には, 一味は, 一団が, 上島家文書中の, 上野あたりでは, 上野とは, 上野にて, 上野には, 上野にも, 上野は, 上野までの, 上野在の, 人で, 人である, 作者三十六人を, 侍たちを, 侮辱に, 八田から, 再現を, 勢へ, 卯木を, 叛乱軍と, 同勢も, 名を, 名代お, 名張から, 四郎左か, 国を, 国中も, 国柳生の, 国柳生道場の, 國だけは, 國へも, 國境に, 國境を, 外へ, 奧から, 女の, 奴ばらは, 妻で, 宍戸某との, 小美濃太夫, 小馬田, 山々には, 山々を, 山の, 山中で, 山中でも, 山中の, 山中や, 山奥から, 山奥で, 山椒賣り, 山猿どもが, 山猿の, 山田申楽春日の, 山近し, 山里の, 広い額, 広岡の, 広岡文台の, 廃址なり, 暴れん坊こと, 暴れん坊こと源三郎, 暴れん坊以上, 暴れん坊多勢, 暴れん坊源三郎, 暴れン坊, 暴れン坊じゃ, 暴れン坊である, 暴れン坊では, 暴れン坊とは, 暴れン坊とやらを, 暴れン坊は, 暴れン坊ムッ, 暴れン坊今ごろは, 暴れン坊女に, 暴れン坊心にも, 暴れン坊持ち申さぬ, 暴れン坊柳生源三郎, 暴れン坊柳生源三郎てえ, 暴れン坊柳生源三郎との, 暴れン坊柳生源三郎の, 暴れン坊自然に, 服部三河の, 服部上島太田などの, 服部家の, 柘植の, 柳生, 柳生と, 柳生へ, 柳生対馬あたりに, 柳生対馬守へ, 柳生流には, 柳生源三郎という, 柳生源三郎など, 柳生源三郎ふかく, 構築古志野には, 権守橘, 殿様だ, 水指は種壺でさえ, 水月, 水月さ, 水月た, 水月は, 水月を, 沼津の, 源三が, 源三さえ, 源三てれる, 源三郎, 源三郎あまりに, 源三郎と, 源三郎どこへも, 源三郎は, 源三郎へ, 源三郎以上の, 源三郎同勢を, 滝川三郎兵衛を, 生まれとか, 産, 田舎へ, 盆地を, 者か, 者だ, 者と, 花生けや, 若ざむらいども, 若侍たち, 若様が, 若様ちょっと, 若様柳生源三郎, 若様源三郎その, 若様片手の, 若様起つ, 若殿とが, 若殿に, 若殿様とも, 藩士たちと, 誰から, 連中, 連中という, 連中に, 連中へ, 連中も, 連中タタタと, 連中懸命に, 連中障子を, 郷士で, 采女の, 野武士であった, 阿山郡にかけて, 陶器が, 隣りは, 顔を, 類は, 飛脚でございまする, 養家の, 養家を, 香合に

▼ 伊賀~ (97, 9.6%)

4 は天一坊 3 が計, に向 2 が戒めし, 御目

1 [83件] かと尋ねられし, が何, が側, が兼, が内意, が前, が對面, が居間, が思ふ, が爲, が落胤, といふ器量人, といふ文字, との一問一答, とやらん, と名, と申す, と稱, と聞, などと申す, なりやと, なり其次, にそう, には越前, には逢度, には黒羽二重, に申樣只, に附從, の亮, の來訪, の内意, の如き, の居間, の話, の身, の身分, はツ, は上下, は五萬石, は伏目, は俯い, は俯いた, は十分, は呉服屋, は城中, は奧, は態と, は早く, は是, は欣然, は然, は白摘毛, は萬端, は頭, は黒羽二重, へ, へ告, へ此由, へ申, へ返しぬ, へ遣す, ます, も心, も承知, も見, を以て天一坊, を名, を恐入せ, を敬, を閉口, 動ずる色, 又兵衞, 少しく席, 常樂院其次, 常樂院等, 常樂院赤川大膳藤井左京等, 御墨附, 打笑, 打點頭夫, 申す樣斯樣, 程の器量, 程の大, 進み出て

▼ 伊賀~ (58, 5.7%)

3 の家臣 2 が異常, の一族, の虐政, もまた, をば羽後山形, を相続

1 [43件] が, が京都所司代, が信長, が旧, が監禁, が隠棲, という者, としての武田耕雲斎, と云う, と共に, と床几, などが明日先発, などと入洛, などはよく, なり天一坊, にしろ, に仕えた, に渡す, のごつい, の与力, の勢, の名, の城跡, の娘聟, の家中二千あまり, の手, の斬り死に, の紋どころ, の臣, の苦請, の足軽組, の身内, の領土, は三奉行, は西, ほどな, もこの, も潰え, も返す, を予, を英雄, を討ち, 同周防守

▼ 伊賀~ (30, 3.0%)

5 助の 32 助殿

1 [20件] 亮いずれも, 亮赤川大膳常楽院, 助としては, 助は, 助へ, 助ズラリ, 助上流, 助刀, 助吉田三五郎, 助嘲り, 助小団次の, 助御用, 助次第, 助熨斗目麻上下を, 助眼力に, 助腹へ, 助苦々し, 助苦渋の, 助菊五郎の, 助首を

▼ 伊賀~ (22, 2.2%)

3 の忍術 2 の元祖, の忍び

1 [15件] か甲賀流, でもなく, で掌, とかいう忍術, と甲賀流, ならこっち, においては秘伝, のうち, の布わらじ, の忍, の忍者菊池, の忍術使, の忍術者, の秘訣, も甲賀流

▼ 伊賀~ (20, 2.0%)

3 の一団

1 [17件] から出た, から斬り, がそろり, が一人, が知る, が雪崩, のうち, のし, の一人, の伏兵, の柘植半之丞, の眼, はこけ, も不知火道場, をおこらせる, を部下, 若くは

▼ 伊賀~ (18, 1.8%)

2 なら裏鬼門, に三千石, に不思議, の清水屋, の路地, へはかなり 1 に一軒, に住ん, のあたり, の彼, へ姿, へ来

▼ 伊賀~ (16, 1.6%)

2 の案内, はエレーヌ

1 [12件] が浴衣がけ, である, と呼ばれた, の方, の母, は, はそれ, はバッヂ, は村長はじめ一同, は笑, を打つ, を振り

▼ 伊賀から~ (15, 1.5%)

1 [15件] のぼって, やってくると, 下向した, 乗りこんで, 伊勢へ, 伴に, 出て, 婿入り道中に, 引き取って, 来て, 江戸までの, 江戸入りし, 河内の, 源三郎へ, 随身し

▼ 伊賀~ (15, 1.5%)

2 経て

1 [13件] さ迷った末, 作らんと, 出る頃, 出奔し, 引きつれ御, 歩いて, 生まれ故郷として, 発して, 論ずる気, 越えて, 越え伊勢路, 越前が, 通って

▼ 伊賀~ (14, 1.4%)

1 [14件] かけても, ほんの隣り, まいるの, ゆける裏道, 八伊勢へ, 出近江路, 帰る, 帰れとか, 帰れば, 帰ろうと, 立たれました, 落ちて, 行くわけ, 行く路

▼ 伊賀井様~ (12, 1.2%)

1 [12件] お屋敷内, にお返し, に上がる, に喰い込ん, に奉公, に差上げ, のお, の人たち, の奥方, へ上げる, へ奉公, へ連れ

▼ 伊賀~ (12, 1.2%)

1 [12件] があっ, だ, だの, ですな, のよう, の元祖, の渡辺半蔵, の潜入, の生れつき, ばかりが百人, へトントンうち, を使者

▼ 伊賀甲賀~ (11, 1.1%)

4 の者 1 の仲間, の奥, の峰々谷, の忍び, の忍法, の忍術, を越え

▼ 伊賀~ (11, 1.1%)

2 の頭 1 だの甲賀衆, というの, のなか, の三羽烏, の中, の組頭, は頻りに, をポカリ, を変装

▼ 伊賀~ (10, 1.0%)

1 ある女, ゆかりと, 帰つてゐた, 帰り高山ダリヨ, 手を, 散在する, 本城を, 歸省し, 興りつつ, 身を

▼ 伊賀井樣~ (10, 1.0%)

1 お屋敷内, にお返し, に上がる, に喰, のお, の人達, の奧方, へ上げる, へ奉公, へ連れ

▼ 伊賀~ (9, 0.9%)

1 から奥大和, から笠置, のほう, の四道, の物靜, へ急ぎ, よりたった, を南下がり, を捨て

▼ 伊賀井家~ (8, 0.8%)

2 に上がる, へ出入り 1 に乗込ませる, に乘込, へ乗込ん, へ乘

▼ 伊賀~ (7, 0.7%)

2 黙って 1 上野を, 国境の, 砲術の, 菊四郎駒場御, 近習に

▼ 伊賀~ (7, 0.7%)

2 の御, の殿様, の殿樣 1 大三郎様

▼ 伊賀守勝豊~ (7, 0.7%)

1 に山路将監, の家来ども, の家臣, の居城, の老臣, もようやく, をも同道

▼ 伊賀~ (6, 0.6%)

5 までも踏み込んだ 1 の山々

▼ 伊賀より~ (5, 0.5%)

2 伊勢に 1 出づる俳諧, 持ちきたったる, 落つる木津川

▼ 伊賀~ (5, 0.5%)

1 そのほか塀, の一人, の剣輪, はここ, を相手

▼ 伊賀守義博~ (5, 0.5%)

1 であった, という四十男, と申しまする, は, を呼んだ

▼ 伊賀伊勢~ (4, 0.4%)

1 かけて, などの地方, の, はもちろん

▼ 伊賀倉さん~ (4, 0.4%)

1 こんなところ, それだけの, にお, わざわざこんな

▼ 伊賀守様~ (4, 0.4%)

1 のお, の旧臣, はご, は浮田家

▼ 伊賀方面~ (4, 0.4%)

1 へまわされた, も在所在所, をまごまご, を遊撃

▼ 伊賀殿~ (4, 0.4%)

1 には御, の内, の観察, はさすが

▼ 伊賀~ (4, 0.4%)

2 賣の 1 自支別, 自支和気

▼ 伊賀越え~ (4, 0.4%)

1 などがその, の供養, の間道, をする

▼ 伊賀~ (3, 0.3%)

2 近江の 1 云ふ

▼ 伊賀侍たち~ (3, 0.3%)

1 が当て, は玄心斎, をジロジロ

▼ 伊賀~ (3, 0.3%)

1 で亡き人, に訪うた, へ引き移っ

▼ 伊賀国柳生~ (3, 0.3%)

2 の里 1 の者

▼ 伊賀~ (3, 0.3%)

1 とかが公儀, の屋敷, の者

▼ 伊賀街道~ (3, 0.3%)

1 に当っ, を伊勢, を故郷

▼ 伊賀~ (2, 0.2%)

1 し卯木どの, の

▼ 伊賀~ (2, 0.2%)

1 育つた人, 覚えし忍術

▼ 伊賀どの~ (2, 0.2%)

1 の病気, はそも

▼ 伊賀などの~ (2, 0.2%)

1 内で, 諸国にも

▼ 伊賀にも~ (2, 0.2%)

1 戰が, 木曽にも

▼ 伊賀へと~ (2, 0.2%)

1 かかれば, 向って

▼ 伊賀~ (2, 0.2%)

1 甲賀の, 近江を

▼ 伊賀亮等~ (2, 0.2%)

1 の三人, は次の間

▼ 伊賀~ (2, 0.2%)

1 その後身, の元

▼ 伊賀伊勢両国~ (2, 0.2%)

2 の官兵等

▼ 伊賀伊勢志摩~ (2, 0.2%)

1 の三國, は三重県

▼ 伊賀信楽~ (2, 0.2%)

1 にはあまりに, の良い

▼ 伊賀倉社長~ (2, 0.2%)

1 がそこ, はその

▼ 伊賀~ (2, 0.2%)

1 信楽等の, 夜比売を

▼ 伊賀~ (2, 0.2%)

1 の野, は小國

▼ 伊賀地方~ (2, 0.2%)

1 にも表裏二態, の鉤曳

▼ 伊賀大和~ (2, 0.2%)

1 あの辺, の連峰

▼ 伊賀守川波~ (2, 0.2%)

2 新左

▼ 伊賀守忠吉~ (2, 0.2%)

1 という老人, は自ら

▼ 伊賀守父子~ (2, 0.2%)

1 の罪案, へ対し

▼ 伊賀守邸~ (2, 0.2%)

1 へ出頭, へ金七十両返却

▼ 伊賀~ (2, 0.2%)

1 へまた, へ少し

▼ 伊賀山中~ (2, 0.2%)

1 の一庄, の柘植地方

▼ 伊賀男爵~ (2, 0.2%)

1 と田沢, を中心

▼ 伊賀者衆~ (2, 0.2%)

1 が住ん, の組屋敷

▼ 伊賀者頭~ (2, 0.2%)

1 でお, の菊池

▼ 伊賀~ (2, 0.2%)

1 の同, は孝

▼ 伊賀衆甲賀衆~ (2, 0.2%)

1 が中, といえ

▼1* [185件]

伊賀あたりの風儀, 伊賀あたり琵琶湖の西岸, 伊賀大和か, 伊賀からの途中も, 伊賀からもたくさんな, 伊賀変心し, 伊賀これへ来い, 伊賀ざむらいをおしのけ, 伊賀っぽうめっぽう気, 伊賀では旧村名, 伊賀とが浅井勢の, 伊賀などといふ家老達と, 伊賀なればさだめし, 伊賀には伊賀の, 伊賀ひとりへ重大, 伊賀へも人を, 伊賀日光に, 伊賀やしがらきではない, 伊賀よかったなあ, 伊賀一円はみだれ飛ぶ, 伊賀三国の三角点, 伊賀三郎黄楊四郎の三人, 伊賀上野へ押し, 伊賀上野市より芭蕉三百年祭, 伊賀丹波等五カ国の水, 伊賀井大三郎樣といふ旗本, 伊賀亮どの貴殿只今の失言聞惡, 伊賀亮なり次は未, 伊賀亮不審に思ひ, 伊賀亮予を僞者, 伊賀亮事俄に癪氣差起り明日, 伊賀亮何樣にも計, 伊賀亮出會し再び, 伊賀亮呵々と笑, 伊賀亮外に乘物十六挺駄荷物十七荷桐棒駕籠五挺都合上下二百六十四人, 伊賀亮大に打, 伊賀亮大膳等の五人, 伊賀亮夫は何より, 伊賀亮容を改め, 伊賀亮對面に及びたる, 伊賀亮左京をも見, 伊賀亮座を進申樣天一坊樣御身分, 伊賀亮成程越前, 伊賀亮所持の金作, 伊賀亮推止め未だ驚く, 伊賀亮斯の如き, 伊賀亮是を聞, 伊賀亮此由披露に及ぶ, 伊賀亮殿御太儀ながら御, 伊賀亮等孰も長, 伊賀亮繼上下にて出, 伊賀亮苦笑しながら, 伊賀亮萬事を取, 伊賀亮進出て云やう京坂, 伊賀亮非番なれば, 伊賀亮驚き最早事露顯, 伊賀亮默れ天一坊, 伊賀伊勢その他を修業, 伊賀伊勢吉野にわたるつ, 伊賀伊勢吉野紀州西国にまでひそむ, 伊賀伊勢尾張三州で百七万石, 伊賀伊勢志摩近江の諸国, 伊賀伊勢方面へ西, 伊賀伊勢越前の諸国, 伊賀伊勢路へ出, 伊賀伊勢近江摂津和泉丹波丹後若狭美濃信濃肥前同年九月には日向, 伊賀伊勢通りは備前備中, 伊賀伊賀これへ来い, 伊賀侍どもがワイワイ, 伊賀侍ガッと膝, 伊賀侍五十嵐鉄十郎ら司馬道場の伊賀勢, 伊賀じゃ, 伊賀倉さんそんならどう, 伊賀入江九一坂本龍馬中岡慎太郎その他無数である, 伊賀入道宗伊上原豊前守, 伊賀兼光の三人, 伊賀司朝光和田左衛門尉義盛北面の, 伊賀勢一人が駈けぬけ, 伊賀古志野は日本, 伊賀吉田家ノ配下ナリ, 伊賀名張郡の山, 伊賀四郎計退出畢而右京兆者被役御劒之由禪師兼以存知之間守其役人斬仲章之首, 伊賀国上野町の城代藤堂家, 伊賀土産の梅干壺, 伊賀坂戸山城ヘ入, 伊賀に在っ, 伊賀大和ふき来る春, 伊賀守どのをお, 伊賀守はじめ二十四人が死罪, 伊賀守らからその, 伊賀守ら二万余騎である, 伊賀守一人の印, 伊賀守仙千代又八郎信時などいずれ, 伊賀守利堅は何, 伊賀守勝豊並にその, 伊賀守勝豊以下を率い, 伊賀守勝重のこと, 伊賀守勝静は老中, 伊賀守吉近は式部, 伊賀守周防守であったもの, 伊賀守城ヲ取, 伊賀守家の者, 伊賀守山角紀伊守依田大膳亮南條山城守など三万余騎, 伊賀守当社を信仰, 伊賀守役宅で宣告, 伊賀守政憲が九郎右衛門等三人, 伊賀守敦信は先代, 伊賀守様上屋敷にまかり出, 伊賀守樣のお, 伊賀守正敦にみいだされ, 伊賀守武井夕菴明智十兵衛などの顔, 伊賀守氏家常陸介の三名, 伊賀守深田城主織田左衛門尉等と通じ, 伊賀守瓜生保綿打ノ入道義昭, 伊賀守稲葉伊予守氏家常陸介などへ急使, 伊賀守稲葉伊予守氏家常陸介らがあり, 伊賀守組同心相場半左衛門, 伊賀守綿打ノ入道義昭ら, 伊賀守貞重貞宗宗貫と三代, 伊賀守賢盛と云, 伊賀守隠居謹慎六月一日同じく岡田国老, 伊賀尾張全州, 伊賀尾張美濃などの大軍, 伊賀局なんどを亀鑑, 伊賀屋平兵衛の家, 伊賀山脈に沿う, 伊賀の長橋, 伊賀帶日子の命二柱, 伊賀とが喧嘩, 伊賀志摩の如き, 伊賀志摩伊豆安房の四國, 伊賀忰桃丸八歳とあります, 伊賀時代からいきなり, 伊賀の御, 伊賀様前の自身番, 伊賀様屋敷の側, 伊賀に差上げ, 伊賀樣前の自身番, 伊賀樣屋敷の側, 伊賀次郎兵衛尉和田新兵衛尉等参入, 伊賀のとき, 伊賀の方術, 伊賀河内の間, 伊賀法師摂津法師越前法師播磨法師淡路法師若狭法師などというよう, 伊賀おのおの別, 伊賀流妖魔の術, 伊賀流忍術の開祖, 伊賀流甲賀流などと武術, 伊賀生れの忍, 伊賀甲賀組の者, 伊賀町十九番地に住ん, 伊賀町法華宗法蔵寺の墓地内, 伊賀紀伊の四カ国, 伊賀紀州の戦, 伊賀組牛込の根来組, 伊賀組甲賀組はみな彼, 伊賀美濃の國境, 伊賀者次席というの, 伊賀をお, 伊賀藤井等の, 伊賀に申しつけた, 伊賀藩柳生対馬守のお, 伊賀衆たちが修行, 伊賀衆小具足十手の腕ぞろい, 伊賀衆菊池半助, 伊賀衆隠密組の組頭, 伊賀まで来る, 伊賀でいっぱい, 伊賀訛りでいっぱい, 伊賀越後に領地, 伊賀路近江路美濃路とあれ, 伊賀近江の一部, 伊賀近江山城をつらぬく, 伊賀逆心仕り敵, 伊賀遠江甲斐信濃阿波等の山中, 伊賀に参上, 伊賀鈴鹿この界隈, 伊賀鈴鹿安濃の山々, 伊賀鈴鹿美濃ざかいの野伏山賊のたぐい, 伊賀阿山郡の木遣歌, 伊賀阿波讃岐などに公方, 伊賀預り奥は小笠原, 伊賀頼母木の諸氏, 伊賀額田為綱綿打ノ入道ら, 伊賀が現われ