青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「任せ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

仰せ~ 仰向け~ ~仲 仲~ ~仲間 仲間~ ~件 件~ 任~ ~任せ
任せ~
任務~ 伊~ 伊勢~ 伊東~ 伊織~ 伊藤~ 伊豆~ 伊賀~ 伊達~ 伊那~

「任せ~」 1656, 16ppm, 7074位

▼ 任せ~ (1253, 75.7%)

24 おいて, 置いて 17 おけば 14 いた, 自分は 13 ある 12 いる, 置けば 9 おいた, 置け 8 いるの, ゐた, 下さい 6 おけ, 置く 5 いたの, しまった, 平次と

4 [11件] あるん, いたが, おいては, おきました, おくこと, しまったの, しまって, 其ま, 安心し, 居る, 置くの

3 [19件] いると, おいても, おきます, お置き, お置きなさる, ください, ゐるの, 下さいませんか, 之を, 大急ぎで, 影も, 彼は, 歩いて, 私は, 置いた, 置いたの, 置いた方, 置いても, 置くと

2 [68件] あった, あったが, あったの, あったので, あつた, あるの, いたので, いました, いるうち, おいたが, おかないで, おきなさい, おきましょう, おく方, お前も, お勝手から, お置, くれて, くれと, くれないか, これを, しまうと, しまえば, しまふ, その整理, ぢつと, ほんの四半刻清川, みて, ゐたの, ゐる, ゐると, ゐるやう, ゐるより, 一人で, 下さいな, 下さるん, 人の, 俺は, 喧嘩も, 大抵の, 奧の, 家を, 居ります, 居ること, 山に, 引揚げ, 後の, 御覧なさい, 徳三郎に, 我家の, 戸締りも, 手も, 書いて, 書き記しつる紀行文日ごと, 書物の, 朝の, 眺めて, 種々の, 置くこと, 置くさ, 置こう, 自分の, 自然の, 行くほどに, 親分の, 身動きも, 身軽に, 遣って

1 [817件 抜粋] あきらめる, あったから, あったという, あったよう, あてがわれた部屋の, あの方, ありました, ありまして, あります, ありますので, あるいて, あるが, あると, あるに, ある婆, ある状況, ある疎林, いいとは, いいよう, いたこと, いたずらも, いたせい, いただけ, いたという, いたなら舟, いたらしく歩くにつれて, いた位, いた彼, いた方, いつた, いつまで, いながら, いなくては, いますと, いらっしゃれば, いるが, いるその, いるでは, いるとき, いるより, いるらしく耳, いる女, いる沈没, いる自分自身, いる間, いる際, いる青年, いる高山, いろいろな, うとうとと, えおら, おいたから, おいたので, おいたらよい, おいたら軍閥, おいた位, おいてね, おおき, おかねば, おかれないよう, おきな, おきなさいと, おきなましいと, おきましては, おく, おくから, おくきり, おくと, おくとは, おくの, おくべき処, おくほか, おくより, おくん, おく有様, おけと, おけないで, おけないん, おけない性分, おけまい, おけ森, おこう, おまえさん達は, おります, お置きなさい, お話する, お静, お靜, きっとその, くださいませんか, くだすって, くれた, くれたら, くれなかったよう, くれるだらうな, くれるならいい, くれるよう, くれる者, ぐんぐん仕事, こうして無遠慮, このまま, こまごまと, ございましたの, ございます, さっさと友, さまざまの, さ迷うた, したきほどの, しまいたいと, しまえ, しまっても, しまつて, しまふが, しまわねば, じっと身, すべてを, そうして死ん, そしてこれから, そっと持っ, そのつづら, その中, その土地, その夜, その枕頭, その縁側, その金, それを, ただその, ただむやみ, ただ一途, たまるもの, ちょいと, ちよいと, でたらめを, とんでもない, どっちか, どんな生意気, なんでも, なんの, はさんだまま, ひとりほほえん, ぶら, ぶらぶら歩い, ほしいと, ほっつき廻って, まいりました, みるより, みる気, むやみに, もう一度やり直し, もう少し証拠固め, もう睡眠, もとより酒好き, もらいたいこう, もらうという, もらえまいか, もらつても, やがて高台寺, やっつけると, やってきた, やってるん, やる貴様, ゆくの, よいが, よいもの, らっしゃい, わたしは, ゐた日, ゐられたので, ウーンと, ギューと, ツイと, トルストイの, ドンドン唐紙, ネジっ, ブラブラブラブラ日本橋, ベラベラと, 一と, 一人前二円位取られます, 一先明けといた, 一應引揚げる, 一打肋を, 一日じゅう遊び歩い, 一生を, 万事家の, 下さいね, 下さい拙者, 下さるか, 下さるとして, 下さるよう, 下されば, 不承し, 不都合は, 与うと, 主人の, 主人半兵衞を, 乞食の, 亂暴を, 了った, 事を, 二人の, 二度目の, 云われる通り, 今日は, 今日まで, 他を, 何しろ宵, 何は, 何処とも, 何品でも, 何氣なく, 何等の, 余白を, 作られた様, 使つてゐる, 使ふと, 俳句など, 傍観の, 働かせて, 元気よ, 元町の, 先へ, 先生の, 兎に, 八五郎は, 其まま此処に, 其分布の, 内覧に, 再び顧, 出て, 分ったので, 切込めば, 初手柄, 割附ける, 助勢した, 動かなかつた, 勝手に, 北へ, 卒然として, 又上, 又徒にとやかく, 古くて, 古物すなわち, 只管恐懼し, 叮嚀な, 右内の, 名告, 呉れと, 呉れる者, 品物を, 問題に, 喧嘩を, 坐って, 外出し, 夜出掛けよう, 大磯で, 大通気取りで, 天下を, 奔下し, 奥の, 奥方を, 奧方を, 女を, 妊婦の, 妻は, 妾を, 嫦娥に, 孔雀明王の, 安ん, 安堵し, 安直に, 宜しいが, 宮本町の, 富岡の, 小さい時, 小さな一書, 小山を, 小篠堤に, 小説家は, 少し口, 居つたので, 居ます, 居るで, 居るので, 居る身體, 山を, 岩形氏の, 川口の, 差支ない, 市之助は, 幕を, 幕府へ, 平気な, 弁信法師を, 引かれ進むと, 引っかいたり, 強いては, 強盗に, 彼が, 彼らは, 彼美しき, 待って, 待つか, 後ろから, 後烈しく, 得むと欲, 御置きなさい, 思はぬ快楽, 思ふ樣, 急ぐ程, 恥ずかしくない, 悪事を, 惜しげも, 惜気も, 憲法を, 成行を, 我が君, 戴きたい姉さん, 手堅い商, 手柄を, 打ける, 打ったの, 打合ども死生知らず, 打過けり斯, 承知の, 投げつけたやう, 抵抗しない, 押鐘夫人津多子を, 捻倒し乗, 揮洒し, 摘み来つた数句, 擲り斬り, 敗けないよう, 數箇國を, 斬りまくったの, 斬るなり, 新語新, 旅へ, 旅行劵と, 早岐の, 時々この, 時間の, 暫く樣子, 暫らく平次は, 書きとめて, 書き了, 書き付けて, 有利の, 朗誦すれ, 材料を, 来て, 来ましたから, 松島や, 枕に, 根岸の, 楽も, 歩いた, 歩いた米友, 歩き回りました, 歩く, 歩行ける, 母は, 永い間放置, 汚れて, 池も, 沙汰すべし, 河中に, 流れぬ, 浜町浜のやへ, 海外発展が, 深く突, 深遠なる, 渉猟したなら, 渉猟し見よ, 湯島天神町に, 滅多打ちに, 滔々として, 無念已む方なき, 無理に, 無縁坂の, 然しあわただしい, 片々と, 狐や, 狹い, 猿若町三丁目守田座附の, 獲る様, 王これを, 琴が, 畳の, 発した言葉, 登るとき, 目の, 盲歩きに, 相当の, 眼を, 石榴口から, 私たちは, 突き飛, 突ッ通す, 窓の, 箱諸共に, 粗暴放埓, 経行し, 絵付けを, 綺麗に, 繰出す, 置いたと, 置いたら両, 置いては, 置かなければ, 置かれないよう, 置かれるだけでも, 置きな, 置きなさい, 置きなさいそうして, 置きましょう, 置きまた, 置き妙子, 置き給え, 置くがい, 置くつもり, 置くべきこと, 置くより, 置くよりは, 置く事, 置く外, 置けと, 置けるからな, 置けると, 罵った, 群がる自動車, 羽衣を, 胸が, 自ら振作し, 自ら舟を, 自然は, 自由に, 至極安穏, 舷から, 船の, 色々な, 花子を, 若い男, 草鞋の, 荒い事, 莫大な, 藤重が, 行いたり, 行くうち, 行くつもり, 行く途中, 行けるに, 行つたのである, 行つた心も, 裏門から, 要らぬ腕立て, 見ようといふ, 言葉を, 詰寄りました, 読み飛ばした, 調子で, 談笑した, 谷中感應寺の, 豪放不羈何の, 貰えるならお, 走り出で, 走り行相良の, 蹴り仆す, 輕く, 辞退も, 述べて, 退出後に, 逃げられ候処, 逆卷く怒, 逢ひ通さう, 進ぜよう, 遺言状も, 還すが, 部屋に, 野田街道の, 鍔押し, 開発を, 間違いが, 關ヶ原の, 隠見す, 隻手をだに, 震へる, 静かに, 静として, 音なき, 頂きたいん, 頸窩骨へ, 顔だけを, 飛び出します, 飛んだ罪, 養つてやる, 饒舌に, 馳行し, 骨休めながら, 鶯を

▼ 任せ~ (45, 2.7%)

21 して 3 なって

1 [21件] しないで, すると, せずに, それほど深く, なった方, なつた, なりましょう, なれば, なろうとも, 刺した, 句を, 手を, 投げつければ, 押し流して, 抽かう, 掘り出そうと, 書かせられて, 極めて多方面, 殴ると, 眺めて, 致しますと

▼ 任せては~ (24, 1.4%)

1 [24件] いかがで, いるものの, おかれない, おけない時代, おけぬさ, おけぬ年, くれないの, こうしてお, ならないと, ならぬ, ならぬと, ならん, 下さるまいかと, 居られない, 後悔の, 梅の, 照明の, 置けないという, 置けないといふ, 置けない三人, 貰えないか, 貰へ, 金銀を, 頂けませんでしょうか

▼ 任せながら~ (21, 1.3%)

1 [21件] いつまでも, うらぶれて, おとなしく横, この世を, しばらくは, そのいつ, その牆, その自我, 中腰に, 事務長の, 向ひ, 唯燃える, 客の, 日本的な, 殺人の, 照子は, 目の, 神の, 身辺に, 陸上に, 黙って

▼ 任せきり~ (16, 1.0%)

6 にし 1 だ, だから, だとは, でいる, で置く, で育った, という形, にした, にすべきだ, になっ

▼ 任せ~ (12, 0.7%)

1 [12件] なしに, なんとなく寺, まだ下手人, よいの, 何にも, 手伝おうとも, 松茸飯みたいな, 毎日植物を, 蝸牛角上の, 道理の, 釣場でも, 随分の

▼ 任せ~ (12, 0.7%)

1 [12件] ところを, やうでございました, ビーフ・ミニツステーキ風バタライスマッシュポテト添, 千崎弥五郎, 孤立的教育に, 我が家に, 気にも, 気も, 氣にも, 無関心さ, 独身生活だ, 鷹揚な

▼ 任せ自分~ (10, 0.6%)

1 だけは切れ, の赤ん坊, は出入自在, は寮, は朝, は次, は滑る, は自分, は花鳥風月, は近所

▼ 任せても~ (9, 0.5%)

1 いいが, いい人, おけるが, よろしい, 南方の, 口惜くない, 差支へは, 無数回, 間違いなど

▼ 任せっきり~ (5, 0.3%)

1 いろいろ江戸時代, ではまだ, でわたくし共, で常磐木, にし

▼ 任せ傍題~ (5, 0.3%)

5 にしよう

▼ 任せ~ (5, 0.3%)

1 ふべきか, へと頓, へよしや, へ僕, へ又

▼ 任せその~ (4, 0.2%)

1 定まつ, 成り行きを, 窮した, 罪する

▼ 任せたり~ (4, 0.2%)

1 して, 丁度あなた, 三十分ほどの, 宗門帳まで

▼ 任せという~ (4, 0.2%)

1 ことを, やり方です, 処だ, 動物性の

▼ 任せ~ (4, 0.2%)

1 る, るる, るること, る可

▼ 任せつつ~ (3, 0.2%)

1 かしこの, 居たるなりき, 死骸狼藉たる

▼ 任せやがて~ (3, 0.2%)

1 縁側に, 花の, 花咲き実の

▼ 任せより~ (3, 0.2%)

3 ほかに

▼ 任せ~ (3, 0.2%)

1 願います, 願ひます, 願われないもの

▼ 任せ切り~ (3, 0.2%)

1 だつた, にし, の娘

▼ 任せ~ (3, 0.2%)

1 さむと, さるべく斯, べき間然樣

▼ 任せ~ (2, 0.1%)

1 きしを, 品と

▼ 任せかも~ (2, 0.1%)

2 知れません

▼ 任せそれこれ~ (2, 0.1%)

2 を禁じ

▼ 任せたま~ (2, 0.1%)

1 はね, へと子故

▼ 任せちゃ~ (2, 0.1%)

1 おけねえこと, 置けない

▼ 任せちや~ (2, 0.1%)

1 置けない, 置けねえこと

▼ 任せ~ (2, 0.1%)

1 さりませ, 多吉の

▼ 任せ~ (2, 0.1%)

1 どんなこと, 臣は

▼ 任せ~ (2, 0.1%)

2

▼ 任せ主人~ (2, 0.1%)

1 に代り, はぶらり

▼ 任せ~ (2, 0.1%)

1 その暴虐, ではいわゆる

▼ 任せ~ (2, 0.1%)

1 により浪人文右衞門, よりほか

▼ 任せ~ (2, 0.1%)

2 は片っ端

▼ 任せ寺社~ (2, 0.1%)

2 の係り

▼ 任せ江戸~ (2, 0.1%)

2 へ出

▼ 任せ短い~ (2, 0.1%)

2 方は

▼ 任せ~ (2, 0.1%)

1 は御, は自分

▼ 任せ~ (2, 0.1%)

1 し者, により能樣

▼ 任せ遂に~ (2, 0.1%)

1 其儀に, 釦の

▼1* [167件]

任せあらゆる秘密をも, 任せあれと云, 任せいよいよ開演という, 任せおまえといっしょ, 任せお次まで罷り出で控え, 任せがたく候間この, 任せきつた仕事, 任せうな, 任せそうして大事の, 任せただただ下民を, 任せたった一人で, 任せちくれんと不可, 任せちゃあおけねえから, 任せっぱなしにした, 任せてから万三郎も, 任せてさえおけば, 任せてぞ居る, 任せてという故い, 任せてなんぞ置かなかったでしょうからね, 任せての生活にも, 任せでは店の, 任せ心に, 任せどうやら恢復しかけ, 任せないしは彼らの, 任せながらも他の, 任せなんぞにできる人, 任せになつてし, 任せには出来ないから, 任せにもして, 任せみだりに各種の, 任せむと言ふの, 任せするが, 任せわれを忘れ, 任せツきりで憲法発布, 任せモントルイュ・スュール・メールにとどまっ, 任せ一人居残って, 任せ一先大坂へ出張, 任せ一切を建て直そう, 任せ一同サロンへどやどや, 任せ三人共火葬に致し, 任せさりますならば, 任せ両人の間, 任せ主人得心の上私養子, 任せを家, 任せ二人の戦死, 任せ五十五六のまだ, 任せ五十兩の金, 任せ人民の名代, 任せ今度は一番, 任せ今日より弟子, 任せ他家に移住, 任せの端, 任せ候処今日紀の官長, 任せ候方よからん, 任せ傳吉方へ參, 任せは北, 任せの供, 任せ其の沙汰を, 任せ其天然に従, 任せ其所より直, 任せ其節百五十兩の半分, 任せで来, 任せ前後の考, 任せ加担方おねがいいたして, 任せ助手の手, 任せ努力を放棄, 任せ猛く, 任せ北国の郷里, 任せ半ばは自ら苦み, 任せ聖も, 任せ夜歩行するおぬしも, 任せ夢想の中, 任せ大政翼賛会を中心, 任せ天成に委ね, 任せ好き口あらば, 任せ孝助の一子孝太郎, 任せ安らかにこの, 任せのなる, 任せの墓所, 任せ岸近くには枝垂れ, 任せを上げ, 任せ帰帆致さすべく取計, 任せ干渉保護の跡, 任せ平作の年, 任せ平素くわしいこと, 任せ庭園の木石, 任せ彼女はその, 任せは運命, 任せ後頭部を浴槽, 任せ束帯の, 任せ御身を斬つ, 任せ快楽を追う, 任せ思いを鎮め, 任せ思わず呻る, 任せ悠々自適の所, 任せい付き, 任せは我, 任せ我ら一同よりの微意, 任せ所嫌はず踏付けるので, 任せ手渡し爲したる五十兩, 任せ手近かで腹癒せ, 任せ承知はしました, 任せ掣肘しないつもり, 任せ政府すなわち国家権力, 任せ敵將を斯く, 任せ文化の雨, 任せ旅支度で六兵衛, 任せ日夜お歌の事, 任せ早速に宿, 任せの偉観, 任せによるの, 任せ最後はどちら, 任せ植物の生い茂る, 任せ権威名望意に従わざる, 任せを行ない, 任せを負え, 任せの暇, 任せ決行の次第, 任せ浪人共集候儀其分に仕, 任せは少し, 任せるるまま, 任せ無残なれども, 任せるべしと, 任せ狂妄な生, 任せ生命を刻々, 任せ申間宜敷, 任せ番頭忠八には暇, 任せは手紙, 任せ相対間男ではない, 任せ逆に, 任せ着船すべしと, 任せ知事またこれ, 任せ私たちは宿, 任せ称名念仏の務め長日六万遍, 任せ笠森仙太郎のボート, 任せ約定仕つり候事, 任せ縁結びで配偶, 任せ置たるは頗る, 任せ置ゆゑ妻は好事, 任せ置候處今宵悴五郎藏を殺害, 任せ置候間一向辨, 任せ置門弟中へも夫, 任せ自分らは大小, 任せ自然に唇, 任せ自身は上野, 任せ草履取一人を連, 任せ草莱の埋, 任せ衰朽に任せ, 任せ西海岸の日本人, 任せ観念の目, 任せ上ると, 任せ賄賂の金銀受納, 任せ超然として執着, 任せ踏むに, 任せのまわり, 任せは天, 任せ達者の用, 任せに付, 任せ里儀を惣内妻, 任せ野路の花, 任せに飽かし, 任せ鉄砲を足軽, 任せ鉄筋コンクリートの奇怪, 任せは付, 任せ長い着物を, 任せ颯々と切る, 任せ養子に遣わし