青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「仰~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~以外 以外~ 以後~ 以来~ 仮に~ 仮り~ ~仮定 仮定~ 仮面~ ~仰
仰~
~仰い 仰い~ 仰ぐ~ ~仰し 仰し~ 仰せ~ 仰向け~ ~仲 仲~ ~仲間

「仰~」 2116, 20ppm, 5632位

▼ 仰~ (376, 17.8%)

71 るの 54 るん 2614 る通り 13 れば 12 ること 11 るのよ, るよう 8 ると 7 るので, る方 5 るんで 4 るが, るのね 3 られた, るから, るけれど, る事

2 [18件] つたもの, りたいの, りながら, りよう, るお方, るか, るかしら, るし, るじゃ, るとおり, るな, るならば, るに, るのに, るもの, るもん, るわけ, るわね

1 [81件] せられずただ, せられたよう, せられるの, たよう, つた, つたきり, つたけれども, つて, てゐました, ひますので, られたあの, られたと, られたの, られた女, られちゃ, られて, られても, られるだろう, られると, られるの, られるので, られるまで, られる名前, られる訣, りたいこと, りたいん, りました, りましたら何で, りまするか, り乍ら, り少々, り方, るお, るかも, るからには, るきり, るくせ, るけど, るけに, るけれども, るそう, るその, るだけ, るつもり, るとおり陰気, るならあたし, るならあたしとこ, るならあっしゃあ, るならいつ, るならそれでも, るなら宿直, るなら断って, るなら暁, るなら私, るなら綺麗, るなら裸体, るのでね, るまいと, るまま, るものぢ, るもんぢ, るよ, るわ, るんでしたら, るんでしたら私, るブルジョアジー, る勿, る半分, る声, る実物創作, る意味, る相手, る真実, る貴, る資本主義末期, る退引きならぬお話, る通り案, る通り議論, れないでしょうね, れなくて, れる

▼ 仰~ (365, 17.2%)

75 やるの 27 やるん 19 やいました 17 やると 16 やる 12 やい, やいます, やるんで, やる通り 11 やるので, やる方 9 やいましたが 8 やること 6 やるけれど 5 やるまでも 4 やられると 3 やいますが, やるから, やるぢ, やるとて, やるに, やるは, やるもん, やるやう, やる事

2 [13件] やいまして, やいますか, やいますと, やいよ, やるお方, やるかも, やるが, やるには, やるも, やるんぢ, やる所, やる斗, やる迄も

1 [56件] やいだ, やいましたか, やいましたつけ, やいましたで, やいましたな, やいましたね, やいましたの, やいましたわ, やいました左様, やいました當然, やいますから, やいますで, やいますので, やいますのね, やいますまいね, やいますもの, やいますヮ, やいます此上, やいませんが, やいませんそこで, やいませんので, やいません尤も, やるお母さま, やるか, やるからさ, やるからには, やるけれども, やることさ, やるとしか, やるな, やるなよ, やるなら, やるならあなた, やるならい, やるならお通し, やるならもちろん, やるなら世間, やるなら兎, やるなら膳, やるなら隨分搜, やるなれども, やるのでな, やるばかり, やるもの, やるよ, やるわけ, やる共, やる御, やる思召通り, やる筈, やる通り日本, やる通り淺五郎, やる通り滿足, やれないで, やれませんよ, やれるほど

▼ 仰~ (309, 14.6%)

23 に寝 14 になっ, に倒れ 13 に寝た 11 になつ 10 の男 9 になつて 8 に寢 6 にし, になった 5 に倒れた, に倒れる, に寝そべっ 4 になる 3 になツ, に仆, に寐, に寝ころんだ, に寝転ん, のまま, ふしたる, 加減に, 態に

2 [19件] ざまに, ぢや, てはんけち, にあがい, にながなが, になり, にひっくりかえった, にひっくり返った, に倒, に寝ころがり, に引くり, に成っ, に打ち倒れ, に横, に置い, に臥せた, に転, に長く, ケニ寝

1 [111件] してる間, すべきは, て瞻, なれば, に, にお, におなり, にかかる, にころ, にころがっ, にころがった, にころがりました, にごろりと, にされた, にした, にしばし, にじっと, にする, にどたりと倒れ, になつたま, になつて復, になつて目, になつて絶間, になつて臥, になつて莨, になりぬ, にね, にねそべっ, にねそべり, にばつ, にひ, にひっくりかえっ, にひっくり返し, にひっくり返っ, にひつくり, にぶっ, にぶら下っ, にぷかりと, によりかかり, にベッド, に僵, に大の字, に寝かし, に寝ころがっ, に寝ころがった, に寝ころがったら, に寝ころび, に寝ころん, に寝たら, に寝直した, に寝転び, に寝転ぶ, に寝転んだ, に寢かし槌, に寢たま, に引くり返つ, に引摺り, に戸口, に打, に投げ出され, に抱え, に抱込ん, に押付けられ, に斃, に昏昏と, に枕, に椅子, に横たわっ, に歯, に水の上, に河原, に浴漕, に真直, に眠っ, に眠つて, に眺め, に砂, に突, に置きました, に脊, に臥させた, に落, に見, に踏, に踏ん, に身, に転がり落ちます, に轉, に返り, に返る, の位地, の儘榾, の次, の胸, の頭, の顔, ば折柄日は, イテ臥窮屈ナ, カセ螢光燈トフローアスタンドノ白日ノ, キニ打チ反, ケニナッタ, ケニナッテ彼女ニ顔ヲ, ケニ両足ヲ, ケニ倒レソウニナル, ケニ臥カセ膝ヲ, ニシテ底, 勝ちに, 勝に, 反し儘暫, 反に, 顏を

▼ 仰~ (258, 12.2%)

50 いました 1614 いましたね 12 います 10 いますが, いますと 9 いますの 6 いますな 5 いましたわ, いますね, いますのね, つても 4 いましたか, いましたが, いましたので, いまして 3 いましたの, いますか, いますには, いませんか, いませんでした, いよ, つたが

2 [13件] いと, いましたよ, いましたん, いますけれど, いません, いませんでしたか, つたで, つたのです, つたものでございます, つた時も, つてよ, つて下さい, つて御

1 [48件] いおじさま, いな, いまし, いましたから, いましたけれども, いましただ, いましたでは, いましたな, いましたのでね, いましてね, いますお嬢様, いますけど, いまする, います以上, いませんの, い物, い貴, つたことを, つたぢや, つたね, つたの, つたので, つたのでございます, つたものだ, つたわ, つた言葉を, つちや, つていただい, つていらつ, つてお, つてた, つては, つてほんの, つてよく, つてゐる, つて一杯召し, つて下さいまし, つて下され, つて下す, つて中へ, つて宵から, つて肩と, ても出来ません, ッた, ッては, ッても, ツた, 之候

▼ 仰~ (97, 4.6%)

14 るの 10 る, るよう 5 るから, ること, るとおり 3 る心持, れば 2 つて, ひましたね, るのよ, るやう, る通り

1 [32件] しゃる, つたので, つちや厭, ひました, ひましたで, ひます, るかも, るからという, るけれども, るしか, るそういう, るその, るでしょうこの, ると, るとおり今日, るとおり勘弁, るとき, るならそう, るので, るのね, るもん, るわ, るわけ, るん, る原型, る思いつき, る気, る通り二枚以内, る通り完成, る通り気, れない方, れる若い

▼ 仰~ (70, 3.3%)

9 られた 3 られしかば, られ候 2 られの, られ下さるべしと, られ候段

1 [49件] かったの, かつて弱, かつて扉, かりました, かるから子, といい渡された, とて將軍, に付, られけり誠君君, られける, られけるとかや, られけるに, られけるにぞ, られける爰, られければ, られしが, られしと, られしは, られしまでの, られしゆゑ主税, られたと, られたり, られたる彦兵衞悴彦三郎, られたれば, られべく處格別, られました其頃私, られる樣, られ下され候, られ下し置, られ主人儀, られ候事, られ候事明白, られ候樣御慈悲, られ其後, られ初, られ度, られ既に, られ春藤流, られ池田大助, られ諸色土藏, られ通り醫師, れし事冥加至極, 之處云, 之處當人空せみ相果候上, 但日数往来, 御手当, 被下置候, 被下置候様, 被成下度

▼ 仰~ (50, 2.4%)

3 ままに 2 儘に, 如く私, 通りで

1 [41件] いて, きたふれつ, くに連れ, ごとく平ら, ごとく近来和歌, とおりに, とほり, 如くめでたき, 如く主人, 如く九助, 如く九助儀吟味仕つりし, 如く兩人, 如く其夜戌刻, 如く我々白状, 如く樣, 如く相違之, 如く近, 如く近来和歌, 如しと, 忝さと, 感に, 的と, 趣き委細承知仕, 趣は, 通に, 通りなれ, 通りに, 通り宝生先生と, 通り少し, 通り御, 通り慥に, 通り持參金も, 通り昨夜私し, 通り昨年冬頃まで, 通り是より, 通り狆は, 通り老母儀長, 通り首のみ, 通中, 通今日は, 通當夏中迄

▼ 仰言ら~ (39, 1.8%)

8 ないで, なかった 5 ずに 4 ないの 3 ないでしょう 2 ないよう 1 うと, ずまた, ないから, ないが, ないし, ないでよ, ないわ, なかつたか, ぬでしょう

▼ 仰~ (26, 1.2%)

2 隨ひ

1 [24件] けり扨是, しながら, なつた, 一同罷出る, 中納言殿には, 任せ何, 伸ばして, 依りて, 倒れしめ頭, 倒れたという, 倒れ伏す, 候へども, 別家でも, 因りお嬢さん, 寝たまま, 寝ても, 專念す, 従うと, 持ったまま縁, 臥して, 芝八山に, 見た, 隨が, 隨はんと

▼ 仰付ら~ (23, 1.1%)

141 るという, るべきの, るべしと, るべし此旨村中, るべし町役人共四郎右衞門, る之, る則, る此時伊豆守殿, る此時越前守

▼ 仰つて~ (20, 0.9%)

4 は私めら 2 いらつし, でしたよ, で御座いますよ 1 で御座いました, で御座いますもの, もそんなに, も実は, も平河さん, も言, ゐら, 入らつし, 置いて, 見て

▼ 仰~ (19, 0.9%)

3 しゃるか 2 しゃいますが, しゃって

1 [12件] しゃってくださいませ, しゃられたのみ, しゃると, しゃるのが豐玉姫様, しゃるのでございましょう, しゃるのは, しゃるんだ, しゃるんだが, しゃるン, たもの, たらお, てだ

▼ 仰~ (19, 0.9%)

4 っていた 3 った 2 って 1 した後, ったと, ってやたら, って冷然, って執, って辰弥, るぐらいは, るし, る間, る間もなく

▼ 仰やつ~ (14, 0.7%)

2 た通り, て下さいます, て下す 1 たか, たちちうが, たつて, たやう, ていきなり, て下さい, て下さいません, て診察所

▼ 仰~ (14, 0.7%)

2 うけて, 受けたるは, 聞くと 1 こうぶっ, 得たこと, 承り多, 承り飛脚, 畏み, 背くには, 蒙り殊に, 蒙り駿

▼ 仰ゃって~ (13, 0.6%)

2 出て

1 [11件] それからふと, どうか, 下さいます, 下さいますよう, 下さらなければ, 下さるの, 下さるん, 下すっては, 帰って, 来られた, 来られたもの

▼ 仰言つて~ (13, 0.6%)

2 は困ります, も四五日, ゐるん, 見ては 1 いらつし, も親子, ゐた, ゐたでは, ゐられる事

▼ 仰~ (12, 0.6%)

2 たく候 1 いづかた, 也仍日來有沙汰任寛喜二年閏正月之, 候へども, 候よき, 候大阪え, 候由其方より, 候而物わすれ, 其状云云, 度候, 忝奉存候

▼ 仰~ (12, 0.6%)

1 [12件] にのめつた, に一つ, に倒れたる, に僵, に咽喉仏, に寝, に引倒, に打, に打倒, に推重, に転び, に転ぶ

▼ 仰~ (10, 0.5%)

2 つても 1 いましたから, いましたが, いましたらうそつちの包, いまして, いよ, つたは, つて, つては

▼ 仰~ (8, 0.4%)

4 けに倒れ 1 けにし, つたり, つた太吉の, つて血の

▼ 仰~ (7, 0.3%)

1 すべきところ, するところ, する処, せしスクリン, の念, の的, ノ至情

▼ 仰ゃる事~ (6, 0.3%)

2 は出来ますまい 1 が出来ますまい, が皆, は何だかちっとも, は皆

▼ 仰~ (5, 0.2%)

1 ぎ見る, ぐのです, 出なくば, 向かせて, 向けざまに

▼ 仰ざま~ (5, 0.2%)

1 に倒れ, に投げ出された, に横ざま, に眼, に被っ

▼ 仰つたの~ (5, 0.2%)

1 で御座います浅, で御座いませう, は主として, を思ひ出し, を津守坂

▼ 仰~ (5, 0.2%)

1 下さい, 人心の, 全國學術, 其安泰を, 學術の

▼ 仰云ら~ (5, 0.2%)

1 ず体, ない方, なかったでしょう, なくても, ぬ

▼ 仰付候~ (5, 0.2%)

2 に付 1 と申候者, は, 急度相慎

▼ 仰~ (5, 0.2%)

2 られよと 1 られ下されたしといふ, られ候, られ其後種々

▼ 仰なり~ (4, 0.2%)

1 しが, 是に, 然樣, 隨分粗略なく

▼ 仰には~ (4, 0.2%)

2 候へども 1 御座れども, 越前其方は

▼ 仰ゃり~ (4, 0.2%)

1 もしない, 出して, 出すの, 附けて

▼ 仰ゃる通~ (4, 0.2%)

1 です, にした, にしなく, になります

▼ 仰付けら~ (4, 0.2%)

31 るという

▼ 仰出候~ (4, 0.2%)

2 に付 1 前早々退散諸州遠山江分山可有, 御書付

▼ 仰~ (3, 0.1%)

1 尤至極である, 蒙らねども, 謹んで承りました

▼ 仰むき~ (3, 0.1%)

2 に臥 1 に地

▼ 仰ゃる~ (3, 0.1%)

1 かも知れません, からお玉, にはおお

▼ 仰ゃるの~ (3, 0.1%)

2 でしょう 1 である

▼ 仰云つて~ (3, 0.1%)

1 もお, も御, ゐます

▼ 仰~ (3, 0.1%)

1 て早々作前, 又仰せられ, 御祝儀五時

▼ 仰可被~ (3, 0.1%)

3 下候

▼ 仰~ (3, 0.1%)

1 にはか, に至り, より光

▼ 仰~ (3, 0.1%)

1 尤の, 老中恐悦至極なり, 道理では

▼ 仰言つたの~ (3, 0.1%)

1 で驚いた, よ, をわたくし

▼ 仰願寺~ (3, 0.1%)

1 なら蝋燭屋, にて用いはじめ, をくれろ

▼ 仰つた様~ (2, 0.1%)

1 になんぢ, に雑誌

▼ 仰ゃった事~ (2, 0.1%)

1 さえある, に本当

▼ 仰ゃっては~ (2, 0.1%)

1 入らっしゃる, 悪いの

▼ 仰ゃっても~ (2, 0.1%)

1 はいはいと, 好い

▼ 仰ゃると~ (2, 0.1%)

1 あの子, 大抵お

▼ 仰ゃるのは~ (2, 0.1%)

1 可笑しいわ, 御尤

▼ 仰~ (2, 0.1%)

1 たこと, たツ

▼ 仰上候為~ (2, 0.1%)

2 御祝儀

▼ 仰下於私~ (2, 0.1%)

2 も拍悦

▼ 仰云る言葉~ (2, 0.1%)

1 からまことに, は一つ一つ

▼ 仰付け~ (2, 0.1%)

1 で十旒, 下さいますよう

▼ 仰~ (2, 0.1%)

1 せしめるもの, せらるべきもの

▼ 仰出候こと~ (2, 0.1%)

2 なくかの

▼ 仰向様~ (2, 0.1%)

1 に仆, に火

▼ 仰~ (2, 0.1%)

1 春星一二三と, 春星一二三の

▼ 仰~ (2, 0.1%)

1 られなば, 漸條

▼ 仰言言~ (2, 0.1%)

2 って

▼ 仰~ (2, 0.1%)

1 れよと, れ候天一坊殿

▼ 仰~ (2, 0.1%)

2 可被下候以上

▼ 仰~ (2, 0.1%)

1 かつてゐた, 又近日中奥

▼ 仰附けら~ (2, 0.1%)

1 るという, るべくもちろん

▼ 仰飲ぎ後~ (2, 0.1%)

2 は芝居

▼ 仰飲ッ~ (2, 0.1%)

1 た一気, ていた

▼1* [198件]

ありまするの, 仰付けるほどの, 仰えて静かに, 仰おいで曠世の英傑上杉輝虎, 仰かな只今良人が, 仰きたふれまた, 仰ぎあぐればさながら世界滅尽, 仰ぎてぞあらむあそびの舟は, 仰ぎながむる者は侯爵グイリエルモ, 仰ぎまつらばただに涙ならむ, 仰ぎまみえむ視力早や無し, 仰ように, 仰ぐちからに不断, 仰るれは, 仰しるのです, 仰ぞや御前に, 仰つただけで, 仰つて下だすツ, 仰つて二ツとも其, 仰彼の, 仰承わりました然, 仰とも覚えませぬ, 仰によりて大石を, 仰に従ってごろりと横, 仰薬師寺家の, 仰ふぐ眼に瞳, 仰ない以上, 仰むようにして悦ぶその, 仰ゃいましたがおことわり, 仰ゃいますが世界ですね, 仰ゃったがちょうど二十日, 仰ゃったのには実に驚きました, 仰ゃっていると取り次いだが, 仰ゃっている事に最初, 仰ゃってお帰りになられたぎり, 仰ゃってくださる御方がお, 仰ゃってそのまま御帰りなさるらしかった, 仰ゃってでも私をお, 仰ゃっても先の亭主, 仰ゃっても別にこれ, 仰ゃってわたくしを御覧, 仰ゃって今月末までの勘定, 仰ゃって皆を御, 仰ゃらないでしょう, 仰ゃらず斯ういう, 仰ゃらなくったってあなたのお, 仰ゃらなくっても好うございます, 仰ゃられ出したので, 仰ゃられずにいたがやっと兵衛佐, 仰ゃられてしまいましたのでもう私, 仰ゃられるとまるで夢みたいな気, 仰ゃられるのをこうして聞いて, 仰ゃられるのを私は胸, 仰ゃりながらいまを盛り, 仰ゃりながら何か気がかり, 仰ゃりますまいが貴方の御, 仰ゃるか聞いて, 仰ゃるとおりにいたして見ますが, 仰ゃるならば其男に逢いましょ, 仰ゃるならわたくしは尼, 仰ゃるのでこちらも何だか, 仰ゃるのを反って, 仰ゃるものだから反って, 仰ゃるものだからこんどは私, 仰ゃるものですからというの, 仰ゃるんで上等兵になった, 仰ゃる苦しみなんぞはお, 仰ゃる訳には行きますまい, 仰ゃる通どこでお, 仰ゃれば飛び附いて, 仰ゃれまいにと私はわが家, 仰カサルヲ得ス人民ハ海外貿易ニ倚ラスシテ衣食スルモノ幾ト罕ナレハナリ顧テ我カ帝國ヲ觀ルニ, 仰クハカリ也唯憂フラクハ世, 仰セテ火災盗賊ノ難, 仰セデハアルガナカナカ容易ニハ寄加持ハ出来ヌソノ訳ハ悉ク法ガ有ルト云イオルカラソレハ尤モダガヨクツモッテ見ロ, 仰セ出サレ即チ播州, 仰セ出サレ候向後相, 仰セ出ダサレ八月十五日ヨリ十九日マデ諸手ヨリ搦メ捕ツテ進上サレ候分, 仰セ受ケテ申シ開キ相スム迄国元ニ蟄居シ, 仰ッシャイ先月モ二錠ガ直グ利イチャッテ, 仰ッシャッタコトヲ私カラ詳細ニ申シ上ゲテ先生ガ何ト仰ッシャルカ伺ッテ参リマショウ, 仰ッシャッタラシテ貰ウソンナコトハ絶対ニオ止メナサイト仰ッシャッタラ止メル, 仰ッシャッタラ止メルソウナスッタラ如何デスト云ウ, 仰ッシャッテモ御自分, 仰ッシャッテモ手ノコトダカラ心配ハナイオ前サンハ遠慮シナサイッテ, 仰ッシャッテヨオ婆チャンハアタシ恐イワ, 仰ッシャルカ伺ッテ見マショウカ, 仰ッシャルカ伺ッテ参リマショウソシテ先生ガソノ注射ヲシテオ貰イナサイト仰ッシャッタラシテ貰ウ, 仰ッシャルノヨ何デモスルカラ仰ッシャッテヨ, 仰一応御道理, 仰一揚をそのまま, 仰上候に付為, 仰下辞気藹然感じ, 仰愧於天俯不, 仰って晴二郎, 仰を承っ, 仰云つたといふ事, 仰云つたのですもの, 仰云ろうとした, 仰付候ニモ拘ラズ潜カニ脱走, 仰付候儀と奉, 仰付候処更に在, 仰付候医業只今迄之通, 仰付候旨創殿被仰, 仰付候旨治左衛門殿被仰, 仰付候様被仰, 仰付候段山岡治左衛門殿被仰, 仰付候段御用番町野平助殿被仰, 仰付候趣被申, 仰付其余は御, 仰付出立す, 仰付別宅仕罷在, 仰付午刻青森出立夕七時油川村著菊屋重助宅へ落著, 仰付可被下置段申上, 仰付奥詰並御家中学問世話是, 仰付拙者松軒其儘油川居残, 仰付日増に繁昌候段, 仰付是亦重畳難有仕合, 仰付眞志屋號拜領高三百石, 仰付置候処御免被仰, 仰付翌朝発足廿六日朝京著之処, 仰付陸地に而御先, 仰付難有奉存候本意, 仰付難有仕合奉存候, 仰仲国は, 仰候事を被, 仰候何共恐入, 仰候処豈料ラン闕下ニ, 仰候得者忝くも松雪院様雪の如き, 仰六波羅上下の武士, 仰共存せず現在我子供等, 仰は度々, 仰出候日限に出立上京為致度, 仰出候由既に死候者, 仰出候間其旨可存候, 仰出折柄難捨置依之已来御料私領村, 仰反り倒れけり, 仰向さまに顛倒つて了, 仰哉私し申, 仰せざるを, 仰いました, 仰塵オリユムポスの圖, 仰塵畫の朝陽, 仰如何の冥罰, 仰慕三年坐則, 仰或は衣を, 仰を示せるなり, 仰月台までおい, 仰月状であるとかの, 仰有り様でしょうか, 仰服ぐ決意を秘め, 仰に僵, 仰横笛が事, 仰此事於相州並式部烝時房主等兩客被申云, 仰渡候尤此程及御答置候通魯西亞人渡來迄は下田表御用相勵, 仰渡候旨督事官吉左衛門殿造酒之丞殿, 仰渡候樣前以御申上置可, 仰渡候間御談申候, 仰愧天, 仰に大, 仰睇澄光玉並蓮と云つて, 仰しようという, 仰經歴輩之子孫, 仰聞らる, 仰聞被下度小生の本心, 仰聞重畳御心, 仰も道理, 仰は嘘, 仰観山峰有白衣美女二人, 仰の一語, 仰言つたあなたの美しい寂しい, 仰言つたお歌をみる, 仰言つたぢやありません, 仰言つた事の手前, 仰言つた通りらしい, 仰言つておいでなん, 仰言どものありける, 仰言ゃって下さいませ, 仰言りやしなかったわ, 仰言る言葉が判然, 仰言ろうといいじゃ, 仰言ろうものならわたし, 仰言ッたから, 仰がかう, 仰達候御趣旨, 仰鑑定家なるもの, 仰附宛行十四人扶持被下置, 仰附度と願った, 仰陽亭とか云っ, 仰て例, 仰願寺様な蝋燭, 仰るなどは, 仰飲らなけりゃ生身, 仰門の, 仰高門日講に出られた, 仰高門講堂で講書, 仰なるは, 仰鼻猴という物