青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「他人~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~仕方 仕方~ ~仕業 仕業~ ~仕様 仕様~ 仕舞~ ~他 他~ ~他人
他人~
他国~ 他方~ 付~ ~付い 付い~ ~付いた 付いた~ 付き~ ~付く 付く~

「他人~」 8669, 83ppm, 1335位

▼ 他人~ (4016, 46.3%)

54 手に 53 ために 37 ように 36 ことを, ような, 家に 35 家の 32 家へ 21 運命を 20 中に, 物を 19 ことで, 前に 17 幸福を 16 世話に, 秘密を 14 ことは, 家で, 手を, 眼に, 話を 13 ものを, 子を, 顔を 11 ことに, ことの, 事を, 作品を, 心の, 悪口を, 意見を 10 上に, 不幸を, 前で, 心を, 罪を, 迷惑に 9 やうに, 中で, 中へ, 前では, 思想を, 感情を 8 うちに, ためにも, 事の, 厄介に, 存在を, 生活を, 目には, 空似という, 飯を

7 [15件] ことだ, ことも, もので, ものに, 仕事を, 力を, 噂を, 妻に, 娘を, 幸福の, 気を, 為に, 生活に, 自由を, 部屋に

6 [15件] なかに, ものの, やうな, ようで, 不幸に, 世話を, 云ふ, 名を, 妻を, 家を, 批評を, 方が, 空似と, 運命に, 金を

5 [20件] いうこと, すること, 事で, 事に, 借金の, 女房を, 子の, 所有に, 手で, 手へ, 物に, 生命を, 目に, 真似の, 眼には, 眼を, 言葉を, 話の, 追随を, 魂を

4 [30件] ことが, ことよりも, ための, ようには, 世話には, 中を, 助力を, 名前を, 品物を, 意志の, 愛を, 懐を, 手によって, 手の, 為めに, 物は, 目から, 真似を, 眼から, 眼の, 空似で, 荷物を, 言うこと, 足を, 身の上の, 醜聞を, 長所を, 間に, 頭の, 首を

3 [96件] いる前, くせに, ことな, ことばかり, ことまで, して, する事, せいに, ためにのみ, ものである, ものと, ものも, 世界を, 事だ, 事は, 云うこと, 人格を, 仕事の, 作と, 作品の, 借金を, 僕に, 内に, 利害に, 前へ, 助けを, 口から, 句を, 同情を, 名義で, 噂でも, 噂に, 女に, 女を, 女房と, 女房に, 好尚に, 妻と, 媒介によりて, 嫉妬を, 子供を, 家では, 容喙を, 幸福といふ, 幸福に, 幸福も, 弱点を, 思想の, 悲しみを, 意志を, 意見に, 懐中物を, 所有物を, 手にて, 手には, 持物を, 文章を, 時間を, 書いたもの, 書を, 様に, 欠点を, 歌を, 注意を, 爲めに, 物だ, 物だらう, 物も, 独立を, 田を, 田地を, 癖に, 目からは, 着物を, 私が, 私事の, 罪の, 考へを, 耳に, 耳には, 苦しみを, 血の, 血を, 親切を, 言葉が, 言葉で, 説を, 誰れ, 足の, 車夫さんとのみ, 迷惑を, 過失を, 邪魔に, 部屋へ, 非を, 顔の

2 [248件] いふこと, いふ程, いる時, うちの, おめ, おれの, お前へ, お古の, こ, こと, ことじゃ, これに, そら似という, ところへ, まえで, もの, ものかの, ものが, ものだ, ものは, ものらしく, ものをも, ようだ, わがま, スキャンダルは, ボロ布, ポケットへ, 一生を, 一生懸命な, 不仕合わせ, 不正を, 中, 中でもより, 之れ, 事, 事ぢや, 事と, 事ばかり, 二人に, 二倍物を, 云ふこ, 仕事に, 仕業と, 会話と, 伝記を, 体に, 作つた本に, 作品に, 侵入を, 倍以上に, 借り物だ, 分を, 初老近い, 前でも, 前には, 力に, 功を, 労働と, 労力を, 勝手に, 反抗を, 受ける侮蔑, 口に, 台所を, 合力と, 同情に, 名の, 名儀, 名前に, 品吉が, 品吉さんが, 品物は, 善行を, 喧嘩を, 土地を, 地所に, 場合には, 境遇を, 声の, 多くは, 大事を, 大切な, 天下を, 失策を, 奴隷と, 好奇心を, 好意に, 妨げを, 妻である, 妻の, 姓名を, 媒介を, 子に, 存在が, 存在に, 存在は, 安眠を, 室へ, 害に, 家が, 家でも, 家と, 家には, 家は, 家も, 家屋に, 容易に, 宿なり, 尊敬を, 小三郎が, 小三郎さんより, 小夜子さんと, 小説を, 尻の, 席を, 帽子を, 年寄の, 幸福について, 幸福や, 廡下に, 影を, 得て, 御飯を, 心に, 思惑に, 思惑ばかりを, 思惑を, 思想としてしか, 恨みを, 悃苦事見る, 悪い事, 悪を, 悪意に対して, 意志と, 愛情に, 感情など, 感情に, 憎悪の, 成功を, 所へ, 所有だ, 手から, 手によ, 手は, 指を, 振りを, 描いたもの, 支配を, 整理物を, 文を, 方へ, 智を, 書に, 期待に, 権義を, 死を, 死滅, 気持を, 爲すべき, 物です, 生と, 生に, 生命が, 生活の, 生活をまで, 男と, 男女が, 異見を, 癖の, 白痴などに, 目の, 目を, 真剣な, 眠りを, 眼からは, 眼で, 眼と, 眼にも, 知らぬこと, 研究を, 票を, 私から, 私で, 私の, 秘密にまで, 秘密他人の, 稽古を, 空似か, 空似では, 空似に, 笛に, 経験を, 絵を, 罪過を, 考えを, 者に, 者を, 職業を, 育てた蜜柑, 胸の, 良心で, 良心を, 苦しみに, 苦しんで, 苦痛は, 苦痛を, 著作権を, 行動に, 行為を, 褌で, 見る眼, 言ふ, 言葉に, 言葉の, 言論の, 詞を, 財を, 贅沢を, 赤ン坊を, 趣味に, 身の上などを, 身の上まで, 身の上を, 身を, 身代りに, 身体を, 迷惑など, 迷惑などは, 迷惑も, 邪魔を, 部屋の, 都合や, 金だ, 金品まで, 靈魂の, 靴を, 頭で, 頭に, 頭を, 頸っ, 顔に, 願ひ, 飼犬を, 養子山之, 骸を, 魂と, 魂に, 鼾睡

1 [1978件 抜粋] あいだに, あとに, あらさ, いう事ア, いった事, いらぬ心配, うちは, うわさを, おなさけ, おもわく, おれでさえ, お尻, お聟さん, かこいもの, がにや, げなんぞ, ことがちつ, ことながら, ことなどは, ことなんかに, ことばかりに, ことよりや, こと本, ごとくその, さうい, さまの, しかも町人, した事業, すること一, せいみたいに, そでに, そら肖, それとは, そんな気持, ためであっ, ためなら, ためにばかり, だから, つまらぬ呟きを, であろうと, ところでこそ, と同じ, と間違, どんな大きな親切, なかでは, なす悪, はいって, ひがみだ, ふりを, まだした, もたないもの, ものでも, ものな, もの政府の, やうには, ようじゃ, わが子に対する, わたしたちに, を切つて御覧, アコガレを, キタない, ストライキつぶしと, ハンカチを, プライドによ, メモを, 一年間釣る, 一日分沢山の, 一身上もしくは, 上には, 下女が, 不信とか, 不幸などに, 不幸や, 不純不潔を, 不都合を, 世話でございます, 世話ばかり, 中でばかり, 中には, 中よりは, 主張の, 乳それがわ, 事としか, 事とも, 事にても, 事をも, 事柄に, 云うところ, 亡霊に, 亭主を, 人格の, 人間に, 仕事などを, 仕事をも, 仕業として, 代理と, 仲ばかりに, 企及し, 伜の, 位置に, 住居に, 体験と, 作った弔辞, 作つた菊の, 作の, 作品なぞには, 作品や, 作曲を, 使用に, 信仰に, 個性を, 借金まで, 傍聴人達を, 働きとを, 優さしい, 入ること, 入會, 内へ, 内界の, 内面に, 処女で, 出来事の, 刃で, 分までも, 利害の, 制作した, 前にて, 剰余生産物の, 創意工夫を, 力によって, 功績に対する, 助を, 助言が, 労作の, 労力の, 勘定書を, 医学博士と, 南瓜を, 卵の, 及ばざる長所, 収入を, 口を, 叫びを, 吉事に, 同居し, 同感を, 名に, 名声流行などには, 君が, 周囲を, 命令に, 品物が, 商品を, 問題を, 喜ぶか, 喰べ, 嘘をも, 噂です, 器物を, 固有名詞を, 土地であろう, 地面に, 垣の, 堂に, 場合を, 墓所へ, 声が, 変装か, 夜遊びまで, 夢中に, 大人に, 夫人である, 失敗を, 奥さんをよ, 好みに, 如くし, 妨を, 妻としてしか, 妾と, 始めである, 姿に, 娘でも, 婦を, 嫉妬心を, 子だ, 子と, 子に対しては, 子をも, 子供に対しては, 存在の, 安全とを, 官爵を, 実際的要求, 家か, 家です, 家や, 家庭に, 容喙では, 容貌ほど, 寝静まった後, 實物を, 尊敬である, 小説に, 尽くが, 屋敷へ, 屍に, 履歴書を, 山林田畑から, 工夫や, 巾着を, 帯つて締め憎い, 平静を, 年齢を, 幸福と, 幸福衝動とともに, 庇護の, 座敷で, 建てて, 弱小を, 弱點, 影が, 彼女に, 微笑を, 心持ちに, 心理に, 心遣ひ, 忠告決して, 思うごとく思い他人, 思ひ及ぶ所, 思惑などは, 思想で, 思想中に, 性格なんか, 恋人と, 恋女を, 恋文などとは, 恋路の, 恩恵を, 恵みに, 悪いせゐだ, 悪口お, 悪意を, 悲哀は, 情事の, 惑いを, 惱み, 想像を, 意を, 意志が, 意志または, 意志よりも, 意見なぞ, 意趣返しを, 愛は, 愛情にも, 愛憎により, 感ぜぬこと, 感情の, 態度を, 懐と, 成功に, 我その, 所に, 所有である, 所有を, 所有物に対する, 手がけて, 手ばかりわ, 手前自分の, 手柄に, 手紙讀んだ, 手記などを, 扶助を, 批評などは, 批評は, 抗議を, 拵えた生地, 持つ陶器, 指図が, 挙動にも, 授助を, 描いたよう, 摸倣し得べき, 放蕩なんぞ, 文学の, 文章に, 方を, 旅行を, 日記にも, 星野家へ, 智恵に, 暴挙をも, 書いたどの, 書いた文章, 書は, 書画会の, 有だつたら, 有様を, 本, 来て, 杯を, 柘植三之, 業績を, 楽しむお, 模範として, 機嫌を, 櫟の, 欠点や, 歌であり, 歓楽にも, 武術や, 死には, 死体が, 死骸などを, 残酷な, 毒害と, 気に入って, 気分では, 気持という, 気持ばかりを, 汗の, 法外な, 洋を, 消費に対しては, 満足を, 火事を, 災難と, 為には, 為ること, 然るべき者, 熱に, 爲には, 物にても, 物みたいに, 物資を, 犠牲によって, 独楽を, 獲得した, 理解出来ない, 生きた經驗, 生労作の, 生死は, 生活について, 生活態度と, 生産物を, 用地を, 町でした, 畑を, 疑視, 病を, 痛いの, 癖は, 百遍の, 監督が, 目や, 真似るべきこと, 真摯なる, 真面目を, 眼も, 知ったこと, 知らない涙, 知らぬ多く, 短と, 祖先の, 祭壇の, 私にまで, 私事を, 科を, 秘密事など, 種を, 空似だろう, 空似でしょう, 空似どころか, 窺ひ知る, 立場に, 立派な, 米を, 精神上や, 納屋の, 細君じゃね, 細君と, 経営し, 経験した, 絵であった, 經驗で, 縄張りを, 繩張りと, 罪で, 罪までか, 羊を, 羽織袴を, 考えが, 考えの, 考へて, 耳を, 聲か, 肉食を, 胤だ, 能くせざる所, 脈を, 脳髄などを, 腹の中は, 膏血を, 自分が, 自動車に, 自我に, 自由な, 自由意志を, 良心の, 色事を, 芸術の, 苦しみには, 苦を, 苦惱が, 苦難の, 著作を, 蔭口などを, 血で, 行くべき道, 行動や, 術を, 表情の, 袂を, 装束を, 裸体に対して, 複雑な, 見て, 見る物, 覗きえない幻影, 親切です, 親書を, 言に, 言葉には, 言語を, 計画に, 記憶の, 訳本を, 詩歌などを, 話と, 話は, 語中より, 誤解を, 説についても, 誰かから, 誰にとっても, 論文の, 議論を, 財布の, 責任に, 賭金を, 趣味を, 足趾を, 身なりを, 身の上なら, 身の上には, 身上の, 身体の, 軒さきを, 軽蔑にたいして, 迷ふ, 追随し得ぬ, 運命では, 過失に対しては, 遺偈, 邪悪から, 邸内を, 部屋をでも, 都合は, 酒を, 酷い目, 量り知る, 金に, 金利の, 銭を, 長所や, 閑を, 間にのみ, 間柄なり, 関知しない, 陰謀によって, 隠宅の, 離縁状を, 霊感を, 非難と, 面倒など, 靴か, 領分にまで, 頤を, 頭へ, 頼みを, 顔さへ, 顔として, 顔も, 食事を, 飯臺まで, 館へ, 騷ぎに, 髪を, 魂をも, 黄金舎に

▼ 他人~ (1319, 15.2%)

30 迷惑を 17 對する 12 なって, 對し 11 向って 7 向つて, 話して 6 して, 見せるため, 話しては 5 取られて, 害を 4 任せて, 知れると, 見られるの, 言はせる, 貸して, 通用する

3 [13件] ものを, やって, 働きかけるの, 向かって, 向けて, 心を, 知られずに, 自分を, 見せること, 話したこと, 譲ること, 道を, 顔を

2 [84件] これを, それを, たすけられて, なつた, なりますよ, むかっては, ゆずって, よりて, わかつたつて, 与えて, 与える, 任せない, 伝えること, 使われて, 使われるの, 信じて, 信頼する, 働きかけるもの, 分ち與, 判断し, 判読出来, 勝手に, 占領された, 危ないところ, 反対し, 取つて, 同情する, 同情を, 呉れて, 善を, 地位を, 外ならない, 大なる, 委する能はず, 委せて, 強ひられる, 得させるため, 怨みを, 悟られること, 憑依する, 損害を, 於いてを, 於てを, 殺して, 殺害された, 気づかれること, 渡して, 漏すの, 漏らすよう, 熊鷹に, 理解されない, 異る, 真っ向から, 知られるの, 私の, 移さむとするものゝみに, 移って, 笑顔を, 等しいもの, 聞かせるの, 聞かれる心配, 苦痛を, 見せられぬたぐひ, 見せるもの, 見て, 見られたらどう, 見られては, 許されるため, 話すの, 語らない者, 語ること, 謙遜な, 譲りその, 質問を, 身を, 転嫁し, 迷惑が, 金を, 預けて, 頒ち, 頒つ, 頼むほう, 頼む事, 馬鹿に

1 [964件 抜粋] あつて, あまり話したがらない, いえない何, いじられるの, いられては, いわねえ方, うつるから, うまく隱, おごって, おじぎを, おどされて, およぼしては, お示し, かかるよりは, かぶせるよう, くどくどと, くれて, けじめを, この屋敷手, ころされるうー, こんな話, さう云, させては, されて, しゃべって, しようと, し隣同士, すぎない, すぐれて, すすめたがるもの, すすめるよう, する辛苦也, せまいため, そう思わせよう, その噂, その始末, そんなに貢い, そんな醜い, たいしてで, たよりたくは, ちが, つかわれて, つけて, とつて, とられたらと, どうこうされよう, どんな展望, ない何, なすりうまう, なすりつけて, なすること, なったよう, なっちまいましょう, なつて, ならねば, ならんと, なりましょうよ, なるは, なるん, なろう顔, のせられ易い, のぞかれたくないという, はさほど, ひけを, ふいちょうしたくない, まかせて, まきあげられて, また敵, まわそうと, みだりに使わせられ, むかつて, むかひて, もたらそうと, ももうその, もらしたこと, ゃわからねえ, やった為, やらせちゃもったいねえじゃござんせんか, やらせる, やるよりはと, ゆずり自分, ゆづつて善人ぶつてる, よびかけること, わからない文壇生棲間, わかりましたならば, わたしの, 一つ入用な, 下らんこと, 不愍を, 不當, 与えた事, 与えるかという, 与えるべきか, 与える影響, 与え世, 与へて, 二つやっ, 云いつけたり, 云うと, 云っちゃ, 云はれ, 云ふたつて, 云われない利害関係, 交わっても, 交わるの, 仕て, 他人の, 代わって, 任したくないからね, 任すは, 任せては, 任せられぬ世話, 任せるまで, 伐りださせたと, 会った時, 会ふ, 会ふと必ず, 伝えるため, 伝染さし, 伝道する, 似ないという, 何にも, 何らの, 作らした素地, 使つた東京語が, 使わせなかったの, 使われると, 使用され, 依つて衣食, 依嘱, 依頼する, 侮辱軽蔑された, 係わって, 信じさせるの, 信心を, 借りたこと, 傲然と, 傳へる, 働きかけた, 働きかけないこと, 働きかけること, 働きかけるより, 優る相手, 儲けられまい儲けられまいと, 先鞭を, 入られては, 其身を, 冷淡である, 冷酷に, 出来ない事, 分かる筈, 分つという, 刎ねられる, 別れたの, 功名を, 劣らず残酷, 劣るとも, 勝つ爲, 勝手な, 化けて, 占められて, 厳なる, 又貸ししたる, 及ぼし喧嘩, 反映し, 取られること, 受け渡しを, 口外しない, 叫ぶの, 合せる顔, 同情できれ, 名前を, 向かっては, 向っても, 向つて自分, 向ふなら, 告げて, 告げるの, 呼び自分, 問うても, 善い考, 喜ばれ易い, 喰べ, 嗤われよう, 因りて, 在らずして, 地歩を, 塗付け候, 壓されまい, 売つたところ, 売るもの, 多を, 奪い返されて, 奪われもう, 委ねて, 委托する, 媚びること, 嫁した, 嫌疑を, 完全な, 害は, 寄一雙の, 審鑑査される, 対抗しよう, 尽くさんと, 屈して, 属すべし, 巻かせない, 幸, 引き受けさせて, 強いまい, 強いん, 強ふる, 当らせて, 当り散らした絵, 影響したい, 影響する, 待つばかり, 御化け, 心配を, 応用する, 怒って, 怖ろ, 思って, 思ひやりが, 思われるの, 恋人を, 恥ぢ秘しかくさうと, 恵みて, 悟られるな, 悪い感じ, 惡口を, 意外な, 愛の, 感じさせ従って, 感づかれるやう, 感動し, 感謝する, 憑かせる, 憑付しうる, 戦争させ, 所有権が, 手引を, 手渡すくらい, 打たれる, 打ち明けては, 打明け理解, 托するもとより, 投げ出されたの, 抱かれて, 拭いて, 拾われねえ様, 拾われるまで, 持って, 挑みかかろうとは, 授くる, 接する, 接するごと, 攻勢に, 教えられて, 教へる, 教育し, 料理を, 明かすよう, 是非せらる, 暴露する, 書いて, 書き送る手紙, 来て, 格別の, 横取りされまい, 欺さたり, 殊なりと, 殺された時, 殺されるの, 比して, 比類の, 気兼し, 気兼ねを, 求むるところ, 求めなかった, 求めるところ, 注意する, 洩して, 洩らしたこと, 洩らしては, 洩らしませぬの, 洩らせるもの, 渡さじと, 渡すの, 滾したが, 無理強いし, 無関心, 煙草の, 煩は, 犯さずには, 独占された, 献げたい, 理解できない, 理解と, 甘えるなかれ, 甘えるやう, 異なり一目, 疑いを, 疑を, 病的な, 発表しよう, 発見されたら, 白状し, 盗まれそう, 盗まれること, 盛った毒, 目覚める心, 相当に, 相談した, 相談も, 看取されまい, 看破されない, 真似の, 眼が, 知らすの, 知らせないよう, 知らせること, 知らない穴, 知られたくないという, 知られたくないよう, 知られたくは, 知られたらひきょう, 知られて, 知られぬ涼し, 知れない限り, 示して, 示すこと, 示すの, 示すよりも, 禍いを, 私を, 移すって, 突き出されたか, 突込まれる, 立聴き, 立聴でも, 笑われても, 第一, 紹介する, 結びつく芸術, 絶對善を, 罪を, 義理を, 聞いた話, 聞えざりしこそ, 聞えないやう, 聞かす分量, 聞かせて, 聞かそうため, 聞かれたくありませんから, 聞かれて, 聞かれても, 聞かれまいとして, 聞かれる危険, 聴くほど, 肚を, 育てられましたのよ, 背後指差された, 膝を, 自分自身の, 與へる, 花木を, 荷を, 薦めようとは, 虐遇せられ, 見えない大きな, 見えぬところ, 見せかけること, 見せたくないもの, 見せたこと, 見せつけたがって, 見せない秘術書, 見せびらかさうと, 見せびらかした, 見せまいと, 見せるなんて, 見せるを, 見せる機會, 見せる目的, 見せる自分, 見ら, 見られたくないとき, 見られて, 見られまいとして, 見られようもの, 見られると, 見られるのさ, 見られるやう, 見られる用意, 見咎められさえ, 覗かれたの, 覚られないよう, 親切な, 解らせ得時として少しく, 解らない過去, 触らせること, 言うたって, 言えと仰言っても, 言って, 言ひ, 言ふて, 言われず家内, 言葉を, 討って, 託して, 託するとは, 託するよう, 訴える気, 証明し, 話させないよう, 話しかける心持ち, 話しかけ働きかけること, 話したくは, 話した私, 話すでも, 話すべき事, 話す事柄, 話せる類, 話そうとは, 誇ること, 認めて, 語ったそう, 語らなかった, 語り給, 語る言葉, 誠実であり得ない, 説明し得る, 説破される, 読ませて, 読ませようと, 読まれないやう, 読まれるであらうといふ, 読んで, 課すべき軛, 談つ, 譲って, 譲りたく人材, 譲り渡すこと, 譲るとは, 譲渡した, 讓つてし, 讓り渡し, 負けずに, 負けない強い, 負けまいという, 財産を, 貰うなり, 買われて, 貸し遠く, 貸すほどの, 貸す小金, 貸付けるであろう, 資本を, 質問する, 質問は, 踏み荒らされて, 転嫁する, 近づきたい欲求, 迷惑と, 迷惑など, 迷惑相掛け申さず, 通じさせること, 逢う時, 逢っては, 遊ばれるの, 遠慮も, 邪魔されぬ, 配って, 酷似せる, 金など, 関係した, 関係なき, 附与する, 附與する, 附随し, 隠れて, 雇われなければ, 非ざる愛, 非難する, 面貌を, 預かった金, 預った物, 頭の, 頭巾を, 頼まれたこと, 頼まれる迄も, 頼むわけ, 頼む必要, 頼る, 頼るなかれ, 頼る女, 頼んだ訳, 食ひつい, 髪を

▼ 他人~ (584, 6.7%)

16 して 5 不幸に, 包容する, 愛すること, 自分の 4 幸福に, 愚かだ, 殺して, 腐敗させ, 見て 3 や, 処罰する, 弁護する, 律するは, 批判し, 押し除けて, 攻撃する, 肩で, 非難する

2 [33件] たのみに, より善く, 不愉快に, 交えずに, 交へ, 信仰に, 傷ける, 傷つけて, 傷つけること, 傷つけるよう, 入れたくないから, 勝手に, 壓迫する, 害して, 容れる余地, 必要と, 愛して, 愛する事, 感じて, 批判する, 批評し, 批難する, 救ふ, 敵と, 気の毒に, 犠牲に, 相手に, 知ること, 苦しめて, 見れば, 責むる道具と, 軽蔑し, 馬鹿に

1 [435件] あざけり自分自身, あっと, あるが, あれほどまでも, いつわろうと, いれないで, うらやまないこと, おさめて, おしのけたり, おまえと, かきわけ踏み落して, かじってる人間, かじるといふ, かじるべからずといふ, かりて, ごまかすだけ, さほど尊敬, しらべて, すこし愚弄, そうなさん, そっとし, その危険, その方面, そんな目, たよりに, だまして, だますこと, ではなし, とがめること, ないがしろに, なぐった処, ぬきに, ねたまずかえって, まじへぬ, まぜずの, まねて, もどかしく思う, もより善く, やり過したあと, ゆるさない底, よくし, よくせ, よしと, よそおって, よぶには, よりよく, モデルに, 一切羨まない, 一歩も, 上らせぬ事, 下に, 下目に, 不仕合せに, 不和ならしめよう, 不快がらせよう, 不機嫌に, 不正なる, 乞食扱ひ, 予想し, 交えず世間, 交えぬが, 交ぜず自分等夫婦, 交ぜて, 人に, 人身御供に, 介するとは, 仲介として, 仲間へも, 住ませるやう, 何の, 使ってばかり, 侮辱する, 侵し傷つけるけれども, 侵すこと, 俗に, 信じさせる, 信じさせるよう, 信と, 信用し, 信用しない, 信用せず, 倒すという, 借り倒したり, 偽君子, 偽善者と, 傳へる, 傷つけずみずから, 傷つけず我, 傷つけたり, 傷つけないと, 傷つけないという, 傷つけるかも, 傷つける心, 傷つける爲, 傷つける結果, 傷つけ呪うよう, 傷付けること, 先へ, 入り込ませること, 入れず織女, 入れまいと, 入れませんの, 入れること, 入れる余地, 内容として, 冷かしつくらして, 冷笑する, 凌辱する, 凌駕し得たり, 凌駕せ, 出して, 切害せし, 利するという, 利用し, 制するの権, 刺傷する, 前に, 助けようと, 助けること, 助ける力, 助ける場合, 助け得る間, 勵ます, 包容し, 包容せん, 化す化粧, 化そうという, 卑しみ, 卑しめるよう, 取り押さえるわけ, 受けいれようと, 叩いて, 叩き起す必要, 含めるもの, 呂木は, 呼ぶの, 咎めず運命, 咎めるに, 咎めんと, 喜ばせようと, 嘲る根拠, 嘲弄し, 嘲笑い多少, 嘲笑する, 嚇しつけるのに, 困らせながら, 困らせる人, 圧しつけたがる事, 圧迫し, 堕落させる, 守るよりも, 室内へ, 害し諸侯, 害するよう, 害する人間, 害せざるのみ, 家へ, 対照に, 對立せし, 導くには, 導くべき唯一, 弄し楽しもうという, 強うる, 強ひもしなけれ, 彼は, 彼らと, 征服する, 律しては, 律すること, 従えること, 心から感動, 心配させる, 忖度し, 忖度すべし, 忖度する, 怖れ, 思ひやること, 怨む, 怨むこと, 怨むまえに, 怨望する, 怯やかし, 恐れるから, 恕す事, 恨むとき, 恨むばかり, 恨んで, 悦服せし, 悩ますに, 悪口し, 悪口する, 悲しみ友, 悼む一日, 愚弄し, 愛しえないならば, 愛したこと, 愛しては, 愛しましょう, 愛しまた, 愛し信じたの, 愛し得るかを, 愛し恕, 愛し深く, 愛すこと, 愛する, 愛するため, 愛するやう, 愛する心, 愛する時, 愛す可, 愛せないという, 愛せむとするのは無用, 感じてを, 感じる, 感じること, 感化する, 慕うという, 慰めるやう, 憎み得るであろう, 憎み怨む念, 戴くこと, 打ち殺すこと, 払って, 批評する, 押しのけても, 押しのけなくては, 押しのけ自分, 押除けず, 招待する, 指したもの, 描いても, 描かうと, 描けたか, 損じるの, 損ずるに, 損ふ, 撲る快感, 攻撃し, 攻撃した, 救いに, 救うこと, 救うため, 救おうとは, 救わねば, 教えるもの, 教化せん, 教育し, 教育する, 是非する, 書いたと, 未だ見, 模倣しない, 権威と, 欺かざること, 欺かんが, 欺き得るもの, 欺き自己, 欺くもの, 欺くよう, 正常と, 正視しない, 死刑台に, 殺さば, 殺したけれど, 殺したつもり, 殺したなどという, 殺したので, 殺すこと, 殺すと, 殺すもの, 殺そうと, 毀つけたり, 毆打した, 毆打する, 求めに, 求める, 汚いもの扱い, 泊めること, 泣かして, 泣かせること, 泥棒視する, 深く痛み傷つけ, 混えず会う, 測って, 溺歿させ, 潤おすため, 潤おす本, 照す, 煩さずして, 煩す年でも, 煩は, 煩らわ, 牽き寄せようと, 犧牲に, 犯し續, 珍重には, 理解しよう, 理解し得なかった, 理解する, 生かしたい, 画かんと, 番に, 疑うこと, 疑う番, 痛めるの, 発狂させる, 益するとの, 益する者, 相手と, 相手の, 眼中に, 瞞し, 瞞着した, 瞞着しよう, 知って, 知つた, 知るといふ, 突き退け踏みにじり自分, 立ち交ら, 立てて, 笑いながら, 笑って, 策動する, 精神に, 細々と, 絞殺し, 縛るが, 罠に, 置いたよりも, 罰するだけで, 罰せしめ愉快, 罵るの, 罵倒する, 羨ましめ我, 羨み妬む不平組, 脅かさうと, 脅迫し, 脅迫なさる, 苛烈に, 苦しませる, 苦しめてるという, 苦しめる大小様々, 苦悩者として, 茶に, 薫化する, 蘇かす前に, 虐待する, 融かして, 蠹毒しよう, 裁くな, 見いだした, 見たくなかったの, 見たり, 見ても, 見るごとくでは, 見るに, 見るやう, 見るよう, 見る眼, 見る習慣, 見他人, 見出すこと, 見張って, 見殺しに, 見降す根生曲り, 観て, 観察し, 觀察し, 觀察しよう, 言句もて, 訪ねるのに, 訪問に, 許容する, 試験する, 話の, 認める以上, 誑らか, 誡める, 誨へよ, 説得しよう, 説得する, 説得できた, 誹謗する, 謗れば, 議する人, 讒謗し, 責めたり, 責めること, 責めるの, 責めるひと, 責め怨むもの, 責め裁く心, 賊と, 賛美する, 赦さぬこと, 踏みに, 踏台と, 蹴倒して, 蹴落しても, 蹴飛ばし踏み倒しても, 軽侮し, 軽蔑しない, 軽蔑する, 軽視する, 輕蔑し, 辱か, 迎えても, 迎える愛想, 迫害し, 迫害せざるなり, 逆恨みする, 選ばれるという, 邪魔する, 閉口させる, 陥入れる位, 陥擠, 陷れ, 雑えず住ん, 頭から, 頼つては, 頼みあるいは, 頼むほどの, 頼む心, 頼らずには, 頼りに, 頼る心, 顧みざるに, 顧みぬゆえ, 飜弄せ, 養子に, 餓死せしめ, 騙すという, 騙すよう, 驚かせようと, 驚ろかさない

▼ 他人~ (430, 5.0%)

8 見て 6 自分を 5 自分と, 自分の 4 それを, 見れば 3 みだりに命題, 住んで, 来ると, 殺して, 見たら, 見ても

2 [16件] それに, とやかくいう, みだりに通行, やって, アクセプトしない, 何を, 彼の, 手を, 耕して, 肩に, 自分に, 自分に対して, 自己に, 見ては, 見ると, 金を

1 [348件] あって, あばれ込むの, あると, あろうとは, あんまり感心, いかなる悪事, いかに, いくら拘泥, いちゃ, いっぱいいる, いても, いないの, いようと, いると, お客に, かげ口, きいて, くたくたに, こちらの, この一家團欒, この喧嘩, この城, この怪病, この感情, こんな不思議, こんな考え, しかもその, したこと, した事, して, しようとも, すぐれたふう, すでに改良, すると, そう信じる, そのため, そのスプール, その仕事, その半分, その名, そばに, そんな我儘, たぐりを, ただ自分, だれも, ちょいと, ちょっとでも, ちょっと眉, ちょっと綿, つききって, つけたニック, つけて, とめなければ, どうあろう, どういう風, どうしていよう, どう思おう, どう思つて, どう登った, どう見よう, どのよう, どんなこと, どんな使いかた, どんな悲惨, どんな想像, なんだ, なんといおう, なんと言おう, なんの, のこのこ部屋, はいるわけ, ひもじいか, ぼくの, まじると, ますます際だつ, みたらそう, みだりに持ち去る, みな私の, みんな気の毒な, もう中耕, もしこちら, もし傍, もって, やったよう, やった場合, やつて, よいから, よくな, よく千家元麿氏, わたしの, エゴイスチッシュゆえもはや, 一人は, 一人入る, 一寸綿, 一度考えついた, 一生親密の, 一緒に, 七十二貫の, 下宿し, 不安であろう, 世の, 中年に, 之に, 二まわりくらいで, 二人いる, 交る, 代筆し, 住まって, 住むの, 何か, 何という, 何といおう, 何と云, 何と云う, 何と思おう, 何と教, 何と言, 何の, 何人も, 何処かで, 何物かを, 余の, 余計な, 使う銭, 信用し, 借りて, 側に, 偶然発見した, 偽怪, 傍に, 僕と, 先に, 入いれ, 入って, 入ると, 共々見, 冗談を, 写して, 冷酷に, 凶事に, 出ましては, 出鱈目の, 分らうと, 判断する, 努めたもの, 勇敢に, 動きまわってること, 勝手に, 勝手には, 包み隠そうと, 十人ばかり, 危地へ, 危急に, 反対し, 受賞したで, 口を, 右へ, 同なじ, 君を, 吾人の, 咎めても, 問題に, 喋って, 嗅ぎつけて, 四杯食え, 困つてるのに, 地位を, 坐って, 執拗く, 外部へ, 大事な, 大事に, 奪って, 女の, 女を, 女首, 妄りに, 嫌がって, 子を, 実際において, 容喙し, 容易に, 寄せるよりも, 寄れば, 尊く思い, 小刀細工を, 少しでも, 少しは, 少し強く, 居ては, 居なければ, 居ようとは, 居ると, 己れ, 干渉する, 平気で, 年若く, 幸福だ, 幸福だっ, 引き抜いて, 引っかかる, 彼女の, 後生大切に, 忘れたか, 忠告し, 思うこと, 性器を, 悔みを, 悩んで, 惨苦を, 想像を, 愚かな, 愛するもの, 愛飲する, 成し遂げて, 戦って, 手器用に, 扱ったらこの, 承知せぬ, 抱き取ろうと, 拘泥する, 持ち込むどんな, 持って, 持つて, 指を, 採らうとして, 探り出して, 教へ, 文句を, 書いたの, 書いたもの, 書いてる道徳, 期待してる, 来ても, 来でも, 横に, 欠点と, 正しくない, 死骸見付け, 氏を, 民衆の, 気に, 汝の, 深切から, 演出した, 無生物, 煙草を, 狭つ, 理由を, 生活に, 用いた旋律, 異なった意見, 病室の, 発射した, 発明を, 発見すれ, 白と, 盗むの, 盗を, 盛大に, 眞相を, 真似の, 眺めても, 眼に, 着よごしたもの, 着用し, 知って, 示して, 私に, 私の, 私を, 立って, 笑うだろうと, 笑は, 答弁さえ, 筮法を, 経験した, 絶対に, 經驗した, 美を, 老年の, 聞いたら本物, 聞いたら笑う事, 聞いても, 聞けば, 肉体的精神的に, 自分よりも, 自己の, 自由に, 良い様, 色々な, 若い頃, 苦しむの, 苦しんでる, 衝撃を, 被害者に, 要るの, 見えると, 見たとき, 見たならそれ, 見たならば, 見たらおよそ, 見たら一向, 見たら何と, 見たら少し, 見たら彼, 見たら御, 見たら粗野, 見たら言い相, 見た場合, 見た時, 見てくれようが, 見られない奥, 見るもの, 見捨, 覗いたこと, 覗いて, 覘い, 覘は, 親切に, 訊くと, 許可を, 訳した外国, 認めて, 認めること, 読むからという, 読むの, 読んでも, 謡うて, 買おうが, 買ふと, 赤毛布を, 迂闊に, 退屈し, 這入りますと, 這入るの, 這入る事, 通りいつぺん, 進んで, 道場へ, 邪魔さへ, 間には, 関渉の, 非難され, 顔を, 飛び込んで, 馬鹿に, 鮮血を

▼ 他人から~ (222, 2.6%)

10 見れば 4 恨みを 3 して, 見て, 金を

2 [12件] 保管を, 夫の, 委ねられた品物, 嫉妬される, 少しでも, 慈愛を, 礼を, 自分の, 補助を, 誤解される, 非難される, 頼まれたふう

1 [175件] あんな激怒, いくら説かれ, おごって, おとなしい狂人, お金を, かくそうとして, かばわれ同情, かれこれ云, きいた事, きいた人相, こんなこと, こんな話, されること, すゝめられ, そいつを, そういうよう, その存在, そんな注意, そんな話, そんな風, つっこまれても, なにか頼まれ, はげしい恨, ひそかに, ぶっ倒されねえ, ぼくが, みじめな, みると, もらった目標, キチガイと, クスネたこうじで, ディクテートされた書き取り, ドンナに, ロマンティストとして, ワザワザ教えられなく, 下手とか, 不正を, 世話に, 二三十円の, 云いかけられた言葉, 云はれた, 云われたこと, 云われると, 人違いを, 代わって, 伺いましたので, 低級だ, 何か, 何も, 侮辱される, 侵されるもの, 借りた物, 借りる工夫, 傷つけられないで, 兄さんお, 入れられるもん, 冷静に, 制肘される, 助けられて, 労働を, 十分に, 危害を, 却て, 反対される, 取ること, 取扱は, 受ける同情, 受ける圧迫, 受ける憤りや, 同情を, 名前を, 呑込まれ, 呼び捨てに, 呼び止められた経験, 呼ぶべきもの, 喜捨された, 四の, 壊されたくない, 孤立し, 学資を, 実用上の, 家庭の, 寄進を, 尊敬せられたい, 尊敬せられる, 尊敬を, 小説家と, 干渉される, 御馳走に, 怨を, 恨まれ殺されん, 恵を, 悪く批評, 愛せられようという, 感謝の, 感謝を, 慰めを, 手伝って, 押し隱, 押付けられた考え, 指摘せられ, 損を, 教えられたり, 教わった図柄, 時間短縮の, 木の, 殊に女性, 殺害せられた, 毒殺される, 気の毒だ, 注がれた心持, 無用視せられる, 無精者だの, 燐寸を, 物を, 物事を, 独立を, 猥り, 直ぐに, 真面目に, 瞰下され, 笑われねえだけの, 粗末に, 絶縁しよう, 聞いたこと, 聞いたつまらない, 聞いた話, 聞いた通り, 聞いて, 聞かされつけて, 聞かない中, 聞きただすも, 聞き傳, 聞き貯めること, 聴いたの, 自由で, 苦しめられたあと, 見える面, 見せつけられた気, 見たら正気, 見たら蕭条, 見たら随分, 見まして, 見られたこと, 見られまいと, 見ると, 親しまれること, 言われて, 言われると, 記憶が, 評す可, 話しかけられるの, 話出されたら, 負い目を, 負は, 貰うし, 貰った事, 賞められ, 賞められた, 賞められる, 軽蔑される, 遠ざけること, 遺産を, 邪推せられた, 金なぞ, 釣り竿を, 随分重苦しい, 隔てられて, 隠遁せしめよう, 預って, 頼まれると, 養子に, 騙された, 髪を, 髮を

▼ 他人~ (221, 2.5%)

6 他人との 5 いっしょに 4 なって, 思って, 自分とを, 話を 3 口を, 同様に, 思えば, 言葉を

2 [19件] いっしょの, いっても, なつた, はなしを, 云ふ, 他人の, 会話を, 同じだ, 同じよう, 同様な, 異なること, 異る, 異れる, 結合する, 自分と, 自分との, 自己との, 見做, 違うて

1 [144件] あまり異なった, いうより, いえば, いって, いわれたこと, おどらなければ, おもえない情誼, くらべて, けんかするごとき, するよう, その話, それを, ただ一度でも, つきあふこと, ならなければ, なりしかも, なり偶, なり縁, なる, なると, まったく同じ, むしり合いでも, むすびつけて, わかつて, 一つ家に, 一と, 一歩接近した, 一緒に, 一緒の, 世間話など, 主人とは, 争うこと, 争論に, 云うこと, 云うもの, 交わっても, 交わること, 交われば, 交換した, 交渉ある, 交渉し, 交渉を, 他人に, 会い始めた, 低声, 何の, 何ものかを, 個人と, 全然交渉, 共なら, 共謀し, 共謀の, 分け合, 利害を, 助け合い, 化けて, 区別してる, 区別する, 區別する, 双方に, 合同調和, 同じくなんらの, 同じく他人, 同じこと, 同じで, 同様の, 向い合った時, 喧嘩すべく, 変った性質, 変った高価, 外国語と, 太刀打ちの, 寄合の, 寝室を, 寢る, 對話し, 思い奉公, 思えないよう, 思つ, 思つたのが, 思つて居たらし, 思わねえから, 思われなくなったの, 思われぬ方, 意志を, 成り立つこと, 手柄を, 接触させる, 描ける自分, 旅を, 旅行する, 棲むとしては, 比較される, 比較する, 深い交渉, 混淆し, 爭鬪を, 父の, 物の, 生きて, 生活し, 異って, 白を, 相対し, 相離れ, 真顔の, 社會とに, 社會との, 筆談で, 組合い攫み合いたる, 結合し, 結合した, 結婚した, 結婚を, 考える, 聞たれ, 肩を, 自分とは, 自分の, 融合する, 衝突組打などを, 見なしたり, 親兄弟とは, 親族との, 言ふ, 話する, 話す時, 説を, 議論を, 通じ合わない孤独さ, 違うから, 違う処ばい, 違つた私の, 違ふ, 違わない顔, 間違えて, 間違えられる事, 関係した, 闘うこと, 限った事, 面会などの, 顔を, 食事を, 飲んで

▼ 他人には~ (198, 2.3%)

3 容易に, 想像も 2 わからないの, 何の, 相違ありません, 真似の

1 [184件] いっさい秘密だ, いはれるの, いわなかった, えらく寛大, おそらくくだらなく, おのれが, お話を, けっしてわかる, これだけの, こればかりも, さう, さほど厳格, して, しょせん出来, じつにいい, すすめる気, すべて滑稽に, そうする, そのほか, そのよう, それが, それほど痛切, そんなこと, そんなつもり, そんな本心, だれへも, ちょっと口, ちょっと思い, つめたい男, てんで判り, とても出来ない, どうしてそんな, どうしよう, ないこと, なおさらわからない, なり切れないもの, なること, なるべく思ふ, なんの, ひどく当り, まことに平凡, まったく窺い知れぬ, まるでわからない, まるで分らない, むろん土門自身, やれないこと, よくし, よく見える, よほど通用, わからなかったかも, わからぬ事情, わからねえ好, わかりっこないん, わけの, プランの, 一寸分らなからう, 一度も, 一目で, 不幸である, 云いかねること, 云うな, 云うなよ, 云つ, 云は, 云われて, 今後売らない, 他人の, 何うだ, 傑い, 充分に, 全く何, 全く通じない, 全で, 冷胆な, 分からないの, 分らないが, 分らないよう, 分らない有難, 分らぬよう厳封, 分るまいが, 判然と, 別にさ, 利目が, 到底みせられない, 卑下し, 口外せぬ, 堅く口, 大いに良く, 天国を, 始末相成り, 委せられない, 威張って, 威張つて, 少しも, 少し大人, 尚と, 強過ぎた, 彼が, 彼は, 想像し, 想像し得ぬ, 想像の, 手を, 指もさ, 指一本も, 故意に, 教へ, 明かされぬ大事, 明かせなかつた, 暢気らしく見えましょう, 本当にわかりません, 極めて厳格, 極秘だ, 母らしい, 決して語りませんでした, 洩らさない, 洩らしません, 洩らしませんから, 湯は, 満足に, 無頓着で, 物を, 物質的の, 猛犬で, 理解されず, 理解できない, 理解の, 生じて, 相談を, 真似られないフリーダ, 真似ること, 眼だたぬう, 知ること, 示さない顔, 示さなかつた, 示さぬもの, 祕し, 神聖な, 空虚に, 笑はれ, 納得させ, 絶対に, 絶対見せられない, 羨まれるよう, 聞いたり, 聞えたであろう, 能く云わしたい, 薄情でも, 見えなくなる, 見えぬ物, 見せたい一種, 見せて, 見せぬ方, 見せも, 見せられない光景, 見分けの, 親戚と, 解らずに, 解らないで, 解らないでしょう, 解らぬ一種, 解るまい, 言えません, 話したこと, 話せないん, 話も, 語り伝へ給, 説明し, 財産を, 責任の, 迷惑を, 途方も, 通じない, 通じない軽い, 通じぬもの, 通用し, 酷くお, 重く病気, 金を, 随分厳格, 頓着なし, 顔も, 馬鹿げて, 黙って

▼ 他人~ (136, 1.6%)

4 父母妻子も 3 どうでも, 誰も 2 これを, どうあろう, もちろん肉親, 他人自分は, 恨むでない, 恨むもの, 知らず私, 食膳の

1 [110件] あるもの, いう, いかに迷惑, いざ知らず, いっさいプリューメ街の, いない, おせっかいを, かかって, きっとこんな, くだらぬこと, ことごとく無情, この兄さん, この間に, これへ, すべて誰も, その真相, それを, そんなこと, そんな時, だれが, とまれお前さま, どうする, どうで, ない, なおさらの, なかりけり, なんと噂, ひと私は, ほめるかも, まず一番, やっぱり他人, よく最愛, よほど働く, イザ知らず, 一切入れない, 一生の, 世の中の, 二人以上である, 他人, 他人だ, 他人であっ, 他人である, 他人です, 他人として, 他人に, 他人の, 他人俺は, 何だ, 何とも言わば言え, 何と見ました, 何と言, 何の, 何んと, 作を, 俺の, 元より, 先づ一番考へる, 勝手と, 勿論の, 単に他人, 只彼, 吾, 好きです, 容易に, 尚更の, 己れ, 帰って, 帰れ, 彼の, 彼を, 心得て, 必ず語, 恐気, 或はかう, 揺り動かして, 早くから, 朝飯に, 格別実の, 正当の, 気が, 気付かなかったかも, 泣き寄りという, 泣ません, 涙を, 物に, 申すまでも, 皆ある, 皆奴隷の, 皆自分の, 眼中に, 知らじ, 知らず彼, 知らず我, 知らず此, 知らず江戸川乱歩氏, 知らず父, 知らず私たち, 知らず自分, 知らないでは, 福島氏を, 私を, 秋風によって, 簡単に, 絶えて, 絶対に, 自分の, 良く岩井弥一郎, 蕎麦を, 迷惑であり, 隣人として

▼ 他人~ (71, 0.8%)

2 悪い, 悪いし, 無論彼自ら, 自分と, 自分も, 身内も

1 [59件] あると, おかしいそう, おなじである, かく信ぜざるべからず, この力, すべて自分と, そうしたもの, そう思っ, その道に, それに対して, ついそれ, ともに生き, なく自分, またかく, またこれ, また異常, まったく平等待遇, わたしの, ゐること, 一ぺんに, 了解し, 亦それ, 亦同, 他人全く, 他人皆女の, 他人顔を, 区別が, 取ること, 同様さ, 同樣, 同然の, 含まれて, 商人を, 夜臥し, 居ません, 居るん, 居心地が, 年中悪を, 愛するに, 我も, 無げな, 無なけれ, 煮え立つ釜中, 當人も, 瘡ツ子だ, 皆さうな, 皆それを, 目星を, 知って, 納得する, 自分に, 自分の, 自分らと, 自分同様締りの, 苦しめたくない, 褒める親たち, 許して, 認めて, 誰知らぬ

▼ 他人にも~ (69, 0.8%)

3 自分の 2 それを, 自分にも, 自分自身にも

1 [60件] かかる借り, その幸福, そんなふう, とらせたくないの, またそう, もたせまいと, ピュリタンである, 与えて, 両手に, 仕返しを, 伝えられず自分, 傳へよう, 分かとうと, 判らないこと, 勝手に, 勧めたの, 同じよう, 同じ誓, 吹聴し, 喜ばれたそう, 増して, 媚びない, 役に立つ使い方, 役立つもの, 思われ自分, 怨まれましょう, 意志だの, 我にも, 抑止する, 押しつけようと, 施し与えようと, 明瞭に, 普遍的に, 書かせて, 楽しませようと, 盜られる, 知んねえよう, 示しまた, 笠井直吉にも, 聞かせて, 聞きとれない囈言, 自信は, 自分を, 見せ私, 見つかって, 見られるからね, 許して, 話されねえくら, 話せずまた, 誇らしげに, 誰にも, 課そうと, 趣味や, 足を, 遣らないん, 附与しなく, 随分憎まれた, 面倒見られ, 頼まれない用向き, 顔向けの

▼ 他人との~ (63, 0.7%)

5 間に 3 接触に 2 また集団, 感情を, 接触を, 社交について, 軋轢や

1 [45件] ひらきが, 一応の, 主であり, 交渉がずつと, 交渉で, 交渉には, 交渉を, 人づきあいに, 付合いなり, 付合いには, 会話を, 共感の, 区別を, 同情は, 喧嘩でも, 姿なり, 対決における, 対話だ, 対話であるべき, 差は, 序列に, 往来は, 応対などが, 応答を, 愛に, 應接に, 手厚いつき合, 手紙の, 接触から, 接触そのものを, 接触の, 接触面を, 接觸は, 混雑を, 矮小と, 立ち合いも, 競争について, 融合を, 融和に, 間においてを, 間の, 関係にも, 關係に, 關係も, 關係を

▼ 他人では~ (61, 0.7%)

11 ない 5 なかった 4 ないの 3 ありません, なくて

1 [35件] ありたくない, ありませぬか, ありませんから, ございません, ございませんか, そうは, それを, できないが, とてもこうは, ないか, ないから, ないが, ないこと, ないぞ, ないやう, ないらしい, ない他, ない前生, ない気持, ない深切, ない筈, ない者, ない親, なくこうして, なくなって, なくもと, なく前, なく幸八, なしハムレット, わからないもの, 有りませんネ, 有り得ない, 真似の, 迚も, 迷惑だろう

▼ 他人~ (55, 0.6%)

2 のお, のお宝, の手

1 [49件] から御覧, から斯, から貰っ, がああ, が笑います, だってそ, とお話, とは思ひませぬ, と違っ, にお, にさえ手, にまで八ッ当り, にも泣い, にマンドリン, に云, に対して口幅, に対しよう, に気付かれまい, に疑われませぬ, に親切, のこと, のご, のふところ, のやう, の体, の児, の処思, の力, の土蔵, の大切, の家, の御, の懐中, の手紙, の様, の物, の秘密, の縫針仕事, の荷, の言う, の迷惑, の邪魔, の邸, の飯, は仰し, もまた, や親類すじ, を怪我, を訪ねる

▼ 他人~ (54, 0.6%)

2 からさ, ということ

1 [50件] お長屋, からお, からそれ, からとて半杯, から一層, から二人, から何とか, から嬶, から落語, から遠慮, か宛然弁別, か知りません, がこれ, が七兵衛, が今, けれどでも, けれど乳呑児, さうでなく, し本命, そしてこの, つたのだ, というてんから, というわけ, といった, といふ, とはわたくし共, とは全く, と云, と云う, と思い違えた, と思う, と思っ, と思った, と渠, と考えない, と言ふん, なんぞと思つて, なんていったい, なんてそんな, なんて僕, ね, のと, ものそりゃあほんとうの, よ, よその, わ, わね, アね, ッて, 他人と

▼ 他人~ (53, 0.6%)

7 あつた 3 せう 2 あつて, ござります, それが

1 [37件] あつたら, あらうが, いまどきこんな, おいでに, おなじ血筋, これは, ござりまする, さへ, すらそう, すらみんな心配, せえ, そんな人間, つるが, 一生懸命に, 久助が, 俺ほど, 又兵衛に, 右馬吉も, 土偶に, 姉弟と, 少くとも, 是ほどの, 此犬の, 無いやう, 無かつ, 知って, 知つて居る, 私の, 終るの, 終わるという, 而も, 若旦那の, 行くか, 見るが, 通る位, 逢ふて, 関係がねえ

▼ 他人に対して~ (44, 0.5%)

1 [44件] お上手を, ことに, さう傍若無人, それほどの, はにかむやう, やったと, 不義理, 与えた以上, 人ざわりのいい旦那は, 何ごとをも, 何を, 何事を, 傲慢だ, 傲慢な, 働きかけて, 別に何事, 反抗するまえ, 同一の, 城府を, 変な, 実行した, 害を, 弁解しよう, 彼が, 悪意という, 最も男らしい, 正直である, 残忍であった, 淡泊枯淡あまり心を, 無礼な, 特別に, 相当追究する, 稀に, 種々の, 絶対的服従を, 腹を, 臆病な, 臆病なりしか, 自分に関する, 血も, 要求が, 誠意を, 金銭の, 願うところ

▼ 他人より~ (44, 0.5%)

2 親の

1 [42件] いかに苛酷, さう云, まさった方法, よく承知, わるい, 一倍眼が, 一層多く, 二三倍の, 余計に, 余計痛切, 侮辱を, 信用の, 倍も, 借金を, 先に, 冷刻な, 劣っては, 古い小さい弱いと, 右ようの, 困るわねえ, 多く笑われ, 大きな声, 始末の, 少し愚か, 少し複雑, 悪口さるれ, 手ひどく攻撃, 擯斥せられ, 救助せらるる, 早くこれら, 早く歸つて來, 浅ましいもの, 淋しい他人同士, 物を, 獲得せん, 聞知し, 親切だ, 諸品, 賛辞を, 道具を, 重んぜられようか, 阿漕な

▼ 他人さま~ (37, 0.4%)

4 のこと 2 の御

1 [31件] から見る, から金子, がはいっ, が仰し, とは縁, にお伝え, にご, には持たせられない, にもすすめた, にも迷惑, に叱られる, に吹聴, に貸した, のお, のお世話, のご飯, のため, のめし, のもの, のよう, の二倍, の前, の名器, の子, の子供, の物, の道具, はお笑い, はさぞ, は食わし, へ

▼ 他人ごと~ (36, 0.4%)

8 のよう 4 のやう 3 ではない 2 では読みすごせない

1 [19件] だと, でない愛, でねえん, ではなかっ, ではなく, でも見聞き, とは思えず, ながらまったく, ながら再び, ながら感じ, ながら有無, ならず感じられた, ならず重荷, ならぬもの, ならぬ慄然, なりとも悲しき, におせつ, にし, みて

▼ 他人よりも~ (32, 0.4%)

2 冷やかに

1 [30件] いっそう敏感, いっそう深く, かえって恥ずかしく, そのもうけた, そらぞらしい, ひどい人, ひどい無, まさり自分自身, もっとはなはだしく, もっと激しく, より多く, モットモットつめたい, 上品に, 余計働いた, 先に, 冷たいようす, 多く仕事, 始末が, 始末の, 恋愛については, 気心の, 濃いいや, 濃く血, 熱心に, 甥を, 疎遠です, 純潔な, 自分の, 見愛し且又理解, 高く上り

▼ 他人とは~ (31, 0.4%)

2 口を, 思つてゐない, 思われない

1 [25件] みえぬまで, 三十分も, 交渉を, 何か, 初めから, 別な, 思いません, 思いませんものの, 思えずつい, 思えないで, 思えないなんて, 思えない存在, 思えない程, 思えなくなったあと, 思えなくなって, 思えません, 思って, 思はれない眞奈, 思わぬ, 思われずついへらへら, 異なる点, 絶対に, 見えない, 見ないで, 違いますからね

▼ 他人でない~ (29, 0.3%)

8 ような 2 ということ, やうな, 証拠な

1 [15件] お前を, ことは, といふやう, と言っ, やうに, わたしに, んですつ, 小母が, 彼自身の, 気持が, 濃い御, 点で, 特殊な, 筈だ, 関係に

▼ 他人~ (28, 0.3%)

1 [28件] お洩らし, かかる美婦, すがるより, もらしては, 不義理の, 其の疑い, 分かちたくなかった, 分かち与えては, 口外を, 向う関心, 告げ口無用, 報ゆる, 塗りつけようなどと, 失敬な, 對し, 干渉しない, 強いて, 断ッてから, 渡すは, 燃しつづけて, 知れぬよう, 膝を, 衣食を, 見せもの, 覗かすこと, 譲り五平, 身を, 遣った

▼ 他人同志~ (28, 0.3%)

3 の関係 2 のやう

1 [23件] が今, だ, だから, だった, だって似, である, であるといふ, ではない, ではなかっ, では見られない, でも同じ, で殺し合う, で終るべき, ならさう怖い, ならば, なら元々, なら勝った方, になる, のぎごち, のまま, のよう, の場合, の間

▼ 他人でも~ (27, 0.3%)

1 [27件] あるかの, あるよう, いい個人, いささか言いかね, ずいぶん因縁ずく, そういう卑劣, そういう場合, その体, その血, ないし, ないはず, ないやう, ない筈, なく心, 人並の, 人事とは, 入れて, 其の真心, 初対面の, 合わぬとは, 女でさえ, 庄五郎とは, 涙なし, 父たる, 私の, 親類に, 静物と

▼ 他人~ (27, 0.3%)

12 のだ 5 んだ 4 んです 1 の, のか, のであった, のでしょう, のね, のよ

▼ 他人に対する~ (27, 0.3%)

2 ような, 原則です

1 [23件] ある反感, そういう詮索, どんな憎悪, ものである, エクスクリュージョンである, 優越感が, 優越感を, 公平な, 利害の, 同情も, 寛大さや, 寛容とを, 尊敬を, 弱いこ, 心づかいの, 恐れを, 愛情を, 態度は, 権力と, 第二, 羞恥と, 義理人情にばかり, 親としての

▼ 他人同士~ (26, 0.3%)

2 になる, のやう, のよう, の私, の間

1 [16件] がみんな, が相談, じゃ血, ではこういう, で通つて, に返らなけれ, のその, の交遊, の共同生活, の好き嫌い, の應接, の間柄, は顔, は鬼, をぐつと, を和せし

▼ 他人である~ (25, 0.3%)

2 ことそれは

1 [23件] かと喜平, かのよう, かは問題, からである, があまり, ことが, ことの, こと自分が, その上健三, という明白, とはあえて, と仮定, と言っ, のに顔, ような, フィツロイ・シムソンが, 両親の, 中に, 事金を, 北沢を, 彫塑家津上昌平氏の, 異性に, 自分を

▼ 他人なら~ (24, 0.3%)

2 痩我慢も

1 [22件] いざ知らず, こっちは, とにかくあなた, どんなに見なれ, ばうっちゃっ, ばやすやす, ば多, ば学校盛り, ば容易, ば彼, ば思ひ, ば私, ば米友自身, ば親, ば遠く, まだしもそれ, 善いとか, 本人しだいで, 此樣なに衝突し, 理窟も, 遠慮は, 酒の

▼ 他人じゃ~ (19, 0.2%)

2 ありませんか

1 [17件] ありませんね, あるまい, あるまいしさ, あるめ, ないし, ないじゃ, ないという, ないの, ないん, なかったよう, なかろうが, なしに, なし遠慮, ねえかも, わしの, アが, 赤子の

▼ 他人です~ (17, 0.2%)

2 からね, がそれだけに, が私, その方 1 お浦, からどこ, から本人同士, から本人同志, が相, もの, よ, わね, 何でも

▼ 他人をも~ (17, 0.2%)

2 不幸に

1 [15件] またその道, 個人的尺度でしか, 包み込んで, 同じよう, 同時に同じ, 欺むく, 没落の, 無理に, 監視できる, 目醒めさせ, 笑わせますし, 罰せん, 自分と, 荒ませること, 通人に

▼ 他人に対しては~ (16, 0.2%)

1 [16件] いつまでも, いつも丁寧, それは, そんな気振り, なんらの, 与え得ないきびしい, 全然無抵抗, 同じ修道僧, 大変に, 寛大な, 或る, 無礼を, 疑りを, 真実素人の, 致命的な, 謙遜で

▼ 他人からは~ (13, 0.1%)

3 言はれ 2 彼の 1 むげに, 一人の, 兎ても, 思はれるやう, 決して藤原殿, 浦原嬢と, 現在の, 評判の

▼ 他人への~ (13, 0.1%)

1 [13件] ひがみを, 単なる金銭的援助, 愛なんか, 愛嬌の, 批判, 無礼に対して, 義理を, 臆測が, 見せしめの, 話しかけであった作品, 迷惑とか, 面会は, 顧慮という

▼ 他人という~ (12, 0.1%)

2 ことも, ものに, ものを 1 のが, ものには, ものは, 名を, 感じは, 筋でもねえ

▼ 他人らしい~ (12, 0.1%)

2 憎悪を 1 ことだ, もので, 処置振に, 感情の, 敬称で, 溜息を, 無関心, 表情を, 遠慮は, 顔つきを

▼ 他人たち~ (11, 0.1%)

1 [11件] が自分, で私, というもの, とのバランス, にこちら, にたいし, に笑顔, のお, は肉親, への関心, よりも強く

▼ 他人ばかり~ (11, 0.1%)

1 [11件] で, でなく家族, でなく自分自身, では, で助けて, で唯一, よくし, 不幸に, 残って, 泣く日, 結婚させ

▼ 他人扱い~ (11, 0.1%)

3 にし 1 しなくなった, するの, にされる, にはせず, に落ち着き払っ, に観察, を受けれ, 否下僕扱い

▼ 他人からの~ (10, 0.1%)

1 それと, 供物は, 借衣, 影響を, 悪口を, 見た目は, 誤解を, 讃辞も, 進物といつては, 預物

▼ 他人によって~ (10, 0.1%)

1 かれら, そしてなん, その上, それを, どうなされよう, なされたいよう, 勝手自由に, 幸に, 生活しなけれ, 自分の

▼ 他人に対しても~ (10, 0.1%)

3 自分に対しても 1 そうである, その個性, 幸福な, 理屈の, 自己に対しても, 言葉に, 貧乏の

▼ 他人~ (9, 0.1%)

1 君主や, 批評家の, 書生や, 社会の, 社會に, 自分に対する, 自分の, 芸術の, 階層や

▼ 他人~ (9, 0.1%)

1 に召し捕られる, に渡され, に渡した, に渡っ, に渡ろう, に渡ん, を借りず, を待っ, を待つ

▼ 他人とを~ (8, 0.1%)

1 あまりに明瞭, ゴマ化す, 區別する, 対立せしめた, 峻別し, 比較しない, 苦しめて, 隔つ

▼ 他人にとっては~ (8, 0.1%)

1 きわめて危険, ぜん, そう見え, なお生命, 一文の, 何でも, 昼という, 笑い事に

▼ 他人ばかりの~ (8, 0.1%)

2 中に 1 お城, ご番所, 中の, 中へ, 寄合世帯で, 遠い町

▼ 他人みたい~ (8, 0.1%)

2 な顔 1 なもの, な事, な目つき, な花嫁, な遣り口, に仕事

▼ 他人同様~ (8, 0.1%)

1 きき流すの, だと, と為っ, と為った, な奴, な宋江, にし, の私

▼ 他人~ (8, 0.1%)

1 から見れ, につき易い, につく, には何, もは, を偸, を偸むようにしながら, を盗む

▼ 他人であり~ (7, 0.1%)

2 その外 1 ながら実は, ながら或, プロレタリアートが, 昭和十一年の, 無関係である

▼ 他人なる~ (7, 0.1%)

3 我れ 1 お登和嬢, が如く, が故に, は心細い

▼ 他人以上~ (7, 0.1%)

1 にこれ, につめたい, によそよそしい, に冷たく白かっ, に無関係, の冷た, 解けがたい

▼ 他人~ (6, 0.1%)

1 その女, 仇同志の, 何ぞの, 知らん, 血族である, 見境も

▼ 他人であっ~ (6, 0.1%)

1 ても, ても同情, て僕, て本来, て私, て親

▼ 他人として~ (6, 0.1%)

1 又は親, 提出され, 父が, 見送られた, 近づいた時, 馬越は

▼ 他人によ~ (6, 0.1%)

1 つて侵害せられざる, つて啓かれる, つて新しい, つて自分の, つて自己を, つて飜譯される

▼ 他人よりは~ (6, 0.1%)

1 十日も, 吾人爭で, 少い, 自分の, 身を, 辱しめられ

▼ 他人本位~ (6, 0.1%)

1 である, であるからには, では成立たない, で根, というの, になつ

▼ 他人とともに~ (5, 0.1%)

1 いながら, いるの, すること, する所以, 頒つあた

▼ 他人とも~ (5, 0.1%)

1 つかぬ異様, 又姉弟, 名づけたり, 愛し得られるもの, 見えた

▼ 他人と共に~ (5, 0.1%)

3 之を 1 溶けて, 産んだ子

▼ 他人にたいする~ (5, 0.1%)

1 しおらしさ, 態度という, 敬意など, 気恥ずかしい, 経験談など

▼ 他人にとって~ (5, 0.1%)

1 きわめて交際, はさほど, 之くらい, 危険な, 迷惑な

▼ 他人らしく~ (5, 0.1%)

2 お扱い 1 お取り扱い, これを, 僕に

▼ 他人これ~ (4, 0.0%)

1 にそのもの, を与うれ, を如何, を遠ざけ

▼ 他人だけ~ (4, 0.0%)

2 悪くて 1 だと, で他人

▼ 他人だった~ (4, 0.0%)

1 のだ, のです, のよ, 人を

▼ 他人だって~ (4, 0.0%)

1 いうん, そんな不人情, やはり困る, 君に

▼ 他人~ (4, 0.0%)

1 やある, やない, やなかつた, やなし

▼ 他人であった~ (4, 0.0%)

1 かの感, から便り, のである, ように

▼ 他人にたいして~ (4, 0.0%)

1 いっそう正当, 情け深くなれ, 生活を, 酷薄に

▼ 他人にと~ (4, 0.0%)

2 つて興味ある 1 つては, つても

▼ 他人にな~ (4, 0.0%)

1 つてし, つてしまつ, つてしまつたはう, ッ了えと

▼ 他人にまで~ (4, 0.0%)

1 伝染し, 強ひ, 強要しよう, 見せびらかして

▼ 他人をでも~ (4, 0.0%)

4 見るよう

▼ 他人からも~ (3, 0.0%)

1 侵されない, 自分からも, 謂われ自分

▼ 他人ならぬ~ (3, 0.0%)

1 中と, 主人自身の, 私の

▼ 他人について~ (3, 0.0%)

1 これに, 知るよりも, 考えなかった

▼ 他人にて~ (3, 0.0%)

1 届く事, 白妙に, 真に悲

▼ 他人にても~ (3, 0.0%)

1 お金を, これを, もし来た

▼ 他人にや~ (3, 0.0%)

1 好く云, 管あこた, 聞かせたくも

▼ 他人のみ~ (3, 0.0%)

2 ならず自分自身 1 ならず親子兄弟

▼ 他人へも~ (3, 0.0%)

1 しないでも, 伝える, 押しつけようと

▼ 他人まぜず~ (3, 0.0%)

1 に商売, に母, の朝夕

▼ 他人まで~ (3, 0.0%)

1 好きや, 酒飲みに, 頼んで

▼ 他人交ぜず~ (3, 0.0%)

2 の穩 1 の穏

▼ 他人~ (3, 0.0%)

2 の處思 1 の言

▼ 他人~ (3, 0.0%)

1 から見, にはどうしても, の哀れ

▼ 他人さ田圃~ (2, 0.0%)

2 で首

▼ 他人~ (2, 0.0%)

1 ゃああるめえが, や

▼ 他人じゃあ~ (2, 0.0%)

1 ねえからな, ねえん

▼ 他人でさえ~ (2, 0.0%)

1 こんなにまで, 事を

▼ 他人でしか~ (2, 0.0%)

2 ない

▼ 他人でなくなった~ (2, 0.0%)

1 のです, ような

▼ 他人といふ~ (2, 0.0%)

1 のは, 無責任な

▼ 他人とか~ (2, 0.0%)

1 他人次郎などという, 又犬

▼ 他人どころか~ (2, 0.0%)

1 自分自身が, 自殺も

▼ 他人なれ~ (2, 0.0%)

1 ば恥, ば恨

▼ 他人にたいしては~ (2, 0.0%)

1 厳格だった, 知るべき別

▼ 他人についての~ (2, 0.0%)

1 意見を, 経験でしょう

▼ 他人についても~ (2, 0.0%)

1 それを, 見聞する

▼ 他人になど~ (2, 0.0%)

1 教育を, 話す興味

▼ 他人にゃ~ (2, 0.0%)

1 あ出来ねえ, できねえ芸当

▼ 他人により~ (2, 0.0%)

1 かかるという, 縋って

▼ 他人に対し~ (2, 0.0%)

1 てか, 万物に対する

▼ 他人に関して~ (2, 0.0%)

1 です, ならどこ

▼ 他人までも~ (2, 0.0%)

1 それを, 不幸に

▼ 他人もしくは~ (2, 0.0%)

1 亭主をまでも, 公衆の

▼ 他人らしくなく~ (2, 0.0%)

1 御待遇, 生涯親類の

▼ 他人~ (2, 0.0%)

1 倩テ之, 挑発スル如キ華美ナル服装ヲセザルコトと

▼ 他人他人~ (2, 0.0%)

1 しくいたそうか, に遠慮

▼ 他人~ (2, 0.0%)

1 と出来た, は俺

▼ 他人~ (2, 0.0%)

1 では特に, には顔

▼ 他人同然~ (2, 0.0%)

2 の彼

▼ 他人攻撃~ (2, 0.0%)

2 のため

▼ 他人~ (2, 0.0%)

1 関心さ, 関心そういう

▼ 他人相手~ (2, 0.0%)

1 に自分, の仕事

▼ 他人自分~ (2, 0.0%)

2 は自分

▼ 他人迷惑~ (2, 0.0%)

1 な囮商略, になる

▼ 他人~ (2, 0.0%)

1 して, を合わした

▼1* [170件]

他人あしらひ聞えぬお, 他人あつかいはし, 他人あつかひで對手, 他人あてのでは, 他人ありてわが, 他人あるいは死するも, 他人および彼女自身を, 他人かのように, 他人からでも名前を, 他人がとやこういっ, 他人ぎょうぎじゃあないぜ爺さんは, 他人この魂胆を, 他人ごとどころでは, 他人ごとみたいに言っ, 他人さえ可愛いらしかった, 他人さんのお世話, 他人さ大金を分け, 他人しかも大泥棒, 他人しくいたそうか, 他人しだいによるの, 他人じみた気持に, 他人じゃから痛痒を, 他人すなわち同方向, 他人なたは, 他人その社に, 他人それじゃただ, 他人たる境遇において, 他人たるまじと契りたる, 他人だけが誤謬と, 他人だしたが沼波, 他人だったらわざ, 他人だっても同じ江戸っ子, 他人だつたら或ひ, 他人ぢやあなし大, 他人づらが要らぬ差出た, 他人であったなら俺は, 他人であるならばむしろ, 他人であればある, 他人でございますからねえ考え, 他人でなかったのだ, 他人でなかったら殴りとばすところだ, 他人でなければならない, 他人といふほどの意味では, 他人とかいうものとは, 他人とが縋れ合つて, 他人としか思えない呉一郎, 他人としての女だった, 他人としては扱わないの, 他人とじぶんの, 他人とじゃあねえ義兄弟と, 他人どうしの往来, 他人ながら心配がる, 他人ながらもその人, 他人などはみんな追い越す, 他人なみに扱われ, 他人なら知らず自分の, 他人なら笑いあえるが根ッ, 他人なら笑って済ます, 他人なんかに対しては極めててきぱきし, 他人なんだか分らないよう, 他人なんて欲しくありません, 他人においておやと, 他人にさえ言葉を, 他人にたいしてももはや闘うべき, 他人にだけでも自分の, 他人についてばかりじゃないん, 他人にでも奉仕する, 他人にとっても真理である, 他人になんか見られつこない, 他人になんぞ話すもん, 他人になんて頼む筋, 他人にのみ責めて, 他人にばかり使はれる, 他人にばっかり話を, 他人にまでも自分の, 他人による最高絶対の, 他人に対してや自分自身に対して, 他人に対してよりも比較的遠慮なく, 他人に対すると同様白眼を, 他人に対するよりも自分に対しての, 他人に当たる各家, 他人に従ってあるいは, 他人に迄も強制的に, 他人のであらうと, 他人のとは弁護士権田時介氏の, 他人はいふに及ばず, 他人へは秘密に, 他人ほどにも性格や, 他人かせて, 他人もしか信ぜざるべからず, 他人ゆえ深く貴女, 他人よりか一段高い, 他人よりの窃盗である, 他人らしさは, 他人らしく分け隔あり, 他人らしく改まってあやまらなく, 他人をからかつたり, 他人をとやこうしよう, 他人をまで欺いて, 他人をや二点を, 他人を以て其任に, 他人を通じてのその無心, 他人触ルトツメタクナイ, 他人シゲ子の顔, 他人ト談話ヲナシツヽ指ニテ之ヲ彈ズルニ, 他人見ツケ出サレタノハ口惜シイケレドモ, 他人ニ冒険サセテソレヲ見, 他人ニ委嘱スルトスレバ彼ヲ措イテ, 他人前デハ, 他人ヨリモ迂濶ナノカモ知レナイ, 他人一人の存在, 他人一倍に貯え, 他人一切の滞留, 他人三之助は実, 他人不可解な他人, 他人の憂き, 他人乃至國家に, 他人退而不隠者殆不可同日論, 他人交えずヨットに, 他人交際の間柄, 他人仕事でもし, 他人て我, 他人以上憎しみあう, 他人何だ何だ, 他人依存の個人, 他人入らずの酒, 他人全くの初対面, 他人又は個人と, 他人同前の文三, 他人同士ぢや血, 他人名儀にし, 他人四分うちは, 他人四分内輪の貧乏神, 他人の奉公, 他人夫婦であって, 他人委せにしない, 他人委せであったのに, 他人寧ろ兄妹の, 他人少くも縁, 他人就歌舞飮酒已葬擧家詣水中澡浴, 他人も他人, 他人当りがよく, 他人思いな情, 他人思ひぢや, 他人思ふ故に, 他人悪人も嫌ひだ, 他人感情顧慮さであった, 他人所有の本, 他人にし, 他人持ちの腕っこき, 他人故郷と他郷, 他人教授の課業, 他人染みていた, 他人次郎などという名, 他人殊に三十代で, 他人病気の時, 他人皆女の仇, 他人相互の間, 他人秘密だらけの他人, 他人結婚を避け, 他人若しくは社會である, 他人行儀の無い, 他人見たいで顔を, 他人のよう, 他人りの, 他人通りとてはなかつた, 他人に酔わせ, 他人野郎とは何と, 他人離れのした, 他人頼みの世話