青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「仕事~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~仏 仏~ 仏像~ 仏教~ 仏蘭西~ ~仔細 仔細~ ~仕 仕~ ~仕事
仕事~
仕合せ~ ~仕度 仕度~ 仕掛け~ ~仕方 仕方~ ~仕業 仕業~ ~仕様 仕様~

「仕事~」 27112, 260ppm, 364位

▼ 仕事~ (7681, 28.3%)

1257 して 123 するの 113 やって 82 すること 77 した 73 しながら 54 しなければ 48 休んで 44 する 42 しようと, 持って 41 つづけて 38 させて, やめて 35 もって, 続けて 33 するため 32 したり, 見て 31 すると 28 手伝って 27 すれば 24 するよう, 始めた 23 したの, しに, 持つて 21 片づけて 20 しても, すまして 19 終えて, 見つけて 18 するという, する人 17 したこと, するもの 16 する時 15 する気, 終って, 進めて 14 する者, 助けて 13 さして, したいと, するん, 始めて, 止めて 12 します, するとき, つ, つづけた 11 しました, すすめて, するに, するのに, なさって, はじめた 10 しよう, するには, する事, やつて, 始めること, 探しに 9 してるの, しようという, するにも, する人間

8 [18件] したと, した人, しつづけて, しながらも, するから, するつもり, するので, はじめる, 与えて, 休むこと, 始めようと, 引き受けて, 急いで, 探して, 終へて, 續けて, 見せて, 見ると

7 [17件] したいという, したいの, したか, したが, しないで, すませて, するが, はじめて, 完成し, 引受けて, 片付けて, 片附け, 眺めて, 私に, 私は, 終えると, 続けた

6 [13件] してから, しては, するか, はじめるの, やらなければ, よして, 大切に, 手伝つ, 捨てて, 済ませて, 終ると, 見出すこと, 運んで

5 [28件] させるの, したあと, したという, したもの, しまって, しろと, すてて, するより, する人々, する人達, する場合, つづけました, つづけること, はじめると, やるの, 中止し, 仕上げて, 分担し, 始めたの, 完成した, 忘れて, 忠実に, 愛して, 知って, 自分の, 致しました, 見せます, 頼みに

4 [52件] さがして, さがしに, させた, させながら, させること, したいもの, したため, したに, したん, した後, した方, してを, しないと, しなくちゃ, しようとして, しろ, する奴, なさるん, なすって, はじめました, はじめる前, やった, やらせて, やる, やろうと, 一生懸命に, 一緒に, 何か, 前に, 受け持って, 喜んで, 始めました, 始める, 完全に, 完成する, 急いだ, 手伝ふ, 投げ出して, 持つこと, 教へて, 整理し, 求めて, 熱心に, 終へ, 終わって, 續け, 置いて, 考えて, 自分に, 致して, 邪魔する, 頼まれて

3 [91件] いたして, かかえて, かたづけて, させるため, させるよう, したい, したからと, したので, したわけ, した人々, した時, した者, してるん, してる時, しないという, しないの, しなかった, すますと, するばかり, するほう, するよりは, するよりも, する上, する人たち, する方, する気力, する積り, せずに, せられたの, たすけて, ぢつと, つづけねば, なさるの, なすこと, なまけて, はじめてから, はじめようと, もつこと, もつて, もらって, やめた, やると, よく理解, 世話し, 仕上げること, 任せて, 休まして, 休んだ, 処理し, 出して, 初めること, 励んだ, 口に, 口実に, 命ぜられて, 大急ぎで, 始めると, 始めるとき, 完成しよう, 展げて, 幾倍かに, 引き受けること, 彼女は, 思って, 手伝わせて, 抛り出して, 担任する, 捜して, 控えて, 放り出して, 放擲し, 早目に, 残して, 済ますと, 為て, 理解し, 積極的に, 終った時, 終へる, 続けながら, 續ける, 自分が, 自分で, 自由に, 行って, 請負って, 運びました, 運ぶ, 離れて, 頼むの何, 馬鹿に

2 [328件] あたえて, あてが, いたします, いつまでも, いろいろと, うけもって, おいて, おえて, くりかえして, ここで, こしらえて, さがしました, さした上, させても, させないわけ, させられたため, させられて, させ下されと, されたの, されるの, しかけて, しそして, しそれ, したいとは, したいな, したから, したくて, しただけ, したとは, したのに, したら, した事, した女, した期間, した結果, しつ, しつづけました, してやらうと, してると, してるよう, しないか, しないでも, しないよう, しない人間, しながらの, しなくちゃあ, しなくても, しなくとも, しなけりゃ駄目, しねえと, しはじめた, しまいかけて, しますと, しまた, しまつて, しょうと, しようだが, しようとは, しろとか, しろ馬鹿野郎, し共, し暇, すすめた, すすんで, すまさなければ, するかも, するくらい, するだけ, するといふ, するな, するなあ, するひと, するやう, する人間ぢ, する作家, する元気, する必要, する所, する方法, する時間, する男, する筈, する約束, する美術家たち, する習慣, すゝめて, せざるを, せずとも, せずには, せぬうち, せねば, せよ, そっちへ, そのままに, その日, それ程急速, たのみますと, たのんで, つづけながら, つづけようと, つづけるの, てきぱきと, なさい, なさっては, なさるか, なさるとき, なさるよう, なしとげれば, なし得ずせめて, はげんで, はじめたの, はじめよう, はじめるため, ひきうけて, ひろげて, ほかの, まかせて, まとめて, みつけに, むずかしくする, やったもの, やつた, やつてる, やめるよう, やらうと, やりうるもの, やりお, やりとげたの, やりとげなければ, やり遂げて, やるが, やること, やるに, やるよう, やるん, よくし, わけて, 一つの, 一つ持っ, 一生懸命で, 下に, 与えられて, 中心と, 中止させ, 中止する, 了へて, 二人で, 人に, 仕舞って, 他に, 他人に, 任せら, 企てて, 休ませて, 休まなければ, 休まねば, 休みました, 休むと, 休む日, 何でも, 何も, 何度と, 俗衆に, 僕に, 充分に, 先潜りする, 先生は, 分けて, 分担する, 割当てて, 助ける笛辰, 勤めて, 変えながら, 大事に, 天職と, 失って, 妨げること, 妨害する, 始めたが, 始めたん, 始めてから, 始めなければ, 始めるため, 始めるに, 始めるの, 始めるのに, 始める人, 始める時, 守って, 完了した, 実行し, 容易ならしめ, 尊敬し, 尊敬する, 尊重する, 少しも, 巧者に, 延ばして, 引き受けました, 引受けた, 当てが, 待って, 御引き受け, 忘れるな, 思うと, 怠けて, 怠るの, 急いでも, 急がなければ, 急ぎました, 恥かしくない, 愛しそれ, 成し遂げること, 手伝いながら, 手伝うこと, 手伝うため, 手伝おうと, 手伝ひ, 打ち切った, 打棄ら, 承け継いで, 抱えて, 担当した, 拝む心, 持たない, 持ち出して, 指図し, 探が, 探したり, 控へて, 放擲する, 放棄する, 教えて, 早く片づけ, 書斎でじ, 最も能率的, 末ながく, 本気に, 机の, 果した, 果すの, 果たしたという, 果たして, 横から, 止して, 止めた, 正当に, 此の, 気に, 求むるの, 求めようと, 源太様は, 為うと, 為し遂げて, 無事に, 爲す, 片づけたこと, 片づけどうか, 片づけるため, 片付けた, 片付けます, 片付けようと, 理解する, 発展させる, 監督り, 真剣に, 督励した, 研究し, 確立し, 示して, 神聖な, 私が, 精いっぱいに, 精出して, 紹介し, 終えた, 終った, 終ったあと, 終ってから, 終つた, 終らせること, 継承し, 続けたが, 続けました, 続けます, 続ける, 続けること, 続けるのに, 繰返して, 考える必要, 膝の, 自慢ばかり, 致し早くっ, 行ったの, 装置を, 見たり, 見つけに, 見つけようと, 見つけようとも, 見つけること, 見つけるの, 見る, 見ること, 覚え肌, 覚え込んで, 言ひつける, 読んで, 誰が, 譲って, 譲り受けて, 負うた, 貰つて来, 費やして, 身に, 軽視する, 途中で, 運ぶ外, 運んだの, 遣つて, 選べと, 選んで, 遺して, 邪魔される, 非常に, 革命が, 頼むの, 頼む口実, 首尾よく

1 [3088件 抜粋] あくまでも妨げる, あっしに, あなたと, あれこれと, いかにたくさん, いっぱい負わされた, いろ, うちの, おえたあと, おしよ, おのれの, おわったよう, お仕舞, お打切り, お留守, かたずける, かわって, きめると, くり返し忘れ, こういう奇妙, こつこつと, この器械, これまで, ごらん下され, さがしますが, さしおいては, させずに, させたらどんな, させてまで, させないよう, させようと, させられないこと, させるべきである, させる積り, さぞ苦しい, さつ引けば, されて, しあげるため, しかとつき留め, したいとの, したい心持, したかった, したくなった, したであろう, したにも, したらしいと, したる日, した人間, した年, した樣子, した界隈, した財産家, しつけたのに, してたもん, してる, してるもの, してる前, してる音楽家ら, しとげるとかいう, しない, しないですむし, しない時間, しなかったでしょうし, しなきゃならないからもうごめんだ, しなけ, しのこして, しまい菅氏, しましょう, しまったの, しやしないかと, しようじゃ, しらべて, しエラクこっち, し乍ら, し出したらしいの, し始める, し手紙, し続けねば, し遂げようとも, じぶん, すこしももの音, すっかりすませ, すべきとき, すましたとき, すましはつ, すませると, するおれたち二人, するかわり, するそう, するだで, するとか, するにつれ, するほどの, するわけ, するン, する以外, する分, する場所, する女性, する度胸, する心持, する日, する机, する気分, する番, する職工, する資力, すれぁ, せず, せず心, せよと, そっちのけに, そのまま続け, た, たたきこまれたこれら, たのんだ百姓共, だいなし, つぎから, つづけた後, つづけよう, つづけるなん, つづけ一時ごろ, ていねいに, とき子は, とりたいから, どうする, どのくらい, なさいましたし, なさってから, なさらんよう, なさるそう, なさる上, なされながら, なしたかという, なしとげさせるであろうという, なしやや, なし遂げその, なし遂げること, なすったか, なすべきである, なまけいささか, なまけるの, のこしたん, はかどらせるよう, はじめかけた, はじめたら知らせて, はじめてからは, はじめながら, はじめようかしら, はじめるから, はじめるん, はつきりさせ, ひかえてなど, ひとつも, ふりわけに, へらしたらどう, ほり出して, ますます多く, まちがえるよう, まとめるとき, まるっきり知っ, みつけたかつた, みんなことわります, むしばむ作用, もくろんで, もった女主人, もつよう, やすむ, やったん, やっても, やって来てから, やめさせよう, やめない, やめるもの, やめ考え, やらせたわけ, やらせ日給, やらねば, やりかけたまま, やりとげること, やりぬくほどの, やり交渉, やり抜いた人間, やり終せて, やるから, やるわけ, やる気は, やれば, よき成果, よく実らせ, よすほか, エイヤッと, シッカリやっ, ドウやっ, ポルトガル国の, 一つ仕終った, 一人で, 一区切りした, 一心にやった, 一手に, 一日位で, 一氣に, 上手に, 不満足なり, 与えます, 与えるが, 与え得なかったこと, 世話する, 中止させた, 中絶まで, 主宰する, 予め感, 二人は, 二日で, 人目に, 仕あげ様, 仕上げたが, 仕上げは, 仕上げるばかりに, 仕損じた掏摸, 仕舞い仕事, 仕遂げるかと, 仕遂げ得るの, 任しても, 企てつつ, 休みて, 休むとき, 休むん, 休もうか, 休んだ者, 伴に, 何人も, 作り上げても, 依頼すべく参った, 信じ自分, 偏重し, 働き何, 先き, 全く弟, 八日も, 再開させよう, 出しますからね, 分け与えたの, 切りあげさせたくなる, 切り盛りし, 初めてみる, 初めるまでの, 別の, 割り当てます, 割當て, 助けたっても, 助けると, 励ますため, 励むの, 務むるはずのものなり, 北村君に, 半ば休養に, 厭うの, 取りあげた, 取り出して, 取り返すべく爽, 受けもつという, 受取って, 叩っき折りゃがった, 合わせ邦文, 君に, 吾輩に, 命じたの, 命ぜられましたので, 喜ぶの, 嘲ける葛卷, 固守し, 堪えしのびその, 外されちまいました, 大体片づけ, 天命の, 奪おうなんて, 奪りたくはお, 好きに, 好んで, 妨げられ万事, 始む, 始めたいという, 始めたと, 始めちょる, 始めねば, 始めるが, 始めるらしい, 始める積り, 始め母, 嫌いだしたらかえって, 学校が, 完了し得る, 完成と迄は, 実現し, 実際的, 家庭から, 専門に, 少しでも, 少なくとも一度, 巧みすぎて, 幕府が, 幾十人かで, 庭を, 引き受けた, 引っくるめた, 引受けよう, 引受け国民組織, 当てがっ, 彼等は, 御覧に, 心掛けて, 忘れた眠, 忙いで, 念願し, 思い切って, 思ひ止まらなければ, 怠って, 急がねば, 恐れ恥じてること, 意味し, 愛し時間, 憎んで, 成さる, 成し得るもの, 成し遂げるの, 成功させ, 手に, 手伝いました, 手伝うこと以外, 手伝ったり, 手伝つてみ, 手伝わされて, 手傳って, 手傳ふ, 打捨てて, 托した, 承け継ぐこと, 抛擲させ, 押しつけられること, 押つけられた, 拝む, 拾ひ上げる, 持たなかつたので, 持ちながら, 持ち自信, 持つた所謂教育, 持つよう, 持込んだり, 挙げるかという, 捗らして, 捜しまわるより, 捜す前, 授けやう, 探さう多少, 探し歩いた, 探すやう, 措いた人夫, 搜し, 擾乱し, 放ったらかしてまでも, 放擲しよう, 教は, 敢えてさした, 整理しろ, 断念した, 旦那は, 早く纏める, 明日は, 更に繰り返した, 最初に, 有って, 朝子が, 果したあと, 果し得たやう, 果すやう, 森本ちぬ, 楽しむといふ, 横どりしなく, 止めないだらうと, 止めるには, 殆ん, 残したと, 毎日し, 気象の, 求めた, 決行せね, 清め深めるでありましょう, 済ませりゃえり垢, 減少し得る, 滅茶, 濟ませ, 為し屋敷内, 為し終えて, 為そうという, 為るやう, 無残に, 焦りすぎた感, 爲さう, 片づくもの, 片づけては, 片づけろッ, 片付けたよう, 片付け立ち上がって, 物に, 独力で, 理想化し, 生涯の, 甲にも, 畑の, 発見したい, 盗んで, 目し, 目論んで, 真面目な, 督励し, 知りたいので, 確実な, 社会構成上の, 秋の, 稼ぎためて, 競ひ, 節した, 約束し, 終えたらしい例, 終えようと, 終った人足たち, 終った潜水夫, 終つてゐる, 終へた, 終り茶話会, 終わったの, 経済的価値に, 継ぐべき人々, 継続しよう, 続けたいと, 続けましても, 続けると, 続け出したん, 維持し, 繰り返して, 罵らずには, 習う娘たち, 考えた人達, 考えるよう, 考へ始める, 背負つてゐない, 自らの, 自分一人でなし遂げた, 致します, 苦しいと, 行うだけの, 行り, 見せました, 見たいと, 見つけたからと, 見つけようか, 見つけ出すよりも, 見ながら, 見ますと, 見る者, 見付けましたが, 見付け出して, 見出した時, 見物し, 見逃がして, 覚えるの, 観るよく, 言いつけられるが, 計画した, 試みた, 話し最後, 説明し, 課せられた, 請け負った二人, 讓り, 貫いたという, 貰つて来る, 費やした彼, 身を, 追いかけて, 退いた, 進めたもの, 進める必要, 遂げた, 遂行し得た, 遊ばすには, 運んだ, 達成できなかった, 遣り繰つて, 選ぶこと, 遺そう, 金に, 間に, 隅へ, 離れったん, 頼まれたから, 頼み込んだり, 頼んでは, 風雨の

▼ 仕事~ (3401, 12.5%)

93 ために 60 手を 53 ことを, 邪魔を 50 ように 47 上で 45 上の 43 上に 33 方は 31 ことで 30 邪魔に 24 都合で 18 上では, 話を 17 方が 16 中で, 方も 15 中に 14 うちで, 一つに, 手伝いを, 間に 13 上での 12 やりかた, 関係で 11 なかに, 一つである, 方へ 10 やうに 9 うちに, ことは, ことも, 合間を, 性質を, 方に, 最中に, 為に, 能率が 8 ためには, ような, 上でも, 合間に 7 あとを, こと, ことなど, ことばかり, じゃまを, 一つと, 上にも, 性質が, 途中で

6 [14件] あいまに, ことに, ない時, ほうは, ほかに, 価値を, 前に, 帰りに, 必要から, 忙しさ, 手は, 手伝いに, 手順を, 能率を

5 [13件] あとで, うちでも, ことが, ことだ, なかで, 一つは, 中でも, 性質として, 方で, 暇を, 秘密を, 能率の, 量が

4 [28件] うちの, ためにも, ほうが, ほうに, よさ, 価値が, 価値は, 全部を, 内容を, 口が, 合間には, 合間合間に, 多くは, 大部分, 後の, 忙が, 性質から, 性質による, 性質も, 意義は, 手が, 手に, 時には, 相談に, 能率は, 腕は, 道具を, 都合も

3 [68件] うえで, お邪魔, ことな, ことや, じゃまに, ための, できないの, できる筈, ひまひまに, ひまひまには, ほかの, ようだ, ようでした, ようにも, プランを, 一つだ, 一つとして, 一つな, 一部として, 一部を, 一部分に, 上から, 上には, 上手な, 下拵, 中では, 中途で, 予定を, 事が, 事で, 仕上りを, 出來る, 出来ないの, 出来るの, 出来るよう, 分量は, 分量を, 口を, 合間, 妨げに, 嫌いな, 後で, 性質で, 性質にも, 性質の, 成績が, 成績は, 手伝を, 時間を, 最中にも, 様子を, 残りの, 為めに, 疲れを, 目的は, 範囲は, 終るの, 結果は, 能率も, 話は, 跡を, 運びを, 選り好みを, 邪魔だ, 邪魔は, 量は, 量を, 面で

2 [181件] あいさ, あった日, あてでも, あとでは, あとの, あひま, あらが, あらは, あるとき, あるところ, あるもの, いろいろな, うちでは, うまいよりは, おかげである, ことです, ことなどは, ことには, しにくい, しぶり, しよい, しようがない, せいで, つもりだ, つらさ, ときは, ないとき, ないところ, なかにも, なかばを, なかへ, はかどりを, はなしは, ひまで, ひまを, ほうにも, ほかには, ほかは, むずかしさ, ようである, キリが, 一つ, 一つで, 一つであった, 一つであったなら, 一つです, 一切を, 一番の, 一部と, 一部に, 一部は, 三昧に, 上や, 下ごしらえ, 下拵え, 下拵えの, 中から, 事を, 仕度を, 他の, 仲間に, 出來ない, 出来ない人, 出来ない日, 出来るもの, 出来上りの, 分前, 助手を, 励みに, 参考に, 合い間, 味の, 外に, 外は, 大きいこと, 大きさ, 大半は, 好きな, 完成の, 完成を, 実質は, 山が, 工程に対し, 帰りであるらしく, 年月は, 張合が, 忙しい時, 性質そのものが, 性質と, 性質は, 意味を, 愛情は, 成績も, 成績を, 或る, 手がかりに, 手伝いも, 手伝に, 手傳ひ, 手初めだ, 手助けに, 持場へ, 推進力と, 支度に, 数は, 文化的意義が, 方の, 方を, 方針を, 方面の, 日は, 時も, 暇々には, 最中で, 本質を, 本質的な, 材料を, 標準と, 権利を, 歴史の, 水準を, 深入りは, 準備を, 爲に, 片手間に, 特徴である, 特徴は, 現れでは, 現場へ, 生命は, 生産物たる, 用で, 疲れが, 疲れだろう, 相手を, 種類によっては, 空虚を, 第一, 第一回目, 範囲が, 範囲に, 範囲の, 系統は, 終つた, 終るまでは, 結果が, 続いて, 続きに, 習い始めは, 考えが, 能く, 腕前と, 興味が, 良さ, 裡に, 話が, 話で, 話では, 話に, 説明を, 調子を, 請負に, 途中だ, 進むにつれて, 進め方の, 進行と, 進行を, 遂行に, 運びの, 重大さを, 重要な, 量と, 量に, 間にも, 関係から, 限りなき, 隙に, 集金を, 雰圍氣, 順序を, 餘暇を

1 [1600件 抜粋] 〆切に, あいだも, あいま休みの, あとかたづけ, あとでも, あとひとりで, あらゆる仕事, あるうえ, あるの, ある人, ある女, ある時, ある身, いそがしい時, いよいよ複雑, うえと, うえの, うちには, うち合わせ, うんと出来る, おかげであり, おすそわけ, おもな, お手, お手伝いが, か, かかりには, かたわらの, からくりを, くぎりが, こときい, ことだけが, ことである, こととて, ことなんか, ことばかりを, ことよりも, こと以外に, こと約, こぼれが, こッて, ごとく, さまたげを, しかたは, したい気分, しにく, しまいに忙しく, すきに, すべての, すむまで, せいかしら, せわしさ, たえ間, ためが, ためなら, ためカンヅメに, ため夜もさう, ため私は, ついでに, つづきを, つもりで, できぬこと, できようわけ, できる体, できる間, とき小説でも, どっさりある, ないほど, ない冬, ない男, ない身, なかでは, なかには, のち, はかどり憎, はじまるの, はなしを, ひとつであった, ひどかった, ひまが, ひろがるとともに, ほうを, ほとんど凡て, まっただなかに, むずかしいの, もう揚っ, やうでした, やかましさ, やりくりの, やり始めは, やり易い, やれる者, よい収穫, わけで, カタチから, キメも, スタンド一つでも, ツナガリが, ノオトを, プログラムは, ホントの, レイス細工なぞを, 一つだった, 一つにな, 一つを, 一であろう, 一區畫を, 一様式にも, 一翼と, 一般的説明が, 一部まで, 一部分として, 一面を, 上ででも, 上役としての, 上手下手, 下ごしらえを, 下拵えです, 下積みと, 下請けしよん, 不出来より, 不振に, 世界, 世間的公認が, 中での, 中には, 中心は, 中心を, 主であり, 主題と, 了にも, 予定表と, 事なんぞ, 事のみを, 二三を, 五円十円説では, 人間に, 仕上げにか, 仕始め, 仕振りを, 仕方などに, 仕甲斐, 代りに, 仲間入りは, 会, 伸びようはずが, 低廉と, 余りに人間, 余暇を, 使いに, 価値によってのみ, 価値観の, 便宜上共同生活, 値打を, 偉大な, 催促係りを, 優位性の, 先駆を, 免るべからざる, 全体は, 全部だ, 全部にわたって, 全面を, 内容から, 内容に, 再興という, 出がけに, 出來ぬ, 出来た後, 出来ない心持, 出来ない所, 出来ぬが, 出来るだけの, 出来る人種, 出来る幸福さ, 出来る時, 出来る生活的空気, 出来る靴屋, 出来栄えである, 出発が, 分け方, 分担に, 分野が, 分量という, 分量も, 切上げの, 制度上の, 前の, 割り当ての, 割当てが, 劇しい, 功績に対する, 助け役を, 助手どうぞ, 効果が, 勤めという, 区処は, 十分の一も, 半分も, 協力者として, 原則で, 原型作りを, 反応を, 取り入れを, 受持を, 口は, 可能か, 合い間合い間, 合間合間には, 名残りを, 味いと, 味噌だ, 命令を, 喜びといふ, 困難な, 圏内では, 圧迫が, 地獄に, 基準の, 報酬が, 報酬の, 場に, 場合にだけ, 場所が, 場所に, 境地は, 増補を, 外にも, 多いの, 多寡を, 夢にばかり, 大きな部分, 大事ぢやとて, 天分ばかり, 好い材料, 妙味には, 始末を, 安易さに, 完成だけを, 完成への, 定が, 実践よりも, 容子を, 封が, 小母さんな, 少ない閑, 山や, 工合は, 巨細を, 帰りがけに, 帰り途市場へ, 年々を, 庭に, 張り合いに, 形からも, 形式は, 役に立つ, 待って, 後入口の, 得られない日, 御手傳, 心棒に, 志望者達の, 忠実な, 快感を, 急所に, 性質からも, 性質な, 性質上から, 性質上吐剤は, 性質上就寝時間が, 性質上私は, 性質上随分, 悠久さと, 意味が, 意味では, 意図が, 意地なら, 愚劣さに, 感情を, 態度も, 憂さから, 成功の, 成果である, 成果に対する, 成績だけ, 成績ぶりには, 手ぎわを, 手つだいに, 手はじめとして, 手をも, 手伝いから, 手伝いなぞは, 手傳いに, 手傳や, 手先まで, 手助けは, 手口を, 手筈を, 手間や, 手隙に, 手順しだいで, 才能を, 押しつけつこ, 持ち場に, 指図を, 挫折した, 捗り工合, 援助者を, 攻撃手は, 数が, 敵は, 断え, 方にも, 方へと, 方丈けを, 方向が, 方向を, 方面を, 日々が, 日限が, 早い処, 時でない, 時間から, 時間との, 時間割を, 暇には, 最も上品, 最中にでも, 最中仲間の, 最後の, 最高潮期に, 有る時, 有難さ, 本は, 本体即ち, 本拠であっ, 本質が, 机が, 材料と, 栄えたの, 格として, 楽な, 標徴である, 権化だった, 櫓だ, 欲しい人たち, 歌では, 正確な, 殆ど総てである, 段取りも, 比例以上に, 沢山ある, 済むまで, 渋さ, 源泉的な, 準備に, 濟むのを, 為で, 為にも, 為一昨年の, 無いの, 無理が, 熱に, 爲めに, 片を, 物音を, 特殊性から, 現場も, 理解に対して, 生やさしい, 用事であった, 用意に, 當然の, 疲れといふ, 疲労を, 癖で, 皆無や, 目安に, 目標も, 目的という, 目鼻さえ, 相棒でも, 相間に, 真の, 真実から, 眼目は, 知識, 社会性を, 神聖さに, 私の, 種が, 種類が, 種類も, 種類多し, 空しさ, 窮極だ, 端緒と, 第一歩を, 筆が, 筋は, 筋金に, 範囲では, 精力の, 系統を, 素材の, 紹介は, 終った後, 終りまで, 終る日, 経済が, 経験を通じて, 結果であっ, 結終を, 絶対不変の, 続きとが, 総てです, 緒口を, 織物の, 纏まるまで, 者は, 腕がい, 腹案や, 興味という, 艷という, 苦しさ, 荷が, 蓄積が, 衝に, 裏に, 要領を, 見事さを, 見物を, 訓練を, 設計を, 註文を, 話あとでは, 話しよう, 話といふ, 話なら, 話題が, 豊かな, 責任も, 賃金が, 賃銀を, 質と, 質をも, 足痕を, 跡片付けで, 軽重を, 途上では, 途絶えたおりおり, 速度では, 進捗の, 進捗を, 進行は, 遂行には, 遂行者としての, 運命が, 過半を, 道具だけ, 道徳の, 遣り易, 選り好みは, 邪魔じゃ, 邪魔と, 邪魔には, 邪魔爲る, 部分部分を, 都合が, 都合でと, 都合や, 都合上絶対に, 重大である, 重宝に, 重要性を, 量で, 量や, 閑な, 間あつい, 間では, 間怖, 関係や, 関係上工業薬品として, 関係上直接でしょう, 関係上飲む, 隙々を, 隙を, 難きほど, 難易は, 面からのみ, 面は, 音が, 順序としては, 領域に, 領域を通じて, 颯爽ぶりに, 首途を, 高は, 麻束を

▼ 仕事~ (3117, 11.5%)

52 して 40 没頭し 38 出て 32 精を 31 かかった, なって 30 手を 26 かかって, 従事し 24 夢中に 22 かかる, とりかかった 20 身を 19 追われて 18 熱中し 17 手が 16 気を, 興味を 15 従事する, 行って 14 とりかかる, 就いて, 没頭する 13 取りか, 来て 12 追はれ 11 かかるの, 没頭した 10 かかりました, かかろうと, とりかかって, 取りかかった, 心を, 必要な 9 かかる前, 疲れて, 相違ない, 関係し 8 向って, 身が 7 いそしんで, かかりながら, 於て, 着手した 6 しても, なつた, なる, 對する, 就て, 疲れると, 自信を 5 かまけて, とりかかるの, なつて, なると, 働いて, 出た, 出る時, 協力し, 取りかかって, 自分を

4 [29件] あぶれて, かかること, かかると, かかるん, かかろう, かけると, たずさわって, つくこと, とりかかったの, とりかかりました, とりかかります, とりかかること, なるかも, ケチを, 出かけて, 出る, 力を, 口を, 命を, 打ちこんで, 携は, 熱中する, 熱心な, 熱心に, 着手, 着手し, 精出して, 行くと, 違いない

3 [50件] かかったが, かかったり, かからなければ, かかる気, かかれ, たずさわる者, ついて, でかけた, でかけるが, とりかかると, なった, 一つの, 一生を, 一生懸命に, 入って, 出ようとして, 出る張, 参加する, 取か, 取りかかったの, 取りかかりました, 取りかかること, 向うと, 喜びを, 失敗し, 実が, 對し, 少しも, 就いては, 当って, 従う者, 従って, 忙が, 愛着を, 指先より, 気が, 注意を, 無理を, 熱中した, 疲れた時, 着手する, 私が, 精が, 興味が, 行くの, 通って, 適して, 馴れて, 骨を, 魂を

2 [157件] ありついたので, あると, いそしむの, いそしんだ, いって, うちこんで, おもむきける後, かかったん, かからねば, かかります, かかるが, かかるという, かかるとき, かかるには, かかるよう, かかる習慣, かかれるやう, かかれるよう, かかろうという, かかわって, けちを, しては, すっかり夢中, するつもり, たずさわりながら, たずさわるの, たずさわるもの, つかれて, つながる御, でき得る限り, でて, とりかかつた, とりかかれば, とりついて, なったの, なるだらう, なるの, なれた, なれば, ふれて, ぶつかつて, まぎれて, まわして, ヒロポンを, 一と, 一向身, 似て, 余念が, 使うこと, 使う大きな, 使おうと, 使つ, 使ふんだ, 働かせること, 出たあと, 出たり, 出た時, 出ると, 出るの, 出掛けて, 助力せん心の, 努力し, 励んで, 匹敵する, 厭気が, 參加する, 取りかかり先ず, 取りかかる, 取り掛つた, 取掛って, 向かって, 向っても, 向わなければ, 喙を, 執着し, 変化が, 多少の, 失敗は, 好奇心を, 寄生木と, 寄生木を, 専心し, 専念する, 就くこと, 屈託し, 差支へる, 当つて, 当る, 影響します, 従うこと, 従うという, 従ふ, 従事した, 忙しいの, 忙しく立ち働い, 悦びが, 成功する, 戻って, 手下は, 打ちこもうと, 抵抗しよう, 掛かって, 掛らなければ, 携って, 携つてゐる, 携はる, 携わらなければ, 於ては, 於ても, 日は, 日を, 服従し, 来てから, 来る片, 比べて, 沒頭し, 没入する, 満足し, 溺れて, 熟達した, 熱中すれ, 熱心で, 理解の, 疲れきって, 疲れたもの, 目を, 着手いたします, 精進し, 紛れて, 終つ, 耽つて, 腕を, 膏を, 自分だけの, 興が, 茶々を, 行きやれと, 行くこと, 行けば, 行った, 行つた, 親しもうと, 貢献し, 足を, 身の, 追い立てられて, 逐はれ, 連関し, 進もうと, 過ぎない, 過ぎないので, 邪魔を, 都合が, 都合の, 飽きて, 首を, 馴れないの

1 [1693件 抜粋] あきて, あくせくとして, あたつ, あなたの, あまりに忙殺, あらぬ材料, ありついたと, ありついた者, ありつきなお, ありつき偶然, ありつけたもの, ありつけなかったこと, ありつけるん, あり余るほどの, ある線, いかにもまんぞく, いくの, いそがしいから, いそがしくし, いそしみ御, いそしむ者, いそしんだり, いつも影響, うちこまずわれわれ, うち克つ, うつらねば, うまくはまりこんだ, おいらを, おこまりでしょう, おまかせしよう, おわれて, かえりました, かかったという, かかったらいい, かかった人, かかつて, かからないよう, かからぬうち, かかられる時, かかりきって, かかりたまえ, かかりはじめた, かかりますから, かかり危険, かかり将来, かかり見事, かかるだろう, かかるまえ, かかるらしい気, かかる女, かかる必要, かかる筈, かかれば, かかれるだろう, かかろうでも, かかろうや, かなりの, かわるかも, きて, くたぶれたって, くるよう, こたえる, これだけ, ご熱心, さしつかえます, さしつかへが, しあんた, したがいつづけ高い, しちや, しばられて, しようと, しろ二十二三歳, すぐさま動員, すこし疲れ, すっかり馴れ, すること, するもの等, する所, せずには, そのよう, その運命, そろそろ取りかかる, たかりつかれた工合, たずさわらせること, たずさわりたいと, たずさわる我々, ただ形ばかりの, たづさはつてゐるところに, たづさはつてゐる間, たづさはるのを樂, だして, だん, ちがいありません, ちがいなく, ついた, ついやさなければ, つかって, つかまって, つきすっかり, つきます, つく人, つけるだろうと, つとめ日々, でかけて, でかけ夕方, でたの, でると, とつて, とりかかったから, とりかかったん, とりかからうと, とりかかりはじめたの, とりかかり五枚半, とりかかるという, とりかかる九枚, とりかかる興味, とりかかろうとは, とりつくの, どうする, なさって, なやんで, なります, なりますもの, なり難い, なるだろう, なるだろうと, なるん, なれないからとて, なろうとは, はぐれたら俺ら, はげみが, はげむ老婆, はじふぶん, ひかれる半々, ひとつお互いに, ひびくので, ふさわしいもの, ぶつかるべく突詰められた餓え狼, ぼくの, ますます精, また取りかかった, まつしぐら, むけるべきだ, むらむらも, やがて引用, やってくる, やつて, やとわれて, ゆく父親, よらずして, よろし, アブレたり, ヘト, 一ばん眼を, 一区ぎりつけた青野は, 一定の, 一日中馳け, 一段落が, 一生懸命の, 一生身を, 一足踏懸けた, 不安が, 不断に, 不満か, 与えられるという, 与るよう, 中止を, 久しぶりで, 乗るやう, 事えること, 人を, 今までは, 他の, 代えて, 任せましたので, 何の, 何時間も, 余念の, 使う機械, 使ったほう, 使つたのは, 使われるな, 來る, 依っては, 倦き, 倦んだ頃, 催促され, 働くこと, 元気が, 先づ, 入った人々, 入りました, 入るやいなや, 入れるでありましょう, 全精力, 冴えたお方, 出かけたの, 出かけようか, 出かけるところ, 出かける途中, 出かけ昼飯, 出たが, 出たそう, 出た後, 出ても, 出なかった, 出ましょうよ, 出りや, 出るそういう, 出るらしい大工左官, 出る度, 出れば, 出掛けるの, 出掛け夜, 切ないほどの, 利用し, 割いたなら五六年間, 加りたい, 加わるよう, 努むべ, 努め家, 励まず蕩兒, 励み忠実熱心, 労かれ, 勝ちさえ, 勤勉でも, 勵み, 十分身を, 参与する, 参加なさる, 反対した, 取かからなくては, 取っての, 取りかかったという, 取りかかってからも, 取りかからないうち, 取りかかり出した, 取りかかるか, 取りかかるに, 取りかかる前, 取りかかれ, 取りかかろうか, 取りついて, 取り囲まれた人間, 取り掛かりました, 取り掛かれないと, 取り掛って, 取り掛る段取り, 取掛った時, 取掛る前, 取組んだの, 合わせて, 名を, 向いて, 向うその, 向くだろうかという, 向けるよう, 向っては, 含まれて, 善も, 喰ひつい, 困る事, 圧え, 坐って, 埋れて, 堪えない老女, 堪えること, 堪えるという, 堪へたさ, 外れは, 夢中で, 大汗, 奉仕する, 好意を, 始まる, 嬉々として, 実着, 寄与し得た, 専心しよう, 専念し, 専念精進する, 尊敬を, 少し慣れた, 少し親, 就いたの, 就かせるか, 就き始めました, 就く前, 就け, 尽きぬ感謝, 屋根葺が, 属すべき性質, 屬する, 差し向けるべき技術家, 差支えること, 差閊えない, 干渉する, 廻されたという, 引きずりこまれて, 引ずられるか, 引止められて, 当った, 当らせた, 当り今夕, 当る最も, 影響する, 役立たしめるよう, 従うか, 従う天, 従った人, 従わんと, 従事しなかつた, 従事するなら, 從つてゐる, 從事し, 心が, 忙しい人達, 忙しい時期, 忙しく携わり, 応じまた, 忠実である, 忠実熱心でなかった, 思はれて, 急に, 惚れきつ, 意地悪を, 慌てて, 慣れて, 慣れる様, 慣れ切つて, 憑かれると, 成功し, 戻りながら, 手伝つてゐる, 手間の, 打ちこみかつ, 打ち込めるやう, 打つかったよう, 批評が, 拵えるので, 指揮命令を, 捧げる生活, 掛かりたいと, 掛かれば, 掛って, 掛らうと, 掛りました, 掛るん, 推薦し, 携つてゐない, 携わって, 携わるどの, 支障を, 斯んな, 於てのみ, 時々参る, 曖昧な, 最も関係, 最高の, 有害な, 本気に, 来たその, 来た大工, 来るおかみ, 板前で, 案内し, 権威を, 止まっては, 歸つた時に, 段々気, 比べたらはるか, 氣を, 没入しきっ, 没頭したい, 没頭します, 没頭すれ, 没頭中に, 沢山白檀, 活動し, 浸りきること, 済まぬ, 溺れる, 為るところ, 無関心な, 熟練し, 熱して, 熱中される, 熱中し過ぎた, 熱心でも, 片を, 狂いが, 猛烈に, 甘んじて, 生き甲斐を, 用いること, 由って, 畑へ, 疲れたので, 疲れた弟, 疲れた頭, 疲れなんぞ, 疲れ果てて, 皆が, 直接関係の, 相当資本, 相違ございません, 真剣に, 着かせる方法, 着手しない, 着手出来ない, 破滅が, 私の, 私を, 移つて, 空虚や, 立ち入って, 立入る気, 竹童の, 精出した, 精出しピン, 精根つくし, 精魂を, 紙漉きの, 終結の, 経験の, 經驗が, 縁遠いし, 習作, 考えを, 耽って, 背向い, 自信が, 自分の, 興を, 草の, 落ちて, 落付ける, 藤蔓噛み, 行かうと, 行かれない, 行くが, 行く時, 行ったそう, 行ったの, 行った人達, 行つて先づビールを, 行とっ, 要される持続力, 見られる実に, 見恍, 親しくなっ, 記念塔を, 誘った, 課したの, 負けまいとして, 費つて居る, 賭けただけの, 赴いたから, 身体を, 転じて, 輝いて, 返る気, 追い使われます, 追ひ, 追われた上, 追われてるんで, 追われまた, 追われる為, 逃げるっていう, 途方に, 通うよう, 過ぎた祝意, 過ぎないの, 違いありません, 違えねえ, 違ひない, 適した人, 適しては, 適用せらる, 選んだらい, 重大な, 長い年月, 閉ぢこもつた, 関与しなけれ, 関係が, 関係する, 関聯し, 降りて, 随分恩, 集まってるとき, 雇つて貰へ, 離れる事, 非常な, 音楽などを, 頼まれなかった, 飛込む前, 飽が, 馴れちまったからかしら, 馴れ切って, 骨身おしまず働いた

▼ 仕事~ (2809, 10.4%)

43 ある 36 手に 31 あるの, あるん 29 出來 22 あって 17 なくて 16 残って, 終って 15 あった, あるから, あるので, すんで, 出来ない 14 あると, 済むと 13 あつた 12 すむと, なかった 11 出来る 10 して, ないから 9 出来るよう 8 あつて, あれば, できるよう, ないの, 忙しくて 7 ある筈, しにくい, できるの, ない, 出来るの, 忙が, 済んで, 非常に 6 すんでから, できて, ないと, ないん, 出来て, 出来ないから, 出来ると, 出来るもの, 終ると

5 [19件] あること, あるもの, したい, できないの, できるか, できるかも, できるという, ないという, ないので, なくなって, なければ, はかどって, 出来ないという, 出来ないの, 如何に, 忙しいの, 忙しくなる, 済めば, 盛な

4 [25件] あったが, あったん, ありそう, ありますから, ありません, あるからと, いやに, うまく行かない, できない, できると, はじまりました, 一段落ついた, 一段落を, 上手で, 休みな, 出来なかった, 出来るか, 出来る人, 出来れば, 多かった, 山ほど, 暇に, 残つてゐる, 無くて, 自分の

3 [68件] あったもの, ありそれ, ありました, あります, あるかも, あるたび, あるわけ, ある時, おわって, したいと, しにくく, しやすい, すめば, すんだら又, つまって, つらく学校, できそう, できた, できたの, できないし, できなくなって, できなくなる, できません, できる, できるだろうと, できるもの, できれば, はじまった, はじまりますから, ひまに, へりの, 人間の, 仕事だ, 他に, 出来たの, 出来ないので, 出来ます, 出来ません, 出来るだろうと, 出来るという, 出来るので, 困難に, 女の, 始った, 始まってから, 始まる, 始まるの, 始められた, 少くなっ, 山の, 待って, 忙しいので, 忙しいん, 思うよう, 楽に, 沢山ある, 片づくと, 片附, 私の, 空虚な, 終ってから, 終つてから, 終れば, 自分に, 見られます, 運んで, 重なって, 面白くない

2 [145件] あったの, あったので, あっても, あまりにたやすく, ありその, ありますので, ありゃあ, あるか, あるが, あるだろう, あるだろうと, あるといふ, あるとき, あるよ, ある訳, いいか, いろいろある, うまかった, うまく行かなかった, えりの, おありです, おできに, かたづいたから, ここに, これである, したいの, したくなる, しよい, すむまで, たくさんある, たまって, つらくて, できあがらないこと, できないから, できないので, できなかった, できなくて, できなければ, できぬという, できるに, できるはず, できるよ, どんなもの, どんな風, ないため, ないよう, なかったり, なくなると, はかどったこと, はじまるの, ひどかったろう, ほかに, また一つ, みつかるまで, もつと, やりにくい, やりにくく, よくわからない, 一きりつく, 一つある, 一段落つい, 一段落に, 世の中で, 世の中に, 中断され, 人々に, 仕事で, 他の, 先だ, 先生の, 出て, 出来さうな, 出来そう, 出来ないこと, 出来ないと, 出来ないよう, 出来るわけ, 出来るん, 別れるという, 多いし, 多いので, 多く, 多くて, 大切な, 大切なら, 始まった, 始る, 嫌いだ, 嫌に, 完成される, 少し果, 少なからずある, 尤も捗どる, 尻上りに, 山積の, 当時の, 忙しいもん, 忙しかつ, 急が, 急に, 急激に, 恥辱を, 或る, 投げやりに, 控えて, 文化的に, 早い, 最も盛, 栄えず板, 栄えて, 殖えた, 気に, 水泡に, 沢山あった, 済むまで, 済んでから, 溜って, 濟む迄, 濟んで, 現にある, 生れて, 盛である, 立派に, 終ったあと, 終った時, 終つたから, 終らぬうち, 終りました, 終るまで, 終るわけ, 終わったので, 続きます, 繁多な, 舞込みかけて, 芸術的価値を, 見つかったから, 許されようや, 身に, 進むにつれて, 運びます, 運ぶん, 酬いとして, 需要される, 順調に, 駄目に

1 [1549件 抜粋] あがったら休み, あったから, あったとの, あったらぼく, あったわけ, あった晩, あなたを, あの組合, あらいので, ありましたので, ありますからね, ありませんと, あり仕事, あり生活感情, あり過ぎて, あるからという, あるだらう, あるという, あるならともかく, あるならわし, あるふう, ある丈, ある此, あれで, あんまり暴, いいん, いかに厭, いくらでも, いそがしいため先生, いそがしかつ, いちばん独立的な, いつだって, いつもの, いやな, うまくいかない, うまくなった, うまく運ばない, えらくて, おあんなさる, おくれると, おすみ, おそくしたがって, おもしろいよう, お仕舞, お忙, かたづきませんでした, きっとできる, きまってるわけ, きらいに, こういうもの, ここから, この幻想, こまかに, これな, こんな好い, さばけないこと, したいあんな, したい気, したくて, したくなるの, しやすく, し難う, すこしばかり, すすまなくて, すっかり終る, すでに終っ, すべて, すまずここ, すみやかに, すむとそおっと川, すめばと, すんだあと, すんだらつれて, すんだ後, ずって, ぜひともす, そのいずれ, その方面, それほど好き, そんな貧乏, たくさんあるらしい, たった一人, たて混ん, だめなら, だんだん忙しく, だんだん辛く, ちっともはかどらない, つかえた, つづいてる間, つまらないという, つらい丈, ていねいだ, できさ, できず火鉢, できっこないって, できないで, できないもん, できない立場, できなかったが, できなくって, できなくなるの, できぬであろう, できましたか, できやしない二人, できるし, できるとは, できるん, でき上がると, とても林町, ともかく成功, とんとん拍子に, どういふ, どうでございましょう, どうも思う, どこに, どれほど健康, どんどん運ぶ, どんなに甦っ, どんなに重大, ないこと, ないとは, ないんぢ, なかつたらお, なくちゃ, なくなったこと, なくなりは, なくなるところ, なくまた, なけりゃ困る, なしで, なめらかに, ねえの, のこって, はかどらないね, はかどらなかった, はかどるぜ, はかどる日, はこぶ, はじまりかけた, はじめられた, はやく手ぎわ, ひとりで, ひと区切り, ひどかったらう, ひどく妨げられ, ひろがって, ふえました, ふり分けられるという, ほとんど完成, ぼんやりでも, まずまず思った, また明日, まだ片付かない, まつたく酬いられず才能, まとまると, まわって, みつかつ, みつかれば, むずかしいの, めんみつで, もしも拙く, もっと別, もてたという, もらえないから, やって, やや荒れ, やりにくかろ, やりよく, やれなければ, ゆるして, よくお, よく分つ, より労働, わかりかけて, われらの, イヤに, キライだ, ジャーナリスティックな, ズッと, テイネイだ, ナゼ今日の, パリ下町ものの, ルーズだつた, 一そう不可能な, 一つあります, 一つふえました, 一と, 一ぱいに, 一ト切りに, 一官庁の, 一日でも, 一歩一歩と, 一段落ついたら, 一段落といふ, 一番盛であった, 一部その, 丁寧な, 三時か, 上手に, 不充分で, 不正である, 不足し, 与えられ従って, 両側から, 中途な, 主である, 主な, 予定通り今日の, 二つ新しく, 井田の, 今どう, 今年は, 今日まで, 仕事だけに, 仕舞った, 他人には, 企てられその, 休みだっ, 住んで, 何である, 何もかも今, 何らか, 何処にでも, 例の, 俺に, 健康に, 僕は, 充分の, 全く億劫, 全然私達, 八月末には, 内ぶところ, 凡そ自分, 出ない吾家, 出來上つた先, 出来あがるまでの, 出来ず不安, 出来たと, 出来たのに, 出来たらすぐ, 出来た訳, 出来ないそれほど, 出来ないのに, 出来ない地方, 出来なかったり, 出来なかつたこの, 出来なくなったから, 出来なくなる, 出来なくなるでは, 出来なくなれば, 出来ぬといふ, 出来ねえから, 出来ますから, 出来よういわれ, 出来るかと, 出来ること, 出来るだろう, 出来るでしょう, 出来るといふ, 出来るまで, 出来る訳, 出来上がったから, 出来上るであろうと, 出来男ぶり, 分らない, 初まる, 初めて世, 到底お前, 前途幾多の, 労働階級によって, 単なる事務, 却って何故か奇妙, 厭な, 友情を, 叩いたり, 可能であり, 各人の, 同一人, 君一人の, 問題の, 嘘でない, 困難だった, 困難と, 国家的である, 土佐に, 堂々と, 変るにつれて, 外国人が, 多いよう, 多くては, 多く一般, 多すぎます, 多年にわたって, 多忙で, 夜通しがかりに, 大きいから, 大きい生産, 大きくなり, 大きな意義, 大の, 大事な, 大変うとましい, 大変丁寧な, 大變, 天意に, 女でも, 好きだ, 好評満員で, 如何にも粗, 始まるから, 始められ三年, 嫌ひだから, 学位論文として, 完成し, 定められた, 実に大きく, 実は新聞記者, 家庭の, 専らで, 小さい, 少くなり, 少しつらく, 少ないうえ, 屈辱的でない, 嵩んで, 左前に, 巾ツたかん, 常にポピュラリティー, 平然として, 年と共に, 広い多面, 廃れずに, 廻って, 当時は, 彼の, 待つて, 徐々にそんなに四角, 御意の, 必然的に, 忙しい, 忙しいし, 忙しいって, 忙しかったり, 忙しくなっ, 忙しく二十一日, 忙しづく, 思つたよりも, 思わしく果, 性に, 憎めない, 成される, 成就し, 成就せぬ, 手綺麗で, 批判, 押しかけたもの, 持ち込まれた, 捗らないのに, 捗るまいと, 捗取らないから, 支へて, 文字を, 斯様な, 既婚労働者に, 早いとともに, 早い勞力, 早くねえ, 早く行かない, 明るみに, 昨日買っ, 暇だ, 最初から, 有ったら持って, 未だでしたら, 未完成, 本当に行かない, 来ました, 果して出, 果せるの, 栄えると, 案外に, 極めて簡単, 楽だった, 次々と, 次第に偶然, 止った, 正しいの, 殆ど戰爭の, 殖えず次第に, 殘つて居る, 殺到し, 比較的簡単, 気に入ったらまだ, 汚い上, 沢山に, 済み次第ブエノスアイレス, 済むの, 済んだこと, 済んだらお前, 済んだ後, 減る, 満足に, 滞つて仕方, 漸く片, 無いから, 無い事, 無かった, 無くなると, 無ければ, 煩雑過ぎ, 片づいてから, 片づき次第に, 片付かねえ模様, 片附いた, 特殊な, 現在知られ, 現金に, 生命である, 生産よりも, 留守に, 発表された, 益々活かされ, 盛であり, 目に, 相当の, 看過され, 眼に, 社会性が, 私には, 私を, 立てこんで, 第一, 精一杯で, 紙の, 終えると, 終った, 終ったばかり, 終ったら改めて, 終つた後の, 終つて自分の, 終らないうち, 終りしだい戻っ, 終り六月, 終るの, 終わって, 終わる時刻, 結局みんな同じ, 統制的で, 絶え間なく, 続く, 続くの, 続けられぬよう, 繁昌する, 羨ましい, 脂肪の, 至つて簡單であります, 舞ひ込ん, 芸では, 苦しいばかり, 荒いそいつ, 落ちたといふ, 蓄積された, 行くし, 衰えて, 要る, 見つかった事, 見つからなかつたらダンス, 見つかるわけ, 見られますが, 見付かれば, 観念的に, 許さなかつた, 認められて, 變ツて, 豫想通りに, 質から, 転がって, 辛くて, 迫らなかったら例, 進むに, 進められた, 進んで, 進行しつ, 遅れて, 運ばないと, 運命を, 違うので, 違ひます, 重大であり, 金に, 長きにわたり, 開始された, 附属的事項について, 離れて, 雨垂拍子にな, 面白いです, 面白かった, 面白くなつ, 頓挫した, 馬十の

▼ 仕事~ (2584, 9.5%)

14 出来ない 12 ない 11 して 10 非常に 9 彼の 7 これで, それで, できない, 何を, 出來 6 一つも, 山ほど 5 これからだ, できないの, 少しも, 次から, 私の 4 しないで, なかった, なんでも, やって, 今も, 出来そう, 楽な, 殆ん, 自分の

3 [27件] ありませんか, しなかった, しなければ, そこで, それから, それが, ないか, ないかと, ないし, ないの, ないもの, なかつた, なにも, 今日まで, 何でも, 何も, 出来ません, 女の, 彼に, 日本の, 普通の, 楽で, 沢山ある, 私には, 終った, 自分が, 自分で

2 [141件] あなたには, あなたの, ありました, ありません, ある, あるめ, いくらでも, いくらでもある, いくらも, いつでも, いつまで, いつまでも, いまの, いやだ, うまくいきました, うまくいっ, おいらの, おれに, おわって, お前に, お北坊, きつと, ぐつと暇に, この, この二つ, この社会, これから始まる, しやすい, じきに, すみました, する, その人々, それぞれに, それを, それ自体が, そんなもの, た, たくさんある, ちつとも, できぬ, できません, どうした, どうです, どんなこと, ないだろう, ないと, ないね, なか, なかなか苦痛, はかどらなかった, はっきりした, ますます繁劇, まだこの, むいて, もう済んだ, もつと, やつて, よくやった, カヤ方の, チャチだ, ドンドン運ばれ, 一人の, 一日で, 一枚も, 一緒に, 三日ばかりで, 上手で, 主に, 二十四時間一年に, 人情という, 人間の, 今が, 今の, 今後に, 仕事で, 他ならぬ, 他の, 休みだ, 何か, 何かと, 何かという, 何に, 例の, 全部, 全部野外の, 出来ないという, 出来ないん, 出来ない上, 出来ぬという, 出来るもの, 出来上がるという, 別だ, 右の, 大変な, 大工と, 好まないもの, 嫌ひです, 完成した, 客観的な, 容易に, 實に, 当時の, 彼が, 忙が, 思うよう, 手を, 捗って, 明日の, 書き残して, 本当の, 楽だ, 楽であった, 永遠に, 決してふるさと, 濟んだ, 無理だ, 無際限, 皆努力である, 盛であります, 相当に, 確かに, 私に, 私にとって, 私にとっては, 私も, 空の, 立板に, 立派に, 第一, 第二段, 終って, 終わった, 続けて, 自慢だ, 見事に, 誰でも, 貸金の, 運んで, 重に, 長く続かず, 顕微鏡写真の

1 [2057件 抜粋] あいつの, あき缶, あたし知りません, あつて, あと一日だけ, あの人, あぶなくも, ありましたの, ありませんから, ありゃしないん, あるさ, あると, あるまいところが, ある意味, あわれ, いか, いかにも靜, いきいきと, いそぐの, いっくら, いっそう骨, いつしか邸内, いつも拝見, いよいよ油絵, いろいろな, うそです, うまい具合, うまく滑り出す, うまく行った, おえるとこ, おじゃんでしょう, おのおのの, おもに病気, およそ意味, おろかクレメント噴水の, おトクイ様, お前の, お父さんと, かえって京都, かたづきませんでした, かなり速かっ, きっと五時, きょう木あみ, けっしてやさしい, こうして戦火, ここでも, ことごとく雄吉, この中, この同じ恐ろしい, この年代, この皇道主義, これからであります, これから寒, これです, これまで, こんどだけは, ごく最近, さしあたり森, させませんて, しきれないほど, したくないふー, しだいに大きく, しないこと, しないもの, しばしばバルナバス, じき厭に, すこし性質, すっかりし, すっかり終った, すてられなくてよ, すべてこれから, すべて現在の, すみます, すんだ, ずっと遠い, せめて一年, そういう方面, そう云う, そこに, そっちのけに, そのフレンスブルグ, その人, その土地, その後どう, その日勘定, その点, それぞれ皆受持の, それに, それを以て, そんなにお, たいがい読めた, たいへんだ, たいへん多い, たくさん残っ, ただ受, ただ新しい, ただ重, たとえばむやみ, たまるばかり, だらだらし, だんだんにはじまる, ちやんと, ついに彼, つまりそういう, てきぱきしてる, できず学校, できないだろう手出し, できないもの, できなかったが, できなかろう, できも, できるはず, とうとう失策物, とても出来ない, どうかし, どうぜよ, どうなっ, どうも気乗り, どこにも, どれだって, どんどんとっ, どんな出来, ないかい, ないそして, ないでしょうか, ないのに, ない百姓, なかつたが, なかなかはかどりません, なかなか思う, なくなりました, なしさ, なし退屈, なるたけ婦人, なんとゆっくり進められ, ねえかと, のんきであった, はじめ保険の, ひたすら実証的, ひどくおとしめられた, へらすん, ほとんどすべてこれら, ほとんど物理学全般, まあなんていう, まことにいそがしい, まさしく鉤, まずこんな, まず十中八九, またと, まだある, まだこれからよ, まだまだ他, まだ何一つでき, まだ少ない, まっさきにひきうけた, まとまった, まれに, みなさんたちを, みな見合せだ, みんなこんなに, みんな変態の, みんな蟻達の, むずかしくし, もうあまり要らなくなった, もうかなりはかどった, もう一度無地, もう俺, もう彼, もう澤山, もちろん機織, もっと発展, もはや霜柱, やって来たつもり, やはり余技, やや出, やりい, やり始めたら凝る方, よいだろう, よくこの, よした方, よろしいの, わかつて, わたしには, われわれにとって, エスピノーザが, カンタンで, ケネディ博士の, ジミだ, スプリングか, タネも, チャンと, ドウモ粗慢で, バグダッドへ, ビジネスぢや, ベッドの, マリーの, ロレンソの, 一とつとして, 一人前さ, 一代限りの, 一切りが, 一切女房や, 一定の, 一日かかっ, 一昨年の, 一束いくらといふ, 一生苦学し, 一通りの, 一面には, 七八歳の, 上が, 不服だろう, 不親切で, 並大抵ぢや, 中止された, 主として考証, 之に, 予て聞い, 二人の, 二階建の, 五月いっぱいかかった, 人に, 人手を, 人霊のみ, 今夜だって, 今日も, 仕上がったとは, 仕事だけ, 仕事の, 仕遂げた, 仲, 休みであった, 会計の, 体力が, 何かといふ, 何であるべきだろう, 何と, 何んで, 何卒拙者, 何時に, 何等かの, 作品が, 保証が, 俺だ, 個人的な, 偶然の, 元来面倒, 先づ俳優の, 党員婦人だけの, 全く行詰つた, 兩梯子の, 共に出来る, 冗談じゃ, 出來よう, 出来ず, 出来たもの, 出来ないし, 出来ない口惜さ, 出来ぬと, 出来やしませんからね, 出来ること, 出来るはず, 出来上れ, 初めの, 別の, 前二階でも, 割に楽, 労働さえ, 勿論芸術家, 十分多量に, 千曲川の, 半人前も, 単にすでに導き出され, 単純である, 危ふく崩れ, 卵を, 去年はじまった, 叔母の, 受付笠森仙太郎に, 右に, 名目上は, 周囲の, 哲学者でも, 善良な, 四十から, 国際連盟本部の, 地味で, 増大し, 夏川左近を, 外れる, 多くし, 多く人手, 夜でも, 大いに違う, 大きく歴史的人物, 大してない, 大体上の, 大変でしょう, 大抵こんな, 大體, 夫人が, 女に, 好きな, 妖精の, 委任統治委員会の, 嫌ひだよ, 存在そのものの, 安兵衛らを, 実にお雪ちゃん, 実に惨め, 実に速かっ, 実は著者, 室を, 容易いもの, 容赦なく, 寧ろ予防命令, 専ら楽しい, 将来に, 少い方, 少しは, 少年を, 山口の, 左の, 常に運びゐる, 年寄りには, 広々と, 弁証法的唯物論に, 強くならない, 当分ダメでしょう, 彼には, 必ずしも一概, 忙しい, 快楽を, 思いの外順調に, 思ひの, 思辨的抽象的で, 急が, 性質が, 悦びで, 愛を, 成功する, 成就した, 戸長役場に, 手や, 打ち切つて, 持たなかったが, 捗どらない, 捗取らず持餘, 授けられた学科, 支那にも, 數知れず, 文筆の, 新カント派, 既に成長, 日本そのものの, 早い, 早く片, 明日から, 明治以前の, 星学大系といふ, 是非この, 昼間だけに, 晩寝る, 最も文化的, 有るまいかと, 朝日が, 本国に, 本来全, 来年の, 松村と, 根深い, 極めて順調, 楽じゃ, 概して色彩, 横浜へ, 機織りで, 欠点が, 止めない, 武芸を, 殆どかえりみず, 殆ど終つた, 残して, 段々と, 毎日目に, 民友社から, 気味が, 永続する, 決していい, 決してやらなかった, 決して出来得ない, 決して少く, 法廷の, 活気づいて, 海底を, 済まないの, 済んだの, 減少した, 滅多に, 漸く始まった, 無いん, 無事すんだ, 無尽の, 無駄で, 焼け跡の, 熱心だ, 片づいた, 片づけて, 犯人を, 現世の, 理性家では, 生きた人間, 生れないの, 男の, 町から, 畢竟手, 発達した, 皆個人の, 皮に, 益々酷い, 盛な, 目に, 直ちにこの, 相当意義, 相當以上, 真実世間の, 眠りを, 着実な, 知らせて, 碇泊中の, 確かな, 社会全般の, 神のみ, 私ひとり相棒が, 秋の, 積極的の, 立派な, 箇人でだけ, 米さんという, 紙分け, 素晴らしいの, 終えない, 終つてゐなかつた, 終りませんが, 終日和紙を, 結局失敗に, 給仕と, 絶対に, 綺麗に, 縣廳の, 缶詰の, 羨しいねえ, 老衰し, 臨時工だ, 自分ひとりでなく, 自然の, 興味も, 花崗石で, 若いマルクス, 苦痛に, 著者にとっても, 薬学生の, 血の池地獄に, 衣食の, 複雑で, 見つからない眼, 見遁, 角館ほど, 言うに, 設備の, 詩作に, 誰か, 調子が, 資本が, 軍器の, 退屈です, 造作も, 進まず出航予定, 進めねば, 遅々として, 過去の, 違つてゐた, 邦文タイプを, 重大な, 金粉や, 鉱山での, 鋳物の, 長年森口の, 關係者の, 随分念入り, 集団を, 難儀だらう, 静物などの, 面白いぜ, 面白そう, 須山と, 題目としては, 飽くまでも機械仕事, 首里でも, 駿介にと, 鬼仏洞の

▼ 仕事~ (821, 3.0%)

27 手に 19 して 8 しないで, 何も 5 ある, あるし, ないから, なにも, ろくろく手 4 あるん, しなければ, ないし, なかった, 出來 3 あったし, した, する, せずに, ないので, なければ, なしに, やつと, ろくに手

2 [33件] あるから, あるには, これで, させずに, したし, しやすい, すること, すれば, せず魔術, せられたの, そのへん, ない, ないもの, なくなって, なく退屈, 一年とは, 一段落つい, 一段落ついた, 一段落に, 仕官の, 出来ない, 出来ないま, 出来ない私達, 出来る, 出来るよう, 勉強も, 南瓜の, 取り脱, 家の, 少しは, 思ひ付かない, 捗るであらうし, 私に

1 [621件 抜粋] あった, あったが, あって, あと二三日で, あぶれとるもん, あまりあるまい, あまり出, あらかた息子, あらまし解って, あり, ありそれ, ありませんそれでも, ありまた, ありもうけ, ありやすき, あり様子, あり老母, あるお金, あるか, あるしの, あるそ, あるだらう, あるだらう炉, あるでせうが, ある事, あろうに, あんまり, いいと, いい加減, いい加減な, いい気持, いくらかし, いくらかの, いけないなあ, いささか昇級, いやに, うちすてられまたは, うまくいかなかった, おさきまつくら, おしまひ, おとよ, おのずから異ならざる, おはじめ, おぼえようという, お手つだい, お済みに, くそも, くれたいよう, こうやる, ここしばらく, ここに, ことわるからと, この分化発展, これからが, これは, これほど, させないたち, させられれば, させれば, さつぱり手, しずにぶら, したいこと, したが, したこと, したでありましょう, したらしいが, したわけ, したわけぢ, したんで, してると, しないし, しないという, しないのに, しなかった, しなかった代り, しながら, しなくなりました, しましたが, しますまい, しようという, し出さなけれあいけない, すくなくな, すこし重っ, すっかりお, すてたくないという, するだらう, するつもり, すると, するという, する気持ち, する訳, すんだんでねえ, すんで, ずいぶんひどかっ, ずん, せず, せずあの, せずのほほんと, せず会長, せず何, せず勞働, せず子供, せず志, せず毎日酔, せず沢山, せず競輪, せず読書, せず酒, せち辛くなろう, そう時, そっちのけに, そのため, そのほか, その一つ, その日, その通り, それこれから, それぞれよい, それまでの, それを, それ人を, そんなにない, たいへんだった, たえ間, たくさんあるじゃろう, たしかに忙しかっ, ためて, だいたい片づいた, だいたい終った, だからカラ子, だん, ちゃんとし, つまりは, つまるところは, つらい, できず遊び, できない, できないからねエ, できないくらい, できないしね, できないで, できないであろう, できないの, できないわたし, できない人間, できなかった, できなくなった, できなくなって, できは, できません, できるし, できるの, ですから, とかく手, どうやら一段落, どこまで, ないからと, ないけにのう, ないとき, ないとも, ないらしく, ないん, ない寒村, ない工場, ない暢気, ない閑人, なか, なかつた, なかなかむずかしい, なかなか思う, なかなか捗取らなかつた, なかろうじゃ, なくては, なくなったから, なく一家, なく俺, なく学校, なく徒然, なく怠け, なく暇, なく気持, なく満, なく眼, なく籍, なく胸, なく能力, なく腹, なく運動, なく酒, なく飯, なされたろうが, ねえの, はかどらず雨, はかどらんで, はかどり雪, はじめての, はつきりした, ひどかった, ひどく忙しいん, ほかの, ほぼできた, ぽつぽつあります, ぽつぽつある, またひとで, また何等, また物理学史上, まだにらまれず, まったく振り捨て, まづくなる, まもなく終るだろう, まるきりなくなっ, むずかしくなる, めったにない, もうすっかり終った, もうぽつぽつ始められる, もう一度得られる, もう三ヶ月, もう大体, もう大抵お, もくろんでは, もち婚約者, もと芸妓, やって退けました, やっと眼鼻, やめて, やや落ち着いた, やりたくない状態, やりっぱなし, やりにくい, やり了, やれるんでさ, ようやく波, よくできる, よく手, よく見る, よろしいが, ろくに出来, ろくに出来ない, わかって, わざわざ一日, わたしが, スラスラと, チャチな, 一さい合財この間の, 一そう困難だ, 一とおりすんだ, 一人前に, 一先づ片付いた, 一八六三年から, 一層よくなるだろう, 一日の, 一時その, 一村に, 一段落を, 一段落付いた, 一通り片づい, 丈夫を, 三人力で, 三分の一位で, 上ったり, 上物ばかりを, 下さるし, 下手もの覚え, 与えられずに, 世話に, 世間的顧慮も, 並大抵では, 中途だった, 予定の, 二つ三つし, 二人前で, 今は, 今懸案中, 今日かぎりでしなく, 今日の, 仕事だ, 他に, 以下の, 企業として, 休もうと, 休んで, 体験する, 何かの, 何時に, 余り健康, 余程に, 依然として自然発生的, 俳優自身で, 傍らに, 僕は, 元気な, 充分出来る, 其の母親, 冬期休業の, 冷静な, 出来ず万事, 出来っかい, 出来ないくせ, 出来ないこと, 出来ないの, 出来ない程, 出来なかった, 出来なかったが, 出来なくて, 出来まいが, 出来やしないのに, 出来ようと, 出来るたち, 出来るという, 出来るの, 出来る大黒, 出来手, 割合楽に, 功名心が, 十一の, 十五分くらい, 半ちくだ, 半途で, 単調で, 博覧会の, 厭わないと, 台所仕事も, 含まれて, 呉れたいやう, 唯一人志賀直哉の, 国家的見地から, 多いので, 多かった, 多くなっ, 多く百円, 大した苦労, 大丈夫な, 大体それに, 大分出來て, 大分捗取つた, 大分進捗し, 大工の, 好き, 好きだった, 如何は, 妻と, 始めないうち, 始めようと, 始ります, 委しく大抵, 子供も, 家庭も, 家族の, 将来もっと, 少いという, 少なくも精神的, 工賃稼ぎに, 帰朝って, 平凡に, 幸福も, 引受けます, 引受けるという, 引受けるといふ, 彼等は, 後廻しに, 後継者が, 従来は, 忘れふたり, 忙しいし, 思うよう, 思はしくない, 怠けがち, 恋愛も, 悪評され, 愛して, 成長する, 手には, 手伝って, 手伝っても, 打ちやって, 技師の, 折々うけ, 拡大されるであろう, 持たない風来坊, 持つて, 指図次第商売の, 捗つて, 捗るに, 捗取って, 捗取らず思うよう, 捨てた, 放り出してね, 敵の, 新聞の, 早くすませ, 早じまいだったらしく, 曖昧雑駁な, 書きはじめて, 最近では, 未来も, 本当の, 本腰で, 東京より, 楽しく快くキパ, 楽だ, 楽であり, 次第に忙しく, 次第に面白く, 止めて, 正面には, 此の, 殖え労賃, 段々かわっ, 段々激しく, 段々進捗, 比較的簡単, 民友社という, 気乗りが, 気楽に, 氷冠の, 決して忘れてる, 洋法に, 済ませて, 済んだ, 減るし, 火の, 為され力強い, 無い, 無くブラブラ, 無意義で, 片付いたの, 版と, 珍しくはきはき, 生れ出ないこと, 生活も, 畑一枚分を, 直情径行的に, 相当に, 真面目で, 知らない中年, 短い年月, 碌, 碌々手に, 私を, 空虚を, 粗末に, 粗雑で, 紙の, 細かく色, 終えると, 終って, 終りかけ留さん, 終りに, 経済も, 続きませんかった, 綺麗に, 編んでしも, 縮尻つてしまつ, 老婆の, 考えいろんな, 聞かぬでは, 自分では, 自慢でした, 至芸の, 致しましょう, 苦しくは, 落着場所も, 蘭学の, 複雑に, 見つからないので, 見つかりません, 見て, 見なければ, 見る鋳金, 見出し得ない愚劣, 見遁, 見附かるだらう, 覺束ない, 計畫, 認められれば, 變ツて, 責任が, 貰えるし, 趣味も, 身の, 身も, 身を, 近来次第に, 逞ましく, 進まず金主, 進みそう, 遂げねば, 遂に私, 遅らせたり, 遊び半分の, 道楽も, 道樂も, 長く放ったらかされてる, 長続きしない, 随分あぶなかっ, 随分骨, 雑多であり, 革の, 頼まなくて, 馴れた

▼ 仕事~ (486, 1.8%)

21 して 12 いえば 8 なって, なると 7 されて, なった, 思って 5 いっても 4 いって, なれば, 違って

3 [11件] する, すること, すれば, 云うの, 云うもの, 云ふも, 仕事との, 心得て, 生活とを, 言うの, 言えば

2 [31件] いえるなら, いっては, いへば, いわねば, するほどに, するツモリ, する決心, せねば, そして食物, その仕事, なつた, なる, 世の中との, 云っても, 云つては, 云ふ, 別に, 地位を, 家事の, 思い違いし, 思ったの, 決めて, 生活との, 申しますの, 自分の, 致して, 見えて, 見て, 言っては, 運命を, 闘うため

1 [304件] あなたがたの, あなたとを, いいますと, いい小西行長, いう, いうから, いうからには, いうが, いうだけで, いうに, いうべきでありますが, いうべきよう, いうほどの, いうより, いうよりは, いうよりも, いえども, いったら何一つ, いつたら, いつてよ, いつもきっちり事務的, いつも騒い, いふと, いふべきであらう, いふよりも, いやア, いわれるか, おっかけられるよう, おもうか, おもわないの, お父さんとは, きまっと, きめた若い, この子, さしたる変り, さっきモデル, された, されるこの, しそれ, した, したいの, したの, したもの, したら高, した方, しちや, しちやちよ, してるもの, してる島村, しようと, し女, し樂, し自分, すべし, するあの, するからには, すると, するならば, するもの, するよりも, する吾, する奇特者, する小, する心理學, する朝草, する者, せずおっつけ, そうでない, そこで人, その他と, その問題, その気高い, その素早, それによって, ぞんじて, つながりが, てない, どう違ふか, なったの, ならぬとも, ならねば, なりそして, なりました, なりましたが, なります, なり一身, なり史官, なり得よう, なるかも, なること, なるし, なるだろうが, なるの, なるわけ, なる性質, はじめて思い知っ, はた目には, ひろ子が, ふれて, ほとんど変り, また飼馬, みえ片方, わかつて, シュテルングから, パンとが, パンを, リズムを, 一しょに, 一枚に, 二人とも, 云いエネルギー, 云うか, 云うが, 云う俺, 云えば, 云える, 云つたのは, 云つても, 云つてよい, 云ひ, 云わなければ, 云われて, 人生の, 人間とに, 人間の, 仰せられ成功, 休養の, 何年先に, 修業の, 働き場所を, 全然ちがう, 出懸けし処, 分けて, 切り離すこと, 助手とを, 勉強とを, 取りくんで, 同じくそれ, 同じく家庭, 同じもの, 同じ事, 同じ性質, 同じ色, 同一視し, 同様閑暇が, 同樣, 名の, 名聞と, 向かぬ仕事, 呼び得る劇団, 呼び自由, 呼ぶも, 呼んで, 命とに, 商賣, 喧嘩と, 営養物の, 報酬条件とについて, 夜中の, 大体において, 妻の, 学者の, 安静とを, 定めとると, 客観的な, 宣べ, 家庭とを, 対立せね, 小説とは, 工細の, 希望に対して, 平行する, 従軍の, 御引受け, 心懸けね, 心遣ひ, 忍耐と, 思いますが, 思い込んで, 思うか, 思つてゐた, 思はせたので, 思はないわけ, 思はれるが, 思ひながらも, 思ひ込んで, 思ふと, 思われる, 思想とを, 恋に, 恋愛が, 意気込んで, 意氣込んで, 感じたの, 我々の, 所謂銃後運動との, 抜きさ, 探偵の, 文学とも, 新出去, 日々, 時日とを, 末の, 本を, 本質的に, 来たら千辺一律, 極められて, 樂しみの, 此う, 段々に, 比べて, 気性では, 決められた, 活動とによ, 独自性が, 生活とが, 生活とを通じて, 畑と, 異って, 疑えば, 目され, 直接間接に, 真っ正面, 真剣に, 眼前に, 睡眠だけの, 睨んだの, 知り翌, 研究或は, 社会的位置にも, 私と, 私の, 私事とが, 科学の, 称して, 答えて, 精神の, 組織が, 結びつけて, 結び付かなくては, 縁の, 縁を, 考えて, 考えねば, 考えられて, 考えられやすい, 考へるから, 職人の, 職業とが, 職業とについて, 職業との, 職業とを, 自分との, 自分を, 芸は, 芸術へ, 行為とを, 衛生設備について, 見えた, 見なければ, 見なして, 見ゆる, 見るべきでは, 見做, 親交とに, 観察し, 解して, 解するやう, 言い絵画, 言うては, 言って, 言ってること, 言つた結構な, 言つては, 言つても, 言へば, 言われたつて, 認めました, 読書と, 誰れ, 謂や, 赤ン坊とは, 起りうる困難, 較べても, 連関を, 遊び, 過度の, 道拓き, 違いまして, 遠い往復, 酒の, 金かせぎ, 金の, 銘打っては, 関係が, 関係の, 関連が, 闘い今, 闘うこと, 闘った, 雑用の, 食い合ったとき, 食物とを, 食物に

▼ 仕事~ (455, 1.7%)

42 あつた 8 あつて 7 せう 3 これを, それを

2 [25件] あらう, あらうか, あるならば, これは, でも, なくして, ね, ひきずり廻され馬鹿げた悪態, やって, ハデでない, 一種また, 井上友一郎菱山修三田村泰次郎死んだ, 夢中に, 忙しい塚本, 手が, 日中は, 時間の, 書生も, 無理を, 現在の, 疲れて, 私は, 自分では, 表沙汰の, 金が

1 [342件] あつたの, あつて最初私, あははははは, あらうが, あらうと, あらねば, あるけれ共, あれだけ, あれは, いくらか割増, いくらか産, いつぱいであつた, いつ本当に, いまこれが, いらつし, いろ, いろいろやる, おまけに, おもに家庭, お忙しいかという, お忙しいと, かえって僧侶, かせいで, かんじょうし合っ, きのうも, くたびれて, げすわが, ここで, ことに夜間, この有意義, この盆地, これだけでも, これなし, これより, こわばって, こんなこと, ござりまし, ござります, さう, さへ, しかもその, しかも私, しばらく同じ, じりじりと, すごした, すっかり汗だく, すでに弱っ, すらも審査員, ずいぶんせき, せうね, せうよ, せう出る一方, そとへ, その出来栄, その出端, その実, その実は, その実行者, その点, その理想, その相手, その製法, その観察点, その足どり, その退屈, そりゃあ大変でした, それから後, ただ資金, たどたどしい, たんまり有った, ちよいと, とうとう奈良, とてもほか, とにかくここ, とり返すから, とれるよう, どの位, な, なあ相手, なお大きな, なかなか病気, なけあ金箔付き, なにも, なりと, なんとかしたい, な長崎奉行, ね乾き工合, ね似た, はいったもの, はござりません, ひと通りの, ひどく気づかれし, ぴっちりと, ほかに, ほんた, ほんとうに, まぎらしたが, また偉い, もう長唄, もさうだが, もしも僕, もしやがれ, もちろん尋常, もって, もつと, ものを, よく汲み, わたくしは, わっし, わづか, ゐない事, クタ, ジュネーヴに, チョットや, ノーベル賞を, ノーベル賞受賞の, ハヤその, ハヤ其半を, パンを, ヘエ, ボルネオに, ミッシリやろう, ヴォルガを, 一つ困る, 一ぺんに, 一二年出張する, 一円以上という, 一日いくらに, 一日に, 一木以下の, 一生懸命に, 一等心を, 一週間も, 七月半に, 万に, 不審の, 世の中に, 世の中の, 世界に, 主任は, 二三度來た, 二十三歳から, 二十五円の, 人間業では, 今の, 今見れ, 仏様の, 他の, 以て, 体力は, 何かさ, 作り話は, 使う前, 使って, 使つてゐた, 使用される, 侍に, 候のと, 働きそれ, 働くやう, 先ず手, 先を, 光栄ある, 全く手工業, 全然後悔, 其目的を, 冷飯ばかり, 出かけたの, 出掛けるの, 出来たの, 分らないところ, 初めのは, 刺子としては, 割に, 割合に, 加りたい, 励み合うという, 勝たなくても, 十五分ずつに, 十分才能を, 即ち病苦中, 又楽しい, 口で, 吾, 命を, 善き民政官, 固めたもの, 土地にも, 地味な, 外出し, 夜は, 夜ふかしする, 夜業を, 夢中だ, 大いに勇気, 大工左官建具屋など, 大阪の, 大阪へ, 大隈講堂へ, 夭折した, 妙子に対して, 始終厄介, 婦人は, 実にチベット, 実は相当, 小さな綿繰り器, 小作の, 小諸に, 少しの, 岸の, 帰りは, 平の, 平塚さんは, 年中暇なし, 年月の, 引受け甲斐が, 引抜かれたそこで, 彼によって, 彼女は, 彼等の, 彼等は, 後に, 従って中世風, 得たお金, 得たもの, 得た金, 徹夜した, 必死に, 必要上これを, 忘れろ, 忙しい石屋, 忙しくなり, 忙殺され, 或ひ, 手伝うか, 手前ども手先御用聞の, 手前共手先御用聞の, 批評を, 押し出して, 指の, 掌に, 数十組の, 料理らしく, 日本の, 日蓮自身の, 早くから白い, 早く云, 時には聞く, 時代の, 普通小使が, 最もよく注目, 来たん, 来た藤山一郎, 機關部に, 此處で, 武芸者の, 死にか, 殊に滝夜叉, 殺されたと, 毎日昼過ぎから, 毎日晝過から, 気の, 汗が, 江ノ島水族館に, 活, 済んだもの, 満腹の, 漸く壜型, 無くなって, 父の, 特に秀, 現に僕, 甚く, 生きるため, 生活に, 用に, 町方が, 疲れきった牛, 疲れきって, 疲れた頭, 疲れてんの, 登りますの, 皆私が, 目算書や, 相当に, 眼を, 矢島の, 私が, 私たち女などが, 私の, 稼いだ金, 立てて, 立派な, 精神を, 素人に, 終って, 經驗ずみだつた, 美の, 美術の, 自分たちに, 至極簡単, 興味が, 艫足場から, 苦味いこ, 荒れて, 萬に, 著しいこと, 行き酒, 行ったには, 補給する, 解決した, 記憶され, 誰か, 誰も, 責任を, 費し帰って, 資金は, 起きて, 足を, 農村の, 農村婦人の, 逸して, 酒の, 野外余興場で, 金は, 金錢といふ, 鍛錬したせゐ, 長の, 随分の, 面倒でも, 頭が, 額に, 風呂敷の, 食って, 飯だけ, 馬を, 馴らしたらと, 馴れれば, 骨が, 高めたいと, 髪の, 魚の

▼ 仕事~ (397, 1.5%)

1310 と思っ 8 からな 76 からね, と思う 5 から, が, ぜ, ということ, と思ふ, ね 4 からである, と思います, と思った 3 ぞ, つたと, という, と考えた

2 [26件] あね, からうまく, からだ, から一応, から今, から匕首, から少し, から種々, がお, がお前, がどう, そうだ, つたのです, といっ, ともいえる, と云, と思, と申し, と考え, なア, もの, よ一貫, よ親分, わ, 仕事だ, 店で

1 [241件] あ, おれには, かそれ, からお前一人, からこの, からさ, からし, からその, からそれぐらゐ, からたくさん, からたった, からたとえ, からであります, からとて勤務時間, からととめた, からと奴めハリ, からどうしても, からどうせ, からなあ, からなうまく, からなんでも, からなんと, からねあそこ, からねえ, からねひっこん, からよせ, からタカ, からヌカリ, からハッキリ, から一概に, から今度, から何, から何とか, から何ん, から先づ一生懸命, から入, から六万ペセタ, から危険性, から向う, から嘘, から困った, から夜, から大した, から姑息, から学者たち, から家庭的, から小さな, から彼女, から後で, から御身分, から所謂家庭的, から推敲, から日本, から日本人, から正確, から正規, から気の毒, から氣, から浅く, から生活, から穴だらけ, から能, から自然, から袴, から親分, から読めん, から諦め, から責任, から道中, から金, から金儲け, から間, から面白く, かんな, がこれ, がそれ, がそれでも, がただ, がね今夜十時ごろ, がまあ, がまた, がもちろん, が人, が会う, が何れ損, が僕, が内, が君, が女, が幸い, が引受け, が此処ら, が泊り込ん, が知っ, が金, が頭, けど帰れ, けれど, けれどあんた, けれどなにしろ, けれども, けれどもこれ, けれどやっぱりなかなか, けれど道, しかうした, し一朝雨, し今店, し仕方, し体, し彼, し懸, し第, し米, し読者, し顧客, すっかり信用, ぜえ, ぜとこいつ, そいつを, そこ放し, そのため, ぞうっ, ぞうんと, たぶん道具, つた, つたから, つたに, つたのさ, つてさう, つても, つてやらう, つて云ひたい事一つ云はずに, つて出来は, つて忙しい, つて毛利が, つて漁に, つて犠牲に, でな, と, というだろう, というの, というふう, というよう, というスローガン, という人, という考え, といはなけれ, といふ意味, といふ精神, といわれ, といわれた, とおもう, とかその, とか官僚, とか烈しい, としても自分等, として見る, とは云, とは思った, とは思はない, とは思ひませんでした, とほ, とまで思いやす, とみずから, ともいえましょう, と云われ, と今日, と信じる, と僕, と先方, と分った, と勧められ, と大変, と始め, と帰つて雪江, と心得, と思いました, と思っとります, と思つたの, と思つて, と思ひました, と思ひ込む, と思わなけれ, と思われた, と感じ, と感じた, と感じられた, と時には, と村, と染み染み, と浅く, と溜息, と痛感, と睨んだ, と知らない, と知れる, と私, と考えたがる, と聞い, と聴い, と若者, と見て取る, と言う, と言えよう, と説明, と速断, どうする, なあ, なこりゃあ, などと先達, ねえ, ねえ阿, のが, ものおらが, ものです, ものね, もの日本で, よさ, よそれ, よ年中, よ本, よ頑ばっ, わい, アッ, ナと感心, 久し振, 人間が, 六月から, 原簿原簿と, 外に, 多分道具, 小さな骨折りだ, 悪いこと, 惡い, 第一, 精, 色事の, 貴様は, 金銭は, 風来人なれ, 高貴な

▼ 仕事では~ (275, 1.0%)

51 ない 22 なかった 20 ありません 19 ないの 8 ないと, なかつた 6 ないかと, ないので 4 あるが, ないか, ないという, 決してない 3 あったが, ないから, なくして, なくて, 無い 2 あった, ありませんでした, あるけれども, あるまい, ないが, ないこと, ないであろう, なかろうと, なく異常, 今夜あたりは

1 [84件] あったし, あります, ありますが, ありませんか, ありませんと, あり官吏, あり得ず勤労階級, あるまいかという, あるまいよ, あるめ, いささか物, これは, これらの, ございません, ございませんか, ござらぬ, しばしば世, すまされない境遇, そのよう, その誕生, たしかにあなた, だめである, つねにいざと, とかく収入, とても及ばぬ, ないかという, ないかも, ないし, ないぞ, ないだらうか, ないだろうと, ないでしょうか, ないですよ, ないとしても, ないとっくり, ないのよ, ないはず, ないやう, ないよう, ないらしい, ない一朝一夕, ない家, ない様子, なかつたの, なかろう, なくいつもせいぜい, なくそれ専門, なくな, なくなって, なくまた, なくもとより, なく内政全般, なく彼自身, なく手, なく新しい, なく果させて, なく等しく, なく背後, なく舟, なく製茶貿易, なく誰, なさそう, もうその, よく怒り, 一晩も, 不可能です, 今では, 僕いくら, 可なり, 壜型の, 大きなファクター, 容易の, 小出しに, 少しも, 敬し, 次の, 無かった, 無意味である, 神経が, 立てて, 精神生活とは, 純文学と, 職業として, 製鉄の

▼ 仕事~ (216, 0.8%)

42 のだ 40 んだ 23 のである, んです 18 のです 7 のか 4 のでございます, んで 3 の, のだろう, ので 2 のでしょう, のに

1 [42件] うちは, のかと, のさ, のだらう, のであっ, のであった, のであつ, のでありました, のでその, のでできるだけ, のでわたくし, ので不用, ので品行, ので帰農, ので彼, ので彼ら, ので有繋, ので栄二, ので栄蔵, ので看護婦, ので結局写真, ので船底, のにという思い, のにと自分, のによく, のに女, のに孝助たち, のよ, のを, ものです, わけだ, わしにや, んだろう, んでがす, んでございます, んでし, んでしよう, んでとうぶん, んでね, んで材木, ンか, ンかは

▼ 仕事には~ (215, 0.8%)

3 何の, 手を, 馴れて 2 不自由しません, 人並優れた, 出ず休んで, 悔なく, 敬意を, 熱心で, 種々な

1 [192件] あつらえ向き, あはあ喘い, あまり没頭, ある根本的, いかにもエキゾチック, いけないという, いっそうぴったりし, いつでも, いるであろうな, おすえ, お妨げ, かえって都合, ぐっと念, さう, さまざまな, しません, じつにやっかい, すぐ取りかかる, すこしも手, そう期待, そう間違い, その係り, その天性, その終り頃, たしかに, ちがいありませんけれど, ちがいない, ちがいなかった, ちっとも出ません, ちっと不向き, ちつとも, ちょうどよい, とかくガタピシャ騒ぎ, とても役に立たない, とても役に立つ, どうあっ, どうした, ならない, ならないだらう, ならぬ, ならん, なれた土方, なんにも才能, にぎやかな, ばかな, ふさわしい場所, ふしぎと, ほとんど影響, まことにうってつけ, まだちつ, まだ自分, まにあいそう, もって, もっとも不向き, もとは, やかましいこと, やっぱり, アーサー・シュスターが, 一つ特殊な, 一切口を, 一切口出しを, 一向共鳴, 一番高い, 不向, 不向きな, 不満ばかりが, 世間並みの, 五日でも, 今だに, 付きものです, 仲の, 何にでも, 何んの, 何処か, 余り融通の, 作家は, 使えそう, 使われますまい, 便宜が, 便宜である, 傭はれ, 僕は, 元琵琶法師ロレンソ, 兄哥株だった, 充分であった, 全くかなは, 全く不適當, 全力を, 全部出勤し, 共犯人を, 出ないし, 助手が, 十分である, 危険が, 取りか, 召使を, 同情が, 單衣でなけれ, 四時間も, 困るだらうけれど, 在来の, 変な, 変更を, 多数の, 大いに張合, 大義名分が, 天満宮を, 好意は, 好都合であり, 始終補い, 家ほど, 少しも, 山師が, 屹度一枚の, 差し閊え, 年季を, 当てられなかったが, 役立つ, 得て, 從は, 微塵の, 心尽しの, 必ずしも同様, 必ず一時, 必ず劣敗者, 必ず苦悶, 想像の, 手はずが, 手伝おうとも, 手際が, 持って, 敏活でない, 新米で, 日本が, 明確に, 時に依っ, 最も男性的能力, 有り付けぬという, 本気で, 機械師でも, 武田信玄でも, 氣が, 氣分轉換といふ, 永久に, 決して不自然, 澤山の, 無理だろう, 無邪気と, 無関心な, 無限の, 熱心です, 甚だ都合, 皆それぞれ専門の, 目を, 直ぐに, 相棒が, 相違ない, 真先き, 石見人を, 破滅が, 碁会所も, 神秘とか, 経験の, 耐えられなかった, 自信あっ, 自分から, 自己という, 至って忠実, 至つて忠實で, 色彩の, 莫大の, 行かないと, 誂向きに, 責任を, 躯が, 追, 通信機関が, 過ぎないの, 違ひない, 適当の, 門外漢な, 間接では, 關係しない, 隨分思ひ切つた, 非常に, 非常の, 順序が, 飼馬耕作杣炭焼きなど, 飽き飽きして, 餘り, 魂が, 魂と

▼ 仕事~ (214, 0.8%)

8 のま, を着, を着た 7 をきた 6 のまま 5 の下 4 をつけ 3 をき 2 であるぼったとか, に半, に着替へ, に足, のままの, のまんま, の裾, をつけ組合, を脱い

1 [147件] からも見, からネマキ, から発散, がまだ, が干され, が放り出され, きたる職工幾組, さえもパリパリ, だけ袷, だのなにか, だよ, で, でたすき, でで, でどんなに, ではなく, で働かせたろう, で出かけた, というの, といっ, としては実に, として申分, として身, と初期, と古い, と小綺麗, と翌, と靴, などは知っ, などは蚊帳, なの, にきかえる, にちょッ切帯, にでも着る, にでも近づい, にと言っ, になっ, になる, にはお, にはだし足袋, には海底, にもんぺ, にわざわざ, に手拭, に生れ代った, に着, に着かえた, に着よう, に着換え, に着換えはじめた, に着換える, に着替え弁当, に着替へぬ, に着終っ, に繩, に脚袢, に腕, に靴, のあの, のえり, のずん, のなか, のはんてん, のふところ, のまま横, のまま縁, のむざんに, のよう, のスナップ, のズボン, のハンチャ, のボロ, のポケット, の上, の上衣, の不便, の中, の人, の兄, の全体, の労働者, の半纏, の尻, の山, の形, の役, の情人, の技師, の父親, の男, の皮, の統一, の繕, の背中, の胸倉, の膝, の若い, の裂, の豊か, の豐, は, はこの, は二着っきり, は小倉, は持っ, は荒い淋しい, もぬい, もぬれる, も洗いすすがれ, も着ない, も頬かぶり, も饑じい空腹, やはだし足袋, や肱, らしい軽袗, をかなぐり捨てた, をきせ, をつかん, をつけた, をつけてる, をとり, をぬい, をぬぎすてる, をふだん着, をまとい, をキチン, を一枚, を一枚一枚, を上手, を受取っ, を小ざっぱり, を少し, を差出し, を彼, を未練, を東北地方, を渋い, を焔, を着こみ, を窮屈さうに, を窮屈そう, を脱ぎ, を脱ぎ捨てた, を脱ぎ棄てた, を血, を被, を釘

▼ 仕事でも~ (180, 0.7%)

12 して 5 何でも 4 ない 3 いいから

2 [13件] かまわずさせて, しようと, する, すること, ないから, なかった, なく彼奴, なんでも, やって, よく似た, 仕事を, 同じこと, 楽しんで

1 [130件] あった, ありますの, ありますまいか, ありますよ, ありませんからね, ありませんね, あり充分, あり娯楽, あると, あるとか, あるの, あるので, あるめ, あろう, いたします, ういつぱいになつた, これによ, さがして, さがしますわ, しそう, したいという, したいもの, したくなって, したし, しないこと, しなければ, します, しようかと, すべてこの, するかと, するかな, するだろうね, するところ, するん, する時, する部屋, その, その効果, それだけよくやる, できる, ないかと, ないが, ないじゃ, ないそう, ないでしょう, ないので, ないのに, ないわ, ないん, ない九州, ない限り, なくまた, なく一つ, なく註文主, なく頭, なければ, はじめたよう, はじめて, ふたと, また何, みつけたの, みんなが, やりすぎたきらい, やりながら, やりなさい, やるという, やるよ, よくその, よければ, 一度に, 一所懸命やった, 三時頃まで, 云々, 井戸掘りでも, 人殺しの, 何か, 出来て, 出来る, 勉強し, 単純に, 厭, 口の, 可い, 同じに, 喜んで, 大人並, 大抵は, 女学校出が, 孤立し, 少しでも, 山道の, 巧者に, 引受けました, 彼の, 後援し, 心さへ, 心は, 成るべく世間, 手伝えよ, 捜す, 探さう, 探しに, 明日は, 暴力団でも, 有りませんけれど, 楽で, 残されて, 済んだら, 炭を, 為よう, 片付いたらゆっくり, 生きるため, 眼の, 私の, 素人には, 素晴しく, 結局が, 自分にも, 見付けたいという, 誠実な, 請る, 請負って, 請負つて手金が, 足の, 辛棒強く, 遊びでも, 遠いところ, 金貨と, 開拓的な, 頼むとの

▼ 仕事である~ (174, 0.6%)

5 ことを 4 ということ, ように 3 がこの, がそれ

2 [16件] か, かのよう, かも知れない, から去年, か堂々たる, がこれ, が叔母, ことが, ために, というごく, とすれ, と思ふ, と思われた, と言っ, のだ, のは

1 [123件] かあるいは, かがここ, かが分かった, かのやう, から, からいずれ, からお年, からこれ, からし, からそうして, からである, からとても, からにゃウンと, から一寸, から一層, から二人, から二十日あまり, から他, から勞働, から寺院, から市場, から当人, から折角, から文学者, から確固たる, から能率, から自然, から雀, かを彼, かを思わざる, かを教え, か同じ, がせめて, がその, がため, がゆえに, がナニ, がビュッ, が今, が伝吉, が塩酸亜鉛, が大きい, が実際, が批評, が新劇, が牧野さん, こと, ことから, ことは, こと作品が, し天才, し家屋敷, し読者, そうである, そしてそれ, ため誠心誠意多大の, だけにきっと, だけにこの, だけに言葉, だけに開業日, と, というこういう, という事, という先入観, という平凡, という点, といふの, とさすが, とする, とは云, とは私, とみえ, と世間一般, と信ずる, と同様, と心, と思いました, と思います, と思う, と思っ, と思はれた, と思われる, と申さね, と痛切, と確信, と私, と考えられる, と自覚, と頻りに, にきまっ, にち, にちがい, にもかかわらず, にも拘らず, に拘らず, に相違, の, のか, のでここ, のでこれ, のに鉄道省, のを, ばかりでなく, よ, ようだった, よりもむしろ, よりも寧ろ, 上に, 之は, 以上そうやすやす, 以上やむをえない, 以上偶然の, 何は, 僅か十行二十行, 從つて學理上の, 掃除や, 文学が, 筈だ, 谷中村を, 貯水地と, 限り哲學的思索によ, 雜用まで, 頭腦の

▼ 仕事~ (161, 0.6%)

40 ている 12 ていた 8 てゆく 7 てい 4 てゐる 32 ていらした, てゐた, て午後, て居ります, て居る, て帰っ, て昼間, て来, て金, て頂戴

1 [67件] がいが, たり話し, つつある, てあんまり, ていく, ていくらか, ていたん, ていらっしゃる, ていらつしつた, ていられる, ておかなく, ておきたい, ており, ておる, てから山, てから慶応病院, てから道, てき, てくたびれる, てくる, てくれたら, てこよう, てしまう, てしまっ, てそして, てその, てねむれなく, てはいる, てはれしません, てもそれ, てもらう, てやれ, てゆけたら, てらっしゃる, てゐました, てアンマ, て下, て下され, て今日, て休む, て半日勉学, て夕飯, て夜, て存在意義, て居たら, て居りました, て帰る, て得給, て恰も, て普通, て来た, て来る, て米, て翌朝, て行けたら, て行こう, て行った, て見, て過労, ながらつかれる, ながらの会話, ながらの會話, ながら黙あっ, にく, に行った, クタクタ, 我々の

▼ 仕事から~ (139, 0.5%)

16 帰って 5 手を 3 眼を, 解放され 2 喜んで, 始めて, 帰つて来, 帰ると, 目を, 見れば, 解放された, 解放する

1 [96件] あが, あがる, おぞましげ, かえったところ, かえった時刻, かえって遠のいた, かえる人々, しても, すっかり解放, そしてわれわれ, それの, とにかく親子四人, とりかかった, どういう方法, どんどん上, はじめた, はなれるか, まだ帰っ, まるで血みどろ, みると, わたくしども自身を, 一刻も, 一層癖, 上って, 不行跡へ, 云えば, 云っても, 仕事への, 仕事追い行く, 使ひ走り, 偶然では, 免れようと, 全く心, 全く縁, 分離した, 創造の, 反映し, 外し黙って, 容易ならざる, 少し離れ, 尽きぬ真理, 屠者, 工場の, 帰ったお母さん, 帰ったばかり, 帰った姉, 帰った父母, 帰つた, 帰つて来た, 帰つて来る, 帰らずおちよという, 帰る前, 常に輝き, 引きあげて, 引上げて, 引戻す, 得た資力, 戻ったの, 推し母, 政治の, 救い出したつもり, 早く免れたい, 最後の, 歸らない, 気持を, 演劇活動の, 直接ある, 眼も, 立論の, 締めだされること, 考えを, 職業へ, 脱しきれないもの, 自分として, 自然の, 自由に, 解放したなら, 言って, 話しましょう私, 調べかかる, 足を, 身を, 追い出して, 退かなければ, 逃れ刺戟, 逆に, 逸し勝ち, 遠ざかって, 遠ざけること, 遠のいて, 還らず母, 金を, 離して, 離れて, 離れなかった, 離れればと

▼ 仕事にも~ (127, 0.5%)

3 似て, 身が 2 劣らぬほどの, 慣れて

1 [117件] あきま, あまり精, ありつくしその, ありつくやう, あろうか, いくらかそういう, いっしよに, いろいろある, おれが, お互いの, かからず突っ, かれの, ぐりこもうとあせっているとか借金から, これだけの, さしつかえて, さしひびくし, すこし倦, せよささげて, せよ頭, そういう要素, その志望者, それぞれちゃんと, たがい, たたって, つかないという, とりついたと, ならないらしい, なれて, のりうつれと, べつに苦痛, ぽつぽつ手, また区別, まだ手, まだ馴れなかった, ゆかず好き, よい影響, よき助手, コツが, ロオマンチックにも, 一段落ついた, 一段落つく, 一段落を, 伊藤公の, 体が, 何んかの, 余程興味, 出ずに, 出ず反抗的, 出ず栄二, 出ず食事, 出たけれども, 出なかった, 出られず火鉢, 出られないから, 出られないという, 出られないよう, 出られない程, 出られねえので, 出掛けず弟子, 出掛けないで, 割合荒れない, 劣らぬ精巧, 向きさうな良い, 向きそう, 堪えるだけの, 多少基礎, 夜なべにも, 婦人労働者は, 実は無駄, 家庭的に, 差支えて, 差支えなくて, 張りあいが, 張り合いが, 張合いが, 影響し, 彼は, 心を, 恐らく活気, 慣れ授かる仕事, 成功した, 成功しませんでした, 手が, 手を, 手傳つ, 新しい霊感, 極めて熱心, 楽しみを, 歳寒の, 熱心だつた, 生存にも, 申し分の, 申分の, 真面目で, 破れかけた, 社会革命にも, 筆が, 精出して, 老練家が, 考えなかったかも, 耽つて, 肉体的の, 育つもの, 自分で, 自分なりに, 興味が, 興味を, 行ったこと, 追はれた, 追われでん, 連れ行き居り候川, 關係し, 障られるよう, 餘り, 馴れて, 馴れ土地, 馴染まれたの

▼ 仕事ぶり~ (125, 0.5%)

12 を見 3 をみ, を見る 2 に変り, をする, を偵察, を見れ

1 [99件] がどうも, がわかりました, が値打, が全く, が実に, が炭坑中, その製品, だ, だとても, であった, であぶなく, である, で七年, で何, で夕方畳, というもの, とは婦人画家, と一方, と見事, と観察, と較べ, なぞも殆, なの, にあてつけ, にある, においてこう, にことごとく, についてみれ, について私, になっ, にはいろいろ, にはそんな, に不満, に刺戟, に唖然, に就い, に彼女の, に感服, に止まりたくない, に蔭日向, に豪華, のため, のところ, ののろ, の到る, の推移, の着実さ, の粘着力, の細心, の過程, の開き, は, はいろいろ, はこの, はとても, は主観的, は俗衆批評, は忘れる, は歳月遙永, は注意深く, は私, は笑えない, は紳士, は通り一ぺん, ほんとに見, もただ, も不良少年, も切れ味, も大きく, も恋愛, をあたかも, をし, をじっと, をすまし込ん, をたえず, をながめ, をながめやった, をわざわざ, を一眼, を伝え, を何, を内々スケッチ, を取っ, を堂本印象氏, を完全, を感嘆, を持っ, を整理, を村, を研究, を示しただろう, を見せた, を見せます, を見まわし, を見学, を親切, を評し, を認め, を警戒

▼ 仕事として~ (123, 0.5%)

2 これに, その仕事, 発展し

1 [117件] あたしの, あつた, いったん取除けた, いました, おのずから感想, こういう日常, この大, これくらゐな, これほど, こんな事, そういうこと, その有三, それだけは, それに対して, それは, それを, つまり自分, てくてく克明, はげまなくては, ひそかに, ひっそりした, みて, やって, やつて, よく歓迎, わたしたちに, ゐた, ゐたが, ゐます, ゐる, ゐる古い, アポロウの, ケーテ・コルヴィッツの, ソヴェト同盟内の, ダルメイダによって, ニクロム線を, ピオニェールの, ピッチの, 一人の, 一般化し, 三つの, 主観的な, 云いしれぬ喜び, 企画され, 会が, 何か, 何が, 何を, 例の, 利益な, 十分だった, 博覧会へ, 同様に, 外から, 大きいの, 始終する, 姙産婦と, 実在する, 実行せられた, 居ますが, 居るの, 居る人, 年来蘊蓄した, 引きうけた, 引き受けた専門, 引き合うよう, 思い出したらしく, 急務でしょう, 愉快だ, 成り立つか, 成育し来る, 所謂水挽きした, 扱いろくな, 採り上げて, 推し進めようと, 推進する, 方程式に関する, 春から, 普通には, 暮して, 最も意義, 最後の, 有名である, 有名な, 本当に自分, 東の, 染屋の, 楽しまれたり, 残して, 海外の, 爽快な, 現はれない, 生き甲斐ある, 石油の, 私に, 私は, 第十回, 等身大の, 羨しが, 羽後の, 翻訳は, 考へられること, 考へられる時代, 考へると, 蓋を, 裁判へ, 見る時, 見逃せないもの, 記憶されなく, 設備され, 誠に立派, 費やされたと, 辞書の, 農繁期託兒所を, 適当である, 面白いと, 餘程の

▼ 仕事~ (116, 0.4%)

5 さんと 2 ちうこと, もん閑な, 生活に対する

1 [105件] あそびが, かいあれ, さんの, その仕事, その他の, その他一般の, その他本当にすっかり, その家々, それから, そんな手品師, ないの, なんかを, ね, またその, また多少, また彼, 主義にまで, 久保自身の, 京都の, 人事関係を, 人格や, 人気の, 人生に, 人生における, 仮面を, 何か, 何かで, 何かに, 何かの, 使い走りを, 働きなどをも, 其角が, 力量に, 勉強について, 品性を, 商売の, 喜びから, 夫や, 女房のが, 好ましくない, 娯楽の, 子供達に, 学校の, 学説が, 家の, 家族交友その他の, 小さな机, 心労も, 心労知的興奮試験生活の, 忙しさ, 快楽を, 思い出の, 思想が, 思想や, 慈善の, 成功の, 手芸を, 抱負の, 文化の, 方法に, 旅行にも, 旅行や, 日本の, 昔の, 正に憲政, 気分が, 気配りを, 洗濯や, 煩いの, 牧師の, 生きが, 生活が, 生活の, 町の, 畑仕事に, 社会人生観には, 祖国や, 空気が, 精神を, 素朴な, 組合の, 給料の, 給金の, 絶え間の, 繩なひ, 美しい秩序, 義務の, 脚色やが, 行為は, 計画を, 読書などの, 読書の, 読書や, 調剤の, 身なりが, 遊びに, 遊びや, 金儲けの, 防空用水の, 雑談を, 静かな, 飯爨や, 養蚕にも, 馴れきった生活, 鶏小舎の

▼ 仕事という~ (103, 0.4%)

34 のは 15 ものは 10 ものを 5 ものが 2 のが, ものの, 事は, 二つを

1 [31件] いや応なしの, ことに, ことも, たら夫の, の里見の, ものだ, ものだった, ものつまり, ものであろう, ものに, ものについて, ものについても, ものによって, ものに対して, ような, わけだ, わけで, んなら, 事に, 事を, 仕事に, 仕事は, 仕事を, 分量は, 意味で, 気もちに, 点から, 点を, 繋制, 隠れ家を, 順序で

▼ 仕事部屋~ (96, 0.4%)

2 になっ, に使う, に掛け, のほう, の窓, は酒倉, へ行っ

1 [82件] からふと, から持っ, があっ, がある, がいい, がお, がほしく, が怨めし, が続い, が見たい, だ, だから, だよ, であった, であり私, である, であると, でいろんな, で久しぶり, で人間, で奥, とし, として借りた, となっ, となった, なの, に, にあて, にあてられ, にお, にし, にはいっ, には少々, には彼女, には私, には訪れ, にも都合, に上っ, に使っ, に借りた, に出勤, に坐り, に寒暖計, に幾つ, に引き, に来, に現れ, に相, に立て籠った, に訪ね, に這入る, に閉ぢ籠つて, のこと, のそこここ, のない, のほか, の壁, の外, の板敷, の鍵, は千草, は滝見台, へ, へきこえ, へひっぱりこん, へも出かけなかった, へも詰める, へ入っ, へ往復, へ通つて, へ雪見, もその他すべて守屋さん, も早速, をとびだした, をのぞき, をのぞきこんだ, をよそ, を借り, を持っ, を持つ, を見回る, を設ける

▼ 仕事です~ (90, 0.3%)

97 からね, よ 5 から 2 か, かあの, からその, からな, からまじめ, から別に, ぜ

1 [48件] かこの, かときいた, からあまりに, からお, からきっと, からし, からそれでは, からたとい, からめった, からポケット, から一生懸命, から上, から下手, から今, から今さら, から仕事, から余儀ない, から出来栄えがい, から恒久的財源, から杉浦, から私, から誰, から謹ん, から阿部さん, が, がいずれ, がなあに, がね, がまだすっかり, が今朝, が寿, が諭吉, けれど小説, しまた, そうそうすげない, ぞ, つてね, とお父さん, ね私, もの, もの旦那は, よう, よ二週間社, わ, わねえ, 万事わたしが, 日本文学が, 樹木などは

▼ 仕事じゃ~ (73, 0.3%)

9 ない 6 ありません, ないか 4 ありませんか, ないの 3 ないよ, ないん, ねえか 2 あるめ, ないかとも, ないからね, ないね, ないわね

1 [25件] ありませんよ, あるまいし, から第, ござんせんか, ないから, ないが, ないことに, ないじゃ, ないぜ, ないでしょうか, ないのう, ないやね, ないわ, ない柳生但馬, ない証拠, なくて, なし部屋, ねえさ, ねえよ, アありません, アない, アねえか, 今までの, 他国へ, 頭は

▼ 仕事する~ (72, 0.3%)

4 気に 3 ことに, ように 2 ことは, ために, ということ

1 [56件] かそれ, からこの, ことだ, こと此を, こと考える, ごとに, そういう職人気質, っても張り, つもりが, つもりだった, つもりだったら, つもりな, とき, ときは, と七八十本, と他, と見せ掛け, にはよろしく, には元気, にも仕事, にも散策, にも自ら愉快, に至る, のです, のよ, ひとだ, ほどの慌ただし, ものな, ものに, ものは, よりも器械, よりも愉快, を余念, んだ, 人である, 人の, 人も, 人間は, 体うごかす, 傍らに, 味を, 心持, 必要は, 方法は, 日中の, 時ほど, 気で, 気も, 生活の, 神経は, 積で, 積りに, 者で, 者ども, 能力を, 芸術家は

▼ 仕事に対する~ (54, 0.2%)

2 報酬を, 情熱は, 自分の, 興味に

1 [46件] これ程な, そんな考え方, なかなかの, プログラムであり, 不断な, 偏見の, 努力の, 動きなき, 十分な, 同情ある, 喰ひ下り, 好き嫌いを, 妙な, 強い執着, 彼の, 心持という, 心持又, 忠実さの, 情熱の, 愛情は, 愛着から, 態度も, 欲望が, 無理解, 熱心を, 熱情と, 熱情を, 熱意が, 熱意と, 熱意の, 父の, 現今の, 理解の, 私の, 第一印象, 簡潔な, 緊張は, 興味そのものも, 興味も, 苦しみや, 要求が, 親しみの, 評言の, 近頃の, 酔ひが, 隠れたる

▼ 仕事~ (54, 0.2%)

2 ですから, ですの

1 [50件] からだ, じゃありません, だから, だが, だと, ですけれど, ですね, でその, でも厚化粧, でも平, というわけ, と云っ, など邪魔, なら書斎, にこうした, にさえ各自勝手, には思わぬ, にばたばた, にまあ, にもそれ, に亡くなった, に居ね, に引っぱり出し, に押さえられた, に時々ちょっと, に決断, に酒, のとこ, のアトリエ, のエレベーター係り, のタノシミ, の一人, の僕, の書斎, の漁夫, の秋子さん, はねむらぬ, は水以外, は決して, は突然, は面会, は面会謝絶, も子, も惱, も監視, も言葉數, よです, をお, をおき, 預ったの

▼ 仕事であった~ (52, 0.2%)

3 のである 2 が計画, に相違, ように

1 [43件] から, からこそ自然, からそれら, からである, からです, から迷う, がお, がこの, がこれ, がそれでも, が不意, が任命, が品物, が少年, が庄吉, が彼, が戦争, が私, ことが, ことだろう, ことに, ことは, ことも, し文学史, ために, というよう, ところの, と同時に, と思う, と言った, な, のかしら, のだ, のです, ので弟子達, のにそれでも, ばかりでなく, ようである, わい, 上に, 勿論凡て, 年頃の, 雑誌を

▼ 仕事への~ (49, 0.2%)

2 忌避と, 立直りを

1 [45件] 一日が, 余地を, 倦怠と, 再発足, 凄まじい情熱, 努力と, 奉仕であり, 張りも, 必要な, 忠実とが, 悶えと, 情愛をさえ, 情熱と, 情熱とかいう, 情熱も, 愛も, 愛物への, 愛着が, 数多くの, 未練でも, 歓喜の, 正しい準備, 気力も, 没頭, 満足において, 無意識の, 焦心を, 焦慮も, 熟練と, 熱中と, 熱意や, 熱意を, 理解者として, 祝福を, 精励と, 精進と, 腰を, 自覚誠実情熱の, 良心の, 誇りが, 誠実であった, 責任も, 過小評価仕事への, 道徳も, 關心が

▼ 仕事とは~ (48, 0.2%)

3 何か 2 何でございましょう, 違う

1 [41件] いい条, いえ出来る紙, いたく違う, いつたいなん, いわれなかった, およそ反対, そこに, だいぶ勝手, どうしても受け取れなかった, ならなかったこと, なりません, なんであろう, べつに生活, ゼルシーの, 云え京一, 何です, 何の, 何んの, 何ンだ, 全然妥協, 別に掘り出した, 各自が, 女性の, 少しちがう, 思わないが, 思われずそして, 思われないので, 思われぬ程, 極端から, 殆ん, 決して思われない, 没交渉である, 編輯の, 縁遠い話, 言い乍ら二時三時, 言い兼ねる, 違いますよ, 違うからな, 違う違うと, 関係なく, 関係の

▼ 仕事について~ (47, 0.2%)

3 考える 2 私の

1 [42件] いて, いろいろと, お願いに, この間書いた, こまかい事, そんなお, まじめに, 一つ実際, 何も, 何通かの, 全然ご存じ, 君たち自身が, 喋る茶間, 國民が, 学びたいと, 心残りの, 愚説を, 或る, 打合せを, 流れ進んだ, 父の, 皆目知識, 知りたいと, 知りたいという, 知りません, 考えた, 考えて, 考えないで, 考えながら, 考え希望し, 考え欲す, 考へた, 考へたが, 話した時極点, 語り合つた関係で, 語るだけの, 語るやう, 語るよう, 述べて, 述べよう, 述べようと, 面白い話

▼ 仕事としては~ (45, 0.2%)

1 [45件] この上, この高層雲, これと, これは, さう, それが, どこまでも, どれも, ひそかに, ほとんど何人前, まず着手, もうどうしても自分, アルブケルケが, バルザックの, ランドルト, 一番難か, 一般に, 人間の, 僕が, 前にも, 医者の, 同位元素の, 四年に, 大きく工藝, 大当りに, 女達の, 実に単調, 小さいという, 岸田の, 念の, 持って, 有意義であった, 正に感嘆, 気が, 混合物と, 畑の, 社会的に, 私たち配達が, 荷が, 行けるところ, 被害が, 西洋の, 鉄屑の, 非常な, 面白い芝居

▼ 仕事だった~ (40, 0.1%)

3 のです 2 からである, のだ, のである

1 [31件] かも知れぬ, からともいえましょう, から手紙, から本気, がある, がさまざま, がそこ, がそれ, がそれに, が一週間, が偶然, が彼, しまた, し混む, といっ, とむしろやや, にきまっ, に相違, のであります, ので濃淡, ので箸, のにあいつ, のに下働き, のに今, ほど辛い, ものだ, ものです, もんです, よ, んでしょう, ネ親分

▼ 仕事振り~ (40, 0.1%)

3 を見 2 だつた, です, を眺め

1 [31件] がある, がはつきり想像, が意, が気に入らなかった, だった, だね, であった, である, で出来, で品, には私, に及ぼし, の中, の落着き拂つた態度, はという, は今, は始終, やかれ, をあっし, をあつし, をながめ, をみ, を偶, を参観, を感心, を毎日朝, を見せる, を見よう, を見習っ, を見習つて來, 生活振りに

▼ 仕事なら~ (37, 0.1%)

2 明日に

1 [35件] あるいはそれ, いやになる, お仕事, お手のもの, こんな落書, すらあな, そう難儀, その人たち, それでよい, それも, ちょうど良い, って暮そう, ばまあ, ば何, ば何ん, ば引き受ける, ば文句, ば断然, ば某, ほかの, やつて, ん一筋道ゆゑ御, ペテンを, 丁度良い, 万引でも, 何んでも, 早いから, 早く行つた, 楽な, 無料でも, 皆の, 確かである, 私たちは, 私は, 自慢じゃ

▼ 仕事~ (35, 0.1%)

5 の上 2 の前

1 [28件] いちいち鞘, から店仕切り, から戻っ, から錆びた, があり, がおい, さえあったら, で呆, とその, にしつかり, に写真, に向っ, に坐る, に小さい, のそば, のほう, のまえ, のよこ, の下, の位置, の引き出し, の抽出, の抽斗, の方, の隅, もきれい, らしいもの, を据え

▼ 仕事そのもの~ (34, 0.1%)

1 [34件] がいよいよ, がそっくりそのまま, が不純, が必ずしも, が精, が自分, であった, であります, としても好い, にしろ, について, によってどう, に全身, に熱情, に興味, に魂, の, のじみ, のせい, のため, の上達, の中, の点, はむずかしく, はマジメ, は世間, は簡単, への意欲, もいかにも, よりは何, より自分, を余り尊敬, を愛し, を目的

▼ 仕事らしい~ (33, 0.1%)

9 仕事を 7 仕事は 5 仕事も

1 [12件] がそれ, が乘, ことも, ことを, のである, ので久方ぶり, ものも, ものを, んだ, 仕事し, 仕事な, 仕事の

▼ 仕事といふ~ (29, 0.1%)

8 のは 6 ものは 2 のが, ものの

1 [11件] こと喋り出す, のも, ものが, ものを, もんは, 事に, 仕事は, 大きな抱負, 大した仕事, 意気込で, 条件の

▼ 仕事など~ (29, 0.1%)

3 手に 2 して, ならば

1 [22件] させたくない, させられると, しない, しないで, しながら, する事, する時, ねっからあり, ぼんやり考え, まったくしなくなった, まるで手, もたず五日, やりよう一つ, 出来ず, 出来ず遠い, 出来そう, 出来ない単なる, 出来る身分, 委しく訊かれ, 容易に, 彫刻は, 私は

▼ 仕事に対して~ (29, 0.1%)

2 私は, 非常に

1 [25件] あわれみと, いつも忠実, すぐれた腕, その仕事, たとい量, とにかくかすか, なんの, ねばりが, 一日三円もの, 何らの, 僕は, 入念だった, 宗教的な, 彼は, 御自身気, 新たに, 日増に, 真剣な, 純一無雑, 給料を, 自分の, 著しい尊崇感, 蹉く, 軽率な, 通俗的評価は

▼ 仕事~ (29, 0.1%)

2 足を

1 [27件] かり立てない, かり立てるため, でかけて, でかけると, のって, まわれば, 仕事へと, 全ヨーロッパ, 全心全力, 出かけて, 出るところ, 向き直った, 向は, 妬情を, 帰ったらどう, 引いて, 引き入れて, 戻って, 打ち込む情熱, 来るとき, 癇癪を, 行くならわたし, 行け, 趣味も, 践み出す恐, 運ぶ捨石, 飛びこもうと

▼ 仕事~ (28, 0.1%)

12 やない 4 やありません 2 や, やある, や無 1 やぞ, やてのう, やなく, や何, や卯平, や強か

▼ 仕事との~ (27, 0.1%)

3 間に

1 [24件] いきさつにおいても, やりくりその, 上に, 価値を, 対立が, 専心は, 成果の, 摩擦を, 本質について, 比較には, 生活を, 矛盾は, 種々の, 綜合で, 繋がりによって, 見境いが, 連関でも, 間あるいは, 間には, 間の, 間を, 関係で, 関係を, 関連が

▼ 仕事なんか~ (27, 0.1%)

2 して

1 [25件] いくらでもある, さぞ面白く, しては, しないで, すると, だったらきっと, できない, できやしません, どうだって, やって, やっぱり永い, フッツリと, 出来っこないと, 出来ねえという, 出来るかい, 少しも, 手に, 手伝って, 捜して, 探したためし, 殆ど手に, 生まれて, 神に, 筆が, 自分にとって

▼ 仕事~ (27, 0.1%)

5 の下 2 に向っ, の上, の前

1 [16件] から離れ, で並んでる, として大きな, との間, と仕事台, にこし, にせい, にむかった, に寄っ, のまわり, の側, の鉤金, へ正面, まで運ん, もある, も万力

▼ 仕事でない~ (25, 0.1%)

5 ことは 3 ことを 2 ことが

1 [15件] から有る, だけに手, とこういう, とする, と云う, と理解, と考える, のだ, のであっ, のは, のを, ばかりか幾多, ようです, ように, 限り多くの

▼ 仕事ばかり~ (25, 0.1%)

7 して

1 [18件] させて, させられました, させられるよう, してないで, してるから, だ, であった, でそれ, でなく外, でなく箸, で何ら, で文明, なので, やつて, ァそう, 多いこの, 朝に, 為ます

▼ 仕事以外~ (24, 0.1%)

3 のこと, のもの

1 [18件] たのしみは, ではお金, で生意気, にございますまい, にはすべて, にはどこ, には何一つ, には当分, に何, に何かしら自分勝手, に何者, に観光協会, のどんな, の時, の興味, の言葉, の道楽, 面白くなし

▼ 仕事によって~ (22, 0.1%)

1 [22件] ある程度の, すっかり様子, その人間, それぞれの, はじめて鮮明, 一定の, 人類全体に, 其日其日の, 完全に, 尊敬すべき, 得られるの, 或る, 暗黒な, 死後の, 水量が, 注ぎ込んで, 生ずるという, 真に民衆, 糊口し, 結ばれるの, 賃銀を, 金もうけを

▼ 仕事~ (20, 0.1%)

1 [20件] いずれに, さもなければ採用者, そうでなけれ, それとも誰, どうか, どうかと, ひとつお, ほ, フフウそいつあ, 俺らあいつは, 分らぬながら, 君には, 外部に, 大抵は, 悪人ながら, 栄二は, 等, 等と, 見届けて, 飯が

▼ 仕事さえ~ (20, 0.1%)

3 して 2 あれば

1 [15件] あったら, こんないなか, こんなに僕, すりゃいい, すれや, できなくて, とかく手, なかったら, なければ, ものを, 出来ない今, 出来れば, 好く心得てりゃ, 無ければ, 見つかれば

▼ 仕事だけ~ (20, 0.1%)

5 では 3 あって

1 [12件] して, だという, である, であるが, であるここ, でたかが, で五時間, はやります, まとめて, 助力する, 残せばい, 遊ぶ日

▼ 仕事だけに~ (20, 0.1%)

1 [20件] いそしんで, たった一万円, どうしても若い, どこの, なっては, なりたいの, 一心不乱に, 働きも, 夢中で, 子供らし, 小綺麗に, 巌畳な, 従事したい, 微に, 心は, 是非し, 是非為て, 没頭したなら, 羽の, 豆を

▼ 仕事まで~ (20, 0.1%)

2 ほめたり, 自分で

1 [16件] あなたの, させられて, させる老, どれ程, なさらずとも, もって, やって, やらせて, 与八を, 代脈と, 休んで, 心得て, 手伝ふ, 時間が, 減らされて, 精出して

▼ 仕事~ (20, 0.1%)

5 を着 2 の男

1 [13件] と前掛け, にて襟かざり, に戦闘帽, のズボン, のポケット, の上, の下, の水兵たち, もだぶだぶ, をきた, をつけ, を一着, を穿き

▼ 仕事かも~ (19, 0.1%)

6 知れないよ 2 知れないぜ, 知れないと 1 しれん, 知れない, 知れないぞ, 知れないとまで, 知れないの, 知れませぬが, 知れません, 知れませんよ, 知れんぞ

▼ 仕事それ~ (18, 0.1%)

2 が美

1 [16件] から科学, がただ, くらいな, さえもさせぬ, で生活, にたべる, に使用, に憑かれ, はわからない, は全, は全く, も縁, をあんなに, をこの, 未だ見出しません, 見出すこと大切

▼ 仕事であり~ (18, 0.1%)

1 [18件] かつその, この點, その原因, それだけに心, ただそれ, はじめは, まためいめい, また俳優, 之を, 今日の, 作品の, 出世の, 千里の, 大いに名誉, 弟へ, 彼にも, 文藝春秋社の, 道な

▼ 仕事などは~ (18, 0.1%)

1 [18件] あまりした, おもに正代, しないらしい, そっちのけに, そのいい, できる筈, みんなウワ言の, 全く知らない, 半日も, 女が, 忘れて, 手に, 松根の, 決してしない, 誰にでも, 身に, 金の, 難しいと

▼ 仕事であろう~ (17, 0.1%)

2 が青々, と思われる

1 [13件] が, が人間二人三人, が文化貢献, が私, という気, とその, とつまらぬ, とも必ず, と痛く, な, などと今更, 併し, 拙者は

▼ 仕事をも~ (17, 0.1%)

2 甘んじて

1 [15件] いかなる屈辱, かく細か, こめて, したら出来る人, その一実例, つとめる源, もちろん引き受け, よく耐え忍ぶ, 全く放棄, 分けて, 分与て, 助けたいとは, 成し遂げない高慢, 承わっ, 請け合うの

▼ 仕事しか~ (16, 0.1%)

3 して 2 しないの, なかった 1 しない, しないという, しようと, できない者, できん, ないなんて, 出来ぬであろう, 爲さない, 見つけて

▼ 仕事しよう~ (16, 0.1%)

3 と思っ 2 とし

1 [11件] かと考えました, で当時売出し中, とした, としてお, としてもちっとも, として居たら, とする, と勢, と思います, と思った, と言ってる

▼ 仕事だけを~ (16, 0.1%)

1 [16件] お願い致します, され政治, して, する分, すれば, のこしたの, やれば, 勤めて, 守って, 少しずつ, 引受けて, 待つた, 考えて, 観て, 請負って, 頼みました

▼ 仕事だって~ (16, 0.1%)

2 その日, 出来るだろうと

1 [12件] この百姓仕事, して, そうだ, やはり前人未踏, 俺は, 出来ないじゃァ, 出来ないわけ, 図々しく盗める, 大して独立, 思うよう, 私は, 駄目だ

▼ 仕事でした~ (16, 0.1%)

2 から, がそれでも, が力自慢, ね 1 からかき終っ, がその, がみんな, が幸, が幸い, が私, が私たち, の

▼ 仕事よりも~ (16, 0.1%)

1 [16件] おれは, この事件, さらに気, むずかしかった, もっと有効, より多く, カンジンの, 一層道楽半分, 伊兵衛殺しの, 尊く高い意義, 広い意味, 構成する, 義父の, 蟹を, 誰も, 象徴風の

▼ 仕事~ (16, 0.1%)

1 [16件] から帰, から自宅, が二ツ, が気, で手, で梯子, で聞い, で金太, として多喜子, について棟梁, に居た, のこと, の箱根, の逸見若狭守, の都合以外, を庇っ

▼ 仕事~ (16, 0.1%)

1 [16件] が干, にしん, に換, に破れたる, に身, の儘, の胸, はマン, やが一方, やら穢い, を先づ着, を抓ん, を着, を着替へ, を裾長, を覆う

▼ 仕事したい~ (15, 0.1%)

1 [15件] からだ, から家, し片方, という, という欲望, とき自分から, と云っ, と思います, と思う, と話す, な, のです, のなら, ものだ, 仕事が

▼ 仕事だけは~ (15, 0.1%)

2 して

1 [13件] あれほど, させて, なほこれから, やって, やらねば, ズボラでない, 仕上げて, 他人に, 彼程, 手を, 捗取らせなくては, 特に劇薬, 約束を

▼ 仕事だろう~ (15, 0.1%)

2 か, と思います

1 [11件] が, が無論, と思っ, と思われる, と睨んだ, と考え, と苦笑い, な, などといった, 内部は, 奥で

▼ 仕事した~ (14, 0.1%)

1 [14件] からよかっ, ころだ, ところで, と思ったら, なんて人, のが, のよそれぞれ勉強, ものを, ような, 人は, 後の, 後は, 者でなけれ, 連中は

▼ 仕事とを~ (14, 0.1%)

1 [14件] おごって, お与, ハッキリ区別, 互に切り放した, 低く見積る, 地道に, 夫, 媒介と, 廣い, 持つこと, 父は, 甄別する, 目的と, 縺れさせぬやう

▼ 仕事~ (13, 0.0%)

1 [13件] あの悪党奴, か, がし, がしであった, ね, へあり, へあれ, へし, へすり, へ出, へ出来れ, へ興味, へ見つかれ

▼ 仕事などを~ (13, 0.0%)

3 して 1 したの, しなければ, するの, 任せて, 喜んで, 心がけないでも, 手伝って, 押しつける始末, 探させましたが, 致して

▼ 仕事については~ (13, 0.0%)

1 [13件] これ以上の, こんな風, ずっと私, まだ具体的, 一言も, 今更私, 何も, 先ず第, 力量に, 拙者の, 次に述べます, 甚右衛門が, 私と

▼ 仕事でなく~ (12, 0.0%)

1 [12件] ちゃ出来ない, ちゃ駄目, ちや出来ない, てはならなかった, てはならぬ, てももっと, て何, と申し, イデヤの, 一般に, 彼の, 材料と

▼ 仕事において~ (12, 0.0%)

2 わが臓腑 1 であると, 三昧に, 世界を, 吾, 哲学者は, 哲學者は, 女が, 彼等と, 忠実である, 支持し

▼ 仕事にばかり~ (12, 0.0%)

2 没頭し, 熱中し 1 うちこんで, 取り付いて, 坐って, 夢中に, 屈託し, 心を, 追われて, 追われてるん

▼ 仕事であっ~ (11, 0.0%)

1 [11件] て, てあなた, てこそ個性, てその, てみれ, てむつかしい, て予定, て他, て幕府, て芸術自身, て触覚

▼ 仕事でなけれ~ (11, 0.0%)

4 ばならない, ばならぬ 1 ば, ばまた, ばよい

▼ 仕事にでも~ (11, 0.0%)

1 [11件] とりか, とりかかった様子, 取りかかろうとして, 同じよう, 役に, 彼女らが, 御雇い願えれ, 手を, 熱中する, 眼鼻を, 豹一は

▼ 仕事仕事~ (11, 0.0%)

2 という 1 た, ただ仕事, だったに, で忘れろ, といつも, とかつぎ, と云う, と人間, と言っ

▼ 仕事道具~ (11, 0.0%)

2 はミシン 1 が揃え, として必ら, の饅頭, らしい手提袋, をこんなに, をなげすて, をもっ, をカチャカチャ, を送っ

▼ 仕事って~ (10, 0.0%)

2 のは, ものは 1 きみの, こんなもの, やつで, 何が, 何さ, 辛いも

▼ 仕事でございます~ (10, 0.0%)

1 からなあ, から先以, から当然最も, けれども使われる, しかも作業, とも, な, ね外国, ので広い, よ

▼ 仕事とか~ (10, 0.0%)

1 かわりを, そういうこと, その労力, つぎ廻っ, つまらぬ仕事, 区別を, 成功とかについて, 更に会員親睦, 様子とかいう, 精密工学とか

▼ 仕事なぞ~ (10, 0.0%)

1 がそれ, しないの, に何, の仕掛け, は貧乏人, もいくら, も本職, をせん, 大したも, 誰が

▼ 仕事なんて~ (10, 0.0%)

1 ありゃしない, いうもの, お気に, だれが, できるもの, ものは, やめるん, ホントは, 云える, 言いますけれど

▼ 仕事ほど~ (10, 0.0%)

1 すばらしいお, 却ってゆっくり研究, 君にと, 多岐多端に, 崇高な, 時間を, 楽しい仕事, 疲れは, 行り, 頼りに

▼ 仕事より~ (10, 0.0%)

1 ほかに, 体も, 外に, 大きいや, 手で, 果し得ないの, 熱の, 親方の, 読者にも, 辛い筈

▼ 仕事~ (10, 0.0%)

1 に轉落, のアッパッパ, のアツパツパ, のニッケル鍍金, の前掛け, の大きい, の必要部分, の砧, の軍手, の長板

▼ 仕事こそ~ (9, 0.0%)

2 何よりも 1 おそいが, 却ってその, 少からぬ, 本当に人間らしい, 私には, 自分の, 難事中の

▼ 仕事その~ (9, 0.0%)

1 なかでの, 二は, 仕事に, 容易の, 物から, 物にも, 物の, 物を, 絵の

▼ 仕事としての~ (9, 0.0%)

1 いわゆるモンタージュ, スケジュールは, 何かが, 価値を, 学説に, 必然性が, 成果である, 緊張が, 自覚誠実が

▼ 仕事としても~ (9, 0.0%)

1 あるいは十年二十年, これは, よろしいよ, 張合いが, 必要じゃ, 日本の, 追っ着かぬほどの, 長つづき, 面白いかも

▼ 仕事なり~ (9, 0.0%)

2 恋なり 1 と思ひぬ, と思ひゐたる, 余の, 専門の, 彼奴を, 考えなりは, 行動なり

▼ 仕事にか~ (9, 0.0%)

4 かつた 2 かつてゐた 1 かつてゐるであらう, かつてゐるらしい, ぢりついた

▼ 仕事みたい~ (9, 0.0%)

1 であるが, でなんだか, ないや, なところ, なもん, にうれしい, に思うらしい, に思われ, に気

▼ 仕事かと~ (8, 0.0%)

1 お尋ねに, 不遠慮, 云ふ, 思いながら, 思いますね, 聞くつもり, 言うと, 訊いて

▼ 仕事しなけれ~ (8, 0.0%)

3 ばならぬ 2 ばいけない, ばならない 1 ば作戦

▼ 仕事によ~ (8, 0.0%)

3 つては 1 つて傳はる, つて判斷を, つて職人が, つて自分で, つて自己維持の

▼ 仕事はじめ~ (8, 0.0%)

1 え, さえすれ, に潜水隊員, に百円, のため, の夜, の日, よ

▼ 仕事~ (8, 0.0%)

2 を探し 1 だけは世話, でも見つけれ, のない, も無い, をさがし, を棒

▼ 仕事小屋~ (8, 0.0%)

1 であった, でして, にぼんやり, に連れこまれ, の中, へはいっ, を建て, を閉め

▼ 仕事と共に~ (7, 0.0%)

2 手仕事が 1 また新築, 日本諸学なる, 明治年代に, 第三, 閉ぢこもつ

▼ 仕事なんぞ~ (7, 0.0%)

1 ありつこないの, しないでも, するもの, する気, ないとき, ろくにありやし, 眞つ

▼ 仕事についての~ (7, 0.0%)

1 こと, ノート, 愚痴が, 煩は, 理解が, 長上との, 関心も

▼ 仕事に対しては~ (7, 0.0%)

1 どんな困難, 主婦が, 充分に, 理解も, 自分の, 諸所の, 頗る不便不自由

▼ 仕事仲間~ (7, 0.0%)

1 としては腹立たしく, と一緒, なの, に云った, に警告, はおまえ, はべつ

▼ 仕事即ち~ (7, 0.0%)

1 ロクロを, 余技に, 器体の, 土によって, 新劇運動の, 経験は, 職業としての

▼ 仕事好き~ (7, 0.0%)

1 がその, でおいで, とだけ考えられなかった, にて少し, の主人, の勇気, を通り越し

▼ 仕事熱心~ (7, 0.0%)

1 だなあ, で金五郎, なところ, な壮年者, な真面目, のあまり, の看護人

▼ 仕事自体~ (7, 0.0%)

1 が国家, が純粋高尚, に対して世間, に対する偏見, に意識, の持つ, 面白いには

▼ 仕事すまし~ (6, 0.0%)

1 てぶらさげ, て出かけなけれ, て午, て帰っ, て板伝い, て雪

▼ 仕事だけが~ (6, 0.0%)

1 あんたの, 彼の, 是なりとは, 残されて, 無上に, 精一杯の

▼ 仕事つまり~ (6, 0.0%)

2 全然無意味 1 制作手段に, 大衆を, 当時の, 死刑囚の

▼ 仕事でありまし~ (6, 0.0%)

1 てどうして, て実際, て機械, て理知, て美的趣味, やうか

▼ 仕事であります~ (6, 0.0%)

1 から思わず, から本当に, から舅姑, から面目, が他, 従って製作品

▼ 仕事であれ~ (6, 0.0%)

2 男女の 1 それに全, ばこそこの, ばこそ未来永劫, ばまた

▼ 仕事とが~ (6, 0.0%)

1 あること, いるの, 二つでは, 二つに, 外見上は, 待って

▼ 仕事についても~ (6, 0.0%)

2 等しくいえる 1 これまでの, もはや二十五, 欲望持たず, 生活法についても

▼ 仕事にまで~ (6, 0.0%)

1 けちを, ドスを, 干渉し, 広がって, 押しあげたの, 身を

▼ 仕事に対し~ (6, 0.0%)

1 主観的で, 常に尊敬, 文明の, 疑いを, 穀物一ブッシェルの, 芸術的立場から

▼ 仕事に関する~ (6, 0.0%)

1 われわれ自身の, 打合せを, 柳橋の, 様々な, 知識を, 範囲では

▼ 仕事のみ~ (6, 0.0%)

1 ならず出版, ならず壁塗り, ならず彼, 出来るよう, 夢中に, 面白し

▼ 仕事やの~ (6, 0.0%)

3 お京さん, 家へ

▼ 仕事を通じて~ (6, 0.0%)

1 たとえば原子力, 一個の, 女が, 現代に, 現代における, 結ばれます

▼ 仕事一つ~ (6, 0.0%)

1 かたづいた, で造花, にも真心, に女流探偵, の生活, も実行

▼ 仕事出来る~ (6, 0.0%)

1 かやっ, かわかった, ときひる, のかしら, もので, 丈の

▼ 仕事始め~ (6, 0.0%)

1 で大畑, にそれ, に職工, のお, のかき入れ時, のサイレン

▼ 仕事終った~ (6, 0.0%)

1 という顔, ときなんか, と云う, のだ, 後節子は, 素子は

▼ 仕事してる~ (5, 0.0%)

1 ことを, それを, とこで, んだろう, 時も

▼ 仕事とも~ (5, 0.0%)

1 いえる, 別れたの, 月日とも, 遊びともし, 関係の

▼ 仕事なさる~ (5, 0.0%)

1 ことに, とか, のだ, のです, んです

▼ 仕事なし~ (5, 0.0%)

2 では 1 だとは, で, で暮したわけ

▼ 仕事などに~ (5, 0.0%)

1 わらぢで, 使はれ, 励んで, 取り紛れて, 情熱を

▼ 仕事にかけては~ (5, 0.0%)

1 じゅうぶんぼく, 俺の, 機敏で, 胆も, 膽も

▼ 仕事にのみ~ (5, 0.0%)

1 うずめられて, かかりしは, 心を, 掛りしは, 熱中し

▼ 仕事による~ (5, 0.0%)

1 のだろう, 不在者は, 報酬国家によって, 報酬國家によ, 甘美なる

▼ 仕事へと~ (5, 0.0%)

1 かり立てるよう, 立ち向うべく奮起, 精進する, 追いやろうという, 追い立てられる私達

▼ 仕事やっと~ (5, 0.0%)

1 かかれる, すむ, 一段落モスク, 着手, 間に合いました

▼ 仕事やら~ (5, 0.0%)

2 台所やら 1 で会わずに, わかりませんし, 店の

▼ 仕事よりは~ (5, 0.0%)

1 さしゑ風の, ずっと張り合, 云ふまで, 田沼邸の, 算盤の

▼ 仕事を通して~ (5, 0.0%)

2 であったが 1 始めて, 直ちに實, 知ること

▼ 仕事~ (5, 0.0%)

1 になんらかの, の交渉, の參考, の打合せ, の話

▼ 仕事休み~ (5, 0.0%)

1 じゃけみんな, に裏庭, に飲ん, の日, を用意

▼ 仕事~ (5, 0.0%)

1 に思つて, はいたします, はなした, は出, 割切れない理窟通り

▼ 仕事~ (5, 0.0%)

2 かあります 1 うも, か与える, をすれ

▼ 仕事或は~ (5, 0.0%)

1 人を, 今までの, 本来の, 演技という, 音楽の

▼ 仕事~ (5, 0.0%)

1 は換算率, をもさせ, を携, を盛ん, を禁じ

▼ 仕事~ (5, 0.0%)

1 がちやう, で板, の上, の下, の前

▼ 仕事ある~ (4, 0.0%)

2 のみ 1 のみかうし, のみこうして

▼ 仕事これ~ (4, 0.0%)

1 でよい, は総, は總七, より燃

▼ 仕事さき~ (4, 0.0%)

1 で大, の町名, や飲屋, を一々

▼ 仕事すんだ~ (4, 0.0%)

2 という風 1 のだ, ターニャが

▼ 仕事だけでも~ (4, 0.0%)

1 やはり彼女, 大分彼女の, 手が, 限りが

▼ 仕事でしょう~ (4, 0.0%)

31 がそれでも

▼ 仕事どころ~ (4, 0.0%)

2 では 1 でない, の話

▼ 仕事なかば~ (4, 0.0%)

1 でいつ, どころかもう, に帰れる, に自分

▼ 仕事なども~ (4, 0.0%)

1 いって, して, 初め父が, 取掛り

▼ 仕事なれ~ (4, 0.0%)

2 ども世間多く 1 ど何, ば殺人

▼ 仕事にたいして~ (4, 0.0%)

1 前借を, 十分の力をもっては, 影響する, 趣味を

▼ 仕事にな~ (4, 0.0%)

1 つてし, つてしまつ, つてゐた, つて居ります

▼ 仕事に関して~ (4, 0.0%)

1 われわれの, 予め貴女, 古跡の, 同僚であった

▼ 仕事はと~ (4, 0.0%)

2 いうと 1 つくに, 聞くと

▼ 仕事ばかりを~ (4, 0.0%)

1 お引き受けに, して, 特に専念, 研究し

▼ 仕事までを~ (4, 0.0%)

1 する, 全部自分たちで, 動かそうと, 相当の

▼ 仕事やっ~ (4, 0.0%)

1 てこの, てしまっ, て熟睡, て貰っ

▼ 仕事やる~ (4, 0.0%)

1 という工合, とね早速, にはいつも, のか

▼ 仕事~ (4, 0.0%)

1 でもあり, の隅, は川, 見せて

▼ 仕事~ (4, 0.0%)

3 のお 1 でどんな小さな

▼ 仕事帰り~ (4, 0.0%)

1 に来た, に諸方, の山, の農婦等

▼ 仕事最中~ (4, 0.0%)

2 こんな心持 1 に先生, の主人

▼ 仕事~ (4, 0.0%)

1 がそう, が高鳴る, とは私, を害する

▼ 仕事疲れ~ (4, 0.0%)

1 かと思ひ, のうたた寝, の奄々, らしい伸び

▼ 仕事着姿~ (4, 0.0%)

1 でゐた, でロダン, ながらいつも, の被告たち

▼ 仕事~ (4, 0.0%)

1 一に, 一他の, 三は, 二が

▼ 仕事からの~ (3, 0.0%)

1 収入で, 収穫であり, 帰途毎夜一緒に

▼ 仕事からも~ (3, 0.0%)

2 離れて 1 一切手を

▼ 仕事しない~ (3, 0.0%)

1 でこんな, ときは, と寝られない

▼ 仕事しなく~ (3, 0.0%)

2 ちゃいけない 1 てはそう

▼ 仕事し得る~ (3, 0.0%)

1 くらいには十分世界, ということ, コンディションの

▼ 仕事~ (3, 0.0%)

2 やない 1 まひ恩に

▼ 仕事せず~ (3, 0.0%)

1 この手紙, トロ, モンテルランの

▼ 仕事その他~ (3, 0.0%)

1 できのう, の見当, 種々差し支え

▼ 仕事それから~ (3, 0.0%)

1 それを, 彼の, 洗濯縫い物ワラジ作りそして

▼ 仕事たる~ (3, 0.0%)

1 に過ぎぬ, を失はぬ, 有名な

▼ 仕事だつた~ (3, 0.0%)

1 がさうかと, よ, ネ親分

▼ 仕事だの~ (3, 0.0%)

1 世帶染みた, 手紙の, 遺産の

▼ 仕事だらう~ (3, 0.0%)

1 この様式化, し俳優達, どうもあの

▼ 仕事とでも~ (3, 0.0%)

1 いうよう, 云ふ, 思ふんけ

▼ 仕事どう~ (3, 0.0%)

1 した表, とりついて, なったかしら

▼ 仕事ない~ (3, 0.0%)

2 し勤労 1 わい

▼ 仕事などが~ (3, 0.0%)

1 厭に, 遠くに, 雑然混然として

▼ 仕事なんかは~ (3, 0.0%)

1 どうでも, 死後に, 眞つ

▼ 仕事なんぞは~ (3, 0.0%)

1 ここに, 一言見つける, 此の

▼ 仕事における~ (3, 0.0%)

1 奴隷と, 有能性から, 自分の

▼ 仕事につれて~ (3, 0.0%)

1 囚人らの, 婦人は, 行つたといふ

▼ 仕事にとり~ (3, 0.0%)

1 かかれずまた, かかれた, 組みはじめたの

▼ 仕事ばかりに~ (3, 0.0%)

1 使い一歩, 熱中する, 精出して

▼ 仕事へは~ (3, 0.0%)

1 出すまいと, 帰らぬ, 手を

▼ 仕事もしくは~ (3, 0.0%)

2 動作は 1 計画に

▼ 仕事やが~ (3, 0.0%)

2 通せる物 1 通せるもの

▼ 仕事らしく~ (3, 0.0%)

1 それでは一輪八銭づつ, 彼等の, 現に印章

▼ 仕事をば~ (3, 0.0%)

1 ここで, 神聖かつ, 組織の

▼ 仕事~ (3, 0.0%)

1 廃シ絶対安静ノ, 引キ受ケテクレルカ, 済マセ汚

▼ 仕事一切~ (3, 0.0%)

2 を見積っ 1 を任せ

▼ 仕事仕舞~ (3, 0.0%)

2 にし 1 から晩

▼ 仕事以上~ (3, 0.0%)

1 に美しい, のもの, の事

▼ 仕事初め~ (3, 0.0%)

1 から司法, に肥し, の日

▼ 仕事~ (3, 0.0%)

2 への自信 1 の不公平

▼ 仕事喰ひつ~ (3, 0.0%)

3 いても

▼ 仕事~ (3, 0.0%)

2 又仕事 1 が白む

▼ 仕事姿~ (3, 0.0%)

1 がえい, のまま庭, のマクシム

▼ 仕事本位~ (3, 0.0%)

1 になり, の立場, の競争

▼ 仕事終る~ (3, 0.0%)

1 と放りだされた, まで林町, やホテ・グリ

▼ 仕事関係~ (3, 0.0%)

1 のいっさい, の仁科, の時

▼ 仕事あたり~ (2, 0.0%)

2 を志し

▼ 仕事ありまへん~ (2, 0.0%)

2 やろかな

▼ 仕事いたしました~ (2, 0.0%)

1 からいろいろ, ね

▼ 仕事~ (2, 0.0%)

1 休みに, 済ましに

▼ 仕事からは~ (2, 0.0%)

1 外れました, 脱して

▼ 仕事がち~ (2, 0.0%)

1 がふから, やんと

▼ 仕事がわり~ (2, 0.0%)

1 に忙しく, に捗った

▼ 仕事がをは~ (2, 0.0%)

1 つた切手を, つてから

▼ 仕事こそは~ (2, 0.0%)

1 世界の, 郷土の

▼ 仕事この~ (2, 0.0%)

1 ザイレの, 苦しい仕事

▼ 仕事したら~ (2, 0.0%)

1 よさそう, 手伝に

▼ 仕事しましょう~ (2, 0.0%)

1 でもまだ, ね

▼ 仕事します~ (2, 0.0%)

1 か, かしません

▼ 仕事じゃあ~ (2, 0.0%)

1 ありませんが, ないか

▼ 仕事すぐ~ (2, 0.0%)

1 労れ, 掌に

▼ 仕事すら~ (2, 0.0%)

1 してを, 手伝った

▼ 仕事それ自体~ (2, 0.0%)

1 に対する社会一般, を目的

▼ 仕事~ (2, 0.0%)

1 あいったい, このできた

▼ 仕事だけで~ (2, 0.0%)

1 一ぱいだ, 手いっぱいだ

▼ 仕事だつ~ (2, 0.0%)

1 ていい, ていは

▼ 仕事っぷり~ (2, 0.0%)

1 が気, もどっか冷淡

▼ 仕事つて~ (2, 0.0%)

1 いふもん, 辛いも

▼ 仕事つまんねえ~ (2, 0.0%)

1 な, なあ

▼ 仕事でありました~ (2, 0.0%)

1 がいつしか, けれどもこれ

▼ 仕事できる~ (2, 0.0%)

1 やうなら, ようなら

▼ 仕事でございました~ (2, 0.0%)

1 から, よ

▼ 仕事でさえ~ (2, 0.0%)

1 あった, ある

▼ 仕事でしか~ (2, 0.0%)

1 なかった, 無かった

▼ 仕事でへ~ (2, 0.0%)

2

▼ 仕事といつて~ (2, 0.0%)

1 はなかつた, はべつだん

▼ 仕事とても~ (2, 0.0%)

1 なくその, 無く気

▼ 仕事とともに~ (2, 0.0%)

1 妻が, 自分も

▼ 仕事とに~ (2, 0.0%)

1 よく意, 返らなければ

▼ 仕事などといふ~ (2, 0.0%)

1 ものが, ものは

▼ 仕事などの~ (2, 0.0%)

1 ために, 出来る者

▼ 仕事ならいろ~ (2, 0.0%)

2 気が

▼ 仕事なりを~ (2, 0.0%)

1 実行する, 片づけて

▼ 仕事なる~ (2, 0.0%)

1 ことが, ものも

▼ 仕事においては~ (2, 0.0%)

1 一つの, 政治的自由の

▼ 仕事にだけ~ (2, 0.0%)

1 愛情が, 熱中する

▼ 仕事につき~ (2, 0.0%)

1 五十円の, 考えて

▼ 仕事にて~ (2, 0.0%)

1 モヤ一人放, 一時間以上を

▼ 仕事にても~ (2, 0.0%)

1 その夜, ただ働き

▼ 仕事にと~ (2, 0.0%)

1 つても, 帰るの

▼ 仕事にとって~ (2, 0.0%)

1 およそこの, どれ程

▼ 仕事にゃ~ (2, 0.0%)

1 一切かまわねえ, 何もかも一切長崎仕込み

▼ 仕事に対しての~ (2, 0.0%)

1 正統な, 苦しみ方

▼ 仕事に対しても~ (2, 0.0%)

1 消えて, 行われるの

▼ 仕事に従って~ (2, 0.0%)

1 居られます, 行こうと

▼ 仕事のさ~ (2, 0.0%)

1 いちゅうだった, いちゅうなんだいそがしい

▼ 仕事のみを~ (2, 0.0%)

1 させて, したの

▼ 仕事はな~ (2, 0.0%)

2 地殻の

▼ 仕事~ (2, 0.0%)

1 させて, しすりゃあ

▼ 仕事べや~ (2, 0.0%)

1 で三人, へへ

▼ 仕事べやに~ (2, 0.0%)

1 寝起きし, 青白い火

▼ 仕事までが~ (2, 0.0%)

1 根こそぎに, 汚れて

▼ 仕事もけ~ (2, 0.0%)

2 つくは

▼ 仕事やった~ (2, 0.0%)

1 のだ, んか

▼ 仕事よりもと~ (2, 0.0%)

2 私の

▼ 仕事をさえ~ (2, 0.0%)

1 やってのければ, 充分に

▼ 仕事をずつと~ (2, 0.0%)

1 向うへ, 考へて

▼ 仕事一番~ (2, 0.0%)

2 の適当

▼ 仕事世の中~ (2, 0.0%)

2 に絵

▼ 仕事例えば~ (2, 0.0%)

1 ストーブの, 轆轤の

▼ 仕事出来なかった~ (2, 0.0%)

1 という丈, のね

▼ 仕事~ (2, 0.0%)

1 に出される, の一服

▼ 仕事助ける~ (2, 0.0%)

2 もさない

▼ 仕事半ば~ (2, 0.0%)

1 で帰らね, 成りし時

▼ 仕事~ (2, 0.0%)

1 生活で, 趣味だ

▼ 仕事~ (2, 0.0%)

1 やり出して, 出来ずに

▼ 仕事大事~ (2, 0.0%)

2 に勤め

▼ 仕事天道様~ (2, 0.0%)

1 が智慧, が知恵

▼ 仕事~ (2, 0.0%)

1 につかぬ, をつくした

▼ 仕事手つだっ~ (2, 0.0%)

1 ている, てくれ

▼ 仕事~ (2, 0.0%)

1 をお, を見よう

▼ 仕事探し~ (2, 0.0%)

1 でよろよろ, をしよう

▼ 仕事~ (2, 0.0%)

1 い, 断はって

▼ 仕事時間~ (2, 0.0%)

1 なき仕事, を済まし

▼ 仕事服非常服~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ 仕事~ (2, 0.0%)

1 ませたやう, んで吻

▼ 仕事片手間~ (2, 0.0%)

1 で出来る, にやっ

▼ 仕事生活~ (2, 0.0%)

1 というやつ, の領域

▼ 仕事疊紙~ (2, 0.0%)

2 と首

▼ 仕事終っ~ (2, 0.0%)

1 てからでも俺, てこれ

▼ 仕事終つた後~ (2, 0.0%)

1 のホツト, は勿論

▼ 仕事考え~ (2, 0.0%)

1 てい, ている

▼ 仕事自分~ (2, 0.0%)

1 がホント, の将来

▼ 仕事~ (2, 0.0%)

1 をきた, を著

▼ 仕事~ (2, 0.0%)

1 にも手, に教わった

▼ 仕事~ (2, 0.0%)

2 の目

▼ 仕事~ (2, 0.0%)

1 は徒, を提げ

▼ 仕事駄目~ (2, 0.0%)

1 なのよ, になってる

▼1* [545件]

仕事あついが仕事, 仕事ありゃいゝな, 仕事あれば私, 仕事いかに精力を, 仕事いそがしいとき人の, 仕事いそげば門さき, 仕事いっぽん脇眼, 仕事いのちを抛りだし, 仕事いよいよレーニングラードまで, 仕事いわば人間それ自身という, 仕事うちで休, 仕事うまく行かずこじれて, 仕事おくれました胸が, 仕事おしねむくって, 仕事おもに目と, 仕事およそあらゆる入渠船舶, 仕事おわるとそれ, 仕事お茶の子さいさいとも思わない, 仕事かごがもちだされ, 仕事かたがつい, 仕事かたがた顏出しをする, 仕事かたづいたわい, 仕事かといふことは, 仕事かとも思って, 仕事かならずやりとげて, 仕事かは知れませんが, 仕事からが粗造であっ, 仕事からでも気を, 仕事かんちがえして, 仕事がせはしいだで, 仕事がと僅かに, 仕事がまとまつ, 仕事がよつぽ, 仕事がんばれ精出せしつかりしろ, 仕事きのうときょう二人, 仕事ぎらいの無性者を指した, 仕事くらいが婦人団体の, 仕事ぐらい休んでも, 仕事ぐらいに考えて, 仕事ぐらいよりして, 仕事え, 仕事こそが自分を, 仕事こっちに泊る, 仕事さえも熱心には, 仕事さして頂い, 仕事さすがにきょう, 仕事させてやらなけりゃ, 仕事させとく親方が, 仕事させないんだろ, 仕事させへんのどす, 仕事させますと約束, 仕事させるでこんな, 仕事さ人に隠れ, 仕事しあげたという充実, 仕事しかけた手を, 仕事しすましたか, 仕事したくなし, 仕事したくなると例, 仕事したしうちの, 仕事したる跡なる, 仕事した骨折りが実に, 仕事しちゃったのだ, 仕事してられえへんどす, 仕事してんの, 仕事しでかさなければ效目, 仕事しなかったのです, 仕事しはじめましたが疲れ, 仕事しまうて今年, 仕事しましたね, 仕事しまっておそい, 仕事しろおとつ, 仕事し了せたかおまえ, 仕事じまいをし, 仕事じまい恩になった, 仕事じゃあねえお前ぷっつり, 仕事じゃあねえか寺を, 仕事じゃったが何しろまあ, 仕事なは, 仕事すすみ十一枚但, 仕事すっかり仕舞う, 仕事すなわち鉛板職と, 仕事すばらしい草だ, 仕事すべてをこの, 仕事すべて日常のわし, 仕事すましたという満足感, 仕事すませた日な, 仕事すませたら島田へ, 仕事すればする, 仕事すんだくつろぎで番茶, 仕事ずっとあれば, 仕事ずれした職人たち, 仕事せざるを得ない, 仕事せねばならぬ, 仕事せんとてやり, 仕事ぜんたいをみ, 仕事そう言い切れるよう, 仕事そういう仕事の, 仕事そして職業, 仕事そのうえ一日置き, 仕事そのもの復讐行為そのものに走っ, 仕事それで何処迄, 仕事そろそろ形が, 仕事そんなものは, 仕事かし勿躰, 仕事たいへんいい仕事, 仕事たくらんでいる, 仕事ただ仕事ある, 仕事だいお前さんのもくろん, 仕事だきやこれから, 仕事だけしか考えて, 仕事だったらしいのです, 仕事だったらしく思われましたのでむりにやぶいて, 仕事だったろうね, 仕事だんだんはっきりし始める, 仕事だ坐っててくれ, 仕事だ見ちゃいられねえや, 仕事っていうのが, 仕事ぷりは, 仕事つてやつがなかなか, 仕事つて何を始めた, 仕事のが, 仕事てえのは, 仕事てつだって貰っ, 仕事てつだいに来, 仕事であったならば, 仕事であったら元気に, 仕事であったればこそ三カ月, 仕事であったろうと思います, 仕事でありすぐれた技術だ, 仕事でありましょうけれども今, 仕事でありませんからじゅうぶん, 仕事であるであらうに, 仕事であるであろうに, 仕事であるべき暴力の, 仕事である書く刷る綴ぢる, 仕事である申す迄もない, 仕事でがあす, 仕事できたらしいわねえ, 仕事できますか, 仕事でございまして家, 仕事でございませぬから之, 仕事でございません物を, 仕事でして, 仕事ですつかり窶れ切つた妻は, 仕事でなかったならば到底, 仕事でなきや誰, 仕事でなけりゃあならねえ, 仕事でなけれやな, 仕事でばかりでなくいつ, 仕事で御座いましたがタッタ一足, 仕事で御座いますね, 仕事といへやう, 仕事というか文学についての, 仕事といったところで, 仕事とかいうものが, 仕事ときまつて, 仕事とさえも同一視し, 仕事としてよほどの決心を, 仕事とちがつて, 仕事とてはなかつたが, 仕事とてもやはり聖なるもの, 仕事とについて詳しくお, 仕事とによって人類の, 仕事とのみ思われたもの, 仕事とのみに犠牲たらしめよう, 仕事とばかり思い込んで, 仕事どういう風に, 仕事どこじゃない, 仕事どころかそういう騒ぎ, 仕事どれも倍, 仕事どんな事にかけても, 仕事なあ浪どん, 仕事なかったの, 仕事なきものの, 仕事なさいね, 仕事なさっていられる, 仕事なすつたのです, 仕事なすつちや, 仕事などだけを引き受けて, 仕事などでずっとひどく忙しく, 仕事などでも過労を, 仕事などと云うもの, 仕事などというものは, 仕事などとの間に, 仕事などとは没交渉な, 仕事などについての種々の, 仕事などには没頭出来まい, 仕事なべのつる, 仕事ならぬかりゃあねえはず, 仕事なりができるの, 仕事なりに伸びるだけ, 仕事なんでも引, 仕事なんかありゃあしなかったん, 仕事なんかよりお前との, 仕事なんざお茶漬, 仕事なんぞをするなよ, 仕事にあたりかれら自身, 仕事においてすら多くの, 仕事においても抑揚の, 仕事にかけてどれほどの, 仕事にかけての巧妙さを, 仕事にこそ命を, 仕事にたいする熱意を, 仕事につれ出されるとき, 仕事にでもといふので, 仕事にとっては今までの, 仕事になど行って, 仕事になんぞかかれるか, 仕事にのッて, 仕事にはけえって, 仕事にぶきがある, 仕事にもと思って, 仕事によっても年齢によっても, 仕事にわづらは, 仕事に対してまでも妨げに, 仕事に対すると自分の, 仕事に当たって素じゃあ, 仕事に関しての本の, 仕事に関してはたしかにたがい, 仕事だけど此処, 仕事のうへから平福百穗氏とは, 仕事のうへの交渉も, 仕事のがつちり, 仕事のこつがわかっ, 仕事のしぞこない, 仕事のせゐか色, 仕事のみが魂に, 仕事のみに熱中する, 仕事はござりませぬ伊太夫殿の, 仕事はじめてこういう紙, 仕事はじめるから, 仕事ははだかに, 仕事ばかりじゃア有る, 仕事ばかりのやうだ, 仕事ばかりは手堅いと, 仕事ばっかりは最初から, 仕事びらきんときあ町役場, 仕事ぶりそのものに一般的, 仕事ぶり生活ぶりにふれた, 仕事へではないわ, 仕事へも加わらんか, 仕事やから, 仕事まあどうにか一通りは, 仕事まくりやめてみな乞食, 仕事また外出の, 仕事まだ書かず潮, 仕事までは旦那が, 仕事までも自分で, 仕事まとまりがついたら, 仕事まとめてからかかります, 仕事まとめたから小説, 仕事みつかりましたの, 仕事みつけるなら結構です, 仕事みんな晩成なのね, 仕事めいていた, 仕事もうすこしで終るが, 仕事もさう云つた, 仕事もしいいな, 仕事もずつと捗るだらう, 仕事もちつとも積極的, 仕事もつてらつしやる, 仕事もとよりそれは, 仕事もろくさましない, 仕事やうやく一畝, 仕事やうやう終了, 仕事やすみということ, 仕事やってるんだ, 仕事やめようかと思う, 仕事やらうか, 仕事やるだろうそこは, 仕事やれるからね脅迫状, 仕事やをひつくるめ, 仕事ゆえ疲れて, 仕事ゆえ人を酔わせる, 仕事よく進む, 仕事よみ書の外, 仕事しかつた, 仕事らしく見せかけ兵隊は, 仕事をか企てんと, 仕事をと頼んで, 仕事をなどそんな白々しい, 仕事をなどという精神主義も, 仕事をはふり出して, 仕事をもって献身し, 仕事ををはつて, 仕事を通しての交渉しか, 仕事を通してのみ看取し得る, 仕事アメリカ航路のメキシコ丸, 仕事エネルギーの解し, 仕事ギューギューで, 仕事サボるんだ, 仕事サレーンな心持, 仕事シテ居ラレルナラバ私何ヲ言オウ, 仕事ジョウはマーチおばさん, 仕事タカが知れ, 仕事て何, 仕事ッぷりもハキハキ, 仕事テーブルで塩, 仕事テーブルアイロン台と順に, 仕事トリやめにする, 仕事ト激シイ労働ニ追ワレテイルノデ, 仕事ナニ証文面は御, 仕事ニチガイナイノダト言ワレテカエス言葉ナシ素直ニ首肯ソット爪サキ立チ夕焼ノ雲, 仕事関係カラ近頃懇意ニオナリニナッテ時々, 仕事多カルベシ, 仕事ハムはうまい, 仕事ホンの少し, 仕事マア終ったし, 仕事モ増スバカリトナッテ組デハ若クテヨイ働キ手, 仕事一つ為た事, 仕事一人二人は面倒, 仕事一本槍酒も飲まず, 仕事一般の信用, 仕事七十三枚但中枢, 仕事けをし, 仕事三回分夜女中に出す, 仕事三昧打棄つて少い人は妻, 仕事上手で何, 仕事不朽の仕事, 仕事与えられてほのぼの, 仕事中彼女が危く生命, 仕事中後略のまま, 仕事中我々は意識, 仕事中書斎に寝床, 仕事中絶し又, 仕事二十枚しまう, 仕事二枚ばかり, 仕事二百六十枚出来る, 仕事終る, 仕事五六枚行く, 仕事人生に責任, 仕事人目には立たぬ, 仕事人類の歴史, 仕事人類愛ならびに正義, 仕事今月は百枚突破, 仕事仏師もやり損じ, 仕事仕事三回分夜女中に出す, 仕事仕事仕事で忘れろ, 仕事仕度がある, 仕事仕腐さる気, 仕事仕舞いをした, 仕事の若い, 仕事以前には思ひ, 仕事以来現代小説は神話, 仕事任務をさせ, 仕事企んで切りぬけ, 仕事位いにしか値い, 仕事何とはかなき瀬戸, 仕事作家の特質, 仕事作業服つくります, 仕事によって婦人, 仕事例へば網の, 仕事けると, 仕事は下駄, 仕事兄貴が来, 仕事先俗にいう, 仕事全体を当時, 仕事八木さんふとん作り, 仕事六十一枚までゆく, 仕事六枚うれし, 仕事出來ず, 仕事出来ないしひどく, 仕事出来なくてはその, 仕事の書類, 仕事利休以上の仕事, 仕事前だれをかけ, 仕事前宮へ手紙, 仕事割になめらかに, 仕事労働者特に婦人労働者, 仕事効いでもなかろう, 仕事効果あり, 仕事十一時まで, 仕事十時すぎやめ自分, 仕事千番に一番, 仕事狂人の, 仕事単行本物の, 仕事危険極まりない作業, 仕事台旋盤等を据え付ける, 仕事各々の生活, 仕事向きだ, 仕事などの中, 仕事器物など更に, 仕事を耕, 仕事報酬条件報告働く者, 仕事での勤労, 仕事かりしが, 仕事多し有が, 仕事多大の利益, 仕事大きな精力自分という, 仕事大根と蕪, 仕事大森さん開成山へゆく, 仕事がいる, 仕事女子を世, 仕事如何によってのみ決, 仕事を覗かし, 仕事嫌悪辛苦落胆などあらゆる, 仕事子供には教育, 仕事完成の挨拶, 仕事専一になり切らない, 仕事専門のスパイ, 仕事屋さんで居らつ, 仕事が捨て, 仕事の仕事, 仕事常に必しも, 仕事床の間に積む, 仕事一方には, 仕事弁護士がなした, 仕事彫刻を施す, 仕事従つてそれから規定, 仕事従来の日本風, 仕事想像の領分, 仕事感じていず, 仕事博物館で, 仕事手伝ってくれ, 仕事教えながらいう, 仕事の本, 仕事文学者の任務, 仕事菊を, 仕事新しい人には, 仕事旅費そのほか, 仕事には黒い, 仕事日本の働く, 仕事早くしまって, 仕事春昼寂たりという状, 仕事になる, 仕事晴耕雨読でなくて, 仕事書き出したがうまく, 仕事にどれ, 仕事有さうな物, 仕事を片づける, 仕事本当に仕上げるからには, 仕事机兼食卓の大きな, 仕事机銀めっきの化粧箱, 仕事の人夫, 仕事来る程の, 仕事東京から来た, 仕事にぐっすり, 仕事にない, 仕事栄さんとの仕事, 仕事案内はあっし, 仕事案外よく進み三枚半, 仕事椅子に凭つて, 仕事次第でいろいろ, 仕事次第によりてこそ, 仕事殊にまた舞踊, 仕事段々迫る名古屋, 仕事が重い, 仕事気がついてい, 仕事汲み薪割り, 仕事沢山ありそれ, 仕事泣きをする, 仕事の仕事, 仕事淋しい仕事, 仕事済ませて居た, 仕事済んだ気分は, 仕事準備中の泥棒, 仕事準備漱石の, 仕事溜ってしもた, 仕事濟むと平次は肩, 仕事濟んだと, 仕事を持っ, 仕事た方, 仕事無し早くから分ってれ, 仕事無精で瞋, 仕事熱心私は何, 仕事片づいたわけです, 仕事片づけたらこの本, 仕事片づけなくては行かれない, 仕事産婆産科婦人科醫的な世話, 仕事つちや一合位, 仕事畳紙と首, 仕事のはいった, 仕事があろう, 仕事には偉い, 仕事的能書との区別, 仕事手伝いましたか, 仕事盛りの年頃, 仕事着めいたシャツに, 仕事着一枚の素裸, 仕事着兼帯のよう, 仕事着労働服庇帽剛い毛, 仕事着地として作られます, 仕事着物をムリ, 仕事石炭の売込み, 仕事社交上の関係, 仕事の喜び, 仕事私一人で引受け, 仕事私共国中の者, 仕事稲こぎや麦, 仕事稼がなぃで, 仕事の火加減, 仕事窯入れの仕事, 仕事にする, 仕事絵付けの仕事, 仕事総体について見, 仕事縁談は縁談, 仕事繁治さんコタツのやぐらをはずして, 仕事美学上の公理, 仕事習っていきたい, 仕事考える思想すべての, 仕事職業との関係, 仕事股引をはき, 仕事胡瓜やトマト, 仕事能率を現す, 仕事苗床をこし, 仕事若くは讀書, 仕事萬端は才智, 仕事蕪大根新菊, 仕事蚯蚓の多い, 仕事行進曲になっ, 仕事へ出, 仕事装束である, 仕事製材のこと, 仕事製缶工の手伝い, 仕事見たいになつて, 仕事見習にでかけた, 仕事で夜, 仕事請負人が安く, 仕事諸君である, 仕事責任ある家庭, 仕事賃金パン火気勇気好意すべてを男, 仕事赤貧心痛それから骨肉, 仕事取りあげなくとも, 仕事近所近邊, 仕事近所近辺の人々, 仕事追い行く北海の, 仕事逃げる魚も, 仕事遊ばすようお祈りいたします, 仕事遊びヒロポン仕事という順序, 仕事遊戯会話の愚かし, 仕事部屋兼寝室として借り, 仕事部屋寝室に使用, 仕事都合によっておのずから, 仕事釉薬を施す, 仕事重し高木々, 仕事野良仕事の手伝い, 仕事金融手形の神秘的働, 仕事に掛, 仕事長い船路等が, 仕事関係以外まだよくこの, 仕事雲月が速, 仕事の下る, 仕事飲み歩きなど, 仕事飼蚕のしよう, 仕事とでも云う