青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「仕~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

介~ 介抱~ ~仏 仏~ 仏像~ 仏教~ 仏蘭西~ ~仔細 仔細~ ~仕
仕~
~仕事 仕事~ 仕合せ~ ~仕度 仕度~ 仕掛け~ ~仕方 仕方~ ~仕業 仕業~

「仕~」 2641, 25ppm, 4598位

▼ 仕~ (335, 12.7%)

132 がない 35 のない 28 が無い 17 がなかつた 16 があるまい 15 がねえ 13 がありません 10 のねえ 8 がおま 5 もない 3 がある, ねえ, もなく 2 があんめ, がなくなる, が御座いません, の無い, はない

1 [37件] があせん, がありませう, がありませんでした, があれへん, がなかっ, がなかつたら, がなから, がなく, がねえさ, がねえといふ, がねえと性根, が惡, が有さうな, が有る, が無, ぞ邪推, とまでいきまいた, と云, などいふ, に異, のあらう, の惡さ, はいろ, は人, は有, もあらう, もありぬべし, もありません, もございません, もなき, も分別, も御座, も有ん, も無く, も無し, よ, を教

▼ 仕~ (203, 7.7%)

11 をし 6 して 5 が悪い, だ 4 であった, なので, をつける 3 さ, である, にお, に困つ, に困る, に終, の悪い, をした, をする, をつけ

2 [15件] がつい, がどう, したかは, であつ, でした, です, ですから, でその, になつて, になり, にをへない, に悪い, に眼, に終えない, のため

1 [104件] いたします, がいい, がついた, がつかなくなるだらう, がつく, ができなけれ, がよい, がわるい, が付いた, が俺, が出来ない, が出来なかった, が出来ねえだら, が分らない, が好, が好い, が宜, さえつけ, されて, したか, したという, したり, しないうち, しようかと, じゃア, すべし, する, するに, するには, だった, つけいで, で, でごたごた, ですが, でもう, で到底, で多忙, で果て, なの, なん, なんで, にいけなくなる, にいけません, におえない, におえなかった, におえぬ, にこまっ, にこまる, について祖母, になっ, になる, には困った, にわたくし, に了, に余った, に困っ, に困った, に困つた, に御座候, に来る, に窮, に立ち合った, に終えません, に負えない, のいい, のたし, のつかなくなった, のよろしき, のわるい, の事, の出来る, の悪, の生れつき, はいつ, はだいたい, はついた, はどう, はトヨ公, は自分, まで夫, まで聞かされ, もある, もせね, もつけ, も世間, も引きうけた, も済ん, やちょっとした, やら何やら, を, をさし, をしたい, をせね, をつけた, をつけなけれ, をつけます, をつけよう, をはじめ, を仕出かす, を付けよう, を報告, を少し, を為, を落ちなく語れ

▼ 仕~ (172, 6.5%)

4 居れば 3 居るの 2 了った, 仕舞うの, 出来ない事, 居た, 居たけれ共, 居たの, 居るが, 居る人, 居る所

1 [147件] あげなけりゃあ, あげようとか, あげるけれど, いただいた, いたろうサ, いながら, いられなくなるど, いること, いるよう, おいちゃあ, おかにゃならんことが沢山沢山, おくれなら先ア安心, お聞かせなさった, くる, くれたの, くれるが, くれるん, くろえ, けりと, こぼれた薯, さ, しまいたいと, のけたが, ます矢先, みたくなつ, やりたくても, やる力, やる気に, ゐた其の, ゐられる名誉, ゐる事, ゐる人, ゐる自分, 上げようと, 下さいませんか, 下さい小使其他, 下さい此, 下さるな, 了っただろう, 仕舞い私, 仕舞ったと, 仕舞った事, 侍ると, 出来ないこと, 呉る, 呉れた人, 呉れと, 呉れなくつちや此, 呉れること, 呉れると, 呉れるに, 呉れる人, 呉れる位, 大いに驚きヤア然ら, 婚礼した, 居たいかと, 居たから, 居たが, 居たため, 居たって, 居たに, 居たほど, 居たらすみそう, 居た恭吉, 居て, 居なさるよ, 居ねば, 居ましたから, 居ました妻, 居ますと, 居ますよ, 居ます幽霊塔, 居ませんよ, 居らっしゃるの, 居られた者, 居られない程, 居られぬ第, 居られません, 居られるだろう先生, 居られる者, 居ります, 居るか, 居るだろうけれど, 居るだろうよ, 居ると, 居るという, 居るなどと, 居るので, 居るもの, 居るよりも, 居る事, 居る商人, 居る様, 居る男, 居る癖, 居る者, 居乍らよく, 居様等とは, 廻る事, 彼那どこの, 後お, 戴き度, 戴くと, 掛るべしと, 有る銘酒, 来た行, 来るもの, 殊の, 無ッ, 真実に, 置いたけれど, 置いたそれ, 置いたなら女傑, 置いて, 置かなければ, 置きましたのに, 置きましょう, 置く, 置けば, 置こうと, 置こうという, 聞かせたの, 聞かせると, 聴かせた方, 行かなけりゃあ, 行く経済, 行こうと, 衣を, 見せますハハハ, 見たところが, 見て, 見ないかと, 見ましょう, 見よと, 見る気, 見ん事, 話して, 貰うと, 貰おうと, 貰ったに, 貰ひたかつた, 貰ひたく, 遊ぶの, 遣たりと, 遣られぬ前, 遣り度い, 遣り遣りして

▼ 仕~ (169, 6.4%)

9 まつらむ 4 人を, 申して, 遊ばす清らか, 飛鳥の 3 まつらむや, まつりき, 奉りて, 奉る 2 したの, ねば, まつれ, まつれば, 子を, 玉ひたる

1 [120件] お歌所寄人では, くる, させると, ざるや, ざる間に, し, しが, して, しなり, しむ, し傳令者, し官, し節, し雪山, するかう言, すること, そこに, その恩寵, たさうである, たてまつれと, たのも亦, たら, たる, たるが, たる君の, つ, つかへ, とる身ぢ, ない, ないため, ない女, ましたが, ましたとか, まつらじと, まつらば, まつらふ今日, まつらむとして, まつらむとする状を, まつらむと欺陽り, まつらむと白す, まつらむやと, まつらん, まつりしところ, まつりし春敲門, まつると, まつるなり, まつる者, まつれり, まつれる大殿内, まつれる猿田毘古, むがための宗教上の, むや, め, やうを, ゆかりの, ようずる, よみ仏に, 三人扶持を, 三百石を, 不軌を, 中世以後の, 乍ら朝夕教へを, 人に, 人は, 任終へて, 侍りける女房, 兵粮丸の, 其の舟師, 其健康を, 其用を, 兼ねて, 同勤安田平馬, 四年二十一歳に, 地方に, 天子が, 奉る中臣祭主, 奉る御, 奉る時, 奉れる天皇, 奉公人迄, 始められたもの, 家康の, 寛政三奇士として, 小祿乍ら安らか, 少より, 居る者, 幕府の, 後扈従頭トナル, 得る自分, 或は枕席, 支那の, 方を, 日暮ルレバ又, 星の, 本国の, 来て, 果て, 此に, 此年六十九歳にな, 毎日お, 永祿十一年に, 用人に, 申さぬ紙衣, 申すと, 當時に, 百五十石を, 益寿院と, 直ちに召され, 祐筆を, 祕書官と, 神より, 福島樣は, 管伴忠兵衞は, 美しき, 肥前の, 自から, 自己も, 莽の, 表使格に, 長局が

▼ 仕やう~ (115, 4.4%)

36 がない 6 がねえ, のない 3 がなかつた, ねえから, ねえぞ, ねえな, ねえよ 2 あるもん, あるもんぢ, が無い, ねえ, ねえかんな, ねえん

1 [40件] ありあんせんね, ありやしねえ, ありやしねえなんてな, ありやしねえや, あるまいが, おまへん, があせん, があり, がありません, がある, がなから, がねえのよ, が駄目, とする, とも考へ, と云, ねえいや, ねえうん, ねえからなんて, ねえからよ, ねえが, ねえし, ねえだよ, ねえと, ねえなそんぢ, ねえなんて, ねえの, ねえのよ, ねえもの, ねえやう, ねえよう, ねえんでさ, ねえ佛, ねえ勘次等懷工, ねえ此等, ねえ此等よう, ねえ田耕, もあらう, もありません, 無くなつちやつたん

▼ 仕~ (109, 4.1%)

5 の金 3 の事, をする, 帳などを 2 で問屋筋, のこと, の際, 値段を, 先の, 原価が

1 [83件] あたらしく新田, かたがた仕事の, が京都大学, が八十円ぢ, が出来, が出来る, が寂しく, が早かっ, が皆, が間に合いません, が高く, たつきり, て御幸浜, であります, でからだ, でしょう, で急, と仲間, なくては, などは私, なれば, において特製品, になる, に上る, に出かけ, に出来, に往こう, に登り, に行った, のあっぱれ草, のため, のコツ, の三兩, の上, の代金, の品, の如き, の安い, の弁護士, の悪い, の方, の染, の百貨店, の種物沢山, の種類, の積り, の約, の関係, は全部主人, は割高, は毎年残暑, は現金買, は総て品質, もしない, ものの, もののおとし, ものや, もの小机の, も都合, や得意, をしなく, をしよう, を一万四百, を怠り, を致し, 値に, 先から, 先が, 先き, 先で, 先に, 先は, 先へ, 先勘定支払手形等が, 先勘定貸方, 先勘定貸方を, 原価で, 品が, 商品を, 時に, 板前煮, 置し, 遠国から

▼ 仕よう~ (106, 4.0%)

18 がない 6 とする 4 がねえ, もない 3 が無い, と云う, と思っ, と思つて 2 がありません, と思う, と思ふ, ものなら

1 [54件] かとも思っ, かな, かね, がそれ, がどう, がねえ新吉さん, がダーキーニ, が何, が己, が有りません, が無え, が無かっ, が真, が自分以上, じゃア, そのつもり, というない, という努力, という女性, という方角, という気, という目途, という訳, といふの, といふ男, といふ議, とした, としても決して只, とたくらむでゐるといふことであつた, とて出来る, とはしない, とは思いません, とは思わぬ, とも又, とも思わなけれ, と云うなら, と云っ, と云った, と其の, と勝手, と味噌吸物, と思うた, と思つた事, と思へ, と是, と決して, と申す, ないも, にも相手, の無い, は無い, もなく気恥し, も無い, 仕よう

▼ 仕かけ~ (71, 2.7%)

4 である 2 をした, をつける

1 [63件] かなと思っ, から釣り, か一寸, がある, がしてない, がよい, が変わる, が多く, たる船, だ, だった, で, で人形, で取る, で投げ込む, で放送開始, で釣っ, で電話料金, とイカ釣り, と蚊針ケース, なの, な婚礼, にいたずら, にし, になっ, になつて, に人気, に人間らしい, に取り替える, に相手, のため, の噴水, の復旧, の書き, の漁船, の爆発薬, の発火器, の競争, の箱, の著述, の錠, は舟, もない, をかり, をさせ, をし, をする, をつくりだす, をヘチ, を上目, を使っ, を切らない, を取り出し, を投げ, を拵えた, を持っ, を直し, を考え, を考えた, を見つけられぬ, を話し, を説明, 開き

▼ 仕かた~ (60, 2.3%)

21 がない 10 はない 4 はありません, はなかっ 3 のない 2 がありません, がなえ, がなかつた, がなくなる, なく棚 1 がなかっ, がねえ今朝, が惡, が無, であること, なしに, のなえこんだ, はなかつた

▼ 仕~ (50, 1.9%)

6 に付 2 得ども

1 [42件] かお次, かとも存候, がホテル, して, その中, その内, ても貸, て生, と奉, と悲しむべき, と書い, と納まり返っ, などとは聴い, につき, につき御, に公武, に書中, に此迄, は不, ひしかと, へども何分, へ共, へ者, また先日, も無, も誠に, よし尤, よし被, よふ, より道光, より長崎, 依て, 依之, 御申越, 御紋付類, 御紋附類悴徳, 御謙遜, 御面談, 故十分論申候, 故直に, 未だ御意, 近々何れ

▼ 仕つり~ (40, 1.5%)

7 しと 3 しなり, たしと 2 しを, 居り候

1 [23件] しが, しなり助, しに, しのみか, し所, し所意旨, し所此儀, ぬあはれ, ぬあわれ御, ぬと, ぬ只今藥研, 又伯父九郎兵衞儀, 取敢, 同人心付候由, 居しと, 居り候處據ころ, 居り先年, 御當地, 必ず遊女通, 既に爪印, 諸國修行, 逐一相, 難し右

▼ 仕~ (38, 1.4%)

2 で挽いてる

1 [36件] が同じ, が船, でしたね, ですぐ, でなく縞かめくら縞, でもこしらえ, という言葉, にじ, にも不自由, に着, に着かえ直した, のお神酒がま, のよう, の供, の懲役人, の水玉模様, の浴衣, の裾, の軍服, は出しません, もやらなけりゃならず, も出さなけれ, も着せれ, も紋無し, より茶屋, をお, をし, をつけた, をほか, を着, を着ず, を着た, を着る, を脱ぐ, を雇主, 見たよう

▼ 仕つり候~ (37, 1.4%)

4 と申立 3 と申 2 と答

1 [28件] が幼, ては御, ても出, て金子, と云, と申せ, と申演, と申述, と言, なりと元, なり其實, に今朝一人, に付, に付先達て, に付私, へども幼少, へども晝夜安心, へども當年廿五歳, へども萬一荒立, へば不審, へ共, へ共一品, へ共御, 御預り, 故據ころ, 然るに只今六右衞門久八兩人, 然程, 程のこと

▼ 仕甲斐~ (24, 0.9%)

4 がある 3 のある 2 があった, があり, のない

1 [11件] あると, があっ, があつ, があらはれる, がありませんでした, がない, ということ, はない, もあり, もある, もない

▼ 仕~ (23, 0.9%)

2 家の, 手簡を, 為に, 道を

1 [15件] ところへ, 事をも, 事故右願山と, 仲間で, 侍者たちが, 功を, 声が, 姿を, 家筋の, 後か, 状況を, 生活とに, 短い日, 背むしッ子でも, 足音の

▼ 仕~ (22, 0.8%)

3 なゐでも 2 ったと

1 [17件] いであの, う道理, こないよ, ったこの, ったよう, つたね, つたもの, つたやう, ないが, ないと, ひすれば, ひの, ふ道理, るよう, をさせ, を二三度, んずる

▼ 仕上場~ (18, 0.7%)

4 の方 2 の職工

1 [12件] では云っ, で私たち, にいる, になっ, の周囲, の土, の職長, の若手, の見張り, の誰か, は, はどう

▼ 仕へた~ (17, 0.6%)

5 と言 3 中臣 1 かと問うた, かの問題, か調べ, が世, が人, が程なく, といふ説, のが, もので常に

▼ 仕放題~ (17, 0.6%)

2 な贅沢, をし

1 [13件] ができる, した, しはじめるは, でねえ十六, で困ると, で罪, にふるまっ, にやらせ, に天下, のあげく, のひとつ, をやっ, を致す

▼ 仕~ (16, 0.6%)

1 [16件] する先触, する機会, はげんで, もせよ, り候処, 命ぜら, 命ぜられること, 怠ったので, 断らせた, 断念できる, 紹介し, 罷めて, 自分の, 辞した, 辞して, 辞し徳川氏

▼ 仕たり~ (15, 0.6%)

2 して

1 [13件] ける是, しちまうん, しても, するので, するもの, 出来る動物, 孫でも, 瞬間に, 蝙蝠傘手荷物忘れた, 言つ, 顏なる, 顔し, 顔に

▼ 仕~ (15, 0.6%)

2 あわただしく家, 再び府庁, 機嫌好く 1 あたふたと, かえっていった, また宮, 一斉に, 多けれど, 彼女を, 来て, 真平じゃ, 馬の

▼ 仕つら~ (14, 0.5%)

7 んと 1 えた乞食芝居, ば私, んそれには, んとぞ, んとて, ん此儀全く, ん私しも

▼ 仕~ (14, 0.5%)

3 になれ, を何 2 でな 1 だ, で進行, と流石, には無, により, に御座候

▼ 仕~ (12, 0.5%)

2 可有, 相談し 1 いわれて, なって, 云う人, 六男の, 存候へは, 存居候處七尺許の, 存申候, 私が

▼ 仕~ (12, 0.5%)

2 在し時, 逢った 1 あの曠, かかって, 出て, 尚餘, 拾わせようとして, 来たの, 来たので, 達しよう

▼ 仕~ (12, 0.5%)

2 つた 1 つたが, ひに, ひを, ふとか, ふべき其月, ふべき報酬, ふ上演料, ふ事, ふ謝礼, や病院

▼ 仕直し~ (12, 0.5%)

1 [12件] するの覚悟, するん, でもやりたくなった, に遣っ, はもう, をし, をしなけれ, をしましょう, をすべきだ, をやらかす, をやりました, を喰った

▼ 仕わざ~ (10, 0.4%)

2 であろうと 1 か, じゃない, だと, であろうが, でせう, ではない, のため, のよう

▼ 仕~ (10, 0.4%)

2 りにも 1 たりがない, つたやう, りであるけれども, りなんで, りに, りにな, りは, りを以て

▼ 仕~ (10, 0.4%)

2 と東役 1 したの, するまでの, と移居, に適, のため, の時, は備後, を評した

▼ 仕樣こと~ (10, 0.4%)

9 なしに 1 もなく

▼ 仕~ (10, 0.4%)

8 したりと 1 したれど, たりと聲

▼ 仕うち~ (9, 0.3%)

1 が癪, というよう, とを思い, にも寂しく, はイクラ, は餘, を恥, を暗に, を見

▼ 仕入物~ (9, 0.3%)

1 が何, じゃ気に入らねえ, であったに, となる, と墮落せり, の蒔絵, を打合せ, を詰めこむ, を買

▼ 仕~ (9, 0.3%)

2 にもなる, もあり 1 だと, で一向, に差, を言, を言い

▼ 仕~ (8, 0.3%)

3 けりや 2 くつたつ 1 いけれ共, 今夜は, 夫三五郎が

▼ 仕ふる~ (8, 0.3%)

1 も夕, 丈夫は, 二人アイアース共に, 二將槍を, 君の, 者, 者ども, 藤助といふ

▼ 仕へを~ (8, 0.3%)

1 したで, した女, して, しても, しろと, ば苦しき, 行うて, 辭し

▼ 仕候事~ (8, 0.3%)

2 に御座候 1 に奉, に御座候得バ, も主人, を御, 実に報国赤心之者, 成り難く

▼ 仕~ (8, 0.3%)

1 がすぐ, ですが, との遊興, に私, の名匠, の名家輩出, 婉淑之, 畫を

▼ 仕樣事~ (8, 0.3%)

4 なしに 3 なしの 1 なさ

▼ 仕~ (8, 0.3%)

1 が遺伝, だと, ならお金, な噂, な娘, には限り, に相違, の後

▼ 仕かへ~ (7, 0.3%)

3 して, しには 1 しに

▼ 仕くみ~ (7, 0.3%)

1 だから, である, にし, に苦しみ, のなか, の中, を興がる

▼ 仕つる~ (7, 0.3%)

1 との事武士, と臨時総会, に付村中寄り合, に就, に徳川天一坊樣御旅館, も詮, や存

▼ 仕ても~ (7, 0.3%)

1 とかく人真似, まだ疑惑, 上げられそう, 仕ないでも, 可う御座ん, 生活の, 私は

▼ 仕たい放題~ (6, 0.2%)

1 に振舞われ, の悪事, の我儘一パイ, をし, をやっ, をやつ

▼ 仕なく~ (6, 0.2%)

2 つても 1 ちゃウソ, つちや, ては成らない, ても曲者

▼ 仕への~ (6, 0.2%)

3 お人 1 形である, 心持ちが, 道を

▼ 仕候段~ (6, 0.2%)

4 御達申上候 1 固より, 御届申上候

▼ 仕入部~ (6, 0.2%)

2 と工場 1 あるいは重要, と主人夫婦, の商品置場, の柱時計

▼ 仕~ (6, 0.2%)

1 ひたる噂, ひは, ふことすら, ふべき金, ふ最後, を多少

▼ 仕そう~ (5, 0.2%)

1 だ, な様子, な者, な陰影, に感じ

▼ 仕つけ~ (5, 0.2%)

1 がよろしく, が惡, によって無, の好い, もしねえ

▼ 仕つけ糸~ (5, 0.2%)

2 を除 1 のよう, の抜屑, を抜いた

▼ 仕ながら~ (5, 0.2%)

1 お久美さん, 乙丙の, 猪口もつ, 自分は, 重三に

▼ 仕にくい~ (5, 0.2%)

1 から仮り, ことだった, ことに, のは, 事だった

▼ 仕~ (5, 0.2%)

1 などの附属, などを締め, を巻きつけ, を手, を締めた

▼ 仕損い~ (5, 0.2%)

1 から主, から起った, ではなかっ, でもし, などという

▼ 仕易い~ (5, 0.2%)

1 からさそん, から不思議, のです, やうに, 事である

▼ 仕果して~ (5, 0.2%)

1 それが, もあれ, 来たが, 来たの, 進ぜるから

▼ 仕止め~ (5, 0.2%)

1 たれば, なさいました, になりました, の第, 損なったと

▼ 仕~ (5, 0.2%)

2 になっ 1 になった, のよう, までもまざまざ

▼ 仕~ (5, 0.2%)

2 をし 1 の上, めいた様子, を見た

▼ 仕~ (5, 0.2%)

1 されて, せらるる手当, ふまじと, ふまじ夫, ふや

▼ 仕遂ぐる~ (5, 0.2%)

2 ものあら 1 が為, が爲, や否や

▼ 仕難い~ (5, 0.2%)

1 ぞ, ですから, ものです, 場合に, 數分間の

▼ 仕こなし~ (4, 0.2%)

1 はまた, は情, までし, 忘れがたく

▼ 仕ごと~ (4, 0.2%)

1 がある, に疲れた, も子, をやって来

▼ 仕つり度~ (4, 0.2%)

1 と云, と思ひ, と涙, と然

▼ 仕つる者~ (4, 0.2%)

1 にては御座, には御座, に付勿, に候

▼ 仕~ (4, 0.2%)

1 つらん, はんと, ふもの, ふ好き友達

▼ 仕候所~ (4, 0.2%)

1 なれども, を又, を認め, 随分よろしかるべし

▼ 仕候様~ (4, 0.2%)

2 に奉 1 にも見, 被仰

▼ 仕候間~ (4, 0.2%)

2 御引立 1 御定式, 御着

▼ 仕~ (4, 0.2%)

4 の典庫

▼ 仕払い~ (4, 0.2%)

1 の時, はしない, をした, を引

▼ 仕止師~ (4, 0.2%)

1 のよう, の名, は右手, 続いて

▼ 仕~ (3, 0.1%)

1 きて, 忙しかった, 来て

▼ 仕きり~ (3, 0.1%)

1 のなか, の暖簾, をつくる

▼ 仕~ (3, 0.1%)

1 ただ折々, 後に, 社僧これに

▼ 仕たか~ (3, 0.1%)

1 と思え, と思わる, 仕たの

▼ 仕たち~ (3, 0.1%)

1 がどっと, がわれがち, が控え

▼ 仕つり候儀~ (3, 0.1%)

1 と相, を右兩人, 御座ると

▼ 仕などが~ (3, 0.1%)

2 来て 1 お出来

▼ 仕ぶり~ (3, 0.1%)

1 が違う, も五歳, を見られ

▼ 仕へた時~ (3, 0.1%)

1 の名, の呼名, は樵山

▼ 仕へた者~ (3, 0.1%)

1 が特に, です, も今

▼ 仕へて~ (3, 0.1%)

1 後人の, 栗林下総守義長と, 羨しい

▼ 仕へながら~ (3, 0.1%)

1 俺の, 茶器の, 長崎移住後も

▼ 仕へに~ (3, 0.1%)

1 さし出すならば, なる日, 行つた民俗を

▼ 仕まつり~ (3, 0.1%)

2 まする 1 に上月景光主

▼ 仕まひ~ (3, 0.1%)

1 する, に淋しく, は愼重

▼ 仕~ (3, 0.1%)

1 するの, せぬ事, なり難い

▼ 仕~ (3, 0.1%)

1 ざるも, ざる由, ず要

▼ 仕~ (3, 0.1%)

1 るの, わせよと, わせられるもの

▼ 仕~ (3, 0.1%)

1 はさら, は此, 見ぬは

▼ 仕候者~ (3, 0.1%)

1 に而右様申上候哉, の可, 多分御座候由伝聞

▼ 仕勝手~ (3, 0.1%)

1 のよい, よく考え, を顧慮

▼ 仕~ (3, 0.1%)

1 の構え, をお, を見せた

▼ 仕~ (3, 0.1%)

1 だと, で最初, の役人

▼ 仕~ (3, 0.1%)

1 だから, 候所此度私え相, 候由依

▼ 仕~ (3, 0.1%)

2 がない 1 があります

▼ 仕栄え~ (3, 0.1%)

1 がある, のある, も一段と

▼ 仕残り~ (3, 0.1%)

1 だのし, なり, やら家政上

▼ 仕~ (3, 0.1%)

1 したる事, した手段, しましたので

▼ 仕~ (3, 0.1%)

1 に列し, を脱し, を脱したる

▼ 仕~ (3, 0.1%)

1 おせない, せた事, せた時

▼ 仕遂候~ (3, 0.1%)

1 ても末代, へば悪名, へば美名

▼ 仕あん~ (2, 0.1%)

1 した, したん

▼ 仕~ (2, 0.1%)

2 えし

▼ 仕さうな~ (2, 0.1%)

1 た, 事である

▼ 仕すぎ~ (2, 0.1%)

1 じゃあ有りません, で

▼ 仕たって~ (2, 0.1%)

1 一向おかしく, 此の

▼ 仕ちゃ~ (2, 0.1%)

1 なりませんぞ, ア可けねえよ

▼ 仕ちゃあ~ (2, 0.1%)

1 いけませんよ, よく働く

▼ 仕つり剩さ~ (2, 0.1%)

1 へ和尚, へ私

▼ 仕つり居~ (2, 0.1%)

1 により不思議, 極々手堅き

▼ 仕でかし~ (2, 0.1%)

1 たこたア, 面目な

▼ 仕ながらも~ (2, 0.1%)

1 左様兄達, 自己の

▼ 仕なけりゃ~ (2, 0.1%)

1 あならない, ア済まねえ

▼ 仕へた家~ (2, 0.1%)

1 である, の爲め

▼ 仕へては~ (2, 0.1%)

1 くれまいか, 謹慎で

▼ 仕へも~ (2, 0.1%)

1 したが, 致しませうけれど

▼ 仕まつり私~ (2, 0.1%)

1 しより, し九助

▼ 仕もの~ (2, 0.1%)

2 なれば

▼ 仕~ (2, 0.1%)

1 がるん, はっても

▼ 仕やうあんめえな~ (2, 0.1%)

1 よきは, 汚れても

▼ 仕よい~ (2, 0.1%)

1 というもの, 気持が

▼ 仕よき~ (2, 0.1%)

1 ことある, 事ある

▼ 仕~ (2, 0.1%)

1 実ニ盲亀, 御便宜

▼ 仕上台~ (2, 0.1%)

1 の鉄板, へ流れ

▼ 仕上部~ (2, 0.1%)

1 か, の一角

▼ 仕~ (2, 0.1%)

1 仕猶, 屆に

▼ 仕候ハ~ (2, 0.1%)

1 ずバ, 当然の

▼ 仕候内~ (2, 0.1%)

1 に火勢, 見申候得

▼ 仕候処~ (2, 0.1%)

1 は御, 小狭

▼ 仕候得共~ (2, 0.1%)

1 不相改, 兎角聢

▼ 仕~ (2, 0.1%)

2 されては

▼ 仕入部主任~ (2, 0.1%)

1 という地位, に持参

▼ 仕~ (2, 0.1%)

1 ねま, るでは

▼ 仕~ (2, 0.1%)

1 だ, だから

▼ 仕~ (2, 0.1%)

1 に用向, のない

▼ 仕好く~ (2, 0.1%)

1 なつた, なること

▼ 仕始め~ (2, 0.1%)

1 で仕納め, の仕納め

▼ 仕~ (2, 0.1%)

1 により先離縁状, 故清兵衞

▼ 仕~ (2, 0.1%)

1 で人間, をしてる

▼ 仕憎い~ (2, 0.1%)

1 から大概, 事殊更

▼ 仕~ (2, 0.1%)

1 に今, に取り

▼ 仕換え~ (2, 0.1%)

1 して, をする

▼ 仕易く~ (2, 0.1%)

1 あります, なる一つ

▼ 仕~ (2, 0.1%)

1 て意地, るは

▼ 仕末ぶり~ (2, 0.1%)

1 が大, といい

▼ 仕来る~ (2, 0.1%)

2 事を

▼ 仕果たして~ (2, 0.1%)

1 これへ, 凱歌を

▼ 仕~ (2, 0.1%)

1 の場面, は三度目

▼ 仕~ (2, 0.1%)

1 へと云, わざる

▼ 仕~ (2, 0.1%)

2 がない

▼ 仕着同様~ (2, 0.1%)

2 転がって

▼ 仕~ (2, 0.1%)

1 を図る, を求めず

▼ 仕~ (2, 0.1%)

2 を辞し

▼ 仕~ (2, 0.1%)

1 なりこれ人, まで大勢

▼ 仕~ (2, 0.1%)

1 も無かっ, をし

▼ 仕~ (2, 0.1%)

2 をし

▼ 仕~ (2, 0.1%)

1 されたという, するもの

▼ 仕~ (2, 0.1%)

1 に就かなかった, は水野美濃守

▼ 仕通し~ (2, 0.1%)

1 です, でその

▼ 仕附糸~ (2, 0.1%)

1 のまま, まで仔細

▼ 仕難く~ (2, 0.1%)

1 なったの, なる

▼1* [364件]

ありがたき仕合に, 仕いまだ一年に, 仕ほせるもの, 仕たがねいさ, 仕がいがあった, 仕がちであった, 仕きつて六疊, 仕くせになっ, 仕ざらによ仕ねえ, 仕こないを, 仕たえず教化を, 仕たまへる御, 仕たりしも此の, 仕たりと我口より, 仕つけ方であります, 仕つたでご, 仕つて幸に斬り, 仕つりてか其邊, 仕つりて候と申立, 仕つり九助儀, 仕つり九助は歸宅, 仕つり九郎兵衞は九郎右衞門, 仕つり二十七日には栃木町, 仕つり今に毎日, 仕つり他に頼るべき, 仕つり候ゆゑ私し儀市之丞, 仕つり候事に御座候, 仕つり候仕合に御座候間, 仕つり候其後夫文右衞門質屋より歸, 仕つり候只今御受取可, 仕つり候實は私, 仕つり候忠兵衞と申者頃日, 仕つり候所夜中に至り, 仕つり候樣に相成, 仕つり候私しに, 仕つり候者に候はず, 仕つり候處全くは, 仕つり候處之を遺恨, 仕つり候處其罪明白に伏し, 仕つり候處居酒商賣の, 仕つり候通り是迄の惡事相違御座, 仕つり候間御吟味願, 仕つり兩人の子供, 仕つり其上に昌次郎夫婦, 仕つり其上爪印まで相, 仕つり其中月も出, 仕つり其外小前へ勘定, 仕つり其後京都に出, 仕つり其砌に天一坊樣, 仕つり其節切腹仕るべき覺悟, 仕つり其金を以て母, 仕つり千辛萬苦致して, 仕つり半分は御, 仕つり古河の在, 仕つり吉左右申上奉つら, 仕つり同人方へ遣せし, 仕つり嘉川の名跡, 仕つり外より入込ませ, 仕つり夜更なれども, 仕つり妻も御座, 仕つり家内も相, 仕つり居候機から上新田村, 仕つり居歸宅致せし機其事柄, 仕つり平生慈善を心, 仕つり幼少の悴道, 仕つり度儀御座候に付町奉行越前守推參仕まつり候, 仕つり度是迄推參候, 仕つり引籠り中家來, 仕つり引き捕へ, 仕つり憑司儀を取, 仕つり村方にても譽, 仕つり歸國の節箱根山, 仕つり死骸の儀, 仕つり母諸共梅は離別, 仕つり江戸より歸國, 仕つり町内にて種々, 仕つり畢んぬ, 仕つり當時は妻, 仕つり神田明神下にて小川町, 仕つり私し札, 仕つり科の次第, 仕つり艱難の體, 仕つり金子三百五十兩を盜, 仕つり金子百五十兩を貯, 仕つり金百八十兩貯へ國許, 仕つり離別致せし所同村百姓共, 仕つり黄泉の露拂, 仕つる事法外にて誠に, 仕つる間敷候依之我代, 仕てがないから, 仕ては居なかった, 仕という人の, 仕とかいう点に, 仕とげ押さえられ手, 仕なきゃあだめですよほんとに, 仕にくくて仕方, 仕えが, 仕ねえって驚いたね, 仕はてたれば, 仕ふるかれが身, 仕へぞまつる年, 仕へた中臣の家, 仕へた主人の家つき, 仕へた人である, 仕へた公卿侍で文武兩道, 仕へた処から出た, 仕へた処女を現神一人, 仕へた初子は其世系, 仕へた國の爲め, 仕へた場合の称号, 仕へた外國人の多, 仕へた女だけであります, 仕へた女房たちの為事, 仕へた女毎日来ては, 仕へた家柄で父, 仕へた徴は二十六歳, 仕へた忠義者萬助の伜萬吉, 仕へた所の有力, 仕へた村人らは海, 仕へた槍一すぢ, 仕へた河村重固と, 仕へた男女が宮廷, 仕へた藩中の朋輩石郷時, 仕へた話は大抵, 仕へた連中で撥亂反正, 仕へた里恵の情, 仕へた風の印象, 仕へた黒川寿庵に屡々, 仕へといふぢや, 仕へようずと, 仕ほうだいをする, 仕まつがいい, 仕まつり候處折節長兵衞弟熊谷宿寶珠花屋八五郎も出府, 仕まつり役儀と申, 仕まで許すよう, 仕込の, 仕め蛹を用, 仕もし又本人, 仕やう先夫は後, 仕やすいとした, 仕やすかろうと, 仕ようし又何, 仕ようぢやない, 仕よう一つで何ん, 仕よう此の苦痛, 仕よう長旅をし, 仕より外なし, 仕われおる元, 仕エルコト諸親ヘムツミ, 仕カタ開キであるまいか, 仕た, 仕フ裘葛ヲ更フル此ニ四回時ニ同学, 仕今宮本八右衛門ト称ス, 仕ヘテ平氏世ヲ乱ストキハ, 仕リ以来貴作, 仕可ク候, 仕ルガ然ルベシナド, 仕ルベキノ旨辱クモ禁中ヨリ御勅使, 仕ルベキ旨御老中, 仕一時人氣動搖いたし候所, 仕上場全部が, 仕且月代仕度段奉願上候処, 仕之条四隣之諸人, 仕之者申合於定福寺少分, 仕乍ら死んで, 仕乍ら私に愛想, 仕として忍耐, 仕の変, 仕以後の人, 仕無御, 仕か御, 仕來冥加至極難有仕合に奉, 仕余りに長文, 仕候あいだなにとぞ新品, 仕候その後森先生とも種々, 仕候はんま, 仕候ものに御, 仕候ニ付て江戸ニ来レル仏, 仕候ニ付通弁者其外人数をそろ, 仕候ヘバ猶一ト事, 仕候七歳未満に付, 仕候両君の室, 仕候乍憚御安意可, 仕候也と答えた, 仕候京丸の所在, 仕候位にて中, 仕候儀無之樣仕度候, 仕候先は過日, 仕候共御用之御, 仕候内紀州の方, 仕候処一二の候補者, 仕候処彼の改進先生, 仕候処是又前段同様, 仕候処此頃英船御国ニ来るよ, 仕候処途中より逐電, 仕候右の者, 仕候哉の様子, 仕候唐墨の方, 仕候唯宅の者, 仕候小弟思ふに, 仕候尤御即答, 仕候尤も後立山並に餓鬼ヶ岳, 仕候後も俗事, 仕候得バ両国之重役立合, 仕候得者持病差起候者必然之儀, 仕候所引越公私のさわぎ, 仕候所惣方長州の論, 仕候所諸君皆云, 仕候扨其後新水源地, 仕候新に師, 仕候旨通詞のもの申聞候, 仕候時ハ愚妻儀本国ニ送り返し可, 仕候木綿御紋附, 仕候樣に申上し, 仕候殊に御, 仕候段只今に相成, 仕候段慚愧に堪えず, 仕候段相違無之, 仕候氣味に御座候, 仕候為御褒美金五百疋被成下候旨, 仕候物を出しみせ, 仕候私好み不, 仕候秘術綱要一部を御, 仕候節人手に罹り, 仕候繪圖を出申し, 仕候者撰み捨てただ今, 仕候而得と可, 仕候而御用有之候共相勤候儀, 仕候處いづれなり, 仕候道筋も見, 仕候間乍憚御掛念, 仕候間元日之口号, 仕候間御国の御, 仕候間是より又, 仕候間月代仕度奉願上候所, 仕候間此度船の事, 仕候間此段御披露申上候, 仕候間歩行仕度奉願上候所, 仕候間湯島天神下薬湯え三廻り, 仕候間速に私, 仕候首初は先づ婦人小児, 仕入方に參, 仕入物ぢや氣, 仕入部その他多数の使用人, 仕兼而難渋之上, 仕初めました, 仕線路の, 仕の板下書候梶原平兵衛, 仕を見た, 仕労働というシステ無, 仕だろうと, 仕勝ちで狼, 仕勤功同越前守, 仕十三年にし, 仕にオレ, 仕右伜助之丞, 仕合致スベキ由ヲ諭ス, 仕かつた, 仕な朋輩, 仕報謝の一端, 仕士たる者は專ら文學, 仕売物ばかり拵え, 仕へて呉れ, 仕女子出生仕候, 仕好いよう富さん, 仕になられた, 仕宦五十年終に熱官, 仕宦前後厚薄を異に, 仕居候於其元御懇情, 仕居候通棠軒病死仕候, 仕居申所此度戸籍偏製御取調, 仕工合で女中, 仕廻つて休むが, 仕廻私を連, 仕ハ一橋又, 仕不審可被, 仕心得に御, 仕に追, 仕悪き仕草をも, 仕悪くてしようが, 仕い問題, 仕憎からうが, 仕にて名代, 仕成方甚だ以つて其意, 仕払いぶりがさ, 仕払い可仕候, 仕払つてゐないし, 仕払能力がなくなった, 仕払証明書といつた, 仕払請求書が来た, 仕けてやつ, 仕挙度さうだから, 仕りさうな, 仕揚げまで見, 仕へてつ, 仕損いがお有, 仕損いまでした遊蕩児, 仕損つた事のない, 仕損ひと間違へられる, 仕損ふたら浮世は闇, 仕改行宿を仕, 仕放題親を泣かせ, 仕政義居士と云, 仕日本にて必用, 仕易かった, 仕映えのある, 仕時刀を心掛候人ハ銃, 仕時節到来候故断申候哀憐愍被思召赦免可, 仕替えや井, 仕最も安全なるべき, 仕にでも用いたであろう, 仕末一時は非常, 仕末以上にもの悲しく, 仕末書を取られた, 仕末棺桶で無いから, 仕けはさせない, 仕樣模樣の竭, 仕樣無かつたつ, 仕止めそいつを独り, 仕止め矢ひとり残らずうぬら, 仕止め鐵砲を投げ出し, 仕止役はオルテガ, 仕此上薬湯え罷, 仕段々快方には, 仕とともに京都, 仕水府も先達而丸燒故難澁申出候處無, 仕活すよう活かすよう, 仕湯島天神下薬湯え三廻り, 仕為着を用いし, 仕重て, 仕申候然上, 仕留むるの覚悟, 仕留士までかかっ, 仕留花形役のベルモント, 仕せずには, 仕を命ず, 仕穢多の支配下, 仕所謂お, 仕筈ニ御座候得ども, 仕をし, 仕に観せ, 仕終すには大いに, 仕終つた時分にへ何で, 仕習つておかないと, 仕而學者之鹽梅, 仕芸州の書物, 仕落しなく演じ申すべく候え, 仕薬湯え三廻り, 仕誼わけを知ってる, 仕誼一刻も猶予, 仕足らいでこの, 仕辛い仕事を, 仕せ, 仕たりと法衣, 仕遂ぐべき事を仕遂げず, 仕遂ぐるのにはこれ程, 仕違いだろうと, 仕仕は, 仕間敷又, 仕関東勢百万も候, 仕て有ります, 仕難かった, 仕難し其儀如何と, 仕をし