青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「人~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

享楽~ ~京 京~ 京子~ ~京都 京都~ 亭~ ~亭主 亭主~ ~人
人~
~人々 人々~ ~人たち 人前~ ~人口 人口~ 人夫~ 人家~ 人工~ ~人形

「人~」 418483, 4019ppm, 14位

▼ 人~ (107893, 25.8%)

1373 男が 767 ように 708 間に 688 心を 579 女が 578 ために 552 顔を 373 心の 358 女の 337 子供を 295 姿が 294 子供が, 男の 292 心に 287 姿を 286 前に 285 話を 280 武士が 278 ことを 271 人間が 264 人が 254 者が 247 女を 242 手に 239 ような 235 間には 234 男は 233 やうに 231 中に, 姿は 222 声が 216 心は 215 世の 207 上に 205 女は, 足音が 203 子を, 男を, 顔が 202 方が 200 目に 188 子供は 178 話に 177 名を 170 青年が 167 娘が 166 子供の 159 子の, 者は 158 うちの 156 目を 155 若い女 152 少年が, 眼に 151 眼を 149 男に 147 娘を 145 老人が 142 口から 139 中には 132 中で 131 中の, 間の 130 人間の 129 ところへ, 客が 127 少年は 126 前へ, 心が 123 家に, 影が 121 侍が 119 手で, 警官が 118 前で 117 若者が 116 女に, 頭の 115 手を 114 命を 111 家へ, 男女が 109 間を 108 家の 107 顔は 105 若い男 103 注意を 100 世に, 子が 99 人間を, 方へ 98 人影が, 娘の 96 生活を 95 胸に 94 方を 92 事を, 気配が 91 人の 89 方は, 話は 88 様子を, 男と, 耳に 86 うちで 85 ものは 84 心も, 生活の, 紳士が 83 人を, 力で, 娘は 82 ことは, 顔に 81 住んで 80 人物が 78 婦人が, 影も 77 刑事が, 姿も, 魂を 74 所へ 73 子は, 影は, 為に 72 女中が, 物を 71 あいだに, 血を, 顔の 70 者を, 間は, 顏を 69 ものが, 口に, 好さそう 68 少女が, 眼の 67 噂に, 生活は, 言葉を, 跫音が, 頭を 66 生命を 65 やうな, 頭に 64 女と, 武士は 63 ほかに, 眼は 62 名が, 声を, 目の 61 客は 60 名は, 噂を, 好さ, 男女の, 言うこと 58 ことだ, ものを, 子供に, 家を, 身に 57 中から, 女性の 56 力では, 女性が, 巡査が, 旅人が, 話では 55 よさそう, 妻と, 眼には 54 あとを, ことで, 学生が, 足を 53 名前を, 客を 52 口を, 手が, 方に, 眼が, 知るところ 51 少年の, 気を, 生活に 50 人々が, 仲を, 女, 影を, 気も, 生活が, 男の子が 49 中でも, 刑事は, 後を, 様に, 顔も 48 うちに, 人は, 仲間が, 肩を, 首を 47 世話を, 命に, 声は, 肩に 46 いうこと, すがた, すること, 書いたもの, 間で, 青年は 45 少年を, 知る通り, 若者は 44 力を, 娘に, 子に, 男女は, 老婆が, 者に, 身の 43 手から, 者の, 胸の 42 中では, 作家の, 口の 41 人間に, 仲は, 出て, 姿の, 子供と, 客の, 息子を, 男 40 ほうへ, ようであった, 気の, 真似を, 運命を 39 ことが, 外に, 子供も, 小供, 数が, 数は, 目には, 面を 38 人に, 作家が, 妹を, 持って, 話が, 警官は 37 ようで, 妻に, 手の, 魂は 36 ための, 前には, 心には, 敵を, 気配を, 百姓が, 胸を, 見て, 青年を 35 ためには, 世話に, 中へ, 兵士が, 婦人は, 手は, 死を, 説に

34 [11件] 世を, 女の子が, 姿に, 少女を, 形を, 後に, 立派な, 耳を, 言ふ, 身体を, 青年の

33 [16件] あるの, ためにも, ほうが, 命は, 妹が, 婆さんが, 子, 少女の, 方の, 気は, 気配も, 秘密を, 若侍, 言葉に, 関係は, 魂の

32 [11件] ごとく, 会話は, 兄弟が, 声, 婦人の, 感情を, 目は, 耳には, 足音を, 関係を, 頭が

31 い, ほうは, よさ, 侍女が, 娘と, 意表に, 武士の, 目が, 看護婦が, 知る所

30 [13件] 世は, 会話を, 僧が, 噂では, 女として, 女性を, 子供たちが, 少女は, 方で, 老人は, 若い者, 言葉は, 部下を

29 [12件] 人間として, 侍は, 兄弟は, 兵隊が, 友達が, 大男が, 家族が, 役人が, 水夫が, 足音に, 身の上に, 身を

28 うちには, 中年の, 傍へ, 力が, 立って, 足は, 身体は

27 [14件] そばへ, 傍に, 出入りが, 口は, 如くに, 心と, 悪口を, 死, 浪人が, 生徒が, 足の, 間が, 間へ, 鼻を

26 [25件] あること, ことである, もので, ものに, ようだ, 云ふ, 人夫が, 人間は, 兵が, 友人と, 息子が, 手によって, 来るの, 死骸を, 気が, 男の子を, 眼にも, 知って, 精神を, 群が, 職人が, 若い娘, 話声が, 身の上を, 農夫が

25 [16件] あいだには, 一人が, 事は, 人たちが, 仲間を, 命が, 外は, 家は, 後から, 後姿を, 日本人が, 背の, 話し声が, 話の, 足音, 関係が

24 [22件] そばに, ものと, 一人に, 下に, 人物を, 仲間と, 刑事に, 前では, 前を, 妻を, 姉妹の, 婦人を, 少年たちは, 武士に, 為めに, 生命は, 精神の, 罪を, 血が, 身体に, 金を, 間では

23 [18件] うちでは, ところに, 一生は, 世話で, 中にも, 兄が, 名も, 心持を, 恋の, 惡い, 日本の, 気持を, 生命が, 若者を, 言を, 足に, 青年に, 魂が

22 [24件] ことも, なかで, 一生の, 仲の, 侍の, 供を, 兄弟の, 内の, 口が, 命の, 噂も, 声に, 声も, 多くは, 女も, 家で, 幸福を, 往来も, 気勢が, 目から, 紳士は, 老人を, 言葉の, 説を

21 [17件] なかには, 仲間は, 友人の, 声の, 女中は, 存在を, 学生は, 情を, 愛を, 生涯を, 眼から, 群は, 老人の, 肉を, 警官に, 部下が, 顔さえ

20 [16件] なかに, ほかには, 人物の, 力に, 同情を, 小僧が, 心持が, 情の, 敵が, 気持が, 男も, 男女を, 視線が, 許へ, 身は, 面影を

19 [30件] いないの, いない所, うしろに, うちへ, ことに, ひとが, 上を, 仲が, 仲間に, 処へ, 医者が, 友は, 場合は, 女房が, 妹の, 妻の, 子どもを, 少年と, 後ろ姿を, 心理を, 気配に, 生活と, 男たちが, 耳目を, 自由を, 袖を, 運命が, 道を, 門に, 顔には

18 [33件] うわさに, これを, 一生を, 下駄の, 不幸を, 中を, 乞食が, 体は, 友人が, 声で, 姉が, 子どもが, 家が, 幸福の, 弟の, 性格が, 恋は, 意見を, 教師が, 旅の, 本当の, 武士を, 気配は, 男達が, 百姓は, 老婦人, 胸には, 花嫁を, 話で, 足が, 身体が, 顔色を, 鼻の

17 [37件] あとから, おじいさんが, ほかは, ようです, 不幸な, 乗客が, 兵を, 力は, 友人を, 友情は, 外には, 女たちは, 女給が, 妹は, 姉妹が, 婦人に, 弟子が, 役人は, 従者を, 性格を, 村の, 気に, 浪人は, 真の, 眼と, 群に, 群れが, 耳へ, 聲が, 腕を, 若い女性, 見る前, 跡を, 身体の, 頭は, 顔や, 魂に

16 [45件] お友達, ことです, 一人で, 云うこと, 云う事, 体を, 作品は, 作品を, 労働者が, 友が, 友達と, 友達に, 双生児, 名前は, 噂で, 女中に, 女中の, 姿, 子と, 子も, 将校が, 小男が, 形に, 往来は, 心持は, 恋人が, 情に, 手によ, 持つて, 日本人の, 武士, 母と, 爲に, 生活には, 目にも, 細君が, 結婚を, 美しい娘, 者も, 話, 談話を, 足音も, 部下は, 頭上に, 顔と

15 [63件] いないところ, うちでも, うち一人は, こと, 一人である, 世界は, 乞食の, 他に, 体に, 体の, 先に, 先生が, 兵士は, 助手が, 博士が, 友を, 友達の, 名の, 噂は, 士が, 声では, 夢を, 女たちが, 女性に, 女房を, 如きは, 妾に, 姉の, 客に, 少女に, 屈強な, 弟子は, 心から, 性格の, 恋を, 息子の, 息子は, 想像も, 意見が, 態度は, 数も, 日本人を, 機嫌を, 母を, 水兵が, 水夫は, 男の子と, 男子が, 異様な, 百姓の, 眼前に, 知るとおり, 絵を, 老紳士, 船頭が, 若い婦人, 若い武士, 話も, 運命は, 間から, 青年と, 面に, 頭には

14 [78件] おまわりさんが, ないの, ようである, ようにも, よく知る, 上にも, 上へ, 事が, 事だ, 人夫を, 仕事の, 仕事を, 代りに, 仲に, 会話に, 側に, 出入りも, 刑事の, 友の, 友達を, 召使が, 名前が, 周囲に, 周囲を, 国を, 土人が, 声だ, 女の子を, 女中を, 奴が, 奴は, 娘で, 婆さんは, 子供, 子供たちは, 子分を, 学生の, 客も, 家族は, 店員が, 弟が, 弟は, 形の, 心をも, 性質を, 恋が, 患者が, 患者を, 悪い, 愛の, 感情の, 態度を, 手先が, 支那人が, 書いた, 書生が, 様な, 様子が, 武士と, 歩いて, 気持は, 氣の, 生涯は, 病気を, 私服が, 童子が, 笑ひ, 経営し, 結婚の, 美女を, 群の, 老女が, 者と, 肩の, 若い男女, 行動を, 親の, 首が

13 [79件] あいだの, うち二人は, お客が, こ, さむらい, それと, ところで, なかの, ほうに, ようだった, ボーイが, 一人は, 一行が, 上には, 下つ, 事で, 人と, 会話が, 侍を, 児を, 写真を, 前でも, 力の, 友だちの, 口より, 問答を, 噂, 坑夫が, 場合に, 多いこと, 多いの, 大部分, 女性は, 女房に, 女生徒, 姿と, 家族を, 家来が, 常として, 弟子を, 影に, 影の, 思想は, 思想を, 意を, 愛は, 感情は, 教を, 方から, 旅人は, 武者が, 死に, 氣は, 父は, 生きて, 生命に, 生涯に, 男の子の, 男子を, 看護婦の, 知らない苦労, 神経を, 紹介で, 美しい女, 群を, 考えを, 者, 者へ, 背後に, 荷物を, 視線は, 言う事, 記憶に, 警官を, 距離は, 跫音を, 部屋に, 間にも, 黒い影

12 [79件] いう事, いること, うしろから, うちから, からだ, くせに, ほうを, ものの, りっぱな, 一つの, 一生に, 之を, 乾児が, 人たる, 人物, 仕事は, 令嬢の, 仲間の, 住む家, 作品に, 例外も, 傍を, 兄妹の, 内に, 動きが, 噂が, 女で, 女子を, 妹に, 娘たちは, 子で, 子として, 子どもは, 子分が, 孫を, 客と, 家来を, 山を, 弟子の, 形が, 影, 後ろに, 心にも, 心理, 悪いこと, 数を, 敵の, 旅客が, 時は, 来て, 死の, 死は, 母の, 気勢も, 生血を, 画家が, 相手に, 眼で, 知る処, 筆に, 絵は, 肌に, 自分を, 船頭は, 良さそう, 若い侍, 西洋人が, 見る眼, 言葉が, 許に, 証人が, 詩人が, 話には, 邪魔に, 部下の, 門弟が, 顔さへ, 騎士は, 髪を

11 [112件] いるの, うしろで, して, それに, ときは, ほうで, ほんとうの, まえに, まねを, まわりを, やうで, やつは, ようすを, ようには, 上の, 下っ引, 不思議な, 乗って, 人も, 人夫は, 人物は, 人足が, 人間も, 仕事に, 作を, 作家を, 側へ, 僧は, 僧侶が, 先客が, 出入は, 刑事を, 前の, 労働者の, 勇士は, 友人に, 友人も, 友達は, 同志が, 同志の, 味方を, 問答は, 多きに, 大の, 大将が, 天才の, 女の子の, 女の子は, 女学生が, 女性と, 姉は, 姉妹は, 姫は, 存在が, 学者が, 孫が, 家には, 容子を, 小児が, 巨匠, 弟子に, 後について, 心という, 想像に, 想像を, 愛が, 愛情の, 憲兵が, 或る, 所に, 手では, 手紙を, 批評を, 来客が, 樣に, 死体が, 死骸は, 母親の, 波を, 涙を, 生命の, 生徒の, 生徒を, 生涯の, 甥の, 男から, 男たちは, 皆知る, 真実の, 着物の, 着物を, 神経が, 立場から, 美女が, 老人に, 腸を, 芸者が, 血の, 見るところ, 言ひ, 言葉には, 警官と, 遍路が, 部下に, 隙を, 非常に, 面倒を, 面影は, 顏は, 顔, 顔ばかり, 顔へ

10 [116件] いのちを, ことなんか, するよう, まわりに, もって, もの, ものである, やうにも, やること, 人影も, 人間である, 仕事だ, 偉大な, 兄の, 兄は, 兄弟を, 兵士に, 兵士を, 助手を, 動きを, 友と, 句を, 名で, 名前に, 味方が, 善さ, 団員が, 坐って, 壮士が, 壮士は, 外国人が, 多くが, 女だ, 女房と, 如く, 妹と, 妻として, 姪の, 娘さんが, 娘も, 子である, 子まで, 子供たちと, 子供たちの, 子供達が, 尊敬を, 小説を, 少年に, 巡査を, 往来が, 往来の, 心といふ, 心理は, 思想に, 思想の, 性は, 恨みを, 患者の, 悪いの, 悲しみを, 想像する, 意見は, 愛情は, 感情が, 態度が, 手には, 支那人を, 敵と, 敵に, 文章を, 旅人に, 旅僧が, 日常生活の, 日本人は, 曲者は, 書を, 服装を, 村人が, 様子は, 機械人間が, 歌は, 死ぬの, 水夫の, 浪人者が, 漁夫が, 漁夫たちは, 漁師が, 為には, 物に, 犠牲者を, 病を, 相手を, 神さまが, 紳士と, 美しさ, 群, 考えて, 聲を, 職工が, 肌を, 胸は, 膝の, 自分の, 若者の, 行動は, 袖に, 親を, 親切を, 言葉, 話して, 話し声は, 話だ, 足跡が, 道に, 難儀を, 額に

9 [174件] あいだへ, いうには, いない時, いふ, いるけ, いるところ, いるよう, いる気配, お子, お方は, お蔭で, からだは, ことなど, ことについて, したこと, すべてが, する事, ためなら, どちらが, ひとを, よく知っ, 一人だ, 一人として, 一人も, 一生, 乗客の, 乗客は, 事に, 交際は, 人から, 人たちは, 人格を, 人物に, 令嬢が, 住む所, 作である, 使者が, 信者が, 俤が, 健康を, 兄を, 児の, 兵は, 出入りの, 出入りを, 助手は, 労働者を, 勢力が, 友だちは, 叫ぶ声, 同勢が, 同志は, 名と, 命にも, 命も, 墓の, 墓を, 士官が, 壮い, 声である, 大切な, 天才が, 夫を, 奥さんに, 好い微笑, 好意に, 妾の, 委員が, 姿である, 婦人, 子だ, 子なり, 子供まで, 子分の, 存在は, 学生に, 孫の, 宅へ, 客, 家では, 家庭の, 寝て, 寝顔を, 小娘が, 少女と, 居ないところ, 居る所, 山伏が, 年若い, 往来する, 心, 心臓を, 思想や, 性を, 怨みを, 息子と, 悪そう, 意志を, 意見に, 意識の, 我を, 手へ, 手下を, 探偵が, 支那人の, 教師は, 時に, 智慧は, 曲者が, 書いた本, 有名な, 歌に, 歌を, 死体を, 死者を, 死骸の, 母が, 母親が, 氣に, 水夫を, 注目を, 浪士は, 消息を, 無邪気な, 生徒に, 生時, 男達は, 疑いを, 百姓を, 盗賊が, 目も, 盲人が, 知らないところ, 私の, 立場に, 精神は, 紳士に, 結婚は, 美人が, 老僧, 老爺が, 考えから, 考へ, 聲は, 胸にも, 自分が, 自由な, 興味を, 船員が, 良さ, 若い衆が, 苦しみを, 苦痛を, 荒くれ男が, 表情を, 記憶を, 記録に, 詩を, 話である, 話題に, 誰かが, 貴婦人が, 足音は, 足音や, 身の上の, 車夫が, 迷惑に, 運転手が, 過去の, 門人が, 頭で, 顏が, 顏に, 顔だ

8 [211件] あとに, いうところ, いのちは, いる所, うわさを, おかげで, おばあさんが, お友だち, お婆さんが, お谷, お酌, からだに, こころの, こころを, こととて, これに, ごとし, すべての, せいに, そばを, それを, ひとに, ほかの, むすめ, ようでした, 一団が, 一行は, 世が, 乙女が, 事です, 事務員が, 亭主を, 人, 人々の, 人々は, 人かげが, 人夫の, 人数が, 人達が, 人間としての, 仕事では, 仲には, 会話の, 体が, 作に, 作品が, 作家に, 作者が, 侍, 侍と, 信者を, 信頼を, 俳優が, 側を, 像を, 僧を, 兄と, 入って, 兵隊を, 内で, 写真が, 前にも, 勇士が, 博士の, 友, 友に, 友達も, 反感を, 口端に, 同僚が, 名に, 噂だ, 噂には, 囚人を, 坊主が, 声だった, 声と, 夢は, 大家族, 大将は, 大将を, 奇妙な, 女たちの, 女であった, 女客, 女給を, 好みに, 如し, 妾を, 姉妹を, 姉弟は, 姿であった, 娘, 娘だ, 娘である, 婦が, 婦人と, 婦人作家が, 子どもの, 子には, 子供らが, 子供達は, 安否を, 家庭に, 将来の, 小さい子供, 小人の, 少年たちが, 少年探偵団員が, 屋敷へ, 年とった, 幸福は, 座敷へ, 弟と, 弱さ, 弱点を, 形は, 影さえ, 後姿が, 心で, 心持ちが, 心持も, 思想が, 恋しさ, 恋人を, 息子に, 悪漢が, 悪者が, 情けを, 手にも, 手前も, 数に, 曲者を, 最後の, 本を, 来たの, 横顔を, 欠点を, 死が, 洋服を, 流れが, 流れを, 火星人は, 災難を, 爲めに, 父を, 物と, 犬殺しは, 猟師が, 生徒は, 生活から, 男たちの, 男として, 男の子は, 男や, 男性が, 画家の, 目からは, 目で, 看守が, 眼も, 知らぬ間, 知人が, 知己を, 神経は, 笑い声が, 笑ふ, 精神に, 紳士を, 罪は, 美女の, 老いたる, 老武士, 考へ方, 肉親の, 肖像を, 肩から, 背に, 背中を, 胸中の, 腹の, 自由に, 色の, 若い紳士, 若者に, 虚無僧は, 行方を, 覆面の, 親と, 親に, 親子は, 言に, 言葉で, 言葉も, 話などを, 誰もが, 起きて, 足跡を, 身の上は, 車夫は, 通行人が, 連れの, 邪魔を, 部屋の, 関係に, 青年紳士が, 頭へ, 頭脳の, 顏も, 顔です, 顔にも

7 [251件] あいだを, ありとも, あわれ, いのちの, うちにも, お世話に, ことばかり, この世に, するの, それの, たましい, ため, ためと, なかま, はだ, ひとの, やって, ようであります, 一人の, 一家が, 一生が, 下女の, 下男が, 世には, 世界が, 乙女は, 争いを, 事として, 事も, 人夫に, 人格に, 人生に, 人達の, 代表が, 伝記を, 作と, 作品の, 作家として, 作者の, 例を, 侍女を, 信仰が, 先生の, 先生は, 児が, 児童が, 兵士の, 処女が, 処女の, 出で, 出入の, 刀を, 刑事と, 列に, 前まで, 力には, 助けを, 労を, 勇士を, 勇敢な, 厄介に, 口真似を, 右に, 同志と, 同志を, 名, 名刺を, 名前も, 呻き声, 唯一の, 問いに, 問題では, 善さそう, 喉を, 場合には, 境遇を, 壮漢が, 声とは, 声とも, 多かった, 多くの, 夢の, 天の, 夫人の, 女から, 女である, 女とが, 女友だち, 好いの, 好奇心を, 如何に, 妃が, 妙な, 妹だ, 妻が, 妾が, 姉妹に, 娘とが, 嫌がる仕事, 子供とを, 子供らは, 子女の, 室へ, 家も, 家族の, 家来に, 宿命の, 将校は, 小さな子供, 小僧と, 小者が, 巡査に, 巫女が, 師と, 席を, 常情, 平凡な, 年増の, 年齢を, 幼児を, 弟を, 彼の, 従僕が, 心へ, 心持ちを, 心持に, 心理の, 思想と, 性格は, 性質に, 悪い事, 悪漢は, 悪者は, 悲しさ, 想像の, 意に, 意志に, 意表を, 愛に, 愛情が, 愛情を, 感覚に, 所謂, 手と, 手より, 手下に, 折助が, 指を, 教授が, 教正あり, 敵は, 方も, 旅は, 日本女は, 昔の, 時には, 未亡人が, 横を, 正体を, 武士も, 死して, 死体は, 死骸が, 母は, 母親は, 気持ちは, 気持ちを, 気質が, 氣も, 水夫に, 漁夫は, 片輪者, 物で, 犠牲者の, 犠牲者は, 生死に, 由, 男とが, 男の子に, 番人が, 病気は, 癖で, 白衣の, 百姓に, 皮膚の, 盗賊は, 看護婦に, 看護婦は, 眠りは, 私に, 秘密は, 細君に, 紳士の, 絵には, 美人を, 群れに, 群れを, 考えが, 耳にも, 耳の, 聲も, 肩越しに, 肺腑に, 腕で, 芸は, 若武士, 藩士が, 虚無僧が, 行列が, 袂を, 視聴を, 言葉と, 記者が, 証人の, 評判に, 評判を, 詩に, 詩人の, 話し声も, 話題は, 認めるところ, 語を, 説明を, 諺に, 負傷者が, 財産を, 賊を, 足も, 足軽が, 足音と, 跫音に, 身も, 連れが, 部屋を, 長所を, 門を, 間だけの, 集まるところ, 雇人を, 霊が, 霊を, 頬を, 頭と, 頭も, 顏の, 食事を, 首の, 馬方が, 駕籠舁き, 騎士が, 黒人は

6 [364件] あたま, あつた, あひだ, いないとき, いない部屋, いる前, うしろ姿を, うち一人が, おかみさん, おとずれる声, おもかげ, お供を, お嫁, お嬢さんが, お孃さん, お客は, かげも, きれいな, ごときは, ご家来, するやう, せいの, その後の, た, ためを, とこへ, ところには, ないこと, ひとり, ほうの, ものだ, マルクスは, 一人だった, 一人であった, 三倍も, 下駄を, 不幸の, 世, 世では, 世界では, 世界に, 世界の, 世話は, 世話も, 中学生の, 乗客を, 乞食を, 事である, 二倍も, 云ふこ, 人足を, 人達は, 人間, 人間しか, 人間と, 今の, 介抱を, 仕業か, 他には, 令嬢は, 仲間で, 会, 住人の, 住居の, 住居を, 作だ, 作ったもの, 作家としての, 使者は, 使者を, 使部は, 侍女は, 価値を, 俤に, 個性が, 倒れる音, 僕を, 兄さんは, 兄妹が, 兄弟と, 兄弟に, 先生を, 先輩の, 兵隊は, 出さ, 出入も, 出入りする, 出入りに, 出入りは, 刑事も, 努力の, 努力は, 労働の, 労働者は, 医師が, 医師の, 医者に, 博士は, 印象を, 厭がる, 友だちと, 召使を, 同僚を, 名まえ, 名前で, 名前と, 名前の, 名探偵, 呼吸を, 命令に, 商人の, 喜びは, 嗜好に, 囚人が, 土地の, 垣を, 場合も, 壮士も, 声であった, 声です, 声や, 多数に, 多数は, 夢に, 大事な, 大人が, 大学生が, 大学生は, 大學生, 奥さんは, 女たちを, 女としての, 女中と, 女乞食, 女房の, 女房は, 女教師, 奴を, 好さ相, 好意を, 妻だ, 姉と, 姪に, 娘であった, 娘として, 娘らは, 娘御, 娘達が, 子たる, 子供たちに, 子供とが, 子供との, 子供達に, 子分に, 子孫だ, 子枕す, 学生を, 学者は, 学者を, 室の, 家から, 家庭で, 寝姿, 将が, 小クラチットども, 小侍, 小僧は, 小児を, 小坊主が, 小姓が, 小説は, 少年たちも, 居ないの, 居ない所, 屍体を, 屠手, 工夫が, 帰るの, 常識に, 年齢が, 年齢の, 店で, 影らしい, 後ろから, 得がてに, 御婦人, 御機嫌, 心ほど, 心臓の, 志を, 忰を, 思いも, 思うよう, 恋人の, 恋人は, 恋愛を, 息子で, 愛と, 感じが, 憐み, 手だ, 批評は, 捕り方, 捕手が, 掌に, 教えを, 教師の, 数学, 敵では, 文学の, 新聞記者が, 旅人を, 書生に, 最期に, 案内で, 様子に, 権威を, 歌の, 武士へ, 武家が, 武家に, 歴史を, 死するとき, 母として, 母に, 母親と, 気持に, 気持も, 気配の, 氣を, 氣配が, 水夫も, 波が, 波に, 注意が, 注意に, 海女は, 涙は, 深切を, 漕ぎ手, 父と, 物語を, 犯人が, 犯人を, 王子が, 理想と, 生き血を, 生活, 生活だ, 生活である, 生活とは, 生活も, 男で, 男性を, 男達の, 町人が, 画を, 異体の, 異性を, 病人は, 登山者が, 白髪の, 皮膚を, 目的は, 相手は, 眠りを, 眠を, 着て, 着物が, 瞳の, 私を, 私服に, 立場を, 精神が, 精霊は, 細君を, 給仕が, 綺麗な, 罪では, 罪に, 美の, 群から, 群れの, 老人, 老翁が, 考えで, 考えは, 聴き手, 肉体を, 肌の, 肩と, 胆を, 能く, 脚の, 腕が, 腕に, 腹を, 腹中に, 膳を, 自由である, 船に, 色身の, 花嫁は, 若い衆は, 著書に, 虚無僧の, 血と, 行方は, 行為は, 行為を, 衣を, 被害者の, 西洋人を, 見る目, 見知らぬ男, 視線を, 親として, 親は, 言うところ, 言は, 訪問者が, 話から, 話し声を, 話にも, 話や, 警官隊が, 走って, 趣味に, 足元を, 身が, 身許を, 車夫に, 輪が, 農夫は, 農民が, 通った跡, 通って, 通らないところ, 運が, 運動の, 運命に, 運命の, 道だ, 選手が, 郎党を, 部下と, 部屋へ, 酔漢が, 間柄は, 集りが, 集るところ, 靴音が, 頭から, 頭脳に, 頭越しに, 頼みを, 顔から, 顔など, 風流人は, 駅員が, 駕籠屋は, 騎馬の, 黒い人影, 黒ん

5 [542件 抜粋] あったこと, あらくれ, いい顔, いつもの, いない島, うえに, おだて, お人, お墓, お夏, お姿, お嬢さんの, お尻, お母さんに, お爺さんが, お相手, かげが, からだを, こころは, ことだけ, ことであった, ことなら, これが, ごと, ところから, どこに, ない森, なかでは, なきを, はなしに, ほかにも, またもあれ, まはり, まわりには, みじめな, もとに, ものとして, ようでも, よくする, よく言う, よめる, よろいを, われに, アラを, アーティストが, キャラコさんが, ニンフ, 一人, 一族が, 一日の, 一生には, 丈よりも, 上, 上から, 下女が, 下女を, 不幸は, 世で, 世と, 世界を, 亀鑑に, 事と, 云ひ, 交り, 人たちの, 人たちを, 人影を, 人間な, 人間にも, 代に, 仲間にも, 伝うる, 伴が, 位置が, 位置は, 住所は, 住所を, 何を, 作つた, 作では, 作家は, 侍に, 侍も, 侍女に, 供の, 信仰の, 信仰を, 信用を, 個人の, 個性は, 候補者を, 借金の, 側から, 傷を, 働きを, 僧の, 僧侶を, 優秀な, 元気な, 兄妹は, 兄様, 兇漢が, 全生活, 共通の, 兵に, 内弟子の, 処に, 処女を, 出入が, 出入を, 列が, 列は, 別の, 助手と, 助手の, 努力によって, 勇気を, 動くけ, 動く気配, 医者は, 参考に, 友だちが, 友も, 友人は, 友情の, 叔父に, 口で, 口碑に, 召使は, 右の, 同伴者が, 同心が, 同情に, 同胞の, 名では, 周囲には, 周圍に, 味方も, 呼ぶ声, 命, 命と, 命には, 唇に, 問答が, 問答の, 善良な, 噂ぢや, 噂にも, 国に, 場合と, 場合よりも, 塊り, 境を, 壮士を, 外人の, 外国人の, 多く見出される, 多數, 大多数, 大群が, 天下に, 夫人に, 夫婦が, 女の子と, 女優が, 女子供, 女性として, 女房だ, 女王の, 女給は, 女達は, 奴隷が, 好い顔, 妻たる, 妻で, 妾お, 姉を, 姓名を, 姥の, 姿さえ, 娘です, 婢が, 婢を, 婦人たちが, 婦人たちの, 子どもたちが, 子よ, 子供達と, 子供達の, 子分, 子分は, 学生と, 学者の, 孫は, 家, 家だ, 家庭では, 家族だ, 家族に, 家自身が, 寝像, 寝床へ, 対話は, 対話を, 尊いみ子が, 小姓は, 小娘に, 少女で, 少年, 少年探偵団員は, 尻を, 尼僧が, 居ない処, 居ること, 居所を, 履物を, 山の, 巡査は, 左右に, 希望を, 席の, 平素の, 年若, 幼い者, 幽霊が, 床を, 廡下に, 弟妹が, 弟子と, 弟子も, 影で, 影響から, 役に, 役人を, 従者は, 御姫様, 心である, 心では, 心事を, 心情を, 心持の, 心理に, 心理乃至, 性質の, 性質は, 怪人が, 怪人は, 怪漢が, 息が, 息を, 患者に, 悪人を, 悪者の, 悲劇を, 悲鳴が, 情である, 想像にも, 意志が, 意志は, 意見で, 感覚を, 懐を, 成り行きを, 手先は, 才能を, 技師が, 探り歩くらしい, 数と, 敵も, 文学, 方々が, 方々に, 方と, 日本人に, 日本女を, 暮しを, 書生は, 書記が, 最初の, 服装が, 本心が, 本性を, 来るけ, 来るを, 来る気配, 案内者を, 樣子を, 横に, 次の, 歌よみが, 歌唱の, 歎き, 歩く足音, 歩みは, 死と, 死人を, 死体の, 死後に, 死枯れた, 殆ん, 母たる, 母親を, 気づかないところ, 気に入るよう, 気持ちが, 気質の, 気配で, 泥棒が, 泥棒は, 注意も, 洋服の, 洋服男が, 活動の, 流れに, 流れの, 浪人, 浪人者は, 浪士が, 海に, 海女が, 消息は, 涙の, 淋しさ, 漁夫の, 潜水夫が, 潜水夫は, 火星人が, 火星人の, 煙草の, 熟知する, 熱心な, 物には, 物の, 物笑いに, 特徴を, 狂人の, 王, 王様が, 生きかた, 生きた人間, 生命, 生命と, 生活という, 生活感情の, 男たちと, 男へ, 番頭が, 異議も, 痛さ, 癖として, 皮膚は, 盗人は, 盲人の, 相客が, 看護婦と, 看護婦も, 看護婦を, 眸には, 知らない間, 知人も, 知識の, 研究に, 祖先が, 神が, 立ち入りを, 立つて, 竪に, 笑いを, 素性を, 細君と, 細君は, 経営に, 結婚が, 絵の, 繊細な, 群で, 群れ, 群集した, 義である, 習慣に, 老女に, 老母が, 老練な, 考えでは, 者ども, 者どもは, 耳にばかり, 耳目に, 職人の, 職工を, 職業を, 肉体が, 背後から, 背後には, 脊の, 腕の, 腕は, 腰の, 腰元が, 腹に, 腹の中に, 舌は, 船を, 船客が, 船長が, 花形が, 芸妓が, 芸者と, 芸者を, 芸術家が, 若い女中, 若者と, 苦労も, 茶汲み, 蔭に, 虚を, 虚無僧を, 血で, 行動に, 表情は, 見ぬ間, 見物が, 見物の, 親友が, 言葉であった, 言葉である, 記憶が, 記憶の, 詞を, 話しを, 話柄に, 説の, 誰も, 警官の, 警官も, 議論を, 負担する, 財布を, 資人は, 賊は, 趣味が, 趣味は, 趣味を, 足で, 足もとへ, 足音で, 跫音にも, 踊り子が, 身には, 身體を, 車掌が, 農夫の, 近づいて, 近づくの, 近所の, 途を, 通るの, 通る路, 通行を, 過去を, 道が, 道は, 部屋で, 部類に, 長老, 長者は, 間だけ, 間でも, 間も, 関係の, 關係は, 雇人は, 霊魂を, 青年とが, 静かな, 非を, 非人が, 面が, 面の, 面は, 面影が, 頬の, 頭では, 頭脳には, 頼りに, 顔であった, 風を, 食客が, 首は, 馬の, 馬は, 馬上の, 騎兵が, 驚きは, 骨を, 鬼が, 魂には, 黒人が, 鼻は, 鼻へ

4 [911件 抜粋] あいだで, あらば, ある事, あれば, いいところ, いい笑顔, いう, いそう, いないこと, いは, いま眼が, うしろへ, うちなら, うち誰が, おじいさんは, おとなの, お世話には, お医者, お半, お子たち, お客に, お方が, お菓子を, お鐵, お顔, からだの, かわりに, ここに, こころも, ことな, これは, ざわめきが, じいさんが, すすめで, せり上げの, それは, ためでも, ためとか, つらさ, ときも, ところを, なかは, なさけに, なさけの, ほうも, ものには, やつを, やり方は, ゆくえは, よくいう, わるいこと, ゐない處, インデアンが, ブナの, ボオイが, マルクス, 一人な, 一団は, 一家を, 一年生の, 一生という, 一隊は, 上品な, 下宿の, 世の中に, 世界, 並んで, 中学生が, 主人が, 乗組員は, 争いの, 争いは, 事, 事など, 事について, 事務員の, 云うには, 人たち, 人として, 人声が, 人影, 人手を, 人数を, 人足の, 人間で, 今日の, 仕事と, 仕立屋が, 他の, 令嬢を, 会話, 伝説に, 位置に, 位置を, 住居で, 体も, 何者なる, 使いが, 使女は, 使者の, 來ぬ, 例に, 供は, 保護を, 修道女が, 俳句を, 健全な, 備えを, 僧と, 僧侶の, 兄さんが, 兄妹に, 先輩が, 入った形跡, 全身が, 公爵は, 六部が, 共感を, 内には, 出盛る時刻, 分を, 別な, 前にて, 力でも, 助を, 労働は, 労働者風の, 動きの, 動作を, 勧めに, 医者と, 単純な, 友人で, 友達だ, 口も, 叫び声が, 吉凶禍福を, 同僚と, 同勢は, 同業者, 同級生が, 名だ, 名や, 周囲の, 周旋で, 和を, 哀れを, 唇が, 唇は, 商人が, 問答に, 善惡を, 噂です, 囚人に, 団員は, 園丁が, 土工は, 坐るところ, 坑夫は, 塾生が, 墓, 墓が, 声色を, 多い中, 夢が, 大なる, 大切の, 大工が, 大群は, 天下を, 太刀を, 夫人が, 奉公人の, 女だった, 女中も, 女人を, 女友達, 女子の, 女性から, 女郎が, 好いばかり, 好い気, 好い笑顔, 好きな, 好むところ, 妓が, 妖精が, 妾は, 姉弟の, 始めて, 姪を, 姿で, 姿にも, 威勢の, 娘さんを, 娘たちの, 娘にも, 婢に, 婦人も, 嫌がること, 子どもに, 子供たちも, 子供では, 子供には, 子孫が, 子持ちで, 学者に, 學問を, 家と, 家庭が, 家臣は, 容子は, 容貌の, 寄りつかぬ塚, 寛い服を, 寢て, 対話に, 対話の, 将軍の, 尊敬すべき, 小さな中学生, 小人数, 小兒, 小屋の, 小説が, 少女たちは, 少年たちの, 少年で, 少年も, 尼が, 居ない方, 居るの, 巡査と, 左の, 巨漢が, 己を, 常で, 年と, 年上の, 年老った, 年齢は, 幸福に, 幼児と, 店に, 庭に, 弁護士が, 弟で, 形, 形と, 影法師は, 影法師を, 役に立って, 役人の, 往来を, 後姿に, 御客様, 御用聞の, 心や, 心持と, 心配は, 忠実な, 思いは, 思いを, 思ひ出, 性格に, 怪物は, 恋人に, 恋愛の, 恩を, 悪いところ, 悪さ, 情は, 情人を, 惡口を, 愁ひ, 意識に, 愛妾が, 感情に, 感覚の, 憲兵に, 手でも, 手下が, 手代の, 手首の, 抱いて, 指の, 挨拶を, 捕方は, 掏摸が, 探検隊は, 教師に, 教授の, 敵, 文学を, 文章は, 料理人が, 方には, 旅客に, 旅客は, 日本人も, 旦那方の, 普通の, 曲者に, 書は, 最後ぞ, 朋友と, 服装の, 末路を, 来ること, 来訪を, 楽しみに, 様だ, 様子で, 樵夫が, 正直な, 歩いた跡, 歸り, 死に対して, 死んだこと, 死刑囚が, 気分が, 気質に, 氣が, 波で, 波の, 洋装の, 浪人者, 海の, 消息も, 無いの, 無言の, 爭ひ, 父に, 父親を, 物が, 物だ, 物言ふ, 犠牲で, 狂人が, 猟師の, 猟師は, 現在の, 理想の, 生命も, 生死を, 生活であり, 生活について, 生涯が, 甥と, 田舎者が, 男たちを, 男である, 男には, 男女に, 画家は, 番頭の, 異人が, 病人が, 症状は, 発明した, 白衣を, 盗賊の, 相手が, 相手の, 看守の, 看護を, 真似が, 眼からは, 眼について, 着物は, 矢取, 知らないもの, 知らない洲, 短を, 短所を, 神さまです, 神の, 神を, 禍ひ, 私が, 私服刑事が, 童が, 童子を, 経験した, 絵が, 総代が, 縄を, 罪人が, 美女は, 美徳を, 群集が, 群集の, 老人と, 老婆を, 考へから, 考へをすら, 者共は, 耳が, 聲に, 職員が, 職工の, 肉體を, 肩や, 背中へ, 背後へ, 胸中に, 腰を, 膝に, 膝へ, 舌の, 良い男, 花の, 若い僧, 若侍たち, 苦力が, 葬式に, 行先は, 行為が, 袂に, 袖の, 襟を, 覆面武士が, 見ぬところ, 見る所, 見識の, 視線の, 親だ, 言うとおり, 言うよう, 言ったこと, 言って, 言語を, 記者を, 訪問を, 証人も, 評判では, 詩の, 詩集を, 話じゃ, 話でも, 誇りと, 誤解を, 読者として, 調べが, 警視総監が, 議論に, 責任に, 貴公子が, 賊が, 趣味の, 足許へ, 足音では, 距離が, 距離を, 跫音で, 踊りを, 身にも, 車と, 車を, 輪の, 農奴を, 近侍が, 逃げて, 通りが, 通る足音, 連名で, 遊女を, 運転手は, 部屋が, 部屋は, 酋長の, 重臣が, 野郎が, 金持ちが, 門口に, 間柄を, 阿闍梨は, 陰口を, 隠れて, 集ること, 雛妓が, 霊に, 青年, 面目を, 音, 頬に, 頬には, 額の, 顏さへ, 顔いろ, 顔である, 顔らしい, 顔色は, 食慾を, 香が, 馬に, 騒ぐ声, 魂と, 黒い服, 黒衣の

3 [1715件 抜粋] あいだが, あたたかさ, あるとき, いい老人, いて, いない家, いふやう, いる中, いる小屋, うしろの, うちという, うち三人まで, うち特に, おじさんは, おに, おもちゃに, お兄さん, お客さまが, お屋敷, お従妹さん, お父さんは, お神さん, お話を, かけがえの, かたきを, きょうだいの, こころに, ことだった, ことばかりが, ことばの, この時, ささやく声, しる所, するまま, その日, それとの, ためでは, ちょッと, でござんすあの小さな, ところまで, ない身の上, なさけを, は, ひとりが, ほの, まぼろし, むれに, ものであろう, やったこと, やりかた, ゆくすえ, よろしさ, ゐないところ, キリシタンが, チンピラの, パンパンが, ポケットから, ユダヤ人が, 一人と, 一座を, 一般の, 一隊を, 下士官が, 下宿を, 不意を, 世界から, 世話にて, 中にて, 主だった, 乗物を, 乳を, 事なれ, 事藤本の, 云うの, 亡者が, 人々に, 人である, 人口を, 人格の, 人物だ, 人相や, 人造人間が, 人間だ, 仕業と, 代表者は, 仲仕が, 会員は, 伝を, 住まって, 住む島, 余も, 作品には, 使用する, 侍女らしい, 供人を, 信を, 信用は, 修験者が, 個性に, 健康の, 傍には, 働きが, 僧侶と, 兄さんを, 兄弟, 先を, 入るを, 全部が, 内でも, 凡人の, 出入に, 刃に, 刑事たちは, 利に, 前後を, 力, 力にて, 力も, 助力を, 動いて, 勝手である, 勝負を, 医師と, 卓子の, 博徒が, 印象は, 友人から, 双生児の, 叔父の, 受けに, 口実に, 句にも, 召し使い, 号令を, 同勢と, 同心へ, 同輩と, 名人の, 名投手, 吐く息, 味方の, 命じゃ, 命にか, 和子が, 問に, 問題は, 善知識を, 喧嘩に, 噂や, 囚人と, 国には, 地位に, 執念は, 場合では, 墓に, 変な, 外套の, 夢や, 大インテリ, 大將, 大芝居, 天狗が, 夫は, 失業者の, 奇怪な, 奥さんで, 女な, 女中お, 女中や, 女工の, 女房にだけは, 女按摩, 女詩人, 好いところ, 好い男, 好む所, 好意や, 如き者, 妃は, 妹として, 妻たる者が, 妻には, 妾, 姉様が, 姪は, 姿などが, 娘さんは, 娘っ子を, 娘なれ, 婆さんの, 婦人作家の, 嫉妬を, 子じゃ, 子な, 子供で, 子分と, 子孫である, 子持で, 字は, 学者と, 學生が, 守護霊が, 実子が, 客しか, 宣教師を, 家である, 家らしい, 家族である, 家臣が, 密話を, 対手は, 将来は, 尊敬に, 小さな娘, 小児の, 小娘の, 小説に, 少ない時, 少年たちに, 居る様子, 山で, 岡っ, 工人が, 希望は, 帯を, 帽子に, 年増が, 幼児が, 庄屋が, 店員を, 廻りを, 弟たちを, 弟子にも, 弱味を, 当然の, 形見の, 影とても, 役を, 彼を, 後へ, 後方から, 従者の, 御主人, 心とは, 心中を, 心構えの, 心臓が, 志は, 思いの, 思はく弟, 思惑を, 性の, 性格という, 怪我人が, 恋仲は, 恨みも, 息子や, 悪い方, 悪口などは, 悲しみが, 情, 情人の, 惨めな, 想像以上である, 意気が, 愛人を, 感動を, 感想を, 態度と, 憂に, 懐に, 所へなんか, 所得は, 手にか, 手先に, 手腕が, 批難を, 持物を, 挨拶が, 損に, 救ひ, 教師も, 教育を, 敵あり, 方です, 日に, 日本青年の, 明暦義党の, 時の, 晴れやかな, 暴徒が, 書に, 書生を, 會話は, 朝鮮人が, 本は, 机の, 来たこと, 来るところ, 来襲, 栄華を, 楽師が, 樣子が, 檢査員は, 欲には, 止めるの, 武者は, 歩くの, 歯が, 死ぬをも, 死んだの, 殺されるの, 毎日の, 気勢に, 気持ちという, 気質を, 水兵の, 決心を, 法律は, 波は, 注視を, 浪人者と, 浪士の, 涙にぞ, 渦が, 為と, 無頼漢が, 片われ, 物なんか, 物語が, 特殊な, 特色は, 狩人が, 猜疑心の, 王女を, 珍客が, 琴の, 生前の, 生年月, 生活や, 田舎の, 男だ, 男との, 男一人の, 男性と, 町であり, 画家に, 留守の, 異国人が, 病は, 痩た, 発狂者を, 百姓女が, 盤外作戦に, 盲人と, 直感する, 看守に, 真似の, 眼つきの, 眼光を, 知らないよう, 知人を, 社員が, 神, 神経の, 私たちの, 私言に, 称美する, 立つ気配, 笑うの, 筆である, 答は, 米を, 精神には, 精神的生活の, 細君で, 組合員は, 経験する, 結婚に, 絵馬を, 縁が, 美人, 群衆は, 習慣を, 老母を, 考え方を, 考に, 者であった, 聖者が, 聲で, 職工に, 肌は, 背は, 背を, 背後で, 胸にのみ, 能くする所, 脊に, 腰に, 膳の, 自然の, 舞を, 良人と, 花嫁, 芸者の, 芸術は, 若い女たち, 若い海賊, 若くて, 草履の, 荷物の, 著作を, 著述には, 血に, 行きて, 行ふ, 行末を, 衣の, 袖をも, 裏面を, 裸女の, 裾を, 要求する, 見ない時, 見る意味, 視線と, 親切は, 親身の, 言うが, 言なり, 言葉から, 言葉とは, 記憶する, 記録には, 許を, 評判が, 詩人を, 話です, 話なんか, 読者に, 誰である, 論では, 謙遜な, 警部が, 豪さ, 責任として, 資格は, 赤ん坊が, 走る足音, 足もとにも, 足軽は, 跟けて, 跫音は, 身なれ, 身の上話を, 身元を, 車は, 軒に, 近づくこと, 返事は, 通らない所, 通るところ, 連が, 連れに, 運転手と, 過去は, 遣口, 遺族の, 部下と共に, 部落が, 酒商は, 金が, 鑑賞に, 長身の, 間における, 間柄も, 陳彩は, 集まりの, 雇人も, 難儀に, 雲助は, 青年とを, 非常な, 靴の, 頭脳を, 顔か, 顔だった, 顔などが, 風, 風説に, 食う物, 飯を, 馬鹿な, 騎士の, 骨だ, 髪の毛が, 髻を, 魂, 鷹匠が, 黒ン坊

2 [4971件 抜粋] あごを, あらは, いいガラッ, いう所, いないうち, いる四畳半, うちどちらかが, うち九十九人まで, うめく声, おさむ, おまわりさんは, お兄さま, お婆さんでした, お客さんが, お役人, お母上様, お近, かげに, からだも, こうした当, ことでなく, ことばも, これに対して, ささやかな, しないこと, すさびは, その恋, たどらせたる道, ためにのみ, ちがった愛情, ですよ, どこかに, なかなる, なんでも, はいるべき所, ひそめくを, ふったサイコロ, まえで, まり投げ, もつ善良, もんと, ゆき, よい好々爺, よぼよぼの, わざ, ゐない改札口, アイアース, イギリスの, カニザワ区長に, ジャズ, チンピラを, ドイツ人らしい, フランス人を, ポルトガル人も, ヤソ教に, 一人を, 一座で, 一炬に, 一行を, 丈の, 上をも, 下女下男を, 下部に, 不幸である, 世かな, 世話であり, 中での, 中學生, 主客が, 主観を, 乗物に, 乱暴な, 事なら, 事蹟を, 云う, 亜米利加人の, 交情が, 人たちも, 人力車夫です, 人格と, 人生を, 人間だって, 仇を, 仏蘭西人の, 他にも, 令嬢と共に, 仲間入を, 会葬よりも, 伝統的な, 位豪い, 住むこと, 住居し, 体格を, 余所に, 作品という, 作男が, 使丁が, 例外は, 侍者の, 侵入者の, 信仰心を, 信者は, 倖せ, 側では, 傳ふる, 僕と, 優越が, 兄弟で, 先途を, 入来る, 六年生は, 兵士たちを, 内弟子を, 内面の, 冷罵も, 出來あがらぬ, 出現が, 分際では, 判断に, 制服の, 前途を, 力という, 力量技術を, 努力に, 労務者が, 勝利を, 医師として, 半分は, 占有に, 参謀が, 友愛は, 反対が, 口には, 叫び声の, 司書の, 同人が, 同勢を, 同胞が, 名な, 名前です, 向うを, 周囲は, 呼んで, 命幾つにも, 品性の, 哲学者が, 問題と, 喜ぶよう, 喝采を, 嘘は, 四つの, 土人に, 地を, 垣に, 場合が, 墓あり, 士官を, 声によって, 外誰も, 多数が, 大きな子供, 大使が, 大学者が, 天つ, 天性と, 夫人からは, 失業者も, 奨めで, 女とを, 女や, 女学生と, 女性である, 女給たちが, 女達の, 好い事, 好い本当, 好むもの, 如くであった, 妃二人の, 妹, 妻としての, 姉も, 姓を, 姿かと, 姿とが, 威厳の, 娘でも, 娼婦が, 婦人である, 嫌がる事, 子だってよ, 子や, 子供たちにも, 子供にも, 子守が, 孤児の, 孫息子は, 安否が, 宝庫, 客であった, 宮女と, 家へも, 家来, 容態を, 寃苦を, 寝床は, 寵臣の, 将官が, 小さい兄弟, 小人たちが, 小女が, 小町娘として, 少し汗, 少女にも, 尻馬に, 居て, 居る処, 屋敷を, 山伏を, 巡礼を, 巨頭が, 布教師の, 常に有つ, 平凡生活, 年増女に, 幸福と, 幾人かは, 店員と, 庭へ, 弟妹を, 弱身, 当番と, 影とが, 役目を, 後では, 従卒軍人と, 御伴侶, 御身を, 心との, 心中は, 心持ちには, 心理状態は, 忠義の, 怒りも, 思はくい, 思惑や, 急所を, 性質, 怪しい人影, 恋人な, 恥辱である, 息子だ, 悪い奴許, 悪人が, 悪者, 情けは, 惜しがる, 想像以上の, 意思を, 愛おお, 愛欲は, 感興を, 態度とか, 懐中を, 戦死者は, 所有物では, 手も, 手紙か, 手輦に, 技士が, 拵えたもの, 挙動が, 掠奪と, 描いたもの, 支那に, 故意に, 散る氣, 敵兵を, 文学が, 料理番が, 方々と, 旅びと, 日々の, 日本女の, 星の, 時代だ, 智恵を, 曲を, 書物を, 最期を, 有意作用に, 期せしのみ, 本心は, 朴氏が, 来ぬよう, 枕許に, 梵士出で, 楽器屋に, 標準から, 横たわって, 欲求である, 歓びだ, 武士と共に, 歩く道, 死したるとき, 死んだ通知, 死後の, 母とも, 気をも, 気品の, 気質には, 氣分を, 水夫から, 汗と, 波である, 注文に, 派手な, 浪人者秋山彌, 淋しい家, 渇望する, 漁夫, 潤める星, 無いに, 無頼漢に, 爲ぬ, 父親だ, 牧師に, 特定の, 特長を, 状態を, 狼なる, 王子を, 理窟を, 生き方が, 生存者が, 生活する, 生活費を, 用まで, 男あり, 男なり, 男女で, 男衆が, 町人も, 留守へ, 番頭手代が, 疎らな, 病的な, 癩病人は, 白人が, 白髪婆さん達は, 盗人を, 目と, 目的を, 相手それは, 相違を, 真友, 眼さきに, 眼前には, 睦じい容子を, 知らない苦心, 知る竹屋, 知識と, 研究し, 社中は, 神さまは, 禅僧を, 私達に, 種類は, 窺ひ知る, 笑い草に, 等身大の, 精力的な, 糊口は, 素姓が, 組で, 経験の, 絹帽子の, 縁を, 罪悪を, 美しい妾, 美女に, 群って, 羨むもの, 翁を, 老僕と, 老尼, 考えも, 考へる様, 而し, 聞く前, 職人風の, 肉声に, 肩が, 背高い, 胸底を, 脚音を, 腕や, 腸に, 膝なんか, 自分に対する, 自由です, 臺處を, 船員たちが, 良い娘, 艱難を, 芸妓を, 若いフランス人, 若い奥さん, 若い弟子, 若い画家, 若い魚屋, 若僧は, 若衆が, 英国人が, 荒れたる手, 董卓が, 藝者を, 血人の, 行くところ, 行動であり, 行衛は, 表情も, 裁きに, 裸足の, 覆面を, 見やう, 見境なく, 見知らない男, 親しい友達, 親切とは, 観の, 角力取りが, 言葉などは, 討死した, 訪客が, 証言の, 詩人に, 話し聲, 話声に, 語が, 説明に, 談論に, 證人を, 警部に, 負傷者は, 貴公子に, 賓客を, 起居の, 足によって, 足軽の, 跋扈を, 踏むべき必然, 身の上には, 身体も, 身辺から, 軍夫あり, 輻湊する, 近侍は, 追手が, 通りの, 逞しい男, 連名に, 運不運は, 遍路を, 道化師が, 遺児が, 部下だ, 配下に, 重傷兵が, 金だ, 釣り客が, 長に, 門下生は, 間へと, 関心は, 陰謀を, 隊士が, 隣人が, 集団は, 難儀ばかり, 露西亜女の, 面にて, 面白さ, 音楽の, 頬辺を, 頭脳と, 顏ぢや, 顔まで, 顔面に, 風変りに, 食う餅, 飢渇に, 首領に, 駆けて, 騎馬武者と, 骨は, 高官が, 鬼は, 鷹匠は, 黙って

1 [33259件 抜粋] あいさつ, あどけない顔, あらぬ時, ある時, いい友人, いうしぐさ, いたずらっ子に, いない別荘, いなくなった午後, いるしるし, いわゆる日本語, うちどの人を, うち何人でしょう, うち紅黄世子だけが, うわさは, おとなうもの, おりには, お嬢さんで, お引き合わせ, お腹ちがいの, かえりが, かたまりが, がらにも, けちな, ことだけが, こと調べ, この選手, ごとくならば, ご命日, さま心を, しるしであった, すばしこさ, せわしなさと, その掌, そんな感情, ためてんで, だれでも, つとめの, とこで, どっちが, ない野原, なまけもの, のべるが, はなし声が, ひがみとばかり, ふしあわせ, ほとぼりの, まつり世間の, むしろ見すぼらしい, もつ静かさ, もんでも, やりかた次第, よい叔母さん, よきところ, よわみ, ゐない一軒家, アイアース戰志倦まざる, イガグリ坊主が, エライ先生が, キゲンを, ゲロ吐く, シンパで, セルヴィヤ人が, チンピラ別働隊員が, ネンを, ヒルネ部屋だい, プラザ, ポウルは, モダーン振りなどは, レビューの, 一人一人が, 一念こそ, 一粒種の, 丁稚風の, 三氏は, 上膊が, 下男の, 不正を, 世この, 世短, 中なら, 中年過ぎの, 丹精で, 乏しい山, 乙女あり, 予定数に, 事まで, 二十年ちかい, 云事故實正とも, 交わせた枕, 人とは, 人徳と, 人物については, 人間と共に, 今更ながらの, 仕業にや, 令名を, 仲間であった, 会員と, 伝記も, 低い声, 住むカスピア, 住家いづれ, 体内には, 何者であるや, 作品だけを, 作者, 使者から, 侍無理遣り, 係主任地主の, 信号兵に, 俳優と, 借地人の, 側室を, 傾城が, 僧職を, 兄あり, 兇徒が, 児女が, 入道頭の, 八挺艪で, 共同炊事が, 其の姉君, 内十四人を, 写真持っ, 出かけるの, 出征する, 出迎え人は, 刑事たちも, 別荘が, 刺青ロスコー氏自身及コック兼小使の, 剣術の, 力をも, 助手も, 勇士も, 動作を通じて, 勤労する, 医者たちは, 半顏, 印度女の, 厳重な, 友に対して, 反感と, 受けたる天命, 口実の, 古碑文, 可愛い男の子, 合奏者が, 同年衛生兵の, 同胞と, 名刺しかも, 吐き出す息, 周圍状態に, 呼吸も, 咽喉首へ, 唯の, 善いところ, 喜ぶ音楽, 噂とか, 四本の, 国学者を, 土足の, 坊様を, 堪えざるところ, 境遇之を, 壯士を, 声音すら, 外交郵便夫が, 多い様, 夜涼に, 大くみ, 大夫が, 大法師, 大風呂敷, 天皇の, 夫婦仲の, 奥さんぢや, 女に関してよりも, 女優と, 女形その, 女流作家が, 奴らへ, 好い張り, 好くない, 好運で無い, 如く彼我, 妖怪不思議と, 妻なる, 姉さんでも, 委員で, 姿シヨボシヨボと, 娘戀し, 婦人へ, 嫁の, 子であれ, 子供かの, 子供達とに, 子持ちとは, 孤兒を, 学者たちで, 宇宙観を, 宗門長老の, 実感の, 客詩人ウイレムと, 家にまで, 家従は, 容疑を, 寂しそう, 寛濶を, 寝静まった監房, 寿命という, 尊み, 小さな戯画, 小勢にて, 小者か, 少ないところ, 少年等が, 居ない廏, 居宅へ, 山侍たちと, 巌乗な, 左右田孫三郎が, 希いでなく神, 帰国を, 幇間で, 年取った百姓, 幸田を, 幽霊と, 座が, 弁護人の, 弟妹達の, 強ひた, 形貌を, 役人として, 待が, 後関取を, 從僕が, 御老人, 心さえ, 心中者が, 心持には, 心胸に, 忍び寄つて來る, 念頭にも, 思ひつか, 思想家に, 性格で, 怪しむ者, 恋愛を通じて, 恩師である, 悉くつまり, 悪い小売屋, 悪口か, 悲願と, 情痴の, 想像外な, 意氣の, 愛人と, 感である, 態度何だか, 憐れみを, 戀そして, 或氣, 所員を, 所謂孝道主義の, 手下とともに, 手当に, 才に, 技巧は, 抜けたあと, 持ち得る心境, 指ぐらいの, 振る竹竿, 掏摸は, 推諒に, 擧は, 政治に, 教主も, 敬服する, 數學的頭腦なんて, 文明的仮面を, 斯の, 新聞小説も, 旅だ, 旅行記その他の, 日本人及び, 旧い弟子, 春の, 智恵だ, 暴漢が, 書いた體源抄, 書記官が, 最大なる, 有様などが, 朝鮮人に, 末子を, 本音を, 来っこないという, 来書が, 枕元へ, 根気で, 植民史上に, 楽団の, 模造碑の, 機嫌そこなう, 歌うたひとの, 歓迎も, 武士じっと, 武藏に, 歯は, 死んだ家, 死貌であった, 殺されて, 母親同士の, 気という, 気持いずれを, 気風に, 水友に, 江戸風で, 沼ば, 泥ぐつから, 活, 浅黒いがっしり, 海軍さんだけは, 深い瞳, 渡航によって, 溜息とも, 漢の, 火星人と, 為世の, 無氣味, 焼死し尽くす, 爲さざる, 片割れである, 物も, 特徴ある, 犯罪を, 狭いとらわれた, 王より, 理想とは, 生きる時代, 生命ばかり, 生活において, 生涯では, 用い方, 甲羅を, 男などに, 男女三四人, 男遽だしく, 画界は, 畫きしもの, 疲れた眠り, 痩せ方, 発起だった, 白拍子まだ, 皆さんだけが, 盛装と, 目明していの, 相客を, 看護婦でした, 真正の, 眼前の, 睡眠する, 知らない世界, 知らぬ二重, 知ろうと, 知識進歩すれ, 碁は, 社長さんと, 神楽師の, 秀でた手下, 科学者である, 稀にも, 空想で, 立ち衆とは, 立身出世それを, 笑いなる, 筆者達が, 篆刻は, 精確なる, 約束は, 素養に, 終焉という, 結ぶ心, 絵馬などを, 編輯の, 罪, 美しい女たち, 美少年も, 群樫の, 義理明かに, 老人にも, 老母とともに, 考えられない残酷, 者主人の, 聞かぬよう, 職工達で, 肌膚の, 肺病は, 背景であった, 能率と, 腐敗堕落が, 腹中へ, 自ら鐘楼に, 自然観といった, 與茂吉二十二三の, 船とともに, 良人たちについても, 花嫁が, 若いころ, 若い婦人評論家, 若い職人, 若手俳優たちは, 苦勞と, 茅焦, 荷物でも, 著し, 蒙つた損害, 藝者は, 血すじを, 行かんよう, 行商は, 衣服が, 被りそう, 裸が, 西洋人がは, 見てないとこ, 見栄みたいな, 視ざるところ, 親切さとは, 観るが, 解決と, 言ったのに, 言草を, 討死を, 訪問と, 証言は, 詩によ, 話なんかも, 誓言, 説き方, 調った服装, 論議を, 譚は, 讃嘆では, 財産には, 貴公子と共に, 資質によって, 贈り物とは, 起臥する, 足痕なんぞは, 足音行軍の, 踊を, 身のうへに, 身体黒く, 身長に, 転がって, 農夫等である, 近東の, 追究は, 通らない自動車専用, 通人が, 逢引の, 遊び部屋が, 運命に対する, 道具方が, 違った女, 遺書, 郎党は, 酋長だ, 醜い部分, 野宿を, 金銭欲虚栄欲, 鍛冶屋卓素という, 長子であり, 門地の, 間種ごとき, 關係に, 陰鬱な呻き, 隠れ相な, 集りを, 難民で, 靈性を, 青年駅夫を, 面影について, 音楽家と, 頭人は, 顏で, 顔付は, 類より, 風采俤伏目に, 食費が, 館員が, 馬丁が, 駕籠舁が, 驚異に, 高く登る, 魂でも, 鵜匠は, 黒小袖の

▼ 人~ (53918, 12.9%)

245 それを 223 顔を 188 自分の 156 私の 146 黙って 131 ない 126 これを 120 手を 94 一人も 88 彼の 86 非常に 82 誰でも 80 なかった 78 たがいに 72 一緒に 67 ありません 62 何か 59 いっしょに, ないの 58 すぐに 57 それから, 声を, 私を 56 いって, 私に 55 そこで 54 誰も 52 眼を, 知って 49 並んで 47 いずれも, 肩を 46 急に 42 そんなこと, 云った, 無言の, 目を 41 そこに, それに, 何を 40 他の, 日本の 38 しばらく黙っ 37 ほんとうに, 驚いて 36 ここに, 何の, 私が 35 僕の 34 人の, 何も, 彼を, 急いで 33 それが, ひとりも, 見かけに 32 ここで, 殆ん, 無言で, 足を 31 いなかった, 之を, 今の, 彼が, 歩いて 30 あるまい, いつもの, どこへ, 何と 29 いつまでも, そんな事, だまって, どうした, ないと, びっくりし, 他人の, 口を, 手に 28 例の, 前の, 息を, 此の, 滅多に, 生きて, 自分が, 静かに 27 そこを, ないか, 一つの, 出て, 言った 26 だれも, わたしの, 一般に 25 いつでも, 確かに, 顏を 24 あわてて, いない, どこに, 夜の, 腰を 23 いいました, それは, 別れた, 気が, 自分で, 自己の 22 さう, それで, た, 人を, 多いが, 帰って, 答えた, 話を, 首を 21 ある, ないよう, 如何に, 家の, 容易に, 話しながら, 身を 20 そこへ, 一度に, 何でも, 刀を, 或る, 死んで, 皆な, 笑いながら, 誰しも

19 [12件] その人, それぞれの, 人に, 人間の, 元の, 少い, 心の, 笑った, 自分たちの, 連れ立って, 非常な, 頭の

18 [17件] いないの, これに, そこから, そこの, その時, だれでも, どちらも, 今は, 他に, 先へ, 女の, 宙を, 立派な, 自分を, 言いました, 長い間, 頭を

17 [12件] その日, ないかと, ないだろう, 今も, 別々に, 外へ, 始めて, 少ない, 彼等の, 暫く黙っ, 階段を, 黙々として

16 [19件] あっても, いった, これまで, これらの, その中, ないであろう, ないでしょう, また黙っ, 二人の, 今まで, 妙に, 家を, 庭の, 彼に, 思わず顔, 早くも, 普通の, 立って, 部屋の

15 [19件] いう, いくらも, ここの, それらの, どんな人, ないもの, なんでも, 同じよう, 喜んで, 外に, 完全に, 少しも, 無い, 熱心に, 笑ひ, 誰だ, 誰です, 道を, 酒を

14 [20件] いろいろな, お互に, ハッと, 一種の, 不思議な, 不思議に, 今でも, 仲が, 僕を, 幸福である, 後に, 昔から, 東京の, 歩き出した, 物の, 耳を, 膝を, 若くて, 茶を, 見たこと

13 [24件] あるが, お互, こ, この人, どこか, どこにも, ほかに, もとの, わたしを, 両手を, 今日の, 何という, 先に, 前に, 右の, 子供の, 恋を, 永久に, 男の, 町の, 神の, 笑って, 自然に, 言葉を

12 [26件] ありませんか, ありませんよ, いい人, いつまで, こんなこと, その晩, どうする, ないが, なにも, 一と, 云ふ, 別に, 前から, 多くは, 家に, 左の, 必らず, 明らかに, 橋の, 次の, 物を, 答えました, 腕を, 色の, 見て, 言ふ

11 [41件] あった, あなたの, ありませんでした, あるまいと, きつと, ここへ, これは, さすがに, しばらく無言, そういっ, そのこと, その家, ないはず, ひそかに, 一人で, 二階の, 何うし, 何かの, 先生の, 別々の, 別として, 妙な, 家へ, 山を, 平気で, 庭に, 彼女の, 心を, 江戸の, 皆この, 直ぐに, 腹を, 自然の, 言う, 言つた, 足早に, 金を, 雨の, 電車に, 面を, 黙つて

10 [43件] この時, これが, しばらくの, すべての, そのとき, その前, その名, その場, そろって, だんだんに, どこまでも, ないん, なかつた, ほとんどない, 一時に, 世に, 世間に, 何んと, 何処に, 何時の間にやら, 力を, 多くの, 子供を, 帽子を, 持って, 日本に, 森の, 橋を, 水の, 相変らず, 相手の, 眉を, 眼が, 眼と, 着物を, 私には, 背の, 船の, 茫然と, 過去の, 道の, 静かな, 馬を

9 [61件] あつた, あなたに, あなたを, あまりない, あるかも, いる, お前の, かねて, この世に, さっきから, そうは, ただの, どうし, どこの, どこまで, ないだろうか, なんの, もつと, わたくしの, パンのみにて, 一しょに, 一斉に, 一日も, 主人の, 云って, 兎も, 入って, 入口の, 別れて, 前後し, 右と, 呼吸を, 変な, 夢の, 夢中に, 大急ぎで, 己が, 幸福に, 幾らも, 彼らの, 思って, 揃って, 支那の, 昨夜の, 最後の, 月の, 来て, 死を, 池の, 涙を, 火の, 煙草を, 父の, 真の, 神に, 第一, 自分に, 草の, 荷物を, 誰か, 部屋を

8 [86件] ああいう, あたしの, あとで, あの人, あるん, いうが, いうまでも, いつた, いやだ, いるの, いろいろの, お互いに, ここから, こんな風, さうし, そう言っ, その上, その位, その道, そんな話, どういふ, ないで, なんによって, ほかの, めったにない, もうその, 万物の, 世界の, 中へ, 二人とも, 住んで, 何といふ, 何れも, 俄かに, 停車場の, 初めから, 南の, 口が, 向ひ, 君の, 呼んで, 外の, 多かった, 夜が, 小声で, 居ないの, 左右に, 席を, 廊下を, 彼れ, 彼女を, 思った, 悠々と, 意外な, 我を, 戸を, 抱き合って, 斯う, 木の, 森を, 正直で, 殆どない, 母の, 気の, 気を, 永遠に, 汗を, 無いと, 男一人は, 眼の, 約束し, 考えて, 聲を, 胸を, 自然を, 若い女, 見掛けに, 話した, 誰でしょう, 起きて, 身に, 車を, 途中で, 連立って, 遠くから, 馬の

7 [119件] あまりの, あります, あるもの, あれで, あろう, いた, おのづか, おれの, きわめて少ない, ここまで, このよう, この上, この前, これで, こんなふう, こんな事, しづかに, しばらく沈黙, そつと, そのま, それも, ただ一人, ちらと, ともかくも, どこかへ, ないから, なかろう, なれて, ぼくの, よく, よく知っ, ホッと, 一人の, 丁寧に, 下の, 二つの, 云う, 人生の, 今から, 何事も, 何処の, 俺の, 兄の, 兎に, 公園の, 其処に, 出かけました, 別の, 割合に, 勝手に, 博士の, 各自に, 吾人の, 命を, 唯だ, 土地の, 地球の, 坂を, 姿を, 娘の, 子の, 学校の, 学校を, 寒さ, 寝て, 小屋の, 少くとも, 山の, 彼と, 後から, 忘れて, 怖ろ, 愛の, 挨拶を, 旅に, 日本人の, 昔の, 暫くの, 最初から, 有名な, 本當, 村の, 林の, 極く, 槍を, 此処に, 死ぬまで, 残って, 水を, 沈黙した, 珍らしい, 皆知っ, 相談を, 知らない, 神と, 神を, 空を, 窓から, 窓の, 立つて, 答へ, 結婚し, 結婚する, 美と, 自動車に, 草を, 血を, 表へ, 言って, 話に, 誰と, 足の, 近所の, 連れだって, 部屋へ, 酒の, 金が, 隣の, 食事を

6 [159件] あなたが, あると, あれは, いかにし, いそいで, いないかと, いふ, いるもの, おのれの, かれの, ここを, この世の中, この国, この場, これと, これも, こんどは, そういうこと, そういう人, そのため, その夜, その後も, それには, たった一人, たまには, つれだって, どうしたろう, どうだ, どこかの, どんなこと, ないわ, なぜか, なにを, ひげ, ほとんどなかっ, みな, めいめいに, ゆっくりと, わたしが, 一人は, 一体に, 一切の, 一日の, 世を, 世界に, 世間の, 之に, 京都に, 今までの, 今度は, 今日も, 仕方なし, 何う, 何人も, 何度も, 前にも, 口々に, 叫んだ, 同じやう, 名を, 向き合って, 吾, 呆気に, 固より, 地に, 多い, 大きな声, 天地の, 夫, 夫婦に, 奥の, 奥へ, 子供が, 安心し, 宿の, 宿を, 實に, 己の, 年を, 幸福だ, 幸福な, 床に, 床の, 店を, 後へ, 悪い人, 我々の, 扉を, 手紙を, 抱き合ったまま, 支那に, 敢て, 日本を, 曾て, 期せずし, 本当の, 正直に, 歩いた, 歩きながら, 死んでも, 毎日の, 江戸へ, 沢山ある, 泊れる, 泣いて, 海の, 無かった, 無事に, 片手に, 玄関に, 男に, 男も, 町へ, 疲れて, 痩せて, 目の, 相当に, 相手に, 相談した, 眞に, 眠って, 眼鏡を, 知らないの, 石の, 確に, 私と, 私は, 窓を, 立ち上がった, 笠を, 簡単に, 結婚を, 絶対に, 胸に, 胸の, 能く, 腹の, 自分と, 自分達の, 自己を, 船を, 西の, 見えなかった, 見た, 詩を, 誰れ, 足音を, 身の, 逃げて, 進んで, 金の, 電車の, 飛んで, 飯を, 餘り, 馬に, 黙った, 黙ったまま, 黙り込んで

5 [248件] ああし, あたしが, あっけに, あまり口, ありそう, ありませんから, あるだらう, あるだろう, あるの, あるまいが, いかなる場合, いくらでも, いくらでもある, いったいどこ, いないと, うちの, おどろいて, かう云, かくの, かなりの, からだを, ぎょっとした, こういった, こっちへ, このやう, この家, この点, この種, しばらくその, しばらくは, しばらく顔, すくない, すぐ馳, すつかり, そう云う, そこまで, そっちへ, その, その土地, その後から, その方, その頃, それきり黙っ, それぞれその, それだけの, それと, そろそろと, そんな人, たずねました, ただその, ついて, とかくに, どうしたら, どうなる, どんな顔, ないし, ぶらぶらと, またその, またもと, また沈黙, また顔, まだ若い, もうかなり, ものの, ものを, やつと, よくその, わしの, わたしに, われを, 一人だって, 一列に, 一度も, 一様に, 一言も, 上に, 上へ, 不幸に, 不意に, 世の中に, 中, 中に, 二階に, 二階へ, 京都の, 人生を, 人通りの, 今に, 仕方が, 以前の, 低い声, 何が, 何に, 何よりも, 何処へ, 何処までも, 何時までも, 傘を, 僅かに, 僕が, 其処を, 内に, 出かけた, 口に, 口の, 口も, 吃驚し, 各自の, 向い合って, 善良な, 固唾を, 地の, 坐って, 夜に, 大丈夫だ, 大阪の, 天下の, 夫の, 奧の, 女だ, 女に, 妾の, 実にこの, 実にこれ, 寺の, 少ないと, 少なくない, 屹と, 岩の, 川の, 己れ, 幸いに, 幾人も, 床を, 店の, 店へ, 庭へ, 弓を, 当時の, 往々に, 徐かに, 徒歩で, 心が, 思い思いの, 怪我を, 恋の, 愕然として, 感情の, 慄然として, 慌てて, 懸命に, 戦争を, 戻って, 振り返って, 握手を, 教育を, 散歩に, 斯の, 日本橋の, 早々に, 時を, 暫く默つて, 曰ふ, 月を, 机の, 東の, 松明を, 案外に, 極めて稀, 次から, 歩みを, 死ぬ, 死ぬ前, 死んだ, 殺して, 気の毒だ, 汽車の, 海を, 源氏の, 滅多にない, 灯を, 無かつ, 無駄を, 煙の, 父を, 片足の, 物も, 物蔭に, 犇と, 犬の, 猶更, 甚だ稀, 生れながらに, 用心し, 病気で, 皆これを, 皆同じ, 皆目の, 相対し, 相談し, 相談の, 真面目に, 知らずこの, 石城の, 種々の, 穴を, 立ち上って, 縁側に, 腰の, 自身の, 興奮し, 舞台の, 舟に, 舟を, 船に, 良い人, 芸術に, 若人の, 表情に, 裏口から, 見えない, 親切に, 語った, 誰が, 誰だって, 誰にも, 警察の, 赤い眼, 足が, 身体を, 連れ立つて, 過去に, 道具を, 酒に, 酔って, 野に, 闇の, 降りて, 随分多い, 隔ての, 面白い, 頷いた, 顔の, 顔見合せ, 顔見合わせ, 風の, 食事の, 馬車に

4 [481件] あそこに, あたりを, あとに, あの時, あらざりき, ありますまい, ありますよ, ありませんが, ありませんわ, ある種, いうだろう, いかなるもの, いったい何, いつしよ, いつもより, いづれも, いないか, いへども, いません, いませんか, いやでも, いるが, いろいろに, おそらくない, お友達, お茶を, お銀様, お高, かうして, かなりに, かわいそうな, がっかりし, ぎざぎざの, ぎょっとし, くるりと, こういうもの, こう云う, こちらの, このお, このこと, この世の, この問題, この店, この意味, この村, この言葉, この頃, これだ, こんなところ, こんな時, こんな言葉, こんな話, ごく少ない, ございません, しかたなし, しきりに赤い, した, しばらくだまっ, しばらく棚, しばらく黙った, しょっ中, じきに, じっとし, じっと眼, すべてを, そうし, そう云っ, そのうち, そのほう, そのまま黙っ, そのよう, その下, その傍, その原因, その夕方, その心, その点, その白い, その足, その音, そりや, それぞれに, それぞれ自分の, それだけで, それっきり黙っ, それより, そんな風, たくさんある, だれしも, だれですか, ちょいと, ちょっと顔, つぎつぎに, どうかし, どうしました, どうでも, どうなった, どれも, どんなふう, ないだろうと, ないでしょうか, ないという, ないわけ, ない筈, なか, なかったろう, なくて, なし, なにかなつかし, なによりも, はじめから, はじめは, ばかに, ひそひそと, ひとかたまりに, ふたりの, ほんとうの, ぼくが, ぼんやり顔を, まずこの, また, またこの, またし, またも, また歩き出した, まだお, まだ何, まだ若く, まるで一度, みんなそう, みんなの, むしろに, もうわたし, もう何, もう行っ, もとは, よく似, よく知らない, より多く, りんごを, わしが, わしを, わたしたちが, ソロソロと, テーブルを, バラバラと, パッと, パンを, フランスに, ホントに, ロシア人の, 一人でも, 一人として, 一年に, 一方に, 一方の, 一日に, 一本の, 一生懸命に, 三人とも, 上から, 上手か, 下に, 不幸にも, 世の中の, 世界中で, 世間から, 両国の, 両腕, 中途で, 主に, 之れ, 乗って, 争って, 云うかも, 五十にな, 交る, 人形の, 人間が, 今では, 今日では, 今更の, 仕事の, 他人に, 仲の, 似て, 住まぬ廬, 体格の, 何かに, 何だ, 何とも, 何にも, 何んとも, 何物をも, 何等かの, 何等の, 何者だろう, 何處に, 俄に, 偶然に, 僕に, 光を, 兩處に, 六十に, 其を, 其中に, 出かけて, 別々な, 別だ, 別です, 別れたの, 前へ, 勇気を, 動いて, 卓子を, 去年の, 又しばらく, 友を, 反対に, 叫びました, 可なり, 右に, 向うの, 君が, 君を, 唖然と, 善い人, 單に, 土人の, 地主の, 坂の, 基督の, 墓地の, 変に, 夏の, 夕方に, 多くあるまい, 夢中で, 大変な, 大学の, 大變, 天下に, 女で, 女中に, 女性の, 好きな, 好んで, 妻の, 妾が, 娘を, 学校へ, 完全な, 実際に, 室内の, 小屋から, 小説を, 少しばかり, 少ないだろう, 少ないの, 少ないよう, 少なからず, 少女の, 少年の, 尠く, 屡, 山に, 山頂の, 岸に, 島の, 崖を, 川へ, 左へ, 左右へ, 左手の, 巧みに, 己を, 帝国ホテルの, 幕府の, 平伏した, 平常の, 年の, 庭を, 弟の, 強い人, 影も, 彼から, 彼より, 彼女が, 彼等が, 後の, 必ずこの, 快活に, 思い思いに, 思うかも, 思はず顏, 思はず顔, 怱々に, 恐縮し, 悄然として, 惡い, 想像し, 意外に, 意気地が, 感心に, 慄然と, 慌て, 戸外に, 掌を, 教育の, 数年前に, 文字を, 文学を, 斯んな, 既う, 日の, 日常の, 日本には, 日本人に, 日本人よりも, 明かに, 明日の, 昨日の, 時々顔, 時の, 最初に, 朝から, 朝の, 未来の, 机竜之, 杖を, 東京に, 東京へ, 次の間に, 次郎の, 正直な, 此方を, 武士なぜ, 歩きだした, 歯を, 死に一人, 死ぬの, 死んだと, 殆ど無い, 氣が, 氣の, 永い間, 永久の, 決して嘘, 決して少なく, 汽車に, 沈黙し, 波の, 泣きながら, 流石に, 海へ, 海岸に, 涙の, 瀕死の, 火鉢を, 無いの, 無理に, 無言に, 無関心, 無限に, 父親の, 片手を, 物に, 犬を, 猶予なく, 獣の, 甚だ少い, 生命を, 用意の, 男女の, 町内の, 皆自身の, 盛んに, 目に, 相並ん, 相携え, 相當, 相變ら, 真暗な, 着物の, 睨み合って, 知らず識ら, 知らないが, 知らないで, 知らないよ, 知らぬ間, 知る, 石に, 石を, 石段を, 社会の, 祖先の, 私も, 私達の, 稀で, 稀であった, 稀に, 立ち上った, 竹槍を, 笑うこと, 第二, 約束した, 約束の, 紙の, 結婚した, 結婚しました, 続けた, 綺麗な, 縁に, 群集の, 耳が, 聞いた, 聞いて, 肩から, 脚を, 腰に, 腹が, 自から, 自分自身を, 自動車を, 自由に, 色々な, 若いとき, 草原の, 荷を, 街を, 街道を, 袖を, 裏の, 西洋の, 見ました, 見覚えが, 親の, 親戚の, 言うかも, 言ひ, 言葉の, 言葉も, 話し合った, 説明し, 読んで, 誰だろう, 誰の, 謂わば, 警察へ, 財布を, 踵を, 逆に, 通らない, 遊びに, 長いあいだ, 降りた, 陸橋の, 階下の, 隣りの, 離れ離れに, 難波へも, 電車で, 非常の, 音楽の, 須く, 頭が, 頭に, 額を, 顔が, 顔見あわせ, 食卓を, 食堂へ, 飯の, 馬車の, 馬鹿に, 駄目だ, 駆けだした, 髯が, 魚を, 黙り込んだ, 鼻の

3 [926件 抜粋] あ, あたふたと, あったが, あとから, あとさきに, あの, あまりこの, あらうと, ありは, ありますが, あるまじく悲しい, あるまじ故郷, ある意味, あわてたの, いいあわせたよう, いざと, いたよう, いっしょの, いつかの, いつの間にやら, いつも心, いつ見, いないし, いないよ, いなかったと, いるらしい, いろいろと, うしろを, おそらく一人, おほ, お互いを, お君, お杉, お百姓さん, お金持, お靜, かなり永い, きっとそれ, きのうの, きわめてまれ, こういっ, こう言いました, この, この地, この堂, この大, この男, この線, これ等の, しかたなく, しばらく黙, しめやかに, じっと私, すぐ奥, すぱすぱと, ずいぶん多い, せつせと, そこらを, そのあと, そのまましばらく黙っ, そのままの, その侍, その側, その光, その坂, その声, その岩, その店, その時代, その火, その美しい, その翌日, その間に, その面, それきり黙った, それへ, それよりも, ぞっとし, たいへんな, たくさんあっ, ただこの, ただ微笑, たれも, ちょっと考え, どういう人, どうかする, どうします, どうも見た, どちらかと, どんなに腹, ない様, なかりき七月十六日の, なくなった, なんという, のって, ばらばらと, ひそ, へとへとに, へんな, ほっとし, ほとんど無, まあ何, またお, また同じ, また海, また私, まだ来, まっ黒な, まるで恋人, みかけに, みんなから, みんなに, むかしから, めったに, もうそんな, もう息, もう泳い, もしかしたら, もとから, もとより, やって来ない, やはり黙っ, よそへ, れいの, わざ, わずかな, わたくしが, われ, アッと, クリストフの, サン, スイスの, スゴスゴと, チベットの, ドッと, ベッドに, ベンチを, ランプを, 一人だ, 一人である, 一体誰, 一口に, 一寸の, 一散に, 一樣に, 一生に, 一生の, 一行に, 一途に, 三人の, 三様の, 上の, 丑松の, 丘の, 両手で, 中央の, 之が, 事務所へ, 二三軒先の, 二人で, 二年目に, 二階から, 云ひ, 互いの, 互に顔, 互ひ, 交, 人目を, 人間に, 今この, 今夜の, 今日に, 今日まで, 今迄, 仕事が, 他人だ, 他愛も, 伴れ, 何です, 何んにも, 何事を, 何事をも, 何処から, 何時でも, 余の, 信じて, 信用しない, 俺が, 俺は, 元気よく, 充分に, 先刻から, 入つて, 全くの, 其處から, 冗談を, 冬の, 出ても, 分れて, 別な, 別にある, 別れること, 別室へ, 剛情にも, 助かりました, 動かない, 動物でない, 勿論の, 卓の, 博士を, 友達に, 口笛を, 只, 叫んで, 右へ, 各, 同じ事, 同時に, 同棲する, 名刺を, 名古屋の, 君と, 吾妻橋を, 周囲に, 命がけで, 和泉の, 唖で, 唯の, 嘘つきだ, 四方へ, 国家の, 地方の, 堤の, 塀の, 塔の, 壇を, 壺の, 外套の, 多かるまじ, 夜も, 夜を, 夢に, 大の, 大勢の, 大声で, 大歓迎, 天から, 天つ, 太陽を, 女である, 女の子で, 女房の, 好奇心に, 如法の, 妻なるべし, 姉妹の, 嫌い, 嫌いよ, 宇宙の, 定まって, 室の, 室を, 家から, 寒そう, 専門の, 小に, 小屋に, 小林少年と, 小走りに, 小高い丘, 少いよう, 少くも, 少しの, 少し変, 少し足, 少なかった, 少数の, 居なかった, 居る筈, 崖の, 帯を, 帰途に, 常に自己, 帽子と, 平気な, 幸いである, 幸福なる, 店に, 座敷へ, 廊下の, 引っ返して, 影の, 彼女に, 待って, 後を, 御辞儀, 心も, 必しも, 必ず一度, 念入りに, 思ひがけ, 思ふまじ父母, 怪しがり, 恋愛に, 恐らく他, 悲しそう, 意味あり, 意識の, 愛して, 愛を, 感心した, 慄え, 我に, 或程度, 扉の, 手が, 手分けを, 手筈を, 抜刀し, 抱きあって, 拙者の, 支那人を, 教えて, 敵の, 斬られて, 新らしい, 旅を, 日に, 日本と, 日本語を, 早や, 明神下の, 昔は, 春に, 昼食を, 普通に, 暗雲に, 曲者の, 書いて, 最後に, 期せずして, 本を, 本郷の, 東京から, 枕を, 柄を, 根津の, 椅子から, 椅子に, 椅子を, 極めて少い, 極めて少数, 槍の, 横浜の, 此処で, 武士と, 死ななければ, 死ぬより, 死刑に, 殆と, 殺されて, 母を, 氏を, 気の毒そうに, 気楽だ, 氷が, 決してありません, 沢山あります, 河原を, 沼の, 津軽家の, 浮いて, 消えて, 温泉に, 滝の, 火が, 無いでしょう, 無二の, 物をも, 特別に, 独り生くべし, 玄関の, 玄関へ, 現場に, 理解し, 生まれ人, 生活し, 生活の, 申し候, 申すに, 男でも, 病気を, 皆, 皆その, 目と目を, 目礼し, 相互に, 相当の, 相顧み, 真実に, 眼も, 矢を, 知らずとも, 知らない人, 知らぬので, 知識を, 碁を, 社会的に, 神様の, 秀吉の, 私よりも, 種々な, 空の, 空腹を, 窓ぎわに, 立ちどまった, 立ちながら, 立ったまま, 竟に, 笑ひました, 笛の, 簡単な, 精根を, 精神的に, 素人でも, 維新の, 縁側の, 翁の, 老を, 考える, 考へて, 肉を, 肩で, 脇差を, 自分たちが, 自分には, 自分は, 自分自身の, 自由な, 舟の, 船室の, 色を, 芭蕉の, 花の, 若い時, 苦労人だ, 虎の, 行って, 街へ, 表の, 袂を, 裏庭の, 見に, 覗いて, 親切な, 言い合せたよう, 言下に, 記憶し, 試みに, 話しだした, 誇って, 誰で, 諦めて, 警官の, 赤の, 走り出した, 足も, 身動きも, 躯を, 近世の, 近代に, 迚も, 途中の, 這, 連立つて, 過去にも, 道で, 道行を, 遠慮が, 郷土の, 重ねて, 鉛筆を, 銘々に, 鏡を, 門を, 離れた, 雪を, 面白い人, 頬を, 顎を, 顏見合せ, 顔は, 駈出して, 髪の, 鬼の, 魚の, 黒山の, 默って, 黙して, 鼠の

2 [3265件 抜粋] ああも, あたま, あったの, あなたも, あぶれるわけ, あらじと, ありますぜ, ありゃしませんよ, あるそう, ある時, あろうと, あんまり心, いいます, いうこと, いかにか, いさ心, いったが, いつの間にか共通, いつも野原, いないよう, いよいよ不安, いるよう, うつむいて, おこったよう, おっ母さん, おばあ, おれに, お半, お母さんの, お目, お銀, かおを, かつてその, かわいそうだ, きゅうに, けげんな, こうも, こっそりと, この中, この娘, この日, この男一人, この石, この語, この鳥, こわいのよ, ござりませぬ, さつ, さらに足, しば, しばらく措く, じっと互, すぐその, すたすた歩い, すべからく現代, するすると, そういう事, そうしたまま, そう思っ, そのいずれ, そのまま別れ, その問題, その奴隷, その愛国, その時間, その横顔, その空家, その行為, その重々しい, それこそ, それでも忍び返し, それまでの, そろりそろりと, そんな詮索, ただわけ, たぶん色々の, ちつとも, ついにこれ, つれ立って, とうにそこ, とても助かるまい, とりどりに, どうかした, どうしても, どうにも, どう考え, どちらからとも, どっちの, どんなに寂しい, ないかなあ, ないのに, ない自分一人, なかなか多かっ, なくってよ, なしと, ならんで, のんきに, ばかだ, ひとりで, ふしぎな, ほうぼうの, ほとんど全部, ほんの数える, ます, まず無い, またと, また其事, また山, また歩き出す, まだきれ, まだ寝, まちがいなく, まるでは, みな承知であろう, みんなで, むしろそんな, もういない, もうひとり, もう一時間前, もう厭, もう忘れ, もう死ぬ, もっとみじめ, もはや健康, やがて死ぬ, やっぱり妾, やめたん, よくこれ, よく人, よしなされ, わたくしと, わらひました, イタリーの, カーネエションミルクを, ゴロゴロし, タクシーを, トムソンの, ニタリと, ハンブルグの, ヒソヒソと, ブラブラ歩い, ボロを, ヨーロッパの, ローマの, 一人もねえ, 一切泊める, 一寸と, 一所懸命に, 一歩を, 一行の, 丁度五百歩, 三人ながら, 三方から, 上を, 上機嫌で, 上衣を, 下宿を, 不二屋へ, 不機嫌な, 世の中を, 両方の, 中庭へ, 久しぶりに, 乗つて, 事実だ, 二三時間坐り込ん, 二日も, 互いにその, 互に身, 五階の, 京都から, 人工説に, 人間を, 今その, 今度の, 今頃は, 他人では, 仰ぎ見道行くと, 仲好く, 会社を, 住職の, 何でしょう, 何と見, 何事にも, 何心なく, 何程多く, 併し, 依羅娘子, 信用し, 俺も, 借金の, 偉大な, 僅かな, 兄が, 先駆者だ, 兎の, 八幡様の, 其の上, 其所から, 円卓を, 凡そ頑迷, 出来るだけの, 刈田の, 別れの, 前よりも, 助かる, 勝ち誇つたやう, 北門外の, 十分に, 半分閉した, 卓子の, 危険を, 又お, 又之, 又目, 反対の, 叫び出せり, 台所に, 吉原へ, 同じ江戸, 同室に, 同時に更に多く, 名主の, 吠えず吠, 告白病に, 命が, 唖然として, 問題に, 喧嘩を, 噂に, 四十前後の, 因循で, 国民性の, 土塀の, 地上の, 坊主頭で, 墓から, 変装し, 夕餐が, 外国人なり, 多くある, 多賀屋の, 夜道を, 大きい自動車, 大よろこびです, 大嫌いです, 大抵こく, 大袈裟に, 天国に, 夫れ, 夫婦約束を, 女, 好い心持, 妄りに, 始めから, 嫁に, 嬉しさ, 字が, 孤独で居れ, 学者に, 完全なる, 宝石を, 室内に, 家で, 寄り添, 富裕とは, 寝転んで, 小さい時, 小学校の, 小笠原から, 少いであろう, 少くないだろう, 少なからう, 少時例の, 居るぜ, 屹度お, 島へ, 已に世界, 帰ったが, 常に歴史, 平和な, 平素は, 幸福で, 幾度か, 底気味の, 座蒲団も, 廊下に, 強いて, 形を, 待った, 得な, 復た, 心にも, 必ずそれ, 怒る, 思う, 思わずその, 急病で, 恐しい人, 恐ろしく無口, 息の, 情が, 惜しむらくは罵詈, 意志の, 愛や, 慣れて, 懐中電灯を, 或時, 戸板を, 手製の, 打消した, 技巧の, 拝殿の, 振り返る, 提灯を, 故郷に, 散歩とは, 文句を, 斬れたが, 新婚の, 新聞記者に, 日和下駄を, 日本人と, 早くから世, 明日から, 昔と, 是の, 昼寝の, 時勢の, 暑さ, 暫くは, 暫時言葉が, 書画の, 有頂天に, 木葉なす, 本当にこの, 本郷から, 村長も, 杯を, 松を, 果して何, 根戸川の, 案外少ない, 楫棒を, 楽に, 横町を, 機先を, 正直です, 此快事の, 歩き出す, 死によって, 死の, 殆どあるまい, 殺されても, 母ありけり, 毎日必ず, 氏の, 気の毒ながら, 気骨に, 汝に, 決してそんな, 汽車で, 沼田の, 泣き出した, 活動写真館の, 浦粕へ, 深い謀, 湯殿の, 溺死した, 漸く顔, 火星の, 点々と, 無いであろう, 無二無三に, 無断で, 無駄な, 父兄の, 物事を, 特別優秀な, 狐に, 猪之, 玉屋から, 現状に, 甚, 生れながらの, 生涯その, 甲高い富江, 男女とも, 画面の, 疱瘡を, 痣が, 白旗直八と, 皆そんな, 皆彼を, 皆逃げ, 盥で, 盲目であった, 相合傘の, 相番, 真紅の, 眼前の, 知らじふぐ, 知らないし, 知合いでは, 礼拝堂の, 神戸の, 神聖なる, 私では, 私達を, 稀であろう, 穏やかな, 窓際に, 立ち止まった, 笑いました, 笛を, 答えなかった, 籐椅子の, 紀伊の, 素人なる, 終りが, 絶望せよ, 綱を, 線路の, 縛に, 罪の, 美人の, 老人で, 肉体も, 背に, 腑に, 自ら新に, 自動車で, 自然界の, 自轉車, 船尾へ, 芝居と, 芸術の, 苦しむこと, 英語が, 茶色の, 落語の, 蒲團を, 蕪村が, 蛇が, 行く, 袋を, 裏門から, 西暦紀元の, 見えないで, 見付からないので, 規律に, 解悟に, 言葉少なに, 詩の, 語って, 説教の, 誰にでも, 請負師で, 豚を, 貨幣を, 赤ひげで, 赤黒い三十男, 足袋の, 踊りながら, 車座に, 辻の, 近辺の, 追分の, 逃げだして, 逢った, 運命の, 道場の, 遠慮なく撃っ, 部落と, 金に, 銀座の, 鍵を, 長野経由で, 間が, 陰気な, 階段の, 雌雄の, 離れなかった, 電話の, 露台に, 青の, 面倒だ, 音楽家もう, 頼まない眞, 風呂好きである, 食物に, 餘つ, 馬鹿正直で, 駈け落ち, 驚くべき思ひ違, 高札場の, 髷なんか, 鷲が, 黍団子を, 黒眼鏡を

1 [29585件 抜粋] あああの, あたかもこれ邯鄲枕上盧生, あなたにとって, あぶのうございますから, あらそうよう, ありません而, ある不明, あんかけ豆腐, いいおかみさん, いかなる眼, いぎたなく眠れり, いずれが, いっそう赦す, いつどこ, いつも一緒, いづれ長く, いふだらうか, いま射撃した, いようと, うす暗い黒いみどり, うんと, おごそかな, おそれ, おばかさん, おりませんそこで, お取, お祖母さんだけ, かうした, かくして尊, かならずや真価, かほど深刻, きっともっと外, きまって飯時分, くつろいだ姿, こういう心, こう尋ねられる, ことごとく物凄い, この一見, この劇場経営維持, この広い, この権田原, この肉体, こまかいこと, こんなさびしい, ごく安い, ささやきかわしながら, さながら斬, しかしいつも, しばしば必要物, しばらく獣, じっと思い思いに, すぐさま飛出しました, すぐ石橋, すっかり眠る, すでに若干, すべて芝の, ずんぐりと, そういう大金, そう現れる, そっと庭先, そのまますぐに, そのものの, その体刑執行, その四つ, その小舟, その後無言であった, その晩いっしょ, その特殊, その職業上, その辺, そめけれ, それぞれ会釈を, それではと, それ以来一年に, そんな理屈, たいへんうれし, たしかに士分, ただちに非常配置, ただ泣い, たった一度じゃが, たれなの, だんだんを, ちょっとない, ついにここ, つぶさに人生, とうとう取り, とこなつの, とめども, どうかな, どうすれ, どう云, どの絵, どんな場所, ないこと, なおもお話, なかなか工夫, なく余, なつかしそう, なんであんなに箏, にわかに身支度, はじめ, はね起きました, ひとしきり麻痺, ひどく愉快, ふたりとも, べつになる, ほの暗い野路, まあなんて, まさにヒダ, またいっしょ, また世間みな馬鹿, また巻煙草, また獣, また飲み, まだ下級参事官, まだ数えきれない, まだ霧, まもなく恋人, まるで顔, みなより, みな死に絶え, みんなこの, みんな帽子を, むきに, めちゃめちゃに, もうとうの, もう亡くなっ, もう少し基礎的科学, もう疲れ, もう霜夜, もっとのんき, もとより気, もはや科学者, やがて義理, やっと細道, やはり余技, ややその道, ゆるやかに, よくとる, よく様子, よしや飛行島, ろくになく, わざわざ毛, われの, アドリナ・パティで, インドへ, オリヴィエの, キャデーを, グラつい, ゴンクウルが, ジュネーヴの, ズッと, チエホフであろう, トイチセコツチヤカムイの, ニヒリストだ, バルザックを, ピタリと, プルウストという, ホームズみたいな優れた, ミドリちゃんの, ラジオが, ワシントン病院に, 一万ポンド英国所領地に, 一刀両断に, 一寸狼狽, 一把の, 一段一段と昇っ, 一脚すら, 丁禹良という, 三・一五で, 三変或は, 三蔵を, 上述の, 不仕合わせ, 不気味な, 世界有數の, 中央停車場の, 丸髷じゃあ, 久助に, 九牛の, 事実あり得ない, 二代目で, 二度目に, 云い出す運動体, 互いに知らず, 五人ゐた, 五軒茶屋で, 人がましい奴, 人生に, 今かかる, 今左, 今爰, 仕方ない, 以前には, 伊沢蘭軒である, 伯耆守の, 体格検査など, 何ともいえ, 何処と, 何気無く振り返っ, 余程お人好し, 依頼心さへ, 信州に, 倫敦を, 傷つけられその, 元々一本, 充つ, 先人及び, 兜を, 全く大衆, 全然批評, 八方に, 六番めの, 其の有無, 其東北に, 再びあ, 写すとして, 出かけること, 出藍の, 刑部老人であり, 初路さん, 別段この, 前人には, 割れるよう, 助手として, 勤勉である, 北方の, 十五歳で, 千二百四十五年に, 半蔵答える, 博徒一人は, 厚遇の, 又, 又犬冢印南, 反省させたく, 古くから, 只竹, 司法室に, 同じぐらいの, 同年次, 同書に, 向島の, 周旋人が, 哀れに, 商社の, 喫煙者に, 囁き合つてゐた, 四谷区何町何番地日向某とて, 国分の, 土州の, 地質的困難に, 堀部君の, 増田屋から, 夏家の, 夙くから, 多く集まっ, 夜逃げの, 大きく笑った, 大丈夫保護し, 大声を, 大師の, 大根さんの, 大酒, 天気予報など, 夭逝する, 奧へ, 女学生なりと, 好きであった, 妹なり, 姫君の, 嫌われて, 存外信用, 宇宙服を, 官職に, 実に強情, 実際倒れ, 家屋程, 寄宿舎全体を, 寝てまでも, 対局の, 小さい窓, 小日向の, 小首を, 少し気象, 少年少女を, 居ない, 届が, 山方中間で, 岩村氏の, 巣喰っ, 巻毛の, 帰り支度を, 常磐津文字吉と, 平等の, 幸いなる, 幾何学者と, 店先に, 弁天堂の, 弱くとも, 当日姉に, 彼女らの, 後には, 得意そうに, 御自分達, 心から本気, 必ずしも一方面, 必ず死なね, 忘れられないもの, 怒ったらしい, 思う妻, 思わず安心, 急行コンベーヤー移動路を, 恋愛決闘誘拐などと, 恐ろしく懶, 悉く右, 悲しい取り留め, 愉快だ, 愛す心, 慣れないマスク, 懷姙中との, 我慢強いと, 戦死を, 手代りで, 打ち溶けた気持ち, 抜いた刀, 招牌見ない, 捨臺詞にて, 提灯の, 改進政談家を, 教授室へ, 整合を, 料理店の, 新しきに, 旅行中宿屋の, 日ごろが, 日本詩壇に, 早く諦め, 明日, 春秋の, 時々こっち, 時代と共に, 暑いの, 暫く對立, 曠野の, 書いたり, 最初土地の, 有限に, 木戸を, 未開人固有の, 本石町の, 来なかった, 東洋人との, 果して一切, 栗村君の, 案外甘, 植物精霊説話と, 極度に, 標準語として, 檻に, 歌などを, 正確な, 此程引続き, 歩行い, 死に二人, 死躰と, 段々を, 母親達に, 毎朝熱湯の, 気に入らないん, 氣持の, 永生き, 決してそういう, 決して田地, 沙汰せん, 波を, 洋車の, 浅草とか, 消えぬ, 清十郎伝七郎の, 湯灌盥に, 漫歩し, 瀕死である, 無いって, 無智, 焼けたり, 燈火を, 片輪, 特に仲, 独身という, 猿にかも, 珍しかった, 理想的完全の, 生きるに従って, 生活費を, 田舎では, 男の子だった, 留守居を, 疑り深い, 痩せた老人, 白樺の, 皆あれを, 皆一人の, 皆己れ, 皆申し合せた, 皆隠れ, 目前の, 直接に, 相逢, 真実には, 着て, 矢張り自分の, 知らないん, 知音を, 研屋さん腕の, 社殿の, 神父で, 私以外に, 稍失望を, 空気より, 窮迫した, 立合うとたん, 笑いだした, 第一番, 範を, 紅色の, 細かなる, 結婚式も, 絶えないそう, 総髪一人は, 繼立の, 美酒佳肴前に, 老中側で, 耳許から, 肉親や, 背肉をも, 腦の, 自ら誇り, 自己實現, 至幸である, 良寛さんを, 花鳥を, 若さまの, 英佛の, 草履の, 萬事器用で, 蒼ざめたおちつかない, 薬剤師か, 虹をだけしか, 行かねば, 衣服で, 裸で, 見えなかったので, 見る見る接近, 親しい挨拶, 角縁の, 言わず語らずの, 許すであろう, 話し話し母屋, 読んだ, 請求に, 譴責, 貧しくて, 賞を, 走りながら, 跡から, 身の毛の, 軽薄だ, 近代的の, 追ひつめられた, 途中浜松の, 逢つた樣子は, 遂に来なかったらしい, 道中の, 遠い空, 郊外へ, 酔うて, 野干, 針売の, 銀閣寺の, 長い廊下, 長歌を, 間もなく花桐, 降ろされた, 随分老年, 雑兵の, 雲坪の, 露宿した, 非文学党, 音読する, 頻りに以前, 風が, 食べること, 飽きる処, 馬小屋の, 騒ぐ, 高い崖, 髮の, 鳳閣寺へ, 黒い眼, 黙つて了つた

▼ 人~ (42569, 10.2%)

576 ある 304 出て 265 来て 262 しら 213 あって 198 あるかも 187 あった 174 住んで 149 自分の 147 あると 135 それを 132 あります 130 あつた, 云った 129 立って 127 多い 126 あるの 119 あるが 111 見て 100 いて 94 集まって 93 あれば 91 私の 85 あつて, いる, 多かった 83 何か 81 あるん 80 いた 79 いるの 74 ありました 69 手を, 来ると 66 私に 63 はいって 60 言った 58 顔を 57 入って 56 訪ねて 55 いった, これを 51 一緒に 50 声を, 持って 48 生きて 47 死んで 46 ない, 自分を 44 それに, なかった, 口を 43 三人とも, 叫んだ 42 多いの, 彼の, 私を 41 あるから 40 帰って, 歩いて 39 急に 38 あっても, あるならば 37 そこに, 言つた 36 彼を, 知って 34 ありますが, 日本の 33 変ったよう 32 あったの, あるもの, 集って 31 いいました, いると 30 あったと, やつて, 多いよう, 答えた 29 ここに, 来た, 立つて, 見れば 28 いたの, ないと 27 そこへ, 並んで, 來て, 死ぬと, 話を, 通って, 非常に 26 なければ, 人を, 何を 25 ありまして, あるか, いるん, 乗って, 寝て, 或る 24 あつたら, あるので, 一人も, 手に, 首を 23 いっしょに, ついて, 彼に, 眼を, 違ったよう 22 ありますか, ないから, ないの, 云う, 尋ねて, 居た, 腰を, 話して, 足を 21 あったらその, あなたの, あるよう, いう, いること, きて, ゐて, 他の, 多いので, 悪い 20 あったが, たかって, ゐるの, 何かの, 坐って, 多いが, 行って

19 [13件] あつまって, いって, そんなこと, 一人の, 云って, 何と, 僕の, 好きな, 寄って, 揃って, 沢山ある, 言う, 酒を

18 [15件] こんなこと, 一人でも, 云つた, 多かつ, 多くなった, 居る, 待って, 書いて, 来たの, 殺されて, 自分で, 見ると, 這入って, 通る, 金を

17 あること, ここへ, 一つの, 云うと, 來た, 始めて, 此の, 訊いた

16 [17件] ありません, あるかと, あるだろうか, あるという, どうした, やって来て, ゐた, ゐると, 一度に, 之を, 少なくない, 物を, 目を, 自己の, 言ふ, 誰も, 集まつて

15 [14件] あったので, あるでしょうか, やって, 僕に, 力を, 如何に, 少くない, 日本に, 笑って, 肩を, 自分に, 走って, 迎えに, 黙って

14 [22件] あつたなら, あるけれども, あるそう, います, いるもの, ここで, ないので, なくて, ゐる, 一時に, 云ふ, 例の, 倒れて, 先に, 彼女の, 持つて, 来たと, 来たので, 現われて, 言いました, 通ると, 駈けて

13 [20件] いない, いました, いるかも, いるが, いるので, いるよう, この世に, ないとも, 來る, 出たり, 好きに, 居て, 戻って, 来る, 答へ, 見ても, 親切に, 起きて, 附いて, 隠れて

12 [26件] ありますから, あろう, いないの, いれば, いろいろな, して, その中, 二人とも, 勝手に, 叫びました, 命を, 変って, 多いと, 幸福に, 息を, 悪いな, 想像する, 来ても, 枕を, 聞いて, 自由に, 見えて, 言って, 近づくと, 道を, 飛んで

11 [30件] あったから, あらば, あるに, あろうとは, いいますと, いずれも, いたが, いつた, どれだけ, ほんとうに, もって, よくある, 両手を, 今の, 今日は, 働いて, 入つて, 動いて, 外へ, 多いから, 多いであろう, 多くなっ, 大声で, 夫婦に, 妙な, 来るの, 東京へ, 聞くと, 頭を, 黒山の

10 [39件] ありは, あわてて, いうと, いつまでも, いるという, いるはず, かたまって, すぐに, そう言っ, そばに, できて, どこに, 一人いる, 世間に, 人の, 何の, 出る, 出来て, 家の, 幾人も, 往来し, 忘れて, 惡い, 日本人の, 来れば, 次の, 死ぬ, 残って, 気に, 気を, 水を, 相談し, 神の, 答えました, 罪を, 考えて, 降りて, 駈けつけて, 驚いて

9 [56件] あったならば, あったら私, あったり, あなたを, ありますよ, あるらしい, いては, いても, いないと, いなかった, こっちへ, この時, これに, すんで, そこを, その時, たくさんいる, どうしてこんな, むやみに, やってきて, 一生懸命に, 二人の, 今日の, 他に, 何人も, 先生の, 共謀し, 其処に, 叫んで, 変つた, 変な, 多くて, 好いから, 好きだ, 居るの, 山の, 席を, 帽子を, 後を, 急いで, 悪いや, 日本へ, 死んだ, 死んだの, 死んでも, 沢山に, 登って, 目の, 相手に, 眼に, 耳を, 腰かけて, 西洋の, 誰だ, 遊びに, 違って

8 [82件] あらう, ありましたが, あるだろう, あるなら私, あるもん, ある位, あろうか, いくらも, いなければ, いるか, いるから, おりて, お互に, かくれて, ここを, こちらへ, すわって, そういっ, その前, そろって, ぞろぞろと, たくさんある, たずねて, ちがったよう, ないこと, ないとは, なくなって, のって, やって来た, わたしの, 一人で, 一斉に, 世の中に, 中に, 云ひました, 今まで, 付いて, 何でも, 僕を, 入り込んで, 出かけて, 出た, 去って, 呼んで, 喧嘩を, 坐つて, 外に, 多いかも, 多いもの, 女の, 好んで, 姿を, 完全に, 家に, 己れ, 帰ると, 庭に, 彼等の, 後から, 心を, 教えて, 斬られて, 斯う, 最後の, 本当の, 来ました, 死ぬの, 死ねば, 死刑に, 殖えて, 無かった, 空を, 見えた, 読んで, 近づいて, 通ります, 連れ立って, 部屋の, 門を, 静かに, 顏を, 飛び出して

7 [84件] あるとは, ある筈, あればこそ, いい, いたので, いようとは, いろいろの, きた, こちらを, こっちを, このよう, これは, そこの, つめかけて, どういふ, どうかした, どなった, なくては, ほかの, まっすぐに, わたくしに, わたしに, わたしを, テーブルを, 一人ずつ, 一人は, 一般に, 不意に, 二人で, 今でも, 先へ, 出來, 出入りし, 前に, 前の, 前へ, 口に, 君の, 多くなる, 大きな声, 好過ぎる, 子供の, 家を, 容易に, 居ると, 店の, 後に, 心の, 忍んで, 悪いなあ, 悪いの, 感じて, 控えて, 早くも, 来た時, 来てから, 来るよう, 松明を, 棲んで, 槍を, 江戸へ, 沢山いる, 泊って, 泣いて, 減って, 現れた, 現れて, 目に, 着物を, 礼を, 私と, 立派な, 腕を, 自分たちの, 自殺した, 良いから, 見える, 見たら蛙, 見つけて, 誰である, 逃げて, 這入つて, 通った, 馬鹿に

6 [155件] あったらそれ, あったらどう, あるかね, あるくらい, あるのに, ある時, あれを, あろうが, いいから, いいと, いふと, いるだろうか, いるに, きくと, くると, この国, この頃, これまで, これも, こんな話, さうし, さけんだ, そう云う, その上, それぞれの, それと, そんな事, たずねました, ちがって, つまって, どこから, どこの, ないでも, ばらばらと, ひそかに, もう一人, やってきた, よくて, よく知っ, よすぎる, わたくしの, 一人, 一人に, 一人を, 一日に, 一杯に, 丁寧に, 三人ながら, 上に, 不思議に, 世界の, 中へ, 二人ある, 二人いる, 二階へ, 云いました, 人に, 今は, 今も, 住まって, 何うし, 何人ある, 作ったもの, 六人とも, 刀を, 十人まで, 占めて, 去ると, 右に, 同じよう, 呟いた, 呼びかけた, 喜んで, 噂を, 多いらしい, 多かろう, 多ければ, 好きです, 娘の, 家へ, 小声で, 左右から, 己の, 帰ったあと, 幾人ある, 徒歩で, 心配し, 悪いです, 悪いよ, 悪いわ, 悪くなった, 感心し, 我が國, 戸を, 押しかけて, 振向いて, 揃いも, 描いて, 支那の, 書いたもの, 最初に, 最後に, 有つた, 有ると, 有名な, 来たん, 来ては, 来ましたよ, 来ること, 来るん, 枯れる, 案外多い, 次々に, 此処に, 死んだ後, 死んでから, 残して, 殺された, 母の, 江戸に, 無いの, 無事に, 無理に, 熱心に, 父の, 現われた, 生活し, 病気で, 発見した, 皆な, 真面目に, 着て, 立ち上がった, 立った, 立上っ, 笑いながら, 笑った, 結婚し, 考へて, 聞いた, 聞けば, 腹を, 自分と, 見に, 覗いて, 言うと, 言ったよう, 誤って, 身に, 身を, 近よって, 門の, 頭の, 飛び込んで, 馬に

5 [197件] あったという, あったに, あったもの, あの女, あらわれて, ありその, ありましたよ, あるからと, あるけれど, あるその, あるだらうか, あるであろうか, あるといふ, あるはず, あるわけ, いたという, いたに, いたり, いないので, いないん, いなくなって, いますか, いるそう, いるだろう, いるのよ, おおぜ, おれを, お見え, こういっ, こう云った, ここの, この問題, この家, この島, こんなところ, ございまして, したの, じぶん, すくない, すぐ出, そこまで, そのため, それによって, それは, それへ, たずねた, だれも, つくねんとし, どんな風, ないで, ないという, なくな, なにを, ならんで, ねて, ほかに, やつと, よさそう, わざ, わるい, ゐるか, モスク, 一と, 一人殺された, 一人立っ, 一年に, 三人に, 上って, 下に, 中には, 二人と, 二人に, 云ふと, 井戸の, 人間として, 今度の, 何と云おう, 何人か, 何処に, 何故に, 借りて, 傍の, 元の, 入つて來, 出入りする, 別々に, 別々の, 協力し, 叫ぶと, 同じやう, 問題に, 四人とも, 変わったよう, 多いこと, 多くなりました, 大きな木, 大ぜ, 大部分, 女を, 好き, 好すぎる, 妙に, 存在する, 実際に, 室の, 少くなかった, 少しは, 少しも, 居ないと, 居ないの, 居るかも, 山へ, 左右に, 左右へ, 平気で, 座を, 引返して, 彼らの, 彼女に, 後ろから, 怒鳴った, 思い思いの, 思うほど, 悪いと, 悪いん, 惡く, 想像し, 我々の, 承知し, 押し合って, 政治に, 故意に, 日常の, 書いたの, 曾て, 最後まで, 本気で, 来たから, 来たが, 来たよ, 来たよう, 来るもの, 横から, 死んだと, 殺されたの, 気の毒な, 沢山あった, 注意する, 海の, 滅多に, 無い, 無かつ, 無ければ, 玄関から, 現場へ, 生れて, 生命を, 申しましたから, 病気に, 盛んに, 相手の, 相談でも, 眉を, 眼鏡を, 知らずに, 確かに, 私たちの, 立ち止まって, 答える, 結婚まで, 群れて, 自分から, 自動車を, 船を, 苦しんで, 茶を, 蟻の, 見たらば, 見ては, 見ます, 言ひました, 言葉を, 訊ねた, 訪れて, 証人に, 詰めて, 認めて, 買って, 途中で, 通りかかって, 野蛮人を, 銭を, 間に, 階段を, 随分ある, 順々に, 馳け

4 [336件] ああし, ああ云う, あったかも, あったとしても, あったん, あとから, あなたに, あらわれました, ありそう, ありと, ありましょう, ありますけれども, ありまた, あるかい, あるかしら, あるからね, あるじゃ, あるであろう, あるでしょう, あるでせうか, あるとか, あるとしても, あるやう, あるよ, あるわ, ある由, あれほど, あろうとも, いいという, いうのに, いたこと, いっぱいに, いつでも, いないこと, いやに, いるかと, いるかの, いるじゃ, いるとは, いるらしい, いるわけ, いる筈, うしろから, おざりまする, おった, おどろいて, おのれの, おまえを, お前の, お茶を, お菊, お金を, かなりある, きいた, こしらえて, こっちに, この世を, この地方, この町, この種, これほど, こんな事, こんな所, さう言, さかんに, しゃがんで, すべての, するの, するよう, ずいぶん多い, そうし, そうだ, そうやっ, そう云った, そう言う, そこから, そのあかし, そのあと, そのこと, そのよう, その人, その心, その方, その男, その白い, その辺, そばへ, それが, そんな話, たくさんに, たった一人, つづいて, どうかし, どうしてまた, どこかに, どこへ, どれだけの, ないよう, なかつた, なぶり殺しに, なんの, びっくりし, ほしいと, まばらに, みんなの, めいめいに, めいめいの, もつて, やって来たの, よく, よくする, わしを, ゐたの, ゐないの, ゐるん, シェイクスピアの, バラバラと, 一しょに, 一つに, 一ぱい, 一人ある, 一列に, 一団と, 三人も, 三人乗っ, 下りて, 世界に, 両手で, 乗つて, 九人まで, 争って, 二三人も, 二人も, 二人出, 二階に, 云ったこと, 京都へ, 仕事を, 他を, 他人に, 他人の, 代って, 休んで, 低い声, 住むこと, 何かに, 作つた, 來なけれ, 傍から, 傍に, 傍へ, 其處に, 出盛って, 列を, 別の, 前後し, 助けて, 十人とも, 古くから, 各, 各々の, 各自の, 名前を, 向うから, 向ひ, 呆気に, 呼びに, 問うと, 善いから, 嘘を, 囁いた, 変ったみたい, 多いという, 多いやう, 多いん, 多からう, 多くな, 多くなつた, 多くは, 夢中に, 大声を, 好きで, 好きよ, 好さ, 好さそう, 学校に, 学校の, 学校を, 完全な, 小屋へ, 少い, 少くとも, 少ない, 少ないよう, 少なかった, 少なくなった, 尠く, 居たの, 居なくなつ, 居るん, 川の, 希望する, 席に, 幾らも, 幾人か, 床の, 座に, 当時の, 往っ, 往来を, 後の, 怪しいと, 恋しい, 恋の, 悪いぜ, 感心する, 態, 所有する, 手の, 手帳に, 振り返って, 散って, 敵の, 敵同士の, 文学の, 日に, 日本語を, 有つて, 朝から, 村の, 来たか, 来たもの, 来は, 来ましてね, 来るから, 東京の, 果して何人, 欲しいと, 歌って, 此世界の, 死にました, 死ぬこと, 死を, 死んだん, 気が, 気の, 水の, 水入らずで, 沢山あります, 注意し, 注意を, 流れて, 無いから, 無いと, 無いので, 生活の, 申し聞けました, 町の, 目撃した, 目眩く, 相談を, 真実に, 眠って, 眼の, 神を, 秀子の, 私が, 秘かに, 突然に, 竿を, 笑ひ, 経営し, 結婚を, 網を, 繋つては, 置いて, 群集し, 羨しい, 考えるよう, 背を, 背負って, 自分では, 自分は, 自分も, 自分より, 自然に, 自然の, 舟に, 色々な, 花を, 英語を, 菓子を, 行けば, 見えると, 見たならば, 見たの, 見る, 見付けて, 言うには, 言うの, 言ふと, 言へば, 計画した, 話してるの, 話し合って, 読んでも, 誰でも, 誰にも, 責任を, 走り出して, 近寄って, 通つた, 通りか, 通りかかりました, 通りかかると, 過ぎて, 遠くの, 邪魔な, 部屋に, 部屋へ, 釣を, 長い廊下, 集まった, 集まるの, 非常な, 面を, 靴を, 音頭を, 頓狂な, 頷いた, 餘り, 馬から, 騒いで, 髪を, 鬼に, 鶏を

3 [723件 抜粋] ああいう, あったそう, あっちへ, あつまつて, あらわれた, ありましたか, ありましたので, ありましても, ありますからね, ありますけれど, ありませんでした, あるいて, あるからさ, あるし, あるぞ, あるって, あるでせう, あるとも, あるね, あるのみ, ある日, ある母さん切れ, いいの, いい人, いくと, いそいで, いたらその, いったよう, いないから, いなかったので, いなくなった後, いひました, いふ, いふやう, いへば, いますが, いようと, いるであろう, いるところ, いるのね, いろいろに, うずくまって, おります, おりません, お母さんに, かくも, かなり多数, かわったよう, かわって, ぐるりと, こ, こうまで, こう言っ, この中, この娘, この岩, この部屋, これが, これで, これらの, ござりまし, さ, ささやいた, したよう, するやう, ずいぶんある, そういうこと, そうな, そう云っ, そう考える, そう言った, その事, その名, その坂, その夜, その子, その理由, その部屋, それから, それらの, ぞろぞろ通っ, たがいに, たくさんあります, たくさん集まった, ただの, だれか, だんだんに, ちょっとでも, つけて, でて, どういうわけ, どうかする, どうしても出, どうして死んだ, どこか, どこかで, どこで, どのくらい, どやどやと, どんなこと, ないもの, ないん, なかったなら, にこにこし, はやこと切れたる, ひとりも, ひろって, ふと眼, ほんとうの, まじめに, まだお, みんなそう, みんなで, むらがって, もしこの, もしその, やったの, やってきました, やって来ると, やっぱりだまっ, よいと, よくいう, よく来, よろしい雑草, わしの, わめいた, われわれを, ゐました, ウンと, ソッと, ゾロゾロと, テニスを, 一かたまり, 一人います, 一人と, 一人居る, 一本の, 一杯で, 一致し, 一行に, 一週間も, 三人ある, 三様の, 上がって, 上を, 不幸に, 世の中には, 世間には, 中心に, 之に, 乗り込んで, 二人, 互にその, 五人ながら, 交, 交互に, 京都を, 人が, 人と, 人目を, 人肉を, 今から, 今では, 今までの, 今度は, 他人を, 仲に, 住みついて, 住むよう, 何かを, 何度も, 余計に, 作ると, 來れ, 俯向い, 候補者に, 側で, 先師に, 先生に, 入るの, 入口に, 全盛の, 共々に, 出して, 出たの, 出なければ, 出ると, 出るの, 出来たの, 出来たので, 出来るの, 切実な, 初めて見た, 到着した, 動くの, 卓に, 博士の, 危険に, 即座に, 厳重に, 去ってから, 参詣します, 口で, 可哀, 右と, 同じこと, 同音に, 名を, 君に, 呶鳴った, 嗤おう, 嘗ては, 困って, 国家を, 土地の, 地面に, 坂を, 坐るにも, 塔の, 変に, 変りましたよ, 外套を, 多いか, 多いけれども, 多いでしょう, 多いには, 多うございます, 多くある, 多くの, 多すぎる, 夜の, 大きくなっ, 大に, 大切に, 大勢で, 大学の, 大股に, 奥へ, 女である, 女と, 好いん, 好きだった, 存在し, 安心し, 寄り合って, 寄り集まって, 寢て, 寺へ, 少いの, 少いので, 少しばかり, 少ないの, 少なくなっ, 居ます, 居りました, 居住し, 屋根の, 山を, 崖の, 帰ってから, 帰つて来た, 店に, 廊下へ, 引越して, 往来する, 後ろに, 必死に, 必要である, 思い出したよう, 思って, 怪我を, 恋に, 悪いから, 悪いよう, 悪うございます, 悪事を, 悲鳴を, 意識し, 愛して, 愛し合って, 扉を, 手わけを, 手拭を, 手数を, 才能を, 打連れて, 承認する, 抱いて, 押して, 拵えて, 持つ誇り, 挨拶に, 振り向いて, 支那に, 数人ある, 斬りたい, 斬れそう, 斯んな, 旅行を, 旅衣たち, 日本人と, 日本人を, 昨夜から, 時々ある, 普通の, 暮して, 書くの, 月に, 有って, 有る, 有るか, 望みを, 本を, 杖に, 来たこと, 来たのに, 来ての, 来ないと, 来まして, 来ます, 来るよ, 来る筈, 東京を, 案外に, 棒を, 椅子に, 槍の, 次第に多く, 欲しい, 正面から, 此方の, 武蔵の, 歩けば, 死ぬという, 死ぬほどの, 死んだそう, 死んだよう, 死んだり, 歿く, 残った, 殖えれば, 殺されたという, 殺される, 殺せるもの, 母親や, 気の毒に, 水に, 海に, 消えて, 深刻な, 混んで, 満足する, 溜息を, 火を, 焚火を, 煙草を, 特別に, 特殊な, 犬の, 犯人だ, 獲物を, 玄関に, 玄関の, 理窟を, 生を, 田舎の, 申しました, 男の, 町に, 畳の, 病ひ, 病氣に, 百人の, 皆の, 皆知っ, 相並ん, 相手を, 相擁し, 真の, 真似を, 真面目な, 知らせて, 知らせに, 石を, 社会に, 私どもに, 私には, 私は, 私より, 移住し, 突然, 突然私, 窓を, 立ち働いて, 立止っ, 立派に, 笑うと, 笑うの, 答えて, 経営する, 経験し, 結婚する, 続いて, 総出で, 罵った, 羨しかろ, 耳に, 背後から, 腰掛けて, 膝を, 自分が, 自動車に, 舌を, 舞い込んで, 色々の, 英語の, 荷物を, 落ちた, 落ちたと, 虎を, 蝋燭を, 行動する, 表に, 袖を, 裏の, 見えました, 見えまして, 見かねて, 見たと, 見たという, 見た時, 見なければ, 見張って, 見物に, 角袖外套に, 言います, 言うこと, 言ったこと, 言ったの, 話しながら, 誤つて, 誰か, 誰れ, 負傷した, 貧乏し, 貧乏に, 買いに, 買出してから, 踊って, 身体を, 車を, 車座に, 迷惑する, 追いかけて, 追い追いと, 這入つて來, 通りすがりに, 通るが, 通るので, 連れだって, 連立って, 進んで, 運んで, 道の, 違った様, 遠くから, 酒の, 金が, 鉄砲を, 銀座の, 間は, 附き添って, 集つた, 集つて来た, 集まったの, 集る, 集ると, 集会した, 離れて, 雪を, 雲の, 面白そう, 音楽を, 頭に, 額に, 額を, 飛びかかって, 飛出して, 食べて, 食事を, 飯を, 飲むの, 飼って, 馬を, 馬車に, 駆けつけて, 駈け落ち, 騙されて, 驚くほど, 鼻を

2 [2252件 抜粋] あたしを, あったこの, あったらわたし, あった事, あってこそ, あの中, あの方, あやしんで, ありましてね, ありませう, あるからには, あるだろうから, あるならそれ, ある否, ある都会, あろうかと, いいかげんな, いい子, いきなり四ツ, いたか, いたと, いっしょだ, いつか私の, いてね, いないし, いないよう, いなくなってから, いましょう, いもうと, いるぞ, いるのに, いろいろと, うろついて, おいでに, おずおずと, おまえの, おれば, お前を, お庭, お犬さま, お蝶さん, かいたの, かつて, きく, きまって, くれたもの, こういう, こうも, このこと, この土地, この月世界, この辺, この附近, これまでの, こんな押問答, ございましょう, さう云, さまざまに, しばらくの, じぶんたち, すくなくなかった, すること, せっかく親切, そうなる, そっとのぼっ, その仲間, その場, その室, その後の, その方面, その状態, その青い, それで, そんな, た, たくさんいた, たくさん在る, たった三人, ためなりけり, だまされるの, だれよりも, つ, つく, つぶされてるん, できるかも, とびあがった, どうか, どう云, どこからか, どっさりある, どれほど信用, どんな人物, どんな方法, ないため, ないもん, なか, なくつて, なぜ近所, なんでも, のこって, はいりこんで, ひかえて, ひとりで, ふいと, ふだんから, ふらりと, ほかで, ぽろ, またそれ, まだその, まだ生き, みな私の, めぐりあう機会, もう少しで, もとは, やってくる, やって来る, やると, ゆっくり坐れる, よくない, よく日本, よろこんで, わたしは, ゐたと, ゐないん, ゐるのよ, アメリカを, エジプトに, ザッと, ゾロ, ドイツの, ドヤドヤと, バカに, ヒラリと, フランス人の, ホテルへ, 一せいに, 一人あっ, 一人や, 一人残らず, 一夜殊に, 一座を, 一杯である, 一番よい, 一軒の, 七八人も, 三人まっすぐ, 三年で, 下から, 下宿し, 不容貌, 不思議さうに訊いた, 世界で, 並ぶと, 中心と, 主要な, 乗りこむと, 乗組んで, 事務を, 二人あった, 二人店の, 二本の, 云うよう, 五六人見送った, 京都に, 人間が, 今までに, 今年の, 今朝着いた, 仏を, 付けた名, 以前に, 伊豆屋の, 会葬し, 似て, 住まなくなってから, 住んだこと, 何うかした, 何と云, 何よりも, 何人いる, 何時までも, 余り仲, 來たり, 俄かに, 信者と, 個々の, 傷け, 僕と, 兄弟分とは, 先鋒に, 入乱れて, 八人とも, 其れ, 其螢を, 出そう, 出ましたから, 出るよ, 出入りした, 出征した, 出来ます, 出来ると, 出発し, 出迎えて, 切實な, 別々な, 刺殺されたこと, 剣を, 助けを, 勉強し, 北海道から, 十五六間も, 十六人同じ, 半蔵らの, 単純な, 原作に, 去年の, 及びも, 反対の, 取り残されたの, 口へ, 可成り, 同じ日, 同情し, 同行し, 向島へ, 周章てて, 和尚の, 唇を, 商売気の, 善といふ, 噂し, 四五人も, 四十名ばかり, 困難と, 國会に, 地球の, 坐るの, 売って, 変装し, 夙くから, 多いだらう, 多い様, 多くたとえ, 多く来, 多過ぎる, 夢中で, 大分ある, 大勢来, 大口を, 大層好みます, 天から, 太田の, 奈良に, 好いと, 好きであった, 如何なる哲学, 姉妹だ, 婦人の, 孤独で居る, 実の, 家内に, 寄ると, 寝め, 實に, 将門の, 小日向, 少いよう, 少くなった, 少し歩き疲れ, 少年に, 屁を, 居たやう, 居ながら, 居りますか, 居るぞ, 居るらしく何となく, 屋敷の, 山中に, 崖を, 市に, 常に私, 年を, 幾人ありましょう, 床に, 庭先へ, 建物の, 弱かった, 役の, 往々ある, 待ちかねて, 徒党を, 微笑し, 忍び込んで, 怒鳴って, 怨めしいなんぞと, 恋しいの, 恋人の, 悪いね, 悪くさせる, 悪そう, 愛情の, 憎いん, 成長の, 戦争を, 手と, 手頼ぢや, 払って, 承認し, 押し出されるよう, 拵えたん, 指して, 振り返った, 描いた絵, 携えて, 故意と, 数日後に, 新たに, 新聞の, 日本には, 早口で, 昔し, 時々に, 時を, 晴れて, 書いた, 書斎へ, 月の, 有るので, 朝の, 本国から, 机竜之, 来そう, 来たらどう, 来ましたが, 来よう, 来るので, 東京に, 板の, 栄二を, 桑を, 棺を, 楽しそう, 横浜で, 櫂を, 次郎, 歌い出した, 此処を, 歩いたか, 死に, 死ぬ間際, 死後に, 殺されたと, 母性守護の, 氏の, 永久に, 沈んで, 沢山居る, 波に, 活きて, 浮けば, 涙は, 深く尊敬, 渡って, 温泉へ, 源氏の, 潔白だ, 点棒の, 無くなる, 無理を, 煙草好きで, 父母を, 片手を, 物が, 犬猫の, 狂人の, 獄中に, 珍しいこと, 現われたの, 現代の, 球を, 甚, 生花を, 田舎から, 申しましたが, 男だ, 画を, 畜生を, 病いの, 病気の, 白金を, 百人感嘆の, 皆んな主人を, 皆石筆, 盗んで, 目下の, 相携え, 真実の, 眼が, 着くと, 知識の, 碁を, 私から, 私共の, 種々の, 空から, 立ちどまつて, 立ち上って, 立つと, 立帰っ, 笑いますよ, 笛を, 純粋に, 経験した, 絶えて, 絽の, 羨ましい, 老人に, 聖餐を, 聞いてるぜ, 聞き耳を, 聽かせ, 肱を, 胸に, 腰に, 臨終に, 自分には, 自分自身を, 自然を, 興味を, 舟へ, 船室の, 良いの, 芝居を, 苦情を, 落ちついた声, 蘇芳の, 蜀の, 行くこと, 行ったの, 表で, 被告と, 西洋でも, 見えない, 見たこと, 見てたらあ, 見送つたり, 言い出すと, 言つ, 訊き返した, 訳して, 話しかけると, 話題に, 読むの, 謙虚に, 議論を, 變る, 貰いに, 貸して, 走り出した, 越後獅子の, 足駄を, 躍気, 軍鶏の, 込み合って, 近くに, 追って来た, 這入り込んで, 通りは, 通るの, 通訳として, 連れ立つて, 道に, 違うよう, 選ばれた, 郷里を, 鄭寧な, 重なり合って, 金銭の, 銘々に, 門口を, 関係し, 階下へ, 隣へ, 集った, 集まるはず, 離れないやう, 電話口に, 順番に, 頭と, 頼むだろうと, 風呂敷包を, 飛騨の, 餌を, 駅の, 駕籠の, 驅け, 驚異の, 鳥を, 麦藁帽を

1 [20087件 抜粋] ああいる, あちこちと, あったらかえって, あったら現在, あつて幾松, あの女友だち, あまと, あらいい, ありましたらそれ, ありません万次郎さん, あり鼻, あるであらうか, あるなら誰, ある年齢, あれと, あんなふうに死んだ, いいわね, いかにこの, いきなり突立つて答, いそがしそう, いたん, いった言葉, いつの間にか自分, いないところ, いなけりゃア, いまどんな, いらっしゃるのに, いるワイワイ, うごいたよう, うまくやっ, えらいとは, おすん, おどり込み東, おみやげに, おれたちに, お城, お父様, お針頭に, かくまで, かつて犯し, かりそれから, きすぎて, きみがわるくて, くみついて, こういう意味, こう急, こちらから, このドア, この傍若無人, この小説, この殺人, この花, この高山, これまでに, こんなに真剣, こんに, さうであるやう, さまよう道, しきりに保護者呼ばわり, しばしば倉地, じつは一人, すこしあった, すでに見えなくなっ, すれ違おうと, せっかくお前さん, そういう言葉, そう見る, そのお方, その会員, その夏, その後を, その樽, その笑い, その通り, それぞれ獨立した, そんなにやすやすと, そんな目的, たかる, たくさん集っ, たって, たりなかったので, ちがう, ちょっとこの, ついに入っ, つつしんでこれ, てんでから, ところかたまっ, ともかく畑作り, どういう関係, どうして甲斐, どう切りぬけ, どのやう, どんなに心, どんな言葉, ない賣らう, なくなったので, なしてること, なにかまじめ, なんとなく懐かしい, のこりと, はいれやえ, はらはらした, ひとたびこの, ひどく厳, ふえた, ふと覗き, ほしいとねー, ほんとの, まさしく必要, また二本, また独言, まだ多い, まつたく僅か, みずから働く, みんな, みんな平, めい, もう家, もし人間知識, もっと厳粛, やさしく愛情, やっぱり金色, やりとげようという, よいとも, よくならんでし, よく着, より早く, わが将来, わるいから, ゐないので, ゐる一中隊, イエスの, エッタと, カルタを, クック地峡の, ゴム風船の, ジロジロと, セン・マルセルの, チベットの, トラキアパノニアガリアブリテンスペインアフリカ及び, ヌースと, パリへ, フランスに, ベルリンから, マカロニーを, ヤミの, ローゼン男夫人, 一つ駕籠を, 一人おり立っ, 一人前に, 一人蹲つて水を, 一合ばかりの, 一年中の, 一時的ならぬ, 一生懸命やつた, 一篇ずつ, 丁度苅入, 万人そう, 三人ぐらいずつ, 三人誘拐が, 三年余り前大阪へ, 上京の, 下手人じゃ, 不審を, 与右衛門さんの, 並べられて, 主だろう, 之から, 乗船した, 争ふ, 二三人番台の, 二人来る, 二度と会っ, 云うてた, 互いに斬りむすん, 五六人あらわれた, 五隻の, 交際し出した, 人殺しの, 今この, 今夜泊まりあわせた, 今日西洋人が, 仏教に, 代々を, 仰せを, 伊勢の, 伝えたいろいろ, 住みつくよう, 住んでる六階, 何とか云つて, 何事も, 何気なくひょいと, 佛國に, 使に, 便乗し, 信用せず, 倨傲なり, 傍觀する, 僧侶に, 先ず咒文, 先生と, 入り込もうと, 全体の, 八畳の, 共にこの, 其らの, 内証の, 凄腕な, 出ても, 出る宿命, 出来た今, 出雲国から, 切り合ったらしい, 初鰹を, 利章だ, 前進する, 劣等児特殊教育を, 動き何しろ, 勤めたの, 区劃扉を, 十人ながら, 十人飽き, 千年に, 卑しいからと, 印度地方大洋諸島に, 原子野に, 又お, 反対した, 取出されたという, 古い帽子, 叫んだ時, 右往左往する, 同じ丈, 同時に働ける, 名古屋県出張所の, 吸い込まれる様, 周章て, 命令を, 唱へる, 喋つてゐた, 嗜み世間, 囈語でも, 四十人にも, 囲んで, 土間まで, 地獄極楽を, 基督様だ, 墜ちたと, 変ります, 多いからね, 多くあと, 多く満, 多勢家の, 夜通し船に, 大きな聲, 大勢いた, 大塚氏だ, 大方の, 大阪市中に, 天罰報い來とは, 奇怪がる, 女中の, 好くなりました, 妄覚幻視を, 姫路の, 嫌な, 季節によって, 宗像君に, 実に精巧, 宴会の, 寂しいの, 富田の, 寝込んで, 専阿弥陀仏とも, 小さい紙切, 小舎に, 少しく座, 尠いから, 居ないのに, 居りませう, 居流れて, 山小屋から, 岸本に, 工夫考案した, 巻煙草を, 帰らねば, 常磐津を, 平野郷の, 幾人あるだろう, 床几を, 庵寺の, 引きも, 弥陀堂まで, 影武者という, 待ちど, 後日英国に, 御當家, 心得違えだたとえば, 忍び込んだの, 忽然と六人, 思いました, 思わず眼, 恋しい姫君, 恐縮する, 悦ぶの, 悪くなつた, 情報局という, 意識的に, 感嘆した, 憧憬する, 我知らず自己の, 所属され, 手綱を, 承知せぬ, 抛棄した, 押し寄せ汗だく, 拳骨で, 指が, 振向いた, 掘った後家穴, 揃つて踊る, 播磨の, 改めてお松, 教育と, 数間飛びすさり, 文章は, 斬り殺されたぞ, 新劇に, 旗が, 日本一の, 早くいっしょ, 明治神宮へ, 昨年でした, 時あっ, 暗い淋しい露西亜, 書いた滑稽, 最も太陽, 月世界へ, 有るという, 朝刊に, 未曾有な, 本部の, 来たな, 来ない内, 来るたんび, 来臨し, 松雲だ, 某日の, 格好の, 棄てたのよ, 楽しき春, 横風に, 欲しかつ, 正しく礼儀, 此空なる, 歩廊には, 死にましたまことに, 死んだという, 殆どなかっ, 段々に, 殺し合うこと, 毎年死ぬ, 民主民族戦線に, 気違いに, 求婚者として, 決心し, 沢山出来ましょう, 法律問題に, 洋服の, 浜辺に, 消したこと, 混ぜつかへ, 温の, 滅茶苦茶な, 激しい運命, 為さんと, 無く長い歳月, 焼き払ってる傍, 爪を, 物に, 犬に, 独りの, 獣の, 珍らしく見える, 理性に, 生きれば, 生活から, 田畑之, 男性で, 異なる読み方, 病気見舞に, 白い菓子, 百人同一では, 皆仮装, 皆私の, 盗んだの, 目附から, 相手から, 眞蟲に, 真蒼, 着ないよう, 知らないので, 知己を, 硯友社の, 神さまである, 秀子で無い, 移住した, 突ったった, 竇の, 立ち止つて, 立去ろうと, 竹籠へ, 第一回目, 節を, 紀州様の, 素足で, 結びついて, 絶えず甘える, 緊張時において, 縫うこと, 羊眼大の, 羨んで, 老祖母, 聞いたの, 聴き手, 背負い網, 腕力の, 自ら懶惰を, 自家用の, 至って少なかっ, 良いそれから, 花屋の, 若し絶對, 英語も, 菊の, 落語家や, 薄気味わるがってね, 蛇の, 行き合つて, 行方不明と, 被害者と, 襷をは, 見えたらそっと, 見たらさぞ, 見たら笑うぜ, 見のがす小さな, 見付けた, 覚えた程, 触ったか, 言ったので, 訊くと, 訴えを, 詰め白洲木戸, 誘拐した, 読んだ本, 諸井であった, 譽められる, 貧乏な, 賓客として, 赧く, 足の, 踏みつけでも, 車から, 輩出致しました, 近く来, 追いかける時分, 送る身, 這入ってると, 通られるだけの, 通る様, 逢い度, 遊山に, 道路に, 遠方で, 邂逅し, 酔人だ, 野にも, 金鷲と, 鋸を, 長く生き, 閉扉の, 闊歩し, 限りなく, 随分あつ, 隱居所を, 集まること, 雑沓し, 雲表に, 青野季吉であった, 音頭とっ, 頼み込んで, 風説し, 飜訳する, 食堂を, 饗ばれ, 駅から, 騒がしく立ち働い, 骨も, 魚と, 黒人を

▼ 人~ (25226, 6.0%)

600 して 321 馬鹿に 215 見て 189 殺して 149 見ると 132 相手に 128 連れて 99 呼んで 96 ばかに 91 つれて 79 愛して 78 やって 71 殺すこと 69 見た 64 知って 59 集めて 55 待って 53 人とも, 自分の 52 見れば 51 斬って, 頼んで 49 殺したの 46 もって, 殺すの 42 残して 41 乗せて, 小馬鹿に, 避けて 39 見たこと 38 一緒に, 出して 36 使って 33 選んで 32 眺めて 30 呼んだ 29 殺すよう 28 殺したり, 派して, 私は, 見ても, 見ること 26 助けて, 置いて 25 伴れ, 見る, 除いては 24 介して, 訪ねて 23 つかまえて, 前に 22 分けて, 莫迦に 21 殺せば, 訪問する, 遣って, 頼りに 20 探して, 案内し, 遠ざけて 19 殺した, 殺す, 見たの, 見つけて, 見るの 18 尋ねて, 待つて, 招いて, 殺したこと, 殺したと, 殺すと, 殺すという 17 つけて, 愛すること, 我は, 殺すもの, 見よ 16 入れて, 呼ぶ声, 好くという, 犠牲に, 見たら泥棒, 雇って 15 得て, 殺すに, 見るよう, 軽蔑する, 送って, 遣わして

14 [13件] だまして, やつて, 並べて, 中心に, 先に, 払って, 指して, 斬ること, 殺しても, 見るに, 載せて, 迎えた, 迎へ

13 あつめて, よんで, 尊敬し, 支配する, 救うため, 見つめて, 軽蔑し

12 [17件] かきわけて, たよりに, バカに, 動かす力, 取って, 妻に, 幸福に, 殺しては, 殺す者, 殺そうと, 率いて, 疑うこと, 紹介した, 見ながら, 見比べて, 訪問し, 離れて

11 [18件] ここへ, びっくりさせる, 人と, 取り巻いて, 怨んで, 持って, 救うこと, 欺いて, 殺したん, 殺すため, 無理に, 茶に, 見ました, 迎えて, 除いて, 非常に, 驚かして, 驚かすに

10 [27件] おいて, そこに, のせて, 人臭いとも, 使ふ, 促して, 包んで, 呼ぶ, 好きに, 威圧する, 後に, 従えて, 忘れて, 捕えて, 支配し, 救って, 救ふ, 教育する, 敵に, 殺したという, 殺しに, 求めて, 紹介し, 結びつけて, 走らせて, 驚かした, 驚かすこと

9 [37件] あっと, いっしょに, めがけて, よこして, アッと, 乘せ, 付けて, 信じて, 助けるの, 呑んで, 呼びに, 呼び出して, 守って, 容る, 容るる, 対手に, 導いて, 感動させる, 感動せし, 抱えて, 探しに, 斬った, 欺くこと, 欺し, 死なせて, 殘し, 殺すか, 殺すやう, 眺めた, 知つてゐる, 知らない, 苦しめて, 見おろして, 見るとき, 見る目, 見る眼, 除けば

8 [39件] そのままに, どうする, よく知っ, 中に, 乘せた, 伴ひ, 信ずること, 傷け, 助けに, 呼ぶの, 呼ぼうと, 害めて, 待たせて, 抱いて, 捉えて, 殺した事, 殺すなんて, 殺すは, 泊めて, 泣かせて, 留めて, 発見した, 私に, 笑はせる, 紹介する, 縛るわけ, 罪に, 見くらべて, 見たり, 見つけた, 見ては, 見るやう, 見殺しに, 見送って, 訪問した, 誘って, 雇うて, 食ったよう, 驚かすの

7 [56件] いじめて, かき分けて, ここに, さがして, たのんで, つかわして, みると, わけて, 他の, 傷ける, 加えて, 助けると, 動かす, 包んだ, 収容する, 呪わば, 呼ぶこと, 嘲弄する, 圧迫する, 威嚇する, 家に, 尊敬する, 左右に, 待つ間, 思って, 愚弄する, 愛し人, 愛するの, 憎んで, 打つ, 押しのけて, 押し分けて, 捨てて, 掻きわけて, 掻き分けて, 教うる, 斬ったこと, 斬るの, 殺したか, 殺しました, 殺すほど, 殺す事, 殺せるわけ, 照らして, 率ゐ, 立てて, 笑は, 笑わせた, 等分に, 見ようと, 見詰めて, 觀る, 討って, 迎えに, 酔は, 食って

6 [78件] いたわって, おいはらえという, さへ, その人, たずねて, とらえて, なだめて, みて, 一人殺した, 不安に, 世話し, 中心として, 乗せた自動車, 供に, 侮辱した, 侮辱する, 保護し, 信用する, 傷つけて, 先へ, 具し, 判断する, 呼びますよ, 呼ぶと, 嚇か, 囲んで, 圧迫し, 夫に, 奥へ, 射て, 射るやう, 導きて, 引きつれて, 征服する, 怖れる, 思うこと, 恋して, 惑は, 愚弄し, 慄然たらし, 手に, 押しわけて, 招待した, 捜して, 救おうと, 斬ったの, 斬ったり, 案内した, 欺す, 死刑に, 殺したもの, 殺すほどの, 永久に, 煙に, 物色し, 目の, 相手の, 睨んだ, 私が, 見たと, 見たとき, 見ないよう, 見る明, 見下して, 見付けて, 見出すこと, 見較べて, 訪ねること, 評して, 超えて, 軽蔑した, 迎へて, 送り出して, 遣つて, 頼って, 頼みに, 顧みた, 顧みて

5 [122件] あてに, お嫁, こばかに, これまで, そこへ, その中, だますこと, だますなんて, つかって, つかまへて, ひきいて, まって, やとって, 不快に, 世話する, 中へ, 主と, 二人まで, 今の, 伴って, 何だ, 使うこと, 信用しない, 先頭に, 出すこと, 切った, 切って, 利用し, 利用する, 助けること, 動かして, 動かすの, 呪って, 呼びながら, 呼び止めて, 呼ぶよう, 圧するよう, 増して, 嫁に, 害めた, 家の, 家へ, 尋ねると, 小ばか, 小バカ, 少しでも, 度っ, 引っ張って, 引率し, 待ち受けて, 必要と, 恐れて, 悩ますこと, 想像し, 愚に, 愛するという, 感動せしめる, 感化する, 慰めて, 憚る, 懼るる, 手で, 打擲する, 招んで, 挙げて, 捉まえ, 探すため, 措いて, 描くの, 教ふる, 敵と, 斃す, 斬つたり, 斬つて, 斬り殺して, 斬る, 標準に, 欺く事, 殺し火, 殺すかも, 殺すのに, 殺すより, 殺すわけ, 殺す必要, 殺す気, 毒殺する, 気に, 注意し, 満載し, 無事に, 牲に, 理解し, 生かして, 生埋, 疑うという, 発見する, 眼の, 知ること, 私の, 置き去りに, 置去りに, 見くらべながら, 見上げた, 見守って, 見損, 見送つて, 詛ふ, 起して, 踏みつけに, 轢いたり, 追いかけて, 追い越して, 遣は, 部屋に, 部屋の, 隔てて, 隠して, 食ったこと, 養って, 驚かしたこと, 驚かすよう, 魅する力

4 [225件] えらんで, お呼びに, かついで, からかって, こんなふう, さらって, じらすよう, そらさないところ, ぞっとさせる, たぶらかしまたは, つくらず, ながめた, なめて, ならべて, のこして, のぞいて, ひきつれて, みんなで, 一の, 一人に, 一人も, 両手に, 交互に, 亭主に, 代表し, 使うの, 使用し, 使用する, 侮辱し, 促したて, 保護する, 信用し, 信頼する, 傷つけたり, 傷つけること, 僕の, 僕は, 出したが, 出し抜いて, 切る, 判断し, 刺して, 前へ, 助けなければ, 動かすが, 動かすこと, 動かすに, 動かすもの, 友達に, 取り囲んで, 取巻いて, 叱って, 叱るやう, 合せて, 味方に, 呼びかけて, 呼びさ, 呼び寄せて, 啖う, 喜ばすこと, 喰ったもの, 喰ったよう, 喰って, 嘲けるよう, 嚇して, 困らせて, 圧倒する, 壓する, 外に, 大事に, 大切に, 夫婦に, 好きだ, 好きな, 威して, 嫌って, 害める, 容るべき, 尻目に, 尻目にかけて, 帰した, 引いて, 引き連れて, 引付ける, 引張って, 彼は, 征服し, 待つの, 得た, 得れば, 怒らせるの, 思い出した, 思ひ出した, 急に, 恍惚と, 恨むこと, 想って, 惹きつけるよう, 意味する, 愚弄した, 愛するよう, 愛する心, 感動させ, 感動せしめたる, 慕って, 憎まず, 手先に, 打つもの, 批評する, 抜いて, 招くこと, 招待し, 持つて, 指さした, 指す, 指すの, 指導する, 挙用し, 捉へて, 捕って, 捕まえて, 描いて, 揶揄する, 搜し, 撃って, 救うて, 救ふと, 救助せし, 教えて, 教へ, 斬ったと, 斬っても, 斬つた, 斬らねば, 斬りに, 斬り斃, 斬るという, 斬ろうと, 昔の, 槍玉に, 欣ば, 欺いたり, 欺くと, 欺くもの, 残したまま, 殺さうと, 殺さないとは, 殺したから, 殺した人間, 殺し自分, 殺すには, 殺すを, 殺すん, 殺す力, 殺せないよ, 殺せる道理, 殺害し, 比較し, 泊めるの, 派遣し, 源氏は, 無視し, 理解する, 疑って, 疑ひ其, 相手と, 真中に, 知ってるか, 知つてる, 祝福する, 神の, 笑ふ, 笑わせたり, 笑わせるつもり, 笑わせるよう, 第一, 籠絡する, 納得させる, 縛って, 縛つ, 罵倒する, 羞しめ傷ける, 胸に, 自分は, 自動車に, 自己の, 自由に, 苦しめるの, 虐待する, 見ず, 見たが, 見た時, 見つめた, 見るが, 見る時, 見る癖, 見出して, 解放し, 訪ねたり, 訪ふ, 誘ふやう, 誘惑し, 讃へる, 走らせたり, 迎えること, 迷は, 追っかけて, 追ひ, 連れに, 遣して, 選びその, 選ぶこと, 釣って, 除くと, 除く外, 頭に, 食ったもの, 養子に, 驚かすほどの, 驚かせたの, 驚かせて, 驚かせるが, 魅するの, 魅惑する, 鼓舞し

3 [464件] あのまま, あやめたから, いうの, うしろに, おさ, おどかして, おどして, おもち, お愛し, お手本に, お連れ, かかえて, かつぎ込んで, からかうの, かわいがって, くらべて, こ, ごまかして, さし招いて, じっと見, じぶん, そのよう, その父, そばに, それに, たぶらかすと, だますもの, つかまへ, つくる, つけ, つけ廻して, つらまえて, とりまいて, ながめて, のろわば, はじめとして, ばかすと, ひきつける, ひきつけるの, ひッ, まじまじと, まとめて, みな殺しに, みれば, むかえに, や, やった, やったが, やである, やりすごして, やりましたが, やり過ごして, よく見, わたしは, 一しょに, 一人で, 一人殺しました, 一人殺す, 一人連れ, 一室に, 一時に, 不愉快に, 中心と, 乗せた馬, 乗せると, 予想し, 二階へ, 人を, 今でも, 介抱し, 他へ, 他人の, 仙人と, 代表する, 会する, 作る, 使う身, 使者として, 信頼し, 傭ひ, 傷けたり, 傷けて, 入れては, 入れなければ, 内へ, 写生した, 凌いで, 凌駕する, 出した, 出したり, 切り仆, 列侯に, 別々に, 制した, 制して, 刺す, 加うれ, 加えること, 助けたり, 助けるため, 助けんと, 動かした, 動かします, 勝手に, 去らんと, 取囲んで, 叩き伏せて, 召されて, 召して, 合わせて, 同伴し, 呪うよう, 呪ふ, 呼びかけた, 呼びつけるなんて, 呼びとめて, 呼びました, 呼び出した, 呼び寄せた, 呼ぶとき, 呼ぶに, 呼ぶのに, 呼ぶやう, 呼べば, 呼んでは, 啖わ, 喜ばすため, 喰ったところ, 喰つたやり方です, 嚇かす, 困らせるの, 圧するもの, 地に, 埋めて, 外へ, 外らさぬ甘, 夢に, 夢中に, 大阪まで, 夫と, 失うこと, 失ったの, 失って, 奥の, 女房に, 妻の, 嫌うの, 嫌ふ, 学校へ, 完全に, 容れて, 容れるに, 容易に, 導くの, 島へ, 左右する, 左右へ, 師と, 庭へ, 引きつけて, 引きつける力, 引き寄せて, 引き離して, 弱くする, 強ひ, 当てに, 待たずに, 待つ, 待つこと, 待つ身, 得ざれば, 得たこと, 得なければ, 得ること, 得るに, 御指名可, 心待ちに, 必要として, 忌嫌ふ, 忘れること, 怖れた, 怖れない, 怨むこと, 怨んでは, 恋しがる, 恋した, 恋に, 恋人に, 恐れないだから, 恐れるよう, 恨んだり, 恨んで, 悩まして, 悩ますと, 悩殺する, 情夫に, 惑わすもの, 想像する, 惹きつけるの, 愛する事, 愛する気, 感じて, 感ぜしめたる, 慴伏させる, 憎まずと, 憎むこと, 憎むの, 或る, 打つところ, 択んで, 押しつけるよう, 指さして, 指した, 指せるや, 指導し, 指揮し, 捕へ, 排斥する, 掻きのけて, 描くに, 撃つの, 撰み, 撲って, 擁して, 擒に, 攫って, 支配した, 放して, 政府が, 救うという, 救うどころか, 救うもの, 救う道, 教えること, 教へる, 数えること, 敵視する, 斃した, 文明に, 斬った刀, 斬らんと, 斬り馬, 斬るよう, 斬ろうとして, 旅に, 服従させる, 案内する, 欺くかと, 欺くの, 欺く仰山的, 欺さう, 死なせては, 死は, 死罪に, 殺さないで, 殺さないと, 殺さなければ, 殺しその, 殺したがって, 殺したその, 殺したとて, 殺したものの, 殺した大, 殺した奴, 殺した恐怖, 殺した罪, 殺した者, 殺しちゃ, 殺してまで, 殺しましたか, 殺します, 殺し又, 殺し物, 殺し財, 殺し金, 殺し金子, 殺すぐらい, 殺すだけの, 殺すつもり, 殺すとは, 殺す世の中, 殺す場合, 殺す奴, 殺す様, 殺す話, 殺せと, 殺せり, 殺せる柄, 殺傷し, 殺害した, 殺害する, 母の, 毛嫌いする, 気の毒に, 気障っぽくさせる, 汽車に, 法律の, 泣かせたり, 深山木と, 添えて, 渡して, 無条件に, 煽動する, 父に, 父上と, 牽付ける, 狂人に, 狙って, 猿と, 率て, 生かすこと, 生かすため, 生ずるや, 用うる, 留守に, 疑うの, 疑わない, 目がけて, 目し, 目に, 目の敵に, 目標に, 目的と, 盲目に, 相手として, 眠りに, 眼に, 眼中に, 知ったの, 知りたいと, 知りません, 私たちが, 私も, 窺ふ, 笑はせよう, 笑わせる, 笑わせるの, 納得させ, 素戻し, 結婚させた, 縛ったこと, 置いては, 罰して, 罵って, 罵るに, 罵詈し, 羨ましがる, 育てて, 脅かして, 脅かすの, 脅かすよう, 脅迫し, 自分が, 興奮させる, 舐めて, 苛立たせます, 苦しめるため, 苦しめるもの, 茶の間に, 螫し, 衝動する, 裏切るもの, 裸に, 襲うよう, 襲ふ, 要す, 要するの, 見おくって, 見かけたの, 見かけて, 見かける, 見せて, 見た事, 見つけること, 見つけると, 見に, 見ますと, 見やりました, 見るより, 見下ろして, 見出した, 見出したの, 見直した, 見較べた, 見送りに, 覗いて, 観るには, 観る明, 観察し, 訛す, 訪ねた, 許して, 認めると, 誤ること, 誰か, 誰と, 誰れかれなし, 調べて, 調べに, 諸方に, 識る, 責めること, 責める前, 責める資格, 走せて, 越えて, 越した, 軽ん, 軽侮する, 載せた高瀬舟, 轢いた, 迎いに, 迎えるよう, 迎え入れた, 迎へる, 返せと, 迷はせる, 迷わすよう, 追ひ立てる, 送ったり, 送つて, 送る, 送るの, 途中に, 造らず, 運んで, 遠巻きに, 避けながら, 避けるよう, 酔わせるもの, 醉は, 釣るの, 附けて, 除いた凡て, 陥れること, 陶酔させる, 隠すこと, 雇ひ, 雇わなければ, 難ずるの, 非難し, 鞭撻し, 順々に, 預かって, 頭から, 食う, 食ったの, 食ったまね, 食ったやつ, 食った振舞, 食つた, 食つてゐる, 養うこと, 養うに, 馬に, 馳せて, 騙して, 驚かしたの, 驚かすが, 驚かすもの, 驚かせた, 魅するもの, 魅するよう, 魅する牽引力

2 [1475件 抜粋] ああし, あざけるの, あなたに, あはれと, あわれに, いじめつけて, いつもの, いら, うち殺す, うながして, おくこと, おしわけて, おつくり, おどろかしたり, おもふ, お召し, お探し, お留, かくまって, からかうよう, くう木, こえて, こだはらせる, このやう, この地球, こんなにし, こんな目, ご覧なさい, さして, しぞ, したがへ, じっと見た, すかして, そこまで, その家, ただの, たのむよ, だますの, だまそうとは, つかまへては, つくらず人, つれても, とがめるわけ, とめて, とり巻いて, どこか, どこまでも, ながめること, なやまししを, ねらって, のぞくと, はげまして, はばかって, ばかす話, ひき付けます, ひとりでも, びっくりさせた, ふりかえった, ほかの, ぼんやりと, まともに, みた, みまもりて, もつと, やしなって, やつつける, やり過しました, やるん, よく知る, よく識, よそに, よぶには, わが物, ジッと, ダシに, バラバラに, ペテンにかけて, 一つに, 一人ずつ, 一人殺し, 一層仲, 一目見た, 一組と, 下に, 不幸に, 世話した, 乗せずに, 乗せた車, 乗せた駕籠, 二階に, 云うの, 人臭いと, 仏と, 代るが, 仮定し, 伝さんの, 住ませて, 作って, 使いとして, 使う時, 使は, 供につれて, 侶と, 信じる事, 信ずるの, 倚安せしめ, 偲ぶよう, 傷つけたこと, 僕に, 先き, 入れた, 入れた事, 入れること, 内に, 処罰する, 出したこと, 出すに, 出来るだけ, 切り体, 列べて, 利するか, 制しながら, 刺し殺して, 刺戟した, 前門の, 加へ, 助けた, 助けたの, 助けるという, 動かしたもの, 募集し, 勧めて, 化かした話, 化かすよう, 友と, 反撥させる, 収容すべき, 取りかこんで, 取り囲んだ, 取る, 口説き得ぬの, 可なり, 叱して, 同じ不幸, 向うに, 吹き倒したの, 呪うの, 呪は, 呼びます, 呼び止めた, 呼ぶため, 呼ぶん, 呼ぶ都会, 呼んだが, 呼出して, 咬んだ, 問題に, 喚問し, 喰った芸, 嘗めたこと, 嘗めた事, 嚇したなどという, 四方に, 困らせるよう, 圧して, 地獄の, 売って, 外らさないところ, 夢見心地に, 大広間へ, 失うの, 失つた, 奧へ, 好く云, 妻と, 威圧し, 娶合せて, 嫉妬する, 守護し, 客に, 宥めて, 害すと, 害めては, 家路に, 寄せたの, 寒がらせる, 対象に, 射るよう, 尋ぬる, 導いた, 小莫迦, 尾行する, 崇高に, 左右の, 己れ, 幸に, 度らぬ, 引きずるよう, 引きつけるところ, 引き合せて, 引上げて, 引連れて, 彼の, 待たうかと, 待ち合せて, 待つもの, 待暮し, 従へて, 得られない, 御覧なさい, 御馳走した, 心に, 心配させる, 忘れては, 怒らして, 怒らせること, 思い出させるもの, 思つ, 思ふものゆゑ, 怨み世, 怨むよう, 恋う, 恋人として, 恐れぬ野性的, 悩ますもの, 悲しますため, 情趣の, 想うて, 惹きつける, 惹きつける魅力, 意外の, 愚昧に, 愛したこと, 愛しては, 愛してると, 愛する, 愛するや, 愛せよと, 感傷的に, 慕は, 慰める為, 憎む人, 憎んでは, 憚りつづけ, 懐しむひたむきな心, 戦慄せしめる, 手頼つて, 打ち倒して, 承服せしめる, 抱きしめて, 抱へ, 押し並べて平次, 担いで, 招きました, 招じ入れ, 拷問に, 持つこと, 指さす, 指名せよ, 振向いて, 捕えるの, 捕縛し, 掌中に, 探し出して, 探るよう, 描いた, 揶揄し, 搜す, 撃退した, 操って, 放って, 救うが, 救った, 救わんが, 教師に, 敬し, 斬った時, 斬りたくなった, 斬るぞ, 斬るなり, 斬る樂しみ, 新たに, 晩餐旁帝劇へ, 暗打, 書いて, 本位と, 本当の, 棺に, 楽しませて, 模倣し, 欠いて, 欲する希望, 欺かぬ聖賢, 欺き度, 欺くに, 歓待する, 正しうするに, 此処に, 此處へ, 死ぬほど, 殴打き, 殺さぬ, 殺さんと, 殺したあと, 殺したくなつ, 殺しただけ, 殺したので, 殺した例, 殺した手柄, 殺した相手, 殺した覚え, 殺してから, 殺しまた, 殺し兼ねまじき険し, 殺し家, 殺すかい, 殺すで, 殺すにも, 殺すべきや, 殺す大, 殺す所, 殺す馬鹿, 殺せるの, 殺せるよう, 殺そうという, 毒させ, 気違いに, 求めること, 沢山に, 泊めないと, 泣かせること, 涙の, 渡す小さな, 漁る者, 火の, 無実の, 焦立たせます, 照らしそれ, 煩は, 熱血と, 物色する, 犯す悪気, 狩り出して, 狼顧○義无を, 現場に, 甘く見た, 生きて, 生れた時, 生擒, 田舎者めと, 留守番に, 疑えと, 疑つた, 疑るの, 癒や, 盗賊と, 目で, 盲目と, 看視, 眺めたが, 督励し, 睨むよう, 瞞着する, 知っては, 知らず, 知らぬと, 知る, 石段の, 磨くこと, 称して, 突き放す時, 突き退けながら, 窒息させ, 立派な, 笑っても, 笑わせて, 笑わせるには, 粘土に, 結婚させ, 絶倒させる, 縛らないから, 縛らない時, 縛らねえが, 縛ると, 縛るよう, 罪せん, 置いてけ, 置放し, 罵るよりも, 罵倒し, 考えて, 聞かない, 背負うの, 脅すやう, 自分も, 自然に, 良人として, 苦しめたり, 苦しめる原因, 葬るため, 蔽うよう, 虐めて, 表へ, 袈裟がけに, 裂いて, 西鶴の, 見かけたこと, 見ずや, 見たいという, 見たよう, 見つけたいと, 見なかった, 見よう, 見るため, 見るもの, 見る様, 見る顔, 見下げた態度, 見下すよう, 見受ける, 見物し, 見給え, 見送ったが, 視て, 覚えて, 観て, 言ふ, 訊問し, 訪ねたこと, 訪れるの, 許すこと, 評した言葉, 認めました, 誘つて見, 誣ふる, 誤解した, 説得し, 誰が, 諦めさせて, 譏りて, 警戒する, 豫想し, 貰ふ, 賞するにも, 起こして, 起すの, 越す紳士, 路地の, 蹂躙したる, 身辺に, 轢き殺して, 迎えたり, 迎へに, 近所の, 迷わせて, 迷路に, 追うの, 追ひま, 退かせて, 退治した, 送りだして, 送るという, 途中で, 通ず, 連れると, 連想した, 遇する, 道具に, 遠ざけるため, 適当な, 選ぶの, 選んだらしい, 避け初めた, 酔わすもの, 鎌倉の, 長く教育界, 降した, 除くの外, 陥入れて, 集めること, 雇いに, 雇傭しよう, 離屋に, 面喰わせ, 預つて, 頼み二人, 顎で, 食うの, 食えば, 食っても, 食ひ, 飾り葦索, 養ふ, 饗する, 馬車に, 騙すこと, 驚かすべきもの, 驚かせるに, 驚愕させる, 鬼に

1 [12547件 抜粋] ああした, あしらうと, あなた様には, あやまらせて, あわれむよう, いきなり投げ, いそがしく殴りまわり, いふの, いわれなく討ち果たしました悪, うち破る智力, うらやましがらせ, おからかいなさる, おしのけて, おっとに, おどすなどは, おびえさせたセメント會社, おツ, お堂, お泊めする, お通し申す, かくしたの, かつぎ出すじゃ, からかったこと, きめつけ上, くだらなかったでしょう, けがすよう, こき使うと, この世で, こばみ敷石, こんなにおもっ, ご一緒, さがすに, さしまねきました, さそひ出, さんざん待たせとい, してた, しゃくるよう, じろじろと, すてても, そうして門, そそのかした罪, そのまま逃がし, その犬, そらさない婦人, そんなふう, たずねだして, たづねてあつきもてなしをうけてほどへてよみてやりける歌, たべたいという, だましてさ, ちが, つぎ合わし, つけ馬鹿馬鹿しい, つみこんで, できるなら婿, ともかく養っ, とり去らうと, どうして討ち, どんなにこっそり庇っ, なぐさめました, なつかしむ気持, なるべく多く, のこらずしばり上げる, のどかに, はじき出す, はらはらさせ, ひきうけたの, ひきつれ沂水, ひっぱたいて, ひやかすよう, ふんだり, ほのかに, まぎらすよう, まちがえちゃ, まれびととして, みな塵か, むごたらしくいぶし殺した, もっぱら相手, もらったとき, やっと坐らせる, やり込めて, よい月, よく見た, よびおこす, より引き立て, わざわざ助け, イブセンの, クリストフに, スケッチしよう, ニヤ, ブッちゃった, モノに, 一人でも, 一人雇は, 一度も, 一目見, 三匹の, 上品に, 下知する, 世に, 中将は, 乗せたバケット, 乗せないロケット, 九州に, 二人に, 互にひっぱり合う, 京都の, 人麻呂に, 介抱いたします, 仙台から, 任用した, 伴うて, 何でしょう, 作っては, 使い何, 使つ, 例外なく, 便宜拘束した, 信じさせる力, 信じ人, 信用し切つた, 借り受けその, 偽わるの, 傷つく土人枕, 傷つけ苦しませる力, 元気に, 先駆として, 入れても, 入れ上, 共に失望, 写して, 凌ぐ者, 出した事, 出なかった, 切った宮川茅野雄, 刑した, 利するなり, 刺し諷言飄逸, 前にせる, 加えての, 助けたかった, 助ける出家, 励ますこと, 動かすという, 動けなくして, 包む, 化すもの, 半死に, 却って心配, 去る能, 取りかこむ所, 取り返した, 取調べるに, 叩き斬ったの, 召し神妙, 可愛がる人間, 右左に, 同行した, 含んで, 呑みそう, 呪うため息, 呼けれ, 呼びたき心地, 呼び寄せるの, 呼び集め水底, 呼ぶ千切れ千切れ, 呼んでよ, 咎めること, 唖然たらしめた, 喚ぶ声, 喜ばせ吾人, 喰ったこっち, 喰った集会, 嗚咽せしめる, 嘲るもん, 嚇すこと, 四谷の, 囲む神秘, 圧しつけるよう, 埋めたる墓, 堕落せしめる, 壘壁の, 外目に, 夢みさせ反省, 大声で, 夫人として, 失つても, 奥に, 奴隷と, 妨げたこと, 始末する, 媒に, 嬉しがらせ, 学長か, 安く雇う, 実際の, 害し三萬人以上, 害せん, 容れ得ると, 寄せ付けなかった, 寛闊な, 対峙させ, 射る男, 尊敬す, 導くが, 小脇に, 屈するを, 屹と, 差添え遣わす, 帰したん, 幸福な, 庇護う, 廊下に, 引きずり下ろして, 引き上げ抱い, 引き払い貴様そいつ, 引くに, 引ッ立っ, 引立てて, 強ゆること, 彼方で, 待たなければ, 待ったでしょう, 待つわけ, 律するだけの, 得たいと, 得度し出した, 御挨拶, 心の, 忘れぶらぶら, 怒らすこと, 思いついたん, 思い浮かべ得るが, 思つてゐるらしい, 思ふまこと, 急き立てるよう, 怨むという, 怯れざる, 恐がるふう, 恐れに, 恨まなかった弟子, 恨もうよりも, 悩し, 悪く云う, 悼み, 惚, 想見せずん, 惹きつける特殊, 意識し, 愛してるか, 愛すべし, 愛す物, 感じ丁度, 感心し, 慰めたるもの, 憎みたくない, 憎むよりも, 憑も, 懐けあるいは, 戀ふお, 戦慄せしめず, 手もとで, 打たれむものかふりあげし袂, 打つて, 扱い慣れ, 抑へ, 抜擢し, 抱き起して, 押して, 押すよう, 担ぎ込んだ時分, 招き何, 拝見する, 持成し, 挙ぐべし, 捉へ, 捕へること, 捜しに, 捨て肉体, 探さなければ, 探すん, 推薦する, 描くには, 搜し出し, 撰ぶと, 擦り抜ける, 支配します, 放ち刻々, 救うた, 救おうね, 教えねば, 散らしながら, 数えるよう, 文明開化に, 斬った以上, 斬られは, 斬り一気, 斬るが, 斬る気, 新橋駅に, 明日にも, 暗示し, 替え手, 服せしむる麒麟, 本牟智別王, 果して仁者, 棄てた, 極力追及, 横たえれば, 欧米に, 欺き易き, 欺く道, 歓喜さした, 正面切っ, 死なせ肉体, 残すに, 殴るよう, 殺さないって, 殺しさうな, 殺したで髪, 殺した事件, 殺した私, 殺しやがるもん, 殺し此事憲宗, 殺すぐらいの, 殺すの戦争, 殺す勿, 殺す程, 殺せ死, 殺人犯人として, 毒に, 気持の, 求めたい, 江戸に, 治めしめよ, 泣かしめずには, 活かす音, 浴びせ一人, 深山木に, 渡し果てんと, 滅すほほ, 火鉢の, 無能に, 焼けば, 煽てて, 片端より, 牽くの, 狗人と, 獲るまでの, 現す事, 甚だしく誤解, 生けどったよ, 生存に対して, 用る, 留めても, 疑う, 疑ひし後, 病ましむる事, 發見するなら, 皆尊敬する, 目つけた, 盲目ならしむる, 真っ向にかけて, 眺めそれから, 睨みつけました, 瞞し, 知っとりますか, 知らないという, 知りませぬか, 砕かずんば, 祈るなどと, 禰宜卜部と, 空想的に, 突き殺したの, 突伏せ更に, 立たしめると, 立て過ごせないよう, 笑わすこと, 笑わせ縁, 精神的堕落より, 終生の, 結びつけ小沼家, 絶えず楽しませ, 縛った後口, 縛りやが, 罠に, 罰したが, 罵詈する, 羨まむ, 考えねば, 聳動は, 背伸びを, 脅かす斬新奇抜, 膝へ, 自身で, 船室に, 若返らせる回春薬, 苦しめる, 英雄と, 落付かせる, 蒸して, 藐視する, 蛮夷と, 表向の, 裁く大岡どの, 裸だ, 襲った弱気, 見あげて, 見かけること, 見ざりし, 見そこなったいい, 見たら君, 見つけたこと, 見てね, 見のがすわけ, 見やると, 見るよりも, 見わけたの, 見下るよう, 見出す, 見定めようと, 見捨てよう, 見知って, 見車, 見送り見迎えて, 視る事宛然犬猫, 親しませなずか, 解いたこと, 討たねば, 討つ気, 訪ねた最初, 訪問しました, 評すること, 誇りが, 誘うかの, 誘ふ, 誣ゆれ, 説くごときは, 調べるほか, 謂うの, 警戒させます, 讃頌した, 貧乏に, 責める時, 買いましたと, 走らせたが, 起しては, 越す大勢, 踏臺に, 車で, 載せたるあり外國, 轢かずに, 迎えた竹柴館, 迎へた時の, 近寄らせないため, 迷庵, 追い払わんと, 追っ払い女, 追放した, 送り出しに, 逃れた古人, 通ずるくらい, 連れた一組, 進め善, 運ぶの, 遠ざける要, 遣て, 選ばせて, 選べば, 選定あそばされる, 避けんが, 配り網, 釈放し, 鉄に, 長尾長と, 防がんとて, 陟罰し, 陥しいれねば, 階下の, 隠遁から, 集め大川, 雇うよ, 離れざる間, 非難すべき, 預けて, 頼みますよ, 頼んだり, 飛び越しての, 食ったはなし家, 食った話, 食わぬ, 養いいつか姫路, 首肯かせる解釈, 駆つて怯懦卑劣, 騒がせるもの, 騙らかして, 驚かしてばかり, 驚かす仕事, 驚かせるだろうとさえ, 高めるとか, 魅了した

▼ 人~ (23315, 5.6%)

384 なって 355 して 126 なると 123 向って 99 頼んで 77 なった 75 物を 74 對し 69 顔を 65 向かって 60 なつた 59 知られて 54 なつて 49 話して 47 違いない 46 聞いて 45 相違ない 44 逢って 41 似て, 見せて 40 なること, 見られるの, 迷惑を 39 しても, とつて 38 非ず 37 向つて 36 よると, 会って 34 なりました 33 きいて 32 就いて 31 ちがいない 30 なったの, 任せて, 自分の 29 しては, なるの, 手を 28 連れられて 26 なる, 向ひ, 金を, 限って 25 何か, 對する, 見られて, 頭を 24 ものを, 一人も 23 やって, 共通な, 取つて, 接して, 見て, 逢ふ, 頼まれて 22 声を, 貸して 21 たのんで, 取っては, 聞くと, 誘われて, 語って, 違ひない 20 命じて, 教えて 19 化けて, 尋ねて, 教へ, 比べて, 読んで 18 すぐれて, なれば, よりて, 云った, 会った, 依って, 訊いて, 話を, 過ぎない, 隠れて 17 それを, なっても, 別れて, 心を, 比して, 渡して, 言わせると 16 あっては, あらず, 道を, 面を, 顏を, 馴れて 15 一人の, 好意を, 手紙を, 来て, 殺されたの, 気を, 眼を, 迫るもの, 逢は

14 [12件] これを, つれられて, なります, むかって, よくある, 会ふ, 姿を, 怨みを, 知られずに, 知れないよう, 見られると, 隠して

13 [15件] あって, くれて, すぎないの, 会うの, 何の, 共通の, 害を, 挨拶を, 書いて, 相談し, 私は, 聞けば, 見られては, 身を, 過ぎなかった

12 [20件] いって, ならなければ, なりきって, なるよう, 与えた, 与えて, 世話を, 助けられて, 取って, 取られて, 好感を, 恨みを, 押されて, 案内され, 殺されたん, 見られること, 話した, 迫って, 逢うの, 逢えば

11 [12件] なったと, 会うこと, 共通する, 同情し, 就て, 成って, 聞いても, 見えた, 見せるの, 言った, 語りて, 逢つた

10 [24件] かくれて, さへ, そんなこと, ちが, なった時, なってから, 出て, 加わって, 口を, 売って, 挨拶し, 與へ, 見られないよう, 親切に, 言つた, 言ふ, 訊いた, 誘はれて, 語った, 逢った, 連れて, 限られて, 限りて, 非ずして

9 [24件] お金を, すぎなかった, なったり, なるん, なろうと, 与える, 名を, 導かれて, 慣れて, 殺されたと, 気づかれないよう, 特有の, 目を, 知られては, 示して, 私の, 見える, 見せるため, 見ら, 託して, 足を, 較べて, 逢うこと, 馬鹿に

8 [33件] あらざれば, あらずして, ありがち, さらわれて, なったよう, わかって, 一人しか, 云って, 云つた, 代って, 会うと, 会った時, 優れて, 出逢, 助けて, 囲まれて, 怨まれるやう, 怨まれるよう, 日本の, 殺されて, 注意を, 特有な, 紹介し, 聞いたり, 興味を, 見せること, 言って, 訊くと, 話すと, 迫るの, 逢ひ, 過ぎず, 違いなかった

7 [60件] きくと, くらべると, こんなこと, ござります, させて, されて, とりて, なったとき, なったん, なりたいと, なるかも, なるため, まかせて, よりては, 一人という, 会えば, 何を, 依つて, 出会った, 出会って, 分けて, 可愛がられて, 同情する, 呼ばれて, 嫁し, 怨を, 愛せら, 憑く, 持たせて, 揉まれて, 教うる, 教へる, 於て, 比べると, 比べれば, 氣を, 満足を, 知らせて, 知られで, 知れて, 私を, 笑はれる, 肩を, 與へる, 見えて, 見せた, 見せた事, 見せば, 訊いても, 話しかけた, 話したこと, 話しても, 語ること, 譲って, 近かった, 送られて, 酌を, 酒を, 預けて, 飯を

6 [90件] あつて, おなりに, きまって, くらべて, した, しちゃ, すすめられて, するの, たずねて, ちがいありません, とりては, なったが, なりきつ, なれ, まじって, 一人か, 不快を, 与えること, 与えるもの, 与へる, 仕へて, 会ったこと, 会ったの, 会ったり, 会は, 会わせて, 似たりき, 使われて, 依て, 共通した, 加えて, 勝れて, 勧められて, 及んで, 取っても, 向かいて, 向て, 呉れて, 後指を, 従いて, 怨まれる筋, 怪ま, 愛を, 托して, 扶けられ, 抱かれて, 接するの, 接近し, 教は, 數へ, 斬られて, 椅子を, 水を, 涙を, 理解される, 相談した, 知らせること, 知らゆな, 知られると, 知れると, 示すの, 笑われるの, 結婚を, 縁の, 聞いた, 聞かれても, 肌を, 自分を, 至るまで, 見せまいと, 言いました, 言はせる, 訊きました, 訊ねて, 話しかけるよう, 話すこと, 誇って, 買われて, 賞められた, 近づいて, 迫るよう, 逢うて, 逢うと, 逢へ, 達した, 附いて, 限った事, 離れて, 難儀を, 騙されて

5 [123件] あらずと, いった, いわせると, おくれを, おなりなさい, お目, かかって, かぎって, かこまれて, きいた, きいても, きめて, この事, すぎない, すぐれた武士, そのこと, それが, ちがいなかった, とられて, なっては, なりたいん, なりますと, なるという, なるまで, むかつて, 一人ぐらい, 一種の, 与えるの, 与へ, 云は, 云わせると, 交って, 仕事を, 代わって, 会いに, 伝えること, 依頼し, 傷を, 出会つた, 危害を, 及ぼす影響, 及んだ, 同情を, 向けて, 吹聴する, 告げて, 問ふ, 多い, 多くの, 媚びて, 媚びるよう, 子供が, 宛てて, 尊敬され, 屬する, 山里の, 心の, 必要な, 思われて, 恥を, 情を, 意見を, 愛されて, 愛情を, 憂なし何, 戦争を, 接すること, 教えられて, 杯を, 殺されたに, 注意した, 混って, 減って, 由って, 相談する, 相違なかっ, 知られるの, 知れては, 示す, 礼を, 私が, 縁深い, 罪は, 罪を, 聞かれて, 聞かれては, 聞かれないよう, 聟八人, 見せたくぞ, 見せては, 見せるもの, 見せるわけ, 見られずに, 見られても, 見られまいと, 覚られないよう, 親切を, 言葉を, 訊ねると, 訴えて, 診て, 話しかけて, 話したところ, 話した事, 認められて, 語ったこと, 語るな, 語るの, 負けて, 身も, 近づこうと, 逢った時, 逼る, 遇うこと, 過ぎないの, 過ぎなかったが, 関係した, 限ったこと, 隱し, 面と, 顔も, 飼われて, 馴れた資人たち

4 [207件] あうと, あった, あつた, あなたの, あらざりき, あり, ありそう, あり勝ち, ある, あること, あるん, いつまでも, いわれて, お礼を, お辞儀を, かつがれて, かわって, ききました, ささやいて, しようと, すすめて, すべてを, すること, たのまれて, だつて, だまされたの, ついて, つかまるよう, つづいて, とっちゃ, とると, なしたるところ, なったこと, なったつもり, なったので, なりすまして, なりたい, なるが, なるつもり, なるので, なる事, はさまれて, ひけを, ふさは, ぶつかって, もしもの, やつて, やと, やらせて, よくあり, わたしが, 一人と, 一人千人に, 不愉快な, 不義理, 与へた, 事情を, 云っては, 交る, 仕えて, 仕えること, 仕へる人たち, 代つて, 会いました, 会う, 会ひ, 伝うるの, 依頼する, 借して, 傲る, 写真を, 出しました, 出会うと, 出遇, 切腹を, 別れた, 勧めて, 化けるもの, 厭わるる者, 反感を, 取りては, 可愛がって, 合図を, 向いて, 向かっては, 向っては, 君は, 告げた, 喧嘩を, 変装し, 多かった, 奉仕する, 嫌われて, 対抗し, 席を, 当って, 彼の, 後を, 心配を, 快感を, 思はれて, 怨みが, 恋を, 恐れられて, 恨みが, 惚れて, 愛されようと, 愛されるよう, 愛想を, 扮し, 拾われて, 持たして, 持って, 挨拶も, 接する時, 救いを, 敬意を, 数えられて, 於ては, 會つた, 案内せられ, 案内を, 死を, 殺されたという, 毒を, 比べては, 比較し, 気の, 氣付かれない, 注意する, 渡すの, 物思ひ, 生れて, 由て, 発見され, 相談を, 相違あるまい, 知られないで, 知られないよう, 知られること, 知れぬよう, 示したこと, 示すこと, 立って, 笑はれ, 笑われても, 答へて, 紹介された, 紹介する, 聞いたは, 聞いた話, 聞かれる心配, 聞きますと, 聽かれ, 背を, 腹を, 自分が, 至っては, 苦労を, 見えたの, 見せたこと, 見せないで, 見せぬよう, 見せる, 見送られて, 言うこと, 言はれる, 訴へ, 話したの, 話したり, 話しては, 話しました, 話すの, 話すよう, 話せば, 話も, 説明した, 読まれた方, 読まれるよりも, 譲った, 貸すこと, 贈る, 踏まれて, 近い男性, 近し, 迫る, 追いついて, 送って, 逢いました, 逢いましたよ, 逢ったの, 逢った事, 逢わせて, 過ぎぬ, 達して, 遠慮を, 適当な, 限ったもの, 限る, 雇はれ, 雇われて, 面の, 面会し, 頼むの, 頼んだ, 顔が, 食って

3 [433件] あえば, あてた手紙, あてて, あらざるなり, あらねば, ありせば, あり勝, あるの, あるよう, あれば, い, いうよう, いはせると, いはれつ年, いはれるやう, いろいろの, いわれるの, うしろ指を, おくれは, おじぎを, おだてられて, おなり, お会い, お前を, かぎる, かくして, かけること, かして, かぶれて, からんで, きかれても, きらわれる, くっついて, けがを, こう云った, したって, してからが, しなければ, すがた, すると, すれば, そう云っ, その話, それだけの, それと, だまされて, つくという, つれて, では, とれば, どんなこと, なったか, なったという, なったわけ, なってからは, ならなくては, なりたかった, なりましたが, なりますが, なりまた, なるだろう, なるわけ, なれるの, はおも, ばけて, ふえて, ほめられて, まぎれて, まこと, もまれて, やるため, やると, やるの, やるもの, ゆづりて我れ, よまれて, よれば, わかるもの, わかれて, われあれや, 一つずつ, 一つの, 一人, 一人ある, 一人くらいの, 一人ずつ, 一人は, 一本ずつ, 一杯の, 不審を, 与えたいと, 与えたもの, 与える感じ, 世話に, 両腕, 主人の, 之を, 云うと, 云えない, 云っちゃ, 云はせる, 云ひました, 云へ, 交り, 交際し, 今日から, 今日の, 付いて, 付けて, 代わりて, 伍し, 会いたいと, 会っても, 会つ, 会わして, 会わないこと, 会釈を, 伝えて, 伝へること, 伴れられ, 似たり, 何が, 依る始め, 侮られぬやう, 信頼され, 傾聴を, 僕の, 先んじて, 入れて, 共通し, 出會, 出来て, 出来ない事, 出逢った, 出逢って, 別れを, 利用され, 加勢を, 劣らなかった, 勝り度, 勧む, 勧められるまま, 勸められ, 化けること, 十分な, 占領され, 参らせん, 及ぶと, 反対し, 反対する, 反對, 取りまかれて, 向い, 向うと, 向けられて, 向っても, 向ふ, 含まする時, 吹聴し, 告ぐるに, 命をも, 問うて, 問ひ, 問へば, 問われると, 善心と, 土産物を, 在り, 多いと, 多いの, 多大の, 夢を, 奪られ, 女が, 委託する, 娘が, 嫁した, 嫌はる, 嫌疑が, 害められた, 寄せて, 尊敬せられ, 尋ねた, 尋ねると, 小便を, 少しでも, 就いては, 就いても, 属して, 属するもの, 差別を, 希望を, 幾度も, 強うる, 当てに, 当るの, 影響を, 彼は, 後に, 後れて, 後指さされ, 御褒賞, 忍びざる, 忘れられて, 忠告し, 怨まれて, 怪我を, 恩を, 悟られぬ様, 悪口を, 悪意を, 惹き付けられて, 愛される, 愛されるの, 愛読され, 感心する, 感謝する, 憚る, 成りぬ, 打ち明けること, 扮した, 抱えられて, 押されながら, 招かれて, 持つて, 挨拶する, 捕えられて, 捕まって, 接するとき, 接触する, 接近する, 揃ひ, 提供し, 救はれる, 教えること, 教へて, 数へ, 施して, 施すこと, 會ふ, 會わ, 月落ちか, 有りがち, 期待を, 本を, 本当の, 来られては, 様子を, 死なれて, 殊なる, 殺される筈, 比すれば, 気前よく, 氣が, 泥の, 注意され, 洩らすこと, 深い愛, 渡した, 渡すと, 無愛想も, 無理に, 狙われて, 理を, 理解されない, 理解し, 甘えて, 甘えること, 生を, 由りて, 留守を, 異なりと, 疑惑を, 直接に, 相當, 相談したら, 相違なく, 相違無之, 着せて, 知って, 知らさずに, 知らして, 知らせじと, 知らせたくないと, 知らせないよう, 知らる, 知らるな, 知られずと, 知られぬよう, 知れないやう, 石を, 示さぬこと, 示した, 示すため, 示すと, 示すに, 禍いを, 福を, 福徳を, 科学の, 秘して, 秘密を, 突っかかって, 笑は, 笑はれた, 笑わる, 笑われて, 笑われながら, 答えて, 紹介され, 紹介される, 紹介を, 縛られて, 羨ましがられる, 考えて, 耳打ちを, 聞えて, 聞かせたり, 聞かれると, 聞かれるの, 聞きに, 聞くに, 聞くの, 聽い, 聽いた, 聽かれる, 背負せ, 能く, 自分は, 至りては, 與へて, 興味が, 英語を, 菩提の, 薬を, 行って, 衣食を, 被せようと, 見えるの, 見せたいよう, 見せたり, 見せても, 見せぬと, 見せようと, 見せようという, 見せるやう, 見つからないよう, 見つからぬよう, 見つけられては, 見られたこと, 見られないやう, 見られるから, 見るよう, 見付からないよう, 見張らせて, 見覚えが, 見込まれて, 親しまれる, 親しみの, 親しみを, 親しんで, 言うな, 言はれ, 言ふた事は, 言われて, 言われる, 訊かれると, 訊ねた, 話したそう, 話したらその, 誇ること, 語ったそう, 語ったという, 語つて, 語て, 語る, 語るも, 説明し, 請うて, 譲りて, 負けては, 貰つた, 買って, 貸すとは, 跟い, 軽蔑され, 迎えに, 迎合し, 近い, 近い人数, 近づく, 近づくこと, 近づくと, 返して, 迫るやう, 迫る力, 追はれ, 追われて, 送つて, 通じて, 通用する, 逢いに, 逢う, 逢うか, 逢う機会, 逢ったこと, 逢ったよう, 逢っては, 逢っても, 逢わば, 過ぎないと, 過ぎないよう, 過ぐ, 違えねえ, 違ない, 遣って, 遭うて, 長たる, 附添われ, 限つてゐる, 随ひ, 集めて, 電話を, 非ずん, 非常に, 面接する, 頒けて, 頼まれると, 頼むこと, 顎を, 顔見られる, 顕さんとて, 食物を

2 [1275件 抜粋] あいず, あったの, あっても, あなたを, あは, あらざるよりは, あらざる有様, ありては, あるもの, いうな, いじめられるの, いろいろと, えらばれて, おどかされまして, およんで, お世辞, お持ち, お話しに, かぎっては, きいたり, きて, くれたり, けがは, ここへ, ことわって, この世で, この景色, これなき, こんな事, さした, さとられないよう, したところ, しられず朽, すがって, すぐれた腕, すすめると, するん, ずいぶんひどく, そういっ, そこで, その旨, そひ, たくして, たずねても, ただで, たべさせるの, たよって, ちかい人, ちょっと会釈, つかまるやう, つくと, つけても, できること, でんわを, どうかされた, どこか, なったし, なったもの, なった後, なった積り, ならないじゃ, なりたいの, なりて, なり八人, なり十人, なるし, なるといふ, なるや, なる予定, なれとの, なんの, のぼった, はっきりと, ばかに, まかせては, まさりて, まもられて, みな復讐を, もてはやされしかど, もまれながら, やつた, やられて, やろうと, よく似た, よりけりです, わからないよう, わかるやう, わけを, わたしは, われわれの, ゴーリキイ研究の, ミレンを, 一人かが, 一人ぐらいの, 一人で, 一人でも, 一人位の, 一組長を, 三味を, 上げて, 下らない傲慢, 不満が, 不足らしき, 与えても, 与えるよう, 乱暴した, 云いつけて, 云うよう, 云つては, 云へる, 云われると, 交わること, 人夫や, 今の, 介抱され, 仕立てて, 任せとくが, 会うため, 会う機会, 会ったと, 会ったん, 会つた, 会わないと, 伝えようと, 伝ふる, 伴われて, 似ずあえ, 体に, 何と, 何時破れる, 何等かの, 使はれ, 依っては, 依りては, 侮られる, 信仰が, 俳句の, 借りて, 倣って, 傳へ, 傾聽を, 優れたこと, 先生が, 克つ者, 共通なる, 出あいました, 出すの, 出会ったので, 出來, 分割した, 列席し, 別の, 力を, 加は, 劣らず, 助けられ傷養生, 勝ち人, 勝つて, 勝らんこと, 勝手な, 勸める, 十五両ずつ, 卒然ものを, 厭な, 及ぼすところ, 取つて天, 取られたの, 取り巻かれて, 取巻かれて, 句を, 可哀, 叱られた, 叱言, 合せず道, 名前の, 向かっても, 向つて云, 向は, 否とは, 告ぐ, 告白し, 呼びとめられた, 命令した, 哀れを, 問は, 喜ばれた, 喜ばれる種類, 喰って, 嗤われる, 因って, 囲まれながら, 土竈の, 増加し, 売った, 売るの, 変って, 多き事情, 多少の, 大変親切に, 奪はれ, 女の, 女房を, 好かれた, 好かれるの, 好んで, 妨なき, 委せて, 媚びるやう, 媚る, 嫌はれ, 嫌われるもの, 子供を, 守られて, 宛てたもの, 家へ, 対立する, 尊まれ, 尋ねました, 崇拝しられる, 帰す, 廻して, 引き合わされたが, 引けを, 強ひる, 強ふる, 彼等の, 後る, 従ふ, 復も, 心が, 応接する, 思いを, 思はせるやう, 思はれた, 思わせるよう, 思われること, 怨まれる筈, 怨まれる覚え, 恐怖を, 恨まれて, 悪いやう, 意外な, 愛さるるも, 愛せられること, 感動させられた, 憎くま, 憎まれるの, 憐れを, 懸って, 成ったと, 成りて, 戒むるに, 手伝って, 手枷首枷を, 打ちあたる場合, 打明けたこと, 投ずると, 抱いて, 押しつけて, 拜ま, 拾われたが, 指図し, 挙げて, 捉まる, 捨てられた女, 掛って, 接するに, 接触し, 接近させる, 損を, 支那語を, 政見を, 教えを, 教わって, 散し, 敵意を, 斯う, 新らし, 施すには, 施与し, 昔の, 書かせて, 會つ, 服従を, 望まれて, 楯なんか, 極めて特徴的, 欺され, 歓迎される, 正直に, 死なれたった, 殆ん, 殺されそう, 殺されたやう, 比するに, 比ぶれ, 気づかれないで, 気づかれは, 求められれば, 油断の, 注意せられる, 洩らさないとは, 浅くは, 添ふ, 渡しその, 滲透する, 災難を, 無償で, 無礼を, 牛乳を, 物いえる, 物言ふさま, 犬の, 独特な, 生まれて, 由つては, 畏敬の, 留守番を, 異なるを, 異様な, 発見される, 百人に, 益し, 目星を, 目顔で, 相手は, 相違ありません, 眞からの, 着て, 知らすまいと, 知らせないで, 知らるべき, 知られず効果, 知られたくなかつたので, 知られてから, 知られない沈黙, 知られました, 知れぬ様, 研究し, 示されて, 示すべきもの, 私に, 秘めぬ, 突いて, 突き当って, 突き落されたの, 突き落されて, 立てられる三好屋, 笑って, 笑われる, 笑われること, 答へ, 約束を, 紹介した, 絞められたの, 絶つて, 続いて, 縁故の, 縫物ならひつる, 纏わるの, 義を, 耳近い, 聞いたん, 聞かせて, 聞かせるため, 聞かなくても, 聞かれは, 聞きて, 聞き合せて, 聞け, 聴かれちゃ, 育て, 背負われるなどという, 自信を, 與ふる, 航海術を, 苦痛と, 荷を, 虐められるばかり, 行き逢, 被せること, 褒められるの, 襲いかかった, 見えたが, 見えない結核性, 見えませんが, 見すべし, 見せちや, 見せないやう, 見せながら, 見せられない, 見せられるよう, 見せるよう, 見せる事, 見せれば, 見つかって, 見つかりは, 見とがめられずには, 見られたくなかったので, 見られた場合, 見られまいとして, 見られるときまり, 見られん, 見付けられて, 見送られながら, 親切が, 解らなかつたん, 言うと, 言ったり, 言は, 言ひ, 言われると, 訊いた時二人, 訊くにも, 託した, 訣る, 許して, 詩集を, 話されて, 話したって, 話し為, 話せること, 誇るという, 認めて, 語った例, 語つて知らせる, 語りいでぬ, 語る母, 誤解され, 説くは, 読ませると, 誰が, 談判し, 諛う, 護られて, 讓る, 負は, 負れぬ, 貢いで, 買はれ, 貸しといたもの, 賄賂を, 贈つた, 路を, 踏まれたり, 身構えしながら, 迎へ, 近いもの, 近い石工, 近寄って, 返事を, 迷惑が, 追い掛けられて, 追越された, 逆う, 途中で, 逢いたくなく口, 逢う事, 逢つて見よう, 逢ふて, 逢へば, 運ばれるの, 過ぎないので, 過ぎぬ私, 過ぐる, 違いありません, 違ひなかつた, 遣られて, 選ばれた, 邂逅した, 邪魔される, 重石を, 鑑定し, 関係が, 附けて, 降参しなけれ, 限つた, 限るの, 随い, 隠れては, 難義, 非常な, 面白がられた, 靴を, 預けられて, 頭などを, 頼って, 頼まれたからと, 頼まれたとだけは, 頼み口, 頼もうと, 頼んでは, 顔見, 顯はし給ひし, 食を, 飲まされたの, 養成し, 首を, 馴しと, 高見で

1 [11747件 抜粋] ああいう, あげよう, あたれば, あのこと, あまり行, あらざりきと, あらず獣, あり我, ある観念, いいつけられ狼狽えて, いくら実, いっては, いはれ給はん事, いろ, いわれん秘密, うなずいて, おくりその, おだてられたから, おも, お入り下さい, お小遣い, お目にかかるもの, お頼り, かかはり, かくれちゃ, かしづい, かなり離れ, かれこれいわれる, きかれた時以外, きつく申し渡された, くらべたらけち, こういうもの, こたえる, この区別, この辞令, こんなに饒舌, ござりますれ, さからは, させると, さらに一高, しかも同胞, しっかりやん, しましょうほどに, しらせるの, しろ芝居そのもの, すぎず私, すぐれたる男, すすめたいと, すらせたか, ずいぶん小判, ぜんたいそれに, そう訴えられる, その一生, その意味, その金, それほど有名, たずねたいこと, たとい臆病さ, たよりたいくらいの, だまって, ちょっとでも, つかハ, つくすだから, つまづいた, でなければわからない, とぼけるという, とろりと, どうだ, ないの, なじみの, なったぞ, なったら皆, なった立派, なつかしく差出す, なにを, ならばやと, なりしがなく, なりたし, なりませうと, なり十二人, なり自分, なるなんて, なる時, なれないところ, なろうとして, のぞかせようと, はじめている, はらう卑劣, ひとりくらい, ふえたのに, ふり返り, へつらわない富んでも, ほめられ愛されるほどの, まじはる, まだ知られ, みせること, むかっての, めぐり会って, もっとも歓迎, もらひて, やらせるわけ, やる金, よい死に場所, よく意見, よそへてぞ, よろこばれる仕事, わかること, わたすこと, イヤな, ガミガミ噛みつく, スペイン人が, ハイデルベルヒの, フランス人クローゼー, ヨブの, 一の, 一人でなけれ, 一任すべく, 一封書を, 一枚かけられ, 一袋づゝ持つ, 三年の, 上るという, 下船を, 不満足, 与えた価値, 与えるという, 与へた書, 両の, 乏しからず, 了解を, 二三日の, 二杯もっ, 云ったそう, 云わない性質, 亜砒酸を, 交わるの, 人生の, 介抱し, 他国へ, 仰がれ慕, 任せとけ, 会いたいの, 会い彼, 会えるかも, 会ったろう, 会わすこと, 会わんもの, 伝える術, 伝わるべしとさえ, 似たる言葉, 似合わず立ち上って, 何で武士道, 何年つき合っ, 余る大, 使いふるされて, 侍するとは, 依頼され, 係り合って, 信仰力を, 倚らんよりは, 倫敦へ, 傭はれぬ, 優った特性, 充ちて, 克つべし, 全然見られない, 其の臠, 冊かれ, 出さぬと, 出会うた, 出會つた, 出逢ったが, 分かりやすき, 分らないよう, 切られたもの, 判れば, 到るため, 割引で, 加える筈, 劣らず知って, 劣等者三人, 勇健の, 勝るは, 勧められたからとて, 化けたの, 十九世紀末の, 卑しめられ自ら, 即して, 參政權が, 及びまさに, 及ぼす大概, 取ついて, 取り入つた, 取附くものぢ, 叫ばした, 叱られん, 同じ答え, 名人と, 向けられたもの, 向つて石, 吹きつけた, 告げたいと, 告げ知らすべき大音聲, 呼ばれた経験, 命ずるつもり, 問いかける, 問ふた, 喚ぶ, 喰わせる気, 嚏された, 囲まれたそういう, 埋まり町, 塒を, 売らんと, 変ず, 多かつ, 大いに貴ばれ, 大変な, 失意の, 奪われたと, 好かれたいもの, 好かれる自分, 妨害を, 委任し, 媚ぶ, 嫉まれて, 嫌疑を, 学ぶべきもの, 定めて, 家庭生活について, 寝起, 専門の, 尋ねても, 導かれ礫, 就いた方, 屈下せざる, 崇拝さるる, 差戻しの, 帽子と, 幽霊を, 廻す前, 引き合わされなど, 弱身, 強情に, 当身を, 往けり, 後指一本差さっちゃことのねえとっさん捕, 御こと, 御馳走し, 心ない, 必要である, 忠告される, 思いますけれども, 思はれよ, 思われるの, 怪しまれるお, 恋した, 恥じざる行い, 恰好な, 悪いじゃ, 悪戯が, 惜しまれるくらいの, 意見ばかり, 愛され妻, 愛想が, 感付れた, 憎くまる, 憑くにさしつかえ, 懐きかけようか, 成つて下され, 我あれや, 戻って, 手折られたやう, 打たせて, 打明けたの, 批判され, 披露を, 押され押され車掌台, 抽づる事の, 招待された, 持たれながら, 挨拶できる, 捕えられマラッカ, 捨られぬ, 掛りて, 接し世間, 接触を, 揚げさせ瀝青, 擦違, 攻撃を, 教えたであろう, 教えるという, 教わるの, 数えられる, 文化的情操の, 断るという, 施した後東昌, 日本語の, 明るくなっ, 時折食事を, 暗殺される, 書生旅行の, 會つても, 服を, 末造と, 東西の, 案内させ, 樋口太郎兼重が, 欺かれない, 止まらず僧全体, 此方が, 死別し, 殺さるるは, 殺されると, 毎日私の, 気がついたの, 気づかれまいとして, 気付かれるの, 水なんか, 求めること, 沢山の, 注意されまし, 洩れぬ, 深い感銘, 済まないとも, 渡したる, 満全を, 演出せられ, 無い深さ, 照會し, 片岡鉄兵さんが, 特に当てはまる, 独身者の, 珍らしき, 理解を, 生まれついた天性, 用も, 申しわけでは, 畏敬され, 當り, 疑惑され, 白米二合ほかに, 盗まれぬ早い, 目新しい扮装ぶり, 相成居申内, 相類し, 真実は, 瞞された, 知らするなと, 知らせも, 知られし教科書, 知られたくないつもり, 知られた作家, 知られた近江屋七兵衛, 知られなかった陶工, 知られる事, 知れない余分, 知れるよ, 確乎たる, 示すといふ, 祝って, 禍や, 移すこと, 突き崩されて, 窺はれなくなるであらう, 立てられること, 笑われたり, 笑顏も, 糺すまでも, 紹介せ, 絡る, 縁付いて, 繰返し繰返し音読, 羞じ, 考へられた支那智識, 聞いた噂, 聞かしむる, 聞かるるほど, 聞かれぬよう, 聞くとね, 聞する歌, 職業を, 背かむ, 腿の, 自殺した, 舁かせたる華美, 色氣が, 苦しいこと, 華かな, 蔭で, 血と, 行方を, 複雑な, 要らざる口, 見えないん, 見おぼえが, 見せたかったの, 見せたら何, 見せない人, 見せべきもの, 見せるに, 見つかったら大変, 見つけられました, 見られたくなかったし, 見られないよう自分, 見られるほか, 見下ろされなければ, 見張られて, 規めたんだ, 親しまぬ態度, 観せたい, 触れたら人, 言うて, 言つた覚えも, 言わせて, 言葉で, 訊きたいこと, 訊問された, 許さざる犬, 訴えるため, 詞懸けられ, 話さなかったの, 話しかけるやう, 話しましたら自分, 話せと, 誇れるもの, 誘拐され, 語らず又, 語り伝へたか, 語る説教師, 説いたり, 読ませる気兼ね, 読者が, 請ひ, 謗られて, 警告を, 譲りたいが, 讀ませること, 豢われ, 負けぬくらい, 負われても, 貴女を, 貸したりなど, 資る, 賣れば, 贈らうと, 起こして, 越え其の, 踏まれそう, 身許引受人と, 較べたらずいぶん, 近い人物, 近い猴ども, 近く船員を, 近付かぬ故, 迫ま, 迷信呼わりを, 追はれざる, 逃げられたお, 通じる人間的魅力, 通知した, 逢い焼, 逢た, 逢つた如く, 逢はずん, 逢わなければ, 進上申した, 遇ひ, 過ぎずその, 過ぎぬかと, 達し醍醐, 遠い国々, 遣る御, 遷すこと, 還つた, 酔ったよ, 金借りたるなり, 長い間, 間違へ, 阿合馬, 降れど, 限らずドイツ, 限りましょうや, 陥して, 隠すやう, 雇った, 青木堂で, 面白いん, 頒けた, 頼まれたの, 頼み代々木新町, 頼られる柄ぢ, 顔見知りの, 飛蒐らう, 食慾を, 餅を, 馬や, 馴れるよう, 騷がれでも, 魂魄あり

▼ 人~ (18026, 4.3%)

584 あつた 137 はない 79 歩いて 72 行って 69 住んで 66 はなかっ 60 やって 59 暮して 52 出て 47 あつて 46 あらう 42 何か 39 一緒に, 自分の 35 はなく 34 来て 32 帰って, 相談し 31 それを 27 やつて, 背負って 26 せう, はあるまい, 私の, 飲んで 25 いるの, 暮らして, 話を 24 勝手に, 留守番を, 遊んで 23 いっしょに 22 はありません, 東京へ, 食事を 21 はある, 働いて, 手を, 立って, 見て, 話して, 酒を 20 でも, はなかつた, 家を, 来たの, 行くの 19 あつたの, ござります, ね, 気を 18 はとても, 出かけて, 考えて 17 さへ, 先に, 坐って, 家に, 寝て 16 何を, 引受けて, 彼の, 顔を 15 ここへ, は手, 家の, 私が, 私は, 食べて 14 どこかへ, やつた, 遊びに 13 あつたらう, か, きめて, この家, そこに, 外へ, 散歩し, 笑って, 行くこと

12 [16件] あつたら, いると, ここに, それが, それに, はあった, 二階に, 仕事を, 埋まって, 感心し, 泣いて, 生きて, 私を, 笑った, 茶を, 飯を

11 あらうと, おいでに, 一つの, 二階へ, 出かけた, 帰るの, 行くと, 見に

10 [13件] あとは, はいっ, 何でも, 分けて, 勝手な, 占領し, 夕飯を, 夜の, 寢て, 居るの, 或る, 持って, 訪ねて

9 [17件] いっぱいに, いること, この人, 並んで, 出かける, 力を, 喜んで, 子供の, 彼は, 心を, 此の, 留守を, 自動車に, 行く, 身を, 静かに, 饒舌って

8 [22件] いつまでも, こ, それは, はどう, は何, は心細い, アラスカへ, 今は, 兼ねて, 外に, 居る時, 店を, 庭の, 彼女の, 戻って, 散歩に, 旅に, 日本の, 登って, 腹を, 銀座へ, 食事

7 [38件] あつたらしい, あらうか, お酒, これは, これを, じっとし, その人, どこか, にこにこし, やる, よい, 一人は, 一生懸命に, 二人の, 來て, 入って, 出かけました, 家へ, 居たの, 往って, 手に, 散歩する, 有つた, 本を, 死ぬの, 父の, 町へ, 立派に, 罪を, 置いて, 芝居を, 苦しんで, 行ったの, 賑わって, 起きて, 近所の, 通って, 食って

6 [49件] いた, いて, いるとき, いる時, おまけに, お茶を, くらして, こんなところ, しゃべって, そんなこと, たくさんだ, ついて, どうする, はしゃいで, やった, やったの, やって来て, よく相談, トランプを, 世帯を, 乗って, 二階の, 人の, 今の, 他に, 他の, 何の, 何も, 先へ, 出かけること, 出掛けて, 呑んで, 商売を, 喋って, 埋って, 夜食を, 奥の, 寝た, 庭に, 朝から, 歩くの, 藤原の, 行った, 誰も, 道を, 遠くへ, 部屋の, 降りて, 黙って

5 [91件] あつたなら, あなたを, いいから, いたいん, いっぱいだった, いっぱいで, いながら, いらつし, いるよう, いれば, お留守番, ここで, こんな事, さびしく暮らし, それも, どこへ, どこへでも, なくして, は, はないだろう, はなかろう, は淋しい, は無い, は無理, ぼんやりと, もよい, やるの, やれば, ブラリと, ホテルの, ホテルを, 一杯に, 以前は, 僕の, 切って, 呑込んで, 喋舌って, 喰べ, 困って, 声を, 外を, 外出した, 外出する, 大丈夫だ, 寝るの, 山へ, 山を, 年は, 庭へ, 待って, 御飯を, 手が, 手分けし, 抱き合って, 担いで, 捌いて, 探して, 提灯を, 敵の, 旅を, 旅行に, 書いて, 書斎に, 月を, 有名な, 村の, 東京に, 東京を, 枕を, 江戸へ, 熱心に, 物を, 生活する, 町の, 留守居を, 相談を, 碁を, 私も, 立派な, 自分が, 自分を, 自由に, 行くから, 行けば, 行つ, 行つて見る, 送って, 逃げて, 部屋を, 非常に, 食べました

4 [153件] あの家, あらうが, いい, いずれも, いた間, いって, いっぱいでした, いろいろな, いろんなこと, うちに, おざりました, おざりまする, お出, お帰り, お湯に, お遊び, かついで, こちらに, これに, こんな処, するは, すわって, せうか, せうね, そうし, そこを, その家, その頃, のって, のみこんで, はありませんでした, はいけない, はお, はどうにも, は困る, は御, は迚, ふらりと, ぶら, ぶらぶらと, ぶらぶら歩い, ほかに, もあらう, もなかっ, やきもきし, やたらに, やったこと, やって来た, やられたこと, やると, ゆく, ゆつくり, ゐるの, ビールを, 一しよ, 上って, 上の, 下りて, 世に, 世話を, 中には, 之を, 乗るの, 今から, 今も, 今日は, 來た, 例の, 借りて, 元の, 先き, 其処に, 出来る仕事, 参って, 参りました, 口を, 合点し, 名前は, 向い合って, 喋舌る, 喧嘩を, 夕食を, 夜を, 夜歩きを, 大に, 大笑いした, 女の, 始めて, 子供を, 学校へ, 尋ねて, 山の, 庭を, 引き受けて, 彼が, 忍んで, 料理屋へ, 旅館を, 日本に, 映画を, 暮すん, 来たん, 森の, 歩いたり, 歩きながら, 残って, 毎日の, 汽車に, 沢山だ, 活動を, 浅草へ, 淋しいから, 温泉に, 漕いで, 炬燵に, 物の, 男を, 盃を, 相手に, 研究し, 笑つた, 組んで, 置くの, 而も, 腰を, 自分も, 自動車を, 行きました, 行きます, 行くん, 行け, 行つた, 街へ, 裏の, 見るの, 計画し, 話した, 議論を, 退屈し, 進んで, 運んで, 銀座の, 門の, 門を, 隠れて, 雪の, 頭の, 食べる, 食卓を, 食堂に, 飮んで, 飲むの, 首を

3 [290件] あけて, あつたり, あと三人は, あなたの, い, いいと, いいの, いたが, いたこと, いたって, いたとき, いたの, いっぱいであった, いつもの, います, いる, いる方, いろ, うなづいて, うまい汁, おひる, お互いに, お互に, お使い, お紋, お経, からからと, くよくよし, こうし, ここから, ここを, こっそりと, この部屋, こんなこと, さ, さうし, さへも, しめし合せて, しんみりと, すぐに, そつと, そなた, そのお, その下, その中, その場, その部屋, たくさんな, ちびりちびりと, どこかの, どんな事, な, のぼって, はありますまい, はさすが, はさびしい, はだめ, はちょっと, はとうてい, はなかったろう, はなかなか, は何だか, は勿論, は決して, は淋し, は途中, ひそかに, ぼんやりし, やった仕事, やって来たの, やりました, やるが, やるん, よろしい, わたしの, ゐら, ゐること, ゐると, ゐる時, アパートに, クレヴァスに, パリの, 一しょに, 一人の, 一人を, 一室を, 一杯だ, 一軒の, 上海へ, 世を, 世渡りを, 丘の, 中へ, 久米の, 乗込んで, 交る, 今では, 今まで, 今日まで, 他は, 以て, 休んで, 何し, 何んで, 何処へ, 何遍も, 使って, 俗に, 俺の, 僕を, 充分に, 先生が, 共同に, 出かけ, 出かけたの, 出かけます, 出して, 出掛けた, 分担し, 切り廻して, 前に, 十分だ, 協力し, 反対し, 取仕切って, 台所を, 名を, 呑み込んで, 味わうこと, 土地を, 坂を, 多くは, 夜おそく, 夢中に, 大急ぎで, 大阪へ, 大騒ぎを, 天下を, 女が, 好きな, 子供が, 字は, 学校の, 室に, 室の, 室を, 家路に, 容易に, 密と, 寢た, 寢る, 居残って, 山に, 山分けに, 島田に, 巴里へ, 帰った, 帰ったの, 帰ると, 幾つもの, 店の, 弁当を, 往くの, 後に, 得意に, 微笑んで, 心得て, 忙が, 思って, 急いで, 悦に入って, 想像し, 手分けを, 承知し, 押しかけて, 掃除を, 支那に, 支那の, 故郷へ, 散歩を, 明治の, 春の, 晩飯を, 暫く話し, 暮した, 暮したい, 暮してると, 最後の, 朝の, 机の, 来た, 来たこと, 東京の, 楽んで, 横に, 横町の, 歌を, 歩くという, 歩く時, 歸る, 死んで, 気楽に, 氣を, 水を, 江戸に, 江戸を, 池の, 泣いた, 泣きました, 活動写真を, 海岸へ, 涙を, 淋しくは, 淋しそう, 温泉へ, 湯に, 滅多に, 澤山だ, 火を, 熱海へ, 父に, 片付けて, 片附け, 特別に, 相変らず, 相当な, 相談した, 相談しました, 相談の, 着物を, 稼げば, 稽古を, 空に, 笑つてゐた, 縁側に, 考へて, 聞いて, 肩に, 肩を, 胸を, 腕を, 腰かけて, 腰掛けて, 自転車で, 荷物を, 蚊帳の, 行き給, 行くよ, 行くわ, 行く方, 行こう, 行ったとき, 行った時, 行っても, 街を, 表へ, 見る, 見張って, 見張つて, 記念に, 調べて, 買物に, 車を, 近くの, 返事を, 連れ立って, 遊ぶこと, 遊んだ, 郊外に, 郊外の, 酔っぱらって, 金の, 長い間, 静かな, 非常な, 風呂に, 飛び込んで, 食べた, 食べたの, 食べると, 食卓に, 飯の, 飲みながら, 飲む, 飲むだけ, 飲むという, 飲んでるの, 馬に, 駒形の, 騒いで

2 [1055件 抜粋] あすこへ, あちらこちらと, あつた私, あとから, あの人, あの山, あらうとも, あらねば, あれでも, あツ, いい気持, いたかった, いっしん同, いっぱいだ, いても, いら, いらして, いるうち, いるから, いるん, いる気, うなずいて, うろうろし, おいでの, おしかけて, おそくまで, おはじきを, おもしろそう, おれの, お八重, お前の, お園, お定, お弓町, お湯殿, お留守, お越しに, かう言, かぶったマント, かわいそうな, くらすの, こそこそと, こっちへ, この事件, この子, この村, この芝居, これへ, これらの, こんな所, ござりました, ごったがえすよう, さあ, さえあれ, さっぱりした, さびしそう, さまよって, しみじみと, しゃべらなければ, すら人間, そうきめ, そこの, そこまで, そして彼, そのお守り, そのへん, その世話, その女, その尻, その時, その点政治家, その言動, それだけにまた出世, そろそろ怠け, そんな事, たどって, たべた, たべること, ぢつと, つくづく眺める, つながって, てくてく歩い, とてもハンサム, とぼとぼと, どうかする, どうしても生活, どうしよう, どんな話, なにかいっ, ならどう, ねころんで, のみました, のんびり話, はいくら, はおそらく, はしゃぐ, はちっと, はできない, はなかつたらう, はねえ, はもちろん, はやれません, は仕様, は全く, は到底, は可, は少々, は持てない, は歯, は永く, は覚束, は重く, は骨, ひきうけて, ひろ子の, ぶらぶらし, ぼんやり酒を, ぽつねんと立っ, まかなって, みやこへ, もしその, やがては, やらなくても, やるから, やれると, やろうという, ゆけば, ゆっくり話す, よ, よかった, よく散歩, よければ, わけて, わけるの, ゐた, ゐられるかと, カフェへ, カルタを, キレイさっぱり, ゴロゴロし, スタスタと, トットと, バルコニイに, パリを, フラリと, ホクホクし, ボールを, 一つ鍋を, 一合あまり, 一度に, 一時は, 一生懸命お, 一番深く, 万歳を, 三人を, 三度に, 三越に, 上がって, 上野へ, 下宿し, 世の中に, 世間を, 両方から, 乗った, 争って, 二人前の, 二階で, 云った, 五人ずつ, 亡くなったの, 京都に, 人々から, 人を, 今晩は, 仕組んだ芝居, 代表し, 仲よく遊ぼう, 会った時, 住むかも, 住めば, 住んでを, 何かに, 何から, 何れが, 何事が, 何方へ, 供も, 信頼できる, 傘を, 働くの, 優しい美しい, 元来立役, 充分な, 先生位弁舌の, 公平で, 共謀し, 冬の, 出かけたが, 出かけるの, 出た, 出ること, 出る気, 出掛けたの, 出掛ける, 出鱈目に, 切符を, 到るところ, 前の, 劇場の, 十枚二十枚と, 午後から, 卓子を, 去る, 参りますから, 取って, 可笑しくなった, 吉原の, 向うは, 向って, 呑み込むと, 呑込んだ, 和歌山へ, 唯一の, 喋つてゐた, 喋舌つた, 噂した, 四方屋にだけでも, 囲まれて, 国府津へ, 地道に, 埋まつて, 堕落し, 塾の, 夏の, 外交も, 多くを, 夜店を, 大きい笊, 大丈夫でございましょう, 大声で, 大旦那, 夫婦に, 奉公人も, 奢るかって, 女を, 如何に, 姓を, 娘の, 子の, 完全に, 宴会の, 宿を, 寂しく暮らし, 寝るから, 寝るのに, 寺に, 専門は, 将棋を, 少しずつ, 居たが, 居るので, 屋台を, 山崎譲という, 左の, 市場へ, 帰して, 帰に, 帰る, 帰るとは, 平次の, 幼いころ, 広々として, 店は, 座敷に, 座敷を, 廊下へ, 建てたの, 引受けたよう, 引返して, 当時の, 彼女を, 彼等を, 待たされる間, 待つて, 後を, 御座を, 御馳走に, 忍びやかに, 思い切って, 悲しさうに, 愛して, 慌てて, 或は昌作, 所在が, 手放して, 打って, 押せば, 担わねば, 持つて, 探検に, 掻き集めて, 提げて, 握り合ふこ, 摘んで, 撮って, 教へ, 散歩してる, 敵を, 新聞を, 旅する, 旅館に, 日本から, 昇つて行つても, 昨夜の, 昼寝を, 晩年には, 暗闇の, 暮さなければ, 暮すよう, 暮そう, 書いてるが, 最後まで, 有つて, 朝食を, 本堂に, 杖を, 来たとき, 来られたね, 来るのに, 東京駅へ, 東海道を, 梯子段の, 棹をつつ, 植木屋の, 横浜へ, 機嫌よく, 正直に, 此処まで, 此路は, 歩いたもの, 歩きました, 歩くとは, 歩けないこと, 死ぬん, 死体を, 残った, 母の, 母を, 毒死し, 気儘に, 水いらず, 河豚鍋を, 泊るの, 泣こうか, 洋盃を, 活動でも, 浚っちま, 海に, 淋しがっ, 淋しくて, 渡るの, 湯を, 火の, 為う, 無言の, 然し相当, 熱海の, 父親の, 牛乳に, 玉川に, 現在は, 生活と, 用が, 甲板の, 町に, 町内の, 病室の, 登るの, 白馬を, 盛岡の, 相當, 真暗な, 眺めること, 着る高, 石をの, 碼頭の, 神の, 神田の, 私等を, 秋らしい, 移り住んだ, 種々と, 稼がせては, 空想に, 窃と, 立腹し, 笑い声を, 笑つてゐる, 笑ひ出した, 粗末な, 精, 経営し, 結構です, 結構暮, 維新後思い切っ, 縫物を, 翁の, 考えごとを, 考えたこと, 考へ, 聞くから, 育てて, 背負つてゐる, 胸に, 自分は, 自殺した, 自転車を, 舞台は, 舟を, 船の, 船を, 船長の, 色男で, 花瓶を, 若い時, 若くて, 茶の間で, 草の, 蒲団を, 蓄音器を, 蜜柑の, 行くつもり, 行く気, 行こう二人ぎりで, 行ったん, 行っといで, 行つて来ます, 袴を, 製作所の, 見た, 見なくちや可, 親の, 観て, 言いました, 訪れて, 詩を, 話しあって, 話したこと, 話しながら, 話そう, 読んでも, 諸国を, 謡を, 議論し, 負うて, 買いに, 赤とんぼ, 足を, 身動きも, 車に, 辿って, 逃げだして, 通学する, 連立って, 遅くまで, 遊ぶよう, 道で, 部屋に, 酒倉の, 金が, 鍛冶屋を, 長いこと, 開いて, 間の, 間借りを, 闘って, 隔日に, 集めて, 雑誌を, 離屋へ, 雪道を, 電車に, 青髪山へ, 靜かに, 面白が, 順一たちの, 顏を, 食った, 食べること, 食わなければ, 食事の, 食堂へ, 飲み始めました, 飲むそして, 飲んだ, 饒津公園の, 香港から, 馳け, 駕籠を, 魚の

1 [9956件 抜粋] ВОКСに, あたしたちの, あつたさうである, あなたも, あの発火坑, あらうけれど, ある山端, あんまり詰らなかった, いがみあって, いそいそと, いた時, いつて, いては, いらしても, いるよりゃこうして, いんだ方, うれしい酒, おいて, おしかける, おのぼり, おりますひとり, お出かけなさる, お呼びに, お建てなされ, お桐, お神さん一人, お詣り, お通夜を, かえった, かけました, かつて蔵宿, がすよ, きょろきょろし, くるくる舞っ, こい緑色, ここまでに, こっそり考え, このやう, この仕事, この夏やすみ, この島, この桟橋, この草, この鼓, これほどまでに, こんな人々, ございます, さういふ心, さがしまわれば, さぞ淋しい, さびしく暮し, さんざん食った, しかも僕, したがって深く, しばらく話しました, しよつて, じれて, すっかり第, すらもみな, する一種, せかせか働い, そうきめた, そこで拙者, そつとして, その両, その周囲, その専門, その持物, その物干場, その解読, その雪洞, それで弱い, そんな山奥, たずねて, たべました, だんだん照れた, ってどう, つぶやいた, できたの, とじ籠って, とりとめの, どうしてこんな, どうやらこうやら, どんどんの, なあ, なかなか男, なにか仲良, なんか行った, ねいま貴公, ね暴れ, のり手, はいたたまらず, はこわく, はちの巣に, はまだ, は一俵, は使, は問題, は岸の上, は心配, は東北, は淋しく, は稼げません, は行けやしません, は遠く, ひざまで, ひどく貧乏, ふだん順二郎の, ぶらぶら利根川, ほうぼう逃げ廻りました, ぽつねんとしない, まず海岸, また大分他, また飲む, まるできつつき, むっつりと, もう始め, もってるよう, やがて散歩, やってきたり, やっと上る, やられようと, やる一種, ゆうべも, ゆっくり行っ, よう行かん, よく密談, よく訪ね, よぼ, わずか一時間, ゐますの, アノ家へ, ウクライナ共和国の, カチカチと, キャアキャア喜ん, グリルへ, コーヒー一ぱいを, シュラーの, スラリと, タマピルを, チャールストンの, トナトと, ニコニコし, ハークマと, ピアノの, ブラシを, ヘエお蔭様で, ボンヤリ坐つ, マーチおばさんと, モストルグへ, リオンの, ワグナーは, 一つ一つ羽目板を, 一パイ飲んだ, 一個づゝ取つた, 一反の, 一度は, 一日百円の, 一杯で, 一番前に, 一返, 万一金蔵, 三人も, 三味線や, 三直へ, 上月の, 下女下男を, 不二家で, 世界の, 並べて, 中語を, 久方ぶり橘弘一路宅へ, 乱雑な, 二マイルばかりは, 二刻かかります, 二日二晩やりつづけ, 二階借り, 五円持っ, 五百把ずつ, 京橋から, 人生が, 今出川口立本寺裏に, 今登っ, 仕合せと, 付近には, 仮名を, 仲よく轡, 伊豆七島の, 伯父の, 住み食事, 何が, 何やら本, 何日でも, 作った俳体詩, 來なす, 信長時代の, 停車場まで, 働くん, 充たされた, 先日池永浩久氏に, 入り込んだら迷児, 全く負わなけれ, 八時に, 六本あけ, 其の遺制, 典獄, 冗談ばかり, 凱旋門を通して, 出かけるが, 出かけ自分そ, 出入する, 出来るだけ, 出雲屋の, 切つて廻した, 初めて, 別れて, 前岡力雄, 力味んで, 勇んで, 勝手口から, 医は, 十二時過, 十分, 千代子の, 半蔵の, 博奕を, 厄介に, 又来, 取り縋って, 受持つて, 叫んだ, 台記を, 合点み, 同じ家, 同数な, 名物食堂へ, 呉主の, 味わうには, 唯黙っ, 喋りつづけるほか, 喬之, 嘸マア, 四匹の, 四谷谷町の, 国府津から, 在つ, 坐る座敷, 埒も, 塾長室には, 夏蕎麥を, 外国へでも, 夜でも, 夢遊中の, 大きな邸, 大入り場で, 大島三原山の, 大真面目, 大阪行の, 夫に, 奥秩父に, 好いと, 始めて鷲, 姫君たちの, 嬉しくって, 学校を, 宗に, 実は宝, 宵に, 容貌は, 寂しく歩い, 寝くされ一人, 寝るん, 寢む氣には, 対等の, 小ぜ, 小火を, 少し利口そう, 居た, 居られると, 屋上庭園に, 山内の, 山陽を, 川越に, 差向, 帝国ホテルの, 帰られめい, 帰れたらクリストフ, 常に家来, 平戸の, 幸福な, 広小路で, 庸三の, 弓矢立合を, 引く石, 弥生町の, 当時絵を, 往く, 後ろの, 御世話, 御留守番, 徳川家の, 志村と, 怖かったでしょう, 思つた, 恐らく今日日本, 悦子の, 惜ま, 感動し, 憤慨し, 或人, 戻らつし, 手と, 手紙は, 払渡しを, 押して, 拝んで, 持ち搬び, 掃除当番を, 探偵社の, 握手しろ, 支那蕎麦を, 教会音楽の, 数人前の, 文化学院などを, 斬り込む筈, 新左衛門の, 旅し, 日傭ひ, 日米競泳の, 早く北海道, 昔から, 是も, 晩飯の, 暫く茶の間, 暮すこと, 暴君の, 書翰を, 月見ヶ丘へ, 朝廷からも, 本国へ, 杉田の, 来たのよ, 来られるもの, 東上線志木駅下車の, 松明を, 果たさねば, 栃尾の, 格闘し, 梅田なにがし, 極力弁解, 楽しんで, 横道へ, 歌ったけれ共, 此人には, 此頃は, 歩きくらべを, 歩くなどという, 歩行く, 死にます, 死を, 殊に華麗, 母様も, 毎晩鉦を, 気楽だ, 氷川丸で, 江柄は, 沈黙の, 河原や, 泣いてるな, 洗ふたが, 浅間の, 海岸まで, 淋しい処, 深山幽谷を, 渡りどこ, 湯槽の, 満鉄本線, 漢学の, 火鉢を, 無くて, 無頓着そうに, 煩悶し, 父さん達が, 牛乳をのみに, 特に原, 狷介不羈の, 王氏から, 生きる能, 生活出来ず, 田端の, 男衆を, 留守居し, 疲労れた, 登ったので, 百二十年間僅かに, 盛りに, 相州の, 眉毛の, 眠れるよう, 矢代の, 研究したい, 礁の, 神楽を, 私たち一家を, 移した, 積上げて, 窓ぎはの, 立て込んで, 竹島の, 笑ったの, 筏に, 粥を, 納得し, 組めば, 絶え間ない, 縁に, 置かぬ, 羚羊の, 考えに, 耶蘇教信者で, 聴いてる音楽, 背負いかつ, 背負ひ込んだ, 腰元も, 自分で, 臺詞を, 航海中は, 芝生に, 若い方, 苦労ばかり, 茄子を, 荷い出し, 落合つて芸者抜きで, 蓆を, 藁に, 蛇体の, 行きその, 行き大急ぎ, 行くよりも, 行こうか, 行つたつけな, 行方不明に, 裁縫を, 西津軽の, 見つめながら, 見張ったが, 親しく話し, 解決した, 計らい兵部卿, 訳した人, 話しこんじゃったん, 話し合ったところ, 誓った, 読み書きが, 諸君も, 讀み合つて, 貨車を, 買ひ, 賭けを, 走り歩いた, 足りなくて, 踏絵を, 転宿し, 近在へでも, 送った寄書, 逃げろきれい, 通ってるから, 通人で, 遁げ出す, 遊山に, 道徳を, 遣る挙動, 郷土の, 酒盛りを, 野原や, 金貸しを, 銀座まで, 長い廊下, 長閑そうに, 間を, 降りる, 随分そんな, 雇外国人には, 雪ぐつをつくっていました, 青山六丁目に, 面白がり, 須賀川の, 顔に, 飛んで, 食ふ, 食べ尽して, 飮まう, 飲みました, 飾られるが, 首肯する, 駒込から, 骨牌を, 髪は, 鳴子屋の, 黒くなっ

▼ 人~ (15240, 3.6%)

414 ある 240 なかった 209 ない 198 あるが 128 あった 109 ありません 102 あろうに, いない 88 あつた 85 あります 76 いなかった 70 あれば 68 ないの 62 出て 56 あるの 54 なし 51 あったが 49 ありました 46 あって, あるかも 45 いる 44 あろう 43 ありますが, ありませんでした 42 あるまい 41 あるし 40 あるよう 37 いた 36 なかつた 35 ないと, 知って 34 いないの 31 三人も 30 あるん, いるの, 来て, 無かった 29 なければ 28 なげな, なげに 27 あると, あろうが, いて, 居ない 26 あるもの, これを, それを, 馬も 24 五人も, 四人も 23 多かった 22 あるから 21 ないで, ないので, ないよう, 無い, 無かつ 20 あらうに 19 六人も, 多い, 子供を, 見て 18 幾人も 17 ありましたが, 一緒に, 少くない, 我も, 連れて 16 あるのに, 使って 15 あらう, ありましょう, あるまいと, いたが, いるし, いるん, なくて, 住んで, 子供が, 死んで 14 あるそう, 持って, 私の, 自分の

13 [11件] あつて, あらうが, ありまた, あるだろう, あるやう, それに, ゐない, 人を, 少なくない, 私を, 立って

12 あったの, おりません, ないという, 人が, 揃って, 知る通り

11 [15件] あるので, いたの, いるが, ついて, ないから, ないし, ないのに, なかつたの, 出来て, 外へ, 多かろう, 居なかった, 手を, 沢山ある, 知つてゐる

10 [15件] あるけれど, あるけれども, あるであろう, ございません, しその, ないん, なくなって, なくまた, ゐなかつた, 之を, 今は, 出來, 十人も, 居て, 居ないの

9 [19件] あり, ありは, ありますから, あるという, いないが, いないよう, いなかったの, おいでに, これに, ないこと, ないだろう, なしと, ゐないの, 並んで, 多かつ, 少なくは, 殺して, 許して, 集まって

8 [26件] ありそう, あるだろうが, あるでしょう, いっしょに, いません, たくさんある, つづいて, ないであろう, なかったであろう, ゐる, 口を, 同じよう, 声を, 多いの, 子を, 客が, 家も, 少くは, 帰って, 歩いて, 無いの, 犬も, 知るよう, 私が, 続いて, 顔を

7 [38件] あったもの, ありましょうが, ありますし, ありますよ, あるだらうが, あるはず, あるべけれど, ある位, あろうか, いないと, いなかったから, いなくなった, いやしない, いれば, かかって, かなりある, そこに, ないが, ないはず, なく, まじって, またこの, 一度に, 二十人も, 何人も, 多いこと, 居ないん, 居りません, 彼に, 彼の, 来る人, 無いと, 知つて居る, 置いて, 見えた, 見当らなかった, 車も, 集って

6 [41件] あったと, あつまって, ありませんが, ありませんし, ありませんよ, ありやしません, あるかと, あること, あるだらう, あるでしょうが, あるまいが, あるらしいが, あるわけ, あれど, いないから, いないこと, いませんでした, ないらしい, ゐた, 七人も, 亦た, 何か, 入って, 多いだろう, 多いと, 姿を, 少い, 少なかった, 少なくなかった, 居た, 居ねえ, 有らう, 有るが, 有之, 残って, 無げに, 獣も, 生きて, 相手に, 認めて, 附いて

5 [60件] あったし, あったそう, あったという, あったらしい, あとから, ありあるいは, あるか, あるくらい, あるだろうと, あるに, あるもん, あるらしい, いるかも, いること, いるそう, いるという, いるもの, それが, つづけて, ないといふ, ないとは, ないやう, なくただ, なくなった, 三人もの, 之れ, 乗って, 二人も, 人の, 何も, 多いが, 多いらしい, 少くなかった, 居ない筈, 居なくなって, 心得て, 抱えて, 此の, 死んだ, 殘らず, 沢山あった, 満足な, 無いよう, 無げなる, 無し, 無事に, 物も, 男を, 立つて, 聞く人, 自分を, 見えて, 見えない, 見えなかった, 見えませんでした, 見るかに, 言って, 起きて, 連れずに, 遁が

4 [130件] あったでしょう, あったよう, あったん, あらうし, あらば, ありその, ありますけれども, ありませぬ, ありませんので, ありゃしない, あるだろうし, あるといふ, あるには, あるべし, あるまいし, あるよ, あるわ, ある様, あろうかと, あろうし, あろうと, いくらも, いって, いないし, いないだろう, いないで, いないのに, いないはず, いないん, いなかったし, いなかったという, いなくて, いなくなって, いねえ, いました, います, いるので, いるのに, おどろいて, きて, このごろは, ございませんでした, さすがに, そうだった, その中, それは, そろって, たくさんあります, だまって, つけて, できた, ないくらい, ないでしょう, ないところ, ないとの, ないに, ない時, なかろうと, なき, なくな, またこれ, またその, またそれ, まばらに, やつて, やはりその, 一人で, 一人や, 一種の, 三十人も, 世間に, 中には, 云うよう, 交って, 他に, 伴れ, 來て, 倒れて, 元は, 入つて, 出なかった, 出なければ, 同じこと, 呼んで, 多いし, 夢中に, 妾を, 客は, 家に, 家を, 寄って, 居ない事, 居なかつた, 居る, 居るん, 我れ, 持つて, 控えて, 斬って, 日本人も, 有った, 来る, 東京の, 殆ん, 無いで, 現れて, 現われて, 生んで, 男が, 異存は, 疑は, 相当に, 知らない, 知るところ, 稀には, 腰を, 自分と, 自分も, 自然に, 見える, 見たこと, 見當ら, 許せかし, 認めなければ, 買う人, 足を, 返事を, 逢つて居ない, 集めて, 黙って

3 [218件] あったでしょうが, あったろうが, あまりない, あらうかと, あらうと, ありましたし, ありましょうけれども, ありましょうし, ありますからね, ありますね, ありますので, ありませんからね, あり中, あり又, あり岩木, あるさ, あるじゃ, あるぜ, あるであろうが, あるであろうと, あるでせう, あるべきはず, あるべし所がら是非, あるまいから, あるまじ貴君, ある中, ある程, いたし, いないじゃ, いないという, いないので, いない筈, いなくなったの, いは, いるから, いると, うろついて, おらぬ, おりませんから, お客が, かたまって, この世に, これには, ございます, ございませぬ, ございませんので, して, し汝, すくない, すくなくなかった, すぐに, そうである, そっちを, その通り, たくさんありました, たくさんいる, たまには, だんだんに, ちらっとこっち, できて, ないこの, ないじゃ, ないです, ないな, ないもの, ないもん, ないよ, ないらしく, ない位, ない所, なかったろう, なかつたから, なかつたやう, なかなかに, なからう, なかろう, なきかの, なくあゝ, なく只, なく聞いた, なく自分, なしとて, ねえん, はいって, また同じ, また同様, また自分, みんなよろこん, もたずさ, われも, ゐて, ゐないといふ, ゐないのに, ゐるん, フランス人も, 一しょに, 一人は, 三人や, 下の, 世には, 世も, 二三人は, 云い自分, 交じって, 亦人, 今夜は, 他の, 何人か, 何人もの, 倶に, 兄弟が, 八人も, 出ます, 出る, 出来た, 友達を, 可愛が, 同じやう, 四十人も, 固より, 坐って, 変って, 多いであろう, 多いでしょう, 多いので, 多いよう, 多い中, 多くなつ, 多くは, 多けれど, 多数に, 女が, 女を, 妓を, 子が, 定めて, 客を, 家の, 小さいの, 少くなかつた, 少しは, 少ないと, 居ないが, 居ないといふ, 居るし, 居るの, 山に, 平気で, 彼を, 待ちけり, 待って, 後には, 御座いません, 心の, 怪我を, 慾が, 手に, 手紙も, 承認しなけれ, 揃うて, 斃れ, 日本の, 有るをと, 木も, 来ず, 来ること, 殺したの, 殺すと, 気が, 気の, 滅多に, 無いから, 無いとは, 無いのに, 無いん, 無く又, 無げな, 無気, 猫も, 生かして, 生きた人間, 生れて, 生れない, 異議を, 発見する, 百人も, 皆な, 目を, 知らずに, 知らないと, 知らなかった, 知る, 知る人, 経験する, 胸いっぱいの, 自由に, 舟も, 花も, 若い人, 街も, 見た事, 見ては, 見当らない, 許し我, 詰めかけて, 誰も, 豚も, 通って, 通らない, 都会に, 随分多い, 集まれば, 頭を, 頼んで, 顏を, 首肯する, 馳け, 魂が

2 [757件 抜粋] ああし, あったこと, あったであろう, あったです, あったとやら, あったり, あったろう, あってよ, あつたでせう, あらずとい, ありき, ありつまり, ありながら, ありましたけれども, ありますけれど, ありませんわ, あり一人, あり前, あり喜び, あり時には, あり然, あるかは, あるしかし, あるだらうけれど, あるだろうか, あるであらうし, あるとの, あるね, あるべからず, あるらむ, ある人, ある冠, ある子, あろうのに, いう, いくたりか, いずれも, いそう, いたため, いたであろう, いたのに, いたよう, いった, いったよう, いないであろう, いないや, いないわ, いない事, いなかったこと, いなかったね, いなかつた, いなくなると, いましたけれど, いますが, いるくらい, いるとは, いるよう, いるらしい, おじぎを, おっ母さん, おのれも, おほか, おりは, おります, おる, お別れ, お持ち, お生まれ, かなりあった, かれが, きます, こ, ここには, ここへ, ここへは, こっちでは, こっちへ, この人, この宿, これで, これらの, ございますが, ございますまい, ごろごろし, ご家族, さしいださざる村方これ, さすがなれ, しこの, しまいには, し死, し現代, ずいぶんある, ずいぶん多い, そういっ, そう言う, そこで, そのあと, そのとき, その下, その健脚, その傍, その席, その思想, その時, それで, それまで, それらの, たかって, たくさんできた, たちまち同意, だれ一人, だん, てんでに青い, でて, どうかと, どうした, ないか, ないからな, ないため, ないだらう, ないのん, ないばかり, ないわ, ないわけ, ない御, ない方, ない此方, ない筈, ない静か, なかっただろう, なかつたこと, なかつたと, なかつた筈, なかなか多い, なきは, なきを, なくああ, なくかあさん夫婦, なくその, なくどこ, なくは, なくひっそり, なく女主人, なく数年来鬱積沈滞, なく泥棒, なく皆, なく縛られた, なけれど, なげなる広言, なしに, なつかしし, はいった者, ひらひらと, また, またある, またこれから, またどこ, また好い, また決して, まれに, みえない, みな同じ, みな驚い, みんなに, めづらしい, やって, やってきました, よく見, ろとも, ゐたかも, ゐたし, ゐないこと, ゐないと, ゐないやう, ゐないん, ゐました, ゐるが, ゐるの, アフリカ人も, ロシア人も, 一人として, 一人も, 一室に, 一家を, 一度は, 七人もの, 三人の, 三十人もの, 三月とは, 三舎を, 下りて, 世間も, 之に, 乗つて, 乗れば, 乗客は, 二十人もの, 二百人も, 五人もが, 五十人も, 人に, 人影は, 今より, 他を, 仲間が, 伊藤侯の, 会う人, 住まない島々, 佐吉が, 体は, 何にも, 何物も, 使つてる, 侍し, 傍を, 僕の, 僧侶に, 入ること, 入れずさ, 公の, 六人もの, 共に, 其処に, 其宿屋に, 出さず一人, 出して, 出た, 出たもの, 出た者, 出るもの, 出入りした, 出来たが, 出来るよう, 初作, 前の, 加わって, 動いて, 十分に, 千年の, 印度人も, 即座に, 又いださず, 又久し, 取り付く島, 受けた人, 同じです, 同一だ, 同意しました, 同様に, 同樣, 君の, 吾が, 和泉の, 圓朝も, 変つてゐる, 変に, 多いから, 多いだらう, 多からん, 多かれ少かれ常に, 多く江戸, 多少の, 大仏さまの, 大分ある, 大抵は, 奥の, 女房を, 女給が, 好きな, 妻と, 娘が, 子どもが, 子供の, 完全に, 定次郎氏と, 宜しい, 客の, 害めず, 家畜も, 容易に, 寝ころばして, 小説を, 少からず, 少くなった, 少ないの, 少ないので, 尠く, 居たん, 居って, 居ないのに, 居ないよう, 居りました, 居りましたが, 居ります, 居りますから, 居ると, 居るという, 居る神妙, 居れば, 居合わさない, 山から, 山道の, 己れ, 帰らなかった, 帰りには, 幸福に, 幾人もの, 弟子が, 強い人, 影を, 彼が, 彼と, 彼らの, 彼女の, 往く人, 後に, 従来の, 心を, 心配し, 怖れる, 怖ろ, 急いで, 性も, 怪我は, 恐らくは之, 悉く覆面, 想像する, 想像の, 慌てて, 憎くまぬ, 我を, 戦死させ, 承知しません, 抱いて, 押しかけて, 拷問に, 掘出し気, 控えた, 支那の, 故障を, 敵するもの, 文学の, 斬るうち, 斯る, 明人も, 明智の, 昔の, 昔は, 最初は, 有りましたが, 有るし, 有るの, 来ず春, 来ない, 来なければ, 来やしない, 極めて稀, 横に, 樹木も, 欠けずに, 歌は, 死んだそう, 死んだと, 残らず焼死, 殺された人, 殺したっていう, 殺す, 気を, 気付いて, 水の, 江戸言葉か, 決して少なく, 沢山あります, 泊って, 泊れる, 泣いて, 泣いては, 混じって, 混って, 無いが, 無いこと, 無いもの, 無いわけ, 無くて, 無くなって, 無げである, 無し恁, 無之候, 無事であった, 煎餅を, 煙草を, 物を, 独立を, 獸も, 現われない, 生きては, 男の, 町の, 異論の, 異議の, 疑わない, 疑わぬところ, 疲れぬ雪子, 病気です, 盛んに, 目に, 直ちに理解, 相変らず, 相当の, 相当多い, 真青な, 眼を, 知つ, 知つた, 知らじな, 知らず我, 知らないの, 知らなかつた, 知らぬは, 知るが, 知る如く日本, 知れず, 神も, 私と, 私は, 私も, 稀な, 稀なれ, 稀れである, 立上った, 立派に, 笑は, 答へ, 給仕は, 続けざまに, 罪は, 置くよう, 群れて, 群を, 聴く人, 肩を, 脱け, 自分で, 自己に, 自己の, 船も, 若い女, 草木も, 菓子とも, 蛇の, 行うた為方, 行方が, 行方知れず, 術を, 袴を, 見えず鹿, 見えないの, 見えなくなって, 見えぬ, 見た, 見たが, 見に, 見られなかった, 見物は, 見知って, 訪ねて, 許し自分, 詞は, 認むる能はじ, 誘拐した, 諾威人も, 識らぬ, 貸す人, 踏み迷, 身に, 身も, 近づけない, 退屈せず, 逃がすな, 逃げて, 通らなかった, 通らぬ, 通りません, 通る, 進んで, 遊んで, 避ける, 重宝から, 鉄道会社の, 開けた者, 集つて色々な, 集まった, 雇いやがっ, 雇って, 食は, 食べ馬, 馬に, 馬を, 驚いて, 鮮く

1 [7020件 抜粋] ああした, あったくらい, あったら小, あつたくら, あなたを, あまりいない, あらう僕, あらずなりて, あらゆる生きもの, ありけり, ありそれ, ありましてね, ありますまいが, ありません中, ありやせん, あり全国, あり怠惰, あり時, あり田村将軍, あり豊富, あるがの, あるだらうよ, あるでしょうけれども, あるべきこと, あるまじと, あるらしいのに, ある例えば, ある此の方, ある際, あろう自分, いい芸術家, いずその, いたからね, いたら優しく, いつしか懦弱, いないそこで, いないな, いない可愛相, いない現在, いなかったよう, いなけりゃ, いまして, いまだ適確, いらしった, いるか, いるに, いる千葉先生, いる肉襦袢一枚, うなづく物持, うれしそう, おいでで, おずおずと, おとといは, おはし, おらんの, おり区内, お前さんたちを, お守りに, お泛, かうして, かぐや, かなりの, きちゃあ, きらう裸稼業, くるぞ, こうしたわずか, ことごとく悲しむべきである, この世の, この地上, この椋の木, この自然美, この頃, これまで, こんな時, ございませんし, ごそくさい, さぞ悶々, さわぐな, しばしば見受ける, し一方, し新, じつは内心, すさめなくなると, すべて粛と, ずっと増え, そういう幼稚, そう丈夫, そこの, そのまま居縮ん, その分配, その宗教, その朱紅色, その自殺, その醜い, それから跣足, それっ, そんなの, たおれて, ただそれだけ, たのみも, だ, ちゃんと目, ついては行きませんでした, つぎつぎ死ん, てんで見栄え, できるもの, とおらぬ山河, ともに乗りこみ, どうだ, ないあなたがた, ないこのごろ, ないだろうこの, ないらしかった, ない函館, ない寂莫, ない悲しみ, ない淋しい山, ない空席, なお他国, なかなか判り, なかろうし, なき室, なき枯骨, なき隠, なくさえぎる, なくなったの, なくなる, なく上, なく八宗九宗, なく唯, なく小僧, なく放っ, なく浪子, なく義経, なく言葉, なく隠れ, なげなるふるまいそのまま, なげな逢引, なしといふ, なし回頭故国白雲下, なし聞く, ならんで, ねえが, のぼったり, はしけの, ひきとって, ひとりだに, ふだんの, ほとんどと, ぼんやり立っ, またあと, またつんぼ, またマリヤ樣, また倨傲, また実に, また抜く, また次, また美術愛好家, また魂, まだ生存, まばら, まわりに, みな敵です, みんなこの, みんな来た, めいわくを, もう一度逢い, もたずとこそ, もとの, やがて信長公, やって来て, やどりて, やはり僧侶, やはり目, やられて, ゆるす達人, よくよくの, よけい雇い入れた, わかって, わたしも, ゐないから, ゐない時世, ゐなくは, ゐるな, アメリカへ, カモジが, シットギ, トンカツを, パリスより, マンに, 一かたまり, 一人それも, 一口に, 一應は, 一生懸命力の, 一語を, 三千石乃至, 上手に, 不審を, 与らなければ, 並ばれて, 乗せたの, 乗れる位, 予等も, 二人いた, 云ひ, 亡くされて, 亦これ, 亦収められ, 亦果して, 亦芸術家, 人影を, 人間世界に, 今私の, 付き添つて, 企てぬ自由, 会食する, 住まぬ海岸, 何となく理, 何人を, 余さずたたっ斬って, 余所で, 使われて, 信じません政府, 俯向い, 側には, 僕に, 兄弟子が, 入らなかった場所, 入れないのよ, 全くの, 八王子の, 共に慟哭, 其等には, 再婚しなけれ, 出さないという, 出たの, 出るだろう, 出入りしなくなっ, 出来なかった, 分らぬは, 別に珍しい, 剽軽者で, 加藤清正公と, 助ける気, 勝れた美くし, 勿論道, 十人に, 南の, 厳島の, 及ばない派手, 叔父や, 古くから, 召連れ, 吃驚するだらう, 同じ人間, 同じ餌, 同様即死いたしました, 向うへ, 否認する, 周旋屋の, 咎むまじ我が, 問題が, 嘆息なし, 四人もの, 囲炉裡の, 在官の, 増加する, 変へて, 外国人も, 多うございます, 多くできる, 多く父, 夜な夜な夢, 大の, 大勢い, 大抵小便を, 夫, 奥様らしい, 女車掌を, 妻が, 婦人客の, 子まで, 存外いらいら, 安閑と, 実に逡巡避易, 宥すであろう, 容されき, 寄り付かないの, 寝かされて, 實は, 尋ね入り畫工, 少いせゐ, 少くないだらう, 少し高慢, 少なくな, 就職した, 居ないから, 居ない大作者, 居なかつたので, 居ねえ力ずく, 居やしないわ, 居られるそう, 居りまっ, 居るもの, 屋外に, 崇拝する, 巨人も, 帰らないその, 平等に, 幾人かは, 廊の, 引連れて, 影だに, 彼等は, 待つて, 御客, 心安く通船, 志の, 思いましょうが, 思わず顔, 怪ま, 恐らくそうででも, 恰ど, 悲しいん, 愚かな, 感想として, 成功した, 戦って, 所有しない, 手当りばったり, 投獄した, 押し流して, 招が, 持たないこと, 持つ盜癖性, 捲土重来を, 揃つた席では, 播州の, 故郷の, 数ある, 敵の, 斬り捨てたため, 旅を, 早寝だ, 是に, 時を, 暫時無言の, 最初, 有ません, 有りませんから, 有れば, 期しわれ, 本当の, 来ずくら, 来ちゃ, 来ぬ, 来るし, 枕を, 棒立ちに, 橋も, 次第に増し, 此の世に, 歸つて來た, 死ぬ, 死傷は, 残さず討って, 残らずの, 残らず負傷, 段々入込ん, 殺しこの, 殺すやう, 気がつかないで, 気の毒に, 求める人, 決して本, 沢山商い, 法華経を, 洋服を, 浮き上つた, 混ぜて, 満更知らぬ顔, 漂い軍器, 濱田太左衞門が, 無いその, 無い時, 無き空しき家, 無く学者, 無しと, 無茶苦茶に, 然り, 爾の, 狂人から, 珍しくない, 理由も, 生きた方, 生まれて, 生存する能わざる, 産んだわけ, 男でした, 異論が, 疑が, 病み郷, 登ったあと, 白状しなかつた, 皆など, 皆揚州を, 盃を, 相当あっ, 真に, 眼色の, 矢張上方の, 知らずば, 知らなかつたこれ程, 知りたる貧交行, 知るごとく初期, 知る其當時我國文壇, 知る如く楽焼角皿鉢, 知る所, 知る通り日本, 知者なかりけり, 神の, 私すべきもの, 称し自ら, 突き放して, 立ち上がった, 立止っ, 第二, 米を, 終には, 絶えず祈っ, 総出で, 置かねえという, 美しかった, 老人らしく似つこらしい, 聞いて, 背に, 自と, 自衛上三伝と, 艇内に, 若いの, 苦労性だ, 落さん自信, 藤十郎の, 行かなければ, 街道に, 要する大きな, 見えず, 見えない時, 見えません, 見かけに, 見つけ出しゃあ, 見られない, 見受けなかったと, 見落すまいと, 角十を, 言つてゐる, 訪ねず冷, 許し自身, 詩を, 話を, 認め得ないであろう, 読んで, 講演を, 豪傑が, 賊軍も, 起きまして, 足りない者, 踏み入らなければ, 車夫も, 辞儀が, 近づく者, 返答に, 逃がさず国賊, 逃亡者は, 通すなと, 通らなかつたといふ, 通るだろうそう, 通わぬ難所, 進み時代, 道義を, 遠しと, 部屋から, 酸漿と, 銃口を, 門前まで, 附けるくらいの, 随分乗つて遊んでる, 集つて声を, 雇い運び賃, 震災で, 非認, 頭へ, 顏は, 飛香落から, 養えるの, 首帳に, 駒も, 驚くほど, 鷹の

▼ 人たち~ (10857, 2.6%)

127 の中 85 のこと 72 の間 64 のため 59 である 57 はこの 54 はその 534847 はみんな 41 と一緒 40 です 39 であった 3633 の顔 31 のよう 30 がこの, だった 28 の話, はもう 26 だと, の手 25 がその, の生活, はそれ 24 と同じ, のところ, のなか 23 は私 22 は自分 21 がいる, の方, はどう, は皆 20 がみんな, の心 19 がある, でした, はまた, は何 18 といっしょ, なの 17 が集まっ, だから, のあいだ, のうち, はあの, はいずれ 16 はそう, は誰, ばかりで 15 が住ん, が自分, の前, の声, の姿, はわたし 14 がよく, であるが, の嘆き, ばかりだ 13 のほう, の事, の目, の眼, はきっと, はまだ, は今, もある

12 [11件] がそれ, が何, ですから, ではない, なん, に, のいう, はこれ, はどこ, もその, を見る

11 [11件] が来, の一人, の作品, の口, はすぐ, はそんな, はたいてい, はただ, は決して, は自分たち, は非常

10 が彼, が私, の頭, はだれ, はどんな

9 [16件] がお, が今, が出, が多い, が多く, の, のする, のもの, の名, の家, の感情, の耳, はお, は彼, も, も皆

8 [21件] だろう, であったから, であるから, にこの, のお, の多く, の批評, の様子, の為, はいっ, はいつも, はどんなに, はもちろん, は口々, は私たち, ばかりだった, ばかりであった, もそれ, よ, を相手, を見

7 [11件] から, が大, でいっぱい, に向っ, の場合, はあれ, はどうして, はみな, はよく, は二人, もみんな

6 [34件] があった, があつ, がいた, がここ, がそう, だな, というの, にとつて, には何, には私, の仕事, の仲間, の仲間入り, の意見, の胸, の運命, の部屋, はいつ, はそういう, はほとんど, は好ん, は手, ばかりである, もあった, もそれぞれ, もまた, ももう, もやはり, も私, らしい, をよく, を助け, を呼ん, を集め

5 [65件] から垣内, があっ, があれ, がこれ, がそれぞれ, がなぜ, がみな, が家, が日本, が来た, が集っ, が集まった, じゃない, だが, であつ, でありました, ではなかっ, と, というもの, との間, と私, と話, にし, にどんな, にも胸, に会っ, に何, に囲まれ, に礼, に頼ん, のいる, の云う, の心持ち, の末々, の気持, の注意, の罪, の言う, の言葉, の評判, の誰, はいったい, はおそらく, はお前, はかえって, はだから, はびっくり, は一斉, は人間, は多く, は女, は少し, は幸福, は彼女, は急, は東京, は気, は源氏, ばかりです, もこの, もみな, も今, も大, も自分, を自分

4 [101件] があの, があり, があんなに, がいろいろ, がおお, がそんなに, がどう, がどこ, がどんな, がびっくり, がまた, がもし, がやってき, がわたし, が二人, が声, が心配, が急い, が水, が皆, が立っ, だったの, だね, だろうと, だわ, で, であったが, であります, ですよ, ですら, と同様, と話し, にもまた, に別れ, に同情, に声, に夢中, に比べる, に私, に紹介, のある, のうわさ, のやう, の上, の世話, の動静, の名前, の味方, の噂, の多い, の大, の大半, の幸福, の影, の心持, の手前, の気, の笑い草, の若い, の足音, の集まり, の青く, の魂, はああ, はあまり, はある, はいろいろ, はこう, はこんな, はさ, はなに, はまさか, はもはや, は一人, は一種, は不思議, は僕, は外国, は夜, は大抵, は家, は当然, は笑, は美しい, は考え, は自由, は言った, ばかりでした, へ, もあの, もお, もこれ, も多い, も多かっ, も少く, をここ, をだい, を乗せ, を私, を見た, を連れ

3 [224件] があつまっ, がありました, があります, がいっ, がいつ, がかえって, がかけつけ, がこんな, がそういう, がぞろぞろ, がどやどや, がどんなに, がなんと, がまだ, がまるで, が並ん, が五, が五六人, が働い, が口, が叫んだ, が大勢, が好き, が好ん, が帰っ, が彼女, が思い思い, が急, が次々, が気, が気の毒, が男, が発見, が知っ, が自分たち, が言う, が話し, が選ばれ, だこと, だったので, だつた, だつて, であって, であらう, であること, であるの, である事, であろう, でしたから, ですね, ですわ, でにぎわっ, とお, とその, とどっち, との交際, との関係, とはまるで, とは違っ, とわたし, と交, と出会った, と懇意, と自分, と親しく, と顔, なので, にあっ, にお, にかかる, にこういう, にそれ, にとってこの, にとりかこまれ, になる, には, にはこの, には想像, にまじっ, にむかっ, にもう一度, にもわかっ, にやっ, に云わせる, に会う, に会った, に共通, に出逢った, に向かっ, に大いに, に尊敬, に對, に悪い, に愛され, に挨拶, に気づかれない, に相談, に聞い, に自分, に話し, に迷惑, に逢っ, のあと, のあの, のいい, のおかげ, のした, のだれ, のほか, のやさしい, のリスト, の会話, の作, の側, の出入り, の動き, の参考, の命, の喜び, の子孫, の悩み, の悲しみ, の想像, の所, の指導, の時代, の気分, の消息, の現実, の理解, の生, の経験, の群れ, の考え, の考えかた, の血, の要求, の見, の親切, の話す, の責任, の足, の身, の通行, の間にあっ, の集り, の面影, の顔つき, はいくら, はいま, はおばあさん, はかく, はごく, はそれぞれ, はそれでも, はそれら, はそんなに, はた, はたしかに, はたとえ, はときどき, はなにか, はなん, はなんと, はまったく, はまるで, はみんなびっくり, はもっと, はやはり, はよほど, はわたしたち, は一せい, は人, は仕事, は前, は又, は同じ, は噂, は大いに, は安心, は実に, は年, は幸, は怖い, は日本人, は昔, は更に, は朝, は果して, は次第に, は正直, は死んだ, は殆, は男, は直, は相談, は知っ, は第, は結婚, は総立ち, は言っ, は遠く, は黙っ, ばかり, ばかりでなく, ばかりな, もあり, もあります, もいた, もいっしょ, もいる, もどう, もよく, も同じ, も同情, も多く, も大抵, も決して, やその, をお, をば我, を召びつどへて, を眺め, を軽蔑

2 [619件 抜粋] かな, かも知れない, からいろいろ, からみれ, からグード・モーニング, から何, から好意, から沢山, から聞いた, から聞かされた, から自分, がい, がいう, がいかにも, がいっしょ, がいます, がおまえ, がき, がきたら, がこんなに, がしあわせ, がした, がすぐ, がずいぶん, がその道, がそろっ, がたくさん, がただ, がたまらなく, がだんだん, がちょっと, がちらほら, がどうして, がふと, がまじめ, がまず, がむれ, がもっと, がやがて, がやって来る, が一向, が三人, が不思議, が主, が互いに, が今度文芸戦線, が他, が作っ, が僕, が出入り, が初めて, が半蔵, が厭世観, が名, が向島, が善い, が困っ, が夜, が大きい, が大きな, が大勢寄り, が妙, が始終, が子供, が実に, が寄っ, が寺院, が小さな, が少く, が店, が想像, が意外, が愛, が手, が教え, が昔, が朝, が来る, が機会, が次, が次ぎ, が死骸, が無口, が熱心, が特に, が生き, が疎, が眼, が私たち, が空想, が立つ, が続い, が美しい, が肩, が自動車, が花, が英字新聞, が行儀, が見える, が見つけた, が親, が言っ, が詰め, が赤い, が走っ, が足, が近づい, が通る, が集まり, が食堂, が飲ん, が騒ぎ出した, ことに子供たち, その人たち, ぞ, だけで, だけのこと, だけのため, だけの集まり, だけれども, だなと, だもん, だよ, だろうか, であったか, であったの, であったろう, であるばかり, でことに, でしょう, ですか, でそういう, でそれ, ではあった, ではありません, でも昔, で混雑, で賑わった, ということ, といえ, といろいろ, とこの, とはお, とはすっかり, とはち, とも別れ, と一, と一しょ, と一台, と交際, と会, と会う, と何, と共に武家, と口, と始終, と座談会, と彼ら, と異, と言っ, と違っ, と食べた, ならば, にいう, にいかに, にいっ, にこう, にここ, にした, にしろ, にすまない, にその, にとっては決して, にとってひどく, にとって最も, になに, にはおそらく, にはぐくまれ, にはその, にはそんな, にはちょっと, にはとても, にはどう, にはわかっ, には今日, には作者, には十分, には本当, には決して, には誰, にまかせ, にめぐん, にも私, にも見せ, にも逢, によつて, にパピロス, に与える, に事, に僕, に取っ, に向, に守られ, に対して同情, に心, に愛読, に教, に教え, に敬遠, に本当, に比べ, に気, に気がね, に用, に私たち, に腹, に見せ, に見舞い, に言つて, に訊いた, に話した, に譲る, に逢う, に違い, に面目, に顔, ねえ, のうしろ, のからだ, のこの, のこんな, のすべて, のそうした, のその, のほとんど, のまじめ, のみで, のやる, の一行, の下駄, の不幸, の世界, の云, の交際, の仮寓, の仲, の住所, の作った, の作家, の信仰, の力, の労働, の務め, の取って置き, の呼び声, の土地, の墓, の外, の好き, の娘, の定宿, の家庭, の容貌, の属す, の年齢, の往来, の心意気, の怒り, の恐怖, の情け, の意志, の愛, の所謂, の手法, の手紙, の数, の書いた, の書く, の歌, の気づかない, の爲來, の狂奔, の生き, の真意, の私, の立場, の系統, の美徳, の肩越し, の自分, の自由, の自覚, の興味, の言った, の話し, の話声, の身の上, の道, の長屋, の集まっ, の集まる, の風俗, の食べる, の騒ぎ, の鼻, はあるいは, はあわて, はいい, はいいました, はいっせいに, はいまごろ, はいます, はいよいよ, はおどろい, はかう, はかつて, はかならず, はからだ, はきわめて, はこうした, はこちら, はこんど, はさかん, はじっと, はすべて, はぜんぜん, はそこで, はたがい, はたれ, はてんで, はとかく, はどういう, はどうか, はどっちみち, はどつと, はなるほど, はねえ, はひとり, はびつくり, はますます, はまだ沢山, はみなよそ, はみんな水, はもうすっかり, はもとより, は一日, は一部, は云っ, は云った, は今度, は他, は伸子, は何と, は何故, は信じ, は全く, は初め, は別, は別に, は別れ, は吃驚, は各自, は同情, は喜ん, は器械, は地上, は外, は大, は太陽, は奥, は如何, は娘, は小さな, は幾らか, は床, は店, は心, は思い切っ, は思う, は思った, は思わず, は支那, は新, は新しい, は既に, は早く, は映画, は春, は普通, は未だ, は村, は来, は案外, は正しき, は母, は気の毒, は水, は湯, は父親, は病気, は白い, は皆それ, は私達, は空, は考えた, は自動車, は芝居, は薄情, は西, は見, は言, は記憶, は詩人, は赤い, は車, は退屈, は途中, は遠慮, は金, は雪, は食べる, は飽きる, は驚いた, ばかりのよう, へおろおろ, への纏頭, へ分け, までみんな, もかなり, もかわいそう, もきっと, もしんと, もそう, もそろそろ, もぞろぞろ, もだれ, もどんなに, もない, もなかなか, もなく, ももちろん, もやっぱり, もゐた, も一度, も今日, も停車場, も僕, も土地, も多, も少し, も少しく, も居た, も彼, も思わず, も数人, も来だしたらしい, も段々, も浅瀬, も誰, も追, や他, よりもはるか, を, をし, をすっかり, をその, をつれ, をどなりつけた, をながめた, を上陸, を中心, を乘, を信用, を入れ, を前, を助けなけれ, を尊敬, を平定, を征伐, を待っ, を押しのけ, を招待, を支配, を救い, を楽しませ, を殺した, を砂村, を苦しめる, を見たい, を見ました, を見ろ, を見送った, を訪ね, を赦し, を迎える, を追い出し, を逃がし, を選ん, を非常, を驚かした

1 [5440件 抜粋] ある人, からあどけない, からじかに, からはさ, からほめられ, からも安易, から井伏さん, から大人五銭, から愛せられ, から新築, から礼ごころ, から見る, から隔離, があっち, がいい始めた, がいっせいに, がいるらしい, がうわさ, がお湯, がきた, がこの世, がしかも, がすべて, がたいへん, がつくり上げた, がとじこめ, がなした, がねむっ, がひっこし, がぼく, がまよいこん, がみんな熱心, がやって来, がより, がアッ, がセルビア, がフン, が一だい, が一手, が三千人, が丘, が二三年前, が亭主, が仲間同士それぞれ, が何処, が例えば, が働く, が六条院, が出あった, が列, が勉強, が卓, が参加, が古馴染, が善良, が国賓, が夕方, が天然, が子ども, が寝る, が小説, が巣立った, が幸福, が庭一ぱい, が往々, が御末家, が思った, が惜しむ, が懐かしい, が折々, が携え帰った, が新派, が昨今, が朝鮮, が果すべき, が次ぎ次ぎに, が武術, が毎日出入り, が注意, が無頓着, が琥珀, が申す, が目, が眼先, が秀吉, が笠井さん, が結婚式, が美濃, が聴き, が苦々しい, が蟻, が見えない, が観察, が誰, が走り出, が近世よう, が遠方, が開墾, が集, が顔, が馬籠峠, が魚, こそ案外, さえも私, すなわち労働者たち, その昔, だけが不自由, だけでございます, だけの統一公判, だけは遠方, だそれ, だつたの, だろう表, つまり東京人種, であり写真, であろう私, でこれ, でしかなかっ, でだから, でにぎやか, でもあろう, でもなかなか, でも困難, でも苦しい, で占められ, で幸三, で汗, で船, という, とうっかり, とか六条院, としての自信, とそっくり, とともに日本人, とのさまざま, との往来, とは中継係, とは生活, とばかり逢つたの, とも一緒, とよく, と一つ桟敷, と他, と共々, と共に暮すなら, と力, と圓生別懇, と広間, と押合い, と比べ, と知合い, と融合, と談笑, と長い, なかでも婦人たち, などが或は, なども泊める, なら言わずには, にあたえ, にあんな, にいわゆる, にかぎらず, にきまっ, にこんな, にすらあまねく, にたずねました, についてあれこれ, にとってあんまり, にとってはさっぱり, にとっては厳粛, にとっては身体, にとって一番, にとつ, にならっ, にはいい, にはこうした, にはどうしてあんなに, にはみんな, には一本, には刄向, には君たち, には妥協風, には怖い, には最後, には用, には聞え, には言葉, には飛騨山脈, にまじ, にもそれ, にも一椀, にも出会, にも多く, にも期待, にも見, によく, によって初め, によつて傳, にジロジロ, に不正, に了解, に代っ, に何度, に冷酷, に協力, に口, に呼びかける, に報告, に奥さん, に寂しく, に対してはうらない, に対しても彼, に対して私, に尊, に座, に思い, に打ち明け, に施す, に東洋古典, に海, に煽てられる, に畏敬, に知らせ, に移され, に聞きあわせる, に蝦夷, に見知られ, に言う, に話, に諒解, に返され, に遇う, に関するささやか, に音, ぬ, のありのまま, のうち下京方面, のかお, のこころもち, のす, のそんな, のつめかけ, のなん, のふつう, のまん中, のようす, の一様, の世, の事等, の人数, の伊香保, の住ん, の例, の健やか, の八割, の写生風, の労働力, の印象, の口真似, の喜ぶ, の声々, の天国, の嬉々, の宮中, の少年, の幾人, の後, の応接, の思想, の想像以上, の所作, の抵抗論, の搨拓, の斉, の普段, の杞憂, の歩む, の気に入る, の泣き騒い, の無気力, の父母たち, の生命, の男, の癖, の着る, の社交, の立ち寄っ, の篤い, の罠, の育て, の航海, の著述, の行為, の裳, の解放, の証言, の説く, の貧しい, の足あと, の迷った, の道徳上, の錯覚, の霊, の顔触れ, の首, はあたたかい, はいいあいました, はいちいち, はいろんな, はおうよう, はお化け, はかの, はこういう, はごく漠然としかして, はしまい, はずいぶん, はそれぞれ身分相当, はたいへん, はだんだん, はでたらめ, はどの, はにがにがしい, ははや, はふと, はぼくたち地球人類, はまもなく, はみな被服廠, はみんな一日一ぱい勉強, はみんな好き勝手, はみんな海, はみんな鐘つき堂, はもう少し, はやつぱりそれぞれに書きわけ, はよる, はアメリカ, はゲーテ, はドレフュース事件, はヘラズぐち, はルバシカ, は一応, は三, は上着, は久しい, は互に, は今頃, は住ん, は作家, は先, は其処, は割合, は勿論もっと, は占守島, は古い, は名目さ, は四, は地面, は多勢, は大宮, は天晴, は妙, は学校, は家庭, は小学, は岸, は帰っ, は平素, は当時, は心ひそか, は思ひ, は恋人, は情熱, は我々, は才能, は故意, は新た, は明らか, は暫く, は朱文, は楽しく, は機械, は殆ど相手, は水戸, は泥, は渋, は火, は牧場, は猿田彦大神, は生きる, は異口同音, は皆仲よし, は皆青色, は真心, は知人, は祖先以来, は空気, は笛, は緑ちゃん, は聞かせ, は自宅, は色々, は草鞋, は蜘蛛, は要するに, は言い合った, は認め, は赤, は身分, は逆上, は過半どころ, は酒場, は錨, は隼人, は頻繁, は驚い, は黙々と, ばかりで埋まった, ひとしく口, へのせめて, への義務, へも申しわけ, へ絵, ほど頼り, までがだんだんに, までその, まで褒めちぎっ, もあるらしい, もいろいろ, もお参り, もさわぎ, もそして, もただただ, もどうして, もほんとう, もみんな古風, もわたし, も一応, も中宮寺, も以前, も六十歳, も勧めた, も四つ, も奇蹟, も屡々, も思い乱れ, も提灯持参, も正勝, も泣き出さん, も生きた, も省作, も立つ, も考えられる, も薫, も記念, も通事, も長く, も駐在所, やシナ, や子供たち, や泊まり客, や通りがかり, より, よりもかやう, よりも出世, より私, をあい, をいつたい, をおそれ, をかきわける, をごく, をずつと見渡した, をできるだけ, をどこ, をはげまし, をまかし, をも救われた, をわが, を一度, を仰天, を出してる, を吸収, を変, を居間, を床, を恥, を慰め, を指導, を救おう, を本来, を毎晩, を犠牲, を目標, を祝福, を興奮, を見下し, を観察, を迷わせよう, を運ん, を頂点, 何だか精力的, 富める商人たち

▼ 人~ (8703, 2.1%)

213 人との 187 なって 168 一緒に 96 なった 93 いえども 67 なつた 60 話を 49 同じよう 48 いっしょに 43 なつて 32 話して, 雖も 31 なる, なること, 云ふ, 人とが, 思って 29 結婚する 28 なったの 27 して 25 いえば, 見て 24 なるの, 結婚し 23 なると, 見えて 22 なりました, 違って 21 言ふ, 顔を 20 いっても, 一しょに, 結婚した 19 口を 18 云うの 17 すれば, 一人の, 二人で 16 いって, 喧嘩を 15 人とは, 人とを, 同様に 13 ある, 同じやう 12 いうと, 何か 11 なったが, 一しよ, 云うもの, 人の, 肩を, 見える 10 されて, 並んで, 云ふも, 交る, 交際する, 聞いて 9 交際し, 為りを, 物との, 私は, 言えば

8 [11件] いわなければ, それから, 一人で, 争うこと, 人と, 別れて, 呼んで, 夫婦に, 相談し, 私の, 連れ立って

7 [16件] いうが, いつしよ, ならねば, 一人との, 一所に, 同棲し, 少しも, 手を, 相対し, 結婚を, 自分の, 見れば, 言うの, 言葉を, 話しながら, 馬と

6 [29件] いう, いえよう, いへば, いわれて, その人, である, なったので, なるであろう, なれば, 一人, 事を, 云えば, 交って, 他の, 信じて, 同じ様, 妹が, 応対し, 成って, 日本人の, 来て, 爲り, 組んで, 考へて, 自分との, 言って, 言っても, 話が, 話すこと

5 [33件] あるもの, いうに, いうよりも, いっては, いふ, いふに, かたまって, それを, ちがって, なってから, なっても, なろうと, 一つの, 云つても, 交り, 交際を, 人を, 友達に, 同じこと, 同じ人間, 家とは, 思ふに, 戰ひ, 接触し, 物とを, 生れて, 称して, 見えた, 見做, 超人, 面と, 馬との, 鬼との

4 [63件] あらそは, あるわけ, いうほどの, いへども, きめて, してなかつた, そうでない, その妻, なせ人, なった方, ならんで, なりて, なるが, なるに, なれ人, みえて, 三人で, 三人の, 二人の, 云うこと, 云って, 交際が, 人が, 今の, 他に, 仲よしに, 会って, 倶に, 出て, 同じである, 同じに, 同じ人, 同様な, 同様の, 呼ばれて, 器と, 地主との, 変って, 対談し, 川崎へ, 思うて, 懇意に, 成つたのである, 日本人との, 為りは, 物を, 犬, 目され, 相談を, 知合に, 私が, 私との, 私とは, 組を, 結婚しよう, 考えて, 自動車で, 見ること, 言はれた, 話しを, 認めて, 逢って, 馬の

3 [130件] あって, あなたの, いうて, いうので, いうべきだ, いうべきであろう, うまれて, ここで, こみ上るほど, これを, したの, し女性, すると, それに, であった, どちらが, なく, なくある, なくその, なったもの, なった彼, なった時, ならなければ, ならん, ならんと, なりたい, なりて後, なるべし, なるまで, なれ, なれり, はなつて, ふたりの, みえる, イギリス人と, 一人じゃ, 一人だ, 一人なら, 一団に, 争ったり, 云うよう, 云う意味, 云っても, 云は, 云われて, 交わること, 交際した, 人, 人は, 会うこと, 会話を, 俳句を, 偕に, 僕の, 処女の, 別るる, 別れた, 口論する, 同じく自分, 同じ仕事, 同樣, 同等の, 名の, 名を, 呆れ申候, 呼ぶ, 和泉の, 変ったところ, 変りは, 多くの, 夜の, 女が, 嫁の, 子供が, 存候, 帰って, 彼の, 思う, 思ったから, 思ふて, 思へど, 惘れし事, 接触する, 握手を, 支那人と, 日本の, 日本人と, 束に, 歩いて, 海, 為りや, 爭つ, 犬と, 現代の, 生れたからには, 申して, 申しても, 申すの, 異って, 異る, 知って, 碁を, 神との, 稱する, 約束した, 聞くと, 聞けば, 自分と, 自然とが, 自然を, 荷物とを, 西洋人との, 見ても, 見られて, 見ると, 見るとき, 親類の, 言つても, 言は, 言わねば, 記して, 談話を, 議論を, 近所の, 連立って, 道づれに, 遣手衆の, 酒を, 野蛮人との, 隊を

2 [483件] あちこちに, あっちへ, ありましょうか, あるか, あるが, あるそう, あるの, あるはず, ある筈, あわせて, あんたと, いうだけの, いうものの, いうよりは, いえど, いくらも, いくら友達, いずれが, いっしょの, いつて, いつても, いふべし, いふよりも, いるの, いるん, いる筈, いわれる者, おとなしく遊ん, おなりなさい, おもふ, お友達, お思ひ, お染, きては, くらべて, こちらの, このわれ, この人, さうし, さうでない, さへ, してないの, しなかった人, し或, する, するの, せられて, その場合, その妻子, その生活, だろうと, ちがった事, ちよつと, つきあうこと, つき合うこと, つき合う時, つづいて, てない, てなかった, でなければ, どこかへ, どこに, どつち, どのよう, ない人, ない大事, なかろう, なく人, なく代, なく出, なく女, なく妾, なく書, なく死ん, なく討たれた, なく討死, なったこと, なったそう, なったと, なったという, なったよう, ならざるを, ならしめずには, ならどんな, ならば, なりたるかな, なり得る, なるかも, なるであらう, なるという, なるのに, なるや, なるよう, なるわけ, なる時, なる機会, なる約束, なろうとは, ふえて, ほりぬけならん, まるで外国, みえます, もう一人, もつれて, わかって, われわれとの, イギリス人との, オランダ人が, グルにな, チットモ変らない, フランス人との, ユダヤ人との, ロシア人の, 一つに, 一人でも, 一人前の, 一処に, 一緒だ, 一緒です, 一緒にな, 一緒には, 一緒の, 下女が, 世間話を, 争うたこと, 争つた, 争ひ, 事と共に, 二人きりで, 二人きりに, 二人だけ, 二人は, 二派に, 二種類ある, 二通りある, 云う人, 云ったよう, 云っては, 云つたのは, 云はれ, 云ひ, 云へば, 云わなければ, 互に心, 井戸端へ, 交つた, 交を, 交代し, 交渉が, 交渉する, 交渉を, 交通する, 交際って, 人に, 人も, 人間の, 人間を, 仏蘭西人の, 代理人とは, 仲よくし, 仲直りを, 伊太利人の, 会うの, 会う時, 会う約束, 会った時, 会っても, 会ふ, 会食する, 伝えられて, 似て, 住んで, 何かの, 作つてゐた, 作品を, 使われる人, 來たら, 例の, 傍聴の, 僕との, 入れ代って, 八五郎から, 六人いる, 六人の, 共謀の, 共通する, 内心嫌つてゐる, 出くわすの, 分かつやう, 分けて, 分って, 別れなければ, 別れねば, 別れること, 別れる時, 力を, 勝負を, 化して, 十人の, 反対の, 合して, 合わせて, 同じ, 同じく彼, 同じだ, 同じで, 同じもの, 同じ事, 同じ位, 同じ名, 同じ樣, 同じ運命, 同じ食卓, 同一の, 同伴し, 同室に, 同居し, 同等に, 名探偵, 君とは, 呼んだ未開, 和解する, 喧嘩でも, 四人で, 四人の, 土地との, 土地の, 外で, 外へ, 天との, 天才と, 天然との, 夫婦にな, 奪ひ取, 女中三人は, 妻の, 姉が, 姉との, 姪の, 娘一人, 子供を, 客の, 宮原さんが, 家とが, 家を, 家庭を, 宿の, 寸分の, 対座する, 対談する, 小僧が, 小僧と, 居て, 山とが, 岸へ, 島民の, 巡査が, 己れ, 彼が, 御一緒, 心持が, 応対する, 応接する, 思うこと, 思うと, 思う人, 思えば, 思った, 思ふべし, 思われる, 思われるの, 思召す, 悲しい別離, 意識する, 懇意な, 應對し, 成った, 成ったという, 成ったの, 成った後, 成ること, 成るまで, 或る, 戦って, 戰ふ, 手塚さんとが, 手紙の, 投げ入れますので, 持って, 接するにも, 接触した, 支那人との, 支那人を, 教育の, 数えられて, 数が, 数へ, 数を, 數へ, 斉しく, 日本人とで, 日本人とは, 昔の, 時代を, 暮して, 曰は, 書いて, 書かれて, 来ては, 東洋人とを, 松原家の, 桜痴居士, 棟を, 森との, 欄干の, 正反対の, 正式に, 歩調を, 殖えて, 殺し合いを, 気が, 水とに, 水夫が, 永久に, 灯を, 為りに, 無いもん, 無数の, 爭は, 爲し, 牛との, 物に, 物思ひする, 犬とが, 犬とに, 犬との, 犬の, 獄吏とを, 獣と, 生まれたが, 生まれて, 生れしなほ, 生れながら, 生涯を, 田舎の, 申します, 申しますの, 申すもの, 男が, 男達の, 異った, 異なったところ, 異らぬ, 病人との, 登らないうち, 白人とが, 直接に, 相爭, 相談する, 真面目な, 眼を, 眼解欺て, 知り合いに, 知合になどとは, 神と, 神の, 私と, 私らは, 称する専門家, 称する者, 称せらるる, 立ち止らないうち, 立話し, 競争する, 約十日, 約束し, 約束を, 結ばれて, 結婚させ, 結婚したい, 結婚したら, 結婚しろ, 結婚なさる, 結託し, 縁を, 縁組みを, 聞いたが, 聞えし客, 聞きし時, 聞く, 聞く人, 聴く人, 膝を, 自分で, 自分とが, 自分とは, 自分とを, 自分を, 自然が, 自然との, 自然とは, 自由に, 色の, 若い男, 茶を, 荷物で, 落伍し, 蘿月伯父さんの, 蛇との, 衝突し, 衝突した, 衝突する, 見えたり, 見られた人, 見るの, 見極めが, 見積って, 覚えず, 覚えて, 親しくし, 親しみを, 親密に, 言うが, 言うべし, 言ったの, 言はれ, 言ひ, 言へば, 許り聞い, 評し来りしは, 話しが, 話した, 話したがらなかった, 話したこと, 話したの, 話し合, 話し合って, 話の, 語る, 誰もが, 談し, 諸動物, 警察から, 議論する, 貶し憎まむ, 貿易を, 超人と, 路上で, 踊って, 車と, 車との, 車内の, 車馬の, 近づきに, 逢った時, 連れ立たれて, 連れ立つて, 連絡を, 道を, 道連れに, 違うところ, 違うの, 違うん, 違ったところ, 違ったもの, 遠ざかり憤悶, 部屋の, 郵便配達の, 金を, 長とが, 間違えて, 間違へ, 阿斗, 集って, 集つてくる, 集まって, 離ればなれに, 面を, 顏を, 飛脚の, 馬で, 馬とを, 黒色人との

1 [4553件 抜粋] ああいう, あったと, あなた様の, あらずば, ありますまい, あるに, ある日, いいあるいは, いい三百人, いうからには, いうほどしか, いえる, いっしょであった, いつから, いつた過去, いない勝れた女子, いひ少き, いふので, いよいよ出立, いろいろあるでしょう, いわねば, いわれるだけ, うろついて, おっしゃるの, おぼしい二枚, おれとは, お嬢さま, お花を, かういふ組, かなり高声で, きくから, くれがた, こっちの, この婆さん, こわだ, さう, さんざん云い争っ, した約束, しばらく交っ, しょうする怪人, し彼, す, すっかり話, するわけ, すれ違いに, そういう芝居, そこに, そのうしろ, その二人, その名前, その家族, その方, その論, それからまだ, それから残つた三人, それにつき, たたかいそれから, たのんで, ちがう, ちっともおもしろく, ぢこもり, つきあつ, つやさんが, です, どこかに, ない, ない不, ない大, ない頼もしい人, なくいつも, なくごろ, なくみな, なく倒れ, なく列, なく引き, なく挨拶, なく會つた, なく毎日五升, なく自分, なく諸国, なく駈け出し走り出し, なし民, なったかと, なったに, なった二十年前, なった小一郎, なった清ちゃん, なっては, ならしむるがごときこれなり, ならないですん, なられること, なりきったつもり, なりそれ, なりや, なり堀尾氏, なり戸外公共, なり第, なるといふ, なるべ, なる事, なる村, なる風日暖, なれるを以て, のっぽの, はよう踏, ひるごろヴェルダン駅前, ぶっつかりは, ぼとぼと帰途, また同宿, まっ黒な, みえ少し, み仏, もしや御, やって, よく交際, よぶ勇敢, わかれて, われ隔てごころの, アラビヤ人の, ウマとは, カイヨワと, ケルバライの, シナ人と, スペイン人との, チョット, ドイツ人と, バスである, フランス人とが, ボルネオから, ヤソって, ローマの, 一ツと, 一人とだけで, 一匹とは, 一座し, 一緒だった, 一緒になど, 一途に, 万力とを, 三人連で, 上帝との, 下女一人とで, 不承不承の, 世界一の, 両方に, 中央アジア並びに, 丸山勇仙とが, 乱入し, 争い押しのけてまで, 争った例, 争わないでも, 二から, 二世の, 二十世紀の, 二階に, 云うか, 云う大勢, 云う深い淋しい, 云う資格, 云った時代, 云ふかも, 云わるべき, 互に手, 交ったから, 交わらなくては, 交わり道を, 交渉しえない, 交際しない, 京水と, 人形との, 人集団と, 仕事が, 以後の, 仲が, 伊太利人に, 会うたり, 会っては, 会見の, 伝へるの, 住んだこと, 何が, 何処か, 余り変らぬ, 作品に関する, 俊夫君たちを, 信州辺の, 做さんか, 働かせられて, 兄とは, 兎を, 入物は, 八五郎親分に, 共に去れり, 共謀し, 其の言葉, 内田氏とを, 処世上まとまった, 出張煙草屋と, 刀を, 刑事と, 別なく, 別れたのに, 別れました, 別れる樣, 制度といふ, 劉氏とは, 労働資本と, 勤労者の, 区別が, 十四ばかりの, 南アフリカ人と, 去りて, 友達の, 取組んだ, 可愛い人, 合致する, 同じくらいには, 同じく尠, 同じく蜻, 同じであった, 同じ勇気, 同じ年, 同じ扮装, 同じ程度, 同伴な, 同宿した, 同様国粋的な, 同罪なら, 名づけやすき, 向かい合うこと, 君とが, 味噌藏の, 呼ばれるまでの, 呼ぶの, 命令を, 和合し, 問うと, 喧嘩した, 四人家内だす, 国を, 在野の, 坐って, 場合で, 士官と, 変らなかったそう, 変わり過ぎて, 外国人との, 夜遅く, 大人十六人で, 大戦を, 天上との, 太郎とは, 契るなら薄く, 女の, 女中を, 女房だけ, 好加減, 始て, 娼家の, 子供とで, 宅で, 定めくれ後, 定め其中, 家で, 容れないで, 富との, 寺中の, 対決させる, 対面だ, 對談し, 小僧二人とが, 小林さんとは, 小説の, 居たり, 屍体が, 山羊に, 左から, 市中村, 平和に, 幼主阿, 弓持一人と, 張り合う必要, 彼誤, 待つと, 御えんぐみ, 微笑む所長, 応対なされ, 思いいつか, 思います, 思うから, 思うらしかった, 思ったの, 思っては, 思はせる利益, 思はれるの, 思わずそこで, 思われた, 思われる青年, 恃むべ, 患者が, 惜しみける, 感じられる, 憲兵二人とは, 成った結果, 成らぬうち, 成り変つて, 我々, 戦うこと, 戰ひし, 所謂, 折り重なっては, 指した, 掘り出されるに従って, 接觸し, 揃つて來る, 握手します, 支那人とが, 救う目的, 数々あります, 数えるほどで, 斃る, 料理屋に, 新参の, 旗は, 日本人とを, 早立ちの, 時の, 暮らそうなんて, 書く, 會つてそれから又, 有るか, 朝晩の, 杏春とで, 来たらまったく, 来馬の, 林市郎兵衛あとは, 植物の, 横田と, 次第に消息, 正行の, 歩いたこと, 死ぬ気, 殖え幾分, 母親とが, 比べて, 氏姓, 気抜けの, 汝やは, 決鬪し, 泊り合わせの, 浅草の, 混雑した, 減って, 満足した, 火気で, 為った体質, 為りたる後, 為り命掛け, 為ッて, 無駄話を, 爭つてゐる, 物から, 物質の, 狗だ, 猫の, 獸と, 現実の, 生き別れを, 生れたの, 生活, 田原が, 申しますので, 男の子一人と, 番士三人を, 異つた癖, 異なるなき, 疑は, 皆から, 目も, 直接間接に, 相別れ, 相成りて, 相知り, 相鬪つて, 眠れる人, 知っちゃ, 知られる中年, 知り相手, 知れぬ時, 石炭の, 神戸市中を, 秀造さんの, 私にと, 称えたいの, 称するも, 稚き女の子一人, 穏坊が, 立派に, 笑いあって, 答えたの, 紋服を, 終には, 結婚させる, 結婚出来ない, 絶えず上り降りする, 縺れ合うこと, 老人とを, 考へ, 耆闍崛山頂に, 聞くつら, 肝腎の, 自分から, 自称する, 船は, 花とが, 若い女中, 英語で, 荒物屋の, 落合いその, 藤堂家の, 血吸鬼との, 行くの, 衣裳の, 見うけ, 見えなくなるの, 見える者, 見た, 見なされる恐れ, 見られたに, 見るから, 見合いも, 見積もられて, 視線の, 親しかりし, 親しく接触, 親分とで, 覺しく, 解釈しなけれ, 言いたいが, 言い騒々し, 言う事, 言つた, 言はれる, 言わざるを, 言葉こそ, 記憶します, 註され, 話させられ宮崎, 話した時, 話し込んだり, 話そうと, 認めるよう, 語り得ること, 語学と, 談判松木の, 諸方へ, 謡の, 豚と, 貴女が, 赤い旗, 足軽一人が, 踊との, 身ご, 軽蔑し, 送り狼とが, 這入らぬ人, 逢いたくなくなった, 逢ってる時, 逢へる, 連れ添うべきだ, 遇わなかったそう, 運命とに, 道連に, 違うので, 違った自分, 違ひ, 都合三人だけ, 酒と, 釣れぬでも, 長い時日, 間違えられた, 関東人との, 附近の, 陳慧君と, 隣家の, 集めて, 雑談し, 雖聊か, 離縁する, 静かに, 韃靼女は, 頭の, 顔合わす, 食事を, 養育院に, 馬は, 駈落ちの, 高橋連虫麿の, 鮒釣りの, 黒い着物

▼ 人とも~ (4340, 1.0%)

29 黙って 22 口を 14 死んで 12 それを, 私の 11 一緒に, 気が 10 何か 9 一言も, 同じよう, 自分の, 顔を 8 手を 7 いっしょに, だまって, 刀を, 急に, 息を, 揃って, 涙を, 無言の 6 それに, 声を, 少しも, 気を, 眼を

5 [17件] そこへ, それぞれに, 何も, 出て, 口が, 同じやう, 外へ, 夢中に, 心の, 思わないよう, 殆ん, 目を, 私を, 見えなかった, 見えぬ尊い, 酔って, 頭から

4 [22件] いう, すぐに, そこに, たがいに, に入る, に眼, よく知っ, 二十歳を, 何にも, 君の, 妙に, 彼の, 思って, 机に, 無事に, 申し合せたよう, 疑は, 相当に, 赤い顔, 足を, 非常な, 非常に

3 [56件] あろうもの, いずれも, いやに, おとなしくし, こっちへ, すっかり身, に考へ, ほっとした, まだ若い, もつと, ろともに, 云ひ合せた, 今まで, 仲, 何を, 入る, 別々に, 別れて, 動かない, 口に, 同じい, 変な, 大の, 大学を, 奉公人とも, 家に, 寝て, 怒って, 思はないやう, 昨夜は, 次の, 殺されて, 泣いて, 滅多に, 父の, 獣とも, 生きて, 申し合わせたよう, 疲れて, 相手の, 眼の, 知って, 私には, 立派な, 聞いて, 自分が, 若い男, 親の, 言葉を, 話に, 身動きも, 降りて, 顔が, 首を, 黙ったまま, 黙つて

2 [234件] いいところ, いつの間にか刀, いまは, いままで, お台所, お辞儀を, お達者, きっとお宮, きれいな, ここで, ここへ, こっちを, これで, さあ出, しばらくは, しばらく無言, しばらく黙っ, すっかりあがっ, せっせと集めました, そのこと, その時, それには, そんなこと, だらしなく, ちがって, つとめて, どこへ, なく村越家, なにも, ならんと, にもう, に一致, に合羽, に女, に山, に死人, に目, はつきり思ひ出した, ひそかに, ひどく空腹, びっくりし, ふるえて, へんに, ぼんやりと, まるでびっくり, もうおしまい, もう断念, もう脂肪気, ものを, よかった, よく似, よく泳ぐ, よく眠る, よく飲んだ, りっぱな, ヂツとして, パラソルで, ヘトヘト歩いてる, メリケン粉の, 一しょに, 一寸も, 一度に, 一時に, 一生懸命に, 一種の, 下手人らしく, 不埒な, 不思議な, 不自然に, 並行し, 中, 中年の, 事の, 事を, 云い合せたよう, 云へる, 五十前後町人と, 亢奮し, 交際が, 京都の, 人の, 人知れず家, 他家へ, 似て, 何かに, 何とも, 何んだ, 俯向い, 元気に, 全然まる, 内地人の, 出かけて, 判で, 別々の, 前に, 前後し, 助からぬぞ, 動物とも, 可なり, 可成り, 同じくらい, 同じこと, 同じ病気, 呑まれちゃうだ, 呑まれちゃうだええばか, 品の, 喉が, 喧嘩を, 困って, 地方の, 声高く, 天狗党から, 好かずには, 妙な, 姿を, 嫌な, 子供だ, 家へ, 家族などに対して, 容易に, 宿の, 市内の, 帰して, 帽子の, 床に, 廻し合羽道中笠一本刀, 心から, 心に, 必死でした, 怎うし, 怖ろ, 思はなかつたが, 思はれない, 思わないところ, 思わなかった, 思わぬよう, 思われないよう, 怪我を, 恐ろしく派手, 愉快に, 愛して, 懐中電灯を, 我等が, 戦死した, 捉めえ, 揃いの, 早く死ん, 暫く黙っ, 書物を, 来て, 東京へ, 横に, 此の, 死んだの, 死んだ青年, 殺して, 殺しの, 水に, 沈んで, 泣いた, 泥だらけに, 洋服を, 浴衣に, 涙に, 潔白だ, 火祭りに, 炬燵に, 無腰である, 無言である, 無言に, 熱が, 熱心に, 現在の, 生れたの, 留守の, 異つて, 異議が, 白い浴衣, 目が, 着流しだ, 着物を, 知らず眠って, 知れぬ者, 知れませんが, 私より, 秋の, 突立った, 窓の, 端正な, 笑いながら, 答えない, 答えなかった, 純な, 結束した, 美しかった, 義に, 考えて, 考えない, 育たずに, 背が, 背の, 胸に, 腕っこきだった, 膝の, 自分たちの, 自分程には, 若く四人, 草の, 行って, 裸に, 見えなくなった, 見るからに, 言合した, 誰も, 貧乏で, 起きた, 足が, 跣足で, 近くへ, 遊びに, 達者で, 遠いうす暗がり, 酒が, 関係した, 階下へ, 障子を, 雨で, 食事も, 驚ろい, 髪を, 黙った, 黙りこく, 黙りこんで, 黙り込んで

1 [3280件 抜粋] あいさつ廻りの, あたま, あなたに, あの鮨屋, あまり年が, あまり話は, ある洋画研究所, あんまりさっぱりした, いい子, いう珍しい, いけない, いそがしいところ, いつまでも, いないと, いやーな, いわれる約束, うとうと眠っ, おかしい気持, おそろいの, おとなしく遊ぶ, おのおの死者の, おらなかったなら一刻, お下げに, お大事, お帰り, お目, かう云, かつて日本, かよいで, が二人, が甚内様, きっと殺し, ぎょっとし, くれぐれこの, ぐったりした, こうして砲台下, こっくりした, この七月, この先, この小さな島, この町, この難, これ飲ん, こんな積り, さっきの, しきりに飲む, しばらくの, しばらく黙った, しれぬ少年, じつに立派, すこし疲れ, すっかり力, すでに亡い, ずっと前方, ぜひ足, そう深く, そして何, そのときオリヴィエ, そのよう, その件案, その心, その日一日じゅう前歯, その点, その視線, それが, それぞれ無言の, そろって, そんな調子, ただ歩い, だったそして, だまりこんで, ちゃんとおしゃれ, ちょっと黙った, つかず魔, つかぬ頭, つき合いが, てれて, ですって, とらわれの, どうか気, どうも好き, どこにも, なかなかそんな, なかなか眠れない, なって, ならざるならん, なり給はんものをなど, なんという, にいずれ, にこれから, につつがなく, にわりに, に作れる, に劣らぬ, に大, に影, に成敗, に揃っ, に槍, に水, に現に, に経験, に腕, に見え, に足, に面, に黒, のそのそ歩い, はだしで, ひきうけて, ひどい言, ひどく気に入った, ひまさえ, びつくりし, ふりおとされて, ほとほとに, ほとんど物, ほんとに, ぽたぽたと, また暗い, まだこの, まだ京都, まだ小さい, まだ玄關, まっさおに, まるで仕事みたい, みえない骨ぐみ, みな夜じゅう起き, みんなお母さまがちが, むしろそれ, めそめそし, もうその, もう大丈夫, もう止せ, もちろん一言, ものも, やって来るの, やめて, やられたの, ゆうべ以来まだ, よう聞きんされ, よく寝, よく欠伸, よく食, わからなかった, わざと倒れ, アルトゥールと, インド人とも, ガロエイ卿に, クツクツ笑い, グーグーと, ジストマに, スケツチ・ブツクを, ダブルの, テニスの, ドレフュース派であった, ハイと, ビックリなすった, プイと, メランコリツクに, レエスの, 一つ蚊帳に, 一家を, 一撃に, 一直線に, 一語も, 万に, 三円五十銭の, 三浦君を, 上等な, 下手人である, 不審相に, 世にも名高い, 中年近い, 主家には, 乗り出した, 二人には, 二十四五だった, 二度と世の中, 云つてごらん, 五十歳以上の, 亡くなって, 亦霊公, 人影を, 今までに, 今日は, 仕事に, 仰ぎ見た, 会わなくなって, 但しめいめい別々, 何から, 何となくつまらな, 何やら互に遠慮, 何処にか, 何気なくバット, 便衣隊に, 傍に, 傷だらけに, 充分覚悟し, 入牢申付られし, 全然忘却, 全速力で, 六尺棒を, 其処へ, 内心喜ん, 出かける時, 出来るだけ, 分らぬ男, 切り立ての, 初めてそうかと, 判断が, 別段舟, 前部の, 助かって, 動かなかった, 匕首を, 十二三で, 十分に, 半信半疑であった, 南へ, 厳重な, 友だちが, 取りみだし, 古物蒐集家であった, 右手から, 同じく懇意, 同じもの, 同じ宇治, 同じ旅行, 同じ身長, 同時に寝台, 同校長, 名実兼備の, 否定しました, 呼びかねる, 唖の, 喜ぶ, 噴飯し, 四時に, 固く信じ, 地図一枚も, 堆い薪, 声が, 変ったなあ, 多く口数も, 夜と, 夢から, 大いに喜んだ, 大きく成つた, 大した男, 大久保へ, 大喜び, 大手を, 大車輪だ, 夫, 奥歯に, 女性で, 好まなかった, 始末を, 媒酌人である, 子どもの, 学校の, 守り得た, 官費の, 実際さう出来たら, 家で, 寄りつきませんよ, 寝そびれて, 寝ること, 寢卷でした, 小さな, 小太郎を, 小説を, 少し痩せ, 尻を, 屍室へ, 山遊びらしい, 左傾した, 布團を, 帰って, 平信徒とは, 平田篤胤の, 幼い時, 度々逃げ出し, 引っ込みがちに, 強くは, 当時寺子屋式の, 征服したらしい, 御回春, 御知らせ下されたる, 微笑した, 心地よく睡つた, 志を, 怒鳴りたてて, 思えないほど, 思えぬ静かさ, 思はず私, 思はぬ, 思はれるが, 思わずぎょっとする, 思わない変りもの, 思わぬお, 思わぬ傲慢, 思わねえやつ, 思われぬ仕草, 急ぐ旅, 怪我も, 恟ッと, 恰度先夜の, 悲しげ, 意気地が, 感ずるところ, 憂き目を, 憎悪に, 成るやう, 我慢ならない, 手に, 手持無沙汰に, 打ち斬って, 拝んで, 持って, 按摩を, 揃ってらあ, 故郷を, 数え年に, 文芸部の, 新しい若い生き生き, 旅行きし人とも, 日本の, 旦那持の, 昇天する, 春日の, 普通の, 暫しは, 最初は, 月給を, 朝の, 未だうら若い, 本職の, 村瀬の, 東上は, 栄二に, 案外銀座, 椅子にも, 楽譜を, 機會が, 歌の, 正体を, 武田大佐の, 死には, 死んだ, 死んでしも, 殊勝げな, 毎日元気かな, 気にも, 気持を, 水が, 汗びっしょり, 汽車で, 法術者である, 泥だらけの, 泳ぎは, 活発で, 浪費家だ, 海浜ホテルでなく, 深く冠, 満足な, 溺れて, 激怒の, 炭塊で, 無実であろう, 無論喧嘩別れ, 煙草を, 片眼, 物識らず, 玄関へ, 生きる事, 生命には, 生活の, 申分の, 留守半, 疑はしげ, 病さえ, 療養所の, 白い火, 皆な, 益満と, 目だけは, 直ぐに, 相手かまわずし, 真っ赤に, 眠ったの, 眩ゆい, 着のみ着のままで, 知ってるよ, 知り合いに, 知れない亡霊, 知れぬ人間, 短い髪, 碁に, 神田で, 私にとっては, 穴を, 立ちすくむ, 立ち止って, 立派に, 笑いは, 笑う, 笑は, 筆記を, 米友の, 紋服姿で, 素足であった, 組合に, 絵巻物の, 網膜炎であった, 縛って, 美しい顏色, 老年の, 聞きな, 肺炎である, 脇差は, 腕に, 腸結核だった, 自らの, 自殺を, 臭い匂い, 船と共に, 艶な, 苗字は, 若い身の上, 苦も, 草履を, 落付かず, 著述家次に, 蘇生した, 血圧が, 行く方, 表わして, 襟が, 見えず久米, 見えない姿, 見えぬ粧いとを, 見たの, 見事に, 見知らない顔, 覚えずしかる, 親しくした, 親密に, 解らない首, 言えまいから, 言へる, 言語を, 話し合いました, 認識し, 調子づいて, 警視庁へ, 財布の, 赤裸に, 趣味も, 足音が, 踊り場まで, 躯に, 軽い旅装い, 返辞を, 途中で, 逢わずに, 道具かたづけ, 違ったところ, 遠州, 部屋じゅうに, 酒を, 酔ってたけれど, 酷く似た殺ぎ, 野山の, 金魚みたいに, 銀杏返しに, 長い先, 長屋の, 開閉室に, 陳宮の, 随分理窟, 離れ離れに, 雲の, 青と, 面接の, 頗る元気さうだつ, 頻りに酒, 顔じゅう髯を, 顔見合せ, 風邪を, 飽きっぽい, 馬籠泊まりの, 駄々っ子で, 骨まで, 髪も, 鬼の, 麻上下だった, 默つて釘付けられた, 黙りこんだ

▼ 人~ (3763, 0.9%)

16012384 ということ 65 と思っ 57 と思う 55 と思った 5341 から, といふ, と云う 34 ねえ 30 という 2825 そうだ 24 が, そうです, と云 23 つたと, もの 22 つたのです, なあ 21 からね 19 と思つて 18 がその 1716 え, と思 15 と思ふ, と言, と言っ 1312 からである, がこの, と思いました 11 からその, とする 10 こと, そうで, つたから, と云っ, と私 9 という事, と云った, のと 8 からな, つた, と, というの, といっ, と思います, と言う

7 [11件] からです, がこれ, つたのだ, とお, と僕, と思い, と感心, と聞い, と言った, なア, もんだ

6 [12件] あの人, からだ, から私, かわからない, そうである, つたかも, つたのである, つてない, とは思っ, と思ったら, なと思った, のに

5 [17件] からあなた, からこの, からすぐ, からそれ, から何, から自分, か知らない, がそれ, が今, し, つたのが, つて, というよう, とすれ, とは思わなかった, と思ひます, と考へ

4 [24件] か, からあの, からさ, からそんな, からでございます, から心配, か知らねえ, か知れない, があの, がな, がね, っけ, つたの, という評判, といえ, といふ説, とさ, とのこと, とばかり思っ, と自分, と見え, わね, ネ, 相である

3 [47件] あの男, からどう, からどんな, からよ, から人, から仕方, か何だか, か分らない, がお, がお前, がこちら, がしかし, けれど, けれどあの, そうでございます, つたのだらう, つたので, つたのに, つて無, といい, というきり, という印象, といふやう, とおもう, とお前, とか, とか何とか, とその, との評判, とまた, とわたし, と云つて, と云われ, と信じ, と彼女, と思ってた, と思つた, と思はれる, と知, と見, と頭, な種々, ねこの, ねと眉, よお前, わねえ, んべ

2 [171件] かちょっと, かの舞妓, かよく, からあたし, からいい, からいくら, からうらやましい, からお, からか, からかぶる, からきっと, からこういう, からことに, からこれ, からそういう, からちょうど, からで, からでしょう, からといっ, からもう, からよく, から一号三〇〇円以下, から一目, から今度, から俺, から僕, から口, から嘘, から奥方, から好き, から妹, から恨めし, から悪い, から愚痴, から来た, から案外, から気, から決して, かアルメニア人, か何, か何千人, か悪い, か知りません, か私, か見分け, か解らねえ, がある, がこう, がそれでいて, がひどく, が俺, が大雪, が打ちあけた, が晝, が男, が疾風, が病弱, が私, が競馬, けれど主人殺し, けれど今, けれど私, この人, しその, しそれ, しまた, し思考, し母, し私, し苦労, ぜ八, そうでした, っけがなあ, つたで, つたといふ, つたな, つたのか, つてお前達の, つてね, つて居ねエ, つて言ふ, とあたし, というん, という事実, という感じ, という気, という風, といわなけれ, といわれ, といわれる, とかいうこと, とか云, とか何, とか悪い, ときめ, とこう, とし, としたら, としてもやがて, とそれ, とそんな, とつくづく, とはいえない, とは信じ, とは少し, とは気, とは知っ, とも思う, と云うべき, と今日, と何, と何だか, と信じた, と信じ切っ, と勝手, と呼ん, と御, と思いまし, と思え, と思はれ, と思ひ, と思へる, と思わず, と思わせられる, と思われた, と思われる, と感じ, と感じた, と感じる, と成丈外聞, と断定, と疑つ, と考え, と考える, と聞く, と自称, と見て取る, と言つて, と言ふから今, と訊く, と評した, と諦念め, と買物, と黒坂森, ども, ども今, なあお, なお, なという, なと思っ, な何, ねお前さん, ねと是, ね僕, ね君, ね小柳町, のの, のは, のを, ば淋し, べお, も, ものだ, もの浮世は, よお, よ私, アよ, ッ, ツた, 位に, 自分一人の

1 [1595件 抜粋] あ, あの素晴らしい, あんな風, いとしい人, おっ母さん, おれを, お前だ, お慈悲, かお前さん, かしらない, かそれ, かで分配, かどう, かの妾, かはっきり, かは誰, かも君, からああ, からあり, からいったい, からうっかり, からおれ, からかかりつけ, からけ, からこそ敢, からさよ, からすっかり, からそりゃ, からたいてい, からだから, からちょっと, からてんで, からという, からといつ, からとその, からとて決して, からと下宿, からと私, からどうしても, からどれ, からなア, からねお母さん, からのろのろ, からぼく, からもう少し, からわたくし, からキマリどおり, からナアニ, からパーティ, から一々, から一旦, から一部屋, から上手, から世話, から之, から二年後, から五十三歳, から今ここ, から仕掛けどころ, から何うに, から何事, から借金, から元, から全く, から内容精神, から助け, から単に, から可, から和女, から喜作さん, から図, から地獄振り, から多少, から大した, から大切, から奉公人任せ, から娘, から安い, から宜しい, から寢, から少々, から山野, から帯, から広間, から当時, から必ず, から怖く, から愚問, から我が, から掛かり, から斬つ, から新子, から早く, から是非遊び, から書く, から本統, から染丸, から止め, から此手紙, から氏郷, から治まっ, から然, から物, から生徒, から用意, から目, から社会, から私たち, から競馬, から細君, から縁側, から腹, から自家, から舞台, から薊, から表, から訪ね, から誰, から貧乏, から身寄, から逃がす, から遠く, から酔った, から頼り, から食べ切れない, から高師志望, から黙っ, かわかり, かコプト人, かベドゥイン人, か三好, か乃公, か今夜, か分からない, か分明, か判断, か十一人, か四人, か数, か最早, か獣物, か知る, か神樣, か見, か誰, か鬼, があたし, がいかにも, がおかみさん, がかつて, がことに, がそれぞれ黄, がと思い出す, がどの, がなぜ, がねどうして, がまあ, がもう, がもと三高, がわし, がイワン, がニコニコ, がワシリ, が一方, が事情, が今日, が傾向, が八年目, が其人, が出版, が前, が勝った, が同氏, が外, が奥州征め, が孫, が寄場, が小野寺町長, が当時, が忘れた, が惜, が昼, が歌, が毒, が気の毒, が深く, が父, が用達, が縁, が耽溺派, が自ら睹, が良い, が西陣, が身分, が陶人, が馬, が鬼, きみが, けど, けど昼間, けれどお, けれどその, けれどなんだかそれほど, けれどもいつも内々, けれどもそこ, けれども偶然, けれども支那人, けれど書, けれど磔刑柱, こちらの, ことに今日, この病人, さう, しいかに, しこんど, しへん, しユダヤ人, し余り熱, し君, し女房, し宣教師, し教育, し晩, し聞き届け, し誘った, じつにいい, そうだった, そうですね, そして妻君, それじゃ, それを, ぞう, ぞという意識, ぞと威張, ぞ停めろ, たしか, だがどう, ちのお, ちの出来ぬ, ちの恐怖が, ちの生活に, ちの背後から, ちの間にも, つたあ, つたからね, つたに, つたのさ, つたのよ, つたやう, つた幼に, つた彼は, つた氏が, つた訪ね, つてあなたを, つてありません, つてお前の, つてその, つてやはり, つてゐ, つてゐる, つて二人だ, つて内心輕蔑した, つて夕方各, つて寄せつけ, つて愛する, つて我慢しなけれ, つて殺したおぼえ, つて疲勞で, つて矢張後から, つて私たち, つて貴様に, つれない人, でお世話, とあきらめ, とあんしん, というた, というふう, という人, という場合, という意味, という感, という相手, という縁故, という説, といえる, といった者, といふぢ, といふ前提, といふ標準, といふ自覚, といふ評言, とうちあけた, とおもいました, とお前さん, とかい, とかいっ, とかさ, とかっ, とかに至つて, とかまことに, とかんじた, とかスパニア人, とか云う, とか殺し, とか言われる, ときけ, とこんな, とさめざめ, としてその, としてゐる, とじ, とするなら, とそれだけ, とちっと, とて朝鮮人, とて皆そう, とどういう, とね, との意識, とはおもいますまい, とはとても, とはまるで, とは今日, とは初耳, とは周信さん, とは思, とは思いませんでした, とは思えなくなりました, とは思つて, とは思わない, とは思われません, とは知らなかった, とは聽, とは限りません, とぶっ, とまだ, とも云, とも信じました, とも思へる, とも知らず, とやらに平生, とわかる, とハラム, と世間, と云え, と人目, と仰っし, と伺いました, と信じます, と八ルーブリ六十二・五カペイキ, と分った, と千世子, と卓一, と口, と吃驚, と君, と問われ, と大層, と存じます, と宿, と常に, と彼, と思いだした, と思い染めた, と思い込ん, と思ったらしく, と思つて了つた, と思はせた, と思わぬ, と想像, と感動, と手拭, と教え, と明言, と曉, と最初, と歌つて, と浦山, と申し, と発信人, と直感, と看做し, と知った, と知ってた, と神尾, と答えた, と罵り騒ぐ, と考へた, と聞いた, と聽, と自惚れ, と見える, と見なされ, と見当, と言いきかせ, と言い張るなら, と言ふから, と言われ, と説いた, と謂, と阿部君, と顔, どうしたら, なあと主人, なあと眼, なあ無え, なって思った, なと思いこん, なと私, など, などとはどうしても, などとまさかに, などと思っ, などと真面目, なんかと突っつきまわされる, なんてぜんぜん, なんてどうして, なんて豊世, な其様, な蟻町, ねいったい, ねえあの, ねえ一度, ねきみ, ねといっ, ねの生れ, ねエ, ね実は, ね相当, の, のにあなた, のにどういう, のに実に, のみにし, ははあ, ほんとにおかしな, まりの, もう六十ぢかい, ものこんな, ものです, ものねえ, もの仲よしで, もわれら, もんな, よおお, よしんば読め, よそれで, よだが, よと何度, よまったく, よ丹頂, よ大層, よ手放し, よ此の前荷, わと云う, わひどい, んだら, ア, ッた, トサ, ナいつも, ネー人が, 一人と, 七万両の, 三年ぶりに, 世間には, 事の, 五年も, 人に, 今に, 仙台江戸は, 何が, 先方が, 其処に, 初めて峠, 名刀鬼丸を, 大山は, 女の, 学校そのものも, 寛大さも, 山陽なんぞを, 己が, 幸い夜, 御城二カ所, 恥か, 我が手足, 拙者も, 時々近親, 朝鮮人だ, 泥棒だ, 無造作に, 生れは, 目下自由党に, 私は, 腹の中を, 裏切者だ, 謀反人は, 追及する, 酒が, 関取が

▼ 人には~ (3005, 0.7%)

16 それが 15 想像も 10 何の 9 違いない 8 誰にでも 7 これが, 相違ない, 私は, 逢は 6 云えない, 何か, 何も, 容易に, 珍らしい, 私の, 非常に 5 それは, わかって, 人の, 分らない, 私が, 自分の

4 [12件] あの人, それぞれの, それを, ならずに, 一つの, 一人も, 出來, 子供が, 思いも, 此の, 用が, 見当も

3 [46件] お酌, これを, さすがに, して, そうし, その名, ちがいない, できないこと, とても出来ない, ない, なくて, なんでも, なんの, 一度も, 二人の, 何が, 何らの, 僕の, 共通の, 吝嗇と, 悲しい事, 手当を, 最初から, 東洋人の, 気に, 気の毒だ, 特別に, 理解が, 疫病神の, 真似の, 眼も, 知られて, 笑は, 絶対に, 背を, 褒められる分外, 見えじと, 見えない, 見せて, 見せぬか, 誤謬が, 誰にも, 調法が, 逢はずとも, 違ひない, 面白くない

2 [163件] あらずと, あるもの, いって, いひて, いろいろな, えも, お判り, お定まり, お組, このよう, この書, さう, すぐに, すぐ解る, ずいぶん厄介, そのよう, その意味, それも, それらの, そんな習慣, だれにも, できない, とても信じられない, とても想像, とても考えられない, どこか, ないよう, なかった, なりませんわ, なれて, なれないの, はっきりと, ひとりも, ひどい目, めずらしいこと, めずらしかった, もつて, よくそういう, よくわかる, よほど敬慕, わからない, わからないが, わからないの, わからない事, わからなかった, わからなかったが, わかりにくい, わかりません, 一家の, 一層発作, 一日が, 一種の, 一脈相通ずる, 下手人の, 不可能である, 云えね, 人を, 人間の, 今まで, 他にも, 他人の, 以前の, 似て, 似合は, 何かの, 何にも, 何を, 何んの, 何事も, 何日に, 全く不思議, 出来ぬ芸, 出来るだけ, 判らない, 到底想像, 到底理解, 剽軽らしい, 危なくて, 唯一の, 因果を, 堪え得られないよう, 声で, 多少の, 大変な, 姿を, 子が, 実に盗賊, 実在し, 宿命といふ, 少しむずかし, 少し匂, 左も, 席を, 彼の, 往々双子, 心の, 想像が, 想像する, 愛されず欲する物, 手の, 指も, 教へ, 散る氣, 敵わ, 斯んな, 昔の, 是非この, 本當, 来て, 架空の, 気がつかないよう, 気の, 気の毒である, 気を, 氣の, 永久に, 深く注意, 添って, 無理な, 珍らしいであろう, 甘えないつもり, 生死の, 生活は, 用は, 男の, 相当に, 相当の, 知れぬ種々, 神信心の, 突けるの, 立派な, 罪が, 聲で, 能く, 自分で, 自由が, 興味が, 若い人, 薪を, 見えないもの, 見せたくないと, 見当が, 親切で, 言うな, 言はれぬ, 言ひ, 言ふ, 話して, 話すこと, 説明し, 誰でも, 誰とも, 誰も, 負けぬ, 身寄も, 軽蔑され, 近よらない, 返事を, 通じないと, 逢つた, 馬琴の, 馬鹿, 黎明の

1 [2335件 抜粋] あ, あくまで公平, あった, あなたたちを, あまりつきあ, あまりに消極的, あまり興味, あらざるを, あらで, あります, あるそれ, ある化石素, あんまり呑, いい人, いえん, いくらたのんだ, いちどお, いつかな, いつも, いると, いわないから, うつかりした, おいそれとこんな, おくびにも, おつ, おのおの至誠, おもしろくて, お気の毒, お話しする, かういふ型, かならず短, かなり相識, きこえなかつたの, きっと役に立つ, くみさない, けっして踏み越え, こうした事, こさ, ことに見張り, このチキンブロー, この方, この聖都, この都合, こりご, これで, これらの, こんな美人, ご存知かな, させられません, さまで必要, さよう沙汰, したくないもの, しん底までは, すぐだまされ, すぐ分かるだらう, すでにレヴェズ, ずいぶん愛蔵, そういうところ, そうしたところ, そう考えさせ, そのほう, その下, その妙, その晩じゅうただ, その習畫, そらこれから, それぞれ天職という, それぞれ独立した, それどころで, それらを, そんな不安, そんな幸運, たいてい京, たずねたがらないもの, ただの, ただ是, たやすくは, だらけた, ちがいありませんが, ちょっとその, ちょっと旦那様, ついうっかり, つっかかって, できないから, できなかったの, できるだけ多く, とうてい解るまい, とてもやれない, とても手, どうかする, どうしてもよい, どうも無, どこと, どれほど深い, ないこと, ない氣魄, なお一つ計画, なかなか解る, なつきませんでした, なりかねる, なり切れぬ, なるまい, なれましょう, なんだか恐し, なんらの, はかりしりがたし, はなはだふさわしから, ひとりの, ふいに, ほとんど反省, ほとんど読む, ほめられ自分, ぼんやりとしか, まさかあなた達, また, またそれなり, また疎開人, まだ一度, まだ相, まづ物云, まるで判らなかった, みないくらかの, みんなあいつの, むこう一年間, むつかしい地名, めずらしく口, もうだいじょうぶ, もう我慢, もったいない, もてない精神, もはや何, やがてその, やっぱり世界, やはり此, やらせずまず, よい, よい臭いとして, よくは, よく分らない, よく訣つたの, よろしゅうございます, わからないおもしろ, わからないところ, わからない悪魔, わからぬ隠密煩悩, わかり切って, わけも, わるい虫, ウ呑み, ガミガミお金, ゴヴォローフスキイと, ジャヴェルの, タニシが, ドイツ生れの, ピエールは, フランスの, ミスか, 一さい封書はつかは, 一切わけの, 一台当り二十五円の, 一寸分るまい, 一寸言へ, 一度くらいは, 一把の, 一本の, 一笑に, 一言も, 丁度肉眼, 三助が, 不可能な, 不平で, 不義であろう, 世の中から, 中らぬもの, 二ど, 二十年の, 二番目の, 云えぬ毒舌, 云われず又, 五年前に, 京都大学の, 人気者以上の, 人間一代だけで, 仏性, 他人でなかった, 以前兄さんが, 伊香保は, 会うもん, 会えまいという, 会って, 会わないだろうしと, 伴れ, 住吉村で, 何だか一, 何となし, 何卒お, 何度も, 余程不思議, 作家意欲の, 便利で, 俳句が, 側で, 傳達する, 兄が, 先ずお, 先生の, 全く会いたくない, 全く見えない, 兩足の, 其が, 内々だった, 再びゆつくりと語り合, 出て, 出来ない, 出来ない事, 出来ぬ然し, 出来心って, 分って, 分らないが, 分らない事情, 分らなかったこと, 分りやすい, 分配し得ない, 初めから, 判らないの, 判明らなかっ, 別に志士, 利根の, 到底手古奈, 到底私, 到着した, 功罪いずれも, 劣らない人, 勇壮な, 勿体ないよう, 勿論会う, 包むとも, 十五銭やった, 南北朝の, 即ち弛む, 厄介な, 参考に, 及びも, 受け容れられないかも, 口も, 可能と, 各立場, 同じ予感, 同情する, 向いて, 告げよ, 命が, 哲學は, 喜ばれるかも, 喜怒哀楽が, 困った嫉妬, 地味過ぎ, 堪えられそう, 声であった, 変化の, 多すぎる, 夜長く, 大してお, 大人物が, 大方誰, 天使の, 天空に, 奇妙に, 奥床しさ, 女らしい好いところ, 好適である, 妻子も, 娘達の, 嫌疑を, 学校と, 宗教はいりませぬ, 実に会い, 家が, 密と, 寡言と, 尊敬され, 小さくなる, 少しもか, 山家が, 左半面を, 帰らない彼等, 常の, 平場でない, 幽霊よりも, 弔われまい, 強いの, 当時の, 役者との, 往々かかる, 従う可, 御褒美, 徳操が, 心臓は, 必ず間近, 忌まれ疑われ寄るに, 怒れないん, 思う存分やらせよう, 思ひがけ, 性の, 恋が, 恐らくただ, 恐ろしかつ, 恩怨は, 悲劇が, 想像の, 愛ある, 愛想が, 感じられたので, 感興が, 懐きにくい, 我慢出来ません, 手に, 手當を, 持ちにくい, 捧げん, 擯けられ, 教えないで, 数学的観念という, 敵わねえ, 文豪キングスレー大, 新しい思想, 既に親まれ, 日本字が, 早起きの, 昔東洋人が, 是非此信念が, 時間を, 最もよき, 最も難物, 會は, 朝が, 本体が, 東洋人には, 染らないの, 棘と, 構わず先, 欠けて, 歌の, 此上頼みも, 歯磨き粉を, 死の, 死身の, 殊にこの, 殺人事件だ, 毎日苦悩の, 気が, 気が付かなかったでしょうが, 気の毒です, 気楽な, 永久の, 決してこの, 決して怪我, 決して珍, 油断も, 波多野精一先生の, 洩らさないという, 浮気が, 深く人, 渡さねえで鐘撞番, 火山現象を, 無愛嬌に, 無論年金, 熊自身の, 牝牛に, 特に船員, 猿股であり, 珍しいずんぐり, 珍しい下等, 珍しくも, 珍らしく, 現在が, 理解出来ぬ, 生まれながら備わっ, 生活緊張の, 田井佐波分, 男四人女七人の, 異樣, 病は, 病苦という, 登攀困難である, 百八十本以上百九十四五本当てる, 皆背中に, 直き, 直解る, 相違ありませんでした, 相違なく, 真実は, 矛盾である, 矢張りよい, 知らせないよう, 知られずに, 知られない傑作, 知られぬ愉快, 知れなくなつ, 破れ靴を, 礼儀を, 神も, 私から, 稀れ, 窺い知ること, 笑えなかった, 細君の, 絶対的価値が, 綱を, 罪も, 美術史専攻の, 老若男女の, 耳新しい珍しい面白い福音原理, 聞えなかつた, 聞えるけれども, 聞こえないが, 聞せ難き, 背くなり, 腋臭が, 自分等が, 自明の, 良いに, 色を, 芸術が, 苦惱ある, 茶は, 草花の, 薬の, 血が, 行逢わなかった, 装備という, 見えた, 見えないの, 見えなかったと, 見えました, 見える眼, 見せなかった, 見せられない場所, 見られても, 見られませんでしたが, 見得でなく日常, 見込みが, 親しみを, 観音の, 解つてゐない, 解りさ, 解り兼ねる嘆き, 言えないけれど, 言えぬこと, 言わないで, 言葉不通の, 訣りきつた所謂ばらけ, 話さないから, 話せない訳, 語らぬ身の上, 誠心を, 説明も, 誰れ, 諄々と, 譲れずむなしく, 豚が, 負けて, 負けぬ気, 買えないもの, 赤鬼と, 趣味的料理の, 路長く, 近づきが, 近寄りにくい, 迚も, 通じいい, 通じなかった, 逢いたいよ, 逢えない, 逢わずとも, 運という, 道を, 違いねえ, 適して, 酒と, 金よりも, 金銭など, 長者として, 間違い易く, 限らないで, 隅々まで, 隔てを, 隱さず, 霊魂が, 非ず, 面会を, 頒け, 頼まで, 飛鳥朝の, 飴玉一つ景品として, 餘裕が, 馴ず, 骨折り賃, 魔の, 鶯

▼ 人から~ (2468, 0.6%)

44 見れば 33 聞いて 21 見ると 14 物を, 聞いた話, 頼まれて 13 何か, 聞いたの 12 借りて 11 聞いたこと, 離れて 9 お金を 8 手紙を, 来た手紙, 私の, 聞いた, 聞いたり 7 人へ, 人へと, 手紙が, 目を, 私は, 聞かされて, 金を, 馬鹿に 5 みれば, 立てられて, 話を

4 [13件] きいたこと, して, それを, 受けて, 愛されて, 聞いたが, 聞かされた, 聞くと, 見られるの, 貰うて, 貰つた, 軽蔑され, 電話が

3 [34件] あなたの, いえば, この話, こんなこと, ばかに, みると, もらったもの, 人に, 出て, 同情を, 声を, 妙な, 忘れられて, 恨みを, 手紙で, 挨拶されました, 敬服される, 注意を, 直接に, 相手に, 礼を, 私に, 笑われること, 紹介状を, 聞いたと, 聞いたところ, 聞いたん, 聞いた事, 自分の, 見て, 親しみを, 親切に, 質問を, 頼まれたの

2 [127件] あって, あなどられ嘲笑, ある, あると, いいよう, いうと, いた, いつでも, いとわしそう, いやしまれ, いろいろの, うしろ指を, お借りし, かういふ話, き, きいた話, ことに自分, こんな話, さきに, されるまま, すず子に, その感動, その無頓着, その話, た, たずねて, だ, だ中ずぶ, であろうか, とかく悦び, どんなに妾, はるかに, ひどい目, ほめられるよう, 一人へ, 下谷に, 不思議がられる, 云はれ, 他の, 他へと, 伝へ, 來た, 借りた金, 借りるなんて, 偶像視され, 傳授を, 先に, 先生と, 出来て, 出発しよう, 区別する, 受けた印象, 受けた恩, 口を, 呼ばれて, 喧嘩を, 大事がられ, 大事に, 如何なる侮辱, 始めて, 完全に, 尊敬され, 少女小説の, 平次殿の, 幾度か, 引幕を, 彼は, 得られる, 御洒落, 思われて, 怨まれる筋, 恁う, 悪口を, 情の, 意外の, 感謝される, 憎まれるよう, 手を, 批難を, 承りましたが, 挨拶される, 教えられて, 教えられなければ, 明瞭に, 書いて, 月に, 望遠鏡を, 木で, 次の, 歌が, 気味合の, 爪は, 相手を, 眉毛までも, 眼を, 種々の, 紹介された, 美しいと, 考えると, 聞いたです, 聞かされた話, 聞きました, 聞くこと, 聴いて, 自分に, 色々な, 色々の, 見たならば, 見た場合, 言葉を, 認められて, 誤解を, 貰った, 貰ったの, 貰って, 買ひ取つた, 起って, 送って, 遠ざかって, 遠ざかるよう, 鉄路の, 間接に, 離れなかった, 非難されよう, 非難せられ, 頼んで, 顔を

1 [1740件 抜粋] あいつ貧乏人だ, あった恐れ多い, あなたへの, あの口, あまり敬重, あるの, ある強盗, あんなつまらない, いい笑い物, いじめられたこと, いたんだが, いへば, いるぜ, いる雇人, いろいろ挑まれ, いわれたが, いわれました, うけた印象, うける安全感, うたれるの, うらまれたくないと, うんとあの人, おそろしいかたい手紙, おります, お化けと, お土産, お生まれ, お銀様, かかって, かっさいを, かまわれるの, かれこれ云われる, きいた, きいたので, きいて, きつく叱られ, くらべれば, けなされて, こういわれた, こうまで, ここの, この言葉, これを, こんな失礼, こんな手紙, さいなまれて, さげすまれて, されつけて, しんみりと, じろじろ見られ, すこし離れ, すつかり, せられたので, そういう意見, そう云う, そう問いかけられた, そう言われ, そそのかされて, その収紅拾紫, その女王, その戒法, それは, そんな風, たった二人, たんとことば, だと, ちやほやされすぎた, つかわされたよう, であろうと, ですが, どうされるだろう, どが, どんな些細, なされた善, なる一組, ねだっては, はがきが, ひどく云われた, ふと招ぜられ, ほめて, ほめられるに, また一人, まだ約束, みとめられたという, むしり取られるよう, もぎ離されて, もてなされて, もらったシルクハット, もらっては, よく云, よく思われなかった, よく訊ねられる, よこした手紙, わたしは, ウィスキイを, グラッドストーンが, シナの, ドイツ語の, バイオリンを, ブジョクを, ボイコットされ, マルクープ老人が, リーフレットを, 一万人入れる, 一友人への, 一時に, 一毫も, 一目置かれた, 一通の, 七千人位の, 三十人ぐらいの, 三十間ほど, 三町とは, 上の, 下の, 不安そうな, 与えられる事, 与えられ強いられたもの, 世界で, 中二日, 乗るの, 事を, 二十五銭ずつ, 二十面相が, 二階に, 云えば, 云われて, 五万円余りの, 五人食はせ, 井伊直弼といふ, 人へは, 人肉の, 仇の, 今までの, 今日意外な, 他合, 伝え聞いた話, 伝わった南蛮秘法, 伝言された, 何かと, 何とか思われる, 何ら真, 何度も, 使われるという, 侮どられて, 信じられるなど, 信用される, 借りたもの, 借りてたが, 借りると, 借るにつき, 偏屈だ, 傳は, 僅かに, 充たされる性分, 入費を, 八人くらゐ, 六〇人に, 六様の, 其子に, 冷たい眼, 出た, 出た神, 出来た, 切り離されて, 判ったの, 剣の, 力説される, 勘定を, 勧められたまま, 包みが, 医学士と, 十人で, 十人を, 十四五間真直に, 千人近くの, 卑しめられ或いは, 卜部へ, 厭われる不具, 又聞きした, 友愛と, 反駁と, 取れなければ, 受けた, 受けた厚意, 受けた巨大, 受けた賛辞, 受けるだらうこと, 受ける感じ, 受け取る手紙, 受取ること, 召された, 可愛いい奴, 叱られた, 同じ長崎表, 同感された, 名前を, 君の, 吠えら, 呼びなされて, 命じて, 咎められなくても, 喜ばれたの, 喜捨を, 嘆かれて, 四十人は, 国際語として, 圧制を, 坊ちやん, 報告を, 多大の, 大きな鯵, 大阪見物の, 天晴な, 奇妙な, 奪った, 女として, 好かれて, 好かれること, 好まれては, 妙子宛に, 姉の, 委しく説明, 威かされて, 嫌がられる職業, 子供まで, 学び教えられたこと, 学んだの, 學ぶところ, 安達君は, 宮本武藏も, 寄附を, 實際の, 尊敬されよう, 尊称を, 導いて, 小包が, 小鳥同様ロハで, 少し隔, 岸本を, 工場での, 帝に, 干渉される, 幾らか資本, 度々申請, 引受けるという, 引離されて, 当日の, 彼の, 待受けられて, 後王皎崔元是は, 得られるの, 御感想, 御馳走にな, 忘れられたかの, 忘れ去られて, 思いがけない話, 思われたいの, 急に, 怨を, 恐れられて, 恨まれたり, 恨みでも, 恵まれて, 悪く思われる, 悪しざまに, 想はれ, 愚弄され, 愛されない人, 愛されるだけの, 愛され自分, 慕われて, 憎まれます, 憐まれて, 懐しがられ, 成つてゐた, 成る, 成る一隊商, 成る若干, 成立って, 戒告され, 扉を, 手土産に, 打たれた傷, 批判される, 抑へ, 押売りされる, 招待された, 持たせられたつて, 指弾される, 振返って, 接吻を, 握手を, 播磨屋の, 攻められるといふ, 教えられただけの, 教えられた覚え, 教えを, 教へ, 教わると, 敬われ旦那衆, 数え上げると, 文學者と, 斬られるという, 斯ように, 新しい命, 新鮮な, 日本人には, 昔その, 是非慾しい, 晩ごはんの, 智識などが, 書面が, 月給を, 本当の, 村の, 来た普通, 来る手紙, 極めて露骨, 極端に, 歎願されました, 正式の, 死体を, 段々その, 母へ, 比べると, 気を, 油揚げを, 注射し, 注目せられる, 洩れたの, 淋しい女, 渡させようと, 漢籍の, 無意味で, 煽てられれば, 物珍しげ, 獨立した, 珍重され, 瓜を, 生れて, 用向きを, 申し出た猫又先生更任願, 疎外せらるる, 疑われますから, 病人だ, 痛めつけられずに, 百七八十人を, 百人ぐらいの, 盗み取るよう, 目羅聊齋の, 直接聞いた, 真似らるる, 眺めた時, 矢張エスペラント語で, 知られて, 祝は, 神楽坂署に, 私少し, 移されるよりは, 突然もらった, 立てられる使い, 笑いものに, 笑はれまい, 笑われるからね, 笑われる場合, 純日本式, 紹介を, 給金を, 縁談を, 美しい所, 羨まれるよう, 習い覚えた, 習ったに, 聞いたうわさ, 聞いたこの, 聞いたはなし, 聞いた事件, 聞いた東京, 聞いた鬼火, 聞かされました事ゆえ, 聞かれたがって, 聞きおぼえた, 聞きました話, 聞き得たこと, 聞くところ, 聞く処, 聲を, 聴いた七万両, 聴きましたよ, 聴けば, 聽きます, 背中を, 脱すること, 自作農に, 自慢に, 芥川が, 若く見える, 英語を, 茶飲み話の, 虱を, 裁判所の, 西湖の, 見えないよう, 見たらおそらく, 見たらそんな, 見たら仰向け, 見たら実に, 見つけられない前, 見られたくないこうした, 見られてると, 見られるだけでも, 見られる自分, 見物され, 觀る, 言づかった, 言われたの, 言われても, 言われれば, 訊ねられるが, 証明を, 試験を, 話しかけられても, 話しきかされたこと, 詳しゅう聞い, 認められる以上, 誘われた事, 誤解された, 説き勧められれば, 誰何された, 調べられる理由, 論じ出された日本, 謝禮を, 譲歩を, 貧士竹齋に, 責められるまでも, 貰うた大切, 貰ったとか, 貰った時計, 貰つたのです, 貰つた時ほど, 貰つてずゐ, 貰つて來て, 貰ふ, 貴下の, 買いとったもの, 買い集めて, 買った他, 買つた皮の, 賞めて, 賞賛され媚びられる, 贈られたもの, 足許の, 距つて二人だけで, 転向し, 軽侮の, 辱められだれ, 返事を, 迷惑を, 送った密書, 逃が, 逃げねば, 通知の, 連名の, 達磨の, 遠くなる, 遠ざかつて, 遠眼鏡を, 郵便物を, 酒に, 野蛮人に, 銃手を, 閉め出され逃げるよう, 随分よい, 集まって, 雑貨薬種を, 離れたいと, 離れる, 難詰状を, 電話がか, 非常に, 非難を, 面白い男, 鞭たれる, 順々に, 預かって, 預つたか, 頭を, 頼まれたというは, 頼まれたん, 頼まれた荷物, 頼まれましたの, 頼まれれば, 風聞する, 飴を, 首もろともに, 馬鹿だ, 騙される事, 高い金, 麝香を

▼ 人でも~ (1941, 0.5%)

26 ない 20 あつた 17 ある 14 多くの 13 あるの, いいから 12 あると, なければ 11 二人でも 10 あるし, なかった, 自分の 9 あれば, 五人でも 8 それを, 何でも 7 あるかの, 殺さうといふ 6 あった, あったの, ないのに, よけいに, 三人でも, 日本に 5 ありません, いて, 余計に, 傑れた

4 [12件] あって, いるか, その人, それは, ないし, 二十人でも, 千人でも, 持って, 日本人でも, 殺して, 生きて, 私の

3 [27件] ありまた, あるよう, ある時, あろうか, い, これを, すぐに, ないから, ないの, ないやう, ないらしい, なんでも, やって, 何か, 來て, 出て, 十人でも, 同じこと, 多くその, 容易に, 彼の, 来ると, 物でも, 獣でも, 自分が, 自分に, 逃しては

2 [112件] ああいう, あったかい, あっただろうか, あったらしい, あったらそれ, あつたらう, あなたの, ありますか, ありますし, あるか, あるから, あるが, あること, あろうもの, いいと, いらっしゃりそうな気, いると, いるの, いれば, かう云, くれて, この季節, これくらい, そう云う, その娘, その点, それに, どうせ死ななく, どんなに重く, ないもの, ない一種, ない単に, ない影, なくまた, なく頭, やる, よんどころない用事, わたしの, わたしを, ゐたかい, 一つだけは, 一人や, 一生の, 之を, 人の, 人間が, 人間として, 人間の, 今では, 今日の, 仕上げること, 他の, 何百人でも, 出来たの, 参りますよ, 召使でも, 同じよう, 同志が, 名の, 君の, 味方に, 味方は, 命を, 多い方, 多く客, 多く眼, 宜い, 尊敬し, 居るか, 居ると, 左様な, 弟子を, 待って, 待つの, 思い出したかい, 悪い人, 成れぬこと, 手に, 手の, 批評家とは, 支那の, 支那人でも, 映画は, 時には, 朝鮮人でも, 案内し, 歌人でも, 歩いて, 殖えるの, 殺さうと, 殺しさうな, 永遠の, 無い, 現在の, 男の, 留置される, 百人でも, 相手に, 知つてゐる, 私と, 種々の, 穂吉の, 結構な, 見つけて, 身体と, 通るが, 金を, 頼まないと, 頼んで, 馬でも, 駄文を, 黒雲位は

1 [1316件 抜粋] ああ云う, あいつ相変らずでいやがる, あげること, あたしの, あったが, あっただろうかと, あったらばと, あったら友人, あってはと, あの大きな, あらば, ありその, あります, ありゃあ, あり事業経営, あり得ずに, あり悧巧者, あり芸質, あるいは, あるしするもん, あるだろうか, あるでありましょうか, あるといふ, あるのに, あるもの, あるん, ある刃三十郎, あれでは, あろう, あろう編笠, あんめえ, いいし, いいただ, いい加減たくさん, いい暫く, いざという, いちどは, いつでも, いないの, いますか, いやしくも生活, いらしってよ, いるかの, いるだん, いるとは, いわゆる, うるさいオカカども, おいで, おかまいなし, お召し抱え, お弟子, お泊めできる, お雪, かうな, かかれ, かつて素面, かまわねえから, かわいくなっ, きっと自分, くると, ここに, この一段, この原則, この土地, この娑婆, この悦び, この淀川, この理論, この紋也, この頃, これから先, これだけの, こんなにだれ, ごく目立たない, さわるよう, しばらくする, すき, ずいぶん召抱えられ, ぜひなく, そうした男, そうそう贅沢, そうであります, そこから, そこに, そのより, その備, その名, その専門, その昔, その真実, その精神, その草履, それぞれの, それらの, そんな人, そんな輕躁, たすかりたかつた, たつた一人, たよりに, だれでも, ちがった感じ, ちょっと小刀, ちょっと骨, つい他人, つて夕食を, つて本や, できるの, ときに, とにかく外国人, どうした, どこか, どんなさい, ないが, ないこと, ないでしょうから, ないらしかった, ない三年前, ない又, ない奴ら, ない田中氏, なかつた, なかつた為, なかろうし, なくわれわれ黄色人, なく人間, なく十三人, なく恐らく単に, なく生命, なく農夫, なく黒色人, なしいずれ, なしの, なんとかならん, はいって, ひそひそ声, びっくりする, ふるえあがって, ほかに, ほしがる, ほんとに好, また何時, まつげの, みなこの, むずかしければ, もう禁欲, やがては, やっとこの, やとおうかと, やはり飾り, やれるよう, よいが, よくここ, よく遊びます, よも尋ねあたらぬ, わからない人, わしが, ゐたと, ゐられさ, ゐるのに, アメリカ人でも, イミテーションの, キュルペなどの, コツコツと, シャンパンを, チースは, ハグれない, フランス人でも, マールブランシュと, ヨーロッパ人でも, 一つ探し, 一向にこの, 一定の, 一度に, 一度心臓音, 一応は, 一日の, 一生に, 三万人でも, 三日も, 三週間くらい, 不自由は, 世の中に, 世間にゃ, 丸で, 乗つて, 乳母という, 二ツの, 二人連でも, 云ひ得ない, 五尺三四寸は, 交際って, 人に, 人体改良には, 人数の, 人間を, 今の, 今度のは, 他人が, 他所の, 仰山寄せ着けときたい, 伊之助だけは, 何だ, 何人でも, 何時でも, 作り得ざるにおいては, 侍して, 信者でも, 借りること, 値段は, 働きたい学生, 優れた人物, 元は, 先口に, 先輩或は, 入って, 入院した, 全力を, 六人でも, 其の國, 其の状態, 其西洋の, 出し渋, 出ては, 出るよう, 出来たので, 刀を, 別な, 力の, 勝たせたいと, 北方の, 十羽去勢し, 半人でも, 友だちが, 反証しえない, 口に, 口髭なんぞ, 古言, 可愛がっ, 合点の, 同じ事, 同様の, 同行者を, 名探偵, 君と, 否様の, 呪いそう, 呼ばれたらわたし, 咀嚼する, 善い二人, 囘, 圧迫し, 地下に, 地獄へ, 埒が, 境遇に, 増して, 変に, 変わった目, 多いこと, 多い事, 多くあつて, 多くが, 多くなれ, 多くみなさん, 多く傍聴, 多く勤王, 多く叩き斬ろう, 多く婦人大衆, 多く島へ, 多く形成, 多く救っ, 多く珍, 多く生徒, 多く石膏, 多く絵の具, 多く読ん, 多く連れ, 多すぎる, 大きくゆったり, 大伴家の, 大坂生まれは, 大抵そんな, 大日平の, 大隊が, 失うこと, 奇人でも, 女に, 女中なし, 好い二人, 娘が, 子供が, 子分や, 孤児の, 学者歌と, 宜いんだ, 実際に, 客が, 家の, 家庭料理風な, 寄る年波, 小さい人, 少い時, 少し世襲的, 少し齢, 居る, 山頂に, 差支えなきゆえ, 帰りまでには, 常識には, 年ぎめの人でも, 幸福に, 延若の, 引き止めるもの, 張爾田, 当人の, 役人と, 彼女の, 往けば, 後詰に, 心の, 必ずその, 志を, 応援隊を, 怖しい, 思うよう, 思わずひるん, 恋に, 息の, 悦んで, 悲惨の, 感じの, 感心する, 憎んだり, 懷かしい, 我々は, 或いは之, 手伝わせて, 才子だ, 批難できやしないだろ, 投り出し, 押え切れなかったという, 拙者一人で, 持てあましぎみ, 捜して, 掛り人の, 改心した, 救われること, 数十人でも, 敵わ, 文化に対する, 文句は, 文章を, 斬ったか, 斬りねえな, 斬れるし, 斯様な, 既に一人, 日常生活の, 日本人である, 日本橋の, 昔から, 昔話から, 時によって, 時代と, 暮らして, 月に, 有ったら誠に, 木彫りの, 本当の, 本質的見, 村田さんを, 来い, 来たかの, 来て, 来ようもの, 東京へさえ, 概してその, 構は, 構わねえ, 此からの, 此山頂に, 死については, 死刑に, 殊更に, 残留する, 殖えると, 殺されたの, 殺したる因果, 殺す奴, 殺す氣, 殺そうと, 母や, 毎日流動物ばかり, 気がつけば, 気取ったり, 氣が, 決してない, 沢山の, 油斷は, 泣く奴, 流石に, 深くいかに, 減っては, 減らすの, 温泉へ, 滅多には, 無いよう, 無くし得て, 熱心家が, 爺さん婆さんを, 狡猾な, 猿でも, 獨創的意見を, 現存し, 生きた人間, 生き残って, 甲は, 男工が, 町に, 病気を, 登った人, 皆, 皆二, 皆食い得られる, 相当な, 真ツ先, 眼を, 知つてゐた, 知らず識ら, 硝子を, 私にとって, 私よりも, 突厥人でも, 立てて, 等しくその, 米国の, 素人は, 経験ある, 網に, 美わしい, 老後という, 耗れ, 聘んで, 職業によって, 脇役者の, 腕組みを, 自分一人の, 致します, 芝居を, 若杉裁判長の, 英國人でも, 落ちたもの, 行けないこと, 行つてゐない, 表向きの, 西洋料理屋の, 見えられるの, 見るよう, 見出すで, 親切に, 言うこと, 言葉つき態度仕事の, 討ったと, 詩人たり, 認めて, 語るべき一つ, 誰か, 諸葛亮, 貴女以外の, 賦性と, 踏んで, 轢いたん, 近づいて, 近寄ろうもの, 送って, 逃げ出す者, 通ったかと, 通りかけたらと, 通り合わせた, 遂に返答, 道中が, 遺骸は, 酒に, 金銭の, 長い年月, 間違ったこと, 降りて, 随分鮮, 雨の, 頭が, 頼まなきゃ一, 頼んだらどう, 顔の, 食いきれないよう, 食ってだけは, 餓死者を, 餘計な, 馬車でも, 騒動が, 魔が

▼ 人として~ (1807, 0.4%)

10 彼が 9 それを, 彼の, 私は 7 私の 6 そこに 5 帰って, 彼女の, 江戸の, 生活し, 私に, 自分を 4 この世に, これを, 列席した, 彼を, 気が, 活躍し, 生れて, 知るもの, 社会の

3 [22件] きょうの, ここに, これに, そんなこと, 一部の, 他の, 如何に, 心の, 怪しむ者, 我々の, 火を, 知って, 知らぬ者, 知られて, 神に, 立派な, 自分の, 見て, 見ても, 見当りません, 話せるの, 連れて

2 [91件] お筆, こ, この土地, こんなこと, そのこと, そのよう, その精神, それに, では, なかった, はじめての, またはその他, ものを, やれなかったから, わたしは, われわれも, 三千代の, 世に, 世間に, 之れ, 互を, 五常を, 今度の, 今日の, 仕事を, 何か, 作家は, 信じて, 働くので, 優勝特絶の, 入って, 口を, 名が, 名高いボロディン, 君の, 学問の, 年分二百四十万両という, 弟子入りを, 当時の, 彼は, 彼女を, 悲しいの, 想像も, 憫んだ, 所謂南画の, 拳銃が, 描かれて, 故郷へ, 明らかに, 暮して, 有名な, 来て, 此の, 歴史家に, 死んで, 毎日同じ, 活動した, 浄瑠璃の, 王を, 現れた仏身, 生きて, 生活する, 疑って, 疑わしい者, 相手に, 知った顔, 知らなければ, 知られた男, 私も, 私を, 立って, 第一, 聞いて, 腕時計を, 自然に, 自身を, 衆人に, 見えて, 見たこと, 見ること, 見れば, 解答を, 記憶に, 認められて, 通例の, 逮捕される, 遠くから, 遺してあつ, 長く立つてる, 離れて, 養子に

1 [1443件 抜粋] あえて突っこもう, あつて, あの五つ, あまりにも, あらはれて, ある美しい, いかなるもの, いくらでも盃, いまどうしても, うつりました, おかみの, おまえさんに, おん身を, お仕え申しました, お供うちに, お扱い, お迎えする, かき続けて, きみの, こね直しきらないうち, このとき, このチャンス, この世へ, この会話, この冗談, この国, この女王, この山, この愛, この書物, この水, この町, この身, この際, これといふほどの, こんな取り扱い, こんな莫大, さきに, さまざまと, しばしば, じゃね, すべきこと, せめて根気, そうした覚悟, そこから, そして妹, その不思議, その価値, その家, その席, その座, その意味, その所由, その最後, その気, その父, その生い立ち, その百貨店, その能力, その補弼, その道徳性, それが, それの, そんなややこしい, ただちにエセックス, たとい結果, たびたび取り調べ, ちょっと御, つめきった呼吸, であつ, とけこむこと, どういうこと, どうにか世間, どれだけ, ならかねて, なんの, の食っ, はたらくこと, ひそかな, ひろ子も, ほんとうは, または木曾谷三十三か村, また人格者, また断食芸人自身, また議長, みずから衣食住を, もうそれ, もっともっと学びたい, もつと, やっぱり手紙, ゆるされて, よく用いこなされ, ろくなやつ, わしの, われを, アテネの, インキだらけの, コックス家を, シェークスピアの, ダメだ, ナポレオンの, ハツバス・ダアダアの, フランスを, マヤコフスキーは, ユーディットの, 一々首實驗, 一つ指紋を, 一人並みである, 一刻も, 一日二日この, 一段と下った, 一生を, 一生観音に, 一言します, 七十戸に, 三代目が, 上に, 不忠な, 不滅の, 世界人類の, 中国の, 主張を, 久光に, 九代団十郎に, 事の, 二ヶ月前はじめて, 云々という, 互に冷, 互に頼り合っ, 交はるは, 人々と共に, 人生の, 人間並みに, 今何を, 今度印象を, 今迄, 他へ, 以前に, 仲立し, 会社との, 伸び育つべき個々, 住んで, 何と, 何よりも, 何人の, 何度福島の, 余計な, 価値が, 信ずる者, 信用は, 倉地の, 假令西洋に, 健全な, 傷か, 働いたこと, 僕は, 僧侶の, 先ず予めその, 先生の, 入閣を, 公判廷に, 其の文書, 其処に, 其目的を, 典膳を, 决し, 凡俗と, 出て, 出廷しなかったで, 出掛けて, 出現された, 切なく苦しく視線, 列ねられて, 初めて感ぜられた, 別に意, 到達し得る, 創作する, 加入する, 助るまい, 動きだすもの, 勧告しあんす, 北に, 十分に, 卑怯者は, 南の, 印象され, 卿らが, 又勤労者, 反省も, 取り扱って, 取扱った, 取留めた事, 受取るほどに, 古我判事, 同じ顔, 同性の, 名の, 名乗り出たの, 名実ともに, 吏臭ある, 君等を, 告発したい, 呼ばれましたかな, 善くする, 喜んで, 国家に, 土を, 土地の, 城池を, 声を, 多く使役せられ, 大いに困る, 大事に, 大抵の, 天下に, 天下を, 太閤秀吉を, 奥さまの, 妻として, 娘の, 嫌いな, 存る, 存在を, 安全な, 完全な, 宗祇の, 定評が, 室を, 家宅内全部を, 寄りつくもの, 富永の, 尊いかと, 尊敬し, 尊敬や, 少しも, 尚侍を, 山中に, 岡田の, 工事にか, 帝の, 席順によって, 帰国する, 常見の, 年二百四十万両という, 広告する, 座を, 建物に対する, 当時に, 当然な, 影の, 彼と, 彼並びに, 彼女は, 待遇されない, 後世に, 御免を, 必ず尽すべき, 忍術の, 応挙や, 怖れ, 思うもの, 思出す, 急に, 恋しくいつも, 息子が, 悪人という, 悲しみを, 意見を, 愛するもの, 感じられて, 感ずるもの, 成功させない, 成長しなけれ, 我が主君, 我は, 或は安楽, 手もちの, 手当たり, 扱うこと, 抑留された, 押し通して, 招かれて, 拷問が, 捕えること, 捕獲しなけれ, 推服し, 提出者の, 擧ぐることが, 放火事件の, 政府と, 政治の, 教界の, 数えられましょう, 文壇に, 文学者として, 断言し得る, 旅行する, 日本にも, 早晩個性との, 明治十九年の, 映つて, 時代と, 暮らすだろう, 書かなければ, 曹操の, 最も消極的, 最も高い, 有ったので, 朝夕の, 木藤救世軍士官が, 未来の, 本審理, 本当に此, 来たの, 来なかった, 果たして一人前なり, 桔梗様を, 棺側に従って, 槍を, 横仆った, 欠けるわけ, 次第にその, 止むを, 正徳の, 正直に, 此島地を, 武蔵を, 歴史に, 死刑を, 残る医学士, 気の, 水戸の, 永く記憶, 法主が, 波瀾重畳であり, 活きんため, 活躍した, 浮び上って, 涙ながらに, 温情的に, 源氏が, 演る, 火烙り, 無いのに, 無事には, 無理の, 熊谷邸に, 父を, 片倉君は, 物理学者が, 特別に, 独立し, 狼の, 玄関口を, 現われて, 現在の, 理解し, 甘い懐郷, 生きた人間, 生きられる世界, 生き抜こう為, 生の, 生まれ来た, 生れ且つ, 生故, 生活した, 生活を, 生長し, 男子と, 畜生と, 異様な, 當時の, 疑い怪しむ, 疑惑を, 発展の, 登場する, 百五十人からの, 皇帝の, 目指されました, 目立つからといふ, 相伝え, 相応名を, 眞に, 眠つたものは, 知った者, 知らぬガラン, 知られ當時, 知る人, 知合などは, 禁裏から, 私共の, 秦啓源を, 積極的な, 立たせる第一歩, 立ち会う義務, 立ってなんか, 立向う, 筆を, 精神の, 糸子に, 約二百万人, 素顔を, 終って, 組織の, 経験論者であった, 綺麗な, 縮み上らぬもの, 置く気, 罰金を, 美服美食を, 老子が, 考えねば, 考えられるよう, 考へます, 聞きつけは, 肯定し, 胸を, 能登守の, 自らも, 自他共に, 自分は, 自分達二人の, 自国民, 自然が, 自負する, 舞台あるいは, 芥川を, 芸術の, 英俊をも, 草木の, 落ち着いて, 著者の, 虱の, 血眼に, 行くの, 行って, 行儀よく, 行進に, 表に, 被告の, 要求され, 見える時, 見た感想, 見られたといふ, 見るもの, 見向きも, 見送つたので, 親身の, 言ふ, 討議に, 許しては, 該当者が, 認められよう江戸期, 語るといふ, 読者に, 誰人にも, 論じ私, 諸葛孔明, 警察署に, 讃えられて, 責任の, 賛成を, 起きて, 足利義昭などは, 躊躇し, 軍法会議で, 迎えたいと, 近所へも, 送られる途中, 通すこと, 通行券を, 進むべき道, 過分な, 道路治水の, 遣わされたところ, 選手たちに, 遺書を, 酔った顔, 重んずる気分, 重大な, 金色の, 錠口までも, 長刀を, 閑居し, 関心を, 降伏しよう, 集って, 雇はれ, 電燈を, 静かな, 面会を, 頼朝の, 顕著の, 顯著の, 飢餓性もしくは, 香取の, 馬を, 驛員殊に, 高柳を, 黒田嬢の

▼ 人である~ (1684, 0.4%)

101 ことを 51 ことは 31 ことが 26 ということ 24 がこの 21 がその 19 ことに 12 かどう 11 かのよう, という, といふこと 10 が, ところの, と思っ, のを 9 かも知れない, からこの, ことも, のだ, 事を 8 からその, と云う, やうに 7 と思った, に相違, のは, ように, 事は 6 か, から, が彼, という事, と云, と思う, と言う, のが 5 ために, というの, と源氏, やうな 4 か否, がため, が私, ことだけは, ことの, と思います, と思ふ, 私は

3 [25件] かが分る, かない, から自分, がしかし, がそれ, が故に, が此, だけにその, と, といふ, とは限らない, と信じ, と同時に, と彼, と言, にも拘らず, のか, のに, のみならず, ばかりでなく, ような, 場合が, 彼が, 時は, 私の

2 [83件] かが信一郎, かその, かそれ, かということ, かと云う, かの如く, かはっきり, かは瑠璃子, かも知れぬ, からこれ, からで, からです, からよい, から決して, から社会人, から私, かを知っ, かを知らず, かを知られ, かを見定め, か或は, か當, がこれ, がとにかく, が之, が其の, が大, が戦争, が氏, が浮かれた, が特に, が當時, が若い, が院, けれど余, こと, ことと, ことなどは, ことをも, すこし彼, ためか, ためには, とあなた, というよう, という噂, という意味, といっ, といつ, といふ意味, ところから, ところが, とし, とすれ, との推測, とはいえ, と夫人, と思, と思い, と聞い, と自ら, と言つて, にかかわらず, にし, に違い, のかも, のだろう, のであまり, のと, カン, 事も, 以上は, 以上婿にも, 余は, 場合には, 場合は, 彼は, 必要が, 我々の, 此の, 母親は, 筈だ, 筈な, 自分が

1 [881件 抜粋] あかの, あなたばかり, あの男, あの貌麗, おとうさんは, かあるいは, かがもうハッキリ, かがわかるで, かそれとも, かというこの, かという疑問, かといえ, かとも思われた, かと云, かと思っ, かと思われる, かどういう, かについて思い悩んだ, かに由, かのごとく動く, かの事實さ, かの見分け, かはそれ, かはわからない, かは大凡気, かは手, かは次に, かまたは, かむろん, かもしれぬ, からあの, からうとましい, からお, からこ, からこれから, からそれ, からたとえ, からだ, からという, からといっ, からといつも, からと大将, からと思っ, からなかなか, からには哲学史, からには多分, からばかりでなく, からほしい, からまして, からまちがい, からよろこん, からドイツ, から一概に, から一緒, から両方, から人, から人間通, から今, から今後, から何一つ, から信用, から公, から出身, から商い, から國, から失恋, から如何, から実地, から寧ろ, から年齢其他, から強, から忠一, から改めて, から時代, から暗に, から無論, から狐, から生活苦, から番号, から社会全体, から結婚, から自殺, から花, から被害, から賢く, から過, から醜く, から金, から長い, から隠居仕事, から非常, から韻塞ぎ, から魚類, かわかり, かをお, かをきいた, かをわたし, かを世間, かを声, かを少し, かを溯り知り当てる, かを知らないだろう, かを知りました, かを知る, かを突き止める, かを見て取った, かを説明, か三人, か二人, か分からない, か判らぬ, か又, か又は, か外, か明かさない, か知らすまい, か知らない, か私, か蒔岡方, か遂に, か鬼, があまりに, があれ, がいよ, がかつて, がこ, がそち, がその後弓削道鏡, がそれ以後, がちょうど, がどう, がどうも, がふうはり, がほんとう, がもうすっかり, がわたくし, がわれ, がアブノーマリティ・ハンター, がモレスコット, が一人, が一種, が万事, が三重吉君, が中年, が丸太町, が今, が今晩一時, が仏蘭西, が何故, が典木, が初め二人, が半蔵ら, が同じ, が同氏, が名誉心, が嘉禄三年, が多く, が子供, が対照, が席上梅津只圓翁, が張金吾, が後, が従而, が悲しく, が手紙, が放庵, が故, が時代, が最も, が東京, が此等, が温藉, が無帽, が玉鬘, が男, が略, が祕書省, が突然, が綜合, が至って, が話し合っ, が諸国, が越後, が車, が道心うち, が重役詰所, が関東, が雪舟, けれどもあれ, けれどもネパール, けれども同, けれども孔子, けれども法然, けれど能, けれど資本家, ことから, ことぐらいは, ことそれや, ことである, ことにも, ことまで, こと実生活を, こと殊に, このフランス人, この人, この狭い, こんなに姉たち, さくらや, し, しまた, し光悦, し夫人, そういう者, そうだ, そこで道中安全, そしてそれ, そのおかしな王, その一人, その子弟, その自分, ぞ, ぞえ, ためです, ための, ため久子が, ため彼に, だけそれだけ, だけにいよいよ, だけにクリストフ, だけに半蔵, だけに思わず, だけ一面, だけ処女作, だけ生活, だけ若い, というくらいのこと, というの故, という妙, という尊厳, という意識, という激し, という盲目的, という空疎, という論理的到達, という面, といった, といふやう, といふ事實, といふ想像, といふ誇り, といわれ, とおもう, とかんがえ, とか忠良, ときは, ところがこの, とごく, とさえ言っ, としてもしかし, としてもはたしてそんなに, として自ら誇示, としらばくれ, とする如く, とその, とたとい, とともに宮廷, となす, とのこと, との自覚, とはお松, とは云い, とは尚更, とは常に, とは感づき, ともいう, とも云え, とも思った, とも道誉, とを問わず, とツク, と七十郎, と主張, と云え, と云つて終, と云われ, と今, と仮定, と共にお, と共にその, と共に日本人, と分った, と口, と大将, と存じます, と少女, と思うた, と思つた事, と思ひ, と思われた, と想像, と感じた, と打明け, と推定, と教えられた, と斷言, と時雄, と書い, と波子, と申しました, と知った, と考へられ, と聞く, と自負, と見, と見え, と見切り, と言い, と言い切れない, と言っ, と評した, と認定, と謂っ, と賞嘆, と院, と驚嘆, どうして好き, どうだ, なと思いました, などとその, などの説, なにぶん弟子, にすぎない, にち, にも関ら, によって我等, に引きかえ, に比し, のかちよ, のから, のであった, のであろう, のでこの, ので侍僧, ので別に, ので隅, のにその, のにと, のに一方, のに先方, のに対し, のに彼女, のに後, のに祇園精舎, のに自分たち, はずが, ふたりの, ほんとの, ものか, ようだ, ようにと, ようにも, よりもなにか, よりも考える, わしを, アグネス, アンガスは, エミイル・ゾラの, ガルスワーシーは, キャゼリン嬢が, ケルン大学の, ジャン, スポーツ好きの, ゼイモト, ゾシチェンコが, チャルクチマは, ドクトル加藤時次郎氏の, パスカルは, フロレンスの, ブラウン氏は, ヘンリー, マクネエル氏の, マヌース・ハイマンという, レズリー・ステフン卿の, ワーイロッパ, 一人の, 三好日向守が, 上は, 与作の, 久米が, 乳呑子が, 予の, 事などは, 事主人は, 人々は, 人間が, 今井が, 仏教信者を, 以上それには, 以上わざ, 以上或, 以上現代を, 以上虚構を, 以上親とも, 伸子たちに, 佐藤行信は, 作者が, 作者の, 個人が, 僕の, 其の入唐留學, 其他上杉でも, 処から, 前漢の, 区長スミスの, 医師ヴェーゲラーに, 千恵造の, 友人の, 同じ病人たち, 同君が, 名代の, 問題を, 四丁鼻の, 土門に, 地方を, 堀内伝右衛門を, 場合, 塚原義夫を, 外国人である, 大将夫人も, 大橋為次郎翁は, 大隈伯の, 天使に, 奥さんが, 女に, 奴隷種族である, 如くにね, 子供に, 宅子といふ, 安田が, 実例を, 宣長翁とは, 小学校校長が, 尾張の, 山高信離氏は, 岩倉具視は, 左門の, 幽斎から, 張伊三を, 彼に, 彼等の, 房に, 所以に, 所以は, 故から, 新聞記者の, 是非やりたい, 時には, 曾ては, 朝鮮人留学生朴友石の, 村役人が, 栗栖という, 楽焼数点を, 横山大, 次には, 武者小路実篤は, 母に, 永楽を, 泰造の, 源次郎少年が, 源氏も, 点で, 点を, 父の, 父は, 玄, 由で, 男谷の, 知合の, 祖父が, 私も, 窪田空穂氏の, 立派な, 竜樹が, 筈は, 籾山夫人と, 老公が, 而し, 自制し, 芥川氏は, 菊池寛の, 証誠は, 誰々その他十余名で, 長さんと, 間は, 間崎とともに, 限りは, 限り一朝に, 陶器会社の, 隊長さんなどに, 青年思想家天野一郎を

▼ 人~ (1641, 0.4%)

95 二人は 58 二人の 42 二人で 36 三人は 27 三人で 19 三人の 12 五人で, 五人は 11 二人が, 二人じゃ 8 十人の, 十人は 7 五人の, 車が 6 三人が, 二人, 物を, 車の 5 なあ, 二人に, 奴隷の, 近所の

4 [14件] わ, アメリカ人の, 三人ぢや, 二人あっ, 二人なら, 二人を, 二人殺した, 二人腹を, 二百人は, 他の, 八人の, 六人は, 居ると, 支那人の

3 [28件] あると, おまへん, この人, つて來て, つて来た, よつて, スペイン人の, ドイツ人には, 七人は, 三人じゃ, 二人ある, 二人でなく, 二人どう, 二十人の, 二十人は, 五人ぢや, 五十人の, 八人で, 十五人は, 十人で, 半分は, 四人の, 女の, 子供を, 物に, 自分の, 馬が, 馬の

2 [76件] あらむ, ある, あれへん, さかい, そこらの, その他の, それを, つて來た, な, ないか, なんかが, のんで, アメリカ人が, アメリカ人に, インド人の, インド人や, トルコ人の, ロシアの, 七人ぢや, 七百人の, 三人あった, 三人お, 三人に, 三人や, 三十人は, 中世的人間の, 二人ぢや, 二人五人六人の, 二人死んだ, 二人死人の, 二人煮られ, 二人煮られよう, 二人犠牲に, 二十人で, 二十人時, 二千人は, 五人でなく, 人の, 八十人の, 六人の, 動物に, 十人, 十人ぢや, 半分の, 印度人や, 又その, 同人の, 四人は, 子供が, 家や, 少歳, 山に, 往来の, 待ちつら, 必要な, 思て, 支那人が, 支那人は, 日本人の, 明屋敷, 村の, 梅の, 物の, 独逸人は, 百姓の, 盲人に, 私の, 秋の, 精神病者や, 肩を, 茶代を, 葡萄牙人から, 裁判官に, 馬や, 馬を, 鳥たちの

1 [952件 抜粋] あちら帰りの, あの人, あるいはその, あるいは心臓, あるとこ, ある猿類, ある種, いい人, いふて, えらくない, おへん, お三人口位, お二方, お客の, お粂, から, が, がなこの間, が後年, けが人の, けどなあ田舍, こと, さかいおかみ, し達, そいから, そこから, そのほか二, その人たち, その他特別の, その政治的状態, その物, その門下, それから犬, それほどまでに, そんな連中, たづねむ雨, ちうて, つたへん類ひなく, つて來る, つて来, つて来ました, てなあ, というお, という評判, とそれ, なぁと思い, なあんた, なあ思いました, ないお, なか, なくなる涙, なという, なア, ねん, のろのろと, はみんと, ふたりまたたく間に, まずい人, またその後, または旗本衆, また亮, また最も, また附近, ま子, もん, よって今, わこないだ, わという, わという娘たち, アパートの, アメリカ人や, アラビア人, イギリス人と, イギリス産アメリカ人や, イタリア人フランス人や, イタリヤ人も, インド人が, インバネスを, オランダ人の, オランダ人や, キルギド人達の, ギリシャ人は, ケダモノに, ココット, サビニ人ら, シナ人なら助け, シンガポールあたりの, ジャーナリストなどを, スキタイ人を, スペイン人と, スラヴ人を, ソ連人などは, チェルケス人が, トルストイや, ドシャ人の, ニューオランダ人パリの, パタゴニア人を, ビザンツ人の, フランス人たちが, フランス人などの, ヘリピン人や, ペリカンに, ホツテントツト人にも, ポルトガル人は, ポーランド人や, マホメット教徒が, ヤミ蕃人が, ユダヤ人などの, ユダヤ人や, ルーテルの, ロシア人が, ロシア人には, ローマ教会を, ヴォルスキー人や, 七人じゃ, 七人で, 七人住ん, 三人ある, 三人いまん, 三人じゃねえ, 三人それが, 三人ない, 三人ばかし, 三人もの, 三人を, 三人ヨボヨボにな, 三人党員が, 三人問題と, 三人多く, 三人始末出來ない, 三人振り飛ばす, 三人殺し, 三人考え, 三人貰っ, 三十人の, 三年目毎に, 上の, 下婢小者も, 下級社員で, 不謹愼, 世話し, 世間に対しても, 中国人をも, 乃至それら, 九人や, 乞食同様の, 事物身振りや, 二人あ, 二人いくら, 二人いなけれ, 二人きっと, 二人ぐらい, 二人こういう, 二人この, 二人じゃあ, 二人ずぶの, 二人そだてられない, 二人たまげる, 二人であったなら, 二人でなかったろう, 二人とっ, 二人とりひしい, 二人どうしようと, 二人ない, 二人なんとも, 二人ねぢ伏せ, 二人ゐ, 二人ブルブル, 二人不心得者が, 二人事も, 二人傷つけた, 二人出来るなら, 二人勝手に, 二人叩っ殺した, 二人噂する, 二人圍ひ, 二人女たちの, 二人居ないで, 二人情婦の, 二人戦いの, 二人斬った, 二人朝飯前だ, 二人欲し, 二人気が, 二人無い, 二人狼藉者が, 二人短期の, 二人絞め, 二人縛つて縛られない, 二人親しく口を, 二人訳も, 二人赤化教員などを, 二人連れ, 二人達引く, 二十人じゃ, 二十人に, 二十人私の, 二百五十人位の, 云ふら, 五人こっちの, 五人ずつ, 五人わたしだって, 五人左甚五郎が, 五人親類縁者の, 五人遊ん, 人に, 人夫に, 人生に, 今度出た, 仲居に, 但馬人に, 何かが, 何處の, 作へ, 使僕や, 來る, 保証人が, 俥が, 修験者や, 候人や, 僧や, 光悦の, 八人も, 八人狼藉者が, 六人じゃ, 六人ぢや, 六人や, 六人漁に, 内氣, 出來らん其時一緒に, 出雲民族や, 列禦寇の, 初鏡, 剛胆な, 劉, 勇ましい出来事, 勉強の, 動物が, 勢力者や, 十三夜, 十人ぐらゐ一時に, 十人という, 十人には, 十人乗っ, 十人味方に, 十人寝る, 千人二千くらいの, 半人くらい, 半島人の, 南洋の, 印度アルメニアコプト等の, 印度人は, 去年の, 又は情人, 友達の, 古代ギリシア人を, 古本店リュクサンブールの, 召使達の, 名士が, 向こうの, 品物を, 唱門師の, 喉の, 四人じゃあねえ, 四人手負わせない, 四人束に, 四十人の, 四百人は, 困った人, 土人の, 土耳古人波蘭人等から, 地元の, 塞外人で, 夏木見上げ, 外国船の, 外國船の, 多勢の, 多少の, 大いに自己, 大臣高官たちを, 大衆の, 奉公人の, 女中などが, 女中達は, 好指導者, 子どもを, 子供たちに, 子供には, 学生ばかり, 客の, 宮崎県人で, 家康側近の, 容疑者たちの, 寄席仕込みの, 将校を, 小さな赤ちやん, 小鳥を, 少年たちが, 屋根の, 山の端近き, 巡査つまり一種の, 左翼の, 市人たちも, 帰化人で, 幼い子供たち, 幽霊の, 店屋の, 廊下の, 弁護士に, 弱い動物, 強い人, 役人方も, 彼女を, 待つら, 徒手空拳で, 思う人, 怠惰な, 怪我人を, 患者を, 悪意の, 我が心, 或いは童話, 或は官吏, 手付けだけ, 批評家が, 招き度い, 支那人と, 放り出されて, 政治家法曹界の, 教授方に, 教養と, 敵を, 料理人に, 新たに, 新聞社関係の, 方々の, 日本人との, 日本人は, 旧藩の, 映画界が, 時雨のみにて, 暴徒の, 曳綱さえ, 月見草, 朋友を, 朝廷人から, 朝鮮人などは, 朝鮮人には, 朝鮮人は, 朝鮮人を, 木や, 本家の, 村總代と, 来ると, 東京の, 架空の, 森が, 模型飛行機を, 歐米人の, 武士たちは, 武者修業共が, 武芸の, 死んだもの, 死人を, 母に, 気を, 気嵩の, 永辻の, 河野道円らの, 波蘭人らしい, 泣ける場合, 浅山の, 浮かれ女は, 浴客たちは, 海賊や, 混血人は, 溺死した, 濡れて, 炭屋の, 無情き, 無産文化人の, 無頼漢どもが, 父親は, 物や, 物売りの, 物質の, 狐に, 独逸人の, 猟師や, 現代二三の, 琉球人の, 生きて, 生徒の, 田畠の, 田舎育ちの, 男の, 町へ, 町家の, 畜生の, 疑義を, 病人の, 病人も, 病気にな, 発疹の, 百人, 百人の, 百人呑んだ, 盲人や, 盲腸炎の, 真に愛する, 知る, 石黒さんといふ, 神を, 祭司長カヤパは, 秘密行動に, 立ち待ちし, 立派な, 笑はんとて, 米国人に, 紛失物を, 絶えず来年度, 練習生など, 羅馬風の, 美酒を, 老いたる, 肘の, 胃の, 脳病の, 自分が, 自然や, 臭い人が, 舞台の, 若いグループ, 苦しんで, 英吉利人は, 草原の, 荷物を, 華僑の, 蒙昧な, 虫や, 蚕飼の, 蝋燭を, 衣冠束帯を, 袋を, 見物人の, 親類やら, 角力取の, 記者団からは, 詩家が, 読書など, 誰れ, 諸浪士, 講演した, 護法祭の, 豪傑気取, 販売人に対して, 賢い人, 赤ん坊の, 蹴球の, 身長の, 車に, 車を, 農夫の, 辻川の, 近在の, 迷子を, 逆境に, 通りがかりの, 遂にむなしく, 道を, 遣唐副使, 酒表と, 野獣の, 野蛮人ばかり, 金持である, 金銭の, 銭形平次が, 錫蘭島人や, 門外政客が, 間に, 阿部伴などと, 隣室の, 雇人たちは, 雑音の, 電気ロボットは, 電燈の, 青年團が, 頭の, 顔色の, 顧客や, 馬橇が, 馬車や, 駆使部の, 駕籠で, 騙りじゃ, 高い地位勢力, 高砂族の, 鳥の, 鴨長明などが, 黒玉が

▼ 人にも~ (1464, 0.3%)

8 容易に, 知られて 7 自分にも 5 それが, 増して, 知らさずに, 聞いて 4 それを, なって, 逢って

3 [14件] あらず, せよ, わかって, 告げむ, 家にも, 容れられると, 当って, 当る大きな, 明白な, 物にも, 私は, 見て, 逢つた, 逢は

2 [89件] あるが, あること, あるの, あるよう, いって, いろいろの, して, そのよう, それは, できない作, できる作, なりましたが, ましてうすぎたない, よるけれど, わかりません, 上った, 上るの, 世にも捨てられ, 世間にも, 之を, 云っては, 交つて見る, 交わって, 今の, 会わなかった, 侵さしめざるようこれ, 信仰の, 僕は, 優れた若者, 共通の, 出来ること, 出逢わないで, 出逢わなかった, 分けて, 勝れるは, 及ぶと, 同じよう, 告げむ葛飾, 多くの, 平気で, 必要である, 忘れて, 忘れられて, 思はせて, 怪ま, 悪い感じ, 成りますし, 払わせて, 挨拶し, 敬意を, 數へ, 日本人にも, 死の, 段, 滅多に, 當る, 相談し, 知られざる或, 知られては, 知れ憶測, 種々の, 自分の, 自由に, 興味が, 見えたの, 見せずに, 見せたこと, 見せて, 見出されない山, 言はれ, 訊いて, 話さなかった, 話さなかったくらい, 話して, 認められて, 語って, 語り自ら, 語り自分, 読んで, 貸した, 貸してないから, 迷惑を, 通りが, 逢わず仕舞, 達して, 非難さるべき, 頼み自分, 頼んで, 鳥にも

1 [1189件 抜粋] あい, あたしが, あった, あって, あひません, あまり劣っ, あまる人数, あらざりけりと, あらず画裡, あらぬ悪鬼, ありますわ, あると, あるまた, あれとにかく, あれ山門, あわずしばらく, いうよう, いえぬ悔い, いってたわ, いひて, いろいろ会いました, いわないこと, うしろ指一本さされず, うなずける事実, えらい人, おっしゃらないよう, おひと, おもしろくて, お島, お逢いなさらない, お顔, かくの, かずける事, かなりの, きかされ書物, きまりが, ここで, この人, この家, この程度の, この類, こんな例, こんな明, こんな芸当, さぞ私, しられずに, じつは幸福, すすめたが, すすめながら, すすめ自分たち, すてられはて, すらすらと, せよ現代日本, せよ鬼, そうだ, そして日本人, そっと知らし, そのボロ, その地位, その底, その覚悟, それとは, そんな権利, たのみあなた, ちやんと, つい鼻先, できないのみ, とられ候はん, どうもこれ, どんな損害, なおつつみ切れぬ, なっちまってるんで, なつて, なりかねた私, なりたくない, なりまた, なり犬, なるので, なれない私, なんか少し, のぼって, はっきりと, ひとりに, ふれさせないし, ぶらじりあん, ほとんど予見, まけるもの, まして西洋近代劇, またいろいろ型, また何事, また私, まみえじ人, みみずにも, めっきりと, やさしいの, やっぱりそうな, やはり生活, よくそれ, よくは, よくわからない, よく訊かれるらしい, よく馴れ, よります, よるかも, よるの, よろしくいっ, わかつて, わからないだろう, わかりにくい, わかるよう, われらは, インクの, テイサイが, ワシリは, 一夜一夜の, 一年に, 一本下すった, 一種の, 万人にも, 三分の理仲間同士では, 不可能に, 不本意千萬, 不足の, 与え得ること, 主張し, 乱されること, 予想し望んだ, 事の, 云えない, 云えぬ考え事, 云わるるとおり, 交際し, 人間らしい親しみ, 今度は, 仰しゃらずに, 会いませんでした, 会えずが, 会はずに, 会はず外出も, 会わないの, 会わなかったこと, 会わなければ, 会わんと, 伝は, 伝染し, 似ず女, 似たもの, 似ないで, 似合ず, 似合わず白粉, 体質の, 何だか足りない, 余って, 余るであろうか, 余るほど, 作り得られる藝術, 使って, 依頼し, 信ぜられて, 俯し, 僕自身にも, 先んじて, 入にも, 公然と, 六人にも, 其の焼法, 内々乍ら通人の, 内證, 出せと, 出会うこと, 出会わないそんな, 出来なかったに, 出逢いますし, 分からせようが, 分かる易しい, 分らず又, 分り易き, 判った, 判らなかった, 判ること, 判る便利, 到底見出されなかったであろう, 劣らじと, 劣らないよう, 劣らぬ見事, 効くこれ, 動かねば, 勧めたくなるもの, 勧められますが, 勾引され, 十分の, 却って新しく, 又その, 及ばぬ猫, 及ぶとかいう, 及んで, 反抗心を, 取りついて, 口数を, 召し上がれるという, 可能と, 叶わなかったり, 合点せらるる, 同じ様, 同様の, 君が, 吹聴しない, 告げず単身, 告げて, 告げ申さず候間, 味い得べき, 喜ばれるの, 喜んで, 喰い違って, 嘱望され, 困ったもん, 土地にも, 壮士坊主は, 変化は, 多く見える, 大きな文化的魅力, 大体の, 大層な, 大阪ナマリが, 失おうと, 奨励する, 好い参考, 好く又, 如何なる程度, 嫌はれ, 子供が, 學び易く, 宣言し, 容さしめる, 寄せ, 寸毫の, 対抗できる, 尋ねたが, 尋ねましたが, 少なくない, 属して, 左右する, 平均に, 平等に, 年寄りにも, 幼少の, 幾通りも, 庄内人士にも, 強いるの, 強要せられぬ, 当たって, 影響し, 後代の, 御母さん, 必ず一ヶ所, 忘られ, 快かつ, 怖け, 思わせるの, 怨まれないうち, 恋されたい, 恙ない, 恥じぬ人, 悟らせず日記, 惜まれて, 想像されない, 愛されたこと, 愛されるの, 愛嬌を, 感じられること, 感激を, 愧じぬ, 憎まれるほど, 成つてゐた, 或時, 手紙の, 打ちひらかれるし, 承認せられ, 技巧的な, 抱かれ大河, 拘らず何ん, 拝ませて, 持ち越され神, 挙げられて, 挨拶する, 授けた苦痛, 推薦する, 擬して, 教えた, 数えられて, 文宝亭や, 施しを, 既に公然と, 明かしたこと, 明かに, 明白なる, 是非ない, 最も必要, 有るに, 望むこと, 朧気に, 来世の, 案内を, 楽ませよう, 樂しみといふ, 檀家からの, 死別し, 気がつかない場合, 気の毒や, 汎く, 決して打ち委せ, 沢山出会, 波蘭人にも, 洩らさず供, 洩傳はり, 深い義理, 渡される賤, 滿足の, 無礼な, 煩は, 熱心な, 牛にも, 犬の, 狂人にも, 独逸人にも, 珍しくない, 理窟が, 理解されず, 理解せられなかった, 生産の, 町にも, 異論は, 白い髯, 直ぐ受納, 直ちに通じ得べき, 直段, 相談を, 真理を, 知らしません, 知らせず自邸, 知られあっぱれ古今, 知られずおこなわれて, 知られず且つ, 知られたる, 知られた傷, 知られた店, 知られないだろうという, 知られない方面, 知られる様, 知る, 知れないよう, 示さざれば, 示したが, 示し乞われれば, 社会の, 祕し, 神は, 私の, 秘めて, 稀れである, 窺い得る境地, 立ち会って, 笑ひ, 等しい偏見, 納得が, 紹介しよう, 絶て逢, 罪を, 羨まる, 羨まれる栄華, 老後という, 考え尽せぬであろう, 聞いたこと, 聞いた例, 聞えるそう, 聞かせる人, 聞き取れない声, 聴きました, 肉刀で, 肯かれたのに, 自から, 自分たちに, 自然であっただろう, 自身にも, 至らぬ中, 舟にも, 芸風にも, 苦しめない人, 行きわ, 行き逢はず, 行き違った, 行会は, 袋送っ, 褒められ我, 要求しよう, 見えない縁, 見せたかつた, 見せないといふ, 見せないよう, 見せられるスケッチ, 見せ自ら, 見られなかったほどの, 見咎められなかったの, 見離されたよう, 親しまれ易い, 親切であった, 解し得られるよう, 解つては, 解らなかつた, 解るまいと, 言う, 言えないわ, 言えなかった, 言えるお, 言っちゃ, 言わずに, 言わなかったの, 記伝せられなかった, 訣らぬ, 許されたほどの, 許されないん, 許さん, 訴える力, 診てて, 話されない事, 話したほど, 話しちゃ, 話し機嫌, 話せぬ秘密, 話せば, 詳しく当っ, 認めながら, 認められる方, 語つた次第であります, 語らず平常, 語らず檄, 語り人, 語ろうと, 説明しない, 読ませないうち, 読み得られる便宜, 謁しない, 譬へて, 譲らないつもり, 讓らない, 負けないほどの, 責むべきものが, 貸して, 貸すこと, 質問する, 起こり得る思想, 起る同情, 足らなかつたが, 足らぬ一族郎党, 踏まれて, 身に, 車にも, 近い感じ, 追はれ, 通じるッ, 通行不可能と, 逢いましたが, 逢つてゐる, 逢つて見, 逢はず丁度, 逢ふしした, 逢わず家, 逢わない, 逢わなえで, 進めるのに, 遇へ, 遇わずもの, 達した, 違ったこと, 遠慮なきこそ, 遭わなかった, 選者の, 遺族が, 都会の, 都會人らしい, 鉄砲製造方法を, 長いあいだ, 間接には, 附合っ, 陛下に, 隨分ある, 面会せず, 面會せざりき, 頒け, 頭を, 頼まれ牧場, 頼むところ, 頼んだらいま, 顔は, 願わぬこと, 食はせる, 食わせるよう, 馬にも, 馴染むもの, 鴻章李と

▼ 人きり~ (1303, 0.3%)

76 になる 51 になった 40 になっ 36 だった 22 の時 20 でいる 17 になつ, の生活 15 だ, であった 14 で暮し 13 です, なの 12 のとき 11 である, にし 10 なん 9 でお 8 でその, でゐる, になり, の世界 7 だと 6 だから, で, でこの, でゆっくり, で話, にさせ

5 [12件] か, だが, でほか, で何, で話し, で食事, となっ, となった, なのに, になりたい, になりました, のよう

4 ですから, で他, で住ん, で差し, で暮らし, で話したい, で遊ん, になれる, の部屋

3 [21件] しかいない, でいた, でいたい, でいつ, でいなけれ, でしかも, でした, でそんな, ではなかっ, で淋しい, で私, で話す, になつて, にならなけれ, になれ, のこと, ののんき, の夜, の家庭, よ, 取り残されて

2 [78件] お絹, さ, しかゐない, じゃ, だからね, だったこと, だったし, だったので, だつた, だといふ, だよ, であつ, であの, であるが, でい, でいたかった, でいつも, でいられる, でご, でございますから, でさ, ですか, ですね, ですよ, でそういう, でそれ, でね, ではない, で一生, で不幸, で世間, で五日, で会う, で会った, で向, で四方八方, で外, で寂しく, で居た, で居る, で手, で旅, で暮す, で歎, で歩い, で気, で海岸, で甘美, で生きよう, で生活, で留守番, で相談, で置き去り, で行っ, で遊ぶ, で邪魔, で靜, となる, なので, にする, になったら, になりたかった, になります, になれた, のお, のもの, の女の子, の娘, の孤独, の寂しい, の弟, の暮し, の暮らし, の男世帯, の相談, の秘密, の筈, の話

1 [511件 抜粋] ありません, かなんかで, からまた, がいい, がひでえ目, しかいなく, しかし二人, しかなかっ, しかなく, しかゐなかつた, しか居ない, しか居合, しか知りません, じゃからナ遠慮, じゃとても, じゃない, じゃねえ, じゃ余り, たりそれハ, だからさ, だからな, だけだ, だけど, だったから, だったが, だったとき, だったのに, だったもの, だったらあの, だったらこんな, だったらしいが, だったら一寸, だっていいやした, だつたので, だつたら馬, だという, だとかで, だらうと, であ, であちこち, であったに, であと, でありました, であるかの, であるやう, である即ち, である彼, でいう, でいささか, でいたっ, でいま, でいらした, でいるか, でいろり, でおい, でおいで, でおり, でおれれ, でお祝い, でお茶, でこ, でこうして, でここ, でこちら, でこの間, でこれ, でこれから, でこれからどうして, でこんな, でございますからね, でさう, でさし, でさも, でしごく, でしたから, でした話, でしばらく, でじっと, ですが, ですこしゆっくり, ですし, ですもの, ですわ, でずつとパン, でせう, でそこ, でそんなに, でたと, でたべる, でたま, でだけ生き, でちょっと, でとくと, でとも皆, でどうして, でどんな, でどんなに仲良く, でないこと, でながい, でなに, でなんとか, ではおれ, ではなかつた, でははかり, では人手不足, では会えなかった, では余り, では君, では少, では居られない, では心細, では我慢, では手, では楽隊, でぱつたり出逢, でひろい, でふたたび, でぶつかり, でぶら, でぶらつ, でぼんやり, でぽつんと, でまあ, でまだぶすぶす, でも退屈, でやす, でやっ, でやっと, でやりたい, でわびしい, でゐ, でゐた, でゐたい, でゐられたなら, でクゲ沼, でクリストフ, でスポット, でネエ, でユツクリ, で一カ月, で一平, で一晩泊まり, で一緒, で三日, で主人, で乗った, で二六時中気, で二羽, で会いたい, で会見, で住み, で住んだ, で何ん, で何年, で佗住い, で作った, で例, で侘しく, で侘びしく, で傍, で働いてる, で働き, で入っ, で全然, で内緒, で冷, で冷え切つた, で凉, で出, で出会, で出会う, で出入, で出掛け, で出歩いた, で割合, で加賀家, で十五, で十吉, で半日, で南, で占領, で取りのこされる, で古い, で同席, で向きあう, で味わう, で問題, で営ん, で困るなら, で坐つ, で夕食, で夕飯, で外出, で夜道, で夢想, で大きな, で大森, で天井, で失望落胆, で好き, で子供, で家路, で寂し, で寝, で寝かされ, で対坐, で対座, で小さな, で小ぢんまり, で小姑一人, で少, で少し, で居たい, で幾度, で広, で度々, で彼, で御, で御座, で心, で応接間, で思い出した, で恥, で愛し, で扉, で手不足, で揺蕩, で新聞, で旦那, で旧情, で昏, で晴れ, で暗闇, で暮した, で暮そう, で暮らさなけれ, で暮らさね, で暮らしてる, で暮らし出し, で暮らし得る, で最初, で最前, で木, で木曾川, で本, で村, で東京, で松江行, で楽し, で此アパート, で歩いた, で歩き出し, で残っ, で殘つて, で母訪問, で毎晩, で気分, で浮世, で湖, で湯, で火, で炉傍, で炉端, で無人島同様, で焦慮, で燭台, で生き, で田園生活, で町, で病気, で監督, で目的, で相手, で看護婦, で眼, で睦言, で知り出し, で研究室, で研究所, で祖母, で種々, で立つ, で端近く, で粗末, で約束, で経営, で結婚後三年, で聞い, で聴く, で自分, で自炊生活, で致しました, で船, で若い, で草臥れる, で荷造り, で薄い, で薄暗い, で行かう, で行く, で行った, で行つたの, で街路, で裏通り, で見張り, で解剖, で話した, で話したかった, で話したく, で話したく思い, で話しつづけ, で語らう, で語り合う, で語り合った, で誰, で調所, で豊臣家, で貧しい, で質素, で赤い, で身, で退屈, で逢う, で進ん, で遊びたい, で過ごした, で過さなけれ, で遠く, で遠慮なく, で部屋, で酒, で鉱山, で長屋住居, で長閑, で間数, で隠れ, で雑談, で雨, で非常, で頑張つ, で顔, で食べた, で食卓, で飲, で駅, で駱駝, で高尾山, で黙っ, で黙り合っ, という, ということ, というわけ, という世にも, といふ此, としか, とは心細い, とは確か, と云っ, どすさかい, なかった, なく午後, ならそれ, ならアパート, なら占めたもの, なわけ, なんで, な孤独, な淋しい, な深夜, におなり, にされ, にされた, にされる, にしてやりたく, になす, になつた, になつたの, にならう, にならない, にならなかった, にならね, になりたがっ, になりたがる, になりませう, になれるなら, になろう, になんてなりたがる, にはなれなかった, には少し, にゐる, に取, に取り残され, に取残され, に定まっ, に成っ, に成った, に成る, ね, のいびき, のお姫さま, のこされる, のこの, のとき何年ぶり, のとき私, のままごと遊び, のやう, のわびしい, のガラン, のドライブ, の不自然, の乗車, の仕事, の住居, の何, の例, の兄弟, の初め, の口数, の召使, の問題, の場合, の場所, の場面, の壯行會, の夕飯, の夜食, の大事, の大切, の子, の子供, の家, の家族, の密房, の対座, の対話, の小さな, の山荘生活, の差向い, の広い, の従妹, の心地, の心持, の心持ち, の思索, の愉し, の愛嬢瑠璃子さん, の感じ, の所, の所帯, の折, の散歩, の方, の方達, の旅, の時親切, の時間, の朝, の林, の気, の水入らず, の沈黙, の浅井, の深い, の牢, の理解, の甥, の研究, の老母, の肉親, の船世帯, の若様, の苦痛, の謂わ, の身うち, の間借人, の関係, の静か, の頃, の食事, まだ知りません, やらんが, よしずか, よりか寛ぎ, よりはその, らしい, ゐない, をのこし, 乗って, 全くの, 向き合って, 坐つて, 居るよう, 待たされて, 残される道綱, 残しながら, 残ったの, 白い花弁, 置いて, 見えなかった, 許されて

▼ 人~ (1301, 0.3%)

225 んだ 169 のだ 157 んです 100 のです 97 のである 5937 のか 30 のよ 20 のだろう, んだろう 18 のであった 14 のであろう 12 のかも, ので, のでしょう 11 のに 10 のだらう 7 のでその, んでしょう 6 のであります, のね, んだらう, んで, んでございます 5 のかしら, のかと, のでございます 4 つつこい, のかい, のかね, のさ, のであつ, ので私, んだい 3 のかな, のにその, のを, ものか

2 [22件] がむるさわさわ薄, ことを, つつこく, のじゃ, のだい, のだった, のであらう, のでお, のでご, のでした, のですぐ, のでそれ, ので一人前, ので伊織, ので彼自身, ので欺いた, のにどうして, のよその, やら見分, んていう, んで書く, ンだ

1 [155件] かまが, からまし, こっちゃろうなしかし, ざ芋蔓でしょ, だけあ, つつこ, つつこさう, のあの, のが, のじゃあ, のその, のそれ, のださうだ, のだつた, のぢ, のであ, のであっ, のであったろう, のであわてず騒がず, のでいっ, のでいま, のでうれしい, のでこう, のでことば, のでこのほど, のでこれ, のでこんな, のでございまし, のでさ, のでさすが, のですこし, のですでに, のでぜひとも, のでそう, のでそこ, のでたいそう, のでたかが, のでとうてい, のでびっくり, のでむしろ, のでもとより, のでゆんべ, のでファラデー, のでホテル, のでミハイロ, ので一, ので一人, ので一切, ので一寸, ので両親, ので九時頃, ので事実私, ので亡くなった, ので佐野さん, ので何とか, ので余, ので儲からない, ので内輪, ので円満坊円満坊, ので初代, ので勝手, ので叙述, ので夕方, ので多分後, ので姓, ので完, ので寒く, ので平気, ので当時, ので彼女, ので心, ので快く, ので敬遠, ので晝, ので未, ので本, ので本名, ので格別, ので此處, ので気の毒, ので特別, ので現地, ので白足袋, ので直ぐ, ので神戸牧師, ので私共, ので紙質, ので細君, ので組織, ので自然彼等, ので舊恩, ので花, ので蔵, ので諸, ので隨分多く, ので青年, ので青年八百屋, ので非常, ので顔, ので鶴子, のとが, のにいつも, のにそれ, のにちょっと, のにとバー, のにねえ, のにねそれ以上, のにスペイン語, のに人, のに他人, のに先生, のに向う, のに外来, のに考, のは, のも, のよあの, のよそれ, のよだから, のよですから, のよ割合, のスミ枝さん, の十日, の憎らしい, の驚いた, ぶりから, みな量見, ものだ, ものです, も生まるる, も生るる, やはりかよう, んざ始終そう, んざ鼻血まで, んじゃ, んじゃァ, んだろ, んでありましょう, んである, んでこれ, んでございまし, んでございましょう, んでございませう, んでし, んですつ, んでねだから, んで四五度私, んで最初, んで真面目, ンで, ンです, 來そ, 女の, 男だ, 訪ひそ

▼ 人~ (1259, 0.3%)

2018 二人の 17 知らないが 14 あった, 二人しか 13 ある 9 来て 8 どうか, 三人の, 獣か 7 猿か 6 能く 5 いる, 二人か, 二人ずつ, 二人で, 二人は, 位の, 是れ 4 あって, うして, 三人しか, 他の, 出て, 悪い人, 日本人か, 鬼か

3 [22件] あつた, これを, さらずば, そうでなけれ, わからない, 三人で, 三人を, 並んで, 之を, 二人かの, 二人じゃ, 二人を, 五人の, 先刻の, 入って, 四人の, 知って, 知らない, 神か, 私は, 筆を, 表に

2 [66件] あの人, あるいはインド人, あろう, いらっしゃるの, いるが, ここに, して, しれなかった, じゃ, ずは, そこい, それも, であるかも, どうかは, どうかを, まじって, またどんな, むはたとべをあげたのは錯誤だ, もっといた, よく知らない, よく蛸, わかりませんが, 七人で, 万人に, 三人, 三人ずつ, 三人は, 乗って, 二三人来客が, 二人, 二人ある, 二人位の, 二人半斬った, 五人かの, 五人が, 五人で, 五六人ぐらいしか, 交じって, 人が, 何か, 何かの, 何ぞの, 何百人か, 何百人かの, 働いて, 八人の, 別人か, 十五人までに, 千人に, 否か, 垣根の, 子を, 客が, 居て, 山に, 或ひ, 物かが, 物念は, 生んで, 知らないけれども, 知れなかった, 紐でも, 見た, 証人に, 連れて, 魔か

1 [852件 抜粋] あがれあがれ, あったと, あったの, あったのに, あった覚えてるでしょう, あつたさうです, あなたは, あの時, あらぬか, あらわれたが, ありきたりの, ありました, あります, あり後ろ, あるいは乱, あるいは勘定, あるいは妻, あるいは支那人, あるうち, あること, あると, あるの, あるはず, ある筈, いかにも其通り, いちどに, いないかと, いるそう, いるよ, いるらしい, うしてを, えあの, えと云, おいたり, おのれが, お助けくだ, お助け下さいまし, お殺し, お高さま, かき色の, かたまって, かつてそれ, こういう挨拶, こけつ転びつ逃げて, こっそりと, このもの, このマスク, この時, この村, この部屋, これによりて, これへ, ごらんに, ご参加, さうでなけれ, さっぱりわかりませんでした, さも, さもなければ猶, しかもみずから, しらん, しらんと, じゃまあ, ずならず老い, ずならぬ老, そういう連中, そうして降りた, そうでない, そこらです, そのよう, その人, その何れ, その影, その道の, それすら, それでは嫂, それともまた恐ろしく, それとも府, それとも旅宿, それとも生来, それとも自分, それは, そんなこと, たいてい想像, たしかに, だった, ちと鑑定, ちょっと私, つての, つとめに, つるして, つれて, づつの, であります, である, であろう, できた, ですから, でなくては, どうかの, どうもわからない, どっちかが, どつち, どれくらい, なし, なぞの, ならその後, によつて, はた古, はる, ひょっとし, ふと思いつい, へりみず, へるで, まあそんな, またその, またはよほど, または今, または吾儕, まだ尾崎紅葉, もしくは呉一郎, もしくは死際, やって来た, よくこれ, よく自分, よほどガンメイ, わからないが, わからぬが, わかりませんでした, わしゃもう若い, ゐたこと, ア, アフリカ人かで, イスパニア人の, ギリシア人らしい, サルか, ジプシイでなけれ, ッ, ドイツ人か, フランス人の, マリアを, レコードファンで, レーニングラードに, ワラキア人か, 一人ある, 一人いっしょに, 一人なら入れた, 一切分らぬ, 一切合財を, 一向に存じません, 一応糺し, 一組に, 一般に, 七人の, 七変人の, 万人とも, 三人あちこちの, 三人かで, 三人かに, 三人かの, 三人きりだった, 三人ぐらいしか, 三人ぐらゐなものでしたが産児室の, 三人だつた, 三人という, 三人なにを, 三人位いで, 三人這入っ, 三十人でない, 三十人の, 上流社会の, 不幸薄識で, 不思議な, 世間を, 之に, 九人あり, 九人から, 九人位までは, 事かを, 二人あった, 二人かが, 二人かを, 二人が, 二人その, 二人つれ, 二人です, 二人という, 二人に, 二人には, 二人ほかなかっ, 二人も, 二人仕度させ, 二人位で, 二人別に, 二人多い, 二人子供だけで, 二人宛あとに, 二人店番を, 二人必ず, 二人捕まえる, 二人来れ, 二人素早く, 二十人, 二十人しか, 二本差しなんかにゃ, 二百人でしょう, 二百人の, 五人そこらに, 五人までは, 五人位の, 五人足軽くらいの, 五十人多く, 亡霊か, 交って, 交替し, 交替に, 人だったら, 人でねえ, 人目の, 今まで, 今もっ, 仕えて, 付いてるだろう, 任命せられた, 住むといふ, 何う, 何かでは, 何にても, 何一人は, 何十万人か, 何十人か, 何千人か, 便所へ, 俺が, 偉くない, 傷を, 元人, 兎も, 入ったと, 全くわからない, 全で, 全然新しい, 八人かの, 八人死ぬ, 六人しか, 六人です, 六人の, 其始め一人は, 出てるさ, 出るでご, 出家の, 分らないが, 分らないので, 分らぬ様々, 切ったに, 切り斃し, 判らぬまでに, 別して與, 前だれ, 加って, 加わって, 助けに, 十一人に, 十二人の, 十二人ほどに, 十五人くらい, 十五人位として, 十五人位の, 十人ばかりの, 十人位の, 十人数の, 十人而も, 十八人立候補させ, 十四五人の, 半仙, 厭きるほど, 又, 又た, 又は呉一郎自身, 又は逆, 古今集以下を, 同じよう, 同胞が, 名も, 君は, 呼んで, 和風系の, 哲学者, 四五人しか, 四人, 四人うつむい, 四人ぐらいの, 四人で, 四人でない, 四棟, 土の, 墺太利人か, 壁かが, 外套あずけ, 多くて, 夢を, 大地主さん, 天女の, 奥さまを, 女らしい客, 如何なる履歴, 妻が, 子供が, 学問の, 家人を以て, 将来その, 小作人を, 少なくともあの, 居らんと, 居りさえ, 居るに, 居合わせ小さい, 屋敷から, 山, 工場通いの, 巧妙を, 巫女か, 帰る, 幽鬼か, 幾十人かが, 幾千人か, 引連れて, 彼は, 彼らの, 彼等の, 待ち受け居て, 待合わす, 御殿育ちの, 心あっ, 心を, 怪物か, 恩沢を, 想い出せず, 愁を, 愛すべき人, 憎むべき人, 憐れの, 我未だ, 或いはアメリカ, 或いは二人, 或いは荒々しい, 或は科学振興業者, 或る, 戦時中海を, 手に, 手紙が, 抱えられて, 拘留囚かが, 招待状を, 振り返つて自分, 捕え置いて, 控えて, 支那人の, 支那人らしい, 数え切れない程, 斃れた, 文化人か, 斬った返り血, 新しく環内, 新来の, 既に, 日本へ, 早う見たい, 早く, 早く来, 是の, 時と, 更迭し, 有ったの, 有無の, 木精か, 来そう, 来たかと, 来たとは, 来たよう, 来よ, 来ること, 来ると, 東洋人か, 此事を, 此処まで, 歩いたり, 死にし我が, 死にみんな命懸け, 死んで, 殺して, 水か, 氷島人の, 汝をば, 河棲人かに, 泊って, 浪人の, 混つて釣つて居る, 清松の, 火を, 無名の, 熱心に, 物かの, 犬か, 猫なら, 猿かの, 玄関へ, 現われたこと, 生まれて, 生みたれ, 生れました, 生物を, 略見当が, 痩せた人, 登場する, 百五十人位と, 盗人の, 目は, 相当の, 看護婦の, 知つた人だらう, 知らずに, 知らと, 知らぬうち, 知らねえが, 知らんが, 知らんとにかく, 知りたくなりました, 知りませんけれど, 知りませんけれどね, 知る必要, 知れぬ, 知れぬ人, 破蓮, 神かと, 神の, 神を, 私にも, 立ち雜り, 立廻っ, 紹介され, 縮み上がらざらん, 缺けてを, 群に, 老人か, 肉を, 肺の, 背に, 自分に, 自分の, 自己の, 至信に, 若い人, 若い女, 葡萄牙人が, 蟄伏し, 表から, 覇を, 見えて, 見て, 見当が, 見舞に, 覗いて, 親身の, 解らぬから, 言ひ出した, 討たれなお, 記憶せる, 訣らなく, 訳官から, 説諭を, 誰だって, 豆左衛門でなけれ, 贋物か, 蹴つまずきながら, 近くに, 近づきが, 連が, 連絡は, 遊戯を, 都に, 酒が, 野郎同士で, 銅雀臺に, 閨房に, 隣組の, 集った, 集まれば, 雇って, 霞かと, 露西亜人だった, 順番に, 頼み彼らに, 顔さえ, 顔昵懇の, 飢えた田舎, 首を, 髪の, 魔性か, 麻雀戯を, 黒髪の

▼ 人一人~ (1250, 0.3%)

21 の命 19 の顔 13 の心 12 の人間, 殺して 11 が自分 9 の胸 7 の作家, の生活 6 に, の人, の姿, の生命, の生徒 5 では, にその, の前, の力, の手, 当って 4 に就い, に挨拶, の, のうち, の不幸, の若い, の運命, やっと通れる, 殺したの

3 [18件] かけたる美登利, がそれ, が社会, が私, しらべて, に逢っ, のこと, の上, の中, の労働者, の動き, の女, の役人, の男, の頭, もいない, 殺されるの, 見て

2 [69件] あの人, からいつ, が, がこの, がちゃんと, がばらばら, が人間, が神, が立っ, だ, だけであった, と色, なの, にかぎる, にどんな, にみな復讐, に向っ, に土産物, に当っ, に渡し, に点呼, に異, に違う, の人格, の人生, の女性, の子供, の性格, の有する, の核心, の生涯, の画家, の精神, の素性, の者, の腕, の自分, の表情, の間, の顔つき, の魂, は下谷一番, は入口, は房州, も通らぬ, ゐない, をこんなに, をつかまえ, を仔細, を別々, を攻める, を殺せ, を殺せる, を順々, 乗って, 会って, 居ない此室, 死なずに, 死んで, 殺されると, 殺した下手人, 殺した人間, 殺す時, 縛るわけ, 行き違, 調べて, 通らなかった, 逢って, 離れて

1 [851件 抜粋] あらためて, いづれも, いとしい, いない夜, いなければ, いわば網, おただし, お引きください, からお金, からさい, から女中, から私, から金, がいかに, がおのおの, がからだ, がごく, がすれちがう, がそれぞれ, がそれぞれ労働, がそれぞれ自分, がどれ, がどんな, がなにやら, がまる, がみんな, がみんなそれぞれ日本, がもっと, がやつ, がやはり, がアルベール, がデストゥパーゴ, が一つ, が一国一城, が一本立ち, が与えられた, が今日, が以上, が作家, が俺, が個人的, が光る, が円筒, が別, が単なる, が各々, が国体, が大御, が実, が小さい, が布団, が幸福, が心から, が急, が抱え, が日本, が本件, が柱, が正しく, が正直, が残留, が母, が気違い, が活動, が焔, が片耳, が甘んじ, が痛ましい, が眼, が絶体絶命, が肩, が自分たち, が自己本位, が自由, が虱, が誰, が辛うじて, が造られた, が違, が酸素, が闘っ, が離れ, が額, が顏, が魅力, きりはなされて, きりはなすと, くらいは殺せ, これから切符, しか殺さない, ずつ初対面, そうたやすく, その人達, その前, その幼児, たがいに, たたっ切って, たとえば自分, だけで済む, だけの働き, だとか, ついて, つきり, つないで, つらまえて, であつ, でありなみ, であろう, でとは初め, でやるらしく, で五百把, で幸福, で違う, とお, としての労働者, としての私ども, として影, とばらばら, と一度, と変った, と心, と目礼, と見, と跳び入りし, なく黒, にあ, にいくらか, にお辞儀, にきい, にすぎない, にすべて, にち, についてこんな, についてなど知っ, についてはどう, についてもゆきとどい, について変っ, について奴隷数人, について眺め, について見れ, について調べた, につたえました, にとってたとえば, にとって未曾有, になる, にはそれぞれ勝手, にふん, にみんな同一, にもやや, にも出逢わなかった, にも逢, によろしく, にイヴァン・ペトローヴィチ, にニコポン, に万遍, に世間話, に仰向い, に会釈, に其姓名, に内々, に出, に分離, に別, に別れ, に取り調べられた, に向かっ, に執拗, に変つて, に多少, に実在, に対しての口, に小麦粉, に廻っ, に廻向, に復讐, に或は, に接吻, に接近, に支拂, に明るく, に本当, に止まらず, に死なない, に殉教者, に浜路, に特色, に生き, に生きた, に番號, に目, に相談, に突っかかっ, に簡単, に紹介, に聞きたい, に自然, に薄笑い, に薬, に行動, に要請, に覆い, に見る, に訊問, に課せられ, に變化, に起こし, に辞儀, に逢, に運ばれた, に靴, に頒, に黄金, のうへに交, のお母さん, のかけがえ, のこれ, のちがい, のとき, のどう, のひと, のふところ, のみが汝, のインテリゲンツィア, のサークル員, のセリフ, のプロレタリア作家, の主観, の事情, の人間らしい, の人間的, の仕事, の仮, の作品, の個性, の側, の働き, の兇漢, の兵, の勇士, の反応, の名, の呼吸, の問題, の地位, の声, の外国貿易, の娘, の婦人, の婦人作家, の存在, の安寧, の客, の家屋, の家郷, の容貌, の實費, の左右, の市民的抵抗, の常識, の影, の後姿, の心持, の必然, の性情, の性質, の意思, の成長, の手分け, の批評, の持つ, の援助, の文学業績, の日本婦人, の月旦, の月給年給, の楫, の様子, の権利, の武士, の歩み, の気分, の気持ち, の洞察力, の演技, の特殊, の理論家, の生きた, の生活感情, の田地, の男等, の病人, の発見物, の知行, の社会的自由, の科学者, の組合員, の経済, の罪, の職歴, の肩, の脳裡, の腹, の自我, の至誠, の芸術家, の苦難, の袖, の見別け, の言動の, の誕生日, の貧農, の賃銀袋, の身, の身許調べ, の通行人, の道具立て, の長兵衛, の青春, の面影, の顔色, の飲む, の首, の鼻, はそれぞれ, はっきりと, はひふ, はむろん, はわが国, はアイルランド人, はスマート, は二十三, は五十位, は何物, は塩務官, は大事, は少く, は懸賞金, は日傘, は検定試験, は活動, は着流し, は短い, は立った, は花鋏, は英雄, ぱあっと羽衣, へ告げ, へ祟っ, へ謝っ, もあの, もない, もなき, も住ま, も居ない, も残らず逃げ去っ, も無, も見えぬ, やってきて, やって来ないという, やられん物, ゆく, ようやくはいれる, わけて, ゐないの, ゐない白く, ゐなかつた, をくらべ, をその, をたより, をにらみ廻し, をやがて, をやっと, を一刀流, を代表, を入念, を制し, を吊りあげる, を呼び出し, を呼ん, を堕落, を容れ, を容れる, を彼方, を憐むような量, を扶, を招い, を掴まえ, を暗く, を正成, を殺し, を気違い, を氣違, を滅茶, を目, を眼, を睨み廻した, を私, を細胞, を苦しめる, を見, を見まもる, を見廻し, を観察, を訊問, を調べる, を講中, を通せる, を鏡, を除く, コソコソと, 下りるの, 亡ぼして, 付いて, 何やら互いに云い交し, 再び街道, 出て, 別けて, 助けましたとんだ, 助けると, 去りゆくの, 取り調べること, 呼びだされて, 呼び出されて, 呼び出して, 坐るだけの, 太い鉄, 小突き廻しては, 居なかつた, 居なくなって, 屈んで, 引きだして, 思い出された, 恐る恐る眼, 拾って, 捧げて, 捧げる, 撫でまわした, 書き分けなければ, 来るも, 死んでは, 残らずの, 残らず殺し, 残らず無事, 殖えた事ゆえ, 殺さずに, 殺されたの, 殺されて, 殺される騒ぎ, 殺したうへ, 殺した上, 殺した刄物, 殺した恐し, 殺した私, 殺すか, 殺すに, 殺すには, 殺せそう, 殺せるもの, 殺そうとは, 注意深く顔, 減って, 漁って, 漸く通れる, 生きたと, 異った, 異なる事情, 眺めたが, 眺めやつ, 立ち去つて, 立ったるが, 縊れて, 考えて, 聞いて, 見あたらなかった, 見えなかった山の上, 見たそう, 見分けられるん, 見廻すの, 見直しても, 見舞うの, 訊きまわったが, 討ち取ろうとして, 訪ねて, 調べられても, 責め殺す位平気, 起き上, 轢き殺して, 送り出すといふ, 通らず, 通らずサ, 通らなかったの, 通りません, 通り抜けられる程, 通れるくらい, 通れる程, 通ろうとも, 連れ去られました, 違った鬼, 降りて, 隠れられるほどの

▼ 人では~ (1225, 0.3%)

156 なかった 147 ない 41 ありません, ないの 40 あるが 35 ないが, ないと 33 ないか 29 なかつた 28 ないかと 27 なくて 16 ないから 12 あったが, ないという 11 ありませんでした, ないらしい 10 ある, あるまいか 9 無い 8 あった, ございません, ないよう 7 ありませんか 6 あつた, ありませんよ, ないん, 無かった 5 あっても, ありませんから, あるまい, ないだろうか, なからう, なくなって, 無いが 4 ありませんが, あるけれども, あるまいかと, ないし, ないので, なかったであろう, なかったらしい, 無かつ

3 [17件] あったけれど, あったけれども, ありますまい, ありませぬか, ないかしら, ないけれど, ないけれども, ないでしょうか, なかったろうか, なかつたの, なかりしをと, なく, なくして, なさそう, なし僕, 決してなかっ, 無いと

2 [35件] ありませんからね, ありませんでしたが, あり隨分學者, あるし, あるまいと, ないかという, ないかも, ないこと, ないぞ, ないに, ないはず, ないわ, ない味, なかったでしょう, なかったろうかと, なかつたと, なかつたやう, なかつた私財, なかろうかと, なくその, なくって, なくむしろ, なく堂々たる, なく彼, なく私, なく魚, なし御, なし必ず, 仕方が, 古今亭今輔, 御座いません, 描くこと, 決してない, 無いか, 無いらしい

1 [279件] あったの, あったよう, あつて, あらうが, ありその, ありたいし, ありながら, ありました, ありますけれども, ありますまいね, ありませぬじゃ, ありませんあの, ありませんけれど, ありませんでしたから, ありませんでしたし, ありませんでしたのに, ありませんでも, ありませんと, ありませんわたし, ありません憎むと, ありません新た, ありません江戸表, ありまた, あり女児, あり得ないと, あり得ないという, あり得ない完全, あり是非お見舞, あり随分, あるけれ共, あるまいから, あるまいけれど, あるまいね, あるまいロシア人, あろうが, いくらすすめられた, いけないという, いろ, お后, きっとない, けっしてない, これを, ございましたが, ございますまいよ, ございませぬ, ございませんから, ございませんが, ございませんでした, ございませんと, ござらつし, ござるまい, ござんせぬ薬, そう思う, そんな發明はちよ, たった一人, だめだ, とてもこの, とても傍聴, どういふ, どうする, どうも物足りなく, ないかい, ないかといふ, ないかね, ないがと, ないしかし, ないじゃ, ないじゃあ, ないせっかく, ないそして, ないそんな, ないだらう, ないだろう, ないで, ないであろう, ないでしょう, ないでしょうから, ないといふ, ないとは, ないどちら, ないな, ないのに, ないのにね, ないのよ, ないまだ, ないむしろ, ないやう, ないよ, ないらしく, ないわけ, ないドコ, ないヒラリ, ない一種妙, ない主持, ない今に, ない今後存在, ない半島人, ない否, ない商人, ない常識, ない年齢, ない彼, ない慈悲, ない憎い女, ない所, ない日本橋, ない普通, ない本人, ない様子, ない気, ない法律, ない漸く少し, ない犬係, ない現に, ない生絹, ない病みほうけ, ない筈, ない自分, ない若い男, ない血, ない術, ない里, なかったです, なかったらしく, なかったろうかという, なかったろうかなどと, なかつたかと, なかつたから, なかつたこと, なかつたことぢ, なかつたし, なかつただらう, なかつたで, なかつたに, なかつたらうか, なかつたらしい壽, なかろう, なかろうか, なかろう姫, なくあまり, なくこれ, なくすべて, なくそれ, なくただ, なくつてひと, なくどこ, なくなった, なくなりました者, なくまた, なくまだ, なくよく, なくコネリイ・モル, なく世, なく世に, なく主として, なく二挺, なく他人, なく何, なく何度, なく元締同心, なく児玉院長, なく全く, なく前, なく半, なく印度, なく各々, なく同じ, なく地方, なく多分, なく宋, なく実に, なく弁護士, なく憐れむべき人, なく所謂遊侠, なく日本, なく日本人, なく時々, なく最も, なく月, なく李公, なく槍, なく此, なく深い, なく犬, なく相当, なく矢張り獣物, なく石, なく神代, なく背後, なく自ら帝国臣民, なく自分, なく苟も, なく蓑笠, なく見つける人, なく身體, なく遺骸, なく間, なく雑用人, なし, なしに, なしふっと, なし私, なった, ほんとうの, まったくなかっ, よく解する, ア, アンリー・ルッソーの, ラシーヌよりも, ヴァン・デ・スタットという, 一体全体なん, 一寸旅行, 一部の, 三菱の, 久米正雄永井龍男三上於菟吉女優の, 井上友一郎丹羽文雄, 任せるという, 佃一予氏勝田主計氏正岡子規氏など, 何んな, 作られるもの, 信じ兼ねるで, 信じ兼ねるでしょうが, 値段の, 先づむづかしい, 八歳や, 出色の, 初めから, 判るまい, 勤まりません, 右の, 吉屋林が, 名前も, 学校の, 安心が, 少しも, 庸三の, 御使い, 想像する, 旅費の, 昼も, 最近まで, 有りません, 有りませんか, 有り得ないか, 有り得ないの, 有り得ませんな, 比嘉君が, 比肩し得る, 気が, 決してありませぬ, 海間十郎左衛門が, 滅多に, 無いかと, 無いかも, 無いです, 無いという, 無いの, 無いよう, 無いらしかった, 無い何度, 無か, 無くて, 無く却って, 無しお前, 無論ない, 田中光顕, 石川誠之助, 秋田雨雀氏が, 第一, 絶対に, 罪悪を, 肝心の, 野上さんとか, 金子馬治津田左右吉塩沢昌貞の, 間にあわないの, 間に合いません, 食物を, 駄目だ, 駄目です

▼ 人です~ (1152, 0.3%)

1451448536 から 23 もの 1816 からね 15 が, って 1412 がその, の 9 なあ, ねえ 8 わね 7 がこの 6 かね, がこれ, が私, ぜ 5 からその, から私, こと, つて 4 かえ, からそう, から今, から自分, から誰 3 かねえ, からこの, からどこ, からねえ, から遠慮, がそれ, がね, ものね

2 [47件] あの人, かい, かい親分, かお, かそれとも, かたしか, からきっと, からそういう, からそんな, からもう, から下手, から何, から好い, から子供, から少し, から後, から涙, から若, から黙っ, があれ, がきょう, がこれから, がそういう, が二三年前, が今, が他, が何, が少し, が彼, が息子, が日本, が死んだ, が男生, が運, けど, けれど, けれどそれ, し私, そして僕, ってね, のに, もの嫁入り前に, よあの, わきつ, ネ, 今朝出たつ, 喃函館みたいな

1 [402件] あなたじゃ, あのよう, あの方, え, かくず屋さん, かこちら, かそれ, かと一人, かと云います, からあたし, からあなた, からあんなに, からいくら, からうっかり, からお, からお互い, からお前, からからだ, からこう, からこういう, からこうした, からここ, からことば, からこれから, からこんな, からご多分, からす, からすっかり, からすんなり, からそれ, からそれだけ, からそれで, からそれなり, からそれ以上, からそれ以上私, からただ, からたった, からちょっと, からでは, からといっ, からとお, からとても, からとらえる, からと云う, からどう, からどんな, からな, からなあ, からなかなか, からなに, からなんと, からねどこ, からね乳母, からね今時行火, からね伝次たち, からね僕, からふと, からほとんど, からまんざら, からみんな, からもし, からもしかして, からもしや, からやはり, からわたしども, からボーイ, から一度, から一角, から万一, から万事好都合, から両親, から並, から事, から事情, から他, から何事, から何卒, から信用, から僕, から兄, から入院, から其, から刀, から初対面, から別に, から勝家贔屓, から博士, から危篤, から口, から叶, から否, から喧嘩, から四十面相, から堅気, から外見, から多分, から多助, から大勢, から容易, から宿, から小鳥, から巧まなく, から当然, から御, から快く, から怒っ, から怒った, から急, から恐れる, から恩, から患者, から悪, から惚れた, から感じた, から手, から打っ, から抱え, から政党, から新刊書, から旅, から日本, から日頃, から時々, から本来, から机竜, から杖, から構いません, から此後家, から歯, から母, から水上, から満更のほほん, から生きた, から番茶, から碌, から私たち, から突然, から組頭, から結局, から置い, から老, から臆病窓, から芸者さん, から苦しい, から茶碗, から親, から解りません, から貴び, から貴方, から賑, から起きる, から迂, から遠く, から都, から間違い, から随分, から須磨の浦, から馬鹿, から鼻, から齒, かシンガポール, かネ, か何, か哲學者, か孫将軍, があの, があらゆる, がある, がいつ, がお, がおどろくべき, がお仙さん, がお目にかかっ, がけふ, がこいつ, がここら, がこんど, がしかし, がそう, がそれでいて, がそれ丈, がそんな, がちょうど, がどうも, がどうやら, がなにしろ, がなんで, がねいざ, がねえ, がね年, がね思い上がっ, がふるさと, がよほど, がわたし, がアラン, がハッキング卿夫人, がバカ, が一九一七年, が一人, が七十歳, が不思議, が五分, が人間, が仕事振り, が何処, が個人的, が其, が其の, が其終, が動物, が十九, が卒業, が友人, が叔父さん, が只今, が国籍, が坊様, が外, が夜, が女二人, が宅, が実は, が家老, が小夜菊, が当夜自分, が後, が念, が教養, が旅先, が旧い, が明治学院, が時々, が最も, が最近, が服装, が東京, が権三郎, が權三郎, が此時, が母, が気の毒, が當夜自分, が英国, が裏声, が裏聲, が親父, が野蛮人, が鍜冶屋, が長安, けどその, けどどう, けど私, けれどその, けれどでも, けれどどことなく, けれども, けれどもね, けれども決して, けれども竜, けれどよくよく, けれど家庭, けれど私, けれど若い, けれど西洋, ことにあの, ことね, これまでも, さかい何, しあたし, しかし悲しい, しかも一昨晩, しどうにかこう, しまだ, し伸子, し平常, し母, し玄徳様, し男, そうで, そしてどんな, そのデュモンさん, その堤防, それだ, それに, それに実に, それは, ってあなたこっち, っていい, っていや, っておかしい, ってさ色, ってば異人さん, って三人, つまりサクラ, と, というわけ, とそういった, とても親切, とな, とも, と一斉, と一齊, と云ったら, と私, と高原, どうもその, なんでも, なア, な長崎, ねあなたつて人, ねあれ, ねえ何, ねご, ねそんな, ねとお, ねと言う, ねなど言, ねほんとに, ねェ, ね今日, ね女, ね晩めし, ね私, ね親分, のに昨夜, のよ, の私, はね, みんなあの, むということはぜったいになかったのみならず急な, もうあなた, ものそう, ものそれで, ものちつ, もので, ものでも, ものと, もの何うして, もの売る, もの心配する, もの男と, もの知らない, もの私なんかを, やがて彼女, よあんな, よお, よこの, よこの間親分, よって私, よと誇っ, よどれ, よもの, よわたし, よジョンソン博士, よホラ, よ一人, よ人, よ何ん, よ十三世紀, よ彫物, よ心掛け, よ早く, よ此間, よ池田村, よ自分, よ親分, よ身体, わい, わたしが, わねえ, わね自分, わよ, んでい, アハハハハ, カアル, カンニングで, チャペックの, ナ, ハイ確に, 一生の, 三人です, 世間並みの, 事, 五人です, 人です, 何人が, 何方, 君子です, 多分は, 子供の, 実行は, 彼です, 憎らしいお方, 招待しなけれ, 母さんの, 溝上時代には, 男です, 確かに, 秀子が, 私は, 貴島さんは, 頬の

▼ 人だけ~ (855, 0.2%)

40 では 20 だった 19 であった, である 17 あって 1411 でした 10 です, なの 9 残って 6 だと 5 連れて

4 [11件] あった, あとは, であと, ですか, ですが, 先き, 先に, 後に, 東京に, 私の, 離れて

3 だから, だね, ですから, ですよ, でその, でほか, らしい, 残して, 殘し, 生き残って

2 [46件] あつて, いつまでも, ここに, この宿, さきに, だつた, だのに, だらう, だわ, ぢや, で, であって, であの, でお, でしたが, でその他, でそれ, でどこ, で芝栗, なん, ラシャメンに, 一緒に, 上げると, 乗って, 事務所に, 佐渡屋の, 其説には, 円陣から, 別の, 友達と, 大番頭, 帰って, 手を, 木曾川に, 本郷へ, 来て, 此処へ, 残されるの, 渡って, 聟入りも, 自分が, 身を, 除け物, 階下に, 顔馴染みの, 黙って

1 [509件 抜粋] あっちへ, あつた, あとに, あとへ, あの事件, あの女, あの娘, ありて, ありました, あります, あれば, いて, います, いる, いるが, いるその, いる場合, いる温泉宿, いんごう, おいてきぼりを, おかれて, おつれ, おはいりなさい, おばさんが, おりました, おります, お供に, お前さんを, お雪, かり催して, きめて, きめます, くっきりと, ここへ, こちらへ, こっそりと, こなたへ, この先生, これは, こわれかかった椅子, こんなところ, ござります, しんと落着き, ずいぶんたのしく, ずいぶん愉快, そこから, そのアゲク, その宿, その所在, その時, その氷, その陰謀, それだけ天才, それに私達夫婦, そろわなかった, そんなこと, たしかに私, だからと, だぞ, だったが, だったし, だったそう, だったと, だったという, だったの, だったので, だったら, だったろう, だったろうか, だつたが, だという, だとは, だな, だらうな, だろう, だろうと, だろうな, だろうね, だツ, だ思う存分, ついて, つまりミッツィ, つれて, であったかれは, であったであろうか, であったと, であなた, であの旧, であるかの, であるから, であるが, であること, であるらしい, であろうと, でいい, でいいかね六人, でお母さん, でかわいそう, できり, でこうして, でございます, でござるか, でござんすから, でさ, でしたか, でしばらく, ですがね, ですもの, ですわ, でそう, でそして, でっか, でないこと, でないと, でなくここら, でなくしばらく, でなくわれわれクラス, でなく何人, でなく少年探偵団員ぜんぶ, でなく茂ちゃん, でなければ, でにげださなければ, でね, ではじめるべきでした, でひそか, でひそひそ, でひとつ案内, でまだ, でもう, でもっと, でわからないの, でコトエ, でタバコ一本, で一, で一人, で三人, で世外, で互に, で今夜宿外れ, で何, で倉松, で史家村, で固く, で地方, で寝泊り, で対した, で小林君, で屋台, で後, で御, で御座いますが, で数奇, で旅, で早くから, で普通, で林, で楽, で楽し, で母親, で法則, で深更, で番人, で皆家, で眩, で紐育, で結婚, で綿文, で聞き苦しい, で自分, で親類縁者, で誰, で軍務以外, で達ちゃん, で邸, で酒, で重大, で隆盛, で雲霧, で飮むとか食, で魚紋書館, ときたまたずねる, とり残されて, どうしても, どうしても出ません, どうも青嵐居士, なので, ならいい, ならいつ, ならば, ならばと, なら大事, なら逢っても, なるかと, のけ者に, のこって, はいます, はぐれて, べつの, ほうりだされるよう, また女, まだツェねずみ, まだ頑張ってる, まともに, もてるンぢ, もの, やったらこんな, やったらど, やっつけたが, よかったら, よく存じ, れ共, わけても一番年, わけへ, わざと一町, わざわざこちら, わたしを, ゐて, ゐません, ウマを, ココアを, ゴールインでは, ジッと, ドシン音が, ネルロは, ハ皆兄弟の, ホテルに, レミヤ嬢に, 一しょに, 一年の, 一方へ, 一生交替せぬ, 一足さきに, 三時間前まで, 三等に, 上げるわけ, 下谷へ, 不思議な, 不自由を, 中に, 乗せて, 乗った, 乗った舟, 乗り込み討死, 乗組んで, 乘り込んだ, 也, 乳母に, 二時間ずつ, 仲間外れを, 伊豆山へ, 住むには, 住んで, 何も, 例外が, 例外は, 信じてりゃいい, 働いて, 元どおり, 先生が, 光って, 入会する, 入座, 公園に, 其処の, 其處の, 出して, 出て, 分つたこと, 分家氏の, 切なそう, 切り離しては, 別, 別な, 別になる, 別に寢, 別室へ, 前に, 助かったという, 勇士を, 収容できる, 取り残されないよう, 取残されて, 同行する, 周作に, 呼び寄せて, 呼んで, 和助の, 唯あなた一人, 四日前に, 坐って, 埋立地の, 変な, 外に, 外国に, 多く死ぬ, 多勢の, 大学まで, 大谷地大, 天国を, 奉公人たちは, 奉公人は, 奉公人達は, 妾の, 始終体, 姓が, 娘の, 子刻, 守る先生, 宝島には, 室へ, 寄越すやう, 居た, 居残るという, 履物を, 布団の, 帰るの, 幸せを, 幼年の, 幽閉され, 庄司の, 店の, 引具して, 彼の, 彼を, 後から, 従妹が, 得意げに, 御歸參, 思いあがり自分, 房江は, 手の, 抜けたまま, 抽籤で, 拍手しない, 招待された, 拾おうとも, 挙措進退が, 捕虜に, 掘り出した, 採った, 採用された, 播州へ, 放っといて, 故, 教場に, 文科の, 斬って, 斬られて, 日本へ, 早く出勤, 昔と, 村の, 来い, 東両国党だ, 東京で, 東京の, 椅子に, 楽屋に, 横向に, 橇を, 欠けると, 死亡者が, 残った, 残った娘, 残った年配, 残った長男, 残ってね, 残つたのが, 残つて私には, 残りそれ, 残りました, 残る, 殺したわけ, 母屋に, 毛色の, 気がついて, 気楽な, 泉岳寺の, 泥酔し, 洋妾に, 洋装断髪の, 流し場, 淋しく留守, 済ませました, 減少した, 湯治を, 漸く生き残っ, 無期懲役を, 特に招く, 特に親しい, 特別に, 特別の, 生きて, 生き残ったとしても, 生き残った奴, 生き残ってる奴, 生命を, 生存し, 生捕, 生残った, 甲板に, 畑に, 留守居で, 登場せしめられ, 皆と, 眠そう, 眼を, 眼覚め, 知って, 知ってた私, 知れて, 神尾に, 福島の, 福州から, 私に, 私服が, 穏か, 立たせて, 立ちどまって, 立って, 立派な, 粗麻, 縄を, 縄目を, 縛り上げて, 繩を, 繩目を, 脱けだしたい, 腐つて, 腰かけた細田, 膳に, 自動車で, 舞台裏に, 船に, 若い時分世話, 苦しみながら, 茫然として, 血の, 行かせるの, 行く, 行くの, 行方不明な, 表向きの, 西福寺から, 覆面を, 見えた, 見せること, 見たまえ, 見つけるの, 見付からないやう, 見付からないよう, 見物は, 見習生に, 見送らせること, 討つたので, 討取れば, 調べに, 起きて, 起して, 足を, 身も, 軽い咎め, 返すの, 退席した, 送りました, 這ひだし, 通ること, 通れるか, 通れるやう, 通れるよう, 逢うという, 遠くに, 遠くの, 選び出されて, 選び取られるので, 選ぶと, 選抜され, 選抜し, 選択し, 邪悪の, 邸内へ, 部屋に, 配って, 配置する, 銀座で, 銭形の, 錢形の, 長火鉢の, 附けて, 附添に, 際立って, 離れるの, 離れ島に, 離室へ, 面白そう, 顔見知りを, 食事オニグラフィレソールボンファム・シャリアピンと, 馬から, 鹿島金之助という, 黒小袖に

▼ 人という~ (842, 0.2%)

120 のは 106 ものは 31 のが 21 ものが 19 ものを 15 ことに, ものの, ような 10 のも 9 ことが 8 人が, 奴は 7 ことは 6 人間が, 人間を 5 ふうに, 意味で, 者は 4 ものに, やつは, ように, 人の, 人は, 人間の 3 こと, ことです, ことを, のである, のに, 字を, 少年が, 意味に, 者が, 言葉を

2 [30件] ことなく, ところで, のだろう, ので, ほうが, ほかに, わけです, んだ, ウヌボレ屋の, 一つ目小僧が, 中洲亭の, 事は, 人に, 人を, 人数で, 多勢の, 夥しい数, 大人数, 大文字が, 意味の, 感じを, 数は, 数を, 者の, 者も, 自分の, 言葉の, 警官が, 賤しい, 風に

1 [317件] おおぜ, おそろしいかくれみ, おとなの, おどろくべき数, おばけが, お供立を, お偉い, お客さんも, お役人, お役目, お揃い, お約束通り, ぐあいにどちらの, ことしか, ことだ, ことだった, ことで, ことであり, ことでありましょう, ことであります, ことであれ, ことでしょう, ことでなく, ことで御座います, ことなど, ことにも, ことまた, しかもその, その一人, その公用人, それだけ, それに, たいへんな, てんで見当, ときとは, ところから, ところが, ところである, ところな, ところに, ところの, なかに, のかも, のじゃ, のじゃろう, のだった, のと, のとは, のを, ばけもの, ひなん者は, ふうにね, ふれこみだ, ふれこみです, ほかは, ほんものの, まことに変わった, めずらしい眼相, もので, ものと, ものにたいしての, ものについて, ものについての, ものに対する, ものほど, ものも, もの姿が, もの瓜か, もの第, もの縄つきが, ような見得, わけさ, わけじゃ, わけだ, わけである, わけな, んじゃあ, イギリスの, ツナガリ自体に, トリックである, トリックには, トリックの, バクゼンたる, ピオニェールたちが, レコード破りの, レッテルと, ロシア語を, ロック, ロボットに, 一つの, 一つ目小僧どもが, 一の, 一人二役を, 一階級が, 三つの, 三要素を, 中にも, 事すら, 事で, 事に, 事も, 事を, 事務員が, 人々が, 人々によって, 人々を, 人たちの, 人で, 人です, 人と, 人びとの, 人夫土工或は, 人影が, 人得物を, 人数でした, 人数です, 人数に, 仮定から, 会員を, 侍が, 侵し難い, 全くの, 全員を, 兵が, 兵たいが, 写真の, 処でが, 出前を, 刑事が, 制限を, 割合であった, 労力を, 勢いです, 勤労動員が, 化の, 区別は, 区別も, 原始人が, 双葉の, 取り合せでしたから, 同じ心, 同勢です, 名の, 名は, 名を, 名人に, 名儀, 名前さえ, 名校長, 名詞を, 国守が, 士分が, 多勢です, 多数であった, 大学生が, 大家族, 大群衆, 大軍だ, 大軍を, 大連が, 大金持, 女ばかりの, 女神の, 奴である, 奴隷が, 始末さ, 婦人が, 婦人の, 婦人をば, 子を, 子供や, 子供を, 字は, 字句を, 定評が, 定評だった, 実情以上に, 客の, 家士への, 家庭でした, 家族を, 家来を, 小人数, 小数の, 少年少女が, 尨大な, 山裏金司だけは, 巡羅, 工合で, 工合に, 平均は, 平均を, 幼稚な, 座頭が, 弟子の, 強味が, 形を, 彼らの, 従業員は, 性格を, 恰好の, 悪者を, 悲しい入り, 情が, 意味から, 意味だろう, 意味であっ, 意味であります, 意味である, 意味でも, 感じで, 感じである, 感じに, 感じも, 憎悪が, 採用率に, 改役年寄役触, 数が, 数だ, 数字です, 文人かたぎの, 文字は, 文字を, 文明人, 文盲者中実に, 料理番と, 新患者, 方が, 旅人が, 日本人が, 日本人の, 時は, 暗示を, 曲馬団員の, 最多数, 有名な, 有象無象が, 札に, 条件も, 条江戸の, 東京からの, 架空な, 格である, 様な, 機械人間が, 次第を, 正直な, 武士と, 死傷者の, 比率とは, 気位を, 気分に, 泊まりです, 洋人が, 海賊どもが, 溌溂と, 点に, 熟練職工が, 狂気の, 生徒の, 生物の, 男女老幼を, 登山者の, 登山者を, 盛況の, 神たちが, 程度であった, 積りだ, 窮状に, 競争率から, 筈が, 範疇の, 約束だった, 統計に, 美人が, 群が, 群れに, 義である, 義に, 者を, 職工たちが, 職工の, 芝居に, 芝居を, 若い奴等, 行列で, 表面に, 見物が, 見物の, 見物人が, 触れ込みで, 言葉が, 言葉つきには, 言葉は, 訳は, 註文を, 評判を, 話が, 語は, 警官による, 負担で, 販売者たちの, 贅沢な, 足手ま, 足軽とを, 身分ばかりは, 車台の, 部下の, 針の, 関係で, 阿鼻叫喚が, 革命的婦人が, 順序です, 顔つきで, 顔ぶれを, 騎兵を, 黒い人影

▼ 人なら~ (835, 0.2%)

25 誰でも 12 ばその 8 ば誰 7 だれでも 6 ば, ば私 5 ばこの, ば或は 4 ばそれ, ばともかく, んと, 私が

3 [11件] それで, ばそう, ば一通り, ば何, ば知らず, んで立っ, んや, 何か, 彼の, 誰しも, 誰にでも

2 [45件] いいが, いいけれど, いくらでもえらい, いつでも, おれも, きつと, これは, こんな書面, その人, それを, で, ともかくも, ばある程度, ばこれ, ばそんな, ばだいじょうぶ, ばまた, ばまだ, ば兎, ば気, ば自分, ば諷諫, ば警察, む, むと, んでいる, んで歩い, 一人の, 二人の, 人を, 仕方が, 他に, 何んな, 僕は, 大丈夫だ, 女の, 成仏する, 満洲, 相当の, 私の, 私は, 街に, 話が, 路も, 馬鹿に

1 [622件 抜粋] あとだって, あの自動車道路位, あの色, あるいは音楽監督, あれだけ, あれまでの, あんなこと, あんな処, あんな太平楽, いい, いいけれども, いいと, いいわ, いいん, いい智惠, いくらも, いざしらず, いざ知らず, いちど会わせ, いとこです, いまこの, うまく云え, おそらくそれ, お兄様, お前, お勝口, お勝手口, お茶の子です, お連, お針だけは, かつて訪れた, かねがね僕たち, かまは, かまひ, かりに自分, きっといっしょ, きっとぴんぴんし, きっと入谷, きっと気, きっと荘厳, きっと詠った, ここで, ここには, ここらは, この位, この小さな居心地, この小次郎様, この心持, この谿谷, これで, これまた, こんなムダ, さう, さっきいった, さっきの, ざるも, すぐに, すぐにも, すぐわかる, すぐ会得, すぐ登つて, ずいぶん居ます, せっかくの, ぜひあっ, そうかも, そうでしょう, そう云う, そう薩摩, そこに, そこらで, そして人間, そのくらいは, その一刻, その三十人, その上, その妙, そりゃ君, そりゃ私, それが, それぐらいの, そんなに行きたく, そんなもの, そんな風, ぞうさなし, たいがいうすうす, たいていの, たいていは, ただ四本, たとえあいさつ, たよりに, だいじょうぶ枯らす, ちゃんと見抜い, ちやうどい, でか, ではえがき得ぬ, では妙案, でも碧空, で問, で待たぬ, で誰, とうにどこ, とつく, とてもこんな, とにかくお松さん, とにかく浩さん, ともかくさぶち, ともかくその, ともかくそれ, ともかく二人, と先方, と島田君, と当時, と思っ, と頼り, どういうこと, どうかと, どうせそれ, どうにかし, どうにか中, どうにか暮し, どこへでも, どれも, どんなこと, どんなウソ, どんな人, どんな風, なおさらの, なおのことソヴェトへは, なにが, なにも, なんとか救っ, ねこは, ね静, はと信じ, ばああ, ばあなた, ばあの, ばい, ばいくら, ばいくらでも, ばいざ, ばいっさい, ばいなく, ばおそらく, ばかく, ばきつ, ばこういう, ばここら, ばこそ乞食, ばこりゃ, ばさしつかえなき, ばさっき, ばすでに, ばそういう, ばそして, ばそんなに, ばただ, ばだ, ばとアカデミー, ばと思, ばと思い定めたる, ばと思い込ん, ばと思っ, ばと思った, ばと斯, ばと目指し, ばどう, ばどうして, ばどうしても, ばどんな, ばどんなに, ばなぜ, ばなにか, ばね, ばはいっ, ばほんとう, ばま, ばまさか, ばまだしも, ばもっと, ばやっと, ばよく, ばよほど, ばわかる, ばわれ, ばウン, ばバイブル, ば一家, ば一応, ば七八つ, ば三十分, ば二三十人, ば二十四人乗り, ば互いに, ば亦, ば今度此不思議, ば他力, ば仮に, ば何人, ば充分, ば先ず, ば公平無私, ば冬, ば十里, ば南蕃人, ば双生児, ば取られた, ば名, ば吹雪, ば吾, ば喜ぶ, ば四, ば外, ば多少, ば夢中, ば大学, ば失恋, ば女子, ば如何, ば如何なる, ば始め, ば子, ば安心, ば宿料, ば少し, ば彼, ば御免, ば必ず, ば悔い, ば愛, ば我, ば我々国民, ば教え甲斐, ば文句, ば断じて, ば新しく, ば旧都, ば是, ば村長, ば東京, ば此處, ば死ん, ば殆六十年, ば比翼塚, ば泣きたい, ば浮名, ば游竜, ば溯っ, ば無, ば無論, ば独逸系亜留, ば獅子, ば玉, ば異常, ば當然官憲, ば疑う, ば疲れる, ば皆, ば直, ば直ちに, ば相当, ば知らぬ, ば確か, ば秋雨蕭々, ば笞刑, ば結構, ば統軍亭, ば美人, ば職工, ば至極, ば舌先, ば花, ば芸術価値, ば見, ば親しい, ば言う, ば言問, ば跡, ば身体, ば金鵄勳章, ば釣れる, ば面, ば風船, ば驚く, ば鬱陶し, ほかにも, ほんとに幸い, ましかば, まだしもその, まだ工面, まア僕ら, みなそうな, みんなが, みんなやる, むしろ理詰め, もうとっくにさようなら, もう何, もう座席指定, もっと周密, もはや弟子入り, よいが, よろしうございます, わたしゃあ, わたしよく, ん, んか, んが, んでお母さま, んでゐる, んで坐っ, んで寝る, んで廊下, んで廟, んで恭しく, んで歩く, んで腰, んで足許, んとは, んのみと, ん年ごろ廿一二痩て, ん此事有體に, シナ語が, ソヴェトでは, タクサン来, ツイこの, ドイツへ, ポケットの, ミスター, ミリガン夫人や, ユダヤ系多分, 一と, 一ぺえ居る, 一回分でも, 一寸一服, 一層ありがたい, 一旦隠れた, 一生いっしょに, 一生安楽に, 三人ぐらいは, 中村吉右衞門學問なら, 乘れぬ, 乘れる, 九人という, 乞食でも, 事は, 二元の, 二度の, 五人十人なら, 京都では, 人で, 仁者と, 今までに, 今朝分った, 何かに, 何でも, 何とかもう少しぐらい, 何も, 何んとか, 何億人の, 僕たちより, 僕の, 充分納得, 先刻九時半頃窓越しに, 先生の, 兎に, 兔も, 八丁堀に, 八人は, 公爵だろう, 別だ, 別なやり, 別に会, 別の, 効果は, 務めの, 十五人に, 十人十五人なら, 十人自分に, 十六回の, 千が, 双方の, 叔父さんの, 口先一つで, 古来めづらし, 名譽, 君, 因業なおう, 国分にだって, 外の, 大したこと, 大丈夫だらう, 大丈夫でしょう, 大抵毎朝, 大概たんすに, 大概できる, 大概の, 大概解る, 天下の, 太いバス, 女としては, 始めて会つた男, 子供に, 学問も, 宇宙を, 実は彼, 對手が, 小刀を, 小学校も, 少くとも, 少しくらい, 少しも, 少し割り高, 屹度狸をも, 平気でしょう, 平気な, 幾らでも, 弱いので, 当然の, 当選です, 彼が, 彼は, 彼等の, 後からでも, 心強いし, 心配は, 必ず貴女, 思わず名, 恥かしい, 恥ずかしくって, 慥かだ, 成功する, 或いは説き落せる, 承諾しない, 新賀の, 日本の, 日本人の, 早く言いたまえ, 最早貞操一点張り, 望みを, 本当の, 格別譲治さん, 此の, 此処らで, 武鑑を, 毎安息日, 気候の, 気味悪がっ, 氣恥かしく思ふであらう, 決して島田, 無論に, 無論怒る, 熱と, 爪を, 画に, 畑柳家の, 異口同音に, 百円あげる, 益満さんだって, 直ぐにも, 直ぐ近く, 真から, 真の, 確かに, 神野霜兵衛さんの, 私みたいな, 私も, 科学の, 立派な, 箔が, 絶海の, 耳からでも, 腹が, 腹の, 自分が, 花の, 芸を, 表て, 被服も, 西洋人でも, 語を, 誰が, 誰だって, 誰一人知っ, 謝恩の, 足の, 身一つを, 軽薄な, 辛抱出来る, 遲れ, 邪魔を, 野蛮人で, 銓衡の, 間違いは, 阿Qは, 隣の, 雨や, 青年の, 静さんにも, 頼みに, 鼻を

▼ 人とは~ (806, 0.2%)

11 違って 9 思わなかった 8 思われない 6 見えなかった 5 ちが 4 いえない, 何うし, 何の, 思って, 思はれぬ, 思われなかった, 思われません, 言えない, 違ふ

3 [12件] あるまいと, 一緒に, 口を, 思えない, 思われないほど, 思われぬ, 絶対に, 言いながら, 言へ, 誰, 誰の, 違つてゐる

2 [43件] いうまでも, いえないの, いえないん, いらつし, かねてから仲, その燦然, ちがいますもの, なかった, なんだ, べつの, まるでちがう, まるでちがった, よくも言, 何か, 俗に, 全く違っ, 別で, 別な, 別人同士である, 受取れない, 可なり, 同じからず, 呆れる外, 夫婦に, 思うが, 思えぬよう, 思えません, 思はれないで, 思はれなかつた, 思ふけれども, 思われず, 思われないくらい, 思われないので, 手を, 比べものに, 直接の, 見えない程, 親しかった, 違う, 違うよ, 限らない, 限りません, 黒玉の

1 [609件 抜粋] あいつに, あのワイマアル, あべこべに, あまりに知性, ありますまい, あるまい, あるまいという, あんまり接触, いいながらも, いうものの, いえいまだ, いえかえって, いえないまでに, いえはじめて, いえまい, いえ一里半, いえ夜, いっしょに, いったい誰, いない, いないだろうと, いないほどの, いなかったもの, いねえだろうな, いはば, いへ, いまやイングランド, いわれて, うちとけて, うらうらと, おそらくなん, おどろいた, おもう, おもわない, おれには, お会い, お前を, お友達, お蔵, かぎらなかつた, かねがね聞き及ん, かよの, きいて, きっと知らず, きれいずきと, きれいに, きわめて密接, くたびれながらも, けっして互いに従属, この点, この草むら, この調和, これほど, これ如何, こんなにも違つて, こんな風, ごく最近, ござるまい, しっくりと, すこし類, すこぶる堂々と, すなわちキヨメ, すなわち素人, そこに, そこを, その各, その後この, その破壊活動者, その風, そもどなた様, それぞれ関係の, たいへん違う, だいぶいる, だれの, ちがいます, ちがいますよ, ちがうさ, ちがうと, ちがうの, ちがうべつ, ちがうん, ちがった日暮し, ちっとも気づい, ちゃんとわかります, ちょっと話し, とうてい信ぜられなかった, とても附き, どう, どういう縁故, どういふ, どうしても受取れない, どうしても感じられない, どうしても私, どうしても考えられなかった, どうして判った, どこが, どことなく違う, どこに, どっかちがっ, どんなもの, どんな国民, ないで, ないの, ないはず, ないらしい, ない立派, ない軍, ない馬鹿野郎, なしたの, なし珍しい霊木, なすよう, なったが, なったの, ならぬ, なりたるなれ当時, なりぬ, なると, ぬ冬, のべつお目にかかっ, ひとかたまりに, ひとつに, ひと月ばかりの, べつにもう一つのぶきみ, ほかならぬ, ほかならぬかの, ほんとに別れる, ぼんやり互, まるでその, まるで似, まるで別人, まるで剣, まるで違ふん, まるまる疎遠, もう会う, もう勘弁, もう古い, よほど変った, より多い, われかと, アイヌ族の, キリスト教の, ツイ話も, ツユ知らずずいぶん, ロクに, 一人は, 一寸も, 一目見, 一致し得るであろう, 一見し, 一身同体とも, 三五兵衛の, 上野原で, 世上に, 並ぶ者, 中稲, 二つであっ, 二人の, 云いながら, 云いにくい, 云えかかる, 云はれない, 互いにキチガイ同志, 互いに心, 互いに罪, 互に冥通, 互に思ひ, 交る, 交わりたくない, 交際は, 人数が, 人物が, 今の, 今何ういう, 他の, 他人の, 以後一分間でも, 仰山すぎる, 伊瀬知好成, 会うこと, 会ったこと, 会っても, 会らなかつた, 伺って, 似ても, 似ないの, 体の, 何ぞや, 何だかもう親しい, 何という, 何となく気まずい, 何んだ, 何處か, 余り交際しない, 余程懇意, 係わりは, 借金を, 偶然丸善で, 價値を, 優れた喜劇, 全くちがっ, 全く別世界, 全く大きな, 全く本質, 全く違う, 全く違った, 六波羅評定衆の, 共に美術文学, 円満な, 凄いじゃ, 出会うもの, 分らないもの, 刑事である, 別におれ, 別に着想, 別ものな, 別れました, 別れること, 別れるつもり, 別人では, 別人に, 別人の, 到底いえぬ, 到底いっしょ, 前後に, 創られたもの, 医科の, 単に多数, 単に大, 反りが, 反対な, 反対の, 反対よ, 受けとれなかった, 口が, 口は, 口も, 口一つ満足には, 同じ揚がり, 同じ病気中, 同じ言葉, 同じ釜, 同一人, 同様の, 同系では, 同門だ, 名前を, 呼ばずいきなり, 呼ばれて, 喧嘩を, 地理的な, 執着の, 声が, 声で, 変って, 多分大久保, 大分違う, 大分違っ, 大変に, 大変異, 大抵同一, 天下一の, 太陽に, 女中姥竹が, 如何なるもの, 如何に, 如何者だろう, 婚約の, 對蹠的に, 小さい時分, 少しばかり, 少し多, 少し産み過ぎた, 少し違う, 少し離れた, 居ないやう, 幼な, 幾許の, 度々会わなけれ, 当の能登守, 形が, 彼は, 彼女は, 従属すべきであろう, 御面会, 徹底的に, 心に, 心易い, 必ずしもかぎらない, 必ずしも道徳的人物, 思いませんけれど, 思えないくらい, 思えないじゃ, 思えないほどに, 思えない位衰弱, 思えない温顔, 思えなかった, 思えなかったこと, 思えなかったろう, 思えぬほどの, 思えませんでした, 思ったが, 思はれない程, 思はれません, 思ひ捨てんこそ, 思へない程, 思へぬ有難, 思わなかったと, 思わなかったに, 思わなかったの, 思わなかったのに, 思わなん, 思わぬぞよ, 思われずこの, 思われずそれだけにまた, 思われないから, 思われないほどに, 思われないまで, 思われないよう, 思われない伝法, 思われなかったが, 思われなかったのに, 思われぬよう, 思われぬ位, 思われぬ程, 急に, 恋が, 恋を, 恐らくこの, 慣れて, 懇意に, 振返り振返り同じ, 揃つてゐた, 数えきれないかも, 敵だ, 文化を, 文化史的に, 断じてご, 明らかに, 昔なら, 映画関係業者教育関係者映画関係係官の, 時には獰猛, 時機を, 最も近づい, 有ません, 有るまいどうも, 有るもの, 本当の, 本署に, 杜甫の, 東京駅の, 格闘でも, 歩いて, 殆ど面識, 殊なる, 毎日同じ, 比較に, 気性も, 気質的に, 気風が, 気風も, 水蜜桃以来妙な, 決して出来ない, 没交渉の, 泳ぎに, 源さまおま, 無いでしょう, 無いや, 無え名人, 無罪に, 無論英雄, 独立に, 珍しく思われます, 珍らしい, 甘くつけた, 甚だ緊密, 甚だ類似, 申さずと, 申されません, 申せ同じ, 異うと, 異って, 異なる時点, 白雪姫では, 白鳥会には, 皆不可変更の, 直ぐ見わける, 相変らず, 看做したり, 知らず勤, 知らで嫁, 知らなかったが, 知らなかったよ, 知らぬ間, 知りませんでした, 知るまいと, 砂の, 祖父母と, 私しゃ今まで, 私は, 細い道, 結婚せんいう, 結婚なんか, 続いて, 縁を, 考えたもの, 考へられない, 股で, 胡人を, 自ら別だ, 自ら区別ある, 自ら生きん, 至って昵懇, 蝦夷の, 蠅の, 表現的な, 西方の, 見えざりけり白洲, 見えず, 見えずまるで, 見えず感じよく, 見えないの, 見えないよう, 見えぬはず, 見えぬほど, 見えぬ様, 見えませんか, 見えませんねえ, 見ちがえるよう, 見つかるめ, 見られなかった, 見当らぬはず, 視線を, 覚ること, 親しい友達, 覺え, 言うまい犬, 言えませんでした, 言つてる, 言葉が, 話さないん, 誰々か, 誰々だ, 誰だ, 誰と, 誰とも, 誰を, 諦め難く, 謂いませんや, 貴嬢, 貴殿より, 跡に, 軽気球の, 近衛の, 追放に, 逆な, 通れないくらいの, 造りは, 逢つた, 逢つても, 連絡の, 遂に鉄, 違いました, 違いますからねえ, 違いまた, 違い半ば散歩, 違い外部, 違うおいら, 違うから, 違うからね, 違うだろう, 違うて, 違うの, 違うもの, 違ったところ, 違ったなにか, 違った歴史上, 違った見方, 違つたその, 違つた下手人の, 違つた考へを, 違つてゐた, 違つて客商賣, 違つて貴方です, 違ふか, 遠いよう, 重ちゃんが, 金木水火土の, 関係ない, 關係の, 限らないこと, 限らなかったであろう, 限りませんが, 陶宮を, 随分親密, 離れがたい, 離れて, 雲泥の差が, 霊魂と, 颯爽たる, 飲みたくない

▼ 人ばかり~ (793, 0.2%)

40 では 2015 である 11 なの 10 いた 7 だった, であった, 出て 6 だから, 来て 5 いる, だつた, です, 集まって 4 あった, つれて, であったが, でした, でも, なので, 多かった 3 あつた, います, だが, だったが, ですから, 入って, 呼んで

2 [44件] あって, あります, ある, いましたが, さきに, じゃ, だと, だよ, で, であつ, でお, でこちら, でございます, ですが, でなく, でなく手紙, でなし, で全然, で酒, なり知己, もう八丁堀, 一時に, 二た, 人が, 人を, 住んで, 何か, 八丁堀を, 多いの, 子供を, 小僧が, 居て, 居ります, 居る, 揃って, 来た, 炉を, 狩り集め, 畑宿を, 肌ぬぎ, 連れて, 道を, 附いて, 騒いで

1 [507件 抜粋] あったそう, あったの, あつまって, あとに, あまり風体, ありました, あり云々, あるわけ, ある中, い, いい国, いずれも, いそがしげ, いたし, いたでしょうか, いたと, いたので, いて, いました, いらっしゃいましたのに, いらぬ故障, いりも, いるし, いるの, いる世界, うようよいる, うろ, えらんで, おります, おれは, お客さまが, お御堂, お酒宴, お願, お願い申上げたい, かけだして, きた, きちんと座りました, きちんと白い, ここへ, ことごとく能代塗, こないだ伊勢へ, これ, これにも, これも, さうし, さつきの, して, しゃがむとも, しゃがんで, すぐさま袴, ずらりと拝伏, ずッ, そのばけ, そのまん中, その代り, その名簿, その法衣, そばで, それで牛飼人, それは, それも, たばこを, たまらないの, だからね, だからのう, だそう, だったでしょうね, だったので, だったら字, だったわねえ, だつたの, だつたら字, だという, だね, だまゆみちゃん, だもの, だ逃がそうとて, つきそ, つけて, であったと, であったという, であったらば, であったら農業, であの, でありました, であります, であると, であるとか, であるところ, であるべきはず, であるよう, であるらしいけれども, であろう, でいきなり, でいつ, でこの, でしたから, でしたが, ですの, ですので, ですもの, ですよ, でちゃんと, でっしゃろ, でどの, でどれ, でなくその, でなく世界各地, でなく乗組, でなく乗組みの, でなく他, でなく凡俗, でなく周囲, でなく国じゅう, でなく奉行所関係, でなく専門家たち, でなく彼等, でなく探検隊員全部, でなく生きたいと, でなく私, でなく西洋人, でなく金, でほんとに, でもう, でも本, でクラークソン, で中, で二, で二人, で二十年間日本, で他所, で其処, で十人, で厭, で固め, で帰国後, で平馬, で当て, で後進, で急, で怪しげ, で押しかけて, で楊弓結改, で無い, で無理, で牛, で王さま, で知り合い, で素足, で組合, で誰, で賑やか, で途中, で遂に, で雇人達, で音羽, で駈けて, で高, で髷, とりまいて, どういうわけ, どうしても行方, どっとばかり, どやどやと, なお客, なかの, なが, なのに, ならいい, ならば, ならんで, なら幾人, なんだ, のこして, のぞいて, ばらばらと, ひとかたまりに, ひとつ精を, または, まるで大, みたいな, みて, みな顔を, みんな僕の, むきな, むちを, むらむらと, もう今日, やから, やって, やって来た, よばれて, よろよろし, わらわらと, ゐて, ゐやせん, イギリスへ, シェンケの, チベットへ, デニー老, ドンと, ワッとばかり, 一クラスと, 一人も, 一団と, 一時間四十分は, 一群な, 三人遊びに, 三枚橋まで, 上つた, 上段の, 上邸へ, 上陸し, 下宿し, 下弦の, 中の, 丸煮, 乗せる余裕, 乗せパラオ, 乗せ櫓台の下, 乗って, 乗りこんで, 乗れるの, 二人を, 今にも君, 今夜アメリカに, 仕事を, 付いて, 仲間は, 仲間はずれに, 使って, 來て, 例の, 倒れて, 倒れ踊り, 傷を, 働かしその, 先刻から, 入つて, 入れる事等, 入用の, 入社した, 八間の, 其処へ, 内輪の, 円を, 出る所, 初対面の, 前の, 医官を, 医者にも, 十二三四五ぐらいな, 参観と, 参詣の, 召集した, 右往左往し, 各, 向うの, 呼集め何でも, 四つ手網を, 四五人通っ, 土匪の, 土地の, 地上へ, 堂宇の, 変な, 外套を, 多い, 多いこと, 多いとき, 多い世の中, 大きなシャベル, 大野木の, 天主堂の, 女が, 妹が, 姿を, 婦も, 婦人も, 学生を, 宝石商の, 実際静粛, 客が, 家中の, 宿つてゐた, 宿らせて, 寄って, 寄りまするとは, 寄り合って, 寄合って, 寄宿し, 居た恐い, 居た料理人, 居ないの, 居る乗客たち, 居る室, 山手から, 山越えで, 岡本などに, 岩村氏の, 峠の, 峰を, 嶮岨を, 席に, 平生から, 座って, 座敷へ, 引き添っ, 引き連れて, 引き連れ皆一人一人象, 引導を, 引用し, 当が, 後を, 後部の, 心持よ, 応援に, 思ひいづやと, 悪い者, 憩い居けるが, 我が帆船, 手伝いが, 手伝いに, 手負いが, 打上げられた躰, 技術養成を, 押しかけましたが, 押しひしいで, 押しよせて, 拘留され, 招いて, 招ばない, 招ぶ, 招待し, 指さした後, 掛って, 支度し, 故勿, 斬るの, 新聞記者が, 時には異国的, 暗いホーム, 書類へ, 有つたわ, 有望な, 来る女, 東南の, 林町方面へ, 桜沢氏の, 棍棒か, 横に, 次々と, 歌つ, 此辺で, 歩卒を, 残って, 残ら肩を, 殖えた様, 段々こっち, 殺したがる, 母を, 気狂に, 江戸から, 沢山歩い, 流の, 涼んだ中, 深山幽谷に, 渚に, 測量器械を, 溢れた新来者, 火鉢を, 炉辺へ, 烏帽子素袍雑式仕丁の, 焼死者が, 熊手鉞などを, 片輪者, 牢へ, 狩り出して, 狭い通路, 玄關の, 現れた, 現れて, 現われまして, 現われれば, 現行犯が, 生き残って, 男の, 男客は, 番しました, 登って, 白衣の, 白襟で, 皆んなこの, 皆んな此居廻りの, 皆厳かに, 益山郁之, 盛に, 祭司次長の, 私の, 私服を, 窓を, 立ちあがって, 立った客, 立つて, 笑つてゐられぬ, 籠を, 素裸で, 組に, 総代に, 群れ集っ, 老人夫婦を, 肉襦袢ばかりの, 腰を, 自動車に, 至急に, 至急頼みます, 舞台の, 舞台へ, 舷側から, 芝生に, 芸者を, 若いもの, 若侍たち, 草の, 荷物を, 藥湯には, 行くえ, 行って, 行儀よく, 行列を, 術を, 表へ, 表彰された, 要所々々に, 見た奴, 見て, 討死した, 訪ねて, 訪ね歩いて, 詰襟の, 話の, 語らいぬ, 警察へ, 象の, 責めて, 貰い手の, 貰ったの, 赤十字キャンプに, 走った, 走って, 走り寄っ, 足音が, 踏みとどまって, 車夫が, 車寄せの, 車座に, 軒下に, 追いはぎを, 追剥が, 追返しちゃ, 逃げ帰って, 通抜けた, 連れたきり, 連れ出して, 遊び居りたる, 遠慮し, 遠慮も, 部屋の, 重太郎に, 金杓子を, 銀色の, 長柄付の, 附添享保十午年, 降りたので, 集ったのに, 集って, 集つて来た, 集まった, 集まったそう, 集まらうと, 集めた外交, 集めまして, 集りそれでも, 集り我々, 集る仲間, 雇うて, 離れの, 預かって, 頭巾を, 頼んでも, 飛んで, 食事を, 馬に, 馴染みな, 駆り集めて, 駆り集め一隊, 駕籠に, 骨と, 鳶口を

▼ 人であった~ (776, 0.2%)

24 のだ 18 がその 15 のである 14 ことを 11 から 10 ことは 8 ということ 7 からである, が, ことが, と思う, に相違, のか, のが 6 がこの 5 か, からその, そうだ, というの 4 かどう, が彼, ために, という, と思われる, のだろう, のです

3 [18件] かもしれない, かも知れない, からこの, から玉鬘, が今, が或, ことも, そうである, といっ, と云う, にかかわらず, に違い, のかと, のであろう, のを, ような, ように, 彼の

2 [38件] かのよう, からだろう, からであろう, からでしょう, からです, から今, から何, から源氏, がこれ, がしかし, がそういう, がのう, がチェーホフ, が典型的, が姉, が私, が間もなく, その報い, という事, といえる, といわれ, と云っ, と書いた, と見える, と言う, にし, にせよ, には相違, のさ, のであります, のは, ばかりでなく, ものが, ものと, ようです, 事が, 事を, 彼は

1 [443件] おかげという, かさえも考え得無い, かそして, かそん, かつい, かという, かということ, かと思う, かと若い, かな, かなかっ, かな俺, かはわからなかった, かは知らない, かは知る, かは記してない, かまた, かもしれぬ, かも知れぬ, からあの, からいい加減, からいろいろ, からお, からかえって, からきっと, からこれ, からし, からせめて, からそこ, からそのまま, からその後彼, からそれ, からただ, からで, からどの, からなお, からなか, からふたり, からもの, からやくざ, からようやく, からフェラポント, からマダ学生, からヤマサン, から中将, から乳母, から人々, から今度, から余計, から先ず, から六条院, から別に何とも, から十分, から受取人, から右大臣, から喪服, から夕霧, から天狗岩事件, から女房, から姪, から姫, から娘, から娘達, から寂照, から度胆, から式部卿, から弟たち, から彼等, から時, から普通, から暗い, から朦朧, から本当に, から椿岳, から気がかり, から深く, から無理, から無遠慮, から片手, から特にそう, から筆紙, から美しい, から自分たち, から自然, から衛門督, から親しみ, から親戚, から調べた, から身, から院, から隠居, から顔変わり, かわからない, かわからなかった, かを想像, か三人, か彼, か更に, か極めて, か知らぬ, か知らねえ, か米人, か見送る, か覚え, か誰, がある, がいま, がお, がかつて, がきん, がぎく, がこともなげに, がさすが, がしかも, がそうした, がそれ, がそれで, がそれでいて, がたいした, がちっとも, がともかく, がどうか, がどうして, がどうも, がどの, がなどとも思われる, がはたして, がひとたび, がほか, がほどなく, がもちろん, がもっとも, がやがて, がやっぱり, がイザ, がエリザベス, がガンマ和尚, がジコーサマ, がレコード, が一八一六年, が一八三〇年, が一度, が一朝, が一面, が一馬, が上人誹謗, が下宿屋, が不幸, が不思議, が事件, が事実, が五年前, が人格的, が今度, が今日, が今日以後, が仏, が以前, が余りに, が倅, が僧, が全, が全身, が兵部卿, が内気, が前, が助役, が勿論, が十四, が十年後, が可愛, が同じ, が大胆, が大隈侯の, が女, が子, が子供, が子息, が容貌, が小さく, が少し, が少なくも, が尾上, が局外者, が屋敷, が師匠, が席上, が帰っ, が年, が建築, が彼女, が往々, が後に, が後日, が愛郷心, が才幹, が抜群, が抜駈, が拙者, が故に, が故人, が文学的, が新た, が日蓮, が早く, が柔和, が横柄, が次第に, が母, が母方, が毎年八月中未亡人, が熊田先生, が特別私, が狩野派, が産婆, が男, が癇癪持, が目, が眼鼻立, が矢張目的, が福原先生, が私達, が筒袖, が群, が義鎮, が翁, が自分, が芦屋, が若く, が蒸気力, が記者, が話ぶり, が談判, が過激党, が部屋, が院, が音, が須永, が馬丁, けれどそれでも, けれどもその, けれども人間, けれども十九, けれども小普請入, けれども己, けれども師命, けれども読ん, けれど保一くん, ことだけは, ことである, こととて, ことなどの, ことなどは, ことなどへも, ことなどを, ことや, ことよく, こと幼い, こと忰の, こと断片的に, この一行, この女, この男, この野郎, これは, しまして, しまた, し二つ年下, し其他, し困窮, し実際, し岡邦雄氏, そうで, そうでございます, そうな, そして彼女, それだ, ぞ, ため新劇関係の, ため殿上役人なども, ため英米の, だけに信長, だけ今, と, といいます, という例, という加十, という感じ, という点, という現実, という発見, ときい, としたら, としてもこういう, としてもまた, としてもやはり, としても毎夜, として一般人口, とする, とどうして, とは思われぬ, とみえる, とも云う, とも報告, とも言われよう, とやら, と云われ, と仮定, と信じ, と僕, と同様, と好色, と後, と思います, と思い出し, と思い始め, と思っ, と母, と目せられる, と知っ, と私, と考え, と考えられる, と聞く, と見え, と見えるです, と見る, と言っ, と記され, と記憶, と音, な, などとは言いだせなかった, にちがい, にちがいありません, にもかかわらず, ね窪田君, のかも, ので, のであった, のでいくら, のでこういう, のでそんな, のでまあ, のでよく, のでわたくし, のでデカ, ので一ヶ年半, ので三人, ので九如, ので何, ので周囲, ので大統領ウィルソン氏, ので学校, ので山岸中尉, ので彼, ので極めて, ので牧氏, ので適当, のに, のにと薫, のにまして, のにゆうべ, のに一日, のに不良少年, のに惜しい, はず, はずである, ばかりに自分, ひとが, やら船長, ゆえに, ようじゃ, ようだ, ようである, わけだ, んだ, んだろう, アイゼンハワア氏が, クラヴァットという, グラッドロンが, コノデ, シャール・コックラン, ゼラルチン・ファラーと, チャールズ, マルクスには, ムルタは, ヤソ会士が, 一人は, 久保井先生は, 久留雅雄が, 人だ, 刳舟で, 北米には, 千枝子さんという, 又エイリイ, 又前, 吉田首相と, 名前を, 場合には, 女人は, 女将の, 妹の, 娘と, 子路が, 実の, 島村氏の, 巳之吉は, 彼ヴィクトル・ユーゴーの, 彼女の, 支那人が, 故奈良原, 数学の, 明石夫人をさえ, 時の, 時代を, 林房雄氏等から, 梅謙次郎博士は, 植通は, 植通公は, 気象台の, 為であろう, 為に, 玉鬘の, 王は, 甘粕藤太氏は, 盲俳人華山君の, 神戸牧師が, 福沢諭吉の, 私の, 秋山宇一は, 筈で, 筈である, 義兄春田居士が, 老人が, 者が, 而も, 自分亦, 藤井蔵相が, 誠の, 雅経七世の, 面影が, 馬方を

▼ 人との~ (770, 0.2%)

69 間に 24 間の 21 間には 9 関係を 8 区別が 7 関係に 6 間を 5 接触の 4 あいだに, 交渉が, 交渉の, 交渉は, 交際を, 合の子を, 接触を, 関係, 関係が

3 [15件] あひだ, 交り, 交際の, 接触が, 接触に, 混血な, 相違が, 相違を, 結婚は, 結婚を, 間が, 間における, 間にも, 関係は, 關係を

2 [52件] ことは, やぶれた夢, 中間に, 二元性という, 二種が, 交わりの, 交を, 交情は, 交際が, 交際に, 交際は, 交際も, 仲に, 共同の, 区別は, 区別も, 名が, 和を, 問答の, 境界線を, 子供の, 差別を, 心の, 必死の, 応接が, 戦いだ, 接触から, 接触天国の, 摩擦など, 比は, 混血が, 混血児だ, 生活の, 相愛の, 競争に, 純所得, 紛雜などは, 見わけ, 話は, 貿易には, 貿易を, 連絡を, 間, 間から, 間で, 間では, 関係であっ, 関係において, 関係も, 関係や, 類似は, 魂の

1 [436件] あいだの, あいだを, あいの子の, あひ, いきさつという, いきさつとして, いきさつなど, いきさつに, いきさつは, いずれかを, いろいろの, うちに, おつきあ, おつきあい, おなじ方向, かたまりが, くらしに, こうした関係, ことが, ことです, ことも, ことを, こと又, こと弓取りと, こと悲劇に, この接触, ごっちゃまぜだ, すき間から, すべての, ちがい, ちがいは, つきあいなら, つきあいは, つきあいを, つき合いかたについて, つながりから, つながりとは, つながりにおいて, つながりの, とり違, なかを, なごやかさ, なじみも, なんの, ひそかな, ふれ合い自然との, ほかに, まじわりを, もつ矛盾に, インディアンの, ツナガリが, 一致を, 三つの, 三人の, 三角関係, 上に, 不潔な, 中に, 中間には, 中間にも, 中間の, 主たるもの, 争いを, 争闘, 争闘に, 二つの, 二人名前で, 二種に, 二通りが, 交はりは, 交わりなども, 交わりなり, 交わりにたいして, 交わりは, 交友に, 交易場であるです, 交渉である, 交渉では, 交渉に, 交渉において, 交渉においては, 交渉における, 交渉には, 交渉によっては, 交渉も, 交渉を, 交渉破裂の, 交通には, 交遊は, 交錯が, 交際では, 交際という, 交際といふ, 交際には, 他に, 仲介, 会合あり, 会話, 会話が, 会話の, 会話は, 会話を, 住む處, 住宅觀について, 何かの, 余りかけへだたらない, 使彼と, 信義を, 信頼や, 俳事往復は, 個人と, 共に, 共同と, 共同は, 共同創造者と, 共著に, 共通なる, 具体的な, 内面的一致である, 再会を, 出会ひ, 函数として, 分離を, 別は, 別も, 別れだった, 別れを, 別れ際に, 利益を, 刺戟の, 前から, 前で, 前に, 前生の, 労働競争の, 勝ち負けは, 勝負が, 勝負でも, 勝負なら, 区別を, 區別に, 區別は, 協力による, 又人, 叙事詩篇に, 合いかた, 合の子で, 合の子とでも, 合弁に, 同席なぞ, 和です, 問答に, 喧嘩だった, 嗜好の, 噂や, 因縁が, 因縁深い, 地を, 地位が, 坐って, 報が, 境の, 境は, 夢は, 大喧嘩, 契約や, 契約肥料会社との, 妥協は, 姿が, 姿を, 媾遇を, 孤立が, 完き, 完全なる, 実体に, 寂しいくらし, 寄りあいげに, 密接な, 實在者と, 対座に, 対抗や, 対立が, 対面は, 将来に, 對話も, 少年時代の, 差か, 差も, 差を, 影は, 往復文書が, 後姿を, 従属, 従属の, 応対が, 応対に, 応対は, 応対も, 応対や, 応接に, 応接は, 思惑違いという, 思想であった, 恋の, 恋は, 恐るべき重, 悶着一件である, 意欲から, 愛の, 愛を, 愛情よりも, 愛慾の, 感情の, 感情交流に, 感情問題等も, 應對などにも, 懐しさ, 懸隔を, 戀愛が, 戦いに, 戦いも, 戦が, 戦を, 戦争が, 戦争に, 戦場を, 戰ひ, 手が, 手に, 手にて, 折衝が, 挨拶の, 接待面にも, 接触すべて目標が, 接触それ等は, 接触であり, 接触という, 接触などで, 接触によって, 接触により, 接触に関して, 接触も, 接觸から, 接觸に, 接觸我と, 推移が, 揃った大家内, 播州海岸の, 敵, 新たなる, 暗黙の, 會話が, 格闘では, 格闘と, 正しい結びつき, 正当な, 歴然たる距, 殺し合いも, 殺戮を, 毎日の, 比較に, 気の, 気まずい再会, 気兼ねな, 永久の, 永別が, 決闘であった, 活動を, 流血的対立を, 深淵の, 混合血液による, 混同した, 混血なり, 混血に, 混血の, 混血児, 混血児たる, 混血児で, 混血児であり, 混血児である, 混血児らしい, 混血児特に, 渡海は, 渾一合體したる, 無益な, 煩瑣な, 熱心な, 爭に, 父, 父と, 特殊の, 現実で, 現実の, 生きた人格関係, 生命の, 生活が, 皮膚顔面の, 直感を, 相互の, 相互的な, 相対ずくなら, 相違である, 相違と, 相違は, 真実が, 真心の, 真面目な, 知合だの, 社会的交通に, 神秘を, 神経について, 私交なれ, 立ち合いなら別, 競争意識で, 精神が, 精神的信頼が, 約束や, 純粹, 紛争が, 紛雑などは, 組合わせから, 絆の, 結びつかりがそんなにしみじみと濡れた, 結びつく呼吸, 結びを, 結び合いとして, 結合は, 結婚, 結婚であったなら, 結婚に, 結婚によって, 結婚の, 結婚式を, 結婚生活が, 絶対的な, 縁なり, 縁談が, 繋がりの, 繋りに, 群集を, 育児的衝突と, 腕競べに, 舌の, 色に対する, 葛藤の, 融合帰一を, 血気剣と, 行為的聯関である, 行為的聯関は, 行為的聯関を, 行為的連関の, 衝突なども, 衝突日本人と, 袂の, 複雑な, 視線が, 親しみは, 親睦を, 触れ合いについて, 触れ合う機縁, 言葉は, 許に, 話によつ, 話の, 話昨日いろいろ, 調和の, 調和も, 談判に, 諒解の, 趣味の, 趣味嗜好の, 距てを, 身の上でも, 迫いつ追われつする, 逢瀬の, 連結でも, 連絡は, 道づれに, 道みな紊る, 違いは, 遭遇の, 選り分けが, 邂逅の, 重要な, 釣合いを, 長期戦だ, 間だけに, 間である, 間にあった事, 間においては, 間にのみ, 間へ, 間また, 間をも, 間邦と, 関わりも, 関係その, 関係だけを, 関係つまり, 関係では, 関係などに対して, 関係なんぞも, 関係においてのみ, 関係における, 関係について, 関係にも, 関係の, 関係やら, 関係世間との, 関係人間的関係を, 関係富者と, 閨房秘事なんか, 闘い, 闘いだ, 闘いに, 關係が, 關係は, 關係や, 關係やら, 隔たりに, 隔りは, 隔りを, 雑婚を, 雜沓する, 離合ほど, 電話は, 面倒な, 面白さ, 面談を, 頭の, 頭骨比較, 顔の, 類似を, 風流を, 食物として, 魂が

▼ 人かの~ (707, 0.2%)

20 人が 11 人間が 9 人を 7 人々の 5 作家が, 女が, 女の, 手に, 男が, 男女の 4 人々が, 人々を, 人に, 人の, 女に, 女性が, 手によって, 男の, 血を 3 ひとが, 人々は, 人たちが, 人達と, 人間を, 声が, 子供を, 手によ, 文士が, 男女を

2 [36件] それらの, ために, ような, 事務員が, 人は, 人達が, 作家たちが, 僕自身が, 兵隊が, 卒業生が, 友人も, 友人を, 友達が, 友達の, 女を, 女学生が, 婦人が, 子どもが, 子供たちが, 子供の, 孫の, 客が, 役人が, 意志が, 新しい婦人作家, 智能と, 犯罪的天才を, 男と, 男を, 男女が, 眼が, 美しい女優, 者が, 若い女, 若い男, 面前で

1 [492件] あかの, あさましい泥酔漢, うちで, うちである, うちの, お役人たち, お母さんは, お腰元, お金持ち, きわめて少数, そう云う, それほど重要, それを, なかで, なかま, ひとと, ひとは, むしろの, ものは, やうに, ようで, ようであった, ように, よそから, りっぱな, アヴデンコとして, コムソモールの, タイプの, チャンピオンたちは, ドイツ人を, プチブルジョアが, ユダなる, ユダを, ルシアンに, 一団に, 上に, 下女下男に, 下職を, 不幸な, 中に, 中年の, 主要人物が, 乗る物, 五才迄の, 人々, 人々で, 人々と, 人々に, 人かげが, 人から, 人たちの, 人だけは, 人と, 人びとに, 人びとは, 人への, 人命も, 人夫が, 人影が, 人影は, 人数を, 人物の, 人物も, 人達の, 人達は, 人達川岸の, 人間の, 代議士あり, 仲間が, 仲間と, 仲間警察の, 会葬者が, 伴侶を, 住人たちであった, 体を, 作品が, 作家, 作家たちと, 作家たちピオニェールたち労働者たちは, 作家と共に, 作家を, 作為か, 作者たちが, 佳人との, 併し, 使嗾に, 侍が, 侍は, 侍女老女に, 侍女達は, 侍臣と共に, 供人が, 信仰が, 信徒さえ, 修道士は, 俳優についてだけでも, 個人が, 借金取りに, 偉い婦人, 偉人の, 傑れた, 僧どもも, 僧侶に, 先生, 先輩の, 児童を, 兵と, 兵は, 内弟子も, 冷たい血潮, 判断も, 別嬪ひどく, 剣団を, 力で, 労働者を, 労力奉仕者が, 勇士を, 医者は, 半身が, 協同動作といふ, 即死者が, 厚意が, 原士が, 友だちと, 友へ, 友を, 友人たちの, 友人たちを, 友人と, 友人らに, 友人達の, 友達も, 友達を, 召使いを, 号令によ, 司庁の, 合唱する, 同僚と, 同僚に, 同居人たちだけ, 同年兵を, 同志を, 名を, 名前を, 名醫, 吾家の, 呼吸が, 命が, 命を, 善悪の, 四徳に, 団体で, 国々に, 国賓の, 地主が, 地方産商業家の, 坊さんが, 坊主が, 城兵が, 塾生が, 境に, 境を, 墓が, 声で, 夜警が, 大きい團體, 大の, 大人物と, 大名が, 大名や, 大将の, 大部分, 天才たちである, 天涯の, 太刀が, 奉公人を, 奉行や, 女から, 女たちが, 女たちと, 女たちは, 女中が, 女中と, 女中や, 女史に, 女学生の, 女學生が, 女客, 女性と, 女性にも, 女性も, 女性を, 女房たちを, 女房だけが, 女流俳句研究の, 妹弟の, 妻を, 妻妾から, 妻妾の, 妾は, 妾達が, 姓名が, 姪や, 娘にも, 娘妻姉妹という, 娘達が, 娼婦に, 婚禮に, 婦人たちの, 婦人作家が, 婦人作家たちは, 婦人作家たち例えば, 婦人弁護士と, 婦人達と, 婦人部隊が, 子どもも, 子供が, 子供さんたちの, 子供づれの, 子供とが, 子供に, 子供も, 子供らの, 子供達が, 子女が, 子持ちであった, 学友とともに, 学生が, 孫も, 官學出の, 実業家は, 客を, 家中の, 家司を, 家族が, 寢道具が, 将校が, 将校たちが, 尊い生霊, 小さき城壁, 小さな子供達, 小頭の, 少女が, 少年航空兵が, 尼君達が, 山人が, 岡惚れという, 島へ, 巡査どもが, 工人が, 巨像の, 巨匠を, 市民の, 常客が, 幕僚を, 年取ったオランダ人, 幸運者は, 弁ちさへ, 弟子が, 弟子たちが, 弟子どもを, 弟子の, 役人たちの, 役人と, 彼らは, 御一存, 御婦人方, 御子様だろう, 心理的被疑者を, 志願者に対して, 忘れえぬ人々, 恋人が, 恋人に, 恋人の, 息子が, 息子の, 患者を, 悧巧な, 悪意ある, 悪戯か, 悪戯かとも, 悪玉の, 悪謔, 悲鳴が, 情人たちそんな, 情夫を, 意見を, 愛する者, 愛人と, 懷かしい, 成人した, 戯れに, 所員の, 手から, 手により, 手負いが, 才女が, 批評家が, 批評家の, 指導的な, 指導者達によって, 支那の, 政治家や, 教師を, 教父の, 敵の, 文人達と, 文筆家が, 文芸家を, 新しい作家, 新作家, 新聞記者が, 新聞読者の, 方々の, 旅人を, 日本人が, 日本人の, 暴君も, 書いた書, 月給袋な, 有力な, 有夫女子の, 未亡人が, 村民が, 来客が, 杯へ, 果敢に, 株主が, 樵夫に, 歌い女に, 武士は, 歴史物語作家が, 死人が, 死体が, 死傷を, 死者は, 母の, 母親に, 洋服男が, 流刑囚を, 浪人らしい, 浴客に, 漁師が, 瀕死の, 無辜の, 父と, 片輪者, 特攻隊員の, 犠牲は, 犠牲者に, 犠牲者の, 犠牲者を, 犯罪事案である, 狂人が, 狂人も, 王族貴族は, 理想化された, 生ける亡者どの, 生命が, 生命を, 生命をば, 生徒が, 生徒を, 生死に, 生血を, 生計を, 男たちが, 男だけが, 男に, 男は, 男女たちの, 男女子供も, 男性が, 男性を, 男達に, 町奉行から, 白い眉, 皇子すら, 盗人たちは, 盗人の, 盜伐者が, 目あきの者だけに, 目が, 目撃者が, 相棒が, 看板師, 着替だけは, 知られざる, 知人に, 知人の, 知人を, 祖父でも, 私有であった, 科学に, 科学者が, 立案によ, 細君に, 組で, 罪人が, 罹災民諸君が, 罹災者が, 美しい侍女, 美しい男女, 美しい若い女達, 美術家が, 群像や, 老人が, 老女が, 老幼男女の, 老案山子ども, 者に, 者は, 聯名の, 職人たちが, 肖像なる, 腹から, 自由思想家を, 船頭は, 花ムコ花ヨメ志願者が, 芸者と, 芸術家たちの, 芸術家だけ, 若いの, 若い女性, 若い娘達, 若侍, 英国の, 血や, 行動何らかの, 行員たちの, 衛門尉, 衣服を, 被告は, 袴の, 見慣れぬ人影, 見物人も, 視線を, 親しい人たち, 親しい友だち, 親しい友人, 親しみ深い, 親切な, 親友をも, 詐欺師が, 詩を, 詩人たちは, 詩人は, 誠実に, 謀叛人が, 警固は, 議員の, 貧乏人が, 貴人も, 足が, 軍人に, 軽蔑を, 軽装な, 農夫たちが, 連中が, 進路を, 遺失せる, 邸内に, 郷民に, 郷民を, 酒飮み, 醫者の, 鉄道勤務員の, 門人が, 門弟を, 間に, 関係者しか, 閣僚たちであった, 陸軍を, 随伴者の, 隠して, 集った会, 集団の, 雇用者を, 青年が, 青年たちと, 音楽家作家に, 頭という, 頭に, 頭の, 顔は, 顔も, 顔や, 願文だった, 飛脚を, 食慾を, 馬決して, 馴染みの

▼ 人ずつ~ (694, 0.2%)

13 かたまって 7 呼んで 6 出て, 立って 5 一組に, 連れて 4 ついて, 並んで, 入って, 別々に, 抱いて 3 やって来て, 一人ずつ, 二組に, 交代で, 交代に, 帰って, 手を, 組に, 組んで, 連れ立って

2 [31件] すべてで, それに, ふたくみに, 一団を, 三人ずつ, 二三人ずつ, 人の, 入れられた, 分れて, 別れ別れに, 向い合って, 呼ばれて, 呼出されて, 女の, 女を, 姿を, 座敷飾を, 憲兵が, 木から, 相対し, 相手に, 私の, 自分の, 詰めて, 走って, 鎖で, 隊を, 集って, 順々に, 飛び出して, 髪を

1 [540件 抜粋] あがって, あったと, あって, あの舟, あらわれ出て, ありその他, あり輪形, あるいは二人, あるの, あるよう, いた, いたが, いっしょに, いつからとも, いて, いる, いろいろな, おいて, おこして, おでかけ, おのおの提灯, おのずから孕ん, お乗せ申し, お互いに, お客様を, お給仕, お通り下さい, かかれっ, かかれば, かけられるよう, かたまったの, かたまりあっては, くれと, このくる, このごろは, この花籠, この講堂, この高, ご説明, さらって, しかりました, じゅんばんに, すなわち本隊, そっとぬけだし, その中学, その前, その十一, その名前, その寝, その屋台, その日, その暗い, その柱, その雑草, それこそ, それを, ぞろぞろと, だか, だから, だと, だんだん殺され, つかまえて, つきそって, つぎには, つくこの, つけた, つけて, つごう四人, つないで, つまりぎっちり四人, つまり二人が, つれだって, つれて, でいずれ, でがっしと, でしょう, ですこし, ですわ, でそれぞれ, でないと, でなかったこと, では, でもちろん, でスペイン人, で水の上, とまって, どこかへ, どたり, どろぼう, ならんで, のぞくので, のって, はいって, はいり込んだ, ふたくみ, ぶっつかったり, ぶっつかり合ったり, ぶらさげられて, べつにそれぞれ本当, べつべつに, また二人, もうぐるりと, もぐりこんで, もしくは二人三人, やって, アト・ランドムに, ゴロゴロと, スキーの, ステッキを, チョッと, ノバされ, ヒョッコリと, ベッドを, ポケットから, 一列に, 一団に, 一方は, 一時にゃ, 一組の, 一足ごとに, 一軒の, 三万六千人の, 三十分交代と, 三回に, 三方荒神という, 三番に, 三組で, 三組に, 上って, 下婢に, 下船させられた, 世に, 両方へ, 並ばして, 並び互いに, 並ぶ腰かけつき, 中へ, 乗せそれ, 乗せた馬, 乗せて, 乗せられて, 乗りこんで, 乗り込む, 乗り降りする, 乗込む, 二人の, 二人入る, 二個の, 二側の, 二十の, 二十分丈時間を, 二手に, 二組ばかりの, 二隊に, 二階へ, 云うの, 互いに向かい合わせ, 五分聞演説を, 五十人の, 交る, 交代であった, 人が, 人めに, 人を, 人殺しを, 人立が, 人類は, 仇家へ, 今も, 付き添いながら, 代る代る井戸, 代わって, 仲の, 伍を, 伴いながら, 住んで, 何か, 併せて, 使って, 侍し, 侍女達を, 侍立し, 候補者を, 側へ, 偵察に, 働いて, 儀仗の, 克明に, 児童頭割の, 入れて, 入れる小さい, 入れる穴, 入れ代っての, 入れ替わって, 八人が, 八人で, 八人の, 六人し, 共に有名, 兵隊を, 内陣の, 出させました, 出すこと, 出るん, 出席し, 出来た, 分かち預けて, 分解された, 刑事が, 列を, 初対面の, 別に, 到るところ, 前後し, 勝手気ままに, 勤めて, 包まれるよう, 区切って, 区別正しく, 厩舎で, 参りましたが, 取られては, 取りすてて, 取調べおのおの, 取調べるので, 受持ちの, 口々に, 叱りました, 吉雄幸左衛門西善三郎案内を, 同じく医員, 同時に中央, 名と, 向い合せに, 向うの, 向かいあって, 向って, 呼ばれた, 呼びかけ火事, 呼び入れて, 呼び出されました, 呼び出され一間半, 呼び出しました, 喰っついて, 四人の, 四組あっ, 坐って, 坐り繭, 塊った, 塒に, 壇に, 壇を, 売り飛ばすじゃ, 外の, 多くいる, 多く倒れる, 夜昼こう, 夜番を, 奔走し, 奥で, 女たちを, 奴隷を, 姓名階級所属部隊名を, 娘を, 嬶に, 子どもたちは, 子を, 子供, 子供の, 学びに, 寄って, 寝て, 寝巻に, 寺僧に, 小さなそれでいて, 小銃刀手鎗など, 居りまして, 屈強の, 左右から, 左右に, 左右二側に, 巨き, 席割を, 幾組にも, 廊下で, 引きつれて, 引き受けて, 引き添って, 引っぺ, 引具して, 引掴め, 張り込ませて, 張番を, 当番を, 彼女が, 従いた狭い, 御宮から, 忍びこむ, 念入りに, 怒ったよう, 思いだそうと, 或は六人, 或は十二人, 或は四五百人, 所罰する, 手と, 手に, 手分けし, 抜いて, 抜かして, 拙者が, 拵えるとか, 指摘する, 挙げて, 挨拶が, 捜し出すの, 採って, 接見した, 揃いの, 握り飯を, 放れたまま, 散って, 散歩し, 敵味方に, 斬って, 斬りたおすそば, 斬るその, 斬倒, 日本兵が, 昼の, 昼夜張番を, 時に立ち寄っ, 晒されて, 朝晩賑かな, 木を, 本基, 杖を, 槍を, 次々と, 次々に, 武蔵太郎に, 歩かされましたねえ, 歩くあの, 歩くと, 歯の, 死ぬこと, 残して, 残って, 残ること, 殺された, 殺されて, 殺したと, 殺した例, 殺して, 殺ったとしても, 毒殺或は, 江島屋の, 泊ること, 流星の, 減じて, 減って, 減るはてはバラバラ, 漁夫が, 無くなって, 照合し, 爺さんと, 片付いて, 物見兼連絡掛として, 物質的には, 狭く扉, 現れた時, 現れて, 現れるの, 生きた人間, 生まれ出ずる割合なれ, 甲板へ, 番兵に, 登る重い, 白地の, 皆が, 皆嬰児, 皆床几, 監督として, 相対したる, 相対に, 相手を, 相談し, 真夏の, 短艇に, 石段を, 稀には, 空中に, 立たせました, 立った, 立つて, 立番を, 簾の, 糸車にかけて, 糺明し, 紅を, 紹介した, 組みに, 組み合せると, 組み合わせるの, 絞め殺して, 縄を, 縛られて, 縛り上げた上, 罪人を, 美しい雛, 群を, 群衆の, 腕に, 腰かけて, 腰かけ通路, 腰を, 腰弁当で, 膝に, 自分で, 舞台に, 花蔭に, 若い男, 荷を, 荷馬車に, 莚の, 落ち合った, 落伍し, 蓑を, 虱つぶしに, 行くこと, 行くの, 行ったあの, 行方不明に, 見せて, 見張りの, 見張りを, 診察を, 証人が, 誘拐し, 調べる気, 諸国の, 講義する, 譜面台の, 警官の, 警護し, 負傷者が, 責任を, 赤い合羽, 起立し, 跟い, 身体を, 車から, 轎を, 近江屋鉄五郎お, 追い出されて, 這入るの, 通して, 通れる柵, 連れだち, 連れながら, 連れ込むよう, 進み出て, 進んで, 運べるわけ, 道場に, 遣ろうと, 選んで, 選抜し, 部下を, 配置し, 附いて, 附いてるってや, 附添い, 附添う, 降りた, 降りるん, 陣取って, 隊伍を, 随え, 隔日に, 集団を, 雪に, 静かには, 面と, 順々には, 順に五人, 順に光辰, 順に其処, 順に眺め, 順番に, 頑張って, 頭の, 顔を, 願います, 飛びこんで, 食う勇士出征, 食べて, 食事も, 馬鹿が, 高い台, 鵜の

▼ 人だった~ (608, 0.1%)

46 のです 29 のである 16 のだ 10 のか, んです 8 ということ 7 が, という, の 6 がこの, ことを, と思う, ね, んだ 5 そうだ, のかも, のが, わ 4 から, がその, が彼, と云う, のだろう, のでしょう, のよ, ものです, ような

3 [11件] からである, からです, がね, ことは, そうで, と思います, と記憶, な, のかと, のさ, よ

2 [26件] か, かよく, からうっかり, からだ, からであろう, からな, から私, か二人, か伴, か忘れました, がかれ, が今, が娘, が家, が急, ぞなし, とすれ, とみえ, に違い, ので私, のに, のね, もんです, ゆえに, ようです, ように

1 [297件] あんな人, かい, かお前, かさえ記憶, かしら, かとぼく, かと思う, かと背, かな, かなあとつぶやいた, かなどと彼女, かね, かの全, かは知らぬ, かもわかりません, かも知れない, かも知れません, からあの世, からあるいは, からあんな, からこの, からすぐ, からその, からそれ, からで, からなあ, からなア, からね, からねえ, からまして, からまだ, から一向, から上, から主人, から京, から六人, から危機, から吾が, から四位, から奈良, から好い, から孔子, から学校, から家, から少し, から彼女, から或, から或は, から持っ, から文, から日数, から本当に, から柘植, から殆, から殊更, から競争, から純, から細君, から記せぬ, から証拠, から辞める, から辻川博士, から途, か何百人, か居た, か知らない, か知り, か私, か覚え, があたし, があたり, がある, がいきなり, がこれ, がそういった, がそれ, がそれでも, がそんな, がちょい, がどこ, がどちら, がどれ, がなにか, がねえ, がみんな, がよく, がロックフェラア, が一人, が一年, が三味線, が三年, が三等船客, が両人, が二十, が二階, が何, が其時此方, が刑事裁判, が北海道, が厭応, が口, が君, が大して, が巧, が己たち, が年老いた, が幹太郎, が怒る, が改札口, が故人, が明治二十五年矢田部教授, が歿, が母, が気の毒, が気持, が泣く, が涙ぐん, が演壇, が硫黄島, が終戦後, が縁, が老来いよいよ, が自分, が若い, が若し, が葉子, が藩主, が言え, が逢え, が電話, けど, けどあなた, けれどあの, けれどあんまり, けれどそんな, けれどどんなに, けれどもそれ, けれどベスト, けれど何, けれど気, けれど確か, けれど福, けれど貧乏, ことが, ことそして, ことだ, ことなど, ことなども, ことなんかも, ことには, ことも, さ, さうだ, し, しかし文明, しこの, しせいぜい, し且つ, し市木さん, し彼, し母, し私, し警察, し頭, じゃない, せいも, そうである, そうです, そうな, そしてその, ために, ため月日とともに, ってこと, って怨み, とある, といいます, というしかない, というの, というほか, というよう, というわけ, という点, という適確, といえよう, とか云っ, とか恐い, としたら, として置い, とは言いだす, とひそか, と云い得る, と云っ, と信ずる, と判明, と思っ, と思われる, と深く, と申しました, と知らせ, と聞いた, と見える, と覚え, と言う, と言った, と頻りに, なあ, などそんな, ならず者の, なんてそれ, にちがい, に相違, に違, のかい, のかしら, のかな, ので, のであろう, のでかえって, のでこの, のでございます, のですぐ, のでそうした, のでそのまま, のでそれ, のでそれほど, のでついに, のでまず, ので今, ので初めドバル, ので助かった, ので姉, ので姿, ので少し, ので御, ので敷島, ので松本順先生, ので玄関, ので白粉ぎらいな彼女, ので盛り場, ので真, ので紙, ので若し, ので黙っ, のと, のにいま, のにこれ, のにそれから, のにと思う, のにと過ぎ去った, のに急, のに病気, のに神前, のに違い, のに駭, のねえクニッペル, ひろ子も, ものだ, よあの, ようである, ろうと想像する, ろうに, ろうにさ, わけか, わよと言った, わ少し, んだけ, んだってね, んでお父さん, んでございます, フランシスカス・カロンが, 一人ぽっちだった, 一行は, 三宅幾三郎君と, 主人は, 事も, 事を, 住所は, 前後の, 友人が, 右馬介なれ, 女たちは, 女の, 女房が, 小橋蔵人であった, 島田政雄は, 所が, 播州の, 時と, 永井さんまでが, 父親は, 瓢, 真面目な, 私の, 筈だ, 親戚の, 訳じゃ, 須美子は

▼ 人連れ~ (542, 0.1%)

19 の男 11 の客 10 の侍 9 て来, の女 8 て行く 6 でその, の坊さん, の若い 5 があった, て来た, である, のお 4 がある, でこの, で来, で来た, の男女

3 [17件] か, が来, だった, だと, て, てきた, てきました, てっ, てゐた, て來, て行った, であった, でやって来ました, でやつ, でわたし, の大学生, の者

2 [30件] がはいった, てその, て市, て憂鬱, て晴れた, て来い, て行け, で, でいずれ, できょう, でした, ではない, で帰っ, で来ました, で来る, で舁い, になった, のさむ, のもの, の人相, の壮士, の学生, の旅, の旅人, の旅芸人, の無駄話, の登山者, の神楽師, の虚無僧, は勘定

1 [307件] かと思った, かな, から大きな, から離れ, が, がこつち, がございます, がそれ, がひょっこり, がまじっ, がやって来る, が上がる, が乗っ, が二階, が何, が僕, が出, が呂昇, が居た, が山鹿, が帰らなかった, が帰る, が彼, が後, が心中, が掛け, が提灯, が日傘, が村境, が来たろう, が殖え, が泣い, が火事, が続い, が自分たち, が話し, が通り, が顏, さしずめ清元, して, その次に, だ, だから, だが, だって両国, だって帰った, だって彼, だって歩い, だって殺気, だって行く, だって道, だつた, だつて田舎道, てい, ていつの間にか, ている, てお, てお祭, てき, てくる, てちょうちん, てな, てまいった, てまいり, てやはり, てゆく, てゐる, てダラット, てバッテイラ, てラッキー酒場, て七里, て主人, て二十五日, て出, て勢いよく, て参ります, て大尽, て大阪, て宇治, て宿屋, て小, て市中, て帰, て帰っ, て帰りがけ, て帰る, て往く, て御, て戻っ, て挾箱, て散歩, て日本, て来ました, て来られた, て来る, て東京駅, て歩いた, て泊っ, て湯本, て漸く, て田町, て番小屋, て直ぐ, て看病, て石段下, て花吹雪, て行, て行き, て行きたがってる, て行っ, て見物, て警察, て貰, て遊び, て重三郎, て野路, て風, て鶉, であったという, であったの, であつ, であるから, でいらっしゃいません, でお, でここ, でここら, でこれ, でこんなに, でござるが, でしたので, でじつはあまり, でそッ, でたずね, でつい, でともかく, でどちら, でどんどん, でのし, ではる, でひょろひょろ, でもなけれ, でやってきた, でやってきました, でやって来, でエッチラオッチラ一里, でスタスタ, でバス, で一人, で三日, で上りました, で二人, で互に, で何処, で僕, で其中庵, で出かけました, で助かった, で北海道, で千住, で参りました, で参詣, で又, で大木戸, で奥多摩, で威勢, で家具付き, で川越, で散歩, で村, で来月, で森, で武蔵, で歩い, で歩く, で氷川, で氷川神社, で泊まっ, で海岸, で湯田, で町家, で矢張りそこ, で私, で素裸, で結婚旅行, で芝居, で英国, で藤屋, で見物, で近所, で這入った, で通りかかった, で通り掛った, で道, で長崎, で霞ヶ関, で馬, となっ, とはこれ, とは左右, とは気がつかなかった, とも見え, と一緒, と申す, と顔, なの, なので, なら会って, なん, についてはわれわれ, にて歩くなり, にて過ぎゆく, に出逢った, に摺れ違った, に訊ねる, のうち, のおじさん, のこと, のはず, のひとり, のゆるい, のよう, のらんぼう者, のルンペン, の一人, の一席, の一行, の上品, の上等兵, の中, の中国人たち, の中年, の中間, の乱暴者, の人, の人達, の労働者, の友達, の向う, の多い, の女の子, の姿, の学生風, の小学生, の少年, の尾行, の巡礼, の席, の怪人, の支那人, の新, の武士, の武士体, の武家, の洋服, の流し, の海軍青年士官, の猟師, の猿, の紳士, の老人, の職人ふう, の自転車, の若, の若い美しい, の草鞋, の警官, の近づい, の部屋, の顔, の饒舌, の高等学校生徒, の黒影, はいずれ, はいつも, はこっち, はなんと, はまだ, はもういつのまにか, は二, は伸び, は何処, は元, は大塚仲町, は山手組, は段々, は男, は確か, は背, は降りた, への咎めだて, もなく, もやはり, も案内者, や職人, をあと, をとらえ, を畜生, を発見, を縁起祝い, を見, を見る, を見出し, を透し, 帰れば, 散り来る花, 時々話し, 時々話し合っ

▼ 人~ (532, 0.1%)

20 の男 14 の女 12 の妻 109 の子供 7 の人, の犠牲者 6 の女房 5 がやられました, の花嫁 4 のお, の人物, の武士, の者, は 3 であった, である, です, の下手人, の奴, の妻沢, の妾, の愛人, の犧牲者

2 [48件] か, かのお産, から銀簪, がお前, がまた, が殺される, だと, だな, で, と目, につかない, にはそれ, に付かない, に呼出された, に手代, に来た, に殺される, の, のこと, のひと, の乾児, の人間, の兵士, の妹, の妻威能, の姫, の娘, の客, の椅子, の百姓, の行方不明, の被害者金之助, はお, はこの, はその, は小三郎さん, は死なず, は駒形, をひく, を丸く, を出さない, を引く, を惹く, を斬る, を殺さない, を殺し, を殺し兼ねない, を見合せ

1 [294件] あき千人, あるいは七人目, かい, かが向, かに伍, かに手鈎, かの亭主, かの人, かの女, かの妻, かの老, かもしれない, からその, から後, かナ, か何人, か知れなかった, が, があった, があら, がい, がうるさく, がかの, がこの間, がやられた, が叫んだ, が多い, が少し, が成就, が承諾, が拒絶, が死んだ, が殺された, が破れ, が運転手, が隅ッこ, が飛び出し, が首, くらいまでである, ぐらいで突き, ぐらいに気, ぐらいの侍, ぐらいの時, これからさき, さ, じゃ, たる自己, だかに, だから, だが, だけは自分自身, だったかも, だとの, だなん, だよ, つ, つけるのよ, てえの, であったの, である悲しい, でお, でお上さん, ですか, ですから, ですな, ですね, でせう, で後妻, で暮し, ということ, とかの情夫, とか八人目, とか覆水盆, となっ, と九人目十人目, と云, と云う, と交渉中, と八人目, と取, と登場人物, にいた, にお, にかかった, にこの, につかぬ, にとうとう, になります, にはうるさく, にはもう, には伊賀, には家中, には武士, には答えなかった, には老婆, には西涼, には飛脚, にみえぬ, にやつ, にようやく, にマッキントン博士, に体操, に僕, に児島, に出, に出た, に十三年, に十六, に取り, に大月, に寝床, に居た, に庭, に当たる毎, に楽しく, に現れた, に田, に留る, に着きぬ, に私, に立たぬ, に立った, に立つ, に罰せられる, に血潮, に見出されぬ, に觸, に跡取り, に迎えた, に附く, のある, のおどり, のお客さん, のお産, のさびしい, のところ, のほか, のもう, のシェイクヂョイント, のチベット学者, のトメイ次兵衛, の一方損, の一番小, の乳母, の人々, の人影, の人身御供, の使い, の修子, の共鳴者, の内裏様, の出費, の前, の十三郎, の名, の唇, の報告, の声, の大村, の天南, の女の子, の女学生, の妻五百, の妻君, の妻徳, の姉妹, の姙娠中, の姨, の嬶, の学者, の容疑者, の小松与一, の席, の弟, の彼, の後妻, の後添, の徳, の怪しい, の恋, の恋人, の患者, の情人, の戀患, の成敗, の所, の手拭, の指揮官, の敏子, の敵, の新人, の旅人, の日本女, の末弟, の槍, の死, の死人, の殺し, の比丘尼, の沖島, の洋行, の満願, の漁夫, の犠牲, の理学博士, の瓊子, の男子謙助, の盗賊, の祝賀客, の種蒔, の稽古台, の窪んだ, の細君, の聴手, の色, の花婿, の葬式, の行方, の行方知らず, の角刈, の講師, の貴さま, の赤ん坊, の軍治, の進藤孫三郎, の門弟, の首縊り, はいつぞや, はさいしょ, はどう, はどこ, はやっと, はロッティ, は一ツ半, は主人, は何, は出られない, は同じ, は喬僉知, は女, は山出し, は恐しく, は戦争中, は木戸番, は死んだ, は浅草大音寺前人入れ稼業新九郎, は浪人, は煙草, は熟睡, は男子, は空席, は諸沢五郎, は跪い, は辛うじて, は部屋頭, は長島萃, は黒馬, ばかり輝かし, もすでに, もまた, も五六日, も京都, も元, も眩み, も空, よ, をこしらえよう, をごまかし, をさがす, をさけ, をさまさず, をさまし, を促そう, を出すまい, を廻し, を廻した, を引いた, を引かなかつた, を引き, を忍び, を忍ぶ, を忍ん, を忍んだ, を怖, を恐れ, を憚らざる一個, を懐胎, を斬った, を暈す, を腰車, を運ん, ノ後妻ナリ, 付けた, 漸と

▼ 人~ (510, 0.1%)

1210 てその 9 てお 5 て家 4 て仲よく, て引 3 て御, て相談

2 [34件] てあの, ていろいろ, てここ, てこの, てこれ, てさす, て一緒, て予, て交, て代, て僕, て圍爐裡, て堤, て大いに, て床, て庭, て廊下, て息せき急ぎ感応寺, て折物, て朝, て江戸, て申されず, て町, て立派, て舁い, て行, て言, て連れ, て部屋, て長い, て降り, て頭, て飮, やがみ

1 [392件] この時, てあすこ, てあなた, てあれ, てあんなに, ていい, ていた, ていたい, ていつの間にか, ていつも, ていはせける, ている, ていろ, てうち, てうつした, てうま, ておのおの, ておら, てお目見得, てかうし, てかえって, てかかれ, てからだ, てくすぐりかかる, てくれなかった, てこっち, てこの世, てさっそく, てさめざめ, てさも, てしかと, てしきりに, てした, てしばし, てしばらく, てしまった, てすぐ, てすすっ, てすたすた, てず, てずしりずしり, てせっせと, てそ, てそこ, てそれ, てたった, てちびちび, てちょっと, てつかまつ, てときどき, てとび込もう, てとらせよう, てとらせる, てと確, てどう, てどうして, てどこぞ, てなら, てのお, てのっ, てのりと, てはいっ, ては往き, てひざまずき, てひと, てふかく, てふさい, てふた, てほとんど, てまた, てみずから遺骸, てむすべ, てめしたきし, てものかずけ, てものかづけ, てやがて, てやっとこ, てやり直そう, てゆうべ, てゆっくり, てよく, てよそ, てわしとこ, てわたくし, てアメリカ, てイギリス, てキチン, てクマとり, てテーブル, てドイツ, てボデー, て一せい, て一ツきり雑談, て一応, て一文貰, て一月, て一杯づつ, て一生懸命, て一週間, て一領, て三度, て上野, て不破, て世帯, て両面, て並ん, て之, て九州落ち, て乾杯, て予定, て争奪, て二三年, て二人, て云い合せた, て云った, て互い, て五台山, て京, て京都, て今, て伊勢久, て伯父伯母, て伺った, て佇む, て住み終らう, て住ん, て何れ, て作る, て倒, て元, て元気, て先, て先刻ここ, て八九疋螢, て六回, て六条, て其の, て其時, て其處, て出かけた, て出かける, て出懸けた, て出掛けた, て分つべきで, て動かし得る, て動揺, て勤めべき, て十人百人, て半蔵, て博士, て参った, て参り, て参りました, て取りかかる, て受け合う, て口, て口輪, て可愛, て合作創造, て同一, て同時に, て味, て味わった, て喋舌つた, て喰, て喰いこん, て嘉吉め, て囚人, て四天, て団欒, て囲む, て囲炉裡, て国外, て圓天井, て城, て城門, て堕落, て外, て夜, て夜具, て夜店, て夜桜見物, て夜窃, て夢中, て大, て大切そう, て大地, て大川, て大石殿, て夫婦, て奪い返そう, て妨害運動, て姿見, て守っ, て宿屋, て寄せくる, て密, て寝所, て射撃, て小師橋, て小樽, て居た, て屋台店, て川添, て巡っ, て巣食ってる, て工場, て左右, て店, て座布団, て廊, て弁当, て弁護士, て弔辞, て引き, て弾く, て当, て彼, て応急, て情人, て意見, て愛ちやん, て或は, て手, て手拭い, て手紙認, て扶, て押した, て担いだ, て担がせた, て持ちひろげ, て持ち合い, て持つてらつ, て挽, て撞球場, て撫づる, て撮した, て故郷, て故障箇所, て教室, て教練, て新宿, て日本橋, て日蔭者, て早熟, て星, て時折, て暮し, て本町通, て机, て来た, て東北, て柱, て森, て歓待, て歡迎, て止め, て武芸, て歸路, て水, て水の上, て水掃ぐべな, て汽車, て沙, て河べり, て河添い, て泣く, て洞窟内, て浴場, て海水, て淨瑠璃, て湖水, て湯, て潟, て濱邊, て火, て火燵, て灰, て無理, て無言, て父, て牛久沼, て物語, て犬, て狩猟, て猫, て生, て用, て用心, て町内中, て畚, て痛々しい, て登っ, て百人前千人前, て百韻, て相, て真面目, て眠らなかつた, て睨みつけ, て確, て祈っ, て空棺, て立ちすくませた, て立ち働き, て立った, て符牒, て箸, て籔, て糸巻, て紅, て結びし, て維持, て緋, て美枝子さん, て習う, て聖像, て職員室, て能, て興, て舞う, て芳一, て苔, て苦しかろ, て茶の間, て落す, て著述, て蒼い, て虐めます, て蜀, て行っ, て行李, て装束, て見, て見る, て覗き, て言ひたい事, て訪ね, て語り, て調べ, て論ずる, て諦め, て負, て貪った, て貪つた, て貴方はん, て越え, て車屋, て近く, て送, て送っ, て通った, て通り越し, て通る, て遊ん, て過っ, て避ける, て郊外, て酒, て重い, て鉈, て銀座, て長兄長兄, て降り行く, て隠し, て隠れ, て隣家, て非常, て食った, て食卓, て食堂, て首, て香住, て馬商人, て駈け, て駒, て高輪, て鮓, て麦蒔, て麦酒, て默, て黙っ, て黙り, のびやかに, ほたるる, やも鍋, ツぽ, 夢に, 思ほ, 敵国の, 敵國の, 見えねば, 貸借を

▼ 人じゃ~ (492, 0.1%)

35 ないか 21 ありませんか, ないん 18 ないの 17 ありません, ない 9 アない 8 ないと, ないよ 7 ないのよ, ないわ 5 ありませんよ, ないかと, ねえん 4 なかったん 3 ございません, ないかしら, ないよう, なくて, アありません, アねえ, 手に, 有りません, 有りませんワ

2 [24件] ありませんからね, ありませんが, ありませんでしたわ, ありませんわ, あるまい, え, げな, だめだ, でな, な, ないから, ないが, ないけれども, ないこと, ないじゃ, ないぜ, なかったの, ア出来ねえ, ア有りません, 御飯も, 手が, 淋しいから, 生きて, 骨が

1 [230件] ありますけれども, ありませんあれ, ありませんかね, ありませんさ, ありませんぜ, ありませんでした, ありませんと, ありませんね, ありませんのね, ありませんのよ, ありません手荒い, ありません現に, ありゃしないそれ, あるめ, あんまり風雅, いけない, いけないかね, いや, いやだ, いらっしゃれないの, うまく行かない, お手水, かなわないでしょう, から絶対多数, が, きかねえだろう, ききますまいからね, け上がんなさい, こう訊く, こちらから, この夜中, この芸当, ございませんか, ございませんでしたもの, ございませんよ, ございません二人, ございません女の子, さびしいでしょう, そうな, そうなげ, それを, たいへんだ, ちょっとばかり, ちょっと心細かっ, つまらない, つまらないからね, つまらん, つまんないから, できないわ, で可愛, とても手, とても間に合わない, どうする, どうせ面白い, ないあの, ないかな, ないかなあ, ないからね, ないけれど, ないし, ないそれ, ないぞ, ないだろうな, ないって, ないでしょう, ないでしょうあなた, ないでしょうから, ないでしょうね, ないでしょう冷静, ないです, ないですか, ないですから, ないですからね, ないですが, ないな, ないね, ないほとんど, ないや, ないらしいって, ないらしいの, ないらしいん, ないわい, ないわね, ないわよ, ないわネと, ないんで, ないン, ない一人, ない丘, ない口, ない吉川君, ない大勢, ない実に, ない様, ない物, ない近く, なかったか, なかったぜ, なかっただろう, なかったでしょう, なかったです, なかったですか, なかったね, なかったのよ, なかったらしい, なかったらしいので, なかったろう, なかったろうどうせ, なかったわ, なかった犬, なかなか楽, なくあの, なくさ, なくって, なくってよ, なくてよ, なしそれ, なし兄さん, なし此年, ねえ, ねえか, ねえぞ, ねえだろう, ねえだろうと, ねえの, ねえよ, ねえ筈, まるで自分, ものな, やっぱり不愉快, やれねえや, ゆっくり療治, よ, ア, アこれだけの, アございません, アなかっ, アなくっ, アなんだか, アねい, アねえか, ア不安心だ, ア危ない, ア手が, 上ってよ, 上れないな, 不用心だ, 不自由だ, 不自由よ, 中, 交渉なんか, 仕様が, 何ぼ, 何も, 修道院長の, 俺は, 俺も, 僕が, 先へ, 全くやりきれねえ, 六つかしいだろう, 処置が, 出来あしない, 出来なかろうが, 出来ねえ仕事, 勿体ない二人, 危いと, 危いわ, 可恐い, 困るだろう, 変な, 始末に, 子供が, 帰り難い, 御不自由, 御首級, 心細い, 心細いや, 心細い兄哥, 心配です, 怖い, 怖いからと, 持ち切れませんや, 持ち切れませんよ, 持てないちゅうんで, 授業は, 探し出して, 数が, 敵いません, 敵わ, 新九郎さま新九郎様で, 早くこの, 有ません, 有りませんか, 来られないん, 松島遊廓は, 死にたくないと, 気味が, 決してございません, 汽車の, 浜方じゃ, 淋しか, 淋しかろう, 無いじゃ, 無いの, 無いもん, 無いよ, 無いわ, 無い五人, 無えって, 無えと, 独りで, 眠れないでしょうよ, 睨みっこ, 結べないかい, 置きますめ, 背負い切れまい, 脆いもん, 行けないわ, 行けやしないわ, 行けんしなあ, 貴方を, 退屈する, 開きそう, 間が, 露地へ, 靴も, 飛び込めないの, 駄目だ, 駄目です

▼ 人しか~ (481, 0.1%)

26 いない 21 ない 16 いないの 15 なかった 14 いなかった, 残って 7 ありません 6 ないという 5 ないと, ないの 4 ゐなかつた, 居ない 3 いないが, いなかったの, おいでに, 客が, 居ないの, 居ない筈, 無い, 知らないという, 自分の

2 [31件] ありませんでしたが, いないから, いないじゃ, いないもの, いないよう, いないん, いない筈, いなかったが, いなかったと, いませんでした, おらぬ, けられた人, ないはず, ない兄弟, ない方, なかつた, なく男, ゐないので, 人が, 居なかったと, 来ない, 歩けない材木, 無いの, 無いもの, 無かった, 生まないん, 知って, 知らない, 知らない秘密, 見えないが, 連れて

1 [255件] ありませんしかし, ありませんですの, ありませんもの, ありませんよ, あるべきはず, あるまい, いずその, いずそれ, いないかも, いないし, いないぜ, いないそう, いないであろうという, いないでしょう, いないと, いないという, いないので, いないのに, いないのよ, いないより, いないわけ, いないんで, いないオールマイティー, いないホテル, いない人夫, いない人間, いない場合, いない室内, いない小さな, いない役者, いない日本, いない最も, いない現代, いない砦, いない空虚, いない親, いなかったかという, いなかったけど, いなかったそう, いなかったであろう女子, いなかったという, いなかったのに, いなかったり, いなかつたぜ, いなくなった, いませんが, いませんでしたし, いやしない, おりませぬ小使, おりません, おりませんでしたが, お子様が, お客が, ございません, しりは, その模倣, つれて, でなかったその, とめられない, ないお, ないから, ないが, ないこの, ないそう, ないぞ, ないので, ないよう, ないらしく, ないん, ない住民, ない児, ない大切, ない女房, ない子供, ない弟, ない忰, ない悴, ない斯, ない生み, ない男, ない美くし, ない花形, ない親, なかつたせゐ, なくおより, なくなったと, なさる方, なア, はいれないし, まかりあらぬ, みえなかったが, よう生まねえ, ゐない, ゐないが, ゐないぜ, ゐないところ, ゐないの, ゐないのにと, ゐないん, ゐないんぢ, ゐない巡査, ゐなかつたこと, ゐなかつたの, ゐなかつたダイアナ, ピオニェールでない, 一人前に, 下僕を, 中らないという, 中らないといふ, 乗って, 乗れない, 乗れないが, 乗れません, 乗れませんが, 乗客の, 交代する, 仏教徒と, 会わせませんからね, 伴が, 住んで, 使って, 使わなかったのに, 來て, 信用しない, 働いて, 僧侶の, 入らなかつた, 出さなかった, 出ないと, 出席しなかつた, 出来ない場合, 分らなかった, 動員が, 原には, 口が, 合格しなかった, 味方を, 善人は, 坐れない狭い, 天下に, 女を, 子を, 子供の, 子供は, 存在し, 少なくなかった, 居ないから, 居ないこと, 居ないじゃ, 居ないという, 居ないなぞと, 居ないよ, 居ない係り, 居ない役人達, 居ない探偵小説家, 居ない腰掛, 居なかった, 居なかったが, 居なかったの, 居なかったはず, 居なかったり, 居なかった筈, 居なかつたこと, 居なかつたの, 居なかつた筈, 居なかつた茶の間, 居や, 居らない, 居らなかったけれども, 居らぬの, 居られません, 居らんので, 居りませなん, 居りません, 弟子の, 弟子は, 思いつかないこと, 息子は, 息子を, 恵まれない幸福, 愛すること, 所有し, 持たなくて, 持ちませんが, 持ちませんわたくし, 持てない大望, 採れへんのに, 救うこと, 書けぬもの, 来て, 来なかった, 来は, 来んの, 案内出来ない, 歩いて, 死んどりません, 残らないで, 殺さないが, 注文者が, 渡ること, 無いじゃ, 無いそれ, 無いと, 無いといふ, 無い権右衛門, 無い筈, 無えん, 無かつ, 王八に, 現ない, 現われないのに, 現われません, 生れない人間, 生存し, 産まない, 産んで, 用ひる, 登らなかった, 登場し, 目には, 真にわかる, 着けて, 知っては, 知らないから, 知らない不思議, 知らない暗号, 知らぬ国, 知らんの, 知らん奇妙, 知人を, 社に, 答案を, 置かれぬ役, 腰掛ける場処, 荷物を, 葬らなかつたの, 行った者, 見えない, 見えないけれども, 見えなかった, 見えん, 見たこと, 見て, 見なかったの, 見付からないもん, 見受けなかった, 見当らないが, 認めること, 貰わんです, 載せてない, 通らないという, 通らない小, 鑑賞する, 集って, 黄泉の

▼ 人ある~ (467, 0.1%)

10 んだ 9 ことを, んです 8 のだ 7 のみ, ひは 6 か知れない, よ, 筈だ 5 か, のです, はずだ 4 かと思う, かわからない, か分らない, が, ということ, ように, 時は 3 かなし, かわかりません, ことは, という, にはある

2 [40件] かという事, かない, か知らない, か知れやしません, か解らねえ, がこれ, がその, がため, がまだ, が女, きりな, ことか, そうです, そうな, だけ父, という事, といっ, といった, と言, のが, のみである, のを, ばかりで, ようだ, わ, わけだ, を知らず, を知らずし, を知り, を聞かず, 事で, 事を, 他人の, 位の, 兄も, 兄弟の, 方へ, 旨を, 時には, 様子も

1 [261件] お手つだい, お澪, かしらん, かしれない, かしれないだろう, かしれません, かといえ, かとお, かと云, かと感じた, かなしか也, かまた, かもの, かもわからない, かも知れません, からこいつ, からなお, からね, からはをひとり, からよろしく, から一人五百両, から両人, から余り, から大きい, から年, から御, から皆, かわからず, かわからなくなる, かわからぬ, かわかりゃしません, かわかりやしません, かを想, か不明, か分からない, か分からん, か分りません, か判らない, か判りゃしません, か判りやしません, か勘定, か疑わしい, か知らぬ, か知り, か知れません, か算, か聞きたい, か親, か誰一人見当さ, か調べ, がお, がごとくし, がそのうちもっとも, がなか, がね, が両親, が中, が二男, が夫婦円満, が如き, が如く, が學齡, が小さい, が必要, が故に, が是, が書齋仕事, が此等, が殺し, が生活, が醜婦, きし蔵人の, きりだった, きりで, きり兄弟も, くらいの事, けど, けれどそれとも, けれどまた, けれど何方, けれど柳田, けれど若し, ことが, ことだった, ことであろう, ことでしょう, ことです, ことなり, ことの, ことや, ことやら, こと一人は, この子, ごとに, さうです, さまや, し家, その家来, その行方, それは, それへ, ぞえ, ために, だけで, だけでございました, だけと道誉, だけを書き, っきりです, とあらゆる, というわけ, という条件, という気持, という相図, という話, といふこと, といわれた, とか千百年, とか話した, ところに, ところの, ところみなそれが, ところ至る, としてその, とします, とする, とは思われない, とも知れない, とハース氏, と云, と云う, と思ふ, と申しました, と聞いた, と言った, と語りたま, と通告, なしの, なりと申し, にあらね, にとへばいかにも, にはあった, にも心注, に似, に涙得, に過ぎず, ねえ, ねんけどもし, の, のかしら, のかね, のだった, のでそれ, ので思ひ, ので特に, のは, のみだ, のみで, のみであった, のみであらう, のみとや, のよと, のん, はずでございます, はずです, はずよ, ばかりじゃ, ひとイギリス人, ひとトルコ人, また妹, ものか, ものは, も人, も徳教, も思ふ, やうです, やも知るべからず, やら知れえへん, や否, ゆふ, ようです, より悲しき, をば心, を告ぐ, を幸, を幸い, を忘れた, を想像, を知りし, を聞かぬ, を聞けど, を見, を見き, を見し, を見たる, を見る, んだい, んでございます, ゾ, ンだ, ンです, 一人は, 丁度その, 三十過ぎ, 不安に, 中で, 二十六の, 人その, 人の, 人物か, 以上は, 兄さん達も, 兄妹の, 児の, 割合に, 割合にしか, 友達の, 場合には, 夜山中にて, 奥さんとは, 姉妹の, 姉弟の, 娘の, 子供の, 子供を, 家あり, 家に, 家の, 小さな藁家, 年寄りの, 府庁に, 庭に, 弟は, 御神燈, 意味における, 所お, 所に, 新聞の, 日と, 日は, 日よりも, 時人なき, 時獅出で, 書道の, 槍先の, 様や, 樣なり, 母にさえ, 水戸の, 点については, 由, 由そこで, 男の, 畏れ多いが, 私の, 筈です, 筈よ, 芭蕉かな, 趣き申遣し, 身は, 輝子の, 静かさを

▼ 人らしい~ (466, 0.1%)

19 のが 11 ものの 6 ところが, な 5 姿に, 男が 4 のです, ものが 3 という, わ, 一人の, 人は, 影は

2 [42件] が, ことね, ことを, このみの, といふ, ところは, と云う, と思った, のであります, のである, のに, のよ, のを, もの, ものも, 両親に, 中年の, 人に, 名前ばかりの, 女が, 姿が, 姿は, 娘を, 客が, 感じの, 扮装を, 気品は, 物は, 特徴は, 環境に, 男に, 男の, 老夫婦, 老年の, 者が, 者の, 若い女, 表情を, 青年と, 面を, 面持が, 髯の

1 [307件] あっけない群集, あとも, いつもながらの, いろいろな, いんぎんさだった, うっかりした, おかしなまちがい, おかしな野郎, おかみさん, おじさんが, おっとりと, おもながの, かげは, から, からその, からそんな, から幾何学, から私同様, から訪問, かんで絶え間, か知れやしない, がそう, がそれ, がそんな, がっちりした, が今, が入っ, が女房, が彼, が素姓, ことが, ことは, こと又, しおらしい同時に, しそれに, し妙, じいさんが, じゃない, すべての, ぞ, ぞあれ, だが姓名, ぢや, というはなし, という伝二郎, という噂, という考え, といっ, とお, ところとを, ところの, ところまで, ともいへる, と云え, と云っ, と云ったら, と大, と女王, と思いました, と思はれます, と見分けられた, どん底を, にかかわらず, ね, の, のであった, のでさ, ので私, のに説明, のね, のんきな, ふうで, まともの, ものから, ものと, ものに, ものには, ものの云い, ものの忍ん, よ, よく働い, よ行っ, わね, わねえ, アクセントで, イカツイ顔を, ウスノロ氏の, ポーズの, マネージャーが, マンネリズムから, ロシヤ人の, 一つの, 一個の, 一団は, 一対の, 一對の, 一組に, 一組の, 一見識を, 一貫した, 一面は, 万三郎を, 不真面, 両親の, 中年男, 主題だ, 乗客の, 乗客達は, 事が, 事を, 二十二三の, 云いまわし, 亢奮が, 人々を, 人が, 人には, 人を, 人人も, 人柄を, 人間が, 人間の, 伝説や, 何事をか, 作品を, 俤は, 傳説や, 内儀さんの, 勉強に, 動作の, 動作や, 半黒, 卒直, 印象を, 口調で, 可笑しいほど, 呑気な, 和一郎の, 垢ぬけした, 堅実な, 外国人が, 大きな手, 大きな身体, 大男の, 天狗は, 夫婦が, 女の, 女主人, 女二三人が, 奴が, 好きな, 好みであった, 好みの, 好奇心を, 好紳士, 妙味は, 妻君が, 姿を, 威厳と, 婦人と, 婦人の, 学者風の, 宗教人を, 実利的な, 実用性の, 家族が, 容貌を, 尊大な, 小男だ, 巧妙な, 常識とが, 常識的な, 帽子を, 年を, 年寄に, 形の, 律義さで, 徹底的個人主義と, 心うつくしい, 思を, 性格に, 怪しい様子, 恋愛しか, 情熱の, 意外の, 感じで, 態度で, 態度とさえも, 態度を, 憂鬱な, 截断によって, 所が, 手で, 抑揚の, 抒情で, 持前の, 支那人子供は, 日を, 時代の, 曲者を, 書きぶりなどを, 本間氏の, 機智と, 正座の, 死の, 比較的上流, 毛皮づき, 気分が, 気持にな, 氣の, 深い注意, 清目なる, 無造作な立ち上り, 無邪気な, 物が, 物の, 物静かさで, 特色を, 特質の, 率直簡明な, 甚だ瀟洒, 生きかたの, 生活ぶりで, 生活を, 甲声を, 男と, 男な, 留学生を, 痘痕の, 白い口髯, 皮を, 目で, 眼で, 着実な, 知性と, 知恵でした, 知識人さえも, 礼譲と, 素気な, 紳士が, 絢爛無比な, 絵が, 線の, 繊細な, 美学を, 老人である, 老婦人たち, 老若の, 者は, 者も, 者ァいやァ, 而も, 職工ズボンを, 自制的な, 自負の, 色悪らしい, 若いの, 若いひと, 若い一人, 若い男, 若者が, 茶目気も, 茶目気や, 衣擦れの, 表情と, 表情をも, 装いで, 見物の, 解釈かも, 言葉を, 話も, 誇りは, 誇張した, 調子で, 豊かな, 豪傑風な, 質問です, 赭ら顔の, 趣が, 趣を, 趣味だ, 足音すらも, 足音だった, 跳躍旋回の, 身辺の, 軽い調子, 迷信深い, 遊覧客が, 運命を, 遠慮が, 酔を, 鋭感的, 長い手紙, 陰険な, 青二才と, 面影が, 音も, 題の, 題を, 顔を, 風を, 風体で, 風貌や, 鮮な, 鷲鼻の, 黒い背広, 黒ん坊の, 黒髪黒髯の

▼ 人より~ (464, 0.1%)

17 先に 10 ほかに 9 外に 4 はるかに 3 して, すぐれて, 二人が, 他に, 以上に, 余計に, 側に, 見れば

2 [29件] えらくなろう, これを, ずっと年上, たかく顔, ない, ないと, なかった, ほかには, よびたる名, マシな, 下なるべし, 二倍も, 人に, 偉いと, 優れて, 先き, 先には, 受くる, 外には, 多くの, 推して, 早く起き, 来書, 発する努力, 短冊を, 見ての, 贈られたる野鴨, 遙かに, 長く腰

1 [342件] あって, あらず他, あるいはわが, いい給金, いくらか, いない, いない作者, いなかった, いませんから, えらくなれ, おそきに, おそく一つ一つ, かしこいの, かも優秀で, こっちが, この方, この涙, こまごまと, ござらぬが, さきに, さまざまの, すぐれたもの, すぐれた印象, ずっと早い, ずばぬけて, その人格, その數, そひ, たった二月, ちょうど一時代, ないもの, ないらしい, ないん, ない割合, ない可愛い王女, ない娘, なおよく, なつかしき先生, なほ目立つべき, はやく東京, ひと呼吸, ほかの, ほかは, ましという, ましな, めぐまれたもの, もう少し自由, もさういふ事, もっと大きい, ゃあ牛の, やさしくし, よく歩い, よけい知恵, よっぽど上手, よっぽど嘘, わたしは, ゐなかつたとも, オヂサンたちが, メリヤス下着, 一々申述, 一つ余計な, 一人へと, 一倍強い, 一層能, 一日先一日先と, 一日早く, 一歩遅れ, 一段上の, 一段高い, 一町ずつの, 一町ばかり, 丈夫です, 三人が, 三人で分けよう, 三人と, 三人よって, 三分間ばかり, 三日前から, 三百人余, 上に, 上品な, 上手に, 上等な, 下りて, 不幸である, 二つの, 二人二人より, 二十人と, 二十兩出し, 二月おそく, 二百人その, 五つ六つの, 五等を, 今日は, 他には, 以上の, 以外に, 伝授を, 伝習したれ, 伝聞した, 伝聞せし, 伝言左の, 何人にも, 何倍かの, 余に, 余分に, 余程御, 余程愛想, 來て, 來り, 供給され, 倍も, 健康を, 傳へられたる, 優だ, 優越し, 先か, 全人, 八十尾の, 其證據を, 出づるかを, 出づるにあらず, 劣るよう, 勉強し, 勝ってるよう, 勝るなり, 勝れて, 十人十人より, 千人以上に, 千八百年前に, 卓越させよう, 協議の, 原始人の, 収穫が, 受けずまた, 受ける悪口, 句を, 問われても, 器具の, 四百人を, 四谷大木戸の, 堅くて, 増さんよう, 外の, 外私は, 多いわけ, 多くなけれ, 多くなれ, 多くもっ, 多くを, 多く出した, 多く持たう, 多く膝関節付近, 大きいので, 大きい耳, 大きな体, 大事に, 大分に, 大切であり, 大切と, 大昔し, 大罪人, 天に, 天使を, 天罰と, 失望する, 奪い去りたるもの, 奪い蛇蜥蜴甲虫, 奪ったものの, 奪ひ, 女夫の, 好いでしょう, 好かろう, 嫌悪せられた, 安心起行を, 安藤に, 完全でなけれ, 宜い, 宝丹を, 寒がりで, 尊ばれて, 小さい声, 小唄なる, 小説に, 少々でき, 少しくまし, 少しよけい慈悲, 少し大きく, 少し後れ, 少し耳, 少し背, 少し退き, 居ない様子, 常識に, 幸福かも, 弁論が, 引幕を, 強い者, 強き胃を, 後から, 後悔する, 心臟が, 忠告を, 悪い, 悪いの, 情の, 成って, 成りて, 成る, 成れる一群, 成績が, 承り及び, 承わり三回, 持って, 排斥される, 支持の, 教えられざるに, 教えられるよう, 教を, 日を, 早く, 早くから写生, 早く幸福, 早く沈ん, 早く秋, 早稲田の, 昔し, 時間が, 書翰を, 服従せらるる, 来て, 楽屋万端の, 此種の, 残らなかった, 殺さるるの, 比較的入口, 比較的少, 決して能率, 泥を, 激しい, 烈しい様, 無口な, 熱心に, 牛馬に, 牡羊を, 牧野老台などと, 物資を, 特に招かれたれ, 猶一層清浄, 現存の, 生ぜしなり, 生れぬグイリエルモ・アルドブランデスコ, 田舎の, 申請したる, 異説を, 発せらるる, 白い日本人, 白い皮膚, 百人多き, 目せらる, 目立つ初, 相談を, 眼の, 着て, 矢代には, 知って, 知つてゐる, 知能の, 私の, 秒刻早い, 稲を, 立ちすぐれた, 立ちまさった客観力, 立つて, 立つ氣, 紀念同, 細かくなっ, 細長いの, 美しいという, 美味いもの, 羨まる, 聞いたは, 聞きたり, 聞きたる公判, 聞きて, 聞き余, 聞たれ, 聽き, 自分が, 自由民権の, 舍の, 良い聴官, 良好らしく見えた, 色も, 若い, 若いん, 苦しんで, 荷の, 薬に, 裁判長判事因藤実に対し, 見て, 豊なる, 貧しくどんな, 貴方と, 賢いと, 賢そう, 贈來, 起ると, 跡に, 軽いので, 軽い産, 輕いが妻から, 送らぬコスタ・リカ, 進んだつもり, 進んで, 遅く帰る, 遅れて, 遲く, 酒二升を, 重盛像, 重要なる, 重量の, 金子四百兩を, 鑑定の, 長い祝福, 長けた人, 長けて, 関東武士を, 降つて, 離れて, 頭だけが, 頭の, 頭も, 頼まれて, 食える人, 首ひとつ高く, 高い平面, 高きこと一等, 高くなっ, 高く蕗, 高し, 魁偉な

▼ 人~ (450, 0.1%)

10 向って 4 言った 3 いった, 云った, 告げて, 持って, 物を, 眼を, 話しかけた

2 [22件] お譲り, かけて, そむいてるみたい, むかって, コゼットを, 向けて, 向けられる愛情, 声を, 太刀を, 御託し, 心を, 海の, 渡して, 礼を, 行動は, 訊ねた, 近づいて, 返して, 遣つた手紙, 酌す, 金を, 顔を

1 [371件] あてて, いうには, いうよう, いう手, いたずらに, いったが, いったので, いって, うつす蚊, おかかりなさい, おさずけねがいたく, お前様の, お加え, お命じ, お師匠様, お心づくし, お渡し, お目, お詫びし, お話しに, お話の, お進げ, かう順々, かかって, かけた, かたづいて, きき合せて, くれなければ, こういうの, こう話す, こっそり手紙, このこと, この手紙, これ, これ以上の, ご用が, さけぶ老人, ささげられる体, さりげない, しきりに言い, すぐに, すぐ眸, すまなく思うが, せわしなく思い, そそぐ彼, そそのかすよう, その主人, その嘆願, その金, それぞれに, たずねた, ただした, たっぷり心づけ, だったに, ちょっとでも, ちよつかい, つたわった, とどけに, とびかかりましたが, どうまた, どうも致しません, どしどし売れない, どなって, なら, なら近づいても, のこして, のしかかって, のみ示さんより, はなしかけた, ぶつかれ, まこと敬虔の, むかい, むかいこう, もつらしくその, ものいうよう, やったとか, やったり, やって, やる最後, よい伝手, よせよせ, わが君, オンム・アルメ街七番地の, ガッとばかりに, ピシピシ平打ちを, 一々軽く, 一人ずつ, 一人づつ見張りを, 一個ずつ, 一分づつ奮んで, 一度に, 一瞥を, 上げましたら奥様, 下さる家法, 不審を, 不思議な, 世間話でも, 二人同時に, 二十円ずつ, 二百兩, 云いかけながら, 五人, 仕返しに, 仰せられて, 任じられるの, 伝えられて, 伝えられよ, 伝わり或, 伝道を, 体あたりに, 何か, 供養の, 催促し, 傷を, 僕は, 入りたい, 其の墓, 写本され, 冷やかす気, 出した, 出て, 刀を, 判るなら半兵衛, 別れを, 力説した, 匂いを, 包物を, 印を, 危害を, 厳かに, 又大学, 又暫く, 叫んだ, 各監房, 合図を, 合圖を, 同じ文章, 同様な, 名乗って, 向うよ, 向き直って, 向つて, 吹きつけて, 吹き付けて, 吹聴し, 告げたの, 呶鳴った, 命じたの, 命じて, 命ずる, 命ずるそれとなく, 囁いた, 四人で, 執達に, 報せに, 報告する, 売られて, 売りますから, 売り渡すこと, 夕飯の, 多くの, 大容, 奥庭の, 奥方から, 奧方から, 女装を, 娘を, 嫁いで, 嫁がせたいと, 嫁ぐであろう, 嫁した, 家から, 寄せる熱情, 対し千石, 対するよう, 尊氏が, 對する, 對ひ, 少々老婆心, 少し用, 少の, 尽すこと, 届けよとばかり, 差す毎, 帰りがけには, 広告に, 廻ること, 弁解を, 引きずられて, 強くお, 当ること, 御婦人, 御致声, 御迷惑, 恥を, 恨みの, 恨みを, 恨めしがる, 恵むという, 悪てん, 惹かれて, 惹かれるばかり, 愛嬌を, 慇懃に, 慇懃にな, 戻して, 手土産の, 手放したと, 手渡した, 手紙を, 手練手管を, 払ひます, 払ふ, 投げつけはじめた, 抱いた, 抱きついて, 抱きつくよう, 持つて, 持て行こうと, 指を, 挨拶し, 挨拶する, 振向いて, 授かったよう, 掛け渡す橋, 掛ッて, 接吻を, 接近し, 揶揄つていつた, 損亡を, 摺りつけて, 改めて頼む, 救いを, 教えて, 教え度, 教訓めい, 敵意や, 文太郎さんが, 文学が, 日光を, 旦那の, 旨を, 時間を, 書くよう, 最大の, 月桂冠を, 朝の, 朝飯を, 来いと, 来た, 杯を, 横薙ぎ, 歩を, 気づくと, 注意を, 済まぬ心, 渡した, 渡したまえ, 渡すと, 渡す品, 渡りあげく, 火急に, 無遠慮な, 片手なぐり, 特に惹かれる, 申渡されけるは, 皆配る, 目くばせた, 目礼を, 目見えに, 直接ただし, 直接ものを, 眞面に, 真面目に, 眼配せした, 着せる経帷子, 瞳を, 知らせて, 示された関心, 示し候書, 神経を, 祟って, 禮金三兩當人の, 秘し事, 移そうとしても, 突きつけながら, 突っかかるもの, 笑顔を, 等分に, 米を, 粥を, 組みつき左右, 結婚の, 縁組が, 繩を, 義理が, 義理だ, 義雄, 聞えると, 聞かせようとして, 聞かせるよう, 肩から, 腹が, 自嘲を, 茶の, 莞爾と, 藪から, 行かうと, 袋送っ, 襲いかかった, 覆っ被せる無理, 見せた, 言い渡した, 言うが, 言ったら伊勢, 計ると, 訊いた, 訓す, 記念の, 訴える人, 話される言葉, 話しかけようと, 話しかけるの, 話したかった, 話しつたえては, 話しました, 話を, 話彦三郎を, 誓拝を, 謙信は, 謝ってばかり, 貸して, 賄賂を, 贈ったもの, 贈る真心, 贈物として, 身体が, 辯解を, 近づいては, 近寄った, 近寄って, 近寄ろうと, 迫って, 迷惑を, 追いつこうたって, 追いつこうと, 送らうと, 送りましたから, 通うだけの, 通じて, 通商之, 通達し, 連名の, 遣るよりも, 還った方, 還元し, 配するに, 配って, 配布した, 隠れ扶持を, 集まって, 雛を, 音物を, 預けて, 頭突を, 頼んで, 額ずくべきで, 願湯治の, 飛沫, 飯を, 餞別に

▼ 人ばかりの~ (425, 0.1%)

12 人が 6 者が 5 人足が, 資人が 4 人間が, 兵隊が, 学生が, 客が 3 一団が, 中に, 人の, 仲間が, 侍女が, 兵は, 女が, 子供が, 男が, 男女の

2 [24件] 乗客が, 乗客の, 人たちが, 人数が, 人数で, 伊那の, 労働者の, 同勢を, 同志が, 女の子を, 妓は, 屠手, 捕虜が, 特別に, 男に, 男の, 者と, 者は, 若い女, 見慣れない男, 連中が, 青年が, 顔だ, 黒い影

1 [303件] いかつい大, いかにも図書館, いる所, うち十人くらいは, お侍, お供を, お嬢さんたちが, お武家様, すさまじい顔つき, ために, ための, つわ, ところで, ひとたちが, ものが, ものは, ようであった, ようです, ように, アメリカ陸軍の, スマートな, ソヴェト水兵が, プレーグの, ミディネット, モデルを, ヤーフを, レヴュウを, 一団だった, 一団で, 一座は, 一流の, 一組が, 一群は, 一行が, 一隊が, 一隊の, 一隊を, 下を, 下士官や, 下染, 中で, 中学校の, 乗客達が, 人々が, 人々と, 人々に, 人々を, 人たちだ, 人と, 人に, 人を, 人中に, 人員が, 人夫が, 人夫は, 人夫達に, 人影が, 人数一斉に, 人數一齊に, 人物が, 人間を, 他の, 仲仕達, 仲間は, 会員を, 伴奏, 何, 作家たちが, 侍たちと, 侍女たちが, 供を, 俘虜が, 信徒を, 傷病兵が, 傷病兵の, 僧が, 僧侶が, 兵卒が, 兵士が, 出獄者を, 刑事が, 刑事に, 列が, 労働者が, 労働者文学ウダールニクを, 勘定役改役が, 勢で, 勢を, 匪賊に, 匪賊を, 博労が, 印度人が, 印度人のみ, 友人に, 友達と, 友達を, 口から, 古老を, 同勢, 同勢で, 同勢にて, 同志の, 同級生の, 名刺と, 名士から, 咄を, 囚人が, 国へ, 国警が, 土人が, 坊主が, 塾生とともに, 士官が, 外務省の, 大工が, 天人に, 失業者が, 奉公人が, 女の子が, 女中と, 女子選手達が, 女店員, 女生徒, 女給が, 女給の, 女給を, 妖僧が, 娘達と, 婦人が, 婦人たちが, 婦人たちは, 婦人作家たちは, 婦人作家の, 婦人連が, 婦人闘士の, 子供たちを, 子供を, 子供達の, 孤児に, 学侶が, 官吏は, 官軍の, 宴会が, 家で, 家来を, 富農が, 将校の, 小さい者, 小さな墓, 小供, 小部隊, 小都会, 小隊によって, 少女で, 尾州兵の, 屈強な, 屈強の, 山だ, 山路の, 島田やら, 巡査が, 巡査とが, 広くも, 弟子が, 後陣の, 従者に, 従臣と共に, 戦争未亡人を, 手で, 手下を, 捕方肩を, 探偵が, 教官も, 教師が, 敵が, 敵に, 新聞売子が, 新聞記者が, 旅客が, 日傭人が, 日本商人が, 時, 暮らしであった, 朋輩と, 朧夜は, 本屋が, 札付の, 村の, 果し合いに, 果物賣, 検事と, 様に, 正体の, 武士に, 武芝の, 歩兵だった, 歩卒が, 歩行武者とを, 歩行武者の, 水兵が, 泊まり客が, 注意を, 浮浪人が, 海兵が, 海賊を, 漁師たちが, 焚き火を, 無頼漢が, 爲の, 爺さんが, 猛者や, 生命の, 生徒とに, 生徒の, 生徒を, 生活が, 生活なら, 申し込みが, 男どもが, 男どもです, 男打集い, 男達と, 町だ, 画家たちの, 番士が, 白いシャツ, 百二三十名が, 百姓が, 盗賊の, 目は, 相手が, 真黒い男の子, 知己が, 磯浦の, 礼装を, 禅僧が, 私服と, 税関吏が, 紅毛人, 素町人片づける, 紳士と, 群衆に, 者に, 者を, 聴衆は, 聴講者が, 職人を, 職場からの, 腰元も, 船員を, 船舶兵が, 芸者が, 芸者の, 芸者らしい, 若い有能, 若い者, 若い衆が, 若侍, 若者と, 荒くれた, 蕃人が, 蛮兵が, 蝦夷人の, 衛兵が, 裸体の, 襲撃者は, 観客の, 講習生は, 警固の, 警官が, 警官用水堀の, 護衛の, 負傷兵が, 賊が, 踊り朋輩と, 軍楽隊が, 軒並であった, 輜重自動車隊の, 農民が, 送り手も, 通信員が, 連中を, 道中なら, 遠い島, 部下が, 部下を, 酔客が, 酔漢が, 金属工場だった, 金持が, 鎗隊士を, 陸軍の, 露艦の, 青侍を, 青坊主, 青年らが, 青年らの, 面々が, 音楽サークルでは, 飲んだくれの, 馬乗りな, 騎兵隊が, 鳶を

▼ 人よりも~ (410, 0.1%)

10 先に 4 はるかに, 私の, 遙かに 3 さきに, もつと

2 [11件] 余計に, 支那を, 日本人に, 此の, 母の, 相棒の, 秀れ, 自分から, 自分が, 違って, 遥かに

1 [360件] あるとき, いっそう上品, いっそう多く, いっそう都合, うまかった, えらいの, お歎, かえって学問, こっちの, この七代目, この人, この人ひとり, これは, さらによく武士, しっかり者, しばしば有用, ずっと大きかっ, ずっと沢山, ずっと若い, そこに, そのうしろ, その力, その機縁, その詩, その隣郷, その革新精神, それに, それらを, たかくの, ただ一人の, だます人, ちびな, ちょっとまえ, なお古い, はっきりし, ほんたう, まず彼自身, まず駒井船長, むしろその, むしろ彼女, むしろ森, もっとたくさん, もっとのろのろと, もっとみじめ, もっともっと物わかり, もっと大きな, もっと好き, もっと悪い, もっと醜悪, やや年長, ゆくへ, よくお, よく知っ, よく知る, よく行われ, よけいに, よっぽど長く, よほど以前, より善く, より多く, より悪しき, よろしい, わきて, フランス人の, 一倍寒, 一寸でも, 一層の, 一層よく生きた, 一層深く, 一層火器, 一層美しい, 一段すぐれた, 一段高い, 一番この, 一番深く, 一般に, 一足後れ, 三人と, 上手な, 上手に, 上等人だ, 下流の, 不仕合せだった, 不自由を, 丸い方, 乗り気に, 乗気, 二人二人よりも, 人の, 人生を, 仕事を, 他県, 以上に, 以上の, 低き木, 佐藤の, 体格は, 何かが, 何だか別格, 何よりも, 作品よりも, 來よ, 倍の, 倹約的で, 僕の, 優つてゐる, 優れた智力, 優秀だ, 優良ならざる, 先き, 先じ, 先へ, 先立つて, 兵馬が, 其詩哲理に, 内蔵助, 出来た人間, 利巧な, 剛情な, 力が, 劣ったもの, 劣つてゐる, 勘の, 勝って, 勝れて, 十二年遅れ, 反って, 反つて話, 古い人, 古人を, 古宮の, 同じこと, 同じ町, 周到に, 味を, 命中矢を, 地方からの, 売る人, 外国人の, 多いの, 多い火, 多きに, 多くの, 多く歌, 多く発見, 多く聞く, 大きいの, 大きい清ちゃん, 大きい自由, 大きなこと, 大きな声, 大きな寄与, 大きな耳, 大きな鼻, 大なる, 大変悪かっ, 大猷参画, 大猷參畫, 大跨な, 天才とか, 天才を以て, 夫婦者の, 奢り慢, 奥様に, 奪われた子供, 宮の, 尊んだ甚だ, 小さく従つて体力, 小柄な, 少い損傷, 少しくらい, 少ない, 少ないの, 山や, 常に有害, 常に貴, 年若であったろう, 年長らしい, 幸福です, 幸福と, 幾らか多, 幾層立ち勝りたまいし, 弱いに, 強い, 強いだから, 強い奴, 強い畏怖, 強い胃, 強い速度, 強い電流, 強かった, 強くわが, 強し, 当人自身が, 彼が, 心持黒い, 心臓が, 忌まると, 思い当ること, 悪どい, 悲酸の, 惡い, 惨めな, 意識的な, 愚劣な, 成功し, 戯曲家らしき, 才能の, 拙いもの, 持つ物, 支那の, 政治家であっ, 敏し, 数倍よい, 文明の, 日本の, 日本人が, 日本人の, 早く出した, 早く指, 早く新式鐵砲, 早く犬, 早く犯人, 早く髪, 明白に, 明瞭に, 更に, 更に一層自分, 更に小さい, 最近では, 朗か, 朝早く, 未開人の, 村上さんの, 欠乏に, 欲が, 正確で, 比較的親しく, 氏が, 汽車中で, 深い理解, 深くしみじみ, 深くはまり込む, 深く伊太夫, 深く強く痛切, 深く真心, 深く知っ, 深く知つて, 深酷, 温和な, 溌溂たる, 演劇的訓練を, 激しい情熱, 激しく私, 烈しく不正, 無学な, 無智的, 熱心な, 熱心に, 父が, 物々しく道中, 狭いよう, 猿に, 猿多く, 猿殿の, 珍しく眺め, 理解力が, 甚だ諸, 生きて, 生命に, 田舎の, 申上げられる, 町人でも, 疾く高き, 病気で, 病苦に, 直接人を, 直接打った, 真っ先に, 真に愚か, 眼の, 知らぬ人, 知恵が, 社会の, 神さまよりも, 神に, 秀れたる, 私は, 私を, 私自身が, 称せられまた, 稍, 稍大きい, 空を, 空疎だ, 空語よりも, 立派で, 立派な, 細い中, 細く痩せ, 繁く往來, 繊細に, 美しきものこの世, 考えあぐね発作, 背丈けが倍ぐらい, 背高く, 能く, 脂気の, 脊高く, 自己を, 自意識が, 自由人を, 芝居を, 若くしっとり, 若くて, 苦しみが, 苦労性で, 草木が, 西洋人に, 西洋人の, 許されんこと, 話す人, 認めかつ, 誘拐犯人の, 誰より, 謙遜でなく, 貞淑で, 負れる気づかい, 貴く御用, 賢く人, 賢く神, 起きるの, 身に, 軽くお, 軽くそよそよ, 迅く, 速かつ, 進んだつもり, 進んで, 進歩し, 道には, 遙に, 遠く彼, 遥に, 酒の, 鋭くそうして, 長所の, 集中力の, 非常に, 頭の, 食慾が, 餘程進歩し, 馬は, 駒井が, 高い雑草, 高くなる, 高く香料, 高度に, 黒いところ, 齲齒其他の

▼ 人その~ (400, 0.1%)

17 人の 7 人に 5 一人は, 人が 4 ほかは, 中に, 中の, 日の 3 ほかに, 中で, 人を, 名を, 場を, 大多数, 存在を, 故を

2 [18件] うちの, ために, ような, 上に, 下に, 中には, 二人も, 人と, 側に, 傍に, 前を, 女の, 姿を, 子を, 死に, 鄙俚を, 配下の, 隣りが

1 [290件] あいだに, あとに, あとを, あなたを, いずれもが, うしろの, うちで, おりに, お弟子, くじにあたり, くだ, くらいに惚れたら, ことを, つぎには, とき口を, なかで, なかに, ひとたちが, へんを, ほかにも, ほかの, ほか二三十騎が, ほか各国人と, ほか名古屋百七十九人津百人金沢五百二十五人和歌山二百五十六人郡山八十八人大聖寺八十三人であります, まえに, また娘, わけを, わたしが, ストーンの, ツンボ・コートを, バラ色で, ヒダ王朝の, ベッドに, ヤングだけが, 一を, 一をも, 一人の, 一家または, 一片を, 一群に, 三人は, 上の, 上を, 上何の, 世に, 両側へ, 中にて, 中を, 中七人まで, 中女が, 中縁附いた, 主因と, 事件の, 事実を, 事物の, 二つの, 二人は, 二十四人の, 五人ともに, 五年七月坂合部石布津守吉祥等に, 人こそは, 人だけは, 人によって, 人に対する, 人は, 人数が, 人數が, 人自身の, 人達に, 他二人の, 仲間に, 会堂に, 余の, 使用人一戸平均二人半として, 価附を, 侶に, 傍らに, 儘な, 儘の, 光景目前に, 入口に, 全部の, 列車の, 前に, 前の, 前へ, 前年の, 勇猛を, 勢威が, 半分は, 卜いは, 又向う, 右が, 名などぞや, 名は, 名聲詩, 名顕, 周囲に, 周辺に, 喧騒の, 四人の, 回想録一篇を, 地の利には, 地を, 坊主首引っ, 場から, 塔に, 声だけ, 外の, 外數千の, 外流罪に, 外詩歌藝能術數の, 多くは, 多數, 大勢の, 大部分, 女子の, 姉娘は, 姪という, 姪といふ, 姿胡蝶の, 威を, 婦女は, 孃子を, 子が, 子は, 子供たち家族合せ, 子供の, 客は, 室を, 家々の, 家に, 家路傍に, 容貌の, 富士山の, 寝台の, 尊さ, 尊卑長幼を, 小娘の, 少女なら, 尾を, 屋上によ, 山たるを, 左に, 左の, 席に, 平馬が, 幼児の, 座敷に, 弟子を, 弾奏を, 当時医科大学へ, 形を, 形気を, 心して取捨, 心当りは, 心神を, 思いが, 思ふ所, 悪方, 悲惨なる, 成長せる, 我儘を, 所を, 所説は, 手巾を, 擬する所, 数ほとんど, 方の, 方へ, 日も, 日耳曼神話学に, 時, 時が, 時の, 時はた, 時刻に, 時前から, 時想像し, 時街の, 時野呂川の, 暗い炭庫, 書斎で, 書物を, 最大の, 月へ, 木の下に, 本名は, 本質は, 棟梁の, 森の, 楽屋裏に, 槌を, 様な, 横山五助時も, 次が, 次ぎには, 次には, 次に助, 次へ, 死するや, 死を, 母親の, 毒で, 民族が, 民族の, 気苦労の, 水を, 法則を, 混雑も, 源次郎氏の, 火燵にあたって, 焼跡に, 煉瓦の, 物を, 犬を, 犯人の, 状貌すこぶる, 狙いで, 独唱会の, 理を, 生涯を, 産院へ, 男の, 男子は, 痛切な知り, 盃を, 目の, 目的に, 破れる誓, 社の, 私心を, 移る流れ, 種を, 立場に, 編纂せる, 縄を, 罪を, 美を, 翌る, 者が, 聲よ, 肉たちまち, 胸の, 腹に, 舟で, 船とどめ, 色を, 花吹く, 若い顔, 若夫婦, 著作の, 薬を, 行を, 行方を, 行為は, 術を, 袋を, 言を, 言行一致せざる, 話に, 語を, 議論を, 貧しい作品, 費用は, 起伏する, 足で, 踪蹤を, 車を, 辺から, 辺の, 辺を, 辻堂まで, 通りか, 逸話に, 運行に, 道に, 部屋の, 部落を, 酔眠れる, 鉄柱の, 鍵を, 隅こから, 頂點の, 頃は, 頃一豪商の, 願ひ, 香を, 鳥を, 鵠を

▼ 人もの~ (391, 0.1%)

14 人間が 13 人が 7 子を 5 子供を, 男を 4 子が, 眼で

3 [12件] ひとが, 人々が, 人を, 命を, 女の, 子どもが, 子供が, 子供の, 客が, 村民が, 男から, 男の

2 [22件] をいう, を言う, 人と, 人間の, 人間を, 兵隊を, 命に, 女が, 女は, 女を, 妻の, 宮様がたの, 家族が, 手が, 接吻の, 死傷を, 男が, 男に, 男女が, 臨時工を, 若い男, 若者が

1 [259件] あかン坊たち, うちたった, うちたつた, おおぜ, お嫁さん, お客さんが, お客様を, がある, が随分, このお針女工, ささやきが自然に, だ, だから, だからな, だが, だった, だったん, つまらない女, でしたがね, です, のおまわりさん, の男, の老媼, は這入りたく, ひとたちと, ひとに, へんな, やっこの, を云う, を考え, アンチャンが, コゼットを, スクネが, チノヴニキ即ち, ドイツ亡命者が, ポリスが, 一つ目小僧が, 一族の, 丈夫な, 世帯を, 世話まで, 中へ, 乗客たちの, 乞食が, 云は, 人に, 人によ, 人傑を, 人出だつた, 人夫が, 人影を, 人手を, 人数, 人数です, 人足が, 人達が, 人間で, 人間と, 人間に, 仔を, 令嬢が, 側室を, 傭人が, 僕の, 優れた科学者, 先生に, 先生の, 先輩が, 入籍を, 六月の, 兵士たちを, 兵士を, 出動は, 別々の, 力を, 労員を, 医者に, 医者にか, 友だちと, 友だちに, 友達が, 口から, 口を, 同じほど, 同志を, 名が, 命が, 嗚咽が, 国学者が, 声である, 声の, 声みたいに, 声を, 外国人の, 夜鷹に, 大人子供が, 大勢が, 大名が, 大名小名どもが, 大将を, 天皇護持者連中に, 夫の, 失業者って, 女中に, 女性が, 女性を, 女王を, 妻や, 妾を, 妾達が, 姉弟の, 威勢の, 娘が, 婦人作家が, 嬖妾が, 子もち, 子供たちに, 子供に, 子供達を, 子息の, 学生の, 学者によって, 家族や, 家族を, 家臣は, 専門医の, 小さい声, 小さい弟妹たち, 小さくない, 小町娘を, 少年が, 少年たちを, 屈強な, 左利きか, 幼い者, 幼な, 店員が, 店賃程は, 弁論を, 弟と, 弟媛が, 弥次馬に, 強慾者連が, 彌次馬に, 影が, 後見の, 御夫人, 心に, 心の, 思ひやら, 思ふとは, 恋人を, 患者が, 悪人が, 應募者の, 手を, 手術者を, 抜刀隊が, 抜刀隊に, 抜刀隊を, 捨て子を, 支那人が, 支那兵を, 敵が, 敵の, 敵を, 斬口, 日本人の, 村の, 機械人間が, 歌妓女中たちに, 武装警官隊を, 死人を, 死骸が, 殺人罪を, 泣聲が, 海の, 清い睫, 無垢な, 無辜の, 熊撃ち, 物売りが, 王が, 王の, 王侯が, 生命にも, 生命知らずの, 生徒たちが, 生徒の, 生首を, 用心棒が, 男と, 男の子が, 男児を, 男女の, 男達に, 目を, 看護婦に, 眼が, 眼に, 知らせが, 知りも, 知人に, 知人の, 知人達を, 破戒僧が, 社長重役を, 糊口を, 綺麗な, 罪人を, 老壮若, 者が, 者を, 職を, 職工が, 腕にとり, 自分と, 良い男, 良人を, 芸者の, 若いの, 若い人たち, 若い女, 若い眸, 若者に, 若者を, 茨城屋の, 荒らくれ, 荘丁や, 蝦蟇口が, 行く物音, 行商が, 見物を, 親分が, 観客を, 言はず, 証人が, 詩人に, 語りつつ, 警官の, 足が, 跫音が, 輩下を, 農奴の, 通信員が, 通行人電車が, 遊人を, 遺子を, 郎党が, 郎党を, 部下が, 郷士たちが, 釣り人が, 隠れた味方, 集団生活に, 食膳を, 首切りに際して, 鯨とりが, 鼓動とともに

▼ 人としての~ (388, 0.1%)

5 生活を 4 彼を, 立場から, 誇りと 3 彼は, 義務を, 自分の, 薄田泣菫氏

2 [29件] あなたを, お銀様, 人格を, 人間の, 価値で, 価値は, 俳優を, 如く思索しなけれ, 平和な, 彼の, 必要品だけ, 必要品は, 成長と, 日本人の, 有力な, 眼と, 私の, 私は, 経歴を, 自覚の, 自覚を, 自身の, 芸術家の, 責任は, 責任義務を通して, 資格は, 資格を, 連帯責任に, 魅力を

1 [301件] ある瞬間, いい方, うまみという, うるさい束縛, おきてを, くびき, この主人, この女, さかりな, すぐれた俳優, それ, それぞれの, とき子の, まれびとが, よさ, アイヌの, キリストが, コントが, スタイルという, スタイルを, ナジミが, ニイチェに, ニイチェには, ヒューマニズム能動性の, ファラデーを, 一人前, 一個人の, 一応の, 一般的な, 一面に, 上流的身辺を, 下層に, 不安感の, 不思議な, 世界的フリーランサーだ, 世論も, 中心的な, 云い分, 人間活動, 人間的実感人生への, 人間的行動の, 人間精神の, 今日の, 仕事が, 仕事も, 他人に, 伊太夫は, 伊達政宗を, 低級な, 住居に, 体面を, 作家たちの, 作者たちが, 価値しか, 価値を, 信頼の, 個人でなけれ, 個人的な, 僕を, 優越感から, 優越感からの, 光源氏, 入学試験は, 全体に, 全権利, 共同の, 共同感情が, 共同生活でも, 具体性が, 内的推移の, 処分は, 分かりかた, 判断さえ, 力量さえ, 労働者および, 勉強なりあっ, 勝手違いと, 博士の, 友人の, 叫びが, 可能を, 同じもの, 同じ精神, 同氏に, 名と, 名誉にかけて, 品位は, 基礎を, 場を, 壮心と, 声の, 大成を, 太宰に, 女を, 女性に, 好しみ, 好意を, 如才な, 婦人の, 子規を, 存在でしか, 存在価値を, 宮本二天, 家の, 家庭の, 宿命に, 寂寥が, 将官が, 尊敬を, 小倉氏は, 屈辱である, 山人の, 山本氏に対する, 岸田君の, 巨匠には, 常識が, 常軌を, 弱點, 彼に, 彼等によ, 待遇は, 待遇を, 待遇以上である, 徳義を, 心定まった, 心構えの, 心構えもしくは, 心理に, 性質は, 悪いところ, 意義ある, 意識から, 意識の, 意識を, 感化力を, 感受性の, 感情と, 感情見方を, 感覚歴史に対する, 成長も, 成長を, 我々の, 我々は, 扱いで, 政治的人間は, 敏感さ文学以外の, 教育を, 教養によって, 教養の, 教養を, 文学が, 文学上の, 新人として, 日常の, 日本人と, 昔の, 時局認識から, 智力能力は, 曙覧は, 最高才能を, 望みが, 未熟に, 本質の, 検屍も, 槇有恒氏の, 構えの, 権利さえ, 権利を, 権力階級への, 欠点は, 欲求や, 歌仙小町それから, 此の, 武蔵文雅の, 死刑囚に, 気持を, 求婚法が, 活動とも, 活動生活の, 消息は, 深い知識, 滞在を, 燃えるよう, 牧野さんに, 特色を, 特質が, 現実的な, 現実観察と, 理想は, 理想を, 環境に, 生活と, 生活には, 生活の, 生活人としての, 生活意識を, 生活態度, 田沼先生の, 男と, 男女の, 画家道義的価値に, 異性関係などは, 発展を, 発言権しか, 皮膚の, 眼か, 眼も, 矜り, 知十君の, 知性の, 知情意の, 知識が, 磨きを, 社会の, 社会生活を, 神経の, 私どもが, 私を, 移行が, 立場であっ, 立場である, 立場と, 立場との, 立場を, 精神, 精神的飛躍を, 素直な, 素質から, 素質が, 素質は, 経験をば, 經驗は, 美徳である, 美質を, 義務だ, 義務では, 習慣的な, 考えかた, 聡明と, 自分いや, 自分でなく, 自分に, 自分を, 自己の, 自己訓練に, 自慰に, 自我という, 自然人と, 自覚では, 自覚に, 自負心の, 良心が, 良心である, 良心的在り, 芥川を, 若さ, 苦悩に, 薄田泣菫氏の, 薄田泣菫氏は, 血は, 血を, 行でない, 行動や, 表芸には, 見物の, 見識を, 親しみを, 言いぶんが, 記憶が, 誇りが, 誇りを, 諸公が, 謹慎の, 貧弱である, 責任である, 責任に, 資格の, 趣味と, 近松西鶴西鶴が, 通り者であった, 通告を, 造詣を, 連帯的活動とが, 運命性格力量を, 過程の, 道に, 道を, 道義を, 鍛錬と, 閲歴に, 關心が, 階級的, 集団性への, 雰囲気の, 面が, 顔面要素は, 飛躍が, 高貴の, 魂それ自身が, 魅力品位が, 鴎外が

▼ 人ほど~ (388, 0.1%)

6 連れて 4 あった 3 いたが, して, 加えて, 焼死しました, 集まって

2 [15件] あって, あるという, まじって, 乗って, 姿を, 官立大学出の, 客が, 来て, 正直に, 水を, 泊って, 添えて, 自分の, 連れ立って, 集めて

1 [333件] あったが, あったため, あったと, あつた, あとを, あり, ありましたか, ありまして, あります, ありますが, あり多く武家屋敷, ある, あるし, あるには, あるのに, あんなこと, い, いい汐時, いけない, いけなかつた, いずれも, いた, いたましいもの, いたるところ, いっしょに, いつのまにか座間, いて, いました, いますか, いる, いるん, いる中学生, えりぬいて, おいでなさいます, おいでに, おめし, おられますか, お世話に, お似合, お友達, お召し, お連れ, お金に, かえってその, かえって共同, ここへ, この世に, この家庭, これに, こんに, ございました女中たち, ごそごそ動い, ごろごろ寝, さしむける, すぼまっては, すれちがった侍たち, そこに, その室, その悲哀, それと, たえず店, たしかにこの, ただいまご本堂, だが, ついて, つめかけて, つれて, であった, であったが, であと, である, でございましょう, でした, でなくては, では, でも, で他, で夜討ち, で拝殿, で文科系統, で決死隊, で男, で長蛇, なので, ならずもの, な人, な兵, な屈強, な歩卒, な者, な軍馬, ばかげた哀れ, ばら, ばらばらと, ひきつれえいや, まっ黒に, みじめな, みんなから, むらむらと, やって来た, やって来て, やって来賑やか, よく酔う, よけいに, ゐただけ, ゐる, イソイソと, キラキラする, ゴルフを, パンパンの, フランスを, 一度にど, 一緒だった, 一緒に, 一群に, 上った, 上等の, 不愍な, 不言實行で, 世俗を, 並ぶ, 並んだ男, 交って, 人が, 人生の, 仆れる, 他人が, 付いて, 佇んで, 使い男気, 來たり, 來りし, 侍らした, 個人主義な, 倚りかかっ, 僚友会の, 入浴を, 兵士が, 出せ, 出て, 出張し, 別れを, 前に, 前途成道の, 加はることにな, 危いんです, 厳重な, 参られて, 参り候まま, 友人が, 反省し, 叩き仆, 同勢四人で, 名ざしましょう, 嘘つきの, 囚人が, 四角な, 堕胎しました, 塊って, 増して, 外国へ, 多くの, 大なる, 大ふうせん, 大事がられない, 奉公し, 女が, 女性も, 女房が, 好い顔付, 始末に, 婦人の, 嫌疑者として, 子を, 存じて, 寂寥を, 實に, 専門的の, 小膝を, 居た, 居ならんだ親類たち, 居るだけ, 屯し, 工員が, 巧みに, 席に, 平凡無難な, 平和な, 彼は, 待って, 後に, 後ろに, 従業員が, 御同伴, 心を, 心忙しき, 怒るべき時, 怖ろ, 怠惰者は, 怨恨の, 恐るべきもの, 恢復が, 患者が, 悲かんの, 愛すべき存在, 憫むべ, 懇意には, 戀は, 我泣かじ, 戸主である, 手ご, 手を, 手元に, 打ち揃うて, 折り重なって, 指名した, 捕縛され, 控えて, 揃えて, 揃つて夫人から, 攫われたな, 散らばって, 数の, 文字に対して, 斯学の, 日ごろ伸子, 早く自己, 映った, 暴風雨の, 本工, 机を, 来させ舞, 来たとき, 来たらしいけれど, 来たり, 来んが, 柔らかいもの, 根引に, 根気強く, 案内係りで, 椅子の, 此傾向が, 死んだが, 残れるトダ人, 殺した, 気の毒な, 気安く思われる, 氣は, 水盤を, 江の島まで, 泰造の, 海中へ, 満洲, 無礼で, 燒死しました, 牀から, 狩り出して, 現実の, 生活を, 甲板に, 男の子が, 男優と, 町の, 相役が, 相手に, 真剣に, 真実と, 知るよう, 矮人を, 社長の, 神経過敏に, 空地に, 窮民を, 立ち働いて, 立て, 童女六人が, 答える者, 維新前後の, 練習に, 置いて, 美しい素顔, 美しくそして, 美人は, 老若男女入り交つてみんなが, 耻かしく恐ろしき, 自分が, 自分を, 自国民, 自宅へ, 自転車に, 若い者, 茶を, 茶好な, 荒ぽくない, 著述に, 行く手から, 裸体に, 複雑な, 見えた, 見えたので, 見えました, 覺えて, 討死した, 診に, 詮議しない, 詰めて, 賢い人, 足らんの, 軽率な, 追放に, 這入って, 通ったの, 通って, 逢つて挨拶した, 連れが, 連れ提げ重, 選びます, 重きを, 陸地の, 隔てて, 集まった, 集まったが, 集まりご, 音楽関係者が, 頼むの, 頼んで, 食えない位, 食堂には, 首を, 駆けおくれて, 駈けつけて, 驚ろきたがる, 黒ん坊を

▼ 人まで~ (381, 0.1%)

10 殺して 5 連れて 4 人を, 手に 3 つれて, 害めて, 殺したの

2 [24件] あると, ここに, 一緒に, 五の, 入れて, 出して, 出来て, 取殺すと, 呼びましたが, 命を, 大の, 子を, 害めた, 害める, 小判を, 手玉に, 斬られて, 死んだのに, 殺されたこと, 目を, 私の, 縛られました, 誘拐した, 順々に

1 [301件] あった, あって, あの御, ある, あるが, あること, あるですぜ, あるでは, あるん, いた同居, いのちを, いや万, いれかわって, いわれも, おいて, おなじ顔, お連れ致したる, かえって出ない, かくの, ぐいぐいと, こうした不思議, ことごとく下敷, この宴, この道, この静か, こめた世界じゅう, これを, こんな事, して, その傾き, その兄弟, その場, その尻, その笑い, その言葉, それを, そんなふう, そんな風, たずねた上, ついて, つけて, なくなったの, なさせた, ならと, なんとなく味, はかの, はた, ひとしくここ, ぶっつかって, ぼんのくぼ, まだ処女, まるで野蠻人, もさあらむには, やって, やって来るの, よろしいいま, わずかの, わりこんで, ゐるが, ゐるこの, ゐるほんとう, ジョリクールも, ハハアそう, ベルリッツの, 一手に, 下男が, 主税は, 仏蘭西の, 仕度とか, 仲間を, 伝達されない, 伴れ行き, 似たとは, 使って, 俯伏せに, 倒したたという, 倒したの, 倒れか, 傷を, 僕達に, 入って, 出してつ, 出て, 出でて, 出ました, 出来るってさ, 劔術試合を, 加って, 加わって, 助手に, 助手の, 勸める, 半弓で, 半武装, 即死し, 却けしこと有之, 叩っ斬られ, 可能に, 合わせると, 同じやう, 同じよう, 同じ声, 同じ思ひ, 同室し, 同時に神隠し, 同時に致命的, 名を, 呼んで, 善悪正邪に, 嘘を, 嘴の, 囚人扱ひしなく, 固めて, 国詰に, 在らつし, 変死人だった, 変死人を, 変装した, 大いに称揚, 大敵を, 大間違を, 天使だ, 夭死を, 失った柳生, 失われた調教授, 失敗した, 女が, 女であった, 女の子を, 女名前, 妾を, 媒介所の, 子供が, 家来に, 射倒された雉四郎, 小さな荷, 少女たちは, 居たの, 居て, 平家物語の, 引きずり込んで, 引っくくって, 影薄う, 待ちぼけさせるとは, 待って, 御用に, 忘れて, 忠直卿の, 急病に, 恐らくその, 態度が, 我が手, 戻つて, 手も, 打ち伏せた, 投げ倒したが, 抱へて, 拘引された, 招いて, 拵えて, 拵へて, 持ちしが, 持って, 持つたと, 挙げて, 捨てて, 控えた森彦, 揃って, 摺, 撃ち込んで, 数えた, 数えました, 数え抜かれたとき, 敵に, 敵の, 數へ, 斬りつづけました, 斬り伏せて, 斬り伏せられて, 既成の, 替り玄関, 有う, 有ると, 来た時分, 来て, 来るのよ, 死なせて, 死なせるか, 死んだ, 死んで, 殖えたでしょう, 殺さうとは, 殺させたとは, 殺された, 殺されちゃ, 殺した, 殺したからは, 殺したって, 殺したと, 殺したに, 殺したん, 殺した執心, 殺しちゃ, 殺しやが, 殺しやがって, 殺し十人, 殺し自分たち, 殺すこと, 殺すと, 殺すという, 殺すやう, 殺すよう, 殺す氣, 殺そうと, 殺そうとは, 浮む瀬が, 深傷, 滅ぼされて, 焼け死ぬよう, 燒け, 狩り出されて, 猛犬に, 獲たの, 甚兵衛の, 生き返らせること, 生まれる結果, 生んだ, 申し合わせたよう, 異郷の, 発狂者を, 登場し, 皆じめじめ, 皆自然主義, 相変る, 眞物の, 真物の, 知ったか振りの, 社員を, 神経を, 禿頭が, 私が, 突き倒した, 突き刺し槍, 突落した, 立派だ, 笑いましたが, 籠絡し, 細引を, 給仕について, 続いて, 続けざまに, 締め殺して, 置いたほど, 置いて, 美しい腰元, 美しく着かざっ, 美少女を, 義士を, 育つては, 背負って, 胸を, 自分の, 若しか, 落車し, 虫の, 行って, 行方不明に, 袴を, 裏切者を, 裕福に, 見て, 見送つて, 讃めて, 變死人を, 身まで, 身証が, 軍功によって, 軽輩の, 追っ払ったが, 追出し淺治郎, 追放しなけれ, 逃げだしたの, 達する距離, 選挙権を, 郷里に, 鉄砲を, 鉞で, 雄鹿, 雇って, 雪で, 霊魂は, 頬冠で, 願いを, 食うたと, 飲むこと, 養女に, 首に, 馬鹿に, 駈け上がって, 黒髪を, 黒髮を

▼ 人あり~ (363, 0.1%)

9 と知られた 7 という 5 てその 4 てこれ, とも知らず, やなし, 一人は 3 これを, て, といへ, と知られたる, と聞こえた, や, や否や

2 [24件] げに, て余, て拳, て火中, て皮, て行儀, て見る, と, とし, とすれ, とせ, ともおも, と云, と思え, と隣国, を信ぜ, スコットランドより, 侯に, 彼れ, 或は前日, 或は敏腕, 社稷あり, 語云越後国大飯郡に, 閣下に

1 [257件] あるいは三人, いい時, いか, いきおい杉雄, いつも母, いまいましきことかぎり, いま現に, うち三人は, おとみ, おろかなる, かなし, かりにすべてこれら, けり十九といへ, けれども絶壁, この民, この間の, これも, これアブラハムが, されどか, されど一七, しも現今, すなわち酔っぱらい, その中, その中九十七人, その寝, その為人完, それからまたソ連人, それは, たり, ていたく, てそのうち, てほか, てもし, てわが国, てクリスチャニア, てペルー, て一人五円, て一人十円, て万物, て他, て住, て傍, て其の, て其時代, て助けられき, て哲學, て唐山, て問, て天皇, て妹, て姿, て居れり, て左様, て年, て建物, て強, て後, て思, て慈悲心, て我, て或, て或は, て手, て文きぬ, て是, て来り, て某, て椎, て此寺, て此時我等二人, て汝, て決する, て治療, て泅ぎて穴, て海岸, て漁師, て疑い, て皆陽明学者, て目の下, て眼, て短き, て童女, て竹筒, て罪業あきらか, て美しき, て肩, て能, て自刃, て菊池寛氏, て談, て道徳其物, て遙, て遠く, て遠野一郷, て長き, て電車, て馬太伝, て髪, て鯊, という例, という意外, といえ, といえる, といふチヤッコ, といわれた, とおもほし, とかねて, とか聞きし, ときかず, とこそ明, とこそ聞きつれ, とした, としられ, とす, とする, とぞ, となつかしむ, との事, との取り沙汰, とは思われず, とは知らぬ, とも人寄せ芝居, とも心付かぬ, とも我, とも未だ, とも炮烙, とも知らで, とも知らぬ, とも見えません, と云う, と云われた, と伝, と信じ, と僞, と叫び, と告ぐ, と外国, と多年, と思い, と思われる, と知っ, と知らざる, と知られ, と聞いた, と聞えた, と聞く, と聞け, と見, と見え, と見受けられた, と言われた, ながらいろんな, ながら私, などいえる, はしません, また妻, また然, また自分, みんな大きく, やをたずねたる, や執権時宗, や我等, や知らね, われは, インドおよび, ムーアまた, 一切の, 一婦を, 一寸い, 世に, 中国人あり, 事同じ, 二人とも, 人の, 他の, 余に, 余を, 來つて盛岡の, 來れ, 係蹄を, 倶に, 其人こそ, 前世の, 加賀の, 半自作, 卒の, 同類相集まり同気相求め, 名を, 君主に, 吾人に, 困窮し, 天姿奇秀なり, 女の, 妹が, 妾驚き, 孫も, 宿の, 少なく飲み, 弟の, 形だけにては, 彼岸に, 從う, 心強し, 性能く, 手不足だ, 手足に, 政教子に, 暹羅人あり, 曰く西洋は, 月を, 本を, 来つて盛岡, 梅花道人我身に, 樹を, 櫻山に, 此れ, 此妹に, 水に, 洗馬のは, 浮世の, 海坊主の, 清という, 源平は, 無常の, 燒酎鬻ぐ, 獣あり, 現世に, 白萩より, 百姓より, 百歳の, 確かに, 私の, 私は, 竜を, 筆を, 篤実に, 簾し, 美しき雪, 老いたる, 自分で, 自分も, 花に, 若し彼, 蛇に, 衣食満ち, 親子三人暮しの, 説を, 豺狼を, 貝を, 貧しきも, 貧困の, 車を, 車臺に, 辛崎は, 長女の, 非常の, 首路に

▼ 人~ (357, 0.1%)

10 の座席 7 の仕事, の席 6 の食器 5 の資人, の食事 4 の遺骨 3 の夜具, の寝台, の悪魔, の食糧, の飯

2 [26件] ある, か四人分, だ, にし, の下駄, の働き, の力, の勘定, の卓, の受領書, の寝床, の役, の手袋, の洋服, の生活, の画, の白骨, の米, の芸, の足跡, の骨, もある, も働きます, を一人, 持って, 揃えて

1 [246件] あいた茶革, あいて, あつた, あるよう, いれた, お父様, かのカストリ, かの仕事, が僅か, が入った, が入れられる, が百五十文, くらいにはなる, くらいはある, ぐらいどう, ぐらいの持場, ぐらいの白い薄い, ぐらいの肉, ぐらいの茶碗, しかない, しか出来なかった, しか席, しか用意, しか薬屋, して, しや, ずつ分け, せっせと食べ, そっくり渡し, だから, だからと, だけお引き受け, だけでした, だけですませなくなる, だけの分量, だけの料理代, だけの棒, だけは自分, だけもつ, だけ前, だけ加え, だけ和食, だけ填める, だけ寂しく, だけ引ッ, だけ空席, だけ貰っ, だけ食器, だぜ, だとも, だわ, つくること, で, であるあたり, であるから, です, でも力, でも四人分, で千七百七十円也, で率, というの, として二十五円, と合せ, と称する, なかなか手, になる, にはなんと, には無理, に分けた, に洋杖, に通用, のおしめ, のお菓子, のお金, のたべ, のところ, のへんろ装束, のめし茶碗, のキャラクター, のコーヒー, のスリッパ, のパン, のビフテキ, のベッド, の三つ, の三度, の三等寝台, の三食, の世話, の主食糧, の人力, の仕度, の付き添い, の価値, の入浴, の公衆食事, の六百文, の切符, の力持ち, の労苦, の名物栗強飯, の哲学, の坐, の声色, の大, の完全, の室, の巴旦杏, の布, の常, の弁当, の弾丸, の性格, の手, の手荷物, の握り飯, の料理, の昼食, の机, の果物, の桟敷, の気力, の水, の汽車賃, の洗濯, の洗面盥, の滅茶滅茶, の火事装束, の炭酸水, の狂人, の珈琲, の生命, の用意, の皿, の目, の着物, の穿物, の簡単, の紅茶, の紋附, の給料, の縁談, の膳, の自動車代, の荷物, の蓑, の薬, の行嚢, の衣服, の被服, の褥, の観劇料, の設備, の註文, の話, の費用, の賃金, の跡, の路金, の酔, の重味, の量, の金, の釣り道具, の銭, の長, の食卓, の食堂, の食料, の食物, の首, の麻酔薬, はあるだろう, はいつも, はうまい, はその, はゆうに, は三朱づゝ, は働きます, は喰, は支那, ばかりがこの, ばかり有った, ほどの弁当, ほど拵え, もあらう, もありましたろう, もあろう, もたべ, もどう, もの荷物, もはたらい, もふと, も三人分, も仕事, も働い, も四人分, も失望, も年取つて, も心配, も或いは, も戦え, も智慧, も欲し, も重ね, も靴, も食べたかった, も飲ん, も騷い, やって, よ, よりもよけい, よりも沢山, らしい, れるの, をたくわえる, をたべる, をやや, を一つ, を入れ, を割出さなけれ, を十五人, を引き受けよう, を感じ, を払う, を支度, を皿, を表す, を貯え, を貰っ, を道勝, を飮むべ, を鷲, ノ茶ト菓子, 出て, 出来て, 取ッテオイテ貰ウ, 合せたぐらゐ馬鹿, 合せたよりも, 払いなさい, 拵えさせて, 滞って, 爲二十餘國, 生きる苦, 積み重ねて, 答えた積り

▼ 人以上~ (346, 0.1%)

13 の人 9 の子供 7 の者 4 にもなつて, の人間, の客, もいる 3 だと, に達した, の女, の妻, の意

2 [27件] ある, からの百姓, にもなっ, に冷たい, に及ぶ, に同情, に洗礼, に秀吉自身, に達し, のこと, ののろく, のもの, の人々, の地位, の多人数, の多数, の夫, の日本人, の死者, はいる, も入りみだれ, も子供, も屯, を進めた, を饗する, 同時に渡る, 現れて

1 [232件] あったこと, あって, あつて, ありました, あるから, あるだろうかと, あるの, いたの, いるが, いること, いるなら交代, いるよう, お集り, がかち, がここ, が出, が聚つて口, が言葉通り, この年ごろ辛労, しかもその, だったと, だつた, であった, であつ, であるから, でなければ, ではあり, では同じく, では困る, で中, で予期以上, で比率, で親切, といふ三輪, と希望, と思つて, と思われる, と称されました, と見積り, な人影, な喊声, な大, な眼, におそろしい, にお河童, にさえも見えた, にし, にそうした, にその, になっ, になった, になる, にふえ, にもなった, にものぼる, にも達し, によく, に上った, に上らない, に世, に人情, に人間的, に使い, に功利主義, に及ん, に及んだ, に増加, に多く, に好, に巧妙, に巨大, に広く, に悪い, に慌て, に扱, に整, に新式鐵砲, に未熟, に欧米, に此, に笑, に絶対, に美しい, に耕し, に苦痛, に衒気満々, に身, のお客様, のところ, ののろ, のよう, のカニ怪人, の不正乗客, の乘組, の乾兒, の人出, の人員, の人影, の人手, の人数, の人民, の人物, の仕事, の仲間, の何もの, の作者, の保護, の信者, の兄弟, の入院患者, の兵隊, の其日, の助, の労働者, の勤労奉仕, の医師, の十三人, の卒業生, の多き, の大男, の失業者, の奴等, の妾, の婦人たち, の宴会, の家臣従僕, の少年店員, の巡礼, の市民, の強健者, の息子, の患者, の感情, の戦争未亡人, の改革者流, の敏感, の斬合い, の日, の未亡人, の歩兵, の殉教者, の深, の田地, の男, の男子, の画家, の異性, の知り合い, の知識, の社会, の紳士淑女, の職員, の職工, の血, の行動, の覇道主義者, の観客, の訪問者, の貴婦人客, の農奴, の連累者, の部下, の重量, の門下, の集団, の霊物, の餓えた, の骨格, はいけない, はたしかに, は乗れない, は極貧者, は江戸, もありました, もあります, もある, もあれ, もいるだろう, もごろごろ, もしくは以外, もすぐ, もの人影, もひき連れた, もまつわりつい, もんだ, もウヨウヨ, もビッシリ, も一, も会合, も住みこん, も何やら, も使っ, も働い, も受けた, も寄合, も屠殺, も息の, も東京, も獣, も産ん, も登る, も船, も要った, も農奴, も集め, も首, をあやつっ, を以て当り得る, を使用, を容れる, を数えた, を有する, を期待, を殺し, ヲ生活セシムル勞働力ナキ原則ニ, 使って, 古いもの, 同時に渡るべからず, 少い時, 居る宿, 居る職工, 引っかけて, 持つが, 揃って, 暗い感じ, 留まること, 相集れ, 立会うとき, 組んで, 若くは, 長い列, 集めること

▼ 人であり~ (327, 0.1%)

5 もう一人

2 [12件] かつその, ながらその, 一人は, 且つ又, 又会津八一先生, 文筆家であり, 永遠の, 潔癖な, 砲術の, 私にとって, 私の, 紙や

1 [298件] あるいは妙, いつでも, いわゆる, おそらくそこ, おまけに, おゆうさん, かつは, かつまた清湘老人, がちであった, ぎり食べ, けれども父, こうした考え, ことに下層民たち, この世で, この乱闘, この戦争, この海國兵談ひとつ, この神葬祭, これ以上は, こんなところ, さらにそうなる, しかし自ら, しかもこの, しかも交情日, しかも坑, しかも恋, したがって情愛, そうした関係, そうしてあまりに, そこへ, そしてもう少し, そしてもし, そしてわが, そして彼ら, そのボーマルシエ, その上資力充実, その人, その人相見, その他は, その佐佐木, その先祖, その力, その名, その名声, その夢, その家主, その弟, その弱々しい, その思想, その綜合的, その諷刺, それに, それを, てユダヤ人中, ともかく自分たち, どうしてよい, どこまでも, どのみちそう長き, どのよう, どれほど重き, どんなに深く, なお詳しく, ながら, ながらおもしろい, ながらかつて, ながらきらい, ながらこう, ながらさすが, ながらさも, ながらしかも, ながらそのまま, ながらそれでも, ながらどうか, ながらどこ, ながらのろま, ながらも全然, ながらルーズヴェルト, ながら一方, ながら一面狂氣, ながら今度来遊, ながら他氏, ながら併せ掲げられた, ながら假, ながら全く, ながら刃傷, ながら前, ながら国学者, ながら大変きらい, ながら家庭, ながら平気, ながら弐円, ながら早くから, ながら決して, ながら無, ながら王室, ながら球突, ながら真面目, ながら自然, ながら若, ながら道徳的, なみの, ほかに, またお, またその, または法王党, また不義, また亀次郎, また学問, また彼, また時として, また母, また民法, また雅人, また非常, まるで英雄, もしくは作法, ようは, んす, アヂソンの, キチンと, セザンヌは, チヤイコフスキーは, ツーロンの, ドイツ人であり, ドストエフスキイが, パスカルが, パリの, フランス人であり, プラトンこそ, ヘブライの, ベルギー人であり, モリロ派の, レーニン研究所長を, ロシヤの, ローザンヌ学派の, 一二度も, 一方は, 一時は, 一等先き, 世に理解, 中に, 中野お, 中野重治は, 乍らかう, 乍ら土耳其軍へ, 乞食であり, 乾山は, 事実上室町時代における, 二人とも, 五歳に, 亜米利加人である, 亭主に, 人々が, 人を, 人格的に, 人生における, 人生の, 今やまた, 仏蘭西人であり, 仕事も, 何の, 何人にも, 何年頃の, 信仰の, 偉大なる, 元々食物, 元来が, 先代儀十郎まで, 先輩と, 八木千久馬も, 共住み, 兵馬の, 其背後関係も, 写真では, 冷酷専横の, 劇の, 勤勉でも, 十八大通の, 半ば日本人であり, 又さうな, 又僕, 又宇宙進化論, 又歌, 又福, 友達と, 反対概念であります, 古典文学者である, 同じく日蘭貿易關係, 同時に歴史, 同時に自分, 名利の, 善良な, 地下を, 境田さんは, 境遇も, 売人は, 多くの, 女文士, 奴加己利も, 姪を, 娘は, 婆娑羅な, 子持であり, 季節の, 学資を, 実は又, 将来の, 将来一層, 将軍三好松永などの, 尊敬されれ, 少くとも, 山の, 川柳真の, 巧みに, 建設人でなけれ, 弱い人, 彼によって, 彼の, 後世専門的彫刻家が, 従って先生, 従って思想, 従って食器, 心を, 応召までの, 思想という, 怪しい人間, 愛の, 態度の, 慰みに, 戊辰の, 或いは大地, 或いは開明, 或は労働者, 或る, 才気の, 政務を, 文化人でも, 斉の, 日々の, 日本臣民の, 旧市街, 昭宣公の, 是忠親王の, 時は, 智慧第, 更に都會人, 最初から, 本書は, 杉田成卿も, 東京人である, 正直な, 正直素樸で, 母の, 母は, 毛布二枚を, 民族であるなら, 江戸ツ子的神経の, 海人の, 清廉な, 無情を, 特に平野名人, 独逸人であり, 玄徳の, 異民族, 短歌に, 神でない, 禄三千貫頭陀山の, 私生児として, 科学と, 程よい財産, 童話の, 約言すれ, 細君や, 而し, 聖人の, 職場では, 自分に, 自分の, 自分も, 自覚せし, 良教科書, 花嫁人形が, 落語の, 藩公の, 血液型気質決定説等であった, 西方の, 親たちは, 親族では, 誰れ, 警察の, 身寄りにも, 録音された, 長いこと, 閑人の, 雲州の, 露西亜人であり, 顧問であり, 飛行機を

▼ 人ながら~ (320, 0.1%)

4 黙って 3 古裕衣 2 それぞれに, 力な, 同じよう, 如是畜生ぞ, 學校は, 手を

1 [301件] あまりさっぱりし, いい加減酔っ, いくらか面白, いたずらに何, いろいろな, うちへ, おちおち眠られませんでした, おん教を, お客の, かえって本格, きょうまで, きわめて幼少, この, この世の中, この辺, これまで, すっぽりと, そう思った, その周囲, その方, それぞれの, それぞれ私を, それに, それについて, たいへんな, たがいに, ただ, たちまち眼, だいきらいで, だらりと, ちっとも違わない, ちょっとここ, どういう径路, どうして立派, のちに, のろわれて, はいって, ひっくりかえった, びくとも, ほとんと, ほとんど劇, ほぼ同じ, まだ半, みなこの, みんな顔や, ガタガタ顫え, ガバと, クタクタに, スッポリ顔を, ゾッとし, ハゲの, バカヤローだから, バラバラな, ヒラリと, ベタベタと, 一寸起き, 一度か, 一散に, 一文なし, 七等以上を, 上方ばかりか, 不思議に, 与次郎の, 両親が, 中段の, 主水たち, 乱髪である, 二十七八歳と, 京師方の, 今は, 今日の, 仕事に, 仮面を, 仰向けに, 仲よう稼ぎなさる, 何となくそれ, 何者かに, 余の, 例の, 俺の, 個人の, 倒れそう, 儒者ふうの, 兇暴に, 全く無言, 全身汗に, 公家の, 内に, 円卓から, 刀を, 前後へ, 割腹せね, 剽軽な, 力なささう, 勤王の, 十八九でも, 却って幸福, 反対に, 叔父さんと, 口を, 叩っ殺せ, 只一刀, 叫んだ, 同じ兇状持ち, 同じ祟り, 同じ黄浦河, 同類だろう, 名前の, 名誉の, 吐く息, 周章てた, 呻くよう, 命は, 咽喉を, 哄笑した, 唐櫃の, 唯酔っ, 国学者で, 地に, 大の, 大バカヤロウ, 大声で, 大曲り, 大笑, 大苦しみ, 女を, 妾と, 始めから, 始終何, 姓が, 姥の, 学校は, 安心いたせ, 宿無である, 小柄な, 少し由, 居ないと, 屋敷に, 屠者, 岩に, 希望する, 帰って, 幸福感に, 座敷へ, 延若と共に, 引取親子互ひ, 弱ったそう, 彼の, 彼等の, 彼處に, 従来の, 微笑した, 心と, 心身疲労し, 心配で, 思った, 恋などは, 恐れられて, 意地の, 愚な, 感じて, 慇懃に, 慶正, 憂鬱な, 戦地へ, 戦死した, 戸迷った, 手に, 手も, 手拭を, 手討ち, 抜身を, 押流される, 持つて, 掛け声ひとつかけず, 掛声も, 支那在住の, 新しい畚, 旅姿で, 既に寝, 昨日から, 暫くとろ, 朗かに, 未だ子供, 本能の, 森と, 極めてよい, 正直そうな, 正直者で, 武士であった, 武士の, 歸つ, 死んで, 気丈者だ, 気拙, 永久に, 江戸の, 江戸追放という, 江戸追放といふ, 法治主義者に, 法術の, 注意し, 泳ぎを, 活きては, 派手な, 深い笠, 深く感じ, 深く関羽, 満足させ, 源兵衛ひとりを, 炉の, 無意識に, 無言である, 熟睡した, 熱心な, 燭台の, 片息だ, 物凄くいや, 珠数屋の, 理解の, 生きて, 生活においては, 男の子であろう, 発達も, 白い布, 皆んな威勢の, 目を, 相当の, 眠って, 眠らせて, 知りはらんの, 知る由, 科学の, 穴に, 立ち上がったらしい, 立ち退いた, 立派だった, 立派な, 紙帳を, 綺麗な, 編が, 美しゅうございます, 群を, 老人を, 耳を, 肉づい, 自分の, 興奮し過ぎ, 苦痛に, 落第, 落胆し, 落語の, 行き着いて, 袷一枚無一物であった, 襤褸を, 覆面を, 見えすいた虚言, 見なかつた私, 親分子分兄弟の, 訣つて居た, 貧しいと, 起き上がったこと, 足を, 足音を, 跡が, 跣足である, 踏み出して, 身を, 身体の, 身体を, 返事を, 返辞が, 途方に, 逞しい奴ら, 進まない気持, 道徳の, 達人である, 酒に, 酔ひ痴れ, 重い何物, 長髪であった, 関羽の, 隠密だった, 隣の, 雨を, 震えて, 静まって, 面白そう, 面目を, 革紐で, 頗るまじめ, 頬を, 頼宣の, 顔の, 顔を, 首から, 駕籠で, 駕籠に, 驚いた, 驚いて, 麻の

▼ 人に対して~ (310, 0.1%)

3 何も

2 [15件] 一人の, 何か, 何の, 同時に感ずる, 多少とも, 好戦的であり, 感謝する, 抱いて, 敬意を, 有する金弐万五千円, 済まないと, 私が, 私の, 自分の, 非常に

1 [277件] あなたの, あまりにも, いかなる場合, いかなる犠牲, いったこと, いつまでも, いつもわざとらしから, いつも弱々しかっ, えてか, お前は, かくまで, きっと不平, きわめて淡泊, けっして悪意, ことに注意深い, ことの, ざっくばらんに, したくないと, したくないもの, すまない事, ずっといい, そう意識的, その夜, その後も, その親, それを, それ以上の, そんなに悪, そんな事, そんな口, そんな考え, たとい国王, たとい無名氏, だったらポリニャーク, だったら誰, ちょうど二十挺, つとめて公平, では, とがめえようと, どういう訳, どういっ, どちらかを, どんなに卑怯, どんな復讐, どんな態度, どんな言葉, なすこの, なすべきであろうかと, なにかしてやらね, なら厭, なら彼, はがゆい気持, はばかる煩悶, ほとんど信仰, ほんとうの, ぼくの, まず我, またその, もって, もつ有効利用, やきもち, やって, やる以上, よく純一, よほど不利, わたしたちの, われわれでも, ゐると, アラビア人を, イオニア人の, イヤな, ニシパが, 一人で, 一定時間中に, 一歩も, 一種の, 一般に, 一見たちまち旧知, 上の, 不信を, 不平は, 不徳な, 不快な, 中庸を, 乃公の, 二人分しか, 二億円は, 二十八人の, 二本である, 二言目には, 云ったなら恐く, 五人ぐらいの, 五人だけ, 五人やられた, 五十万円だの, 人間らしい卑近, 今や法律家以外, 仏教が, 体裁云々の, 体面を, 何, 何かと故障, 何だか気の毒, 何となく一種, 何時も気休め, 余は, 供養を, 僅かに, 充分の, 全くの, 公に, 六人の, 六十七ないし, 力を, 動物に対すると, 卑屈に, 卑怯なる, 単にその, 即効的ききめの, 反りくり返って, 反感を, 可否の, 各大学研究所, 同情を, 同等である, 唯物論者の, 問答を, 善悪みなこれを, 噺しも, 因循であっ, 固陋な, 圧抑の, 城内の, 基督教徒らしい, 多大の, 夢の, 大した同情, 大へん好意的, 奥様の, 女七人八分強と, 女二人八分強と, 女店員, 好悪の, 如何なる季題, 如何に深い, 始め斯うだった, 姑く, 威厳を, 媚態を, 実地に, 家庭に, 家族を, 寛大に, 寛容でない, 少しも, 常に強い, 平気で, 平静順応的に, 序を, 強い魅力, 役に立つ一言半句, 得意であった, 御迷惑, 復讐した, 徳川方の, 快くは, 怒っては, 思いやりの, 思うべからぬこと, 急に, 怨みごとを, 恐ろしい復讎, 恥かしい, 愛という, 愛情や, 愛情を, 愛憎の, 感じたわけ, 感じた不思議, 感じるよう, 慈悲善根を, 慈愛の, 憤りを, 我ら天孫民族の, 或る, 或特定, 戦った, 手数料の, 払わなければ, 抱くよう, 持つ事, 支那についての, 敵対的である, 日本の, 日本人に, 日本美術に関する, 暖かい心, 最も深き, 有する誤ちは, 極めて自由, 様々残酷な, 横暴な, 機会均等主義を, 正坐する, 正当かつは, 死亡二十二人百分率は, 殆ど何の, 残って, 毅然とこう答えた, 比較する, 毛ぎらいが甚だしかろ, 決った処分, 深い反逆, 済まない事だらけ, 溺死者千三十六人裸に, 点を, 為し得る仕事, 無礼な, 物を, 物羞を, 特に褒美, 特別に, 独身者九人だった, 狼である, 王位の, 現実に, 瓦斯料金の, 用心すれ, 申し訳ない, 疑懼や, 目出たい, 相当酷い, 相済まぬ, 真である, 真率漫に, 示すこと, 示す礼譲, 私は, 穢多の, 策の, 簡単に, 締めつ弛めつ年, 羞恥を, 耐えられない憤りの, 耶蘇教を, 自ら誇る, 芸術家としての, 若さ, 行う人間, 行っては, 行わないという, 褌裸一番する, 西村氏は, 親しみが, 親切である, 言うべからざる, 言うべからざるもの, 言うべき詞, 言ふべき, 話すという, 誇りたいよう, 誤解を, 論は, 謙遜する, 議会解散の, 貧乏宗宣伝を, 貸す金高, 辛辣な罵, 辣腕を, 迷惑を, 遠慮するらしい, 金を, 雄弁に, 非常な, 非難の, 頗る臆病, 鰥夫は

▼ 人いる~ (306, 0.1%)

6 きりで, のです 5 のは, んだ 4 ということ, のか, のを, ような

3 [11件] かいない, から, きりだった, ことは, そうです, だけだった, ね, のかと, のであった, よ, 事を

2 [34件] かね, きりな, ことが, ことに, ことにも, ことも, ことを, じゃない, だけ, だけで, だけである, だけな, とき, ときの, ところへ, と云う, と言う, の, のかしら, のかね, のが, のだ, はずだ, ように, わ, んでございます, んです, 女たちの, 女の, 少年たちが, 板場の, 筈だ, 親の, 遊びに

1 [167件] うえに, うちで, うちの, おかげで, かしら全くたいへん, かしれねえ, かと常々, かと聞いた, かな, かね手, かもしれません, かも知れない, からである, からなア, からね, から一度, から三百円控除, から心配, から曳きずり出し, から気, から随分, かわからねえ, か一緒, か分らない, か国際婦人デー, か挨拶, か数, か知らん, か知れん, か解らない, が, がいま年少, がその, がみんな, がみんな店, がみんな自分, が一人当番, が二人, が勤める, が始終, が宅守, が彼女, が持っ, が民樹, きり, きりだ, きりであった, きりでございます, きりです, きりの, ぎりであった, ぐらいな, ぐらいのもの, けれどまだ, ことだろう, ことでしょう, ことと, さ, しその, し作法どおり, し洋酒, そうだ, それに, ぞッ, だけであった, だけです, っきりだ, っきりです, という, というここ, というの, というよう, という一家, という事, という意味, という憂愁, といった, といないで, とか答え, とか聞きました, ときく, ときは, とき或, ところの, ところを, としか思われない, とすれ, とその, とのボーイ, とは考えられぬ, と何だか, と申すで, と聞きまし, と自分, と見る, なんてね, に違い, のじ, のである, のでしょう, ので反対側, ので安心, ので自ら九人組, ので近所, のと, のに, のみであった, のも, ばかりこの, ほか男は, みたいな, みんなあきつ, むろん大事, もおらぬ, やら知れやしまい, ようであった, ようです, よごく, より今頃, わい, わけじゃ, わけで, んじゃ, んだい, んだってよ, んだろう, ヴォローヂャの, 下僚たちからも, 人の, 人も, 何も, 処は, 場合たいてい, 夜の, 夫人の, 女中の, 女給たちも, 子供に, 定りだ, 室でも, 局員に, 巡査を, 広瀬という, 弟妹と, 弟子たちの, 弟子たちも, 御様子, 悩みの, 所に, 指定された, 時など, 時よりも, 朋輩の, 火夫は, 独特の, 男女の, 異国人とは, 相客の, 筈です, 給仕女の, 職人たちの, 芸妓たちが, 芸妓たちの, 訳だ, 訳で, 話が, 運動員や

▼ 人によって~ (299, 0.1%)

4 違う

2 [20件] あけびは, いろいろと, いろいろの, なされたこと, 一様でない, 事を, 作られたもの, 前払され, 守護する, 承認さるべき, 書かれたもの, 行われた, 見方も, 言を, 誤解され, 逆に, 違うかも, 違うが, 違うん, 高下の

1 [255件] あるいは門前払い, いろ, いろいろちがいうる, いろいろに, いろいろ好き嫌い, いろいろ違う, いろんな名前, いわれて, お国自慢, かかる建物, かかれた, かなり言う, かなり違っ, この三種, この二三年混乱, この供養, この方面, この目的, この種, これに, これに関する, これは, これを, こんなにまで, こんなにもちがう, されるという, すっかり確認, ずいぶんちがいます, ずいぶんちがっ, そとから, そのあまり, そのわかり, その思う, その新聞, その楽, その痛み, その説く, それぞれの, それぞれ異, だいぶちがう, だがわたし, ちがうの, です, となえられて, とらえられました, どのよう, どんよりとして, はじめて広い, ふだんばかだ, まさしく青年善財, まちまちで, まるでちがった, みな様子が, みんな違っ, もう少し真面目, ゆわえつけられた樹皮, アメリカに, アメリカへ, コの, ゴウロと, サンカモノと, ジイドの, タワリシチの, バターの, バルザックに, 一々違う, 一寸のも, 三心の, 上手さに, 下されたもの, 主張された, 主張される, 了得され, 云われて, 伝承される, 作られた会社, 作り上げられた, 作品評を, 保たれて, 信じられ後, 信者と, 個別科学理論, 備えられねば, 充分正当, 先発せられた, 全然ちがう, 公的に, 其の本国, 処理され, 分析その他の, 初めて味得, 別々な, 制作された, 創唱された, 勝手に, 占められて, 占領され, 占領された, 又その, 反覆愛読され, 取り返さるべしと, 受けた事実, 同一の, 和歌に, 唱道された, 基礎を, 外国において, 多少の, 大切に, 大変違う, 天の, 夫, 女万歳とも, 好みは, 如何に, 如何に正直, 威光という, 子宮炎を, 守られて, 定めて, 定められるの, 実行され, 害せられず水火, 屍体と, 差異の, 常識的な, 延尺の, 建てられたの, 建立せられた, 得られたる, 必ずしも一様, 志によって, 悪くなされ得る, 愉しまれ, 意味の, 意見が, 愛されること, 感性の, 態度が, 成されたという, 或場合, 戦術を, 手加減が, 拒まれて, 捕縛せられた, 採用され, 描かれて, 描き出された, 描き出す夢, 提出された, 撃退された, 支払われる家賃, 敷衍され, 日本へ, 暗黙の, 書かれその, 書かれた, 書かれるおびただしい, 書けたり, 本当に同情, 柳生の, 極めて当然に, 極めて明証的, 様々であろう, 歯の, 殺されるか, 毎日の, 気遣われた天候, 水際立って, 求められること, 決する, 消費せられる, 満たされるであろう, 漸次為された, 無いと, 然るべく教え導き, 珍しがられる, 現れる度, 用いられたなら落語, 異なるが, 異なるもの, 異なる個性, 異る, 発明され織られ, 発見された, 発見せられました, 白日下に, 皆異なり, 相互に, 真の, 破られては, 礼拝せられる, 神が, 禁じられて, 租税が, 種々雑多, 答が, 築かれた南京路, 細かく観察, 紹介された, 組織され, 組織せられ, 絞殺された, 耕作せしめた, 職を, 舁ぎ出され, 色々の, 色々相違, 葛藤に, 行われて, 行われるが, 表に, 表現が, 表現したがっ, 裏門から, 西欧に, 見えたり, 解説の, 解釈し, 言われたリアリズム, 言動に, 言葉を, 計算され, 記録された, 許して, 訳されたファジェーエフ, 試みられた所, 試みられた空想的, 話題の, 説の, 読まれ称讃, 読者の, 負って, 費され地主, 贈られたの, 踏襲された, 返事を, 通訳された, 速記され, 遂行され, 遅速が, 道灌山から, 違います, 違い修養, 違うこと, 違うだろうが, 違うの, 違うもん, 選ばれタフト・ハートレー法, 長い間支持, 開けられて, 隠語を, 非難された, 馬鹿の, 黄金の

▼ 人たる~ (288, 0.1%)

22 ことを 6 を問わず 5 ことは, 私の 4 の道, ものの, ものは 3 を知る

2 [21件] が如し, ことも, のみならず, の本分, は彼, は疑ふ, を失はない, を得, を期す, を知らず, を要す, を詳, 也, 事を, 任務は, 外に, 星亨氏なる, 自分の, 資格を, 道は, 道を

1 [193件] あなたを, かは既に, かは考へられぬ, かを知らぬ, が故に, ことに, ことの, とを問わない, と集産的, にすぎない, には違い, に恥ずる, に拘らず, に至っ, に至つて, に負かず, に近, に適, の効, の務, の務め, の名誉, の夢想, の性, の職分, の苦痛, の行, の資格, はなお, はもちろん, は実に, は常, は我, は疑, もの, ものいかに, ものひとたび, ものを, もの宜しく, も許されるであろう, も鳥たる, やただ, や一見, や三等船客, や自分, ゆえんである, ゆえんは, ように, われ, われわれに, われわれにと, われわれの, をよく, を信ぜん, を備え, を免れ, を免れず, を免れぬ, を問わない, を失, を明かさぬ, を望むべき, を甘んぜん, を看るべき, を知らない, を知り, を知るべし, を要する, を間, アテネ人らは, エフィゲニウス家の, カール, コロンブス一家への, ジォフロア・サン・ティレールが, ジャーヴェスは, ドノバンは, ペレニウス一族の, ユダ剣と, レオナルド, 万民が, 上に, 事は, 事實を, 人々に, 以上は, 伊達兵部少, 位置から, 作者は, 依頼を, 信托会社と, 僕等の, 入江杉蔵に, 公条の, 勝久の, 博士が, 収入を, 名古屋因幡守は, 君たちが, 君と, 君らに, 呉の, 周泰が, 器を, 大使にも, 大塚さんの, 大橋宗金から, 大王に, 妻からでも, 威厳を, 嬰児の, 小寺政職やら, 彼が, 彼さへ, 彼に, 彼を, 彼自身に対する, 御辺, 徳松であろう, 性格を, 成島柳北先生より, 所以それ安く, 所以であり, 所以は, 抱負を, 教養も, 新太郎が, 春来たれ, 本心孟子の, 本領を, 村重を, 松村個人とが, 某公爵夫人, 柳生対馬守が, 権兵衛で, 権利な, 權利は, 正方は, 汝の, 浩さんに, 海軍大尉朝田某は, 深い洞察力, 父母の, 生活に, 生活表現を, 田村や, 甲斐は, 畑が, 白鳥博士は, 皆様への, 知識, 確証が, 磯屋平兵衛が, 磯部四郎花井卓藏今村力三郎の, 神田の, 福士君の, 私が, 私に, 私には, 秋山廣吉氏の, 紀霊が, 結果に, 緑雨の, 義仲は, 老公の, 者か, 自分が, 自分も, 自分達は, 自然人に, 自覚を, 花村甚五衛門その, 茂吉の, 華, 蟹の, 観念の, 観念を, 証左とは, 証拠に, 諸氏が, 謝源は, 豊島さんで, 貴下の, 身に, 身分柄中途半端の, 農其人の, 道と, 道に, 道も, 鈴木某, 雑戸の, 館柳湾の, 鹿島さんには, 點に

▼ 人だって~ (288, 0.1%)

3 ありは, あるだろうか, あるの, いやしない, ことは, 私を, 自分の

2 [12件] ありません, ありゃあしない, ありゃしねえ, あるでしょうか, あるん, いうから, いないの, きかないから, こと知ってん, なにも, 云って, 私の

1 [243件] あけっぱなし, あなたは, あります, ありますもの, ありますよ, ありませんよ, ありゃしなくってよ, ありゃしません, ありゃア, ある, あるからね, あるでしょうけど, あるでしょ世間, あるでなし, あるのに, あるよ, あるわ, ある時代, ある筈, あれだけ, あれよりゃ, あんまりだ, いいよ, いい本, いうこと, いうのよ, いうわけ, いつまでも, いないのに, いないよ, いなかった, いねえ, いねえはず, いねえん, いやしません, いやしませんよ, いるかい, いるのよ, いるもの, いるん, えこと, おりますのよ, おんなじ人, お前, お前さん墓参りに, お前を, お客なら, お梅さん, かまわないよ, きくこと, ここに, ここへ, こさえては, ことも, この世に, この船, この針, これ等に, こわいと, こんなこと, こんなになってる, ございません, じっさい笑ってる, そういう事, そうし, そうだ, そうだろう, そうと, そうやすやす盗みだせる, そう云っ, そこまでは, そのお話, そのくらいの, そのよう, その人, それ相当に, そんなこと, そんな不具者, たいていは, ただでは, ただむやみ, たまりませんよ, だから一人, ちっとも柔順, ちょっとや, どうする, どうだろう, どこの, どれだけ, どれほどあの, どんな具合, ないでしょう, ないん, なかった, なかったろう, のらくらし, はやったこと, ひどく喜ん, ほめたの, ほんとうに, ほんとうの, まじめな, またそう, またそんな, まだ数, まだ肥えた, まだ若い, まだ見, みんな云っ, みんな気に, みんな知ってる, ろくろく眼, グラグラッハハア五十八分かなんて, 一生に, 一緒に, 世間には, 丹下の, 事だけは, 二人だって, 二度ともう見られない, 云うもの, 云うン, 云ってる人, 人間ずら, 人間だ, 今の, 仰しゃったでしょう, 何十万人と, 俺の, 偉いん, 僕を, 党員より, 出て, 出来らア, 初めほど, 助けること, 友達に, 口を, 可哀そうです, 吃驚すら, 同じこと, 同じだ, 同じよう, 名主まで, 君を, 困るだろう, 国家の, 坊っちゃんよ, 外から, 夜明の, 大勢で, 奉公を, 好きでも, 妹は, 始めは, 安心し, 家に, 寄せ付けるもん, 尊い人, 尋ねて, 小僧上りに, 少しや, 少なくとも今夜, 居ないん, 居やしない, 居やしませんや, 帰って, 広い意味, 当惑する, 彼処を, 彼女の, 従いて, 心と, 心の, 心持ちだけは, 必してない, 忘れたの, 思いきって, 思うの, 思われるよう, 恐しがる, 悪いこと, 悪党ぶっ, 愛さないもの, 愛さないわけ, 戦死者が, 捕まって, 普通の, 有りは, 有りゃあ, 欠けては, 正しい事, 死ぬだ, 残りは, 殺すこと, 殺せるぞ, 毎年きまっ, 気が, 油断は, 海を, 無い, 無かった, 無理に, 父も, 現代ものが, 生きてや, 生きる権利, 男は, 男一匹だ, 目の下で, 知っちゃ, 知りません, 知りませんわ, 知り合いは, 知るわけ, 神経衰弱の, 私に, 立とうなんて, 答えたん, 紳士方の, 組合長に, 腕なんかが, 腹を, 自分に, 行きゃしない, 行ったじゃ, 見当らないよう, 親は, 言いなすったじゃ, 言い好い, 評判だ, 謝って, 貴方ほど, 身体に, 追っ払えは, 酔狂で, 阿蘇ぐらい, 随分お洒落, 随分変, 雨傘を, 頼甲斐が, 食いものに, 鴨の

▼ 人でない~ (280, 0.1%)

18 ことは, ことを 7 ことが, 限りは 6 ということ, ような 5 のを, 事は 4 ように 3 かぎりは, といけない, と云う, にしろ, 事が

2 [18件] かのよう, かもしれぬ, ことだけは, ことも, という事, といふ事, といふ事丈, とこの, とできない, とはどうしても, と云, と思います, と言う, のだ, のは, ようだ, 事を, 銀杏返しの

1 [153件] おだやかさで, お銀様, か, かあんた, かい五人, かぎりどうも, かぎり多分, かと想像, かもわからない, かも知れぬ, からいよいよ, からおそろしい, からそんな, からでしょう, からやはり, から何とも, から幾分, から最後, から構うまい, から若し, から隨分異存, か感じ, ことだけが, ことなくなられ, ことに, ことの, ことをも, しアチヤ, し惡, そうな, ために, だけに多少, だけに感謝, と, というよう, という予感, という印象, といえない, といふだけで, とおそらくは, とこういう, とこれから, ところの, とし, としてもあやしい, としてもこんな, とじつは, とする, とただ, とたばこ, とちょっと, とどうして, とどうも, とはいひ, とは思はれない, とは思われない, とは断言, とまた, とむずかしい, とよく, とダメ, とテイブル, と一寸, と一生懸命, と下, と借られない, と分らない, と告げる, と喧嘩, と固く, と実は, と容易, と思う, と思っ, と思った, と思われます, と手足, と敢えて, と断言, と書い, と書けない, と申す, と眼, と知っ, と考へ, と若い, と言うべき, と言ふか, と貸出さない, と道破, と駄目, なア, にきまっ, にもかかわらず, に気がつい, に相違, のでほんとう, ので何となく, ので起, のにいろいろ, のに自然, ばかりか髪, までもお, までも生き, ものが, もので, ものは, ものを, やうな, やうに, やうにも, ようにと, よ僕, んだ, 事も, 二人, 人たち, 人で, 人には, 人まで, 以上たしかに, 俤を, 力の, 同藩士, 国民の, 場合も, 女にも, 妹の, 少しは, 尠くも二人以上の, 市木さんの, 悲しさ, 支那人にとっては, 斎宮の, 新婦を, 日本人である, 此名は, 気が, 点が, 瘠形の, 者に, 薪雑棒棒千切れで, 証拠として, 証拠は, 限りあまり, 限りおおかた, 限りおそらく, 限りそれは, 限りた, 限りたとえば, 限り互の, 限り出来ない, 雪は

▼ 人にとっては~ (272, 0.1%)

8 それは 5 それが 2 これは, その意味, なんの, 一種の, 実の, 彼の, 彼は, 気の, 自分の

1 [241件] あまりにも, あんな可愛, あんな形, いくらでも, いちばん大切な, いっそう貴重, いながらにして各種, おそらくそれ以上, かかる狂信, かなりの, かなり為, かなり迷惑, かなり重要, きわめて必然, こういう無手勝流, こうした知的動き, ここに, このこと, この上, この公式, この司教, この土地, この大風雨, この胆吹山, この表現, この誤謬, こよなき美しさ, これこそ, これで, これほど, これらの, これ以上の, これ又, すいたのに, すこしばかり, すべての, ずるずる金, せめて五畜, そうである, その一円, その企図, その前, その区別, その境地, その希臘人, その性, その恋, その正確, その親切, それこそ, それだけで, そんなこと, そんな事情, そんな風, たしかに見逃せない, たしかに非常, ただ一色, ただ毒薬, ただ風と, たった一片, ちんぷんかんぷんであった, どんなに空虚, なおさらであっ, なくては, ひとぎきだけ華やか, ほとんどなされ, ほんの小, もっとも必要, もはやない, もはや金策, アインシュタインの, ニッポンと, ニュアンスの, フランス的と, ブラジルという, 一つの, 一層立秋, 一時間一時間が, 一枚の, 一生を, 上記の, 世界の, 世間の, 主人筋にでも, 之が, 互に逆, 些細な, 人生そのものが, 人生に, 人間は, 人間及び, 他の, 他国人にたいする, 伸子の, 何かの, 何である, 何でも, 例えばギリシア人, 個々の, 僕の, 充分可能, 先ず全国, 冬期間その, 分配の, 切実だった, 初の, 初戀, 別です, 別の, 印度は, 印度人の, 危機は, 却って極楽, 友と, 取り返しの, 名誉でありません, 哲学は, 啓示かも, 地球は, 堪えがたいよう, 墳墓の, 夢という, 大きな事件, 大きな悲しみ, 大なる, 大切な, 大坂築城の, 大変な, 天国の, 失われた時間, 如何なる陳述, 如何なる額, 妾が, 存在しなかった, 孤独は, 安全の, 宝壺などは, 宝石よりも, 実に天来, 実に愉快, 実際彼, 家庭の, 将棋の, 少ないスコア, 少なくも消閑, 尚の, 岩の, 巷の, 常に反省, 常に興味, 平凡な, 形など, 待たせられるの, 従来の, 徳は, 徹底的の, 必要は, 思い出の, 思い出は, 恐るべき文字, 恩人だ, 意表外の, 摂生法だった, 支那大陸で, 文化の, 文学以前の, 新聞紙の, 新鮮な, 日常語は, 日本ほど, 日本人と, 昔を, 時おり愛, 時間は, 暗号遊びの, 最も近づき, 最善の, 最高に, 東洋の, 格別興味も, 案外な, 楽しい夢, 楽しみだった, 此上なく面白い嬉しい, 死は, 毎時でも, 毒に, 決して容易, 法が, 活動は, 浅草と, 淋しい, 深い意味, 混乱では, 渡りに, 滑稽が, 濃霧の, 無条件に, 無論です, 犬も, 現実には, 生きること, 生れた日, 生活の, 登山路の, 相手に, 眠るどころ, 瞑想の, 碁の, 私が, 私の, 積極的な, 空虚な, 純粋は, 紙の, 結ぶの神, 結婚生活の, 絶大なる, 絶対であるべきで, 縁も, 自明すぎる, 自然に, 興味と, 船の, 衣料の, 論理の, 豊饒な, 越前守が, 酒の, 醜怪事, 重大な, 重大の, 重大貴重な, 野蛮人と, 長い年月, 陽が, 随分の, 随分勝手, 難かしい, 雪という, 食物以上の

▼ 人だけが~ (271, 0.1%)

7 知って 6 残った 5 残って 4 それを 3 ほんとうに, 残されて, 私の

2 [12件] いつまでも, そうで, それについて, ついたての, 何の, 帰って, 悪いの, 日本人であり, 生きて, 眼明で, 若くて, 見事に

1 [216件] ああし, あいつは, あとに, あなたの, いったん門外, いて, いま申し上げた, うった大, お姫さまの, お客に, かかげる名誉, かけたもの, かたわ者, こうして引っ張られ, こうして離れ, このよう, この執念, この時ヒョイ, この町, この言葉, この頃, さうなん, さっさと丘, さびしくとり残された, しょんぼり立働い, する唯一, そういう心持, そうした生活, そうな, その名, その局, その真実, その船, そんなかしら, ためらいながら, だんだんにこれ, ついて行った, つぎつぎに, できるん, どうやら甲板, なほ立派な, ひとり悪党の, ひどく變つて, また庭, まだ息, みんなから, もらすよう, やってきて, やっと眉, わかる眼, わざとの, われに, アップレシエートし, アリバイが, シワブキも, タイムを, タケニグサの, ポオル叔父さんの, ポツンと, 一人で, 一時その, 一番最後に, 一等船客だった, 一等船客だつた, 人の, 人類の, 今では, 今日の, 付添ったまま, 仮名で, 仲よくなり, 仲よしに, 低徊し, 住む, 佐久間町の, 何か, 何もかもチャンと, 依然としてクリストフ, 僅かに, 入ること, 公正な, 内的な, 出て, 分って, 別者であった, 助かって, 取り残された恰好, 取り残されて, 口を, 名古屋へ, 喰うので, 四年の, 大きくな, 大学出でなかった, 契約を, 姿を, 存在する, 客じゃ, 寂しい恰好, 将軍について, 對座し, 小池の, 尼姿で, 常の, 座に, 廊下伝いに, 引越万端の, 当の責任者, 役に立ち平生忠義顔, 御傍ら, 心を, 心配性で, 必要に, 思いついて, 思い思いに, 思想家の, 恰も王様, 悪いとも, 悲しい思い, 意味も, 愛し合って, 感じたこと, 感染を, 手柄が, 握って, 摂取する, 新婚まで, 日本を, 普通の, 普遍的妥當性を, 暴化時だけ, 有力な, 未開の, 本当に死, 檣楼の, 武器を, 死んで, 死んでしまつたの, 残されると, 残ったと, 残りました, 殘つた, 殺されずに, 毎朝揃っ, 気が, 気の, 水を, 沈んだ村, 波打際に, 泣く, 浅草の, 源氏の, 源氏を, 火刑の, 無髯, 特別の, 生き残った, 生き残りたいと, 生命を, 生存し, 男同志で, 異なる信仰対象, 病床に, 皆から, 相対し, 看板として, 真暗な, 知ってること, 知ってる昔, 知つ, 知つてゐる, 神に, 禁酒できる, 私たちの, 私にとっての, 私にとっては, 稀, 空氣の, 立って, 立上る, 素性が, 網走川の, 義雄の, 自分を, 船に, 若い娘たち, 若い時分, 苦しみ出しあっという間に, 苦しんで, 苦しんでるの, 苦労し, 蒼白に, 薄々知っ, 行く事, 裸足で, 見外, 角材の, 記入し, 許されたの, 許多の, 誠実な, 識別された, 買ふと, 身分違いの, 迷惑する, 這入ること, 通らないこと, 選挙権を, 部屋に, 鑑別される, 集って, 集まって, 電灯を, 静かな, 静かに, 馬籠の

▼ 人二人~ (268, 0.1%)

5 では 4 あった 3 と次第に, は面倒, を載せた

2 [14件] ありと, と他, と山, と帰っ, なり, に三味, の人間, の仲間, の供, の外, の犠牲, よりは三人, を残し, を除い

1 [222件] あるいは三人, あるきり, いた, いたが, いたの, いました, いるらしいが, お友達, がこちら, がそれ, がわざと, がゐ, が一人, が何ん, が入っ, が夢中, が大変下僕, が松明, が歸, が町, が脱兎, ききたいと, ぐらいずつ村一つ, じゃ出来なかろう, ずつこのごろ, ずつでない, ずつべつべつ, ずつやって来, ずつ交代, ずつ人立, ずつ出, ずつ前後, ずつ彼等, ずつ手, ずつ昼, ずつ無くなっ, ずつ行方不明, ずつ面, だけを褒める, でかつぐ, でこの, でどう, でなかったろうと, でねえと, でも叩, で一つ, で懸かれる相手, で水, で百人, というふう, とその, とだんだん, とつぎつぎ, とも小児, とメンバー, と一しょ, と不承不承, と人間, と去っ, と同じ, と増し, と大工, と娼家, と子供, と彼女, と悠然たる, と数え, と有, と村人たち, と殖え, と渡頭, と眠り込ん, と眺められた, と絶えず, と見ならっ, と逃げはじめた, と遠のく, と集つて來, と集め, と集り覗く, ならずある, ならず訪い来れる様子, にとどまらない, には心, に君, に対して私, に止まらなかった, に蔭, に見えた, に途, に逢う, のいのち, のお, のきまつた相手, のそういう, のもたぬ, の人, の人材, の人柱, の仏蘭西人, の仲, の力も, の友人, の友達, の口, の叩く, の命, の女, の女房, の姫達, の婦人, の婦人代議士, の客人, の家事手伝い, の後, の従軍記者, の感情, の手, の技, の支那人, の文芸評論家, の方, の書生さん, の校長, の死, の男, の番人, の病, の知人, の秀抜, の科学者, の稿, の経験談, の聖人君子, の職業歌人, の色, の農夫, の通行人, の間, の顔, の願, の願い, の首, は, はありました, はある, はあるらしかった, はいる, はその, はちょっと, はゐる, はゐるらしい, は召, は墓場, は夫婦, は斬ったらしい, は斬られ, は来, は機先, は清麿, は熟睡, は知, ばかりと馬三疋, ぽつねんと胴の間, また髪の毛, までに思はれる, まで同じ, まで殺した, もって, も押しこめ, も預かっ, よりも三人, より三人, よろしくやる, ゐた, をあなた様, をでも捕え, を中, を仆, を借り受け, を呼出し次右衞門, を対手, を師, を描いた, を教育, を数えこみ, を殺した, を犬ころ投, を生, を相手, を私, を遮った, を選ぶ, 互に話し居る, 代ってから, 入れて, 出かける, 出来て, 切って, 動いて, 取って, 在りと, 居るだらう, 引張つて行つて珈琲, 思うさま甲高, 持つて, 持つの, 殺したからにゃ, 殺したっけ, 殺して, 殺すの, 殺っつけたら鉱山主達, 減らすとして, 煮ても, 特にいつも目, 特に抜擢, 知ってるけれど, 素早く見覚え, 置いて, 見えた, 言うて, 連れて

▼ 人~ (263, 0.1%)

5 に柔和 3 がその, の中, の心, の間

2 [11件] が皇太子, である, と一緒, と別れ, によって唱道, のうち, のため, の書いた, はこの, はその, 立つかに

1 [224件] うちつれて, からは反, が, があんなに, がいつか, がいなかったら, がいる, がいわゆる, がこの, がこれ, がすわれ, がせかせか, がそんな大きな, がどうして, がなす, がもっ, がもてあそんだ, がアイルランド, がアルゴス, がオルレアン, がコリニー, がスパルタ, がフランス, がブラームス, がヨーロッパ, が中, が主唱者, が今日英国, が何故, が信じ, が厳重, が友情, が口, が地獄, が外面, が多少, が天下とり, が姦淫, が家常茶飯事, が寝, が常に, が引幕, が後に, が我が国, が抗議, が故意, が数千年前, が汚, が狼狽, が皆, が神, が笑い, が縲絏, が考えてる, が草創期大衆小説, が荘園, が選, が醜, が頬かぶり, この谿, すけバカ, すらもこの, その戰利, だけに行われ, であった, である当, ではない, で京, といっしょ, とが互いに, とは, と同じ, と戦っ, と相談, と組ん, と談判, と議し, と離れなけれ, なかろう, にあっ, について聞い, にとってはあなた, にとっては存在, にとって不為め, にとって非常, にひどく, にもう少し, にもかたりきかせ, によけい, によって次々, にローマ撤退, に一々, に対しては無期徒刑, に対して例, に日本, に死んだ, に比すれ, に気, に荷物, に見付けられたら, に頼ん, のし, のほう, のよう, のフランス感情, の事務室, の云う, の代々, の利己心, の前, の捨てられたいう, の接触, の案内, の海上, の滑稽, の演戯, の玩具, の社交, の神経, の紹介状, の腰, の芸術観, の言葉, の進入, の長靴, の集まっ, の馬, の驚くべき, は, はあたかも, はあちら, はあの, はいそいそ, はかえって, はここ, はそれ, はただ, はつねづね, はひとたび, はわれら, はゐなかつた, はクルジオム, はゲルマン風, はテント, はプーサン, はボタン, はルートヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン氏, は一時, は一緒, は三年前ガゴ, は不安, は争っ, は二里, は今日, は充分, は先, は先頭, は全く, は全国, は再び, は力, は君, は夏, は外, は多く, は大抵, は好ん, は帰る, は庭, は引っ越した, は彼, は後に, は恋, は想像上, は教正, は民族性, は気違い, は洞窟, は源叔父, は痛く, は皆, は知性, は科学, は立っ, は立派, は自分ら, は行列, は身, は辱しめ, は金銭, は鉄門, ばかりなん, もお, もこの, もその, もなんだか, もまた, も兄, も多数, も父祖, よりははるか, よりもいっそう, をその, をら, をシャラース, をフランス, を元, を処刑, を国境外, を掌中, を放逐, を救う, を相手, を立たせない, を見, を見捨てる, を驚かした, 何卒獏, 初めて北斎, 始めて来りし, 居並び背後, 帰るを, 暫し茲, 続いて

▼ 人~ (257, 0.1%)

10 のもの 4 である 3 の人, は入れます

2 [15件] あった, ありますよ, いいじ, ごあんすか, しかはひれない, で, なもの, の事, の人数, の聴衆, は出, は死ん, を殺した, 入れようかと, 集って

1 [207件] あつた, あつたの, あつて, ありその, あります, ある, あるけれども, あるだらう, あるの, いた, いたろう, いで大抵, いはさよう, いるん, か, かとあけすけ, から三十人位, が, が一座, が一時, が丁度, が歩い, きっと一遍, しかいない, しかいなかった, しか居ません, しか居らない, しか工場, しか来, ずつで, ずつの人足, ずつの増加率, ずつ具足, ずつ居られました, ずつ次, ずつ犠牲, だけどね, だそう, だった, だったよう, だつたが, だつたら何うに, だろうと, だろうという, であったかと, であったと, であと, であると, であれ, であろうとの, でいい, です, でせう, でそれ, でどうにか, でぶつかっ, で十あまり, で夕飯, で当時大和川附近, で暮らし, で男女, で米, で食べる, ということ, として之, となっ, とは知合, と登録, どうかなります, どうだって, どうで, なの, ならどう, なら教, な從者門人, にきめ, になった, になつ, には負けないだらう, に不自由, に減る, に計画性, に過ぎざる, のいい, のお客, のお客さん, のこと, のため, のものぢ, の人垣, の人手, の会員, の会食, の僧侶, の列, の割, の割合, の助手, の労働者, の和服, の団体, の壮士, の声, の宦官, の席, の平均, の弟子, の御, の文学志望者, の日本画家, の時, の母たち, の由, の男, の積り, の範囲, の者, の超, の連中, の遣ひ, の重量, の面倒, の食べる, はああ, はあっし, はあつ, はある, はあるだろう, はあるでしょう, はいい, はいる, はいるらしく, はかかります, はそこ, はそろそろ, はどう, はもの, は一緒, は入れる, は出た, は外, は多く, は寝られ, は居た, は屑, は岡惚れ, は我慢, は拵, は拵える, は持っ, は楽, は歌つた, は殺し, は殺し兼ねねえ, は殺せ, は母さん, は泊, は泊まれるらしい, は男爵, は目明き, は聴き, は色々, は苦, は逆徒, は鉦, は養えます, まだ来る, までの下足, まではその, までは斬れる, までは生活, まで居る, もさしあっ, もっても, もゐた, も坐っ, やって来た, より及第, らしかった, ゐたか, ゐの, ゐるかな, を泊める, を犠牲, 並んで, 乗れよう, 乗れる位, 住んで, 入つた様, 入つた樣, 列んで, 多くても, 居るよう, 御出来, 御婦人, 必ず茂吉, 持って, 掛らなければ, 掛らねえじゃ, 涼しい目, 置いて, 置き子供, 行くのだい, 詰めかけて, 貸して, 連れて, 附けて

▼ 人にて~ (250, 0.1%)

4 なす方 3 候, 候ひしか, 少しは, 新古今

2 [12件] ありき, ありしならむ, なすよりは, ませば, 二人前の, 大隈伯とは, 彫候, 文学技芸に, 是を, 相勤, 道を, 髪は

1 [210件] あらんとも, ありけれ, ありしわが, ありたしなど, あると, ある年越後, おは, おはす, おれの, おわせしぞ, お困り成る, お帰り, お止まりくださる, かうやう, かつ彼, この一週間一片, この人, この日本国, これも, これらの, これ有りたる, さしつ抑えつ飲みながらの, さしもに, さらに第, すつきり, すむ事也, ぜひにも, その家, なしたるも, なにとてここ, ふさがりなむ, まゐる, むつまじくおく, もだえん, やつと, よくその, アキルリュウスは, アフイシユを, アヴェルロイス系の, アーサーの, キリストを, ギベルリニ黨に, ギーン・ディ・タッコの, グエルフィ黨に, シチーリア派の, ダンテの, テレンチオ及び, トルクァートは, パリ附近なる, ピストイアの, フィレンツェ市に, ボッカッチョが, ラチオに, ラーノと, ロシア人と, ヴァルロムブロサ, 一三〇五年法王と, 一三一六年法王と, 一時は, 一月五百両なり, 七八本を, 三人の, 三方より, 且つ考, 主人彌太郎事は, 主客二様の, 之を, 五六十天地, 五圓今日は, 京極の, 人を, 人麻呂在国の, 何とも致し, 何へ, 候いしかば, 元日の, 充分その, 充分なる, 入給, 其の中, 其吝き, 其家は, 其者を, 兼ね有する場合, 凄き網代守, 出立せし, 前薬師, 剛力を, 勝ったりと, 匈奴の, 十四五の, 十圓如何に, 千ヶ寺參り, 占めたり, 取分に, 取扱い者を, 取残されしかと, 取残されしは, 同じ町, 名は, 名を, 名醫, 吾助が, 唱へ, 団十郎菊五郎も, 夙に大江戸, 多くの, 夜行せし, 妻子も, 宜樣, 宣教師たる, 寝ようと, 審判の, 小石川御, 就中ボルセーナ産の, 屡々散歩, 山より, 嵯峨御所の, 幕府三百年間第, 平家をも, 幽事, 廻りける故, 引擔ぎサア, 引擔ぎ寶珠花屋の, 強記なり, 彫り候, 彫る所紙一枚, 御念仏, 御案内申上度候, 心一杯出來る, 念仏申さるる, 怜悧なる, 思ひも, 憂きを, 我に, 我等の, 才高く, 投化し, 持ち切る, 持ち給え, 探しに, 散歩しつ, 文學技藝に, 文筆共当時の, 斯様に, 施寧には, 日本美術蒐集家として, 早池峯, 暮し居り小生, 曳きしをもって, 木曾地に, 来たれど, 棍棒鎌など, 欺きて, 此祭見し, 死して, 母は, 江戸へ, 沓さしと, 泣き一人, 浦賀へ, 渡り候云々, 満腹食を, 漕ぐ, 煮炊致, 父を, 獅子頭を, 田一町を, 田中某と, 當時支那の, 百三十人を, 直訴する, 神を, 福の神に, 福を, 究て, 笑ひし, 老人を, 聖アントニウスの, 臨床, 舟を, 舟釣り, 色は, 荒れ果てたる農家, 荷ひし, 行けるやう, 表門へ, 豫備の, 負へる, 越ヶ谷方面の, 踊ること, 軽重の, 連れの, 進み行けり扨臺上, 運びやがて, 過つる頃, 酒を, 酒肴を, 重手負い, 金商橘次橘内橘王が, 金銀に, 長くこの, 長崎より, 關宿在, 風流ご, 飮み, 飽食する, 駕籠を, 黒人の, 黙阿弥らの

▼ 人づれ~ (249, 0.1%)

12 の男 10 の客 8 の若い 7 の女 6 の侍 5 を見 4 で出, の武士 3 だった, で来た, で来る, で私, の旅, の虚無僧

2 [15件] だ, であった, であること, で出かけました, に自分, のダンナ方, の小娘, の影, の旅僧, の旅客, の旦那衆, の江戸, の浪人, の矢代ら, の若

1 [145件] がある, がこの, がバスガール, が両国橋, が今, が何者, が出, が千住, が多く, が大きな, が小屋, が店先, が戻っ, が来る, が横, が漸, が番傘, が禁制, が見える, が隣り, だが, だったが, だという, だよ, であります, である, でお出で, ではさして, でやって来た, で下り, で乗りこん, で今, で仲よく, で佇ん, で再び, で出かけ, で出かけた, で参りました, で喋っ, で帰っ, で戻っ, で戻った, で押しかけ, で来, で来られない, で歩い, で歩いた, で歩いてる, で泣く, で神田, で立ち, で行う, で行く, で行っ, で通りかかった, で降り, などとは人, に似, に向っ, に相違, に眞正面, に行, に覚え, のお客, のお客さま, のお客様, のお方, のアメリカ, の万歳, の不思議, の中, の今夜, の侍たち, の侍客, の兄妹, の先頭, の入場者, の労働者, の同, の同心, の国学院, の墓参り, の外国人, の大, の大学生, の奇異, の女学生, の女學生, の娘, の婦人, の子どもたち, の学生, の守衛, の小さな, の少女, の少年, の少年少女, の巡礼, の座敷, の後ろ, の怪少年少女, の押し込み, の方, の旅びと, の旅人, の旅商人, の日本人以外, の朝鮮人, の東京, の様子, の横柄, の洋服紳士, の洋装, の浪士体, の猟師, の男女, の男女達, の老人, の職人, の船旅, の西洋人, の赤い, の通行人, の遅い, の郷武者たち, の酔どれ, の零落, の青年, の音響, は, はこっち, はこの, はだれ, ははや, は七兵衛, は世代, は作曲家, は直ぐ, は私, も立った, を擁し, を歓待, を誰, ホイホイ君, 早く出ましょう

▼ 人~ (246, 0.1%)

32 のない 7 がある 5 のある, をさらつて 4 がない, が出, を集め 3 があつ, といふもの, のあつ, の中心, の惡

2 [14件] がつく, がなく, が大, が無い, であつ, なき公園, に乘, のない寂しい, の出, の毒, は大, ま, を博する, を呼ん

1 [142件] ある總理大臣たる, があり, があります, がする, がな, がなかつた, がよかつ, がわるい, が出た, が小池, が少し, が惡, が湧き立つ, が生活, が穩, が立つ, が絶え, が絶えた, が落ち, が落ちついた, が薄い, が見えず, が邪魔, すくなけれ, だね, でございました, でございますよ, でした, ですね, ですばらしい, で仕事, といふ魔力, ときりやう, と勢力, と威勢, と尊敬, と氣むづかしさを, と申しませう, ない夜中, なき小, なき廣間, なき椅子, なる詩人, にては甚だ, になつて, には驚きました, にも響くだらう, に叶つて, に弄ばれ, に投じ, に押しあげられ, に拘, に拘はる, に背かない, のあるらしく動い, のあるらしく見える, のい, のござらね, のつかない, のな, のなき, のなく, の上り坂, の乏しい, の凄まじ, の向, の味, の少い, の少ないさみしい, の弱い, の樣子, の無, の無い, の的, の絶えた, の緩ん, の置けぬ, の荒立つた, の騷立候, はいや, はお前, はほろ醉, はよく, は兩國, は大した, は川上, は恐ろしい, は更に, は江戸中, は温順, は無, は繋げません, は落ちる, は見えず, は近頃メキメキ, まづく, もうすい, もその, もない, も大, も大した, も少く, も立つ, をさら, をさらつた, をたつた, をもむ, を一個, を一身, を保つた, を博し, を博した, を取つた, を取る, を取戻せ, を呼ばなかつた, を呼びます, を壓, を失つて, を妬んだ, を引立てた, を持つた, を掴ん, を氣, を沸ぎらせてゐたつばめ太夫, を渫, を測量, を湧き立たせ, を爭つて, を獨, を背負つて, を脊負つて, を苦々し, を落さぬ, を角逐, を計り口, を試し, を集めた, を集めました, を願, 無い徑, 絶えたる木立

▼ 人でした~ (244, 0.1%)

231311 から 10 が, ね 96 がその 4 からね, が私

2 [12件] かね, からその, からそれ, がある, がこの, がそれ, がね, が何故, が折, けれどお辞儀, もの, 親分

1 [130件] お君様, かよく, からいま, からいろいろ, からこれ, からごく, からさっそく, からそこで, からとう, からにげだす, からひと, からべつに, からもう, からわざと, から一生懸命, から三年, から他, から優しい, から別に, から唖娘, から心臓, から東山, から武家, から王子, から疲れ, から白雲, から部屋, から釣れなく, かネ, があの, がお, がお出かけ, がこの間, がこの間題, がこわれた, がさいわい, がさり, がすこし, がそれでも, がだいぶ, がだんだん, がつまらない, がでも, がとりわけ, がどう, がどういう, がなにしろ, がべつに, がまだ, がむやみ, がよっぽど, がわたし, がシベリア, が一年, が一昨年故人, が三年, が主人, が二人, が今夜, が北京, が十三人, が十年前, が妾たち, が嬢次様, が家, が少し, が快く, が息子, が慈悲善根, が残念, が物, が生れ付き頑固, が町人, が矢張初対面, が短命, が私達, が船, が親孝行, が貴方, が身なり, が身分, が近頃, が金儲け, が釣, が随分, けれどうるさく, けれどお, けれどそれ, けれどなにしろ, けれどまた, けれどもこれ, けれども氣前, けれど新子さん, けれど私, けれど酒癖, ことか, ことです, しその, しそれ, つけ, な, なア, ね米三さん, の, ので, のでパーシウス, ので今, ので千恵, ので天皇, ので自分, のに, また判然, ままで, やっぱり, よいきなり, よじつに, よ右左, よ盲目地, わけで, わね, わ育て, 事だって, 仕事が, 或る, 様な, 由, 策略だった, 近代学者の, 間違いは, 間違ひ

▼ 人をも~ (240, 0.1%)

5 世をも, 物をも 4 含めて 3 欺す口で 2 くるめて, よび集め手毎, 交ぜて, 仲間に, 剌問ざりし, 害すること, 尋きけ, 見知らず我名, 首肯せしめる

1 [205件] あざむいた, あざむきつゝおもしろおかしく今日, あたりを, あやまること, いたく侮りしか, おそれず群れてたと, おそれないで, お連れ, この室, この様, ご貴殿, さしおいて, さそって, じつは愛しない, そしてまたすべて, その陶酔, たよりに, とがめずまた, とがめません, またカルコ, また立派, めしとられるよう, やらず村人, ゆるして, よく知っ, よけず, よろこばせたこと, キリシタンたるが, ビックリさすべきである, 一向恐れず, 一度に, 一様に, 不思議な, 不滅に, 乗せたが, 伴わんと, 使った, 依頼する, 信じること, 兼ねて, 再び助ける, 出した, 出入させぬ, 刀の, 剣槍の, 加へ, 動かし佛, 包摂する, 却って不幸, 召た, 吃いければ, 合わして, 同時に愛する, 含む, 含むの, 吸収し, 呼びさます, 呼べこの, 喜ばせる法, 困らさなくなつ, 圧迫せず, 壓倒した, 夷の, 娯ませず, 安心させ, 安心し, 完全なる, 実隆の, 家来と, 寛がせたいの, 寵し, 導こうと, 少し知っ, 尤めず, 尤めない, 左様に, 己をも, 弁へ, 引込んで, 引連れさせて, 弟子の, 弱き人をも, 当惑させる, 従えながら, 得られないの, 御退け下さるべし, 心の, 忘れしごとくひしと, 思ひつつ, 怨まずやがて, 怨みつづけて, 怨みませぬ, 怨み身をも, 恐れないもの, 恐れない贅沢, 恐れぬ小禽, 悩まして, 愛した經驗, 愛すること, 感動さする, 感動せしめない, 感心させ, 感心させる, 懐しがり, 成仏せしめる, 我をも, 所有し, 手早くそこ, 把り兼ねませぬ, 抱き込んで, 招かじと, 拭い除, 持たない女王, 持ちながら, 指ざし, 指名し, 撃ち殺し傷つけ候, 救い給わぬと, 数多生かし, 時としておそう, 時としてその, 有た, 本当の, 束縛したくない, 樹木の, 欺かざるなり, 欺かねば, 死なしては, 殺さないで, 殺して, 殺すかと, 殺す事, 殺害すべし, 気に, 汚すといふかの, 決して忘れた, 活かし世, 活かすの, 流罪に, 流謫した, 混乱させたらしい, 混同し, 煩は, 物象をも, 牲殺し, 狂は, 猶不快, 王に, 現に愚弄, 甘く見, 生きながら, 生き埋めに, 異常な, 益するやう, 真に幸福, 知つて居る, 知らずまして, 知り己, 神の, 秦, 紛糾の, 縛ってると, 自分の, 自分をも, 自國人, 自然をも, 興ぜさせ居たり, 船をも, 苦しめるよう, 苦しめる欠点, 薔薇の, 襲うこと, 襲うて, 要すること, 見のがさなかった, 見わきがたし, 覚らせようと, 許して, 誘って, 諦めたやう, 諦めたよう, 貢りました, 起たせて, 超えた御, 身をも, 迎え得るよう, 迎ふべし, 近づけずに, 退けし跡, 退けられ今, 退屈させ, 連れて, 遠く船出, 遠ざけた一室, 酒の, 隊の, 頼むまいという, 食べさせて, 養いました, 首肯させる, 馬をも, 驚かさず何事, 驚かした声, 驚かすばかりに, 驚かす位喰ふた

▼ 人残らず~ (236, 0.1%)

3 一度は 2 一緒に, 下車し, 同じよう, 競技場の, 顔を, 食堂へ

1 [221件] あそこへ, あっちへ, お前さんに, お召捕, お目, かつえ, から全く, がまるで, がみんな, こっちを, ことごとく憎み, この世から, この世を, これだ, して, そう古く, そのドン仲間, その場, その存在, その巣, その美しい, その被告, それを, たこに, どこかへ, なぜか, にというわけ, の名前, の生命, ぶつぶついい出し, ぶつぶつ言い出し, ほんの一瞬間, みんなデモに, みんな一緒に, みんな帰した, みんな気違ひ, みんな詩人である, キリシタンと, クルクル坊主, トウベツに, ラスプーチンの, 一まとめに, 一晩の, 一知に, 一種の, 一致する, 上陸し, 下船を, 不審訊問を, 不眠症に, 不知火燃ゆる, 中島座の, 互いに皇位, 人格者だ, 今度の, 他所の, 会見の, 低能児ばかりって, 佐倉宗五郎に, 体の, 俺達は, 全速力で, 全部ここに, 共産党員に, 共通の, 兵隊に, 判明し, 劇場側に, 十六世紀の, 叛逆の, 口止めを, 叩きの, 叩き殺し, 叩っ殺し, 各自得物, 名前の, 君側から, 君達の, 呼び集めろと, 品定めを, 唯物科学の, 喧嘩し, 地球の, 埃を, 堪能する, 夜露が, 大津に, 大道場, 天然痘に, 奥へ, 好感を, 客を, 害を, 寝台から, 小さい欠伸, 居並べて, 屋敷から, 履物を, 山越しし, 岩石の, 川へ, 帰つてしまつてたつた, 帰り去った, 帰り尽せるにぞ, 帰る振り, 幸福で生まれた, 引括りなさる, 引括る, 引責辞職せしめ, 彼の, 彼らは, 往来へ, 後を, 心の, 必ず死ぬ, 悪辣極まる, 惨殺され, 憎みますまして, 懐中の, 懶い疲労, 戦死し, 戦死しました, 手か, 手に, 手繰り出すん, 指紋を, 捕らえるよう, 敵だ, 斑で, 斬り伏せて, 斬り殺せ, 断髪だ, 旧式の, 曲学阿世の, 林立する, 桔梗様を, 検挙されるからさう思へ, 武装解除し, 死という, 死ぬの, 死罪あるいは, 殺して, 殺戮させた, 毒矢を, 民主主義を, 水府義士なる, 海軍に, 無事で, 無学文盲の, 焼け死ぬが, 煙草を, 片膝, 片輪者, 物色する, 犯罪人に, 犯罪顔を, 狭窄衣, 現場へ, 生埋めに, 生捕られた, 甲板に, 申合わせた, 町の, 画面内に, 異議が, 疑り馭者, 病菌の, 癩患者である, 皆が, 皆敵, 盟休させ, 目録の, 盲目な, 知つてゐ, 私の, 科学ずき, 箸の, 精神的の, 結婚の, 絶倒させ, 網羅し, 網羅する, 線路の, 縛るの, 耳殻を, 能なし, 自動車から, 舞台へ, 船首の, 色を, 茂太郎も, 血を, 血眼に, 見物しなけや, 親類筋の, 誰も, 調べ上げ, 諸君の, 警視庁に, 警視庁の, 賛成し, 賞めて, 軍隊ぎらいになってしまった, 農奴を, 通るん, 運動会へ, 違法だ, 酒振舞を, 銃殺すべし, 長生きする, 間違つてしまへ, 阿片丁幾大黄樟脳等の, 集つていらつ, 離屋へ, 鞭で, 頭へ, 頭山満の, 風に, 魔法使でした, 鼻なし, 鼻汁を

▼ 人息子~ (235, 0.1%)

5 である 3 だ, だと, であったが, であんな

2 [13件] がいた, で, であった, であつ, ではなかっ, でもそう, で山城屋, で重三郎, の新太郎, の清治, の金五郎, の長吉, らしい十五六

1 [192件] いとしさ, があった, がある, がおもしろく, がこの, がさっそく, がとにもかく, がゐる, が何, が兵隊, が大, が失明, が家土蔵, が戦争, が文學, が歌手, が此客室, が着る, が第, が粋筋, が高度, じゃけに念入れ, じゃない, だから, だからと, だけにこういう, だけに葉子, だった, だったので, だったもの, だった彼, だつた練吉, だという, だのに, であったの, であったので, であまやかされ, でありながら, でありましたが, であり大川家, である大河俊太郎, である父, である秀才, である金蔵, でこの, ですから, ですからね, ですわ, でそして, でとても, でなかつたら正文, ではない, でひどく, でべつに, でほか, でも可愛, でポーエル・ハインリッヒ, で且つ, で両親, で中国筋, で中学校四年生, で友太郎, で幼い, で弱, で弱虫, で既に, で此夏, で気, で父, で父六郎, で甘やかし, で生れ付き, で相手, で県庁, で結婚問題, で若殿様, で革命, と, といふ肩書, とが既に, とが移っ, としてとても, としてむしろ, として育った, として進たち, との激しい, ともどう, とカフェー, と書生, と義絶, と語, と貧乏, などは母親そつくり, なの, なので, なのよ, にあたっ, にし, にぞっこん, に先立たれ, に先立たれる, に才色兼備, に死なれた, に父親, に生まれた, に生れ, に育った, に芳之助, に英語, のうち, のため, のハリー, のルイ, の一彰, の万吉, の三人暮し, の事, の伊, の伯魚, の位牌, の信彦, の僕, の前途, の千二, の可愛, の右之助様, の右之助樣, の宗次郎, の小生, の川口譲, の弘一君, の弥太郎, の彼, の忠, の悪口, の教育, の教育資金, の松次郎, の武夫, の清三, の清次郎, の玄吉, の珠太郎, の生れた, の生命, の生活, の直, の私, の立身, の耕一君, の若君, の茂次平, の萬吉, の話, の赤児, の身, の達也, の金之介様動き, の長男, の阮東, の附, の音吉, はまだ, はビルマ, は夏, は嫁, は年歯三十, は当, は掌中, は水兵さん, への愛, もまた, も大切, も死んでしまつた, やその, やわ, をあれ, をいよいよ, をこったら, をつれ, をウインチェスター, を亡くし, を呼び出し, を失った, を奉公, を容赦, を暖かそう, を枕もと, を殺そう, を無一物, を甘やかし, 彌八郎

▼ 人これ~ (234, 0.1%)

5 を見

2 [16件] が内儀, に死したる, は大きな, は女中, は宵, は峰, を動かせ, を句碑, を呼ん, を怪しむ, を憐, を知っ, を聞い, を聞き, を見れ, を離すべからず

1 [197件] あるを, がいつも, がため, がまた, が一行, が例, が前, が将, が後, が益友, が議長, こそは我宝, こそは正義, こそ智馬, こそ間違, じゃとても, だけが住, だけが参列, だけが外, だけで最高, だけの人間, だけの家内, だけの数字, だけは一生, であろうかと, でちょうど, ではない, では勝目, でも嚴選, で仲, で口, で私, で退治, と新出医長, ならと, なら充分, なり, なりと, におられました, にか, にかしこ, にて定まれり, には舎人, によりて生, に乗る, に乘, に仏領各地, に住, に依っ, に依り, に加われ, に向かい, に和し, に好意, に対しても番頭, に気がつかない, に滿, に疑, に蝶吉, に近づく, に追随, に逢え, に連絡係, に遇う, に都市警察庁, に酔狂, に頼り, に題し, はある, はいずれ, はいづれ, はお, はぜんまい, はてっきり, はといふ句, はどちら, はまた, はやっと, はニッケル, は三十前後, は先ず, は同, は女, は少し, は後で, は支那流, は日本人, は横顔, は片, は片っ端, は疑い, は疑ひ, は県, は背向き, は臥竜窟, は通ひで, は雑司ヶ谷, は馴染, は髪, は默りこくつ, は黙りこくっ, へ連れ, またいずれ, まで一夜宿り, もいい, もまた, もヨタヨタ, も上海, も全く, も刎, も口説い, も斥候長, も武人, も狼連, も薄寒い, も酒肥り, も頬杖, より去り, を, をいやがる, をえず, をかつぎ, をしらず, をつかまえ, をふみにじ, をトネリ, をマコーレー, を一列, を七兄弟, を以て哲人中, を以て商業, を伺ひ, を作っ, を作り, を信ぜじ, を借り, を助け, を取れ, を咎める, を唱うれ, を大海, を如何, を守る, を安彦, を尋ね当てた, を小木上, を得, を得る, を御嶽講, を怒, を怪, を怪しん, を愛せ, を懐, を托せ, を指し, を放つべからず, を有し, を楊柳, を槍中村, を求め, を熊, を現, を番鳥, を疑う, を真面目, を知ら, を知らず, を知らなかったらしく, を知り, を知る, を破りうる, を礼賛, を神, を祭れ, を聞いたら笑う, を聞か, を聞く, を見ず, を許せ, を評し, を試みた, を詳, を認める, を読み, を識認, を車, を輕視, を追え, を重忠, を頭取, を食え, を飼い教え, を餘所, を餘震, を駆り来る, 有るべく候えども

▼ 人だけの~ (233, 0.1%)

3 世界に, 世界を, 話を

2 [17件] あいだで, ことな, ことに, ことは, もので, 世界が, 事は, 内証に, 力では, 問題では, 愛情が, 時は, 水入らずの, 生活に, 生活の, 考えで, 考を

1 [190件] あわれ, おり後で, ことが, ことしか, ことで, ことでなく, ことを, こと死に, この席, ための, だが我慢, ときでも, ひそかな, ほうへ, ものであり, ものでなく, ものに, ようで, ようでございます, ようです, 一生の, 不幸と, 不思議であります, 世の中だったら, 世の中に, 世界で, 世界な, 世界の, 世界思ひ, 事でございます, 事を, 人徳を, 人物でした, 仕事では, 仲で, 佗住居を, 作家で, 個人展覧会大, 働きなる, 兄弟だつた, 共通の, 内緒話という, 内談で, 出来事を, 切迫から, 別天地原色的な, 別室に, 労働を, 勝手に, 勝手の, 勞働を, 参加を, 合格者を, 名誉ある, 名誉でなく, 問題な, 問題美代子さんに, 四疊半に, 団体から, 坐像である, 場合である, 場合に, 場所と, 夕餉を, 外地の, 夜に, 夜の, 夜を, 天地に, 太刀打ち勝負遠慮なく, 奥さんを, 娯楽な, 子であった, 子の, 孤独に, 家内といふ, 家庭の, 家庭を, 家族で, 密契として, 密室の, 密接な, 対談で, 対談の, 小さい研究室, 小さな秘密, 席へ, 幅で, 座席が, 御方様, 心配に, 思いを, 思ひ出, 恋の, 想像で, 想像説である, 愉しい思ひ, 愉しい旅行, 意見です, 愛の, 感じである, 感じるつまらない, 感ずるもの, 感興を, 懇談などに, 所へ, 所決に, 招待に, 採炭場を, 損では, 数分間が, 新人として, 旅を, 旅行を, 時が, 時に, 時には, 時間を, 晩餐に, 暗殺では, 曰くを, 最もインティーム, 最低生活が, 本來, 東京弁を, 業では, 楽しい新婚旅行, 機会が, 歓びが, 歴史だ, 殺人犯人が, 気持とばかり, 決闘でした, 深い生活, 特別な, 特別の, 犠牲では, 犯人が, 独特の, 現実を, 瑕瑾では, 生活が, 生活を, 用を, 破壊と, 祕密を, 秋の, 秘密だ, 秘密つてものが, 秘密で, 秘密である, 秘密では, 秘密に, 秘密を, 空氣が, 簡素な, 約束で, 約束は, 約束事らしい, 絶対の, 者は, 胸の, 自慢に, 至高の, 苦悶に, 落ち着いた生活, 著述の, 裸體寫眞だけ, 見るもの, 言葉で, 話, 話だ, 話でない, 話に, 話は, 語らいを, 趣向だけが, 身を, 追剥に, 途を, 連吟は, 部屋へ, 間に, 間違でない, 離れ家の, 霊を, 願も, 食事を, 食卓を, 高ごえが

▼ 人~ (218, 0.1%)

7 黙り込んで 4 だまって 3 若くて, 黙って 2 その火, に御, 同じ夢, 長い間, 黒いしかん巻, 黙つて

1 [189件] あの女, いうべき事, いかにも無邪気, いぎたなく睡っ, いやあなちぐはぐ, うつらうつらし, うんとわがまま, お嫁, お紋, お若い, お蝶, お達者, お酒, お金持, お關, かき消す様, かせぎでも, がっかりし, がびっくり仰天, がやつ, が徽宗皇帝, が心, が羨まし, きつと, ぐずぐず云わねえで, この屋根, この春徴兵検査, この春徴兵檢査, さすがに, さらって, しつこく黙り込ん, しばらく沈黙, じっとし, じっとそうやっ, すぐ浮き上った, すぐ顏, すぐ顔, すっかり気持, そっくり支度, その日, その時, その頃三十五, たいした年増, ちゃんと部屋, ちょいと, どっとふき出しました, なくなり私, にお, にすぐれた, にその, には利益, には酒, に上げる, に乗りぬ, に何, に何となく, に信じ, に免れ, に多く, に大, に帰る, に死ん, に死んだ, に真実, に第, に行く, に見つからぬ, に誠, に飲んだ, に高座, ぬからぬ顏, ねちねちした, の交易強要, の慰み物, の足, は一斉, は収穫, は品行方正学術優等, は存外, は現今, は蘭語, ひどく臆病, まだ二十代, まだ夜中, まだ考え, まだ若い, まだ若かっ, まつたく初め, まるで山出し, まるで違っ, むっつりと, もあなた方, もう死ん, もう自分一身, も下郎達, やられちゃった, ゐなかつたと, ゐなかつた筈, グーグー寝, ニヤニヤ笑った, 乗れないとは, 云い合したよう, 仰向いて, 何一つ知らなかった, 信じ切って, 倒れて, 入る, 出て, 出来ずに, 刺そう, 助かったという, 単にその, 危うく踏, 又おしだまっ, 又押し, 取糺, 同じよう, 同じ下宿, 同じ英文科, 呼び寄せるかね, 喜ぶ顔, 固くなっ, 多分存命, 如何にも世, 寝て, 小さい聲, 少し冷え冷え, 少なからず困つた, 居なかったら至急, 帰らないん, 度々見た, 弱々しい身体, 強いては, 御丈夫, 怒つたま, 思って, 思ひも, 怠けてばかり, 恐ろしく利口, 恐ろしく口, 恐ろしく汚い, 恐ろしく真面目, 悪くなかった, 感じた, 抱き合ったまま馬車, 探るよう, 早く休んだ, 暫く黙, 未だ何, 本当にし, 某大学生, 死んだ事, 死んでしまつ, 死んでしまつた, 殺されて, 殺して, 殺すか, 決して一緒, 治まった, 浅ましく元気, 淋しい笑い, 無實, 生きた色, 申し合せたよう, 申し合わせたよう, 白い手拭, 白けて, 皆目分らない, 眠ってるから, 知らぬ者, 笑い出して, 笑って, 答えた, 若いが, 若い丁髷, 荒い飛白, 落ちて, 負けず劣らず美しくも, 造が, 遠州, 酔っ払うこと, 際立つて, 離れて, 飛び乗って, 飛んでも, 食って, 飲みほしてないじゃ, 黙々として, 黙れ

▼ 人なき~ (214, 0.1%)

9 所で 5 所へ 4 折を 3 が如く, ように, 家の

2 [20件] がご, ときに, ところへ, にしも, に非, ものと, ものの, ようで, を見, 一室で, 大道を, 室に, 室を, 所まで, 時は, 時はを, 深夜の, 者ありや, 裏路を, 部屋に

1 [147件] あたりまで, か, かのよう, がごとき, がごとくなりし, が如き, が如くなりし, が故に, こそ返す返す, ごとき振舞い, ごとくに, ごとくシーン, ごとく振舞いながら, では, ときは, ところで, ところに, ところを, にあらず, にぜひ, にて知るべし, に似, に戸, に旦那様, に鈴, に鳴り, のとき, の様子, もこと, もことわり, ものなら, も理, やを, ような, りっぱな, をいかに, をかこち, を幸い, を待っ, を窺, パリーに, ホーム, 一室に, 一室を, 一閣を, 世を, 世界を, 二階の, 五十男年を, 位に, 住居の, 僧院の, 光景は, 処で, 処にて, 場合には, 場所で, 境内に, 夕べの, 夜の, 夜をさえ, 大東新報社長ジョン, 天狗心の, 如くこう, 如くシーン, 孤島に, 孤獨の, 実験室に, 家に, 寂寞である, 密房に, 寮の, 小部屋, 山の, 山中だ, 山中で, 山中に, 山中を, 山彙の, 岸も, 峠で, 巨城であった, 店の, 座敷へ, 庭園へ, 往来と, 後そっと, 後の, 徳を, 心易, 我ぞ, 所に, 所までで, 所を, 折々しのび入り, 折解い, 方へと, 方を, 日なり, 昼を, 時われわれの, 時を, 時人ある, 時端然として, 暗がりで, 有様だった, 木蔭に, 村の, 村社が, 柴部屋に, 楓林の, 様子を, 機なり, 決断所, 波打際を, 浴槽に, 濠ばた, 燈の, 牢屋まで, 玉座を, 甲板や, 白帆が, 真昼, 砂浜を, 砂漠, 秘園は, 秩父の, 空間に, 苔の, 薄汚れた, 處に, 處にて, 街路で, 街路の, 路に, 路を, 通夜の, 道庵も, 部屋ほの暗き, 里に, 野中の, 間は, 間毎の, 陣幕の, 陶界への, 電車はが, 頃に

▼ 人でなけれ~ (209, 0.0%)

23 ばならない 21 ばならぬ 4 ばこの, ばなりません, ば出来ない, ば決して 3 ばいけない, ばこれ, ばできない, ばなるまい, ば分らない, ば恐らく 2 ばあの, ばこういう, ばちょっと, ばどこ, ばわからない, ばわからぬ, ば出来る, ば到底, ば得べからざる, ば面白く

1 [111件] ばあ, ばいくら, ばいけません, ばうけられない, ばうまく, ばお前, ばお話, ばかういふ, ばかうした, ばさ, ばそれほど, ばそんな, ばそんなに, ばたえられる, ばだめ, ばちよ, ばつとまりません, ばとお, ばと思う, ばと領民, ばない, ばならず, ばならなかった, ばならぬであろう, ばならん, ばなりませぬ, ばのぼれる, ばまこと, ばみられない, ばやらない, ばよろこばない, ばわあアッ, ば一生紙, ば不可能, ば乗れない, ば云, ば人間一疋, ば何, ば個性, ば充分, ば先生, ば出, ば出せない, ば出来, ば分る, ば別に, ば剣術, ば動物, ば博多, ば原稿, ば叶わない, ば名乗っ, ば図り得ぬ, ば多分, ば大きな, ば天狗, ば完全, ば宮仕え, ば容易, ば張飛, ば彼, ば快活, ば思い立つ, ば想像, ば成し得ない, ば我々, ば手, ば持たぬ, ば揉み, ば描けぬ, ば教え, ば文学, ば書かれへん, ば書けない, ば本当に, ば母, ば氏, ば無理, ば牛乳, ば獄中, ば理解, ば疑えない, ば目, ば真に, ば眼, ば知らない, ば知らぬ, ば知り得ない, ば神官, ば立てない, ば結婚, ば結婚後, ば聞かれまい, ば自然, ば興味, ば行けない, ば見えない, ば見られない, ば親身, ば言われない, ば語り得まい, ば説明, ば読ん, ば貰, ば貰えない, ば迚, ば逢いたくなかった, ば門外, ば難, ば飮め, ば馬鹿

▼ 人~ (209, 0.0%)

54 の間 3 に仰せ 2 がそれ, と一緒, のこの, の名, の妃たち, の本, は何れ, よ

1 [181件] ありて, から成る, から有無, がかしこ, がしばしば, がともに, がサンジョ, が一緒, が仮装, が住ん, が先, が出, が取り囲むで, が基督, が実際, が家族, が張札, が彼, が彼等, が故郷, が気, が真剣, が祝ひ, が窮余, が行く, が贅沢, が頗る, が黒い, きっと又断られた思うやろう, こんなもの, その近隣, だ, であつ, でもゴオド自身, とすぐ, とその, とグアスコニア人等, と併び, と握手, と話しし, なり, にお, についていない, にとってはきわめて, にとつて, には恐らく, には愈々, には病, にもこの, にも食べさせたげたら, に云つて, に会釈, に分らん, に劣らなかった, に劣らなかつた, に又, に売権, に奉仕, に対して感謝, に比し, に認められ, に身, に關係, に食事, ねがはく, のお陰, のする, のめぐみ, のサロング, の一行, の下られる, の中, の住む, の傍, の処, の出發, の前, の助力, の動, の区別, の口, の小, の巣窟, の差別, の意見, の態度, の戀, の手, の数本, の日常生活, の植民地, の歸, の歸つて來, の気, の気持, の法的技術, の活動なぞ, の片言隻語, の物笑, の用いた, の男女, の絶て知らざる, の群星, の考, の脂, の行為, の言う, の誇り, の赦免祭, の走, の踊り, の郊外, の銘, の関心事, の顔, はいつも, はお, はこの, はさぞ, はそ, はその間, はそんな, はたま, はなんと, はばか, はみな, はみんなストーブ, はや我等, はアフリカ西岸, はストーブ, はブルバラネク, はヤン, は三度, は二十歳前後, は例, は出発, は助からう, は北斜面, は協議, は只, は唯一, は地獄谷, は大いに, は大橋以西, は官衙, は彼, は御飯, は想像, は政治的, は日本語, は早速, は朝, は来なく, は決して, は滅びた, は熱心, は犯人達, は私, は糧食, は著作権法, は贅沢, は遂に, は遠く広く, は革命, へ來, もぞろぞろ, もなべて, も多勢往来, も来, も欲, やっぱりあないしてるのんが, ゆく月, より迥, よフアッブロ, をこそ悪魔, を嗤, を率, を蔑視, を論ずる, を関東, 出る

▼ 人麿~ (208, 0.0%)

40 の歌 12 の妻 116 の作 5 が石見 3 が妻, が死んだ, はこういう 2 お六, が石見国, といふ人, のもの, の歌った, の歌調, の遺蹟, や西行

1 [109件] から学んだ, がこの, がそれ, が二ざま, が作っ, が出, が出る, が土形娘子, が墳墓, が天皇, が奉つた, が整理, が日並皇子尊殯宮, が死ぬ, が生き, が短歌, が第, が筑紫, が西海, が讃岐狭岑島, が通った, が都, が長歌, が馬, ぐらいな力量, でなければ, でも人麿作, という者, としては初期, としては晩年, とでは遺した, と一処, と其歌, と別, と同, と相別, と腕, などと同, などと同じ, などになかっ, などを中心, にも無い, にも黒人, に前後, に影響, に無い, に行かう, に違, のこの, のごと玉藻なす, のねうち, のやう, の作った, の作歌, の切実, の前妻, の原作, の声, の恋人, の想像年齢二十九歳位, の態度, の持っ, の木像, の歌句, の歌集, の此歌, の死, の死んだ, の歿年, の献, の画像, の真率, の研究, の若い, の身, の辞世, の長歌, はこの, はそういう, はたしかに, はどんな, は万葉集, は依頼, は全体, は初期, は唐, は川島皇子, は感情, は斯く, は此時, は此歌, は死, は第, は細々, は自ら感激, は詠みました, は飛鳥浄, ほどの心熱, ほど大きく, も憶良, も芸術, やの詩人たち, や貫之, を, を学んだ, を彷彿, を理会, を紫式部, 或時期

▼ 人だけに~ (206, 0.0%)

16 なると 9 なって 5 なった, なつた 4 して 3 さすがに, なったとき, なる 2 それが, なったが, なった時, なっても, 突然ここ, 荷嵩に, 限って, 限られて

1 [142件] あたりの, あなたも, いっそう悲しい, お意気込, お料理, お残し, お精進日, かえって正直, かれの, この広, この縁起, こんな蛇, さう見えたの, させて, した, した方, すぎない, すまない気, せめて住吉, そういっ, そう解し, そこは, その云う, その傍観, その感じ, その議論, それに, それも, それを, たのみますよ, つまり日本畫, とどまらず実に, とどまらず本当に, どうかする, どこか, なおさらな, なおさら深刻, なおのこと誘惑に, なったの, なった機会, なってから, なつて, なの, なりたい一種, なりました, なり差向い, なるの, なれるのね, なんだか気味が悪い, ぼくは, よほど困った, わかる徴笑, ヘンな, 一言それとなく, 与えられる才能, 世間の, 九十に, 予の, 事情を, 交際も, 人いちばい自分の, 人よりも, 人間も, 何となく凄, 何處か, 余計可哀そう, 余計話し, 作陶家よ, 例によって, 僕は, 僕も, 出来ること, 分りが, 却て, 口は, 周囲の, 夫人に, 娘の, 嫁の, 左様な, 当てはまるもの, 当時の, 心配を, 悠長な, 悲んで, 意識し, 所蔵の, 手柄を, 手紙を, 暫く考え, 朋友の, 期待しうる, 札幌行きを, 材木の, 根ほり葉ほりも, 植通の, 極めてお, 止まらず文部省直轄, 武士の, 死ぬる間際, 母の, 気が, 気も, 氣を, 汽車を, 注いだ米友, 滑かに, 潤いが, 父は, 独占権が, 瓶のぞき, 生茂った上, 相応な, 眠った様, 祖母さんに対しては, 私は, 紋太郎には, 老臣等に, 聞えるよう, 聞こえるので, 聞こえる声, 芸を, 蛙の, 見つかるもの, 説いて, 読まれ気, 豆腐を, 財産の, 迦陵頻伽の, 逆せ, 鋭さは, 門弟といふ, 限ったもの, 限らないで, 限る, 限る場合, 限定する, 雷が, 非常に, 頼もしいところ, 頼んだの, 麻雀道に

▼ 人なる~ (203, 0.0%)

9 が故に 6 ことを 5 事を, 我や 4 ことは 3 ものは, ものを, を知りぬ, 可し, 地主の

2 [17件] かはわたくし, かは未だ, かを知らず, がゆえに, ぞかし, ものが, も未だ, を以て若し, を知らない, を知らぬ, を詳, 吾や, 女人の, 支那の, 浪人者御厩左門次が, 若き経済学者, 青木某が

1 [125件] か, かな, かの差, かはすでに, かは稍史, かも亦, かを, かを問い, かを振り向い, かを明, かを知らなかった, かを知らなかつた, かを覚り得た, か某, か聞, か自国人, が故, が毎年, が跳ねる如き, が非常, ことまでも, こと疑ふべく, この美しい, その人, ぞやなき, ぞ殊, に, には相違, にもかかわらず, にわが, に色, に藝者, は爭, まれびとに対する, みこを, ものあり, もの飯の, もローマ, やさえも定か, やも知らず, やを詳に, や之, や否や, や疑い, ゆえ天の, よとつぶやく, わが名, わが輩へ, をばわれ, を以て潜渓, を信ずれ, を思へ, を知っ, を知らなかつた, を知らね, を知り, を知る, を考へる, アイデアは, アンジョーラは, キリストイエスなり, キリストイエスを, クリトーンは, ダニエル, メヂユーサのみは, 上しかも, 上近頃, 乎と, 事は, 介子推の, 伊藤博文は, 僕には, 処女を, 劉祁の, 友にだに, 友を, 唱歌隊大声で, 土人に, 壮年なりき, 大久保伯爵が, 大奥の, 大彦命, 妾の, 娘の, 婦人, 家族なれ, 左官職は, 心地こそ, 我の, 故かくの, 李光, 槍田氏は, 横田東四郎から, 此住居然る, 武田耕雲斎と, 母を, 父の, 甲州の, 白髮の, 相沢謙吉なり, 相澤謙吉なり, 石垣の, 私が, 私の, 私は, 立脚点から, 細工の, 美少女も, 老人は, 者云々とは, 耳色眼鏡を, 自分の, 莫から, 蝋に, 西周助, 語は, 語を, 貴族の, 農の, 農を, 農家に, 近江人の, 金博士の, 露國が, 香取という

▼ 人それ~ (201, 0.0%)

3 にしっかり

2 [13件] にお座敷女中, に大工, に応じ, に檀家, に気づいた, は上総, は廻り, は飛び込んだ, を冷たい, を囲ん, を承知, を聞い, を覗い

1 [172件] からしまいに, からチベット人, からビーナン等, からフランシス, から中居, から十歳, から四, から姫さま, から早稲田文学, がいつ, がいつも, がこの, がし, がすなわち, がため, がどうも, がどこ, がみんな, がみんな掃除, が出来ず, が同時に, が君子, が大, が太子, が完全, が当時, が惡, が時々, が死, が皆んな, が竜, が酒, こそうれしい, こそ人殺し, こそ広い, だけが彼女, で指揮, とは逆, と乳母, と台所, と湘南, なるべし, にかかっ, にかかり, にしつかりとりつきました, にたいして憤慨, につい, について噂, につづく, にふさわしい, に一等, に下女, に下婢, に主人, に乗り, に人夫, に今, に先生, に兎, に写真師, に加え, に加わり, に勝手, に参与, に反し, に叔母, に大徳屋, に婦人, に対して異存, に年寄, に当たって地, に忙殺, に戸倉老人, に斎藤さん, に斬りむかっ, に旗本, に木下君, に洋服, に用物人足五十四人, に町内, に看, に眼前, に継母, に続い, に縫箔屋, に船頭二人, に花房一郎, に若い, に車内, に鉄, に高等師範校, はありがたい, はいう, はその, はどう, はまた, はまだしも, はスリ仲間, は一等船客, は京大法科, は元, は唯一人, は大方, は昨, は皆, は私, は自然, は若い, は親しく, は飲まなかった, へ乗った, へ投書, へ新, へ自訴, まで化石, まで居なかった, もあの, もあまり, もおとなしい, もお婆さん, もただ, も中谷, も主人, も元気, も多く, も大抵, も平次, も死前, も海, も途中, も雨, や己惚, よりも真実, より一寸, より外, より多く, をあやしまれない, をそう, をとがめる, をとめる, をもたない, をやらじ, を信ずる, を倒せ, を取出さう, を取巻く, を奥, を守護, を尼さんたち, を店先, を引い, を怪しむ, を捕へる, を救, を教える, を望まない, を止める, を消し止めよう, を疑おう, を知っ, を知った, を習い, を聴く, を自分, を見た, を言い出す, を起き上っ, を追おう, を運ぶ, を遺恨, を非難, を顧み

▼ 人だけで~ (199, 0.0%)

4 あつた, 住んで 3 暮して, 話すこと 2 たくさんだ, 住みたいこと, 向かい合って, 外に, 沢山だ, 深夜まで, 現れること, 話して, 逢ったこと, 食事を

1 [165件] あらう, あらうか, いたこと, いたわけ, いっとき話し, いられる場所, いると, いるところ, いる世界, おけば, おりました, お留守番, お話したい, お酒, お金を, きりも, ここで, こっそりと, この鋪石, この飮料, この飲料, ご飯を, さんた, しはじめた, しんみりと, せう, その外, それぞれ話し込んだ, たべたこと, つもる話, とり交わすしきたり, どこかに, やつてる, やらなくちゃあ, やりと, やるさ, やるって, やる事, よろしい他, ゐたこと, ゐたわけ, ウンザリし, ネエ小次郎様, マドリィから, ヨットへ, 一しょに, 一ツ家に, 一刻ばかり, 上高地を, 下男ナシ, 世界は, 世界を, 乗船した, 乗込んで, 仲良く筏, 住まうて, 住むの, 何処か, 何処や, 使いたく他人, 借りっきり, 充分です, 先に, 先發し, 入るの, 全軍隊, 出かけた, 出会わすこと, 別室へ, 勉強を, 勝手に, 占有する, 参りましょう, 口を, 同行者は, 呼ばれて, 固まって, 坐って, 夕飯を, 夜の, 始める, 守って, 寄り添ったまま, 小さな芸妓屋, 少し話したい, 山奥に, 帰れ, 帰ろうという, 年越の, 引上げました, 心の, 応接室に, 快艇, 思って, 戯れに, 手に, 旅を, 暗い場末, 暮してるの, 暮らして, 来なきゃいけねえ, 林の, 栗などを, 検分し, 楽しく暮そう, 歩いて, 死なして, 死人と, 母屋の, 永い間, 泊まったのに, 淋しいなら, 済みまして, 済む, 漱石に, 澤山だ, 物足りない夕飯, 独特の, 独行し, 生きて, 生きるだろう, 生活す, 知つてゐる, 立ち会い致す, 立見場へ, 簡素な, 結構愉快, 考えるが, 自由な, 落着いた, 行きたい, 行くが, 行く事, 行って, 行っても, 話させないよう, 話したい, 話したいこと, 話したいと, 話したいの, 話したいん, 話したこと, 話したもう, 話し合ふため, 話すという, 話すの, 話す所, 話そうと, 話なんて, 話の, 語りました, 通用する, 逢いたいと, 逢えるか, 逢つて見よう, 逢ふ, 遊ぶこと, 郊外の, 酒を, 閉じ籠らんと, 隣りが, 離れ座敷, 飛び出して, 食う初めて, 高原の

▼ 人~ (199, 0.0%)

21 を食用 17 を食 15 の風習 9 の面 5 の市, を食う 4 を食する 3 の味, を

2 [14件] ではなく, の山, の底なし沼, の風, を乾す, を以て糧食, を使用, を啖, を嗜食, を好み, を市場, を炙る, を藥材, を食った

1 [89件] がバラバラ, が嗜, が諸, が醫藥, でも嗜食, と血, にし, に代える, に口, に締めつけられ, に關, に飢え, のうめき, のるつぼと, の一断片, の一斷片, の一材料, の万華鏡みたい, の主, の入った, の公, の切売, の匂ひと, の取引, の各, の大海, の小間切れ, の御馳走, の津浪, の滋味, の灰色, の焼ける, の相, の美味, の肉包, の花, の花びら, の血型検査, の記事, の販賣, の需要, の食用, は决, は固, は誰, は非常, は食, ばかりでなく, もあるだらう, をも嗜まざる, を与う, を以てその, を以て先祖, を以て食, を刃, を加, を喰う, を喰っ, を売る, を夢みた, を大, を平常, を愛用, を擧げ, を焼きだした, を第, を糧食, を羊肉, を肴, を要求, を販賣, を買う, を賣り出した, を醢, を醤漬, を雜, を食い, を食いだした, を食うた, を食す, を食せし, を食せしめ, を食はん, を食らったむくい, を食わない, を食わぬ, を食料, を飼った, 腥而

▼ 人~ (198, 0.0%)

5 ありに, 見えに 3 もひ

2 [14件] さのに, つに, はせり, 八重も, 友達を, 妙の, 孃樣では, 小夜殿の, 新の, 末といふ, 生まれに, 由良を, 篠の, 米の

1 [157件] ありだったの, ありなん, うつに, ころすもの, さずけ下さいまし, さの, せいと, ただしある, つぎと, つさん, つのるに, つれに, でかけと, とっさんが, はすなり, ひとつ, へんなあ, へんよって, ほからんは, ほむねかく, みえに, めえ, もひはかるべし, もひ出で, もひ居ら, ゆるされに, よろこび, 一二という, 一人はい, 乗りなすっ, 互に見張つ, 京さんの, 京の, 今ちゃんが, 付きし, 俊の, 元と, 兄様に, 兄様の, 光清右衞門長助の, 冬とかいう, 出来に, 分りに, 切りなさいまし, 勢を, 北の, 參り, 友だちが, 友達が, 吉坊, 名ざし, 味方が, 喜佐の, 囃子が, 国に, 夏という, 夏といふ, 姉様と, 嫁さんを, 孃さんを, 富さんという, 富さんといふ, 富の, 寝みに, 小人目附六人を, 小姓二人小坊主一人あんま取, 屋敷へ, 峰と, 帰りでござった, 帰りなさい, 帰りに, 帰り下さい, 年寄の, 店に, 店へ, 庭の, 延も, 引きください, 引て, 悦と, 手あてに, 手すきなれ, 持ちあったとて, 持ちして, 持ちたの, 授け下, 授け下さいましと, 授け下さいませ, 掴まえなさいな, 揃の, 揃ひ, 救下さりませい, 末や, 染が, 楽と, 樂と, 残しに, 残し申す訳, 残りに, 殘し申す, 民でした, 民の, 泊りに, 浦に, 滝を, 燗番は, 生みして, 生みする, 生みにな, 留めなすつた, 留守番に, 百合さんと, 皿を, 知りなされる悲しい, 石といふ, 神さんが, 祭りを, 秋と, 秋の, 稻といふ, 稻の, 立合の, 節句着物でも, 米さんといふ, 糸にも, 綱と, 繁という, 置きなさるくらいの, 老母さん一人の, 聞きなさい, 聞きの, 能の, 膝に, 芝居を, 芳の, 芽出度くなる, 若という, 薨れ, 藤の, 行儀の, 褒めに, 見廻りに, 角なんぞから, 角力という, 貰ひ, 近の, 逢ひしたい, 連が, 連は, 連れに, 邸へ, 部屋を, 酒持参で, 關といふ, 雪と, 駕籠で, 鯉の

▼ 人かと~ (195, 0.0%)

14 思って 5 思うと, 思えば 4 思つたら 3 いうと, いうに, 思つた, 思ふと, 訊くと 2 いへば, 云ふ, 思ったの, 思つてゐた, 思ひまして, 約束し, 聞くと

1 [138件] あきれるほど, いいますと, いうが, いって, いふに, おそるおそるはいっ, おみや, おもった, おや屋, きいた, きいたら十七八, きくと, きくの, くどくどと, これは, こんどは, すぐれた点, その家族, たずねたところ, たづねる, つくづく技芸, びっくりした, びっくりする, ふしぎに, みれば, みんなが, 一応考えられる, 一言に, 乗り合せたこと, 云う, 云うて, 云うと, 云ふこ, 会って, 会つて口を, 会見し, 光君の, 合点する, 問うに, 問えば, 問合せ来りたる, 好奇心を, 媾曳でも, 存じますので, 存じます惠梅様, 宿駅の, 尋ねられた人, 少しく疑われる, 幽かに, 彼等は, 念の, 念を, 思いましたが, 思い用心, 思う, 思うくらい, 思うたわ, 思うほど, 思うまで, 思った, 思ったが, 思ったと, 思ったほど, 思ったよ, 思ったらお, 思ったらまた, 思ったらまるで, 思ったらやはり, 思ったら真個, 思ったら長, 思ったら陳さん, 思ったんで, 思ったヘヘ, 思ってたわ, 思つて近づい, 思つて通ひ, 思はれる, 思はれるほど, 思はれるほどの, 思ひの, 思ひましたが, 思ひます, 思ひますが, 思ふ, 思ふこと, 思ふとつ, 思ふの, 思へば, 思われた, 思われたくらい, 思われます, 思われますが, 思われる, 思われるが, 思われるくらい, 思われるほど, 思われるほどの, 思われるほど味, 思われるよう, 思われる二十一二, 思われる堂々たる, 思われる顔, 思ッたら, 怪しまる, 情ない気, 想わせる風体, 想像される, 想像し, 懇ろに, 推せられる, 改めてきかれ, 新吉の, 日頃胸に, 無礼な, 猟人が, 申し候ゆゑ, 疑わる目科, 疑われること, 瞥と, 私は, 租税を, 考えます, 聞いた, 聞かれたら一寸, 聞きましたらただ, 聞けば, 自負し, 見えるほど, 見ゆる山, 見ゆる様子, 見ると, 見れば, 言ふ, 訊ねて, 訝かり問, 話しでも, 話でも, 誰でもが

▼ 人この~ (195, 0.0%)

4 人は 3 家に 2 不覚筋動に, 中に, 中へ, 人が, 怨みを, 機会に, 死骸は, 石を, 秘密を, 船へ

1 [168件] いへること, うち女が, お方は, かみと, どちらも, ふみを, ほかに, まま長らえ, みすぼらしい老人, やうな, イキサツを, ウィンザアで, マユミに, 一字に, 一隊が, 三人の, 三四年前から, 三国ヶ嶽の, 三鷹の, 上も, 下手つ, 不思議な, 不祥の, 世の中に, 世の中には, 中老人の, 乞食どもの, 乞食に, 事に, 事により, 事によりて, 事を, 事件の, 事洩らすまじ, 二つの, 二人にも, 二藩の, 二階を, 人, 人と, 人に, 人も, 人数を, 人数合わせ, 人氣絶えたる, 人物であったれ, 人生に, 人等の, 介化し, 代表者に, 例を, 信の, 処で, 処に, 叔母さんの, 叢へ, 君など, 商人を, 因循な, 国の, 地を, 地上に, 域を, 場に, 墳墓を, 壺を, 外れに, 多苦多, 大誤謬, 大部屋で, 大陰謀, 大鯛, 女が, 女に, 女を, 女中程, 始末じゃ, 字の, 学校を, 室に, 寺に, 尊者の, 小さい花売娘, 小さき麥場, 小使の, 小市民的ボンノム, 小野の, 屋敷には, 山に, 山奥で, 市に, 席に, 席の, 年まで, 庵へ, 御すゑ, 恐しい, 恐ろしげ, 意外の, 故を, 方が, 旅館では, 日にあたり, 日余の, 暗い寂しい中, 杉の, 村で, 村に, 柳の, 森の, 楽しい湯, 気味の, 永観にとっても, 湯ん, 点に, 物を, 特権を, 猴を, 理を, 町に, 町の, 石川家の, 神を, 秋風を, 種の, 竜女を, 紳士の, 美しき虹, 腕環を, 船に, 艇から, 花を, 草で, 蘭人や, 蛇の, 蛇を, 蛇毒を以て, 術を, 街道を, 裏に, 裏の, 観潮楼の, 謎を, 赤鼻の, 足で, 身に, 身は, 辺では, 辺りを, 辺を, 辺鄙な, 近所に, 近所の, 迫りくる飢餓線, 道を, 道場に, 遥かなる, 部屋で, 部屋に, 部屋の, 難に, 難題を, 頃宮様の, 頃流行っ, 風呂場の, 風呂番の, 風変りな, 騷を

▼ 人にとって~ (195, 0.0%)

3 それが, それは 2 おそらくたった一度, 一生の, 何よりも, 古ぼけた邪道

1 [181件] あまり裏, あるいは甘, いい本, いかにも困難, おのれの, お互いが, かえって喜び, きらいな, きわめて自然, こうした俳句, このうえ, この三地方, この思想, この火薬製造所, この発車前, これくらい, これほど, こんなABC, じつにたいせつ, じつに愛着, そうな, そう見える, そこは, そのため, その不幸, その判断, その本質的, それほど目, それ以上の, ぞっとする, たいへんつごう, たった一本, たとえ, たとえばあなた, とうていこれ以上, どういう事件, どれくらい, なおさらである, ながい時間, ばつの, ほんとに喜ばしい, まことに感慨深い, またなき, まったく幸福, まれなくつろぎ, もう一つ, もう不可能, もしあの, もっと愛する, よくない, わたしは, アフリカは, デモクリトスさえが, 一つの, 一番神聖な, 三国神社の, 不合理, 不安な, 不安なく, 不愉快で, 不明瞭な, 乱れがたい, 人生を, 今頃石油ランプの, 仲, 何か, 何かの, 何たる不, 何事でも, 倫敦の, 全く意想外, 全く新しい, 全く苦しい, 共通な, 切実であるべく, 切実なる, 初めての, 勿体ないだろう, 危険率が, 厄災と, 吹矢は, 問題では, 地上の, 外国絵画の, 大きな動揺, 大きな夜, 大した困難, 大した秘密, 大切な, 大当て外れ, 大損失, 学ぶべき新しい, 学問が, 実に平板, 実に思い設けぬ, 実に苦い, 実に重大, 平凡な, 幸いな, 幸か, 幸福であったろう, 幸運か, 必ず或, 必要な, 思いがけない仕合せ, 思い出の, 思惟は, 恥でこそ, 文献学的に, 新しいもの, 日本人は, 時間は, 更に見当, 最も偉大, 最も大切, 最も必要, 最も望ましい, 最も魅力, 最上の, 最善の, 最後の審判の, 最高の, 有益な, 望ましいこと, 未曾有の, 東京市は, 楽器は, 次第に初め, 歴史における, 死である, 気の毒である, 氷は, 決して不幸, 決して好ましい, 決して無用, 決して邪魔, 無条件に, 物的環境は, 特に伸子, 現在ある, 現実は, 甚だ神秘的, 生かして, 生存は, 生死の, 生活とは, 生活は, 異国は, 異存の, 疑いなく, 病んで, 真に神聖, 真実である, 知識としてのみ, 神とは, 竜介は, 結婚の, 絶えて, 絶対的必要品であり, 絶対確実に, 罪は, 置きの, 耳の, 蜘蛛は, 西村の, 見のがせないの, 詩的の, 警戒しなけれ, 貴重である, 運命だ, 適当な, 選択の, 避けること, 那奴は, 重要な, 間違いな, 陽気な, 雨は, 非常に, 音色に, 飛行機は

▼ 人ごと~ (194, 0.0%)

16 のよう 13 のやう 7 ではない 4 に, に吹聴 3 にそれ, に言 2 にいい, にたずね, にサルトル, に同じ, に数魂, に泣ごと, に顔, よな, を云, を云っ

1 [124件] が忘れられぬ, が爽やか, じゃありゃしない, じゃねえおれたち, だから, でない感じ, でなかった, ではありません, では無い, とは思えない, とは思へず, ともつかず, とも思はれん, ながらあんな, ながらいまわしくっ, ながらもナサケ, ながら冥加, ながら冷汗, ながら可哀そう, ながら心配, ながら思はず, ながら文武, ながら気, ながら秘か, ながら聴耳, ながら自, ながら頭痛, など言い, ならずと, ならずぼく, ならず口ずさんだ, ならず実感, ならず察しられて, ならず察せられたこと, ならず心配, ならず思ったよ, にあり, にいちいち, にお, にお菓子, にこの, にこれ, にその, にその同じ, にそれぞれ, にそれとなく, にたずね始めた, になっ, になんだか, には思う, にめいめい, によく, にモオリアック, に一つ, に一条, に一銭, に二十銭, に互, に会, に余, に刀, に別々, に双方, に四度, に如才, に妻, に宵子, に専門家, に尋ね, に尋ね回った, に島田, に廻っ, に式, に彼女, に快い, に思われなかった, に慕わるる, に懺悔, に我が身, に掘り, に斯, に新人, に新聞, に死ん, に殺人狂, に涙, に焼け跡, に留守, に白い, に皆い, に相違, に私, に笑顔, に紹介, に聞かれ, に聞く, に自分, に芸妓, に見せ, に見せびらかし, に見せびらかした, に見る, に見舞, に言葉, に訊い, に訊ね, に許しゃしない, に讃歎, に貴き卑しき, に錺屋, に頭, に馬, のしげけれ, の心, ばかり恨めしく, も歌声, をいっ, をかれこれ, をつ, を云い, を云う, を云った, を言い, を言いました

▼ 人こそ~ (190, 0.0%)

6 真の 3 眞の, 私の 2 しらね嗚呼, それを, なけれ敷島, ほんとうの, 単独行, 善けれ, 實に, 自分の, 見えね秋, 誰あらう

1 [158件] あなた様を, あの小説, あれ, あれどこ, あれ遠藤武者, いいめいわく, いい迷惑, いぢ, お千絵様, お気の毒, かなしかりけれ, ぐっすりと, この人, さながら瀧口, しあわせで, じつは蟻田博士, ぜひ明日, そちの, その実, その知識, その資格, その頃, ちがえ人々, ついたった今小舟, つまらぬ幸福, はじめて一切空, ほんとにその, まことに徳, まことの, まさしくそれ, まだほんとう, みじめで, みずから地獄に, ゆかしけれと, よくその, よけれです, よけれ磯之丞, わが崇拝, わが無二, わしの, われらの, われら梁党の, アジアにおける, アジア人たる, ゲルダの, シカゴの, ダンネベルグ夫人以前の, デニー博士と, ヤキモチヤキだ, 三峰の, 上無き, 与へらるべきであるの, 世にもいたましい, 世にも果報, 世の中に, 世界の, 二人が, 云つ, 人間の, 今では, 今の, 今日の, 佐々内蔵助成政だった, 何という, 余人ならず, 來つれ外すまじ, 信玄の, 先生かいもく, 兵馬の, 初代桂春団治である, 却つて厳粛ごつ, 厳島合戦に, 口惜けれ, 名物として, 君子と, 嘘吐です, 四十不惑の, 困るだろうが, 坂口で, 多いよう, 大丈夫だ, 大江山課長を, 天才という, 天晴未, 奧ふかき, 女の, 孔明であろう, 守護靈さんです, 官学の, 実に, 実際都合, 将来ある, 年末の, 幸あれ, 心や, 思いきり悪口, 怪しむべきである, 恋しけれ, 悟り切ったらしいこと, 悲しく痛々しく可憐, 憐むべき, 戦軍総, 替れ二人, 最も輝かしき, 最後身, 本当によく死, 本当によく死に得る, 本当によく生き得る, 本当に何, 本当に民衆生活, 本当に見かけ, 果して微々たる, 根本的の, 正しく佐橋甚五郎, 殺したれかよわい, 災いである, 災難だったろう, 災難である, 無上の, 犯人です, 犯人御両, 現今も, 甚五衛門殿でございました, 眉濃く, 真に今日, 真に得, 真に憂国, 真に空, 真に過去, 知らね, 知らねか, 知らねそらしたその, 知らねアカシヤ, 知らね大海, 知らね年, 知らね心, 知らね松, 知らね火の気立ち見ゆ, 知らね私, 紛れも, 細川藤孝であった, 終生の, 義挙の, 老いたるよりも, 考えが, 聖人という, 自分にとっては, 若い作家, 見えね花, 言ひつる, 誰にも, 貴殿の, 軍艦奉行兼外務取り扱いとして, 迷惑です, 迷惑至極であったらう, 間違ひなく, 音すなれいづ, 養生所という

▼ 人自身~ (188, 0.0%)

4 の心 3 の口, の思想

2 [12件] が敬服, が自分, が蘇り, であります, である, にし, のうち, のこと, の間, は自分, も無名, 烈しい性欲

1 [154件] からそれ, から聞く, がこれ, がぜひそう, がそう, がその, がそれぞれ精巧, がそれほど, がどれほど, がまずちゃんと, がもの, が云っ, が今, が健康, が儒教, が全然, が公判廷, が尊敬, が彼ら, が彼等, が待合, が文学, が既に, が最もよく, が正体, が決して, が浮気, が王, が真面目, が紳士, が自分達, が英文, が衛, が身許, が選択, が遺憾, さえも望ん, じゃありません, じゃない, すでに一個, すらそれ, そうせず, その言葉, だけの娯しみ, でさえ, でさえ彼以上, ですら, でつぐなうべき, でなければ, ではない, ではなかっ, ではなくし, では言つて, でもそれ, で何, で始末, としてもおそらく, と雖ども予知, においては上, についても直接関係, にとっては些細, にとっては地獄, にとってもすでに, にとつ, には捨てられない, にもありあり, にもその, にももう一度, にも驕慢, によって云われ, によって何事, によって書き伝え, による自覚, に不幸, に不満足, に同化, に向け, に向けられなく, に対する尊敬, に帰っ, のため, のパトス, の中, の乳房, の事, の二階, の信じ, の個性美, の全, の努力, の十分, の反省, の口一つさ, の娘, の存在, の家族, の心持, の心理的, の悲観, の意, の感想, の拵, の損失, の文化, の文章, の方, の棺, の残虐行為, の気持, の特殊性, の男, の發展, の眼先, の経歴, の線, の美, の耳, の聯想, の苦しみ, の裸, の言ふところ, の言葉其もの, の証明, の詳しい, の語る, の過去, の野心, の頭脳, はあくまで, はすでに, はそんな, はコリント式, はチベット, は今, は例, は数百万, は最高, は決して, またその, もこの, もこれ, もそれ, もたいてい, も不満, も名言, も海, やはり何, より他, を成長, を處理, を言い, 大抵それ, 果して, 歩くこと

▼ 人~ (187, 0.0%)

54 やない 25 やありません 9 や, や無い 8 やなかつた 5 やございません 4 やなく, や手, や無理 2 やあるまい, やが, やとても, やな, やね, やのう, やア, や心細い, や淋しい

1 [47件] かい軽, かい門人, つとして, つと伏し, つと坐つ, やいけません, やいや, やから, やがな, やずゐ, やつた, やないからい, やなくなる, やなし, やねえ, やむづかしいだらう, やむづかしからう, やらうが, やん拳, やア物騷, や六, や出來, や出来ん, や勿體, や受け合, や可, や埒, や御座いません, や心配, や持ちきれまい, や持ち切れません, や數, や昨日, や有, や来られない, や桟敷, や棧敷, や死にたくない, や無, や無え, や物足りない, や町内, や訪問, や變, や開き, や駄目ぢ, らしは

▼ 人一緒~ (186, 0.0%)

7 になっ 43 になる, になれ, に暮し, に行っ

2 [17件] だった, でしたよ, でなければ, になった, になつて, にゐる, に下宿, に住ん, に居る, に帰っ, に思った, に暮, に死ぬ, に自動車, に行方不明, に話し, のこと

1 [129件] か, じゃ面白く, だ, だつた, だで, だと, だよ, でした, でしたから, でも見られる, で丁度, で江戸, なら大丈夫, にあび, にい, にいる, にお寺, にくらす, にこっち, にこの, にさらっ, にした, にする, にそこら中, にそれ, につれて來, にどっと, になつ, になつて火, にはいろう, には住まない, には書けぬ, にほっと, にやおら, にやすんだ, にやってき, にやりだす, にわし, にカアネエギイ, にグラス, にドン, に一個身体, に世渡り, に会える, に住もう, に佐吉, に倒れた, に写す, に出, に出かけ, に出た, に出よう, に刺繍台, に厦門, に参りましょう, に参る, に受け, に受けました, に右, に外, に外出, に奥, に学校, に室, に家, に寝た, に小使室, に小屋, に小用, に帰京, に座敷, に引金, に御用, に思わず, に成っ, に戻っ, に抱き合っ, に抱合, に指, に撮った, に斯, に旅, に旅籠屋, に早く, に晩ごはん, に暮したい, に木曽街道, に来られ, に東京, に梯子段, に此方, に歩い, に歩き, に汽車, に燈火, に町, に私方, に立ち上がり, に答えた, に腹, に芝居茶屋, に落合, に行, に行く, に行ったなら, に行方不知, に見た, に話したい, に調べられた, に車, に退治, に連舞, に遊ん, に過ごし, に部屋, に釣っ, に鉄砲, に長次郎, に陥ちる, に集まった, に雪崩込んだ, に電車, に青色, に食べた, に飯, に馳, に髪, の誕生日, は有難い

▼ 人扶持~ (184, 0.0%)

7 を給 3 にせられた, を受けた, を給せられ, を給せられた, を頂い, を食んだ, 御足三人扶持, 御足五人扶持, 被下置 2 であつ, の小身, の軽輩, を付け, を受け, を受ける, を増し, を給せられる, を賜っ, 御足十人扶持

1 [130件] かて一年, から生涯忠勤, か五人扶持, か八人扶持, がどんなに, が一人扶持, が最多, が給せられ, くらいの徒士, ぐらいな御, ぐらいは若殿様, こういう俸給, しか取っ, しきゃ貰って, ずつの俸, ずつの増し, ずつ岡野, だったけかな, だと, である, ですかな, ですから, でも侍, でタクサン, で国許, で細川家, で藩校, というわけ, という低額, という指南番, という最下等, といえ, といった, となつ, とはいえ, とは一箇月, とは大藩, と云った, と筆太, と若党, なので, なる河島伯耆守, にご, にて平野村, になり, に加, に改められ, に有りついた, に進められた, の世禄, の中三人扶持, の五合, の加増, の医者, の地位, の奥医師, の家, の小役, の小普請医者, の小禄, の彼, の徒士, の御, の村松金之助, の渋江, の矢島, の矢島玄碩, の米, の表, の見る, の足軽, の足軽組頭, の軽, の輕, の門田与太郎, の飼殺し, はぼく, はもったいない, は明治元年藩政改革, は最下士, もあり, も取らせましょう, も遣りたい, より三十人扶持, より少なき, をいただい, をいただく, をうけ, をうけた, をとる, をもらい, をもらっ, を下され, を下しおかれる, を下し置かる, を与えた, を出せ, を加え, を加えられ, を受, を売っ, を支給, を東京, を給う, を貰, を貰う, を賜つて, を賜わった, を賜わり, を賜わる, を遣, を遣わす, を頂戴, を領し, を食ん, 下され足輕小頭申付, 似合うであろうがな, 借上, 出ること, 取る足軽, 執松尾立造, 小通詞並, 小通詞銀七貫三百目三人扶持, 御作事方賄い役, 御料理人頭, 御足八人扶持, 御足四人扶持, 或は十石一人扶持, 被下, 被成下

▼ 人さえ~ (183, 0.0%)

21 ある 8 あった 7 見れば 6 あれば 3 あったの, あるの, あるん 2 あるが, あるくらい, あるでは, あるという, あるのに, あるよう, いなければ, 少なくない, 来れば, 見ると

1 [112件] あたしに, あったくらい, あって, あやしいであろう, ありました, あります, ありますが, ありませんでした, あるかも, あるから, あるじゃ, いたと, いて, いない, いなけりゃどこ, いるだろう, いるという, いれば, おりません, おれば, おわかり, かなりもてあまし, しっかり離れない, そうだ, その暗示, たくさんあった, だれも, ちゃんとし, つる片, できたので, できて, ない, ないの, ない有様, ない筈, なかった, なきに, なき有様, なくこれ, なくて, まだ何, まばらである, よければ, 一人も, 一人前の, 一昨年から, 一瞥の, 下手人を, 世間には, 主を, 住んで, 信じて, 内通し, 出せば, 出て, 出来た, 助かれば, 助けたと, 反対しなけれ, 多いが, 多くなり, 多すぎる, 大変いい, 好けりゃ女房, 好ければ, 実は不安, 容易ならぬ, 寄れば, 少いよう, 少ないくらい, 少ないよう, 居なければ, 居れば, 帰って, 幸蔵主には, 得れば, 怪我を, 恐れを, 折々まだある, 描かせられるもの, 斬れるところ, 最も幸, 本当には, 楽に, 此世には, 殺す必要, 気が付かなかった, 洩らなけりゃ大事, 潔白なら, 無いの, 無くなった, 甚だ稀, 癒って, 知って, 知らないうち, 紋附に, 紹介を, 背恩の, 薫の, 見えて, 見えなかった, 見たらすぐ, 見て, 見なければ, 覚えて, 討ち取れば, 誰一人なかっ, 足を, 通ると, 過しかねるそんな, 集まれば, 首鼠両端でなかったら

▼ 人なり~ (183, 0.0%)

4 ければ 3 ける, という, 彼は, 我も, 而し

2 [17件] けむも, しが, と, とた, われも, 三人なり, 二百人なりの, 井上伯は, 侯が, 十人なり, 年若なれ, 曾て, 而も, 野村子は, 閑古鳥は, 閣下は, 雅談湧が

1 [130件] あるいは二人, あるいは他, あるいは六人, あるいは馬, いかにもし, いかほど大勢, いっそ銘々, かろき足並, このごとき, この智戦, しかと云, しかと覺, しやを, しよと, そのころ, その自, それに, それにて, たのもしき人物, って小勝さん, とか何とか, ともたった, とも主, とも之, とも同情者, とも多く, とも己, とも有り得る, とも此, とも此の世, と多く, と称せられたる, と稱, また中立, また支配人, むかしおん身の, やいなやこれ女, や否や, や数人, よろしく相愛, シエーナの, ネルソンは, 一三〇七年その, 一二七六年ハドリアヌス五世の, 一人なりに, 一人に, 万人の, 三人なりで, 世の, 二人なり, 二十名の, 五人なり, 人の, 人は, 人を, 人力車に, 人間の, 付いて, 仮作の, 何となれ, 何事あり, 傍若無人の, 八箇年以前同役が, 其時吾助は, 動物なりを以て, 十人なりの, 即ち未だ, 又酒, 古沢氏は, 古澤氏は, 句は, 可哀, 司法行政の, 司馬懿仲達とも, 各神牌, 君の, 壯時橘の, 多分かの, 大久保参議の, 女も, 嫁の, 学問も, 孰も, 実業も, 実行の, 富は, 少くし, 帰化人なりを, 彼も, 彼奚ぞ, 彼寺供養の, 後れて, 恩に, 悔まじ恨まじ, 我を, 我等は, 施寧は, 早馬で, 智に, 智慧は, 朕が, 李四も, 来て, 此人奇世の, 殊にそういう, 殊に女房叔母とも, 然るに自由党, 然るに自由黨, 物なりの, 特にわれ, 犬なり, 眞の, 知遇に, 禁裏さまも, 私は, 管仲晏子を, 紅芙蓉, 脆弱なる, 英国人なりが, 草は, 解釈する, 豈に, 過不及なき, 遠慮は, 適当に, 郡村吏も, 頼家如何に, 願はくは, 首尾よき, 鴛鴦の

▼ 人知れぬ~ (183, 0.0%)

7 苦労を 4 苦労が, 苦心を 2 処へ, 大望を, 心の, 悩みが, 涙が, 涙の, 苦勞を, 苦悩を, 苦痛を

1 [150件] ある秘密, うちに, お気遣い, かくれた, こんな心, ところで, どよめきを, まに, やうに, ロアル河べりの, 不平衡, 不快と, 事実が, 傷口の, 切ない未練, 別世界の, 刺戟を, 力が, 努力が, 努力に対して, 努力を, 労苦も, 勇気が, 勉強ぶりを, 厳粛の, 反撥心も, 名状し, 名誉が, 喜びの, 喜びを, 嘆息を, 困難が, 埃りだ, 場所で, 場所に, 場所へ, 変容は, 多忙さが, 大きな楽しみ, 天下への, 奧の, 宵闇に, 密林の, 富と, 屈託が, 工夫が, 希望と, 幸福を, 幾多の, 廢道を, 強さ, 徳行の, 心は, 心労も, 心痛お, 心遣いは, 忙しい疾風, 思を, 思慕を, 恋は, 恋を, 恐れが, 恐怖と, 恐怖などは, 悦楽の, 悩みの, 悲しみから, 悲劇が, 悲劇は, 悲劇も, 悲劇を, 悲壮な, 悲痛に, 情熱とを, 愉しみ, 愛情をば, 憂さを, 憂愁に, 所で, 所へ, 故障か, 方へ, 方法と, 昔の, 時刻に, 時間が, 本能に, 楽しみの, 楽しみも, 正体であった, 死の, 氣儘な, 注意が, 泪を, 涙を, 深い息, 深い滿足, 深い祈り, 温かみを, 満足, 満足を, 烈しい欲望, 無念さが, 焦躁を, 煩しさ, 煩悶を, 熾烈な, 父性愛の, 片隅で, 献身の, 異様なた, 痛みを, 痛苦は, 秘密の, 空虚感は, 精魂を, 考えを, 聖き, 自分の, 興味は, 苦い涙, 苦しみを, 苦労は, 苦労も, 苦勞が, 苦心が, 苦心と, 苦心は, 苦心も, 苦悶を, 苦痛は, 苦闘を, 英雄である, 虚空に, 血の, 表現の, 読みの, 谿に, 辛さ, 針と, 長い血, 霞かくれ, 静かな, 非常な, 頑丈なる, 顰蹙が, 驚喜と, 鬱積が, 魅力が, 魔力によって

▼ 人ぐらい~ (181, 0.0%)

7 なもの 3 だ, 何の 2 あっても, ありますよ, あるでしょう, です, どうにかなる, 出て, 同級の, 来る

1 [152件] あった方, ありましょう, あるだろうという, あるの, いいじゃ, いそう, いたであろう, いたヨ, いちどきに命, いる, いるか, いるよう, いろいろな, おいて, おれの, お覚え, かかって, かたまって, けがしたって, この茶飲み倶楽部, これから先, しっかりした, しょっぴいて, すぐまた, ずうっと, ずらりと行渡る, そしていちばんうしろ, そりゃ訳は, そんなこと, だから, だった, だったら身体, づつ人が, であった, であったらしい, でぐるぐる, でした, でしょう, でしょうか, でしょうな, ですからね, ですっかり, ですよ, でその, でただろう, でだいじょうぶ, でなんと, でタキシード, で仕立屋, で隊, ともかく片仮名, どうかできなけれ, なの, ならさほど, ならんで, なんでも, な者, はいますよ, ふえたって, もって, もっと楽, わしらが, ナルホドと, ムッソリニに, 一時に, 一緒に, 不足な, 乗れそう, 二等で, 人が, 人口が, 住んで, 何うにでも, 何ものか, 何を, 僕の, 入れるの, 共謀し, 内証では, 出ても, 出る必要, 出来ないもの, 加わって, 北の方から, 収容できましょう, 叩きつけて, 囲っても, 夏です, 大丈夫です, 失った, 奢っても, 女の, 女の子でも, 子供が, 子供を, 家屋その他の, 小耳に, 少くも, 居たの, 居たろうと, 居て, 居まして, 居候に, 屑が, 席について, 恐るること, 愉快に, 戦死しました, 持ち少し, 掛っても, 採りよるかな, 控えて, 揃うとき, 放り出して, 文筆上で, 曲げ残り, 来て, 欲しいとは, 死んだか, 熱心に, 生んでるの, 産婦さんが, 申し合わせて, 申込まあ, 疾くに, 私が, 秋田犬保存会長という, 組に, 経理の, 自由な, 興味を, 蒼ざめた娘が, 親しいもの, 解雇した, 詰めて, 誘って, 誰かを, 貝を, 跳かえします, 逃げたところ, 這入る広間, 通して, 連れだって, 連れて, 都の, 釣好きはめつたに, 附く筈, 陶磁そのものの, 集まろうかの, 集めるの, 雇って, 養って

▼ 人とが~ (181, 0.0%)

9 ある 3 あつて 2 いた, 俺の, 先発した, 出來, 同一の, 来る, 溢れ出た時, 背いて

1 [153件] あって, あてがわれるはず, あります, ありません従って, あるが, あるばかり, あるよう, あるわけ, ある事, いて, いなかったら民族的, いろいろと, かくまで, かさなりあいおされて, かたまって, こ, これに, さし向かいで, しきりに懐かし, その薄暗い, それぞれの, それを, たった一度きり, ために, ちゃんと大地, つながり合って, つれだって, とうぜんとして, どう考え, はせつけて, ひどく似, ひるまえ, ぶつかり合った, ほとんど同じ, ほぼ分る, まだカルタ, むるものなければ, やつて, オーアンの, クラマールの, ピッタリ合う, 一しょに, 一坐し, 一度は, 一生懸命で, 一緒に, 上に, 下敷きに, 不調和と, 予備実験に, 争うばかり, 二人とも, 互いにゆかし, 互いに不安, 互いに繋っ, 互に抱きあった, 互に殺し合い, 五六人ばたばた, 今でも, 仏壇の, 住む所, 倫理的關係に, 偶然にも, 入間川の, 全然別, 円満に, 出る, 出張つて次々, 出来て, 出来る, 出迎えて, 出遇, 分れ分れに, 分厚な, 切り合う場面, 判りますか, 加わったため, 加勢に, 半々に, 危なつかしい, 同じく頌辞, 同じであった, 同じ方, 同時代, 向い合って, 向うから, 吸引され, 喧嘩を, 地上で, 坐り得る広, 声を, 大勢の, 大嫌, 寄って, 寄りあえば, 居た, 崩れて, 引落し, 彼を, 往来の, 心から信じ, 挑み争って, 挑み合う音, 挨拶を, 探り合いながら, 接したところ, 接した場合, 提灯を, 握つて, 握手するだろ, 摺れ違う途端, 柱の, 棺を, 武器を以て, 決死の, 混つて歩い, 湖水から, 熱心に, 現れて, 産んだもの, 田を, 皆自分, 盛んに, 相半ば, 相当な, 相見る, 相談し, 眼前に, 睨み合うこと, 社会的に, 精神も, 縦横に, 繋り合うのに, 背中合わせに, 自分等の, 茅野雄の, 落合つた時でした, 血みどろに, 衝突り, 西側に, 親しく交, 話しながら, 話を, 語り合, 辞し去る, 連立って, 道理に, 長い人生, 長火鉢を, 集つて共通の, 離反した, 食膳を, 飲みつ

▼ 人がかり~ (180, 0.0%)

5 でその, でやっと 3 でそれ 2 でお, で倉松, で彼, で持出した, で私, で若い, なら

1 [153件] から十人がかり, じゃ耐ら, だ, で, であたし, であの大きな, であんな, でいつも, でおれ, でお母さん, でお節, でかかえ, でこしらえ, でさがし, でしらべ上げる, でそれぞれ, でどうやらこう, でないと, でなきや, でなくては, でなければ, でなわ, でひきあげ, でひどく, でぶん殴り, でもあんなに, でもさんざん, でもどう, でもん, でもドウ, でも動かせ, でも同じ, でも運びきれ, でやっ, でやったら, でやつ, でやらない, でやられ, でやれ, でやッ, でようやく, でよっぱらった, でグイグイ, でシャツ一枚, でソロソロ, でダイヤ入り, でチョチ, でネル仕立て, でレミヤ, で一俵, で丁度一人前, で中程, で二枚, で亭主, で今度, で何処, で全力, で出かけ, で出来ん, で出来上った, で劉, で勝則, で取抑えよう, で只, で困っ, で変, で外交文書, で大きい, で大きな, で大型, で大岩, で大騒ぎ, で奇怪, で女房, で妙子, で姫草ユリ子, で嫁泥棒, で寝てる, で小さな, で少し, で尻, で巧, で帯, で庭じゅう, で引, で引い, で彼女, で彼方此方, で才次, で打ち破った, で抱きつい, で押, で押えつけた, で押えられた, で押さえつけた, で担っ, で捕, で撲っ, で日吉, で暴れる, で横, で次郎, で死骸, で殺そう, で毛皮外套, で沢庵石, で片, で番頭共, で皿, で着せました, で着物, で秀子さん, で種々, で窓, で立ち騒ぐ, で箸, で紛失物, で細い, で組立てた, で綴じ, で縛った, で縛つた曲者, で繃帯, で聴き, で艶, で草屋, で荒縄, で蔵, で襟クビ, で詞, で賽銭箱, で起し, で送り迎え, で運ん, で重い, で長い, で雨戸, で靴下, で駕, で骸骨, ならどうにか, ならば, にある, にてもむつかしき, にて一個, になる, には倦怠, に一度, に人体, に生き, の大, までの大筒五挺, も仰山

▼ 人~ (178, 0.0%)

9 の中 3 である, を配り

2 [16件] お内儀さん, が一ぺん, が少, が次第に, のうしろ, の多い, の集會, は, はと聞かれ, は侍, は大, は大凡十四五人, は少い, は左, は彼, を揃

1 [131件] あるが, あれば, から云, がざつと二十人, がドカドカ, が一人, が主人, が乘つた爲, が例年, が入, が八方, が向う, が喰, が増す, が多, が多い, が少い, が少く, が少ない, が殖える, が滯在, が礫, が記され, が酒, だけで封印, だけのお, であ, であるから, です, ですが, ではありません, では困ります, で合唱, で向島, で封印, で尾久一杯, で搜, で昇つて行つた, で突入, で見, と時代, と見, と賑ひと, ながら誰, などに相違, ならむ, にも限り, に不足, に加はつ, に加はる牢人者, に埋められ, に近づきました, に過ぎる, に驚い, の下役, の作る如き, の僅か, の半, の半ば, の半分, の報告, の家内, の家庭, の少い, の彼等, の揃つたの, の目, の篝火, の間, はざつと三十人, はざつと二三十人, はそれつきりか, は二人, は二百人近く, は互に, は今日, は再び, は却つて妨げ, は咳一つ, は少なし, は廿人餘, は思はず, は恐らく, は折重, は揃, は揃つて, は數, は數寄屋橋御門, は皆んな, は直ぐ, は藝妓末社, ほど並べ, も僅少, も多し, も少く, も次第に, も殖え, も減つて, をお, をかぎる, をたのん, をひき連れ, をふやし, をカキ, を主人, を以て組織, を倍, を別棟, を制限, を四組, を増し, を差し向けた, を庭, を改め, を斬り, を殖やし, を洩らし, を狩り集め, を益する, を知ら, を羨し, を要する, を調べる, を調べ申さん, を載せた, を追, を配, を集め, を頼み不意討, 別段覺悟, 多く既に

▼ 人ほどの~ (177, 0.0%)

5 人が 3 侍が, 者が

2 [15件] 人数が, 信者の, 信者を, 兵が, 名前を, 女房が, 客が, 少女が, 武士の, 生徒に, 男が, 腕達者が, 部下を, 青侍や, 頭が

1 [136件] いたって家族的, おまわりさんを, お友だち, お客さまが, お武家, こどもが, ご同勢, アイヌによって, ダンナが, ポルトガル人を, 一団が, 一塊り, 一隊が, 一隊を, 下職を, 世界の, 中に, 中には, 主従は, 主立った人々, 主立った武士, 乗客の, 人々が, 人から, 人を, 人夫が, 人数だった, 人数でした, 人数に, 人間が, 人間しか, 仲間と, 作家が, 信者が, 信者に, 兵士が, 具足師が, 冒険的精神が, 刑事が, 半農, 原地人たちは, 参会者が, 友人知人が, 同勢が, 名が, 外妾が, 大人が, 女と, 女に, 女優が, 女房は, 奴が, 娘が, 婦人の, 子が, 子どもたちに, 子供も, 客の, 家来を, 寮生は, 将士が, 小学生たちが, 少年が, 少年たちの, 島民児童が, 帯刀を, 弟子たちと, 役人が, 従姉の, 微行である, 患者は, 惨死者を, 手下が, 手下を, 捕兵, 掠奪隊が, 数に, 方々が, 旅の, 村の, 根気なく, 植木師らしい, 武士, 武士が, 武士であっ, 武士と共に, 武士や, 死人が, 死者を, 深さ, 熱心な, 牢人も, 生き残りの, 男と, 男の子の, 男女が, 登山者が, 看護婦で, 眷族が, 研究員が, 破落戸らしい, 禅僧が, 紳士淑女が, 総勢の, 老若男女が, 者から, 聲が, 聴きての, 聴講者が, 職方が, 腹心の, 膳に, 自由は, 自由労働者が, 芸者に, 若い學者, 若者たちが, 薩摩の, 覆面の, 見送り人が, 記者達で, 警官の, 踊子の, 軍隊が, 軍隊だった, 農奴に, 部下が, 部下は, 野武士ていの, 銃隊士に, 闘鶏師が, 陸兵が, 集りに, 頭数が, 顔が, 黒法師の

▼ 人といふ~ (176, 0.0%)

23 ものは 19 のは 5 奴は 4 ことに, 風に 3 ことが, ことを, ものが, ものを, 人の, 人は, 名を, 感じが 2 ことで, のが, のである, やうな, 一文を, 人が, 意味は

1 [83件] おびただしい燒死者, きりやうで, ことから, ことだつた, ことは, ことも, その価, ではなし, ところだ, のか, ので, のです, のも, もの, ものありけり, ものかも, ものには, もの少し, わけです, ツナガリ自体に, ハンディ, 一つ一つの, 下つ, 事で, 事に, 人ががや, 人も, 人数を, 人物が, 人間が, 人間を, 位の, 出動率を, 区切りの, 印象を, 可し, 名人に, 名前の, 名義で, 国守が, 多勢で, 大勢では, 大軍だ, 大金持, 女の, 子供は, 寺である, 対象が, 心細い有, 性行の, 恐ろしく嚴め, 意味で, 意味な, 感じ, 数が, 数自体が, 日本人の, 暮しで, 未亡人が, 格で, 概念と, 比例を, 泳ぎ達者の, 渾名で, 澤山の, 状態で, 生産者に, 程の, 米国人は, 自慢と, 血縁を, 製作者の, 見地から, 見立てに, 言葉が, 訳に, 語の, 説も, 責任が, 資格で, 趣きが, 金儲中心の, 順序である

▼ 人~ (174, 0.0%)

7 につく, をひく, を忍ぶ, を忍ん, を避け 4 につかない, につき, に付かない, に立つ, をさける 3 につかぬ, につくし, の前

2 [15件] がなかっ, だつて事, にふれる, に付かぬ, のない, をさけ, をは, をはばかる, をひいた, を引く, を惹く, を憚り, を誤魔化す, を誤魔化せない, を避ける

1 [80件] から見れ, から解かれた, が少ない, が怖い, が無い, でもあったら, で相談, というもの, なければ, にかからない, にかかる, にかくれ, にさらし, についたら, につかず, につきひと, につき易い, につくいうた, にふれ, にふれない, にもかかり, にも新妻, にも明らか, に掛から, に映る, に晒ら, に現, に立たず生き, に立たない, に立た無い, に立っ, に触れぬ, に触れまい, に觸, に遠い, に附き, のあらずなれ, のつかない, のとどかぬ, のない薄暗い, の中, の人間, の動かし, の多い, の少ない, もない, もなく, もなし, もはばからず, も多い, も恥じず, をくらまし, をこすっ, をごま, をごまかし, をさまし, をさました, をしのぶ, をしのん, をつぶつて, をつむっ, をぬすみ, をひい, をひかない, をひき, を偸, を光らせ, を厭, を尊ん, を惧, を惹いた, を惹くらしく, を愕ろか, を泣きはらし, を眩ませた, を瞠ら, を虚, を見合わせた, を避けた, 立たぬ身なり

▼ 人かげ~ (171, 0.0%)

6 もありません 4 が何, はありません, もなく 3 がある, がない, がなかっ, のない, はなかっ, もない, 見れば

2 [11件] がこっち, が動い, が見えました, のよう, はない, は見えない, は風, らしいもの, らしい者, を見, 絶えて

1 [110件] あり, うごき, からまじまじ, から歩い, があった, があらわれ, があらわれた, がありませんでした, がいきなり, がうごいた, がうごき, がこの, がさした, がさっと, がし, がした, がします, がすべて僕, がする, がだんだん, がちらちら, がなくなり, がふたり, がみえた, がみえます, がみえる, がみとめられた, がゆく, がウジャウジャ, がカーテン, がソッ, がチラッ, が一杯, が働い, が出, が刀, が動き, が同じ, が同時に, が向こう, が声, が娘たち, が幾つ, が廊下, が曲っ, が横切った, が硝子戸, が硝子越し, が細い, が自分, が見えた, が見えだした, が見えなくなっ, が見えなくなりました, が見えます, が見える, が這いつながった, が集まっ, が黒く, であったかも, で厚い, においつい, にかくれる, には出あいませんでした, に照りました, に百舌鳥, に驚い, のあと, のそば, のとぼしい, のみょう, の水, の点在, はいったい, はだまっ, はとめんすべ, はどこ, はなかつた, はなく, はなの花, はなんとも, ははじめて, はべつに, はほか, はまた, はまばら, はまるで, はもちろん, は前, は明るい, は正しく, は胸, は見えなかった, は見えなかつた, は酒, へなにごと, もそこ, もなけれ, もまばら, もりす, も見ず, をおっかけました, をじっと, をみ, を見う, を見おくる, を見た, を見つけ, を見まもっ, を銀

▼ 人だけは~ (168, 0.0%)

2 残って, 用が, 見ましたが

1 [162件] あきらめなかった, あたしん, あやか, あると, あるひ, いけないあの, いたからとて, いつも温かい, いること, いるという, おふろ, おりました, おれが, お供, お過し申します, ここに, この山荘, この町, この見馴れぬ, これで, これまで, これを, さすが精神医, すぐに, ぜひ出, その夜息, その家, その馬, ちょうどあいた, てんで想像, とにかくし, どういうもの, どうしても生き, どうしても諦めきれず, どうぞまあお返し, どうにかもの, どうやら眼鼻, どこで, ひとり別室へ, べつな, みんなと, むしろ吉良家, やっと探し当てました, やはり黙っ, ゆるすこと, よう, よく存じ, りっぱな, わたしたとい, ウヰスキイの, コノール王に, ツクネンと, ボートに, ラサ府へ, 一緒に, 一足飛びに, 三蔵法師と, 二十八九, 互に寄り, 亡き父親, 人々の, 人心の, 人目を, 今にきっと興奮, 仲よくし, 何一つ訊かない, 何事も, 何時もの, 信じても, 元の, 先へ, 入口に, 入道し, 内蔵助から, 凝と, 分ったが, 別な, 別に, 別の, 助けずば, 勘弁なら, 南玉の, 参りませんの, 受けが, 呼んで, 嗜好が, 大丈夫だ, 女の, 孤立する, 実に生き生きと, 少し違っ, 帰って, 平氣, 幸いに, 店の, 当座の, 後に, 御妻子, 心の, 怪我を, 恋しい故人, 扇を, 打ちあけて, 挙げられたわけ, 排斥する, 政府の, 普通に, 暴れだすと, 有つた, 来て, 梟首か, 極度に, 次第に敬意, 残された, 残して, 残ったが, 殘つて居る, 永遠に, 決してそういう, 火にも, 煙草を, 独軍の, 獄門に, 生かして, 生きるが, 生け捕ったが, 甲州から, 百姓姿に, 相変らず, 真っ向に, 真ッ平, 矢っ, 知って, 確かに, 神輿に, 私と共に, 私の, 私を, 私達と, 秘密で, 結婚不可能であり得る, 聞くが, 自然別な, 自由に, 船に, 英艦の, 詫びて, 起きて, 身分の, 辛くも網, 近ごろ鎌倉じゅうで, 逃げ去ること, 遁れ終わせ, 遅れながらも, 鎖国の, 長い航海, 阿波にも, 雪の, 面影の, 顔が, 食後も, 黄色の

▼ 人であっ~ (166, 0.0%)

6 てその 5 てしかも, てみれ 4 てほしい, て彼 3 て, て決して, て見れ 2 たりする, てこの, てもそれ, て他, て何, て日本人, て私

1 [119件] たりした, たりしたら, たりチョイ, たり平凡, たり或いは, てある, ていつも, てかえって, てかく, てくれる, てくれれ, てこそ真, てこそ真に, てさえもそんな, てさすが, てそういう, てそして, てそのまま, てその他, てそれ, てただ, てたとえ, てとくに, てなにか, てはいけず, てはじめて, てはならない, てはならぬ, てはなりません, ては他人, ては殆ど, てみる, ても, てもいやしくも, てもこんな, てもたとえば, てもともと, てもならない, てももし, てももともと, てもやっぱり, てもモーラリスト, ても世間, ても何時, ても差支えない, ても必ず, ても恋しい, ても愛せず, ても探せ, ても新緑, ても普通人, ても無私無欲, ても私, ても習う, ても見過ごす, ても親戚, てやはり, てやはり時として, てわれわれ, てピエロン, てフェルネー, て一つ, て一人, て一方, て一見, て万事, て不, て今度, て仏教, て代官松, て修道, て偉大, て僕, て別, て剣道, て右, て声, て多く, て大学時代, て専ら, て巧妙, て己, て市内, て年齢, て幼時, て恋人, て悪漢たち, て折, て文学, て文章, て時代, て曽つて雑誌, て本国, て本院中納言, て案内人, て欲しい, て歌わない, て殺人, て毎晩, て水蔭, て永劫, て独歩一派, て現に, て現在妻, て生む, て禅僧, て科学知識, て竜, て算盤, て精神的生活, て系図, て胤舜, て自ら自己, て至って, て見る, て試験部附, て貫徹, て頼む, て駅

▼ 人~ (165, 0.0%)

6 の客 4 の男 3 の一行, の女 2 でぶらぶら, と田舎娘, に同じ, の侍, の内, の方, の男女, の紳士, の青年たち

1 [131件] あり, か御前樣, が, があっ, があれ, がいた, がいる, がきょう, がはつきり, がベカ, が下谷, が去っ, が幾組, が改札口, が日傘, が昨夜, が栃木県, が磯通い, が肩, が這入, じゃありませんでした, だ, だな, て此處, で, であった, であつ, でおいで, でここ, でこんなに, でした, でそして, でその, でもあと, でもいい, でも三人連, で一人, で一間, で何方, で先刻, で入っ, で入り込ん, で出掛けました, で向う, で向側, で土佐, で外, で大きな, で好, で學校, で山路, で御霊, で怪談, で日本橋, で来た, で東隣, で洛陽, で浴衣, で祇園, で芥川, で茶摘, で軽井沢, で追分, で這入っ, で電車, で頭, とは生憎, と摺れ違っ, と見, にて丸龜城下, にて歴々, にて立出高輪, にて請取, になっ, になつて我等, に再び, に気がつい, に見せつけ, に追付い, に追付く, に逢うたでしょう, に限られ, の, のひとり, のテーブル, のトルコ人, の一人, の中折帽, の人影, の傍若無人, の労働者, の変, の姿, の学生, の小学, の強盗, の後, の春婦, の暴力團, の會社員, の漁師, の男客, の病人, の百姓, の素姓, の若い, の草鞋, の襟章, の見知らぬ, の観覧者, の遊人体, の酔漢, の電信工夫, の黒装束, は一斉, は八, は振返り, は矢張, は舞台, は都, は都合, は顔附, もこっち, も同じ, も顔, や兄妹, らしい女, を見た, を見やった, を見る, を見送る

▼ 人に対する~ (162, 0.0%)

4 ような

2 [11件] のと, 尊敬と, 尊敬を, 心と, 意地で, 愛は, 感情は, 時分には, 罪悪感と, 罪悪感とで, 自分の

1 [136件] ある好感, いかなる利益, いつもの, ちょっとした看護婦, ときとは, ときに, のは, もので, ものの, やうに, ように, わが愛, サタンの, ショーヴィニズムの, ソヴェトとして, パリ上下の, 一人, 一般の, 七人でした, 万人の, 三十人以上では, 不平自己に対する, 世間の, 五千人の, 仕事だけは, 仕方なぞは, 他人の, 何ぞ厚, 信仰や, 信仰をば, 偏見を, 僕の, 優越感を, 公儀の, 刑罰が, 労力を, 印象が, 友情は, 反抗と, 反逆の, 同情が, 同情という, 同情の, 嘲笑かの, 四人です, 大勢の, 奉仕という, 好奇的な, 好悪が, 好意であり, 如き博, 如くに, 完全な, 害心と, 居住の, 弾圧の, 当時の, 彼の, 彼女の, 待遇が, 徳に, 徳義として, 心の, 心ばかりの, 心持は, 忠告も, 思いやりの, 恋に, 悪意の, 意味での, 愛では, 愛と, 愛に, 愛の, 愛情は, 愛敬としても, 感じが, 感情を, 感謝の, 慈悲であっ, 態度とを, 態度に, 態度には, 憎悪権力を以て, 憐憫とが, 成心の, 技師, 抵抗力が, 指導方針を, 接触が, 文化活動に, 斯う, 新田の, 方だった, 時の, 更新の, 最初の, 有効利用の, 有効利用は, 期待が, 未来の, 栗林, 案内と, 桜井さんの, 歓心とは, 正確な, 気持は, 温かな, 理由なき, 理解は, 皮膚の, 礼であろう, 礼儀という, 礼儀として, 社会人としての, 私の, 私自身の, 胸底の, 興味が, 行為である, 親の, 親み, 観念が, 言葉である, 責任を, 起訴状が, 跪拝であった, 軍隊および, 逆らい, 逆らひ, 道が, 道を, 遠慮から, 闘争, 食物及び, 食糧を

▼ 人ども~ (158, 0.0%)

3 あつまりゐる中 2 が何, に命じ, を平, を相手

1 [147件] あ, え罵らず, お前を, からこの, からずっと, からどんな, がいる, がその, がほとんど, がもう, がわれわれ, がゴロゴロ, が一日, が今, が儲からない, が千五百人, が博奕, が城, が廊下, が押し借り, が日蔭, が柵壁, が知っ, が縦走, が自分, が逃げる, が飯, この祝朝, そこを, その讓, だよ, できょう, でなかんずく, ではありません, といっし, とは違っ, と同視, なり, に, にこれこれ, にはわけ, には信じられぬ, にハイド氏, に反抗, に四日間, に捕えられ, に礼, に笑われ, に見つからず, に連れ, のうめき, のその, の中, の仕業, の姦計, の想像, の慰み物, の手, の方, の服せる, の機先, の氏姓, の気に入らなかった, の生活, の町, の精励, の著, の計画, の集ふところ, の飮食, はあぶら虫, はきのう悪戯, はすぐ, はそれ, はそれぞれ, はだれ, はなかなか, はのこらず, はまだ, はもう一度, はわれわれ地球人類, はイギリス, はウォルシンガム, はフランス, はワイワイ, は一人, は一人一人桟橋, は人間, は何でもかでも, は何者, は吾, は変態性欲, は大, は引返し, は往来, は御, は心から, は旦, は更に, は木, は本当に, は自己保全, は荒玉梟帥, は裁判所, は誰, は起ち, は追, は除族, は魚市場, ばかりいる, ばかりを相手, みなごろし, もみな矢, も悉, も痩せ, も相似, も私たち, よ, よといふ意味, をあつめ, をくっつけ, をひきつけてる, をみなごろ, をハメ, を一人, を一網打尽, を取れ, を好まなかった, を平らげ, を悉, を惡, を撃, を言向け, を言向け和, を誅伐, を警護, を追, を追い, を退け, 出来ぬまでも, 勾玉管玉を, 大勢置い, 生かし飼うとも, 石炭積みに, 素直に, 誑して, 驚くな

▼ 人~ (158, 0.0%)

5 をし 4 の男, の者 3 して, だ, だと, の身, をなさる 2 であった, で汽車, に今朝, の夜汽車, の女, の姿, の旅宿, はさぞ, をする

1 [112件] うき世, から私達, がどんなに, が多い, が好き, さえできれ, する若い, する身, だから, であったから, であったが, である, である場合, ではこんなに, ではございます, ではなかっ, でも歌子, で山神, で消え, で言葉, で話し相手, で逢い, で連, ということ, というやつ, という姿, とお, としての目的, となった, とは違い, と云っ, と見せかけ, など女, にお, につい, には一番, にひけ, に優待, に出, に出る, に出立, に慣れ, に死し, に笠, に送り出した, のおばあさん, のさすらい, のつれづれ, のよう, の三十, の中年, の事, の人, の味気, の地理学者, の奥山家, の子供, の客, の寂し, の山道, の心, の心安, の心細, の悲し, の愉快さ, の憂さ晴らし, の或, の旅客, の木賃宿, の気楽さ, の氣樂さ, の浪人風, の無聊, の異変, の私, の紳士, の若者, の苦労, の苦勞, はいけない, はさせられない, はなりかねる, は不思議, は何, は危険, は安全, は本当に, は極, は泊, は無理, は良い, は飛脚, へ彼女, よりも四人, よりも気, らしい, をされ, をせね, をつづけ, をなされた, を一度, を何とも, を偶, を欲する, を泊, を続け, を見送った, 御同行, 悲しく死んだ, 殊に何処, 疲れたであろう, 頻りに急ぎ

▼ 人三人~ (156, 0.0%)

2 [11件] ずつかたまっ, の人, の命, の島民巡警, の拜見, はどう, も置く, よりは四人, 見える, 走り来て, 連立ちて

1 [134件] ありこの間, あるやう, からみ合って, がこそこそ, が低い, が気味悪, が踵い, こうやって来た, さびし鴉, ずついつ, ずつこの, ずつその, ずつで機関銃, ずつ人め, ずつ仇家, ずつ別れ別れ, ずつ向う, ずつ寄っ, ずつ日本兵, ずつ江島屋, たちまちに, つれ立って, では, でも困ります, でも強い, とあちこち, といっしょ, といふ人物, とし, とつづい, とつれ立っ, となる, とみんなそれぞれ, と今度, と出, と別れ, と加わる, と勇敢, と医者, と去り, と同類, と周章て, と姿, と宿, と寄つて, と得物, と患者, と抜け, と掃除, と掘り出される, と搜, と散っ, と数える, と旅客, と既に, と欠け, と次ぎ次ぎに, と歴訪, と死ん, と猫, と目, と立ち止っ, と絶えず, と続い, と逃げる, と連れ, と連れ立つ, と連立っ, と隊, と集つて, ないし五六人, ならずあったこと, になる, によつて, に一人, に漢字, のそり, のそれ, の互に, の人手, の人間, の刀, の女の子, の女性, の妓たち, の妾妾, の娘, の子供, の小さい, の押入り, の拝見, の旅人, の死ぬ, の母, の男女, の登場人物, の組子, の者, の親, の記録方, の足音, の跫音, はきっと, はきつ, はさき, は中間體, は他, は思い思い, は我, は泊, は泊まれる, は蔭, ぽつぽつもう乗り始めた, まいりますが, までやつて來, やがて総立ち, を対手, を射, を槍玉, を生ずる, を見る, 呼び以, 寄ると, 小さな蓑笠, 御朋輩, 或いはそれ以上雑多, 或いは四人, 持て居る家, 泊めるやう, 相寄つて, 知った面, 見えたるが, 預かつて, 黒い人影

▼ 人とか~ (155, 0.0%)

5 三人とか 2 いつも褒め, 五人とか, 兇状持ちとか, 待ち合した, 聞いて, 言ふ

1 [138件] あって, あの人, あるいは特に, ある人, ある子供, いるそう, かかって, きわめてまれ, これは, そういうの, その他そう, その他外国人とかが, その首, それから公爵令嬢マリア, たりて, たるを, たれるは, ちゃんと実在, ちようど研究の, つけて, ですとさ, で小半日, ともかく足, なほ実現さへ, なんとかいう, はつて, はらないくら, またスペイン人, もっと下, ように, んざし, イタリア人とか, シバイや, タキノと, ハラキリが, 一万人とか, 一定の, 七人とかしか, 三百人とか, 二人とか, 二人とかいう, 二十人とか, 二百人とかいう, 云うもの, 云うよう, 云う奴ら, 云ったな, 云って, 云ってたわ, 云は, 云ふなら, 五十人とかの, 人に, 伊那の, 何とか云う, 保証人とか, 公用人とかいう, 内地人とかいう, 出入りの, 出張し, 割り当てて, 割振って, 十万人とかいう, 十五で, 十五人とか, 十人とかが, 半透明体, 印度人とかいう, 即死した, 又は誰, 収容したつ, 名乗って, 名彫刻, 呼ぶよう, 四人とか, 四十人とか, 大変物を, 奉公人とかいう, 女流作家とか, 学問で, 学才の, 学生等には, 小店主とか, 展覧会を, 巧妙なる, 幼な, 張都督とか, 御用弁に, 悪く見られ, 悪人とかと, 或は昔物語, 批評家とかいう, 持ちかえたが, 收容したつ, 教育を, 数えあげれば, 書くの, 東洋文化とかいう, 死骸です, 江戸人の, 決して見る, 法体の, 活動家などが, 源平史を, 物について, 犯人とか, 理の, 申して, 百万人に, 百人とか, 直臣, 答へる, 籠て, 統制事業に, 聞いた, 聞きましたが, 職工あがり, 脇差を, 自分の, 自動車を, 船とか, 蒙古人, 西班牙人とか, 要注意人とかいう, 見物人が, 親ゆずりの, 言う話, 言ったが, 赤髯とか, 通常普通の, 通行人などで, 隣りの, 集まったが, 集団生活を, 風流人とか, 高い人, 魔神とか, 麗人とか

▼ 人立ち~ (155, 0.0%)

19 がし 8 二人立ち 6 がする 4 で, の中 3 の出来ない, もせず, 二人立ちし

2 [12件] がした, ができる, で一畝, のし, のした, のできない, の写真, の出來, の次第に, はする, をする, 評判の

1 [81件] かなりの, があった, がある, がしました, がします, がない, が出来ない, が出来る, が多く, ここには, しかも憚りながら, じゃない, する, するよう, それと, ぢや, ての, て在る, て大, でございます, でもこしらえる, で万歳楽, で仕上げます, で歩い, で生き, で背伸び, で魚商, という程, ながらしめやか, なんか, におなり, になつて, になりたい, になる, になれ, のする, のできます, のなか, のもの, の多い, の富者, の様子, の武者絵凧, の研究, の詩人, の間, は, はできよう, は出, は出来ない, は嬉し, ふたり立ち, もないけうと, もなかっ, やがて元気いっぱい, をし, をしかけてる, をしたら, をはばからず, を分け, を追, 一人立ちし, 三人出る, 三人立ち, 三人立つ, 二人立っ, 二人立つ, 五人まで, 五人立ちの, 交って, 公使らは, 国技館の, 座敷の, 次第に床, 此處には, 然も, 現れた覆面, 自席を, 迷惑を, 障子を, 騷ぐ

▼ 人と共に~ (154, 0.0%)

2 フロイスを, 之を, 何か, 剃髪し, 洗礼を

1 [144件] あたりの, うち越え, この声, この手帳, この湯西川渓谷, これを, さだ子の, すぐお, すぐれた訳詩, する事, その埋, その姿, その船, それは, でかけて, なつかしいもの, むかひに, ゐる楽しみ, ゐる樂みと, イギリス文学科の, サン・セバスチアンを, ハム種族の, 一つにな, 一寸上京した, 一網打尽引き上げられ, 万端やっ, 三丁目の, 下り愕い, 下り頗る, 下敷に, 両国の, 九月中旬府内に, 二階に, 享けねば, 今日大垣に, 他の, 伊豆の, 住んだお蔭, 住んで, 先づ二臺だけの, 先に, 共同営業を, 共鳴する, 其斡旋に, 再び東京, 出発した, 出迎え港外一里ほどの, 北岳を, 同じ心, 吾人の, 吾妻橋の, 呉江を, 嘆きに, 嚴重に, 回覧雑誌を, 土を, 在って, 城の, 城へ, 堤を, 声を, 大きな食卓, 大和尚から, 大工木挽を, 大村湾の, 大浦長崎ホテルを, 奢侈の, 如上の, 家, 家庭を, 宿に, 宿はずれまで, 居るわけ, 岸に, 島原の, 布教に, 帽子を, 座敷の, 庵内に, 彼らの, 手燭を, 抜目なく, 拔目なく, 支那の, 数日の, 文明の, 断頭台に, 斯の, 旅人宿へ, 早速暗室, 暮して, 暮らす人, 暴風雨を, 木曾の, 梯子を, 椅子二脚用箪笥卓子寝台上敷枕蚊帳その他ブラッセル産の, 樂しく過し得た, 樂を, 機を, 正史の, 此處に, 水の, 永遠に, 沒主觀の, 波斯灣から, 活動見物あんまり, 浅草へ, 海上二里ほどの, 消えて, 滅ぶもの, 漢詩を, 火に, 無残な, 父平太郎の, 狩谷, 猛烈なる, 生きて, 生きること, 生きるには, 生きる情, 發達し, 真向へ, 約半月, 納棺の, 翻然木蔭, 膳へ, 船に, 苦悩し, 草津から, 草津温泉から, 行軍に, 迎えに, 送って, 逃げ込んで, 郊外を, 都會の, 金儲けにかけては, 銀延べ地に, 食ふが如き, 食膳に, 馬場の, 髑髏の, 高遠公園の, 鳥銃を

▼ 人あまり~ (152, 0.0%)

6 の同勢 4 の男女 3 の人数, の人間, の男, の若い

2 [15件] そのうち, だった, のお, の人, の人びと, の人影, の仲間, の味方, の女, の家族, の小人, の者, の顔, の騷ぎなれば何事, もいる

1 [100件] あつた, かかえて, からの同勢, が木, この周囲, この客, だが, だと, ちらついて, ですが, でダンチョン, で各, で担ぎ込みました, と数えられた, にもなっ, のおまわりさん, のおもに, のお客たち, のひとたち, のりっぱ, の乾児, の人だかり, の人達, の侍衆, の信者達, の入場者, の兵士, の兵隊, の匪賊, の博労, の同僚, の同窓生, の塾生, の大, の奉公人, の女性, の女群, の子供達, の客, の寄せ手, の射手, の少女たち, の少年, の尾州, の屈竟, の弟子, の役人, の患者, の枯れた, の植木屋, の機械人間, の武士, の水兵, の牛方, の琉球, の生徒, の男娼パンパン, の異様, の職人, の腕達者, の船客, の荒くれ男, の菅笠, の衆僧, の覆面, の警官, の警官隊員, の農人, の野武士たち, の鉄砲疵鎗疵, の門人, の閑そう, の雪掻き, の青年, の青年たち, の香具師, の騒ぎ, は, は崩れ残った, は崩れ殘つた櫓, へ胡桃餅, もくる, もござりましょうが, もの伊那, も並ん, も出ました, も既に, も殖え, を択, を相手, 上手で, 倒れたらしい, 同じ方角, 従った, 押寄せた, 斬って, 残らず軍, 閑静過ぎ, 集まって, 集り熊

▼ 人でなく~ (148, 0.0%)

5 てはならない, てはならぬ 4 ては出来ない 2 てはならず, てはなりませぬ, てもいい, て一人, ともそう, 土地の

1 [122件] おもしろいもの, きつと, この頃月, さへ, しかも自分, たましい, ちゃだめ, ちゃならない, ちゃア, ちゃ出来ない, ちゃ勤まらねえ, ちや, ちやお金が, ちやならない, つた事を, つては, ていい, てすむ, てたしかに, てはその, てはちょっと, てはつとまらない, てはつまらない, てはとても, てはと何年, てはならなかつた, てはならん, てはなりません, てはよき, てはアタシ, ては全然, ては出来ぬ, ては分る, ては到底, ては叶わぬ, ては思惟, ては想像, ては新, ては物, ては真に, ては知るまい, ては見えません, ては解らぬ, ては話, ては話せない, ては釣合, ては頼もしく, ては駄目, てもこの, てもたとい, てもよい, ても下船, ても何等, ても匠気, ても新しい, ても琉球人, ても自然, て三人位, て何, て切っ, て動物, て外国, て実に, て實, て白髪, て翻訳, て自分, て見る, て車, て酒, ともこういう, ともまだ, ともよい, とも國, とも将軍職, とも気心, とも身の上, ばいったい, ば知り得ない, またその, またエタ, ッちゃ, ヒマ人だ, 一人昌造だけで, 一日中家に, 三人までも, 世の, 中でも一番接近, 主人と, 二人連だった, 二人連だつた, 人間の, 他の, 他国の, 何と, 例えば当時ニージュニイ, 公式の, 同行の, 奥様や, 学者としての, 孫の, 実はやはり, 宿命的な呪われた, 年配の, 幾人も, 座に, 弟子を, 彼等二人に対して, 御伴, 手紙を, 旅の, 日本から, 椅子が, 猪之, 現にわたくし, 皆の, 短冊に対して, 誰にも, 貞子必しも, 陶人として, 高砂の, 鳥でなく

▼ 人っきり~ (145, 0.0%)

4 になる 3 だ, でいた, になった, になり, よ

2 [11件] じゃ, だと, である, でお, で住ん, で暮し, で話し, なん, にし, になっ, の生活

1 [104件] か, がいや, しかいない, じゃ無え, だから, だぞ, だったかね, だって言う, だという, だろうそれ, だろうと, ってそれでは, で, であなた, でいずれ, でいつ, でいられる, でいられれ, でいる, でおかし, でお父ちゃん, でお話, でこうして, でこの, でさ, でさびしゅう, です, ですか, ですが, ですぜ, でねえ私, でひと晩演, でまた, でもっ, でゆっくり, でよ, でボソボソ, で一人っきり, で一時間あまり, で二階, で人形等, で今, で他, で先, で冬, で出, で出かける, で半分, で大きな, で居たい, で居る, で年越し, で昔, で暮らします, で暮らせます, で死ん, で淋しい, で男世帯, で登山, で私, で耳, で葉, で話したい, で語った, で誰, で飲みてえ, で飲もう, で鼻, という特別, となった, なら構わないと, に, にならない, にならね, になりたい, になりたかった, になりました, に何もかも, のささやか, のつれづれ, のところ, のほう, の世界, の佗び暮し, の境涯, の女, の娘, の家, の御, の息子, の時, の暮し, の監督, の秘密, の背中合わせ, の自分, の遊び相手, の部屋, は違いありません, やって, よりは表立っ, よわかる, よ二人っきり, 居ないと

▼ 人であろう~ (144, 0.0%)

114 と思う 3 と思い 2 とは, とも彼, と思っ, と思った, と推定, はずが, 容貌と

1 [112件] かかかる, かこの, かこんな, かその, かそれ, かそれとも, かということ, かといぶかり, かとまず, かと云う, かと彦太郎, かと彼, かと思う, かと思っ, かと思った, かと思われる, かと推量, かと桜, かと疑問, かと私, かと若者, かよくよく, からそう, が, があの, がいつ, がかまわず, がそういう, がどれ, が他国人, が単なる, が悪い, が支那人, が構わない, が私, が蛇, が誰, が途上, が隠れた, が鱈, けれどもNHK, ことは, しその, たいそうに, とあるまい, といい, という, という考え, とかならず, とこれ, とする, とその, とそれ, とどの, とねたん, との考え, とは彼, とは思わなかった, とは意外, とは私, とは門番, とまじめ, とも, ともああ, ともおれたち二人, ともこの, ともその, とも実験上習慣, とも彼女, とも生まれ出る, とも考えない, とコゼット, と中庭, と再び, と出来, と初め, と労働者, と十人, と古河君, と同じ, と心, と思われる, と想像, と押しよせ, と揣摩, と撫斬り, と日本人, と此商売, と犬, と私, と細胞, と罪, と考えた, と誰, と鑑定, と長屋じゅう, と黒人, などとわたし, などと噂, のに, のに田舎, はずは, よく顔, ウィリアムは, 乎, 事を, 余, 余は, 凄い美人, 女どもは, 立派な, 青羅の

▼ 人などは~ (144, 0.0%)

5 一人も 3 上の 2 ない, 不在かと, 今年七十七八である, 何と, 命だけは, 度外に, 殊に出家, 紙鳶の, 胡麻半粒ほど

1 [118件] あちらに, あて付けが, あのチヨン髷, あるまいと, あわてふためいて, いかにもアイウエオ, いない, いないみんなけち, おとなしくし, おらん五六人, お互に, ことに狼狽, この中, この水, この着氷, これを, さっぱりした, すこしも, するもの, その時代, それを, そんなに間違, たくさんの, だいきらいだ, てんで彼, てんで見えない, とても及ばんです, とても行きうべき, どうだらう, どんな色, ないの, なかった, なにも, ひとりでは, まあこれ, みんな嘘で, やっとの, よく働く, わざわざ関所, チベットの, フョードル・パーヴロヴィッチの, マヤコフスキーによって, 一個人の, 一生に, 世の中に, 五十萬年ある, 仮令自分達, 仲間内には, 何とも思っ, 余り世間, 全くどこ, 内に, 初めていき, 剣人の, 勿論立派, 却って家庭問題, 古代に, 君達は, 困つたらうと, 夏に, 夙に東洋方面, 大反対, 大変に, 大抵維新, 大窮迫, 嫁が, 実に根気, 実に甚だしい, 家に, 少し気品, 席を, 年に, 当時の, 往來を, 怖しい, 急いで, 感心し, 捜しまわるだけの, 文學者としては, 日本政府で, 材能が, 来ない所, 極めて少なかっ, 歌を, 殆どなかっ, 殊に危, 殺せそう, 毎度勧めに, 江戸ッ子がって, 涙を, 無いに, 熟柿が, 特別に, 生涯小判といふ, 男女の, 皆無でない, 皆部屋へ, 目が, 真っ先き, 真に生活, 眼中にも, 知らないだろう, 立つこと, 米は, 聖徳太子に, 自ら別だ, 見る機会, 角を, 言うもの, 身を, 軽蔑した, 野蠻民族で, 長いこと, 闘士仲間で, 随分経済的, 集めて, 飛んで, 高村は

▼ 人について~ (141, 0.0%)

5 歩いて 3 調べた結果 2 人を, 考えて, 聞いて, 自分の

1 [125件] いえば, いえること, いろいろチベット内部, いろいろ問い合せ, いろいろ神秘的, おっしゃったこと, おのおの異, お話を, かなり長い, ここで, これぞと, これ以上何も, こんな事, そのうち, そのこと, その人, その功績, その成功, たいして詮索, ちょっと書き添え, どれだけ, なら, ならその, みても, みれば, もっとくわしく, わが, キャプテン, ラテン語を, 一・二の, 一日分が, 一生涯に, 一緒に, 三十円の, 三千円の, 不平を, 乗って, 二匹ずつ, 二銭ずつの, 云いはじめるの, 人が, 今世間, 仔細に, 仕事を, 伊豆一圓を, 会計係へ, 伝授を, 何にも, 何も, 何事かを, 何時か, 修業し, 修行なさる, 充分研究した, 全く変った, 医を, 医学を, 問題に, 変って, 変らぬ部分, 外国の, 多数の, 大切な, 奥の, 奴隷数人という, 好んで, 子供一人が, 学ばれしや, 少々漢学, 少々申し上げます, 少しく偏する, 少しく説明, 少し説明, 彼が, 御存じの, 感想を, 教えを, 書かれたもの, 書こうと, 来て, 概略述べ, 正しい修道, 歩廊まで, 歯ブラシが, 死因について, 深い理解, 測定した, 眺めて, 知ってるの, 私は, 窓と, 精神を, 精細な, 絹, 美濃から, 考うるも, 聞いたところ, 聞くが, 色々詮議, 薬物を, 蘭学を, 街の, 衣食の, 見れば, 觀れ, 言っても, 証跡収集に, 話したの, 語ったこと, 語られて, 語るつもり, 語るとき, 語る場合, 調査の, 諏訪神社近くの, 識る, 質したならば, 述べて, 遺憾に, 陳述する, 集って, 電車に, 青霞む, 馬から, 驚くべき一つ

▼ 人~ (141, 0.0%)

8 くろんぼの

2 [11件] ああ唯, あなたは, あの人, おまへが, 愛欲せち, 我は, 攀ぢ難い, 汝が, 汝らは, 爾が, 爾の

1 [111件] あが, あとは, あはれと, あれら手際よい, いい気な, いやだ, お代官, お父さんて, かなたに, かのグイード・ダ・プラータ, きっと, げにひた, こから乗ろう, こに, この時かしこ, この間鳥安に, これを, ごちそうたくさんし, さそうな, しだから, しばし待て, しめが, せい子さんて, せめて陰口, その様, その点, その病, それまで, それを, そんなに馬, だって眼, つたつて, つねにま, とく歸, なし, なんの, ひととき見ざる, ほのかに, みんな可愛い, ものな, よくお, わたくしは, わたしが, わたしの, われらが, われらの, プラトが, モノテッキと, 一切の, 世の, 人そぞろ, 人死よ, 但しいん, 何ぞ天, 何を, 名に, 名は, 多くの, 女の, 安らかに, 宜くっ, 小生の, 左様なら, 平塚さんの, 幸ひ, 御身こそ, 愛し合えよ, 憐れめ僕, 憶ひ出さない, 掌を, 接吻を, 攀じ難い, 是の, 木村銀太と, 来って, 来て, 東京と, 東海君子国の, 欺される, 歌を, 殖やして, 気を, 気高き者, 汝も, 汝等は, 汝等些の, 汝若し, 渡るなかれ, 渡津海の, 無益なる, 燃料を, 琴を, 生命を, 盃と, 私は, 私を, 私相原さんの, 耳を, 船中にても, 蝶の, 見な, 誓ひ, 躯は, 退屈で, 過去に, 鍬掛の, 顔を, 願はくは, 餘り, 魔と, 黒田さん忠義で

▼ 人からの~ (140, 0.0%)

3 人足が

2 [11件] 人が, 人数が, 人足を, 人間が, 人間の, 同勢が, 子供が, 情愛に, 手紙で, 紹介状を, 選択である

1 [115件] あやかりもの, お勤番, お客です, したくで宿内, また聞きでし, むずかしい方たち, ものでない, ものらしかった, ように, ノートを, メードを, 一組が, 争議団とは, 人夫が, 人夫で, 人数であった, 人数を, 人間を, 仲仕が, 仲仕は, 來訪者を, 依頼で, 傳聞としても, 児童が, 入れ知恵に, 労働者が, 労働者の, 参集者が, 參詣者を, 又聞きの, 収入で, 受験者の, 同勢である, 同勢を, 同類を, 呼出しには, 命乞いが, 団体が, 団体らしい, 土民や, 坑夫を, 報らせだ, 大世帯, 大家族, 大集団, 失業者を, 奥女中を, 女中が, 婦人労働者が, 子どもがべちゃべちゃ, 客が, 寄進により, 少年諸君の, 尾張の, 屈辱に, 年賀状を, 幾通かの, 店員が, 店員を, 引用文は, 御誕生, 急使だろう, 急報によって, 手代どもが, 手紙であった, 手紙に, 手紙には, 手紙を, 投書が, 投書と, 招待状が, 招待状を, 放送遺言状の, 敵を, 死罪なんて, 水兵が, 江戸屋敷の, 注意で, 注文が, 注文で, 異教徒を, 相撲取を, 祝詞や, 紹介だ, 群れの, 群集を, 者が, 聖人様が, 聞書で, 聞込みも, 職員を, 職工人夫を, 若い女, 若者が, 血気に, 見物を, 訴へが, 諸藩, 警固が, 警官が, 護衛の, 賀状の, 贈り物かも, 贈物で, 農奴の, 農奴を, 返書でした, 通信で, 進物を, 遺傳, 長い手紙, 雇人を, 需めが, 預かり物, 願出による

▼ 人としては~ (139, 0.0%)

2 そしてこれ, ゆるされて, デカルトを, 期待しなくなった, 自然な

1 [129件] あまりに仰山, あまりに懐しみ, いい人, いざ知らず, いって, いつも不安, いろいろの, うつて, お銀様, かえって不自然, かなりの, こういう形, この上ないの, この機会, これ以外にも, こんな事, さしたこと, すべての, すべて虚偽である, その子, その資格, それを, それ丈自分の, どんなに不思議, なかなか条件, なんだ, べつだん世, ほとんど絶念, ほんの駈けだしである, まことにりっぱ, まずこの, まだ物わかり, むしろそうすべきである, やすやすこんな, よく考へ, りっぱな, 一人前の, 一種の, 不具者である, 不相応な, 中村吉藏君などの, 亀の, 五指の, 人間的な, 今が, 今は, 余一人その, 俊成と, 偶然物わかりの, 儒者などに, 先輩で, 全くの, 全く成つ, 全く立派, 全く紹介, 公暁の, 再三失敗, 出来るかぎり, 厄介な, 厭な, 反省の, 古今に, 叱って, 告白する, 味わおうとも, 品の, 唯一人今より, 啓蒙に, 地震後の, 女形で, 実に間違った, 容貌の, 寧ろ情意, 小柄で, 小柄の, 左までに, 平等であっ, 弱すぎる, 当然の, 感情なき, 慎重に, 描かなかった, 整うた顔だ, 新しいこと, 既に一歩, 映らないの, 最もうるわしい, 最もその, 最大の, 有り勝, 朝食に, 本気に, 根かぎりの, 水戸浪士の, 永劫に, 滅多に, 無類に, 猶不純, 珍しいと, 珍しいほどの, 珍しくありません, 珍らしい, 珍らしく, 現わ, 甚だしく釣合, 生一本の, 申し分の, 異数の, 白面の, 相互に, 相当に, 相当華やか, 知悉し, 私の, 等しく短い生涯, 絵が, 美の, 被告の, 見ようとしても, 覚えが, 話が, 谷川徹三, 近来に, 間違って, 隨分努力を, 非常に, 顔を, 驚くべき勤勉, 高瀬岸本の

▼ 人かが~ (138, 0.0%)

3 入って 2 このあたり, それを, どうかした, 住んで, 来て

1 [125件] あった, あつた, ある, あッという, かかる世相, かたまって, かわりその, こっそり構内, このごろ毎晩の, この洞内, この辺, これに, じっさいに, すぐ真似, そういう境界, その手紙, その肩, その自殺事件, その餌食, そろって, とつぜん立ちあがっ, はいつて來, まだ生き, むらむらと, もう求め, やって, ゆるやかに, わかる, ゐるには, ドアに, ピストルを, ブルッと, ヴィユウ・コロンビエ座の, 一と, 一九一七年から, 下宿し, 乗り去った, 乗ろうと, 云った, 云ってたね, 人形の, 低く呻いた, 何か, 來て, 働いて, 入つて, 其の手, 出て, 出迎えに, 切通しの, 力を, 動いて, 動き廻つてゐた, 叫んだ, 同じ事情, 同時にそういう, 周囲に, 問いかけた, 四年前の, 困ると, 土手を, 夜遅く, 夢中に, 寄って, 寝かされて, 将校下士官にたいする, 小さな声, 己の, 幾日かを, 後へ, 御役宅, 必ず一人, 必ず之, 悪戯を, 戸口でと, 手打に, 拙者と, 文夫に, 暗示する, 更にその, 最も猛烈, 最近日本へ, 本城へ, 栄二に, 横へ, 檻へ, 此家へ, 此方へ, 死んで, 死傷した, 池の, 泊りにでも, 熱心に, 皆不倶戴天の, 相当期間, 眠ってた, 矢張り行方が, 石, 秘かに, 立って, 立つて, 立上った, 答えた, 聖宝を, 自殺を, 舟を, 落して, 行けば, 裏庭の, 覚悟の, 言った, 討ち取ったの, 話しに, 議論し, 走り出すの, 身長を, 近づいて, 造物主の, 道い得る, 野営を, 集まりますと, 頑固な, 駆けよって, 駈け去って, 高知の

▼ 人によ~ (136, 0.0%)

28 つては 5 つても 3 つていろいろな, つて作られた, つて異 2 つて發明された, つて色, つて表白される, つて違ふ

1 [86件] つて, つていろんな, つてか, つてこの, つてさまざまに, つてさまざまの, つてその, つてそれぞれものが, つてだ, つてち, つてどう, つてなづけられる, つてなまめかしく, つてはね, つてひと晩ぢゆう, つてまるで, つて一樣でない, つて一躍, つて代表される, つて伝へられ, つて伝へられる, つて何故, つて信じられ, つて其の, つて其人らしく, つて利用せられ, つて創られる, つて力づき, つて合唱せられた, つて唄ひ, つて多少, つて夫, つて始めて, つて心から, つて惱まされた, つて愛せられる, つて慰められ, つて憐ま, つて承認せられた, つて指摘せられた, つて挙げられ, つて描かれた, つて書かれなけれ, つて月日の, つて極めて, つて樹てられる, つて歌はれた, つて殺される, つて求められ, つて決して, つて注意されました, つて活き, つて用ひられたなら, つて砂糖の, つて神を, つて組織され, つて羅甸語に, つて美しい, つて考へを, つて自由で, つて若しも, つて行はれた, つて表現し得る, つて表示される, つて製作された, つて見る, つて解釋も, つて言はれ, つて言ひ, つて訣らぬ, つて試みられた, つて話題の, つて認められた, つて語られた, つて語られる, つて読まれた, つて読み方が, つて調べられました, つて讀まざる, つて輸入せられた, つて進められる, つて違つて來る, つて違ふだらう, つて違ふと, つて重もに, つて開かれた

▼ 人~ (133, 0.0%)

5 の人 4 の芝居, の跳梁 3 の一人

2 [19件] が江戸一パイ, だ, だと, ですか, とお, とこの, と一口, と山, の仲間, の内, の挑戦, の挑戰, の眼, の素姓, の素性, は二ヶ所, は御用, をおびき寄せる, を代え

1 [79件] あり, か, が, があっ, があった, がいた, がいる, がとび下り, が一人, が七人, が何, が來たん, が入り込まなけれ, が六人, が前, が取り巻い, が奧, が押入った, が押入つた, が来た, が歩い, が死ね, が立ち列ん, じゃねえ, だからか, だからかい面, だって呑気, だつて, であった, であること, でしょうか, という群盗, という評判, といふ群盜, といわれ, といわれた, と一人女, と云う, と呼ばれた, と謀り, にし, に三人, に狙, に狙われ, に飛び付いた, のせい, のせゐでは, のほう, のやう, の一人女, の上, の中, の側, の勢揃, の手, の教師, の時代, の湯舟, の稲瀬川, の素姓人別, の素性人別, の花形, の連, の連れ, の連中, の随一人, の首, はコソコソ, は二人, は五人, は五人共, は僕, は浪人者, は鮮人, や女, を勝手きまま, を数珠つなぎ, を數珠つなぎ, を連れ

▼ 人なみ~ (132, 0.0%)

4 すぐれて, の生活 3 外れて, 少しあがり 2 ならぬ面もち, にこの, にし, に上菓子, の働き, 優れて

1 [106件] すぐれた体力, すぐれた大丈夫, すぐれた自, すぐれた體力, だが, だぞ, だよ, でな, でないから, でないと, でないよう, ではない, とが殺し合う, なこと, な口, な女, な安逸, な身, に, にいく, におかしい, にお前, にこんな, にその, にできない, になっ, になった, になったら, になりたる, にひょろひょろ, にみの, にもっとも, にやっ, に働い, に働く, に八時間労働制, に出来る, に励ん, に口, に喰べた顔, に大した, に寝, に己惚れ, に座る, に弱化, に御飯, に思っ, に性, に情婦, に暮らし, に田, に目, に眠る, に眼, に知恵づい, に終わった, に腹, に致した, に襷, に返れ, に青い, に顔, のあいまい主義, のいい加減, のいた, のこと, のヘロ中, の一生涯, の人, の人間, の仕合せ, の侍, の口, の大きな, の娘, の子, の学問, の客, の家庭生活, の容色, の帰省, の心地, の忠勤, の懐旧, の扱い, の教養, の暮らし, の正月着, の涙, の涼しい, の物, の男前, の美人, の野人, の飯, はみな, ほどには聞えず, よりもあたたかい, よりも勝れ, より大きい, より強い, より早かっ, より遅れ, より金銭, 優れた器量, 超えて

▼ 人だろう~ (130, 0.0%)

13 と思っ 97 と思う 4 と思った, と私 3 と思いました, と思います, ね 2 とそう, と云われ, と思われる, と想像, な

1 [74件] あの娘, かあるいは, かそれとも, かとおもっ, かと云う, かと思っ, かと思案, かと矢代, かと訝った, かと院, かなど思われる, か不具廃疾者, か息子, か日本人, か松浦為王, がこの, がどう, が丸, が六人, が十人, が敵いっこ, が構う, ぐらいに見, けれどもなんとなく, けれど油断, この子, しそこ, そう思う, そのうち, てめえは, と, ということ, という問題, といった場合, といま, といわれ, とさえ思っ, とすぐ, とのもっぱら, とは夢, とも思った, と一晩中眉, と俺, と呆れ, と多寡, と存じます, と思い, と思ってる, と思われた, と感じたでしょう, と揣摩, と新八, と未知, と疑っ, と笏, と考え, と舌打ち, と評し, どうしてもその, どこと, などと考え, なんぞと米友, なんてそんな, にと思う, またこの, よ, 今日の, 位に, 優しい人, 因業な, 是まで, 櫻色とは, 羨しい, 色の

▼ 人とを~ (130, 0.0%)

3 くらべて 2 よく知つて, 区別する, 同一視する, 比較した, 比較する, 照らして, 近づけは

1 [113件] ある時期, うち任せた, お松は, かえりみるの, かけるという, かねたよう, こう組み合せ, この件, この館, して, そのままな, つなぐもの, つれて, つんで, のせて, はっきり感ずる, ば静思修養させる, ひそかに, ひとのみに, または日本, また引合せ, むき出し相, むすびつける, めまぐるしい迄に, もろともに, やしなって, よく見分ける, 一つに, 一つ扱ひ, 伴ったロレンソ, 伴へ, 併せて, 使いわけたの, 使ひわけた, 使わぬこと, 供に, 促して, 信念の, 共通の, 兼ねてると, 分たんされども, 分つ, 分つに, 分てるによりて, 切実に, 刑戮し, 包んで, 区別し, 区別し得られよう, 卜定する, 収容し, 取り出した, 同じくし, 同時に抱きこんだ, 吟味し, 否定する, 呪う, 呪うの, 問わずわたくし, 困難な, 嫌う, 巻き込んだかと, 引きくるめた一つ, 引連れて, 往來する滅びぬ, 待って, 得たもの, 心から愛しよう, 心から気の毒, 心の, 忍んだだろう明人, 思い出すこと, 恐ろしいもの, 想い併せて, 感情的に, 打ち倒し紅玉, 抱へて, 押し分けて, 推進せん, 描いて, 救うの, 文化的には, 日本から, 有して, 有する新, 殺させた, 比較し, 永久に, 江戸に, 混同し, 狂は, 皆混同, 眺め, 秘密に, 結びつけない, 結びつけるもの, 結ぶ大切, 結ぶ心, 繋ぐもの, 苦しめる, 襲うて, 見た, 見詰めては, 見較べて, 見限つて姿, 觀察し, 読者自身の, 辨ずべし, 追い廻して, 連れて, 道太は, 選び出して, 養ひゐたる

▼ 人のみ~ (128, 0.0%)

7 であった 5 では 4 なれば 3 である 2 これを, だ, でなかったこと, 導師と, 生きて

1 [99件] この山, これすら, だったから, だったが, だての, だと, づみづしい少女だ, であったから, であったが, であつ, であるが, であろう, でその, でない, でないと, でなかったという, でなくまだ沢山, で傭人, とりてが, ならずおま, ならずその, ならずその他, ならずインド人, ならずスパニア人, ならず一般社会, ならず事変後, ならず厳格, ならず古代, ならず周囲, ならず常葉, ならず検事, ならず誰, ならず車夫, ならず進歩, ならば, ならん, なり, なりき, なりきダンテはか, なりしが, なりも, なりや, なるかと, なるが, なるを, なる時, まさしく山伏, まず練り, めかたちを, ゆ, ゆえこんなにも, れんは, われを, 万艱を, 之を, 人々は, 人の, 他に対し, 住むという, 住んで, 切に自, 刈れ, 助かったの, 勢ひ, 古人の, 命を, 在ったあの, 多い事, 多かつ, 多き折, 多くし, 多し我, 天国を, 姿を, 子を, 家に, 彼岸に, 御渡し, 止まりたり, 残りて, 殘り, 独立の, 生まれた, 登り到り, 知らん断崖, 示しうる態度, 立交る, 聴聞すべき, 肉を, 能く, 自分の, 自分は, 芦を, 苦労した, 見ゆ, 込み, 込んで, 集めた葡萄畑, 馬眼に

▼ 人近く~ (128, 0.0%)

8 の人間 5 いた 2 いるの, なつて, の人数, の客, の患者, の生徒, はあつ, もあらう, も集った

1 [97件] あったが, あつまった志願者, ある, あるので, いる女工, いる従って, が婦人, が寢, だった由, で夜明し, なかなか手, なった, にもなつて, に達する, のいろいろ, のお客さん, のし, のもの, のもの等, の人, の人々, の人影, の会員, の傍聴者, の兵隊, の刑事ども, の受験者, の召使, の合唱, の土方, の大, の大勢, の女工, の密偵, の専属人員, の工夫, の市会議員, の応募者, の旧知, の来賓, の此, の死者, の男女, の男達, の百姓達, の私服ども, の職工, の見物人, の野次馬, はある, はい, もありましょう, もいた, もいっぱい, もかかっ, もごろごろ, もその, もぞろ, もつい, もゐた, も人, も住ん, も使つて盛大, も囲繞, も失うた, も子供, も寄合, も寝, も忙し, も手伝い, も押しかけた, も来る, も死ん, も知り尽くした, も行っ, も詰めかけ, も集っ, も集まっ, ゐたの, を殺し, を要する, を通りかけ, 乗って, 入って, 増して, 居りみな無休, 思われたが, 捕まったの, 狭き校舎, 羽を, 自然に, 込合ったそう, 集った, 集まった小学教師, 集まって, 集めたの, 集りましたが

▼ 人なんか~ (126, 0.0%)

3 ありません, 殺せるわけ

2 [20件] あの人, どこにも, 愛して, 殺したん, 殺した覚え, 殺しませんよ, 殺すどころか, 殺すもの, 殺すもん, 殺すやう, 殺すよう, 殺す兄さん, 殺せやしません, 殺せるはず, 殺せるよう, 殺せる柄ぢ, 殺せる男, 殺せる男ぢ, 殺せる筈, 犬なんか

1 [80件] あたしは, あたし可笑しく, あっちゃ, あっちゃあ, ありっこないわ, ありは, ありませんでしたわ, ありゃあしない, あるもん, いそう, いなかったのに, いやしません, いるはず, いるもの, いるん, かぞえる程, その点, ちっとも僕, できやしないよ, できッ, ないから, ないって, ないわ, ないん, なかった, なしの, なら女, なんだ, なんでも, ねえ, ひとりも, ふりむいても, めったにあり, めったに見ない, もうひとり, もさういふ点, もっと長く, ァ殺しゃ, サーッサと, ツて, 一人も, 一度も, 人格識見を, 住めそう, 僕の, 切ったんだい, 呼んで, 好きじゃ, 嫁さんを, 家が, 幸福な, 強いとは, 後だ, 担ぎ込まれるの, 擬古文なんか, 斬る気, 斬る氣, 日光の, 来やあ, 正義な, 正義の, 殺しさ, 殺す暇, 殺す筈, 殺せるか, 殺せる人間, 殺せる人間ぢ, 殺せる娘ぢ, 殺せる方, 殺せる柄, 殺せる訳, 殺せる譯, 無い, 無いよ, 相手に, 突いた覚え, 見るの, 誰も, 負かして, 黙って

▼ 人~ (126, 0.0%)

13 ている 12 ていた 5 てい 4 てくれ 3 て居た 2 ています, てゐ, て七日まり, て立っ, ねばたづき

1 [79件] おそくまで, かかった, かかりいぶかし, たりておのれ, たりて物, たりぴちゃぴちゃ, たり三人来, たり仮, たれる, ちまひ, てお, ております, ておれ, てかえった, てくれた, てこぞう, てこんどおれたち, てその, てそれ, てそれら, てたかった, てっちゃ, てね, てはまた, ては坐り, てみ, てもこの, てゐました, てスタルンベルヒ, てストーブ, てマリイ, て一同, て七条, て万事, て三人, て住め, て俺, て借, て六十三人, て勤労, て半, て去ね, て収容所, て取調べる, て同じく, て同居, て唐紙, て太郎, て婆アさま, て宿, て居る, て座敷一ぱい, て後ろ, て我々, て我明日讐, て松葉, て死骸, て泊った, て泣きぬ, て海援隊, て熱心, て珈琲, て用意, て病室, て破, て聞い, て貰っ, て質問, て軟球, て酒, て隣, て頭, て麦搗唄, も, やがった, やと, 叱看之, 合すの, 合わせて

▼ 人あっ~ (124, 0.0%)

11 てそれ 8 てその 3 てもそれ, て一人, て二人 2 てお, てみんなロマンス, てもいい, てもまだ, て其の, て初めて, て男, て総領, て長女

1 [78件] たっていい, たって構わん, て, てあんな, ていうかも知れない, ていずれ, ていま, ていま人気者, てお客, てくれたら, てこの, てし, てしかも, てそこ, てそれに, てただ, ては矢, てひとり, てもこれ, てもし, てもよ, てもよい, ても一人, ても七人, ても五人, ても同じく, ても嫁さん, ても差支, ても構わない, ても正確, ても決して, ても皆, ても私, ても細君, ても自分, ても阿, てやはり, て一時, て上, て事変直前, て人間, て今, て兄, て光子さん, て双方, て口数, て四人, て大した, て奥山君, て妹娘, て妻, て実は, て山の上, て後, て揃っ, て更に, て東京, て槍, て此美風, て母屋, て水, て洗たく業, て湊町, て照尊院, て牧師, て甲乙, て男二人, て留守, て相続, て神戸, て童歌, て良人, て調子, て足下, て遠く, て鏡, て長男, て開ける

▼ 人暮し~ (123, 0.0%)

8 である 65 であつ 3 であったが, をし 2 お袖, そんな家, だと, であった, です, ですが, でその, の家, を不自由

1 [80件] かしら, がはじまった, がはじめられた, が三人, するの, だから, だが, だった, だったね, だったの, だで, だという, てい, ている, て居ります, て行ける, でありました, でありましたから, であります, であるため, であるので, である事, である塚本, でいふ, でいる, でお母さん, でございますが, でした, ですよ, でそうして, ではない, でほか, でもう, で一家, で一生, で住宅, で僕, で先ず, で動物, で名古屋, で女中, で子供, で御座いますが, で早く, で柳子さん, で正直, で町, で自分, で電灯, となり, となりました, なら魚, にていよ, にていよいよ, にて半年, になった, に積, のいい, のこと, のこの, のその, の世帯, の家内, の家族, の時, の有様, の田舎住居, の肉親, の親父, の醫師, の閑寂, の駄菓子屋, はできない, は決して, へ女学校時代, をしよう, をはじめた, 家も, 母親が, 近所の

▼ 人かも~ (122, 0.0%)

28 知れない 10 知れません 8 知れないが 7 しれない 4 知れないと, 知れませんが 3 しれません, 知れなかった 2 しれないが, しれぬ, わかりません, 知れないの, 知れないわ, 知れぬ

1 [43件] しれないおもしろい, しれないけど, しれないし, しれないぞ, しれないと, しれないねえ, しれないわ, しれませぬが, しれませんが, しれませんね, しれん, しれんな, し違って, そんな笑いかた, たしかに目, ついて, もし食物, わからない, わかりません外, 宿む, 知らんでなつかしい, 知りませんでした, 知る筈, 知れず違つた人, 知れないけれども, 知れないとさえ, 知れないな, 知れないよ, 知れない場合, 知れなかったし, 知れなかつた, 知れぬが, 知れぬでは, 知れぬ検分, 知れぬ此, 知れねえ, 知れませんね, 知れませんよ, 知れんが, 知れんがね, 算を, 見ましたが, 見らむ本

▼ 人なれ~ (122, 0.0%)

106 ばなり 3 ばさして, ばま 2 どもその, ども常住家内, ばか, ばかく, ばよく, ばわれ, ば一日, ば今

1 [84件] と高慢, どももとより, ども国, ども女房, ども常住内, ども府下, ども罷り違え, は, ばあたり, ばお, ばか敢て, ばこそある, ばこそよく, ばこそ妾, ばこそ盛り, ばこれ, ばさすが, ばせき心, ばその, ばである, ばとていはん, ばとて親切, ばなめり, ばふしぎ, ばやがて, ばパテー・カムツァン, ばローマ人, ば一方, ば世帶, ば両手, ば主, ば互いに, ば互に, ば仲間うち, ば何と, ば何事, ば先程, ば六百六十二人, ば兵, ば其方, ば友, ば同じ, ば同氏, ば咄, ば和上, ば夜風, ば娘持身, ば家, ば宿, ば川中島, ば幽霊, ば心, ば必ず, ば我が, ば戯れ, ば招, ば振り返り, ば斯, ば斯く, ば智者上, ば母上, ば涙, ば甚だ, ば病気, ば登場, ば白黒, ば益々, ば盜, ば直, ば直ちに, ば相当, ば穴, ば縄目, ば翻訳書, ば胸ぐるし, ば討滅, ば話し, ば資性勇武, ば起居振舞, ば蹴散らし, ば長き長き, ば門弟中, ば面影, ば飢

▼ 人~ (118, 0.0%)

6 てその, てそれ 3 て私

2 [11件] さ, てくれたら, てこの, てよく, て下, て二人, て大, て客, で来し, の眠り, は

1 [81件] きりに, きりにや, ざなひ行て, たり, たりしたら, たりつくらし, ぢめだ, て, てあいにく, てあの, ていかにも, ていちばん末, てかん高い, てがやがや, てこっち, てこれ, てこんな, てそいつ, てそう, てそういう, てその他, てそれぞれ後, てそれで, てそんな, てどうしても, てどこ, てなにか, てねそれ, てふしぎそう, てぺたんと盲人, てみな彼, てみねえ, てもかまわん, ても役, ても相談相手, てやはり, てソーソー, て一人, て一人自分, て上, て五十川さん, て今日, て兄, て先年, て台所, て声高, て夏, て女たち, て妙, て始終, て婦人傍聴人, て小林秀雄師, て屋敷, て布, て平さん, て彼, て満員, て無遠慮, て煮焚き, て爺さん, て男, て留守番, て病人, て登, て百姓, て皆, て相当, て看守, て老い, て自動車, て蒼白, て藩地, て街道, て返した, て部屋, て銘々, て院長夫妻, で来べし, はしなかった, はむや, らした

▼ 人への~ (118, 0.0%)

3 奉仕に, 私の 2 やはりわずかな, 同情は, 奉仕を, 意味の, 愛, 感謝母への, 紹介を, 返事に

1 [96件] いじらしさ, おつきあい, しか, たよりに, たよりを, ぼんやりした, よい教訓, よりよき, サービスに, 一度分の, 人の, 体裁の, 体裁を, 供養にも, 別辞だ, 名宛てに, 告別として, 問題に, 因果な, 執着が, 場合の, 対面の, 尊敬を, 序文, 復讐が, 心づかいのみ, 心づかひのみ, 心持も, 思慕の, 怨恨父性愛別離の, 恋を, 恥しさ, 恨みと, 恩返し, 情けも, 愛だって, 愛と, 愛としては, 愛の, 愛を, 愛をも, 愛情が, 愛神と, 愛自然への, 態度も, 手紙が, 手紙に, 手紙の, 挨拶は, 挨拶も, 操だ, 改宗の, 教えと, 敵対意識が, 文通が, 施療病室だった, 日ごろの, 暗号通信以外に, 欺きであった, 源氏の, 特定な, 疑点や, 皮肉や, 示唆として, 答へには, 給料を, 纏頭の, 罪の, 羞しい, 義理でも, 義理と, 義理とか, 義理も, 自分の, 衛生思想注入の, 要望が, 見栄を, 言い知れぬ敬意, 言葉である, 訣別の, 訴えには, 評価でも, 貸金を, 貸金年貢の, 贈物として, 赦免の, 軽蔑を, 返し, 追懐の, 逆転を, 遠慮とか, 遠慮義理人の, 金だ, 金も, 関心を, 面目の

▼ 人~ (115, 0.0%)

30 て来た 19 て来 6 て来ました 5 ている 4 て來 2 ていた, てき, てきた, ても大丈夫, て町, て行き, て行った

1 [37件] そうと, ています, ていらつ, てくれかけた, てくれる, てせい, てその, ても何, てやる, てゆく, てホテル, て何, て前, て勘次, て同じ, て名高い, て噪, て居る, て日盛, て旦那, て来い, て来ない, て来なく, て来まし, て来られ, て来る, て植賃, て欄干, て真面目, て行きかける, て行く, て行っ, て見, て見つけ, て送る, て遊ん, て都合四人

▼ 人~ (114, 0.0%)

14 へある 4 へあつ, へ見れ 3 ういふ, しむかい, へ通れ 2 はに, はに据ゑ, へあり, へゐなけれ, へ出, へ有る, へ稀

1 [69件] あとは, あん, ういつてあんた, ういふ人, ういふ禍, ういふ者ども, うして, うしなけれ, うです, うですなん, う云, う認めた, しそへ, たのんで, つぱり, つぱり何, でもお嬢さん, でもね, な, のたま, はに伊理袁理登母, はに国, はに御供, はに来, はに満ち, はに立ち, びしかるらん, ぶちゃんのおかみさんにぴったりだわ, へあ, へあります, へあるらしく, へかく, へが単なる, へこれ, へも, へもひとりふたり, へもをのつから, へも出, へも珍, へやつ, へわからない, へジユルナアル・デ・サヴアン, へ不思議, へ世, へ事情, へ來, へ僅少, へ寒い, へ少から, へ思, へ数多い, へ火, へ生れた, へ用, へ知らない, へ藁人形, へ通る, へ雜, へ風, 外に, 小さくなっ, 小初先生, 帳番の, 幾らおれだって, 桟敷を, 焼けるの, 見るでねえか, 誰かが, 道中差を

▼ 人によっては~ (114, 0.0%)

8 これを 2 それを, モダーニズムには

1 [102件] あめ煮, あるかも, いかにも殊勝, かえってお, かえって好い, かなりに, このこと, この病的, これは, これをもって, こんなに親し, ずいぶん美しい, そういうもの, そう見ません, そこに, その作家, その家, その花, それが, それに, なぐられる, ねずみ色の, ひどく親身, またこれ, また姑, また棄老国, もと服紗とも, よく東洋, アケビは, タタミガヤツリの, ドイツ, ハリは, ファッシズムを, フィデルコの, ポチッと, マケドニア王アレクサンドルの, マチマチだ, 三十そこそこに, 三国山脈とも, 三年も, 上人程の, 不気味と, 世間の, 之を, 二人三人の, 仏教だの, 光源氏を, 全く異, 千万以上と, 却ってこの, 卵子は, 同性愛なんて, 名称とともに, 呑気に, 回教の, 多すぎた, 夜の, 女は, 姓名の, 婚姻史を, 官僚的に, 客観的な, 寝食の, 幼いころ, 当分ねむれなくなる, 快感を, 性の, 恋人の, 憂鬱性と, 日本文化と, 早く又, 時が, 更に二つ, 最も面白い, 植物蛋白を, 歓迎を, 死こそ, 殆ど完全, 法理は, 然う, 牡蠣を, 異って, 百八十フィートは, 社会科学的実験という, 神田神保町あたりを, 稲が, 美しいと, 而立の, 聞いて, 草苺と, 西郷に, 話が, 資本の, 道祖神の, 鈴の, 銭形平次を, 随分悪く, 音の, 顔に, 馬鹿に, 魔の, 鮎は

▼ 人よし~ (113, 0.0%)

8 の率八 3 だと, のよう, のホール 2 ぢや, では, で気, の久助

1 [88件] がどこ, が御身, が甘い, だ, だったから, だという, だとか, だなあ, だなと, であったが, であっては, であるらしく丁坊, でお喋り, でかん, ですぐ, ですこし, ですッ, でどこ, でもあった, でもない, でウヌボレ, で仕事, で家業大事, で独り, といい, というよう, とひとり, とみえる, とよぶ, とア, と云, と博大さ, と笑うなら笑え, と見くびられ, なるに, なんて言う, な兄, な兄さん, な庸劣さ, な殿, におなり, にはなれない, に出来, に原因, に徹した, に見える, に通じ, ね自分, のあだ名, のくだらぬ, のところ, のはなし家, のふう, のぼんやり, の三次, の与八さん, の伯母, の典型的人物, の凡物, の十八文, の名門婦人, の夫, の婦人, の後室, の意気地無し, の手品使い, の支配人, の様子, の樣, の法政大学, の玄徳, の田舎育ち, の痴愚者, の直る, の糟谷, の締まり, の親切, の言う, の隔て, はいません, は周り, も度, をかつい, をさがし, を甘く, を通り越し, 大隈は, 男に

▼ 人らしく~ (110, 0.0%)

4 もない 2 肩を

1 [104件] あたり憚から, あんまり個々, いなせだった, うかとは, かつて氣まま, ことに父, この頃京, しかも無縁同様, じめじめした, それに, てその, て地味, て好い, て面白い, なごりを, なさ, なつて, はある, はっきり解る, はつきり見, はる子は, は見えません, ほのかに, もない大きい, もなく, も思われない, も見える, やぼったい身装, オベリスクを, ゴーリキイは, 一寸あいさつ, 一方は, 人を, 他科から, 伝二郎の, 何も, 佗しく, 侘しく殺風景, 保護者らしい, 値段を, 兵隊や, 可笑しいほど, 哄笑し, 大きく書い, 大きく頬, 大きな黒い, 大学を, 学生や, 尊敬に, 小倉の, 少し皺, 弁当を, 弾機装置の, 心ぼ, 悠々たる, 患者も, 意気な, 愛想よく, 或いはそんな, 所々に, 控えめで, 支那人は, 有村の, 服装も, 歩き, 江戸で, 瀧之本, 無神經な, 無言の, 物を, 率直に, 生活する, 畢生の, 白皙の, 神農時代の, 私の, 私は, 童話めい, 筆数も, 答へ, 約束には, 紙の, 細君と共に, 絶叫に, 美しい姉妹, 自治的に, 自身の, 芸術的不, 莫迦, 落ちつきはらっ, 親切気から, 観察し, 論争などを, 貴人の, 赤ん坊に, 遠くからも, 露八が, 静かな, 面白い, 靴ずれが, 顔に, 顔を, 黒いトンビ, 鼻に

▼ 人~ (109, 0.0%)

2 慴る, 挙りて

1 [105件] あぢきなきこと, いそぎて, うたがわしく見え, うつくしき, えあら, おなじ蛤, かはりました, がそう, がゆるし, がリイタ, が作, が冬野, この一木, さうで, して, その眷属, その言ふところ, その長門, な動かされて, な困った末, な大原学士, な感心, な目, にきい, にはそれぞれ, に背, のいへりし, のうらやみ, の勘定, の大水, の天壽, の役目, の手, の欲し, の眼, の行く, の頭, は互に, は恋, まだね, も見, ゆるく歩き, よっての暮, よ何ゆゑに, わびにわびたりける頃, を冬木, を歓喜, ギリシヤの, 他人の, 仰いで, 信ぜよ, 党有り, 副食物, 取る物, 嘆賞おくあたわざる, 嘲って, 大きくなっ, 大地震, 天賦の, 太陽に, 奇也として, 奈何に, 寝しずまりたるに, 少於余十数歳, 徳を, 快く感じた, 思った, 惜福の, 愚に, 懊惱に, 我を, 是を, 有福の, 梅干船といふとか, 汝ヲ, 泣きたり, 涙を, 混濁し, 然りであった, 煩らふ, 熈, 狂せる, 狂せるごとし, 狂気と, 病毒に, 知りぬ, 知りぬ我が, 知る, 知る如く幾多, 称して, 立身出世を, 竜種云々, 考へて, 背広を, 行かば, 褒め我才, 識る, 變はりました, 財を, 跪けり, 違うもの, 陰影を, 養子望聰明, 驚きしと, 魂おとり

▼ 人あった~ (107, 0.0%)

4 がその, のだ, のである 3 かわからない, のです, んだ 2 そうだ, そうです, はずだ, んです

1 [78件] かて当り前, からです, からとて死んだ, から幾ら, か分らぬ, か恐らく, か知れません, がこの, がこれ, がそれ, がみな学生時代, が一人, が二人, が二人共早口, が初め, が幸い, が弟, が彼等, が早く, が早死, が本部屋, が武田耕雲斎, が母, が皆, けれど芸道, ことでしょう, ことは, しつ, じゃない, じゃろか, そうである, そうに, だけだ, だけです, という, ということ, という事, という点, といわれる, とさ, とすれ, とのこと, とは恐縮, とも聞いた, と想像, と聞いた, と聴い, と覚え, な, のが, のだろう, のでした, ので意外, ので振り子, ので私, のは, のよ, のを, まだほんの, ものなら, やら想像, よ, ように, わ, わたしの, 一番の, 叔母にも, 同一年ごろ, 外窮屈な, 女の子が, 娘の, 子供の, 小児は, 息子が, 技術家熟練工を, 浪人組の, 筈だ, 筈で

▼ 人~ (106, 0.0%)

4 に怨まれる, に迷惑, の前 3 が見, に顏, のお, の御 2 にお, に怨まれ, のため, のもの, の事, の手, の袖

1 [68件] からみる, から怨まれる, から怨み, から聽, から預る, が喜ん, が聞い, が貸し, といふ唄, と申込み, なんかを無, におくれ, にこんな, にはよく, には迷惑, にもお, にもよく, にやられる, によく, にポンポン, に何とか, に何ん, に好かれる, に御す, に怨, に怪我, に意見, に愛嬌, に憎まれ, に拂, に指, に書い, に知れ, に褒められる, に見せ, に見られ, に話, に負け, に貸し, に辛抱人, に迷感, に馬鹿, に騷, のお世話, のした, のやう, の口入れ, の噂, の怨み, の手紙, の煙草, の物, の物塵一つ, の病氣, の眼, の終, の足腰, の門, の難儀, はお前, は兎, は怨みません, は正, へ顏, より少い, を御, を暫, を疑

▼ 人~ (106, 0.0%)

2 が四方, だと, であつ, ですが, で之, で困る, で時々, で金, のお婆さん, 斬

1 [86件] かさもなければ, か又, があっ, があった, がある, がここ五年, がなかっ, がなけれ, がむっくり, が住ん, が娘, が犬, が言わん, が隣り, じゃア, たらん, だ, だから, だそう, だちに, だったが, だの女, で, であったとしても, である, であるから, であろう, ですから, でその, でも雇婆アさん, で夏, で村, で皆んな, で薄, で身寄, で身寄り, で黒谷村, とか儒者, として立つ, とや我, なので, なん, にお, になつ, になつて, になりました, になッ, に過ぎない, に過ぎなかつた, のあたし, のうち, のなん, のよう, の三名連れ, の事務員, の僕, の内, の婆さん, の弥之助, の数, の死, の気楽, の氣樂, の漁夫, の癖, の私, の群れ, の若, の街, の貧しい, は, はあれ, はお伽草子, はこういう, はすこし, はその, は身体, も憎い, をああ, をどうして, を一人, を呪う, を置い, を追う, 無異議引払, 絞

▼ 人また~ (105, 0.0%)

10 一人と 4 窓の 3 これを, 一人 2 いわく, 同じ事

1 [81件] いわくわれ今, いわくわれ方便を, かの青き, これに, これらをも, しても, その心, その次, ついて行く, ゴムたびを, ワギア, 一つの, 一人いちばん大きな, 一人ぼ, 一人他の, 一人来た, 一人続い, 一人草ッ原や, 一群一族の, 三四人と, 人で, 人に, 仇敵の, 今の, 会則を, 何の, 何をか, 信ず虎王, 信ず虎鬚有毒ゆえ虎, 兎を, 入院よ, 公宗の, 出つは, 喧嘩を, 地上の, 変転哀楽また, 大蔵大臣も, 天命の, 妹が, 実に同族, 広島に, 弟子を, 従兄弟なる, 從兄弟なる, 悲しくなっ, 揉み合うところ, 文筆の, 新島氏は, 新旧両道の, 日本の, 明晩ついに, 明晩また, 曰く, 書かない方, 来て, 東京へ, 検事さんの, 波瀾層, 洗馬に, 洞中に, 潜行し, 火事を, 無窮に, 無造作に, 煙草の, 猴や, 現在に, 甚だ楽天家, 畜にも, 白鳥に, 空馬車に, 立所に, 舟に, 見ゆる, 通ず甚だ, 逞しく空, 進む, 遠くこの世, 髪の毛に, 鼠を, 龍宮寶船七福神などの

▼ 人並ん~ (105, 0.0%)

6 でいた 3 で寝る, で歩い, で腰 2 でい, では歩けない, で坂, で居る, で歩いた, で歩く, で立っ, で黙っ

1 [74件] であおむけ, であるい, でいました, でいや, でいる, でここ, でしょんぼり, でじり, ですまし, ですわる, でそう, でつぎ, でつっ立っ, でどちら, では歩き, でまつ先, でも悠々, でゐる, でカール, でテラス, でブラ, で乞食, で何, で停車場, で勤め先, で吊, で坐る, で大きな, で寝そべれ, で寝台, で居た, で居るだらう, で席, で床, で心静か, で手, で指, で掛けられる, で掛台, で斬り, で梁, で橋向う, で歩き, で歩き出した, で歩け, で歩けない, で歩けぬ, で歩ける, で泰軒先生, で片端, で物, で盃, で眠った, で石段, で立ちどまっ, で立ってる, で網, で腰掛ける, で話し, で謡, で豚, で身, で通り, で通る, で逢っ, で針, で釣り始める, で鏡, で長い, で門, で靴, で食, で馬首, で鴈治郎

▼ 人~ (103, 0.0%)

7 の家 3 が思ふ, をば叱る 2 がこの, と三人暮し, のところ, はひとり, はもう, は貧乏人, ばかりで, より一日, を入れ

1 [72件] がこんなに, がそれ, がたより, が問題, が寝, が尋ねたい, し方, すかないの, だけを苛, とお, とすれちがっ, と一緒, と五つ違, にけしかけまし, にとっては大, にはありました, にほんとう, に向っ, に失礼, に対する態度, に附き添いました, のこと, のそば, のやう, のコンパートメント, の一番, の何, の來, の外, の実兄, の寝台, の帰る, の弟子, の心, の態度, の所業, の有金, の眼, の着く, の知った, の知らぬ, の短い, の背後, の袖, の親友, の記憶, の講義, はそいつ, はそういう, はつく, はほしい, はギャア・ラマ, は大嫌い, は時代, は末子, は自分, は行乞坊主, は貧乏, は足, も一人, やっぱりいい, や好き, より外, をこめ, をつかむ, を出迎えた, を加え, を尾行, を殺す, を見向い, を訪ね, を追

▼ 人麻呂~ (103, 0.0%)

9 の作 8 の歌 2 が某, の, の挽歌, の長歌

1 [78件] から得た, から来, か赤人, がこんな, がもう, が不破山, が出た, が天武持統, が山陰, が支那, が日並知, が時流, が歌, が自身, が長歌, であつ, である, でも新語, で完成, と云う, と似, などもさ, にし, には見られぬ, に代作, に対して既に, に比較, に違, のした, の代作, の伝ら, の作物, の功績, の場合, の境遇, の大, の宮廷詩人, の影響, の後半生, の御, の心, の思ひ, の恋愛詩, の手柄, の抒情詩, の方, の様, の此歌, の死, の泊瀬部皇女, の眞實, の筆法, の芸術, の詠, の達した, の頃, はあの, はこういう, はた, はまだ, は倭, は其, は大宮人, は帝王, は必ず, は恐らく, は様式, は歌っ, は痩せたる, も既に, よりも人麻呂, をほおまあ, をもまた, を一時, を学ん, を悲劇, を慕つて, を手本

▼ 人からは~ (102, 0.0%)

2 その人, 何をも, 妙だ, 馬鹿に

1 [94件] いくらでも頂戴, かなり鄭重, かわいがられなかったし, きわめてつまらない, こちらを, これを, こんなこと, しからずと, すつかり見透しな, ずっと遠い, その上, たちまち田舎ッペイ, どうみえる, なるほどこれ, ふんだんに崇拜, また口ずから, むしろはばかられ, むしろ憚, もらえそう, やんやと, わからずや, わしが, ジロジロながめられました, 一種軽蔑の, 三百五十フランも, 三通の, 中ぶらりんだ, 主人の, 乾燥した, 予言者の, 仄暗い, 仙人の, 何という, 何の, 何も, 全くかけ離れた, 全く鬼, 冬の, 取らないという, 同一視せられ, 報復の, 夏の, 大てい何, 天魔の, 失望と, 女性の, 始終まちがえ, 委任状が, 嫉妬を, 少し離れ, 山羊くさい, 幾らかの, 度々来い来い, 形式主義象徴主義に, 彼は, 思われるもの, 懷かしく思はれ, 抗議が, 擯斥される, 放漫と, 教わりたくも, 斥けられて, 日露戦争の, 旧いとも, 早くのがれた, 横着者の, 武陵桃源の, 気の, 滅多に, 無条件に, 無能呼ばわりを, 特殊な, 甘い情け, 相手に, 相談を, 禁裏の, 私が, 私を, 移り気だの, 立ちあがつて, 聞きうること, 肺病と, 自惚すぎ, 花に, 蛇蝎の, 見えなかった, 見られるよう, 評判が, 贅沢だ, 近代人の, 逃げ出して, 鄭重な, 金銭を, 頭を

▼ 人居る~ (102, 0.0%)

5 んだ 4 のだ 3 だけで, んです 2 がお勝手, が一人, だけ, と私, のか, んで, 嬉しさ

1 [73件] え, か, かも, からいや, から構う, から殺し手, かわからない, か判らぬ, か知らんけん, か解らない, が其一人, きりで, ことが, しまた, そうだ, ぞなし, ぞツ, だけであった, だけであつ, だけです, だけ小磯扇次, という, といふ, とかえって, とこう, とこへ, とのこと, と云, と云う, と思, と思っ, と當, と言う, なんてそんな, のである, ので聞い, ので随分, のは, のも, のを, の一種の, ばっかりにつくりなされた, ものでない, ものも, やうだ, やうで, よ, ようだ, ようです, ように, わい, メカケを, 丈の, 中で, 乾児の, 事であろう, 位です, 処え, 処である, 助手の, 場合には, 市田イチ子という, 抱え芸者に, 断髪令嬢の, 時の, 様子であった, 空気銃吹矢の, 窓の, 筈だ, 筈で, 筈です, 臺所へ, 邦人の

▼ 人かは~ (101, 0.0%)

2 工場を, 生死も

1 [97件] あったであろう, あったよう, あつた, あるが, あるとしても, あるの, あるはず, あるべし, ある筈, いさうに, いたという, いたよう, おりますゆえ, ここに, この出来事, この墓地, この山, そのカタカタカタ, その後大宮八幡へ, その間に, それぞれ差の, それに, そんな気合い, た幾人, つき従って, どちらかと, ほとんど薬, まだ覚え, もっと年下, もっと痛快味, りて, キット云うだろう, シベリアに, ジャン・ジャック・ルーソーが, ストライキ反対派が, モッコを, 一人の, 一度に, 主家を, 二度と上つて, 他の, 他日に, 何時か, 先ず小坂部, 入口の, 出来て, 刀を, 分かりませんが, 判然しない, 別にオジギ, 北鮮軍との, 厩へ, 和算の, 四時には, 夕飯の, 天保期の, 始めて見た, 居たから, 廊下に, 懐剣を, 或る, 捕え獲たと, 支那歴代の, 月給支払要求大会の, 梃子でも, 死し傷つけられ監獄, 残って, 気絶を, 淡泊な, 無実の, 無残に, 爐を, 狩衣や, 異性の, 當時に, 白髯であった, 矢張り筆跡が, 知らないけれど, 知らなかつたが, 知らぬが, 知らんが, 私の, 秘密を, 移り変って, 立派な, 聞きもらしたが, 自分達の, 苦汁を, 血ヘドを, 計画的に, 起きあがろうと, 鍬を, 非常に, 鞘ぐるみ抜いた, 頭に, 養老院で, 首が

▼ 人あつ~ (100, 0.0%)

527 たが 6 たか 4 たの 3 たと, たやら 2 てお

1 [23件] たかと, たこと, たさうである, ただけ, たぢ, たといふ, たとして, たなら, たので, たやう, たらうか, たらうと, たらしいが, たら賑, た事, た姉弟, た筈, ちやお, てその, てわたくし, て世に, て結構, て臂脚

▼ 人にでも~ (100, 0.0%)

2 すがって, 云うよう, 殺されたの, 言うよう

1 [92件] お願, からだだけは, きかなければ, ここは, すぐなつッ, その特殊, その翻訳, できること, できるという, どなたにでも, ない自分自身, なければ, なったならば, なって, なつて, なります事, なるつもり, なれる, はぐれたの, もらうほう, わけへ, 一対一だ, 今日の, 今日は, 仕事の, 会うよう, 会えたら結構, 会ったよう, 会って, 会ふ, 会ふと, 何でも, 其の知識, 分らんかも, 匹敵する, 同胞の, 売渡したの, 多く見物, 多少惨こく, 好かれるから, 嫌ひなものは, 容易に, 尋ねる, 当て嵌める訳, 思うが, 悦ばれますし, 愛せられる, 愛玩され, 手を, 提出したら, 時代の, 来られたら大変, 橋渡しにでも, 用事が, 相談する, 眞似, 知れましたら黙って, 祕密の, 美味しく食べられます, 聞かれたらそち, 自分の, 見せて, 見つからうもん, 見つかれば, 見て, 見られたら, 見られると, 見るよう, 見付けられまいと, 親が, 訊かれて, 訴えずには, 訴えて, 訴へ, 話されたらどう, 話し掛けるよう, 誰にでも, 誰れで, 謙譲な, 負けては, 負けると, 逢つた, 逢つたのかと, 逢はう, 逢ふ, 遇ったと, 遇ふも, 随分手, 雨を, 頼んで, 食べられる, 髪を

▼ 人いた~ (99, 0.0%)

4 のだ, のである 3 のです 2 がその, が何年, ようだ, ようです, 方が

1 [78件] かあるいは, かしら, からです, か机, か知れ, が, があいだ, がこれ, がそういう, がだれ, がとりわけ, がほか, がギロリ, が主持, が五歳, が会, が僕, が同じ, が彼, が彼女達, が手前, が森君, が楽隊席, が武士, が芳本, きりだった, きりである, けれどここ, けれど深, ことが, ことだろう, ことに, ことや, ことを, この男, し何, し顔立, じゃない, その大, だけで外, っけが一人, てえ, というかれ, ということ, という友達, ところで, としてもイヒヒヒヒ, ねえ, の, のが, ので, のでこれ, のでその, ので庸三, のに特に, のは, のよ, はずだ, ばかり, ひとです, ほかは, まえ, ものが, よ, んです, 下足番の, 与八は, 内二人は, 奥女中達も, 女の, 女中が, 女中の, 娘さんと, 家職の, 彼は, 昔の, 連れの, 集りの

▼ 人~ (98, 0.0%)

12 に手 4 をあげました 3 をつない, をとっ, を取り, を引つれ 2 に, をつなぎ, を分け, を取った, を取らぬ, を取り合っ, を引き合っ, を携え

1 [54件] え引き, が揃いました, が要る, さえ触れよう, で切り盛り, と足, にお, にかけて理由, にこわばった, にさし込ん, にたね, にとる, にまた, に入れた, に固い, に寄っ, に役人, に思い, に掛つて, に斯, に書き, に此處, に気, に涙, に済んでるだろう, に自分, に花束, に足駄, に黒革, の明, もなくつかまる, も足りなけれ, や背腰, をあげる, をたずさえ, をつなぎ合っ, をとつ, を入れさせます, を出そう, を取っ, を取りあっ, を取合い, を引っ張る, を引張る, を御, を拍つて, を挙げ, を振る, を捉, を揃え, を握った, を擧げ, を繋げ, を貸し

▼ 人~ (98, 0.0%)

5 の一人 3 といわれた, の手 2 から閣老

1 [85件] いわゆる家の子郎党, おほき, がうろつい, がかたまっ, が京都, が介抱, が公事訴訟, が夫, が神父, が集まっ, たりし, だに降し, であったに, というもの, という者, といわるる, といわれ, といわれる, とか云われ居る, とがどんな, として名, との前, との対峙, とは, と呼ばれた, と唱え, と称し, と離れた, などいずれ, などでも馬, などと云った, などを九度山, にも手伝う, にも渋々, に先んじ, に普告す, のうち, のお, のおなか, の中, の人々, の人物, の人目, の仲間, の会所, の内, の力, の原士, の名, の大, の時代, の横槍弱, の油屋, の町役ども, の第, の筆頭, の納屋宗易, の親戚, の話, の軍隊, の間, の頭, は, はその, はまた, は外, は天, は抜けますまい, は皆一同, は皆目, は篠原長房, は風, へ手, もその, をし, をもほぼ, を勤めた, を引きこん, を抜い, を捕え, を脇, を起し, を重んじ, を離れ, 一向取上

▼ 人にと~ (97, 0.0%)

62 つては 11 つても 2 つてかう, つてさへ, つての, つて此上も, つて餘り

1 [14件] つて一大事が, つて希望の, つて悪い, つて熱かつ, つて貰つた, なく同じ, ふべきよすかも, 云うがね, 余は, 媚を, 思ったの, 思って, 慎みて, 次第に荒らされ

▼ 人立っ~ (97, 0.0%)

30 ている 29 ていた 4 てい 2 ています, てゐる, て何

1 [28件] たりしゃがん, て, ていない, ておいで, てこっち, てさも, てたろう, てました, て一寸, て二十六夜, て人待ち顔, て傘, て大きな, て彼女, て木, て板戸, て物, て空席, て答えます, て考えた, て行く, て見, て見ました, て足元, て遥か, て門内, て電車, て首

▼ 人あるいは~ (95, 0.0%)

3 二人の, 何千人の 2 いわく, かかる事業, 三人で, 何百人の, 余を

1 [79件] いうかも, いうであろう, いわく天下泰平, いわく学問と, いわんすでに, この説, この論, この諸, これを, それ以上の, それ以前の, そんなこと, ほとんど年じゅう, もっと多人数, もっと多勢, われらを以て, カム人とは, スペイン人と, 七十五人百人万人と, 三人あるいは, 三人いっしょにという, 三人とも, 三人の, 三人までが, 三人位列ん, 三人四人一緒の, 三百人ずつの, 九千人に, 二十人と, 二十人の, 二十人三十人白衣道者の, 二輪馬車四輪馬車を, 云わんかく, 五人あっ, 五人あるいは, 五人と, 井伊を, 人に, 代理人は, 佐久間横井を, 何万人の, 何十人かの, 八人ぐらいの, 八人怪しげない, 十人の, 友人たちに, 四五人ずつ, 四人ずつ, 四人の, 四人位ずつ, 四人位持っ, 回教徒の, 女巫の, 已でに, 徳川幕府の, 心の, 恐るスタイン, 数人によって, 数人の, 料理屋の, 曰く, 松陰を以て, 無官の, 犬神人や, 独占的営利主義の, 疑わん, 登山を, 相当以上に, 祖父江出羽守が, 神武の, 美味いもの食いで自慢, 自分より, 自己の, 言わん, 諸動物, 都会人の, 顔を, 風の, 飽きて

▼ 人のけ~ (93, 0.0%)

25 はいが 16 はいも 11 はひ 8 はいに 4 はいを 3 はいと, はひがし, はひで 2 はいの, はいは

1 [16件] はいがまるでありません, はいが外, はいさえ, はいさえない, はいさえなく, はいなど, はいはございませぬ, はいはない, はいをば, はい軽げ, はひがまるでありません, はひし, はひす, はひである, はひのせぬ, はひも

▼ 人~ (92, 0.0%)

9 知る 6 なき, や 3 多く候 2 なき人, むれ遊ぶ, 亡き, 我輩少しく次に, 汲む

1 [58件] あり俎, ある, あるらし, あわれ, あゝ今, いねえの, おもは, きたれり, しる市井, っくり, といはんと, とおも, なきです, やと, や後, ろひだ, われを, 一とく, 何の, 労れぬ, 君驚く, 呼う, 坐したる, 大谷刑部少, 安かりける, 彼は, 後に, 思ふ其の, 恋しき, 惑ふ, 我何人ぞとの, 朦朧式など, 梅雨寒し, 此書は, 泣く, 無き, 知るこの, 知るだ, 知るである, 知るである而, 知るであろう, 知るでまことに, 知るで識, 知ると, 知るとても, 知るに, 知る一部人士, 知る令弟明光医博, 知る先, 知る特殊, 知る知らぬもの, 知る知らぬ者, 知る説明, 立ならべる, 見る, 貴人, 野夫にも, 間貫一が

▼ 人までが~ (92, 0.0%)

5 御一族 4 おのづとやつこ心に 2 それな, ドキドキする, 見て

1 [77件] うっかりする, おのずとやっこ心, おりから, おれたちの, こうした最新式, こう気, このよう, この雑誌, こんなこと, しめっぽい心, すがた, そういう虚聞, そうだ, その最後, その纎手, それぞれ順序によって, たって, ちょっと恋しく, ともに自分, どうも中国, なにか見落した, もう嫁入りざかり, よく辷る, わが子の, わたしと, カミナリの, ユサユサ日本へ, 丸出しの, 今度は, 付いて, 何事かと, 全国にわたって, 八重桜の, 其当時国師岳と, 劇談会に, 同時に嫌疑, 國家が, 声を, 女子ばかりとか, 妙に, 安心し切った, 小さいころ, 必ず赤坊, 慾には, 我も, 既にその, 書き出して, 木綿と, 梁に, 欠乏困窮の, 正真正銘の, 段々消化吸収, 気を, 気取って, 水茶屋女に, 泣き出して, 涼みが, 無知な, 生え抜きの, 百姓の, 硬い少尉, 祝家荘の, 私と, 私の, 種々なる, 笑いだしたので, 考へて, 自分自身ようようよろめきよろめき歩き, 親切な, 言い出す, 評判に, 詠んだ歌, 軽薄な, 迷惑します, 遠くに, 遠慮を, 鹿爪らしく

▼ 人~ (91, 0.0%)

3 是非 2 棟梁, 痛苦其極ニ達セルトヲ見

1 [84件] 一方ニ行カムト欲スルガ如キモ, 上ニ在, 上ニ立ツ者ノ, 中絃妓, 之ヲ, 代名詞デス, 使命ハ國民ノ, 児乳房フクンデ眠ッテイタ, 其レヲ, 出来ヌ六ツカシイ相談事, 前デハ, 參政權, 唇僅カ一糎短カケレバ美人ト化スト云ッタ塩梅デ, 國家ヲ, 國語亦, 地面ヲ, 夕去, 奢ハ千万人, 如キ發明, 子, 存在スルコトハ神意トモ云フベク且ツ社會ノ, 安全幸福ヲ, 容喙ヲモ許サス, 寝テイル恰好マデガ浮カン, 居常且ツ終生, 幸ノミナラン乎哉, 彼女ガ折リ重, 後見トハ成スベカラズト皆人沙汰シアヘリ隼人正, 心ニイイロナ事ヲ, 心ノホカノモノカハ, 心常, 心情ヲ, 忙ヲ, 性其原同一ニシテ他, 性理ヲ論ジ之ヲ, 悪イ邪推ヲスレバ, 意見ガ一致スル, 才ト云フ者ト略相似タリ, 才ト云フ者ニ略均シキ者ニテ本能ハ智, 持續セントスル國際的特權ノタメニ宣傳サレツツアル平和主義非, 教育早, 文字ヲ用ウレド後ノ, 根拠トスル黒竜江及ビカムサツカヲモ測量スベシ, 歪ンダ脚ヲ, 注意ヲ, 父母タルモノ子, 病ムナシ何故, 百日ニ等シ, 皇子との, 皇子の, 皇子も, 着ヌ唐物ソノ外, 知ル如シ, 知ル所ナリシガ北部歐羅巴ニテ夥多, 祭祀ヲ, 移住ヲ, 移住者ガ取得スル所ヲ, 終身求メテ已マザル所ナリ, 結婚ハ成立シナカッタニ違イナイ, 羨ミナリ, 義, 習イダガオマエハコレカラ怨ヲ, 聞付ム事ヲ, 肩エ掴マッテ助, 自カラ生命, 自由ヲ, 血液ガ多量ナリト云フコトハ實ニ其, 血液ガ如何ニ多量ニ朝鮮人ノ, 血液ヲ, 被害者ニ何ノ, 覧閲ヲ, 親シク本邦ニ来リ学フモノ, 親ヲ, 言語ニハ正義罪業罪罰ニ對スル言語ナク人種下等ノ, 話デハ, 道ナリ, 道念ヲモ生活ヲモ腐敗シ盡シタルヲ以テ眞, 醜イ人間モ存在シナクナルデアロウ云々, 間ニ巣ハシム可カラズ, 防禦ス, 隠テ云ハン事, 隠ンヲモ, 難ハ人ミナ惜シミ, 非議ナキ國論ヲ

▼ 人にな~ (90, 0.0%)

8 つてし 3 つた, つて, つてから, つても, つてゐた 2 つたので, つてしまつ, つて三人で, つて年を

1 [59件] さばやと, その尊き, つたえな, つたこれから, つたと, つたに, つたのであります, つたのである, つたのであるまい, つたのに, つたのは, つたのを, つた僕は, つた新, つておくれ, つてごろツちやらし, つてしまつたのである, つてしまつてゐた, つては, つてゐ, つてを, つて丁抹瑞典北獨逸等に, つて仕舞つた, つて仕舞ふ, つて來た, つて兩國の, つて其花道を, つて困つ, つて困るだらう, つて夜更けの, つて寂しい, つて居ります, つて帰つて来る, つて引揚げられた, つて心もちはにかむ, つて村へ, つて歩いた, つて死にます, つて気持をととの, つて永久不滅の, つて父親は, つて画い, つて私に, つて私は, つて考へ, つて自分の, つて舞扇を, つて衰へて, つて見え, つて貰ふこ, つて里へ, つて長椅子の, つて頂戴, つて頭角を, ッた, ッて, 留守居の, 聞せそ, 馴れそ山

▼ 人~ (90, 0.0%)

4 に乗っ 3 捲きの 2 に乘, 駈足

1 [79件] からおり, からおろされた, から下し, から見る, から降りかける, から降ろされました, があ, があつ, がかよう, がかよわない, がわたしたち, が下り, が出ない, が列ん, が威勢, が威勢能, が軽便鉄道, が門前, が韋駄天走り, だと, で歸つて來, と入りち, など, なんか, にわたくし, に乗せられ, に乗った, に乗る, に乘りつ, に先んじ, に揺られ, に搖, に而夕八半時頃矢掛駅小西屋善三郎, に而布袋村, に而帰船, に而平福, に而暮, に駕, の下り, の世話, の久しく, の入口, の方, の東西, の横, の走る, の軌道, の運転手, の過ぎゆく, の雑踏, の響き, はあやまる, はある, はそれ, は一台, は上, は小田原, は徐々, は断崖, は来てるだろう, は西北, へ乘, を, をつらね, をようよう, を乗りつけける, を乘りつ, を利用, を呼びました, を命じ, を宙, を引っ返させたい, を待たせ, を探し, を止め, を用意, を路ば, を驅, 副釜

▼ 人或は~ (89, 0.0%)

2 一見し, 伯の, 公が, 吉野と, 曰く板垣伯入閣は

1 [79件] これを以て, すがめの, その佚楽戯嬉, その気質, それを, それ以上雇う, そんなこと, もっとかも, もつと, シスを, 一向に讚め, 七人の, 七八人の, 七八人も, 万人多数の, 三人共無, 三人出る, 久しぶりの, 予に, 二三の, 二三千人の, 二人に, 二人の, 二人或, 二十人三十人白衣道者の, 云く, 人形を, 使者を, 先輩後輩であろう, 八人ずつの, 其以前の, 其土地を, 出來事, 刀禰たちの, 十人も, 呉山に, 四五人の, 声の, 外国に, 大通漫歩の, 大院君が, 女の, 孫卿と, 官吏などと, 家による, 屈せずして, 我帝室の, 故人の, 教会に, 数寄屋河岸の, 數百人を, 是の, 曰く憲政党は, 曰く憲政黨は, 曰はんキリストは, 曰ふ, 此石製烟管は, 此結果を, 深淵の, 物を, 独乙は, 王引之の, 神自身が, 立君の, 著者の, 蝦夷の, 観察の, 言わん右, 跡を, 近日の, 進歩党の, 進歩黨の, 道徳高き, 部下に, 部民との, 金ピカ自慢の, 閔泳駿等が, 靈山子と, 驚き或は

▼ 人~ (89, 0.0%)

4 に, に必ず 3 にその, に告げられ, に自分 2 と云つて, にそれ, に目的

1 [66件] にお, にかかる, にこの, にそう, にその間, にとりわけ, にふい, にジロジロ, に一つ, に久八, に他, に代議士, に何かと, に免れず, に冤罪, に可愛がられ, に同じ, に同情, に吹聴, に喋っ, に声, に変り, に大刀, に就, に岸本, に弁解, に弓二張, に強力, に心, に思われる, に我身, に曝, に有難から, に本家, に東海道行き, に柔らかい, に業用, に此方, に残し, に殘, に泪, に物, に王生, に異, に知る, に私, に簡単, に紅葉一枝, に絹五疋, に義捐, に聞いた, に聞かれる, に薩州, に言合, に訊かれた, に訊ねました, に誉め, に語っ, に語つて言, に讚歎, に賞め, に踏ん, に野寄方面, の首, も騎馬, を呪う

▼ 人ぎり~ (88, 0.0%)

6 になりました 4 になった, の時 3 であった, で居る, の側杖無理情死, の旅 2 だった, でした, に成った, に成る, の兄妹, の家庭, 広い家

1 [48件] だ, だから, だったと, でありました, であるの, でございます, でございますから, でしたが, ですから, ですが, で会う, で出られる, で実に, で当分, で暮し, で暮す, で歩い, で立ち向わせられ, で話し, で話す, で話せる, で逢った, で逢わざる, と成った, と見える, になり, に切りつめ, に成つた時, のとき, のところ, のもの, の場合, の家族, の小, の常識, の方, の気随気儘, の汽車, の父, の生活, の遊び相手, 互に顔, 会って, 出掛るとは, 寂しい隱居所, 残して, 淋しいよう, 置く訳

▼ 人以外~ (87, 0.0%)

5 の者 3 にはない 2 にない, にはまるきり, には余り, には書かなかつた, に何, に殆, の人, の誰

1 [63件] ではない, とは到底, に, にこれ, にだれ, にどれ, にはあまり, にはどうしても, にはなかっ, にはなかろう, には何, には多く, には居ない, には度重なる, には性格, には法度, には知られなかった, には私一人, には衆人, には見聞者, には話さない, には語らなかつた, には購求出來, にもござる, にも会員, にも例えば, にも真暗, に丸岡九華, に仏蘭西, に入れない, に愛情, に求むる, に物音, に犯人, に知っ, に紅梅, に老人, に聞いた, に誰, に誰一人, に足跡, の, の事, の他人, の何者, の公, の女, の女性, の有色種族, の浮薄, の特異体質, の精霊, の船, の芸術小説以外, の読者, の霧, の面, はみな成人, は余技, は出演, は弁当, は愛情, 着て

▼ 人及び~ (87, 0.0%)

16 芸術家としての 5 作家としての, 芸術家として 4 許多の 3 女として 2 村の, 芸術

1 [50件] その周囲, その時代, アフリカの, インド人などの, インド人の, スペイン人は, トルコ人共に, フランス女が, ブルガリア人の, ポルトガル人であった, ラチオ人と, ロウマ人の, ローマ人の, 七人半だ, 之に, 作家として, 俳優として, 僧侶という, 八幡山崎淀一口其近邊は, 動物の, 外國人の, 大ブカリア, 女性として, 女性としての, 家屋の, 幸福を, 弁護人より, 我を, 文学に対する, 文学者としての, 渤海人が, 演劇関係者は, 演劇関係者自らは, 爾後の, 物, 狭義の, 病院の, 神を, 総ての, 老いたる, 自分の, 芸術に対する, 芸術家が, 蒙古人, 藝術家としての, 褐色人, 詩人としての, 雪山地方の, 電力関係者たちが, 魂に

▼ 人ぐらいは~ (86, 0.0%)

2 どうにでも, 常に集まっ

1 [82件] あたしが, あったかな, あったが, あっても, ありました, あるだろうが, あるだろう考え, あるですぞ, いそう, いたよう, いました, いるだろう, いると, ここに, ございましょう, その斬合い, その蘭, とまれるほどの, どうにかなる, なんだか取り残され, なんとかなります, はいれた, はいれる籠, みんなバクチ打ちである, もとよりの, よく出来る, わけも, ズラリと, 一側に, 一生楽に, 乗って, 乗れそう, 乗れる, 他の, 住むこと, 何う, 何うにでも, 何とかいたします, 使って, 僕の, 刺針ででも, 召し使わなければ, 可い, 呼ぼうと, 問題では, 坐って, 多くたっ, 害め兼ねない, 小町娘が, 尻を, 居たかも, 居ること, 成功し, 成敗できる, 手を, 拵えて, 拵えるぜ, 持って, 掴まえられたの, 斬り伏せたという, 楽であります, 欲しい齢, 死ぬかも, 殺し兼ねねえ野郎, 潜れそう, 無いで, 無いはず, 物に, 狂人が, 百五十万二百万選手が, 立ちどころに集まりまする, 締め殺しても, 置いて, 置くが, 臆病者と, 自分の, 詰めかけると, 読んで, 迷惑する, 防げよう, 飛んだ災難, 食べたおばけ

▼ 人~ (86, 0.0%)

2 [11件] かヒソヒソ, か小声, か店員, か快活, か本, か滔々, か給仕, して, でも妾腹, の所在, をし

1 [64件] うあらう, かいいました, かせっせと, かせん, かつぶやい, かひそ, かを持った, かを行商, かを見つけた, かガヤガヤ, かコソコソ, か主人, か云, か云いたげ, か仕だす, か切れ切れ, か削り, か喋り, か大きな, か大騒ぎ, か怖, か急, か愉快そう, か楽し, か知ら, か竊, か考え, か話し, か超然, か高い, が悲しく, が故に, が面白い, しに, ていう名, て言っ, て面白い, でもありません, でもない, でも兄弟, といふえらい, といふ善良, とし, にじれ, にも言わず, に胆, の, のこたあ, のつもり, の不足, の如き, の思い出, の恩, の苦, もし, も恐れる, も知らはりゃしまへん, をあんなに, をか思い出, を怖, を望み, を申し, を目論ん, を訊ね

▼ 人殺し~ (86, 0.0%)

3 て下さい, の下手人, の曲者, の犯人, の罪 2 たりする, ぢや, ている, てやりたい, てヌケヌケ, て一, て私, と云, や浅草仲店

1 [53件] があっ, が三人殺し, じゃ二人, じゃ醜態, その次, たり, たりし, てあわてた, てあんな同じ, ていた事, ておい, てし, てしまいます, てしまった, てずんと, てたった, てなん, てもこういう, てもこの, ても博士, ても平, ても身, てやろう, てヌクヌク, てモウ人殺し, て來, て助からう, て助かろう, て千五百両, て千五百兩, て居る, て煙, て行く, て見せ, て面, で警察, にならう, に来られない, の, の活劇, の片棒, の犯人一也さん, の發頭人, の真犯人, の証拠, の證據, は, は本, を材, 事件でありまし, 十一月九日には, 柳島四人殺し, 鈴ヶ森お

▼ 人切り~ (85, 0.0%)

5 になった 4 で散歩, の生活 3 だ, になる 2 だから, でいる, でこんな, ですべき, になっ, の話

1 [54件] か, があった, がね, しかいない, しか子供, しか居ない, だった, だったが, だったので, で, でこの, でさ, でさびしく, でした, でその, でそれ, で一間, で乗り合, で乗り合わし, で住ん, で利子, で坐つ, で外, で家, で家倉, で御座います, で暮し, で秘密, で給仕, で翌日, という生活, なよう, なん, にし, になつ, にならない, になるだらう, になれない, のもの, の世界, の住居, の家, の小人數, の幸福, の新, の時, の時間, の淋しい, の狂言, の能, の親しい, の赤坊, 床の間まえ, 納屋の

▼ 人など~ (84, 0.0%)

2 いらない, 斬れる代物, 殺せる道理

1 [78件] あらわれました, ありは, ありよう, いないよう, いない筈, いふ尊い, およそ世界各国, およそ興味, きっとヨーロッパ, そのほか, それこそ, だった, つまり失業, であって, とても通れた, どういう知り合い, どうしてる, どのよう, ないわ, なかなか出来まい, なく附近, ならずや, はた, はめつたに, ひざを, ふり返っ, まず申し分, まだ三十歳, まるで問題, ゆくの, シャーマーン, ハ銃をも, 三四人居りました, 世の中に, 人は, 住めそう, 住んで, 何を, 充分に, 出迎, 切れるか, 却って晴れ, 呼ばれたり, 呼ぶ程, 多く我が, 多く輩出, 夜くらく, 家を, 居れば, 平気で, 数える程, 数人の, 既に重鎮組, 日本へ, 時, 有て, 来り気, 来るが, 極めて馬, 殺しさうに, 殺しそう, 殺すべき者, 殺す樣, 殺せさ, 殺せし覺, 殺せそう, 殺せるもの, 殺せる容体, 立ちつ踞りつ若い衆, 竜蛇の, 素人とは, 絶えず往來, 良人との, 若干の, 要路の, 辻野君には, 駿馬が, 鼠を

▼ 人に対しては~ (84, 0.0%)

3 私は 2 その論, 別に, 本能的な

1 [75件] いちおう事前探査, いつもあれ, おのれらの, こけ猿ここ, これらの, さほどの, せいぜい心, その面貌, それが, それを, たいへんやさしく, なんとなくすこしの, ほとんど布教, ほとんど興味, まじめな, まず適用, まるで主人, もったいない気, もとの, わたしは, 丁寧であり, 世法からの, 主人の, 今は, 今までも, 何と, 何とももっ, 何の, 何も, 何らの, 余り打ち解け得ない, 余分な, 余程寛, 個性の, 側に, 傑作が, 別に悪感, 割引を, 勇敢な, 同様に, 同胞らしい, 妙に, 寛大で, 常に尊敬, 幅が, 廉ならず, 忍耐を, 恬淡に, 慇懃であっ, 新町村, 早速適当, 時々ひどく, 未だ澄む, 汝である, 決して一言, 決して好感, 決して発情, 決して笑わなかった, 烈しい憎悪, 無論必要, 無限の, 特に仮借, 男性的といふか, 絶対に, 罪では, 聞いて, 自分の, 自分は, 葉子は, 誠によく取り扱う, 誰の, 過ぎたる薬, 随分知っ, 非常に, 非常の

▼ 人ひとり~ (84, 0.0%)

2 がやっと, の名, の命, やっと通れる, ゐき

1 [74件] あらぬところ, あり, いないし, いなかった, いるけ, いるとも, がすきとおる, が出入り, が友だち, が手綱, が特別, が立ち尽し, この家, しか居ない, ずつ職員室, たうめ一人, でも相当, といふわけぢ, として僕, なくなった, なのに, にも絶え, に心, のこ, のほう, の働き, の御, の身, の重, はいれる, は金ひとり, まえの, もなかりしか, ものこらず, も聞え侍らぬ, も起きてる, やって, ゐずあの, ゐない, をあるかせる, をかよ, をすくう, を捕え, を殺せ, を突き殺した, を迎えれ, 住んで, 助けると, 取り落すと, 失うても, 守るとに, 居りけり, 得るに, 救うこと, 歩けるほどの, 残らずみな, 殺した後, 殺した恐ろしい, 殺すからには, 要らざること, 見えて, 見ゆ, 訪ねて, 通らないの, 通らないほどに, 通らなかった, 通らぬ, 通らぬこの, 通らぬ荒涼たる, 通る位, 通れるか, 通れるくらいの, 通れるすき, 通れるほどの

▼ 人余り~ (84, 0.0%)

4 の人数 3 の人 2 の一団, の中, の人間, の会員, の女

1 [67件] あるいは騎馬, がひとかたまり, が同じ, が長々, ずらりと居, であったが, であつ, です, となっ, になっ, に減っ, のお, のお客様, のもの, の乗馬, の人々, の人影, の人達, の労働者, の同勢, の士官, の女達, の子供たち, の子供達, の客, の小学校, の小屋, の幕兵, の抱え, の捕手, の数, の暴力団, の武士, の生徒等, の白衣, の白襷隊, の盗賊, の者, の聴衆, の若, の若い, の見物, の講中, の農夫, は今, は何処, ぶった斬って, もこもっ, も佇ん, も使おう, も其所, も寄り集っ, も居る, も店先, も集まっ, を一気に, キリキリと, 出迎えて, 各々涙, 居りました, 悉く与力, 新しくない, 相伴い鉄砲, 知らないだらう, 走って, 走り出たが, 集めて

▼ 人~ (84, 0.0%)

4 は大 3 の舞

2 [15件] なり, の娘, の手, の榊, は向, は太き, は応揚, は憤然, は毛脛, は決意, は猿臂, は色激, は若い, は面, は頷きぬ

1 [47件] がする, が一つ, が住ん, が女官, が左右左, が手, が榊, が歌人, が神代人, さが, じて, でお目見得, というの, といふ風, と才, には一人, にロマーシ, に対する才, に對, に授ける, のする, のところ, のとびかける, のル, の一人舞, の中, の二輪馬車, の成立, の所, の持つ, の歌詞, の第, の紋十郎, の警蹕, はいう, はいふ, はもう, は官人, は訝, は訝かしげ, は途中, ばかりが舞つて, より少し, を没する, 吏費, 常に小柄, 煙管を

▼ 人~ (82, 0.0%)

4 が二人 3 の人

2 [12件] がいた, が三人, が六人, が来た, が立っ, で, にも於七, のひと, の美し, の評判, は私, を入れたい

1 [51件] あの華繊, から遠ざかっ, があつ, がいい, が九人, が二百五十六人, が何人, が四人, が四百八十四人, が坐っ, が居れ, が捉まつ, が概して, が髪, この語る言, です, で親類, とあだ名, と云う, と留守, に, に一人, に三人, に四人, に渇いた, のお, のところ, の三, の児, の助手, の友, の好き, の所謂, の手拭, の教師, の聲, の随一, は廿九億九萬四千八百三十人, まじり月, も亡くなりました, をお, をもつた, を五百人, を伴, を十二人, を呼んだ, を恋う, を手, を抱え, を残し, を飯盛女

▼ 人つれ~ (81, 0.0%)

6 て來 4 て来た, て来ました 2 て, てそこ, て日暮里, て来, て来る, て行く

1 [55件] たり箱屋, だって出かける, だって髪結い, ていた, てきました, てこの, てこられた, てのこの, てはいつ, てふらり, て一人, て一足先, て三つ四つ, て下り, て不意, て信華, て入っ, て動物園, て午食後, て参った, て参りました, て四阿, て土佐幡多郡, て大島, て大阪在, て太物, て夫人, て宮地製氷所, て山, て帰艇, て息せき切っ, て新潮楼, て日本橋, て来い, て来させ, て来るべきだった, て東, て林, て案内者, て気散じ, て河縁, て立っ, て立会人格, て箱根, て行きたい, て行っ, て行つて, て見事, て車夫體, て銀座, て階上, にて, にてもふく, 二人つれ, 貧道弟子杵屋佐吉が

▼ 人または~ (80, 0.0%)

5 多数において 3 多数に対し, 多数に対する 2 これを, それに, 多数が, 多数について

1 [61件] おそらくそれ以上, それらの, ながい間, わずか四人半, アメリカ人である, アラビア人から, ジェノア人が, ジェノア人の, ジェノア人は, ジュデーア人との, タッデオの, トルコ人の, ニラ人は, 一家一村で, 七人八人と, 七人半で, 三人ぐらいずつを, 三人の, 三人は, 三人半の, 三人生まれる, 三四人ずつ, 三四人の, 中心という, 二人づゞ若い, 二人の, 二人を, 二人以上の, 五人という, 五人の, 何万人と, 八人に, 八人の, 公人としての, 十人の, 名も, 四人または, 四十人から, 境遇の, 多数の, 多数例えば, 姫子沢の, 家重代という, 少数の, 居候視し, 彼の, 数億人を, 時には二人, 時間に, 最初の, 本庄栄治郎著, 汽車あるいは, 物の, 稲米使者という, 米国人一人の, 約六人, 肝癪, 英国人または, 質屋の, 間人などと, 頭屋の

▼ 人~ (80, 0.0%)

6 のひと 4 の女 3 の骸骨 2 が, と私, の子, も草

1 [59件] あき千人, えの, えも, かに呼ばれ, がお, がは, がフランス人, が一, が出, が土民, が腰, けだ, じゃ, っ, っかったこと, ですよ, と次々, にあたし, にあの, にきた, にたたぬ, には春吉君, に鬼, のお, のお客さま, のつまり, のところ, のやつ, の不器量, の侍, の妻, の娘, の婿, の客, の少女, の手代, の浪, の男, の種蒔爺さん, の紳士, の良人, の若, の部下, は吠え, は靴下, は鯉, は鶴亀, ふてえ奴, ほんとにしっぽり濡れる, までまわった, みぐるしからぬ, りんす, をねらっ, を忍ぶ, を生かし, を避け, 思はず物, 見も, 避けたれど

▼ 人って~ (79, 0.0%)

5 ものは 2 のが, のは, やつは, 何と, 哀しいわね

1 [64件] あなた, あなたなし, あなたの, あのいつも, ありゃあしない, ありやしないよ, あるかしら, いいもの, いうけれど, いうと, いないよ, うそつきな, ええ気, えの, お前家の, ことに, こんなもの, そうありゃしない, そうたんとある, そこらあたり, そりゃ誰, だれです, どうしてこう仕事仕事, どうして皆, どなた, どんなな, なかったでしょう, なかなか当て, なんの, ほかの, ほんとに綺麗, みんなお, みんなそんな, みんなへんてこよ, んだ, ンだ, 云うこと, 云うもの, 何て, 僕きらいだ, 元気は, 分からないもの, 初めてよ, 大抵お金が, 奴は, 妙な, 尊いもの, 暢気です, 本当に四十七人, 来た三人, 死ぬる, 皆普通の, 知って, 見たこと, 訳で, 誰, 誰だ, 誰だい, 誰です, 誰でも, 誰な, 誰も, 貴方以外に, 面白いのね

▼ 人ちがい~ (78, 0.0%)

5 をし 4 だと, ではない 3 じゃない, するな 2 じゃありません, するほど, だ, だ人ちがい, でしたよ, でしょう, です, なの, に相違, をした

1 [39件] か, かとも疑った, かと思いました, かと思った, かと思わせる, すなっ, する程, だったら, だったわたし, だよ, だろうと, であった, であったかと, であった時, であること, であろう, でございましょう, でしたと, でしょう僕, ですよ, でないか, でなければ, ではございません, ではないでしょう, でも, ということ, という笑い, などする, なもの, にちがい, に相, のお爺さん, のこと, の儀, の相手, もお, やわ, をされ, をしたらしく思われる

▼ 人よりは~ (78, 0.0%)

3 この咄の, 一寸法師一寸法師と 2 三人三人よりは, 二人二人よりは, 四人噫, 大なる

1 [64件] いっそう身軽, かえって附添, この咄, すくなく寝, すぐれた風采, すぐれて, ずっとずっと鈍感, ずっとその, ずっと低く, ずっと鼻柱, その指, その精神, とかくあら, ひどくそして, まとまり且つ, よけいに, 一層純一, 一日に, 一番そなた, 一等軽き, 三倍も, 三十人と, 二十人二十人よりは, 仕事が, 何か, 何が, 余程よ, 余計に, 偉大なり, 優等の, 写したがる者, 冷淡な, 半丁, 在らざる如く彼, 多くの, 宗教的な, 家が, 寧ろ退い, 少くとも, 少しくらい, 少し早く, 少し痩せ, 崇ば, 年上でありました, 幾らか樹木, 幾倍も, 心もち高い, 数倍の, 早くの, 早く歩けるくれえだ, 柔らかに, 死ね, 深山木の, 物の, 猫が, 甚だおそく, 真心が, 矢張り神経質です, 空, 苦労を, 賢いです, 鋭敏だった, 長すぎた, 顔も

▼ 人のこらず~ (77, 0.0%)

2 彼の

1 [75件] がその, ここに, この土地, しばりあげて, その場, だよ, てんでに帯, といっ, と云っ, なにか特別, のお客様, ばたりと動かなくなっ, むざんな最後を, スリの, ニコニコ笑い, マーシェンカの, 一瞬の, 万歳を, 二階で, 人間生活と, 兇暴で, 全部の, 判で, 前へ, 力を, 動顛するでございましょう, 十日以内に, 叩き起され救助隊, 召集し, 同じよう, 夢の, 家の, 幸福きはまる, 広間に, 彼を, 意見を, 戦争責任者に, 戦死し, 所持し, 拉致し, 斃れる, 斬り死, 書きつけて, 検挙された, 検挙られ, 機関銃で, 死に果てた, 死に絶えた, 死んだよう, 死刑に, 殺されて, 毒酒の, 滿身にも, 潜める天才, 火星人の, 焼き殺して, 王様に, 生きて, 男勝りにな, 皆帰艦し, 真黒な, 紙や, 英語を, 裸に, 見遁, 討ち死にし, 討死した, 貝の, 起きて, 足ご, 逃げ去って, 金五郎に, 集つて, 馬鹿野郎に, 黄金の

▼ 人揃っ~ (77, 0.0%)

4 ている 32 ていた, てお, て歩い, て立った

1 [62件] てあっし, てあんな, てお参り, てしまった, てそ, てそっと, てできた, ては行かれない, てまた, てみんな提灯, ても一向, て一緒, て世中, て中庭, て二人, て京都, て人, て件, て伸子, て何度お辞儀, て先生, て出やした, て参った, て参上, て向う, て増屋, て壇, て外出, て夜, て大阪, て太刀, て女, て姫, て扶持, て押しかけ, て改札口, て朝食, て本郷追分, て枕元, て橋, て殺される, て気違い踊り, て河原町, て消えた, て無頼漢共, て物見台, て珠数繋ぎ, て甲州屋, て神経, て笑われ, て膝, て芝居, て行った, て裏二階, て言上, て越年, て部屋, て隣室, て青塚, て顔, て顔面, て馬車

▼ 人~ (77, 0.0%)

6 を見合せ 3 を出し, を出した, を揃 2 のさだか, もさだか, も定か, も見えない, も見えぬ, を合わせた, を見合わせ

1 [48件] がうつる, がお, が分っ, が分つ, が分る, が見える, と顔, なんかどう, のちらつく, の朦朧, の見, の見え, の見えない, の見えなくなった, の見ゆる, の覗いてる, はそう, はやう, は消え, ほのぼのと, もやっぱり, も容子, も朧, も眩き, や声, や手足, をしかめる, をじろりと, を上げる, を出さない, を包んだ, を合せる, を合わす, を合わせ, を描いた, を洗っ, を洗ッ, を照らし出され, を突き合わし, を突き合わす, を見あわせ, を見合, を見合せた, を見合つて笑, を見合わす, を見合わせた, を見合わせる, 見合わせ

▼ 人さん~ (76, 0.0%)

3 ですか 2 だけ, の, のお, の命, を理想

1 [63件] あがり, え寄っ, お二階, お知合い, か, からはこの, からバルトリ, から云われ, から干, から頼まれ, が前, が召し上った, が来た, が私, が見えた, が間に合わぬなら, さえよろしかっ, だちだもの, だね, ちょっと中座, でお, ですよ, では, で大阪い, とは一風違つて, とも, ともお, とも立派, とも馬車, と一緒, と云われ, と憚りながら, によく, に二歩, に会いた, に物, に言ふん, のおっしゃる, のお客, のお家, のお話, の作, の家, の張合っ, の手紙, は, はききたい, はどうして, は五両, は今日, は何, へまず, へ然, へ知らせろ, また法廷, まっぴらごめん, もうい, もういい, よく御, をしらべる, を一しょ, を消し, を討っ

▼ 人ずつの~ (76, 0.0%)

2 カニ怪人が, 二組に, 人が, 男が, 組に

1 [66件] タクミを, ダンサーが, ポルトガル人が, 一組の, 一組は, 乞食に, 人足に, 人間として, 代表が, 会話の, 侍を, 共同部屋で, 兵隊が, 前へ, 割合であった, 割合であり, 力にては, 力は, 助手の, 卒業生を, 口取り別当が, 同勢を, 団員には, 夜番が, 女の, 女工の, 女給が, 委員を, 婦人通信員を, 子を, 寝台が, 小さい仲間, 小者を, 山守および, 常備兵が, 従者を, 恋人を, 押し手に, 持つ女, 斬り方, 死人が, 浪士は, 為に, 犠牲者を, 男を, 男女が, 番人と, 番兵が, 番士が, 皿からへ, 看護婦の, 真剣勝負最初に, 組で, 総代を, 群が, 群に, 群を, 職業組合員と, 若い男, 警官が, 赤坊の, 車夫を, 輿丁が, 非常見廻り, 類も, 食卓を

▼ 人~ (76, 0.0%)

19 れて 12 れの 4 れが 3 の客 2 であった, の男, れただけで, れで, れでも, れは

1 [26件] があつ, が来る, が横手, が橋, して, の人影, の労働者, の女, の旅人, の村, の道具箱, の鵜飼, ひ夜, ふ一歩, へる婦人達, れたる身, れた女, れですね, れでは, れでチャルメラ, れで散歩, れで通りかかった, れと, れもい, れを, れ訴人

▼ 人ゐる~ (75, 0.0%)

4 のだ 3 んだ 2 ことを, だけ, のだい, んだらう, んです, 事

1 [56件] うるささに, おかげで, かそれ, かちよつと, かと問, かどう, からお銭, からと言つて住所, から十銭, から清人, かゐない, か分からない, がこの, がそいつ, がね, が若, きりだ, きりでした, きりです, けどまだ, けど娘達, だけぢ, ぢや, でせう, ところに, として一人, とずゐ, と何だか, と聞い, な正確, の, のか, のかと, のが, のださうである, のであつ, のでした, のです, ので交代, ので彼ら, のよ, のよ私, はずだつた, ばかりだつた, ばかりな, 位の, 子供が, 平の, 教室は, 爲めに, 男の子は, 留置場を, 筈は, 者の, 評判娘の, 酒場が

▼ 人~ (74, 0.0%)

15 きりで 9 きりに 7 子一人 6 子ひとり 5 きりの 4 子の 3 気の 2 切りだ, 切りの, 子で

1 [19件] きりが, きりだ, きりぢや, きりでは, きりにな, きり妹には, きり生徒が, ていうん, ていう意味, な, 切りにな, 切りには, 娘を, 子ひとり山, 子ひとり通つて, 子一人影, 子一人登つて來, 子一人目, 子一人通つて

▼ 人みたい~ (73, 0.0%)

4 な顔 3 なもの 2 なの, な男, な風, にぼんやり, のもの

1 [56件] だ, であった, で僕たち, な, なこわい, ななり, なまっ黒, なみにくい, なもん, なら今, なグニャグニャ, な一種異様, な人, な怏々, な性格, な恰好, な感じ, な教養, な暮らし, な極印, な浅ましい, な考え方, な胃袋, な調子, な道化, な音, にい, にそっと, にたいてい, になっ, になりかけ, にぼくら子供たち, にもう, にドス, にビクビク, に一銭二銭, に二ツ, に云う, に出来る, に城太郎, に女, に家, に思っ, に無口, に甘え, に登場, に皺, に短, に笞刑吏, に粗野, に脚, に見え, に見えた, に髪の毛, ねえ陽気, よ

▼ 人~ (73, 0.0%)

5 をし 3 シーッ 2 ぢや, の相談, の罪, をした, 奴

1 [55件] から足, でもあつ, でもしてやろう, とも盗人, と麁忽, なんかした, なんぞした, にし, にする, になり果てる, に往く, に疑はれ, に疑われ, に落し, に附き, のありし, の場所, の外, の大, の大罪, の女房, の嫌疑, の沙汰, の疑, の直接, の真犯人, の科人, の趣き, は九助, は刃物, は汝, もお茶, もしかねない, もしよう, や首縊, よりなお, をする, を見ました, イ, シ, シタ親, 七人夜盜數知れず, 事件を, 人殺, 兇状持の, 印鑑偽造等の, 受負業, 夜盜の, 夜盜は, 夜盜等は, 放火すべて自由かも, 牢破りなど, 盜賊の, 虚偽の, 連中の

▼ 人~ (73, 0.0%)

6 がし 3 して, の中 2 おびたゞしき夫婦, の獅子, の駕, を遮る

1 [53件] おびただしき夫婦, がします, がする, がふえ, がふえました, が乗る, が有ります, が次第に, したが, し右側, す, せける彼金子, だ, であったところ, でこいつ, ですが, で仕事, で研究, と来, などの細かい, になりました, に向っ, のしかかる, のする, の前, の口, の図, の猪頭, の立場, の絵, の薄, はない, はなかっ, は固有, は獅子舞系, は舶来, は鹿舞踊, を前, を割っ, を原則, を可, 停った孫権, 停って, 多き五箇所, 多き所, 多き花見, 揃いて, 止りて, 止る砂利, 繁き方, 繁ければとて, 騒ぐ先刻, 騒ぐ女

▼ 人残っ~ (72, 0.0%)

21 ている 15 ていた 3

1 [33件] ていたい思さ, ていなかった, ていなす, ていました, ています, てお, ておった, てこれから, てじっと, てそこ, てふるえ, てぼんやり, てブラウン, て塾, て寄宿舎, て居, て居た, て居ります, て居る, て居るだろう, て岐阜, て彼, て悲みと, て戸棚, て机, て標品, て櫓櫂, て池, て熱演, て立っ, て逝去, て鑵子, て飲み

▼ 人~ (71, 0.0%)

4 に侍立, れを 2 を知り

1 [61件] に依, に信頼, に應, に服せず, に次ぐ, れに, を, を俗物, を出, を取返さん, を如何, を己, を徳富蘇峰氏, を怪しむ, を恠, を我が, を扛, を殺さ, を爭, を独り源兵衛佐頼朝, を疑ふ, を病む, を目, を着, を知らざる, を知る, を究め得ざる, を編輯, を見, を記憶, を身, を述べ, を非, ヲ聞テ信ゼズ, 処弟法仏法師申云不, 句あり, 天下也, 太忌, 寫眞獨爲君空成最後之, 寿百有二十鬼之, 影也人者鬼之, 影死者生之, 性善, 性直, 旨今日被, 生初者, 由此節にては, 疏, 病往々, 病者頼行, 者共番いたし, 能超, 衣爾須良由奈, 言其利薄哉, 言真奈, 説甫侯自, 道, 道也, 道而已, 靈魂殊稟帝之, 食者死人之

▼ 人いっしょ~ (70, 0.0%)

6 にいる 3 になっ 2 だから, だった, に声

1 [55件] かと思うとったけん, でしたから, でなくちゃ, でなければ, では眼, にい, にいた, にいたら, にいなけれ, にきた, にこの, にこれ, にというふう, にどう, にどやどや, になる, にはいっ, にひと月, にまね, にやろう, に一つ, に乗りこみました, に仕事, に住まわせ, に写った, に医者, に口, に夢, に奥, に寝た, に寝る, に床木, に押し込まれ, に暮そう, に暮らした, に来, に来た, に梯子段, に母, に立ちあがっ, に立っ, に立並ん, に籃, に考える, に育った, に葬られた, に袋, に見る, に遊び, に過去, に飛びかかっ, に黙々と, のところ, のよう, の方

▼ 人でございます~ (70, 0.0%)

1064 が, ね, の 2 から, な

1 [38件] お松さんは, かって聞く, かな, からお, からそれ, からどうも, からね, から何, から何かと, から何だか, から何もかも, から娘, から屋敷内, から強, から御, から此, から私, がこれ, がその, がなお, が不為合, が兄弟, が少し, が弱い, が御酒, が或, が自分, そしてこちら, って, ねえ, ねえ豊さん, ので逆らわない, のほか, わよ, 一寸此処, 其処の, 御免下さいまし, 滅法界も

▼ 人~ (70, 0.0%)

2 監督シテイルツモリカモ知レナイガ実際, 貴バザルナリ, 貴ン

1 [64件] つけ, サシ給ヘリ, シテ一讀骨鳴, シテ喜意ヲ, シテ夜暗, シテ大, シテ長生セシム然, ノミ罰シテ買淫男子ヲ, 一生嫌フモノニ候オ角トイフ興行師ガ房総海ニテ難船シ浜ヘ, 亡國民タラシメタル阿片輸入ト同, 以テ一隊ヲ作リ一客来レバ隊中当番ノ, 仮ス能ハズ, 併セテ八月五日, 信用シタラヨイノダ, 倒シタル者ガ他ノ, 傷クルコト鋒刀ノ, 傷ツケ, 募ル, 友トスルハ丘之, 外ラサナイ, 射ル, 弱者ナリト云フ能ハズ, 待タズ而シテ人生寿ヲ, 待遇スルノ如クシテ戦ニハ之, 御招待, 愛スルコトヲ知ルモノナリキ, 感動シテ忽チ笑ヒ忽チ泣クニ至ラシムルモノ其レ幾許, 懐テ至ラズ涕涙地ニ洒ギ遂ニ此花ヲ, 拵エタガ剣術遣, 指サズ我ヨリ先ニ之, 捉エント要, 捉ヘ, 捕エテ牲エニ供ウ, 捕ヘ, 擁護スル爲メニ國家ハ別個國民人權, 擾亂セシムルニ至ル嗚呼, 故ナク断刑ニ処サバ, 教ヘテ銭ヲ, 斃シ一人ヲ, 服セシヨリシテ人民自, 欺スコトガ上手ナ, 殺スハ, 殺ス者, 殺傷スル場合ニハ他, 煽テタリ, 生ズルハ億兆皆, 直譯スル輩ハ, 相定ムベク候也, 知ラナイ且私ハ専門外デアルカラソノ可否ニツイテ立チ入, 知ラナケレバヨカッタ知ッタノヲ後悔シテイル, 置イタ, 置イテ出テ来タノカ, 置キ去, 見オロス, 見ルコト, 討チタラン者ニハ五百貫降, 誤ラズ, 超ユルニイタル, 載セタル, 輔弼シ万機ヲ, 造ル, 連レ, 飽シムベシ而シテ滋味常, 養フベキ大

▼ 人までも~ (69, 0.0%)

2 京都の

1 [67件] ありそう, かくまで, くる, これで, さらつ, そこへ, つけて, はるばると, ほとんど彼, まじって, まだ勤め, やられたの, 世の中に, 乃公に, 乗って, 事件の, 人の, 人を, 何か, 入って, 出て, 出雲地方の, 切った侍, 同行したい, 名に, 善い意志, 喰い殺しました, 在ゆる, 堅気の, 失くし, 女王を, 射て, 将門に, 平身低頭せん, 幼い人達, 幾分か, 引取り, 恋人の, 愛せよという, 打負かす, 押しかけて, 持って, 揃って, 敵の, 敵を, 斬ったと, 斬って, 早や, 枕を, 死人を, 殺されて, 殺したという, 狙つた, 生んだ, 疑つて, 皆上がっ, 網に, 罪人同様に, 置かれたる大社, 自らツルオカという, 自分と, 苦しい目, 虫の, 討死を, 講堂の, 重傷せしめた, 集めて

▼ 人だつた~ (68, 0.0%)

4 んです 3 んだ 2 がその, がどれ, が私, ね, よ, ンだ

1 [49件] かどう, があの, がいつの間にか, がかう, がこの, がさも, がそれ, がそれでも, がちよ, がでも, がめづらし, がもつ, が中国, が二人, が二十年, が今, が何, が其處, が此間, が然し, が父親, が神學, が若く, けれど随分, ことに, ことは, ことを, し, し戰爭嫌い, ぜ, なあ, ねえ, ので, のでこの, のでとても, ので人麿, ので横地, ので毎日洗滌, ので神谷, ものな, もののやはり, やうだ, やうに, よ誰, わ, わね, わ昔, ンです, 為である

▼ 人を以て~ (68, 0.0%)

3 之れ, 人を 2 之を, 任じて

1 [58件] いえば, いわしめるもの, お送り申し上げ, かけ合って, これに, これを, やはり隼人, ライフといふ, 一座と, 中衛府を, 云は, 亡ぶといふ, 亡ぶ個人, 今なお, 代表させれ, 任じながら, 八山なる, 凡ての, 出発した, 出発四月半ばに, 厳しく談判, 叙景歌人の, 固めて, 埋って, 埋まって, 埋めたるばかり, 填めら, 天を, 夫の, 山内の, 師団三四百人を以て, 御検視, 戦闘隊と, 掛け合うと, 掛合の, 数えられる人, 智巧に, 木の根を, 殊更に, 治むべ, 渡る, 溢れるという, 申し入れる通り, 申越した, 真っ黒に, 祭りあるいは, 福沢翁を, 竊に, 聞いたそう, 自から, 興り一人, 興り世, 蟹に, 言しめ給ふ, 言わしむるかして, 諸行無常の, 踏すれ, 野菜即売会への

▼ 人呼ん~ (68, 0.0%)

4 で來 3 で, でくれ, で酒 2 でこれ, でとんがり, で女髪兼安, で彼, で来, で来い

1 [43件] でいわゆる, でき, でくれた, でこい, でこの, でそろり, でと來, でぱっと, でもらっ, でマドリッド名物, で万安隠者, で不, で世界, で世間話, で単に, で厄介, で唐辛子屋, で唖狂い, で垢すり旗下, で天狗, で小, で尺取り横町, で屋越, で床, で弥太ッ, で張り込まし, で懸, で本, で来ました, で来る, で此, で母, で母夜叉, で毛人, で自分, で藪, で金眼彪, で鎮三山, で頂き, で頂きたい, で馬鹿話, で馬鹿騒ぎ, で鼻

▼ 人などが~ (67, 0.0%)

2 よくその, 出て

1 [63件] あつた, あります, ありますけれども, ある, あるはず, ある事等, ある筈, いまも, いろ, かいて, ことに大騒ぎ, この辺, これに, そこへ, それであった, それを, とまって, なくなること, やり出したの, よくつかう, よく取りつく, よく用いる, よく魔, わや, ストリンドベルグを, 上海へ, 二三人集まっ, 互に顔, 何という, 來て, 其重な, 初めて訪問, 化け物の, 多くの, 大ぜ, 大威張, 好くやって来, 幾人も, 廻って, 引張つて行, 弟子を, 或沢, 採用せられる, 支那の, 日本流の, 最も章氏, 極力驕慢, 欲し, 殊に, 用いる称呼, 病気に, 真っ先に, 矢張それである, 神仙の, 私に, 立聴きした, 絶無で, 自分らを, 自分を, 花やかな, 行って, 赤ん坊を, 進出した

▼ 人~ (67, 0.0%)

3 あなたは 2 あの人, それは, ぢ鉢卷に, 此方は, 泊めて, 白ばっくれ

1 [52件] あたしが, あたしすっかり, あなたも, あなた一人よ, あの白い, あの落着, あの阿, あの麻川さん, あやかりたいよ, あれを, あんたは, い二人, え何, え玲子さん, おまえは, お金を, この人, せんだって二条の, そしてね, そして大変, その心持, その美沢さん, そばで, そんなもの, たかりし, ぢ鉢巻に, てゐる, て居, どうする, ひとが, もう少し強く, スポットを, 両方の, 二百枚も, 人の, 何だッ, 余っ程, 呆ん, 好きよ, 子供みたい, 平野さんの, 弁天様の, 棒ッ杭の, 止しなさいよ, 母様, 海軍少佐か, 湯治に, 私の, 私は, 考え込んでばかり, 話し振り, 頭を

▼ 人兄弟~ (67, 0.0%)

4 の中 2 だ, だつた, だな, のうち, の家族, の岩頸, の長男, は

1 [47件] があった, があつ, がありまし, がある, がその, が三筋, が即座, が四人づれ, が男手, が私一人, が程度, だった, だったという, で下宿, で兄, で妻, で私, で私たち, という, となっ, と一しょ, なの, のうち一番, のうち千鶴子, のドイツ, の一番, の七番目, の二番目, の代, の会った, の兄, の医者, の対仇討観, の末, の末ッ子, の杯, の次女, の次男, の第, の長兄, は一番上, は紙芝居, ばかりでなく, も眠り, を, を張り, を確め

▼ 人~ (67, 0.0%)

8 のない 4 の少い 3 の多い 2 の少ない, の無い, の絶えた, はない, は全く, もまばら

1 [40件] がある, がすく, が多, が多かっ, が少く, が無い, が薄らぐ, が途絶えた, つた, つたので, なきこそ, のある, の中, の少い処, の少い街, の横, の眞晝間, の稀, の繁い, はばたつ, は少し, ひけり, ひ汗取りども, もあまり, もありません, もない, もない暗い, もなき, もなく, もなし, もふしぎ, もほとんど, も少く, も早, も無く, も絶え, を歩い, 多からず, 少し云々, 行交い立換

▼ 人~ (67, 0.0%)

10 ひを 6 ひの 4 ひぢ 3 ひかと, ひに 2 だ, ひですよ, ひにて, をした

1 [33件] だったら何, だつたら何, だとか, だらうから, であったら許して, でございましたら御免, でござる, です, でないこと, ではご, でもなから, で本当に, とは如何, と見える, などとは迷惑至極, ならん, ひするな, ひだらう私, ひでございましたに, ひです, ひでないかと, ひでないこと, ひでなければ, ひながら, ひにては, ひにも, ひ何卒, ひ成れては, ひ成んと, ひ等, ひ罪, をされた, をしなさん

▼ 人あれ~ (65, 0.0%)

3 ど大, ば 2 と思ふ, ばその, ばどんなに, ばよい, ば無道

1 [49件] では始終, で退屈, どもそれ, ども信じ, ども女の子, ど何, ど大方, ど概皆エミル・ゾラ, ど此歌, ど物, ど短尺, ど薬剤官, に似た, は, は十一月, は私, は誰, ばいい, ばうまく, ばお, ばこそその, ばこの, ばこれ, ばこんな, ばたくさん, ばと衆みな信望, ばもう, ば三人, ば三十六七日, ば二人, ば二分二朱, ば充分, ば其家, ば則, ば却つて意外, ば四人, ば国, ば塾長, ば天下, ば女, ば川端, ば廃物, ば沢山, ば荒れざれ, ば足る, へんで, ほど国民, ほど國民, 程の身

▼ 人からも~ (65, 0.0%)

1 [65件] おほめ, お侮られ, きき本, そういう手紙, そう言われ, その思い, それから古代希臘, そんなに思われる, たびたび同じ, だまされるそう, ひどく嫌われ, ぶっつけられ追い込められやがて, ままうける, 不断言, 云われ自分, 今後は, 來ない, 借りて, 全部が, 制肘される, 受け取れるが, 名古屋に, 四圓取, 土地からも, 後ろ指を, 必ず松林, 忘れられたいと, 忘れ去られた程, 怨まれませう, 怪我を, 愛される, 愛される風, 手紙が, 押され気味, 接近する, 教えて, 教えられること, 教へ, 斬られた男, 求められない純粋, 理由は, 申し込みが, 疎んぜられた, 疑われましょう, 白い眼, 相当に, 知られずまた, 絶えて, 縁談に, 習うこと, 聞きまた, 肯定さるべき, 自分からも, 自然からも, 褒められて, 見られて, 解かれて, 言われ自分, 訊かれた, 話された, 迷惑を, 遇され, 顧られる, 香奠を, 鹿の

▼ 人っ子一人~ (65, 0.0%)

6 いなかった 4 通らない 3 通って 2 いない, の姿, 通ろうとも

1 [46件] いないけれど, いないでは, いないと, いないの, いないはず, いないん, いない大, いない海岸, いない階段, いない雪, いない麦畑, いねえもの, いませんし, いませんでした, とおらず空, に行き逢った, に逢わない, も居ねえ, 住んで, 居ずに, 居ないの, 居ない洗場, 居ぬ並木道, 居やしません, 来ないの, 登って, 行き逢わない淋し, 行き逢わぬ山, 行き逢わぬ石礫だらけ, 見えないのに, 見えなかったはず, 見えぬ冬, 見えぬ灯一つ, 通っても, 通ってや, 通らないので, 通らないよう, 通らない往来, 通らない早寝, 通らなかった, 通らなくって, 通らぬ小径, 通らぬ山, 通らぬ永田町, 通らぬ道, 逢わないもん

▼ 人までは~ (64, 0.0%)

2 命だけ

1 [62件] うまく行っ, おしまいまで, きっと取り殺す, きっと取殺す, きっと斬る, きつと, この度, こんなこと, さすがに, まず秀吉加担, らくにひきうけられる, トスカニーニと, 一度に, 丸ごとの, 丸源の, 主任の, 他の, 他人を, 伊太夫の, 僕が, 出来の, 十元か, 夕食後の, 女子であった, 女学校卒業で, 小人である, 平次に, 年を, 座布団を, 引き受ける, 惨めな, 我慢した, 持って, 数ある, 数えられるこれ, 敵手に, 敷かせる座蒲団, 日本人である, 普通善い, 月の, 欲望に, 死ぬもの, 死んだが, 死んで, 殺さぬといふ, 母の, 滅多に, 生の, 生涯その, 痕跡を, 確かに, 立って, 立派な, 結構である, 薬味を, 行くね, 足を, 辞世の, 避暑なんか, 霊魂滅亡論者なら, 驢馬や, 魔法使に

▼ 人~ (64, 0.0%)

6 がする 4 がした 3 がし 2 が聞え, する, である, も雨音, を出す

1 [41件] か足音, がいたしました, がしない, がザワザワ, が地下, が聞えた, が聞えます, が遠く, が顫, で眼, と, とか, とに目, と穿物, なすゆゑ何事, にばかり氣, のどよみ, のやう, のよう, の中, の噪, の耳, の騷, は一つ, は何事, は野呂, もした, もしなけれ, もずぼずぼ, も無く, も足音, や俥, や其他雜多, わめく聲, をかける, をしる, を合せた, を嗄らし, を揃, を聞いた, を震

▼ 人であります~ (63, 0.0%)

4 から私 3 がその 2 からこの, がこの

1 [52件] から, からお, からこういう, からその, からほんとう, からもとより, から久しぶり対面, から事, から医学, から此, から武張る, から母, から漫, から私共始め, から自然, が, がさ, がしかしながら, がそれでいて, がとりわけ, がどこ, がなかなか, がはじめ奥さん, がはなはだ, が先ず, が其の, が同時に, が年四十, が当時, が手法上, が日本人, が神道, が私, が自分, が足利, けれどその, けれども主として, けれども併, けれども此人, その事, ぞ, と彼女, のでその, ので御, ので非常, のにどういう, 其故は, 吝嗇な, 故最も, 此は, 熟睡し, 米國では

▼ 人五人~ (63, 0.0%)

2 と岸, と組, の子分, 多いとき

1 [55件] あ六, いや全部, おお登っ, かたまって, が下足, が鄭重, こぼれますの, ずつ中, ずつ学び, ずつ連れ立っ, それからそれ, たたずんで, だけで, といつかみな垣, とかたまっ, と一団, と一家団欒, と上っ, と云った, と互に, と人相, と力, と彫り, と揃つて來, と数, と来る, と楽隊, と町内近所, と畑, と異様, と目, と立ちあがっ, と肩, と草, と足, と車内, と遠ざかっ, になる, のみのよう, の口, の召使, の堅気, の手前, の男, の青年たち, また一人, もっと多く, 住みつ夫婦, 剥いだ獸皮, 多いところ, 小さくあちこち, 瞬く間, 続いて, 誘ひ合して, 食べられて

▼ 人~ (63, 0.0%)

3 れか 2 か父母, ともなく, とも知らず, のいう

1 [52件] かいう, かおん身, かこの, かこの世, かにお, かに会, かひとりふるさと, かほか, からも快く, か之, か他, か來, か兄弟, か分ります, か多少, か完全, か屋根, か愚痴, か故郷, か来, か立つ, か罪業, か苛政, が死ぬ, さ, しも一応, ぞ涙せき, だか, だってわたしたち, であったか, ですか, なの, にでも愛され, にでも相手, にも頭, に気兼ね, に贈る, の顔, もあれしません, もいわず, もが儲からない, もない, もの苦患, も使わず, も彼, も皆, も血, も誰, も関, やらを誘つて, よりも興奮, れも

▼ 人だけを~ (62, 0.0%)

4 残して 2 一つ圏の, 伴って, 入れて

1 [52件] あの七十三節, いっしょに, ここへ, こめて, せめて家, そこから, そこに, そばに, そんなに心配, ちょいと, つれて, のせて, 主題としても, 乗せて, 今すぐ, 付け昔, 供に, 供につれて, 偏愛する, 側において, 呼びました, 呼び出して, 城中に, 大切に, 庇護するなら止む, 愛するので, 打ち倒したの, 指すの, 挙げて, 排斥する, 描かなければ, 描き彼, 支えること, 未来永劫江戸に, 末席に, 枕元に, 決して殺し, 演じてるの, 狙わないで, 益する, 相手に, 考え深い, 葬る場合, 褒めるという, 見せる芝居, 覘う, 責めるの, 迎へる, 連れられて, 選んだ, 除いて, 離室に

▼ 人自分~ (62, 0.0%)

4 の部屋 3 の室 2 だけ静, のため, の世界, の好き

1 [47件] から勝手, から生まれる, がある, がなに, が大変, そのまま居, だけが感じ, だけ姓, でお金, で天才, で發明, にとつ, に割当てられた, に同情, に慰め, に手, のそば, のみを選び, のカンシャク姿, の下, の中, の代理, の仲よし, の力, の友達, の古い, の子供, の家来殆ど全部, の愛婦, の感じる, の教室, の死, の母, の熱, の用事, の膝, の苦悩, の身, の身体, の隠した, の隣, の髪, は情, は自分, も人, を兄ちゃん, を愛し

▼ 人とともに~ (61, 0.0%)

2 歎き

1 [59件] あった, あるには, お兄様, この世を, せざるを, とどまるところ, どこか, なくなりは, フハンを, マドレーヌさんを, 一つの, 一代を, 一国の, 一寺を, 一組に, 乗り合う渡船, 争わんと, 事を, 体力知力意力等をもって, 信を, 元の, 出て, 力を, 北方の, 大陰謀, 孤独だ, 寄って, 山県大弐を, 幌馬車で, 御用を, 昇降機に, 朝から, 木曾の, 村の, 根限りの, 歌ふ, 正しく世界, 殿と, 水の, 泣き人, 流れを, 渡良瀬川の, 漠たる見当, 生きるこころ, 白馬岳へ, 神様の, 笑い愛憎二つ, 笑うという, 笑ひ, 紙屋十郎兵衛は, 経緯儀や, 自分も, 舞つて落ちる, 苦しみ他, 薬を, 許されまいわれら, 過去の, 酒を, 飛んで

▼ 人一首~ (61, 0.0%)

5 の歌 3 にある, に出, の絵 2 にあれ, の, のいろんな, のこと, の中

1 [37件] から例, が始まった, だけがお, ってセリフ, でも有名, でも見とうござんす, で人, で普通, というの, というよう, には, にも選ばれた, によつて命名, に十種, に書い, に萬葉歌人, に載っ, に選ばれた, のお姫様たち, のとこ, のよみ声, のカルタ會, の一人, の三枚め, の取り, の如き, の定家卿, の挿画, の歌留多, の絵札, の綴ぢ本, の表紙, の額, を一首宛, を暗誦, を読む, 即ち鳥居清信筆

▼ 人かに~ (60, 0.0%)

2 けがを, 似て, 困難と, 憑い, 漠然とした, 経験し, 訊いて

1 [46件] あって, お命じなすっ, お聞き, それは, どういふ, なるが, ふえた, まじって, よき考案, よさそう, 一人で, 俤が, 入手されん, 共通な, 内海さんを, 分らせて, 創作された, 劣って, 叱られるの, 同じこと, 向つて訴, 序文を, 弁護を, 待たれるよう, 怨みを, 恋患い, 戀患ひさせた, 押えつけられた, 新しく堪忍, 減って, 甘やかされ利用, 申しつけましょう, 盗まれたので, 眼を, 罪を, 聞いて, 聞きとられたに, 聞きますと, 落ちて, 行き逢つた, 訴へて, 誘拐せられ, 謝罪する, 賣りました, 逢いたいの, 顔を

▼ 人~ (60, 0.0%)

2 亭主に, 城の, 夢の, 大家の, 浪人の, 無事な, 鑑定に

1 [46件] ところの, 一所では, 一緒でも, 一緒なら, 一緒に, 丹精を, 主人に, 二階を, 亭主を, 伴に, 先が, 入にて, 入来に, 出にな, 同伴緊要に, 同様な, 女中衆を, 婆さんが, 安きこと, 座り年は, 引うけなれ, 当家の, 後を, 忠節, 手, 招待といふ, 持参の, 救ひ下さる, 朋輩の, 林の, 留守中に, 紹介致します, 繰出松前口青木氏手厚, 自身が, 草履取大小二人手代一人まあざっと, 血縁同様な, 行縢持小市若, 見えに, 見立被, 話し相手として, 贄五十舁を, 追放なされ, 連れなすったらいかが, 隠居さんだ, 願いします, 香

▼ 人ばかりが~ (59, 0.0%)

2 居るの, 騒ぎを

1 [55件] いやに, いるよう, いるわけ, おし合いへ, おる世の中, お客さまぢや, すしの, そろえられるといった, ひと組に, ますます金銭, よろこべるよろこびだから, 一日新海の, 一組にな, 一緒に, 中毒し, 何人も, 働かないで, 儀来河内に, 円タクの, 刀を, 千両役者では, 半年とばし, 取り残された, 召される夜, 多くな, 多数を, 女中の, 対抗し, 山に, 床几に, 待つこと, 恋しく思われ, 恐々ながらも, 悪いの, 持って, 持つ霊的, 本当で, 柳の, 横山城の, 残照の, 海岸から, 湖の, 猛然と幸田, 相手であっ, 砲術長の, 腰かけて, 花束ならぬ, 蒲団を, 語り伝えて, 輿に従って, 逢ったところ, 選ばれた, 集ったから, 集って, 風邪を

▼ 人~ (59, 0.0%)

12 の一人 2 に, の

1 [43件] いや千万人, から下りた, で九十人, で二人, で二杯三杯, で男, にはいり, にはサケ, には一番, には一番遲, には十三十四, には手槍, には竹馬, には騎馬, にも初対面, にも気軽, にゐる, に一人, に主人, に伊藤朝子, に入り, に加わっ, に又, に数, に文平, の一, の三十名, の九人, の九千九百人, の九百九十八人, の二十九番, の五十七番, の何人, の小男, の第, へはいろう, ほどに差しかかる, わずかに, 同じ女, 実に四百八十三人, 最も年少, 男三人都合九人を, 男二人である

▼ 人歩き~ (58, 0.0%)

5 をし 2 は怖い

1 [51件] がかう, ができる, が全く, さえしなかったら, さえ出来まい, しかもこの, するよう, する事, つつ莨, でやれ, ながらしばらく, ながら徐ろ, など絶対, にいぶかし, にもそう, にも可, に大金, のできない, のできなかつた, の出來, の女, の自由さ, の自転車乗り嬢, はお, はしない, はしなくなった, はせず, はたのしかっ, はつつしん, はでき, はできない, はならぬ, は何とも, は危, は危険, は好ましい, は考えもの, は警察, もたいした, も出, も出来ない, をしよう, をする, をなさらない, をなさる, をはじめる, をやっ, を三峰樣, を禁じ, 杏花楼てんで, 野獣や

▼ 人~ (58, 0.0%)

14 りの 3 りは 2 りと, りなので, り警固, り集つて

1 [33件] ださうですと, であつ, で撲り, とも殺されたさうである, の人数, もよき, もゐ, よ, りあった, りおやま, りがやがや, りついて行って, りであった, りであつ, りでご, りでは, りで刀脇差, りで御輿, りで無く, りで言いたいこと, りも, りを, り全く, り加つた, り加はつ, り即死, り商人体, り手, り手間, り捕縛, り来て, り鬨, ゐた

▼ 人~ (58, 0.0%)

2 の挨拶, の窮状, ばかりだ

1 [52件] がゐ, がゐる, がドヤドヤ, が洗面所, が詰め寄り, が館内, でした, などは生, には平素静, によって実演, に比べれ, に私, に見せ, に食べさせたい, のうち, のため, のまん中, の事, の困つ, の夕食, の心, の會合, の様子, の爲, の落ち合, の血, の証言, の間, はあっちこっち, はきまつ, はしばらく, はその, はとうに, はもう, は朗, は朗らか, は死ぬ, は海軍側弁護士団, ばかりだつた, ばかりである, もここ, も手洗所, も私達, も調べ, や看護婦達, れだろう, れの, をグルッ, を尻目, を恐れた, を撃退, を気

▼ 人ぐらいの~ (57, 0.0%)

2 ものだ, ようでした, 割で, 割合で

1 [49件] うちは, お客には, ことに, ことも, ごく小さい, はずであった, まん中よ, ものだろう, ものであります, ものです, アルトン族の, コンビが, 人々が, 人たちが, 人の, 人口が, 人員で, 人数で, 人数では, 人間が, 依頼人を, 力を, 坊主頭の, 大きさ, 奴隷が, 妾は, 子供の, 宴会なら, 少年たちが, 工員の, 御歴々, 手が, 手先を, 時は, 水夫たちに, 火星人が, 犠牲は, 生徒の, 男を, 登山者ある, 穴狙いが, 群が, 老幼男女が, 者が, 舞妓達が, 若い連中, 若者が, 警官では, 農奴を

▼ 人~ (57, 0.0%)

2 いた, 悲しいもの, 痛ましいもの

1 [51件] あって, あつて, あまり熱心, あやふやに, ある, あるという, お互, かえってわれわれ貧乏人, ついた, であり六町餘段, ひどく凝り性, やつて, ゐた, 一人の, 下宿させ, 五色の, 人を, 元氣, 兩極端を, 兵を, 其真似を, 切拂ひ, 単調に, 却つて他人の, 友禅模様に, 吃りの, 子供は, 小さい家, 居て, 居ります, 居る, 強い宗教感情, 御連れ願えぬ, 心の, 悪い人, 手当を, 投げ飛ばしたよう, 有り難いもの, 来られました, 殘つた, 泊って, 減った, 焼死云々, 由を, 男の子が, 考へては, 落ちつきはらつて, 見かけに, 豐富な, 走った, 集って

▼ 人~ (57, 0.0%)

38 の中 4 のなか 2 に交つて空, の温気

1 [11件] だろうが, の勢, の塵埃, は自分, へは滅多, へわざわざ, へ出た, を分け, を憚り, を縫, を透かし

▼ 人かを~ (56, 0.0%)

2 客として, 真実により

1 [52件] お訊ねする, して, その農家, また雇った, 使つて大袈裟に, 切って, 刎ね, 助手に, 収穫した, 同意見, 呼びに, 呼んで, 夕方ごろに, 夫婦づれで, 察すること, 引続き夢みる, 彼の, 待ちあわせて, 思いだした, 思い出したと, 悩まし何人, 愛して, 手にかけ, 拾ひあげる, 探すやう, 描いたが, 改宗させた, 救い得ると, 数えること, 敵に, 斬って, 無視した, 犠牲に, 用いた国, 相手に, 知って, 知らなかった, 知りたがつた, 私は, 突き殺したと, 見いだすの, 見なかつたか, 見出すの, 詰めて, 調べたほう, 踏段に, 逸早く米国, 選んで, 關係ある, 除いては, 駆り集め相談, 高い舷

▼ 人なか~ (56, 0.0%)

4 へ出 2 で, では口, にさらし, に出る, へ出る

1 [42件] こそよけれ, だという, でいや, でそれ, ではいう, ではそんなふうに, でも評判, でも誇りえた, でよ, で何, で白昼, で罵られた, で見, で評判, で騙り, で高言, にあっ, にいなけれ, にて雑言, になる, には前代未聞, に出た, に生き, に立ちまじわった, に立ち交じっ, に見つけた, の世間, の辛苦, へかけつけた, へまかり出るべき, へも顔, へ出られましょう, へ示すだ, へ紛れ, へ連れ, ほど礼儀, まではみんな, を好かない, を手さぐり, を散歩, を歩い, を見張っ

▼ 人なし~ (56, 0.0%)

3 と思へる, の費用, 子供に 2 といふ, に, われこれを

1 [41件] かかれば, きく人, たつて, であろうここ, では, で合意上, で歩く自由, で私, という, といえ, といへり, といわれる, とでも申しましょう, とは思われません, とは誰, と思い, と思いい, と思う, と思われる, と慢心, にいい加減, にひとり, にやっ, に一人, に優れた, に生きる, に秋, に老, の感, 吾と, 唯予, 山の, 獄の, 皆田舎の, 舟では, 舟として, 舟を, 花芒, 見る人, 貰人も, 雨は

▼ 人などを~ (56, 0.0%)

4 害める 3 殺すやう 2 殺すはず, 殺すよう, 殺す男, 殺せさ, 殺せそう, 殺せる女, 殺せる女ぢ, 相手に

1 [33件] あやめるよう, いれて, かしくしたて, きびしくお, させて, 伴れ, 何かの, 信じるよりは, 入れるなという, 出しては, 刺すと, 加えこの, 呼び出して, 妾まだ, 客と, 害めさう, 害めそうも, 後宮へ, 招いて, 殺して, 殺す気, 殺す氣, 殺す筈, 殺せるはず, 殺せるやう, 殺せるよう, 殺せる容體, 殺せる筈, 考える代り, 考へること, 見たり, 見て, 見る為め

▼ 人なりと~ (56, 0.0%)

2 いう, いふ, いへども, して, 其意見の, 見ゆ, 評したること, 認め曩

1 [40件] いえども, いふに, いへば, いわざるべからず, し私, す, すれば, 主張せし, 云い死せし者, 云ば, 云ふ, 云へ, 云九助は, 五百年以上存在す, 信じたかも, 僞り, 再度云, 嘖々す, 宣ひき, 常々京都の, 思えばこそ, 思へり, 感ぜしかば, 打笑い, 探して, 断じてある, 断定され, 断言する, 為すに, 爲すに, 稱する, 考える, 考えるよう, 聞き伴, 言へる, 評せしこと, 誇かに, 認むるになんらの証左なき, 讃める, 雖も

▼ 人~ (56, 0.0%)

5 などはほんの 2 てこれ, て五尺, て喜ば, て心, て盃一ぱい, の住居

1 [39件] さうにも, たり口野, て, てしきりに, てね二人兄妹, ては怪し, ても五十人, てよ, て三人, て三年前, て交代, て何, て別に, て困る, て孰, て手, て火鉢, て眺めし, て絵, て老, て色, て言, て車夫, て銘々, て雁, ねむりを, のある, のうち, の安から, の淋し, の物淋しき, は常に, は皆山人, を廻つて, を歌なかりき, を遠く, 向ひ, 皆二人ずつ, 芝の

▼ 人若し~ (56, 0.0%)

3 現世に 2 他人の, 先に, 刀杖を以て, 少しも, 此の, 此の世に, 賢善に

1 [39件] この六, その道聴途説, 世に於, 事を, 今世, 何故に, 刀杖もて, 動物を, 口の, 吾人の, 己を, 常に善く, 彼に, 徳操を, 悔改めずして, 惡を, 愛著なく, 我が右, 散る氣, 斯く悟れ, 晝ある, 来つて, 欲すれば, 此世の, 此等を, 注意の, 洗淨嚴飾に, 淨き, 生まれ替はる, 神佛を, 福を, 穢れたる意, 能く, 自己を, 諦と, 過ちて, 金を, 飽くまで神, 黒平附近の

▼ 人だったら~ (55, 0.0%)

3 私は 2 どうします, 僕は

1 [48件] あの大, あれほど, いいと, いろいろな, おそらくそれ, がっかりだ, きっとガロフォリ親方, きっと料理, こちらに, こっちから, こんな人間, すぐ, すぐ又, ずいぶんしあわせ, だめだ, ちょっとその, とても長い, どうしてその, どうする, どうだろう, どうな, どんなに鉄砲, なかなかそうは, などと思う, ねえ, ば鉦, まず何, やはりじっとは, よくよく吟味, よけいそうだろう, われらとも, オヤ, クリストフも, 向島の, 夢にも想像, 大阪市の, 必ずあの, 或いは相手, 或いは途中, 抜け目なく, 早速疑, 校内を, 気はずかしい思い, 決して油断, 町へ, 私が, 足蹴に, 随分変

▼ 人みな~ (55, 0.0%)

2 がわれ, 同じ位, 生ける心地, 言わん

1 [47件] うつくしき, うなずいた, お揃いで穿い, かの帝政論派, が, がやる, が何, が問う, が家, が確実, この, そのこと, その処置, の, のおどろく, のため, のよく, の亂, の平和, の感じ, の目, の行く, は生れし, へんろさん, も, も咲き, よくかく, よくこの, わかる, 借衣, 初めて彼, 取り秀枝, 同じ, 同じ五段, 多少の, 差し違えたり, 往にぬう, 怒りました, 感じたこと, 憎むところ, 死ねと, 申し上げて, 知るとおり, 立ちかけた混雑間際, 笑いて, 美しと, 飛び出す

▼ 人にても~ (54, 0.0%)

3 俳句を 2 来訪ある, 連ある

1 [47件] あらざるに, ありしかと, あれはや, あれ予, あれ闘い, いささか身, いまだこれ, お遣し, かつて面会, この政府, ころすべき業縁, その亡ぶる, その言語, 二人にても, 二十人にても, 交を, 人を, 切れて, 半人にても, 可なり, 同じこと, 名作を, 存在する, 宜いのである, 実に願う, 寄つた人數で, 当局に, 彼の, 心の, 必ず成し遂げます, 手元に, 日夜心を, 有しや, 止まりて, 此の, 此間に, 消化機能に, 減るまじ, 減るまじきは, 生産者たる, 秘密は, 自由に, 舞へど, 苦惱の, 試みるべし, 誠実主義精神すら, 駈け向い落ちました関東

▼ 人乗り~ (54, 0.0%)

3 の人力車 2 の小さな, の平底舟, の車, の馬車

1 [43件] あわせて, おくれて, して, しました, だ, だが, でぼく, で出かけ, で狭く, と合箱, ないし二人乗り, に乗せ, に同乗, に設計, のあの, のスライディング, のノクタンブラン, のボート, のリンタク, のロケット, の人力, の古風, の大, の大き, の大きな, の大型飛行艇, の小船, の潜波艇, の無, の相手, の短艇, の筏, の自転車, の豆潜水艇, の豆自動車, の車室, の軽快, 二人乗りしました, 二人乗りの, 六十馬力東洋一の, 次の, 秋谷から, 道路は

▼ 人くらい~ (53, 0.0%)

2 なもの

1 [51件] あった, あっても, ある, あるか, あるでしょう, あるの, あわせて, いた, いる侍, おける家, おる, かたまって, こういった, そういう人, それも, たまって, だったから, であった, であったり, でございますか, で中, で外, とっとき, どこへ, なもん, ならん, はやって, 一生飼い殺しに, 一緒に, 上って, 下劣な, 亡くしても, 何を, 傭ったらどう, 割り込んで, 叩きなぐってでも, 境遇に, 就席しおれり, 日干しに, 日本人の, 本当の, 束に, 来たって, 来られたらどう, 来る見込み, 楽々と, 殖えて, 火事を, 虫の, 身の, 高慢で

▼ 人~ (53, 0.0%)

5 にあまる 4 けで 2 だと, になる, は活

1 [38件] けこれ, けでも, けで暮し, けで済んだ, けになか, けには其どれ, けに大勢, けに彼, けに絹子さん, けに自分, けの孤独, けは豊か, けよりも高い, けを取り残し, けを没する, け救っ, け東京, じゃつまらない, じゃない, だったかも, だつた, であった, である, ですら, でつく, でも好い, で足音, になっ, に暗, に近い, は身分, ほどな, よりも高々, よりも高く, より高く, を没する, 抜けて, 育つて

▼ 人去り~ (53, 0.0%)

16 二人去り 6 二人去りし

1 [31件] あとには, ここの, て冷たき, て庭, て果ては, て海, みんな立ち去った, やがて川森, 一と, 一同が, 一週間目には, 三人去つ, 三人去り, 三十郎から, 九州へ, 二人去し, 二人去った, 二人去つ, 二人去りする, 二人去りで, 二人帰り, 二人歸り, 人, 今は, 何時の間にか皆, 何時の間にか見物人, 時更け, 段々人数, 浮氣心で, 皆城門の, 草木眠っ

▼ 人~ (53, 0.0%)

3 のうち, の一人 2 の一番, を嫁

1 [43件] お通, があった, があり, が一人, が不思議, が十姉妹, が姉, が此, が赤前垂, であるから, で二人, で都合四人ぐらし, といはれた, として売り出す, とも思はれない, とも思われない, と末, なぞには親, に知る, のあった, のお, のどれ, のよう, のプレヤディース, の命, の妹さん, の実子, の家, の末っ子, の死骸, の私, の運命, は仔細, は申譯, へ門並眼, も連れず, をやる, を吉原, を大名, を相談, を貰っ, を遠い, を餘所他

▼ 人暮らし~ (53, 0.0%)

5 である 4 であった 2 だが, であるが, です, ですが, で別に

1 [34件] が始まった, であったが, であつ, であります, であること, であるのに, でいました, でいる, でここら, でございます, でその, ではない, でまず, で主人, で代地, で大して, で奥さん, で支社, で格別, で植木いじり, で深川, で男, で男切れ, で病床, なり, に私, のうち, のよう, のわび住まい, の月日, の気, の男世帯, の足, は随分

▼ 人~ (53, 0.0%)

6 の中 5 がとりまい 4 をなす 3 をなし 2 にまじっ

1 [33件] から暗示, から程離れた, から遠ざかる, が, がそこ, が吠え, が居る, に出会, のなか, のなだれ, の前, の喚声, の大, の真中, の謂, の間, はたちまち, はモスクワ, は総崩れ, みに, もまた, りが, りを, をすりぬける, をな, を作り, を愕, を成し, を溯ろう, を縫う, を見下し, を見廻し, を離れた

▼ 人近い~ (53, 0.0%)

3 人間が 2 人の, 人数が, 女が, 止宿人の, 非人が

1 [40件] うちに, お客たちは, プロレタリアートを, 人で, 人数で, 人数でした, 人数に, 人数は, 人類が, 使用人へ, 傍聴者とは, 入場者が, 兵が, 同勢の, 命は, 坑夫が, 女の, 女は, 女事務員は, 女王の, 學生の, 學舍に, 客席を, 客数で, 家族を, 小作者が, 少女達の, 少年が, 年上の, 御同門, 患者の, 死傷者が, 気を, 生徒を, 男女の, 男女優や, 踊子が, 頬の, 頭数だけ, 黒装束一度に

▼ 人あら~ (52, 0.0%)

5 ばそ 4 ば如何 3 ばこの, ばそれ 2 ばいかばかり, ば何人, ば請う

1 [31件] ために, ためを, ためをな, はれた, はれて, はれ鳥すき, ば, ばあら, ばこれ, ばこれ大, ばその, ばてんに, ばまつち, ばわれら, ばわれわれ, ば之, ば何と, ば俳号龍子, ば共に, ば其の, ば即ち, ば夙に, ば我, ば拙者, ば斯く, ば節, ば言語, ば誤解, ば貢, ば近う, ば須磨の浦

▼ 人などの~ (52, 0.0%)

2 名所を, 夢にも

1 [48件] あろうはず, いない所, いろ, うちには, こせついた町人根性, ことは, ごく熱心, ごとくわが国, それと, ものは, ような, ように, 一杯に, 下級の, 世話に, 中に, 云う口調, 住むより, 信仰伝承が, 区別が, 古代の, 各課に, 奸党閥族を, 姿が, 家々へ, 彩衣を, 心持にも, 所へ, 手を通じて, 放逸な, 文化人の, 検視を, 歐洲人や, 此境を, 毒蛇に, 気が, 生活を, 相手は, 眼と, 着て, 移住民を, 群に, 耳には, 聞て, 見なさん, 記録に, 話でも, 連中は

▼ 人に対しても~ (52, 0.0%)

2 一種同情の, 相当の

1 [48件] かかる力, ごく親切, そうした愛, つねに親友, なほ永久なる, また西方, 一個の, 下万民, 中華民国人に対しても, 亦た, 何ら親愛, 別に何, 口では, 同じき徹底, 園は, 嫌ふ, 少しも, 常に寛大, 常に快活, 必ず先ず謙虚, 恥かしい, 恥かしくて, 文化的方面の, 日本の, 時としては, 朝晩の, 民衆に対しても, 済まない事だらけ, 為ては, 無愛想な, 牆壁を, 狎れて, 用うる, 皆に対して, 社交的である, 社会に対しても, 私たちが, 私の, 義理は, 自然に, 自然に対しても, 至って忠義, 要するに単純, 親分らしい, 読まるること, 警戒し, 金の, 随分物

▼ 人~ (51, 0.0%)

2 つてその, つてそれが, つても, つて一人は

1 [43件] いい人, さらか, そう永い, たまいくらかかる, たまに十両, たまを, たま七ルーブリ当たりと, たま三百円ぐらゐのもうけになる, たま五十両ぐれえ, つたな, つたに, つたのは, つてこれは, つてそれも, つて其世禄は, つて化粧品の, つて古版首行の, つて名を, つて夫, つて実は, つて流に, つて男の, つて維新時代の, つまつた椎茸買出商人出稼人山住神社参詣人等々で, つまつてゐた, ねこで, ひ抱く, ひ踊り, びっくりすら, またはかな, また其周, むしられた三人女性たち白巾, もう人, 一人も, 人ばがに, 何だった, 六七人, 大阪へ, 永く永くねえだ, 無いって, 百年に, 皆私とは, 馬鹿に

▼ 人であれ~ (51, 0.0%)

8 ばある 5 ば自分 2 これ喋る, ば格別

1 [34件] これ上原さんの, これ相談し, これ考え, これ考へ, これ話し, ば, ばいい, ばこそいえる, ばこそ自分, ばこそ芝居, ばこちら, ばこんなに, ばそういう, ばその, ばよかっ, ば一切万事長者, ば之, ば九十日間, ば人, ば以前, ば何, ば八時四十五分, ば坂下鶴吉, ば外国, ば悲しい, ば情味, ば政治思想, ば深く, ば継娘, ば考え尽くし, ば行く, よ, 亀, 大して変わる

▼ 人でしょう~ (51, 0.0%)

1083 ねえ 2 がその

1 [28件] いったい独り者, か云々, がそういう, がどんな, がねえその, が僕, けれどどんな, これ, するとお, そうしてあなた, その人, その著者, そんなこと, だから受け取る, とは情ない, と合点, と紹介, な, ねと, ねわたし, ねホホホホ, ね悪い, ね親しみ, ばいを, 例の, 家は, 敵は, 私は

▼ 人多く~ (51, 0.0%)

1 [51件] あつて, あまりに俗悪, いても, おん国の, この一門, これに, これを, して, その例, たすかる, て七十人位, なりて所, なりました, なり窮屈さ, の人, の僕, の美しい, は假裝, は四人, は心づかぬなるべし, は惡, は散り, は皆平生, は福, は花, ほとほと百, も五十人, も見知らず, ゆききする, わずか三十七篇, ゐれば, 事多き, 住し, 住みける家, 候ひき, 入りゆくさま, 大方は, 智巧が, 来る故, 樹を, 死ぬこと, 死んだが, 殺した一虎, 殺すこと, 留まり見る, 肖像畫を, 自分は, 通う所, 通ふ, 集いて, 集り音楽湧

▼ 人歩い~ (51, 0.0%)

9 てゐる 5 て行く 4 ている 3 てゐた, て来る 2 ていた, てゆく, てゐ, て來, て帰らなけれ, て来た, て行

1 [13件] ていく, ていたら, ていたらしかった, ていない, ております, ても対局場, てゐず, て来, て行かれました, て行くかれ, て行った, て見る, て越した

▼ 人特有~ (51, 0.0%)

3 のもの 2 の妙, の皮肉, の聞き

1 [42件] であったノーブル, ともいう, な, なマキ舌, な所, な精悍, な艶冶, な茫, な鼻, のあの, のあらゆる, のがまん強, のげんしゅく, のごうまん, の万全, の倹約家, の凡, の勘定高い, の厚顔無恥, の大胆さ, の度胸, の感情, の或, の本気さ, の機智諧謔, の気質, の水兵小刀, の無邪気, の独特, の病的心理, の癇癪, の笑, の粗暴, の粘り強, の罪惡, の良識, の表情, の身, の軽快, の道徳, の骨格, の黒い

▼ 人~ (51, 0.0%)

3 の種蒔, やほうれん草 2 の花, の葉, の髯

1 [39件] いろに, が直ぐ, だったという, であった, でありました, でもよい, でも洗つて, で有名, というもの, との煮付, と同じ, と蕗, などこれら, になります, に於, に醤油, に里芋, のいちいち, の尻尾, の燻製, の種, の立枯れ, はよし, は日光, もカブラ, も大根, やご, やカブラ, やキャベツ, や大根, をすり鉢, を咥, を尋ね, を得る, を捜し, を掘つ, を掘る, を買つて, ガリガリ

▼ 人たり~ (50, 0.0%)

2 しなり, ともその

1 [46件] えた, しこと, しと, しとか, しなれば, しは, しドクトル, し妻文子, し時代, し歟, ともこれ, ともやる, とも上げない, とも人殺し, とも代行, とも何某, とも參つて, とも妄り, とも孔子, とも存意, とも心, とも書道行道, とも来っ, とも此説, とも油断, とも火星人, とも眞, とも聊用捨, とも身, とも載せ, とも近, とも長久手, とも門外, とも降り得た, と云, と知る, ないぞ, もって, イギリス人たり, スペイン人たる, 他方においては, 共無實, 実行家たらう, 得たであろう, 故に聞知, 死しては

▼ 人だの~ (50, 0.0%)

2 いろんな男, それと, 宿屋飯盛だの, 支那人だ, 車だ

1 [40件] そういう人, その妻女, それから丸木, だれであろう, または他国, また幼主, めなる, やさしそう, イギリス人相手なら, イヤな, コロポックル人だ, ポローヴェツ人, 中国人だ, 事情が, 何うも, 何だ, 佞侮多だ, 刺客だの, 匈牙利人だ, 国内の, 変な, 変節漢だの, 夜もすがら詩歌管絃, 大鯛, 急死人だ, 悪い人, 東京の, 活動家だ, 玉蘭だ, 病気で, 編笠を, 自由だ, 興行ぬ, 茶屋奉公だ, 荷駄馬だの, 赤髯だ, 逢いたがってる人, 醜虜, 馬来だの, 黒人だの

▼ 人だらう~ (49, 0.0%)

4 と思つて, と思ふ 32 と云, 誰が

1 [34件] かとをかしく, かと云, かと思ひ, か私, か象, が, がその, が丸, が好き, が決して, が馬, そして彼女, といふ, と僕, と内々, と噂, と彼, と思, と思うた, と思つたの, と思はれる, と思ひます, と想い描い, と私, と考へ, と良寛さん, と言, ねえ彼, むかしの, よと, 万ちやん, 家の, 町に, 確かり絞られた

▼ 人十人~ (49, 0.0%)

2 とふえ

1 [47件] あるいは二十人, あるいは二十人三十人, いえいえそんな, かかって, が十人, が調子, くりこませるぐらいの, ぐらいずつ黒, ずつ, ずつの小さい, その人数, その人數, たちまち地下室, である, とあちらこちら, とそこここ, とその, と一団, と他流試合, と取調べ, と数, と新, と朱, と来た, と組, と脱出, と見る見る, と躍り, と集ま, と集まっ, なら十人, に九人, の偉, の偉人, の子供, の男女, の看守, の食客, も奪われ, も持ち, より二十人, 休んで, 取りかえたって, 御一所, 或は二十人三十人, 突きとばして, 近い人

▼ 人~ (49, 0.0%)

5 のよう 3 をいへ 2 のやう, を, を云

1 [35件] がいかに, が彼等, しげし汝, しながら, にくら, にまどわされず, に対照, に聞き, に聞きかした, のしげき, の役使, の恐れられる, の様, の繁き, はで, はとまらぬ, は過度, ひに, ひ換, ふを, も言, よほとほといと, をしげみ, をしげみ言痛みおの, をも顧みず信ずる, を云った, を云つて, を他人, を信じたる, を沁, を真似る, を繁み, を解した, を言, を言つて

▼ 人に対し~ (48, 0.0%)

1 [48件] かねて, この日和, その布教, その無礼, それぞれ異, ひきうけて, ボーイ一人その, 一々答, 一つ敬礼を, 三対一の, 世界第, 今更挨拶, 他の, 値する所, 其の声, 冷汗を, 協約を, 同藩, 四五日目に, 国際聯盟に関する, 地方官これを, 均等に, 奉りての, 女子一千六百五十万, 少しでも, 少しも, 恥しいこと, 懲役三年を, 救えるだけの, 日本の, 普通の, 最初に, 殊に親切, 殺人は, 毀謗の, 氏名年齢職業住所本籍出生地を, 汝らの, 漫然たる人種的優越感, 火薬と, 特筆し, 神に対して, 自分に対する, 良薬を, 蠅男の, 謀叛を, 車外に, 遠慮斟酌する, 非常な

▼ 人のみが~ (48, 0.0%)

4 するだけに

1 [44件] いるよう, これを, する男型, そういう影響, その生活, よく為, わかる区別, インテリゲンチャの, 互に共に働き得る, 伝えられて, 体得し得る, 佛國の, 作った作, 偉いと, 傑れ, 先ず生色, 十分に, 句を, 天国へ, 家中な, 家族で, 山城綴喜郡に, 巨大なる, 常に傭われ, 感ずるあの, 我物顔に, 持つもの, 日本の, 本当に自己, 横行する, 汝の, 現われる限られた場合, 生きた所, 眞理を, 知ったこと, 知ってること, 知る不便, 示しうる静か, 荒廃の, 親しみ得る美, 詩的な, 靜に, 館内に, 麗しい往生

▼ 人共に~ (48, 0.0%)

2 何も

1 [46件] はつと, ソコ, 上海へ, 事実の, 仲の町の, 何か, 何れ劣らぬ, 先藤三郎樣を, 公禄を, 半身埋まっ, 可笑しな, 合力の, 同じ場所, 同じ状態, 命を, 基督教へ, 夢の, 大学に, 女学校に, 家を, 寒きもの, 小柄で, 年が, 幾度か, 手討に, 斑入りの, 暫時は, 松本監獄へ, 権現様より, 横に, 湖水の, 火あぶり, 無量の, 王家の, 私が, 私の, 私を, 織物にて, 聞け, 西洋人の, 誅に, 足を, 青絹を, 音信不通に, 養女である, 首は

▼ 人~ (48, 0.0%)

7 ている 5 ていた 4 の寝台 3 てゐる, をする 2 てゐ, の寝床, の折

1 [20件] ていたる, てござる, て居た, て待つ, て観る, ではない, に, にけり, についた, になっ, には楽, に行き, の大きな, の床, の所在, の携帯天幕, の枕, の狭い, の綿蚊帳, の蚊帳

▼ 人買い~ (48, 0.0%)

7 の手 2 に売る, に誘拐, の阪大佐太郎

1 [35件] から買った, から金, がこの, が立ち廻る, が立ち廻るなら, です, という世にも, と結託, などに捕えられない, なの, にさらわれまし, に取られ, に捉, に浚われ, に誑かされ, に買い出された, のしわざじゃねえなとにらみましたからね, の大, の悪党, の男, の眼, の詮議, の追い剥ぎ, はよく, は今どこ, は東北地方, は社会, へ売り渡す, をつかまえる, 二人買い, 人さらいといった, 十人百人と, 掠奪密輸入あらゆる, 男, 男に

▼ 人あと~ (47, 0.0%)

3 に残っ 2 からやって来る, に残された, に残った, の七十何人, の三十人あまり, は老年

1 [32件] からつい, から土屋伍一, から誰, から走, から追っ, では林田, には橋, に残し, に残りました, に殘, に殘つて, に駈けつづい, の三人, の十一人, の四人, はお, はおばさん級, はとき, はみな, はみな徒士, はもう, はやり兼ねない, は三十, は中間小者, は宿, は小児, は御, は悲鳴, は戦友, は校長さん, へ殘, をつけ

▼ 人すなわち~ (47, 0.0%)

2 ハシヒトの

1 [45件] その家, その寺, アイヌ族の, イワンと, ストレーカ夫婦に, 三分の一は, 三分の二は, 二十四五人に, 二階の, 以て, 僕の, 公民の, 兵馬が, 南アフリカ喜望峰の, 四分の三は, 地主の, 壊る, 宗教者の, 尖兵, 平均より, 後に, 怪人二十面相の, 意志の, 所謂東人は, 日の本蝦夷の, 木偶同然の, 本隊, 朱雀四郎であった, 机竜之, 正念を, 生きた鰻, 穢人では, 穢物掃除者の, 竜之, 約三人, 約十八人, 聖者の, 若い娘, 蝦夷以外に, 許, 論理的なる, 辰巳鈴子三条健子歌島定子が, 造作の, 郁太郎の, 黒門の

▼ 人につき~ (47, 0.0%)

3 一カ寺の 2 一の

1 [42件] いちいちに, 一〇〇円ずつの, 一キロの, 一万弗の, 一人が, 一人ずつの, 一人という, 一人を, 一人半は, 一人半扶持とを, 一円ずつを, 一分二朱ずつ, 一反分を, 一場の, 一年結婚が, 一結婚では, 一週一シリングを, 七十五人の, 三つだけ, 三シルリングの, 三十キロ以上の, 九百貫ずつ, 二人ひどい, 二円子供一人につき, 二十五両に, 二銭から, 五ペソ, 何円かの, 僧侶一人の, 八人ないし, 四円ずつを, 寺院一棟八百人につき, 平均二百九十二人すなわち, 平均五十四人すなわち, 平均五反五畝五歩に, 年十日の, 普通は, 玄米五石を, 玉子一ヶ配給に, 百万円, 荷物七貫目である, 金貨で

▼ 人ばかりを~ (47, 0.0%)

1 [47件] いつもお, お客に, かばうよう, かり集めて, こなしたが, すッ, ひきつれて, やって, やるという, 一網に, 両わきに, 仕留めて, 会員に, 供につれ, 側において, 収容する, 召しつれて, 寄せ集めて, 寝せて, 引率し, 従えて, 愛しもし, 扈従させまし, 手伝わせて, 招いた, 持ち来たしその, 挙げて, 捕えましたわい, 期待し, 松尾に, 殺害した, 注視し, 率いて, 玉井組の, 相手に, 相手にわい, 眺め暮して, 見て, 見知らない海, 載せて, 送ること, 連れて, 連れ羈旅華やか, 選んで, 集めて, 雇うこと, 頭痛膏を

▼ 人ぼつ~ (47, 0.0%)

12 ちに 3 ちにな 2 ち, ちだ, ちだと, ちだ一人ぼつ, ちでお, ちでした, ちでは

1 [18件] ちが, ちだから, ちだつた, ちだ行つた, ちでさびしく, ちでよく, ちで出かけて, ちで淋し, ちで淋しい, ちで舞, ちで道連れといつて, ちといふ, ちな, ちなの, ちも, ち見たいなもの, ねんと腰, りと

▼ 人~ (47, 0.0%)

4 がいた 3 となせ, の好い 2 がいる, に殺されず, の子, を殺した

1 [29件] が仆, が寺, が来た, が立ちどまった, が立っ, が立った, である, でいっぱい, で宿, という字, にした, によってふだんばか, の気, の裾, の這入つ, の隙間, はいや, は交ぜず, もあろう, も許し, をつかっ, を別け, を手, を探し, を殺せ, を踏み, を雇, を雇う, 懐かしき情緒

▼ 人~ (47, 0.0%)

7 に立っ 6 きに 4 に立つ 3 へ立っ 2 に水桶

1 [25件] づいふめでたしと, にいっ, になる, に乗っ, に出, に出かけ, に吸つて, に帰つて, に御飯, に持っ, に木部, に来合せ, に歸つて來, に発言, に立った, に衰, に辰子さん, に金清楼, に顔, の方, へ入, へ別, へ外, へ帰る, へ東京

▼ 人~ (47, 0.0%)

32 と老人, に向かっ, の王

1 [38件] から救っ, が住ん, が木, でそれ, とほとんど, と一緒, と同じ, と相伴, などより敏捷, にも妨げられず, に似, に守られ, に次第, に自由, に車, に追いかけられ, のよう, の住居地, の出現, の叫び声, の周囲, の姿, の山, の爪, の猛悪, の社会, の群, の顔, の騒ぐ, は四方, は最初, は樹, めいた怪物, もジョンソン, も現れ, を指揮, を案内, 同祖論

▼ 人そろっ~ (46, 0.0%)

1 [46件] てい, ていない, ておいで, ておわび, てかなり, てきょうだい, てきれい, てこの, てその, てなぜ, てのこと, てジャブジャブ, て一台, て予習, て伺う, て出, て別離, て印刷, て叔父さん, て呼びよせる, て土蔵, て外, て姿, て学校, て店, て旅, て日本電力, て昼食, て森, て母さん, て為家, て生き残っ, て町, て病弱, て眼, て私, て笑った, て美青年, て自動車, て船橋, て行っ, て行った, て見る, て醜い, て鎌倉, て食堂

▼ 人ならず~ (46, 0.0%)

2 二人三人連立ち

1 [44件] あつた, ある時學士, さ, さまざまな, したたか殴りつけられる, そこからも, ただ申歳, ともこの, とも私, と為, と見えた, の女, の者, ばあらじ, ふたり三人剣が, 七人までも, 二人でも, 二人ならず, 二人にまで, 二人まで, 二人までに, 二人も, 二人三人首綱, 二人位の, 二人欺くんじ, 二十三十の, 五人ならず, 五人十人も, 人と, 人を, 何時の, 備前岡山の, 其処に, 哉宮なる, 四人まで, 土方娘子を, 土蔵の, 幾人もの, 彼と, 彼を, 数人の, 眉を, 聘んで, 足を

▼ 人斬り~ (46, 0.0%)

2 健吉が, 健吉です, 健吉に

1 [40件] がお, ができりゃ, これは, と言, なぞ読ん, なんとか貢, のところ, の名, の噂, の段, の計画, の願, はうまかろ, はおろか一人, はかなり, をした酬いよ, をする, を無論, を請負っ, 亡者共に, 仆すかな, 健吉, 健吉だ, 健吉でも, 健吉で通る, 刀を, 商売の, 商売を, 大明神, 少尉だ, 手一名後詰三人と, 斃し, 楊雄が, 沙汰は, 沙汰女沙汰盗難沙汰つまらない, 狂人に, 病, 病に, 稼業さ, 騒動が

▼ 人来る~ (46, 0.0%)

5 人に 2 を見れ, 人が, 人を, 者も

1 [33件] かも知れない, かも知れん, からおもしろく, か見, か足音, ことに, ことやら, ぜ, だんだん二階, で女子, とか根津, にし, には来た, ので, のに, まで待つ, もよし, よ, ようです, を候い, んだ, んです, 二人来る, 二人蹤い, 人それらの, 人の, 人みんなに, 人皆が, 山の, 明後日は, 様に, 由, 道理だ

▼ 人殺した~ (46, 0.0%)

3 のだ 2 ところで, ので, のを, ものは, 下手人が, 人間の

1 [31件] あとでは, かという問題, からにはその, からにゃア, か二人, か知れません, ことが, そうだ, ために, っけ, っていい, って凄み, って箇旧, とは, と新聞, と言, のだけでも, のは, やつには, んだ, んです, 上の, 人間が, 人間を, 刃物は, 刄物は, 場合は, 後だ, 恐しい, 私だ, 者も

▼ 人づつ~ (45, 0.0%)

3 呼んで 2 出て, 連れて

1 [38件] が宜, そうさ, ただ津幡秀子, に分ち, に拝み続けだ, のタイピスト, の人間, の介添人, の仕切, の華工, もう歸つて, 乗組んで, 付けて, 出でて, 呼び出しました, 呼出して, 固まつて, 常に肩, 怒つたやう, 思い出して, 或は交互, 打ち連れて, 持つて, 斬り殺し, 歩いて, 歩くと, 段々と, 渡しあひて, 甜めるやう, 立たせました, 立つて, 立つ立て, 組んで, 調べる氣, 負ぶさつて帰つて, 追ひ抜け, 附けて, 離れて

▼ 人~ (45, 0.0%)

1 [45件] かけて, が這入つ, でかため, で一斤八, で専門, ということ, と名古屋, にそして, にてやる, にめずらしい, に三石, に別れ, に握手, のロビンソン・クルウソウ, の別室, の労働時間, の死者, の男, の看守, の看護婦達, の私服, の紅白二組, の職人, の警官, の郵便物, は休息時間, は縛られない, を守らせ, 交じって, 交じつて, 伏せて, 出すこと, 出て, 出るといふ, 固さ, 御給仕, 必ず挾つて腰, 死ぬん, 生れるよう, 登って, 立つて, 組み合わせて, 選り抜かれて, 降り立った, 降り立つた

▼ 人~ (45, 0.0%)

2 のモーニングコート, の方

1 [41件] から遠く, がその, が麗, こそはげ, とひとしい, と同じく, について行った, に乱暴, に取っついた, に同情, に向かい, に媚, に手, に手紙, に背, に語る, の人, の再臨, の友だち, の存在, の座席, の従者, の望む, の眼, の老婆, の背中, の胸, の若い, の身, の門下生, はべつ, は娼家, は復活, は野々宮, をふり, を可愛がる, を相手, を省みる, を見, 実に日本, 目がけ

▼ 人知らぬ~ (45, 0.0%)

5 ものは 2 うちに, 恨に, 胸を

1 [34件] お方この小さな, お方の, ことであった, それら谷間の, という, ところへ, とに, まに, まの, 中と, 夜の, 寒さ, 心の, 快楽と, 愛に, 愛情を, 感慨に, 憂思を, 攪乱が, 楽しみに, 楽みと, 楽みを, 気苦労を, 眞珠の, 篝に, 者と, 者は, 者も, 苦を以て, 苦心怜悧き, 菫の, 身と, 間に, 黄金よ

▼ 人ここ~ (44, 0.0%)

2 にいる, に一人, に居る, へ来, へ足

1 [34件] ではよほど, で三万何千両, で再び, で勉強, で相, にいない, にいます, において全快, には近づかず, にをられます, にズラリ, に住ん, に同じ, に坐つ, に寝かそう, に居ります, に控え, に眠る, に置い, に至り, に輻湊, に連れ込んだ, のどこ, の大池, へうっちゃっとい, へははいりませんでした, へ今, へ出, へ客, へ廻され, へ落ち, を歩い, を訪わん, 知らないわよ

▼ 人四人~ (44, 0.0%)

2 というふう, と絶えず

1 [40件] が協同, しかピオニェール, ずついろいろ, ずつの群, ずつ参りました, ずつ散歩, たちまちかり集める, でええ, で圧, で展覧会, で狙う, とかたまっ, とつるされ, とつれだちぬ, とよそ, と公卿たち, と別々, と取り残され, と外, と大量, と寄合い, と次第に, と組ん, と行く, と見えなくなる, と見はっ, と誘ひ合し, と隊, の下女, の力, の声, の奴隷, の話しだす, は急, むくんだ茄子, 付いたな, 打ち連れて, 減り黒い, 続々と, 集めなければ

▼ 人により~ (43, 0.0%)

2 時により

1 [41件] あはれなり, あるいは北方, いろいろ様々, けり御, その日, ちがいますその, てかの, また仕事, また修錬, ゲンゲバナ, ハギすなわち, ユリの, 仕事によ, 処により, 判断する, 又時代, 唱へ, 国により, 場合に, 場合により, 多くの, 多く喜ばれる, 好き嫌いあるべき, 子持ち鮎を, 家庭の, 徹底的に, 思い思いの, 思ひ思ひの, 斯う, 更生しよう, 法廷を, 火刑に, 異同変遷ある, 発見された, 譯された, 身分により, 随分まちまち, 霄壤の, 非常に, 類に, 鮎の

▼ 人~ (43, 0.0%)

43 た, れば 2 い, るか

1 [29件] さうな氣色, たつて, たる, てるツ, てゐ, てゐます, てアダリン, て下さい, て二人, て出入り商人, て同居, て居た, て居る, て後, て扉, て見る, て軍艦, ないと, ました, りし, りて, り拙作上場, るからね, るに, るの, るやう, る明後日, る筈, れば肢

▼ 人~ (43, 0.0%)

4 の前 3 の中, の者 2 に帰り, を作る, を出, を守る

1 [25件] では厳格, にいる, にとじこもって, に残っ, に留りました, のなか, のま, のもの, の中庭, の入口, の内, の外, の方, の窓, の蔭, へかへつた, へ帰っ, へ帰る, へ歩い, へ歸, へ置い, へ預け, や船, をぬけ出し, ヲ忘レザルハナシ

▼ 人残し~ (43, 0.0%)

3 て置い 2 て二週間, て出, て置く, て行く

1 [32件] て, てある, ていったん, ておい, ておいた, ておく, てすぐ, てそのまま, てはどうも, ては行かなかった, ては行かなかつた, てほか, て入牢, て全部, て初瀬, て可哀そう, て家事, て小用, て広場, て徳之助, て旅行, て死ぬ, て立去った, て置いた, て置かない, て置かれない, て置け, て行かなけれ, て行っ, て遠く, て里, 塩野の

▼ 人殘ら~ (43, 0.0%)

2 ず一度, ず當つて

1 [39件] ずかき消すやう, ずに, ずま, ず他所, ず全部増段, ず切つて, ず叫んだ, ず召捕つたの, ず埃, ず外, ず川, ず後, ず必要, ず手, ず手繰り出すん, ず數多, ず暇, ず此處, ず歸, ず歸つて, ず死んで, ず殺され, ず甚, ず生, ず町, ず皆, ず縛り上げるの, ず縛るの, ず罪, ず羊毛製, ず見物しな, ず親類筋, ず解つて, ず調べ, ず調べ上げた上, ず起きた後, ず階下, ず離屋, ず額

▼ 人あの~ (42, 0.0%)

2 人あの, 手代を

1 [38件] いたいけな, おしや, ちびの, ときに, ね三好さん, ひとが, 二人が, 二階に, 人, 人が, 人と, 人は, 人を, 十歳にも, 奇怪な, 妓が, 子に, 家で, 小母さんなど, 山路を, 年いた, 方以外には, 時の, 時まで, 江戸城の, 海ぞいの, 源様に, 熱心な, 男だ, 男の, 米屋の, 艶や, 若い詩人, 貧乏な, 近所に, 部屋に, 門へへ, 門を

▼ 人などに~ (42, 0.0%)

1 [42件] いくらいじめられ, ここで, しても, その仕事, それを, でっくわすと, どことなく差別的, なると, ひとりだって, よくある, わり宛てられた, 一文だって, 一脈相通ずる, 二藍という, 会った, 会ふ, 出逢って, 到るまで, 取っては, 坐ったらおかしい, 売って, 売りつけるん, 大更迭, 心の, 成る人物, 新しい戯曲, 機械を, 比べて, 江戸を, 注意し, 知合は, 習って, 聞いて, 至りては, 薫は, 見ら, 親切に, 言はせる, 負けて, 買われて, 邂う, 非常に

▼ 人同じ~ (42, 0.0%)

6 ように 4 ような 3 やうな 2 姿の, 帽章を

1 [25件] ことを, であつ, ところへ, ところを, ほどの, ような死に, 位とは, 女に, 姿で, 家の, 年齢恰好の, 庵室の, 所に, 教師について, 日に, 時代にすら, 気分に, 状態に, 町内の, 紫のつつ, 蚊帳の, 課に, 赤いシャツ, 身拵えの, 風体の

▼ 人居た~ (42, 0.0%)

2 のだ, のです, 所へ

1 [36件] お夏, がそれ, がコレラ, が外交官, が手前, きりである, ことであった, って私, つけね, としたら, と思, と想像, ね, ねたしか, ので, のである, のでさうつけ, ので山, のよ, やうです, ようです, んだ, 事に, 受験者が, 同時に異, 女と, 女も, 店員も, 弟子の, 時に, 氣が, 汽車が, 福岡県知事の, 筈だ, 茶と, 處へ

▼ 人足らず~ (42, 0.0%)

2 である, の人, の人間

1 [36件] だ, であった, であったが, であったけれど, であつ, であります, でしたがね, です, で満員, で甲州街道, で男, なんで破れぬ, にすぎなかった, のご, のスキャップ, の一小隊, の一行, の主従, の人たち, の人影, の人数, の人足, の列, の同輩, の地球人類, の客, の小, の小勢, の氏名, の生徒, の者, の若い, の諸氏, はいる, やがて会津, 集まった勤番

▼ 人集まっ~ (42, 0.0%)

6 ていた 3 てい, ている, て来

1 [27件] たってクウ・デタ, てあめ, てある, ていない, てき, てこんな, ての話, ての雑談中, てまさに, ても零, てやはり, てトルレス, て交通巡査, て哀れ, て声, て声高, て山田, て我々, て探偵, て来た, て無駄話, て甕, て相談会, て見る, て踊っ, て連句, て金魚評定

▼ 人なく~ (41, 0.0%)

3 して, 美事繁昌し 2 轅の

1 [33件] ぞ見られける, てはなりませぬ, ては到底, て秋, なっちゃったわ, ばいかなる, ばこの, ば我, またお, われ曹が, 一旦棄てられた, 一杖なく, 世なく, 主人を, 又我が, 土地は, 大手を, 好機逸すべからず, 幸ニ黒田了介殿御出ニ候得共今少し, 当時の, 必死の, 我なし, 手足凍て, 探るに, 文学を以て, 水に, 燭のみが, 王予に, 老公は, 軍威なき, 雨雪之, 鬼気肌に, 黒

▼ 人離れ~ (41, 0.0%)

3 て立っ 2 て携帯, て暮らし, のした

1 [32件] ていらっしゃる, ていらつ, ている, ているだろう, てき, てじっと, てすぐ, てその, てよろめく, て了つた, て亭, て余念, て偉く, て側道, て坐っ, て屋台店, て屍体, て帰途, て日本, て暮し, て来, て波打際, て生き, て真理, て着物, て考えこんでる, て肉パイ, て腰かけ, て茶, て見れ, て長椅子, て青い

▼ 人すら~ (40, 0.0%)

2 あるに, 顔を

1 [36件] あった, あったと, あつた, あつて, ある, あるので, ある位, ない, ないよう, なくて, なく公卿すべて, まずはいたって, めったに無かっ, もはや左門, カリフォルニアの, 信じがたくおも, 働く気, 動きはじめたとの, 卵を, 唯, 家具及び, 少ないよう, 尚よく, 屏息し, 情けない愛欲, 承認する, 有る, 極めて少ない, 畫を, 目を, 神州陸沈華胄左衽と, 聞えぬ程, 見えぬわびしい, 随分困難, 韓信や, 養は

▼ 人~ (40, 0.0%)

1 [40件] アル, スカ, スカラキツト助, ドコカニ行ツタ事ヲ, 一シヨニキツト, 乾イタタオルヲ持ッテ濡レタ体ヲ, 二階ニ引ッ込ンデイルノカ一向, 伊丹ヘオ立チニナリマシタ, 出カケタ, 出カケテ行キ, 動物園ヘ, 勝手ニ泣イテラッシャイ, 台所, 夕食, 夕餉, 寝カシテ戴クワ, 寝室ニ待タサレテイタ, 旅ヲスル楽シミガ消, 明治初年ニ高橋オ伝ノ, 朝御飯ニ召シ上レ, 来テ, 母ハ身, 浄吉ハ缺席, 浴ビタノカドウカ, 狭過, 玉ネギサンヲ, 相談シタ, 私用シタルモノトノ告訴ナリ然, 考エルノガ楽シミデモアッタ, 茶, 虎ノ門外桜田町, 行ッタ時ハ二尺八寸, 話シテ帰リカケル様子ダッタノデ僕ハ下ヘ, 調子ガ弾ミ九時近, 貰イ手ガアリマスヨキット, 郁子ニ寝間着ヲ, 酒ガ始マルト必ズ嫌ナ顔ヲ, 静カニ考エテ見, 食ッテモイイゼ, 食卓ヲ

▼ 人~ (40, 0.0%)

3 ののろく, の武士, の武士たち 2 であった, の人数, も党

1 [25件] でしたが, で伏見, と思われた, なりすなわち, にしよう, にたずね, になり, に勧め, に及んだ, に減少, に背中, のクラブ員, の乾児, の人たち, の健児, の共産主義者, の減少, の群集, の負傷者, の選挙人名簿記載, の長州勢, は, はいたろう, は中軍, も連れ立ち

▼ 人~ (40, 0.0%)

3 を買 2 のやう, の大, の花

1 [31件] お手代, が出た, じやが, だの蕪, でも十分, でも沈香, と, といふ藥, との膾, とを煮, と大根, と忍冬, と牛蒡, に臭い, の價値, の肌さ, の花さく濱, はなく, は手, も干瓢, や其の, や沈香, や牛蒡ぢ, りました, り何と, り合せて, を中, を保存, を卓子一杯, を拔, を澤山

▼ 人子供~ (40, 0.0%)

2 がある, がいる, が居, をつれ

1 [32件] が, があり, があろう, がいた, がゐる, が出来, が出来た, が出来たらしく, が出来れ, が増, だけでも七人, だけで居る, と少し, にあげよう, の愚連隊, の無い, はだいぶ, は手, までできました, もあり, もこもれり, もって, をお, をつれた, をもとう, をよこさなくなった, を仕立てる, を生ん, を産ん, を相手, を見, を買った

▼ 人あります~ (39, 0.0%)

432 が, がな

1 [28件] かねえ, からね, からよもや, から皆んな, から聞き合せ, かサ, か何しろ, がいづれ, がこれ, がその, がそれ, がね, がね姉, がひと口, がまだ, がリョウマチ, が之, が二人, が店, が神様, けれどもいま, けれども遠く, ともお母さん, と一人, ね, のです, わ, んだ

▼ 人ぐらし~ (39, 0.0%)

2 だ, である, でしたが, の匂い, はこの, をし

1 [27件] だし, だった, で, であったから, です, ですが, ですこの, で友, で小さい, で徳蔵, で男の子, で私, で筆墨紙硯, で良次, で藤吉, で訪ね, となった, とは貧弱, の女, の家, の彼女, の時, の気, の生活ぶり, の由, の稼ぎ人, は清々

▼ 人けの~ (39, 0.0%)

2 ない芦畑, 少ない宮

1 [35件] ないがらん, ないさまざま, ないガラン, ないベンチ, ない倉庫, ない夕暮, ない山, ない広間, ない庭, ない廚, ない弥撒, ない方, ない法廷, ない町, ない草原, ない裏町, ない通り, ない部屋, ない雨, ない静か, なくなるばかり, まれな, 少い大きな, 少ない伐木地, 絶えたの, 絶えた別荘, 絶えた夕暮, 絶えた外人部落, 絶えた山間, 絶えた木立, 絶えた淋しい, 絶えた湯, 絶えた狭い, 絶えて, 見えない大きな

▼ 人そこ~ (39, 0.0%)

2 にいた, に立っ

1 [35件] からぬけ, で立っ, にいる, にたたずん, にねそべつ, には常に, に住み, に住ん, に取り残され, に呼び入れた, に女, に嫁, に寝ころん, に悲しみ, に残った, に筵, に置かれた, に近づく, の河べり, の田圃, へお, へかけつけ, へころころ, へ丁稚, へ並べ, へ来, へ残し, へ突ッ, へ行く, へ訪ね, へ走, へ集っ, をふかく, を出, を通り

▼ 人なども~ (39, 0.0%)

3 あった 2 後から

1 [34件] あった様, あって, あります, あるん, いたらしい, いっしょに, いて, このラバー, これに, これは, そういう頑固, ちらほら列, どこへ, はいって, みな住み, やがて運び込まれ, よくいう, ゐる, 一年も, 一緒に, 住んで, 修業は, 同じよう, 多く見え候, 姫とは, 恐ろしいほど, 死ぬ間際, 浜辺に, 澤山來た, 物置にでも, 結婚の, 自然に, 遊びに, 隨分今日は

▼ 人~ (39, 0.0%)

3 詫びたからとて 2 でもリヽーちやん, はなし

1 [32件] あの騒ぎ, から見れ, しもワンタンメン, しも広, じゃそれ, とても気分, どうし, どないし, に浮身, のトチ淵, の二人, の司法次官箕作麟祥氏, の社会, の電燈明滅, はどこ, は場所, は幻, は釧路新聞, は長汀, まである, までにあんな, まで夢, も云った, も普賢, も見物, より九百四十年あまり, より百余年前, よんで, 世に, 何事の, 既に中, 祝めて

▼ 人仲間~ (39, 0.0%)

2 に引入れ

1 [37件] からはぐれ, から外れた, があっ, がいる, がもっともっと, がやられた, が増えた, が来, では, では寄る, では男名, で彼ら, で目, と自分, にもいくらか, にやはり, によく, に布教, のない, の一人, の人々, の会合, の噂, の物識, の笑い話, の誘惑, の選まれ, の鉄, の間, はずれ, はづれになる子, は成, まで揃っ, を一人, を追憶, を連れ, を離れ

▼ 人~ (39, 0.0%)

5 の唄 3 で, のお

1 [28件] あ, からどの, が, が不意, だ, でおい, という御, ともお雛様, とも虚無僧, とも飛び立つ, などは女子, なまで, にお目にかかりたい, には自由, にもその後, に何, に土下座, のおん命, の企ら, の友情, の妾, の御行末, はともかく, は今頃日本, は東寄り, は西寄り, へわざわざ, をご

▼ 人減り~ (39, 0.0%)

11 二人減り 6 二人減りし 2 二人減っ

1 [20件] そのまた, ついには, といふ具合, にわかに火, みんなゐなく, 一人減りし, 三人四人減り, 三人減り, 二人寝, 二人歸り, 二人減りする, 二人減りで, 五十里行け, 平次や, 彼の, 最後に, 殘つてゐる, 講義が, 長年小山に, 黒い道

▼ 人~ (39, 0.0%)

12 を並べ 2 と肩, を寄せ, を聳

1 [21件] から胸, でドア, で呼吸, に祠, に重い, の上, へ手, をくっつける, をすぼむれ, をならべ, を割りつけられ, を抱き合っ, を揃え, を揃えた, を擦りつけ合っ, を擦り付け, を沒, を竦める, を組ん, を重ねん, 摩るほどに

▼ 人いずれ~ (38, 0.0%)

2 も荒くれ, も身

1 [34件] かへ逃亡, がいずれ, にし, もお, もこれ, もしとやか, もわが, も仮面, も俥, も判, も同じ, も命, も商人, も太刀, も年, も強, も慾, も手軽, も打ち興じ, も抜き連れた, も昨夜, も榻, も武道鍛練, も白い, も白鼠, も皆, も籃, も背中, も身なり賤, も身の丈, も非常, も高々, も鮮麗, 劣らぬ美しい

▼ 人くらいの~ (38, 0.0%)

2 人が, 学生が

1 [34件] お母さんの, ことに, ものだった, ものだろう, もので, ものであったらしい, ものでしたろう, 人の, 人数を, 人間は, 会員では, 侍女や, 児童数で, 割で, 割合で, 割合なる, 名前を, 命を, 奴隷は, 子を, 子供が, 学校の, 客が, 家族全部めいめいの, 小さい村, 強漢, 志望者が, 死者が, 比であったろう, 研究者と, 米代は, 者が, 者である, 聴講者が

▼ 人でし~ (38, 0.0%)

3 てね 2 て, ていた, ている, て得意

1 [27件] きりに, その経営, ておった, ており, てがみがみ, てその, てどうも, てねこんな, てねどうしても, てのけたかった, てゐる, て學校通, て実は, て居なけれ, て居ました, て時々, て来た, て柄, て活き, て至って, て菱沼さん, て行かう, のが, ゃべりちらして海に, やうほんとに, ゅが, ゅ今し

▼ 人ばかりは~ (38, 0.0%)

5 ないさ 2 ない

1 [31件] いって, いつも黒, いれるほどの, この話, しょうじきにほめるのか, その禍い, とんと夜道, ぶっ倒れ, べつな, めいめい一人で, ゐないと, ゐなかつた, ゐませんからね, 一斉に, 例外で, 助かりそう, 太ッ腹, 如何とも, 居ないよ, 巡礼の, 御嶽冠者も, 恐れて, 惜しいよう, 揃ったん, 束の間の, 疑わないで, 百姓の, 知って, 誰が, 豐田の, 銃を

▼ 人まえ~ (38, 0.0%)

2 になっ, になった, の医者, の男

1 [30件] おまえは, さんで, でお, とはいえない, とはだれ, につい, になりかけた, になる, にもの, に働かなく, のおとな, のしたく, のむす, の人間, の助手, の女なみ, の曲芸師, の木, の木樵, の海, の物心, の百姓, の監督, の親分, の顔, はちょっと, ばかり折り詰め, もなく, 勇ましく召し上がっ, 用意し

▼ 人死ん~ (38, 0.0%)

5 でいる 3 でいた 2 でくれ, でしまえ, でしまふ, で儲かる

1 [22件] でいるでしょう, でしまう, でしまった, ではつまらない, では放つ, でふたり, でます, でも二人, でも四人, でも財産, でやれ, でゐる, で一人, で二十人, で六人負傷, で居ります, で水兵, で自分, で自分丈, で行き, で行く, で行った

▼ 人~ (38, 0.0%)

4 を分け 2 に押され, の中

1 [30件] が崩れ立った, が打っ, とそれ, とABC, にもまれ, に交つて, に押し返され, に揉まれる, に濡れ, に誘いこまれ, のあいだ, のうち, のしぶき, の上, の赴く, の趾, の間, は帝劇, は忽ち, をかき分け, をくぐっ, をこぐり抜け, を押し, を押しわけ, を押分けつ, を掻き分け, を見, を見た目, を見る, を避け

▼ 人~ (38, 0.0%)

13 の中 5 のなか 3 っている 2 っていた

1 [15件] から押され, った自分, って試掘, など歩く, にまじり, に混, に紛れ, に隱, の間, は運命, へ紛れ入っ, をわけ, を縫い, を縫っ, を電光

▼ 人置い~ (38, 0.0%)

7 て行く 2 てあった, てある, ては出られない, て前

1 [23件] てあげ, ていた, てお, てお前, てお前さん, てく, てゐた, てヒョコ, て主人逸作, て今, て八五郎, て出, て去る, て台所, て外出, て庄谷, て心得違い, て撃っ, て樂, て毎月六七十円, て行きっ, て行け, て行けない

▼ 人それぞれ~ (37, 0.0%)

2 に個性的, の旅

1 [33件] が五組, でいい, で各自, で調子ひとつ, な歴史觀, にこんな, にその, に五十年, に官位, に役割り, に恐怖, に晩餐, に生きる, に自分, のひいき, の事務, の人となり, の姿, の影響, の性質, の感じ, の特徴, の特殊, の生き, の眼, の立場, の表情, の運命, はっきりした, 大きな机, 引いた赤い, 違うの, 違うん

▼ 人つい~ (37, 0.0%)

7 ていた, ている 3 てゐた

1 [20件] あちらで, このごろ来た, ていました, ておい, ており, てきた, てくたびれた, てくる, てこい, てこなた, てこの, て暢気, て村人, て来た, て物々し, て行き, らくの, 幾日前まで, 度が, 此頃まで

▼ 人なんて~ (37, 0.0%)

4 ものは 2 あたしは, ありませんわ, いふもの

1 [27件] あたしいやです, あるかしら, いうもの, いやね, じつに心細い, ないもん, なかった, ほかには, もっとひどい, やくざ渡世の, イヤだ, ケチな, ロシア人にだって, 一人も, 人だ, 僕は, 僕まで, 初めて見た, 厭味だ, 晩が, 来るで, 棲んで, 滅多に, 百円の, 短気な, 結婚する, 見た事

▼ 人にまで~ (37, 0.0%)

2 迷惑を

1 [35件] あてはめて, あの娘, いろいろな, うはさ, こんな迷惑, しかく熱心, それを, なりあがりはなはだ, なりすまして, やたらに, 何人で, 何故彼, 八ツ当り馬鹿者の, 別れを, 原稿を通じて, 同意を, 好, 心配を, 惱んで, 感じられるよう, 招状を, 民俗学に対する, 目かけだ, 相伴させぬ, 納得させる, 結婚を, 縁が, 自分の, 落魄れたこと, 話した, 話したさうだ, 讃美された, 辛くあたる, 雷の, 風聴する

▼ 人~ (37, 0.0%)

5 つちに 3 つちにな 2 つちで, つちよ

1 [25件] ちに, ち青白い, っつんと, つ, つちが, つちだ, つちだつたらそン, つちでこの世, つちでしたから, つちですここ, つちでそれ, つちでも, つちでボンヤリ, つちで兎, つちで孤獨, つちで自分, つちで親, つちで雇, つちなの, つちの幕, つちの旅, つねん, ろっと, ッち, ッちなん

▼ 人~ (37, 0.0%)

4 の車 3 の人力車, の俥 2 の小舟

1 [25件] が二台, でそこ, で其, で大概四円見当, で沖漁, で計らず四人組, として快適, ともう, には積み切れない, のもの, のよぼよぼ, のフォード, の刳舟, の大型ボート, の小さな, の方, の爆撃飛行艇三台, の競争自動車, の自動車, の軽々し, の軽快, は見られぬ, を横付け, を見付け, を飛ばし

▼ 人乗っ~ (37, 0.0%)

11 ている 5 ていた 3 てゐる 2 ていました

1 [16件] てい, ていない, ていられました, ておく, ておりました, てきた, てそろ, ても大事, てゐた, て居る, て川下, て急流下り, て行く, て袋, て輪, て運転

▼ 人二十人~ (37, 0.0%)

2 かかっても, と見

1 [33件] あるいはもっと, ずつを手分け, ずつ偵察, つながって, とあったら, とおります, とごろ, となく, となっ, とはない, とぼつぼつ, と一組, と並ん, と人数, と描かれた, と毎日金持ち, と組ん, と詰めかけ, と集まっ, の一隊, の侍, の婦人大衆作家, の尊い, の徒党, の討手, の貧民, ほどが一隊, ほどの武士, よりは三十人, を加え, 或はもつ, 死んだとて, 申し合せ木乃伊

▼ 人住ん~ (37, 0.0%)

14 でいる 4 でゐた, でゐる 2 で煙壁

1 [13件] でい, でいた, でいなかった, でいまし, でいました, でいます, ではいない, では居ります, でゐ, でゐました, でゐます, で居つた, で居る

▼ 人又は~ (37, 0.0%)

2 数人の, 非常に

1 [33件] その学生的候補者, よまなかった人, エチオピア人の, ブローカーといった, 一家の, 七人神, 二三人での, 二人ぐらい, 京都辺の, 人々による, 人の, 他人乃至, 六人づつ組を, 其を, 十数人の, 名ある, 娯楽の, 富める人, 差出人に, 己に, 帳内とも, 我が母人, 数人, 数人を, 数名, 日出處の, 歩き得た人, 活溌な, 父の, 物について, 物に対し, 物特に, 縁故ある

▼ 人~ (37, 0.0%)

8 っちに 2 っちが, っちだ, っちで, っちでありながら, っちである, っちでは, っちと, っちの病気

1 [13件] っちだから, っちだと, っちでいい, っちですよ, っちなの, っちのよう, っちの周作, っちの腰弁当, っちの葉, っちの青年, っちの高柳君, っちは, っちゃ

▼ 人姉妹~ (37, 0.0%)

3 の中 2 の長女

1 [32件] がおりました, が脅え, でこれ, でしょ, ではあった, で両親, とが灰色, とくれ, とそれ, とも優秀, なんかどう, にはそれぞれ旦那様, には血, のうち, のこと, のところ, のよう, の一番姉娘, の下, の初め, の呼び, の末娘, の芝居, の運命, はそれぞれ, は何處, は殺される, は痩せ, は私, も上出来, をスケッチ, を読み

▼ 人若い~ (37, 0.0%)

4 女が, 男が

1 [29件] に似合, のとが, ものの, もんの, アメリカ人が, コムソモルカらしい, 中間が, 二十二三の, 人に, 人女の, 円髷のと, 医者らしい, 女中が, 妓が, 娘さんが, 学生が, 寺男が, 小頭の, 巡査が, 方には, 武士が, 男女が, 筆の, 細君, 者が, 者を, 袴を, 農夫村の, 鮮人で

▼ 人じゃあ~ (36, 0.0%)

3 手が 2 ないか, 保たねえって

1 [29件] ありませんな, ありませんもの, ありませんワ, あるまい, あるまいかと, いけないと, ちっと不安心, ちっと手不足, とてもむずかしい, ない, ないおっ, ないかと, ないから, ないと, ないカンカラ太鼓, なかった, ねえん, 不可ねえや, 仕方が, 仕方がねえ, 勿体ないよう, 寝にくかろ, 旅が, 気が, 無いから, 無いよう, 無さそう, 自由に, 足りないかね

▼ 人ともに~ (36, 0.0%)

2 何時か

1 [34件] あるいは昔, いつまでも, こうして悠々, このお寺, この遊び, これを, その職業, と契りし, ふだんから, まア不義ア, わたくしの, アッという, 上品な, 丸裸であった, 充分納得の, 十七世紀に, 同じ石, 四歳で, 好きな, 帰路を, 幾次郎の, 必死の, 快からず思へ, 或一事, 数ヵ所の, 数人の, 無事この, 無精ぞろいの, 疎鬢, 私の, 進みゆきて, 長い刀, 食すすまず, 黙つて

▼ 人どおり~ (36, 0.0%)

4 のない 2 がありません, もなく

1 [28件] があっ, があった, がとだえ, がない, が多く, だ, にまじり, のおおい, のない広い, のまったく, の多い, の少ない, の無い, の絶え, の絶えた, はちっとも, はなく, はまったく, までが豆つぶ, もごく, もすく, もとだえ, もない, もなかっ, もばったり, もまったく, も少ない, を思わせる

▼ 人~ (36, 0.0%)

5 を揃え 4 を合せ 2 をかける, を出す, を涸らし, を発する

1 [19件] が和島さん, つなみ, にし, のない, はし, をかけ合った, をしそろえ, をだす, を合せた, を合わせ, を張り上げ, を忍ばせ, を挙げない, を掛け合わせ, を揃, を立て, を立てる, 振り上げ, 立てて

▼ 人~ (36, 0.0%)

5 のする 2 がする, がりに

1 [27件] かも知れない, さが, すぎるの, ってあれ, であること, でにこにこ, で酒, と見え, なところ, なの, な僕, な態度, な酒, の, のお婆さん, の主人, の坊ちゃん, の御坊ちや, の私, の自分, の質, らしいに, らしい微笑, をし, ツきや, 沈沒捕魚蛤文身亦, 遇の

▼ 人~ (36, 0.0%)

9 を強う 3 の表, を強く 2 か将, のまま

1 [17件] かという水カケ論, か共犯, だ, にあらじ, にあらず, にて左右, に慊, の単調, の外, の如何, の徳, の批判, を以て測る, を以て致すべきで, を悟る, を悦ばしむ, を踏みにじっ

▼ 人無き~ (36, 0.0%)

2 が如き, ところに, を幸, 処にて

1 [28件] が如く, が如くである, こと數分時四時半過ぎまた, ところで, に乗じ, の嘆, ようで, を幸い, を見定め, を見済まし, を認めたらしく, 一間で, 処に, 境内の, 島の, 後の, 所で, 所に, 所へ, 折を, 方へと, 浴槽の, 舊藩主の, 街路の, 部屋に, 野道の, 雨の, 駕

▼ 人くらいは~ (35, 0.0%)

1 [35件] あった, あろうかと, いる, いるよう, こういう毅然たる人, そういう地位, そういう職人, はいられよう六人, はいれる家, ふえるだろう, 世界的の, 今まで, 使って, 分裂病であった, 取りひしいで, 呑みます, 大丈夫集る, 影法師に, 御一緒, 怨まない者, 怨んで, 懐疑や, 手を, 明らかに, 殺せそう, 発見できる, 相当頭, 繰り出しても, 置けるくらいの, 育てられるし, 行って, 言いだしそう, 連れて, 養って, 高山彦九郎が

▼ 人だち~ (35, 0.0%)

3 もある

1 [32件] があり, がする, がやつ, が乱暴, が住ん, が來, が見出す, だの大内裏, で歩いた, で沢山, などがはつきり, にうすうす, になり, に或, に泥, に見られる, はえらい, はさ, はさばさば, はとても, はオド, は世間, は今, は幾らか, は慌て出した, は昔氣質, は春秋, は火影, は皆, は皆云, を眺めた, 我も

▼ 人でありました~ (35, 0.0%)

2 から長次氏

1 [33件] か, から, からいや, からよく, から今, から右, から土佐, から早速, から村, から父, から集まっ, から非常, から驚きました, がいつも, がこの, がその, がそれ, が其の, が嫁い, が当時, が当時固陋, が後, が御, が思う, が朝野, が罪, が自分, が首, けれども自分, けれど弟, さう, ものを, 千葉弥一郎さんから

▼ 人にのみ~ (35, 0.0%)

2 係ること, 有り得るところ

1 [31件] ありまた, これは, その所有, 与えられるってさ, 与えられるという, 与え得ること, 人生の, 便利な, 信仰を, 判る, 動く神經, 取り囲まれて, 味得出来る, 天の, 専有さるべき, 幼きとき, 強いの, 悲劇が, 愉快を, 棄教命令が, 理解される, 知られて, 示すべきもの, 神の, 自由の, 芸術の, 観せればよ, 認め得られるもの, 酷薄であった, 閃くの, 限られて

▼ 人~ (35, 0.0%)

4 を併せ 2 を傷める, を苦しめる

1 [27件] ある者, きいた者, できめ, でしんみり, でクヨクヨ, で数え, で阿弥陀仏, にかう, に嘆き, に決め, のうち, のなか, の中, の傷ついてる, の底, をとどむ, を働かし, を取直し, を合, を合し, を合せ, を合わせた, を定め, を慰めた, を痛めつ, を眼, を苦め

▼ 人~ (35, 0.0%)

2 の入口, へなど足, へ出た, やシナ人町

1 [27件] から郭内, で, である, では大騒ぎ, で南側, と対し, と相, にて買いたる, のたしか, の変てこ, の大通り, の百兵衛, の百兵衞, の者, の背後, へ出る, まで人車, まで行くらしい, まで行った, まで行つた, より帰り, をウロツイ, を探, を探検, を精査, 名掛町, 暑し

▼ 人いちばい~ (34, 0.0%)

1 [34件] お眼, こたえたもの, ごうじょうときています, ご精進, な健康, な敬神家, な方, のもの, の功, の情熱, 働くには, 優れて, 勝れて, 厚くうけ, 厚ぼったい唇, 大きいの, 大きいので, 寝つき, 小さいぼく, 強いあの, 強いほう, 強い煩悩, 強かった, 強く感じる, 強しとか, 感じて, 持って, 淋しがりやで, 烈しい感情, 篤う受け, 読み理性, 賢うございます, 辛かった, 鋭い感受性

▼ 人いない~ (34, 0.0%)

2 のです, んだ

1 [30件] けれど絵, この海岸, じゃない, ですむ, という, といっ, ところだ, とできない, と私, のであった, ので先達て, はずの, わ, わけだ, わよ, んです, ガランと, 国技館の, 場所でも, 夜ただ, 大天井, 浜の, 海岸の, 深夜に, 筈と, 階段に, 雨の, 雪の, 風呂場の, 麦畑は

▼ 人~ (34, 0.0%)

4 しよに 3 とかたまり 2 かたまりに, と塊, と月, はエキオス

1 [19件] が始まる, しよならあぶない, たひ不幸天災, たひ不幸災難, っかたまりに, と口, と月二, と目中, と群れ, どに来た, ならびに松, の虚言, は常識, 人なつかしい, 坐に, 大猴, 殺ずつ, 甚だしく対他的興味, 甚だしく遊戯的気分

▼ 人同時に~ (34, 0.0%)

2 おお, オウ, 飛び出して

1 [28件] ある時期, かかったという, 並んだこと, 切り込むと, 叫んだ, 噛みついて, 報告させ, 大笑, 徹底的な, 拳を, 斬られたの, 玄関に, 現れたとき, 生じた時代, 眼を, 立たせるには, 立ち上がりムラムラ, 立ち上がり代, 立上った, 聞きは, 荀子に, 覗き込ん, 言いひしと, 起き上った時, 金打いたし, 顔を, 飛び出した, 食卓について

▼ 人寄っ~ (34, 0.0%)

4 てたかっ 2 て文珠, て来

1 [26件] ていっ, てお, てこの, てこんな, てごらん, てさえこう, てその, てとうとう, ての座談, てみた, ても猿智慧, て一人前, て互に, て出来た, て夕飯, て家財, て我知らず, て智恵, て来た, て火鉢, て相談, て笑顔, て紅茶, て行っ, て話, て賽

▼ 人掛り~ (34, 0.0%)

2 で運ばれ

1 [32件] だった, でこの, でする, でその, でなだめ, でまだびく, でやっと, でナイフ, で一日じゅう大阪じゅう, で仕止めた, で写し, で動かした, で十五分間, で大, で大きな, で容易, で廻す, で引い, で引っ張り出す, で引つ張り出す, で弦, で押えられ, で拷問, で毛皮, で消し, で渡し, で看病, などで遠巻き, にて辛くも, のよう, の方, やア

▼ 人~ (34, 0.0%)

8 して 3 された娘, つた 2 りて, る娘

1 [16件] されたと, されたとき, された周三, された旅, されちや, されては, されました, され其上, され惱, し餘, すの, つて, て手持, りまして, り先鋒, り孝行

▼ 人氣者~ (34, 0.0%)

2 だ, だつた, でした, になり, のお

1 [24件] が居る, だが, だつたので, で, でいや, です, ですよ, でガラツ八, で下谷淺草中, で言, とも云, になつ, になつて, になりつ, になり過ぎ, の, のお前, のつら, の奴, の綺麗, は廣い江戸, は隨分人, らしく番頭, を集めた

▼ 人~ (34, 0.0%)

6 村の 4 村を 2 村で, 村へ

1 [20件] あです, えか, かつた, けれど松谷秀子, 仏性いかに, 仏性と, 仏性も, 刀にて, 實だ, 智な, 暗に他人, 會, 村から, 村からも, 村では, 村という, 村や, 殘にも, 濫渉, 関心で

▼ 人~ (34, 0.0%)

4 のよう 2 の気

1 [28件] がこの世, がその, がゐる, が島, だ, だという, であった, ではない, でもこの, でも怖, として著聞, と闘っ, にさかれた, にすぎなかった, にたいして瞬間, にもただ, に擬, のごとく, のやう, の住家, の奸計, の手足, の潜行, の語, はなく, は無い, もあれ, 之気

▼ 人乃至~ (33, 0.0%)

1 [33件] いくたりか, は十数人, わ狩猟人, 七八人ずつ, 三人づつ相部屋する, 三人に, 三人の, 三十人の, 二三人の, 二人で, 二十人の, 二十人位集っ, 五十人を以て, 他の, 八人, 六人の, 六百人の, 十二人を, 十五人ずつ, 十人ぐらいの, 十人も, 台湾馬来の, 名所見物にでも, 四十人の, 数人で, 文化人であった, 日本人の, 日本人を, 活学者には, 狩猟人, 百人の, 評論壇の, 非知能者

▼ 人相手~ (33, 0.0%)

2 にし

1 [31件] が何ん, なら目安, にしない, にしよんぼり, にする, になされた, になつ, にはならなかった, に値切つ, に大, に悟られぬ, に戦った, の商売, の商売人, の商法, の大, の安, の小, の晩餐会, の洋服屋, の物売り, の男達, の白拍子, の美術店, の花屋, はかよわい, は二人, は多勢, は大勢, は病人同然, をもする

▼ 人および~ (32, 0.0%)

2 物の

1 [30件] その他の, その文化, その蒔かれ, アイヌの, アメリカ文化を, シナ人は, ソビエット文化を, 一八三〇年と, 世の中一般の, 他の, 作物について, 切支丹宗僧侶は, 判事らの, 国外の, 土人群れを, 外国文化にたいして, 憂苦に, 数名の, 極端に, 物に対して, 物に対する, 現にそれ, 知らざる人, 禽獣の, 職業人としての, 芸術に対する, 芸術家として, 菓子屋の, 蒙古, 近衛槍騎兵八百八十人が

▼ 人くら~ (32, 0.0%)

7 ゐの, ゐは 2 ゐしか, ゐを

1 [14件] ゐあるの, ゐで, ゐどう, ゐなもの, ゐには, ゐゐて, ゐゐると, ゐ下手人, ゐ殖えて, ゐ殺し, ゐ獻身的, ゐ身, ゐ隠し女, ゐ馴染

▼ 人でさえ~ (32, 0.0%)

3 あれば

1 [29件] ああし, いざ死ぬ, きっとこの, その老, それに, どんな人, ハーシェルの, フランスを, 一時は, 人間を, 今どういう, 体系は, 可いかね, 啓示という, 地球を, 実はもちこたえ得ない, 容易に, 帆の, 意外な, 故勾当, 是だ, 洗って, 活字に, 湖畔亭を, 確と, 苗字を, 躯が, 非国民という, 驚きの

▼ 人とて~ (32, 0.0%)

2 假にも

1 [30件] あらざれば, いわれまじき令, さのみ, それなら汝, なく, また斬殺, まだ知らぬ, 一夜の, 中, 人肉の, 仮にも, 信用し, 別段身分, 勇気が, 勝手に, 友達が, 大底, 必ずしも悪人, 憎くらしい, 文炳を, 早くより, 死因を, 無いので, 用捨は, 知る者, 立ち帰って, 罪に, 肩身の, 言少な, 里子に

▼ 人みんな~ (32, 0.0%)

2 に選挙権, の見

1 [28件] おへんろさん, おもしろいあゝ, お遍路さん, が, がくく, がっちりした, がどれ, がひどく, そろって, ぞよ, ちが, で十人, にあいさつ, にお, にこにこ笑っ, にどれほど, にほめられる, に嘲笑, に憎まれる, に自分, に親しまれる, ねて, やったわけ, 出て, 回って, 快う世話, 穢い片, 頼んでるもの

▼ 人もが~ (32, 0.0%)

1 [32件] さうだとは, さながら首くくり, その助力, ついこの, どッ, なうき, なそを, よく知つて, ペチャンコに, 一緒に, 並んで, 今日の, 他人に, 代わるが, 刀を, 同じ屋根, 塊つて何か, 威嚇したら, 實は, 彼女の, 得ようと, 心から共鳴, 意識的に, 東郷大将を, 残らず死んで, 涙一滴落さなかつた, 相槌を, 私たちみたいな, 詰めて, 謀議に, 頷いた, 黒ん坊ばかしよ

▼ 人二役~ (32, 0.0%)

2 のほか, のトリック

1 [28件] が解決, ぐらい文化, だ, だから, では, にある, にもなけれ, の意味, の指導者, の掛け合い, の片割れ, の舞台, の裏, の類別, は幡江, よ, をした, をつとめる, をやっ, をやった, をやつ, を兼ねた, を勤め, を勤める, を演, を演じ, を見せどころ, を試みる

▼ 人同士~ (32, 0.0%)

3 のよう, の間 2 の結婚

1 [24件] おそらくはしばしば閑談, か, が仲よく, が集っ, である, で汽車, で英語, で認め, で認め合う, との, にし, のなにもかも, の方, の日常, の真剣, の身心, の關係, はさ, はやはり, は向う, は話, 怪しいや, 携えたを, 話しかけて

▼ 人~ (32, 0.0%)

2 から出, に櫓, に残し, より背

1 [24件] から入っ, から失望, から来る, から漫然と, についてゐる, になり, にドンナ・マリナ, に取り残された, に取り残し, に此研究, に残された, に残っ, に残った, に残つて, に残り, に至つてこれ, に落ちません, の天守台, は法華, へ残っ, へ殘つて, もどりして, 十人半半は, 義満の

▼ 人~ (32, 0.0%)

3 のこと, の迷信 2 といえ, なり河太郎, のごとき

1 [20件] が同棲, が移住, であるが, と同じく, と呼ぶ, と呼ぶべからず, に近い, のごとく, のよう, の住, の住める, の住家, の所為, の正体, はその, はない, は士族, は己, をつかっ, を使役

▼ 人立つ~ (32, 0.0%)

6 てゐた 4 てゐ 3 てゐる 2 て居る

1 [17件] ています, ている, てわれ, てゐます, て來, て僕, て小さい, て店, て此, て電車, という, のだった, のは, ような, 大工の, 庭の, 擂粉木の

▼ 人限り~ (32, 0.0%)

2 だつたので, で散歩, なり朝之助, の久し振り, の別荘生活, 小さい食堂

1 [20件] この下男代り, だから, だったが, ですまない, でよく, で三千円, で幵官氏, で来る, で直接, で行儀, で迎えた, なく心配そう, のこと, の夜, の姉妹, の家, の時, の淋しい, の運命, の部屋

▼ 人どこ~ (31, 0.0%)

2 にいる, へゆく, へ行ったろう

1 [25件] かから僕, かでテームズ河, かで死ぬ, かに奉公, かに持っ, かの女, かへかくされ, かへ立ち去りました, からか出, から外, か似, か安全, か遠乗り, というあて, にも見当たらない, へ, へかくれた, へだって隠れられる, へ潜り込んだ, へ行, へ行く, へ行ったらう, へ這入った, へ隠し, やら撲っ

▼ 人なつっこい~ (31, 0.0%)

3 笑顔で

1 [28件] あんまり八方美人, おもん, その木霊, ところも, とは反対, のです, のも, 声で, 声です, 声に, 子でした, 子です, 少年だった, 性質である, 手足の, 挨拶を, 様な, 気持に, 気持は, 淋しがり, 獣で, 目を, 私の, 笑みが, 自然の, 花である, 若々しい笑み, 顔とを

▼ 人にとっても~ (31, 0.0%)

1 [31件] いいわけ, いちども, こちらで, この後者, さらに一段と真実, たぶん同じ, ほとんど不可能, ほんとうに, まんざらの, やはり原始的, ユダヤ乃至, 一時は, 不可思議な, 之を, 今日の, 原子爆弾は, 同じな, 問いの, 四十歳以前に, 大へん, 徒労では, 恐ろしい脅威, 意外な, 感謝し, 有難い心地, 職業に, 証明される, 進化論を, 遺憾な, 重大な, 釣り込まれるよう

▼ 人~ (31, 0.0%)

2 てその, てそれ, て何

1 [25件] てあいにく, てもいい, てもそれ, ても少し, ても有り余る, てやはり, てよそ, てネその, てヤポンスキー, て個人教授, て呉れ, て大声, て彼女たち, て昼, て晝, て焦るる, て皆微笑, て笛, て細く, ながら思, はした, はしない, やあしません, らつ, らない

▼ 人ッ子一人~ (31, 0.0%)

2 見かけません

1 [29件] いない, いないこの, いないん, いないガラン, いない場所, いない深夜, いようとは, なし雨, に出逢いはせぬ, みつからぬ, も, も通っ, ゐない, ゐない暴風雨下, ゐない狂瀾怒濤, ゐは, 居ない, 居やしないよ, 残って, 見えなくなる, 通らぬよう, 通らぬ神様, 通らねえこの, 通りません, 通りませんから, 通りゃア, 通ること, 通るはず, 通るもの

▼ 人~ (31, 0.0%)

2 とお, の出来, をした

1 [25件] がほしい, だ, だよ, であった, としてほしかっ, として見る, と名づけ, なるもの, に開け, のこと, のナイト, の上, の姫君, の撫物, の故に, の親切, の話, の越後系, は竦んだ, は螺, もまた, をつくつ, をとどめられた, を作つて飾つて, を瞶め

▼ 人家族~ (31, 0.0%)

2 だった

1 [29件] がくらし, がたちどころに, が死ぬ, が殖え, だったが, であす, であった, であるが, でしたが, ですから, で五千六百円, で使用人, で千二百円, で同家, で百円, というの, と云っ, と口走った, なの, なので, ならば, に目, に落着, の一人娘, の主人, の外, は早朝, を抱えた, を標準

▼ 人~ (31, 0.0%)

5 の巨漢, の男 2 の髯

1 [19件] な体つき, な内的生活, な感じ, にさらわれた, になった, に吹かれ, に塗つて, に天, に綺麗, に見え, に面, のもの, のよう, の云, の優美, の積極主義, の粗野, の鷲型, もよろしく

▼ 人であったら~ (30, 0.0%)

1 [30件] いかに彼, きっと肉迫, こうも, この一瞬間, こんな不幸, その理由, それこそ, たとえあけくれ, どうだろう, どうでしょう, やはり彼ら, 今では, 初から, 到底命, 十二人半宛に, 即死すべき, 士と, 大声を, 師匠に, 年の, 恐らくはまた, 気の毒な, 決していや, 決してこうで, 燧の, 現今の, 生意気な, 私の, 私は, 興味は

▼ 人とても~ (30, 0.0%)

2 大底

1 [28件] こっちに, その思想, それを, ない今日, ない北園竜子, ない無人, なく淋しく立っ, のおも, まともの, 久しく此, 何時まで, 佳作が, 兒飼ひ, 同様であった, 外交の, 多くは, 大方は, 大木の下, 妙子に, 幸福な, 思いも, 愛嬌の, 数え尽くさりょう, 武士の, 毎夏数人, 無形の, 知って, 非常なる

▼ 人一組~ (30, 0.0%)

3 の大 2 となっ, になっ

1 [23件] が二円, だけど, で一人, で土人, で市中, で請負仕事, という, なのよ, になつ, になつて, に対してのもの, に缶詰二個, のジョロカイ, の三日交替, の大人, の夫婦, の女, の定め, の復員兵たち, の男づれだったり, の薙刀振り, の読売, 別に一人

▼ 人~ (30, 0.0%)

2 との前約, にはその, に話した, に面接, のこの, の作, の思念, の書状, の歌歴

1 [12件] づけで以下呼びずてにもどる, と交際, と同じ, にゆすり, に是非紹介, に案内, のお, の宅, の望む, は運動場, をこそ, を相手

▼ 人夫婦~ (30, 0.0%)

2 に関係, はめいめい, を明日, を案内

1 [22件] がいる, が仲よく, が墓地, が帰つて, が恐ろしく, が本国, が純粋, その妻, と何, と浅山夫婦, などの眼, にとってこの, のところ, の挨拶, の方, はこう, はすぐ, は手荷物, もいない, もみんなそこ, も縁者一同, をあわせ

▼ 人群れ~ (30, 0.0%)

2 だった, にまじっ

1 [26件] から相生座, から遠く, が突端, が見え, が辻, が逆光, だ, てゐる, なのに, にまぎれ, に交っ, のあちらこちら, のうち, の中, の影, の裡, の間, の隅ッこ, はまるで, へ戻っ, もいちよう, をでた, を見かけた, を見つめ, を見わたし, を避け

▼ 人~ (30, 0.0%)

2 て必ず

1 [28件] ちゃ泣き出し, てあるきました, てい, ていない, ている, ておいで, てこれ, てそれっきり, てなほ歡樂, てむか, ても汚, てよ, て不安, て居つた, て必, て来, て樂しん, て歩いた, て貰った, て遣切れなくなっ, に来, に行かれ, はりを, も知らぬ, 受く, 向ふ, 張役として, 遁すまい

▼ 人いや~ (29, 0.0%)

3 な人

1 [26件] お艶, しげな, しない, しないか, そればかり, そんな事, とほ, なのろのろ, はや暑く, はらんこと, もう静か, もっと多かっ, 下の, 五千人に, 何万人と, 何千人いやいやもっと, 何百人もの, 全部では, 千万人に, 四五十人は, 四人ある, 妙, 悪口を, 歩くこと, 直治が, 賑やかな

▼ 人それから~ (29, 0.0%)

2 仕度を

1 [27件] この姉, この村, それへと, シカチェに, ツァ・ルンバ夫婦と, パンパンの, モウ一人は, 他へ, 仙台の, 代官山の, 何うし, 信州の, 内記乳母の, 女房の, 左衛門督右衛門督が, 彼等に, 日本の, 日本芸能の, 東京に, 此姉と, 水の上へ, 番兵が, 着物の, 私と, 返忠, 韃靼人と, 高麗の

▼ 人たる者~ (29, 0.0%)

2 の受, は常に

1 [25件] がかく, が生得権, が親, の上, の分限, の尊榮, の巣, の常, の当然, の職分, の自然, はかう, はすべて, はそれぞれ, は他人, は天, は必ずや, は悪事, は理非, は生活間, は神明, は肉体, は被害民, は貴, よろしくいまだ雨

▼ 人とに~ (29, 0.0%)

2 對し

1 [27件] こ, さ, なり得る, 事えんと, 今は, 依り運算, 侮られ彼, 傾倒し, 光明を, 共通なある, 出逢つて, 分れたので, 別れるの, 向つて一つづつ左樣, 好みが, 寄示せ, 就ては, 提出せられし, 次第に親しみつ, 注意を, 満された, 燭を, 理解の, 色分けされる, 証を, 部屋目附鳥巣彦四郎を, 関わりの

▼ 人については~ (29, 0.0%)

3 何の 2 いろいろと, 一皮剥いた彼女独特

1 [22件] ううまた, これまで, それ以外には, ちょッと, どうとも, どうもあいまい, ほんとに自分, むろんの, 今の, 伸が, 全体非常に, 医学的にも, 古い想い出, 御存じの, 慈悲の, 敏子は, 汗や, 無類の, 現に官名, 神の, 草稿も, 詳しいこと

▼ 人はと~ (29, 0.0%)

2 思うと, 選まれた

1 [25件] ある小さな, いうと, いふと, いへば, つくに, つと, にあれ, に角, ぼとぼと手, ぼとぼと歩いた, ぼとぼと話し, ぼとぼと雪道, 云ったら内藤君, 口から, 問へば, 尋ねられ清水次郎長, 念つた, 思うところ, 更めて, 皆連立っ, 聞いたらちょっと, 聞けば, 見ると, 見れば, 言えば

▼ 人はね~ (29, 0.0%)

1 [29件] いつでも, いつもやさしい, いつも私, えと噂, お前より, この人, そりゃ紙芝居, そんなこと, ただの, ちゃんの, とっても可哀そう, はじめて配達, もと貧乏な, わざとわめいた, ウソつきな, 乳も, 僕が, 先生, 商人で, 塔の, 母ちゃんや, 湖水通りの, 疝気が, 矢代と, 親類うちでも, 誰だつ, 越中の, 酒だ, 馴染の

▼ 人よがり~ (29, 0.0%)

2 の男, みたいな, をお

1 [23件] いい気に, とは一寸, なこの, な私, になつて, になり, に打ちこむ, に繰り返す, に過ぎ, の, のあるいは, のフロイディズム, のワカラズ屋, の事, の意見, の気持, の気質, の独断, の退屈, の顔, の馬鹿者, は通用, を笑

▼ 人殺す~ (29, 0.0%)

3 のは 2 ことを, つもりで, と福, 時だ

1 [18件] か追っ払う, ごとに, つもりだった, という勇気, なんて, なんてそんな, にどうしてああ, には騒ぎ, に足る, のも, ほどの傷, もとられる, も三人, も千人, も同じ, アレースの, 巨蛇に, 鉄砲つくる

▼ 人~ (29, 0.0%)

2 の香

1 [27件] で書かれた, というもの, にまぎれ, に染っ, に染む, に飽い, のにおい, の上, の所化, の滾れた, の飛沫, も混じ, をながした, をなめね, をもっ, をわけた, をわけたき, を喫し, を地, を新, を欲, を求め, を浴び, を浴びさせれ, を浴びない, を濺い, を袖

▼ 人そして~ (28, 0.0%)

2 売上げです, 行方不明に

1 [24件] いつでも, この年二月, それに対する, それらの, 一般に, 上品な, 余りの, 十六万七千六人の, 同じ運命, 子供十三人これなら, 宿は, 彼と, 御隠, 機上から, 生きて, 病人な, 第三番目, 警手の, 里の, 阿波屋加平という, 隙あら, 食慾を, 馬の, 高島秋帆が

▼ 人ったら~ (28, 0.0%)

2 いつでも

1 [26件] ありゃあしない, ありゃア, お見舞い, この頃, こんな顔, しようが, ちょっとお, とても慌て, なんてわたし, なんにも, めったに, もうイーハトーヴ, わざわざ土間, わたしの, 三代まえ, 人が, 今日はなんて, 何ていう, 十二時を, 右と, 小説か, 幾つに, 気が, 浴衣の, 誰だ, 頼もしいこと

▼ 人づゝ~ (28, 0.0%)

2 立つて

1 [26件] いづくへ, する, の怠け, の荒くれ男, の選手, は婢女, を採る, 並んで, 付いて, 住める勘定, 出て, 堅く膝, 寝るの, 必ず諦めつ, 或は一人づゝ, 来るの, 来るもの, 泊り被, 片付き末子, 組んで, 諦めつ, 跳んで, 連れてぞ, 連れ立つて, 附き添, 離れて

▼ 人としか~ (28, 0.0%)

3 思われない, 見えなかった 2 思えません, 見えない

1 [18件] みえなかった, 云は, 広い東京市, 思えないし, 思えないの, 思えない目, 思えなかったが, 思えぬ, 思えませんから, 思へねえな, 思われずあゝ, 思われんのに, 映らなかつたの, 私を, 考へられて, 見えないの, 見えない死んで, 見えなかったの

▼ 人とで~ (28, 0.0%)

1 [28件] あつた, いつぱい, ぎっちり埋まり, こちらを, そして憶え, その協同家屋, そんな家具家財, ちょうど受付人員九百三十四名, やっとクリーニング, やらなければ, 一杯だった, 作ったもの, 作男は, 俄に, 共々に, 冬に, 土手へ, 大変な, 山は, 廻って, 持って, 本来の, 村中の, 球を, 生活し, 縁日の, 酒を, 隙も

▼ 人にしか~ (28, 0.0%)

2 知られて

1 [26件] この話, ざるは, ないかと, ならないので, ならなかった, わかつて, わからないもの, わからない感動, わからなかった, ハッキリは, 出すまい, 分らないこと, 分らないもの, 分るもの, 子供を, 実際見る, 思はる, 深い美, 現われないらしい, 示さなかったと, 聞えない, 見えません, 許されなかつたの, 語ってない, 過ぎないこと, 馴れなかつた

▼ 人へは~ (28, 0.0%)

2 それを, 眼を

1 [24件] こんなに遠慮, すぐ手紙, そうとう, べつな, 一日おくれ, 便りも, 俺の, 別に膳, 割り渡らない, 女の, 実用向きの, 少しも, 手紙を, 日常生活に, 決して知らせ, 火よりも, 特に, 眸を, 睨んで, 笑って, 自分も, 賄賂を, 軽く見せ, 適当に

▼ 人入っ~ (28, 0.0%)

8 て来た 3 ている, てきた, て来ました 2 てき, て来 1 てい, ていた, ていたろう, ていました, ておい, てゆく, て居る

▼ 人~ (28, 0.0%)

2 という数, の仕事, 斬ったは

1 [22件] が平常, が生, しかいない, だと, です, ですら, とある, として約, とは, ないし七人, ないし五人, の働き手, の子供, は救助, まではお, も串数, をもっ, 十郎の, 持てば, 食い殺されたと, 食い殺されて, 黒焼の

▼ 人同志~ (28, 0.0%)

3 の間 2 が同じ

1 [23件] がお, がお互い, が二, が同胞, だつたやう, ですから, ではありません, ではてんで, で相談, で軽蔑, としての激しい, なら私, なら違った言葉遣い, のよう, の仇討, の初対面, の夜戦, の心, の方, の殴り合い, の話, はなじまない, を官界

▼ 人坐っ~ (28, 0.0%)

12 ていた 10 ている 2 てい, ていました 1 ています, ておりました

▼ 人~ (28, 0.0%)

2 の尊重, の擁護, ヲ有

1 [22件] といひ, と考へられる, と自由, と資本主義基調, の享有, の恃, は決して, は蹂躪, は2, をもつた, を尊び, を徹底的, を忘れさせられ, を蹂躪, を重んずる, ノ擁護, ヲ侵害スル各種, ヲ保障セラル, ヲ損傷セザル制度, ヲ擁護スル者ナリ, ヲ蹂躙シテ却テ得々タルコト我國, 乏しい男女小兒

▼ 人知っ~ (28, 0.0%)

19 ている 2 ていた 1 ちゃおらざった, ていない, ておら, てはいなかった, てはいまい, て呉れぬ, て知らない

▼ 人部屋~ (28, 0.0%)

4 の中

1 [24件] が欲しい, だ, で方々, で書い, とある, と四人部屋, にはいっ, にはいった, にもなった, にゐる, に残される, に残し, に籠っ, に転がりいし, に転がり居し, に飛び込ん, のよう, の一隅, の隅, へとびこん, へはいり込ん, へ入っ, へ帰っ, を廻っ

▼ 人とな~ (27, 0.0%)

3 つてし 2 つてから, つても, ツて

1 [18件] いずれも, つたさみし, つたのも, つた人である, つた君や, つてこの, つて千鳥が, つて対局者が, つて引揚げ, つて後久しく, つて旅に, つて暫らく見物した, つて月を, つて残つた, つて老を, つて踏む, づくべきもの, ツた

▼ 人もう~ (27, 0.0%)

2 先みたいに, 滅多には

1 [23件] いちどお, こんな馬鹿者喧嘩, じき結婚を, その場, それは, ねて, 一人, 一人あらう, 一人のが, 一人は, 一方に, 七十を, 地下げの, 女学校には, 欠けたん, 死ぬと, 知ってるん, 知れて, 私を, 行つて居た, 行手の, 頭の, 頼みませぬ

▼ 人一度~ (27, 0.0%)

2 にかかっ, に笑

1 [23件] にかかったなら抜けない, にどっと, にどやどや, になった, に入っ, に出す, に刀, に声, に大笑い, に寄り添っ, に征討, に御, に揃っ, に橋, に眠つたこと, に自, に覆面, に飛びかかった, に飛び出す, の子, の食料, も見た, 是を

▼ 人~ (27, 0.0%)

2 の若い, る

1 [23件] なもの, なスパイ, な世話人, な人, な厄介者, な境地, な女, な所, な背, に十六七, に呼ばれ, に姥, に彼女, のもの, の人間, の吾輩, の方, の男, の知り合い, の職人, の自分, の舟, の青年

▼ 人殊に~ (27, 0.0%)

1 [27件] その中, シーボルト先生は, 丑松の, 事物の, 北京人の, 又具體的主義主張, 古代の, 善く騎, 地方官などは, 外国文を, 大衆に, 天子などは, 女の, 妻子など, 婦人や, 子供が, 彼等の, 後者が, 慎太郎さんと, 支那で, 日本人に対して, 日本人は, 未開人種共通の, 深かるべき, 無意識に, 牝馬を, 貴族間に

▼ 人残った~ (27, 0.0%)

1 [27件] お新さん, がお, と云う, のが, のである, のでなにか, は扇女, ばかりである, ままお, 久田姫こそ, 予は, 人殺しの, 今井は, 優勝者の, 妹の, 岡崎屋の, 末子の, 清作も, 父の, 父へ, 男は, 祭司の, 継子が, 腫れぼったい瞼, 花桐は, 訳だ, 頬骨の

▼ 人だに~ (26, 0.0%)

5 なし 2 なく助けられる者, 聞くこと

1 [17件] あらしめば, こ, その墓, とどまるは, ないと, なしこれ上, アークリに, 一念神仏に, 今は, 出京, 教に, 無き身, 絶えて, 走りこよかし, 踏みあふこと, 陽の, 離して

▼ 人ほか~ (26, 0.0%)

2 はみな男

1 [24件] ないはず, なかった, にいるでしょう, にはお, に内箱, に同館, に妻籠泊まり, に小姓, に彼女, に往く, に料理番二人, に日本, に野心, の五人, の人間, の罪人, の者, の視察員, の誰, 居ないこの, 居ないもの, 居まい, 知る事, 答えること

▼ 人ぽつねんと~ (26, 0.0%)

4 して 3 坐って 2 佇んで

1 [17件] してる柿沼治郎, してる自分, プラットフォームに, 何か, 叱られて, 山の上の, 待って, 炬燵に, 眠られない一夜, 私は, 立って, 胴の間に, 脇息にも, 腰かけて, 腰を, 行くの, 蹲つてゐる

▼ 人~ (26, 0.0%)

2 と云

1 [24件] があった, つた, てえ奴, で出かけ, で旅, で私, なんて, に報告, のこと, のみがない, の一人, の一件, の場合, の打ち合せ, への口上, へば如何にも, も演, よりの帰途, を, をお願い, をやらせる, を催そう, を演, を演ら

▼ 人全部~ (26, 0.0%)

1 [26件] から出, から尊敬, があれ, がつながっ, が兇行, が嫌疑者, が完全, が寝そべっ, が折重なっ, が爪先, が耳, である, では二十名近く, で十日, に, に吉野山, に向っ, に忿懣, の名誉, の問題, の意見, を代表, を肩, を見, 埋ったの, 埋まったの

▼ 人即ち~ (26, 0.0%)

2 今日の, 鑑定家も

1 [22件] かし子と, アダム, イスラム教徒で, エリザは, 人格である, 今で, 俳優自身についても, 公羊學を, 反對論者, 四方の, 執筆臨絹の, 天下公衆の, 奥平壹岐だ, 小市民, 政宗の, 教育が, 止まむ, 男の, 自ら生活せざる, 自己が, 郷試の, 静雄と

▼ 人来た~ (26, 0.0%)

1 [26件] かと思う, か数え, けれど何だか, だけだ, だけであった, ってこんな, って怖く, って来なく, って私, という, というふう, といふ噂, ところで, と思う, と思つて, のであった, のです, ので旦那さま, ので此, のを, ばかりだ, よ, んじゃ, 今度は, 早耳の, 時は

▼ 人死んだ~ (26, 0.0%)

2 のが, のは, 上あと幾人かは

1 [20件] かそいつ, ことだ, ことです, ことと, その片, という場合, といふこと, といふで, とか小田原, としたら, とて軽輩, とのこと, のだ, のだろう, のなら, んです, 人の, 例が, 子が, 角三の

▼ 人行く~ (26, 0.0%)

2 ことに

1 [24件] え知れず, から, ことを, とこなんか, として可, と自分, の, のか, のに, のは, の勇気を, べいか, もし, ものなし, よりも長い, 下駄の, 人が, 人の, 人は, 前の, 孃子たち, 旅路の, 日も, 若僧の

▼ 人連れ立っ~ (26, 0.0%)

2 て来た

1 [24件] てどこ, てやっ, て一人, て互に, て入っ, て公然, て出かけ, て出歩い, て千日前, て向島, て小次郎, て木こり, て来る, て歩き始めた, て江戸, て狩屋家, て自分, て行っ, て見物, て足, て遁, て都大路, て雑司ヶ谷, て食堂

▼ 人~ (26, 0.0%)

4 になる 2 だ, で東京, で水汲, になつ, になつて, になれ, の事, の問題, ゐた時 1 じゃ淋しい, だったら, であるが, に切り詰め

▼ 人~ (26, 0.0%)

2 もせね, もなく, を立てさせない, を聞い

1 [18件] がざわ, がない, が聞え, この度, と等しい, に越前守悴, に首, に驚いた, のない, もなくなりました, も何, も全然, も聞えない, も静まる, を絶やし, を聞く, 夥しく近づき来る, 絶えた雪

▼ 人~ (26, 0.0%)

2 を縊

1 [24件] だの抜け穴, つ玉, であ, であつ, ならあたし好き, なり女, にした, に強靭, に強靱, の嶺, の村長さん, の神, をかしげ, をくくった, を出し, を出した, を吊っ, を垂れた, を突, を突っ込ん, を長く, を鳩め, 引っ込めて, 打ち落とすが

▼ 人かたまっ~ (25, 0.0%)

3 ていた 2 ている, て何

1 [18件] て, てあくび, ており, てはいっ, てゐる, て低い, て厚い, て挨拶, て暮らし, て河風, て煙草, て片っ端, て私, て私語, て腰かけ, て行きました, て見物, て走っ

▼ 人そう~ (25, 0.0%)

4 でない人 2 でなくとも

1 [19件] かとも言っ, して, ぜい, たやすく斬れない, だろうと, でしょう, ですか, な, も来た, 云う人, 云う変り種, 云う神詣で, 云った気持, 思って, 思ってる, 思わしい人人, 恐ろしがる, 感ずるか, 言った者

▼ 人だけしか~ (25, 0.0%)

4 知らない事 2 乗せぬと, 扁理の

1 [17件] いない, いないの, いなかったの, ゐないわけ, 使うこと, 居ないもの, 店に, 持つこと, 收容出來なかっ, 残って, 気づいて, 泊れない, 生き残らなかった, 知らないそれ, 知らない筈, 知りません寮, 責任を

▼ 人づきあい~ (25, 0.0%)

6 をしない

1 [19件] がよく, が拙く, しないもの, でね, に差しつかえる, のいい, の悪い, の配慮, はもとより, はよい, は悪い, もあまり, もせず, もなく, もよく, も広く, をよく, を欠い, 悪い方

▼ 人なりし~ (25, 0.0%)

2 が, が故に, なり

1 [19件] いにしへの, がのち帶紐僧, がゆえなり, が刃, が或, が此頃音羽七丁目, が行く, が親, ことあり, ことは, こと此往來の, こと確実なり, ぞ, ため, は明かである, よし聞きし, をさ, を以てなり, を以て婦女

▼ 人にだけ~ (25, 0.0%)

2 愛されて

1 [23件] お話する, して, できる事柄, まかしてをけ, よくわからせ, 与えられたもの, 事情を, 何時も心地よい, 優者に, 共通した, 夏姫の, 守って, 寄せかけないで, 復しゅうすれ, 打ち明けて, 教へてを, 暇乞し, 獨占され, 眼を, 親しくする, 訣る, 追わせると, 重なって

▼ 人に関する~ (25, 0.0%)

2 悪質の

1 [23件] お祈, ことだけは, こと以外の, ものなどは, アイヌ人の, 事な, 些細な, 僕の, 出来事に, 初稿, 唯一の, 完稿, 昨夜以来の, 書中の, 条規は, 物思いの, 聯想が, 記述を, 限りこういう, 限りに, 限りは, 限りもはや, 限り現実と

▼ 人もしくは~ (25, 0.0%)

2 原始人の

1 [23件] この家, すでに打って出た, その国, 三人が, 三人の, 三人附き添っ, 三人附添っ, 二人半の, 二人舞台の, 半外国人, 墺地利人は, 女という, 数人の, 数名, 数名だ, 文明に対する, 文明人との, 朝鮮人である, 準水戸人, 破壊する, 私に, 醜辱, 野郎同士ばかり

▼ 人~ (25, 0.0%)

2 の人々

1 [23件] には誰, に助教授, に勝れ, に招かれ, に知, に知ってる, に親, に頼り, の一人, の三人, の二人, の人物, の何人, の務, の教会, の水上瀧太郎, の物, の男, は于, は僅, は如何さま, よりも, 処に

▼ 人懐し~ (25, 0.0%)

3 さに, さの, そうに 2 かつた, がつて, さが, そうな 1 げに, げにこっち, げに口元, げに瞻, さ, さを, みと, 気なる

▼ 人~ (25, 0.0%)

4 妻を

1 [21件] このひと, ぢり, の御, 仕事は, 代る, 地主を, 大師に, 娘ともども, 引き留めも, 感想を, 曰僧伽婆尸沙, 松助演じる, 死後の, 殘らず渡し, 泊ること, 淋しそう, 狂人にも, 私は, 肝に, 蒲姓は, 驚いたらし

▼ 人風呂~ (25, 0.0%)

2 とかプール, にはいつ

1 [21件] でのんびり, で一浴, で汗, という作品, と云う, と濁酒, には入, にひた, に入, に入っ, に入りました, の中, の写真, の味, はあつく, は現世浄土, は葛西善蔵氏, へ入っ, へ入り, へ入る, を二人

▼ 人でなかった~ (24, 0.0%)

3 事は 2 ことが

1 [19件] かもしれません, かも知れない, からこそ来, からこの, からであった, から疑惑, が反逆者, ことに, ということ, とすれ, とみえ, のか, のだった, のであった, のです, のは, 事を, 時仲間で, 花散

▼ 人としても~ (24, 0.0%)

2 非常に

1 [22件] この奇怪, この講座編輯者, ひとかど, また伝えられべきである, よく私, ドイツ人は, 久光と, 人は, 仏典に, 厳正だった, 失格し, 子供たちの, 数百本数千本と, 死後の, 知られて, 精神的貴族の, 許し難い, 詩人としても, 重きを, 長続きは, 陸上からは, 類の

▼ 人などと~ (24, 0.0%)

1 [24件] あるもの, いわれる人, それぞれその, 一緒に, 云うこと, 仰せられて, 伝えられて, 入り雜つて生活, 共通の, 同じく或, 同じづら, 同じ土俗, 同樣, 名乗つたのは, 呼ばれた中年者, 呼ばれるべきでしょう, 愛すべき寄席, 甘えて, 称するもの, 親しくし, 記して, 話し込んで, 連れ立って, 違ひ

▼ 人~ (24, 0.0%)

6 らいを 2 らいなど, らいの

1 [14件] がにし, しらの, つかりでせう, つかり照らしけるかも, なれした十八人, なれの, らいが, らいだ, ッか, ツかり, 上野の, 嫌うわけ, 置いといて, 誤魔化した方

▼ 人ばかりも~ (24, 0.0%)

1 [24件] ありと, いただろう, いないの, いる, おりましたが, お稽古, かき集めましてな, ないから, 人の, 加せいを, 参りその, 多數, 女が, 客が, 居る, 彼方の, 押しかけて, 日本に, 横竪に, 殺られましたで, 滞在客が, 犬番が, 群を, 行ったけれども

▼ 人をば~ (24, 0.0%)

1 [24件] いつか星の, それは, やれ無頼漢, 並べて, 今は, 促る, 信じませんが, 俺の, 匂ふ, 哀とぞ, 喜びつ, 天が下の, 宿處に, 怨まず何時も, 悉皆愚, 日が, 旧本陣, 此處に, 母とも, 決して寄せつけなかった, 父母の, 畜生同様に, 覚無しと, 責めず身

▼ 人~ (24, 0.0%)

1 [24件] あ嫌い, が人生, としては最も, とは話, と同じ, に一しょ, に組付い, のところ, のまき, のテエブル, の五六歩前, の仲間, の家, の心, の画室, の病院, の知る, は識つて, ばかりで, も知っ, よく知らない, を助け, を待ち暮らし, を憐

▼ 人~ (24, 0.0%)

2 に若い, へ出しやしない

1 [20件] から窓, で働い, で待つ, には誰, にアイヌども七人, に三人, に井口正道, に出, に待っ, に待つ, に残し, に附, に隣室, に飾り立てられた, の方, へ出した, へ出た, へ出る, へ来てる, 使うて

▼ 人姿~ (24, 0.0%)

2 を現

1 [22件] が写真入り, となっ, の東洋人, の画, は天が下, は次, は見えず, は見えない, は見せなかつた, もあった, も対, をあらわしません, をかくして, をくらました, を消し, を消す, を現した, を眩ました, を見せず, を見せぬ, を隠せる, を隱

▼ 人寄れ~ (24, 0.0%)

4 ば文殊, ば文珠 2 ば十人

1 [14件] ば, ばこの, ばの譬, ば二つ, ば何と, ば其話, ば十種, ば多く, ば多少, ば姦しき, ば皆, ば話題, ば風説, ば食物

▼ 人死ぬ~ (24, 0.0%)

2

1 [22件] がいい, けしき, ことに, ことは, そうだ, ということ, というの, といっ, といふ, とその, となど鎧戸, と周囲, なんて寂しい, にほひ, のは, のを, も再生, 割合です, 必要が, 時は, 最後に, 毎に

▼ 人殺された~ (24, 0.0%)

5 んだ 2 よ, んで, んです

1 [13件] かと人間, そうだ, っていい, ってどんなに, とわかれ, のが, のです, のは, のを, ほかに, わね, 土人どもは, 外に

▼ 人生活~ (24, 0.0%)

4 をし 2 して

1 [18件] であった, というもの, にとらわれ, になれた, に入っ, に入り立つ, に触れなく, に送らん, のうち, のつれづれ, の全面, の反映, の後, の自分, の裏打ち, の裏面, の間, は家単位

▼ 人集っ~ (24, 0.0%)

6 ていた 3 ている

1 [15件] て, てなん, てわいわい, て三里, て下落合, て以前, て何やら, て塵埃, て手拍子, て来, て来ました, て男, て笑い, て見る, て頻りに

▼ 人おのおの~ (23, 0.0%)

2 生きる流儀, 自ら識覚せずし

1 [19件] その中三婦人, その主, その専務, その心, その志, その才, その父母, その言う, にある, の器量, の工夫, の立場, 与えられた運命, 何の, 利益のみを, 天職あり, 好むところ, 將と, 懸命の

▼ 人~ (23, 0.0%)

2 ちながら, ゑ, ゑきこゆ女の

1 [17件] いっしょに, ざりますから, ちて, のみの, わります, ゑが, ゑは湾に, ゑや格闘の, んす, 一緒に, 入用と, 用心, 神縄と, 自分は, 自身だって, 落胤の, 遠慮願います

▼ 人さえも~ (23, 0.0%)

2 ある

1 [21件] あった, あるかないかの, おありでなく, そのたびごと, その境地, その心, どれほどその, なかった, まれである, 交り, 少い, 少なくなった, 少なくなり, 彼の, 心が, 救いを, 日本においては, 有った, 演壇から, 眼を, 食指を

▼ 人~ (23, 0.0%)

4 めに 2 やない

1 [17件] ちという, の女, め前生の, ゃああたじけねえと, ゃあとうてえむりだぜ, ゃあとてもおかったるいだろうどう, ゃあとてもかないっこねえあべこべに, ゃござりましねえ, ゃというてもよかようなもんだいアッハハハハ, やございません, やさうだ, やそう, やそうすると, やつまらない, や存じ, や御, や高

▼ 人すべて~ (23, 0.0%)

2 のもの

1 [21件] が侵略戦争, が切支丹, が天, が彼, が様様, が樣樣, が賞讃, が躍りあがっ, でありました, で十九人, にとってなんと, に云う, に向っ, の宿命, の生物, の約束, の聖徒, の興行物, の誇り, を愛し, を賃銀奴隷

▼ 人そのもの~ (23, 0.0%)

3 が穢れ

1 [20件] が教育, が滅亡, が特別, が直ちに, が直接, が直接文学, が穢れた, が賤, です, なの, にたいして憐憫, になりきっ, によつて, に先天的, に対して何と, の表, はまだしも, は残っ, は申分, は資本家

▼ 人それに~ (23, 0.0%)

2 お徳, 平次の

1 [19件] あたしが, あちらこちらに, いちいち籤, お付き, お武家, お糸婆さん, お絹とも, 一々籤, 伊那の, 十人内外の, 多見, 平次と, 新宿か, 私と, 私の, 私達四人と, 米友を, 貴夫人, 鐵といふ

▼ 人だけでも~ (23, 0.0%)

1 [23件] ああし, いいから, おばあ, ここに, そうした物思い, メキシコの, 三百人余り居りました, 事足りる, 仲, 先へ, 名ざし, 始末が, 尠く, 帰ろうと, 御相談, 悲劇を, 指を, 是非とも, 母なんか, 町の, 老人の, 重荷の, 閻魔大王も

▼ 人といった~ (23, 0.0%)

6 ような 2 方が

1 [15件] あんばいで, ところで, のは, ふうて, ふうに, ほうが, ものも, ように, 工合に, 恰好で, 数に, 日本の, 気持の, 気持を, 風な

▼ 人ないし~ (23, 0.0%)

2 三十人の, 二十人の

1 [19件] アメリカ人の, 一〇人にも, 三人で, 三十人を, 三百人と, 五人くらいの, 五六人の, 五十人, 五十人ぐらいずつ, 十一人らしい, 十五人という, 十人までが, 四五人までの, 四十人の, 建設人としての, 手伝い, 數人の, 欧米の, 百人以上の

▼ 人へも~ (23, 0.0%)

3 愛想よく

1 [20件] こう誘った, その点, それぞれそっと, なにも, ぼんやりと, 一本の, 売るか, 恥かしい, 恥じろ, 悪名のみを, 杯を, 正成は, 母へも, 源氏は, 燃え移さずには, 申しつかわしましょう, 聞えよがしに, 話す可, 返事を, 通じるという

▼ 人やはり~ (23, 0.0%)

1 [23件] こちらへ, この四条, ちやんと, ベンチへ, 人品が, 人間らしい真直, 仲間の, 体操を, 何か, 十五六の, 半月形の, 同じよう, 同じ年, 商人だ, 地口行燈の, 堤を, 日本に, 猿爺さんの, 紀州家の, 赤ん坊だ, 軍刀へ, 雨止みを, 高橋氏の

▼ 人一般~ (23, 0.0%)

2 に亘つて享受, の性質

1 [19件] がはじめて, が約束, というもの, としてわたしたち, にそれ, にも通用, によく, に信ぜられ, の内面生活, の判断, の国家社会, の宿命, の心情, の情操, の物事, の生活様式, の良心, の説, の顔

▼ 人~ (23, 0.0%)

5 りの 4 りも 3 へもせず

1 [11件] と異なる, へて比較的, もせず進ん, もせぬで, りが, りける, りは, りましたあの, りを, り仕り候, れり

▼ 人千人~ (23, 0.0%)

4 に一人 2 が千人, のお

1 [15件] いか程, が九百九十九人, と一緒, と次第に, の凡人, の前衛婦人, の力, の為る, の男, の見物, の賑わし, の階級人, はブン, は千人, をころす

▼ 人~ (23, 0.0%)

2 が訪ね, は私

1 [19件] があっ, があった, がつき, がはいっ, が来た, が腰, として, と一しょ, のいる, のない, のゐる, の寂し, の所, の時, の滞在客, はこ, はご, もまた, を待ち受け

▼ 人~ (23, 0.0%)

4 の中 2 のうち, の中央

1 [15件] でいつの年, でミマツ曲馬団, にい, にこもっ, に入れる, に居れ, に残し, に残っ, に洗面器, のここ, の下手, の向い, の廊下, へとった, へよこせ

▼ 人~ (23, 0.0%)

3 包丁を 2 の噂, 馬の

1 [16件] つても, つて一人取り逃がした, つて三百兩といふ, つて二人取り逃がした, という, とか十人殺し, などはともかく, にも大いに, のからくり, の暗躍, の顛末, ッて, 事件で, 仲章之首當彼時此堂戍神不, 包丁ばかり, 庖刀を

▼ 人~ (23, 0.0%)

2 が為, をうけた, を守り

1 [17件] あるゆゑ夫, が世に, ぞ赤川, は御, れは, れも, を, をおどろく, を拒み, を捨賣, を知らず, を聞き, を見, を誅す, ヲ耕作神ト呼ビテ, ヲ被, 有る趣き兩寺

▼ 人淋しく~ (23, 0.0%)

3 暮して 2 暮らして

1 [18件] おまけに, アマンドへ, ケエラを, 侘住いを, 北京に, 家に, 待って, 森の, 母に, 洋燈の, 牛馬と, 磯辺に, 禁錮せられた, 立った, 縫物を, 葬られなければ, 辺土を, 過して

▼ 人生れ~ (23, 0.0%)

2 ている, て誰, 人いの

1 [17件] その子, たりする, ていた, てくる, てこの, ても無, てより, て一人, て中国, て伸子, て天才, て才藻, て男, て疾, て貧賤, ながらに徳義, 人死し

▼ 人ごろ~ (22, 0.0%)

4 しが 3 しの, しは 2 しなんか, しを 1 し, しだ, しだけは, しっ, しに, し兇状, し血みどろ, り横

▼ 人~ (22, 0.0%)

2 あんた好き

1 [20件] あること, いっても, いど, ずい分ひどい, ずゐ分, たとえばどういう, どうせブルジュア, のは, ふ旨, まえが, まえの, よう喧嘩を, んで, 云うけれど, 人の, 呆ん, 奴は, 実に穢らわしい, 気持が, 誰の

▼ 人であるなら~ (22, 0.0%)

2 ばそれ

1 [20件] そして画具, ばこの, ばその, ばもう, ば今私, ば仔細, ば何故, ば僕, ば其の, ば堪えがたき, ば字, ば恐らく, ば気付くであろう, ば秋毎, みんなくれ, もうこの, 倒逆の, 湯豆腐なら, 花田は, 茶器を

▼ 人ない~ (22, 0.0%)

32 と思う, ように

1 [15件] かしら, ことよ, でもなかっ, とも限らん, と古老, のであります, もの, やうに, わね, わね私, わ誰, を自慢, んです, 朝の, 薄倖な

▼ 人~ (22, 0.0%)

3 つて來た, 稼業の 2 つたさうです

1 [14件] つてきた, つてゐます, つて來ました, つて内証に, つて来た, つて来ない, つて行つた, つて門の, 候て, 天國難, 申由に, 稼業で, 稼業に, 稼業主に

▼ 人多い~ (22, 0.0%)

3 ときには, ときは, 時は 2 日には, 時には 1 がこの, が確か, その姫, ところでは, な, のが, のだ, 中から, 事が

▼ 人大きな~ (22, 0.0%)

2 食卓を

1 [20件] ソファに, ピストルを, 事を, 仕事を, 名刺受けを, 声で, 家に, 山毛欅の, 思想家小さい, 桶を, 池の, 犬を, 猟犬を, 生徒を, 男が, 男根の, 疑いを, 疑を, 筋肉たくましい, 蟻の

▼ 人~ (22, 0.0%)

16 を並べ 1 し一點, の紙, をならべ, を並べた, を並べて, を並べる

▼ 人~ (22, 0.0%)

2 の児, の足跡

1 [18件] でも当局, と組打ち, に備える, のこの, のまわり, のメーク, の動揺, の屍, の差別, の手, の格闘, の死体, の物まね, の血, はじっと, は淡い, は赤い, をこういう

▼ 人知る~ (22, 0.0%)

6 ものも 4 者が 3 ものは 1 とか, と申す, はずの, ものなき, や否, よしも, 他に, 者も, 際に

▼ 人程の~ (22, 0.0%)

2 体力を

1 [20件] お客さんに, 一団が, 丁稚が, 中から, 人が, 信者が, 信者を, 値打は, 分量は, 在郷軍人の, 定連, 客が, 島民兒童がちやん, 旗本で, 生徒が, 者が, 者は, 興味を, 詩人が, 重だった

▼ 人集り~ (22, 0.0%)

3 がし 2

1 [17件] があった, があります, がある, がいつも, てその, て地頭代官所, でしょう, で一方, なの, に出る, のする, の模様, は増す, を憚, を押しわけ, を離れ, 三宅君の

▼ 人います~ (21, 0.0%)

62 から, ね

1 [11件] か, から迚, がこんな, がみんなそれ, が文吉, けれどあちら, けれどそれでも, ぜ, と申し給いき, の, のよ

▼ 人こそは~ (21, 0.0%)

1 [21件] いわゆる真個, きっと天国, じつに非国民, まさしく見覚え, 不誠実の, 世に類, 世界の, 俺の, 先年の, 実に余, 後に, 御当家, 恐らくほんとう, 悲劇中の, 料理を, 最上の, 比類まれなる, 神と, 私の, 至上なれ, 金持ちであっ

▼ 人そんな~ (21, 0.0%)

2 ことを

1 [19件] おねだり, ことない, ことに, こと何とも, こと言ってる, のが, ひとがさ, 不具者に, 事に, 事を, 人は, 大金はね, 娘が, 子供だましな, 安いの, 愛しうる, 気が, 者を, 能を

▼ 人~ (21, 0.0%)

3 こ一人いない, 気の

1 [15件] あの船, か乗れない, こ一人とおらない, こ一人通らない, ちゃあない, ちゃない, 児な, 児ひとりいなかった, 児らしい, 切りが, 切りだ, 切りで, 切りです, 切りに, 気が

▼ 人づき~ (21, 0.0%)

7 の悪い

1 [14件] あひも, がばか, がわるく, が悪い, が悪かっ, が悪く, のよい, は悪い, は良く, よい捌けた, 合の, 合ひ, 悪さ, 惡き

▼ 人でに~ (21, 0.0%)

1 [21件] うと, ぎやかであつた, こ, その綴り, やあかね, やっと不気味, 口から, 噛み合いを, 大きい息, 強くなっ, 微笑が, 悲しさ, 抜けたん, 涙が, 目を, 笑いが, 笑って, 苦笑が, 行くよう, 足が, 頭が

▼ 人とでも~ (21, 0.0%)

1 [21件] いうわ, いっしょに, いやな, すぐその, つきあうこと, どんな邪悪, まちがえたもの, ビジネス, 云うの, 云ふ, 仲良くしてる, 名づけて, 弾く時, 思ったらしく, 手を, 無ければ, 申しませうか, 胸を, 言って, 評しなければ, 話を

▼ 人なぞは~ (21, 0.0%)

2 あまり出来

1 [19件] ありませんでした, いずれも, お客さんの, お昼に, きつと, そこを, ないもの, みむきも, 七十を, 二人とも, 伊之助の, 到底斯, 日本へ, 本国は, 杳かに, 空々寂々, 立派に, 蛆虫同然にしか, 車掌を

▼ 人にこそ~ (21, 0.0%)

3 よれ

1 [18件] ありきといふ, いつまでも, さかりの, より目にもの, よれだ, よれ兼輔, よれ利休, よれ女, 云わないが, 云わね私, 十分に, 如何なる恨, 日頃の, 漏らさないが, 罪が, 自分の, 言わね昨夜, 誠の

▼ 人のみに~ (21, 0.0%)

2 あらず児輩おの

1 [19件] あらざるなり, この, これを, して, たより過ぎては, なった時, 分るの, 有之, 求めた私たち, 用うる, 留まらず日本画全体, 行われる教義, 解せられる, 許された境地, 話しかけた或, 限って, 限つて考へるなら, 限られたもの, 非ず

▼ 人ほども~ (21, 0.0%)

1 [21件] ありましたが, お泊り, ございましょうか, つけて, ないくらいにまで, ぬいて, 一時に, 付いて, 入れ得る円形, 同じ形, 変わったそう, 居つたぜ, 店員が, 流れこんで, 現れた, 突然の, 立ちどまって, 連れて, 集った中, 集って, 養うこと

▼ 人まだ~ (21, 0.0%)

1 [21件] いぎたなく熟睡, かえらんな, きてるの, ほかに, ほかにも, 不審そうに, 入棺も, 小児でござる, 帰つて来ない, 年歯二十歳がらみの, 来て, 河田さんに, 滴の, 独身な, 私を, 穢多町へ, 若いのに, 薄寒い夜, 見たこと, 解剖さえ, 食事を

▼ 人一同~ (21, 0.0%)

1 [21件] から押返し, が詞歌, という札, にどしんどしんどしん, ににげだし, に山崩れ, に差し入れられ, に江戸表, に深く, に留意, に離れ, の供養, の恐怖, の意見, の愕, の間, は本所, も俄, を呼びだし, を郡役所, 逃げ散った

▼ 人仕事~ (21, 0.0%)

7 をし 3 に指先

1 [11件] して, だから, ではだめ, などをした, に忙しい, の網, の関係, をした, を探し, を片手間, を致します

▼ 人全体~ (21, 0.0%)

1 [21件] からそれだけ, から疑はれる, から疑われる, がきかなくなる, が明治四年, が男, すなわちテムペラメント, にある, に信仰, に斥けられ, の上, の大勢, の将来, の重み, の魂, は手, をも嚇, を侵し, を偽っ, を見る, 少し何だか工合

▼ 人~ (21, 0.0%)

2 の魔法

1 [19件] だぜ, だの, でまよい, と国, と片, にも子供, に帰る, に止, に残っ, のこう, のため, のとりこ, の人民, の住民, の酋長なぞ, へはいった, へ妾自身, も見る見る, を征する

▼ 人多き~ (21, 0.0%)

3 人の 2 ゆゑおそれてきたらざるにや

1 [16件] が為, にや神田本郷始め, は五, ものは, も之, も釈迦キリスト, を見, を見よ, 地に, 時に, 束摩の, 筑摩の, 習ひなれ, 者は, 舟は, 西に

▼ 人~ (21, 0.0%)

1 [21件] ぜい, そうさびしく, なる孔雀, なる砥, に怒り, に恐れ, に異, に逆鱗, の遠方, ひに, イニ労セズ, 三輪の, 勢いづれもざまを見ろ, 小便すれ, 桿刀の, 猿の, 硝子杯五ツ六ツ前に, 芝居では, 親分という, 陽を, 音上げ

▼ 人~ (21, 0.0%)

1 [21件] からばたばた, から出, で裁縫, にいらっしゃる, に働い, に寝た, のこと, の六畳, の問, の室, の居間, の広い, の方, の書院, の稽古部屋, へはいった, へバタバタ, へ入っ, へ呼び込まれた, へ立っ, へ返辞

▼ 人~ (21, 0.0%)

2 の妻

1 [19件] が明応七年, が福沢, が縄, が言, と此, なる者, の女, の女房, の子, の家, の物若干, は己, は此要約, を連れ, ガ神戸ニテ買ヒ去, 中学生が, 中學生が, 作家, 曰く日本人は

▼ 人~ (21, 0.0%)

2 の害

1 [19件] で加へた毒, で害, で醫, にすぎまい, により, に因つて處理, の加害, の損滅, の毀損, の然, の破, の種々, の缺損, の美, を以て, を以て之, を以て埋, を以て押, を健康的

▼ 人~ (21, 0.0%)

3 の寝台 2 ありて

1 [16件] から多人数用, である, のない, のはず, のもの一張, のサヴォイ・ホテル, のマスク, の叺, の大きな, の寝台一台, の横挽鋸, の皀靴, ひ候, を為す, を足し, 小卓

▼ 人知れない~ (21, 0.0%)

2 淋しさ, 苦労が

1 [17件] 一角へ, 世界を, 創が, 場所へ, 忍辱の, 思いさえ, 悦びを, 接触を, 気苦労だろう, 涙も, 空想癖を, 苛責に, 苦しみを, 苦労という, 苦労は, 苦心など, 表情に

▼ 人老爺~ (21, 0.0%)

1 [21件] がこの, がわれわれ, が保管, が寝つかれない, だと, であった, と趙秀才, の先々代, の家, の船, はその, はなかなか, はなほ, は何, は大, は実に, は腰骨, は自身, は贓品, を眼中, を訪問

▼ 人舞台~ (21, 0.0%)

1 [21件] だ, であった, でありかつ, でもさ, でもその, で大勢, で活躍, で見せられる, といえる, として無, となっ, となる, にかけ, になっ, のよう, の力演, の後方, の熱演, の芸, の観, へ出た

▼ 人~ (21, 0.0%)

1 [21件] がもと, が咲い, であった, に入る, に向かっ, に吸われ, のごとく, の一つ, の中, の中心, の名前, の散, の美し, はちょっと, は五対, は毒液, は谷間, も同じ, をめぐる, 売りから, 売りなんかに

▼ 人静か~ (21, 0.0%)

2 に, にし, に歩い, に食い飲む

1 [13件] に働き得る, に午餐, に堂内, に家, に小舟, に戸, に湯, に燃え, に石段, に箏, に綸, に酒, に食事

▼ 人~ (21, 0.0%)

2 の模造

1 [19件] であるに, で考へれ, とは思はれません, と心得, と申し疑, と稱, の一部分, の不健全, の事, の内, の怪物, の生理, の素描, の美しい, の血行, の醜, は困ります, へは赤合羽, を毀損

▼ 人かかっ~ (20, 0.0%)

2 て来, て来た

1 [16件] ていた, ていっ, てそれぞれ手, てもこの, てもよい, ても作り出せる, ても敵, ても濠, ても窓, ても見付かり, てやっ, てやっと, て塔, て手, て討っ, て重

▼ 人さき~ (20, 0.0%)

2 の寮生

1 [18件] に, にやっ, にペタンコ, に二人, に会, に宿, に帰っ, に座, に戻っ, に発たせる, に白, に立帰り申候, に駁撃, の大里町子嬢, の将軍家右大臣さま, へ帰っ, へ駈け抜け, を尖らせた

▼ 人ばかりに~ (20, 0.0%)

3 なって 2 なった, なつた

1 [13件] これを, して, そういう特権, なるですが, 仮名を, 向って, 怪我を, 恥かしい, 成つた, 手を, 男が, 行かれて, 行われて

▼ 人ぼんやり~ (20, 0.0%)

7 して

1 [13件] たたずんで, と夜, と大きな, と座敷, と机, と炬燵, 坐つて, 壁を, 姿を, 日向に, 椅子に, 立って, 考えて

▼ 人一しょ~ (20, 0.0%)

2 に見

1 [18件] だと, ではなく, にここ, になっ, になり, に叫びました, に坐っ, に外, に散歩, に暮し, に本当に, に来る, に歩い, に歩く, に死んだら, に殺し, に熱海, に落ち合う

▼ 人喰い~ (20, 0.0%)

2 川と, 川を, 藻が

1 [14件] の猛獣, 人種の, 刀に, 刀の, 沼の, 犬は, 獣は, 藻と, 藻に, 藻を, 音楽なんかに, 音楽に, 鬼が, 鳥だ

▼ 人~ (20, 0.0%)

2 の導師, を顧みず

1 [16件] から降っ, に, に恥ずる, に登る, に訴, に飛び昇りき, の大, の師, の日矛, の正明, の父, の父クロニオーン之, の父クロニオーン憐みつ, の眼, の赦さざる, を憚ら

▼ 人少し~ (20, 0.0%)

3 御新造は 2 は淋し, 多過ぎる, 鼻白む

1 [11件] とんまらしい, はなれた, も色, 小気味が, 気が, 目開き申候然, 足りないなんて, 都合が, 開きが, 離れた所, 離れた汀

▼ 人東京~ (20, 0.0%)

2 に残っ

1 [18件] から差し, から年寄, が広く, であんなに, で働きたい, で家, にある, に出つ, に帰つて, に殘, の学校, へ出す, へ勉強, へ帰っ, へ帰った, へ歸, へ歸らん, へ行っ

▼ 人猿ども~ (20, 0.0%)

3 は私

1 [17件] が三重, が彼ら, が悪戯, が私達, と格闘, にあんな, の言葉, はこれ, はまたもや, は墓標, は大砲, は岸, は怯, は歯, は首, を使用, を自分

▼ 人あなた~ (19, 0.0%)

3 の所 2 と同じ

1 [14件] だけを尊敬, につけ, に対して悪い, に鼻, のすべて, のよう, はその, は名, は誰, も一人, も踊られません, を兄, を支配, を理解

▼ 人がと~ (19, 0.0%)

3 つと 2 思うよう

1 [14件] おどろくばかり, つとと, ほりました, 九叔の, 云ふ, 可笑しく候ひき, 思いながら, 思いましたら遜様, 思って, 思はる, 思ふの, 思われる老人, 怪しまれる程, 足を

▼ 人ぎめ~ (19, 0.0%)

2 の社長

1 [17件] で私, にきめ, にした, に住みこもう, に思いこみ, に開墾, のプログラム, の人生観, の元服, の名物, の名門, の国粋主義者, の天皇, の女の子, の方角, の晩香, の気風

▼ 人くい~ (19, 0.0%)

6 鬼の 5 鬼は 4 鬼が 2 虎が 1 ワニです, 鬼そう

▼ 人こっち~ (19, 0.0%)

2 の方, は大勢, へ泳い

1 [13件] にいない, に一人, に一塊, の場所, の委員, は一人, は若い, へやって来た, へ出たまえ, へ向い, を向い, を見, を覗い

▼ 人ことごとく~ (19, 0.0%)

1 [19件] があなた, がこの, が椅子, に, にこの, の警官, を充分, 一致したる, 下駄に, 不覚筋動を, 召しとられ相州さま, 悪くて, 打ちそろって, 枕を, 立尽, 縛って, 聖人と, 肉食仲間に, 財産を

▼ 人そういう~ (19, 0.0%)

2 人に

1 [17件] のが, タイプの, 二人には, 人々に, 人でなく, 人と, 人の, 人を, 人達で, 例が, 変人が, 心持をも, 性質を, 感懐が, 所にも, 男が, 露店を

▼ 人だつたら~ (19, 0.0%)

1 [19件] うに, きつと, この男, さう, そのうち誰, その悩み, その男, とても気味, よかつ, ハルピンあたりで, 会へ, 僕は, 十分結婚し, 向島の, 大英百科全書, 小盗つ, 決してこんな, 私達が, 蓋を

▼ 人どう~ (19, 0.0%)

2 したの

1 [17件] かもう御, したかね, したと, したもの, したらいい, して, してる, すること, でもかう, なすった, なっても, なつて, なるんかしら, にでもできます, 思うの, 思つて, 贔屓目に

▼ 人ふえた~ (19, 0.0%)

2 んだ

1 [17件] からあたし, きりの, これからの, しそう, ってほとんど, というもの, と思え, と思っ, と欣, にも拘らず, のだ, ので話, はずだ, ものと, ような, わけか, 時の

▼ 人よく~ (19, 0.0%)

4 これを 2 道を

1 [13件] きいて, この言, さとること, ない男, わからないわね, 云う人, 云う者, 出來, 出来た方, 室生氏を, 法を, 百万銭を, 立ち聞きする

▼ 人並み~ (19, 0.0%)

2

1 [17件] である, であるや, で通る, と言った, なお豊さん, な生活, になっ, になる, には過, のもの, の不気味, の人, の人間, の女, の娘, の少年, 勝れた愛くるしい

▼ 人~ (19, 0.0%)

3 の馬車 2 つた, りの

1 [12件] せたまま, たる船中三人死, に這, の端艇, へ九人, りでも, りなるを, りぬ, り二輪馬車, るん, れるの, 込み淺草

▼ 人六人~ (19, 0.0%)

2 となる, と若い, の患者

1 [13件] ありと, が党, ことごとくの, であった, で情婦, とも知り合い, と居りまし, と武蔵, と雑魚寝, の客, または七人八人, もで追い廻し, 連れ立って

▼ 人其の~ (19, 0.0%)

1 [19件] 上に, 人に, 人の, 人間が, 他大, 他関係官一同, 吉岡君が, 声を, 家に, 寒さ, 手品の, 是なる, 時受けた, 書必ず, 神を, 走るもの汽車, 采を, 香を, 鰹を

▼ 人左右~ (19, 0.0%)

2 に並ん, に別れ, より両手

1 [13件] から一人, から取りつい, から扉, から清作, に, に別れる, に引, に忙しく, に遠征軍, のドア, の腕, へ別れ, より棒

▼ 人悉く~ (19, 0.0%)

2 生捕られ

1 [17件] が今, が益, この願, これに, われ責めむ, 在来の, 息白し, 戦って, 敢ない最期, 死した, 泣かざるなし, 縛つて猿轡を, 裸体に, 裸體に, 転宗者で, 轉宗者で, 違つた顏を

▼ 人~ (19, 0.0%)

6 ひは

1 [13件] る女, る家, る酒, ハ三四拾人計り名, ハ云フカモ知レヌ, 云竹鼻人, 山頂に, 幸運に, 日の, 日只一人祇園の, 時自分の, 諫曰子, 遊師子國勸接有縁と

▼ 人~ (19, 0.0%)

3 之候

1 [16件] けれ共, て夫, て毎日話し相手, との事, 之, 之依, 之候え, 之其餘大工鍛冶心得候者有, 之君太夫, 之官軍不利, 之宜, 之抔, 人海行遭風流移至, 泛舟之, 繁間, 足多者

▼ 人遊び~ (19, 0.0%)

3 に来 2 に来た, の日

1 [12件] でうれしい, で暮, で暮そう, ということ, にとりかかった, にやって来, の一日, の中, の時, は右, は面白い, をのぞきこまれた

▼ 人~ (19, 0.0%)

1 [19件] が守護霊, が御, だけのこと, ではややもすれば, とをピッタリ, と同情推察, のあゆみ, のみで, のみでできる, の仕事, の価値, の場合, の怒り, の数, の栄誉, は矢張り人霊, よりもよほど, を御, を救う

▼ 人がね~ (18, 0.0%)

1 [18件] ああし, え, おくみさん, おじさんの, お父さんの, ここで, 七日に, 君も, 宵啼を, 年を, 急に, 恋を, 昨日の, 湯たんぽを, 私は, 笹を, 苦しい立場, 踏んで

▼ 人ぐらいしか~ (18, 0.0%)

2 いない

1 [16件] いないもの, いない程, いなかった, いません, おらぬという, 並べない樋, 乗り降りの, 乗降り, 人物らしい, 客引きを, 屑は, 成功しない, 残って, 登山客の, 相手に, 知らないの

▼ 人すぐ~ (18, 0.0%)

2 に格子戸, 背後の

1 [14件] その窓下, に出立, に後, に手近, に自転車, に跡, に集まる, 仕事に, 余の, 後に, 目に, 立った, 駈け向って, 駕に

▼ 人ずれ~ (18, 0.0%)

4 のした 3 がし 2 のしない 1 がした, した女, て来た, とに身, に, のし, の手並, はちっとも, 翌日水の

▼ 人つけ~ (18, 0.0%)

2 ていた

1 [16件] てあくまでも, てあげましょう, ておい, ておきます, てくれた, てくれました, てくれる, てここ, て上げる, て探し, て松源寺, て源氏, て船, て養生, 汝等の, 面白くもねえ

▼ 人とては~ (18, 0.0%)

3 一人も

1 [15件] ありません, ありませんが, この人, ございませぬが, ない, ないこの, ない田舍, なかった, なし渡さぬ, 一人だに, 一人と, 七光も, 千人中一人も, 土佐重役之者に, 私一人な

▼ 人~ (18, 0.0%)

4 ちやつこ 3 ほりの 2 ほりが 1 ちやっこ, つちか, つちも, ないする, ほりも, ほりを, よぼうだ, ッと, 偉い馬鹿みたい

▼ 人なだれ~ (18, 0.0%)

3 を打っ 2 に交つて

1 [13件] が二人, が伸子, が打っ, でうっかり, で次第, に押され, の中, の足, は三人, は渦, をよけて税関, を打つ, を縫っ

▼ 人ほどが~ (18, 0.0%)

1 [18件] すぐ駈けつけた, のめるよう, 一隊を, 守って, 寄りあつまって, 幾つもの, 机を, 渡しを, 申しあわせたよう, 神輿の, 背中を, 追ッ, 集つた, 集まった, 集まるの, 首に, 高いトラック, 龍馬の

▼ 人ほどに~ (18, 0.0%)

3 なった

1 [15件] そういう岩, なって, なりました, なると, ふえて, 健康な, 側臣五六騎, 勧誘し, 演劇的で, 私を, 見えつけ, 見えました, 賢い富貴, 達して, 長閑な

▼ 人ゆえ~ (18, 0.0%)

1 [18件] あたら戦, かならず無礼, この人, それだけの, ただそこ, でも御, どうにかし, にどの, に御殿, まあまあ我慢, またお力, 少い時, 少しも, 少し金子, 御案内, 悠々と, 検めて, 聞いたこと

▼ 人われ~ (18, 0.0%)

2 は言葉, を信ぜじ

1 [14件] かの金皿, にかえって, に借金, に從, に銀貨一つ與へき, の意, はそ, も一箇, も人, も生き, をおも, をさくるなり, を呼び, を譏る

▼ 人ゐた~ (18, 0.0%)

2 が, 所で

1 [14件] からである, がギロリ, が中, が何, が其内私, だけだつた, のであつ, ので手紙, やうです, よ, 女中の, 女中は, 職工風の, 若い男

▼ 人~ (18, 0.0%)

1 [18件] たいしてもは, てことに, てハ, て五百人, て今日出足七ツ時頃, て候, て国家, て御座候, て留守, も, 似タルハ凡テ其, 向ッテコウイウ, 向ツテハ, 見テ貰ッタ上デハッキリシタ御返事ヲシヨウ, 見ラレテハ, 見ラレルデス, 見ラレルト, 非ラズ

▼ 人ポッチ~ (18, 0.0%)

3 になっ 2 です, ということ

1 [11件] だとは, であった, であるという, でここ, で例, で放浪, で来た, で遊離, になる, の文学少女, の私自身

▼ 人七人~ (18, 0.0%)

1 [18件] いさましくも, いやそんな, おなじよう, かかろうとも, かたまって, とかたまっ, と屯, と朝鮮人八人, の人数, の同勢, の妾, の小さな, の感動, の漁師, はあろう, はつい, を対手, 及び七人半

▼ 人三十人~ (18, 0.0%)

1 [18件] ずつ真夏, で堅め, とかたまっ, とつづい, とふやし, と数, と束, と死, と醜業婦, と隊伍, と集まった, の労働者達, の団体, の團體, の郎党, を新た, 互いに自慢, 続々と

▼ 人~ (18, 0.0%)

2 かしいやう, しかつた

1 [14件] かしげな, かしさ, かしさう, こい子供, こい微笑, こい氣紛れ, こい芭蕉, こい處, こい顏, こかつた, しく見えた, しさ, のよき, 慕い點

▼ 人~ (18, 0.0%)

6 の中 2 のなか 1 がそれ, が巻いた, が田圃, とを見る, になっ, に巻き込まれ, に雑, はぶっ, は次第, をまい

▼ 人留守~ (18, 0.0%)

5 をし 3 して 2 をさせられる 1 い, さして物, せねば, で大, にし, に頼ん, をしなけれ, をする

▼ 人相談~ (18, 0.0%)

9 の上 5 して 1 した上, する樣, と手筈, をなし

▼ 人見た~ (18, 0.0%)

3 ことも 2 ような

1 [13件] かわかりません, が皆口, ことない, ことの, ことは, そうだった, ので, バスガールバアガールそして, 丈である, 事の, 事は, 事無い, 樣に

▼ 人起き~ (18, 0.0%)

2 てい, ていた, ている

1 [12件] ていれ, てゐ, てゐる, て出ずる, て参りまし, て居る, て窓, 上つた, 二人さめる, 二人起き, 漸く場内, 直つて

▼ 人連れ立つ~ (18, 0.0%)

2

1 [16件] て余, て公然, て向島, て夕暮, て外, て山, て往かう, て往く, て戻る, て数寄屋橋河岸, て村祭, て来た, て歩み出す, て歸つて行, て私, て自分

▼ 人遠く~ (18, 0.0%)

2 に離れ, はなれ, 離れて

1 [12件] から見せよう, で見る, にいた, に來, に来た, はなれる, へやる, へ奔, 村雀稻の, 砂浜を, 離れた勝手, 高知にまで

▼ 人ありし~ (17, 0.0%)

2 が一人

1 [15件] かな, がまことに, が一夜, が誤れる, が首尾, ことを, という, のみ, は, はその, は明論, ゆゑ尋ね, より理由, を見ず, 妹の

▼ 人おい~ (17, 0.0%)

2 ておく, て行っ

1 [13件] ている, ても行けず, て八五郎, て向う, て向こう, て坐っ, て外, て来た, て気楽, て行け, て隣, でなされました, で遊ばし

▼ 人ごえ~ (17, 0.0%)

2 のする, を聞いた

1 [13件] がし, がする, がやん, がわきあがっ, が一つ, が洩れ, が聞え, に思わず, は段, まさに牢番同心, もしない, も気づかず, も消えた

▼ 人しれず~ (17, 0.0%)

2 こそ忍びい, こそ會, 胸を

1 [11件] こそ, こそかき抱き, こそ物かげ, そこは, その生命, 悲しそう, 手に, 気に, 満員に, 牝鹿の, 赤面した

▼ 人であったなら~ (17, 0.0%)

2 ば私, 彼は

1 [13件] いっそ尋ねない, たとい勝安房, ばこんな, ばどの, ば始め, ば狂気, ば相手, ば蛇, もしそれ, 出鼻を, 己が, 机竜之, 私は

▼ 人であったろう~ (17, 0.0%)

42 と思われる

1 [11件] かこういう, かどういう, がしかし, ことも, それに, という, ということ, と思う, と思った, と推量, 彼は

▼ 人とかいう~ (17, 0.0%)

2 ものは, 連中も

1 [13件] ことで, のなら, ふうの, ものが, ものも, 他の, 危険人物な, 問題に, 患者が, 数で, 方で, 無辜の, 説は

▼ 人なりの~ (17, 0.0%)

2 読者を

1 [15件] リアリストが, リアリズムで, 世界の, 主観的な, 人を, 個性や, 句集を, 嗜好を, 天孫民族に, 思い出が, 歌つた歌と, 経験にだけ, 視点から, 農民が, 道によって

▼ 人ばかりと~ (17, 0.0%)

2 一緒に

1 [15件] あとから, お蝶, だった, つづみの与吉などという, で取敢, なり回天, 小歌は, 廣島へと, 爺や, 私たち揃つて前津の, 箱根から, 米村の, 船二十余艘とを, 言っても, 馬三疋ばかり

▼ 人~ (17, 0.0%)

2 づ草に, へとするなり, ゐ渡り來

1 [11件] づこの, づ地獄圈外に, づ忌矢を, どふ, へ, への手品使, への木樵, へもはばからず, へを袂, ぼろしか, ん幕

▼ 人下女~ (17, 0.0%)

6 のお 4 が一人 3 が二人 1 に庭男, のお金, を一人, を二人召

▼ 人二階~ (17, 0.0%)

2 に残っ

1 [15件] で留守, なる居間, にやつ, に上つたこと, に寝た, に居た, に待っ, の一間, の寝室二部屋, の火, の窓, へあがっ, へ寝る, へ行きました, 受持ちの

▼ 人以下~ (17, 0.0%)

2 ではない

1 [15件] が荊州, しかない, しかもたないであろう, ではなかっ, ではなく, では断わる, で味わうべき, ということ, に堕ち, に止め, に至り, の団体稼ぎ, の子供, の村落, の血

▼ 人~ (17, 0.0%)

1 [17件] か単純, が二つ, が降り, でもなかつた, と藁, によって木炭, に夢みる思ひ, に類, のよう, の一つ一つ, の出現, の勢, の方, も決して, も深い, も痩せた, を指

▼ 人~ (17, 0.0%)

2 の私

1 [15件] だから, だったし, だった清, であった, で育った, として生れ, として育った, の一件, の新, は無益, を捉え, を母, を産んだ, を窃, を養うた

▼ 人共通~ (17, 0.0%)

2 のもの

1 [15件] だらうが, ないや, な何気ない, な個人的, の客観的, の意味, の感想, の憧れ, の昔, の歴史, の点, の症状, の觀念, の言葉, の超

▼ 人~ (17, 0.0%)

5 を聞かせる 4 に大勢 2 れに 1 に所化たち, に涙, れより, を掘りこまれる, を聴く, 見る所

▼ 人十色~ (17, 0.0%)

2 であるが

1 [15件] かもしれない, であって, であるけれども, でいくら, でどれ, で決して, という人間界, といっ, と云っ, の世相, の批評者, の標準, の癖, の考, 種々多様

▼ 人~ (17, 0.0%)

2 一人遂に, 人の

1 [13件] いふ, この詩, しばらく何, ついて行く, ついで, 不可得, 云ひし, 其子孫たる, 勝手には, 己を, 後から, 言えり, 通って

▼ 人向う~ (17, 0.0%)

2 から来

1 [15件] から來, から来た, から来る, が叔父, にも一人, の寝台, の石垣, の部屋, の隅っこ, は一人, は達者, へ廻わし, むきに, も五六人, より來

▼ 人~ (17, 0.0%)

4 はば 32 の, はば朝日, ば墨絵 1 はばい, ひ給, らしく忘れて, を死

▼ 人帰っ~ (17, 0.0%)

4 て来 3 て来る 2 てくれ 1 て, ていつの間にか, てくる, てこなかった, て往, て来た, て来れ, て行く

▼ 人待つ~ (17, 0.0%)

2 宵を

1 [15件] て居た, て居ます, て居り, て居る, とも待ちえずし, と氷, 事に, 人の, 少女子が, 岸に, 心の, 振りの, 日が, 部屋に, 門の

▼ 人~ (17, 0.0%)

2 が変っ, を見

1 [13件] でございましたか, などを眼, なんだい, にすぎない, になりました, は, は見た, まで見える, やら一見, をじろりと, をながめ, を叙述, を覗い

▼ 人~ (17, 0.0%)

2 から村, の者

1 [13件] から離れ住ん, では太, では通わそう, で息子, で米穀肥料商, で養つて, のピレオ, の中央, の人, の童, の職人, の若者, の長年

▼ 人特に~ (17, 0.0%)

2 草木の

1 [15件] は當時權勢, イギリス人で, ドウデエなどが, ドロ棒する, 一文の, 大陸の, 小樽人の, 山川菊栄女史の, 思入れが, 抜擢は, 日本人としては, 日本人に, 純粋で, 若い人たち, 都会人や

▼ 人相撲~ (17, 0.0%)

2 をとっ

1 [15件] がゐ, が過ぎた, であり籠, というもの, と気, にいらざる, にすぎない, に疲れ, の反感, の感, の真似, はそれ, もこれ, や一人芝居, を取っ

▼ 人~ (17, 0.0%)

3 の中, を撫で 2 のうち, を痛めた 1 に秘め, に秘めたく思わない, をそらし, をぞ焦ける, を痛め, を苦しめ, を苦めし

▼ 人芝居~ (17, 0.0%)

2 を打っ

1 [15件] から品玉, がはね, だから, であります, に残っ, に終らせ, の淋し, の真最中, はあれ, へ行く, やらお, をし, をやっ, をやる, 憑かれて

▼ 人~ (17, 0.0%)

1 [17件] および土人街, があります, だなと, だほら, であ