青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「事~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

予~ ~予定 予定~ ~予想 予想~ ~予期 予期~ 予言~ 争い~ ~事
事~
~事件 事件~ 事務~ 事務所~ ~事実 事実~ ~事實 ~事情 事情~ 事態~

「事~」 149058, 1432ppm, 54位

▼ 事~ (33969, 22.8%)

750 して 358 言って 334 考えて 332 云って 283 言ふ 282 知って 251 考へて 195 聞いて 154 忘れて 150 話して 136 言ひ 129 私は 119 云った, 書いて, 言うの 117 するの 114 しても 104 したと 99 した 96 したの 94 思って 89 いって 88 思い出して 87 覚えて, 言つた 81 考えると 80 思うと 78 示して 77 考えた 75 言いながら 74 云ふ 72 思い出した 70 すると, 話した 66 信じて, 知った 63 知つてゐる 59 考へると 57 云う 56 云うの, 発見した, 考えながら, 言った 55 思ひ出した 54 思ひ出して 53 やって 52 する, 云つた, 気に 51 したもの, 云うな 50 したん, 言や 49 するもの, 知つた, 聞いた, 言います 48 いうの 47 しや 46 言うと 44 云うと 42 教えて, 見て 41 意味する, 考へ, 言つてゐる, 言は, 言ひます 40 言つ 37 言う 36 思出し, 考へた, 記憶し 35 人に, 口に, 申して, 言うな 34 云いながら, 思えば, 思ふと, 欠いて, 見せて 33 心配し, 私が 32 すれば, 教へて, 考へながら, 聞くと, 非常に 31 いった, しては, 云い出した, 私に 30 聴いて 29 忘れては, 思出した, 記して 28 感じて, 繰り返して, 繰返して, 証明する 27 やつて, 思った, 述べて 26 いうと, 云っては, 云わずに, 言ふと, 訊いて 25 よく知っ, 感じた, 敢て, 知ったの, 知つてゐた, 話すと 24 知らせて 23 したって, しようと, する人, する奴, 云うん, 希望する, 言っちゃ, 運んで 22 きいて, するな, するん, 平気で, 考えるの, 言っては, 説明し 21 いふと, しました, 僕は, 少しも, 思い出す, 知らない, 耳に, 聞くの 20 いうな, したか, するか, 云つてゐる, 忘れなかった, 言ったって, 言ひ出す 19 いう, 云ひ, 思つた, 恐れて, 明かに, 考える, 言ひ出した 18 ここに, 云うから, 分けて, 教へ, 申上げ, 知らずに, 言いました, 言うん, 証明し 17 予期し, 云ったって, 云っても, 彼は, 思う, 思つてゐる, 思へば, 想像し, 考えたり, 説いて

16 [13件] したり, よく知つて, わけて, 云うもん, 仰し, 忘れた, 思い出すと, 想像する, 発見し, 知るの, 致しました, 言うよう, 言ったの

15 [12件] お聞き, するよう, 云は, 忘れなかつた, 思い出したの, 意味し, 明らかに, 望んで, 研究し, 覺えて, 言つては, 認めて

14 [19件] する筈, 君は, 好んで, 心に, 思いながら, 申すの, 申上げる, 知つて居る, 知りました, 知ると, 聞いた時, 自分の, 言つて居ります, 言つて居る, 言ひました, 許して, 話しながら, 調べて, 述べた

13 [20件] いふの, した覚え, しちゃ, する人間, 云ったの, 云ったり, 云っちゃ, 云つ, 暗示し, 書いた, 書いたの, 真面目に, 知らないの, 自分で, 苦に, 行ふ, 言い出しました, 言うて, 言っても, 誰が

12 [20件] いつて, いふ, しないで, するから, もって, 云うもの, 云えば, 喜んで, 思ひながら, 承知し, 申しました, 知つてゐ, 示すもの, 約束し, 聞いたが, 聞く, 言つてる, 言わずに, 訊いた, 訊きます

11 [21件] おも, しない, しなければ, するじゃ, 云や, 何か, 僕に, 共にする, 心得て, 忘れない, 思うて, 思出す, 発明した, 知らなければ, 知るに, 聞きました, 言い出します, 言つてゐた, 言ふも, 論じて, 頼んで

10 [43件] いわずに, おっしゃって, おっしゃる, されても, したな, したもん, しましたね, するに, する者, せずに, やつた, やるの, 云いました, 云い出して, 云つてゐた, 云ッて, 仰しゃる, 切望する, 叙し, 吾, 告げて, 心配する, 忘れないで, 思ふの, 書いたもの, 書くの, 氣に, 申すと, 知らないで, 知りて, 繰り返した, 考へたの, 考へる, 考へるの, 自分に, 言いながらも, 言い出した, 言はれ, 訊くの, 記する, 許されて, 話しますと, 話すの

9 [52件] いい出した, いつまでも, おつ, お耳, かいて, さへ, したので, しないでも, するには, する男, なさるの, 並べて, 云い出したの, 云うよう, 云ったん, 云ひ出す, 何よりも, 好まない, 希望し, 御存じない, 心の, 思い出しました, 悟った, 挙げて, 暗示する, 欲しない, 正直に, 申し上げて, 知った時, 知つ, 知らなかつた, 知るもの, 知る事, 研究する, 確めた, 確信し, 示すの, 私の, 空想し, 第一, 考へては, 聞きに, 自分は, 言はずに, 言ひ出しました, 言わないで, 訊きました, 訊くが, 訊ねました, 話したり, 話しました, 語った

8 [71件] あなたに, いえば, したこと, したね, した覚, しゃべって, するより, なすの, やったの, やめて, よく承知, 主張し, 云い合って, 云ひ出した, 云われて, 他の, 企んで, 何も, 勝手に, 千世子は, 問ふ, 問題に, 尋ねた, 尋ねて, 幾度も, 彼女に, 後悔した, 得, 思うの, 思ひ出す, 思ふ, 打ち明けて, 教へる, 書いたが, 熟知し, 爲す, 申しては, 申しますが, 発見する, 知りながら, 知る, 知ること, 知るを, 示す, 祈る, 禁じて, 考へたり, 考へつ, 考へなければ, 聞いたので, 聞かされて, 聞くよう, 聽い, 胸に, 行って, 見ても, 見出した, 言いますが, 言い出したの, 言うから, 言うもの, 言つたつ, 言ふなら, 言ふんだ, 記憶する, 話せば, 詳に, 語って, 語つた, 誰にも, 饒舌る

7 [99件] いうよう, いう人, いう奴, いたしました, いっちゃ, いっては, いっても, いろ, おっしゃると, お考, きくの, させて, させては, したという, したところ, したよ, したんで, した覺, します, すること, するとは, なさると, なすったの, 主張する, 云うじゃ, 云う人, 云つてる, 云て, 云ふと, 云われると, 人の, 今まで, 否定する, 告げた, 呟いて, 喋舌る, 好まなかった, 始めて, 尋ねると, 彼の, 彼女は, 得ば, 御承知, 思い出したので, 意識し, 意識した, 感ずる, 憶い出す, 憶えて, 指して, 指すの, 書けば, 未然に, 構えて, 欠かなかった, 欲し, 母に, 父に, 申しまして, 痛切に, 直ぐに, 知らして, 知らせに, 知らなかった, 知らぬ, 考えたもの, 考えても, 考えなければ, 考え出して, 考へれば, 聞いた事, 聞いても, 聞かして, 聞くが, 聞けば, 聞込んで, 聽く, 自覚した, 行えば, 見たり, 言い出して, 言うもん, 言ったもの, 言つて, 言つてお, 言へば, 言ッて, 言出し, 言出した, 話し出した, 話し合, 話し合った, 説明する, 誰も, 進めて, 長々と, 面倒に, 頼みに, 願って

6 [144件] あえてする, あなたは, いうて, おぼえて, お云いでない, お前に, お言いでない, お話する, きいた, くどくどと, されて, したが, したよう, した時, しなかった, しながら, するのに, するよりも, する必要, その時, それからそれ, なすは, まだ覚え, やると, わたくしは, 一人で, 丸で, 主張した, 云うが, 云ったもの, 云つたつ, 云はれ, 云はれた, 云へば, 今の, 仕て, 他人に, 仰せら, 伺いますが, 何でも, 何度も, 併せて, 信じたい, 僕が, 口の, 口走って, 君に, 吹聴する, 問うた, 問はれ, 喜ぶ, 報じた, 夢にも, 察して, 彼に, 得ず, 得た, 得たの, 得たり, 忘れずに, 忘れたか, 思ひて, 思ひ出したので, 思ひ出すと, 急に, 悲しんで, 想ひ出し, 惹き起したの, 我に, 教は, 書いた本, 本当にする, 案じて, 此の, 残念に, 決定する, 注意し, 爲し, 申します, 申しますと, 申す, 申すな, 申すよう, 申す奴, 疑わない, 知ったと, 知つて居た, 知らず, 知らせた, 知らないん, 知らなかったの, 知らねば, 研究した, 確めて, 細かに, 繰返す, 考えたの, 考えた事, 考えるよう, 考えれば, 考へますと, 考へ出した, 考へ出して, 聞いたの, 聞きましたが, 聽か, 能く, 自覚し, 自覚する, 見たの, 覚悟し, 言いやがる, 言い乍ら, 言い出すの, 言うが, 言うじゃ, 言う奴, 言えば, 言ってるん, 言つても, 言ひたい, 言ひ出し, 言ひ出せ, 言へ, 言われて, 訊ねて, 証拠立てて, 話したの, 話したので, 話す, 語りて, 語ると, 談じ, 貴方に, 起して, 起すの, 起そうと, 述べたが, 遣って, 隠して, 頭に, 頼んだ, 願ふ, 饒舌って

5 [177件] いいながら, いうが, いうじゃ, いうん, いったの, いったり, いふん, いろいろと, おっしゃるの, お言, きくと, こ, この時, されては, したなあ, した人, した者, しないの, しなかつた, しなくては, しみじみと, すりゃあ, するぢ, するはず, なして, なすっては, なすに, なすには, まるで忘れ, やったん, 一つも, 一度も, 不思議に, 主に, 云い出しました, 云うて, 云うので, 云う奴, 云ったと, 云ってるん, 云つては, 云つて居た, 云はずに, 云ひました, 云ふも, 云わないで, 今でも, 仕出来し, 仕損ずる, 仰しゃって, 伝へて, 伺って, 何う, 何にも, 何の, 信じる, 信ずる者, 俺は, 做し, 充分に, 先に, 叔父に, 叙する, 叙述し, 問うて, 喜んだ, 噂し, 夫に, 妙に, 子供心に, 容易に, 尋ねるの, 希う, 希ふ, 希望致します, 平次に, 彼等は, 後悔し, 得るなり, 御聞き, 忘れたの, 忘れたり, 忘却し, 思いついた, 思い浮べて, 思つ, 思返す, 悟つた, 悪いと, 想像した, 感じたの, 感じる, 或る, 承知した, 挙げようと, 教えられた, 暴露する, 書きました, 書き出したの, 書くと, 望むの, 期待し, 次の, 歌に, 止めて, 熱心に, 理解し, 申したの, 申しましたが, 申し上げるだけ, 申せば, 疑って, 痛感し, 發見した, 目的と, 相手に, 相談し, 相談した, 知らずして, 知らぬと, 知りたいと, 知りません, 確かに, 示したもの, 祈って, 神に, 秘密に, 細々と, 経験した, 絶対に, 考えさせられた, 考えつつ, 考えては, 考えるもの, 考えるん, 考える暇, 考へたもの, 考へても, 聞いたから, 聞かせて, 聞かない, 聞くもの, 聞くやう, 聽き, 肯いて, 致します, 茲に, 行うの, 行なおうと, 見た, 見ると, 見るの, 見聞し, 言う人, 言ったから, 言ったこと, 言ったり, 言ったん, 言つたのか, 言つてゐ, 言はれる, 言わねば, 訊いたり, 訊くと, 訊くよう, 訊ねます, 許さない, 話し, 話し合つて, 語りかけようと, 説いた, 誰かに, 運んだ, 遣つて, 避けて, 重ねて, 黙って

4 [310件] あとで, あなたの, いいます, いい出したの, いうので, いうもん, いたして, いったって, いふが, いふて, いふな, いふに, いふもの, いわないで, おっしゃいます, おっしゃっては, おっしゃるん, お前は, お忘れ, お案じ, お知らせする, お言ひだ, お話し, お願いする, き, くよ, くり返して, この上, ささやいた, されちゃ, されるか, されると, しそう, したから, したからと, したつて, したんだい, した奴, した後, した罰, してでも, しでかすかも, しないよう, しなくても, しましたな, しますね, しようとは, すぐに, すっかり話し, するかと, するかも, するという, するにも, するので, する女, する気, する気遣い, する氣, それは, た, ちらと, つく, なさるもの, なさるん, なさる方, なさる筈, なすと, なすもの, はっきりと, はなして, まざまざと, やります, やるん, よく考え, キレイに, 一生懸命に, 予想し, 云いましたか, 云います, 云い出すの, 云うね, 云つたのだ, 云つて居, 云ふて, 云わないでも, 云われた, 云出す, 人々が, 人から, 人間に, 今も, 今日が, 今更の, 仕出来した, 仕出来す, 他に, 仰しゃっては, 仰しやつ, 仰有, 企てて, 伝えて, 何かの, 何と, 信ずること, 俺に, 做す, 先生に, 切に自覚, 初めて知った, 前から, 前以, 力説し, 叫んで, 君から, 呉, 告げると, 告白する, 問はれた, 固く信じ, 報じて, 報告し, 報告する, 夢に, 始めた, 學ぶとしても, 完全に, 専門に, 小説に, 左右に, 平氣, 彼れ, 得意に, 御信用, 御心配, 御記憶, 御話, 忘れた事, 忘れようと, 忘れるの, 忘れる事, 思いだして, 思いついて, 思い出したから, 思い出しながら, 思い出しまして, 思い出します, 思い出すの, 思うな, 思うに, 思ったの, 思つてゐた, 思はせる, 思ひついた, 思ひ出しながら, 思ふて, 思ふ時, 思わずには, 怠らなかった, 悪し様, 惡く, 想い出した, 想ひ出した, 打明けて, 承って, 承認した, 承諾した, 持って, 指摘した, 挙げる, 挙げるの, 挙て, 掌る, 擧げて, 教わって, 断言する, 早くも, 明白に, 普陀落渡海と, 書きつけて, 期す, 本當, 根に, 楽しみに, 止めなかった, 求めて, 為して, 為すに, 為るの, 無理に, 父は, 物語って, 率直に, 申しても, 申しましたよ, 申し上げると, 申上げます, 申立て, 痛快に, 発明せり, 発見しました, 百も, 真に受け, 真に受ける, 眺めて, 知ったか, 知ったよう, 知ってるの, 知つたのである, 知つた時に, 知つてゐたら, 知て, 知らざれば, 知らなかつた人, 知らんから, 知りませんでした, 知る物, 知れり, 確かめた, 示した, 示したの, 禁じた, 私共は, 種に, 穏便に, 筆に, 約した, 約束した, 約束する, 素直に, 経験し, 絶えず意識, 繰り返す, 缺い, 考えずに, 考えずには, 考えちゃ, 考えますと, 考えまわして, 考えること, 考える事, 考え続けて, 考へたこと, 考へねば, 考へるやう, 考へるん, 考慮に, 聞いたり, 聞いてから, 聞かされた, 聞かぬ, 聞きましたから, 聞き出した, 聞き出して, 聞くや, 聞けと, 聞て, 胸の, 自分自身に, 自白した, 荒立てないで, 行うには, 見た様, 見聞きし, 覚えた, 覚えたの, 解決する, 言い出したので, 言うね, 言おうと, 言ったと, 言ったよう, 言つたと, 言つたのだ, 言つて居りました, 言はう, 言ふて, 言ふんです, 言われても, 訊いては, 訊ねた, 記したもの, 記すは, 許さなかった, 証するもの, 話さずに, 話された, 誇りと, 誇りに, 語つてゐる, 語り出した, 語るに, 語るの, 語るもの, 誤解し, 説く, 説明した, 誰から, 謀って, 證する, 證明する, 起こそうと, 起しさ, 足して, 載せて, 遺憾と, 遺憾に, 頭の, 願ひ, 顧慮する, 黙認し

3 [611件 抜粋] あきらかに, あの時, いいました, いう男, いたしまして, いった時, いつたの, いふまいぞ, いへば, いろいろに, いろいろ考え, いわれると, おっしゃるもん, おッ, お云いだ, お延, お書き, お約束, お聞きなさい, お言いだ, お訊ねする, お願, きいても, きけと, きめるの, ここで, こまごまと, こんな風, ささやいて, しくも, しさうな, したあと, したい, したといふ, したとは, したどれ下駄, したには, したやう, しちゃあ, しないと, しないとも, しないのに, しなかったの, しに, しましたよ, しませんでした, しみじみ感じた, しゃべり出した, しよう, しようもの, すまして, するが, するだけ, するだらう, するなら, するならば, するなんて, するもん, するわけ, する事, する位, せず友達, せねば, たくらんで, たしかめた, つぶやきながら, どこかで, どこまでも, なさるやう, なさる気, なす, なすこと, なすっちゃ, なすのみ, なす者, はじめたの, はっきり意識, ひそかに, ぶつ, まるで知らない, みんなが, みんな話し, もう一遍, もつと, やったもの, やつたんで, やる, やるかと, よく聞い, よく覚え, よろこんで, わかったよう, わざ, わたくしに, わたしに, わたしは, われわれは, 一から, 一度に, 一言でも, 与に, 中途で, 事実と, 二度も, 云いあって, 云いますと, 云うた, 云うなよ, 云うのう, 云う事, 云う者, 云ったが, 云ったので, 云つたから, 云つたの, 云はれる, 云ひ出し, 云われたの, 云出し, 人々に, 人は, 今少し, 今日の, 今迄, 仕出しませう怒るなら怒れでござんすとて, 仕損じる, 企てるの, 企らんで, 伝えた, 依頼し, 依頼した, 保証し, 保証する, 信じます, 信ずる, 信ずるの, 信ぜんと, 働いて, 共にし, 具体的に, 冀ひ, 処理し, 分ったよう, 切実に, 切望し, 初めから, 判断し, 割って, 勉めて, 勤めて, 勧めたの, 十分に, 取り入れて, 叙した, 口外致す, 口走った, 口走っては, 口走つた, 口走るの, 口走るよう, 名乗って, 吹聴し, 告ぐ, 告げたので, 告白し, 命じて, 唯一の, 唱へ, 商売に, 問ひ, 問ひかける, 問われて, 喋って, 喋舌って, 報道する, 外に, 夢の, 夢みて, 奨励し, 女の, 女人の, 女郎女郎と, 好まぬ, 好むよう, 如実に, 始めたの, 始めたので, 子供の, 存じて, 実地に, 実行する, 家の, 専門と, 小声で, 小耳に, 少しでも, 少し詳しく, 尽して, 屑と, 希うの, 希って, 希望します, 幾度か, 引受けて, 当てに, 彼女が, 後悔する, 得ずして, 得て, 得るの, 御信じ下さい, 御存じの, 御話し, 徹底的に, 心掛けて, 心配した, 必要と, 志して, 忘れず, 忘れは, 忘れました, 念頭に, 怖れ, 思いだした, 思いついたの, 思いつづけて, 思いて, 思いますと, 思い出す事, 思い浮べた, 思い続けて, 思っては, 思はせた, 思はせるの, 思ひます貴君, 思ひ出したの, 思ひ出すの, 思ひ切つて, 思ひ寄まして, 思ひ浮べて, 思ひ煩, 思ふに, 思へばこそ, 急いで, 恐れた, 恐れたの, 悔んで, 想ふと, 意識する, 感じました, 感心し, 懸命に, 成さんと, 成すに, 成そうと, 批評し, 批評する, 承諾し, 拒んだ, 持つて, 指示し, 探って, 描いて, 政府に, 教えた, 教えられて, 断って, 断言します, 新聞で, 昨日も, 書いた書物, 書いても, 書かなければ, 書く, 書こうと, 望みたい, 望む, 本気に, 条件として, 根掘り, 棚に, 極度に, 欠かない, 欠くと, 欲した, 欲せず, 歌って, 洩らして, 深く後悔, 深く心, 済まして, 為すの, 為すは, 為て, 為ない, 為や, 爲し得る, 爲せ, 爲て, 爲る, 理想と, 理解する, 申しおるな, 申しませう, 申し上げなくては, 申し上げます, 申し上げるの, 申すので, 申せ, 申上げました, 申上げれ, 申候者にて, 申御新造が, 疑つて, 発表し, 發見し, 發見する, 白状し, 目的として, 相談する, 真向に, 知た, 知ったから, 知った者, 知ってるか, 知ってるから, 知つてる, 知つてを, 知つて居, 知らうと, 知らざらん, 知らないから, 知らないので, 知らない人, 知らなくては, 知らぬもの, 知らんと, 知りしは, 知りそれ, 知りつつ, 知りぬいて, 知るには, 知るのみ, 知るは, 知るや, 知る必要, 確かめて, 確かめると, 確信する, 示すため, 祈つて, 祝して, 神の, 禁じられて, 究明する, 空想する, 立証し, 答えると, 答へ, 繰り返したが, 繰返した, 繰返し繰返し, 繰返すの, 考えさ, 考えたこと, 考えついた, 考えない訳, 考えました, 考え出した, 考え出したが, 考え出すと, 考え合わすと, 考へないでは, 考へるから, 考へること, 考へるよ, 耳にて, 聞いちゃ, 聞いては, 聞かないで, 聞かないと, 聞かなければ, 聞かれて, 聞きただして, 聞きまして, 聞きます, 聞きません, 聞き出したん, 聞き給, 聞くに, 聞くん, 聞く者, 肯定する, 自ら恥ぢ, 自分でも, 自白し, 自覚せず, 自覺, 致して, 致すの, 色々と, 荒立てるの, 葉子は, 行う, 行つた, 行ひ, 裏書きし, 要す, 要求した, 要求する, 見た樣, 見て取った, 見よと, 見落して, 覚った, 覚った時, 親切に, 言いふらして, 言いましたので, 言いますね, 言い出すと, 言い合って, 言い残して, 言ううち, 言うぜ, 言うだろう, 言うなよ, 言う平次, 言う必要, 言う者, 言え, 言ったところ, 言った事, 言つたのは, 言つたら, 言つて來た, 言つて來る, 言つて宜, 言つて居た, 言つて聞かせ, 言つて見たい, 言て, 言ひませう, 言ひもする, 言ひ出します, 言ふもん, 言ふんぢや, 言へる, 言わなければ, 言われるの, 訊いたの, 訊くやう, 訊くんだい, 記す, 許された, 許されたの, 許されない, 許されよ, 許したの, 訴へ, 訴人する, 証明した, 話さなければ, 話しかけた, 話したが, 話した時, 話しつ, 話すので, 話の, 誇大に, 認めた, 語つて, 語る, 説かれた, 説けり, 読んで, 誰でも, 誰に, 調べるの, 談ずるに, 請ふ, 議論し, 貴君お, 貴女は, 賞めて, 起す前, 身に, 載せない, 辞さないの, 遂行し, 遊ばしては, 運びました, 運べば, 録した, 難有, 面白さうに, 頭から, 頼まれて, 饒舌った, 饒舌り

2 [1661件 抜粋] あえてしなかった, あげようと, あなた様に, あの男, ある程度まで, いい出すの, いうねえ, いおうと, いった事, いってるん, いつまで, いひ出した, いふ条, うちあけて, おっしゃるので, お云, お前の, お妙ちゃん, お思い, お知り, お聞き申す, お関, お願い致します, かくと, かなり真面目, かれこれ申し, かんがえながら, きかず唐土, くは, くわしく知っ, この男, さうし, させずに, させないで, させるの, されたと, しあがる, しかも結婚, しさ, したかは, したでしょう, したのに, したらお前, したら一ぺん, した上, した報, しちゃいられない, してや, しでかす人, しなきゃア, しなくっても, しますうつくしい, しゃべるなと, しらず敢, しるさず, しろと, すすめて, すべての, するくらい, するだらうと, するとして, するやう, するんで, する前, する道理, ずっと以前, せずこれおの, そ, その人, それと, たずねて, だれにも, ちょっと御, つくづく後悔, つとめた, どうかし, どうにかしよう, どんな事, なさけなく思っ, なさるから, なすって, なすべく決して, なんべ, はこんで, はなした, ば云いなさん, ふいと, ほんとうに, みたま, もう一度詳しく, やったこと, やったよう, やめない, やらかしたん, やらないもの, やり兼ねないと, やるが, やるという, やる人, よく考える, よして, わしは, アラカタ察し, スケッチと, ツケ, ヌケヌケと, ハッキリ知っ, ルンペンという, 一しょに, 一口言へ, 一日も, 三千代が, 不快に, 不意に, 世間の, 中途に, 主人に, 了解する, 予言し, 二度とは, 云いつけて, 云いなさんなよ, 云いますが, 云い出されました, 云い出したん, 云い出すは, 云い触した事, 云うけれども, 云うなと, 云う筈, 云おうもの, 云ったじゃ, 云った日, 云ってる, 云つたとか, 云つてから, 云つて盃を, 云ひたかつた, 云ふかと, 云わない, 云われた時, 云われるの, 些とも, 人間の, 今こそ, 今日から, 今日迄, 仕なければ, 仕出かすかも, 仕損じて, 他人から, 他處, 仰しゃっても, 仰や, 企てた, 伝聞した, 何べ, 何時迄も, 余は, 余儀なくされ, 例に, 信じねば, 信ずるが, 信ぜなくなったの, 信用する, 做した, 僅かに, 先生は, 免れない, 全く考えず, 其のま, 凡て行ふ, 出任せに, 分けられて, 切に望ん, 別けて, 前提と, 助けて, 勉強する, 包含し, 危ぶんで, 参考の, 反故に, 取沙汰致す, 口には, 口走つて, 同じく心から祝したい, 君が, 呆れるの, 告げ口させる, 呪ふ, 問う, 善意に, 喋り出した, 喜こぶ, 喜ぶもの, 嘉する, 囘想した, 回顧し, 報ぜんには, 大きくいふ, 大声に, 奧樣とでも, 好い加減に, 好まれなかったの, 好むもの, 好む心, 妹さんか, 妻の, 始て, 嫌つてゐる, 学ばしめたの, 宛に, 実証する, 宣言し, 家に, 尋ねしに, 尋ねても, 尋ねますから, 少しく報道, 己に, 平岡君に, 廃し, 引出さなければと, 強要する, 彼らに, 後から, 得ず手, 得べき, 得るは, 御主人, 御老中, 復習され, 忘るべからず, 忘れたよう, 忘れなければ, 忘れや, 忘れんで, 念の, 思いがけない時, 思い出させる, 思い出すよう, 思い立った, 思っても, 思はせて, 思ひついたので, 思ひ出したか, 思ひ出しました, 思ひ合, 思ひ続けて, 思ふまいと, 思出さず, 思返した, 怪み, 恥じる, 恥と, 恨んだが, 悟って, 悦んで, 悪く云う, 悲しむもの, 想って, 想ふ, 愈重く, 意味するなら, 感じるの, 感謝し, 感謝します, 慮って, 憾む, 成すの, 手短かに, 打ち明けなければ, 扱って, 承わる, 承諾する, 拒んで, 持ち出すの, 挙げるよう, 排け, 推測し得べし, 揶揄つた, 政界に, 教えに, 斥し, 断行し, 斯う, 早口に, 昔話の, 暴露し, 書いたり, 書かうとして, 書き残した, 書き記して, 最初に, 望みます, 望む人, 本当にしよう, 条件と, 根問いし, 梅子に, 構へて, 標榜し, 欠かないの, 欠くという, 欲せり, 死ぬが, 殿に, 母親に, 気を, 江戸中に, 決して誰, 決する前, 決心した, 沢山書い, 浮気者だ, 深く悲しんだ, 混同し, 滅多に, 為た, 無上の, 爲し得た, 片附け, 現わす, 理を, 生涯の, 申さば, 申しましたの, 申すか, 申すやう, 申上げたら, 男の, 痛感した, 白状させる, 皆に, 皆知っ, 目撃し, 直接に, 眞面目に, 矢鱈に, 知った心, 知ってる者, 知つたのは, 知つても, 知つて行く, 知らざるに, 知らせるの, 知らない彼女, 知らなかったが, 知らぬから, 知らん, 知りたいの, 知りましたと, 知り急, 知るが, 知れ, 破る, 確かめました, 示さんとして, 祈るの, 祓うて, 秀子に, 私も, 秘し隠しに, 空想しはじめた, 筆の, 簡単に, 素破, 続けた, 繰り返すのみ, 翁と, 考えたが, 考えないよう, 考えます, 考える丈, 考え出す, 考へたが, 考へたん, 考へないで, 考へました, 考へる樣, 聞いたか, 聞いたもの, 聞かないから, 聞かなくなって, 聞きたがって, 聞きな, 聞き出したの, 聞き込んで, 聞くもん, 聞く訳, 聞た, 聴いても, 聴くの, 聽きました, 肯定し, 自分から, 自分では, 自慢する, 自白する, 致しましたと, 致しますから, 興深く, 荒立てたり, 荒立てようとは, 處理する, 行うに, 行ったり, 表現する, 見せる方, 見つけて, 見るもの, 見出した宗助, 見聞する, 覚えるの, 覚悟せざるべからず, 親分に, 言いっこなし, 言い出しては, 言い切る力, 言うか, 言うつもり, 言う事, 言う親爺, 言ったそう, 言った時, 言つたつて, 言つたのを, 言つてごまかさうたつ, 言つてゐました, 言つて外へ, 言つて居ら, 言つて長, 言ひ出し居る, 言ふために, 言わずとも, 言われたけれど, 言われるはず, 言出します, 計って, 訊かされた, 訊きながら, 訊き出すの, 訊ねに, 訊問し, 記したの, 記憶しなけれ, 記者は, 設けて, 許さないので, 許されなかった, 訴えて, 詠めと, 詮索し, 話したこと, 話したらば, 話し合って, 話し是, 話すこと, 話そう, 詳く, 詳しく話し, 認めない訳, 誓います, 語つて居る, 語りしに, 語り出, 語り合つて, 語れば, 説きし時, 説明したい, 読んだ覚え, 誹らる, 請うた, 謂ひたくなる, 議した, 豫言し, 質問した, 起さうといふ, 起しては, 躊躇した, 載す, 載たるゆゑ, 述ぶ, 述べても, 述べると, 通ぜず是, 運ぶため, 運んだの, 遠慮し, 避くる, 長く書き邪視, 附け加えたい, 陳述する, 露ほども, 非難し, 頼みました, 頼りに, 願ひし, 餘り

1 [12623件 抜粋] あいつに, あたかも国家, あべこべに, ありのままに, あんなに思ひ詰め, いい出したけれども, いうだコレ, いう此, いたしおりても, いちいち言うです, いってや, いつも思い出します, いひしや, いふつての, いへるに, いろいろ尋ねる, いわれたから, うたふ, おいいだが, おしんで, おっしゃりはじめると, おもい出して, お企み, お嬢さんの, お打ち開けし, お祖父様, お覚り, お返事, かう云, かすかながら, かりに犯人, きかして, きくを, くどくどとおつ, こうこういっ, この場合何, こんなに有難がる, さう軽く, させない, さとすよう, されるの, しきりに考へた, したこの, したらいかんぞ, したア, した故, しちゃいましたよ, しでかしたなあ, しなかったが, しねえばかりか, しますか, しようか, し出かさん, すぐ後, すっかり話した, すまそうと, するない手前, する丈助さん, する意味, する野蛮人, せぬよう, そういうの, そつくり実行も, その友, その誠実, それを, たずねる, たのんだ, ちゃんと皆, つかさどりたまえ, つぶやいた, とうがき, とやかく申し上げる, どうして君, どんどん運び, なさしめないだろう, なさるねえ, なしつつ, なすべきよう, なにくれ, のぞみます, はこんだ, はっきり憶え, はつきり自覚しない, ば修行中なれ, ひどく気, へだてぬ夫婦, ぼそぼそと, また小, まつると, みのるが, もいひくるる志, もしかする, やったから, やめた, やられたひには, やり始めますと, やる許, よくない, よく知る, よろこぶもの, わざわざ知らし, アカクアリユム水成岩を, キチガイだ, シミが, ダオイと, ヌケヌケ言う, ブッダ・バッザラ師に, マーヤの, 一々説明, 一体作る, 一寸念頭, 一方口, 一言したかった, 三度續ける, 不分明, 不用意の, 並べ立て何でも, 主として掲載, 了し甚しき, 事細かに, 云々する, 云いましたねえ, 云い出したら万国通念, 云い居るの, 云い軽く, 云うとき, 云う医者, 云し, 云った悪い, 云つたさうである, 云つてさ, 云つて困つ, 云てるで, 云ひ続けた, 云わっしゃるな, 云われる迄は, 京太郎と, 今からでも, 今日までも, 仕つづけて, 仕出來した, 仕込ませて, 仮定し, 仰しゃるなら, 仰せられるか, 仰有らずに, 企つるは, 伐るとは, 伺うので, 何だかキセキ, 何より先, 何時でも, 作る主題, 保証致候, 信じ得ない者, 俺が, 働くという, 兄も, 光秀様は, 全体誰に, 其の晩現像, 内容と, 処しあるいは, 出版界は, 切り出す勇気, 利を, 加ふ, 務むるはまた美ならずや, 医学用語では, 半分自慢らしく, 却って軽蔑, 参訴する, 収る, 取り次いだ, 叙し出し, 口惜しく思ひ, 古参に, 司つたが, 同人中, 向うに, 含意する, 告げたら翁, 告白せね, 命ずるも, 唱えた人, 問うたから, 問われるでありましょう, 喋り乍ら, 喜ぶ様, 噫寝, 国の, 執らるるが, 報告しました, 夙に承知, 夢みたし, 大佐に, 大層心配, 夫の, 奪われた気の毒, 好まざる彼, 好みたがらないから, 好む支那詩人, 妨げる者, 始めましたね, 嫉妬紛れに, 子供等に, 学問上で, 実視し, 密告し, 尊重し, 尋ねるが, 少々話せ, 尚ぶ, 島田に, 已めなければ, 常に考慮, 年賀状を, 度々聾者, 弁じつ, 引くるめ, 強調する, 待ちかね給, 得ざるの, 得せしむるものだ, 得べく楽しみ罷在, 御世辞, 御存じだった, 御考え, 徴する, 心憎く思わね, 必要条件の, 忘れざるとともに, 忘れた日, 忘れぬ人, 忘れ人格, 怒つたり, 思いは, 思い出さぬわけ, 思い出しましたから, 思い出すとも, 思い思い運動服, 思い諦めさせようと, 思う度, 思つただけでも, 思つて記念日の, 思ひついたが, 思ひ付いて, 思ひ出しましたわ, 思ひ合せて, 思ふな, 思わず一日一日, 思議し, 急がせて, 恐るるなり, 恐ろしがっ, 恨んで, 悟ったもの, 悦び樂, 悪化する, 惜しんで, 想つた程, 意外にも, 感じた時, 感付いとった, 憂え周代, 憶えた, 懺悔の, 成せばとて, 手を, 打ち明けてから, 承はるやう, 承知致した, 拒まぬ親切, 持つもの, 挙ぐる未然に, 挙げ得るのみ, 探ぐるの, 控へる, 提言する, 改めていう, 敗る, 教えると, 文化人の, 断念しなけれ, 方眼紙に, 日記が, 明らさまに, 是だ, 暢気に, 書いた同氏, 書かずには, 書きつづつたごとく, 書き落とす, 書く積, 書面に, 有耶無耶の, 望むや, 未だに忘れず, 杏林といふ, 柏に, 業と, 榊原遠江守郡奉行伊藤半, 横田が, 欠かぬといふ, 欠く程, 歌い続けながら, 止められた, 此間行ツた, 残念にも, 毒々しく云ひつ, 気振りにも, 永く考え込ん, 決してそうは, 決心しまし, 沢山耳, 洗いざらい捜す, 涙乍らに, 混用し, 滔々と, 瀬戸物という, 為し遂げようと, 為せるん, 為れるの, 煙りの, 爲難し, 物語つて, 特徴と, 玉吉に, 理論的に, 田舎訛りの, 申したらしく後, 申し上げたに, 申し出て, 申す樣, 申出さ, 畏まって, 疑う心, 痛論した, 発見せられた, 皆さんお, 盟約する, 直覚せず, 看破し, 真顔で, 知った上, 知ってるワネ, 知つてい, 知つて心躍り, 知らしめたるのみ, 知らず芝居, 知らせる鐘, 知らない国, 知らなかった人々, 知らぬ故, 知らんであろう矢, 知りつ, 知り初める位, 知り用いた, 知るので, 知ん無え, 確かめた時, 示したかつたの, 示す要, 祈るばかり, 禁じ得なかつた, 私自身の, 稽古し, 窺知らむとて諸, 笑ふて語る, 粂之助へ, 素直には, 経紀する, 続かして, 繰り返させられて, 繰返しても, 罪悪と, 習ったわけ, 考えさせられました, 考えたら気の毒, 考えでも, 考えるすべて, 考える者, 考え大勢, 考え考え帰るの, 考へたくら, 考へはじめた, 考へるよりも, 考へ続けた, 聞いたらなるほどと, 聞かされても, 聞かせましたら, 聞かねえん, 聞きたかったの, 聞きましたら嘸, 聞き合して, 聞くかと, 聞く度, 聞最早, 聴いた上, 聴きもはや, 聽き込みました, 肯じ, 能考へ, 自得する, 致した手, 致し風俗, 色々思い出し, 苦痛を, 荒立てまいと, 薄々気味悪く, 行うにも, 行はんもの, 表徴する, 西浦賀の, 見せられると, 見て取つて, 見出さなかったばかりに, 見更に, 見附けださうと, 覚えないばかり, 親しい隣人たち, 覿面に, 言いあてられると, 言いなさるが, 言い出したら町内, 言い現, 言うけれど, 言うのに, 言う程, 言たり, 言った当人, 言つたガラクタ用心棒の, 言つてた, 言つて下さる, 言つて大して, 言つて板屋家に, 言つて置かない, 言はれたら, 言ひ張ります, 言ふらしい, 言わなかったの, 言んとて, 言葉尻に, 計ろうという, 訊き滯在, 託したる後, 記した短篇, 記せり以, 記録し, 許された神, 訴えたら, 証拠立てたの, 試みたが, 話しあつ, 話したら驚ろ, 話し合う事, 話すよう, 詳しく書い, 誇りて, 認めなかつたので, 認識しない, 語らない人, 語り宿直, 語る語り方, 誤る, 説き付けて, 説く様, 調ぶる, 調べ拔い, 論じたの, 論ぜられたよう, 諾いて, 謀ろう, 警察に, 譽める, 貴女へ, 起こさないほう, 起した最初, 軽々しく断定, 辯解らしく, 述べしやと, 述べようと, 追うて, 連の, 遊ばす神樣, 運べと, 遠慮すべき, 避けごく, 醸したとき, 鎮魂式といふ, 防いだ, 除かんと, 雄弁に, 面白く思ふ, 頼まれたの, 頼んだ所, 願はずにはを, 養母が, 高城に

▼ 事~ (21699, 14.6%)

1372 ある 655 あつた 525 出來 355 あった 327 出来る 305 出来た 287 ない 238 あるの 218 あると 206 あります 204 あるもの 195 あっても 191 あつて 186 あるん 181 出来ない 172 出来るの 165 出来なかった 161 書いて 136 出来たの 134 あって 131 あるが 105 なかった 97 あるから 93 できなかった 91 気に 85 多い 84 ありました 81 あれば, 出来ないの 78 出来ると 73 できた 68 あるので 64 出来ます 62 出来ません 60 できる, 出来るもの 59 あるもん 58 無い 55 出来なかつた 53 あっては, あるか, ないの 50 出来て 48 ないから, 多かった 47 あるかも, 出来なかったの 46 出来ました 44 あってから 42 あったが, あったの, ありますか 41 出来よう 40 出来れば 39 あつたら, できない 38 ありますが, ないと, ないので, 起って 37 ありません, 分る 36 ございます 35 わかった 34 出来るよう, 多かつ, 面倒に 33 あるそう 32 出来るか 31 出て, 出来ぬ 29 あるよ, なかつた, わかる, 出来ずに 28 分った 27 わかって, 出来ないで, 知れる 26 ないん, 必要である 25 あったん, できないの, ないとも 24 ありますから, できるの, 出来ないので, 頭に 23 あるかい, 出来ませんでした, 出来るかも, 起った 22 あるよう, 出来ましょう 21 ありますよ, 出来ないから, 出来ないと, 多いの, 考へられる, 訣る 20 あったと, あったので, ございました, 出来るやう, 好きで, 自分の 19 ありは, あるさ, あろう, できたの, なければ, 判明した, 有っても 18 ありまして, 分って, 判つた 17 あるに, 出来なくなった, 出来るから, 明らかに, 有って, 非常に 16 ありそう, ありましたが, あるやう, わかると, 出来るだろう, 妙に, 見えて, 起こって 15 ないでも, 出来ないよう, 出来なければ, 出来るので, 出来ん, 分つた, 沢山ある, 私の, 胸に, 起ったの 14 あるかね, あろうと, できなかったの, 出来るだらう, 出来る様, 好きな, 彼の, 無いの

13 [12件] あるけれども, あるとか, できて, できると, 出来たが, 出来なくな, 出来るん, 分つて, 無かった, 無かつ, 解る, 運んで

12 [11件] あるかと, あろうとは, しばしばあった, しばしばある, 何よりも, 出来ませんから, 出来るが, 判った, 書かれて, 氣に, 起ると

11 [18件] あったって, ありましてね, できません, できよう, ないで, ないよう, 出来たならば, 出来な, 出来ない事, 出来るであろう, 急に, 有るの, 有るもの, 私には, 行はれた, 親分, 言へる, 起りそう

10 [28件] ありますね, あるだろう, できないで, できます, よくある, わかったの, わかりました, 一度も, 云える, 出來よう, 出来たと, 出来ないもの, 出来なくなって, 出来なくなつ, 出来ぬと, 出来るかと, 度々ある, 心に, 新聞に, 明かに, 有ると, 残って, 沢山あります, 知れた, 言つてある, 起つた, 起つたの, 起りました

9 [37件] あったか, あったよう, あったら, あつてよ, あらば, ありましても, ありますと, ありますので, ありませんでした, あろうとも, できないと, できるよう, できれば, ないとは, よくあった, わかったので, 一つある, 出来たので, 出来ても, 出来なかつたの, 出来なくて, 出来ようか, 出来るという, 多くなった, 如何に, 少しも, 度々であった, 後に, 有つて, 無いと, 知れると, 私を, 第一, 起ったん, 起つて, 起る, 起るかも

8 [42件] あったそう, あったならば, あっちゃ, ありませんから, あるけれど, あるだけ, あるといふ, あるとは, あるならば, あるわ, ある位, ある筈, あろうか, ここに, できないので, できるか, ないが, なかったら, なかつたの, なくて, わかつた, わかつて, 世間へ, 何か, 出来ぬから, 出来ぬの, 出来ようと, 分ります, 分るの, 判ったん, 判りました, 問題に, 御座います, 心配に, 思ひ出された, 有るか, 有るから, 有ッ, 無いから, 解った, 記されて, 起るの

7 [41件] あった時, あらう, ありましたよ, ありましょう, あるし, あるその, あるでしょう, あるでしょうか, おあり, かいて, ございますが, すぐに, たくさんある, できそう, できないよう, ないもの, めんどうに, わかれば, 出来そう, 出来たかも, 出来たん, 出来やう, 出来るかという, 出来るだろうか, 出来るでしょう, 出来る筈, 分りました, 分ると, 判明し, 又と, 多いので, 大切な, 想像される, 明らかである, 気にか, 沢山に, 無いん, 知れて, 私に, 起るか, 面倒です

6 [57件] あったから, あったけれども, あったとしても, あつたらしい, あつちや, ありますけれども, あるそれ, あるだろうか, あるでせうか, あるらしい, あるんで, おわかり, きまれば, ございますから, できたと, できないん, できませんでした, できるもの, ないもん, なくなって, ねえから, ゆき子には, わかります, わかりますと, わかり切って, 上手だ, 世間に, 二つある, 人間の, 何の, 何度も, 出来たに, 出来たもの, 出来なくなりました, 出来ましょうか, 出来ますか, 出来る程, 分らない, 分れば, 多いと, 大きくなっ, 察せられる, 彼には, 彼女の, 彼等の, 必要な, 思はれる, 時々あった, 時々ある, 有っては, 有ります, 有る, 浮んで, 行われて, 解つた, 起きて, 起りは

5 [95件] あったかも, あったけれど, あったでしょう, あったに, あったらそれ, あった場合, あってよ, あつたつ, あつたなら, あらうと, あらうとも, ありさ, ありますの, あるからね, あるだらうと, あるです, あるという, あるわけ, ある私, あろう筈, いつまでも, いやに, ございまして, ござります, して, すむと, その時, できずに, できは, できるかも, できるから, ないって, ないという, なくては, はっきりと, わかつたよ, わかるの, 一つの, 不可能に, 云へ, 出来たか, 出来たから, 出来ただけ, 出来ないん, 出来ない位, 出来ない様, 出来ない程, 出来ない筈, 出来ぬという, 出来ぬもの, 出来ましたの, 出来まして, 出来ますまい, 出来るだらうと, 出来るだろうと, 出来るであらう, 出来るに, 出来る位, 出来んの, 判ったの, 厭に, 困難に, 多いが, 多いよう, 多くなつた, 大切である, 幾度も, 心配で, 忘られない, 思われた, 思出された, 明瞭に, 有つたら, 有れば, 此の, 永久に, 済むの, 済んで, 無いでも, 目に, 知られる, 稀に, 絶対に, 考へられた, 耳に, 自慢に, 行はれ, 行はれる, 見える, 言へ, 起こったの, 起っても, 起れば, 載つて, 面倒だ

4 [139件] あったという, あったね, あった日, あらうとは, ありましたか, ありますがね, ありますよう, あるかしら, あるからと, あるくらい, あるだらう, あるとしても, あるね, あるのに, あるン, ある様, いろいろある, おこった, ございましても, ございますので, すつかり, たびたびあった, つけ加へ, できなくなって, できぬ, できるかと, できるだろう, できるであろう, できるならば, どうして解る, ないけれども, ないのに, ないやう, ないよ, なかつたので, はつきりと, よくあつ, わかりましたよ, わかるもの, ハッキリと, 一つも, 一度や, 一般に, 一見し, 不思議に, 云って, 亦何とも, 今でも, 今に, 他人の, 何うし, 何度あった, 何度か, 出來やう, 出来たでしょう, 出来たらそれ, 出来ないという, 出来ないやう, 出来なくなる, 出来ぬが, 出来ねば, 出来ましたから, 出来ましたので, 出来ますから, 出来ますもの, 出来ませう, 出来ませぬ, 出来ませんので, 出来るかな, 出来るけれど, 出来るけれども, 出来るさ, 出来るし, 出来るだけ, 出来るだらうか, 出来るで, 出来るならば, 出来るもん, 出来る事, 出来る訳, 分つたの, 分るよう, 判ります, 判るだろう, 可能である, 吾, 多くて, 好きだ, 実際に, 容易でない, 容易に, 少い, 少なくない, 屡あつ, 山ほど, 幾重にも重, 度々あつ, 度々ありました, 彼に, 彼らの, 御座いました, 必要だ, 必要です, 忘れられて, 思い出される, 想像出来る, 日本の, 明白に, 最初から, 有った, 本当にある, 無いし, 無いので, 無くて, 珍らしくない, 発見された, 発見される, 知られるの, 肝要である, 能く, 自分に, 自然に, 解って, 記して, 訣つて居た, 許されて, 話の, 認められて, 起こった, 起こりました, 起ったので, 起った時, 起らないとも, 起らなければ, 起りさ, 起るよう, 運べば, 露見し, 頭を

3 [259件] あったっけ, あったのに, あったらいつ, あったらどう, あったら大変, あったら遠慮なく, あったり, あった時分, あってからの, あってからは, あつたり, あつてな, あらあ, あらうか, あらう何と, ありましたっけ, ありましては, ありましょうか, ありますかと, ありますからね, ありますぜ, ありますもの, ありますわ, あります物, ありませう, あり又, あるかの, あるきり, あるぜ, あるぞ, あるだろうと, あるであらう, あるであろう, あるはず, あるばかり, あるまい庭先, ある位めくら按摩, ある何, ある僕ら, ある場合, ある男, いけないの, いよ, いわれて, うまく行く, お分り, お前の, お気に, お耳, お解り, きまって, ここまで, この世の中, ございますか, ございません, ござりまし, ござる, すべての, すんで, そうと, それほどの, ただ一つ, できたが, できたという, できたので, できなくなったの, できますが, できるかという, できるが, できるだろうか, できるだろうと, できるはず, どうしても出来ない, どれだけ, ないかと, ないさ, ないじゃ, ないのよ, なくな, まだたくさん, ままある, むずかしくなる, よくあります, よくわかっ, よく分りました, よく分る, わかった時, わかりました時, 一二度あつ, 世の中に, 事である, 事実と, 二人の, 云へる, 人生の, 今までに, 他人に, 何だか気, 何となく気, 何よりの, 何より大切, 何度ある, 僕に, 先生の, 内容の, 凡ての, 出来さえ, 出来ず, 出来たし, 出来たであろう, 出来たという, 出来たなら, 出来たやう, 出来たらそれで, 出来たろう, 出来ないかも, 出来ないが, 出来ないとは, 出来なかったが, 出来なかったと, 出来なかったので, 出来なくなったの, 出来ねえん, 出来は, 出来まいと, 出来ますね, 出来ませんけれども, 出来ません其の, 出来るかしら, 出来るでしょうか, 出来るでは, 出来るとさえ, 出来るはず, 出来るよ, 出来るらしい, 出来る男, 出来んから, 分かって, 分かりました, 分ったの, 分りまして, 分るもの, 判って, 判りましたよ, 判ると, 判るもの, 判れば, 判明った, 動機と, 可なり, 君には, 君の, 唯一の, 嘘の, 多いから, 多いもの, 夢の, 奇妙に, 女に, 好いで, 好きだった, 始まったん, 始まって, 始まつたん, 始めて, 嫌いだ, 嫌いな, 嬉しかった, 察せられるの, 少くない, 尠く, 屡々ある, 度々あっ, 度々あった, 後から, 御座いますの, 御座りませぬ, 必ずしも不可能, 思い出されて, 思ひ出されて, 悪い事, 想像せられる, 普通な, 有りますから, 有ります物, 有るもん, 有ろうとも, 染みて, 極って, 極まれば, 極る, 正しいか, 歴々と, 殆ん, 毎度あります, 毎日の, 流行する, 流行って, 流行る, 済むと, 済んだの, 滅多に, 無いさ, 無いに, 無いましてや, 珍らしくなかった, 當時の, 目前に, 知れ, 知れた時, 知れては, 破れて, 確実と, 確実に, 穏か, 穏やかでない, 終ると, 考へ, 考へられます, 考へられるの, 胸の, 自分には, 自分を, 至難な, 行われた, 行われる, 複雑な, 解ったよう, 解らなくて, 解るもの, 解るん, 言はれた, 話題に, 誰にも, 貴方の, 起きた, 起きると, 起こるの, 起ったか, 起ったと, 起つたか, 起つても, 起りましたな, 起りまして, 起るん, 足りて, 足りる, 足りると, 足りるの, 身に, 載って, 追, 重なって, 重なれば, 閃いた, 間接に, 露顕し, 非常な, 顕われ

2 [784件 抜粋] あったじゃ, あったってな, あったです, あったな, あったなら私, あったねえ, あったよ, あったらこれ, あったら一々, あったら何, あったわね, あったんで, あった故, あっちゃあ, あっての, あなたの, あまり書生, あらふと, あらわれて, ありまさあ, ありましたから, ありましたね, ありましたので, ありましたら念, ありましょうとも, ありましょうね, ありますがナ, ありますけれど, ありますれば, ありませんね, ありまた, あり乍ら, あり得ようはず, あり得るだろうか, あり得るでしょうか, あり過ぎて, あるお前, あるがね, あること, あるそんな, あるだろうかと, あるって, あるとの, あるな, あるならその, あるには, あるまい, あるも, あるらしく雨, ある人, ある以上, ある様子, ある道理, あろぞ, あんまり多, あッた, いえる, いくらも, いって, いろいろあった, うかがわれる, おありでしたら, おこったの, おそろしくなった, お上に, お出来, お前に, きまりさえ, ここで, この事件, これで, こわくなった, ございましたが, ございましたら荘田, ございましては, ございますの, ございますよ, ございませんから, ございませんが, ござりまする, さう, しばしばだった, そう云う, そこに, その手紙, それだけで, それに, それより, たまらなくなっ, だんだんに, だんだん私, ちゃんと書い, ちやんと, つづいて, できたから, できたらその, できたろう, できたん, できなかったと, できなくなった, できなくなるの, できなくなるのみ, できましょう, できますね, できるという, できるなら僕, できるね, できるん, できんの, どうしてわからない, どうして今日, どうして或, どうにも, どこに, どれ程, どんなに恐ろしい, ないくせ, ないくらい, ないこと, ないぜ, ないて, ないな, ないなどと, ないね, ないらしい, ないン, ない様, ない氣, なかつたらうかと, なきや, なくって, なくとも, なくなったので, なくなる, なぜか, なんでも, はこびそう, ほんとうに, まとまりました, むしょうに厭, むずかしくなった, むずかしくなりました, もう厭, もつと, よいと, よくありました, よく分っ, よく聞きとれない, らでも, わかったら, わかったん, わからないの, わからないん, わかるかも, わかるだろう, わたくしには, グルグルし, センチメンタルな, ハッキリわかっ, 一ぱい出, 一二返, 一切だ, 一日に, 一番その, 一番の, 万に, 上手で, 下手だ, 下手です, 不可能であった, 不思議な, 不意に, 主な, 主に, 事自身を, 二三度ある, 云はれませう, 人の, 人夫の, 人間には, 今では, 伯父に, 何かの, 何でも, 何故に, 余り多く, 信じられなくて, 偶然に, 僕の, 僕は, 全くない, 公儀の, 出来したり, 出来ずし, 出来ずして, 出来ず又, 出来ず唯, 出来ず彼女, 出来ず発見, 出来たとしても, 出来たら, 出来たらいい, 出来たらどんなに, 出来たらばと, 出来たら君, 出来たら私, 出来た為, 出来ないくらい, 出来ないだらう, 出来ないに, 出来ないのに, 出来ない境遇, 出来ない為, 出来なかったとの, 出来なかったらどう, 出来なかったん, 出来なくては, 出来なくても, 出来なくなります, 出来にくく, 出来ぬけれど, 出来ぬとは, 出来ぬので, 出来ぬ其の, 出来ぬ此, 出来ねえ, 出来ねえから, 出来まい, 出来ましたが, 出来ました私, 出来ますけれど, 出来ますけれども, 出来ますの, 出来ませんと, 出来ようとも, 出来るかい, 出来るけれ共, 出来るぞと, 出来るつもり, 出来るといふ, 出来るとは, 出来るね, 出来るばかり, 出来るものぢ, 出来る人, 出来る以上, 出来る訣, 出来んで, 出来んやう, 出来難い, 分かつて, 分らないの, 分りかけて, 分るだらう, 分るん, 切なかった, 初めから, 判らないの, 判る, 判るね, 判るんで, 判明したら, 判明りました, 判然する, 別の, 前に, 前後四五遍も, 原則である, 口に, 可能であり, 可能に, 君自身に, 含まれて, 問題だ, 四つあつ, 困難で, 困難です, 土台に, 執念深い上, 変な, 多いこと, 多いのでね, 多いのに, 多いよ, 多いらしい, 多い為, 多うございます, 多くなっ, 夜に, 夢では, 大きいな, 大きくなりました, 大へん, 大事に, 大変に, 大抵は, 大變, 好きであった, 好きでした, 始まった, 始まつて, 始まるの, 嬉しいの, 実は無限, 実際退屈, 家中に, 容易な, 将来の, 少かつ, 少くなかつた, 少くなった, 少なかった, 屡々である, 山の, 巧い, 平家に, 平次の, 幾晩も, 度々で, 度々起る, 当るか, 当然に, 往々ある, 往々に, 後の, 御座いますから, 御座り, 心配な, 必しも, 必要であろう, 必要に, 念頭に, 思い出された, 思い浮んで, 思はれる夫, 急で, 恐いの, 悲しい, 惡い, 想像された, 想像せらるる, 感じられた, 感じられる, 成就し, 成就した, 我々の, 手取早く, 手軽に, 抑, 抑も, 持上がった, 持上がる, 推定出来る, 文太郎の, 断言出来る, 新聞種に, 既に一種, 早い, 早くも, 明らかと, 明白である, 普通に, 書物に, 最も賢明, 有ったか, 有ったらば, 有つた, 有つたん, 有ては, 有りは, 有りまして, 有りますと, 有るかと, 有るからね, 有るが, 有るよ, 有るんで, 有る様, 有ろうとは, 有利に, 未生前, 本当の, 根強いので, 極つて, 極まって, 次の, 次第に人間, 此上も, 殺到する, 毎度であった, 気にな, 氣にか, 沢山あった, 沢山書い, 浮んだ, 涙の, 済むから, 済むこと, 済むん, 済んだと, 満ちて, 澤山ある, 無いけれども, 無いでしょう, 無いとは, 無えじゃ, 無からう, 無くつて, 然う, 父の, 狭い紳士たち, 狹い, 現実の, 理解される, 理解せられ, 町に, 疊まつ, 発見され, 発覚した, 盛な, 直ぐ頭, 直接の, 真実なら, 眼に, 知られた, 知られて, 知れた日, 確に, 科学的に, 稲妻の, 窺はれる, 端なく, 第一義である, 細々と, 絶対の, 続いちゃ, 繰り返された, 繰り返されて, 罪に, 義男には, 考えられたもの, 考えられる, 聞えて, 自分にとって, 自分にも, 苦に, 蘇州へ, 解かりました, 解つて居, 解りましたよ, 言えたの, 言える, 言われたの, 言われる, 訊きたいと, 訊けたの, 証明された, 詳しく書い, 誇るべき事, 語り出されて, 誰の, 起, 起きたの, 起きるの, 起こりは, 起こる, 起ころうとは, 起ったね, 起ったよ, 起ったよう, 起つたと, 起らないやう, 起らなん, 起らねば, 起らん前, 起りにな, 起りましたので, 起りますから, 起るその, 起るだろう, 起ろうと, 載せて, 辛うじて順調, 逡巡われ, 逸子には, 運ばれた, 運転手の, 違って, 遺って, 重な, 重なったの, 長く詩, 閃いたの, 間違って, 随分多かっ, 難かしい, 頗る多い, 題目に, 馬鹿, 鮮かに

1 [5752件 抜粋] ああし, あったかね, あっただけに, あったには, あったらなん, あったら十円, あったら沢山, あったら訊くが, あった有様, あつしに, あつちや惡, あの人達, あまり刺戟, あらかたお, あり, ありましたあれ, ありましたのよ, ありました哩, ありますぺ, ありませうとんと, ありゃしないかと, あり却, あり得るもの, あり自分, あるかいな, あるこ, あるそのうち, あるちやう, あるでせうね, あるなら, あるなら早く, あるほど, あるらしくそれ以後, ある上童, ある兎, ある己, ある時には, ある為め, ある自分, あれだけの, あろうなどとは, いいか, いかにもも, いかに自分達夫婦, いくら隱, いちばん辛かっ, いつか姉の, いまさらに, いや私, いわれようかと, うまくおさまった, うるさい性質, おありなさる, おこつては, おたのしみ, おもな, お前さんにゃ, お末, かえってこの, かりにいい, きっかけで, きまる, ぐれはまに, こう手近, この地球上, この男, これほど, こんなに大任, ございましたらそう, ございます別けて, ござりました, さかんに, しかも二十句, したくなって, しみじみ想, すぐ察せられた, すっかり顕れ, すなわち津田, すむ筈, そうおい, そのため, その作った, その時代, その蝋石, それから, それまでに, そんなに腹立たしい, たくさんかい, たとへ, だいがくと, ちつとは, つきまとうて, つまり近頃, できたかも, できたも, できできるから, できないでしきり, できなかったため, できなくなったそこで, できぬと, できますという, できるかを, できるのに, ですね, どういふ風, どうしてもできなかった, どうしてわかりました, どうも危く, どのよう, どんなに悲しい, ないからのう, ないでしょう, ないんぢ, ない壁, ない生徒, なかっぺい, ながめを, なくなつ, なくヘラズ口, なく葬儀, なされるの, ならないと, なる場合, のめのめと, はじまるもの, はっきり思い出せない, はなはだしく不思議, ひっくり返って, ひどく面白, ほかふ, ぼくの, まざまざと, また一番心配, まだいちど, まだ終りません, まるで出来ない, みんな無意味でなく, むずかしくなっちゃった, めんどうだ, もしお, ものたりないすき, やたらと, やはりこの, ゆうべ実行された, よく出来た, よく注意, よほど確実, わかったでしょう, わかつたと, わからない馬鹿, わかりましたから, わかり意, わかるので, わたしの, カーライルの, スイスや, チョット明るく, ハッキリわかった, ヒドク私の, ヤットわかりました, 一々愉快, 一つ出来, 一ペンに, 一切翻訳である, 一年の, 一時でも, 一番よく, 一番必要と, 一眼に, 三つも, 上記の, 不安で, 不承知と, 不自由に, 世間で, 主人へ, 了し, 事とて, 事実有り得る, 二三度や, 二度や, 云はれた, 云われ時には, 人並より, 今だに, 今度の, 今日見る, 他に, 伝えられたの, 何あら, 何で人, 何となく彼, 何もかも分からない, 何んと, 何故出来なかったでしょう, 余りお, 余輩を, 便利な, 信ぜられるよう, 偶然にも, 元と, 先づはつきり, 兎に, 全く水の泡, 全部的には, 六ず, 其一つである, 再々あつ, 出ましたが, 出来こんな, 出来しないとも, 出来ずしかも, 出来ずロシア, 出来ず十月中旬シュレージエン, 出来ず映画界, 出来ず聊, 出来ず鬱勃, 出来たであろう目的, 出来たなら安い, 出来たものの, 出来たら二つ返事, 出来たら母鶏, 出来たり, 出来た自分, 出来ないじゃ, 出来ないなんて, 出来ない上, 出来ない彼自身, 出来ない者, 出来なかったその, 出来なかった最後, 出来なかつたら何, 出来なくなったという, 出来なくなり里, 出来ぬなどと, 出来ぬ宿, 出来ねえが, 出来まいけれども, 出来ました昨晩, 出来ますわ, 出来ませんでしょう, 出来ません破れば, 出来やせん私, 出来るかは, 出来るだろ, 出来るで御座いましょう, 出来るなら贋電報, 出来る作, 出来る相, 出来る身分, 出来二度目, 出来悪く, 出来相に, 分かりまた, 分っただろう, 分っても, 分らないん, 分らんでは, 分りゃしないかと, 分り路銀, 分るのみ, 切れて, 判った時, 判らないん, 判り切って, 判然した, 前の, 動詞並びに, 十分餘り, 単なる遊戯, 即ち此, 却つて物に対して, 又し, 収まった, 古史に, 可能でありうる, 吉宗の, 向上の, 呑込めなき, 問題だった, 喜ばれる, 困難であった, 国是である, 在ると, 堪らなく苦痛, 変でならない, 多いでしょう, 多かったら, 多く江戸番, 夜通しに, 大きいと, 大げさであった, 大仰に, 大変すきで, 大津絵に, 太郎にだけ, 奈何し, 好きだつた, 如何な, 妙で, 始まる, 始終頭, 嫌ひだと, 子分の, 安全だ, 定まつて, 実は嬉しく, 実際もう今ここ, 容易くたしかめられよう, 寝むことを, 實は, 小せ, 少くなっ, 少し分れ, 少なくとも両者, 屡ある, 巧かつ, 常に新, 平気を, 幾つも, 度々あります, 廃せられて, 強い程, 当時の, 彼自身にも, 後になつ, 得意でした, 御座いました旦那様, 御座るて, 心外でござる, 必ず問題, 必要であります, 忘れられなかつた, 念中に, 思えば, 思ひ出されたの, 急だった, 恐ろしいから, 悉く削られ, 悲しく切なく目, 想像され, 意外らしい, 感覚には, 成らないて, 成婚の, 我国の, 折々あったです, 持ち上つたもの, 捗取つて, 搬ぶ, 数しれずひそん, 斯うし, 新聞紙で, 既に目的, 日本人の, 明かである, 明白でない, 春琴に, 時にはある, 曝露された, 書かずに, 書物で, 最も必要, 有う, 有ったよう, 有と, 有りましたよ, 有りますりゃア私, 有りよう, 有るぢ, 有るわねえ, 有る柄, 有難いお, 本当であっ, 杏坪の, 果して在り得よう, 根に, 梁の, 極めて不徹底, 樂しくなくなり, 次第次第に, 此れ, 武田へでも, 殆ど確実, 段々訣つて, 毎晩の, 気にいらないなにかと, 永く語り伝へる, 決して無い, 決らば, 沢山あるやろ, 注目に, 流行つては, 消息の, 混乱し, 済むなら訳, 渡の, 潜んで, 点頭かれるの, 無いほど, 無い限り, 無くなったと, 無意味に, 爺や, 犇, 珍しくなく, 現在いくら行はれ, 甚しく, 生命である, 町から, 當てになんぞ, 痛ましく眺められた, 発覚以来, 皆な, 皆色の, 目にも, 直ちに彼, 相踵, 真理に, 知りたくなった, 知れたらまずい, 知れよう, 研究され, 確かめられた, 禁ぜられてでも, 私自身の, 稀で, 穏便に, 突発する, 第一番眼, 約束どおりに, 終るまで, 絶えない, 続くため, 繰り返え, 罪悪である, 考えられて, 考へられるすこし, 聞きたいの, 肝心です, 胸先に, 自分にさえ, 自然的に, 良いか, 芳子さんの, 苦しくなり, 荒立たない, 藩地へも, 行われた時代, 表われ, 西洋の, 見つからないとも, 見受けられて, 親しみなく, 解つたら, 解らないとは, 解らんと, 解る理, 言えようかと, 言われうる, 訛伝された, 許されないから, 許すまじき危険思想, 話に, 説明されおり, 論ぜられたり, 貴方方, 起きたといった, 起きんでも, 起こった後, 起こるお, 起ったさ, 起ったら子供たち, 起ってからは, 起らなかったのに, 起るだろうなあ, 起るはず, 趣味だ, 足る, 載った, 近頃大分流行, 通ぜられると, 進んだので, 運びましたので, 運んだらいずれ, 道義的鈍感を, 遺憾だ, 重なるか, 重要である, 長く生きる, 間々有るで, 間違わなければ, 隠しおおせると, 離れにくく, 露顕しなけれ, 面倒で, 面白くなかつた, 頗る大, 顕れて, 駿介の

▼ 事~ (20600, 13.8%)

618 ない 223 ありません 217 出来ない 167 なかった 153 出來 124 どうでも 119 ないの 111 ないが, ないと 109 無い 77 あるまい, 少しも 71 出来ません 67 一度も 66 何も 62 ございません 59 なかつた, 出来なかった 58 出来ぬ 57 私の 56 何でも 54 忘れて 51 あるまいと 46 出来ないの, 前に 44 ないん 42 ありませんよ, 知って 38 明らかである, 無いと 37 して, 後に 36 私には, 絶対に 35 あるが, 無いの 34 ないよ, 無かつ 30 一つも 29 事実である, 何う, 勿論である, 自分の 28 できない, 言は, 誰にも 27 私が 26 どうで 25 滅多に, 無かった, 私も, 非常に 24 ないか, 出来ないと 23 しない, 前にも, 決してない 22 ありませんでした 21 ありませんが, 出来ないが, 申すまでも, 誰も 20 ありませんか, ないじゃ, ないで, 出来なかつた, 無いが 19 ある, 云うまでも, 云う迄も, 容易に 18 あっても, ありますまい, それは, ないから, 彼の, 確かである, 私は 17 あるまいが, できなかった, ないでしょう, 不可能である, 私に 16 ないさ, 人の, 無いん, 考へて, 言へ 15 しなかった, ない筈, 出来ないもの, 確かだ 14 いうまでも, なんでも, もちろんである, 何にも, 何の, 出来ぬと, 出来る, 聞いて, 誰でも 13 あつた, ないよう, 一言も, 云ふまで, 僕は, 出来まい, 出来ませんが, 御座いません

12 [12件] ありませんから, 云は, 今の, 始めから, 容易な, 彼が, 心得て, 日本の, 疑いを, 知らない, 言ふ, 誰しも

11 [19件] いちども, しません, それが, ないけれども, ないもの, なかろうと, よく知つて, 一つの, 中, 事実だ, 云ふ, 他の, 僕には, 口に, 思いも, 此の, 無いよ, 考えて, 自分で

10 [21件] あるまいな, あるめ, いつでも, ないだろう, ないわ, なかつたの, 人間の, 今まで, 今までに, 今も, 仕方が, 僕が, 出来るが, 前から, 承知し, 昔から, 無い筈, 無論である, 言うまでも, 言うまでもない, 言ふまで

9 [12件] あつて, これを, ございませんが, それで, まるで忘れ, 今でも, 何人も, 彼等の, 殆ん, 無いけれど, 能く, 覚えて

8 [42件] ありは, ありませんね, あるもの, いたしません, お前も, これまで, しないの, しなかつた, できないの, ないので, ないはず, なかろう, なしに, ならぬ, わかって, わからない, 上に, 今に, 何んで, 先生の, 出来ても, 出来ないから, 出来ないであろう, 出来なかったが, 出来ますまい, 出来ん, 君の, 子供の, 彼に, 思ひも, 明らかに, 昔の, 有りません, 有りませんが, 無いので, 申しません, 疑ひも, 知らぬ, 知れて, 私にも, 誰の, 間違いない

7 [56件] あったが, ありませんわ, あるかも, ございませぬ, たしかだ, たしかである, できません, できる, どうだって, ないけれど, ないぞ, ないだらう, なさそう, なし, なんにも, ねえが, 世間に, 事実です, 云って, 些とも, 人に, 何が, 何よりも, 僕も, 兎も, 全く忘れ, 出来ないん, 分って, 別問題, 別項, 到底不可能, 到底出来ない, 吾, 困難である, 固より, 姑く, 察せられる, 彼には, 彼女の, 明かである, 明かに, 止して, 気に, 無いから, 無いだろう, 無いでしょう, 疑いも, 皆な, 知りません, 秘密に, 考へられる, 自分が, 自分でも, 自分に, 許されて, 誰れ

6 [52件] あった, ありませぬ, あると, ここに, したくない, しないもの, すぐに, する, た, ないかと, ないらしい, なからう, ほんとうに, よくは, よして, 上手だ, 今日の, 今迄, 何うし, 何か, 何とも, 何んにも, 余が, 余の, 僕の, 出来ないので, 出来ぬもの, 出来ませぬ, 出来ませんよ, 初めから, 勿論です, 君も, 問題に, 如何に, 存じて, 或る, 既に述べた, 明白である, 最初から, 有るまいと, 止めて, 止めに, 決してなかっ, 無からう, 疑いない, 疑を, 直ぐに, 知らないん, 知りませんが, 考えない, 覚束ない, 解って

5 [99件] あなたの, ありとも, ありませんけれども, ありませんと, ありゃしない, ありゃしません, あり得ない, あるまいね, あるん, ある筈, いくらでもある, お前の, お聞き及び, これだけ, これに, これは, ございませんか, ございませんでした, しないで, しなければ, すっかり忘れ, それだけ, たしかであった, ちつとも, できないと, できぬ, とても出来ません, ともかくも, どれ程, ないお, ないかね, ないし, ないです, ないという, ない何, なけれど, ねえから, ねえん, よく知っ, わかつて, 一から, 一種の, 世の, 人間に, 他人の, 何と, 何一つ聞き知り, 元より, 充分に, 先生には, 出来ないぞ, 出来ないで, 出来んの, 別に, 到底出来ぬ, 右の, 噫にも, 多くの, 大きらい, 女の, 子古, 實に, 平気な, 心の, 心配する, 忘れたよう, 恐ろしい, 悪い事, 明らかな, 普通の, 有ません, 有りませんよ, 村の, 構わない, 殆ど不可能, 決して無い, 沢山ある, 済む, 無いさ, 無い私, 珍らしい, 珍らしくなかった, 申し上げて, 申す迄も, 疑いの, 百も, 確かに, 確である, 神の, 稀で, 自分には, 致しません, 言うまでもなかろう, 訣る, 誰れで, 調べて, 足りた, 面倒に, 驚くべきもの

4 [173件] あしたの, あります, ありますが, ありますまいが, あり得ないと, あるの, あるまいから, あるまじと, いって, いふまでも, いふ迄も, おくびにも, おまへん, きらいな, ここで, この上, この事件, この時, これでも, ございますまい, さすがに, さておいて, しねえが, しまいと, すつかり忘れ, すんで, その中, その時, その頃, それを, そんな事, たくさんある, てんで問題, できないが, できないもの, どうした, どうだ, ないのに, ない私, ない自分, なかったでしょう, なかつたが, ならん, ならんと, ねえの, はじめから, ほとんど不可能, まれな, むずかしい, もうこの, やつて, やめに, よくある, よくない, よく人, よろしく頼む, わかりません, わかる, わたくしは, わたしには, 万に, 下に, 不可能であった, 不可能であらう, 不可能です, 不可能な, 世間の, 丸で, 争われぬ, 事実の, 云わなかった, 云われないが, 今から, 何という, 何を, 何んと, 信じて, 僕にも, 先生が, 兼て, 出来そう, 出来ないかも, 出来ないけれども, 出来なくなった, 出来ぬから, 出来まいと, 出来ますまいか, 出来ませんから, 出来よう, 出来るの, 出来るはず, 分つて, 分らないが, 分りませんが, 別として, 前述の, 可能である, 困難だ, 大した事, 大嫌, 大抵の, 大衆を, 女も, 存じません, 容易で, 密なる, 少くとも, 度々ある, 当然である, 当然の, 彼れ, 御座いませんか, 御座なく, 御心配, 心配しなく, 急を, 想像が, 想像に, 我々の, 我れ, 措いて, 支那の, 敢て, 新しいが, 明瞭である, 易かつ, 昔と, 有まじ, 有りは, 未だ曾, 未だ考へない, 本當, 殆ど無い, 気が, 水に, 沢山あります, 済みました, 済むの, 無いじゃ, 無いぢ, 無いよう, 無くな, 珍しくない, 男の, 疑ひが, 知らないが, 知らないと, 知らないの, 知らなかつたが, 確かです, 確に, 私から, 私にとって, 考えられない, 耳に, 聞きたくない, 自己の, 自然に, 自然の, 自由に, 至難である, 解るもの, 言う迄も, 言えない, 言って, 訣らぬ, 認めて, 誰が, 誰に, 誰にでも, 足りる, 重大で, 非常な

3 [338件] あきらめる方, あとで, あなたが, あなたにも, あなたも, あまりにも, ありて, ありゃあ, ありやしません, あり得ない事, あるまい今, あるまい殊に, あるまじ離縁, いくらでも, いくらも, いつの, いつまで, いひますとも, いわなかった, うらはらに, お出来, お忘れ, お考え, きれいに, きわめて簡単, こ, ここでは, この一事, この位, これで, これと, これまでに, これも, ございませんもの, ございませんよ, しても, しないから, しないだらう, しないと, しないよ, しない私, しない筈, しませぬほどに, しも, すむ, すむの, そう容易, その當時, それから, たしかな, ただの, たまらないと, だれでも, だれも, ちっともない, ちっとも知らない, どうしてもできない, どうしても出来なかった, どうでもよ, どうなっ, どうなる, どんな事, ないかい, ないけれ, ないじゃあ, ないぜ, ないそう, ないそれ, ないただ, ないだろうか, ないぢ, ないといふ, ないとしても, ないね, ないのよ, ないまでも, ないまるで, ないやう, ないわけ, ない余, ない呼出し, ない手前, ない稽古, なかったであろう, なかったです, なくな, なし明け, なし此方, なにも, ならぬか, ならんぞ, まずない, まるで知りませんでした, まアどう, みんな言っ, むずかしかった, やって, よく分っ, よく判ります, よく覚え, よく解っ, ドウでも, 一も, 一ツも, 一切しない, 一切判らない, 一寸も, 一日も, 一言半句も, 一通りで, 万, 不承知かと, 世界の, 之なき, 之は, 之を, 予ね, 予期し, 事実で, 事実な, 事實だ, 二三の, 二人の, 云へ, 云や, 云わずに, 云わないから, 云わないで, 云わんでも, 人間として, 今は, 今更取, 他に, 以前の, 任せて, 何うも, 何だか私, 何である, 何といふ, 何に, 何一つない, 何事に, 何処にも, 何時でも, 何時までも, 俺の, 俺は, 僕に, 先生も, 入らず他所, 全くの, 全く無い, 全く知らなかった, 全然不可能, 六かしい, 出たが, 出来たの, 出来ないだろう, 出来ないでしょう, 出来ない事, 出来ない筈, 出来なかったの, 出来なかつたが, 出来なかつたの, 出来ぬけれど, 出来ぬ筈, 出来ねえ, 出来ませんでした, 出来ませんね, 出来ませんもの, 出来ようと, 出来んが, 出来んですよ, 分かつて, 分らないの, 分る, 判って, 判らない, 前と, 前の, 前後に, 割れた, 口を, 口惜しいや, 同じ事, 君として, 嘘だ, 困難で, 困難であろう, 夜が, 大した問題, 好加減, 如何なる場合, 娘の, 嫌いだ, 学校の, 完全に, 容易でない, 察する, 小学校の, 山々ある, 己は, 己も, 幾度も, 度々の, 当に, 彼は, 後項, 御座いませぬ, 御座いませんが, 御座りませぬ, 心配しない, 忘れたの, 忘れても, 忘れなかった, 忘れません, 怪しむに, 恐ろしい事, 想像し, 想像する, 慥である, 所詮夫, 文章の, 断念し, 新聞で, 日を, 日本に, 明である, 明らかだ, 明らかで, 明日に, 昨日の, 暮色の, 更らに, 書いて, 書いてない, 有りませんから, 有名な, 本当だ, 本当な, 極って, 極て, 極めて稀, 極めて重大, 此に, 此方に, 此書の, 残念ながら, 母が, 母の, 氣が, 決してありません, 決して口外, 決して御, 決して珍しく, 澤山ある, 為ない, 無いお前, 無いか, 無いかと, 無いかも, 無いぞ, 無いだらう, 無いで, 無いもの, 無いわ, 無い何, 無い其方, 無い着きたい, 無い謝罪, 無論であった, 片時も, 猶後, 珍らしく, 生れて, 申されません, 申とも, 男子の, 疑う余地, 疑はれぬ, 疑も, 疑われぬ, 皆この, 盲目按摩の, 直接に, 相成らぬ, 真面目に, 知ってる, 知つてゐる, 知らなかった, 知らぬが, 知らぬ人, 知んねえ, 確かで, 確からしい, 確実である, 確実らしい, 私でも, 私と, 私どもの, 私にと, 稀である, 穏便に, 第一, 終った, 終って, 絶對に, 考えないこと, 考えられない事, 考へません, 耳にも, 腹を, 自分ながら, 自分も, 自然と, 致しました, 致しませぬとて, 致しませんから, 落着した, 親として, 解るとも, 言うまでもない事, 言はれない, 言ふまい, 言わないで, 許されない, 読者の, 識者の, 警察の, 豫て, 足りるの, 足るべしあはれ, 述べて, 邦家の, 都て, 重大に, 面白くない, 頓と

2 [1085件 抜粋] あきらめて, あったの, あてに, あまりない, あまり興味, ありませんお, ありませんけどね, ありませんでしたか, ありませんねえ, ありまへん, ありゃア, ありやう筈, ありようはず, あり得る, あるだろう, あるよう, あれど, あんめえ, いいかげんに, いうて, いう迄も, いかに軍曹上り, いけない事, いずれまた, いそがしそう, いふまいと, いらないん, うれしいもの, おれには, お互, お前に, お前にも, お医者さん, お案じ, お話に, かつてない, かねての, かまひません, きつと, きょうの, きんには, このよう, この土地, この母, この男, これからは, こればかり, これ限り歸りまする, ございませんです, ございませんわ, ござりませぬ, さて馴れた, した事, しないだろう, しないとか, しなかつたらう, しませぬ, しやしません, すぐ分る, すこしも, すでに述べた, するもの, せぬが, せめてもの, そう云っ, その事, その作品, その当時, その者, それから後, それだけな, それに, たびたびある, ちっともありません, ついぞない, ついまだ叔父, てんで知らない, できないかも, できないという, できなかったが, できませんでした, できるはず, とくの, とてもできません, とんと御存じ, どうかと, どうしても出来ない, どうする, どうなった, どう考え, どこまで, どんなに悲惨, ないからね, ないこと, ないその, ないだろうと, ないて, ないでも, ないに, ないわね, ない主人, ない大丈夫, ない様, ない気, ない男子, ない辛抱, なお更, なかったろう, なかつたか, なかつたん, なかなか出来ない, なかろうじゃ, なきや, なくただ, なくつて, なくなって, なくまあ, ならぬぞ, なるべく避け, ねえよ, ねえ江戸中, はなはだ多い, ほとんどない, ほとんど無い, まえから, また此地方, まだない, まだ有りません, まだ誰, まるで古風, まるで頭, みんな忘れ, むずかしいと, むつかしい, めったにない, めったに無かっ, もう何とも口, もう自分, やはり自, やめなかった, ゆき子にと, よく承知, よく知らぬ, よく聞い, わからう筈, わからぬが, わかりませんが, わざわざここ, わしには, わたしが, オクビにも, トックの, マア不得要領な, モウ全然, 一と, 一先づ措きまし, 一向に存じません, 一回も, 一層私, 一生出, 一目に, 一眼で, 一般の, 一遍も, 三人とも, 三尺の, 下品です, 不可然, 不可能であります, 不可能に, 不得手, 世の中の, 並ぶ者, 亂暴だ, 事実が, 事実であります, 二三年いや, 二度と仰し, 云えない, 云わねえから, 些しも, 人々の, 人を, 人民の, 人間最高の, 今思ひ出し, 仕事師に, 他が, 他日別, 以上の, 何から, 何と云う, 何んの, 何一つ無い, 何人にも, 何度だ, 何所までも, 何時も, 余りなかっ, 作品の, 例に, 保証し, 俳句の, 兄に対しても, 先生と, 全くわからない, 全く知らない, 全世界, 六つかしい, 其室玉瀾を, 内密に, 冬の, 出て, 出来ず人, 出来な, 出来ないし, 出来ないという, 出来ないもん, 出来ないわ, 出来なかったのに, 出来なくなります, 出来ぬの, 出来ぬ余, 出来ねえから, 出来まいか, 出来ませんからな, 出来ません殊に, 出来るだけ, 出来ると, 出来るよう, 出来難い, 分らないん, 分らん, 初めてだ, 判らないけれども, 判りません, 判り切って, 別に不思議, 到底できない, 努めて, 勝手である, 勿論で, 勿論にて, 勿論よしんば狸, 十七世紀の, 卑怯だ, 却て, 厳に慎しみ, 又あと, 双方の, 口から, 古い物語, 古今東西相違あるべく, 史家の, 君が, 君に, 周知の, 唯の, 問ふまで, 嘘では, 困難かも, 困難であり, 困難中の, 塚本さんから, 外の, 多分な, 夜の, 夢にも, 夢にも考へ, 夥多しい, 大に, 大変に, 大抵忘れ, 天子の, 奈何でも, 奉公人達が, 好まん, 妙に, 始めて, 婢に, 字, 存じませんから, 宜い, 実際に, 家庭に, 容易で無い, 将来に, 少からず, 少なかつた, 少年が, 屡, 屹度言ふて, 己を, 常に斯, 年を, 幾らも, 幾度か, 度々あった, 弟子たちにも, 当然だ, 彼も, 彼女に, 彼自身も, 後で話す, 後の, 得しないで, 御前の, 御座いますまい, 御座んせぬ決して決して, 御話, 心に, 必ずしもその, 忘れる事, 思いの, 急いで, 急に, 恐ろしくて, 悪いこと, 惡い, 意に, 感謝を以て, 成就した, 我々が, 我慢し, 手に, 手柄にも, 抑, 挙世の, 改めて断わる, 文芸の, 断言し, 斷じ, 既にわが, 既に前, 既に言, 既に説いた, 日本では, 日本紀の, 明かな事実, 明らかなり, 明治の, 明白なり, 易々たる, 春が, 時々ある, 書いてなかった, 書かれて, 曾て, 最近の, 有りませんわ, 有り得ない事, 朝に, 本居翁, 村中知らぬ, 東京へ, 格別その, 棠軒公私略に, 極めて簡単, 欠くまじ御, 止しに, 止めましょう, 此等の, 殆どない, 殆ど何, 毎晩の, 氏の, 気を, 氣の, 永遠に, 決してしません, 決して不自然, 決して做, 決して出来ない, 決して悪い, 泥を, 津田にも, 淋しい事, 濟めども, 為方, 無いけれ, 無いです, 無いのよ, 無いらしい, 無い訳, 無かろう, 無さそう, 無事に, 無論です, 無際限, 無駄です, 熟く, 爭はれぬ, 父母の, 独り礼を, 玄鶴は, 現代の, 理屈に, 甚だ稀, 生れてから, 申さずとも, 申されませんが, 申せません, 男も, 疑ひの, 疑問である, 疾くより, 皆が, 相成らぬぞ, 真っ平だ, 真個に, 眼を, 知つてる, 知つてを, 知らないから, 知らなかったが, 知らぬ者, 知られて, 知らんが, 知れきって, 知れる, 確かであります, 私にとっては, 私共の, 私達の, 秘して, 稀に, 種々な, 簡単だ, 素より一般教養, 細君の, 終る, 絵の, 綺麗に, 老人の, 考えただけでも, 考えない方, 考えられる, 考へても, 考へないで, 考へまい, 考へられます, 聞いても, 聞きませんでした, 胸に, 自分にも, 自身の, 致しませぬ, 色にも, 芸術の, 茲に, 葉子が, 蘭軒の, 見て, 見當, 覚えが, 覚悟の, 解つてゐた, 解らない, 言えません, 言はれる, 言ふて, 言へる, 言わない方, 言わぬ, 言葉の, 許されないであろう, 許さん, 許宣の, 話しませんでした, 詳ならず, 説明が, 説明する, 読めるが, 誰よりも, 論理的には, 諸書, 議論の, 豈夫, 貴方も, 起って, 足って, 足りる茶の湯, 車屋と, 辛抱する, 近来殆ん, 迚も, 過去に, 避けまた, 郎女様の, 重に, 重大である, 重要な, 鏡の, 随分ある, 難かしい, 項を, 風が, 餘り, 馴れて, 驚く程

1 [9809件 抜粋] ああいう, あったとしても, あの前, あまりと, あまり八釜, あらざるべし, ありましたけれど, ありませんぜ, ありません何で, ありゃしないわ, あり得べからざる場合, あるに, あるまい後悔, ある程度までは, あんまり知れすぎ, いえないけれども, いかにも崇嚴, いくら己自身, いずれ作人, いちいち皮肉, いつたい何, いづれ御, いますが, いやな, いわなかったん, うまく行きませんでした, おそらく不可能, おぼえて, お互によく, お口, お江戸開闢以来, お茶の子サイサイで, かえって彼女, かなりひろく, がんせん, きらいであった, けしからんです, ここの, このたび, この作品, この年, この盤, これから五, ございますまいから, ござらないが, さして難事, さっぱり存じません, さらに後, したくも, しない何, しなくなり彼, しまへんさかい, すぐ分った, すっかり詮め, すでに近ごろ, すべて思う, すむだらう, ずいぶん仕込まれ, せなん, そうこっち, そのあと, その創作集, その山, その料理, その終局, その鞭根, それだけ日本, そんなにさびしい, たしかであります, ただ形, たとい新体詩史, だらしが, ちっとも考え, ちょっと名誉, つくづく思わず, てんで存じません, できなかったであろう, できませんからね, とうから知っ, とてもない, とても言葉, どうか知らん, どうしてわかった, どうでしょう, どうも時間, どちらでも, どんなに怖し, ないかうし, ないそこ, ないでしょうな, ないほんの, ないワと, ない全く, ない密通, ない新式, ない然, ない自信, なお頗る, なかつたわ, なかなか興味, なくいつも, なくなり同時に, なく暢気そう, なさらない方, なし気合ひで, ならぬすぐ, なるべく言わず, なんねえか, ねえどんな, はこばれた, ひとへに, ほかにも, ほとんど理解, ほんまは, まことに是非, まずなかっ, また大きな, まだまだ沢山ある, まだ幾分一人決め, まったく被, まるで夢, みえない, みんなこの, みんな拵え事じゃ, むしろ容易, むろん野村, もうなかっ, もう念頭, もう言, もちろん全くの, もっと手近, もはや疑い, やっちまいましたよ, やはり真暗, やりかねない女, ようやく忘却, よく冐險旅行記等, よく知らない, よし多く, よろしゅうございます, わからんね, わが掌, わたしどもが, アイヌの, カラ出來ない, スツカリ無い, トーキーの, フランス女殊に, マリユスにとっては, 一々御, 一ばんの, 一再でない, 一切抜き, 一向にしない, 一向氣, 一寸考えられなかった, 一應之房利安の, 一汎に, 一葉落ち, 一面には, 万人の, 上代のみ, 下田港より, 不思議でなく, 不適当, 両方からの, 主任から, 之無や, 予在外中数度, 事に, 事柄が, 二度やりたい, 云うに, 云ってるのよ, 云わないだって, 云われます, 亡き妹, 人世を, 人間性に, 今にな, 今度が, 今昔物語にも, 今申す, 仕事に, 他日私が, 以前オール読物の, 伏せて, 佐渡守も, 何だかちっとも分りゃしない, 何とも云え, 何もかも柴忠さん, 何んとも, 何分よろしく, 何等流行, 余り珍, 余輩かつて, 例が, 信じないと, 俳優に, 偏頗な, 僕にゃ, 兄弟ぢゆう, 先づあるまいと思ふ, 先日秘っ, 全くありません, 全く反対, 全く無く, 全く闇黒, 全然念頭, 公儀に, 其から, 其威力が, 兼に, 写実的技能を, 出ましたけれど, 出来ず学生, 出来ないけれど, 出来ないらしいな, 出来ない東京, 出来なかろう, 出来ぬに, 出来ぬ顔, 出来ますけれど, 出来ませんサア, 出来め, 出来る私, 出来無い, 分つてを, 分りやしょう私, 初めて, 判らなかつたが, 別にそれほど心配, 到底ただ, 到底行, 前御話, 加持でも, 勝手に, 勿論又, 勿論覚悟, 十分可能に, 千太郎存生の, 南方の, 危ない当て推量, 却っていけない, 厳禁だ, 双方に, 受け合うよ, 古く内地, 只一つ殘, 台記によ, 同じだ, 同時代, 君にとっても, 否応なしにやり遂げる, 和漢の, 問題自身の, 喜劇の, 回復期に, 国造の, 地面を, 増田から, 多くは, 夜中人家に, 夢にも考えた, 大きな流, 大佐の, 大問題, 大家さんが, 大概間に, 天一坊から, 太平記に, 女, 好いじゃ, 好意上爲て, 妙と, 姑摩媛が, 嫌いです, 子供心に, 存外利, 安井彦右衛門と, 宜しくお, 実に法外, 実は初代延若, 客の, 容易であった, 察しが, 寺院側の, 小さいが, 小生絶対的反対に, 少し學問, 尚諸君, 屡々経験, 屹度ある, 己が, 常に他人, 平安朝の, 年末の, 度々であった, 引上げても, 当前, 当然小さい, 彼女にと, 後々までも, 後廻しに, 得手では, 御存じない, 御承知, 徳川時代に, 心配に, 必ずやり通す, 必要と, 忘れませんよ, 忠実な, 思い出しさえも, 思つてもぞ, 思ふまじ呪咀, 怠らない指紋, 恐らくは鎮魂祭, 恥でも, 悪いで, 惡く, 意味が, 感じ取らねば, 應永頃より, 成就しない, 我国の, 或場合, 手にも, 承る必要, 押し切っても, 探偵小説には, 支那でなくっ, 散りしく桜, 文壇諸, 断じて出来ません, 新日本, 既にお話, 既に或, 既報の, 日本は, 旦那樣より, 早く行っ, 明に, 明白です, 昨年五月十五日に, 是非書こう, 晋子が, 更にない, 書きたくない, 書置に, 最大の, 月足らずの, 有りませんけど, 有り得べき道理, 有得る, 朝飯前から, 未だに気, 末の, 本当に申訳けが, 村方で, 東西を通じて, 柳田君の, 棚に, 極めて古くからの, 極秘だ, 構わないで, 欠かぬ, 欲得では, 正しいよう, 此によ, 此辨公, 死んだ, 殆ど毎日, 殊に酒, 母へも, 比較的少く, 気にも, 永続する, 決してしないです, 決して人後, 決して本人, 決して聴きません, 決まったと, 注意しなけれ, 浄海入道と, 深く肝, 済んだ所, 漠然と知つて, 為なかつた, 無いなど, 無い恋愛弁理士同士, 無えがね, 無くただ, 無けれども, 無理でございます, 無頓着だつた, 爲ない, 物理学で, 狸の, 現ナマ, 琉球の, 甚だ愉快, 生徒に, 甲野に, 申し上げる訳, 男女お, 番兵の, 疑おうよう, 疾く書かれ, 百太夫或は, 皆んな主人の, 皆忘れ, 皆駄目でした, 直ぐ悟った, 直覚し, 相違ない, 真に危険, 眼の, 知ってるワネ, 知らざれば, 知らない事, 知らんがね, 知るまい切め, 石壁法に, 確であった, 祖先以来経, 神聖な, 私たちは, 私共, 秤量にても, 空想でない, 第一無理, 簡単よ, 素直に, 結局に, 絶えなかつたから, 総て女の, 置いて, 翌朝岡山の, 考えなくても, 考へた事, 考へられ又, 聞いてるが, 聞き囓, 聴かぬが, 背嚢を, 自ら別で, 自分同様一生の, 至って殊勝, 致し方が, 芝居の, 若し罪悪, 英国の, 蔽うべからざる事実, 虚心な, 行われない, 裸體美の, 要之助さえ, 見当らなかつた, 親兄弟, 解らないが, 言い出せるもの, 言った, 言ひたくなかつた, 言わない柳子, 言われねえ, 記さずとも, 許されぬ, 証拠が, 話したよう, 認めざるを, 誠に心, 読ませる事, 誰一人想像し得る, 諸事万端お, 豚に, 貴下が, 起こらずに, 足りるやう, 軍人の, 農民皆が, 近頃も, 逆に, 進歩の, 過日兵庫において, 遠縁の, 那奴が, 醫者の, 金輪際許されない, 開元, 関係者にとっては, 陰気な, 隨處に, 震災後間もなく, 面倒でした, 須永の, 頼まれなくても, 飛べるから, 馬一たび駭け, 鯉の

▼ 事~ (12205, 8.2%)

580 なって 471 して 444 なる 417 なった 375 した 334 なつた 299 よると 248 なるの 203 なつて 165 なると 153 なったの 126 就いて 125 なりました 96 しよう 86 就いては 81 就て 78 する, なります 67 氣が 66 なるかも 60 就ては 59 候, 気がついた 58 しました 56 なるん 54 なれば 50 依ると 47 なったので 43 なったが 42 きめて 41 なるか 34 気が 33 御座候 32 したの 30 於て 29 なるから 28 なるので 26 なったん, 非ず 25 しようと, 定めて, 興味を 24 致しました, 違いない 23 きめた, 依って, 気が付いた, 気を 22 なりは, なりまして 21 なったと, 致しましょう 20 つきて, 気がついて 19 しましょう, なりましたが, 当って, 心を 18 なったから, なったもの 17 就いても, 關し 16 しても, なるでしょう, 手を, 決めて, 触れて 15 なりますから, なるが, よれば, 寄ると, 帰着する, 私は, 臨んで, 致します 14 なっては, ふれて, 力を, 気の 13 あるの, なりそう, なるでは, なろうとは, 定めた, 就ても, 成って, 於いては, 気が付きました, 違ひない 12 あらず, ある, ちがいない, 決心した, 相違ない 11 なるだろう, 依つて, 就いての, 從ふ, 於ては, 耳を, 關する, 顛倒し 10 しようじゃ, なりますと, 付いて, 帰着し, 成功した, 極めた, 決めた, 由ると, 自分の 9 したが, つきては, なりましたね, なるだらうと, なるだろうと, なるもの, 注意し

8 [20件] いたしましょう, きまって, したい, したらどう, しませう, すると, なったか, なっても, なりさ, なりましたな, なりますが, なりますね, なるね, なるよう, なるわけ, 對し, 有之, 気が付いて, 相談が, 頓着は

7 [28件] したん, するが, なったり, なりましたから, なりましたの, なりましたので, なりましょう, なるぞ, なるであろう, なるでせう, なるらしい, 付ては, 及んだ, 就きまして, 就きましては, 属す, 属する, 從ひ, 托して, 気がつくと, 気づいて, 注意を, 當り, 當る, 相成りました, 私の, 逢ふ, 頓着する

6 [26件] かこつけて, しやう, するの, すれば, なったという, なった時, なり私, なるし, 付て, 処して, 及んで, 夢中に, 對する, 就きて, 御坐, 感心し, 成りました, 極めて, 気がつきました, 気附い, 決した, 紛れて, 腹を, 至っては, 遭遇した, 間違いは

5 [45件] この時, したから, しなければ, します, すぎない, なったです, なつたらしい, なつたんだ, ならうとは, なるぜ, なるという, なるに, なるよ, なる訳, ぶつかると, よったらこの, 今はじめて, 依て, 候えば, 努力し, 少しも, 帰着した, 当ると, 彼の, 思って, 慣れて, 於いて, 時を, 気がついたの, 気がつく, 気づいた, 気附いた, 氣を, 決つた, 熱中し, 由って, 眼を, 移ると, 絡んで, 自分で, 通じて, 過ぎないの, 過ぎなかった, 非常な, 非常に

4 [77件] きめる, きんは, ござります, さへ, しては, しましたが, しようかな, するから, つきても, つけ物に, なったそう, なった訳, なっちゃ, なつたら, ならなきや, ならば, なりさうな, なりましたよ, なるかな, なるじゃ, なるだらう, なるでしょうか, なる訣, よく気, 一致し, 今まで, 付いては, 使ふ, 依りて, 候へば, 努力した, 及べば, 口も, 口を, 呆れて, 坐して, 執する癖, 変りは, 定まりました, 就ての, 屬する, 帰する, 平次は, 平次も, 当ろうと, 彼は, 從つて居る, 從ふと, 思つた, 感心する, 成ったの, 掛けては, 於ても, 気が付いたので, 気づきました, 気付いて, 注意する, 熱心なる, 考へを, 致して, 致しますから, 致しませう, 落ちて, 触れては, 觸れ, 話を, 誇りを, 追われて, 過ぎない, 違いありません, 間違いが, 関係し, 関係の, 関聯し, 阻げられ, 非ざれ, 馴れて

3 [146件] あたって, あらざるべし, あらざれば, あらずと, あらずや, あらねば, あると, いたします, いたしませう, お気が, かけちゃ, きまった, こしら, こだ, これは, これ有り候う, したいと, したので, したら, しまして, しましょうと, しますから, しようでは, するか, するん, つけて, つとめた, なすつて, なったぞ, なったもん, なったよ, なったらしい, なつたらう, ならずに, ならないとも, ならなきゃいい, ならなければ, なり, なりお, なりそこ, なりその, なりそれ, なりますので, なりますよ, なりませうか, なりまた, なるかは, なるだろうよ, なるぢ, なるであらう, なるんだい, なるんぢ, ふれ折, まちがいは, や, ようやく気がついた, よったら自分, よりて, よる, 事を, 二人は, 人を, 今の, 仕て, 付御, 何の, 使用され, 候えども, 候へども, 全力を, 努めた, 努めて, 努力したい, 努力を, 勉めて, 及ぶと, 嘘は, 始めて, 定まつ, 帰着します, 当たった, 当たって, 当ったが, 当つた, 当つて, 当りて, 従ふ, 心づいた, 思ひけれど, 思ひて, 思われた, 恐れ入, 成った, 成ったが, 成つた, 成つてな, 成つて居る, 成て, 成りましたが, 成るの, 成功しました, 拘泥する, 暫らくは, 極めてゐる, 極めて置いた, 極めました, 気がついたから, 気がつかなかったの, 気づいたの, 氣の, 決定し, 決定した, 決心し, 没頭し, 深い興味, 由れば, 疎しな, 直面し, 相成った, 相成りまして, 私も, 移って, 腹が, 自分は, 至りては, 致したいと, 致そう, 與る, 行き逢, 言葉も, 託して, 話が, 誰も, 過ぎぬ, 違いなかった, 重きを, 金を, 間違が, 間違ひ, 関して, 関係ある, 限って, 集中し, 非ざる, 頓着なく, 驚くよう

2 [440件] あたつ, あたれば, あった, あらざるを, あらずとも, あるらしい, いたして, いって, おきて, おも, および先生余, お松は, お糸, かかって, かかわって, かまけて, きまったの, きめたん, きめました, きめましたが, こう云う, ここへ, こだはる, こだわって, この事件, これあるべく, これんばかりも, されて, したって, したつて, したと, したもん, したらいい, したらよかろ, したら怎, した方, しちゃ, しばらくは, しましたの, しましょうか, しましょうね, しませうか, しようか, しようかと, しようぢ, しようや, しようよ, しろと, し今, し其, すぎないが, すぎないの, すぎなかった, するとしても, するよ, せよ他, せんと, その婿, その席, それが, たずさわるの, たまり兼ねて, ちが, つきてなり, つきまして, つけては, なったかと, なったかも, なったぜ, なったその, なったな, なったなあ, なったに, なったね, なったわけ, なったネ, なった寺, なっちまって, なっちゃった, なっちゃったん, なってから, なってるから, なってるん, なつたなれ, なつたんぢや, なつちまつた, なつちやふ, なつてる, ならうかと, ならない, ならないうち, ならぬとは, なりこの, なりこれ, なりさうに, なりさらに, なりましたぜ, なりましたもの, なりましても, なりましょうから, なりましょうね, なりますか, なりますかねえ, なりますとは, なりますな, なりますの, なりませう, なりやがった, なり明治四十五年, なり私たち, なり私達, なるかと, なるかね, なるからね, なるがね, なるその, なるぞよ, なるだけ, なるだらうよ, なるだろうが, なるだろうし, なるでありましょうか, なるでしょう親分, なるところ, なるとも, なるならば, なるなんて, なるは, なるばかり, なるも, なるやら, なるより, なるわ, なる不面目, なる前, なれた八五郎, なろう, なろうも, なろうやら, なんの, のぞんで, はなつて, ふと氣, ぶつかって, ぼんやりし, やと, よったら, よったらお, よったらお前さん, よったらすぐ, よったらもう, よったらもうすっかり, よったら今, よったら僕, よったら新生代, よりけりだ, よりては, ビックリし, リヽーは, 一人で, 一決した, 一種の, 一致した, 一錢の, 与えたが, 与つて, 与聞する権利, 与聞せん, 乏しい一, 二人の, 井上半, 今は, 今も, 仕よう, 他ならない, 他ならぬ, 付き深く, 付これは, 付ても, 代助, 仰天し, 仰天しました, 似て, 何か, 余は, 使うの, 使って, 依ったらあの, 依ったらこっち, 依つたらあの, 依つたら塚本, 依れば, 倒れた女性, 候へ, 候や, 偽りは, 備えて, 先じ, 先生は, 全然無知, 内定し, 冷やかで, 処しては, 処し物, 処すると, 出会うと, 出会っても, 出逢, 初心な, 努めなければ, 努力する, 千思万慮を, 参与する, 及ばざるを, 及びますと, 及べり, 反對, 取り極めた, 取紛れて, 取計, 向って, 吾輩は, 呆れ返って, 嘴を, 因て, 因りて, 因ると, 困難を, 團子を, 在るなり, 在るの, 声を, 変つ, 変更された, 外ならない, 多くの, 太子に, 奔走する, 妙な, 妙を, 妙子は, 妨は, 妾は, 存候, 安心し, 定つて, 定められた, 少しでも, 就いてのみ, 就きては, 就きましても, 就き私, 尻餅を, 屈託する, 属するの, 巧みな, 干渉する, 平次に, 幸福と, 度を, 当っては, 当つて策略縦横, 当ること, 当るに, 当れば, 従いしが, 従うの, 従った, 従事し, 従事せん, 從ふも, 御同意, 徴し, 心からの, 心得て, 思い及んだ, 思い当った, 思い沈ませられて, 思い耽って, 思った, 思はれだした, 思ひしに, 思ひ夫, 思われて, 悋氣する, 感心した, 慣れたる老兵, 憤慨する, 懸命に, 成ったと, 成っては, 成つて仕舞ふ, 成りましたそれ, 成りましたので, 成る, 成るかと, 成れば, 成功し, 我慢なり, 拘ッ, 振向いて, 接して, 改めた, 敏感な, 明るい人, 昔から, 昨夜脅かされた, 時々利害, 望を, 本づい, 本郷を, 根ざして, 極って, 極まつ, 極端な, 此時初めて, 母親は, 比ぶれ, 比べると, 比べれば, 気がつきます, 気がつくだろう, 気が付いたと, 気が付いたの, 気が付いた時, 気が付かずに, 気が付くと, 気づくと, 気も, 気もちを, 気付いたの, 気付かずに, 決つてゐた, 決めたが, 決めたの, 決心を, 沈んで, 沒頭し, 泣いてばかり, 涙も, 深く心, 満足し, 満足し得る, 為よう, 無限の, 然う, 特別の, 独自の, 狼の, 玉依, 異常な, 異議は, 疎かつた, 疑を, 盆も, 目を, 相場が, 相当する, 相成ったから, 相成って, 相成りますれば, 相成るの, 相違なかっ, 相違なかつた, 相違は, 眺め下した人々, 眼が, 矛盾を, 神経を, 移つて行つた, 移りませう, 積極的に, 立入る筋, 笑ひ興じ, 筆を, 精を, 精神を, 精通し, 紛て, 結びつけて, 考えが, 考えても, 考へて, 耽つて, 膺る, 臨で, 自信が, 至るまで, 致しましたが, 苦労し, 苦労した, 苦心し, 處し, 處する, 見えて, 覚悟を, 親族会議で, 覺え, 触れるの, 触れ物, 話の, 起因し, 起因する, 趣味が, 躊躇しない, 躊躇しなかったであろう, 身を, 返事を, 途方に, 進んだの, 遇つて感極, 違ない, 違なかっ, 違ひなかつた, 遠慮を, 遭遇し, 遮られて, 金が, 金脚の, 長ずるもの, 関りあった, 関係が, 関係した, 関心を, 関連し, 限られて, 非ずして, 非常の, 頭を, 顛倒した, 飽きたの, 餘り, 驚いて, 驚きて, 驚きは, 驚くもの, 骨を, 骨惜しみを, 高木銀次郎一歩退きました, 齷齪する

1 [3369件 抜粋] あうの, あたったので, あったが, あふ毎, あらざる以上, あらず況して, あらぬを, あるといふ, あるらしく思われた, あんなお, いたしましたが, いっこう頓着, いふ, うつりますが, おけると, おまかせし, お伽話の, お思い, お滝, かえる筈, かかわる急用, かけたら活字引, かつて辟易, かまはずに, きまったがね, きまつて, きめたので, きめるわ, くよくよと, こだわつて, この坊主, この機関車, この郵便屋, これほど, ござる, させた, されては, しこれから, したかと, したつてほん, したらただ, したり, した様子, しないの, しましたけれど, しますか, しまへ, しようで, しろもう, しろ最初, し待合, すぎないでは, すつかり氣分, するその, する上, せよ大体, そうなる, その例, その広い, その暗室, その贈り物, そんな序, ただ目安, たづさはる上, ちがいあるまい, ついちゃ, つきての, つとめたやう, とどまらない, どっと笑い, なさして, なったきり, なったで, なったならば, なったらしくあした, なったら他, なったろうと, なった余, なった様子, なっちま, なっちゃったな, なってよ, なつたつ, ならう, ならないと, なられては, なりうれしく, なりしかば, なりつつ, なりましたその, なりましたのね, なりました芽, なりますだ, なります私, なりみした, なりやがて, なりやすが, なり主人, なり以下それぞれ一週間位, なり兼ねないから, なり奥さま, なり後家, なり旅興行, なり果てたよう, なり申すと, なり終に, なり茲, なり路頭, なり随分, なるかを, なるだらうかと, なるだろうからね, なるといふ, なるますかねえ, なる人間元来病, なる故, なる若し, なろうが, ぬかりは, はっきり区切, ひけとらぬ中井才助, ひまな, ふと思い及んだ, ぶつか, ほつと, まぎれ此日冬至, まださわらない, まるで注意, まれあしき, みのるは, もござります, ゃあならなかったのですが, ゆき子は, よせて, よったらそれ, よったら下総, よったら伊豆, よったら双方, よったら密告, よったら昨夜, よったら母親, よったら盗賊, よったら貴女, よりけりで, わだかまりが, エロチシズムを, シュテッヘ大尉は, ツイ聲が, モツアルトは, 一も, 一同アツト顏を, 一寸お, 一決いたしました, 一見識を, 三四日前から, 不如意を, 不思議な, 不満足, 与らなかったかとも, 丸で, 久子さんが, 二人から, 些しも, 今さら驚く, 今更の, 仕ましょう選ばせるとは, 付きこの, 付き此辺, 付会し, 付早速, 代々極って, 任じた三人, 会っても, 何かの, 何よりも, 何心なく, 作られた押絵, 使つたのが, 侍らむをと, 依ったらこわれて, 依ったら事件, 依ったら切腹, 依ったら学校, 依ったら縫目, 依つたら一歩, 依つたら御覧, 依つたら病的, 依りますと, 侵されて, 係り合って, 候う, 候はずや, 候依, 候知我者北方に, 健三は, 僕に, 充分幸福, 入り, 全部無くし, 其処へ, 决し, 冷淡に, 凭り, 出くわしながら, 出会すと, 出会わない村医, 出洒, 出遇うと, 初めて気, 利用したい, 劉の, 努めその, 努力し出し, 勉めた, 動じない容子, 医師は, 半ば気を, 原づき愛する, 又参加, 及びぬ, 及ぶうち, 反らしたくて, 取りかかった方, 取り敢えず行き, 取極め申候是, 可成り, 吉し, 名主の, 向うは, 向つたなら, 吹きだしました, 呉家の, 問罪所の, 嚥み込ん, 困らないと, 固うございました, 坐し亡命, 堪えないよう, 堪ふべく見え, 報告させ, 多大の, 夢中だつた, 大きな血, 大小は, 天上に, 失望し, 女へ, 如何ともし, 始まります, 委しい人達, 存じます, 存するので, 定つた, 定めたさ, 定めました, 容易に, 寄ったら女, 寐かせ, 専らで, 對ひ, 少しいじめ, 就いてだけ, 就き是非共談合, 就口論の, 尽瘁し, 属して, 属する無, 差し逼, 帰す, 帰結するだらう, 幸ひ, 弓は, 張り合いを, 当たり幾分, 当ったお雪ちゃん, 当つたの, 当らしめたま, 当りしと, 当り生活, 当る一員, 当れる, 当時の, 彼女の, 従えるなり, 従わしめたの, 得意に, 從ふから氣が, 御座候え, 御座候小生は, 御座候然るに, 御褒賞, 心が, 心付くべし, 心血が, 志しかつ, 忙殺される, 念へ, 思いますます, 思い当ったら一言根岸, 思い沈んで, 思えた, 思し召され候わば, 思はれた, 思ひあたり, 思ひました, 思ひ恐ながら, 思ひ私, 思わず声, 思到らなけれ, 恐ろしく力瘤, 悲しまれて, 想い到るならば, 愕くなかれ, 感じ後者, 感服した, 慣れた伽, 慣れた警察官達, 憑かれて, 懲は, 成ったから, 成った婆, 成つた学校に, 成も, 成りましたなあ, 成りますから, 成り行くやら, 成るので, 成ろうとも, 我を, 扉に, 手助けし, 打つ突かつて, 抜け目, 拘り合うまい, 持って, 掛けても, 推論する, 據る, 敏い眼, 数右衛門も, 於いても, 既に秀子, 早く古藤, 明は, 易つて了ふ, 時間の, 暗い恭二, 最も不得意, 未だ竣功, 松崎も, 案外やかましい, 極まったら和女, 極めてしまつた, 極められて, 構まっ, 横着き, 此人の, 歴史上の, 死ぬるや, 殺生する, 比較し, 気がついたに, 気がつかずには, 気がつきましたから, 気がつくもの, 気が付かない, 気が付かなかったん, 気が付きませんでした, 気づいた時, 気づかないらしく皆銃, 気付いた, 気付き得よう, 気附いたなら, 氣づい, 永久に, 決しまして, 決せしかば, 決まりました, 決められた, 決心しました, 決議した, 泊まつ, 注意し出した, 注文通馬, 浪は, 済まぬも, 満ち塞, 満足であった, 漕ぎつける事, 烱眼なる, 無頓着である, 熟と, 熱心な, 父も, 狂奔する, 理由の, 生きかういふ事, 生命喪い, 由つて知られ, 申し合せた, 異様な, 當つて刻苦する, 疎いこと, 疑ひが, 発見した, 皆様が, 目盛は, 直吉は, 相応の, 相成つたところが, 相成ります, 相成り此號, 相違ありません, 相違無い, 破れても, 神様だの, 移し其主題, 移ろう, 立ち働いて, 立ち戻つて, 競争心は, 簡潔な, 精神科学者な, 紛らされて, 終りが, 結びつかねば, 繁昌します, 老練と, 考え到る訣, 而勘定致候所也, 耽ってでも, 肋膜で, 胸を, 臆病がる, 臨其議論を, 自然とな, 至ては, 致した, 致しましただけ, 致し候, 致せという, 與りし, 興醒めはては, 若かった, 苦んで, 茄で, 草臥れ始め自分, 落着いた, 薩陀峠の, 行き逢おうとは, 見えは, 覚えは, 覺悟を, 触れないよう, 触れ折, 言つて奥方の, 計画も, 詠んだ歌, 該當する, 説き及ぶや, 談話を, 讃歎の, 費すにも, 赤ん坊は, 躊躇せず, 轉じ, 近づくと, 迫らずからから, 迷て, 追われるばっかり, 逐われて, 通ぜずと, 逢ったの, 遅く起き, 過ぎないあの, 達して, 違って, 遠慮し, 遺産の, 金銭と, 鍵穴の, 長蔵さんも, 関せしめざるを, 関係せざる, 關すれ, 關係する, 附し其折助, 限らず検校, 随分慣らされ, 雪舟蕪村らの, 面白味が, 頓着しない, 頷かなければ, 飛んで, 首を, 馴れない彼女, 驚いたか, 驚き呆れて, 驚く柄, 魂は

▼ 事~ (8516, 5.7%)

395 ある 257 あった 186 あつた 130 ない 99 出來 91 あるが 75 なかった 61 ないが 59 出来ない 54 あります 51 ありました 49 あるの 46 忘れて 45 あれば 43 あるし 42 あったが 36 出来なかった 33 ありません, あろうに 30 あるまい, ないの, 出来ません 29 ないで 27 ないと, 出来る 26 ございました 25 知って 24 あるもの, なければ, 何も 23 ないよう 22 あり, できなかった, なしに, 出来ないの 21 無い 19 ありますが, あるん, 出来なかつた 18 ありませんが, あるから 17 ないん, 無かった 16 あろうかと, 聞いて 15 あるまいと, なくて 14 あると, あろう, 出来ずに, 無かつ 13 して, ないので, なかつた, 出来ないので, 出来よう, 思って, 書いて, 聞いた事 12 あったの, あって, あるよう, あろうが, 一度や, 考へて 11 あつて, ありましょう, ありますから, あるだろう, ないらしい, なし, 出来ないで, 出来ぬ

10 [13件] あらう, ありましたが, あるまいが, できない, ないから, ないやう, やと, 云った, 出来るし, 出来るの, 思った, 私は, 覚えて

9 [11件] ありまた, あるだらうな, ある位, しないで, ないのに, なからう, 出来ませんから, 出来ん, 有之, 稀で, 話した

8 [16件] ありき, ありますまい, ありませんでした, あるそう, あるだろうな, あるので, あるめ, しない, できないの, ないし, なさそう, 一つの, 出来た, 出来たの, 出来ないと, 考えて

7 [17件] あったよう, あつたらしい, あり又, あるだらう, ございます, しなかった, なかつたが, なかろう, なく, 出来ないもの, 出来ないん, 存じて, 有るから, 気に, 無いが, 知らずに, 考へられる

6 [24件] あらうかと, ありますし, あるかも, あれど, ございますが, ございますし, ないとは, 出来なければ, 出来ましょう, 出来ます, 出来ますが, 出来ませんが, 出来ませんでした, 出来るが, 少しも, 少なくない, 度々あった, 悪い事, 有しが, 沢山ある, 無き筈, 無し, 知らないで, 私の

5 [52件] あらうに, ありしが, あるけれども, あるさ, あるだろうが, あるに, あるには, あるべし, あるよ, ある姥たち, あろうと, ございましたが, せずに, できません, ないけれど, ないでしょう, なくその, なくまた, なく又, なけれど, やって, 中, 云って, 何にも, 出て, 出来ないやう, 出来ないよう, 出来なくなって, 出来ぬの, 出来ると, 出来るん, 分って, 可なり, 多かつ, 度々ある, 心得て, 思い出した, 有りしが, 有る, 有るもの, 無いで, 無いの, 無からう, 無くて, 無ければ, 珍しくない, 知つてゐた, 確かである, 考えずに, 考えた, 考へねば, 聞いた

4 [64件] あったか, あったけれども, あったし, あったそう, あったので, あったり, あらば, ありそう, ありは, ありませんから, あるだろうと, あるのに, あるもん, あるやう, あるらしい, ある筈, あんめえ, いった, きんには, ございまして, ございますまい, ございません, ございませんが, できないと, できないので, できる, できるし, ないけれども, ないでしょうが, ないです, ないよ, ない程, なかつたの, なく家, なく暮し, 云える, 亦た, 併せて, 出来ないから, 出来ないが, 出来なかったの, 出来なくなった, 出来なくなりました, 出来ねえから, 出来は, 出来るもの, 出来れば, 前に, 可能である, 多い, 多いの, 多かった, 度々見かけられた, 心に, 忘れた, 忘れたよう, 有つた, 有べし, 有るが, 有るまいと, 有れば, 無いのに, 耳に, 自分の

3 [153件] あったと, あらうと, あらうなれども, あらう勇さん, あらう女子ども, ありさりとは, ありしと, ありそんな, ありますので, ありまするし, ありまするといふ, ありまする親, ありませんでしたが, ありませんよ, あり得る, あるかと, あるからね, あるけれど, あるであろう, あるです, あるでせう, あるといふ, あるまいから, あるまじきなれど, あろうか, いっしょに, いふ事, ござんすけれど, ござんす高ちやん, した, しばしばあった, する物, せずこれ, せで物見遊山, その時, その通り, それは, それを, たまには, できそう, できた, できないよう, できますし, できるの, ないがね, ないだろう, ないな, ないわけ, ない人, なかろうが, なかろうと, なきに, なくただ, なくなって, なくなつた, なくもう, なく勇, なく揺れ, なく明け, なく私, なく結句, なく言, なく過ぎた, ならずさりとて, ならで三日, なるまじとて, なるまじ同じく, チャンと, 不可能で, 事実です, 二とは, 云へ, 云われて, 人の, 今は, 仕込んでは, 信じて, 出来ず, 出来そう, 出来て, 出来ないし, 出来ないという, 出来ないまま, 出来ない事, 出来ない事実, 出来ない身の上, 出来なくな, 出来なくなったの, 出来ぬよう, 出来ようが, 出来るだろう, 口へ, 同然だ, 多いが, 大層に, 始めて, 子の, 少くは, 少しは, 幾度だ, 度々あつ, 度々であった, 彼に, 彼には, 御座ります, 御座んせぬけれど, 思う, 思ひ出した, 思ふまい思ふたとて, 惡い, 想像した, 成ませんか, 成らねば, 教へ, 明白である, 有りしならん, 有るべけれど, 有るまじ厭, 殆ん, 毎度あります, 気の, 深からう, 無いので, 無いわけ, 無いん, 無く稀, 無之, 無之候, 珍らしく, 珍らしくなかった, 用ひぬ, 知つた, 知らないの, 知りませぬので, 稀に, 細かに, 考えられない事, 考へられるの, 聞く事, 自然違ふて, 致しません, 見えて, 言いました, 言う事, 言って, 言つた, 言ふ, 言へる, 記憶し, 話して, 辛い事, 金の, 金を

2 [419件] あきらめて, あったけれど, あったけれ共, あったな, あったん, あつた様, あまり無い, あらぬを, あらねど, あらん, ありある, ありあるいは, ありこれ山村, ありさ, ありしを, ありと, ありなん, ありましたと, ありましたので, ありまして, ありますかねえ, ありますけれども, ありますまいけれども, ありませぬ, ありませんし, ありませんでしたし, ありません山, あり中, あり今, あり何, あり全く, あり又は, あり寄らず障らず歸, あり幾度水, あり恨み, あり或は, あり癒つて, あり相, あるだらうが, あるだらうよ, あるだろうし, あるでしょうからね, あるでしょうね, あるという, あるべしと, あるまいがね, あるゆゑ, ある様, ある男, あろ, あろうから, あろうけれども, あろうし, あツ, い, うなづかれる, お前に, お前は, お糸さん, お関, き, きいた, きいて, きんは, この頃, ございますから, ございませぬが, ございませんから, ございませんでしたが, しなかつた, しなけりや, しなければ, しば, しばしばある, すぐに, せず学校, せで醫者, せねば, そこで呼吸, その一つ, その場, たくさんある, つい忘れ, できずに, できずまた, できないこの, できなかったの, できなければ, できるから, できるので, どうする, どうでも, ないお, ないお菓子, ないだらうと, ないだろうけれど, ないであろう, ないという, ないに, ない事, ない全く, ない女, ない小僧達, ない男, ない癖, ない白い瀬戸, ない私, ない連中, なかったであろう, なかったろう, なかつたから, なかつたで, なかつたのに, なき世, なき石, なき秋, なくかの, なくさ, なくして, なくそれ, なくな, なくむしろ, なく乳母, なく取れた, なく只, なく夫, なく客, なく富太郎, なく搖れ, なく日, なく時々, なく普通, なく暮れた, なく此, なく済ん, なく火傷, なく眺め, なく茫然, なく記者, なく酒, なく鎌倉, なしその, なしただ, なしと, なしまた, なし傷口, なし又, ならざるほどに, ならで夫, ならぬ, ならん, ぬかりは, ねえが, ほんとうである, またその, また一方, また事実, また相似, ままある, まんざらで, みんな遠い, やめて, よく承知, よく知つて, よろしい, わしは, ナポレオンの, フイと, 一つ二つ聞き出す, 一二度あった, 一般に, 三千代の, 不思議に, 不道徳で, 世の中には, 世界に, 丸で, 乙姫は, 事実である, 事實です, 二度や, 云いました, 云つた, 云ふ, 亦これ, 亦自分, 今に, 今の, 今度の, 以前の, 休む事, 何う, 何の, 依然として急, 俄に, 僕には, 僕は, 元を, 全くない, 再三あった, 出で, 出事, 出來よう, 出来かなり, 出来するの, 出来ずお, 出来ずその, 出来ずまた, 出来たが, 出来たでしょうが, 出来たん, 出来ないじゃ, 出来ないたまに, 出来ないわけ, 出来ないわね, 出来ない人間, 出来ない位, 出来ない有様, 出来ない様, 出来ない男, 出来ない程, 出来なかつたの, 出来なくて, 出来ぬが, 出来ぬので, 出来ぬ程, 出来ぬ雰囲気, 出来まい, 出来ましたけれど, 出来ますまいが, 出来ませんけれども, 出来ませんでしたが, 出来ませんよ, 出来ません身の上, 出来ようと, 出来ようという, 出来るから, 出来るからね, 出来るほど, 出来るよう, 出来又, 分る, 千世子は, 厭に, 口に, 可有, 叶ひ, 叶ひ申さず, 合せて, 同じよう, 善い事, 堪へられないと, 多ければ, 大事な, 大旗本, 大臺, 嫌に, 子供の, 定めて, 家へは, 容易で, 容易に, 宿題に, 少からず, 少くない, 少く無い, 少なからず, 屡ある, 幾度あった, 度々ありました, 度々なれ, 度々に, 当然な, 形ばかり, 役者が, 彼は, 彼女の, 彼等の, 後廻しに, 御座います, 御座なく, 心の, 心配しない, 心配する, 心配に, 必ずしも不可能, 忘れずに, 忘れないで, 忘れは, 忘れはて, 忘れ果てて, 忠太の, 快く許された, 怖れね, 思つた, 思はれる, 思ひ出される, 思出せなかつた, 恐ろしい事, 悉皆胸, 悲しかった, 意味あり, 承知し, 早いが, 明かに, 時々あった, 時々ある, 時にはある, 書く事, 有って, 有により, 有ば, 有りましたが, 有りましょうが, 有りますから, 有りますけれども, 有りません, 有り又, 有るし, 有ると, 有るべし, 有るまい, 有ろうかと, 有ッ, 有得るです, 未だ曾, 本當, 桶を, 機械で, 此図に, 此圖に, 段々と, 気がかりに, 永久に, 沢山あったろう, 漏らさずに, 無いから, 無いくせ, 無いけれど, 無いし, 無いそれ, 無いだらう, 無いと, 無いに, 無いやう, 無きに, 無くなつ, 無くなつた, 無く樓, 無理に, 無論である, 無論に, 無論考へられた, 牛肉屋へ, 珍しくなかった, 珍らしい, 珍らしくない, 生涯した, 田園で, 申したわけ, 當てに, 知った, 知っては, 知つてゐる, 知らないよう, 知らぬ者, 知らねば, 知れて, 碌に, 確かに, 確である, 確め得た, 確実である, 私が, 私には, 空想した, 笑う事, 結局は, 結構だ, 美術家には, 考えなければ, 考えましたが, 考えられます, 考えられる, 考へた, 考へなかつた, 考へなければ, 考へましたが, 考へられないでは, 考へる, 考へる事, 聞いたが, 聞知つてゐる, 能く, 自分には, 自分は, 自由な, 自覚し, 見た事, 見て, 解るだけ, 言う, 言は, 言はう, 言はずに, 言ひました, 言ひません, 言ふけれ, 言わなければ, 訣る, 許されて, 許されない, 話を, 説明し, 読者よ, 追, 違ひます, 遠慮し, 黙って

1 [3361件 抜粋] あたりが, あったこんな, あったであろうと, あったれど, あった私, あつたな, あながち不可能, あまりあるまい, あらうさ, あらず, あらんか, ありうるとの, ありこ, ありしとかや, ありその, ありのままに, ありましたっけね, ありましたわ, ありましょうし, ありますこうした, ありますよ, ありませうけれども, ありませんで生活, ありまたただ, ありやんす, あり主従師弟, あり其, あり実業家, あり得ます, あり本年, あり生れて, あり第, あり金, あるからなあ, あるぞと, あるだろうねえ, あるでしょうが, あるとか, あるのでねえ, あるべく文法, あるまいからね, あるまじく既に, あるらしくその, あるワ, ある位わけ, ある斯, ある程, ある身分, あろうわい, いいだろう, いう事, いずれ本, いつて, いまでは, いろ, うれしいと, おっしゃるの, おます, おわしつら, お考え, かういふ點, かつて無い, かなりよく分っ, きいたあんな, こういう事, この情態, これでは, ございましたほど, ございますまいよ, ございませんで, ござない, ござんす, しかく果たさ, したけれども, したよう, しないし, しなくなつ, しらないで, すぐ疲れた, すべて仲働きの, するん, ずいぶん真剣, せず同じ, せられない, そのまま半時間, その後は, その頃, それなりに, たいがいウソの, たのしい事, たまって, ちゃんと承知, ちょっと短文, つけ加へ, てんで記憶, できず要, できないくらいに, できないもの, できない子供ら, できない有様, できなくなった時, できようが, できるもの, です, どうも面目, ないか, ないさ, ないだろうけど, ないとき, ないまでに, ないゆえ, ない一通, ない他人, ない出来事, ない品, ない天地, ない尤も, ない恰好, ない日, ない火事, ない異, ない社会観, ない美しい室, ない訳, ない醜男, なかっただ, なかつたらうし, なかりし我, なかろうけれども, なきまで, なき夜, なくあっけない別離, なくお客, なくこれ, なくそして, なくどうにか, なくなるの, なくまことに, なくダンサア, なく一夜, なく云, なく候, なく叔父, なく喧嘩, なく多く, なく如何, なく射殺, なく幾度, なく悲しかった, なく数年, なく未来, なく歸京, なく浮か, なく濟, なく生活, なく私娼, なく考えつづけた, なく茂兵衞方, なく過ぎ, なく雨, なささうだが, なしきいた, なし夜鷹, なし要するに, ならずと, ならず大概常, ならでそれ, なりて, ねえけど, はきはきと, はばかられた, ふえて, ぼくへは, またこれ, また人, また始まり, また沢山, また確, また電話, まだ許されなかつた, まるで苦, みんな定石が, むずかしかったであろう, もうそろそろ分かった, もちろん往々ある, やった, やつたり, やや疎く, やれんかも, ゆるゆる考える, よくうなずける, よく心得, よく聞きたい, よその, わかりましたが, わたしは, タッタ今貴様の, ロク, 一人でし, 一寸あり, 一応は, 一見矛盾の, 三人に, 上手で, 不人情な, 不安な, 不思議は, 世話を, 久しい間, 之と, 争えない, 事実だつた, 事実なら, 事實な, 二句同一なり, 云う迄も, 云った唯, 云ひました, 亦あまりに有名, 亦人間, 亦察, 亦相似, 人を, 今こうして, 今日君に, 他事も, 会得せられる, 何もかも一切合財, 何一つ記憶, 余は, 例へば幽, 修業した, 候わば, 僕の, 充分でなかった, 先方の, 全く分らぬ, 全然あり得ない, 其儘思ひ, 再三でありました, 凡て彼女に関する, 出来さうである, 出来ずその後, 出来ずやむなく, 出来ず余自ら死, 出来ず唯はらはら, 出来ず愛する妻子, 出来ず暫く, 出来ず苦悶, 出来ず鳥居前, 出来たろう, 出来ないけれど, 出来ないでは, 出来ないむごたらし, 出来ない人, 出来ない悲痛, 出来ない立場, 出来なかったので, 出来なかつたから, 出来なくなる, 出来ぬからさ, 出来ぬほどの, 出来ぬ大, 出来ぬ故, 出来ねえ, 出来ねえの, 出来まいと, 出来ますけれど, 出来ませんお願い, 出来ませんで麻布, 出来ません有体, 出来ようけれど, 出来るだろ, 出来るであろうと, 出来るは, 出来る国, 出来る足, 出来ん先方, 出来得るの, 出来紅茶, 分らないと, 分り云わば, 分別が, 初耳だった, 判り切った顔, 前後致し, 勘定に, 十分考えられ得る, 単に之, 原文が, 厳重に, 口の, 可能なるべし, 叶はね, 同じ論文, 否めません, 呑み込んで, 商売の, 嘘の皮だ, 国立劇場の, 堪えがたい事, 外に, 多からず, 多くは, 多少は, 大きく云う, 大体似たりよったりの, 大概弟と, 夫人の, 女の, 好まなかった, 姫君の, 嬉しい事, 存じませんで, 定められて, 容易であった, 寒いん, 寧ろお, 少々書い, 少くなり, 少なくは, 屡々あった, 已むを, 平素たしなむ, 幾回なる, 度々あ, 度々です, 廻って, 強かつた, 役である, 彼女には, 後で, 得せずに, 御座いますまいが, 御座りません, 御座候故御, 徴兵も, 心配し, 必要である, 忘れさせた, 忘れなかつたが, 忘れる程, 忘れ難く, 思い出される, 思うて, 思つて見る, 思ひやらる, 思へば, 思わないん, 恊は, 恥ずべき事, 悟った, 悲しい生き方, 想像出来ます, 感歎に, 憚りあり, 成難し, 打忘れ, 投げる事, 披露し, 推察する, 政治的権利を, 数, 數へ, 既に久し, 既に述べた, 早い, 明かと, 明らかに, 昔から, 時と, 普通の, 書かしてね, 月さへも, 有つけ, 有ばとて, 有らん, 有りしは, 有りましょうそれから, 有りますよ, 有りア, 有り明治二十年, 有るなどと, 有るべく或は, 有る成効, 有ろうと, 木綿車を, 本当に正しく, 東西共に, 楽しみが, 次々に, 此後江戸表へ, 母の, 毒薬を, 気が付かぬ位, 氣にな, 決して出来なかったろう, 沢山あったです, 注意し, 海底戰鬪艇の, 済ませて, 滅茶滅茶に, 為るの, 無いさ, 無い不思議, 無い夫, 無い絶對不敗, 無え時, 無きなら, 無くそれ, 無くなり再び, 無く具合, 無く安穏, 無く済みける, 無く翌, 無し余, 無性にお, 爭ひ, 特筆すべきである, 珍しくは, 現わし, 生意気な, 申し上げなきや, 畢竟は, 病気と, 皆この, 皆一しょ, 盛んで, 相叶, 眞面目に, 矢張り事実に, 知つ, 知つて居ました, 知らず子供, 知らない様, 知らぬ様子, 知りません, 知れる, 確かで, 確定出来れ, 稀だ, 種々の, 立証された, 精密に, 絶えて, 考えたが, 考えねば, 考えられぬよう, 考えるの, 考へたの, 考へなきや, 考へられなくは, 考へ出して, 聞いたよ, 聞かずに, 聞きたくないやう, 聞き慣れては, 職業の, 脱ぐ事, 自己の, 良くなるだろう, 苦沙弥が, 薦めたが, 裕佐には, 見ず変る事, 覚えないか, 覚え読んだり, 覺えぬ, 言いません, 言えて, 言った, 言つて笑つていました, 言へるだらう, 言われようと, 許されないの, 訴えまた, 詮なし, 話しましたの, 認めずに, 調い候わば, 諸君から, 貴下が, 起こらずに, 起らない, 起るであらう, 軍資を, 返る事, 進む事, 道子が, 遺言状に, 野口君は, 長く續, 附け加えて, 隨分あつ, 雲雀が, 面白くも, 頗怪しか, 風月に, 駄目と, 髮の

▼ 事~ (6292, 4.2%)

503 はない 439 あつた 153 あらう 103 はある 99 もない 80 せう, もある 73 はありません 59 はあるまい 54 は無い 51 はなく 46 はなかっ 38 あつて, もあり 35 はなかつた 34 はございません 29 ござります 25 私は 20 あつたらう 18 あらうと, も何 16 も無い 15 あらうが, はあり, も言 13 は有る 11 はなかろう 10 あつたの, あらうか, はあった, もあつ, 何う, 何も, 私が, 私の, 私も 9 あつたらしい, は無く, もなかっ, もなく, 自分の 8 これは, それが, それは, はございませぬ, も考え, 私を 7 せうか, それを, は, はありませんでした, はなし, は有りません, も, もあれ, もなけれ, よかろう

6 [17件] これが, ござりました, さあ, せうが, どうする, はないでしょう, は御座いません, は有るまい, は駄目, も有る, も自分, よからう, 今は, 他の, 何か, 何の, 手を

5 [25件] あらねば, ござりまし, せうね, はあります, はお, はないだろう, はなから, は口, は決して, は無, もあろう, もお, もございません, もなかろう, もなし, も申, も考へ, も話し, 今の, 今日の, 少しも, 御座ります, 有る, 此の, 気を

4 [42件] げすから, これを, ござりまする, さ, しかない, せう親分, それには, それも, でも, なし, はありますまい, はありませぬ, はございますまい, はござらん, はござりませぬ, はござんせぬ, はな, はなかなか, もあります, もあるまい, もいたします, もございます, もしなけれ, もその, もそれ, もって, 一生を, 人が, 人に, 人を, 代助, 何が, 宜からう, 彼の, 御座り, 御座りませう, 有った, 気が, 皆すや, 腹を, 自分が, 自分は

3 [71件] あつたさう, あつたれ, あらうけれども, あらうし, お前は, か, これも, ござえます, ござりましょう, さう, さア, その前, その時, なしに, はあれ, はいかん, はござらぬ, はとても, はどう, はなくなる, はひどく, はまだ, は仕方, は何, は到底, は御, は御座んせぬ, は眼, は誰, もあらう, もありません, もあるなら, もいう, もしなかったら, もしなく, もすぐ, もねえ, もやつ, も僕, も出来ます, も少し, も悪い, も書く, も有り, も祈る, 人の, 今では, 今も, 今日は, 何うも, 何でも, 余は, 併し, 俺は, 兎に, 其代り又, 古くは, 吾輩は, 女の, 彼は, 怨んで, 斯うい, 日本の, 本当の, 私に, 自分には, 貴方も, 身を, 追, 非常に, 頭が

2 [268件] あつたら, あらうあれ, あらうかと, いい, いいだろう, いずれも, いろ, おぢ, お前が, お前に, お役に立つなら, お豊, お願いに, かの鰯, がんす, きんを, げすが, この事件, これぞと, これと, これには, ござつた, さう云, さえあれ, さへ, しかもそれ, すぐ退いた, すべては, せうな, そのため, その事, その方, その次, その頃, それから, それまでは, そんな事, どうも御, な, なこの, ね, はあるけれ, はあろう, はいつ, はご, はございます, はござるまい, はその, はないだらう, はなか, はなかったろう, は人相, は出, は分らない, は御座いませぬ, は御座らぬ, は承知, は此外幾等, は満足, は濟, は無かっ, は無し, は片, は私, は腰, は苦労, もあら, もありました, もあるらしく, もう君, もございましたら, もしでかし, もしない, もしなくっ, もそう, もそういう, もできた, もないだらう, もないだろう, もなさいます, もなん, もまた, もやはり, もやりかねない, もやり兼ねない, もやる, もよく, も一人, も何ん, も出, も出来た, も可, も否, も好い, も平気, も御座いません, も有ります, も有りますまい, も有るまい, も極, も母親, も気, も決して, も為, も無かっ, も申します, も皆, も直ぐ, も真実, も石, も私, も自分一人, も致します, も致しまする, も見通し, も言う, も起り得る, も鏖殺, やはり一つ, わずかに, わたくしが, アね, ホンの, モウ大分借, 一ぱいで, 一向要領, 一杯だった, 一策を, 三年生の, 三日に, 上半身を, 両国から, 中, 之れ, 二つの, 二人の, 五歳許り, 人と, 人一人縛る, 人間の, 今まで, 今其風呂敷包, 今年も, 以前の, 以前郵便局に, 何にも, 何日だつた, 僕は, 充分には, 先生が, 先生に, 先生の, 其が, 其の年, 其頃渠は, 冬に, 切上げて, 別に大して金目, 前後は, 動くもの, 厶ります, 去年から, 又渠自身, 口を, 向うでも, 君の, 呂律の, 固より, 国々の, 土地に, 変な, 大した問題, 大丈夫か, 大方は, 女は, 姉が, 子供らしく泣き出す, 学校も, 宜い, 宥められる, 容易に, 市中に, 市井の, 平次は, 座敷牢は, 当時の, 彼が, 彼を, 後に, 後の, 御新造, 心を, 心配し, 心配する, 怨みを, 怨を, 意義ある, 我々の, 或る, 敗ける男, 斯様な, 明の, 昔は, 昨夜は, 昨日上げた, 是れ, 普通には, 最も詰らぬ, 最後の, 有ったか, 有つた, 有らう, 有りましたが, 有りまする, 有るか, 有ッ, 本當, 材料が, 次の, 此方から, 此方に, 母は, 江戸へ, 済むわけ, 済んで, 満足し, 澤山だらう, 父は, 父親が, 版行で, 特別の, 玉屋の, 珍らしくない, 皆を, 眼を, 神の, 神経を, 私共の, 私達が, 空は, 突込まれた腹立ちまぎれ, 糸七も, 而し, 花魁の, 芸者に, 苦しめられて, 葉子の, 血を, 見出し得たの, 親分さん, 親殺しに, 親父にも, 親父は, 話の, 話を, 誰しも, 誰も, 諦めて, 警察へ, 近江屋の, 間もなく引, 阿婆摺, 頭を, 風呂敷包を, 餓死する, 首に, 首を, 鬼に

1 [2815件 抜粋] あえて間然, あつて貰ひたい, あなたほどの, あらうから, ありすぎる, あれも, いい加減な, いちいちわし, いま顔を, うかうかし, おかきなすった, おとくさま, お世話様に, お刀, お前の, お国, お屋敷, お忙しいのです, お暇, お目, お経, お茶が, お辞儀を, かい, かなり広い, がすぜ, くさ, げしょう, げすナ, ここの, こちらへ, この前, この大戦後, この徳, この花嫁, この風延, これなら, こんな事, ござえますと, ごわります, さう言, さそい出したん, さもなければ読む, しかも三ツ共妾, しばらく薄暗い, すこしも覺, すべて動物は, せうお, せうついで, せう錢形平次, そう行き, そしてビックリ, その他政府の, その儘, その奪われた, その後井戸は, その扱, その早晩, その煙, その第, その辺, その面影, それだ, それと, それに勇助, それ以前を, そんなに民, たくさんだろう, だから僕, ちらちら小雪, つまり商売, とうに脳裡, とりたて, どうして吉良殿, どうにもならない, どこが, どんなによろこん, なあ, なくし, なぜ利章, なんら異, はあなた, はいくら, はこういう, はしたなくいひ, はだいぶ, はと諭され, はなくもつ, はならぬ, はまさかの, はシャン, は一つ, は乘込, は何ん, は其の, は博士みたい, は吾が, は家, は彼, は御座れ, は手, は日々, は東京住ひも, は毀れっこない, は消え, は済まなかっ, は男, は真正, は行かない, は足りない, は退会, は頑固, ひやかされるの, ぶちこわすでも, べつに変った, まことし, まず翌日, また何とか, また永遠, まだ上木, まだ藁葺, みなさんも, もあの, もありやしないでし, もいつ, もうまく, もう懲, もお家, もこ, もございました, もしかお客, もしなくつ, もし見捨てた, もそれぢ, もとの, もどれ, もなくっ, もやっつけます, もやり遂げ兼ねない, もホン, も世の中, も云われない, も仕ましょう, も何事, も凡て意思, も判然, も名人, も嗅ぎ出し, も好まない, も寒, も彼女, も御座いませぬ, も思い出した, も恰も, も挙証, も有ますまい, も本当に, も為し遂げ得る, も生じましたら, も疑えます, も知つてら, も神経, も細君, も聞き漏らし, も臨機, も言わなきゃなりません, も話題, も起きた, も起りました, も通らなくなる, も非常, やっぱりそれ, よう, よく自分, わかる筈, わざわざ公役, わたくしは, イサクは, キレイに, ゴタゴタが, シナの, ソコで, チンダルは, ビクとも, ブルウス船長も, マア御, ヤキモキする, 一々證據, 一に, 一同これは, 一回花野氏から, 一度も, 一時は, 一生涯を, 丁度足溜り, 三十五円の, 三郎さんと, 上りましたが, 下女の, 不幸な, 丑年の, 世捨人同様に, 中には, 之は, 乳母の, 争うの, 二十一年十二月発行の, 云へば, 享保四年大岡越前守等の, 人殺しの, 人間業じゃ, 今そこに, 今一つは, 今回の, 今日も, 今晩は, 仏法を, 他に, 他人を, 仲直りは, 伝来から, 何うかし, 何となく人間, 何んで, 何卒お, 何様なる, 作家の, 例へば此室, 保本に, 偉い人, 僕などは, 元気を, 兇行後手袋を, 兎の, 全く居心地, 八年に, 其の儘屋敷, 其の時, 其中に, 其外何も, 其時の, 其紀行の, 円くて, 凡愚の, 出来上つて後段々, 刄物三昧に, 分れたさうだが, 判りゃ大手柄, 別に典據, 利く事, 前言った, 助かったが, 勘辨し, 勞農黨から, 勿論賤民, 十五六に, 十月からは, 卓絶した, 単語ばかり, 即神事, 厶りまする, 又人間, 又禁ぜられ, 反省なさる, 取止めた頭数, 古人の, 吃驚しまい, 同じ蜜柑, 名寄の, 君を, 告訴問題が, 唯お前, 商業だろう, 喧嘩を, 器量は, 困っちゃ, 地上の, 堪えました, 塔の, 夕飯を, 外廻りの, 多年の, 夢中です, 大して気, 大匙二杯位, 大抵の, 大道氏は, 天下奉, 天道に, 奇麗な, 女中が, 好ききらいの, 姉も, 姫が, 婚礼を, 嬉しさ, 子供には, 学生大会を, 宇治川の, 安心料三円十五銭を, 宜いの, 実に馬鹿, 実際に, 家内の, 宿中評判の, 寢つかれない, 将来に対しては, 尋ねる商売, 小股を, 少し躊躇, 尽きて, 山に, 左枝検事は, 己ような, 帰朝後も, 平安朝に, 年若く, 度々辛い, 引続い, 強いて, 当局に, 当然の, 彼方此方し, 後日の, 御便宜, 御推察, 御用の, 御迷惑, 忌憚なく, 忽ち云, 思ひ出した, 恐る恐る云った, 恐怖でも, 悩まされて, 悲しい事, 意見が, 感服いたしました, 慰めあひながら, 戀とは, 或いはそれ, 或旅僧, 所謂土蜘蛛田油津媛なる, 手当を, 承知し, 抽斎は, 持って, 探し出したん, 支倉を, 改めて云う, 救はれるなら, 数の, 文明の, 新撰姓氏録には, 新聞記者が, 既に本年, 日本紀では, 早くお, 明々白々それが, 春や, 昨夜北の, 是は, 是非申し上げなけれ, 時間が, 暑いから, 暴露ようも, 書いてないこと, 最う気, 最後に, 有ったけれ共, 有った私, 有りますから, 有るゆえ, 有ろうから, 有難う存じます, 木村も, 札幌へ, 来たんぢ, 松は, 果し合, 根本の, 梅の, 構はずに, 欧人が, 正直者だ, 此世が, 此方へ, 此等の, 武士たる者が, 歴史上人物を, 死刑執行前に, 殊に末, 殊に音樂, 殺されるの, 毎も, 毒薬調合などというは, 気味が悪いから, 氣が, 永続きが, 決して不名誉, 決して書籍, 沢山歌, 泣いたり, 泣くもの, 浜尾さんの, 海底戰鬪艇が, 済ませて, 渦を, 満足出来ない, 激昂し, 炭酸瓦斯中毒を, 無く其画, 然ら, 父さんに, 牝鶏に, 物情恟々たる, 狂うかも, 玉の, 現に昨年, 琉球那覇の, 生所を, 男としての, 畑ばかりの, 癒える吾輩, 百円遣り, 益々容体, 盡きました, 直ぐ推察, 相当の, 真物は, 着物の, 碁盤と, 社会上より, 神代に, 神父は, 私, 私どもには, 私生児姦夫の, 稽古中止には, 立ち直れる筈, 笑いだすよう, 第二日目, 米友を, 終つてゐる, 結局佐世の, 網から, 罪人の, 習って, 職業意識の, 胡麻化され, 臨時休業は, 自動車の, 船が, 良人を, 芥川の, 若しや, 苦しむの, 苦汁を, 莫大な, 著作でも, 蓋し實現, 虎井夫人の, 血統から, 表へ, 見れば, 親分, 親方は, 言うが, 記者の, 話しに, 誠に心, 読めるくらい, 調べられたわ, 謝礼を, 變な, 貴族政治は, 贋金を, 起重機を, 身上を, 転手古舞, 辻褄の, 迷ふ, 逆上せて, 逢ったの, 道教には, 酒の, 金は, 銭形の, 間違えでも, 阿呆な, 隨分古い, 青い筋, 面白い事, 須磨子も, 頭上に, 風早學士は, 飯の, 養母お, 體を, 髭が, 鸚鵡と

▼ 事~ (5494, 3.7%)

167 ように 107 出來 89 次第を 88 やうに 44 様に 40 ために 38 ついでに, 真相を 37 意外に 34 出来ないの, 起りは 28 あるの, ないよう 27 仔細を 22 方が 21 ない人, 外に 20 ない男 19 あつた, 好きな, 顛末を 17 なりゆきを, 出来るの, 出来るもの 16 ある人, 重大さに 15 出来ないもの, 序に, 次第が, 起こりは 14 ない私, 始末を 13 ない, ないもの, 出来たの, 為に, 由を 12 出来る様, 外は 11 しだいを, ないの, ないやう, ような, ようにも, 出来る人 10 できないもの, ない程, 中に, 体を, 出来ない程, 出来る人間, 始終を, 成行を, 様で 9 ある時, ある男, なかった, ほかに, ようだ, ようで, 成り行きを, 真相が 8 ない彼女, 体が, 出来ないよう, 次第は, 為めに, 真偽は, 真相は, 起きたの

7 [13件] あるもの, できないの, できないよう, できない人, ない人間, わけを, 出来ない様, 出来る者, 子細を, 樣に, 第一, 語り傳え, 重大さを

6 [22件] あったの, あるよう, おこりは, ない様, やうで, よしを, 出来ない事, 出来ない人, 勃発いたしました, 多いの, 如きは, 嫌な, 当否は, 意外さに, 成否を, 成行きを, 書いて, 無いの, 無かつ, 真偽を, 記すべきもの, 起りを

5 [34件] あらましを, あるべき筈, ある毎, ある顔, いきさつを, できるの, できる人, ない此人, ない自分, ようである, 一つである, 一つは, 上に, 上手な, 不可能な, 不意に, 中には, 仔細が, 仔細は, 代りに, 出来ないと, 出来ないやう, 出来ぬ様, 前に, 大小を, 嬉しさ, 急なる, 方を, 是非を, 無いよう, 無かった, 眞なる, 結果を, 起るの

4 [33件] あった時, ある日, ためでは, ためには, できないほど, ない不思議, ない女, ない奴, ない憂は, ない頭, やうである, やうな, 中で, 他に, 出来ないほど, 出来ない女, 出来ない彼, 出来る程, 出来る筈, 実否を, 家に, 意外な, 意表に, 方へ, 由来を, 真相に, 端を, 自然な, 苦しさ, 起りが, 起る前兆, 餘り, 驚きを

3 [106件] あった後, あった日, ありさうな, ありそう, ある, あるとき, あるべきはず, ある人間, ある場合, ある様, あれば, あろう筈, きらいな, ついでにと, できたの, できない私, できるよう, できる女, ないこの, ないその, ないと, ない代り, ない夢, ない山, ない彼, ない所, ない日, ない時, ない母親, ない津田, ない羽田, ない静か, やうだ, やうにも, ようでございます, ようです, よしあしは, をしく, 一つで, 一つに, 一伍一什を, 一言も, 下手な, 世話を, 内容が, 出來ぬ, 出來る, 出来ない, 出来ない事実, 出来ない人間, 出来ない時代, 出来ない自分, 出来なかったの, 出来ぬほど, 出来ぬ程, 出来るほど, 出来るやう, 出来る唯一, 出来る限り, 初まり, 利害を, 前兆の, 善悪に, 喜びを, 困難を, 多くは, 大小に, 如くに, 如何に, 始まりで, 始めから, 嫌いな, 実否は, 必要を, 急は, 急を, 意外なる, 成らぬ口惜し, 成否は, 成就を, 成行きに, 數, 有るの, 条に, 様である, 様にも, 沢山ある, 無いやう, 無い人, 理を, 用ひられね, 発覚を, 破れと, 破れに, 端は, 経緯を, 職に, 許しを, 話を, 詳細を, 起ったの, 起った時, 起りと, 難儀は, 順序として, 順序を

2 [315件] あったあと, あった例, あった場合, あって, あつて, ありがたさ, ありげ, ありて, ありよう, あること, あるだけ, あるので, ある一井旅館, ある世の中, ある伊勢物語風, ある先生, ある古い, ある唐沢男爵, ある声, ある女, ある子守唄, ある度, ある悪魔, ある時分, ある牧師, ある私, ある顏, あろうはず, いかに困難, いきさつに, うちでも, うちに, ごとく, しだいが, すべてが, すべてを, ためにのみ, たよりに, ついでだ, ついでと, ついでの, つらければ, できないある, できない人間, できない印象, できない彼, できない性質, できない身体, できなかった彼女, できなかった私, できぬもの, できるもの, できる便利, できる君, できる生活, できる男, ないあの, ないでも, ないのに, ない丹, ない主人, ない事実, ない全く, ない冷たい風, ない処, ない処女, ない千世子, ない原場, ない名, ない唇, ない声, ない大きな, ない娘, ない子供, ない平次, ない手品, ない方, ない時ちゃん, ない書物, ない未知国, ない極めて, ない波, ない深林, ない甲田, ない精神, ない良い娘, ない蔵庫, ない話, ない遠く, ない閑さ, ない電車, ない高尚, なかに, なかれ少し, なさそう, なりゆきは, はこびが, はじめから, ほうに, みぞ多かる, むし返, むずかしさ, むつかしさ, もと手短, やうです, ようには, よろしからざる, をしけれ, 一つ, 一つだつた, 一つであった, 一つです, 一つと, 一つの, 一切を, 一部を, 上では, 上を, 不安から, 不成功, 中では, 中にも, 他には, 他は, 体に, 何や, 例として, 便宜を, 傳は, 出来そう, 出来た人, 出来た心, 出来ないで, 出来ないという, 出来ない世の中, 出来ない仮説, 出来ない場合, 出来ない大きな, 出来ない形式, 出来ない所, 出来ない特性, 出来ない男, 出来ない種々, 出来ない謎, 出来ない身, 出来ない身の上, 出来ない近代語, 出来ない運命, 出来なかった事, 出来なくな, 出来ぬの, 出来ぬ威厳, 出来ぬ性質, 出来るだけの, 出来るよう, 出来る世の中, 出来る大きな, 出来る広, 出来る日, 出来る時, 出来る柄, 出来る用語例, 出来る男, 出来る神, 出来る美し, 出来る自分, 出来る訣, 出来る訳, 出来る間, 出訴を, 切迫を, 初めなり, 初めに, 危急な, 危険に, 原因と, 原因は, 原因を, 反証とも, 口惜しさ, 只の, 可否は, 叶は, 吉凶を, 噂に, 困難な, 埒の, 変を, 外には, 外先生には, 多いといふ, 多い中, 多かった, 多ければ, 大好きな, 大小軽重を, 奇異を, 好な, 如きも, 如くで, 始めに, 委細を, 実相を, 家の, 家へ, 容易ならぬ, 山々思ふ, 帰って, 序でこれまた, 序によりて, 弟の, 心得なき, 心憂さ, 必要が, 忘れられぬか, 急に, 性質を, 性質上それ以上に, 性質上当然, 悲しさ, 情を, 意味を, 成らざるを, 成敗は, 成行が, 方により, 方は, 明らかに, 時を, 暇ある, 有べき, 未然に, 本当の, 本質を, 本質上より, 来由を, 極めて少ない, 様だ, 様です, 様な, 様子を, 樣で, 樣子を, 次第では, 次第に, 次第によって, 洪大なる, 為では, 無いお, 無いらしい, 無い人間, 無い男, 無い語, 無益な, 猥を, 理由が, 理由を, 理非曲直は, 用にと, 由は, 異なるは, 相似たる, 相談を, 眞の, 眞似, 真実を, 研究に, 破れを, 確かな, 社会的危険を, 空想は, 箇条は, 細目とかいふ, 終ったあと, 経過を, 結果の, 結果は, 繰り返しに, 能は, 荒増を, 落着は, 落着次第緩く, 行は, 袖を, 裏に, 言へる, 訴えによって, 証拠である, 誇りが, 責を, 起こりであった, 起こりの, 起こるの, 起った場合, 起りから, 起りだった, 起りである, 起りの, 起る前, 起源は, 辛さ, 返事を, 道理を, 重大と, 重大な, 重大に, 重大性を, 限を, 非を, 順序は, 顔を, 顕われた, 願ひ, 顛末は, 馬鹿

1 [2529件 抜粋] あがるは, あったと, あったよう, あった数日, あった間中, あばかれぬさき, あまりに訳, あらう筈, あらめやも, ありその, ありますもの, あり得るを, あるいは愚民, あるしかし, あるだけに, あるどんな, あるひと, あるべきをも, あるらしゅう言われたを, あるサーカス, ある一寸, ある中学生連中, ある仏体, ある助役樣, ある夫婦児, ある家内, ある志賀さん, ある断髪, ある書生, ある樣, ある漢学, ある知合, ある縞ズボン, ある舞台監督, ある記事, ある趣味, ある門脇, あんまり突然な, いかに危険, いかんを, いとを, いわれが, うちで, おかの, おこりという, おにく, お覺, かすが, かなわぬ場合, くり返される, ここに, ごとく胸中, さまを, しだいは, すきな, すむまで, それほど画面そのもの, ため独特の, ついでという, つもりで, できずに, できた少数, できた船, できないくらいな, できないまあ, できない何物, できない夥しい, できない少年時代, できない愛, できない深い, できない義務, できない衝動, できない門構, できなかった彼ら, できぬところ, できぬ隠れ, できるらしいこの, できる判切, できる権力, できる自分, ときに, どん底に, ないおだやかさ, ないど, ないほか, ないガアドン・ブリッジ, ない一種, ない不可解, ない乾いた, ない亜米利加, ない何とも, ない兄, ない前, ない十番, ない危険山, ない右手, ない哀れ, ない單調, ない場合, ない大佐, ない好人物, ない家, ない席, ない役人生活, ない念, ない悽愴, ない或, ない方々, ない時ジッ, ない松崎さん, ない次第, ない毛蟲共, ない水, ない深さ, ない狹, ない異常, ない眉根, ない秦貞子さん, ない筆蹟, ない素晴らしく意志, ない美, ない考える, ない自然, ない草, ない西洋人, ない貯水池, ない遊び, ない銀鼠色, ない非常, なかつたもの, なかでも, なかれかし, なごりな, ならぬくらい, なりゆきが, はじまってるの, はずみです, ほうが, ほか美しく, まとまる見込み, むづかしきを知り, もとさへ, やうであります, やぶれたの, ようであります, よし一件, をかし, デモンストラチオンに, プロバビリテーは, 一つであります, 一つ一つが, 一例に, 一句に, 一端に, 一遍くらい, 万分一も, 上手であった, 不可能で, 不得策, 不思議より, 不法に, 世に, 中での, 中直接に, 予定を, 事は, 二つで, 些事までが, 今後の, 仕儀の, 他従順, 令夫人が, 伝説を, 体という, 何たるかは, 何故に, 余程以前, 例証である, 価格的な, 候べき, 備えでは, 儀ども相違仕, 先な, 全体が, 全部を, 六つか, 内の, 内容を, 凡てを, 出づる本, 出来さうな, 出来た, 出来たクリスチャン, 出来た当代, 出来た男性, 出来た賜, 出来ないある, 出来ないこの, 出来ないまでに, 出来ない不具者的, 出来ない伝承, 出来ない全く, 出来ない厳かさ, 出来ない善人たち, 出来ない多少, 出来ない存在, 出来ない弱点, 出来ない恨, 出来ない感情, 出来ない文字, 出来ない時, 出来ない死滅, 出来ない深い, 出来ない物, 出来ない確信, 出来ない立派, 出来ない緋色, 出来ない裁判官, 出来ない証拠, 出来ない身体, 出来ない過去半生, 出来ない隠微, 出来なかった両脚, 出来なかった所以, 出来なかつた世にも, 出来なかつた生命, 出来にくい, 出来ぬほどの, 出来ぬ不可思議, 出来ぬ場所, 出来ぬ宏壮, 出来ぬ性分, 出来ぬ浅間, 出来ぬ生ぬるい, 出来ぬ者, 出来ぬ高級神人, 出来るか, 出来るずいぶん, 出来るヴエニス女, 出来る人達, 出来る力強, 出来る堅, 出来る女, 出来る平和, 出来る所, 出来る時間, 出来る焔, 出来る画家, 出来る私, 出来る細君, 出来る腕, 出来る詞, 出来る重宝, 出来んの, 出現以来口笛を, 分るまじければ, 初まる前, 初めは, 到底できない, 前型, 功名である, 勇者である, 勢に, 半ばに, 危きに, 危險な, 原因であった, 反対の, 取締りには, 古くあった, 可能性などに, 吉報を, 咄し, 善悪いかんに, 四五年後の, 困窮零落と, 在るこの, 外そんなに, 外多く口を, 多いと, 多い日, 多い話, 多きに, 多くなれ, 夜空を, 大に, 大嫌いな, 大部分, 夫ほどには, 奇は, 奨励される, 如き到底, 如く正しから, 始まりだった, 始めは, 委員やなんか, 嫌ひな三田は, 子細が, 存在を, 実は毫も, 実現では, 実際は, 容易に, 實否を, 将来を, 少い程, 少ないため, 巧なる, 床を, 序を, 式と, 当りが, 形勢は, 役に立つ一例, 後には, 得意な, 御返事を, 心をも, 心配でも, 必要は, 思われたの, 性質も, 性質上奨励金その他何らかの, 性質上穀物は, 恐ろしさ, 恥ずべきは, 悼しく, 想像を, 意味が, 意外さ且は, 意義こそは, 感じが, 態に, 應と, 成りゆきに, 成り行きなりが, 成るを, 成功を, 成就せん, 成績は, 成行しだいでは, 我を, 手伝いでも, 手違いを, 押売り, 指圖を, 捗取と, 支度だろう, 数々ある, 數堪へ忍ぶ, 方なら, 日本紀に, 早い島, 明白と, 是非に, 是非善悪は, 時代の, 曲直物の, 最も著しい, 最初は, 有つた上, 有らんやと, 有るお, 有る人間, 有仰れない, 望である, 本位と, 本末物の, 果なり, 根元が, 業を, 極めて重大, 様だけ, 機に, 次第と, 次第劉唐の, 正しさ, 此所に, 残って, 気には, 氣の, 決して無益, 注意さえ, 浅かつ, 済んだ上, 漸く確實, 激突と, 為にだけ, 無い, 無いペンキ缶, 無い事, 無い名刺, 無い奴, 無い愉快, 無い珍, 無い職人, 無い處女性, 無い身, 無え己, 無きにも, 無代り, 爲で, 物まねを, 理不尽購ひ得る, 理非は, 甚だしい者, 由その, 異常な, 痴愚を, 発端で, 発覚と, 目撃者であった, 直接原因は, 相談相手又, 眞疑, 真偽如何を, 真相から, 真相とまでは, 知らせが, 知れようはず, 破れじゃ, 破れるの, 破滅に, 確率は, 禮やらを, 積極の, 端にも, 筋が, 細大に, 終りであるらしく思はれ, 経営を以て, 結末は, 結果では, 結論は, 続いたある, 縺れから, 纏まらない先, 考へられなくな, 胸に, 自信が, 良し悪しは, 苦澀なる, 萌芽が, 藤陰に, 行きがかりを, 行われた夕方, 表現に対して, 褻に, 見えて, 観念などは, 解決法であろう, 言へ, 記事差止命令を, 許されぬ禁錮, 証拠は, 話など, 説明でも, 調べなど, 證據の, 貧しかった, 起こったこと, 起こりからを, 起こりましたの, 起こるまでには, 起ったまま, 起った車内, 起らない先, 起り, 起りで, 起ります少し, 起るその, 起るや, 起ろうとは, 趣に, 足りぬべしと, 軽重は, 近因として, 逆を, 進行と共に, 運ばれて, 運ぶよう, 過半は, 邪魔に, 重大さが, 重要さに, 長者として, 間違いから, 間際に, 限りでした, 隔てが, 難きを, 難易を, 露見を, 面倒を, 頂点に, 順序であり, 頼みだろう, 顛末の, 類の, 馬鹿馬鹿しいの

▼ 事~ (2793, 1.9%)

9254 と思う 52 と思っ 4840 から 3829 と思った 2726 と思ふ 2120 と云 19 と云う 16 と思, もの 15 と思います 14 から何, がそれ, と私 12 がその, がね, ぜ, と思つて 11 から私, つたのです 10 からね, つたと, という 9 が私, と言 8 からである, がこれ, と思ひます

7 [11件] からそれ, から誰, かわからない, が僕, そうである, ぞ, といっ, と存じます, と思いました, なあ, の

6 からこれ, からその, から今, そうです, ということ, といふ, と云っ, と思い

5 [15件] え, か, からどう, からどんな, からな, から僕, から自分, けれど, つたのか, つたのである, というの, とお, と自分, と言う, 此の

4 [25件] からお, からそう, からまさか, から人, から仕方, から心配, から能, か分らない, か私, があの, があれ, がお, がこの, が夫, が自分, し又, そうだ, つたのだ, と, と信じ, と思はれる, と聞い, と言っ, なア, 併し

3 [44件] からこの, からこんな, からさ, からだ, からまだ, からよく, から俺, から大抵, から持病, か分からず, か分らぬ, か悪い, か知れ, か見当, か解らない, が今, が何, が君, が彼, が或, が此, けれども僕, そうで, といふやう, とは云, と云え, と云った, と心, と思ひ, と思われる, と気, と知り, と考えた, と考へ, のに, のを, は, わとて丸々, 余, 余は, 信さんなんぞは, 知人なら, 貴君の, 面白くも

2 [142件] あね, かまるで, かよく, からうんと, からきっと, からさぞ, からすっかり, からそこ, からたとい, からと云っ, からと思っ, からと緩く, からと言つて, からどうしても, からどうせ, からどこ, からまあよく, からまさかに, からもう, から云う, から今更, から兎, から其溝, から別に, から取, から君, から少し, から屹度, から差支, から当分, から我々, から早速, から決して, から深い, から眼, から研究希望者, から若し, から頼む, から黙っ, かわからなかった, かわからなく, かわかりません, かわけ, か分らなかつた, か勿論, か君, か少し, か知らない, か知らぬ, か知りません, か解りません, がお前, がしかし, がそれで, がそれでも, がそれゆゑ, がでも, がなぜ, がもし, がやります, が今度, が何分, が僕等, が先生, が利休, が又, が命, が唯, が女, が始めて, が宇野浩二氏, が実は, が実際, が實, が少し, が我慢, が手前, が支倉, が激しく, が然し, が若い, が順序, けれどそら, けれどそれ, けれどでも, けれども, けれども私, さう, しあの, しね, しまた, し伴, し寧そ贋物, し小田原, そうな, それに, つた, つたのかと, つたのかも, つたのでございます, て, で其奴, というよう, といった, といつた, とつまされ, とでも考えた, とは思はない, とは思ひません, とばかり思っ, とひそか, とも思った, とも思つて, と云わね, と信じた, と察し, と思うた, と思つたの, と思われた, と感じた, と斯, と考え, と誰, なツ, ねえ, ね番頭さん, もんだ, んだ, ツて, 一刻も, 丸屋の, 仕方が, 娘は, 屹度俺の, 然し外, 理の, 相である, 私は, 自分が, 自分の, 詳しく聞かし, 馬鹿馬鹿しい

1 [1380件 抜粋] あ, あな, あれじゃ, あゝ不憫, いま別れ, え甚五郎, お前と, お隣の, かあんた, かお, かしばらく, かそして, かちょっと, かとんと, からあなた, からあまり, からいい, からいくら, からいづれ, からええ, からおとな, からお手本, からきっとそう, からくみちやん, からことごとく, からさう, からすでに, からせいぜい, からそうそう角, からそろ, からちょうど, からという, からとにかく, からと今日, からと打ち消し, からと答えた, からどうにか, からねえ, からはなはだ, からま, からまた, からもう余程, からやめる, からよも, からウッカリ, からコピー, からペテロ, から一両三分, から一生, から万, から不都合, から中等學校以上, から乃木さん, から九々, から二軒, から交通, から人買, から今夜自分, から以下略, から仰, から何だか, から何れ, から何回, から余程, から傍, から先ず, から全く, から其儘, から决, から出鱈目さ, から切り燈台, から前, から十九, から厚い, から又, から吃驚, から吾輩, から唇, から堪忍, から大して, から大学, から女郎買, から好い加減, から学校, から宜, から家, から寺, から尋ねたら, から川, から平常, から床の間, から役者, から彼処ら, から後で, から御存じ, から必ら, から思反, から怯み, から恋愛, から我慢, から手紙, から改めて, から新式, から既に, から旦那, から昔, から是非, から最う, から最早どうせ, から板葺屋根, から構う, から機会, から此, から毎晩, から江戸, から湯, から滔々, から無闇, から爺さん婆さん, から犬殺し, から現在, から用立て, から男, から画家, から直に, から眞僞, から知りなさるまい, から祖父さん, から福島県, から筋, から考え, から聊か, から聞け, から艶, から葱鮪, から行っ, から裸, から見, から言, から訊い, から許す, から語学校, から調える, から買いたい, から貸し, から身請, から速力, から遠から, から郵便切手, から間違, から関取, から順序, から頻りに, から食事時, から驚いた, から鼻, かわからなくなる, かわからん, かわかりかねた, かわかんなくなっちゃった, か一寸, か健三, か分らず, か判断, か少しく, か悪, か永久, か知, か研究, か聞き取れませんでした, か解らん, か譯, があなた, がいかに, がうま, がかかる, がきつ, がごく, がすでに, がただ, がちょい, がどう, がどこ, がなるべく, がのお, がまだ, がみんな自分, がやこの, がわれわれ, がピカソ, がホテル, が上様御墨付, が九州, が今夜, が今日所謂探偵小説, が何とあまりに, が余り, が俺, が催促状, が兩刀, が其品, が出来る, が匿, が十二, が友人, が口語体, が可笑しい, が同, が夕飯, が大阪侯, が女学生, が実に, が家庭, が工場勤め, が左樣, が広い, が御, が志賀氏, が我々, が我輩, が折々, が斯, が旨く, が是, が本邦, が東京, が楠木家, が死んだ, が決して, が無理, が独楽, が相沢さん, が神さびた, が竹内栖鳳氏, が考えれ, が自分ら, が芸, が蟒, が試験場, が論理上, が貴僧, が近藤夫人, が酒, が間違い, が馬糧, が鳥類, きゃあ上手, けれどおかみさん, けれどそんな, けれどもこう, けれどもまさか, けれども何分, けれども安静, けれども御新造, けれども見せ, けれど余, けれど恐れながら, けれど本, けれど餘程變物, ここまで, この忙しい, この金, これは, さてこの, し, しかし面白い, しそれに, しぶらぶら, し之以上突, し亦, し兼, し原告側, し大抵, し学術上, し役場, し放火, し月, し済まぬ, し私, し藝術家, し過失死, ぜ君, そう聞け, その先, それくらゐなら, そんなに自分, ぞきっと, ぞウヌ, だがトポグラフイ, って, ってきり, つたかすつかり忘れ, つたで, つたので, つたらちよ, つて, つてさうです, つてなかつた, つてよく, つて出来る, つて有り得る, つて私が, てえ, とあたし, という外, という理由, といひたく思ひます, といふ事, といふ意見, とおされ, とお尋ね, とかお, とか何とか, とか母, とさえわたし, とし, としても死ぬる, として直ちに, とすれ, とその後, とだんだん, となつて, とはおもえない, とはほんとう, とは保證, とは思う, とは思った, とは最初, とは知, とは考えない, とは自分自身, とは貴方, とばかり思つて, ともう, とも思いませんでした, とも思っ, とも恥しい, とやがて, とわかれ, とソロドフニコフ, とピアソン, と云いきっ, と今, と仰し, と休息, と俗, と先ず, と出, と判然, と即座, と叱りつけた, と喧伝, と嫉妬, と存じまする, と密, と年, と御, と心付く, と心苦しかっ, と思いなすったろう, と思い出した, と思い詰め, と思える, と思つた時, と思はなけれ, と思ひました, と思わなけれ, と思立て, と悪びれず, と惜し, と感じる, と手前, と教, と明暮, と書い, と松江, と段々側, と気づいた, と決め, と澄まし, と田舎者, と目, と示された, と私ら, と答えた, と考える, と考へたらう, と耳, と腰, と葉子, と衆人, と解し, と言います, と言われ, と評したさうである, と貧乏徳利, と軽視, と遠い, と長三郎, と顔, と高, どうか怒り, なせめて, なそれさ, なと考へた, などと云う, などと語る, なんたる, なんと思, な平次どの, な浅, にしなかった, ね一体, のが, のにそんなに, のにどうして, のに可哀相, は案じ, またそれにしてもモオニング着用, もし姉さんお前何, ものねえ, よう, よく見る, よそれ, よジェラルディーン, よ別れる, よ桝屋, わい, わね, んな, アね, チクワであった, ナイフなんか, ビールでも, モウこりゃ, ンね, 一人の, 一足を, 事だ, 五十幾名の, 人道問題だ, 人間界の, 今日猶, 以上述べた, 何う, 何し, 何も, 何分にも, 余計に, 偉い人, 先生の, 其のとき, 其の志, 其様な, 十月の, 南新堀に, 只神経, 哩, 問題は, 国民は, 大嫌いだ, 太平無事の, 夫では, 奥様に, 如何し, 嫌も, 家とて, 小林, 己だって, 平次, 当時私の, 御取次衆, 忠義は, 恥かしがる, 所が, 支那の, 新吉などと, 日本には, 明日の, 是には, 柏ちやんの, 橋の, 毒蜘蛛と, 洋学者は, 理窟の, 病人を, 皆夢だ, 真平御免, 私としては, 等とは, 素直に, 自分達の, 藤さんで, 証拠が, 貴方は, 遊びに, 酔漢と, 間違は, 電鉄の, 飴ん

▼ 事~ (2657, 1.8%)

60 思う 48 なった 38 存じます, 思います 37 思ふ 36 なる 35 思って 32 存候 30 して 27 なつた 26 思はれる 24 なって 22 なると, 思うが 19 思ひます 18 する, 違って 17 思いますが 1413 した, なるの, 信ずる, 次第によっては 11 いうと, するの, 思われる 10 いへば, せり, なったの 9 信じます, 自分の 8 したの, 云えば, 信じて, 存じますが, 心得て 7 いえば, おもふ, しよう, なります, 次第では 6 するは, もう一つ, 存じまして, 存じますから, 存じ候, 思ふが, 私は, 許宣は

5 [12件] この二つ, するも, なれり, 云うもの, 云つたら, 存じて, 思うから, 思ったの, 思つた, 知つたら, 見ゆ, 言ふ

4 [15件] いふと, するよう, すれば, によつて, 云ふ, 云わねば, 同じよう, 御承知, 思うて, 思へども, 思へば, 思われます, 知りながら, 覚えて, 関係が

3 [48件] いふべし, くるり後, これが, されて, したが, したり, したる, したるは, しなければ, すべし, するに, せずして, それを, である, なしぬ, なったので, なり, なりぬ雨戸, みえて, 今の, 今朝よりの, 何の, 哀れさの, 存じられ候, 存じ奉り, 御親類一同, 思い込んで, 思えば, 思ったが, 思ひしに, 思ひて, 思ふから, 思われるが, 惟う, 次第によ, 次第によっ, 為って, 物が, 知りましたら早く, 私の, 美登利少し, 考へるの, 被存候, 見えます, 見て, 記憶し, 諦めて, 違いますから

2 [134件] あって, ある, あれば, いって, いはねば, これら凡百の, し, しましょう, し乃ち, し外交, し靦然, し鼻つまり, すおん, するから, するが, すると, するとき, するより, するを, する傾向, する勿, する時代, する男, する者, せさせ玉, せざるは, せしめ而, せられたあの, せられて, せん, その婦人, それに, だ, ていよ, であった, なくもの, なしと, なったが, なったと, なつたら, なつて, なりしかば, なりたり, なりぬ, なりました, なりまず, なりまた, なるであろう, なろう, またそれ, モース先生の, 云うて, 云うと, 云った, 云ったら, 云つては, 云は, 云ふと, 人と, 人に, 他人の, 何か, 僕の, 兄弟が, 合せ考えて, 同じで, 同じ事, 同様に, 品に, 品によっては, 啓明会が, 坂井が, 奉存候, 存じながら, 存じまするが, 存じ候え, 存じ申候, 宿の, 察して, 察せられます, 察せられる, 御察し申上候, 思いしに, 思いつつ, 思いながら, 思うし, 思うたが, 思え, 思った, 思ひますが, 思ひます此島, 思ふの, 悪い事, 意識水準の, 最初は, 氣が, 深く信じ, 混錯し, 申して, 申しますと, 申すもの, 男の, 相成りあまつさえ, 相見え申候, 眠る事, 知らずに, 知らば, 知れば, 確信し, 考えた, 考えます, 考へられて, 考へる, 聞いて, 腹の中で, 見える, 覚悟し, 覚悟を, 覚悟致し, 言うより, 言えば, 言って, 言っては, 言っても, 言つたら, 言は, 言ふんです, 言へば, 言わねば, 誰やらが, 足を, 金色の, 限らず詩, 食ふ

1 [1308件 抜粋] ああもう, あきらめられい, あなたの, あまりによく適応, あります, いいその, いい私, いい群衆中, いうたら音調, いうので, いうべきで殊に, いえり, いえわが家, いっしょに, いったらそれ, いったら世界一, いったら何と, いったら全く, いったら想像, いったら肉, いったら迚, いつたら, いつたら鐚銭一つ, いはずに, いひ吾儕, いひ短長, いふよりは, いろいろ過去, いわなくては, いわれて, うれしく存候, おぼえて, お思いなさい, お話中に, かねて, かわり独立, きめて, このフィルム, この哀れ, これを, さそれ, さへ, しいへば, しさて, したさて, しため, したる文, した中世, した土地経営者, した従来善牙獅, しだいによっ, してるん, してる満腹, しないので, しなかったが, しました, しも, しようとにかく, し一村, し不毛一件, し伴奏, し受, し史上最高, し国家, し多く衆, し実際, し得る稀, し投費, し時に, し次号, し母, し男, し神意, し聞けば, し迷信邪教, し金銀, し黒羽町, すかしても, すぐ駕, すべき器, するありあるいは, するこの世, するなり, するもの, する中世芸術, する人, する低い, する堕落僧, する外, する対話, する彼, する意識, する政黨, する日本, する時節, する當時流行, する考, する蛮勇, する誤った種類, する近代芸術, する際, す亦, せしが, せしも, せず競つて貪婪, せぬ政治家, せば, せらるるが, せるなり, せるもの, ぜんぜん無関係, そのねらっ, その下, その余裕, その外室内, その後に, その生活, その距離, それから, それからそれ, それから富裕, それから現在, それから私, それが, それについての, ぞんじ候, ちがい父, ちがうからな, です, どういう風, どちらか, なさざるを, なし一, なし超然, なすであろう, なすべきや, なったでしょう, なった今日, なった際, ならねば, なりがち, なりたるほか, なりては, なりましたの, なりゆけかし, なり三枝, なり北方, なり居る, なり彼, なり暫し, なり最後, なり爾来, なり私, なり終, なり道, なるあり, なるから, なるはず, なるべし, なる妹, なれるは, はなつた, ほか思っ, またその, また長く, わが形容詞, わざ行ひゆか, カンタンな, セセラ笑つては, 一口に, 一度も, 一瓢を, 一致した, 世の, 両方で, 主税之, 乙組, 予期し, 事と, 二つの, 二人の, 二度目に, 云い似寄った事情, 云うの, 云えよう, 云ったらほんとう, 云ったら無い, 云ったら言語, 云ても, 云ふも, 云わなければ, 些かで, 亭主は, 人とを, 人を, 人間と, 今までの, 今度の, 仏法にても, 伝えたが, 伝統的な, 何も, 何物とも, 作兵衛に, 価値との, 俗には, 信じ切って, 信ずるより, 信ぜず, 信ぜられるから, 健全學の, 先刻言った, 兩手を, 六右衞門は, 其の事, 其働く, 其學校が, 凝集し, 出來, 分らずに, 勇み立ち読本, 勘違いを, 単にただ, 即ち黒猫, 又思ひ直し, 反対で, 叔父幸衛門も, 取極め政子崇拜主義, 受取の, 古代文明国の, 右衛門は, 同じだった, 同じと, 同じ位, 同一には, 同時に己, 同時に立派, 同義に, 吠付れ, 和みて, 問うと, 喜びしに, 四月から, 地べたの, 地下茎を, 壷の, 夜だけの, 大に, 大酒, 夫から, 奇術, 妹の, 委細に, 嫉妬を, 子としての, 字画簡単なる, 存じまするで今宵, 存じを, 存じ候う, 存じ候へば, 存じ喜んで, 存ずるが, 存ず其譯, 存られ, 存候處はからずも, 存居候, 安心し, 定まりぬ蓋し, 定められた, 家を, 密接な, 寝る事, 察しられるの, 察する, 寺院で, 對照する, 小宮山も, 少しつながり, 少し似, 山茱萸を, 島田の, 己惚れて, 年が, 幼少時代の, 当時の, 彼らの, 御海恕願候, 御返事を, 心に, 心得かの, 心得ましたから, 心得名主様, 心得氣の, 心得違う者, 忍男が, 思い, 思いおった, 思いながらも, 思いましたが, 思いますから, 思いますけれども, 思い余, 思い少し, 思い暮らして, 思い終に, 思うか, 思うた, 思うの, 思う心, 思えるくらい, 思ったし, 思つたに, 思つてゐます, 思つて居た, 思つて我慢し, 思て, 思はれず我身, 思はれますが, 思はれるで, 思ひながらも, 思ひますから, 思ひ出さぬ日, 思ひ又, 思ひ給はず, 思ふた, 思ふにつけ, 思ふ丈, 思ふ外, 思ふ眼, 思へ, 思わず兄弟, 思われた, 思われまた, 思われるの, 思召しまし, 思召しますなら, 怠ける事, 怪しむ間もなく, 悪しき事, 想いいた, 想うさて, 想像し, 愛惜という, 感ずること, 態, 成った為, 成れり, 我慢致し, 戸を, 手紙の, 折に, 押止め, 持て囃すが, 推定した, 推察仕, 推量仕, 方角も, 日本固有の, 明暮悲み, 是等は, 暇の, 曲り角毎に, 書いてない事, 最大の, 有り合せの, 期待され, 本人の, 東京の, 横に, 次第ぢや, 次第によりけり, 歌とを, 正しくない, 殆同義語だつた, 母親が, 気が, 気付いて, 江戸芝居にも, 決定し, 決心仕, 海の, 深く深く自覚, 源流を, 灯を, 為し朝廷, 為りましたから, 為り其の, 為れば, 無分別を, 燃えないすなわち, 牛と, 特種の, 獲ったアト, 瓢に, 生活の, 申しさ, 申しますの, 申し且, 申す時越前守殿礑, 異常の, 皆, 直ぐ下に, 相成った次第, 相成り候, 相成可, 相見, 真珠の, 着物にも, 知ったらこれ, 知ったら場所柄, 知っては, 知らないから, 知りつつも, 知るべしと, 知れ折り返して, 砥石の, 確信した, 私共の, 秩序と, 窃かに, 笑ひ, 精霊が, 結婚といふ, 老爺は, 考えたが, 考えました, 考えられます, 考えるけれども, 考へた, 考へたの, 考へられる, 考へられ更に, 而し, 背の, 脈の, 膚の, 自分が, 自分達の, 致しました結果, 致し候うて, 菅の, 行う事, 西北部に, 見えまして, 見えるらしい, 見え中国, 見ること, 見る本書, 見受けられた, 覚えし由, 覚悟をば, 観じて, 観念を, 解ししかも, 解しても, 言いますて, 言うたらまるで, 言うの, 言うべきであるが, 言うもの, 言ったら, 言つてよろしい, 言ふと, 言わずくだらない, 記憶する, 訪問客も, 詫びて, 認めざるを, 認めて, 諦めお節三五郎, 諸人に, 謂ふべし, 貧しい子供達, 軍隊が, 追ひ, 連関し, 遊ぶ事, 違いて, 違いますからねエ, 違うから, 違うよ, 違つて信心に, 違つて聞出し, 違へり, 邪魔と, 金儲けの, 鍵穴らしい, 間もなく潜水者病, 関係の, 限つた譯けでも, 雌の, 電氣爐を, 領主に, 頭殿の, 頻に, 飛騨でも, 食べる事, 馬に, 高等な, 黙って

▼ 事~ (2136, 1.4%)

149 としての歴史 130 である 23 です, に於 17 に對 16 だ, にし 14 がある 13 であつ, との關係 12 を否定 11 では, と存在 10 だつた, であらう, となつ, なり, によつて規定 9 によつて, は意識, を傳 8 があつ 7 であ, であるが, を見る, を語る 6 であります, なの, の上, の存在

5 [19件] が存在, だと, ですが, といふもの, と傳説, ならば, なん, のうち, のやう, の承認, の歴史性, の立場, は, は之, は事實, は存在, は決して, を知る, を説明

4 [17件] が何, だが, でした, としての死, としての生, と云, と認めね, なれども, に就い, に非, は何, は單, は自己, もある, を事實, を指摘, を發見

3 [44件] があり, がその, が自己, だから, だつたの, であった, でありますが, であると, であるといふ, であれば, でも, とが單, としてその, として社會的, との間, に就, に於い, に現, に直面, に相違, に觸, に近い, に關, に關係, のなか, の否定, の概念, はこの, は一方, は主, は反, は如何, は寧ろ, は最早, も亦, を, を承認, を拾, を根據, を知り, を確め, を綜合, を記録, を述べた

2 [116件] あつた, が, があります, が一面主體的, が今日, が擧, が有る, が無, が純, そんな事, だし, だよ, でありまして, であるから, であること, であるの, でせう, でその, でない, でなく事實, でなく同時に, でなければ, といふ語, とし, としたら, として, として一列一體, として受取り, として存在, として深く, として認める, とする, とすれ, ととつ, となり, との辯證法的關係, と取る, と同じ, と客體的存在, と思ふ, と思想, と稱, なりと, なれば, になつ, に即した, に向, に基い, に基づいた, に客觀的妥當性, に屬, に徴, に據つて, に有難く, に本, に歸着, に氣, に適用, に面し, のこと, のまま, のよう, の主, の位置, の側, の眞相, の考證, の見地, の記録, の變化, の運動, はしかし, はその, はそれ, は全, は全く, は到底, は大, は少し, は彼, は最も, は正反, は甚だ, は萬物, またその, や又, らしい, をいへ, をひしと, をもつ, を全く, を古賀, を含有, を告白, を基礎, を得た, を忘れ, を抹殺, を指し, を捏造, を擧げ, を根本, を次, を目撃, を知つて, を知らず, を紹介, を自己, を表出, を表現, を記述, を認めず, を誣, を述べ, を集めた, 大抵女部屋

1 [1024件 抜粋] あの時代, あり, ありのまま, ありや, あるかも, あるを以て, あれば, おきみ, かういふ彼岸, かぞへ, からさ, からも理解, から抽象, から推す, から最初, から申します, から與, か分らない, があり得る, がいや, がさうだ, がそれ, がほん, がよる, がトルストイ, が一方, が主, が事實, が五代史卷十四, が信じられない, が先, が其出來, が印度, が含まれ, が堪へられなかつた, が實際, が已, が彼, が心理的, が急, が支那, が明代, が昔, が曲げられ, が未, が現, が理解, が當時支那, が發, が相違, が破, が確め, が第, が行爲的, が見出される, が記録, が變化, が露見, こそまさしく, こそ眞, このルタン紙上, この種類, さして大, しか私, じよう, すらなかつたの, そのへん, その區別, その濱路, そんなに現代, たと, たる意味, だからと, だけでもお知らせ, だけは爭, だけを喜ん, だった, だとしても, だらうがね, づけて, であったか, であり單, であり從つて實, であるか, であるけれども, であるどこ, である之, である即ち, である限り, ですから, でどうにも, でないから, でなからうと, でなくまた, で何と, で幽芳氏, で彼等, で景教碑, で有るが, で有るらしい, で然, で立證, で芝居, といふ二重, としたなら棄て措かれぬ, としての主, としての吟味, としての時間, としての民政, としての自然的, としてはじめ, としてはプラトン, としては到る, としては多少, としては既に, としては皆故郷, としては野蠻人, としてもその, としても植物纖維, としても茲, として何人, として依然, として傳, として別に今さら, として哲學體系其もの, として大岡越前守, として實現, として把握, として普通, として現, として社會的身體, として肯定, として與, として表, として言つたの, として變化, とす, とそれ, とならね, となる, との二重, との統一, との辯證法, とは, とはなり得ぬ, とは畢竟, とは非常, とも見え, とを區別, とを關聯, と云つて, と信ぜし, と共に日本人, と内容, と取, と呼ぶ, と多く, と思はれず, と數字, と機會, と照らし合せ, と理義, と相聞, と立てた, と考へ, と見, と認めた, と認められる, と間々, どういふ, ならずや, なり此の間屬僚中, なるべし, なるや, なれど, にあらゆる, にあれ, においては一身, にしよう, についてその, について彼, について語り出した, につき當, にとつて, になりかけた, にはあまり, には寒帶地, には後, にみ, にも符, によつて推察, によつて考察, によつて證明, によりその, によれ, に例證, に依る, に即し, に合せざる, に合はず, に對立, に從, に心實, に思い到る, に揣摩, に於ける, に明し, に本意, に歸す可, に決して, に然, に照らし, に現す, に由つて觀, に當, に相, に結びつけ, に行, に觀, に近, に過ぎないで, に違つて, に頓着, に顯, のあつ, のままぢ, のみを次に, の一端, の中, の二つ, の仲間入, の凡て, の利害, の力強, の史的價値, の報告, の如き, の客觀的觀察, の影響, の念, の意識, の描寫, の數, の有無, の根源, の無限, の異同, の發生, の相, の眞, の示す, の種類, の範圍, の細點, の缺乏, の自己表出, の表, の訂正, の認識, の説明, の謂, の起つた, の面白, はあいまい, はありえぬであらう, はある, はいつも, はいは, はかうだ, はかなり, はさ, はさうで, はさうでなく, はすこし, はそれほど, はそんな, はどうしても, はなかつた, はひどく, はまことに, はまったく, はむしろ, はハイデッガー, はヘーゲル, は一再, は一體, は下手人, は主人, は二, は井戸君, は今, は何れ, は何樣, は併, は信仰, は俺, は僕, は其構素, は其通り, は凡て, は判然, は動かす, は十中八九それ, は古今賢哲, は右, は同じ, は否定, は否認出來, は唐代, は固, は如何なる, は存, は家名, は實在者, は尚, は就中, は彼等, は必, は恢復, は意外, は我國肖像畫, は才能, は抑, は敢, は斷, は明々白々掩, は明治四十三年四月, は景教碑, は最後, は東洋史, は正しく, は永年, は注意, は漱石自身, は爭, は爲替相場, は當代, は疑ふ, は眞, は破, は確實, は私, は第, は自分等, は行爲, は解題, は豫期, は逆, は速, は雜作, は非常, ばかりでなく, へのかかる, またどう, また彼女, までも記し, もあらう, もその, もまた, も今, も其實際, も多い, も大阪, も必らずし, も普通, も現れない, も知らずし, も精確, も自己, や將來, や湯, よくあつ, よりし, より力強く, より類推, らしいので, らしかつ, らしくしくむこと, らしく充分, をあなた方, をおち, をお前, をか捉, をこの, をしみじみ, をそのまま, をはつきり, をば領域的, をまだ, をも言, を一つ加, を三年間祕, を並べた, を主, を他, を以てわが, を以て其者, を作り出し, を保存, を僕, を具體的, を列擧, を利用, を前提, を南宋, を同, を吐, を告げ, を大げさ, を失ふ, を妻, を容易, を實, を巧み, を強, を後に, を心, を忘れる, を思ひい, を思ひ出した, を恥, を想像, を應用, を承知, を持つ, を指す, を掘り出した, を提供, を擧げれ, を改めしめる, を文學, を斷定, を明し, を明るみ, を是認, を曲げる, を書きまし, を書く, を枉げ, を模倣, を歪げ, を注意, を活動, を混じたる, を漸, を照らし返へす, を牢記, を王, を理解, を發表, を直, を看過, を眼, を知つた曉, を知つて郷里, を知らす, を知らなかつた, を石山, を確保, を示した, を究むる, を突き留めよう, を紊, を總, を考へる, を考證, を聞く, を良く, を表示, を見, を見せつけられ, を觀察, を記した, を詠じた, を誇, を認めざる, を認めない, を認める, を認識, を語り, を貴ぶ, を較量, を輕視, を辿る, を閑却, を隨分多勢, を離れる, ヲ以テ立證セラルルノ日ハ則チ日英兩國ガ海上ニ, 全く氣狂, 即ち彼等, 古い生活關係, 小さな田舍, 少しも, 忙しくは, 或ひ, 然う, 知らないもの, 若くは, 見るからに, 進んでは

▼ 事には~ (1277, 0.9%)

18 少しも 8 気が, 私の, 頓着なく 7 ならない, 頓着しない 6 相違ない, 馴れて 5 それは 4 あらず, それが, まるで気, 何も, 慣れて, 此の, 気を, 自分の, 誰も, 非常に

3 [14件] どれも, ならないの, ならないん, ならぬ, 今は, 例の, 多少の, 大旦那, 妻を, 少しの, 彼は, 成つたれど, 氣が, 能く

2 [78件] あらざるか, あらずよ, あれほど, いたく心, かまわない, このお, この女, この時, これらの, すぐあと, すつかり, その三々五々, その家, その時, それと, なって, ならなかったの, なりません, なるが, ゆかない, ビクとも, 一つとして, 一向頓着, 一言も, 人に, 何にも, 何の, 候えども, 僕の, 先生が, 内部の, 同情する, 変りが, 変りは, 少しばかり, 己は, 平凡と, 彼の, 彼女は, 心を, 心付かず立, 心得が, 日本の, 時々飽き, 松浦君は, 極めて同情, 此時お, 気がつかないで, 気も, 気軽な, 気附かぬ, 氣の, 注意し, 無頓着な, 牽制され, 異なる伽羅, 疑いない, 目も, 眼も, 眼を, 私が, 職工の, 自分より, 興味が, 談話に, 變り, 違いない, 酒屋であった, 関係しない, 頓と, 頓着する, 頓着せず, 頭から, 頭を, 馴らされて, 馴れ切って, 驚いて, 魔が

1 [966件 抜粋] あきまへんぜ, あっぱれ何か, あなたに, あの年, あぶなくてねえ, あまり上等, あまり興味, あらざれば, あらじか, あらじわれ, あらずや, あらず屹, あらでや, あらぬをと, あらねど, あるまじくとも, あれからは, いくらいくら, いくら客観的, いっこう無頓着, いっさい関係させない, いつかう氣, いつでも, いつのまにか蜥蜴, いつの間にか眼, いつも呆れ, いつ頭を, いま思ひ出せません, いわゆる光学的錯覚, おれが, お前, お察し, お構, お気附, お茶屋いわゆる, お関, かつても, かつて思い至らなかった, かなりの, こういう動かすべからざる, ここの, こだ, ことにはっきりと, このよう, この僧侶, この喜平, この因果, この大きな眼, この方, この汚い, この浮世, この物語, この男, この能力, この象, この長兄, これから打ち, これなく, こんな時, ごく気, さして特別, さっぱり冷淡, さまで深く, さ程, しましたが, すこしも注意, すべてよろこん, すべて始めが, せっかく生まれた, ぜひ我輩, そうゆかない, そのぶっ, その一等室, その両端, その何, その包み, その夢, その少年, その扉, その方法, その旧, その服, その歌う, その池, その男, その竜燈, その縮められ, その覚書, その辛, その駕籠, それから約半, それに相, それも, それ以後此の方に, そんな場合, たいした不思議, たぶんお, ちがいない, ちっとも真実, つきり答, てんで頓着, ところどころが, とりあわずに, とんと耳, どうにも, どこか, どの写真館, なおりません, なくては, ならないで, ならないもの, ならないよう, ならなかっただろう, ならなかったはず, ならなかったん, ならなかつた筈, ならぬの, ならねえお前, なりぬ, なりますまいでございましょうか, なりませんからね, なり得ないと, なるので, なれる, ねずみの, へこたれは, へし折つた山伏, またまるで, まだ一言, まるで想い到らなかった, まるで気が付かなかった, まるで盲目, みんな他愛なく忘れ, むしろ迂, むりがあったにちがいない, もうなれ, もってこいの, やはりこの, ゆかないで, よほど無頓着, わからないが, わたくし共が, クサンチスは, ザイトリツツも, トテモ危険で近寄れない, ハガキを, ピヤース・プローマンの, ポルジイは, ワシントン程度胸の, 一々証拠, 一つは, 一として, 一八九四年の, 一切不案内で, 一切口出しを, 一切手を, 一切気付かず, 一向お, 一寸の, 一方が, 一日も, 一点の, 一種の, 一致できる, 一銭も, 丁度三日月, 万物相関の, 三分ばかり, 三等車は, 下駄を, 不潔と, 世の中では, 両川とも, 中味は, 丸で, 主人の, 乗り出す事, 予これに, 事此に, 二人に, 二階へ, 井筒屋重, 些とも, 亜米利加人といふ, 亦雨, 仄のり脂が, 今の, 今も, 今呼んだ, 今宮の, 今度積み込んだ, 今日の, 今時の, 仏人ルネ・モーブラン, 仙太郎親方と, 仲麿は, 何う, 何か, 何かと手抜, 何でも, 何んにも, 何事に, 何分の一秒かの, 余の, 余り人為的, 余り高く, 余程慣れる, 侍らずやと, 候ぞ, 候へども, 僅か数分の違い, 僕も, 先にも, 全く不案内, 全く似た, 全く疎く, 全然ちがった, 全然無関心, 其の仲立, 其への, 其時他の, 其血が, 再会する, 冷淡であった, 出合わずただ, 出来るだけ, 初さんの, 別に驚き, 利休という, 前人の, 前歯一本欠けた, 力三は, 十分可能性が, 半月十日寝られねえで, 博士の, 及ばないと, 及ばぬもの, 及びませんかえって, 及んで, 反対だった, 反感を, 口が, 古背広, 只今では, 可なり, 叶いませんわ, 同じ皿, 同情し, 同感も, 君だ, 吾輩元来漁師向きに, 呑まれる時体, 命を, 問題に, 喧嘩相手の, 器用な, 団扇と, 変わりは, 外国人には, 多くの, 夜間は, 大きな一つ, 大切な, 大変な, 大火という, 太平洋岸の, 夫の, 女の, 女達の, 好い才覚, 妙な, 娘さんが, 子として, 子供たちは, 宗矩の, 実業家に対する, 家へ, 寒月君の, 寡婦さんに, 専ら此, 對は, 小指の, 少しのんき, 少し離れ, 少女は, 少許, 工事を, 巧みであった, 巻物の, 干渉せん, 年代が, 幸田ゆき子が, 広告気球を, 座敷の, 当り難かろ, 彼女自身も, 後に, 得心出来, 御承知, 心理学上の, 必ず何, 必ず非難, 怒つて顔, 思えないそれ, 思ひが, 怠惰者だ, 怨霊の, 恐懼, 悲しい不運, 意を, 感動しない, 慣れてる様子, 成ず又, 成りましたけれども, 我國一般の, 所謂る, 手拭の, 技巧が, 抜目の, 持って, 携はらなかつた, 支那に, 敏感で, 教授の, 數へ, 文字通り骨と, 新たな, 新派の, 旗太郎様以外に, 早くそれ, 明るくし, 昔から, 昨年日光の, 是まで, 時々ところどころ分かる, 時々出合います, 更に気, 最う, 最も縁, 最近に, 有ど, 木村氏は, 本屋は, 本能的に, 杢若は, 根本的な, 格別の, 森先生が, 検事の, 極めて迂, 構は, 構はず私は, 樹の, 欠けて, 正直律義なり, 此れで, 此上一歩も, 此役に, 此節しげしげと, 死という, 殆ど少しも, 殆ど意を, 母さんに, 民衆の, 気がつかずに, 気がつかなかった, 気がつかぬ, 気が付かなかった, 気づかなかったの, 気付く筈, 気附かず, 氣色が, 水を, 決してならない, 決して人, 決して反対, 決して屈しなかつた, 波の, 津田よりも, 深く論及, 無之, 無御座候間これ, 無関心, 無頓着でした, 然し眉, 燒跡の, 物慣れて, 猿に, 獨逸には, 珍しくも, 現在の, 甚だ冷淡, 男で, 異論ない, 異議を, 疑を, 白粉も, 目で, 直ぐ気, 相成るまいのう, 相談に, 相違ございません, 相違なかつた, 相部屋の, 真剣に, 眼球が, 短銃を, 礼の, 神様が, 秀子の, 私ども二人が, 私も, 窒息死に, 笑って, 第二夜, 紐育生れの, 素直な, 紺の, 絶対反対だった, 総じて時, 縁が, 美妙と, 翌朝に, 耐へ, 聾で, 肯定出来, 腐敗し, 膏薬だらけだ, 自信が, 至って疎い, 致し方が, 興味も, 艇長は, 芸妓舞妓幇間まじり, 芸術最高説の, 草木は, 蘭の, 虚心坦懐で, 蛋白質脂酸の, 行かないで, 被災者と, 西村さん, 見向いたこと, 見難い, 覚悟の, 親父の, 触れずに, 触れないで, 觸れ, 記憶が, 許多の, 誰ひとり異論が, 誰一人として, 謂はれ, 贊成が, 趣味少し, 踊子の, 軒端から, 近寄る可, 迚も, 退引きならぬ要事, 逆に, 過ぎませんが, 違いなく, 違ひありません, 違ひなかつた, 適當し, 郵送された分と, 酒興に, 野暮天では, 金米糖の, 鉄を, 鑑定の, 間違いは, 間違ひない, 関せなかった, 関係ない, 関係なさらない, 関係なし, 關係しない, 限らない, 随分拵事, 雄やら, 非ざる, 非らず, 音絵が, 頓着せぬ, 頓着の, 頓着致しません, 頓著なく, 頭の, 餘程心を, 馴れたお, 馴れたガラッ, 馴れつこの, 馴れない爲め, 驚かないからな, 驚かれまする, 驚きません, 鳥羽蔵の

▼ 事~ (857, 0.6%)

138 んだ 111 んです 106 のだ 84 のです 65 のである 25 のか 23 んでしょう 1815 ので 11 ンか 10 のよ, んだろう 8 んで 6 のかも, のでしょう 5 のだろう, のであった, のであろう 4 のでございます, のでした, ンだ 3 のじゃ, のであつ, んだらう, んでございます

2 [23件] けれど恨, のかね, のでこの, のでさて, のでせう, のでその, のでた, ので僕, ので吃驚, ので御, ので意外, ので男, ので町, ので私, ので長吉, のに, んざみんなごまかしだ, んじゃ, んだい, んだけ, んでせう, ンで, ンです

1 [136件] からしむ, からしめた, からしめむとす, からしめよう, けれども利, けれども文, けれど類推, げに心地よ, さじ, さに, さの, そしておたがいにいくらか, のあなた, のいったい, のお母様, のかい, のかしら, のかは, のさ, のださうです, のだった, のぢ, のであらう, のでありました, のでありましょう, のであります, のでえ, のでかうし, のでかえって, のでかねて, のでさ, のでしよう, のでそれ, のでそれなら, のでつい, のでともかく一応, のでどう, のでやめる, のでよく, のでわたくし共, ので一刻, ので一寸, ので一旦, ので一晩泊り, ので一般, ので不承不承, ので二人向い合せ, ので今, ので何, ので信託, ので充分, ので全く, ので其辺, ので医者, ので原告, ので君江, ので呆れ, ので夜中, ので夢中, ので大変, ので女房, ので妾, ので寒子, ので島, ので巽さん, ので庭, ので彼, ので御厨, ので御座います, ので御座いまする, ので忠勝, ので惜しい, ので惟行, ので時, ので有つて, ので梅津, ので次郎右衛門, ので流石, ので清麿, ので無意識, ので父, ので瓢六, ので甚, ので目, ので相州さま, ので眼, ので笑つて, ので箔, ので總, ので自分, ので舟, ので良人, ので薄気味悪, ので裁縫師, ので見た, ので離れ, ので頼朝, ので馬, ので馬越氏, ので魚, ので龍一, のにと獨, のに一度, のに一日, のに万葉, のに今度, のねえ, のよそり, のよねそれ, のよ女, のを, の一体, の横須賀行, の聞かし, りくぢらとは, んざあ島田が, んざア忘れ, んざ何でも, んざ落とし, んだっし, んだろ, んであなた, んである, んでございましょう, んでその, んでそれ, んでつまり, んでね, んでへ, んでへい, んで一切, んで出来ます, んで忘れちゃいました, んで貴方, アもう, ンて

▼ 事です~ (809, 0.5%)

62603022 から, が 2016 もの 15 が私 148 からね 7 がその 6 がそれ 5 がこれ, ねえ 4 からこれ, からな, から何, がこの, がしかし, がね, 私は 3 からよく, から今, から私, から誰, か私, があなた, があの, がまだ, けれど私, の

2 [39件] かね, からここ, からこの, からこれから, からそこ, からその, からどんな, から何事, から別に, から大, から早速, から気, か何, があれ, がそう, がそれでは, が人間, が今, が元気, が其, が勘三郎, が妹, が少し, が急, が最後, が根, が此, が私共, が素知らぬ, けれど実は, ぜ, とも, なあ, ね私, よ先生, よ私, よ親分, よ親分さん, 併し

1 [381件] あの時, あれは, いかがです, かい, かさ, かそれ, かと云, かな, からあたし, からいきほひ, からいくら, からうまく, からおなじ, からお父さん, からかなり, からきっといろいろ, からことに, からこの間三越, からこんな, からさしたる, からすぐ, からずいぶん, からそう, からそこで, からそれ, からとそれ, からどうか, からどうしても, からどうせ, からどうぞ, からどうも, からどうやらこう, からどこ, からなどと一人合點, からなるべく, からねえ大抵, からびっくり, からまあ, からまず, からまた, からむさい, からもちろん, からやっぱり, からよう, からよし, からわたくし夫婦, からガチャ留, からグングン, からズット, からチョット, から一とつ一生懸命, から一度, から一生懸命, から主人, から二三間, から人, から今度一つ, から今日, から今更, から伝手, から何分, から何卒, から俄盲, から僅, から兄, から公園, から出立, から判然, から勿論, から医者, から参拝, から口外, から善く, から地下, から地図, から夕陽, から外, から多分, から大して, から妻一人, から嫂さん, から学士, から学校生活, から容易, から小屋, から少し, から川, から巡査派出所, から帳面尻, から年代, から強いて, から役人, から御, から忘れちゃいました, から思った, から恐れまし, から政府部内, から故意, から方々お参り, から旅, から既に, から日光, から早く, から明朝, から昔, から是, から書きました, から本当, から松虫, から枉げ, から極り, から此處, から歴史, から殊に, から母親, から気紛れ, から氣, から永辻, から泣き寝入り, から無条件, から煮, から父様, から申, から皆, から眼, から石, から確か, から私し, から私自身, から積ん, から絶対, から肉食, から胆, から色々, から薄々, から親子, から記憶, から詳しい, から説明, から警察, から足, から身分, から道喜, から配達夫, から酢, から間道, から阿片, から陰, から風通し, から魚, か出来る, か夫, があすこ, がお, がお正月, がお母様, がここ, がこのごろあちこち, がさあ, がさて, がそういう, がそれ程, がた, がただ, がつい, がとにかく, がどうか, がね藤枝先生, がもう, がよろしい, がわざわざ, がガラッ, がチベット, がネパール政府, が一つ, が一六八七年, が不都合, が中学, が人, が今度, が何, が余り, が其様, が兼ね, が別に, が前, が和歌管絃, が品夫さん, が大概牡, が夫, が如何に, が娘さん, が宜しい, が実は, が小, が岩山さん, が峠宗壽軒, が峠宗寿軒, が布哇, が平次, が幾等商売, が広重, が店, が彼奴, が往復共, が後々私, が御, が心, が忘れ, が戦争, が戰場, が折り, が日本人, が曲馬, が朝廷, が本当にそう, が東京, が校長先生, が權六些, が歓喜, が正宗, が此分, が決して, が沢田先生, が法律, が然し, が獲, が玉子一個, が生, が目のあたり, が眞實, が真実, が細田氏, が経済上, が縦, が美しく, が腹, が茶立虫, が菩提, が藤野屋杢左衞門折, が表現, が親, が貯蓄, が逃げ, が邪悪, が震災, が非常, が駒吉, ぐによろこんだり絶望し, けどその, けどたのもしい, けどねお互い, けども, けどもうとっくに, けれどあの, けれどこの, けれどねどこ, けれどもその, けれどもとりよう, けれどもどうも, けれどもネさ, けれども千五百円, けれども実際, けれども平生小食, けれども弱った, けれども日本人, けれども聞く, けれども解る, けれど和子達, こりゃ意味, さあ御用心, さかいこら, しそんな, しまた, し娘, し実は, し或いは, し直, し真実, し附近, すっかり申, そうでございます, そして私, それじゃ, って, つて, て, てあの, とさ何, と仰有れ, と兄, と女房, と説明, と鳩首, どこからでも, などと云いました, なに酷く, なア, ねあれ, ねえお互い様, ねえまア, ねこれ, ねと仰った, ねと無遠慮, ねハヽヽヽ, ねー, ね親分, のでその, ばい, まあご, まして先, むならばわれわれにもできる, もう今日, ものち, ものハムレットに, もの私は, もの貴方とても, もんねえ, よこれから, よそれ, よハイ下女, よ今日, よ何, よ其の, わあなた, わい, わでも, わなあ, わね, わネエ, わ少し, んだ, んでよござんした, アノ御方の, アノ日影色の, コレは, ネ, ネエ, ネー, ネーよそへ, ネ話しません, ワ世の中, 一度塗った, 丈の, 何でも, 何処の, 何時でも, 余, 修業中の, 元來蝦夷, 全く然で, 其説明は, 出雲の, 又人, 夏子の, 外国へ, 大名の, 希臘でも, 御無礼至極, 故右大将家, 春だ, 最う悉皆, 本当に君, 死骸と, 殿様私は, 然しです, 爾と, 生涯愛などを, 皆さん知つてゐます, 私が, 私し, 私の, 私も, 至極有難い, 若し私, 警視総監に, 貴女に, 貴女の, 貴方も, 近くは, 逆毛

▼ 事ばかり~ (785, 0.5%)

62 考えて 33 考へて 31 言って 25 して 2217 です 16 である 15 では, 云って, 書いて, 気に 14 思って 8 であった, であつ 6 いって 5 心配し, 繰り返して 4 だった, 教へ, 話して 3 だつた, なので, やらかして, 知って, 言いました

2 [46件] いうよう, いうん, おっしゃるので, する, だから, だが, だったが, であったと, であるが, でした, で商人, で私, なの, やって, やつて, やらかしたが, 並べて, 云う, 云う男, 云や, 仰しゃって, 出て, 寝ても, 少しも, 就中エレキトルの, 書く, 案じて, 申して, 申しまして, 申上げました, 目に, 続いて, 続くもの, 考えた, 考えながら, 考へてるくせ, 考へながら, 見て, 言いやがる, 言うと, 言て, 言ふ, 言ふんです, 起って, 長々と, 降つて來

1 [354件] あせって, あって, あるもの, いうが, いうて, いうな, いうの, いった, いったもの, いってる, いってるん, いつそ穴鑿, いふて, いわれるから, おしゃべりし, おっしゃって, おっしゃる, おっしゃるの, おっしゃるん, おつ, おゆるし, お思い, お案じ, お眼, お言, かいて, かわいそうで案じられるだろう, きかされて, きかして, くよ, くり返して, しきりに考え, しきりに訊く, したい, したか, したの, しゃべりまして, しゃべり散らして, しやがったから, じゃ, するから, するの, するん, する男, だからナ, だけれど, だし, だぜ, だったか, だったと, だったの, だったよ, だつたよ, だよ, だろうと, だ其筋, だ瘠我慢, ちっともこだわらず, ぢゃない, ぢや, ついながながと, つづきまして, でありました, であると, であるの, である人々, であろうと, でいまだに, でお, でございました, でございましたのみ, でございまして, でございますが, でございますよ, でございませうと, でしたから, でしてね, ですから, ですが, ですよ, でその, でだんだん, でどうも, でなくおまけ, でなくこれら, でなく三略, でなく他, でなく他人, でなく何もかも, でなく如何なる, でなく悪魔, でなく既に, でなく自分, でなく行く末, でね, でやれ吉原通, で不思議, で京, で人中, で今度開店, で何, で何分, で例, で全体此, で出放題, で家常茶飯事, で彼, で彼ら, で御座いますが, で捉える所, で無い, で無く, で自分, で若し, で行っても, で間, で驚きました, とやかくいっ, なさるん, なので御, なもの, ならべました, なり, なん, なんだ, なんで, やってる, やって来たの, やって来て, らしいが, 一度に, 不審に, 世話を, 並べたがる相手, 並べた活動写真, 並べ立てたよう, 予想せられ, 云いながら, 云います, 云い出して, 云い合って, 云うから, 云うが, 云うそれ, 云うて, 云うの, 云うので, 云うもの, 云うん, 云っては, 云ってや, 云ってるじゃ, 云つて, 云つてゐ, 云つてゐる, 云つてを, 云つて居る, 云つて居れない, 云つて正しい, 云つて肝腎占な, 云て, 云はれます, 云ひ, 仕向けて, 仰しゃるから, 仰せられるとの, 仰ゃっていた, 仰ゃるのでしょうね, 仰やるの, 仰ッ, 仰有, 仰有って, 企らんで, 何でおれ, 併べて, 働いて, 僕は, 其の辺, 出来て, 列べては, 可愛いので, 問われたり, 問題に, 喋くつて, 喋べり散らした, 喋りまして, 喋舌る, 喋舌ッて, 喧しくいう, 噂し, 多い弟, 多うご, 多かった, 多く実は, 夢に, 夢想し, 大まじめ, 大声で, 妄想する, 妾に, 始終心がけ, 山ほど, 引き続いた者, 引続い, 御案じなされ, 心得て, 心掛けて, 心配する, 念じながら, 思いつつ, 思いつつも, 思いつめて, 思いつめては, 思い出して, 思い続けて, 思い詰めて, 思い詰め三月, 思うて, 思つてゐない, 思つてゐる, 思つてゐるらしい, 思つて居させなかつた, 思つて楽しん, 思ひつめては, 思ひます左樣いふ事, 思ひ続けて, 思ひ詰めて, 思わずに, 思窮め, 想像する, 意地わるく, 懸命に, 拝む神様, 持ちあがっては, 教えられるよう, 教わっても, 數字が, 書いた謂, 書きすぎたよう, 書きたがる歴史家, 書きましたが, 書きましたね, 書くの, 望むの, 次から, 歌ったから, 気にか, 気苦労してない, 氣儘に, 演つて居ります, 為て, 物語るとは, 申しても, 申しましたが, 申し上げて, 申し上げましたが, 百果報の, 目掛けでも, 目論んで, 知ってる, 知て, 知りて, 私は, 究むるだけではその一国一地方の, 穿鑿し, 細かく書きならべた, 続いては, 繰り返した, 繰り返し繰り返し, 續い, 續くもの, 習ったもの, 考えちゃ, 考えつづけて, 考えてや, 考えに, 考える様, 考える荒んだ生活, 考える蛇, 考え出す国柄, 考え込むよう, 考え返しながら, 考へすぎて, 考へた, 考へつ, 考へては, 考へてや, 考へてる, 考へようと, 考へるも, 考へる蛇, 聞いて, 聞かされたので, 聞かされて, 背負いこむの, 自粛せよ, 致し私, 苦に, 荷厄介に, 蔭で, 見せられたり, 見聞し, 覚えても, 言いそれから, 言いよるがな, 言い募るので, 言い暮らし, 言う, 言うので, 言うもん, 言うよう, 言うん, 言おうと, 言ったという, 言ったに, 言ったの, 言っては, 言ってるわ, 言つ, 言つた, 言つたので, 言つてい, 言つてない, 言つてゐた, 言つてゐる, 言つて哲學者氣取りで, 言つて困りました, 言つて実は, 言つて差向ひでは, 言ひました, 言や, 訊くので, 設ひ書けない, 話しあって, 話した, 話すん, 話の, 話合っ, 誉めて, 認めて, 説いて, 賞めたがる, 質問する, 起りました, 起るに, 起るもの, 述べあるは, 述べる, 追い廻しちゃ, 連想する, 重ねて, 降つて, 饒舌った, 骨を

▼ 事である~ (726, 0.5%)

14 がこれ 11 がその 9 が, がこの, がそれ 8 のを 7 からこれ, がしかし, が或 6 からこの, が私, と思う, に相違 5 が日本, と思ふ 4 が余, が此, ことを, という事, と同時に, のみならず

3 [14件] か, かどう, からその, からである, から自分, から跡, がさて, がそういう, が彼, が然し, ことが, という, と思っ, 事を

2 [44件] かの如き, かも知れない, から, からそれ, から今, から何, から彼, から必ず, から決して, から留守, から私, から記憶, から誰, がある, がそれだけ, がそんな, が中, が先生, が同じ, が吾輩, が夫, が実は, が実際, が自分, ことに, し, ということ, といっ, といふの, と云う, と云っ, と心, と思います, と思った, と私, と解, と許し, にかかわらず, にし, のか, のだ, のは, ように, 自分の

1 [457件] かあるいはまた, かそう, かそれとも, かという事, かとチベット政府, かと云, かなどは一, かのやう, かもしれない, かも知れぬ, かも知れません, からいう, からいつか, からおと, からかよう, からさ, からさしあたっ, からし, からずい分ヒマ, からだ, からで, からと思う, からどうして, からどうも, からまた, からむだ, からもちろん, からもっとも, からわざわざ, からカケコミ教, からドウ, から一同ただ驚き, から一家, から一応, から一日, から一能, から三藏, から事実, から人, から今度, から今日, から他, から以後, から何ら, から何事, から俗士族, から僕, から兄弟, から先づ, から全く, から凉, から別段, から前, から勿論, から医者, から十億万, から却って, から原書, から古, から同じ, から塾生一同, から夜, から大いに, から大正七, から太陽系, から夫婦, から定め, から家, から寧ろ, から已に, から已むなくそのままにしてだんだん, から市郎, から当時, から彼女, から従って, から心配, から必ずしも, から或いは, から数奇, から文章, から明日, から是非, から書い, から最初, から植物學者, から構わず, から此處, から殊更, から沢山, から沸, から炎々, から特に, から猫, から生き, から病, から直接上京, から相当, から相方, から縦令, から美しい, から職業紹介所, から表向き, から裸体画, から西暦紀元五百二十年, から貰っ, から貰つて, から貴き, から路巾, から遠慮, から遣る, から鼠, かわからない, かをその, かを痛切, かを知っ, かを考える, か合点, か悲しむべき, か殿様御免, か知らない, か見, がいずれ, がいよ, がいよいよ, がおしい, がかく, がくるし, がこういう, がここ, がことにああ, がこれら, がさりとてそれでは, がさる, がすべて諸川, がその他, がそれでも, がちょっと, がつい, がどうか, がどこ, がなんだか, がぽつぽつ, がまあ, がまた, がもし, がもしも, がもと, がよく, がよし子, がよそ者, がわれわれ, がパレス, がラムプ, がランプ, が一体拷問, が一方, が一日我輩, が一見, が丁度, が上, が不思議, が世間, が主人, が久しき, が乞う, が事, が事実, が二十七日, が人, が人間, が仄聞, が今, が今ここ, が今や, が他, が仮令, が何故, が何樣, が併, が例, が俳句, が俳聖芭蕉, が先天的病弱者, が先朝, が先頃, が其, が其の, が其等, が内務省地理局刊行, が写生, が凡て, が去りと, が又, が叡山横川, が古く, が同時に, が吾が, が呉夫人, が嘆き疲れた, が四十余年前, が大体, が大師, が大阪, が字, が学問, が宋代, が家中, が宿屋, が實, が實際, が専門家, が山田, が幸, が序, が当時, が彼ら自身, が我々, が支那, が文久二年初版慶応三年正月再版訳了, が昔, が是, が時には, が権威, が此所, が此頃, が死後百幾十年, が流行, が清岡, が火事, が牛, が王, が現, が現実, が生れ付き鼓, が申さね, が知識, が神, が神憑り, が私自身, が美人, が考え, が自, が芸術, が芸術家, が萬事此, が裏面, が製作, が西洋, が西洋人, が親, が訴訟, が詐欺, が誠に, が豹, が軍艦, が通用, が遠く, が酒, が金, が陸上, が風呂屋, が黄丕烈, けれども, けれどもここ, けれどもさりとて, けれどもその, けれどももしか, けれども一体, けれども手紙, けれども決して, けれども自分, けれども菅公, けれども藩, けれど日本, けれど終に, ことも, この外, これ忰手前な, しかしその, しかつ, しまた, し且つ, し今一つ, し自分, せっかく生えた, そうした作為, そうである, そのコバルト, それからこの, それが, ぞ, ぞさ, ために, だが肝腎, だけにその, だけに有名, だけに訣ら, と, というふう, というよう, という具合, という意味, という感, という考え, という説, という過去, という風説, といふ, といふ事, といふ人, とか制度, とか着物, とこう, ところで今, としか思へなかつた, としてさて, としても今, としても我々, として容易, として景, とする, とその, とそれ, との説, と主張, と云, と云わなけれ, と佐倉宗吾, と信じられたです, と共に一種, と共に恐ろしく, と分った, と判った, と力強く, と堅く, と始めて, と存じました, と実に, と庭, と思いました, と思つて, と思つて貰, と思はれる, と思わず, と思われた, と感謝, と拝察, と断定, と明, と根井, と氣, と無限, と知っ, と知れたら捨置く, と秘密, と考え, と考えた, と考えます, と考えられ, と考へ, と考へた, と自白, と見え, と解し, と解釈, と解釋, と言っ, と言つて知事, と論じた, と諦めた, と謂わね, と謂われる, と速, どうしてもこの, などといっ, にたいしてこちら, によつて想像, に到っ, に生き, のかも, のが, のださうだ, のであります, ので勅使, ので思う, ので感情, のに, のにと, のに優しく, のに其, のに可哀そう, のに夫, のも, は言うまでもなかろ, は言わずし, ばかりで, むしろ道教, もう手配, やうな, やうに, やはり寒気, ゆえを, ような, シテ見れ, ナポレオンの, 一円本の, 事が, 今其目的地に, 以上は, 以上個別的に, 以上考へ, 余は, 全世界, 其後ドコからか, 印度は, 即ち潔め, 呉, 夜十時過ぎに, 夫から, 如何に, 小さな新しい, 尤も唐, 山に, 幕府時代から, 廣, 必らず, 我らは, 或日, 所以は, 故に其林, 故に土地, 故此処, 斯樣な, 早曉, 是未だ, 末代に, 此に, 氣が, 汚穢を, 爾し, 直木は, 秀子の, 筈である, 絶大の, 而かも, 而し, 自然人にとっては, 薩長が, 見苦しきこと, 親の, 誰でも, 迚も, 道中に, 間そこに, 限りいつも, 限りそうそう, 露西亜の

▼ 事なら~ (719, 0.5%)

26 わけは 14 何でも 10 んと, 何も 9 どんな事 5 いつでも, なんでも, ば私, む, 訳は 4 ねど, わけはねえ, 仕様が, 私が, 私は

3 [12件] ば, ばそれ, ば何, ば別に, ば薄暗き, んや, んを, 今の, 何う, 何んでも, 兎も, 自分で

2 [37件] お前の, この人, それは, どうでも, ばお前, ばこの, ば御, もう少し口, わけが, わけはねエ, わけも, んか, んとの, 人を, 仕方が, 何に, 何んで, 何時まで, 円遊に, 初めから, 別にあの, 命にかけても, 器用に, 大事に, 大概我慢を, 天国へ, 年寄に, 心配しません, 朝飯前だ, 本人の, 甚, 私には, 精神的の, 美しい女, 自分も, 親分の, 譯は

1 [495件] あたいも, あたしだって, あっし一人で, あつしも, あなたに, あなたの, あの夢, あの島, あの快, あの智惠逞, あの狒々隠居, あれだけの, あんなとこ, あんな学校, あんまり下らない, あんまり下司, いくらでも離し, いっそ綴方, いつかは, おれが, おれだって, おれは, お六かお半, お宅, お祝い申します, お茶子サイサイで, かえって礼, かなりよく知つて, きくかも, きくよ, きっと分る, きのう笑っ, けっして腹, こちらで, このまま, このまま存在, このまんま, この後, この機会, この頃, こんな結構, こんな誤謬, さう, すぐ嗅ぎつけます, せめて盃, ぜひ共, そうしたい, そうひどい, そっちへ, そっと深草, そつち, そのお客, そのかわり何, その下手くそ, その口, その絵, その限られた, それも, それを, たいてい見当, ちっとも気, ちらと, てえ, でいとも, でた, と, といった風, ともかくも, とも思っ, と申し上げたい, と言, どうか, どうか神戸牧師, どうせお前達, どうぞこれぎり, どうぞわたくし一人, どうぞ御, どうにでも, どうもそれ, どない, どなたか, どのよう, どんなにで, どんなにでも, どんな思ひ, どんな苦しみ, なあに私は, なほさら私の, なんだつ, なんとかし, なんとかなるだらう, なんとかなるだろう, なんぼなりとも, ねど若き, ねばそれ相應, のべつに, はじめから, ばあの, ばあんなに, ばいざ, ばいま, ばこちら, ばすぐ, ばすべて趣味, ばそれで, ばだ, ばだれ, ばといふ, ばとうに, ばとがめる, ばと案じられまし, ばどこ, ばなん, ばわが身, ば一時, ば世間, ば中世, ば人生, ば今宵, ば仔細, ば他事, ば何故, ば先ず, ば先づ, ば兔, ば其の, ば其方, ば初め, ば否, ば味耜高日子根神, ば天下中一堂上, ば好ましから, ば子, ば定期, ば実, ば家門, ば小生, ば少, ば已む, ば後悔臍, ば心配無用, ば我が身, ば我れい, ば手前, ば故障, ば日置忍男, ば更々, ば最, ば清淨無垢, ば無, ば神様, ば私差控, ば絵巻物, ば聞, ば自己, ば若様, ば詮方, ば貴方, ば賊, ば逢っ, ば針, ば長く, ば青鼠頭魚, まあ大抵, まだ他, まだ幾ら, みんなが, むが扨も, むと奉, むと確信の, むと頻, むにと, むろん聞きません, め, もう, もう一度津志田, もう大丈夫, もう御, もう済んだ, もう聞くまい, もちあった, もっと手前, もっと早く, もっと穏やか, もっと近い, やはり猫, やる気に, よく知っ, よく知つて, よご, わが庭, わざわざ叡山, わざわざ面倒, わしにだって, わしは, わしゃ言う, わたしなんぞも, わたしの, わたしは, ん, んが, んとは, んなどと, んにより, んも, ん云々, ん今より, ん其五十兩の, ん其儀なら, ん其節泥八が, ん其節質屋より, ん和臭を, ん小夜衣さんに, ん思へ, ん扨, ん拙者の, ん此の, ん然し, ん眞直に, アンマリ突込まれん, イエス様を, イズレ女の, イヤ今, ソッと, ハンドバックに, フランボーも, マアザアが, ワケは, 一から, 一二俵は, 一人の, 一倍お, 一冊でも, 一寸顔出し, 一度や, 一日も, 一日頃には, 一晩あの, 一肌ぬい, 三晩も, 下手人は, 不思議は, 世の中は, 中有とやらに, 主人は, 乃公にも, 事を, 二三日は, 二十年以前の, 五郎はんど, 些た, 人の, 人手に, 人間両個の, 今でも, 今に, 今まで, 今仰, 今少し, 今晩帰る, 他の, 仙台で, 仙臺の, 仲間に, 伜を, 何うであろ, 何うにか, 何から, 何でもありゃしません, 何でもありやしません, 何でもお, 何でもし, 何でもします, 何でもやつ, 何でもやりましょう, 何でもよく諾い, 何でも御, 何でも知つ, 何でも聴く, 何とかし, 何とも思つて, 何にも, 何もかもよく知つて, 何より易し, 何事に, 何処に, 何処までも, 何故己, 何故津浪, 何故葉書, 何日でも, 俺でも, 俺は, 倅の, 倅を, 値段から, 僕でも, 僕は, 僕へ, 元より, 先生の, 先祖とて, 兜虫の, 全国の, 八所借りを, 内でも, 再びあの, 初めっ, 別に不公平, 利子を, 前の, 力も, 功に, 十分立派に, 十分養生を, 千世子は, 半歳, 即答を, 去年の, 又何とか, 叔母の, 口返答を, 吊革に, 同じ論法, 名誉かも, 唯と, 地獄へ, 外にも, 外国文で, 多少の, 多少は, 大した苦痛, 大抵の, 大抵載せ居る, 大概相談に, 大理石の, 夫人に, 失礼し, 好いで, 好勝手, 如何な, 妻に, 妾だ, 始終傍, 媼さんに, 嫁え, 嫌は, 子供にだけは, 学問上にも, 定刻の, 宛には, 宜い, 家に, 家へ, 家中の, 寧そ早く, 少々不, 少しほか, 少しも, 少し全, 帰依させ, 幾ら貧乏した, 幾通でも, 広嗣, 当時の, 後でお, 心配いらない, 心配しなく, 心配する, 心配せんで, 心配は, 忍びも, 怪我を, 惡漢の, 惰けて, 意気地が, 愛撫を, 我等に, 手前ばかり, 手足が, 打捨, 打捨つて, 打首か, 探検で, 放棄ときな, 教会の, 斉斉哈爾に, 斯いふ人に, 新聞にも, 日本一だろう, 早く気, 早く隙, 明後日は, 明日にも, 昔の, 星にでも, 是非に, 是非今日, 最と, 最初から, 有ッ, 有難くも, 朝昼晩四六時中竹一の, 木村は, 未だ親子, 東京の, 機嫌克く, 此の, 此儘此墓の, 此様な, 此間中何か, 気遣ひす, 決して君達, 決して否, 決して恥かしく, 決して申し, 法廷に, 津田にも, 活し, 浅木様の, 海の, 父も, 父アんの, 獨で, 琴の, 生みの親に, 男の, 男を, 當人の, 百円貰つて他所へ, 目を, 直樣是, 真っ向から, 知らん顔も, 神田あたりに, 私から, 私と, 私の, 私も, 私より, 空家で, 突然何, 立待より, 竹矢來を, 笹屋の, 素より同胞何, 素直に, 総監を, 線香花火は, 罪に, 肇に, 自ら見舞も, 自分と, 自分の, 自分達の, 至って気軽, 舞台から, 船乗や, 若し雨, 薩摩芋の, 蟻とも, 被害者側へ, 裁判で, 褒美の, 親の, 親父でも, 親類某の, 解決が, 言ひます, 言葉も, 話は, 詳細く, 誠に残念, 誰と, 誰にも, 象徴という, 貧の, 足だけを, 追つ, 金銭は, 針ほどの, 錢形の, 間違いない, 間違つたら遣り直す, 院へ, 電話を, 非人情も, 非常に, 顔まで, 風見の, 驚きゃしませんがね, 驚きアしねえ, 鶯の, 鹿も, 鹿爪らしい

▼ 事から~ (635, 0.4%)

25 して 6 私は 5 である, 始めました, 考へて, 見ても 4 容易に, 見れば, 話して 3 それが, 来て, 考えても, 起ったの

2 [39件] この渦中, この町, であつ, ほんとうの, 上役の, 人に, 何から, 何んにも, 偶然ある, 先に, 先代の, 出て, 初の, 前身の, 動かされた自分, 土地の, 始まった, 始まりました, 始まるの, 帰って, 彼が, 彼の, 懇意に, 日常生活が, 書きます, 満月の, 私の, 私も, 考えて, 考えると, 考えれば, 自己を, 自然に, 良秀の, 見ると, 説き起して, 起って, 足を, 離れるもの

1 [482件] あな面白だ, あの兄弟, あの絵姿, いえば, いつか船に, いつしか獅子舞, いろいろな, おこったもの, お前が, お知己, お邸, お鳥, かうした形, かの女, からだを, きっと殺し場, きつと, ここに, この問題, この国, この大北鐵道, この家, この度私, この頃, こみあげて, これ, これを, こんどの, こんなに仲よし, さっぱりと, さほど大きな, さよう, しても, すでにまる, ずいぶん脱線, ずっと後, ずゐぶん右馬, せん子にだけは, そう思える, そこへ, そのお, その名, その外, その挙句, その時, その社会的存在, それに, それによって, そんな話, た, たうと, だ, だったろうか, ちょっとお, ついむだ話, つぎつぎに, つまる事, づきが, であった, であるから, であるやう, でございます, でした, でしてね, です, ですわい, でそこ, では, でも, でより, とっさま, とんぼの, どうやら彼女, なにか大きな, なの, のがれる事, はあすっかり, はしなくも呼び寄せ, はじまった, はじめ米國に, はずれて, はなはだ不, ひいて, ます, まず申し上げます, またしても, みたいに, みますと, みんなが, もう一人私, もう逸れ, もし現在, やつて, やはりチベット, よその, らしい, らしく夫婦, わたくしも, クーロンの, チベット人の, ツァンニー・ケンボに, バラの, パッと, モオリスは, ラケルが, ラタム号は, ローマンスの, 一人の, 一切万事何もかも, 一切離れ, 一同は, 一層複雑, 一層親密, 一族を, 不快の, 不思議な, 世間では, 両親の, 主人は, 久松家にも, 乱暴が, 争いを, 事務長と, 二三の, 二人が, 二年を, 云えば, 云つてこの, 交通を, 交際しはじめ, 人間が, 今までの, 今差し当り起き, 今日は, 今日までの, 今日門を, 何が, 何となく滑稽, 何時の間にかそいつ, 何等の, 來た, 來て, 俺は, 倫敦の, 僕の, 元は, 兄は, 先き, 先日この, 先生の, 光が, 免れたこと, 全部あらい, 八五郎は, 公儀お, 公判日の, 其の後今, 其の浪人者, 其容れ, 其手帖が, 其支那の, 出たと, 出たウソ, 出た解釈, 出入りを, 出来た事, 出来た語, 出来るの, 出発し, 出發, 分って, 分れるもの, 初まつ, 初めてみた, 判断し, 前以, 割りない, 力を, 勉強が, 十一代前の, 十年あまり経った, 千葉で, 南左衛門の, 南左衞門の, 博文館から, 又いつも, 又し, 又その, 又橋掛り, 又神様, 叔母さんにまで, 受ける一種, 受け得られる単なる, 右足に, 同人を, 周囲の, 問題を, 喧嘩を, 土師人すなわち, 土龍などを, 地主との, 地方によ, 坑夫と, 外見の, 多大の, 多少解放, 大きな事件, 大事を, 大喧嘩, 大殿様の, 天上の, 天狗に, 失物判断縁談金談吉凶禍福に, 女の, 好奇心を, 妙な, 妙に, 始まったの, 始まった捕物作家クラブ, 始まった話, 始まって, 始まつた, 始まつて, 始まらなければ, 始まりその, 始まるかも, 始めて車, 始めよ, 始めよう, 始めると, 嫌いに, 子供の, 宝石は, 実は藩庁, 寝る事, 察する, 察せられ又, 将軍家と, 小母さんと, 尻込みし, 屡手, 山へ, 己が, 帰りの, 常談など, 年中時令の, 廻り合わせて, 引いて, 引き放して, 弥勒菩薩も, 形を, 彼を, 彼地の, 彼奴の, 後に, 後日の, 得た材料, 御世の, 御台所の, 御徒町の, 御話, 御霊とも, 心付いたよう, 怒り出して, 思いがけなく日本, 思いついたの, 思いついた翫具, 思い出した, 思い違いを, 思うと, 思ひ付いて, 思ひ併, 急に, 怨む, 怪異が, 恋が, 悪く思われ, 想像し, 感奮し, 成るべく遠ざからうと, 我等は, 所謂, 所謂恋愛結婚が, 手が, 拝見しましょう, 挨拶を, 捕われて, 掛合いに, 推して, 推しても, 推しますと, 推すと, 推定される, 推測し, 推量し, 支那の, 放たれて, 放膽, 救い必要, 救はれ, 敷衍した, 數奇な, 新聞と, 旅行中の, 明樽買の, 昔馴染の, 時々大きい, 時々延期, 時子の, 時計が, 書いて, 書き始めさして, 書き始めた, 書き起してあつ, 書けも, 最近に, 月々発行する, 本来鹿である, 来るの, 来る当然, 来る異常, 来る眩暈, 来る立体的, 来る結果, 柴田先生は, 様々の, 此に対して, 此仕掛けを, 此樣に, 歸つて二階へ, 歸つて來る, 死によ, 死んだ母, 死生の, 殆ん, 段々離れ, 殺された本人, 母が, 母と, 気づくなった家, 気を, 汽船の, 泣きつかれて, 流れを, 浮み, 深く成り, 無造作に, 照らし合せて, 父を, 牢格子を, 物質の, 特別に, 理解は, 生じたと, 生じた一つ, 生じた初春, 生じた別種, 生れて, 生れる幸福, 申します, 申します第, 申上げなけれ, 申上げましょう, 疑って, 発して, 白状した, 白石屋半兵衛が, 皆が, 皆エタ仲間に, 益々喜太郎, 盜賊につけ, 目録を, 相変らず, 真面目に, 知っとるでそこ, 知り合いに, 知れる, 知合いに, 碓氷氏に, 神とか, 禁軍の, 秀吉が, 秀吉の, 私が, 私闘は, 秘密が, 秘密親たちに, 程なく主人, 種々なる, 種々の, 立つもの, 米国でも, 米国会図書館を, 終に肺病, 美しくて, 美殿と, 聽込んだ, 胸を, 臨終前後の, 自ら吾, 自分の, 自我の, 自棄に, 自然は, 舞ある, 色々の, 芝居の, 芸道の, 英一と, 茶屋女の, 葬式も, 蜑の, 蟆人すなわち, 装飾や, 西を, 見いだされて, 見知らぬ男, 親しくし, 解放された, 解放せられね, 言うて, 言へば, 訊き始めました, 訊ね始めました, 訊問を, 許して, 許嫁丈太郎の, 話さなくちゃ, 話さなくちや筋, 話すと, 話を, 誘い出されること, 語つた, 誤解を, 説き起し当代, 説明されるで, 論理の, 講師の, 議論に, 貴下がたの, 貴公にも, 起きた其の, 起こる困難, 起ったらしくかかる, 起った名, 起った騒ぎ, 起つたので, 起つて, 起る, 起るの, 起る事, 起因した, 超然とは, 足が, 足や, 身の上話を, 軋轢を, 転じて, 近頃に, 追ひ, 遂に今回, 遂に獅子頭, 運河事件に, 遠ざかって, 遠ざかつて, 遺趣, 部屋の, 都合が, 酒と, 酔の, 野良仕事山の, 金貸の, 開宗以来はじめて, 随分争い, 雇い男, 離れたさまざま, 面白いこと, 面白くない, 頭中将は, 駿介は, 驚いたの, 鶴子は

▼ 事~ (479, 0.3%)

8 あらん 6 存じませんが 5 分らない, 悪い事 4 あるまい事, 知れない, 私の

3 [12件] あらんと, それは, わかりません, わるい事, 人は, 何かで, 少しも, 急に, 知らないが, 知らん, 私は, 金なら

2 [30件] こ, さもなく, それも, とおも, どうか, どうかは, はれば, よく分らない, わからなかった, わからぬが, ッ, 何う, 何かを, 僕には, 分らず, 分りません, 惡い, 慌てて, 更に客, 無い事, 知ら, 知らぬが, 知らんが, 知らんと, 私が, 私には, 自分でも, 苦しい, 解らぬ, 訳が

1 [347件] あったら三十幾人, あったら知らせるから, あっと頬げた, あの男, あはは, あらんなどと, あらん漢, あらん見渡すかぎり木曾, あるべき洗濯, あゝー, いずれに, いまだに, うなじ迄も, うまく運ぶ, え, えさ, お前の, お敏, からりと, かんもくだく, ぎりなかりけりしたしく, ぐつたり鏡臺に, こういう往来同様, ここで, ここまで, こしあて大ころ, この四, この四年以来欧州くん, この島, これから宵, これから迎, これだけ, こんな大きなもの, さっぱりわからなかった, さっぱり分かるまい, さもなければ予, さもなければ此上, さんざッぱら人, しつこく聞かれ, しない事, しらんと, しれなかつた, じゃア, すき通るほど, そういうわがまま, そのおり, その中, その写真師, その少年, その時, その為, その風景, それが, それでなけれ, それとなくお, それともこの, それとも一人, それとも何, それとも前, それなら早く, それなら早くさう, それにも, それよりも, それ言わぬ, そんな物, たかるべきか, たつたあれ, だからわる, ちっとも分からなかった, てんで, とうとうその, とかく連想, どうした, どうにも妾, どうもあの, どうも様子, ない事, なぞとね, なるほど行った, のみこめなかった, はっきり記憶, はて困った, ひどく元気, ひらめいた, ますという, またどれほど, または, または作者, まだ判然, まっ赤, まるでアベコベ, もう少し早く, もとより, やはり御存知, よその, わからない, わからなかったけど, わからなかつたが, わからぬと, わかりは, わたくしには, わたくしは, ア, ソレも, チットモ私共には, テッキリ屍姦だ, ハタと, ハッキリしない, ピタリと, マルキシズムとは, 一切解す, 一刻ばかり, 一同には, 一向解せなかつた, 一寸意味, 一寸考へ, 一心不乱に, 一文貰の, 一目お, 三宅へ, 三日も, 三月から, 下卑た事, 不詳である, 不貞腐にも, 中には, 主人の, 主水之, 久し振, 之に, 乗って, 乗る権利, 人情なし, 人里離れた, 今も, 今もっ, 今年は, 仔細あつ, 似た人, 何うだ, 何か, 何かの, 何ぞの, 何たる因果, 何だかそれ, 何卒, 何時から, 俎は, 偶然発見された, 傍眼に, 僕の, 先祖より, 兎に, 全くだ, 其の方, 其の晩, 其の辺, 其は, 其も, 其生死さえも, 其辺は, 内儀の, 内海に, 内部からは, 冷たいはず, 冷たい筈, 出家の, 分からぬやう, 分らず在, 分らず銀, 分らない見て, 分らなかった, 分りませぬが, 分りませんわ, 判らず左思右考, 判らないそれ, 判らない頭, 判りません, 判然と, 到底良人, 勿躰な, 右も, 叶わぬ事, 各支店, 咎め立てする, 善く聴き取れなかった, 善く聴き取れなかつた, 喰ふ, 團子屋の, 地方の, 塩よ, 夏目さんとは, 夜が, 大に, 大変な, 大層急い, 大方の, 天女に対して, 夫とも, 夫も, 奉行所へ, 奥さんあなたは, 奧方は, 好文木とは, 如何か, 妖巫と, 妙子は, 子が, 孔明の, 存じて, 存じません位, 宅の, 実に何, 家へ, 家業柄にも, 少しは, 屋外の, 山之, 岩間の, 幽霊の, 庖丁を, 式台を, 弱いばかりが, 強き項, 彼には, 彼の, 彼等の, 往時の, 後では, 徒に自分, 御存じかと, 忘れたが, 恐れ入ること, 惚れられるもの, 惡いこ, 感応寺に, 慈善會音樂會名は, 慈悲を, 成程, 我れ, 或は其以前, 手ん, 敵前と, 明かでない, 明らかには, 明瞭しない, 是サ組頭默言て, 更に何, 更に取り留めた, 有る, 朝酒を, 木の実の, 木綿ちゃんの, 未だ私, 未だ考へない, 未だ調べ, 棒杭に, 椅子を, 武骨一途の, 毎日の, 気に入らない事, 法ならぬ, 洋燈が, 準備に, 溜池署の, 火の粉が, 無くな, 父の, 片手で, 狆の, 理由は, 用人團右衞門の, 疑いも, 疑わしいと, 百も, 百姓風情で, 皆これまで, 直すところ, 知つてゐ, 知らない書店, 知らない様子, 知らぬ人, 知らんけれど, 知りませんけれど, 知れないが, 知れなかった, 知れなかつた, 知れませんでした, 突然態度, 精と, 糸も, 縁が, 縄を, 美しいお, 胸の, 能く, 自分では, 自分にも, 色々と, 花嫁姿の, 荒物屋で, 葦原醜男が, 行はれない, 行わるべから, 街の, 表札が, 襠掛を, 見知らぬ猫, 親が, 覺えて, 覺束なし, 解し難い, 解せず, 解せなかったであろう, 解らずなりに, 解らない, 解らないと, 解らないね, 解らない風, 解りません, 解りません間, 解るかも, 言って, 訣らなく, 訣らなくなる, 証拠でも, 話が, 話して, 詳ならず, 識者の, 起こすため, 趣は, 足の, 踊りの, 逸疾く, 遂, 過去ッた, 金助には, 長襦袢の, 開け放しに, 間もなく石磴, 雨さへ, 霧の, 革鞄の, 音に, 顋髯だけか, 駐在所に

▼ 事~ (476, 0.3%)

6 或る 4 自分の 3 あらんと, それを, らんと, 何かで, 何や, 私の

2 [30件] あると, その後或, それから, ビスマークの, 人の, 今朝の, 仏蘭西の, 何かは, 娘の, 嬉しかった, 子供の, 心臓の, 月は, 東京の, 正しくない, 母の, 母親の, 淋しみ, 熱帶地方の, 物価の, 独創的な, 生活の, 石の, 私が, 罪な, 色々あつ, 蒙古, 裸で, 親類も, 金の

1 [388件] あの松, あの留針, あらむと侮りつ, ある, あるあたら, あるという, あるどう, あるべき, ある私, あれへん, いたるところ, いたる土地, いつを, いひふらしつると, いやな, いろいろな, いろいろ相談事も, うるさい事, おもしろい事, お刀詮議, お父さんの, お芳, かお母さん, からまあ, から検事局, がよく, が早く, くだけるまっ白, けど, けどそれでも, このよう, この世の中, この事, これを, これ等は, さかい, さかい万事, さかい半切, さもしい夫婦喧嘩, さもしい欲望, しなくっちゃあ, じじむさいという, すぎ去った, すべてこれらは, すると, する事, せつなの, そういう名称, そこの, そしてもっと, そして又人間, その他の, その他万般に, その他称徳天皇, その公案, その反対, その外僕, その血管, それからやはり, それからベルリン, それから又, それから顔, それが, それの, それ以上の, それ等の, そんなこんなで, そんな数, ついてはおれ, つい先達, つたと, つつましげ, つては, つまり生活状態, て一文, といえ, とうてい読めない, とて猶, と問, と思ひける, と獨, と空嘯い, なあ, ない, ないかと, ないワナ, なからん, なと直感, なんかで, なんかで少し, なんかで村, なんかで東京, なんか会社, なんぞで何ん, はある, ほんとにこの, まず, またその, または, または軍人, また其効目, また夏中, また宗門牢, また柳江, また気, また自分, まだ見つからぬ, まつりかの, めだかを, もう少し行く, もしや死ん, もし先生, もっと遠く, もと至難なり, ゆるゆると, よくこんな, らんなど, わてに, カザンで, ガレージの, ショパンシューマンその他浪漫派の, スポーツは, デビーの, ナニガシ君は, ポルトセエドで, マゼラン海峡を, ママが, マルセイユで, 一度郷里, 一番の, 一軒おいた, 丈高く, 三越で, 不思議な, 久米さんの, 云う事, 人を, 今日塔から, 仕事の, 休日の, 何か, 何かの, 何かを, 何くれと, 何の, 余り突然な, 佛骨子が, 作家が, 俗気から, 俸給の, 候ふべき, 借金の, 僕の, 僕を, 先刻自分の, 先生にも, 先輩の, 八百長では, 六年ぶりの, 其の他, 其他の, 其他ヅボアが, 其他樣, 其公案に, 其奥様の, 其奧樣の, 其怨恨の, 冬籠, 列車から, 医者自身が, 十三日の, 協議いたさね, 危ない事, 又いかにも, 又夫等, 友の, 友人達との, 口惜しかった, 古里の, 只遊ぶ, 叱られた事, 吃驚させられる, 合監の, 同じ学校, 吝嗇の, 哀むべ, 哲学の, 唐黍を, 喉を, 嘗つて私の, 嘘は, 器械を, 困った事, 困る事, 土つかず, 土蔵の, 坊ちやんや, 坐禅を, 坐禪, 変った事, 外郭の, 大ぜ, 大体野原で, 天が, 天下の, 太刀作りの, 奇怪事が, 奇怪千万な, 契約の, 妹が, 妹の, 始めて活動専門, 嬉しかつ, 子供に, 学派の, 宝石の, 実に当然なりと, 実家と, 家中の, 家庭消費の, 家族への, 宿直が, 富子令嬢が, 寝不足も, 寝行儀, 寶暦の, 専門的な, 對話の, 尾張の, 帰えれない, 帰期の, 庄司に, 床ずれの, 店頭装飾の, 弟に, 当局にも, 当時から, 彼らが, 彼女の, 彼等が, 御主人, 御馳走の, 心の, 志士各, 怖い話, 思うたによってな, 思う事, 思ひがけ, 怪しい事, 恐らく, 恐ろしい事, 悪い事, 悪口などとともに, 悲い, 悲しい事, 想像する, 想像に, 感じたこと等, 感じる事, 感覚やの, 戯れ交じり, 手荒い事, 持主の, 持参付の, 持參付の, 掃除や, 探しあぐんで, 敏子の, 文學を, 日常の, 日清日露の, 明かに, 星学なぞを, 時々の, 更に其頃, 書く事, 書生が, 最も好き, 最も所好, 有けん, 未來の, 本を, 本膳を, 東北人, 棉畑の, 極く, 横浜へ, 歌人として, 母家の, 毎日毎日じゃがいもを, 毎日活動の, 毎月の, 氷嚢やら, 沙金の, 泥除けそれから, 浅ましい身, 浅草時代の, 浅草橋手前に, 浪花節の, 深林に, 温度による, 為る事, 無法な, 爲た, 物が, 物や, 物やの, 王様の, 現に, 現在それぞれ境遇の, 生きた事柄, 生れました処, 生來虚弱, 生来虚弱, 田舎の, 男の, 異教の, 畳の, 疲れて, 病人の, 病気を, 皇后の, 目的なき, 相変らず, 眼鼻の, 着物を, 神事上の, 神賀詞, 私し, 私行を, 空中を, 細かに, 結婚しろ, 絞る事, 絵画や, 縁日の, 翻訳の, 考えた事, 考えるため, 考へるため, 聞いた事, 胡瓜の, 自分は, 自己主義的な, 自炊に, 色々な, 色々の, 色々話し, 芝居と, 若し目, 苦い事, 葉子に, 薬を, 衆智を, 行く末の, 行末の, 西比利亜犬が, 見届けたこと, 親父の, 計らずも, 計算やも, 説得によ, 諸国の, 講義の, 象などが, 象嵌で, 貞と, 費用を, 身なりの, 辛い事, 農業雑誌の, 近頃千葉, 迷いが, 道筋の, 郡長が, 部落の, 重畳した, 金魚の, 長い尾根続き, 随分いろいろと, 雨月物語なぞの, 露西亜の, 面白い事, 須永が, 領土拡張の, 飲む事, 馬の, 高くとまった

▼ 事じゃ~ (414, 0.3%)

54 ない 29 ないか 17 ありません, ないん 15 ありませんか 14 アない 11 ないよ 9 ないの 6 ありませんよ, 無いん 5 ねえ 4 ございませんか, ないかしら, ないから, ないでしょう, ないと 3 あるまいし, い, ございません, ございませんが, ないかと, ないさ, ないですか, ないのよ, なし

2 [17件] ありませんね, ないかね, ないがね, ないじゃ, ないって, ないわ, なかったの, なくって, なくってよ, ねえか, のう, よ, アありません, アございません, アねえ, ア無い, 無い

1 [150件] ありませんあと, ありませんかと, ありませんぜ, ありゃしません, あるし, あるめ, いつまで, いつも心配, お兄様, お前さんと, からその, からそんな, からのう, から云っ, から差し置かず, げな, これ權六以来予に, ごいせん, ございませんてね, ございません百, ございません神経, ござらぬか, しいずれ, しからざれば, しっかりしない, ずいぶんにいさん, そのよう, その事, それでわし, それで手前, それほどの, それ故に, て, で, でこの, でな, とにかく本人, どうやっ, な, なあ, ないあの, ないかい, ないかいな, ないかって, ないかな, ないが, ないじゃあ, ないですから, ないでも, ないといった, ないのに, ないもともと, ないやむを得ない, ないよう, ないわい, ないわね, ない去年卒業, ない控えて, ない様, ない罰, ない言語道断, ない馬丁, なか, なかなか疑り, なかろう, なかろうもん, なくなって, なさそう, なし御, なし話そう, なんにもならん, なア, ねえかな, ねえから, ねえが, ねえこっち, ねえの, ねえよ, ねえ余り, ねえ娘, ねえ引込ん, ねえ昨夜それ, のう僕, まるでお, むー, よういたした, よっぽど使いました, わいの, わし等は, わたしも, アありますまい, アいけません, アから, アな, アねい, アねえか, ア出来ない, ア有りません, ア気の毒じゃ, ア無, ア馬作なんどは, イヤだ, ケニ文句は, ツンとも, トルバダウの, 一体それ, 不可ん, 予を, 二人を, 仕様が, 僕も, 其の位, 其の後嘉永, 分らない, 千も, 又お, 命ある, 嘸心配, 埒が, 大方その, 失望し, 実に馬鹿, 彼れ, 御座いません, 御座いませんよ, 御座いませんわ, 御座んせぬもの, 怒って, 手前が, 是も, 此の, 此の度御, 済まぬが, 無いが, 無いさ, 無いの, 無い長島若菜, 獲物の, 用心棒の, 白痴め, 直き, 私に, 私は, 聞く処, 諭吉さんも, 警察の, 追いつくめ, 音楽学校の, 駄目だ, 驚かないが

▼ 事なく~ (401, 0.3%)

15 して 5 んば, 過ぎて

3 [11件] すんだ, 仕へんと, 傍へ, 廓内の, 朝めし喰べ, 済みましたが, 筋向, 終は, 自慢では, 途中に, 高砂を

2 [21件] うちすぎぬ, すんだが, そは, つてよ, ば, また縁側, 一図に, 予に, 其れ, 只管歳費を, 寐入し, 平和で, 我等を, 曲り角に, 済んだ, 濟ましよう恨みにでも, 着いたの, 終り五郎さん, 葬式を, 長吉は, 食事を

1 [301件] あらわに, いや事, いろいろな, うかうかと, うばい取ったが, おだやかに, お美事, この女, この恐し, これを, さながら最良, しかのみ, しても, すいた垣越し, すこやかに, すべてを, すみつづいて, すみましょう, すみわし, する事なす事みな道理, すんで, ずっと泰平, そこを, その伝統, その儘無疵, その前, その場, その日, その正月, その終り, その辻車, それより, それを, ぞ経ん, ただ降っ, たつた一室, てすんだ, て不愉快, て我, て済み, て生き, て見ぬ, とどまる事, とも実地上, とも秀秋, なお熱心, なるべくちがった, なるべく全, のそり, はっきり自信, ばこの, ば忘恩, ば男子, ば須, また実物, まる一週間滯在, むらむらと腹, れいの, クララは, 一季半季にて, 一日は, 一日畑に, 一部をもって, 三筋取っ, 三藏は, 三週間ばかりを, 上品に, 下宿に, 下関へ, 不思議そうに, 且軽し, 世にもめでたき, 世の中の, 並び立つよう, 主人の, 之の, 事務長と, 互に尊敬, 五節句其外何事に, 亦語る, 京へ, 人の, 人事以外の, 人皆平等随って, 仁兵衛の, 今夜の, 佐竹家の, 何時までも, 余輩にとって, 優婉に, 光化門の, 共に生き, 其処に, 凝と, 凡ての, 切り抜けた, 助ける策謀, 十時間でも, 千数百年来それで, 去って, 去つて, 参れば, 収る, 叔母早へ, 只下着, 只患者, 只酒を, 右あるいは, 君主は, 告げて, 堂々と, 変遷を, 多くの, 夜更て, 大ビラ, 大川へ, 天地万有と, 天然の, 姿を, 子よく, 安穏に, 室を, 家に, 家庭も, 寝たが, 寧ろ自ら, 少しずつ, 山間漁村に, 巧に, 席薦の, 帰して, 帰って, 帰つて来た, 帰宅を, 常に渾身, 幇間の, 弁信を, 彼の, 後には, 御立派, 心を, 心血を, 快晴なる, 思ひ思ひに, 思ひ戀しき, 悉く皆, 悒鬱に, 悠々閑々として, 悪夢を, 成丈穩便に, 成長なされたなら, 我が筆, 打てば, 抱擁し, 攻城を, 敵の, 日々宿屋にばかり, 日夜わが, 明けた町, 晏然陵下に, 暢気に, 暮して, 暮れて, 更に別種, 書き流しここ, 有らゆる優待, 木曽義仲公追討の, 樹木が, 機動に, 次の, 次第に大きい, 武装を, 死ぬ身, 死刑に, 殊に失恋自殺者, 殊に容貌美麗, 母も, 気息を, 江戸に, 決算し, 河原に, 治まったものの, 泰山の, 浅草蔵前八幡の, 済ま, 済ましよう, 済みたらましかば, 済むであろう, 済んだが, 済んだと, 済んだ事, 済んで, 渡った, 濟みたらまし, 為遂げた延若, 焚くこと, 父の, 猜むこ, 獨り, 理解し, 甚大の, 生きたいと, 生きて, 生き得た人, 生れて, 男性と, 疲れても, 痙攣し, 白状致せ, 百年も, 目下は, 目礼さへ, 目禮さへ, 直に同行, 直吉に, 直接に, 相すみ, 相すみます, 真直に, 着きし電報, 研学の, 確かな, 神人の, 私は, 私を, 竈虫の, 答へ, 精細に, 精霊同時に, 納まるの, 納まるべきなり何氣, 終ったが, 終った団十郎, 終って, 終つた, 終るやう, 終わるを, 結婚も, 結局その, 続いて, 続きそう, 総てを, 繰り出す音, 翼に, 老年に, 耳に, 聞く時, 腹を, 自分の, 自分自身の, 艇の, 若江は, 落つる孤獨, 落着き払って, 落著した, 薨去せられた, 藤野先生みずからの, 蝙蝠傘に, 西洋だの, 見る者, 覗ふ, 解する所, 解消出来た, 許させて, 許されたけれども, 誇らんと, 誠に恐ろしき, 誰を, 謂わば, 譬喩化する, 越えられるか, 踵を, 蹂躙する, 近隣の, 退き鉦, 通ったろうな, 通りたいもの, 通りやがて, 通過する, 進むの, 遂に自分, 過ぎた, 過ぎましたが, 過ごしたのち, 過して, 道中日記注け, 遣る積り, 選ぶ, 都の, 鈍感なる, 鉦うちならしつ, 鎮まろうか, 隔ってる, 順調に, 顔を, 飛び越えたが, 飢饉成し, 馬車馬の, 驚いた, 髮眼ともに, 魚を

▼ 事まで~ (399, 0.3%)

11 して 9 知って 7 考えて 5 言って 4 云って, 気を, 覚えて, 話して 3 口走る, 心配し, 気に, 氣を, 考へて

2 [29件] せねば, ちやんと, よくペラペラと, ツケツケと, ベラベラと, 世話を, 云った, 先を, 取調べて, 委しく話し, 御存じだ, 御考, 思い出すと, 想像し, 感心し, 持ち出して, 書いて, 知つてゐる, 考えたり, 考えるの, 見て, 見抜いて, 見拔, 見透しです, 親切に, 言うの, 言つて了ひます, 詳しく言, 釣られて

1 [278件] あんなに言, あんなに言われ, いい立てられましたので, いちいち訴え出, いったの, いっちまうと, いって, いふこと, いろいろ申し上げました, おっしゃって, おもしろげ, お前が, お前の, お琴, お話を, お雪ちゃんという, お願いし, きけば, しようとは, じつによく何, すぐに, すっかり人間, すっぱり白状, するん, する人間, する者, すんでから, すツ, ずばりと, その人, それに, たくさんの, ちゃんと知ってる, つけ足した, つつまず打ち明けねば, どうして知っ, なさるよう, ひどくせめたて, ほそぼそと, ほのめかした, まことし, みんな饒舌って, やる, ろんじよると, わかった, わかりましたが, わかりやしませんよ, わたしは, わめき散らすので, チャンと, チヤンと, ヅケヅケと, ハッキリと, ブチまけた, 一々知っ, 一々覚え, 一として, 一に, 一人で, 一人合点で, 一口洩らした, 云い, 云うって, 云うの, 云つた, 云て, 云わなくては, 人が, 人に, 仄めかした, 仕出かして, 仙台藩士が, 伝えた世間, 伺って, 何かと心配, 何でも, 何とか言, 何とか言われ, 何を, 何一つお, 何一つ書いてない, 何時でも, 僕の, 先方から, 先生に, 先生を, 出来て, 出来ました, 分りますかな, 判りましたか, 厚く世話, 厚く禮, 又そんな, 取り出でて, 口へ, 口を, 口走ったの, 口走りいき, 口走りのっぴき, 口走りました, 口走り一世一代, 口走り婿, 口走るので, 口走る始末, 君に, 君の, 問い正そうと, 問掛けて, 喋々と, 喋舌った, 喜ばうと, 夢うつつに, 大仰に, 妄想される, 委しく申聞, 委しく目, 委しく説明, 少しも, 届け出たよう, 己れ, 平気で, 平氣, 引受られ, 引張り出さうと, 役者に, 御存じだった, 御存じな, 心に, 忘れきつ, 忘れましょう最う, 念頃に, 思いました, 思い出して, 思い出す其の, 思い浮かべた, 思い起したり, 思う, 思うと, 思ったの, 思ひました, 想像いたし, 想像した, 慚色なく, 手が, 手に, 打ちあけるの, 打ち明け始める, 打明けて, 打明けますと, 持ち出すには, 指図がましく云う, 捜って, 捲くし, 搜つて居た, 教えくれたところ, 教えは, 既に残り, 明らかに, 明細に, 明細白状に, 時計を, 書き加えて, 書き誌, 書くこと, 果して察し, 根はり葉はり問いただし, 案じられたが, 此の, 此処へ, 残りなく, 殘らず, 殘り, 母神の, 気が付いて, 氣にな, 注意しなけれ, 深沢の, 為出かす為, 無自覚の, 無茶苦茶に, 爲出かす, 猜疑せず, 申上げ, 申合った, 申述けれ, 申遣わし, 男は, 疑った, 疑ふやう, 白状しやしません, 皆自分の, 相わかる, 相談され, 相談し, 看破され, 看破りましょう, 真剣に, 知った, 知ったか, 知つて居ります, 知らない顏, 知られてはと, 知りて, 知り抜いた者, 知れて, 研究した, 確めた, 神おろし, 私が, 私に, 私伺ひました, 種々無量に, 突っ込むの, 突つめんなら, 突つ込む, 窮めまして, 細かく論じた, 細かに, 考える, 考えるにも, 考えるよう, 考え出しながら, 考へた, 考へたやう, 考へましたが, 考へますの, 聞いたり, 聞くの, 聴かされた津田, 聴きたかった, 背負い込んで, 能く, 自分が, 自分に, 自分一人の, 自身で, 致すよう, 良石和尚, 色々と, 苦に, 苦労し, 落も, 蔓が, 行つて退けた, 見えるわけ, 観察し, 言いかけた, 言いますが, 言い出す始末, 言ってはと, 言つ, 言つて美しいおも, 言つて身の, 言ふ, 言出した, 訊かれたので, 話しました, 話し出して, 話題に, 詳しく書い, 詳しく話します, 説明し, 誰が, 誰に, 調べちや, 諸君の, 豫想し, 貴公に, 賭して, 逸子は, 遠慮する, 遠慮なく言, 遡って, 頭に, 頼まれて, 頼まれも, 頼みし事, 黙許し

▼ 事なれ~ (394, 0.3%)

85 ばお, ば何 4 ばなり, ば心, ば早速

3 [15件] どある, ども女, ども法師, ばと我慢, ばゆるし, ば一日, ば並, ば人一倍, ば今更, ば咎めだて, ば左, ば御, ば日暮れ, ば阿, バ御

2 [23件] ど, どああ, どそんな, どもそれ, ばその, ばむしろ, ば人, ば何れ, ば何事, ば何時, ば余, ば大いに, ば如何, ば必ら, ば是, ば是非, ば暗, ば次第に, ば爰, ば猶, ば義理, ば自分, ば若し

1 [273件] と太閤, どあゝ, どいづれ, どかく, どここ, どこの, どこれ, どさりとて, どそ, どそれ, どただ, どもいつも, どもお, どもこれ, どもせんだって, どもそ, どもその, どももしも, どもアイヌ, ども一般, ども五郎治, ども人, ども人智, ども以, ども其中, ども其研究, ども前, ども如何せん, ども学問, ども平生, ども手近く一例, ども揉療治, ども是所謂理, ども朝, ども此, ども此地, ども然, ども理窟, ども白妙其外種々引合, ども能, ども触覚鋭敏精緻, ども論者, ども過, ど予, ど今夜, ど仙台, ど婚姻, ど徒に, ど我, ど我指, ど摘み, ど斯事柄, ど熟字, ど町奉行, ど聞け, ど色気, ど茲, ど蕪村以前, ど証拠, ど風俗考, ばあなた, ばかならずかならず, ばここ, ばこそ我, ばしかも, ばそう, ばそもじ, ばそれ, ばただ, ばただ今しばらく, ばとて早速, ばと不用分, ばどういう, ばどの, ばどんな, ばまさか, ばめづら, ばもと, ばわが輩, ばアッ, ばベアトリーチェ, ば一, ば一四〇行, ば一年, ば万, ば不審, ば中仙道栗橋, ば乃公, ば久八, ば云, ば仇, ば今, ば今われ給仕, ば今宵, ば令嬢, ば以來, ば仮令, ば伊勢守, ば伊豆守殿, ば会葬者, ば何で, ば何と, ば何分まだ, ば何心, ば何時の間に, ば何時意外, ば佛性, ば信ぜ, ば倉子, ば僕, ば儉約, ば優しき, ば先々, ば先納戸, ば其, ば其入用, ば其戸, ば其方とも, ば出, ば切, ば十兵衞, ば及ばず, ば友次郎, ば友次郎等, ば双方忍耐, ば取次, ば只今頃九助, ば只堪忍, ば可, ば吉之助, ば吉原, ば吉右衞門平兵衞共, ば吉日, ば否み, ば吾妻鏡, ば和女, ば唯今, ば問ざる, ば喞, ば嘉川, ば塗りたる, ば壁際, ば大, ば大力無双, ば大小, ば天一坊, ば夫, ば奮発, ば女, ば好ん, ば如何なる, ば始終, ば嬉し, ば宅兵衞, ば安心, ば実際, ば容顔麗, ば寒き, ば尋ね, ば小兵衞, ば少, ば少し, ば左而已富貴, ば府, ば座中, ば当局, ば彼女, ば後に, ば御用, ば急ぎ八山, ば恕, ば手廣, ば手跡, ば拠, ば捨, ば數, ば旅, ば春, ば最初, ば有頂天界, ば村中, ば村方所々, ば格別, ば棺桶, ば構い, ば歡び旁, ば止, ば此, ば此上, ば此公事, ば此宿, ば此度, ば此御家主, ば此趣き, ば此趣き友次郎等, ば此金, ば歸宅むづかしからんとの御意, ば死刑, ば毎日署長看守長, ば毒藥, ば波, ば浅黄, ば然, ば燕子花, ば爪印, ば父, ば猶さらに, ば珍, ば異説, ば當分心添, ば疑問, ば疲れたる, ば直に, ば知らず, ば知る, ば碌, ば私, ば私共, ば筆, ば答, ば米一粒, ば紅屋大和屋, ば終に, ば縦令, ば肉刺, ば自然, ば自然大学, ば致し方, ば致方, ば蓮臺, ば薄, ば行政官, ば見, ば言語, ば設, ば許し, ば詮方, ば誠に, ば誰, ば議員, ば貴, ば跡, ば身, ば身命, ば身心勞, ば身支度, ば速, ば遊藝, ば那, ば金, ば鎌, ば長, ば長三郎, ば隨分, ば雪, ば震える, ば頼家, ば願いとう, ば餘寒, ば餘所, ば驚き周章右, ば黄金丸, バいききれあゆまれ, バ今, バ余の, バ四百金十ヶ月の, バ幕府に, バ平生の, バ長崎著岸の, 共佐十郎郷右衞門ら兩人, 共夫, 共御相續, 共斯樣

▼ 事でも~ (355, 0.2%)

33 して 8 あるの 7 あったの, する 6 御座りませぬ 5 あった, あるん, したの, したよう, しますから 4 あったん, したん, やって, 出来る, 出来ると, 書いて 3 したやう, するといふ, するやう, 叶へて, 喜んで, 聞いて, 起って

2 [22件] ありますと, あると, いいが, いいん, おあり, したげえ, したと, しようと, するよう, ない, ないやう, 不快な, 出来たの, 出来るの, 好き勝手に, 宜しゅうございます, 忍んで, 思ひついたらしく急, 悲しい事, 知れる, 考えるよう, 言って

1 [180件] あったと, あったよう, あったら, あったらそっと, あったらどう, あったらゼッタイ, あったら倉地, あったら取返し, あったら少なくも, あったら後廻し, あったら死体, あったら病院, あったら私, あったら話して, あったら遠慮なく, あった日, あって, あっては, あつた, あつたんか, ありさ, あるか, あるけれ共, あるまいけれども, あるよう, ある様子, いいかけたらお前, いい聞けば, いたすよう, いって, おこったの, おとなしく聞い, かぎ出す男, かけるそこ, かまわない, きいて, ございましたので, ございましたらなん, ございますやう, ござろうかと, さとりを, しかねない彼女, しかねない気持, したかい, したかと, したかの, したらまた, したら惜しまずに, した後, した時, した様, した樣, してるよう, します, しますよ, すぐお, するかと, するかの, するが, するし, すると, するの, するより, するわよ, するん, する人, する人間, する覚悟, ずば, それを, たき付けたん, たとへ, できなければ, できるん, ないけれど, ないと, なかつた, なかつたの, なかつたやう, なかつたらう, なくして, ぴんとこな, ぶつん, まアない, やりましたかね, ハア言い出せ, 云いに, 云えば, 云ったの, 云ったん, 云って, 五郎はんやつて, 企らんで, 何でも, 充分に, 出来ない事, 出来るか, 出来るから, 出来るよ, 出来るん, 出来る人, 出来んことあれ, 分かって, 協え, 危険らしく見えません, 厭ふ, 嗅ぎ知ったらこれ, 天下の, 妙な, 安心し, 平気で, 平気な, 御座りますまい, 思い返すと, 思ひ付いた彌, 思ひ出したの, 思ひ出して, 思ひ出すらしく額, 急に, 所作でも, 打明けるほどに, 持って, 描いて, 明らかである, 書いた, 有かと, 有っては, 有ると, 植林の, 構いません, 構わずに, 死ぬ程亢奮, 死ねる奴, 現われうるの, 申します, 申すと, 目新しい事件, 真率な, 真面目に, 私だけには, 細かに, 結構です, 考へると, 聞きましたか, 聞きやしょうから, 聞き洩らすまいと, 聞き漏しちや, 聞くよう, 聴きます, 肯いて, 自由に, 致しますから, 興味が, 落ついて, 行くと, 見つけられたやう, 見つけられた時, 言い出すよう, 言える, 言ッた, 訊いて, 話すよう, 起きるもの, 起ったか, 起ったの, 起った時, 起った暗示, 起っては, 起ってはと, 起りましたか, 起ると, 逃すまじき顔色, 進んで, 遣ったの, 遣って, 開帳し, 隠そう隠そうと, 非常に, 饒舌られ, 黙って

▼ 事だけは~ (335, 0.2%)

7 知って 5 たしかである 4 承知し, 覚えて 3 事実である, 事実らしい, 明らかに, 確かだ, 確かである, 確に, 言へ, 訣る

2 [21件] たしかだ, たしかな, はっきり覚え, わかった, わかる, 信じて, 内々に, 妙に, 忘れないで, 想像される, 感心だ, 止して, 爭はれない, 眼前の, 知つてゐ, 確かで, 確からしい, 確である, 素直に, 見当が, 証明され

1 [249件] あの両親, あの方, あまりに情ない浅ましい, おぼろげながら, お光, きっぱり断った, この胸三寸, これで, さきの, しかとした, したん, しつつ, しなかつた, する気, そのま, その手足, そんなに陳腐, たしかです, たしかに解つて, たしかの, できるよう, とても考えられません, どういうもの, どうした, どうしても云はず, どうしても煩悩, どうにも苦しい, どうも教わらなかった, どうやらわかったらしい, どうやら分っ, どう考え, どの史料, はっきり御, ひどく身, ほめて, まだサッパリ, まだ内証, まつぴらなン, むこうでも, むずかしい, もう今度, やったよ, やつた, やめて, よくわかった, よくわかります, よく寝た, よく承知, よく覚え, よろこべる, わかりました, わかります, わかるつもり, スラスラと, ハンコで, 一目で, 一言旦那に, 万葉集を, 下唇, 不断よりも, 不自然に, 争へ, 事実だ, 事実です, 事実なり, 事実らしかった, 事實である, 云い得るよう, 云おうと, 云って, 云っても, 今でも, 今に於, 仮説が, 何う, 何も, 何一つ知らなかつた, 保証します, 信ぜられる, 全く口, 兩者とも, 共通である, 出来たの, 出来なかったそのうち, 出来ました, 分からないの, 分った, 分って, 分つた, 分らして, 分るの, 判断が, 別な, 助かった訳, 勘弁し, 即決否決という, 厭だつた, 反対する, 反対の, 口には, 吉公から, 同じである, 同情し, 否定が, 否定し, 告げたいと, 嘘では, 堅く老爺, 変りっこなし, 多少想像, 多少明, 夜目にも, 夢の, 大木に, 天地に, 如何に, 始めから, 容易に, 察するやう, 少なくとも認め, 屹度出来た, 岡田が, 平岡君に, 幼い時, 弁へて, 当って, 後悔を, 従前通りたしかに, 御免を, 心に, 必要の, 忘れがたい, 忘れずに, 忘れては, 忘れなかった, 忘れなかったが, 忘れなかったと, 忘れなかつた, 忘れません, 忘れられないン, 思い出される, 想像が, 想像された, 想像出来ます, 感じられるの, 感知された, 感謝し, 手く, 抜いたと, 控へ, 控へて, 推測する, 推測出来た, 断言する, 断言できます, 断言出来る, 既に現在, 明かだつた, 明らかだ, 明らかである, 明らかです, 明白だ, 昨晩主人から, 是非なんとか計らっ, 暫く秘密, 書いて, 最も尊い, 最早確か, 有るんで, 朧ろげながら, 本当である, 本当です, 棚に, 極めて明瞭, 極内々, 止すがい, 殘念に, 母も, 母親か, 決して忘れ, 爲出かさなかつた, 狂人の, 理解も, 申あげ, 申されます, 申上げられよう, 疑いも, 疑ふ事, 疑を, 相違なく, 真実である, 真実な, 真面目な, 知つてゐます, 知つてゐる, 確かだった, 確かだつた, 確かだろう, 確かでした, 確かです, 確だ, 確であった, 確められた, 確実, 確実である, 確実でしょう, 神様の, 私にも, 私は, 約束しよう, 続けて, 美妙斎は, 考えられる, 考えるまでも, 考へて, 考へられるの, 聞いて, 脊髄病という, 自分にも, 西洋は, 解つた, 言えるよう, 言はずに, 言ひ, 言わなかったです, 記憶え, 記憶えて, 記憶し, 記憶て, 認めて, 認めても, 認めなけりゃならないね, 認められるであらう, 誰の, 軽い驚き, 辛うじて承知, 農場一だった, 達者でした, 遠慮し, 遣ってるん, 遺恨に, 間違いは, 防ぎしならんされど, 非常な, 飽く迄真剣, 馬に関する, 馬鹿らしいと, 黙って, 黙ッ

▼ 事さえ~ (323, 0.2%)

41 ある 28 あった 11 忘れて 10 ありました 6 あるん 5 あったの, あるの 4 しなければ, なかった 3 あると

2 [13件] あったが, あったのに, あります, あるよう, おっくうに, して, しばしばあった, ない, 出来ないと, 出来ないほど, 思った, 時たまある, 無ければ

1 [180件] あったくらい, あったはず, あって, あなたにとっては, ありがち, ありただ, ありて, ありましたが, ありまして, ありますから, あるが, あるくらい, あるされば, あるじゃ, あるじゃあ, あるそう, あるほど, あるわ, ある何, ある胆, あれば, いいや, いとわない, いやその, いやである, おっしゃるん, お引受け下され, お有んなさらない, ここへ, ございました, ございます, ござんせん, しなけりゃあ, しようとは, せず慎んで, できないくらい, できないよう, できないん, できなかったという, できれば, とても出来ません, ないから, ないすこぶる, ないだろう, ないと, なけあこの, なければ, なりませぬぞ, はては忘れ, ほんとうには, まだ知らせてなかった, もう忘れ, もう考えられない, やくざな, やって, やれば, わかって, わからない, わかりました, わかりません, ハッキリわかっ, バク露され, 一つ上手に, 一二度あった, 一度も, 不埒な, 不審に, 並み大抵な, 云った, 云ってりゃ飯, 今が, 今日まで, 何となくい, 六か, 出来ざる吾, 出来ずまして, 出来ず息子, 出来ず無事, 出来た, 出来たらと, 出来ない, 出来ないほどの, 出来ないん, 出来なかった, 出来なかったけれ共, 出来なかったであろうと, 出来なかったと, 出来なかったという, 出来なかったの, 出来なかったよう, 出来なくなった, 出来ぬハッ, 出来は, 出来ますまい何れ, 出来ませんでしたが, 出来ません夫, 出来る, 出来れば, 分らないじゃあ, 判れば, 到底人力, 半信半疑で, 厭だった, 厭に, 口外しました, 口走った, 叶わないで, 叶わないならもう, 吉宗の, 名誉で, 含まってるよう, 困難に, 在ったくらい, 堪ま, 多かりし, 容易くは, 屡々ある, 彼が, 彼には, 後から, 忘れるらしかった, 忘れ果てて, 思いがけぬ程, 思い起された, 恥ずかしく人, 感じられて, 成るならば, 手すきなら, 打忘れ, 打明けて, 拒否したい, 教えて, 時々忘れた, 書いてないと, 有った, 有る, 検べて, 極れ, 残念ながら, 気が, 気が付かずに, 気弱な, 無くなりました, 珍らしく, 真佐子は, 眼中に, 知って, 知らなかった, 知らぬ幽霊塔, 知らぬ見下げ果てた男, 知れたそう, 禁じて, 禁ぜられて, 私は, 稀だった, 稀で, 精一ぱいであった, 素振りに, 素早く考え, 細君は, 美への, 考えずに, 考えれば, 耳に, 胸の, 自分で, 自由で, 葉子には, 覚えれば, 覚らずに, 言って, 許されなかった品, 誰も, 諦めて, 起これば, 起った, 進んで, 遙かに, 都会の, 飛でも

▼ 事にも~ (314, 0.2%)

12 なる 11 なるの 8 なつた 4 なった, なったの 3 なって, なります, 気が

2 [15件] あらねど, なつたの, ならなかったの, なるから, なろう, よるの, 何か, 何の, 心を, 気味の, 氣が, 眼に, 私は, 近所には, 非ず

1 [236件] あずかり兼ねて, あずかるが, あの嶮, あらず, あらずい, あらず候, あるべけれど, あんな事, いえるん, いかず, いまでは, かつてない物珍し, かなり悩まされる, くよくよし, これ無く, さう, させるの, しられぬ事, しるけれど, じきに, すぐ泣き出し, せよ此流義, それは, ちっとも興味, つかず離れずに, つまらぬ作, とんとお, なったが, なったので, なったらしい, なつたんだ, なにか策, ならう, ならず美, ならない, ならない限り, ならなかった, ならなかつた, ならなん, なりうたた, なりは, なりほんとう, なりましたが, なりましたの, なりますし, なり更に, なるでせうが, なるでせうよ, なるという, なるとは, なるに, なるので, なるまいけど, なるらしかった, なれて, なろうと, にわかに興, びくとも, ふと頭, ふれて, また佐伯君, また分子的混乱系, まだ何, まるで触れなかった, ゆとりを以て, よくむき, よく気, よるが, ドッと, 一往は, 一応は, 一致した, 不平を, 不相変嘘, 不足が, 事を, 人一倍勵, 仔細ぶる, 仰山な, 何も, 何らの, 余り意気地, 作り笑いし, 依る, 候えば, 候はず, 候はず某に, 倦みさ, 傾くと, 充分力を, 先立つもの, 全力を, 全幅の, 其歯を, 其齒を, 凶兆として, 出会う事, 出來, 出逢わず無事, 勝つこと, 北村君の, 十分お, 印度民族は, 反抗した, 可致, 名目上適当し, 吝つたれだ, 喜怒哀楽の, 困らないもの, 堪えられなかったし, 多大の, 多少の, 多少は, 大木に, 婢女たちを, 差別の, 市岡の, 帰着した, 幾分解釈, 引きあてて, 張合いが, 強く刻みつけられ, 当った, 当る, 役せられた, 從ふ, 必ず気, 必要な, 忠実や, 怒り易く, 思い合されるの, 思えなかった, 思はれなかつた, 思ひ却, 思われないでも, 思われなかった, 思われる, 恐ろしい事, 悪い事, 意気地なく, 感謝し, 慣れて, 懲, 成まじきを, 成りますまいもの, 我国においては, 手紙は, 折ある, 接吻し, 撮影される, 敢て, 既に原因, 時間を, 暗いので, 暴, 格も, 格別興味も, 権威が, 気がついた, 気がついたくらい, 気がついたの, 気がつく, 気づかず, 気づかないほどの, 気づくの, 気を, 氣づいた, 氣を, 決してさからおう, 波立ち易く, 注意し, 注意せざるべからず, 流用し得べし, 涙を, 淋しい事, 深き興味, 渉つて論じ, 為ったの, 無頓着らしく, 物驚きを, 生き殘, 生命を, 用い恋愛, 用ゐられ, 疑いは, 疑いを, 目は, 目口を, 相成る次第, 眼が, 矢張そうであろう, 神に, 移つて自分が, 程が, 篤と眼, 結びつき結局, 結構な, 考え及ぼされること, 考え及んで, 腹が, 腹を, 臆病である, 自分が, 興味が, 若き日, 若干言い分が, 苦心し, 著しく手, 虫が, 衣絵さんを, 見えず倭, 見られる例, 言い及んで, 言ふ, 言へば, 言及しました, 誰とて, 身の, 身を, 返って, 遇うので, 過去を, 道理は, 違ひない, 鋭く神経, 関いしは, 関係し, 関係する, 頭を, 飛んだる事, 飽いたの, 飽いて, 餘り立入らぬ, 馬を, 驚かんと, 驚きゃア

▼ 事とは~ (310, 0.2%)

9 夢にも 6 思いますが, 知りながら, 違って 4 何の, 思はない, 思われない, 申しながら 3 云いながら, 別の, 太吉も, 少しも, 思って, 思へども, 申ながら, 知らずに

2 [18件] いいながら, なりたり, 何だ, 全く反対, 存じながら, 存じますが, 思うが, 思はれません, 思ひながら, 思ひません, 恐らく大いなる, 知らず午吉夫婦, 知らないから, 知りません, 知り乍ら, 縁の, 違う, 違うから

1 [207件] いえないと, いえ千秋, いえ記者, いへいまさら, いへ山葵, おのづか, くらべもの, この女, この日私, この私, して, せずに, その心構, その意味, ちがって, ちっとも知らず, ちょっとも, どうもうまく, どんなこと, なったの, ならぬ, なりぬ, なり終った, また別に, まだ言, まるで矛盾, まるで違っ, まるで違つて, わたくしが, 一向存じませんで, 万, 不良少年少女の, 両立しない, 予め考える, 云い乍ら, 云えぬな, 云ひ, 些っとも, 些も, 些少訳が, 他人の, 何かと, 何かね, 何が, 何ぞ, 何ぞや, 何にぞ, 何んだ, 何んです, 何処までも, 信じない, 信ぜざりき, 全く思はれない, 全く無関係, 全く知らなかった, 全然別, 判つてゐ, 別だ, 別で, 別にさう, 別にぼく, 別に品物, 別に関連, 別物です, 前にも, 勝手が, 取らない気色, 同じでございます, 同時に焼けた, 多少違っ, 夢にもこっち, 夢にも御存じ, 夢にも思えない, 夢にも知ず, 夢にも知りませぬ, 夢露知らずか, 大方に, 字面は, 存じて, 存じません, 存じませんでしたが, 存じませんもの, 存じ候へども, 存じ奉り候え, 存じ申さず, 存外似よった, 実はまるで, 察した, 少々御, 少し違, 御存知なく, 心付かず唯, 心得ませんで, 思いながら, 思いながらも, 思いましたが, 思いますけれども, 思いません, 思いも, 思えない, 思えなかった, 思えんけれど, 思つてゐる, 思はず, 思はぬながら, 思はれざりけりとかや, 思はれざれど, 思はれない, 思はれなかつた, 思はれぬ, 思ひながらも, 思ひませんの, 思ふたけれども, 思へません, 思わず新, 思わなかった, 思わなかったん, 思わぬが, 思わぬぞ, 思わぬぞよ, 思われずいつか, 思われずそぞろ, 思われずとか, 思われないの, 思われなかった, 思われなかったろうと, 思われぬまで, 思われませんので, 思われるが, 成ったが, 更に知らざりけり, 本質的に, 正反対の, 毫しも, 気が付きません, 気づかなかったが, 気付かないまま, 氣が, 独立し, 甚だ近い, 申せ御行末, 知ってるが, 知らず, 知らず孝助, 知らず帰って, 知らず待てども, 知らず杖, 知らず迂濶, 知らず連, 知らないで, 知らないながらも, 知らない万, 知らない八雲様, 知らない吾輩, 知らない彼女, 知らなん, 知らねえから, 知らねえでしん吉, 知らんと, 知りつつも, 知りませんから, 知りません此方, 神ならぬ, 第一, 考えて, 考えられない, 行くまいけれど, 表面の, 見られない, 見做, 解せぬの, 言いながら, 言い条野放しに, 言えさて, 言えず或, 言え失踪者, 言ひ, 言ふも, 言へ, 言わない, 訳が, 認めない, 誰も, 誰もが, 違いますから, 違いますぜ, 違いますよ, 違います万三郎さま, 違います手前, 違います本当に, 違います私, 違います聞, 違いまだ, 違いやす私圓次, 違うからな, 違うからね, 違うぞ, 違うと, 違うので, 違うよ, 違う婆ア, 違う盗人根性, 違つて一日一時間の, 違ひます, 遥か懸け離れた, 頗るそれ, 餘程違つて參ります

▼ 事あり~ (296, 0.2%)

18 げな 17 げに 4 て, てより 3 そうに, とも人目, とも必ら, と見, 気に, 氣に

2 [20件] たり, てその, て人, て家, と, という, といへ, とせ, と云, と雖, 南, 和漢の, 因に, 往来も, 御新造それ, 敢祭式の, 此シガ我が, 此時は, 秋雨し, 顔に

1 [195件] あるいは実際, いかように, お前の, げ, げだった, げには, このほど聞き及びし, これに, これまで, これらは, これ世界の, これ天警, さうに候芸術家最高の, されどウベルティ一家, しも今春病死せり, しも又, しも母君, しも然るに, しも遂に, し我が, すべからく処分, その後志を, その後熟兎を, その時, その時縄, その鬼, ただその, たり彼, てお, てここ, てこの, てさばかり, てはかく, ても, てもわれ汝, ても人, ても当方, ても既に, てわれ, て一入, て一身, て三吉, て不, て久しく, て些, て余, て再び, て初雪, て前, て執行, て夫, て如何なる, て媚薬, て局, て急, て我国, て拿破里, て文学及娯楽, て明日疾起出音羽, て此, て此日, て浅木, て浅草, て犬等, て猶, て総体, て翌々年, て腰, て覚悟, て豫算, て軍勢ども, とあった, というた, という時, といふ, とかまた, とか聞け, とする, とせん, となす, との上意, とも, ともこれ, ともその, とも二人, とも兎, とも少し, とも愕, とも我, とも早, とも珠運, とも舊史, とも芸術家たる, とも離縁, と下宿, と云う, と云ひつ, と信じた, と僕, と先づ日記, と或, と知る, と見え, と見た, と見ゆる, と覺, と載せ, の警報, また演劇, また火, やあしない, やと申, やまた, や否や, や四十通余, や夜, や斯く, よく, わが読みし, わが邦, われ未だ, インドの, 一群の, 一転し, 丁子と, 三尺の, 之は, 今日も, 今日やう, 今爰, 他は, 何, 先達て其方伯母より, 其の六國, 其は, 其仔細と, 其店の, 内国物産の, 北千島土人を以て, 右の, 同人義昨日も, 商売人の, 回向院門前にて, 夢なかれ, 大なる, 大に, 孰れ, 尤も冷淡, 山家の, 巌に, 左伝に, 度々, 弁論演説の, 引続き五重塔心柱礎内, 御來宅待上候, 御新造それそれと, 忠見が, 或は袖, 或時亭主殺し, 拙者九條家に, 新聞紙の, 方士を, 既に久八, 明朝は, 是を, 是心の, 是故に, 是等は, 時あり, 某し, 極めて卑下, 次第次第に, 欧州へ, 此事世の, 此度計ず, 此所放し, 殊に時刻, 為めに, 畢竟何故とも, 當て, 病ある, 直次が, 稱し, 老虎, 能, 自ら責め, 虎という, 虫ば, 蛇の, 蛇は, 読書著述の, 運送の, 開墾の, 顏に, 鼻に

▼ 事について~ (289, 0.2%)

12 何か 4 話が 3 お話したい, 非常に

2 [15件] ひきうどとの, 何にも, 何の, 何も, 口を, 君の, 少からず, 少しお話, 疑う人, 私に, 私は, 考えた, 話した, 話して, 調べて

1 [237件] あくまでも責任, あつちで, あなたが, あなたは, あなたを, あまり明らか, ある折, いい置こう, いうたこと, いうて, いうと, いうべきこと, いろいろいう, いろいろ聞き, うそを, えらい人, おそらく何らの, お伺い, お尋ねいたしたく思いましたる, お延, お恥, お書き, お話し致そう, お話を, かつて聞いた, かねて, かれこれ証拠立て, こう云う, ここで, この劇場, しきりに論じ, しきりに議論, したお前, しばしば漏らした, じや, その伝統, その方面, たいした同情, だんだんお尋ね, ちょっと御, ちょっと聞きたい, ちょっと言っ, ちょっと説明, ついでながら, ついに一言, です, とくと御, なの, なんだ, なんらの, のべて, はずれの, ほんのちょっと, ぼそぼそと, まだ少しいいたい, もう一度見直しましょう, もっと詳しい, もつと, よい耳, よくいろんな, わが, イライラし, チベット国において, チョッと, ホントウに, ルネッサンスとの, 一家言を, 一寸喋る, 一寸面白い, 一言し, 一言すれ, 一言も, 三月十七日斎藤侍従が, 不思議に, 与力の, 亀阜荘さまおぼしめし, 云うの, 今でも, 今少し, 今日祝賀を, 今明, 今興味, 会心の, 伯爵夫人から, 伸子は, 何もかも忘れ, 何やらほざき, 何事も, 何故に, 余に, 余り多く, 倉地に, 健三の, 全く無, 全権ある, 冷淡で, 出入りに, 列国に, 別段君, 前から, 厚く御, 叔父さんの, 取糺したが, 君に, 周旋し, 品夫さんは, 問ふ, 問合した, 問題が, 問題に, 問題の, 在郷軍人分会の, 堅気な, 墨とか, 大いに感じた, 大会議, 安井と, 寿江子が, 尋ねたり, 少しく感じた, 少しく説明, 少しく述べた, 少しも, 少し相談, 少し話した, 少し話してえ, 少し説明, 幸田露伴博士の, 度々評議, 弁じだした, 影響を, 得意らしく話し, 御存じで, 御話, 心に, 心の, 心配な, 心配を, 思いがけない事, 思い出すの, 思ひ出し話, 思ふ外, 思出した, 恵子に, 悪い噂, 惡い, 意見を, 教えて, 文句は, 新しい事実, 時評を, 時間の, 更に悲しむ, 書いたもの, 書くわけ, 最大困難に, 最近何か, 木藤氏に, 次に述べよう, 死ぬと, 気を, 汝に, 浩一は, 消息しよう, 深い不審, 深い信仰, 深く聞く, 父に, 父は, 特に注意, 独創の, 猥雑な, 甚しき羞恥を, 申し述べさせて, 申述べた, 疑いを, 皆が, 相談は, 真剣に, 眠る間, 研究しました, 神楽坂署が, 私が, 私と, 私の, 種々好意, 考え, 考えさせられて, 考えて, 考えなければ, 考え込んだ, 考へても, 考へる, 聞きた相, 聞き質しに, 胸を, 自分の, 興味ある, 色々と, 色々な, 苦しんで, 被告を, 親しい友達, 親分に, 親族も, 角立った口, 言争った, 話し合おうという, 話し被, 話す事, 話そうと, 話などを, 話を, 詳しく教え, 認識不足だ, 語った, 語り合った, 語り始めた, 語るところ我, 語る文調, 説いた, 説明します, 説明する, 警察署長として, 質問される, 質問した, 近年さう, 述ぶる, 述べた時分, 述べて, 述べよう, 述べる前, 金石に, 非常の, 面白くない, 頼みたい事, 顔の

▼ 事がら~ (285, 0.2%)

6 である 5 だと 3 のよう, の正邪善悪 2 が複雑, だった, であったと, でありますから, であるだけに, でもある, の中, の真相, の研究, は全く

1 [248件] かと言います, かも知れない, からコペルニクス, があまり, があまりに, があります, がいっそう, がいつか自分, がいよいよ, がいろいろ, がかりに, がきまれ, がこの, がこれ, がごく, がそんなに, がだんだん, がちがう, がともかく, がどうか, がどこ, がどれ, がどんなに, がなかなか, がわき道, が三回相互, が世, が事がら, が偶然的, が偶然的偏差, が原理, が反対, が君自身, が想定, が教えられた, が数限り, が明らか, が最, が比較, が比較的, が混入, が満載, が漸, が生ずる, が真実, が突発, が第, が簡単, が精神的, が統計的, が自然, が見当らない, が見方, が記され, が逆転映画, が進行, が長い, が隅, が非常, じゃない, だから, だけに私, だけをとり出し, であ, であります, でありますが, であるか, であるから, であると, であるとして, です, でない, でなければ, ではない, ではないでしょう, では無い, でも, でもあった, でもあり, でもございます, でもどうも, でもない, でもなけれ, でも古人, でも毎日われわれ, でも深く深く, でエントロピー, で安永四年, といえ, とし, としてはすこし, とに分かち与え, との前, とは別に, とは自然, とウィルスン自身, と履歴, と撞着, と過去, と関係, なの, なりとももし, なん, にし, にすぐ, についていろいろ, については全く, についてもの, についてパヴェ・サン・タンドレ街, について次に少しく, について此, について考える, について調べる, になる, にのみ魅, にはちがいありますまい, にふさわしい, にまで私, にも深い, によってはかえって, によっては三十年前, によっては十八年, によっては去年, に会っ, に加え, に向け, に対した, に対してもはや, に対して日本人, に対して疑い, に対する情緒, に對, に興味, に通有, に違い, に適用, に関する談笑, に関係, のかなりはっきり, のため, のなか, のみを観察, のわけ, のピン, の一つ, の一段落, の上, の並行的, の内容, の前, の印象, の可能不可能, の奥, の性質上, の持續的, の本当, の確実性, の積み重なり, の絶対価値, の表面, の重大性, の重複, はいくら, はいたっ, はいっそう, はここ, はそ, はそれ, はちがう, はほとんど, はまだ, はまったく, はめったに, はわかった, はニュートン, はピストン, は一つ, は一向に, は別, は吃, は如何なる, は実は, は少なくとも, は後, は忘れ, は性, は決して, は深い, は無い, は現世, は簡単, は統計的, は肉体, は誠に, は軽視, も, も何, も実は, も後, も見つかる, を, をあたりまえ, をくわしく, をこの, をそのまま, をできるだけ, をばらばら, をほとんどことごとく, をまじめ, をもっと, をも含ん, をやや, をチョクサイ, を五目飯, を全部理解, を処理, を制約, を十分, を口, を少し, を幼少, を忘れ初めた, を思いやった, を思い出す, を意味, を指, を教えよう, を教える, を明らか, を書い, を書く, を朝夕, を気づかず, を矛盾, を知らなく, を研究, を秘か, を簡単, を考え, を考えた, を考えなけれ, を自分, を見聞, を観察, を言う, を説く, を述べたて, を述べる

▼ 事ある~ (273, 0.2%)

29 ごとに 23 毎に 10 時は 8 たびに 7 ときは 6 もんです, を予期 5 時には 3 場合に, 時の

2 [12件] も, ものに, を知り, んだったら, 可けんや, 場合には, 場合は, 日に, 日には, 日の, 秋の, 筈なり

1 [149件] かい, かとて王藏, かと問, かね, から粗, か拇印, がため, が愚僧, ことは, ことを, その日, たび諸国の, ときの, とき一万石取りに, とき刀の, ところに, な萬一途中, にいたれる, にもあらず, にもせい, にや, によりこの, によりてなり, によりてまされり, により在京, により御, に二人とも, に似, に先だち, に因み, に因る, に応じ, に快から, に由っ, に至る, の, のか, のみにて最初, のみアウリス解纜, のを, の奇遇, の時, はくれぐれも, はこの, はそも, はもちろん, は今朝, は吾人, は此, もこれ, もそれ, もの, ものと, ものなり, もんか, もんかね, もんだ, もんで, もんどす, もんやろ, も予, も亦, も其事, も国費, も幸, も彼, も心, も決して, も測り, も現状, も病, も誇る, も近年, やをさとるを, ゆゑしらせ申さんとて, ゆゑ也, ゆゑ彼の, ように, より時に, わ, をああ, をえざる, をさとった, をのみ知つて, をもて足れり, をり, を予見, を人, を今日, を以て明治三十五年徳島, を以て此題目, を信じなかった, を免, を吝, を大罪, を如意, を思っ, を思ひ, を思ふ, を思へ, を慮る, を白状, を知らざる, を知らずや, を自認, を見, を記憶, んだつたら, 上は, 事, 事驚入りました, 云ふてはる, 以前既に, 前から, 午後墓守一家が, 可き, 可し, 場合これに, 場合その, 場合だけ, 場合天子の, 場合真先に, 嫗より, 家主に, 影の, 故に, 教師は, 日, 日ばかり, 日ブラツセルの, 日仲の, 日北船場の, 旨を, 時だけに, 時などに, 時に, 時において, 時も, 時国の, 時死なん, 時独立し, 樣なし, 由を, 由善く, 社会に, 程なれ, 筈ない, 者是也之れ, 際には

▼ 事なり~ (264, 0.2%)

7 と云 3 しが, われは, 遺書によ

2 [20件] さて約束, されど是, その頃, と, とあり, といふ, といへ, とす, とする, と申されける, と答, 今を, 何の, 併し, 奇と, 我が越后, 我は, 我等も, 是文政四五年の, 然ら

1 [208件] いかなる題, うそ寒しと, かし, この前, この者かしこ, こは, されど己, し, しならん其証拠, しまいには, し僕, その女, その後かの, ただ肩, とある, という, といわざる, とく, とてあくる, とて兩人相談, とて又, とて国, とて夫婦, とて急ぎ, とて数箇処, とて早速, とて歡びあふは, とて男, とて許せし, とて讀み, とて通らせる, とて雲石師, との, との説, ともして, とも假令, とも當分夫婦別れ, とも遂げ, と世間, と仰し, と公言, と古人, と咄, と善六, と四人ともども申上し, と城中, と大, と彼, と思い, と思うべけれ, と思ひ, と氷, と淺草, と爭, と申, と知る, と聞, と聞く, と自, と自ら, と自分, と語りしか, と雖, など云, ひとりの, またその他, また富山, まづしい精進, まづ兎, もう此, もし或, ゆきを, サア遠慮に, ブラバンテの, 一人あるいは, 一日二日待給へ, 下男共何事も, 世の, 云々, 云云, 亭主貴, 今に, 今は, 今われ実に, 今吉兵衞が, 今度は, 今我斯樣, 今更斯, 今殘ら, 今汝, 以前は, 何なり, 何は, 何卒其古金, 何卒御, 何故夜明, 何是式の, 例の, 依て, 假初の, 傷害の, 兄九郎右衞門殿の, 兄樣へ, 先づ月並の, 八軒屋の, 其の上, 其は, 其仔細有ば, 其方大切なれ, 其者大方藤の, 其金子は, 兼吉が, 凡そ是等, 則ち, 北千島アイヌには, 北歐羅巴にては, 十兵衞を, 即ち一, 又は著訳書, 又聞, 又親父, 只今汝に, 各国, 同人を, 外に, 太陽の, 夫に, 夫れ, 妹の, 安心仕, 寶澤は, 將軍家には, 尤も大切, 尤も後者, 市中音楽隊なき, 彼武家時代に, 後世子孫これを, 御前も, 忠常は, 戴冠以前に, 扨其譯は, 押て, 拙者毛頭, 政治思想を, 斯て, 是にて, 時計は, 書物や, 最早く, 未だ其方, 未練らし, 末松博士など, 本宅よりの, 此は, 此儀尤もの, 此儘引立行時は, 此六右衞門は, 此品, 此墓は, 此小袖は, 此後も, 此時まで, 武士の, 殊更に, 殊更の, 決して申譯, 活計の, 流石に, 演説の, 然とて, 然ば, 然る, 然るに當世奉行役人, 然るに當村中一同, 然るに舜帝, 然れ, 然程, 生物の, 申すも, 男なら, 癖を, 皇帝の, 目科は, 相宿の, 社会の, 突れる, 第一, 第一欲, 精, 罪人に, 耕耘の, 耶教は, 自分の, 若吉三郎盜, 萬事御, 蝙蝠傘を, 見請, 言は, 豫て, 貰えと, 越前守委細承知し, 足に, 足の, 難くお, 雷音洞主が, 非と, 頓て, 願は

▼ 事など~ (257, 0.2%)

6 考へて 4 考えて 3 少しも, 忘れて

2 [12件] あらば, ありて, ありましたが, して, である, 一度も, 世話し, 何も, 心配せず, 思い出して, 構はんの, 言へる

1 [217件] あきれるばかり, あった, あっては, あつて伺つたの, あらざれば, ありそれ以来, ありては, ありませんが, ある記事, いいつけほどなく, いいつけるよう, いいて, いたしますまいに, いと易い, いふ意味, いまは, いろいろ故, おたがい, おっしゃったの, お心, お話し頂けないでしょう, かくべつ可哀想, かけても, ぐづ, けっしてしなかった, こっから, ござりますまい, さし措い, さまざまな, さまざま御, しに, しばしばあれ, しまひ先, すゝめたれ, その御名, その頃, それからそれ, それから夫, ちっとも斟酌, ちっとも気, てんで問題, てんで頭, であるこれ等, でした, とても僕, とやかく批評, どうしてもうまく, どうして頼む, どうで, どうでもよかよか, どんなに書かれた, どんな風, ながながと, なく又, なつかしそう, なんでも, なんとも思っ, なんにもあれ, によつて, ひと寝入り, ふと思, ほとんど何, ほとんど書い, ほとんど無く, ほとんど耳, ぼんやり考え, まさ子は, まるで忘れ, むきにな, めんどうくさく何, もう殆ど, ゆっくり語り合う, わたくしは, シミジミ氣の, パッキリ, 一向にお気, 一向問題, 云いかけられても, 人々に, 人に, 仕た事アネヘ, 何うで, 何と, 何分手が, 何度聞かされた, 例多く, 偲ぶも, 働くにぞ, 僕には, 先達而中冗う, 全く知らず, 其が, 其外色, 出来よう筈, 前にも, 古昔に, 咄嗟の, 問ひ置かん, 報告し, 夜もすがら頼政父子, 夢にも思つて, 夢にも考え, 夢の, 夢みます, 大体調べ, 大小共に, 女房は, 始めて, 存じも, 完全に, 引事に, 彼は, 心配なさらず, 忠實に, 思いますと, 思い候えば, 思い出されあの, 思い出し, 思い出しては, 思い出し又, 思い出す, 思い詰めたあげく, 思うは, 思つてゐられなかつた, 思ひ出しまして, 思ひ出でて, 思ひ合せて, 思ひ廻せば, 思ひ浮べその, 思ひ浮んだ手古奈, 思合すなるべし, 思起しぬ, 憶出せ, 承候, 持ち出して, 書いたの, 書聯ねたら, 曾て, 有る事, 未だ世, 本当に私, 本気で, 次々と, 次を, 歌舞の, 殆ど忘れ, 殆ん, 殿樣から, 気にも, 氣に, 浮び出, 深くも, 演説し, 無いの, 爲給ふ, 父に, 父の, 物語った, 物語って, 物語り是, 独り思いに, 皆悉く, 皆自分, 相似たるに, 相当に, 知って, 知らなかったが, 知らぬもの, 知りは, 知る筈, 私に, 私にと, 私には, 笑し, 縁に, 考えさすが, 考えては, 考えなかった自分, 考えますと, 考えるだろうか, 聞かされた, 能く, 自分などには, 芯に, 落ちなく語り聞かすほどに, 落ちも, 落も, 要らないと, 見せて, 覚えて, 覺えて, 觸れなけれ, 言いまして, 言い出したの, 言い出したので, 言い出したらなお, 言うの, 言たれ, 言ふ, 話して, 話し聞かせた, 話す, 話の, 詳細く, 語り出でぬ, 語り合つて, 語り誰, 説明し, 誰も, 起ったろうが, 跡かたも, 述べ次に, 進んで, 長々書き, 限りも, 随分話し合う, 顧みて

▼ 事にな~ (249, 0.2%)

26 つてゐた 24 つたのである 16 つたのは 11 つてし, つて来た 8 つてゐます, つて居た 7 つて居ります 6 つた, つて 4 つたのも, つては, つてゐ 3 つても, つて來た, つて又

2 [18件] つたあの, つたお, つたと, つたのかも, つたのが, つたので, つたのよ, つたのを, つてあなたの, つてこれは, つてねえ, つて五十人近い, つて仕舞つたで, つて來る, つて信吾は, つて明日有志者の, つて来ます, つて皆は

1 [69件] つたから, つたこれ誠に, つたそこで, つたに, つたのださうだ, つたのであるまい, つたのでございます, つたのでした, つた今の, つた其の, つた所も, つた時, つた隠れた, つた高, つてお, つてから, つてからは, つてこの, つてさて, つてしかも, つてしまつ, つてしまつたと, つてしまつたのである, つてしまつたのは, つてしまつたのよ, つてね, つてもう, つてリルケは, つて三田は, つて主人だ, つて九月十三日に, つて二十三年目位には, つて今日は, つて今迄の, つて其前の, つて其地の, つて処をは, つて原稿を, つて和田さま御, つて四ヶ月の, つて困つ, つて居, つて居たらしい, つて居つた, つて居ました, つて居ます, つて帰つて行つた, つて幾らか, つて形式の, つて御覧じませ, つて御覧なさりませ, つて歌合せが, つて畢竟, つて祖母さんが, つて科學の, つて色々, つて若い, つて行つたので, つて行つた訣だ, つて表へ, つて諏訪市が, つて途方に, つて釣りを, つて間もなく, つて非常に, つて高山の, つて魚の, ッた, ツて

▼ 事なし~ (226, 0.2%)

53 うかれ立, という, といへり, にその

2 [18件] と, といふ, と答, にこう, にた, には互に, に一ヶ月, に涙, に現代, に私, に自由, に製造場, に訪ねよう, の松太郎, び素知らぬ, 又いかなる, 掠れば, 雪の

1 [173件] いかなるもの, お登和嬢, かくまで, かつは, かの, がたい, この雑誌, これに, さて西インド, されば, しかしてその, そのしゆれん, それ丈では, それ故に, だと, つ, てふ, という実感, という有様, といふ立派, とかまた, とする, となり, とは云う, とも云, と云う, と信じ, と口さがなき, と心静か, と思われた, と斷念め, と申切, と答える, と虎それ, と言い, と言わん, と記し, と認む, と路次, にいきなり, にいや, にお, にお前, にかるい, にきづい, にぎょっと, にこの, にさびしく, にするりと, にそこ, にそっと, にただ, にたのん, にちゃんと, について行く, には何事, には研究, には私達, にひとり, にぶらつい, にキョロキョロ, にシッカリ, にタッタ一人, にド, に一日, に二階, に今朝眼, に何, に何時, に先づ一人, に先生, に出, に前方, に又, に吉原, に向い, に喧嘩, に墓, に天, に女房たち, に好き, に妻, に嬉しく, に定義, に宜しく, に封, に小さな, に山, に廃り, に引出し, に役に立つ, に彼女, に微笑, に感激, に慌て, に手軽, に承服, に押上, に捨て, に支配, に日常, に暮し, に最少限, に木村, に来れ, に此, に毎日何回, に毛細管, に河沿, に無聊, に然, に理不尽, に留守番, に眼, に矛盾不調和, に移っ, に笑, に笑っ, に終り, に終わった, に經過, に考へた, に肩, に胸, に腹, に自分, に自然, に船, に良人, に苦虫, に苦蟲, に葉子, に連れ, に過ぎ, に遠く, に随, に静か, に首尾, のあきらめ, のいたずら仕事, のお, の押問答, の暇つぶし, の楽隊暮し, の老人たち, の証人, 予幕中に, 五十兩と, 京にも, 俵は, 傷は, 又家, 否な, 喇叭の, 圃の, 声も, 妻として, 安楽世界とは, 定めて, 山田奉行替りの, 思う所, 攝生上に, 故に神, 整然として, 日々苦痛する, 本名は, 産あがりだ, 知らず人間, 私は, 能, 苗の, 道の, 門づけ

▼ 事だろう~ (220, 0.1%)

38 と思った 18 と思う 15 と思っ 9 と思います 7 か, よ 4 と思い, と思いました, と思われる 3 が, と云う, な 2 がその, とお, とその, と考え, ね, 私は

1 [93件] あれは, いよいよ私, かそれとも, かとおりおり, からどうにか, からまあ, から中, から待っ, か余, か大変, か或いは, があれ, がそいつ, がそれ, がそんな, がね, が何, が何卒, が僕, が年, が生き, が青空, きみの, けどでも, けれども君, そんなにまで, つらいつらい, とある, という迷信, とこの, とのみ込ん, とはおれ, とは予想, とは思いました, とは思った, とも考え, と僕, と先, と其の, と千世子, と同情, と君, と思, と思い思い, と思い直し, と思え, と思える, と思ったら, と思ってた, と思われます, と昨夜, と書いた, と書斎, と案じ, と気が付きます, と私, と簡単, と考える, と胸, と覚悟, と言う, と身, と重々, どうせ二, どうもお前, どんなに懐かしく, なあの, なと思う, などと考え続け, なにしろ後家ばあさん, ねいつも, ねえほんに, の, のに農民, ほうしょ, よまア, われわれの, イタリアの, 仏体破, 位に, 何と云う, 併し, 前田利家や, 君, 四時の, 小永井の, 或いは秀子, 旨く掛合ったら返さない, 此の, 殿様の, 等と, 解剖院から, 關善の

▼ 事として~ (208, 0.1%)

5 居た頃 3 我慢の 2 ゐた, ゐたので, 不当の, 云います, 今日は, 取扱われて, 曾て, 紛然囂然たるを, 茲は, 誰も

1 [180件] ありうるかも, ありますが, かれ自身, が最初, この幅五六間, この道筋, これで, これは, さへ, しばらく御, その戦争, その様式, その次第, その父兄, その種類等, その間違い, それが, た, ちと寄席, ぢつと, ともかくさしづめ行くべき, みなその, みられて, やって, わが国の, ゐたが, ゐて, ゐる, ゐるか, ゐるかの, ゐるわけ, ゐる凡て, ゐる折角, ハッキリ認むべ, 一度神楽坂署, 不倫な, 主宰し, 人の, 人をば, 仕舞つて遮二無二, 他を, 俳句にも, 傳えて, 先妻の, 兎に, 兵政の, 其の困難, 努力を, 去年あたりまでは, 又ずんずん, 取らざること, 取りあえずそう命令, 取り上げたもの, 取扱はれ, 否定し, 喧伝され, 国務を, 国是の, 国民の, 国香も, 國民の, 大夫が, 子弟に, 子爵は, 安亀が, 実際道徳, 客観される, 宣伝された, 少しも, 居ては, 居るは, 居るよう, 居る彼等, 居る斯, 工夫するなら, 差当り媒妁人を, 差置き私, 帰って, 引き下がった, 弾く琴, 彼は, 後世俳優を, 後年に, 御見逃し, 思う, 恨まないが, 想像する, 憂い, 成らざるなか, 我々に, 我国の, 扱うのに, 拇印を, 挿入し, 排斥する, 採用し, 政を, 敢て, 断わって, 是から, 暮して, 更にいろいろの, 書いたもの, 書いて, 最初半年は, 楽しんで, 概略だけを, 次に思ひ浮べられる, 歎く, 正しいこと, 残されては, 残念とも, 泛んで, 深く心, 清き水, 演出致します, 澄まし返ツ, 特に書き留め, 現に寛, 疑惑という, 白骨に, 目前の, 看過し, 看過す, 私は, 私腹を, 秋毫寛すなき, 竿の, 糸口許り, 結びついて, 絶対の, 綺麗サッパリと, 罪悪ならぬ, 罪悪を, 置く, 義仲の, 考えて, 考えては, 考えられねば, 耳を, 聞いた, 聞かなかったが, 育て自分, 自覚され, 苦しゅう無い, 茂みを, 茅ヶ崎あたりが, 見せて, 見のがして, 見るほど, 見るもの, 見当違ひな非難攻撃を, 見慣れて, 解せられて, 記憶し, 記録した, 許されて, 許されねば, 許されるよう, 許しがたき, 診斷書, 認容する, 語ったので, 語りあわされた, 誤謬ならぬ, 講話を, 貴人誕生の, 赦す寛大さ, 足れりと, 軽々しく考えられなかった, 軽々に, 農工商及び, 金を, 開放する, 間違ひ, 関わりを, 面白がった, 革命を, 顧みない傾がある, 鬱懐を

▼ 事をも~ (202, 0.1%)

4 忘れて 3 せず空し, 信じて, 知って

2 [14件] お糸, わたくしは, 悟つた, 想像し, 打忘れ, 此頃は, 知ったの, 知つてゐる, 禁じて, 考へた, 遺憾なく, 重吉は, 面白くも, 頼みおきぬ

1 [161件] あてに, いう, いかにも自然, いっしょくたにして, いは, おん身には, お忘れなさらず, お顧み, この頃, しなければ, すつかり忘れる, するといふ, するの, せず容易, なすか, はっきりと, ほかの, まつるといふ, むき出して, やりました, よく悟る, よく知り, サジエストする, ハチヤと, 一つの, 一般に, 三者同様に, 両親は, 中頃に, 事あり, 云う, 云つてゐた, 亦考へなけれ, 付け添えて, 偶然として, 全く異, 兩親の, 兩親は, 兼ね摂らせた, 冒さなければ, 冒険と, 出來, 十分に, 厭いませんわ, 否認し, 含んで, 問ひ質し, 喋々し, 喜んで, 嘆いて, 外へ, 太郎と, 客に, 尋ねた, 少し知つて, 己は, 平凡化する, 幸徳に, 弁えず我夫我子, 彼に, 彼の, 彼は, 後生の, 心に, 忌避する, 忍んで, 忘れたり, 忘れない, 忘れは, 忘れ山口, 忘れ果てて, 思い出したり, 思って, 思ひ出して, 思ひ出す, 思ふ程, 思へかし, 悉皆人民, 意味しないであろう, 意味します, 意味するなら, 感服しない, 憚らない, 成さむ, 我上をも, 援引せられ, 教へる, 敢て, 敢然となしうる, 明かに, 書いた, 書き残さなければ, 書き添, 有せない, 有るやう, 歌舞所で, 決して呼捨, 注意させ, 演出する, 為さずして, 無いもの, 爲さんと, 爲し, 甚だしく気, 生む者, 用いたにも, 申し上げる様, 申すべしと, 相談しよう, 真似する, 知った, 知らず寝ても, 知り居た筈, 知るを, 矯正し, 確聞します, 私は, 笑談の, 考えた, 考えて, 考えないで, 考へる, 耳に, 耻とは, 聞えたく我, 聴くを, 自分は, 苦痛と, 見せて, 見て, 覺させ, 言いまた, 言うよう, 言って, 言つた, 言ね, 計つて, 計画し, 計算の, 記した天工開物, 記せり, 記臆し, 許して, 証拠立てて, 認めて, 語ったろうが, 語って, 語りましたが, 説かざるに, 調べて, 貴方に, 載せない, 辛抱し, 辛抱しなけれ, 辞しなかった, 遂げては, 随意に, 零した, 頼まれたから, 頼みに, 顧みず盲人蛇

▼ 事かと~ (201, 0.1%)

14 思って 5 思うと 3 くやしくも, 今さら難, 問はれる, 思う, 思つたに, 思ひやるばかり, 案じて, 申しますと, 言いますと

2 [11件] 友の, 存じます, 思いましたが, 思えば, 思った, 思つた, 思ふ, 思われる, 日に, 聞いて, 非常に

1 [133件] あたくし, いいますと, いうと, いはぬばかり, いはぬばかりに, いろいろに, お内儀さんあんた, お思い, そっと御, たずねようと, だんだん聞きます, ふりあおぎます, ふりむけば, ぼくは, またのそのそ, よく調べ, シヨパン云ひ, ノンキに, 一生懸命に, 不安を, 不覚の, 之を, 云えば, 云ふ, 仙果は, 伏しをが, 危ぶんだ, 受け合われない行先, 只管歎き, 可笑さ, 同役共々, 問う, 嘆息し, 大層怪訝, 女の, 存じましたが, 存じ候, 存じ候う, 存ぜられます, 己惚て, 心の, 心は, 心配いたしました, 心配の, 心配を, 思いちりぢ, 思いながらも, 思いの外彼は, 思いました, 思いますが, 思いますと, 思い角右衞門, 思うそして, 思うとなあ, 思うよ, 思う私, 思う程, 思ったが, 思ったね, 思ったらしくいつ, 思ったらそこ, 思つたが, 思つて居た, 思はれるが, 思はれる節, 思ひしが, 思ひました然し, 思ひますが, 思ふたらまた, 思ふた事, 思ふと, 思ふの, 思ふのに, 思ふ事, 思ふ故, 思ふ私, 思ふ計り, 思われます, 思ッたら, 思切ゐ, 恟り致しました, 悄々として, 悲く, 惟う, 想はれる, 想像される, 愚考罷, 房江は, 拾八九の, 振り返つて壜, 明るい窓, 春衛は, 暫く岩, 暫らく鳴, 案じ, 母様の, 消息を, 現われた時, 申されたる其聲自然, 申しますると, 申すこと, 疑い惑っ, 疑った, 皆心配致しました, 眺めて, 考えられるが, 考える, 考へたの, 聞きましたら是, 聞くと, 胆を, 胸を, 腹が, 自ら危ぶみ, 自分も, 行て, 見て, 見返りながら, 言って, 言はんばかりの, 言ふ, 言われるの, 記憶する, 訝しみ, 調べて, 調べに, 諦め候, 識者の, 起ち別れて, 雪を, 須永に, 魂消払つて, 龍門の

▼ 事であった~ (193, 0.1%)

8 と思う 7 のである 6 という 5 に相違, のだ 4 のか 3 か, が私, ように 2 かどう, か或いは, が, がしかし, がそれでも, が今, と見える, と解せられる

1 [133件] いや冷汗, かその, かそれとも, かという, かと思います, かと思う, かの友, かは遺憾, かまたは, かもしれない, かもしれぬ, かも知れない, かも知れぬ, かも知れません, かよく, から, からこの, からそこ, からそれ, からだれ, からであります, からである, からよく, から外, から帽, から私, から電車, かを間違える, か今, か何でも, か年代, か父, か知らん, か自分, か覚えぬ, か阿部家, がある, がここ, がこの, がこのごろ, がこれ, がこれから, がこんなに, がその, がその後, がそれ, がなお, がの, がひどく, がまた, がまア, がよく, がシテ, がシナ領, が九郎右衛門, が事件, が事実, が何故か, が併, が初めて, が前, が勘次郎, が周さん, が善八, が妻, が子供, が少し, が崖下, が後, が我ら, が手の甲, が手ほどき, が新聞社, が母, が熊野, が爾来, が男, が百両, が結局犯人, が衛兵勤務, が道場, が陣容, けれどもとても, ことによって, しおまけ, し今, し小母さん, そうです, そうな, それ以前沢正の, といっ, とか, とします, とその後, とは思われぬ, と思い出した, と思った, と思われます, と思われる, と拝察, と枕, と気がつく, と爺, と申す, と言わなけれ, と記憶, にすぎない, にふと, のう, のじゃ, ので, のであります, のでこれ, のです, のでそこで, のでその, のでとうとう, のでどうか, のでやむを得ず, ので与左衛門, ので余, ので未だ, ので私, のにその, はずです, ような, よな, ろうし, ナポレオンの, 併し, 東京なる, 東京附近の, 米国の

▼ 事~ (191, 0.1%)

68 やない 2221 やありません 14 や無い 5 やが 4 や御座いません 3 やから, やございません, や何時, や無え 2 やあるまい, やけに, やさうな, やな, やなく, やねえ, やらうと, や無し

1 [29件] やあない, やありま, やい, やいかん, やお, やお前さん, やこんな, やそれ程, やと問, やなから, やなし, やね, やねえか, やの, やらうな, やろ, やア, や一寸, や仕, や夫, や悧巧ぶつ, や所詮, や無, や用心棒, や病気, や破れません, や赤井, や間, や驚かない

▼ 事とて~ (191, 0.1%)

3 今朝までも 2 いだせり, ほつと, 何の, 傳へる, 左のみは, 暫くの, 酒盃一ツ見当らない

1 [174件] あたりは, あつちこつ, あるいは秩父, あれだけの, いづれも, いよいよ笑, いろいろに, お出迎, お前様にも, お吊い, お師匠様, お浦, お糸, お貞さん, かかる親しみ, ぐずぐずし, ことに国家, この店, この舶來, これらの, さきのと, さして気, さのみは, さやう, すでにうつ, その所謂, その気味, その炭車, その頃, それぞれの, それぞれ好きほどにて, つい失礼, とうとう喧嘩, とても引上げ, どうにか団体, なかなかその, なかなかの, まことは, やがて水, よろしいと, 一々料理, 一切到処皆帰道場という, 一千有余名の, 一時は, 一時全快は, 下宿の, 不合格, 不意に, 不承知を, 不機嫌で, 世は, 人並に, 人夫の, 人通りは, 今では, 今年十二歳の, 今日の, 他一倍講釈, 仲, 仲働は, 伝へる位, 何か, 余計な, 光子が, 兩替并びに, 共に帰らぬ, 其詩も, 兼太郎の, 切に転住, 初の, 初めは, 別に朝, 前後錯雑序次倫なく, 前後錯雜序次倫無く, 取合はず, 可成り, 各国から, 各被告, 団子坂の, 境内は, 天にも, 女の, 妻は, 学校当局は, 宅に, 実に涙, 実際に, 実際話し, 寄宿舎には, 少し用心, 市中と, 市中の, 師匠の, 幕合長く, 平常の, 年の, 年よりも, 幼き心, 店の, 当然逃げるべき, 彼の, 御礼にも, 御見舞も, 心から顛倒, 忙しきまで, 思う様には, 思ひ切られぬ君, 恋しさ, 惨状は, 意気地なく, 或は燐寸, 戦, 持っても, 推敲を, 文学の, 方角道程よく, 旅順方面における, 日影も, 早足の, 是より, 是非なく, 本来貧窮の, 栗橋の, 案内者も, 樹の, 次郎右衛門の, 此みせ, 此後いかに, 此邊は, 此頃は, 武芸の, 水落ち洲出づ, 法律の, 泥臭いの, 洛中洛外が, 潮は, 澄は, 為方は, 熱心に, 発車時間表も, 白状する, 目かくし, 確とは, 礼義正しく, 科と, 稽古に, 空は, 竜宮寺に, 純粋の, 結局得念に, 罪あり, 羅馬に, 翁の, 老先生, 胃の腑の, 自ら競争者の, 色々と, 見張, 評議は, 読過の, 誰も, 賀東聖と, 路などの, 路は, 農夫は, 適当の, 長垂阪上, 間の, 雇われよう, 雨漏る, 露店商人も, 食慾が, 髪も, 黙って

▼ 事などは~ (188, 0.1%)

8 忘れて 5 何でも 3 少しも 2 きれいに, すつかり忘れ, どうで, どうでも, 一向身, 何の, 棚に, 皆自分の, 考えて

1 [154件] あり得よう筈, あるまいから, いくら数が, いちども, いっさい云わず, いつの間にか忘れ, いまだ一つ, おくびにも, けろりと忘れ, こ, これまで, ございませんが, させざりけり然, さつきの, しなかつたとの, すべて正直に, そつち除け, ちッ, ついぞ知らなかった, てんで問題, とうに忘れ, とうの, とても考へられませんでした, とんと思い出す, ない, ないさ, なかった, ほとんど気, またのちほど, また私, まだ遠, まるで口, まるで知らない, もう忘れ, もちろんその, もとより, 一ぺんも, 一切お, 一寸も, 一度も, 云いやしないの, 亡くなる少し, 今だに, 他国者でも, 何も, 何処かへ, 俗な, 信じて, 信仰上で, 元より, 全く忘れ, 全く忘れられ, 全く思うまい, 全く考へなかつた, 出來さ, 出来そう, 出来なかつたの, 出来ぬから, 出来は, 出来るはず, 前世の, 勿論吾, 勿論顧みられ, 及びも, 友や, 同様肇は, 喧しく云わない, 夢にも考えません, 夢にも考へません, 大分おもしろく, 大厭, 学者肌とも, 寧ろ避けね, 少しでも, 平生深く, 度々です, 当人から, 必ずしも一々聞かなく, 忘れようとも, 思いも, 思い寄ら無かった, 思うだけ, 思って, 思ふまいと, 思われない程, 恐ろしい出来事, 我慢せね, 日本の, 昔より, 更に頓着, 曾て, 月並として, 有るまいと, 有名の, 本当に自分, 楽み, 構って, 構わないで, 歌うまい, 此時は, 殆ど忘れ, 殆ど無, 殆ん, 気にも, 氣が, 永久に, 決してあるまい, 決して言い出さない, 無い, 無い超然, 無論の, 父母の, 犯罪心理学の, 現代日本の, 産が, 田舎の, 申し上げられないでしょう, 申上げますまい, 白井が, 直ぐに, 知らなかったの, 知る由, 知れたもの, 禁物で, 私は, 縄を, 考えた事, 考えても, 考えの, 考えられないの, 考へても, 考へない大, 考へも, 考へられて, 耳にも, 聞いて, 聞くまいと, 致しませんでした, 見向きも, 記憶し, 話して, 話の, 誰も, 論外あの, 身の, 軍事界や, 通じないの, 長い歴史, 隣家の, 頓と, 頓着なさらない, 首肯し, 馬鹿馬鹿しいと, 鹽原多助後日譚として

▼ 事なんか~ (187, 0.1%)

13 忘れて 5 どうでも 4 一度も 3 あるん, 一つも, 私の

2 [11件] てんで問題, ないじゃ, ないん, もうとうに, 何でも, 無いさ, 無いん, 考えちゃ, 考へて, 聞きそう, 言って

1 [134件] あきらめて, あたしが, あたしちっとも, あっしが, あつしが, あてに, ありません, ありませんや, ありゃしない, ありゃしないくせ, ありゃしないわ, ありゃしませんぜ, ありやしない, ありやしないからね, ありやしませんよ, あるの, あるもの, あるもん, ある位, いまさらどうでも, お久美さん, お前たちは, お耳, お聞き, けろりと忘れた, ございません, さばさばし, しやがって, しようとは, じゃ無かっ, すこしもない, すっかり忘れぬいた, ただの, ちっとも解り, できない人間, で神経質, で迷惑, どうだ, どうだって, どうだつ, どうな, ないよ, ないわ, なかった, なかない, なかろうとは, なんで, なんにも, なんにもない, はなさないから, まだ有りゃしない, まるでありゃしない, まるでない, まるで判っ, やめようと, わからない, わかんないん, わしは, テンデ, 一々真面目, 一口も, 一寸も, 世の中に, 云ってる奴, 云わないで, 些っとも, 何とも思, 何とも思っ, 何とも思はないらしく, 何にも, 何んとも, 何故あんなにせわ, 信じられない, 僕は, 全くどうだって, 全く知らず, 全然忘れ, 出来ない, 出来ない自分, 分るもん, 只の, 吉川の, 問題に, 夢にも想像, 夢にも有りゃしない, 妙に, 委しく知っ, 実はてんで, 実際の, 少しも, 少っとも, 当てに, 御委せなすった, 忘れっちゃって, 思ひ出し, 恐らく翁, 感じなくなりますよ, 書いたん, 構って, 構わないで, 殆どなかっ, 気に, 為ては, 無いなあ, 無いよ, 相手に, 真に受けない, 知って, 知らずに, 知らないと, 知らないので, 私には, 考えずとも, 考えずに, 考えなくとも, 考えも, 考えるひま, 考えるもの, 考へ, 考へないこと, 考へないで, 考へるもの, 考へるよりも, 聞かんでも, 聞き入れない事, 聴きやしないわ, 言いませんよ, 言えた義理, 訳は, 誰だ, 誰だって, 誰でも, 頼むの, 駄目だ

▼ 事でございます~ (186, 0.1%)

11 から 6543 から何, もの

2 [20件] からお, からこう, からここ, からその, から一寸, から外, から少し, から弟子, か私, が, がその, がね, が五趣生死, が兎, が此, が私, しまた, な, 私は, 親分さん

1 [114件] あの男, え, お屋敷中, お礼にも, かお, からある, からお互い, からこれ, からこれから, からそれ, からそんなに, からただ今, からちと, からどうぞ, から一々, から一人, から世間, から二人, から人通り, から何ん, から俗, から入道さま, から内聞, から別にもう, から取んだ, から山, から平, から心, から折角, から是, から木, から松五郎, から林藏, から此奴, から湿気, から目差す, から義理合, から警部公, から頓, から頼まれ, から食物, か動機, か私ども, があなた, があなた様, がいやしくも, がお少, がかうし, がけれども, がこれ, がそれ, がただ, がと云う, がハコヤノ山, が不思議, が今, が他国人, が何, が何卒, が佳い, が信州水内郡白島村, が先生, が光君様, が夫, が宿屋, が尼御台さま, が思ひ切つ, が手前, が旦那, が本当に, が構わん, が毎日此処, が現代, が礁, が私ども, が細かい, が若気, が西京, けれどもお, けれどもその, けれども御, この山, この財布, さうで, しそれに, しやはり, そうして大層, どのよう, なア, ねえ, の, もので, やがて恋, ゆえ權六方へも, よ御用人様, ナ此処, 丹治父子が, 其の中, 勘八のみ, 南無阿弥陀仏, 又お前さん方, 又昨日, 外とは, 実に彼, 当年は, 御心配, 怪からんお尋ね, 我々の, 旗持には, 時にあゝ, 此の, 然るに貴公, 独身者ゆえ看病人も, 私も

▼ 事~ (176, 0.1%)

22 へある 21 へあつ 3 へしなけれ, へ出, へ言, 年寄りは

2 [14件] うして, お出なされ, へございまし, へございます, へ出来たら, へ取, へ思ひ, へ成ず, へ氣, へ無, へ知つて, へ苦痛, まあ其樣, 僕は

1 [93件] あらむ時, あれは, うかも, うしてる間に, うでなくても, う云, う知つた男, おれの, お菊さん, こんな結構, その後御新, つそく在中, と先生, と大目, のみ珍, はなれ, へ, へあり, へありました, へあります, へあるで, へこれ, へございました, へし, へした, へせぬ, へぞ思ひ, へない, へなかつた, へなかつたなら, へなけれ, へなつかしく, へならぬ, へはがゆ, へもある, へもない, へもわからせ, へも心自ら, へも敢, へも気づかない, へも知つて, へも知らざりしなり, へわし, へ云, へ云々, へ今日, へ何, へ億劫, へ出来た, へ出来ない, へ出来なかった, へ可, へ叶, へ定められてない, へ実は, へ平気, へ御, へ心, へ憚ら, へ招来, へ晶子さん以前, へ書い, へ柱, へ此, へ此所, へ歴然と, へ滿足, へ眞實, へ知らない, へ知れ, へ考へた, へ聞かなかつた, へ能, へ臆劫, へ見受けられる, へ言つて了, へ話せ, へ説明, へ起つ, へ難けれ, まあそんな, 世の中に, 俺も, 助言も, 大夫の, 当時病身故, 彼我の, 折よく, 来てさえ, 決して若し, 相撲に, 私を, 誰だ

▼ 事にて~ (175, 0.1%)

53 しやれにも 2 いづれを, 一番善い, 今も, 周礼にも, 明治時代に, 生も, 美人を, 預め

1 [151件] あと, ありき, ありし, ありしかと, あるはこの, あるべくおや, あれど, あれば, おのれが, お薬, お銚子, かくても, ここしばし, この相談, これが, これを, すなわち先生一家子女, その以前, その女クレメンツァ, その方面, のどの, ひとつ此の, まことは, まのあたり拝み奉る, むかしは, もつとも証拠, 一先お, 一向世帶, 一命を, 一心不乱と, 一方には, 三十年前は, 三歳の, 不堪憤, 九州へ, 二回ほど, 今は, 今度出府致せし, 伯父君の, 何を, 何事も, 何故か勘太郎, 何方も, 來りしならん, 候えばとて, 候なり, 候はん, 候ひし, 候ふ, 候へども, 候ハ雅兄ニも, 候又, 候如何に, 僅, 元私, 兎や, 全くその, 全く之, 其の頃, 其序文も, 其日は, 其頃同, 則ち, 加古川に, 十方に, 哀しきことかぎり, 外へ, 多くの, 大坂渡辺の, 大岡殿吟味の, 大抵の, 天一樣は, 夫より, 失なひつる, 失ひつる罪得, 女人政治又は, 如何にも樣子, 妾の, 婆は, 婦たる者の, 安心せり, 宗教上の, 寒氣烈敷雪は, 小夜衣に, 少しも, 山本志丈が, 帰されても, 帳へは, 彼の, 彼は, 彼宅へ, 御世話方, 御家の, 御座候, 御心配, 心の, 必ず下帯, 思い知られ候, 思ひ出せし事, 恰も同一, 慰めし者, 憾み遺さず候, 手證は, 揚屋町善右衞門養女の, 敬服仕, 文学的には, 文學的には, 斯迄武運に, 早速止, 是非, 有りしが, 未だ調, 材料極めて, 樂園に, 此の, 此頃名高き, 死まい, 段々樣子, 母方に, 江戸より, 江戸表へ, 法王レオ三世, 済むの, 漸, 無禮もの, 生死の, 相果, 相違は, 祈願者多く, 神の, 禽獣の, 第二, 美々しき服装, 肩を, 胸騷ぎ魂消え, 能く, 蛆は, 行店の, 親ぞ, 言は, 誰一人勘解由に, 諸友, 貧人の, 越前守殿御役所へ, 足るこ, 車夫も, 近辺故, 重に, 釜へ, 離縁状を, 頓て

▼ 事などを~ (167, 0.1%)

5 話した 4 思い出して 3 知った, 考へ, 考へて, 話して 2 報道せし, 思つて微笑ん, 思出し, 書いて, 書き連ねて, 話した上, 語つた, 説明した, 述べて

1 [128件] いうも, いろいろ宗助, お教え, かめと, くわしく話し, ことごとく我輩, ことさらに, して, それとは, ならべたに, まるで苦, わたしは, インド等より, クリストフは, ヒョイヒョイと, 一人で, 一流の, 不思議そうに, 主に, 云うお気, 云う時, 云って, 云つ, 例の, 先生が, 切ない程, 単純な, 口から, 叱散らして, 回想した, 国の, 夜中語り明し, 女将は, 女達は, 実例について, 実習したら, 小さな声, 小声で, 小耳に, 少しも, 幾度も, 役人に, 心窃に, 心配しない, 忠告された, 思い出したり, 思い出しながら, 思い出す事, 思い合せて, 思い合わせて, 思い廻し, 思うと, 思ったが, 思って, 思ひ出して, 思ひ出しながら, 思ひ浮べながら, 思ふと, 思出す, 息も, 想ふ, 想ふこ, 憶ひ, 憶ひ起す, 懷ひ浮べた, 懷想し, 手柄顔に, 手短に, 投げ出すよう, 敢て, 文字言語に, 晩年に, 書きとめたり, 書き連ねた, 業と, 歴々として, 注意し, 混入せしめる, 物語って, 申上げた, 知つた, 研究する, 示す, 祕せんと, 私の, 精しくこの, 綜合し, 考えて, 考えては, 考えると, 考え出して, 考へては, 考へると, 考へるやう, 考へる余裕, 考へ出したの, 聞いて, 聞きかじって, 自分が, 色々宗助, 見たこと, 見ても, 見ると, 言い出せるわけ, 訊かれると, 記載し, 記述する, 詩の, 話したの, 話しながら, 話し合, 話し合った, 話し合って, 詳しく健三, 語った, 語って, 語つて歸つた, 語り合った, 語り合って, 調子づいて, 輪に, 述べ居るが, 酉兵衛に, 附け加, 雑談の, 順序も, 顧客に, 飜譯又は

▼ 事については~ (165, 0.1%)

5 少しも 4 一言も, 既に前年 3 何にも, 何も 2 予は, 余り多く, 僕も, 容易に, 私は, 私も

1 [134件] あまり深く, あまり知っ, あれきりで, いささかも, いずれ後詳しく, いろいろと, いろいろの, いろいろ付け加えた, いろいろ議論, おれの, お母様にも, お民, かつて, かつて本誌二巻六号, ことにこの, このスミレ, さっぱり要領, その原, その大小, その資金, それが, それ以上考え様とも, とてもとても苦しん, どういふ, なんとも, なんの, ひろ子の, べつに深く, まったく細君, もう先刻, もう追及, メ, 一体どの, 一切口を, 一切述べなかった, 一口も, 一日に, 一昨日も, 些少も, 他日くわしく, 他日機会を, 他日論ずる, 他日陳述する, 何でも, 何の, 何もかも女, 何んとも, 何事も, 余が, 僅かな, 僕は, 兄自身が, 充分に, 充分申, 先生の, 全く見当, 全然知られなかった, 共通し, 出来るだけ, 別にあの, 別項の, 前にも, 前便に, 前号でも, 前回少しく, 割合に, 勉めて, 又新らしい, 古来歌よみは, 命乞の, 基督教の, 外国の, 多分万葉学者, 学んだ事, 学長はじめ必ず, 官庁に, 定評の, 実は余りよく, 実際やむを得ない, 寸毫も, 少々考え, 少し面白い, 島田へ, 常陸風土記信太郡の, 幕府から, 当分口へ, 徳川時代の, 心当りが, 我が臣民ら, 揉めが, 支倉は, 新聞, 既に天野信景, 既に実例, 明らかに, 普通な, 更に幾多, 最早長く, 木村の, 未だ新人諸君, 柳田君の, 気にも, 決して他国, 注意深くあらね, 深く同情, 熊楠いまだ, 爪の, 白旗様から, 相談に, 礼の, 私から, 私なんにも, 私には, 私よりも, 私共, 空前に, 第一番, 翌五月, 考えたが, 考えに, 聞きませぬが, 自分が, 話されなかった, 誰にも, 長々と, 附録で, 陵戸の, 随分心, 随分私, 随分考え, 非常に, 頗る心配, 風俗を, 駅員が

▼ 事~ (162, 0.1%)

65 に挨拶 4 に平次, に私 3 に衝突

2 [15件] にお, にそう, にそれ, につけ, にまだ, に反対, に問う, に多く, に意外, に意見, に新, に自分, に錢形平次, に餘, に驚く

1 [110件] にあ, にあらはれ, にいい, にいよ, におどろきます, におのれ, にお前, にかち, にこの世, につ, にわが身, にわし, にわれわれ, にパンツ, にポー, に不審, に不愉快, に之失敗, に乱用, に争っ, に争乱, に二人, に人, に人々, に他家, に何, に俺, に兄, に八方, に冷笑, に凡そ, に出版界, に分別, に動員, に勿體振つた風, に啀, に啀み合っ, に外相, に多少, に夢, に女中, に対立, に島民, に希臘, に弁信, に張合つた, に強調, に影響, に彼, に恥, に恩, に感心, に感謝, に憤慨, に手柄, に拗ねる, に拙者, に教師, に新鮮, に日本, に暗然, に暴露, に案外, に楯, に槍玉, に殆, に気に入らない, に洩らし, に無惨, に無言, に爆発, に牙, に現われた, に申します, に異端, に當家, に疑う, に癖, に発動, に盥, に目マル, に社會思想家, に神経, に私たち, に符合, に罵っ, に胸, に能登守, に興味, に興奮, に舌, に若い, に藤吉, に見出した, に言われた, に論争, に警察官, に身, に軽蔑, に迷, に迷う, に逆, に邪魔, に関しては何事, に難癖, に非道, に面倒, に面白, に飛び, に驚き

▼ 事やら~ (157, 0.1%)

6 少しも 4 わけの 3 わけが, 訳が 2 ピヤノを, 其話は, 分らずに, 成ほど, 話した末

1 [131件] あのよう, あんなもの, いくら考え出そう, いろいろと, おわかり, お判り, きのうも, この世の, これまで, これも, ご自身, さっぱりわからぬ, さっぱり分らぬ, さっぱり分れしません, さっぱり意味, さっぱり見当, じゃせっかく, すべて今の, その女, それでもまあ, それより, それ以上わかり, ちゃんとわかる, とってもぷんぷんし, どうしてそんな, なるほどお前, またほか, また慇懃, まるでちっともなっ, まるでわからない, む, むろんわからなかった, む花子は, よくは, わからない, わからない個所, わからない烈しい, わからなかつたけど, わからなくなる, わかりませんので, わかるまい, カイモクわからぬ, シナと, ズブ濡に, 一向知らなかった, 一向要領, 一向解らざれ, 一向解りません, 不思議な, 世間の, 世間門の, 今日一日中諸家や, 仲に, 但しは, 何やらで, 何やら頼まれる, 余には, 再び岡山, 凡て今の, 分からぬの, 分らない, 分らないで, 分らなかった, 分らぬやう, 判らないので, 判りませんが, 又外, 台石は, 合点が, 合点の, 大坂出來の, 大坂出来の, 奉公人たちに, 奉公人達に, 嫁の, 季節的な, 川へ, 帰って, 帰る時, 幾つあった, 引越やら, 当人にも, 影さえ, 彼は, 思はざりしや, 恐らくお前, 悪漢に, 悲しい事, 情ない事, 方角が, 日本兵士の, 早馬立てに, 明白に, 村内の, 欣し, 母の, 母子の, 気が, 無い事, 無駄話を, 王莽の, 皆目へい, 私が, 私たちの, 種々の, 絶望と, 継いで, 繼いで, 興味の, 若いとき, 落人同様風の, 薩張り分らない, 表題の, 見当も, 見當, 解けますまい, 解らない, 解りませんでしたので, 訳けが分らぬ, 訳の, 訳も, 話されたり, 話しきかせ可, 誰の, 赤穂の, 返辞の, 雜誌三田文學を, 露西亜へ, 静子には, 靜子には, 類型を

▼ 事によって~ (155, 0.1%)

4 自分の 2 この青年, すべての, その作者, 再び希望, 多くの, 現代の, 養母に

1 [137件] あるいは剛, ある幽か, いろいろの, いわゆる利用厚生, おのずから人物, このインフェルノ, このドラマ, この世の中, この国土, この音楽, これを, ごまかし得るほか, すっかり乱され, せめての, そういう感じ, そこに, その人, その同情, その心, その業, その生活苦, その病苦, その罪滅ぼし, その運動, その間に, それが, ただちにわが, つちかわれる, とうとう頂点, ともかくも, どうしてあの, はじめて今日, まさしくさとり, ますます器物, ようやく嘲罵, より高い, わかる, アトカタも, アメリカの, ドーブレクの, 一同は, 一枚の, 一身の, 世の, 世界である, 人々の, 人間の, 人間愛を, 何か, 余念なく, 信念を, 俳句の, 倉地との, 倉地に, 充分に, 光の, 其の否定, 内膜炎, 初めてそれ自身, 初めて資本主義, 前に, 効果を, 却って初めて自然弁証法, 却て, 可能である, 各自の, 善い事, 変じた人, 外形的に, 大体わかっ, 始めて, 始めて人, 始めて無限, 始めて父, 始めて真, 始めて認識, 始めて連絡, 幾分なりと, 幾分なりとも, 彼の, 彼は, 彼らは, 彼女自身の, 彼等の, 徒消される, 得た心持, 得た恵み, 得られる感じ, 意志表示する, 成り立つという, 成立つの, 抜き得るので, 新しい運動, 新しき力学的系統, 新たな, 新小説, 明らかである, 是非共自分を, 更によく満足, 植木屋の, 次の, 止めらるる, 正義は, 母の, 水からの, 洗骨の, 活かされ救済, 活きて, 液体の, 満足させられる, 満足を, 漫画としての, 漸次夢, 現出された, 生活の, 画面の, 病気と, 痛みを, 目星を, 直接間接に, 眼鏡の, 私なりの, 私は, 科学の, 租税の, 竹千代, 等しく選ばれた, 習性を, 色々の, 芸術たる, 葉子自身が, 蛇が, 観客は, 解決される, 近代の, 風景画にも, 鴨上下大神宮の

▼ 事より~ (154, 0.1%)

8 して, ほかに, 外に, 外には 5 他に 2 ア此方の, 外は, 私には, 釜の, 頼んだ事

1 [107件] いちばん考える, いっそ屋台, お前さん橋を, お柳さん, お関, この先, この弊風, その樹木, その調子, ただ大きな, なくなった母親, ねえ進ちゃん, はしなく談音楽, まず第, もっとお, もっともっと崇め, もっと確か, やはり寝転ん, わが身の, ウロウロせず, ロダンの, 一層高踏的, 人を, 人倫上の, 今や彼女, 仏間へ, 他の, 以上に, 何となくもの, 何より父, 來れり, 先日お願いした, 其外人殺し等の, 出入と, 力餅さへ, 動機と, 卒然と, 古女房, 君の, 図らず兄弟, 外ありませんでした, 外の, 外何の, 外何一つ, 外別に, 大に, 大藤の, 妹の, 始まる, 始まるなり, 嬉しかつ, 小は, 山神女性で, 廿兩の, 強い事, 後を, 後藤半四郎が, 御自分, 御自身, 思ふ事, 恐るべきは, 恥か, 慈愛あつき, 我が足, 我が身の上大事, 推察する, 教育の, 文字の, 新しい狩衣, 早くも, 早く丈夫, 根性が, 歌の, 此の, 死んだツネ子, 毆打格鬪などを, 毎月一度毎月一度より, 汽車の, 沼田の, 用いる事, 相関聯, 知らぬ士人, 確かに, 私の, 私部領内の, 端を, 笛の, 素晴らしいもの, 罪の, 考うる, 考へて, 考へ且つ, 自分の, 行儀でも, 衣類并に, 見ても, 詳述せる, 語りはじむ, 貴殿の, 買ったばかりの, 賞贊に, 起るとい, 起れりと, 遍満の, 重いであろう, 重くまた, 金銀銭空米切手などの

▼ 事ながら~ (148, 0.1%)

2 そこから, それでは血, それは, 不意の, 何となき, 見るに

1 [136件] あの赤, あるひ, いぢ, おみきを, お前様といふ, お勢, お察し, かねてから神経衰弱, ことに気の毒笑止, この信実, この日, この時, これに, さう, さて只今, しばらく考え, すべてお, その婆さん, その時, その相, そは, それが, それに, それにしても徳兵衛, それに対して, それ等の, つぶれる様, とうていこれ, とうてい書けない, どこを, なほ御, まったく封建そのもの, まのあたり憐れ, もう其手, もし今, もっと他, やはり決して平凡, わが自ら, わざと黙殺, わたしこと, われ若し強, ドキドキ致しました, ホイツトマンエマスンなどを, 一人前に, 一面空想家の, 三月末に, 上様は, 主観的の, 事実です, 京都と, 人の, 人道上からは, 人間あんまり, 今日はもう, 今更に, 今更学校, 今程, 何か, 何やら憎く, 余は, 作品の, 俗人を, 催情的な, 出来る限り, 前夜より, 又, 只云々と, 各の, 名馬を, 唯怪しむ, 噂に, 夜もすがらの, 女房は, 妾は, 家賃が, 将軍家が, 小生一人が, 少し平素, 彼の, 彼女は, 徒らなる, 従来日本に, 御上に, 御父重盛卿, 御道理至極, 悲哀に, 成るべく民衆, 我が生国, 我等何程稼ぎ, 或は密, 教育勅語の, 敵塞に, 料理の, 既に流れ, 日本の, 是は, 月は, 東京では, 東京の, 植字に, 欧羅巴で, 此の, 此人は, 此程計らず, 此間御, 殿こそは, 民也は, 気が, 気疲れを, 池上の, 清は, 湯にても, 猶御, 申しにくい, 癇癖と, 私は, 私共が, 私相求候程, 第一, 聞いて, 聽衆の, 胸轟き, 自分や, 芭蕉が, 若人瞋り打たずん, 苦勞ぞ, 虚飾的の, 見ちゃ, 訂正を, 設此先が, 誠なき, 説かねば, 貴院先達て, 金の, 鉄漿蓴汁など, 長女も

▼ 事だった~ (142, 0.1%)

12 のです 7 のだ 5 のか, のである 4 からである, が, のかと, のが 3 ね, のかも, よ, んです 2 か, と思う, な, に相違, のだろう, のでございます, のを, ような, ように, んだ

1 [65件] あの時代, お前たち三人を, かさらに, かつい, かも知れない, かも知れません, から, から六, かを考え, がし, がそんな, がぼく, が僕, が先方, が其後, が屑籠, が彼女, が支那, が新聞記者, が演習, が頭, が頭蓋, が黒吉, この盃, これは, し不自由, し恋人, そうで, そうである, そうです, その怪物, という気持, とおもう, とか何とか, と云う, と後, と後悔, と思った, と思われる, と記憶, なあ, にちがい, に違い, の, のさ, ので, のであるじ, のでしょう, のですぐ, ので助右衛門, ので大変, ので女, ので後日ボストン, ので畳, ので白い, ので私, ので途中, ので集っ, ので面白い, のね, ろうと人々は, ろうに, んで, 君言を, 私が

▼ 事~ (141, 0.1%)

10 無え 8 無い 7 どうでも 5 たはず 3 ない, ないよ, ねえ, 出来ねえ 2 つてよ, 無いさ, 言わない

1 [93件] ありませんよ, ありゃしねえ, あるめ, お互いに, かんべんし, こらえて, しくじりましたねえ, するだ, その後で, その点, たハざる, だに聞かん, ついの, つたの, つての, つて以來兄信吾の, つて以來松太郎は, つて以来兄信吾の, つて以来内外の, つて以来松太郎は, つて以来細君同士の, つて來が, つて參上致し, つて後に, つて推參致しました, つて父の, できねえ, ないだろう, ないと, ないはず, ないよう, ないん, ない僕, ない娘さい無事, ない毎日, なかった, なるよう, ねえさしがね, ねえみんな, ねえん, ねえ早く, ねえ火事, みんな御, もっと早く, やって, よして, よせいっ, わからんですよ, カンシヤクを, ドウでも, ドウデモよか, 云わねえから, 人に, 今後とも, 何でも, 何に, 信用する, 俺あ, 兄さんにや, 出來ね, 出来ねえん, 出来は, 口を, 君んと, 在るめ, 大丈夫だ, 天王様の, 往来で, 手前や, 有ったとしても, 村の, 構はん, 滅多にない, 無いぢ, 無いと, 無いまだ少し, 無いよ, 無い手習い草紙みたい, 無えです, 無えと, 無かった, 無かろう, 物事を, 生きて, 絶対に, 考えて, 聴いとくもん, 腹に, 自分に, 自分の, 要らん, 親方からも, 面倒だ

▼ 事かも~ (141, 0.1%)

33 知れない 16 しれない 12 知れないが 8 知れぬ 5 わかりません, 知れません, 知れませんが 4 しれないが 3 しれぬ, しれません, 知れないと, 知れないの 2 知れなかった, 知れませんけど, 知れませんね

1 [35件] しれないと, しれないのに, しれなかった, しれなかつた, しれぬが, しれませんよ, しれんでは, わからないけど, わからないの, わけが, 分りませぬ, 別段考へなかつた, 知れず, 知れず是, 知れないけれども, 知れないしかし, 知れないじゃ, 知れないぞ, 知れないという, 知れないよ, 知れない老母, 知れなかつた, 知れなかつたが, 知れなくってよ, 知れぬが, 知れねえ, 知れねえな, 知れませんけれども, 知れませんぜ, 知れませんよ, 知れん, 知れんが, 知れんでは, 知れんと, 知れんね

▼ 事ども~ (139, 0.1%)

3 いかにも心ぐる, なり 2 である, をも, を菅神, を追想

1 [125件] あつて, あり, ありしかど, ありて, ありとかや, あり万一命, いうてか, いささか記さん, いずこ, うちつ, お耳, かな他, があれ, がおも, がまあ, がみんな美津子, が全て僕, が思い出され, が歸結, ここに, したため, して, そのままに, つら, であった, です, とかの小冊, など云, なりけり, なり漸, なるかな, なれ, にかこつけた, にさる, にてすべて遲延, に候, に馬耳東風, のみを申し述べました, は, はいづ, は今, は勿論, は或は, は明治四十二年五月, は貫一, ひそひそと, もない, も亦, も前記, も有るなれ, も皆過去無数劫, わしから, を, をおもい, をきけ, をこの, をしきりに, をしみじみ, をそれから, をだんだんに, を二, を併せ述べよう, を公, を反省, を問う, を多く, を委細, を娘, を尋ね, を少なから, を彼, を思い出した, を思ひめぐらしつ, を思へる, を怠る, を想い, を探り, を書いた, を書きつらねませう, を此, を聯, を見, を見きく, を言い触らし, を言い触らそう, を記録, を話しかけられ慰められ, を詳, を語りあひぬ, を語り聞せ, を述べた, を述べよう, を通観, 一向に應, 也, 人に, 任せ置候處今宵悴五郎藏, 何くれと, 何となく思ひ返され, 何とも, 其後の, 唯だ, 噂を, 多く載せ居る, 多し, 多しと, 如何にも不思議, 彌, 御直ニ, 思ひ続け給, 思ひ起して, 懷ひ起し, 我が女房, 故早々屋敷, 更に覺, 案じこし, 樂しみにて, 歌も, 物語れば, 篤と相, 羨まし氣, 聊憚りなく, 言ひかはす, 語り合いしが, 路傍ままある

▼ 事ごと~ (134, 0.1%)

5 に彼 4 に眼 3 に怒りつける 2 にこの, に心, に志, に意見, に私, に自分

1 [110件] お憤り, が夢, な手ちがい, にあまり, にうまく, にお, におれ, にかく, にこういう, にこんな, にすなわち, にせちがらく, にそう, にその, にたて, にまごつい, にみとめられ, にわが家, にわたし, にアメリカ大陸, にガラッ, にコセ, にセエラ, にロマンチック, に一つ, に不和, に主張, に争った, に他人, に係, に信長, に俺, に先鞭, に判断, に加わる, に反抗的, に周囲, に圧迫, に大, に大義, に妻, に容れられない, に差違, に干渉, に幼い, に庄三郎, に廟威, に張合った, に形勢, に役所, に念仏, に怒り, に思いあたっ, に思う, に思うまじ, に恥, に悪い, に惑える, に愉快, に憂き目, に成敗, に手, に手柄, に持明院統, に搏撃, に敵手, に斉彬, に曹操, に朝廷, に木場, に東湖, に楊修, に武夫, に歪ん, に気, に決, に涙, に溝, に激しい, に烈しく, に物ごと, に男子, に癇癪, に直, に知り, に秀吉, に競争, に約, に素ッ気, に繼母, に腹の虫, に若い, に葛藤, に蔑視, に言訳けし, に話, に質問, に迫害, に逆ねじ, に遠慮, に邪視, に邪魔, に関東, に鞭, に頷かれる, に馬, に黄信, の齟齬, よからぬ, 御不利

▼ 事では~ (132, 0.1%)

35 ない 7 ありません 6 ないか, なかった 5 あるが, ないが 4 ないの 3 ございません, ないと, 無いからと 2 ありませんか, ないかという, なかつた

1 [49件] あっただろうが, ありますよ, ありませぬ, ありませぬ魔, ありませんぞ, ありませんでした, ありませんね, ありません例, あるけれども, あるし, あるしのう, あるまい, あるまいかと, あるまいでは, いけないと, ござらぬ, とても自分, ないかと, ないかも, ないぞ, ないで, ないでしょう, ないでしょうか, ないという, ないといふ, ないとしても, ないに, ないので, ないやう, ないん, ない古今東西例證, ない筈, なかろう, なくなるであろう, なく北, なく大, なく大童, なく妻, なく宮方, なく常に, なく強制事, なけれど, むしろ其儘中学, 何時でも, 御座らぬわい, 無いさ, 無かつ, 無し私, 空元

▼ 事だけ~ (128, 0.1%)

13 れ共 12 である 8 では 65 であった 4 です 3 なの, ならば, 云って, 知って 2 して, であって, なん, んど, 竹山は

1 [58件] おかしくなった, お知らせ申し, お話いたしましょう, きめた, さつさと, そののちかすか, ただそれだけ, だから, だが, ぢや, でこれら一切, でございます, でした, ですよ, ですら, でせっかく, でなくもつと, でなく趣味的文化的修養, でやぶれかぶれ, で何一つ, で委しい, で少し, で既に, で暖かく, で無く, で特に, で生きる望み, で男, で直吉, で私, で面白く, ならあんまり, ならなん, はっきり想い出す, やれば, んども, 云つても, 代りを, 分れば, 口が, 婆や, 御話, 心配し, 思いふけってでも, 教えて, 漏らした, 知った男, 知つてそれが, 確かめて, 考へて, 聞いて, 言いましたが, 言うが, 言ふ, 話しその, 話して, 話しや, 遠慮なく聞いた

▼ 事であろう~ (116, 0.1%)

1817 と思う 4 と思われる 3 と思います 2 が, がこれ, がそれ, が一つ, と思っ

1 [64件] かいま, かと, かと思われる, かと恐縮, からこんな, から内, から本当, から親御, から鷹飼, かを考え, か僕, か殺された, があまりに, があるまい, がしかし, がなにゆえ, が一体何万石, が世人, が今日それ位, が併, が大体, が或, が新島君, が普通, が本来, が特に, が石浜, が私, が胸, ことは, しかし完全無欠, という説, とは心得, とは考えられない, とも我慢, とも母, と一応, と何, と信じます, と内々, と周, と夏, と存じます, と御, と思われ, と思われた, と推測, と決して, と罪, と考える, と高, な, など考え, に, のにあんな, よ, 何ぜ, 依然として金八, 其の美しい, 其他数えれ, 同時にそれ, 礼儀と, 翌日の, 能くもアレで

▼ 事だらう~ (114, 0.1%)

26 と思 8 と思ふ 76 と思つて 5 と思つた 4 か, と思ひました, な 2 と, と私, と頭

1 [44件] から白米, が, がその, がとにかく, がね, が岡, さう, し恋, て, とおも, とさ, とせめて, とそれ, とは思ひました, とは想, と信じました, と変, と大抵, と彼, と心持眼, と心配, と思う, と思つたのさ, と思つて跡, と思ひます, と思へ, と想像, と押, と樂觀, と考へ, と考へた, と考へる, と自分, と見, なあの, などと書い, ね, よお前, よまア, 丁度新, 何故と, 凡そ大阪府, 此処の, 面白いと

▼ 事あれ~ (112, 0.1%)

23 かしと 7 かしの 3 ば必ず 2 ば, ばいつも, ば直ぐ, ば面白き, 丈に

1 [69件] かし, かしという, がし, がしな, しませんそら, でなか, では無い, で角力, とのお, どもわれ, ども不, ども怒れる, ども文, ども武火熱湯, ども蚊帳, ども言う, ど支那, ど本題, ど皆, ばいつ, ばここ, ばこそこう, ばこの, ばこよ, ばこれ, ばすなわち, ばそこ, ばその, ばただちに, ばとて仇, ばなおも, ばなり, ばわが, ばわっ, ばジッ, ばチト何, ばローマ人, ば三鱗, ば主人, ば信徒, ば僞はり, ば先彼, ば刑死人, ば合体, ば国, ば大奥, ば宮方, ば将軍, ば就い, ば当今小説家, ば後者, ば忽, ば忽ち, ば急, ば我が, ば日本人, ば曰く, ば武器, ば水火, ば江州, ば猥, ば矛, ば能, ば自ら念頭, ば誰, ば重ね, ば鼠糞梁上, 主義を, 程有し

▼ 事その~ (106, 0.1%)

6 事, 事が 3 例多し 2 事だけでも

1 [89件] ことだけ, そばへ, ために, なんです, ほかの, ほか在所の, ほか日頃私の, ように, キリスト教では, 一字一句が, 不思議を, 中に, 中の, 事いったい, 事と, 事な, 事には, 事の, 事は, 事わしも, 事を, 事小なる, 二人の, 二度目は, 人達は, 全生活, 写本に, 分らない事, 初一念貫きとおした, 判断の, 問題と, 図は, 国の, 坊主は, 外そんな, 夜来て, 大きさ, 大学の, 女性の, 娘に, 嫂を, 字余りは, 学校へ, 家来の, 少しずつ, 山男の, 心理遺伝に, 情人に, 捏造を, 描図の, 方が, 方は, 旅の, 日原田八段が, 木小屋を, 板画の, 植物図は, 業の, 樣に, 橋の, 気持ちで, 流行や, 源因たるは, 為には, 無名の, 父の, 物の, 目に, 細君は, 経歴まで, 罪悪を, 腹の, 著西班牙植物図説一, 親爺は, 記事を, 詠ぜられたところ, 質量が, 辺は, 野呂が, 長女が, 門の, 間野口達市の, 限を, 随筆, 離縁状が, 雲の, 靴を, 響を, 頃は

▼ 事のみ~ (106, 0.1%)

4 では, 気に 3 なるに 2 であつ, です, なれば, 何ぞ怪む, 告げよき, 彼れ, 心に

1 [81件] いはるるまま, いひて, おもひつ, くだくだしく相成, さかいが, さかいの, だから, だった, だつた, つい申し上げた, でございます, でございますので, でなく人, でも, で万里, で花鳥風月, なげかれ徒ら, ならずお, ならずぼく, ならず彼藤井紋太夫, なり, なりき, なるべく出, なれぬこと, よく話す, 云あ, 云て, 云れ, 今日は, 出来して, 取急いで, 口走りおりたるを, 口走る, 図る, 多いの, 多いん, 多い人, 多かり, 多くなかなか, 多く且, 多く其上下女, 多く困り, 多く自分, 多ければ, 多し, 夢に, 常に変らざりし, 心痛に, 念じて, 思続け, 恥かしと, 打続けば, 拾い出すこと, 持つ身, 故越前守殿, 日中を, 案じて, 案じられて, 汝の, 申し上げて, 申上げ甚だ, 眞正に, 繰返して, 考えるよう, 考へる, 考居り, 耳目に, 致したる果, 致し人々之, 致し英, 被仰, 見るもの, 言い出した, 言うから, 言うが, 言て, 語るよう, 語る物語, 起来り, 遺憾に, 長々と

▼ 事なども~ (100, 0.1%)

5 あった, 父は 4 あつた

2 [12件] あって, ありました, ある, あるが, 思ひ出された, 思ひ出す, 挿絵の, 書いて, 東京の, 渠自身の, 滅多に, 無いとは

1 [62件] あつたさうで, ありとにかく, ありましたし, あり未明, あるそう, あるので, あるほりもの, いやが, おほ, お互, きいて, けなげに, ございましたけれども, ございまして, すべてこの, そのため, それの, ちょっとその, なつかしく思い合わされた, まだ覚え, わからない自分, わたくしの, チェスタアトンの, 一種の, 一門の, 世には, 云って, 今は, 何となく彼, 光圀は, 国交際の, 好んで, 実験させた, 居間に, 屡, 度々で, 必要と, 忍ばれて, 忘れて, 思い出した, 思ひ出した, 数へ, 書かれて, 有しかば, 有った, 有りました, 朽ちて, 村民にと, 此意味から, 獣医には, 申し上げ度, 目に, 素晴らしい事, 聞いた, 自分には, 言ひかけよう, 訊ね出せない気もち, 話題に, 語り出, 近代人には, 近頃は, 随分酷い

▼ 事によ~ (98, 0.1%)

4 つてのみ 3 つて 2 つてその, つても, つて其人の, つて氏の, つて運命を

1 [81件] つておのづか, つてこの, つてし, つてしんめり, つてそれに, つてつくられた, つては, つてもの, つてイエルサレムに, つてドン, つて一つの, つて一種の, つて万人の, つて不, つて中央の, つて久しく, つて今日でも, つて今迄, つて伊庭の, つて俄かに, つて俳優自身が, つて俺は, つて僅かに, つて元に, つて其, つて其が, つて其の, つて其を, つて其等の, つて其術の, つて凶事は, つて分けられた, つて列座の, つて効果を, つて區別が, つて却て, つて名誉と, つて呪言としての, つて夢の, つて天皇陛下どころか, つて安らかに, つて実現し, つて少し, つて幸福であります, つて幾つもの, つて幾分なりとも, つて幾分発表の, つて彼の, つて徐々に, つて愛の, つて感象せられた, つて或は, つて日常目なれた, つて明らかに, つて時の, つて村の, つて次第に, つて歌道の, つて此の, つて死者への, つて民に, つて滋味の, つて生活する, つて画面上を, つて當時の, つて発達し, つて益向上し, つて目を, つて直ちに, つて知らず, つて祝詞全体の, つて考へた, つて肯定される, つて自分の, つて覚醒し, つて解る, つて訣る, つて説明せらる, つて起される, つて遊戲を, つて野長瀬兄弟が

▼ 事よりも~ (97, 0.1%)

3 もつと 2 あなたの, だな, もっと深い, 人間が, 戸締りを, 記憶に

1 [82件] あれだけの, いっそ屋台, いやその, おせい, おせいさん, おれの, かういふ心配, この天井, この際, これから受ける, さらにさし迫った, ぜんたいあんた方は, そう言う, その時間, その社会統制, その結果, それは, それを, つと関心事, つと面白い, つまりだ, どこに, ねえ正宗さん, はっきりと, まずあの, まずいかに生きたい, まず此, まず自分, まだその他, むしろ多く, むしろ当事者, もっと色濃く, もつともつと沢山, シミジミと, ヨイトマケの, ヨシ子の, ルリを, 一層たしか, 不可能に, 人の, 今遽, 何よりも, 俗に, 倍も, 先ず祖父さん, 先づ身に, 先刻見た, 先王の, 其方が, 卑しい事, 卻て, 只己, 君ぁ俺の, 問題は, 妙な, 婚筵の, 家の, 彼は, 彼等は, 思いやりの, 政府の, 旅先又は, 早くこの, 昨夜と, 月二十二円の, 死のうという, 無力な, 燈下に, 父が, 理性を, 確かだ, 私の, 自己の, 苦しい事, 見知らぬ女, 詩の, 話したいの, 貴島の, 部屋部屋の, 長吉の, 間違なく, 須永君は

▼ 事とも~ (95, 0.1%)

3 思はれず女らし, 思はれるも, 聞わき, 聞分ぬ 2 ならん, なる, 解りかねた, 野村には

1 [75件] いう, おも, しない, しないで, しない魚屋, せず, せず拔打, せず斬立, せず日々加古川, せず欄干, そうでない, つかずこんな, つかずに, つかずまた, つかず高橋, なく自分, ならば, なるの, べつだ, わからないし, わからなかった, 二番目の, 云ひ, 云われぬので, 亦危ない, 分らず聞いて, 分らず聞いてを, 分らぬなりに, 判らないやう, 存ぜず, 存ぜず候えば, 存ぜなん, 察しが, 心附かず迂, 思い出されました, 思って, 思はれず又, 思はれねば, 思はれますが, 思はれますし, 思わずに, 思われずマア, 思われず吃驚, 思われない, 思われなかった, 思われぬほど, 思われます, 思われませんが, 想われ仮作もの, 成り素性, 毛莨科の, 為し或は, 爲なかつた, 物語り然るに, 理解されよう, 相見えまし, 知らず, 知らずただ, 知らずつい, 知らないで, 知らぬまま, 考えられないので, 考へて, 自分の, 見るべき超, 解釈される, 言い得るすべて, 言ひ, 訣らなかつた, 違います, 違いますから, 違うから, 違う事, 鏡子には, 高くする

▼ 事~ (94, 0.1%)

4 ている 3 てい, て日, て母, て終る, て見たい, て遊ばう, て遊ぶ 2 あんした, てけり, てはいけない, てゐる, て何, て見せつれ, やかに, 其漢室を

1 [53件] きりだ, きりだった, たりといい, たりとは見えず, ちゃあいけません, ちやいかん, てあるきたれ, ていい, ていた, ていました, ていましめ, ています, てお貰い, てしもた, てたん, てなさる, てはいけません, てはいません, ては駄目, てもこの, てもなんとも, ても人民, ても送ります, ても骨, てやり, て一日, て下さい, て下さる, て世, て乙女, て其約束, て夜毎市井, て幾歳すぎ, て惡, て惰, て来た, て疲れ, て興がる, て見た, て貯め, て貯めた, て身, て遊びましょう, て長生き, ゃべくっていた, やがる, やはった, やはつたん, やア, 一人は, 公山仏, 劇秦美新を, 故

▼ 事でない~ (94, 0.1%)

2 か, といふこと, と同じ, と思う, のかも, のは, ように, んだ, 婦たちも

1 [76件] かとさえ思われる, かと思います, かと思う, かも知れぬ, から, からです, からと, から何, から余, から僕, から勝手, から打, から構わない, から母上, から汗, から決して, から私, から茲, から誰, から默つて, から黙つ, がそれ, が今日, が文化, が阿礼幡, ことは, ことを, それだ, それではと, そんな事, ぞ, という潜在的, といふ, としたら, としてごく, としてもポケット, とは是, と同様, と困る, と思います, と思っ, と思はしめる, と思ひます, と気, と眉, と知り, どうかしたら, な, につけ誰, にも拘らず, のだ, ので一人一人, ので僕等, のとで, のに, ものは, ような, チベット人には, ナマジ応砲など, 上に, 事が, 事を, 其上大佐と, 况や, 古への, 寧ろ悦ぶべき, 日本人の, 権田は, 決して容易, 理由を, 用が, 絶好の, 言葉を, 證據は, 限り一つ事を, 限り何もかも

▼ 事すら~ (90, 0.1%)

3 ある 2 ない, 出來, 出来ない, 知らない

1 [79件] あった, あったが, あったの, あつた, あり, あります, あるか, あるよう, おつくうがる, しなかった事, しなかった初め, しなかつた初め, すぐに, ちよつと, できない大道, できなかった, ない人間, はっきり思い出せなかった, まだよほどの, まだ気, むつかしかつ, もう忘れ, よく知らない, よも出来まい, わたくしに, わたしに, 不思議がられず, 云われて, 作家の, 全く根, 其まま疑わず, 凡て棄て, 出来ない殆, 出来なかった, 出来なかつたわし, 出来なくな, 出来なくなって, 出来ぬの, 出来るの, 判らなくなるの, 到底出来ぬ, 厳密に, 可能な, 困惑し切った, 困難であった, 夢にも, 少しも, 度々あつ, 彼は, 心細い空, 忘れたもの, 忘れて, 意識しない, 打忘れ, 改まつた, 放棄し, 日本に, 昨夕は, 更に探り知る, 次の, 無かった, 珍らしくない, 甚だ困難, 眼に, 知って, 知らずに, 知らないまま, 知らなかつたこの, 稀なれ, 簡單には, 考えられない程, 考え出すこと, 自覚しない, 覚束なかっ, 許されないで, 諦らめて, 過ぎた事, 面倒臭くなった, 馬鹿馬鹿しい位

▼ 事でした~ (90, 0.1%)

4 が私 3 とて下, ね, のでその 2 か, からもう, から早い, がお, つけね, な, な旦那, に, ね旦那

1 [59件] ある夕方, から, からその, からともかく, からね, から一向に, から私, が, があいにく, がお正月, がしかし, がすべて此, がその, がそんな, がとにかく, がどう, がなるべく, がまだ, がよもや, が事, が吹すさぶ, が実は, が家, が庵, が心臓, が是, が疎開, が私たち, が縁喜, が自分, が近々, けれども其私, けれど九ツ, しかしながら日本, し目, それにしてもあまり長滯在, ちよつと, という簡単, なあ, なお代, ねえ, ねえ十八, ね嘸, の, のでま, ので全く, ので私, のに, のにこれ, も一度, わね, 九人の, 即ち妾, 夕立ちが, 父は, 矢張り御宿へ, 私の, 私は, 親友に

▼ 事だけを~ (88, 0.1%)

6 知って 4 記憶し 3 して, 考えて 2 承知し, 断って, 書いて, 私は, 言って, 訊き出しました

1 [60件] あけすけに, いえば, かすかに, こ, ここでは, この逗留中, ごく淡, はっきり一言, まじめに, やって, わたくしは, タッタ一つ考え残し, 一つ餘計に, 一筆認め, 一途に, 事実として, 云ったところ, 云って, 傳聞し, 充分注意し, 出入の, 単なる知識, 同じく小, 夢の, 待つため, 心掛けて, 心掛けると, 意識する, 手帳へ, 手短に, 斷つ, 明かに, 本当にする, 樂しみ, 申しましたので, 申し上げて, 略したまで, 発見し, 眼中に, 知ったの, 知らせては, 確めた, 第一義と, 答えたら放して, 繰り返して, 考えても, 考える男, 考えれば, 考へ膝, 聞いて, 茲に, 覚えて, 言つ, 訊き取ること, 語って, 述べます, 過大に, 重に, 願つた, 饒舌り立て

▼ 事~ (82, 0.1%)

7 つし 3 作の 2 ききに, そるべし尊むべ, ほきもの, 久美さんの, 慈悲の

1 [62件] かめが, それ入り候ひ, たのまを, ぬれて, びたゞしい, ほかり, ほむね, まつかいな, むづかしい御, もてより, もはれ, もひ, もひた, わすれ候, ッし, 久美さんは, 人の, 任せするから, 八代殿と, 又思ひ, 台所へ, 君の, 咄し, 園さん, 夏は, 奉行所へ, 島婆さんの, 役目柄倉島君忽卒として, 忘れなく昔, 思へバ, 手間は, 末も, 栄の, 案じで, 気の毒やが, 決めなさらずに, 沙汰ある, 熊は, 熊を, 秋は, 竹でなけれ, 米の, 美尾は, 聞きに, 艶どのも, 薬も, 見せしましょう, 覚えは, 言いでない, 言いなさるなら匿, 言いやしても, 言ひやし, 誘ひ申すので, 説教が, 調戯ひあそばす, 辰が, 酌が, 酒を, 雪の, 頼み申す, 頼み致したいこと, 駒をも

▼ 事であり~ (76, 0.1%)

2 やがて柳八重子女史, 夫人の, 故郷の, 時としては

1 [68件] うっとうしい頭, このため, さらでも記憶力, そうしてまさに, そしてどうにも, そして吾, その分類, その後に, その表現, その間なお, その間に, それが, それだけにまたすぐれた, それは, ただ字, ながら, ながらたった今, ながらなお, ながら千世子, ながら打明け, ながら斯, ながら松井須磨子, ながら知っ, ながら肇, はしない, またたとえば実験室, また便宜, また大いに, また画家, また続, また能くする, クリストとは, マリアとは, 且つ衰弱, 之は, 他の, 何か, 其れ, 加之に, 医者に対して, 又いい, 又人生, 又同時に, 又我々, 又衷情, 同情すべき, 同時に又, 哈爾賓の, 土地の, 大体に, 小田原藩で, 幸福な, 彫刻上の, 従って今後外国, 從つて現在を, 恐怖であった, 或は指名, 有益の, 水戸派紀州派の, 翌日を, 肯定した, 自分を, 花を, 行つて見, 認識が, 超常, 間接に, 随筆とは

▼ 事~ (76, 0.1%)

2 である, なり, に因る, の条件, はすっかり, は千世子, を知る

1 [62件] あり, ありますので, あること, から起つ, がよく, がツクヅク, が千世子, が悪い, が新しい, が私, が身ぶるい, それから給金値上, ただ修身, ちょっとした陳述, であ, であつ, であるが, である是, ならざるべからず, には殊に, によって現代, によりてあきらか, によりて同志, に不便, の基礎知識, の數點, の方, の生き, の長所, はかえりみ, はしない, はない, は一寸, は勿論, は如何にも, は少なくとも, は思ひ, は恥しい, は東京, は滅多, も此消息, も畢竟, を, をしない, をまるで, を云っ, を以て一新時代, を喋々, を好意, を思う, を悩まし, を書く, を考え, を聞いた, を訐, を詳しく, を説明, ハ土偶ヲ, 一向に解ざれ, 各個人, 恰も天, 見えおり候

▼ 事という~ (75, 0.1%)

20 ものは 19 のは 3 風に 2 のが, ものが

1 [29件] ことです, ことに, たなら鼻毛, のであれ, のでした, のも, ふうに, ものを, ような, わけで, 一項が, 中村捜査係長の, 事が, 事で, 四本の, 奴が, 性質の, 意味から, 意味にも, 意味らしい, 文句が, 概念と, 様な, 短文が, 程度の, 章の, 言葉が, 証文であった, 調子である

▼ 事~ (73, 0.0%)

3 しへ 2 が誤解, し方, を働かせ

1 [64件] があげました, がそんなに, がちょっと, がつひ, がまだ, が云い出した, が云った, が今回, が何気なく, が切に, が大病, が天和堂, が斯, が木曽, が汽車, が第, が見た, が那, しも上京, し妻, し存じ居候, し胎内, だつたらその, と同じ, などは年中, にそれだけ, にはわからない, に会, の云う, の意恨, の手帳, の様, の樣, の母, の私物筥, の荷持, は, はその, はそれ, はちつ, はむろん, はやはり, は今日, は即座, は喜ん, は図らず, は夕飯, は奉公人, は嬉しかっ, は情けなく, は東中洲, は氣, は活動写真, は知らん, は知りまし, も洋装, やめるの, や真面目, や苦労, より決して, をもお前, 云いませんよ, 初栄太郎, 存じません

▼ 事しか~ (72, 0.0%)

5 考えて 2 描いて, 知らないの, 考へた事, 考へて

1 [59件] ありませぬから, いへ, お葉, しなかつた, じかという, じかといふ, できないもの, ない, ないでしょう, なし得ない, 世間の, 云いませんでした, 云えなかっ, 何も, 出來, 出来ないもの, 出来ない程, 出来なかつたが, 出来ぬ半, 分からなかつた, 分って, 分らない人, 分らなかった, 判って, 判らんな, 土地の, 存じませんから, 学ばれない, 少年の, 心に, 思つてゐない, 意味し, 書いては, 書けないの, 気がつかないが, 浮んで, 為無かっ, 無いの, 無い岡田, 知らないん, 知らない佐助, 知らない佐吉, 知らねえ江戸ッ子一流, 知りません九州, 確かめられないこと, 答えは, 考えては, 考えない松吉, 考えられないあなた方, 考えられぬと, 考えられませぬ, 考へない, 考へない變人, 考へなかつたやう, 解りません, 言っては, 言は, 記憶し, 述べないので

▼ 事をば~ (72, 0.0%)

3 なすまじ君, 言は, 鬼 2 我等の, 私は, 連り

1 [57件] あえて非, いまでも, うかのみ, かねて聞い, これに, それとなく, それは, とうとう話さね, どんな時, なさずその, ふくといふ, またすと, まつるといふ, まるで自分, みこのみ, やあ道ならぬ, わが耳, われ唯だ, 一寸語つた, 事の, 云って, 些とも, 何とも言はず, 俗に, 再び口, 出入の, 夢と, 姑く, 少しも, 彼も, 我々の, 教えも, 既に忘, 暗黒な, 残さず申しさずけんとて, 母上の, 滑稽に, 無碍に, 猶明朝, 疾くに, 眞面目に, 知つてゐた, 知つてゐます, 聊注すべし, 自分でも, 言ひ, 詩と, 誰が, 請ふ, 豫め知つて居つた, 近ごろは, 避けて, 都て, 長目を, 間違いだ, 非常に, 顧みなかった

▼ 事なる~ (70, 0.0%)

3 に思ひ 2 がこ, にこの, にそれ, や又, を或

1 [57件] か, かと思え, かを説き, か之, がこれ, がさて, が一寸, が三十年後, が何共迷惑, が其並び方, が劔術, が友, が御, が新しき, が日本, が是, が此度不慮, が然, が當時, が私, が穀平, が結局これ, が若, が荏苒, が落葉, が近来, ぞ, に, においてをやわれ, におよん, にゑがきたる軍兵ども, に仏教, に様々, に肉食妻帯勝手, に草原, ものは, ものを, や一々, をいい, をさり, をなどいひ, をや, を以て最も, を以て未然, を何事, を引受けし, を彼, を思ひ, を思召, を知りつ, 可き, 可し, 哉今に, 故に寶澤, 故尤も, 由是第, 由時に

▼ 事ここ~ (66, 0.0%)

15 に至っ 8 に及ん 6 にいたっ 5 に至った 4 に到っ 3 にいたった 2 にいたれ, に至りまし

1 [21件] で云っ, にいたら, にいたらしめた, にいたり, にいたる, にかくれ, になっ, に久し, に五旬, に作者, に到る, に及びまし, に及べるなり, に至つて, に至ら, に至る, に致, に迫っ, まで思う, まで筆, まで運ん

▼ 事ばかりを~ (66, 0.0%)

6 考えて 2 書いて, 望むの

1 [56件] お前は, この世の常, こんなに鮮明, さんざん考え抜いた, して, たのんで, グルグルグルと, 一心に考え続け, 一生懸命に, 不作法に, 主として堂々たる, 主として自分自身, 云って, 勵ませ, 取つて, 口真似し, 口走らせるよう, 多く載せる, 奨励される, 専心に, 幸福だった, 御心配, 心に, 思いつめ今日, 思うて, 思って, 思ひつめて, 抽象し, 方々へ, 書きつぶして, 書きました, 書くの, 本気に, 無理し, 特別に, 目ろむか, 目的に, 繰り返し繰り返し, 繰返し繰返し, 繰返し繰返し演, 考えた, 考えたの, 考えながら, 考えなくとも, 考える様, 考え詰め, 考へ, 考へる, 考へ始めるの, 言い散らす人, 言つ, 計る者, 話した, 選りに, 頭に, 願って

▼ 事~ (63, 0.0%)

2 に關, の時

1 [59件] から日支事變, がすんだら, がはじまつた, が勃發, が多少, が起つ, が起つた, が起り, だのに, だの日華事變, である, で二年, といはね, なり, にか, にも武道家, に參加, に始終, に對, に教, に比較, に窮屈, に處, に迫りつ, に鑑み, に際, に際して和戰, のあるべき, の全, の前夜, の勃發, の報告, の始まった, の後, の末期, の爲め致し方, の範圍, の結末, の詳, の鎭まつ, の際, はり, は主人公, は我が, は長期, まではその, や世界, より少し, りが, り其辛抱, り潮波, り腹, り金子, をば一, をも合せ, を奇貨, を書, を終, を聞き

▼ 事であっ~ (62, 0.0%)

2 てこれ, てそれ, てまた, ても悲しい, て私

1 [52件] て, ていやしくも, てお話, てくれたら, てこの, てしかも, てその, てただ, てだれ, てどう, てなに, てみれ, てもそんな, てもまだ, ても其の, ても好い, ても容易, ても日本, ても私, てよし, てサー・デビー, て一冊二円, て一向, て一般庶民, て人間, て今, て僕たち, て先生, て全快, て其厳粛荘重, て又, て嘸, て孔子, て山椒魚, て帝王, て当時東京大学, て従って, て恋そのもの, て感覚的, て日本語, て昔, て正常, て決して, て現在, て理想, て矢張り一緒, て見れ, て言語風俗等いずれ, て誠に, て運動, て飛鳥白鳳, て鳳岡

▼ 事までも~ (61, 0.0%)

2 して, 既う, 知って

1 [55件] あなたには, いつか知つての, うっかりし, お拒み, この猫, すっかりわかる, ずばずばと, つけ加えた, なんの, はっきりと, むらむらと, よく私, スッカリ, チャンと, 一つ一つ挙げ, 世界中の, 並べ立てて, 事件が, 事細かに, 二人は, 云うて, 云ふ, 仄めかした, 今は, 分ったつもり, 分り昨日, 前以, 取り立てて, 同時に察せられた, 吹聴し, 存じて, 寄り合世帯の, 少しも, 岡田に対しては, 御存じでございますれ, 心の, 思いめぐらして, 恐ろしく深刻, 暗い情, 書いて, 根掘り, 残らず存じ上げ, 知つて居る, 知らない, 素つ, 見遁, 言い伝えた世間, 訊いた, 詮議立てする, 話した, 詳しく御存じ, 調子づいて, 述べたが, 透きとおるほど, 馬に

▼ 事それ~ (60, 0.0%)

4 は私 3 だけを私 2 が死んだ, を今

1 [49件] からの事, から白井, から立川景子, がどうしても, がようやく, が二三年前, が房子, が漸く, が無線電信, である, でなくっても, となし, と共に妾宅, と言わず, ならば, にずいぶん, に定め, に就, に年, に関した, はお, はどう, は丁度, は何, は何だか, は大層, は娯楽界, は日, は神, は誰, は重, は非常, ばかりでなく, もこれ, も愚痴, やこれ, よりも内輪, よりも遠い, より先, より外, より漂流中, より虎, をお, をせね, を感じなかつたらう, を極めて, を深山木, を聴かない, を順々

▼ 事でしょう~ (60, 0.0%)

1832 よ, 親分

1 [35件] あなたに, お富, かそれとも, からね, から懲らしめ, から私, かドルイドたち, があなた, が優形, が冬, が北, が庭, が椅子, が話, けど一日中, けれどもスルメ二枚, けれども多勢, これがね, しなんだか, しまた, ただ木, と可, と思ってた, な, ねお爺さん, また葬式一切, まだ一般, 二人で, 併し, 姉さんは, 歯は, 私が, 親分あっしには, 部屋の, 馬鹿

▼ 事~ (60, 0.0%)

3 ずと, 心を 2 町方の

1 [52件] ある時, くれ惡, けるが, この頃, こまかに, させ信仰習合, ざりき, ざりし不孝, しなれど, しむ, しニムフ, し下女, し女神, し故, その擢拔, その騎士, たと三外往生傳, たる不義の, たる何某とか, たる女神, た事, た事蹟, た候人, た大きな, た山の神人即, た時, た由緒, ないなら, ぬ, ぬと, まつりて, まつる女王, られぬ客神, 一々不平, 一時或は, 五萬石を, 判断力を, 又た, 又幾多, 反対らしい, 子を, 孝行を, 導かれる男, 帰ります私, 我に, 松尾たちが, 気が, 気を, 無頓着, 無頓着な, 行くまい二人きり, 道を

▼ 事~ (60, 0.0%)

5 ねえ 3 どうでも, 無え 2 ないが, ないよ, 出来ねえから, 無えせア

1 [41件] あいません, ありゃア, ありやしねえだ, あるけど, あるだろうが, ござえやせん, ござんせん, ない, ないこれ, なん, ねえて, ねえ何, ねえ余り, ねえ四年前, ねえ担い, ねえ是, ねえ猪, ねえ結構, ねえ鼠, ねへ態, ねエ, ねエは, もうどうでも, 云えね, 出来ない, 出来ないッサ, 出来ねえそん, 出来ねえの, 出来ん, 喋られませんよ, 忘れちまつて, 有りません僕, 有りア, 無かっきア, 皆うそ, 知ってるさ, 知らねえけど, 聞いたから, 肯かねえ人, 迂濶, 遣てる間

▼ 事~ (60, 0.0%)

2 けは完全, でも非常, は慥か, は評し, は遠慮

1 [50件] が人間, が分った, が多少, が殘つて, が気, けはハッキリ, けは事実, けは先ず, けは免, けは判然云, けは否定出來, けは止し, けを隠し, け書い, でさえ異, です, ではすまされません, で万事, で顏立, なん, に余る, に精魂, は事実, は云, は云つて, は人々, は今, は始め, は平岡君, は忘れなかつた, は恐らくどっち道, は教え, は日本, は此所, は略慥, は知っ, は知つて, は肯定, は苦, は誰, を出入, を同じく, を明, を知っ, を知つて, を考へなく, を読者, を重ね, を願った, 確かめて

▼ 事であります~ (59, 0.0%)

2 からその, から御, がこれ, がそれ, が之, が海

1 [47件] からここ, からこの, からこれ, からこれ位, からし, からそれでは, からとても, からチョイチョイ, から例えば, から勢い, から古い, から喋々, から極めて, から私, から貴国政府, か知ら, がある, がしかし, が人, が地方, が外國車, が始皇帝, が安里氏, が御, が扮装, が昔, が柄, が歐洲, が特に, が筆力, が芸術, が詮方, けれども, けれどもまた, けれども決して, と中尉, なへ, 偶然大阪の, 只學者, 夫れ, 幾何學に, 應仁の, 此人は, 此方も, 油絵は, 矢張り支那學者である, 過去に

▼ 事面倒~ (59, 0.0%)

7 と見, になる 54 と見た 2 だから, ですから, なん, になり, になります

1 [26件] だし, で, である, であると, ですぞ, で記録係, となる, と徳松殺し, と思, と思い, と思いかえした, と思う, と思った, と思は, と手早く, と見て取っ, と見る, と身, なりと, なるを, な時, な言い草, になっ, になった, に及んだ, に成べし

▼ 事あら~ (58, 0.0%)

2 はれて, ば, ば或は, ば誰, ば財

1 [48件] ざらむ, しまへん, はなり隠す, はれずして, ばこの, ばそ, ばその, ばそれほど, ばただに, ばと待つ, ばまた, ばわが, ばわれ一番, ば一切, ば世, ば其惡事例, ば出で, ば只面目, ば吾人, ば唇歯, ば天下翕然, ば妻子, ば当, ば恋愛, ば折々, ば拙者, ば掛け, ば暴力, ば正しく, ば此, ば歸參, ば汝ら, ば涙, ば火, ば爾, ば疾く, ば美濃, ば自ら, ば舞蹈, ば良日, ば請, ば近い, ば避, ば重き, ば鎌倉, ば駈け登るべき, むには, 立てじの

▼ 事などが~ (55, 0.0%)

4 ある 3 あって 2 あつた, 原因し, 怎う, 頭の

1 [40件] あったけれ共, あのウワ背丈, あらるるなら生, あると, いつもながら, おぼろ気ながら, それら家族たちの, だいぶわかっ, よくありました, スケッチの, 今も, 何か, 例に, 兄の, 入りまじって, 出て, 判って, 印象深かつ, 大ぶ, 彫刻に, 彼女の, 心配に, 思い出された, 思ひ出された, 思ひ出される, 思出された, 挙げて, 書いて, 書き込まれるよう, 有つた, 楽しみだっ, 珍らしく感ぜられた, 目に, 眼の, 知れる, 苦しいほど, 証拠に, 證據に, 起って, 醜い女

▼ 事を以て~ (55, 0.0%)

42 した, する, するは, 自ら任ずるの

1 [43件] この極めて, したい, したもう, しみじみつくづく多幸, する者, す可, せざるべし, せねば, せり, その義務, われ, われわれは, 之に, 仏を, 伯父を, 光栄と, 天の, 尤も近代的, 彼が, 後に彼, 得意と, 御所に, 忠実なる, 快事と, 慰むること, 東西暗合に, 此年文政十一年正月の, 民俗と, 無名の, 父の, 私が, 穢れた所行, 第一, 答えたか, 自分を, 言上し, 諷せられしの人, 貧窮, 足れりと, 辞し不在, 辯疏と, 関五郎と, 隠れて

▼ 事にまで~ (53, 0.0%)

4 口を 3 気を 2 世話を, 氣を

1 [42件] あらわれた, こだわる自分, なったらば, なって, なりやしなかったん, よく好奇心, タイラントの, 不自由を, 不運の, 主人の, 云い及ばねば, 原語を, 及んで, 哀れな, 容喙する, 干渉し, 復古を, 怒りたくなる, 思いを, 想像以外に, 感傷的に, 成功したで, 指図を, 気がつくやう, 気がつくよう, 気が付いて, 気の, 溯って, 溯らねば, 現代ふうの, 痛々しさ, 眼を, 着手し, 示す生来, 空想し, 立いたるべき, 立ち入, 結び付けられ易い, 考へ, 陰険な, 頭を, 高まったからこそ

▼ 事~ (52, 0.0%)

24 はざる 7 はざりし 3 はざりき, はざれ 2 はざるもの, はざる者

1 [11件] くこそ, ず然るに, はざら, はざりけり, はざりしか, はざること是, はざる事, はざる大正, はざる純潔, はずして, 御聞分

▼ 事だけが~ (51, 0.0%)

2 わかりました, 漠然と頭, 記憶に

1 [45件] あざやかに, いかにも不謹慎, いけなかったの, お延, お秀, かっさい拍手, せめてもの, せめて母, たのしみでございます, はっきりと, ひとり明瞭, やっとの, ようやく耳, 今でも, 共通でなかった, 判然と, 判然解った, 問題だった, 多少気, 妙に, 微かに, 悪いん, 悪女の, 悲しかった, 我が身で, 明暸で, 明白な, 書いて, 朝夕だった, 朧げに, 死水同様末期の, 比較的やすら, 気に, 注文され, 湊の, 父に関する, 真だ, 私の, 結婚の, 罪じゃ, 自分の, 解つ, 順序も, 頭脳にも, 頭腦にも

▼ 事なかれ~ (51, 0.0%)

5 主義の 3 主義で 2 だ, と祈る, と言, の小心者, 主義, 主義を

1 [31件] かし, ただ我二人災難, だからね, である, ですよ, と, といいおる, という態度, とて錫杖, とばかり気, と仰せられた, と気, と申す, と言うべき, と説, と願う, の外交方針, ば戦場, 主義である, 主義という, 主義は, 主義らしい, 主義者が, 何事も, 先生死にた, 委細の, 式の, 我等が, 政策の, 汝ら内に, 無禮

▼ 事ありし~ (50, 0.0%)

3 がつ 2

1 [45件] がこの, がその, がナヽ, が五体, が京, が今, が今年, が他界, が何時, が当時氏, が彼自ら, が我, が歸洛, が猶, が蜆汁, ためその, といふ, とお, と友人, と告げれ, と砂石集, と記憶, なり, に, にその, にや三度, によりて其石碑, に大金, のちこの, はキリスト以前一二二三年, は不可解, や鬼, よう覚える, よりこの, より我が, を右, を未だ, 事あとさきの, 後屡, 後彼かしこを, 時は, 時より, 時人々ま, 時父を, 頃

▼ 事だって~ (50, 0.0%)

5 ある 2 あるかも, あるん, 有り得る

1 [39件] あの連中, あり得ない事, あるじゃ, あるじゃあ, あるだろうと, あると, あるの, あるわ, い, いいわ, いうん, ここを, しかねない, しなけりゃア, します, そうじゃ, そうでございます, それが, ないじゃあ, ないん, 世の中には, 人間の, 何にも, 出来る, 出来るどんな, 出来るの, 厭で, 度々あります, 当家にも, 当時その, 有りうるじゃ, 本当には, 滅多には, 理窟許り云っ, 知らないの, 聞かないん, 致します, 誰の, 長男である

▼ 事この~ (48, 0.0%)

2 三つを以て, 上なし, 家に, 手紙を, 茫漠たる

1 [38件] たびばかり, ところ病気の, ばあい, ような, ように, 一挙に, 上は, 上も, 事が, 事と, 事必ず, 二つの, 二つは, 二つを, 人初め下野の, 先きの事を, 写真を, 分なら, 前離家を, 千円は, 塾を, 娘が, 島末, 床よりも, 度の, 後に, 時の, 機会に, 炎天に, 生活を, 画かきは, 節の, 老爺という, 赤間ヶ関に, 辺の, 通りのみにて, 野良猫の, 類なり

▼ 事なぞは~ (48, 0.0%)

2 忘れて

1 [46件] あなたには, いうまでも, おくびにも, かまって, さっぱり分りません, すこしも, ちっとも口, ちっとも書いてない, とうに忘れ, どうでも, ないの, ぼんくらで, もう悉皆忘れ, よくあります, わかるはず, コレンバカリも, ツイこの, テンデ, 二人とも, 今だに, 仏印の, 何も, 先刻御, 出来なかつたもの, 口止めを, 夢にも思いませんでした, 始終新聞, 富岡は, 少しも, 御かま, 忘れたやう, 忘れ去つて, 最初から, 此度の, 殆ん, 殊に怪しい, 気の, 疾くの, 神かけてない, 笑えないかも, 考えられん, 考へても, 話さないで, 誰にも, 調べにくい, 頓と

▼ 事こそ~ (47, 0.0%)

6 あれと 2 あれ

1 [39件] あれば, あれ我, あれ花, あれ醜く, あんなれ其故, いまは, ほんとに彼, まさしく諦め, プロレタリアの, ホントは, 不思議な, 仕て, 信ちゃんの, 俳句の, 先方さまが, 凡慮の, 出來, 力及び, 吾人が, 天の, 悪い意味, 所謂世に, 援軍とは, 早く政府, 最も大きい, 最も重大, 最も高尚, 本当の, 本望である, 殊勝なれ, 気懸りなれ, 肝要なれ, 臣下の, 茶祖の, 貴殿の, 起りたれと, 起れいづこ, 順當なるべし, 高級な

▼ 事~ (46, 0.0%)

4 つたん, ふ事 3 はない, ふばかり 2 はなく, ふと母さん, ふな, 散し

1 [24件] つたつて, つてる, つてる様, てより, は, はれて, はれないからさ, はれ得る義理, ひたか, ひに, ひよるな, ひ乍ら, ふても, ふと私, ふに, ふの, ふもんですか, ふ様, へば, やあ, やあしねえ, やがった, を俟, 出して

▼ 事~ (45, 0.0%)

3 から 2 からね, ね, エ

1 [36件] あ明日, あ違う, あ馬鹿, え, おれおれこの, からいずれ先, からおねがい, からかたがた折角, からこれ, からその, から今咄, から今夜, から今更, から何, から何で, から必, から随分, から鬼老婆, から黙, が, けれども女の子, けれども子供一人身, ぞ, とふる, な, なす, よ, アネヘ貴, ア年老った, ア百も, エ誰れ, シそれに, 人を, 何だい, 橋の, 貴方正直だ

▼ 事ない~ (45, 0.0%)

63 わね 2 わよ, 差違が

1 [32件] かいう, かいふ事, から, からだ, から生き, がな, けどい, けれど, こと云い触れさせ, じゃない, てや, でせう, でもない, の, ので日, のに, んでしょう, んです, ワ, 事お, 事が, 事の, 事努め, 事取りまぜ, 事告げ口し, 事焚き付け, 事針小棒大に, 心の, 村あった, 枕を, 筈の, 高徳の

▼ 事~ (45, 0.0%)

2 見ル

1 [43件] オ話シマショウ, ナシタガ同所留守居, ナス能ハザルナラバ日本領土内ニ一律ナル公語ヲ, モキヽ又, モ枉ゲテ行ハネバナラヌナドト心苦シキコトノナキ趣意ナリ, モ犯シテ為サネバナラヌ心ニ思ハヌ事ヲ, ヨク知ツテ居ルノデ金五郎サンニ女ナドハ作ラセナイ様ズイブント骨折ツテ来マシタ, 以テ名ヲ, 務ムベキナリ, 咄シテ文ヲ, 奏スルトキハ香ヲ, 実行シタルヨリ猛烈ナル反対起リタレバ彼等ノ, 工夫シテ相弟子ヤ心易イニ出シテ取出立テ秀世又, 得スト信ス余ハ石見人森林太郎トシテ死セント欲ス宮内省陸軍, 忘ル可カラズ, 忘レテオリマシタ, 思ワセマス, 恐レ, 悦ビ思召ス御歌ヨリ次第ニ載, 成スハ天, 成スハ天ニアリついに, 拝承仕, 挙ゲテワガ神国ヲ, 攻メ復歳華, 気ヲ, 為サズ, 為シテ差構ナシト云フコトナリ, 為シテ窮窟ナル思ナキヲ云フ, 現在ヨリ未來ニ遺, 知ルトカンカンニ怒, 破リ, 行ウダケデツイゾシンミリトシタ睦言ヲ, 行ウニ至ッテモ普通ノ, 行ッタニモカカワラズナオ完全ニハ睡, 行ワンと, 行ワントス, 行ワントスと, 見ル毎ニ, 観聴キシテヨリ, 記セル書ニモ其兒童言語ヲ, 謀ルハ人ニアリ, 謀ルハ人事ヲ, 證スルノミ

▼ 事これ~ (42, 0.0%)

3 なり 2 なく候, までに覺, も今更

1 [33件] あり, ありて, あるべき趣, がまた, が次第に, が特に, だけある, だけなら, だけの事, と相似, なり官府, にて成就疑い, には御台所さま, によりて明, に伴っ, に反し, に目鼻, に類す, はと思われる, はまあ, は一番栖方, は前足, は私, は紛ひも, は都新聞, また吾人, までに覚えなき, もついで, より生ずべし, を以てしるべく, を合せ, を約め, 厚きに

▼ 事って~ (42, 0.0%)

4 あるもん 3 すワ, どんな事 2 のは

1 [30件] ありません, ありませんわ, ありませんワ, ありゃしない, あるかしら, あるでしょう, あるもの, えんでも, しょうよ, すからねえ, すけど, すけどねえ, すねエ, すわあなたあした, っしゃろ, どうかこう, ないわ, ドンな, 何あに, 何さ, 何でございます, 何です, 何も, 何んな, 別にない, 奴は, 微塵も, 有りゃあ, 第一, 言えば

▼ 事~ (42, 0.0%)

3 りして, りに, りを 2 りが, りそれから, りであつ, りなので, り云つて, り思つて, り繰返して, り考, り考へて

1 [15件] である, りおっしゃると, りするの, りで, りなすった, りの, りやりたがる, り云って, り当, り思って, り有りますが, り来る, り知らせて, り考えようと, り見ると

▼ 事以外~ (41, 0.0%)

2 に何, に多, に折々, の余興

1 [33件] から頭, になん, にはどんな, には一つ, には一画, には何, には何ん, には其の, には同志たち, には滅多, に今一つ, に何ん, に何一つ, に何物, に兄, に小学校, に彼女, に彼女たち, に悲しい, に最も, に楽しみ, に求めん, に目, に自己, のこと, の事, の領域, はあまり, は三十歳, は何, を考え, を考へ, 同時に出来ない

▼ 事~ (41, 0.0%)

2 仕置に

1 [39件] わすれくだされたく先, 不自由でも, 主人の, 信用なさってる, 内分に, 利發の, 占を, 同意御, 変りない, 大将の, 奉行樣宜敷御, 婦人に対し, 存に, 安心下され, 容しなき, 封印の, 届ケニモ及バズ勝手ニ帰陣仕, 待たせ申しまして, 心に, 心付き遊ばされず, 心勞に, 志と, 推察下さる, 朝廷に関する, 案も, 案内の, 機を, 理想の, 用捨に, 耳に, 聞合被, 自分の, 覽じ知る, 許容下され, 証明いただき度し, 詫は, 起ししなけれ, 返答申上兼候得バ猶, 頼申上候

▼ 事だらけ~ (40, 0.0%)

95 です 3 である 2 だった, だと, だ利助親分, でさ, ですよ, なん

1 [11件] さ手こそ, だろうけれ, であるかという, ではある, で一向, で何, で夢, なの, なン, になっ, の怪美人

▼ 事~ (40, 0.0%)

3 はない 2 ふばかり, やしない

1 [33件] いやがって, えるだろう, せし物, つたらうと, つたり, つちや, つて, つてるの, はで止み, はなく, はぬ, はれて, はれると, はれる程, はれん, ひたかね, ひやる, ひ出したン, ひ合つて, ふと若者, ふな, ふない, ふひと, ふまじければ, ふもんだ, ふもんぢ, ふわね, ふを, ふ事, へた, へばなる, へば鬼, やあがる

▼ 事更に~ (40, 0.0%)

2 知らぬ振り

1 [38件] いんぎんに, お世辞, きつぱりと, その子, そんな言葉, なし, なしだ, なしと, はつきりと, らちなき, ジクザクと, 伸びやかな, 何らの, 又死体, 声を, 夜を, 平気で, 彼を, 御門, 感想を, 憤つと, 數丁遂に, 機嫌の, 潔癖な, 無し, 生真面目さうに参つ, 知らざりけり, 空想に, 脚を, 苦笑した, 解釈しよう, 言を, 言葉を, 進んでは, 頻繁と, 飾る手合い, 高飛車な, 鮮やかに

▼ 事~ (39, 0.0%)

5 かし 3

1 [31件] あやかしの, かしすき間, かし到底, かし羽, さても, さらば宿り求めん, それよりも, なき, なき野, まじりたるや, もう逢, やとて, わが親友, 不思議なる, 假令骨が, 右手に, 多かり, 念はる, 思ほ, 怪の, 憂は, 手の, 新田こそ, 是も, 此路は, 無かりける, 男返してた, 病氣で, 痛き思ひ, 酒井先生の, 鬼の

▼ 事でなけれ~ (39, 0.0%)

15 ばならない 6 ばならぬ 2 ばならなかった, ば決して, ば自己

1 [12件] ばいい, ばそう, ばなりませぬ, ばなりません, ば一家一門, ば出来ますまい, ば抗弁, ば母君, ば私, ば返事, ば銭, ば銭儲け

▼ 事なぞ~ (39, 0.0%)

2 すつかり忘れ, 考えて

1 [35件] あれこれ言つと, いふの, いまどき仰有る, かまって, ちっともお, ちっとも知りた, で忙しい, どうしてあなた様, ない私, まだお, みんなまるっきり, めったに無かっ, やがて談話, よして, キレイに, チットモ心配致し, 一度も, 下らんです, 十年前の, 坐ろに, 夢にも存じませんでした, 委しく知りゐ, 尋ねる勇気, 少なくとも初めてで, 彼女に, 忘れて, 思い出しも, 昔から, 毫もない, 物語った, 考へて, 考へるひま, 誰が, 起きたん, 顧みないで

▼ 事にでも~ (39, 0.0%)

8 なれば 3 興味を

1 [28件] かれが, して, しなければ, するかなと, なったならば, なったら何もかも, なったら如何, なつたら, ならなければ, なりは, なるだろうか, なると, なるの, なるよう, なろうよう, わっと, キタイを, 嘘を, 帰着する, 感じて, 気を, 無意味な, 生きて, 直ぐ感激, 私の, 移り, 腹を, 賭を

▼ 事する~ (38, 0.0%)

4 のは 2 な, ように, 事が, 事は, 筈の

1 [24件] か知れた, その間美僧あれ, と伝明さん, と思, な乗, ねえ, のや, のん, はいつ, ばかり生意気, ものぢや, ようで, よりか丑, よりか矢張ひと向き, を以て天則, んじゃ, 上に, 人とは, 人は, 奴等が, 憎き婦人, 才能が, 精神病院, 藝妓はんが

▼ 事だつた~ (38, 0.0%)

43 んです, 筈だ 2 ので, ので私

1 [24件] かと思ひます, かな, か知れない, がいつも, がお, がかうし, が三田, が公園, が成瀬, が然し, が遠く, けれどもう, けれど自分達, けれど行き, のでおれ, のでさ, のでとても, のでびつくり, のでゆき子, ので相州さま, ので自分, ので都合, よ, わ

▼ 事にかけては~ (38, 0.0%)

1 [38件] おそらく誰, お粂, きたない劇作家, これが, ずいぶん思い切った, その道の, ちつとも, なかなか几帳面, なるべく好意的, ひどく弱虫, 一寸類の, 世界第, 五代目を, 人一倍巧者, 何を, 僕らの, 全く古今独歩, 全く天才的, 割合に, 名うてなお, 大概の, 専門の, 小勇が, 日本語は, 春嶽, 殆ど天才と, 気の, 滾, 矢張りこの, 確に, 立派な, 総領事よりは, 老功者, 腕が, 達者な, 頗る思付, 馬鹿者の, 髪結いさんに

▼ 事によつたら~ (38, 0.0%)

2 どこかの, 吉野が

1 [34件] あの一人, あの通り綿密, あの頭, その牧師, もう此処, イソツプかも, マダカツスル島の, 予備門時代に, 今日あたり行つ, 何もかも弁へて, 劇評家を, 勲章が, 却つてそれが, 双方とも, 古本を, 品も, 国会議員に, 女房さんかも, 己の, 断然小樽行, 明日己を, 桂田めちやんと, 森久保氏が, 此処で, 私が, 私の, 秋濤自身も, 罪深いもの, 虎列拉かも, 陳列所の, 隨分お, 頭の, 骸骨か, 魚の

▼ 事とを~ (37, 0.0%)

2 告ぐ

1 [35件] いつも念願, ごちや, ごつちや, ともに歌, はっきり区別, まぜこぜに, チャンポンに, 云ふ, 別けて, 区別しなけれ, 合わせて, 巧く, 心の, 応急手段として, 思は, 思ひ合せた結果, 應急手段として, 挙げて, 教へて, 暫くの, 書いて, 条件と, 照らし合せて, 特色と, 申しますれば, 知って, 知り給いし神, 示して, 窺ひ得べし, 結びつけるもの, 考へ, 聴きながら, 見て, 語った時, 靜觀する

▼ 事に対して~ (37, 0.0%)

2 無智識

1 [35件] いひ知らぬ誇り, いろ, そういう気持ち, どう思っ, なの, より多く, 一条の, 一通りその, 何か, 何かしら特別な, 何等の, 先刻から, 却って伯爵, 厳しく反省, 君の, 多少共に発言権, 妙な, 子供の, 安心しきってる, 居る事, 忘れる人, 懐疑的である, 抵抗し, 比較的無頓着, 淡い誇り, 独占団体の, 盲目であっ, 私たちの, 聴衆が, 肇の, 花柳街で, 著しく敏感, 褒めて, 誰だ, 非常識な

▼ 事~ (37, 0.0%)

2 の地勢, は承知

1 [33件] お安い, からだにこたえない, が生活, しか判然, で, であれ, でこちら, でないもっと, でよう, で三度々々, で御, で御機嫌, で神様, ならそう, のもの, の事務, の外, の官吏, は予, は何とも, は判つて, は台所, は当然, は知っ, は知つて, は私, は隠居, わからあ, ゐは, 充分我慢, 別に珍, 思ひ出されなくても, 苦しいもの

▼ 事~ (36, 0.0%)

2 では東京, に忘, 天府にも, 少し申上候, 猶句碑

1 [26件] おも, から考え, から長蔵さん, だに記憶致, ではあなた, では二十何人, においてなほ, にし, の俗信仰, の南米, の女, の所謂基督教信者, の話, はあぶれ, はま, は慥, までだれ, まで遷延, もって, もインドその他, も忘れず, より可, 忘れ, 思っても, 猶ある, 猶胸

▼ 事たる~ (35, 0.0%)

2 や夫, 身こそ

1 [31件] ことを, これを, ただ中学, やこれ, や今の, や仙台藩, や何, や偽善, や容易, や明かである, を以て宴會, を以て生活, を徴, を悟れり, を明瞭, を覺悟, を証する, 事態は, 功あれ, 十分學問の, 太古人未だ, 安居楽業を, 従来日本政府が, 從來日本政府が, 攘夷を, 既に八九年以前, 究極より, 素より今, 足下其平生に, 身なり, 頗る難

▼ 事なんぞ~ (35, 0.0%)

1 [35件] あらしまへん, あらへんがな, ありませんよ, ありゃしねえ, ありゃしません, ありゃしませんのにさ, あるまいから, こつから, ちっとも考え, てんで考へ, ないん, なかった, なくったって, もうすつかり忘れて, 云い出せる訳, 云は, 云ふて, 信用せん, 大した条件, 忘れて, 思つ, 思ひ出, 無えよ, 無かった, 無ければ, 申した事, 知らずに, 考へては, 考へてる余裕, 聞く女, 聴かないで, 言ってるん, 言は, 誰が, 誰も

▼ 事をと~ (34, 0.0%)

3 ツこに, 涙が 2 思つてる, 聲たて, 言ったよう

1 [22件] いうと, がめだ, 不興な, 云ふ, 他から, 其時分は, 口には, 叱らるるのみ, 呪願した, 声たて, 少しも, 引き出して, 念じた, 思って, 急ぎ其方, 旦那どのが, 松に, 歎息し, 泣いたと, 笑われるかも, 聞ひ, 鈍い神経

▼ 事實的時間~ (34, 0.0%)

7 によつて構造 3 に對 2 によつて規定, の概念

1 [20件] から區別, が現在, が行爲的時間, といふもの, によつて制約, に於, のそれぞれ具體的, の存在, の性格, の意味, の關係, の面目, は何處, は同じ, は或, は既に, は普通, は本, は永遠, は瞬間

▼ 事あっ~ (33, 0.0%)

4 て以来

1 [29件] たりし, て, てお, てからまだ, てからわたし, てから約, てこの, てそれ, てならぬ, てはわが, ては一子, てもきっと, てもよもや, ても二度と, ても園子さん, ても決して, て一疋, て丁度一年, て二三日, て兵, て大目附, て廃嫡, て彼, て後, て所役召, て押し寄せ, て生家, て芳江姫, て許都

▼ 事うる~ (33, 0.0%)

1 [33件] がごとく, が如きなり, が如く, が如し, ことの, こと主従の, こと十九年未だ嘗て, こと奴隷の, こと生に, というを以て賞, ところに, ところの, とまた, などのこと, に忠, に礼, に絶対, の法如何, の礼, は固, は大切, は天, は実, またなき, ものの, ものは, もの象に, やその, を孝, 現在の, 礼にて, 至孝子を, 道も

▼ 事ゆえ~ (33, 0.0%)

1 [33件] お見舞, くわしいお話, こってりと, すぐに, にそれ, にわたくし, に他言, もちろん人, ハッと, 一度江戸, 一度江戸表, 今面会, 再遊, 分らぬは, 別して御, 助けて, 助ける者, 却って此の方, 取敢, 只馬鹿, 大いに恐縮, 大きに驚きまし, 尋ねて, 尋ねるが, 少しは, 差出た事, 御会見, 忽ち燃え移り, 思うよう, 老, 聊か喜び, 誠にたまげやし, 誠に有難い

▼ 事~ (33, 0.0%)

2 この事, 喃

1 [29件] あった事, あんなストラドヴァリウス, いくらでも, げさ, この万太郎, そうじゃ, それを, だけど勇さん, である, どうせ今日, ふ, 何も, 何処にも, 先ず寝台, 先それ, 十三夜も, 往きな, 惚れた女, 我も, 明日の, 有りし日, 朝っぱら不意に, 此那好い, 殿地獄の, 皮肉家の, 私は, 苛れ, 行って, 遠くから

▼ 事~ (33, 0.0%)

3 から何, の学科 2 でもない, の疑

1 [23件] あるもの, うでも, かし, か云, こんな内, しに, て仰言った, でもありやしない, でもないでしょう, でも見, として人, にてもあれ, にも話すまい, に云つたつて仕方, のあっ, のめづらし, の様, の為, の益, も彼, も是, も書かない, 共氣

▼ 事につき~ (32, 0.0%)

1 [32件] あえて他宗, その物, なおその, わが目, 万事その, 人民に, 伯父様が, 余の, 傍より, 八幡町牛乳店六平また, 又他, 同地出身の, 周旋の, 国民は, 地主へ, 尽力したる, 御来車, 御面談申, 想い出すの, 懇切に, 支倉と, 来談, 松莚子岡氏等と, 某新聞, 欺し, 母を, 氏に, 英国の, 裁判所に, 親戚中にても, 訊問された, 銘々の

▼ 事それから~ (31, 0.0%)

3 それと 2 自分の

1 [26件] あまりの, お話は, さっき達っ, その夜, その有限, どうしてもこの, ヒントを, 云々それから, 分類を, 前後の, 又讀み, 地方の, 夫が, 女の, 山人の, 感嘆した, 江戸へ, 神仏へ, 私は, 私自身が, 空風と, 藤棚の, 週月年と, 電気を, 非常に, 風入口から

▼ 事でなく~ (31, 0.0%)

2 ては, ては無理, て何

1 [25件] この地, その後半世紀, て, てただ, てはならない, てはならん, てはなりません, ては画家, てもだ, ても下女, てストライキ, て世に, て心, ともよい, むしろ自暴自棄的, もっと有力, も思われる, 予かつて, 二十年已来の, 互に気, 多少熟語, 殊にこの, 私の, 苟も自分, 言は

▼ 事において~ (31, 0.0%)

4 後悔せず 2 変りは

1 [25件] ある快感, さよう, その所為, その生活, その絵画, ヨブは, 五十歩百歩であった, 何の, 偉大であった, 全く見解, 同君と, 墳墓説は, 天下の, 妙を, 悔いまじ, 成功し, 成功である, 日本人は, 最も困難, 最も多く, 現はれ, 甚しく, 第一人者である, 絶対の, 肝要なり

▼ 事にのみ~ (30, 0.0%)

5 心を 2 気を, 追われて

1 [21件] いそしんで, むかへ, 力瘤が, 向けられて, 囚われて, 専心し, 急で, 急に, 我春ぞ, 敏い心, 止るリアリズム, 汲々として, 用いられたと, 腐心し, 興味を, 苦労する, 苦心し, 苦心した, 限った例, 限るよう, 齷齪として

▼ 事に対する~ (30, 0.0%)

2 漠然たる空虚

1 [28件] 二重の, 人の, 例外と, 偏見という, 処決は, 反感である, 反感を, 反撥は, 吾人の, 心の, 恐怖の, 悔いです, 悔いやらを, 感激又は, 態度を, 懐疑でした, 欲も, 用意の, 神, 私の, 精神異状者特有の, 考えは, 考は, 自分の, 苦悶が, 詩を, 謙虚な, 難儀を

▼ 事また~ (30, 0.0%)

1 [30件] お屋敷, くでとは, これは, その事柄, その儀, それを, まさにかく, ジシヤックの, ドーブレクの, ポアンカレーの, 二十, 今の, 今も, 他の, 候へ, 停車場を, 兄さんや, 先頃先生の, 同じ, 山ザクラが, 明らかなら, 朝廷の, 百両の, 祐天和尚が, 私の, 稀なれ, 肉薄という, 英主の, 英文科卒業生である, 都門半腐

▼ 事との~ (29, 0.0%)

7 間に, 間には

1 [15件] わかちなく, 不調和である, 中他の, 二つのみ, 二つを, 二度の, 別も, 区別が, 区別を, 印可を, 差が, 差異は, 御沙汰である, 持って, 矛盾を

▼ 事よせ~ (29, 0.0%)

5 て自分

1 [24件] てあちこち, てお, てこの, てそれ, てたび, ては人妻, ては時々, てリンピイ, て二人, て云うた, て仏性, て多く, て座興, て徳川どの, て武蔵, て玄徳, て罪, て討取る, て試驗, て語っ, て酒宴, て隠し, て顔色, 漁獵の

▼ 事並びに~ (29, 0.0%)

2 [11件] 上, 両人陰謀の, 女首の, 松雪院悲歎の, 松雪院絵姿の, 桔梗の, 武勇を, 池鯉鮒家の, 源氏花散, 薬師寺の, 道阿弥の

1 お久美さん, 其が, 其等のより, 其聖職が, 則重生捕, 則重生揃の, 欧州諸

▼ 事~ (29, 0.0%)

4 なり

1 [25件] かな, である, なさず半四郎, なりと先親子, なりと大岡, なり我が, なれ今, にて甚だ, のある, はや悉く忘れ果て, までも存じ, も豫, を将来系統, を恬然, を書付, を物語り, を皆, を私, を聞い, 一々白状, 吾等樂晩年之間適也君可之, 実に生前一大幸, 持出し我帝室, 次第に施行, 言含め文藏

▼ 事自分~ (29, 0.0%)

2 がそれ, で願書, を大層

1 [23件] がその, がまだ, がマリイ, と性, ながら無理, の世話, の仕事, の命數, の姿, の家, の心事, の悪い, の母, の着物, の謙徳, の部屋, はその, は余り, は昼飯, は相, は知らんですまし, もいつか叔父, も奉公

▼ 事で御座います~ (28, 0.0%)

3 から 2 から何時, よ

1 [21件] からあの, からもう, から伯爵様, から其妹, から古今東西, から夢, から無理, から略しまし, から私, がそれ, がまあ, が云う, が分別, けに仮令, けれどもこの, それは, とさも, なア, もの秘密に, よ御, 殿

▼ 事についても~ (28, 0.0%)

2 彼女は

1 [26件] あえて顧慮, いろいろの, お話を, かなり打明け, こちらから, この私, しいて反対, そこに, それらの, なんとかいっ, エタの, 一つ御, 一層気掛り, 二人は, 何にも, 僕は, 充分に, 又事新しく, 國友に, 夫人の, 彼は, 怪無電の, 本田の, 次の, 説明を, 霊と

▼ 事に関して~ (28, 0.0%)

1 [28件] いささか閣下, いた, いるよう, さう, だか, ならボク, なら御存知, ゐるので, 一条の, 之を, 今の, 何かの, 取った態度, 嘴を, 存在する, 学問の, 当時先生に, 彼は, 描写の, 書かなかったという, 次の, 水戸藩士の, 浅薄ながら, 種々の, 種々研究も, 絶体絶命の, 該地方の, 長い手紙

▼ 事のみを~ (28, 0.0%)

2 考えて

1 [26件] もって, よくこつち, 主と, 主旨として, 今書く, 声高わめい, 念頭に, 思いつめて, 思ひ出しまして, 思ふ, 意味し, 意味するなら, 慮り旦暮, 捜し出すの, 案じ暮すと, 気に, 直覚し, 行う, 行うその, 見て, 言い真に, 記述し, 誰れ, 論ずるとして, 述べて, 面白しと

▼ 事云う~ (28, 0.0%)

3 もんじゃ 2 て人, な

1 [21件] てさいなみ居る, てなはる, てや, て対手, て来, て畳替え, て行かれん, なよ, な俺, な後, ので処, のは, のや, の御, ものでねえ, もんか, もんや, んだ, んです, 事だ, 様だけ

▼ 事ならず~ (27, 0.0%)

2 因て, 家う

1 [23件] いやが, お娘, か, ついに労, と, といふ, と豪傑, や, や宜, や闇, よしや縄, サ, 一切が, 一日々, 一生楽しみを, 假令證據人の, 兎ても, 吾儕家の, 御恩, 牛の, 視覚より, 誰を, 豫て

▼ 事ばかりは~ (27, 0.0%)

1 [27件] ありゃしません, いえない, いって, ききのがさなかつた, ございませんから, して, どうかお許し, どんな障り, ないもの, ないよい事, トテモ几帳面だ, 人に, 何う, 何方の, 千世子の, 妻の, 実に我, 当人が, 怪しい位, 押し切って, 書いて, 永久に, 留められないもう, 老先生, 自分の, 言つて居れねえ, 貴方だ

▼ 事~ (27, 0.0%)

8 之候 2 之, 之まじく

1 [15件] つて以來私は, ては徳川, て參, と云, と臥轉び如何成ば, ば其町内, べからずと, や但, をなげきおもほす, 之につき庭窪, 之候事, 之候哉, 之候間, 之右ニ付村内ハ, 之閉口

▼ 事じゃあ~ (26, 0.0%)

4 ない 2 ありませんが, いけないね, ないか, ないじゃ

1 [14件] あるし, どっち途長持ちする, どんなに苦労, ないからなあ, ないが, ないじゃあ, ないでしょうネ私, ないと, ないよ, ないん, なかった, なし困りました, ねえの, 有りませんの

▼ 事だの~ (26, 0.0%)

1 [26件] いろいろな, いろいろ悪い, お嬢さんの, その傍, それが, まだ生まれ, 一条朝成なんて, 下性が, 井戸川へ, 凡てそうした, 勧工場で, 勸工場で, 大森の, 姑小姑に, 嫁姑の, 家庭の, 寝小便の, 師匠の, 最後に, 母の, 父の, 秘密な, 種々と, 親類の, 遠い前, 養蚕の

▼ 事でございました~ (26, 0.0%)

3 が御

1 [23件] か, から氷, があたし, がその, がそれ, がどうも, がはひつ, がもう, が両, が今, が今出川, が南部, が小笠原御牧, が後, が御台所さま, が法蔵寺, が私, が駿河国建福寺, ってねえ, でせう, な, の, のでお

▼ 事ばっかり~ (26, 0.0%)

6 考えて 3 云って 2 して, 言って

1 [13件] あるん, おっしゃるが, するん, する神様, であった, でねえ, なさいますん, なにした, 云わないもん, 思いつづけた, 思い浮べて, 苦に, 話して

▼ 事~ (26, 0.0%)

5 て候 3 て御座候

1 [18件] いたすべくとの, か, て今, て時々, て私, なり今, より出かけ, より近日山口, 之レ従ヒ其精神, 仕候, 依ルト癌カモ知レナイト嚇カサレテ, 引くら, 当ッテ一言モモ, 拘ハラズトモ, 相成申候, 致して, 非ザレバナリ, 非ズ

▼ 事~ (26, 0.0%)

1 [26件] あっては, お秋, きっと岡田先生, この馬, その感動, とほか, なき楽しみ, ハ御国に, 五里此の, 人民の, 今も, 何に, 其の下女, 其身も, 十二年間, 十数日遂に, 夥しい, 大阪に, 段右衞門が, 爲替劵に, 特に時, 相手の, 私に, 芳原の, 貴方へ, 首尾好く

▼ 事多き~ (26, 0.0%)

2 大公孫樹, 年であった

1 [22件] か, ことすら, に屈せず, のみならず, はギリシャ, は右, は如何, は論, も日々, も林中, も紙數限り有, や緑雨, より一代前, より蛇, 中に, 人が, 夢中遊行者が, 季節で, 日であった, 日である, 生活の, 者に

▼ 事~ (26, 0.0%)

6 二は 3 三は, 二に 2 三に, 二には 1 一, 一と, 一に, 三すなわち, 三の, 二, 二条に, 二死体は, 五に, 四に

▼ 事自身~ (25, 0.0%)

3 が既に 2 を限定

1 [20件] がかなり, がすでに, がその, がまた, がカルチュアー, が人, が卑近, が彼, が悪い, が津田, が祕密, には何らかの, に人, に対する反感, に現代, の興味, は道義心, よりは怒, よりは怒った, 既に充分悲劇的

▼ 事ばかりが~ (24, 0.0%)

2 思われて

1 [22件] うつった, なかなか生き, 信じられて, 心に, 心配で, 思はれて, 想像された, 文明の, 来る日, 次々に, 気の毒に, 渦巻いて, 熱情と, 私の, 続いた, 続きます, 考えられたが, 能ぢや, 行われたが, 評判に, 起るの, 頭の

▼ 事ふる~ (24, 0.0%)

2 こと勿し

1 [22件] こと, ことの, ことを, こと昔に, こと能はず, ところ如何, と道, に及び, に過ぎざり, の道, もなかなか, もの, ものは, より外, をえんた, をも辭, 所と, 所に, 猟犬にて, 男を, 相応の, 社僧あり

▼ 事へる~ (24, 0.0%)

4 人たちから 2 ことを

1 [18件] が故に, ことが, ことである, ことは, ことも, と云, 下級巫女である, 事から, 事によ, 出家の, 名族が, 女の, 娘を, 宗教で, 所の, 物忌みの, 神が, 神人とが

▼ 事多く~ (24, 0.0%)

2 して

1 [22件] あるを, その為法官, なれり, タミル語の, プリニウスは, 主人夫婦は, 予在欧の, 又其, 又膜, 土地の, 志と, 戦場では, 日本にも, 明治十年前後和歌山に, 昔江戸鮫が, 橘を, 此の, 理を, 祖父の, 祭り日の, 遂には, 食少し

▼ 事~ (24, 0.0%)

4 なり

1 [20件] がため, が現象, である, なく候右, なり今, なる兼, は人, は巡査様, は恐入りました, は拙者, まで少く, も出入り, も皆, れなり, れ道, を久うし, 又不審, 無く勿論, 皆露顯, 迄種々

▼ 事すでに~ (23, 0.0%)

3 ここに

1 [20件] すべて成就も, ただ事でない, 了れり, 二十九年なり, 二千余年なり, 及ばない, 士族の, 後れたるには, 急です, 急を, 成る, 成れり, 晩れたれ, 為すべからざる, 童貞をさえ, 足る今やいざ, 逼ったる, 遅しじゃ, 遅しだ, 遅しである

▼ 事だけでも~ (23, 0.0%)

2 させて

1 [21件] あの方, すでに前例, せめてそこ, たいへん貴重, 一応牢, 一種の, 並たいてい, 何か, 例えよう, 僕は, 境遇が, 幸福は, 恐しい無謀, 正しく男子, 生やさしい, 男に, 異常な, 私が, 私は, 第一, 認めて

▼ 事なぞを~ (23, 0.0%)

3 話して 2 長々と

1 [18件] おしゃべりの, くどくどと, コソコソと, 思い浮べがち, 悪くいふ, 書いたもの, 書いて, 最早疾, 繰返し繰返し喋舌, 考えながら, 考えるとも, 考え出して, 考へ, 考へたり, 考へる譯, 色々と, 覚えて, 語り暮した

▼ 事に関する~ (23, 0.0%)

1 [23件] ものの, ものは, もの一種の, 予の, 侵入者の, 右の, 大事, 我輩の, 文献は, 書物等を, 有力な, 植物学の, 注意深い, 漠然たる概念, 申立は, 美術上の, 記憶から, 記憶を, 誤解が, 限りは, 限りひと言でも, 限り私の, 限り絶対に

▼ 事ばかりに~ (23, 0.0%)

2 夢中に, 気を

1 [19件] こだわって, なった, なつた, やきもきし, 会って, 候この, 努力し, 向いて, 屈托し, 心が, 心を, 念を, 汲々として, 没頭し, 注意を, 興味を, 費やされて, 費やしました, 限りしを

▼ 事實上~ (23, 0.0%)

1 [23件] あり得べからざること, では, にも理論上, に成立, に於, に民政國, に表示, の不都合, の問題, の學説, の尋問, の性格, の滿洲占領, の運搬, の首領, は時間的, は相互, 全く滅亡, 取つた形, 大唐天子, 已に大, 打ち切つた, 行われて

▼ 事~ (23, 0.0%)

2 なれば, にし, を要する

1 [17件] だ, であるから, です, で理解, と相成ら, と見, なり, なりと, なるがため, なるとき, なるより, なる時, な時, に四, に迫っ, に迫った, のため

▼ 事重大~ (23, 0.0%)

1 [23件] だ, だぞ, だろう, であった, であること, ですが, というよう, とさとりました, となり, とばかりに人波, とばかりに声, とばかりに目, と思いまし, と思惟, と見, と見て取る, と見る, なん, な成り行き, にご, になり, になる, を過ぎ

▼ 事そして~ (22, 0.0%)

1 [22件] いふには, かうして, この地点, すぐ暗く, その合間合間, その点, その踏絵, それに対する, そんな時代後れ, どの点, ヨタ話, 今迄, 先妻が, 其謂は, 家中の, 寝る事, 寧ろ殆, 彼の, 最後に, 村君の, 第三, 自分の

▼ 事でございまし~ (22, 0.0%)

42 て中

1 [16件] てお, てこの, てどうかあしからず, てねスワラジ, てへえ, て一口, て世の中, て五月雨, て何, て何かと, て将軍家, て彼, て故, て時間, て私共, て草双紙

▼ 事なす事~ (22, 0.0%)

1 [22件] いやいやながらで, がみんなへま, が一々, が兄弟, が相反, が筒, が自分ら, が自然それ, くひち, しっかりし, そう見えます, なん, にそろそろ, につき非難, にはもはや, に批点, は考へ, まであの, を見, を見張っ, 一々叱, 取り止めありませんの

▼ 事ほど~ (22, 0.0%)

3 左様に, 醜い生きかた

1 [16件] くるしいつらい地獄, さように, その源, ひどい恥辱, むづかしいことはないわけですから, やさしいこと, よく心, 喜ぶでしょう, 大いなるよろこび, 新しくいちばん, 有力に, 楽しいこと, 楽しいもの, 武辺の, 綿密に, 話したいが

▼ 事よと~ (22, 0.0%)

3 例の

1 [19件] ある, いふ, いよいよありがたく, 京なつかしき, 余は, 娘氣に, 後悔し, 御嘆き, 思い余り音, 思うなり, 思ひしこと, 思ひ定, 怪しまる, 有けれ, 獨り思ふ, 玄蕃允に, 腹には, 覚束なげ, 謙遜の

▼ 事らしい~ (22, 0.0%)

3 のです

1 [19件] いやらしさ, からあんまり, からもっと, から彼, から黒田, が或, ことは, ぞ, という, という王君, と思ひます, ね, のである, ので本, のに妙, よ, 勿論余, 田井中比売の, 男であった

▼ 事無く~ (22, 0.0%)

3 して

1 [19件] かえって兵力増加, かつ交際, その場, つづいて, てあれ, てあれかし, んば, 偏見を, 其処に, 只幾分か, 唯ぼんやり, 唯間違った, 帰郷し, 戦争を, 歌ひ終る, 此世に, 童にて, 課役を, 過ぎましたが

▼ 事あらん~ (21, 0.0%)

4

1 [17件] かいかに, かと一同配慮, かと存候, と, とす, とする, とは, と云, には予, には大納言殿, やと一切, や渇し, を察し, を恐れ, 乎, 文筆を, 時妻子の

▼ 事さえも~ (21, 0.0%)

5 あった 2 ある

1 [14件] あえてしなかった, その日頃, たしかで, 出来ない気もち, 出来ましょう, 当然の, 悔いては, 想像されない, 果さないうち, 気付かずに, 淋しくなっ, 淋しくなった, 真実らしく, 知らない

▼ 事とか~ (21, 0.0%)

1 [21件] お前さんに, お天陽様, きまりが, さう, そういう上, 中将微, 云ふ, 何とか話かけ, 千々岩が, 嘉傳次は, 婿の, 官職の, 御上手, 戦が, 文章には, 村に, 私に対して, 種々の, 聟の, 財物の, 躾とか

▼ 事なんぞは~ (21, 0.0%)

1 [21件] きっと気, すっかりお, ついぞ無かっ, とうから諦め, どうだって, どうでも, なるたけ言わない, なんにも, まるで考えなかった, もう疾, タカの, 何とも, 何んと, 何処からも, 夢にも見なくなっ, 姑くそ, 忘れて, 念はずに, 素つとばし, 考えない人, 頓着なし

▼ 事實網~ (21, 0.0%)

2 の考察, を歴史

1 [17件] と名づけるであらう, につき類似, の一々, の何所, の兩極端, の現象, の至る, の解釋, は其儘宇宙, は其儘現象網, は巨視的, は新, は現象, は自ら變化, も歴史的, 全體, 即ち歴史

▼ 事~ (21, 0.0%)

5 とちがっ 4 と違う 2 とちがった, と違い, と違った 1 とたがい, とちがう, と違, と違っ, と違つて却つて自己, に反し

▼ 事だけに~ (20, 0.0%)

2 平次も

1 [18件] かっと熱い, こだ, すつかり氣, それについては, 余計危うく, 十分滿足し, 半ば予期し, 富岡は, 専念する, 就いて, 愉しくて, 最大な, 満足が, 満足し切っ, 熱中し, 相州さまも, 精魂を, 逸子は

▼ 事にばかり~ (20, 0.0%)

3 心を 2 夢中に

1 [15件] あこがれて, こだ, カッと, 凝つて, 出あつ, 努力した, 取りまぎれて, 屈託し, 従事し, 思えた, 打込んで, 拘泥し, 気を, 無限の, 苦心を

▼ 事~ (20, 0.0%)

115 れと 1 れだ, れとは, れ未だ, れ汝

▼ 事及び~ (20, 0.0%)

1 [20件] かくいひし, この時八歳, その他の, カトーの, 世間に, 伊達正男という, 其友人荒畑寒村が, 其黨員が, 同家の, 国民の, 妻の, 尋常の, 彼が, 彼の, 東京へ, 津軽家は, 犯行が, 現在日本に, 該アイヌ自身も, 賞讃すべき

▼ 事言う~ (20, 0.0%)

2 んです

1 [18件] がもの, けど株屋, だいフフ男な, て, と又, と非国民みたい, なあよせ, の, のが, のは, もんじゃ, わね, を俟, んだ, んだい, 事とが, 事為す, 時には

▼ 事した~ (19, 0.0%)

1 [19件] から私, がお, ことない, ことは, って, って先, つてこの, と思う, と思うた, どもなあ田植, なア, の, もんは, やなんて何ぞ, ゆうや, 思て, 比丘を, 節には, 迄はよかつ

▼ 事でございましょう~ (19, 0.0%)

4

1 [15件] かどの, かねえ, から私, か天狗, が一人, が仰しゃっ, が御, ね, ねえ, 併し, 嘸御, 少々お, 左様御, 扨築地の, 私なぞは

▼ 事ゆゑ~ (19, 0.0%)

1 [19件] くは, に是, まあちよ, 一向驚かず, 全く欺, 定めし斯, 定めし高金, 忽ち笑, 新歌舞妓十八番, 早速に, 早速には, 是非書かなけれ, 最早賣, 殺すべき謂れ, 片蔭, 疑ひの, 直樣引, 見ざること, 豈や

▼ 事~ (19, 0.0%)

2 の気息, の顏

1 [15件] が顔, と面会, におなじ, にすぐれたれ, には露, に知れ, に言, に飼われた, の事, の死たる, の身の上, の顔, も恥, よりおそき, を恨む

▼ 事即ち~ (19, 0.0%)

3 是なり

1 [16件] これなり, 人の, 俺が, 僕の, 動物園かは, 十分に, 外道だの, 太く逞しくする, 水空氣光線地物等に, 汝が, 汝等の, 異地方相互, 異教徒なるべき, 石噐時代人民の, 詰らん事, 調べを

▼ 事既に~ (19, 0.0%)

1 [19件] 三回, 上に, 久し, 久しく昨年十月歸朝以來常, 五六年にも, 以て, 前年争論の, 功徳なり, 十三度に, 十年に, 奇である, 御考証, 恩沢に, 経文より, 貴下の, 述べた, 述べたり, 追うなし, 遅しである

▼ 事甚だ~ (19, 0.0%)

1 [19件] これに, 不便に, 其意を, 多からん, 多し, 奇に, 奇怪だ, 容易ならず, 容易なり, 少なきに, 憂ふべきもの, 敷曉方に, 深く一日彼, 深しと, 稀なり, 稀なる, 遠からず, 遠し, 遠しとは

▼ 事こまか~ (18, 0.0%)

2 に大阪弁

1 [16件] にききあつめ, にたちいっ, に報告, に家計, に復命, に心得, に描き出し, に教, に書き認め, に母さま, に申した, に覚え, に記しつけ, に話した, に語つて相手, に語る

▼ 事~ (18, 0.0%)

6 やない 4 や無い 1 ゃごわせんぞい, ゃろうがなもし, やあない, やありません, やありませんです, やあるまい, や其様, や無え

▼ 事じゃが~ (18, 0.0%)

1 [18件] あのお, あの蔵元屋, さすがは, その時, それではイツモ, それに, それを, まずこれ, わしは, ワシも, 仏法に, 仕方が, 信州黒姫山の, 城の, 御朱印付の, 本人が, 番人喜助方へ, 私が

▼ 事だつたら~ (18, 0.0%)

2 何も, 此方にも

1 [14件] うかとまた疑, そしてお前, そりや, どんな不機嫌, どんな些細, 何で脚絆, 何一つ背いた, 市長は, 平気よ, 男達は, 直ぐに, 自分も, 解釈が, 道路工夫に

▼ 事とが~ (18, 0.0%)

1 [18件] あつた, あります, ある, あるでしょう, くつ, その後の, ちがう, 一つな, 一つに, 一致し, 二つに, 余の, 倶に, 全然同一, 潟を, 言へる, 認めて, 頷聯に

▼ 事などに~ (18, 0.0%)

1 [18件] がみがみしない, それほどの, 使われる, 依つて解, 出掛ける人, 女の, 從事する, 昧き, 次第に力, 気の, 気付くと, 氣が, 移って, 移つて仕舞に, 種種の, 空想を, 興味は, 起因した

▼ 事~ (18, 0.0%)

2 を見る

1 [16件] が立派, こそかなり, である, と天産物, にもっとも, の真相, は全国, は死後湮滅, もほぼ, も出る, も晩年, を学んでる, を明らめ得るごとく, を經, を調査, を述べた

▼ 事済み~ (18, 0.0%)

4 になった 2 となりし, になりました 1 かと思っ, けるとぞ, たるかの, となりました, なり, になり, になる, の風聞, 又複製本, 申すべく候

▼ 事~ (18, 0.0%)

3 さに, 之候 21 えから, えで, に世, キモ, クシテ死セリト云フ, ク済ンダ, 之朝四時迄にわ, 之耄碌, 孝行を, 酒

▼ 事無き~ (18, 0.0%)

4 を得た

1 [14件] なり, にあらず, に非ら, のみ, もまた, も然, をえた, を得ました, を欲する, 事を, 人に対して, 方々なれ, 日を, 時には

▼ 事~ (18, 0.0%)

1 [18件] いいたくなるその, 一伍一什を, 一口洩らした, 云つて勿論, 告口し, 夫の, 尾に, 御話, 感じさせるもの, 承り申候, 探り知っ, 知って, 知りし者, 考へたん, 考へるの, 落も, 説明し, 逐一申立

▼ 事限り~ (18, 0.0%)

7 なし

1 [11件] なくその, なく大岡殿, なく彌, なく是, なく爰, なく精神魍魎, なけれども, なし其中, なし夫婦, なし蜈蚣, もありません

▼ 事いふ~ (17, 0.0%)

2 ては惡, のは

1 [13件] てはる, ては悪, て泣かし, て濟, て私, とにもあらず, ならず, の, はかりなく, ものか, もので, もんぢや, 迄も無い

▼ 事ぞと~ (17, 0.0%)

1 [17件] ありしに, いひぬ, いふ, きめて, なま心, ホク, 吐く息, 問る, 奪つて是, 委敷尋ね, 尋ぬる, 少しは, 思ひ返されぬ, 死骸を, 申せしに, 立より, 見る人

▼ 事どう~ (17, 0.0%)

3 でもい, でもいい 2 でもええ 1 じゃ, だか, だっていい, だってよう, だつて, でもいいでしょう, でもよう, でもよご, 致して

▼ 事なんぞを~ (17, 0.0%)

1 [17件] いかにも不安そう, しますで, する筈, そのまま受け取っ, まるで考え, まるで考えず, 何かと思い出され, 思い出さないで, 思えば, 想ひ描く, 案じるよりゃお前, 私に, 考えては, 考え出して, 考へて, 話して, 電話で

▼ 事により~ (17, 0.0%)

1 [17件] お光, けりという, 上に, 人によって, 人の, 今の, 前人未知の, 城富を, 彼が, 得も, 心的働きの, 思ひ煩, 昔の, 最早近々御所刑, 會得する, 自分の, 長庵

▼ 事のみが~ (17, 0.0%)

2 住民の, 缺點と

1 [13件] およろこび, われわれの, 世に喧伝, 伝えられて, 何より心配, 僅な, 多いの, 待ち設けられて, 書かれて, 気づかわれるの, 生活に, 産む種々雑多, 結婚の

▼ 事へて~ (17, 0.0%)

1 [17件] よく孝, ゐたこと, 何事も, 呉れると, 天下第, 孝行を, 孝行成は, 孝養怠りなかりし, 守門の, 居たなど, 居た早良皇太子, 我が村, 捗々しからぬ, 新参なれ, 柏の, 過ちあらん, 飼殺の

▼ 事~ (17, 0.0%)

1 [17件] いたし居り候もの, かへり見る, さらに無, できずいつたい医者, ながとの, まづ, をもわく, 今ハ日本中ニ而格別, 古キ伝聞モアラサルヲ, 古ヨリ人, 固ヨリ企テ及ブベキ所ニ, 実に命, 実ニ小事件, 御聞取, 御談, 毛頭出来, 誠に小

▼ 事~ (17, 0.0%)

2 に関する限り永遠, の人

1 [13件] が山, が至る, に自分, の先祖, の女, の帷幕者, の心, の母, の父, の雲井喜三郎, は女, は自分, も私

▼ 事無い~ (17, 0.0%)

42 事を

1 [11件] でせう, でも, のです, ワねえ, ワ蟹, 事デマを, 事告口を, 事嘘八百並べ, 事焚き付け, 事紅矢から, 云は

▼ 事~ (17, 0.0%)

1 [17件] が立っ, な此, な空, な虚偽, の前, は和蘭経由, 世上には, 云って, 御父上, 必然の, 志と, 成らずと, 然り, 熱き愛, 珍らしい, 神意と, 観劇の

▼ 事自体~ (17, 0.0%)

2 がきん

1 [15件] からし, が国辱, が妬ましい, が悲しかっ, が解せぬで, によってこれら, に不満, に対してこんな, に就い, に無意味, はね, は別に, は好き, より複雑, 既に重大

▼ 事あたかも~ (16, 0.0%)

1 [16件] わが邦, 一勇士を, 丹絵売が, 古代の, 同月同日に, 商女不, 基督教の, 妓を, 巨山の, 幽霊が, 明和年代の, 昔時の, 浮世絵の, 蹄鉄を, 飢渇の, 鵬程九万里の

▼ 事かは~ (16, 0.0%)

3 大方お前 2 知らぬが

1 [11件] つた静寂の, つて死ねる, り甚だ, 別問題, 月影に, 知らなかったが, 知られない, 知れない, 第二, 腹に, 萬は

▼ 事であれ~ (16, 0.0%)

1 [16件] ばあなた方, ばお, ばこれ, ばすべて, ばただ, ばやかましく, ば三千, ば何, ば少なくとも, ば弟, ば息子夫婦, ば私, ば詐欺広告, ば隆吉, 凶い, 最後には

▼ 事といふ~ (16, 0.0%)

7 のは 2 ものは 1 わけです, 一箇條も, 事物を, 位な, 形を, 文句が, 文書が

▼ 事なりし~ (16, 0.0%)

2 が平生

1 [14件] がその後, がそれ, が僕, が多く, が実, が獨逸, とのこの, と信ず, を中, を心狂, 加納屋方にて, 師匠感應院の, 朝より, 此日は

▼ 事までは~ (16, 0.0%)

2 口を, 氣が

1 [12件] お判り, わかつて, わかりませんが, 思い及ばざりしぞ, 打明けなかったん, 探偵が, 推量し得ぬ, 気が付きません, 考え及ばざりしもの, 聞えねど, 解らないよ, 進んで

▼ 事~ (16, 0.0%)

2 をありのまま, を複雑

1 [12件] が展開, に通ずる, に進ん, のうち, の何物たる, の危急, の建設的破棄, の調節的持続, は意外, を弁信, を述べ居る, 安珍

▼ 事~ (16, 0.0%)

1 [16件] かあらざら, かにおさせなさりとうございましょう, がする, がため, が化かされ, が幽霊, が斬っ, が苦情, でもし, にそんな, にも云う, にも言, にも言ひなはん, に聞いた, れか, れ知るもん

▼ 事いう~ (15, 0.0%)

1 [15件] からだ, てや押し, て悦ん, な, の, はそりゃ, までもない, もんじゃ, もン, やつが, ようだ, んだろう, ッて, 事は, 必要は

▼ 事かな~ (15, 0.0%)

3 はず内々に 2 いつも九時, 我一跨 1 いかに法師, さるいちはやき, はず哀れみ給へ, はず彼少女が, 早々生死, 最初の, 然ど, 盜人などに

▼ 事なけれ~ (15, 0.0%)

1 [15件] ばいつ, ばならぬ, ばなり, ば両親, ば人々, ば今, ば他, ば堅田, ば彌, ば從つて甚, ば時, ば楽しとお, ば流行る, ば田畝, 共少し

▼ 事のみに~ (15, 0.0%)

3 あらず

1 [12件] あくせくしない, あって, あらざるべし, あらず天智天皇, いそがしく再び, して, 付て, 候追, 専念する, 局限せられ, 心は, 終つた

▼ 事度々~ (15, 0.0%)

2 あり, なりこれ余, なりしとぞ, なりとぞ, に及び 1 だった, なりき, なれば, に及ぶ, 厳命有り

▼ 事能はず~ (15, 0.0%)

3 と雖 2 といへ, なりぬ, 然ども 1 と, と云, 又悴, 恐れ入, 殊に上野, 終に窟中

▼ 事からも~ (14, 0.0%)

1 [14件] おおよそ察せられた, この国, ぢつて煩悶即, 察しられる, 察せられる, 得られる筈, 想像される, 明らかだ, 田舎豪傑の, 知れる, 私は, 科学界における, 興を, 起るの

▼ 事だけで~ (14, 0.0%)

1 [14件] あつたら, ぎりぎり一ぱい, しばられて, もう大きな, 世の中についての, 奥さんの, 御免を, 悲惨は, 私には, 私達の, 結構です, 総べての, 解決の, 通されて

▼ 事についての~ (14, 0.0%)

1 [14件] つらさ, 事です, 彼女の, 御批評, 理解と, 理解を, 相談を, 第二, 考察の, 話には, 話は, 道学者たちの, 道理が, 関心を

▼ 事に関しては~ (14, 0.0%)

2 不正である

1 [12件] いわゆる, われも, 一流の, 人権の, 何も, 専らその, 後項, 最大最良なる, 自信によって, 識者幸に, 非常に, 麻痺し

▼ 事までが~ (14, 0.0%)

2 自分の

1 [12件] しきりに考へられた, 万太夫座の, 哀れ深く, 思出され, 恥しくて, 悪い奴, 明かに, 根底から, 毎日, 渦巻いて, 知れた, 述べて

▼ 事~ (14, 0.0%)

1 [14件] から十, としてその, として哀愁, として汝等, と思い, ならずおなじ国, に非, の手, は糊, は西晉末, も恋うべき, も良人, を聞き, 思ひに

▼ 事成る~ (14, 0.0%)

2 の後

1 [12件] あかつきには, ときは, に八ヶ年, ほど後, やただちに, や大河, わが事, を得しめられ, 上は, 後に, 日まで, 時は

▼ 事成就~ (14, 0.0%)

3 の暁

1 [11件] し難し, せしと, と歓ん, なせば, の上此伊賀亮, の前兆, の吉兆, の曉, は必定, 仕候後, 致すやう深慮

▼ 事有る~ (14, 0.0%)

1 [14件] かを告ぐる, とは余, に原因す, に因り, に際しては都城, の由聞食す, は射損じたる, ものは, やも知らざれ, を利用, を間接, 可き, 可く, 可し

▼ 事としか~ (13, 0.0%)

2 思われない

1 [11件] 受け取れない, 思えない, 思えなかった, 思はれない, 思はれないのに, 思われないのに, 思われなかった, 思われなかったの, 私には, 考へられて, 聞かれませぬ

▼ 事にても~ (13, 0.0%)

1 [13件] ある時, あれただ何, なく今日御前さん, 仮令臙脂屋, 何分捨置, 御座りませぬ, 怪むに, 斯の, 既に事端, 有しか, 朋友間の, 背く事, 辛抱が

▼ 事~ (13, 0.0%)

1 [13件] あの他, えじゃ, えと何気な, え姉ちゃん, かの人達, さんざいひつけてまゐりませうよ, そら希代, へんに, まあやつ, 何う, 何て, 叔母ちゃん処に, 女の

▼ 事~ (13, 0.0%)

321 たお客様, たらまるで, たろう, ちゃし, てあんな, てその, てどんな, て是

▼ 事~ (13, 0.0%)

1 [13件] 分明と, 取締に, 図思付い, 圖思附い, 埓千萬云解有る, 妨官事劇, 屆なり, 屆なりと, 恭に, 折が, 折の, 残旦那様御存じな, 行屆で

▼ 事~ (13, 0.0%)

1 [13件] き筆, ける関山, されどこ, しかるを, しゆゑ, とある, とく, とて下女, とて呵々, とて心あたり, とて頓, ほまれ, 今神人

▼ 事~ (13, 0.0%)

2 ありしを

1 [11件] がなかば, となさん, と接物, に対する慾望, のみを指したる, の一面, の人, の機縁, を奏, を成就, を生ずる

▼ 事多し~ (13, 0.0%)

2

1 [11件] これは, されど狐, ただ身分, とした, としたがって, と聞き, 不幸の, 人には, 寤むる時人真に, 此一事は, 特に所謂詩家

▼ 事心配~ (13, 0.0%)

3 して, するなと 2 してるよ 1 したが, しないでね, しなさるでねえよ, せんちゃよか, 致すまじき旨

▼ 事~ (13, 0.0%)

2 に, にしもなぐ, に笑み, の日 1 に醉, の, のおち, は, 之助

▼ 事~ (13, 0.0%)

2 に至れ

1 [11件] がまたす, が非常, に出でず, に及ばず, の下宿, の同居生活, の如し, の樣, れ何たる, 美しい都会, 美しい都會

▼ 事~ (13, 0.0%)

2 はれて, る事 1 が必然的, である自我, というものそのもの, という言葉, となつ, とも決して, にまで移り行かざる, ぬ, はれずし

▼ 事~ (13, 0.0%)

2 の名

1 [11件] が殊勝, と呼ばれた, の渡っ, の言葉, の足跡, の路頭託宣, はこれ, は夙く, もなし, を信ずる, 禁止は

▼ 事~ (13, 0.0%)

3 を読みつ 1 と云い, に挙ぐるもの, に記載, の表紙, を何とか, を披, を拵, を検, を見る, 続読

▼ 事しばしば~ (12, 0.0%)

1 [12件] あったと, あり, あり爾時牝馬, あるが, だが, なりき, なれど, 彼との, 有之, 聞いたが, 行わる, 見ゆ

▼ 事ちゃ~ (12, 0.0%)

2 ない, ないか 1 から然, ない此様, アない, ア有りません, ア有りやせん, ア無い, 有りゃしない, 見合も

▼ 事でありまし~ (12, 0.0%)

1 [12件] て, ていまだ, てこれ, てさらに, ても清子さん, て一國, て世界, て之, て極, て私, て頭, て餘程議論

▼ 事においては~ (12, 0.0%)

1 [12件] あえて他, わが才能, 主キリスト以上, 乙組中鏘, 変りは, 大抵な, 宗伯老の, 彼は, 我れ正し, 毎日毎夜筆を, 疑問を, 目下油絵技法の

▼ 事にこそ~ (12, 0.0%)

2 あれとて, よれ冤謫懆愁 1 あるの, よる, よれ, よれ兄妹, よれ勿体ない, よれ盗人同様, 然ながら, 美しさ

▼ 事によりて~ (12, 0.0%)

1 [12件] かく罪せられた, われらの, 多少の, 天處に, 委ねられざる職務, 將來の, 小生幾分か, 救わるべし, 新たに, 筑紫に, 自ら慰めね, 言語の

▼ 事ばかし~ (12, 0.0%)

2 しやが, 考へて 1 じゃねえ, それにあんた, である, 云つてゐる, 仕て, 考えて, 言って, 話して

▼ 事~ (12, 0.0%)

2 て, てす, てすか, て何 1 た, たら話, てさ, て無い

▼ 事~ (12, 0.0%)

3 かりき 1 かり, かりしが, かりしこと, かりしなり, かるべきは, かるべく伏蔵, クテ確證少, 日, 時

▼ 事~ (12, 0.0%)

2 に帰した, も, を知らない 1 に通じ, に通じない, の異, を一向, を打ち明け, を調査

▼ 事観三昧~ (12, 0.0%)

6 に入っ 1 で立ちますれ, という名, に入った, に入らね, の指示, の示す

▼ 事こわし~ (11, 0.0%)

51 でございますよ, です, と思っ, になります, になる, の部

▼ 事すべて~ (11, 0.0%)

1 [11件] が水泡, が無駄, の人, は夢, をやっ, を引きうけ, を斥, を独り, を知っ, 気にいらん, 然り

▼ 事でありました~ (11, 0.0%)

1 [11件] から泣い, がい, がいたましい, がそこ, が女, が父, が田中君, が私, けれど今日山崩, ので伺った, 木村が

▼ 事でで~ (11, 0.0%)

10 もある 1 もありましょう

▼ 事としては~ (11, 0.0%)

2 書きこなし 1 いけないただ, いたが, どうも解し得ない, 九州で, 彼は, 書き難い, 生に, 百姓が, 神の

▼ 事なぞが~ (11, 0.0%)

1 [11件] あぢきなく考, あった, あれこれと, おぼろに, その證拠, とりとめも, どうしてか, 一時に, 心に, 目に, 言いようも

▼ 事なりと~ (11, 0.0%)

1 [11件] まづ大, 一伍一什を, 云に, 云ふ, 云り, 告れ, 我が子, 申せしかば, 申せば, 種々利解有, 考えら

▼ 事なるべし~ (11, 0.0%)

1 [11件] とお, と思はる, 又ヴァンニ, 大磯鎌倉は, 帝金陵の, 御本陣, 御蔭にて, 母上には, 矢張馴染の, 蕁麻は, 越前を

▼ 事はと~ (11, 0.0%)

5 目も 1 いうと, お富, そこで, 心を, 思って, 打ち消しながらも

▼ 事よりは~ (11, 0.0%)

1 [11件] その本当, どれだけ, 事柄は, 干支を, 強力なる, 悪い事, 為に, 矯激な, 自分を, 華麗な, 話の

▼ 事必ず~ (11, 0.0%)

2 丹波の, 起るに 1 あり, ともお, わが導者, 倹約を, 夜を, 対偶ありで, 理と

▼ 事~ (11, 0.0%)

1 [11件] らしいこと, らしい事, らしい言説, らしくこの, らしく今更, らしく吹聽, らしく書き伝えたけれども, らしく自然主義, らしく観せられるの, らしく論じるまでも, シキ仔細ニハナク候ヘドモ何事ニマレ信長

▼ 事決して~ (11, 0.0%)

1 [11件] ないです, わが佐倉宗五郎, 不忠の, 初対面の, 初對面, 北寿に, 口外致すまじ, 容易で, 浅少に, 為すべからざる, 難きに

▼ 事~ (11, 0.0%)

6 ひなし 1 なかるべし, なきの, なし, なしと, を容れざるべし

▼ 事あった~ (10, 0.0%)

1 かてあんた, ね, ので雨後, わねあの, ん, 二月ほど, 場合には, 翌々日おとよ, 翌日六月三日で, 際は

▼ 事じゃと~ (10, 0.0%)

1 いって, うむと, 云いたいなれども, 云って, 再々悪しざまに, 唯箕作, 存じまして, 申すか, 考えたの, 考えて

▼ 事であったろう~ (10, 0.0%)

31 かは察, とはどうしても, と公正, と思いやられる, と思う, と思われる, と想像

▼ 事とては~ (10, 0.0%)

3 一から, 少しも 1 ございませんでした, なく慣れぬ水, なけれども, 一度も

▼ 事とで~ (10, 0.0%)

1 これから直接, 一寸藝, 今日まで, 心置きなく, 日本海軍の, 段々度々千世子, 考へ, 謎の, 責め立てられたの, 足りて

▼ 事なんかは~ (10, 0.0%)

1 ありゃあしませんわ, いかにもとっつけた, すべてが, できない事, 出来なかった, 忘れて, 思いも, 書いて, 清水さんに, 百も

▼ 事までを~ (10, 0.0%)

1 ここで, すべて虚伝と, その表情, チベット仏教について, 古い時, 妻にだけは, 聞き伝えて, 自分で, 話すと, 賄わした

▼ 事もう~ (10, 0.0%)

1 あたしには, お誕生位, つかりは, 一組日劇アトラクション隊と, 三人も, 半ばは, 居ない, 来そう, 紙に, 行こう

▼ 事らしく~ (10, 0.0%)

2 曲者が 1 いつまでも, は思われない, ひそひそと, もありません, も思へない, 告白し, 声を, 自分も

▼ 事ム所~ (10, 0.0%)

1 で会合, に来き, に行きかえりする, に行った, のタイプライター用紙, の父, へ行き, まで行っ, も出来た, を裏

▼ 事一通り~ (10, 0.0%)

3 でない 1 でない或は, でなかったが, でなさそう, では, ならずおのづと色, を片づけ, 御聞きあれ

▼ 事云っ~ (10, 0.0%)

2 たって 1 たって一生ミス, たって誰, たって貴女, たって駄目, て, てこの, て居らっしゃる, て居りました

▼ 事勿論~ (10, 0.0%)

2 なり, なれど, なれば 1 であるが, なるべし, の義, 其は

▼ 事夫婦~ (10, 0.0%)

2 に酒, は許宣, を呼び 1 はひどく, は不思議, をはじめ, をはじめ李将

▼ 事實そのもの~ (10, 0.0%)

1 が區別, が否定的, が如何, が眞, によつて規定, の上, の中, の示す, はすでに, を表出

▼ 事~ (10, 0.0%)

3 ばかりは急 2 のうち 1 にかかり, に任せず, を付新藤夫婦, を悩ます, を遣った

▼ 事~ (10, 0.0%)

3 れは 1 に臨みし, に臨めるなれ, れも, れもすとて, れ之, を誘ひ, 猶人

▼ 事有り~ (10, 0.0%)

1 て一夜これ, て貫一, て金四百五十兩, と覚, 今日沙汰を, 兩端に, 公家より, 又貝塚, 暫く左右, 気に

▼ 事~ (10, 0.0%)

21 しいとともに, しいもの, しい是, しい時, しく十二, しく手, しく而, 多し

▼ 事甚だしく~ (10, 0.0%)

1 ついに専ら恐怖, ついに腹立つ, なりて, チノ・エス・エル・シウダッド・デル・ハボン, 一度に, 否悪, 新婦の, 最も注意, 獅近処に, 種々の

▼ 事能わざる~ (10, 0.0%)

1 が如く, に至らん, も傍人, を以て其, を以て冷水灌漑, を以て小, を以て帰る, を以て無, を以て片山夫婦, 故選び

▼ 事あの~ (9, 0.0%)

1 ひとに関すると, 三人に関する, 人の, 合歡花を, 方から, 方が, 方の, 深い感じそのもの, 通りさ

▼ 事かく~ (9, 0.0%)

1 と定, のご, のごと, のごとき, のごとし, の如し, まで発達, も前例, 有様で

▼ 事それ自身~ (9, 0.0%)

1 が善, が彼, が私, が間違い, に興味, の中, の為め, ばかりで, を目的

▼ 事~ (9, 0.0%)

1 おましたやろ, して, すから, すよ, どうする, どんな事, まえから, 因幡町の, 御役所

▼ 事としても~ (9, 0.0%)

1 そのため, それが, まだ足りなかった, 受け取れない, 杜周, 煙草耕作段別の, 猶或, 絵巻物の, 貴兄の

▼ 事とばかり~ (9, 0.0%)

2 思い込んで 1 で好い, 信じ切った母, 思うて, 思って, 思つてを, 思ひ込んで, 解せられたから

▼ 事にては~ (9, 0.0%)

2 無之候 1 なかるべし, 何の, 候わず, 成就覺束なし, 江戸の, 決して発見, 無御座候

▼ 事による~ (9, 0.0%)

2 ので 1 とお敏さん, とこ, ともうお, ともう三年二年一年, とわが, のである, 證據の

▼ 事よく~ (9, 0.0%)

3 御言葉 1 あるやつ, これを, 判って, 判つていらつ, 知って, 釣り合つてらアね

▼ 事をすら~ (9, 0.0%)

1 あえてせぬ, 忘れられたる或, 忘却する, 思はせられた, 惜しんで, 書いて, 知って, 知つてゐる, 許されざる人々

▼ 事をのみ~ (9, 0.0%)

2 語りて 1 お喜び, 希ふ, 必要である, 知って, 知つて一應は, 考えて, 芸術なりと

▼ 事一切~ (9, 0.0%)

1 が一種, が或, の副詞, の物, までを寿女, を今爲, を否, を姉, 集まる

▼ 事~ (9, 0.0%)

1 から起り, が何, が即ち, なり, を和, を尋ね, を故実, 主宰, 事也

▼ 事以上~ (9, 0.0%)

1 にうまい, にかへつて, に大切, に愕然, に無上, に難しい, の不快, の事, の悲惨事

▼ 事~ (9, 0.0%)

2 に申しました 1 から余り好き, にもまして, にもやし, にも言, にパーキンス, に現, の如し

▼ 事~ (9, 0.0%)

2 註に 1 へはあまねく, よりも多く, 來より, 儀に, 參の, 聖人の, 註にも

▼ 事変り~ (9, 0.0%)

1 きわめて穏健, この婆さん, その物腰, 何ん, 右の, 幾度か, 手振り身振り鮮やかに, 武士が, 熱帯国であります

▼ 事子供~ (9, 0.0%)

2 に嫁, の未来, を伴 1 と云, と云う, に関する限り

▼ 事成れ~ (9, 0.0%)

2 ばそ 1 ばひとり御身, ばトンネル, ば一口聞, ば大いに, ば天が下, ば姉御, ば直に

▼ 事~ (9, 0.0%)

1 しは, にかわり, の人, の医学生, の周公, の物語, は支那, よりいふ, より人

▼ 事東京~ (9, 0.0%)

2 の事 1 に住ん, に放浪, に於ける, の客, ばかりで, へ出る, や京阪

▼ 事殊に~ (9, 0.0%)

1 仏教は, 向うは, 安心仕り, 心肝に, 母の, 無益の, 私し, 自分が, 貴樣

▼ 事無し~ (9, 0.0%)

1 と云, と知らる, と雖, なんぞ予, に唯ぶらぶら, に煙, に笑顏, に自分, に自分達

▼ 事~ (9, 0.0%)

1 一千米突, 一里蒲田温泉が, 三丁に, 三十間に, 二昼夜に, 二時間半夕食が, 五六寸の, 十分に, 十間それから

▼ 事~ (9, 0.0%)

2 かない, かぬ 1 いて, かむ, くけれど, けて快から, ず此事

▼ 事聞いた~ (9, 0.0%)

1 から風呂, がよい, ぜ, の, 事が, 事も, 事一切を, 信吾さんが, 信吾様が

▼ 事言っ~ (9, 0.0%)

1 たってたより, たって僕, ちゃ罰, ていた, てえばってる, ても, てもらっ, て来られる, て行かなかった

▼ 事いかに~ (8, 0.0%)

3 して 2 してか 1 おもひとり玉, 悲しむべきに, 戀路に

▼ 事いっ~ (8, 0.0%)

1 たってお母さん, たってお父さん, たって分りません, たって困りますよっ, たって変, ちゃあたい, ている, てさんざん

▼ 事およそ~ (8, 0.0%)

2 一丈四五尺にも, 七百五十余年也 1 五か月あまり也, 五十余里河に, 前日来経歴した, 十箇条を

▼ 事かい~ (8, 0.0%)

2 お角さん, ていた 1 てあんな, ウム, 下宿へ, 何だ

▼ 事かわっ~ (8, 0.0%)

21 てすっかり, て加越, て和辻博士, て敬四郎, て珠数屋, て至極

▼ 事ぐらいは~ (8, 0.0%)

1 とっくに承知, よう弁え, 出来るであろうという, 分りそう, 嫁なり, 弁えの, 私にも, 足腰が

▼ 事すらも~ (8, 0.0%)

1 すぐ近所, わたしの, 多くは, 忘れず此後千年生延, 忘れて, 快よく, 敢て, 見当が

▼ 事でござる~ (8, 0.0%)

31 かな, てないや, の, のう, 併し

▼ 事でし~ (8, 0.0%)

2 てね 1 て, てねえ, てねお互い, て其の, て其以來團三郎, て私

▼ 事で無い~ (8, 0.0%)

2 と信じ, のが 1 かも知れない, のです, 何処かに, 私は

▼ 事なぞも~ (8, 0.0%)

1 あった, ありませんでした, この先, ちらりと小耳, 凡て尤もな, 思い出の, 滅多に, 非常に

▼ 事なんかを~ (8, 0.0%)

1 いちいちはいはい, かるい調子, 千世子は, 君に, 夜っぴてはなし, 思い出すと, 考へる隙, 話して

▼ 事にゃ~ (8, 0.0%)

1 ならんよ, なりゃしないわ, なるめ, ァ驚かねえ, ハイ気が, 承知せん, 永久に, 馴れたでの

▼ 事によつ~ (8, 0.0%)

2 て何 1 てすぐ, てせめて, てどうか, てどれ, て少し, て果して

▼ 事まだ~ (8, 0.0%)

1 そのほか, 一冊の, 一册の, 僅かであった, 其外いくらも, 夥しくある, 彼女の, 結ばんに

▼ 事~ (8, 0.0%)

2 の親切 1 から医, に勝れ, の木, の者, の諸, 船の

▼ 事~ (8, 0.0%)

1 ある婦人, なき後, の世, の死, は本田家, より段々, れに, をこの

▼ 事~ (8, 0.0%)

1 なりと雖, なるが, なるに, に見え, 作男の, 供達が, 松屋の, 桜縅の

▼ 事少し~ (8, 0.0%)

2 もなく 1 いは, も分からず申せ, も恐れる, も珍ら, 甲斐性の, 知るです

▼ 事已に~ (8, 0.0%)

2 六十余年近日此雪譜を, 初編にも 1 年あり, 往けり, 断絶する, 議論の

▼ 事~ (8, 0.0%)

1 から抜け出, という面, と称, の, のよう, の随一, や女形, をし

▼ 事~ (8, 0.0%)

1 かと千太郎, か能, けれバ, とも御, と云, と御, ば先々此方, ば急ぎ

▼ 事成す~ (8, 0.0%)

2 事思ふ, 事直ぐ目に, 可から 1 事が, 事損毛のみ

▼ 事改めて~ (8, 0.0%)

1 ご主君, そこへ, ギリギリ歯を, 女の, 御願ひ致し, 申すまでも, 調べの, 諸家の

▼ 事日本~ (8, 0.0%)

1 でも上流, で始めなり, にはいらつ, にもあり, に居った, の古書, の巡礼輩, へ帰っ

▼ 事極めて~ (8, 0.0%)

1 大きかった, 意外病勢は, 捷く, 稀だ, 米国を, 罕だった, 複雑難渋だ, 遠からず

▼ 事為す~ (8, 0.0%)

2 事が 1 事ことごとく, 事つまり, 事どうも, 事に, 事半間じゃ, 事怪しい

▼ 事疑い~ (8, 0.0%)

2 なしと, を容れず 1 なし, なしその, なしわが, なし梵名マカラ

▼ 事誠に~ (8, 0.0%)

1 堪難く何國, 是非も, 痛むべく遂に, 白子屋滅亡の, 目を, 稀なる, 賢なりと, 難くも

▼ 事遠から~ (8, 0.0%)

2 ざれども, ずと 1 ざるなり, ざるを, ざる停車場, ぬもの

▼ 事遠き~ (8, 0.0%)

2 僻境なり, 此地にも 1 は言うまでもない, ほどその, もなお, 所に

▼ 事あるべし~ (7, 0.0%)

1 か, その時, とは夢, と思い読む, と曹操, 幸ひ, 船にも

▼ 事いつ~ (7, 0.0%)

2 でもしかなり 1 ちや何だ, てからかつ, てるツ, までもこうして, までも父様

▼ 事いよいよ~ (7, 0.0%)

1 かたきを, に迫りますれ, のつ, 急なり, 明かなり, 深くし, 露顕に

▼ 事がと~ (7, 0.0%)

1 いったって, 云つて苦笑した, 思いつつ, 思ひ出すと, 我と我が, 言ふ, 飛んでも

▼ 事くらい~ (7, 0.0%)

1 なもの, なんでも, 世の中に, 反省を, 容易な, 支那の, 美しい出会

▼ 事ぐらい~ (7, 0.0%)

1 できる女, で毫も, 完全な, 知ってるさ, 芸者が, 解って, 誰だって

▼ 事じゃろう~ (7, 0.0%)

2 と思う 1 かなあ七代さん, がうう, て教え, と思っ, のう

▼ 事ずみ~ (7, 0.0%)

1 じゃ, だ, となった, となつ, となり, にすべきであろう, になった

▼ 事ただ~ (7, 0.0%)

1 この三つ, それだけの, ならずと, ならずとは, の一度, もう清さん, 主命に

▼ 事ちがい~ (7, 0.0%)

1 お前方, ただちに問注所, 世間の, 唯今では, 坂東武者は, 敵前敵中の, 畑の

▼ 事~ (7, 0.0%)

4 ちゃあない 1 ちゃあなし, ちゃない, ちゃア

▼ 事つらい~ (7, 0.0%)

3 事さり, 事情ない 1 事は

▼ 事でありましょう~ (7, 0.0%)

41 がお, が父, が私

▼ 事で御座いました~ (7, 0.0%)

1 から, から私, か或, がその後, がそれ, っけ, ねえ

▼ 事とのみ~ (7, 0.0%)

1 存居候いしに, 思い詰め己, 思つてましたら, 思つてゐる, 思ひゐたるに, 思ひ僻みけむ, 期待し

▼ 事と共に~ (7, 0.0%)

1 八時間の, 寸刻と, 得て, 日本人と, 給り, 記されて, 説かねば

▼ 事ならざる~ (7, 0.0%)

2 可から 1 は莫, もの自然の, 也, 以上は, 恨みは

▼ 事なりき~ (7, 0.0%)

1 さて明治八年, とぞ, 例の, 同郷なる, 太祖宮中に, 我が住塩沢, 阿波の

▼ 事なるや~ (7, 0.0%)

2 と問, と有 1 と云, と尋ねられけれ, と尋問

▼ 事に対しては~ (7, 0.0%)

1 き, 一切無関心な, 一番理解の, 寸毫の, 恐らく誰, 百の, 返答が

▼ 事ねえ~ (7, 0.0%)

1 さあいらっしゃい, そんなら, どうした, 暮の, 清さんに, 行きたくなつ, 迎に

▼ 事~ (7, 0.0%)

1 しただ, しなさんな, つかりしか, つかり書いて, つかり考へて, ッかいいう, 真面目に

▼ 事~ (7, 0.0%)

1 い為, え云っ, え思ってた, え続く, おっびろげてはあ, 言うと, 言わねえもん

▼ 事もし~ (7, 0.0%)

1 あるいは伝播, そうした暁, 三平の, 兼ねない, 成らば, 満足な, 能わずとも

▼ 事やを~ (7, 0.0%)

2 彼に 1 回想しつ, 思ひ出した, 熱心に, 繰返し繰返し考え, 考へるとも

▼ 事をか~ (7, 0.0%)

1 ひこと, 全畫圖, 成さんずると, 申たる, 緊要ならず, 覚しけん, 言ひけん

▼ 事一つ~ (7, 0.0%)

2 に努力 1 に, は身ひとつ, ばかりを記憶, を味方, 頼んでも

▼ 事一度~ (7, 0.0%)

1 にいろ, もあった, もみ候上は, も遊ばざる, 古九谷, 来訪ありたき, 破れたが

▼ 事~ (7, 0.0%)

1 てられるもの, にいくら, にも, に乗った, の騒人, 又相州小田原辺, 各道

▼ 事主人~ (7, 0.0%)

1 がいたします, が夜, が此度出版, の殿, の申し, はもと, を欺き

▼ 事~ (7, 0.0%)

1 かなので岩松経家, かにその, かに打首, かのよう, にお, に病気, に癪氣差起り明日

▼ 事~ (7, 0.0%)

1 などとは雲泥の差, には出来ない, に聞いた, の指し金, の方, はいよいよ, は知らん

▼ 事其の~ (7, 0.0%)

1 令嬢も, 以来曾て, 帝国政府の, 帝國政府の, 態度の, 方に, 頃から

▼ 事~ (7, 0.0%)

3 なり 1 て手足, と為りし, なるに, なるにも

▼ 事~ (7, 0.0%)

2 はぬ, ひ難し 1 ざれば, はざれ, はね

▼ 事~ (7, 0.0%)

2 之ある, 他人の, 有るべからざる事 1 な者

▼ 事夥しく~ (7, 0.0%)

21 かつ窮, て共同, 余が, 次第に上海, 血肉を

▼ 事~ (7, 0.0%)

1 に喜ん, に文章, 学校の, 抵予が, 清国皇帝の, 神楽の, 鯰が

▼ 事~ (7, 0.0%)

1 いかねそれ, からざる致方, に随, の項, を弁理, を弁理候始末, を得たる

▼ 事~ (7, 0.0%)

4 の如し 2 のみ珍 1 のごとし

▼ 事~ (7, 0.0%)

1 には七歳, に柳町, に残つた家族共, に殘つた家族共, に聞く, はお話, 奈良帝の

▼ 事我が~ (7, 0.0%)

3 蔭口を 1 君今年正月七日の, 恥よりも, 筆下に, 綱吉将軍に

▼ 事~ (7, 0.0%)

1 でも, に敵方, に求める, に秘し, に考へる, らしく感慨, わるくない

▼ 事最も~ (7, 0.0%)

1 うしろめいた, 多きなり, 文獻と, 穩當なる, 遲し, 重要なる, 難き自己

▼ 事~ (7, 0.0%)

3 になっ 1 となった, になる, にはならぬ, に成りました

▼ 事~ (7, 0.0%)

2 とすべし 1 らしかった, らしからざる, らしき事, らしく左様, らしく述

▼ 事~ (7, 0.0%)

2 なれば 1 でそれ, なり, なりしかば, なれど, に春

▼ 事細やか~ (7, 0.0%)

1 にお, に存じ, に探り, に教示, に説明, に述べた, に道

▼ 事考え~ (7, 0.0%)

1 ていた, ていたでしょう, ても一寸, て居た, て居る, 乍ら出来る, 知らんにも

▼ 事聞い~ (7, 0.0%)

1 ちやつたンだ, てくれた, てどう, てなん, ても判ン, て何, て來

▼ 事~ (7, 0.0%)

2 は敵藥 1 の力, の如し, は敵薬, を取られよう, を融通

▼ 事~ (7, 0.0%)

2 の儀, りに 1 りと, りなる仕方, り殘念

▼ 事~ (6, 0.0%)

1 どうでも, ないよ, はなっから, 大した事, 知ってるよ, 言わねえから

▼ 事あつ~ (6, 0.0%)

2 たわね 1 たね, たのよ, てこの, てほしい

▼ 事あまりに~ (6, 0.0%)

2 繁瑣に 1 不思議と, 古代日本中心民族と, 唐突ゆえお, 遠い

▼ 事あらわれ~ (6, 0.0%)

1 しかと覚えられます, ている, て一味徒党, て曹操, て驚いた, 市尹の

▼ 事いつも~ (6, 0.0%)

3 のやう 1 さうし, の日本人, よりしずか

▼ 事いと~ (6, 0.0%)

2 ほし乳房 1 さまざまなり, 多かり, 安き事ニ候, 悲しと

▼ 事いはん~ (6, 0.0%)

3 かたなし 1 かたなく, と一ぺん乘, 方なし

▼ 事かなと~ (6, 0.0%)

1 ロオザ訝れ, 一人云つ, 呆れて, 我兩手を, 臆病なる, 馬を

▼ 事からは~ (6, 0.0%)

2 なれたかった理由 1 あるいは流行唄, なかなか拔, 縁が, 離しては

▼ 事かを~ (6, 0.0%)

1 なさぬと, ややしばし考えつめ, 低目, 嘲けるの, 決めようと, 疑は

▼ 事この上なし~ (6, 0.0%)

3 小利口なる 2 ですから 1 ですが

▼ 事これから~ (6, 0.0%)

2 法師温泉まで 1 さきの, の事, の記事, はすべて女性

▼ 事してる~ (6, 0.0%)

2 から駄目 1 じゃない, の, の見る, んだろう

▼ 事しない~ (6, 0.0%)

1 からいい, だっていい, で下さい, で勉強, で早くおとなしく, というの

▼ 事すこぶる~ (6, 0.0%)

1 困難なる, 煩わしいから, 疎略にて, 詳らかで, 難い, 難しと

▼ 事ずくめ~ (6, 0.0%)

1 だったので, である, でどうにも, で自分, になっ, に想っ

▼ 事そう~ (6, 0.0%)

3 して 1 だ少し, でなくても, なさいましな

▼ 事だけしか~ (6, 0.0%)

1 しないに, 出て, 知らない若, 知らなかつたの, 考えない, 聞かない

▼ 事だけの~ (6, 0.0%)

2 ために 1 ことで, 樣である, 浪路だった, 説明の

▼ 事だつ~ (6, 0.0%)

3 てある 1 てろくろく, て彼, て然

▼ 事~ (6, 0.0%)

1 ちや無え, てありません, てある, てなあに, て何, て何ん

▼ 事つまり~ (6, 0.0%)

1 このあと, その人, 人生の, 有毒細菌を, 肉体関係が, 軍閥や

▼ 事であるまい~ (6, 0.0%)

31 と人々, と思いました, と思う

▼ 事でと~ (6, 0.0%)

1 口で, 斯う申しました, 有難いを, 神酒の, 笑つて俳句です, 聞きましたら私ア旦那さま

▼ 事とに~ (6, 0.0%)

1 おなじおも, つながりの, 依って, 基くの, 日を, 由りて

▼ 事なから~ (6, 0.0%)

3 んと 1 ずはと, んか, ん為め

▼ 事などから~ (6, 0.0%)

1 どうかした, 万事は, 問ひし, 推せば, 考へ, 見ても

▼ 事などには~ (6, 0.0%)

2 何の 1 いっさい無頓着でございます, 気が付きません, 耳を, 関係が

▼ 事などの~ (6, 0.0%)

1 ない私, 出来るもの, 名が, 夢にも, 思ひ出, 為め御召出しの

▼ 事ならぬ~ (6, 0.0%)

2 ほどなれ 1 からやむをえず, ぞ, まに, 穽や

▼ 事なるべけれ~ (6, 0.0%)

21 ど我, ど日本本州, ば人, ば案内しま

▼ 事なんて~ (6, 0.0%)

1 いつも大切, そんなこと, とぼけるな, もっとも盛, 知りたいとも, 銀座を

▼ 事にさえ~ (6, 0.0%)

1 かまわなければ, なって, 出会わなければ, 思われた, 気がついて, 苦しんだ

▼ 事に対し~ (6, 0.0%)

1 それを, とりわけ誇り, 何かしら得を, 私は, 而し, 良心を

▼ 事に対しての~ (6, 0.0%)

1 三重の, 刑罰は, 呪第, 感謝で, 興味が, 興味は

▼ 事に対しても~ (6, 0.0%)

1 世間は, 何の, 勿論空想化, 嫂を, 徹底的に, 疑を

▼ 事のと~ (6, 0.0%)

3 思ひしが 1 あの狭い, その方, 間違いの

▼ 事ふつ~ (6, 0.0%)

3 と跡, に無けれ

▼ 事みたい~ (6, 0.0%)

1 だが, でまた, にいう, になっ, に答えた, に高

▼ 事みな~ (6, 0.0%)

3 から忘れ 1 きりつめたる有様, そのよろしき, よくわが

▼ 事やらを~ (6, 0.0%)

2 訊ねて, 話した 1 思って, 笑い合って

▼ 事三年~ (6, 0.0%)

3 にし 1 ののち女いわく, の年月, を過

▼ 事~ (6, 0.0%)

2 にしるす, に説く 1 に図, に言うべし

▼ 事二人~ (6, 0.0%)

1 が中, の士官, の關係, はいつも, は昨夜, を伴

▼ 事今日~ (6, 0.0%)

1 あらんこと, に到っ, に始まった, の如き, は長, 忘れ先刻

▼ 事何故~ (6, 0.0%)

2 このやう 1 かは存じ候, なるや, に心苦しき, 此やうに

▼ 事~ (6, 0.0%)

2 に亘る 1 けになれ, なると, になる, になれ

▼ 事~ (6, 0.0%)

2 來ず 1 けん様, て来なかった, 來へ, 遇つた様々な

▼ 事初編~ (6, 0.0%)

2 にもく, に委しく, に記せり

▼ 事~ (6, 0.0%)

2 里許右に 1 に止め, 藏の, 里で, 里に

▼ 事~ (6, 0.0%)

1 が更けた, になっ, になつて床, の事, は則, は格別

▼ 事~ (6, 0.0%)

2 の事 1 には稀, に関しては全智全能, の身受け, はまた

▼ 事如何~ (6, 0.0%)

1 して, な事, にも殘念, に昔, の心得, 許の

▼ 事實さ~ (6, 0.0%)

1 うだ, うだと, うです, へも曲庇, へ傳, へ疑はれる

▼ 事實それ~ (6, 0.0%)

1 が到着點, だけの大きな, は, は日本, は此方, を立證

▼ 事少なから~ (6, 0.0%)

21 ざれば, ずされば, ずと, ぬ

▼ 事~ (6, 0.0%)

2 ありしに 1 ありて後雪国, に精, を越え, 久し

▼ 事必定~ (6, 0.0%)

3 なれば 1 じゃ, なり如何, なるべし

▼ 事思ふ~ (6, 0.0%)

2 壺に 1 と今, と悲しく, ままに, 事の

▼ 事成ら~ (6, 0.0%)

2 ば爾等 1 ばよし, ばわれ, ば封侯, ば王

▼ 事成らず~ (6, 0.0%)

1 とあきらめた, と見た, にはしまった, むなしくも, 遂に神, 都へ

▼ 事成れり~ (6, 0.0%)

1 とばかりに小川秋明, と思う, と抃舞, と杯, と肯き合った, と自ら慢心

▼ 事~ (6, 0.0%)

1 る夜, る知人, る若い, 人が, 時などは, 蹲或

▼ 事~ (6, 0.0%)

3 の如し 1 の如く, の如くなり, の如し此事我々

▼ 事本末~ (6, 0.0%)

2 の體 1 であ, といふもの, は著しい, を加

▼ 事果て~ (6, 0.0%)

2 てより 1 その鷲, て後, て後家, 箱館に

▼ 事死んだ~ (6, 0.0%)

1 大旦那, 小紫, 川口は, 方が, 日もう, 親父の

▼ 事~ (6, 0.0%)

1 にかかり, にする, になさらない, にもかからね, を奪われ, を易

▼ 事~ (6, 0.0%)

1 にあきらか, にいと, にこれ, に可能, の思ふ, 固より

▼ 事~ (6, 0.0%)

2 を駭 1 の前, の悪い, も当てられず, をつぶっ

▼ 事知る~ (6, 0.0%)

1 かえ, ないです, もんか, もんです, 可から, 可し

▼ 事考へ~ (6, 0.0%)

1 てみよう, てやる, て九段, て仁義, て又, て見れ

▼ 事能わず~ (6, 0.0%)

1 と昔, 人並みに, 何となれ, 剰え櫓櫂, 手足も, 研究また

▼ 事落着~ (6, 0.0%)

1 か最初, した後, して, と相成っ, に及び, の上

▼ 事見る~ (6, 0.0%)

2 もき, 目も 1 に堪, もの聞く

▼ 事言つて~ (6, 0.0%)

1 たし, も, る樣, ゐても, ゐないで, ゐる

▼ 事~ (6, 0.0%)

3 なし 2 なしとこ 1 なしと

▼ 事~ (6, 0.0%)

3 にあれ 1 にしみ, にしみぬべし, に染初

▼ 事~ (6, 0.0%)

2 と煙草 1 のよかつ, の事, の席, を覆し

▼ 事難し~ (6, 0.0%)

2 とぞ 1 さりながら, とす, 因ってかの, 恐らくは角

▼ 事~ (6, 0.0%)

2 れなば 1 ならざるよう, はれて, れて, われて

▼ 事露見~ (6, 0.0%)

1 して, ってえ, というとき, と察し, と知っ, と知った

▼ 事あらじ~ (5, 0.0%)

1 という男これ, と云, と思ひ, を, 幸ひ

▼ 事ありや~ (5, 0.0%)

1 と問う, と尋ねる, と尋問ら, と話, へんがな

▼ 事あるいは~ (5, 0.0%)

1 ここに, その歌, 一ヵ月ないし, 塵が, 陸上に

▼ 事おま~ (5, 0.0%)

3 へんか 1 へん, へんな

▼ 事かわり~ (5, 0.0%)

1 その裏側, て御子, 何んと, 其曲者を, 口すぎの

▼ 事ことごとく~ (5, 0.0%)

1 これ必然である, 定まる後, 毛孔に, 落度ばかり, 説明らめた

▼ 事したら~ (5, 0.0%)

1 あきまへんが, いくらおっ, 俺らあの世で, 後の, 御座敷

▼ 事そのもの~ (5, 0.0%)

1 が直ちに, に感心, に格別, に非常, よりは功

▼ 事そんな~ (5, 0.0%)

2 ものは 1 事が, 事は, 事をも

▼ 事だったら~ (5, 0.0%)

1 どうしましょう, どんなに自慢, ばそれで, まだまだ母, 陰で

▼ 事でござんした~ (5, 0.0%)

3 とてほろり 1 か, な

▼ 事でしたら~ (5, 0.0%)

3 私は 1 どうにもし, どない

▼ 事とても~ (5, 0.0%)

1 あるまじけれど, この後大学, なかつた, 同様でございまし, 駄目です

▼ 事とな~ (5, 0.0%)

2 つては 1 さば今日以前の, せり, つたのは

▼ 事なくうき~ (5, 0.0%)

5 世語りなどを

▼ 事にあたって~ (5, 0.0%)

1 うろたえなきよう, 研究し, 経文を, 落着きなき, 進退の

▼ 事にかけて~ (5, 0.0%)

1 ひけを, 一種の, 居士よりも, 想へば, 清潔な

▼ 事にしか~ (5, 0.0%)

1 すぎない, 及ばぬの, 思えなかった, 思つて居なかつた, 過ぎない

▼ 事にや~ (5, 0.0%)

1 ありけん, それにつれて, 僕あ, 友次郎が, 昔し

▼ 事によっては~ (5, 0.0%)

1 おもしろくない, それが, ヴァイオリニストにも, 御相談, 覆面でも

▼ 事はなはだ~ (5, 0.0%)

2 疎いもの 1 大切なり, 明也, 複雑に

▼ 事ばかりの~ (5, 0.0%)

2 ように 1 やうな, ようだ, 戦争なんか

▼ 事ばっか~ (5, 0.0%)

1 しで, し云うん, し夢中, し考えさせられる商売, 多くて

▼ 事ばっかりは~ (5, 0.0%)

1 ありませんからねえ, 今でも, 今の, 秘密に, 間違いねえ

▼ 事ばっかりを~ (5, 0.0%)

1 そわそわし, 一心に, 云って, 思い出して, 教え込まれるもの

▼ 事ふべき~ (5, 0.0%)

1 かと云, こと定まれる, の神, 者を, 舅姑を

▼ 事~ (5, 0.0%)

2 ぐはひほがひ烏羽玉の 1 へにいへる, へに引たる書, へのごとくし

▼ 事むかし~ (5, 0.0%)

2 よりの事, より今に 1 古いむかし神

▼ 事やつ~ (5, 0.0%)

1 たらえらさうな, たら浄瑠璃, たら私, てくれた, てると

▼ 事よろしく~ (5, 0.0%)

1 おねが, お差圖, お頼みします, 頼みやす, 頼む

▼ 事をさえ~ (5, 0.0%)

1 忘れる程, 思ったもの, 教えて, 程能く, 遠慮し

▼ 事~ (5, 0.0%)

1 事ハ絶エテ人知ラズ, 他實物ニ付キテハ何事ヲモ知ル事能ハザルナリ, 全體ニ渉リ, 意外ニ驚キ呆レアマリニ羞カシイ恰好ヲシテイルノデ寝, 決断成リカネ息ノツマル程

▼ 事一人~ (5, 0.0%)

1 でこの, の力, の女, の男, の計

▼ 事一寸~ (5, 0.0%)

1 しゃべりませんかもうじきお茶, ちょんびり利口に, でも逢っ, でも逢つて, にし

▼ 事一時~ (5, 0.0%)

1 の戯, の流行物, は三遊亭円暁, ばかりなる, も早く

▼ 事上錬磨~ (5, 0.0%)

2 だよ, という言葉 1 をやっ

▼ 事世間~ (5, 0.0%)

1 が見え, に當, に知れよう, に見, の道理ニ

▼ 事久し~ (5, 0.0%)

1 けれど孤, けれど孤独, 客観的詩人あり, 荒んだ心, 貴族的思想の

▼ 事何くれ~ (5, 0.0%)

2 となく, と思出 1 と細か

▼ 事全く~ (5, 0.0%)

1 は麁朶, やんだそう, 孝行の, 支那同様ただ, 無きに

▼ 事去年~ (5, 0.0%)

2 の暮母 1 の冬金子, の秋, もいつだった

▼ 事又は~ (5, 0.0%)

1 お知らせ申上げたい, 他の, 女性の, 激しい感情, 見るべからざる人

▼ 事~ (5, 0.0%)

1 にこそ出, にしなかった, へ出さない, へ出し, を利く

▼ 事~ (5, 0.0%)

3 愛想に 1 愛しとは, 笑い事腹一杯

▼ 事~ (5, 0.0%)

1 でもなし, にし, に仕, に嶺雲その他, の風の音

▼ 事多い~ (5, 0.0%)

1 という事, と言った, 一年であった, 中について, 中を

▼ 事多けれ~ (5, 0.0%)

1 ど鹽一升百圓以上, ばなり, ば共に, ば多い, ば必ら

▼ 事大方~ (5, 0.0%)

1 ならず只, ならず後藤, ならず明暮涙, ならず毎, は都

▼ 事~ (5, 0.0%)

2 に抱き起された 1 が, の名前, は葡萄畠

▼ 事存じ~ (5, 0.0%)

1 の通り, 寄らざる仕合せ, 寄らざる儀, 申さずと, 申さず候

▼ 事実に~ (5, 0.0%)

1 今日の, 報国赤心之者に, 奇蹟による, 日本国民の, 珍らしい

▼ 事實的~ (5, 0.0%)

2 なもの 1 な眞理, にも純理的, 現實性

▼ 事少く~ (5, 0.0%)

1 して, なりたれば, 他に, 山深く, 虜陣戎庭之が

▼ 事尤も~ (5, 0.0%)

1 それ程の, な昔, 多き者, 水呑村より, 理の

▼ 事~ (5, 0.0%)

1 だち姫, に栖, のごとく, の如し, ほどあれ

▼ 事忘れ~ (5, 0.0%)

3 ちや駄目だ 1 ていた, はなさるまい

▼ 事思ひ~ (5, 0.0%)

2 も寄らず 1 もよらず, も及ばず, 定め給はんには

▼ 事支那~ (5, 0.0%)

1 にてこれ, の事, の文章, の詩, の警察

▼ 事明らか~ (5, 0.0%)

3 なり 1 となれり, に解る

▼ 事明白~ (5, 0.0%)

1 でそれ, なるを以て, なれば, に相, の御沙汰

▼ 事~ (5, 0.0%)

1 になっ, になつて, の夜, の如し, 多少

▼ 事段々~ (5, 0.0%)

3 に喰 1 その死んだ, 聞に

▼ 事~ (5, 0.0%)

2 にもか, の毒 1 に入りませぬ

▼ 事江戸~ (5, 0.0%)

2 の目 1 の初鰹魚, は今, ヲ追放サレテ

▼ 事深く~ (5, 0.0%)

2 その後再び 1 して, 下層民にまで, 其後再び

▼ 事~ (5, 0.0%)

1 しけるついで, て看病之者等, なりと取, ばかりも御座, 遣候

▼ 事申す~ (5, 0.0%)

21 ばかりなし, も中, やうで

▼ 事知らぬ~ (5, 0.0%)

3 身なれ 1 ものは, 港ながら

▼ 事~ (5, 0.0%)

1 人を, 困ること, 悪いそして, 結句は, 結果の

▼ 事~ (5, 0.0%)

3 は田中屋がた 1 に非, のない

▼ 事聞く~ (5, 0.0%)

1 こととかく, と思わない, や否, 事が, 事は

▼ 事~ (5, 0.0%)

2 にた 1 にたたまつ, に火, に迫り

▼ 事~ (5, 0.0%)

1 から辛労, 關東可被, 體が, 體は, 體助からない

▼ 事~ (5, 0.0%)

2 と車 1 で花見, などもそこら, の舳

▼ 事芝居~ (5, 0.0%)

3 に関する限り 1 に関しては仏頂面, に関しては向

▼ 事~ (5, 0.0%)

2 ていた, ゆ 1 も知らぬ

▼ 事露顯~ (5, 0.0%)

1 して, せしと, に及びな, に及時, はれて

▼ 事~ (5, 0.0%)

2 の如くなりし 1 の喬木, の如き, 吹き荒み熱砂顔

▼ 事あまり~ (4, 0.0%)

1 て言, の寒, 氣を, 遠くは

▼ 事あらためて~ (4, 0.0%)

2 いうまでも 1 いう意見, 問いただして

▼ 事ありません~ (4, 0.0%)

21 ね母さん, わ

▼ 事あんまり~ (4, 0.0%)

1 いわれん方, しつつ, だと, 貧弱な

▼ 事~ (4, 0.0%)

1 ずくに, らしった, ツそ浮世を, 上九人この

▼ 事いひ~ (4, 0.0%)

1 かへれ, はやす, 出で, 給ふ

▼ 事おっしゃる~ (4, 0.0%)

1 かと思っ, のです, はずが, までもない

▼ 事おの~ (4, 0.0%)

2 づから, づから其中

▼ 事お前~ (4, 0.0%)

1 がやって来, の腕一ツ, はお, は離縁

▼ 事かたく~ (4, 0.0%)

1 候神代の, 御法度と, 無用, 禁制

▼ 事かとも~ (4, 0.0%)

1 存じますが, 思ったが, 思われた, 思われますので

▼ 事からが~ (4, 0.0%)

1 先ず國體, 妙に, 彼には, 長い間

▼ 事がち~ (4, 0.0%)

4 やんと

▼ 事がねえ~ (4, 0.0%)

1 どんなに引い, 何でも, 何様な, 行くと

▼ 事くら~ (4, 0.0%)

1 ゐが, ゐで, ゐは, ゐを

▼ 事こころざし~ (4, 0.0%)

1 と大いに, と違い, と違う, と違っ

▼ 事こんな~ (4, 0.0%)

1 じゃ無い, 事に, 事家康の, 道具に

▼ 事さり~ (4, 0.0%)

2 とは此身 1 とはこの, とは野暮

▼ 事しあら~ (4, 0.0%)

2 ば小泊瀬山 1 ば, ば火

▼ 事しかも~ (4, 0.0%)

1 お米, 今度の, 其歌の, 自分の

▼ 事じゃった~ (4, 0.0%)

1 が, がその, な, なあ

▼ 事そうして~ (4, 0.0%)

1 その長い, たったいま帰還, 本物は, 銀杏の

▼ 事そこ~ (4, 0.0%)

1 に何軒, に到らざる, に寝, の公園

▼ 事たろう~ (4, 0.0%)

1 と思ってた, な, なア, ナア

▼ 事だに~ (4, 0.0%)

1 なくは, なけれども, 一人洋服を, 心配は

▼ 事ちょっと~ (4, 0.0%)

1 も惚け, も知りはれ, 可恐く, 簡単には

▼ 事ったら~ (4, 0.0%)

1 たまらないほど, ちっとも伯母さん, 何一つしよう, 髪も

▼ 事つて~ (4, 0.0%)

1 ありは, ない筈, 何でございます, 無いん

▼ 事であるなら~ (4, 0.0%)

1 ばこの, ばそれ, ば放下し, 専門的である

▼ 事でございませう~ (4, 0.0%)

1 か天狗, し私ども他人, その因縁, 当季斯やうな

▼ 事でござん~ (4, 0.0%)

1 さああの, す, すか, すそう

▼ 事で御座いましょう~ (4, 0.0%)

31 が私

▼ 事とかく~ (4, 0.0%)

1 くれさ, こんな変, 岐路へ, 此様な

▼ 事とや~ (4, 0.0%)

3 信如い 1 思されけむ

▼ 事どうか~ (4, 0.0%)

2 お頼み 1 其の方, 国家老を

▼ 事どこ~ (4, 0.0%)

1 か, からその, じゃない, へ旅

▼ 事なぜ~ (4, 0.0%)

1 おなびき, おろそかに, お父さんに, 知らせては

▼ 事なぞには~ (4, 0.0%)

1 口を, 更に気, 構はずに, 気が

▼ 事などで~ (4, 0.0%)

1 あらう, お君, 東京に, 議論する

▼ 事ならもつ~ (4, 0.0%)

1 となれ, とマジメ, と大事, と良い

▼ 事なら聞く~ (4, 0.0%)

2 が, つもりです

▼ 事なるべく~ (4, 0.0%)

21 チユプカグルが, 結構に

▼ 事なんかが~ (4, 0.0%)

1 あるん, すぐうかんだ, たまらなく思い出された, 私の

▼ 事なんかも~ (4, 0.0%)

1 あたしゃだいすきさいい, この頃, しきりと, 考えた

▼ 事においても~ (4, 0.0%)

1 あえて人後, 人に, 各は, 教育の

▼ 事にぞ~ (4, 0.0%)

2 いひしなるべし 1 く, 定まりぬ頃

▼ 事につきましては~ (4, 0.0%)

1 世にも恐ろしい, 光子さんから, 呉, 砂山さんと

▼ 事にと~ (4, 0.0%)

1 中子を, 亦乘合自動車, 考えた, 言ひたい

▼ 事によっても~ (4, 0.0%)

1 その勢力, 十分窺われる, 明かであった, 知り得ること

▼ 事に迄~ (4, 0.0%)

1 不運の, 口を, 立入つて世話は, 遺伝と

▼ 事に関し~ (4, 0.0%)

1 とんでもない, 不束かなる, 少なからざる, 穢れに

▼ 事のね~ (4, 0.0%)

1 え兄貴, え内, え奴, え馬

▼ 事のみは~ (4, 0.0%)

1 いひ出, 信なりと, 語ること, 首尾よう仕果され

▼ 事ひとたび~ (4, 0.0%)

1 お鷹野, その天職, 流血沙汰に, 高級な

▼ 事まれ~ (4, 0.0%)

2 に唯 1 なれば, に唯夜な夜な

▼ 事もと~ (4, 0.0%)

2 よりなれ 1 て來, 思つて兎に

▼ 事やっ~ (4, 0.0%)

1 ている, てはならない, ても何, て居る

▼ 事やと~ (4, 0.0%)

1 夜の目も, 存じ仰天は, 存じ奉つり候, 御聞申

▼ 事やや~ (4, 0.0%)

1 その緒, ともすれば親切, 安心は, 整理し

▼ 事ゆえ何~ (4, 0.0%)

2 うか 1 う致そう, の様

▼ 事よとて~ (4, 0.0%)

2 人々し 1 絶へ, 雨戸二三枚引あく口の

▼ 事よりか~ (4, 0.0%)

1 あたし英語と, 些し, 私来年卒業する, 自分の

▼ 事わが~ (4, 0.0%)

1 ためには, 庭内の, 方術に, 美しき

▼ 事をでも~ (4, 0.0%)

1 知りたがる傾向, 考へて, 言おうと, 話されるので

▼ 事をの~ (4, 0.0%)

1 うにし, べつに, みぞこのめる, みぞ好める

▼ 事をまで~ (4, 0.0%)

1 書いて, 此語で, 自覚し, 餘計な

▼ 事クリーム~ (4, 0.0%)

2 を塗らない 1 もおしろい, を顔

▼ 事~ (4, 0.0%)

2 の人 1 は進行, をやっ

▼ 事ム員~ (4, 0.0%)

1 で近頃, の女, の独占, や労働者

▼ 事一尺~ (4, 0.0%)

2 をもあやまらず 1 に余り, ばかり

▼ 事万一~ (4, 0.0%)

1 そんな不, 惚れねば, 此の, 蹶かば

▼ 事~ (4, 0.0%)

2 に錬磨 1 たる人, は将軍

▼ 事且つ~ (4, 0.0%)

1 は此樣, 又御, 図中植物の, 為すを

▼ 事世話~ (4, 0.0%)

2 になつた家 1 をし, 致し候段神妙

▼ 事~ (4, 0.0%)

1 にその, に彼処, に絵本, や通途

▼ 事云わず~ (4, 0.0%)

1 とさ, に世間ばなし, に有難涙, に譲り給え

▼ 事井上嘉門~ (4, 0.0%)

1 がいる, であった, という大, を迎え

▼ 事~ (4, 0.0%)

1 多なる, 奇縁と, 明ならずや, 自から

▼ 事今に~ (4, 0.0%)

2 於も 1 あり, なつて云ふた

▼ 事今夜~ (4, 0.0%)

1 は, はここ, はこれ, は是

▼ 事~ (4, 0.0%)

3 しやる 1

▼ 事~ (4, 0.0%)

1 に井筒屋茂兵衞, に頼み參ら, に麁忽, へにわが

▼ 事~ (4, 0.0%)

2 に七里ゆゑ 1 に七年, に四ヶ月

▼ 事~ (4, 0.0%)

1 の名, より覺悟候, より論, 私の

▼ 事~ (4, 0.0%)

1 だけでも処女, は九郎兵衞, を以て国粋, 助けたる市之丞

▼ 事出来~ (4, 0.0%)

1 て, はしない, 申候, 難くなりぬ

▼ 事出来ない~ (4, 0.0%)

1 から, からな, もんだ, わ

▼ 事出来る~ (4, 0.0%)

1 こっちゃあないって断わった, と思うとる, 事, 事っ

▼ 事叶わず~ (4, 0.0%)

1 とも, 依然としてその, 然るに此の度其許, 電話は

▼ 事変わり~ (4, 0.0%)

1 ご浪人, 仮装や, 気魄横逸勇気凜, 芸人との

▼ 事外国~ (4, 0.0%)

1 にいらし, にも血縁, の交際, の文学

▼ 事夥しい~ (4, 0.0%)

1 のであった, よ, んだ, 予も

▼ 事宜しく~ (4, 0.0%)

2 好仇 1 頼む, 願ひます

▼ 事~ (4, 0.0%)

1 が貧, のま, の富み, も日本

▼ 事容易~ (4, 0.0%)

1 にあらず, にはお, に御, に非

▼ 事實彼~ (4, 0.0%)

1 が歸つて以來, のいふ, はここ, は十日足らず

▼ 事少き~ (4, 0.0%)

1 は一般に, ゆゑ価も, を以て翌日, 故に西洋人

▼ 事~ (4, 0.0%)

2 なり 1 なりしが, 有之

▼ 事~ (4, 0.0%)

2 の湯屋 1 なること, 也

▼ 事必ずしも~ (4, 0.0%)

1 インドにのみ, 不可能に, 不合理に, 江戸ッ児ならず

▼ 事思い切っ~ (4, 0.0%)

1 てアルマ, て何もかも, て南洋, て従業員

▼ 事思う~ (4, 0.0%)

1 ておった, と今, と私, の

▼ 事恰も~ (4, 0.0%)

1 マクベス曲中の, 古代の, 妓を, 無線電信の

▼ 事悪い~ (4, 0.0%)

1 事すべてを, 事って, 時に, 詩の

▼ 事~ (4, 0.0%)

1 がある, と差, の如くなる, 似譴魯皐

▼ 事成らぬ~ (4, 0.0%)

1 ともま, も天命, 時は, 樣宜しく

▼ 事成り~ (4, 0.0%)

1 がたしと, 易くし, 難く候, 難し

▼ 事或は~ (4, 0.0%)

1 さう, 城の, 家人の, 支那の

▼ 事~ (4, 0.0%)

1 の先だつ, を合わせ, を拍, を離しちまおう

▼ 事改まっ~ (4, 0.0%)

1 てそう, て仔細, て異様, て立ち

▼ 事数日~ (4, 0.0%)

2 にし 1 なり, に及んだ

▼ 事早く~ (4, 0.0%)

1 て東照公, も御, 海外へ, 絶え果てたから

▼ 事明細~ (4, 0.0%)

1 に分ります, に申立, に話し, に認め

▼ 事普通~ (4, 0.0%)

1 になりし, の夢, の弟子, の漢方医

▼ 事書い~ (4, 0.0%)

1 たり戀, てはり, てゐやはる, て張った

▼ 事~ (4, 0.0%)

2 易きは 1 不審く, 寄警察署の

▼ 事~ (4, 0.0%)

1 に河童, 幾ならず, 死には, 解決に

▼ 事未だ~ (4, 0.0%)

1 ここに, 一度も, 傳吉妻と, 如何なること

▼ 事正に~ (4, 0.0%)

2 零寸零分埃と 1 一千万遍其思想や, 一千萬遍其思想や

▼ 事洩れ~ (4, 0.0%)

1 ては一大事, ては仕損じます, ては全, て内

▼ 事~ (4, 0.0%)

2 に近い 1 は将軍, を制する

▼ 事火急~ (4, 0.0%)

1 にし, に出, のお願い, の場合

▼ 事無理~ (4, 0.0%)

3 ならず美登利 1 ですわ

▼ 事無用~ (4, 0.0%)

1 と確信, なり, なりと, の事

▼ 事~ (4, 0.0%)

1 り, るべしと, れども, 樣思し

▼ 事甚だし~ (4, 0.0%)

1 これは, と云, 九十四五度である, 職掌柄やむをえず

▼ 事~ (4, 0.0%)

2 と女 1 といふもの, にも勝りし

▼ 事盛ん~ (4, 0.0%)

1 で予言者輩これ, で学問, にいわゆる, にその

▼ 事知らない~ (4, 0.0%)

31 んです

▼ 事破れ~ (4, 0.0%)

1 しか, て罪爾等, なば, ば吾

▼ 事~ (4, 0.0%)

2 かでない 1 かに治まらん, かに話

▼ 事穏便~ (4, 0.0%)

1 が宜しい, にすませる, にと心掛け, に秘密

▼ 事~ (4, 0.0%)

2 に知 1 に心得置く, に語っ

▼ 事終る~ (4, 0.0%)

1 と, というわけ, と陳宮, の後褒美

▼ 事繁く~ (4, 0.0%)

1 お通い, して, 秩序の, 通うては

▼ 事~ (4, 0.0%)

1 えっこなし, へため, へちや, へ過ぎてた

▼ 事考へる~ (4, 0.0%)

1 かい, ことだ, んなら, 事に

▼ 事聞き~ (4, 0.0%)

1 ても打, などす, やはらい, 合は

▼ 事肝要~ (4, 0.0%)

1 かと存候, ならん, なるべし, に候

▼ 事能わずし~ (4, 0.0%)

1 てついに, て依, て苦め, て草上

▼ 事~ (4, 0.0%)

1 が立っ, が立つ, で演ずべきで, にたまり

▼ 事行っ~ (4, 0.0%)

2 ていた 1 ちゃあ尼様, て見たい

▼ 事西洋~ (4, 0.0%)

1 では蝮, になかっ, にも多い, の新聞雑誌

▼ 事~ (4, 0.0%)

1 と名づけた, の跋文, は京都, を写した

▼ 事覺束~ (4, 0.0%)

1 なき裝飾品數個, なく存じ此段言上, なく被, なし兎

▼ 事言語~ (4, 0.0%)

1 に絶えたる, に絶し, に絶する, 同斷

▼ 事請合い~ (4, 0.0%)

2 である 1 だ, でしょう

▼ 事~ (4, 0.0%)

1 を掌, 墓の, 工業製作の, 門弟題号の

▼ 事起こり~ (4, 0.0%)

1 あるいは石, て豊島牙山, 一時新聞上の, 自然と

▼ 事起ら~ (4, 0.0%)

1 ばそれ, ばと竜, ばなお, ば猶

▼ 事辛い~ (4, 0.0%)

2 事が, 感情に

▼ 事迄も~ (4, 0.0%)

1 いひ出した, 大膽, 御實, 殘らず知れ渡つた

▼ 事近頃~ (4, 0.0%)

1 の年代記類, は新聞, もゐる, 不機嫌

▼ 事遂に~ (4, 0.0%)

1 決裂せずん, 発して, 発覚し, 発覚する

▼ 事遊び~ (4, 0.0%)

1 の中, の夫婦約束, をし, 馴れて

▼ 事雪中~ (4, 0.0%)

2 の常 1 に籠り居る, の洪水寒国

▼ 事非常~ (4, 0.0%)

1 であったと, で家族, に背丈, に軽捷

▼ 事頗る~ (4, 0.0%)

1 巧妙なり, 某が, 甚だしけれど, 複雜に

▼ 事~ (4, 0.0%)

1 はれしと, れければ, れ斯, れ既に

▼ 事あたらしく~ (3, 0.0%)

1 いうまでも, そう感じた, 清水が

▼ 事あらへん~ (3, 0.0%)

1 けど, ぞ, のどす

▼ 事ありき~ (3, 0.0%)

2 今その 1 幼君其座にて

▼ 事あるべからず~ (3, 0.0%)

1 すこしもうれい, という文言, とは云い

▼ 事あるべき~ (3, 0.0%)

1 も趣味, 充分の, 理無し

▼ 事あ無~ (3, 0.0%)

2 えさ 1 えんだ

▼ 事いかで~ (3, 0.0%)

1 これ無くし, そらごと, 做得ざらむ

▼ 事いささか~ (3, 0.0%)

1 これを, 学者の, 重大と

▼ 事いずれ~ (3, 0.0%)

1 おさしずも, も女, よりか伝わり

▼ 事いひ出し~ (3, 0.0%)

2 て嘸 1 てさぞ

▼ 事いや~ (3, 0.0%)

2 それのみか 1 もうひどい憂き

▼ 事いやしく~ (3, 0.0%)

1 も天下, も義士, も財物

▼ 事うた~ (3, 0.0%)

1 がひ, がひな, ひめの

▼ 事おっしゃっ~ (3, 0.0%)

1 ている, てはだめ, ても無理

▼ 事おぼえぬ~ (3, 0.0%)

3 うちは

▼ 事おもしろから~ (3, 0.0%)

2 ず我 1 ず我まま

▼ 事かか~ (3, 0.0%)

1 ない彼, ない程, ない見極め

▼ 事かなは~ (3, 0.0%)

3 で勢

▼ 事がねえとも~ (3, 0.0%)

1 云えずあるとも, 云えね, 云えねえ

▼ 事がらな~ (3, 0.0%)

1 のでありましょう, のであります, のです

▼ 事きく~ (3, 0.0%)

21

▼ 事ぐらいで~ (3, 0.0%)

1 なん, 損つく, 留めは

▼ 事けれども~ (3, 0.0%)

1 お母さんは, お菊, 御化粧

▼ 事~ (3, 0.0%)

1 ざりまして, 家内に, 番所の

▼ 事さかん~ (3, 0.0%)

3 なり

▼ 事さすが~ (3, 0.0%)

1 と存候, に女の子, に好い

▼ 事さては~ (3, 0.0%)

1 変な, 小説技芸の, 洋行の

▼ 事さらに~ (3, 0.0%)

1 一人二人の, 疑うべきに, 知るべきならね

▼ 事さん~ (3, 0.0%)

1 お酒, が校長, と同級

▼ 事しげき~ (3, 0.0%)

1 にまぎれ, 世の, 都は

▼ 事しりた~ (3, 0.0%)

3

▼ 事すなわち~ (3, 0.0%)

1 祖先以来の, 絶対に, 途中で

▼ 事そういう~ (3, 0.0%)

1 事に, 作品が, 場合に

▼ 事それで~ (3, 0.0%)

2 左程 1 次の

▼ 事そんなに~ (3, 0.0%)

1 おっしゃって, キッドが, 古い時代

▼ 事だけじゃ~ (3, 0.0%)

1 ない, ないん, なしに

▼ 事だけには~ (3, 0.0%)

1 双方から, 愚昧の, 立派に

▼ 事だつたらう~ (3, 0.0%)

1 ぢや, とそぞろ, と思ふ

▼ 事~ (3, 0.0%)

1 なか, ゅうたら, ゅうと何もかも

▼ 事ついに~ (3, 0.0%)

1 ここへ, やんだので, 慷慨志士の

▼ 事つぶさに~ (3, 0.0%)

1 これも, 楠木殿へ, 認めた上訴

▼ 事つら~ (3, 0.0%)

3 や寧そ

▼ 事づけ~ (3, 0.0%)

2 て一門 1 を頼ん

▼ 事てえ~ (3, 0.0%)

2 のは 1 ものは

▼ 事でありません~ (3, 0.0%)

1 から, で結構, な

▼ 事であろ~ (3, 0.0%)

1 と, とお, ときよ

▼ 事でございまする~ (3, 0.0%)

1 からお, が是, 新吉は

▼ 事でござれ~ (3, 0.0%)

1 ば, ば私, ば糊口

▼ 事でござんす~ (3, 0.0%)

3 とてお力

▼ 事ででも~ (3, 0.0%)

1 あったよう, あれば, 役に立たなきゃほか

▼ 事でなかった~ (3, 0.0%)

1 かも知れない, とすれ, 事が

▼ 事で無~ (3, 0.0%)

2 えの 1 かつた

▼ 事で無けれ~ (3, 0.0%)

2 ば一行 1 ば幇間持

▼ 事とさえ~ (3, 0.0%)

1 いえば, されて, 言われて

▼ 事とでも~ (3, 0.0%)

1 云つた表情を, 思ったろうぼけて, 思って

▼ 事どころ~ (3, 0.0%)

3 では

▼ 事どんな~ (3, 0.0%)

1 事です, 事を, 悪党の

▼ 事なお~ (3, 0.0%)

1 京都祇園の, 市場より, 病中に

▼ 事なさらず~ (3, 0.0%)

3 とも宜

▼ 事なしいそがしき~ (3, 0.0%)

3 は大和尚

▼ 事ならざれ~ (3, 0.0%)

1 ばなり, ば承, ば此村

▼ 事ならね~ (3, 0.0%)

1 ど奥様, ばとて説諭, ば客

▼ 事なら驚きやしません~ (3, 0.0%)

1 がね, がね上總屋, 又菊坂

▼ 事なるべき~ (3, 0.0%)

1 か, に, ものなり

▼ 事なん~ (3, 0.0%)

1 そしかし, でしたの, でも治し

▼ 事なんど~ (3, 0.0%)

3 思ふとも

▼ 事にあたり~ (3, 0.0%)

1 仕事する, 物に, 自分たちを

▼ 事につけ~ (3, 0.0%)

1 折に, 敵愾心を, 父も

▼ 事になど~ (3, 0.0%)

1 てんで無, 全く無, 關係した

▼ 事にもな~ (3, 0.0%)

1 つてゐる, つて居た, つて行つた

▼ 事によってのみ~ (3, 0.0%)

1 われわれは, 与えられる, 美は

▼ 事はしるまい~ (3, 0.0%)

3 と言

▼ 事はめつた~ (3, 0.0%)

1 にない, に言, に話さない

▼ 事ばかりと~ (3, 0.0%)

1 云っても, 否定する, 存じますが

▼ 事ばかりや~ (3, 0.0%)

1 つてゐ, つてを, つて居ました

▼ 事ひとつ~ (3, 0.0%)

1 だけを心掛け, 為し得て, 言うの

▼ 事へん~ (3, 0.0%)

1 ため, 爲なら, 爲に

▼ 事ほか~ (3, 0.0%)

1 しない, しらない方, 知らないの

▼ 事まことに~ (3, 0.0%)

1 事宜, 感服に, 昭代の

▼ 事まして~ (3, 0.0%)

1 小声で, 彼の, 腹を

▼ 事または~ (3, 0.0%)

1 御料所増加にて, 階下に, 隠して

▼ 事まるで~ (3, 0.0%)

1 居合抜の, 忘れて, 朱盆を

▼ 事みんな~ (3, 0.0%)

1 で話し, どうだ, 忘れちまったわ

▼ 事むしろ~ (3, 0.0%)

1 この類, 憐むべきものが, 甚しき

▼ 事むずかしい~ (3, 0.0%)

1 かおを, かと思われます, もつれ

▼ 事めんどう~ (3, 0.0%)

2 なんで 1 ですが

▼ 事もさ~ (3, 0.0%)

1 のみ手数, ほどに優美, ほどに雄壮

▼ 事もち~ (3, 0.0%)

1 て大中臣, よつと, 出されて

▼ 事もの~ (3, 0.0%)

1 の本, を云う, 作家の

▼ 事もや~ (3, 0.0%)

2 あらんと 1 つてを

▼ 事やろ~ (3, 0.0%)

1 と思う, と思うた, と思ふ

▼ 事よし~ (3, 0.0%)

1 てしまえ, 其れ, 又あり

▼ 事られ~ (3, 0.0%)

1 てならぬ, 少しなり, 病氣にても

▼ 事わけ~ (3, 0.0%)

1 は侍るべし, をする, を話したら渡した

▼ 事わし~ (3, 0.0%)

1 と彼女, に言った, も大

▼ 事をばかり~ (3, 0.0%)

1 お話に, 云つてゐる, 考えて

▼ 事~ (3, 0.0%)

1 どうでも, 厄介かけた, 後で止った

▼ 事ッちゃ~ (3, 0.0%)

2 ないん 1 ない

▼ 事~ (3, 0.0%)

1 オタク, 先ゴロ弟ヲ, 夜中カラ又

▼ 事ム的~ (3, 0.0%)

1 にします, に体, のこと

▼ 事一々~ (3, 0.0%)

1 其機に, 大事業, 誰が

▼ 事一年目~ (3, 0.0%)

3 には私

▼ 事一番~ (3, 0.0%)

1 つらい事, よく御存じ, 恐ろしかった

▼ 事一緒~ (3, 0.0%)

1 にいる, にゐる, に近所

▼ 事三四度~ (3, 0.0%)

3 に及びし

▼ 事三度~ (3, 0.0%)

1 して, に一度, に及び

▼ 事三日四日~ (3, 0.0%)

2 に歸 1 に帰りし

▼ 事上首尾~ (3, 0.0%)

1 といふ意味, なるよし, 忍んで

▼ 事~ (3, 0.0%)

2 の人 1 に伝うる

▼ 事~ (3, 0.0%)

2 しかりしが 1 しからずやっと

▼ 事久しき~ (3, 0.0%)

1 に及べ, をお, を致した

▼ 事乍ら~ (3, 0.0%)

1 あまり好い, 然も, 難事業

▼ 事~ (3, 0.0%)

2 りて 1 る此

▼ 事云い~ (3, 0.0%)

1 やはる, 換ゆれ, 難いところ

▼ 事云った~ (3, 0.0%)

1 な, の, 覚は

▼ 事云わん~ (3, 0.0%)

1 と教え, と通し, と金

▼ 事五月~ (3, 0.0%)

2 の幟 1 にし

▼ 事人生~ (3, 0.0%)

1 のつらい, は老, は過

▼ 事人間わざ~ (3, 0.0%)

3 には叶

▼ 事今度~ (3, 0.0%)

1 お館, こそはまちがった, の御

▼ 事仰し~ (3, 0.0%)

1 ゃるが, ゃるけれども文さんの, ゃると皆さんの

▼ 事何だか~ (3, 0.0%)

1 わけが, 困った事, 變だ

▼ 事何とも~ (3, 0.0%)

1 仰言ら, 是非なし, 有難き仕合せ

▼ 事何家~ (3, 0.0%)

2 などは何 1 などはどう

▼ 事~ (3, 0.0%)

2 が知る 1 は知らん

▼ 事僅か~ (3, 0.0%)

1 に數分, 三里の, 五丁餘なりと

▼ 事先例~ (3, 0.0%)

2 なり 1 がない

▼ 事~ (3, 0.0%)

1 に角室, に角養蟲園, も角

▼ 事~ (3, 0.0%)

1 一年その間一つ寝, 世界に, 部分から

▼ 事冥加至極~ (3, 0.0%)

1 有難き仕合せ, 有難く存じ奉つる, 有難しと

▼ 事出來~ (3, 0.0%)

1 しにより, ず偖, せしかは

▼ 事分別~ (3, 0.0%)

3 をいふ

▼ 事判明~ (3, 0.0%)

1 したる, し小田原市, せるが

▼ 事~ (3, 0.0%)

1 においてこれ, やむを得ざるに, を揣摩

▼ 事十分~ (3, 0.0%)

1 か十五分, なる頼み, に顯

▼ 事単に~ (3, 0.0%)

1 これだけが, わが空漠, 隣人の

▼ 事口惜~ (3, 0.0%)

1 き次第に, く候, と云

▼ 事口惜しい~ (3, 0.0%)

1 と思わなけれ, 事恋しい, 事迫害いろ

▼ 事口惜しく~ (3, 0.0%)

1 これからの, は思さずや, 候又

▼ 事古書~ (3, 0.0%)

2 に散見 1 にも見え

▼ 事同じ~ (3, 0.0%)

1 日に, 時代同じ, 高等学校を

▼ 事~ (3, 0.0%)

1 と申し, など, の間

▼ 事~ (3, 0.0%)

1 がちゃアん, に云, 一体はっきり云

▼ 事呼ぶ~ (3, 0.0%)

3 分に

▼ 事~ (3, 0.0%)

1 と存じ惡者, と幾度, と聞

▼ 事~ (3, 0.0%)

1 ふべき譯, へど更に, へば老婦

▼ 事嗚呼~ (3, 0.0%)

1 何ぞ明室, 是れ, 是非も

▼ 事四五日~ (3, 0.0%)

2 なりし 1 にし

▼ 事困難~ (3, 0.0%)

1 であると, でこれ, でも自分

▼ 事壊し~ (3, 0.0%)

1 になっ, になります, に飛び出す

▼ 事多かっ~ (3, 0.0%)

1 たに, たはず, たらしく今

▼ 事大いに~ (3, 0.0%)

1 当たらざるか, 現存馬属諸種の, 異なれど

▼ 事大きな~ (3, 0.0%)

1 声で, 声を, 眼の

▼ 事~ (3, 0.0%)

1 の与ふる, の御, の惠みと

▼ 事天晴~ (3, 0.0%)

2 なりただし 1 の心

▼ 事奇妙~ (3, 0.0%)

2 なり 1 である

▼ 事~ (3, 0.0%)

1 な事, 会また, 廣座敷二の

▼ 事好み~ (3, 0.0%)

1 な気さくさ, な騒ぎ, に出る

▼ 事如何にも~ (3, 0.0%)

1 口惜き, 口惜しく妻子, 餘り

▼ 事~ (3, 0.0%)

3 なり

▼ 事~ (3, 0.0%)

1 が知る, はひとまず家, は青眼先生

▼ 事~ (3, 0.0%)

1 の秀, の資格その他, の資格其他

▼ 事嬉しい~ (3, 0.0%)

1 事哀しい, 事好な, 事床しい

▼ 事学校~ (3, 0.0%)

1 が済ん, の講義, へ来る

▼ 事安井亀二郎~ (3, 0.0%)

1 が, がこの, が取ってつけたよう

▼ 事~ (3, 0.0%)

2 りて 1 って静か

▼ 事~ (3, 0.0%)

3 するに

▼ 事實眞理~ (3, 0.0%)

1 の世界, の普遍性, は明晰

▼ 事實私~ (3, 0.0%)

1 が此處, は北海道, を殺し

▼ 事専門~ (3, 0.0%)

1 でなく今, に関する限り, の職人

▼ 事小半時~ (3, 0.0%)

3 坐には

▼ 事少から~ (3, 0.0%)

21 ぬもの

▼ 事~ (3, 0.0%)

1 の重大さ, はどう, を眼鏡

▼ 事~ (3, 0.0%)

1 につき, に陥った, はまた

▼ 事当時~ (3, 0.0%)

2 でも珍重 1 の悪風

▼ 事彼女~ (3, 0.0%)

1 に打明け, の戸籍簿, は願い

▼ 事彼等~ (3, 0.0%)

1 が如何, に絡まる, の偉大

▼ 事心得~ (3, 0.0%)

1 てました, てゐ, て平次

▼ 事恐ろしき~ (3, 0.0%)

3 事胸に

▼ 事悉く~ (3, 0.0%)

1 之れ, 無意義だ, 金づくで

▼ 事悲しい~ (3, 0.0%)

1 事の, 事を, 事口惜しい

▼ 事成った~ (3, 0.0%)

1 ときに, のちに, 時には

▼ 事成るべき~ (3, 0.0%)

3 にもあらず

▼ 事成ん~ (3, 0.0%)

1 が大岡殿, と立, 此處は

▼ 事~ (3, 0.0%)

1 わすれたる如し, 任せたる彼, 混ぜて

▼ 事~ (3, 0.0%)

1 は歴史的, も有りしなら, を自分

▼ 事~ (3, 0.0%)

3 からお

▼ 事~ (3, 0.0%)

3 へ目

▼ 事文字~ (3, 0.0%)

2 に親しまない 1 の形

▼ 事~ (3, 0.0%)

1 でなけれバ, り話して, 御も

▼ 事斯く~ (3, 0.0%)

2 の如き 1 あらんとは

▼ 事旦那~ (3, 0.0%)

21 が奧

▼ 事是等~ (3, 0.0%)

1 は絶て知ざりし, は総て律文, ノ中

▼ 事~ (3, 0.0%)

1 でさえも人, に似, の休み

▼ 事有れ~ (3, 0.0%)

1 ども人心, どコロボツクル, ば貝殼

▼ 事~ (3, 0.0%)

1 のお, の弟, まで添

▼ 事~ (3, 0.0%)

1 があるなら, が解った, に少

▼ 事此一~ (3, 0.0%)

3 を以て知るべし

▼ 事武士~ (3, 0.0%)

1 の妻, の娘, の節義

▼ 事死ん~ (3, 0.0%)

1 でくれ, でしまおう, でしまひたい

▼ 事死罪~ (3, 0.0%)

2 御赦免 1 にても仰

▼ 事済ん~ (3, 0.0%)

1 で営, で直ちに, で葬り

▼ 事~ (3, 0.0%)

1 の如く, の膠, を塗つて其上

▼ 事漸く~ (3, 0.0%)

1 公けに, 多くなれり, 緒に

▼ 事~ (3, 0.0%)

1 せ後下人共, と看, に相

▼ 事無からむ~ (3, 0.0%)

2 と欲す 1 と欲

▼ 事無事~ (3, 0.0%)

1 に宛名, に納まりませう, に納まる

▼ 事~ (3, 0.0%)

1 して, すべき事, まで皆

▼ 事~ (3, 0.0%)

2 諸国にも 1 猛虎の

▼ 事~ (3, 0.0%)

1 りぬ, ると, るに

▼ 事~ (3, 0.0%)

1 り意気地, り愚僧, 文で

▼ 事異聞~ (3, 0.0%)

1 を利用, を蒐録, を記述

▼ 事~ (3, 0.0%)

1 けれどもそのまま, に知れ, に落着

▼ 事~ (3, 0.0%)

1 ならじ是, に云甲斐, 直に申立

▼ 事~ (3, 0.0%)

1 に付きます, も眩む, を傷める

▼ 事~ (3, 0.0%)

1 のごとく, のごとし, を射損じた

▼ 事知れ~ (3, 0.0%)

1 てあり, てい, ていい

▼ 事~ (3, 0.0%)

1 に竿, の儀, の日

▼ 事細かく~ (3, 0.0%)

1 丁寧に, 手に, 當時流行つた御家流の

▼ 事~ (3, 0.0%)

1 へつと, へて, へて帰る

▼ 事終り~ (3, 0.0%)

1 て神使, 小さき尻尾, 美味卓上に

▼ 事終れり~ (3, 0.0%)

1 という顔つき, となす, と悲観

▼ 事絶え~ (3, 0.0%)

1 たり旧臣, て能, 難く漸

▼ 事美しい~ (3, 0.0%)

1 尼は, 衣裳小切まで, 髪も

▼ 事考える~ (3, 0.0%)

1 と死んじまいたくなる, のよと云う, 必要な

▼ 事而已~ (3, 0.0%)

1 を言, 多く聟, 御取上

▼ 事聞かず~ (3, 0.0%)

3 とも知れ

▼ 事~ (3, 0.0%)

1 にいたっ, に至った, に至り

▼ 事荒立て~ (3, 0.0%)

1 て罪, て表沙汰, はすまじ

▼ 事藤本~ (3, 0.0%)

3 のならば

▼ 事~ (3, 0.0%)

2 仰るもんぢ 1 仰下

▼ 事見舞~ (3, 0.0%)

3 にと言

▼ 事~ (3, 0.0%)

2 えてか 1 えなし

▼ 事語り~ (3, 0.0%)

1 ていわく, 玉ふ, 終れば

▼ 事赤尾~ (3, 0.0%)

3 の彦

▼ 事起った~ (3, 0.0%)

1 と講談, のん, 時は

▼ 事起り~ (3, 0.0%)

1 てその, て盜人, 皇国の

▼ 事迫る~ (3, 0.0%)

1 の後, やその, 場合は

▼ 事~ (3, 0.0%)

1 の徴, は多く, を考へ

▼ 事違い~ (3, 0.0%)

1 すこぶる荒業, まする, 全く私

▼ 事~ (3, 0.0%)

1 かであった, かに和談, かに恋しく

▼ 事~ (3, 0.0%)

1 に包まれし, に影, に懸

▼ 事露顕~ (3, 0.0%)

1 するや, にでも及んだ, を致します

▼ 事頼む~ (3, 0.0%)

1 との事故相談, のは, は其方一人

▼ 事養家~ (3, 0.0%)

3 のこと

▼ 事馬鹿らし~ (3, 0.0%)

3 さの

▼ 事馴染~ (3, 0.0%)

3 の筆

▼ 事~ (3, 0.0%)

1 とは菜食主義, に比較的, 之罪也

▼ 事あた~ (2, 0.0%)

2 はざる

▼ 事あなた~ (2, 0.0%)

1 なんぞの御存じ, のお

▼ 事あねえ~ (2, 0.0%)

1 ぜ, な

▼ 事あまた~ (2, 0.0%)

1 なれども, 見えたり

▼ 事あまねく~ (2, 0.0%)

2 人の

▼ 事あらざる~ (2, 0.0%)

1 以前に, 暇に

▼ 事あらず~ (2, 0.0%)

1 と, やと母

▼ 事あらはれ~ (2, 0.0%)

1 て奧樣, 市尹の

▼ 事あら立~ (2, 0.0%)

2 じの

▼ 事ありと~ (2, 0.0%)

1 て, て一先ず

▼ 事あります~ (2, 0.0%)

1 か, が彼

▼ 事あるまじ~ (2, 0.0%)

1 といふ, 其留守には

▼ 事あろう~ (2, 0.0%)

1 と思召, と秀吉

▼ 事いい出した~ (2, 0.0%)

1 の判る, ん

▼ 事いかにも~ (2, 0.0%)

1 お互, 唐突の

▼ 事いかばかり~ (2, 0.0%)

1 ぞや, ぞや我之

▼ 事いはれる~ (2, 0.0%)

1 のやつ, 覺え

▼ 事いふた~ (2, 0.0%)

1 とかで, とてよもや

▼ 事いま~ (2, 0.0%)

1 の日本, 終る

▼ 事いまだ~ (2, 0.0%)

1 一度も, 終らず老

▼ 事いろいろ~ (2, 0.0%)

1 あります, な種類

▼ 事いわん~ (2, 0.0%)

1 ちゃよか, 方なし

▼ 事いわんや~ (2, 0.0%)

1 他国の, 四海においてを

▼ 事うけ~ (2, 0.0%)

1 合だ, 合なり

▼ 事うち~ (2, 0.0%)

1 合せようとの, 棄てて

▼ 事うまつる~ (2, 0.0%)

1 に足らず, に足り

▼ 事おして~ (2, 0.0%)

2 しるべし

▼ 事おっしゃった~ (2, 0.0%)

2 って

▼ 事おも~ (2, 0.0%)

1 へば何, へば夢

▼ 事おれ~ (2, 0.0%)

1 のところ, は眼

▼ 事お気~ (2, 0.0%)

1 がつく, が塞い

▼ 事かかっ~ (2, 0.0%)

1 てカステラ, て昼飯

▼ 事かかぬ~ (2, 0.0%)

1 だけはあっ, 場処も

▼ 事かが~ (2, 0.0%)

1 さりとばかり, 起るという

▼ 事かぎり~ (2, 0.0%)

1 なく浅田, なし

▼ 事かしら~ (2, 0.0%)

1 何れに, 朝にな

▼ 事かという~ (2, 0.0%)

1 ように, 意味でございます

▼ 事かなんぞの~ (2, 0.0%)

1 やうに, 様に

▼ 事かね~ (2, 0.0%)

1 て何, 二十歳という

▼ 事かの~ (2, 0.0%)

1 判断も, 鬱単越の

▼ 事かへ~ (2, 0.0%)

1 すが, つてたやすき

▼ 事からでも~ (2, 0.0%)

1 あるまいけれど, 想像せられ

▼ 事きめ~ (2, 0.0%)

1 が細く, 就働し来り

▼ 事くち~ (2, 0.0%)

1 惜し, 惜し御

▼ 事ぐらいの~ (2, 0.0%)

1 ことは, 所である

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 はしです, よいを

▼ 事こう~ (2, 0.0%)

1 なると, やって

▼ 事こういう~ (2, 0.0%)

1 事が, 事にかけては

▼ 事こじつけだ~ (2, 0.0%)

2

▼ 事こそと~ (2, 0.0%)

1 あわてて, 思った

▼ 事こちら~ (2, 0.0%)

1 の室, へお

▼ 事ことに~ (2, 0.0%)

1 あの方, おじさまも

▼ 事こないだ~ (2, 0.0%)

1 あの方, 着たばかり

▼ 事こまやか~ (2, 0.0%)

1 に書かね, に物語るであろう

▼ 事これら~ (2, 0.0%)

1 は大, は大体

▼ 事これ類似~ (2, 0.0%)

2 の第

▼ 事させ~ (2, 0.0%)

1 ちや, て私

▼ 事さまざま是~ (2, 0.0%)

2 れは

▼ 事しかし~ (2, 0.0%)

1 彼女らの, 美人です

▼ 事しきりに~ (2, 0.0%)

1 ておのれ, 小僧幾度か

▼ 事しなく~ (2, 0.0%)

1 たって菓子, てもい

▼ 事しばし~ (2, 0.0%)

1 この女, 案内者を

▼ 事しや~ (2, 0.0%)

2 かにバイロン

▼ 事じゃあねえ~ (2, 0.0%)

1 第一, 青くまた

▼ 事じゃから~ (2, 0.0%)

1 免さんそれへ, 髪の毛を

▼ 事じゃろ~ (2, 0.0%)

1 おぬ, が

▼ 事じゃァ~ (2, 0.0%)

1 ありませんよ, ないか

▼ 事すぐ~ (2, 0.0%)

1 にわかった, に分ります

▼ 事すべて自分~ (2, 0.0%)

1 のこと, の布置

▼ 事するなら~ (2, 0.0%)

1 恁うし, 恁し

▼ 事ずいぶん~ (2, 0.0%)

1 こいしく候あいだ, ね

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 えある, むも

▼ 事せず~ (2, 0.0%)

1 しかもそれ等, 倉に

▼ 事せん~ (2, 0.0%)

1 ことを, と欲す

▼ 事それら~ (2, 0.0%)

1 によって陸地, は決して

▼ 事それ自体~ (2, 0.0%)

1 が人心, は悲劇

▼ 事それ自身さ~ (2, 0.0%)

1 へはかない, へ一つ

▼ 事ぞや~ (2, 0.0%)

2 此の

▼ 事たら~ (2, 0.0%)

1 ざるを, 私も

▼ 事たり~ (2, 0.0%)

1 しが, しにて

▼ 事たれ~ (2, 0.0%)

1 が昔なじみ, ば足る

▼ 事だい~ (2, 0.0%)

1 とこっそり, スキッて

▼ 事だいそれ~ (2, 0.0%)

2

▼ 事だす~ (2, 0.0%)

1 が自衛上, が茲

▼ 事だったろう~ (2, 0.0%)

1 が好い, と思われる

▼ 事ちっとも~ (2, 0.0%)

1 信じて, 知らなかった

▼ 事ちと~ (2, 0.0%)

1 手本に, 風邪心地の

▼ 事ちゃんと~ (2, 0.0%)

1 知って, 識ってて

▼ 事ちょうど~ (2, 0.0%)

1 欧州諸国で, 発信所と

▼ 事ぢやあ~ (2, 0.0%)

1 ないか, なくつて

▼ 事ついで~ (2, 0.0%)

1 なれば, に素ッ首

▼ 事つたす~ (2, 0.0%)

1 がな, けれど筬

▼ 事つづきで~ (2, 0.0%)

1 一族が, 屋敷の

▼ 事つてなん~ (2, 0.0%)

2 でもあの

▼ 事づく~ (2, 0.0%)

1 めだ, めを

▼ 事であったら~ (2, 0.0%)

1 果してどうであろう, 無論それ

▼ 事でありし~ (2, 0.0%)

1 が最早, てはならない

▼ 事でありますまい~ (2, 0.0%)

1 けれども中川さん, けれども生活問題

▼ 事でありますれ~ (2, 0.0%)

1 ばもう, ばよく

▼ 事でございませぬ~ (2, 0.0%)

2

▼ 事ですつかり~ (2, 0.0%)

1 機嫌が, 貧乏に

▼ 事でないらしく~ (2, 0.0%)

1 おどけ半分に, 別に大して氣

▼ 事でなかつた~ (2, 0.0%)

1 かも知れない, とすれ

▼ 事でなけり~ (2, 0.0%)

2 や書いた

▼ 事でなれ~ (2, 0.0%)

1 ども斯, ども更に

▼ 事でもつ~ (2, 0.0%)

1 とよく, と聞え

▼ 事でん~ (2, 0.0%)

1 ねん, の姫御前

▼ 事で云う~ (2, 0.0%)

1 までもなく, までも無く

▼ 事で出~ (2, 0.0%)

2 來上つて後段々

▼ 事で御座る~ (2, 0.0%)

1 と申, のう

▼ 事で打明け~ (2, 0.0%)

1 てお, てお願い申

▼ 事といった~ (2, 0.0%)

1 ものは, 比事物の

▼ 事とうとう~ (2, 0.0%)

1 それなりに, 私の

▼ 事としてか~ (2, 0.0%)

2 きくはへ

▼ 事とぞ~ (2, 0.0%)

1 思はる, 聞く

▼ 事とてつもなき~ (2, 0.0%)

2 嘘を

▼ 事とによって~ (2, 0.0%)

1 纔に, 遂に右

▼ 事どうして~ (2, 0.0%)

1 でしょう, 只の

▼ 事どす~ (2, 0.0%)

1 さかい充分, と喜ん

▼ 事なかなか~ (2, 0.0%)

1 申すばかりも, 眠れない

▼ 事なかりし~ (2, 0.0%)

1 なり, を

▼ 事なかるべし~ (2, 0.0%)

1 すなわち汝憂愁, 利慾より

▼ 事なかれうつくしき~ (2, 0.0%)

2 人の

▼ 事なく広く~ (2, 0.0%)

1 各派の, 左右に

▼ 事なく悲しき~ (2, 0.0%)

1 ことなく, をコロリン

▼ 事なく悲しく~ (2, 0.0%)

2 感じながら

▼ 事なぞばかり~ (2, 0.0%)

1 考へた, 考へて

▼ 事などでは~ (2, 0.0%)

1 ないので, なく源氏全体

▼ 事などと~ (2, 0.0%)

1 それでは角力, 思う薄弱

▼ 事などについて~ (2, 0.0%)

1 いろいろ親切, 訳なき

▼ 事などによって~ (2, 0.0%)

1 人間の, 明かに

▼ 事ならいつ~ (2, 0.0%)

1 そ英吉利の, そ醜女に

▼ 事ならざりし~ (2, 0.0%)

2 に夏

▼ 事ならしない~ (2, 0.0%)

1 で用, 方が

▼ 事なら差支えない~ (2, 0.0%)

1 がその, んです

▼ 事なら来る~ (2, 0.0%)

2 ので

▼ 事なら殺し~ (2, 0.0%)

1 て欲しい, て詮

▼ 事なら聞い~ (2, 0.0%)

1 ていない, ている

▼ 事なら驚かねえ~ (2, 0.0%)

2 が今度

▼ 事なら驚きゃ~ (2, 0.0%)

1 アしねえ, アしません

▼ 事なりきはめ~ (2, 0.0%)

2 て翌年住僧遷化

▼ 事なりしか~ (2, 0.0%)

1 どすでに, ば田子

▼ 事なれり~ (2, 0.0%)

1 とばかりに閣僚名簿, と喜んだ

▼ 事なんぞが~ (2, 0.0%)

1 よみ返って, 有つて

▼ 事にかけても~ (2, 0.0%)

1 立派な, 角三郎は

▼ 事にすら~ (2, 0.0%)

1 消え入るばかりの, 苦痛を

▼ 事につれ~ (2, 0.0%)

1 おのずから又, ともすれば心

▼ 事にわか~ (2, 0.0%)

1 だが, には参りかねます

▼ 事に従い~ (2, 0.0%)

1 以て, 微力ながらも

▼ 事に従って~ (2, 0.0%)

1 万遺漏なき, 来た

▼ 事に関しても~ (2, 0.0%)

1 勿論人, 学理の

▼ 事に際して~ (2, 0.0%)

1 一々が, 是非さう出

▼ 事のみにて~ (2, 0.0%)

1 まことは, 身體も

▼ 事のみには~ (2, 0.0%)

1 あらず天皇, 限らざるべし

▼ 事はい~ (2, 0.0%)

1 ざとなるまでそのままにしておいても差支えあるまい, へようが

▼ 事はう~ (2, 0.0%)

1 はの空, やむや

▼ 事はが~ (2, 0.0%)

1 あせん人殺し, えんじないだろう

▼ 事はけふ~ (2, 0.0%)

1 迄忘れ, 限りよさう

▼ 事はござりますまい~ (2, 0.0%)

1 か, が羽目

▼ 事はつ~ (2, 0.0%)

1 と思つて手, ひに

▼ 事はて~ (2, 0.0%)

1 て, む憤らくも

▼ 事はな~ (2, 0.0%)

1 かりしに, ほすこと

▼ 事はね~ (2, 0.0%)

1 僕みたいに, 御覧なさい

▼ 事はま~ (2, 0.0%)

1 へにいへる, へにも申し上げ

▼ 事ばかりしか~ (2, 0.0%)

1 書けません, 知らないの

▼ 事ひと~ (2, 0.0%)

2 思いに

▼ 事ひどく~ (2, 0.0%)

1 みっともなく興, 粗暴な

▼ 事へては~ (2, 0.0%)

1 孝に, 忠に

▼ 事への~ (2, 0.0%)

1 意識も, 憤りなの

▼ 事べつに~ (2, 0.0%)

1 傲慢な, 気にも

▼ 事ほとんど~ (2, 0.0%)

1 あるべしとも, 無之

▼ 事ほんとう~ (2, 0.0%)

1 に私, に縮緬

▼ 事まい~ (2, 0.0%)

2

▼ 事むなしく~ (2, 0.0%)

1 十八年を, 船坂峠で

▼ 事もござります~ (2, 0.0%)

1 から何, が手足

▼ 事もちろん~ (2, 0.0%)

1 である, であるが

▼ 事もとより~ (2, 0.0%)

1 覚悟の, 難きに

▼ 事もね~ (2, 0.0%)

1 えと我慢, でないと又

▼ 事もはや~ (2, 0.0%)

1 二年越しに, 今日の

▼ 事やったら~ (2, 0.0%)

1 おまへん, よう分かってる

▼ 事やらが~ (2, 0.0%)

1 つぎつぎと, 澤山に

▼ 事ゆえそれ~ (2, 0.0%)

1 と見る, を戴い

▼ 事ゆえ孝助~ (2, 0.0%)

1 は案内, も主人

▼ 事ゆえ誰~ (2, 0.0%)

1 も此, 有って

▼ 事ゆゑ夫~ (2, 0.0%)

1 なりと目當, れよりお

▼ 事ゆゑ心~ (2, 0.0%)

1 の中, の知れぬ

▼ 事ゆゑ氣~ (2, 0.0%)

2 の毒

▼ 事よう~ (2, 0.0%)

1 まあ書けた, 分っとる

▼ 事よき~ (2, 0.0%)

1 やうに, 思ひは

▼ 事よりや~ (2, 0.0%)

1 その方, 少しでも

▼ 事らし~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 か, 程猶

▼ 事わたし~ (2, 0.0%)

1 が甲板, は嫌

▼ 事われ~ (2, 0.0%)

1 は有らず, 既に幾度

▼ 事をど~ (2, 0.0%)

1 つさり持つて, どういう訳

▼ 事をな~ (2, 0.0%)

1 さむと, 何を

▼ 事をまでも~ (2, 0.0%)

1 忌んだもの, 禁じたの

▼ 事をや~ (2, 0.0%)

1 云う可, 言出す

▼ 事を以ても~ (2, 0.0%)

2 千年に

▼ 事シカゴ~ (2, 0.0%)

1 に行ったら, の住まい

▼ 事ダ私~ (2, 0.0%)

2 の多事多難

▼ 事ツちや~ (2, 0.0%)

1 ない, ねえ

▼ 事ドストイエフスキ~ (2, 0.0%)

2 に対する盲目的感激

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 あの事, 隣館の

▼ 事ノミ~ (2, 0.0%)

1 ヲ主, 然ルニ

▼ 事一二町~ (2, 0.0%)

2 の処

▼ 事一奇事~ (2, 0.0%)

2 といふべし

▼ 事一年~ (2, 0.0%)

1 に一両度, に近く

▼ 事一思い~ (2, 0.0%)

1 に割腹, に身

▼ 事一方~ (2, 0.0%)

1 ならぬを, ならぬ物音

▼ 事一般~ (2, 0.0%)

1 の漁業関係, をベルリン

▼ 事一里余~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 事一里眉毛~ (2, 0.0%)

2 に秋

▼ 事七八町~ (2, 0.0%)

2 に七ツ釜

▼ 事七国~ (2, 0.0%)

2 の事

▼ 事上役~ (2, 0.0%)

1 に任し, の言葉

▼ 事不審~ (2, 0.0%)

1 に存じ奉る, を大きく

▼ 事不少~ (2, 0.0%)

2

▼ 事不思議~ (2, 0.0%)

1 なるほど, の中

▼ 事不相応~ (2, 0.0%)

2 なりと

▼ 事不都合~ (2, 0.0%)

1 ならん夫, 成ん少し

▼ 事世人~ (2, 0.0%)

1 あまねく口, のひとしく

▼ 事中津川~ (2, 0.0%)

2 に臨ん

▼ 事~ (2, 0.0%)

2 に於い

▼ 事二三~ (2, 0.0%)

1 あれば, を知る

▼ 事二十何年~ (2, 0.0%)

1 と云う, も山

▼ 事二十分~ (2, 0.0%)

1 で支倉, ばかり群衆

▼ 事二月~ (2, 0.0%)

1 のごとし, 程前

▼ 事二条~ (2, 0.0%)

1 あり, を挙げた

▼ 事二物~ (2, 0.0%)

2 を相対

▼ 事云つて~ (2, 0.0%)

1 ないで, 逃げるつもり

▼ 事云つて私~ (2, 0.0%)

1 をおどかしてる, をすつかりくらました

▼ 事云わぬ~ (2, 0.0%)

1 ものだ, ものや

▼ 事云われ~ (2, 0.0%)

1 ちゃ亡くなった, てもだ

▼ 事云われる~ (2, 0.0%)

1 様に, 程貴方に

▼ 事五十余年前天明~ (2, 0.0%)

2 の初年大阪

▼ 事井上嘉門様~ (2, 0.0%)

1 に申し上げます, をご

▼ 事京伝翁~ (2, 0.0%)

2 が引

▼ 事京都~ (2, 0.0%)

1 の事, の野長瀬晩花氏

▼ 事人知~ (2, 0.0%)

2 を以論ずべ

▼ 事人間二人~ (2, 0.0%)

2 の命

▼ 事人類~ (2, 0.0%)

1 に非, のこと

▼ 事今年~ (2, 0.0%)

1 などはひどく淋しい, は例

▼ 事今後~ (2, 0.0%)

1 は一箇月間, 避けて

▼ 事今更~ (2, 0.0%)

1 申すも, 論ずるまでも

▼ 事仕事~ (2, 0.0%)

1 につく, に通っ

▼ 事他国~ (2, 0.0%)

2 にもあるべし

▼ 事他聞~ (2, 0.0%)

1 も宜, を許さず

▼ 事仰ぐべく~ (2, 0.0%)

2 尊むべし

▼ 事仰せられる~ (2, 0.0%)

1 ぞ八重, な

▼ 事~ (2, 0.0%)

2 の老

▼ 事休する~ (2, 0.0%)

1 のみな, 譯である

▼ 事休矣~ (2, 0.0%)

1 です覺悟, としきりに

▼ 事伯母さん~ (2, 0.0%)

2 の四人

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 の, を

▼ 事但し~ (2, 0.0%)

1 揺れる事, 真剣勝負仕る

▼ 事位ぢ~ (2, 0.0%)

1 や仲, や手

▼ 事何ごと~ (2, 0.0%)

1 も必辞安先生, も汝

▼ 事何と~ (2, 0.0%)

1 なれば, 申上候か

▼ 事何一つ~ (2, 0.0%)

1 としてご, も口

▼ 事何処~ (2, 0.0%)

1 へ往く, へ行かる

▼ 事何卒~ (2, 0.0%)

1 た, 此事ばかりは

▼ 事何方~ (2, 0.0%)

2 が先

▼ 事何時も~ (2, 0.0%)

2 何時も

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 の人恋, も亦

▼ 事余り~ (2, 0.0%)

1 に明白, 物質的な

▼ 事俗事~ (2, 0.0%)

1 となく, を捕え来り

▼ 事信用~ (2, 0.0%)

1 して, すべき支那

▼ 事俳諧~ (2, 0.0%)

2 の季寄

▼ 事俺達~ (2, 0.0%)

1 が知る, の運動

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 はで, はぬ

▼ 事僅少~ (2, 0.0%)

1 ならず, にし

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 なんか心配, も存知

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 は御, ほど誂えた

▼ 事兎角~ (2, 0.0%)

2 くれさ

▼ 事入梅~ (2, 0.0%)

1 で書物, にもまさる

▼ 事全体~ (2, 0.0%)

1 の中, の意味

▼ 事八歳~ (2, 0.0%)

2 で死んだ

▼ 事共に~ (2, 0.0%)

1 今の, 御座候

▼ 事其一例~ (2, 0.0%)

1 として浜野, として濱野

▼ 事其例~ (2, 0.0%)

1 少からず, 無きに

▼ 事其大概~ (2, 0.0%)

2 は初編

▼ 事其葬式~ (2, 0.0%)

2 の事

▼ 事其身~ (2, 0.0%)

1 に成り, を捨て

▼ 事兼ね~ (2, 0.0%)

1 てより, て変異

▼ 事内々~ (2, 0.0%)

1 の事, 御計

▼ 事凡そ~ (2, 0.0%)

1 これらの, 前日來經歴した

▼ 事函館~ (2, 0.0%)

2 の青柳町

▼ 事分る~ (2, 0.0%)

1 もんです, 筈が

▼ 事分明~ (2, 0.0%)

1 なり九, なり斯

▼ 事判らない~ (2, 0.0%)

1 ことを, ワ

▼ 事到底~ (2, 0.0%)

1 この世に, 今人の

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 になるべき, を出し

▼ 事力むべき~ (2, 0.0%)

2 事には

▼ 事勝国勝長~ (2, 0.0%)

1 狭という, 狭は

▼ 事勝手~ (2, 0.0%)

1 な事, に出来やしない

▼ 事十余日市中燈~ (2, 0.0%)

2 の油尽

▼ 事千萬忝~ (2, 0.0%)

1 けなく, けなし私し共に

▼ 事半時~ (2, 0.0%)

1 いと古代め, ばかり漸

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 理理即事である, 神遊びを

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 なもの, な事

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 冬人を, 而心随空

▼ 事参軍~ (2, 0.0%)

1 となった, の李

▼ 事及ばず~ (2, 0.0%)

1 また外部, 篤く葬らせた

▼ 事友達~ (2, 0.0%)

2 の事

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 極は, 計つて自分

▼ 事受合~ (2, 0.0%)

2

▼ 事古い~ (2, 0.0%)

1 キリスト教徒が, 事セントルイスの

▼ 事古き~ (2, 0.0%)

1 よりの習ひと, 肺臓古き

▼ 事可笑し~ (2, 0.0%)

2

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 に書いた, の趣き

▼ 事叶はず其中~ (2, 0.0%)

1 に十二歳, に討入

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 一遍, 別ニ相振舞之間八人方よりは

▼ 事合點~ (2, 0.0%)

1 が行, 行ず扨

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 一家不, 一家会すれ

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 は常子, は親切

▼ 事和漢~ (2, 0.0%)

2 に多し

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 この頃, だ此癖

▼ 事唱歌裁縫~ (2, 0.0%)

2 の如きで

▼ 事嗟乎難~ (2, 0.0%)

2 かな

▼ 事噴水~ (2, 0.0%)

1 のきれい, の傍

▼ 事四十余日小千谷~ (2, 0.0%)

2 にいたり

▼ 事四百七十七年~ (2, 0.0%)

2 にいたり

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 よりこんな, より容易

▼ 事国史~ (2, 0.0%)

2 に見

▼ 事国家~ (2, 0.0%)

1 の休戚, 之進退此人ニ

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 文政丁亥, 番被

▼ 事堂上~ (2, 0.0%)

1 あるいは諸侯, にもあり

▼ 事堅く~ (2, 0.0%)

1 お口, 御遠慮申上候

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 中日月移, 中日月移る

▼ 事塵土~ (2, 0.0%)

2 のごとし

▼ 事墓場~ (2, 0.0%)

2 の掃除

▼ 事壁紙~ (2, 0.0%)

2 の所々

▼ 事売れる~ (2, 0.0%)

2

▼ 事多う~ (2, 0.0%)

2

▼ 事多から~ (2, 0.0%)

1 ざれども, ず其の

▼ 事多かる~ (2, 0.0%)

1 べし, 浪子を

▼ 事多少~ (2, 0.0%)

1 たりとも文献報国, でも教育

▼ 事多能~ (2, 0.0%)

1 あらん限り, は私

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 だしい, だしいもの

▼ 事夥し~ (2, 0.0%)

1 その肉, といふ

▼ 事夥多~ (2, 0.0%)

2 しい

▼ 事大切~ (2, 0.0%)

1 なり, なりと

▼ 事大屋樣地主樣~ (2, 0.0%)

2 いづれの

▼ 事大阪~ (2, 0.0%)

1 の事, へ女中奉公

▼ 事天下~ (2, 0.0%)

1 にかかわりましょう, の事

▼ 事天井~ (2, 0.0%)

2 が手

▼ 事天地~ (2, 0.0%)

1 に照, の区別

▼ 事天然~ (2, 0.0%)

2 の理

▼ 事夫人~ (2, 0.0%)

1 が良人, は通読

▼ 事奉行所~ (2, 0.0%)

1 に來, に来

▼ 事女中~ (2, 0.0%)

1 さえも外出, の事

▼ 事女生徒といつて~ (2, 0.0%)

2 も赤い

▼ 事~ (2, 0.0%)

2 が竹山

▼ 事好都合~ (2, 0.0%)

1 に運ぶ, に運んだ

▼ 事妹まつ~ (2, 0.0%)

1 に打ち明け, に打明け

▼ 事委細~ (2, 0.0%)

1 は村役, 御申越承知致候

▼ 事婦人~ (2, 0.0%)

1 のお, の肩

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 の事, の親

▼ 事安心~ (2, 0.0%)

1 ができなくなった, が出

▼ 事定まった~ (2, 0.0%)

1 上報ゆる, 今日と

▼ 事定まり~ (2, 0.0%)

1 けん童ら, 其虚に

▼ 事宜しき~ (2, 0.0%)

1 をえず, を得ざる

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 ニ高名なりし, 何うし

▼ 事実行~ (2, 0.0%)

1 にかかる, はれて

▼ 事家内~ (2, 0.0%)

1 のこと, の者

▼ 事宿~ (2, 0.0%)

1 の主人夫婦, の事

▼ 事~ (2, 0.0%)

2 さの

▼ 事實そう~ (2, 0.0%)

2 なん

▼ 事實そこ~ (2, 0.0%)

1 に現, まで寂寥

▼ 事實出來~ (2, 0.0%)

2 ない事

▼ 事實問題~ (2, 0.0%)

1 としては我, として扱

▼ 事實彼女~ (2, 0.0%)

1 の髮, はどんな

▼ 事實明白~ (2, 0.0%)

1 となる, に行屆

▼ 事實無根~ (2, 0.0%)

2 と僕

▼ 事實的存在~ (2, 0.0%)

1 に對, の事柄

▼ 事實譚~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 事寺參~ (2, 0.0%)

2 りの

▼ 事将軍家~ (2, 0.0%)

1 は皿, もた

▼ 事尋常~ (2, 0.0%)

1 に落ちつい, の者

▼ 事小説~ (2, 0.0%)

1 で見た, や詩

▼ 事少なき~ (2, 0.0%)

1 を笑止, 者なり

▼ 事少なく~ (2, 0.0%)

1 かつ兵力, なれり

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 事件の, 又屍体検査

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 からず, く伝へても

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 にでもさせよう, になつ

▼ 事屡々~ (2, 0.0%)

1 である, なり

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 が呑み込んだ, れが

▼ 事巴山吹~ (2, 0.0%)

1 のそれ, の其

▼ 事師範出以外~ (2, 0.0%)

2 の女

▼ 事幕府~ (2, 0.0%)

1 に洩れ, へ知れよう

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 ぐ後家康の, 左衞門が

▼ 事平和~ (2, 0.0%)

2 に帰

▼ 事年々~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ 事年毎~ (2, 0.0%)

2 の例

▼ 事幸い~ (2, 0.0%)

1 にサンフランシスコ, に成就

▼ 事幾度~ (2, 0.0%)

1 ぞ, ぞ胸

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 って申し張っ, ゐられの

▼ 事当然~ (2, 0.0%)

2 なり総て功利

▼ 事彫刻~ (2, 0.0%)

2 でも漆器

▼ 事往々~ (2, 0.0%)

1 ありと, あり是等

▼ 事御座~ (2, 0.0%)

1 なく候因, 無く候

▼ 事御座いません~ (2, 0.0%)

1 の, もの

▼ 事御座候~ (2, 0.0%)

1 へども私, へど聊か

▼ 事心得ず~ (2, 0.0%)

1 と申されしか, 畑を

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 しも實朝, を論ずる

▼ 事思い~ (2, 0.0%)

1 て泣き, も寄らず

▼ 事思いがけず~ (2, 0.0%)

1 あの方, 道綱が

▼ 事思っ~ (2, 0.0%)

1 ている, ておりまする

▼ 事思った~ (2, 0.0%)

1 事ない, 事も

▼ 事思へ~ (2, 0.0%)

1 ばけふも, ば心外

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 あり恨, を知らぬ

▼ 事恰度師走上旬~ (2, 0.0%)

2 であつ

▼ 事悲夫~ (2, 0.0%)

2 と記せり

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 くなんか, し火難盜難愼

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 の一脈相, ふべし

▼ 事想像~ (2, 0.0%)

1 するに, の外

▼ 事愁ら~ (2, 0.0%)

1 やと思しぬ, や何事

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 なる我, な人々

▼ 事感じ~ (2, 0.0%)

1 ている, て居る

▼ 事感心~ (2, 0.0%)

1 いたし候, 仕候

▼ 事感賞~ (2, 0.0%)

1 に勝, は明神

▼ 事~ (2, 0.0%)

2 に堪

▼ 事成し~ (2, 0.0%)

1 が死人, と語りつ

▼ 事成っ~ (2, 0.0%)

1 て大和, て既に

▼ 事成らずし~ (2, 0.0%)

1 て恥づる, て歸

▼ 事成るべし~ (2, 0.0%)

1 と思ふ, や

▼ 事成就せり~ (2, 0.0%)

1 と心中, と次右衞門

▼ 事我等~ (2, 0.0%)

1 が厄落し, の歩み

▼ 事或いは~ (2, 0.0%)

1 再建論者の, 日本紀謂う

▼ 事戯曲~ (2, 0.0%)

1 に特有, の事

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 を度, を渡す

▼ 事手紙~ (2, 0.0%)

1 から日記, の事

▼ 事~ (2, 0.0%)

2 るの

▼ 事政宗~ (2, 0.0%)

1 が大崎, にせよ

▼ 事敗れ~ (2, 0.0%)

1 て之, て後

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 へておい, られしよう覚て

▼ 事数万~ (2, 0.0%)

2 の螢火

▼ 事数等~ (2, 0.0%)

1 なる恰も, にて裁判

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 ふもんですか, も味方

▼ 事文学~ (2, 0.0%)

1 に関して考, に関する真面目

▼ 事文學~ (2, 0.0%)

1 に對, に這入る

▼ 事文明~ (2, 0.0%)

1 の絶頂, 載する所

▼ 事新しい~ (2, 0.0%)

2 工場町として

▼ 事日日~ (2, 0.0%)

1 に多端, に非

▼ 事日本人~ (2, 0.0%)

1 と異ならず, の性質

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 かにし, かに知り

▼ 事明日~ (2, 0.0%)

1 は勤め, は自分

▼ 事明治二十四年父庄造死去~ (2, 0.0%)

2 の節

▼ 事明瞭~ (2, 0.0%)

1 である, なるのみ

▼ 事春三郎~ (2, 0.0%)

1 が此頃山本一家, に頼る

▼ 事昨日~ (2, 0.0%)

1 も尋問, 無かりき

▼ 事是偏~ (2, 0.0%)

1 に天, に岡山侯

▼ 事是非~ (2, 0.0%)

2 なき次第

▼ 事暗い~ (2, 0.0%)

2 生活が

▼ 事書きたい~ (2, 0.0%)

1 事が, 事は

▼ 事最後~ (2, 0.0%)

1 の一つ, の事

▼ 事最早~ (2, 0.0%)

1 可申こと, 昔話に

▼ 事有りげ~ (2, 0.0%)

1 では, に響い

▼ 事有りし~ (2, 0.0%)

1 や否, を証する

▼ 事有名~ (2, 0.0%)

1 な作家, な女優

▼ 事未來~ (2, 0.0%)

2 の事

▼ 事本気~ (2, 0.0%)

1 であなた, に取らねえ

▼ 事板橋~ (2, 0.0%)

2 の御

▼ 事枚挙~ (2, 0.0%)

1 がたし, に遑

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 しかあはれ, つれば

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 の物, 新聞の

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 ったよう, 酒好にて

▼ 事様々~ (2, 0.0%)

1 にある, に申

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 を失う, を見る

▼ 事機微~ (2, 0.0%)

1 に触れる, の間

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 の如し, へ

▼ 事次に~ (2, 0.0%)

1 は弓馬, 誦経の

▼ 事次第に~ (2, 0.0%)

1 世に, 依っては

▼ 事欧州~ (2, 0.0%)

1 で神木, のほかインド

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 と解する, 騙かされる処

▼ 事~ (2, 0.0%)

2 氣で

▼ 事正しい~ (2, 0.0%)

1 事に対する, 事の

▼ 事正しく~ (2, 0.0%)

1 列國の, 合法だ

▼ 事此家~ (2, 0.0%)

1 に泊るべし見れ, の手前

▼ 事此度畑~ (2, 0.0%)

1 より古金, より金瓶

▼ 事此炎天~ (2, 0.0%)

2 に雪

▼ 事此通り~ (2, 0.0%)

2 のみにて七十五輛

▼ 事武蔵~ (2, 0.0%)

1 に関する限り, は出た

▼ 事歴史~ (2, 0.0%)

2 に見

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 をおそる, を决

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 と疑ひ無く, んど

▼ 事殆ど~ (2, 0.0%)

1 稀なり, 麹町の

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 に優る, はわたし

▼ 事母様~ (2, 0.0%)

1 にささやきし, の土産

▼ 事母親~ (2, 0.0%)

1 に面倒, のする

▼ 事毎々~ (2, 0.0%)

1 だったと, に御座候

▼ 事毛頭~ (2, 0.0%)

1 御座なく, 是なく

▼ 事気楽~ (2, 0.0%)

2 で可

▼ 事水汲~ (2, 0.0%)

2 の事

▼ 事水産~ (2, 0.0%)

1 に関する話, に関する限り

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 のよう, の如し

▼ 事永い~ (2, 0.0%)

1 こと怖い, を喜びます

▼ 事沈黙~ (2, 0.0%)

1 って町, を守つて

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 が逼迫, を会得

▼ 事浅から~ (2, 0.0%)

1 ざる宿習也, ず

▼ 事海外~ (2, 0.0%)

1 に例, に関し万一

▼ 事消極的~ (2, 0.0%)

1 な麻田社長, に練り堅め

▼ 事済んだ~ (2, 0.0%)

1 と, 上は

▼ 事源助さん~ (2, 0.0%)

2 の息子さん

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 が消え, を見る

▼ 事火鉢~ (2, 0.0%)

1 の火, はおろか

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 たる覚, ようもの

▼ 事為る~ (2, 0.0%)

1 よと持てる, 事如才無く

▼ 事焚き付け~ (2, 0.0%)

2 てお

▼ 事無かれ~ (2, 0.0%)

1 かし, 主義に

▼ 事無くし~ (2, 0.0%)

1 て而, て自

▼ 事無けれ~ (2, 0.0%)

2 ば無い

▼ 事無れ~ (2, 0.0%)

1 ば今, ば其結果

▼ 事無類~ (2, 0.0%)

1 で王族, なりああ

▼ 事煙草~ (2, 0.0%)

1 は必バット, をふかし

▼ 事父音母音~ (2, 0.0%)

2 の区別

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 して, にありし

▼ 事狂言~ (2, 0.0%)

1 の, を踊りたくなる

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 と番人, に喰い殺されない

▼ 事獅子~ (2, 0.0%)

1 でも豚, に同じ

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 の恥, の耳

▼ 事珍しい~ (2, 0.0%)

1 ように, 不思議な

▼ 事珍しから~ (2, 0.0%)

2 ざる事

▼ 事甚しき~ (2, 0.0%)

1 がため, に過

▼ 事甚だしき~ (2, 0.0%)

1 より誰, 例は

▼ 事甚奇~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ 事甚奇異~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ 事生れ故郷~ (2, 0.0%)

2 が詳らか

▼ 事申し~ (2, 0.0%)

1 て居たなれ, 上ぐるにも

▼ 事申候右~ (2, 0.0%)

2 に付

▼ 事画家~ (2, 0.0%)

1 とし, としての孫四郎

▼ 事~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 事異なり~ (2, 0.0%)

1 十倍の, 婦人方の

▼ 事病氣~ (2, 0.0%)

1 と云, に候間據ころ

▼ 事癸辛雑識~ (2, 0.0%)

2 に少し

▼ 事発覚~ (2, 0.0%)

2 せば

▼ 事~ (2, 0.0%)

2 りて

▼ 事皆僕等凡人~ (2, 0.0%)

2 の意想外

▼ 事直ぐ目~ (2, 0.0%)

1 に付く, に附く

▼ 事直ちに~ (2, 0.0%)

1 天地間の, 見る事

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 果て候を, 譲るに

▼ 事相違有~ (2, 0.0%)

2 之まじく

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 の人間, の識者

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 ければ, つたるか

▼ 事知っ~ (2, 0.0%)

1 てい, ておりました

▼ 事知つて~ (2, 0.0%)

2 なくちや

▼ 事知らん~ (2, 0.0%)

1 と云う, のかい

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 かく昼, ク女子

▼ 事研究~ (2, 0.0%)

1 にも倦んだ, の第

▼ 事神仏~ (2, 0.0%)

2 の力

▼ 事秀子~ (2, 0.0%)

1 に選ばせる, の様

▼ 事私達~ (2, 0.0%)

2 は情熱

▼ 事穏やか~ (2, 0.0%)

1 でない, でない上

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 から降った, から降つた

▼ 事空気~ (2, 0.0%)

1 の流通, の清朗

▼ 事立ち止っ~ (2, 0.0%)

2 て汗

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 に一度, に寝みぬ

▼ 事~ (2, 0.0%)

2 なく胸

▼ 事競馬~ (2, 0.0%)

1 に関するかぎり, に關

▼ 事等々~ (2, 0.0%)

1 です, の諸説

▼ 事細密~ (2, 0.0%)

1 に申, に長々

▼ 事紹介~ (2, 0.0%)

2 された坊さん

▼ 事終っ~ (2, 0.0%)

1 ては無念至極, て使者

▼ 事終つて~ (2, 0.0%)

1 ゐた, 約一ヶ月間

▼ 事続い~ (2, 0.0%)

1 てついに, てゐ

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 て侯, て貝殼

▼ 事美事~ (2, 0.0%)

1 なる事, 通して

▼ 事~ (2, 0.0%)

2 る日

▼ 事老人~ (2, 0.0%)

1 いらぬ過, を殺した

▼ 事考えた~ (2, 0.0%)

1 が口, ってしかた

▼ 事考えなく~ (2, 0.0%)

1 てもい, てもいい

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 を以て自ら, 常敬策三子

▼ 事者決~ (2, 0.0%)

2 無之

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 て殺した, て見れ

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 て呉れ, へハイハイヱヘン

▼ 事聞くべき~ (2, 0.0%)

2 事を

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 まであっ, を据え

▼ 事~ (2, 0.0%)

2 を離れる

▼ 事自ら嗜好~ (2, 0.0%)

2 を異に

▼ 事色々~ (2, 0.0%)

1 入り込んだ訳, 惡樣に

▼ 事芝浦~ (2, 0.0%)

1 までゆられ, までゆられた

▼ 事芸苑日鈔~ (2, 0.0%)

2 にいへり

▼ 事若き~ (2, 0.0%)

1 人の, 者には

▼ 事若し~ (2, 0.0%)

1 急なら, 誤らば

▼ 事草木~ (2, 0.0%)

1 に異ら, の如き

▼ 事荒れ果てた~ (2, 0.0%)

1 不來方城, 不来方城

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 が仕業, と忍合情死爲ん

▼ 事菊池君~ (2, 0.0%)

2 が盃

▼ 事萬物~ (2, 0.0%)

1 の然, の當

▼ 事萬端~ (2, 0.0%)

1 まが, 痒いところ

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 かつた, が末

▼ 事~ (2, 0.0%)

2 の群たる

▼ 事行屆~ (2, 0.0%)

1 かする, かず

▼ 事被害者~ (2, 0.0%)

1 の親戚, はこの

▼ 事見すぼらしい~ (2, 0.0%)

2 事を

▼ 事見た~ (2, 0.0%)

1 事を, 事聞いた

▼ 事見たいな~ (2, 0.0%)

1 ことばかり, ことを

▼ 事見つめ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てゐた

▼ 事~ (2, 0.0%)

2 われて

▼ 事言い~ (2, 0.0%)

1 そうな, 度い

▼ 事言った~ (2, 0.0%)

1 とてへえ, んだ

▼ 事言わない~ (2, 0.0%)

1 で下さい, で見せろ

▼ 事言ッ~ (2, 0.0%)

1 たら尚, たッ

▼ 事計り~ (2, 0.0%)

1 思って, 申して

▼ 事訊いた~ (2, 0.0%)

1 から風呂, って

▼ 事訊く~ (2, 0.0%)

1 もんじゃ, ようだ

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 なんかで, の主

▼ 事話し~ (2, 0.0%)

1 てくれた, 甲斐が

▼ 事詳しく~ (2, 0.0%)

2 話して

▼ 事誰方~ (2, 0.0%)

2 から習つて

▼ 事請合~ (2, 0.0%)

1 で軽蔑, のお

▼ 事諷刺~ (2, 0.0%)

1 のため, の事

▼ 事諸国~ (2, 0.0%)

1 にあり, に一汎

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 の胃袋, はもと

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 樣の, 賤上下の

▼ 事貴女可~ (2, 0.0%)

2 怪いと

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 獣の, 獸の

▼ 事起こる~ (2, 0.0%)

1 といっしょ, とにらんだ

▼ 事起っ~ (2, 0.0%)

1 て氏郷, て隆景

▼ 事越遊~ (2, 0.0%)

2 の一奇観

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 ぜず, へぬ

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 は此本願寺, も命

▼ 事途中~ (2, 0.0%)

2 で友だち

▼ 事通じ~ (2, 0.0%)

2 がたきや

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 はなく, ふ人毎

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 ひ私, ふが

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 シ, 來の

▼ 事遠く~ (2, 0.0%)

1 ないから, 天下の

▼ 事遠し~ (2, 0.0%)

2

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 かつたの, き者

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 べからずと, をよく

▼ 事鍛冶~ (2, 0.0%)

2 の砕

▼ 事長けれ~ (2, 0.0%)

2 ば略す

▼ 事長太郎~ (2, 0.0%)

2 が目

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 仙は, 母さんと

▼ 事阿諛便佞~ (2, 0.0%)

2 の所為

▼ 事院長~ (2, 0.0%)

1 が室, の方

▼ 事陰氣~ (2, 0.0%)

2 のはなし

▼ 事雀躍~ (2, 0.0%)

1 する様, する樣

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 有御, 相成将

▼ 事難かしく~ (2, 0.0%)

1 し祝氏, なりおったわい

▼ 事難く~ (2, 0.0%)

1 して, たまたま巧

▼ 事難しい~ (2, 0.0%)

1 と見, 論功行賞の

▼ 事難儀~ (2, 0.0%)

1 たりと雖, なりと

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 のごとし, の如し

▼ 事雪譜~ (2, 0.0%)

2 の名

▼ 事~ (2, 0.0%)

2 の如く

▼ 事雲泥のち~ (2, 0.0%)

2 がひなり

▼ 事面白く~ (2, 0.0%)

1 書いて, 記述し

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 の兀げ, の奥

▼ 事願出~ (2, 0.0%)

2 候は

▼ 事颯と~ (2, 0.0%)

2 退く

▼ 事飛禽~ (2, 0.0%)

2 の如く

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 ひたき時, を得る

▼ 事食事~ (2, 0.0%)

2 の不味い

▼ 事飲む~ (2, 0.0%)

1 ことだけが, 事寝る

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 でも括っ, を縊

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 の水, を度

▼ 事驚く~ (2, 0.0%)

1 ばかりである, ばかり斑鯛

▼ 事高い~ (2, 0.0%)

1 こと清い, と言え

▼ 事髪の毛~ (2, 0.0%)

1 の多い, は櫛

▼ 事~ (2, 0.0%)

1 のよう, を貫いた

▼ 事鳴川留~ (2, 0.0%)

2 之丞

▼1* [4032件]

ぁするがその悪い, 事ぁないだろうと思うね, 事ぁわからんわからなかった, 事ぁ証拠になる, 事あえて普通の, 事あおむいて首, 事あがりましたる際におきましては, 事あきらけし, 事あきらめて見れ, 事あきらめし神代をぞ, 事あげ致候時ハ皆大和国や, 事あさましき世ぞ, 事あしません, 事あしたの事, 事あそばして下さりまする, 事あたし考えた事, 事あたし達には駄目, 事あたらしやお, 事あたらしゅういうまでも, 事あちらは黒人也, 事あったらしく西鶴の, 事あて御つか, 事あとの事, 事あとさきの順序, 事あなたっきりに云う, 事あなた方は思い切っ, 事あに石を, 事あまアどっちでも, 事あやしと見, 事あよせっ, 事あらかじめ圖られず, 事あらざれば宮, 事あらせじと誠, 事あらたに申すべき, 事あらだてるな, 事あらへんやろなあ, 事あらむとするを告げたるが如き, 事あらめやも, 事あらゆる困難を, 事あらわれたからには死ぬる, 事ありがたき御代かなと, 事ありけり其時先生左の, 事ありければその, 事ありけん余所余所しく, 事ありさればた, 事ありしかば監察, 事ありしならん如何に, 事ありて後再び, 事ありてより後は, 事ありぬべき折たれ, 事あり依て又, 事あり娶る君に, 事あり知り得ざる事あり, 事あり称して国務, 事あり見るだけにても気の毒, 事あるですけれども身体, 事あるなら明日誰なり, 事あるべき踏込んで敵, 事あるべくまた初め四, 事あるべけれどそ, 事あわからねえけどさ, 事あんめいね, 事あッて好もん, 事あ大嘘だらず, 事あ相みたがい, 事いい点が, 事いいたくなんかない, 事いうてる手間で, 事いうならもう話, 事いおか, 事いかがと制したれ, 事いかで心から金三に, 事いかなる天魔に, 事いくばくぞとさまざま, 事いくら書いて, 事いくらか気がついてか, 事いけませんわ, 事いけん言うて反対, 事いじって居る, 事いたしましたのは, 事いたむ事は, 事いちはやく官の, 事いっさいの人, 事いったい春岳侯が, 事いってられないわよ, 事いってりゃこんで踏み殺される, 事いつそこの指環, 事いつぞや土室沢と, 事いづ但しその, 事いづこも同じさま, 事いで思はうといふ, 事いはるるは常, 事いひたる覚へ, 事いひなさんな, 事いひ出でては気, 事いひ終りて下, 事いふたらあていにまつ, 事いぶかしう更に, 事いま奈何におもう, 事いやしくもこの山内, 事いろんなものを, 事いわないでいらっしっ, 事いわなければよかっ, 事いわれたって本当, 事うにもことう, 事うべしもって, 事うべき神聖なる, 事うべしと基督, 事うるさい事, 事うる如き心地が, 事うる能わず焉んぞ能, 事うれしい事でございます, 事うわ事に, 事うんのわるい, 事う如くすべしとあり, 事う聞いたみんな忘れん, 事おいてくれ, 事おいいだから嘘, 事おおかたは志, 事おかしい位な, 事おからだは, 事おこりしと見えました, 事おしえて上げる, 事おしやべりし, 事おじゃま致しまして, 事おすがをやつ, 事おせんたくの事, 事おそらく殿にも, 事おっしゃいます辛うて, 事おっしゃらずに, 事おっしゃらねえでどうぞへえ, 事おっとりして, 事おとなしく言葉で, 事おびただしいのだ, 事おびただしき果合に, 事おまえさんもう少し下, 事おまけに頬骨, 事おもしろいけど, 事および日中に, 事おわしてお召, 事お世話になりました, 事お前さんの為, 事お前さん云立てをし, 事お嬢様も傷, 事お家の重, 事お忙しいに, 事お母さんの事, 事お父さんもお母さん, 事お腹の皮, 事お花樣の御, 事お話にもなりません, 事お金が欲, 事かいと思いましたさかいに, 事かいなあッ, 事かいなソレ何ちふさんす, 事かいははん, 事かう云ふ, 事かえって交互に, 事かかずシーズンごとに, 事かかる困難の, 事かきませんから, 事かき自分の愛児, 事かくまいだてまたは, 事かくらいに考えて, 事かさつぱり訳, 事かしこくも聖断, 事かしこければ還り, 事かじけ色を, 事かぞへ尽しがたし, 事かたがつい, 事かたがたもていまいましき, 事かたり出んしばし, 事かといったような, 事かとしてゐる, 事かなあさっきからの, 事かなしく立って, 事かなど思ひつ, 事かなどとつくづく思ふ, 事かなどといふ噂が, 事かななど寒月子と, 事かなりにき, 事かなわずわずかに, 事かねえははん, 事かねて教へ, 事かはと此あき, 事かまうもんか, 事かよわき御身の, 事からかもしれない, 事からと申す事, 事からに違いない, 事からより戻ったの, 事かり初めにも, 事かりにも出来ます, 事かろしと思ふ, 事かわった無邪気な, 事かわりますが世の中, 事かわり生きた日本の, 事がさつに無, 事がさつぱり判らん, 事がな今だ, 事がにゆうだよ, 事がねえという位で, 事がのみ込めて, 事がもころである, 事がらそのものはなる, 事がらなら割にスラスラ言えます, 事がら自体がむづかしい場合, 事がわざとらしいぢやないか, 事がをかしかつ, 事きかせてあげ, 事きこえはべれば, 事きまる上は, 事きり言えないの, 事きれ給へ, 事きわまる時は, 事ハしく, 事くらいは心得て, 事くり返し憶ひ, 事くれぐれ御案じ上候, 事くろんぼ同然, 事くわしく書くの, 事ぐいと銀の, 事ぐらいではびくとも, 事ぐらいにしといて, 事ぐらいを知らないか, 事ぐらゐで引つか, 事ぐらゐは出来るつもり, 事ぐらゐは何んでも, 事ぐらゐは常識と思つて, 事ぐらゐ彼はとつく, 事けったりなぐっ, 事けなす事, 事ければ彌太郎, 事こいから何処ぞい, 事こそはあれ口答, 事このほどいささか気に入らぬ, 事この世はさながら, 事こよなくも深き, 事これっきり何処かへひそか, 事これ弓馬の家, 事こんにち, 事ございませんのよ, 事ござる由にて, 事ごと出し抜けを食わされ, 事ごと吉瑞がある, 事ごと奇を謳ッ, 事ごと逆にゆく, 事ごと鎌倉殿の下, 事ごと関東へ媚び, 事ごめんよ, 事ご存知でしょう, 事さあ此衣を, 事さあさあすぐに, 事さいあったら私, 事さがそうとする, 事させましては子, 事さぞ此宅の, 事さぞかし可哀さうの, 事さっそく奉行を, 事さつさと雪, 事さてさて首尾よく, 事さとわけの, 事さながら地獄の, 事さね今なら, 事さまざまにどうも, 事さまざまこれはどう, 事さように分ったら, 事さりとて実家に, 事されていい, 事されたかルリ君, 事されるかと思っ, 事さわいでいる, 事しありて君, 事しあるかかる日にこそ, 事しあれば尾張, 事しかく切なる, 事しかとお約束, 事しきや出来ません, 事しきゃ思い附かない, 事しくじったらおれが, 事しくじり与力の, 事しげき憂き世のがれ, 事しげく市民の, 事しずまってみれ, 事したいうやない, 事したがって伊勢, 事したらいけませんやありません, 事したるは悪し, 事したればこんな, 事しちゃいられないのだ, 事しちゃったのネイおっかさん, 事しつと云, 事しててもあんまり, 事してたら切りが, 事しなさらんやろ思いますがそい, 事しねえから, 事しのばず池の, 事しませんネイか, 事しみじみ胸に, 事しゃれた事に, 事しやがったな, 事しらず候へど, 事しられた思たら, 事しられたら第一, 事じゃあねえかと思った, 事じゃという事を, 事じゃとのみ思込み余念他, 事じゃとは誰も, 事じゃに只今お話し致しましょう, 事じゃほどにこの災難, 事じやさかい母親, 事じれったがって, 事ミと, 事すぎて良人, 事すくないの, 事すこし気が, 事すすり泣いていた, 事すでにあまりに幻想的聡明な, 事すでにすでにかくの, 事すべてあきらかなる人, 事すべて人を葬る, 事すべて僧侶というもの, 事すべて希望のしるし, 事すべて後日の例, 事すべて患らはし, 事すべて時代に従って進化, 事すべて氣にいらん, 事すべて私ならず道, 事すらが失望だった, 事すら迄が退屈で, 事すりきれた草履の, 事するいうのん, 事するでねえ傷ましいまあ, 事すんだとがつかり諦め, 事今お金, 事せいぜいそれくらいの, 事せしことか, 事せつ也されども, 事せねばならぬ, 事せまいと名, 事ないくど, 事そこでもう一応尋ねたい, 事そしてまた私が, 事そして又夫人は, 事そのもの物そのものを知る, 事その他に就い, 事その他すべて公衆に係, 事その他たくさんどこで調べ, 事その他アイヌ人に近い, 事その他家人の心, 事その間に長男, 事そりゃ好い靴, 事それからまた向うの, 事それだけお言, 事それでもこの家, 事それ以上な問題, 事それ自らが定, 事ぞともなく明け, 事ぞなかりける, 事たい野良猫に, 事たえたる今に, 事たき十九歳同じく, 事たしか午後に, 事たしかめかばねの, 事ただちに奉行所へ, 事ただ把る春風桃李, 事たちまちわが心, 事たつた一度で, 事たとへば猶草木, 事たのしみな事が, 事たびたびであった, 事たまには何となく, 事たやすく得られる縁談, 事たよりのなかっ, 事たらず足らで事たる, 事たりぬべし生中もち, 事たりるとせね, 事たる勉めて学者, 事たれりとすべき, 事た立って居, 事だいわれなき妄説である, 事だい君があんなに, 事だい銭形の兄哥, 事だい錢形の兄哥, 事だうむ泥棒こそ, 事だからあなたも, 事だがそれを, 事だけだって気が, 事ださうだが今年, 事だされば, 事だしたけれども当時, 事だすけンど, 事だだから見る, 事だっさ, 事だったけれ共ろくで, 事だってもそんな事, 事だつたさうだけれど, 事だつたさうで忠綱さまは, 事だめです, 事だれが世間, 事だろう困たなア, 事だろう焦ればあせる, 事だ出来ない事だ, 事だ出来る事なら, 事だ思わんですだか, 事だ成るほど成る, 事だ死ぬ前に, 事だ渡して上げよう, 事だ生きてることが, 事だ聞きたくもない, 事だ行かないわけには, 事だ遣らかしやしょう大達引, 事だ願ってみろ, 事だ飛んだ事だ, 事ちかい候て, 事ちがってあまり, 事ちゃな根から全体商人, 事ちやないやね, 事ちょいとお前さん, 事ちよつと申候, 事ぢゃほどにこの, 事ぢやけにさき, 事ぢやつたのう, 事ったわ, 事ったっしゃろ, 事ったらありませんわ, 事ったら驚くほどです, 事ったろうねえ, 事っちゃおまへん, 事ってねあんた芸が, 事つくし難く候, 事つげ船唄の, 事つたらなかつたさうだ, 事つてすが日本人, 事つて云ふと直ぐお, 事つまびらかに申し上げ, 事つまり労働力をだす, 事てきぱきと切つて廻し, 事てはこれまで, 事ても小待合, 事であったけれ共まるで, 事であったならば世俗, 事であったらしく記している, 事であらばなほさら不思議, 事でありましたでしょうかこの, 事でありましたら随分御, 事でありましたろうそれでは御, 事でありましょうで以来そこを, 事であるけれ共二人, 事であるだらうか氷島, 事であるですよ, 事であるのみならず捕虜の, 事であるべきそれらの, 事である死んだ記に, 事でいつどういう事, 事でいふべからざる苦惱を, 事でいらっしゃいますから御, 事でかるが故に, 事でかれが燦爛, 事でがすが, 事でございましたらせめては, 事でござらうぞ, 事でござろうか罪, 事でござんしょうねえ, 事でござんしよと姫御前, 事でさすかさも, 事でしたろう奥さんと, 事でしょか, 事ですれ違ったくらいで, 事です拗ねたまねを, 事でせけんからひどい, 事でたうとあの, 事でつしやろ, 事でつまらぬ疑いを, 事でつまらぬ疑ひを受け, 事でなさそうだ, 事でなかったら訊いて見ろ, 事でなかつたら足してあげる, 事でなかろうが近頃ようやく, 事でながめは, 事でなきや面白い, 事でなきゃ半分しか, 事でなくってもこれ, 事でなく止められる時の, 事でなけりゃそれでもえ, 事でなし彌, 事でなりたけ丹丹精を, 事でねえから安心, 事での其の前兆, 事でのう早く照, 事でふふざけた事を, 事でへッへ, 事でまで圧え, 事でもどくはまぜ, 事でもねえというのは, 事でもやッて, 事でもを強く感じ, 事でやすな, 事でやったってしよう, 事で云いがかりだ, 事で云わば私, 事で云わない事は, 事で亡くなられましたオモヨ殿と, 事で仰のごとく, 事で使わいで済んだ, 事で兼ねて, 事で出かけてくる, 事で出される様な, 事で出し抜かれたんでございます, 事で出来すのに, 事で出来上って後, 事で取乱してはいけません, 事で叱られるのは, 事で就きましては貴方, 事で引つ込むやうな, 事で御座いましたろうか, 事で御座いますれば主人, 事で御座んすかいもんどり上手の, 事で忘れないで居る, 事で思うように, 事で思ひも掛けぬ, 事で思わぬ失礼を, 事で恥ぢる心を, 事で打ち壊すために, 事で打ち明けて話し, 事で打つてくれた, 事で捕押へ, 事で掘子が, 事で掘出て見れ, 事で数えて見れ, 事で枯れかけた松の, 事で死にます時の, 事で殺されるのは, 事で燃えきっておらるる, 事で犯してはならない, 事で痩せたとか死に, 事で登ると云う, 事で知らずに見れ, 事で穢れた事や, 事で納まった事が, 事で蠢いたり匍, 事で行って見る, 事で見せつけられる者は, 事で見ようと思っ, 事で詰らん物だ, 事で誘われるような, 事で這い上がってみます, 事で逢えば四谷, 事で連れて来られた, 事で開いて居, 事で阿父さんの, 事で隠れて致し, 事で頼まれてもまさか, 事といふは父御, 事とおもひ, 事とかいう風な, 事とかの席でも, 事とかや江戸神田鎌倉河岸に, 事とから推して, 事ときまッ, 事とくより承りし, 事とこそいへそれで, 事としての練達を, 事とぞとありて, 事とだけは二人の, 事とちッとも, 事とてなかりしに, 事とともに自分の, 事とのみにあると, 事とまでして, 事とまでは思わないでも, 事とみに告げかねいづれにしてもいひ訳, 事ともすつかり縁を, 事とやらは殿さまご, 事とりあえず寝台に, 事とろとろと眠った, 事ない思, 事どうしても御男子, 事どうも信用し, 事どおりになすったら, 事どしたら戴いときまつ, 事どっちでもよし, 事どなたかが勉強, 事どのような, 事ども委敷語り, 事ども委細主人へ申聞ん, 事ども尋ぬるに, 事ども承知いたし候, 事ども殘らず白状成, 事ども相談しかつ, 事ども覺え有, 事ども訊問せられ遂に, 事どれだけだ, 事どんだけなに, 事どんなにかまあ, 事なおまた父と, 事なかりけり弓, 事なかったわ, 事なかつたわ, 事なかりしも妻, 事なかりきという, 事なかるべきを保証, 事なかるべけれど唯々心, 事なかろうと, 事ながらと感喜踊躍し, 事なくかる事せず, 事なくむば汚, 事なく幽な渡世, 事なく新しい犠牲, 事なく醜にも邪, 事なげな姿, 事なござるぞよ, 事なさずにはゐられない, 事なさらなくてもいい, 事なされますなと三人, 事なし得た事の, 事なし面白き事こそ, 事なじみの女, 事なすことを, 事なすべき事なさず, 事なす事みな道理に叶い, 事なす事一として他, 事なす事云ふ事, 事なす事周囲のもの, 事なす事後手となつ, 事なす事手違ひにな, 事なす事損ばかり誠に, 事なす事有意味でなければ, 事なせといふ, 事なぞかまつて, 事なぞについて多く訊いた, 事なとして, 事などにも余り姿, 事などよりは更らに, 事などをも話した, 事なにがしが門人, 事なにとぞお取次ぎ, 事なびくと同じ, 事なほありぬ, 事なほ一二年添ふて見た上, 事なほ一葉女史が, 事なほ我を怖し, 事なほ男子の杖, 事なほ誤解あるが, 事なめれどももし, 事ならおっしゃいナかなり, 事ならかうした美しく, 事ならかめへんけどもそ, 事ならした方が, 事ならじもし此等, 事ならするけど, 事ならずやと有, 事ならず乾いた置き場所も, 事ならず依て月, 事ならず勝れる者は, 事ならず思われて噂, 事ならですがそれだけ, 事ならびにお前が, 事ならやって退ける, 事ならわけないけれども女たち, 事ならんぞ, 事なら仕てあげる, 事なら代ろうものをと, 事なら伺うまでもありません, 事なら伺ふ必要は, 事なら分らないが分る, 事なら叶えて遣りやしょう, 事なら喜んでし, 事なら喜んでるから困る, 事なら忍んで忍ばれぬ, 事なら恐るるに及ばん, 事なら恐れるに及ばん, 事なら書けそうに, 事なら止したがよかろ, 事なら死ぬには及ばないでしょう, 事なら死ねと云え, 事なら死んだ方がと, 事なら済ませたいやうな, 事なら為んが好い, 事なら生かして置けない, 事なら用立て遣度と, 事なら知らない事は, 事なら考えて見, 事なら考え直して新聞紙, 事なら聴かせて頂戴, 事なら肯きますけれども都合, 事なら行くんぢや, 事なら行けと勧め, 事なら語りたくないほど情ない, 事なら通りそうな, 事なら遂げさしてやりたかった, 事なら違っても大した, 事なら遣りますわ, 事なら間違うてもよい, 事なら隠す事は, 事なら頼むも頼まれる, 事なら頼んでまでも証拠, 事なら飛んででも逃げたい, 事なら飲み込めたという風, 事なら驚きゃしませんまた菊坂, 事なりうゑたるもの食を, 事なりが病に, 事なりけん食事当番の, 事なりされば, 事なりしなればと云, 事なりしも幸いに, 事なりといふ一種の, 事なりとぞまた年越, 事なりとていよ, 事なりともこれは, 事なりや抑も, 事なり伏して惟, 事なり依て膳部, 事なり出して見せなさい, 事なり重ねて訴え, 事なるべくたれか京ニ, 事なるべくまた言わぬ故, 事なるほど無理も, 事なんかじゃないん, 事なんかに手を, 事なんかにはなれて, 事なんかより早くあっち, 事なんじの身, 事なんぞと戲れ, 事なんぞには貪着, 事なんぞの出来ない奴, 事なんぞも忘れ果てて, 事なんだか恐しいの, 事なんにも考エへんように, 事にあたっては計を, 事における末世の, 事にかけちや鳴らした, 事にかけての團體力は, 事にかぞへて, 事にかと見えたり, 事にこりともせず乱れた, 事にたいして温室を, 事にだけ夢中に, 事についてか大層よ, 事についてさ少しからかいかけたら, 事についてのみ働く, 事についてはから薄ぼんやり, 事についてまで話した, 事につれて一般的に, 事にてこそあれ, 事になんぞ關しない, 事ににしましたから, 事にね師匠, 事にのみそれて, 事にはをりを, 事にばかりに狂奔し, 事にばかりは使われません, 事にまでは到達し, 事にまでも思を, 事によってしか語られなかった, 事によってでも起る, 事によつたら殺すかも知れない, 事によりましてもしあれ, 事によりも一般から, 事によるかもしれん, 事によるぞ斬って, 事によるともとは其草をも, 事にわかに和睦を, 事にわたり二人の, 事に当たり当日の, 事に関すると両君よりも, 事ねえと云った, 事ねばり時々いやらしく, 事ねへと余念なく, 事のかずにも入りません, 事のかへすが, 事のなからむ, 事のみとして雲煙看過する, 事のみとも限られぬ形勢, 事のみなりといふ, 事のみによってその偉大, 事のろよりも濃, 事はいふ迄も無い, 事はいりません締切の, 事はかずあれど親, 事はかへつて子供の, 事はかまひませんから, 事はかまつてはおくれでない, 事はからだが, 事はござりませずまた完全, 事はござりませぬが, 事はござりません先達て道中にて, 事はさほどの事, 事はしっていた, 事はじめは小言, 事はじめてよ呼吸, 事はじめばやもとより, 事はずん, 事はずバぬけたものの, 事はぞうさない, 事はたとへ損失, 事はどつさりあるよ, 事はなっから俺, 事はねい私は, 事ははええが, 事はぶきつちよさうな, 事はもうい, 事はや半ばなりぬ, 事はやきものゆゑかの, 事はやく鐘の, 事はるかに思ひ忘れ, 事はれにはれたれ, 事はれないと云, 事はわかつたでせう, 事ばいと思いました, 事ばかりか未に, 事ばかりかもしれないけれど, 事ばかりじゃが何, 事ばかりで有った, 事ばかりにでも或る, 事ばかりには全く迷, 事ばかりも有りますまいから, 事ばかりよお兄様, 事ばっかりがあって, 事ばっかりで日を, 事ばっかりに屈たくしない, 事ばっかりの一日私は, 事ばつかりだつた, 事ばよう知ッとるし, 事ひいては古代の, 事ひとえに自縄自縛なり, 事ひとかたでなくどこ, 事ひとたびお金のこと, 事ひとたび伝六が勇み立った, 事ひとたび鉱毒のこと, 事ひとり瀬戸唐津に限らない, 事ひと通りでは, 事ひまがあったら送っ, 事ひよつと筋, 事ひろく成してん, 事ぴんからきりまで心得て, 事シヤルルイタリアに, 事ふしぎなり, 事ふちたちや御, 事ふべしと勧め, 事ふもの是, 事ふりにたれ, 事ふり候へば道中, 事ふれば年, 事ぶかぶかの靴, 事ぶつ死ぬまで, 事へが第二次, 事へたりしや, 事へた事實を擧げた, 事へも手を, 事へよと云ふ, 事へをさを, 事ほどさように, 事ほどの材料は, 事ほのめかしたまひ, 事ほんとに好いて, 事ほんとにこれから東片町に, 事ぼくは飛ん, 事まあ何て, 事まこと言ひ交せし事, 事ましてや續く, 事まじめな本気, 事ますます其の信仰, 事まずおよそこんな抱負, 事まてにて候, 事までと如何にも, 事までになって, 事まではよかつた, 事まんぞくにて候, 事みせ申まじ, 事みな変である, 事むずかしく切目, 事むずかしゅう考えずと, 事むだに散らさない, 事むつかしと感じ, 事むつかしくなりもやせむ, 事でとう, 事めづらしくも無い, 事もうけの事, 事もうすっかりお絶え, 事もがすで, 事もござりましたよ, 事もござりますれば, 事もござりませぬが旦那様方, 事もござりませんがただ, 事もしかねたし又, 事もしくは屍体一個側近者一個を, 事もじもじして, 事もすつかり善く聴い, 事もすつかり忘れて慌て, 事もちかけられると先ず, 事もちつともない, 事もちつたァ聞い, 事もちふともこ, 事もったい至極もござりませぬ, 事もっとむずかしく申せ, 事もっぱら家猪に, 事もつとも烈し詩人, 事もともといかなる悪業, 事もと悲壮なり, 事もと是れ人間, 事もと私にあらず, 事もなかりしに, 事もねえと思うが, 事もねえとも云えねえが, 事もねへが彼が, 事ものうく成りぬ, 事ものの数でも, 事もはざと言う, 事もをかしと, 事もをかしかりけり, 事も之有るべく候, 事やうやく, 事やうやうととりとめ, 事やがて気が, 事やくざな奴ら, 事やった事は, 事やったらしいのです, 事やっとぼくに, 事やで人に, 事やのんに, 事やぶれかぶれに, 事やぶれたがこの, 事やみ難き性癖, 事やむをえずそれまで, 事やらで向うでは, 事やりたくはない, 事やりとげて見せる, 事やれど身体, 事や執つこい目, 事ゆえあれなる美形, 事ゆえおれも頭, 事ゆえお前一人で討つ, 事ゆえこれはさも, 事ゆえわしは万全, 事ゆえ一時半時では誰方, 事ゆえ万が一つ, 事ゆえ万が一お咎め, 事ゆえ今晩私が開き, 事ゆえ仔細の取調べ, 事ゆえ伴藏は寺参り, 事ゆえ写真など滅多, 事ゆえ刀の鍔元, 事ゆえ勇助も年, 事ゆえ勘定は確, 事ゆえ勝久の弟子, 事ゆえ卒業の後, 事ゆえ口上をもっ, 事ゆえ只今と違い, 事ゆえ四ツ手駕籠で刺青だらけ, 事ゆえ夜半だろうと, 事ゆえ天気の好い, 事ゆえ失礼をいたしました, 事ゆえ女に溺れる, 事ゆえ婚礼を致しまし, 事ゆえ小生も大きに, 事ゆえ幼少の折, 事ゆえ心配をいたし, 事ゆえ念のため, 事ゆえ思召す所を憚, 事ゆえ抜差しはならず, 事ゆえ文三は独り夜食, 事ゆえ是だけにする, 事ゆえ正体を見届け, 事ゆえ此の者, 事ゆえ此の度江戸表へ立帰り, 事ゆえ母の行方, 事ゆえ母親が諦めませんで, 事ゆえ永井の家, 事ゆえ流石のお, 事ゆえ源次郎を忍ばせよう, 事ゆえ物観遊山には持て来い, 事ゆえ町野左近という者, 事ゆえ真赤になりまし, 事ゆえ私が御, 事ゆえ筆者もとにかく, 事ゆえ罪あって, 事ゆえ老神まで参りましょう, 事ゆえ自分で見た, 事ゆえ花屋の室, 事ゆえ萬端其許をお, 事ゆえ表向に悋気, 事ゆえ表沙汰にいたしますれ, 事ゆえ諸事よろしくたのむ, 事ゆえ責まれる, 事ゆえ身請と云っ, 事ゆえ逃げもせず, 事ゆえ通常の者, 事ゆえ道も捗取らず, 事ゆえ面倒じゃ手形, 事ゆえ頽した後, 事ゆえ顔色を変え, 事ゆめゆめ疑いあるべからず, 事ゆるゆる静養し, 事ゆゑここの思入, 事ゆゑつまびら, 事ゆゑなほさら寒さ, 事ゆゑにいづれお出で有, 事ゆゑ一度は斷, 事ゆゑ不審何れの邸, 事ゆゑ今日迄見合せ, 事ゆゑ今越前が問, 事ゆゑ何共致し方御座無候間金子五十兩何卒才覺致しな, 事ゆゑ光貞卿にも心掛り, 事ゆゑ其中の融通, 事ゆゑ出入の者, 事ゆゑ厭ひません, 事ゆゑ右やうにする, 事ゆゑ名主組頭親類を始め, 事ゆゑ土産も持, 事ゆゑ外に誰, 事ゆゑ夜にもか, 事ゆゑ夜具布團其外に心付け食事等, 事ゆゑ大に怪, 事ゆゑ大勢して, 事ゆゑ屑は少し, 事ゆゑ御上坂町奉行へ御, 事ゆゑ忠八此金算段せられよと, 事ゆゑ忠臣が詠んだ, 事ゆゑ急ぎ食事せんもの, 事ゆゑ我を忘れ, 事ゆゑ我々が力, 事ゆゑ文右衞門とは心安く, 事ゆゑ日頃親しう, 事ゆゑ是非とも是, 事ゆゑ此節半金も遣, 事ゆゑ浪人職で劔術, 事ゆゑ漁師ども語らひあひて, 事ゆゑ白妙を追, 事ゆゑ相談なし油屋五兵衞, 事ゆゑ老神まで參, 事ゆゑ茶屋へ寄り問合せ, 事ゆゑ萬事の儀ども相違, 事ゆゑ路次を家主, 事ゆゑ邸方より二百兩三百兩づつ, 事ゆゑ金子などは入, 事ゆゑ金銀に眼, 事ゆゑ面伏にも思可, 事ゆゑ首尾能御屋敷, 事よい発音を, 事よせばいいんだ, 事よせまして紀伊, 事よって如件, 事よほど古くジケア, 事よりしかしない, 事よりねえ面白いこと, 事るれば, 事らしう御座いますが, 事らしく仰ゃって来られた, 事らしく帰って顔, 事らしく思い王の, 事らしく見えるが前, 事わいの苦, 事わからないのかねえ, 事わからねえから, 事わかりの悪い, 事わかりますか, 事わかりやしないわ, 事わが国の曾呂利咄, 事わが身は牛, 事わけても雨もよ, 事わし達の運命, 事わすれがたかるべし, 事わずかにし, 事わたしゃ考えて, 事わたり歩き見るからに, 事わてが言ふと, 事われら計らはむ, 事われわれの知る, 事われわれ両名は固く, 事をからかつて話し, 事をこそ見つめたいの, 事をしかじかに観, 事をずつと遲れ, 事をちゃあんと, 事をてまえから, 事をとて熱心に, 事をべちや, 事をよくさう云, 事をわざとやつたやうぢやないか, 事を以てのみ国民の, 事を通して作者の, 事アツテ実朝公, 事アナタニ知ラセタクナイノデスガドウシテモコノ問題ハアナタニ解決シテモラウシカ手ダテガナイト考エタノデ急ギ, 事アネヘと彼是咄, 事アビシニアの馬途中, 事アメリカの南, 事アラビヤペルシヤ支那日本といつた, 事アリコレハ既ニ見ラレタル上ハト焼ケ糞ニナル事ト存候, 事アリ報恩寺ト云寺ニアリシト云此寺ハ千光国師モロコシヨリ帰リテ初テ建シ寺也今ハ寺モ菩提樹モナシ畿内ニアルハ昔此寺, 事アリ小生ノ宅, 事ア一体此方で上げる, 事ア今迄ねえね, 事ア何うでも, 事ア何時でも可, 事ア出来ねえ, 事ア夫れッ切り, 事ア狐の様, 事ア訳はねえ, 事イツパイ其の事, 事インガルスは医者, 事インドの頂生王, 事ウミガメの卵, 事ウルスター・ゴンクールは前, 事ウルピノ山中とて子, 事エウゲニイフエオドロヰチの言, 事エエ欺されて, 事エタに対する程, 事エテソノ本ヲ忘レズ, 事エトセトラエトセトラである, 事エマヌエル・カントの再来, 事エリスの, 事エルコラノとポムペイ, 事オドロクばかりP2, 事オワレリ白扇サットヒライテスネノ蚊追イ払ウ, 事ガアル歩イタトコロデオレガ名ヲ知ッテイテ世話ヲシタッケ, 事ガキレタ翌日心当リガアッタカラ, 事ガデキナイデ困リマス, 事ガワカリマシタラ私ガ貴官, 事キッドの船, 事キリスト教と学生, 事ギリシアローマの詩, 事クラブに関するかぎり, 事ケチくさい者, 事コーヒー丁字胡椒カカオなどの植物, 事ゴムのお, 事どうも意気, 事サアノー本田さんは何, 事サア素直に路用, 事サ所謂鮑の片思い, 事サ時間が時間, 事シゴイさんを追いかけまわし, 事シテ然樣, 事シヤトルでも相当, 事ジャアないよ, 事ジヤンは敵, 事ジュリエットの事, 事スカルタッツィニの註, 事スクナクタトヘ知ルトイヘトモ江水ノ流, 事スクルージが気, 事スツカリ人に話し, 事ストーブの穴, 事ズボンは成るべく, 事セントルイスの博覧会, 事タメルラン之を知る, 事ダッタノデ木村ガ前ニ掛ケタ, 事チュタラなあ, 事テキパキとやりました, 事テナルディエ一家のこと, 事デマを飛ばし, 事デモ出来ル様ニシテ馬迄買ワシ, 事如何ナル遺物ハ何レ, 事トシ化シテ本邦ノ益トナスコト, 事トムさんは用事, 事トヲ察知シ且ツ之ヲ以テ既知遺跡實踐, 事ドクトル大石誠之助を初め同人甥西村伊作, 事ドメニカの媼, 事ドリアンはふと, 事ナムアミダブツナムアミダブツつて拝んぢやつ, 事ナルガ青銅時代鐵時代ノ二ツノ稱ヘハ今, 事ナレバ夜寒シキリニシテ手足モヒヘ草, 事ニアラズトスルモ豈赤心, 事ニカカッテ居タ息子ガ五ツノ時ダソレカラ忌命ガ明イタカラ又, 事ニサヘモ相應スルコト能ハズ, 事ニテ姫兒ト云フ稱ハ物ニ見エタルコト, 事ニナルト困ツテシマイマス, 事ニナルトワタシタチニ振リカカル災難ガ, 事ニハ今ハ不幸者, 事ニハ尤遣所, 事ニヨッタラ範囲ヲ蹈ミ越エタノデハアルマイカ, 事ニヨルト過去ノアラユル隠シ場所, 事ニ付て一家, 事ニ候て又, 事ニ候得バ其御船ニ而小弟の危難, 事ニ候得バ此上疑相, 事ニ其結果ヲ推シテ其源因ニ, 事ニ就テ精微ナル理ヲ穿鑿スル, 事ニ御座候日本ノコトハ知ラザルモ難産ヤ子宮患ナラ命ヲ救ヒクレタル医者ヲバ, 事ニ是レ従フト雖モ俗累肘ヲ内, 事ニ注意センヨリハ當ニ幼時ヨリ學術ヲ勉勵セシメ, 事ニ臨ミ生疎施スナク, 事ニ間違も出来, 事ニ関セシニ非ズヤ, 事ネエ此のまま, 事ネエ私も丈夫, 事ネエ部屋でさっきっ, 事ノヨウニ思ッテシタガシマイニハオレニ刃向ッタヤツラガ, 事ハいつかふうち, 事ハアリマセヌ慾ニハ私モ東京ニイテ文芸倶楽部ノ末, 事ハクストハウセンの, 事ハシタの様, 事ハスル積リデスカラ決シテ心配シナイデ下, 事ハルピンへ來, 事ハ一二三吉兄の方, 事ハ三大夫及君御召立がと, 事ハ伊藤先生及洪堂兄等の御, 事ハ伏見寺田や家内, 事ハ会計方の者, 事ハ其長州でた, 事ハ兼而御聞ニ入置候通り, 事ハ兼而長州の政府, 事ハ別ニ之ヲ定, 事ハ千万なれバ, 事ハ危共御気の毒, 事ハ古人も在, 事ハ君ノ不, 事ハ外よりも御, 事ハ夫ニも及申, 事ハ如何様之武士, 事ハ小弟ラ多少の, 事ハ彼ノ地ニ存スル竪穴, 事ハ御国にて流行申候長剣ハ兼而, 事ハ御船明光丸も与, 事ハ微細ナル水蟲ヨリ大ナル禽獸ニ至ルマデ, 事ハ徴兵制ナリシガ故ニ辛ウジテ獨逸, 事ハ念を出すべき, 事ハ日本モ西洋モカハリナキト存候尤モアイリッシュノ婦女ナドハ裸体ヲ見, 事ハ月と雲, 事ハ此儀にて御座候, 事ハ此頃黒沢直次郎と申, 事ハ海軍の事ニハ, 事ハ私手ニ入度存候品, 事ハ私申上候事能御聞分, 事ハ紀州ハ何故の, 事ハ西郷吉之助の家内, 事ハ誠ニ御和談, 事ハ識アリテ能之ヲ成スベシ, 事ハ譬ヘバ人ノ夕, 事ハ間違あるまじく, 事ハ陸奥に任し, 事バーが結局, 事バートンの, 事ヒッポマネスごときも, 事フグに関してこんな, 事フラットは不, 事フルコト三年技進マズ其ノ故, 事ブラウン運動等の研究, 事ホンの此間, 事ホントに好き, 事ボーマルシエがその, 事ミヴワートの説, 事ム性やらになっ, 事メシナ海峽で一人, 事メンドウになった, 事モアリマシタガ今デハ, 事モイセイカが町, 事モティヴが耽, 事モムゼンはいつも, 事モ哉ト一同心痛ナシ右図面ヲ以其県庁, 事モ存スル者ト見エタリ, 事モ後ヲ前, 事モ水ノ流, 事モ骨骼及ビ風俗ノ比較ニ由リテ知ルヲ得ベシ, 事ヨロシク頼ム, 事ラフハエルに譲る, 事ランプの石油, 事ロスコー家の人々, 事ヲエエ機会ニ小頭組合モ労働組合モツブシテ見セマス, 事ヲツトマカセと心得, 事ヴァンパイヤになっ, 事・分れる事, 事一たび各自の家, 事一だになし, 事一つ一つに故障, 事一つ云はずに我慢, 事一つ所に長く, 事一ツ叶へばまた, 事一万疋に及びし, 事一三〇粁の地, 事一九〇八年版スプールスの, 事一二に非, 事一二分心臓の鼓動, 事一代の侠骨, 事一伍一什を打, 事一体朝寐坊の, 事一体どうした情由, 事一内閣の問題, 事一切先方まかせとして, 事一切力だ, 事一千三百里という, 事一同は些か, 事一向に知ず非人共, 事一場の争論, 事一夫一婦の願, 事一室にあり, 事一年余明治二十六年十一月に帰県, 事一年半ばかり更に, 事一年唯一度と言, 事一年有余にし, 事一度書道となります, 事一度自分の事, 事一度行はるれ, 事一度裁縫に関すると振う, 事一心不乱になっ, 事一應御道理には候, 事一應越前へ御, 事一掃のあと, 事一揆騒乱など起ったる, 事一方ならず色々修繕も, 事一日もやすまず, 事一日千秋の大, 事一日竹内家の召使, 事一旦形而上学に, 事一旦こうと契った, 事一昨夜家出致しまして, 事一昨日再昨日, 事一時和雨到心頭, 事一時迎歳又迎春, 事一時間にし, 事一晩中ねられやしませんでしたよ, 事一校の評判, 事一概に論理を以て, 事一様ならず村, 事一次ならず学業未到, 事一歩にし, 事一汎に知れ渡った, 事一海里許の海上, 事一生の名残, 事一町半許, 事一百それより背, 事一眼お前様を見た, 事一等の待合, 事一芝居の起こる, 事一葉の令状, 事一見甚だ些細なる, 事一言にし, 事一言半句の挨拶, 事一週間ばかり前, 事一部其書誤脱不爲不多, 事一里にし, 事一里漁村浜崎を過ぎ, 事一銭に関する如き, 事一間半危くも巡査, 事一體何處から聞, 事丁年以上四十五歳までの男子, 事丁度エナの, 事丁度三時過ぎです, 事七ツ有り, 事七八十間其処でまた, 事七八十間其處でまた, 事七八度目にし, 事七八日で子, 事七八町岩層の小高い, 事七八遍にし, 事七年相見る, 事七年前藤川宿の町外れ, 事七度なり, 事七度び半にし, 事に一つ, 事万々だ, 事万事に気, 事万物の幸福, 事万般を貫く, 事載たちまち, 事三たび地曳式と師檀, 事三つ一には彼人我我所, 事三人で海岸, 事三分五セコンドの後, 事三十呎乃至五十呎其潜行を持續, 事三十年漸くこの, 事三十年前欧羅巴の大乱治平, 事三哩またそれ, 事三四まいしたため, 事三四回ある, 事三夜にし, 事三太郎君がウンウン, 事三島駅前の運送店, 事三年乃ち元治元年なり, 事三度三度目にわが, 事三日でやむ, 事三時間も續, 事三月三日の條, 事三月十二日永劫の旅路, 事三条を上った, 事三海里ばかりの南方, 事三海里餘橄欖島と覺しき島, 事三田が羞, 事三益は突放す, 事三禅の天人, 事三軒が三軒, 事三遍にし, 事三郎兵衞素より心, 事上下擧つて通りがよく, 事上下衣服等もみ, 事上向へ願, 事上國三九郎鎗術指南の浪人近松源八上總屋五郎兵衞事相良傳九郎, 事上層に人形, 事上州の産, 事上意の由, 事上手なと, 事上柱國新平郡王とあ, 事上森出現は那波, 事上様に上申, 事上洛つかまつらずと, 事上等の病室, 事上身をほとんど, 事上述のごとく, 事上述デンデンコロリの話, 事上野の養育院, 事上陸して, 事下さるまじ是よりは, 事下ノ関海峡の壇ノ浦, 事下総の羽生村, 事下総羽生村に知っ, 事下草の事, 事下部は致し, 事不便なりとて, 事不出来依之四人, 事不可ならず, 事不可思議とは世間, 事不束を致し, 事不精に貧しく, 事不能候因て東都, 事不能内閣宰相は何時議院, 事不能自然に事, 事不調の節, 事与兵衛は川, 事与力らに強要, 事且又た己, 事世といは, 事世に是を, 事世上に其例いくら, 事世界宇宙の秘義, 事世間其精神を誤解, 事三度なり, 事両国近い河岸, 事両方とも象, 事並べて, 事並ニ瑣細ナル事ニ就テ精微ナル理ヲ穿鑿スル, 事並附録三卷があつ, 事中屋敷下屋敷へも遍く, 事中御門の少納言, 事中新田にて虚病, 事中根岸の岡野, 事丸屋の主人, 事の失策, 事主人公は, 事主人吉良上野介へ刃傷, 事主人預け申付るとて, 事主命をとげた, 事主筆が当分, 事主親を後に, 事乃ちわが死, 事乃ち歌と日常, 事乃至嬉しかった, 事久世氏はある, 事之は非常に, 事之をもて我等, 事之ト相反シテ我ガ日本ハ彼ニ於テ破壞, 事之等の不快, 事乍らすべてお白洲其儘, 事乍ら一寸面白い現象, 事乍ら人を死ねよ, 事乍ら盜みに, 事乏しきは言う, 事乗物は自動車, 事乗馬型のズボン, 事乙姫様の事, 事九劫まず成道, 事九十年以前ニ当村出行仕候, 事九年液体だか, 事九度に及び, 事九度攻むる事九度に及び, 事乞食を去る, 事也他国の雁, 事也北方丈雪の国, 事也国を治む文武二道, 事也大恩受たる大橋文右衞門樣, 事也寒国の雪, 事也昨朝当港, 事也是を又, 事也此国にかぎらず, 事也此職に在, 事也男も行, 事也病み衰, 事也衰ふまじき事也病, 事也馬喰町へ行, 事乳母が病気, 事了つた老翁の茶摘み水汲, 事予て取引を, 事予定通り此野郎が死ん, 事予期されたる偶然, 事予而追捕, 事でつまっ, 事事事でつまっ, 事事件の起きた, 事事実が生んだ飛ん, 事事甚大にし, 事事秘不伝, 事二つには解らない, 事二三万円の現金, 事二三十人申し合わせたらしく性教育, 事二三年前京子と二人, 事二三日すれば, 事二三段にも及び, 事二三風習の質問, 事二世かけて, 事二人共に死ん, 事二人共身体中グショグショになれ, 事二件を見出だした, 事二十五度の中石, 事二十六年熱心な伝道者, 事二十台あまりの神輿, 事二十年の三月九日, 事二十町ほど左, 事二十間余り雪の土手, 事二回これから第, 事二年の間, 事二年余漸く許され, 事二度尾根をわたり, 事二日三日になりぬ, 事二百余里大石門, 事二百日餘りに, 事二里にし, 事二里あまり一つの川, 事二間ばかりのところ, 事二階へあがっ, 事云々と告げける, 事云いなさんな, 事云いやしたのえ, 事云いよるとかい, 事云うたちうてんそんつもり, 事云おうものなら, 事云ずして明瞭, 事云ってたが本当, 事云つてきれいな姉ちや, 事云はんともひとつ, 事云わないがいい, 事云わなくたって盗りゃしません, 事云わなくっちゃあならない, 事云わねえものだ, 事云わねえで飲みなんし, 事云われとるか知れん, 事云わんでも宜, 事云ッて, 事云ツたツ, 事ひに, 事の神, 事五つ一には勇健, 事五兵衞の店, 事五十余町あつて, 事五寸にし, 事五時までに食事, 事五月目の男の子, 事五番町附近で自動車, 事五重塔を汝, 事五雑組に見え, 事も疑ひ, 事亜米利加にはいつ, 事亜細亜の事, 事亜麻は貸付地積, 事京傳などにし, 事京内は此ん, 事京極の御, 事京都北野の子, 事亭主は愚図, 事人一倍である, 事人出の多かっ, 事人力車が幅, 事人家の屋根, 事人形や雛, 事人気ない四角, 事人間と云う, 事人間らしくない粗暴, 事人間世界は余震, 事人間同士の勝負, 事人間的主體, 事仁右衛門の小屋, 事に承, 事を取っ, 事今さら仕方も, 事今や我が日頃無口, 事今夜父の家, 事今宵はちと, 事今度辞職した以上, 事今日インドで象頭神ガネサ, 事今日一日何にも書かなかった, 事今日秩父の狼, 事今日達叡聞云々院中上下消魂云々, 事今朝十時頃に眼, 事今様の俗言, 事今此危急の塲合, 事仏典にも出, 事仏様の事, 事仏経および神書, 事仏蘭西の如き, 事仔細あるまじければ, 事を, 事仕た覚は, 事仕出来さぬとも, 事仕出して我, 事仕出した上は, 事仕尽して後, 事他人の獲得, 事他出いたし八九日外, 事他所のと比較, 事仙人の如く, 事代価はイクラ, 事て見るべし, 事以上五箇條である, 事以下行米三石六斗の代価七貫百三十二文, 事以外現在はない, 事以太利語も羅甸語, 事以後御子を育てる, 事以来彼は決して, 事以来此の連中, 事以来自分に疲れ, 事以来藩老の矢沢監物, 事仮りに作品, 事仰いでいる, 事仰っしゃっていては生涯仕官する, 事仰つしやいまし, 事の善い, 事任せ置候間一向, 事企てるをがうそ, 事企むからにはよもや, 事伊藤といふの, 事休矣いくらしがみついても, 事はなかつた, 事会いに行けない, 事会いませんね神田, 事がもう, 事伝通院裏の沢蔵稲荷, 事伝道の事, 事伯父さんがそう, 事位いには慣れ切っ, 事位がまんして, 事位わけのない, 事位ニてハ, 事位大抵は分っ, 事位我慢しまさ, 事位百も承知, 事位辛抱しなくつちや, 事住職は死んだ, 事佐瀬は展覧会場, 事体容易ならずと, 事体暗黒にし, 事体蛇よりは欧亜, 事体見聞大いに驚き, 事何かと世話に, 事何たる因果因縁か, 事何でも菊様に, 事何もかも身に, 事何カノ川柳ニ見及ビタル事アリ, 事何分にも其意, 事何度もいう, 事何時までもそれ, 事何時果つべしとも, 事何某と書こう, 事何気なく師匠の, 事何氣なく師匠, 事何者かその, 事余りにも御, 事余り遠くもなく, 事余別に, 事余微力と雖, 事余輩の断じて, 事作った人たちの, 事作り方の事, 事作家でも畫家, 事作物の事, 事作跡は馬耕, 事し, 事併発し来りたり, 事併籌海守禦之事を説, 事使いに出た, 事例えば他人から, 事例へば自分で, 事侍りきその大臣, 事供打明け話し候, 事供養怠りなく致す, 事如件近江屋さまつや, 事依然として異らざり, 事信じ難きによりて, 事信ぜられて猶, 事修行の事, 事俳優の事, 事俳句正月の題, 事俳諧師生花師等の無用, 事個性的な仕事, 事候条右之断然と, 事借りた金には, 事借金に関する限り, 事借金だらけその他たくさん不名誉なきたならしい, 事假令同一時代ナリトモ, 事偏に冀望する, 事偏大将軍之最, 事停車場は割に, 事にやった, 事偽りの多い, 事傍輩衆も大勢有, 事催促をした, 事はらず一三一四年, 事働きのある, 事僕たちは, 事僥倖にも相, 事價値のある, 事償金十万ポンドを支払うべき, 事ならむ, 事兄出牢せば, 事先々の絵御意, 事先づともかくも我は身, 事先以て麁忽, 事先嘉川平助樣御代格別の御, 事先年村持の山, 事先生に聞い, 事先生例の頭, 事先生達の事, 事先般も申上, 事先鋒を去る, 事克たざるは無し, 事免倒だ, 事全国の士族, 事全島に蛇, 事全盛時代の色, 事全部鋼鉄製の靴, 事兩刀の曇, 事兩國近い河岸, 事兩親も兄弟, 事八ヶ年以前八月廿八日未明に平川天神, 事八ヶ年以前寃の難, 事八十兩喜八に遣した, 事八右衞門の存, 事八回そのうち吉田茂氏, 事八年の後地方, 事八日と近い, 事八日八夜続いた饗宴, 事公儀の御, 事かしかるべし, 事六ヶ敷からんされ, 事六七里大壙, 事六十年前これも英国, 事共ハ皆無用の事, 事共今一應申立よと云, 事共委曲話し又, 事共実現す, 事共殘る方, 事共物語しかば主, 事共白状なしける, 事共諜合せ橋本町へぞ急ぎ, 事兵書筆を絶えず, 事其一なり, 事其人を差別, 事其仕度に帆木綿, 事其他家人の心, 事其他巨細議決して, 事其他種々の點, 事其前夜より病氣, 事其大成功の實情, 事其妻は如何なる, 事其後歸國の節越後屋, 事其意を得ざる, 事其掛合に質屋, 事其方が家, 事其日庵主の智情意, 事其更に発達, 事其村の人, 事其死が註し, 事其毎年の收, 事其永久に彼, 事其沙汰有り今日御前, 事其祖母は萬延元年, 事其老爺が作, 事其自ら感じた不愉快, 事に語り, 事具眼の士, 事て覺悟, 事兼而思ひ付おり申候, 事兼而海軍の志在, 事内々思食し立つと, 事内輪に勤める, 事円本の残本, 事円本予約者に関係, 事再々に及ぶ, 事再三ニ及で, 事冥加の程, 事の日, 事冴えた事葉にも, 事冷素麺それはかうする, 事凍れるビールを, 事凝視して, 事凡そ三十年寛永の頃新, 事凡そ二百五十年なり貴重, 事凡そ十五度も有る, 事凡てわが論題外, 事凡て何か命じたる, 事凡一里許なり爰, 事凡三百年その頃おい飯貝村, 事凡八ヶ月一年の間雪, 事といふの, 事処長とかいう仕事, 事出でぬそは, 事出ませんので私共, 事出兵といっ, 事出処なお尋, 事出勤時間が来た, 事出帆前亞尼といへる御幣擔ぎ, 事出来ず我れ, 事出来なかつた人が, 事出来ぬ爺めが, 事出来ましたなら有難き儀, 事出来まするかの, 事出来ませなんだなら, 事出来やしないわ, 事出来ようかの, 事出来んもんや, 事出来仕是ハ不動尊無, 事出来候へば大慶也, 事出来兼候よし其外, 事出来申さず非常の, 事もて截つごとし怒り, 事分らば老人, 事分らず樣子如何にと, 事分らないで居たので或, 事分らぬ点は, 事分り候事も有, 事切石を不, 事切紙一以上を実隆, 事り今, 事初め重く覚, 事初子の父, 事判断力の足らぬ, 事判然致す上, 事ニ小弟の, 事別にすべての, 事別人のよう, 事別儀でもござりませぬ, 事利口だと, 事利發の取廻しゆゑ重役衆, 事制服までやめ, 事は三十三種, 事刹那なるに, 事則らなければならない, 事前前のごとく, 事前後七万二千人ある時獅出, 事前後二回時を費す, 事前記の告白, 事前途のお気, 事副将来島十平太は二, 事割烹の事, 事創世記一〇・八以下にいづ, 事創造である限り, 事しく蝮蛇, 事功いつまでかまた, 事功欲や私情, 事之女, 事加持作法の事, 事加納將監方に奉公中澤, 事加茂川の水, 事助からないという事, 事助手をし, 事努めてご, 事努力を傾け, 事勝手次第勿論堂上方, 事勿体なしとも悲し, 事包まずお尋, 事包まず書残して後, 事北の方は去年, 事北原ミユキはこうして, 事北条氏の継嗣, 事北里先生からの金, 事匡救に関する限り, 事医薬などは差し, 事医薬その他箇条にいたし, 事十一月十日夜半より御, 事十丁ばかりにし, 事十七度首四十一級を得た, 事十三四人一寸驚ろいた, 事十三年大正元年桂内閣の時, 事十三度何程申解致し候, 事十三日より十九日, 事十二名の陪審員, 事十二年迦葉佛弟子と爲, 事十五ヶ年以前阿部家を出, 事十五分間とは前代未聞, 事十五年の後, 事十五年二十九歳の時, 事十五年間他の書肆, 事十人が十人, 事十余年なれば, 事十余年前麹町辺通行の折拾, 事十余年日本に留る, 事十余年河南北直隷, 事十八年前本郷三丁目藤村屋新兵衞という刀屋, 事十分調ひぬと, 事十哩にし, 事十四五日にし, 事十回以上に経験, 事十数回に及びぬ, 事十數町の彼方, 事十日余り延宝二年十一月晦日の暁, 事十歩ならざるに, 事十歳ばかりの児, 事十歳あまり之を聞く, 事十間余にし, 事の事, 事千代存命も是, 事千住にて召捕し, 事千島の事抔噂, 事千百歳この獅, 事千秋を過る, 事千萬有難く存じ奉, 事千里二千里一万里此処三十里の隔て, 事千里二千里一萬里此處三十里の隔て, 事千鈞の石, 事半夜夢覚めて, 事半間じゃねえ, 事く従って, 事ぬ儀, 事南太平洋で海軍, 事南方先生の, 事南無阿弥陀仏と念じ, 事博士になつ, 事博奕をし, 事印刷の事, 事印刷屋の土蔵, 事卵子を食べない, 事かりき, 事原敬迄が半分偉人, 事原稿の上, 事原美濃守がこの, 事厳しく督促いたしおきました, 事去る十月二十八日夜兩替町島屋治兵衞方へ, 事叔父御の, 事叔父さんの方, 事取り交ぜて, 事取りまぜてこっち, 事取締つて行くこと, 事取調べたがそしてまた, 事受け合いてふ, 事受け合いなりいかにいわんや無, 事受取らぬと仰った, 事叡覧あって, 事口惜し何処の, 事古く支那に, 事古しです, 事古りにたれ, 事古りたさもしいむかし, 事古りたる人道問題の, 事古りぬさはさり, 事古人の教, 事古今に亘れる, 事古代美術のやや, 事古来王侯や芸術家, 事古来習慣のしからし, 事古風のま, 事の事, 事句碑の事, 事只一寸の間, 事只今生憎手許に充分, 事只今限り刀にかけて思ひ切, 事可愛い子供の, 事可憐なる事可, 事可笑しく誇張し, 事史実方便主義の主観的, 事史記にある, 事右等の惡事, 事右糸会所取立三井八郎右衛門始め組合の者, 事叶はずなりしかば, 事叶はず彼是する中四十歳餘, 事叶はず日々身代に苦勞なす, 事叶はず願はくは板縁, 事司監にあずけ, 事吃驚遊ばしたでご, 事合いませんね神田, 事合宿は何處成, 事合点ゆかず猶々, 事吉之助殿并に初, 事吉例に候, 事吉村忠雄氏或はもつ, 事同情が起らなかった, 事同級生ばかりを一室, 事同行には船附, 事同音の字, 事名古屋の事, 事名生の城, 事吾なみ兄弟の仰ぎ法るべき, 事吾人の行為, 事吾妻鏡の明記, 事るるばかり, 事告げ給ひ, 事告げ口して, 事告別式をどこ, 事告口を致す, 事込んで, 事う事, 事呼ばわり立てなば, 事呼吸機能を完全, 事までも捧げ, 事和寇と云, 事和尚がぼけ, 事和漢其例少なからず, 事和漢書のほか, 事和田家の治, 事和蘭に居た, 事が渇い, 事哀しい事面白い, 事哉先月なれば, 事哉昨夜河原にて物, 事哉此上は彌, 事をし, 事唄鳴物に優る, 事唐土の華山, 事唱歌吟詠によつて, 事商買にはならない, 事問わん森山啓, 事問答の方法, 事啜泣きして居た, 事善い事が, 事善右衞門が遅く, 事喜んだかて可, 事喜内は當番, 事喜多村信節の, 事喜平の妻子, 事に隣人, 事喰われて死ん, 事嘆きの中, 事嘉吉も一升, 事をいはない, 事嘘八百並べて, 事嘸かし殘念なるべし, 事器用で剃刀, 事四五年以前まで御, 事四五間にすぎざれ, 事四人とか五人, 事四十年来の知己, 事四哩その辺, 事四回にし, 事四城と計, 事四家に出, 事四方において彼, 事四角形の一辺, 事図版の大き, 事に関する限り, 事国々を見めぐり, 事国内に荒野, 事国名と云う, 事国立劇場で政府, 事國友大助のこと, 事國體の特別, 事園君に依頼, 事圓滑に行く, 事在国の日, 事の市村座興行, 事地図を見せれ, 事地方的な雰囲気, 事地獄まで金, 事地球が球形, 事地蔵尊の賽銭, 事坂下理髪店で御座います, 事坊ばの茶碗, 事埋葬證の事, 事基督が四十日, 事堅固ならず離車, 事堪えがたう成りて, 事堪へ難き心地, 事堪忍これなき仁, 事と汽車, 事場主に直訴, 事塁砦を攻むるごとくせしめ, 事も倒れよ, 事塙保己一から取り寄せる, 事塞翁が馬ぢや又, 事塵埃を後方, 事墓塲の掃除, 事増長す壽, 事壁伝いに身体, 事壁傳ひに, 事変ったものが, 事変わっている, 事変わった感じを, 事の胆, 事夕方にも見物, 事夕方馬喰町馬場の脇, 事外國に關, 事外存的になつ, 事外聞も宜しく, 事外部にもれる, 事多かれば茶碗, 事多かろう, 事多忙だ, 事多聞兵衛は吉利支丹そのもの, 事多言を用, 事夜具蒲団の綺麗, 事夜具蒲團の綺麗, 事らしく粧って, 事夢さへ見ず, 事夢さら御心配, 事夢にも覺え, 事夥しきを歎きし, 事夥多敷暫時有て痛, 事夥敷風行しとかや, 事大いなる憤の, 事大きくして, 事大事にし, 事大凡一里許と思ふ, 事大助の木曽行, 事大変気に入っちゃったん, 事大家の爺さん, 事大屋様地主様いづれの, 事大層大きくなった, 事大島老人は最初私, 事大帝は自分, 事大抵は万事手軽, 事大抵一ウヰークにて勘定せり, 事大森の茶屋, 事大概はマイナス, 事大津弘雄はその, 事大矢市次郎君である, 事大臣は廻り持, 事天台の僧, 事天地振動する様, 事天意のま, 事天明諸家の慣手段, 事天晴器量といひ, 事天皇の御名, 事天譴があらわれ, 事太忿怒已雖法體可追返, 事夫限り若死せずんば, 事失敗し堕胎, 事奇々妙々愚筆に尽し, 事奇怪なりとて, 事奇特の申條, 事奇談といふやう, 事恐入, 事奥方には遠慮, 事奥行の深い, 事女中部屋の扉, 事女子のする, 事女学生の靴, 事女學生の靴, 事女將に周旋, 事女房となる, 事女手一つで俺達三人, 事奴凧と云, 事奴隷の恥, 事好い処へ, 事好きな事, 事好んで人真似, 事如何なる譯やと, 事如何に相成候, 事如何御座候や, 事如才無く総てが, 事如斯と徇歩行, 事もって, 事妊娠分娩を証明, 事の如くなる, 事を差置下女, 事始まるべよ, 事始めから一一理窟, 事始める緒口を, 事が辛かっ, 事姑女を締殺したる, 事くは, 事委敷演べ箇樣, 事委細承知と早, 事は女神達, 事姫社の由来, 事娘ふたりはきょう上野公園, 事娼妓にする, 事嫌疑の内容, 事嫌疑者に対して立腹, 事嬉しき事に, 事孃樣への文, 事子守や手毬唄, 事子規氏が来た, 事孔雀のやう, 事存ぜぬわれらでない, 事季題という事, 事孤島生活中の有, 事学問のよく, 事学生の釣り上げた, 事学科以外に柔術, 事学者を以て自ら, 事學校の講義, 事宇宙のこと, 事宇治紫仙都吾中らも招飲致候間, 事守らねばならぬ, 事守護地頭等に仰せ, 事安んぞここに, 事安藤謙介君は露西亞學者, 事宗任が梅, 事官吉左衛門殿造酒之丞殿, 事官能の鋭敏, 事宙航空船のあたり, 事定まりまして御, 事定めて覺, 事定らば別に, 事定家の歌, 事宛然犬猫なりしかば一時, 事宛硝子玉を以て砂金, 事宜しければ転じ, 事宝塚少女歌劇に関する限り, 事実しやかに物語れ, 事実在つたこと, 事実家の手前, 事実物をやめ, 事実行つてゐること, 事実際は自分, 事客觀的實在者の事, 事宣下の毎度, 事室香に約束, 事宮廷のこと, 事宮方へ行き合う, 事家事の私, 事家人産遠与, 事家康の耳, 事家持の生前東宮大夫, 事家来衆と馬, 事家業の心掛, 事容れられずんばおそくとも, 事容易からず, 事宿業の程, 事宿直の退屈凌ぎ, 事宿題として考えられ, 事寂然と柱, 事寂照は師, 事寄吉兵衞が差當, 事寄宿舎の部屋部屋, 事寄附諸掛りから町内, 事寇讎のごとき, 事富士山の麓, 事富士見原の往来, 事寒い事, 事寛斎遺稿の茶山序中, 事寝ませいでも大事, 事寝る事頭の, 事察して言, 事てゐ, 事寢汗の出た, 事實あれ程の急, 事實がちやんと, 事實これが似合, 事實たるを疑はむ, 事實ちよつと手, 事實ぢやない, 事實なりと取る, 事實ひとつの事柄, 事實まわりにたかっ, 事實ものいはぬ彼ら, 事實わたしよりは數段, 事實一休は女, 事實一回も書いた, 事實一日一日二人は居, 事實丈は疑はれぬ, 事實上上院に反, 事實上不可能であらう, 事實上五世代を含ん, 事實上俺はあの, 事實上出來たこと, 事實上單獨に存在, 事實上天子を指す, 事實上存在しない, 事實上實在的他者, 事實上實行されて, 事實上山縣内閣に反, 事實上已むを得ぬ, 事實上彼等は共に, 事實上支那の既に, 事實上政友會の大, 事實上明かに誤り, 事實上時としてはかかる, 事實上滅亡した, 事實上社會が自己, 事實上藩閥の勢力, 事實上行はれて, 事實不備なこと, 事實世の中に樹木, 事實世界に於, 事實主人の言葉, 事實主人公が受け, 事實之を證, 事實事實と彼, 事實事實さうだ, 事實事實事實と彼, 事實事實事實事實と彼, 事實人肌地藏の臺石, 事實今のところ, 事實今日又出掛け, 事實以外のもの, 事實伊貝は折れ, 事實伊達者通粹といはれる, 事實僕の中, 事實先生はいつ, 事實其物が新境現前, 事實刈り上げ祭り以外にも神, 事實十一種となつ, 事實十五歳だと, 事實友達の誰彼, 事實右の高股, 事實夢なるを, 事實大師の時代, 事實天の聲, 事實太田はさ, 事實如何と云, 事實存在せしや, 事實宰相の仕事, 事實幕府外交に際し, 事實平民の發展, 事實平等なので, 事實彼女自身四十年前に一人, 事實彼等を愛しない, 事實性の理解, 事實性實在性, 事實折口さんのお話, 事實支那人の法律, 事實支那官場の如き, 事實春はもう, 事實曾國藩ほどの人, 事實最初は力, 事實材料の陳列, 事實此世に亡, 事實沖繩諸島では他界, 事實現在の生活, 事實的偶然なる諸, 事實的内容にも平等, 事實的勢力として主, 事實的客觀的歴史的に道教, 事實的時間歴史的時間及び自然的時間, 事實相違で自分, 事實福州から長安, 事實私一人だつた, 事實粉碎したカント, 事實素性も家, 事實聲を擧げ, 事實記録にものこらない, 事實認識にもとづく, 事實調査の動議, 事實貴重な事業, 事實路易は去年, 事實身體を所謂外的, 事實車輪の半ば, 事實道具立ての一つ一つ, 事實金は無い, 事實鐵管に近い, 事實長年のゆたか, 事實際は自分, 事實雨は水, 事實雰圍氣といふもの, 事實露見の端緒, 事恐る可, 事寧次郎とする, 事の事, 事寺参りの帰り, 事寺田氏が從兄, 事なり, 事専ら奇書に, 事将来キット恩に着る, 事将監が笛, 事将軍にはナイショナイショ, 事将軍家殊に御, 事專要なり此儀, 事尊い事, 事尊大に陳べ, 事尊敬慶賀無上に御座候, 事尋ねとひ, 事小さな事が, 事小作りに出, 事小僧は只一人, 事小半里田舍ながら大, 事小塚義太郎氏大阪より来り, 事小夜衣の兩人, 事小林氏は築地, 事小説家になっ, 事小須賀九兵衛話には清洲会議, 事小頭を初め厭, 事シモ支無御座候能時分参可申候間左様, 事少ければ少ない, 事少しく面倒に, 事少なし之を以て, 事少年犯罪者でも不具者, 事少時ここより上, 事少時三発の号砲, 事少時焉たり, 事就いては今後自分, 事就中姫の数, 事尼御前の御, 事ても起ち, 事居けるに浪士泉岳寺, 事居たるに不, 事届いて居ります, 事屋根の修繕, 事屋根半分は既疾, 事展覧会にいちど, 事山亭にての如し, 事山冷でどうも, 事山本仙之助, 事山本為三郎氏等の口添え, 事山海万里を隔て, 事山海経に見え, 事山田の美妙, 事山羊児に異ならず, 事屹度御承知, 事屹度九助が殺したる, 事屹度相戻りますれば, 事岩間六兵衛を以て御, 事へ上らう, 事の流, 事川島家からよこした, 事巡査以上だ, 事工場内部でもだ, 事工業の事, 事左傳に見, 事左右大臣中の一人, 事左樣なれば, 事左翼らしいと, 事巧みに斷, 事巨濤の岩, 事巨燵にあたるごとく, 事已むを得ざる, 事已爲虚誕若依, 事市長を官邸, 事だが, 事希って居る, 事帝劇女優以上だと, 事帝国劇場と三越百貨店, 事帝自ら政権を執りた, 事師めいたりし, 事師匠武蔵聞いて, 事の如く, 事するが, 事帰るすぐに, 事帰宿いたし友人夫婦, 事常々隱居所へ立入り, 事常にわれわれの, 事常人に幾倍, 事常楽時の栖安軒琳公幼少喝食, 事常磐屋で大臣さん, 事帽子はかぶらぬ, 事幕前の時間, 事幕忌に触れ, 事幕明幕切の時間, 事平地のごとく, 事平民たりとも, 事平然としてこうして, 事平生子自慢の母, 事年寄は早, 事年来なりある, 事にそこ, 事幸ひと猶女郎, 事のもと, 事幼少の頃, 事干ぞ, 事幾人と知れず, 事幾何も無い, 事幾倍なるを, 事幾十日別紙御一覧, 事幾百メートルとも測量, 事幾百艘出る船, 事周可含置者也, 事庄太郎の留守, 事庄太郎聞知りての, 事床しい事も, 事店頭でおっ広げ, 事重ねる内, 事庭燎のごとし, 事庶幾うところなりとて, 事延引しては, 事建築用材に関してそれから, 事弁えずに大任, 事弁護士にし, 事弊履の如し, 事籠りと, 事引いては安直, 事引きずり込んでしまっ, 事引きとめいろいろ食べさせ, 事引受居る由, 事引抜きに関するかぎり, 事引摺り上げると, 事引続き竹なら, 事をし, 事弟子もつれずに, 事強候節嘔吐致甚に至候而者嘔吐, 事強情を申, 事強盜にでもな, 事弾正太夫と意見, 事福岡県下八幡市に, 事当らざるの説多, 事当世の流行, 事当村の庄屋殿, 事付いた上, 事と辛抱立役, 事役人共の耳, 事役者として家, 事彼んな顔, 事彼飛川先生が天下人物, 事往来に落ちた, 事待たされて暗い, 事待って暗い, 事待俥の旦那, 事待合の事船宿, 事後れて手古奈, 事徒らの嘲罵, 事徒党を狩り, 事従っては斯, 事従って又今日, 事従つて深かりし, 事従つて支那の貨幣制度, 事得ならねば其稿本, 事得る有る無し, 事徙居都下二旬余不堪擾雑復返西峨, 事御多分に洩れぬ, 事御存じの通り岡山, 事御家内医官東安同補, 事御座るに付是, 事御座れ共此者, 事御新造さまと呼ばれ, 事御新造樣一つ何うぞ, 事御無沙汰いたしました, 事御用の仔細, 事御覧の如く, 事為す能わざるの, 事りせば, 事微妙であ, 事だけの事, 事心ぐるしさ, 事心もちが加, 事心もとなく候程に, 事心元無く思ひ, 事心得居者なり又七, 事心理遺伝なんていう, 事心配そうに, 事心附て自慢, 事必せりと云う, 事必らず口外爲, 事必ズ時ノ奉行ニ至リテ, 事必然之道理ト相聞, 事必至なり御, 事必要なるは, 事志しと違つて, 事志太米白鵠の生, 事志村浩太郎と妾, 事忘れなければいけません, 事忙しくって逢っ, 事忙ニ非ザレバ以テ盛大富強, 事忙促として空しく, 事忠兵衞の妻富, 事忠臣は君, 事よく眠り居し, 事のため今一度, 事念々切なるが, 事忽ち奢侈に, 事るべし人, 事掛けない程, 事思いきった発展は, 事思い出で木綿二十反, 事思い出して泣きたくなる, 事思い出したもんだ, 事思い出し申し候, 事思い出す事さえ, 事思い切らぬ故に年季, 事思うべしで, 事思つてゐて, 事思ひゐたり, 事思ひ出し笑ひしてる, 事思ひ出したらゆき子を, 事思ひ出しちまつて, 事思ひ出す桜かな, 事思ひ切つて階段を, 事思ひ切りたるか, 事思ひ寄ずお許し, 事思ひ知らせん隨へば, 事思ひ知れやと言, 事思ひ給うての事, 事思わんけど, 事思出でて, 事思召も恥入, 事思春期に於ける, 事怠ける工合まともな, 事怠らぬがよし, 事急ぎ此趣き關東へ, 事急ぐなれば摘ん, 事急務にし, 事怪しいことばかり, 事怪しき媼の, 事怪し気な物音, 事の手習, 事恋しい事, 事恋愛に於, 事入候, 事恐らくは今日の, 事恐ろしい何と思ふ, 事に, 事恥かしくッてと, 事恥しい事嬉しい, 事恥ずかしか事, 事恥ずかしゅうて二度, 事恥ずべき事である, 事恨ミテモ由ゾナキ返ラヌ道ト成ヌルコソ哀シケレ, 事悉く同じく我の, 事患者が朝, 事悪くなんか思つて, 事悪し火難盗難慎むべし, 事悲しかった事, 事悲しくなまじ最初, 事悲しくうらめしくしばらくは, 事ゆる事, 事惡む事は出, 事酷な, 事を説明, 事想察に余り, 事愉快であった事, 事意及諸教法知其人有如此之藝能, 事意味のない荒し, 事意外に出, 事意気に感ず, 事意趣あって, 事愛らしき歌妓の, 事感じた事を, 事感じ入たり某, 事感ずるに餘, 事感傷的にな, 事感情を害した, 事たる踊, 事慾情に耽, 事や老, 事憎しとてお, 事憎し憎しと怨, 事憤りて兵, 事憶出し候中, 事應さに君, 事懐炉の如し, 事戀愛の事, 事成ず率公事師にても, 事成ども五兵衞は悴, 事成ば何樣あつて, 事成べければ種々, 事成らざりしにいひ及べるなら, 事成らざる時は, 事成らず転じて越前, 事成れどなどか逢, 事我々の生活, 事我が身に度々, 事我儘な事, 事我口より申す, 事我国の如く, 事我国人の熊, 事我國法にし, 事我掌中に在り, 事我曰はむ之, 事我見のない, 事我郷里のみならず, 事戦争中にもかたほ, 事戦国時既に支那, 事戦略などに容喙, 事所々にあり, 事所謂政治の本, 事手前の宿, 事手筈は整つて, 事手筈違ひたりと, 事手緩き感ある, 事手落なく濟, 事手負大病院, 事打たずにお, 事打ちあけて話し, 事打つ事, 事は三五郎, 事批評家既に言, 事わなくっ, 事承り及びあり, 事承合ですぜ, 事承知して, 事承知委細に御, 事抔事実の有無, 事抔噂しあへるを, 事抔心配せんと, 事抔気にし, 事折々なり此北, 事折角の足代, 事抜群でこの, 事抱えの車夫, 事抽斎と渋江, 事かりの, 事拔目なきゆゑ上下擧つて吉兵衞, 事拙者に能, 事拙者のである, 事で高札, 事へる鏡, 事拭掃除まで一人, 事拭掃除何くれとなく, 事持って生れた, 事持論があります, 事指図を仰ぐ, 事て描かず, 事挿圖中に示す, 事へられ, 事つた魚が, 事捜す位何でも, 事捧げられる供物お初穂が, 事捨ておいて退去, 事たば, 事授業が終つて二階, 事のせゐでも, 事掛つて漸くと, 事掠奪農業をし, 事採録する程, 事さく, 事探偵の一団, 事推測に難から, 事推知すべきなり, 事損失続きの上, 事損毛のみ多く早, 事撒いてやった, 事支度を整, 事改まったように, 事政党政治の確実, 事政子どのを佐殿, 事政宗公は家老, 事政宗方に名生, 事政治が悪い, 事政治的な頭, 事右幕下の, 事敏かった大佐, 事を呼ぶ, 事る, 事敗れたら逃るる, 事敗れるや否, 事教えてあげる, 事教えるなんて云っ, 事教育に対して熱烈, 事教養のある, 事て以, 事散々っぱらひやかされ, 事数々有之候え, 事数人ヲ載, 事数十里途上一江水は半江水, 事数回なり, 事数回鐘塔に還っ, 事数尺なりと, 事数年に及び, 事数歩懸崖の突端, 事数町にし, 事数百ヤードにし, 事数百年なるも, 事数箇月やっと一ヶ年振り, 事数行にし, 事数週たまたま英人, 事数里同じ仙北郡豊岡村字栗沢, 事数間ようやく追い付き, 事ふは, 事整つたが此心, 事敷蒲団堅ければ, 事數件有り, 事數回に及べ, 事數年歸朝して, 事數等であると, 事數里の西方, 事文化村の家, 事文化的な圈内, 事文学芸術に関する限り, 事文界の事, 事文藝風聞録に記載, 事斗ニて, 事料理屋の事待合, 事斥候間諜に異ならず, 事断じて疑いを, 事断れていた, 事新令発布の事, 事新宿板橋辺の女郎屋, 事新聞に出で, 事新聞記者仲間でも評判, 事てとおつ, 事斷念がたき, 事方円寺にては無, 事方様の手, 事の者, 事旅興行に愛国切符, 事既に漸新なる, 事既に甚だ奇修飾を, 事既往の比, 事を追う, 事日一日と深く, 事日刊新聞というもの, 事日月にすぎん, 事日本ニ可劣國トモ, 事日本中の諸, 事日本人全体の名誉, 事日本人間に嫉視, 事日本固有の文字, 事日本政府はよろしく, 事日頃三浦殿と往来, 事旧主小寺政職を説破, 事旧例也是をもつ, 事旧来御恩, 事早々江戸へ, 事早きものは, 事早まるべからず男を, 事早速お帰り, 事旬月なれば, 事ずれば, 事と眼, 事昌次郎の妻, 事明かなるに及び, 事明かなればこれ, 事明る春二月まで, 事明年の御, 事明治二十三年十一月より本年二月, 事明治十四年頃世界の終焉, 事明治四十三年秋都下洪水の時, 事昏睡状態に陥っ, 事易々たり, 事昔流行し帽, 事の消えゆく, 事春枝夫人と日出雄少年, 事昨年七月より近郊, 事昨日与八さんからお松さん, 事昨日校正を済まさせた, 事是天罰なり依, 事是汝に出, 事是頼朝公は惣領, 事昼寝の夢, 事昼後は日々あとくり有, 事之相, 事時によりて, 事時人の知る, 事時間が来る, 事時頼いかで理, 事時鳥といわぬ, 事晝寢の夢, 事晩食の卓子, 事普通雑誌中第一, 事景気のい, 事智識ばかりで, 事暁らずという, 事を願, 事暑かった事, 事暖国にはさらに, 事暗くした, 事暫く間あら, 事暫らく平ぐ, 事暫らくお待ち下さい, 事暮すぞ道理, 事暮らして來, 事暴れる事桟敷へ, 事曰はずただ禍, 事更ニ疑ヒ, 事曷んぞ長, 事は一点一線, 事書く事が, 事書出候よしニ, 事書契以前に属し, 事書斎で例, 事書物だけにし, 事書生が大勢, 事曽所念水江之浦島児, 事て有るべし, 事つて, 事最近川口と二人, 事最高の事, 事月郊氏が幕間, 事有しが其手紙, 事有つて參上仕つり, 事有べき筈なし, 事有らんと侮りし, 事有らア此様な田舎, 事有りしならんと, 事有るまじきことにても, 事有んと云, 事有トテ御厩舎人菊方ヲ御, 事有ルモ又ハ鐵器, 事有ルモ誰カ是等ノ石器, 事有共かやう, 事有右夫婦の者, 事有楽町の新聞社, 事有馬屋父娘に対する怨み, 事服部石見六十歳の老年, 事望み難きが, 事より出つづけ, 事朝學校へ行, 事朝廷へのお, 事朝鮮の産業, 事に合わず, 事木下新助伊丹屋十藏事澤邊十藏酒屋長右衞門事松倉長右衞門町醫師高岡玄, 事木場の客人, 事木場邊の客人, 事未だ必ずしも無きを, 事未だ未だ憂目, 事未然に発覚, 事氣で, 事本主の例, 事本名お粂, 事本当の子, 事本当にあるん, 事本意なさよと, 事本日参上致しまして, 事本日死去仕候, 事本望なりとて, 事本末等に就き, 事本籍を大阪, 事本紀の原書, 事本紀天神本紀に初めて, 事本職の獣医, 事本草にも見え, 事村税は小作, 事来たよと同僚, 事来秋より三分の二, 事来而心始現事, 事東京女子師範学校中の高等女学校, 事東京新橋の料亭花月, 事東京見物は後廻し, 事東国まではすこしも, 事東西厭世家の平, 事松倉長右衞門町醫師高岡玄純酒屋, 事松吉である, 事松平越中守を, 事松葉屋の二階, 事擧する, 事果さでは得, 事果して在り得るやとの, 事果つるを待ち侘び, 事果てぬ限りは, 事果てましたから死骸, 事果樹園の主人, 事某氏は, 事柳生城の藪, 事の蔕一つ, 事校長自身が進ん, 事を守っ, 事桀紂が再, 事より早き, 事桜陰比事といった比事物, 事桟敷へ狼, 事桶川宿鷲の宮, 事を見よう, 事梅月で誰, 事に年歳, 事梯子段の下, 事森繁久弥出征の送り, 事植民地を出, 事植物自身が生理作用, 事楊貴妃様から暫時, 事極まり殘骸は取捨, 事極まれりと納まっ, 事極力細心である, 事楽しい事は, 事構わないよ, 事権現様の御, 事の上, 事橋本素行の刊本, 事橋梁河岸の改築, 事機械農業の行われない, 事檀家の告発, 事櫛道具の事, 事權利に關, 事ぬと, 事次郎生若しくは次郎生事吉村忠雄氏, 事歌よみの常, 事歌人の腕次第, 事と心配, 事止した方が, 事止みとなった, 事止めて帰ろう, 事止められていた, 事正しき女にも, 事正儀によう, 事正史には見えね, 事正気で仰しやりますか, 事此の分ならもう, 事此三つが結婚, 事此上なし共産党そのもの, 事此二先輩に依, 事此六月十二日よりふと, 事此写真を持ち歩い, 事此処で露営, 事此地面を自分, 事此夜は其儘寢床, 事此山にのみ限る, 事此師大概よし是, 事此度自分養女に致し, 事此後辻車ひくやら, 事此方のは頭, 事此方電光艇は約束, 事此春夏に及び, 事此程無實, 事此等の点, 事此邊迄隱, 事此頃の習慣, 事此頃一般に信ぜられき, 事武勇トイヒ調略トイヒ弓矢ノ面目, 事武州令見知給, 事武術修行の浪人, 事歩いて後静か, 事歩けるだけ歩い, 事久しく全く, 事歴史以前に属し, 事歴等に就い, 事歴自分や他人, 事死のうと思う, 事死亡屆の事, 事死体の落下点付近, 事死罪御免仰付, 事死骸は兄長庵, 事殆ど十年寄って, 事殊更最前も, 事残念なり珠運命, 事残酷じゃない, 事殘念なり汝, 事殘念今に忘れ申さず, 事段右衞門に對面, 事殺されかけてゐる, 事殿中での刃傷, 事殿樣が呑込, 事母さんは又, 事母上の夢, 事母兆を介抱, 事母親讓りに, 事毎夜あたかも燕, 事毎度同役武助と申合せ種々異見, 事毎日おなじ事, 事毎日研究して, 事毎項が分らぬ, 事のある, 事毒突返したなら袋叩き, 事毒蛇に等し, 事比諭ば階下, 事毛告良比如明日吾者来南登言家礼婆妹之宮答久, 事毫末も無, 事毬杖とて正月, 事は何, 事気付かずにいる, 事気味の悪, 事気持転換策として禅, 事気違いだという, 事氣息の事, 事の底, 事水越が頭痛, 事氷水のおいしかっ, 事永く將來の, 事たる所為, 事汚い事, 事汝ア達者な馬, 事江戸絵図を見る, 事江戸表より持歸, 事の夜景, 事せずんば, 事決まったらどうしよう, 事決まらば今宵, 事決まりましたぞう, 事決めるのであります, 事決死的大空襲, 事は新しく, 事沙汰の限り, 事河井十左衛門の秘蔵, 事河岸をゆく, 事河童に殺された, 事治まって一盃, 事の主, 事沼波に任せ, 事法事のある, 事法令なり因, 事法外にて誠に, 事法師竹切勝負の事, 事法律の世界, 事法然の立大, 事法皇とか院政, 事の上, 事泣き止んだかと思う, 事之, 事泥棒は飛んだ, 事洋服の上着, 事洋風商店の増加, 事はない, 事洛陽に聞えた, 事洩らすまじと誓いし, 事洪水に似, 事洪璧の如し, 事流るるがごとし, 事流行の連歌, 事海尊は主従, 事海馬に同じ, 事浸入せしより, 事淀橋に俳人長谷川零余子, 事淡水の境, 事淤泥のごとし, 事深きにつけ, 事深川にあつ, 事清してえから, 事清少納言が記し, 事清方氏は輝方氏, 事清涼殿で雨乞い, 事済まば随意, 事済み候跡へ御, 事済み外国のよう, 事渋茶をがぶ, 事温泉に來, 事へ出入る, 事満天下の人間, 事満蒙内地の衛生設備, 事源九郎様を立て, 事源次の気持, 事源次郎お國, 事源氏にも見えたる, 事へ落つ, 事溶けて流れ, 事滅多に押, 事滞りなく式, 事滞在して, 事滞納には年二割五分の利子, 事漏れてその, 事より御, 事澤山有と申, 事澤邊十藏酒屋長右衞門事松倉長右衞門町醫師高岡玄純酒屋, 事濟むと云ふやう, 事濟んだの, 事火事が好き, 事為様事なしの, 事無うお勤め, 事無し強て心当り, 事無りしかば此度許, 事無心の處折惡, 事無念骨髓に徹り, 事無意味なる散歩, 事無数だ, 事無花果を食べた, 事無論であるが, 事無駄をしない, 事焦点がハッキリ, 事然るに分家の, 事煙草盆にほこり, 事照らす光によって, 事ひ或, 事煩わしく未来の, 事熊本の県会議事堂, 事熱帯植物だの一本参百円, 事燕王に及ばざる能わず, 事を燎, 事爪哇と相, 事爲事なす事手違ひに, 事爲樣事なしの, 事爲置かれた方, 事父さんは何, 事父母の死んだ, 事父母同様にする, 事片岡中将が怒っ, 事牛乳の事, 事牛馬に勝る, 事牢死いたし候後母光, 事をそれ自身, 事物理とか化学, 事特殊な呪言, 事の皮, 事犬猫に同, 事犯罪の場所, 事状ナキ限リハ妻ニ於テ一家ノ生活, 事狂った事を, 事狂人の親, 事狂氣でも致した, 事は老翁形, 事独身なれば, 事狭い事此の, 事が咽, 事猫どころでないという, 事のごとし, 事猶且つ味は, 事の王様, 事玄徳を先, 事王侯高尚其事とあるが, 事王城の地, 事王様の住居, 事珍しきにもあらね, 事珍らしからず, 事珠玉とか砂金, 事現世の三十年五十年, 事現今は恁云, 事現代の位置, 事現出す, 事瓊浦把燭談等に散見, 事の如く, 事のこと, 事甚だしいものが, 事甚だしかった, 事甚ダ困難ナリト雖モ北海道ト本州トノ古物遺跡ヲ對照シテ, 事甚大にし, 事甚悪むべし, 事甚稀になつ, 事甚遠からずし, 事の親, 事生れてより未だ, 事生れるややさんの, 事生れ付きひどい腋臭, 事生れ付無能ゆゑ是非なく斯暮, 事生前の面目此上, 事生命財産に関係, 事生年月日を知っ, 事生死の事, 事の仕掛, 事田町通りを歸らん, 事田畑之助, 事田舎に旅立ちし, 事申し上げられませんわ, 事申し立て候儀これあるまじく, 事申上候やうにて誠に, 事申談じたる趣き倶, 事男の子が三人, 事男女の關係, 事男子ノ遮光器ヲ用ヰ, 事男爵の前, 事も家, 事町人に成度, 事画餅に属し, 事留まれば変, 事畢竟偶合に, 事畢竟彌七より, 事番所へ出たる, 事異なれば幣, 事異性に関する限り, 事異聞ふうな説話, 事で二畳位, 事にし, 事疎かに取り掛かる, 事疑う余地なし, 事疑はれまいもので, 事疑ひ無し, 事疑ふ可からず, 事疑ふべき理由無し, 事疑わしと宣長, 事疾くより近所, 事病中は同室, 事病女のため, 事病気の為, 事病身だつた事, 事病院を休む, 事にさはる, 事発するに至っ, 事発布されこの, 事発覚れんと思ひし, 事発起人の挨拶, 事登美君に聞かれたら, 事發覺し右五名及連累者二名, 事白くだだっ広く見えるの, 事白し訖へ, 事白状致し罪, 事白虎隊の説明, 事白雲万里だ, 事に一, 事百両出すなら呉れても, 事百姓町民は万世, 事百年ばかり早, 事百日紅の如き, 事百里二百里故郷までも東京, 事でなかつた点, 事的経過よりし, 事皆んなで歸ら, 事皆何等かの, 事皆式に依り, 事皆我當時の心頭, 事皆此書の遭厄, 事皆私お世話して, 事皇室に対する不軌罪, 事益々深きと, 事盗み候金子は満, 事なる時, 事盛春館の女, 事きて, 事目出度しとて物祝ひ賜, 事目前にて候, 事目的ありやと, 事直ぐに送先, 事直接に実社会, 事相州さまにし, 事相当有名な, 事相談するもの, 事相違御座なく候, 事眞なりや否, 事真に強い土台, 事真実な正義, 事真赤に酔っ払った, 事眠くなるよう, 事眠られないで居た, 事眠りたがる事は, 事眩暈も嘔気, 事放しに, 事までも痺れ, 事矢石より疾く, 事知つてらつし, 事知らで昇り降りせし, 事知らなかったの, 事知らねばた, 事知らねえもんだ, 事知りて諌めし, 事知恵も才覚, 事知的作用をも説き, 事をも保着, 事短い間隔の, 事の事, 事石黒善太夫筆屋三右衞門事福島彌右衞門町方住居の手習師匠矢島主計辰巳屋石右衞門番頭三次事木下新, 事研究生を五人, 事破れし以上姓名は, 事破れた以上降参に, 事破れたらいさぎよう自決, 事確か十一月の曇った, 事確固なる證據有, 事確実にし, 事社会の事, 事祈らぬがまし, 事祝いでやった, 事祝言の礼, 事のあ, 事神仙方藥の道, 事神則人法共に知る, 事神子上典膳が一, 事神戸女学院出のある, 事神様の如く, 事神田の職業紹介所, 事神職の言, 事祭司を用いず, 事祭政分離の政策, 事福原へ遷都, 事福岡県人菊池某とて当時耶蘇教伝道師, 事私共存居り候, 事私気にかかる, 事私立大学設立の計画, 事私自身に関するかぎり, 事不伝, 事秘密に立入らざれ, 事租税權頭及び元老院幹事等, 事秩父縞の月賦売, 事稀也然ども, 事稀也春にい, 事しばらくせり, 事稍久やがて乙女, 事き代, 事種々ノ點ニ於テ遺物, 事種々心にか, 事積りし後, 事積んでは崩す, 事なし今, 事穩便に世間, 事究竟荒尾的空想に過, 事空しからず人, 事空せみを切, 事空氣の清朗, 事に倚つて, 事すれば, 事上ったかと, 事立ち上った彼女も, 事立上つたかと, 事立小便の癖, 事に病氣, 事童男は遊び, 事に書かずし, 事竹頂戴の事, 事笑う事上身を, 事笹屋方にて働女, 事にものし, 事筆下に尽し, 事筆帋に尽し, 事筆端につくし, 事筆舌に尽し, 事等一切知らぬ方, 事等叙述しよう, 事等御座居ますので, 事等等を教, 事等豫想して, 事で誠に, 事筋肉を勞, 事筑前の国, 事筒服の膝, 事箱丁の事女中, 事篤くする者, 事篤と承知候え, 事簡単に申せ, 事米人ガルストの順序, 事米国政府の首脳部, 事米国通ひの, 事精神は生死, 事騒がし, 事にも見, 事紅矢から聞いた, 事納まって後, 事の端, 事紙筆に記し, 事紛擾の事, 事素より覺悟なり, 事素人にゃあの, 事素適な事, 事紫陽花の花, 事細々御示, 事細君の生家, 事終つて了つたのだつた, 事終りたればとて余, 事終りぬとて雲南, 事終れば壻揚々, 事組頭出府致すべき處種, 事経伝に見われ, 事経師屋以上でね, 事経木を用いる, 事経済思想政治的思想に豊富, 事結んだ綯に, 事結婚して, 事結局はそんなにゴタゴタ, 事結構なこと, 事絞りだらけの, 事ふに, 事給不堪其鬱陶可誅遠州由, 事統一の中心, 事たり, 事絶えずきこゆ, 事絶えたと載せある, 事絶交して, 事絶望に陥っ, 事継母との間, 事続出遂にかかる, 事維也納の市街, 事緊要たる可, 事総じて万里一空ことばにては, 事総てお政ならでは目, 事総て侯の意見, 事総て俗人に言う, 事緒紛紜物論喋々また文事, 事緩怠至極で不義, 事の端近, 事縹緻は十人並, 事繁み常し離れ, 事繁ク人ノ心, 事繁多にて十枚, 事織女の如く, 事纒頭の事箱丁, 事缶詰を破っ, 事缺くまいて, 事缺候儀は無, 事を殺す如く, 事罪深き人間の, 事にても当らむか, 事罵るべき言破るべき, 事罷りならずと言い終っ, 事罷り成らぬわ, 事羅甸語でもアカ, 事なり我, 事美くしい姿, 事美代子さんはお家, 事美留女姫の兄様, 事美術学校を卒業, 事美術家の如く, 事かしい事, 事群議に及ぶ, 事に成りぬ, 事義一さんあなた御飯はまだ, 事義哉へ箱, 事義盛の闕, 事は半紙十帖, 事老女の一人, 事老齢にてあり, 事考えてるというた, 事考えないで早く, 事考えへんさかいこれ, 事考え込んで居た, 事考へたらもつとどうにか, 事考へてるのよ, 事考へなくてい, 事考へなければならない, 事者可堪母, 事者等に, 事者身健心中平安喜楽其地之事者, 事而已云並べ無恥, 事而已心配爲して, 事而已案じゐ申候処, 事而已爲す故, 事而已談合けり偖其年, 事耕さずに熟する, 事に入れざりし, 事聖書に出, 事聞えて鉉, 事聞かされてどない, 事聞かせたくはなけれ, 事聞かないでも真雄, 事聞かれますと途方, 事聞きたい事が, 事聞きたうなりて果ては, 事聞きたがりなさって今, 事聞きたくはない, 事聞き及ぶが如く, 事聴かれねば, 事聴診や打診, 事を剥がれ, 事職務妨害はいけない, 事は大, 事股引をば蛸, 事で息, 事を触れる, 事肺炎をおこし, 事胃の腑に染, 事胃腸病で困, 事胴体が割, 事能うまじと思はれ, 事能はずこれが爲, 事能はず今宵の事共白状, 事能はず何所までも無言, 事能はず加ふるに, 事能はず各種の疫病, 事能はず待ね, 事能はず是迄の惡事, 事能はず未来に於, 事能はず況んや気宇甕, 事能はず眞面目に申開き, 事能はず立石が家内三人切, 事能はず茫然と覆面, 事能わざれば学ばざる, 事能わず書く事能わず, 事能わず止むを得ず, 事能ハズトノ理由一モ存スル事無シ, 事能ハズト雖モ北海道ト本州ノ大, 事の如し, 事に落ちぬ, 事腹立ちて同じ, 事い起しては, 事臟器の事, 事臣冶工に聞けり, 事自ずとお前にも, 事自ら与えられた権利, 事自ら痛快事たるを免れない, 事自ら縁を破り, 事自分達の居所, 事自尊心の人一倍強か, 事自己みつに戀慕, 事自明であるが, 事自殺の事, 事自然の見方, 事自然主義以後の文壇, 事自白はこの, 事自説を主張, 事自身以外に理由, 事自身用言的感覚を持たせる, 事て上古, 事至って稀, 事至って捷く, 事至るをみ, 事至極をこ, 事致さぬようにな, 事致し方神妙なるに, 事致すとは何ごと, 事致命傷の外, 事與力等に強要, 事與市と云, 事を催す, 事興味が無い, 事は御家來, 事舊説通りだらう, 事舟楫及び教育, 事船宿の事, 事良き事を, 事良くねえかも, 事良久にし, 事色慾よりも甚, 事色気のある, 事よめの, 事花客先のうわさ, 事芸術に関する限り, 事芸道に関する限り, 事苟くも上演用の脚本, 事苟くも葉書に關, 事苟も我國の, 事若くはする, 事若しくは現に住, 事若君も重い, 事若州に多し, 事若殿ではござりませぬ, 事苦しい事が, 事苦労をかけ, 事英国のリ, 事英男の工合, 事英軍と独軍, 事の事, 事茶人千宗左を訪れ, 事茶屋女とか芸者, 事茶屋小屋の卓, 事茶話記者がまだ, 事を刈り, 事草刈の事, 事草履を見つけ, 事草庵の事, 事草稿を書く, 事草花を見ない, 事草苅の事, 事草葉に置, 事草鞋さえ穿い, 事りなりしを, 事荒立てるよりもその, 事に貢献, 事菅公が謫所, 事華麗の體, 事の天使, 事萬一御不了簡抔, 事萬一胡亂の申口, 事萬一露顯に及ぶ, 事萬事斯の如し, 事萬物すべてが無意味, 事萬行に就, 事落ちついた土の, 事落着ぢやない, 事落著したこと, 事にも苔, 事るし, 事葡萄大谷のお方, 事葬式問い弔いを官営, 事蒸汽の事, 事蓋し多かりしならん, 事蓮華にまさるべきや, 事蔵前に火事, 事薩州から内密, 事と大麦, 事藩政府既に成算, 事蘭草の事, 事のごとく, 事虎列刺よりも甚だしく, 事虎狼よりも恐ろしく, 事でありません貴女, 事虚共実共終にしれずし, 事虚言いわないわ, 事の如し, 事蛇蝎よりも甚だしく, 事の脚, 事蜘蛛男よりも隆, 事蝌蚪が足, 事蝦夷已静謐之間法験之至, 事蟻群の行列際限, 事蠣崎波響へ文通, 事血気の壮者, 事衆怨の歸, 事行かなんだ, 事行くと今度, 事行ったところで, 事行われ一行の, 事行ハレ苦痛多シ, 事行末の事, 事行的として弁証法的自我, 事行自身の展開, 事術語が土地ごと, 事裸体の美人, 事複雑この頃, 事西ハ本山大, 事西郷も此度ハ必死, 事要するに火葬その他肉体を, 事見えたり, 事見えざりしかど所詮, 事見えずまたアブサロム, 事見えたるが元, 事見たくでもない, 事見ゆべしその行爲, 事見ゆるモセスが, 事見られると癪, 事見聞した事, 事見蒙斎筆談謝在, 事規模の小さい, 事覚えてかと言, 事覚えられしらしき宿屋の, 事覚れ討手の, 事親方だってハッキリ, 事をやった, 事角屋へ踏み込ん, 事之男, 事解する事は, 事解決します, 事言いがかりをつけ, 事言いけりと話し, 事言いなしたとて困ります, 事言い出すなおもしろく, 事言い足りない事を, 事言うたとてあんた, 事言えばいくら, 事言ってたら僕らは, 事言ってるんじゃ, 事言ってるだろうさ, 事言つたつて仕方がない, 事言つたつて先生にや解らねえだらう, 事言つてあなた貴島さんじや, 事言つてんだ, 事言つてミルさんをけしかける, 事言つて私をい, 事言つて親分トボケて居る, 事言はんと矢張私, 事言はん方なし, 事言ふんぢや無い, 事言わねえで頼まあ, 事言われても, 事言わんとおい, 事言語道断なり, 事なれども, 事計らずも千太郎, 事訊いてくれる, 事訊きまっけどおま, 事難き讐, 事記しあるを英人, 事記すべき事なし, 事設けて歌, 事許さねばなりません, 事許りする自分, 事許りやつて来て, 事許りやつて來て厭き, 事許ハ先幕か蘭, 事訴訟にもおくれ, 事試験場の少し, 事詩女の導者, 事詰るべき事罵るべき, 事話されただけを不, 事話したい事も, 事話しましたか, 事話し合って居た, 事話し込んで御座った, 事話せるじゃありません, 事誄詞と同様, 事といひ, 事語られた事が, 事語るに答, 事なるかなと, 事読物の類, 事誰かが何処, 事誰一人趣味を解する, 事の男, 事調のひしと大いに, 事調はずとは誰, 事諄々と黒, 事論ずるに足らず, 事諦らめておくれよ, 事諷諫し申す須らく, 事諸国人の寄合, 事謙虚自ら処り勉めて, 事謹んだ姿で, 事證明せられたらん, 事れりとて, 事識者の共, 事警戒を加えたくなりました, 事ふるに, 事變以來は支那駐在, 事變以來二度ほど内地, 事變以前すでに舊藩, 事變以後の一汁一菜, 事變前から夙に, 事變前後の水戸藩, 事變應召に勇ん, 事一の, 事豊作にも小作料, 事豊後守は自分, 事豊饒な畑地, 事豪傑を撃退, 事て某, 事豫定より五十頁, 事豫算には思ひもまうけぬ, 事貝原氏の説通り, 事貝原篤信の, 事貝塚の實地調査, 事の事件, 事貞女は夫, 事貞實成しを, 事負方の衆所課物, 事負方所課を献ず, 事貪婪に光る, 事であらう, 事貴方は教え, 事貴方何うも何とも, 事貴様の親父, 事賀蘭山の前, 事資器用今謂, 事質物流れの云譯, 事赤シャツがちょっと, 事赤井景韶は疾, 事赤青紫黄の電気, 事赦し給へとて, 事起らなかったンや, 事起らんとも限らん, 事起りしなり, 事起りたれば同人儀, 事起るに至つて, 事起るいう予覚感じ, 事起るべきに定まった, 事起るべしと云, 事自然の, 事を撃, 事身だしなみの事, 事身体の馬鹿, 事身体中の血, 事身分を弁えず, 事身分不相応の旨, 事身命に関する限り, 事身心の潔く, 事身體の馬鹿, 事軍曹は洋袴, 事軍機に関すると云われる, 事軍紀に関するよう, 事軍陣の如し, 事軽微であった, 事が通る, 事き身分, 事の響き, 事辛かった事, 事辛抱がしきれない, 事辞職して, 事むべき, 事農林次官など勤めた, 事迄にお茶濁し, 事迄はありませんけれども, 事迄を落なく, 事迅雷の如く, 事近々の御見, 事近い内に, 事近き将來, 事近しとの報, 事近情は水, 事近来大いにその, 事近松門左衛門が浄瑠璃, 事近隣の男女, 事迚村中の者共老若男女殘, 事迫害いろ, 事迷亭寒月乃至東風, 事迷信は我々, 事逃げようじゃない, 事逃げる気は, 事逃げ廻るには及ばん, 事逆説の逆説, 事途中之間違のよし等, 事這麼事を恐れる, 事かに起り, 事と看做したるなら, 事連日是雪の意也, 事遂げたのち野山白雲の, 事遂げなかつたのは, 事と速, 事遅いから英国労働者, 事遅きを詰れ, 事遅れて哀れ, 事遊君の処, 事遊女奉公御免仰付ら, 事過ぎるがむかし, 事過去の事, 事道中難儀して, 事道人の住居, 事道具健造にエハガキ, 事道十郎殿寃の罪, 事道徳の事, 事道書に見えぬ, 事違い雪はやっぱり, 事違って剣法, 事違ヒテ上方勢トハ似ルベクモナシ, 事かに善, 事遠ければ茲, 事遠慮する所彼越前守, 事遠方へ行き, 事遣つてゐる, 事に陶器, 事遥かな西方, 事適井達夫在都, 事詔に, 事くべきに, 事邦人に異ら, 事邪宗門禁制之事, 事邪魔な事, 事部屋で点字板, 事部落散在と云, 事郵便の事, 事べて非, 事都会に出れ, 事都合がいい, 事都座の西洋手品, 事都路華香氏を訪ね, 事酉陽雑俎に見, 事酒巻また同町九, 事は人, 事里人との交りすら, 事三と, 事重々不屆, 事重ねて申し出, 事重之助儀, 事重役を蔑如, 事野蠻未開人民中其例少しと, 事金言成かな瀬戸物屋忠兵衞, 事金高の品, 事のふた, 事釜谷山であった, 事針小棒大に書き出し, 事釣れないと言つて, 事鈍かった, 事のごとし, 事鉄嶺以北に退却, 事鉄槌を以て, 事鉄瓶の如し, 事銀座は同じく, 事銀行へ持つ, 事銭形の平次, 事鋳る事錬る, 事がおり, 事を欺く, 事錬る事が, 事鎌倉に洩れる, 事鐵嶺以北に退却, 事鐵槌を以て, 事長々込入候儀, 事長い髪を, 事長くとも聞き, 事長し高き處より, 事長びくも覚悟, 事長屋の振, 事長年播州侯のお, 事長庵が多年, 事長次郎と実名, 事長田泉三なん, 事門背戸へ姿, 事が悪く, 事間々あるべし, 事間一丁ほどに逼, 事間違のない, 事間違った事を, 事間違つた事の多く, 事間髪を容れず, 事くこと, 事關口隆吉の養子, 事阪神電車の梅田停留場, 事無筋儀, 事附け馬には, 事なく猶, 事陛下ぞ先づ, 事は抽斎, 事陰気のはなし, 事階級に関わる, 事依山林及樹下, 事随つて虚無僧の事, 事随分我儘も, 事なし暫く, 事の事, 事によってもあきらめ, 事隣保相助けねば, 事隣里に聞え, 事る, 事雉子を助けた, 事雑所先生の小鼻, 事離別など, 事難うなりぬべし, 事難ければ天然, 事難しゅうなって, 事難有存じます, 事難渋だ, 事の音, 事雪嶺翁が校正, 事雪頽におなじ, 事雲泥も啻, 事のごとく, 事電信の事, 事電気がま, 事電燈の光, 事電車にゆられ, 事霊鳩しきりに鳴く, 事の真白い, 事霜葉に似, 事露われて弥次, 事青山三丁目から電車, 事靜岡しづ子を手裡, 事非業の死, 事どうに, 事面倒お尋ね者は逃げ出す, 事面倒八王子からガタ馬車, 事面外ニあらわれ我, 事面白い事可, 事面白かった事, 事面白き事いと, 事面目これに過ぎ, 事を除い, 事韓生の駿馬, 事音樂謳歌等にし, 事の物, 事須臾にし, 事ぶる人柱, 事頗危險なる斷案, 事頗急なり, 事領主の上, 事頬ぺたも落ち, 事頭脳の旧い, 事頭腦の舊, 事頻々遂に仁川旅順, 事頼まれる人ある, 事頼み入と茲, 事赤らめも, 事顕れて自尽, 事顕れたら一大事だ, 事わくば, 事願はんためなり, 事願ひまするは, 事類例甚多し, 事風俗の派手, 事風呂敷包を外套, 事風景の事, 事が如く, 事飛び越える事は, 事飛ぶがごとし, 事飛んでもない, 事飛騨の高山, 事食うに困る, 事食物の事, 事飯粒の事, 事飲んでから二, 事餘人は兎, 事饒舌る事, 事首尾能成就なす樣, 事駈けさせちいうてじ, 事駒吉の方, 事駒太郎を連れ, 事しと, 事入りました, 事驚くべく馬を, 事骨抜だ器用, 事骨董屋は契月氏, 事さ四十八万二千五百里といふ, 事高き處に, 事高巍かつて曰く, 事高巍書を上り, 事高麗に日鷹, 事はできぬ, 事髪結を取替た, 事とも蛇, 事鬼道能惑衆年已長大無夫壻, 事鬼道能惑衆年已長大無夫壻, 事魅力もて吸わるるごとし, 事魏晋已前聞えず後, 事でも生命, 事魚の網にもれざる, 事鯛網引きの留守, 事の鰯, 事鐘, 事鳴くのは, 事のごとくなる, 事鶏睨とはよく, 事なぞも古く, 事麦藁塚に遇わ, 事麻姑を雇, 事を分担, 事黎明の事, 事して, 事つて居, 事黙してゐた, 事黙って後, 事に逾, 事齲歯の手当, 事,人の隙, 事SSの無線装置