青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「主~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

中心~ 中村~ 中途~ 中野~ 中間~ 丸~ 丸い~ 丹~ 丹波~ ~主
主~
~主として 主として~ ~主人 主人~ ~主人公 主人公~ 主任~ 主君~ 主婦~ ~主張

「主~」 9484, 91ppm, 1214位

▼ 主~ (1506, 15.9%)

2619 神の 14 祈り 11 ような 9 ために, 姿は 8 命に 7 敵を, 方は, 祈りを, 神が, 神に, 顔を 6 やうな, 前に, 神は 5 ように, 命の, 命は, 手に, 方で

4 [11件] あるもの, ところへ, 一人は, 代が, 命が, 命を, 妻は, 為に, 眼の, 耕介が, 郎女を

3 [21件] ことを, ない小舟, ほうで, 下に, 仇を, 名が, 名を, 君は, 命, 外に, 家へ, 家を, 御胸, 方へ, 無理な, 物とて, 生活の, 知れない手紙, 神を, 話を, 面を

2 [86件] おいのりを, おそば, お宅, お祈, こと, ことで, ごとくこの, それと, ため, ためには, つとめは, ところで, ない家, ない部屋, もとに, もとへ, やうに, 一粒種を, 仇と, 仇な, 倒れた前後, 分を, 利害に, 前で, 前田弥平氏は, 力を, 名に, 呂伯奢, 命と, 喪に, 図書検閲が, 声に, 大神, 大神は, 大蛇は, 女が, 女の, 女郎を, 奴僕は, 妹を, 妻と, 妻なり, 姿が, 姿も, 子に, 子天, 家, 小さな子供達, 左門に, 常も, 影も, 御名に, 御房, 心じゆく, 心を, 恨みを, 恵み讃うべく, 憎しみの, 懼るべき, 新たに, 方に, 旦那を, 是と, 森さんは, 正体を, 死去したる, 男は, 目は, 祈りの, 祈を, 神と, 素性を, 翁が, 肚を, 言葉が, 許へ, 語を, 身の, 軍人の, 部屋の, 部屋へ, 郭常は, 門に, 顔が, 顔は, 顔色が

1 [1046件 抜粋] あとを, あの唄声, ある婦人, ある絵, ある花, あんたへ, いない荒れた家, いのり, うしろで, うちでも, うつり香も, おばさんと, お加護, お大名, お客と, お小夜さん, お目, お蔭で, お角, お銀様, かたみかと, からだは, こえなく客, ことが, ことである, ことは, この世に, しゅくふくをうけるならん, そそけた髪, その面貌, たぎしの, たった一人, ためだ, ためと, ため保護しよう, つぎには, つとめを, とうさんを, とそれぞれ昔, ないスリッパー, ない下駄, ない亡骸, ない声, ない寺, ない撞木杖, ない枕, ない焚火, ない自由, ない足跡, なき島, は取, ひとがらを, ほかに, むかしの, ものと, ものなれ, もの故, やうな威張り, やり口を, ようにも, わからぬ不吉, アウチイ・ベエコンが, ピンは, ミコトは, ムチの, ラマの, ランスロットを, 一人の, 一命に, 一幅と, 一番大きい, 一面に, 三ちゃんが, 三宅石庵に, 三霊の, 上人に, 下へ, 不二男さんと, 不分明, 不為は, 世襲を, 中年の, 主から, 乗物という, 事ましてや, 事業を, 二人の, 五馬を, 京姫に, 人を, 人魚が, 仇の, 仕置だ, 仰せには, 伊達中将中仙道口は, 伝右衛門でした, 伝記家々の, 位置に, 住むところ, 体が, 何者だ, 使で, 使徒として, 使者で, 依頼によって, 信に, 信用状態も, 信長を, 側から, 側の, 傍に, 僕です, 僧と, 僧の, 光を, 八だ, 六兵衛が, 兵右衛門おりおり, 内藤家へ, 写真が, 処へ, 出世の, 刑部殿ほか一族どもも, 前には, 前へ, 前衛などに, 劉安に, 劉恢であった, 劉恢の, 劉表に, 功徳わ, 勝久は, 勤めでも, 勧むる傍より, 協会漫才師の, 厄介に, 叔母聟なる, 受難を, 口吻の, 史進か, 司馬徽が, 名から, 名で, 名によって, 名まえ, 名前であります, 名前を, 君も, 吟味に, 呉昌など, 命じゃ, 命なら, 命により, 命即ち, 和した, 和平に, 和魂として, 善七が, 在否, 在所が, 坊が, 垂訓にも, 城址や, 境遇でございます, 墓標の, 声で, 声も, 声を, 変った法外流, 多四郎であった, 大きなから, 大三輪神社その他諸国, 大吉と, 大川時次郎割烹, 大神だ, 大神御, 大神陶津耳の, 大蔵は, 大蛇が, 大賀一郎氏は, 天の, 太郎左衛門であった, 夫人で, 夫婦をも, 奏し奉つた歌, 女と, 女将が, 女房も, 奸計を, 好みたま, 好むところ, 如きもの, 如く磔刑, 妻の, 妻デロア夫人の, 姓名に, 姥, 姥が, 姿と, 姿を, 威光に, 娘が, 娘に, 婆さんに, 嫗に, 子あ, 子ステフアン・キイスリングの, 子供でしょう, 子名は, 子心奢り, 孫權に, 宍戸梅軒が, 実在を, 家で, 家まで, 家族でも, 宿を, 富永料亭ヒサゴ屋の, 寝屋の, 寫眞材料店名刺形の, 寺院即ち, 尊氏から, 小作人同様幸でない, 小勝, 小天地, 少女の, 居る, 居城に, 居間なら, 居間を, 山椒の, 岡村は, 岩間角兵衛などは, 巡礼は, 席に, 帰りを, 帳内に, 年々の, 幸七の, 幸七を, 幸村は, 庄兵衞めに, 座元へ, 建立にか, 弟夫婦が, 弥兵衛老人が, 彦右衛門という, 役人が, 彼は, 後に, 御万人, 御体, 御名は, 御意に, 御戒め, 御方である, 御血汐, 御血肉, 御身は, 御魂たま, 復活を, 心が, 心に, 心も, 心境に, 心持ちは, 心根い, 忠平の, 怒るの, 性格の, 恥辱に, 息子で, 息子らしい, 息子金谷金五郎に, 悲しき形見, 惠の, 意の, 意志を, 愛を以て, 態度が, 懐ろをも, 成輔も, 或郡縣, 房に, 所へ, 手の, 手を, 手紙は, 批評を, 招待で, 持物で, 掟の, 損益計算を, 擁護も, 故に, 教えを, 数は, 数正の, 數は, 新居格氏が, 新造で, 方から, 日本人が, 日輪の, 明るさ, 春太郎の, 春木屋治兵衞住職と, 晁蓋から, 時婦人あり, 晩餐の, 更迭, 書楼が, 曹永森といふ, 有る体, 木札が, 本家筋, 李之, 村重を, 来られないもの, 来るの, 松木某という, 案内特別に, 梅仙女と, 森可, 棲む淵, 楽屋らしい, 様だった, 機嫌を, 歡びの内に, 歸郷, 死によ, 死体が, 母ぞと, 母親の, 気に入らぬからと, 気分が, 氣質を, 決心を, 法師を, 注文で, 津田白亭に, 浮き上がって, 淡路守は, 清盛観は, 漁夫にたいする, 為なら, 為らんやう, 無い声, 焦茶色の, 爲を, 父の, 爺さんが, 物だらう, 物語という, 独権に, 玄堂めに, 玄関は, 生みたま, 生涯が, 申し付けでございます, 留守の, 目に, 目企み, 眉が, 眼が, 眼へは, 知って, 知らで, 知れない自動車, 知れぬ宮, 知れぬ輦, 知人か, 知恵であろう, 磔刑にたいして, 礼讃が, 祈の, 祈りと, 祈りアベ・マリア, 祖五十迹手が, 神かく白しぬ, 神です, 神と共に, 神ま, 神より, 神出雲の, 神愁へて, 祷りや, 秀吉が, 秀郷は, 私宅で, 称である, 稲次郎と, 竹内某が, 笛は, 筋に, 箕輪亮輔も, 粗服は, 紀元千七百八十年風の, 純友始め, 紫の, 結婚なんか, 絹商人とは, 編纂で, 義ちょうど, 義勇を, 翁も, 老女一人居り, 者が, 聲として, 職業を, 肖像なんぞを, 背中が, 胴体から, 脇を, 膝や, 臨んで, 自由な, 芥川河郎之, 芸者屋の, 苦しみを, 茂右衛門は, 茶屋四郎次郎も, 落度也夫此度の, 虐待に, 蜂でも, 血に, 行くところ, 行ひ, 術語は, 衣物の, 西応房は, 要素をも, 見て取りしもの, 見当は, 親分が, 親爺の, 観念と, 解義を, 言い分を, 言ひ, 言も, 言葉に, 言葉を, 計画, 記せざるは, 許しを, 許可ある, 語る所, 調べに, 諱は, 謀主が, 謎の, 議論には, 讐め, 豪族が, 貴さ, 貴様から, 賃銀も, 賭ける夢, 赤ん坊は, 赤沢博士と, 趣味と, 足音は, 身がわりに, 身に, 身の上より, 身を, 車を, 輝元は, 辞し去りて後, 道三も, 選び給うた職, 遺骨を, 都合で, 金, 銑太郎は, 長子刺殺は, 門で, 関係が, 關係は, 隆三は, 雇いしもの, 難病薬下され, 雨谷狐馬が, 非難に, 面の, 面影を, 音声の, 頭について, 顔の, 顔色に, 風流は, 食を, 食卓, 首の, 馬印を, 驚破, 高い立派, 高氏と, 鼻先き

▼ 主~ (1324, 14.0%)

100 して 84 なって 35 なつて 9 したもの 6 なつた 4 向って, 彼の 3 されて, したの, 東京に, 案内され, 自分の

2 [61件] お願, この点, これを, した, したので, しなければ, せられて, そのため, それが, たまはり, なりたいの, なりますから, なる, なること, なると, なるの, なれば, やって, ギリシアの, 上表し, 事へ, 仕へ, 代って, 勧めて, 向っては, 向つて, 囚われて, 地方の, 士族の, 奉る如くわれ, 女の, 婦人の, 子供の, 對ひ, 少年の, 平安朝を, 年上の, 広義の, 愛宕の, 成って, 捧げた婦人達, 捧げて, 新作家, 明治の, 星の, 東京から, 氏の, 海に, 石の, 研究し, 祖母の, 私の, 窓の, 立てて, 脚どり, 謁し, 返すには, 静物の, 顔を, 高等, 高等科の

1 [945件 抜粋] あいたいもの, あたま, あの時代, あらためて禮, ある有名, うちくれ, おさまった気, おすがり, おらが, お婆さんでした, かえして, くみしようと, ここから, この一日, この二つ, この十年間一晩, この注意書, この消極面, この畑, この蜥蜴, これら明治大正の, さいのを, ささげん, ささやいたもの, したと, した同人雑誌, した店, した漁業, した立場, した薬, しても, しなくなつ, しますと, し高野槙, する, するから, するだけ, するの, するもの, するよう, する様, すれば, そういう話題, そのラテン訳, その事情, その以後, その対象, その方, その短篇, その身体, その雑誌, そむいた亡恩, それは, そんなこと, たずねた, たのんで, だしを, ちなみある芸者小さん, ついて行った, つけるもの, つれて, できて, とられた娘, とり四日目, どう云う, どのよう, どんな人, どんな風, なった, なったので, なった人, なってるその, ならせ給えとは, なりすぎて, なりたい, なり勝ち, なり農村自体, なるが, なるには, なるトリック, なれやあ, なれるなり, なれるわ, なろうと, ひかれて, ひきこまれて, ひどい目, ふくめられた秘旨, まかせて, まかれる事, まさって, みちびかれて, むかひて, めくらの, めでて, もちて, やったの, やるわい, よこしまな, よりて, わたして, アカデミズムへの, アジア的古代的, アレクサンドロフが, カメラと, カ氏と, サモアよりも, シュライエルマッハー, ディルタイの, ドイツに, ドイツ語の, ドリアンの, ノート・ブツクの, フェニシアを通じて, フランスそれから, プロテスタントの, ヘルメットをか, ユダヤの, リベラリストによって, 一個人の, 一女工として, 一言二言礼を, 上げるから, 上海と, 下の, 下町の, 下等の, 与えたもの, 中る筈, 主權者, 久米村から, 九割漁夫に, 乳製品の, 云った, 五百を, 亡兄と, 人物で, 仇を, 今戸橋の, 介抱され, 仕えその, 仕えた, 仕えて, 仕えても, 仕えるわけ, 仕える小者, 仕える歓び, 仕ふる事能はず, 代り子, 会って, 伝はる秘法に, 伝達した, 何とぞつげ, 何処です, 作文や, 使われて, 例の, 供する二人, 俳諧に, 候ふ, 倚り, 健康に, 傘紙として, 働いて, 働く農業, 儀礼的な, 兄貴の, 免じて, 児童教育の, 八峰側から, 兵隊に, 冬の, 出入りを, 刃向かうも, 分布状態を, 利根郡白沢村高平の, 前期の, 副詞または, 創作の, 助手の, 勉強し, 十月十日に, 印度の, 去られては, 取つた石器類, 取りたいほどの, 取扱いましたから, 取扱つた, 口を, 口臭などに, 台所道具で, 叱られん, 名の, 向い貴公, 吹つこんで, 告げたの, 告げて, 告げるあまり, 呼ばわれたる爾ら, 命じられた以上, 品川の, 哲学的な, 哲学者達, 喉頭の, 囚はれ, 土中に, 土岐哀果石川啄木の, 在りて, 地肌にだけ, 城中第, 執筆家, 塗物染物の, 変化し, 外形にばかり, 夜である, 太閤道の, 奥州筋です, 女の子である, 女子供が, 女性で, 女房の, 妻自身と, 委細の, 娘達が, 婦人であります, 子供を, 学んだ彼, 学校乃至, 學資の, 安二郎の, 宝石類でございます, 家庭の, 家来の, 寝おき, 封建制度からの, 尊敬と, 對する, 導かれ, 小さく部分的, 小山であっ, 小幡篤次郎であった, 小斎河豚と, 小説を, 少年時代からの, 就けるもの, 属する者, 岸野の, 工業, 左翼文芸理論家達の, 帯黄黯褐で, 平安朝の, 平身低頭し, 幻想的な, 引く, 弘前医官の, 強制され, 当る, 当る金座, 彼女達の, 徒労を, 従うか, 従業員の, 從ひかへらう, 御聞申事, 心当りが, 心配し, 恋愛その他の, 恨は, 惚れて, 惹きつけられるよう, 愛を, 感ぜられる, 感謝し, 感謝の, 懶惰放蕩の, 戎橋通りの, 我れ, 戦争に, 戰爭に, 所謂新聞記者の, 手踊りなど, 技術の, 投降を, 拙者面会致し, 持つて, 持つ以前, 指図し, 挨拶し, 捕らせると, 捧げたの, 採り上げられて, 擬せられて, 支那であります, 放れた浪人, 教わったは, 散文を, 文化形態としての, 文学の, 文学的な, 文通を, 断わりも, 新らたなる, 新劇について, 新橋の, 新聞社組織或いは, 於いて, 日限を, 早稲田文学のみに, 明方の, 映されて, 是非とも逢っ, 智恵を, 書いたこと, 有機物である, 朝の, 杉の, 村に, 村長家と, 東京と, 松柏科, 柳橋の, 校長, 梅桃李などの, 森彦の, 楮であります, 横山の, 權豪が, 歌舞音曲の, 歴史哲学, 残る部分, 母の, 母親を, 民友社の, 水平動に, 水素から, 求めたるに, 江戸に, 河原伝いである, 泡盛で, 泡盛壺や, 洋書を, 洋服その他は, 洋服の, 海岸の, 渡した, 演説に, 火成岩地帯を, 煙草入や, 熔岩流の, 物を, 狩谷, 独の, 猪だ, 獻げんと, 玉は, 現今の, 理科の, 生きた鶏, 生理的な, 用います, 用事は, 申しわけが, 畠へ, 畿内から, 癌細胞について, 益田や, 直訴が, 相違ない, 眼を, 眼見える, 知らした, 石塔の, 研究する, 示す指, 社会に関する, 社会心理学的な, 社会科学乃至, 祈り求めつつ, 祖母さんの, 神学書です, 神様か, 禮記と, 秀ちゃんの, 私を, 私自身の, 科学的認識ばかり, 移転するだらう, 空に, 立って, 端物の, 米屋の, 紅葉の, 細工物で, 経済学の, 結婚生活です, 綾子さんの, 縁に, 織られましたが, 置き忘れられて, 群鳥の, 老荘, 聞いた爺, 聴いたが, 背けりと, 胸を, 脚で, 膳や, 自分から, 自然哲学であった, 自然科学を, 與へたり, 芝居絵であった, 芸術家自身か, 苦である, 英米の, 英雄談冒険談戦争談であっ, 茶山西帰の, 華厳宗律宗であります, 薙刀の, 蘭学であった, 虫仲間から, 蛋白質, 行き会, 衣裳箪笥や, 袋を, 裝飾に, 西洋の, 西田博士の, 見せて, 見破られでも, 親の, 親父の, 観念論的な, 言った, 言はれ, 言論能力を, 訊ねぬ, 記憶の, 訪問された, 詠出で, 誌し, 語った後, 語られるの, 誰に, 請うて, 論理に, 講釈ばかり, 讀まれるもの, 象徴的な, 負傷者の, 資料を, 資本制社会の, 贈った, 赭色の, 身も, 身辺の, 軟文学に, 輸出ものであります, 農村経済を, 近世哲学的な, 近代や, 返したとも, 返す事, 返却しなけれ, 通訳する, 逢いたいもの, 逢いたかったもの, 進らせんためなり, 遇い見ること, 違いない, 還されました, 部類分け, 酒場の, 重兵衞, 野天生活に, 銀座を, 銀色で, 鍋釜類を, 鎧兜や, 開演日の, 限嗣相續に, 雇人即ち, 離れこの, 雪子と, 青年が, 静子が, 靜子が, 面す, 預けおき悉皆, 頭の, 顔面へ, 風景画です, 食事が, 養はれた, 馬は, 驚きと, 鬼が, 魯の, 黄と, 黒岩と

▼ 主~ (962, 10.1%)

54 なって 28 したもの 26 するもの 17 なつて 14 するの 13 した, する演劇 12 なつた 9 する 8 す, すること 7 する所 6 せずして, なる 5 するところ, するよう, する事, する様, せり, なること, なると, なるの 4 したの, すと, すると, すれば, なりて, 言ふ

3 [17件] いえば, しこれ, しその, しそれ, したから, した参拝, しなければ, するか, するが, するは, する点, する者, せば, なった物, なれ, 云ふ, 仰いで

2 [43件] し, したので, したる俳句, したる従来, した一種, した帝都, した文字改革, しないで, し人, し後世, し意, し質素正直, すといふ, するから, するとは, するので, するやう, するを以て, する作家, する国, する御, する方針, する時, する謂, せざるを, せるもの, なった, なったの, なり, なるが, なるので, なる日, なれば, なれり, 仰ぐ人, 名の, 客とが, 客との, 家来とは, 寝ようか, 幾人かの, 見て, 頼む人

1 [540件 抜粋] あなたの, あるもの, ある名札, いうと, いうほど, いうほどの, いえども, いっても, いつたので, いわれて, いわれる大蛇, いわれる正直者, いわれる炭焼, おなじ起り, かしずいて, されても, しある, しあるいは, しかつ, ししかも, しそれに, したあんな, したいい, したが, したこと, したこの, したその, したそれら, したであろうが, したと, したという, したやう, したらしい, したりと, したるもの, したる事実, したる即, したる譬喩, した上, した他力宗, した会社, した作, した側, した催し物, した処, した初期, した削りかけ, した勢, した即, した咄, した和算, した基督教, した大, した姿, した学者, した宗教観, した家, した山水, した島, した後陣, した従来, した我が国, した文庫, した新, した新劇團, した方, した民族, した気持, した泥絵具, した演劇, した点, した為め, した私塾, した絵, した美, した肉入りスープ, した舞踊, した芝居, した草原, した菓子屋, した薬, した虚構, した話, した譯, した越中方面, した道術, した部分, した高級, してるこの, しない学術理論, しない純粋, しなくては, します, しようとも, し一年, し並びに, し中心, し事, し事代主, し五五行以下, し人生, し俳優, し僕, し八股, し其耽讀, し写生文, し医学生その他有志, し国権, し城門, し女, し宗教, し官馬, し室生, し家内, し小規模, し己, し後者, し従者, し情趣, し政教分離, し斉, し日本語學者, し春田打ち, し時には, し東都名所, し武士, し法制, し独創, し甚兵衛, し眷属, し第, し綜合, し肉体, し色彩, し葉迦良門, し表情, し訣ら, し踊り, し農村全体, し近く兵糧軍需, し過, し遠く, し野槌, し領分, し饑饉, し馳, すとは, すべき性質, すべし, するかの, するため, するところ人民, するならば, するなり, するに, するやり方, するを, する一行, する中等学校, する主義, する乞食者, する事勿れ主義, する人道主義, する仮装行列, する会社, する伝聞雑誌, する佐幕, する何, する信仰, する個人情報専門, する傾が早く, する冬, する処, する劇, する千家元麿, する各地, する商業劇場, する喜劇, する四重奏, する場合, する声聞, する外丹, する奇襲隊, する女中奉公, する學風, する家庭, する家族制度, する寺院, する巫女, する年中行事, する強, する当時, する役, する急進的, する抒情詩的, する教育, する文学サークル発展, する新, する新聞, する方面, する映画, する時代, する時代さ, する暦家, する未来派出, する本寺, する東京法学院, する樣, する機関, する江戸流, する法師, する派, する海人, する海軍傳習所, する理由, する田舎, する穏健説, する第, する範囲内, する紀行文, する統一, する緩急高低, する美術, する翁, する考え, する職業団体, する肖像画, する船, する茶道, する行動, する要求, する角問屋, する踊り, する逮捕令, する過去, する道徳, する鑛泉, する音楽, する饗宴, する饗膳, する験方, する高層建築, する鳥, す他, す甲, せざる喜劇, せしなり, せずに, せず全体, せず寝入らせた姥, せず社会, せず跡, せぬ語部, せぬ雅楽, せねば, せられて, せられる様, せる, せる古俗, せる家庭, せる者, せる補充読本, せんこと, その僕, その法則, その賓, その近親, その高弟たち, それとこれ, たのんだ人, つれない紫, どんな関係, なして, なし主, なし活版本, なし自己, なすの, なったいろいろ, なったが, なったこと, なったところ, なったもの, なったロパーヒン, なった事, なった今, なった孫権, なった疑念, なった経路, なった肉, なった船, なった裾野, なった黒船, なってからは, なってるところ, ならないの, なられて, ならんぞ, ならんと, なら満更, なりここ, なりこの, なりそれ, なりて時, なりなん日, なりました, なりわたし, なり二人, なり亡国, なり今, なり仏国, なり他, なり保険業者, なり同国, なり國語國文國史漢學, なり天下, なり妹たち, なり渾然, なり玉, なり真に, なり給いやがて, なり音曲, なるから, なること不思議, なると共に, なるなら美, なるに, なるべきこと, なるべきその, なるもの, なるわけ, なるを, なる前, なる手柄, なる時, なる時悪, なる生活, なる肚, なれと, なれるに, なろう, なろうと, ぱったり顔, ゆるされ領地, よばれたが, われわれそこらで, キリシタン宗との, スクナビコナと, リイケの, 一喧嘩し, 一種の, 一緒だった, 一緒であった, 一緒に, 三人, 主とで, 争った箱, 二人きりの, 云はれし, 京都で, 今日同席した, 他の, 他人との, 付添人たちは, 仰いだほう, 仰ぎまた, 仰ぎ奉って, 仰ぎ或は, 仰ぎ持つならば, 仰ぎ賊, 仰ぐ若殿, 会い自然療法, 作りたり, 作者と, 作者との, 使用人の, 侮る顔, 偏見とから, 偕に, 僕との, 入れ違え, 共にありし, 出来合って, 別れるとき, 勞働者の, 協議し, 去る客, 友人深野滋君および, 同様達磨の, 呼ばれた程, 呼ばれるよう, 呼ばれる迄に, 呼ばれ立派, 呼びエベソ人, 呼び出埃及記, 唄声の, 夜もすがら物語りせし, 大物主とは, 夫と, 夫とを, 夫人とは, 奇麗な, 奥で, 妻と, 娘とが, 守る僧, 客といふ, 客とは, 客の, 客体自, 客真実と, 家來の, 家来, 家来でも, 家来と, 家来とでも, 家来は, 家臣とは, 寝よ, 対談する, 従者, 従者とが, 志して, 思うな, 思うに, 思える者, 意見の, 懇親の, 成ったもの, 成るにも, 我とを, 技師と, 折り合いが, 抱琴とが, 持主とを, 描かれる賓, 故人の, 斬り合ったの, 書いて, 書きその, 朝から, 朝寝が, 機械と, 武甕槌, 母親と, 混同され, 漁夫との, 為すと, 為すもの, 爲す, 爲り, 爲る, 生れても, 申すより, 申者御座候武器衣類大小道具等右質屋へ, 町内の, 畏敬せられ, 癩人と, 相成りました天川呉羽嬢, 相混じ, 眺むべし, 知った今, 知るよし, 示談を, 禄に, 称えまた, 称える平田, 純友, 結合へる, 聖心会の, 職工の, 腹心の, 致したもの, 致します飛騨, 若い者, 著作者とを, 葛岡が, 衝突した, 表向きは, 被害民の, 見做, 見立てたの, 親を, 言われるくらい, 言葉を, 語つた, 語合へ, 誤られ鉄砲, 談判を, 護るのみ, 讃えら, 負ひ持ち, 賓とかいう, 軍隊が, 非常に, 頼む先生, 頼んで, 顔を, 飲むうち, 駕籠屋と, 駕籠屋馬方は

▼ 主~ (909, 9.6%)

7 言った 4 それを, 私の 3 云った, 彼の, 手を, 男とも, 白金の, 神棚へ

2 [44件] いかさま禅浄一如, いった, お前だ, きつい茶の湯ぎらひといふことだが, この家, これを, そこに, どうした, どうも宇太八, どこに, ないの, なか, 不安そうに, 二人とも, 五郎さんの, 五郎吉の, 人の, 以前から, 何の, 何處の, 僕を, 判りましたぜ, 変に, 大阪へ, 嫂だ, 巧者だ, 彼女を, 戒名を, 戸棚から, 汝に, 汝を, 特に禅刹, 理科大, 眼を, 紛れも, 群臣を, 腹黒い奴ぢ, 自分の, 言つた, 誰か, 誰ぞ, 誰であろう, 誰やら, 部屋を

1 [788件 抜粋] あくまで排撃, あなたさまと, あなたでしょう, あの沙門, あらぬ方, あれを, あわただしく下界, いうまでも, いかにも弓術達者, いずこ, いっこうさとろう, いっしょに, いつでも, いつも科学, いないが, いない邸, いなかったの, いま入った, いるか, おそらくこちら, おそろしく身の上, おばあさんだ, お町, お絹, お蝶, お通さん殺し, かねがねあまりに自分, きつと, くどいお辞儀, ここに, こたび, このおれ, この人, この屋敷, この方面, この時窓際, この蒲生泰軒, この道誉, こんな事, さきだちわれ, さつきの, しだいに志郎, しょッち, すぐさまそれ, すぐに, すこしやさしい, すっかりおそれいっ, すでに二十五年, すなわち作者自身, すべてが, ずかずか自分, そういうよう, そういった, そこから, そこの, そのこと, そのなか, その人, その坊や, その後どうして, その目, その良心, その鉄格子, その頃, そもいかに, そも何者, それは, それらを, それ程の, たいてい留守, たしかに先刻散歩, たしなめて, ただ自分, たつたいまあ, たれぞと, たんとお, だれじゃ, だれならぬわれら, だんだんに, ついぞ知る, つぶやいた, とうとう皆, どういうもの, どうか黙っ, どうして初江, どうやらトランク, どこの, どれだろう, どんな人間, ない, ないないと, ない筈, なかなか帰っ, なんと思った, にわかに仕事着, のがれ去り給えり, はかなきに, はばかるところ, ひどくびっくり, べつの, まことに甦りたれ, また, また脂蝋燭, まだいと若い, まだと, まだ三十がらみ, まだ来ない, まもなく現われた, まるで人間, みずからその, みんな受取を, むしろ易介以下, もう一度彼, もう世, もう前, もう年配, もちろん技師長, もっと以前, やがて云った, よく, よくそんな, よっぽど白い, よほどの, よみが, よも左樣, わが軛, われ聞き覚えある, ゐず怪有, アメリカである, イギリス人なりし, カン違いし, クルリと, シオンの, ソレ叱, ソロソロと, トキエで, トムさんの, ドストヱフスキイ先生で, ドッシリと, ハッと, パナマ帽を, ヒメその, フランス人なりと, ブラブラ病, ブランコ乗りを, ベッドの, ホクホクもの, ランキン夫人から, ルンペンと, 一ヵ月生活費として, 一人悦に入り, 一定期間興行場の, 一眼を, 七つか, 三宅米吉氏, 三宅長策氏, 上がって, 上野駅の, 不在なりとて, 不替, 世間馴れた, 主でない, 主として身近, 主客は, 久しく留守, 予が, 事更に, 二人であった, 二条の, 云って, 五つの, 五十ばかり, 人形じゃ, 今し, 今どこに, 今は, 今や亭主, 今度は, 今正しく, 他人の, 代々の, 代々吉川銀右衛門と, 仰天した, 伊之さんの, 会員の, 但木土佐と, 佐瀬技師と, 何と, 何も, 何人かと, 何人だ, 何方なる, 何者か, 何者だ, 何者である, 何者であろう, 余念ない, 余程の, 使ふこ, 例によって, 侍女に, 依然として英国, 俳人の, 傍らの, 優しく言, 元五郎, 先づ婆様が, 先生を, 兎も, 入聟, 八左衛門忠弥に, 兵部の, 其村の, 出典の, 分らず声, 判つてゐる, 別に, 助かりました, 勿体らしく鳰鳥, 勿論男, 十八九に, 十日も, 千浪を, 南部二十万石の, 口を, 可愛がる, 吃驚し, 各特別, 名まえ, 向鉢卷, 君らなり, 吾人に, 周宣王に, 呻くよう, 哀れにも, 唯ひとり, 喧嘩を, 嘲笑った, 四人の, 四囲を, 困るじゃ, 土地から, 土肥トミ子と, 坐り直して, 堪忍袋を, 場を, 変ったが, 変らぬ駒井甚三郎, 外に, 外来魂の, 多く郡の, 大いに損失, 大いに驚き是, 大嬉び, 大草額平という, 太宰自身でなく, 女で, 女の子である, 女生を, 女生徒を, 好みなさらぬか, 好んで, 妹である, 始終インド辺, 威猛高に, 存外という, 安岡正篤氏で, 官営雑誌の, 実に訓令, 実は平田, 客品にて, 客席の, 宮川茅野雄で, 家の, 家来の, 家隷を, 宿るなり, 富美子さんの, 寒かろ, 寡から, 寡婦で, 小首を, 少しずつ, 居るの, 山野の, 岡山県人四十余の, 巣鴨に, 工場主の, 左の, 左手には, 己の, 席を, 帯剣を, 常に彼, 平和問題信仰問題等につき, 年の, 幼少である, 店を, 引きずりおろされた, 弾かれたよう, 彼が, 彼に, 彼女達を, 往々断じてその, 待ちくたびれて, 従容として, 御先生, 御貴殿, 復活し, 徳川でなく, 必ず小生, 必ず我等, 快く泊め, 念を, 思い出しなさんした, 思う壺, 恐いもの, 意外きわまる, 意外にも, 慈悲深く, 憎々しそう, 戦いは, 戦い敗れ, 所も, 扉の, 手で, 手紙を, 手製の, 拭いきれない, 持ち出し駕籠屋, 持てぬ, 振向き, 推定零時半乃至, 損ばかり, 撥鐙法と, 教え給うた, 断じてイギリス人, 断食芸人が, 旗田氏に対して, 既に多く, 早くから望ん, 早くも, 昨日の, 晩酌の, 書斎の, 有森利七, 未だ捕らない, 本阿弥長職派, 村童の, 東北の, 某氏なれ, 梅やがて, 椅子から, 業務主任には, 権四郎だった, 横向きに, 次郎が, 此の, 此処に, 此山もみじの, 死んだと, 毛利昌教氏, 気がついて, 気違いの, 江戸に, 沈思の, 泣き寝入りした, 洞の, 涙ぐんだ眼, 深井坊という, 深井坊といふ, 温顔を, 湯アガリだつた, 漸, 漸く落ち着い, 烈しく威嚇, 無い主, 無い筈, 焼き捨てた残り, 煙草吸ひ, 爰に, 父に, 牛を, 牧勇蔵と, 狼の, 生まれたまいぬ, 男か, 画家の, 留守だ, 疑うべくも, 疾に, 百十三歳で, 皆この, 皇室に, 目前の, 直ぐ対した, 相変らず, 真暗な, 真黒い毛だらけ, 知る人, 短剣を, 確に, 秀次にとっては, 秀次の, 私たちに, 私です, 私女一人な, 稀代の, 稲の, 窓ぎわに, 窓の, 競つて優れた, 笑って, 笑止な, 笑止らしく, 米友を, 紫色の, 紺絣の, 結局判らなかった, 絶対に, 緑色の, 縮緬の, 習わずして, 耽溺生活へ, 聞て, 職業夫人で, 肥つた人だつたらう, 背中を, 腕を, 膽を, 自分で, 自分ながら, 興行者に対しては, 船出した, 良子自身だった, 花井訓導, 若しかしたら, 苦笑した, 苦笑を, 落ついて, 薄墨色の, 藤井だ, 藩から, 藪紋太郎, 蠅男だ, 血み, 行燈の, 術なげ, 見えないで, 見て, 見なくても, 見当らない, 親方の, 計ろうて, 読めて, 誰かしら, 誰だ, 誰だろう, 誰と, 誰とも, 誰人, 誰人である, 讃むべ, 讚むべ, 讚むべき, 貴公ぢや, 資金提供者の, 越中小川温泉山崎村羽入から, 軽蔑の, 辻を, 近在は, 返す一撃, 道にまで, 遠き水上, 郭常という, 酔つておいでだ, 金で, 銅瓶の, 鍬を, 長い間, 長く止まっ, 門前の, 關係が, 隠者らしくなっ, 雪の, 雪子の, 領主の, 顎骨化膿で, 顔を, 飛び上がりいったいどう, 飛天夜叉な, 馬よりも, 馭者で, 驚いて, 驚きも, 驚き白水翁が, 高足駄, 鬼どころで, 黒の, 黙って

▼ 主~ (554, 5.8%)

7 出て 5 帰って, 誰である 4 すんで, 云った, 手づか, 自分の, 誘ひに 3 ある, ほかに, 大切がる, 彼の, 棲んで, 目の, 縊り殺せし

2 [18件] あって, あつた, あるの, いて, いる, どこに, はなしに, 之に, 他の, 兄妹に, 変って, 悪いの, 教へ, 歩みたもう, 死んだ若旦那, 汗臭い, 竜蛇だ, 表の

1 [460件] あったため, あつて, あなたである, あなたの, あの親父さん, あまりに近い, あると, あるもの, あるん, あるソレ, あれを, あわてて, いうので, いう高い, いかに憮然, いかに貧ゆえ, いけなかったの, いた為, いぢけた体, いないので, いなかった甲賀宗家, いなくては, いにたいと, いよいよ舞, いらっしゃると, いらつし, いるでは, いると, いるとも, いるの, いるはず, うしろに, おありなさる, おくに, おさえた, おすぢ, おとうさんの, おみえなさいまし, おるよ, お君, お愛想, お絹, かれら, かわった松川屋敷, がらりと, がんりきの, きっと兄, きょうの, きょう金に, きわめてきっぱりと, くれたという, こういうにつれ, こう言いました, このまま, この乱暴者, この奇しき悦び, この気もち, これも, こんな機嫌, ございません買いたいと, ござりませぬ, さる人, しきりに草案, すぢ, すっかり用件, すなわちお雪ちゃん, すぱっと, すべての, そうやっ, そこへ, そこを, そのこと, そのとき, その中, その外れ, その寝室, その扇, その昆虫館, その贄, その道の, それを, そんな神がかり, だれである, ちと気がかり, ちょうどまだそこ, ちょうど真, ちようどその, つき国々, つぶやくと, どういう気持, どうしても思ひだせません, どうやっ, どうやら壁, どのよう, どんな女, ないから, ないそれ, ないなあ, なつかしくなっ, にっこり頷首, はいらんと, ぴらと殿の, ぼくの, まだ何, みな一人で, もう七分通り, やってきて, やっぱり女, やはり竜神, ゆうべ護謨園で, ゆらめいた途端, わかったか, わかったという, わかったとしても, わかって, わざと外, わざわざ駕籠, ゐる, ゐるん, ウンと金を, オレと, コロリと, サー・ベヴィス・オブ・ハムプタウンを, ドラーゲ・マルコヴィッチと, ノロノロと, ハマダラ蚊の, ファニーであれ, ペテロに, リストリア国の, ワナワナと, 一人, 一會社であり, 一河の, 一箭の, 一頓について, 三ヵ年働い, 三吉狐と, 下着の, 不在でも, 不量, 中座した, 主なら, 主なれ, 主君に, 之を, 二十八日に, 云う, 五百両も, 些細な, 人に, 人を, 人様から, 人間の, 今も, 今日の, 今話さし, 仕方が, 付与したる, 代ったこと, 代りました, 伝えたので, 住んで, 何に, 何やら長い, 何人である, 何人であろう, 何時でも, 何物であろう, 何者かも, 何者であった, 促すと, 俺に, 倒れた, 倒れて, 側に, 僅か三百両, 働きその, 働きを, 僕やがて, 儂を, 儲けを, 元来落語という, 兄の, 入り込んだ, 八百円の, 其損失以外に, 再び彼, 処罰に, 出で, 函館から, 分って, 分らないの, 分らないので, 分るかも, 劇評家が, 勝手に, 勿体ない, 十七県の, 十六七の, 単騎策を, 参り合わせて, 取り詰めたよう, 受取に, 古今千年の, 叫び出したが, 名は, 名誉相談役と, 吾が一家, 呼ぶの, 和尚如何だ, 咎める, 喜んで, 喧しく叱, 城主の, 塚原卜伝もう, 変ったため番人, 変ったらしく最近空家, 変わったという, 夕方には, 外出中に, 多かつ, 多分に, 夜凪を, 大いに悦ん, 大唐, 大変者な, 大火鉢, 大神に, 天孫の, 夫母も, 失はれた場合, 失敗すれ, 夷三郎を, 奥村さんである, 女で, 女に, 奴とも, 妻は, 姿を, 婦人である, 嫌疑者の, 学者を, 実在し, 宮中に, 家を, 宿屋は, 寂照を, 寄附した, 寝て, 寝てからも, 対立し, 対視する, 小町の, 少しも, 居た, 居て, 居なかったけれども, 居ますぜ, 居間に, 居館を, 岡の, 己の, 已に寝, 市民国民に, 帆村だ, 席を, 帰るかも, 帳主である, 帳場と, 年の, 幻の, 広間の, 庄三郎で, 度胸なら, 庭の, 廻り歩い, 弟を, 彼一巻の, 彼奴は, 徐ろに, 得々として, 御健在, 御調物の, 心問ひたげなり, 心静かに, 忍ぶよう, 忘れて, 怒って, 怪しい気勢, 恋を, 恐しい剣幕, 惠みを, 意外にも, 愚民を, 我々に, 我君を, 戦争に, 所領地図を, 手真似を, 手紙で, 手紙を, 打ち合せに, 承知する, 持ち去った黄金, 持主な, 指さす小屋, 掌中の, 探しに, 教養ある, 斬られた, 旅行中であっ, 日ならずし, 日本元来の, 日頃の, 易者と, 晩酌の, 暴力で, 書類を, 望むに, 朝夕拝ん, 未熟だ, 来たもの, 来た時, 来て, 来られるよう, 東京に, 果して何者, 果して自分, 根本の, 格子の, 梅干に, 棚を, 棲まう, 棲む, 樓上で, 次第に薄れ, 此を, 武夫少年だ, 歩いた道, 死鼠一疋から, 歿られ, 殺人事件を, 殻の, 毎夜の, 気が, 気がかりな, 気づくだろうかと, 気に, 気にいらんと, 氣轉の, 決まりますぜ, 没落する, 流人に, 海東郡の, 消息を, 満願の, 源兵衛が, 漁夫に, 点けて, 無いという, 無意識に, 爆発防止の, 父卜庵の, 片山の, 物語に, 王様で, 現に自分, 現れた, 現われなければ, 生きて, 生命がけ, 留守であった, 疑問です, 疑問に, 病気に, 登場し, 白昼大道に, 皆恐ろしく, 盗んだこと, 相槌を, 知りたいもの, 知れませぬ故御, 私である, 私の, 私を, 私共哀れな, 空しく自分, 空に, 立ち上がった, 立って, 竜之, 笠井の, 答えた, 答える, 紙を, 経川の, 結句お, 給料を, 続々と, 続いたので, 縁から, 美しいお, 美しい女, 翌朝早く, 職工たちとの, 腰に, 自ら壇上に, 自ら草した, 自分自身だ, 自慢の, 自由に, 興すの, 花井と, 苛め出すよう, 苦情でも, 蒔いたの, 蔭で, 蝋燭を, 袂から, 西洋における, 見えないので, 見さしつた通り, 見たこと, 見つかった, 言う, 言う峡, 言ったが, 言ふ, 言へりし如く, 訊き返した, 訊ねた, 誰も, 謝礼として, 謝礼を, 豆絞りの, 負けて, 負担する, 賛成であろう, 起き出る時刻, 足を, 身柄を, 車から, 迎へに, 這入って, 遣唐副使大伴胡麿宿禰, 邪げて, 野牛を, 鍬に, 阿波の, 降りて, 階段を, 隠者の, 靈場を, 青ガサ, 面も, 風の, 食って, 首を, 黙って, 鼓賊だ

▼ 主~ (483, 5.1%)

24 ものは 11 原因は, 目的は 10 のだ 7 仕事は 6 のか, ものである, 仕事と 5 のである, ものだ, ものであった, 理由は 4 のです, もので, 点は 3 ことは, んです, 一つは, 原因かも, 原因であった, 原因である, 材料は, 理由である, 目的と, 要素に

2 [37件] ものが, ものと, ものとして, ものを, んだ, 仕事, 仕事だった, 仕事であった, 仕事である, 仕事の, 動機は, 原因が, 原因だ, 原因で, 原因であろう, 原因を, 収入は, 問題と, 大きなもの, 才能は, 特徴と, 理由だ, 理由で, 理由な, 生産地と, 目的だった, 目的であった, 目的である, 目的では, 目的として, 給人であり, 者の, 者は, 要素な, 話は, 話を, 部分を

1 [266件] きのこの, ためか, ちがいは, ところへ, ところを, とりえ, のであった, ので余程, ので再会, ので大男, ので毎日夕方, ので祭礼, ので自分, のやら, ものだけを, ものであったろう, ものでした, ものとしては, ものに, ものの, ものや, んかも, んちういう, んていう, んでございます, エネルギイを, 一つとして, 一人だ, 一人である, 一人は, 一棟は, 三つの, 事がらだけを, 事を, 事業では, 人々を, 人が, 人たち四人, 人物を, 仕事でした, 仕事では, 仕事として, 仕事としては, 仕事に, 仕事を, 付け合せと, 仮説的の, 任務であった, 会葬者の, 作家の, 個所を, 傾向は, 先生達を, 公職者で, 内容で, 内容であった, 内容である, 内容と, 内容を, 処は, 出入場の, 出席者の, 出来事は, 出身地で, 分布区域は, 劇作家だ, 劇場が, 劇場は, 助任司祭, 動機だ, 動機であった, 動機です, 動機の, 動機を, 勤めかも, 勤めで, 区域の, 原因だった, 原因であったろう, 原因でありましょう, 原因であるまい, 原因と, 原因な, 原因に, 原因の, 原料として, 収容所を, 収穫を, 叢書は, 咎を, 品物の, 品物を, 問題で, 噴火山は, 困難は, 国々に, 國, 場合です, 場合を, 大通りは, 夫, 女は, 妨げであった, 委員を, 子分らを, 存在理由を, 実験には, 実験室は, 客で, 客と, 客に, 客人を, 家を, 家具を, 家財は, 寄席は, 対象でした, 対象に, 屋根から, 島は, 川だけでも, 工藝品の, 年中行事の, 店, 店も, 廉, 弟子で, 役を, 役人と, 役僧一同へ, 役割を, 役柄に, 役目は, 役目を, 役者たちが, 役者で, 役者の, 意味な, 意図であった, 意図である, 感じと, 戦犯出版社が, 手段と, 手法は, 教育は, 教育材料風の, 新刊書は, 新劇の, 新聞の, 新聞紙は, 新聞記者は, 旅籠屋へ, 日本詩人の, 旦那の, 木を, 材料と, 材木は, 条件は, 枝の, 枝は, 枝を, 柱なぞは, 條件だ, 條件では, 楽しみと, 楽しみの, 楽の, 楽器と, 構成として, 様式と, 標準に, 橋, 機械であっ, 欠点か, 欠点という, 歴史を, 汽船会社の, 注意の, 流れに, 演奏会として, 炭山を, 点から, 点で, 為事に, 物は, 特質と, 独自性の, 獲物であった, 王の, 現象であり, 理由であります, 理由であろう, 理由では, 理由の, 理由も, 理由を, 生産は, 生産活動キヤベツの, 産地で, 産地は, 用事は, 用途は, 町で, 町の, 病気だ, 発明の, 登場人物, 監督者は, 目じる, 目標な, 相手であっ, 相手と, 研究課題であった, 社員たちに, 社員たちを, 神を, 神社の, 種類は, 章は, 範疇, 精力を, 糸に, 糸は, 結節点である, 給人である, 群島の, 義務を, 者から, 者で, 職業と, 航空作戦は, 船を, 蕃人たちは, 表面の, 製産地たる, 要求と, 要素として, 規定が, 記念的建築の, 話題と, 語り物を, 課題の, 貨幣でありました, 責任を, 責任者を, 資本を, 遊びは, 部分で, 部分と, 部分は, 部面では, 都会から, 都会では, 都市の, 門を, 障害の, 隧道所在地や, 題材と, 題目は, 顧客で, 食事な, 食糧の, 飾りと, 駐在所の, 骨に, 魚で

▼ 主なる~ (434, 4.6%)

33 ものは 19 ものを 11 役割は 8 ものであった 7 ものである, 理由は, 者は 6 原因は 5 もので 4 ものが, ものとして, 動機は, 汝の 3 もの, ものに, 人々が, 俳優は, 原因である, 神が

2 [21件] ものの, 一人として, 人々は, 人は, 作品である, 原因であった, 原因の, 原因を, 古寺は, 女優は, 有志家の, 演劇も, 理由で, 目的で, 目的と, 目的の, 神, 神よ, 神を, 貴公子の, 部分を

1 [255件] ことだけを, ことであります, ことに, の義, はさばかりに, はその, ひとつである, ものおよそ, ものであったであろう, ものであったらしい, ものであります, ものと, ものとな, ものなり, ものなるべきなり, ものについて, ものにて, ものによ, もののみを, ものはと, ものも, もの数名連署し, もの本郷元町の, を鼻, インスティチュートである, クリティシズム理論家達が, ダイミョーの, テーマで, テーマである, メンバアが, ラマと, ラマは, ラマを, レパートリーだった, 一つと, 一つは, 一人に, 一人は, 一人物の, 一因だろう, 三河衆の, 主張と, 事件を, 事項毎に, 二群へ, 人々に, 人々も, 人々を, 人が, 人たちには, 人に, 人には, 人を, 人物, 人達が, 仕事である, 仕事は, 代表者であり, 例を, 俳優が, 俳優全部をも, 俳句について, 傾向の, 入費は, 公卿武門町人諸, 内容である, 内容乃至, 出来事では, 分類原理であった, 利益は, 努力を, 動詞原文にては, 区別は, 原因でありました, 原因と, 原因として, 原料は, 參謀で, 反應, 収入に, 収獲, 史書に, 同人雑誌は, 味方の, 商家の, 商業劇場の, 問題, 問題は, 單吟に, 國造等は, 土台と, 土地には, 地震の, 地震鯰の, 城将には, 基礎を, 基調を, 場所であった, 外国の, 大将だけでも, 大将方の, 契機を, 女房たちだけは, 女竜を, 委員が, 存在理由と, 室を, 家人や, 家臣だけが, 家臣を, 対象が, 対象わ, 将には, 居住者だった, 島々が, 嶮岨も, 師範家が, 師範家即ち, 役どころの, 役人とは, 役割を, 役廻りを, 彼は, 得意客に, 心に, 心霊の, 意味は, 戦艦や, 戯曲作家の, 批判者の, 支柱が, 教授たちは, 教訓の, 文化政策である, 文献, 方々には, 方々の, 方法が, 書院が, 材料と, 材料として, 材料は, 条件である, 構成要素と, 樂旨を, 機関であり, 檀家の, 欠点では, 欠点は, 歌女及譜を, 武者は, 法然の, 注意が, 活動は, 温泉が, 演技者を, 照明具は, 爆裂火口三あり, 父よ, 物, 理由として, 理由に, 生業は, 由来が, 町の, 番屋には, 発企者で, 発展や, 目的であった, 目的であり, 目的である, 目的として, 目的としての, 目的としては, 目的な, 目的に, 目的は, 目的物であった, 相談対手に, 相違は, 着想なりき, 神だけについて, 神における, 神の, 神のみ, 神様, 祭は, 私を, 種類を, 竹の, 第二次原因, 経史の, 罪人の, 羊飼い, 者が, 者だ, 者だけを, 者で, 者にも, 者も, 者を, 者二三千人は, 者家士は, 職と, 職まで, 職方の, 興味は, 舞台として, 若い老, 若井兼三郎という, 茶屋の, 著書, 著書を, 要素とは, 要素に, 要素を, 親族に, 訳者を, 試問者は, 詰責は, 論題は, 諸侯は, 豆府屋の, 豊後梅は, 財源と, 財産だ, 責任を, 貴族即ち, 資料で, 資料と, 資格である, 運動の, 邪魔物である, 郎党に, 部下を, 部分であった, 部分なり, 部分に, 部分の, 部分は, 部将は, 関係を, 関心では, 閨秀詩人が, 關心事と, 關心事の, 陶器店との, 雑誌の, 霊の, 面々が, 頭分だけの, 題材と, 題目が, 首領等を, 首飾類を

▼ 主~ (427, 4.5%)

6 して 5 待って 4 離れて 3 さがして, 主とも, 失って, 待つ, 持つ身, 見た, 見ると, 集めて

2 [23件] いだいて, もって, 噬むの, 売り友, 失い禄, 尋ねて, 従に, 忘れては, 忘れぬもの, 憎み風, 持って, 探して, 探しに, 殺し子, 殺す人間, 発見する, 知って, 見つけて, 見守った, 訊くん, 誰ぞと, 迎えて, 離さじと

1 [342件] あおいで, あがめたてまつりわが, あらためて見直した, いう, いさめるの, いただく者, うちあけて, えらぶに, おさまらないもの, おびやかしたらしく屋根, おぼえよ, おもうて, おもち, お除きなさい, かえたこと, かえって美くしいもの, かえ何人, かつごうと, きっと御覧, きつと, きり聟を, この世から, こんなに長く, さえ不断, しきりに詮議, してを, しながら, しのばせぶり, すこしでも, すて友, そうだ, た, たしかめるまでも, たずね出して, たてて, だまして, ちゃんと知っ, ぢつと, つかまえたらその, つかまえること, つきとめその, なすもの, なす僻見, ぬすみ見た, のろった, はかったな, はじめ今, ばかの, ひっつかまえて, ひとめ見たい, ほかに, みすて, みた, みつけて, みてとったらしく左膳, もち家を, もつという, やったら好, ゆめみて, よく心得, アジア人か, イエスにおいて, ソッと, 一瞥する, 三十両で, 上段に, 中心として, 主と, 主の, 乗せまつりし昔, 乗せよう, 乘せまつりし, 二人の, 亡ぼすと, 今宵招かん, 他の, 代えて, 信ずること, 信ずるに, 信ぜぬ今, 出て, 判断しよう, 加へ, 助けんか, 助け九州, 動かし神威, 動かし聖なる, 勤めてを, 十倍も, 即座に, 取りし者, 取り去って, 取り巻くよう, 取り退けなければ, 吊り上がった眸, 否み速, 呑むかの, 呻らせる, 呼び一応, 呼び膝, 呼び読んで, 呼んで, 問わせた時, 喚んで, 喜ばせようと, 喪つたのである, 坐ったまま, 売り味方, 売ること, 大国主の, 夫と, 失い歴城, 失った家, 失った履もの, 失った歎, 失った浪人, 失った空家, 失った老人, 失った鉄斎道場, 失つてゐた, 失ひつる, 奪うこと, 始め十人余り, 守護した, 実は君, 害した逆賊め, 害すと, 害するもの, 審神者として, 尅し, 尋ね逢うこと, 尋ばやと, 導き腐木, 崇め奉るなり, 巨旦と, 師匠に, 常に思い起させ, 弑逆する, 引っ捉えろ, 引っ捕らえ, 待たせし厩奴, 待ち望めるを, 待つて, 待つ夜, 待つ間, 得, 得たりと, 得て, 心配する, 忘る, 怒らし我, 怕れ, 思ふ心一つ, 思わせられた, 怨みに, 恥しめ, 恨んだ, 情けないもの, 愚弄し, 愛するが, 慕う生物, 慕ふ, 憎むよりは, 憑神に, 或者, 戦後派と, 打ち棄てて, 打って, 打破せん, 扶け, 抱くやう, 招待に, 拝む幸福, 持たれたので, 持ち家族, 持った, 持つ必要, 振り仰ぐと, 捉えないでは, 捨てはなし, 据ゑまつりし, 探しあてること, 探し出して, 探し出そうと, 探し当てよう, 推定する, 改めて聞く, 救うたとも, 斬り落とした, 早くも, 早く見付け出し, 昆虫館の, 明らかに, 昨夜機関銃で, 普通に, 暗示する, 更え, 書巻の, 替えて, 替え名, 望める時, 期待し, 本当に知っ, 机の, 松かさ, 案じる義心, 案内に, 案内人に, 棄てなかった婦人達, 棄てなかつた婦人達, 棄て親, 棄る, 欺くこと, 殺さしむと, 殺したこと, 殺したの, 殺した人間, 殺す, 殺す五逆, 殺害せん, 気どって, 求むる祈り, 求めて, 求め富貴, 決めて, 注意した, 清涼殿前に, 済度した, 湯気の, 無くする上, 煩は, 物色する, 玄徳とばかり, 現わす, 異にする, 発見し, 発見した, 白状すれ, 監督し, 目付けようと, 目付け出さなけれ, 直接に, 真赤な, 睨んだもの, 知つてゐた, 知らずに, 知らんと, 知るに, 知る者, 知ろうとしても, 破滅さして, 確かめさえ, 確かめたかった, 磔柱に, 示して, 示す様, 祀つたの, 称へ, 窺ふ, 精いっぱいやりおる, 紙背に, 縛り上げて, 罵倒し, 考えて, 聞き分けて, 脱し得まい, 自覚し, 良邏法師と, 花といふ, 螺鈿鞍の, 裁くよう, 裏切らずその, 見ごろ, 見たと, 見たもの, 見つけだして, 見つけること, 見つける戯れだけに, 見つめた, 見て, 見なかったので, 見ようと, 見るの, 見上げた, 見出さざる老婢, 見出した, 見失って, 見据えて, 見染めました, 見知るまいから, 見習うわけ, 見習う家来, 見詰めた時, 見透そうと, 討たせた上, 討ち果たす必要, 討っても, 記録によって, 訪ねられよ, 訪ね幼い, 訪れる時, 詰るに, 誘い用談, 調べたうえ, 調べて, 調べようとして, 諫めて, 護り一生, 讃め奉る, 讓る, 貫通した, 車に, 軽業お初と, 載せ號, 辱か, 辱めた罪, 辱めぬ方法, 迎えた訳, 迎えるの, 迎える模様, 迎へて, 追うて, 退治した, 送り出そうと, 逃がせと, 逃さずたうとう, 途中で, 過つこと, 遣りて, 選ぶほど, 釣って, 釣ろうと, 鑑定した, 長崎へ, 除く他, 集める東京興行者協会, 離れず木車一輛, 離れたら食うすべ, 頼みて, 頼み僧主官許, 驚かした, 鼠が

▼ 主~ (258, 2.7%)

129 之介 4 は云った 3 といふ人 2 であった, である, のこと, の父子, は思った, 之介様御宿, 之介賞め

1 [108件] がうなずいた, が今夜, が働き, が初めて, が参ったる, が家康, が来, が訊いた, が貴女, が足, が静か, が默つて, こそは親, さえ看破る, すこしもさわがず, その人, だけが敵, だ彼, であらう, という奴, という敵, といっ, とかいうお, とか云った, とか言, としてはなすべき, とその, と一緒, と澄江, と申し, と称し, と貴方, にくれた, にはそう, にはわからない, にも其の, に似, に対しお, に対して澄江, に差しました, に次第, に追い付こう, のそば, のほか, の一万八千人, の一類, の二人, の傍, の口吻, の呼吸, の家, の寝顔, の庵, の心持, の方, の横顔, の為, の眼, の精神, の股, の背中, の身, の顏, はこう, はどこ, はグルグル, はチラリ, は三十五, は何, は古風, は叫ぶ, は心身, は思わず云った, は恥, は愈々, は拒んだ, は文化三年, は斯, は眼, は素直, は考えつき, は膝, は苦し, は草, は頭, は頷いた, へ眼, へ近寄った, もかかりかね, もその, も共々, も少し, も感じた, も感傷的, も真面目, も駕籠, を押さえ, を明成, を縛った, を色, 之介いち人, 之介たち, 之介ゆえ, 之介夢, 之介殿, 之介薫陶, 正に迎い, 正首

▼ 主~ (171, 1.8%)

14 あつた 9 はない 4 はなく 3 あつて 2 すぐわかりました, はなかっ, 弱さ

1 [135件] あつたなら, あらねば, いくたとえば, いつもお茶, いまは, いる以上, いわゆる七道, かかって, ここでは, こっそりこちら, こっちが, これに, これは, これを, ござりました, ござります, ごわり, しかもほか, すぐ宇三郎, そういうの, そこには, そのついで, その主, その善い, その方, その暗誦, その札, そばは, それには, それの, それらは, だからもう, どこにも, なかなかしつかりした, ね, はあります, はございませぬ, はなくなっ, は無い, ほかには, もない, も無い, マジマジと, 一年に, 一般に, 主基殿, 今では, 今でも, 今年は, 今日まで, 他は, 何の, 何れが, 何んとかいふ, 偶, 僕のは, 僕は, 公爵を, 其他独歩とか, 内容目録に, 刑は, 初歩の, 即ち音, 同夫人, 味噌の, 商人の, 園芸技師の, 外には, 大勢の, 大和の, 大歌, 天皇の, 実に貧弱, 実業家の, 家庭生活も, 導師に, 引出の, 彼は, 彼女の, 御嬢さん, 御来遊, 急に, 技法は, 探偵の, 推理は, 文筆を, 時には郡役所警察署, 最後に, 桜田を, 殆ど犯罪, 江戸中でも, 江戸育ちの, 注釈が, 渚に, 漢初に, 甕や, 病院に, 直接春琴の, 石川光明先生なども, 神武御, 私は, 秋田実も, 第一種警報, 紋床は, 終りに, 縦横に, 耳に, 肉体的な, 肉血液には, 自分は, 芝居は, 若湯坐, 英学など, 茶器家具などは, 行ったの, 装飾としても, 裏の, 見舞は, 角店ながら, 誤解し, 読み又, 豪胆でも, 赤の, 身体が, 轟さんは, 通れど, 道場へ, 金光教布教は, 門番で, 門番を, 静まり返りミヅチ, 革命までは, 高尾の, 黒の, 鼠を

▼ 主~ (129, 1.4%)

3 かけ出して, 家来も 2 これに, 事務員たちも, 係累も, 内儀樣も, 同じよう, 存外窮屈, 瓜の

1 [109件] ああいう, あらば, いったことば, いつしかこの, いやだ, いらぬ, おわさば, お夏, かういふ人類, かれに, こうなっ, この家, これから見参, これで, さとって, しみじみと, そくさいで, その仲間, その方, その痩躯, だんだん増えた, ついに頷かれた, なくた, なくまた, なく作者, なく客, なし能, なるもの, なる善い, なる證據, ばあやも, びっくりし, ほとんど抑止, またあるいはその, またテダ, また引込み, また自分, もう打っちゃっ, もつと, わかったもの, わしも, わしを, クリスチャンであった, 一しょに, 一しょにか, 一しょによ, 主です, 主なら, 五六人相前後し, 余程意地張り, 働いて, 全くもう溶け, 共に手伝, 内儀様も, 出校, 分つて, 分らずまた, 判って, 判つて居る, 各物買, 同様な, 商人も, 声と, 売る, 多辨, 奥の, 客の, 客も, 家族も, 対す青竜, 少なからず驚いた, 少女笠鞍に, 強いて, 得体の, 心配し, 怖い, 性急には, 愕然として, 承知の, 抜けないの, 持たず, 書物も, 本式に, 村の, 来たり, 植村と, 此處へは, 泰文を, 無茶なら, 発見する, 知つてのと, 糧袋を, 膝を, 自信の, 自分の, 苦笑せり, 菜ツ葉も, 褒めて, 見た仲間, 許させ給, 話に, 賢明の, 遠きより, 酔って, 鎮まるであらうと, 雇の, 面食らって, 馬の, 高田警部の

▼ 主~ (105, 1.1%)

5 汝の 4 なんじの, われをも, 主よ 3 わが唇

2 [11件] あなたは, わが望み, われは, 主の, 人間の, 今宵も, 君の, 御許に, 憐れみ給え, 我信ず, 私の

1 [63件] あわれみ給, おのれ自身を, かく裁きたるなんじ, この一切, この僕, この罪, さきほどの, それは, なんじを, もし御, わが, わがため, わが姉妹われ, わが神, わが罪, わしは, わたくしを, われも, われらを, アグネスをも, 一切の, 不便なる, 世の中の, 主が, 主よと, 主よという, 人の, 休息を, 何時まで, 助けて, 君が, 安息を, 山の, 師よ, 彼として, 彼に, 彼等は, 御意なら, 御許へ, 恵ませたまえ救わせたまえ, 慈を, 憫め, 我は, 我また, 我を, 我等に, 我等祈ぎまつる, 我魂を, 教法の, 是等の, 歡喜を, 死の, 永久に, 汝が, 汝み, 祝福を, 私が, 私は, 聖意の, 花の, 見ずや, 誰にも, 願わくは御

▼ 主~ (78, 0.8%)

16 の方 5 と離れ 3 の一室 2 の玄関

1 [52件] からは主人, から廻廊, から飛石づたいに卜翁, があった, だけでも洵, でも客, で何と, で洗濯物, で皆, とその, とは幾個, と五間, と別に, と別館, と合併, と向い合い, と廊下, と独立, と繋がれ, と離, と離れた, なるもの, に人声, に向いた, に招, に行く, に通じ, に通ずる, の中央, の人々, の周囲, の大, の奥, の奥座敷, の建物, の桁, の構え, の片隅, の雨戸, は前, は放れた, へはいらっしゃらない, へ帰った, へ忍び込み, へ招, へ行った, よりひくく, らしい, をはじめ諸々, を抜け, を背後, 迄とられる

▼ 主である~ (75, 0.8%)

4 ことを, 事を 3 が中 2 が, がもと, ところの, やうな

1 [56件] からどこ, からまげ, から不平, から家庭, から常に, から必要, か奴隷, がいくら, がその, がところどころ, が映画, が普通, が條, けれど彫塑, ことが, ことであります, こと県内では, だけで, というよう, という久留米絣, という実際, という興味, という黒淵, ところから, ところに, と云, と申しまする, と自惚れ, と頭, にも拘らず, のである, ものに, ゆえに, ようで, アメリカ人の, アルベール, ドリー助教授が, 一人は, 一室二主で, 以上客の, 大丸の, 夫に対して, 家の, 常木鴻山と, 張儀の, 彼が, 彼には, 彼らは, 旦那が, 明智小五郎の, 理学博士赤沢金弥と, 義兄の, 自分を, 高等学校の, 高間房一の, 魔人辻川博士が

▼ 主~ (62, 0.7%)

32 つた連中は, ということ, と思う

1 [53件] かその, からおい, からこういう, からという, から主権者, から別物, から困る, から泥烏須, が, がその, が場所柄, が尺上, が此時代, が炭, が長谷川好み, けれどあたりまえ, ぜ, そうだ, つたもの, つた人々に, つた人たちと, つた人たちに, つた協力者の, つた名士の, つた持主は, つた椅子の, つた激戦地では, つた町内を, つた者の, つた連中も, と, という, という加頭義輝, という趣, といわれる, とか妖精, とすれ, と云, と云う, と云った, と信ぜられ, と大衆, と思っ, と思つてお勤め, と紹介, どうで, な, なぞととかく, なと分った, なア, ね, よこ, 私も

▼ 主だった~ (53, 0.6%)

2 ものだけを, 人々は, 人の, 警官が, 連中は

1 [43件] お方である, が大きな, ことは, とある, のか, のだ, ので御座います, ひとりひとりの, ものは, もの二人ばかりを, 事々が, 二三の, 人々が, 人々には, 人々も, 人と, 人は, 人物を, 僕の, 土人が, 年長者の, 役人の, 役者が, 従来の, 所有者階級は, 文学者が, 星座を, 神官の, 者あ, 者と, 者と共に, 者の, 英人技師の, 英国の, 警官によって, 警官の, 身内が, 連中が, 部下を, 酋長だけが, 関係者の, 駅に, 魚銛発射手の

▼ 主から~ (37, 0.4%)

2 五人組の

1 [35件] あらゆる文学青年, それが, 中止され, 主へと, 借りられるだけ, 兄弟までが, 全然脱却, 受取ったものの, 土地を, 夫人失踪前後の, 家来への, 届け出でた拾得物, 懸け合いの, 池田に, 狐は, 町会の, 白洲まで, 直接に, 考えても, 聞き出して, 自分の, 褒美が, 見舞いに, 見込まれて, 観客に, 詩劇にたいする, 贈られた酒, 近々乗馬会, 迫られて, 逃げ出したこと, 遣された此人, 離れるわけ, 電話が, 預った一つ, 頼まれた一件

▼ 主という~ (37, 0.4%)

11 のは 6 ものが 3 のが 2 ものは, ものを, ような

1 [11件] ことも, それぞれの, ものであろう, ものの, 名も, 名義であった, 大人だ, 感情以外に, 神だ, 空名だけは, 霊物が

▼ 主~ (36, 0.4%)

1 [36件] あいさつした, あっという, おれだ, お嫁, かえって米友, こう指図, その親し, つれて, どうしても返さず, むかい, 仰付ら, 収め暫く, 向って, 報告すべきである, 天蔵から, 少しずつ, 帰参の, 忠なる, 忠義の, 忠義わしと, 忠義主へ, 文句を, 断ると, 母親が, 気を, 注がれた, 注意を, 相濟, 知らせて, 知らせようと, 移るまでには, 納め全く, 納め暫く, 誓って, 返すの, 返へ

▼ 主として~ (35, 0.4%)

2 内閣割込の

1 [33件] あの城, いぜんとして, いちだんと箔, ここに, この罪, これも, また開拓者, モスクヴィンの, レリジアスな, 一人ぼっちに, 今日領する, 倹約な, 傳道の, 共に呼び返す, 其思想の, 天に, 定めかねて, 実生活への, 当然赤見沢博士, 彼は, 後輩の, 戰場と, 文学者乃至, 暗黒の, 東より, 畏くも, 私は, 立派に, 職工たちの, 自国文化の, 自身は, 英米探偵小説に, 長く栄え

▼ 主~ (33, 0.3%)

2 五人組の

1 [31件] あらんその, コールジュが, スサノオの, 何處と, 俳優は, 俳優を, 先住やの, 出先きのお, 出先の, 功利観念からの, 午の, 博労衆などと, 地主に, 売人たちも, 大佐の, 女中と, 尾崎一雄君, 後入主, 愛郷心以外に, 政府当局に対する, 新富座主を, 法王の, 深山幽谷の, 獨眼龍などといふ, 糺に, 若い者, 親に, 親方の, 豪族で, 豪族であっ, 酋長が

▼ 主殿~ (33, 0.3%)

2 の樓

1 [31件] が云った, が答えた, じゃ, だった, というこの, という者, といった人, とで己, とは幼少, とは面識, とを繋い, においてかどで, にはさだめ, には国吉, に会っ, のおいで以来, の娘, の愛, の方, の方角, の甘言, の聚楽参, の話, はおちつかない, はまた, は云った, は娘, は手, は私用, へ何と, も信濃

▼ 主なき~ (32, 0.3%)

3 家の, 門の 2 水漬屋に

1 [24件] あたわずです, にあたって義弟, もゆるさず, クラブ錆び, ベッドに, 作爺さんの, 凶器が, 家である, 家ながら, 家は, 宿と, 宿の, 宿は, 江戸城内に, 浜松の, 漱石山房を, 火は, 炬燵に, 王家の, 琉球を, 研究室の, 空家の, 空船とは, 車引き

▼ 主馬之進~ (29, 0.3%)

2 の兄, の声, の妻

1 [23件] が口, が手, が階段, であった, という人間, と一緒, と密談, の実, の狂気, の胸, の脇腹, の若党, はお松, は云いついだ, は仆, は夜眼, は言葉, は頼母, へ取り縋り, をそそのかし, を殺し, を殺す, を眺めた

▼ 主簿~ (28, 0.3%)

2 の任命, の楊修, を勤め

1 [22件] たらんと, であったと, であつ, です, といえ, と云, になっ, になつて, に任じ, に寄す, に渡した, のこと, のご, の一員, の左咸, の役, の御, の李孚, の王必, の閻象, をし, を呼ん

▼ 主であった~ (26, 0.3%)

3 のだ 2 が腕, のである

1 [19件] かと思う, から坂路, がこれから, がその, がマッコー, が後, が独逸語, が裏面, ことを, その人, といえよう, とみえ, のか, のでまず, ようだ, 故エドワード・セシル卿, 時代は, 松山新, 藩士も

▼ 主とも~ (26, 0.3%)

3 思わぬ奴 2 いうべき君主

1 [21件] あろうもの, いうべき鯉, いふべき私, なって, なりましたお, なりや, に見失う, 云える, 土地の, 定め難き, 客とも, 師匠とも, 思えと, 思って, 親とも, 言ふべき, 謂いつべき居て, 謂う可, 頼まぬ, 頼まぬが, 頼みきった同郷

▼ 主~ (25, 0.3%)

1 [25件] がかう, がなんで, が必要, であ, であつ, であること, であるらしいの, で金襴, としての, となるべき, ともいふべき, なる国造, について二つ, にも我慢, の一人, の希望, の意味, よりは位置, よりも低い, を一人, を人類, を寿, を彼, を得る, を見通し

▼ 主~ (23, 0.2%)

1 [23件] がいかに, がすでに, が何, といふ觀念, として活動, と他者, と相, と考へられよう, に對, に食, の事實上, の位, の終極目的, の自己性そのもの, の表現, はいつも同じく, は獨立, も根柢, を壞滅, を客體, を無, を自滅, 即ち所謂神

▼ 主にも~ (22, 0.2%)

2 家来にも

1 [20件] いろいろ交渉, かく烈しく, きっと気に入る, しばしすむ, すすめる気, めぐまれず越前, めぐまれて, 公衆に, 劣らず最, 動く, 又御, 思い当たろう, 振りかへて, 申しわけが, 睨まれる朋輩, 表向き会わない, 被造物, 誰にも, 負へるなり, 逢は

▼ 主~ (22, 0.2%)

8 之介 2 之進

1 [12件] が声, だ, に横地, のこと, の三人, の家, は声, を初め, 之進も云っ, 之進様アーッ, 之進殿, 之進殿オーッ

▼ 主ある~ (21, 0.2%)

2 ものは, 女は, 者と, 者は

1 [13件] おえい, ものです, ものに, 人か, 人の, 女房と, 婦人に, 花と, 花な, 身の, 身の上であり, 身親ある, 間の

▼ 主であっ~ (21, 0.2%)

1 [21件] て, てしたがって, てときどき, てみれ, てもよろしく, て一般経済, て人, て商売, て大, て天皇, て女, て家, て悪, て旅籠, て服装, て棒, て真, て簡単, て自分, て蔭, て頂上三角点附近

▼ 主でも~ (21, 0.2%)

5 なし 2 なんでも

1 [14件] あったけれど, あったこと, あつた, ある, ある作者赤木城吉氏, これほど, その何れ, なく膝, なければ, 夫でも, 家来でも, 斃せ, 棲むという, 黄金郷の

▼ 主であり~ (20, 0.2%)

1 [20件] しかもその, その思想, その頃, ながら附近, また経験, 一つは, 京大坂に, 利潤の, 又ほ, 心の, 恋愛に, 本筋の, 機械は, 物が, 王である, 矢代は, 色も, 警官に, 銀歯組の, 頭と

▼ 主には~ (20, 0.2%)

1 [20件] あてはまらない, あるかも, うまくいった, おつつが無う, これ丈けの, して, なって, はなはだ貴重, わかるまいが, 大なる, 少し不釣合, 御迷惑, 恩顧を, 拾い主として, 男が, 逢は, 逢はね, 金より, 金飾りの, 限らず神

▼ 主たち~ (18, 0.2%)

1 [18件] がこしらえた, が一しょ, が自己, の企て及ぶ, の前, の廻り, の牛乳, の談合, の館, は, は以前, は如何, は逃げる, も輪麺麭, を, をおし臥せる, を小田原, を決して

▼ 主~ (17, 0.2%)

1 [17件] がすすむ, が窓, とあまり, など少年, に話しかける, の大谷さん, の座, の生業, の話, はひとり, は仕事, は窓, は終日籠, ぶりも, も古りぬ, を持っ, 小池義清さんの

▼ 主とは~ (15, 0.2%)

3 私が

1 [12件] いわゆる親友, せしが, ちがって, どうしても思えません, なった, なれぬ身, 何者であろう, 思わなかった, 成玉へ, 打ち寛いで, 抑, 昔は

▼ 主~ (15, 0.2%)

3 を明 2 を申せ 1 に關, は明, は明し, は申されません, も申し上げまする, を明かしまし, を明かせ, を申す, を称, を辱

▼ 主水正~ (15, 0.2%)

1 [15件] がただ, がほんもの, すこしもさわがず, せいぜい一藩, とそろ, などの姿, にもすぐ, のあと, の声, の独悟剣, の言った, は首, も答えません, や庵原将監, をかえりみ

▼ 主~ (15, 0.2%)

1 [15件] と云, と客觀, と考へ, なりとお, に對, の好き對象, の概念, の範疇, の血管, の謂, は作者, は審美感, は普通, は私情, をのみ旨

▼ 主~ (15, 0.2%)

1 [15件] が功徳, が富んだ, が殺し, が色, と一杯, にし, に頼んだ, の姿, の手, はやり, は侮る, は永生, は駄目, も少し, も知っ

▼ 主との~ (13, 0.1%)

3 間に 1 会談に, 何者である, 初対面の, 合作に, 小さな争議, 恋首尾よく, 犬に, 約束を, 間が, 関係と

▼ 主知らず~ (13, 0.1%)

12 の別荘 1 とかいう別荘

▼ 主こそ~ (12, 0.1%)

1 [12件] お銀様, わが太刀川青年, われわれの, 京舞の, 何を, 君の, 敵了海に, 正しくわれわれ, 真犯人だ, 美しからん, 見えないが, 誰れだ

▼ 主のみ~ (12, 0.1%)

2 こころは, もと, 使いの 1 まへに, 仏に, 名は, 心に, 手に, 足は

▼ 主としての~ (11, 0.1%)

1 [11件] お角さん, 弁信法師とは, 弥之助も, 知識, 私は, 立場が, 自分の, 記憶は, 負担の, 貸借関係から, 足を

▼ 主なり~ (11, 0.1%)

1 [11件] とて, と名乗つて鑓, と説明, なと思ひつ, わが汝, 京都までの, 前世の, 女中なりが, 寂しき枕頭, 穴は, 言下に

▼ 主に対して~ (11, 0.1%)

2 何か 1 お辞儀を, して, なんとかし, ストライキを, 出せ出さぬの, 恐怖政治に, 憚かる, 自分たちの, 途中で

▼ 主より~ (11, 0.1%)

2 派手に 1 いづるがゆゑに, いづれば, ずっと年, 指定された, 潔からん, 秘訣を, 輝き出で, 金一封を, 離れし性

▼ 主らしい~ (11, 0.1%)

2 男が 1 が何, のが, んだ, 五十ぐらいの, 人を, 四人の, 男を, 者が, 落ちつきを

▼ 主さん~ (10, 0.1%)

1 だ, でありいす, でご, というた, というところ, とリヴジー先生, にさし上げた, の事, はこのごろ, をのぞい

▼ 主では~ (10, 0.1%)

3 なかったでしょう 2 なかった 1 ない, なかつた, なかつたの, なく本当, 平太清盛だの

▼ 主~ (10, 0.1%)

1 がその, です, と共に国, にはどこ, に相, の手足, の診察, の近く, は誰, を相手

▼ 主といふ~ (9, 0.1%)

2 のは 1 ことにな, ものが, ものは, ものを, やうな, 形に, 百十三歳の

▼ 主殺し~ (9, 0.1%)

2 などをし, には之無, の罪 1 の悪党, の惡黨, 親不孝

▼ 主殿頭~ (9, 0.1%)

1 がまことに, じゃ, であった, と親しく, なの, のやう, の小梅, の養子, は即刻冬次郎

▼ 主~ (9, 0.1%)

1 が越前, でなかったの, としてここ, との連絡, にある, の戦友, の浅野又右衛門, も楽田, を見失った

▼ 主とな~ (8, 0.1%)

2 つたのは, つてゐた 1 せり, つたのが, つては, つて劣弱を

▼ 主または~ (8, 0.1%)

4 マルタン勘定の 1 マルタンと, マルタン勘定, 師な, 朱塗の

▼ 主もに~ (8, 0.1%)

1 そうしたろう, 世人に, 力を, 四部であります, 新たに, 根に, 語原的と, 違ふと

▼ 主~ (8, 0.1%)

1 が何, なりと或は, の中不和, の契約盃盞遣さん, の差, の盃, は渚, を助ける

▼ 主脳部~ (8, 0.1%)

1 こそは千, と青年将校達, に対する不信, に潜航艇戦, の方, の現実的, の見解, 乃至軍全般

▼ 主~ (8, 0.1%)

2 の方 1 であろう, に居止り, の玄関, の露台, の食堂, へ向っ

▼ 主じゃ~ (7, 0.1%)

2 やら 1 ありませんか, け仕事師, ないか, なくて, アない

▼ 主でない~ (7, 0.1%)

1 お方には, か, からである, からぼくら少年, からズット, ことに, 代りに

▼ 主としては~ (7, 0.1%)

1 おられまい, こんなにみんな, 中臣祓, 久光の, 或いはその, 櫓を, 白揚社を

▼ 主とでも~ (7, 0.1%)

2 いいそう 1 いふべきぢ, 云いましょうか, 云ひさう, 今頃は, 見た眼

▼ 主なら~ (7, 0.1%)

1 おれも, ば唖, ば宿, 咎めだては, 家来までが, 家来も, 自分も

▼ 主もな~ (7, 0.1%)

1 人が, 人の, 例として, 本としては, 編纂者であり, 處に, 變化である

▼ 主~ (7, 0.1%)

1 がすなわち, である, であるすなわち, の昼, はその, はナワシログミ, は多分

▼ 主持ち~ (7, 0.1%)

2 の武家 1 のお, の侍, の御, は哀れ, わしらは

▼ 主~ (7, 0.1%)

2 と見物衆 1 が見, の娘, へ帰っ, へ立退かせ, へ親

▼ 主~ (7, 0.1%)

1 とした, としてつくられ, としてをる, として田舍, となしたる, に作った, はイトサリス

▼ 主~ (6, 0.1%)

3 どこに 1 どうさしった, もうあっち, 飲しった

▼ 主~ (6, 0.1%)

1 久しぶりでした, 千世の, 師匠さまを, 才の, 直というは, 知己に

▼ 主~ (6, 0.1%)

1 それは, どうした, へ出現, へ命がけ, へ郷土, 来るかと

▼ 主です~ (6, 0.1%)

1 か, からごらん, からその, から同輩, って, ねえ

▼ 主なく~ (6, 0.1%)

3 して 1 人なき, 去年尊邸より, 漂って

▼ 主なし~ (6, 0.1%)

3 とて春 1 に近づく, の店, の栄太楼

▼ 主に対する~ (6, 0.1%)

1 つとめなりこの, 務めである, 愛と, 義務として, 臣という, 造られたるもの

▼ 主~ (6, 0.1%)

1 が云々, が金, こそ絶好, の大, はこの, は多く

▼ 主~ (6, 0.1%)

1 なし給, は存じませぬ, は致したれ, も爲給, をした, をしたら

▼ 主~ (6, 0.1%)

2 にし 1 になおし, に仰ぎ, に仰ぐべき, に置く

▼ 主~ (6, 0.1%)

1 が建てた, このま, どうだい, に対して忠実, の所領, の私田

▼ 主~ (6, 0.1%)

1 が有っ, とは運動, によってこの, に於, を借り, を含ん

▼ 主~ (6, 0.1%)

2 之助 1 がある, というもの, のため, をこの

▼ 主體的~ (6, 0.1%)

2 なもの, に意識 1 に捉, に自己

▼ 主~ (5, 0.1%)

1 あらましが, ご苦労だった, 五人組は, 他人か, 何かに

▼ 主かも~ (5, 0.1%)

2 しれない, 知れねえ 1 知れないと

▼ 主でした~ (5, 0.1%)

2 がその 1 から結局, が中, の

▼ 主でなく~ (5, 0.1%)

1 てもピン, て其事件, て土, て時間, インスピレーションとも

▼ 主と共に~ (5, 0.1%)

1 おつれ, 罪を, 虐殺したる, 食ふ, 首を

▼ 主に対しては~ (5, 0.1%)

2 忠命を, 忠臣節の 1 失礼であり

▼ 主への~ (5, 0.1%)

2 献げ物愛は 1 云譯に, 心中立かの, 心中立て

▼ 主~ (5, 0.1%)

1 では有るまい, で山麓の, には古, の周圍, 探しに

▼ 主~ (5, 0.1%)

1 から下, に次いで, の下, の手合い, は領主

▼ 主~ (5, 0.1%)

2 としてゐる, とする 1 であった

▼ 主~ (5, 0.1%)

1 がお目にかかりたく, のお, の御, へ届け, を女殺し

▼ 主~ (5, 0.1%)

2 とする 1 の死, は何人, 諸將軍

▼ 主さま~ (4, 0.0%)

1 こそ二代, ご一族, の戀人, をお迎え

▼ 主たり~ (4, 0.0%)

1 しが, やすい, 得るであろうか, 故に之

▼ 主でありまし~ (4, 0.0%)

1 てその, てどんな, て書く, て色々

▼ 主とか~ (4, 0.0%)

1 そういった中年, たらい機を, 一方の, 旦那とか

▼ 主とが~ (4, 0.0%)

1 人を, 何者である, 全く別, 明らかに

▼ 主ども~ (4, 0.0%)

2 のはびこる 1 へ伝達, 大贄獻

▼ 主など~ (4, 0.0%)

1 いうもの, 云ふも, 勢力の, 知らないが

▼ 主などに~ (4, 0.0%)

1 任ぜ, 化ける気遣い, 化ける氣遣, 為したまうて

▼ 主などは~ (4, 0.0%)

1 いても, それによって, まだ知りなさるまい, 舞台監督などは

▼ 主はと~ (4, 0.0%)

2 問へば 1 一言いひし, 台帳を

▼ 主よりも~ (4, 0.0%)

1 一時間も, 尤もらしい, 花や, 荒尾が

▼ 主~ (4, 0.0%)

1 常陳星座, 所の, 明きらか, 神なれ

▼ 主孫策~ (4, 0.0%)

2 のあと 1 と同い年, と同じ

▼ 主~ (4, 0.0%)

1 たるトンガタブウ, だけで, の北部, の威望

▼ 主有る~ (4, 0.0%)

1 に極, 女の, 婦人と, 花で御座いませう

▼ 主水さん~ (4, 0.0%)

1 が一緒, それでは人違い, の, 困まり

▼ 主~ (4, 0.0%)

2 の女, は稚

▼ 主~ (4, 0.0%)

1 な僻見, にしりぞけない, に決定, に稀

▼ 主自身~ (4, 0.0%)

1 が売人, の直接, は知る, も行商

▼ 主~ (4, 0.0%)

1 で地蔵様, で紙冠, の, の毛

▼ 主馬横地~ (4, 0.0%)

4 半九郎

▼ 主鷹司~ (4, 0.0%)

1 に付属, の雑戸, の餌, の鷹

▼ 主からは~ (3, 0.0%)

1 のがれられは, 再び何, 重ねて

▼ 主この~ (3, 0.0%)

1 人だった, 婦人だった, 臣まことに

▼ 主すなわち~ (3, 0.0%)

1 宇治山田の, 定遍, 悪病の

▼ 主その~ (3, 0.0%)

1 上に, 兄弟に, 時の

▼ 主だって~ (3, 0.0%)

1 いうん, 漆器を, 私は

▼ 主だつた~ (3, 0.0%)

1 がヘロ吸引病者, が次ぎ次ぎ, ものが

▼ 主とで~ (3, 0.0%)

1 おのおのの, きめ月給二人, 記録を

▼ 主などが~ (3, 0.0%)

1 なんと言おう, 何と云, 自慢さう

▼ 主なれ~ (3, 0.0%)

1 ばとて必ず, ば乳母, ば太儀

▼ 主にて~ (3, 0.0%)

1 在市日本人三十余名, 小手塚三次, 屋内螢光燈などを

▼ 主にとっては~ (3, 0.0%)

1 ブランコ乗りを, 犬なんか, 絶望であった

▼ 主にな~ (3, 0.0%)

1 つてそれから, つて實話雜誌や, つて居つた

▼ 主ばかり~ (3, 0.0%)

2 訊いて 1 でなくその

▼ 主まで~ (3, 0.0%)

1 わざわざ函館, わびを, 出て

▼ 主よと~ (3, 0.0%)

1 いふ者, 口で, 呼びつつ

▼ 主をも~ (3, 0.0%)

3 持つぞ

▼ 主~ (3, 0.0%)

1 命枚, 神と, 親シキ者

▼ 主前田弥平氏~ (3, 0.0%)

1 が早朝, は全然, をその

▼ 主助け給~ (3, 0.0%)

3

▼ 主~ (3, 0.0%)

2 園に 1 轟九蔵氏を

▼ 主武甕槌~ (3, 0.0%)

2 を載せる 1 の両

▼ 主殿助~ (3, 0.0%)

1 という男, と申し, にかわっ

▼ 主水殿~ (3, 0.0%)

1 は, をあれ, 如何なされた

▼ 主水氏~ (3, 0.0%)

21

▼ 主~ (3, 0.0%)

1 とならん, となれ, にて思ふ

▼ 主~ (3, 0.0%)

1 は韓非子, を第, 第三

▼ 主~ (3, 0.0%)

1 がその後, は二人, は安心

▼ 主~ (3, 0.0%)

1 の人物並, の秘語, はここ

▼ 主~ (3, 0.0%)

1 に従って理解, を一々, 或る

▼ 主~ (3, 0.0%)

1 とする, に反駁, はかの

▼ 主體性~ (3, 0.0%)

1 と聯關, の基本的性格, の本質

▼ 主おもい~ (2, 0.0%)

1 でお嬢さん, の久助

▼ 主からの~ (2, 0.0%)

1 事務的な, 返事である

▼ 主からも~ (2, 0.0%)

1 かねて, 聞いて

▼ 主こそは~ (2, 0.0%)

1 すなわち有名, 恐るべき殺人者

▼ 主これ~ (2, 0.0%)

1 でも解らぬ, を見

▼ 主~ (2, 0.0%)

1 あいさつは, 自身会の

▼ 主そのもの~ (2, 0.0%)

1 が下手人, が怒り

▼ 主たらん~ (2, 0.0%)

1 ことを, との古

▼ 主だつ~ (2, 0.0%)

1 婦人たちを, 色も

▼ 主~ (2, 0.0%)

1 だなりわ, ふ勇士

▼ 主であります~ (2, 0.0%)

1 から目的, が饂飩

▼ 主であろう~ (2, 0.0%)

1 がその, と日本

▼ 主でなけれ~ (2, 0.0%)

2 ばならぬ

▼ 主としても~ (2, 0.0%)

2 父親としても

▼ 主とても~ (2, 0.0%)

2 老夫婦

▼ 主どり~ (2, 0.0%)

1 間部これを, 駅館は

▼ 主どる~ (2, 0.0%)

1 に太一, ものが

▼ 主などという~ (2, 0.0%)

1 のは, 連中も

▼ 主などの~ (2, 0.0%)

1 多くが, 役僧などから

▼ 主なども~ (2, 0.0%)

1 あったらしく書画商, 本来は

▼ 主における~ (2, 0.0%)

1 すせり媛, 泊瀬天皇の

▼ 主にたいして~ (2, 0.0%)

1 そちは, そのよう

▼ 主にとり~ (2, 0.0%)

1 どうにもなし, また

▼ 主にや~ (2, 0.0%)

1 十六七歳の, 此は

▼ 主によって~ (2, 0.0%)

1 作られたる共通, 坑の

▼ 主ぶり~ (2, 0.0%)

1 の懇, をする

▼ 主まう~ (2, 0.0%)

1 けかな, けにくたびれ

▼ 主また~ (2, 0.0%)

1 忿って, 曰くわれは

▼ 主までを~ (2, 0.0%)

1 テダと, 含めて

▼ 主やら~ (2, 0.0%)

1 この工事, 客やら

▼ 主を以て~ (2, 0.0%)

1 対して, 酒ほかひ

▼ 主んじる~ (2, 0.0%)

2 風が

▼ 主一人~ (2, 0.0%)

1 少しも, 程の値打

▼ 主~ (2, 0.0%)

2 に在り

▼ 主~ (2, 0.0%)

1 無きに, 獨權

▼ 主五人組~ (2, 0.0%)

1 につれられ, へ預けた

▼ 主~ (2, 0.0%)

1 のこと, は亡き

▼ 主~ (2, 0.0%)

1 に於, よりは吉岡幾三郎氏代理

▼ 主~ (2, 0.0%)

1 その位地, の順

▼ 主~ (2, 0.0%)

1 が顔, の顔

▼ 主勘定~ (2, 0.0%)

1 は一〇, は貨幣

▼ 主又は~ (2, 0.0%)

1 作者自ら舞台全体の, 其邑落に

▼ 主圓心禅門~ (2, 0.0%)

1 といふ文字, と記し

▼ 主~ (2, 0.0%)

1 の主, をめぐってはやく

▼ 主変らず~ (2, 0.0%)

1 いまにもざあっと, ッて

▼ 主婆さん~ (2, 0.0%)

1 に次, のうまい

▼ 主~ (2, 0.0%)

1 の半分, はかなり

▼ 主山崎剛平氏~ (2, 0.0%)

2 は私

▼ 主峠宗壽軒~ (2, 0.0%)

1 です, に違

▼ 主峠宗寿軒~ (2, 0.0%)

1 です, に違い

▼ 主思ひ~ (2, 0.0%)

1 の一部, の聞え

▼ 主~ (2, 0.0%)

1 の方, の解釈

▼ 主感主義~ (2, 0.0%)

1 と云っ, と名

▼ 主日子~ (2, 0.0%)

2 の神

▼ 主晁蓋~ (2, 0.0%)

1 の弔い合戦, の霊堂

▼ 主曹叡~ (2, 0.0%)

1 の軍師, もまた

▼ 主~ (2, 0.0%)

2 の罪

▼ 主殿頭意次~ (2, 0.0%)

1 の倅若年寄山城守意知, の許

▼ 主水どの~ (2, 0.0%)

1 に云っ, はお

▼ 主水様~ (2, 0.0%)

1 は, やシモン遠藤様

▼ 主~ (2, 0.0%)

2 院等本寺に

▼ 主矢河枝比~ (2, 0.0%)

1 賣, 賣に

▼ 主~ (2, 0.0%)

1 の山稜, の連峰

▼ 主~ (2, 0.0%)

1 は東岳泰山, 多し

▼ 主耶蘇基督~ (2, 0.0%)

2

▼ 主~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 主脳部自身~ (2, 0.0%)

1 がウルトラ革新的勢力, が絶対反対

▼ 主~ (2, 0.0%)

1 である所, というもの

▼ 主~ (2, 0.0%)

1 して, のユーモア

▼ 主觀的~ (2, 0.0%)

1 なもの, に研究

▼ 主討たるれ~ (2, 0.0%)

2 ば郎等

▼ 主~ (2, 0.0%)

1 と云, に相

▼ 主~ (2, 0.0%)

2 になっ

▼ 主釜淵番五郎~ (2, 0.0%)

1 です, のところ

▼ 主~ (2, 0.0%)

1 は大垣, は義貞

▼ 主須賀~ (2, 0.0%)

2 の八耳

▼ 主~ (2, 0.0%)

1 に構え, の方向

▼ 主馬太夫~ (2, 0.0%)

1 との, と宛名

▼1* [527件]

あいつが万事糸, 主あなたの御, 主あらんや己, 主あるいは殿の, 主ある思ひとまれよ, 主あればその, 主いえすよ, 主いかに彼に, 主いずれが従, 主いま一服進ぜようかの, 主ええそいつの, 主おもふ外なに, 主おん計らいに, 主かいと安くうけひきたる, 主かと思われる一人, 主かといふ問題は, 主かならずしも富者では, 主かの牝馬飛んだ, 主かは長崎の, 主かわらずというん, 主がの血筋を, 主を置い, 主くらいに解いたの, 主ぐらいにはなれたかも, 主こういう手合いが, 主こんな塩梅に, 主さえ判ったら, 主さえも冬は, 主さては娘の, 主さながらで凝視, 主しかも西洋の, 主すでに三世を, 主すむという淵, 主すらのためだ, 主その他の関係者, 主それに是非, 主たしか梟帥は, 主たち道徳の役, 主たらずんば成し得られない, 主たりと名乘, 主たろうと云う, 主だけ手さぐりで, 主だけかひとりでは, 主だけかと驚いたよう, 主だけに何ごとに, 主だけを認めて, 主だったらガラスの, 主だったらしい人々は, 主だったる有志はじめワキツレ囃子方まで, 主だの若いサラリーマン, 主だろうか, 主やありません, 主ったという, 主っておられますから, 主ってねえ源さん, 主っ驚くな, 主つねづね観音を, 主であったらば, 主であったろうということ, 主である活ける神は, 主である蟠竜が, 主であれば其子, 主でございますが貴, 主でござるぞ, 主ででもある, 主でなくなって来, 主でのうて何, 主で定まって赤煉瓦, 主で落ちたその物, 主といったような, 主とかいうものが, 主とかの給与せられた, 主とて山大人と, 主とともに陣亡し, 主とのみ限ったの, 主とまで立身した, 主とを対手に, 主つたもの, 主どうする, 主なあきないではない, 主なお若党小者の, 主なかるべからずと九条兼実, 主ながら生死を, 主なたべ物な, 主などといふのは, 主なにか喰う物, 主ならず路傍の, 主なりしものにのみ, 主なるしごとと, 主なるべしと辰弥, 主なんでも昔願泉寺, 主な云い分は, 主な穫物で, 主においても店主の, 主にすら訊ねては, 主にたいする黙々たる激昂, 主にだけ向って, 主についても何も, 主にてはあらぬか, 主にでもなった様, 主にというお話です, 主にとって同じ水, 主にとってもこの事, 主にまでなったの, 主によつて, 主により讓渡すべからざる, 主に対し相済まぬ, 主に対しての闘争領主に対する, 主に関する物語なく, 主のちのサフォオク公ヘンリイ・グレイ, 主はをりませんでした, 主ばかしでなく手下, 主ばかりが残された, 主ふりかえりてペテロ, 主へかよふくち, 主へとレンラクは, 主はりの, 主まさりよ, 主ますます心を, 主までが實家あしらひ, 主までは疑いも, 主めいて聞え, 主もう一度歌わせて, 主よいそぎてゆかむ今は, 主よというもの悉く, 主よの句に, 主よりは少し上手, 主らしく雪洞を, 主ら二人を見かけた, 主ら能として早分り, 主り給うなり, 主わがアニマ, 主わずか十六の, 主をかばふ忠, 主をを示すに, 主まだ起き, 主アテーネの父, 主イエスキリストに頼れる, 主ウシマレス大王の一子セトナ皇子, 主エスは, 主エス吾を愛す, 主エベルトオは盛大, 主カシーリンの隣りである, 主カネー大ヌシ, 主グルゥバッハ夫人の料理女, 主ジリジリと後, 主スガノヤツミミの神, 主タル目的ハ実ハコヽニアル, 主テダが穴, 主テナルディエ様というあて名, 主トシテ中華民国及満洲国学生ヲ目的トスルモノニシテ, 主トシテ人名ヤ地名デアッテ事柄ヲ忘レテイルノデハナイ, 主トシテ用イラルルハみる及ビ, 主トナリ遂ニ旧府, 主トロニア公爵の先祖, 主理由ハ佛壇ニ頭ニ綿帽子ヲ, 主ヌウッとしてつかまえ, 主パンパンの心眼, 主フォルス卿急ぎ人を馳せ, 主フラガーハチ神の頭, 主ベルネが十月三十日, 主マドレーヌが七時, 主ユウゴウ・カンリフ・オウエン卿で卿, 主ヨリ請求サレタル時ハ何時ニテモ保管中ノ証書, 主リット提督はどう, 主ルュニェ・ポオを相手取り, 主満足セシムル保証ヲ, 主ンとこにゃちゃんと, 主一人卜部三人が差遣, 主一代の歌人, 主一個か, 主一切の伏蔵, 主一郡の領主, 主丈正直な者, 主三〇〇円と家族一人, 主三〇〇円一人ます毎の一〇〇円也, 主三〇〇円家族数一人につき一〇〇円, 主三与吉の家族多勢, 主三宅三郎もそれ, 主上海に居る, 主上野主石上主こんな塩梅, 主下村豊造氏の名刺, 主下村豊造氏貴下に御, 主答, 主与え給い主奪い, 主世界の首, 主にその, 主並叙法とも言, 主たるも, 主中村宗知翁すでに八十歳, 主中毎度発熱して, 主乃至劇場主は, 主久佐賀先生というの, 主九助が事, 主亀姫の供頭, 主は東海道, 主事代主の二神, 主事業主パンパンの心眼, 主二字なきこと, 主人間を客, 主二三, 主付く国々の, 主以上に搾取, 主以下一山の僧, 主以下大勢して, 主以下家主地主たちにまで連帯, 主以外に一つ, 主以登か, 主伊予守正教が八月, 主伊達政宗公の臣下, 主に師事, 主住むふるさとの, 主佐佐木博士のもと, 主佐原氏は久しく, 主佐渡屋和平でご, 主何れを従, 主が従, 主侯夫妻まで部屋, 主侯様からもう, 主侯自ら腰を低め, 主侯阿部正弘である, 主の様子, 主働輪の上, 主先々の主, 主先祖代々の精霊, 主光圀公を将軍家, 主光子の御方, 主八代将軍吉宗徳川最後の将軍慶喜, 主八雲主上野主石上主こんな塩梅, 主半バナルモノハ, 主其外一飯の恩, 主兼作者として奮闘, 主兼日本最初の探偵恐怖劇興行者, 主兼経営者として協同協力, 主内間御鎖, 主出迎へ柳町, 主とする, 主分けても治部, 主切下げ髪の美しい, 主に先だつ, 主前田弥平の来, 主剣術使いだが, 主劉予州にも降服, 主劉安の義侠, 主劉表は死なれた, 主勝頼の寵, 主がその, 主勢いを奪, 主匡王班四年壬子にあたり, 主左衞門を, 主即ち商隊を, 主厚く能楽の, 主つて一し, 主学兄弟在, 主及び興行者の, 主及俳優の問題, 主取せんと, 主に同じ, 主司馬先生が萩乃, 主吉澤庄作君猫又のダム, 主名さへ信じなけれ, 主商店主はもちろん, 主啓窪田氏である, 主四時主の八, 主困り切って輔相, 主土木建築業者請負師などが多く, 主地丸左陣だ, 主城中にござる, 主の宮居, 主基督をすらあの, 主だあんまり, 主墳發見の見込, 主売人と三ツ, 主外出の途中, 主大いなる御威光, 主大いに怒って, 主大久保長安どののお, 主大膳亮吃, 主大領の君, 主天下兵馬の統領, 主天川屋と云, 主夫婦はかの, 主奥平美作守昌章の上屋敷, 主奪い給いぬ主の, 主女事に依り, 主女子供は数える, 主奴隷解放が第, 主妙案はない, 主姿の主, 主威徳宇宙に溥, 主宇宙そういうよう, 主官吏退職軍人著述業といふやう, 主官許を得, 主は客, 主家長の名, 主小学校中学校大学等の教師, 主小林太郎左衛門は浜納屋, 主小野塚鉄斎をたおし, 主屋離室客殿亭厩舎納屋から小作小屋, 主山椒の魚, 主山田徳兵衞氏とは別項, 主岩崎氏に従って春日山, 主島ラパルマ港に入る, 主島津齊彬の意志, 主川上音二郎が立っ, 主左橘右衛門は雇人, 主幸七の言う, 主にし, 主府京城に景福宮, 主座以下勤行の最中, 主も側廊, 主弓削法外の贈り物, 主弘中三河守はこちら, 主張ったが番頭, 主を見よ, 主に鬼, 主後醍醐は隠岐, 主從三人は彼, 主從三人一緒に死ぬ, 主從十人に候處只今, 主自身であっ, 主恵氏の経営, 主惟江上之清風與山間之明月, 主愛で君の, 主成親の死罪, 主我が賓という, 主或は公子で, 主之殿, 主手前は郷士上り, 主損益の項目, 主敬宇先生の遠, 主数珠を忘れまい, 主文屋康秀小野小町こういう順序, 主斎藤寿八先生と申し, 主大納言藤原成親が, 主新張眉香子は軽く, 主族どもを征伐, 主族民がジプシイ, 主日主四時主の八, 主明石播磨之介貞朝, 主明石新之丞, 主智識の恩徳, 主曰くこの教会, 主曰帝の條, 主月三百円一人ます毎に一〇〇円, 主月主日主四時主の八, 主本位のもの, 主来れりと見, 主定臣, 主東京に芸者, 主松平越後守殿へ聞え, 主として今日, 主柳生美作守家厳の嫡男, 主柴田権六勝家の腹心, 主森谷喜平の遺品, 主楠本速男にその, 主の下, 主にした, 主様弁信法師が参りました, 主機山大居士とはおそるべき, 主權國民自ラ私利横暴ヲ制スルト共ニ, 主權者の遠慮勝ち, 主權者名字が變つた丈, 主正弘の襲封初度, 主正直のところお前, 主すれば, 主死犬の睿智, 主を, 主殿これでもご, 主殿松本善兵衞松本治右衞門吉田孫右衞門城内には衣斐伊豫, 主殿頭長昌に聘せられ, 主の持ち, 主水の口から夫, 主水佐重矩, 主水司内裏に奉れ, 主水問題にならぬ, 主水忠行はどう, 主水様この世の名残り, 主水様どちらへ, 主水正庵原将監斎藤掃部助などもひとしく, 主水正様捜索隊長の高大, 主水汝に対しても云い, 主水涙を流し, 主水親の敵, 主池番が胴, 主池蔵太について大和, 主治したとの話, 主の主, 主浴主の末僧, 主為田文太郎氏及び同所支配人高橋朝太氏, 主無き家という, 主無しという意気地, 主無残な憂き目, 主独自の変化, 主独行の士人, 主猿楽の座方ん, 主玄徳はどう, 主田心命の後也, 主のほか, 主痣蟹仙斎の出現, 主登於比母知弖都加倍之官, 主的常識は法律, 主的形式となる, 主的待遇を受け, 主に依, 主目付かり次第叩, 主直明の未亡人, 主真上正房氏, 主知らぬかと驚く寝, 主石上主こんな塩梅, 主石原六郎君の息育市郎君, 主石舟斎へ会い, 主祖熊鰐天皇を周芳, 主の王國, 主神保造酒の奥座敷, 主文は, 主禪師即良忠, 主種子島左近将監という人, 主穆王満五十三年壬申にあたり, 主立てるもの八十余人の, 主立会いの上, 主立會の上, 主競い来たりて数倍, 主竹内氏は数年前歿, 主等兩客被申云, 主へて言, 主簿上柱国賜緋魚袋閭丘胤と申す, 主簿上柱國賜緋魚袋閭丘胤と申す, 主簿司馬朗の弟, 主精神的には本, 主系赤石山脈のそ, 主紋太夫の居間, 主細川家の御, 主などがこれ, 主継友の末弟, 主続きの蒲生家, 主が酬い来っ, 主罰報い来って, 主猟師嘉門次に, 主者金天府に牒, 主をそがれ, 主聞きおわってどうやら, 主自惚れや贔負目, 主船幽霊のよう, 主に用, 主良真である, 主芸者同士の礼儀, 主芸能仲介業者芸能各部門, 主太夫帳元奥役道具方一統から, 主若い色白の, 主若年ながら摂津, 主茶の間に首, 主菊五郎の墨染, 主董鍋島家旧別邸, 主蒼生の君, 主蔵主監寺などの上職, 主蔵臣宝出でてこれ, 主などの階級, 主を流し, 主に孔墨皆先聖, 主のよう, 主裁内村義城氏は新聞紙, 主西村を直接, 主西村陽吉が変死, 主を後に, 主親しくこれを, 主親元小野亭からも人, 主觀客觀論も固, 主觀性を指す, 主觀的感情にあらず, 主觀裡に攝取, 主の梁虔, 主記佐藤誠である, 主設けの座, 主誠に思召ありがたき, 主だ次, 主は全く, 主謙信のことば, 主谷口某と云う, 主谷村博士の老, 主路ばたの, 主軍秀吉が佐和山, 主轟九蔵氏の追善, 主轟九蔵氏急死に就き, 主が迎, 主第三, 主遠い将軍家の, 主から忍び出し, 主のかため, 主都アレキサンドリア市でアレキサンダー皇帝, 主都ヒロへ着いた, 主酋長たちも鼓隊, 主野山の蝮, 主などという武士, 主鉄斎の代, 主長それも謂わ, 主長坂一雄氏の芳思, 主長者の名, 主長谷川巳之吉君は演劇そのもの, 主附き添いで町奉行所, 主陣地で午, 主陣護衛の約束どおり千五百, 主陰主陽主月主日主四時主の八, 主陽主月主日主四時主の八, 主財の, 主雲石殿も末頼母しき者, 主非我が賓, 主をし, 主飭令すべて五篇は學者, 主馬助をたすけ, 主馬太夫かたへ, 主馬宗保の密使, 主馬春藤幾久馬等の声, 主馬殿ともかくも, 主馬頭夫人がやった, 主駿河国より参上, 主驚くがごとくいひける, 主體そのものの自ら, 主體性そのものの壞滅, 主體性實在性そのもの, 主高野弥兵衛が出た, 主鬼王丸にご, 主鳩渓の出品, 主鷹司被管の雑戸, 主麿おおら, 主麿今日を祈, 主黄金郷の女王