青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「不意~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

不平~ ~不幸 不幸~ ~不快 不快~ ~不思議 不思議~ ~不愉快 不愉快~ ~不意
不意~
不断~ ~不明 不明~ 不気味~ ~不満 不満~ 不自然~ ~不自由 不自由~ 不良~

「不意~」 5178, 48ppm, 2409位

▼ 不意~ (4004, 77.3%)

29 声を 28 彼は 26 彼の 24 私の 23 自分の 21 顔を 19 出て 18 後ろから 16 手を 14 一人の, 女の, 彼女は, 横から 13 うしろから, 姿を 12 口を 11 こんなこと, 飛び出して 10 云った, 妙な, 来て, 眼を 9 背後から, 訪ねて, 足を 8 大きな声 7 それを, どこからとも, 人が, 人の, 帰って, 目の, 私を, 襲って, 言葉を, 飛びかかって

6 [13件] いいました, わたしの, 彼を, 扉が, 押しかけて, 死んで, 消えて, 現われて, 聲を, 襲ふも, 起って, 部屋の, 頭の

5 [21件] いった, ここへ, その男, どこからか, 一つの, 不思議な, 二人の, 何か, 何を, 八五郎は, 奇妙な, 庭の, 彼女の, 或る, 横合から, 男の, 立って, 肩を, 闇の, 頭を, 飛んで

4 [30件] からからと, そこへ, そんなこと, たずねて, ガラッ八, 人声が, 人間の, 例の, 入って, 全く不意, 名を, 平次の, 平次は, 後から, 後ろの, 相手の, 眼が, 私達の, 耳を, 聞えて, 背後の, 胸の, 自分を, 表の, 言った, 身を, 隣の, 顔色を, 馬車が, 鼻の

3 [63件] あたりが, いって, うしろで, うしろの, こういっ, こんな事, して, ずばりと, その時, どこか, なんの, また何, アリョーシャは, 一疋の, 一頭の, 両手で, 主水, 云って, 云つた, 人に, 人を, 余を, 僕は, 出で, 右の, 右手の, 呼びかけた, 呼びかけました, 変な, 大声を, 女が, 嬰児の, 尋ねた, 庄造は, 座を, 弟の, 彼女を, 思いも, 思い出した, 思い出したよう, 思ひがけ, 戻って, 抱き付いて, 暗くなっ, 来たの, 消魂, 涙を, 涙声に, 目を, 私が, 私に, 私は, 窓の, 立上った, 背後で, 自分は, 莞爾と, 訊ねた, 鋭い声, 霧の, 首を, 驚かされたやう, 驚く正雄

2 [257件] あたりの, あっと, あなたが, あなたの, あらわれた, あらわれて, あるものゆゑ, いったもの, お勝手の, お客が, お延, お桃, お浦, お谷婆さん, かう優しく, がんりきの, きこえた, きて, ぎくりとした, ぎくりと咽喉, こんな声, ざわざわと, するすると, そこの, そのとき, その女, その姿, それらの, たずねた, だれかが, どこかで, どこかへ, にやりと笑った, ぱっと顔, やみの, やられたと, アリョーシャが, ガラツ八が, クルリと, ドアを, ハッピを, バラバラと, パッと, ヒョイと, マダム・クラビンスキイが, リーズは, 一人が, 一刀を, 一同の, 一群の, 一艘の, 一軒の, 一陣の, 三人の, 中へ, 二つに, 二三歩と, 云う, 今まで, 伝六へ, 佃が, 体の, 何かの, 何と, 何ものか, 何処からか, 何処からとも, 俺と, 停車する, 僕の, 入つて, 内から, 出でて, 刀を, 切って, 刺したと, 前夜の, 叫んだ, 叫んで, 右門の, 名人が, 向うの, 呟いた, 呶鳴りました, 呼ばれて, 呼びかけて, 呼びかけられて, 呼吸を, 喉の, 垣根の, 外へ, 大きな狂瀾, 大声で, 夫の, 奥で, 奥間近の, 女は, 女を, 娘は, 家へ, 家出を, 対手の, 尋ねて, 屋根の, 崩れて, 川に, 帯の, 帰つて来る, 平次に, 床の, 店へ, 庭先へ, 廊下の, 弱々しいが, 形容の, 彼に, 彼らの, 後ろで, 後ろを, 後を, 御用金, 微笑し, 怒りだした, 思い出して, 思った, 悪魔の, 悲鳴が, 悲鳴を, 意外な, 戸を, 打出した胸太鼓, 押落し, 敵の, 旋風が, 明日からの, 暴風雨が, 本當, 来た, 来る, 枕を, 枕元で, 林の, 枯枝を, 柘榴の, 梶子は, 棍棒が, 横丁から, 止めると, 死んだに, 死んでは, 殺されたこと, 殺到し, 母が, 気が, 気でも, 水の, 水を, 汽車の, 浮んで, 消えたよう, 源吉は, 濡れ縁の, 火の, 火の粉が, 物の, 物蔭から, 物陰から, 獅噛み付いた, 現れる訴, 男湯の, 異な, 異様な, 相手を, 相談を, 眼の, 瞑想に, 矢を, 穴一パイの, 穴倉へ, 突然に, 立ちあがって, 立ち上がったお, 立ち上がって, 立ち上った, 立ち止まった, 立ち止まって, 立った, 立止っ, 竜之, 竹山の, 笑いを, 笑ひ出す, 第二, 簾を, 米友の, 紋也は, 縁側に, 縛られた女, 老人が, 考えついて, 胸が, 脇差を, 若々しい勇ましい合唱, 若い女, 落ちて, 虚を, 袖を, 襖を, 襲いかかって, 覆面の, 見えなくなった, 言いだした, 訪ねると, 訪れて, 語調を, 誰か, 赤くなった, 赤児の, 起きて, 起ち上がって, 起つて, 起りて, 足の, 退屈男の, 逆襲を, 道の, 道を, 道庵先生の, 野獣の, 金切声を, 釘勘が, 鋭い口調, 門の, 闖入し, 降って, 階下から, 階下で, 障子を, 電気を, 面を, 頓狂な, 頭から, 頭上に, 頭骸骨を, 頼春は, 顏を, 飛びこんで, 飛び上って, 飛び出した, 飛出した平次, 飛出して, 飛込んで, 馬の, 馳け, 駆け出した, 驚き, 高らかに

1 [2533件 抜粋] あいたかと, あなたを, あの大鷲, あの晩, あの赤い, あびせかけられた真面目, あらはれて, あること, あんなお, いい運, いつもの, いろんな言葉, うごかす雀, おいでに, おしおの, おちた沈黙, おどろいたらしいが, おのおのの, お前の, お呼止め, お宅, お母さまの, お米, お蝶, お訪ねしよう, お雪ちゃんが, かつぎ込んで, かような, かんからと, がぶりと, きしませて, ぎらりとわ, けたたましい声, こうして縛られ, こう怒鳴られる, ここを, このありふれた, この喧嘩, この熱中, この男, この鼻, これまでは, こんな手紙, こんな緑色, さけんだ, さらわれても, しかも日頃私, しまひ, じろりと尾田, すっ頓狂, そういうたかちゃん, そうなった, そしてあまりに, その一本, その全身, その幼, その時人声, その桶, その現場, その膏薬, その足許, その黍畑, それも, そんな突發的, だれだ, つかまれて, できるだけ, とび出して, どこへ, どッ, なにやら格闘, にやりとした, はじかれたやう, はっきり思い浮べた, はらはらと, ぱっちり眼, ひとりでに抜け, ひどく眠いよう, ひらめくかも, ふたたび見えた, ぶるっと, べつの, ぽたぽた涙, またお, また弱弱しい, また神谷, また頭, まぶしい電灯, まるで断頭台, むかふから, むほんを, もう姉, やって来たこと, やって来て, やられたの, よろめいて, わざとニヤニヤし, わたしを, わんと, エレヴエタアの, カテリーナ・イワーノヴナは, ガラツ八は, キョトキョトと, ギクッと, クククと, グナリと, コールテン服の, シューッと, スクルージの, セエラの, テーブルの, ドキン, ニャゴウと, ハツと, パクリと, ビクツとして, プウッと, ボウと, ムイロフが, ヤンの, レンズの, 一つ輕い, 一刀の, 一大事件にでも, 一方の, 一発の, 一羽の, 一間以内の, 三千代といふ, 上げて, 下りて, 不安に, 与えられた喜び, 中村君が, 主人に, 乗じ得たの, 乱暴な, 事を, 二人ながら, 云い出した, 五六人が, 亡父の, 人々の, 今夜の, 仕切戸を, 仙太郎の, 伊藤の, 会つた感動が, 伴れ, 何ごとかが, 何やら衣ずれ, 何用かと, 余人を, 保子が, 俺は, 倒れたよう, 健一は, 傍らを, 僕を, 兇暴な, 先達の, 入つて來, 兩方の, 六時頃にな, 其のたもと, 内儀の, 冬子が, 凄く笑った, 出あっても, 出たよう, 出る, 出始めて, 出発する, 刃の, 切り付けられは, 列を, 別莊, 前へ, 剣の, 力いつ, 動いたの, 化粧部屋の, 千代は, 南京花火を, 去年その, 又左衛門, 取って, 口笛を, 叫びバタバタ, 可笑しくなった, 号令を, 合掌した, 名乗りかけられて, 君江が, 呂布と, 呼ばれると, 呼びかける者, 呼び立てた, 咳が, 唐突な, 問うの, 喉首を, 喬介が, 噛みつかれ喰い殺されること, 団十郎は, 地が, 堂島は, 壁の, 変って, 外国の, 夢を, 大きく呼びました, 大きな男, 大きな音, 大叫喚, 大弥太, 天から, 天来の, 夫が, 奥から, 奪ひ去る, 女房の, 妻太郎と, 姥は, 婆さんが, 孔融の, 家から, 寝床の, 寿女が, 尋ねられて, 小平が, 少年を, 屈みこむと, 山の, 山裾から, 岩穴の, 左へ, 帆村は, 帰つて行つたら, 平次と, 庄右衛門を, 庭から, 廊下から, 引き開くと, 引っさらっ, 引戸が, 当の話相手, 役者の, 彼らは, 彼等を, 従僕の, 御殿へ, 心の, 忍び入った者, 怒った様, 思いがけなく私達, 思いなさるだろうが, 思い出せないで, 思うだろうが, 思ひ出した, 思出した, 怪しい物, 恐れだか, 恐ろしい場面, 恥ずかしくて, 悲しそう, 惨劇が, 愛子の, 感動を, 懐しい襁褓, 我とも, 我身の上に, 戸口に, 手が, 手足の, 打たれたもの, 打って出る山越え, 払えと, 折返して, 抱きすくめて, 押しきるとき, 振り向いた支倉, 捨身の, 掴み取られた玄蕃, 支えを, 放り出された可愛らしい, 散ったよう, 敵に, 斬りつけた, 断続した, 新井君は, 日出雄少年が, 早足に, 明るい日影, 星の, 時々由子, 暗やみから, 書斎の, 月の, 木の間谷間から, 本当にこの, 杉村の, 来たとは, 来た客, 来るの, 東京の, 松平家の, 林田が, 格子障子が, 案内を, 棍棒で, 楊懐を, 権叔父が, 横合いから, 横道へ, 欄干へ, 歔欷の, 正確な, 此方へ, 歪むの, 死ぬ者, 死んだら私たち, 殆ど側背と, 殺したくなれば, 母に, 気がついた, 気を, 水中で, 水面から, 沢子が, 河野広中の, 泛んだ, 泣き出したると, 泪ぐんだ, 浚って, 浮かんで, 消えたこと, 涙が, 温かい空気, 湧き上り重々しく, 漕ぐ手, 濃い朱黄色, 災難に, 無理やりに, 熊太郎は, 燈火が, 牛乳瓶を, 物影が, 狂気の, 狼狽した, 猫の, 王の, 現はれた, 現われきたったブリューヘル, 現われたとは, 現われ様, 生氣, 甲走った女, 画帖を, 病気に, 発声する, 白と, 白絹の, 盗人にでも, 目ざめて, 看護婦の, 真つ, 真暗な, 眼ざめたかのようであった, 瞼が, 短笛, 硬くなった, 秀吉の, 程近い, 空で, 突かれたやう, 突き上げられでも, 突喊し, 立ちどまったの, 立ち上がりました, 立ち上つた, 立ち停つた, 立ち止まりブルブル, 立上がりました, 立掛けた, 笑いだし椿, 笑ひ出し, 筆が, 籐椅子から, 素子は, 紫衣の, 絞め殺したらしいの, 絶えて, 縛られた友衛, 美しい声, 群集を, 翼を, 考へ込んでしまつた様子, 耳近くビューという, 聲高く, 背から, 背後を, 能登守の, 脱された拍子脱, 膝を, 自分に, 舁夫の, 舟木に, 良人に, 苦しそう, 茅野雄は, 荘重に, 落ち来る幾つ, 葉之, 蔦之, 藤枝は, 蜂にでも, 行つ, 行手にあたって, 行燈が, 衝けば, 表座敷の, 裏手の, 襲うつもり, 襲ったくせ, 襲わないため, 西の, 見えなくなつ, 見せられて, 見なければ, 親が, 言い出した, 言ひ出した, 討手の, 訪れた恋人, 誘うたの, 謎の, 豪商シュテフェンスが, 賑を, 赤井が, 起きあがって, 起き上らうと, 起ちあがって, 起った銃声, 起る, 足もとの, 路傍の, 蹴とばした人間, 身の, 軍勢を, 軽部を, 轟然として, 近いところ, 迷亭に, 逆ねじを, 逢ったり, 運命の, 還つて戸, 野村の, 金吾は, 釜鳴りが, 銀杏返しに, 鋭い質問, 鋭く咎める, 鎖したばかりの, 長廊下, 閂峰吉が, 開いたまま, 間近な, 陣十郎は, 陽が, 隔ての, 離屋の, 雷の, 霊感でも, 青葉の, 面丁へ, 韜晦し, 響きわたる, 頼母は, 風でも, 飛びか, 飛びついた者, 飛び上がるなり, 飛び出した四人, 飛び出て, 飛んだよう, 食膳の, 馬鹿らしく思はれた, 駅夫と, 駈け寄って, 驚いた女, 驚かされたよう, 驢車へ, 高札が, 魂消て, 鳥羽が, 鶏小舎に, 黒地に, 黙黙と

▼ 不意~ (383, 7.4%)

20 出来事に 10 襲撃に 6 ことで 5 訪問に 4 出來事に, 出来事で, 出来事の, 出火で, 襲撃を, 闖入者を 3 やうに, 事が, 帰宅に, 敵に, 来客に

2 [26件] ことだ, できごと, 事で, 事件に, 侵入者だ, 出来事が, 出来事である, 出来事を, 出現に, 叫声に, 大夕立, 大雪にて, 客である, 工面を, 強敵に, 恐れに, 来訪に, 火の手に, 訪れに, 訪問は, 訪問を, 訪問者である, 質問に, 闖入者に, 雨に, 驚きに

1 [251件] あぶく銭, あやまちで, おくり物, お化粧, お召に, お客だろう, お手入れ, お訪ね, くちづけ, ことだった, ことである, ことでした, ことに, ほうが, ものとしか, ようだ, ようでござる, よろこびと, イヤな, イルミネーシヨンだけ, メンタルテストに, 一ト太刀を, 一撃が, 一撃で, 下手人が, 不思議な, 主人の, 久しぶりの, 乗り替えや, 乱撃に, 事だった, 事である, 事とて, 事なれ, 事に, 事も, 事件で, 事柄にて, 人影に, 伏勢意外の, 会合は, 余分の, 使者めったに, 來臨を, 侵入者によって, 侵入者に対しても, 侵入者らしく思はれる, 停電を, 光線に, 入水これには, 出來事からは, 出來事で, 出來事にも, 出合いに, 出来ごとが, 出来ごとで, 出来ごとに, 出来ごとやはり, 出来事だつた, 出来事であった, 出来事でした, 出来事なぞ, 出来事については, 出来事には, 出来事に対する, 出来事当時の, 出来心とで, 出現など, 出現は, 出立で, 出立と, 利得などを, 加勢に, 助太刀, 助太刀を, 反撃から, 収入さへ, 叫びも, 召集の, 召集よ, 吶喊に, 問いに, 問が, 問に, 圧迫に, 場合には, 声が, 声に, 声を, 変に, 外からの, 夜襲である, 大変に, 大雪に, 失火で, 奇問に, 存在物によって, 官軍に, 客と, 客に, 客に対して, 客もうけ入れる, 客を, 客来に, 寄港が, 富は, 射撃を, 平一郎の, 座敷に, 御出陣, 御呼び出し, 御災難, 御用が, 怖れ, 思いつきに, 思付きであっ, 恐ろしい出来事, 愕き, 感情の, 感興に, 所得の, 打撃から, 抱擁である, 拾い物でした, 捕縛の, 掠奪の, 援兵は, 攻めに, 救いに, 救いは, 救い手に, 敵対に, 斬合, 斬込みを, 新しい来客, 新しい血潮, 旅客で, 旅客の, 旅行は, 明るさ, 明るみが, 暇という, 暗さ, 暴風雨である, 来客としては, 来客とは, 来客などが, 来客を, 来襲者に, 来訪によって, 来訪を, 案内で, 椿事の, 槍先に, 横槍に, 横死を, 機会からか, 死では, 死や, 死を, 水祝ひを, 決心が, 沢山の, 泊り客が, 波涛の, 洪水かの, 洪水で, 活字は, 深傷, 激しい銃火, 火災を, 災難を, 点のみを, 熱情に, 燦光に, 狩倉に, 猛襲に, 用心に, 申出に, 病に, 痛に, 発作とでも, 目潰し濛々と, 眠りから, 知らせに, 礫の, 祝祭の, 禁教令に, 禍が, 禍難は, 笑声に, 糺弾俊雄は, 聲に, 肱突を, 自動車薄暗い, 落雷に, 血腥い出来事, 衝動を, 衝撃で, 衝突も, 補助が, 裡に, 襲げきであった, 襲の, 襲撃だ, 襲撃に対して, 見参と, 観物によって, 言葉から, 言葉に, 訊斷に, 訪れ, 訪問が, 訪問も, 訪問客であった, 訪問客に, 訪問客も, 訪問者は, 質問者を, 贈物が, 足音, 軍馬に, 転調に, 輝きに, 邂逅を, 郡奉行の, 重みを, 錆の, 闖入に, 闖入者が, 闖入者と, 闖入者の, 闖入者ばかりは, 雑多の, 雨のみに, 電報なんて, 霊感といった, 面会に, 音で, 顛倒を, 風の, 食事は, 馬鹿野郎を, 騒ぎで, 騒動が, 驚き, 驚きは, 驚きを, 驚くべき出来事, 驚愕が, 驚愕と

▼ 不意~ (350, 6.8%)

42 打たれて 18 喰って 9 うたれて, くらって 8 つかれて 7 喰らって, 衝いて 5 突かれて, 襲われて 4 くって, くッ, 襲って 3 ついて, 喰つた, 打たれたよう, 食って, 食らって

2 [18件] うけて, おそって, くったの, つかれた, 打たれたと, 打たれたやう, 打たれた私, 打たれては, 打れ, 撃たれて, 突いて, 衝かれたよう, 衝たれ, 襲うて, 襲う事, 襲った, 襲った男, 討たれた

1 [177件] うたれたかたち, うたれたの, うたれたよう, うたれた気持, うたれた驚愕, うたれては, うった訳, うって, おそうつもり, おそわねば, おそわれたふたり, おそわれたら危険, くったとんぼ組, くったので, くった兵, くった勘太, くった潘璋, くった男, くふ, くらったん, くらった信吉, くらった目つき, くらった相手, くらつたのだ, くらつては, くらつて驚いた, ついた, ついたな, ついたほう, つかなければ, つかれいかにも, つかれたが, つかれたの, つかれた城兵方, つかれた安彦, つかれるよう, つき敵, つくか, ねらッ, もって, やられては, 受けた顔つき, 吃いたる乗り合い, 啖って, 喰ったから, 喰ったくらい, 喰ったに, 喰ったの, 喰ったよう, 喰った人群, 喰った八ヶ岳, 喰った狐, 喰った玄蕃, 喰った私, 喰っては, 喰っても, 喰つたに, 喰つてその, 喰つてどう, 喰つては, 喰つて千種は, 喰つて女の子は, 喰つて悲鳴を, 喰つて目を, 喰ひたる, 喰らった谷川, 喰らった雨龍太郎, 喰らつた妻は, 喰らつてこちらは, 喰らつてよろめく, 喰らつて大男は, 喰らわせた何者, 喰わせたもの, 打たれた, 打たれたから, 打たれたが, 打たれたせい, 打たれたため, 打たれただけ, 打たれたの, 打たれたばかり, 打たれたらしい, 打たれたオルガンティノ, 打たれたルミ, 打たれた両人, 打たれた仕誼, 打たれた則重, 打たれた女の童, 打たれた子供たち, 打たれた小四郎, 打たれた形, 打たれた心地, 打たれた様子, 打たれた気味, 打たれた船頭, 打たれた金将軍, 打たれた銀五郎, 打たれても, 打たれながらも, 打たれ受, 打って, 打つこと, 打つて, 撃たれたが, 撃たれた叫び, 撃って, 狙うとは, 狙って, 知った女房たち, 突かれたくない用心, 突かれたよう, 突かれると, 突かれ身, 突く, 突くの, 突けば, 衝かれさっと, 衝かれた, 衝かれたかの, 衝かれたの, 衝かれた上, 衝かれた捕手たち, 衝かれて, 衝かれても, 衝かれるとは, 衝かれ前後, 衝きなさい, 衝くよう, 衝たれた, 襲いさえ, 襲いましょう, 襲うた事, 襲うところ, 襲うに, 襲おうと, 襲せ, 襲った剣戟, 襲っても, 襲は, 襲はれた, 襲ひし, 襲ふ, 襲われたこと, 襲われたため, 襲われたので, 襲われないよう, 襲われるの, 見すまし激しき, 見ようとは, 覘う, 討たれたので, 討たれた上, 討たれて, 踏込し, 食ったうわずり声, 食ったから, 食ったせい, 食ったもの, 食ったもん, 食ったよう, 食った久米, 食った二人, 食った忠一, 食った村当局, 食った白雲, 食った眼鏡, 食った鐚, 食った馬春堂, 食つたかたちに, 食つた悪魔は, 食つた驚きから, 食らった味方, 食らわしゃア, 食ろうて, 食わせて, 驚かすこと, 驚かせた

▼ 不意~ (102, 2.0%)

2 その時, 下りて, 出て, 眼を, 風呂場へ

1 [92件] あいつに, ある笑止, いいました, いつか荻窪の, いぶかしそう, いまの, いままで彼女自身, いま自分の, この前彼等, この村, したこと, その夏, その夫, その方, その松木, その鳥, そんなむしゃくしゃ, そんな考, なにか死ぬ, ぽッ, また何, また歌, よいの, わずかに, 一つの, 一人の, 一体どんな, 一体誰, 云い急所, 云多勢にて, 今迄, 伝六に, 何か, 内応の, 出発て, 前吉, 反射的に, 口吟んだ, 吾に, 命じました, 奇怪な, 妙な, 娘は, 廊下へ, 彼の, 後ろから, 微かに, 心の, 心底から, 忘れました, 思い出したよう, 思い出した面白い, 思い出して, 思い出しました, 思つた, 意外な, 感じるよう, 捕まえられて, 探偵に, 新吉の, 暗の, 梢から, 棄鉢の, 歌が, 此の, 武蔵へ, 気がついた, 気が付く, 消えて, 溌剌たる光り, 濃い牛乳, 焼て, 田舎などから, 直覚した, 真ン中に, 私が, 私方に, 紺ぽい, 船頭に, 行衛不明に, 襲つてその, 見えたの, 見えなくなる, 見て, 言葉が, 訪れる人, 赤児が, 転入の, 遊びに, 部屋の, 闇の, 顔を

▼ 不意~ (78, 1.5%)

4 を喰 3 を食った 2 して, だった, をくらった

1 [65件] から受ける, から太平洋戦争, さ, しようと, であった, でしたので, ではなく, でもされる, で無く随分, とはあった, ながらさ, にうろたえた, にちょっと, にはさっき, にはほ, には腹, にもう, にやっつけました, にコレ, に伯父, に便所, に出, に刺殺し, に吃驚, に怪力線, に来た, に武器, に狼狽, に猛獣, に私達, に胸, に逢, に逢っ, に關, のおどろき, のひどい, の効果, の危難, の感, の態, の敵, の死刑, の決断, の爲, の白刃, の空襲, の行為, の襲撃, の誘い, の質問, の逆, は少から, らしいぞ, をかける, をくっ, をくらいどんな, をくらっ, をくらわせる, をくわせる, を吃した, を喰っ, を喰わす, を食う, を食わした, を食わせる

▼ 不意~ (59, 1.1%)

3 のでまだ, のに 2 事件が

1 [51件] あまりにだしぬけでございました, ことが, ことだ, ことで, ことに, ことばでした, ことも, そして無遠慮, その辷り, できごとでも, ので肝, ので驚いた, ものに, もんだ, ようで, んです, 一会も, 上胴体は, 久しい後, 事が, 事実の, 人から, 人ごえ, 人声が, 伸子の, 儲けを, 出来事が, 出来事に, 出来事の, 出来事は, 出来事を, 召集を, 喜びを, 彼女自身も, 御言葉, 恐怖が, 敵である, 方角で, 暴風に, 来客について, 法敵が, 熱心を以て, 熱情の, 物音が, 用が, 知らせと, 結果でも, 肉体上の, 訪問を, 難題が, 雪中合戦が

▼ 不意うち~ (32, 0.6%)

2 であった, にはさすが, にはギョッ

1 [26件] だった, でありました, である, にすっかり, にど, にはあっと, にはど, には極度, にめんくらっ, にもの, に人, に防毒面, のあり, のよう, の敵, の送電中止, をうけた, をく, をくい, をくっ, をくった, をくわせる, をする, を喰, を喰つて息, を喰わせたい

▼ 不意だった~ (22, 0.4%)

1 [22件] からびっくり, から隊員たち, か先達, が久七, ためお父さんの, のだ, ので, のでびっくり, のでキャラコさん, のでギクリ, ので万吉, ので三之丞, ので僕, ので先, ので吃驚, ので平次, ので胆, ので言葉, ので訳, のに, ものです, 歓びと

▼ 不意~ (17, 0.3%)

2 の卑怯

1 [15件] だ, だった, で, であつ, にやって来やがった, に蠅叩, の日, は卑怯, をくった, をし, をやろう, を喰う, を喰らっ, を喰らつて, を食わせる

▼ 不意~ (15, 0.3%)

3 お驚, さへ 2 はある 1 お迎えも, どうする, はあった, はあり, はなくなる, 全くうけみ, 気が

▼ 不意撃ち~ (11, 0.2%)

2 にちょっと 1 にかれ, にまた, に会っ, を仕掛けた, を喰らわし, を食っ, を食った, を食わせない, を食わせろ

▼ 不意~ (10, 0.2%)

1 からちょっと, から変, から驚いた, しまた, つたので, つたのです, という面色, とお, ものです, ツた

▼ 不意~ (9, 0.2%)

1 ではない, には胆, に一同, に会った, に応ずる, に挨拶, に驚い, を喰った, を食った

▼ 不意であった~ (6, 0.1%)

1 ために, という風, とはいえ, のでありました, のです, 事よりも

▼ 不意だつた~ (3, 0.1%)

1 ことともかく, ので呼吸, ので平次

▼ 不意であり~ (3, 0.1%)

1 そして大きかっ, 素早かった, 闇夜である

▼ 不意でした~ (3, 0.1%)

1 から少し, から後家さん, から悲鳴

▼ 不意には~ (3, 0.1%)

2 いって 1 他国者を

▼ 不意~ (3, 0.1%)

1 で醜男, に五本指, も身投

▼ 不意では~ (2, 0.0%)

1 あり何, あるし

▼ 不意なおとずれ~ (2, 0.0%)

1 に小娘, に院主役僧ら

▼ 不意なれ~ (2, 0.0%)

1 ば茫然, ば蹌踉

▼ 不意にべ~ (2, 0.0%)

1 こりと, こんと

▼ 不意~ (2, 0.0%)

1 不意, 不意なら

▼ 不意不意暗中~ (2, 0.0%)

1 に鉄, に鐵

▼ 不意打攻撃~ (2, 0.0%)

1 は皮相的, を以て太平洋戦争

▼ 不意暗中~ (2, 0.0%)

1 に鉄, に鐵

▼1* [49件]

不意何とも名状, 不意からいでて, 不意御身に, 不意じゃありませんか, 不意だつたらお遁げ, 不意っと姿を, 不意であったろうしお, 不意であるから弦, 不意で逃げるひまの, 不意とでドンと, 不意とはいえ吉良家, 不意なおどろきも悲しみ, 不意なかすれ声に, 不意なよろめきを感じた, 不意なら意外も, 不意なりければ, 不意なる立廻り, 不意な打ちつけな事が, 不意な気色ばみようそれから, 不意にかへして, 不意にがッくりと, 不意にぞうつと, 不意にでもあの方, 不意にと云っても, 不意にとって出る, 不意になななんでおまっ, 不意ににうしろで, 不意にも驚かされし, 不意にやッて, 不意おそれや, 不意をくらいその場, 不意をもついた, 不意ニ婆サンガ陸子ヲ連レテ, 不意ニ廊下ヘ出, 不意ニ思イガケナイ位大キナ声, 不意ニ颯子ガ何処カラカ現ワレタ, 不意ニ高御座ニ昇ラセ給ヒテ此皇子モ田原天皇ト追尊セラレ給ヒ, 不意食ッタ, 不意動作を中止, 不意婦人に邂逅, 不意打アノ傷は決して, 不意撃ちであるから彼, 不意来庵しばらく話す, 不意検事を振り向い, 不意立ち上がろうとする, 不意蔡侯一虜熊貲始大楚之覇業, 不意討という風で, 不意討チヲ喰ッテ泣カサレタコトガ未ダニ胸ニ残ッテイ, 不意討式にズバリ