青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「両側~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

世辞~ ~世間 世間~ ~丘 丘~ ~丞 丞~ 両~ 両人~ ~両側
両側~
両国~ ~両手 両手~ ~両方 両方~ 両者~ ~両親 両親~ 並~ ~並べ

「両側~」 2065, 20ppm, 5765位

▼ 両側~ (758, 36.7%)

22 並んで 9 立って 7 ならんで 6 ついて, 傍線, 立ち並んで, 続いて 4 ズラリと, 列を, 軒を 3 人家が, 家が, 整列し, 生えて, 立つて

2 [29件] あって, ずらりと並ん, 並んだ店, 並行し, 互生し, 交互に, 僕は, 几帳面な, 出て, 列んで, 別れて, 向い合って, 垣を, 寝台が, 小屋を, 巨大な, 店が, 戸口が, 白い布, 眼を, 立てられて, 絶壁が, 縁日商人が, 聳えて, 落ちて, 蛙の, 足多く, 降り立って, 露店が

1 [611件 抜粋] あった, あったが, あてた一夜作り, あらわれて, あり万三郎, あり膝, ある, ある並木, ある二つ, ある二本, ある人家, ある受付, ある地区, ある大きな, ある小さな, ある工科, ある拱門, ある明, ある松, ある柳, ある燈, ある若, ある藪, ある馬部屋, いきいきと, いささか門番, いた二人, いた盗賊, いつかの, いつまでも, いは, いろんな恰好, うす暗く並ん, うずくまりたる人首獅身, かかげて, かかって, かがやくころ, かけ三四尺四方, かたつむりの, きみょう, ぎつしり家が, ぎつしり立並ぶ, くっついて, くぼみが, ごまの, さし懸って, さまざまな, すき透る, ずっと並ん, ずっと棚, ずらりと列んだ, ずらりと戦士等, ずらりと立ち並んだ, ずらり並ん, そそり立って, そって, それぞれの, それぞれ皆腰かけ, それぞれ管を, ただ工場, たち並んで, たてた提灯, たれた布製, だらりと, ちらちら灯, ちらほら松, つぎつぎと, つけた楯, つけて, つっ立って, つづいた, つづいて, つづく木々, つらなつて, ところどころに, とびのくと, どちらも, どっさり自動車, なお一本, なって, ならんだ別荘, ならんだ家々, ならんだ店, ねそべりながら, ひき寄せ, ひらくと, ひろげられて, ひッ, ぶらぶらと, ぶらりと垂らした, ぶら下げたまま, ほとんど無尽蔵, ぼくら小学生も, まだ家, まつわりつき彼女ら, まはる, やけどの, やわらかい若葉, より濃い, わかれて, わざと取, われわれの, ガラスの, キッスを, ショーウィンドーだけは, テントを, ベッドが, ボサボサと, ポプラが, レールが, 一つずつ, 一パイに, 一並び軒を, 一人ずつ, 一人は, 一時生ずる, 一番打の, 一間幅の, 七千五百行づつ克明に, 三つづつ抽斗の, 三人ずつ, 三個ずつ, 三列を, 三軒ずつの, 下へ, 下女は, 不揃いな, 並ばせその, 並びました, 並び立って, 並ぶ下, 並ぶ家々, 並ぶ宿屋, 並ぶ町, 並ぶ石, 並べたり, 並べて, 並み木の, 並んだところ, 並んだマロニエ, 並んだ同じ, 並んだ家々, 並んだ石造, 並んだ貸家, 並んでる人家, 並列し, 並木が, 並立し, 並立する, 丸太で, 二つずつ, 二つ並ん, 二三軒づつある家が, 二十センチぐらいの, 二片下の, 互生せり, 五六軒の, 五十余基も, 五十本宛それから, 五尺ばかりの, 人が, 人だかりの, 人垣を, 人家あり, 人家や, 今は, 仕事場が, 低いつつじ, 低い木柵, 住む人々, 住んで, 何も, 何マイルも, 何千尺と, 作りつけの, 侍せるは, 信号灯が, 倉庫ばかりの, 傍側道路が, 僅かの, 八本に, 兵学校の, 兵隊を, 処々散在すれ, 処定めず, 出した鞍, 出入口を, 出来た深い, 出迎, 分けて, 分れたか, 分れて, 列なった三十幾つ, 列なれる, 別れたる路, 刺繍の, 勾欄が, 十三個の, 十二三軒ほど, 十二人ずつ, 十二徒弟の, 千も, 厚ぼったい娘, 厚重, 古土蔵, 吊るし帰って, 同時にこすれる, 同行の, 向い旋回, 向き合って, 商家が, 商家の, 商家らしき, 喬之, 四角な, 四重の, 囲いが, 土が, 土下座する, 土蔵や, 坐って, 坐つて, 坐り母人, 埃でも, 堅い長, 塔中の, 壁に, 壁の, 大きなお, 大きな別荘, 大きな柳, 大きな皺, 大きな邸宅, 大海と, 天井を, 奇石珍木を, 子供の, 室が, 家々が, 家々の, 家の, 宿屋だの, 宿屋と, 寄生虫の, 密生した, 密茂し, 対い合せに, 対ひ, 寿司蕎麦お座敷天婦羅おでんと, 専属の, 小山が, 少し離し, 居並ぶ, 居並ぶ駄菓子屋荒物屋煙草屋八百屋薪屋, 居付きの, 居流れて, 居附き, 屈強な, 屋内通路と, 屋台店を, 山岳あり, 岸が, 崩岩の, 川と, 幅三尺位の, 平行し, 幾つと, 幾つも, 幾十かの, 広い空地, 広びろと, 広告が, 広大な, 建ち並び道路, 建ち並ぶこと一丁, 建て続いた家々, 建物が, 待ち構, 従えて, 御隠居, 思いつきに, 恰好の, 戸板を, 所々空地なども, 扇子を, 手を, 手スリの, 折重, 抱えて, 押し重なって, 排列せる, 控えて, 控える, 控え式台, 掻き上げた所, 掻き付いて, 揺く緑, 散らばった, 散点する, 数本の, 料理屋茶店など, 断続的で, 旅人の, 明るく店舗, 映った船, 暫時立つ, 書棚が, 朝起き, 木が, 未だ相応, 村から, 松金松木その他の, 果樹の, 枝を, 柳の, 桑の, 桑畑が, 桜の, 森が, 植えさせた並木, 植えられた, 植え付けられて, 植わって, 椿の, 楊柳の, 楔を, 楽屋部屋が, 樫の, 樹木の, 橄欖樹が, 檻の, 櫛比し, 櫛比せる, 欄を, 欄干が, 欄干の, 正しく並んだ, 歩み前, 毀れかかった高い, 比, 気を, 氷が, 池を, 汽車の, 注意し, 流れる微妙, 浅倉屋の, 浮かべた, 海に, 海水を, 添って, 湿やかな, 満開の, 潜んで, 無秩序に, 煉瓦造りの, 熟した麦, 燃えて, 燈火が, 物を, 物売りが, 生い立って, 生えた枯草, 番兵の, 疲れたよう, 百余の, 目を, 相並び, 相対し, 眠って, 破れむしろ, 私と, 稲穂の, 積み上げられた陋, 空気抜きと, 突つ立つた, 突立つてゐる, 立ち, 立ちつ, 立ちならんだ病室, 立ち並ぶと, 立ち続く小家, 立った, 立つ, 立つと, 立つ一里塚, 立てたる棟割長屋, 立てられた四角, 立てられ手桶, 立て連ね斜, 立並んだ明るい, 立並んだ西洋館, 立並んで, 立続く, 竹や, 竿が, 築かれた, 糸垂桜だ, 紐が, 細長く発達, 続き奴隷たち, 繁つたマロニエの, 置いて, 置かれ, 置きて, 美しくならぶ, 群がる普通, 群れ集まるころ, 聳える高層建築, 背丈よりも, 腕を, 腰を, 腰掛けて, 芝生が, 茂った稲, 茂った路, 茂り私たち, 茶店が, 荷車や, 菊人形の, 菰を, 葉の, 葦の, 薄い眉毛, 薪を, 藤豆と, 蜂の巣の, 蜜柑畑が, 行儀よく, 街路が, 街路樹が, 見える, 見え家先, 見かけられるが, 見て, 見渡して, 見物人が, 見黒岳, 視線を, 詰まって, 貼られた, 贅肉が, 赤く縁どった, 跨って, 蹲りたる人首獅身, 身を, 身動き一つせず, 軍手を, 軒の, 近衛師団の, 迫る山峡, 透きなく, 造花の, 連なった間, 連なりて, 連なる幾百年, 連り下った, 連着し, 遠く散っ, 邸宅が, 酒店や, 鉢植えの, 鏡台が, 長いコンクリート, 長い列, 長い影, 長い旗, 長い著物, 長くつづいた, 長中短, 長屋が, 長葉, 開いた双, 開かれました, 閑静な, 闇商人が, 附き添った, 陣取った御, 陣取つて, 隙き, 集って, 雛壇の, 雪が, 雪を, 電信柱が, 霧の, 露店の, 顫へ, 香を, 驢馬の, 高い土手, 高くつみあげられ, 高く積み上げた, 高低の, 鬱蒼と, 魚の, 魚売り, 魚類に, 黄色の, 黒い標識札

▼ 両側~ (554, 26.8%)

12 家は 11 家の 6 家々の 5 人家は, 壁の, 店を 4 家に, 店の 3 二本は, 壁には, 山が, 崖に, 店, 店は, 建物に, 建物の, 歩道に, 民家の

2 [43件] ところどころには, ブランコに, 商店は, 壁が, 壁に, 壁は, 壁を, 家々から, 家々では, 家々には, 家々は, 家から, 家が, 家では, 家を, 家並は, 屋根の, 山から, 山どもは, 山の, 山は, 山腹が, 席を, 店では, 店も, 斜面には, 柱には, 椅子に, 樹, 汚れた瓦屋根, 町家を, 畑には, 窓の, 立枯並木いよいよ, 立枯並木下見れ, 肩の, 草の, 草を, 蜜柑畑に, 軒下に, 軒並に, 高い建物, 龕の

1 [386件] いずれの, がけが, くさむら, したみ, すすり泣きは, せまい穴, そちこち, その水, ところで, ところどころに, と同じ, どこの, どちらかの, ふたりも, まだら, もう炭, ように, アカシヤの, ガラス灯の, コンクリート塀を, ショウ, ショウウィンドウの, ナツメの, パリの, ベンチには, ポールには, マダムは, マロニエの, リンネへ, 一方例えば, 三個の, 上部に, 丘や, 丘陵も, 並木から, 並木である, 並木も, 並木を, 並松一つに, 乗客に, 二人も, 二国を, 二少女は, 二本だけ, 二階家の, 二階屋が, 人だかりが, 人だかりも, 人と, 人びとが, 人家が, 人家では, 人家の, 人波へ, 人道に, 人道の, 人道は, 人魚が, 伏屋の, 低い平家, 低地へ, 住居の, 住民で, 傾斜面には, 傾斜面は, 入り口に, 六階七階の, 内陣を, 冷たい壁, 列が, 別荘です, 到るところ, 勾配を, 千人は, 厚い人垣, 叢が, 古本屋の, 古着屋道具屋の, 各商店, 商家なども, 商家の, 商家は, 商家軒を, 商店から, 商店が, 商店街の, 四階だての, 土の, 土堤から, 土堤も, 土手には, 土産物店, 土産物店の, 地上を, 地主たちが, 坂地を, 堆く掃き寄せられた, 堤は, 塀の, 境を, 壁へ, 壁よりに, 壁面が, 外人店舗に, 夜店など, 夜店も, 夜店を, 夜桜の, 夜見世を, 大きいの, 大きな棕櫚竹, 大戸を, 大木の, 大樹の, 大理石の, 大路小路も, 大通りと, 妓楼の, 妻戸の, 娼家の, 子供が, 子供らが, 家々が, 家々へ, 家々や, 家々を, 家々家々の, 家からは, 家からも, 家だけは, 家で, 家には, 家も, 家並が, 家並の, 家並みは, 家家には, 家家の, 家家は, 家軒暗く, 家邸, 小さなつつまし, 小さな入口, 小屋からは, 小窓, 小窓小窓, 小路には, 小門, 尾根までは, 屋並が, 屋内から, 屋敷も, 屋根が, 屋根は, 屋根より, 屋根看板に, 山で, 山と, 山へ, 山壁に, 山壁を, 山腹は, 山迫り来る, 岩が, 岩壁に, 岩壁の, 岩壁を, 岸には, 崖からは, 崖は, 巌の, 巌鼻に, 川楊は, 工場が, 工場や, 巨大な, 平野の, 広々と, 床几は, 店から, 店に, 店には, 店先には, 店屋では, 店屋は, 店構えにも, 廂を, 建物は, 建築が, 御長屋, 急な, 戸ごとは, 戸や, 扉から, 扉は, 扉を, 把手を, 押入れに, 拒む力, 提灯に, 揚屋と, 断崖が, 断崖は, 旅籠の, 旅籠屋より, 旗及び, 日本全てを, 明るい商家, 明るい店舗, 暗い軒, 曳船を, 木の, 木立, 木立の, 木賃宿を, 本棚の, 杉が, 杉や, 松は, 松や, 松並木の根もとから, 松林が, 松林では, 板から, 林では, 林の, 林を, 林堤上の, 枯草が, 柱に, 柱や, 柳や, 柵内で, 桜の, 梢に, 森が, 森は, 森林これを, 椅子の, 植込み格子戸和風の, 極端な, 横町や, 樹木が, 欄干には, 歩道を, 民家も, 水は, 水面は, 波うつ稲, 泥に, 海面が, 海面の, 深い庇, 深い谷, 渓を, 溝板の, 灌木の, 灯が, 灯は, 灯を, 炭壁は, 焼尽された, 燈影が, 狭い浅い溝, 生垣の, 田に, 田圃が, 男女の, 町が, 町家から, 町家が, 町家残らず, 町屋も, 畑で, 畠は, 痩せた樹, 白壁に, 白樺並木の, 白檜の, 皮を, 皮膚の, 眺望は, 石の, 石垣は, 石垣を, 石壁も, 石崖を, 石段へ, 砂利の, 硝子は, 禿げ込み, 穴に, 空気の, 突端の, 窓, 窓から, 窓下と, 窪みに, 竹藪で, 築土, 築地塀と, 篠笹を, 紅葉の, 紙旗は, 組柱は, 絶壁は, 美濃, 群衆の, 群集の, 群集は, 群集も, 肉の, 肉は, 肘掛けそれらの, 脇腹とでも, 腰も, 腰掛けの, 船腹に, 色硝子に, 芝生が, 芝生に, 花壇の, 花畑には, 花路から, 花道から, 茂り交した柳, 茶屋香具店の, 茶店軒を, 草が, 草原から, 落葉松などが, 葉桜の, 薄い肉, 薄闇の, 蘆を, 街樹は, 街燈が, 街燈も, 角刈に, 谷から, 谷には, 谷の, 谷壁を, 踏台に, 軒が, 軒ごとに, 軒下なぞへ, 軒下を, 軒先に, 軒燈明るい, 辺りに, 通りや, 通路や, 道ともに, 道具置場には, 部分に, 部屋には, 部屋は, 長い睫毛, 長屋には, 長屋の, 長屋は, 長屋へ, 関所茶屋から, 闇に, 障子五枚とを, 雑然たる寝, 雑草が, 雪が, 露路は, 青木の, 頬の, 頬を, 顳, 風景が, 飲食店, 飲食店からは, 飲食店を, 飾窓の, 飾窓は, 高いコンクリート塀, 高い平地, 高い金網, 高層建築物は, 高藪は, 黒い樹樹

▼ 両側には~ (200, 9.7%)

2 六七軒の, 商店が, 店舗が, 無数の

1 [192件] あらゆる種類, いずれにも, いたる所, いやしい様子, いろいろな, いろいろの, いろとりどり, ここにも, このよう, こんがら重, さまざまな, さわやかな, しじゅうぶどう畑, すぐりの, すでに新緑, ずっと芽, ずっと赤い, それで, それに, とても興味, とりわけ羊歯, どっちかと, のれんを, ひくい白い家, ふたたび原生樹林, まだ人家, ガラス戸の, ガランとして, キンバイソウが, サヤサヤと, チョン髷に, ドアが, バスの, バラック建の, ビッシリと, ブロンズの, ベンチ風の, ヨオロツパ風の, 一列に, 一定の, 一段ずつ, 三十センチぐらいの, 三尺ばかりの, 三艘ばかりの, 丸に, 主として玩具屋, 乾した柿, 二三十人の, 二人の, 二台ずつの, 人の, 人間の, 今山吹, 今帝国内, 仕済した店, 住宅が, 住宅風の, 冷たいすごい霧, 切り立った黒い, 古いこけら葺, 叩き棒を, 右と, 各種の, 名物うん, 商店多く, 四五尺にも, 四階建の, 土産物の, 型の, 境内に, 士農工商貴, 夜店が, 夥しい人出, 大きなや, 大きな時計, 大きな焚火, 大入道の, 大勢の, 女中部屋下男部屋執事の, 女芝居や, 家並の, 小さな一時的, 小さな店, 小流れ, 小皺が, 小舎がけが, 山毛欅いたやか, 山脈が, 峨峨たる, 差別は, 市の, 帝国海軍の, 幾マイルと, 広い砂地, 店舗は, 引出しやら, 徒渉場に, 微笑を, 意気な, 折柄の, 排水の, 提灯を, 数知れぬ, 敵兵の, 斑点の, 新しい家, 新たに, 新緑の, 新規に, 最早や, 木が, 木立が, 木鉢の, 朱も, 杉楢檜などが, 杉檜楢などの, 松並木が, 柵を, 桜の, 植え込みを, 楢や, 歩道が, 殆人工に, 水を, 氷の, 満洲人, 火を, 熊笹の, 燃えるやう, 燈火の, 玄関まで, 生垣を, 町の, 町屋も, 白あじさいと, 相当な, 真っ黒な, 祗園団子の, 私の, 種々な, 種々の, 空虚の, 窖の, 竹藪ばかりが, 笠の, 籬が, 紋章の, 緑の, 美しい秋草, 美しい芝生, 聖者の, 芒や, 花を, 英国の, 莚が, 菊人形の, 落ちくぼんだ, 葦や, 蓆が, 薄の, 薦被りの, 蘆荻が, 装飾電球の, 見せ物小屋やら, 見わたすかぎり家, 見上げるよう, 見物店や, 赤黄い, 身体中の, 軒の, 銀楼だの, 錠の, 鎧兜を, 長い髪の毛, 門, 階段が, 雑草が, 雪が, 頑丈な, 風しもの, 騎馬巡査が, 高い並木, 高い建物, 高い樹, 高い燈籠, 高い雪, 高さ三メートル, 鰹からでも, 麦や, 麻雀の, 黒い影, 黒塗りの

▼ 両側~ (124, 6.0%)

4 殆ん 3 一面の 2 一面に, 四扇の, 田圃らしく, 高い崖

1 [109件] あの日, いつかすっかり, いつのまにかごみごみ, いわゆる多雨, お茶屋らしい, ぎっしりと, ことごとく高粱, こんなに町, さて軒, すこぶる泥, すべて枯れほおけた, ずいぶん嶮, ずっと田圃, ずっと西洋館, それでも画, それより, そんな町, たいへんな, だんだん高く, どちらを, どっちも, ひろびろと, ほとんど凡て銅器, ほとんど貝塚, また壁, まだ左, まだ燃え, みな大熊熊の胆貂の, やぶに, ゆるやかな, アパアトメントを, ズッと, ニムフェウムと, ビッシリ家並, フランス特有の, マホメッドの, 一フィート半ばかりの, 一段低い, 丈余の, 丈夫な, 三尺足らずの, 三段もしくは, 互の, 人人人で, 仏蘭西特有の, 低い屋根, 低い山, 何れも, 公使らの, 切り崖樹木茂る, 厳丈な, 同じやう, 名優オンパレードらしい, 喧噪としか, 四分の一マイルにわたって, 型の, 塀に, 夏の, 夜に, 大きなや, 孟宗竹が, 家並でなく, 家続きで, 密林が, 屋根部屋で, 岩壁の, 岸井と, 崩れ放題, 巨大な, 巨大なる, 平一面, 文化住宅地だった, 断崖なり, 板壁で, 林檎畑, 枳殻が, 櫛比した, 殆ど壁立の, 段段田, 煙るよう, 犯人の, 玩具屋が, 畑ばかり, 皆谷にて, 眼の, 硝子窓である, 立ち木も, 絶壁に, 羊歯の, 美しい花園, 若松の, 荒野らしく, 蜜柑畑数十台の, 見上げるよう, 見事に, 護謨林ばかり, 賭場ばかり, 軒並みに, 金剛寺を, 鎌倉時代に, 閉め切った雨戸, 隙間なく, 隙間も, 障子で, 雑木林を, 雑草と, 雪に, 高い壁, 鬱蒼たる

▼ 両側から~ (118, 5.7%)

2 一時に, 傾き合つた茅葺勝の, 反革命, 大木の, 抱くよう, 皺み込む, 石や, 雪崩の

1 [102件] いまにも, おおいかぶさり昼, おさえて, おどり上がって, お化けの, かぶりあつ, くびれて, ぐるっと環, この谷, この谷間, しげった楢, つきそわれて, とつぜん矢, とびおりあと, とびついて, とびつく姿, どっと花子, どんなもの, なだれ落しに, もたせあった長い, チョビ安の, バラバラと, パンパンパンと, ホンモノの, 一度に, 丈高い, 上って, 二三十人ずつも, 二列に, 今にも崩れ落ちん, 仕切る家, 伏兵が, 佐久間勢の, 使って, 倒れて, 入り込んで, 出て, 口輪を, 口辺へ, 吊り橋の, 唾液を, 圧し潰し, 壁土が, 家々が, 少しずつ, 崩れ落ちて, 差しのべられた死者, 差しよ, 帆の, 平面に, 幾人もの, 庇の, 建物の, 感じられた, 慰めたり, 押され押されて, 押被さった, 挾んで, 掘って, 掬い上げるよう, 攻めて, 枝が, 柴の, 梢の, 椿の, 次第に黒い, 母を, 水際まで, 流れ寄つて来る, 濃い温いもの, 物凄く雪崩, 申訳の, 男の, 相接する, 真白な, 禿上っ, 腕を, 茂り合, 草山の, 蔽ひか, 蛙の, 覆いかぶさり, 覆うて, 見ると, 誘いの, 起って, 路の, 身長よりも, 軒が, 迎へて, 近づくと, 迫って, 迫り歩く人, 迫る黒い, 追いつめること, 雪の, 露れ, 青芒や, 馬に, 高く構えた, 鳩の, 黒い形

▼ 両側~ (74, 3.6%)

2 うずめて, 歩いて, 歩きながら, 流れて, 流れる溝

1 [64件] かざった, きれいな, けずって, ごらんなさい, ぞろぞろ流れ, つらねたもの, ながめてから, ながめながら, ながれた, びっしり埋め, ウロウロする, ジロジロと, 両の, 二人の, 二列縦隊で, 備えたこの, 劃つた間から, 包囲し, 占めて, 四分の一マイルにわたって, 埋めて, 埋める商店, 塞いで, 塞ぎだした, 小さく円形, 小尾根, 小川が, 平手で, 引き緊め, 手早くた, 挟さんで, 探して, 掩うた橄欖樹の, 握って, 擦った, 擦る検査, 本場に, 歩いた, 水が, 流して, 流しながら, 流し向う, 清い波, 照らす道, 狙って, 看破する, 眺めて, 眺めながら, 硝子越しに, 脇と, 見た, 見まわしながら, 見上げて, 見渡した, 覗いたり, 詰めた屋ごと, 護衛し, 軒並みに, 遠ざかった, 里程標だの, 限って, 限る山裾, 駆け上って, 黒布で

▼ 両側とも~ (42, 2.0%)

3 に長門筒袋物 2 単に道

1 [37件] すでに開かれ, に今, に凡そ, に屋並, に料理屋待合茶屋, びっしりと, ほとんどまったく一様, ほとんど何, ほとんど水, ほぼ直径一寸, カッフェーばかり, 一丈程も, 丈余の, 六軒ずつ, 割合に, 十分に, 同程度, 商店が, 土産ものの, 外のが, 多くは, 小屋敷の, 屋根の, 廂へまで, 待合つづき, 拡げられて, 断たれたよう, 旧の, 板塀が, 相対し, 石や, 竹垣に, 菜飯田楽の, 蛍光の, 長い塀, 雨戸を, 高い葦

▼ 両側~ (42, 2.0%)

2 上げて

1 [40件] お寄なさい, かくれろ, ずらりと出迎え, ずーっと地口行灯, ひょっこり姿, ひろげます, ぶらさげた, また飛, みな向いあっ, バッと, 丁方と, 人家が, 伏しなびき遠山, 分かれるやう, 分かれるよう, 区分され, 垂れた腕, 垂れて, 寄って, 屋根の, 急傾斜, 所々ガラス張りの, 数十本立列ね, 斜めに, 桜を, 溢れ出て, 真黒に, 絶望的な, 綺麗に, 肋骨の, 肩の, 腕を, 茂ちやんと, 落ちたの, 身を, 退けて, 適当に, 避けたが, 長家が, 音を

▼ 両側~ (41, 2.0%)

1 [41件] うす黒いこけ, かなり幅, せばまって, にぎやかに, ぴんぴん痛み, もつに, コンクリートの, ザクロの, モルタルだ, 一杯書物, 一段高い, 低くなっ, 名を, 土蔵と, 塞がって, 女たちの, 子供ばかりで, 少し崩れた, 川の, 平であっ, 廃品倉庫に, 急峻である, 明るくなつた, 殺いだよう, 殻片の, 沼に, 瓢箪形に, 畠の, 癒着し, 真赤に, 竹籔だの, 背中に, 荒れた茶畑, 谷だ, 迫って, 道路で, 長い厩舎, 長屋に, 閉ぢる, 雑木林だの, 高かった

▼ 両側~ (12, 0.6%)

1 [12件] 一方は, 不恰好に, 勇ましい軍歌, 反対に, 同時に非常, 唸りを, 夏の, 思いも, 暫く千鶴子たち兄妹, 深い陰, 話を, 飛ぶよう

▼ 両側にも~ (5, 0.2%)

1 他の, 幾部の, 溝が, 皺が, 芝居茶屋が

▼ 両側つづき~ (4, 0.2%)

2 の躑躅, 隙間なく

▼ 両側では~ (4, 0.2%)

1 すこし低く, それらを, 油蝉の, 潮の

▼ 両側~ (4, 0.2%)

1 もちぎれかかつてゐた, 一端とに, 目の, 背面は

▼ 両側について~ (4, 0.2%)

1 いて, きた特高, ゐるので, 歩いて

▼ 両側~ (4, 0.2%)

1 なにかそれ, 天井も, 後も, 通路だ

▼ 両側からは~ (3, 0.1%)

1 お医者さん, この, 落ちる気づかいは

▼ 両側一面~ (3, 0.1%)

1 にオミナエシ, に各種, の薬屋

▼ 両側からと~ (2, 0.1%)

2 けだし日に日にやせ

▼ 両側だけに~ (2, 0.1%)

2 人間の

▼ 両側にと~ (2, 0.1%)

2 自分の

▼ 両側より~ (2, 0.1%)

1 枝蔽える, 高く盛り

▼ 両側一里余庇下~ (2, 0.1%)

2

▼ 両側~ (2, 0.1%)

1 に山, に黒木綿

▼1* [57件]

両側あたりへ深く, 両側あるいは地下に, 両側草土手か, 両側かに立った, 両側からくす, 両側からの圧力が, 両側しばらくのあいだ, 両側すしやすし, 両側だけ昔からの, 両側ところどころに家, 両側とで早さ, 両側とには銃眼が, 両側などでは夜など, 両側において北には, 両側にこそ町屋が, 両側にて一脚五法の, 両側にまではみ出し時, 両側に従ってしばらくの, 両側糸を, 両側はずゐぶん嶮, 両側はどつちも, 両側へと骨組の, 両側へも入った, 両側丘の, 両側んどん, 両側をぞろ, 両側をめぐって門の, 両側カラ反革命, 両側上下に着いた, 両側下顎脱臼です, 両側二三十間の高, 両側二列を造る, 両側二町余にわたって続い, 両側五六十鬼灯を棒, 両側共寺ばかりの所, 両側処々に夜, 両側六院ありき, 両側土手のわいわい, 両側土蔵の隙間, 両側山陰山陽四国ではエンコ, 両側左右の背後, 両側彼方にも此方, 両側御覧の通り西洋本, 両側桟敷のはづれに, 両側歩道の幅, 両側よけをつけ, 両側活動館や見世物, 両側焼残つた構造など前代庶民住宅, 両側だから, 両側百戸足らずの家並, 両側秋草の生, 両側空地の多い, 両側一キロが, 両側肺下野に軽い, 両側胸部に締めつけられる, 両側と露, 両側雨戸を開け