青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「両人~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~世話 世話~ 世辞~ ~世間 世間~ ~丘 丘~ ~丞 丞~ 両~
両人~
~両側 両側~ 両国~ ~両手 両手~ ~両方 両方~ 両者~ ~両親 両親~

「両人~」 1119, 11ppm, 10019位

▼ 両人~ (236, 21.1%)

18 間に 5 者は, 間には 3 名誉は, 間の

2 [17件] うちの, ことだ, 傍に, 前へ, 姿が, 為に, 考えでした, 者が, 者を, 腹の中を, 記憶の, 話しを, 間を, 関係は, 関係を, 顔を, 首を

1 [168件] あいだに, あとに, お友達, お留守居役, かたわらへ, ことが, ために, ほかの, ほかは, ものが, やうに, 三条西家の, 上について, 下艇を, 不勉強, 中に, 中一人は, 争って, 事を, 交情の, 交情は, 今何を, 付き添いで, 仲が, 仲悪き, 企てで, 会見と, 伴を, 位置, 体が, 偶然の, 優劣は, 光景を, 内代る代る, 出て, 刀を, 分だ, 前に, 前を, 動作や, 口を, 合意上とる, 名前で, 名宛で, 吟味問答を, 周旋の, 命がけの, 在米中私は, 報告の, 外に, 奴隷であり, 妹は, 姿は, 婦人は, 家老の, 容子を, 対照の, 対照は, 少年が, 居処へ, 帰奉する, 平然たる態度, 店と, 御用聞が, 心の, 怨みを, 悪者は, 悲劇を, 情愛の, 意志が, 意見は, 愛の, 所有物じゃ, 扉ご, 手で, 手は, 手当に, 手懸りが, 技が, 持つ実際, 挙動に, 挙動の, 探偵談は, 推挙が, 文いずれも, 晴れやかな, 極めてダイナミック, 構えを, 死後万延文久の, 毎週送り出す, 気持ちを, 気違いめいた, 深い関係, 為めに, 生命は, 生首提げ, 登城は, 皿には, 監房に, 目には, 眼は, 睦まじき様, 碁か, 社会に対する, 秘密を, 立ち廻りと, 立場が, 紳士あり, 組みうちを, 結婚と, 結婚の, 者とは, 者にも, 者の, 者へ, 者諜し, 耳には, 背にかけて, 胸中の, 脚下を, 臍が, 自手, 舅姑や, 花馬車が, 若い者, 苦労は, 苦学法であった, 血の, 血統を, 行動を, 行方が, 行方は, 行方捜査に, 衣類を, 袂を, 見張, 視線が, 親戚朋友その, 言い分の, 言葉が, 言葉に, 記憶には, 証人は, 話が, 話して, 話を, 該博な, 識見にも, 豪遊振りについては, 足跡は, 踵が, 身の, 身は, 身体検査を, 身辺から, 醜行改まる, 門弟である, 間が, 間は, 関係が, 関繋が, 頭に, 頭皆, 顔が, 顔と, 顔色に, 首今日到来す, 駕籠を

▼ 両人~ (206, 18.4%)

2 其所で, 又電車, 息子の, 目を, 越後の, 顔を

1 [194件] あまり有り, いうまでも, いまいましそう, うっとりと, この夢中さ, この竈, この近, これから沼田, ご奉行神尾殿, さながら真, しきりに書面, しばらくの, しばらく黙, すでに別室, そこに, その一夜, その場, その御礼, その心組み, その灯, それきり面談を, それぞれ田舎から, それに対して, それを, そんな工合, そんな述懐, どんどん帰っ, なにか小声, なに者でございます, のれんを, ほとんど他目, ほどなく兵馬, ぼんやり立っ, まっくら, やっと自分達, わざと対話, わたくしの, ガンマ和尚に, ドシ, 一向に自説, 上ろうとして, 不思議に, 両軍, 丹治の, 互いにしばし席, 互いに顔, 互に文通, 五丁目の, 今でも, 今の, 今までの, 今罪の, 仙台に, 仲好でございます, 仲居に, 伊香保を, 何にも, 何事も, 何者, 余程あわて, 僕が, 僕を, 免し, 全力を, 内に, 内蔵助の, 再び協力, 再び指し示された, 冷たい曹達, 出かけた, 出直そうとしては, 分れて, 別に怪しい, 助けて, 十二時近くに, 博士の, 口を, 同じ災厄, 同じ疑い, 同藩, 呆気に, 喧嘩両成敗で, 嘗て一度, 固くなっ, 園子に, 地方を, 垣を, 多勢に, 多年の, 夜中勝手も, 夢中に, 大佐を, 大隈首相に, 夫婦の, 姿を, 嫁が, 宿老たり, 寛ろいで, 小梅の, 少年に, 左右に, 席から, 常に老人, 庭へ, 廻り舞台の, 弾丸に, 形を, 心の, 忍ぶ身の上ゆえ, 思い出すとも, 恟りし, 恥か, 息子からの, 息子が, 悦び実に, 所在な, 扉を, 手を, 手当を, 打連れ立ちて, 折々声, 抜足し, 旅服を, 既にある, 昨夜居た, 暗鬼を, 本月十日, 東口を, 松の, 此の, 此処を, 毎度訪ね合っ, 毎日海の, 毎日葛西の, 毫も希臘語, 気が, 気脱の, 泣く, 洗礼を, 清左衛門に, 父の, 特に出色, 現場に, 甚だ仲, 甚だ残念, 生垣を, 田舎に, 田舎を, 申し合せたごとく, 直に駈出し, 真個の, 睨み合って, 秀林院様の, 私怨を, 立ちまする, 立ち上って, 納まらずピサロ, 絶えず脱走, 美作の, 老婦人, 肩を, 胸が, 膝が, 船体から, 苦笑した, 草臥れたから, 蒼くなっ, 蓑を, 親しかつ, 貴殿を, 足早に, 身の上が, 身を, 身体に, 辰の, 返答に, 途中の, 過去の, 酒を, 酔って, 酔つて戸外へ, 間が, 隣室に, 静かに, 顔と, 飛立つ程, 驚きの, 驚きわな, 驚き顔し, 驚ろいた, 鮨屋を, 黒ずくめの, 黙って, 黙りこんで

▼ 両人とも~ (100, 8.9%)

2 そこに, に言葉

1 [96件] ここに, これは, これへ, さる中国, すぐれた剣客, すっかり疲労, ずかずかと, そのとき, その方, それ以来ここへ, ただ顔を, だいぶ恐縮, にすゝむる事せつ也, には多少, に事, に当代, に往復十日間, に成敗, に捨置かれん, に政治家, に柳眉, に歩き, に話, に首, ほんとうの, ぼろぼろの, まだ琉球, みごとである, よくわからない, よく言った, モウちゃんと, モオニングを, 上に, 不平も, 不意気, 両手が, 中よく, 人間として, 今まで, 今度の, 何か, 何の, 何等警察の, 前へ, 四万円ずつ, 堅いから, 壮健にて, 大儀で, 娶り得た噺, 将軍義輝の, 小林に, 己と, 幾度か, 床に, 待て, 心得違いを, 手討に, 打っ斬るから, 支度を, 旅支度を, 早いぞ, 昂奮の, 暇を, 暫らく無言, 暫時無言, 段々そう云う, 江戸へ, 泣きながら, 照れくさくなる, 病気と, 真蒼, 知らぬが, 秋月喜一郎の, 立ちどまって, 立役で, 老練の, 肚の, 肩から, 胃病で, 背の, 良い迷惑, 花魁の, 討果すから, 辛うじて世, 辛ふじて, 退れっ, 連日の, 進むること切, 進んで, 郷里に, 門を, 露骨を, 顔を, 馬に, 髪を, 鷹匠頭副

▼ 両人~ (92, 8.2%)

3 出て 2 十五六間過ぎ

1 [87件] あてに, ある時船遊び, あれこれと, おそろしい勢い, ここに, ここへ, この事情, この間仙台から, しばしささやきいたりけり, それに, それへ, そんな間柄, ぞっとし, たがいに, ただ一度, ともに謀られた, どうしたら, ばったりと, ひそ, ふるアメリカ, やって来た, ウエブストルの, ローマ滞在中の, 一致し, 上野山下の, 之を, 乗りこんだ, 互いに相手, 仲は, 健在な, 共同で, 到着する, 勝手に, 卒然と, 同時に発見, 向きあって, 向き合ふ, 喧嘩でも, 園長を, 夕顔の, 夜更けまで, 奥へ, 妾の, 姿を, 娘の, 室内を, 容貌も, 工夫の, 席へ, 年頃と, 弁当を, 当然の, 彼女の, 得意然, 忠敬の, 怨念なか, 手を, 散歩した, 斬り合うところ, 最後の, 来てるので, 東京駅に, 火桶を, 特にこの, 犯人の, 現場に, 甚五兵衛の, 皮切りとも, 目ざめて, 相手の, 船奉行と, 菓子折二つを, 蒼白に, 薄暗い蝋燭, 見て, 証人で, 認めた通り, 越後の, 身を, 身分を, 這入って, 重役の, 金円調達の, 鍵屋の, 駈出してから, 高い天井, 黒羅紗の

▼ 両人~ (83, 7.4%)

2 切って, 槍で, 見て, 連れて

1 [75件] いつしよ, おさえ付け, お助けしなけれ, お宅, かえりみると, この稲葉屋, さし向けて, そばに, そばへ, たがいに, だましおったな, つけ覘って, ながめて, のせた気球, のぞいて, 一時に, 一緒に, 世に出したい, 交換する, 伴つて登場, 何うかし, 作った教育環境, 六尺近い, 兵せん, 処分した, 助けて, 取りたてて, 取押, 古い釣輿, 同行した, 呼び寄せて, 呼んで, 囃したてる, 外国に, 大なる, 守護し, 帝国大学の, 引張って, 待たず一足先, 御前の, 手刃し, 手引を, 手討に, 捕縛し, 捕縛した, 晴れて, 殺害した, 比較し, 氏郷へ, 注視する, 発見した, 眼で, 睨みつける, 知って, 紹介せぬ, 線路に, 置去に, 聖武天皇に, 落しやら, 薩摩の, 見つけること, 見る, 見比べて, 見送って, 見送つて, 討たしては, 討たせるから, 討ったばかりか, 託して, 話の, 軽蔑する, 逃がせば, 集めて, 顧みて, 鶏冠山の

▼ 両人~ (43, 3.8%)

2 外ならざる

1 [41件] あなたから, したら迷惑, すすめ茶, すれば, そう断っ, それと, たくし飄然駆け落ち, とつて, なりしかも, 下ったの, 云った, 仕事の, 依託された, 共通な, 別れて, 取って, 向いそんな, 向って, 命じ, 命じて, 尋ねたかね, 尚欠ける, 床几を, 当てがって, 当り散らすより, 当日立ち会う, 打ち委し, 敬意を, 案内され, 殺される, 犯人捜査上手懸りと, 田屋で, 相違ございません, 聞いて, 腹を, 落を, 行逢う, 読む一, 隣りの, 面会した, 鼻薬を

▼ 両人~ (38, 3.4%)

2 一緒に

1 [36件] いって, どこへ, どのよう, なぐったら, まいり御, やったらどんな, よくよく, フロイスは, 一生懸命に, 何んだ, 出かけましたが, 取りおこなおうみの, 噂した, 娘の, 引受けて, 彼の, 悪口し, 手を, 散歩を, 来て, 此の, 殿様を, 沼田へ, 無茶苦茶に, 熟く, 相図, 相談し, 神仏に, 私共は, 種々に, 腕を, 行こうわ, 話を, 買うの, 連印の, 長話を

▼ 両人~ (20, 1.8%)

1 [20件] この際, さうで, どうやらわたくし, また午後三時, やや離れ, フランス兵を, 下りて, 何か, 出来上った色, 分別致しかね, 十月の, 同志の, 困るなるべし, 孤屋の, 左右から, 新吉も, 東京へ, 死は, 読者階級者である, 飛脚船の

▼ 両人~ (13, 1.2%)

1 [13件] あとで, いえども, せられて, みずからいう, わかれた時, 両人の, 伜とが, 対坐し, 申すこと, 突合せに, 親しく交わり, 話す中, 逢うまで

▼ 両人~ (11, 1.0%)

2 重い絹帽 1 さッ, だまって, にお, によく, に二十三, に我々, ほとんど同じ, 極めて不風流, 頗る宜しく

▼ 両人にて~ (10, 0.9%)

2 長崎へ 1 すぐに, 一人は, 三度に, 受け取るべし違算, 同一の, 役所へ, 検使を, 話しとうご

▼ 両人~ (7, 0.6%)

1 ていたちこつこし, て刀, て手分, て月, て歩い, て白き, て翁

▼ 両人には~ (7, 0.6%)

1 割合に, 完全な, 容赦なく, 心外で, 気が付かずに, 派手すぎる, 生活の

▼ 両人~ (5, 0.4%)

1 何か, 別様に, 合図の, 申し渡し候, 闘いを

▼ 両人より~ (5, 0.4%)

1 あつくおん礼, 外に, 断わりしゆえ, 聞きまして, 茲に

▼ 両人から~ (4, 0.4%)

1 してやられしかも, 厳かに, 言葉巧みに, 談じ

▼ 両人しばらく~ (4, 0.4%)

4 沈黙

▼ 両人ながら~ (4, 0.4%)

1 古い事, 同じ心, 後年に, 身重に

▼ 両人~ (4, 0.4%)

2 を見合せ 1 を見合わす, を見合わせ

▼ 両人ちょっと~ (3, 0.3%)

2 沈黙 1 待て

▼ 両人~ (3, 0.3%)

21 でございますから

▼ 両人~ (3, 0.3%)

2 をならべ 1 を並べ

▼ 両人連立っ~ (3, 0.3%)

2 てまいります 1 て此処

▼ 両人~ (2, 0.2%)

1 台所まで, 邸を

▼ 両人さま~ (2, 0.2%)

1 に幸福, に済まねえ

▼ 両人だけが~ (2, 0.2%)

1 なぜこの, 幡随院歿落と

▼ 両人でも~ (2, 0.2%)

1 あった, 間淵洞斎が

▼ 両人とは~ (2, 0.2%)

1 なに者だ, 極めて懇意

▼ 両人に対して~ (2, 0.2%)

1 殊更叮寧, 顔が

▼ 両人よりも~ (2, 0.2%)

1 三つほどの, 十年近く生き延びた

▼ 両人共に~ (2, 0.2%)

1 こうしてやや, 其の晩

▼ 両人再び~ (2, 0.2%)

1 歩き出す, 霜に

▼ 両人出発~ (2, 0.2%)

1 の後, の節

▼ 両人同道~ (2, 0.2%)

1 して, で京城

▼ 両人大いに~ (2, 0.2%)

1 恐れ白状, 笑って

▼ 両人対坐毎度~ (2, 0.2%)

2 繰返しては

▼ 両人~ (2, 0.2%)

2 をふりてらし

▼ 両人無言~ (2, 0.2%)

1 にて美人, のままペン

▼ 両人~ (2, 0.2%)

2

▼ 両人衣服~ (2, 0.2%)

2 を脱す

▼ 両人連れ~ (2, 0.2%)

1 の女, の者

▼ 両人陰謀~ (2, 0.2%)

2 の事

▼1* [177件]

両人ツて, 両人あまりの面白, 両人ありその時, 両人ありしこと論なし, 両人あれこれと積, 両人あんな口幅ったいこと, 両人いづれも敵持ち, 両人いよいよ深川へ, 両人おのおの結婚の誓文, 両人かえるぞ, 両人かなり狼狽いたしおる, 両人きょうは古, 両人ここにてあわずん, 両人これに驚き, 両人さっそく夕餉の, 両人しっぽり会わして, 両人してやられてござる, 両人ずつ左右へ, 両人ずつも子供が, 両人そう一概に, 両人そのまま左手へ, 両人その他一二名と覚え, 両人それを見送る, 両人それから幕府の, 両人それぞれ名刺を出し, 両人それとなく用意を, 両人と斯, 両人だけで誓紙, 両人だけで充分です, 両人だけに勝手に, 両人づれニてはる, 両人であったのです, 両人でしたねえ, 両人ですと云う, 両人でない馬の, 両人ともどもに褒美, 両人ともに引抜くの, 両人とを見くらべたが, 両人と共に手前も, 両人どうにもならん, 両人にとつては, 両人にとりあながち幸福, 両人にも同じ事, 両人のみにてこれを, 両人ばかり又通弁, 両人ひと足先へ, 両人ひどく話が, 両人への意趣返しに, 両人まじめになる, 両人また笑ふ, 両人まで侵されたと, 両人もっと前へ, 両人らしいのです, 両人ガ起請文ヲ壱通ズツヨコシタ, 両人ギクリとし, 両人て紀州, 両人マン中ヲ, 両人ハ他ノ一方, 両人一本の蛇の目, 両人一礼して, 両人丁寧にお辞儀, 両人並んだのを, 両人之者聟伊兵衛を父子申合しめ, 両人乗込んで飯島, 両人互いに相手を, 両人互に自分では, 両人仲違ひしたる時, 両人会合二十銭の定食, 両人会釈して, 両人側ニ侍衛スルモノ十数名ヲ見, 両人入り来りしかば, 両人全く別人の, 両人共ニのり込ミ長崎ニ九日ニ来り十日ニ鹿児島ニ, 両人共便所に来た, 両人共前にチベット流, 両人共加入りました其時, 両人共十分間ばかりは何, 両人共和服でしたけれど, 両人共喪ひ申候, 両人共崖に墜ち, 両人共待てっ, 両人共応対振りは至極, 両人共海に行った, 両人共深雪について参れ, 両人共理髪ちよいとちよい, 両人共身支度をし, 両人共近所に自身番, 両人共面喰って, 両人其材木よりおりし, 両人へ這入れ, 両人分別致し候, 両人切腹の所存, 両人別れましたが悪い, 両人別れ別れになり, 両人よく起ち上る, 両人十日として一円六十銭, 両人半山の中, 両人協力して, 両人協同の内容, 両人南洋貿易の小, 両人チ池ヲ, 両人右手へ去る, 両人合わせたからとてその, 両人同じ月を, 両人同盟になり, 両人同車して, 両人吟味の実証, 両人周旋仕候ニ付, 両人に出, 両人奥州総奉行, 両人姿をかくす, 両人実に酷似してる, 両人の山路, 両人居るだけの手当, 両人島野と義作, 両人左右の壁, 両人差向で, 両人差向いになッ, 両人帰ってしまおう, 両人を占める, 両人当所に於, 両人のお, 両人思わず相手を, 両人恐れ恐れ徐行して, 両人をおさえ, 両人から外, 両人て人々, 両人承引の上, 両人抱き合うやがて離れる, 両人持ってもい, 両人接吻せんと, 両人揃っておい, 両人提供のバイソン, 両人しく振返り月明, 両人昼夜看病して, 両人晴やかな勇美子, 両人ていらっしゃる, 両人来り二十二日に, 両人来世も極楽, 両人様々に証拠, 両人になり, 両人の宗觀様, 両人気味合よろしくこの, 両人沈黙して, 両人無音にて顔, 両人玄関に行く, 両人率先して, 両人男の子一人かつへ, 両人懸けて, 両人相対して, 両人相談の上, 両人神奈川県荻野町に着し, 両人給血者がほしい, 両人胴中を入, 両人自炊の世帯持, 両人英語が巧み, 両人裏門にて逢い, 両人覚えず大哭し, 両人覚悟納得の上, 両人参居申候, 両人話合の末それ, 両人し合せ, 両人賜わりたくさすれ, 両人迎いに行く, 両人返し戦えと挑戦, 両人追放に反対, 両人連れ立ちもう帰ろう, 両人連名で益々, 両人て居候処, 両人限りで静か, 両人雲竜二剣を交換, 両人と申す, 両人を集め, 両人飯島の前, 両人首座の方, 両人馬上の槍, 両人馳走