青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「丈~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

丁目~ ~七 七~ 七つ~ 七兵衛~ 七月~ 万~ 万一~ 万事~ ~丈
丈~
~丈夫 丈夫~ ~三 三~ ~三つ 三つ~ ~三人 三吉~ 三味線~ ~三年

「丈~」 8485, 79ppm, 1424位

▼ 丈~ (1131, 13.3%)

29 事を 23 高さ 14 ことを 11 ことは, 事は, 力を 8 大きさ, 高い方 7 もので, 瀑が 6 ものを, 事だ, 高いの 5 深さ, 高い偃松, 高い男 4 ことで, すらりと, ものが, 余も, 力が, 勇気は, 心の, 金は, 高い人, 高い女

3 [22件] ことが, ものと, 事で, 低い夾竹桃, 余裕は, 力と, 力も, 力を以て, 勇気が, 勇気を, 大蛇が, 意味で, 瀑を, 物を, 目的で, 立つ所, 苦痛が, 金を, 高い姿, 高い肩幅, 高い草, 鬼に

2 [76件] ある樹, ことに, ひくきなど, ものは, 中より, 事が, 事さ, 事である, 事です, 人で, 低い友, 低い灌木, 低い立派, 価値ある, 価値が, 力しか, 勇気で, 勇気と, 勇氣が, 勇氣は, 原稿を, 口実を, 大火柱, 女は, 姿を, 実力を, 広さ, 必要が, 悩みでは, 懸崖を, 懺悔に, 手当を, 捕縄が, 捕縄は, 揃つた青草の, 断崖の, 杉の, 私事です, 竿の, 紙入の, 絶壁が, 絶壁に, 絶壁を, 良心を, 親切を, 記憶力を, 話だ, 谷底に, 谷底へ, 運の, 金が, 金額を, 錢を, 長い草, 雪を, 音律の, 順に, 顔を, 高い, 高いポプラア, 高い体, 高い熊笹, 高い痩せぎす, 高い石, 高い籠ん, 高い腕, 高い腰, 高い色, 高い芒, 高い葦, 高い葭, 高い蘭人, 高き男, 高くなる, 高も, 麓に

1 [711件 抜粋] あらゆる動物, あるもの, いうこと, いひわけ, うわば, おかみが, がけの, くせを, こうした性格, ことでした, ことです, さびしい冬, さやけさ, そろった青い, たかい僧, たかい樹上, たぐひで, たけだ, ためにも, つけたりを, ところが, なかば黒雲に, ひくい肥った, ひょろ長い木, ひよろり, びたるわれは, びても物寂しく, ほうで, むすこに, ものぢや, ものとな, やつと, わけが, ガラガラした, コツの, ジョウは, 一二寸ほどの, 一間くらいも, 一間位も, 上から, 上より, 下から, 下を, 不動瀑を, 世界で, 並木は, 中に, 主脈たるが, 予備知識すら, 事であった, 事であったけれ, 事な, 事なら, 事に, 事実を, 事實です, 二尺も, 云ったこと, 五倍も, 亭主が, 亭主は, 人の, 人ハ実, 人数から, 人数の, 人格も, 人間だって, 人間で, 仁王と, 仕事は, 仕掛にて, 代を, 休暇を, 伸びた少女, 伸びた菜種, 位置は, 位置や, 低い, 低いしゃれた, 低いずんぐり, 低いふしくれだった, 低いフロアスタンド, 低い女, 低い小僧, 低い小笹, 低い方, 低い木, 低い樫, 低い樹, 低い燕子花, 低い痩せこけた, 低い笹, 低い草, 低い袋, 低い野菜, 低い針葉樹, 低い鴨居, 低い黒木, 低きが, 余高, 価値は, 便宜を, 値打ちは, 健康と, 兄だった, 兄だつた, 兄妹だつた, 充分の, 光栄を, 入費は, 内容である, 内容を, 処に, 分別は, 切岸に, 利益勘定を, 制裁を, 刺戟を, 前に, 割合には, 力で, 力は, 力喜ん, 力量は, 力量を, 印象を, 厄介に, 参考書は, 及ぶほどは, 友達の, 反響を, 口紅や, 吹手には, 品才覺有べし, 善を, 單純な, 四天王を, 土地野菜を, 地上で, 地底な, 垂り, 場所には, 場處だ, 塔を, 壁面を, 声を, 変化だ, 大きい, 大きな人格, 大巖, 大智は, 大杉また, 大樹, 大濤, 大瀑が, 大瀑に, 大胆さも, 大蛇か, 女が, 好いすらり, 好意を, 好意を以て, 嬉しさ, 字句を, 孤巖の, 実力が, 家に, 家の, 小さい子供, 小室高く, 小屋の, 小屋へ, 小瀧, 小舞台, 小造, 展望が, 山の上より, 山を, 山塊は, 山椒魚を, 山脈を, 岩壁そばだち, 峡谷を, 崖, 崖下に, 嶮崖を, 巌を, 巖石に, 巣を, 巨蟒来り, 差を, 布団を, 幅を, 年に, 幹の, 底なる, 度胸を, 廬舎那仏烏瑟高く, 役には, 役に立って, 役に立つかは, 御話, 心力が, 心持で, 心持にな, 快楽を, 思い喜ばれて, 怪天魔が, 悪い事, 意味に, 感を, 感動すん, 慰安が, 懸崖が, 懸崖の, 所が, 手を, 手摺りぎわへつめよせギッシギッシと, 手數は, 手紙を, 手腕が, 手際は, 技は, 拙者なれ, 指で, 捕縄, 收入の, 教育と, 文学でない, 断崖だったら, 断崖に, 断崖は, 断崖一方, 方が, 日足は, 時間が, 景物を, 智惠も, 暖房装置が, 月輪が, 服装と, 材の, 来るの, 栄養分を, 根氣が, 梁の, 植物を, 業績を, 権利を, 樹上から, 權威が, 死亡公告だ, 気を, 水成し, 水煙が, 水面を, 決心を, 波瀾を, 浅い句風, 浴びせ合いが, 深い谷, 渓底まで, 滝を, 濃青, 瀑か, 瀑には, 瀑は, 瀑布あり, 瀑布を, 焔が, 物で, 物に, 王子は, 珍味を, 理由で, 理由であったろう, 理由な, 生活費を, 用心する, 田畑も, 甲斐も, 畑を, 登場は, 白絹, 真実さほか持たない, 眼が, 着物が, 着物で, 知恵を, 短い, 短いの, 短い唐松, 短い四本, 短い服, 短い紋付羽織, 短い絣, 短い髪毛, 短い黒っぽい袷, 短夜に, 矮小の, 石楠花が, 破壊を, 確っかり, 積りだらう, 穴が, 空の, 空中に, 範囲に, 粋の, 精密なる, 精神を, 約束を, 素因の, 素直さを, 細密な, 経験で, 給金は, 絶壁である, 絶壁の, 縄に, 縄を, 繩梯子も, 置時計や, 置物に, 翠り, 考えが, 考慮覚悟は, 肩あたりに, 胚芽を, 能力を, 脇腹を, 脳力が, 腕が, 自信よき, 自分に, 自己革命を, 自立心を, 至極静かな, 色彩と, 芸術上の, 芸術家的度量が, 苦勞が, 英語を, 華厳の, 落付きは, 蛇に, 血潮を, 衣類は, 褒章頂かせ, 見える平面, 親切と, 親切の, 解答は, 解釈すら, 記事が, 許に, 証拠を, 詰った影, 詰つた紡錘形の, 詰まった紡錘形, 説明からは, 調べを, 謎が, 謎の, 谷を, 谷底だ, 谿谷が, 財産が, 資力は, 資源の, 資金が, 足りない宿, 足りない様, 距離が, 速さ, 遊びを, 道理を, 都会に, 金で, 金欲しい, 鈴の, 錦幕を, 鐵門を, 長いの, 長い幅, 長い淡紅色, 長い真黒, 長い着物, 長さ, 長短を, 間の, 間口を, 関係を, 隙間は, 隠るるに, 難有, 雪が, 雪人力を以て, 霊物が, 青空まで, 鞋と, 頂に, 順は, 頭が, 風が, 飛瀑あり, 飛瀑か, 飛瀑を, 食慾を, 食物を, 餘り, 餘裕が, 餘裕も, 餘裕を, 高いあの, 高いいい形, 高いいちじく, 高いお, 高いお客, 高いかぎっ, 高いかの, 高いそして, 高いという, 高いほう, 高いもの, 高いシルクハット, 高いブルーベリー, 高いポプラ, 高いランプ, 高い一人, 高い一番丈夫, 高い伯父, 高い使丁, 高い先生, 高い八手, 高い出歯, 高い割合, 高い労働者, 高い口ひげ, 高い唐黍, 高い塀, 高い大きな, 高い奧, 高い女房, 高い女郎花, 高い宴会, 高い少し, 高い山, 高い巌畳, 高い巨大, 高い庇髪, 高い庭草, 高い後姿丈, 高い恰好, 高い掛稲, 高い書机, 高い木, 高い木蔓, 高い松の木立ち, 高い林檎売, 高い枯れた, 高い椿, 高い樫, 高い欅, 高い法師, 高い炉, 高い猫背, 高い獰悪, 高い瓶, 高い百合子, 高い立派, 高い笹原, 高い紅, 高い美しい斑, 高い肥った, 高い芦, 高い茎, 高い茨, 高い菊科, 高い落葉樹, 高い薄気味, 高い西岡, 高い西洋人, 高い身, 高い透し, 高い雑草, 高い頭, 高い骨組, 高い高粱, 高い髯, 高い黒装束, 高きもの, 高くなり, 高く見える, 高さ六尺, 魚桶では, 鯰なりけり, 鰐に, 鰐をば, 黒髮を

▼ 丈~ (1019, 12.0%)

70 では 2625 です 17 あって 16 だった 9 である 7 ぢや, ですから, でもう, で宜, なら宜 6 だよ, 云って 5 だと, であった, でした, でその, で他, で沢山, なの 4 あつて, であつ, ですが, ならば

3 [13件] だったが, だろう, で, であと, でお, でも, で一向, なれば, なんです, 出して, 男の, 発見した, 高に

2 [48件] ありや, だが, だけれど, だったから, ですと, でそれ, でも充分, でようが, で事済み, で二行, で二階, で僕, で其の, で別に, で十分, で可, で気, で決して, で社長, で詳しい, で醜く, で頭, ならいい, なら僕, なら兎, なら私, なんだ, なんにもな, はやって, やって, 低くなり, 働いて, 出て, 勇ましい, 取って, 問題に, 多くの, 帰って, 手を, 援助を, 楽な, 生命を, 私は, 私を, 聞いて, 話して, 隠して, 頭に

1 [623件 抜粋] あからさまに, あとの, あまりに縮めた, あるといふ, あるの, あれば, あんな風, いつもより, おぬ, おり切って, お上を, お前に, お嫁, お尽し, お礼の, この八つ橋, この辺, これが, これを, ごまかし易い, さも厳重, しかめて, じゃからね, じゃ中途半端, じゃ兎角, じゃ全く, じゃ手, じゃ済まない, じゃ物足りない, そう言った, そのうまい, その見聞談, それを, それ丈け, だから, だから元々, だから大きに, だから本土, だから注目, だから郁子, だぞ, だつたが, だつて, だな, だもの, だろうね, つとめれば, であったが, であったらいくらでも, であの, でありまして, でいらっしゃるん, でおしまい, でおとしさん, でこれ, でございましたが, でございます, でございますのよ, でございますわ, でしたから, でしたが, でしょう, でしょうな, ですか, ですな, ですね, ですよ, ですわ, でそれから, でそれに, でそんな, でちゃんと, でなく, でなくムカムカ, でなく廣, でなく弟, では二年寿命, でびっくり, でまだ, でまとも, でもただ事, でもよく, でもゾッと, でも三人, でも五人, でも今, でも今度, でも何となく, でも十町歩, でも取返し, でも基督, でも大分, でも慄然, でも打, でも斯, でも板葺き, でも気, でも洛陽, でも百三十幾つ, でも私, でも通り, でも雇人, でも飾り, でよい, でわし, でナイヤガラ瀑布, でヘトヘト, でモダン, で一章, で丈夫, で三千円, で三田, で二人, で些, で人, で今, で何奴, で余他, で使, で全, で其希望通り, で分らないつて, で別状, で力, で十分嫌疑, で十分顛倒, で又蔵, で友人, で取り戻されて, で各自床, で否, で呼吸, で問題, で堀立小屋, で墜落, で壁, で外, で外套, で大した, で女, で如何, で室, で寄合い, で専務, で尻, で彼, で彼等, で後, で我子, で手許, で挨拶, で振り放す努力, で斬罪, で昔, で昨今, で月五百円, で服装, で根, で此異装, で此異裝, で残余, で民衆, で沖, で深い, で湯, で濟め, で濟ん, で生命, で盆, で真底, で石塔, で私, で精一杯, で絶対, で美代子さん, で色々, で苗字, で誰, で讃, で轢死者, で逃げようとも, で遠く, で飛魚, で體温器, で鳴り, どこまでも, ならあのま, ならいくらでも, ならまだ, ならもう, なら二百四十円, なら人目, なら何うに, なら何等, なら問題, なら多感, なら差支えありますまい, なら我慢, なら気味, なら物, なら能率, なら郷里, にそ, のけものに, のこんだから, はこ, はやりたい, ほこりが, まじめに, まぶしく照らし出され, より少く, ギラギラ光る, コンクリートの, ソレを, ソワソワと, ゾッとする, ハッキリと, フーワリと, ムリオに, リユウバンスと, 一つという, 一人ヒヨツコリと, 丁度砂漠, 上げようじゃ, 上ったの, 上國よりも, 上等じゃ, 下さいな, 下さるん, 下つて, 不機嫌な, 不純物を, 与えまいと, 与って, 並びが, 並ぶと, 中, 主の, 二人の, 云うと, 云ひます, 云ふともう, 人々の, 人の, 人並で, 人生本来の, 他の, 他人の, 会費に, 伯母さんの, 体裁よく, 何う, 余計だ, 余計だった, 余計な, 余計取れる, 余計目に, 使う様, 侵略した, 信用すべき, 俺でない, 倒れて, 借用しない, 價格が, 入坑する, 全く其事, 其れ, 其頃の, 写し取ったら足音, 写そう, 冷淡に, 出る箱, 出来るかぎり, 出来上った時, 分けて, 分って, 分る様, 切って, 切迫し, 前例が, 助かる, 効果的に, 勉強し, 動くの, 勝って, 勤めて, 単純化された, 又は其, 又白髪, 取て, 取りに, 口を, 叩かれるに, 可能性には, 吾, 味を, 命を, 喋って, 器用な, 回復した, 困惑させ, 困難か, 図々しいん, 報告し, 変えて, 多くこう, 多数の, 大きいの, 大きな絵, 大きな顔, 大切に, 威厳を, 娑婆に, 孤立し, 学問へ, 安静に, 宜いでしょう, 実に困難至極, 実演で, 宿に, 小さくならう, 少し変った, 尽して, 岸は, 帰つて来よう, 幅が, 平民で, 平穏を, 度々土蔵, 廻すこと, 弟の, 強く言っ, 彼の, 御機嫌, 復讐心は, 必要であった, 怒りは, 怖いもの, 思い出して, 悠長で, 愈恋しく, 態と外し, 懸命に, 戴いて, 手抜かりの, 手早く菰田, 抜いて, 択り, 拝借とは, 拷問の, 探って, 提げて, 放れたもの, 救って, 敬遠の, 敷いたガラン, 斯うい, 日本よりは, 早くやる, 早く切り上げ, 早く帰っ, 早く書き改めよう, 早く此土地, 早く海岸, 早く自分, 早く通過, 明けて, 明日直ぐ, 暑気払ひと称し, 暴れさせとく, 書いて, 書き進んだとき, 有利な, 東京から, 楽だ, 楽み, 横着な, 此方の, 歩が, 歩きましょう, 殊に主観的, 残酷に, 殘つたから, 気が, 気に入らなかった, 汽車に, 沢山貰う, 油断が, 波立つけれど, 泣き喋り度, 洗わせて, 無作法にも, 無理な, 無益頓て, 無駄を, 熱臭い, 現實, 甚だつまらぬ, 生きるん, 生命が, 申あげれ, 申上げます, 申上げれ, 男らしい肩, 異端者の, 痛快に, 白状した, 目に, 相集め, 真昼間を, 知って, 短く地, 祝って, 秘書を, 空っぽに, 突然進み, 窓の, 立ち入るまいとして, 立派な, 箱の, 節約しよう, 綿密に, 縮められること, 繩を, 置いて, 老婆についての, 考えるよう, 考へまいとして, 耳語し, 聞える, 聞かして, 聞き取ると, 聴いて, 育てて, 胡魔化し, 脈が, 自分の, 色々面白い, 苦い男, 落ち着いて, 藝者と, 行き給え, 行くより, 表情の, 被害者にとっては, 補助し, 見ても, 見ること, 見物した, 言うの, 言へば, 訊いて, 詰めて, 話が, 話そう, 話の, 詳しく説明, 詳しく調べた, 説明する, 読んでも, 貸して, 貸すから, 起る, 足跡の, 身を, 身体も, 辛抱する, 辨次に, 逃げ出して, 通じて, 通用する, 逢って, 遠くへ, 遠く離れた, 遣わない自分, 選び出して, 避けたが, 那処か, 酔わないで, 鈍感な, 銃猟も, 鋭敏ね, 長く保存, 長く続けたかった, 開いて, 開く様, 離れた場所, 離れぬよう, 顎を, 顔形を, 食べるこつちや, 骨を, 高い南京下見, 高い夏草, 高い麻, 高き義, 高く命, 高く立ちならん, 魔物に, 鮮に

▼ 丈~ (407, 4.8%)

4 いやに, 私の, 認めて 3 容易に, 常並, 知って

2 [40件] ごまかしが, して, すらりと, それ程でない, た, なまめかしく馴, 似合って, 似合つてゐる, 何う, 何とも云, 例外だ, 信じましたよ, 俺の, 僕が, 可なり, 命令する, 四寸も, 堂々と, 妻でも, 妾悪意は, 存じて, 尽さねば, 嶄然として, 平素の, 弄んで, 彼の, 微笑を, 慎んで, 慥かだ, 承ること, 機嫌よく, 此の, 活, 益鋭く, 相当儲けました, 立派な, 自分の, 評して, 貴女が, 高し周囲

1 [306件] あの我執, ありました, あると, あるらしく思える, ある上下運動, あろうと, いやである, おつぎ, お國, かんにん, くれた, くれる, これつ, しない方, すぐ出した, すっかりやっ, ずばぬけて, その後歌舞伎座や, そんな気持, たしかだった, つくした上, とても堪らない, どうしても納め, どうする, どうやら一番がけ, どなたも, なかった, なかなかあッ, なくて, なる, ほんとうの, ぼんやり知つて, ぽり, まとめなければ, みんなの, みんな遣つち, もう一度おうかがい, もう少し寛大, もう確か, やがて江戸, やって, やっと思い出した, やつと, やめて, よいの, わが家の, スと, スラリと, プラトンが, ポッケットに, マチスの, メダルに, 一つ上の, 一丈も, 一丈余も, 一向に参りません, 一寸お, 一寸読者諸君, 一寸違っ, 一尺ばかり, 一尺ほど, 一点の, 三日位に, 三田と, 下るまい, 不吊, 不定限に, 世の, 並よりも, 中背より, 中背よりも, 久々で, 争われない, 事実だ, 事実らし, 事實である, 二呎で, 云えますけれど, 云つて退けました, 云は, 五六寸許で, 五尺そこそこの, 五尺ばかりの, 五尺七八寸も, 五尺七寸位ございます, 五尺二三寸肌の, 五尺五六寸の, 人々の, 今でも, 今斯, 今話します, 伴蔵の, 低いが, 低く髭, 体が, 何うかと, 何うし, 何かの, 何とかやつ, 何とでも, 何となし, 何処かへ, 何時行っ, 何時行つても, 偉さ, 僕は, 僕等三人で, 優しかった, 優しかつ, 元気らしく, 元気らしく答えた, 先ず安心, 先づ支へる, 兎に, 入ったが, 八にも, 八尺位まあ, 六尺に, 六尺余りも, 其の儘, 其中に, 出て, 分かつた, 分かつて, 分った, 判って, 別に惡, 割合に, 劣れども, 助かった, 勘次と, 卒業しました, 却, 取つて, 取りとめたよ, 取消に, 取除, 受け入れると, 右に, 合わずことに, 吉原再興を, 四フィートある, 四フィートも, 四五寸に, 四寸二分, 四寸二分で, 四寸二分の如来様だ, 四尺に, 塔の, 増水し, 売らずに, 多年此処で, 大丈夫です, 大抵存じ, 失禮乍らお世話も, 奇麗なぞと, 如何にも有れ, 始めから, 嬉しい感じ, 存外い, 家に, 容易な, 小さく痩せぎす, 小川に, 少しも, 左へ, 差控えさせ, 己が, 已めたら可, 常に間違い, 平岡君に, 平気で, 幸福だ, 幾らか防げる, 強く云, 強く云った, 彼に, 彼奴の, 御中止, 御免を, 御免蒙りました, 御免蒙る, 御存じでしょう, 心得て, 心掛てんで, 忘れなかつた, 忘れまいと, 思て, 急に, 恐らくどっち道間違い, 恐ろしく短い, 慥かである, 慰籍を, 我慢が, 戸棚より, 手を, 持って, 掘り盡, 掘り返さずに, 探偵と, 擽ったくって, 救ひ遣はさん, 教えて, 数十センチに, 新しいおろし, 日本の, 日本人並で, 明かだった, 明かだつた, 昨の, 是等無形の, 是非共受けさせね, 有つた上, 本当の, 朱子が, 次第に高く, 正しい理解, 正確に, 此所に, 此方から, 殆ん, 決して客, 決して忘れない, 決して行楽, 浅草遍照院に, 滾, 漸と, 無くとも, 父が, 物に, 物質的の, 特に雇, 特別に, 甲州の, 申し上げたいの, 男としては, 畑へ, 略慥な, 疑はれぬ, 疑も, 病身か, 皮膚の, 益, 益話が, 看護婦さんの, 矢張り氣長に, 知つて居た, 破格である, 確かである, 確かでございます, 確かな, 確からしい, 私と, 私より, 精細な, 給し, 給候, 給候爲め渡來之儀差免し, 美味しく煮, 考へねば, 肯定致します, 膝までに, 自分でも, 自由に, 苦も, 落されまいと, 薄くつて深み, 藤吉の, 行きたいね, 見つけ, 見越して, 言ふと, 記憶に, 許して, 誰の, 誰も, 貸したこと, 身分の, 軍刀を, 輸出品の, 辯解しない, 逃が, 通って, 通つてゐた, 連れて, 遠慮し, 遠慮致す, 遣り給, 遣ると, 適切な, 酔って, 銀緑に, 長い上, 開けたの, 間に, 陰氣な, 雲を, 顔を, 食はせる, 馬鹿笑いを, 高いか, 高いが, 高くない, 高くは, 高く肉付き, 高く肩

▼ 丈けの~ (341, 4.0%)

18 ことを 17 ことは 9 ことが 8 ことで, 事を, 話だ 6 力を, 話で 5 ものを 4 事で, 事は, 力が 3 ことです, 助力を

2 [19件] ことだ, ことな, ことなら, 事から, 事実を, 元気が, 努力を, 勇氣が, 為に, 為めに, 理由で, 理由では, 甘言に, 用意が, 細工を, 自信が, 金を, 順序は, 高い海藻

1 [200件] お金で, ことか, ことさ, ことじゃ, ことそして, ことだった, ことである, ことでした, こと聴いた, とし子を, もので, ものです, ものと, ものは, ものも, やうな, よい裏, オフィスで, 一つの, 一局部の, 一種の, 上等の, 主治医に, 事だ, 事であった, 事である, 事です, 事で御座います, 事なら, 事固, 事實で, 二本の, 人工停電だ, 人数が, 人数を, 人氣者は, 代物さ, 伯龍だつた, 低い父, 体動なく, 何かを, 余裕が, 余裕を, 価値は, 値打の, 働きを, 再試験, 分が, 分なら, 分前, 切り開いた許, 利益を, 制度の, 力で, 力は, 功をば, 勇気は, 印ばかり, 品が, 品物を, 問題です, 問題らしい, 土では, 基本財産を, 基督の, 変化が, 多勢の, 大人数, 大仕事, 大勢の, 女だ, 奴を, 妻に, 娯楽で, 婦人が, 子供を, 孤独でなく, 客が, 家禄は, 広い心持ち, 座興でない, 廻りくどい遠, 強さ, 御収納, 御手腕, 御振替, 御話, 徳望も, 心持ちでは, 心細いこと, 心遣いが, 志は, 思想智識が, 恐怖で, 恥を, 恩顧を, 恰幅なら, 悲みや苦勞が, 意味さ, 感じかも, 感じで, 所を, 手段は, 手練も, 手腕が, 抵抗力が, 持合せが, 提燈を, 文字が, 時間が, 書物を, 望みが, 材料が, 材料を, 根拠を, 根本的差別を, 業を, 欧羅巴人の, 歓楽と, 気兼ねの, 気力が, 江戸, 派手を, 海螢は, 深い興味, 深味も, 物が, 猫を, 理由と, 理由を, 理由を以て, 生徒を, 用事が, 用心を, 用意と, 男が, 發掘物を, 目的を, 知って, 確かな, 秘密に, 秘密の, 程度に, 経験で, 絵商人さ, 絶望と, 罪を, 美人も, 群集が, 考えなら, 胆力が, 脇差に, 腕は, 自信は, 自由を, 興味を, 苦しみを, 苦心も, 草鞋を, 莫児比, 葬儀委員長でない, 虚勢が, 行倒れを, 言葉で, 訳の, 証拠を, 話からは, 話さいや, 話ぢや, 話です, 話は, 話題, 語学の, 誠を, 誠意を, 證據が, 讃辞を, 財宝を, 責任は, 身の, 身も, 身上を, 辛抱と, 道徳の, 道筋を, 部屋で, 金がか, 金は, 金貨紙幣を, 長い感想文, 長さ, 関係だ, 隠し袋が, 集りよりも, 電報で, 風が, 風流人が, 風致を, 骨折が, 高いの

▼ 丈~ (337, 4.0%)

53 あつた 3 人情から, 小説を, 毫も神, 満足し

2 [19件] あとは, またどう, ノメ, 一枚の, 作家か, 俺は, 倒れて, 冷然として, 十分だ, 呼び止められるの, 恋を, 満足する, 瑠璃子の, 癒して, 私は, 私交の, 美奈子の, 肝腎の, 言葉は

1 [234件] あつたの, あといくら見なおし, あの当時, いま入浴し, うつたう, おそらく三間, おとなしくし, お分れしました, お臀, くる分, こればかり, さへ, しかもその, すぐ, すぐ刺激, すぐ舞台, すらどう, せいが, そう云う, その, そのお, その人, その御, その日, その祈願, それでも本人, それより, それ等が, ちつとも, つきた譯, つくつた鹿児島, つまり其西隣, どうした, どうやら納まった, どこからも, どんなに動かされ, なすり込んだ塵埃, ほんの芽生え, まじめな, まだ入, まだ物, もうその, もう死ん, やって来て, やっと犬, ゆっくりお話, ゆつくり, よろしいから, わざと主人, インスピレーションが, ハッキリと, ハツキリと, ブルブルする, ミシンの, モスク, 一切その, 一向にあてども, 一言の, 万事が, 三度の, 下の, 中に, 事が, 二人の, 云える, 云って, 云つていらつ, 人間も, 今後の, 仕方が, 他に, 以下の, 何う, 何でも, 何とも答, 何の, 何も, 何事も, 何故か室内, 使うよう, 信じて, 充分である, 充分ね, 全部灰に, 其他の, 其他は, 其意味は, 其處へ, 其行つても, 出通り, 刀や, 別に代, 別段問, 別段後で, 動も, 十分で, 占領し, 危険は, 受持つた, 可い, 君の, 呼吸し, 外に, 外には, 外は, 夜は, 大きい事, 大きな図体, 大きな火, 大した損害, 大切な, 好いの, 子供の, 宜しい, 実行する, 小一日, 小遣錢を, 少しずつ, 少しも, 山住いの, 岩壁に, 崩して, 己には, 帰りは, 常に気分, 平地とは, 平気な, 引込んで, 弥勒仏の, 当人は, 後で痛く, 心ある, 心静かに, 忽ちぐるりが, 忽ちぼうっと勢, 恐怖の, 悟の, 懲, 戻って, 戻る, 手つ, 手紙の, 持つて, 推察した, 支那とは, 故ら, 救う力, 文部大輔田中氏及び, 既に許す, 暗示に, 有った是, 朝飯を, 未だ両方繋, 未だ兩方繋, 未だ恨み癒えず, 本当に苦し, 格別まごつく, 案内者を, 棄てて, 棒の, 歌として, 歩く女, 死んで, 死者に対する, 気持が, 汗が, 沢山だろう, 沢山な, 流場一面の, 済んだ, 渓中に, 満足と, 満足の, 満足出来ない, 滿足する, 漸く落ち付いた, 濁つた雜音, 濟んだ, 濟んで, 濡縁に, 火を, 灰色に, 理由を, 甞て, 生きて, 甲田君の, 病気に, 発掘道具は, 目が, 社會教育の, 祝う, 私の, 終る事, 結構です, 翌朝郷里へ, 老人の, 職業其物は, 胸苦しくなり, 脚袢の, 自分が, 自分の, 自分は, 興味ある, 色は, 色白く, 苦しくなる, 荷物の, 見て, 見ると, 証拠や, 詳しくは, 誇るべきもの, 誰が, 買ひたい了簡を, 赤皮の, 走り続けた, 足音を, 辛棒が, 返答は, 遂ぞ, 道を, 道其物とは, 都会からの, 鎗を, 間は, 雙方とも, 雨の, 震災の, 頭を, 顏立は, 風俗習慣に, 飴は, 高等小學へ, 黄衣白帯した

▼ 丈けは~ (312, 3.7%)

3 完全に, 彼女の, 残って

2 [16件] あの先生, いつでも, して, もう幾度, 何処までも, 例外の, 保たれて, 免かれた, 助けて, 平静な, 忘れて, 直ぐに, 知って, 認められる, 誘惑し, 誰にも

1 [271件] あなたの, あなたも, あまり高く, あります, ありますのね, あること, あるん, いけないぞ, いつもの, いつも点, いやに, おまけだ, およそ五尺, お手, お認め, きっと呉れた, この借手, この際俺, この顰, さすがに, さらしものに, してやらないと, すっかり現, するなよ, せめて家, その仲間, その儘, その積り, その難, それも, そんな私, たしかめられたが, つく, どうした, どうしても愛せない, どうする, どうも合点, どう考え, どこから, どんなこと, なお取調, ひどく大きい人間, まず完全, もう一人前, もう済んだ, よく好まれ, よして, わしの, アッと, キナ, テカテカと, ハッキリ分っ, 一々肉筆, 一向戸締り, 一生涯忘れる, 下手人ぢや, 不思議な, 不思議に, 不気味に, 与えられて, 乃公の, 事の, 事実です, 云いたくない, 云は, 云ひ得る, 五段の, 交換し, 人形の, 人間竝み, 仕方が, 他に, 休まずに, 何うにか, 何だか変, 何人にも, 例外として, 例外に, 保証します, 保証出来る, 信者を, 催促を, 僅か二三尺, 僕の, 充分し, 先ず間違い, 先祖からの, 全ての, 全然棚, 全部社長持ちです, 其後無事に, 具って, 几帳面だ, 出来るの, 初耳だった, 判然云える, 別です, 別物に, 前以, 割に明るい, 勘弁し, 勘辨し, 十分ぐらいで, 千両だ, 厚く御, 原則として, 厭や, 又他, 及第でしょう, 取消したかった, 合って, 同じでない, 否定出來ない, 呑気に, 和製を, 喜んだ, 四五日後れ, 埋葬の, 堅い, 堪忍し, 売りたいと, 外國人が, 大きなの, 大に, 大丈夫だ, 大丈夫だろう, 大変離れ, 好い, 如何やら, 妙な, 始終合わせる, 学んで, 安っぽい色布, 定って, 宜い, 実際やる, 実際坊ちゃん, 室内の, 富士額だ, 尽したいもの, 居間に, 届けて, 帝大の, 平塚君から, 幼時亡祖母から, 度外視し, 御免蒙る, 御冗談, 御見合せ下さい, 徳を, 心に, 心得て, 心配無用に, 必ず一同, 必ず見, 思い止り給え, 慎み給え, 我輩の, 持場を, 料簡する, 新鮮な, 日の, 昔ながらの, 昔の, 春泥が, 是非断っ, 時折承っ, 書くなよ, 未だに三人前, 本人の, 本当に豪い, 本当の, 東京でも, 東京に, 格天井を, 極めて鮮, 様子を, 模擬じゃ, 模擬夫人じゃ, 止した方, 止して, 正しく辺り, 正直です, 残した, 比較的勇敢, 氏としては, 汚れても, 注意し, 流石に, 清水です, 溶け出て, 爭はれない, 片隅の, 玄人に, 生きて, 生まなかったが, 留守でした, 異様に, 疑いも, 痩せないと, 白人にも, 白状しませんでした, 皆相応好い, 益, 目に, 真正に, 矢張り執着が, 知らず識ら, 石に, 確かだ, 確かに, 確だ, 確であります, 禹貢が, 私が, 私たちが, 私の, 私も, 空想では, 立派に, 端麗で, 節々上ましょう, 絶えず悩まされ, 綿ネルの, 聞いて, 肌身離さず持ち歩い, 能くして, 臨時を, 自慢です, 自由を, 致します, 若い時, 若者の, 薄々気がついた, 蛇の, 行くだ, 行つてや, 被りましょう, 西洋の, 見せて, 見ても, 見られなかつたやういま仄か, 見当を, 見逃して, 親しい間柄, 親父が, 訊し, 記憶し, 話しましたが, 諢われない, 諦めて, 謂わば, 豊かな, 豪いと, 贅沢を, 逃げて, 違いますからね, 違う, 遺憾なく, 鄭重に, 錆びついて, 長く伸し, 間違いが, 間違いない, 閣の, 防げませんでしたわね, 随分能, 震災前から, 静かでございます, 音なしくす, 首にかけて

▼ 丈~ (258, 3.0%)

7 高くて 3 低くて, 短かく, 短くて

2 [16件] お互に, つまって, 三寸ばかりの, 仏蘭西語が, 伸びて, 低い, 彼女の, 済んだと, 短く頭, 能では, 苦しんで, 訪ねて, 長い, 高い, 高い上, 高かった

1 [210件] あたいを, あたりの, あった, あって, あつた, ある, あるので, あれぎり参りません, あんなに美しい, いいかげんな, いつもの, お高くなっ, かなり短, こつそり, すらりと, すらり高く, ずっと伸び, ずッ, その雰囲気, それ丈の, たりないと, だんだんに, づんづら低かっ, である, どうして百世, どこまでも, なかった, のびて, ぼんやり代, もう投書家, やっとだった, ようやく高く, よまれて, チンチクリンで, リアルな, 一二寸も, 一人で, 一人の, 一尺にも, 一尺三四寸で, 一番苦し, 一番苦しかっ, 七尺以上ありました, 三倍も, 三分の一ばかりしか, 三田の, 上戸で, 並より, 九尺ぐらい, 九尺ぐらゐでした, 二倍ほど, 二円とは, 二寸から, 二本光つてゐる, 五尺にも, 五尺二寸くらい, 五尺五六寸も, 五尺以下で, 人間に, 代助, 伸びた, 伸び終, 低いから, 低いが, 低いため, 低いと, 低いので, 低いもの, 低い上, 低かつ, 低くがっしり, 低くな, 低くセカセカ, 低く幅, 低く幹, 低く横, 低く肩, 体の, 何か, 例に, 保留される, 停車場迄, 兎に, 八尺より, 六フィート以上あり, 六尺以上ありました, 冴えて, 分けられた, 分ったので, 分って, 判然聞えた, 刻み足に, 反つて, 取り残されたやう, 取り残されたよう, 四フィートばかり, 四尺余も, 地獄の, 垣根に, 多くの, 多少気, 大に, 好い気持, 好い氣持, 妙に, 存命の, 家への, 容易でない, 尋ねて, 尋ねると, 小さく近頃, 小六, 川岸の, 幅の, 平気で, 幸と, 店の, 延びて, 彼女を, 怯えて, 懸る, 手引した, 扱いいい, 揃つて長く, 新三郎, 新聞に, 既にその, 日本の, 明るく思はれた, 時々そつ, 時々話し, 晴れたの, 暗い, 暗い中, 来まして, 来れば, 東西山梨二郡の, 歩いて, 残った, 残って, 残つた, 残つてゐた, 残りどの, 殘つて居る, 殘る, 殿下より, 氏輝義元と, 気に, 氣に, 没く, 淋しく子供, 漸く分る, 火玉の, 狂い廻って, 現出する, 白く見えた, 白鷺の, 相違点であった, 眞純で, 真実五尺で, 知つて居る, 短い, 短く私, 短く肥った, 短すぎる, 矮く, 立たない, 立つか, 立派な, 約四尺, 聞える事, 膝迄, 色づいて, 記憶に, 詰って, 詰まつて, 赤く色づい, 足りないから, 足りないね, 身を, 軽い財布, 辯護に, 達くまでに, 違つてゐる, 長かつ, 長く生れた, 長過ぎる, 闇の, 非常に, 面白いかと, 高いか, 高いそうして, 高いとか, 高いので, 高い故, 高う穂, 高くしげっ, 高くそんなに, 高くな, 高くなっ, 高くなった, 高く力, 高く声, 高く白くまっすぐ, 高く胸, 高く響いた, 高く顔, 高すぎる, 鰐や, 黙つて

▼ 丈~ (244, 2.9%)

5 あまる程 4 勝平の 3 して, なって

2 [24件] あまる, あまる事, いたらず, うか, およぶは, した, その愚, それ丈け, どこか, なる, なるの, 人の, 何らの, 余りその, 余る黒髪, 其不安の, 勝平も, 死んだと, 能く, 苦勞が, 近い墓石, 近い断崖, 近い絶壁, 限りなく

1 [181件] あまって, あまるシルフ, あまる古い, あまる帳, あまる黒, あまる黒髪, あまる黒髮きり拂, いたるべし, いまの, きめられなかったか, そこに, そこまで, その争, その争い, そんな事, できて, とどまる, とめて, どうして書けた, なかなか陰険, なつた, なつたんです, なつて, なりゃ好い, なれないで, なれば, まあ幾分, まとめる思想, やや弱い, ホク, マス君の, 一々少なから, 一層其感, 一時間も, 不思議にも, 中, 乘換の, 乱れて, 了簡を, 二三寸足りない, 二時間を, 人と, 伸びたる夏草, 伸びました, 何の, 何処か, 何所へ, 余り小高い, 余る, 余るって, 余ると, 余る三条瀑, 余る大, 余る水面, 余る白髪, 余る石, 余る竹竿, 余る笹, 余る高い, 余る黒板塀, 余れりと, 余んぬる, 余程東洋, 余裕の, 保守的な, 全力を, 其場所を, 其習慣は, 冬は, 凄く眼, 出來, 到る迄, 十箇所から, 厭でも, 去年から, 又同, 又毀れ, 及ぶ毒土, 及ぶ處, 及んで, 合いそう, 合ふ, 名を, 均しい程, 壮麗である, 大きな醸造場, 大に, 妹の, 婆さんも, 完備し, 実に堂々たる, 家中で, 小六, 少しも, 延びた大きな, 建築が, 引き伸ばしたり, 引握つた, 強く艪, 待遠う, 御米, 御逢申上候, 快く僕, 思ひ切つて斯, 悲劇を, 成つた人である, 我を, 截たれた幹, 手に, 揚つて来た, 斬り付けますれば, 日本の, 旧悪を, 暗の, 最後迄, 朗らかに, 村井氏自身も, 此位の, 此山は, 歩行き出す, 民人の, 沢山来, 流暢な, 減ぜるが, 濡らして, 物を, 生徒の, 盈つ, 短縮し, 積みかさねたもの, 立派な, 築きあげたの, 精魂を, 約一寸許, 終りましたが, 耳を, 肩を, 至る時, 色彩が, 荒れ切って, 裾を, 複雑で, 見えた, 規模は, 視野を, 観ること, 調つて居れ, 足らぬ檜, 近い, 近いとか, 近いところ, 近い大, 近い洞窟, 近い茗荷, 近く眼は, 近く竪に, 近頃の, 通用する, 過ぎないであろう, 過ぎないであろうが, 過ぎないと, 過ぎなかった, 過ぎぬ愛情, 達して, 達する, 達するもの, 達する大木, 達する巨蛇, 達する飛騨, 達せざれば, 達者に, 野卑な, 降るよう, 限られて, 面影白く, 面白い其の, 頭は, 高い金, 麥米の, 黒人の, 黒奴が

▼ 丈~ (212, 2.5%)

9 あろうと 6 二丈も 4 あらうといふ, あろうかと, 上に, 高い 3 あらむ, ある, あるかと, あるべし

2 [14件] ありそう, ありましょうか, あるその, あるよう, ある上, ある塀, あろう, あろうという, 一丈二尺も, 其上も, 昇らなければ, 積んだわけ, 颯と一條伸擴, 高く餘

1 [141件] あった, あったであろう, あったという, あったわけ, あって, あとで, あらうかと, あらうと, あらう脚, あらんと, あり, あり骨ぐみ, あるか, あるし, あるだろうか, あるだろうよ, あるであらふ思へば, あるであろうか, あるであろう思えば, あるところ, あるべし久しき, あるやう, あるらしい鉄壁, あるらしく黄衣, あるコンクリート塀, ある位, ある地底, ある大地壁, ある山田川, ある崕, ある巨, ある断崖, ある杉, ある柵, ある氷塔, ある瀑, ある火, ある焔, ある熊笹, ある物, ある独立, ある田圃, ある綱, ある聖, ある花崗岩壁, ある蘆, ある虎鮫, ある金色, ある長柄, ある黒塀, ある黒鉄色, あろうか, あろうかという, あろうそれ, あろう一筋, あろう右, あろう脚, ございましょうか, さがる事, すらすらと, すらりと, つもって, つもるここ, つんつるてんで, ふれば, ましの, また己, やがて人, よほどの, ドーンと, マントの, 一寸近く, 七八尺ぐらいしか, 下に, 中, 中ぐらい, 九尺あまりに, 亦榛門, 伴藏に, 伸びたが, 伸びたし, 伸び愛嬌も, 伸び枝を, 伸び肉も, 低く開豁, 余り祝福は, 倍以上に, 六丈も, 剥いで, 医者あるいは, 及ばぬほどにも, 同じよう, 名代の, 周囲二町も, 噴きあがっただびゅう, 噴騰した, 四五尺に, 堕ち窪んで, 女としては, 妹よりは, 少し低く, 巻きますので, 延びて, 慰めら, 枝の, 横も, 殆ど踵まで, 深さ, 淺し, 煮え騰る湯, 知らなかった, 知らなかつた, 短かかった, 積もること, 積る, 積んで, 終りたい心持, 背の, 至つて低く, 落ちたであろうか, 落ちると, 裄も, 身に, 這いまわり人知れず, 這ひまはり, 陥没した, 飛び上るもの, 高い崖, 高い空中, 高き也, 高くそして, 高くな, 高くなっ, 高くまた, 高く余り痩せたる, 高く活溌, 高く腹掛け, 高く莟, 高く飛ばし, 高く飛び上っ, 高ければ

▼ 丈~ (186, 2.2%)

3 覚えて, 越えて, 頼んで

2 [17件] お定め, する, なす事右に, やつて, 云つた, 入れた信玄袋, 取っても, 取つて, 取る, 延ばして, 律するもの, 自分の, 苦しめる丈, 貴女の, 超えず幅五尺, 連れて, 隔てて

1 [143件] かいつまんで, きいて, くりかえして, した, して, その老人, ながめる, のばすのに, もう一尺, もう一遍, もって, もつて, やろうと, よく聞い, 一般より, 下らず, 下らず赭壁鑿, 下らないであろう, 世に公, 中篇として, 二寸くらい, 二等の, 云いましょうか, 伝えれば, 伝へれば, 何う, 余りて, 余り長く, 俗的に, 倍加しよう, 僕に, 其間から, 出入の, 出版する, 分擔, 切り離して, 切るの, 剥がして, 力づよく描き出し, 包んだ, 単行本に, 叔父に, 取つて卒年, 取りました昨年, 取り続, 口走って, 台の, 同じく小, 吐きすてる紅雀, 吹き鳴らした, 商売道具に, 営めば, 嘉助と, 噴いて, 圧えた, 定尺, 尽くして, 尽さうと, 差別に, 底の, 強く感じた, 強めて, 後に, 得ること, 御米, 御覽, 意識し, 打電し, 承はる筈, 承わる, 抄訳した, 抱へて, 持つて, 掘って, 揃えて, 数える巨大, 早口に, 明かに, 明らかに, 枕許へ, 正面に, 比べるならば, 没する程, 没する草むら, 洗い去り従って, 点じては, 照らす故に, 爭うて立ち, 留めて, 百日間で, 盗むガッシリ, 盡し, 知って, 知つてゐた, 私に, 窃に, 素材に, 紹介する, 繼合は, 考える, 考へなくては, 考へるべきでは, 聞いて, 行い必要, 見た, 見て, 見出そう, 見憩, 視め, 観察し, 言ふために, 言ふと, 計つて, 訴へたり, 話したの, 説くと, 読み終った, 読んだ丈, 読者に, 謝絶し, 讀むこと, 變へる, 負ふべき, 走ったもの, 超えた壮大, 超えて, 越える大入道, 越し向う, 足袋の, 身に, 近く眺めた, 遥かに, 選んだやう, 選んだよう, 重ねて, 量りなど, 長々と, 開け放つた, 離れて, 鞄の, 音楽だ, 願った, 魚の

▼ 丈太郎~ (171, 2.0%)

4 ですが 3 の心, は箱根 2 とお, の島吉, の異常嗜好, の腕, の言葉, は其の, は思わず, は箱根笹, もお

1 [143件] から貰った, が, がいった, が伯父, が凝然, が墨染, が娘, が寺, が差かかりました, が目, が立ち去, が立っ, が警官, が鎌倉, が門前, だ, だよ, だろうか, です, ですよ, でなかった日, でも島吉, というん, という勇士, といっ, といふ拔目, とか言った, とはこの, とは従兄妹同志, と田宮善助, と言っ, と赤崎才市, と香, ならずとも, にたずねた, には何ん, には判然, にも後生気, にも知らせ, に取次ぎました, に敵名乗, に斬らせた, に殺された, に縋り付きました, に許さなかった, に還る, の一刀, の体, の刀, の前, の功, の危難, の双, の口, の嘆き, の奴, の妻, の姿, の寮, の居間, の弟, の怒, の恐ろしい, の手, の書き遺した, の構え, の様子, の欲望, の答, の罪, の美貌, の背, の袂, の話, の身体, の身近, の項, の頬, はあわて, はお, はこう, はさすが, はその, はたまりかね, ははじめて, はまだ, はわけ, はフラフラ, は一刀, は一種, は不思議, は二人, は伯父, は何, は何ん, は初めて, は大急ぎ, は妙, は子供, は恥, は悪びれた, は敵討, は斯ん, は日, は早く, は暫らく夢心地, は歯噛み, は江戸前, は泣い, は漸く, は煙草, は燃え残る, は物事, は玄関, は直ぐ側, は相, は相手, は立ち上っ, は肩, は自信たっぷり, は自分, は血刀, は話しつづける, は身, は雲水, は青白い, は静か, は鼻観地獄, も会釈, も完全, も最初, も裏, よくぞ, を呼び寄せ, を懐かし, を斬っ, を斬り落した, を斬る, を目黒, を覘, を顧みました, を驚かす, 悉く嫌気

▼ 丈けに~ (164, 1.9%)

6 して 2 なったん, 印象が, 如才ない, 胆力は, 自分の, 責任を, 過ぎないの

1 [144件] あなたの, あの折私, あること, おかしく考えれ, お出来, お小言, お願い致しました, このまざまざ, この一片, この荒削り, この辺, この際, この静子, これを, しましょうよ, すぎぬ芸術, すっかり買いかぶっ, そして相手, そっと教え, その美, その裏, それが, それは, とし子は, なか, なって, なつた, なりました, なる, むずかしい受け答え, やはりその, カッと, ハッキリと, 一圖に, 一層いたましく, 一層廃たい的, 一概に賊, 一種の, 上って, 何となく今更, 何処でも, 何処と, 余計それ, 余計恐ろしい, 作の, 使う為, 修業が, 先輩の, 公明正大だった, 凄味は, 出て, 利かない, 動も, 却ってゾッとする, 取締の, 可成昂奮, 同胞八人皆相応に, 君は, 喜びも, 夜の, 夜警団廃止の, 大勢を, 始末が, 嬉しかった, 孫右衞門の, 宅と, 寿命が, 少しも, 尾までとか, 年は, 年頃の, 廣介としては, 廣介にとっては, 弱い魚, 彼と, 彼の, 彼は, 後が, 忌々しい, 思いやられる, 思わず腋の下, 恐ろしく, 我身の, 手取りが, 持って, 掠り除, 改めたの, 敏感な, 斯う, 日曜が, 明智の, 景色の, 最も名高い, 本当の, 柾木は, 楽な, 樋の, 止まらず更に, 止まらなかった, 止まるでは, 止めて, 止めようと, 正座を, 気を, 気味が悪い, 油断は, 泰然として, 深く身, 牧野さんも, 狂的な, 猶更, 理窟を, 理解を, 用意周到な, 痺れを, 相談し, 眉目秀麗で通る, 眺望は, 社長の, 私と, 私の, 私は, 私達は, 穴が, 端から, 絶望が, 絹子さんは, 考古学や, 興味が, 見て, 覚えず不服, 触れないで, 話して, 話すん, 話す時, 謹厳そのものだ, 賊が, 過ぎないから, 道具の, 遙, 金を, 非常に, 頗る西京贔負, 鼻息が

▼ 丈~ (139, 1.6%)

3 どんに, に渡し 2 が此処, でございます, という奴, と云う, の女房, も心配, を連れ

1 [119件] お前それじゃ, から五両, から聞いた, がうっかり, がお供, がしめた, がたけりたっ, がなま, がカゴ訴, が供, が再度, が前非, が力, が勇助, が外出, が御, が怖, が悪人, が暗い, が来, が狙い打, が私, が種々, が縄, が錆, だから, といい合せ, というもん, という人, という小, という若党, と二人, と共に葛飾, と其の, と掛合っ, と申し合せ, と申す, と話, どん, どんを, どん殺生の, どん私も, どん能く, には考え, に向い, に持たし, に渡す, の三百三十九両, の企み, の匿, の命, の娘, の家, の宿屋, の得手, の心耳, の悪事, の持っ, の方, の横腹, の死骸, の為, の脇腹, の領元, の首, はあれ, はお前, はきまり, はこの, はこれ, はまた, はバラ, は一本差し, は今度, は出, は剣術, は助右衛門, は大野, は屋敷, は川越藩, は弥, は得意, は忍ん, は手負い, は朝, は横着者, は母親, は浮び上ります, は用人志願, は男, は空涙, は老中太田備後守, は腹の中, は迚, は面倒, は驚き, も先非後悔, も其の, も此方, も死物狂い, も百姓, も若旦那さま, も跡, や商い, や手前, をお抱え, をよん, をクビ, を勤め, を家来, を狙っ, モット大きな, 何方の, 勇助が, 夫婦の, 御馳走は, 早速の, 殺しが, 誠に忝

▼ 丈~ (134, 1.6%)

10 の蛇矛 4 の大, の矛 3 は自分 2 か, が後, だ, の顔, はそう, はその

1 [101件] から, が, がいったい, が勢, が思いつい, が昔語り頸筋元, が沼泥だらけ, が筋肉, が答えた, が茶碗, が見届け, が追いかけ, だけだった, だけはその, だった, っ, っあん, とても勿論そうである, とも常, と二人, と共にかくれた, と小林平八郎, と申す, と糸屋, と身なり, などという曲者, なの, にも一学, に与えた, に後, に渡し, のこと, のす, のふところ, のほう, の体, の報告, の手紙, の手蹟, の紙片, の緑沈槍, の背, の言葉, の頬, の齎した, は, はいわゆる, はそ, はそのまま, はとうとう, はびっくり, はまだ, はもう, はやがて, は一学, は不意, は何気なく, は側, は先, は冷えた, は凝, は喉, は宙, は寝, は思った, は思わず, は曾, は柄, は柄杓, は桜田, は江戸表, は用向き, は病後, は真っ赤, は短い, は窓, は立ち竦んだ, は縁先, は落着, は見事, は諦めた, は赤穂, は通され, は道具買い, は馬, は馬子, へは, へ向けた, へ赤穂方面, もじっと, もその, もちょうど, もはっと, も一学, も同感, も座, も強い, も来, も気づいた, を初め, を見向き

▼ 丈~ (122, 1.4%)

5 のだ 3 のである, んだ 2 のです, ものを, 樫の, 男が, 肩が, 腕を, 鉄の, 骨組みで

1 [95件] この山人, の, ので, のでゆっくり, ので已, ので鼠, のに非常, のよ, のよどっち, もので, んでいや, んでしょう, んです, ステツキが, デレッキが, 丈け, 三十男を, 不趣味, 両手で, 両肩, 中年の, 中老人鬢に, 人夫でも, 仕事師上がりらしい, 体である, 体格の, 体躯が, 体躯にも, 倉庫が, 具足を, 叉手が, 土蔵造りです, 壁や, 大扉, 妻の, 寝台が, 屋造是なら, 市刑務所へ, 年寄りである, 幹に, 建物を, 後ろ姿を, 懷へ, 扉へ, 扉を, 手が, 手で, 木の, 本陣擬百年経っ, 柄の, 柵の, 格子に, 格子を, 棚が, 椅子に, 植幸何となく, 歩き付きを, 段々が, 爺さんの, 男と, 留守宅の, 白木の, 白髯の, 石の, 石作りの, 箱が, 紳士が, 肉体も, 胸を, 膝を, 船員風の, 花崗岩を, 荒削りの, 荷作りを, 蝙蝠傘, 赭黒い, 身体つきの, 身体に, 身体を, 躯でも, 金具じゃ, 金目垣その, 金鎖を, 鉄扉が, 鉄棒の, 錠が, 錠前を, 長火鉢が, 青竹の, 革帯を, 顎を, 骨節を, 骨組の, 體格の, 體躯にもか

▼ 丈でも~ (111, 1.3%)

3

2 [16件] あさましくなる, ともすればムカ, イヤな, 可い, 同棲し, 妾の, 彼女は, 憤ろしい面影, 来る価値, 気が, 瑠璃子には, 目方は, 相当に, 自分は, 貴女に, 非常に

1 [76件] おも, お関, かなり, こつちの方, しばしば万事水泡, しょっ中, つまんめ, どの位學界, ましである, まづ何, もう御, よいの, わしは, 一大事である, 一手柄さ, 中, 事は, 二つ位の, 人民は, 充分その, 充分処刑の, 充分聞き出す, 充分閣下, 其熱心な, 分って, 分るだらうが, 単純な, 口惜しくって, 君は, 否なりと, 四五へんは, 大分違ふ, 大變重寶, 大阪は, 夫の, 失笑を, 好いから, 姑く, 孔子様は, 容易で, 寫眞の, 山梨郡に, 平常は, 幾何いい, 底冷が, 想像された, 推察する, 救は, 既に一角, 日本服は, 明白です, 是非召上るね, 此の, 毎月一万円を, 汚ら, 汚らわしいこと, 沢山な, 満足だ, 甚だ安全, 生活に, 益される, 目に, 緊張した, 自分が, 自分を, 苦しいといふ, 苦痛でしたろう, 補はう, 見て, 見られたもの, 計られるさまで, 豊かな, 近頃は, 迷惑な, 面白かった, 食欲を

▼ 丈五郎~ (101, 1.2%)

4 の女房, の従兄弟 3 はその 2 がどうして, のこと, の子

1 [84件] かい, がある, がここ, がその, が僕, が取りはずし, が古い, が土蔵, が大, が本土, が私, が謂わ, が醜い, が鬼瓦, だ, だよ, であったという, であること, ではない, という名, と呼び捨て, と徳さん, なの, にし, に内通, に君, に奪われた, に殺された, に生, の不思議, の傴僂女房, の兄, の図, の奴, の奸計, の実, の実子, の恐ろしい, の悪, の悪事, の方, の暴虐, の本当, の様, の殺人, の為, の父親, の異母兄, の秘密, の落した, の解釈, の返報, の醜い, の魔手, はそこ, はと見る, はどうして, はもうとっくに, は下, は今, は傴僂息子, は吉ちゃん, は因果, は少し, は幾年月, は徳さん, は成人, は気, は洞窟, は無論, は真青, は私達, は空, は遂に再び, は鬼瓦そのもの, も我, も気, をたばかる, をつれ, を怒らせ, を憎む, を捕える, を責め, 程の悪者

▼ 丈~ (92, 1.1%)

20 になっ 7 になつ 6 になった 3 になる, に罵りました 2 に, になりました, に無言, に瑠璃子

1 [45件] さ一丈, さ十丈も, で熱狂的, で自分, な割合, な口, な声, な態度, な様子, な虚勢, になつて, になつて詰問, になり, になりおっ, にのそり, にののしった, にわめき立てる, にわれ, に云っ, に云った, に仁王立ち, に伸び上っ, に何, に先生, に叫んだ, に叱られ, に呶, に問, に嚇し, に声, に大喝, に店, に彼, に感じられた, に成つて袖褄, に母, に私, に突立, に答え返そう, に罵っ, に罵った, に罵つた, に遣, のつ, 直ちに其帶

▼ 丈~ (79, 0.9%)

4 の野郎 3 の顔 2 が借金だらけ, だ, とお, などの眼玉, の右, の死体, の死體, の眼, は衣紋, を殺した

1 [52件] からあずかった, がどの, が大阪, が憔悴, が本人, が歩く, が気, が氣, が沈みきった, が沈痛, が社長, でなくて, という人, とかいう男, とか言, とつれだっ, となっ, と自分, に化け, に対し自身, に対する非難, に差入れ, に自首, のうしろ, のすすめる, のひた, の取調, の感傷, の手帳, の行方, の言葉, の話, はその, はちらっと, はときどき, はなか, はなかなか, はヒステリカル, は上, は伍一, は声, は感傷的, は生れつき, は生れ付き, は眼, は聯合, は聲, は身, よりもむしろちらっと, を促し, を親戚, を追窮

▼ 丈吉君~ (72, 0.8%)

5 の首 3 の寝室, はそれ 2 といっしょ, とヨシ子ちゃん, もヨシ子ちゃん

1 [55件] あれ山本さん, がうんざり, がこちら, がすわっ, がそこ, がぶじ, がよびかけます, が心配そう, が時計塔, が穴, とぶっつかりました, と小林少年, にこの, ののぞい, の力, の妹, の耳, の部屋, はあぶない, はあまり, はいきなり, はいた, はしばらく, はすぐ, はそう, はだいた, はびっくり, はふしぎそう, はふと, はまだ, はギョッ, はゾウッ, は勇気, は四階, は妹, は心配, は思いきっ, は時計塔, は死ん, は気, は高校一年生, まずこの, もうなずい, もベッド, も一階, も時計, をとらえ, をなだめる, をのぞい, をひと間, をひどい, をよびだし, をよん, を一階, を助け

▼ 丈けでも~ (68, 0.8%)

2 僕は, 母と, 私は

1 [62件] おれは, こうから, この店, これで, して, まだ人間, わしの, ウズウズと, ビクッとして, 一見し, 三郎は, 二十五円の, 何とも云えぬ, 充分に, 充分分る, 充分嫌疑, 切れるの, 利くといったくらいの, 十分うんざり, 十分一篇の, 吉ちゃんの, 唇が, 困って, 国宝級の, 大変な, 大抵で, 好い体育運動, 好い加減忙しい, 容易な, 尊敬される, 快さ, 恐ろしい苦痛, 感化を, 我々の, 敏感な, 数十金の, 曰くお, 期待を, 検分し, 死ぬこと, 残念で堪らぬ, 毎月の, 満足に, 無事には, 相手を, 祖父さんも, 立派な, 絶えずあの, 総毛立つでは, 縛れると, 罪深いこと, 胸が, 行きませんか, 見て, 豪い奴, 身内が, 退屈しない, 逃げ出そうと, 逸子にと, 間違ってるん, 随分迷惑, 随分雄大

▼ 丈けを~ (67, 0.8%)

2 振り向けた

1 [65件] お話しよう, かいつまんで, かき口説いた紋切型, かの軍艦, して, たよりに, もたげて, やっと思い出した, クドクドと, スッポリかぶっ, 中村是公氏の, 云ふ, 仰有るん, 信頼し, 入れて, 出して, 分離した, 切り離して, 剥き出しには, 取つた, 取はず, 取り残して, 受けて, 問題に, 夜具の, 始末し, 尽して, 左に, 幾つかに, 引き放したら寒い, 忠實に, 愛して, 慎んだ, 手に, 抜き出して, 持去った, 採集する, 換えて, 摘んで, 擧げて, 方々へ, 極かいつまん, 極く, 正確に, 正面に, 残して, 気づかつて, 水面に, 没する大, 現わし, 目標と, 目的として, 眠らせて, 私の, 答えた, 要約する, 親が, 記して, 記すに, 語るところ, 読了した, 貴しと, 貼りつけたの, 遺伝し, 隠して

▼ 丈では~ (65, 0.8%)

3 ない, なかつた 2 それが, なかった, なくその, なく証拠, 何でも, 何の, 優劣には, 母と, 飽くまでも妻

1 [41件] あるが, いくら濃く, この細い, すまされません, すまない気, とてもだ, ないか, ないだろうか, ないと, ない老婆, なかなかやれますまい, なかなか買いません, なれない, 一向変化, 何う, 何だか物足りなく, 何故特に十二時, 余は, 分らないもの, 勿論分らない, 君見たい, 地圖の, 大した罪, 守備が, 実際に, 幾度問うた, 御米, 所詮あの, 日本の, 満足しない, 滿足が, 父から, 物界の, 物足らな, 理由に, 結局に, 聞かして, 長官も, 間に, 面白うない, 飽足りなく

▼ 丈高い~ (62, 0.7%)

5 青年も 3 草や 2 椰子樹の, 草が, 草の, 雑草を

1 [46件] この友, ローソクを, 人を, 体の, 体を, 信吾が, 偉丈夫, 公孫樹が, 印度杉の, 女郎花風のも, 姿が, 姿は, 姿を, 宮の, 影は, 彼の, 指物は, 書生さんであった, 木が, 樹であった, 樹枝に, 熊笹に, 燭台に, 男が, 男を, 痩躯を, 白布が, 穂麦の, 紳士であった, 羊歯の, 若竹の, 苦み走った, 茎に, 草を, 葦が, 蓮の, 西洋人が, 趣味が, 身体と, 軍服姿胸には, 銀髪の, 雑草が, 雑草淡, 頭髮を, 體は, 體を

▼ 丈高く~ (62, 0.7%)

4 伸びて 3 肩幅広く 2 痩肉にて, 色白く

1 [51件] ことに手足, さし肩であった, した, なった麦, なる, なろうとして, のびて, はえて, 中肉でした, 中肉にて, 伸びたの, 伸びた紅白, 体格の, 作つたもの, 倔強の, 光まばゆき, 全身が, 咲きみだれた草むら, 咲乱れて, 囲んで, 均整の, 堂々たる男, 大形で, 女子の, 建つ古い, 引きしまった体躯, 強壮な, 後むきに, 成って, 植え込まれて, 生えて, 生茂れる中, 画き不折君, 痩せぎすな, 突つ立つ, 繁った, 聳えて, 肥えたる馬二頭, 肥え太り鬣, 育ちたる水草, 自分の, 艶と, 茂って, 薄荷の, 雑草が, 面朱の, 面赤き, 面長く, 面體柔和にて, 頬から, 髪は

▼ 丈~ (57, 0.7%)

5 稱す 2 いつた風, 云うの, 云ふ, 信じて

1 [44件] あるが, ある察, いいその, いうか, いうほど, いっしょに, いつはる, いふが, いわれる不動瀑, お書き, し高, なき其崖, なく深いの, なるを, 一緒に, 上の, 二人ぎりに, 二人にて, 二人連れ立っ, 云う念, 云つてゐます, 云ふも, 信じたらいい, 八尺麻に, 初めて詞, 力んで, 同じほど, 延び大樹, 木賊山との, 殆ど同じ, 毛色と, 深い水, 測られた大, 申す者, 真の, 知れない氷柱, 知れぬ絶壁, 称す, 聞り, 肉付きを, 見挙る絶頂, 言ったら三丈, 逃げて, 高い断崖

▼ 丈八郎~ (54, 0.6%)

2 の方, の眼, は, は初めて, も一角

1 [44件] か, が, がある, が一角, が吉良家, が黙っ, だ, という男, とお, ならば, にはどこ, には上杉家, に出会ったら, の冤罪, の刀, の妹, の家, の家系, の後ろ, の留守, の腕, の行動, の話, はおそらく, はくちびる, はたった, はほっと, は否や, は憎悪そのもの, は挑みかけた, は留守, は盲目的, は米沢城, は自分, へ, へいくら, へお, へは, へは話, へは貴公たち, へ直に, ほどな, を暗, を見出し

▼ 丈けが~ (51, 0.6%)

3 残されて 2 ある様

1 [46件] あの火事, い, いたの, お誂向, お願, こみ上げて, じっと彼女, そっと私, たった一つ, どうしても思, まだ出来上らない, まるで生き, やっと病室, 丁度蝋燭, 主として目, 低くなる, 先ず世間並, 全く別, 動いて, 取残された, 大きな風呂敷包, 少し不釣合ひな位, 広く開い, 持つて, 掴みかかる様, 揚ったと, 早くなっ, 殊更そこ, 残って, 浮くよ, 消えて, 溶ける, 溶けると, 熱い風, 特に勤勉, 生えて, 知って, 聞えて, 落ちたの, 薄暗い電燈, 行きましょう, 裂ける程, 遺されて, 開いて, 黒いブイ, 黙々として

▼ 丈~ (48, 0.6%)

52 が, といふ, と云, と云う, と思

1 [33件] かしれぬ, かになられます, かに喚き散らす, かに彼, かに言い放った, からいまだに, からつまり, から頭, か分らない, か判りません, が三十年前爆発, が彼, が考え, けれども, けれども夏, そうだ, それも, つたかも, つたのに, といふ返, とお, とすぐ, とわかった, と云っ, と云つた, と云つて, と思っ, と答, な, なとほくそ笑み, 別段し, 相である, 秀子

▼ 丈なす~ (48, 0.6%)

4 草が, 黒髪を 3 枯れ草の, 草の, 髪が, 黒髪が 2 菅草を, 雑草が, 髪と, 黒髮が

1 [20件] がたを, せなの, 尾花苅萱の, 戸外の, 枯れ草に, 笹やぶ, 縞萱の, 花の, 茅萱半ばから, 草に, 草樺白楊の, 菅草が, 薔薇色鮮やかな, 雑草の, 雑草や, 髪は, 髪を, 黒かみ, 黒髪は, 黒髪グル

▼ 丈ばかりの~ (41, 0.5%)

2 竿の, 高さ

1 [37件] ところへ, タマと, ユーカリの, 処から, 土手を, 塚が, 大きな扉, 大穴を, 大蛇と, 崖から, 崖と, 断崖の, 木が, 木札に, 槇の, 樫が, 泉あり, 泉水が, 深さ, 溜息を, 滝が, 滝に, 滝の, 瀑が, 瀧にな, 真黒な, 砂夕立が, 細い滝, 芝土手と, 蜈蚣で, 銀色の, 銅標千年以上の, 間隔を, 雪を, 青竹が, 高い混凝土塀, 鬼が

▼ 丈~ (39, 0.5%)

1 [39件] が光っ, が指, さ六尺幅六寸ほどの, さ十丈ぐらいの, さ十餘丈角は, さ半, さ四丈の, でも京, で白, とを買っ, と云, と新, など売る, に五十両, に見える, のいと, のその, のオーヴァーコート, の工合, の根掛, の櫻, の稚, の髪, の髮, の黄色い, の黒髪, やいろいろ, や金銀, をかけ, をかけた, をキリリ, をピン, を向こう, を巻い, を掛けます, を種々, を顫わせ, 懸けんの, 掛けて

▼ 丈~ (36, 0.4%)

7 の扈三娘 2 という女将軍, の身

1 [25件] かあぶない, が馬, であった, というもの, という女郎, といっ, と顧, におぼし, に追われ, のほう, の一刀, の一剣, の兄, の影, の涼しげ, の部下, の隊伍, はふい, は日月, は裏山, へお, もそこ, も女ごころ, や祝龍, を差立て

▼ 丈あまり~ (34, 0.4%)

3 の高 2 の槻, もお, も空

1 [25件] つづいて, な白木, の丈, の出水, の大蛇, の巨身, の急斜面, の急湍, の板塀, の滝, の白い, の絶壁, の車, の間急湍, の青大将, の頑強, の黒竜, もあらう, もありましょう, もあろう, も前, も湧きあがる, も飛び上った, も高い, 両岸

▼ 丈けで~ (33, 0.4%)

2 堪忍し, 済めば, 満足し

1 [27件] いうと, くれない, 下りて, 切り上げて, 別れるの, 工事を, 扱いに, 暮して, 死に切らないという, 治療の, 済ませて, 済みますけれど, 済んだの, 満足すべきでありません, 満足する, 満足せず, 満足だった, 片付く仕事, 生活し, 素通りした, 聞き取れなかった, 草臥れて, 見れば, 見舞いに, 足りる, 間に合うからさ, 間に合わせた

▼ 丈八尺~ (33, 0.4%)

5 の大, の蛇矛 2 ですが, という口上, の二十分一

1 [17件] あった, ある門前, がお, と, というこの大きな, とかその, と測られた, と稱, の地, の大き, の巨杉, の法衣, の矛, の紐, の紺地, ばかりの真鍮, もあっ

▼ 丈ばかり~ (32, 0.4%)

1 [32件] ある四天王, その中, それは, つき立って, で行き止まり, とても十三重, なるが, なる大蛇, な竜, 上から, 下の, 入て, 厚さ, 右は, 大きくなっ, 太さ, 奔流し, 山肌が, 彎曲した, 掘るに, 探ったところ, 此の, 沖から, 深く丸いゆるやか, 登り懸けたの, 老いたるは, 跳んで, 間隔を, 高いもの, 高い枝, 高くなった, 高さ

▼ 丈高き~ (31, 0.4%)

2 二枚折り, 女なり

1 [27件] が一抱, した, はこの, は十数丈, 一人の, 一男子あり, 乙女が, 人あり, 人物顕れ, 女の, 娼婦の, 婦人, 婦人なり, 岩の, 拱格を, 断崖の, 月桂の, 欅の, 紫苑の, 紳士も, 草の, 蘆葦葉闊き, 見習士官, 貴女の, 針葉樹の, 馬に, 騎士現われ

▼ 丈~ (29, 0.3%)

4 の頂上

1 [25件] から駒ヶ岳, が大きく, が聳え, が臥蚕, である, と命名, と駒ガ岳, と駒ヶ岳, に二個, に登った, に続く, の三角点, の右, の名, の絶巓, の附近, の頂, はさすが, は何, は渓谷, も雲, を前衛, を据え, を極め引返し駒ヶ岳, を甲信

▼ 丈余り~ (26, 0.3%)

2 の櫓, もあろう

1 [22件] ある国境, の上, の厚い, の地蔵尊, の増水, の水底, の滝の下, の男髪, の白髪, の蒟蒻, の蒼, の蛇矛, の鉄, の長, の高, の高い, の高粱, もさがっ, も丈, も伸び, も延びた, 両瀑

▼ 丈にも~ (25, 0.3%)

2 あまるが, 及ぶもの

1 [21件] あまろうという, なります, 三丈にも, 二丈にも, 伸びて, 伸びる樹, 余るお, 余るかと, 余るという, 余る大幅, 余る根, 余る石灰岩, 余る雪渓, 余る黒髪, 及ぶ虎杖, 足らぬ低い, 足らぬ程, 近いだろう, 達し庭木, 餘らん濡羽の, 餘る

▼ 丈五尺~ (24, 0.3%)

4 もある 2

1 [18件] ある, で三, という, という天下, にし, に及ん, に達した, の一丈五尺, の円, の唐子, の杉, の艪, の釈迦牟尼仏, はある, ばかりある, をこえん, 乃至二丈, 程ある

▼ 丈よりも~ (23, 0.3%)

2 高いすすき, 高い芦, 高き処, 高き汀

1 [15件] 広く世, 退化した, 長い枯萱, 高々と, 高い位, 高い厳丈, 高い煙草, 高い箒, 高かるべき, 高くなっ, 高くなった, 高く八重葎, 高く獣皮, 高く立つ, 高く降り積つ

▼ 丈ほどの~ (22, 0.3%)

1 [22件] いやそれ, 下に, 下には, 前まで, 卒塔婆が, 厚さ, 大きな岩, 山椒魚を, 所で, 断崖から, 瓢を, 石が, 砂煙り, 穴の, 築土堤, 茅萱其他の, 赤土の, 釈迦仏として, 険阻な, 雪が, 青竹を, 高さ

▼ 丈より~ (20, 0.2%)

2 高いので, 高い棚

1 [16件] 一尺短く, 他に, 少し低い, 少し高く, 長く解, 高い一面, 高い中, 高い他, 高い芦, 高い茅萱, 高かった, 高き戸, 高くなる, 高く延び, 高く生え, 高く茂っ

▼ 丈には~ (18, 0.2%)

2 それを, ほの, やさしい大人しい兄, 安否位は, 頭を 1 お粥, まるで地獄, スッカリと, 兎に, 強いて微笑, 強ひ, 止まらなかった, 間違いでない

▼ 丈~ (17, 0.2%)

2 下の

1 [15件] うした, うして, そこらの, どかどで金, 一丈二三尺に, 一丈二尺丈夫な, 一丈四五尺位の, 三丈位あり, 乾反り返, 何千丈か, 妬く思つた, 崖下の, 後すざりし, 暮しても, 真下に

▼ 丈~ (17, 0.2%)

2 の柘榴, は覚え

1 [13件] ありそう, であるが, で三分の一程, で中, なるが, に生長, に達する, のもの, の木, の樹, はある, も躯, より上

▼ 丈以上~ (16, 0.2%)

2 なるをも, の大, の雪中, の高 1 なりという, になる, にもなっ, にも伸びた, に達した, の物, もある, も下

▼ 丈けには~ (15, 0.2%)

2 ある誠意

1 [13件] きっと興味, なって, ゾッと寒気, 令夫人の, 何かが, 其どれもが, 悟られて, 感心しました, 手品も, 打明けて, 此上も, 相当の, 自然頭が

▼ 丈さん~ (15, 0.2%)

1 [15件] あゝ往, がだました, が鰥, その弟, ちょいと, ちょっと御免, の同級, の百面相, を連れ, 入っしゃいまし, 良い子, 誠にお待ち, 誠に久しく, 誠に思い掛けねえ, 誠に暫く

▼ 丈なら~ (15, 0.2%)

2 ば美奈子さん, まだい

1 [11件] いいがね, いいの, きっとそんな, ば二百円, ば夢, ば苦痛, ば見る, まだしも私, んと, 写真以下の, 水を

▼ 丈三尺~ (15, 0.2%)

2 というの

1 [13件] すなわち直径一丈三尺余, という日本一, と稱, にも及び, の標一基, の真っ赤, の龕塔, ばかりな, ばかりなる, ばかりのお, まで飛ん, もある, よりもつと

▼ 丈太郎氏~ (15, 0.2%)

1 [15件] から, であり時報, のところ, の右手, の心臓, の手, の死後, の臨終, は中毒, は九時二分過ぎ, は何, は博士, は如何なる, は忽ち, を殺し

▼ 丈~ (15, 0.2%)

1 [15件] が句, が手, であらう, でかされ, などにも伝, などの心持, のこの, の事, の心もち, の手, の物語, はあの, は元, は芭蕉, を嗤つて

▼ 丈です~ (14, 0.2%)

3 か, もの 2 から, よ 1 ああいう, から大きい, わ, んだ

▼ 丈とも~ (13, 0.2%)

2 知れない谿

1 [11件] いうべき大きい, いふ説, しれぬ真黒, はかりがたき, 分らぬ谷底, 知れないほど, 知れない地下, 知れなかった, 知れぬ脚下, 知れぬ谷, 見える大きい

▼ 丈二尺~ (13, 0.2%)

3 もある 1 あったそう, あって, で一軸, など, にあまり, の威躯, の高, ほどある, ほどもあり, 程ある

▼ 丈六尺~ (13, 0.2%)

2 にあまり

1 [11件] と申す, と称する, なるぞ, なるもの, に近く, の奪, の釈迦牟尼仏, の金銅, 増したと, 程垂下, 高く釣り

▼ 丈しか~ (12, 0.1%)

2 ありませんからね 1 ない, ないの, なかった, 何事も, 出来なかった, 出来なくなった, 持つて, 教えられぬもの, 聞かなかった静子, 聞かなかつた静子

▼ 丈~ (12, 0.1%)

6 りの 3 りも 1 その一瀉, の滝, 今に在

▼ 丈~ (11, 0.1%)

3 やない 1 や, やつまらない, や三輪, や仕様, や分らない, や困る, や物足りない, や駄目

▼ 丈ほど~ (11, 0.1%)

1 [11件] ありまして, な垣根, な崖, な御堂, ふかくない, 上にて, 墜落し, 太さ, 小さいが, 白い所, 音も

▼ 丈一尺~ (11, 0.1%)

1 [11件] が定法, だけ有り, である, の俗, の大, の記念碑, ばかりなる, ばかりの木棍, ばかり梢, もあれ, 尚増水中

▼ 丈あつ~ (10, 0.1%)

1 て一図, て中, て僕, て六十一, て好い, て少し, て彼, て昔, て酩酊, て風采

▼ 丈から~ (10, 0.1%)

2 お露 1 あると, かって, 一丈五尺に, 一丈五尺も, 四丈は, 四五丈も, 四五丈程の, 熊笹の

▼ 丈という~ (10, 0.1%)

2 高さ 1 ところを, のが, 変った名, 大木に, 山名に, 男の, 茶屋の, 高い絶壁

▼ 丈ほども~ (10, 0.1%)

1 ありさ, あり真暗, あるすすき, ある三色旗, ある深い, ある淵, ねえ大男, 幅の, 有る下, 深く掘っ

▼ 丈伸び~ (10, 0.1%)

4 をし 1 たれば, てゆく, てわれ, て美しけれ, て高く, をした

▼ 丈早く~ (10, 0.1%)

1 かへる, そうした地上, 代らせないと, 帰りたいの, 弟を, 東京へ, 此の, 満足させるです, 火事の, 顏を

▼ 丈ある~ (9, 0.1%)

1 か, か鳥渡, とか云, と何と, と思った, んだったら, 岩の, 感覚, 筈だ

▼ 丈~ (9, 0.1%)

1 と三角点, なども遠望, に攀じ登っ, の下, は, はよしや, や鳳凰山頂, よりも二, をすぐ

▼ 丈自分~ (9, 0.1%)

2 の心持 1 が進歩, で始末, で心, の為め, の知識, は成っ, も苦しみ

▼ 丈長き~ (9, 0.1%)

2 人物あり 1 刺子を, 女の, 尖柱, 草に, 葉に, 鉄の, 黒髪が

▼ 丈ぐらい~ (8, 0.1%)

2 ある 1 あって, ある草, だけれども, 子供らは, 有りそう, 深さ

▼ 丈ちゃん~ (8, 0.1%)

1 がいる, だって一生涯, のせい, の立てた, は, は一体, を検束, を迎え

▼ 丈である~ (8, 0.1%)

2 ことが 1 あとは, から香気, が話, が遙, ことは, 割に

▼ 丈なる~ (8, 0.1%)

1 を鳥毛, 一大蟒蛇を, 名称が, 岸頭に, 称呼が, 髪は, 髪を, 髮優に

▼ 丈~ (8, 0.1%)

3 助は 1 を培養, 助おまえ腹を, 助ちょっと, 助と, 助の

▼ 丈~ (8, 0.1%)

2 の子 1 が圃, に読まれる, のお蔭, の嫌がった, の金, 之

▼ 丈四尺~ (8, 0.1%)

1 あった, あるや, にもなっ, に三丈九尺, の石面, の長, もある, を出す

▼ 丈次郎~ (8, 0.1%)

3 というの 1 と増田太平, の親類, はお, は二度目, は武州大宮在

▼ 丈ぐらいの~ (7, 0.1%)

1 うわば, はしごを, 乳の, 木が, 深さ, 薄の, 谷間に

▼ 丈でなく~ (7, 0.1%)

2 心の 1 とも六尺, 世界至る, 半分は, 大斧, 山陽は

▼ 丈ばかりも~ (7, 0.1%)

1 あった, ある岩磯, ある巨樹, ある怪物, ある所, ある濃緑, 下に

▼ 丈低い~ (7, 0.1%)

2 芝草に 1 林を, 桃の, 草木で, 車体を, 雑木林の

▼ 丈~ (7, 0.1%)

1 から立ち去った, から誘い出した, では望東尼様, で捕吏, へ参りました, へ帰られ, へ押しよせ

▼ 丈~ (7, 0.1%)

2 の庵室 1 そういう方々, の口, の狼狽, はおっしゃる, ばかりを庵

▼ 丈長い~ (7, 0.1%)

21 反省再考の, 帶と, 草を, 萩叢や, 蘆

▼ 丈~ (7, 0.1%)

2 りに 1 の焔, の蓬, の貝層, もある, りの

▼ 丈あっ~ (6, 0.1%)

1 てどこそこ品位, て内容, て松田, て異性, て真理, て長唄

▼ 丈~ (6, 0.1%)

2 関は 1 つぎの, 互ひ, 疲れに, 願ひ

▼ 丈くらべ~ (6, 0.1%)

3 をし 1 をした, をする, を続け

▼ 丈~ (6, 0.1%)

1 が十二丈, では徒爾, に木葉枝, の海中, の道路, はまた

▼ 丈二丈~ (6, 0.1%)

2 におよぶ 1 など長い, の雪, ほどもある, も積ん

▼ 丈二三尺~ (6, 0.1%)

1 に生長, に達するあり, の峭壁, の瀑, は飛び上る, も積

▼ 丈右衛門~ (6, 0.1%)

1 が付きっきり, が来, はまるで, はもちろん, は帰っ, は熟れた

▼ 丈四方~ (6, 0.1%)

1 ぐらいまん中, と云う, に高, ほどの一枚巌, もある, もあろう

▼ 丈~ (6, 0.1%)

1 とはたいして, にもはや, のおふくろ, の村祭り, の生れ, の鉄牛

▼ 丈~ (6, 0.1%)

21 であること, とは大, なる駆使丁, の杖

▼ 丈~ (6, 0.1%)

2 の尺 1 に於, の行われた, の際, の顛末

▼ 丈けし~ (5, 0.1%)

1 かお話, かそれでは, か云, か男, て置く

▼ 丈けしか~ (5, 0.1%)

2 残って 1 なかった, 知りませんから, 見えなかった

▼ 丈けと~ (5, 0.1%)

1 いうほど, なりました, わかり胸, 云ふ, 話して

▼ 丈この~ (5, 0.1%)

2 老い痴れた 1 日に, 生温い受身, 鳥の

▼ 丈その~ (5, 0.1%)

1 下に, 印象も, 嫌疑を, 小説としての, 根から

▼ 丈であった~ (5, 0.1%)

1 がそれら, が北, が同時に, という, のが

▼ 丈のびた~ (5, 0.1%)

1 山百合の, 影の, 草間へ, 蕨や, 雑草の

▼ 丈ばかりに~ (5, 0.1%)

2 見えその 1 して, なる一条, 及ぶ落葉灌木

▼ 丈~ (5, 0.1%)

1 三丈は, 二丈の, 山形侯の, 身巾が, 雁坂等に

▼ 丈~ (5, 0.1%)

1 の口説, は旅宿, は既に, を尽し, 受取りて

▼ 丈~ (5, 0.1%)

1 中ヨリ発シ, 中ヨリ発源シテ, 短イ羽織, 義カ他, 高屏風

▼ 丈低く~ (5, 0.1%)

2 褐いろ 1 画く, 面鬼の, 黄なる

▼ 丈~ (5, 0.1%)

1 が, が勿体ぶっ, という三下奴, の前, の手

▼ 丈近い~ (5, 0.1%)

2 大きなもの 1 大瀑も, 瀑が, 飛瀑を

▼ 丈長く~ (5, 0.1%)

1 末濃, 此印象を, 生きようと, 眞珠の, 足許に

▼ 丈~ (4, 0.0%)

1 つて一体に, つて九時過ぎに, つて學校教育の, つて自分は

▼ 丈けも~ (4, 0.0%)

1 仕て, 學んで, 高かった, 高く中

▼ 丈とは~ (4, 0.0%)

1 いつ誰が, このお寺, ない空間, 異なるなるべし

▼ 丈一方~ (4, 0.0%)

1 から云う, の丸木, の鉄筋コンクリイト, の麻縄

▼ 丈五六尺~ (4, 0.0%)

1 から二丈位, から高い, の高, も廻る

▼ 丈五郎さん~ (4, 0.0%)

1 だなんて, と道雄さん, の仕業, は

▼ 丈五郎夫婦~ (4, 0.0%)

1 と片, に信服, はあきらめた, を殺した

▼ 丈低き~ (4, 0.0%)

1 人民なりし, 小僧一人来たりて, 灌木の, 者をば

▼ 丈何尺~ (4, 0.0%)

1 かの長, というきまりの, という蛇矛, とか上がり

▼ 丈助さん~ (4, 0.0%)

1 という奴, の来る, の首, イヤ何

▼ 丈吉さん~ (4, 0.0%)

1 じゃない, だわ, の首, やっと気がつい

▼ 丈四五尺~ (4, 0.0%)

2 にもおよび 1 なるは, の上

▼ 丈太郎様~ (4, 0.0%)

1 さらばで御座います, どうぞ思い直し, に返っ, 仰しゃって

▼ 丈~ (4, 0.0%)

1 がいい, に余裕, を平静, を飛ばせよう

▼ 丈程の~ (4, 0.0%)

1 丸いもの, 瀑が, 銀色の, 長さ

▼ 丈近く~ (4, 0.0%)

1 の絶壁, もある, もつもっ, も掘りさげ

▼ 丈~ (4, 0.0%)

1 の幅, の幅三尺, を整理, を無駄

▼ 丈あの~ (3, 0.0%)

2 方の 1 男に

▼ 丈いい~ (3, 0.0%)

2 か分らない 1 じゃあない

▼ 丈くらいの~ (3, 0.0%)

1 大きな櫓, 小さい滝, 滝に

▼ 丈けへ~ (3, 0.0%)

1 上げると, 出ます, 言って

▼ 丈じゃ~ (3, 0.0%)

1 つまらないの, ないと, 無いか

▼ 丈たかく~ (3, 0.0%)

1 生立ちは, 胸ひろき, 色浅ぐろい

▼ 丈だった~ (3, 0.0%)

1 かも知れない, ので空おっぱい, のに

▼ 丈でございます~ (3, 0.0%)

21 からその

▼ 丈といふ~ (3, 0.0%)

1 ことを, 怪獣あり, 絶壁の

▼ 丈にて~ (3, 0.0%)

1 二本を, 何にも, 十善梅より

▼ 丈ひくき~ (3, 0.0%)

2 向日葵童子うちならび 1 障子を

▼ 丈~ (3, 0.0%)

2 浅草公園芸妓連中として 1 往復し

▼ 丈ほか~ (3, 0.0%)

1 乗る人, 見えない灯, 見えなかったの

▼ 丈もの~ (3, 0.0%)

1 幟の, 断崖に, 斷崖にな

▼ 丈~ (3, 0.0%)

1 さの, よし足らじ, 五千尺

▼ 丈よく~ (3, 0.0%)

1 どれ丈高く, 完全に, 発達させたい

▼ 丈~ (3, 0.0%)

1 という竿, と二間, の継竿

▼ 丈三寸~ (3, 0.0%)

2 とか五寸 1 ばかり小松菜

▼ 丈~ (3, 0.0%)

1 に溯る, の梢, よりは數十百條

▼ 丈二寸~ (3, 0.0%)

2 御脛 1 おひざ

▼ 丈~ (3, 0.0%)

1 でも出し, は亡き, 斯う

▼ 丈六尺八寸~ (3, 0.0%)

1 でございますか, となさい, の高

▼ 丈~ (3, 0.0%)

1 いさこれ, さぞ苦しかろ, さ数十囲

▼ 丈山塊~ (3, 0.0%)

1 が蒼, に陣取っ, を含む

▼ 丈左衛門~ (3, 0.0%)

1 と弥三郎, は云い淀んだ, は所在

▼ 丈延び~ (3, 0.0%)

1 ている, て枯葉, て身丈

▼ 丈日本~ (3, 0.0%)

2 の女 1 がある

▼ 丈深く~ (3, 0.0%)

1 土に, 密生し, 考へろ

▼ 丈~ (3, 0.0%)

1 の声, の言, ほど純一

▼ 丈秩父郡界~ (3, 0.0%)

3 ノ雁坂等ニ綿亘セリ

▼ 丈程も~ (3, 0.0%)

1 ある高い, ある黒い, 地下に

▼ 丈~ (3, 0.0%)

1 っともなく仕, ている, て居た

▼ 丈親しみ~ (3, 0.0%)

2 易い軽い藍色 1 の度

▼ 丈長平打~ (3, 0.0%)

3 の銀簪一つ淡泊

▼ 丈長髪~ (3, 0.0%)

1 の匂, も金, を

▼ 丈長髮~ (3, 0.0%)

1 に道迷, のふく, の匂

▼ 丈館氏~ (3, 0.0%)

1 と運転手氏, も運転手氏, や運転手氏

▼ 丈高う~ (3, 0.0%)

1 半面を, 御髪の, 跳ばって

▼ 丈あまり容易~ (2, 0.0%)

2 に飛

▼ 丈あり~ (2, 0.0%)

1 とも跳び下りる, 合を

▼ 丈いさぎよし~ (2, 0.0%)

2 肩痩せ

▼ 丈かの~ (2, 0.0%)

1 樣に, 深い底

▼ 丈けかと~ (2, 0.0%)

2 思ひ乍ら自分

▼ 丈けが此世~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 丈けじゃ~ (2, 0.0%)

1 ないか, ないもっともっと

▼ 丈けだそうだ~ (2, 0.0%)

1 から所謂シェキスピール, ぜ君僕

▼ 丈けという~ (2, 0.0%)

1 ことに, ことの

▼ 丈けにでも~ (2, 0.0%)

1 何が, 僕は

▼ 丈けを以て~ (2, 0.0%)

1 あの一度, しても

▼ 丈~ (2, 0.0%)

1 で近代的, ほ子

▼ 丈しっかり~ (2, 0.0%)

1 した考え, した足場

▼ 丈しつかり~ (2, 0.0%)

2 蹈ま

▼ 丈する~ (2, 0.0%)

1 ともう, 損も

▼ 丈それ~ (2, 0.0%)

1 だけ俺, にしたがう

▼ 丈それ丈花嫁~ (2, 0.0%)

2 の顔

▼ 丈たかい~ (2, 0.0%)

1 者よりも, 金髪の

▼ 丈だけ~ (2, 0.0%)

2 さばを

▼ 丈だけの~ (2, 0.0%)

1 簑笠が, 距離を

▼ 丈だけは~ (2, 0.0%)

1 ほぼ当主, 高く大人並み

▼ 丈だち~ (2, 0.0%)

2 すらりと

▼ 丈だつた~ (2, 0.0%)

1 が今や, けれど聞い

▼ 丈つながっ~ (2, 0.0%)

2 て居る

▼ 丈づくり~ (2, 0.0%)

1 で厚手, の彼これ車夫

▼ 丈であるなら~ (2, 0.0%)

2 まだよ

▼ 丈でさえ~ (2, 0.0%)

1 損われ, 異った

▼ 丈でした~ (2, 0.0%)

1 から, がそれ

▼ 丈とか~ (2, 0.0%)

2 三丈三寸とか

▼ 丈など~ (2, 0.0%)

1 おもう, 長い竿

▼ 丈なり~ (2, 0.0%)

1 卜部宿禰大亀を, 草木発生し

▼ 丈のうへ~ (2, 0.0%)

2 こす雪

▼ 丈のがれ~ (2, 0.0%)

1 て來, て美事

▼ 丈のみ~ (2, 0.0%)

1 高きこの, 高き此塔

▼ 丈ばかりしか~ (2, 0.0%)

1 ありませんが, できない

▼ 丈ばかりと~ (2, 0.0%)

1 為るけだし, 覺ゆる

▼ 丈ほどに~ (2, 0.0%)

1 なり枝, 成長し

▼ 丈まで~ (2, 0.0%)

1 トラヂシオンによ, 自家の

▼ 丈やさしく~ (2, 0.0%)

2 申しました

▼ 丈ガ岳~ (2, 0.0%)

1 の東側, の頂

▼ 丈七尺~ (2, 0.0%)

1 なり今, もある

▼ 丈三丈~ (2, 0.0%)

1 のもの, の青空

▼ 丈三尺五六寸往古椿沢~ (2, 0.0%)

2 といふ村

▼ 丈三尺餘~ (2, 0.0%)

1 の前面, の小

▼ 丈下し~ (2, 0.0%)

2 て呉れ

▼ 丈乃至~ (2, 0.0%)

1 三丈にも, 六丈も

▼ 丈二十丈~ (2, 0.0%)

1 の物, の高

▼ 丈五丈~ (2, 0.0%)

1 と延び, に人

▼ 丈五寸許~ (2, 0.0%)

2 りの

▼ 丈五尺余~ (2, 0.0%)

1 の弥勒仏, の青

▼ 丈五郎夫妻~ (2, 0.0%)

1 は土蔵, は鞭

▼ 丈人生~ (2, 0.0%)

1 に深い, の諸

▼ 丈仕事~ (2, 0.0%)

1 して, をし

▼ 丈会っ~ (2, 0.0%)

1 てやっ, て居られない

▼ 丈~ (2, 0.0%)

1 をし, をする

▼ 丈余り下~ (2, 0.0%)

1 のもの, の方

▼ 丈便利~ (2, 0.0%)

1 で且つ, になった

▼ 丈信一郎~ (2, 0.0%)

2 の耳

▼ 丈傲岸~ (2, 0.0%)

2 で黄金

▼ 丈~ (2, 0.0%)

1 の方, の死

▼ 丈八丈~ (2, 0.0%)

2 すく

▼ 丈八尺位~ (2, 0.0%)

2 の高

▼ 丈六釈迦像~ (2, 0.0%)

1 もさだめ, を造り得る

▼ 丈出し~ (2, 0.0%)

2 て下され

▼ 丈勉強~ (2, 0.0%)

1 するかという, もする

▼ 丈勝平~ (2, 0.0%)

2 に対する侮辱

▼ 丈十丈~ (2, 0.0%)

1 に余んぬる, の瀑

▼ 丈~ (2, 0.0%)

1 くらいにも成長, と稱

▼ 丈単純~ (2, 0.0%)

1 にし, に而

▼ 丈吉殺し~ (2, 0.0%)

2 の曲者

▼ 丈四尺五寸~ (2, 0.0%)

1 あった, という大した

▼ 丈外聞~ (2, 0.0%)

2 のない

▼ 丈多量~ (2, 0.0%)

1 だが, に出来る

▼ 丈天才的~ (2, 0.0%)

2 だと

▼ 丈~ (2, 0.0%)

1 です, れが

▼ 丈夫人~ (2, 0.0%)

2 に接近

▼ 丈~ (2, 0.0%)

1 には先天的, を書く

▼ 丈尺寸~ (2, 0.0%)

1 とかいう単位, を籍

▼ 丈山脈~ (2, 0.0%)

1 の一部, を尾根伝い

▼ 丈~ (2, 0.0%)

1 さ十八丈の, さ数町峨々堂々として

▼ 丈~ (2, 0.0%)

1 に黄金水, の知れない

▼ 丈~ (2, 0.0%)

2 の奥

▼ 丈延びた~ (2, 0.0%)

1 草が, 雑草に

▼ 丈強い~ (2, 0.0%)

1 力は, 肉感性を

▼ 丈~ (2, 0.0%)

2 の憤怒

▼ 丈我々~ (2, 0.0%)

2 の文明

▼ 丈~ (2, 0.0%)

1 を回し, を尽した

▼ 丈抜群~ (2, 0.0%)

1 の大きい, の熊

▼ 丈文明的~ (2, 0.0%)

2 にやっ

▼ 丈~ (2, 0.0%)

1 にし, を附け

▼ 丈~ (2, 0.0%)

1 い組, を一枚

▼ 丈清規~ (2, 0.0%)

2 を衆徒

▼ 丈~ (2, 0.0%)

1 ずきな, にて一枚

▼ 丈直也~ (2, 0.0%)

2 をじらす

▼ 丈眼鏡~ (2, 0.0%)

2 をかけた

▼ 丈~ (2, 0.0%)

2 く茎紅ぶと

▼ 丈禅師~ (2, 0.0%)

1 とかいう和尚さん, のよう

▼ 丈~ (2, 0.0%)

1 の手, も苦しむ

▼ 丈~ (2, 0.0%)

1 下へ, 抽んでいるの

▼ 丈~ (2, 0.0%)

2 高ければ

▼ 丈窮屈~ (2, 0.0%)

1 が逃げた, な感

▼ 丈簡単~ (2, 0.0%)

1 にかいつまん, にと思っ

▼ 丈精密~ (2, 0.0%)

1 な熟議, に観察

▼ 丈美くし~ (2, 0.0%)

1 くなった, く交際社会

▼ 丈~ (2, 0.0%)

1 が苛立つ, を張つて後

▼ 丈自由~ (2, 0.0%)

1 に其精神, に落

▼ 丈花嫁~ (2, 0.0%)

2 の顔

▼ 丈~ (2, 0.0%)

1 が纏まる, を繋い

▼ 丈貴君~ (2, 0.0%)

2 に申

▼ 丈~ (2, 0.0%)

1 などいずれ, のよう

▼ 丈足らず~ (2, 0.0%)

2 の骸

▼ 丈間違~ (2, 0.0%)

2 ひであろあゝ

▼ 丈~ (2, 0.0%)

1 の国, の雪吹

▼ 丈青扈三娘~ (2, 0.0%)

2 や花和尚魯智

▼ 丈高飛車~ (2, 0.0%)

2 に上

▼1* [786件]

あたたまって重く, 丈あったら二百円と, 丈あとの高い, 丈あまり下に両, 丈あまり数日にし, 丈あまり横二十五間あり, 丈ありますかねえ木, 丈あるいは十丈に, 丈あれば影, 丈あろうともただ, 丈いえば君, 丈いじらしくいとしいという心もち, 丈いと高く痩せ, 丈いやみなく率直, 丈うえのてっぺん, 丈うちのため, 丈うれたのかい, 丈うんと仕事し, 丈えと染めぬいた幕, 丈お力になる, 丈お願いがある, 丈かいてある, 丈かえた趣でしたい, 丈かくしておける, 丈かと見て取った様子, 丈かとも思ふに, 丈かにわたるざらざらと, 丈からの大岩石, 丈がくッきりと朱, 丈がちやんと, 丈きたない考えを, 丈きわめて高く眼, 丈くらゐ廻り, 丈くらい長さ, 丈くらくして, 丈くらべ振わけ髮の, 丈くりかえすということ, 丈くん練されたか, 丈ぐらいといわれて, 丈ぐらいな背丈の, 丈ぐらいも使って, 丈ぐらゐ子供らは毎日毎日, 丈けがいつまでもクヨクヨ, 丈けがそこに転がっ, 丈けがほんとうで後半分, 丈けがめつけもので羽抜鳥, 丈けがわしの生命, 丈けがガクンガクン首をふり, 丈けがギョッとする, 丈けがクッキリと浮上, 丈けがテーブルにのせ, 丈けがパナマ帽のひさし, 丈けが人形の様, 丈けが今の夢, 丈けが何かを語っ, 丈けが俺の意識, 丈けが刀を二本, 丈けが列席した, 丈けが取柄と見えまし, 丈けが可哀そうだという, 丈けが宙を飛び, 丈けが巻軸ほども短く, 丈けが平屋だから, 丈けが平屋建てで屋根, 丈けが年来些っとも薬, 丈けが幸運にも今, 丈けが幻だとは, 丈けが引移されたが, 丈けが恩恵を蒙る, 丈けが押絵細工で出来, 丈けが月光を受け, 丈けが楽しみの晩酌, 丈けが欠点です, 丈けが残念である, 丈けが気がかりだった, 丈けが燐光に燃え, 丈けが理解して, 丈けが男の演説, 丈けが異常に大きく, 丈けが病室から孤立, 丈けが眼鏡の真中, 丈けが矢鱈にあります, 丈けが窓際へ行っ, 丈けが絶対じゃない, 丈けが艶子の眼界一杯, 丈けが視野に這入る, 丈けが解決された所, 丈けが透明なガラス, 丈けが野暮に終る, 丈けが針がねの網, 丈けが間違つて居ると, 丈けが非常に偉く, 丈けが頭上遙かに揺曳, 丈けさう云ふ, 丈けた黛恍惚と多, 丈けっきゃついて, 丈けとして今の, 丈けとは情けないなあ, 丈けとも思はれないといふ, 丈けなりとも受入れて, 丈けにしか分らない一つ, 丈けにも居続けの, 丈けによって考えましても, 丈けはと思うて, 丈けへは一列一隊に, 丈けや身幅もので, 丈けより無いだらう, 丈けよりも高い篶竹, 丈けをねこの窓, 丈だはらずに, 丈こうした不快な, 丈これからはともども, 丈これぞ尋ぬる, 丈さけたいと思います, 丈させられる人愛したい, 丈さては中央の, 丈さん貴方はお, 丈て見る, 丈した赤ら顔で, 丈しみるのよ, 丈すべき数万金に, 丈すらりと, 丈せめるならばそれ, 丈そう云うとき, 丈それで静かに, 丈それ丈不幸に遭遇, 丈それ丈仲の好い, 丈それ丈兄よりも近付き, 丈たかきはあれ誰, 丈たかく美しい男たちだった, 丈たたんで下げれ, 丈たちまち飛んで, 丈ためておきたい, 丈たよりになる, 丈たらず君と, 丈だけが咋夜の, 丈だけに名医が, 丈ぢこめられる, 丈ちかくの滝, 丈ちゃんといっしょに, 丈ちゃん自身の進退, 丈つていふん, 丈つひぞ名乗合, 丈つまりわたしは, 丈でありまして支那人, 丈でありますけれども私, 丈でしまひでは, 丈でしたらこの節, 丈でないと云, 丈でもと思って, 丈とかいう高さ, 丈として以下その, 丈とめて置いたら, 丈なす中を押分け, 丈なす荒草と切石, 丈なす薄の穂, 丈なぜ大局が, 丈などの裾を, 丈ならずともせめて, 丈なんて奴が, 丈についてさえも玉と, 丈にては愚意分りかね, 丈にても明白の, 丈のねうちが, 丈ののびたのがあつてすつ, 丈はかりありとなん, 丈はと買ったの, 丈ばかりは敵の, 丈ふくらませ女中並の, 丈へとか曾我廼家ちやうちんへとかの, 丈ほどはあるらしい, 丈まさり応対を, 丈ましであつ, 丈また底の, 丈まだしもましだ, 丈まどはる, 丈めぐまれて居る, 丈もっともこの老翁, 丈もて顏を, 丈もとのまま, 丈やって見よう, 丈ゆえ果して通じ, 丈ゆれるからさては, 丈ようように巣, 丈よりはもつと, 丈よんであき足りぬ, 丈づかばかりの, 丈わかれば, 丈わずかばかりの恨, 丈わたしは飲みました, 丈低ク, 丈ガ岳二二九〇・六メートルの三角点, 丈ガ岳西北面の御料林, 丈ガ高ク母ヲ眼下ニ, 丈ケ存分ノコトヲナスベシトノ趣意ナリ英語ニ之ヲ, 丈ケ賠償公債ヲ交付セズ, 丈ゲツソリとこけた, 丈シナの赤壁, 丈ダンサーの先生, 丈トハ千丈ノ義カ, 丈ファブリスは存在, 丈プラスです, 丈下ル, 丈ヶ嶽白根三山から源, 丈一丈余り画工に云いつけ, 丈一丈六尺と申す, 丈一五寸と決まっ, 丈一尺七寸余あったと, 丈一尺五寸ある, 丈一杯爪立てする様子, 丈一通り取り揃えて, 丈一間半もあろう, 丈七八寸くらいの胸部, 丈七寸幅四寸五分ほどの大き, 丈七尺八寸余も如意嶽, 丈万事不便不快で数年前, 丈丈余の地蔵尊, 丈三つばかりな, 丈三四尺もあらう, 丈三寸周囲三寸掌に載る, 丈三尺五寸の大, 丈三尺以上のもの八本, 丈三尺余の大, 丈三尺余周囲およそ二尺, 丈三尺余左右に子石, 丈三尺余横幅は広い, 丈三尺東西南北四方の壁, 丈三尺稀有の降雹, 丈三尺而して, 丈三尺關東第一, 丈三尺馬の鼻, 丈三郎が迎, 丈上品な身なり, 丈上手でした, 丈上方に天険, 丈下段は三丈, 丈不幸に遭遇, 丈不足というの, 丈与へる様に, 丈を広く, 丈並べましょうか先ず, 丈へ這入りました, 丈丸櫓の高, 丈久しく日の, 丈九尺という大きい, 丈九尺幅二尺餘纖にし, 丈九尺水のねえ, 丈九尺鬼怒川より高い, 丈二丈唐紅の絹, 丈二三尺位いの巨鳥, 丈二十六時間ね, 丈二十尺幅四尺ばかりの丸木舟, 丈二尺一頭三面の鬼, 丈二尺丈夫な道綸, 丈二尺余の大, 丈二尺半輪形を爲, 丈二尺右の画四十七丈七尺八寸, 丈二尺朱ぬりの, 丈二尺腰に三角, 丈二山の間, 丈云うと歩き労, 丈云っても資料, 丈五六尺幅六尺ばかりの大岩, 丈五六尺木の葉を綴り, 丈五卜ばかりの赤, 丈五寸の観音, 丈五寸枝張五十三間を数えられる, 丈五尺一は九尺五寸, 丈五尺一円二三十銭から三四円, 丈五尺以上あるん, 丈五尺位ありました, 丈五尺刃先の長, 丈五尺四方に角楼, 丈五尺幹の太, 丈五尺横十二三間に及び, 丈五尺許りの, 丈五級の大, 丈五郎のは金儲け, 丈五郎丈けだ, 丈五郎彼の傴僂息子, 丈五郎氏は何, 丈人並より僅少, 丈人道的に立論, 丈人間が食べ, 丈今日の目, 丈の都市, 丈以到汝所在踰遠乃遣使貢獻是汝之忠孝, 丈の好い, 丈伸びた樹が, 丈伸びぬ時節である, 丈でもする, 丈何彼を見聞, 丈何時も過ぎる, 丈余り人家の屋根越し, 丈余り周囲三町四面の石塀, 丈余り画工に云いつけ, 丈余り足は板敷, 丈余り高からず, 丈余命のあらん, 丈余裕のある, 丈に付, 丈使用された浴場, 丈便宜を与えん, 丈なの, 丈俗悪な結果, 丈信念がない, 丈倒れよ予は, 丈盡し, 丈健康に長生き, 丈働くつもりで, 丈優しい詞を, 丈よりも近付き, 丈充分に手, 丈先生とやらにこんど, 丈光った星座が, 丈全く當るべからざる, 丈全文をお, 丈八さんお信どの, 丈八そこの燗徳利, 丈八ッさんと云, 丈八九寸から一尺, 丈八事やがて其地, 丈八寸雪なす卯の花, 丈八尺これも土台, 丈八尺以上の周囲, 丈八尺強恐ろしく長い, 丈八尺海沫に沾, 丈八殿がおそろいで, 丈八郎俺はなんだか, 丈八郎命はもらった, 丈八郎殿貴公とんだ濡れ衣, 丈公平な出来る丈無我, 丈六坐像を木, 丈六尺四方の原形, 丈六尺幅二丈八尺と稱, 丈六平や薬師堂, 丈六薬師仏ならびに十二神将, 丈六薬師如来ならびに両, 丈兵二千余人をのせる, 丈其の上に, 丈其点が確実, 丈内外の高, 丈凡てに性急, 丈出した奴が, 丈出すのにさえ, 丈出るといふ, 丈出演の芝居, 丈を抜い, 丈分るように, 丈別箇の生活, 丈刺戟が男, 丈へ出し, 丈前後の水深, 丈助手前に斬られた, 丈助石川のみゑじゃと, 丈助能くも己を欺い, 丈助長持は其処, 丈動かし難いもの, 丈動かせる様に, 丈動詞を多く, 丈勤める覚悟のみ, 丈十二尺のもの十本, 丈十五丈弓なりに上, 丈千丈の大, 丈千古の神木, 丈南北もまた, 丈単一組合化をやる, 丈即ち四十尺或は, 丈原頭凄惨の秋, 丈又は十五丈も, 丈取れましたと云, 丈受けたつてよろしい, 丈利息之, 丈右衛門はじめ重だった顔, 丈吉さんびっくりして, 丈吉君おれがどこ, 丈吉少年もつい, 丈吉氏の従弟, 丈吉津久居彦七等の地方有志, 丈吉湧井藤七関口忠太郎川俣久平寺内清次島田雄三郎新井保太郎藤沼友次郎板橋六郎川島治平青木清蔵吉岡耕作天海浜吉内田卯三郎栗原喜蔵岩下喜右衛門等の百余名いずれ, 丈向上したかと, 丈吟味の上, 丈呉れるなら一層思ひ切つ, 丈呑まなければ治らない, 丈周囲に高欄, 丈周囲二丈二三尺に達するあり, 丈周囲八尺ほどの箱, 丈を延ばしたい, 丈和尚凡ソ参ズルツイデ一老人アリ常ニ衆ニシタガッテ法, 丈哲学的要素を重大, 丈唐紅の絹, 丈ひ尽した, 丈善い行いを, 丈善く造られて, 丈喋るだけ喋る, 丈を衝くだらう, 丈嚴重な見張り, 丈囚人の生活, 丈四丈横幅は二丈, 丈四五尺位の岩, 丈四五尺首だけが四尺以上, 丈四寸にも足らぬ, 丈四寸二分金無垢の海音如来, 丈四尺これを四階, 丈四尺七八寸の虫齋村, 丈四尺根廻りは二丈八尺, 丈四間半小口三尺まはり四角, 丈四間半小口三尺まわり四角な樟, 丈り四, 丈国王には藤甲軍, 丈國庫の收入, 丈に入る, 丈地日厚一丈盤古日長一丈, 丈執着するの, 丈堂々と出来っこない, 丈堅固な大, 丈堕落させられた訳, 丈堤上泥深一尺, 丈堪えたのだ, 丈で塗つて, 丈の厚, 丈多く代助, 丈多数に蒐集, 丈大きくなるほか, 丈大きな波動を, 丈大蛇の如き, 丈其の衣, 丈天井の色, 丈太郎さんといっ, 丈太郎それへ噛ん, 丈太郎今更ながら驚い, 丈太郎入口から飛び出そう, 丈太郎坊ちゃんだったかと, 丈太郎悠然として敵討, 丈太郎松本治一郎河野密西尾末広水谷長三郎氏が集まり, 丈太郎様これは何, 丈太郎様それは本当, 丈太郎様今からでも改心, 丈太郎様何を仰しゃいます, 丈太郎様私はまだ, 丈太郎田宮善助助同心岡村勘解由, 丈太郎田宮善助徳島側の者, 丈よ微, 丈好いか知れない, 丈学閥の猜, 丈へ虹, 丈与天穹窿羹牆如, 丈かし, 丈小さくそれ丈軽い, 丈小生も亦, 丈小虫の集らぬ, 丈少くして, 丈少なく彼を, 丈尺毫髪の差, 丈居れば時, 丈居心地はよ, 丈呼び起させるため, 丈山姥などを総括, 丈岳北岳間ノ岳農鳥岳等天を突き, 丈岳朝日岳金峰山等合せて, 丈岳西は木曾山脈, 丈岳鋸岳などが目, 丈工夫して, 丈の画四十九丈二尺, 丈左衛門そちはどう, 丈巾數丈と云, 丈市内労働者の仕事, 丈常に水上紅光見, 丈各, 丈幅一丈半と稱, 丈幅七間周囲三里の城壁, 丈幅三間と稱, 丈幅九丈と稱, 丈幅二丈と稱, 丈幅二間ばかりに見, 丈幅五間上下二段になっ, 丈幅八丈とは穴, 丈幅十丈に余る, 丈幅十數間天下の大瀑たる, 丈幅四尺位しか無い, 丈幅拾丈はかりありと, 丈平にしながら, 丈平静に又, 丈幸福に美しく, 丈幾十丈ありとも, 丈幾百丈底の知れない, 丈広く求め深く, 丈底辺の厚み三尺三寸, 丈度々声も, 丈へゆく, 丈廻転が渋滞, 丈弓なりに上, 丈役に立ったのだ, 丈役立たぬ体と, 丈に神経, 丈従って親子も, 丈目に, 丈心事の陋劣さ, 丈忠告もし, 丈快く出来るだけ, 丈思い出し泣きたい丈泣きつくした, 丈思い切ってしない, 丈急き當所を, 丈恋しいヱネチアに, 丈悉皆喰つちまう, 丈悪く造られて, 丈悲しい事で, 丈悲しい恐ろしい頼りない, 丈を広く, 丈感じず部分的な, 丈感じられる丈自由に, 丈懐海は, 丈種の, 丈戲曲的な人間關係, 丈手伝いどれ丈勉強するかという, 丈才能がある, 丈抜けて出る, 丈つたん, 丈拡がった歓びを, 丈拾つて讀むと, 丈持って行く, 丈を短, 丈掃除するの, 丈接近しなければ, 丈揚ったって手習丈, 丈握っている, 丈握り或は信じられない, 丈撮させてくれ, 丈へて呉れない, 丈文化的価値を裏, 丈文字を連ら, 丈うやっ, 丈斯隔七年於茲茲譜尚書細繹所聞而識之曰尚書者述五帝三王五伯之事蠻夷猾夏王降爲覇, 丈新三郎の両人, 丈方面に屯, 丈の洪武年間, 丈明らかで何, 丈明るい色彩で, 丈明るくて男, 丈えて, 丈の煤びた建物, 丈時々来って, 丈時間を置い, 丈智慧ありたけ, 丈暖かい言葉を, 丈曖昧であれば, 丈曳くべ, 丈更に集りて, 丈有利になり, 丈有難く思う謙遜さ, 丈朝日の影, 丈本当の意味, 丈村あだ名は鉄牛, 丈果してあるの, 丈を伸した, 丈根強くて年年, 丈格好といい, 丈様々の思い, 丈横幅は二丈, 丈次郎増田太平の二人, 丈歓待して, 丈正しく保たねば, 丈正直な者, 丈正確に叙述, 丈の如き, 丈歩いたかが不明, 丈歩み出してい, 丈殊に鶏冠山の, 丈残酷な威力, 丈殿青木文蔵殿など御用, 丈気もちが好, 丈気分を損じます, 丈を附け, 丈がおごっ, 丈永い間病臥し, 丈のカール状, 丈沢山食べられるだらうかと, 丈沢山饒舌つて同時になる, 丈泣きつくした時に, 丈注意すべし, 丈つて見, 丈つぽい, 丈深い専門的知識から, 丈深刻なり, 丈の中, 丈満ち足りた平和が, 丈源竜我の如く, 丈激しかつた, 丈激しい反動が, 丈激しかった, 丈ましてから, 丈と刻まれた, 丈瀑布を瞰下, 丈無我な態度, 丈無責任の興味, 丈煩雑にし, 丈の背, 丈独りで寝ろ, 丈独立性をもたせた, 丈のある, 丈生かされない苦しさ, 丈生きて行っ, 丈生れついて, 丈生徒を其職業, 丈生活するよう, 丈生活経験を積まない, 丈甲斐駒八ヶ岳の赤岳等, 丈甲板用の籐, 丈是銀河落九天, 丈疲れて来た, 丈痩せて昔日, 丈白いのよ, 丈白色である, 丈白雲は搖曵, 丈されて, 丈古日長一丈, 丈に入る, 丈盲爆がきます, 丈ニシテ旁枝ナク葉ハ車輪, 丈相互に強い, 丈の反射, 丈真に愛せる人, 丈真実な愛, 丈短く答へ, 丈短時間に搾り取る, 丈研き揚げた美, 丈に私共, 丈確かめて中, 丈確實な方法, 丈神経質になっ, 丈れた処, 丈種々に考慮, 丈稼いだからと云, 丈穩便にすべし, 丈突っ飛んだ時, 丈立ちよくすらり, 丈競べをしよう, 丈笑わせられる若い娘, 丈箪笥の上, 丈節儉しなくちや不可, 丈米抔は勿論, 丈粹然として其間, 丈精根を尽した, 丈精神的均斉がとれた, 丈七寸許の, 丈約束するから, 丈純粋な心持, 丈細部が描写, 丈給金も出し, 丈半丈, 丈緊張と努力, 丈緋ぢりめん, 丈美しく無い事, 丈という有名, 丈考えてみ, 丈考えたけれ共母君は, 丈して, 丈育つて居る, 丈背中を丸く, 丈脊負つて出て, 丈脊髄を曲げない, 丈脱して傍, 丈の太い豪い, 丈自由平等を称えた, 丈自身のを, 丈艸去来を召し, 丈艸惟然等はいづれ, 丈芝居を知っ, 丈苛酷な処置, 丈しまうといふ, 丈苦しいと思う, 丈苦しみの多い, 丈苦労をする, 丈苦心したの, 丈の號, 丈といった, 丈萌黄色に長く, 丈葉ハ蜀葵ヨリモ大尖狭, 丈蒙ってどう, 丈へて矢張さつき, 丈蓋し百年以來の, 丈の方, 丈や何, 丈はれて, 丈行きもし, 丈裏口の方, 丈襦袢これに黒地, 丈西七十五丈南北もまた, 丈見れば一寸美人, 丈親仁の手許, 丈親切に助け, 丈解っていた, 丈へば言, 丈許きん大なり, 丈許ニ止マル者アリテ下半特ニ枝葉ナク, 丈許其下は二丈あまり, 丈許崖が抉れ込ん, 丈許枝亦数尺者, 丈許翠陰濃映, 丈許葉の状, 丈が洗練, 丈訳して, 丈証拠が揃っ, 丈つた, 丈語るのであった, 丈誤読を免, 丈豊饒に暮したい, 丈豊麗な風致, 丈貴いかしれない, 丈貴方を自動車, 丈ふといふ, 丈買い入れる必要が, 丈質素倹約を守りませう, 丈より背上, 丈軍人か何, 丈軟きものを選, 丈較べをしよう, 丈較べだからすぐ, 丈くする, 丈迅雷の落, 丈近い長さの, 丈近頃は随分, 丈追われている, 丈逃げるのだ, 丈を披瀝, 丈通じあふ言葉や, 丈造りの半白, 丈ふ事, 丈押し詰め押し詰め味方, 丈進み行くやう心掛くる, 丈進んで置く, 丈遂行する彼, 丈遅れたのである, 丈遊び熱が京男, 丈違つてゐるので, 丈遠い地の, 丈遥か下の滝壺, 丈避け樣として, 丈部三家を録, 丈部人麻呂の, 丈部子春丸あり, 丈部造人麿という者, 丈部郷があり, 丈部首或いは杖部造等, 丈都会の風俗, 丈都合して, 丈酔払つても頭, 丈三と, 丈鋭くしながら, 丈錦繍の間, 丈鎖してある, 丈長命をする, 丈長水引は地蔵祭り, 丈長湯をする, 丈長舞妓にあらず, 丈長草のやう, 丈に合わせ, 丈階段ヲ下, 丈隠居ですね, 丈集めるのに我々, 丈雑誌に金, 丈雨垂がぴか, 丈雲腰に横たわる, 丈露店を開く, 丈青ひとりを男ふたり, 丈青島卵を買い入れた, 丈青解珍解宝らの麾下あらまし, 丈鞋飯粒のこびりつい, 丈の松, 丈顔出してませう, 丈は吹き, 丈食べられ鼻も, 丈養いにはなる, 丈養生に手, 丈餘幅七八間陸前海岸の平野, 丈館主の四人, 丈之助, 丈高いすがたである, 丈高い物凄い繁茂の, 丈高かった心, 丈高き黒き駿足乘せ, 丈高く細長い伸びようを, 丈高く細長き女の, 丈高く長い頤に, 丈高めると云う, 丈の鱗